青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「根柢~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

校~ 校長~ 株~ ~根 根~ ~根拠 根拠~ ~根本 根本~ ~根本的
根柢~
格~ 格別~ ~格子 格子~ 桂~ 桃~ 案~ 案じ~ ~案内 案内~

「根柢~」 1086, 11ppm, 10008位

▼ 根柢~ (219, 20.2%)

21 於て 9 横たわって 6 於ては 4 ある, あるの, 於いて 3 なければ, なって, なつて, 持って, 横はる 2 あるもの, ある瞑想, おかれ得るよう, 動いて, 基いて, 失われて, 横た, 現実の, 賭が

1 [138件] あって, あっては, あつた, あつて, ありそこ, あり彼, あるから, あること, あるばかり, あるフューシス, ある先験的統覚, ある常識性, ある政治性, ある烈しい, ある物質的, ある直, ある直観的, ある観念そのもの, ある闇, あろうとは, おいて, おくの, さういふ対立, した作物, した文芸, した系統観, した自然, して, そのあるべき, その核心, た, たどって, なくては, なつた, なるん, なる思想, なる表象, よこたわる深刻, 一種の, 一系の, 不変なる, 主体的自己の, 人肉食用の, 人間としての, 人間の, 価値関係づけ, 働いて, 充実せる, 処する道, 出来ると, 到らずして, 原始的感情を, 厳存する, 各階級, 向って, 含まれて, 基くイデオロギー, 多を, 大きな不安, 如何に, 宗教思想なども, 宗教的なる, 実践的克服的態度の, 就いては, 常に横, 強くくい入っ, 徹すること, 情史的の, 想定し, 感情を, 我と汝, 所有し, 持つてか, 方法が, 於けるヒユーマニズム, 於ても, 日本民族が, 時代精神を, 本当の, 本質を, 根ざして, 根ざすもの, 構わってるの, 横たえて, 横たえられるに, 横たわるもの, 横たわるヒューマニスチック, 横たわる共通者, 横たわる基礎工事, 横たわる弁証法, 横たわる思想, 横たわる機械論的, 横つた統一原理の, 横は, 横る, 横れる, 横わっ, 残って, 求むるかの, 決定的な, 深く抒情, 潜む, 潜む民衆的要素, 疏通し, 疑問が, 直観が, 直觀, 神秘的直観的な, 窺ひ到れ, 立ちながら, 立つ新しい, 置かれて, 置くか, 置くとか, 置こうと, 肉体の, 自己の, 自覚せられ, 観念論だけで, 解剖を, 触れざるを, 触れた因果, 触れる考え, 認めてから, 論理が, 變化を, 返って, 迫り来るもの, 迫るの, 迫るもの, 連続的な, 達したと, 達するの, 違ひ, 関わる問題, 関係が, 靜か, 驅る

▼ 根柢~ (154, 14.2%)

6 なして 5 なすもの 4 置いて 3 作って, 持って

2 [12件] なすところ, なすの, もって, 作つて進ん, 成して, 持つ処, 有して, 有すること, 究めようと, 置く, 離れて, 鞏固ならしめざる

1 [109件] おいて, おかれたと, おき人間性, しっかと築い, そこに, つくつて, なした, なしたの, なし教育, なし背景, なすこと, なすという, なす哲学, なす国民, なす夫, なす實在, なす強味, なす皇室中心, なす真, なす譚, なす農業, なす隱, はっきりさせる, もたねば, もった思想, ゆすぶって, ゆるがせるよう, ノエシスの, 一貫する, 与えて, 与えられたという, 与えること, 何処までも, 作つたのは, 作るに, 充分に, 先づ形ちづくる, 全く破壊, 内的視力で, 出發點, 動かしつづけて, 危ふくされ, 又核心, 喪失する, 固くした, 固むる, 固め輪廓, 培養し, 失はしむる, 奪ふ, 学んで, 宮廷の, 建てざるべからざる, 張って, 形而上の, 得るわけ, 得内容, 意志の, 持たなかった, 持たぬ, 持つて, 掘り下げて, 支配し, 支配する, 明らかに, 易へて, 有した思想, 有し共通, 有し確乎, 有せざる, 有ったこと, 有って, 有つ, 植え附けたの, 植ゑてゐる, 欠いて, 求めること, 求め徳川三百年, 流れて, 深く宇宙, 為すの, 理解する, 理解せずし, 生産力に, 異にし, 疑られおびやかされたといふ, 発見しよう, 破壊する, 科学と, 立派に, 築くの, 缺く, 置くとかいう, 脅かされるよう, 脅かして, 薄弱なり, 裏切るもの, 覆すもの, 見る, 見出す, 見出すが, 見出すこと, 認める事, 説明しよう, 論じたの, 貫く日本文化, 除去せずし, 震撼される, 鮮明に

▼ 根柢から~ (146, 13.4%)

3 して, 揺り動かされて, 破れて, 覆へ 2 動かすこと, 取捨選択され, 発展し, 覆が, 覆されて, 覆して

1 [122件] かえること, くつがえして, ぐらついて, ぐらつきだして, この短い, こわさなければ, すこし考え直す, ただ疲勞, ひっくりかえった, ひっくり返す事件, ひっくり返って, ふみにじられた, ぶち毀された, ゆり動かすもの, グスグスと, グラ付き初めた, 一致する, 之を, 何も, 僕の, 出発する, 動かしたらしかった, 動かして, 動かすよう, 動かす知, 動揺させた, 動揺する, 危うくさせた, 危くする, 反対しなけれ, 否定せん, 吹き上げる大, 土崩瓦解し, 変って, 奪うという, 奪って, 存在それ自らが, 崩れて, 崩れはじめたと, 崩れる音, 崩れ去つたの, 崩れ掛つて參つたのであります, 引き抜く事, 弱くせざれ, 心を, 戰慄させる, 打ち破ること, 捨てねば, 掘り返して, 換へて, 揺がせた, 揺ぎ動くだろう, 揺り動かされる微笑, 揺り動かして, 揺り動かしはじめた恐らく, 搖り動か, 搖り動かし, 搖崩された, 搖崩した, 摧けて, 改めて吟味, 改められなければ, 断絶すべきである, 洗わんが, 活かす力, 淨めらる, 湧き上って, 無意味に, 無視した, 理解し, 理解し直す, 生じたもの, 生活とか, 生産される, 異なった彼, 發する, 知ること, 破壊する, 破壞, 社会的関係の, 考え批判せられなけれ, 考察せられる, 考究し, 背くよう, 脅かされたよう, 脱ける, 自信が, 自由な, 虚無に, 裏切って, 覆えさ, 覆えされて, 覆えされアラユル精神病学, 覆えし, 覆えして, 覆されたの, 覆されたもの, 覆されねば, 覆したと, 覆すに, 覆すやう, 覆す重大事件, 覆り今, 覆滅させ, 覆滅した, 解剖し, 解明し, 言い当てられたもの, 言ひ当てられた, 認識し, 誤つて, 謬つて居る如く, 遊離せしめ, 違うたもの, 違ったところ, 違って, 違ふ, 邪氣を, 鍛え直して, 震撼する, 顛覆せしめるだろう, 驚愕させられ切った

▼ 根柢~ (122, 11.2%)

3 な, な規定

2 [21件] であること, でなければ, な力, な動機, な区別, な対立, な性格, な意欲, な条件, な現実家, な相違, にその, には夢想児, に作戦, に冷めたい, に天皇, に弱気, に日本, に楽天的, に魂, のバラバラ事件

1 [74件] であり従って, であると, であるに, である故, とか云われた, と考えね, なもの, なショック, な人間, な伝統, な内容, な分裂, な基礎概念, な安心, な対象, な差異, な形態, な意味, な意志, な戯作者, な批判性, な把握的概念, な新聞, な方法, な本質, な根拠, な永遠, な決定的, な無, な物質主義, な理解, な直接認識, な衝突, な論争, な謙虚さ, な過失, な金融恐慌, にし, にはなれない, には科学, に一般的, に変, に変革, に嫌い, に嫌ひで, に封建的, に広範, に性質, に愚劣, に打ち崩した, に擁護, に支え, に文字, に最後, に検討, に欠い, に無, に的, に相違, に破壊, に破廉恥, に組織, に見る, に解明, に誤つ, に謙虚, に趣き, に追求, に追跡, に通俗, に連関, に間違っ, に間違ひだ, の関係

▼ 根柢には~ (70, 6.4%)

2 エロティシズムが, 現実性が, 直観が, 自然に対する

1 [62件] いつも人間関係, いつも何かしら核心, こういう大衆, この一般的, そのこと, その理想, その視覚形式, つねに今, ならない, なるが, まだまだ多く, やはり最後, やはり民主主義, イデヤという, ディオニュソス的な, デモーニッシュな, 一種の, 一種国民の, 世の中は, 之を, 予定調和の, 云うまでも, 他ならぬ, 依然として精神, 価値体系の, 倫理的認容が, 價値體系の, 先天的で, 全自然哲学, 全自然哲學, 古代信仰の, 右翼団体の, 合理主義或, 合理主義或いは, 哲学の, 多少僕等, 多年の, 多計代, 大それた, 常に偉大, 弁証法的直観が, 必ずこの, 必一種国民の, 性欲が, 悪を, 意志が, 愛が, 把握が, 政論の, 東西演劇の, 歴々として, 決定的な, 浄土教より, 無限の, 科学性が, 経済的に, 自分が, 蔽ふべからざる, 見るもの, 見透すこと, 論理が, 釈尊が

▼ 根柢~ (65, 6.0%)

4 ないもの 3 あるもの, 上に 2 民族の, 深いもの, 深か, 理解

1 [47件] あるさ, ある信仰, ある心, ある思想, ある自信, ある論争, ぐらついたもの, ない事, なき信仰, ま, ものであろう, モーティヴであった, 一事は, 一種と, 一致は, 上で, 上ででも, 上へ, 他に, 何である, 修養として, 力と, 動力は, 原素, 在り方によ, 基礎を, 方へと, 本能にまでさかの, 浅いもの, 浅い外来, 深いこと, 無い勢力, 理由である, 理由は, 理解であった, 理解である, 理解之は, 生き方あこがれが, 生滅の, 立場に, 精神に, 缺陷を, 習練が, 誤りが, 課題である, 足場に, 道において

▼ 根柢~ (59, 5.4%)

8 なって 7 して 4 なつて, ならなければ 2 なつた

1 [34件] した, したるのみ, したる談理, した上, した精神, した豪壮一本調子, するの, するので, する仏教, する形, する歴史的意識, する演劇運動, する物理学, する真, する資本主義文化組織, せざる, せざる時, せねば, せるが, せる凝集, なり得ること, なり得るの, なり得るもの, なること, なるの, なるもの, なる工藝, なる空間, 同じ深度, 思われそう, 成つて居る, 時勢に対する, 考えたの, 見單

▼ 根柢~ (49, 4.5%)

4 たよりない, ないから 3 あったの, ある 2 あると, ないの, 実人生, 現実の

1 [27件] あった, あつた, あつて, あるとは, あるの, ある訣, すこぶる堅く, やはりここ, 一致し, 亡びて, 保守に, 凡出来た, 固まって, 存するであらう, 深いの, 淺い, 生じない, 疑わしいもの, 空虚なる, 築かれたが, 脚元から, 自然を, 薄弱だ, 違うん, 違う事, 遠征その, 長上に

▼ 根柢~ (44, 4.1%)

3 もつと 2 一つである

1 [39件] あるなるべし, これでは, これを, ぜひともこれ, そこに, その光り, それが, それほど薄弱, それらの, それ故, たぶん禅宗, ないから, まったく稀薄, 一つだ, 一面小学児童の, 主として厳格, 之を, 今日の, 全く, 処で, 出来た旅だつたに, 動いて, 君の, 女の, 志賀直哉という, 意外に, 懐疑で, 技術性, 普遍的なる, 極めて深い, 無論経験論, 物質的生産力である, 生物学的生命, 純粋な, 終局目的は, 薄弱である, 見出せないだろう, 語られざる哲学, 違ふ

▼ 根柢において~ (20, 1.8%)

1 [20件] いずれも, イデヤの, リアリストである, リアリズムである, 不可解たる, 他者への, 宗教的であり, 弥陀の, 技術的である, 此の, 歴史的, 父は, 物を, 神に, 自己矛盾である, 自己矛盾に, 自己矛盾的な, 芸術であり, 覆えされて, 誤りが

▼ 根柢として~ (15, 1.4%)

2 理解する

1 [13件] ゐる認識理論, 両者において, 何時出来上る, 兩者において, 其他の, 含まれて, 尊ぶべきもの, 待望む, 極めて重要, 神仏習合の, 築きあげられて, 經書の, 西漢の

▼ 根柢より~ (12, 1.1%)

1 [12件] いで人格, して, 動揺し来れり, 悉く誤, 来たれるを, 燃え上がる女, 破壊せられたごとく, 破壞, 自国の, 覆されたる, 覆して, 革まりかく

▼ 根柢である~ (10, 0.9%)

2 ことを 1 ことは, それ故, という, というの, と信ずる, ので, アントロポロギーによ, 社会的規定

▼ 根柢にも~ (7, 0.6%)

1 あるドクトリン主義, 亦この, 体験的な, 形而上学が, 形而上學が, 教祖と, 横たわって

▼ 根柢~ (7, 0.6%)

1 ありは, ありゃしない, あり切実, なく取越し, またその, 亦総合的, 実はここ

▼ 根柢においては~ (6, 0.6%)

1 内在的動作主, 同一乃至, 實は, 対置させ, 真に女, 詩歌の

▼ 根柢ある~ (5, 0.5%)

1 ものは, 人生の, 学問は, 物言ひらしく感じられる, 革命的煽動が

▼ 根柢~ (5, 0.5%)

2 より高い, 日本人だの 1 あつた

▼ 根柢にまで~ (5, 0.5%)

1 はいって, 具体化するなら, 動揺を, 遡って, 還元される

▼ 根柢たる~ (4, 0.4%)

1 ことに, 性質を, 理科的精神を, 絶対の

▼ 根柢まで~ (4, 0.4%)

1 深く解剖, 破壊された, 破壊の, 破壞

▼ 根柢そのもの~ (3, 0.3%)

2 がかく 1 に就い

▼ 根柢とも~ (3, 0.3%)

1 いうべき富士山, なりそれ, なるもの

▼ 根柢~ (3, 0.3%)

1 はいって, 潜入する, 這入って

▼ 根柢からの~ (2, 0.2%)

1 動揺でしか, 戰慄を

▼ 根柢たるべき~ (2, 0.2%)

1 は了, 日常語を

▼ 根柢~ (2, 0.2%)

1 のであ, のである

▼ 根柢裏づけ~ (2, 0.2%)

2 が欠け

▼1* [41件]

根柢あるかういふ風評は, 根柢からなど言ふ, 根柢さえあった, 根柢たり又根柢, 根柢と思っ, 根柢づけの順序, 根柢づけられる秩序である, 根柢づけるだから最も, 根柢であり小説の, 根柢でない限り, 根柢でなければならぬ, 根柢という意義でなけれ, 根柢としての物質的な, 根柢とはなれないの, 根柢とを革新する, 根柢なしに建てた, 根柢なる理科的精神を, 根柢においてかはる所は, 根柢における彼の, 根柢になつては, 根柢によつて定める, 根柢によって制限され, 根柢に関する理論として, 根柢のうへに立つて, 根柢へまで溯る時, 根柢また相似たる, 根柢までもくつがえしかけて, 根柢豪健な, 根柢をさえ忘却する, 根柢をまでも危険に, 根柢完全に具備, 根柢実在の実在, 根柢或いは頂点に, 根柢浅く充分の, 根柢理論として実在社会学, 根柢的思想は東西, 根柢的構成の差異, 根柢的解決は自分ら, 根柢精神もまだ, 根柢自身の批判, 根柢学の