青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「歳~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~歩いた 歩いた~ ~歩き 歩き~ ~歩き出した ~歩く 歩く~ 歩み~ ~歯 歯~
歳~
~歴史 歴史~ ~歸 歸~ ~死 死~ 死に~ ~死ぬ 死ぬ~ ~死ん

「歳~」 15933, 165ppm, 632位

▼ 歳~ (5185, 32.5%)

161 時に 72 時の 69 時である 57 時から 42 ときに 35 頃から 34 時で, 時には 32 少年が 30 若さ 27 年に 26 少年の 25 時であった 22 高齢で 21 暮に, 頃に 19 今日まで 18 春を, 時 17 少女の 15 ときから, 子供の, 年の, 時だ, 青年の 13 ときの, 少女が, 時だった, 時は, 生涯を, 頃の 12 女の, 彼は, 春に, 青年で 11 子供が, 少年で, 春であった, 青年が, 頃には 10 女の子が, 折に, 時でした, 私が, 私は, 長寿を 9 娘の, 寿を, 少年に, 少年は, 男の, 青年であった, 頃で 8 人は, 子を, 男の子が, 男の子を, 秋に, 老人が

7 [12件] ころから, ころの, ときで, 声を, 娘が, 娘を, 少女で, 年から, 春の, 時と, 頃であった, 頃より

6 [13件] 人の, 女が, 女は, 娘は, 少女を, 新坊, 暮には, 暮れの, 私の, 秋の, 青年である, 頃は, 高齡

5 [12件] 今日に, 南家の, 子供を, 小児の, 少年であった, 年には, 彼女は, 春から, 秋であった, 童子も, 者が, 青年に

4 [48件] ころで, ころであった, ころより, とき, ときである, むすめ, ものを, チェーホフの, ヘンデルは, 二人の, 伸子は, 夏に, 姉である, 娘に, 子が, 子供と, 小児を, 少女に, 少女は, 少年を, 年, 春まで, 時です, 時より, 時初めて, 暮れに, 武士が, 父が, 男が, 男子が, 皇子を, 童女が, 童子の, 美しい娘, 老人と, 老婆の, 老婦人, 自分が, 若い女, 若侍, 間に, 間の, 間は, 青年だった, 頃, 頃までは, 高齢を, 齢を

3 [96件] うちに, おりの, ことである, ころに, さかりにか, せいか, その処女, ときであった, ときでした, とき父を, ゴーリキイの, ゴーリキイは, 乙若, 五月の, 人が, 今日でも, 児童でも, 児童も, 冬から, 冬に, 処女の, 声が, 声は, 夏の, 夏を, 女, 女の子に, 女の子の, 女性が, 子は, 子供だ, 子供に, 子供は, 小僧の, 小児が, 小娘の, 小柄な, 少女だ, 少女であった, 少女と, 少年である, 少年と, 少年な, 年でした, 年まで, 年上で, 年齢に, 彼には, 彼の, 彼女の, 後に, 御時, 息子の, 日の, 春, 春だった, 春である, 春には, 時この, 時でありました, 時でございました, 時なり, 時にも, 時分には, 時大, 時江戸に, 時父に, 時私は, 未婚の, 母が, 父は, 現在まで, 生涯は, 祝賀が, 秋から, 秋より, 童児も, 筈である, 翁が, 老人だ, 老人で, 老人である, 老人の, 若者である, 蘭軒は, 蘭軒を, 誕生日の, 誕生日を, 豊麗な, 長命で, 青春の, 頃だ, 頃である, 頃まで, 頃私は, 顔を

2 [280件] あいだくらいに, うちの, おりに, お子, お正月で, お爺さんである, お爺さんに, お祝, お若, お誕生日, この年, ころまで, ころ父が, その日, ときすでに, ときその, ときただ, ときには, ときは, とき下谷の, とき初恋を, とき家を, とき死んだ, とき母に, とき米俵を, とし, はずである, わが子が, わたしは, カールは, ゴーリキイが, ゴーリキイに, ゴーリキイを, シューベルトは, ショパンは, スティヴンスンは, チェーホフは, チェーホンテは, ドヴォルシャークは, ハイドンは, バルザックは, ブランキの, マリアの, マリアは, 三月, 中学生を, 九月はじめである, 事であった, 人だった, 人妻も, 今の, 今年まで, 今日が, 今日も, 伸子の, 作である, 作に, 作者の, 信長と, 僕は, 元旦, 元旦の, 兄と, 兄なり, 兄は, 児が, 児童が, 児童なりし, 児童の, 六郎殿は, 冬, 冬は, 冬父が, 分別者で, 初を, 初夏の, 割には, 叙爵は, 可憐な, 吉田忠左衛門も, 坂田が, 坂田は, 夏から, 夏であった, 夏休みに, 夏父母に, 大晦日の, 大柄な, 大石主税も, 天才は, 天野大助が, 太郎が, 女だった, 女と, 女の子と, 女の子を, 女児と, 女児の, 女児を, 女将の, 女性である, 女性の, 始めに, 娘, 娘と, 娘などに, 婦人, 子どもの, 子の, 子供であった, 子供である, 子供でございました, 子供にしか, 字と, 字の, 孫を, 安二郎が, 家の, 家康は, 寿命すらも, 小供, 小僧が, 小兒, 小学生は, 少女には, 少女も, 少年, 少年だった, 少年です, 少年には, 少年一人を, 少年秦の, 少童, 屈強な, 年が, 年で, 年であった, 年初めて, 年夏休み中の, 年紀から, 年長で, 年長者であった, 年齡から, 幼児でも, 幼児に, 幼君を, 幼女の, 幼童で, 座像を, 後には, 徒の, 忠相は, 手紙には, 折の, 文吉は, 文士だ, 新年は, 日吉と, 日記, 早春, 昔と, 昔を, 春が, 春この, 春だ, 春で, 春は, 春一先づこ, 春感心にも, 時な, 時ほぼ, 時まで, 時ゴーリキイは, 時分から, 時分に, 時即ち, 時大坂陣の, 時引取られた, 時彼は, 時既に, 時父を, 時私の, 時私を, 時突然, 暮で, 暮であった, 暮れも, 最期までの, 未亡人の, 死亡率は, 母と, 母は, 比まで, 温厚な, 然も, 牡で, 独身の, 猪之, 生れで, 生れでございます, 男だ, 男であった, 男と, 男としては, 男に, 男の子に, 男の子は, 男児と, 男性狸君の, 男盛りで, 真与太郎, 眼に, 祝賀の, 神を, 祠に, 私に, 私よりも, 秋, 秋だった, 秋には, 秋まで, 童児と, 童児の, 筈だ, 美しい処女, 美しい處女, 老人とは, 老人に, 老人には, 老大家の, 老爺が, 老翁なりとも, 老齡, 老齢で, 老齢に, 老齢を, 職人風の, 肉体は, 自分で, 自分と, 自分は, 自分を, 色の, 花嫁の, 花盛の, 若い男, 若年であった, 若者が, 若者であった, 若者の, 蝶々さんが, 血気盛り, 詩, 誕生日に, 赤子の, 重吉, 長い生涯, 長寿で, 間, 間とは, 青年は, 青年時代に, 頃かと, 頃からは, 頃だった, 頃と, 頃まだ, 頃を, 順平は, 頭で, 頼朝は, 顔の, 香も, 高齢であった, 高齢に, 高齢の, 髪の, 鯊が, 鯊を, 鶴子初めて

1 [2716件 抜粋] あいだらしい, あどけない女, あの愛らしい, あんぽんたんは, いわばまだ少年, おい二人が, おじさんと, おとめも, おめでたさ, おり父親, お児, お年, お殿さま, お若き, かあ, かわいらしい小学生, きょうまで, くれに, こどもです, この家, これから生長, ころであったろう, ころには, ころディーネルと, ころ四十を, ころ故郷に, ころ東京に, ころ罰として, さかりだ, すけないの, そのころ, それも, つぼみの, ときあまり, ときその後家を, ときと, ときわが, ときジェンナーは, ときワイセンフェルス公爵の, とき京都へ, とき元服し, とき入京し, とき十五歳の, とき学校へ, とき少年バッハは, とき式子内親王の, とき愛情の, とき文殊講を, とき明治八年に, とき本師キレイメンス十二世から, とき母親を, とき火事に, とき父政宗が, とき発明した, とき稽古通詞と, とき自殺し, とき酔い泥屋滅茶滅茶先生という, とりいれ近く, なかば母は, はずだった, ひどくだまりや, ぼくには, ままに, むすめさん, やうに, わが愛子, を一尾, アントニオ, イレーヌは, カウーテモ, ケーテは, コルシカの, ショパンを, セラフィモーヴィッチが, ターニャが, ツルゲーネフは, ナターリアは, ハフは, ピオニェール少女が, ブラームスは, マリア・ルイザを, ヨアンネス少年にも, ロバァト・ルゥイス・スティヴンスンは, 一人前並みである, 一八三四年には, 一年などという, 一葉が, 丁年で, 三人だけ, 三月でした, 三木三郎とを, 上に, 下竊に, 世の中なり, 中学三年生だった, 中年商人に, 丸ぼ, 久江の, 乙女だった, 九男政之助が, 乳母らしい, 予感に, 事業を, 二人後者は, 二月無事横浜に, 五人であった, 五月に, 人たちを, 人わが, 人間が, 今も, 今日までに, 今日老, 代官婆が, 伊那丸を, 住職が, 体躯も, 作品, 侍で, 保守派, 信長には, 倅養真の, 働き盛りの, 元康という, 兄で, 兆と, 児を, 八月吉日, 六人と, 共産派三十歳の, 内に, 冬まで, 冬此処を, 処女である, 出陣説を, 分別男が, 初の, 初働き, 初夏だつた, 初春を, 初秋の, 前髪, 力持ちの, 労働者出の, 医者です, 十二月の, 十六日マタイ六章の, 半七, 博士の, 古を, 可愛いお嬢さん, 合唱が, 向う見ずに, 商人風で, 四子二女が, 四郎の, 土地の, 坪内逍遙先生が, 塵を, 壮年でも, 壯年で, 声高く, 壽齋は, 夏だった, 夏休に, 夏子を, 夏越前, 多次郎, 大人であった, 大和守正時, 大学卒業間際まで, 大晦日は, 天保十年には, 天正四年大坂若江の, 夫婦とは, 女です, 女の子は, 女中雇われた, 女子のみが, 女将さんと, 女教師, 女記者, 妙齡で, 妹さんと, 妹二人とも, 妻木右太, 姉娘は, 姫は, 威風ある, 娘である, 娘としては, 婀娜な, 婦人が, 嫡子瑞長二十三歳の, 子から, 子どもには, 子供たちだ, 子供であり, 子供には, 子供ッぽい, 子守役千歳が, 字に, 学問好きな, 孫に, 孫娘と, 実業家北沢栄二は, 寛文十二年であった, 専六は, 小さな人影, 小作人ニコライ・クリコフを, 小児でも, 小児も, 小姓を, 小娘に, 小島新五郎に, 小童は, 少ない事, 少女である, 少女とは, 少女らしく, 少年かとも, 少年でした, 少年にとって, 少年をも, 少年ピアニストは, 少年五六人ばかりが, 少年四郎が, 少年少女迄, 少年武士高坂弾正の, 尾崎行雄が, 山陽が, 岸田俊子, 巨体を, 市郎助, 年かさである, 年である, 年ストラトフォードを, 年上であった, 年二人は, 年増である, 年少である, 年紀お, 年長級も, 年齢から, 幼な, 幼児達は, 幼年に, 幼年時代のちは, 幼童の, 庶子某を, 弟とが, 弟也, 弱い男の子, 弱冠の, 当時迄, 彼女を, 後合する, 後猶, 御幼少, 復八歳の, 志願者, 快楽主義者であった, 恋人達は, 息跫音笑声の, 惜しい盛り, 愛くるしさ, 憂を, 成年男子である, 所爲だらう, 折でございます, 折中庄の, 折家出を, 拙者は, 改まる元旦, 数だけ, 文学少女く, 文豪であろう, 新帝後村上を, 新發意, 日本の, 早春の, 明治二十四年を, 昔の, 春あさひは, 春の作である, 春ドイツに, 春京都府立画学校へ, 春大層, 春琴は, 春芹沢東洋は, 昭夫が, 時ぐらい, 時だつた, 時でなけれ, 時なりとぞ, 時までは, 時シューマンの, 時フリードリヒは, 時ローマの, 時丁度在学した, 時不幸に, 時久し振りに, 時今の, 時以来度々, 時兄譲りの, 時出, 時分と, 時初子が, 時北上川の, 時友人と, 時同じ, 時四書を, 時夙く奉公に, 時妻を, 時存生し, 時宇多上皇に, 時少し, 時師ギローの, 時当時の, 時拘留孫仏人寿四万歳の, 時春松検校が, 時東京の, 時此家へ, 時母の, 時海軍に, 時父富蔵は, 時玄機は, 時皆傳いたし, 時綱宗が, 時董卓に, 時近村の, 時長兄の, 時雲南征伐に, 晩春であった, 暁とうとう, 暮と, 暮れである, 暮君は, 曾孫信全を, 有名な, 未亡人が, 未婚男子数は, 李白は, 松篁が, 某この, 桃青の, 棚橋先生と, 楽女を, 次女俶三歳の, 正明が, 正月長者が, 武将としては, 死刑囚糊本の, 殿様は, 母曾能が, 毛附駒の, 水野仙子は, 洋服の, 淋しき独身者, 漁師が, 父と, 牛若さま一人を, 牧師さんが, 狼使いが, 玉喜久との, 理科の, 生命は, 甥を, 由, 男ざかりに, 男の子です, 男は, 男子, 男子までが, 男盛りの, 當主虎之助治頼が, 登勢が, 白系韃靼人ギリシャ正, 皇女に, 監獄生活夏の, 真弓は, 短い一生, 碧山とに, 祖母は, 祝杯を, 神童に, 秀吉は, 私窩子で, 秋までが, 秋成は, 秋牡鹿山の, 稚なさ, 竜女と, 童の, 童女から, 童子なりとも, 童生で, 筈であった, 純粋派四十歳の, 終りへ, 織物女工が, 美しい頬, 美婦を, 美少年と, 美術学校生徒である, 義良親王には, 翁と, 老乳母, 老人でない, 老人ミールポア司教と, 老体で, 老先生, 老婆が, 老嬢である, 老年に, 老漁夫, 老練な, 老翁は, 老齢であった, 者でなく, 聖ベネディクトに, 肉塊と, 背たけで, 膝が, 自分に, 舞妓で, 良平は, 花婿岩太郎と, 芸人を, 若いころ, 若い奥さん, 若い教師, 若い頃, 若君で, 若年で, 若武者は, 若者だった, 若者では, 茂山千作が, 草履取りまで, 葵の, 藤吉郎に対して, 虎之助の, 蝶子の, 血統が, 見すぼらしい一人, 親爺が, 詩人藤村は, 誕生祝に, 諸生, 豊満な, 質朴らしい, 越前守大岡忠相は, 身の, 身空コイデ, 逆戻りを, 連中五十名ぐらゐ一方は, 道楽者で, 遺憾である, 醜怪, 鈴子には, 銓に, 長き春, 長壽, 長女千代と, 長男は, 間とでも, 間家に, 間林の, 陰暦四月十六日, 隆升軒信階が, 雑夫が, 青年お, 青年な, 青年ブラームスを, 青年武士であった, 青年赤毛布は, 音楽家で, 頃さ, 頃であろう, 頃でんでん太鼓で, 頃ふと, 頃一転機が, 頃佐藤春夫先生と, 頃叔父に, 頃学校教師から, 頃春琴の, 頃母は, 頃祖母が, 頃醫を以て, 頭の, 頼朝を, 養玄で, 駒左の, 高校生で, 高齢だ, 高齢とは, 髫, 鶴一羽ふ, 黒髪は

▼ 歳~ (2085, 13.1%)

270 して 167 なって 70 なる 55 なると 48 なっても 47 なつた 32 なるまで 31 なるか 30 なるの 28 なった 19 なった時 18 なったばかりの 17 なります 16 なる女の子, なる娘 14 しては, なれば, 達して 13 なるが, なる女 12 なったとき, なつて, なりました 11 なる子 10 なったの, なった頃, なるお, なる男, なる男の子 9 なりますが, なるまでは 8 なる子供 7 おなりに, なってから, なる前 6 なるん 5 なる妹, 至るまで, 近い老人

4 [15件] おなり, なったが, なったので, なってからの, なりて, なるまでに, なるまでの, なるや, なる三男, なる弟, なる迄, なる長男, なろうと, 及んで, 足らぬわたし

3 [21件] なったか, なったばかり, なった春, なられますか, なるという, なる人, なる児, なる彼, なる息子, なる時, なる筈, なる自分, なる若い, なる長女, 候, 成って, 椽から, 至るまでの, 至る間, 見えます, 近づいて

2 [97件] あたる, なったこの, なったと, なったならば, なったはず, なったん, なった上野介, なった今日, なった少女, なった年, なった瞬間, なってからは, なつたばかり, なつたんだらう, なられその, なられたばかりの, なられた甥, なられます, なりながら, なりに, なりますお, なりますか, なりますと, なりますの, なり三年, なるころ, なるその, なるとか, なるとく, なるな, なるので, なるはず, なるまでと, なるまでも, なるもの, なるわが子, なるを, なるんだい, なる一子, なる二人, なる今日, なる伊織, なる伜, なる先妻, なる初五郎, なる可愛いい, なる可愛らしい, なる夫, なる女児, なる姉, なる姪, なる婦人, なる季, なる孫, なる孫娘, なる少女, なる少年, なる平内, なる忰, なる末, なる末子, なる梅ちやん, なる甥, なる甲斐, なる男子, なる義兄, なる迄に, なれり, はなつて, 到るまで, 及びて, 将軍家茂に, 弟が, 当る上元, 成られた時, 成ります, 成る, 成るお, 成るの, 成るまで, 成候見せ, 東京へ, 江戸に, 相なる, 私は, 至りて, 至るあいだ, 至る頃, 至れば, 落成した, 見える, 足らぬ若い, 近い, 達した, 達したので, 達せずして, 陸へ

1 [671件 抜粋] あのむずかしい, あらざれば, いたる者, いたれば, いるの, おなりの, おなり遊ばす, おれを, おわしながら, お成りあそばしました, お成りだ, お成んなさりゃ, お父様, かかって, ございます, ございますと, ござります, してと, しての, しても, すぎず正法千年, すぎない, すぎなかったその, すぎなかったろう, すぐと, たわまぬ猛, ちかい正直そう, ちかい現在, なったお, なったおり卒業, なったからだに, なったぐらいの, なったけれども, なったすなわち, なったとき父, なったとき聖書, なったところ, なったな, なったのに, なったばかしの, なったばかりという, なったらせめて, なったらね, なったら上泉伊勢守, なったら僧, なったら大金持ち, なったら学士, なったら死のうと, なったら隠居, なったイプセン, なったゲーテ, なったスエ子, なったマクシム・ゴーリキイ, なった一つ, なった一学, なった三郎, なった今, なった今年, なった作者, なった保, なった元木武夫, なった冬, なった吉丸, なった女教師, なった娘, なった子供, なった安永六年, なった小, なった小児, なった抽斎, なった日本, なった明治六年, なった栄次郎, なった牝鹿, なった猪太郎, なった石坂儀右衛門, なった祖母, なった秋, なった藤村, なった藤波金三郎, なった許, なった達人久左衛門, なった鉄, なった際, なってたから, なっては, なってもか, なつたかならない, なつたかならぬ, なつたら, ならないうち, ならないで, ならないと, ならない子供, ならない弟, ならない時分, ならなければ, ならぬ中, ならぬ青年, ならぬ頃, ならば, なられた, なられたかな, なられたなら家督, なられた作家森田草平氏, なられた時, なられた皇太子アレキセイ殿下以外, なられても, なられました, なられる, なられる老体, ならんけ, なりお父さん, なりしが, なりしや, なりその, なりましたが, なりましたので, なりましたら国許, なりますえ, なりますから, なりますでな, なりますよ, なりまするから, なりまするが, なります男の子, なります美男, なります間, なりもちろん, なりカザン市, なり一旦, なり二男於義丸, なり候, なり名, なり妹, なり学校, なり昨今, なり時には, なり次, なり海陸, なり給ううら若き, なり胸, なるえ, なるお婆さん, なるかと, なるかわいい, なるきれい, なるけれども, なるこの, なるし, なるせがれ仁吉, なるだか, なるだろう, なるだろうと, なるですけど, なるといふ, なるとき, なるなに十九歳, なるね, なるねえ, なるひと, なるひとり, なるほう, なるまでには, なるよ, なるよし, なるアウギユスト, なるイギリス, なるオーギュスチヌ・モルチュリュー, なるツル, なるナンシイ, なるニコラ博士, なるモリエエル, なるヨアンネス少年, なる一人女, なる一人息子, なる一少女, なる三郎兵衛, なる不動, なる両, なる乙寿丸, なる事, なる二女, なる京助, なる京大法科, なる人相, なる仁王, なる令嬢, なる伊沢鉄三郎, なる信実, なる信州, なる優秀工, なる光子, なる児童, なる六郎少年, なる利口, なる利章, なる助, なる千代子, なる又, なる右兵衛佐頼朝, なる四万石, なる坊や, なる堀部弥兵衛老人, なる大金奉行山本三右衛門, なる天才探偵児, なる女中, なる女柳, なる女登勢, なる妻, なる姫, なる姫君, なる嫡男, なる嬢さま踊り, なる孃さま踊り, なる孤子, なる守, なる宮廷, なる寛之助, なる小, なる小さな, なる少年数名, なる帝大, なる年ごろ, なる幹夫, なる幼兒, なる幼年たち, なる彼女, なる律気, なる忠之, なる惣吉, なる惣領息子, なる我が, なる手代, なる数馬, なる文二, なる新, なる新吉, なる新吉様, なる時子, なる晋太郎, なる晩, なる未婚, なる末っ子, なる朱丸, なる松男, なる校内, なる森, なる水野采女, なる津田梅子嬢, なる男子引, なる病弱, なる白痴, なる祖父, なる私, なる私たち, なる糸井重幸, なる総領, なる繁, なる美人, なる老嬢, なる者, なる若様, なる茂籠傳一郎, なる菊子, なる衣川, なる袴野, なる角右衛門, なる迄の, なる逞しい, なる遺児, なる采女, なる長政, なる隠居平八郎, なる頭ア禿ら, なる養子, なる高利貸, なろうという, なんな, のこし居るを, はじまりその後十年間, はじめて歌舞伎, はなつてる筈, ふと商用, まさむ, みえた, もう将, もさういうて, わたらせられる, わたりたもう, カフエエの, 一たび仲間の, 一人も, 一夜の, 七度は, 七度奔命せね, 三位の, 下寺町の, 下戀, 両親を, 中学校の, 二つ三つ手前という, 二度一と, 亘りて, 今の, 仕合わせが, 仲間の, 伏見へ, 似ず非, 似合わぬ老婆心, 似合わぬ豪放, 似合わぬ贅沢, 僕が, 元服を, 充たない彼, 再び行, 刑刀を, 初陣し, 到る, 到る間, 到達し, 十も, 千人萬人すぐれし, 及ぶまで, 及んだ時, 及んでから, 可哀相に, 合戦有るべし, 因んで, 垂んとする桂舟氏, 垂んとする母堂, 変化した, 女専を, 始まり九歳, 嫁いだ, 孔子は, 学校を, 実家の, 将軍家茂上洛の, 少し足らぬ, 尚道遠く, 屋敷割の, 岩倉具視の, 師範学校の, 帰るという, 府立二中に, 廬照隣と, 当った娘, 当って, 当るが, 当る訳, 御改正, 応じた無理, 成ったって, 成つたこと, 成つたら御, 成りしシユツコハ婆, 成りまするお, 成ります迄, 成ると, 成るッ, 成る兄, 成る子, 成る弟, 成る男, 成る貢さん, 成る頃, 成候者愚姪方にて, 成候者愚姪方へ, 手が, 数万殺す, 數, 斬られ五歳ごと, 於る, 既に, 朝鮮から, 村民を, 東に, 柏軒が, 柏軒先生の, 楽師の, 榛軒は, 残すつもり, 母は, 氣が, 流さねば, 深川木場の, 満たざる美, 満たない青年, 満たなかった, 満たぬアウギユスト, 満たぬ乙女, 満ちて, 満つや, 父が, 父の, 猶店, 當つて居る, 當り, 當るべき, 病んだ時, 病んで, 相なり, 相成らざる某, 相成ります, 相成りまする, 相成りまする白島山, 相成りまする絶世, 相成り近辺, 相成る, 相成るか, 相成る老母, 相成候, 知らせたさと, 移して, 終り第, 終る, 至って, 至つた, 至つたのである, 至つてゐる, 至らざるに, 至り又, 至るであろう, 至るまでに, 至るもの, 至る少年, 至る少年少女二十余名, 至る色盛り, 芝の, 芭蕉は, 花ざかりを, 茶山の, 茶山は, 見えた, 見えたほど, 見えて, 見えましたが, 見えようと, 見える人, 見える穢い, 見る人, 誰しも, 起りし事, 足らない私, 足らぬ女, 足らぬ小児, 足らぬ幼児, 身を, 近いかとも, 近いが, 近いと, 近い人, 近い今, 近い伊藤, 近い大, 近い大男, 近い女性, 近い婿, 近い年輩, 近い年頃, 近い彼, 近い新, 近い洪, 近い百合香, 近い私, 近い老媼, 近い色白, 近かった, 近くすこし, 近くなる, 近く戦争中に, 近し, 過ぎない信忠, 過ぎなかったの, 過ぎなかつた, 達ししかも年結婚数, 達したとき, 達したとき幕府, 達したトルストイ, 達した上野介, 達した今, 達した後, 達した折, 達し和歌所, 達し従四位下少将, 達すると, 達するもの, 達するや, 達する三〇〇, 達すれば, 達せざるに, 遠くは, 都を, 重症の, 間の, 霞亭は, 養女に, 養父は, 高等学校を

▼ 歳~ (1330, 8.3%)

186 あつた 111 歿した 16 死んだ 12 世を 11 歿し 10 死んで 6 始めて 5 ござりました, 亡くなった, 卒した, 夭折した, 彼は, 早世した, 死にました 4 この世を, しかない, 一人は, 元服し, 戦死した, 死なうが, 死んだが, 結婚した

3 [15件] これも, しかなかっ, 出家し, 女学校を, 妻の, 妻を, 始て, 永眠, 父と, 父に, 病歿, 結婚し, 結婚する, 色の, 薨じた

2 [72件] あつたの, あつた私, あとを, あらうと, おいね, おかくれ, お人好しで, お屋敷, かかれたもの, この世に, この店, これは, はあった, はない, はまだ, まだ独身, もよい, エンジナーに, モスクワ大学に, ロマンティックな, 上京し, 二十四歳に, 亡くなったから, 亡くなったが, 亡くなったの, 刑せられた, 剃髪し, 大往生, 妻帯した, 姿の, 嫁に, 子供は, 孤児に, 学校を, 孫を, 家を, 家督を, 家督相続を, 小池が, 市ヶ谷門外の, 徒刑場に, 従四位上左権中将であった, 新潟取引所の, 新潟新聞の, 本所二つ目の, 村の, 死ぬまで, 死んだわたし, 死んだ源坊, 歿する, 歿年が, 永眠した, 江戸から, 没した, 父の, 生命を, 番代に, 病死した, 示寂する, 私の, 私は, 立派な, 美貌の, 自殺した, 致仕し, 詩を, 譜代の, 躋寿館の, 逝去した, 関ヶ原の, 隠居した, 養子の

1 [722件 抜粋] あた, あたしの, あつた天皇, あつて, あまり役にも, あれ程, いかにも乱世, いへば, いられました, おあり, おいでに, おとなしやかな, おなくなり, おわしたこと, お二人, お伴を, お年は, げす, こっけいな, このまやかしだらけ, この打撃, この登勢, これまで, これを, こんな事, ごさ, ごぜいすか, ごぜえ, しかあられなかった, すい, すでに文運隆々, すでに総, すでに老境, せうか, せうが, そこを, そのとき, その一生, その創作, その学校, その指導, その春, その生, その百首, その輝かしい, それを, そんな死, ともを, どうして私, なお休息, なかなかの, ねそれ, はあります, はあるまい, はいっ, はじめて一子, はじめて登場, はじめて祖母, はないだらう, はなかっ, はやや, は体力, は寺かた, は既に, は有ります, は無く, は短命, ひそかに, ふだんが, ぽっと出の, まだまだ大変, まだ元, まだ十二歳, まだ子猫, まだ理科大学物理学科, まだ結婚, まだ部屋, まだ部屋住, もう田舍酌婦, もう百歳, もはや老人, も柳糸子, よめに, わたくしなどの, わたしの, ゐら, インドに, キリストを, シャビエルに, ダルメイダに従って, チャンと, デルフトの, ハタと, パン焼釜の, ボンの, マニラへ, ルムフォード伯より, ロシアの, 一つ欠ける, 一家は, 一彦は, 一番下は, 一緒に, 丁度農学校, 七年ほど, 三十幾年前に, 三条西家へ, 不慮の, 不遇の, 世俗を, 中国の, 中学の, 中郎将, 主君信長の, 九郎右衛門りよに, 乞食に, 二十五貫目から, 二十六人の, 二十歳の, 二郎は, 二高に, 五人の, 五六年その, 亡き人の, 亡くして, 亡くなったその, 亡くなったと, 亡くなったので, 亡くなった後, 亡くなった文政九年八月十四日, 亡くなられた, 亡くなりました, 亡くなるまでに, 亡つた, 亡なっ, 京都に, 人びとの, 今は, 今年学園へ, 仏様の, 他界された, 会場の, 体に, 何も, 使用人を, 侍従翌, 信長の, 信順の, 傍輩と, 備中権介を, 備後国深津郡福山の, 允成は, 元服する, 兄は, 先立つ悲しい, 入学した, 全くお, 六十七万石の, 共に夭折, 処女詩集を, 出て, 出家仁治二年八月八十歳を以て, 初めてポルトガル人, 初めて商売, 初めて戯曲, 初めて男の子, 初めて細川忠和, 初めて結婚, 初めて陣頭, 初婚や, 初段に, 初陣を, 剃髪した, 創作を, 勤めること, 十一人うませた, 十代の, 十四年ぶりに, 十歳の, 卒し八月二十八日, 卒業する, 南洋や, 博士号を, 印刷屋の, 去年から, 去年の, 友江田先生よりは, 叙爵し, 古風に, 同じ組与力西田青太夫, 同じ身長, 同國姫山, 名は, 命を, 和事の, 喉頭癌の, 嗣立した, 嘉永三年戌歳の, 四年前から, 国を, 坂東八十助と, 坂道など, 声が, 売れるよう, 多く年を, 多年働い, 大丈夫博士に, 大学の, 大方兄弟, 大著述, 大通詞, 天から, 天台座主に, 太原から, 夫婦に, 夫婦の, 夭札した, 夭死を, 奥医師に, 女千代を, 女学校が, 妻に, 娘は, 婚姻する, 婿入を, 子を, 子供の, 孤兒にな, 学問に, 完成せられた, 官職を, 宮城縣立仙臺第一中學校に, 家族一同松山へ, 家督し, 寺小屋式の, 封を, 将軍家光の, 将軍足利義晴より, 小学校に, 小柄で, 小肥りで, 小説を, 小通事並, 小通詞, 少し経て, 尽きるという, 山陽には, 帝位に, 師匠の, 師範学校の, 席を, 帰って, 常磐会寄宿舎の, 幕府の, 幸内が, 幾らかの, 廉塾を, 弘前に, 強敵に, 当時の, 形式的の, 彼等は, 後に, 従容として, 従軍し, 御出家, 御勘弁, 徳川家綱に, 念仏往生を, 思い切りよく口腔, 恃を, 恋を, 懲治監に, 或いは二十五歳, 或る, 戦に, 戦死する, 戰死した, 所謂老, 才子, 打ち砕かれて, 政談演説を, 故郷の, 数年前死んだ, 敵国の, 文学者に, 文政九年, 文章を, 方に, 方向に, 既に髮, 日本では, 日本の, 日野屋へ, 早くも, 早まった結婚, 早稻田, 明和の, 春の, 春水より, 昭和四五年頃死亡出生地は, 最初の, 最年長者だ, 最長が, 月までも, 月並出仕を, 有ったが, 有信を, 有馬喜兵衛を, 服装も, 未だ元気, 未亡人と, 本丸を, 本郷真砂町に, 札幌の, 来た, 来り嫁, 東京に, 東京へ, 某大学教授, 柳島に, 権中納言に, 欠減する, 次の, 歌劇を, 止むを, 正四位下左権中将, 此の, 歩兵仲間には, 死したるかれには, 死なせたの, 死にましたが, 死にます, 死に仕事敵, 死ぬか, 死ぬところ, 死ぬもの, 死ぬ者, 死ぬ迄の, 死んだの, 死んだん, 死んだシェイクスピア, 死んだ人, 死んだ佃, 死んだ岩野泡鳴, 死んだ氏, 死亡し, 死刑と, 死別した, 死去, 死去いたしました, 死去致しました, 歿くなられる, 歿る, 殺された主, 殺されました, 母が, 母に, 母にも, 母の, 気が, 気持の, 江の島鎌倉を, 江戸に, 池の, 決闘し, 没したこと, 没しました, 没するまで, 法学博士の, 法律学校を, 法然を, 活気なく, 浜屋敷に, 海賊に, 深川籾蔵前の, 満州へ, 溌剌として, 漁師の, 漱石先生の, 熊本に, 父が, 父親に, 父輝宗から, 牢死された, 猶杏春, 獅子に, 現在の, 生まれは, 生年は, 生殖不能な, 生涯を, 田原の, 町長さんに, 留守居年寄佐野豊前, 番入りを, 病死養子潤吉が, 病歿生まれた, 病気と, 病氣と, 痢病で, 發つて今年四十餘歳で, 白蓮さんに, 皇位に, 盛んに, 相当に, 相手を, 県会議員, 県会議員に, 眠るが, 眼鼻立の, 瞑目した, 祐二は, 神戸師範学校を, 神聖ローマ帝国の, 神辺の, 私が, 私より, 秋の, 稼圃の, 稽古通事に, 第一シンフォニー, 第一着, 筆を, 筆者の, 米國に, 細君は, 結婚, 結婚すれ, 結婚を, 緋縮緬で, 緋縮緬でない, 総髪に, 美人で, 聖譚曲を, 肋膜から, 肥前生れの, 背が, 能く, 脇差を, 脳溢血で, 脳溢血の, 臨んだという, 臨済の, 自分の, 自邸の, 致仕した, 花婿に, 花柳章太郎が, 芸者その後不見転娼妓私娼妾仲居等転々と, 若年寄に, 若後家, 茨城県布川に, 茨城県布川の, 草履の, 菊ちゃんが, 萩の, 薨じ, 薨去した, 藩主の, 藩地へ, 處女詩集を, 行くゆくは, 行方不知に, 行方知れず, 衣笠城に, 表向の, 襲爵し, 親と, 誠に何, 議長ジャカン夫人の, 貴女に, 足利の, 足腰も, 践祚された, 身体は, 身分は, 輿入れし, 辛辣に, 述懐百首を, 迷庵よりは, 通称謙三郎字は, 逝き其翌年, 逝去された, 邑の, 郷里の, 金州の, 鎌倉時代に, 長崎へ, 長男昌太郎を, 隠居し, 隠居の, 隠居夫婦は, 青洟を, 音楽修業を, 顔が, 養家の, 驚風の, 高段者準, 麻疹に

▼ 歳~ (551, 3.5%)

21 一期として, 越して 13 越えて, 頭に 8 過ぎて 6 こえて, して 5 いくつか, すぎて, とって, 幾つも 4 取って, 取つて, 唱えて, 宮遷らしき, 少し出た, 越したばかりの, 越しても, 越すと, 迎へ

3 [15件] こして, とつて, 出たか, 少し越えた, 幾つか, 経て, 經たり, 越えたばかりの, 越えた老人, 越したばかり, 越した彼, 越してから, 踰え, 踰えた, 迎えたころ

2 [27件] すぎると, すこし出た, とると, はるかに, よほど越した, 一期に, 加へ, 厄年と, 取ると, 叫んだ, 唱えた, 寿いで, 標準として, 福山に, 經て, 聞いて, 超えた女性, 超えてから, 越えたばかりと, 越えてから, 越えられた今日, 越したの, 越した後, 送り十九歳, 過ぎたばかり, 過ぎてから, 頭と

1 [308件] あまり過ぎなく, いかに暮した, いくらも, おとりだけれど, かしらに, かしらの, かせば, かぞえる若者, かなり進んだ, きいては, きくと, こえた老人, こえても, こえると, こえれば, こえ市十郎, こしたこの, こしたばかり, こした中老, こした教育者, こした泰造, さいて, さけぶと, した二人, した私, した自分, すぎた女, すぎた小柄, すぎた男子, すぎた美人, すぎた覚一, すぎれば, すぎリュボーフィ, すごした, それとなく呟いた, たずねて, たツ, ちょっと出た, ちょっと過ぎた, ちよつと, でたばかり, とうにすぎ, とうに越え, とうに越えられ, とったよう, とったルンペン風, とつた, となえたかも, とられるまで, とりすぎたから, とるとともに, のどかに, まだ越え, まだ越えない, むかえたとき, もう二つ, もって, もつて, やっと越えた, やや出た, ようよう一つ, わずか越した, 一つこえたで, 一つ二つぐらいは, 一つ二つ過ぎ, 一つ越えた, 一つ越す, 一周と, 一足として, 三つと, 三つ過ぎ, 三十二歳と, 三呼なさい, 三唱し, 三唱しました, 上に, 主張し, 了簡違いな, 二つサバを, 二つ三つしか, 二つ三つも, 二つ三つ越し, 二つ三つ越した, 二つ三つ踏みこえた, 二ツ三ツ超した, 云って, 享けて, 享年四十二歳と, 以って, 入れずに, 出した頃, 出ずに, 出たとは, 出たばかり, 出たる顔, 出ては, 出でずに, 出でまい, 出ないらしい少年, 出るか, 出ると, 出過ぎもの, 切り破つて, 加えられた, 加ふる, 加へて, 勤めた, 半ば越し, 厄とも, 厭うこと, 取ったうすぎたない, 取ったという, 取ったどすぐろい, 取ったの, 取ったよう, 取ったらおれる所, 取ったらやがて, 取つたの, 取つたやう, 取つたら居れる所ぢ, 取つた今, 取らぬ間, 取るにつれて, 叫んだすべて, 召さぬなあ, 吉津村の, 吟味する, 唱え合いその, 売物, 多く出ぬ, 大化四年と, 契るとも, 寿ぐ声, 少しこした, 少しの, 少し越え, 巡査に, 年の, 廢墟に, 待たず, 待たず三十歳, 待たんや, 惜しみも, 推古天皇の, 支えしは, 数えたとき, 數へ, 易う, 春と, 最後に, 最早三年, 期として, 極度まで, 歌い出した, 歓呼した, 気絶せしめたる, 減じ寛政, 減ずる時賢劫, 満二十歳, 演じて, 生きた一作家, 疎しく感ずる, 知ったが, 知って, 知らないと, 碇泊し, 祈ること二十一回, 祈るため, 祝おうと, 祝願し, 祝願する, 秋と, 積んで, 立てて, 素人とか, 経ざれば, 経たり, 経たりき, 経たりけむ, 経たるなり, 経た其金色, 経た楠, 経つ一朝, 経ても, 経に, 経ようずる, 經た, 經一人は, 繰つて, 繰れば, 老いづく, 老けさせて, 老って, 老っては, 老つて, 老られ, 老り, 聽い, 自分では, 若頭, 訊かれること, 語る, 語る癖, 謳歌し, 貰い受けて, 超えたころ, 超えた李唐, 超えて, 超えても, 超え日本, 超ゆる, 越えざれば, 越えず世に, 越えたかと, 越えたこの, 越えたころ, 越えたのみの, 越えたギュスタフ・フロオベル, 越えた一流紳士, 越えた今, 越えた内供, 越えた年配, 越えた徳, 越えた老, 越えた頃, 越えつるのみ, 越えてからの, 越えると, 越えるまで, 越える花朝, 越える頃, 越えれば, 越したいま, 越したくらいの, 越しただけ, 越しただけで, 越した一人, 越した二人, 越した人々, 越した位, 越した作家, 越した女, 越した好い, 越した小柄, 越した文豪, 越した老人, 越した老媼, 越した藤波金三郎, 越した金貸, 越しての, 越しては, 越してるはず, 越してる母, 越し中風, 越し結婚後十年, 越すこと, 越すまで, 越す頃, 越せないという, 越せば, 越ゆ, 迎うる, 迎えたばかりの, 迎えたリャザノフ, 迎えた今年, 迎えた吉左衛門, 迎えた女王, 迎えてから, 迎えます, 迎えようと, 迎えると, 迎える勘定, 迎へた時の, 迎へて, 迎へる, 迫らぬほどの, 送らなければ, 送り魂祭り年忌仏事, 送るの, 連呼せり云々とか, 過ぎしとき, 過ぎたばかりの, 過ぎた人, 過ぎた今, 過ぎた大, 過ぎた女, 過ぎた未亡人椿正枝, 過ぎても, 過ぎてるのに, 過ぎないで, 過ぎに, 過ぎみずから朽邁, 過ぎるまでは, 過ぎる頃, 過ぎ今, 過ぎ夫人, 過ごした尉, 過した, 過して, 過す様子, 閲して, 限りとして, 限度として, 隠すくらいは, 雪の下に, 青森附近油川村の, 預けた直はん, 高唱した

▼ 歳~ (299, 1.9%)

18 いえば 9 いふに 6 なった 5 書いて 4 いうのに, なって, 書して 3 ある, いうに, いへば, 四歳に, 註して

2 [24件] いうから, して, すると, すれば, なった年, なりました, なる, なると, 七カ月です, 二十五歳の, 云うの, 云う年, 云ふ, 仮定すれ, 八歳の, 六歳に, 四ヶ月の, 思われる, 指を, 推定される, 聞いて, 聽きました, 言えば, 言って

1 [186件] あった, あって, あつた, あつて, ありますよ, ありますわ, あるの, あるは半蔵, いい此の程, いう, いうが, いうと, いえど, いっては, いっても, いつたと, いはなければ, いへども, いよいよ強, お皆, お訊ね遊ばし, さけぶ声, したら, しるして, せば, その他, その年齢, その母きみ四十一歳, たって, つて十九に, どれにも, なせど, なぞの, なったが, なったばかりの, なったを, なった人, なった新年, なった春, なった正儀, なった翌, なった頃, なりとっくに, なりました時, なり一人前, なり次男, なり洋行, なり稀, なるし, なるにつれて, なるの, なるのに, なるや, なる小姓組, なれば, なれる今年, ねんねこで, みえる子供, 一カ月に, 一ヵ月でした, 一年は, 三カ月に, 三カ月の, 三十二枚の, 三十二歳の, 三歳の, 両人を, 九歳に, 二つの, 二人で, 二十三歳ちょうど, 二十三歳全く, 二十五歳で, 二十五歳との, 二十歳までの, 二歳の, 云うと, 云うもの, 云う事, 云う声, 云う夫人, 云う年頃, 云う春, 云う歓呼, 云う美しい, 云う返事, 云う高齢, 云えば, 云つた時分で, 云ひ, 五十歳との, 五十歳の, 伝えられて, 信じて, 修正された, 偽り軍夫, 八歳とにな, 八歳との, 六ヵ月, 六歳との, 判じ合つて, 刻んで, 十一歳の, 十七八歳の, 十七歳とで, 十五歳とが, 十八歳の, 十歳に, 千石船の, 叫ばずに, 叫ばせようと, 叫ばねば, 叫びませう, 叫ぶくらい, 叫ぶと, 同一である, 呼ぶ者, 呼べそう, 呼んだ舞子, 唱へ, 四カ月ばかりの, 四歳とに, 四歳の, 墨色あざやかに, 定まった, 実子千寿王と, 宣う, 宣うた, 宣うを, 小さく, 少しに, 左手で, 思う軽い, 思えるその, 思って, 思ひますが, 思わるる一人, 思わるる男の子, 思われる男児, 思われる青年, 想像し, 手を, 披露した, 振り向き単, 推測す, 改めねば, 数ヵ月に, 書かれて, 月とが, 榊を, 横には, 申しまして, 申す愛度, 皆籍が, 相成り主従親みの, 真打席, 示されて, 称するもの, 稱し, 答えき, 答えて, 答えながら, 答える, 答へ, 精一ぱいあくせく暮し, 聞きましたが, 聞けば, 聽く, 見える繊弱そう, 見受けら, 見立てたらしい, 親切な, 解釋し得る, 言う, 言うに, 言った, 言ったこと, 言ったら石川, 言つた判じ物だらう, 言ふ, 言われて, 計算され, 註され, 註せるを, 赤地に, 雖も

▼ 歳から~ (253, 1.6%)

4 二十歳までの, 六十歳までの, 十五歳までの 3 十七歳までの, 四十歳に, 四十歳までの

2 [15件] 三十代の, 二十五歳までの, 二十歳まで, 五十歳の, 五十歳まで, 六十六歳まで, 十七歳に, 十七歳まで, 十八歳に, 十六歳までの, 当時三十余歳の, 後の, 後は, 生活の, 金を

1 [202件] いうと, いえば, いま娘に, お世話に, かけて, そだてられて, その年, その生村, だろうが, であったが, めき, もう一廻り上, もう一廻り下, もう二年, もう光っ, ァ源氏名, ノロオニュの, 一カ月三千五百円の, 七十余歳まで, 七十歳の, 七歳ぐらいまでの, 三つ四つ五つぐらゐの年齡までの, 三十三歳までを, 三十二三歳迄, 三十二歳の, 三十二歳まで, 三十五六歳どまりの, 三十五歳迄の, 三十八歳に, 三十六歳まで, 三十前, 三十前の, 三十歳に, 三十歳ばかりの, 三十歳までの, 三歳までの, 上の, 中二年, 二十一歳まで, 二十一歳までの, 二十一迄は, 二十七八歳までの, 二十七歳までを, 二十三四歳までの, 二十三歳までを, 二十九歳ごろまで, 二十二三歳に, 二十二三歳迄, 二十五の, 二十五六歳三十に, 二十五歳くらいの, 二十五歳ぐらいまでの, 二十五歳という, 二十五歳まで, 二十五歳位に, 二十位迄の, 二十八の, 二十六七歳くらゐ, 二十六歳に, 二十六歳までの, 二十四五歳ぐらい迄の, 二十四五歳までの, 二十四五歳前後の, 二十四歳頃へ, 二十年叡山に, 二十歳がらみの, 二十歳だいであった, 二十歳という, 二十歳に, 二十歳の, 二十歳前後には, 五六歳に, 五十まで, 五十九歳までの, 五十二歳の, 五十歳が, 五十歳への, 五十歳までの, 他人手に, 他国の, 伊豆に, 体を, 先でも, 八十いくつまでの, 八十五歳までの, 八歳ぐらいの, 公卿や, 六十三歳まで, 六十四歳までを, 六十歳に, 六十歳の, 六十歳以上に, 六十歳迄の, 六歳くらいの, 六歳までの, 冬至から, 十一年間師匠の, 十一歳の, 十七八歳の, 十七八歳までの, 十七歳にかけての, 十三四歳までの, 十三歳へ, 十三歳まで, 十三歳までは, 十九歳といふ, 十二三歳と, 十二三歳の, 十二三歳までの, 十二三歳位の, 十二歳で, 十二歳までの, 十五六歳までに, 十五六歳までの, 十五年奉公し, 十五歳ぐらいの, 十八九歳の, 十八九歳までの, 十八歳へ, 十八歳までの, 十六の, 十六七の, 十六七歳の, 十四五歳くらいまでの, 十四五歳の, 十四歳の, 十四歳まで, 十四歳までの, 十歳に, 十歳ばかりの, 十歳ほどの, 十歳までの, 十歳までは, 十歳頃までに, 参禅, 參禅修業を, 叔母の, 呑んだらえ, 四十七歳までの, 四十五歳に, 四十五歳迄の, 四十八九歳までの, 四十四歳までの, 四十年間の, 四十歳ぐらいの, 型の, 夜も, 大きいの, 大学の, 太り出したと, 失明せられた, 奉公を, 女を, 始めて, 孤児に, 小寺家に, 少し出た, 山へ, 廿一歳ごろまで, 彼女の, 後家暮しを, 後晩年熊本へ, 戦場に, 手習いを, 新日本音楽, 明治元年まで, 暮して, 望まれたの, 村の, 此の, 歳へ, 歳へと, 歴史と, 死ぬ迄, 母親に, 水茶屋にも, 温泉小町と, 瀧壺道を, 百五十円と, 百円三十五歳から, 皆の, 知って, 神の, 私が, 立って, 翌年へ, 習作を, 育てて, 色里の, 見習いだ, 観音様を, 貰って, 賊心を, 足かけ六年今年二十二に, 農家の, 遊び廻った, 遊廓に, 道場へ, 選挙権を, 那古屋の, 養って, 駿河の

▼ 歳~ (196, 1.2%)

3 いくつに, 二つ, 十五並背に, 我れ

2 [12件] いかなれ, いくつだ, お菊, はや二十四, もう四十, 八つなれ, 八歳天秤肩に, 小くも, 幾つだ, 慶四郎の, 神無月, 私より

1 [160件] あくまでも五歳, あれ程, おとなです, くれゆく, そうさ, その友達, その寿命, その時, その時二十六歳, その晩, それよりも, たしかに生涯, たしかに若い, たしか三十一, とってるし, どうにかかう, どうも, どうも葬祭, どちらも, まいねん, まだよほど若い, まだ二十一, まだ若い, めいめいの, もうみんな, もう一つ二つ下, もっといってるらしく, やっと数え, よく泡盛, わかくても, わけなくお, ポケットに, 一つ下でも, 一番喧しい, 丁未の, 七十歳より, 三つの, 三十の, 三十一歳だけの, 三十一歳なりに, 三十一歳みたいに, 三十二三で, 三十五より, 三十五六にも, 上は, 上田の, 世紀に, 九つで, 乞食万歳などと, 二つ三つ若い, 二十七八ぐらい, 二十五と, 二十六七にも, 二十六歳の, 五十ぐらい, 五十一歳である, 五十歳位でしょう, 享保二十年乙卯生に, 人を, 何もかも眞奈, 何時でも, 例へば画壇, 僅かに, 先刻おれが, 六十に, 六十六に, 凱旋将軍の, 初の, 別に, 十七八細面の, 十九だ, 十九でした, 十五とか, 十八歳であった, 十六だ, 又兩親, 又歌, 同一であっ, 單純な, 嘘であろう, 器用な, 坂本龍馬晩年の, 堪へかねた面持, 多きに, 夢の, 大糜, 奉公の, 好きでない, 始めて, 始めの, 子供の, 孔子の, 宝暦五年である, 実際角力道, 實に, 小雪と, 少きに, 年齢だ, 幾つであろう, 幾つも, 幾つ名は, 建安十三年に, 廿七一度, 愛馬の, 慶長十七年四月に, 我が齢, 支那の, 文化十四年で, 斯う, 明治四十三年である, 是の, 暮れかかっ, 暮れても, 某の, 次の, 歳始の, 歴ってな, 源氏の, 漸く二十, 無い, 無頼漢に, 生年より, 男盛りである, 病気と, 皆私より, 直ぐ話, 矢張ナオミと, 私には, 私の, 私供の, 縁側に, 翌日家に, 聞きに, 自分が, 花少なく, 若いが, 若いはず, 若うても, 若く気, 若く見える, 若し平生身体, 薄黄色, 虹霓千とせは, 行くとも, 襟を, 見事に, 覚えませぬが, 警察で, 貞之助より, 越えたろうな, 車を, 辛抱なさらん, 過ぎては, 過ぎぬまた, 重光大, 金魚の, 長い旱魃, 頗る妹, 魅惑が, 鯉の

▼ 歳前後~ (196, 1.2%)

6 の青年 5 の若い 4 のこと, のころ, の頃 3 で死ん

2 [12件] ですが, でせう, のいわゆる, の女, の女性たち, の娘さん, の子供, の少し, の男, の男子, の老人, の若者

1 [146件] かと推定, からであった, から二十五, から仕官, から十五六歳, から已に, から読ん, が一番百姓仕事, くらいの女, すなわち明治三十四, だから, だったが, だったと, だったの, であったプレハーノフ, であった婦人政治家たち, であつ, である, でした, でしょうか, です, でベルリン, で例, で画, で米國, というところ, という年, とおぼしき, と見える, に, にある, にし, にて花, になっ, になつ, になる, には人間, には夏, には安井息軒, には案外, には社会時評, には近郷, にみえた, によく, に剋, に同じ, に特別, に発病, に至っ, に至る, に見えた, に見える, に違, のういういしい, のおしゃれ, のおれ, のお方, のその, のひと, のほんの, のむすこ, のめしたき女, のやはり, のわか者, のインテリゲンチャ作家, のオットリ, のスティヴンスン, のメリヤス, の一人, の一見, の中国, の事, の人, の人々, の人物, の仇, の作家, の健康体, の写真, の刺青, の勘, の半身像, の口数, の可愛らしい, の堀口剛太, の壮年, の女らしい, の好男子, の娘, の婆さん, の子, の子供たち, の子供達, の寛達, の小柄, の小間使風, の少女, の屈強, の年, の年ごろ, の年頃, の年齢線, の幼年期, の律義, の成り上がり, の揃い, の時, の時期, の武家, の武家奉公, の流行小説家たち, の無学, の父, の物静か, の男ざかり, の男女, の相当, の立派, の粋, の細君, の紺絣, の美しい, の老, の老人夫婦, の腕白共, の色白, の血気, の血氣, の見知らぬ, の諸君, の釣り師, の門人たち, の青年文学者, の顔, は生憎, は生涯, までの, までの若い, までの間, までは日, まで十人あまり, よりその, を眼, 住む込み, 即ち明治三十四, 然も

▼ 歳まで~ (195, 1.2%)

15 生きて

2 [12件] ですよ, 三十九名の, 完全に, 宿役人を, 教育する, 本物の, 生きたの, 生存し, 生存する, 童貞を, 育って, 長寿を

1 [156件] ある化学工場, うたうこと, うたうつもり, おれは, お前は, お嫁, かけると, この三宅島, この不可思議, この両国界隈, これという, そこで, その他人, たった一度, たつた一度自分量見, だろう, ついに病床, である, でしたナ, では, で女, で隊, とれなかったけれど, なので晝, なる可, よく働け, よく口, カランドの, チョン髷という, ペンより, 一ぱい積ん, 一度も, 三十年間も, 両親と, 二三年ある, 二十三年の, 五枚也, 人の, 人生の, 例の, 修業の, 八年の, 勉強した, 勤め続けて, 勤続し, 十年の, 十年足らずの, 半元服, 呑みぬけ或, 四年間土曜日ごとに, 大人の, 大学に, 天下国家の, 女を, 女子の, 女性を, 女遊び一つした, 学生時代全然, 家庭教師を, 寿を, 少青年組, 山登りを, 年々駒を, 年寄役を, 彼と, 待つが, 忘れ兼ねて, 我輩を, 支え持って, 教育を, 来て, 東奔西走居處なし, 歌を, 死なぬ事, 母とともに, 毎日毎日見, 無病なる, 独身で, 独身の, 獨り, 現国王ヘンデル七世陛下, 生い育てて, 生きたあの, 生きたが, 生きたと, 生きたという, 生きたパティ, 生きた事実, 生きた木, 生きた父, 生きなくとも, 生きのびたもの, 生きのびた効いあって, 生きられ, 生きられたらまだ, 生きられないかも, 生きられるだろう, 生きられるだろうと, 生きられる訳, 生きる, 生きるかは, 生きるが, 生きるなどという, 生きるの, 生きるよう, 生きる者, 生きる自信, 生きる覚悟, 生き延びたの, 生き延びる時, 生き得べしと, 生き得るが, 生き歿年, 生き長らえたという, 生れた田舎, 生存した, 生存するなら, 生殖力あり, 生長させた, 用意周到に, 眼に, 眼鏡なし, 眼鏡も, 知る機縁, 祖父さんや, 私は, 結婚させる, 結婚する, 続くもの, 育てたから, 育てたが, 育てたこの, 育てられた事ゆえ, 育て最後, 船に, 苦労し, 衣服相談新宿十二社何家と, 評定役しか, 諸国を, 賜れ, 身代の, 辛うじて評定役, 返事する, 通して, 通じる一条, 遑, 適用し, 金三枚也, 長命の, 長生きを, 長生し, 長生した, 霊肉一致の, 領内の, 養育された, 馬籠の

▼ 歳~ (185, 1.2%)

8 という 5 ということ 4 え, から, といふ, と云, な 3 かの御, そうだ, つたから, つたと, とおも, と云う, ね 2 かのお爺さん, からである, か百歳, そうで, そうです, というの, とか言っ, と云っ, よ

1 [113件] かそれとも, かといふこと, かになる, かね, かの甥宗一, からこんな, からとて視ざる聴かざる, からな青春, からね, から人間, から今年十六歳, から仲よく, から例, から其時, から大小, から忘れ, から日本流, から時には, から此後, から縫, から肉, から能楽, から郷里, かわからぬ, か九十歳, がいつも, がいま一人, がそれ, がつい, がまだ, が三貫目余, が十代, が古戦場, が商業学校, が地味, が客, が彼, が碌, が結婚, が英語, が親, が誰, が雀斑, が面白い, けれどその, けれども中学生, けれども私, し, し主君, し妻, し子供, し生, ぜ, そうである, っけな, つた, つたぢや, つたのである, つたのを, つたらしい, つた彼は, つた私は, つて, つて云つ, とあっ, といいふらし, といいふらす, といいました, といいます, というで, という事, という歳, といっ, といつた, といはれ, といふ確信, といわれ, とお, とか, とかで眉目秀麗, としてある, とする, とすれ, とせ, とそれでも, と云った, と云つて, と御, と思う, と書い, と書し, と申され, と答, と聞い, と聞いた, と自分, と自慢, と話した, ねえお前さん, のうこないだ, のにこれ, ものだ, よははは, わ, バ, 一度大患, 万々歳だ, 三十を, 五歳だ, 女房も, 男の, 相だ, 遠乘

▼ 歳ばかりの~ (182, 1.1%)

9 男の 5 女の子が 3 女が, 女の, 男の子を, 背の, 頃までは

2 [14件] 娘が, 子供を, 小娘が, 少女と, 少年が, 束髪の, 武家風とも, 男で, 男の子が, 痩せた女の子, 老人で, 色の, 若い男, 青年が

1 [125件] うらわかさ, きれいな, くみは, この工場, ごく正直, しのぶまで, すっきりした, すっきりと, その冠者, その小児, つつましい, ときに, ひねこびた子供, サヴォア生まれの, ブロンドの, ユダヤ人だった, ランドセルを, 一太郎が, 一小児あり, 下女で, 中形美人の, 丸顔の, 二人の, 兄の, 児が, 児に, 其の小, 可愛い顔, 可愛らしい男, 多感な, 夫婦者と, 女で, 女であっ, 女の子で, 女の童の, 女中が, 姉であった, 娘で, 娘盛りであった, 婦人の, 嬰児を, 子が, 子供が, 子供であった, 子供と, 子供に, 子供も, 孫とも, 官僚型, 実の, 寺の, 寺男に, 小さい子供, 小さな男の子, 小づくりな, 小児が, 小児の, 小柄な, 小柄なやせた, 少女, 少女は, 少年の, 少年を, 年の, 年増で, 年配で, 年配でした, 年頃に, 当時の, 息子と, 愛嬌たっぷりの, 時に, 時には, 時主人より, 村童一人ぶら, 栗虫の, 極めて小作り, 洟垂し, 父は, 珍しい美人, 男が, 男であった, 男である, 男の子, 男の子だ, 男の子であります, 男の子に, 男の子の, 男児の, 男児を, 男子なり, 異国画学生の, 痩せた敏感そう, 痩せた男, 目鼻立の, 矍鑠たる, 美しいお嬢さん, 美しい少女, 美女で, 美少年の, 美青年な, 老人と, 腕白で, 若い娘, 若い美しいは, 若者が, 西洋人が, 見知らぬ子供たち, 躯の, 逞ましい, 連中で, 道化娘らで, 道化小僧や, 間俺は, 間散々塩を, 青年だ, 青年だった, 青年であった, 青年である, 青年の, 青年を, 頃なり, 頑丈な, 黒い髪, 鼻の

▼ 歳~ (166, 1.0%)

15 の時 5 の男 4 になる, に見える, の女 3 の子供, の時分, の男の子, の青年, の頃 2 であった, であったが, で背丈, になります, にはなっ, のころ, のとき, の人, の小綺麗, の少女

1 [99件] いだ, かとも思われた, からその, からの男女, からフランス, から僧侶, から始まる, から折々, から結婚, かナ, だったか, だったと, だったろう私, だった同行, だという, だろうか, で, であったらしい, であった頃, であらせられた, であろうか, でこの, でしたろう, でしょう, でしょうか, でしょうが, です, でせう, でその, でそんな, でで, ででもあ, でもあったでしょう, で余程, で尾崎君, で色白, で黒い, とある, とも見られない, と思われる, と見ゆる, なるが, な人, な小, にし, にしか見えない, にてサムライ, になっ, になつて, になられた, にもなった, にも見える, に成りませんけれ, に至る, に見, に見受けまする, に達したなら, のときベルリン, のところ, のひどく, のキイ, の会社員風, の医者, の女の子, の小, の小さい, の小児, の少女たち, の少年, の少年少女, の差, の年, の年寄, の年配, の御, の惨め, の時代, の水兵服, の派手, の生命, の白髪, の相当富裕, の眼, の美しい, の老, の若い, の蓬髪, の違ひでさ, の長女, の骨張った, の高, ひの, までの作, までの盲目, まではそういう, ゐで, ゐにも, ゐの, 極めて上品

▼ 歳にも~ (154, 1.0%)

31 なって 9 なる 8 なれば 3 なると, なるのに 2 なつた, ならなかった, ならぬの, なりながら, なりや, なるか, なるかと, なるが, なるこの, 見える

1 [80件] あまりぬる, あまるこの, おなりだった, おなりです, おなりに, なった, なったから, なったが, なったならば, なったので, なった夫婦, なってと, なっとるけん間違い, なつて, ならうか, ならうといふ, ならないしとやか, ならないで, ならないのに, ならない新妻, ならない武士, ならぬこの, ならぬ学生, ならぬ男, ならぬ脾弱, ならねえで, なられぬ愛くるしい, なられましたら先ず, なりおって, なりたれば, なりました時, なります, なりますよ, なり永く, なり盲目, なり脣もと, なり長女, なること, なるじゃ, なるぞ, なるでせうか, なるといふ, なるので, なるもの, なるん, なる主人公, なる人妻, なる年取った寺男, なる彼女, なる男, なる立派, なる豪, なる身, なる養父, なろうと, なんなんとする彼, みたぬ嫋女, 五十歳にも, 五歳にも, 俳優の, 六十歳にも, 及ぶとき, 感ぜられて, 成る, 満たずきれい, 満たないで, 満たない子供, 満たない本当に, 相なります, 細々と, 見える西洋, 足らないよう, 足らぬこの, 足らぬ子供, 足らぬ旅, 近からう, 近づけば, 達した法師丸, 達しない宮中, 達しない少年

▼ 歳以上~ (139, 0.9%)

7 の老人 6 になる, の者 3 のもの, の人, の日本人 2 でなければ, になれ, の婦人, の子供, の来賓, の老年, の長寿, の高齢者, まで生存

1 [93件] かとも思われた, から百円, から課せられ, ことごとく死亡率, だらう尤も, だろうと, だろうもっとも, であるから, であるのに, でなくては, ではあるまい, で交わる, というよう, とは思われません, とは見えなかった, とは見受けられなかった, と偽っ, と子供, と定められ, と聞い, と見える, なんて書, におなり, にて漢書, になっ, になったら, になつ, にのぼる, にはなっ, にも見える, にも達し, に二人, に五人, に延長, に老け, に至れ, に見られた, に達し, に限られ, のおやじみたい, のその, のひと, のエタ, のヨボヨボ, のロシア人, の一切, の一般, の事也, の人々, の人口, の人間, の大, の女, の女七人, の婆さん, の子, の小児, の屈強, の方, の未婚, の沈鬱, の男, の男児, の男女, の男子, の男子つて, の皆, の童子, の老, の老婆, の老齢者五人, の芸者, の規則, は例外, は子ども, は自分, は過ぎた, は黄色, まで持っ, まで生きた, まで生長, もいた, もお, も寢, も老け, も若い, を兵役, ノ男女, ノ男子ハ, 及び残疾者, 及び篤疾, 活きず, 若い彼

▼ 歳ぐらいの~ (127, 0.8%)

4 男の子が

2 [12件] いつも泣い, がっしりした, ひとの, りっぱな, 主人が, 女の, 小さな子ども, 時に, 男が, 男の, 男の子と, 若い女

1 [99件] あごひげの, おかっぱ, おそろしいせむし男, かわいらしい女の子, きたならしい爺さん, ことだった, ころかと, ころ初めて, じいさんです, じゃがいもの, でっぷりふとった, ときあの, とき巴里へ, むすめ, ものか, やせた人相, 三十人ほどの, 上品な, 不良少年が, 中年増の, 人が, 人物です, 人間と, 人間の, 会社員の, 作と, 俳優の, 制服の, 受け持ちの, 受持ちの, 地位も, 墨染めの, 奇妙な, 女じゃ, 女で, 女の子の, 女の子を, 女中さんである, 女性だった, 娘たちは, 娘の, 子が, 子どもだ, 子どもで, 子どもの, 子供が, 子供だった, 子供なら, 子供を, 小さい子供, 小児の, 小学生男子が, 小綺麗な, 少年であります, 少年四人が, 少年少女も, 年格好である, 年輩に, 年齢でも, 年齢不確かな, 幼い娘, 方です, 時から, 時だった, 時だろう, 時であったろう, 時でも, 時の, 時分の, 時分は, 男であった, 男と, 男な, 男の子を, 白いつめえり, 私を, 紳士で, 紳士な, 美しい女, 老ロシア人, 老人じゃの, 老人で, 老人です, 老人むつと, 老翁だ, 肩は, 背の, 色白の, 若い大人, 若い婦人たち, 若い者, 若さ, 見るからに, 見知らぬ男, 野郎だい, 青年であった, 頃まで, 顔じゅうに, 鼠背広格子縞の

▼ 歳であった~ (121, 0.8%)

8 という 3 ということ 2 ことは, のです

1 [106件] か, かと徒に, かと思える, からそれ, から今年, から名, から尋常, から彼, から竿, から血気, から長ずる, か分からない, か実は, が, がくる, がこの, がそだち始めた, がその, がマラッカ, がモーツァルト, が一編, が事, が今, が信長, が俳句その他, が別れ, が前髪, が勝れた, が夙く, が夢, が天皇, が宗武卿以来聡明, が彼女, が最も, が毎日毎日雨, が江戸幕府, が父, が着のみ着のまま, が筋向い, が精, が終身禁錮, が組討, が若い, が謹厳, が郷党みな彼, が長駆, が非常, が頭, が鹽原, ころに, しそのうえ, そうだ, そうな, それから第, と, とする, とも伝えられ, と云う, と云われる, と思う, と聴く, などという説, のである, のに対し, はずだ, ひとの, ものに, ように, ケーテに, ゴーリキイより, 一子実之, 乙若が, 二葉亭の, 二葉亭四迷によって, 今若, 伊沢榛軒が, 保さんが, 前夫としての, 多紀, 女が, 好劇家, 安積艮斎十歳であった, 宗房は, 家康は, 小島成斎九歳であった, 岡本况斎八歳であった, 岸田俊子が, 弘前の, 彼女の, 晶子は, 末の, 枳園には, 榛軒と, 次弟, 母は, 母親は, 海保漁村が, 私と, 筆者で, 筈である, 筈です, 若い娘, 蘭軒の, 西田先生も, 迷庵三十一歳であった, 領主の

▼ 歳~ (121, 0.8%)

4 前の 3 前から, 十六仁和賀の, 年上の, 老けて 2 上の, 二歳も, 兄級も, 前に, 年の, 年上で, 若く見える, 若し気

1 [89件] いよ, かかったが, かかるの, した頃, すれば, また暮れ, まだ若かる, むなしく暮れ, やって, 一つ上だ, 一年も, 一齊に, 上である, 下です, 下の, 二十と, 二十歳も, 何も, 余すところ僅か, 傾いて, 入院した, 六歳も, 前だ, 前です, 只で, 咲ける面, 埋れはて, 多く告白, 大変違っ, 年上だ, 年上であるらしく思われた, 年下だった, 年下では, 年下の, 年少な, 年長だった, 年長で, 年長であった, 年長の, 年齢を, 延ばされた, 後の, 愚圖, 手古奈も, 押しつまって, 押しつまりましたし, 押詰って, 暮れに, 暮れるに, 暮れ二十八年の, 此度の, 歳じゃ, 歳だ, 歳で, 段々迫, 溜めるが, 滞りなく, 滞在する, 然うし, 父の, 生き延びたの, 知らないで, 神は, 秋の, 竹中半兵衛が, 経ないで, 經た, 老けたよう, 考えて, 若いか, 若いが, 若い四十, 若い平次, 若い男, 若かったら, 若くなった, 若くようよう, 若く二十歳前後, 若く聞えた, 若く見え, 草木の, 見たこと, 超えながら, 越したよう, 過ぎた頃, 違ふ, 長寿を, 間近に, 電光に

▼ 歳~ (109, 0.7%)

5 六歳の 4 三歳の, 九歳の 3 十一歳の, 十歳であった, 年長で

2 [12件] だな, 一年の, 一年待っ, 三十歳近くに, 三歳かの, 二歳の, 二歳兄で, 五歳に, 八歳に, 八歳の, 十歳か, 十歳の

1 [63件] あるいは二十歳, しらんが, そこい, そこらの, その上, それくらいに, です, なるほど, またはそれ以上, 一か, 一年くらい, 一年それだけ, 一年で, 一年は, 一箇年の, 七歳, 七歳ごろ, 七歳だった, 七歳であろう, 七歳の, 三十五六歳の, 三十歳で, 三歳ぐらいの, 三歳頃の, 三百歳という, 不明であった, 二十ごろ抱い, 二十一か, 二十一で, 二十一二ぐらいな, 二十一二とも, 二十一歳であった, 二十一歳の, 二十一白粉ツ氣は, 二十歳かに, 二十歳かの, 二歳か, 五つくらい, 五歳くらい, 五歳位で, 八歳だったろう, 八歳頃の, 六十歳に, 六歳ぐらいな, 六歳ぐらゐな色の, 六歳ぐらゐの乞食の, 六歳だった, 六歳に, 六歳位で, 十一, 十一歳, 十九歳である, 十二歳の, 十五歳と, 十月十五日に, 十歳で, 十歳にも, 四歳ごろ次郎が, 四歳上らしい, 少くとも, 念懸くれ, 超え中野正剛, 骨格の

▼ 歳という~ (100, 0.6%)

6 若さ 3 のは, 年で 2 のも, 女の, 年より, 年を, 年齢は

1 [78件] あのなぞ, いたいけな, ことに, ことは, ことを, この姉, ところかね, ところでなかろう, のが, のであった, のです, のに, のには, むかし軒傾いた, ものが, ものは, ものを, ような, ようにも, わけである, タイムスの, 中の, 乗馬用の, 乳児に, 事で御座います, 事に, 伝奇的な, 体に, 何となく不自然, 信長は, 分別盛りの, 制限だった, 壮年でも, 声が, 娘ざかりであった, 娼妓を, 媼は, 寡婦の, 尼が, 年が, 年であっ, 年頃, 年齢が, 年齢たっぷり, 年齢で, 年齢に, 年齢の, 年齢を, 年齢彼の, 年齢期に, 形で, 文字も, 文字を, 時に, 最盛期の, 未だうら若い青, 村松喜兵衛老人だった, 楽しい青春, 歳の, 水の, 男ざかりの, 男盛りである, 短い語, 福禄寿の, 老大樟, 老犬, 肉屋である, 若い城主, 若大将, 若手が, 血気盛りの, 言葉にも, 長寿を, 長男の, 青年だ, 頗る萎びた, 高齢で, 高齢の

▼ 歳~ (98, 0.6%)

5 のこと 2 からのこと, の事, へかけ

1 [87件] から, からあちこち, からし始めた, からそろ, からと見れ, からメキメキ, から十二三, から唯一, から少年, から政治, から書き出しまし, から沈滞期, から竹刀, から草双紙, から詩作, から読みはじめた, から長い, か幼少, その父, だつた, で, であったと, であるから, であるの, でしたが, では, といい, にその後, になっ, になったら, になる, にはいつたい, にはまだ, にもそう, にもなられ, にやる, に建て直した, に早く, に書いた, のゴーリキイ, の世, の中学時代, の作, の傑作, の印象, の女, の子, の彼, の昔, の時, の最, の松雪院, の発育, の私, の自分, の若年, はすでに, はもう, までずっと, までずつと本所, までに袴着, までの彼, までの逸事, まではあの, まではさ, まではなか, までは修養, までは基督教信者, までは少女型, までは彼, までは政治家, までは時々, までは普通, までは西洋人, まで一個所, まで働く, まで年季, まで熱心, より二十四歳位, より六十八歳頃, より十七, より就業, より文筆, を語れ, 作ったという, 迄はこれ, 迄をその

▼ 歳までの~ (94, 0.6%)

6 間に 3 寿命を, 間の 2 子供が, 年月を, 間で, 青年が

1 [74件] あいだの, いたずら盛り, ところを, ながいあいだ在世, ものが, もので, ものである, ものの, わしの, 二十二年間の, 人が, 人は, 人を, 人別名前を, 仏蘭西人が, 作品らしい, 健康の, 僧侶が, 児童に, 児童を, 勤労女性の, 半生が, 壮年期は, 女で, 女一人に, 婦人は, 婦女子に, 子, 子供たちが, 子供だ, 子供の, 子供を, 家庭教育を, 少女から, 少年たちが, 少年で, 少年である, 少年十数名が, 年で, 心から私, 日記は, 春秋を, 武人生活を, 永い二十年, 猛牛, 生活は, 生胆金二枚也, 男は, 男を, 男児は, 男女である, 男女労働者百十三万三千人が, 男子は, 男子最低四百五十円, 真面目に, 紳士淑女である, 美人は, 者で, 者の, 者は, 聖者は, 若様で, 血潮多き, 諺通り今に, 貸本屋学問, 足掛け四年間京都医大附属病院で, 長い間在世, 間が, 間この, 間でも, 間には, 青年は, 青年学生が, 頑是ない

▼ 歳~ (81, 0.5%)

2 巡査に, 浦島に, 若いから, 過れば, 違って

1 [71件] ある, いかない子供, いかねえから, いくので, いさく, いるこいつ, お歳, ございまする, すすむにつれて, すること, せいぜいと, その季, それを, たくさん来ました, たつた二つ下, たつて, もうやって来, もう三四年, ものの, ゆきましたね, アンリ・マチスの, 一つふえる, 上で, 二ツしか, 云つてゐる, 制服制帽で, 又馬, 唱え祝い, 四十歳の, 大抵男, 小杉さんで, 小杉さんである, 少し違い過ぎ, 巡査と, 巡査を, 年頭で, 悦ぶの, 愈々試験, 手古奈に, 改たまった, 改まった, 普通寿命の, 暮れて, 最低四百五十円と, 最高の, 末の, 本当だ, 来年に, 歳だ, 歳です, 無器用な, 物音を, 相も, 精, 経っても, 老けると, 老る, 若いが, 若かつ, 若過ぎる, 行き過ぎて, 試験に, 踏歌から, 違うから, 違うと, 違うよう, 違ふ, 部落の, 重なって, 長じる, 食堂の

▼ 歳以下~ (81, 0.5%)

12 で死亡 8 の子供, の者 4 のもの, の青年 2 ですか, のいわゆる, のアメリカ, の子, の少年, の男子, の青年労働者, は四時間

1 [29件] という時代, なの, なは, には未婚, のすべて, の事, の勤労青年, の娘, の婦人, の嬰児, の子供達, の小児, の少女, の年齢, の幼い, の幼児, の死亡, の男, の男女, の男女労働者, の青年たち, の青年学生, の青年漕手三十人, は六時間, は半額, は四時間以下, は母, は無賃, ノ幼年勞働

▼ 歳にな~ (79, 0.5%)

40 つてゐた 7 つても 2 つたのは, つてから, つてそれから, つて居り, つて村の

1 [22件] つたなら, つた元, つた寛政十一年の, つた彼は, つた末の, つた私が, つた私を, つた者には, つた長政の, つてほんた, つてゐ, つてゐまし, つてゐました, つて一弗の, つて二三度手紙の, つて六十仙か, つて娘かつ, つて後に, つて昌平黌の, つて生れた, つて緋色の, つて色の

▼ 歳くらいの~ (69, 0.4%)

2 少女が, 時に, 男の子が

1 [63件] おじいさんと, かわいらしい男の子, ことであった, ころの, ころ京都に, とき一家は, ひとも, ビイル会社の, ヘロインは, 丑尾さんとが, 可愛い男の子, 大きな風呂敷包, 大小二足, 女の, 女の子を, 女物の, 娘が, 娘です, 娘と, 婦人が, 子供が, 子供では, 子供に対して, 子供の, 子供は, 子供みたいに, 子供を, 小娘を, 少女身装も, 少年が, 年配である, 御主人, 御年齢, 感じで, 才覚を, 時の, 未来の, 水兵服の, 男が, 男で, 男であった, 男でした, 男に, 男の, 童子の, 筈だ, 美夫人アルベルトオ夫人という, 老婆の, 老職長, 背広を, 自分と, 色の, 若い女達, 若さ, 英国人服は, 間の, 青年期では, 非常に, 頃に, 頃の, 頃大阪の, 髪を, 黄色い歯

▼ 歳より~ (67, 0.4%)

4 下では 2 三十歳までの, 上には, 下には, 二十三歳まで

1 [55件] あまり上, 一刀を, 一生の, 七八歳に, 七十五歳まで, 七十六歳に, 七歳まで, 三十九歳の, 三十六歳の, 三十歳まで, 上では, 上とは, 上に, 上の, 下と, 二十七歳に, 二十九歳頃へ, 二十四五歳前後の, 二十歳前後までの, 五十歳に, 以上年上であろう, 以後の, 体を, 何歳ごろまでが, 八歳迄, 八萬歳に, 六十五年の, 内は, 前でなく, 十三四歳, 十三四歳に, 十三四歳までの, 十三四歳華士族の, 十二三歳に, 十五六歳に, 十五歳の, 十五歳まで, 十八歳の, 十四歳まで, 十四歳までの, 卅歳位迄の, 君は, 四十三歳に, 四十四歳に, 四十四歳の, 四十歳の, 壬戌の, 家計に, 将棋に, 小説かい, 此の, 老いたるは, 若くは, 貸し渡さざるに, 随従し

▼ 歳である~ (62, 0.4%)

3 ことが 2 か, がことし, とすれ, と聞いた

1 [51件] からもう, から礼, から第, から細君, から隨分, か唖娘, か疑わしく, か訊き, が, がさて, がその, がそれでも, がデユマ, が久馬, が二年, が十七歳, が去年, が去年亀千代, が四十歳, が実際, が師, が後者, が恐らく, が打見, が早くから, が柄, が父, が結婚, が綱宗と, が血色, が見た, が親, が躯, が躯つき, が重明, が非常, ための, ということ, というの, とし, とは学士, と云, と聞い, のに不精, のに級, のに適齡, 余りお, 正味の, 社会的な, 自から, 誰もが

▼ 歳を以て~ (53, 0.3%)

7 世を 4 終ったの 3 歿した, 江戸に, 終つた

1 [33件] この世の, この世を, したと, わが劇界, 一歳と, 丸山の, 主人と, 二月廿三日に, 五百の, 亡くなられたこと, 京都に, 元服越後権介に, 先づ江戸に, 卒した, 卒し同, 卒去した, 古稀と, 就学した, 早世した, 未だ若し, 東京に, 歿し, 歿したれ, 歿す, 歿する, 没す, 獄に, 終結す, 薨じた, 薨去した, 藩学の, 逝く, 韮山に

▼ 歳だった~ (51, 0.3%)

2 という, と思う, のである, のです

1 [43件] かちょっと, かと思います, かな, かもしれない, からです, からネ, から自分, か書い, か能, がそれでも, がぼく, が先鋒, が別に, が姉妹, が学校, が旦那, が男髷, けのう, この才媛, ころの, そうです, っけね, といいます, といわれ, とき父に, と云います, と思います, な, ね, ので何時の間にか, ので初々しく, わけだ, んです, シャポワロフは, ピエールの, 一人の, 作者が, 前海軍相シャルル・ド・カストリ侯爵, 勘定に, 私は, 老人は, 藤村が, 詩人ハイネが

▼ 歳には~ (49, 0.3%)

3 あるまじくと, なって, 間の

1 [40件] あの関ヶ原, どんな無, なってるらしかった, ならなかったでしょう, なるだらうプーリ, なるはず, なるまい, なるまいと, なろう, ませた口上ぶり, まだ二, まだ手, 三十歳に, 中学を, 伊沢氏に, 似合わなく晴れた日, 何か, 卒業する, 団十郎は, 学士の, 學士の, 小さきが, 少し老け, 少し間, 未だ足りない, 柏が, 此の, 殊に大きな, 沢山の, 河内の, 特に手習師匠, 目立つた親切, 神田松坂町の, 終身苦しみ, 終身飽き, 自分から, 達して, 達せぬと, 長い綱, 閏が

▼ 歳ぐらい~ (45, 0.3%)

3 でしょうか 2 であ, でいつも

1 [38件] ごく人, その姿, その実年, だが, だろうかと, だろうよ, であった, であったが, であったと, であった光明后, である, でした, でしょうね, でときどき, で侍, で名, で固く, で庇, で深田君, で痩せぎす, で色, で色白, で風采, で高等学校, なとき, なとき一度, なの, な浪人だい, のが, のと, ゐに, 天香さんと, 子供は, 屈強な, 是, 色白の, 違いそう, 頭髪を

▼ 歳ばかり~ (45, 0.3%)

2 なの, なるが, 前から, 前に

1 [37件] この院, したがって夫人, して, そうであった, だった, だったから, であった長塚節, でいたずら, でいらっしゃる, です, で何, で南歐, で固, で家, で惜しい, で猪首, で色, で色白, なりきといふ, なる美麗, のと, はなはだお, 一人は, 下の, 休んだ外, 前の, 居食を, 年上の, 年長である, 年長の, 急に, 札幌に, 海岸へでも, 滞って, 男の, 若返って, 過ぎての

▼ 歳太郎~ (42, 0.3%)

2 の顔, はその, は言っ

1 [36件] がこんな, がそば, が手, というかれ, と同じ, と少年, の分, の爺むさい, の耳, の肩, の言葉, はいや, はこう, はしつこく, はすぐ, はすっかり, はそう, ははははと, はもちろん, はやや, は何, は叫ぶ, は子供, は手早く, は瓦斯, は真, は神経的, は胸, は自分, は買手, は驚い, は黙っ, もちょい, もやはり, も黙っ, をみた

▼ 歳です~ (39, 0.2%)

532 が見た

1 [29件] からあし, からねひとつ, からね私, から六十歳, から彌太郎, から気, から身, があれ, がその, が体, が共に極めて, が実際, が幸, が斯く, が誠に, が跛足, が隆夫, けれどもその, けれども未だに, って, と言い, な, の, もの, ものりっぱな, よ, よと云う, 二十九日三十日と, 彼女の

▼ 歳ごろ~ (37, 0.2%)

3 のこと 2 から結婚

1 [32件] からのこと, から六十歳ごろ, から四, から小説, から益々, から腰, から見なれ, であったこと, で婦人, とくらべ, にいる, には芸, の人形, の処女, の娘, の時, の月日, の毎日, の発明, の葉子, の記憶, の青年, は二十七八, まだこの, までが智力, までであろう, までにおくられた, まではまま, まで常木家, まで私, まで苦難, よくひきつけ

▼ 歳~ (37, 0.2%)

2 に成長, に江戸中

1 [33件] から人目, だったかも, だと, ではおっかさん, で元気一杯, にこの, にも申, に上京, に亡くなり, に文体習得, に死んだ, に生んだ, に起っ, のこと, のことぢ, のころ, の久米, の女, の女の子, の娘, の娘みたい, の小娘, の師事, の年頃, の彼, の我, の未熟, の淡い, の跡, の青年, まではもう, らしき金鈕, 不意に

▼ 歳未満~ (37, 0.2%)

4 の娘 2 が窃盗二人, の青年

1 [29件] が窃盗四人, で, では窃盗八人, では窃盗十一人, では窃盗四人, でも兵役, で死亡, に付, に付三日之遠慮引仕候旨, に抱いた, に歿, のこと, の児童, の女の子, の女子, の少女, の少年漂泊者, の私, の筆者, の者, の自分, の青少年, の青年たち, の青年労働者, はいけない, は四時間労働制, は窃盗十五人, は窃盗四人, をもっ

▼ 歳までは~ (35, 0.2%)

2 生きられますと

1 [33件] ある私立, いろはの, お坊ちゃん, さうだ, パティの, 乞食同様の, 全然下らない, 六時間労働十六歳以下は, 口を, 大丈夫ね, 大丈夫よ, 大根の, 屹度お, 席の, 忘れるとも, 故郷に, 東プロシアの, 歌を, 武術の, 母の, 獨學只一年内外齋藤秀三郎先生が, 生きたいと, 生きられまい, 生きられるが, 生きる, 生きるつもり, 育てましたが, 行っては, 衰うべき, 誰でも, 誰も, 養育した, 髪を

▼ 歳なる~ (33, 0.2%)

6 かなだ 2 か一傾, ことを

1 [23件] か, かを知る, か十一歳, が学校, と荷物, に妻子, に御, もの一手六指両手十二指ある, も惡慧, も惡戒散動, も懈怠怯弱, も最上法, も甘露處, も生, や御, を以て何ぞ, を得ん, を知る, 乙女の, 友で, 小供, 少壮者の, 方が

▼ 歳くらい~ (30, 0.2%)

2 でひとり, で名, で躯

1 [24件] あとの, あるいはそれ, だった, だったが, だったので, だと, だろうごく, であった, であった筈, であつ, でいま, でしたか, でしょう, でも, で君, で得た人生観, で色, で赤ん坊, らしかった, 下であろう, 単にき, 年上の, 生きるの, 色の

▼ 歳ほど~ (30, 0.2%)

4 前から 2 前でございます, 前でした, 前に

1 [20件] して, してから, だが, であろう, でふつう, でも, で私, なのに, らしく三年, 上だった, 前からは, 前にも, 年上です, 年取ること, 推しがたき, 昔の, 更けた四十五, 腺病質な痩せた, 若くこの間, 過ぎた弥生半ば

▼ 歳かの~ (29, 0.2%)

3 時に 2 レムブラントの, 年を, 河童が, 老芸術家

1 [18件] お爺さんで, はずである, クリストは, レムブラントが, 乏しいお, 作品が, 叔父さんが, 彼の, 悲しい歴史, 某夫人, 畫に, 祖母が, 老人であります, 老女が, 老婆を, 老美人, 茫漠と, 雛腹割い

▼ 歳あまり~ (28, 0.2%)

2 の老人

1 [26件] だったでしょうか, だつたし, であったから, でたくましく, でどうして, で顔色, で鬢髪, になっ, のきれい, のしとやか, のすこぶる, の一風宗匠, の和, の和尚, の女, の女の子, の少年, の快活, の独り者, の男, の老, の老婆ひとり, の背広, は羅漢寺, もと陸軍, も年

▼ 歳といふ~ (27, 0.2%)

2 年に

1 [25件] ことである, ことです, ことに, ところで, ものに, ものは, より手, 人間の, 声, 小傳, 年の, 年弱さだつたから, 年齡が, 年齡に, 年齢が, 年齢の, 年齢は, 年齢を, 此節の, 比喩も, 老人で, 若さ, 若者だつた, 見る影, 見当で

▼ 歳とは~ (27, 0.2%)

2 これも, どうしても見えない, 長生きです

1 [21件] いいながら, いっても, それが, どうしても思われない, どう考え, 云いながら, 云え漸く, 思えない元気溌剌, 思えぬませた口, 思へない若, 思へぬな, 思へぬ確か, 見えない吉田忠左衛門, 見えない身, 見えなかった, 見えなかつた, 見えぬ位, 言へ, 誤写で, 違ひ, 首肯しかねる

▼ 歳~ (27, 0.2%)

4 のだ 3 の, のである, んだ, んです 2 のです 1 つたばかりの, のか, のかしら, のであった, のでございます, ので鼠, のにもう, のに十二, のを

▼ 歳にて~ (27, 0.2%)

5 逝けり 2 歿し

1 [20件] はかなくなりぬ, 三斎公に, 亡くなりました, 今年方に, 伝聞の, 伝聞之, 候, 切腹し, 去年同じ, 夜啼きて, 弥五右衛門景吉と, 慶安二年俄に, 死す, 石川五右衛門の, 背は, 落飾し, 身まかりに, 身まかりぬ気根, 都に, 鬚あり

▼ 歳近く~ (27, 0.2%)

5 になっ 4 なって 2 になる

1 [16件] つづいて, でなければ, で漸近的, なってからは, なりし今日, になつて, の年配, の老人, の者, の蕎麦屋, までいました, までホント, まで存生, まで学校教育, まで生きながらえた, も年齢

▼ 歳~ (26, 0.2%)

4 の弟 2 の十九, の十八

1 [18件] だが, であったから, です, といふだけのこと, なので, な婦人, になっ, の, のブラームス, のモーツァルト, の一人, の二十三, の今年二十一歳, の千座, の女性, の者, の長男, 抱いたり

▼ 歳でも~ (25, 0.2%)

2 あろうか, 一弗三十歳でも, 一弗五十歳にも

1 [19件] あるめ, あろうそれ, いい, ございましょうかな, ただこの, ないが, ないのに, ひとつ衾に, カクシャクとして, ゴーリキイは, 一緒に, 三唱し, 二十二歳の, 叫ぶよう, 年長者である, 強いて, 許したもの, 通えるの, 體の

▼ 歳ほどの~ (25, 0.2%)

1 [25件] ときから, デップリふとった, 乞食の, 二人の, 人だつた, 働き盛り, 女です, 女性の, 子であった, 子を, 少年の, 年上だ, 年上である, 息子が, 洋服紳士が, 男の子が, 男児が, 童が, 綺麗な, 老婆である, 膃肭獣の, 若い美しい未亡人, 見るも, 間であった, 頃現在の

▼ 歳以後~ (25, 0.2%)

2 に新た, のこと

1 [21件] からこの, では, といふ事, になる, にやる, に新, のさだか, の存在, の少年期, の所作, の話, はその, は他, は大分金, は妻帯, は婚姻, は当時, は最早, は東京, は通詞, 書くこと

▼ 歳くら~ (24, 0.2%)

12 ゐの 3 ゐで 1 ゐから, ゐこれ, ゐしか, ゐな, ゐにしか, ゐにな, ゐまでの, ゐ夫人二三人, ゐ私

▼ 歳近い~ (24, 0.2%)

2 長寿者が

1 [22件] お嬢さんで, お孃さん, お染, このとき, ころの, とも見えました, 下手くそな, 唯の, 大人であった, 女が, 年配だ, 彼の, 柿沼の, 猟人に, 男と, 男をさえ, 神主さんが, 私と, 老夫人, 老婆エステルの, 老爺一人で, 頃の

▼ 歳ぐらいに~ (23, 0.1%)

3 なって 2 なる女の子, 見えました

1 [16件] たとえて, なると, なる混血児, なる男の子, なる角兵衛獅子, 成られるか, 時には五十歳, 見えた, 見えて, 見えます, 見えますが, 見えるかと, 見えるやさし, 見える丸々, 見るの, 見受けまする

▼ 歳御陵~ (23, 0.1%)

3 は畝傍山, は畝火山, は菅原 2 は劒, は山, は掖上, は片岡, は玉手, は衝田 1 はイザ, は伊耶河

▼ 歳~ (22, 0.1%)

2 八歳の

1 [20件] そこい, そこらで, そこらとは, そこらの, ないかと, 一年は, 三十歳くらいの, 二歳の, 健康の, 八つの, 六歳で, 十一歳の, 十歳に, 十歳の, 去ぬる否, 名を, 四歳じゃあ, 四歳の, 庄内の, 重ぬらん

▼ 歳そこそこ~ (21, 0.1%)

3 の若い

1 [18件] だったとは, であった花圃自身, であつ, でご, で親, という若い, のこの, のこれ, の作者, の子供, の愛くるしい, の私, の若, の若人, の若者, の青二才, の青年, 色は

▼ 歳ばかりに~ (20, 0.1%)

3 なる住所不定 2 して, なって

1 [13件] なった女, なる, なる人物, なる兄, なる坊や, なる女の子, なる少年, なる男の子, なる肥えた女, なる角兵衛獅子, 成る児, 成る近所, 成長する

▼ 歳でした~ (17, 0.1%)

1 [17件] かしら, かな, かね, からそんな, から先, から連続, か豊頬黒瞳, がこの, がそういった, がへん, が生れ乍ら, し馬, な, ね, ろうに, 女児でした, 非常に

▼ 歳までも~ (17, 0.1%)

2 三百歳までも, 無病なる, 長生きが

1 [11件] お生き遊ばし, 嬰兒さまで, 学ぶの, 寝て, 寧子と, 添添添遂げる, 生き伸びた, 生き延びたヨナ, 生存する, 生延, 長命し

▼ 歳どん~ (16, 0.1%)

2 じゃない

1 [14件] からはじまる, がいなかったら, が新撰組, であろうとは, でしたねえ, で附, として丁稚, なるもの, にわたし, に加勢, の変形, は上野松坂屋, は困る, も沖田さん

▼ 歳にしか~ (16, 0.1%)

2 なって, ならない, ならぬ三男 1 ならない当時, ならない私, ならない髫髪, ならなかったが, なるまいと, みえない, 成らないん, 見えない, 見えない少年武者, 見えぬ由

▼ 歳以前~ (16, 0.1%)

2 のこと, の子供

1 [12件] には子供, に其の, に蒔かれ, の好み, の幼時, の幼童, の彼, の武士, の熟読書, の頃, は武士, は美濃

▼ 歳とも~ (15, 0.1%)

1 [15件] あれば, いわれまた, おもわれる, なって, なると, 十七八歳とも, 十二歳とも, 子という, 見えぬ元気, 見える曖昧, 見える綺麗, 見られる貴公子, 見れる不思議, 言われたが, 謂って

▼ 歳~ (15, 0.1%)

1 [15件] がこの, と同じ, と命けた, と言, なども常世神, にお伴, には穀物, にも一人, の棒, の棚, は海, は祖先, は鬼, を以て純然, を送る

▼ 歳~ (14, 0.1%)

1 [14件] に人, に若返るだろう, に読んだ, の好い, の婦人, の学生, の彼, の恋, の時, の独身者, の青年期, は文章, を半ば, 稽古を

▼ 歳年下~ (14, 0.1%)

2 であった

1 [12件] だのに, であったが, であったシャポワロフ, でおとなしく, で六十歳, で応永二十八年, のトルストイ, のレーニン, の妹, の弟, の法科学生, の甥

▼ 歳~ (14, 0.1%)

7 の詩 1 ただ新, に作つた五絶数首, に刊行, の二篇, の書, の祝礼, また臘

▼ 歳かと~ (13, 0.1%)

2 思われたが

1 [11件] しを, 思ったらどうやら, 思はれる小柄, 思われる上品, 思われる大将, 思われる小肥り, 思われる少年武士, 見える色, 見ゆる物馴顔, 見ゆる逞しい, 言っても

▼ 歳ないし~ (13, 0.1%)

2 五〇歳の

1 [11件] 七十四歳と, 三十歳の, 二十五歳の, 二十歳で, 五歳に, 六十歳まで, 十五歳の, 十歳も, 四〇歳の, 四十歳くらいの, 四四歳の

▼ 歳~ (12, 0.1%)

2 歳上だ 1 みよまでが, 互ひ, 冬は, 店の, 早は, 春は, 若は, 萬は, 蒼前様の, 蒼前樣の

▼ 歳をもって~ (12, 0.1%)

1 [12件] 世を, 初老と, 大厄と, 歿する, 病歿した, 終りを, 終るべきであるが, 聖者の, 薨じ, 薨じた, 逝かると, 鎌倉で

▼ 歳~ (12, 0.1%)

1 [12件] じゃったの, だが, であった, であったから, に相成ります, の丁度三十歳, の七十一歳, の二十五, の人, の兄, の兄成家, らしい蛾次郎

▼ 歳乃至~ (12, 0.1%)

1 [12件] 三十九歳若き, 九歳若き, 二十一歳以上身体精神ともに, 二十九歳若き, 二十歳と, 二十歳に, 五十一二歳, 五十九歳若き, 六七歳の, 十九歳若き, 十歳の, 四十九歳若き

▼ 歳事記~ (12, 0.1%)

3 を読みつ 1 に挙ぐるもの, に記載, の表紙, を何とか, を披, を拵, を検, を見る, 続読

▼ 歳~ (12, 0.1%)

1 [12件] から六十, が一五%, が七・五%, で一, で当時大阪, に書い, のクライスラー, の元気者, の巣立ち, の若者, の若者たち, の青年

▼ 歳~ (12, 0.1%)

6 りの 1 にし, の小児, の男, の童, の童児, ノ小

▼ 歳ぐらいな~ (11, 0.1%)

1 [11件] きれいな, 女性だった, 子供の, 小さなからだ, 少年が, 男か, 男かの, 背の, 色の, 若い禅坊主, 若鳥

▼ 歳なり~ (11, 0.1%)

1 [11件] しに, しや, といふ, と斷定, やだれ, や去年, や旧暦, 千四百四十氣凡べて, 百歳に, 而し, 胡説誤れり

▼ 歳までに~ (11, 0.1%)

1 [11件] お庭, ほぼ俊成, 出れば, 出来たもの, 味わったつら, 四万六千余人十三歳までの, 女は, 子が, 御庭, 見て, 青年が

▼ 歳年上~ (11, 0.1%)

1 [11件] であった, であつ, であること, であるところ, で独身, のこの, のよう, の四十二, の妻, の姉, の青年

▼ 歳~ (11, 0.1%)

2 の宗太 1 のほう, のチャアリイ, の盛次郎, はまだ, は二十四, は二十歳, は八歳, は六歳, は十七

▼ 歳この~ (10, 0.1%)

3 度とりわけ 1 名始め, 履歴書の, 投書に, 方八方に, 春若やぎ, 獅の, 身分にて

▼ 歳その~ (10, 0.1%)

1 とき将軍家から, まん中に, 中五十有余年は, 子柳, 学塾に, 時には, 次のは, 者の, 臨終の, 風采は

▼ 歳くらいに~ (9, 0.1%)

2 なって 1 なり充分, みえる男の子, 思われた, 見えた, 見えたりと, 見え十六歳, 見て

▼ 歳これ~ (9, 0.1%)

1 くらい辻褄, は先代小左衞門, は剣術, は劍術, は十五歳, は骨張った, は骨張つた, まで上海, も手拭

▼ 歳であり~ (9, 0.1%)

1 ながらこぼれる, ながら京吉, ながら耳, ながら苦労, ながら親孝行, コゼットは, 君子であり, 少年と, 時代は

▼ 歳でございます~ (9, 0.1%)

1 から其の, から隠れ, がこの, がよく, が年齢, が心, が長い, よ, 豐と

▼ 歳または~ (9, 0.1%)

2 それ以上まで 1 もっと年取った, 二〇歳に, 二十一歳で, 二歳の, 五五歳まで, 五十歳で, 十歳から

▼ 歳余り~ (9, 0.1%)

2 経た頃 1 で出戻り, になっ, のりっぱ, の夢, の女, の日, の男

▼ 歳~ (9, 0.1%)

3 のお 2 の盲目 1 が五つ, でさして, の手内職, は十九

▼ 歳~ (9, 0.1%)

1 だ金魚, のごとく, の一等, の挙周, の魂, は十六歳, も知ってる, 夏は, 貢は

▼ 歳~ (9, 0.1%)

2 の交代 1 に宗家, の変異, の祀, をもっ, を紀, を隔て, 小記

▼ 歳迄の~ (9, 0.1%)

2 間で 1 十一名の, 女子に, 娘が, 婦人を, 彼の, 獨學時代竝に, 男子月給二〇住込通勤随意履歴書身元保証不要毎日後五時本人来談に

▼ 歳かで~ (8, 0.1%)

1 あつた, あつたの, あつたらう, 三河守に, 悪化し, 没く, 獄中に, 郷里林崎で

▼ 歳からの~ (8, 0.1%)

1 二年間で, 全国学齢児童の, 十余年を, 友だちだ, 彼女の, 思ひ付, 知己な, 重な

▼ 歳がらみ~ (8, 0.1%)

1 であったとも, に見える, のころ, の弱冠, の洋装, の痩せた, の肉むら, の青年期

▼ 歳ちかく~ (8, 0.1%)

1 たって, なっても, になっ, の技師, まである, 全くの, 年の, 若かった

▼ 歳であろう~ (8, 0.1%)

1 か, かその, か友禅, が才蔵, とも兵役, と結婚, にお, のにどこ

▼ 歳では~ (8, 0.1%)

3 なけれど 2 なくそれ 1 ないまた, なかった, 判人が

▼ 歳~ (8, 0.1%)

2 春トナシ八千歳ヲ, 秋トナス 1 以テ歿ス, 取リ, 取ルト強イ, 召スト誰方モ喉ガ干

▼ 歳六歳~ (8, 0.1%)

1 であった, になっ, になる, の御遊, の時, の私, の頃, は夢

▼ 歳~ (8, 0.1%)

1 ぐらいで, ぐらいであっ, ぐらいのメス, だった, とすれ, の方, の日子, の若い

▼ 歳~ (8, 0.1%)

1 が十八, の器量, の奴隷何歳, は三十三歳, は二十七歳, は二十九歳, は十四歳, もしかし

▼ 歳~ (8, 0.1%)

1 のカロリイネ, の方, の袖, はお, は七歳, は五歳, は十三歳, は園

▼ 歳過ぎ~ (8, 0.1%)

1 ていた, てその亡き, て学校, の彼女, の母, の独身生活, までの間, まで旧い

▼ 歳~ (8, 0.1%)

5 ひの 2 ひは 1

▼ 歳~ (8, 0.1%)

2 じて 1 一歳で, 三歳で, 六歳で, 十一歳である, 十七歳で, 十九歳で

▼ 歳ぐらいから~ (7, 0.0%)

1 あの居酒屋, だんだんルイ十六世, 交際を, 山歩きを, 祖父に, 絵を, 衣食住も

▼ 歳ぐらいで~ (7, 0.0%)

1 ニージュニイで, 上京した, 早死した, 東京の, 母に, 腹を, 髪を

▼ 歳じゃ~ (7, 0.0%)

21 このりく, ない, ねえが, 十二や, 十六と

▼ 歳として~ (7, 0.0%)

1 ある, あるが, あるの, そう学校, ゐるの, 居るが, 推算すれ

▼ 歳との~ (7, 0.0%)

1 あひだ, こと, 二人の, 単純な, 悪戯盛りの, 間が, 間ぐらいに

▼ 歳ほどに~ (7, 0.0%)

2 なって 1 なります, なるの, なるパリー人, なる質子, 当るの

▼ 歳初めて~ (7, 0.0%)

1 と見え, なりと, 新聞に, 母の, 法山第, 老父の, 詩を

▼ 歳~ (7, 0.0%)

7 の下

▼ 歳妻益~ (7, 0.0%)

1 は三十九歳, は三十五歳, は三十六歳, は三十四歳, は二十一歳, は二十三歳, は二十九歳

▼ 歳子女~ (7, 0.0%)

1 は榛軒二十, は榛軒二十一歳, は榛軒十三歳, は榛軒十九, は榛軒十五, は榛軒十八, は榛軒十四

▼ 歳年長~ (7, 0.0%)

2 の子供等 1 でありかつ, では, の兄クリストフ, の写実主義作家, 又は年少

▼ 歳~ (7, 0.0%)

1 から暗い, に政永, の事, の太政入道, の文覚上人, の西行法師, は止め

▼ 歳時分~ (7, 0.0%)

1 から町, には段々, のこと, の家, の記憶, の頃, までその

▼ 歳~ (7, 0.0%)

1 で歳棚, に祭る, に飾られ, の上, の供物, へ来る, を作る

▼ 歳ぐらいまでの~ (6, 0.0%)

1 みすぼらしいナリ, 保育が, 勤労青年で, 思い出としては, 美女八百余人を, 青年で

▼ 歳ごと~ (6, 0.0%)

1 なる, にそれ, に参詣群集, に基督再生祭, に染むる, に鏤梓

▼ 歳とか~ (6, 0.0%)

1 いう, いて, で二度目, 云って, 申しましたが, 申しますこと

▼ 歳なら~ (6, 0.0%)

2 去年の 1 ばもはや, ば三度, ば両度, 二十七年書い

▼ 歳にもな~ (6, 0.0%)

1 つてかうした, つてを, つて大, つて居りまし, つて迷子札でも, ッて

▼ 歳~ (6, 0.0%)

1 かかりかけて, かけての, かけては, その課題, もどったの, 入ると

▼ 歳よりも~ (6, 0.0%)

1 ずっと前, ませたよう, もっと小さい, 五十年前すなわち, 早く禿げし, 若いと

▼ 歳万歳~ (6, 0.0%)

1 だ万歳, って, ってやつ, と言, の声, またたいそう

▼ 歳~ (6, 0.0%)

1 から二百十余年前, の継母, の齢, は仏門, 売出しの, 打ち落した氏輝

▼ 歳~ (6, 0.0%)

1 が五十一歳, とのあいだ, の勝子, の良江, は十七歳, は幾歳

▼ 歳寒堂~ (6, 0.0%)

2 の詩 1 である, に帰つたの, は京都, は京都市街

▼ 歳~ (6, 0.0%)

2 は老け 1 が心懐, のローマンチツク, の遊蕩生活, は人殺し

▼ 歳~ (6, 0.0%)

6 と共に亡び行く

▼ 歳~ (6, 0.0%)

1 が医師, が十四歳, の見る, は, は三十歳, は数え年

▼ 歳~ (6, 0.0%)

2 前に, 経つて 1 前の, 經つて近所に

▼ 歳若き~ (6, 0.0%)

6 もの

▼ 歳若く~ (6, 0.0%)

1 しかもビュッ, は三十二歳, は十一歳, は四年八十一歳, ほぼ共通, 見えた

▼ 歳足らず~ (6, 0.0%)

1 で解雇, で鼬, の小姓, の貴公子, の間, の頃

▼ 歳~ (6, 0.0%)

1 が四百圓ぐらゐで, で道, にする, のやう, のよう, を

▼ 歳かに~ (5, 0.0%)

1 なったん, なっても, 成る男, 近いもの, 達した年

▼ 歳ぐらいにしか~ (5, 0.0%)

1 思われない, 眺められず小さい, 見えない, 見えないが, 見えなかった

▼ 歳しか~ (5, 0.0%)

2 違は 1 居ません, 年取らないが, 経ぬ男子

▼ 歳すぎ~ (5, 0.0%)

1 から櫛巻, し朝日, でもちろん, の有力, の老人

▼ 歳ちかい~ (5, 0.0%)

2 けれどもこの, ボーイは 1 母親である

▼ 歳なれ~ (5, 0.0%)

1 どもまだ, ども鰥暮し, ど若く, ばすなわち, ば動き

▼ 歳~ (5, 0.0%)

1 中閑, 今デモ明ケ方ニアノピイピイト云ウ蟋蟀, 今日ニナリ既ニ左様ナ, 今日ニ至ッテ始メテ生キ甲斐ヲ, 計策ソレ如何

▼ 歳一年~ (5, 0.0%)

1 と云, と日, と月日, のお茶, 溜めて

▼ 歳一歳~ (5, 0.0%)

2 のとき, の思い出 1 しまいには

▼ 歳久しく~ (5, 0.0%)

1 伝わって, 停ま, 全く他郷, 棲める竜王, 棲める龍王

▼ 歳五十歳~ (5, 0.0%)

1 と精一ぱいあくせく, どうかしたら, になつて, の年, の鰥夫

▼ 歳五百~ (5, 0.0%)

1 が三十七歳, が三十六歳, は五十六歳, は四十一歳, は四十歳

▼ 歳八歳~ (5, 0.0%)

1 ぐらいの娘, の女, の女の子, の我が, の時

▼ 歳~ (5, 0.0%)

2 天涯 1 乙卯九月二十九日, 戊曰著雍在, 辰

▼ 歳少し~ (5, 0.0%)

2 は帳場 1 病身では, 腕の, 過ぎまでは

▼ 歳~ (5, 0.0%)

1 が十一二歳, は二十五歳, は六十九歳, は十七歳, は四十二歳

▼ 歳祝い~ (5, 0.0%)

1 という, にでも行っ, の家, の用意, をする

▼ 歳~ (5, 0.0%)

2 たない 1 たぬうち, つた, れば

▼ 歳自分~ (5, 0.0%)

2 には三歳 1 でなのる, は侍, は十六歳

▼ 歳蘭軒~ (5, 0.0%)

1 が三十歳, の父信階, は三歳, は二十八歳, は長者

▼ 歳~ (5, 0.0%)

1 がつながれ, だ, である, にて一着, のひとつ

▼ 歳からは~ (4, 0.0%)

1 それぞれ妻帯を, 三千五百円支給し, 何に, 家が

▼ 歳こそ~ (4, 0.0%)

2 七十ぢかいとは 1 十八です, 往かないが

▼ 歳ころ~ (4, 0.0%)

1 から川遊び, のもの, の彼, までで

▼ 歳すなわち~ (4, 0.0%)

1 収穫の, 失明した, 己亥に, 明治二十一二年頃から

▼ 歳それ~ (4, 0.0%)

1 にも拘らず, に温柔, までにかなり, まで小病

▼ 歳だい~ (4, 0.0%)

1 であったところ, の長男, の頃, 若いよう

▼ 歳だつた~ (4, 0.0%)

1 かと思ふ, かのその, が其事, けれどそれ

▼ 歳だろう~ (4, 0.0%)

1 あの少年, か, という, 女は

▼ 歳であっ~ (4, 0.0%)

1 ていずれ, てその, ても小太郎, て醜い

▼ 歳であるべき~ (4, 0.0%)

1 に五十五歳, に八十三歳, に六十四歳, に四十歳

▼ 歳ながら~ (4, 0.0%)

1 勇力絶倫故, 端坐しいた, 身の, 間の

▼ 歳ばかりと~ (4, 0.0%)

2 聞けりと 1 云うもの, 五歳ばかりの

▼ 歳まさに~ (4, 0.0%)

2 暮れんとして 1 暮れなんと, 脂の

▼ 歳また~ (4, 0.0%)

1 たいそうそろっ, 万歳の, 信州へ, 秋なり

▼ 歳までが~ (4, 0.0%)

2 四ツ身その 1 特別に, 花だ

▼ 歳までには~ (4, 0.0%)

1 完成する, 数曲の, 納言にも, 處女作を

▼ 歳までを~ (4, 0.0%)

1 かぎって, 三浦半島で, 送って, 青年級として

▼ 歳よりは~ (4, 0.0%)

1 ずっと怜悧, ずっと若く, 上だろう, 頭だ

▼ 歳らしい~ (4, 0.0%)

1 固い表情, 武家の, 清げな, 顔を

▼ 歳二歳一歳~ (4, 0.0%)

2 のとき, の思い出

▼ 歳~ (4, 0.0%)

1 が十七歳, は二十七歳, は二十五歳, は僅

▼ 歳~ (4, 0.0%)

2 のやう 1 に淺瀬, の魂百歳

▼ 歳六十歳~ (4, 0.0%)

1 から先, に達した, のあの, の老人

▼ 歳十歳~ (4, 0.0%)

1 と云つた時分, の女, ばかりのその, ばかりの其の

▼ 歳即ち~ (4, 0.0%)

1 安政三年の, 抽斎より, 明治二十一二年頃から, 輝勝より

▼ 歳四歳~ (4, 0.0%)

1 では, という乳児, の子供ら, の私

▼ 歳弟子~ (4, 0.0%)

1 が十三歳, が十歳, の山楽, は五歳

▼ 歳時代~ (4, 0.0%)

1 のこと, の紅友禅, の青年, への反動

▼ 歳~ (4, 0.0%)

1 に, 滿, 滿に, 滿の

▼ 歳~ (4, 0.0%)

1 に従って軍中, の如く, の死, はだれ

▼ 歳生れ~ (4, 0.0%)

1 てま, ながらの精気五体, の人, は京都府葛野郡朱雀野村

▼ 歳~ (4, 0.0%)

1 の奴隷何歳, は五十六歳, は十八歳, は十六歳

▼ 歳程の~ (4, 0.0%)

1 いなせな, 召使らしい, 小柄な, 時死ん

▼ 歳~ (4, 0.0%)

2 白くし 1 は透通る, 白く美男

▼ 歳~ (4, 0.0%)

2 の不具 1 の長, は海軍大佐

▼ 歳~ (4, 0.0%)

1 位の, 更年期は, 生き延びるもの, 郷居せし

▼ 歳いや~ (3, 0.0%)

1 三つだった, 百九歳くらいまで, 百八歳で

▼ 歳かとも~ (3, 0.0%)

1 思ふ綺麗, 見えまするが, 見える若い

▼ 歳くらいと~ (3, 0.0%)

1 思われる, 思われる男の子, 思われる真新しい

▼ 歳ぐらいには~ (3, 0.0%)

1 殆ど見えなくなっ, 見える, 見え万事

▼ 歳この度みやこ~ (3, 0.0%)

3 を離れ

▼ 歳~ (3, 0.0%)

1 や, 二十一の, 實らむやよ待て

▼ 歳でございました~ (3, 0.0%)

1 からとても, がすこし, がチベット

▼ 歳とかいう~ (3, 0.0%)

1 ことだ, んです, 高齢で

▼ 歳どちら~ (3, 0.0%)

1 も小者頭, も社長, も身体

▼ 歳など~ (3, 0.0%)

1 いづれも, 思い思いに, 書いたムシロ旗

▼ 歳ならずし~ (3, 0.0%)

1 て内閣, て内閣總辭職, て彼女

▼ 歳ばかりも~ (3, 0.0%)

1 他に, 老漢, 若ぎて

▼ 歳ぶり~ (3, 0.0%)

1 だ, で思い, に関西

▼ 歳ほどにも~ (3, 0.0%)

1 なって, 思えました, 思えますし

▼ 歳まだ~ (3, 0.0%)

1 東京府立, 老人という, 若かつ

▼ 歳までと~ (3, 0.0%)

1 宣言した, 引延した, 申したかを

▼ 歳もう~ (3, 0.0%)

1 一人は, 二人の, 落語も

▼ 歳をと~ (3, 0.0%)

2 つて死にました 1 つてゐたらう

▼ 歳~ (3, 0.0%)

1 なり候, なる妹, 在テハ

▼ 歳三唱~ (3, 0.0%)

1 して, し引返し宿泊せり, す

▼ 歳~ (3, 0.0%)

1 枯取置沙土中以水澆之俄頃復活或, 登公館去, 空三藏自西域還詔入内結壇爲帝灌頂賜號智藏國師時方士羅思遠者以術得幸有

▼ 歳五歳~ (3, 0.0%)

1 という乗馬用, の祝ひ着, まではいろは

▼ 歳~ (3, 0.0%)

1 の慎重, までは親, を一緒

▼ 歳内外~ (3, 0.0%)

1 の不規則, の小娘, より十五六歳

▼ 歳~ (3, 0.0%)

21 除慈親消息空如何京城風雪無

▼ 歳劣り~ (3, 0.0%)

2 の弟 1 が今

▼ 歳~ (3, 0.0%)

1 の中, の條, は日出雄

▼ 歳~ (3, 0.0%)

1 に大, 先生万歳で, 旦那様が

▼ 歳女房~ (3, 0.0%)

2 のお 1 おみね

▼ 歳~ (3, 0.0%)

1 を約し, を約した, を贈つ

▼ 歳~ (3, 0.0%)

1 が明ける, の相違, を重ね

▼ 歳~ (3, 0.0%)

1 と改称, のあり, まで人力車

▼ 歳或は~ (3, 0.0%)

1 十歳くらゐ, 四十歳くらゐ, 生れて

▼ 歳早く~ (3, 0.0%)

1 もここ, も中国, も近隣

▼ 歳景樹~ (3, 0.0%)

1 が僅, は三十五歳, は十歳

▼ 歳~ (3, 0.0%)

2 は十二歳 1 は三歳

▼ 歳死ん~ (3, 0.0%)

3 でお父さん

▼ 歳父母~ (3, 0.0%)

1 に従う, に死に別れた, の付

▼ 歳独身~ (3, 0.0%)

1 である, で浪人, の儘死

▼ 歳神様~ (3, 0.0%)

1 にも家, は三日, へ上げた

▼ 歳老人~ (3, 0.0%)

2 の話 1 を迎

▼ 歳~ (3, 0.0%)

1 からかう, と沖, の若い

▼ 歳迄は~ (3, 0.0%)

1 ただの, 修養の, 子が

▼ 歳金兵衛~ (3, 0.0%)

1 の方, は五十三歳, は六十四歳

▼ 歳~ (3, 0.0%)

1 に埋もるる, の消えない, やこんこん

▼ 歳~ (3, 0.0%)

2 りの 1 りであつ

▼ 歳あるいは~ (2, 0.0%)

1 それ以下の, 十歳くらいの

▼ 歳からか~ (2, 0.0%)

2 又どう

▼ 歳くらいとも~ (2, 0.0%)

1 また百歳, 見える太い

▼ 歳くらいにも~ (2, 0.0%)

1 見える, 見えるが

▼ 歳くらいまで~ (2, 0.0%)

1 なんとかし, 自家で

▼ 歳くらいまでの~ (2, 0.0%)

1 少女な, 近所の

▼ 歳ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 老けて, 若く見える

▼ 歳ぐらいまでは~ (2, 0.0%)

1 ただ鍛, 押しつけッこに

▼ 歳ぐらゐの時~ (2, 0.0%)

2 やつたな

▼ 歳さして~ (2, 0.0%)

2 美しくは

▼ 歳さん~ (2, 0.0%)

1 お桐さん, のこと

▼ 歳すでに~ (2, 0.0%)

1 これほど, 往きしか

▼ 歳そこら~ (2, 0.0%)

1 であろう久留米絣, の青年

▼ 歳そして~ (2, 0.0%)

1 イエニーが, 養父が

▼ 歳たいへん~ (2, 0.0%)

1 御信仰, 理想に

▼ 歳だけ~ (2, 0.0%)

1 休んだが, 打ち鳴らすべし

▼ 歳~ (2, 0.0%)

1 かい女, や

▼ 歳って~ (2, 0.0%)

1 やつを, 奴は

▼ 歳ついに~ (2, 0.0%)

1 吾人が, 目的を

▼ 歳であったろう~ (2, 0.0%)

1 か, と思う

▼ 歳でありました~ (2, 0.0%)

1 がジェンナー, が民國

▼ 歳でしょう~ (2, 0.0%)

1 か太政入道清盛, よ

▼ 歳でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばいけない, ばいけなかった

▼ 歳での~ (2, 0.0%)

1 出陣だった, 留学生生活を

▼ 歳とかで~ (2, 0.0%)

1 アメリカへ, 初婚と

▼ 歳とった~ (2, 0.0%)

1 人たちは, 病犬であろう

▼ 歳とな~ (2, 0.0%)

1 つて居ります, つて炎天

▼ 歳とやら~ (2, 0.0%)

1 で非常, 承りました

▼ 歳どまり~ (2, 0.0%)

1 の婦人, の若い

▼ 歳なお~ (2, 0.0%)

1 二三十年は, 端麗な

▼ 歳などと~ (2, 0.0%)

1 年齡順に, 悪口を

▼ 歳などという~ (2, 0.0%)

1 ものは, 年齢を

▼ 歳などは~ (2, 0.0%)

1 滅茶, 滅茶滅茶に

▼ 歳ならず~ (2, 0.0%)

1 に死す, 胡馬洛陽に

▼ 歳における~ (2, 0.0%)

1 死亡の, 自身の

▼ 歳にでも~ (2, 0.0%)

1 なったらアルプス, なれば

▼ 歳にまで~ (2, 0.0%)

1 なった時, 聲を

▼ 歳にわたる~ (2, 0.0%)

1 対戦は, 苦労は

▼ 歳のみが~ (2, 0.0%)

2 持つ不思議

▼ 歳ばかりで~ (2, 0.0%)

1 亡くなった, 死んだが

▼ 歳ほどは~ (2, 0.0%)

1 正直お前を, 私と

▼ 歳ほども~ (2, 0.0%)

1 年下の, 年長な

▼ 歳みづか~ (2, 0.0%)

2 ら家を

▼ 歳みんな~ (2, 0.0%)

2 は彼

▼ 歳もの~ (2, 0.0%)

1 ならすぐ, 年を

▼ 歳~ (2, 0.0%)

2 熟れぬ

▼ 歳~ (2, 0.0%)

2 ん自身は

▼ 歳われ~ (2, 0.0%)

1 は六十, 頻りに浮世絵

▼ 歳をも~ (2, 0.0%)

2 超えて

▼ 歳七歳~ (2, 0.0%)

1 とその, の頃

▼ 歳三男~ (2, 0.0%)

1 が六歳, は二十歳

▼ 歳両親~ (2, 0.0%)

1 の家, は二十年あまり前

▼ 歳久し~ (2, 0.0%)

1 つくづくと, 天地の

▼ 歳二十六~ (2, 0.0%)

1 だネ, の芥川さん

▼ 歳二女~ (2, 0.0%)

1 のお, のふき子

▼ 歳二女まつ~ (2, 0.0%)

2 が十四歳

▼ 歳二歳年長~ (2, 0.0%)

2 の子供等

▼ 歳五歳六歳~ (2, 0.0%)

1 であった, は夢

▼ 歳京都~ (2, 0.0%)

1 にある, に偶居

▼ 歳以上四十歳~ (2, 0.0%)

1 までが特別, までの人

▼ 歳以上四十歳以下~ (2, 0.0%)

1 という時代, の年齢

▼ 歳以後六十二歳~ (2, 0.0%)

2 で示寂

▼ 歳伯母~ (2, 0.0%)

2 の訃報

▼ 歳位いま~ (2, 0.0%)

1 での子供, での間夏冬

▼ 歳位の~ (2, 0.0%)

1 がじゃれ, が一人

▼ 歳信政~ (2, 0.0%)

1 が二十一歳, が四歳

▼ 歳信長~ (2, 0.0%)

1 の女, は明け

▼ 歳~ (2, 0.0%)

1 と豪族, 亀二年の

▼ 歳元服~ (2, 0.0%)

1 して, の時

▼ 歳~ (2, 0.0%)

2 であらう

▼ 歳~ (2, 0.0%)

1 と春初, 御目見得依願西村家相續被仰

▼ 歳初代瑞仙長男~ (2, 0.0%)

2 実玄俊信卿男

▼ 歳前江戸~ (2, 0.0%)

1 を出, を出発

▼ 歳十六~ (2, 0.0%)

1 ばかり色, も違つて

▼ 歳~ (2, 0.0%)

1 享保十八年と, 迎春

▼ 歳問屋~ (2, 0.0%)

2 からしばしば

▼ 歳~ (2, 0.0%)

1 が十三歳, へも家

▼ 歳坊主~ (2, 0.0%)

1 がおる, が居る

▼ 歳天秤肩~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 歳夫婦~ (2, 0.0%)

2 のあいだ

▼ 歳女子~ (2, 0.0%)

1 は十九歳, は十八歳

▼ 歳~ (2, 0.0%)

1 とはちょうど, や三浦助

▼ 歳子供~ (2, 0.0%)

2 も五人

▼ 歳安政三年~ (2, 0.0%)

2 か四年

▼ 歳~ (2, 0.0%)

1 の思い, 三友と

▼ 歳小倉~ (2, 0.0%)

2 の小笠原家

▼ 歳島田~ (2, 0.0%)

2 の歎

▼ 歳~ (2, 0.0%)

1 の銀行, へ出

▼ 歳市兵衛~ (2, 0.0%)

1 は六十六歳, は四十一歳

▼ 歳常三郎~ (2, 0.0%)

1 が三歳, は七歳

▼ 歳年少~ (2, 0.0%)

1 のハヴィエル, の弟弟子

▼ 歳年齢~ (2, 0.0%)

1 とが彫りつけ, の下

▼ 歳当時~ (2, 0.0%)

1 の人々, 良三

▼ 歳彼女~ (2, 0.0%)

1 がやっと, が五十八歳

▼ 歳後厄~ (2, 0.0%)

2 の大事

▼ 歳抽斎~ (2, 0.0%)

1 の父允成, より少き

▼ 歳新婦~ (2, 0.0%)

1 の綾子さん, は十五歳

▼ 歳時習俗語彙~ (2, 0.0%)

1 という書物, を見た

▼ 歳晩警戒哨溜池交叉点~ (2, 0.0%)

2 を通過

▼ 歳最も~ (2, 0.0%)

1 嚴重な, 甚し

▼ 歳最後~ (2, 0.0%)

1 の作品, の記念

▼ 歳有半~ (2, 0.0%)

1 の長, の間

▼ 歳末満~ (2, 0.0%)

1 で亡くなった, の小児遺棄

▼ 歳~ (2, 0.0%)

1 の五律, の作

▼ 歳~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ 歳柏軒~ (2, 0.0%)

1 の鉄三郎五歳, は二歳

▼ 歳榛軒~ (2, 0.0%)

1 は八歳, より少き

▼ 歳~ (2, 0.0%)

2 の名人

▼ 歳~ (2, 0.0%)

1 が九歳, ハ十二なりし

▼ 歳次郎~ (2, 0.0%)

1 は十一歳, は十四歳

▼ 歳~ (2, 0.0%)

1 が巧み, を唱

▼ 歳江戸~ (2, 0.0%)

1 に出, の屋敷奉公

▼ 歳洋服~ (2, 0.0%)

1 に中, を着

▼ 歳無表情~ (2, 0.0%)

1 で整, で整いすぎ

▼ 歳父信階~ (2, 0.0%)

1 は五十七歳, は五十六歳

▼ 歳甲午~ (2, 0.0%)

1 の九月九日, の年

▼ 歳病死~ (2, 0.0%)

2 したとの

▼ 歳白齒~ (2, 0.0%)

1 の大柄, は少し

▼ 歳百日~ (2, 0.0%)

2 の旱

▼ 歳~ (2, 0.0%)

1 神歳殺, 金神に

▼ 歳神迎~ (2, 0.0%)

1 へに行く, への招ぎ代

▼ 歳稀塩~ (2, 0.0%)

2 散に

▼ 歳程に~ (2, 0.0%)

1 なるの, 見える若い

▼ 歳程度~ (2, 0.0%)

1 のもう, の設問

▼ 歳米庵~ (2, 0.0%)

1 は三十七歳, は八十歳

▼ 歳経たない~ (2, 0.0%)

2 うちに

▼ 歳経る~ (2, 0.0%)

1 杉の, 膚は

▼ 歳職業~ (2, 0.0%)

1 は東京帝国文科大学哲学科卒業後, は科学的小説家

▼ 歳~ (2, 0.0%)

1 ののった, の乗った

▼ 歳~ (2, 0.0%)

1 のよう, も恥じらわ

▼ 歳~ (2, 0.0%)

1 なああ, 盛りの

▼ 歳若い~ (2, 0.0%)

1 が革足袋, ながらも仕事

▼ 歳若かっ~ (2, 0.0%)

1 た, た惚れて

▼ 歳若しくは~ (2, 0.0%)

1 丁巳八十一歳で, 十三年三十七歳で

▼ 歳~ (2, 0.0%)

2

▼ 歳計り~ (2, 0.0%)

1 としか見えない, の男兒

▼ 歳身分~ (2, 0.0%)

1 はなし, は幕府先手与力

▼ 歳辛棒~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 歳農家~ (2, 0.0%)

1 の女房, の若者

▼ 歳過ぎた~ (2, 0.0%)

1 お婆, 古老婆

▼ 歳違い~ (2, 0.0%)

1 の従姉妹同士, の男

▼ 歳長男~ (2, 0.0%)

1 の方, は四歳

▼ 歳~ (2, 0.0%)

1 が二十七歳, は二十三歳

▼ 歳頃森寛斎翁~ (2, 0.0%)

2 はなくなられました

▼ 歳頼家~ (2, 0.0%)

2 の太刀

▼ 歳髪の毛~ (2, 0.0%)

2 は薄く

▼1* [1163件]

ほうには, 歳あづまの水, 歳あとせめて十年, 歳あの頃しばしば, 歳あぶらの乗つたさかりで, 歳あまりになる人, 歳あまりツイ荒い言葉, 歳あまり之を聞く, 歳いう箱の, 歳いかに強壮に, 歳いっぱいになっ, 歳いよいよ五里離れた, 歳づもる蓮の, 歳ええこの年, 歳おいらんを素人づくり, 歳おとりにて十八, 歳おなじく印刷職工の, 歳おみきという妻, 歳かくてまた, 歳かさでもありましょう, 歳かつて某浪花節寄席, 歳からだはまことに, 歳からでも初まる, 歳きぬ五十九歳貢五十四歳所謂邪宗門事件なり, 歳きはまりて安養浄土, 歳きよ子嬢が二十二歳, 歳くらいかとも思われ悲し, 歳くらいかな頭なぞ, 歳くらいは年上だった, 歳くらいまでは前途に, 歳ぐらいかそんなこと, 歳ぐらいかと想った, 歳ぐらいしか年齢が, 歳ぐらいと見える女性, 歳ぐらいという算出以外に, 歳ぐらいにも見えるの, 歳ぐらいまでで法規, 歳ぐらいまでしか生きては, 歳ぐらいまでと思って, 歳ぐらいも若くなりました, 歳ぐらいをかしらに, 歳ぐらい迄の間では, 歳ぐらゐで此の世を去つた, 歳ぐらゐで死んでしまつたけれど, 歳ぐらゐな色の白い, 歳ぐらゐに見える姉娘, 歳ぐらゐになつた僕を背負つて, 歳ぐらゐになる私を連れ, 歳ぐらゐになる筈だと, 歳ぐらゐの目立たない女, 歳ぐらゐの乞食の児, 歳ぐらゐの人はもう, 歳ぐらゐの小綺麗な下婢, 歳ぐらゐの年配で肩, 歳ぐらゐの男の兒, 歳ぐらゐの私をギラ, 歳ぐらゐの若者旅すがた, 歳ぐらゐの首筋に白粉, 歳ぐらゐまでの間つづいて, 歳ぐらゐまでは南京繻子を縞繻子, 歳ぐれえの時, 歳ぐれえなもんで, 歳けれども私は, 歳こちらは童貞, 歳このごろは欲しい, 歳これからといふ, 歳こんなに若くて, 歳ごろ一つの変転, 歳ごろ名人の聞え, 歳ごろ夢二の装飾的画, 歳ごろ次郎が昼寝, 歳さえ知らないん, 歳さすが歴々の, 歳さぞかしお可愛らしい, 歳さだは明治二年八月九日生, 歳さらに翌年の, 歳てみる, 歳しかして更にいっそう偉大なりし, 歳しまいにはおのれ, 歳じゃあどうにも, 歳つかり火事, 歳すぎた頃江北の, 歳すぐ下の, 歳すっかり耄碌し, 歳ずつを一区画として, 歳そうして京伝は, 歳その他七八人の十七, 歳その後は浜松, 歳そば屋の福寿庵, 歳それでいて礼儀ことばは, 歳それ以下のところ, 歳そろそろ色ざんげの, 歳そんなお婆さんな, 歳ぞといましめ顏, 歳たか一歳の時, 歳たけ老いし父母, 歳たしかそうだろう, 歳たちかへつて七日, 歳たらしめよ十歳の, 歳たらずの犬, 歳だい三十だいで死んだ, 歳だうむ然う, 歳だけに母の, 歳だけのことしか, 歳だったであろうがそれ, 歳だって女の, 歳だの王城を, 歳だらうがひどく, 歳だ捨てろ捨てろと低く, 歳ゅう高齢の, 歳ちかき青年, 歳ちがいだった, 歳ちょうど頃加減でございます, 歳ちりて返らぬ, 歳っ子こんだ当てたな, 歳っ子あれがお, 歳つまり二十九歳の初冬, 歳てっぺんがはげ, 歳でありますがどうしても, 歳でいらっしゃいましたから当時, 歳でございまして品格, 歳でさえあれだ, 歳でしたろうか両親, 歳でっぷりふとったあ, 歳でなくなりジョージ親王は, 歳でなくなるまでやはり, 歳ではじめて百首歌, 歳で亡くなつた人である, 歳で御座いました継子の, 歳で御座いますが御覧, 歳で痩せた気の, 歳で老けて見える, 歳で見るから気品, 歳とある文等を, 歳といへる如きも, 歳といった若盛り, 歳とかけと云うの, 歳とかになるお爺さん, 歳とかの爺サンも, 歳とがいっしょに, 歳とくらいであろうか, 歳としか見えない幼, 歳とって見せる, 歳とて若し太子, 歳とで結びつく若, 歳とともに鍛錬せられゆく, 歳とになって, 歳とになつてゐた, 歳と共に光輝を, 歳つちか, 歳どうかしたら六十歳, 歳どころじゃあり, 歳どなたも幸福, 歳どんお前のよう, 歳どんと頭から浴せかけ, 歳どん歳どんは困る, 歳どん歳どんと頭から浴せかけ, 歳ながき來し, 歳なぞよりも遥に, 歳などかある, 歳などがあり恐らく, 歳などといふ年ごろは, 歳などの青年で, 歳などを厄年と, 歳なにがし, 歳ならぬ内に, 歳なりきといふ, 歳なりける時大西一外君に, 歳なりしがかねて, 歳なりにいろいろ冒険, 歳なんて年は, 歳にかけての頃であろう, 歳にさえなって, 歳によって多少は, 歳のかれにとっては姉, 歳のすばしっこそう, 歳のち乳母はみまかり, 歳のててなし児と, 歳のみぎり養子に, 歳はや老武者, 歳ばかしの少年が, 歳ばかりにしかならないよう, 歳ばかりは百も, 歳ばかりを頭に, 歳ふゆは二十一歳, 歳ふるにお, 歳ぶつ裂き羽織, 歳へと欺かれて, 歳への彼の, 歳ほどにて東京に, 歳ほどを過ぎぬ, 歳まえにその, 歳まさりの姉君, 歳まさるわれの, 歳まだまだこれからと言ふところ, 歳までしか居らなん, 歳までというものは, 歳までともいう程, 歳まではをり, 歳みたいに書く, 歳むかしは奥平藩士, 歳むすめ惣領ハ二十三次, 歳むっつりした好, 歳もちろん実家は, 歳もてば良い, 歳ゆえ早く養子, 歳よりぞ手習ひ, 歳よりはずつと大きく見える, 歳わたくしも二十歳, 歳をか経に, 歳をへ上に, 歳ァーイという声, 歳アアこれまでの娑婆, 歳イエニーは五十三, 歳ウェッセールは四十三歳, 歳オヴァーだけで, 歳クララはわずか, 歳クララ十六歳の時, 歳ケンブリッジ大学生を求む, 歳ゴルドンは十六歳, 歳シルバーグレイのレインコート, 歳チャンチャン万歳など思い思い, 歳喜寿ヲ, 歳トイウ年齢ニ達スルマデソノ間ニハ女児ヲ一人分娩シナガラヨクモソノ皮膚ニ, 歳ドノバンは十五歳, 歳ニシテ來朝シ尋デ歸化シ姓名, 歳ニシテ勝家ニ仕へ, 歳ニシテ席ヲ同, 歳ニモ成ヌレバ甲冑ヲ帯シ, 歳ニ至レバ総テ剣法ヲ学ビ, 歳ハヴィエル三十一歳であつ, 歳ハ風前短焔, 歳フラツトまでのほ, 歳フレッシュなお若い, 歳プロレタリアの論客, 歳ボクと同年, 歳マデノ十ヶ年間トシ男女ヲ同, 歳マデハ可能デアルカラ思イ切ッテシテオ貰イナサイ手術シタ後ノ快感ハ何トモ云エナイ, 歳マリヤが三十六歳, 歳メーリケよりは七歳年長, 歳モコウは十四歳, 歳ヤブニラミの女, 歳ヨリ滿十六歳マデノ十ヶ年間トシ男女ヲ同, 歳ヨリ綴ル所ノ詩筆, 歳リヴィングストーンは五十九歳, 歳ロマン・ロオランより三つ, 歳ヲ卒ルベキモノ唯我ガ技, 歳一つ上のお, 歳一人十歳の子供一人, 歳一升の酒, 歳一方はそれ, 歳一月前に入団, 歳一本気の男, 歳一本氣の男, 歳一燈忽ち滅, 歳一瞬にし, 歳一箇月以下で死亡, 歳一見して, 歳丁丑の年, 歳丁卯の年, 歳丁未の年, 歳七カ月です, 歳七兵衛は二十七歳, 歳七十にも余る, 歳七十五十ほか合せて, 歳七十歳にまでなった, 歳七年前に格, 歳七月二十日棠軒は福山, 歳七男成善二歳の四子二女, 歳七百石の旗本, 歳万々歳皇后陛下の万歳万々歳, 歳万歳万歳またたいそう, 歳は一つ上, 歳丈上に溯る, 歳だから, 歳三〇歳またはそれ以上, 歳三ヶ月ぐらいの中型, 歳三人家族で使用人, 歳三児中榛軒十歳常三郎九歳柏軒四歳であつ, 歳三十に至る, 歳三十七歳を厄年, 歳三十三歳三十七歳を厄年, 歳三十三歳四十二歳四十九歳などを厄年, 歳三十五年撃剣をし, 歳三十歳で死なう, 歳三十歳四十近くなった, 歳三千子の実母, 歳三唱そりより数町, 歳三唱下山す, 歳三女のとみ子, 歳三年まえに, 歳三月三日防人を, 歳三歳の子供, 歳三歳のをカスゴ鯛, 歳三番には中納言, 歳三番目の正, 歳上坂西村を抜い, 歳上嫂は十歳上, 歳下中村時蔵が二つ歳下, 歳下輝勝より一つ歳上, 歳世子正精侍読, 歳番を, 歳に皆, 歳中原は麻, 歳中學二年生の最後, 歳中山内監物殿御盗被, 歳中肉中脊例の卅二番, 歳久しき狐なる, 歳久しゅうして, 歳久公中務大輔家久公とて何れ, 歳久枝は二十五歳, 歳久通も若かっ, 歳之時初號千山萬水樓主人, 歳之間爾墻毛無家滅目八跡, 歳乙卯の年, 歳九曜二十八宿の旗, 歳九月十三夜に谷中瑞林寺, 歳九歳のころ, 歳九歳後から暗い, 歳也大歳己未, 歳を離れ, 歳乳母に抱かれ, 歳亀千代は僅, 歳は廿九歳, 歳を勤, 歳二か月になります, 歳二つにしかならない, 歳二カ月にし, 歳二ツ上の冬吉, 歳二ヵ月の春, 歳二世瑞仙は卅三歳, 歳二代目が二十五歳, 歳二代目源十郎としての彼, 歳二十一となっ, 歳二十一歳などの青年, 歳二十三歳四十五歳の時, 歳二十二三のうら若, 歳二十五まで生き, 歳二十五歳くらいになり, 歳二十歳の我, 歳二月十九日の暁方七つ時, 歳二月坂東諸国の防人, 歳二箇月なの, 歳互に貧乏世帯を, 歳五ヶ月になる, 歳五女癸巳一歳の六人, 歳五月生れとはっきり, 歳五男専六五歳六男翠暫四歳七男成善二歳の四子二女, 歳五番お辰, 歳五百三十九歳陸八歳水木二歳専六生れて, 歳五百三十八歳の時, 歳五百二歳の時, 歳で昼餐, 歳人気取りになつてツベコベ, 歳人生はこれから, 歳人間という, 歳仁一郎は六十一歳, 歳今や聖朝の, 歳今一兩年經たる上, 歳今年すでに春秋五十五, 歳今度の御, 歳の一人, 歳他人は一生, 歳代十人六十代四人五十代七人四十三十の壮年者, 歳令嬢としては出来上りすぎ, 歳以上たまつてゐるんで, 歳以上ハスベテ眉ヲ剃, 歳以上一ヵ年以上同一の場所, 歳以上一人当りいくらといふ割合, 歳以上三十歳までの生, 歳以上二十七八歳までの真面目, 歳以上二十五六二十七八というよう, 歳以上二十歳以下のいわゆる, 歳以上五十三歳までの男, 歳以上五十歳以下の男子, 歳以上六十歳まで領内, 歳以上六十歳以下のいわゆる, 歳以上十七歳以下の者, 歳以上十九か二十歳, 歳以上十二三以下の児, 歳以上十六歳未満の少年漂泊者, 歳以上参議院議員になる, 歳以上四十五歳までの人, 歳以上女は十八歳, 歳以上年上であった夫人, 歳以上年齢のひらき, 歳以上教正三十歳以上の規則, 歳以上而も立候補, 歳以上訓導は二十四歳以上, 歳以上身体精神ともに健全, 歳以下ノオサンプトンでは十歳以下, 歳以下ノリジでは五歳以下, 歳以下マンチェスタでは五歳以下, 歳以下十五歳まで金三枚也, 歳以下小児の事, 歳以下金十枚といふ話也, 歳以内の婦人, 歳以後三十四五歳の間, 歳以後使用する由, 歳以後内からの輝き, 歳以後理想主義的気質が私, 歳以来世間が, 歳仰いで襟, 歳伊奈長次郎の娘, 歳伊沢蘭軒が何歳, 歳伯爵のバス, 歳伯父の留二郎, 歳但馬国へ赴き, 歳位ひだつた光子との二人姉妹, 歳位古風な外套, 歳位屈強な若者, 歳位横顔の美しい, 歳位私より二ツ, 歳位運転手風の好男子, 歳位非常に神経質, 歳佐助二十歳の時, 歳は至極小ぢんまり, 歳体重八十貫牡牛のごとき, 歳が月, 歳何ヵ月に足らぬ, 歳何ヶ月という頃, 歳何方もこの, 歳余りマダ丁年にもならぬ, 歳余り捨は十歳余り, 歳余り父子三人従者も何, 歳余り顔は丸顔, 歳余病を得, 歳の豫感, 歳が二十一歳, 歳保一くんが二十四歳, 歳信心者で毎日神仏, 歳信条よりすれ, 歳信階は三十三歳, 歳倶楽部に於, 歳健康で賢く, 歳働き盛りで, 歳僕たちはたとい, 歳允成が二十一歳, 歳元気溌剌たる時, 歳元海風送暖曙光喧, 歳兄竹山を喪つて, 歳過二十九年身, 歳先妻の子, 歳先生の代, 歳のちゃんと, 歳全く頃加減でございます, 歳全国児童就学のため, 歳八つと三つ, 歳八カ月のとき, 歳八ヶ月だつた, 歳八ヶ月五尺二寸五分体重はただ, 歳八十幾つかになる, 歳八十次郎は十八歳, 歳八十歳以上まで持っ, 歳八年間天下をお, 歳八月は学校, 歳八月二十二日に幕府, 歳八歳天の下, 歳八歳当歳の寝息, 歳六ヶ月五尺二寸四分二十一貫五百匁が歯力, 歳六十一歳を厄年, 歳六女水木六歳五男専六五歳六男翠暫四歳七男成善二歳の四子二女, 歳六尺十九貫五百紅顔の少年, 歳六月十七日に阿部正弘, 歳六月十五日初めて小菅刑務所, 歳六歳七歳とその, 歳六男翠暫四歳七男成善二歳の四子二女, 歳共に後を, 歳其の他其の, 歳其父信階は五十五歳, 歳其結果として天地, 歳内藤小町とうわさ, 歳円明流の奥儀, 歳再び駿河の, 歳冒険敢為の気象, 歳出世といふ点, 歳出入物資の購入, 歳出戻って半年, 歳分位に當, 歳刑神歳破神, 歳初め人を以て祭り, 歳初乃が十八歳, 歳初夏の頃, 歳初老に及ん, 歳初陣して, 歳袴に, 歳前嫂が嫁, 歳前後これも鉢卷, 歳前後一時は絶望, 歳前後人心のできし時, 歳前後人相服装は左, 歳前後弟は十五, 歳前後滋幹は四十四五歳, 歳前後竹本座の手代庄吉, 歳前後肉と菓子, 歳前後身長約五フィート七インチ, 歳前後身長五呎八乃至九吋, 歳前後鶴澤吉治四十歳前後竹本座の手代庄吉, 歳前徳川三百年の封建社会, 歳前科があります, 歳前途有為の才, 歳創製する所, 歳劇通寿阿弥は三十七歳, 歳劉備玄徳は四十七, 歳勝れた武将では, 歳勝太郎に較べ, 歳して, 歳北辰一刀流の開祖, 歳十カ月くらいのところ, 歳十ヶ月であった, 歳十一になる, 歳十一月十六日に四十二歳, 歳十一歳となる, 歳十七歳ばかりにし, 歳十九歳などという年齢, 歳十九歳皆若い仏達, 歳十二春なんのまちがい, 歳十二月二十六日の卯, 歳十五六歳のもあった, 歳十五歳十九歳皆若い仏達, 歳十八ばかりの細そり, 歳十八十六の美しい, 歳十内は松原十右衛門, 歳千崎弥五郎のこしらえ, 歳千鶴子が四歳, 歳に遊ん, 歳博多のどん, 歳印刷工場の女工, 歳歿前二載, 歳厄除けのお, 歳厳州に在り, 歳取った人々の, 歳取りと称し, 歳古く棲んで, 歳古る木々の, 歳台三十歳台の若者たち, 歳台四十歳台で一, 歳尋ね当て, 歳同じく西村新三郎は, 歳名前が笹山大作, 歳名寄岩の二十六歳, 歳柳原の, 歳猶在, 歳吾が姪義卿身を, 歳は自害, 歳和歌の前, 歳商業出の俸給六十円, 歳商法上の都合, 歳善太郎が十一歳, 歳嘉永三年に自, 歳四つであつ, 歳四ヵ月の夏, 歳四五十歳十五六歳のもあった, 歳四十七年間もの長い, 歳四十九歳などを厄年, 歳四十二歳六十一歳を厄年, 歳四十二歳四十九歳などを厄年, 歳四十五歳の時, 歳四十四歳またはそれ以上, 歳四十歳を多く, 歳四十歳五十歳と精一ぱいあくせく, 歳四十近くなった, 歳四女陸三歳五女癸巳一歳の六人, 歳四女陸十二歳六女水木六歳五男専六五歳六男翠暫四歳七男成善二歳の四子二女, 歳四年生だね, 歳四時とある, 歳四月三十日の夜半, 歳四月二十日出精に付金五百疋, 歳四歳五歳六歳であった, 歳四番にはおわ, 歳団扇を取つ, 歳国家の忠良息子万歳, 歳国木田染二十一歳というの, 歳國君其の色, 歳土屋右衛門尉弟惣蔵二十歳であった, 歳枯蓬, 歳堀尾吉晴の女婿, 歳といっ, 歳塵臭漸やく脱し, 歳壬戌の年, 歳壬申の年, 歳声裡に凱歌, 歳永三年三月十八日和歌, 歳変り三十三年と三カ月, 歳変質説もこの, 歳外套を着た, 歳佳事, 歳多く計算せり然, 歳多少の分別, 歳多感の一年間, 歳大助は堀内惣左衛門, 歳大塩家にゐた, 歳大学の三年生, 歳大柄では, 歳大正九年五月九日病死す, 歳大正十年十二月作翌十一年一月新潮, 歳大王と称する, 歳大病の時, 歳大目付触流, 歳大賀奉り候, 歳天下に名, 歳天保十二年の事, 歳天保十年のこと, 歳天数極高地数極深盤, 歳天明四年生の, 歳天正の十八年四月, 歳より出, 歳奥さまのお, 歳女ふくは当歳, 歳女乙女さんは十七歳, 歳女二十五歳以後は婚姻, 歳女人の私, 歳女史が一ばん前, 歳女子むづかしきはうさうよほどあや, 歳女専の生徒, 歳好男子だ, 歳妊娠して, 歳妹達は八歳, 歳妻つねは五十歳, 歳妻五百三十四歳長男恒善二十四歳次男優善十五歳四女陸三歳五女癸巳一歳の六人, 歳妻佐野氏お松さんは四十八歳, 歳妻志保三十三歳柏軒二十三歳長十九歳, 歳妻益三十一歳三児中榛軒十歳常三郎九歳柏軒四歳であつ, 歳妻益三十七歳榛軒十六歳常三郎十五歳柏軒十歳長六歳, 歳妻益三十二歳で子供, 歳妻益二十六歳嫡子棠助五歳次子常三郎四歳の四人, 歳妻益四十一歳子女は榛軒二十, 歳妻益四十五榛軒二十四常三郎二十三柏軒十八長十四, 歳妻益四十歳子女は榛軒十九, 歳に優る, 歳姉安が二歳になっ, 歳の書, 歳始めて立憲政治, 歳は二十一, 歳娘選り好みが激しい, 歳嫡子棠助五歳次子常三郎四歳の四人, 歳嫡男にし, 歳子張は四十八歳, 歳子游は四十五歳, 歳孟春日御僕, 歳孤城に因る, 歳学校はいつも, 歳の新次郎利厳, 歳孫三十九歳であつ, 歳孵化した仔魚, 歳學問に凝つ, 歳學窓を出, 歳安三歳五百二歳の時, 歳安倍家の榮, 歳宗太は六歳, 歳が十七歳, 歳定家には七歳上, 歳定枝は三十一歳, 歳年齢三十八歳であった, 歳を毀つ, 歳家兄を喪いしより, 歳家君の喪, 歳家居して, 歳家康は八歳, 歳家柄ではある, 歳宿場の遊女, 歳の君, 歳の年生れ, 歳富穀の子道悦, 歳寢床の上, 歳寧子も望ん, 歳寧海県の典史魏公沢, 歳専六生れて, 歳専六十五歳矢島優善三十四歳の六人, 歳将軍徳川家茂が上洛, 歳小僧の寅次, 歳小兵ではあった, 歳小川宿の逸見多四郎, 歳小柄であったが, 歳小森ひで同僚は森ちゃん, 歳小生はくすぶった, 歳小菊は十八歳, 歳小説を著, 歳て人, 歳尽きて人, 歳尾道から庄原, 歳之助, 歳山口屋善右衞門は五十三歳, 歳山野氏の一人娘, 歳工兵士官として戦争, 歳を六六年毎, 歳未, 歳己巳の年, 歳巳年の男, 歳になった, 歳席順に, 歳は寛政六年生, 歳常三郎九歳柏軒四歳であつ, 歳常三郎二十歳柏軒十五歳長十一歳, 歳常三郎十二歳柏軒七歳長三歳, 歳常三郎十五歳柏軒十歳長六歳, 歳常三郎十歳柏軒の鉄三郎五歳, 歳平三郎は四十二歳, 歳平八郎が叔父宮脇志摩, 歳平生健康にし, 歳年嵩であったが, 歳年長三番目一人を除い, 歳幼児に対する完全, 歳幾勢が二十五歳, 歳幾歳年齢とが彫りつけ, 歳延宝八年の頃, 歳建久九年正月七日別時念仏の間, 歳建暦三年十一月定家は家重代, 歳廻りが良い, 歳廿のいた, 歳式部の秘蔵, 歳弘化二年生の蒼夫さん, 歳弘化元年生の平蔵, 歳弟盛次郎が十五歳, 歳弱い山田が, 歳弱齢のよう, 歳当歳の寝息, 歳当歳仔が大, 歳往きは西伯利亜, 歳待って貰っ, 歳待つて貰つて, 歳自身も, 歳御家人の子, 歳御新造はお, 歳復二十四歳醇二十二歳の時, 歳志保が十九, 歳忘れの素人芝居, 歳思想もますます, 歳思慮に富んだ, 歳恰好から身柄, 歳慊堂は四十七歳, 歳を離れ, 歳戊寅の年, 歳成斎四十二歳であつ, 歳成熟した無邪気, 歳我慢したが, 歳戸主懐之が二十五歳, 歳所謂邪宗門事件なり, 歳手前方の道場, 歳手塚律蔵という人, 歳技師をし, 歳抽斎自己は十歳, 歳僧湯殿山に, 歳拵え立ての, 歳掃空強半禄, 歳ならば, 歳文中に見え, 歳文化十三年である, 歳文武の心得, 歳文盲電車にも一人, 歳文運隆盛大いに友達, 歳新井白石六十歳細井廣澤五十九歳野呂元丈二十四歳などと年齡順, 歳新潟へ出, 歳旗本の娘, 歳既に一家を, 歳日本の喜劇, 歳日本人で北川準一, 歳日本全国で独唱会, 歳日本画壇の年齢番附, 歳旦那様に三ツ上, 歳旧教の僧服, 歳旭烈兀は八歳, 歳明治二十七年の八月, 歳明治四十一年から三年間病臥, 歳明治御一新に際会, 歳の青, 歳春の作である, 歳春琴の家, 歳昨年まで東京, 歳昭和四年十二月二十日に旅, 歳時代小野君は悠揚, 歳時伏臘使問絶えず賢者, 歳時暦法の末, 歳時遊観頗る盛, 歳時類が出, 歳晩警戒哨清澄公園角から向島押上町, 歳普通の日本, 歳普通選挙法案の演説中, 歳景樹二十歳の時, 歳晴信よりは三つ上, 歳暮すからお上, 歳を得た, 歳曾參は四十六歳, 歳曾能は十九歳, 歳最低賃銀四百五十円女子百五十円と発表, 歳を数える, 歳月姫様はお, 歳母仍在, 歳有名なる岸田俊子女史, 歳常に葦莢, 歳の和助, 歳末子がもう, 歳末家では, 歳末弟は十一, 歳末男さんが十五歳, 歳本因坊は私, 歳本科を卒業, 歳札差の株, 歳李白の年四十四歳, 歳の娘, 歳杜甫の年三十二歳, 歳杪監州曾見樹時新入座但聞名, 歳東京の監獄, 歳は明治二年正月十六日生, 歳松岡君は二十八歳小生, 歳松島半之丞年四十松倉家中医師有家久意年六十二相津玄察年三十二布津の太右衛門年六十五, 歳松雪院は十五歳, 歳枳園より少き, 歳柏軒七歳長三歳, 歳柏軒二十一歳長十七歳, 歳柏軒二十三歳長十九歳, 歳柏軒五歳長一歳, 歳柏軒十五歳長十一歳, 歳柏軒十歳長六歳, 歳柏軒四歳であつ, 歳柔道においても段, 歳栗毛最後に荒木流, 歳森氏を娶る, 歳椿山君は十六歳, 歳成り勾当, 歳榛軒十一歳柏軒五歳長一歳, 歳榛軒十六歳常三郎十五歳柏軒十歳長六歳, 歳榮壽軒が三十四歳, 歳横浜で有名, 歳横縦揃った筋骨, 歳次兄は二十三歳, 歳次女は一歳, 歳次女銓十九歳の三人, 歳次子常三郎四歳の四人, 歳次男二歳であった, 歳次男優善十五歳四女陸三歳五女癸巳一歳の六人, 歳次男孫は十五歳, 歳次男盛次郎が五歳, 歳次郎高重の弟, 歳欧州に遊歴, 歳止りくらゐ四五日, 歳正宗院は六十三歳, 歳正月一日の手さぐり, 歳正月二十日であった, 歳正治二年の七月十四日, 歳正確に云え, 歳此処に生命, 歳此悲境に落ち, 歳武田菱の金具竜頭, 歳武芸の方, 歳武蔵も十七歳, 歳武雄様が八歳, 歳殉死す, 歳殊に可愛い, 歳神黄幡神および, 歳殺されたお千勢, 歳母三十一歳の時, 歳母上より一つ, 歳母五百五十三歳陸二十二歳水木十六歳専六十五歳矢島優善三十四歳の六人, 歳母方の姓, 歳母縫は三十一歳, 歳母親が死んだ, 歳母飯田氏益が二十二歳, 歳に多き, 歳気力にも腕, 歳気骨もあるらしかった, 歳水木二歳専六生れて, 歳水木十六歳専六十五歳矢島優善三十四歳の六人, 歳水無月のなどかく, 歳水碓を造り, 歳氷結の憂えなく, 歳永井君は十九歳, 歳永井家々督相續の屆, 歳永井家家督相続の届, 歳大来稼圃者至, 歳決して晩い, 歳法勝寺御幸の節, 歳法名相応院殿月桂凉心英誉清熏大禅定尼秀吉此の後室, 歳法学士月収三百円係累なし本人来談, 歳法諡を釈姓谷響了風, 歳法諡麗樹院がある, 歳泣きながら, 歳泥棒も男ざかり分別ざかり, 歳浅草の馬道, 歳浅草代地河岸に仮, 歳浅黒い顔に, 歳海外に渡航, 歳深く自愛し, 歳深井少年と言われる, 歳溜めた家賃を, 歳漸く不惑に, 歳悪世の中, 歳の前, 歳烏帽子直垂にて蓑, 歳烏帽子筒袖小袴にて鑿, 歳無一文から現在, 歳無論のこと玲瓏玉, 歳たる小形, 歳熊本の事, 歳熱病で死んだ, 歳父信玄に似, 歳父君にともなはれ, 歳父死して, 歳父親の怪我, 歳獅子の囃, 歳玄俊は四十五歳, 歳に内証, 歳現代風に満, 歳現職の農務大臣, 歳を軽う, 歳生きるといっ, 歳生れつき多病のため子供, 歳生徒の私, 歳生活するが, 歳生誕日の翌某, 歳生間流の大家, 歳れは, 歳用のと取換え, 歳田中屋忠兵衛僕吉蔵をした, 歳田舎育ちでも名主, 歳男児は二十歳, 歳男子は三十歳, 歳町内のマラソン競争, 歳町内千歳川第四発電所, 歳番頭の喜代三, 歳病弱な為め, 歳病気で歿, 歳を病ん, 歳癒えざる霊木の, 歳登勢が四十七歳, 歳發病以來完全な健康, 歳白面の一軍学書生, 歳白髪無髯, 歳白髪頭にトンボ, 歳助一歳, 歳百三十七歳御陵は畝傍山, 歳若い仏達, 歳皇神以外に官國弊社, 歳盛遠は十八歳, 歳目下姙娠四箇月ナリ死因ハ未ダ詳カナラザレド中毒死ト認ム, 歳直ぐその後に, 歳相模四郎といった, 歳眼鏡を掛け, 歳矢島優善三十四歳の六人, 歳矩之十四歳であつ, 歳研究的なやや, 歳祇園町の揚屋, 歳祖母みよ六十四歳, 歳祖母上来られ昼食, 歳に行っ, 歳祝賀句会へ打電, 歳神以前の常世神, 歳神大将軍大陰神, 歳神柱という木, 歳神田の市立工業, 歳は万石, 歳秀でた眉鋭い, 歳秀吉は十四歳, 歳私立中学校の英語, 歳秩父の大宮在, 歳移り星は変っ, 歳稍頭角を露, 歳に穂, 歳つた時期, 歳窮つた時に外, 歳といふ謹んで, 歳立たぬに作さん, 歳をかぶり, 歳六, 歳筋骨たくましい御, 歳節子十九歳の盛夏, 歳篠部淡路守が浪游, 歳米坡が二頭立, 歳紫地の縞お召, 歳細い髷を, 歳細井廣澤五十九歳野呂元丈二十四歳などと年齡順, 歳細君に子供, 歳細川藤孝が子, 歳細面の蒼白い, 歳の大祭, 歳終り更始し東作, 歳終更始す介祉, 歳そのつぎ, 歳ても死なず, 歳経し身の, 歳経たぬうちに, 歳経って千之助, 歳経つと言っ, 歳経れば竜, 歳結婚年齢はわずか, 歳絢子と御, 歳に描いた, 歳經つて漸く江戸, 歳經つて千之助が生き還つ, 歳經つて腦貧血を起し, 歳継先人之志, 歳投痾, 歳が二十一歳, 歳縫三十一歳の時, 歳縫十三四歳のとき, 歳の方, 歳纏まりそうで, 歳成其上持病の, 歳美丈夫で元気, 歳美人という, 歳群右衛門と改称, 歳羨望の到, 歳羽柴秀勝の十六歳, 歳羽織をぬいだる, 歳老いた武帝, 歳老中阿部伊勢守正弘捐館の事, 歳而佐禹曹大家注陶子即皐陶子伯益也, 歳而帰郷爾来簡牘往来, 歳聡慧愛スベシタダソノ早成, 歳職位は権中納言参議, 歳肉体労働をする, 歳のたかい, 歳胸痛を患うる, 歳能語ヲ記スレドモ, 歳は曲つて, 歳を経た, 歳臣雖下愚忝胤先緒驅率所統歸崇天極道遙百濟, 歳臥病家貲頗乏数人為結義社, 歳矜の, 歳自ら顧みるに, 歳致仕に至る, 歳臺四十歳臺と沖, 歳は五十歳とい, 歳は二十二歳, 歳若ければ此, 歳苦労いたしました, 歳苦勞いたしました, 歳茶山より長ずる, 歳荒みきつた感じだけれども, 歳菅六之丞, 歳すでに改まり, 歳華卅八属駒馳筆硯仍慚立策遅, 歳華士族の子, 歳華改りて, 歳華新挙杯先祝天皇寿不背真為日本民, 歳蒼白い顔色調った, 歳薪屋のせがれ, 歳薬学専門だという, 歳藩制の身分, 歳の建興五年, 歳のにじむ, 歳行方知れずに, 歳袈裟御前の良人, 歳被衣をかぶり, 歳裲襠すがた, 歳と手拭, 歳西氏の子, 歳覊旅に死した, 歳見なければ揃った, 歳見知らぬ遠いあづま, 歳親切な島, 歳親孝行だから, 歳覿えず凶, 歳詩藻全く熟しきっ, 歳の起る, 歳は何歳, 歳神の, 歳諸国を歴遊, 歳謙信は三十二歳, 歳豊芥子は七歳, 歳負けん気と責任感, 歳貢五十四歳所謂邪宗門事件なり, 歳赤地の錦, 歳赤松家滅亡せられ候, 歳越しをおさせする, 歳越後の辺境, 歳路地長屋の爪楊枝, 歳身綺麗にいでたち, 歳身長五尺三寸体重十三貫二百匁強健にし, 歳身長五尺二寸頭髪の濃い, 歳軍人でなければ, 歳に集合, 歳輕井澤の私, 歳辛巳十二月廿一日癸酉の日, 歳迄しか住まない其家, 歳迄に向うから, 歳迄にはと思つてゐた, 歳近く半身不随になっ, 歳近く年上でしたが, 歳近く湯にいれられぬ, 歳近く病褥に就い, 歳近く禿頭の大入道, 歳近衛院の御宇, 歳迫ってようやく, 歳通平の歳, 歳通油町の地本問屋蔦屋重三郎, 歳遅くも二十歳, 歳運命の隠密, 歳ぎけむことをしおもふ君を, 歳の為, 歳道心堅固の智識, 歳道法ことごとく備わった, 歳違つて居たの, 歳遭難の後九年, 歳郎當曲正是三郎快活時, 歳醇二十二歳の時, 歳釈尊の入滅, 歳修数仞墻, 歳野呂元丈二十四歳などと年齡順, 歳野草繁茂すと, 歳野郎の癖, 歳金持のお, 歳金髪で相当, 歳鉄砲を取っ, 歳を持ち, 歳長い旅刀を, 歳長けて一年, 歳長ずるのみ, 歳長兄経家は三十三歳, 歳長女のお, 歳長女千代十七歳養子祐二五歳の三人世帯, 歳長女敬二十一歳次女銓十九歳の三人, 歳長男恒善二十四歳次男優善十五歳四女陸三歳五女癸巳一歳の六人, 歳のほう, 歳閏八月二十五日より二十七日, 歳間近にはなる, 歳阿弥陀如来の化身, 歳限りでやめた, 歳限り砲兵工廠を解職, 歳の仰せ, 歳陣中にあっ, 歳なるを, 歳陰惨な役所, 歳陰気な性質, 歳陸二十二歳水木十六歳専六十五歳矢島優善三十四歳の六人, 歳陸八歳水木二歳専六生れて, 歳険高な蒼味, 歳の名, 歳隨分鳴らした大, 歳雑誌記事のこと, 歳雨月物語を成す, 歳雪堂は一つ上, 歳雪子ちゃんは八歳, 歳靈木の, 歳青天白日の身, 歳青春一年間の日記, 歳面長中肉江戸型の美貌, 歳革命の動乱, 歳頃二十二三かと思われる, 歳頃以後は政界, 歳頃吉野の方, 歳頃彼の六条, 歳頃本所相生町の経師屋, 歳頃非常に悲觀, 歳のてっぺん, 歳に疵, 歳額百五十万両と計上, 歳のあたり, 歳養子信平十三歳であつ, 歳養子周禎は文化十四年生, 歳養子祐二五歳の三人世帯, 歳養母が二十三歳, 歳首二章汚電候, 歳首兎の御, 歳首松枝を折り, 歳馬特別競走では1, 歳高等学校の一年生, 歳高麗三郎の直, 歳は合僧, 歳鬼神の数, 歳鱚なみにされ, 歳黒田吉兵衛長政の十六歳, 歳の下