青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「活字~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~洗っ 洗っ~ 洗濯~ 洞~ 津~ 津田~ 洪水~ 洲~ ~活動 活動~
活字~
派~ 派手~ 流~ ~流し 流し~ ~流れ 流れ~ ~流れる 流れる~ 流石~

「活字~」 1052, 11ppm, 9593位

▼ 活字~ (201, 19.1%)

8 上に 43 中から, 大きさ, 本を, 歴史を, 舞台

2 [14件] あやまりでは, ことは, ほかに, やうな, ケツを, 上へ, 下を, 少い所から, 料劑, 歴史は, 行列に, 間から, 集合として, 面に

1 [146件] あとを, あるの, ことまでは, ことを, しかも滅字同様, ために, ちいさな書物, ところが数行, はいつて, ほかの, めくり暦, もつて, やうにしか, ような, ように, インキは, グーテンベルクの, テンポを, ボデイとして, ポイント制が, ラテン語の, レクラム本やら, 一つ一つだけが, 一人は, 一列は, 一方に, 一段組みで, 一行二行の, 三行批評家や, 上で, 上を, 並んで, 仕入れに, 任務も, 使用が, 傳は, 元祖, 元祖と, 元祖は, 元祖爭ひ, 再鑄, 凡てを, 列は, 創始, 創造或は, 創造者は, 力で, 古い話, 叫びに, 号外さえ, 号数などが, 唾を, 四六版でした, 四号で, 四号刷であった, 土産物に, 地金に, 墨も, 外には, 外は, 大きいこと, 大きい見出し, 大小の, 大小を, 字形を, 字母など, 字母製造は, 少しばかりを, 幅である, 広告で, 底部を, 弘教書院蔵にも, 形まで, 意味は, 所々に, 投書に, 指定見本刷りの, 排列を, 揃って, 數量など, 文字は, 文選者を, 断片が, 時代は, 書物の, 最初の, 最初のが, 最初は, 本ばかり, 来歴を, 校正細字の, 標題の, 横に, 歐文に, 歴史からは, 歴史に, 歴史にと, 歴史にも, 歴史をわ, 流し込みも, 混合度合が, 申訳的報道に, 當時の, 發明について, 白ぬきで, 研究にか, 研究者が, 種字を, 種書と, 種書を, 種類は, 箱の, 細いレクラム本, 細かいとうてい, 組み様とか, 芥川の, 蔭に, 行衞は, 行衞を, 行間の, 製法に, 覆刻本が, 見出しが, 見出しで, 見出しに, 誕生が, 誤りと, 説明に, 買入紙の, 近刊書に, 通りに, 運命も, 選択配列などが, 部分的な, 重さ, 重要さは, 重要性は, 鑄型が, 鑄造所は, 長文電報なり, 開祖と, 間に, 面が, 面を, 音を, 魅力的な

▼ 活字~ (137, 13.0%)

4 次から 3 いっぱいに, 創造した

2 [11件] だんだんひろ, だんだんひろいました, 大きくした, 拾って, 拾ひ, 拾ふ, 發明した, 見た時, 見て, 追って, 選り分ける女工

1 [105件] いつぱい, うちねがは, さかさに, して, しばらく措い, じつと, たどるの, つかった表題, つくつた, つくつたやう, つくつて, どういふ風, なすべしと, なめんばかりに, ならべて, にらめては, ひろって, みろ, もつて, わざわざ四号, ゴシック体で, ヒントに, 並べて, 乗せるといふ, 作つたのは, 作つた人間が, 作るため, 使つ, 使ふ, 使用した, 入れて, 列べて, 刷った書類, 創つたらう, 創成させ, 創造し, 十二ポイントに, 十萬餘り買入れ, 取扱う, 受持って, 嘗めんばかりに, 國境から, 大きくし, 大きくすべき, 大に, 大阪から, 字母に, 宗教と, 容れた, 工業化した, 左の, 得ようと, 得るといふ, 思い出すであろう, 思切つて使つた誇張を, 戻して, 手に, 打印器, 押す, 拾いしだいに, 拾い出しそれ等, 拾う, 拾うこと, 拾うより, 拾ふと, 持つ手, 揃へ, 摘みあげ, 文字を, 書くこと, 梯に, 模倣し, 求めて, 海の, 添えた私ソックリ, 特に大きく, 用いた, 用いるという, 用ひた, 盛んに, 盜んで, 眺めて, 眼で, 知る, 組みつつ, 組み交えるよう, 組む音, 船に, 見せながら, 見ながら, 見るに, 註文の, 読んでは, 買ひ, 費したこと, 購入し, 購入した, 追う間, 逆に, 造りだすのに, 金縁の, 鉛の, 鑄造彫刻し, 開成所版に, 離れた彼

▼ 活字~ (135, 12.8%)

7 して, なつて 6 なって 4 なったの 3 なつた, なる前 2 すること, なったもの, なった俺, なった時, なった自分, なってから, ならぬといふ, なると, なるの, 目を

1 [85件] あつた, あてはめた新聞記者, ありかナ, あるの, うつる過渡期, されるが, した, したいと, しただけ, したもの, したよう, した方, しようと, するなどという, するの, する事, する前, する機会, する決心, すれば, ちが, なおして, なった, なったあと, なったか, なったこと, なったとき, なったらすてき, なった上, なった安原貞室, ならずに, ならなかったもの, ならぬ作品, なりそれ, なり三度目の, なり人々, なり日本, なる, なること, なるころ, なるといふ, なるよう, なる事, なる度, のせたい, ヒントを, 並べ立てたりなど, 付し活字, 付せむ, 出来まいと, 匹敵する, 印刷され, 對する, 必要な, 拾つ, 曝しました, 書いて, 植えて, 物する, 眼を, 符號を, 細々と, 組ませ校正, 組まれたが, 組まれて, 組み込まうと迄, 組むこと, 編まれて, 縁の, 若干遺憾の, 血は, 見入つて, 見參, 視線の, 親しんだ, 親んだ, 誤が, 赤鉛筆の, 關心を, 附して, 附すること, 附せられたもの, 雜つて明らかに, 魅惑され, 鮮明に

▼ 活字~ (108, 10.3%)

9 印刷し 8 印刷され 7 印刷した 6 出て 2 組まれて, 組んで

1 [74件] あつた, あつて, いつぱいだつた, おしたまま, おそろしいこと, ぎっしりと, ぎつしり組んである, この事件, これらの, しきりに押し, しめされた一つ, たちまちに, たった五六行, べたべた並べ立て, よみかえしたとき, わずかに, アリストートルの, サツマ辭書が, ストライキの, トップから, 一字一字の, 一行ずつに, 三段にくまれ, 世間へ, 二三行書い, 二百頁前後僕等流の, 何だか色鉛筆, 先ず一通り, 出します, 刊行された, 刷って, 刷られた小綺麗, 刷られて, 印刷されたら, 名を, 埋まった表紙, 報道される, 報道した, 大々的に, 如何にも大きい, 小さく取消, 岡本誠夫として, 恋の, 掲載せられ, 教科書の, 新聞に, 日英同盟援務的契約など, 書いて, 書かれた木部孤, 書けば, 書名著者年号冊数が, 東京地方裁判所検事安藤竜太郎と, 次の, 片付けて, 皇帝や, 石之, 紹介し, 組まなくつちや感じ, 見出しが, 記載せられ, 読ませるの, 読まれるやう, 読まれる価値, 読まれる場合, 読むと, 読むならともかく, 読む場合, 読む訓練, 読む講談落語, 読めば, 読んで, 題した長, 飯を, JBDMと

▼ 活字~ (87, 8.3%)

3 意外な, 眼に 2 ある, 目に, 足らなくて, 音楽が

1 [73件] あつて, あなたの, ありこれ等, あるかい, あるかといふ, あるやら, あんなに穢れ, こまかすぎ, こんな田舍, こんな田舎, さながら俺, しっかりと, たしかに見えた, だんだん大きく, つくられ, ないの, ない為, ぱっと陽子, まづ彼, れいれいしくかかげられ, わかりますネ, わるく不快, アリアリと, インデル・モウルの, ギッシリ詰っ, サツマ辭書の, 一つも, 一本もは, 三個右から, 上海まで, 並ぶ, 並んで, 乗つて, 傳來した, 全歐洲, 再び木版, 凸版の, 出來, 創造される, 四個行列し, 大きいの, 大きいので, 大きかったら, 大きくなっ, 大きくなる, 大量に, 嬉しいから, 工夫され, 快く眼, 悪いので, 揮発油で, 日本の, 時にひらひら風, 渡つていつ, 渡來する, 澤山ある, 無意味に, 特に人目, 眼を, 私の, 第一, 緑色に, 膨脹し, 花ひらく, 虫の, 血の, 表現する, 説明できない, 邦字の, 重なり合って, 鉛に, 間もなくおとろへ, 非常に

▼ 活字~ (69, 6.6%)

2 さう

1 [67件] あつた, あるまいと, いまや近代文化, この仕切, すぐに, すこしち, すべて一字一字ずつ, その個人昌造, それ自身として, たしかにそれ, たちまち磨滅, だいぶ長い, ほとんど罪悪, まがりなりにも比較的容易, もはや, やがて木活字, インキを, ライデン市の, 一面と, 二十六で, 今日一本も, 何とか改良, 再版の, 初より, 十八世紀に, 印刷術の, 又全然, 同業者, 外國から, 大小に, 安政年間薩摩守齊彬公樣より, 完全に, 完成の, 小さくし, 少くとも, 心ある, 心の, 文字は, 既に四世紀, 既に見た, 昌造らが, 昌造らによ, 明らかに, 朝鮮人の, 木彫頭字の, 木版などの, 材が, 殘つてを, 江戸に, 活字だけの, 活字の, 激しく磨滅, 異體別調, 當時の, 皆以前は, 第二期, 粘土に, 細かし上下, 自分ひとり誕生した, 至つて幼稚な, 船に, 表面が, 西洋の, 読まずそれ, 鉛筆で, 開國と, 高低が

▼ 活字~ (23, 2.2%)

2 にし

1 [21件] から続い, だったの, だと, で一ペエジ余, で一ペエジ餘, で珍しい, で見る, といえ, となり, と普通, には, には当世, の万葉集, の影宋本, の覆刻, や慶安版本, を主として, を作った, を買, 以来, 当世新刊和洋の

▼ 活字として~ (18, 1.7%)

2 発表される, 読まれると

1 [14件] のせるため, 戯曲を, 発表した, 発表する, 発表できぬ, 読まれること, 読まれるの, 読まれる場合, 読む場合, 読んだいろいろ, 読んで, 読んでと, 読んでは, 読んでも

▼ 活字~ (17, 1.6%)

2 なって

1 [15件] くらべて, だいぶ異, なること, 九ポの, 二つの, 取組む, 同じ運命, 日本の, 標題で, 活字の, 片假名, 由緒が, 結びつけて, 船, 記者と

▼ 活字~ (16, 1.5%)

1 [16件] さほど読む, ないよう, パラリとして, 一般観念から, 其當時出, 外國から, 大きい, 小さいので, 少なかった, 後くも西暦十三世紀, 数万個を, 殖えて, 矢張り支那で, 粗悪な, 補給の, 診察室の

▼ 活字~ (13, 1.2%)

5 之研究 1 が再び, でこれ, で読んだ, のこと, の系統, をもっ, を先勤長崎奉行, を和蘭

▼ 活字字母~ (8, 0.8%)

2 の製法 1 の啓示, の製作, は出, をつくりださう, を作つた, を創つた辛苦

▼ 活字~ (7, 0.7%)

1 が少し, だけの間, の公式的俯瞰, の高低, ほど迄にはだらし, を見た, を鉛

▼ 活字~ (6, 0.6%)

1 ルビの, 印刷機の, 印刷機も, 印刷術を, 手鑄込式の, 金色の

▼ 活字にな~ (5, 0.5%)

2 つたのを 1 つては, つて居, つて読んだ

▼ 活字には~ (5, 0.5%)

1 されて, なっても, まだ一度, 出来ないな, 有り合せまい

▼ 活字ケース~ (5, 0.5%)

1 がどんな, などをめちゃくちゃ, にむかひあひ, は今日, を創つた山元利吉

▼ 活字では~ (4, 0.4%)

1 あったが, あるが, ないかも, 見あたる範囲

▼ 活字にも~ (4, 0.4%)

1 この熟語, この誤字, この頃二本, ならない

▼ 活字によ~ (4, 0.4%)

1 つて, つて出版する, つて多くの, つて読まれた

▼ 活字~ (4, 0.4%)

1 の配列, は我国, を前, を落とし

▼ 活字から~ (3, 0.3%)

1 出来て, 始まつたこと, 眼を

▼ 活字とは~ (3, 0.3%)

1 いえ彼, 切つても, 關係ある

▼ 活字によって~ (3, 0.3%)

1 あらためて大きな, 現地へ, 読者の

▼ 活字創成~ (3, 0.3%)

1 のため, の歴史, の苦心

▼ 活字印刷~ (3, 0.3%)

1 で一方, の事務的名刺, の部分

▼ 活字日誌~ (3, 0.3%)

1 の使用, を土臺, を示され

▼ 活字製法~ (3, 0.3%)

1 に二十年來苦心, はつまり, は木

▼ 活字です~ (2, 0.2%)

1 から今に, な

▼ 活字といふ~ (2, 0.2%)

1 ものが, 日本の

▼ 活字としての~ (2, 0.2%)

1 戯曲, 方言は

▼ 活字との~ (2, 0.2%)

1 交渉が, 間の

▼ 活字ないし~ (2, 0.2%)

1 印刷術の, 木版で

▼ 活字にまで~ (2, 0.2%)

1 して, しました

▼ 活字による~ (2, 0.2%)

1 印刷物を, 発表

▼ 活字ばかり~ (2, 0.2%)

1 ヒネくつて, 見て

▼ 活字への~ (2, 0.2%)

1 端緒である, 豫期が

▼ 活字もて~ (2, 0.2%)

1 このめずらしき, 数行の

▼ 活字を以て~ (2, 0.2%)

1 一言を, 摺り塾生

▼ 活字~ (2, 0.2%)

1 持ツテイル国ハナイ, 見タラダレニモワカルダロウ

▼ 活字~ (2, 0.2%)

1 を転覆, を轉覆

▼ 活字創造~ (2, 0.2%)

1 に沒頭, のこの

▼ 活字~ (2, 0.2%)

1 の耳, ノ霊ニ告グ

▼ 活字拾い~ (2, 0.2%)

1 にまでやって来た, までした

▼ 活字時代~ (2, 0.2%)

1 が二十九年, といふもの

▼ 活字板摺立係~ (2, 0.2%)

1 となつ, の昌造

▼ 活字~ (2, 0.2%)

1 その中, に大きく

▼ 活字道楽~ (2, 0.2%)

1 というの, をはじめた

▼ 活字鑄造所~ (2, 0.2%)

1 で見, はフイラデルフイア

▼1* [113件]

活字何かで, 活字くらいある穴, 活字ぐらいの赤や, 活字ぐらいはぼんやりと, 活字へ使, 活字しか読めないの, 活字すがすがしい紙健康な, 活字といふ, 活字だけが二十數年後に, 活字だけで印刷した, 活字だけに眼を, 活字だけの力で, 活字だけを拾い読みし, 活字だって構わない, 活字だらけなの, 活字ってやつは, 活字でありデヴイツド・ブルースが, 活字であることに, 活字でさえ判読出来なかった, 活字ででも出たこと, 活字でないならば嘉平, 活字でなくてもたま, 活字としてのみの存在を, 活字とちがふと, 活字とで印刷した, 活字とも相違するなら, 活字なき故かな, 活字などとは凡そ縁, 活字などは滅多に, 活字などを以て漱石を, 活字なり印刷術なりに, 活字なりや否やを, 活字については多くの, 活字にでもしたらとたんに, 活字面白いこと, 活字のうへの生き恥だけでも, 活字のみによつて, 活字はつひに, 活字ひろひの, 活字ほど買うのに, 活字ほどの小さい声, 活字みたいですが, 活字やをもたらして, 活字より小さい文字, 活字よりも木版の, 活字をだけ読んで, 活字をとほしての, 活字を通して耳と, 活字カラヒラガナヲナクシタホウガヨイトイウ私見デアル, 活字ガイカニ醜イカトイウコトハ初号クライノ活字, 活字コステルやグウテンベルグ, 活字ニ必要ナ様式化サエ行ワレテイナイ, 活字ニ移シタモノデ活字ニ必要ナ様式化サエ行ワレテイナイ, 活字ハソノ美シクナイヒラガナヲソノママ活字ニ移シタモノデ活字ニ必要ナ様式化サエ行ワレテイナイ, 活字ボデイに實用化, 活字三段抜きの大, 活字の漢字, 活字乃至日本の, 活字二段組でぎっしり, 活字以上に明らか, 活字以外ノ領分ニ脱線シタ, 活字の仮名, 活字全段ぬきという途方, 活字函なす家群に都市, 活字制限の世の中, 活字刷印以貽之, 活字に列挙, 活字嘉平のそれ, 活字大衆と時間, 活字字形が好き, 活字字形數千の木製模型, 活字字母製法の, 活字字母面製造に用, 活字完成を印刷歴史, 活字になり, 活字に依, 活字式ニ書カレタポスターノ大キナ字ニヒラガナガ混ツテイルトヨクワカル, 活字ひテキ屋, 活字數十萬を鑄造, 活字文化の花, 活字板左伝跋宋本校正病源候論跋, 活字板摺立御用係の命, 活字板摺立所の洋活字, 活字板摺立所發行の限り, 活字板摺立所製と判斷, 活字漢字よりも特に, 活字版一冊として我邦, 活字版摺立係を任命, 活字版本旧年売却頃書肆英平吉携来一本即旧, 活字版等の如し, 活字發明者フラウレンス・ヤンコ・コステルの傳記, 活字發生前の貴重, 活字の気, 活字その功, 活字組版等を乗せ, 活字振り仮名付きで, 活字考案に指輪, 活字に流れ, 活字聖書は一四五二年版, 活字體が, 活字表紙は布, 活字製版器具だけの意味, 活字誕生にとつて, 活字買入の動機, 活字配置の見本, 活字鑄造はまつたく, 活字鑄造工程一切の仕事, 活字鑄造機やが放逐, 活字鑄造法を考案, 活字長崎の活字板摺立所, 活字の紙片, 活字の字形, 活字高低の研究