青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「津田~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

洋~ ~洋服 洋服~ ~洗 洗~ ~洗っ 洗っ~ 洗濯~ 洞~ 津~
津田~
洪水~ 洲~ ~活動 活動~ 活字~ 派~ 派手~ 流~ ~流し 流し~

「津田~」 1816, 20ppm, 5853位

▼ 津田~ (628, 34.6%)

15 黙って 9 仕方なし 7 お延, 急に 6 始めて, 自分の 5 答えた 4 答えなかった, 腹の中で

3 [12件] こう云っ, そこに, それが, それを, 何とも答えなかった, 固より, 少し驚ろか, 気がついた, 相手の, 言葉を, 返事を, 首を

2 [35件] おやと, お秀, こういっ, こう云った, ここで, この時, これで, すぐその, そこを, そのたび, その微笑, その晩, それに, またそれ, また自分, むしろ冷やか, ようやく気がついた, 不思議でならなかった, 何とも, 何の, 問題を, 夫人の, 女の, 小林の, 床の, 心の, 思い切って, 挨拶に, 煙に, 生返事を, 真面目な, 眼を, 苦笑した, 飽くまでもそれ, 驚ろいた

1 [459件] あたしにも, あたしの, あたしより, あたしを, あてっ, ありがたがった, いかにも平気, いきなり懐中, いくらでもでたらめ, いったん塞, いったん巻き収めた, いつでも, いつの間にかまた, いつもの, いよいよ迷, おおよその, かえって好い, かえって好奇心, かえって意味, かえって自尊心, けっしてこの, こう受け合った, こう評する, ここへ, このでたらめ, この二人づれのために, この問答, この変, この子供, この時不思議, この時床, この時急, この機嫌, この言葉, この返事, これだけ, ごまかして, さらに驚ろか, ざぶんと音を, しばらくの, しばらく間, しばらく黙っ, すぐごまかした, すぐそれ, すぐ付け加えた, すぐ口, すぐ灰皿, すぐ確かめ, すぐ立ち上った, すぐ第, すぐ自分, すぐ訊きたくなった, すぐ話, そう云い, そこから, そこで, その上半部, その予期, その意味, その時, その時着物, その朝看護婦, その点, その男, その退き, それぎり会話を, それぎり勾配の, それでももう少し, それでも彼, それでも構わず, それなり手術台, それまでに, そんなに変ったでしょう, たかがこれしき, たしかに優者, ただ, ただおとなしく, ただそれ, ただぼんやり, ただ首肯い, だれが, だんだん辛防, ちょっとふり向いた, ちょっと向う, ちょっと居住居, ちょっと聞い, ちょっと苦笑, つい, ついその後, ついに教えられなけれ, てんから相手, とうとうそこ, とうとう口, とうとう折り返し, とうとう敗北, とうとう自分, とうとう降参, とても敵, とにかく三吉, どうしてもこの, どうする, なおしばらく, なお不愉快, なぜだ, なるほどと, にやにやと, にわかにその, にわかに息塞, はたして平気, はたして驚ろ, はっきりした, はっきり疑っ, はっと思った, ひそかに, ふと気がついた, ふと真面目, ふと眼, ぶっきら棒, ぶらぶら河縁, ほとんどこう云いたくなった, ほとんど取り合わなかった, ほとんど眼前, ほぼ小林, まさかお, まさに居常, ますます厭, ますます声, また, またかと, またこの, またはっと, また予想外, また充分, また彼女, また思いがけない, また思いのほか, また改めて, また焦らされる, また行きつまった, また訊いた, また躊躇, また辛防, また顔, また驚ろ, また黙らせられた, まだ答えなかった, みんなの, むしろごまかされる, むしろ冷静, むしろ叔母, むしろ苦し, むしろ落ちつい, もう少し黙っ, もし懐中, やがて立ち上った, やはり何, やはり元, やむなく考えさせられた, やむをえず慰藉, やむをえず訊いた, やや重い, やりきれないという, ようやくお, ようやく口, ようやく夫人, ようやく安心, ようやく度胸, ようやく手, ようやく手術台, ようやく気がつい, ようやく立ち上った, ようやく茶の間, ようやく行く, ようやく頭, よく眠れなかった, わが門前, わざとそっぽ, わざと口, わざと時計, わざと笑っ, わざと議論, わたくしの, 一人で, 一人の, 一人俥を, 一刀で, 一同を, 一方から, 一気に洋盃, 一種の, 一種嶮しい, 一足彼女から, 万事わが, 上から, 下へ, 不思議がらざる, 不思議そうに, 二カ月以上手を, 二人の, 二階から, 交ぜ返し半分, 今日まで, 他から, 何だか不快, 何と, 何とか云わなけれ, 何とか返事, 何と答えよう, 何にも, 何気なく答えた, 例の, 依然として立っ, 俯向加減に, 偶然好い, 優に自分, 元の, 兄だけに, 先刻の, 全然本当, 全部を, 再び大きな, 再び訊いた, 再度の, 冷淡に, 冷笑し, 出立前もう, 別にこれ, 助かった, 半ば逡巡し, 厭な, 叔母に, 叔母の, 叔父の, 取り合, 取り合わなかった, 口で, 口の, 口を, 叱るよう, 吃驚した, 吉川と, 吉川の, 吉川よりも, 同じ気分, 否応なしに彼, 否応なしに明日, 呆れた, 呆気に, 呼び付けられて, 固く夫人, 型の, 塞えた, 変な, 外部から, 多少の, 天井を, 夫人に, 夫人を, 失敗った, 失望した, 女に, 女に関して, 妙な, 始めて階上, 始終受身, 宅の, 実の, 客間に, 室の, 封筒の, 封筒を, 小切手を, 小林に, 小林を, 小首を, 少くとも, 少しおかしく, 少し口, 少し忌々し, 少し悪い, 少し痛かっ, 少し真剣, 少し驚ろ, 居据, 嵩ばっ, 席に, 帰った, 帽子と, 平生から, 彼から, 彼に, 彼の, 彼を, 彼女から, 後れた時間, 後を, 後をも, 得たり, 得心の, 微笑し, 必ず積極的, 必要の, 思い出した, 思わずおや, 思わず云った, 思わず去年, 思わず吹き出した, 思わず失笑, 思わず彼女, 思わず眉, 思わず笑い出し, 思わず腹の中, 恐ろしいよう, 恐ろしそう, 悟った, 愛国平民主義が, 感じなかった, 懐へ, 我ながら, 我知らずこの, 我知らずとんでもない, 手も, 手紙の, 手紙を, 投げ出した, 拒めるだけ, 振り向かないで, 揶揄い, 改めて静か, 断乎たる, 既定された, 早く退却, 昂然として, 明日の, 是非その後を, 時々自分, 時間の, 時間を, 暗にそれ, 暗闇の, 書物に, 最初から, 最後の, 服装に, 栗原に, 格子の, 案外な, 極端な, 構わず二階, 機会を, 欠伸を, 次の, 正面に, 歯磨粉で, 比較的込み合わない, 気を, 水盤に, 注意しない, 洗濯屋の, 洗面所へ, 清子の, 潜り戸の, 澄まして, 無言の, 独りごとの, 玄関を, 疑った, 疲れた人, 病院へ, 的が, 目ざとく馬車, 看護婦の, 真とも, 知らなかった, 礼を, 福岡の, 私の, 空っ惚け, 空っ惚ける, 突然こう云っ, 突然ぞっとし, 突然拳, 突然籠, 突然衝撃, 立って, 立とうと, 立上りながら, 立派な, 竪横に, 笑いだした, 笑いながら, 素知らぬ風, 細君の, 紳士でない, 縁側に, 縁側へ, 縁鼻から, 纏まらない事, 老人の, 考えが, 考えざるを, 考えた, 腕を, 腕時計を, 腹の, 自分で, 自分に, 自身も, 苦笑し, 苦笑する, 苦笑せざる, 蒼蠅くもあり, 蒼蠅そうに, 薄い小型, 薄笑いを, 表向どうしても, 袂から, 袖を, 袴を, 言葉少なに, 話を, 賢こく, 車夫から, 軽い返事, 軽く, 軽く砂, 軽蔑に, 近来自身が, 返事が, 迷宮に, 追窮も, 退避いだ, 送別会という, 逃れるよう, 逆らわなかった, 途中で, 連れて, 遠くから, 重ねて, 鉱毒事件の, 長椅子の, 陰晴定めなき, 隣席の, 雨の, 面と, 面倒臭そう, 面喰った, 面白くなかった, 頭を, 顔も, 馬車の, 馬鹿とも, 馬鹿らしいという, 馬鹿を, 馬鹿馬鹿しくなった, 驚ろい, 驚ろかされた, 黙った, 鼻の

▼ 津田~ (330, 18.2%)

13 顔を 11 頭に 10 前に 8 ために, 眼に 6 耳に 5 頭には 4 方を, 頭の 3 上に, 前で, 手に, 様子を, 父から, 胸に, 言葉を

2 [27件] いる時, 事よ, 事を, 前へ, 問を, 声を, 姿が, 後に, 心が, 心には, 心は, 心を, 愛を, 方へ, 枕元へ, 父と, 眼には, 眼は, 眼を, 知って, 胸には, 胸を, 言葉に, 言葉には, 言葉は, 足は, 辻の

1 [186件] いう通り, いない時, この場合, この態度, ためです, どこか, まだ見知らない, 上から, 不在から, 不審を, 両名, 並木で, 予期とは, 事なんか, 二名という, 云い方, 会社へ, 依頼を, 保証を, 傍に, 備えは, 別荘へ, 別荘を, 反応は, 口から, 口の, 名前を, 向こう脛, 咽喉から, 問に, 声は, 好奇心は, 妹が, 妹です, 妹の, 妹へは, 妹婿の, 妻として, 姿も, 存在に, 宅から, 宅と, 宅へ, 宅まで, 家に, 寝て, 少し吃驚, 局部で, 席からは, 平和は, 店を, 弱点を, 影が, 影像が, 影像だけ, 待ち受けた吉川夫人, 後ろへ, 後二人づれの, 心に, 心事を, 心理状態を, 心臓には, 思い通りに, 想像で, 想像は, 意味を, 意志が, 愛でも, 愛に, 感じを, 態度も, 懸念した, 所へ, 所へは, 手は, 手前が, 手紙が, 手紙を, 持って, 挨拶に, 挨拶は, 推測は, 提議に, 方から, 方で, 方角から, 明る朝眼, 時々使う, 時は, 暗に予期, 書斎の, 机の, 枕元に, 案内で, 機鋒を, 次の, 毒気を, 注意で, 注意を, 浜の, 浜へ, 浴槽の, 消息を, 清子に対する, 父の, 父は, 父を, 父母と, 片づけかた, 猪口へ, 玄関に, 疑問と, 病気について, 病気を, 癇癪は, 目指して, 眸に, 眼から, 眼が, 瞳に, 瞼に, 瞼は, 知らない間, 窮を, 答えるところ, 答は, 細君の, 耳は, 耳へは, 耳へも, 聞きたくないもの, 肩を, 背後に, 胸は, 腑に, 腹には, 腹の, 膳には, 膳の, 舌には, 蒙った重大, 表情が, 裸体姿を, 見た事, 見逃すところ, 視覚を, 観察した, 観察でも, 観察に, 言葉から, 言葉つきなり, 言葉と共に, 訊こうと, 話を, 誠実を, 諸君で, 財力には, 質問が, 質問に, 足を, 身体を, 車夫に, 辛防しなけれ, 返事も, 返事を, 迷惑は, 追分, 過去に, 部屋は, 間に, 間には, 降りた舗床, 隙間を, 面倒を, 面影が, 頭は, 顔が, 顔に, 顔には, 顔へ, 顔色を, 風貌を, 驚ろき, 高慢も, 鼻の, 鼻を

▼ 津田~ (114, 6.3%)

10 の絵 9 の画 2 に軽蔑, のこの, の日本画, はこの

1 [87件] から貰う, がああ, がこう, がそこ, がちっとも, がもし, が三十匁, が今日, が促, が出過ぎた, が南画, が命じた, が変った, が躍起, であった, といえ, とともに被害地, とはどんな, と二人, と余, と同じ, なんか出しゃばっ, に, にはあれ, にはそんな, には私, にばかり軽蔑, にも説明, に及ぼした, に対する失言, に恨まれる, に接した, に聞い, に言いました, に逢った, の, のある, の下宿, の主張, の事, の人, の人格, の例えば, の僕, の出発点, の図案帖, の容子, の寡黙, の小品, の手紙, の玄関, の眼, の言葉, の説明, の隠れた, の頭脳, の顔, はいかに, はいよいよ, はかつて, はこんな, はすこぶる, はそういう, はまだ, はもう少し, は下宿人, は今年, は何, は先刻, は先達て, は再び, は別に, は外部, は大変, は幽霊, は心理学的, は教育, は既に, は突然, は立派, は近頃だいぶ, も可愛, も瀬川君, も話, やな, を御, を手のうち

▼ 津田~ (79, 4.4%)

3 それを, 自分の 2 お延, こう云いかけた, どうした

1 [67件] あたしの, いかにも退屈そう, いないので, いまだかつて彼女, いると, こう云っ, こんな感想, すぐ継子, そういっ, そこを, その小路, その用心, たとい遠廻し, だいぶ変っ, どうかし, なぜかと, また一, まだ何とも答えない, まだ自分, ようやく云い出した, 一定の, 不意に, 云い出した, 人情一点張で, 今買った, 入り次に, 取り出して, 口を, 吉川夫人の, 呆ん, 困る, 大事な, 妹として, 室に, 小林から, 小林に, 小林に対して, 彼女に対して, 御厄介, 手術だの, 手術の, 手術台の, 数回被害地を, 最初に, 注意した, 火鉢の, 病気でなかったら, 病院へ, 真面目くさって, 神経を, 竹葉へは, 腰を, 自分と, 自分を, 見るとも, 言葉を, 訊いても, 語つた, 貰って, 賛成した, 軍勢を, 軽く会釈, 農商務大臣の, 進んで, 面会した, 響の, 飽くまで自分

▼ 津田~ (68, 3.7%)

6 見た 2 好いて, 自分の, 見て, 顧みた

1 [54件] そこに, たずねて, どのくらい, なお失笑, はっと思わせた, はっと驚ろか, ふり返った, やりこめた後, やり込めるため, 一層不安, 下した, 代表し, 促が, 前に, 厭がらせる, 取扱かっ, 呼びに, 変な, 嫌って, 差し置いて, 引張ろうと, 弱らせた, 愛し得るの, 手の, 抑えたと, 押さなかった, 擒に, 擽った, 放り出した現金, 毫も容赦, 疑ぐっている彼女, 疑って, 眺めた, 知って, 突き破ろうと, 窮地から, 笑い声と共に, 笑わせた, 精一杯愛し得る, 羨やましがらせる, 苦笑させた, 見ずに, 見た眼, 見やった, 見出した彼女, 話の, 認めたの, 責めた, 追い出されたら少し, 追い出すだけの, 釣り寄せた, 階下に, 驚ろかせた, 驚ろかせる

▼ 津田~ (65, 3.6%)

6 云った 2 お辞儀を, 云わせると, 愛されて, 訊いた, 調戯った

1 [49件] おく気兼, かけた, これだけの, した, ずいぶん鋭, よく呑み込め, 一寸の, 与えるに, 云わせれば, 会うたんび, 会うの, 会った時, 何でそれ, 何の, 何を, 取次いで, 向った, 向って, 呑み込めた, 喰って, 好意を, 嫁いで, 嫁いでからの, 想像させた, 教わった覚, 正確な, 残って, 浴びせた, 渡した, 満足し, 示した, 示して, 突きつけるよう, 突然であった, 紹介せた, 縁の, 聴こえた, 行く前, 見せたという, 見せて, 見込まれたん, 訊きかけた, 話しかけたお, 認めて, 買って, 走らなければ, 鑑定の, 隠さなければ, 頭を

▼ 津田~ (63, 3.5%)

3 は私 2 に聞く, の言

1 [56件] から聞い, がこんど, がへん, が言われる, だって憂国, であった, では, とは不和, と並ん, と附, など気, に, にせわしなく, にまたたいへん, によって極端, に引張り出されたらしく, のいや, のいわゆる, の上顎, の予言, の写真, の家, の心懐, の心理, の忠告, の所謂外交上, の日本文学, の日本画, の著書, の話, は, はあわて, はいかにも, はいつ, はいまいまし, はしぶしぶ, はちょっと, はひとり, はやはり, は上代, は仏教美術, は其後二子, は口, は大, は大声, は既にいくらか, は言いかけ, は質, もそう, もそんなに, も上機嫌, も共に, よりも私, を嘲笑, を推した, を蹴っ

▼ 津田さん~ (61, 3.4%)

3 のところ 2 は笑っ

1 [56件] おめでとう, お花見, お電話, からちょっと, からの紹介状, から聞きました, から鳥, が日本, が玄関, が画帖, が答辞, が遊び, くらいになる, だってそんなに, でいらつ, というの, とこの, と二人, にどうか, には困ります, に紹介状, に見, のお家, のこんな, の奥さん, の紹介状, の荒町, の言, の言う, の説, は, はあれ, はあんな, はどう, は何だか, は余所眼, は初め, は嘗て, は在宅, は奇声, は急, は或, は斎藤市蔵氏, は溜息, は眼, は私, は苦笑, は長崎, は首, もちょっと, も四年前, も笑い, も紹介状, も非常, を訪れた, を訪問

▼ 津田には~ (49, 2.7%)

3 その意味 2 この質問

1 [44件] あまりに不意, いかにも気, いっこう解せなかった, いっこう通じなかった, お延, ここが, ことごとく問題, この浴槽, この誤解, この返事, すべてが, そういう自覚, そうとしか, そう思われた, そのみんな, その変, それが, たしかに夢, たしかに大き, どうだ, またそういう, またその, まだ尽し, まだ常識, もうごまかす, もう反抗, よく解った, リチネの, 何が, 別にどうしよう, 勝さんの, 固より, 変に, 夫人の, 彼の, 彼女の, 想像が, 滅多にない, 癪だった, 目前の, 相手の, 見当が, 解らなかった, 重大な

▼ 津田~ (40, 2.2%)

6 いっしょに 3 お延 2 同じよう, 彼女の, 自分とを, 自分の

1 [23件] いえども, お秀, それに, 二人で, 別れ谷, 吉川夫人とは, 同じ程度, 名の, 小林とが, 差向いの, 彼女との, 打ち合せを, 浅草へ, 父との, 真事だけ, 細君の, 自分と, 自分との, 自分を, 衝突した, 違って, 高橋が, 黙契を

▼ 津田から~ (21, 1.2%)

2 何にも, 愛されて, 見たお, 見ると

1 [13件] お延, その話, 云えば, 出立しよう, 受けた訪問, 可愛がられまた, 待ち受けるよう, 注意される, 精一杯愛され得る, 見たある, 詳しいありのまま, 誘われないでも, 頼まれて

▼ 津田~ (19, 1.0%)

1 [19件] あの黒子, いなくなるし, しだいしだいに, また傍, 一度に, 前身は, 半分は, 大した違存, 小林も, 微笑した, 折々は, 榎本の, 残念だ, 気の毒に, 無理を, 独り室内に, 笑い返した, 訊かなかった, 負けずに

▼ 津田~ (16, 0.9%)

1 [16件] が加わっ, が惚れ込み, が超然, が飛行機, と道庵, の満足, の発明室, の私設工場, の製作所, はどう, はどこ, は父祖伝来, は金助, もあいた, も相当, も舌

▼ 津田にも~ (10, 0.6%)

1 ちっとも解らなかった, ほぼ見当, まるで別人, もうゆっくりする, よく呑み込めた, よく解らなかった, 分らなかった, 大よそ, 容易に, 解らなかったその

▼ 津田~ (10, 0.6%)

1 だの矢野二郎, である, といえ, とも衝突, と云, の指図, は一子次郎, は前日, も松村介石, 単税太郎事米人ガルスト

▼ 津田先生~ (10, 0.6%)

21 から教, ですか, に質し, の教, の記念會堂, の記念會堂建設資金, の訳, は学名

▼ 津田青楓氏~ (10, 0.6%)

2 か何, が何 1 が画室, にその, の特別出品, は, は三人, を師友

▼ 津田にとって~ (9, 0.5%)

1 それほど容易い, たしかに一種, 一種の, 全くの, 全く新, 多少の, 奇異な, 嬉しい事実, 無意味な

▼ 津田という~ (6, 0.3%)

1 のが, ものは, 名前を, 対象を, 小児科の, 理想的な

▼ 津田よりも~ (6, 0.3%)

1 ずっと派出好き, むしろ嫂, 何層倍か, 早く切れた, 生きた鶏, 確な

▼ 津田左右吉氏~ (6, 0.3%)

2 による, の意見 1 の, は

▼ 津田繁二さん~ (6, 0.3%)

1 に問, の許, は, はわたくし, は徳, を煩

▼ 津田青楓~ (6, 0.3%)

2 の諸氏 1 が私, に訊い, の会, の六十一歳

▼ 津田~ (5, 0.3%)

1 微笑みかけた, 来る時, 片づくや, 行ってから, 電話の

▼ 津田洋造~ (5, 0.3%)

2 は考えた 1 はその, は一人, は花柳

▼ 津田真道先生~ (5, 0.3%)

21 がオランダ, が政表学, はこれ

▼ 津田との~ (4, 0.2%)

1 場合は, 消息を, 間柄は, 関係上今では

▼ 津田~ (4, 0.2%)

1 三吉を, 松村が, 松村の, 高橋の

▼ 津田玄蕃~ (4, 0.2%)

1 が急ぎ, というお, という人, に伊久

▼ 津田白亭~ (4, 0.2%)

1 が半歳, と川口不二, にまだ, は自分

▼ 津田英学塾~ (4, 0.2%)

1 にしろ, に通っ, を卒業, を設立

▼ 津田に対して~ (3, 0.2%)

1 気の毒という, 清子の, 現に不安

▼ 津田三蔵~ (3, 0.2%)

1 なる者, は重く, や李鴻章

▼ 津田栄吉~ (3, 0.2%)

1 であると, でしょうか, と各々

▼ 津田青楓さん~ (3, 0.2%)

1 から或, に御, の門人

▼ 津田では~ (2, 0.1%)

1 承知な, 無論なかっ

▼ 津田といふ~ (2, 0.1%)

1 人の, 篤志な

▼ 津田に対する~ (2, 0.1%)

1 考えは, 自分のと

▼ 津田仙高橋秀臣~ (2, 0.1%)

1 の一行, の諸君

▼ 津田信勝~ (2, 0.1%)

1 がまず, のふたり

▼ 津田博士~ (2, 0.1%)

1 がジェネ, ともう

▼ 津田左右吉~ (2, 0.1%)

1 のよう, の天皇制護持

▼ 津田左源太~ (2, 0.1%)

2 などが畏ま

▼ 津田憲治~ (2, 0.1%)

1 とある, とかいう東京

▼ 津田梅子~ (2, 0.1%)

1 が六つ, や後に

▼ 津田真道~ (2, 0.1%)

1 が, やその頃

▼ 津田英學塾~ (2, 0.1%)

1 の寄宿舍, を出る

▼ 津田藤三郎~ (2, 0.1%)

1 ともう, を使い

▼ 津田藤三郎信勝~ (2, 0.1%)

1 のふたり, は織田家

▼ 津田青楓君~ (2, 0.1%)

1 に紹介, の画

▼1* [107件]

津田さえ正直なら, 津田さん電話ですよ, 津田その他に書翰, 津田それから清い, 津田たちの組, 津田といったような, 津田とが一度に, 津田とはまるで違った, 津田と共に聴衆の, 津田ならきっと成効, 津田なんて男, 津田については一言も, 津田にとっての違例な, 津田にとってもそれほど旧い, 津田に対しての冷淡さを, 津田に関するもっと露骨, 津田はつねに疑った, 津田ばかりでなくお, 津田ばかりが鮮明に, 津田へと飛び移った, 津田への来客が, 津田をめぐって跳梁し, 津田ドクトルのお, 津田一人怒る訳, 津田三吉の労働幹部, 津田与三郎は尼ヶ崎, 津田与三郎志水嘉兵衛など三千五百人, 津田与三郎等の陣, 津田二つのもの, 津田仙さんの農業三事, 津田仙三宅雄二郎高木政勝内村鑑三田中弘之等が基督教青年会館, 津田仙山室軍平また島田三郎氏, 津田仙松村介石一木斎太郎山口弾正樽井藤吉稲垣示高橋秀臣それに田中正造, 津田仙氏が同氏主幹, 津田仙氏安藤太郎氏などの禁酒運動, 津田仙等が谷干城, 津田信一だが, 津田信吾はああ, 津田信春村上清国らの二千人, 津田信澄などの一軍, 津田の素質, 津田健村瀬幸子等の名, 津田六左衛門の二人, 津田助左衛門様倉田新十郎様, 津田助左衞門を始め, 津田十郎兵衛という, 津田左衛門預, 津田半三郎を以て京都, 津田君そうだろう, 津田君一日談海防談此島に及, 津田君僕は淋しい, 津田君自身にもおそらく, 津田夫婦の結婚, 津田安井二氏の絵, 津田宗及の許, 津田で来た, 津田へ縁談, 津田富田の二名, 津田左右吉さんが, 津田左右吉塩沢昌貞の諸, 津田左右吉氏等の日本文学史, 津田左右吉氏貴族文学の時代, 津田左右吉穂積和辻如是閑小泉信三阿部賢一末弘杉森笠松本蒸治東畑精一等の諸氏, 津田左馬允が来た, 津田左馬允信勝へむかい, 津田弁吉という頭, 津田式調理法を習得, 津田式飛行機製作所に入浸り, 津田の大池, 津田松村中島高橋の四人, 津田松村楢井一木中島荒井高橋などが早稲田, 津田松村高橋等が発起, 津田某等のいかに, 津田梅子先生じきじきのおしこみだった, 津田梅子女史は九歳, 津田梅子嬢のよう, 津田氏みずからしさいらしく鍋, 津田氏一行が著せ, 津田氏一行九年正月中リマを出立, 津田氏一行出立に臨み, 津田氏一行本邦人十四人有て毎日話し相手, 津田氏等桑港に著せし, 津田清蔵知らないかね, 津田源十郎どの加藤兵庫どの蒲生右兵衛大輔どの, 津田益田横田これまで經, 津田真方著幽霊論の七二頁, 津田真道森有礼等に因り, 津田真道氏をもっ, 津田真道等という顔ぶれ, 津田真道西周加藤弘之箕作麟祥の四先生, 津田矢島の両, 津田石濱などへもよろしく, 津田秀水と共に神楽坂演芸場, 津田翁はじめ諸君にお礼, 津田老人などに自動車, 津田能登服部左門御買物役西池主鈴, 津田芳子さんのこと, 津田英學塾同窓會で津田先生, 津田英語塾の創立者津田梅子女史, 津田藤三郎富田知信の両, 津田近江の世話, 津田雅楽助山岡主計頭前田主水正, 津田青楓等の諸, 津田青楓諸氏の個展, 津田高橋その他十数名の有志, 津田鳳卿の韓非子解詁, 津田黒焼舗と一切黒焼屋