青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「栄~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

染~ 染め~ 柔~ ~柱 柱~ ~柳 柳~ 柴~ 柵~ 柿~
栄~
栄二~ 栗~ 校~ 校長~ 株~ ~根 根~ ~根拠 根拠~ ~根本

「栄~」 2095, 21ppm, 5526位

▼ 栄さん~ (351, 16.8%)

21 のところ 7 の小説 4 の, のこと

2 [26件] から電話, が, がこの, がそんな, でも, と, と二人, なん, にたのん, にわかっ, に貰っ, のうち, のお, のこの, の仕事, の家, の方, の気持, の話, は, はきっと, はさっき, はその, は四国, は妹さん, は私

1 [263件] うなされてるん, おばあちゃん, お栄さん, お達者, かい, かえる, からきい, からはなれない, から帯, から行っ, がああ, があずかる, があなた, がある, があろう, がい, がいる, がお, がお母さん, がお湯, がかえって, がかけ, がきょう上林, がここ, がこんなに, がさっき, がそう, がそこ, がちょっと, がと申した, がどんなに, がもしか, がやっぱり, がゆく, がよく, がよっ, がわたしたち, がモックリモックリ段, が一つ, が一人, が丁度, が上落合, が下駄, が世間, が二十五日, が云う, が人々, が仕上げた, が仕事, が会っ, が体, が俄, が偶然, が又, が婦人作家, が小説, が帰っ, が広業, が新村出, が春, が来, が櫛田ふきさん, が珍し, が綿文, が編ん, が職人, が誰, が迎, が近所, が面白い, が髪, が鷺, しかない, じゃありません, たったひと言, たらどんな, だから, だけじゃあない, だの稲子, だわ, って云っ, ていう名, てどんな, でっしゃろ, でわかる, で皆さん, というひさ, という名, という娘, という子, といふの, とが来, とが迎え, とした, とでも会う, とどっか, との仕事, とやっ, とゆく, とりまぜ四人, とカバンつめ, と三人, と云え, と仰し, と信州, と共同, と合計三十何貫, と喋る, と囁き, と外苑, と大いに, と山, と御, と新, と歩い, と相談, と立っ, と繁治さんケンカ, と話し, と話しました, と風, と鶴さん, などとの互, ならいけないとは, ならうるせえなって, ならすぐ, なら立ちどころに, なんかも生れ, なんて云う, にあし, にお礼, にけが, にさぶちゃ, にはいちばん, にはたった, には伝記者, には急, には逆立ち, に会う, に会った, に助け, に取次いだ, に口述, に来, に毎日世話, に泣きつい, に相談, に眼医者, に読める, に送る, のおくり, のお世話, のお年玉, のかく, のこと怒り, のこんど, のため, のはそう, のはたらき, のまわり, のもの, のよう, のカリエス, のソプラノ, の人となり, の会, の作家, の全, の十五年記念, の可愛い赤い, の呉れた, の妹, の妹さん, の妹母子, の室, の家族, の寝る, の小説勉強, の庭, の心持, の怒り, の書いた, の気, の温く明るく, の物語, の知恵, の編ん, の罪, の自慢ばなし, の良人, の良人達, の芥川賞候補, の負けず嫌い, の電話, の面倒, の顔, の顔つき, はいま, はおそらく, はきのう午前, はこの, はすっかり, はそういう, はただ, はちっとも, はどこ, はもと, はもとより, はよくそう, はわかっ, は一つ, は下駄, は了輔, は云うでしょ, は人, は兄, は妹母子, は嫌い, は御, は息抜き, は愛用者, は早々, は本, は楽, は気, は私たち, は移動劇団, は自分, は芳古堂, は若い, は苦労, は褒められる, は身投げ, は頭, は鳥, への手紙, までいる, もう大分あみもの, もおせんさん夫婦, もこれから, もすこし, もちょいちょい, も云った, も在る, も百枚以上, も近い, やいねちゃん, や何, や徳さん, や稲ちゃん, よして, よほか, よりゃ才さん, を一人, を信じてる, を加え, を督励, を送っ, 単衣一枚, 名づけて, 御愛用, 手つだいやら, 送って

▼ 栄~ (251, 12.0%)

89 丞は 32 丞の 26 丞も 20 丞が 18 丞を 9 丞に 4 丞さん 3 丞には, 丞住居の 2 丞さんは, 丞と, 丞という

1 [41件] が浮世絵, のよう, の一枚絵, の描いた, の淡い, の画く, の絵, 丞, 丞か, 丞から, 丞さんお, 丞さんじゃあ, 丞さんに, 丞さんも, 丞さん八橋は, 丞その, 丞だつた, 丞で, 丞であった, 丞でありました, 丞であろう, 丞でねえ, 丞としては, 丞どの分つ, 丞にも, 丞はう, 丞はと, 丞ばかり, 丞ひとりに, 丞よりも, 丞住居において, 丞兄妹に, 丞先づその, 丞宅の, 尾の, 尾温泉から, 承は, 歌麿豊国らと, 画幅, 豊国の, 豊国ら近世浮世絵の

▼ 栄~ (195, 9.3%)

19 の顔 9 の眼 7 に酌 6 の言葉 4 が云った, とさぶ, に囁いた, のほう, の膝 3 に渡した, に眼

2 [15件] とさぶと, にはその, にはなん, に云った, のこと, のため, のところ, の主張, の前, の問い, の肩, の胸, の表情, の躯, 入って

1 [98件] からはなれよう, が云い返した, が駆け寄った, じゃあねえお, だという, だぬすっと, ってもんだ, とおすえ, とおすえと, とほぼ, と並ん, と向き合っ, と机, と繩, にいち, にきいた, にくっ, にしがみつき, にせめて, にそう, にだけ特に, にならっ, にはそこ, にはそれ, にはひどく寒, にはぼんやり, にはよく, には構わず, には理解, には腑, には近, にも頬, に云われた, に付きっきり, に同情, に向っ, に呼びかけた, に困った, に心配, に手招き, に抱きついた, に挑みかかった, に挨拶, に気づかれない, に示し, に組み伏せられた, に預かっ, に頷い, に頼ん, のあと, のいる, のする, のぬい, のほか, のまわり, のゆくえ, のようす, の上, の下, の云う, の人柄, の側, の動作, の右側, の向う, の問いかけ, の声, の太腿, の姿, の左, の後, の手, の手助け, の横顔, の申したて, の眼つき, の着物, の耳, の衣類, の衿, の袖, の頑固, の頬, の頸, の頼り, の顔色, はこぶの巨躯, はこぶの肩, もすぐ, もでかけた, も力づける, も勘づい, も思う, も押され, も軒先, も返辞, を放り出す, 出て

▼ 栄~ (128, 6.1%)

5 得て 3 たまわりたし 2 なし此隣国出羽, 先陣に, 得た, 得ば, 得む

1 [110件] あるいは無能, うけて, うけるであろうという, うしなって, おぼえて, ききに, きわめてきた, ご辞退, さらに家臣, たまわった以上, たまわらんこと, つれて, もって, 予想し, 争う醜悪, 享け, 享受し, 傍に, 入れなかった, 刺した神近市子氏, 受く, 呼びつけて, 呼びとめた, 喜んだしろき, 増して, 失ふ下, 好まないで, 好み強悪, 孕んだ明るい, 尽して, 干め, 度々得た, 得せしめ今一歩, 得その, 得たいくらいの, 得たいと, 得たいもん, 得たく懇請, 得たこと, 得たとの, 得たの, 得たもの, 得たり, 得たるは, 得たるもの, 得たるを, 得た場所, 得ましたこと, 得ましたもの, 得ようか, 得ようという, 得られましたから, 得るという, 得る意, 得んと, 得ん事, 得候時万, 得名山, 得度右および, 惜しみ文官, 手に, 批評する, 担ふ, 振向くと, 放して, 有する, 案じながら, 極めた家, 欲しがっ, 殺したの, 殺した軍人ども, 殺し中岡艮一, 汚すのみに, 現わさん為, 琴に, 留守の, 知ること, 示して, 祝った, 競う, 競ったもの, 肩身狭く, 荷う, 荷つてゐた, 蒙つたの, 虐殺した, 見せます, 見せる, 見せるの, 見て, 見ないで, 見る, 見るため, 見るに, 見る土芥, 見る時, 見ん, 訪ねて, 許されたこと, 誇と, 賜りたいと, 賜り四日, 賜わりたく候, 辞しまつらざりしは, 追ひ, 送りに, 顕わし玉え, 願ふ, 飾り夢幻泡沫, 高くかかげ

▼ 栄~ (99, 4.7%)

2 しない無名, 名が, 妹である, 妹を, 本を, 言葉を, 讃歌である, 軍を

1 [83件] あるお, いる室, きはみ枯衰, ことと, さかりは, さまか, しない人間, する腕, せぬ過去, ため大切な, ところで, ところへ, ない古, ひろや, ほうが, よく寝入っ, 一番手三百三十余人が, 一部隊が, 三氏は, 中で, 事で, 二組も, 人物だった, 位地に, 倉庫には, 光に, 光輝その, 兵だった, 兵は, 叙任も, 口書きまで, 古い訳, 地に, 場合は, 塾に, 外に, 如何に, 如何は, 妻であった, 嫁する, 実子信美に, 家の, 家は, 少女時代, 工夫を, 巷へでも, 手で, 手勢が, 放った二つ, 斉王陳余の, 新手であった, 新著, 方は, 方へ, 方法を, 時代に, 暑き日, 有る二人, 槍も, 泣くの, 派手な, 熱演主義は, 獄中記と, 王者, 甥である, 眼には, 程度も, 精鋭だった, 美しいに, 耳にも, 臈た, 衒ひ, 見事さを, 言に, 訳したクロポトキン, 詛は, 論文の, 述懐で, 遺児だった, 門人と, 限を, 靄たちこむる, 面に

▼ 栄ちゃん~ (84, 4.0%)

3 が出, のこと 2 とさぶ

1 [76件] から預かった, があっ, があの, がい, がお, がおら, がそう, が死ね, が芳古堂, が跛, が追っかけ, が酔いつぶれてた, が頼り, じゃない, ただどうか, だけが頼り, だけの腕, だな, だわと, ていう人, というの, という娘, と同じ, と約束, どういうわけ, どうした, など相, なんかには勿体ない, なんて名, に, にいわれた, にここ, にちょっと, にとんでも, にも誰, に云われ, に娘さん, に心配, に死なれたら, に話, に面倒, ねあたし, のようす, の云う, の前, の厄介者, の役に立つ, の方, の気, の眼, の着物, は, はいい, はいつか, はおら, はおれ, はがまん, はここ, はそれ, はもう, はやめました, は忘れてる, は昔, は来, は長兄, は雨, まだねんねえの, もうすぐだ, もう此, もその, もちょうど, も一つ, も行きたけれ, らしくも, をここ, を好き

▼ 栄~ (75, 3.6%)

2 それを, 姉の

1 [71件] あきらめない, いつだろう, かれよりも, さらにすばらしい, ずっとしぼん, そのため朝憲紊乱, その頼朝, そんなこと, ちょっとした男, ついにここ, どうした, まだ夢, もう興哥, もとより大いに不満, チュウリップの, ワルツ以上に, 上泉信綱の, 今から, 今まで, 仏壇の, 何ともいえない, 兎も, 勧修寺家の, 勿論小さな, 十六年度の, 去年の, 古い簾, 吾妻橋の, 味方の, 堅く袖, 夢を, 大体変らない, 大層お, 大音, 姉から, 姉を, 子供の, 小柳生, 年を, 広い舞台, 庭の, 張飛に, 彼の, 御弾き, 御覧の, 日本一の, 旧主に, 板縁へ, 楼梯の, 槍を, 気を, 流許, 物静かな, 甘粕といふ, 相国の, 第二, 箒を, 耳を, 自信満々大きな, 自分の, 興哥を, 草花の, 起つて, 追いかけた, 逃げる一騎, 都踊りへ, 長い廊下, 静かに, 飛び起きて, 馬を, 鳥取の

▼ 栄~ (62, 3.0%)

2 ない, 故郷の

1 [58件] あつて, ありますね, ある, あるでは, ある折, いいか, いたします, この二三日, しきり, して, しないから, しないよう, しました, する, するが, するもん, するよう, そこへ, その妻伊藤野枝, ないの, まだ自分, やさしく慰撫め, よかった, よく尺八, よろしくない, ボル派の, ロマン, 一人おとなしく, 云った, 云った尺八, 京都に, 促すと, 入って, 奥の, 好きな, 官梅を, 寝返ッ, 尻ッ尾を, 悍馬の, 悪かつ, 晩年の, 村原婦人と, 槍を, 現われて, 畠山義就に, 眼を, 立ち上った, 端折を, 笑いながら, 答へ, 自身で, 落選に, 言ったわれら, 言つた, 言葉を, 電話で, 頼んだ, 高平の

▼ 栄~ (44, 2.1%)

4 浴した 2 別れて, 浴しました, 調和する

1 [34件] こう告げた, すっかり上機嫌, ついたの, のぼった部将, よる, わからない御, 会いこんな, 会う日, 似たらずや, 入らしめたるなり, 入る, 到っては, 好意を, 学校へは, 就いては, 忽ち一部, 挨拶した, 接したの, 殿も, 浴された, 浴されるなら, 浴し, 浴したる五十三歳, 浴するだけでも, 浴する前例, 浴する都合, 異なり, 聞いたり, 至っては, 蛇奔る, 言つて聞かせ, 話して, 話し聞かせて, 酔は

▼ 栄~ (37, 1.8%)

32 するに

1 [32件] お桃, したわけ, しない見識, するところ, する世, つきあいの, なりもう, むすばれて, 一緒に, 九州劇場, 云う老妓, 云って, 云ひし, 伊藤野枝が, 伊藤野枝とが, 倅の, 名のっ, 妹の, 妹を, 妻の, 安寧とを, 寝て, 尊きとを, 幾太郎の, 懇意に, 来る船中ダンス, 為るに, 申して, 言うん, 言ひ, 誉れあれ, 重吉と

▼ 栄輔君~ (30, 1.4%)

3 の上さん, の家 2 の父親

1 [22件] が一番平凡, が東京, だつて, とに案内, にもち, に言, に訊いた, に誘はれ, の家産, の自由, の許, は一日拠, は今, は其処, は地道, は崖, は生憎, は立留つて, は笑つた, は途中, もやがて, をその

▼ 栄ゆる~ (27, 1.3%)

2 時に

1 [25件] がそう, が如く, ことを, ところが, に至れり, のであります, はここ, ものなら, ものなる, も虚空, アルジェリア, 兆じゃ, 八月, 処女の, 印なりけり, 名であり, 天日は, 年は, 慈善を, 日の, 盛大の, 者ある, 葉も, 限りかかる, 頃晩秋の

▼ 栄~ (27, 1.3%)

2 に就いた

1 [25件] である枢密院, にありました, につかれ, につく, につけ, につける, にのぼり, の名, は擲たない, をたまわり, をもっ, を剥奪, を却, を奉じ, を捨て, を授け, を擲った, を擲つ, を擲つべきだろう, を涜, を荷, を譲らせ, を負う, を辞さね, を邪魔みたい

▼ 栄~ (25, 1.2%)

1 [25件] ある事, しない服装, すこし眼, その側, へったくれも, まだ寝, まだ御覧, 下手人でない, 不慮の, 今は, 側へ, 傍に, 出入りし, 国家の, 姉の, 子供の, 惨たる, 横から, 目立つて, 笑つた, 致しません, 負けては, 道の, 酷くガツカリ, 驚いたの

▼ 栄三郎~ (24, 1.1%)

2 へ, へ渡し

1 [20件] からお, からきれい, から三行半, から奪う, から離縁状, ではない, ではなく, のおすまい, の前, の前額, の面上, へかかろう, への彼女, への手切れ, へは掛合い, へ届け, へ投げ, へ送っ, まで死んでしまつた, をな

▼ 栄~ (23, 1.1%)

1 [23件] か源氏, がほしく, が彼, が欲しい, というシーン, に妄執, に幕うち, に汲々, のステージ, の中, の勃興期, の夢, の大樹, の巣, の巷, の時代, の殻, の毒, は夢, めかした似非幸福, もつかのま, も俗世, も権勢

▼ 栄~ (19, 0.9%)

2 の宿屋はん

1 [17件] と大津町, に世帯, に於きまし, のキャバレー, の三八さま, の世帯, の交番, の変, の宅, の家, の熊谷回漕店, の角, へ参りましたら, へ帰っ, へ裏店同様, をあるく, 迄行つて

▼ 栄ある~ (18, 0.9%)

2 ものに

1 [16件] ものであろう, ドイツ, 一生を, 働を, 凱陣の, 基督の, 天堂を, 帝国の, 心地す, 慈悲の, 拳法先生の, 誕生日の, 身の, 金色の, 颯爽と, 飾として

▼ 栄~ (17, 0.8%)

2 が知った

1 [15件] から私, に感じさせた, に視線, の育った, は後年福次郎, は自分, は見た, をにらみつけた, を待ち合わせ, を拒否, を立たせ, を紹介, を見おろした, を見習いなさい, を訪ね

▼ 栄五郎~ (16, 0.8%)

1 [16件] が作った, が少し, が朝酒, だけにはあい, とやらはいくつ, にやった, のいう, のこと, のやつ, の書いた, の目隠し, はトラック, は下絵, は過, もあんまり, も上疏

▼ 栄ちや~ (15, 0.7%)

4

1 [11件] んお, んぢ, んもう, ん何, ん叔父さん, ん奈何だい, ん御免, ん斯, ん栄ちや, ん被入, ん随

▼ 栄~ (15, 0.7%)

2 が歿

1 [13件] が厨下, が庶子苫, が饌, の女, の妻, の子, の褊狭, はこれ, は医, は来, は樸直, は聞えぬ, は蘭軒

▼ 栄という~ (14, 0.7%)

1 [14件] いつか, その子息, のが, のは, のを, ものの, 中国の, 人が, 先代は, 受持ちの, 句が, 変な, 奴, 男が

▼ 栄~ (12, 0.6%)

1 [12件] がある, が学習院, が田端, が百円損, が雑誌, に呈す, に逢, の, のアナーキズム, の令妹靖子嬢, の存在, を訪ねたかつた

▼ 栄~ (8, 0.4%)

1 がゐない, が居ない, が見えません, にほん, の鼻, は本, を探し, 何だこんな

▼ 栄坊ちやん~ (8, 0.4%)

1 が, がそんなに, が今何, が好き, と遊ばん, ならいつ, の大事, は豊ちや

▼ 栄~ (8, 0.4%)

2 の研究 1 が研究, という人, と号, の, の骨折り, 禅師さまの

▼ 栄~ (8, 0.4%)

2 の方, の袂 1 と一の橋, を渡っ, を渡つ, を渡り

▼ 栄から~ (6, 0.3%)

1 折返して, 教わった秘伝, 直かに, 聞いたことば, 聞いたの, 観ると

▼ 栄とは~ (6, 0.3%)

1 いうけれど, 又別, 古い友達, 思われません, 生前親しい, 言へ

▼ 栄には~ (6, 0.3%)

1 その後二度浴しました, まだ判らない, 見事な, 解る, 預れないので, 魔子という

▼ 栄~ (6, 0.3%)

1 とを張る, なぞの話, も無用, を不朽, を後世, ヲ此一挙ニ期シ

▼ 栄~ (6, 0.3%)

1 が後に, が応待, とに詳細, に依, もたしか, や福田徳三氏

▼ 栄坊ちや~ (6, 0.3%)

1 んおいで, んお前, んもどつ, ん何処, ん俺, ん曳

▼ 栄~ (6, 0.3%)

1 が腹痛, で御座ったか, の口中, は一先ず, は小突き始めた, を俊良

▼ 栄~ (6, 0.3%)

1 という大きな, と称する, の倅, の山, もそれ, を再興

▼ 栄~ (6, 0.3%)

1 に世, のため, の夢, をば只, を計ろう, 正に思ひ

▼ 栄~ (6, 0.3%)

1 といふ男, はお蔭, は七日七夜, は払子, は郊外電車, は顔

▼ 栄さん夫妻~ (5, 0.2%)

1 があなた, が来る, に上げる, へのおくり, 相かわらず

▼ 栄ずし~ (5, 0.2%)

2 でひらめ 1 で鯛, へ寄っ, へ寄り

▼ 栄久町~ (5, 0.2%)

1 で同, に一軒, の側, の小学校, の新堀ば

▼ 栄~ (5, 0.2%)

1 がロシア, にいつた, の手, の買った, の返す

▼ 栄さま~ (4, 0.2%)

1 が自分, のお, をひとり, を生命

▼ 栄さんたち~ (4, 0.2%)

1 おそくよく, にも相談, のプレゼント, もお

▼ 栄さん夫婦~ (4, 0.2%)

1 が保田, とたべ, とシネマ, などとどじょう

▼ 栄~ (4, 0.2%)

1 といわなけれ, とほめ, と魂, な

▼ 栄ちゃんと~ (4, 0.2%)

1 仲の, 兄弟の, 孰方が, 私を

▼ 栄~ (4, 0.2%)

1 である, まず眼, 告げた, 矢文を

▼ 栄~ (4, 0.2%)

1 の主人, の主人井杉延太郎さん, は個人, も其一つ

▼ 栄~ (3, 0.1%)

1 て居た, て窓, 椽は

▼ 栄ちやん~ (3, 0.1%)

1 が時々, のところ, までお

▼ 栄では~ (3, 0.1%)

1 ない, ないか, なくて

▼ 栄とか~ (3, 0.1%)

2 栄子とか 1 かちあう名

▼ 栄どん~ (3, 0.1%)

1 だの文どん, である, に遇

▼ 栄~ (3, 0.1%)

3 のだ

▼ 栄ない~ (3, 0.1%)

1 事は, 日々の, 試合だ

▼ 栄~ (3, 0.1%)

1 か, とも草, べき日本国民

▼ 栄~ (3, 0.1%)

1 の母, や豊作, 操るところ

▼ 栄二はさぶと~ (3, 0.1%)

1 並んで, 向い合って, 飲みにでも

▼ 栄~ (3, 0.1%)

1 といふ焼, のやきとり, へ

▼ 栄介たち~ (3, 0.1%)

1 が幼, も招, も草むしり

▼ 栄伊藤野枝~ (3, 0.1%)

1 その甥, といっしょ, の殺害

▼ 栄~ (3, 0.1%)

1 に構はず酒, に汲々, に淡

▼ 栄~ (3, 0.1%)

1 が早く, の言う, をはじめ

▼ 栄~ (3, 0.1%)

1 からひっ込めた, と恋人, に昇った

▼ 栄旅館~ (3, 0.1%)

1 から電話, の路次口, よ

▼ 栄~ (3, 0.1%)

1 について何ら, のイミテーション, を宗と

▼ 栄~ (3, 0.1%)

1 であろうな, というの, としてある

▼ 栄燿栄華~ (3, 0.1%)

1 で暮そう, の夢, を極めました

▼ 栄~ (3, 0.1%)

1 が答え, という知人, の面

▼ 栄輔さん~ (3, 0.1%)

1 が家, が村長, の蓮池

▼ 栄あり~ (2, 0.1%)

1 かくの, とおも

▼ 栄えむ~ (2, 0.1%)

1 ことは, と東

▼ 栄さん宛~ (2, 0.1%)

1 に送っ, の手紙

▼ 栄たち~ (2, 0.1%)

1 が二階, が憲兵

▼ 栄ちゃんおら~ (2, 0.1%)

1 あおめえ, あさぶっ

▼ 栄です~ (2, 0.1%)

1 が, よ

▼ 栄として~ (2, 0.1%)

1 喜びしもの, 誇りしが

▼ 栄どの~ (2, 0.1%)

1 が耄碌, 在院なれ

▼ 栄などが~ (2, 0.1%)

1 あった, そうである

▼ 栄なる~ (2, 0.1%)

1 を謝, 自由に

▼ 栄はん~ (2, 0.1%)

1 のお, の姉妹

▼ 栄への~ (2, 0.1%)

1 ものには, 前に

▼ 栄~ (2, 0.1%)

1 ひとしきりそそぐ, 頭目たちは

▼ 栄ゆい~ (2, 0.1%)

1 ような, 感も

▼ 栄~ (2, 0.1%)

1 か, し何

▼ 栄~ (2, 0.1%)

1 取ルコト也最数回ナリ, 望ミ

▼ 栄久町三筋町等~ (2, 0.1%)

2 に沿

▼ 栄之は~ (2, 0.1%)

2 不夜城の

▼ 栄二の腕~ (2, 0.1%)

1 のぐあいを, を二人

▼ 栄二の足~ (2, 0.1%)

1 に眼, はまだ

▼ 栄五郎ボッチ~ (2, 0.1%)

1 というの, の形容新造語

▼ 栄~ (2, 0.1%)

1 きさ, はどこ

▼ 栄~ (2, 0.1%)

1 の太, の左衛門

▼ 栄博士~ (2, 0.1%)

1 が学校, は昨年

▼ 栄~ (2, 0.1%)

1 をかたじ, を得

▼ 栄坊さん~ (2, 0.1%)

1 こいぢ, は呑気

▼ 栄~ (2, 0.1%)

1 から大石田, へ手

▼ 栄徳氏~ (2, 0.1%)

1 の死, の署名頁

▼ 栄~ (2, 0.1%)

1 とある, を古沼

▼ 栄町通り~ (2, 0.1%)

1 でタキシ, へ買物

▼ 栄~ (2, 0.1%)

1 が剣, をいただいた

▼ 栄~ (2, 0.1%)

2 を被る

▼1* [217件]

あてより抜萃, 栄あらしむること能わず惜, 栄あらしめ順風を, 栄ある死に方の, 栄いきなり立ち上って, 栄いみじい女は, 栄うる者は, 栄これに, 栄か対, 栄さそうとお前さん, 栄さまひとりでどうやら, 栄さんあした上林へ立つ, 栄さんいまになっ, 栄さんお母さんにあげる, 栄さんさち子さん姑嫁の一行, 栄さんたちのには手, 栄さんとうたの文句, 栄さん一人ぼっちっていうの, 栄さん一流の智恵, 栄さん二十日さち子一週間鶴さん無慮一ヵ月以上, 栄さん今日はどう, 栄さん仕事繁治さんコタツのやぐらをはずして, 栄さん僕はそんな, 栄さん午後に行っ, 栄さん夫妻あてのお, 栄さん夫婦徳ちゃん夫婦があつまり, 栄さん夫婦戸塚の夫妻, 栄さん完成して, 栄さん宛のとの中, 栄さん小説を直し, 栄さん帯揚はどう, 栄さん戸塚の夫妻, 栄さん本間さんの細君, 栄さん来月の二日ごろ, 栄さん林町うちは勿論, 栄さん独特の作風, 栄さん百枚以上の小説, 栄さん私とかまえ, 栄さん私ひさ三人で数寄屋橋, 栄さん私井汲さん母子という顔ぶれ, 栄さん稲子さん私三人仲間がもっともっと, 栄さん立話は疲れるだろう, 栄さん竜の話, 栄さん結婚十五年という, 栄さん見事なセロリー, 栄さん雑煮をたべ, 栄した事は, 栄が小さな, 栄すべししからずんば枯亡, 栄すらになった, 栄せぬ序詞を, 栄せんとする, 栄たれ光たれ, 栄だけでございます, 栄だけでも武門冥加ほ, 栄だのひさだ, 栄ちゃんあたしのこと, 栄ちゃんいま帰ったよ, 栄ちゃんお前お嬢さんを呼ん, 栄ちゃんここだよと, 栄ちゃんとうしろでさ, 栄ちゃん一生に一度, 栄ちゃん仙吉に会わせ, 栄ちゃん何もそない堅, 栄ちゃん勘弁して, 栄ちゃん十五のとしの冬, 栄ちゃん吃驚しちゃ, 栄ちゃん此奴の帯, 栄ちゃん罪だよ, 栄無用の, 栄つてゐたの, 栄のへ, 栄アイスクリイムを, 栄であったのである, 栄でさえも十年ばかり, 栄でも無くさぞ, 栄といふ男と, 栄とくやもろし, 栄としてはあまりよろしからず, 栄とともに憲兵に, 栄とに教へる, 栄との間に, 栄なく見ゆる天然, 栄などの本を, 栄ならそれに, 栄なれ幸なれ, 栄について何の, 栄にもわかるよう, 栄に対して両手を, 栄はさも草臥れたらしく, 栄ばかりでございます, 栄へから見ても, 栄へて千代やよろづよ, 栄へよかしと, 栄ほか二名が甘粕大尉, 栄ぼんやり庭をみ, 栄やすから来た, 栄やらお前の, 栄ゆくやうに, 栄ゆさを感ずる, 栄ゆれあ葉も, 栄より書けたという, 栄をめぐって堀保子神近市子伊藤野枝の, 栄主憂ウル時ハ臣辱メラル, 栄エウに暮, 栄ト為サズ下ハ乞児ニ伍シテ辱ト為サズ, 栄ヘシ枝ハ枯レ行クモ全ク枯レ尽ルコトナキ多年生, 栄一家を殺し, 栄一窮一達は総て其行為, 栄三輪寿壮などの諸君, 栄久町新堀端に一戸, 栄事酒巻また同町九, 栄二とけい一幕の一, 栄二とこぶの, 栄二はさぶと二人でやれる, 栄二びいきで小さい, 栄五郎さんを呼びよせ, 栄五郎め内職にこんな, 栄五郎大西屋は本石町, 栄の時代, 栄介らはその, 栄以其善書世亦直, 栄を祝せ, 栄伊馬鵜平八木隆一郎などである, 栄会等なるべし, 栄だの, 栄先生へ入門, 栄て御, 栄劉江の為, 栄劉江等を遣り, 栄劉高の身, 栄の契約, 栄右衛門水夫八五郎総右衛門, 栄名厚利の為, 栄君父子同村大出の松沢元太郎氏, 栄国公を贈られ, 栄国寺前橘町東懸所前, 栄坊お前は泣い, 栄と言い, 栄恋, 栄君この, 栄太ってまして, 栄夫人に感謝, 栄女鉄があつ, 栄如何を批評鑑賞, 栄安成田玄良岡西栄玄私右四人丸山御殿え夜分一人づゝ, 栄安氏とあります, 栄についておる, 栄につづく, 栄宝斎など十軒, 栄に開く, 栄少し十銭時に, 栄屋山左衛門を討った, 栄山本安英その他の婦人芸術家, 栄岩野泡鳴などがあった, 栄ヲ待テ点閲, 栄我々の栄, 栄文壇ヲ席捲ス, 栄新宿に出かけ, 栄早く御飯を, 栄春の類も官員様, 栄是非もなき, 栄に餅, 栄栄三郎かかれッ, 栄桃龍だの, 栄業広である, 栄楽屋大黒屋小林屋井筒屋若葉屋千歳屋など軒, 栄と云つて, 栄死後の寵何, 栄氏らも加わり, 栄氏伊東深水氏伊藤熹朔氏など入院, 栄氏夫人となっ, 栄氏所蔵の, 栄氏来訪宿の前, 栄河県の雪, 栄泉堂へお菓子, 栄熱き紅罌粟の, 栄燿栄華心に任せ, 栄燿贅沢をした, 栄玄私右四人丸山御殿え夜分一人づゝ, 栄町六十三番地にちょっとした, 栄死す, 栄盛組大高組三井物産その他の中, 栄を食み得ましょう, 栄禅定尼と彫られた, 栄福燈の代り, 栄秋扇の嘆, 栄稟達和尚の創始, 栄窪川稲子一田アキなどの友情, 栄立社を通じて多量, 栄竜たちだ, 栄翁如証大居士, 栄聖眷を膺, 栄職争い後宮争い両統の帝位争奪, 栄舜房法印順昭が麾下二十万石, 栄だの栄信, 栄花今の死駅, 栄花時代と義仲, 栄花的謳歌の門, 栄花等にあらはれ, 栄西入宋し天台山, 栄を望む, 栄栄華の, 栄はついに, 栄軒信玄の首, 栄天者亡, 栄の甲賀三郎邸, 栄通一丁目の森岡安太郎さん, 栄を享けた, 栄を祝した, 栄野枝甥宗一を縊, 栄に還る, 栄閣下のおすまいでございます, 栄院尊竜という僧, 栄といい, 栄と豊田駅, 栄黙って立っ