青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「歩い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

武器~ ~武士 武士~ 武家~ 武田~ 武者~ 武蔵~ ~歩 歩~ ~歩い
歩い~
~歩いた 歩いた~ ~歩き 歩き~ ~歩き出した ~歩く 歩く~ 歩み~ ~歯 歯~

「歩い~」 18019, 187ppm, 543位

▼ 歩い~ (17010, 94.4%)

908 行った 905 いた 477 いると 444 いるの 431 行く 425 いる 301 いった 284 行つた 279 ゐた 216 来た 187 いるうち 173 行くと 162 いたの, 行くの 157 ゐる 153 行って 152 いました 145 ゆく 135 ゐると 134 いたが 129 いるよう 126 行きました 120 来て 112 来る 104 いきました 93 いて 91 ゐるの 89 来るの 81 ゆきました 70 ゆくと 68 来たの 66 いても 64 みた 61 ゐるうち 59 いる時 57 いきます 55 いますと 53 きました 52 います, 來た, 居た 51 くるの, 見た 50 きた 47 往った 46 ゆくの 45 来ると 44 ゐるやう 43 行きます 41 いって, いるという, 居る, 行ったが 39 いること, くる 37 いるところ, いるん, 來る 36 行くうち 35 居ると 34 いくの, ゐたの 33 いる人, 行ったの 32 いるとき 30 ゐて 29 いる間, 居るの 28 いるが, ゐたが, 帰った 26 いた時, いつた, きて, みると, 来ました 25 いましたが, いるもの, ゐました, 来たが 24 来た道 23 いたとき, いるので, いる姿, 行くので 22 みたが 21 みても 20 いたので, いる人間, ゐる時, 見ると 19 いく, いる女, きたの, くると, 居りました, 帰って, 行かなければ 18 いたという, いたり, いる者, いれば 17 いきますと, いくと, いたと, おりました 16 いったが, いる自分, 来ながら, 行きながら, 行きますと 15 いる男, みて, ゐても, ゐること, 来たもの, 来た時, 行くこと 14 いる中, みる, 來て, 往って, 行くよう, 行く姿, 行こうと 13 いきましたが, いたん, いながら, いるか, 出て, 行くん, 見たが, 見る 12 いたもの, いるから, いるのに, ゐます, ゐるので, 来る人, 行っても, 見て

11 [11件] いるだけ, いる人々, いる内, きます, みたり, ゆくうち, 居たの, 居るうち, 帰つた, 来ます, 歩いて

10 いる人たち, いる伸子, みること, ゐるん, ゐる人, 来たので, 行く中, 行けば, 見たい, 見たり

9 [16件] いたこと, いるし, いる彼, いる私, そこに, みました, ゆきながら, ゐるが, ゐるとき, 居て, 来たか, 来たこと, 行きましたが, 行く二人, 行く彼, 行こう

8 [12件] いたそう, いたよう, いる二人, おいでに, みようと, みるの, ゆく姿, 居たが, 帰ること, 歸つた, 行った時, 見ても

7 [19件] いたから, いるその, いるだろう, いる人影, きますと, くれ, みたいと, ゐたこと, ゐるところ, ゐるもの, 家に, 居ました, 来たん, 行くより, 行く男, 行く途中, 見たいと, 見ました, 見ること

6 [25件] いたわけ, いなければ, いるかも, いるに, いる一人, いる筈, いる路, かえった, くるよう, ゆく女, ゐる女, ゐる男, 下さい, 参ります, 居る時, 帰ると, 帰るの, 往つた, 戻つた, 来るもの, 行かねば, 行くから, 行くもの, 行く方向, 行く間

5 [55件] いけば, いたし, いたところ, いた二人, いた人たち, いた私, いったの, いない, いるあいだ, いるお, いるかと, いるわけ, いる人達, いる途中, いる連中, いる道, お帰り, きたこと, きたので, きた道, くるでは, くる足音, しまつ, そこから, まいりましたが, みよう, やった, ゆきます, ゆくとき, ゐたと, ゐた時, ゐるから, ゐる自分, 参りました, 居た時, 居れば, 帰りました, 来たから, 来たと, 来たよう, 来るでは, 来るので, 町へ, 疲れて, 自分の, 行くところ, 行くやう, 行く女, 行く方, 行く道, 行ったこと, 行つたのです, 行つても, 見ようと, 通った

4 [88件] い, いこうと, いたかと, いたかも, いたその, いたため, いた彼, いた男, いた頃, いっても, いつもの, いては, いますうち, いるこの, いるそう, いるとしか, いる事, いる処, いる夢, いる奴, いる子供, いる彼女, いる感じ, いる様子, いる若い, おりましたが, おりますと, おる, おるの, お目, きたと, ください, くるうち, くるところ, こ, しまった, その日, それを, たんだ, ついて, どぶ, みせる, みましたが, みようかと, ゆくこと, ゆくその, ゆく道, ゆく間, ゐたとき, ゐたので, ゐる人々, ゐる人達, ゐる人間, ゐる姿, 例の, 居りましたが, 居ります, 居る人, 帰る, 彼の, 来たという, 来たり, 来た方, 来た私, 来た路, 来るうち, 来る一人, 来る人影, 来る女, 来る男, 来る者, 来る足音, 行かうと, 行くが, 行くその, 行く事, 行く後姿, 行く心持, 行く時, 行く足音, 行ける, 行けるところ, 行ったところ, 行ったもの, 行つ, 行つてゐる, 通って, 道に

3 [169件] いくもの, いこう, いそう, いたあの, いたお, いただけ, いたって, いたに, いたよ, いた一人, いた人々, いた姿, いた時分, いた金五郎, いないの, いなかった, いなさるの, いましたから, いますから, いますが, いやがる, いらっしゃるの, いらつし, いられるの, いるあの, いるかの, いるじゃ, いるため, いるだろうと, いるつもり, いるでは, いるとも, いるなんて, いるはず, いるばかり, いるやつ, いるよ, いるらしいの, いるらしかった, いる人人, いる往来, いる方, いる最中, いる男女, いる町, いる素子, おいで, おくん, おります, かえる, きたか, きたが, きた人, きましたが, くる人影, ごらんに, しまいました, それから汽車, それが, とう, まいりました, みせなければ, みたかつた, みようか, みる気, やること, ゆかねば, ゆきましょう, ゆきますと, ゆくので, ゆくやう, ゆくようす, ゆく一人, ゆく彼, ゆく私, ゆけば, ゆけるところ, わたくしたち親子三人信濃の, ゐたさ, ゐたもの, ゐたり, ゐたん, ゐた私, ゐるか, ゐるかも, ゐるさま, ゐるぢ, ゐるつもり, ゐるに, ゐるのに, ゐるばかり, ゐるらしかつ, ゐるわけ, ゐる事, ゐる夢, ゐる彼, ゐる筈, ゐる老人, ホテルへ, 五分とは, 何か, 何処へ, 來ました, 参りますと, 奥の, 家へ, 家まで, 宿へ, 居ても, 居ます, 居るが, 居ること, 居る中, 居る間, 山口へ, 峠を, 帰つて来た, 帰りながら, 帰れ, 戻った, 本を, 来たかと, 来たその, 来たとき, 来たところ, 来た二人, 来た廊下, 来ましたので, 来ますと, 来ようと, 来られたもの, 来るから, 来るよう, 来るん, 来る二人, 橋を, 町の, 私は, 行かれる, 行きそこ, 行きたいと, 行きたいよう, 行きつつ, 行き黄, 行くだけ, 行くという, 行くといふ, 行くのに, 行くのよ, 行く人, 行く人達, 行く所, 行く旅人, 行く青年, 行けそう, 行ったか, 行ったと, 行ったに, 行ったん, 行つてゐた, 見せた, 見たこと, 見ましょう, 見ませう, 見よう, 見ようか, 見ろ, 足を, 通る

2 [448件] あげますからね, あとから, あの時, いいこと, いいの, いきながら, いきましょう, いきやがて, いくうち, いくこと, いくでは, いく後, いく男, いく足, いずに, いたい, いたか, いたかった, いたこの, いたせい, いたぞ, いたにも, いたぼく, いたら, いたらいきなり, いたらしい, いたらそこ, いたろう, いた人, いた伸子, いた兄, いた千鶴子, いた商人, いた女, いた女房, いた子供たち, いた当時, いた方, いた旅人, いた日, いた明智, いた武蔵, いた者, いた足, いた連中, いた道, いた間, いったり, いつて, いましたけれど, いましたよ, いますよ, いようと, いらしたん, いらして, いらっしゃいましたが, いられました, いられます, いるかという, いるころ, いるさ, いるその道, いるそんな, いるぞ, いるだけでも, いるとさ, いるとしても, いるとは, いるは, いるらしい, いる以上, いる位, いる体, いる側, いる友, いる外, いる夫婦, いる廊下, いる影, いる所, いる旅客, いる日本, いる時分, いる有様, いる武士, いる歩いて, いる歩道, いる母親, いる気, いる父, いる葉子, いる街, いる裡, いる足, いる間中, いる音, いる頃, いる風, いろ, うしろを, おいでの, おくれ, おったの, おられたの, おらん, おると, おれば, きたもの, きた跡, きた郊外, くるか, くるから, くること, くるので, くるらしい, くる人, くる男, くれと, くれました, くれる, くれるの, ここから, ここまで, こちらへ, ごらん, ごらんなさい, さうし, さすがに, さちよは, さへ, しまう, しまうと, しまったの, そこで, そしてグルリ, そして恐ろしい, その間に, それから, だもの, った, どうしよう, どうなる, ますぜ, みたい, みたいです, みたいもの, みたいよう, みたくなったの, みたくなって, みたところ, みたの, みたまえ, みましょう, みましょうか, みやう, みようという, みるかな, みるなり, みるん, みれば, みろ, みろと, やうやく, やたらに, やって, やつて, やれ, ゆかなければ, ゆきたいもの, ゆくところ, ゆくにつれて, ゆくよう, ゆく主人, ゆく二人, ゆく今, ゆく何, ゆく前面, ゆく時, ゆく様子, ゆく老人, ゆく若い, ら, ゐさ, ゐたから, ゐたその, ゐただけ, ゐたら逢, ゐたわけ, ゐたんで, ゐたン, ゐた事, ゐた女, ゐた娘さん, ゐた彼, ゐた方, ゐた頃, ゐない, ゐながら, ゐましたが, ゐら, ゐるかを, ゐることに, ゐるこの, ゐるす, ゐるその, ゐるだけ, ゐるでは, ゐるといふ, ゐるね, ゐるらしい, ゐる一人, ゐる中, ゐる信吾, ゐる八五郎, ゐる娘さん, ゐる彼女, ゐる歩いて, ゐる気, ゐる裡, ゐる道, ゐる間, ゐ乍ら, アルファベットを, エ, トユイルリイ公園へ, 一つの, 一人で, 一時間以上は, 七三, 三十五分女の, 乗り付けの, 了つた, 人に, 人の, 人間を, 今の, 何里とかの, 僕は, 元の, 出た, 出口の, 別れた, 十五分ほどの, 去りました, 参りまして, 參りました, 又縁側, 右へ, 向側の, 唐花屋の, 夜は, 夜中の, 奇麗に, 姉の, 姿を, 家の, 家を, 少しばかりの, 居たと, 居たといふ, 居たれば, 居た人, 居ましたが, 居ますと, 居りましたと, 居りまして, 居りますと, 居るかしら, 居るから, 居るので, 居る事, 居る処, 居る娘さん, 居る自分, 居る良人, 屏風の, 山を, 岩の, 岸和田から, 帰らなければ, 帰ります, 帰るという, 帰れ歩いて, 廻った, 彼女は, 往くと, 御覧に, 我家へ, 戸口の, 戻って, 振り返って, 捜す, 教へる, 明後日の, 星野温泉へ, 昼餉を, 時を, 最後に, 材料が, 来い, 来たため, 来たとか, 来たなどと, 来たに, 来たのに, 来たもん, 来たらしい, 来た人, 来た僕, 来た後方, 来た所, 来た方角, 来た男, 来た美奈子, 来た足跡, 来た途, 来た道程, 来ては, 来ても, 来ない処, 来ましたから, 来ましたが, 来ましたよ, 来よう, 来ようか, 来るが, 来ること, 来るといふ, 来るのに, 来る人間, 来る伸子, 来る女たち, 来る後, 来る方向, 来る気配, 来る途中, 来る靴, 来背中, 次の, 此処まで, 歩き疲れて, 歸りました, 歸る, 殆ども, 池の, 沼田町まで, 渡れそう, 無事に, 無意識に, 熱心な, 生きて, 町から, 畑に, 私の, 絶えず感ずる, 縁を, 考えて, 脊筋が, 行かう, 行かない, 行かれた, 行きそう, 行きたい, 行きたかった, 行きながらも, 行きますわ, 行きやがて, 行き合, 行き壁, 行き江島屋, 行き私, 行くあと, 行くお, 行くか, 行くかれの, 行くつもり, 行くとき, 行くに, 行くふわふわ, 行く一人, 行く下駄, 行く両側, 行く中いつか浅草公園, 行く中水田, 行く人影, 行く左門, 行く廊下, 行く支那人, 行く方角, 行く気, 行く気力, 行く甥, 行く男女, 行く老人, 行く者, 行く若い, 行く路, 行く金ボタン, 行く馬, 行く馬琴, 行け, 行けると, 行けるもの, 行こうという, 行ったという, 行ったとき, 行ったとて, 行ったり, 行った彼女, 行った朝日, 行った頃, 行つたのだつた, 行つたら, 行つた方が, 行つてし, 行つては, 行つて見た, 行つて見よう, 襖の, 見せて, 見せようか, 見せると, 見たいこと, 見たいね, 見たいの, 見たいやう, 見たい為, 見たかった, 見たかったの, 見たらばと, 見てから, 見なければ, 見ましたが, 見ましたの, 見ませうか, 見ませんか, 見る気, 見度, 話しは, 貰ひ, 買物を, 足の, 路地の, 通る人, 部屋の, 野宿し, 階段の, 駿河台の

1 [3988件 抜粋] あたりを, あの楽地, いい事, いきそこ, いき何, いくだけ, いくならバルナバス, いくピカピカ, いく当人, いけるところ, いたあなた, いたけど, いただかねば, いたっけから, いたなら万, いたは, いたらこっち, いたらそんな, いたらわたし, いたら向こう, いたら後ろ, いたら淡紅梅, いたら迫持, いたんじゃ, いたバルブレン, いた七月, いた人達, いた傷, いた友人, いた堀部, いた好, いた小六, いた山路, いた庄三郎, いた御岳行人, いた明智茂朝, いた村人, いた歩きつづけて, いた父, いた看守, いた網, いた若党, いた諏訪栄三郎, いた遺族, いた青年たち, いったという, いった大衆, いつも行きつけ, いながらも, いましたらどこ, いや, いらした, いらっしゃいまし, いらっしゃるちょうど, いられないから, いられるもの, いりゃどっか, いるお方, いるかわいそう, いるけれども, いるそれ, いるだろう人, いるとき失神, いるなどは, いるひと, いるみたい, いるらしい別, いるわれわれ両名, いるナターシャ, いる一匹, いる中尉, いる人みな, いる伸子たち, いる信子, いる初, いる原惣右衛門, いる堀口, いる太鼓持, いる女性, いる定雄, いる山手, いる年, いる心地, いる新道, いる普通, いる格別気, いる武蔵様, いる汚点, いる漱石, いる状態, いる登山者, いる節子, いる者ども, いる花房, いる街角, いる豚, いる車, いる道路, いる階下, いる馬, いろんなもの, おいでですよ, おせい様, おばあさんは, おりましただけ, おりますが, おり最も, おれた, お帰りなさい, お送りする, かえりました, かよう苦労, きたところ, きた世間, きた安子, きた氷, きた長い, く, くるおかみさん, くるとたん, くるよ, くる人々, くる姿, くる旅人, くる郡山, くれたシゴイさん, くれるぐらいの, く見慣れねエ, こうこうだった, こづきまわして, この野の, こられたそう, これへ, さっき, しまいましたが, しよんぼり昼顔, すぐ電車, そうしてやたら, そこも, そちらに, そのまま仆, その右岸, その窓, その音, それから廻れ, それで, それに, たまらなく水, ちえっ, ちよッと, つぎの, とうとうバルシャヤ・モスコウフスカヤ旅館, どうして銀行, どちらの, どれくらいか, のぼって, はったの, ぴいぴい鳴き, ふらりと, ほめられる僕, まいれ成, また元, まだ五軒町, まはるといつて, みせますと, みたいその, みたい気持, みたこと, みた結果, みなくちゃ, みますから, みようとお, みるだけ, みる料理屋, もうそろそろ森, もはや日, もらおう, やがてシェシコーフスキイ, やがて野原, やっと, やっと村, やつと, やれという, ゆきそこ, ゆき其処, ゆき木戸, ゆくお里, ゆくつもり, ゆくん, ゆく今朝, ゆく唖男, ゆく左膳, ゆく星, ゆく父親, ゆく編, ゆく馬の脚, ゆっくり立去っ, ようやく小坂氏, よくよく疲れる, わけも, ゐたおしん, ゐたぢ, ゐたばかり, ゐたらひよつこり黎, ゐたら道, ゐた一人, ゐた婦人, ゐた時政子, ゐた真弓, ゐた蛭社長, ゐた驀地, ゐねば, ゐやがるん, ゐるお前, ゐるぞ, ゐるにも, ゐるトウルゲネフ, ゐる乗客, ゐる兵隊, ゐる多く, ゐる小, ゐる弟, ゐる我等, ゐる東洋, ゐる無茶, ゐる私, ゐる者供, ゐる見えない子供たち, ゐる青竹, んだ, ガタ馬車で, コースを, スズランの, ドンナ事を, バンクによって, ボンヤリ外へ, 一けん, 一所懸命に, 一杯, 一行は, 七八軒目に, 三十分で, 三条京極と, 上流の, 下さったよい, 下るか, 下駄は, 中津川へ, 二三人の, 二十丁ほど, 二合づゝでも三合づゝでも白米を, 五分も, 亡父が, 人樣の, 今に女, 仏心を, 仲店の, 何から, 何日ぐらい, 來や, 停車場へ, 先刻マダムの, 入川の, 兵庫へ, 円朝から, 出ましょう, 出履物, 別離の, 勘次の, 十三の, 十年たて, 午後に, 即ち火事, 参って, 参ろう, 古いよごれた, 吉田町に, 呉れと, 命じられた場所, 商店街から, 四ツ角を, 回数券で, 城下の, 声高に, 多久一時間ばかり, 大きい音, 大熊さん送っ, 太鼓を, 好勝手, 婆が, 子供を, 客に, 宿に, 対岸の, 小声で, 小舟の, 少しばかり, 居たこと, 居たらば, 居た図, 居た私, 居た隣, 居ますよ, 居りますが, 居るぢ, 居るもの, 居る佃, 居る奴, 居る新吉, 居一寸, 川棚温泉へ, 巴屋の, 帰えれる, 帰った時, 帰らせて, 帰りますと, 帰るつもり, 帰る秋色こまやか, 帰ろうと, 帰庵途中敬君の, 広い大道, 座敷の, 引っ返し千住, 彼等の, 往くそう, 往復した, 得た彼, 復一が, 思いつきしだいに, 愛嬌と, 或る, 戻つて, 抜けながら, 捜したが, 教会の, 文なし, 新橋から, 日中にも, 旦那に, 映画館へ, 時々日本語, 暮すわ, 月島の, 本郷の, 村役場について, 来たかず枝, 来たしめいめい, 来ただらだら, 来たばかりの, 来たらしい人, 来たんぢ, 来た伝右衛門, 来た始末, 来た往還, 来た暑, 来た歌子, 来た為, 来た秀吉, 来た道帰り, 来ない, 来ますわ, 来られて, 来るお, 来るぞ, 来るに, 来るらしいの, 来る人物, 来る四人, 来る宵, 来る春代, 来る牛, 来る軽い, 東へ, 松楽館へ, 根津権現裏の, 梅にも, 横へ, 此田楽も, 歯医者を, 死体に, 毎年泊め, 水道端から, 汽車に, 泥酔する, 海尻そして, 淀へ, 渡った結果, 湊座の, 溜まるもん, 漸く捜しあて, 火葬場から, 片隅へまで, 狭い横道, 現在の, 産物を, 画いて, 疲れ切った我々, 癪に, 白い手, 相当な, 眼に, 磯へ, 私も, 税金を, 窓を, 立止っ, 箱根口から, 納戸から, 結局は, 美しさ, 耕地を, 育つて, 自分は, 若木の, 落ちた金, 蟻は, 行かむ, 行かれるに, 行きかけました, 行きたいという, 行きどうせもう, 行きました話, 行きませう, 行き土蔵, 行き柵門, 行き見上げると, 行くいとこ, 行くし, 行くといった, 行くにも, 行くやせぎすな, 行く一個, 行く二個, 行く元気, 行く内, 行く医者, 行く天文学者, 行く寝巻姿, 行く広岡学士, 行く御輿, 行く有様, 行く洋服, 行く由吉たち, 行く砂, 行く群衆, 行く見目, 行く道路, 行く駒井甚三郎, 行けますよ, 行ける人, 行ったから, 行ったばかり, 行ったら思いがけない, 行った女, 行った芭蕉, 行った道ばた, 行ってる人, 行つた女人である, 行つた頃斯の, 行つてみました, 行つて何も, 行つて立つた, 行つて関は, 表の, 西大寺の, 見たいなも, 見たけれども, 見たら面白い, 見ないか, 見ますと, 見ようぢ, 見るも, 見れば, 見給え, 読みます, 警戒に, 貰ったり, 賜もよ, 足に, 身体を, 辻駕籠を, 逃げだしたらうろうろ, 通えるの, 通つてゐ, 通る旅人, 遊園地の, 道ばたに, 還ること, 野原の, 鉄人, 長い棒, 関東丸に, 陛下の, 集団農場の, 青い空, 面白い夜, 頭の, 飯を, 馬鹿, 鳴った

▼ 歩いても~ (363, 2.0%)

15 歩いても 5 足の 43 それが, 足跡が

2 [18件] いい, いいと, いい時, いくら歩い, きりが, すぐに, なんの, 僕の, 可いと, 大したこと, 大丈夫だ, 大丈夫です, 心は, 気の, 物足りない, 知れたもの, 自分の, 音が

1 [297件] あた, あなたを, あぶなくは, あまり買う, あるいはこの, ある品, いいよう, いいん, いい気, いくらの, いくら待つ, いつも同じ, いつも女房, いつ辻斬, いないほどに, いなかった, いやな, いられません, いられも, いるだろう, いろいろの, うける分, うつかり, おちないの, お杉隠居, お金を, かつてそんな, かまわないの, きっといくつ, きっと相手, きりは, くたびれること, くたびれるだけで, こつこつの, このごろの, この上, この小さな鉄片, この軽業小舎, こられる体, こんな所, さほど困難, しかたが, しようがない, すりへらした駒下駄, そう遠く, そなた, そのぼ, その年, その詩, それで人, それは, それらの, そんだら黙ってるん, そんなこと, そんなに畳, そんなに臭い, そんなもの, たいしたこと, だいじょうぶだ, ちっとも自分, ちょうど床, ちょっと見わけ, ついに一度, つまらない, つまらないから, どうしてもありません, どこまで, どこを, ならないという, なんにもならなくなる, にこにこと, ひとりでにこの, ひとりとして, ほこりの, まだかつて一度, まだそれら, まだ三円, まだ半分以上, まだ足りない, まつくらな, まるで足音, みたい, もうこんな, やがて運河, やっぱりあなた, ややもすれば互にそれ, よいが, よい京都, よろしい, よろしいし, わけないですよ, オオッピラに, ダメである, トンと, バスハイヤーの, ピシャピシャしない, ピントが, フシギがられ, フラフラしない, ブルブルふるへる, ポツリポツリと, ヤァお, 一つ厚い, 一両なかっ, 一人の, 一匹の, 一向に空席, 一時間半二時間ちかく, 一村に, 一滴も, 不器用な, 不足は, 世話に, 両側の, 丸木橋は, 二丁歩い, 二人共だまっ, 二十分か, 二十分くらゐ, 二十日か, 五分ぐらいの, 人々は, 人から, 人が, 人っ子一人行き逢わない, 人の, 人猿などより, 人間が, 仕様が, 他の, 何か, 何の, 何も, 何を, 何処でも, 何時辻斬に, 侍の, 便所ばかりが, 入り口には, 全く駄目, 其日の, 出かけた時, 分りまた, 分るよう, 前の, 十二三里は, 十分ぐらい, 原つ, 友を, 口答えも, 台所コトコト, 同じこと, 同じところ, 同じよう, 同じ事, 同じ大竹藪, 同じ道, 同じ鍵盤, 名石だらけ, 哥薩克ひとり見いだす, 地面に, 埓が, 夕方までには, 外に, 好く似合うだろう, 始まりますまい, 子を, 実に薬品店, 家に, 家らしい, 対局場が, 小舟は, 少しも, 岩の, 差支へ, 常に当惑, 平氏源氏の, 平気でありました, 幾抱えの, 廊下に, 当分の, 役に立たないから, 彼を, 後へ, 思ふ所, 怪我を, 恟々たる, 恥しくない, 息切れが, 戻つて, 振り返られる様, 昔の, 暗いばかりで, 杉の, 材木が, 板にも, 果しなくなった, 案外疲れない, 楽に, 構は, 此方が, 歩かなくても, 歩きつかない, 歩き足らぬので, 水を, 水月の, 氷川様よりは, 汗が, 決して疲れる, 海草や, 渚の, 渡れそう, 湯に, 濠端には, 犬一匹鶏一羽みなかった, 生死すら, 疲れが, 疲れないやう, 疲れるという, 疲れるなんて, 発光路へは, 百人に, 皆んな変な, 直ちにその, 直に流れ出す, 眺めても, 知れたほど, 知れねえ訳, 砂場と, 砂礫の, 空濠の, 突き当るところ, 紅い薔薇, 結局また, 絶対安全に, 美味そう, 胸に, 脚よりも, 腕を, 腕白どもが, 色々の, 苦しくなかった, 草ばかり, 落ちなかった, 行き合う人, 行ける脇街道, 行乞し, 見つからず落胆, 見つからないし, 見つかりそう, 見切品, 見尽すこと, 見食っても, 見食つて, 読んで, 誰も, 谷へ, 買ひたい物が, 賑かで, 走つて, 走ても, 足は, 足も, 足を, 足跡の, 足音が, 跫音が, 踏み抜きそう, 踏み拔, 車掌は, 軒ごとに, 近き場所, 近寄られません, 迷うばかり, 迷う心配, 追っつけなかった, 造作ねえ, 道に, 道は, 道幅が, 遠かつ, 酸鼻を, 里へ, 門札の, 隠密などという, 電車に, 電車の, 面白くない, 靴の, 音の, 音は, 顔で, 風に, 飯を, 飽きない道, 飽きぬ公園, 鼻汁を

▼ 歩いたり~ (349, 1.9%)

55 して 13 した 9 すること 6 するの 5 しながら, する, 歩いたり 3 したこと, したの, する時, 時には, 物を, 考へたり, 話したり, 電車に

2 [19件] いろんなこと, したが, しても, すると, するより, する人形, コンフエツチと, ボートに, 何か, 働いたり, 外へ, 夜は, 姉の, 急に, 泳いだり, 赤い旗, 走ったり, 飛んだり, 駄菓子屋の

1 [189件] あちこちへ, あれこれ喋った, いたしました, いちど曲がった, いっしょに, いつまでも, いろいろし, いろいろやった, おじぎを, お互いに, お茶碗, お裁縫, からに, くたびれると, こそこそ朋輩, この辺, ごく月並, させないよう, さまざまの, したあげく, したあと, しただけ, したので, したら他人, した三年前, した事, した心持, した話, してはを, してるうち, しないかも, しないこと, しないし, しない方, しました, しましたの, しゃべったり, しや, するかしら, するそう, するついで, するとき, するので, するもの, するよう, するん, する仕方, する場合, する方, する物音, すれ違, せねば, そういう意固地, そうしてただもう, そこで, その気配, たたずんだり, ただ吩咐, どうかする, どうしてもどんなに私, なぞしない, なにや, なんかガス, ひるがえったり, または町, また大宝, また狭い, まち高袴を, ものを, やうやく, やがて自分, ようやく半, ザッと, ステッキの, ダンスを, リラの, ロクでも, 一つの, 下から, 下宿や, 下男と, 下級の, 中には, 中の, 乗つたり, 乗り込んだり, 人力車に, 他家へ, 佇んだり, 冬に, 冷えたり, 出来れば, 判この, 又は馬車, 友達と, 口を, 古道具屋や, 品物を, 坐ったり, 大神宮に, 奇抜だ, 娯楽室や, 密閉した, 寒さ, 寝たり, 寺に, 小声で, 小雨の, 屋根の, 履の, 山の, 岩の, 岩の上を, 帳面を, 平気で, 後ろから, 急いで, 指先きでこすっ, 旦那様が, 早く馳, 昔の, 映画を, 時には奥, 時には女, 書記の, 朝日新聞支社の, 木椅子の, 村道を, 林の, 桂庵を, 椅子に, 歌を, 止まったり, 水を, 波の, 浴びたり, 海の, 海岸を, 濶葉樹林の, 無銭飲食を, 熱寒両様の, 犬を, 猛獣ながら, 町じゅう駈けずりまわっ, 疲れて, 白木と, 百貨店などへ, 百貨店の, 相撲見物に, 破れた戸, 私も, 突然医家, 立ちはたらい, 立って, 立止っ, 筆の, 粥を, 美青年に, 考えたり, 肩に, 肩の, 自分の, 船に, 芝の, 茹で卵, 草の, 草原を, 落しへ, 行燈の, 見回したり, 話したりさえ, 読んだり, 足に, 踊ったり, 身を, 車に, 近所の, 部屋へ, 酒を, 醜態の, 野の, 電車にも, 静かな, 頭を, 饒舌っ, 馬から, 騎馬を, 鶏を, 麦畑を

▼ 歩いては~ (129, 0.7%)

4 いけないの, いるが 3 いなかった 2 いけない, いけませんよ, いない, いられない, 耳を

1 [108件] いけないあぶない, いけないで, いけないよ, いけません, いないだろう大方, いないの, いないよう, いなかったか, いまいかと, いられなくなった, お疲れ, ころびぱたぱた, ころびまだよく, しゃがんでるの, すぐに, その下, それを, たたずみたたずんでは, とても追っつけません, とまりとまっては, ならぬ, にせの, ほめたてて, またどこ, また戻っ, また穴馬, また立ち止まっ, みたが, ゆかれないところ, よろしくない, ゐたが, ゐない皆ばらばら, ゐなかつた, ゐられない十一時, ゐるが, クルクルまわり, 三日泊り, 事務員の, 二里にも, 人から, 人に, 他に, 休みすこし, 休みトロトロ, 休むこれ, 佇む, 倒れ倒れては, 其処に, 写生し, 凍死だ, 刈らしたもの, 十九歩かえる, 千鶴子も, 半兵衛重治が, 右斜めに, 和歌子の, 困りますね, 失望し, 少しずつ, 山を, 山門の, 左斜めに, 師匠の, 帰った, 帰りに, 悪いじゃ, 悪そう, 戸締りを, 戻りして, 戻り歩いては, 明かに, 時折り思い出した, 木の, 来ないで, 殆ど外出されず, 水たまりへ, 泊り泊つて, 泣くという, 独りで, 疲れる駕籠, 病院内の, 皆に, 眺め止まっては, 立ち停った, 立ち停まり, 立ち停まる, 立ち停り, 細かい粉, 考えるが, 考へ, 舞ういわゆる, 荷物を, 蝉を, 行かない, 行かれまいに, 行くの, 見まわした, 買い集めましたがね, 転倒する, 遠いの, 険難だ, 階段から, 雪を, 面白い画集, 頭の, 飲み飲んでは, 駄目よ, 麁朶を

▼ 歩いてから~ (55, 0.3%)

4 私は 2 問うた, 登が, 船橋という

1 [45件] お通, しなびた紅, その紙包み, それキネオラマを, であった, でないと, なら屹度大丈夫, ふつと, ふとその, べつべつの, また汽船, もういくたの, ガランと, ビヤホールには, フィリーモンは, ホームに, 一度眼, 一番最後に, 乱に, 云った, 何気なく彼, 切って, 勤めへ, 半年位のちの, 去定, 又さつき, 又電車, 喫茶店に, 大津へ, 島村は, 左へ, 座敷の, 我々は, 戻って, 戻つて, 持って, 振り向くと, 振向いた, 振返ると, 振顧, 数日後夜の, 歸つても, 約束の, 谷中を, 雪の

▼ 歩いてばかり~ (24, 0.1%)

3 いると, いるの, ゐるの 2 いても, いる

1 [11件] いたかの, いたかは, いちゃあ, いるだい, いるん, いる敗北主義, おりまする, ゐて, ゐるし, 居りました, 居るやう

▼ 歩いちゃ~ (19, 0.1%)

2 いれど, 可笑しいだろう

1 [15件] いけないよ, いけなかったん, いない, いませんぜ, いるん, 大概の, 居られまい, 帰れないし, 本当にいや, 癪に, 行かれない, 行かれなかった, 足もとが, 風が, 駄目だ

▼ 歩いてを~ (15, 0.1%)

5 りました 2 ります 1 どります, られるとき, りますと, りますのに, ります何, りペンキ道具一式, る, れば

▼ 歩いてでも~ (7, 0.0%)

3 いるよう 1 きたやう, 来るよう, 行けると, 郷里に

▼ 歩いちゃあ~ (3, 0.0%)

1 いかんぜ, 年上の, 礼儀に

▼ 歩いてこそ~ (3, 0.0%)

1 いたけれど, 価値が, 効用を

▼ 歩いてまで~ (3, 0.0%)

2 愛撫した 1 宿屋に

▼ 歩いてや~ (3, 0.0%)

1 がら, がる, がるん

▼ 歩い~ (3, 0.0%)

1 お行, 二三十分ぐらい, 見ろ

▼ 歩いたりなんか~ (2, 0.0%)

1 するよう, するん

▼ 歩いてか~ (2, 0.0%)

1 へれば, マニラから

▼ 歩いてさえ~ (2, 0.0%)

1 美しい女の子, 行けば

▼ 歩いてと~ (2, 0.0%)

1 ある小さな, 一緒に

▼ 歩いてもよ~ (2, 0.0%)

1 かつた, だればかり

▼1* [23件]

歩いたりが苦しいのね, 歩いたりさえする, 歩いたりなどして, 歩いたりなんぞすれば, 歩いたりはしないよ, 歩いてかどを曲がりながら, 歩いてかへつた, 歩いてけえれるわけ, 歩いてさまっかに, 歩いてぞつと, 歩いてぞとお案じ, 歩いてだけ居ても, 歩いてだって行ける距離, 歩いてなど居るの, 歩いてなんかゐられないので, 歩いてねひばりは, 歩いての旅でも, 歩いてほどよく唄う, 歩いてやらにゃもう腹の虫, 歩いてよかつた, 歩いではお困りでございましょう, 歩いいでよぢ, 歩いなる桑