青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「洞~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

泰~ 泳い~ 洋~ ~洋服 洋服~ ~洗 洗~ ~洗っ 洗っ~ 洗濯~
洞~
津~ 津田~ 洪水~ 洲~ ~活動 活動~ 活字~ 派~ 派手~ 流~

「洞~」 1508, 16ppm, 6941位

▼ 洞~ (373, 24.7%)

13 中に 12 中へ 11 ように 8 中で 6 なかに, ような, 口が 5 中には, 中は, 奥へ 4 口へ, 外へ 3 なかから, やうな, 口から, 国, 奥で

2 [27件] なかで, なかの, なかへ, なかを, ほうへ, ほとりに, ブラさげ, 上から, 上に, 中を, 入り口が, 前で, 前に, 口に, 口は, 口を, 国に, 外に, 外には, 天井に, 奥から, 奥に, 奥には, 様子も, 秘密を, 者は, 表と

1 [219件] あとも, ある坂道, いいつたえに, うえは, うちに, ことを, ごとき大穴, ごとき蒼空, ごとくなりて, ごとく見せかけたの, すきま, つい入口, なかだ, なかは, ほうにあたって, まえに, やうに, やせこけた人間, ような奥まった, トラヂヱヂイに, トンネルに, 一同と, 一同の, 一字を, 三人が, 上なる, 上の, 上方に, 上流に, 下を, 不動そっくり, 両側には, 両総督, 中, 中から, 中であった, 中でも, 中なる, 中にて, 中の, 中より, 中央に, 主の, 主も, 主人と, 事のみは, 人家の, 付近には, 仙人さま死ん, 住家に, 個展へ, 側へ, 元帥, 先生に, 光景を, 入り口は, 入口あたりが, 入口から, 入口が, 入口に, 入口の, 入口まで, 入口を, 兩總督に, 内で, 内に, 内壁にあたって, 内外を, 内部の, 内部を, 円柱が, 冠木門が, 出入口だ, 出口な, 出口にて, 出合弁天島である, 前まで, 前までは, 前數歩, 口の, 句も, 句碑建設について, 名です, 名は, 名も, 四面へ, 国が, 国そこに, 土壁に, 地へ, 城主岸勘解由だった, 境界に, 壁が, 壁に, 外から, 外が, 外で, 外の, 外は, 大きい仏, 大兵も, 大将が, 大将連は, 大陽物, 天井から, 奇勝が, 奇観や, 奥からは, 奥の院である, 奧に, 奧の, 如き舊型, 子供の, 尊神で, 小屋が, 尽きた所, 屈曲は, 左右には, 底から, 店の, 建物である, 弟子に, 意見で, 意見に, 愚, 感じだけが, 感化にも, 戸は, 手前の, 掛言葉, 教に, 敵を, 方は, 方へ, 方角より, 景観でも, 木刀だつた, 木鹿が, 朶思王へ, 楽園を, 様な, 様に, 様子また, 様子を, 横手は, 橋場で, 歌を, 気持だった, 治安が, 洞天に, 海, 海を, 深き處, 潮の, 片すみに, 猛者を, 番人隊と, 番所だ, 痴呆状態に, 癖と, 目前にまで, 直ちに水, 石門の, 礎, 窟の, 絶壁の, 考へでは, 背部に, 腕に, 腹の中に, 著した有名, 蛞蝓を, 蛮将たちに対して, 蛮将たちは, 蛮将へ, 蛮将を, 蛮王の, 裏には, 裡なる, 見取図を, 記の, 話じゃ, 話に, 調査に, 謚で, 軍勢が, 軍勢の, 輸車路や, 辺に, 近くへ, 遥かなる, 部下どもあれに, 部分けが, 部屋の, 部屋割の, 部屋割を, 酋長楊鋒一族が, 配下が, 長老で, 長老は, 門前に, 門生でも, 開鑿に, 間, 附近を, 隅の, 隙間から, 隠士として, 隠士の, 難は, 額が, 顔を, 風景が, 食客と, 食客として, 首部では, 駁議は, 高さ, 高弟で

▼ 洞~ (111, 7.4%)

6 なって 2 潮が

1 [103件] ありて, ある大院君, ある醍醐寺, いって, おもは, お帰りなさい, かくれ木, きたり, けちを, こしらえそこ, すえつけた大砲, するの, たどり着きて, つくこと, とびいって, なったなどという, なったよう, なった半, なった家, なつて, のがれるまでの, のこして, ひきあげた, ひきあげたしかし, ひきあげること, ひっこさなければ, ひらめく水神, ふかく隠れ, ふさは, みちびいて, むかえねば, むかって, ゆきて, よる, 住し, 住む盲魚, 住んで, 個展を, 入つたこと, 入りたる時, 入りて, 入る, 入るの, 分散専ら, 別れを, 到りて, 啼くこゑ, 地蔵が, 填めながら, 夜を, 奔った, 寂座し, 寄る波, 寄生した, 寄生木の, 封ぜられて, 尋ねいって, 居て, 居ぬ通力, 山居の, 左膳とともに, 帰った, 帰ったかれら, 帰り銃, 帰るまえに, 帰れば, 彫ったあれ, 投げられしより, 拝し, 散るなり, 明るすぎ, 晴れて, 来て, 来れば, 枯骨を, 残り他, 毎年熊蜂が, 満腹の, 焼けた地階, 百地三太夫と, 百年間も, 直行させ, 眠りゐたるに, 祀って, 籠って, 籠りて, 羅漢を, 自分の, 蝙蝠の, 襲撃する, 見えました, 解き放たれいななく馬, 近け, 近よりつつ, 達する, 達す可, 閉じ籠って, 限つた譯では, 隠れて, 隱れたる, 頭を, 飾って, 駆入り

▼ 洞~ (73, 4.8%)

35 の仮面 8 の面箱 6 の仮面箱 4 の面, の鬼女仮面 2 が, の神作, の般若, の鬼女, の鬼女面 1 が人, が売り, に懲りられた, の仮面ゆえ, の名作, の逸作

▼ 洞~ (58, 3.8%)

9 な眼 4 な声 2 な心, な笑, な頭, になつて, に開いた

1 [35件] で悲しい, で虚脱, なた, な大, な心地, な悲しみ, な感じ, な擂鉢, な晴々, な淋しい, な相違, な眼つき, な眼差し, な笑い, な笑い声, な笑ひと, な耳, な耳腔, な肉体, な肢体, な調子, な鐘, な高笑ひで, にかたち, にし, になった, に光つた眼, に口, に響いた, に響きます, に顔, に高く, のま, の中, をのぞい

▼ 洞~ (58, 3.8%)

2 のぞきに, 出た, 出て, 飛び出した

1 [50件] いで, おもふ, こわしは, さる十二マイル, たちのいてから, つくって, でて, ぬけて, ぬけでて, めあてに, もつた老樹, 一そう心を, 一昨日の, 上の, 住居と, 作って, 充たすを, 出たりは, 出発した, 占領する, 去ろうと, 参観に, 名づけて, 尋ね当てた者, 指さして, 掘ったらどう, 掘った中, 掘らずには, 掘り上げた, 攻撃し, 書けば, 望んで, 本拠として, 潜って, 発見した, 発見する, 眺む, 知ったらかならず, 立出で, 襲撃した, 見に, 見る, 見出して, 見物した, 見物する, 言ふ, 訪ねて, 踏むよ, 追出された, 閉鎖し

▼ 洞~ (45, 3.0%)

5 の神様 2 の神, の舟, へ行っ

1 [34件] である, で小さな, で舟, にいた, にゆく, に立つ, に舟がかり, に行き, に身, のうち, のそれ, のもと, の南, の女, の山帝, の方, の波, の湖水, の湖面, の烟波, の烟波眼下, の竜女, の竜王, へとどけ, へ帰っ, へ行った, へ逃げ, までいった, まで届け, や三峡, を横切り, を舟, を通った, を過ぎた

▼ 洞~ (41, 2.7%)

3 帰った 2 帰って

1 [36件] いった人たち, いどんで, くぐり行く, はいって, はいると, はいれとの, ひきあげよう, ひきあげんと, むかはんと, よく通っ, 上りますだから, 下りて, 下り後, 伝って, 入つたこと, 入つて, 入らうといふ, 入らうなどと, 入れて, 入れば, 帰ると, 引きこまれるよう, 急いだ, 急ぐよう, 扛きもて, 来たん, 水の, 流れ込む, 潜りこむよう, 潮が, 百二十本も, 越ゆる, 通って, 通つて座禪を, 遊びに, 運ばれた

▼ 洞~ (39, 2.6%)

6 とした 2 たる音

1 [31件] たるつき当たりの, たるパノラマ, たる一宇, たる一道, たる地下室, たる大穴, たる幾つ, たる感じ, たる暗黒, たる深い, たる無人, たる谷, とし, としてさえぎる, としてそこ, として中, として六尺, として天地, として明白, として昼霞, として森閑, として遮る, とひびいた, と反覆, と広, と打ち開けた, と開い, と開かれ, と静, と音, 留守の

▼ 洞~ (37, 2.5%)

18 ノ実 3 の辻, ノ公賢

1 [13件] それから南, にありけれ, にある, にさしかかられた, のほとり, の公賢, の四ツ辻, の大路, の小川べりづたいに, の庭, の西, の諸, ノ大納言

▼ 洞~ (32, 2.1%)

4 出来て 2 あったの, あって

1 [24件] あったらそこ, あったり, あった場所, あつた, ある, あるなどという, あるに, たしかに廻覧, 二道に, 今も, 出来たよう, 切りに, 口を, 名を, 嘘な, 塞った, 外洋から, 存古, 安全な, 容易ならぬ, 根先の, 直吉の, 見えません, 頂点な

▼ 洞~ (32, 2.1%)

2 遠くから

1 [30件] あたかも火, いかなる種類, ここから, なかなか賑, もちろん閉鎖, もっぱら台所, ニュージーランド川に, 三縦列に, 下婢が, 今も, 前日と, 大切なる, 始めて, 寝室および, 小盃, 岩殿寺の, 岩畳み, 暫ば, 朗に, 木の根より, 枯石の, 次第に奥, 此附近を, 湖の, 満面に, 瀕死の, 熊本市の, 色を, 酒の, 麓を

▼ 洞~ (32, 2.1%)

2 の秘密造船所

1 [30件] から山越え, で座禅, にたくわえた, に五百羅漢, に光, に匿, に声, に夜, に帰っ, に引っ込ん, に於ける, に溢れ, に潜む, に退い, に退き死んだ, に隱, の一居士, の工作塲, の彼, の造船所, の造船所内, の闇, へ帰っ, へ迷い入り, より出で, より時に, より煙, より這, を照, を見まわした

▼ 洞~ (30, 2.0%)

1 [30件] から, からおどりでた, からボート, がなんとも, が明るく, では昼, で不慮, にはまき, にひきあげる, にひびいた, に倒れ, に入り, に於, に殺人事件, に漂う, に籠り詰め, に赴き, に起き伏し, に運ばした, に響き渡っ, に高山植物, の一隅, の大, の案内図, の貫き, は始, へとじこめられた, を圧した, を探っ, を赤く

▼ 洞~ (27, 1.8%)

1 [27件] からだ, からもつ, からやう, からチエスターフイールド, から仙崖, から借りた, から書留, から私, から鉢の子到着, と対談, に, にもさ, に教, に逢, の厚情, の厚意, の墓, の手紙, の斡旋, は寝た, へ指月堂君, もやつ, を搾取, を訪, を訪ねる, を連れ, 第二世出生

▼ 洞~ (17, 1.1%)

2 云ふ

1 [15件] つけたいね, よび沃野, 並び称せられた人, 古い洞, 同じく其猛威, 同じ高, 名づけたの, 呼ぶ山岳地方, 山木の, 急ぎ赤石岳へ, 称して, 穴とに, 言うギャラリー, 読める, 金澤の

▼ 洞庭君~ (17, 1.1%)

1 [17件] からの贈物, だと, の傍, の前, の方, はあわて, はそれ, はちょ, は凝, は女, は嬉し, は新た, は毅, は涙, は起っ, は酒, は饗宴

▼ 洞~ (17, 1.1%)

1 [17件] から真田幸村, がまた, が打, が遣り, が頬杖, です, といいました, と云い, に出会っ, の, の住居, の兄, の可, の言, の語り出し, の遺言, は実に

▼ 洞院左膳~ (17, 1.1%)

2 の娘

1 [15件] であった, というお方, と申す, と鳰鳥, の実, の軍勢, はお側, はさすが, は絶叫, は謀反, もその, も謀反, を大将, を始め, を総

▼ 洞~ (14, 0.9%)

1 [14件] から流れ入り, に出た, に流るる, のやみ, のようす, の工事, の月光, の温度, へむかえでた, へ歩, へ這い出した, へ運びだされた, をどよもす, を偵察

▼ 洞から~ (13, 0.9%)

2 出て

1 [11件] 下部洞へ, 九マイルの, 六人の, 出た, 水を, 湧き上がった霧, 発見された, 百メートルとは, 約二十キロメートル, 駆け下り, 龍岡を

▼ 洞~ (13, 0.9%)

1 [13件] その中, ただ壁, 何も, 例えて, 奥の, 恋の, 息ぐるしい日, 支柱が, 気に入った画家, 落寞として, 醗酵させ, 鯨と, 鯨の

▼ 洞庭湖~ (12, 0.8%)

2 の中 1 に舟がかり, の方, の杜詩, の波瀾, の縁, はただ, は湖, まで来た, をお, を舟

▼ 洞さん~ (11, 0.7%)

1 [11件] からうれしい, から女学校, から敷島, がネ女将さん, さよなら坊, に逢, の厚情, の賄賂, は博多, もサウ, を迎

▼ 洞~ (11, 0.7%)

2 あります, ある, はじめは 1 お加女, きまった, 出かけて, 山木様の, 見あたらない

▼ 洞~ (10, 0.7%)

1 に近づいた, に陣取れ, の一方, の入口, の難, は不, は書いてなかった, まで来た, も蜀軍, を通りきった

▼ 洞という~ (9, 0.6%)

1 のは, 人が, 人です, 古い金山, 小さな美術店, 所あり, 榜が, 洞穴の, 窟が

▼ 洞斎兄~ (7, 0.5%)

1 がや足腰, さえまだ, の事, の学資, の身, は影, は沢山

▼ 洞雲寺~ (7, 0.5%)

1 であらう, という禅寺, にあつ, の先, の森氏, の移転地, は池袋丸山

▼ 洞ヶ峠~ (6, 0.4%)

1 から八幡, だの, にいた, に出した, へまわし, へ立籠つて

▼ 洞ヶ嶺~ (6, 0.4%)

1 にあります, にある, に一夜, へのぼっ, を去っ, を降っ

▼ 洞斎老人~ (6, 0.4%)

1 から伝授, の意見, の遺言通り, は大阪落城, は語り, も安心

▼ 洞熊先生~ (6, 0.4%)

1 が涙, が点数, の教, の方, も少し, を呼ん

▼ 洞~ (5, 0.3%)

1 のだ, ガラス戸棚の, 一個所の, 眼から, 眼を

▼ 洞には~ (5, 0.3%)

1 いって, まだ突出, 修繕に, 私の, 絶えて

▼ 洞~ (5, 0.3%)

1 の声, を吹い, を吹く, を用, ヲ吹ク者アリ

▼ 洞~ (5, 0.3%)

1 し其の, するが, すること, する力, する故

▼ 洞~ (5, 0.3%)

1 しないじゃ, し国防的経綸, し遂に, であるそして, によってで

▼ 洞といふ~ (4, 0.3%)

1 これ, のは, ペンキ画家が, 小さな美術店

▼ 洞~ (4, 0.3%)

1 滝壺には, 穴, 穴には, 西山温泉の

▼ 洞より~ (4, 0.3%)

1 うつろ, 出で, 數十條の, 陰慘の

▼ 洞~ (4, 0.3%)

1 が言, じゃあねえか, の風流, や酋長

▼ 洞~ (4, 0.3%)

2 の落合 1 瀑から, 瀑と

▼ 洞~ (4, 0.3%)

1 に小, に立ちふさがっ, に立てる, の岩

▼ 洞~ (4, 0.3%)

1 が尋常茶飯事, だろうが, と来たら, を盛ん

▼ 洞~ (4, 0.3%)

1 に書き終っ, の滴り, の雫, や発掘物

▼ 洞~ (4, 0.3%)

1 がしきりに, が率いた, が結ぶ, にも面会

▼ 洞神部~ (4, 0.3%)

1 に老子道徳經, の名目, は太, は小

▼ 洞~ (4, 0.3%)

1 したもの, すること, であるそして, によつて

▼ 洞では~ (3, 0.2%)

1 ございませぬ, ないでしょう, 山猫が

▼ 洞にも~ (3, 0.2%)

1 お詣りします, 劣らぬ幻惑, 行けば

▼ 洞~ (3, 0.2%)

1 で云った, のよう, の発音

▼ 洞~ (3, 0.2%)

1 に尻, の光景, また閉じ合うた

▼ 洞~ (3, 0.2%)

1 に在り, に招き, の下界

▼ 洞~ (3, 0.2%)

1 の方, の華燭, を訪れる

▼ 洞~ (3, 0.2%)

2 の御 1 の橋場

▼ 洞熊学校~ (3, 0.2%)

1 でお金, にはひりました, を卒業

▼ 洞観する~ (3, 0.2%)

1 ことによって, の烱眼, 一大理想的天才ならざる

▼ 洞院公賢~ (3, 0.2%)

1 の日記, は其の, へ要請

▼ 洞あな~ (2, 0.1%)

1 に迷い入った, をのぞい

▼ 洞だの~ (2, 0.1%)

1 中介, 野原までも

▼ 洞です~ (2, 0.1%)

1 が細い, ぞ

▼ 洞との~ (2, 0.1%)

1 連絡を, 間に

▼ 洞とは~ (2, 0.1%)

1 いったいな, 國府犀東氏が

▼ 洞などは~ (2, 0.1%)

1 其時にな, 前清時代

▼ 洞にのみ~ (2, 0.1%)

1 垂籠めしも, 籠り給

▼ 洞へと~ (2, 0.1%)

1 帰り行く, 急ぎけり

▼ 洞まで~ (2, 0.1%)

1 持って, 長い道のり

▼ 洞ろ心~ (2, 0.1%)

2 に聞き

▼ 洞元部~ (2, 0.1%)

1 は中, は太

▼ 洞~ (2, 0.1%)

1 のすべて, を集合

▼ 洞円き~ (2, 0.1%)

1 橋台のを, 穹窿の

▼ 洞剳記~ (2, 0.1%)

1 に自序, 同附録抄

▼ 洞居士~ (2, 0.1%)

1 それでもよい, は無縁仏

▼ 洞巌翁~ (2, 0.1%)

1 からわらわれ, が私

▼ 洞庭劉氏~ (2, 0.1%)

1 といふ一項, の詩

▼ 洞庭西湖~ (2, 0.1%)

1 に軽, を恥じざる

▼ 洞~ (2, 0.1%)

1 の如き, 同郡トンケシ

▼ 洞民衆~ (2, 0.1%)

1 は武装, は逃散

▼ 洞~ (2, 0.1%)

2 か洞窟住人

▼ 洞~ (2, 0.1%)

1 のよう, をさしかざした

▼ 洞眞部~ (2, 0.1%)

1 は元始天尊, は大

▼ 洞~ (2, 0.1%)

1 の三, の三部

▼ 洞~ (2, 0.1%)

1 と閑, の奏定

▼ 洞紫狐庵等種々~ (2, 0.1%)

1 の名, の異名

▼ 洞~ (2, 0.1%)

1 という家, の前

▼ 洞見せられた~ (2, 0.1%)

2 後には

▼ 洞訪問~ (2, 0.1%)

1 あやにく不在, なつかしい家庭

▼ 洞~ (2, 0.1%)

1 という仙人, など博学能文

▼ 洞~ (2, 0.1%)

1 の上, を切り開いた

▼ 洞~ (2, 0.1%)

1 の木鹿王, へ向っ

▼ 洞院左膳殿~ (2, 0.1%)

1 の実, の甥

▼ 洞院殿~ (2, 0.1%)

1 のおん弟, をお送り

▼ 洞院殿冷泉中納言猪熊殿~ (2, 0.1%)

2 など夥しい

▼1* [152件]

ありて奥, 洞あるところまで, 洞あわてて押し留めつ, 洞岩窟か, 洞かに自得あり, 洞からはチラチラと, 洞ここまでは一帯, 洞この岩屋この, 洞へ之, 洞さして走った, 洞される女房は, 洞した民族の, 洞し見て有王, 洞すぎる寂しさ, 洞すら日本に, 洞そして私を, 洞から多四郎, 洞ちかき川の, 洞ちかく守護さし, 洞であってもいい, 洞であったと見, 洞であるがそれら, 洞でないものを, 洞でも探が, 洞とかといふ物々しい名前, 洞とかに対抗, 洞なして, 洞などがあって, 洞などという地方は, 洞などの意見に, 洞なども家へ, 洞なり淵なりへ, 洞なる戀人に, 洞にかへりゆけ, 洞にて金眸はじめ配下の, 洞ふかくかくれて, 洞めいたものに, 洞もちやんと, 洞やみの世, 洞よりの附け人, 洞れたる泉水あり, 洞ろさが私, 洞をも見物した, 洞ト称シ南蛮王ノ巣トシ, 洞ヶ嶺伏見淀その他の味方, 洞ヶ嶺八幡の陣, 洞ヶ嶺淀なども合わせ, 洞ヶ嶺附近の地域, 洞中造船所の中央, 洞主人と号する, 洞主酋長たちも鼓隊, 洞事件といい, 洞元洞神の三部, 洞元部洞神部の名目, 洞に心から, 洞兄元寛兄白船兄樹明兄そのほか同人諸兄姉, 洞入り洞返りに, 洞出しほととぎす啼きぬ湖上, 洞出身でいわば, 洞句碑の相談, 洞句碑建立の具体案, 洞君緑平老井師, 洞の如くなり, 洞四十三番へたびたび, 洞四輔といつ, 洞の門下, 洞外洞中に五百羅漢, 洞大いに怒り自ら陽物, 洞を通過, 洞孔同然だ, 洞には, 洞将たちにも誇っ, 洞将たち百杖の罰, 洞で句会, 洞居し全く世, 洞の古, 洞が筆, 洞に集まった, 洞に溜り, 洞の中, 洞庭一日の幸福, 洞庭夫人が潜景殿, 洞庭山に學者, 洞庭湖畔の呉王廟, 洞庭湖畔呉王廟に立ち寄っ, 洞庭秋月瀟湘夜雨煙寺晩鐘漁村夕照之を八景, 洞庭萬里の雲煙, 洞式十時過ぎて, 洞徹し滅せず生ぜず, 洞擂鉢大夜叉, 洞文庫から借り, 洞斎さんは何, 洞斎本人は法津, 洞斎老人のは敢, 洞斎老人余りの嬉し, 洞も一般, 洞族一統をひきつれ, 洞春ふかむらし, 洞春美信の天女, 洞朗昨日の我, 洞の分別顔, 洞村洞村同郡トンケシ, 洞林寺にあ, 洞のよう, 洞は其關係, 洞海名は彊, 洞海法眼が漏れ, 洞海辺の, 洞蔵仏, 洞清風冷雨鎖して, 洞の大将杜路, 洞源和尚に辞, 洞狭くして, 洞界地方には毒蛇, 洞発し智慧を, 洞白一刀彫の鬼作, 洞百五十メートルくらいの地点, 洞看く事が, 洞眞洞元洞神の三部, 洞眞部洞元部洞神部の名目, 洞するに, 洞破している, 洞破するものも, 洞神經には妙象, 洞を照, 洞二世出生, 洞篆刻家には浜村大, 洞簫昔の一節切, 洞の房室, 洞葉平の名, 洞藤龍軒の来歴, 洞に瑟, 洞の逸眠, 洞見せられ得ないであらう, 洞見せられ得ないであろうと恐れる, 洞覓めて行きぬら, 洞返りに吹い, 洞道越という難所, 洞達しその実体いかん, 洞州の, 洞を令, 洞開府藩県不可達の地, 洞院一味の輩以外, 洞院下に走つた, 洞院信隆卿にも過, 洞院左膳様と花村様, 洞院左衛門督信隆卿妾の境遇, 洞院鎌之助殿, 洞を作っ, 洞随筆のゴリ料理, 洞黒く錯乱せりし, 洞龕館莊室齋閣樓などがある