青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「柵~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

柏~ 某~ 染~ 染め~ 柔~ ~柱 柱~ ~柳 柳~ 柴~
柵~
柿~ 栄~ 栄二~ 栗~ 校~ 校長~ 株~ ~根 根~ ~根拠

「柵~」 1503, 15ppm, 7487位

▼ 柵~ (418, 27.8%)

19 中に 13 外に 11 上に 9 間から 7 中には, 中へ, 外へ 6 ところで, 中を 5 中で, 中の, 外の, 方へ 4 うちに, ところへ, 上へ, 傍に, 前に, 向うに, 外から, 所で 3 そばまで, ところに, なかには, ように, 中から, 内側に, 前には, 間を

2 [34件] そとから, そとへ, そばに, ところは, ほとりの, ような, 上から, 上より, 下へ, 中では, 中は, 内から, 内で, 内に, 内には, 内へ, 内を, 処に, 前を, 外で, 外には, 外まで, 外を, 延長七十里に, 所に, 方から, 木戸を, 格子の, 近くまで, 鉄鎖に, 門より, 間に, 青竹にでも, 頭の

1 [189件] あたり薄の, あった所, あるところ, あるヴィラ, ある寂しいひろい, ある農家, うしろには, うちには, かげから, しめられるその, すきからは, すきま, そとには, そばで, そばには, そばへ, つもりである, ところから, ところでした, ところどころに, ところどころの, ところの, ところまで, ところも, ない郊外電車, なかの, なかより, なかを, ほうへ, ほとりに, まえに, まえを, まわりに, みどり色を, むこうの, むこうへ, やうに, やぶれも, 一方道しか, 一番上の, 一番前の, 一部は, 一部分の, 上で, 上まで, 上を, 下から, 下すれすれ, 下に, 中にも, 中へさえ, 中も, 体験を, 倒れた音, 側に, 側へ, 側まで, 傍にでも, 傍へ, 入口に, 入口の, 兵が, 兵どもを, 兵は, 内, 内と, 内の, 内側の, 内側へ, 内外に, 内外を, 内外浄土の, 内部を, 出入口を, 前で, 前の, 前一町計り, 前門の, 前面へ, 割れ目に, 厩と, 厩の, 口から, 向うでは, 向うは, 向こうと, 向こう側から, 向に, 向ふで, 向側には, 周囲の, 周圍を, 哨兵が, 四門に, 址を, 堤を, 外は, 外側について, 外側へ, 外部にも, 天辺を, 寂しさ, 将門と, 尖つた棒, 尽きる所, 屍骸である, 屍骸へ, 屯へ, 工も, 左右に, 帯屋から, 弛んだ鋼線, 当番に, 所まで, 手前を, 断れ目, 方に, 方の, 方へと, 曲がった辺, 木戸の, 杭に, 杭は, 杭を, 柱に, 柱の, 柱へ, 根には, 格子が, 様な, 樣な, 横に, 横を, 横手で, 横手の, 横手を, 横木は, 横木へ, 横木まで, 横木を, 武士成田小三郎は, 毀れを, 現われて, 畑へ, 留守には, 留守も, 真中に, 真中へ, 真向ひで井戸より, 破れ目から, 破壊された, 細い木, 結って, 結ばれた崖, 網の, 網目の, 者が, 背後に, 背後には, 膝へ, 處まで, 裏から, 要害堅固の, 設けらる, 象形なる, 趾だ, 道とを, 遠くの, 針金に, 錠を, 長か, 門を, 開き扉を, 間へ, 附近の, 降りる音, 陣地に, 陰で, 隅に, 隅の, 隙間から, 隙間へ, 隙間を, 際で, 際に, 頭を, 顔は, 馬糧倉の, 高さ

▼ 柵~ (309, 20.6%)

11 越えて 5 あけて, 乗り越えて, 破って 4 出ました, 連れて 3 かまえて, し囲, めぐらされて, 乗り越して, 出て, 結って, 越して

2 [16件] く, し圍, つくること, まわって, めぐらして, 中心と, 前に, 叩いて, 破壊し, 結んで, 繞らし, 繞らした, 越えた, 躍って, 離れて, 飛び越した

1 [222件] あなたは, いじくろうとして, いで, おかけに, おどり越え練兵場, おりたの, お作りに, お越しに, かためろ, かため長, かまへ, ぎくしゃくと, くぐり抜けもしや, くぐり抜け砂気, くずして, こえて, こしらえた, こしらえて, こしらえる任務, しつら, して, してない南方, してなかったので, しばし築いた, すかして, たてて, たてよ, つかまえて, つくり柵, つくる, つくろひぬ, つつみまるで, つらね, とおして, とび越えて, とび越え自分, とび越して, どり越え來, どり越え来て, はずして, はたと床, はなれけり, はなれて, はなれながら, はなれ右側, ひろげて, へだてて, へだてての, またごうと, まはつ, まわした番所, まわした薬園, まわし警固, みちに, むちゃくちゃに, めぐらしたお, めぐらしたり, めぐらした中, めぐらした中央, めぐらした場所, めぐらした家々, めぐらした小, めぐらした広, めぐらした広い, めぐらした廣, めぐらした校内, めぐらした校庭, めぐらした砂地, めぐらしました, めぐらしまた, もうけ塹壕, もって, やってないところ, ゆい廻し, ゆって, グルグルッと, 一小間ここに, 三段に, 乗り越えさっさと, 乗り越えては, 乗り越え汽車, 乗越して, 乘越し, 二度と結い直し, 二重三重に, 作り屋根, 作り関, 修理し, 内偵させた, 出た, 去る事, 取りはらって, 取払った, 叩きてたは, 回る驢馬, 壊したり, 外して, 廻らして, 廻らし危険, 廻らし異臭原上, 引しめる, 引抜き出した, 張りめぐらし, 打ちこわすなんて, 打ちつけた, 打ち木戸, 打ち破りまだ, 打破り井上五郎左衞門飯田左馬助等, 抜けて, 抜けました, 抜け出して, 押しあけて, 押し開けて, 押分け身体, 拵へ, 持ちあげて, 控えたの, 揺すぶって, 攀じ出ようと, 攀じ登って, 放れて, 施すだけの, 植え鹿柴, 植え鹿砦, 構えそれ, 構へ, 潜って, 潜つて來た, 潜つて來て, 潜つて来, 潜つて来た, 潜り抜けて, 潜り抜け芝草, 照らして, 留守に, 発展的に, 目がけ戦友, 眺めて, 眺めながら, 破つて, 破られたので, 破られて, 破れと, 破ッ, 突き倒しては, 突破し, 築いたこと, 築いたところ, 築き砲台, 組みまわして, 組んだり, 結いすべて高岡城, 結いたれど, 結いまわして, 結いまわし塹壕, 結いめぐらし鎗大砲, 結い哨兵, 結い廻し, 結い関所, 結ったり, 結った中, 結っても, 結っといたでもうこ, 結つて中央の, 結ひ, 結ひ廻し, 結びまた, 結び各人, 結び近郷, 結ぶ事, 結ぶ縄, 結わせかつ, 繞した, 繞せり, 脱け, 要しない, 見たいの, 見て, 設けた, 設けたりと, 設けて, 認めないほど, 超えた方, 超えるん, 越えこの, 越えたとき, 越えたの, 越えに, 越えようと, 越えること, 越えるの, 越える場所, 越える時, 越え役宅, 跨いで, 跳び越えて, 跳び越える, 跳躍し, 踏み破った, 踏んで, 蹴破って, 透して, 通した者, 通りすぎて, 通り城門, 通り抜けて, 造って, 過ぎると, 閉じさせて, 開いて, 開き拜殿, 開けて, 隔てて, 隔て門, 離れたなら足溜り, 飛び出した黒豚, 飛び越えた, 飛び越え立, 飛び越え通路, 飛び越して, 飛び越そうと, 馬蹄に

▼ 柵~ (111, 7.4%)

3 つかまって, 沿って 2 しがみついて, つないで, ぶつかって, よりかかりながら, 乾して, 攀じて, 沿うて, 登って

1 [89件] あった牛乳ビン, いた成田, いた頃, いつもと, おいた青黒い, かかった海草, かけ健二, かこまれ白樺, かじりついて, からだを, かわって, こう云っ, したの, して, しばしばぶつかった, し廻りつ逃げつ避けながら, せかれて, そうて, つながれて, つらなり, なって, はばまれて, はばめられたり, はりつけて, ひっかかって, ぶっつかって, ぶらさ, ぶらさげ川べり, よった彼, ゐる, 一番近い, 二人でも, 今いつまでも, 伸び上つて手に, 似た長い, 体が, 何方へも, 倚り, 倚りか, 倚れ, 倚凭つて眺めました, 入り込んで, 凭りかかつて, 凭れて, 凭れ同じ, 取り囲まれたヴィラ, 取附き通り過ぎる列車, 同族を, 囲まれて, 固く栓, 姿を, 打寄せ蛇籠, 押しつけました, 拠って, 拠つて見た, 捉って, 捉まっ, 攀じ登って, 日の丸を, 植える, 残った, 沿つてち, 沿つて右へ, 添って, 火が, 猿は, 生茂る群松, 登ったとは, 登った人, 登ること, 眼を, 立つて, 籠城し, 繋ぎ美女, 置き藤蔓, 腰かけて, 腰を, 荒木勢が, 葡萄の, 行きつまる, 近い所, 近き家, 近づいた, 逃げ込んだ, 隙間が, 飾られぬ, 馬乗りに, 黄いろい日, 鼻が

▼ 柵~ (89, 5.9%)

6 あって 4 ある, 結って 2 あつて, あり柵, めぐらされて, 私達の, 見える

1 [65件] あった, あったり, ありその, あり伊達家, あり寒く, あり小道, あるから, あるん, がらあきでた, じりじりと, せまくるしくなっ, そこの, その雨, たとい外面的, とりつけて, なく耕地, はずれな, まわされて, まわして, めぐらされ私, 作って, 作つてある, 倒れて, 出来暑, 十分高く, 取払, 古くなっ, 尽きると, 彼の, 徳川北畠の, 憎らしくなっ, 打って, 映されて, 朽ちツ, 焼けて, 生命の, 畑に, 破れるもの, 私たちの, 立ち, 立ち並んで, 立って, 終ろうと, 結つてある, 結つて錠が, 結ひ, 結われて, 繞らし, 見えるはず, 見え掘割, 見え旗差物, 見え次に, 設けて, 走る其向う, 近くに, 連なって, 道路と, 遠く見える, 遥か彼方に, 開くと, 闇に, 雪の下から, 静かに, 音を, 鮮やかに

▼ 柵~ (54, 3.6%)

4 の方 2 があり, の内, を通っ

1 [44件] からも陳武, から出払った, から早打ち, から母家下屋, から獄舎, がある, が大きく, が望まれた, で一度, で刺叉, で防がれ, という門, と番所小屋, には監視, に入り, に常備, に来, に馬, のそば, のない, の中, の内外, の前, の外, の番卒溜り, の辺, の際, へかかった, へ入っ, へ引っ返し, へ早馬, まで来た, もこえ, も館, をすぎ, を一巡, を三つ, を出, を固め, を建, を構築, を焼き立て, を突き破り, を通る

▼ 柵~ (47, 3.1%)

2 弟が

1 [45件] あちこち倒れ, いつ出来た, うちこわされ地面, がた, きびしいが, こうは, この六条柳町, これが, どけられて, なくて, ふみこえられて, スルスルと, 三十を, 井戸の, 今暁から, 何年も, 俺の, 六刻で, 几帳を, 叫んだが, 喉を, 土手と, 堀秀政と, 宗介を, 寸断され, 彼の, 必要か, 手薄です, 昔の, 朽ちかけて, 泉の, 活きて, 清川, 炭倉から, 物にでも, 現象的であった, 皆坊主に, 空き巣に, 突破され, 聞き耳を, 身顫いを, 返辞を, 閉まって, 顔を, 龕の

▼ 柵~ (35, 2.3%)

3 の方 2 のすぐ, を越え

1 [28件] から二つ峯, から出, が見えた, との間, に着いた, の上, の中, の内側, の内側全部, の前, の向側, の外, の方向, の裏手, の近く, はちっとも, へとまっすぐ, へ帰りつい, へ行く, へ近づい, までの傾斜面, まで進ん, もその, を攀じ越え, を脱走, を越える, を越し, を越す

▼ 柵~ (33, 2.2%)

4 に出

1 [29件] がことごとく, に事務所, に出た, に出で, に出る, に出ろ, に去れ, に山番, に整列, に現れ, に送らしめた, の佐久間, の佐久間信盛, の敵大久保隊, の木々, の爼板岩, の群衆, の警備, の道路, へと織田, への突出, へ出, へ掴み出され, へ突い, へ跳, へ駈け出よ, まで出迎え, を南, 開き迷路

▼ 柵~ (30, 2.0%)

1 [30件] からの銃火, から柵外, で金鼓, とに局限, にはいり, にはいる, には旗, には町長, に並び, に入り, に入りました, に囲っ, に帰っ, に流れ入る, に直立, に繁茂, に踏み入れ, に追込む, に逃げもどろう, に逃げ帰る, のミズクサ, の全, の味方, の接官亭, の砂, へしのび入る, へ池, を匍匐, を走り, を通り過ぎる

▼ 柵~ (27, 1.8%)

3 囲まれて

1 [24件] あつたら, かこまれ青銅, きちんと区, その下, めぐらして, 仕切られた中, 取り圍まれ, 囲った中庭, 囲った十尺四方, 囲った空地, 囲って, 囲つてそれへ, 囲まれたやや, 囲まれた六つ, 囲まれ黒木, 囲んだ所, 囲んで, 掲げて, 殺されて, 目を, 舞台を, 見て, 隔てられて, 隣の

▼ 柵~ (26, 1.7%)

2 かかって, 一緒に, 近づくや

1 [20件] かかったの, かかるな, しがみついた, その首, つくるの, もどった能登, 何んか, 奇襲し, 小便引っかけた, 帰って, 帰り将, 彼は, 或る, 手合図を, 敵軍を, 船が, 近づく女たち, 追いこむよう, 駆けこんで, 駒の

▼ 柵~ (26, 1.7%)

2 ない, ないので

1 [22件] あります, あるのに, あるん, とざされ粉, ない倉院, なく兵, なし手薄, なにかと, ひくい, 三ヵ所わかれわかれ, 二の, 位置を, 八ヶ所程, 出来て, 古く城壁, 学校の, 役人も, 無いまま, 突破され, 金網も, 門も, 閉まって

▼ 柵~ (25, 1.7%)

2 二人の

1 [23件] いかめしい門, した, なって, 中央の, 久田姫とは, 云ったが, 別に, 地形的に, 地雷とで, 塹壕が, 塹壕で, 塹濠過ぎ越え, 山際との, 慈悲の, 柵との, 柵の, 桜樹の, 櫻樹の, 池の, 激流が, 牧場とが, 紅い桜, 紅い櫻

▼ 柵から~ (19, 1.3%)

2 出して

1 [17件] こたえ吹きの, むなしく引返した, ナイフを, 一人の, 北国街道を, 台所口を, 外へ, 引き放して, 或いは屋根, 手を, 抜出して, 空地へ, 脱けう, 覗いて, 遠く出し, 銃声が, 首を

▼ 柵~ (17, 1.1%)

1 [17件] いら, 塀や, 壁で, 寨でない, 後三年, 敵の, 新しくかった, 木戸の, 矢倉を, 石垣や, 石門や, 砦が, 砦も, 蔵屋根の, 逆茂木に, 鉄砲に, 門に

▼ 柵~ (15, 1.0%)

1 [15件] から帰, との会見, と俺, にとり呪う, に好意, に就い, に起こった, に関するいろいろ, の事件, の令嬢, へは毎日毎夜, へ仇, へ別れ, へ行った, へ青幇

▼ 柵まで~ (14, 0.9%)

5 又門 1 お顔, どっと押し寄せる, 夜を, 奮進した, 押入られた, 来て, 走って, 踏ませずただ, 迎えに

▼ 柵~ (9, 0.6%)

2 まで約 1 には八幡神社, に通ずる, の八幡神社, は後三年, は金沢本町, への上り口, を雪

▼ 柵矢来~ (8, 0.5%)

1 が有りまし, が造りつけられ, に寄附, の処, の裏手, の隙間, を構うる, を離れ

▼ 柵にも~ (7, 0.5%)

3 たれて 1 たれ肋骨, ちゃうど, 囲まれて, 大葦原

▼ 柵越し~ (7, 0.5%)

2 に見る 1 に小米ざくら, に散歩道, に私, に話, に黒馬

▼ 柵~ (7, 0.5%)

1 から西谷, と相, に来り, に聚, の番所, まで来, を呼びまわった

▼ 柵~ (6, 0.4%)

1 から解任, の一員, の能登, の衆, らしい, をし

▼ 柵について~ (5, 0.3%)

1 そのほう, 先へ, 歩いて, 泥溝くさい, 進んで

▼ 柵ぎわ~ (4, 0.3%)

1 にジッ, へその, まで駈け下りた, を見渡した

▼ 柵には~ (4, 0.3%)

1 いなかった, 朝顔の, 錠の, 鎖が

▼ 柵みの~ (3, 0.2%)

3 なくば

▼ 柵を以て~ (3, 0.2%)

1 したの, 囲む, 囲めるを

▼ 柵~ (3, 0.2%)

2 右手の 1 にもまた

▼ 柵頼格之進~ (3, 0.2%)

1 という武士, には妙子, は海上

▼ 柵あり~ (2, 0.1%)

1 あっちこっちに, 壕あり

▼ 柵~ (2, 0.1%)

1 て塞き, て女

▼ 柵です~ (2, 0.1%)

1 いつもは, から

▼ 柵でも~ (2, 0.1%)

1 宿場でも, 構えて

▼ 柵という~ (2, 0.1%)

1 柵の, 柵門という

▼ 柵とに~ (2, 0.1%)

1 囲まれた広い, 拠って

▼ 柵との~ (2, 0.1%)

1 間から, 間には

▼ 柵などが~ (2, 0.1%)

1 できて, まだ依然として残つて

▼ 柵によ~ (2, 0.1%)

1 ぢ登らう, つた彼を

▼ 柵~ (2, 0.1%)

1 の木戸, の砦

▼ 柵前左手桜~ (2, 0.1%)

2 の下あたり

▼ 柵嚴設~ (2, 0.1%)

2 常有人持兵守衞

▼ 柵址踏査~ (2, 0.1%)

1 に出かけた, の旅程

▼ 柵~ (2, 0.1%)

1 の出, 後道子

▼ 柵尽き~ (2, 0.1%)

2 て下

▼ 柵山二等兵~ (2, 0.1%)

1 の未亡人, を斬殺

▼ 柵明し~ (2, 0.1%)

1 麥の, 麦の

▼ 柵~ (2, 0.1%)

1 が十四年前, は天帝

▼ 柵~ (2, 0.1%)

1 持兵守衞法俗嚴峻, 持兵守衞爲法甚嚴

▼ 柵空地奥~ (2, 0.1%)

2 の新しい

▼ 柵鉄也~ (2, 0.1%)

1 が上海, と書い

▼ 柵~ (2, 0.1%)

1 にした, にする

▼1* [95件]

あたりで異様, 柵あれより外, 柵かなどのように, 柵かを設けて, 柵がまはし, 柵ぐらいはすぐに, 柵こそはお前の, 柵しにその, 柵こそと知る, 柵さえもない, 柵すら破れなかった, 柵そのものも兵, 柵のを, 柵だの馬の, 柵だろうが死体, 柵ちょっと寝室と, 柵つくらせぬ白菊の, 柵であったけれどその, 柵である韻律という, 柵とが見えた, 柵とについてはなくては, 柵とは龕の, 柵とも格檣とも, 柵とをかわるがわる睨み, 柵のか, 柵なぞをこの駅, 柵などは限りある, 柵なども見える, 柵などをおつくり, 柵なりをかけて, 柵なんか造ったって, 柵なんぞで流して, 柵にかけて乾かしても, 柵によってわずかに, 柵により掛らねば, 柵ばかり啄つい, 柵へなんか書いて, 柵へは一里に, 柵までの間は, 柵みたいな物, 柵むように夥多しく赤蜻蛉, 柵やら矢倉が, 柵より波濤を, 柵わきへ来る, 柵をがあんと, 柵だ真黒, 柵破レバ, 柵下赤坂の陣地, 柵の騷擾, 柵の柵, 柵二ノ柵三の木戸, 柵修庵方庵の順序, 柵のうごき, 柵内柵外の木々, 柵初枝と, 柵囲いの中, 柵の鼓, 柵塹壕陣門をかたく, 柵壁内の屯営, 柵多賀城のあった, 柵守能登ノ介, 柵寒し海苔の, 柵屋室父母兄弟異處, 柵山南条という二等兵, 柵の隅, 柵抔いふ意味を合点, 柵を持たしめた, 柵摺れに往きつ還りつ, 柵是非と待たれ, 柵をかつぎ, 柵本屋しき物倉外曲輪などの宏大, 柵柵眼を醒ませ, 柵になる, 柵沿ひの, 柵沿いにすぐ, 柵潮子さんという人, 柵片原町なる大, 柵甲州軍の黒, 柵の河岸, 柵白くこなた辺, 柵を醒ませ, 柵二柵まで, 柵ひたる井戸ひとつ, 柵結いたる井戸ひとつ銀杏の, 柵草紙の沒理想論, 柵の道, 柵の梢, 柵には桟橋, 柵にはやした, 柵門わきの警固所, 柵門内へいきなり, 柵門営舎の布置, 柵門馬小屋にいたる, 柵附きの浪板, 柵高札場が見えた