青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「洗~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~注文 注文~ ~注目 注目~ 泰~ 泳い~ 洋~ ~洋服 洋服~ ~洗
洗~
~洗っ 洗っ~ 洗濯~ 洞~ 津~ 津田~ 洪水~ 洲~ ~活動 活動~

「洗~」 2304, 25ppm, 4685位

▼ 洗~ (335, 14.5%)

6 晒しの, 立ての, 髮の 5 水を, 物を, 髮を 4 に行く 3 たての, に行, に行かう, に行つて, 張に, 桶を, 浄めて, 浚ひ, 顔を, 髪の

2 [25件] さへ, さらし, ながら, にし, に井戸端, に來, に出, に降りる, やうが, をする, 口を, 屋といふ, 度いと, 張りを, 洗濯女の, 淨めて, 濯ぎより, 着に, 立て, 顏を, 髪, 髪を, 髮が, 髮に, 鯉

1 [218件] あるいは蘭, い, お着, がけの, さつ, さらした, さらはれ, さること, すつかり片づけ, それから, それから炭酸水, それを, たり, つぎつぎに, つくづくと, つまり雜用工, てかく, てこの, てす, てむかひ, てものり, て一切, て上, て上りくれよ, て地獄, て奉れり, て待ち, て我, て然, て香油まみら, ながらお, ながらしみじみ, ながらどう, ながらもチロリ, ながら北, ながら半ば冗談, ながら厭, ながら呟いた, ながら富岡, ながら時男さん, ながら流れ, ながら涙, ながら独り言, ながら猶, ながら腹の中, ながら頭, などにまざまざ, にきた, にされました, にする, につれ, になつて, に一, に下り, に出された, に出る, に出掛ける, に家, に廻つて, に戸外, に日, に来る, に梯子段, に洗面所, に立つ, に立つた, に行きました, に行きます, に行つたの, に行つた二代目勘兵衞さん, に行つた途中, に階下, の式, の時, の水紅, の法, の法式, の金, は千駄木, は砂, は誰, ばかしし, ふんどし, または拭取ツ, もう一ぺん腰掛け, やがて腹, や童相撲, をし, を見物, タオルで, 上衣を, 中には, 久々うちの, 久々で, 乍らも, 了る, 代への, 僧徒は, 再びもと, 出しの, 化粧する, 古して, 囲炉裡に, 場かとも, 場が, 場で, 場にを, 場は, 場を, 女に, 小さい方, 屋が, 屋で, 屋に, 屋にか, 屋の, 島田の, 常に家, 弟子は, 張と, 張の, 張りした, 張りだの, 心を, 息も, 懷紙を, 拔かれた, 掃除を, 方の, 日本間へ, 時, 晒しや, 晒白し, 朝酒に, 楼上に, 死屍を, 殘した, 水で, 水辺緑蔭の, 洒し, 浄めそれを, 浄めた, 浄めつ, 浄めね, 浄められ慰められ, 浚つて行つた, 浮世の, 淨むれ, 淨めず, 淨めてから, 淨められた, 淨め給ふべき, 清むべし, 渠等と共に, 渫ひ言う, 滌ぎ布を以て, 瀬に, 烏賊の, 状に, 畢つた時枯葉の, 番茶で, 病院服の, 白らけた平常衣の, 盃に, 目見る, 眉毛を, 眞白な, 真白な, 眼を, 着物の, 立てし, 立てたり, 立の, 筆洗ふ, 簪の, 米か, 細い血管, 終つた刀の, 終つてこれから, 終つてその, 縫ひ畳んだ, 美麗の, 自ら切る, 舞鶴城の, 舵も, 花に, 芸者の, 茎もろともにほど, 茶を, 落し元の, 落し去る, 落し小松屋へ, 落し最後に, 落し疣尻卷に, 落し結局比例の, 蘿を, 衣の, 衣ゆき, 辨当行李を, 道具をは, 野に, 面を, 順次に, 頭を, 顔拭き, 食事にか, 食堂へ, 首陽山に, 香油を, 髪お, 髪が, 髪しづく, 髪のと, 髮で, 髮洗ひ, 髯を, 鯉に, 鼻も

▼ 洗つて~ (286, 12.4%)

10 ゐた 8 ゐる 7 ゐると 5 も洗つて 4 ゐました, 居ると 3 出直して, 居る, 来た, 来て, 見るが, 見れば

2 [26件] いつた茄子, お呉れ, から可, しまつ, もらつて, も落ちない, も落ちません, やつて, やらなければ, やる, ゐたが, ゐたの, ゐるとか, ゐるの, ゐる水, ゐる間, 出て, 居たの, 居ますよ, 居ります, 居るの, 干して, 拭いて, 持つて, 来なさい, 行くの

1 [178件] あります, ありますか, ありますし, ある, あるから, ある自分, いただくの, いつたトマト, いつた月, いらつし, おあがり, おあがりなされ, おくれと, おやん, お互に, から廊下, から流れ, から繃帶, から茲, から近所, くださいました, くれたり, こんな細々, さあ, さてその, さてと向き直ります, その上念入り, その名文, その女, その房, その水門, たしなみの, とがめられた, ないだろう, ないので, にたにたと, はつ, は乾し, まづい, まづ酒客, まるで新しい, もう服, もしみ, もふく, もら, もらひながら, もらひ度, もらふ, もらふの, も年, も心, も洗, も消えない, も落ちる, やつたクリスト, やるから, やるだらう, やると, やるの, やるので, やるん, やる爺さん婆さん, ゆかう, よ, る奧方, ゐたお, ゐたという, ゐたので, ゐたひとりもの, ゐたらしい女中, ゐた三十前後, ゐた小柄, ゐた男, ゐた赤い, ゐた頃, ゐた鷄介, ゐないし, ゐないばかり, ゐなければ, ゐねえこと, ゐよう, ゐるうち, ゐるお, ゐるでは, ゐるところ, ゐるもの, ゐる主婦, ゐる事, ゐる傍, ゐる千曲川, ゐる卓一, ゐる姿, ゐる平次, ゐる年輩, ゐる時, ゐる暇, ゐる松さん, ゐる波, ゐる由兵衛奴, ゐる男, ゐる直吉, ゐる良人, ゐる若い, ゐる裸婦, ゐる馬來人, 一寸舞台, 下すつたの, 乾ききつ, 乾し上げた肌衣, 出かけました, 出直せ, 出直せ身装, 又姿見, 召しあがれよ, 吸取紙, 呉れたり, 呉れるであらう, 大きな欅, 居た, 居たぢ, 居たと, 居た手, 居た日, 居た田池, 居た筈, 居ました, 居るうち, 居るお, 居るところ, 居る女, 居る時, 居る浴客, 居る畑, 居る處, 干すあす, 戻つて, 持つてつ, 時々それ, 来いと, 来たらしい栗毛, 来た信吾, 来ない, 来なさいよ, 来ました二度, 来ますよ, 来るかな, 流しの, 漬ける, 生たま, 直ぐ行く, 磨いて, 終に小, 置いたん, 置きたい, 置きましたが, 置くから, 置けさうな, 置け洗, 行く水, 被來, 被来い, 見せて, 見て, 見なきや, 見ました, 見ようか, 見るそれ, 見ると, 見る氣, 見ろあの, 見ろ一ぺん, 遣る, 遣る子供等, 遣れ, 飛出した, 飛出して, 飛出します, 食べて

▼ 洗~ (227, 9.9%)

10 やうに 8 のです 7 が如く 5 のは, やうな 4 大根を 3 ことに, のである, 水が, 沖つ, 間も

2 [15件] に委せ, のが, のだ, 女あり, 女西行, 時にも, 水に, 爲に, 白波の, 童女あり, 肉親の, 許り, 雨の, 音, 飯を

1 [143件] いや身心, がよい, が如き, が如し, ぐらゐのことはあらうか, ことが, ことにな, ことの, だけの話, と云, と見た, な, なよ, なよ風呂, にたる, にはそれだけ, には必ず, にぽ, にもすべて皆これ, にも十分, にも食事, にやあらむ, によろしく, に彰, のか, のさ, のぢゃ, のでした, のも, のを, は仏教, は旅, は象徴, ばかりなり, ばかりにいたく, ふりを, ほどの騷ぎで, ほど流せ, まで, むろん腹, やら大騒ぎ, をみる, を見, を見た, を見る, カルナーロ近き, ガリリアーノ川の, 一杯頭, 事が, 事で, 事も, 事を, 井戸辺に, 人形は, 代りに, 傳説の, 其の婦, 冬光無し雑木, 前でも, 前に, 前には, 口も, 可き, 器具を, 場所とては, 外は, 女の, 女帶細く, 娘かな, 子と, 子もが, 寒いので, 山が, 岸を, 工夫も, 左の, 市内鬪爭, 後, 所山腹に, 手が, 手に, 手も, 手を, 指が, 時に, 時にのみ, 時や, 時ツルリと, 時初めて, 暗闘を, 曇洗つても, 木蔭の, 村娘を, 様なる, 気持に, 水を, 水際に, 波の, 波を, 波紋が, 流しの, 浅緑色も, 浪の, 涙に, 涙口惜し, 涙平次は, 清水かな, 湯も, 湯を, 溪川の, 潮の, 為に, 為めに, 為めにと, 爲の, 用水堀夏に, 田打かな, 甲板の, 番に, 神ぞ, 程に, 積りで, 老若の, 者も, 船中留り, 血の, 裸体むらがる, 資格すら, 赤児が, 邪魔に, 間傍に, 隙が, 隙の, 隙は, 隙も, 音が, 音でも, 音ばかり, 音や, 音引開けよう, 音漸く, 響を, 黒潮に

▼ 洗~ (73, 3.2%)

14 てくれ 6 てくれた 4 てしまふ 3 たりし, てくれる 2 たりした, たりする, ている

1 [37件] たま, たりしない, たりもした, たり其の, たり医者, たり土瓶, たり坂の下, たり外食, たり家, たり干し, たり庭, たり拭い, たり毛屑, たり湯浴み, たり焼, たり白粉, たり着せ, たり破れた, たり縫, たり茶, たり貝, ちやいけない, ちやゐない, ちや惡から, てい, ていた, ていただい, ておいた, てくる, てくれたら, てしまひ, てしまひました, てみろ, てやり, てよく, て下され, て頂きませう

▼ 洗~ (69, 3.0%)

5 ないの 3 うと, せながら, ねば 2 う, うか, せたり, せましたが, ないのよ, ないやう, なきや

1 [41件] うかと思, うにも, ざる, ざる可から, ざる手に, した, しむべし, せた, せたが, せた結果, せました, せません, せられたり, せると, せ田圃, で病, ないこと, ないでをが, ないと, ないので, ない不精さ, ない先, ない奴, ない狸, なかった, なかつたぢ, なかつた證據, なくちや, なくては, なくとも, なければ, ばや, むも心うし, るる馬車, れなければ, れるとき, れるの, れるもの, れる三日月, れる人間意志, れん

▼ 洗はれ~ (69, 3.0%)

8 てゐる 64 てゐた 2 てゐ, て人, て居ります, ながら

1 [43件] そこへ, たり, たり汽車, てさ, てすべすべ, てたと, てぢ, てやがて, てをり, てジョーヌ, て仕舞, て伏せ, て冷え込んだ, て咲いた, て土, て小園, て山痩, て底, て既にもう, て柄, て深淵, て真, て石, て秋, て空, て空気, て窪ん, て紅葉, て耗つた, て萬斛, て見渡す, て顏, て飛び出す, ながらも血脂, ながら加茂川, ながら愉快, ながら溶け, にけり, 夕べの, 屍体は, 有酸石鹸, 樹は, 風に

▼ 洗つた~ (58, 2.5%)

5 やうな, やうに 3 と見え, ばかりで 2 か大, ことだらう, ことは, と言, ばかりのところ

1 [32件] がさて, が惡いか, ことを, そして昼, だけで, だけであつ, つもりだらう, といつ, といふの, とき何にか, ところである, ところを, と聞いた, に違げ, のでせう, ばかり, ばかりだ, ばかりなん, ばかりの, ばかりの房, ばかりの所, ばかりの部屋, ばかりらしい, までで, ものか, ものが, ものだつた, ものに, んだ, んです, 流る, 白い水

▼ 洗吉さん~ (47, 2.0%)

2 のお, はお

1 [43件] がこ, がやがて, が使, が使つてお出で, が口, が外, が帰つて, が気, が試験, が鳥打帽子, とが送つ, と御, と話した, にはその, に気兼, に相手, に言, のもの, の事, の汽車, はいつも, はこの, はまだこれから, は一人, は先, は六畳, は半ば, は子供, は家, は御, は恥し, は新橋, は椅子, は泣く, は眠さうな, は絵はがき, は脇, は試験, は釣手, は障子, は青木さん, もどこ, を起した

▼ 洗はれた~ (40, 1.7%)

7 やうな 5 やうに 3 あなたの 2 手入の

1 [23件] のが, ものと, ものの, 塀の, 太陽が, 巌その間を, 彼の, 彼女は, 後の, 感じが, 月夜である, 町の, 白い村, 矢竹が, 立春の, 花の, 蔦の, 跡などの, 道の, 青空が, 青草を, 顏には, 顔は

▼ 洗~ (38, 1.6%)

7 を受け 4 を受けた 2 の盤, をうけ, を行

1 [21件] あるべし, となり, なるに, により, に拍車, の事, の水, も奪, も濟ん, をうけざりし, をうけざる, をうけしか, を以て淨化, を受, を受けざり, を受けざる, を受けし, を受けず, を受けたる, を受けました, を授

▼ 洗~ (29, 1.3%)

42 ば浅き, 洗へ

1 [21件] すべてを, ず包帯, ないわね, ない大好き, ぬもの, ばもとの, ばよう肥えとる, ば何時でも, ば合はせる, ば品川で, ば心戯けたくなれり, ば白く, ば飯田町の, ます, ません, ませんでした, り清, り真青, 妻蝦蛄の, 洗ひ落せ, 花の

▼ 洗~ (29, 1.3%)

4 の風

1 [25件] がかつて, したもの, して, しても, するので, する者, せぬ地方, であったか, ということ, とかいう事, と称する, と近接, なるもの, にした, に由来, に関しては石垣島測候所長, の事, の事実, の後, の習俗, の葬儀, はやはり, をする, を境, を行

▼ 洗~ (26, 1.1%)

2 がある, の方

1 [22件] がこ, がここ, で恭, で洗濯物, で滑っ, に一面, に横たわっ, に歩み寄っ, に行ったら, のうしろ, の屋根, の帰り, の流, の石, の石段, へお, へ持っ, へ行く, へ行っ, まで行っ, や野菜洗, をごしごし

▼ 洗ひざら~ (25, 1.1%)

2 ひ調べ拔

1 [23件] ひくれるなら話, ひして, ひしや, ひ何, ひ叩きつけて, ひ喋べつ, ひ姉さま, ひ富岡, ひ持つて, ひ探し拔, ひ探つて見てくれ, ひ支店長さん, ひ楽屋, ひ海, ひ無くなつちやつた, ひ縁側, ひ言, ひ言つて, ひ訊いて, ひ語つて, ひ買, ひ身うち, ゐ喋つてしまつて

▼ 洗へば~ (22, 1.0%)

2 洗ふ, 紫の

1 [18件] きれいに, その脚本, ボロが, 一つの, 人形の, 他人同士の, 凝りて, 夜が, 大根いよいよ, 後へ, 梢に, 清水に, 獏の, 竜胆の, 落ちるもの, 襁褓の, 身體を, 飯も

▼ 洗ひ落し~ (21, 0.9%)

2 て元

1 [19件] てきた, てさ, てし, てしまひました, てはある, てやる, てゆツくり, てよ俺, てゐる, て下さいました, て了, て仕舞, て半歳餘, て吉田屋, て戻る, て更に, て束ねる, て雨, ながら思

▼ 洗耳房~ (20, 0.9%)

1 [20件] で見た, というの, なの, には七, に一空さま, に出入り, に建て増し, のこと, のため, の子供たち, の小, の小母さん, の禅僧一空, の餓鬼ども, へあつまっ, へ参ろう, へ帰っ, へ遊び場, を出, を建て増し

▼ 洗ひざ~ (17, 0.7%)

11 らしの 1 らした單衣もの, らした料理屋橋本, らした木綿縞, らした紺, らした薄汚い, らして

▼ 洗~ (17, 0.7%)

2 する水音

1 [15件] がすむ, が濟むと二人, でもあれ, でもし, などし, はみな此処, や何, をお, をさせる, をし, をする, をするで, をつけ, を井戸端, を手伝っ

▼ 洗ふと~ (13, 0.6%)

1 [13件] いいわ, いふの, いふふう, 却つて疑はれる, 和菓子を, 帳場から, 店先で, 思つた, 思ふなかれ, 簡単に, 言ふ, 鞘に, 鬢を

▼ 洗つたの~ (12, 0.5%)

31 がお, だ, だつた, だらうよ, でございます, はどう, は一應, は幽, よ

▼ 洗つて來~ (12, 0.5%)

2 ると 1 た, た信吾, た八五郎, た言, て髮, ました, ましてよ, る, るかな, るん

▼ 洗ひ流し~ (11, 0.5%)

2 てしまふ 1 ついでに, てくる, てしまへ, てでもくれる, てもらひたい, てゐる, て浴室, て盛り, て直ぐ

▼ 洗大尉~ (11, 0.5%)

1 [11件] がその後, が飛ぶ, だった, どの井筒副長どの, の奴, の肩, は二人, は二十分, は傍, は探偵小説, は笑い

▼ 洗はせ~ (10, 0.4%)

1 てから着物, てまた, てゐた, てをります, て下さいました, て今夜此處, て此室, て瓦斯, て貰, て連れ

▼ 洗ふこ~ (10, 0.4%)

1 とさ, とすら知らない, との六, とは蘭軒, ともしなかつた, ともない, とも一つ, とやら朝, と一日十度, と二三度

▼ 洗晒し~ (10, 0.4%)

4 の筒袖 2 だつたけど 1 の伊予絣, の双子, の浴衣, の白手拭

▼ 洗~ (9, 0.4%)

1 ために, 二字なり, 井戸で, 出来るもの, 役目に, 時の, 池も, 習慣を, 行われた貴重

▼ 洗はず~ (9, 0.4%)

1 にお, には居られない, にまだ, にゐる, に佐久間町, に盥, に近所, 或は之, 露蹴散らし

▼ 洗ひ清め~ (9, 0.4%)

3 てゐる 1 て別間, て封印, て月, ながら磨滅, 仏の, 夜遲くまで

▼ 洗ひ落した~ (9, 0.4%)

1 がまた, といふ順序, と言, ばかりで, やうな, 素肌の, 跡とも, 跡まで, 頃よく

▼ 洗~ (9, 0.4%)

1 たり髪, て, ていた, ている, てしまッ, てやろう, て何, て持ッ, て朝飯

▼ 洗錬された~ (9, 0.4%)

1 マナーも, 作家, 江戸ツ子の, 江戸風の, 状態に, 趣味と, 趣味の, 趣味を, 風俗や

▼ 洗ひも~ (8, 0.3%)

1 しないで, せずざくざく, せずに, せず吸, せぬ殼, てれば, の迄すませ, 拭きも

▼ 洗~ (8, 0.3%)

2 を経た 1 これだけに, との美, に役立つ, の足らざる, を経ない, を見せ

▼ 洗~ (7, 0.3%)

1 そして仏教, てたちまち, て世, て農業, 場に, 得たるの, 戈に

▼ 洗ひ流す~ (7, 0.3%)

1 ことが, そして一杯ひつ, つもりで, に特別多量, やうな, ゆつくり飲ん, 隙は

▼ 洗ひ落す~ (7, 0.3%)

1 かする, が, には如何, のが, 序に, 特殊な, 種牛の

▼ 洗~ (7, 0.3%)

1 して, し乳香, し参らせたりと, の施行, の設け, を少し, を罪悪

▼ 洗ひたる~ (6, 0.3%)

2 麻布を 1 ほどさ, ものは, 石の, 秋の

▼ 洗ひ流された~ (6, 0.3%)

2 のだらう, 路面に 1 ま, やうに

▼ 洗張り~ (6, 0.3%)

1 させし, に糊, をし, をした, をしなけれ, を思いついた

▼ 洗~ (6, 0.3%)

1 のよう, までが除魔力, も除魔力, や悪臭, を后, を飲ませ

▼ 洗~ (6, 0.3%)

1 があり, がある, で洗濯, と一二枚, のところ, ほどもある

▼ 洗~ (6, 0.3%)

1 には一箸, に箸, も選ばれた, や水貝, をたべる, をつきつけられた

▼ 洗~ (5, 0.2%)

1 れて, 出来て, 出来ぬという, 出来るという, 近いので

▼ 洗する~ (5, 0.2%)

2 の必要を 1 ことに, には眠る, に足る

▼ 洗つてやつ~ (5, 0.2%)

21 たりした, たりする, ている

▼ 洗はむ~ (5, 0.2%)

1 か, と西, 人も, 心, 朝と

▼ 洗ひか~ (5, 0.2%)

3 へし 1 けしに, 何か

▼ 洗ひし~ (5, 0.2%)

1 娘も, 時の, 水を, 水桶の, 青薄茂きが中の

▼ 洗ひ出し~ (5, 0.2%)

1 てみませう, て見, て見てくれ, て見る, ながら柘榴口

▼ 洗ひ去られ~ (5, 0.2%)

1 その記憶, て, てゐる, て恐ろしい, て石川

▼ 洗ひ曝し~ (5, 0.2%)

1 と中形, の單衣, の袷, の襦袢, の鐵道工夫

▼ 洗ふが如き~ (5, 0.2%)

1 中より, 孤剣の, 状態を以て, 赤貧の, 骨肉相剋を

▼ 洗より~ (5, 0.2%)

2 大阪へ 1 大分なる, 近づくごとし, 郷土訪問飛行の

▼ 洗~ (5, 0.2%)

2 して 1 つかわせると, 許さなかったが, 許したところ

▼ 洗~ (5, 0.2%)

1 からはがき, つまらないもの, はもう, は勉強, は来ない

▼ 洗~ (5, 0.2%)

1 が出来, でもする, と騒ぎ, にやつ, をした

▼ 洗~ (5, 0.2%)

2 をした 1 されながら, の液, を繰り返した

▼ 洗つたやうに~ (4, 0.2%)

3 なつた 1 なつた境内

▼ 洗つてそれ~ (4, 0.2%)

1 から円い, から顏, をすつかり乾かす, を火

▼ 洗つてら~ (4, 0.2%)

4 つし

▼ 洗はん~ (4, 0.2%)

1 としたる, とする, とてゆく, とて行く

▼ 洗ひあげた~ (4, 0.2%)

2 やうな 1 江戸情緒とは, 籠などを

▼ 洗ひた~ (4, 0.2%)

3 まふ 1 まひき

▼ 洗ひたい~ (4, 0.2%)

1 がお前, といふ考, と思つて, わ

▼ 洗ひと~ (4, 0.2%)

1 いふこと, は妙, 称し従来, 遣つた

▼ 洗ひました~ (4, 0.2%)

1 が, が手, ので草臥, よ一人

▼ 洗ひ去り~ (4, 0.2%)

1 て遂に, 氣を, 水が, 難い重い罪

▼ 洗ひ流され~ (4, 0.2%)

2 てゐた 1 てし, て野茨

▼ 洗ひ終る~ (4, 0.2%)

1 とすぐ, と初瀬, と店先, と連れ

▼ 洗ふか~ (4, 0.2%)

2 と思へ 1 がやかし, と許

▼ 洗ふため~ (4, 0.2%)

1 に, に彼, に最後, に裏庭

▼ 洗へよ~ (4, 0.2%)

4 洗へ

▼ 洗~ (4, 0.2%)

1 としゃべった, はやせた, は云った, は真面目

▼ 洗手台~ (4, 0.2%)

1 から導い, で支えね, の栓, の水

▼ 洗手盥~ (4, 0.2%)

1 は唯一, も金盥, を使つた後, を持て来

▼ 洗~ (4, 0.2%)

1 から火の粉, などが綺麗, やをよくよく, を卸し持つた

▼ 洗~ (4, 0.2%)

21 の, を終つて

▼ 洗~ (4, 0.2%)

1 にしたくなります, のお, の凄, を肩

▼ 洗つた上~ (3, 0.1%)

1 で何, に肌, に香水

▼ 洗つた跡~ (3, 0.1%)

1 もある, もない, を

▼ 洗つて了~ (3, 0.1%)

2 ふまでに 1 ひますからね

▼ 洗~ (3, 0.1%)

1 称し農業及副業, 稱へ, 言ふ

▼ 洗ひき~ (3, 0.1%)

2 よめるやう 1 よめる

▼ 洗ひもの~ (3, 0.1%)

2 をし 1 も掃除

▼ 洗ひ出した~ (3, 0.1%)

3 やうな

▼ 洗ひ去つた~ (3, 0.1%)

3 樣に

▼ 洗ひ去る~ (3, 0.1%)

1 ための, 事能は, 譯に

▼ 洗ひ晒せし~ (3, 0.1%)

2 さば 1 さばさばの

▼ 洗ひ清めた~ (3, 0.1%)

1 のです, 所で, 時は

▼ 洗ひ清められ~ (3, 0.1%)

1 てゐた, て寒々, て居ります

▼ 洗ふとき~ (3, 0.1%)

1 がある, に兩手, 手で

▼ 洗ふところ~ (3, 0.1%)

1 であり家庭用の, などを見た, をやられた

▼ 洗ふべく~ (3, 0.1%)

1 候, 静かに, 靜かに

▼ 洗へと~ (3, 0.1%)

2 いはれて 1 いふこと

▼ 洗へる~ (3, 0.1%)

1 やう, わよ, 潮流の

▼ 洗~ (3, 0.1%)

1 なんの, ほかの, もう用

▼ 洗出された~ (3, 0.1%)

2 木目の 1 時代の

▼ 洗~ (3, 0.1%)

1 などいう, などいう腐った, などいふ腐つた

▼ 洗~ (3, 0.1%)

2 しの 1 したの

▼ 洗禮者~ (3, 0.1%)

2 との間 1 を曠野

▼ 洗身場~ (3, 0.1%)

3 だなと

▼ 洗錬され~ (3, 0.1%)

1 てい, てもいる, 無限に

▼ 洗~ (3, 0.1%)

1 である, であれみな, を越え

▼ 洗~ (2, 0.1%)

1 抱えるばかりに, 遊ばして

▼ 洗され~ (2, 0.1%)

1 て, ていた

▼ 洗つた事~ (2, 0.1%)

1 のない, は無い

▼ 洗つた青菜~ (2, 0.1%)

1 は地べた, を積みあげ

▼ 洗つて二階~ (2, 0.1%)

1 へお, へ戻る

▼ 洗つて冠~ (2, 0.1%)

1 る様, る樣

▼ 洗つて家~ (2, 0.1%)

1 にはひる, の中

▼ 洗つて髪~ (2, 0.1%)

1 を梳い, を結つた時

▼ 洗~ (2, 0.1%)

1 机の, 蒸籠で

▼ 洗はう~ (2, 0.1%)

1 として, と思つて湯殿

▼ 洗はれたる~ (2, 0.1%)

1 エレヂイの, 低き岩根

▼ 洗はれる~ (2, 0.1%)

1 やうな, やうに

▼ 洗ひかけた~ (2, 0.1%)

1 女が, 水には

▼ 洗ひし如く~ (2, 0.1%)

1 猶ほ, 痕な

▼ 洗ひま~ (2, 0.1%)

1 でさせられ, でも仕ねえ

▼ 洗ひ上げ~ (2, 0.1%)

1 て來, て見せた

▼ 洗ひ出しました~ (2, 0.1%)

1 がこれ, よ

▼ 洗ひ切れない~ (2, 0.1%)

1 んでせう, 汚涜

▼ 洗ひ去つ~ (2, 0.1%)

1 てた, て居る

▼ 洗ひ去られる~ (2, 0.1%)

1 からそこ, と鮎

▼ 洗ひ居る~ (2, 0.1%)

2 流れかな

▼ 洗ひ晒した~ (2, 0.1%)

1 やうな, 澁染めの

▼ 洗ひ曝した~ (2, 0.1%)

1 仕事衣を, 松坂縞丹誠一つで

▼ 洗ひ流した~ (2, 0.1%)

1 漆喰場を, 理髪も

▼ 洗ひ清める~ (2, 0.1%)

1 のである, 暇も

▼ 洗ひ立てる~ (2, 0.1%)

1 と罪, 気は

▼ 洗ひ終り~ (2, 0.1%)

1 て少女, て王妃

▼ 洗ふた~ (2, 0.1%)

1 が好い, びごとにいよいよ白く

▼ 洗ふて~ (2, 0.1%)

2 も消え

▼ 洗ふも~ (2, 0.1%)

1 のあれ, 善を

▼ 洗ふわ~ (2, 0.1%)

2 が涙

▼ 洗~ (2, 0.1%)

1 はない, ひ浄め

▼ 洗~ (2, 0.1%)

1 て, て残れる

▼ 洗~ (2, 0.1%)

1 てゐる, て片付ける

▼ 洗~ (2, 0.1%)

1 月と, 月とは

▼ 洗~ (2, 0.1%)

1 の敲, の木目

▼ 洗~ (2, 0.1%)

1 あが, あは

▼ 洗小町~ (2, 0.1%)

1 の構図, はいわば

▼ 洗~ (2, 0.1%)

1 の前, 済んで

▼ 洗~ (2, 0.1%)

1 の浴衣, を着た

▼ 洗水盤~ (2, 0.1%)

1 の中, の石

▼ 洗流し~ (2, 0.1%)

1 その枝, 式の

▼ 洗~ (2, 0.1%)

2 しの

▼ 洗清められ~ (2, 0.1%)

2 てゐる

▼ 洗禮所~ (2, 0.1%)

1 との間, に洗禮

▼ 洗禮者ヨハネ~ (2, 0.1%)

1 の像, より起る

▼ 洗~ (2, 0.1%)

1 をし, をする

▼ 洗~ (2, 0.1%)

1 の三人, を持つ

▼ 洗錬する~ (2, 0.1%)

1 のは, 革命の

▼ 洗馬氏~ (2, 0.1%)

1 が長く, の

▼1* [299件]

時つる, 洗いざあッと, 洗いたし度ものに, 洗いっこしようよ, 洗おうじやない, 洗かせ草を, 洗ぎて火遠理, 洗ぎ湯の中, 洗ぐのは水臭い, 洗された頭の, 洗ざらした手拭地, 洗しっくらを, 洗しようというお, 洗せぬ乞丐的の, 洗せねばならぬ, 洗せられ良人の, 洗せんとする, 洗ように, 洗つたあとのやう, 洗つたすりばちを伏せ, 洗つたためしがあります, 洗つたら此處へ, 洗つたらうお前の, 洗つたわ旅館の, 洗つた仕事衣が干, 洗つた天狗小僧が無事, 洗つた奴だ, 洗つた平次は井戸端, 洗つた後でも無い, 洗つた徳利が一本, 洗つた敬君に理髪, 洗つた枝枝のやう, 洗つた様な月, 洗つた樣子もありません, 洗つた水が少し, 洗つた洗濯物を取り入れた, 洗つた洗面器とシヤボン, 洗つた浮世の波, 洗つた淺黒い生, 洗つた物をかけ, 洗つた着物の血, 洗つた足の指, 洗つた鍋と手桶, 洗つた鱶の頭, 洗つておいでよ, 洗つてきれいな井戸水, 洗つてごま化したの, 洗つてさへくれ, 洗つてざつと血を流した, 洗つてしまつた後にはきつ, 洗つてしまつてからも私, 洗つてもとの床, 洗つてゆつくりするが, 洗つてキリシトの例, 洗つてコンロにかけた, 洗つてサツパリして, 洗つてヒョッと顔, 洗つてホヲリの命, 洗つて一昨夜の跡, 洗つて一緒に食卓, 洗つて丁寧に拭き込んだ, 洗つて久しぶりで下町, 洗つて了つてゐたけれども, 洗つて事務員となつ, 洗つて井戸端の盥, 洗つて今度こそは堅氣, 洗つて今日は大原, 洗つて今日張板に張つて, 洗つて会はう, 洗つて何んの手掛り, 洗つて何処へか運ん, 洗つて何時までも使, 洗つて其玉蜀黍を括つ, 洗つて堅氣の商, 洗つて塗箸を差置いた, 洗つて大人になつ, 洗つて奧へ通される, 洗つて姉を悦ばせた, 洗つて寝床に入りました, 洗つて寢亂れた姿, 洗つて導かる, 洗つて己が師僧さん, 洗つて平常着に着, 洗つて幾松の荷物, 洗つて座敷にあ, 洗つて引上げようかな, 洗つて張つて縫ひ直した事, 洗つて復た二階, 洗つて徳次が一人, 洗つて戸棚に仕舞, 洗つて押入から白い, 洗つて拭巾で拭いた, 洗つて朝の食事, 洗つて椎茸をきつ, 洗つて毒を落し, 洗つて洋服にきかえ, 洗つて洗ひぬいたやう, 洗つて洗滌の用意, 洗つて流しの向う, 洗つて浄化した, 洗つて火の上, 洗つて炉端を囲んだ, 洗つて熱茶一杯に酒, 洗つて燕女と夫婦, 洗つて用意の藥, 洗つて病院に歸つた, 洗つて着換へると, 洗つて着物まで換, 洗つて祖父はこつ, 洗つて秋風がそれ, 洗つて竿にかけた, 洗つて紅筆にした, 洗つて納戸へ戻り, 洗つて紙屑拾ひでも何, 洗つて素人となる, 洗つて結婚したもの, 洗つて綺麗に拭き取る, 洗つて縁に近く晩, 洗つて縁側に八五郎, 洗つて繕つて, 洗つて胡粉を落した, 洗つて自分の行李, 洗つて自動車の來, 洗つて荒物屋の亭主, 洗つて行ひ濟, 洗つて裏から上る, 洗つて貰つた時の事, 洗つて貰ふつもりで部屋, 洗つて赤井主水に差しました, 洗つて身支度をし, 洗つて軒下へ干し, 洗つて近所の衆, 洗つて部屋に通る, 洗つて都会へ出, 洗つて酒の匂ひも, 洗つて鈴賣りに, 洗つて鍋蓋を倒, 洗つて長湯をした, 洗つて階下の漬物倉, 洗つて階段を下り, 洗つて鞘に納め, 洗つて食堂で遅い, 洗つて香川を招, 洗つて香油をつけた, 洗つて髮を結つた時, 洗つて鹽氣を取除く, 洗つとくれんか, 洗てなはんネ, 洗ともいうん, 洗ぃやなぃ, 洗しようか, 洗にもいたこと, 洗はず寢亂れた恰好, 洗はず昨夜の泥, 洗はせることに, 洗はれしわが身を, 洗はれ改まつて赤子の, 洗はれ火照る程沁みる, 洗ひあげておく, 洗ひあげたる汝が, 洗ひかけほす白妙の, 洗ひがみの脊, 洗ひきよめてもと, 洗ひけす波波, 洗ひざれてはげちよろけ, 洗ひざれた竪縞の, 洗ひたがらないし汚, 洗ひだした, 洗ひだのがごたごた, 洗ひつつよしと, 洗ひであり麓川の, 洗ひと言ひます, 洗ひなさいまし私が, 洗ひならば三獻, 洗ひぬ内蒙, 洗ひぬいたやうな, 洗ひぬれたタオルで, 洗ひのこすや臍, 洗ひはじめて東京, 洗ひはじめたものさ, 洗ひはじめるのであつ, 洗ひますべよ, 洗ひませんよ, 洗ひやすか, 洗ひ上げた上見事娘に, 洗ひ上げられた娘達の, 洗ひ上げ秘し隱し, 洗ひ出されて巖壁, 洗ひ出されたやうに, 洗ひ出されるのが, 洗ひ出したつた三日の, 洗ひ出す必要が, 洗ひ切ることが, 洗ひ去つた様に, 洗ひ去られた様に, 洗ひ始めたのです, 洗ひ始めましたが大方, 洗ひ干す籬を, 洗ひ張り御仕立物, 洗ひ棄てたのである, 洗ひ流さうと一直線, 洗ひ流されるので, 洗ひ清まつたやうな, 洗ひ清めずにはゐられなかつた, 洗ひ清められたばかりの花, 洗ひ清められるであらう, 洗ひ濯がれたるため其と, 洗ひ直しましたが, 洗ひ立てて家財沒收, 洗ひ終つたら愈々洗濯, 洗ひ給うた故に御衣, 洗ひ落さうとしました, 洗ひ落されてゐた, 洗ひ落されるんだ, 洗ひ落したいとまで思はれ, 洗ひ落すべく湯屋へまで, 洗ふお由良も, 洗ふか風呂桶の中, 洗ふごとく子らぞ, 洗ふさまに, 洗ふため水の染ん, 洗ふつもりで急いで, 洗ふて云ったか, 洗ふて居る大きな川, 洗ふでもなく, 洗ふといつたが, 洗ふともう家には, 洗ふと直ぐ床の間に, 洗ふべき建物は, 洗ふらしく痩せた頬が, 洗ふんですわ, 洗ふんだつてばよ, 洗ふ乾いた手水盥の, 洗ふ如くに夜, 洗ふ落ちついて朝飯, 洗ふ見れば冬, 洗へど去らずそら豆, 洗へりしかど空しく, 洗まで五人の, 洗て川波, 洗ものをかかえ, 洗らい上げられたかと, 洗れた手を, 洗ろうてもわて食えます, 洗わし申して, 洗われもしない, 洗ッていらッしゃいまし, 洗然ル後, 洗ヒ飯ヲタベ七時半ニ学校へ行キ, 洗ヲ見, 洗フベシ其脆ク淡味香佳ナリ酢, 洗下げ髪を見せ, 洗兒詩に人, 洗を行った, 洗凝脂と云う, 洗出しのく, 洗する等, 洗去られしものなら, 洗吉さまにお, 洗地蔵というの, 洗坂下であつ, 洗の片隅, 洗婆あと云うの, 洗小町雨乞小町などといふいは, 洗屋敷を思はせる, 洗などという画家, 洗川村あり, 洗張り賃仕事ぢや貢ぎきれまい, 洗張物などについては商売がら私, 洗と雅懐, 洗心殿にはいっ, 洗手場に持て, 洗手池畔の六地蔵, 洗指盆の中, 洗で底光り, 洗湯ナリ, 洗晒した筒袖の, 洗曝しでメリヤス, 洗の水, 洗槽元へ洗い物, 洗中櫛, 洗の清水, 洗水盥で洗, 洗の日かげ, 洗浴衣服もて身, 洗涼月高懸赤道山, 洗淨嚴飾に怠れ, 洗で掃除, 洗禮堂の二個, 洗者思想の高上者, 洗良日の國歸, 洗落しでもいい, 洗錬されないせいで, 洗革胴の一つ, 洗の點, 洗飛行場に参集, 洗飛行連隊だ, 洗ささ, 洗鱗畫伯逝いて