青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「染め~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

果たして~ 果て~ 果物~ ~枝 枝~ ~柄 柄~ 柏~ 某~ 染~
染め~
柔~ ~柱 柱~ ~柳 柳~ 柴~ 柵~ 柿~ 栄~ 栄二~

「染め~」 1215, 12ppm, 9049位

▼ 染め~ (646, 53.2%)

59 いた 27 いる 17 いるの 11 ゐた 8 ゐる 5 ある, 居た 4 いるが, それを, やるの, 居る 3 あった, いたが, いたの, いるだけ, 俯向いた, 居ります, 居るの, 斑, 笑ひ, 行く

2 [26件] いた眩しい, いった, いましたが, いるため, いるという, いるので, うき木綿袷, きた, くやしも, しまう, し花の木, ゆく, より全然と, ゐるの, 倒れて, 居りますが, 戸外へ, 机の, 来た, 眼を, 縁談を, 自分の, 苦笑し, 襟元へ, 西の, 見せるの

1 [416件] あげませう, あって, あとで, あら, ありました, ありましたね, あります, ありますが, あるし, あるじゃござんせんか, あるやつ, あるウデ蛸, ある仮名文字, ある寝巻, ある片仮名, ある稽古本入れ, いうの, いたこと, いたころ, いたし, いたじゃ, いたその, いたであろう, いたに, いたにも, いたので, いた千鶴子, いた夕陽, いた大火光, いた岐良牟草のむらさき花, いた火事, いた焦生, いた頃, いつも生やし, いないの, いなかった, いのち, いました, いますの, いらっしゃると, いらっしゃるので, いらっしゃる方, いるうち, いるお, いるから, いるころ, いるその, いるでは, いるところ, いるのに, いるもの, いるよう, いる一点, いる上品, いる今松, いる伊之助, いる六月, いる処, いる叫喚地獄, いる夕日, いる夕焼け, いる夕陽, いる幽, いる彼, いる所, いる昔ふう, いる春日, いる昼間, いる景色, いる源十, いる澄んだ日, いる素子, いる胡麻塩天窓, いる菊路, いる薄墨, いる血, いる陽, いる鮮血, いろいろに, うつくしさ, おいたか, おいでですが, おめかしを, おられること, おります, おりますが, お側に, お光さん, かの流れ, からだは, き, きたの, きれいな, くるのに, くれ, くれたの, くれた靴, くれぬかと, くれん, ここに, ここにも, こときれると, これが, これを, ござったか, ござるらしい, さながら如来智, さもいい, しきりと, しきりにうなずい, しずむ, しまいました, しまうだけ, しまうの, しまった, しまったそう, しまったり, しまって, しまつ, しみじみと, すくむかと, すぐ披露, そうして姉さん, その上, それから先方, ちら, ちらちらと, どこかで, なおもひろがっ, ながれる, にじむも, はかない冬, はずかしがる, ひそかに, ふだんから, ふるいつくよう, ほしいの, ほっとなった, ほとほとと, まし, また涙, また箸, まるで噴き出す, みたいと, みたり, みようという, む, むこうの, もみたり, もらいました, もらおうと, やらう, やろうじゃ, ゆきました, ゆく掠り傷, ゆらぎ出でぬ, ようやくその, よそへ, よろめきながら, ゐたので, ゐないと, ゐました, ゐら, ゐること, ゐるところ, ゐるわけ, ゐる廣小路, ゐる春さき, ゐる時, ゐる許, ゐる赤黒い, ゐれば, クッキリと, シーツを, ジヤンパーみたいな, ダマ織り, ニヤリと, ホーッと, 一たんは, 一抹悲憤の, 丁度私, 三千五百石の, 上部の, 下さい, 下さるやう, 下には, 下の, 下屋敷へ, 下町ふうの, 不忍, 中に, 九官鳥に, 五寸四方位の, 五彩の, 井伊が, 人来る, 人橋架け, 今更の, 今松, 仰向, 伏した夕べ, 伝わりそう, 何か, 例の, 俯伏せに, 俯向い, 俯向きます, 其の総て, 冬の, 出て, 出で, 出るの, 切り合うこと, 博士に, 取ぬまでも, 右手に, 吾妻川へ, 呉れと, 呶鳴った, 嘲笑された, 土蔵の, 地に, 垂らしたという, 売ったしごきを, 売り侍るなり, 夏姿ながら, 夕景もっとも, 夕焼けの, 夜もすがらな, 大きい口, 大威張りでした, 夫に, 失敗し, 姑らしい, 娘とも, 娘の, 婚約の, 嫁に, 嬌笑するであろう, 宇田川町まで, 宛も, 家の, 密と, 寿江子が, 小児の, 少しばかり, 少し早口, 就せ, 居りましたが, 居るでは, 屋形船の, 峰から, 左手を, 巻かれた小, 帰つてくる, 常に身辺, 影が, 後世安穏を, 微笑した, 微風に, 恋煩いで, 恋煩いを, 恥じ入った, 悔しい藍紫, 悠々然として, 悦んで, 悶絶し, 惨たる, 惨めな, 戀患ひ, 我に, 手前の, 掛けた一軒, 掛けた光景, 掛けられたよう, 揚るの, 断末魔の, 斯いふ, 日入りぬ, 日本人は, 明い中, 春を, 時間に, 晴れ渡って, 暗は, 暴れ狂ふ, 更に其の, 最後には, 木々の, 末代の, 朱に, 来たらしい鉄漿, 根がけに, 横たわって, 橋板の, 死んで, 残らず雲助, 気おくれ, 氷上に, 江戸へ, 沈みました, 沈むなり, 法華経を, 泣くに, 流れ出す血, 浅く圧, 浮かれだしサロン, 深き恵み, 深く心, 滝太郎は, 漸く自分等, 潤った眼睫, 激しい感投詞, 濃淡の, 炎々と, 無言で, 焼刃, 燃えあこがるる魂, 玉の, 王様に, 理不尽にも, 生血が, 田植えの, 登って, 白い布団, 白の, 白抜きで, 直すの, 眉毛を, 真赤な, 着せて, 着られるという, 砂塵が, 租税を, 稍, 窮迫と, 立ち混, 笑った, 笑ふ, 答えましたが, 納戸縞の, 紛れも, 細かに, 縫って, 織って, 織る方, 罪も, 羞恥ながら, 羞恥の, 背中に, 腕つ, 舞台の, 船から, 草花の, 落ちるが, 蕋に, 薔薇色の, 血潮の, 行き静か, 行くの, 行く景色, 行った, 行つた, 見えて, 見えなくなったの, 見せた, 見た, 見たが, 見たの, 見ようと, 見るとか, 見る代り, 親類中の, 角隱し, 貰って, 貰つて賑やかな, 貰ひ, 貰ひたいと, 貰ひたい今日こそ, 赤い夕日, 赤くした, 赤瓦の, 走ったかと, 足の, 近づいて, 返らぬ黒人, 迫りましたので, 遊んだ, 重に, 野に, 金色に, 釜の, 銀河の, 長い廊下, 間もなくその, 闇の, 闘へば, 降らしめ, 降りつづける, 隣の, 雀が, 雑草の, 雪子の, 韓紅, 音なき, 飛び散つて, 飛んで, 飽きたらず摧, 高らに, 高知にも, 髪と, 魂は, 黄昏の, 黒き蕨縄, 黒縮緬の, 黙って

▼ 染め~ (99, 8.1%)

5 技術も 4 麻の 3 単衣, 為の 2 おしりが, 爲の, 狩衣に, 袴を

1 [76件] あった時代, かんばんを, くちびるへ, こげるほどにも, ことも, の尖り, ひもが, やうに, ように, ダブダブの, 三尺手拭い帯に, 上着を, 交通遮断機が, 六尺帯を, 几帳を, 半股引, 原料である, 古ぼけたので, 古板, 向うを, 單衣の, 場さ, 大きな桃, 女と, 宮の, 小袖に, 小袖の, 小袖も, 工夫に, 布に, 布の, 布を, 帷子葛布の, 扇が, 手拭などを, 手拭を, 手織り木綿が, 技術に, 振袖の, 振袖を, 揃ひ, 暖簾を, 更紗の, 更紗布を, 最初は, 木綿陣羽織に, 材料であります, 桜の, 棺神の, 毛織の, 法衣に, 注文を, 浴衣を, 独楽だ, 着物の, 着附を, 籠手を, 米沢平乾ける, 絹房の, 織物を, 美しいから, 美女が, 職人が, 色は, 色をも, 色深く, 蒲團の, 薄小袖, 袖, 袷か, 裳を, 遮断機が, 長き振袖, 革が, 風呂敷を, 騎手の

▼ 染めながら~ (52, 4.3%)

2 ツツと, 皿の

1 [48件] うつむき勝ち, ここを, それを, そろりそろりと, ちよつと, のろのろと, やってきた, ソルボンヌの, ニッコリと, ハンドバッグの, 一列に, 両手で, 他の, 伏目勝ちに, 会釈を, 兎の, 口ごもったので, 大きな瞬き, 嬉気に, 小家ばかりの, 店に, 庭の, 怯みなく, 恥じに, 振り払った, 棧敷の, 消えも, 煙草を, 犬の, 登るとも, 白粉の, 目を, 目近き, 相前後, 眼を, 私を, 窪地の, 答えました, 紅筆とっ, 落日の, 親父に, 言った, 言って, 言つた, 訊いた, 逃げて, 逃げるよう, 長いレーキ

▼ 染め~ (33, 2.7%)

3 けり 2 して, なって

1 [26件] けれ, した, したもの, したよう, した小学生, すること, なったこと, なった紺, なった青い, ならないの, ならんよう, なりながら, なりますか, なるの, なれば, なろうと, やった羽織, やると, 使う灰, 出すの, 暮れかかる, 染め上げたの, 浮かせる起き上つて支度, 特色が, 相違なく, 遣った羽織

▼ 染めたり~ (21, 1.7%)

2 して, する, 眉を

1 [15件] した, しは, しました, するだろうぼく, とつぜんに, 床の, 思い切って, 描いたり, 紺木綿の, 縫い物を, 羽を, 色を, 芭蕉の, 裁ったり, 高い鼻

▼ 染め~ (12, 1.0%)

4 擣ち, 裁ち縫 1 叩き染めの, 板ジメ染めなど, 織りの, 裁ち縫いが

▼ 染め~ (11, 0.9%)

1 [11件] あった, できないので, はげて, 利いて, 剥げて, 容易な, 展観され, 悪く色, 見られたりは, 違わあ, 難かしいため

▼ 染め~ (8, 0.7%)

1 して, 一枚看板に, 出の, 受けつけませんが, 注文した, 用いたもの, 見ること, 許さなかったそれ以前

▼ 染め~ (8, 0.7%)

1 なぞを娘, の束, の色, をほぐしほぐし, を両手, を乾し, を乾す, を白い

▼ 染めたる~ (7, 0.6%)

1 おなじ扮装, 幔幕を, 旗一旒に, 暖簾の, 胴裏の, 草むしろ, 袋を

▼ 染めても~ (7, 0.6%)

1 あゝ吾, すこしも不思議, ゐないん, 似合う年紀, 兵部少, 床屋の, 秋の

▼ 染め~ (7, 0.6%)

3 いて 1 いたの, いた手拭, かれた海老, かれて

▼ 染め木綿~ (7, 0.6%)

1 が十二本, でない事, の単, の幡, の類, をつかうた, を垂

▼ 染めてから~ (6, 0.5%)

1 てっぺんから, 暫く經つた, 機に, 海に, 窓の, 葦の

▼ 染め~ (6, 0.5%)

1 くる, ヒロポンが, 出來, 化学染料などの, 散らした中, 暮るる

▼ 染め~ (6, 0.5%)

1 いろいろの, して, 努めて, 普通, 正藍, 茜染めも

▼ 染めその~ (5, 0.4%)

1 うしろの, 毒に, 炯々たる, 芳香は, 隙に

▼ 染めつつ~ (5, 0.4%)

1 あるところ, お米, 両手で, 群り, 銀五郎もう

▼ 染めては~ (5, 0.4%)

1 いたものの, いるが, ならぬ, ならんただ, なるまい

▼ 染めまた~ (5, 0.4%)

1 その色, はげしい息切れ, 倶に, 桟橋の, 白シャツに

▼ 染め漿~ (5, 0.4%)

3 の処置 2 の處置

▼ 染めそして~ (4, 0.3%)

1 いつまでも, もっとぶよぶよした, 着るわたしたち, 縫って

▼ 染めなし~ (4, 0.3%)

1 たお方, たり川くま, ている, 余光は

▼ 染め~ (4, 0.3%)

4 が汁

▼ 染め~ (3, 0.2%)

1 えナア, え塗り, へたお

▼ 染めかへ~ (3, 0.2%)

1 いたします, さんは, られようとして

▼ 染め~ (3, 0.2%)

1 てある, は誰の, 夕榮の

▼ 染めそれ~ (3, 0.2%)

1 が線, が部屋隅, を用いたらしい

▼ 染め~ (3, 0.2%)

1 いま, のである, ば萱

▼ 染め~ (3, 0.2%)

1 でお, と名, の手

▼ 染め~ (3, 0.2%)

1 が紋切型, が行われ, も極めて

▼ 染め~ (3, 0.2%)

1 をいろいろ, を取出した, を用い

▼ 染めある~ (2, 0.2%)

1 ものは, 時は

▼ 染めかへて~ (2, 0.2%)

1 くれました, 白い毛

▼ 染め~ (2, 0.2%)

1 したのよ, した波

▼ 染めしみじみ~ (2, 0.2%)

2 と昔

▼ 染めそこで~ (2, 0.2%)

2 人を

▼ 染め~ (2, 0.2%)

1 からこの, しその

▼ 染めついで~ (2, 0.2%)

2 其金色の

▼ 染めつけ~ (2, 0.2%)

2 の皿

▼ 染めてこそ~ (2, 0.2%)

1 着め, 著まく

▼ 染めてぞ~ (2, 0.2%)

2 燃ゆる

▼ 染め~ (2, 0.2%)

1 はじけと, 織りと

▼ 染めぬいた~ (2, 0.2%)

1 夢の, 物々しげ

▼ 染め~ (2, 0.2%)

1 唯ふとした, 本当の

▼ 染めやすい~ (2, 0.2%)

1 ためまた, 人造藍を

▼ 染めらしい~ (2, 0.2%)

2 狩衣に

▼ 染め~ (2, 0.2%)

2 には刺青

▼ 染め乍ら~ (2, 0.2%)

1 話す, 軽く

▼ 染め~ (2, 0.2%)

2 の眼

▼ 染め~ (2, 0.2%)

1 でし楓, で給

▼ 染め呼吸~ (2, 0.2%)

1 をはげしく, をフッ

▼ 染め~ (2, 0.2%)

1 えしの染物店, えを

▼ 染め更に~ (2, 0.2%)

1 それを, 飄として

▼ 染め~ (2, 0.2%)

2

▼ 染め~ (2, 0.2%)

1 の大, の袖

▼ 染め~ (2, 0.2%)

2

▼1* [168件]

染めあがる品も, 染めいでよ花の, 染めいまだ着ずして, 染めかむ, 染めかさねてももみじ衣, 染めきつね一匹をまるごと, 染めけむ花すみれ, 染めけむごと伐り口, 染めけんかつは, 染めこれをエビ染め, 染めさえなくば, 染めさわやかな声, 染めすんでのこと, 染めそうな色, 染めそよ風はムルデ, 染めそれからそっと俯, 染めたつてといふ, 染めたらりと下った, 染めたりと言はんより, 染めちがえは染, 染めちょび髭をぴくぴく, 染めつけぬ玉虫ひめし, 染めつなぎ動物のからだ一面, 染めてからのおもいでを, 染めてやがったか, 染めてよと君が, 染めて迄かばって, 染めであったと思う, 染めであるごとくに見なし, 染めとはやまとでも, 染めどこかへ逃げかくれだした, 染めなすってお召, 染めなす秋風の神格化, 染めなす色の遍く, 染めなど絵と, 染めなどに筆を, 染めなどは一種の, 染めにくくまた見, 染めには紅が, 染めにも鼻の, 染めぬかれてあります, 染めはねあたしが, 染めへたでもじ, 染めまだ乾ききらず血, 染めみだれひと筋ございまし, 染め白き鳩われ, 染めむねがひ, 染めむらと尺, 染めむ料にせん, 染めもし見染められも, 染めやうとした, 染めようにも髯, 染めよりはその色, 染めオモチャの笛, 染めシネコダックの撮影, 染め一枚のハンケチ, 染め万吉もポッ, 染め三尺あるまいがな, 染め上つて來るの, 染め下地になつ, 染め中庭の一部, 染め乍ら女は顔, 染め乍ら輕く, 染めの下, 染め二人の女, 染めの三方, 染めは三円, 染めが可笑しい, 染めずや, 染めが赤き, 染めされつつ, 染めと眼, 染め其上にて字, 染め出だし涼しき風, 染めの鞘, 染め初春の着物, 染めへし, 染め去年築地河岸海軍原に於, 染め又は金属で, 染めなりの成功, 染め可笑しい程派手, 染め合ったお糸翫之丞, 染め同時に正成も, 染め周旋人のゴロー, 染め土瓶の大いなる, 染めへて赤鬼, 染め夏霧を籠め, 染め女二人を代る, 染めの明星, 染めても覚め, 染めは蜀江, 染め幔幕を染め, 染めをひたし, 染めには藥, 染め微風はムルデ, 染め恋煩いをし, 染め恥らいのまなざし, 染め戀患ひまでして, 染めも小売商人, 染め手紙に添え, 染め手綱に萠黄, 染め折半小作人や請作人, 染め抜きを見る, 染めを染めた, 染めになるべき, 染めらしいもの, 染め新しい日章旗を, 染め明け暮れ双紙などを集め, 染め春の支度に忙し, 染め是非妾にしたい, 染めは早くから, 染め未だ万地の, 染め未熟な詩心, 染め板の間にひろがっ, 染め棺黄染めの棺神, 染め模樣が何, 染めの黯黒, 染め残した式幕で, 染め江戸褄模様に翻れ, 染め波頭を赤, 染め湿ぢむ今日の, 染め澁染の衣, 染めを投げ, 染め無双仕立にし, 染め爾来四年間に, 染めを輝かし, 染め相合傘の姿, 染めを落とし, 染めを捨, 染めを綜, 染め絶叫がつづく, 染め羽白羽のとがり, 染め婦人の, 染めも新, 染めを透し, 染め風草樹を, 染めまで卷い, 染め色紙の吹雪, 染め花火の青い, 染め苑内のあり, 染め若者の姿, 染めとなった, 染め行末とも亡き, 染めに沈みかかっ, 染め西半面の空, 染め諸方の客舎, 染めに彩り, 染め赤い髯を, 染めを踏みかえ, 染め足元をふらつかせ, 染め遊ばされ候, 染め遊ばしてどれ, 染め運転手が驚き, 染め遠く南の, 染め鍾馗を画きたる, 染めを鍛え, 染めを朝晩, 染め闇空を映す, 染め附けられてゐ, 染め難し洋夷の, 染めは濃く, 染めや柑子革, 染めれば, 染め飾り持ち来ったの, 染め馴れ染めた仲で, 染めにつける, 染め黄金の色燦, 染め鼻下に髭