青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「某~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~果して 果して~ 果たして~ 果て~ 果物~ ~枝 枝~ ~柄 柄~ 柏~
某~
染~ 染め~ 柔~ ~柱 柱~ ~柳 柳~ 柴~ 柵~ 柿~

「某~」 2480, 25ppm, 4744位

▼ 某~ (502, 20.2%)

9 家に 4 家の 3 ために, 妻なり, 妻に, 妻の, 家は, 家へ, 年の, 許に, 首を

2 [44件] もとに, 上人が, 世話に, 利益を, 刻みし墓上, 友人の, 名が, 地所に, 地方に, 地面に, 女房, 女房が, 女房で, 如きも, 如くわが, 妾に, 子持ちの, 安物では, 家で, 家には, 屋敷の, 年某の, 弟は, 所へ, 手に, 故宅, 方より, 時代某の, 月に, 月日に, 歳は, 用人本郷三丁目から, 皮剥事件が, 社に, 老中が, 芝居狂言も, 花と, 花とを, 親は, 許へ, 論文は, 遺族か, 邸に, 銅像の

1 [374件] あやまちでござる, うそとは, おはこの, お店, ことを, この決心, これを, ごときは, ごときもの, ごとき和声, ごとき対位法, して, ひじり, ほか宮に, または村, まだ書生, ナントカ嬢に, メカケだっ, 一人娘お, 一字だけ, 一存にて, 一座が, 七十頭某の, 世話で, 乗りました舟, 九十頭など, 乳母だ, 乳母だった, 事某の, 事物には, 二十頭けさ某の, 二名は, 五人が, 井其の, 亜流で, 介抱を, 伝を, 伯爵殿の, 作だ, 作という, 作る所, 作品を, 供述を, 侯爵に, 俳優の, 傑作が, 兄弟たちも, 公卿の, 兵法を, 処に, 処置は, 出現によって, 判で, 別墅にて, 到着致します, 力に, 卑しいところ, 友人であった, 叔父に, 口より, 可愛い許婚, 名も, 名を, 名儀, 名刺が, 告白によって, 呼吸を, 命は, 品を, 四人に関する, 四十分の一であり, 四十頭を, 四句の, 國に, 地には, 地方の, 地点に, 報告によって, 報告を, 売立会で, 夏, 夢枕に, 大名屋敷の, 大臣が, 大臣の, 大阪風の, 夫人が, 夫人も, 失踪といふ, 奔走で, 奥の手でござる, 女であった, 女である, 女と, 女を, 女婿と, 好む所, 好意に対して, 如きは, 如き濫淫, 如き身分, 如何せ, 妹でござる, 妹を, 妻, 妻だった, 妻で, 妻である, 妻と, 妻という, 妻京に, 妻君が, 妻女であった, 妾宅, 妾腹に, 姓は, 姓名百城月丸とは, 姿を, 娘だった, 娘であった, 娘と, 娘は, 娘香折も, 婢と, 婢に, 媒人で, 媒酌にて, 嫡子で, 子で, 子に, 子も, 子を, 子敬三郎, 子龍, 学資金は, 宅で, 宅に, 守の, 定義にしか, 実子幾人あり, 実見である, 客であった, 室に, 宮其おつきの, 宮様に, 宮殿下の, 宴を, 家あり, 家では, 家と, 家より, 家庭に, 家稲毛某の, 家野島某の, 富豪が, 小松島園あり, 小説は, 少納言の, 居と, 居宅の, 居所を, 屋敷で, 山里草ぶかき, 崩した姿, 帝の, 幟を, 年に, 年月日に, 年榛軒は, 年正月十六日に, 年齢は, 幽霊も, 幽魂なり, 座敷へ, 弟と, 弟に, 弟同苗兵三郎と, 弟君という, 弟子で, 彫刻など, 役を, 彼を, 待合かと, 従者として, 心を, 念頭に, 思い出とともに, 息子が, 息子の, 悲痛な, 惨殺され居りたる, 意も, 意全く, 愛するそ, 態度といふ, 戯曲は, 所から, 所有せる, 批評を, 技芸を, 持地である, 指図を, 捕縛号外, 描いた一枚繪, 描いた龍, 文章も, 新聞の, 方が, 方で, 方に, 方の, 方へ, 方角に, 日あたかも, 日に, 日を以て, 日恰も, 日東京府下の, 日柄杓が, 時代, 智慧が, 曰ひし, 書く批評, 書と, 書の, 曾て, 月の, 月今や, 服装なる, 木と, 木の, 末孫である, 末孫何の, 村に, 村落まで, 東北徒歩旅行は, 検事調書に, 楼観に, 横暴な, 橋を, 次女お, 歳多紀, 死を, 母に, 母は, 気持が, 氣某, 氣行はる, 注意に, 流儀は, 浪宅, 海には, 灯心行商が, 無礼を, 父が, 父の, 父を, 父元就四万騎をもって, 父母なる, 片耳を, 物の, 物若干を, 獄死越智脩吉清水政吉の, 獣類と, 率る, 申したるたった, 申した女, 町が, 画家が, 畑某の, 疵は, 病気にて, 盟友同志でござる, 監禁され, 目的は, 直話を, 眼には, 知つてゐる, 知己友人でござる, 硬骨とは, 社の, 神社の, 章に, 策, 筵にて, 紹介で, 縁者で, 繪師が, 美術学校へ, 美術學校へ, 老人から, 老師加治木玄白斎が, 老母, 老船長, 考えは, 職を, 腹の中へも, 舎弟新九郎と, 英雄たる, 草とを, 著しく衰弱, 著わ, 著述では, 蔵する所, 處に, 衣服は, 襟首を, 親も, 言に, 言によって, 言語に, 記する, 許婚, 許婚冷泉小枝と, 詐欺も, 話に, 話相手として, 語は, 説に, 説は, 誰なる, 談に, 談話の, 謀書として, 議員買収に, 議員買收に, 議論と, 議論是は, 谷と, 豪族の, 財産は, 貴公子この, 貴夫人, 貴婦人あはれがり, 貴族が, 賓客衆でござる, 身の, 身代は, 身内の, 身分を, 辻某の, 近傍には, 迷夢は, 連なり奴護摩灰なら, 運が, 過ちと, 過言では, 遺吟, 遺子たちを, 邸へ, 邸内に, 邸宅の, 邸辺りを, 部落は, 醜悪見る, 金子を, 銅像除幕式を, 鋳物工場であった, 鑄物工場で, 門に, 門へでも, 閑宅であった, 院で, 院の, 陳述, 陳述書を, 集に, 集より, 青銭, 面目は, 頭を, 顔を, 養子たらしめた, 館に

▼ 某~ (252, 10.2%)

3

2 [15件] それを, ただ主命, 偉い奴, 十六頭殺した, 十四頭を, 即時に, 口を, 大分酒気を, 左様には, 彼者と, 犢十頭を, 茶事の, 茶山が, 運命の, 香木を

1 [219件] あの最中, あまり意外, ある県立学校, あれほど, あわてて, いやこれ, おれの, お見逃し, かくいっ, かくの, かつて湖広, かねて, この土地, この技術家, この辺, これを, これ等の, ごく意地悪, さすがに, そう観, そのお, その失言, その耳, その該博, その間の, その頃, それから, それが, それでも土地, なかなかの, ひとり君前に, へまな, もと加茂の, エライ学者だ, エライ學者だ, オクタンの, ソヴェート政府と, マリア夫人の, 一人の, 一論文を, 三ヶ年濃, 三日も, 三郎兵衛の, 三郎進の, 上野の, 不思議に, 世に益, 世を, 中尉で, 九州に, 事後の, 五階に, 京極殿の, 仙波へ, 住んで, 佐分利五郎次でござる, 何だい紙幣に, 何の, 何も, 何を, 何尺何寸と, 何貫と, 使者という, 例の, 侯たるべし, 保證金を, 信州上田, 信州上田の, 信州上田在, 傲然と, 僕を, 元来三百俵の, 元治元年昌造が, 先妻が, 先月信玄公御, 八郎太殿に, 公たるべし, 六条院の, 六角堂に, 兵道を以て, 初めの, 前夜の, 匿名の, 十万石の, 十五万石の, 十六年に, 十日ばかり, 千住の, 千浪の, 又道連, 反故を, 反逆人だ, 受けた物, 古我判事, 只主命, 只今即刻にても, 同宗, 同番地先, 周馬の, 四國の, 国許の, 多数少壮士官を, 大いにわが輩, 大米, 大阪及紀州に, 天下の, 女でも, 威公若く, 學者で, 安心し, 家に, 将軍たるべし, 屁玉を, 岩下佐次, 左京の, 己が, 帝劇の, 帰らぬと, 帽子ばかり, 年四十を, 幼い詩人, 幼少の, 当家の, 当時の, 当時退隠, 当道場, 彼に対して, 彼の, 得こらえ, 御先代妙解院殿, 心中深く, 恐くは, 恩人が, 惜しい樹木, 慙謝し, 或は琴台, 戦いに, 打って, 承知せず, 拱州に, 数百名に, 文禄四, 斬られ囲い, 斬られ圍, 旅の, 旗本伊沢に, 既に没し, 日夜戦陣に, 日本における, 日本美術の, 春日新九郎殿, 暗然として, 月丸の, 月照なり, 机の, 東丘村, 某概念, 案内が, 榛軒に, 此要約は, 死体発見当時の, 殿下御, 気の毒な, 江戸詰めに, 法王殿下に対して, 浮舟に, 源氏くさい, 滑稽な, 片手を, 狐に, 生前懇意に, 申す, 百瀬秀人の, 相談し, 真先懸け, 神奈川で, 穴の, 翌朝早々に, 聚楽へは, 肩先より, 臨終に, 至つて無口でした, 英語を, 蘭軒に, 蘭軒の, 袴も, 襄を以て, 西郷吉之助, 誰某に, 讃州丸龜に, 貴下と, 貴公らと, 貴官, 賭博の, 足再び, 身を, 身動だに, 身寄タヨリの, 車屋の, 近江の, 遊女ながらも, 過去帳の, 過般来脚気症の, 都の, 酒井家の, 銀山平の, 関係人一同を, 関所を, 阿部の, 随分抗弁, 隣家から, 非常に, 鞠問を, 頻りに頭, 顫いあがっ, 養父の, 高坂弾正と, 魔王岳の, 鳥羽に

▼ 某~ (246, 9.9%)

6 方へ

2 [17件] ある, この地, しが, 世話を, 何を, 家の, 引き受けた, 志を, 政府の, 横死した, 武勇を, 母の, 無二, 自分の, 言に, 語りだした, 黄金を

1 [206件] あやまちを, ある時, いつた言葉, いて, いる, おこるときみたい, おひきうけ申した, お前の, お断り申せ, お馴染, かつてわたし, かつて呼吸器, きて, くる子宮脱, こ, ここに, この島, こんなこと, しは, し惡黨, し萬一病氣, すこぶる同家, その友人, その女, その髑髏盃, それぞれ囚人の, それを, たまたま匈奴, つないで, どうした, どんな人物, どんな婦人, どんな手術名人, なおも無理, ひとり呟く, むかし禅堂に, やって来て, やつて, やはりニヤニヤと, トルストイ伯を, 一番若く, 一等船客として, 下男は, 不肖なる, 不覚であった, 世に在りし, 乙某と, 九州の, 事前に, 二束三文で, 云った読者, 交された, 京都で, 人相書き, 今日にわかに, 今日の, 代って, 伏見奉行へ, 伝えたなどと, 何, 何村の, 作ったかを, 作って, 信濃国諏訪の, 俳優中村鴈治郎を, 倒れも, 倒れるか, 偶ま, 先生の, 刀は, 別室へ, 利章の, 前に, 副業に, 勝つで, 参りました日頃其許, 受けまする, 同じやう, 同じよう, 名は, 名も, 噂したる, 四十一口の, 土間隅に, 城を, 執り成して, 塩原の, 外人に, 夜十二時過ぎ室を, 夜更け, 大連を, 大阪から, 天理を, 天誅を, 夫妻で, 奉公仕りし, 女房を, 如何なる問題, 媒ち, 存ずるところ, 宗右衛門の, 宗右衛門町の, 宝珠の, 家に, 家を, 密, 小説の, 屋敷に, 屠腹を, 山に, 店の, 引受けました, 弱肩, 当の敵, 役儀にも, 彼女と, 御機嫌, 心に, 忍術を, 急に, 截り取, 戸板に, 所持し, 所用あっ, 手に, 手助けし, 扮した, 招きますから, 指図いたしましょう, 支那人式の, 收賄で, 政府に, 救済に, 日本内地から, 明に, 明応七年に, 明治二十年十月二十九日郵送せる, 最初の, 最高学府に, 本を, 本町辺の, 某女性, 某省の, 柱に, 柳原の, 次男也けり, 死にか, 死に某, 死ぬ前, 死んだ, 死んで, 死遅れ候迄, 殺されたの, 江戸町一丁目和泉屋平左衛門の, 注文し, 流れ汲む何, 浜松の, 浮かれ立つたるその, 湊川合戦の, 熊五郎の, 物凄い色懺悔, 生後二カ月の, 用事が, 痴話喧嘩に, 百メートルも, 百七十エエカアの, 相果てました, 相果て候今日, 相果候仔細, 県会議員常置委員たり, 真面目な, 石橋とは, 福沢の, 立ち高い, 縄を, 聞得所なり, 興味を以て, 英漢数学の, 薬屋の, 見えたので, 見張りますから, 親佐, 言いました, 訪ねて, 訪問し, 詰所に, 警部を, 負け通しだ, 貴殿の, 買い求め候香木, 買求め, 賭博に, 近くの, 通って, 連には, 過って, 避暑し, 邦枝史朗氏の, 鉄砲を, 銃猟免許を, 錢にて, 鐵砲風呂を, 阿部家に, 陳述した, 面接し, 鞘当て

▼ 某~ (172, 6.9%)

14 云ふ 5 云うもの, 云ふも 4 云う者 3 書いて 2 いうが, すると, 云う商店, 劉耽, 同一人, 呼んで, 書いた名刺, 王蘊が, 言ふ

1 [123件] あって, ある, あるところ, いえる正直一図, いえる老, いずれ華冑, いたしましては, いづれ華冑, いふが, いふわけ, いわれるよう, いわれる人物, かく秀吉, しようと, そっくりに, どんなけんか, なって, まだ若かっ, よばるるドクトル, よぶ御, よぶ武将, よべる韓人乱酒, リンコルン大統領を, 一座で, 一座に, 三人し, 二人きりでた, 二人とは, 云うた名, 云うゴム会社, 云う一時富山, 云う人, 云う医師, 云う名前, 云う学生, 云う川, 云う庵, 云う彼, 云う料理店, 云う港町, 云う科学者, 云う納所, 云う網元, 云う老人, 云う若旦那, 云う薬剤師, 云う記録係, 云って, 云つて師岡氏は, 云つて根は, 云ひ, 五百と, 人を, 仲がよ, 仲違いまで, 会ったこと, 信之との, 傳はりて, 先に, 出て, 判りその, 十人ばかりの, 協同で, 口論を, 只今申した, 各々との, 同じである, 同棲し, 名づくる, 名のりざま一番にを, 名を, 名乗りて, 名乘, 名乘つた武家, 名前を, 呼ぶ出入り, 密通し, 小太, 幕末の, 年ごろと, 庭の, 弟同苗兵三郎と, 我とそば, 新羅百済, 昨日今日墨黒に, 時を, 書かずに, 果し合う仁, 某と, 某とは, 標札の, 正式に, 申します者, 申し二百石, 申す者ただ一人, 申医師夫も, 相州小田原の, 相当な, 相携, 相見ざる, 私通した, 称する柔術家, 称ぶ, 紹介し, 結婚せし, 綺羅を, 署名する, 臆する, 致しましても, 西岡某との, 親しくし, 言うもの, 言う人, 言う家, 言う楊弓, 言った, 試合した, 詳しく知らぬ, 近隣の, 近頃東京, 通じて, 部下の, 隣の

▼ 某という~ (137, 5.5%)

6 者が 5 人が, 人の 3 のが, ものが, 男が 2 のである, ものの, 侍が, 新しい石油成金, 老人の, 風に

1 [100件] お役人, それらしい, のは, のを, もっぱら藩政, ものだ, もので, ものに, やはり伯爵, ような, コンセルバトワールの, スパイを, ハイカラな, 中年の, 人から, 人だ, 人で, 人であった, 人物が, 今年四十三四の, 他県人, 代官も, 侍の, 侍は, 僧が, 医師が, 医者を, 十歳ばかりの, 占師の, 名が, 名刺を, 名洋琴家, 名高い強い男, 哲学家, 問題の, 士族なり, 女友達の, 奴が, 娘が, 娘に, 学者が, 学者は, 家で, 家に, 家の, 家へ, 富豪が, 寺に, 往年の, 御史, 息子が, 悪人の, 指名を, 料理店へ, 旅人宿の, 旅館が, 旗本に, 旗本の, 日本画の, 有力家も, 株屋が, 武人が, 武士の, 湯治場へ, 漁夫が, 牢人に, 物産学者薬草を, 独立の, 猟師が, 男で, 男顔色を, 画学生なども, 痴漢でござる, 禅僧は, 立派な, 紳士が, 老人が, 者だ, 者で, 者であった, 者なり, 者の, 者世に, 若侍, 若者が, 若者と, 華族出の, 薄手細, 血気盛んな, 豪家に, 豪農の, 貴族から, 赤銅色の, 遊女俳人が, 陰陽師の, 青物問屋の, 非常に, 首が, 魚商が, 鶉の

▼ 某~ (101, 4.1%)

3 嫁した 2 仰せられ候, 向て, 嫁し, 許可する, 請出されて, 飛行自在の

1 [86件] あいしとき, あうべきはず, あて嵌めて, いって, おくって, おけると, お任せなされい, その友人乙某, それぞれ電報または, つめ寄つた, どういう山林, もらわれて, りよは, 一宴を, 一萬の, 七人兄弟中に, 七十二銭の, 三日の, 与うる書中, 与ふる手附金, 与ふる書中, 与へて, 世話を, 乞ひ得た, 云わせると, 今夜一晩この, 会うこと, 会って, 似たりと, 使はれた, 使われた小者, 依りて, 再嫁した, 切殺され, 向って, 四日の, 女一人子一人あった, 好意を, 婢あり, 嫁づき, 寄せた歌, 寄せる詩, 尊敬を, 尋人の, 對し, 師事し, 御用ば, 御養育, 或る, 戦の, 托した, 扮し, 捨てられ乞食, 断られてから, 暇を, 濃厚な, 然る, 直接掛け, 示すに, 聞いた所, 聞かして, 至りては, 花を, 西班牙貸, 見せられた, 見覚えなし, 語りて, 謝罪しろ, 貸したなり, 貸して, 貸してあつ, 賜わるとか, 質問した, 進められたの, 遊興て, 邂逅し, 重傷を, 金を, 関わる有価証券偽造, 非道な, 靠って, 面合わする, 面接したおり, 飛びかかった, 養はれた, 養われて

▼ 某~ (79, 3.2%)

3 して 2 大いに崇拝, 連れて

1 [72件] いかなる者, おとずれて, お信じ, お訪ね下された, ぐいぐい追いつめ, したが, たずねて, にらむもの, もう嫌っ, 一撃の, 三奉行之内に, 世直し大, 仮親として, 休七郎氏宅へ, 伴ない, 何県知事に, 保証人として, 入れて, 六連發の, 前に, 勤めさ, 叩っ殺す, 呼べとの, 女房に, 始め下女など, 婿にとって, 延い, 弔する詩, 引括る, 彼らの, 従何位に, 御召捕, 思うこと, 悼んで, 打ち果した前後, 招く故, 斬って, 斬り殺し助勢, 斬り黒川某, 旅館に, 檀那に, 欺むかれた, 此の, 求不日, 生むに, 生捕りに, 畑の, 療する, 知らざるやと, 破門同様に, 紹介し, 褒めた作, 見覚えが, 見覚えならぬよう, 討果して, 訪う, 訪ねると, 訪ひ, 訪ひたる, 証人に, 認めないの, 誘ひタクシー, 誤つて撃殺, 載せて, 遣は, 重大視し, 関所を, 降参させよう, 雇い来たって, 領國へ, 頼つて上京中あとより, 養つて子と

▼ 某~ (73, 2.9%)

2 是より

1 [71件] が一分立, が不調法, が出すべし, が宅, が師父, が弟, が志操, が杖, が相, が言通り其方, が話, が誠, が警戒, が質物, こそ嘉川主税, に任すべし, に於, の卦, の妻, の玄關, の體裁, は信州, は元, は元相, は其中表, は是, は松平玄蕃守家來石川安五郎, は此儀, は江戸麻布原町家主平兵衞, は生, は讃州丸龜, は豐後府内, より何, を便り, を輕ん, 一ト走りに, 一旦惠, 不便に, 今より, 今少し, 儀格別日數の, 儀此度江戸表見物として, 儀當年より, 元より, 先刻其方の, 先年國へ, 同道すべし, 國元にも, 大金を, 對面し, 彼奴を, 御奉行樣, 悴に, 斯推參仕つらず, 斯零落し, 方へ, 旅籠屋商賣, 日頃の, 早々重役衆, 此度此所を, 此處に, 江戸表に, 油屋五兵衞方へ, 當時困窮に, 直樣後, 程なく歸, 自身に, 見屆たり, 豫て, 近頃此地へ, 養育せし

▼ 某~ (68, 2.7%)

2 の主人, の庭前

1 [64件] からの出品, から他, から是非, から片づい, から當主, から譲り受ける, が閾, だと, でたしかに, では板女, では紫姑神, で又兵衛, で息子, とに意, と同姓, と書く, などに取つ, にあり, にてただ, には娘, にもそれと, に乳母, に今, に伝来, に於ける, に止宿, に雇われおりし, に養, に養子, のもの, の一族, の下男, の令嬢, の令息, の侍, の前, の外道, の娘, の嫡男, の子息不快, の屏風, の御, の忰, の所望, の横, の武士, の猫, の男, の空井戸, の細君, の若妻, の風, の飛鳥山, は何時も, へそれ, へ千五百円, へ婿養子, へ嫁, へ差し置き, へ私宛, へ納まる, へ足, へ通う, へ雇われる

▼ 某~ (62, 2.5%)

2 が何, により

1 [58件] から質問, がコーエン, が夢中, が後に, が旅, が突然, であった, といふ人, との今後, と同道, と小生, と色々, と軍曹, と酒, に, にし, には会った, にもう一度改めて, に及ぶ, に柬, に発見, に私, に見送られ, に贈呈, に送りし, のこの, のそういう, の事, の作品, の国家主義論, の夢, の拾, の案内, の歌, の笑, の胸, の言, の許, の話, の身の上, の香港談, はかつて, はこの, はただ, は一々, は一體, は今年六十, は何, は借金取り逐返し, は切り, は呵々, は小生, は瀟洒, は皮肉, は部下, は酒席, を訪問, を連日

▼ 某~ (59, 2.4%)

6 のこと 4 に必ず, の夜 3 の夕方 2 の某

1 [40件] ある裁判所, お岩, が何曜日, この土地, そのかんかん, その主人, その日, その漁師, である, とうとう怪物, なり遺, にする, には某所, に北方軍, に原田甲斐, に同, に太子, に死す, に田畑, に行李, の一句, の一往診, の事, の夕方平太郎, の夜半, の条下, の黄昏三番目, の黄昏便所, の黄昏隣村, はワシントン, は乃ち, やんごとなき方々, を以て同志, を境, 其の狸, 其の長者, 唯ある, 笑いながら, 終に笹子, 荒涼たる校長送別会

▼ 某~ (41, 1.7%)

2 出た, 同じ本木

1 [37件] いた, かういふ事, これまで, それを, とっくに命, またその, また今, 一手の, 一方の, 一期の, 下獄を, 不肖の, 何年かの, 余りの, 全くそれ, 参って, 又, 同様, 埼玉県の, 大に, 姿を, 嫌に, 存ぜず候間, 実はその, 左様に, 平素より, 弓馬の, 心得て, 慮外ながら, 此度據なき, 渠も, 潔くやろう, 疾く猜, 蜀に, 覚えが, 診て, 非職に

▼ 某といふ~ (33, 1.3%)

3 女が 2 のが, ものが, 先生が, 男が

1 [22件] ものに, りつぱな名前が, カフエーが, 一医生礼に, 中にも, 人から, 人やまと新聞社を, 人物だ, 伯爵の, 医者は, 唯一人古格な, 大町人, 女性は, 家の, 山師が, 御用繪師の, 数寄者が, 洋画家が, 無法者が, 畫かきの, 舊幕臣の, 門人の

▼ 某~ (29, 1.2%)

3 の属官 2 に似せ, に出仕, の参事官, の大臣, の官長, の局長, の次官, の高等官, へ奉職 1 につとめる, の准判任御用係, の官吏, の官宅, の役人中条直一, の等外, の辞令, の高級官吏生田是則

▼ 某~ (25, 1.0%)

1 [25件] だの, で渡す, で郡長, において妖怪, において衝かなかった, にかけて合計千八百軒, にその, には何, にナ, に其人, に向けなかった, に埋めた, に渡っ, に着く, に耳, に随分, の地形図, の地震, の有志家, の赤山, の野外, へ志す, へ赴任, より上陸, を卜

▼ 某~ (24, 1.0%)

2 の編輯者

1 [22件] から念入り, が日本, が軍部御用, で, とある, なる雑誌, にもはや充分, によれ, に寄せた, に書きました, に連載, の, の勇, の座談会, の懸賞, の註文通り, の軍国調, の選歌, はその, へ続, へ連載, も沈黙

▼ 某なる~ (23, 0.9%)

5 者が 3 ものの 2 ものが

1 [13件] ものに, ものは, もの一両日前の, もの承はり, 三文絵かきが, 事屹度御, 人物を, 商人の, 牢人は, 老村吏, 者さ, 者先日来屡, 者私の

▼ 某から~ (19, 0.8%)

2 得た, 確めた

1 [15件] 取上げて, 奪い取ろうと, 少からぬ, 懇望され, 指導される, 朝顔の, 某と, 神兵隊に, 聴かされた息子, 貯炭所用地百六十五エーカーを, 貰い受け, 貰われた娘, 買付けて, 電報が, 頼みたいこと

▼ 某~ (18, 0.7%)

1 [18件] で三右衛門, で年十八歳, というその, という桂, にて撮影, に奉公中, に来りくるる, に炎, に立ち戻り, の左手, の軒端, へ六部, へ同居, へ嫁入, へ往つたの, へ駆け込み, まで送り, より帰路

▼ 某~ (13, 0.5%)

2 がひそか, が松山 1 からひそか, とは誰びとです, の子息, の御前, の忠告, はただ, は三十万石分与, は好意, は現に

▼ 某~ (12, 0.5%)

1 [12件] があり, である, で赤木本城諸氏, に於, に橘八郎先生歓迎, に登っ, のその, の女郎, の遊女, へ毎日お針さん, も取調べられた, 分韻得麻

▼ 某~ (12, 0.5%)

2 に載っ 1 から問合わせ, だ, にスッパ, に至っ, の主催, の如き, の家庭欄, の寸評欄, の文芸欄, の調査

▼ 某との~ (11, 0.4%)

2 間に 1 両人が, 交情今日まで, 出合い, 坐客, 失踪が, 応酬には, 老練な, 間を, 関係が

▼ 某~ (10, 0.4%)

21 この旨, 内意, 売却の, 抵当として, 数学稽古に, 融通されたい, 行, 遣す算術

▼ 某~ (10, 0.4%)

1 が巣鴨真性寺, が永年仇, として相当, と共に墓, に逢, のいかに, の手, の鉄管事件, は松岡文吾, は某等

▼ 某とか~ (9, 0.4%)

1 いずれも, いった典医, ともかくこの, 亨保幾年何流の, 仲間某とか, 墓が, 明記した, 申された殿, 関東牛肉屋の

▼ 某とは~ (8, 0.3%)

1 あたかも真, いったい何者, すでに織田家方, その方ども, 今日爆笑諧謔の, 仲が, 何だ, 別人で

▼ 某とが~ (7, 0.3%)

1 よく似, 共謀し, 将軍家の, 期せずし, 極力制止, 炬燵の, 順良なる

▼ 某より~ (7, 0.3%)

2 支出せしめたる 1 二十三円八十銭を, 寄する, 殿下へ, 申上げます, 自分父を

▼ 某~ (7, 0.3%)

1 で, ならびに沼津海岸, の, の一巡査, の出版会社, の猶, 某町

▼ 某~ (7, 0.3%)

1 で斷, の代理, の広間用, の廣い地尻, の構内, へ御用, へ移っ

▼ 某~ (6, 0.2%)

1 あらうと, あらうの, この人, らの, セロを, 鶴洲は

▼ 某~ (6, 0.2%)

2 を頼ん 1 は, は木村常陸介, は神保帯刀, は飛鳥井右京次郎

▼ 某~ (6, 0.2%)

2 の死 1 からもらった, が, のブラザー, は某人

▼ 某~ (6, 0.2%)

1 この付近, の十二月二十日比, の春, の春阿部侯正寧, の某, の歳暮

▼ 某さん~ (5, 0.2%)

1 がこられる, この人, に強いられ, の別荘, は自分達

▼ 某しも~ (5, 0.2%)

1 一人の, 上の, 仕立物を, 大いに飮過, 聞及んだり

▼ 某~ (5, 0.2%)

1 から四五人, という点, と教え, と知つて, ね

▼ 某~ (5, 0.2%)

1 がこの, であった事, という者, の浪人ども, を討取ろう

▼ 某かの~ (4, 0.2%)

1 娘の, 小遣いを, 金銀を, 銅貨を

▼ 某この~ (4, 0.2%)

2 詞を 1 年月数多の, 年頃諸所を

▼ 某~ (4, 0.2%)

1 は子融, は子醇, は恕卿, を信卿

▼ 某~ (4, 0.2%)

3 に今 1 はここ

▼ 某~ (4, 0.2%)

2 の前 1 では不況, などはいずれ

▼ 某~ (4, 0.2%)

1 に入舎, の女, の教師, へ入舎

▼ 某~ (4, 0.2%)

1 でこの, とか某, の閨, へ着いた

▼ 某~ (3, 0.1%)

1 または丙某, わからない, 足して

▼ 某こそは~ (3, 0.1%)

1 この家, 北畠秋安, 旅の

▼ 某など~ (3, 0.1%)

1 だ, 三四の, 云ふ

▼ 某~ (3, 0.1%)

1 この若僧, 大日本生産党, 東京の

▼ 某~ (3, 0.1%)

1 が参加絶対反対, に出陳, の

▼ 某~ (3, 0.1%)

1 の官吏, の消印, へ集配

▼ 某~ (3, 0.1%)

1 とある, というの, の小学校長

▼ 某来り~ (3, 0.1%)

1 て四方山, 小石川金冨町に, 馬を

▼ 某~ (3, 0.1%)

1 といっ, の御, は以後

▼ 某~ (3, 0.1%)

1 の学院, の學院, の文字

▼ 某~ (3, 0.1%)

1 では昨夜板女, に五, の山村

▼ 某~ (3, 0.1%)

3 の刑事

▼ 某~ (3, 0.1%)

1 に起りたる, の士, の者

▼ 某こそ~ (2, 0.1%)

1 かえって汝ら, この手紙

▼ 某でも~ (2, 0.1%)

1 取って, 手伝って

▼ 某とかいう~ (2, 0.1%)

1 田舎鍛冶に, 禅僧の

▼ 某として~ (2, 0.1%)

1 何とて左様, 御見逃し

▼ 某とても~ (2, 0.1%)

1 三年の, 助けてさえ

▼ 某とやら~ (2, 0.1%)

1 名は, 申す老獪

▼ 某などと~ (2, 0.1%)

1 いって, 某呼ばわり

▼ 某などの~ (2, 0.1%)

1 及ぶ腕, 心の

▼ 某なり~ (2, 0.1%)

1 元就自身は, 約束の

▼ 某に対する~ (2, 0.1%)

1 偽証被疑事件は, 法律論に

▼ 某一存~ (2, 0.1%)

1 でご, の決心

▼ 某~ (2, 0.1%)

1 ではま, は或

▼ 某~ (2, 0.1%)

1 にかけてのこと, に代え

▼ 某問う~ (2, 0.1%)

2 て曰く

▼ 某如き~ (2, 0.1%)

1 が及ぶ, をか程までに疑う

▼ 某~ (2, 0.1%)

1 の, は蟹

▼ 某日それ~ (2, 0.1%)

1 は晴れた, を云っ

▼ 某日平太郎~ (2, 0.1%)

1 の前, は雨

▼ 某日自分~ (2, 0.1%)

2 は朝

▼ 某日軽部~ (2, 0.1%)

2 の同僚

▼ 某~ (2, 0.1%)

1 その, その事務員

▼ 某~ (2, 0.1%)

1 と一座, など三四

▼ 某~ (2, 0.1%)

2 に集合

▼ 某~ (2, 0.1%)

1 が屁, の來書

▼ 某~ (2, 0.1%)

1 にある, を史官

▼1* [243件]

あてのハガキ, 某いかでか存命, 某いまだ見し事, 某縁談之, 某俊が, 某お玉ガ池の用心棒, 某かかが家に, 某かねて無頼の, 某かよこせよと, 某くどうは説きませぬ, 某くらいのこたあ, 某これからは大いに, 某さんおいとま, 某し去冬より, 某し罷り出る上は, 某そういう出現を, 某ただ今着陣, 某たちが鉱業停止, 某だけの問題でも, 某だらうなど, 某ちかごろ名護屋の, 某ふ画家, 某であると名, 某でなければならない, 某ではないか, 某というは村一の, 某とて当時耶蘇教伝道師と, 某ともわかたない, 某どもは本多家, 某ので場所時分, 某などというのが, 某などは正造へ, 某ならそういう女子, 某ならざる人物に対する, 某ならずとも久光公附, 某なんていふの, 某においてはあきらめられん, 某について知って, 某にても立派に, 某にとっては天地に, 某にはとれぬが, 某にも権勢は, 某に対し各村, 某に対してのやり口としては, 某はなしかの柳家なに, 某へは三斎公御名忠興の, 某ほか重役重臣ら二十人ばかりはいっ, 某ほどでは, 某また同志の, 某または丙某が, 某まで恩賞に, 某やむをえず再び室, 某よしなき勇を, 某よりも業が, 某らいずれも夜, 某ら稲垣と共に新町遊廓, 某農学校の, 某の家, 某をば妙解院殿御弟君中務少, 某を以てその奉行, 某ペラペラとやっ, 某メエトルをあげ, 某ヤソ教者の家, 某一人は黒田, 某三浦某と云つて, 某事件の証人, 某人某の物若干, 某今宵より修法, 某今度討死せば, 某今更何を, 某代って承わりましょう, 某代五郎作の實兄, 某会某社と称する, 某位以上を朝臣, 某何時かお, 某てふ, 某作家の奥村君, 某作等ありしと, 某侯令嬢国子その妹秀子, 某侯遺臣ニシテ幕府有司ニ含ム所アリ主トシテ大名旗本, 某備中国松山の柳井柳仙, 某先づ牀上に陣取らん, 某児島某杉本望雲岡田徳夫河添原泉中耕斎玉置季吉があり, 某入谷の浪宅, 某会派の, 某に一大利益, 某加藤景政小姓の高橋甚三郎, 某医専教授が人夫, 某十九頭で黒岩万五, 某博士のみは私, 某厘毛たりとも, 某参って試し, 某及ばずながら気, 某及敬神狂の某, 某同村内に一家, 某名取某の名刺, 某名宛人は院長, 某向かい側なる印版屋, 某君兄弟数人はいずれ, 某君島司某君等が余輩, 某君等が余輩, 某君等船まで見送られる, 某君邸の運座, 某嘘言は云わぬ, 某四十五歳に候, 某四十年ばかり以前, 某越えの, 某地貫籍の公民, 某夜雪庵誰およそ今日, 某奉行として法, 某奪い取り丹生川平へ, 某に通ずる, 某実に盗まざれど, 某を喪っ, 某家小倉藩ニ仕ヘ, 某小池は愚直, 某山形の志村玄叔等, 某に, 某州附近の十余県, 某市川某を認めない, 某店弘前市の某店, 某店盛岡市の某店, 某の閣下, 某強國と結托, 某に当り, 某て何事, 某必ずお紅殿, 某快く一戦し, 某思いまするに, 某愚昧にし, 某る日山, 某とかで, 某按ずるに我等三人, 某木公司の, 某新聞社員と名刺, 某日これも雨後, 某日一人の伴, 某日下関に集合, 某日予等は明子, 某日二通の書翰, 某日五明楼玉輔が人形町, 某日以来江刺県大属木村新八郎暗殺, 某日僕は四月一日, 某日前日午後からシト, 某日土佐を漫遊, 某日土木功を竣め, 某日太陽が湖心, 某日妻の妹, 某日媒妁夫妻は小, 某日宿を取り損ね, 某日小田原で一日, 某日山をおり, 某日嵯峨にて, 某日張は其の, 某日彼はその, 某日彼女と良人, 某日昧爽に小川町, 某日晋の都, 某日晩涼ヲ追, 某日村の農夫, 某日来好んで, 某日某人某の物若干, 某日某所で行なわれた, 某日校書を伴, 某日玄宗皇帝の勅使高力士, 某日相州三崎は諸, 某日私と痘鳴, 某日精悍な顔つき, 某日袞繍橋に住ん, 某旧家の某, 某時に未熟な, 某時兼五郎の家, 某時壮い飛行士, 某時庭の方, 某時村で水莽, 某時来客があった, 某時沼田へ往, 某時私に此, 某時親戚の張閑雲, 某にある, 某曾つて余と, 某である, 某月二十六日に寂, 某杉本望雲岡田徳夫河添原泉中耕斎玉置季吉があり, 某たり話緒亡父, 某某氏伊十某氏広右衛門, 某森脇某某氏伊十某氏広右衛門, 某し申して, 某青を, 某賣と, 某が二心, 某決して國に, 某法學博士之か斡旋, 某津田仙高橋秀臣の一行, 某津田某等のいかに, 某の, 某海軍大佐に至った, 某熱病にかかり, 某生年十七歳敵ならば, 某田中俊庵の男, 某画塾を見, 某當時醫學部に有名, 某相果て候後短刀を記念, 某省傭の名義, 某省役人であること, 某省某州附近の十余県, 某省次官どの家, 某砲臺の攻撃, 某に時節, 某等々が宇野浩二氏, 某等両人切腹の所存, 某等和蘭通市の便, 某等市会及市参事会に於ける, 某からの命令, 某精魂を傾けます, 某紀州の某, 某紙夕刊を見ます, 某紙寄書欄に一新帰朝者, 某編丙某訂, 某に依っ, 某義経等が反古紙, 某は冥濛, 某は某, 某聊か思ふ由, 某の親戚山田健三, 某荘内藩の誰, 某計るに東照神君, 某訴人したる罪, 某誌数万の婦人読者, 某あり語原つまびらか, 某貴殿のお, 某車夫に語り, 某近頃財難との, 某通称家鴨小屋の主人某, 某かに奔, 某と呼ばれた, 某て士, 某重き御役目, 某隊中ノ阿, 某青年にし, 某青木昌吉戸川秋骨の諸氏, 某にどしゃ降り, 某馬蹄銀事件の某々ら