青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「曾~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~書く 書く~ ~書斎 書斎~ ~書物 書物~ 書生~ 書籍~ 書類~ 曹操~
曾~
~最も 最も~ ~最中 最中~ ~最初 最初~ ~最大 最大~ ~最後 最後~

「曾~」 2089, 20ppm, 5702位

▼ 曾~ (1424, 68.2%)

17 一度も 15 私は 13 見たこと 11 なかった 9 経験した 7 或る, 日本の, 自分が 6 人に, 彼れ, 此の 5 これを, 彼の, 甲府の, 自分の 4 一度した, 一日も, 之れ, 之を, 客に, 彼が, 私の, 聞いたこと 3 はさうし, 何かの, 彼は, 支那の, 日本に, 私が, 經驗した, 耳に

2 [119件] お園, この地, これなき, そこに, それを, そんな噂, そんな話, サーベル政略を以て, ダービー内閣の, ビスマークの, 一度は, 一新聞を, 一言も, 七年の, 不人望, 世に, 主義政見の, 久しく統治, 二本差した, 他の, 伊藤侯にも, 伊藤内閣と, 何等の, 例を, 侯と, 侯に, 侯の, 侯は, 保護政策を, 公に, 公を, 公徳を, 其の著, 其意を, 其持説を, 利害存亡を, 前内閣, 剛腹破, 原敬氏を, 司法大臣を, 各大臣, 君の, 品川子の, 土佐派を通じて, 報知新聞に, 多くの, 大久保の, 大隈伯を, 大隈伯等の, 天下の, 如此き, 娘の, 存在した, 官紀振, 山陽を, 岸本が, 底止する, 彼等の, 急激なる, 意を, 戀の, 持つて, 指摘した, 政治家として, 政治家を以て, 敵視したる, 文明批評とか, 文部大臣として, 斯る, 有名な, 木戸大久保諸氏と, 東京の, 松方内閣より, 板垣伯に, 次の, 此冀望を, 此般の, 油絵具で, 洋学の, 渝らざるの, 煩瑣なる, 父の, 父を, 独逸に, 獨逸に, 目に, 目算に, 眼下に, 私を, 窘窮したる, 竪穴に, 笑ひたる, 紙筆を, 美しい福田, 自ら之, 自ら反省する, 自分を, 自由党の, 自由手腕を, 自由神の, 自由黨の, 華族の, 萩原君の, 製作された, 見た事, 覺えた, 言つた, 貴族院が, 貴族院に, 赤城山から, 超然として, 超然主義の, 進士に, 適正なる, 重きを, 閣下に, 闘争が, 面を, 革新派の

1 [1006件 抜粋] あったが, あのお喋り, あらざりき, ありません, あり得べきこと, ある仲介者自身, ある秋, いかなる場合, いくども, おきみ, お松が, お通, かういふ風, かう思惟, かくばかり, きく, こういう可, こういう正格, ここで, ここを, このこと, この世を, この兄, この動物, この夜更け, この奇談クラブ, この村, この河, この茶碗, これに, こんな樂, こんな語, ごく雜然, さうし, じゃらくら, そこを, その, そのやう, その一つ, その友, その悪縁, その最, その男, その老母, その身, その青年, そらすという, それ等の, そんな事, そんな物, ちよつと, どこにも, なき一, のどんな, めづらしき, ゆめみたこと, よく歩き廻った, わが国でも, わが爲め, わたくしが, わたしは, アツシジの, アランポー等と, イスラエルの, カッフェーに, クロポトキンの, コロボックルは, サロニカの, ダンテを, トルコに, ドルイドであった, ネミの, バルカン半島を, ピアノの, プロレタリア文学の, ベルリオーズが, モダーニズム自身が, ラジオで, ラブした, ロンドンに, 一たび我國民を, 一たび聞ける, 一たび藝妓たり, 一九二七年アメリカ労働代表者との, 一別, 一囘の, 一字の, 一寸も, 一度でも, 一度志し, 一度行つた, 一時羅馬において, 一点の, 一般の, 一言半句も, 一語半句も, 三円五円の, 三吉が, 三百兩の, 上野から, 不平と, 不言實行といへる, 世話を, 中國, 中止せし, 主人の, 乃木大, 久米博士などの, 之なし, 九州南端の, 予を, 予想せざりし, 二三の, 二人の, 二十十八九の, 二十歳前に, 二本差だ, 云ひしと, 云われた山中, 些かも, 交響楽的色彩の, 人と, 人を, 人目に, 人間であっ, 今ある, 仕へた家, 他から, 以前に, 企んで, 伊豆の, 住みたる銭塘, 住んで, 何人によっても, 何人も, 何者であり, 何處にも, 作るところ, 作家的立塲から, 例の, 信じた, 信仰を, 倫敦に, 健康を, 催眠術の, 先子より, 党派的感情の, 公然真, 其の婦人, 其の行蔵, 其れ, 其人を, 其友に, 其様な, 内務省警保局で, 再び京水, 凌雲閣の, 出入りを, 出逢は, 切れざりしとよ, 列國競爭の, 別荘の, 前例の, 劇場の, 動かなかったという, 勤めて, 北宋槧本に, 医を, 十年前に, 十津川の, 半十郎, 南房州の, 博士の, 印度より, 原理に, 友人と, 反するもの, 口走った事実, 可憐な, 台閣に, 吉井明子嬢と, 同じから, 同業者会, 向田大尉の, 吹いたこと, 吾, 味は, 和田峠の, 哲人アビュレの, 唱えられた国民精神, 啓蒙を, 四囲の, 国境山脈から, 国民協会を, 國民協會を, 在り得たこと, 堀切の, 場末の, 変動を, 夏子の, 夏目漱石氏の, 外國の, 外遊視察の, 多数政治に, 多額の, 夜遊びに, 夢中に, 大いに自分, 大久保を, 大學, 大正七八年の, 天保頃の, 失はれた肉身, 女地主コローボチカ, 妙義の, 姉を, 姉娘の, 子供を, 字引にも, 存在し, 学校の, 學んだ東京, 守隨彦太郎と, 宮中粛清を, 宮廷の, 富士川游さんが, 寓した, 實業學校長會議の, 寺内内閣の, 小さい時説明, 小杉卓二の, 小石川植物園に, 小説, 少壮の, 居住, 屡々心, 屡々議會, 屬僚中の, 山中に, 山陰の, 山陽が, 岳父御, 島原の, 左様な, 左翼的であった, 布哇の, 希臘の, 帝国大学と, 帰省した, 平和の, 平次と, 年男の, 広い世界, 引水の, 弟と, 役の, 彼らの, 彼女に, 往いて, 御岳の, 復讎を, 徳田秋声と, 心にだに, 思った事, 思ひ及ばなかつた強姦, 怪しき媼フルヰア, 恋着し, 情の, 想像を, 愛した自然, 愛読せし, 愧る, 憎悪を, 憧憬し, 憲政党内閣時代に, 懐いて, 成立した, 我が家に, 我内面に, 我額に, 或新聞, 或老, 戯れに, 房州に, 手をと, 批評家と, 抵抗した, 抽象的に, 掘出したこと, 描き出し得なかった嬉しい, 支那から, 政権争奪の, 教へ, 数世紀以前に, 数年間連続し, 敵視した, 數週間滯在し, 文壇を, 文學は, 文書に, 文藝春秋社の, 斯かる, 斯樣な, 新橋巴家へ, 新聞に, 旗本の, 日本山岳会の, 昆虫に, 昌林院に, 明治天皇の, 昔話を, 時事の, 暴力革命て, 書いたこと, 書いて, 書上君から, 月の, 有ったと, 有るべしや, 朝顔狂と, 木氷という, 本當, 札幌から, 村に, 来たこと, 東京及び, 東京府会の, 東京春陽堂で, 東遊びの, 某省へ, 某雑誌, 栄えたところ, 梅子の, 森田思軒の, 橋本の, 櫛の, 歌いて, 止んだこと, 此事を, 此處に, 武廟に, 氏の, 民黨に, 氷峰が, 汝は, 決心を, 河北に, 注意し, 浅草代地河岸に, 浦原お, 深い印象, 清兵衞が, 溜池の, 滅せざる所, 無い, 無いの, 無かったであろう, 無かりし, 無之, 燕人に, 燕趙悲歌の, 物の, 特色ある, 犯した唯心論的文学, 狂気せる, 獨歩の, 王朝は, 現実に, 生きそして, 用いた弁証法的考察, 男と, 異人から, 當時の, 病妻と, 発表された, 發表した, 發見した, 白馬の, 盛に, 直感した, 相見た, 真劒, 知って, 知らざる旨申張何分白状, 知らなかった嫉ましさ, 知らぬ敵地, 知人が, 短册, 破素, 神を, 福地櫻痴が, 私学を, 科学小説の, 積まざりしなれば, 穿きふるし, 窕子が, 第一世, 米国に, 粋と, 紀州に, 組合という, 経験しなかった, 經歴せざる, 罪深い身, 義雄が, 翁を, 老婦人, 聞いた事, 聞えたこと, 聞かない, 聞かぬ名, 聞ける韻語, 聴いた話, 職業的な, 臨書した, 自らその, 自伝を, 自分だけ, 自分にと, 自分は, 自分同, 自制の, 臺閣に, 舞ひし, 花さかず, 英国に, 茸を, 落ちて, 藤屋氏が, 行かずといふ, 行ったこと, 表の, 西欧の, 西蔵に, 見かけたこと, 見ざりし大, 見ざるなり, 見し所, 見たうち, 見た最も, 見ない, 見ぬ巨大, 見も, 見届けた所, 見知らぬ物の具, 見馴れない八五郎, 覚えたこと, 覚えの, 親子兄弟が, 観ざるの, 解釈し得ざるなりけり, 触れられたこと, 言えること, 計画し, 記した通り, 訣絶の, 試みた者, 話題にだに, 語つた, 誰やら, 談理を, 諸陵頭, 谷中の, 象山師に, 買物を, 赤城の, 踊り子として, 述べたこと, 逸作を, 過ありし, 道場の, 遠い異郷, 郷土に, 都会の, 金三千枚で, 金龍館で, 錺屋に, 鏤めたる宝玉, 長崎で, 長篇の, 門下に, 闕けて, 除夜に, 雑司ヶ谷の, 雑誌の, 雜誌文明を, 雪江さんの, 雲南に, 露都に, 非常に, 頬へ, 頼春甫に, 風波の, 食人肉の, 馬場辰猪大石正巳末広重恭などが, 馬場辰猪大石正巳末廣重恭などが, 馬鳴, 高島門下で, 鬼検事正と, 黄石公なし

▼ 曾ては~ (107, 5.1%)

4 自分の 2 両国の, 彼が, 日本橋の, 自分も, 闘争を

1 [93件] あんなこと, いづれも, おれ達と共に, お七, お旗本, この場所, この室, この美しい, すかんぽの, そうした風, そのよう, その間を, ほんとうに, ナポレオンの, フォイエルバハに, ポリネシアの, 一度其巓, 一種の, 一緒に, 丸で, 人にも, 人の, 今の, 仏教家の, 仲を, 僧であり, 儒艮に, 兩國の, 内村鑑三堺枯川幸徳秋水を, 刑事の, 利用し, 前に, 劍術も, 十日ばかりも, 向柳原, 君の, 国を, 塗って, 妣が, 妹と, 小汚ない, 小西行長の, 岡場所を, 帳場格子の, 平次と, 平田の, 彼の, 御大工頭中井, 愛らしかった, 愛らしかつ, 憧れて, 持って, 文化の, 文壇は, 日本に, 日本橋に, 早月川方面からの, 最大の, 村, 某の, 此の, 此境地を, 水茶屋の, 沖縄の, 深き青山, 深くあこがれ, 淺草で, 漆の, 獄窓の, 生きて, 甥の, 異教の, 確かに, 祖, 秀子を, 私も, 私を, 美しかった, 聖愛などを, 自ら信じ, 自分たちも, 芸術的なる, 若い娘, 菊屋の, 菊畑で, 蠅男の, 血気の, 誠に良い, 通りすがりの, 都方から, 金持や, 非常に, 風致区域に

▼ 曾ての~ (81, 3.9%)

3 日本の 2 同輩は, 日と, 李徴が

1 [72件] あの莟, お滝, ギルド的製作方法が, サモア王タマセセの, 中学時代に, 久太郎の, 何ものにも, 偽者の, 傷心に, 元和八年の, 公卿華族を, 勃興当時作者と, 厚意を, 吉原の, 太政大臣で, 夫喜田川三郎氏の, 孔子の, 学生の, 実験と, 寮だ, 小新聞, 左団次とか, 彼を, 恋敵妻木右太, 恋敵秋月九十郎と, 情人であり, 情人北鳴, 惡者鼬の, 探偵小説は, 文筆業者は, 日かう, 日八郎兵衞の, 日本では, 日本人が, 日本人留学生と, 日本画に, 日此處から, 旦那筋先代孫右衞門に, 春の, 朋友喜三郎が, 柳原式部正の, 母の, 母親が, 無礼を, 猿唇に, 玉屋小三郎抱え遊女薄墨と, 玉屋小三郎抱へ, 異種族の, 矢の根五郎吉を, 硬い心, 私とは, 私を, 築地小劇場に, 自分が, 自然主義文芸が, 與三郎なども, 薄墨大夫の, 薄墨太夫の, 薄暗い古びた, 親友の, 許婚の, 許婚半十郎に, 軍の, 軍閥や, 道を, 郷党の, 郷黨の, 陶磁器の, 革命的性格を, 領主八幡城にて, 領主遠藤家の, 麹室か

▼ 曾~ (79, 3.8%)

6 そこで 2 思つた, 自分の

1 [69件] おそろしくて, くたびれたので, この微笑, しかたなし, そこから, その効果, その反対側, それから, それは, それを, とてもその, はつと, ひざまずいて, ひどく悦ん, ますます驚い, むつつりした, もう自分, もう衣冠束帯, 一いちそれを, 不調和な, 全く捉, 刑場に, 別に興味, 劉子に, 劉子を, 君の, 執えられて, 外苑の, 夜具の, 妻と, 実にさまざま, 家を, 少女の, 平生その, 幾分不良性, 強い香気, 彼女に, 彼女の, 得意に, 心で, 心に, 怒鳴った, 思いあがって, 感じた, 扇を, 新しい單衣, 明子の, 時どき片手, 朝夕二人の, 次第に注意深く, 止むを, 歩くの, 泣き叫んで, 泥の, 画家には, 痛みを, 真白な, 知らず知らず明子, 自らの, 自分が, 見た, 見つとも, 這うよう, 酔って, 野蛮な, 鋭い眸, 非常に, 飛んだ良い, 驚くと

▼ 曾つて~ (72, 3.4%)

2 そんなこと, の日本, の生活, は自分, 持つて, 無い, 聞いたこと, 見たこと

1 [56件] あるまい, このやう, この研究室, こんなこと, さういふ心, ないの, ない多数, ない羞恥, ない蒼白いもの, のお座敷着, の初代, の君, の君對志村, の夏, の封建的舞臺, の峯岸, の文化, の日, の日露戰爭, の時代, の本来, の社會生活, の美しい, の自分, はこ, はさ, は将軍, は御, は日本, は未醒, は東京, は私, は軍治, 亡き妃, 受けたほどの, 引き出したること, 或る, 或人, 拡がつた心, 持たなかつた自由, 新鳥越, 殆ど感じた, 無かった, 然う, 繰り返したこと, 考へたが, 考へたこと, 見ないほどの, 見ぬ, 親しく聞いた, 言い出したこと, 詠んだ一首, 説かれし華厳, 読んだ悪, 貧しい大学生, 開きありたること

▼ 曾~ (69, 3.3%)

3 國を 2 宮, 眼の, 石碑の

1 [60件] さしぬき振ふ, それの, はずれで, はづれで落ち合つて利根川, やうな, アトリエに, アトリエを, 一家は, 両手を, 中でも, 五虎を, 催し斷りいはれぬ, 口に, 名が, 國, 外には, 妬み心, 子の, 宮に, 家を, 宿の, 専横を, 強さ, 心は, 情婦たち, 愛して, 愛し方, 手で, 方に, 方へ, 本だつた, 村や, 気位の, 沈黙を, 渓を, 温泉へと, 物の, 眼に, 眼には, 社, 社に, 福島へ, 空に, 縁起は, 罪悪を, 肉体に, 肉体も, 脳天を, 腕に, 衣冠を, 許へ, 誤りだ, 読書敏, 證言で, 身許親許男出入殘らず, 辺でも, 邊でも, 長椅子の, 飜訳で, 首を

▼ 曾~ (25, 1.2%)

1 [25件] おいたてて, かりの, ひっつかんで, ひッ, まともに, 中心と, 促して, 取り出して, 奪ひ, 怒鳴りつけて, 悪ん, 戸迷ひさせる, 招んだ, 捉えて, 捕えて, 本刈り断ち, 混乱させた, 約して, 自分の, 訪問した, 許布許曾の, 送って, 通って, 雲南軍に, 鞭で

▼ 曾~ (20, 1.0%)

1 [20件] ある, お勝手の, すでに酔死, 一つあつ, 二人の, 別の, 劉子を, 単独で, 妹名は, 宰相に, 平生爵位を, 愚かな, 描いたもの, 明子に, 明子の, 結婚について, 縛られましたよ, 衣の, 許されて, 馬の

▼ 曾先生~ (18, 0.9%)

11 がいわれた 1 が病床, が病気, が答えられた, にたずねた, に司法官, はいわれた, は答え

▼ 曾~ (16, 0.8%)

1 [16件] とつて, 一高の, 三品以下の, 全く別, 出かけて, 口留めし, 寵愛せられた, 席を, 愛された女性, 登りなれし梯子, 紹介した, 言つた, 訊いて, 起つた新た, 逢つた時平次は, 逢つて見ました

▼ 曾てない~ (12, 0.6%)

1 [12件] ことでも, そしてこの, のである, のでいつ, のです, ほどの熱意, ほど珍, 事で, 壮観を, 明るい嬉しさ, 緊張を, 腰の

▼ 曾から~ (6, 0.3%)

2 引返した事 1 先には, 岐れ, 聽出せる, 越後の

▼ 曾~ (6, 0.3%)

1 なつて, 劉子に関する, 劉子の, 劉子は, 向ひ, 話して

▼ 曾てなかつた~ (4, 0.2%)

1 品位を, 感激を, 新しい人物, 説で

▼ 曾ても~ (4, 0.2%)

2 知らぬ女 1 あつた, 私たちが

▼ 曾~ (4, 0.2%)

1 そんな学説, またおもいあがっ, また足, 自分で

▼ 曾温泉~ (4, 0.2%)

1 でいろいろ, と決める, は海抜八百メートル, へ行った

▼ 曾~ (3, 0.1%)

1 いう旭ヶ岳, 汽車は, 由と

▼ 曾七郎~ (3, 0.1%)

1 が元, は竹腰氏, を生んだ

▼ 曾って~ (2, 0.1%)

1 われらの, 平次が

▼ 曾つてどこ~ (2, 0.1%)

1 にもなかつた, の国

▼ 曾つて之~ (2, 0.1%)

1 を争, を新

▼ 曾つて信州~ (2, 0.1%)

2 の方

▼ 曾つて嘘~ (2, 0.1%)

1 というもの, をついた

▼ 曾つて彼~ (2, 0.1%)

1 が買, をし

▼ 曾つて私~ (2, 0.1%)

1 が舞臺上, の來

▼ 曾つて自分~ (2, 0.1%)

1 にもあつ, の出會つた事

▼ 曾つて芥川龍之介君~ (2, 0.1%)

2 が仰い

▼ 曾つて行~ (2, 0.1%)

1 つたこと, はれて

▼ 曾という~ (2, 0.1%)

1 のまで, 者が

▼ 曾といふ~ (2, 0.1%)

1 のまで, んだ

▼ 曾には~ (2, 0.1%)

1 その汚, それが

▼ 曾にも~ (2, 0.1%)

1 字田舎及び, 鉄道関係の

▼ 曾~ (2, 0.1%)

1 三里沼田へ, 通うの

▼ 曾まで~ (2, 0.1%)

1 行ったの, 軽便鉄道で

▼ 曾~ (2, 0.1%)

1 女酋, 宮は

▼ 曾兵衛~ (2, 0.1%)

1 の五人, の養子

▼ 曾建白~ (2, 0.1%)

1 さく, して

▼ 曾毘賣~ (2, 0.1%)

2 の命

▼1* [92件]

からは約八百九十米, 曾じいさんかが切支丹, 曾自分の, 曾信あり, 曾つておれのの, 曾つてきき覚えのある唄い, 曾つてこれと似た, 曾つてわが輩が, 曾つてわれらの師父たち, 曾つてネネの美しき, 曾つてラ・ミゼラブルのジヤン・バルジヤン, 曾つて一度も覚えた, 曾つて一度びはあだかも師弟の関係, 曾つて両手を頭, 曾つて主人持ちであったもの, 曾つて主任から個性, 曾つて二三年前大磯に正宗君, 曾つて二月半ばかりを暮し, 曾つて人に汚される, 曾つて人工呼吸法といふもの, 曾つて伯父の笑った, 曾つて住所を離れたる, 曾つて何處かで聞いた, 曾つて余と, 曾つて偉大であ, 曾つて僕等は一つ, 曾つて内蔵助は時, 曾つて初代が見た, 曾つて博士がプーリ, 曾つて叔父の家, 曾つて名前の出た, 曾つて圭一郎は二年, 曾つて変な気, 曾つて夜の寺, 曾つて密教が傳はり流布, 曾つて小諸町からこの, 曾つて山鹿素行がその, 曾つて床屋で顏, 曾つて恋人と呼んだ, 曾つて愚かにきこえた, 曾つて斯様な精神状態, 曾つて有名だった老, 曾つて未醒時代の写実的追求, 曾つて森口が駿介, 曾つて民衆に顛覆, 曾つて沈静あること, 曾つて海であつ, 曾つて滿足なもの, 曾つて發表した短篇, 曾つて範あり, 曾つて縊死した事, 曾つて英人なる宣教師某, 曾つて藤井浩祐は斯, 曾つて西欧人を吃驚, 曾つて詩人國府犀東氏をこの, 曾つて誓つたこと, 曾つて進歩党に対して何等, 曾つて進歩黨に對, 曾つて駒平が云つた通り一般への影響, 曾つて駿介に對, 曾ておもひもしらぬ, 曾てかの女が, 曾てなかつた驚くべきおぼこ娘を, 曾でもやられたの, 曾としては其処に, 曾とは麻の, 曾なぞと言います, 曾などの運動が, 曾によつて頸に, 曾に関するものなら, 曾までの間利根川に, 曾ツテ梁党ノ宣言ニシテ, 曾見ザル所ロナリ, 曾テ他意アルコト無シ後, 曾テ聞天明年中浅間山焼燃セシ災難ヲ追懐, 曾一家の勢力, 曾名越大仏佐介金沢塩田などの諸, 曾大仏長崎佐介など北条遺臣中, 曾は省, 曾安原省叔及上に見えた, 曾のなる, 曾我那勢之命為如此登詔雖直, 曾方面からは清水峠, 曾に乾した, 曾渓谷にはもう, 曾男曾の中, 曾ばかりな, 曾議員の椅子, 曾過ぎて來, 曾金沢大仏淡河二階堂道蘊などはみな北条歴々, 曾長崎らの諸, 曾長崎大仏二階堂の諸