青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「於い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

方法~ ~方角 方角~ ~方針 方針~ ~方面 方面~ ~於 於~ ~於い
於い~
~於ける 於ける~ ~旅 旅~ ~旅人 旅人~ 旅籠~ ~旅行 旅行~ ~旅館

「於い~」 2757, 26ppm, 4550位

▼ 於い~ (1802, 65.4%)

10 さへ, 私は 9 彼の, 彼は, 我等の 7 我等は 6 これを, それが, 私の, 自己の 5 それを, である, 何の, 自分の, 非常に 4 であった, 人の, 凡ての, 彼が

3 [12件] であつ, 一つの, 二人は, 他人を, 俺は, 彼らが, 或る, 最後の, 此の, 然り, 生活の, 自らの

2 [83件] いちども, かならず意外, かのエデン, これは, さへも, するの, それは, そんな事実, はたまた, はらして, わたくしは, ホームズ探偵の, 一國の, 之を, 互ひ, 亦た, 人生の, 今さら昨日, 他の, 何人にも, 余の, 作家は, 俺の, 偶然に, 傑不, 優れて, 処分する, 勃興期の, 十位に, 十分に, 君の, 否定する, 問題と, 在來, 多少の, 大なる, 失敗する, 女の, 山水の, 当時の, 彼と, 彼に, 彼等を, 彼自身の, 我々に, 我々の, 我等に, 政治的意識の, 教祖は, 文学とは, 文学の, 新時代, 日本が, 日本に, 明律の, 最もかく信ずべからざる, 最も当然に, 此等の, 氏の, 民族の, 汝の, 狸の, 異性間の, 病を, 瘤の, 的中し, 直接に, 看破した如く, 確かに, 社會と, 自分は, 自己と, 自己に, 自己を, 自我を, 與へ, 落飾なされ, 藝術家は, 見受けられたあの, 認めて, 述べて, 間違ひ, 非常な

1 [1481件 抜粋] あきらめながら, あの人, ありの, いい出される, いかにバルザック, いささか閉口, いづれが, いまさらなん, うけとるといふ, おなじ刃物, おやである, お手, お話する, かかる雑器, かけ離れたもの, かなりの, かのアカダモ, かんだちめ, こがれる女人, この, この三人, この佳き, この國, この姉, この念願, この理想, この禅師さま, この空氣, この辺以南, これくらゐ, こんなにも違, さうであるか, さらにその, したの, すでに一身一業, すべてを, ずいぶんご, そこは, そちと, その一生, その中, その作品, その働き, その哲學, その實子, その微妙, その所属, その物質, その発達, その練習, その観察力, その輝かしい, それほどの, そんなもの, そんな脱俗, たいへん割, たがいに, たった一つ, だ, つとにこれ, であると, とても珍妙, どう言, なおかつこれ, なす行動, はかの, はじめて此卷, はじめは, ひとつ撃つ, ひとり彼ら, ぶていさ, まさって, また単純さ, また心裡, まだ仕事, みじめな, もっとも甚だしい, もと僅, やつて, やや似, より善き, わずかながら, アツシジ青年の, エタ, クリミノロオグである, ダメでない, トルストイの, ノオと, フランス語の, プロントジールと, ボルドーに, ルナチャルスキーの, 一か, 一つとして, 一と, 一人の, 一層明らか, 一律の, 一擧に, 一本どり, 一種の, 一藩の, 三つも, 三四百年前の, 三遊亭円朝に, 上演せられ, 不和な, 不思議に, 不穏の, 与えられたる職業, 両度ともに, 主としてこの, 之に, 事件屋であった, 事毎に, 二十人を, 云ひ, 互いに意見, 亦此王, 人々は, 人に, 人を, 人情を, 人生を, 人間以上の, 人間的である, 今後, 仏典に, 他人と, 休息ある, 住むやう, 体験した来た, 何一つ失っ, 何人か, 何等かの, 何處から, 余は, 作家としての, 使者の, 例へばドイツ, 侵略し, 信頼する, 個人は, 停車場は, 僅かながらも, 働く事, 僕は, 儒教の, 兄さん兄さんと, 充分知悉, 児童文学の, 全く造形的分野, 全然存在, 八十七パアセント大丈夫であっ, 六倍九分弱の, 六箇月間何事も, 兵士は, 其の方, 其説を, 再び無い, 再會, 出版した, 切斷し, 初めて公, 到底彼, 前漢時代の, 割合にか, 劣つてゐる, 動員されてない, 北より, 区別すべき, 十指に, 千人につき, 卑彌呼は, 単なる男性, 却って悪い, 厳正な, 又いつも, 又前, 友達を, 受取つてこれを, 古今東西それに, 可能である, 各自独特の, 吉原は, 同情と, 同視せず, 君子という, 呉若しくは, 命を, 品性上に, 唐と, 唱へ, 喋々と, 嘘でなかった, 四季の, 固められたの, 圃に, 國運が, 地味に, 執行する, 堯舜禹の, 変りなし, 多くの, 多少勢力, 多讀本位, 大いに日本, 大いに酒, 大嘗會, 大月玄蕃様が, 天下広し, 失楽園と, 奈良朝に, 女性を, 女首, 如何なる形態, 如其富如其智如其寢如申韓を, 妨げて, 始末せね, 子供の, 存するの, 学士会員及び, 宋朝医王山の, 宛かも, 実にさまざま, 実用に, 実際生活, 客觀は, 家族にと, 實の, 實際の, 寧ろより, 対決させ, 射獵時代, 尊意が, 對立させた, 少しも, 尤も發達, 屡, 差異は, 帝国の, 帰着し, 常世神の, 平家物語, 幾分の, 幾度も, 延喜式の, 弟の, 当然なひらき, 形は, 影と, 彼には, 彼を, 彼女を, 彼等と, 後の, 徒らに, 從ふ, 御剃髪, 御酒を, 徹底した, 必ず一種, 必要だった, 思い浮べた, 思想の, 怪談劇に, 恰文法の, 惡である, 意識的にか, 愛着し, 感情を, 成し遂げ得たかと, 我々が, 我が死, 或は高等學校, 戦って, 戰國から, 払ふべき, 抜群の, 披露に, 抽象的な, 捕虜と, 描いた人, 支持しよう, 支那學の, 放庵は, 政治家哲學者畫家彫刻家建築家文學者音樂者等の, 故障等可, 教養とか, 敵国へ, 文章法を, 断えず行, 新年を, 既に, 既に人格的, 既に力, 既に多数, 既に認める, 日本にも, 日本人には, 日本海岸の, 早稲田派若しくは, 明治以後一篇も, 昔と, 時勢に, 普通民の, 更に有害, 最も, 最も佞惡, 最も古い, 最も大きい, 最も寡黙, 最も感服, 最も有効, 最も泥酔, 最も熱情, 最も美事, 最も顕著, 最後まで, 有られも, 有益な, 朗読せられた, 未だ決然, 未だ部落, 本然の, 杜甫の, 東京人ほど, 東洋的従って, 板倉を, 果されるの, 架空の, 格段の, 極めて稀, 極点に, 標準に, 次女の, 正しくない, 正當, 此二種類の, 此職業の, 歩が, 死なせたる苦し, 殆ど遺憾, 殊にさ, 残務の, 民族主義の, 気持ちの, 決して端役, 決定的な, 決闘上の, 活溌な, 浮世半日の, 淋しさ, 清亮の, 渠等の, 滅びたという, 演じて, 漱石は, 炸裂しました, 無慾, 無駄な, 燃え立つこと, 物と, 特にこれ, 特殊部落民の, 独逸は, 獨自なれ, 現在の, 理解されたる, 甘味な, 甚だ失望, 生かすこと, 生じたもの, 生活が, 用ゐ, 異国人で, 疆土が, 発揚された, 発表せられた, 發生し, 白日斬殺に, 皇太子復た, 益々シェイクスピア熱, 相州さまから, 相等しき, 相違って, 看取する, 眞理と, 眺めさせるといふ, 知ってなかったので, 知事が, 破れかけたの, 確立する, 社会的に, 祝言か, 神は, 秀子の, 秀拔の, 私には, 私自身の, 稀に, 種子を, 窓外の, 立つ限り人間, 端然と正座, 等量である, 精神の, 純朴なる, 紹介された, 統一なく, 絵本を, 經書の, 縣會議長まで, 罪の, 美しく感じられた, 美術研究を, 老いこみたがる, 考へて, 耕したり, 聖なる御子, 肉の, 肯定される, 自づか, 自分に, 自己は, 自然が, 自然の, 自由に, 自衛に, 色々の, 芸術の, 苦の, 華楊の, 落伍者と, 著しい, 著者の, 蘇我氏が, 行くえ, 行われた事, 行われ遂に, 行方不明と, 袂別する, 製作せられ, 西洋文學を, 要之助は, 見なければ, 見る所, 見出される夫, 覚え有うと, 親に, 言はれ, 試みたの, 詩人は, 話しますが, 詳述する, 語って, 説卦が, 誰しも, 課すると, 論ぜんと, 諸先輩, 講読作文の, 負担すべき, 賓客と, 起こりぬ, 超社會的, 越度と, 躊躇しない, 輒ち, 農業の, 近代科學が, 述べた如く此, 通用範圍が, 過大なる, 違ふと, 適当に, 那辺に, 醜男が, 重要な, 金子を, 鉄道鉱山などに関する, 開業以前に, 関係し, 關門を, 限りなき, 隠されて, 雌瀧に, 雪が, 雷雲の, 静養し, 韓國人に, 頗る壊敗, 領格, 類似する, 飮むと同, 餌取や屠, 馬琴が, 魂の, 魔界に, 默殺の

▼ 於いては~ (537, 19.5%)

6 それが, 彼は 3 一つである, 人後に, 作者は, 極端に, 自分の, 鴎外の

2 [28件] このやう, この桃太郎, これまで, すぐれて, それとなくヒント, サタンは, 一応人間, 何の, 作家は, 勝本氏と, 同じぢ, 吾人は, 孤獨に, 彼の, 掛け合ひ, 文壇の, 最も新しい, 欠けて, 此の, 殆ん, 決して芸術的雰囲気, 破天荒の, 立派な, 答の, 職業を, 誰も, 諸君は, 集団の

1 [451件] あえて賤, あまり達人, あまり頼もしい, あらゆる人格的存在, あり得ない, ある共通的, ある可, いかなる約束, いつも愛, いやしくも京都, お前に, お考, かく申す, かの支那人, ぐらつく事, この異変, この破邪, この際断乎, これが, これよりも, これを, さしたる勲功, さして困難, さつ, さるこ, すこぶる難産, すでに相当, そう意地, その, そのうちよき, その作品, その作風, その原始的, その境遇, その多数, その年, その悲惨, その悲慘, その日, その緊張感, その美人画家, その表現, その頃, その風土, それぞれ少し, それだけに, それに, それを, たいてい悪い, たいてい惡, たか, たかが商品, たしかにその, ただ軽く, だ, ちがうの, ついにそれ, とやかくの, どっちも, どのよう, なかなか重大, なるほど, ひけを, ひとしほ, ぴつたりと一致し, まことにぶ, まことに才能, まことに痛切, まさしく半分, まだフランス革命当時, まつたく違, まづこんな, むしろ上位, もうさういふ野, もちろん御, もっとせっぱつまった, もっと自然的, もつぱら新造, もとより凡夫, もと鴨河原, もはや彼ら, やはり彼, やや上流, よく売れる, より開発的, わけも, アジア研究といふ, アスピレーシヨンの, イプセンも, ウォリクシアは, エタと, ナチスの, ハラハラし, ハルトマンの, ヒケを, マルクス主義の, ミュンヘンの, リアルである, 一つとして, 一ときそんな, 一切の, 一層それ, 一度も, 一方に, 一般乞食よりも, 一般人の, 一芸術を, 一議に, 不可欠な, 不可解の, 不得手な, 不能者な, 世上往々, 両軍, 主であった, 主に, 主人と, 主人の, 主座, 九百九十九人が, 事件が, 事実と, 事情大に, 二百票よりも, 二致ある, 人生の, 人生即, 人間もしくは, 人間並に, 今日でも, 他人に, 他国の, 以前と, 似て, 何ん, 何一つ啓発, 何人とて, 佛教が, 例へば用言, 保守主義さ, 信濃の, 俺の, 俺は, 倭姫が, 僧正さまの, 優に一家, 優勢であった, 元より, 党清算主義者に対して, 全くはじめての, 全く人間, 全く僕, 全く取る, 全く封建プロシャ的, 全く立体的, 全く見受けられない, 全然問題, 全然見受けられない, 共通で, 兵士も, 其の生活, 具體的及び, 内的の, 凡ての, 凡て空し, 凡ん, 凡兆の, 処女作以来今日も, 出版商業主義の, 別段深い, 利仁が, 利巧な, 到れりつくせり, 刺戟を, 前の, 功の, 動かすべからざる格言, 動脈も, 動詞の, 匠作泰時さまが, 匠作泰時さまを, 単なる, 単なる封建的復讐, 却つてこれらの, 原則として, 原稿の, 受身に, 古い道徳, 可なり, 各流, 合法の, 同じよう, 同じ考え, 君と, 君の, 吝嗇な, 否定出来なかった, 和事に, 和気藹々裡に, 哲学的フィロロギーは, 唐時代から, 唯特殊, 嘗て實, 嘘だ, 困難である, 地動説を, 変りない, 外交国防財政の, 外來の, 外國の, 夙に発達, 多少さう, 多少心苦しから, 多少見当, 大いにやれ, 大いに憐愍, 大いに流行, 大切に, 大自在天, 天つ, 天下の, 太閤の, 失職者と, 夷の, 女性の, 女性は, 如何は, 妻子朋友その他一切の, 娘の, 嬲り殺しだ, 孔雀の, 學問の, 安東氏のか, 安東氏没落し, 官位を, 実にいろいろ, 宣伝みたいな, 寧ろ我等, 寧多く海辺に, 封建割拠の, 封建割據の, 小柄な, 少しちがう, 少しづゝ目, 少年時代と, 尚更である, 尠く, 就中批評などでは, 屠児, 山田君に, 崇神天皇の, 巫女の, 帶方郡より, 幕府の, 平氏の, 平面的である, 幻は, 廣介は, 彼も, 彼らのみが, 彼を, 往々通りすぎる, 後世の, 御費用, 御難儀, 徳川時代を通じて, 心的働きの, 必ず, 必ずしもこの, 必ず屋外, 忍びぬもの, 思惟と, 意識内容と, 感ずること, 憤慨に, 成功し, 我が国の, 或はそんな, 或は完全, 戸數官名を, 抽象的な, 掘採苦しから, 支那の, 敢えて人後, 文化が, 文化の, 文壇人も, 文学の, 文體上から, 既に充分御, 既に巫女, 既に御, 日本一ださうです, 日本画壇稀に, 早くから断篇化, 早くより, 明々白々の, 昔から, 是は, 時勢に, 普通仏蘭西風, 普通佛蘭西風に, 普通此分極は, 最下等の, 朝夷名三郎御, 朝幕合体さらに, 林先生という, 架垂の, 根も, 格段な, 桂華は, 桓帝靈帝の, 棹の, 極めて神經質, 極めて考え, 極めて都合, 極めて重要, 極度に, 次第に普遍的自我, 歌を, 正にリイル・アダン, 正に反, 正徳五年の, 此統一が, 此間隔が, 歩, 殊にさ, 殊に然りで, 殊に著しい, 殊の, 母性愛などといふ, 比島決戦に, 毛頭かまわぬ, 毫も差別, 民情も, 汚い手前味噌, 決して, 決してそんな, 沖縄には, 泡立つ浪, 活動が, 浅虫温泉は, 浮世絵は, 深刻な, 湯目教授の, 溜らないほどの, 無批判的, 無論許そう, 然り, 父兄に, 父子三代の, 父母兄弟を, 牛鍋鳥鍋の, 特に内生, 特別な, 独自な, 現代の, 甚しい, 甚だしくこれ, 甚だ不, 生徒の, 男が, 男の, 當つてゐない, 直ぐ知らない, 相似て, 相應, 眞の, 真の, 真実に, 真理である, 着眼次第にて, 矢張り嘲笑し, 砂時計の, 社会的価値を, 社會と, 神功皇后に, 神意から, 祭時の, 秀抜の, 私の, 私達は, 稀に, 稍, 空虚なる, 窮極に, 精神の, 紀伊國屋小春は, 約束を, 級中で, 素朴的經驗の, 統覺の, 絶対に, 絶對に, 総て単語に, 縱令その, 美が, 義雄は, 耶蘇教思想と共に, 肉を, 自分は, 自己の, 自己は, 自然との, 自由などと, 自画像を, 與へ, 舞台劇や, 色や, 芝居の, 芥川の, 芸術家は, 著者の, 藝術的價値の, 虚心平気で, 裁判長は, 見物人を, 規定の, 規範として, 解決が, 解決附き, 記述的に, 誤ったもの, 誰の, 諷刺が, 諺を, 谷崎とは, 谷崎よりも, 責任無能力なる, 起つにも, 超人と, 輝勝一人を, 近代の, 近年未曾有の, 近東地方からも, 進行が, 道端の, 遠州, 釈迦は, 釈迦牟尼は, 重役打寄り評議の, 鎌倉はじまつ, 長塚節の, 関東一の, 雄大な, 非常な, 馬ほどの, 高句麗國の, 鶴見は, 麻酔剤によって, 鼎軒先生の

▼ 於いても~ (310, 11.2%)

3 これに

2 [17件] これほど, これを, すべて仮説だ, それが, わたくしは, 他の, 作家を, 化学界に, 同樣, 彼女は, 彼等の, 往々聞く, 理由の, 私の, 私は, 美しさ, 非常に

1 [273件] あくまで契月, あのかな, あまりに重要, あまり例, あまり多く, あるいは鼻, いついかなる, いつでも, いろいろの, いろんな形, うまく自分, おしらさまに, お歌を, お疑い, かえってこれ, かかる人, きびしい家賃, ここの, このと, これくらゐ, これを以て, すぐれたる力量, その一言, その土, その変てこ, その建保元年あたり, その技術, その日, その生活上, その變てこ, その都所別当, それと, それと同, それは, それを, ただちにれい, ただ二念, ちょっと反省, つと充實, どうして生殖, どこやら, どぢ, なお幾度, なか, なるべくシーリヤス, ほんとに魅力, また, またさうである, またその, また世間, また友, また感覚, また顔, まだいろんな, まだ軽率, もはや改善救済, やがて聖徳太子, やっぱり極度, やはり本能的, よいこと, われ, アハハハと, アハヽヽと, モデルに, 一時映画に, 一面には, 三面の, 上述の, 下の, 下品だ, 不安と, 不思議な, 主上が, 五尺二寸と, 亦, 亦人間並, 亦傳道, 亦比較, 京都が, 人類に, 今の, 今はか, 今や殆ど, 仕事を, 他を, 他人の, 以前は, 余は, 作品の, 例えば秘密, 修業の, 俳人の, 個人主義的な, 光子を, 全く同様, 共に最も直接, 共感を, 其人の, 其里程の, 内なる, 内容と, 再版かな, 出離の, 判ること, 別離は, 前々回に, 前の, 前例によって, 又総合的, 口数に, 各時期, 同じこと, 同じ事, 同じ歐洲人, 同時に統一, 同様な, 同様に, 同様の, 君は, 問題と, 四人の, 在來, 執拗な, 場合によ, 多くの, 大凡の, 大坂城の, 大抵こんな, 天保に, 女房が, 完成品だ, 官位の, 対象的思惟に, 小手の, 少くも, 尚さうで, 尠く, 屈指の, 屡々指摘, 嶄然と, 常に充溢, 常に此, 常に礼儀, 常軌を, 弱い者, 彼の, 彼は, 彼らが, 彼らは, 彼女を, 往時の, 後漢, 必ずすみやか, 必ずやこの, 必要なる, 思想に, 思想は, 恐らく五分の一以上, 意識し, 成功しない, 成功するでしょう, 成立しない, 我等は, 或いは経済, 戰ひ, 才気煥発でも, 持ちつづけて, 指折りの, 改造に, 敢えて人後, 斡旋の, 新しい形, 新しい感覚, 既にさうである, 既にエタ, 日本に, 日本の, 日本は, 旦那たちが, 明律は, 書物の, 最もすぐれた, 最も一般的, 最適の, 有名な, 有望さに, 未醒と, 校長の, 根強い一つ, 格段な, 極めて輕, 権威を, 正徳三年からは, 此の, 此兩方向の, 此処と, 此形而上的轉換を, 武者修業は, 殆ど藤次郎, 殆ん, 殊に芸術的品格, 比較的早く, 氏の, 民衆の, 気分に, 決してドン, 深さ, 温泉に, 演劇の, 漢代に, 無敵の, 無論その, 然第, 父の, 物質文明に対し, 特に規則立ちたる, 猶主, 珍しいの, 現代稀に, 現實的, 用語の, 申述べ, 略おなじ, 略ぼ, 百姓は, 皆に, 盛に, 直に之, 相州または, 相應, 相當, 眞正に, 知的作用が, 確実に, 社会の, 立派に, 米屋こはしは, 精神の, 純粹, 義に, 肉體の, 自信が, 自分には, 自分の, 自己に, 興行政策として, 英雄を, 藁を, 要するにその, 見られるところ, 誰かを, 負けたくない先生, 賤民である, 赤堀水右衛門と, 起った, 軽蔑せられ, 近衛家の, 通常の, 進んで, 遥かに, 部民を, 酒が, 長い間, 阿弗利加人, 雨の, 非人という, 非常時に, 非難し, 韻文を, 順序を, 頭の, 高佳に, 高屋家記の

▼ 於いてのみ~ (25, 0.9%)

2 可能である

1 [23件] この鳥, これを, その本来, それを, では, 人格の, 共通的とも, 凡てが, 力と, 始めて, 存在する, 意味が, 意義を, 感じ得るもの, 新鮮さは, 日數を, 男を, 見たの, 見受けられる事, 許さる, 許したの, 起こる現象, 養はれる

▼ 於いての~ (22, 0.8%)

1 [22件] ことである, それを, ように, アイディアリストである, 人として, 仕事という, 充実は, 厚かましい微塵遠慮, 唯一の, 失敗などは, 如く壮, 学問だけの, 宗教, 採集の, 政教一致で, 文学家が, 最良の, 残酷な, 無人格主義, 眞理摯實なる, 道徳に, 関心と

▼ 於いてを~ (9, 0.3%)

62 やである 1 やです

▼ 於いてか~ (8, 0.3%)

1 すべての, 一見彼らを, 彼らは, 彼等は, 我が政府, 有為の, 滿座悉く, 為政者は

▼ 於いてすら~ (7, 0.3%)

1 そうである, そのよう, たしかにそんな, なお悲痛, 使者が, 擯斥せられる, 殆ど健全

▼ 於いてや~ (5, 0.2%)

1 人には, 悖戻の, 我が, 逍遙子が, 逍遙子の

▼ 於いてかの~ (4, 0.1%)

2 女が 1 北斗にでも, 女との

▼ 於いてこそ~ (4, 0.1%)

1 実際に, 差別は, 経済的にも, 綺麗な

▼ 於いてさえ~ (3, 0.1%)

1 こう云う, この男, すでにこの

▼ 於いてだけは~ (3, 0.1%)

1 たしかに同類, まつたく一億一心, 今日の

▼ 於いてしか~ (2, 0.1%)

1 取扱は, 経済関係或は

▼ 於いてだけ~ (2, 0.1%)

1 だという, 価格と

▼ 於いてよりも~ (2, 0.1%)

1 実生活に, 臨床医術に

▼ 於いてをや~ (2, 0.1%)

1 そして又, である

▼1*

於いてさう大した, 於いてさえも本気に, 於いてでも訣る, 於いてと云ふ, 於いてのみは決して架空, 於いてはとかいつて話, 於いてばかり考へて, 於いてまであの御, 於いてもはひつて, 於いてよりは一層重要