青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「注意~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~泣いた ~泣き 泣き~ ~泣く 泣く~ ~泥 泥~ 泥棒~ 注射~ ~注意
注意~
~注文 注文~ ~注目 注目~ 泰~ 泳い~ 洋~ ~洋服 洋服~ ~洗

「注意~」 10180, 110ppm, 975位

▼ 注意~ (3450, 33.9%)

132 払って 125 して 65 ひいた 64 向けて 45 与えて 36 惹いた 34 した 29 ひいたの, 与えた 26 ひいて 25 要する, 集めて 24 ひかれた, もって 22 惹いたの 19 引いた, 集中し 18 向けた 17 惹いて, 払うこと 16 払わなかった 15 はらって 14 ひくよう, 受けて 13 あたえた, ひきました, 加えて, 喚起し, 喚起したい, 惹くもの, 払いながら, 払った, 要す 12 与へて, 喚起した 11 あたえて, しながら 10 しなければ, 促して, 受けた, 向けなかった, 引いて, 怠らなかった, 惹くに, 払は

9 [11件] する, ひくに, 惹いたもの, 惹くこと, 惹こうと, 払うの, 払ふ, 払わねば, 要するの, 配って, 集中した

8 うけて, 与えると, 与へ, 与へた, 払うよう

7 [12件] うながした, ひかれて, ひこうと, 与えました, 促が, 促した, 向けること, 喚起する, 奪われて, 引くこと, 引くよう, 払つてゐる

6 [13件] あつめて, するよう, すれば, ひくもの, 向けたこと, 向けようと, 怠っては, 惹くため, 惹くの, 惹くやう, 払ひ, 與へて, 集中する

5 [18件] したこと, したの, しました, すると, ひいたこと, ひきます, ひく, ひくの, 与えたり, 惹いたこと, 惹きました, 惹く, 惹くよう, 払う必要, 払われて, 拂ひ, 自分に, 要すること

4 [35件] こめて, されて, すること, ひいたので, ひかなかった, ひくこと, ひくほど, ひくほどの, ひく点, むけた, もつて, 促したいの, 促してすら, 促すの, 受けたの, 向けねば, 向けられて, 向ける者, 喚起しなけれ, 引いたの, 引きつけて, 怠らずに, 怠ると, 惹かれて, 払うもの, 払ったという, 払ったもの, 拂は, 拂ふ, 欠いて, 牽いた, 與へ, 要します, 要するもの, 配りながら

3 [57件] あたえました, うけた, うける, うながして, こらして, したもの, するが, する必要, せずに, せずには, せねば, そらすため, ひいたもの, ひかずに, ひかれたの, ひき, ひきつけたの, むけて, 一身に, 与えること, 他に, 他へ, 促したい, 促したいと, 促すと, 傾けて, 向けたの, 喚起しよう, 外らして, 守って, 引いたもの, 引かれた, 引く, 引くの, 必要と, 怠って, 惹いたが, 惹いたらしかった, 惹き易い, 惹くと, 惹くには, 惹く様, 払いその, 払う暇, 払ったの, 払わずに, 払わなかったの, 払わなければ, 捉えて, 自分の, 致して, 要すべきこと, 要する事, 請わんと, 集めた, 集注し, 願ひます

2 [164件] あたえながら, あたえるの, あたえる必要, あつめた, あつめる, うけたこと, うながすの, くばった, くばって, こつちへ, された, したが, したり, した者, しても, しなかった, しようと, するの, するもの, する人, そのほう, その方, そらして, それに, はらいながら, ひかずには, ひかれる, ひかれること, ひかれるの, ひきその, ひきつけた, ひきつけます, ひくため, ひくところ, ひしとつかん, むけるよう, よびおこしたの, 与えたこと, 与えた後, 与えても, 与えられて, 丙に, 乙に, 二つの, 享け, 他の, 他點, 促さんと, 促したいこと, 促す, 促すため, 促すよう, 凝らした, 凝らして, 刺激する, 加えた, 加へ, 加へて, 加へる, 受けたこと, 受けた時, 受けても, 受けると, 受けるまでも, 受ける必要, 向けさせた, 向けさせようと, 向けさせること, 向けずには, 向けたが, 向けては, 向けなかったが, 向けなければ, 向けました, 向けよう, 向けようとは, 向ける, 向けると, 向けるの, 向けるよう, 呼びさ, 呼び起こした, 呼び起して, 喚起された, 外らしたとも, 奪って, 奪われがち, 少しも, 引かない, 引かれたの, 引かれて, 引きその, 引くので, 引くもの, 引こうと, 彼に, 彼らの, 待たないで, 忘れて, 怠らず, 怠らない, 怠らないよう, 怠らなかったが, 怠らなかったと, 怠らなかつた, 怠らぬ心得, 怠ること, 惹いたと, 惹かされた, 惹かずには, 惹かなかったの, 惹かれた, 惹きしかを, 惹くという, 懈ら, 払いつつ, 払い始めた, 払う, 払うだけの, 払おうと, 払ったつもり, 払った方針, 払っては, 払つ, 払つてゐた, 払ふべきである, 払わないで, 払わないの, 払わなくては, 拂つた, 拂つて居る, 拂ふべき, 持って, 持つて, 捉へ, 最初から, 最後に, 求めた, 添えて, 無に, 牽いたの, 牽引したる, 甲にも, 男は, 窓の, 背に, 與へる, 要するが, 要するという, 要する点, 要求する, 見て, 轉する, 送った, 配った, 重ねて, 集めその, 集中させる, 集中しよう, 集注した, 頼んで, 願いたいの, 願います, 願って

1 [1323件 抜粋] あそばされた, あたえてから, あたえられた, あたえると, あたえ彼, あたへ, あつめながら, あつめる科, ありがたいと, いただいた, いちじるしく引く, うけたという, うけても, うけるが, うけるやう, うながしたいと, うながしたもの, うながし急, うながせ, うばわれたの, おいて, おこたらずひそか, おこたらないよう, お角, かきみだした, かたむけそして, かつて自分, きいたので, くばりながら, くばる実力, ここに, この吊り橋, この赤鼻, こまごまと, こらし口, こらす時, これに, さずけて, されたの, されたん, されるまでは, しおいたのに, したいため, したとき隊長, したので, したん, してこそとの, してやった, してやらなければ, してやるの, してを, しないと, しに, しましたけれど, しまする, しろという, し何より, し母親, じっと据え, するから, するとしても, するので, する場合, せなん, せよ, そこに, そそぐよう, そちらへ, その会話, その方面, その身, そらさずさっき, そらしは, そらそうと, それだけ大きく, それほど重要, つづけて, とった, とめた, なさいと, なさいますと, なさらんと, なして, のがれること, はらうの, はらう心構え, はらおうと, はらったの, はらわず毛皮外套, はらわなかったら西田さん, ひいたくらい, ひいたに, ひいたまで, ひいたらしく擺線, ひいた一記事, ひいた漫画家, ひかうとして, ひかないという, ひかないまえ, ひかなかったであろうと, ひかなくなって, ひかぬ以前, ひかれざるを, ひかれたほど, ひかれたらその, ひかれるそれ等, ひかれるところ, ひかれ直感的, ひきそれ, ひきつけながら, ひきつけられたの, ひきつけられて, ひきつけるの, ひきつける真実, ひきやすい, ひきよせた, ひき側, ひき引, ひき得たと, ひき次いで, ひき諸書, ひくつもり, ひくという, ひくべきもの, ひくらしくある, ひく助け, ひく景色, ふり分けるらしく思われた, またずして, まつたくし, むけては, むけはじめた, もう少しも, もどしそれ, よく聞いた, よびさまされた, よびさます何, よび起こして, よび起すよう, エロキユーシヨンの, ノートする, ポンプに, ロボット小ぞうの, 一せいに, 一同に, 一層新た, 一時集中した, 万遍なく, 与えそして, 与えたそう, 与えたら祖父, 与えた事, 与えてから, 与えほとんど, 与えようとも, 与えられる, 与えるが, 与えるその, 与えるよう, 与える場合, 与える気, 与え次に, 与え目科, 与え離屋, 与へてから, 与へる教師, 之に, 乞はんと, 予期しない, 云い添えさらに, 今どきどこへ, 以つて自然と共に, 何か, 作者の, 促されたもの, 促しその, 促したること, 促すこと, 促すほど, 促すより, 促す所以, 信用し, 健三に, 傾けましたが, 傾注しおりたる, 先づさういふ方面に, 全局に, 其処のみに, 内に, 凝らしなお, 凝らす余裕, 利用する, 加う, 加えさせた普通鶯, 加えても, 加へたに, 占めたはず, 参考に, 受けいろいろ, 受けたならば, 受けたよう, 受けた私, 受けないでも, 受けました, 受け居たる社會主義者守田文治, 右手に, 向けさせられたの, 向けざるを, 向けず金, 向けたならば, 向けたり, 向けた人, 向けだしたよう, 向けないこと, 向けないでは, 向けなかつた, 向けなさい, 向けはじめた, 向けませんでした, 向けるひま, 向けるやう, 向ける必要, 向ける筈, 向けルパン対スパルミエント, 向け日本, 吸収する, 呼ばうと, 呼び始めたロシア, 呼び起こされ彼, 呼び起さざるを, 呼び起すと, 呼び醒し易い, 呼んだ, 商工業に, 喚び起さずには, 喚び起す, 喚び起す意, 喚起させ, 喚起すべく, 囚へ, 外に, 外らす作用, 外らそうという, 多く引く, 奪つた, 奪はれ, 奪われるの, 子息たちが, 実例によって, 対けて, 少しで, 己れ, 引いたと, 引いたやう, 引いた出来事, 引いてるの, 引かずには, 引かねば, 引かれた者, 引かれない訳, 引きつけたいから, 引きまた, 引き僕ら自身, 引き離すべく, 引くから, 引くし, 引くに, 引く事, 引く場合, 弛めること, 強くひいた, 強く引く, 待たずして, 後ろに, 心の, 忘れないの, 忘れなかつた, 怒り返すとよりも, 怠った, 怠つて, 怠らずそこら, 怠らず研究, 怠らないという, 怠らない爺さん, 怠らなかったの, 怠らぬであろう, 怠らぬ顔付, 怠るな, 怪しんだ, 惹いたこの, 惹いたところ, 惹いたのみ, 惹いたらしく彼, 惹いた一つ, 惹いた冷たい固い, 惹いた爪先, 惹いた部分, 惹かずそれ, 惹かないが, 惹かないで, 惹かないやう, 惹かないわけ, 惹かなかったかを, 惹かなかったらしい, 惹かなかつたです, 惹かなく全く, 惹かぬ獅鼻, 惹かれたこと, 惹かれながら, 惹かれること, 惹かれるの, 惹かれる肌寒, 惹きさうな, 惹きしは, 惹きだした農村, 惹きつけようと, 惹きつつ, 惹きは, 惹きまして, 惹き内々, 惹き初めたこと, 惹き時堯, 惹き置く, 惹き起されたの, 惹き起したり, 惹くかという, 惹くだけの, 惹くところ, 惹くはず, 惹くほどに, 惹く一事, 惹く女, 惹く度, 惹く点, 惹く理由, 惹く粧飾, 惹ける點, 惹起した, 惹起せしめた, 意識し, 手ひどくしりぞけた, 払いかねた, 払いたまえ, 払いはじめたの, 払いました結果, 払いドイツ語, 払い幾分, 払い得る男, 払い罪名, 払い興味以外, 払うて, 払うならば, 払うは, 払うべき必要, 払う古都, 払う様, 払う習慣, 払う良人, 払う読者, 払え, 払ったであろうこと, 払ったところ, 払ったり, 払った事, 払った適度, 払ってるらしかったそして, 払つたで, 払つてやらね, 払つて愛を, 払つて星の, 払つて聞い, 払ひたる, 払わざるを, 払わずして, 払わず市価, 払わせること, 払わないと, 払わないらしいこと, 払わない竜, 払わない車夫, 払わなかったと, 払わなかったらしく祇園その他, 払わなかった様, 払わなくなって, 払われたこと, 払われては, 払われる, 投げて, 抱かねば, 拂つ, 拂つてゐた, 拂つて出された, 拂つて自分の, 拂ひました, 振り向けようと, 捉えそれ, 捕へ, 掴んで, 提供し, 擾した, 放ちました, 散マン低下, 施すべきが, 書きそえて, 最初に, 梅軒が, 橋番にも, 欠くなら, 欹てずには, 止めなかった, 母よりは, 注いで, 注ぐであろう, 深くせ, 深めること, 源氏は, 無下に, 無意識の, 熊蔵の, 特にかたむけた, 牽いたもの, 牽かないで, 牽きつけたの, 牽くに, 牽く点, 理知的な, 用いて, 用うれ, 用意し, 甲其物に, 申します, 申すの, 男に, 病児に, 発したので, 示し額, 私は, 移した, 等閑に, 緊張する, 繰かえした, 繰返して, 耳に, 耳一ツに, 聞くや, 聳やかした一人, 脱して, 自分も, 致さなければ, 致しましたものの, 芥川の, 蒐めた, 衝いて, 要したに, 要すべき點, 要するだから, 要するところ, 要するなり, 要するべく其身世間, 要する仕事, 要する旨, 要せずして, 言い置いて, 話した, 誘いつつ, 読者に, 請ふ, 費さすこと, 賜わるものこれ, 起さしむべき動機, 転じると, 轉せし, 述べて, 述べるので, 逃れて, 逸して, 遠さけん, 避くる, 部下たちに, 配ったきちんと, 配りつつ, 配り其の, 配り熱心, 配る者, 附加し, 集むるの, 集めたため, 集めながら, 集めやう, 集めること, 集めるやう, 集めんと, 集中させよう, 集中しなけれ, 集注しました, 雲煙の, 願いたい, 願ったらと, 願ひたい, 鳩めて

▼ 注意~ (2071, 20.3%)

125 ていた 114 ている 95 て見る 52 てくれた 50 て見 39 てみる 31 てゐる 30 て見た 26 ておく 2321 ておいた, てくれ 19 てゐた 16 てい 15 てその, て下さい, て居る 14 ておきたい 12 ておかなく 11 ていない, てくれる 10 ていなかった, ておい, てやった, てよく 9 ていました, て聞い, て見れ, て観察 8 てある, ていただきたい, ておかね, ておきます, ておこう, てみた, てもらいたい, てよい, て自分 7 ておきました, てくれました, てそれ, てほしい, てやる, て居ります, て欲しい, て歩い, て聴い, て読ん 6 ていい, ていなけれ, ています, ていれ, て呉れた, て来た, て窺う, て置いた, て調べ 5 たまえ, ておかなけれ, ておれ, てみ, てみれ, てやっ, てやつ, て眺める, て置きたい

4 [16件] たりした, てきい, てください, てくれ給え, てなるべく, てやりたい, て呉れ, て居, て居た, て眺め, て研究, て置い, て聞く, て行く, て行った, て見ます

3 [29件] たり, てあげ, てあの, ていらっしゃる, ているらしい, てお, ておられる, てくれます, てこの, てこれ, てさ, てみよう, てゐられる, て彼, て御覧, て歩いた, て物, て置きました, て置きます, て置こう, て耳, て見ない, て見よう, て見守っ, て読んだ, て貰ひたい, て避け, て頂きたい, ながらその

2 [82件] これが, そしてこれ, てあげた, てあげたら, ていった, ていません, ておかう, ておくべき, ておりました, てお玉さん, てから, てから今度, てくだ, てごらん, てどこ, てながめ, てなにか, てみました, てもよい, てもら, てもらひたい, てやらう, てやり, てやりたかった, てゆく, てよこした, てゐない, てゐられない, てゐれ, て下, て下さる, て下す, て予防, て云った, て人, て何, て保存, て保護, て傷一つ, て別れた, て包, て去った, て右, て吊り下がっ, て同意, て四辺, て寝床, て少し, て居つた, て帰った, て心, て必ず, て忍ん, て拵えなけれ, て探し, て新聞, て次, て眺めた, て窓, て窺っ, て精神, て置く, て職業, て聽, て行っ, て見たい, て見なかった, て見なけれ, て見はっ, て見ました, て見られる, て見るらしい, て見給え, て読む, て読め, て貰う, て進む, ながら歩いた, に来た, 初めた, 民衆の, 給へ

1 [684件 抜粋] いやしくも非道, いろいろ湿布, そうな, そして, そして技, そして雪, そのうえに, それから, それから病人, それ以外に, たまへ, たりし, たりする, たり入口, たり右側, たり率直, たり自分, たり角, つつデリケート, つつ外, つつ海岸, てあげました, てあげる, てあたり, てあなた方, てあらかじめ, てある如く, ていいかね, ていただい, ていただきたいです, ていただきとうございます, ていたなら, ていつも, ていな, ていなかったらしい, ていなく, ていまい, ていらっしゃいます, ていられた, ていられなかった, ているごとく, ているらしかった, ているらしく思われる, ていろ, ていろんな, ておかねばらぬ, ておかるる, ておきましょう, ておくれ, ておけ, ておばあさん, ておらない, ておりたい, ておりません, ておろす, てか, てかからなく, てかからなけれ, てかからね, てかかろう, てかならず, てからだ, てから僕達, てから円タク, てかん, てかソッ, てきく, てきた, てくださらなけれ, てくださる, てくれたら, てくれなかったら, てくれなく, てことし, てこなけれ, てこれ等, てさらに, てしっかり, てすこし, てそう, てそこら, てそっと, てそれから, てたい, てつつまし, てつて云つて, てできる, てできるだけ, てでもいる, てどっち, てなお, てなおさせ, てなるたけ, てね, てはいなかった, てはみた, てひとまず, てみたい, てみたかつた, てみてる, てみなく, てみます, てもいなかった, てもうっかり, てもう決して, てもし, てもっと, てもらい, てもらおう, てもらふこ, てもらわなけれ, ても仕方, ても佐野松, ても先方, ても君, ても容易, ても御, ても怪異, ても李司馬, ても火加減, ても脇路活栓, てやっとる, てやらない, てやらなかった, てやらね, てやりました, てやれ, てよかろ, てよこし, てよみ, てゐなかつた, てゐなく, てゐます, てゐるらしく, てをります, てショベル, てビクビク, てホーテンス, てボールド, てミシリ, てユースタス, て一々, て一日, て一段後戻り, て丁度, て上, て下さった, て下さらなく, て下さるでしょう, て下る, て不, て中庭, て之, て乗り換, て事, て二三度面会, て二度, て云, て五六人, て交通規定, て人込み, て人道, て人類, て今後, て仔細, て他人, て佐柄木, て何かと, て余り, て作り上げしならん, て俊夫君, て保管, て僕, て全力, て全員毛布, て其の, て判別, て勤め, て区別, て半, て原口, て参られる, て又, て友だち, て取り, て取りかえた, て取り扱っ, て古い, て同, て吟味, て呉れました, て味わっ, て品質, て器具, て国法, て地下室, て塗り立ててる, て塹壕戦, て夜もすがら, て大きく, て太郎坊次郎坊, て奔命これ, て女の子, て妖, て妻, て字引, て実行, て實況, て将来, て尋ね, て少量, て居った, て居らない, て居らなけれ, て居られる, て居りません, て居りませんでした, て幾度, て床下, て廻った, て引き揚げ, て彼ら自身, て必要以上, て忍び足, て思う, て思惟, て怠らざる, て戸口, て手近, て打倒, て押分け, て拡げた, て拾い上げ, て持ち帰った, て振子, て捜しまわる, て探さない, て探しだし, て摘み除けた, て播け, て撰, て教師, て數千年來東西, て斧, て日々, て早々, て更正, て書い, て書いたらしい, て書かれた, て書くべき, て最新, て望んだ, て東海道, て柔かく, て案外, て検, て検討, て極量, て檢査, て歩かない, て歩かなけれ, て歩かね, て死なない, て毛糸, て池, て油脂類, て流れ, て溜り水, て滋養品, て漸く, て瀬川丑松, て無二無三, て無理やり, て牛, て物蔭, て王, て理屈, て甚八, て疑, て疲れすぎない, て病人, て監督, て目立たぬ, て直させた, て直させなく, て看過, て眼, て睫毛, て知識, て石粉, て確め, て私, て立つ, て第, て米, て粉々, て精読, て結わえ, て置かなけれ, て置かね, て羽根箒, て考え, て聞かない, て聞かね, て聞き, て聴いたら, て聴きました, て聴こう, て肥料, て育てた, て育て上げた, て自ら, て自衛, て舜典, て良心的, て色々, て苦悩, て薪, て薬, て行かない, て行かなけれ, て行かれた, て街, て街路, て覆面, て見おろし, て見せ, て見たら, て見たれ, て見とる, て見なく, て見るかれ, て見張っ, て見渡し, て見苦しい, て視た, て視る, て観る, て觀, て試み, て話, て読まれる, て読みなさい, て調査, て警戒, て貰, て貰った, て買っ, て起き, て距離調整用, て身体, て軽く, て較べ, て農商務大臣, て透さん, て通行, て造った, て進ん, て運動, て避けたい, て酒肴, て金五郎, て鉄門, て鑑賞, て開ける, て隊員, て障子, て集めました, て電圧器, て電話, て靴先, て鞠, て頂い, て頂く, て頭, て頼み, て飛び渡り, て食べ, て食べた, て食器, て食物, どうなっ, ながらいきなり, ながらいった, ながらくさ, ながらじっと, ながらそう, ながらふた, ながらもあたり, ながらも上等, ながらも恋人, ながらやっと, ながらガン人, ながらソッ, ながらフラテ, ながらユックリユックリ思出, ながらロープ, ながら一句一句, ながら一節, ながら三銭切手, ながら仕え, ながら休ん, ながら何時, ながら先, ながら函, ながら切っ, ながら吉五郎, ながら同時に常に, ながら大川橋, ながら大急ぎ, ながら学課, ながら少し, ながら山, ながら岩, ながら待った, ながら後, ながら愛犬, ながら日本, ながら春日, ながら次第に, ながら歩い, ながら河原, ながら登り出した, ながら私, ながら穹窿形, ながら立っ, ながら細い, ながら考え, ながら脇差, ながら自主自律的, ながら自分たち, ながら藪, ながら裏, ながら話し, ながら論, ながら路ば, ながら輦台, ながら逃げ惑った, ながら部屋, ながら鋤, ながら長い, ながら顎髯, ながら顔, ながら高, に来る, ほとんど至らざる, また相当, ゃっしゃい, やすいところ, 且つ保護, 人に, 人工を, 伸び足らぬ, 伸暢駈, 体面を, 偏倚を, 先日も, 其著易例の, 初めし, 初めました, 労働の, 十月の, 又利害, 又後進, 合つて病魔の, 善と, 夕食の, 夜洗滌を, 女から, 如何に, 家の, 希望を, 強調する, 当時の, 思想の, 憤怒と, 拉丁文字迄に, 教育なる, 新刊書なども, 時か, 晴れの, 朝出る, 此術に, 殊に, 比較研究を, 研究も, 確信や, 考へ, 耳を, 聴衆に, 観察すれ, 言語談話訪問待遇の, 踏査し, 適當に, 長寿を, 関心を, 電報は, 青森県扁柏林の, 騎隊の

▼ 注意する~ (500, 4.9%)

42 ように 20 必要が 16 のは 11 ことが, ことは 10 と, やうに 9 ような 8 ことを, のである 7 ために, ようにと, 者も 6 者が 5 がいい, ことに, のを 4 のが, のだ, のであった, を要す, 人が, 人は 3 こと, ことの, ことも, といつの間にか, に足る, までもなく, んだ, 事は, 様に, 者は

2 [26件] がよい, ことそれから, ことである, ことなく, だけである, つもりです, ときその, とその, とそれ, ととかく, ともなく, と女, のだった, のであつ, のと, の周到なる, までもありません, までもない, ものは, 人も, 価値が, 声を, 必要は, 必要を, 所と, 間は

1 [207件] あわただしい等々力十内, かのご, かの如く, から, からだ, からであった, が, がよろしい, くらいなら, くらいはかえって, ぐらいの人, ことあら, ことから, ことさえ, ことその他で, ことだけでも, ことと, ことなし, ことによ, ことによって, ことや, こと革命に, し日本新聞関係, ためだった, ためです, ための, だけで, だけでなく, だけでも非常, だけの心, だけの落着, だけは注意, つもりだ, つもりで, つもりである, とあの, とあれ, というの, というよう, という位, という風, といっ, とき独立な, とき獨立な, ところが, ところであったらしく, ところである, ところと, ところは, ところを, とともに月湖, とどうも, となお, ともなし, とやっと, とホームズ, と万太郎, と不祥, と世間, と二人, と佐渡, と何よう, と信長, と共にまた, と共に次に, と区別, と同時に, と周瑜, と喜ぶ, と奥, と妻, と富之助, と少く, と彼, と怒られる, と成る, と日本, と昼間, と枯れ葉, と母親, と氏, と水兵, と環海ビルジング, と男, と相手, と秀吉, と考える, と自分, と舟, と花, と誰, と警部, と車掌, と馬の背, と驚くべし, と鶯谷宗匠, なりもう, に, にし, には早, にも当らない, にも拘らず, に当たらない, に拘らず, に止めよう, に至った, に至つたの, に足りる, に違い, のであります, のでございます, のでそんな, ので嗅い, ので罹災民諸君, ので足るであろう, のにより, のに初めて, のに皆, のん, の価値, の暇, の穎敏, はよろしい, は勿論, は大切, は當然, は面倒, ほどのもの, までもないだろう, ままに, ものが, ものである, ものです, ものなぞ, ものの一人, ものも, やうな, よ, よい習慣, ようであった, ようにという, よりは以上, よりもこの, よりもその, より外仕方, われと, を肝要, んでさあ, んです, 一方外へ, 丈けの, 事かく, 事が, 事それから, 事に, 事も, 人々に, 人々は, 人に, 人には, 人寡し, 余裕なんか, 余裕は, 余裕も, 価値の, 傳統が, 傾向が, 処と, 処なし, 千代子の, 可き, 商家の, 場合でも, 大して若く, 必要あり, 意志が, 所なりし, 所の, 方が, 方法は, 日である, 旨を, 暇ある, 暇が, 暇さえ, 有様と, 様子も, 樣に, 歌な, 武家の, 気に, 為鍵の, 社会現象の, 程度にも, 筈だ, 箇処を, 精神力も, 結果だけに, 者なら, 者にと, 者にとっては, 者少なく, 自分を, 術を, 言葉も, 間も, 鯰は

▼ 注意すべき~ (386, 3.8%)

61 ことは 16 はこの 14 事は 12 点は 8 ことである, ことには 6 ことだ, ことで, ものは, 一つの 5 ことが, ものが 4 は, 事だ, 点が 3 ものである, 事である, 点だ, 点である

2 [17件] ことです, ことと, ことに, ことを, はその, は私, もので, 事が, 事件が, 事実が, 二つの, 二三の, 大切な, 所である, 点で, 点も, 神である

1 [175件] ことあり, ことであっ, ことであった, ことであります, ことであろう, ことなり, ことの, だいたいの, ところだ, ところは, の点, はかう, はかかる, はこうした, はことごとく, はこれら, はすでに, はそれ, はそれら, はただ, はてんぷら, はまず, はやや, はアリストテレス, はカント, はシェリング, はマルクス, はライプニツ, は世人, は之, は二重, は人物, は伊平屋, は余, は信楽, は全, は単に, は印刷, は古事記, は同時に, は吾, は唐, は土, は在来, は地方, は多磨太, は奈倉, は女, は居所, は山づとと言, は店員, は弁証法, は形式論理学, は彼, は後, は思想, は恋愛, は或, は所謂, は持っ, は支那, は支那人, は支那人自身, は昨年, は時, は最近, は江戸語, は沿革地理, は活ける, は演壇的ジャーナリズム, は物理学, は犬神, は當然, は白石, は精神上, は精神的権威, は紙縒細工, は自然科学, は解釈哲学, は詩語, は語原, は論理, は選良, は開店, は食物, は駿三, もう一つ, ものかの, ものだ, ものであろう, ものなき, ものを, ような, 一事が, 一事は, 一聯の, 一致であっ, 事たり, 事です, 事と, 事実であった, 事実である, 事実な, 事実の, 事實である, 事實です, 事柄たるを, 事柄は, 事柄も, 事業に, 事蹟を, 事項あり, 事項で, 人物として, 人間が, 人間は, 伝説は, 何物にか, 作品である, 作家の, 偏向である, 偶然であっ, 刑法第, 古碑, 古風である, 問題である, 問題と, 変化だ, 大きな出, 大事件, 実例が, 対立的の, 彼の, 恐るべき者, 意見を, 文句が, 方面が, 旨を, 時代に, 最も重大, 最も面白い, 最後の, 材料が, 材料だ, 材料は, 業績についてだけ, 歌に, 点だけを, 点であります, 点と, 点なるべし, 点をも, 物が, 特質は, 現象だ, 現象である, 現象と, 現象の, 発見も, 第一段階, 第二, 細かい点, 義務は, 興味ある, 表現である, 要点に, 要点は, 言葉である, 言葉を, 計算を, 記事は, 遺物を, 點であります, 點も, 點を

▼ 注意~ (381, 3.7%)

8 払われて 7 あった 5 向いて, 向けられて 4 あったため, あつた, して 3 あったから, あって, ありました, 払って, 行き届いて, 行届いて, 集って

2 [26件] あったにも, あったので, あったん, あつて, あまりに人工的, ある, いります, いると, こちらに, それに, なかったら, なければ, はらって, ひかれて, 向けられた結果, 必要だ, 必要だった, 必要である, 払われない, 拂はれ, 散漫に, 肝要である, 自分に, 要すること, 足らなん, 足りないから

1 [271件] あたえられた, あたりの, あったが, あったの, あった以上, あってこそ, あの女, あらわれた, ありましたが, ありましたので, ありまして, ありますので, あり東山道軍, あり翌, あると, あるの, あるもん, ある公然, いる, いるそう, いるの, おろそかに, お梨江嬢, お留守, お鳥, かくも, かんじんです, き附きで或, くるの, こちら側に, この末梢, されて, されもし, しきりに放送, したためて, すでに無き, そこに, そこへ, その響, そらされつづけて, それるだろうと, そッち, たくさん来た, たりなかったん, できるやう, とどいたので, どうしても書物, どれだけの, どんなもの, ないかぎり, ないから, なかつたら二人, なくったって, なくっても, なくても, にんじんの, はらわれた, はらわれなくては, ぱつと一瞬に, ひかれます, ひどく相手, ほしかった, ましき事, ますます鋭く, またそっと, まったく正しい, まるでむくいられぬ, みんな自分に, むいた隙, むけられたの, むけられてたの, むけられねば, めざまされた, もはや無駄, ゆるむと, ようやくこの, ようやく独立, よく行われましたなら, ケイ示され, ケティの, ト書に, 一つに, 一つ所に, 一寸他, 一層拡大, 一度うけ入れられる, 一度に, 一教区に, 一旦明日, 一般に, 不潔であり, 不用だ, 与えられただけ, 与えられて, 与えられる, 与えられ攻城法, 主で, 主として農業, 事々しい行書, 二人の, 二人を, 二遍あった, 今向けられ, 仕事から, 他の, 他方に, 付加された, 余計集まる, 促されたの, 信じられないほど, 傾いて, 全部占められ, 円満に, 出るほど, 別の, 動も, 単純な, 印刷し, 厭だ, 厳重を, 及ばなかった, 同性愛という, 向かずむしろ, 向かなかったもの, 向きました, 向くか, 向くの, 向けられ, 向けられた, 向けられたこと, 向けられるとともに, 向けられる順序, 向け得るの, 喚起された, 国史の, 外へ, 外れた, 外れたため, 外れたので, 外れて, 大将夫人へ, 学生には, 守られなかったの, 守られなかつたの, 完全に, 実に馬鹿, 実子の, 少しも, 屆く, 届き私, 届くだけ, 届くよ, 引かれた, 当然集注される, 彼に, 彼女の, 復活しかけた, 徹って, 必要です, 必要と, 必要に, 快いもの, 恐らくこの, 悉く経済更生, 惹かれる, 惹かれる許, 惹き起され三十年前, 感じられます, 憚り様で御座います, 払は, 払はれ, 払われつつ, 払われること, 払われる国, 払われ安全, 払われ条約, 払われ謀略, 拂つて漬けられ, 捉えずには, 擾され, 教授の, 散って, 散漫だ, 施されて, 施して, 明白に, 書いて, 書斎に, 最も必要, 最近之で, 朝顔から, 来た, 来て, 森林の, 極めてこまかく, 欠けて, 次第次第に, 此御神體の, 沢山いります, 注がれて, 深いところ, 特に目立ちはじめる, 特に綾子, 球を, 球賭盤の, 甚だ疎, 男湯の, 盤面に, 着衣の, 移つて其細かな, 第一, 細々外面, 細かに, 終ったあと, 絶えない, 総監の, 緩んで, 職業や, 肝腎, 肝腎です, 肝要だ, 肝要で, 肝要であった, 肝要です, 脇に, 自ら天に, 自分を, 自然と, 至らない, 行きと, 行きとどいて, 行き亙るにつれ, 行き屆, 行き届いても, 行き届かなかった, 行き届かなかったので, 行き届くと, 行ったと, 行った拍子, 行屆いた, 行屆か, 行届かないの, 行届かなかったから, 行届かなかったの, 行届きましょうが, 要される, 要ります, 走った, 足りずまた, 足りない, 足りないと, 足りなかった, 足りなかったため, 足りなかったと, 足りなかったの, 足りん戦争, 鈍くなっ, 鋭くひきつけられた, 鋭敏に, 隅々まで, 集まらない樣子, 集まらなかった, 集められる, 集る, 集る度ごと, 集中され, 集注され, 非常に, 響きわたると, 頭に, 飲み込みかねたと

▼ 注意しなけれ~ (264, 2.6%)

105 ばならない 102 ばならぬ 14 ばなりません 10 ばいけない 8 ばならん 4 ばならなかった, ばなるまい

1 [17件] ばいかぬ, ばいかん, ばこの, ばとんだ, ばなら, ばならず, ばならないであろう, ばならなくなった, ばならぬであろう, ばなりませんでした, ばもっと, ば少なくとも, ば投書, ば殆ど, ば物質的, ば知らず, アなら

▼ 注意した~ (226, 2.2%)

7 のである 6 のは, ように 4 がその, ことが, ので, のであった, のです, 人も 3 のだ, のであつ, ものも, 人は

2 [13件] がいい, がそんな, がべつに, だけであった, に相違, のを, ものが, んです, 事が, 人が, 方が, 時に, 者も

1 [145件] か, かが判る, かという, から自分, か分からない, か分らなかった, か知れない, が, がうっすら, がかの, がこれ, がともかくあまり, がひょいと, がほんの, がまず, がもう, がよか, が一度, が三上, が三四人, が三木, が中途, が今日, が俄車掌, が再会, が叔父, が夏侯尚, が座頭, が彼, が彼女, が手掛り, が聴かなかった, が見る, が詞, くらいだった, くらいで, くらいである, くらいです, けれども父, けれども肯かない, けれど眞白, ことから, ことであろう, ことなどは, ことも, ことを, こと滅多に, そうです, その実践, だけでもよく, つけが, つもりだ, つもりであった, つもりの, というほか, という点, といえ, といふこと, ときその, とき加奈江は, とき多, とき彼は, ところが, ところで, ところであり, ところは, ところ菊池さんは, とほり, とまで見なく, と思います, と見え, と語り伝えられた, にすぎない, にもかかわらず, のか, のじゃ, のであります, のでお, のでイワン, ので今, ので奥さま, ので官兵衛, ので景義, ので模様, ので泰文, ので皆, ので郷中, のに, のには, のに握り得た, は, ほうが, まえ, まはれよ, もう, ものさ, ものだつた, ものであった, ものである, ものであろう, ものです, ものは, ようである, シュワルツコッフ博士は, 一人の, 久左衛門の, 事である, 今村氏は, 以外の, 処から, 刹那二人の, 同僚も, 大家例へば, 女の, 姉は, 巡査は, 所である, 時お, 時には, 時一同蜘蛛の, 時奥さんは, 時彼は, 歩き振りで, 特別の, 程度の, 積りの, 筈だった, 筈である, 筋書きを, 糸子の, 結果この, 結果疫病は, 美人という, 者が, 者の, 言葉を, 記憶が, 訳でしょう, 誤りに, 證據が, 通りだった, 通り王莽に, 門札と, 頃には, 黒の

▼ 注意~ (208, 2.0%)

7 して 3 惹かれなくなつ 2 されながら, したらしいが, そこに, その方, 他に, 他の, 半ば聴衆席の, 女皇内閣の, 皆その, 細かく動きます

1 [178件] あたって, あっても, あなたに, あまり耳慣れ, ありがたいと, いつも軽部, いま悉く, いる, うまく成功, おもに若い, かたじけない, ここまで, こないだも, この奇怪, この相伝, この飛行島, こんなに散漫, さすがに, させるよ, さっきの, しじゅう海上, したが, したま, したらしい, しても, しなかった, しなかつたけれど, しばらくそれ, しまする, すこぶる同意, すっかり取られた, すでに間に合わなかった, すなお, すなわち態度, すばやく再び, すべて型どおり遺骸の, すべて渠ひとりに, する, する積り, すんだという, そちらに, そのほう, その音楽, それから二人, それて, できないもの, どうも随分くりかえされなけれ, どこにも, どこまでも, どれほどまでに, どんなもの, なんと感心, はらわなかった, ひたすら兄, ひたすら敵陣, ふたりの, ほんとうは, まったく市九郎, まるで他, むしろ必要, むしろ老人, もっともな, もっと強く, もっぱら心霊術, もとよりです, もはや何物, やがて一人, クランチャー君が, クリストフの, ニコレットの, 一切遠慮し, 一様に, 一滴も, 万人が, 主としてロシヤ, 二つの, 二体の, 二十オンスという, 人間感情の, 今やかの, 今や明るく, 仲, 僕でも, 充分しなき, 充分に, 全く渠一人, 再び市九郎, 処が, 勝手口から, 十分に, 卓子の, 単に時勢, 厳粛に, 取あげない, 向きがちだった, 向きました, 向くよ, 呆然たる, 四肢に, 国の, 国語の, 地下数百米の, 夫人自身の, 女の, 如何にも姉, 姑などで, 字から, 学問の, 実際的, 封筒にも, 尊攘を, 尤もでした, 尤も至極, 引かず赤帽, 彼から, 後ろに, 必ず与え, 必然改めらるべき, 必要が, 思はずその, 怠らない, 惹かれて, 惹かれなくな, 惹かれなくなった, 払わねば, 散って, 散亂, 散漫に, 明かに, 景色の, 極めて稀薄, 極度に, 次の, 母家の, 決して怠る, 決して甚大, 沢山要る, 深くなっ, 清水一学に, 熱に, 留りました, 皆此方に, 相手の, 眼ま, 社会に, 私の, 究竟の, 立所に, 第一, 細かいところ, 細かに, 綿密を, 緻密に, 耳いっぱいに, 聴いて, 自分を, 至る処, 至極好い, 至極尤も, 致しますが, 若し患者, 行届かない様子, 裸女の, 諸大学, 貫太を, 遠退い, 部屋の, 銅六にばかり, 鋭利に, 長い遠国, 隣室の, 集中される, 集中し, 離れて, 非常に, 靴を, 頻りにその, 餘り

▼ 注意~ (204, 2.0%)

15 眼を 7 下に 6 もとに 5 的と 3 こと, 上にも, 焦点と, 焦点を, 言葉を

2 [17件] あつた, ために, ため葉山の, 上に, 凡てを, 向け方, 外に, 多少に, 度を, 意味を, 札が, 焦点に, 焦點, 目を, 耳を, 視線を, 言葉は

1 [122件] あさいもの, あったとおり, あったばかりの, あったよう, あった月, うえだれにも, うち二三を, おかげであった, お話が, かたまりにでも, こもった眼, こもらないぼんやり, ごときわれわれマルクス学徒, しかたは, しるしを, し残しも, すべてを, せいか, つづかぬたち, できない状態, ないかぎり, ない常人, はしにさえ, ほかは, まなこを, ままに, もっとも強い, ゆき届いた服装, ように, ズレといった, 一から, 一つとして, 一つな, 不足に, 不足によって, 中に, 中には, 中心と, 中心として, 代りに, 余波を, 修練勘によって, 値打ちの, 僅かな, 働きと, 全部は, 分散は, 動きなんかに, 及ばないところ, 及ばなかった隅々, 合図を, 向かうはず, 向かう方向, 向き案排もしくは, 圏外を, 大部分, 失敗を, 対照と, 対象を, 届いた写実, 届かないうち, 届くだけ, 引きつけ方講義の, 弛緩を, 役に立ったの, 役に立つたの, 彼方に, 必要が, 念を, 忽せに, 怠りが, 惹き方, 態度よろしく, 慎重さを, 或る, 払われない顔, 持主だった, 時期は, 普き事, 条に, 欠如である, 深い人, 深きに, 深き感歎, 濃淡と, 為に, 為やうも, 焦点が, 焦点でありました, 焦点は, 焼点と, 焼点に, 目から, 目標に, 眼が, 眼に, 眼をと, 箇条を, 結果堅坑に, 続き, 綿密なる, 綿密に, 至れる, 薄らいで, 行き亘つて, 行き届いた歴史的省察, 行き届いた薄暗い, 行き届いた装い, 行き届いた跡, 行届いた端麗さ, 行届かないの, 行届かなかったこと, 表情とも, 言葉が, 警報を, 足りない点, 通りなるべく, 間の, 集中が, 集中と, 集中の, 集中を以て

▼ 注意~ (196, 1.9%)

8 かくその 5 かくあたり 4 かく観察 3 かくこの, かく眺めた, かく自分, かく見, かく見まわし

2 [12件] かい目つきで, かい耳, かい読者, かくきい, かくそして, かくそれ, かくなく, かく彼, かく耳, かく見つめ, かく見守っ, かく読ん

1 [140件] かいくせ, かいこと, かいの, かいも, かいようだ, かい一家, かい丹念, かい人なら, かい人は, かい低い, かい名, かい大, かい容子, かい微笑, かい感情, かい支持者, かい歩きぶり, かい目の下, かい眼, かい聴き, かい視線, かい観察者, かい観照, かい鋭い, かき読者は, かくある, かくいくつ, かくお, かくかかれ, かくきかず, かくこれ, かくしかし, かくしかも, かくしらべた, かくしらべまわした, かくしらべる, かくそこ, かくそこら, かくそれぞれ, かくたとい談話, かくだんだんと, かくなっ, かくは, かくむすび, かくやっ, かくわたし, かくガンドウ, かくゴム, かく一枚一枚点検, かく上げる, かく事, かく二人, かく仔犬, かく仕上げられた, かく他人, かく伸子, かく作事場, かく傾聴, かく先に, かく光線, かく凝り固まった, かく出来る, かく半ば, かく取扱, かく向けられ, かく君の, かく埋められ, かく塾生たち, かく始末, かく守られ, かく家の, かく封書, かく少年たち, かく屍体, かく展望的, かく巌, かく左右, かく心, かく戸, かく批判, かく抓み上げ, かく拭き取っ, かく探し, かく攀じ登っ, かく整理, かく明け, かく曲りくねった, かく机, かく検, かく楓林, かく次第に接近, かく歌声, かく歩い, かく演ぜられる, かく然し, かく現実的, かく登志子, かく眺め, かく睨んだ, かく瞬き, かく石段, かく社会的, かく私, かく編輯, かく縫っ, かく聞, かく聞い, かく聞こう, かく聴き, かく自制, かく色, かく葉, かく行, かく見まもっ, かく見まもり, かく見廻し, かく見廻しました, かく覗き, かく親切, かく言, かく読まるべき, かく読んだ, かく調べ, かく調べました, かく警戒, かく迂回, かく部下, かく鉛筆, かく開け, かく電燈の, かく電球, かく静か, かく頭, かく顎, かく風, かく飲む, かく飲んだ, かく鼓舞, かさで, かさ老年

▼ 注意~ (168, 1.7%)

9 払わなかった 7 払わずに 6 して, 払って 4 した, しなかった, せずに 3 しなかつた 2 あって, しないし, しないで, しませんでした, 払は

1 [115件] あったから, あったが, あったし, あつた, ありがとう, ありなん乎, ありましたこと, あり私, あるし, あるし癪, あるので, ある事, いたして, おほや, かかわらず電話, ございましたから, されて, しない, しないから, しなかったが, しなかったの, しなかつたが, しなかつたの, しまいには, しようし, し家, し研究, すべて大きい, せずさらにこう, せずなほ前方, それには, そろそろと, た, とどかなかった, なおのことできない, なかつたが, なく頓着, はじめて同じ, はらってない問題, はらはず, はらわずあちら向き, はらわれなかったという, ひいたこと, ひかずに, ひかないで, ひかないの, ひかない或は, ひかなかった, ひかなかったが, ひかなかったので, また彼, また志向, みな子供に対する, やや集, 上京当時写真で, 与えて, 与えなかった, 与へ, 与へずに, 与へた, 亦危険, 何も, 個人商店に, 元ほど, 其方へ, 受けた, 同樣, 向けず熱心, 向けなかった, 幾分か, 引かずに, 引かれずに, 忘れずに, 怠らず株屋, 惹いてる評論家, 惹かず不思議, 惹かず尚, 惹かず織るよう, 惹かず自分, 惹かないで, 惹かないので, 惹かなかつた, 惹かなかつたもの, 憎しみも, 払いませんでしたから, 払つてゐなかつた, 払わずあたかも, 払わずほとんど, 払わずワーテルロー, 払わないで, 払わないの, 払わないらしく大声, 払わない地球, 払わなかったの, 払わなかった数多, 払われまいと, 持たない言い分, 改まった, 施されて, 暫くは, 極めて周到緻密, 深くそれぞれ別, 省察も, 緩められない径, 致して, 行きわたって, 行き届いたもの, 行屆き, 行届いて, 複雑に, 観察も, 遺憾なき, 配っては, 集中しない, 面白く有益

▼ 注意~ (147, 1.4%)

13 注意を 8 値する 6 値いする, 價する 4 注意し 3 価する, 価するもの, 値するもの 2 したがって, よると, 価すること, 値すると, 過ぎぬ

1 [91件] あがらぬが, あたいするよう, あたひすると, ある, うなずいた孫兵衛, かかわらず事実, かけまわったよう, したがい土佐沖, それと, なった, なって, なつて, のぼせたく思って, のぼり易く, のぼる様, よびかけて, よれば, 一種の, 上った事, 上って, 上ってからの, 上つた時代に, 上らずに, 上らなかったの, 上るべきもの, 代って, 伴れ, 何か, 価すると, 価するよう, 価する事, 値いすべき, 値いするだろう, 値したらしい, 値しない, 値し且つ, 値するが, 値すること, 値するね, 値するの, 値するよう, 値する件, 値する現象, 値する訳, 値せぬの, 値せぬもの, 値ひする, 働きかけて, 價せぬ, 入らないで, 出でたもの, 加えられたわけ, 午後の, 反して, 取り合いませんでした, 因り院長, 基きわし, 大不服, 委托します, 従おうと, 従ひ, 従わず真っ, 従わず飛び出したらどう, 從ひ, 応えた, 感服し, 感謝した, 拘らず同じ, 本づき, 欠けて, 止めて, 気乗りが, 水道の, 注意してる, 特に譜, 由つて遠い, 疲れきって, 相違ない, 笑ひ出さう, 緊張させ, 背いて, 背かざらん, 自分が, 落度が, 触れる, 訴えること, 迫りため, 過ぎなかった, 関係する, 関連し, 驚いて

▼ 注意され~ (137, 1.3%)

11 ていた 8 ている 5 てゐた, てゐる, て見る 4 て, ていない, てよい 3 て始め, て私 2 てしばらく, てすぐ, てゐない, て初めて, て已めた, て彼, て来た, て気, 問題に

1 [67件] おのずとよい, それからは, たりしました, たりする, てあっ, てあわて, ていま, ていませんでしょう, ているらしい, てお, ておらない, てかつて, てからのこと, てからはこの, てから殆ど斷念, てすごすご, てそっと, てそのまま, てにわかに, てはいた, てはおります, てはなはだ, てひろ子, てびっくり, てみる, てみんな, てもお, てもしかし, ても先生, ても子供, ても彼, ても彼女, ても私, てマン, て來, て喜右衛門, て喫驚, て女房, て娘たち, て子育て観音, て幸い, て引返した, て忠三郎, て急い, て恐縮, て成, て搖れ, て来, て棄てた, て残念, て気がつい, て渋々, て物惰げ, て痣, て目, て笑う, て自動車, て見, て見た, て車窓, ながらまだ, ながら湯気, ぼくは, もした, もとの, 若夫人, 食べ物に関する

▼ 注意~ (122, 1.2%)

5 を集中 3 が散漫, をあつめ, をもっ, を耳 2 と打算力, の持続, をお, を傾け, を向け, を向けれ, を散漫, を集め

1 [89件] がつ, がつづかない, がにぶっ, がサンマン, が二つ, が及ばなかった, が向い, が常に, が必要, が急, が散る, が解ける, が集中, こそ強く, しか奪われなくなった, で二寸三寸, で心, で鮎, とかさ, と冷徹闇, と理解力, と警戒, などというもの, にはひどく苦しい, にもそれ, によりいつ, に怯え, のあらわれ, のすき, のすべて, のはんぶん, のみが感官, の二割がた, の全体, の全部, の加はつ, の弛緩, の所有者, の殆, の盲点, の細かい, の経済, の鋭い, はいくら, はいや, はすっかり, はそれでも, はたしかに, はもっぱら, はフランス大使, は他, は依然, は艇外, は衰え, は過敏, も働かされず, や情熱, をうつしはじめた, をそぐお, をそこ, をそっち, をその, をなんと, をむけ, をわれわれ, をキン張, を他, を何, を分散, を前方, を埠頭, を奥深く, を寧ろ, を常に, を持たないらしかった, を持っ, を機関室, を浪費, を満足, を現在お互い, を目, を移した, を緊張, を老人, を証拠, を送った, を集, を集中持続, を非常

▼ 注意~ (103, 1.0%)

2 忍耐と, 愛情との, 敏感さが, 方法と, 用意が

1 [93件] いいここ, いう, いうより, いうよりも, その適当, また桶, 万全の, 下婢の, 不愉快とに, 事件にあたって, 云う事, 人々に対する, 保護と, 修養と, 力とを, 努力とを, 労働との, 北海道の, 叱責とを, 同じよう, 同情と, 同情とを, 同情の, 同情を, 同感と, 吸収とを, 命令とに, 壮大な, 多様なく, 奨励との, 好奇心とを, 尊敬を, 忍耐とが, 忍耐とを, 思慮とを, 患者の, 情熱で, 意見とを, 愛が, 愛情を, 感化とを, 感興とを, 懇特なる, 成人の, 批評とを, 攻勢とを, 整然たる順序, 新しい興味, 旺盛な, 時間とを, 書いて, 最も熱烈, 期待を, 来たかな, 果断一コマ一コマの, 柄相應の, 欄外へ, 比較とによって, 沈着な, 注意の, 深切とを以て, 烱眼とを, 無感覚との, 熟練なる, 熟考とによって, 熱心が, 熱心とを, 用意とで, 盆栽の, 盛り上げて, 監視とを, 研究とに, 研究とを, 節制とを, 精緻なる, 綿密を, 緊張とを, 緊張ぶりで, 緊張も, 考慮とを, 興味とは, 興味とを以て, 興味を, 行き届いた親切, 親切が, 観察を, 諸将軍, 警戒とを, 責任と, 身構えを, 鋭くされた, 関心を, 露地へ

▼ 注意しない~ (86, 0.8%)

6 にし 3 ために, といけません 2 ことに, といけない, ときには, としたら, のである, わけに

1 [62件] かのご, からいけない, からで, がドイツ, ことは, こと技術の, だけの思慮, でい, でいた, でいられない, でさっさと, でそれ切り, でぞんざい, でただ, ではいられない, でボンヤリ, で上品, で久しぶり, で外科, で居る, で感覚的, で感覺的, で沢山, で犬, で読む, と, という点, とききとれない, とその, ととんだ, となん, と一人, と不可, と假面, と危ない, と周囲, と床の間, と正々堂々たる, と火, と火傷, と皮膚, と自分, と藪蛇, と見つからない, と見失っ, と谷間, と間違い, と間違う, と険呑, と雪豹, のであらう, のは, ものは, ようにと, 人の, 妙な, 文章である, 方が, 時には腐敗, 時は, 葉子の, 風で

▼ 注意された~ (81, 0.8%)

4 ように 3 ことも, のを 2 のだ, のである, ので吉次郎, ので早速, 事で, 事も, 戸袋の, 時直木は

1 [55件] からです, かわからない, かを論じた, が今, が叔父, が実は, が自分, が関はず, ことばも, ことを, し私, そうだ, とおりである, とおり一度とて, とおり午前六時すこし, ところ言下に, とのこと, と云, に拘らず休ん, のが, のだった, のであった, のでかへり, のでした, のでせう, ので余, ので同家, ので私, ので阿部さん, のは, ばかりな, ものだ, ものである, ものと, ような, ガラス管の, 上で, 事が, 事であった, 人は, 兵士達に, 出来ごとは, 子供の, 岡田は, 崩れの, 方は, 時も, 母の, 自分は, 言葉が, 言葉を, 記憶は, 通り人力車に, 通り眼を, 點を

▼ 注意~ (81, 0.8%)

4 あつた 2 よく保存, 彼女は

1 [73件] あっちの, お互いに, お畳, きまるの, きまるので, すむくら, それらの, それを, ながめた, また取りかえされた, やった, やって, わたくしを, オットーを, コゼットを, ソヴェト同盟の, デスクの, 一人の, 一度は, 一方町方, 三日前奧藏の, 二百何十枚か, 二階に, 人前へ, 今夜から, 今度は, 今日まで, 兎に, 全く昔ながらの, 冬仕度を, 千二も, 取りあえず医者, 外へ, 大きな机, 大丈夫です, 大師は, 始めて, 学校の, 封が, 年老いた牧夫, 店員共が, 廻らされた屏風, 後刻, 暴風雨で, 樽代壱円仲間入の, 止めおる, 殺人の, 氷嚢が, 癒って, 皆が, 直ぐに, 私は, 稽古を, 箪笥の, 箸を, 素子は, 緊張し, 編笠まで, 育てられたの, 萩原は, 見た, 見られること, 見守った, 訂正された, 調べて, 讀みとる事, 足の, 道が, 道端の, 郊外に, 門弟たちは, 雑談会は, 電報や

▼ 注意せね~ (74, 0.7%)

56 ばならぬ 10 ばならない 2 ばならん 1 ばとかく, ばなりませぬ, ばなりません, ばなるまい, ば堅守, ば惡

▼ 注意人物~ (48, 0.5%)

2 なの, にし, に相違, を抑

1 [40件] が小野, が沢山, が澤山, が相, だったの, であったから, であった多く, であつ, でない限り, でなければ, で室内監禁, というわけ, というデマ, とされ, とされる, としてチェック, として数え挙げられ, として目, として見, として遠巻き, となす, なん, なんて大した, になっ, に仕立てた, のぼく, の売国奴, の嫌疑, の嫌疑者, の第, の雄, は病気, をどう, を使用, を家, を容れ置く, を抑える, を自分, を見失う, 第一号

▼ 注意される~ (41, 0.4%)

5 までもなく 3 ように 2 のは, のを, 必要が, 襟巻を

1 [25件] から東京, がその, が如き, ことに, と, とたいてい, ととみ, ともう, とやさしく, とよけい, と令嬢気質, と何, と巴屋三右衛門, と急, と畏まりました, にきまつてる, にもかかわらず, のが, のであつ, まで意地, まで知らなかった, やうに, 傾向の, 問題である, 始末だった

▼ 注意すれ~ (39, 0.4%)

4 ばよい 3 ば足りる 2 ばすぐ

1 [30件] ど闇中不意, ばおよそ, ばする, ばそれ, ばそれで, ばむしろ物, ばもっと, ばや, ばよく, ばわかる, ばアインシュタイン, ば一冬, ば一般的, ば上, ば人間, ば今, ば他, ば何故, ば分る, ば化学調味料, ば大きな, ば夫, ば好い, ば早速, ば未来, ば自動車, ば良い, ば足るであろう, ば路, ば遅れます

▼ 注意せられ~ (31, 0.3%)

4 ている

1 [27件] これを, さらに第, ていた, ていない, ていなかった, てから何度, てゐなかつた, て万寿寺, て來, て単に, て大原, て始め, て居た, て居ない, て山西, て心, て更に, て浦島子伝, て見た, また深い, 事實の, 仔細に, 其前半月ばかりの, 又其の, 度候, 気が, 着々と

▼ 注意したい~ (28, 0.3%)

6 のは 5 ことは 4 と思う 3 のである 1 ことが, ことまた, とかいうた, と思ひます, のだ, ものだ, ものである, んだ, 所は, 点は

▼ 注意しなく~ (28, 0.3%)

12 てはならぬ 8 てはならない 2 てはいけない 1 ちゃいけません, ちゃなりません, ちやいけない, てはならん, てはなりません, ともかならず

▼ 注意しよう~ (25, 0.2%)

4 とする 2 そして蜜蝋, とした, と思った

1 [15件] かと思った, じゃない, そしてこんな, という, ということ, というの, とし, としなかった, ともしなかった, と存じまし, と幾たび, と思う, と思っ, と決心, ものなら

▼ 注意~ (25, 0.2%)

17 可き 3 可きなり 2 へき要, へき點は 1 可きもの

▼ 注意深い~ (23, 0.2%)

2 読者は

1 [21件] ところも, また親切, 人なら, 妹は, 子だ, 彼に, 態度や, 探求の, 智識に, 母が, 母親は, 眼で, 編輯に, 観察が, 観察を, 観察者が, 読者諸君は, 豐田の, 選択の, 配慮によって, 鴻山は

▼ 注意せず~ (22, 0.2%)

3 にはいられない 2 にいられなかった, におられぬ

1 [15件] こういう悪い, にいられない, にお前, にはいられなかった, にはいられなくなった, にはいられぬ, にはおられない, に札, に通過, に部屋, ば見おとすべし, 大脳の, 女の, 従って二つ, 或いは名

▼ 注意によって~ (22, 0.2%)

1 [22件] この作, だんだんと, ようやく所在, 一層鋭く, 一生懸命声を, 二三此処に, 人為的に, 伸子は, 囚人と, 大部分, 彼等の, 忘れられて, 毎日家から, 毎朝ある, 汽車の, 無邪気な, 爺に, 玉太郎は, 発見した, 築き上げた結果, 護謨の, 途中京都で

▼ 注意したら~ (21, 0.2%)

2 どこかに

1 [19件] あるいは成功, いやそれ, すぐ跳ね返し, まず大丈夫, よかろう, よかろうっ, わるくも, 一段とよくなるでありましょう, 一段とスピード, 三四郎は, 売り主の, 彼は, 彼女は, 微かに, 私は, 程なく全快, 職業婦人である, 車夫は, 金の

▼ 注意せよ~ (21, 0.2%)

1 [21件] とあります, とある, という, という大阪府, といっ, といったふう, とおだやか, と云, と書いた, と言, と言う, と言っ, と言われました, と黒板, などと言, などと言う, の意味, 世には, 当局も, 役所の, 彼は

▼ 注意~ (18, 0.2%)

2 警告を

1 [16件] あるいはもっと, あるいは悪口, 世話を, 励し, 奮闘を, 心掛けなどと, 愛情自分の, 感情が, 憐れみを, 批判や, 船内の, 表面ばかりの, 記憶を, 誠実さえ, 費用の, 近所の

▼ 注意~ (18, 0.2%)

2 が郵便, のとおり

1 [14件] がありました, がケンプ博士, が出, が妾宅, した紙, で小説, に對, のあった, のよう, はもッ, を思い出し, を掲げる, を読み返し, を貰

▼ 注意します~ (16, 0.2%)

3

1 [13件] からと平身低頭, から今度, から順番, がそれ, がどうも, が婦人たち, が絶対, けれども聞えない, しみんな, とじいさん, とは言っ, よ, わ

▼ 注意までに~ (16, 0.2%)

2 申して

1 [14件] 一言し, 液体空気の, 申さうと, 申しあげときますがね, 申しあげること, 申します, 申しますが, 申しますと, 申し上げて, 申し上げときますよ, 申し上げるの, 申し上げ候, 申上げました, 言っときます

▼ 注意しなかった~ (15, 0.1%)

2 のである

1 [13件] いろいろな, かと思え, が旅, ことを, し誰, にし, のが, のだ, のだろう, のです, のでプライス博士, 石の, 社会史

▼ 注意せざる~ (15, 0.1%)

4 を得ない 2 可から 1 ところであった, にあらざれ, に因る, は怪むべ, べけん, を得ず, を得なかった, 罪なり, 者は

▼ 注意を以て~ (15, 0.1%)

1 [15件] 之を, 事に, 保存され, 国民に, 國民に, 学位まで, 政宗の, 斜な, 書いた擬古文, 本紙の, 植えられて, 然かも, 聴取られた, 観察すれ, 記されて

▼ 注意しました~ (14, 0.1%)

1 [14件] が, がなかなか, が彼女, が後悔, が既に, が金六いつか, けれど正ちゃん, ことは, しもう, し床, とおり早く, ねこの, の, のです

▼ 注意しろ~ (14, 0.1%)

2 といっ, と町内, よ 1 うっかりした, って, という内報, とまた, と云った, と幾度, と言, と醫者

▼ 注意とを~ (13, 0.1%)

2 もって, 感じた, 払って 1 与える力, 与え得ないと, 与へた神, 垂れた, 常に与える, 怠って, 振播き始めた

▼ 注意をも~ (13, 0.1%)

2 払わなかった

1 [11件] ひきバルザック, 呼ぶに, 喚起したら, 引かなかつた, 怠らないそれら華奢, 惹いて, 惹きしなり, 感謝し, 払って, 払は, 払わなかった者

▼ 注意から~ (11, 0.1%)

1 [11件] それる様, ちょっとあなた様, ぬけ出て, はずれて, 免れて, 帝が, 救われて, 種々補修, 設計された, 除外する, 麦焦しの

▼ 注意されね~ (11, 0.1%)

7 ばならぬ 3 ばならない 1 ばならぬだろう

▼ 注意してる~ (11, 0.1%)

1 [11件] かかる良職工観みたい, から大丈夫, つもりで, と静葉, のを, よ, ゼザベル, 彼女の, 監視人には, 者は, 風にも

▼ 注意でも~ (11, 0.1%)

1 [11件] あったので, ありましたの, されなければ, したの, してやらなければ, してやるべきところ, せられたの, 受けた, 受けたらやはり, 命令でも, 廻つてゐる

▼ 注意事項~ (11, 0.1%)

1 [11件] が伝達, が書きこまれ, であるが, なん, に就い, の親族云々, は絶対, をノート, を尋ねた, を幾条, を見れ

▼ 注意せられた~ (10, 0.1%)

1 にもかかわらず, のであつ, のである, のでまだ, ように, アエノコトという, 印象が, 問題である, 後氷峰と, 趣である

▼ 注意せられる~ (10, 0.1%)

4 ように 1 のは, のも, やうに, 価値が, 必要は, 農間の

▼ 注意さえ~ (8, 0.1%)

5 すれば 1 加えおかば, 受くる, 忘れて

▼ 注意しいしい~ (8, 0.1%)

2 往った 1 それを, 下へ, 四一四号の, 往つた, 計算器の, 頁を

▼ 注意せん~ (8, 0.1%)

2 といかん, と不可 1 ととんでも, と彼奴等, と習慣, のは

▼ 注意なさる~ (8, 0.1%)

4 がよい 1 がよろしい, が宜しい, といいでしょう, やうに

▼ 注意をもって~ (8, 0.1%)

1 会話を, 光一の, 周旋し, 比較した, 表現され, 評価され, 阿諛と, 隠匿された

▼ 注意すべきだ~ (7, 0.1%)

1 が, がはたして, と思い, と思う, と思っ, と私, 弁証法は

▼ 注意すべきで~ (7, 0.1%)

1 あつた, あつて, これまた, これも, はなかろう, 当時の, 憎悪し得る

▼ 注意すべきである~ (7, 0.1%)

2 と思う 1 がこれ, が人麿, と思ふ, と考へた, アカデミーの

▼ 注意するなら~ (7, 0.1%)

1 ここでは, ば形体, ば形體, ば或は, ば歴史, む, 木村重吉の

▼ 注意などを~ (7, 0.1%)

1 お話しに, するの, やりその, 与え更に, 云って, 受ける必要, 教えられたの

▼ 注意にも~ (7, 0.1%)

1 かかわらず全身, 値しないもの, 値しなかった, 拘らずチープサイド, 私は, 耳を, 隙間が

▼ 注意~ (6, 0.1%)

1 依頼かを, 寺の, 希望が, 枕もとには, 無紋の, 立法者の

▼ 注意し出した~ (6, 0.1%)

1 のです, ので靴, のに頓着, のは, 様である, 頃であっ

▼ 注意すべく~ (6, 0.1%)

2 神風やの 1 その時代, 余儀なくされた, 特に指摘, 自ら満州国の

▼ 注意せし~ (6, 0.1%)

1 がため, なり, にその, は経済学者, めんと, 後子爵は

▼ 注意せぬ~ (6, 0.1%)

1 が外國人, ことで, ためであろう, といずれ, 人が, 婿に

▼ 注意~ (6, 0.1%)

1 が時間, とよろこん, と思い, と思います, と思った, よ

▼ 注意である~ (6, 0.1%)

1 から何, から普通, が同宿, が同時に, ように, 相な

▼ 注意として~ (6, 0.1%)

1 おくんなさいよ, それが, もう一つ, 役立つもの, 感謝する, 或る

▼ 注意など~ (6, 0.1%)

1 して, してやりますと, なさらなくても, 一言も, 全く知らぬ, 受けた

▼ 注意まで~ (6, 0.1%)

1 あたえて, した, して, 引いたの, 払はれ, 書き添えて

▼ 注意をすら~ (6, 0.1%)

1 ことさらに, ひかずには, 忽ち彼, 惹かずに, 惹かなかった人間, 私が

▼ 注意~ (6, 0.1%)

1 受ケタタメニ却テ神経質ニナッテ気ニシテイタセイデモアル, 守ラナケレバ現代, 怠ラナイ, 惹キ其花, 要シマスネト, 要ス

▼ 注意書き~ (6, 0.1%)

1 がし, でも付す, として, などもありました, の高札, もなし

▼ 注意~ (5, 0.0%)

3 へすれ 1 っしゃい, へも仏教

▼ 注意さるべき~ (5, 0.0%)

2 は素材 1 ことは, ものかと, ものである

▼ 注意されない~ (5, 0.0%)

1 うちは, からであらう, でいる, もう一つ, 女を

▼ 注意されなけれ~ (5, 0.0%)

3 ばならぬ 2 ばならない

▼ 注意してやろう~ (5, 0.0%)

2 と思っ 1 かと思いました, かと思った, か等

▼ 注意しなかつた~ (5, 0.0%)

1 がとに角, し交番所, と云, のである, ので山

▼ 注意すべし~ (5, 0.0%)

1 さ, さらばこの, といふは是, 同じきしや, 柱も

▼ 注意だけは~ (5, 0.0%)

1 して, やはり隣室, 恐ろしく細かい, 惹こうと, 明かに

▼ 注意なさらない~ (5, 0.0%)

2 といけません, と直ぐ 1 としてやられます

▼ 注意には~ (5, 0.0%)

1 入らぬらしくかえって, 全く從, 常に温い, 深い頓着, 絶えず気

▼ 注意周到~ (5, 0.0%)

2 なる準備 1 でよろしい, な人間, に造作

▼ 注意~ (5, 0.0%)

2 上げて 1 上げたいと, 上げますよう, 上げる言葉

▼ 注意いたし~ (4, 0.0%)

1 てい, ておりました, て居ました, て居る

▼ 注意させ~ (4, 0.0%)

1 たりし, てあります, セイ公に, 身寄りの

▼ 注意したる~ (4, 0.0%)

1 ためであった, ものなるべし, 學者は, 者なるべし

▼ 注意しとい~ (4, 0.0%)

1 てあげなさい, てくれ, てごらん, て下さい

▼ 注意せらるべき~ (4, 0.0%)

1 ことは, ものは, 一事は, 作品である

▼ 注意により~ (4, 0.0%)

1 また理解, みんなが, 抹殺, 面談は

▼ 注意に対して~ (4, 0.0%)

1 彼女は, 後を, 是正を, 素直に

▼ 注意に従って~ (4, 0.0%)

1 努めて, 十分に, 息子の, 欠点を

▼ 注意までも~ (4, 0.0%)

1 してやりました, なく途, 弁の, 忘れて

▼ 注意申し上げ~ (4, 0.0%)

2 ておきました 1 ていた, ておきましょう

▼ 注意させる~ (3, 0.0%)

1 こと, のです, 理由が

▼ 注意されず~ (3, 0.0%)

1 にいる, にすんだ, に終った

▼ 注意されなかつた~ (3, 0.0%)

1 のだ, 目録學が, 譯では

▼ 注意されるべき~ (3, 0.0%)

1 は少なくとも, ものは, 恋人同士が

▼ 注意しとく~ (3, 0.0%)

1 がピストル, けどね洗濯物, だけのつもり

▼ 注意しなくっ~ (3, 0.0%)

2 てはいけない 1 ちゃ

▼ 注意すら~ (3, 0.0%)

3 しなかった

▼ 注意せざりし~ (3, 0.0%)

1 ことにも, 事にも, 落度にこそ

▼ 注意せずし~ (3, 0.0%)

2 て唯 1 て讀み去る

▼ 注意だけ~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 注意です~ (3, 0.0%)

1 か, からそれ, がやっぱり

▼ 注意~ (3, 0.0%)

1 のだった, のでしょう, んだ

▼ 注意なさらん~ (3, 0.0%)

1 といけません, となりません, と大事

▼ 注意なされ~ (3, 0.0%)

1 ご注意, そうして貴方, て二度と再び

▼ 注意などが~ (3, 0.0%)

2 学校で 1 すっかり三郎

▼ 注意による~ (3, 0.0%)

1 のかも, ものであろう, 自殺といふ

▼ 注意~ (3, 0.0%)

1 をこの, を刺戟, を引いた

▼ 注意散漫~ (3, 0.0%)

1 のピロちゃん, の傾向, を削っ

▼ 注意次第~ (3, 0.0%)

1 です, でどんなに, で驚くべき

▼ 注意~ (3, 0.0%)

1 であると, を免れました, を受け

▼ 注意申しあげ~ (3, 0.0%)

1 ておきます, てみ, て置いたら

▼ 注意申し上げたい~ (3, 0.0%)

1 と思ひます, のは, 一事は

▼ 注意あっ~ (2, 0.0%)

1 てしかるべし, て十分機会

▼ 注意いたしました~ (2, 0.0%)

1 があの, がきょう

▼ 注意いたします~ (2, 0.0%)

1 から, がこの

▼ 注意がき~ (2, 0.0%)

1 の底, をし

▼ 注意くださいます~ (2, 0.0%)

1 よう, ように

▼ 注意させた~ (2, 0.0%)

1 きりで, のであった

▼ 注意させられる~ (2, 0.0%)

2 やうに

▼ 注意されたら~ (2, 0.0%)

1 いいと, サア可笑しく

▼ 注意されてる~ (2, 0.0%)

2 のに

▼ 注意しか~ (2, 0.0%)

1 しない, 喚起し

▼ 注意したき~ (2, 0.0%)

1 ことは, は友人

▼ 注意したらしい~ (2, 0.0%)

1 のである, 所は

▼ 注意しなかつたら~ (2, 0.0%)

1 恐らく鍛冶屋, 暫くの

▼ 注意しません~ (2, 0.0%)

1 がでも, が九州

▼ 注意し合っ~ (2, 0.0%)

1 ている, てムッソリニ

▼ 注意し始めた~ (2, 0.0%)

1 ようだった, 機会が

▼ 注意せられず~ (2, 0.0%)

1 に忘れ去られ, もしくは注意

▼ 注意せられない~ (2, 0.0%)

1 かも知れない, 本である

▼ 注意だった~ (2, 0.0%)

1 が両方, のでお

▼ 注意では~ (2, 0.0%)

1 あったが, ない

▼ 注意という~ (2, 0.0%)

1 のは, 下の

▼ 注意とで~ (2, 0.0%)

1 やって, 話の

▼ 注意とに~ (2, 0.0%)

1 出会うと, 頼らなくては

▼ 注意とは~ (2, 0.0%)

1 無銘の, 異つて

▼ 注意と共に~ (2, 0.0%)

1 問題が, 津田は

▼ 注意なさい~ (2, 0.0%)

1 いずれ今夜, と云え

▼ 注意なさった~ (2, 0.0%)

1 のでした, 方が

▼ 注意などは~ (2, 0.0%)

1 あまり惹い, それこそ

▼ 注意にて~ (2, 0.0%)

1 母への, 衣類も

▼ 注意によりて~ (2, 0.0%)

1 之を, 発明する

▼ 注意ばかり~ (2, 0.0%)

1 して, である

▼ 注意ぶり~ (2, 0.0%)

1 が窺われます, の一つ

▼ 注意をさえ~ (2, 0.0%)

1 すれば, 引くに

▼ 注意~ (2, 0.0%)

2 は彼

▼ 注意以外~ (2, 0.0%)

1 に或は, の智慧

▼ 注意全体~ (2, 0.0%)

1 をひい, を奪っ

▼ 注意~ (2, 0.0%)

2 句と

▼ 注意~ (2, 0.0%)

1 さで, そうな

▼ 注意~ (2, 0.0%)

1 をを引い, を引い

▼ 注意願いたい~ (2, 0.0%)

1 のは, ものじゃ

▼1* [273件]

注意あらん事を, 注意ありて絶えず, 注意ありがたいが覚悟, 注意ありたく凶賊は, 注意あッて実際, 注意て今更, 注意いたすがよい, 注意いたそうと拙者, 注意いつそう厳しく, 注意いろいろ有難う, 注意おさおさ怠りない, 注意おしよ一筋縄, 注意および内容に, 注意かもしれませんが, 注意くださりましたが, 注意くださることは, 注意くだされ今後は, 注意ぐらゐでなほるもんならあたくし, 注意さしておく, 注意させずにはおかない, 注意させましたが手柄爭, 注意させようとした, 注意されなかったが近世, 注意されなくても自分, 注意されはじめていた, 注意されましてね, 注意されれば肯定, 注意され合う苦痛を, 注意しあういましめなどが, 注意しあっている, 注意しいきあう人にも, 注意しおると獅巣, 注意しかねていた, 注意しくれよと他事, 注意しすぎては規則, 注意しずにゐた, 注意したかったが昨今, 注意したかつたのである, 注意したごとくほとんど水彩, 注意したではないです, 注意したでしょうか, 注意したならばそして, 注意したまいと云う, 注意したまえと云った, 注意したまえあわれみの心, 注意したらしく或日母, 注意したれば当人曰く, 注意した如く緊密で, 注意しつづけ他の, 注意してたとは思われしません, 注意してたらええの, 注意してやりさへ, 注意してやり得るはずだった, 注意しときますがなどうも, 注意しないであろうか, 注意しなかったでしょうね, 注意しなかったならば彼, 注意しなかったろうとか某, 注意しなくなり皆のぶツぶ, 注意しなけりゃいかんね, 注意しなけりゃいけないぜ, 注意しなけりゃいけんぜ, 注意しなされへん訳あれしませんやろ, 注意しなそうに見え, 注意しぬいていた, 注意しはじめてから雨, 注意しはじめたからじゃなく, 注意しはじめたら少女の, 注意しましてな大いに, 注意しゐたる義父は, 注意し信ずべき証拠が, 注意し出してついに, 注意し合ったが駈け隔てられ追い詰められ, 注意し呉れよと他事, 注意し搗き手は, 注意し置きたきはわれら, 注意し置きたる程なり, 注意し考えまた考える, 注意すべきだったと反省, 注意すべきだつたんです, 注意すべきであろうと思う, 注意すまいと思う, 注意すらも牽かないの, 注意するこったねそう, 注意するごとくにも聞こえました, 注意するでもなく, 注意するなるべし斯の, 注意するなれば男子, 注意ば随分, 注意せい貴様の, 注意せざるべからざることあり, 注意せざれば何, 注意せしむれば則, 注意せしめた隕石のみ, 注意せしめやるべきことである, 注意せしめられまたこれ, 注意せし如くこの住民, 注意せず従って之, 注意せなければならぬ, 注意せぬですけれども一寸, 注意せらるべく万葉末期の, 注意せらるるがいい, 注意せらるるであろうとの一念, 注意せられざりしと見, 注意せられなかったのであろう, 注意せられねばならぬ, 注意せられ始めた兆候である, 注意せる点は, 注意せる如くこの心肝, 注意せんければならん, 注意せんではなかっ, 注意そのものの性質, 注意それがわれわれ, 注意そんなありふれた言葉, 注意ただ木村と, 注意だけで濟んだ, 注意だけに留めて, 注意だけを与えるに, 注意だらう今日に, 注意であってつまり, 注意できるのは, 注意でしたから早速, 注意でしたらもう十二分, 注意といふことに, 注意といふは職員の, 注意とか誤って, 注意とから支那人の, 注意とが残りなく, 注意とにもかかわらず自分, 注意とによって無限に, 注意とのこと, 注意とも慰藉とも, 注意とをもたらせたの, 注意とを以てそれを, 注意なく一枚の, 注意なさいませんとひどい, 注意なさったらいいと, 注意なさつて下さい, 注意なさらなくてはいけない, 注意なさらなければいけません, 注意なされたそうです, 注意なすった様子です, 注意なすったでしょうね板, 注意なども非常に, 注意なるが如し, 注意なんかしませんからね, 注意なんぞは遊ばさんで御座いませう, 注意にしか頭の, 注意にたいする馬鹿ていねいな, 注意について多少の, 注意については羅門塔十郎が, 注意によつて之を, 注意に従いかつ大いに, 注意に従うの得策たるは, 注意ねがわねばならぬ, 注意のみによって描かれたもの, 注意はもウその, 注意ふかく敬意をも, 注意ぶかくて友ちゃん, 注意他人事, 注意まことに感謝する, 注意まず第一, 注意やら別れの, 注意やを書き入れるの, 注意よりも剛情と, 注意らしい言葉にも, 注意らしく思われる第一, 注意をしか払って, 注意をだに払わざるこの, 注意をでも促すよう, 注意オリヴィエがなん, 注意シテ見ルト, 注意可キコトナリ, 注意スモシ聊カニテモ妊娠ノ疑, 注意スルモ可ナリ注意セザルモ可ナリソレ等ノ行動ガスベテ徒労ニ了ルモノナレバナリ, 注意ヨ, 注意セザルニ非ラズ, 注意セザルモ可ナリソレ等ノ行動ガスベテ徒労ニ了ルモノナレバナリ, 注意リボンの色合, 注意ヲモッテカカル人間ニ対シ適当ナ電波的保護, 注意に朝鮮問題, 注意一つで何, 注意万端ありがたいこと, 注意さりましては, 注意下さいとね, 注意不断の努力, 注意不注意には無関係, 注意です, 注意二三のみをここ, 注意五ヵ年計画第二年目, 注意人物報告書として本官, 注意人物簿に朱點, 注意以外栄養の摂取, 注意のもの, 注意作用にそして, 注意信仰予期感情等によりて説明, 注意出来てお, 注意出来るか何, 注意分娩や育児, 注意力エネルギー精神の落ちつき, 注意力判断力感情興奮性等に関していろいろ, 注意力如何によって極めて, 注意力思考力を使用, 注意力知識慾階級闘争の実践, 注意力観察力記憶力なぞが非常, 注意勧告から始める, 注意博士が椅子, 注意周到翼あらば, 注意の深い, 注意喚起の意味, 注意如何に懸っ, 注意子供ら自身の身, 注意室内装飾の或, 注意忠告を, 注意心配他人の知らぬ, 注意思想若くは, 注意怠るな一同, 注意或は意向とは, 注意所謂モーラリストと呼ばれる, 注意撮影機械に関する保存上, 注意改めて書いて, 注意教訓を與, 注意数回相重なり数世相, 注意旦那様より老媼, 注意早期の発見, 注意書き小犬などでした, 注意有難う存じます, 注意期待決意がかもし出す, 注意未熟なる人々, 注意来客の接待饗応, 注意極めて精到, 注意海岸や温泉地, 注意深く研究する, 注意清澄たる洋漆, 注意がつきました, 注意特に名を, 注意特別ありがたく頂きました, 注意がみんなダシ, 注意現像場との諸, 注意用心すべきところ, 注意申しておきます, 注意申しあげただけにご, 注意申しあげたいので, 注意申しあげましたのにも, 注意申したくは存じます, 注意申し上げたものでございました, 注意申し上げることが, 注意申すのは, 注意画面の調子, 注意登校して, 注意的訓話を述べた, 注意礼儀並に慇懃, 注意をも記述, 注意等大変はっきりと, 注意細密なる委員, 注意能力又は頭脳的力量, 注意致し度く, 注意致しおり候いしが今や, 注意致したら宜かろう, 注意致し居り不申候, 注意行届いたる待遇振り, 注意下度候, 注意し私, 注意をし, 注意して, 注意の女性, 注意遊ばさるべく, 注意遊ばさねば, 注意遊ばしたのでございます, 注意遊ばすよう, 注意ひたいと, 注意を皆, 注意