青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「果~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~板 板~ ~枕 枕~ 枕元~ ~林 林~ 林檎~ 枚~ ~果
果~
~果して 果して~ 果たして~ 果て~ 果物~ ~枝 枝~ ~柄 柄~ 柏~

「果~」 2239, 22ppm, 5190位

▼ 果~ (279, 12.5%)

4 自分の

2 [11件] ないの, まことにもの, 君の, 固いけれども, 寝転びながら, 指環の, 涙を, 生命の, 臭骸を, 虎杖の, 間を

1 [253件] あられも, あり余る水分, あるが, いずこ, いずれ放水路, いつもここ, いづくぞ, いづくの土, いやさき, いやだった, いよいよ顕著, いろんな形, うち泣く, おそろしき計, この友達, この山, この庭, ごろんと, じつは擬果, すなわち斉, すばらしかつ, その子, その愛, その消息, その育ち工合, その顔, とうとう屋形, どうしてか, どうしてこんな, どうなる, どた, どっと寝, はやまぢか, ますます暴動, みえない, みんなが, もうすっかり田舎, わが, ズーッと, パッと, フンといふ, ワン, 一人も, 一大断崖にて, 一大決心を, 一日著者の, 一顆, 丁山小夜衣も, 下女の, 丘の, 両の, 中軍から, 中風だ, 二人の, 互いに思い思われ, 京都に, 京都の, 亭主が, 今では, 今は, 今日汝の, 低く降りた, 佐渡ヶ島へ, 何な, 何を, 何人かの, 何處とも, 作法をも, 俯伏し, 借金の, 僕を, 全く山人同様, 全く欺かれし, 全部配給施設に, 刃物三昧にでも, 分りません, 前足で, 勘定の, 匙を, 十銭五銭の, 即ち其の, 去るとも, 双方打擲に, 取乱して, 命の, 和り, 咲かなくな, 唯う, 四國に, 四邊も, 因を, 困じて, 増長この上なし, 夏の, 外に, 夙の, 夜も, 夥しい哉渦, 夥しい寂しさ, 大きなもの, 大声で, 大方場退け, 大笑いを, 太息, 夫人の, 妓夫上りと, 妾に, 小形で, 少し円い, 山から, 峯も, 峰も, 巴丹杏より, 広い野原, 床に, 彼らの, 彼を, 得念自身問はれ, 御奉行様, 復旧の, 怒りて, 怖気立ちて, 思う事, 思ひ迫つて, 怨めしくも, 恋しく憧憬, 恐らくゴルフ場, 恐ろしい呪い, 恰も悲しみ, 悄然と, 憤りを, 懐しくなり, 我れ, 我手の, 扁桃腺を, 手ずから短刀, 手を, 折角會, 押問答の, 支那人に, 数万の, 数室に, 斯く成ら, 斯る, 最終の, 木曾の, 本夫, 本気に, 李, 東か, 松の, 極て, 櫓の, 歎息し, 此所にも, 此為に, 武力侵略の, 殴合, 気を, 氣味を, 決してエゴノキ, 泣いて, 泣出し, 泣出したく, 涙に, 濡羽の, 炳焉として, 烈しく独楽, 無慘, 無理に, 焦込んで, 熟えて墜ち, 父母様の, 片足進み, 牢死に, 物言はず泣のみ, 狂人の, 狂気の, 狂氣の, 独言と, 玩具に, 球形で, 生松葉, 田辺が, 疑うに, 病氣に, 皆こんな, 皆警官, 皮が, 目を, 真中に, 真裸体, 真黒で, 矢張り自暴自棄で, 知らず, 祝福の, 空しからずし, 空の, 空吹く, 立ち上って, 竜眼, 笑いとこそ, 笑わしたり, 第二, 紙を, 縁組みを, 縫ぐるみを, 署長の, 罵り合, 美しい夫人, 翼の, 胡坐かい, 腑甲斐なき, 腰帯の, 自らこの, 自分でも, 自分に, 自分には, 自分は, 舞終り樂收まりし, 艇舷の, 芝生に, 草に, 菊池寛が, 落ち行くであろう, 蒲団にまで, 蒲團に迄, 薄の, 藕の, 蘇民将来子孫とか, 血気に, 見捨てて, 親子の, 跡あしの, 踏張の, 踏臺を, 身の, 身動げり, 身慄いした, 近所の, 遠慮なく視, 遥な, 酔うて, 野末に, 長さ六寸, 長橢円形, 雑事までも, 露の, 露伴子も, 頭へ, 驪山宮という, 高笑ひし, 鶴原家の

▼ 果~ (192, 8.6%)

4 して 2 あるの, いたるまで, どうだ, なる, 出た所, 小林は, 接吻し, 暮したら高力家, 白旗が, 私が

1 [168件] あって, あり, ありありと, あるもの, あるマドマゼエル, ある国, ある貨車, いたく窮乏, いつて, いみじき, いよいよ本降り, うつされたの, お百姓, かれこれ六十五, くる無上歓喜, けり, ける之, こういう席, ここに, このザマ, この画, こんなもの, すぎんです, ずッ, その身, その頃, それぞれ日本の, そんな事, ただようあたり, たった二十枚, たつた二十枚, つい造っ, どっかへ, なる等, ばらの, ひたすら我々, ひろがる闇, ほほえむこと, ぼくの, ぽとりと一粒結晶, まだお寺, まだ中学校長, まだ春, むくむく盛り, もはや国, ようやくたったひとつ, よらざれば, わが魂, マジナイみたいに, ロドスに, 一の, 一大秘密の, 三太夫を, 上から, 上り口の, 世界も, 中根夫婦を, 主人の, 人家十万余の, 仏天青は, 他の, 伯父に, 住んで, 何か, 何を, 僅かな, 充てて, 先づアートレ, 別れたが, 利国は, 到れば, 力も, 匍ひ寄り, 半弓を, 向い永久, 向って, 君は, 咲いたもの, 品川の, 声を, 大そう, 大神宮よりも, 天意の, 宇宙艦が, 小さくくっきり, 小唄で, 就いて, 居て, 山々の, 崩御あらせられた, 幸ひ, 当って, 彼と, 彼女の, 感化院に, 手切れとか, 押し流されしもの, 故郷が, 故郷に, 於ける如くキリスト, 本の, 来りて, 東端の, 染まないよう, 横はる, 樹の, 死んで, 気づいて, 汝の, 沈みはじめた, 沈んで, 河野義博君の, 泣倒れ居り, 流浪し, 海の, 漂ひ寄つた, 潜在的な, 烈しく頭, 用も, 當る, 病気に, 直ぐまた, 眼を, 私は, 突立っ, 竜鍾と, 等しい小国, 筑波加波の, 箇様な, 結局実力の, 絞殺事件が, 翻つては, 育てあげられたの, 肺病に, 自分たちの, 自分は, 自己を, 自我の, 至る, 茶色の, 落ち延びようとも, 葛飾は, 蒸気が, 蛇の, 行き, 行きくれても, 行くと, 行けなかったなんて, 見えられたは, 見出した, 誰かが, 貯金を, 赤くただれた, 蹴込まれて, 身に, 近く敬虔なる, 迫るは, 追いだされた彼, 連る, 達し今, 野村を, 間絶なし, 隠れても, 集ったそれら, 霧を, 青く布, 馬を, 鳩が

▼ 果~ (179, 8.0%)

5 ように 3 うれひよ, ような 2 かげに, つかぬ田圃, ない蒼海, やうに, 外皮を, 廂の, 細工物と, 香りを

1 [152件] あつた, あること, ある事, かをり, ぎごちな, ここだく, ごとき明師, ごとく裂きながら, ごとし, したたり, そういう二階家, ために, どこかの, ない効力, ない水底, ない海, ない空, ない血, ない野原, ない駈けめぐり, ねがいなの, はぜたよう, ひとつみづけるごとく, むなしさが, やうである, イチジクには, トリップとが, フレップと, ヤケクソとしか, 一つ二つだ, 下等な, 不可思議なる, 丘陵に, 事跡に, 二間が, 云はれた, 作略を, 信実を, 優秀な, 先生でも, 全く盈満, 内部に, 出て, 出来事で, 出来事と, 印だ, 口授を, 周囲に, 味を, 図を, 土に, 埋葬を, 境界に, 墜ちるやう, 墜落か, 夜に, 大笑い, 如き明師, 如くす, 妙用を, 姿と, 孤島にも, 學法灌頂壇に, 実らない季節, 実木の, 寂心上人が, 尤なる, 山寺住ひである, 島に, 干したの, 影さへや, 思いつきに, 性格と, 情熱の, 我等に, 或海岸, 所謂汝とは, 故郷へ, 断崖なる, 新星の, 方には, 方へ, 方を, 日に, 日までは, 日向にまで, 會下に, 有無の, 期待した, 本には, 果から, 果で, 果の, 枝を, 森林の, 殻の, 汁を, 汚いくさいまっ, 海には, 淋しい港, 無表情, 焦慮の, 爲めに, 狂態僕は, 現実が, 理という, 理法あり, 理法によって, 生ずる如く良き, 生る灌木, 男と, 男鹿半島と, 真赤の, 知れない恐怖, 砂丘の, 祝福を, 空の, 簇が, 紐が, 聚落で, 肉の, 至極との, 船頭宿から, 色だけが, 花火である, 萬年青を, 落つる我が, 行為と, 表われる, 衰へが, 言条であった, 豊饒を, 質問らしく, 赤きかげ, 赤きものかげ, 身は, 連山の, 道理を, 違いが, 量を, 長で, 開裂した, 関係であります, 雫く, 青いうち, 青い葡萄畑, 風の, 飛ぶ音, 香りが, 香りは, 黄色いかが, 黒い山

▼ 果~ (173, 7.7%)

4 得て, 想像しない 3 結ぶこと 2 収めること, 受けて, 啄んで, 得ること, 眺めるよう, 結ぶと, 膨らめて, 見る

1 [146件] あげた, あはれ世に, うるもの, うろついて, くらへる, しきりに求めしめ, その繊細, ちぎらうが, ちらつかす, ちらつかすふり, つけた小枝, つけた野葡萄, でも偸, とりて, なぐさめ得なば, ひそめ, めざして, われに, 万代に, 与えるに, 与へるに, 作り出すに, 作る, 供え以, 供え樟脳, 供せらる, 偶然に, 偸み食った, 分つに, 剥く小刀, 勝れたりと, 収めぬこと, 収めるらしいと, 収め得たりと, 収め得ぬ事, 収め戸倉, 受けること, 口に, 吃うと, 喰へり, 喰わせたサタン, 嘆いて, 夫に, 奏したが, 子孫に, 寫しこの, 寫し其果, 小兒等, 己が, 廻り赤道, 引上る, 得, 得ず, 得たと, 得たものの, 得る, 得富右衞門, 志して, 恨み歎ずるを, 想像する, 感じられるよろこびという, 感じるの, 感ずること, 手探りで, 技藝に, 拾ひ, 指ざし示す, 指して, 採る人, 描いて, 摘みて, 摘みとり又, 摘みに, 摘むを, 收むるとは限らぬ, 望んで, 来さんかとも, 棄てた, 極めて熱し, 歎い, 水煙り, 求むるがごとし, 求むるなり, 求むる猴, 求めしこと, 消して, 猟れ, 獲得しよう, 現は, 理窟ぬきで, 生じさせます, 生じます, 生じ一, 生ずべき理, 生み出して, 畫き, 疑つて, 盗み過ぎて, 相馬の, 眞茂る, 知らず, 知らぬ奢沢, 知られずもがな, 知らんと, 知る者, 破るなかれ, 私達に, 結ばざるが, 結ばねば, 結びそれ, 結びついに甚だ, 結び果, 結び白川, 結び開裂, 結ぶ, 結ぶこと能, 結ぶごとく意識的善行, 結ぶべし, 結ぶもの, 結ぶ民, 結ぶ見込み, 結んだ東, 結んだ自我, 結んで, 縦筋に, 苅り取らない, 見ず, 見つ朝, 見て, 見よ, 見るかなしみ, 見るよう, 覗くよう, 訪い和歌, 証し神通力, 證する, 買って, 送り三重, 運んで, 集めたデザート, 露出し, 食い又は, 食う, 食って, 食は, 食べるエヴァ

▼ 果~ (80, 3.6%)

3 黄色く 2 ありません, ある, ない, なつて, 大師の, 無いから, 軍閥の

1 [63件] あって, あの三年越し, いきなり水甕, かく自然, この河添い, これで, こんなこと, こんな閑寂, だらだら坂, とうとう露人, なければ, なって, なりや, ゆきません, わたしの, ブラ下つた, ボツ, 一つも, 一人あ, 二片に, 今日の, 他の, 佳良ならざる, 充ちて, 却って強い, 因と, 因に, 因を, 報いられずして, 多く洒落た, 夜ふけに, 大切である, 太平洋へ, 女房子を, 孕ませて, 廻り合せて, 得らる, 折角の, 最も能, 望まれたよう, 枯れ草の, 梵字梵語を, 永井荷風先生宇野浩二先生瀧井孝作先生方を, 沢山地上, 澤山地上に, 玉累々たる, 生ずるが, 生ずるの, 生まれ出たの, 生るの, 盛んに, 石に, 竟に, 細君は, 群がり生る, 落ちて, 葉蔭に, 負債の, 逆上を, 鈴なりに, 隠れて, 霧に, 首を

▼ 果~ (73, 3.3%)

4 のやう 2 に負, の熟, を持つ, を採る

1 [61件] がその, が入, が枝, が生ずれ, が落ちる, が飛ぶ, だつたの, であるが, では, で撓ん, で最も, といふもの, といふ例, とか葡萄, としてそれなり, として見る, とるひと, と水, などの流れ, なれば, にたとふれ, に引下げ, に於ける, に誘はれ, のそれ, の中, の二三, の出來, の味, の始め, の思ひ, の樹, の甘い, の美味, はおのれ, はまだまだ, は枝, は莢, は送らなくつたつ, も猛, よあゝ, よりまた, を, をひろつ, を入れた, を共に, を包んだ, を叩き落し, を容れざる, を揉ぐことによつて, を未だ, を浪, を生じ出す, を簇, を結ぶ, を見るべき, を貯, を買つて來よう, を賣り, を食, を鼻

▼ 果心居士~ (73, 3.3%)

3 のお, の手もと 2 ではない, にそだてられ, の命, の声, の弟子, の心, の手紙, の童弟子

1 [51件] うつしの, からこんど, からよく, から教えられた, がいる, がこつぜん, がなにゆえ, が彫りのこし, が知る, が藜, が見たら, じゃ, その人, だ, であった, である, であるよう, という道人, といえ, と云, と愛弟子, と異号, にあっ, におしえられ, のおしえ, のす, のすまい, のそば, のまえ, の亀卜, の右腕, の壁, の流れ, の神機妙算, の秘命, の荘園, の話しぶり, の遠, の門下, はさい, はそれ以上, はなに, はふかく, はやがて, は白髯, は竹童, は露芝, は飄然, も竹童, らしい枯淡, 之一弟子

▼ 果~ (72, 3.2%)

2 ない波, なかつた, なし

1 [66件] あるほんとう, あツ, これほど, ないかと, ない下町, ない夢幻的空想, ない大洋, ない平原, ない断末魔, ない旅, ない暗夜, ない森林, ない疑い, ない空, ない空想, ない雪, なき空, なくさま, なくつ, なくつのって, なくとぐろ, なくひろがって, なくひろがつて, なくひろがる果, なくふい, なく一面, なく不安, なく北の方, なく単調, なく帆, なく彷徨, なく恍惚, なく拡まり, なく横, なく次, なく洋々, なく流れ動く, なく父, なく現代文学, なく続い, なく続いた, なく続く, なく綴っては, なく續, なく魂, ならさない, もう遠く, やがてお, わからない道, 余さぬに, 同じ水, 大きい, 大唐天子, 大師に, 無い世界, 無い空間, 無りけり漸, 無量, 知らず宮, 知らず此偉大, 知らず生茂った間, 知らず飛んで, 紫水晶の, 色づいて, 見えなかつた, 遠くは

▼ 果まで~ (36, 1.6%)

2 遠く近く

1 [34件] うね, きこえるという, たづねても, 一応は, 一應は, 北方には, 及んで, 各地を, 手を, 推しかける時間, 旅行し, 来て, 漕ぎ付けて, 稀にも, 続いて, 至るところ, 行きたいと, 行くと, 行つても, 行つて山陽線を, 見にくい顔, 追跡し, 送っても, 逃げても, 逃げましょう, 逃げ出し度, 通らねば, 遊行する, 響いて, 響き渡った, 響き渡った時, 響くよう, 駈けだしさうな, 驀地に

▼ 果つる~ (34, 1.5%)

2 ところに, ほどにわれ, 頃なり

1 [28件] ことなき, ことも, ぞなら, とき敗者は, ところなかっ, とは不憫千万, とは思われません, とも硯, とも覚えません, なし, なし心, はしょせん, は不幸, ばかりでなく, ほどである, までかく, までに女房, まで一人, まで白色, まで見し, や, やと, や筋斗, よりほか, を俟, を好まぬ, を待ち侘び, 思ひで

▼ 果には~ (33, 1.5%)

2 泥舟に, 涙を

1 [29件] あの気品, いつも大笑い, すっかり自分, そんな殺伐, オトギバナシに, 一大氷山あり, 一杯十銭の, 伊勢の, 入日の, 兼て, 及ばじ, 婿と, 山の, 山頂小屋が, 弾丸の, 思切った戯れ, 最早小さく小さく, 燃上る, 生ける腸, 真紅の, 礼拝の, 私の, 耳を, 舌切情死まで, 行きたくなしそれ, 読まれたり, 誰かが, 駅の, 鬱然たる

▼ 果しない~ (32, 1.4%)

2 沼は

1 [30件] お喋べり, と迄思われた, のに失望, ものの, シベリアの, シベリアを, 不安で, 嘆息を, 天地を, 寂しい心, 彷徨に, 悲歎に, 挨拶が, 擴がりが, 擾乱の, 文化の, 旅を, 未来を, 楽の, 気紛れに, 潰滅の, 犠牲の, 目的の, 矛盾恐怖解決の, 空想に, 耕地に, 船隊が, 蒼空が, 起き伏しその, 追憶に

▼ 果から~ (27, 1.2%)

2 果へ, 果まで

1 [23件] これを, はしまで, やって来た彼, 出て, 初春にかけて, 南は, 吹いて, 四万五万の, 帰つてきた, 広々と, 成り立つ仮り, 東は, 果へと, 果を, 殺そうとして, 母と, 沖縄の, 激しい雨脚, 濛々と, 焼ける火, 生れる美, 田舎人の, 覚束なく

▼ 果~ (27, 1.2%)

2 あつた

1 [25件] こんな雑誌, どこが, どんな職業, まア此時節, 万太郎の, 下に, 今は, 今も, 何かで, 何の, 偉大で, 出来たもの, 有るの, 有ろうと, 朝鮮語原である, 柔和で, 死のうが, 泣き度い, 灰色を, 生きて, 聞きねえ, 難船した, 鳥が, 鳴つて, 黙って

▼ 果つべし~ (22, 1.0%)

4 とも見えなかった 3 とも見えない 2 とも思はれず, とも見えませんでした

1 [11件] と, ともなく, とも分らない, とも思はれない, とも思はれません, とも思へなかつた, とも思われぬ, とも測られず, とも知れず, とも覺, 汝が

▼ 果~ (21, 0.9%)

2 なって

1 [19件] いうから, しも, なりその, なり客因, なり果, 同人には, 呼ぶべきもの, 心が, 思う処, 思ふから, 描き分け観, 業と, 樹は, 知れるかノ, 見えて, 見え万事, 見る様, 言う, 雜穀菜草を

▼ 果しなく~ (20, 0.9%)

2 霞を

1 [18件] それを, はろばろ, コクリコの, 大きな陰影, 斯んな, 明るかつ, 波紋を, 粗悪な, 紫雲英田が, 組違えた, 組違へ, 花やかな, 荒涼と, 誠に始, 鈍く蛇動, 青ず, 静かである, 頭も

▼ 果~ (18, 0.8%)

2 腰抜だ

1 [16件] かの伊藤, という様子, と云, また壁, ようだ, ように, 僕の, 又我が, 又無名, 女が, 奴じゃ, 實際家で, 寺を, 彼女は, 身体を, 顏を

▼ 果たる~ (18, 0.8%)

2 家ありけり

1 [16件] こと餘り, ばかりなり, ばかりなり斯く, ものは, 事なり, 人非人と, 奴なり, 家有りけり, 惣内夫婦此世に, 折柄此處に, 故其儘, 此姿見る, 此有樣嘸や, 浮世かなと, 趣を, 體なれ

▼ 果なき~ (18, 0.8%)

2 もの

1 [16件] ごとし, さだめ手, さまい, ものは, 人世に, 人生に, 名であります, 地上人間の, 夜の, 心には, 敵視解かん, 歌の, 流浪の, 生活であります, 苦しみの, 谷の

▼ 果阿闍梨~ (16, 0.7%)

1 [16件] から傳法大阿闍梨, が半年, が大師, であるが, に就い, に晉謁, の大師, の寄託, の師, の弟子法全, の爲, の遺, は老病, は順宗, や般若三藏, より祕教

▼ 果~ (15, 0.7%)

1 [15件] から, からさ大概, から板, から海, が秀吉, そうでした, というの, というよう, といつ, とかどうして, としか思はない, と君, と役場員, のいう, よ

▼ 果までも~ (15, 0.7%)

2 行つて仕舞たい

1 [13件] いっしょに, 分布し, 引っ提げて, 従って, 御位, 戦争を, 旅した, 漂い行かんと, 漕附けた, 行った, 行つ, 行つて見たい, 逃げよう

▼ 果~ (14, 0.6%)

2 さは, さを 1 たくらみから, のである, のであろう, のは, んです, 心から窃, 智恵を以て, 理想から, 男心は, 考へを

▼ 果ない~ (14, 0.6%)

1 [14件] が空, ものだ, もので, ものでございましょう, 戦死者墓地と, 手では, 最後であった, 最期を, 望みを, 気が, 気持ちは, 流行物で, 田圃に, 耕地耕地だ

▼ 果~ (13, 0.6%)

2 事かと

1 [11件] という太陽, ところにては, にあらず, に相違, の相, までわたしたち, も殘念, 事が, 處たる, 處にと, 覚悟と

▼ 果なく~ (11, 0.5%)

1 [11件] おっかぶさった, おつかぶさつた, つ, つづいて, ないとも, パンパンなんか, 拡がった市, 拡がるであらう, 栄えて, 胸中に, 迷い歩いた

▼ 果~ (11, 0.5%)

1 [11件] きて, 出かけて, 出て, 市場を, 引揚げ, 歩くよう, 落ちて, 行くの, 行ったって, 行っても, 行も

▼ 果もの~ (11, 0.5%)

1 [11件] なの, にかぶりつく, になる, にはドリアン, の食順, や乾肉, を主食, 以上に, 屋の, 鉢と, 類

▼ 果~ (11, 0.5%)

1 [11件] があった, でご, でも始まる, などと, に有, の場所, の砌, の終り, はいつ, を, を拒む

▼ 果合い~ (11, 0.5%)

1 [11件] がある, などをし, に及ぼう, に及ん, もまた, をしなせえ, をする, をなさるなら, をやる, を申込んだ, を約した

▼ 果~ (10, 0.4%)

1 だから, だと, でないとも, と認め, に至つて, の山水, の後, の淺絳山水, の為, を見る

▼ 果~ (9, 0.4%)

1 ない味, なく, 仲間の, 呪いが, 地獄の, 樹皮かを, 砂の, 酒の, 饐えゆく歌

▼ 果つべき~ (9, 0.4%)

1 か, ことならず, ことならね, ぞわりなく, に非, ものとは, 上は, 命かは, 命と

▼ 果~ (8, 0.4%)

1 お文, とも上, やにはに緋, 半左衞門殿コリヤ其煙草入, 大岡殿大, 大岡殿發打と, 役人は, 役人共言譯有ば

▼ 果つれ~ (8, 0.4%)

2 ば彼 1 ども名聞, ば手前, ば湊川溶, ば議官, ば足袋, ば路

▼ 果より~ (8, 0.4%)

1 して, ふたたび人間世界, もっと遠く, 他の, 傳へ, 其第一線を, 因に, 果に

▼ 果~ (8, 0.4%)

1 との浪費, なる處置, な人間, の一點張り, の人, の性質, の賜, を喜んだ

▼ 果知れぬ~ (8, 0.4%)

2 八ツ橋の 1 寂しさ, 旅出の, 曠野が, 淋しさ, 空虚の, 闇の

▼ 果~ (8, 0.4%)

1 が下がり, と成り, に附着, の事, は熟後褐色, は長, も大きく繁く, を採り集め

▼ 果あり~ (7, 0.3%)

1 てぞ, て回互不回互, 人事には, 今日ある, 彗星の, 恰も古, 最早わが

▼ 果~ (7, 0.3%)

1 とも, とももはや, とも見えなかった, べかりし, べけん, 可し, 泊つ

▼ 果~ (7, 0.3%)

1 が長い, という仙人, はうつらうつら, はひらり, はまた, は仙人, は哀し

▼ 果無い~ (6, 0.3%)

1 ものを, 人生とが, 努力を, 恋の, 恋愛である, 最期を

▼ 果知らぬ~ (6, 0.3%)

1 丘陵の, 原の, 夏野に, 水底の, 無幻, 老杉

▼ 果たり~ (5, 0.2%)

1 何に, 夫よりは, 然ども, 獨り, 頓て

▼ 果つべく~ (5, 0.2%)

1 もなかっ, も見えず, も見えない, も見え申さず, も覚えぬ

▼ 果とも~ (5, 0.2%)

1 なって, わからない暗, 云いあるは, 知らずたった, 称える

▼ 果~ (5, 0.2%)

1 から振り散らす, にただ, に一種子, に毛, の尤品

▼ 果~ (5, 0.2%)

1 など多く, など投げやる, は食, をな, をや與

▼ 果~ (5, 0.2%)

2 し, すれば 1 するに

▼ 果物売り~ (5, 0.2%)

31 が朝, の小僧

▼ 果~ (5, 0.2%)

2 のきらい 1 しの, の不, は私

▼ 果さい~ (4, 0.2%)

4 で死

▼ 果しあい~ (4, 0.2%)

1 が行われ, だったの, でおなじく, の当日

▼ 果しなき~ (4, 0.2%)

1 地と, 大洋雑木山大小の, 大海原, 山なみ日頃隱され

▼ 果~ (4, 0.2%)

1 と口, と思ふ, と長八, 我ながら

▼ 果である~ (4, 0.2%)

1 からもとより, し湾, とかでそれ, 雑木山の上に

▼ 果では~ (4, 0.2%)

1 ありません, あるまいし, なかろうか, 御空

▼ 果でも~ (4, 0.2%)

1 ない狂乱, ツァーの, 外して, 日毎に

▼ 果という~ (4, 0.2%)

1 ことで, ような, 噂も, 説も

▼ 果とを~ (4, 0.2%)

2 よばれて 1 もたらさぬので, もって

▼ 果なる~ (4, 0.2%)

1 工夫を, 惡事何として, 海の, 看護人かなたを

▼ 果によって~ (4, 0.2%)

2 変化し行く, 新に

▼ 果~ (4, 0.2%)

2 の毛 1 に僅か, は三室

▼ 果~ (4, 0.2%)

1 と耕土, に下りぬ, より荒く, を作り

▼ 果心先生~ (4, 0.2%)

1 からお, からここ, からこの, には鞍馬

▼ 果心居士さま~ (4, 0.2%)

3 のお 1 とおっし

▼ 果~ (4, 0.2%)

1 の, の枝, の芽, の葉

▼ 果~ (4, 0.2%)

1 見渡しても, 輝いて, 通らねば, 響くやう

▼ 果~ (3, 0.1%)

1 ほく熟すべしとの, ほし, 京から

▼ 果これ~ (3, 0.1%)

1 より採らる, より野山, をさらに

▼ 果~ (3, 0.1%)

2 へ知れず 1 でや置

▼ 果しも~ (3, 0.1%)

1 なかつたので, なくぼんやり, 知れぬ暗闇

▼ 果とは~ (3, 0.1%)

1 気の毒だ, 氣の, 誰が

▼ 果にまで~ (3, 0.1%)

1 及んで, 走ろうとしても, 額を

▼ 果にも~ (3, 0.1%)

1 他には, 小学校の, 魔の

▼ 果また~ (3, 0.1%)

1 その根, 同じからず, 異なり悪因

▼ 果~ (3, 0.1%)

1 一切の, 濱撫子や, 生菓子が

▼ 果られ~ (3, 0.1%)

2 其後は 1

▼ 果シテ~ (3, 0.1%)

1 快クソレニ応ジテクレルデアロウカ, 然ルヤ, 自ラ喜ブデアロウカ恥ジルデアロウカ

▼ 果シテイツマデ~ (3, 0.1%)

1 抗シ得タデアロウカ, 続クカ分ラナイ不安, 続クデアロウカト

▼ 果和尚~ (3, 0.1%)

1 に遭ふた時, の寄託, や西明寺

▼ 果心居士先生~ (3, 0.1%)

1 がこの, の兄弟弟子, の弟子

▼ 果~ (3, 0.1%)

1 と威厳, の命令, の意気

▼ 果~ (3, 0.1%)

1 さとに, さとも, んで首

▼ 果~ (3, 0.1%)

1 にかかっ, のほう, をわずらっ

▼ 果ある~ (2, 0.1%)

1 一本の, 可きの由

▼ 果~ (2, 0.1%)

1 がある, は一種

▼ 果かと~ (2, 0.1%)

1 噫見よ, 思はれる有様

▼ 果からでも~ (2, 0.1%)

1 思いさえ, 来たの

▼ 果けれ~ (2, 0.1%)

1 ば又, ば跡

▼ 果さる~ (2, 0.1%)

2 人から

▼ 果さるべき~ (2, 0.1%)

1 日は, 理が

▼ 果ざる~ (2, 0.1%)

2

▼ 果しなくつづい~ (2, 0.1%)

1 ていく, ている

▼ 果しなけれ~ (2, 0.1%)

1 ば此方, ば流石

▼ 果じゃ~ (2, 0.1%)

1 がら万事に, ア無い

▼ 果その~ (2, 0.1%)

2 父問屋へ

▼ 果だらう~ (2, 0.1%)

1 おばあさんは, 鐘が

▼ 果つる所~ (2, 0.1%)

1 は, まで何物

▼ 果であっ~ (2, 0.1%)

1 て呉, て本当

▼ 果でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばあの, ばならぬ

▼ 果とうとう~ (2, 0.1%)

1 やけくそな, 貴重な

▼ 果として~ (2, 0.1%)

1 殘し, 至当に

▼ 果とに~ (2, 0.1%)

1 分解する, 及べり

▼ 果なし~ (2, 0.1%)

1 に渡り歩く, 句が

▼ 果などを~ (2, 0.1%)

1 売る籠一つ, 得意に

▼ 果なり~ (2, 0.1%)

1 抑其方, 政に

▼ 果にても~ (2, 0.1%)

1 やがて僕, 永く夫婦

▼ 果~ (2, 0.1%)

1 に默, 實に

▼ 果へと~ (2, 0.1%)

1 伝って, 揺られて

▼ 果までを~ (2, 0.1%)

1 年ごとに, 飽きずに

▼ 果~ (2, 0.1%)

1 秋の, 美の

▼ 果よりも~ (2, 0.1%)

1 やわらかく僕, 葉を

▼ 果わが~ (2, 0.1%)

2 縛著は

▼ 果シテホントウニ~ (2, 0.1%)

2 睡ッテイタノカ

▼ 果~ (2, 0.1%)

1 ひしを, より狂氣

▼ 果候上~ (2, 0.1%)

1 は一等, は最早

▼ 果候事~ (2, 0.1%)

1 いかにも唐突, と存じられ

▼ 果~ (2, 0.1%)

1 五合出せし, 笑は

▼ 果取らない~ (2, 0.1%)

1 って代物, というモドカシさ

▼ 果合致度明朝七ツ時赤羽橋辻~ (2, 0.1%)

1 まで, まで御

▼ 果和上~ (2, 0.1%)

1 が宗祖大師, の師

▼ 果~ (2, 0.1%)

2 を持っ

▼ 果太鼓~ (2, 0.1%)

1 とともに御簾, にはじめて

▼ 果~ (2, 0.1%)

1 たりし, へ

▼ 果~ (2, 0.1%)

1 に石卵, の金

▼ 果~ (2, 0.1%)

1 から始める, に初

▼ 果故に~ (2, 0.1%)

2 又新なる

▼ 果敢無~ (2, 0.1%)

1 さが, さを

▼ 果有玉~ (2, 0.1%)

2 といへ

▼ 果~ (2, 0.1%)

1 または牧場, 多し

▼ 果~ (2, 0.1%)

1 ならん, には雫

▼ 果横丁~ (2, 0.1%)

1 そっくりの, をちょっと

▼ 果無く~ (2, 0.1%)

1 思われ, 目を

▼ 果生ずる~ (2, 0.1%)

1 がゆえ, がゆえに

▼ 果生ずれ~ (2, 0.1%)

2 ば因

▼ 果~ (2, 0.1%)

1 が代っ, も引ッ

▼ 果福父~ (2, 0.1%)

1 に軼ぎ, に過ぎ

▼ 果~ (2, 0.1%)

1 を, を指摘

▼ 果~ (2, 0.1%)

2 には役者仲間

▼ 果自分~ (2, 0.1%)

2 の身長

▼ 果自身~ (2, 0.1%)

1 が大師, は帝釋聲論

▼ 果~ (2, 0.1%)

1 を植える, を盜む者

▼ 果見知らぬ~ (2, 0.1%)

2 空や

▼ 果遂に~ (2, 0.1%)

1 之を, 作家が

▼ 果~ (2, 0.1%)

1 なるにおいては, 峻酷なりしかは

▼1* [280件]

あるべしということ, 果いた上に, 果いはむ波の, 果いまはもう, 果なくも, 果おせてくれ, 果からまで何百人かの, 果からも美人が, 果けり因て, 果けるが屹度思案, 果ここに始め, 果ことごとく汝の, 果さむには意志, 果さんとする, 果さんずる修羅の, 果しかあはれなる, 果しかば其後は, 果しすることが, 果しなかった争いを, 果しなくつづく窓外の, 果しなくひろがり半ば蒙, 果しなくひろげかけたる紅の, 果しなく広がって見上げる, 果しなく煙っていた, 果しなく疲れていった, 果しなく絡み合って結局, 果しなく続いてくる, 果しなされ候に, 果しなされたのも, 果しよし其方は, 果し合って解決, 果じゃろう万事に, 果すなわちイチジクの, 果すべき奴なる, 果そこに行かん, 果哀れなる, 果たらば何樣富右衞門, 果たりけり重四郎, 果たる赴き畢竟傍輩, 果たれば死骸, 果だけ有ッ, 果だろうよ, 果ちかくあること, 果や実際, 果ついに幻影を, 果つつ身分じゃ, 果つてかはいらしい, 果つべければなり, 果つまじきである六郎殿, 果つまじき野の景色, 果つるあたりに来ぬ, 果つるおん旅や御, 果つることつゆ, 果つるならそれも, 果つるように所詮, 果つるらむ童とし居る, 果つる五或は七, 果つる位ならば, 果つる如くに, 果つる徒に非, 果つる我世さびしと, 果つる時を待つ, 果つれども二人の思ひ, 果てこはそも, 果であり個性的な, 果でありますけれども収穫それ自身, 果であればこれ, 果ですわ, 果で御座いツて, 果といへり, 果といふものだ, 果とか命にかけても, 果との照応尤も, 果どうやらこうやら鉄, 果なく荒るる爭鬪, 果なさるおつもりでは, 果なされ其娘も, 果ならん, 果なりと継母の, 果なりとも身を, 果なれば小, 果においてただちに凍死なん, 果においてさえも小児は, 果のりに於, 果はがたりと調子の, 果ばかりでは, 果ひとつ残つてはゐない, 果への旅, 果べきとも見えざりけり, 果ましたるとの, 果ました親父が, 果までは行き付かなかつたの, 果みたいな双, 果むしろ殺氣立つて, 果もうとうてい御前さん以上には, 果やはりチェイン・ローが, 果やら知ろうと, 果やらを食べはじめた, 果ゆえ仮令芸人, 果よう国籍はもう, 果せたで, 果らしく私には, 果られしや, 果られた続いて母様, 果ば直ちに, 果悔しまぎれに, 果をも残さないの, 果を以て一年間を, 果と爲, 果シテソレガ雑音ナドトイワレルニ十分ナ屑電波ダトスルコトハ早計ニ, 果シテ前段ニ云ヘル早歳能語, 果シテ如何ナリシカ未ダ明言スル事能ハズト雖モ, 果シテ籐椅子ニ寝テイタ, 果タシ以テ異民族, 果タシ得ナイノハ申シワケガナイケレドモソウカトイッテ彼女ガソノ不足ヲ補ウタメニ, 果タス行動ヲ開始シタ, 果トイウカペニシリンには感激, 果ト為スハ蓋シ勝軍利ノ義ニ, 果ニ供スル者ヲ果瓜ト為ス, 果ニ咲イタ花コノ花ビラハ煮テモ食エナイ, 果ヒシと生れる, 果モノは文化, 果汚サンヨリハ祖先モアワレト, 果一籃を贈り来り, 果下馬双脊馬, 果与那国の島, 果中川は実に, 果五合の濁酒, 果五歳より引取養育, 果人間とては余, 果は息, 果候事殘念今に忘れ申さず, 果候仔細は子孫, 果候其場に私, 果候樣のこと有, 果候由おもひも, 果候處其場に道十郎, 果候跡にて承はり, 果光榮をわれ, 果十方に暮, 果午前二時近くになっ, 果つたのである, 果取らせて呉れないあり, 果取りもうまく, 果から出放題, 果可申茎は其許さま, 果合いなるもの行なわれたる, 果を與, 果吐息を吐, 果から聞いた, 果君来訪おもしろい人, 果然樣, 果品ト作シ或ハ以テ, 果嗚呼讀たり, 果四國山陰山陽北海道青森縣東北北陸全部を能, 果は黄, 果売れず黴だらけに, 果夙之因也今之因後, 果阿闍梨に, 果の特務隊, 果失せて後, 果如何ともすべ, 果如是報悲む可く悼む, 果お富, 果も血氣上り, 果娘お節は親類, 果子くだもの玩具など與, 果子供もなく, 果子等を盗む, 果安乘の小村, 果安巨勢人紀大人この五人, 果安臣巨勢人臣紀大人臣等, 果の玄関, 果家出をした, 果實ぐらゐの食に露命, 果實ナル如ク濁人タル, 果實累々たる樂園, 果實魚かに等をとり, 果間言葉も, 果ては惡, 果山道崎嶇の奥, 果平澤村光照寺へ葬り, 果幼少の身, 果庭ニ落チテ朝三ノ食秋風ニ, 果当人はナイフ, 果をした, 果心居士小太郎山の龍太郎, 果心居士父とうやまう, 果心居士相伝の浮体, 果心居士竹童をひっかかえ, 果に口, 果絶えて, 果しかりき, 果成れしにぞ澤, 果はこの, 果捨置時は此女, 果携えて来り, 果なき便り, 果新内や常磐津, 果旅費の貯, 果是非なく國許, 果暗夜に燈火, 果暫時言葉もなかりし, 果所治部は, 果有るべきの由宮中, 果を伐り, 果街道から, 果朱金をくす, 果核水食の類, 果を振り捨て, 果樹林等の地域, 果此世の名残執筆, 果死する時に, 果死亡した, 果殺されたと云われる, 果母親深ばかり, 果泥酔して, 果漿のよう, 果無き幻にを, 果無げな一羽, 果猴摘ミ池魚白鷺含ム仙書一両巻樹下読ンデ喃々, 果玉葉とかつぎあげる, 果瓜ト為ス甜瓜西瓜是レナリ菜ニ供スル者ヲ菜瓜ト為ス, 果の名, 果申すべし杉田老, 果申候と聞, 果申候夫より利兵衞, 果申候此事大評判, 果申候此度は其恨, 果の方, 果當人が出ぬ, 果疲勞の折, 果白河の関, 果七宝なり, 果相次ぎて生命, 果乎, 果示寂の後, 果なりと斷念其日, 果有て, 果窮まれば業苦, 果が含む, 果ひしは, 果總身痩衰へ鬢髭, 果を殴った, 果而ウムといっ, 果而伊勢本の高座, 果而勿不得止, 果而空爆の厄, 果も震, 果腺なんどと無量無辺, 果自然力も拔, 果をした, 果花色の疣, 果其言, 果若くは他, 果茎一として食卓, 果茫然として居, 果草樹異類の禽獸一, 果草葉の蔭, 果西の果, 果見知る者無るべし, 果二尾買つたのを, 果豊生の樹, 果賣る女など, 果贈, 果赭顔旧の如くなり, 果辿り辿ってゆけ, 果迄を籠めて, 果の誓, 果遂せずば正覚, 果遂者の願, 果へ入れ, 果を売る, 果酔余の興, 果雪嶺に雪, 果頃友人泉蔵来話及其事意似譴魯皐, 果の部分, 果飯餌を以て老, 果にし, 果麦輸送