青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「泣き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

法師~ ~法律 法律~ 泡~ ~波 波~ ~泣い 泣い~ ~泣いた ~泣き
泣き~
~泣く 泣く~ ~泥 泥~ 泥棒~ 注射~ ~注意 注意~ ~注文 注文~

「泣き~」 2658, 29ppm, 4085位

▼ 泣きながら~ (685, 25.8%)

9 云った, 帰って 6 彼の 5 叫んだ 4 いった, こう言いました, それを, 出て, 私は, 自分の

3 [16件] いいました, うなずいた, 何か, 唇を, 家の, 家へ, 歩いて, 父の, 私の, 立って, 言うの, 言って, 言つた, 訴えるの, 話した, 逃げて

2 [36件] いったの, こちらへ, そして今度, はいって, はだしで, ひたば, やって来て, よんだん, 一里半の, 両袖, 去って, 叫んで, 声も, 奥へ, 女の, 尋ねた, 彼は, 彼を, 戻って, 棺の, 歩いた事, 死んで, 死んでも, 母親に, 答えた, 翌朝の, 草の, 言った, 訴えた, 訴へる, 走って, 追いかけて, 酒を, 釣台の, 頼みましたが, 馬を

1 [512件 抜粋] あっちの, あてども, あやまりました, ある者, いうを, いっしょに, いったよ, いって, いつか病人は, うしろを, おいでに, おうち, おしま, おとうさんに, おまえ達の, おみや, おやじに, おれに, おれの, おれは, おろおろし, お母さんが, お母さんの, お母ちゃんの, お父様, お祈りを, お祖母さんの, お祖母さんや, お米, お辞儀を, お邸, お酒, お鈴, お高, かう云, かまどの, きたない女, ぐるぐるぐるぐる空, こういおう, こう言っ, こごえた足, こちらを, この歌, この綱, これこんなに, これで, ころげ下りて, こんどは, こんなに明, さきへ, さけびました, さっきから, さみしい夜, しかし店, しきりと, しっかりとか, しぼりだす声, しょんぼりついて行きました, じっと砂, すがりついた葉子, すわって, せっせと糸, そう叫ん, そこまで, そこらを, そのままじっとし, その圧制, その後の, その星, その泣く, その耳もと, その胸, その足, その長い, それでも無理, それに, それに抗, たたずんで, ちょうどやって来る, ぢつ, つかんで, でなく, とぼとぼいっ, どうかいっしょ, どうなる, なお彼, なぜ自分, にぎりこぶし, にて, のこらずいなくなっ, はげしく手, ひきとめて, ひどいわ, ふたたび言葉, ぶらぶら歩るい, ほめて, ほんとうに, また, またセエラ, また歩き出した, また起きあがらう, また起きあがろう, また鎖, また黙, まだ残つて, めったやたら, もう一刻, やがてまた, やさしく栄蔵, やって, やって来ました, やっとこく, やっと答, やや高い, よろけて, わたしに, アア無情と, アーク灯の, キスしあっ, スケイトの, ゼウスに, テーブルに, トッ, ドアを, ナースチャに, ババは, ブランカの, ランプの, ランプを, リプの, 一匹ずつ, 一里の, 七里の, 三吉の, 上つて行つて戸棚の, 上官の, 両の, 両手の, 両方の, 乗って, 乞食に, 二スウ銅貨を, 二度も, 云々という, 云いました, 云いますのに, 云う, 云うこと, 云う嫂, 云つた, 京子は, 人の, 人家の, 今までの, 今度は, 仰なれば, 伊津子に, 伜に, 伸子の, 伸子は, 何べ, 何事をか, 侍従は, 信助の, 俺らおふくろに, 僕に, 僕へ, 僕を, 再び門, 冷たい床, 冷たい花, 出す, 出発した, 出發, 出迎えた一知夫婦, 函を, 前から, 前掛, 力づけたげて, 包みを, 千世子の, 参木の, 友を, 反対する, 取りすがるよう, 受け取って, 口で, 口の, 口惜しがった, 口説きますの, 叩きました, 只残念, 叫びつづけた, 叫びました, 叫んだの, 台所に, 名状し, 君江は, 告げて, 告白します, 呑んで, 呼んで, 咲二の, 哀れな, 哀れみを, 哀訴する, 唯々諾々と, 喚いた, 喫る, 団長に, 地べたを, 地下室の, 坂を, 城内へ, 堅く窓, 声を, 夜を, 大きな口, 大吉は, 天も, 天蓋の, 奥さまに, 妻に, 嬉しそう, 子供の, 子守唄の, 学校から, 家に, 家を, 寐ました, 寝入った, 寝室へ, 寝込んで, 尊者の, 小さな声, 小さな拳, 小屋の, 小舎へ, 尼君は, 居眠りし, 屏風の, 山の下の, 山を, 岩山を, 川崎辺まで, 巡査の, 己の, 布団をか, 席に, 帰る子, 常陸の, 平次の, 店の, 庫裡の, 廊下へ, 廊下を, 建設を, 弁信を, 引かれて, 引きとって, 強情を, 彭の, 役人に, 彼が, 彼も, 彼女に, 彼女の, 彼女は, 彼方此方の, 律は, 後を, 御仏, 御門へ, 微笑みながら, 心の, 怒鳴る前, 思いやった, 急に, 怨めしい顔, 恐ろしく色っぽく, 恨みと, 慕われて, 慰めて, 我が子, 戒を, 戸外へ, 戻つて來, 手や, 手を, 手紙を, 打たれて, 抱きしめた, 抱き合って, 抱擁し合い, 押した, 押しとどめて, 拝んで, 掌を, 掻きくどいた, 掻き口説きます, 搜した, 政ちゃんは, 散々の, 斯う, 斯んな, 方々父親の, 昇って, 春夫さんに, 時おり痙攣, 暗闇の, 書いた, 書かれたもの, 最後まで, 森虎の, 棺桶を, 榻を, 横丁を, 欄干を, 次の, 次第にその, 止めたが, 止めましたので, 歩いた, 歩いたので, 歩きました, 歩き出しました, 歩く, 歩くという, 歩く女, 歯を, 死にます, 死のうと, 死者の, 母に, 母親の, 水コガから, 水晶の, 汽笛の, 泣いて, 泣くこと, 泣く人, 泥の, 泪の, 流れて, 海の, 涙の, 渡った海, 渾身の, 湖水の, 満の, 源氏を, 漸, 激しい言葉, 激しく頭, 火吹竹でた, 無理を, 無茶先生を, 父親の, 父親のうでの, 爺さんの, 片手に, 物を, 狐の, 王宮に, 甲津原への, 申しました, 申しますと, 申しますとね, 男に, 男の, 疊の, 痛さ, 白骨に, 白髪の, 皆に, 相談した, 真木柱の, 眠って, 石段を, 磯五と, 私に, 立ちそして, 立ち去りました, 立つて, 笑いながらという, 笑うよう, 笑った, 答えますには, 築地に, 粂之助が, 終夜ごたごた, 組み付いて, 絶え間なし, 続いて, 続けた, 綿撒糸を, 考えたこと, 耳を, 耳殻を, 聞いて, 背を, 背中洗っ, 脇差を, 脱いだ着物, 自分たちの, 自分だけが, 自分で, 舌を, 舟に, 船へ, 花の, 花道を, 若侍, 苦しめられながら, 草鞋ば, 葉子の, 葬式を, 蚊帳の, 蛇を, 蟠竜軒, 行こうと, 街外れの, 袂で, 見上げた母, 見送った, 見送って, 見送ります, 規則正しくおじぎ, 親, 言い主婦, 言う, 言うけれど, 言うこと, 言えた, 言った一言, 言ひました, 訊き返した, 訴えたこと, 証明した, 話して, 話すの, 読み終った, 諫めたれ, 譫言を, 赤ん坊が, 赦しを, 走り出で, 起き上って, 起き上り彼女, 起上りどんぐり眼より, 跡から, 踊ってたぞ, 身体で, 身震いを, 身顫いを, 軒の, 転ぶよう, 返って, 返事も, 返辞を, 追つかけ, 逃げまわって, 逃げまわる, 逃げ出しました, 逃げ帰ったと, 途轍も, 通りぬける, 通りを, 遁出した, 道を, 部屋を, 酒の, 酔いどれでも, 野を, 闇の, 階段を, 随い, 隣の, 電報を, 震えて, 頷いた, 頼みました, 頼むの, 頼んで, 顔長の, 風呂敷包を, 飛んで, 飛騨行きの, 食べるといった, 食卓の, 飲用泉の, 首を, 駈け出した, 駿河国富士郡の, 驅け, 魂の, 鳰鳥に, 鶴井は, 黙頭, 龍雄は

▼ 泣き~ (218, 8.2%)

21 泣いて 13 なって 12 なった 11 泣くの 10 なるの 7 なりました, 泣いた 4 なるん 3 けり, しは, 泣けなあ

2 [14件] なったん, なつた, なつて, なりながら, なる, なること, なると, 来た, 泣いたの, 泣きつつ, 泣きました, 泣き入るの, 泣く, 泣く泣くいつのまにか寝

1 [96件] おどろいて, き, けり早, ける父, し日, なったあげく, なったが, なったそう, なったとか, なったので, なった容子, なった尼様, なってよ, ならずに, ならなかったし, ならなくとも, なりそして, なりましたね, なりましたのね, なりましたよ, なりましてね, なりましょう, なりますから, なりませんかつて, なるお, なるから, なるでしょうが, なるには, なるばかり, なるもの, なるんぢゃ, なるんで, なる様子, なる涙, なる聲, なろうと, ふけったが, ゆくこと, ゆく人, ゆく頃, 云った, 似た感情, 入りぬ, 君江は, 嗚咽する, 帰った, 平常の, 抱き合って, 接する機會, 来い, 来たの, 来る, 来る若い, 泣いたが, 泣いたさすが, 泣いたまま, 泣かせた, 泣きしかど, 泣きしが, 泣きし此の方, 泣きだした, 泣きながら, 泣きはじめた, 泣きも, 泣き乍ら大地, 泣き乍ら訴, 泣き伏して, 泣き入って, 泣き入りました, 泣き入るばかり, 泣き出した, 泣き叫ぶところ, 泣き恨んで, 泣き濡, 泣き濡れて, 泣き狂った, 泣き続けた, 泣き続けて, 泣くばかり, 泣けた, 涙を, 混って, 生まれた身体, 生れて, 耳を, 行きしところ, 行きたくなること, 行く, 行く観客, 行ったの, 行って, 行つ, 行つて色々, 變化し, 醒されて, 鼻づら

▼ 泣き~ (139, 5.2%)

30 涙で 11 涙の 9 顔で 8 声を 7 声が 6 声に, 顔に 4 顔を 3 喚き声, 声で, 涙に, 雨くもらぬ, 顔だった 2 なみだ, やうな, 喚き聲, 涙でも, 聲ひく, 表情を

1 [31件] お菊, せきを, ふるえが, まま寄り添う, やうに, ようだ, ような, クサリ, 一手で, 余韻が, 声から, 声だった, 声ばかり, 声も, 形式を, 手紙を, 昂奮した, 曇り声, 洩れる台所, 涙, 涙か, 涙ただ, 涙でした, 涙です, 涙は, 涙も, 涙よ, 涙を, 義理人情とは, 間を, 難行が

▼ 泣きそう~ (122, 4.6%)

36 な顔 15 になっ 13 になった 8 な声 5 になりました, になる 3 な面, にし, もない 2 だった, な眼, な風, になり

1 [23件] だ, で喉, なの, な剛ばった, な姿, な手, な断末魔, な気, な目, な空模様, な鼻声, にいう, にする, になったら, になられ, になんか, に云った, に力, に弱っ, に怒っ, に言った, に赧, に鼻

▼ 泣き~ (108, 4.1%)

12 笑いも 5 しなかった 4 して, しなければ, 叫びも 3 しない, しなかつた, し笑い 2 こぼしも, した, しないで, せずに, どうもしない

1 [60件] あへ, いでつつ, しず意地汚く, しそう, したが, したし, したろう怨み, しないし, しないの, しないので, しなかったし, しなかったので, しなかつたで, しなかつたと, しねえではい, しまいが, しません, しませんでした, しようし, しようぢ, し得ないで, し笑ひもする, し給, する, するの, する笑えと, せず, せずいらち, せずおぼつかない, せずしかし, せずすこし, せずその, せずその後, せずもう, せずジロリ, せず人形, せず涙, せず覺束, せず言った, せず黙って, せで濁り, せで自分, せぬ背中, せん訴え, できぬ, なさらないで, むずかりも, やまず別れ, ドウモしなかった, 出で, 出来ない気持ち, 口説きも, 得ず只, 得せずて, 得せずに, 怨みも, 悲しみも, 疲れて, 笑ひもしません, 逃げかくれ

▼ 泣き~ (91, 3.4%)

8 して 6 入れて 5 した 4 しながら, 始めた, 見るからの 2 しました, はじめた, りわれ, 入れに, 初めた, 見するは

1 [48件] いたしました, いつまでも, さえ催された, されるの, したわけ, した平, しはじめるの, すること, するもの, するやう, する人, つづけた, つても, なせと, はじめたかと, はじめ他の, まぎらせる爲め, みるの, やり始めた, らん狩りに, 兎に, 入れさ, 入れさえ, 入れたいきさつ, 入れたり, 入れると, 始めて, 幽かに, 悦こぶ, 押えようと, 掛けるよう, 期待し, 次第に激しく, 沈めた, 泣くとき, 立てたもの, 続ける, 見せて, 見せなくちゃ, 見せぬが, 見せられて, 見せるな, 見せるの, 見せるよう, 見たこと, 見ないから, 見るからねえ, 見るん

▼ 泣き~ (66, 2.5%)

6 をした 5 をする 43 をし 2 がだらし, であった, もいろいろ

1 [42件] がいっそう, がぐずぐず, が出, が多分, が少い, が猛烈, だと, ってある, である, であるだけ, でかえって, です, でないこと, ではない, ではなく, で義務的, というもの, といえる, といったら, とは違つて, などは決して, なので, になつて, にも幼児, に移つて行, のニュアンス, の中, の模範, は, はこういう, ははっきり, はほか, は今, は入念, は実に, は芸者, もできる, も段々, も訴え, も野人そのもの, をしたであろう, をしよう

▼ 泣きべそ~ (61, 2.3%)

9 をかい 7 かいて 5 を掻いた 4 の顔, を掻く 3 かきました, に似た, をかいた, をかき, をかく 2 の表情

1 [15件] かくこと, じゃったな, で上つて, で第, ともつかぬ, のよう, の努力, の気持, よきつ, をかかせ, をかきました, をかきます, を掻い, を掻かし, 掻いたって

▼ 泣き~ (60, 2.3%)

2 御身に, 曰ふ, 立上りし

1 [54件] ありしが, ありしゆ, いたり, いつ, き, けらずや, さまよ, しづまりき, し昨, その御, たどりぬ, もとほる, ゆくを, わかれに, ゐつ, イ, 傍に, 其果報を, 去に, 口説き居り, 叫びて, 呻めき, 彼の, 忘れ草つむ, 恩惠を, 悲めり, 愛友を, 曰く我罪を, 曰ひける, 月曜日の, 楢山に, 楽しめり, 止まず, 止めたれど, 汝が, 泣きて, 泣き足る, 清し酒, 煩悶遂に, 移りし今, 罷りたま, 聲は, 行くかに, 行け無情, 詫びて, 豆く, 透かしつ, 逝きけむ上, 遊ばむ旅, 陰陽師に, 陳ずる母, 離れず姉樣何ごと, 風に, 食ふなりけり

▼ 泣き~ (35, 1.3%)

3 ぢめた 2 しない何故, しなかった, しなかつた, 致しませぬ, 致しません

1 [22件] いたしません, いちだんと激しく, したけれども, しない, しないから, しないけれども, しないだろうか, しないと, しないよ, しなかったかい, しなかったが, しまいが, しません, しませんけれども, せぬ, せぬわいと, せん, ぢめて, ぢめる, まだ絶え絶え, 声にまで, 精神病理の

▼ 泣き~ (33, 1.2%)

2 や人

1 [31件] がいつ, がすつかりとれない, が大き, が天皇, が洩れる, が耳, が聞え, だ, だ俺, で一枚二枚, で寧ろ, で由, で續, で言, とそれから, になつ, になつて, になり, にも女, に向, も高く, を, をあげる, を出し, を出した, を呑み, を振り立て, を挾みました, を立てる, を聞い, を聽

▼ 泣き~ (25, 0.9%)

6 ひに, ひの 4 ひを 31 ひして, ひしながら, ひしました, ひする外, ひみたいな, ひらしい

▼ 泣き上戸~ (22, 0.8%)

2 か, になった

1 [18件] おこり上戸, が始まっ, じゃない, だ, だって嫌, だなあ, と云, と見える, なの, のおく, の伝六, の感傷, の泣き競べ, の由, の雪山, は他, らしいぞ, を演じ

▼ 泣きつつ~ (19, 0.7%)

2 ひたば

1 [17件] あらば, ありと, あるは, あれば, さまようた, なお武男, われの, 一方においては, 人生の, 側に, 其家に, 妾を, 拜み, 生意気な, 答えり, 背けた背, 自分から

▼ 泣きさうに~ (18, 0.7%)

4 なつて, なりました 3 なって 2 なる 1 して, するだけ, なつて云つた, なりながら, なりましたの

▼ 泣き~ (17, 0.6%)

2 瑠璃子の

1 [15件] あったの, つたわった, とまらず苦し, とめられない御, ふとわし, 一座の, 上手だった, 出来ただけ, 女と, 消えた, 立ったまま, 絶間も, 聞えるところ, 胸元へ, 起った

▼ 泣きながらも~ (16, 0.6%)

2 汽車の

1 [14件] あたりの, お母さんを, その歌, なおあえて, ぼくの, 何か, 何もかも白状, 取り乱した風, 死力を, 肯定し育て, 萎縮しなかった, 葉子は, 虚栄心で, 頭の

▼ 泣き乍ら~ (16, 0.6%)

1 [16件] かうスラスラ, だって何とか, のこん, もたれかかった, 二度ともう此処, 云った, 喜んで, 寝入, 小さい拳, 屈みて, 思ひも, 手放した, 斯く言盡, 行きましたよ, 飛んで, 駆け出しました

▼ 泣き明し~ (16, 0.6%)

2 た, ていた, ました 1 たかった, たかつた, たこと, たとて, たの, た後, た青白い, て居りました, て居りまする, に

▼ 泣き~ (15, 0.6%)

2 いやう, い様

1 [11件] いこと, いだけ泣いたら処女, いと思, い権, い気持, きころ, くな, くなり, くなる, くなるもの, くなるやう

▼ 泣き真似~ (13, 0.5%)

4 をする 2 をし 1 してるんで, です, でも片言, なんかいくら, やまた, をここ, をした

▼ 泣きごえ~ (11, 0.4%)

1 [11件] がきこえる, が世の中, だ, であった, は人間, らしいもの, をあげ, をたて, をだした, を出し, 女の

▼ 泣き~ (11, 0.4%)

5 うな 1 うだと, うで, うである, くりつつ, へすれ, まよった

▼ 泣き出し~ (11, 0.4%)

4 はしなかった 1 さうになりな, そうな, になり, になりました, はしませんでした, もすまいし, もせず

▼ 泣き~ (11, 0.4%)

3 をし 2 になつ 1 が痛々しく, でもし, を押し, を振りあげ, を綻ばせ, を見せた

▼ 泣きかた~ (10, 0.4%)

2 をし 1 が大袈裟, だった, でなければ, ではなく, で鏡台, はただ事, をされる, を私

▼ 泣き~ (10, 0.4%)

3 泣きな 2 づみて 1 のか, のよ, の困る, はん, むとすと家を

▼ 泣きほろ~ (10, 0.4%)

10 めいて

▼ 泣き~ (10, 0.4%)

4 して 2 した眼, しながら 1 した顔, し全体

▼ 泣き~ (9, 0.3%)

1 がるな, がるんだい, はるし, まむ, むしさ, むのもむぞうさにケロリ, むよりほかに浸水を, 嘆声が, 済むかも

▼ 泣きやむ~ (9, 0.3%)

2 ことが 1 とコロップ, と波路, のを, ような, 事も, 多くの, 様に

▼ 泣きッ面~ (9, 0.3%)

3 に蜂 2 をし 1 は, をする, をみられない, をグニャグニャ

▼ 泣きベソ~ (8, 0.3%)

1 がまた, の久助, をかい, をかいた, をかきだし, を掻い, を掻き, を掻く

▼ 泣きいさ~ (7, 0.3%)

42 ちる 1 ち嘆かふ

▼ 泣きさうな~ (7, 0.3%)

4 顔を 1 クシャ, 声で, 時に

▼ 泣きする~ (7, 0.3%)

1 がなほ, になほ, に異ら, のを, ものた, 心なり, 階段を

▼ 泣き~ (7, 0.3%)

1 いっしょに, おしていました, おしてこの, なる, ほすのに, 悲しい囁き, 溜息

▼ 泣き~ (7, 0.3%)

3 れて 1 れ, れそう, れたかも, れます

▼ 泣き~ (7, 0.3%)

2 つてゐる 1 つた, つたといふ, つたま, つてゐた, つてゐられる

▼ 泣き出し相~ (7, 0.3%)

1 な声, な小児, な渋面, になさけない, になっ, になつて自分等, にゆがめ

▼ 泣き悲しむ~ (7, 0.3%)

1 のです, のを, を寛, を得べからず, 傍らに, 様や, 院長の

▼ 泣き止む~ (7, 0.3%)

1 と, とどうか, と一所, のでしょう, のを, までは兩手, までは身體

▼ 泣き~ (7, 0.3%)

1 あり西, が演説, だと, の我, の詭計, も彼, を土足

▼ 泣きかつ~ (6, 0.2%)

1 くぐもりて, ふるえつつ, 叫び進ん, 訴ふ, 語りて, 語れる間

▼ 泣きなさいます~ (6, 0.2%)

21 なお, なお嬢様, ね, ね失礼

▼ 泣き入り~ (6, 0.2%)

2 て言葉, ぬ 1 し姿, ぬ罌粟

▼ 泣き喚く~ (6, 0.2%)

1 のが, 一人の, 声が, 声やら, 声立ち騒ぐ, 様な

▼ 泣き~ (6, 0.2%)

1 つた, つて, ひながら, ふおさ, ふてゐた, ふ声

▼ 泣き狂い~ (6, 0.2%)

1 だ, になっ, になった, に畳, のよう, 走り狂う二台

▼ 泣きその~ (5, 0.2%)

1 夜の, 夜も, 涙が, 聲が, 胸に

▼ 泣き~ (5, 0.2%)

21 ぼが, ぼに, ぼは

▼ 泣き度い~ (5, 0.2%)

1 ほど情なかっ, 程の気持, 程会いたく思い, 程北方, 程悲

▼ 泣き~ (5, 0.2%)

1 まない, まなんだ, まぬ, み舟中, んで横

▼ 泣き歇ん~ (5, 0.2%)

1 だ, だの, だ様子, だ男, でゐた

▼ 泣き通し~ (5, 0.2%)

2 でした, に泣い 1 にし

▼ 泣き~ (4, 0.2%)

2 ゑが 1 ゑ, ゑは

▼ 泣きそして~ (4, 0.2%)

1 互ひ, 機嫌は, 永い二十年, 詩を

▼ 泣きたま~ (4, 0.2%)

1 はざる, ふ, ふな, へるおん情手

▼ 泣きたり~ (4, 0.2%)

3 しが 1 哀れの

▼ 泣き~ (4, 0.2%)

2 やくり, やくる

▼ 泣きつつも~ (4, 0.2%)

2 闘わざるべからず 1 笑み笑みつつも, 酒呑みて

▼ 泣きつら~ (4, 0.2%)

1 なせそ, に蜂, をごまかさ, をする

▼ 泣き~ (4, 0.2%)

1 おしだった, おしで, おしの, ほしで

▼ 泣きながらの~ (4, 0.2%)

1 お道, 勝太郎の, 抗議が, 頼みで御座いました

▼ 泣きなき~ (4, 0.2%)

1 ずんずんと, 歩きつづけました, 訴えたので, 鳥の

▼ 泣きまた~ (4, 0.2%)

1 たちまち起き上がり, 歌ひ, 笑って, 麪麭を

▼ 泣きまね~ (4, 0.2%)

1 が上手, をいたしました, をした, をやっ

▼ 泣きみそ先生~ (4, 0.2%)

1 であった, といわれ, と思うでしょう, らしい

▼ 泣きむし~ (4, 0.2%)

1 だなあ, であつ, でおやじ, の花

▼ 泣きやみ~ (4, 0.2%)

1 あわてて, になりません, もしない, もせずいう

▼ 泣き且つ~ (4, 0.2%)

1 喜ぶ彼, 怒った, 怒り且つ, 頼んだ

▼ 泣き~ (4, 0.2%)

2 して 1 したお, しながら

▼ 泣き~ (4, 0.2%)

1 ふ, へしかば先だち, へたま, へて海邊

▼ 泣き~ (4, 0.2%)

2 んで頭 1 みて, み見る

▼ 泣き悲しみ~ (4, 0.2%)

1 そして疑い, つつそば, 怨みました, 見る見る大地

▼ 泣き止み~ (4, 0.2%)

1 て空, ながらヤング, になる, はしたけれ

▼ 泣き~ (4, 0.2%)

1 な顔, になる, に興奮, 抱く

▼ 泣き~ (4, 0.2%)

1 が私, に動かされず, はかすか, をさせ

▼ 泣きあるいは~ (3, 0.1%)

1 両手に, 怒って, 怨じ

▼ 泣き~ (3, 0.1%)

1 うそ泣きかを, かつてゐた, なに

▼ 泣きさうになつ~ (3, 0.1%)

3

▼ 泣きさえ~ (3, 0.1%)

2 すれば 1 した

▼ 泣きづめ~ (3, 0.1%)

1 に泣い, に泣いた, に泣き

▼ 泣きでも~ (3, 0.1%)

1 したかの, したらさぞ, するだろうか

▼ 泣きなんか~ (3, 0.1%)

1 しないや, しないよう, するもの

▼ 泣きにな~ (3, 0.1%)

1 つた取乱した, つて, つては

▼ 泣き~ (3, 0.1%)

1 なりました, なるも, ぼうでも

▼ 泣き一人~ (3, 0.1%)

1 にてもだえん, はよろこぶ, は困ってる

▼ 泣き共に~ (3, 0.1%)

2 笑って 1 恐れ共に

▼ 泣き喚い~ (3, 0.1%)

1 ていうの, てもとりつく, ても足りない思ひ

▼ 泣き夫婦~ (3, 0.1%)

2 はこれ 1 は之

▼ 泣き或は~ (3, 0.1%)

1 普門品を, 笑ひ, 笑ふ

▼ 泣き易く~ (3, 0.1%)

1 はありませんでした, 怒り易く, 成ったこと

▼ 泣き泣い~ (3, 0.1%)

1 て, てから涙, てしまへ

▼ 泣き泣き~ (3, 0.1%)

2 なづみて 1 に行った

▼ 泣き~ (3, 0.1%)

1 と血, もかるる, を流し

▼ 泣き~ (3, 0.1%)

1 はむもの, ふ, ふ体

▼ 泣き~ (3, 0.1%)

1 けてる, けてゐる, けました

▼ 泣き~ (3, 0.1%)

3 して

▼ 泣き遊ばす~ (3, 0.1%)

1 とおりん, どころかややもすれば, もので

▼ 泣きああ~ (2, 0.1%)

2 もったいないと

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 志しの, 月さまも

▼ 泣きかと~ (2, 0.1%)

1 思はれる微か, 思われる微か

▼ 泣きこそ~ (2, 0.1%)

1 しなかったが, 泣きけれその

▼ 泣きこの~ (2, 0.1%)

1 人たちを, 恐ろしい張りつめた

▼ 泣きさけぶ~ (2, 0.1%)

1 ときは, 声呼び交う

▼ 泣きしずむ~ (2, 0.1%)

1 お岩, 群臣の

▼ 泣きじゃ~ (2, 0.1%)

1 くる私, ずっては

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 あかき外の面, 泣きそ

▼ 泣きたりと~ (2, 0.1%)

2 知られむに

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 え, からそれでも

▼ 泣きっぽく~ (2, 0.1%)

2 なって

▼ 泣きながらという~ (2, 0.1%)

1 ことを, 風の

▼ 泣きなんぞ~ (2, 0.1%)

1 したえ, しませんわ

▼ 泣きねいり~ (2, 0.1%)

1 の習慣, ばっかりし

▼ 泣きぶり~ (2, 0.1%)

1 であったが, に見とれた

▼ 泣きやる~ (2, 0.1%)

1 か, な

▼ 泣きやんだ~ (2, 0.1%)

1 くやし涙が, 後もとの

▼ 泣きよう~ (2, 0.1%)

1 があまり, が太い

▼ 泣きをと~ (2, 0.1%)

2 父親の

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 さア, と言う

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 坊様と, 坊樣と

▼ 泣きルル~ (2, 0.1%)

1 と抱き合っ, の顔

▼ 泣き一瞬~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 泣き且笑~ (2, 0.1%)

1 ひつつ, ひ又

▼ 泣き乍ら何~ (2, 0.1%)

1 か云う, か云っ

▼ 泣き乍ら手~ (2, 0.1%)

2 を合せ

▼ 泣き乍ら歸つて~ (2, 0.1%)

1 行きました, 行くやう

▼ 泣き乍ら笑~ (2, 0.1%)

1 ひ喚き度, ひ度

▼ 泣き以後~ (2, 0.1%)

1 決して罪悪, 決して罪惡

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

2 も思わず

▼ 泣き入る~ (2, 0.1%)

1 ばかりであった, をおしお

▼ 泣き加納~ (2, 0.1%)

1 と何, の名

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 つた, ふ尼

▼ 泣き味噌~ (2, 0.1%)

1 の, の武田さん

▼ 泣き喋舌~ (2, 0.1%)

2 っている

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

2 れば

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 は蛙, を包む

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 が泣け, はわが

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 が泣き, まで傭う

▼ 泣き嫉妬~ (2, 0.1%)

1 しては, の言

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 おれたが, 折れ居る場合

▼ 泣き幾度~ (2, 0.1%)

2 か一人

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 で貧し, につれ

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 の母, の為

▼ 泣き怒り~ (2, 0.1%)

1 して, とあまり

▼ 泣き悲ん~ (2, 0.1%)

1 だ, だりした

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 ひ悶えあがき, ふ

▼ 泣き振り~ (2, 0.1%)

2 に見とれた

▼ 泣き暮らし~ (2, 0.1%)

1 たる横笛, を今

▼ 泣き枯らし~ (2, 0.1%)

2 河海は

▼ 泣き歔欷~ (2, 0.1%)

1 が一つ咽喉元, りが

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 だ, まして終う

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 にはしねえ, に死んだなら

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 る, る芳江

▼ 泣き狂う~ (2, 0.1%)

1 ので徳三郎, 声さえ

▼ 泣き疲れ~ (2, 0.1%)

1 に疲れ, に疲れ切つ

▼ 泣き笑つて~ (2, 0.1%)

1 ゐた, ゐた佐佐木

▼ 泣き自分~ (2, 0.1%)

1 が抱け, の親

▼ 泣き苦しみ~ (2, 0.1%)

1 あきらめ堕落, 恐れ絶望

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 なところ, の彼

▼ 泣き言問~ (2, 0.1%)

2

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 ふ赤き, へてゐた

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 をこす, を見

▼ 泣き~ (2, 0.1%)

1 りぬ, れば

▼ 泣き騒ぐ~ (2, 0.1%)

1 声のこぎりの, 音と

▼1* [318件]

泣きはや艾, 泣きあかし一夜を, 泣きある者は, 泣きおののいている, 泣きおばあさんが泣き, 泣きおらぶとも我, 泣きかを額に, 泣ききざむお駒, 泣きくずるる幾, 泣きくずれて訴え, 泣きくずれた姿の, 泣きくつがへし, 泣きくどきになっ, 泣きくるしむ者と, 泣きけむ母を, 泣きけんかをすれ, 泣きこういう低脳, 泣きこんだ辺りで, 泣きさうだつた, 泣きさえもした, 泣きさせた事だって, 泣きさわいでゐます, 泣きて良人, 泣きしきるのでひろ子, 泣きしまいには外行き, 泣きじょうご痺れて, 泣きすりを, 泣きすぐる風に, 泣きすべて神をおそれざる, 泣きするらしい様子が, 泣きそいつで機嫌, 泣きそこは自分, 泣きそべつてゐる, 泣きそれから懐中の, 泣きそんな芝居よりも, 泣きそ女よ, 泣きたりしも浪子は, 泣きたるも一つ, 泣きだしになりました, 泣きっぷりと同じ, 泣きつつぞ言ふ, 泣きづらをし, 泣きてかへりぬ, 泣きてこらへし, 泣きてはうたひ, 泣きてをるといふ, 泣き止めても, 泣きであったのだ, 泣きでございますの, 泣きでしたよ, 泣きともつかない鼻, 泣きとよむようなる, 泣きどうしても私の, 泣きながらかへつてゆきました, 泣きながらてすりに, 泣きながらでも食べて, 泣きながらとは多分奇声, 泣きなすつてね, 泣きなすっても宜, 泣きなすったことが, 泣きなどしながら, 泣きなどはしなかった, 泣きなどもした, 泣きなどをはじめたの, 泣きなべこや, 泣きなむもはた, 泣きなんぞはしない, 泣きにはなりましたけれど, 泣きにばかり暮れて, 泣き入りに, 泣きはじめ嘆きはじめた, 泣きはれた眼を, 泣きびそ山などといふ峻嶺, 泣きふたり相擁して, 泣きふと傍を, 泣きぶちこは, 泣きべそみたいな顔, 泣きべそ以外てが無かっ, 泣きほえるのを, 泣きほくろだと, 泣きほしてしまいました, 泣きぼくろが在る, 泣きぼくろみたいなもの, 泣きどふ, 泣きまじりにしめっぽい, 泣きまろんで悲しみ, 泣きみかんをくれろ, 泣きみそきみそ, 泣きみそ詩人で政治家, 泣きむづかるをその父, 泣きむづかる子供に乳, 泣きむやみやたらに, 泣きもし笑いも, 泣きゃあがるとぶち殺すぞ, 泣きゃるな浮世は車, 泣きやうもした, 泣きやすくもなる, 泣きやみおらぬか, 泣きやもめが泣い, 泣きややあって, 泣きやんでいた, 泣きんなはった, 泣きよくもあれで, 泣きよると見せかけ, 泣きらしいことは, 泣きわが胸を, 泣きクリストフは意識, 泣きシャツや靴, 泣きジャクリ始めた, 泣き面するな, 泣きツラかいて, 泣きツ面をし, 泣きパビナアル中毒の診療入院, 泣きボクロという大きな, 泣きマネをした, 泣きワーリカの耳, 泣き一座は雇い, 泣き一日中とめどもなく, 泣き一章を書い, 泣き上戸ぢやない, 泣き上戸三幅対そろった会合, 泣き上戸伝六がたちまち, 泣き走るあり, 泣き中気のお, 泣き中気笑い中気夢中遊行朦朧状態なぞいう, 泣き中風の祖父, 泣き乍ら伜の敵, 泣き乍ら土手を下, 泣き乍ら大地を叩い, 泣き乍ら子供を背負っ, 泣き乍ら室を出る, 泣き乍ら寐入つたのでは, 泣き乍ら幻想の燈かげ, 泣き乍ら梯子を降り, 泣き乍ら此問題の解答, 泣き乍ら物を云う, 泣き乍ら男の傍, 泣き乍ら祈願するの, 泣き乍ら言ふんださうで, 泣き乍ら訴へて居る, 泣き乍ら青春及び剛勇, 泣き乍ら鳥かごを開い, 泣き見たいなこと, 泣き互いに励まし合うの, 泣きとともに笑う, 泣き人間らしさを, 泣き人間苦に悩む, 泣きに当っ, 泣きた倭文子, 泣きになくらむ, 泣き余りの愁嘆, 泣きおれて, 泣き停ったような, 泣き入りたかったがそう, 泣き其涙を敏, 泣き再び沈んで, 泣き凡胎の子, 泣き出さんとする, 泣き出す声が, 泣き判断も抵抗, 泣きに笑, 泣き口惜しい時には, 泣き叫び涙を流す, 泣き号び泣きくるしむ者, 泣き合せという光景, 泣き合つてゐる豆, 泣き呂木は苛酷, 泣きばった, 泣きえ去らしめ, 泣きせて, 泣き哀慟高く屋, 泣き哀訴し赦しを, 泣きめいて, 泣き喚いたに相違, 泣き喚きに変らう, 泣き喜びには笑, 泣き多助と名, 泣きくさり, 泣き大いに怒りまた, 泣き夫妻これがため, 泣き好んで悩み愛慾, 泣きって渾名, 泣き嬌態を作るべき, 泣き孤児と共に笑う, 泣き定斎の軋み, 泣きなの, 泣き寢入になつたの, 泣き寢入りを續, 泣き小さい弟妹たちも, 泣き小説で泣き, 泣き少しでも心, 泣き屋根樋に雀, 泣きをゆりうごかし, 泣き山賊たちをひどく, 泣き崩折るるより, 泣き工合をきい, 泣きが罪業, 泣き彼女を恋し, 泣き彼等の不遇, 泣き後手にした, 泣き後者を笑う, 泣きにおの, 泣き忠吉もしばし, 泣き思いっきり泣いて, 泣き悋気に悩む, 泣き悲しい歌に, 泣き悲しく吹く風, 泣き悲しみ給ひしは, 泣き悶えともなる, 泣きえて, 泣きより桃色, 泣きる者, 泣き或いは祈って, 泣き手下の乱暴, 泣き手紙が来, 泣きつけては, 泣きいてるも, 泣きをふる, 泣きれるその, 泣き放題にさせられ, 泣き方以外にいろいろ, 泣き方氷山にとじこめられた, 泣き早くわれわれの, 泣きかに是, 泣きがあれ, 泣き更に思い出しては, 泣き未来と神, 泣き本朝では源九郎, 泣きだ, 泣きといったら, 泣き歇むのを待つ, 泣きひ牛小屋, 泣きいたこと, 泣きりは, 泣き止みあそばして別室, 泣き止みしものをと, 泣き止んだことを, 泣き武蔵がその, 泣きは子, 泣きを飲ん, 泣き江戸を過ぎ, 泣き泣くと急, 泣きをかむ, 泣き洟水をすすりあい, 泣き洩る声を, 泣き海亀やロック鳥, 泣きを訴, 泣きが消える, 泣きのお方, 泣き狂い叫び狂うミネ, 泣き狂い泣きさけぶのを, 泣き狂っている, 泣き狂った人間とは, 泣き狂つたと伝へられ, 泣き瓦斯の香喊, 泣き生き生きと悲しむ, 泣き生理もたしか, 泣き男たちは肩, 泣きが現われた, 泣きくして, 泣き直治もうつむい, 泣きもまことに, 泣き立てになりました, 泣き之助, 泣き競べとは, 泣き笑い怒り怨み拗ね甘ったれしなだれかかり威し, 泣き笑い時代を包む, 泣き笑ひでも投げつけなく, 泣き笑ひとも云, 泣き給うた様が見える, 泣き老女そっくり老婆, 泣きを立てる, 泣き聲泥に突いた, 泣きく笑, 泣きを曲げ, 泣きを立て, 泣き若い者たちも, 泣き苦しみ生活に疑問, 泣き苦しむ声が, 泣き苦むぞと問, 泣き苦悶のあまり手, 泣きひばっかり, 泣き蓑虫も泣く, 泣き未だ色々の, 泣き薬長命不死の薬, 泣き掻き初めました, 泣きぶ子, 泣き號びつゝ母に縋りぬ, 泣き號んだ, 泣きを全部, 泣きを吐かん, 泣き言言ひに, 泣き訴訟すると, 泣き足る例は, 泣きいでいたが, 泣きもだ, 泣きが泣く, 泣き車力が泣き, 泣きしりたい思い, 泣き吃に, 泣き逸者つねに笑う, 泣き遊ばしてはわかりませぬ, 泣き遊ばしたのは, 泣き部屋の中, 泣き鎮まり其の身, 泣き鎮まるのを, 泣きの中, 泣き青い顔の, 泣きれる, 泣きを余, 泣きが嘶いた, 泣き騒ぎをいたしました, 泣きいだ, 泣き騷ぐ怖ろ, 泣き騷ぐのです, 泣き騷ぐも構はずはら, 泣き黒子が附い, 泣き,頭を左右