青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「波~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

泊り~ ~法 法~ ~法則 法則~ 法師~ ~法律 法律~ 泡~ ~波
波~
~泣い 泣い~ ~泣いた ~泣き 泣き~ ~泣く 泣く~ ~泥 泥~ 泥棒~

「波~」 9215, 100ppm, 1101位

▼ 波~ (2458, 26.7%)

134 上に 132 ように 121 音が 66 上を 57 音を 48 やうに 46 間に 43 中に 29 ような 27 音も 2620 音の, 音は 19 下に, 音に 18 間から 17 底に, 音と 16 上へ 14 うねりが, うねりの 13 なかに, 中を, 間を 12 上, 上の, 中へ 11 しぶきを, ために, やうな, 上で 10 うねりに, 上には 9 うねりを, まに, 中から 8 音ばかり 7 うえに, うねりは, 上から, 彼方に, 静かな 6 しぶきが, 向うに, 底には, 長さ 5 あいだに, かなたに, ゆくへ, 如くに, 底, 背に, 音や, 高さ

4 [13件] か, ひくま, まにまに漂っ, 中で, 寄せて, 寄せては, 形が, 影が, 穂を, 色は, 音で, 音にも, 音ばかりが

3 [30件] うえを, うねりで, うねりも, なかを, よる見ゆ, 中の, 叫喚を, 大きなうねり, 平の, 底から, 底へ, 形を, 怒号する, 方へ, 様に, 模様の, 比古, 湖の, 穂の, 穏やかな, 線が, 色が, 色を, 荒いところ, 起伏を, 道, 面を, 音か, 音と共に, 響きが

2 [97件] うちから, うちに, こっち側で, しぶきに, しぶきは, そこ, なか, なかで, なかへ, ひ, ほうへ, まにまにただよっ, みち来る, むれ, イメージは, エネルギーの, 一つの, 一つ一つの, 上が, 上だ, 上では, 上と, 上という, 上は, 上ゆ見ゆる, 上驚き, 中での, 中には, 中より, 位相の, 光の, 光を, 力は, 動きが, 動揺の, 合間に, 名残りが, 呼吸を, 声を, 大きさ, 大縣主, 如く動いて, 姿に, 寄せるよう, 峰から, 峰が, 底にも, 底の, 底まで, 底を, 引返すの, 強いところ, 形に, 役を, 戯れを, 打つよう, 押し寄せて, 数と, 方が, 枕の, 横っ腹に, 泡の, 泡を, 漂う空間, 瀬を, 神, 穂が, 穗の, 立たない海面, 立つ風情, 端から, 絶頂に, 者, 荒い瀬, 荒さ, 蜒り, 起伏が, 起伏の, 輪が, 逆まき, 間で, 静な, 静まるの, 音だ, 音だけ, 音だけが, 音です, 音までが, 音聞かず, 響きの, 響きも, 響きを, 響に, 響のみ, 頂に, 高みに, 鼓の

1 [946件 抜粋] あいだを, あおりが, あおりを, あがること幾千丈, あとに, あと近頃は, あなたの, あひさ, あまりが, あらい海上, いざよふ見れ, いつ帰るべき, いぶきを, いろ, いろが, うしろに, うちかたを, うちには, うち方で, うねり, うねりと共に, うねりをよけながら, うめきとも, おだやかな, おとだけ, おと風の, お時, かがやく遠い, かけらの, かげとして, かさなり, かたちを, かなたは, かわりに, きらめく光, くずれるごとく帰りゆく阪井, くだける音, くぼみには, ぐあいではとても, こゑ, ごときもの, ごとき瓦, ごとく, ごとくおどった, ごとくひとすじ, ごとく一起一伏, ごとく見下しつつ, ごとく連, さかまき來, ささやく夜, さざめきに, さざめきを, さしひきを, さわげる, ざわめく入り江, したに, しぶきで, しろきを, すき間から, すばらしさ, その上, そばを, たえまなく, たった海面, たは, たゆたゆと, つづみ, と, とどろきに, どさくさに, どよめきが, ないその, ない日, ない暗い海, ない水面, なかから, なす曲節, ぬれ衣, はげしいとき, はてを, ひくの, ひどくない, ひびきだ, ひるが, ぶつかる音, ほうに, ぽちゃぽちゃと, まっ白な, まにまに, まにまにただよう, まにまにどこ, まにまにゆれうごく, まにまにサイプラス, まにまに夕, まにまに影, まにまに打ち捨てる, まにまに沈ん, まにまに流れ動い, まにまに浮き行く, まにまに破れた, まにまに行きました, まるでない, めづらしき, もくず, やうです, ゆきか, ゆらめくに, ようだ, ようであった, ようにも, よせか, よせ返す, をち, ウネリが, シブキと, モオンする, リズムそれが, 一つ, 一つ一つを, 一部であれ, 上いと, 上でも, 上にも, 上へも, 上やら, 上わたる, 上下であろう, 上海岸の, 上船の, 下で, 下へ, 下使イーリス潛り行き, 丘陵を, 中にて, 中へは, 中静けさの, 交流の, 今書いた, 他には, 伝播速度に関する, 低い深淵, 何時しかに, 余勢を, 倍音との, 停滞と, 偵察した, 先が, 先頭に, 光だ, 光るありさま, 入る切込み, 入日をを, 八島を, 凄い花瓶, 凸形を, 出して, 函数の, 動きに, 動きを, 動くさま, 動揺に, 勢いを, 半は, 単調な, 原を, 反射が, 反映らしい, 叫びの, 合わぬ間, 合間合間の, 名残いかに, 向こうに, 向ふ, 向方, 呼ぶ声, 和の, 唸りである, 四つの, 図なぞで, 國, 國造といふ, 圏内から, 堆積だった, 声, 声さえ, 変化に, 夕, 外見を, 夢を, 大きな手, 大きな音, 大軍は, 大鋸, 好所も, 如き自然, 如くふる, 如くよせ, 如く動いた, 如く次第に, 如く泡立つ, 如く見下しつ, 如く高低, 姿などが, 威すこと, 定まりなき, 寂然と, 寄せぬま, 寄せる海, 寄せ方から, 寄って, 寄ると, 寄る汀, 寄る見ゆ, 小さいの, 小舟, 小謡を, 届く巖, 山と, 山は, 山火事は, 岩の, 峠として, 峰の, 崩れの, 崩れるよう, 巖間の, 川一面に, 巧妙であった, 帯の, 帯を, 干渉という, 平, 平低化等, 年又, 弄ぶに, 引いた途段, 引くよう, 引く毎, 形し, 形や, 影静に, 彼方の, 律動な, 心も, 思ふま, 性質は, 怪談に, 恵で, 情けを, 扇を, 手に, 打たれた如く見へるの, 打ちよせる崖際, 打ち上げるごと, 打ち寄せて, 打ち寄せるクリツサ, 打ち寄せる所, 打ち寄せる海岸, 打ち返すよう, 打つ音, 打寄せて, 押し寄せるたび, 拡がるの, 振幅は, 振幅を, 描きかた, 揺れるたび, 揺動や, 揺籃に, 搖動や, 擾乱の, 文文は, 方だった, 方へと, 方を, 旅する, 早ければ, 映り合う真中, 時を, 曲の, 最高潮に, 有様を, 木乃伊川岸の, 末が, 本流の, 条が, 来ぬの, 来るの, 極めて静穏, 様子が, 様子遠く, 模様を, 模樣に, 歌と, 歩みの, 毎に, 水沫を, 沫の, 波うちぎわにいる自分, 波形は, 活動を, 流れだ, 浴衣の, 海にたいする, 浸って, 涯, 淡海の, 淵に, 渦巻の, 湖を, 潮沫で, 潮見清け, 激しく岩, 無線電話放送を, 照つ, 牙を, 物狂わしく, 狂う太平洋, 王に, 珠玉を, 理想を, 環と, 畝を, 痕や, 発声は, 白い牙, 白く砕け, 白ゆふ, 白線を, 百態に, 真ん中へより, 研究を, 砕ける音, 碎けて, 碎け散りて, 種々の, 穂に, 穂低し, 穂先は, 穂頭が, 穗, 穗に, 穗を, 空に, 立ちては, 立つ, 立つの, 立つ時, 立つ様, 立つ沼, 立つ海辺, 端が, 精根も, 経路を, 絶え間ない, 絶頂から, 絶頂まで, 綾の, 縁を, 群れのみ, 翼に, 者ひとり首を, 背を, 脊を, 脚は, 腹に, 臣, 自在な, 舐めづりあひ, 舞台を, 船腹へ, 色, 色と, 色の, 色も, 茂さんだの, 范氏の, 荒いこと, 荒いので, 荒い季節中, 荒い日, 荒い景色, 荒い沖, 荒い辺卑, 荒れて, 荒海を, 落ちたの, 蔭に, 蜒る, 行方しらず, 行方知らずも, 表が, 被さりさ, 裂ける音, 裂れ, 裡に, 襞舫った, 西風の, 話しを, 調べの, 諧音にも, 谷を, 走るよう, 起伏し, 起伏なり, 越える度, 踴る, 輪を, 轟きを, 退いた砂浜, 退く暇, 通ったあと, 速度と, 連続する, 進むほう, 遊びを, 過ぎるの, 遠音が, 遠音の, 遺物でない, 酒店で, 重なった向う, 重るやう, 重波寄, 銀屑である, 長短も, 間からは, 間断ない, 階律に, 隙間, 障り風, 隨意靡い, 雪の, 静かなる, 面々は, 面には, 面までが, 面一つ光らない, 面翔る, 音き, 音きき, 音さら, 音しぐれ, 音すらも, 音それは, 音たえず, 音だけの, 音って, 音という, 音とでも, 音とともに, 音にしか, 音にまで, 音のみが, 音ばっかり, 音やら, 音らしい, 音一つ聞こえない, 音吹当つる浜風は, 音夜から, 音時計が, 音松の, 音楽も, 音波の, 音絶えず, 音荒く, 音雲の, 音風の音に, 音風の音雨車の, 音鳥獣の, 響きと, 響きや, 響だ, 響などを, 響は, 頂上が, 頂点では, 頂点に, 頭だけでも, 頭は, 飛び上ること, 飛沫で, 飛沫とともに, 飛沫の, 飛沫を, 馬と, 騒ぐの, 騒ぐ日, 騒方が, 高いところ, 高い日, 高い海, 高い須磨の浦, 高まった時期, 高みを, 高低も, 高鳴は, 鳴咽, 鴎鳥呼びかふ聲を, 鼓松の

▼ 波~ (1061, 11.5%)

75 打って 23 立てて 22 切って 19 打たせて 15 打つて 14 うって 11 分けて 10 描いて 9 打つ 8 たてて, 見て 7 けたてて, わけて, 蹴立て 6 打たせながら, 立て 5 打った, 打つよう, 見せて 4 かぶって, たてたり, 作って, 凌いで, 揚げて, 越えて, 蹴って, 蹴立てて

3 [23件] うたせて, うつ, うつて, おしわけて, かきわけて, きって, く, くぐって, けって, する, た, たてました, たてるよう, 上げて, 打たして, 浴びて, 渡って, 眺めながら, 立てたり, 立てました, 立てます, 見つめて, 蹴たてて

2 [49件] あげたり, あげて, あげるの, うたせながら, うちながら, うねらせて, かぶったので, たて, たてそれ, ながめて, なして, みた, めがけて, ゑがき打水よき, サイン波の, シュリーレン写真に, 伝って, 切った, 噛んで, 射て, 截り, 打せる, 打たした, 打ったよう, 打つた, 打つの, 打つ感じ, 挙げて, 揉んで, 描いた扇面, 放って, 残して, 泳いで, 湛えて, 湧かしその, 漕ぎ, 眺めて, 立てた, 立てながら, 耳に, 見ながら, 走るか, 起して, 踏みて, 蹴つて, 身に, 辷る漁船, 追ったり, 隔てて

1 [600件 抜粋] あおったので, あげたる上, あげながら, あびどおしで, あるか, いやが, うかべて, うがてり, うしろに, うずまかせ, うたし, うたすを, うたせるやう, うたせ水色, うち, うちます, うち北, うった, うったと, うった電球, うっては, うつさんとして, うつと, うつ両, うつ秋, うつ羽根, うねらせ谿, うまくのり切った, うまく切り廻し, おこしたとともに, おこして, おこし波, おさえつけるよう, おだやかな, おどらして, かいくぐって, かいくぐりながら, かきわけ大きく, かき大いなる, かさねて, かつげるのち, かぶりそう, かぶりつつ, かぶると, かみながら, きざんで, きつて, きる音, くぐり抜けて, くぐり水, くぐるよう, くぐる白鳥, くらった海草, けやぶって, けりわが, ける力, こえて, こぎ下る, さぐりかけた, ざわめかせて, しきもの, しずめたの, しずめては, しずめるのに, して, しのいで, じっと締めつけ, すくつて自分, せきとめるため, そこに, その心身, その波, その身, そめぬいた赤前垂, たえず頭, たたえて, ただ見まもっ, たてながら, たてまする, たて遠く, ちょろちょろ起した, ついて, つき刺した, つくりさっき, つくりて, つくり乍ら, つくるという, つくるの, てらし一艦, とおして, とにかくここ, どのよう, ながしきぬ, ながす, ながめながら, なした月光, なす, のりこえおそろしい, ばら蒔いた, ひきさくひびきが, ふかい息, ふた, へだてて, みつめて, みて, みなぎらすべき川床, みなぎらせ数, めぐる放談会, ゆり動かすだけ, ゆり立てるばかり, よく描き, よび全土, よび河南, よび返した心理的原因, よりつつ, よんだ如くす, わけか, わけかがやく夕陽, わたくし共の, わたり鳥, わたるが, キラキラと, ザッザときって, フィレンツェに, 一たび起し, 一つうねらし, 一人明らかに, 上げる鯱, 与えちぢらせるには, 乗りきれば, 乗りこえ島, 乗り越え宙, 乗り越え待望, 乱して, 二人で, 云い現, 今にごさず, 伝えながら, 伸べつ, 伸べつつ, 体に, 体験し, 何と, 作りながら, 借りれば, 傳ひ, 働いて, 入れて, 凌がむとし, 凌ぎ, 凌ぎつつ, 凌ぎて, 凌ぎ行く, 分けるの, 分けキリキリ, 分け來, 分け行衛, 切つてゐる, 切つて進ん, 切りさ, 切りだんだん, 切りながら, 切りわけて, 切り波, 切り破っ, 切り裂いて, 切り進む海路, 切り開いて, 切る三艘, 切る手, 切る海豚, 切る軍艦, 切る霊亀, 切ッて, 列ねて, 初め長年の, 制しつつ, 刻んで, 削る風, 動かして, 動し, 北へ, 半に, 南風の, 反映し, 叩いて, 合わされて, 名乗るよう, 呑み尽して, 呑む岩, 周囲への, 呼び善悪相闘い, 呼ぶ, 呼出し乙, 啜ること, 喚んで, 噛む音, 垂れ下げたカーテン, 天下に, 寄せた, 寄せて, 寄せ貌, 寝かす, 少しでも, 尻目に, 岸に, 岸辺に, 左右に, 巻きその, 幾度か, 幾度と, 広く考え, 広く考へ, 引いて, 形容する, 彩って, 彩り沙, 彩る, 彼の, 待つて, 御す, 忘れさして, 念丈の, 怖わ, 思い浮べると, 思ふならずや, 思ふま, 恐れたの, 感じさせる高木保之助氏, 感じとる人, 感知した, 懐しがっ, 手で, 打せ, 打たしぐたりと手, 打たしながら, 打たせた, 打たせたり, 打たせに, 打たせるそれ, 打たせるばかり, 打たせ荒くれ男, 打ちさうに, 打ちつつ, 打ちながら, 打ちまわって, 打ち一進一退, 打ち上げる, 打ち出したもう, 打ち合って, 打ち溢れ出る, 打ち耳, 打ち赤味, 打ったごとくに, 打ったチョコレート色, 打った安, 打った小川, 打った山稜, 打った肉, 打った髪, 打った髪の毛, 打っていう, 打っては, 打つける暗礁, 打つたのに, 打つた小川, 打つた髪, 打つ二つ, 打つ地面, 打つ大, 打つ廂髪, 打つ彼女, 打つ群集, 打上げる, 打上げ岩, 押しきる海獣, 押しつけて, 押し倒すよう, 押し分け押し分け進んだ, 押分けて, 招いて, 拡がらせるが, 持って, 捲いて, 捲き起しこれ, 捲き返してる広々, 捲起した, 掠めながら, 掻き分け喚くやう, 掻き分け喚くよう, 掻き廻して, 掻き立てながら, 掻く櫂, 揉合っ, 描いただろうと, 描いた作者, 描きたる箒目, 描きて, 描くの, 描くよう, 描く放送音楽, 揚ぐる末の世に, 揚げかくして, 揚げるという, 揚げる一脈, 揚げる頃, 揺って, 摺つて月の, 攀ぢて, 映しながら, 時々打たし, 枕に, 棲家として, 楚, 正して, 死と, 沈めにか, 油で, 注ぎかけその, 泳ぐ海月, 流して, 流れさ, 流れる青ざめた燐, 浴びせて, 浴びせるの, 浴びたその, 浴びない者, 消した渚, 渡るか, 渡る日本人, 渡る時, 渡る眞夏, 渡る聖フランシス, 湛へて, 湛へぬ, 湧かしたり, 湧かして, 湧かす, 湧き上がらせた, 湧き立たせるばかり, 滾し, 漂は, 漂わして, 漕がんと, 漕ぎきって, 漕ぎきつて, 漕ぐ, 漲らしつ, 漲らせ数, 潜かれた, 潜って, 潜っては, 潜つて軽, 潜れば, 潮ざゐを, 灌ぎかけ初めは, 火の, 焚く, 煙らせて, 照し, 照しつ, 照らして, 生じたるが, 生み乙の, 用いて, 畳みその, 発すると, 發生する, 白く切っ, 皮膚の, 目に, 相手に, 眺めまし, 眺めるの, 睨みつけて, 知らず婆, 破って, 破つて, 破り無事長崎, 私は, 称へ, 程好き界に, 空に, 立たせて, 立たせるもの, 立てうつろ, 立てさせずには, 立てその, 立てる心, 立て始めて, 立て底, 立て静穏, 紅色に, 経ながら, 絶えず牧場, 縒って, 縒る, 縫うて, 縮め見事, 翻すありさま, 肉の, 肋骨に, 背負って, 自分の, 自己の, 自然の, 舞ったの, 舞ひ, 蒼く湛え, 蕭条と, 血刀を, 表現する, 被って, 被つて沈沒, 裂いて, 見た, 見たり, 見つづけたまま, 見ても, 見ないで, 見まいと, 見ようと, 見ること, 見る波, 見る海沿ひで, 見れば, 見下ろしながら, 見乍ら, 見直す, 見逃すこと, 見降ろした, 見降ろして, 覗き込む, 語る, 読取ること, 謡ふ, 貫いて, 走る光景, 起こすが, 起こせるに, 起しまた, 起し磯, 起すが, 起すばかりに, 起すよう, 起す軽薄, 起伏させる, 超越し, 越えくるかげなるか, 越えゆきいまだ, 越え水平線, 越す方, 距て, 跳び越えて, 跳んで, 踏んで, 踰え, 蹈んで, 蹴かへ, 蹴ちらしながら, 蹴つて進航, 蹴て, 蹴りはじめました, 蹴散らし, 蹴破って, 蹴立てては, 蹴立てながら, 蹴立てる蒸汽, 蹴立て鉄砲, 躍って, 躍らしうね, 躍出るやう, 辷って, 送って, 透して, 這い廻りながら, 連ねた中, 過ぎて, 遥かの, 避けつ, 避けて, 避けようと, 避けるよう, 重厚に, 鎮めにか, 開けるが, 防ぐ代わり, 離れた遅い, 離れて, 静かに, 靡かせて, 鞭ち, 頭から, 飛び越えて, 飜し, 飜す, 食堂に, 首と, 鯱に, 鴨の

▼ 波~ (992, 10.8%)

10 来て, 立って 9 寄せて 8 しらの, しらを, 立つて 7 ざんぶりこ 6 立つ 5 しらが, 高い 4 ある, うねうねと, しらに, 出て, 砂を, 荒くて, 足を, 高くなっ

3 [17件] うねって, おこって, しら, ひくよう, やさしい稲妻, よせて, 動いて, 岸を, 打ち寄せて, 打って, 白く砕け, 砕けて, 船を, 荒い, 行って, 高くて, 高まると

2 [74件] あった, あって, あっても, あとから, うごき波, うちよせて, うって, おしよせて, かすかに, くだけると, くれ, さらって, ざわざわと, しらだけ, しらは, たって, たつて, だんだん大きく, つづいて, ひいて, ひどくなる, みごとに, やって来て, ゆれて, ザブ, 一つ覆さつ, 一緒に, 乙の, 出たので, 出来て, 半ばねぶたげな, 寄つた, 岩に, 島から, 崩れて, 底から, 心の, 忽ち大きく, 急に, 打つ, 押し寄せて, 摧けて, 昆布だ, 来た, 来ても, 来ると, 洗って, 海と, 海を, 無限の, 立った, 立つけれども, 立つた, 立つた儘, 立つと, 立つの, 荒いので, 荒くなっ, 荒くなった, 表面に, 見えた, 見える, 起って, 起つて, 退くよう, 遠くの, 青い穏, 青じろい火, 静かに, 静に, 騒いで, 高いので, 高かった, 高まって

1 [685件 抜粋] あざけるよう, あたりに, あつて, あの叛逆罪, あの大きな岩, あまり静か, あらいので, ありますが, あるから, あるけれども, あれが, あれくるって, あれて, あわだって, あんなに白く, いっそう速に, いった, いまだ静まらない, うごいたとて, うちあげお祖父さん, うちあげるため, うちこんで, うちつけて, うちよせさし, うちよせる海岸, うちよせる生徒, うねりで, うねり出したよう, うねり白馬, うまく乘, えぐった海, えら來, おきると, おしてき, おだやかだ, おどって, おのずから幻影, おりおり裾, かかって, かぶさって, かぶる, かれの, きらきら光るなら, くだけて, くっきり斜, この岩, この農村, これに, ごぼん, さ, さあっと, さびしく, さほど高く, さん橋に, さア, さー, ざざっとぶつかり釣床が, ざぶりとうちあげた, ざぶんとくだけます, ざわめきうねりつつ, しきりにぱしゃんぱしゃんと, しずまらず本当に, しばらく動く, しらがたち倉庫の, しらだけの, しらです, しらと, しらみな, しらも, しら白滝を, しら立つごとく, しろくくだけ, すぎて, すぐに, するす, その明るみ, その泡立った, その空間, それを, たうとう, たえま, たかまって, たたきつけて, たつ, たつばかり, だぶだぶと, だんだん荒く, だんだん高く, ちょうど船尾張出部, ちょっと止まっ, ちらちらと, ちり散り, ついた, つぎつぎに, つらく己, できたら必ず, ともすれば自分, ともの, どう, どこまで, どこまでも, どぶん, どッ, ないの, ないので, ながれます, なぎさ, のたり, はいりこむ入口, はいりそう, はねおどるやぎ, はるか目の下に, ばさばさと, ひいたとき, ひしひしと, ひたむきに, ひろがって, ひろがりみるみる, ぴたぴた云ひ, ふたたびめぐり, ぶつかって, ぼくを, まざまざ見える, また丙, また中央, また滑らか, まるくした, まるでかべの, むくむくと, もたらした収穫, ものうげ, ものすごい, やってきて, やって来ました, やや立ちさわぐ, やんだせい, ゆさゆさと, ゆったりゆったりと, ゆらめきところどころ, ゆるやかで, よせては, よせないので, よせると, より意地, よれて, わすれた, わっと, イヤと, キラキラ輝い, クント像の, ゴッタ返し, サンムトリに, ザザアーと, ザブリザブリと, ソネートカを, テノルの, ドンブラゴッコドンブラゴッコと, バシヤリバシヤリと, パタリ, ポケットから, ムクレ上っ, 一うねりどっと, 一しきり打ち返した, 一つくる, 一つ寄る, 一つ通る, 一と, 一層激しく, 一時に, 一波甲板を, 一生けん命一生けん命ふるえ, 一町に, 上にも, 上る, 下がって, 両手を, 中, 中心地に, 二つに, 二三度泡を, 二人の, 二人を, 互い違いに, 交錯し, 人知れず胸, 今まで, 今や全く水, 伊勢の, 伝播する, 伸子を, 低くて, 体を, 何時の間にか灰色, 來て, 倍以上大きく, 停車場から, 光の, 入って, 全身を, 其赤い, 内海の, 再び互, 凄い勢, 出たり, 出づ, 出ると, 出来る, 刻々増大, 割れて, 力強い律動, 動いたり, 動きを, 動けば, 医しがたい, 十六菊を, 千変万化し, 只白く, 君を, 命ずるところ, 噴き上って, 囁いたり, 地殻を, 地球の, 大きくしぶき, 大きく刻みはじめ, 大きく動く, 大きく高くな, 大きな氷, 大まかに, 大変怒っ, 大股に, 天主堂の, 太陽を, 如何なる波動, 子供めいた, 寂しく巻く, 寄せたよう, 寄せるたび, 寄せる様, 寄った, 寄る, 寝ては, 小山の, 小舟のへ, 小舟を, 少しも, 少し立つ, 少し立つた, 尼僧呼びよせる, 屏風を, 山と, 岩を, 岩角に, 岸へ, 崩れた, 崩れるところ, 巖に, 己の, 巻きかえしてる, 帰って, 常にそれ, 平らという, 幾つかの, 幾組も, 廻廊へと, 引いて, 弟にも, 当る度, 彫刻の, 後に, 微かに, 微風に, 忘れられたと, 忽ちかれ, 忽然白い, 怪しい波紋, 恐ろしい勢, 恰も人, 悲愁の, 感ぜられて, 打ちあげて, 打ちよせた, 打ちよせる, 打ち寄せてから, 打ち揚げて, 打ち返すよう, 打つ附, 打上げる所, 打寄せるやう, 打込むという, 打込んで, 折れ返る調子, 押し合って, 押し寄せる中, 押寄せて, 持ちあ, 指頭に, 推すこれ, 揉むやう, 描いて, 描く白い, 揺り越す, 数珠の, 整然と寄せ, 敵の, 新羅, 日に, 日劇を, 日影と共に, 日本を, 昂まっ, 昂まつて, 明くなった, 時々この, 時を, 暗く呟い, 更に確率, 月の, 朝な夕なに, 朝の, 村, 来たらただ, 来てよ, 来る, 来るたんび, 来るまでの, 来寄せる所, 柔く, 校門から, 極めて稀薄, 横から, 此孤島まで, 歯を, 水から, 水際を, 河面を, 波が, 洗い砂地, 洗うよう, 洗つてゐる, 流れるの, 流れ込む, 浦曲形に, 浮かぶ扉, 浴びせこんで, 海坊主の, 消えるよう, 消え靜まつ, 深い深い緑色, 深夜の, 渦を, 湧きあがって, 湧き起って, 滔々と, 滔れ, 漂うて, 漂って, 潮の, 澎湃として, 烈しく打当つて, 焔と, 煽る, 燐光を, 爪立つやう, 猛獣の, 獣の, 王だった, 甦って, 甲板に, 白い横腹, 白い歯, 白い水泡, 白くはじける, 白く敷く, 白く泡立っ, 盛り上る, 目も, 相搏, 真白な, 眼の, 短ければ, 砂上に, 砂浜を, 砕け散るとき, 碎けた時, 碎ける, 私たちの, 私の, 空間に, 窮屈な, 立たずに, 立ちさわぐやう, 立ちはすの, 立ちまた, 立ち始めたといふ, 立ち後世, 立ち船, 立ち騒ぎ, 立ち騒ぐといった, 立ったよう, 立ったり, 立ってるから, 立つそれでも, 立つたり, 立つという, 立とうと, 笑いの, 筋を, 細かに, 絶えず岸, 締めつけられるよう, 緩く画舫, 繰返し繰返し取調べられた, 聞えるまた, 胸へ, 舷に, 舷を, 舷側の, 船体を, 船首を, 艇と, 荒いと, 荒い所, 荒かつ, 荒くなかった, 荒くなつ, 荒く港, 荒く白い馬, 荒く重, 荒れるとか, 荒れるよう, 荒れ狂, 菱立っ, 薄く黄褐色, 藻を, 襲って, 西に, 見えた風, 見えて, 見えました, 見え隱れする, 言つた, 赤く光った, 赤や, 走るの, 起らねば, 起ると, 起るん, 越える, 越えるだらう, 越すばかり, 跳り, 躍り上って, 軽くな, 輪に, 轟々と鳴つ, 追いかけて, 逆流し, 通って, 連山の, 運んで, 遠くまで, 遠ざかって, 遠ざかつてしまつて, 重り重っ, 鉛いろ, 鋭く眼, 鎮まったら初めて, 長く尾, 闇に, 防波堤を, 電光の, 青く光っ, 青く淵, 静かで, 非常に, 革命である, 鞍を, 響くよう, 響みうねっ, 飛沫を, 馬と, 騒いでも, 高いある, 高いかしら, 高いから, 高いの, 高いや, 高くなる, 高くひくく水平線, 高く低くうねり, 高く風, 高く騒い, 高まった年々, 高まり賃金, 高まれば, 鳴つて, 鳴らうと, 鳴らすその, 黄色に

▼ 波~ (878, 9.5%)

18 乗って 15 ゆられて 14 揺られて 13 なって 11 もまれて 10 のまれて, 洗われて 9 ゆられながら 8 さらわれて 7 もまれながら, 漂うて 6 乗つて 5 うたれて, た, 揉まれて, 浮いて, 浮んで 4 あくがれて, ただよって, のって, 押されて, 沈んで, 漂ひ, 漂ふ

3 [11件] あらわれて, さらはれ, まかせて, ゆらゆらと, 任せて, 似たり, 呼びかけ海, 影を, 揉まれながら, 揺られながら, 映じて

2 [53件] うかんで, うきねの, くだけて, くる, くるまつて, さらされ海亀, さらわれたの, さらわれたもの, さらわれるかも, ただよ, ただようとき, たわむれて, ちらちら火, つかって, ときどき白い, なった, なつて, ぬれて, もてあそばれて, ゆれて, 乗つた, 乗る, 俯し, 力あり, 千鳥と, 向って, 噎ぶ, 弄ばれて, 戯れて, 手を, 打ち寄せられて, 押されながら, 押し流されて, 揺れながら, 搖られ, 映るさま, 死ぬ, 気を, 沈めた, 洗はれ, 洗われつつ, 流る, 浮かべて, 溺れたの, 溺れようとして, 漂って, 漂は, 照り映えて, 生れて, 覆われて, 足を, 身を, 送られて

1 [558件 抜粋] あおられた, あおられて, あたつ, ある自分, いちいちの, うかぶなつかしい, うかぶ小さな, うごいて, うごかされ高らか, うたれながら, うたれるよう, うち寄せられ, うつって, おくられること, おされて, おじ気, おそわれる向き, おつかぶせられ, かくして, かくれ飛沫, かこまれた島国, かこまれながら, がらがらと, きらめいて, きらりと, くぐると, くだけた宝箱, くらべるほどには, くるめく海, こだまする, ころがされても, こッち, さうし, さえぎられて, さからって, さらいこまれそう, さらはれかけ, さらはれた, さらわれずに, さらわれたか, さらわれたまま, さらわれた板切れ, さらわれないよう, さらわれまいと, さらわれるかと, さらわれ勝, しあるべし, しきたり, しづみけり, しづむとき, して, すぐ反応, すわるる木の葉, せよ何かしら時間, そのかげ, そのす, その光, そんな処置, たえしのげるだろうと, たずねてから, たたかれると, ただようの, ただよう敵兵, ただよは, ただよわされて, たとえば大, たのまれて, たわむれる人魚, ちぢめよせられたるまた, つくり, つつまれて, つらなる大洋, とびこんだり, とられたらもう, どんな勢, ながされるばかり, なったり, なにもかも忘れ, なぶられて, なりました, なり運動場, なる, なるよう, ぬらされても, ぬれた頭, のった, のった時, のどけく映え, のまれ闇, のみ込まれて, はしりよる, ぱくりと呑まれる, ひ, ひたって, ひたる空, ひとすぢ, ひびいた, ひびくその, びたつかれながら白鮫号が, ふと仄明り, ふれる機会, ぶっつかりながら, ぶつかって, ぶつけて, へりを, ほのぼのとして, まかれて, まかれながら, まじって, まといついて, みがかれたきれい, もぎ取られないよう, もてあそばれる箱舟, ものすごい泡, もまれただよって, もまれたとは, もまれたの, もまれてるの, もまれぬいて, もまれるあ, もまれること, もまれる大吉, もまれる始まり, もまれる小さい, もまれ一芸妓, もまれ私たち, ゆすぶられ通し, ゆすられながら, ゆだねる, ゆら, ゆらいで, ゆらめきふは, ゆらる, ゆられりや, ゆりあげられて, ゆり上げられるたんび, ゆれる舷, ようやく影, よせて, わたくしは, わだかまって, ゐる, クルクルまかれ, 一方ならぬ, 丁と打込む, 中心を, 乗じたこと, 乗じ彼等, 乗せられること, 乗せられ再び, 乗っかってる我々, 乗ったよう, 乗った新興, 乗った者, 乗った船, 乗つてダーポーシュ帽, 乗つて営利主義, 乗つて波, 乗つて白帆, 乗つて胎動, 乗り, 乗りきれぬ何, 乗りすぎて, 乗りマツダランプ, 乗り掛かると, 乗ると, 乗るの, 乗込んで, 乘つたポーズの, 乘つて泳ぐ, 交ぜて, 人心地も, 人間が, 人魚の, 仰向いて, 伝えて, 似たる一, 似た白雲, 似て, 体を, 俯す, 光つてまるで, 入り乱れて, 全く沈没, 全く飜弄, 冠されながらも, 出して, 分け入りし宮, 刻まれて, 前方の, 加ってからも, 動かされて, 動かされる姿, 動く船首, 包まれて, 匍匐, 千とせの, 千鳥が, 千鳥を, 半身を, 及ぼし, 友よ, 友千鳥の, 反映する, 取られては, 取られないの, 名残を, 向い余の, 向き合って, 向けて, 向へ, 吟ずるのみ, 吹き上げて, 呑まれたり, 呑まれて, 呑まれ全く, 呑去られ, 喬生と, 噛まれた深い, 噛み砕かれて, 地中海の, 墜ちるとき, 外ならぬ, 太い煤煙, 宥わりを, 対す, 少し搖れる, 尾を, 崩されつ水, 幾月, 幾重にも, 弄れて, 引っかかったら木, 引残された, 彼女自身も, 心あっ, 心は, 心を, 感じないので, 慣れた音声, 慣れない愚か, 戯れながら, 戯れる鴎, 手洗ひ, 打たしたから, 打たして, 打たれた船首像みたい, 打たれて, 打たれてるある, 打たれながら, 打たれる島, 打たれる谷中, 打たれ叩かれ化学的分解作用, 打ち上げられて, 打ち剋, 打上げられた, 打上げられたと, 打上げられたの, 打上げられた海月魚, 打上られ, 打寄せられ引上げ, 投ずる燈火, 投ぜられる時, 抗すること, 抗って, 折らるる音, 折られて, 押されもまれる不健康さ, 押されるまま, 押されるよう, 押しすゝめ, 押し倒されて, 押流され, 持って, 持つて, 捲かれると, 捲かれ去る, 捲き込まれたの, 捲き込まれて, 捲き込まれるよう, 掉し, 揉まれ抜いたこの, 揉まれ行く身, 揺ぶられる, 揺らせて, 揺らるるよう, 揺られつ, 揺られつつ, 揺られる気持, 揺られ流されてるよう, 揺る, 揺れて, 揺れるたびごと, 揺れる一面, 揺蕩せられ, 搓まれて, 搖いで, 攫はれぬ, 攫われる事, 支配される, 攻め続けられて, 散りあと, 散りひろがる陽, 新しい生涯, 日の出の, 明月が, 映じ朝霧, 映った船, 映って, 映ってるその, 映ゆる黄金, 映る, 映る景色, 映射し一帯, 曝された岩の上, 更に小波, 月は, 月光の, 月兎の, 朝日の, 案山子の, 棹し, 横はれ, 横ッ腹が, 水想観を, 江戸を, 沈まむとする落日, 沈み又, 沈み果てんを, 沈む迄も, 沈めんと, 沈んだ, 泡沫を, 洗い去られて, 洗はる, 洗はれたる, 洗はれる, 洗わせて, 洗わせながら, 洗われきった聖チェーホフ, 洗われちまってる筈, 洗われる, 洗われること, 洗われるよう, 洗われる小石, 洗われる河岸, 洗われ渚, 流される激し, 流す処春風, 流るる, 流れ寄つた枯枝で, 流転する, 浚はれたら, 浚われたまま, 浚われたん, 浚われました, 浮いたり, 浮かび出て, 浮きながら, 浮きゆらめいて, 浮び, 浮び全身, 浮ぶここ, 浮ぶだろう, 浮ぶ時, 浮ぶ睡蓮, 浮ぶ藁しべ, 浮べり, 浮べるこの, 浮んだ小鳥, 浮んだ時, 浮んだ船, 浮沈する, 浴し, 浸されて, 消えつ, 消えるか, 消え行く淡雪, 消されて, 消されぬ, 消されぬ間, 消され又は, 混って, 渫われそう, 湛ふら, 溶け波, 溺れて, 漂, 漂い沖, 漂う精神, 漂う自分, 漂つて舷, 漂ふも, 漂わさるるこの, 漏れて, 漕ぎいづる, 漾い, 漾える, 激しく動揺, 濡るる, 濡れた柔かい, 濡れ伊良虞, 濡れ濡れず伊勢, 照りか, 照る言葉, 照れとて, 煽られて, 煽られ凄, 燃ゆる, 燦めかせる, 犯されて, 猛烈に, 白帆を, 盪るる, 眠れる都鳥, 眼も, 瞳を, 砕くる白銀, 磨かれ磨かれた石, 私達と, 空しく浸らしむ, 突きのめされつ, 突き上げられては, 突き入る, 立つて, 立てる白雲, 篠田は, 縒れ波, 纜を, 置去られ, 翻弄され, 背けば, 背を, 胴上げされ, 胸を, 脚本料を, 臨んだまま, 臨んで, 自由に, 舟べりに, 艦首の, 色々の, 色鳥の, 花の, 蕩揺されつ, 蘆荻の, 衝かれ揉まれて, 袖は, 襲はれ, 覇たれ, 見えるの, 觸る, 觸れ, 走るの, 足場を, 足許を, 跳つた, 跳り, 跳りつれ, 躍りて, 躍り舞, 転がる例, 近く念珠ヶ関も, 追いかぶさろうと, 追いまくられて, 追われたり, 追われながら, 送られたかつて, 送り流し餌, 連れもどされる時, 適合する, 遭うと, 遭遇った, 酔いしれて, 酔うて, 醗酵せり, 重なり, 野分の, 金蛇が, 随ふ, 障るやう, 隠されて, 隠れたり, 隠れて, 雲を, 静かな, 静かに, 非ず, 響いた, 響きわたった声, 響く, 顫わせて, 飛び込むの, 飲まれて, 騒いだ, 驚いて, 高氏も, 魚が, 魚の, 鳴る

▼ 波~ (504, 5.5%)

7 彼の 4 うつくしい燐光, 岸を 3 それを, 窓の

2 [20件] いよいよ荒く, いよいよ青い, いよいよ青じろい, いよいよ高く, このデウベン城, ゆれ, ヒタヒタ打つ, 今にも此, 唯白い, 固より, 岩を, 幾度も, 押し寄せて, 断なし, 昔の, 澎湃として, 磯に, 荒れて, 輝く阿古屋珠, 高くうねる

1 [443件] あきずに, ありません, ある, あるいはさ, ある意味, いくども, いくらか小さく, いくら騒い, いたずら者とは, いつでも, いつまでも, いと静か, いななきも, いまでは, いままで, いよいよ高い, うごけども, うちよせるの, うなった, おさまって, おどろに, かかりま, かわいらしい声, かんぱんに, きらきらと, くずれ落ちて, くだけて, くだけ散つて, こういうとき, ことによる, この世の, この東北, この比較的, これからまた, これらの, ごうごうと吠え, ごく緩く, さかまき雲, さかまき風, さっきから, さながら白蓮華, ざわざわと, ざんぶと, ざッと, ざツと, しずかな, しずまらなかった, しだいに高, すうっと, すぐまた物すごい, すこしたじろいだ, すこぶる広い, すなわち心象, すなわち水, せせら笑って, そうした犬神憑, そこに, そこまで, そこらに, その儘予, その接吻, その泥土, その礎, その辺, その遺骸, その金兵衛, その門, それぞれの, それで一旦, たえず岩, たかまった, たたずに, たちませんが, たちまちこれら, たちまちまっ白, だるそう, だんだん荒く, だんだん飛躍, ちらちらひかりました, つくけれども, つめたい, づどうんと打ちつけ, とにかく今しがた, ともすると逆流, どこかへ, どのよう, どんどん, なお怒る, なか, なし岬, なだらかながら, なべて白泡, なほありけり, なんべ, はやく船, ひいたところ, ひた, ひたせども, ひたひたと, ひどい勢い, ひどい天気, ひろく深く及ぼし, ひろく深く学生生活, ひろびろと, ぴたりと, ほとんど動かない, まき起って, ますますあらく, ますます高く, またうなった, また背後, まだ大きい, まだ独身, まぶしく光り, みちたりて, もううた, もう春, もつれながら, もとの, ゆら, ゆらぎ汽笛は, ようやく高い, よせて, よせるし, より来, わかれ散り, われわれの, われわれを, ゴーリキイの, パサパサと, マリヤの, 一せいに, 一入興, 一分に, 一斉に, 一面, 一面に, 丁度光の, 三十呎程も, 三百メートルも, 三角で, 不気味に, 丸太棒の, 乱れたつ山, 二人の, 互に通い合う, 今は, 今も, 今頃, 伝統の, 低く窪みひろがり泡だっ, 何とかし, 何ともいえず, 何の, 何べ, 何やら騒い, 何処から, 何処へ, 何物ぞと, 依然として島, 依然として荒れ狂い, 僅かに, 僅か十数年, 僕に, 光らずたどきなし, 光らぬ, 全くない, 全体の, 全身を, 兩將の, 共鳴し, 其山と, 其方向を, 其足の, 再びわたし, 処々白く, 凪いで, 別段に, 刻一刻に, 前の, 力いっぱいで, 北の, 十丈の, 千千石湾から, 千種十次郎が, 即ち意味, 厭かずやさしいい, 又一, 古の, 可成り, 吼え世界, 咽びぬたゆたげに, 哀音を, 品よく, 善悪の, 土を, 土手の, 地下の, 地球内部の, 坂の下で, 声を, 多くの, 多弁で, 多弁である, 夜中轟き渡った, 大きいの, 大きかった, 天に, 太平洋の, 奇妙な, 女が, 女にも, 女の, 存外暗く, 実は無関係, 寄りては, 小さい笑い, 小さく囁い, 小石だらけの, 少しあらい, 少しゆらい, 山の, 岩の, 岸に, 崩れたまま, 川崎船と, 平か, 平だった, 平靜である, 広がった, 廊下の, 彼を, 彼女の, 彼方より, 彼等の, 後続する, 徐々にしか, 徐々に展開, 心配だ, 心配に, 怒つた牛ども, 怒り狂風, 思いのほかに, 思うさま二人, 思ふ方, 急に, 悲き, 悲しかりけり, 悲しみの, 情け容赦も, 慎重に, 戲れ, 扁平に, 打ち当った, 押し寄せては, 描かれて, 敵機を, 断れぬ, 既に囚人, 日ごろは, 日夜この, 日本の, 明日の, 昔から, 昔からの, 映らぬらしい, 暗くなった, 暴動的大衆行動にまで, 最も屡々野々宮, 最後の, 最早小舟, 月に, 朗かな, 本船の, 東洋の, 柔かい手, 樅の, 横ざまに, 橋板の間から, 次第, 次第に大きく, 次第に靜, 次第に高まる, 止まって, 気に, 池の, 決して単一, 決して夢, 油を, 泡立ちて, 泡立ちながら, 波に, 波のうへに, 波羅密の, 波除けにあたり, 海の, 海深, 深い伯林青, 深い藍色, 淺草紙を, 満場われんばかり, 満足し, 漸次に, 漾, 潜まりや, 激しく潮, 烈しい, 烈しく押し戻す, 無し舟, 煮えくりかえった熱湯, 燃え, 燃えぬ, 物をも, 狂は, 狂瀾の, 玉と, 玉太郎の, 生きて, 畳の, 疲れし音, 白い生, 白い鬣, 白かろう, 白く一様, 白く泡, 皆, 益, 益々大きく激しく, 益々高く, 直接間接文学に, 相変らず, 相寄りまた, 相当に, 相推し, 相重り, 眉を, 石に, 石を, 砂と, 砂に, 碧海に, 社會變遷の, 神威崎の, 私が, 私たちが, 移りぬ, 稍動い, 穏か, 穏やかである, 穏やかに, 空に, 空にも, 空中を, 立ちませんかと, 立ち騒いだ, 童を, 笹の, 紅の, 純文学を, 細かい砂, 細やかに, 終に地中海, 絶え間なく, 綿の, 緑なる, 織られ, 背中へまでも, 背光を, 胸を, 臓腑の, 自から, 自分が, 自分の, 舞われたの, 船を, 船尾の, 船楼を, 花崗岩の, 若い彼等, 若宮大路から, 荒いの, 荒くとも, 荒くは, 荒れ, 荒れたち狂, 荒れるし, 荒れる船, 華さきまどかにも, 華さき波うたふ, 蓮華を, 薔薇花紅を, 衝こうとして, 西洋の, 見わたすかぎり, 観世に, 訳の, 諸法実相と, 貝の, 貿易風によって, 起って, 越えじもの, 軽やかな, 近う飜つて, 追, 逆卷い, 遂に防ぐべからず, 過ぎ去りますわれわれ, 遠く寄せ, 遠のいて, 重い船, 重圧な, 金色に, 金色の, 銀を, 長さ三フィート, 隋唐以前からも, 随分と, 隔つ, 青い, 青螺の, 静かで, 静かでした, 静かでしょう, 静かです, 靜か, 靜かで, 靜かに, 非常に, 面食っ, 音も, 音をば, 風を, 風呂敷でも, 飛雪の, 飽まで, 騒ぎたてました, 驚き規則正しく, 高くおどり, 高くて, 高くない, 高くも, 黄金を, 黒雲を

▼ 波~ (426, 4.6%)

9 の内 7 の放免 5 の府, の眼 4 の獄 3 の伯父上, の手, の捕吏, の目代, の討手

2 [33件] でさえ, では, にある, にい, に捕まっ, のお, の主, の令, の任, の兵, の北, の広場, の役人, の手先, の放免頭, の敗亡, の検断所, の清盛, の滅亡, の獄舎, の祇王様, の神経, の背後, の諜者, の軍兵, の高氏, へ, へご, へ来た, へ顔, を出, を出た, を攻め

1 [315件] いったいの, いらいの, から, からお, からこの, からその, からの増援, からの早打ち, からはさっそく, からは一軍, からは何, からは追, からも近国, からよこした, から事情, から使, から帰府, から廻っ, から来, から特命, から着到, から護送, から足, から鎌倉, から鎌倉通牒, から関東勢, から駈けつけ, から鳥羽, が, が事, が発した, が落ちたら, が落ちる, が陥ちた, が高氏, くさいうさんな, ごときは, です, ですって, での軍議, ではあわて, では北殿, でも, でもまったく, でも片づけ, で別れた, で放免, といえ, とすれ, とて女, とて無, とはいえ, とは逆, と鎌倉, などは廃, など眼中, にあっ, にいた, にいたじ, にいま, にいる, にいわせれ, におかれ, におわした, につとめ, にてもはや, にはさしあたっ, には常詰, には武士, には武者, にもどっ, に出向いた, に北条範貞, に在っ, に招かれ, に提出, に早打ち, に滞留中, に破れ, に蝟集, に豌豆, に迫れる, に通じられる, に馳せつき, のうけた, のうごき, のうしろ, のおや, のころ, のどの, のほとり, のやぶれ, の一令, の一吏員, の一員, の一郭, の一門, の一陣, の主力, の人々, の人数, の人集まり, の使い, の使命, の侍, の侍自身, の修理亮平時氏, の入道, の内部, の処断, の別院, の北の方, の南, の南北, の召し, の命, の地方官, の地相, の地蔵堂, の執事高, の変, の大, の大将, の大番役, の大路, の失陥, の威勢, の守り, の密使, の密牒, の岸, の川番所, の平清盛, の広い, の底意, の弓箭千五百人, の弱点, の役人ども, の後手, の御, の御内人, の急使たち, の悲報ひとつ, の戦気ただ, の手の者ども, の手入れ, の抜かり, の指示, の探索, の探題北条久時, の援, の放免すべて, の放免根性, の救援, の敗北, の敗報, の敵, の方, の暴戻, の木々, の朱門, の検察, の検察陣, の武士, の武士ども, の池殿, の没落, の灯, の狭量, の猟犬, の異, の白洲, の目, の相府, の秘牒, の窮状, の精兵, の総力, の罪人, の職, の苦境, の蓮華寺過去帳, の虫ケラども, の評定衆, の評定衆波多野義重, の詮索, の詮議, の諸, の賊軍, の足利, の足利どの, の身寄り, の軍兵集め, の軍勢, の軍勢四千, の辺, の近傍, の返事, の邸, の野邊, の陥落, の陶山備中, の預かり, の飛脚, は, はいま, はうごかず, はかならず, はひっそり, はまたぞろ, はもう, はようやく, は百八十年後, は突破, は見, は陥ち, は非公式, へいそい, へお, へじゃ, へつき出し, へつれ, へでご, へと移しまいらせ, への覚え, へはいく, へひかれ, へもなんぼ, へもはいっ, へも兵, へも帰らず, へも都, へ出かけた, へ加担, へ向けかえ, へ向けた, へ向った, へ告げ知らせる, へ奔, へ密訴, へ帰し, へ帰った, へ帰る, へ引い, へ御, へ投文, へ持っ, へ指示, へ揚げられました, へ早打ち, へ曳かれ, へ曳かれる, へ曳く, へ申しやった, へ疎開, へ秘使, へ罪状, へ聞える, へ舁い, へ行っ, へ訴え, へ謝意, へ送られれ, へ送りこまれた, へ送り込まれ, へ避難, へ飛ん, へ馬, までのあいだ, まで真昼, まで送りとどけ, まで送り届け, もあぶなかっ, もこれ, もさらに, もすでに, もなし, もはや死相, も意地, も火, も血まなこ, も間近, や幕府方, や鎌倉, より七条, より仰せ下され給う, わたりと, わたりの内人, わたり斯, をおおい, をおどろかせた, をすて, をだ, をつつみ, をなやましぬき, をはばかっ, を中心, を出仕止め, を売, を奇襲, を奪, を捨てる, を注視, を滅, を破った, を立つ, を落ち, を訪い, を訪う, を陥した, ノ守備, ヲ落去, 両庁, 諸門, 陥しの

▼ 波~ (219, 2.4%)

9 のよう, の間 6 の中 5 のやう, の音 4 の健児, の底, の連続, を越え 3 のごとく, のなか, の如く起伏, の彼方

2 [12件] たぎつる河, と岩, と波濤, の上, の如く, の怒り, の打つ, の響, はここ, よ, をこえ, を起し

1 [133件] があの, があり, がうちよせ, が単調, が城壁, が岩石, が渓谷, が物質, が程, が胴の間, が見えた, が起伏, が轟々と, が過ぎる, である, であるか, でもあった, とがその, として湧き立たせる, とたたかう, とたたかっ, となり, とを敵, とエンジン, と力わざ, と戦い, と松風, と風雨, にかき消された, にけむる, にすぎなかった, にたたかれ, にたてがみ, にもあります, にもまれ, に乗り, に会っ, に処する, に対して辛くも, に抛てる, に漂, に翻弄, に託し, に身, のうち, のうねり, のかなた, のごとき, のすさまじく, のそこ, のひびき, のスケール, のスバラシサ, のページ, の勇士, の如き, の如く沸き立つ, の如く迫り来る, の常態, の怒, の恐るべき, の歌人, の歴史, の海, の牙, の畳みである, の相, の舷側, の花, の谷底, の起こる, の軍勢, の轟き, の轟音, の面, の音聞ゆ, の頂きが, の高, はこの, は二葉亭四迷, は大きな, は穂, は頻, は黙し, へ突撃, や空, をああ, をあげ, をいつくしみ, をきっ, をくぐりぬけ, をしのぎ出でられ, をそこ, をつくり, をなし, をのりこえ, をもぐっ, をも一婦人, をよく, を乘, を俯瞰, を全身, を凌い, を凌ぎ, を凌ぎた, を友, を坐, を志し, を想像, を揚げ, を擧げ, を渡り, を生ずる, を目がけ, を眺め, を眼, を破る, を翔ける, を聞き, を起した, を超え, を越える, を距, を蹴, を蹴っ, を蹴つ, を蹴り, を重ね, を開拓, を隔て, を隔てた, ヲ, 来りて

▼ 波~ (166, 1.8%)

5 風も 4 ときどきちらちら針, ないのに 3 越えなむ

2 [13件] ああ昔, ある, しづかに, なき港, なし, もうわたし, ようやくおだやか, 嘲る, 土一揆衆の, 立たぬ日, 越えな, 重きか, 高かった

1 [124件] あの空, いつか絶ゆべき, うねりも, うらやましかった, おだやかに, おっかねしな, おとなしくす, くどくどと, ここまで, さやらず, さら, ざんぶり, しぶけど, そよがない凝結, たたぬ日, たちか, たてて, とどろ, ない風, なきいんくの, なき二月, なき病, なき胎の, なく, なくお松, なくただ, なくまるで, なく一年中盥, なく其脚, なく潜水, なければ, なしか, なしの, にわかにはげしく, ひくくなり, ひたひたな, ふと気がつい, また有らん, また紅く, また静か, みんな音楽に, よりくる, ピンチながら, 一刻たりとも, 一斉に, 一方のみに, 事変が, 人も, 倭文子の, 優れたもの, 冴え過ぎて, 動かぬ時津風, 動くとは, 君たちを, 壁の, 夜と, 大きい大きい海, 寄せにけむ, 平らかに, 平らに, 心ある, 怖れない, 恥ぢ入るけは, 感じなかった, 打たないの, 星も, 暴れざる当座, 来つて, 松風も, 止って, 死んだよう, 気に, 沈んだ色, 泡も, 洗ひ, 海岸や, 灯の, 無い静かさ, 無心非, 真白に, 穏かで, 穏やかだ, 穏やかな, 立たずその, 立たず打見たところ, 立たず月かげ, 立たない, 立たないの, 立たない程, 立てさせず義務, 立てずほとんど, 立てず音, 立てないで, 立てぬ水面, 立とう, 聞ゆる, 聲あげ, 舟に, 舟も, 船も, 荒くなる, 華化する, 蒼み, 見えない, 見せましもの, 起らない, 躍らんばかり, 陸の, 隠して, 雪や, 霞の, 静かだ, 静かだった, 静かでねぶり, 静かな, 静かに, 静からしい, 静け, 高いの, 高い風, 高くなっ, 高くは, 高く立たず, 高まって

▼ 波~ (153, 1.7%)

5 一緒に 4 なって, 波との, 波の 3 戦って, 波とが 2 いっしょに, すれすれに, すれずれ, たたかって, 人との, 同じに, 岩との, 空との, 風と, 風に

1 [110件] いうより, いえば, うまくリズム, かけあって, この汗, すれすれの, せ, その二倍, たたかい, たたかい暗礁, たたかう, たわむれて, つきあたるが, どうなった, どんな圧迫, なります, なり容易, なり自分, はるかなる, ひとつに, ぶつかりごったがえして, よばれた妓, 三人で, 上下へ, 久我進へ, 云うもの, 云ひき, 五色の, 体とを, 信天翁の, 偶然としては, 共に迫る, 出合った, 切りはなせない関係, 同じよう, 同様に, 名づく, 名乗らせた時分, 名付けますが, 寄せ來, 寒いさむい雲霧, 山田への, 戦いながら, 戦い抜いた姿, 戦つてゐた, 戯れて, 戰ふ, 打ち合うごと, 打寄せたる艶, 打当つてその, 押し寄せる美しい, 揚々たる, 暴風の, 朝の, 果てしも, 槍と, 橋の, 水との, 永久とが, 沖の, 泡ある, 泡と, 泥だらけの, 注いだ杯, 浮んで, 海草と, 涼しげな, 深い静か, 渦だ, 湯気とを, 潮の, 濤とを, 烈しい風, 無限の, 白い偏光, 相争っ, 矢たけびに, 碎け散り, 空だ, 空と, 空の, 空を, 空気を, 結びついて, 群集の, 考えられマクスウェル, 聞え眼, 背の, 船と, 見えたの, 謂ふなり, 足との, 追掛けたり, 遊ぶ面白, 違い権利, 鐘, 闘ひ, 闘わざるを, 關係ある, 雑った, 雨と, 雲の, 青い空, 顔の, 風とに, 風とは, 風の音が, 馴て, 鬼ごつ, 鶴と

▼ 波~ (93, 1.0%)

3 が高い, を聞い 2 である, の松風, の間

1 [81件] が, があた, がここ, がし, がたかく, がどどーつと, が俄, が枕, が欄下, が耳, が聞える, が退屈しのぎ, が遠く一面, しぐれて, だけがあった, だけがしばらく, だけだった, といっしょ, とを底, とブロック, と風, につつまれ, にまじっ, に灯, に目, に耳, のあいだ, のあの, のうらら, のお, のさくら花ざかり, のしぐれ, のすさまじい, のたえず, のほか, のほか何, のよう, のガソリンタンク, の中, の五たび, の分析, の墓, の夜, の県界, の稲, の穏, の菜の花, の間々, の霽, はその, はなおさら, は厳, は夜, は屈託, は次第に, は高い, ばかりの空家, までが彼, まで入っ, も, もただ, もやや, も悪く, も時勢, も眠り, らしいもの, をいかにも, をたより, をのせ, をま, を友, を月, を標準, を繰り返し, を耳, を聞かせる, 強くし, 聞こえず, 近い海人, 遠くなり, 高く逐

▼ 波~ (66, 0.7%)

3 の古代文学, の古代文學 2 の人名, の文學

1 [56件] あるのみ, から東, それから大食, では未亡人さん, でも由緒, で中, で亭主, で聽, と羅馬, などの民族, なるや, に入り, に於, に逃れ, のきれ, のもの, のタリユース王, の中, の中世紀薩珊王朝, の分, の古代, の古代宗教思想, の名, の國教, の女, の宗教, の布, の影響, の意匠, の支配階級, の文學中, の文物, の星占學, の暦法, の模様, の氈, の民族, の王, の王子, の男, の絨氈, の美術品, の芸術, の西, の鸚鵡冊子, へ歸つて, または土耳, より更に, をセイロン, を征, を經, を襲い, を通りメッカ, ヲ, 織りだの, 織りの

▼ 波~ (43, 0.5%)

2 あつた, あらう, 強い夏

1 [37件] おだって, きれいに, こね返されて, さへ, さらわれるかと, せっかくあざやか, ちょうど子ども, とても大変, ね, やっとの, 一ぱいです, 一層気味悪く, 不思議な, 事によつたら, 充ち充ちて, 先へ, 全く赤帽, 埋って, 壞れ, 岸へ, 打ち上げられて, 曲つてその, 最も進歩的, 来られないという, 板の, 洗ったり, 洗ふ, 洗わせて, 流されたばかり, 浚われちまったんで, 測って, 筏は, 結ばれその, 縁取られ, 船体が, 身体の, 通りました

▼ 波~ (42, 0.5%)

1 [42件] から人, た, にあらわれた, にあれ, にでも差, には一二艘, には六千四百噸, に停止, に光明, に廻旋, に投げ, に映射し, に泛ん, に浮べる如くなり, に浮ん, に漾つて, に潜望鏡, に眠る, に立つ, に落下, に見る, に遊ん, に降下, に集まりたる, に露, に馳, に鳴り渡り, の小舟, の岬, の炎々, の紋, の蜃気楼台, の鳥, へ漂い出し, より仰い, より高く, をいっぱい, を亘る, を照せ, を狂いまわる, を追, を飛行

▼ 波江さん~ (40, 0.4%)

3 はあなた 2 が東京, の肉体, は福岡

1 [31件] からまで軽蔑, から云い出した, から受取った, から電報, がいない, が手, が聞く, が買つて, が金, とのこと, とはへん, と母, にせよ, にはまだ, にひっかかっ, に対してへん, に惚れ, に渡す, のお父さん, の受取り, の方, はそれ, は唇, は平賀さん, は来ます, は無理, は結婚, もあの, もおかしい, を, を愛し

▼ 波~ (39, 0.4%)

3 のふたり 2 どうした, の二同心, は腕

1 [30件] が一散, が増上寺, そのほか, です, といい, とは見え隠れ, にお, に代っ, に旨, の姿, の方, の眼, の袖, は割れる, は彼, は情, は投げる, は目, は神田川, は隠し, へ眼, もあれ, もてまえ, もまだ, も人波, も加山, も横丁, を叱りとばした, 逃がすな, 遅かった

▼ 波~ (30, 0.3%)

2 比良山風の, 白い泡

1 [26件] いくつも, きれいな, その他の, ゆれには, アメリカから, 個人の, 古き都, 子供の, 建物を, 桜ちる, 氷吹きとく, 流れや, 消つべき, 渦流が, 滋賀, 瓢箪や, 白しいさ, 花鳥人生としては, 蜘蛛の, 返す風, 風と, 風に, 風は, 風を, 風景や, 魚や

▼ 波瑠子~ (29, 0.3%)

1 [29件] から託された, が先, が書い, とは以前, と特別, のこと, の宝石, の死骸, の着衣, の置き手紙, の肩, の身元, の身元保証人, の遺骸, はその, はついに, はカーテン, は丸ビル, は五時, は冷ややか, は少女, は店, は急, は棕櫚竹, は肩, は鏡, らしかった, を捜し, を眺め

▼ 波から~ (26, 0.3%)

2 来る光, 波に

1 [22件] おなじ年頃, ちぎられた飛沫, のがれたり, ほとばしって, ヒダへ, 三尺ばかり, 上って, 乙の, 伊勢の, 個人的な, 八厘で, 再び柏木, 出しグングン, 出現し, 刎ね, 区別し, 反射し, 外れて, 弧を, 抜け出て, 火を, 生まれたが

▼ 波越八弥~ (25, 0.3%)

2 であった, のふたり

1 [21件] があと, がはッ, が昔, が死骸, だ, と加山耀蔵, と同じ, と彼, には本石町, に言った, の二同心, の吉左右, の眼, はすぐ, はどこ, はふい, はほとんど, は今や, もかく, を肩, を見下ろし

▼ 波~ (23, 0.2%)

2 から掛け, の或

1 [19件] ではその, とプロシャ, に女房, の公使, の奴, の奴ら, の工芸品展覧会, の彼方, の滅亡史, の聞えた, の諺, の貴族, の雑兵ども, の革命党員ピルスウツキー, の風習, の餓鬼ども, を横ぎり, を経, 猶太人

▼ 波蘭人~ (20, 0.2%)

2 らしい名前

1 [18件] がもう, が集まつ, だの匈牙利人, だ其波蘭人, でござれ乃至, でぴんと, といつ, と哥薩克, には体, にもぶらじり, に對, のとこ, の獣たち, の蒙, の話, は疾く, もぶらじりあん, もブラジリアン

▼ 波~ (19, 0.2%)

1 [19件] その壺, はいったので, はいって, バラバラバラバラま, 一つは, 乗ること, 出て, 帰って, 抛り出されて, 毛彫の, 浮び沈む塵芥, 着く, 移るの, 紙の, 行く本道, 行ったとき, 躍りこんだが, 送るに, 通う街道

▼ 波斯人~ (18, 0.2%)

1 [18件] が戦闘, であつ, です, とが幾年, とやらが傳來, に負, に髭, の言葉, の話, は, はどう, はオマー, は今, は口髭, は彼ら, は明, は毎歳マホメット, も矢張り処刑

▼ 波~ (18, 0.2%)

4 の港 2 の近く

1 [12件] に來, の坂口校長先生, はとても, はとてものんびり, は村, への道, へ出, へ出る, へ越し, へ電話, まで自動車, よりの外輪山

▼ 波~ (18, 0.2%)

1 [18件] が松前若狭守章広, だけが, である, とが相識, との交, とは始, と一たび柴野栗山, と再会, と小倉附近, と岡本花亭, に贈つた, の条, の江戸, は, は章広, は蠣崎氏, へ文通, を憫ん

▼ 波羅兵~ (17, 0.2%)

1 [17件] がこれ, が急, が見える, が駈けつけ, と放免, と散, に取り囲まれ, のいたわりだった, のため, の十数人, の藤井寺, の陣場, はおそらく, は去んだ, は耳, をみちびい, を案内

▼ 波~ (14, 0.2%)

2 てる

1 [12件] から空気, か知らねえ, か風, ぞ, と云う, と富岡, と考える, と見え, もの, わ, スペインの, ッて

▼ 波との~ (13, 0.1%)

2 間に

1 [11件] かさなりて, なかに, 上に, 中に, 如く麻, 意の, 水平線から, 谷間から, 間を, 関係を, 音で

▼ 波一つ~ (13, 0.1%)

2 の泡沫

1 [11件] たたないの, でどこ, で箱, ない, ない卑屈, ない湖水, なくその, 揚げて, 立たずひっそり, 立たないまっ青, 立ちませんでした

▼ 波羅殿~ (13, 0.1%)

2 のお

1 [11件] である, と比較, には何, のご, の声がかり, の息, の無情, の館, はどう, へも運動, よりすぐ

▼ 波また~ (12, 0.1%)

3 波の 2 波が, 波と 1 一波と, 波を, 穏やかなり, 高からず, 高し

▼ 波~ (12, 0.1%)

1 [12件] がぐいぐい, が止め, で飛び出し, にし, に起伏, に飛び出した, の幌飾り, の平, の残った, の飾り, をきざんだ, を見

▼ 波~ (12, 0.1%)

1 [12件] かと始, とでも云う, となった, のあらゆる, のため, の三女, の力, の慾情, の称, の称する, は三人, も天

▼ 波羅密~ (12, 0.1%)

3 多心経 2 を成じ, 多經 1 の, の一つ, の功徳, の自然, の薄い

▼ 波高く~ (12, 0.1%)

2 泳ぎ行き 1 千億の, 展望は, 舟行に, 船の, 船動きことに, 船躍る, 行く水, 貿易風が, 響いて, 風すさび

▼ 波~ (11, 0.1%)

1 [11件] ぎりなくうちつゞく, ひある浦, ぶつて, へらずぞ, へる硯, バカバカしいや, 何かの, 分りがたい, 字かの, 波に, 雲か

▼ 波という~ (11, 0.1%)

2 ものは 1 のは, ものが, ものの, 以前相撲だった, 奴でしょう, 客観的な, 日は, 牛肉屋の, 現象の

▼ 波とに~ (11, 0.1%)

3 送られて 1 おまかせおき下さる, さそわれて, だまされて, 命を, 弄ばれること, 戦ったの, 押しやられて, 櫓も

▼ 波ばかり~ (11, 0.1%)

4 あの鳥 2 白き黒き雲 1 うねりくねれりあきらめられず, ぎら, だ, 描いて, 眺めて

▼ 波静か~ (11, 0.1%)

1 [11件] なところ, なるも, なる風穏, な日, な東京湾口, な海, にし, にて波, にめでたく, に供奉, に群島海

▼ 波~ (10, 0.1%)

2 の網, を見る 1 である, とが相, のうち, の波, をたたえた, を描き

▼ 波平らか~ (10, 0.1%)

3 なり, にし 1 な内海, に船静か, に貴, に銀色

▼ 波~ (10, 0.1%)

1 である, と注いだ, のすばらしさ, の木乃伊, は一面, を, 亦紅, 哀しき波, 重く濃く滑らか, 黒い波

▼ 波羅武士~ (10, 0.1%)

1 がやって来, が三人, が擧動, である, とは見え, の手, の模型, の腸, の誇り, の迎え

▼ 波羅門~ (10, 0.1%)

2 の銅色 1 から來, という, にくれ, の, の奴, の腕環, や刹帝利, 押し懸けて

▼ 波さん~ (9, 0.1%)

2 の窓 1 がそれ, だけです, とがにや, の家, は, は一人, へ電話

▼ 波しぶき~ (9, 0.1%)

3 といっしょ 1 が煙る, とをまとも, に吹かれる, は声, をあげ, 描いたあの

▼ 波として~ (9, 0.1%)

2 岸により 1 あらわれるそれ等, つかんでは, 云い表わしたの, 享受され, 宏子に, 放出される, 起る場合

▼ 波には~ (9, 0.1%)

1 えて明るい, ちゃんとこう書い, なるる横雲, ゆられて, 卒都婆を, 白雲が, 秋の, 衣を, 黄金の

▼ 波三郎~ (9, 0.1%)

1 がその, だけはコマ五郎同様板の間, だけ見知っ, という者, はナニ, はハナ, は心底, もおれ, を訪問

▼ 波羅探題~ (9, 0.1%)

1 か, に遣わせる, のあと, の伊豆語, の周章狼狽, の指令, は越後守仲時, もあきれた, を襲はん

▼ 波~ (9, 0.1%)

2 の石田 1 が敵国, で安中三郎様, などには心, のがん, の組, は生き, を召捕ら

▼ 波~ (9, 0.1%)

1 か四明颪, だった, とのみ見る, の中, の外, の真, は世の常, をよびおこした, を起こし

▼ 波とが~ (8, 0.1%)

2 三方から 1 ぶつかり白, 小さな独木船, 廻り始めた, 激しく拍, 砕け散つて, 闘つてゐる

▼ 波とは~ (8, 0.1%)

1 いへ, いへど, ちがったうちかた, べつに船ば, タチが, 全然別, 少しも, 聖体拝受

▼ 波にも~ (8, 0.1%)

1 あらゆる意味, にぶきわが, まじつた, もまれつつ, 吹き来り吹き去る, 時代が, 濁つた色, 破られずに

▼ 波~ (8, 0.1%)

2 がある, と書く, の通, を蠡実

▼ 波~ (8, 0.1%)

52 亭の 1 亭萩亭とも

▼ 波斯民族~ (8, 0.1%)

1 と同じく, の一支派, の植民地, の殘, の海軍, の義, の船舶, の語

▼ 波斯語~ (8, 0.1%)

21 であります, と胡語, なり, には見, に飜譯, または亞剌比亞語

▼ 波止塲~ (8, 0.1%)

2 のほとり 1 から凖備, から此方, に來, の方, の附近, を去らん

▼ 波羅夷罪~ (8, 0.1%)

2 の犯者 1 と断, についで, につぐ, に次いで, の性質, の處分

▼ 波羅方~ (8, 0.1%)

1 が自分, では対足利, でもここ, に見切り, の憎しみ, は, は唐崎, へ降参

▼ 波蘭土~ (8, 0.1%)

2 の女 1 の共産党員, の戦債, の画家, の野原, の音楽家, の骨塚

▼ 波~ (7, 0.1%)

2 んだ 1 お高く沖, だり来ぬ, のであり, んです, 海へ

▼ 波~ (7, 0.1%)

2 んとして 1 にかくれ, にずぶりと, にチラッ, より見ゆる, を走りつづけ

▼ 波より~ (7, 0.1%)

1 きたり, 射返す白き, 山々の, 強く, 波へと, 産れ出た, 目を

▼ 波斯胡寺~ (7, 0.1%)

2 でこれ, と云 1 とは少しく, と記載, なること

▼ 波斯語系~ (7, 0.1%)

2 の民族, の言葉 1 の國民, の王朝, の語

▼ 波瑠子さん~ (7, 0.1%)

1 あまり叱らないで, が亡くなられた, じゃあない, という方, のこと, は本気, またあの

▼ 波穏やか~ (7, 0.1%)

1 なり, なるも, なる時, なれども, な色, にし, に夜

▼ 波羅中~ (7, 0.1%)

1 たれひとり, では, の合い言葉, の空気, は黒い, も戦争以外何, をあげ

▼ 波羅勢~ (7, 0.1%)

1 がさえぎら, がどこ, がよほど, だけとも思えぬ, にいや, の先鋒, を撃破

▼ 波羅者~ (7, 0.1%)

1 ではない, でもな, との間, の手, の番屋, の近づきうる, の邪げ

▼ 波羅衆~ (7, 0.1%)

1 からも固く, が入っ, が天狗狩, としますれ, のうごき, の内, もお立ち

▼ 波羅飛脚~ (7, 0.1%)

1 がこう, だ, だったが, とて文書, はどうか, は何, は何度

▼ 波かと~ (6, 0.1%)

1 きけば, 思う紺青色, 怪しまれ黒檜, 怪しむ許, 怪ま, 見える

▼ 波である~ (6, 0.1%)

2 ことに 1 から空気, ともいえる, と云, ものも

▼ 波です~ (6, 0.1%)

21 からこれ, か雲, なあれ, もの風が

▼ 波千寿~ (6, 0.1%)

1 であった, のおさん, の方, は一座, は天性, は急

▼ 波~ (6, 0.1%)

1 との両方, に沈み, に沈み去, の暗がり, の魚, へ沈めかけよう

▼ 波明り~ (6, 0.1%)

1 と共に磯, に映された, に添い, に添っ, の障子, をうけ

▼ 波里さん~ (6, 0.1%)

2 の帰り 1 が出掛ける, のあと, はすっかり, は一応

▼ 波~ (6, 0.1%)

1 に形作る, に立っ, に鵜, の猫, へ向っ, を階上

▼ 波でも~ (5, 0.1%)

1 かならず船, 喰つて斃死つてし, 見ようと, 雲でも, 風でも

▼ 波といふ~ (5, 0.1%)

2 ものが 1 ものは, ものを, んで

▼ 波~ (5, 0.1%)

1 しばし彼女, 一たび汝れ, 怒らば, 来い来い, 湧き立ち充ち溢れる深い

▼ 波~ (5, 0.1%)

21 と脚色者, によって宝塚系, を省み

▼ 波将軍~ (5, 0.1%)

1 として十万, の如く, の気概, の石像, の職

▼ 波斯模様~ (5, 0.1%)

1 の寝間着, の派手, の絨毯, の美, の色合

▼ 波神社~ (5, 0.1%)

1 である, であるから, に詣, の所在地, は五穀

▼ 波羅攻め~ (5, 0.1%)

1 とかたい, にも獅子奮迅, に出た, の当夜, を開始

▼ 波羅検断所~ (5, 0.1%)

1 の一将, の実績, の御, の白洲, はそれ

▼ 波羅様~ (5, 0.1%)

1 が忍ばるる, との間がら, にお, のご, へ召され切りです

▼ 波羅葦僧~ (5, 0.1%)

2 の空 1 なぞは忘れ, にかけても誓い申すべきや, の浄土

▼ 波蘭婦人服~ (5, 0.1%)

2 を著 1 などがぎつしり, の上, をひらひら

▼ 波蘭服~ (5, 0.1%)

1 の袖, や金モール, を着た, を著, を著せ

▼ 波調~ (5, 0.1%)

1 がその, である, で揉まれ, のまま, をかえた

▼ 波邇安~ (5, 0.1%)

5 の王

▼ 波~ (5, 0.1%)

1 かにし, なる入江, なる夜半, にし, に太平洋

▼ 波すら~ (4, 0.0%)

4 見えぬ煤

▼ 波~ (4, 0.0%)

1 かし, たちに, よせくる, 胸に

▼ 波~ (4, 0.0%)

2 ッて 1 か, たへたり

▼ 波では~ (4, 0.0%)

1 あるが, とても上れ, なくて, 清少年は

▼ 波とともに~ (4, 0.0%)

1 たえずゴトンゴトン, 五分ほど, 動くよう, 盛りあがる死屍

▼ 波とも~ (4, 0.0%)

1 いえる丘, いわれない水, おぼえ, 知らねども

▼ 波よりも~ (4, 0.0%)

1 しずかに, 多く散らされる, 突然の, 銀座の

▼ 波をも~ (4, 0.0%)

2 見遁す事 1 立てない, 静に

▼ 波一座~ (4, 0.0%)

1 のレヴィウ歌手, の俳優, の充実, へ出演

▼ 波上宮~ (4, 0.0%)

1 と護國寺, のある, の入口, へお

▼ 波~ (4, 0.0%)

4 すなわちカキツバタ

▼ 波斯古代~ (4, 0.0%)

2 の文学, の文學

▼ 波斯寺~ (4, 0.0%)

2 と稱 1 とのみで, と胡

▼ 波暗く~ (4, 0.0%)

2 瀬を 1 して, 島黒く

▼ 波模様~ (4, 0.0%)

1 のよう, の着物地, を手のひら, を現した

▼ 波滑らか~ (4, 0.0%)

3 にし 1 なること油

▼ 波立て~ (4, 0.0%)

1 ていた, て匂, て野原, 直ちに出

▼ 波続き~ (4, 0.0%)

4 ドンドンドン

▼ 波羅上下~ (4, 0.0%)

3 の武士 1 に名

▼ 波羅奈国~ (4, 0.0%)

1 に仙山, に遣わし, の人苦心, の梵誉王

▼ 波羅奉行~ (4, 0.0%)

1 と称え, の御教書, の腕, へ届け出る

▼ 波翻舌~ (4, 0.0%)

4 本吐紅蓮

▼ 波~ (4, 0.0%)

1 が浮く, が高く, と共にしばらく, を引い

▼ 波邇夜須毘古~ (4, 0.0%)

2 の神 1 の命, の命一柱

▼ 波邇安王~ (4, 0.0%)

1 が悪, はすぐ, は案, を刺し殺し

▼ 波あれ~ (3, 0.0%)

2 ども高から 1 の時

▼ 波おだやか~ (3, 0.0%)

1 なてんぐ, な葵, に四国

▼ 波この~ (3, 0.0%)

1 波で, 波に, 波を

▼ 波これ~ (3, 0.0%)

2 も大丈夫 1 を知る

▼ 波さえ~ (3, 0.0%)

1 立たせ得る望み, 見えない, 音も

▼ 波じゃ~ (3, 0.0%)

1 ないか, ねえだ, チットモ利かない

▼ 波そのもの~ (3, 0.0%)

1 である, のうねり, の主張

▼ 波だけが~ (3, 0.0%)

1 みるみるむこう, 波紋の, 見えて

▼ 波だって~ (3, 0.0%)

1 あまり上手く, みえたので, 碌に

▼ 波であった~ (3, 0.0%)

1 に相違, に過ぎず, わけだ

▼ 波について~ (3, 0.0%)

1 かいて, その性質, 濱に

▼ 波にでも~ (3, 0.0%)

1 星にでも, 浮いてるよう, 見えるかの

▼ 波に対して~ (3, 0.0%)

1 どう反応, 盲目で, 素晴らしい形容詞

▼ 波のみ~ (3, 0.0%)

1 だれて, 地に, 渦巻いて

▼ 波ひとつ~ (3, 0.0%)

2 無い 1 立てず又

▼ 波ようやく~ (3, 0.0%)

1 高く教天, 高く終夜, 高く船

▼ 波われ~ (3, 0.0%)

2 てくだけ 1 てくたけ

▼ 波世都加比~ (3, 0.0%)

3 之友造

▼ 波~ (3, 0.0%)

1 とが居た, と呼ばれた, も少年団

▼ 波仏陀~ (3, 0.0%)

1 の塔, の大, の舎利塔

▼ 波動力學~ (3, 0.0%)

1 が專ら行はる, として學界, を樹

▼ 波工事~ (3, 0.0%)

1 にも加える, の目的, を施す

▼ 波~ (3, 0.0%)

1 にささやき, に突起, 惹くかをり

▼ 波~ (3, 0.0%)

1 のたゆ, を見れ, 光ると

▼ 波斯匿王~ (3, 0.0%)

1 さえ如来, ならずとも, の妃

▼ 波斯帝國~ (3, 0.0%)

1 の文化, の部分, を滅

▼ 波斯系~ (3, 0.0%)

1 の, のもの, の文明

▼ 波斯軍~ (3, 0.0%)

1 との戦争, には鉄騎隊, は戦象

▼ 波~ (3, 0.0%)

1 が酔, の中, の揺れ

▼ 波~ (3, 0.0%)

1 去人, 寄る浜辺, 寄る荒巌

▼ 波梨所傳~ (3, 0.0%)

1 に増加, の方, の法句

▼ 波~ (3, 0.0%)

2 の上 1 の石垣

▼ 波波波~ (3, 0.0%)

1 である, は一面, 重く濃く滑らか

▼ 波~ (3, 0.0%)

1 ふ岸, ふ甲板, へり

▼ 波~ (3, 0.0%)

1 の中, をえがい, を渦巻い

▼ 波渺茫~ (3, 0.0%)

1 として遠き, として際涯, と霞ん

▼ 波漫々~ (3, 0.0%)

2 たるわだつみ 1 たる世界

▼ 波~ (3, 0.0%)

2 の浪 1 を見

▼ 波~ (3, 0.0%)

1 とも見られる, を印し, を見ず

▼ 波立てる~ (3, 0.0%)

1 大面積, 海を, 麥の

▼ 波~ (3, 0.0%)

1 におりまし, に働く, の者

▼ 波羅の~ (3, 0.0%)

2 やしき 1 もよう

▼ 波羅側~ (3, 0.0%)

1 ではここ, は同様, をてん

▼ 波羅夷~ (3, 0.0%)

2 の三尊 1 を得

▼ 波羅放免~ (3, 0.0%)

1 の偽, の抜け目, の眼

▼ 波羅松原~ (3, 0.0%)

1 に残余, はある, へさして

▼ 波羅総門~ (3, 0.0%)

1 のふせぎ, の内, を入っ

▼ 波羅陥落~ (3, 0.0%)

1 の報, の実相, を知る

▼ 波~ (3, 0.0%)

2 賣の 1 阿比

▼ 波~ (3, 0.0%)

21 は海面

▼ 波荒き~ (3, 0.0%)

1 海なる, 海上を, 現実の

▼ 波荒く~ (3, 0.0%)

1 かの地, これに, 古より

▼ 波~ (3, 0.0%)

21 に活用

▼ 波~ (3, 0.0%)

2 の外 1 を出

▼ 波飛沫~ (3, 0.0%)

1 が滝, だ, を上げ上げ

▼ 波騒ぐ~ (3, 0.0%)

2 汐首岬 1 底ひなき

▼ 波あり~ (2, 0.0%)

1 摩訶薩, 隣邦の

▼ 波うねり~ (2, 0.0%)

1 一字をも, 大きく見え

▼ 波おとな~ (2, 0.0%)

2 ふがごと

▼ 波かげ~ (2, 0.0%)

1 にむつ, に睦語り

▼ 波かぶりかぶる~ (2, 0.0%)

2

▼ 波がた~ (2, 0.0%)

1 にぎらぎら, は箏

▼ 波こえよ~ (2, 0.0%)

2 とて末

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 しに, もりたぐふ

▼ 波さわぎ~ (2, 0.0%)

1 たち, て沖

▼ 波しずか~ (2, 0.0%)

1 なること, に月

▼ 波すこし~ (2, 0.0%)

2 分れて

▼ 波そして~ (2, 0.0%)

2 海を

▼ 波ただ~ (2, 0.0%)

2 ひとりなる

▼ 波たち~ (2, 0.0%)

1 さわぎ, さわぐ海

▼ 波たゆ~ (2, 0.0%)

2 たに

▼ 波であっ~ (2, 0.0%)

1 て今彼, て善読

▼ 波であり~ (2, 0.0%)

1 一船これわが, 丹羽長秀が

▼ 波でしか~ (2, 0.0%)

1 なかった, なかつた

▼ 波とばかり~ (2, 0.0%)

1 です, 闘つてゐる如き

▼ 波とを~ (2, 0.0%)

1 一つおきに, 残して

▼ 波と共に~ (2, 0.0%)

1 畑柳邸を, 踊りま

▼ 波なき~ (2, 0.0%)

1 池の, 海を

▼ 波なく~ (2, 0.0%)

1 さしくる潮, 古宮空しく

▼ 波なら~ (2, 0.0%)

1 ば潜航艇, ば濡れ

▼ 波なる~ (2, 0.0%)

1 ものの, 青海原とても

▼ 波なんか~ (2, 0.0%)

1 おくめん, 問題に

▼ 波にの~ (2, 0.0%)

1 しあげたよう, ッて

▼ 波によって~ (2, 0.0%)

1 歳々の, 近時急に

▼ 波に対する~ (2, 0.0%)

1 新しい解釈, 観察の

▼ 波のうへに~ (2, 0.0%)

1 ゐるやう, 重なり

▼ 波ばかりが~ (2, 0.0%)

1 あとの, 目を

▼ 波びょうびょう~ (2, 0.0%)

2 として天

▼ 波ほし~ (2, 0.0%)

2 いま

▼ 波ますます~ (2, 0.0%)

1 狂い波止場, 高し

▼ 波まで~ (2, 0.0%)

1 出て, 記録する

▼ 波~ (2, 0.0%)

2 たに

▼ 波よけを~ (2, 0.0%)

1 こえて, つけ中間

▼ 波よる~ (2, 0.0%)

1 さへや, 麥の

▼ 波をよけて~ (2, 0.0%)

1 いわゆる, 引き上げた漁夫

▼ 波上茫茫~ (2, 0.0%)

2 看不

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 の間, 突如と

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 に埋没, の赤金

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 布止, 弖安礼婆御

▼ 波二さん~ (2, 0.0%)

1 じゃない, も気

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 がなくなっ, の遺骨

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 から二間, のところ

▼ 波全体~ (2, 0.0%)

1 としてわれわれ, を漕ぎわけ

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 は博士, を頭

▼ 波~ (2, 0.0%)

2 動が

▼ 波切り~ (2, 0.0%)

1 の観音さま, をよく

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 が一, 多耶

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 もまた, 自等許等太弖

▼ 波四郎~ (2, 0.0%)

1 のため, は九州

▼ 波型紙~ (2, 0.0%)

1 しぼりボール, をさらにもう

▼ 波夜遲奴美~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 波太加吉都幡多華己紫抜他~ (2, 0.0%)

2 もしくは加岐都波奈

▼ 波太加岐都波太加吉都幡多華己紫抜他~ (2, 0.0%)

2 もしくは加岐都波奈

▼ 波太波奈~ (2, 0.0%)

2 の通

▼ 波夫君~ (2, 0.0%)

1 などの子安貝談, の

▼ 波夷羅神将~ (2, 0.0%)

1 の出来上がった, を二尺以上

▼ 波婆利~ (2, 0.0%)

1 に送る, 大いに困る

▼ 波寄せ~ (2, 0.0%)

1 たり, ておりおり

▼ 波寝台~ (2, 0.0%)

1 をもち, を持ち出し

▼ 波将軍馬援~ (2, 0.0%)

1 という者, の子孫

▼ 波屋書房~ (2, 0.0%)

1 の二, 仮事務所

▼ 波延比~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣に

▼ 波~ (2, 0.0%)

2 が切々

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 がきらきら, をあげ

▼ 波~ (2, 0.0%)

2 は椰子

▼ 波志毘登~ (2, 0.0%)

1 と訓むべ, なるを

▼ 波打てる~ (2, 0.0%)

1 ガラスは, 髪を

▼ 波斯又~ (2, 0.0%)

1 は其の, は波斯系

▼ 波斯女~ (2, 0.0%)

1 を寵愛, を後宮

▼ 波斯婦~ (2, 0.0%)

1 とは當時蕃坊, とも菩薩蠻

▼ 波斯教~ (2, 0.0%)

1 の経典, の經典

▼ 波斯文字みたい~ (2, 0.0%)

1 だ, になっ

▼ 波斯灣~ (2, 0.0%)

1 から出で, の兩岸

▼ 波斯猫~ (2, 0.0%)

1 がわざわざ, である

▼ 波斯皆魔法~ (2, 0.0%)

2 の問屋

▼ 波斯譯~ (2, 0.0%)

1 から更に, になつ

▼ 波日光~ (2, 0.0%)

2 の波

▼ 波暮れ~ (2, 0.0%)

1 て, てひもじき

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 とかいう, へゆく

▼ 波~ (2, 0.0%)

2 古多

▼ 波波頭~ (2, 0.0%)

2 に泡

▼ 波洗足~ (2, 0.0%)

2 の池

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 所に, 處伴蛟龍

▼ 波瑠ちゃん~ (2, 0.0%)

1 いったいどうした, そんな強い

▼ 波白浪~ (2, 0.0%)

1 さけびあう疾風飛沫, の美

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 が屹度, を揃え入り組んだ

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 である, を月

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 かに岸, かに澄ん

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 へ降り, まして進み来る

▼ 波立ち~ (2, 0.0%)

1 のどっか, をおぼえた

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 と会, を占領

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 が白く, は芒

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 が大御, にうち

▼ 波羅どの~ (2, 0.0%)

1 に媚び, を憚

▼ 波羅一~ (2, 0.0%)

1 の優男, の剛の者

▼ 波羅内~ (2, 0.0%)

1 に, の寺院

▼ 波羅別院~ (2, 0.0%)

1 の板屋びさしにお, の獄屋

▼ 波羅勤め~ (2, 0.0%)

1 の侍屋敷一軒, も忙しい

▼ 波羅北殿~ (2, 0.0%)

1 の廂, の方

▼ 波羅国~ (2, 0.0%)

1 にもある, に行きまし

▼ 波羅大番~ (2, 0.0%)

1 のさい, の小串三郎則行

▼ 波羅密牒~ (2, 0.0%)

1 がやすやす, の内容

▼ 波羅広場~ (2, 0.0%)

1 と七条河原, のうち

▼ 波羅攻略~ (2, 0.0%)

1 には成功, の大功

▼ 波羅武者~ (2, 0.0%)

1 の合い言葉, の弓箭千五百

▼ 波羅牢~ (2, 0.0%)

1 といいまし, へ曳き

▼ 波羅筋~ (2, 0.0%)

1 の武者, らしき武士

▼ 波羅評定衆~ (2, 0.0%)

2 の一員

▼ 波羅軍~ (2, 0.0%)

1 がすでに, にやぶれ

▼ 波能母遲久奴須奴~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 から跳, と常に

▼ 波荒れ~ (2, 0.0%)

1 て久しく, て舟行

▼ 波蕩風響~ (2, 0.0%)

1 して, し來

▼ 波蘭土人~ (2, 0.0%)

1 だそう, であること

▼ 波行下二段~ (2, 0.0%)

2 に活用

▼ 波見る~ (2, 0.0%)

1 からに心地よく, 者として

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 との上, におちいっ

▼ 波越さじ~ (2, 0.0%)

2 と誓いし

▼ 波越殿~ (2, 0.0%)

1 が非常, にお話

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 次第に熟習, 次第に習熟

▼ 波邇夜須毘賣~ (2, 0.0%)

1 に娶ひ, の神

▼ 波~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 波~ (2, 0.0%)

2 に鵜

▼ 波限建鵜草葺~ (2, 0.0%)

2 不合

▼ 波限建鵜葺草葺合~ (2, 0.0%)

2 へず

▼ 波~ (2, 0.0%)

2 の後

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 に見ゆる, の波

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 と波底, の間

▼ 波~ (2, 0.0%)

1 にそよぐ, 吹きて

▼ 波鳴り~ (2, 0.0%)

1 の聞えるうらさびた, の音

▼1* [666件]

あげて, 波あたりから上陸, 波あっちもこっち, 波あの写真を, 波あびせて打つ, 波あまた海に, 波あらき大海原, 波あらたに寄せ, 波あるのみ, 波あるるとも船, 波いくかへり, 波いと穏やかに, 波いまだかがやかずつつましく, 波いやしくしくに, 波へに真珠, 波うちとともに本当に, 波うてる髪よ, 波うらうらと眠る, 波おそろしく大きな足, 波かがやけば堪へ, 波かきみだす颶風の, 波かぎり知られず, 波かなたなぞへに鴨, 波かぶって呼吸, 波かんばしく清いかおり, 波がずつと上下し, 波がと思ふと, 波がどどど, 波がなだれる無数, 波がめつきりと, 波がよかつた, 波ぎわをみるに点々として舟, 波ふかんなと, 波くずの中, 波ぐらいは大したもの, 波ぐらゐほんの子供, 波ここもとや須磨の浦, 波こそ君の, 波ことごとく燃ゆる, 波こまやかに門司ヶ関, 波へ穏やか, 波さらに高く甲板上, 波さわがしい兆しを, 波さわぐ渚の, 波家中の, 波しきりと顔, 波しづかなる加古河, 波しらじらと掻き立て, 波しろい波, 波するのであった, 波すれ違って東京, 波そこに愛情, 波その心持が, 波それは悉く, 波たうたうとして, 波たかく騒ぐ海, 波たたせた水色の, 波ただよい言葉も, 波たつ髪の, 波たてり見ゆ, 波だけだった, 波だけは憤って, 波だけを見て, 波だった彼の, 波だの舟だの, 波や堪らない, 波つづき銀のさ, 波つづきで平屋根, 波てえチットばかしは, 波でありますがスペクトル, 波ですつかり洗つた, 波でないという事, 波でなくとも, 波でなければなりません, 波とかが之である, 波とびちる飛沫現れ, 波どもがこ, 波なお高く船, 波なだれ落ちたちまち不二, 波などそういう島, 波などが出て, 波などという白拍子名を, 波などに米軍が, 波などはこういう時, 波なにをか答, 波なに一つ飛沫をあげぬ, 波なびきてさや, 波ならぬ喞筒とも, 波なんて月並な, 波にあたる波の, 波にかも似たり, 波にさえ花は, 波につれどっと笑い, 波にて測るにも, 波にともなひ慣れざる路, 波になつて伝は, 波にばかり目を, 波にものいひ拾, 波にや揉まれる生活, 波によつて碎かれつ, 波に従って光は, 波のうづまき, 波のうへつて申し, 波のてに溺れて, 波のなだりに飛ぶ珠, 波のみが流れて, 波のみね千重しくしく, 波のむた限りも, 波はかへした波, 波はどどんどど, 波はをどり子, 波ばかりになった, 波ひたひたと舟, 波ひたるあらしの, 波ひとたびしずまれば, 波へと投ぜられ苦, 波ほどの豪の, 波まくら幾夜経にけむほのぼの, 波までは五社峠の, 波までも見透して, 波やけ, 波みゆるなり, 波むかしにかへれ, 波むなしき船を, 波もて彼を, 波もねむたくゆれてゐたとき, 波ものかはと勵, 波やや高く風, 波やを見て, 波ゆきかへりのたくる, 波ゆくえも知らぬ, 波ゆめの皺みの口吻, 波ゆりのぼる, 波ゆりくればゆりあげ, 波ゆるやかな夜, 波よけにもたれて, 波よけの杭に, 波よせて, 波よせかけよせかけ帰らんに同じ, 波よりは高かった, 波は, 波くる, 波わが頭上に, 波わけて, 波わけむされど強ゆる, 波をけ立てて, 波をぞ舞ひ納めける, 波立たぬ, 波シバシ追ウモ漂イ晦ムナカレ, 波入ルニ逢ヒ, 波ニ隨ツテ散リ, 波ノウエヲクネクネト四百メートルモ彎曲シアレヨアレヨトオドロクウチ口ヨリ火ヲフキ, 波ハゼ紅葉の真紅, 波ワレテクダケテサケテ散ルカモ, 波掩ヒ不, 波一ツない靜けさ, 波一座入りが出, 波一座歓迎の夕, 波一所の水, 波一条銀河を流す, 波一点の雲影, 波一般では地方土着, 波一面に滑らか, 波丁子はなん, 波万濤の起激点, 波三四郎高崎次兵衛などはそれ, 波三郎さんにもう一度, 波上限りなき自然, 波久礼が終点, 波久礼駅に着きぬ, 波之流久之米多底, 波の稽古, 波る, 波二少年は暗い, 波五郎が廃業, 波の波, 波人いきれの中, 波人惡人を, 波仏人寿百歳の時釈迦牟尼仏, 波以外天地なく各国, 波伊太利の南端, 波伏す詩句と, 波何かしら薄ら寒い遠い眺め, 波何為わが中, 波便ち天, 波の訛略, 波光り重なり日も, 波光山影の間, 波光泛日霧初消, 波光雲影両蒼茫, 波全く地を, 波分けて, 波切る舳, 波前日のごとし, 波加利の東競石郷二木, 波動いて万波, 波動かざる親鸞上人の, 波動き不可思議の, 波動く春の, 波千仭の底, 波協会の設立, 波とでもいうべき, 波即ち縦波である, 波厦門上海という, 波去るの後, 波十年も, 波又は瞻波と, 波受信機の接続, 波古いこと幼い, 波蘇倍衣受都久之毛可, 波右方に一帯, 波合唱がモスクワ河, 波ふに, 波向うに進まう, 波君自身はこの, 波ゆるのみ, 波哀しき波, 波に, 波と私, 波四郎体を反らし, 波回折の実験, 波図書という三百五十石取り, 波のやう, 波土曜の客, 波型入りのハマザクラ, 波型寄木踏むべくは, 波型検定用のブラウン管, 波型鏡筒型鏡の洪水, 波の上, 波士弓を取り持ち, 波士弓天の加久矢, 波の床, 波夜賀斯多尓むしふすま, 波を載せ, 波太加岐豆波太加岐都波太加吉都幡多華己紫抜他もしくは加岐都波奈, 波奈大郎女が侍臣, 波奈大郎女悲哀嘆息し畏, 波奈姫が太子生前, 波奈比は嘗也, 波女中などが電話, 波如来は今何処, 波に沈降, 波婆利慈氏のため, 波字源考がわたくし, 波字源考一冊詩史顰一冊共に上木, 波字源考市野迷庵撰詩史顰を校刻, 波孫十郎が誰, 波宇寸低茂, 波安可之等, 波安良自等, 波寄る見ゆ, 波小さい波それは, 波小さき石に, 波少しくはげしうなり, 波のおきただ, 波屋書店の主人, 波山中で松風, 波山河乎比呂美安都美等多弖麻豆流御調宝波, 波岐神社北秋田の七座神社森吉神社等, 波の草原, 波からの吸引, 波左可延牟物能等可牟, 波の一端, 波鮭計りなる, 波平行安作刀一振を, 波広い見物席は, 波が女, 波の平, 波のうち, 波魂は, 波心楼の大, 波と云, 波遠入, 波忽然と舟の, 波思いだしたように, 波思ひ出したりまた, 波はその, 波情海を渡らん, 波憲治君の葬式, 波からわれ, 波手摺下手に葭簀張り, 波手足の硬直, 波打ち寄せつ兩勢は, 波打ち続いている, 波打って煽る, 波打つと力, 波打込みしものか, 波折いく日わたづみ, 波押しわけて万亀, 波推しわけて, 波へて進ん, 波揺らぐ日かげ, 波揺り来ればざぶり, 波ちこそ, 波数奇な運命, 波文久永宝よく数, 波斯あたりのもの, 波斯ショールの譬え, 波斯スシヤナおよび巴比崙初探検記, 波斯バクダットを經, 波斯中国日本と連想, 波斯中央亜細亜あたりまでの各国書目, 波斯乙女はわけても, 波斯亞剌比亞の航海者, 波斯亞拉比亞を經, 波斯人自身は邪法, 波斯人錫崙土人其他種種に分れ, 波斯以西の諸, 波斯匿と摩利夫人, 波斯名本森勿, 波斯名勢森勿天竺名鴦哦, 波斯名婁禍森勿天竺名蘇摩, 波斯名斯森勿天竺名戍羯羅, 波斯名曜森勿天竺名阿, 波斯咤比丘は梁棚, 波斯国でのオリーブ, 波斯在來の, 波斯女帝号の甲板, 波斯學者の間, 波斯寺二とある, 波斯意匠たること, 波斯戰がある, 波斯族半黒黒焼, 波斯毛氈でも敷き詰めた, 波斯湾岸であります, 波斯灣一帶の地方, 波斯灣附近の商人, 波斯王の侍醫, 波斯王ゼミイルの御殿, 波斯産の猫, 波斯神話にも稍同じき大蛇殺戮説話, 波斯等のシア派徒, 波斯紀行一卷六一六頁に盜人, 波斯絨毯間接光線は四方, 波斯縁の揃い, 波斯胡寺ゾロアスター教の, 波斯自身にも異教徒, 波斯葡萄牙羅馬尼亜露西亜塞耳比亜暹羅瑞典那威瑞西土耳其勃牙利の二十六ヵ国, 波斯辺の光景, 波斯青の一器, 波斯音に轉訛, 波斯風のショール, 波斯馬を得, 波斯駐在の英国公使, 波羅の, 波新しく戦ぎだした, 波施餓鬼すみたるあと, 波早くも黄びかりうすあかり, 波明るき弁天島の, 波映えといっ, 波暫し遊ぶを, 波すればこそ, 波落ちて, 波梨原本を讀む, 波梨富羅国の師波婆利, 波梨本は二十六章四百二十三頌, 波梨語の原本, 波はぬ, 波模樣である, 波樹林に還り, 波橘樹を窺, 波次いで起り遂に, 波浸, 波止めの杭, 波正視できぬ飢餓, 波比岐の神, 波比爾比閇などの読法, 波の研究, 波気左倍絶而後遂, 波江さん一人でもってる, 波沙寐錦わが舟師, 波要介, 波沼兄弟ばかりがあと, 波沼兄弟たちへいう, 波沼様と申しまし, 波波うち伏した, 波波だちたぎつ夜は, 波洗う外房州の, 波活動が頻々, 波浩渺たる湖面, 波浩蕩一帆遅, 波浮中学校の坂口校長先生, 波浮側に沙漠, 波浮身の妙変, 波せたが, 波渡辺天蔵の早耳, 波卷く靄, 波湧き激声雷の, 波の尾, 波穏春草満, 波を解し, 波濤千年の人文的感化, 波濤千里の異域, 波濤天を搏, 波濤山の如き, 波濤洶涌の間, 波濤激蘯する海岸, 波濤連山のごとき, 波濤重畳の大洋, 波炭火の空, 波迹, 波無きの風, 波煩悩のあか, 波熨するが如く, 波燈籠にまく, 波の空, 波爾志なるを, 波爾杜瓦爾らの横, 波爾移麻比彌神社, 波瑠さんぼくはここ, 波瑠ちゃんなにもきみ, 波しい動揺, 波生じ船また, 波生れも出で, 波を挙げる, 波敢問それ詩と, 波疑って敢えて, 波白き海原さして, 波白く広がるを, 波もたてぬ, 波連なる所, 波眼下にあり, 波石相激して, 波に消, 波砂山の下, 波砕けて飛沫雨, 波碇泊艦隊から急派, 波磯吟詠の旅人, 波磯月栖家山千万里遠在, 波社会の発展, 波の紅葉, 波穏やか吾妻浜の奇巌, 波窪地また岡, 波立てたる風とても, 波三波と, 波ゆる間, 波絶えず寄せ来て, 波緑波を漂, 波で囲っ, 波羅がたは今日, 波羅じゅうの勢, 波羅一つが北条, 波羅一劃は大塔, 波羅一帯は急, 波羅一廓のことし, 波羅一掃の後, 波羅一門が爛漫, 波羅並木車大路の辻, 波羅伊曾の空, 波羅倉奉行の斎藤四郎左衛門利行, 波羅入りはゆるゆる, 波羅全軍も今, 波羅共にそれ, 波羅兵たちが男, 波羅割符をしめし, 波羅勤番の一奉行, 波羅北御所の仮, 波羅北苑の木戸, 波羅向きへは道誉, 波羅問罪所でひと晩, 波羅固めの逆茂木, 波羅地蔵の蒼古, 波羅失陥の噂, 波羅奈王の輔相一男児, 波羅奉行所とは称えなかった, 波羅寄合の武田伊豆, 波羅密偵の眼, 波羅密勤行布施心無悋惜, 波羅密寂照は愈々, 波羅密禅波羅密般若波羅密の自然, 波羅密経に詳しく, 波羅密般若波羅密の自然, 波羅密骨をも休めず, 波羅屯所へ曳かれ, 波羅常備の探題以下, 波羅平家一色になり, 波羅平氏がひとり都, 波羅当局としてはこれら, 波羅役人の指揮, 波羅御門は牛車, 波羅捕吏の一群, 波羅探題以下評定衆引付衆問注所執事侍どころ所司検断所越訴奉行などのおびただしい, 波羅探題攻めのさい, 波羅提木叉の戒文, 波羅放免組からはとうに, 波羅政庁の陥落, 波羅数万の兵, 波羅早馬の声々, 波羅時代に掘られた, 波羅松の松, 波羅柯と名, 波羅根性とはよく, 波羅検挙はこう, 波羅樣をまねび, 波羅武士どもが郷, 波羅武士四百余名が枕, 波羅武者蹄の音, 波羅殿舎の大, 波羅池殿西八條の邊, 波羅泊りもはや, 波羅波利多耶, 波羅滅亡の兆し, 波羅滅亡後一時京都が混乱, 波羅滅亡近江番場の惨事, 波羅牢広場まで持っ, 波羅状の一つ一つ, 波羅畑の玉蜀黍, 波羅番屋まで来, 波羅発門は午前十時, 波羅的な武断主義, 波羅的艦隊の全滅, 波羅監禁をうけ, 波羅監視のもと, 波羅直属もいる, 波羅相互の陣, 波羅相手に斬り, 波羅突入の一番, 波羅聚落の鼻, 波羅能意登比比売能古袁佐比登由母弥為弖牟志太夜伊幣爾久太佐牟也, 波羅舟か, 波羅舟数隻は後ろ, 波羅落ちをした, 波羅落人のみな, 波羅葦僧垤利阿利, 波羅葦増のゆめ, 波羅蠅は旅, 波羅行幸の巻, 波羅評定にふと, 波羅跡の崩れ垣, 波羅近くへ来, 波羅送りか, 波羅部内の噂, 波羅配下の彼ら, 波羅門僧の如く聴け, 波羅門哲學と對比, 波羅門太子に教え, 波羅集会があり, 波羅風は去んでし, 波羅飛報によれ, 波羅飛牒などにし, 波群葦増の門, 波がさし, 波耀れば, 波耳うちひ, 波の潤い, 波脈々としてサワ, 波舞いあがる水煙は, 波った舟, 波に触れ, 波が幾艘, 波船室内にあり, 波色響をあなた, 波苹果の頬, 波荒い太平洋の, 波蒼い波を, 波蒼くして, 波蕩響應して, 波蘭グロジスクの町, 波蘭人さへ用, 波蘭人どもがわれわれ, 波蘭人アウスより創る, 波蘭人伊太利人西班牙人等から成る, 波蘭人等から有無, 波蘭伯爵もある, 波蘭共和国の今, 波蘭和蘭加奈陀諾威等の国人, 波蘭国境へ直行, 波蘭土系の詩人, 波蘭土製のアイス, 波蘭文字ともつかぬ, 波蘭王を兼ね, 波蘭王麾下の貴族たち, 波蘭瑞典那威澳太利匈牙利葡萄牙墨西哥アルゼンチン将た, 波蘭生れのピアノ, 波蘭貴族よろしくの, 波蘭軍は秋, 波蘭輪舞のよう, 波虚しき船を, 波裂くるとき, 波見えて浪子不動, 波起りて倒, 波起り波伏す詩句, 波越えて多摩, 波越しの遊び, 波越すと谷底, 波越せば巖, 波越らもしばしば, 波越ッににがした, 波越ッ二人ともおらん, 波越上役が招い, 波越八弥二人は江戸, 波越八弥加山耀蔵のふたり, 波越八弥隣室にいる, 波躍る碧瑠璃海岸の, 波夢流, 波輪形の皺, 波農村においてストライキ, 波近く傾いた下弦, 波返る波, 波送る流の, 波卷く潮, 波逐波時々随縁赴感, 波かに静まれ, 波が答, 波なる彼邦, 波那比爾波能, 波那閇爾波比, 波酒染の雲, 波里トシテアルヲ古名録ニ益母草苗也今名めはじき, 波重く濃く滑らかに, 波に摺りたる, 波金十郎もお, 波金十郎のは弱りました, 波ならば, 波銭小銭厘か毛, 波鎭漢紀は位置階級, 波のごとき, 波長く恨を, 波陀孃子は, 波限建鵜葦草葺合へず, 波へ溢漲, 波にもむね, 波際伝いに歩い, 波障子の中, 波雄勝方面とそれから, 波雌波は, 波が仏, 波難陀二竜王各八万四千, 波難陀二竜王山中を守護, 波霜太様とて旦那, 波霧海遠望するあたわず, 波青く沙白き, 波に青畳, 波静まると思え, 波静梅龕俎堂等の名, 波静虚子らの顔, 波黒髪者速須佐之, 波音おだやかな夢, 波音そのかみの悲劇, 波音入江の南, 波音夕焼旅情切ないもの, 波音小鳥水何もかもありがたかっ, 波響五十五歳の時, 波響広年は美作守道広, 波響木文河釧雲泉川槐庵同賦, 波響木村文河釧雲泉今川槐庵があつ, 波響木村文河釧雲泉今川槐庵及蘭軒が来り, 波響茶山の交, 波響蠣崎将監の宗家, 波頻々伝わる上流, 波風花雪月の景色, 波風花雪月望中転春夏秋冬夢裏, 波の流れ, 波騒いも立て, 波騒ぎどッ, 波騷ぎて沖の釣舟, 波騷ぐ岸を辿りし, 波高い鏡に, 波高かれとばかりに祈りおりまする, 波高き日は, 波高ければとて船, 波の鳴, 波黒い波, 波のやう, 波鼓浪の節, 波鼻隆く褪せた唇元