青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「正月~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~正しく 正しく~ 正に~ ~正体 正体~ 正太~ ~正当 正当~ 正成~ ~正月
正月~
~正直 正直~ ~正確 正確~ 正義~ 正造~ ~正面 正面~ ~此 此~

「正月~」 3340, 35ppm, 3385位

▼ 正月~ (757, 22.7%)

7 ことで 6 二日に 5 こと, 休みに, 末に 4 初めに, 夜の, 餅を

3 [12件] ある日, うちに, ことだ, ことである, 休みの, 元日に, 初に, 十五日に, 十五日の, 十五日過ぎに, 松が, 物を

2 [52件] あつた, ことでした, ように, マルクスの, 一日から, 三日です, 三日に, 下に, 下半月, 事, 事何くれと, 五日の, 休暇に, 元日から, 元日が, 元日を, 元旦に, 初めより, 初大師, 十三日外神田松永町の, 十五日には, 十六日に, 十六日私は, 十日です, 十日と, 四日に, 四日には, 四日平次は, 寒さ, 最初の, 朝の, 末から, 末であった, 末まで, 条に, 湯島天神門前の, 用意も, 着物でも, 礼に, 祝い棒の, 神様が, 終りの, 膳が, 行事の, 買物に, 酒を, 門松も, 風に, 飾りに, 飾り物を, 餅の, 鳥羽伏見の

1 [577件 抜粋] あそび, あそびで, ある夕ぐれ, いく日だった, いろいろな, うちはね, おセチ, お小遣い, お晴れ衣裳, お稽古初め, お飾りを, きょう御, きんぴらに, こたつで, ことが, ことだった, ことだったろう, ことでございます, ことでしたろう, ことゆえ, ことを, こと何處かの, こと偶, これも, ころから, ごいわい, ごとき親, しじまい, しめ飾りの, すえか, そうそう, ためとて, ために, ための, ついたちの, ところ多賀ちゃんの, にはまだ, はじめあたりから, はじめから, はじめに, はじめは, はじめ上州館林正田醤油の, はじめ屠蘇の, ふれを, まにあいますよう, みいりを, めでたい雪, もぐら打ちの, もちつきを, ものの, やつが, やりくり話を, やり直しと, ゆうぐれ, ようであった, ような, オンベ仲間の, カルタ会の, カルタ遊びなどには, シメ飾りも, ドンドン小屋と, フォリース打ち合せする, プランも, プラン段々, プロ決定, ヴァラエティーの, ヴァラエティー用の, 一日に, 一日の, 一日までには, 一日鎌倉に, 一時に, 一番初めの, 一週間を, 七日か, 七日に, 七日目に, 七種粥を, 七草ごろから, 七草すぎの, 七草の, 七草を, 三が日朝祝を, 三ガ日へ, 三ヶ日あたりは, 三ヶ日が, 三ヶ日漸く, 三ヶ日間は, 三方折敷の, 三日だけ, 三日という, 三日の, 三日を, 三日間位退屈な, 三日間餅を, 三箇日へ, 上旬であった, 上旬に, 下席, 下旬も, 下旬洛陽の, 中旬ごろまで, 中旬に, 九日という, 事で, 事であった, 事である, 事と, 事まで, 事ゆえこってり, 二の, 二の替りを, 二十一日には, 二十七日この, 二十七日は, 二十三日は, 二十二日, 二十五日あたりから, 二十八日から, 二十六日田沼侯は, 二十四日きょうは, 二十日いよいよ, 二十日です, 二十日には, 二十日過ぎと, 二十日間を, 二十日頃まで, 二日と, 二日には, 二日の, 二日は, 二日を, 二日前に, 二日前の, 五日, 五日だった, 五日である, 五日でございます, 五日に, 五日大方人去り, 亭主族, 仕事として, 仕事初めから, 仕度とだけは, 仕度も, 仕度流質の, 他に, 任務を, 休みで, 休みなどには, 休みになど, 休みは, 休みも, 何日頃であった, 作である, 僕の, 儀式が, 儀式さえも, 儀式に, 儀式を, 元日でも, 元日と, 元日とて, 元日には, 元日の, 元日五条の, 元旦と, 兇徒連, 入湯客が, 八日, 八日が, 八日に, 八日には, 六日, 六日に, 六日の, 六日年越しの, 六日頃らしく, 凧上げ, 出し物決定, 出来事で, 出来事に, 分は, 分迄, 初めと, 初め雪の, 初会能に, 初刷り, 初子の, 初焼き, 初荷の, 初閣議, 前の, 前売午前九時から, 前売長蛇の, 十一日でした, 十一日に, 十一日は, 十一日池の, 十七日には, 十二日, 十二日に, 十五六日まで, 十五日からは, 十五日だ, 十五日または, 十五日前で, 十五日或は, 十五日頃から, 十五日頃までは, 十八日に, 十六日と, 十六日は, 十四日, 十四日から, 十四日じゃった, 十四日に, 十四日には, 十日, 十日で, 十日に, 十日夷も, 十日頃に, 千日前らしい, 半月などは, 参賀に, 句を, 司召始まる, 吉例に, 名は, 味噌搗き, 喰積や, 嘉例, 四五日前の, 四日, 四日の, 四日まで, 四日までは, 四日比から, 四狂言, 国民科学研究所の, 坂下門事件, 埋め合わせを, 場合にも, 墓飾りを, 外にも, 夜, 夜も, 夜を, 夜空に, 大寒中で, 大火に, 大火にも, 大空を, 太陽の, 奮闘に対し, 学期から, 宝船の, 客あしらいかたがたどこからか, 客は, 客も, 室内の, 宴も, 宵空は, 宿さがりに, 宿下りに, 富士山, 寒い時, 寒い晩, 寒い風, 小遣い総仕舞だ, 小遣て, 小遣ひ, 小遣を, 少し前, 屠蘇醉との, 常用語, 年の, 年始が, 年礼には, 年神棚との, 年賀に, 座敷着で, 式の, 式は, 式を, 弓の, 引盃の, 形を, 御備餅, 御拝賀, 御祝い棒に, 御祝い物は, 御馳走が, 御馳走に, 御馳走にな, 御馳走は, 御馳走を, 思い出, 恒例である, 情趣を, 愛智川行は, 或夜, 或日, 手間の, 抜け詣りを, 拍子を, 支度だった, 文字を, 料理用に, 新小説, 新年宴会は, 方にも, 方に対する, 旅行は, 日記は, 春も, 春景色に, 春田打ち, 昼, 時と, 晦日でした, 晩な, 晩などに, 晩貧しい, 景氣の, 晴れ衣裳も, 晴着だった, 晴着を, 晴衣を, 暇を, 暗い晩, 暮し方, 書き初めには, 書入れ時も, 書初めは, 有楽座, 朝すこし, 朝まで, 朝を, 朝六ツ半, 朝親父が, 末, 末には, 末の, 末城下千光寺の, 末日本を, 末頃から, 条を, 東京朝日新聞が, 松の内と, 松の内など, 松の内に, 松の内を, 松飾りしたる, 松飾整ひたる, 梅花歌中に, 楽しさ, 楽しみと, 楽しみの, 楽しみは, 歌舞伎座では, 歳徳神を, 比では, 比よ, 気分を, 気持に, 浮浪者を, 海辺は, 消防の, 消防出初式に, 混雜は, 準備など, 準備などは, 火祭は, 烏祭を, 物日で, 特出に, 特異なる, 狸合戦以来かけちがっ, 生花に, 用い物, 用が, 用に, 用にと, 用意, 用意の, 町を, 番町の, 盆栽に, 真似びもし, 礼は, 祝儀が, 祝賀の, 神は, 神を, 神事として, 神酒ご, 祭に, 私の, 立て物, 第一, 第一回, 第一回会見, 節, 節より, 節会, 粉雪が, 約束が, 紋附などを, 終りから, 終りごろふと, 絵付録日記を, 耳鼻腮痛だ, 肴も, 脚本の, 膳に, 興奮の, 舳を, 艶, 芝居である, 芝居を, 花を, 若水だ, 若菜および, 菅茶山の, 薺売に, 藁注連がか, 藪入が, 藪入りに, 藪入りには, 藪入りの, 行事を, 街は, 街も, 街を, 街頭風景であった, 衣裳を, 西北の, 計画を, 記事であった, 記憶が, 記憶で, 設けという, 試筆には, 話には, 謡初めの, 貰い湯留桶新調それらの, 買物の, 賀に, 賀にも, 賀正事にも, 趣向を, 輪飾りを, 遊び, 遊びにも, 遊戯で, 道場びらきに, 酒に, 酒神, 酷寒に, 鏡餅の, 門松の, 門辺かな, 門飾りには, 間で, 間に合わなかった, 陽は, 雑煮の, 雑誌に, 雜煮を, 雪である, 雪の, 頸の, 題に, 題名を, 風は, 風俗に, 食卓の, 食物の, 飯米用意を, 飾りものなる, 飾りものにな, 飾りや, 飾り松などを, 飾り物なる, 飾り物には, 餅だって, 餅と, 餅もらう, 餅や, 餅花に, 餅花を, 餅花位に, 餠が, 饂飩も, 馬鹿, 高笑ひ, 鯛を, 鳥獣の

▼ 正月~ (292, 8.7%)

14 なると 12 なって 6 なってから, 餅を 3 なった, なっても, なれば, 入って 2 これを, なるの, ゃもどってくるね, ユズリハを, 愛鷹丸が, 私は, 至って, 苦しい間, 遊びに, 間に合うよう

1 [222件] あるの, おやじも, お約束, かいた, かいた作品, かかって, かかる, かぎって, かけどうせ, かざる繭玉, この世を, この新, この有様, この浜町, こんなところ, さっぱりした, そなへる, その政敵, その直前, その祭, とりか, なったという, なったらきのう, なったらどこ, なったら大変, なったら送って, なったら鈴, なってからは, なっては, なつた, なつたら, ならないでも, なりそう, なりましたら精, なりましてから, なろうと, はいずく, はつは, ひとえ, ゃくるだらあずにな, やったん, やっぱり酒, やもど, ようやく二十五歳厄除け, イノチが, オコナイが, カードを, チョックラかぶる, ノースクリッフ卿が, モール人との, ラジオで, 一緒に, 三隻を以て, 上京し, 両国橋の, 主人の, 九州の, 二人は, 亡くなった高島秋帆, 亡くなって, 亡くなつた弟, 亡くなりましたので, 京都の, 人の, 今の, 休みたいからね, 何か, 使用する, 使用するう, 來り臨む, 先帝が, 入ってから, 其年の, 再び陸, 出す筈, 出た武鑑, 出帆しよう, 出来合いも, 初夢の, 力を, 十五銭だけ, 即した考, 友達弟子と, 受け取った時ちゃん, 受取つた年始の, 右の, 同時に三種, 向って, 国学の, 執筆の, 墓所に, 大逆罪で, 太宗寺の, 夫と, 女房を, 始まるから, 子供の, 子方が, 安禄山, 家々に, 家中水あびせ, 家出し, 寄稿した, 寳莱祭と, 将軍が, 将軍家が, 小判三万両を, 小普請奉行に, 小杉未醒神代種亮石川寅吉の, 尾張の, 巴里に, 市日が, 幸四郎と, 彼の, 彼は, 御前で, 御年五十三, 成ったら御, 戦場と, 抜擢され, 挨拶の, 新に, 新作を, 明治神宮を, 書いた, 書けるかなどとも, 朝日新聞に, 朝覲行幸を, 村民箕にて, 来たとき, 来たらしい, 来ては, 来なくて, 東北一般に, 松を, 松竹燈を, 柴田, 桝屋を, 椎茸を, 槌で, 此を, 此伊木が, 母親は, 毫も異なる, 浜屋敷で, 漁師たちが, 演じた狂言, 烏に, 烏を, 父の, 父正邦が, 牡丹咲く, 生れ明治七年十二歳, 用いたもの, 用いる, 用うるかよく, 男女青年合同の, 発した金子入, 発表した, 皆の, 盆に, 盆提灯を, 着るもの, 着る赤い, 知れる限り, 石町の, 碧梧桐が, 祝い直して, 祭るの, 祭るもの, 祭る神, 私に, 立てました, 等々力村の, 継母が, 綱村と, 羽生で, 聯合艦隊は, 胡弓を, 至つて大目附指物帳鉄砲改に, 至るまで, 舟橋氏と, 船岡の, 艦が, 芦峅の, 芸者の, 藪入が, 蘭軒の, 蛇雉と, 血を, 行つた時も, 行ふ, 表われる, 西岡は, 見た獅子, 該当する, 豊臣秀吉の, 赤い桜, 赤色の, 辷り込んだ, 迎へる, 近所の, 通じて, 造ったという, 逢って, 連れだして, 鍛ち上げた, 長女長が, 門弟を, 門松を, 閏が, 限らず二月, 隠居が, 雑煮を, 頭風を, 顔を, 風を, 食う米, 飾るという, 餅つかぬ, 餘日も, 魂祭りを

▼ 正月~ (179, 5.4%)

6 迎えた 5 控えて, 迎えて, 迎えること 4 しようと, 迎へ 3 して, 眼の, 迎へる 2 させて, させるぞと, むかえたわたし, 祝うこと

1 [133件] いたしました, いたすが, いっしょくたにしたものを, おくるプログラム, きめて, こ, こえた, させるほどの, さぞかし悄氣, されては, したいと, したこと, したでしょう, したという, したの, したはず, したもの, しましたか, しようという, し直したいばかり, すごしに, すること, するって, するの, する予定, する家筋, せぬと, その場末, その寺, とって, どこで, ぽかんとし, またいで, むかえてからは, むかえました, むかえましたけれども, むかえる, むかえ亭主, めでたいという, めでたいとして, わたしたちは, わたしは, 一人で, 一体どうして露命, 一度に, 上海で, 二度する, 京都で, 今年は, 休むこと, 休刊した, 何度も, 冬と, 前に, 加えて, 味わって, 四五回繰り返し, 境に, 大らかに, 寝たっきり, 寢たつ, 小梅で, 少しでも, 廓で, 当てこんで, 当て込みに, 待ち兼ねたり, 待つ, 待つて, 待つばかり, 得顔に, 思いかえすと, 思い出し家なき子, 思わせる, 感じさせて, 採用する, 擬人した, 斯う, 早くし, 明日に, 暖い, 最後として, 期して, 植民地で, 正月らしくする, 済まして, 済ますと, 病院でした, 目の, 眼前に, 祝うため, 祝うとて, 祝うの, 祝う飾物, 続けて, 考えて, 自分の, 致して, 致しました, 菊本氏の, 覚えて, 語る文章, 越えやがて, 越し何事, 越すのう, 跨いで, 迎うる, 迎えその, 迎えたいから, 迎えたの, 迎えた平次, 迎えた時, 迎えた者, 迎えても, 迎えねば, 迎えましたが, 迎えられた, 迎えるため, 迎えるとともに, 迎えるならば, 迎えるの, 迎える事, 迎える支度, 送り二月, 遊ばなくって, 過ごされた, 過ごして, 過すの, 重ねて, 長いもの, 陣中に, 除いては, 雪国の

▼ 正月~ (159, 4.8%)

2 いい正月, いつもの, 一年中で, 二日目の, 何処でも, 式日が, 早くも

1 [145件] あきれたぼう, ありませんやね, あるめ, いつも雪, お忙しいから, お買初め, がらんと, くだらなく腹, こちらで, この棒, これからと, さんざんでありました, すでに一段落, すなわち春, ぜひやらう, そういう気持, そこに, その正装, それでも家中, た, たいてい松, つまらぬこと, どうこ, どうする, どこにだって, どこまで, どんどん近く, どんな, ない, ないの, なんといふ, ひつそりした, ひどい寒さ, ほんとに大, まさに滿點的, むしろ子ども, めでたいもの, めでたがり盆, もう過ぎた, もちろん田植, やり来て, スキーに, ベルリンに, ミタマと, ロオマで, 一つ, 一度近江, 三ヶ日が, 三日過ぎたら, 久保田の, 二人きりで, 二人で, 五時に, 人が, 今でも, 今ほど, 今年が, 休むからね, 何か, 余り自動車, 信州の, 元亀二年, 兄が, 全くわたし, 全プロ僕, 六七日川奈で, 凧といふ, 初めの, 別あ, 十四日から, 去年と, 吉原で, 向うから, 唯だ, 喜劇八座の, 土間を, 大久保彦左を, 大師さまへの, 好いもの, 如何に, 安土で, 家に, 家内一同この, 寒くって, 寒くて, 寧子も, 年の, 役向きの, 征途で, 必ず追羽根, 思い切って, 恰も大雪, 悪く吹きゃあがる, 戦時という, 旅で, 日本において, 日本の, 旧十月, 早々から, 早く来た, 晴天が, 有楽座, 村じゅうの, 村全, 村役場の, 来よるし, 格別な, 横浜じゃ, 横浜でしたかった, 正月の, 正月らしい, 殊に思い出さず, 浜町の, 淋しく過ぎた, 滅茶滅茶な, 田舎が, 盆よりは, 目の, 祝い月, 神祇なる, 福寿草の, 私達にとって, 粥始めと, 終りです, 花やかに, 芸妓の, 薄水色, 袿を, 褪せながらも, 親戚の, 計らずいろいろ, 越えたが, 越しちまうん, 車代が, 迎えられないこと, 迎えられないそう, 迎へ, 近年に, 遊び廻る, 運よく, 過ぎ去り閏土, 門松の, 風邪を, 餅が, 餅を

▼ 正月~ (115, 3.4%)

13 一緒に 5 来た 4 来て 3 来ても, 来ると 2 ない, 来たよう, 来るたび, 裏を, 近いから, 過ぎて

1 [75件] あり俳句, あるので, いかに晴々, いちどに来た, いっぺんに来た, いわ, きて, きても, くると, くるまでに, くれば, ござつた, すぎて, たいそう暖かく, ついにやって来た, できます, ないないと, ない私, また大変, また戻っ, めぐって, もう二つ, やって来たが, やって来ると, よい機会, フイに, 一年に, 一度に, 一番胸の, 中, 二度も, 何年も, 來た, 來る, 例外に, 出来ると, 出来るん, 半分しか, 売れるん, 寅だ, 待ち遠しいとは, 書いて, 来たか, 来たかと, 来たと, 来たとき, 来たら幾歳, 来たら輝かしい, 来よう, 来るからと, 来るさ, 来るの, 来るので, 来るのに, 来れば, 正月である, 淋しからう, 満月の, 盆から, 目に, 終っても, 記して, 訪れました, 迎えられ北国, 近い内, 近くなる, 近づいたから, 近づいたと, 近づいたので, 近づいて, 近づきやがて, 近づき香料, 近づくと, 過ぎてから, 過ると

▼ 正月には~ (98, 2.9%)

2 もう飽きました, 男踏歌が

1 [94件] あれで, いって, おき上れるところ, おくればせながら父, お庄, お玉さん, きっと桃われ, ここで, ことに歯, この床の間, この深川八幡, その地方, ちっとも働けなかった, どうあっ, どうも生れた, どこの, なお好い, また今度, やはり正月, よく母, ファラデーは, ホームシックにか, 一家総出で, 一日は, 七福神とか, 万歳が, 三栖庄から, 京都の, 今でも, 今も, 休みも, 何となく故郷, 元日ですら, 出府する, 別に半紙, 四十フランも, 大磯か, 奥山大学が, 実隆の, 寄席の, 少なくとも別, 山田は, 山鴉も, 岡崎の, 帰れと, 年始に, 年頭に, 彼は, 従四位下右京大夫と, 御なずかしき, 御年始, 御木本真珠を, 恒例の, 才之, 持つて, 新年の, 新銀町, 早めに, 昔から, 月は, 朝日新聞の, 木曾谷中へ, 本に, 村の, 村中の, 松山, 柳の, 椿参り, 楠公の, 横浜へ, 欠かさずに, 歌留多会やなんか, 歩兵の, 流石に, 無礼講の, 病中ながら, 着て, 私は, 耕地の, 船岡へ, 茂庭周防に, 西津軽郡深浦の, 身祝いと, 野村さんの, 門口へ, 閑院内裏造営の, 非人情の, 頸筋に, 飢えて, 餅でも, 餅を, 魂の, 鳥追いが, 麓より

▼ 正月~ (92, 2.8%)

4 ない, 過ぎて 2 もう末, 三ヶ日と

1 [80件] あと二三日といふ, ありません, ありゃしません, ありやしません, ありやしませんよ, あるもん, お休み, お構いなし, ここで, させて, すぎた, すんだから, それで押, たって, ついに家郷, できそう, できないし, とうに過ぎた, ないある, ないが, ないの, ない有様, ない気取, ない河, なかった, なくなられた大, なく急い, なく齢, へちまも, また次々, まだ早い, もうなかば過ぎ, やや末, よそに, 一斉じゃ, 一日門附けした, 七草を, 三日と, 二十日過ぎです, 余りいちじるしい, 元旦から, 十日過ぎまでは, 半ばすぎな, 去年の, 古りつ, 大した變, 山野で, 帰郷し, 恒例の, 早や, 昨年の, 昼御飯にな, 末大寒の, 来よう, 松が, 森閑として, 楽しみが, 毎日毎日湯屋の, 氣が, 済み私, 無え野郎, 牧の, 終りに, 終わったころ, 貧しいながら, 迎えられません, 近いと, 近くなる, 近づいた年, 近づくので, 迫って, 送った, 過ぎた, 過ぎると, 過ぎる頃, 過ぎ二月, 過ぎ花, 過し梅, 都で, 間近に

▼ 正月~ (77, 2.3%)

4 いえば 3 なっても 2 いうのに, いっても, なると, 名づけて, 呼んで, 盆の, 称して, 言えば

1 [54件] いいあるいはまた, いいこの, いいまたは, いうと, いうなどは, いうに, いったとて, いって, いやだれ, お盆と, この二つ, こは, した, なった, なったが, なり丁度, なる, はなつて, みて, 一年を, 七月との, 七月とは, 九月と, 二月との, 云うと, 云うにはばかり, 云うもの, 云ふも, 五月と, 八月とには, 冬の, 南欧の, 定めた根源, 彫って, 書いたその, 生き盆, 皆笑っ, 盆と, 盆とで, 盆とに, 盆とは, 盆にだけ, 盆には, 盆は, 祭礼の, 考へ又, 舊の, 葬式と, 見て, 言うの, 言つても, 言ひ, 違って, 霜月との

▼ 正月十五日~ (57, 1.7%)

6 の夜 3 の上元 2 から五日, にこれ, の晩

1 [42件] が一年, が主流, とある, と春秋二度, と考えた, にあるだろう, にお, にこの, にその, になった, になつ, にはヤブサメ, にブラリ, に先祖伝来, に宮廷, に抽斎, に深い, に限らず, のこと, のナマハギ, の元宵祭, の元宵節, の前, の宵, の小豆粥, の尻はり尻つみ以外, の左義長, の日待ち, の早天, の早朝, の満月, の火祭, の祭礼, の自由, の観燈, の黄昏, または同, までに各自めいめい, より不断念仏, より二月十五日, を利用, を狙った

▼ 正月から~ (47, 1.4%)

2 して, 大火が

1 [43件] あの沖合い, いい負けたら, こっち幾つ火葬を, そういう私, それに, ひろく朝廷, まだその, みなこの, やったの, ガラス玉を, 七月までの, 三月にかけて, 二年間真砂座に, 二月の, 二月へ, 二月を, 五十金に, 伏見城の, 出発した, 募集を, 四月いっぱい猛烈な, 四月十六日に, 奉公に, 家出人の, 小田原に, 山梨県甲府市の, 年始の, 彦右衛門正勝と, 打ち続けて, 持越らしい, 新しい文学雑誌発行, 早春に, 正式に, 清武村字中野に, 照りつづい, 煩ひ出し, 盆までの, 直ちに着手, 約二ヶ月, 給料を, 花にかけて, 読まれる新, 進歩的な

▼ 正月二日~ (42, 1.3%)

2 に蘭軒, の初荷, の晩

1 [36件] かう書いて, から三月末, から法然, から遊び歩い, から遊ん, なので, に, にかえって, に初めて, に各, に売り捌きたる, に山口県, に本所, に歿, に発, に米一升, に賣り歩く, に限つて市内, に院宣, の, のラジオ放送, の初, の午後, の御, の昼, の朝, の条, の詩, の金峰山, の陽, の鬼打神事, は父, は白一色, も雪, ノ, 掘初

▼ 正月元日~ (37, 1.1%)

5 の朝 2 に見れ

1 [30件] から十五日, が前年, この三脇, すなわち去年, そして紀元節, だった, でも四囲, というたった, とする, となった, と灸, にはこの, にはその, には三度, には随分, にも又, に巖, に明治神宮, に此處, に筆, のごとし, の出, の前夜, の式, の日附, の早朝, の晴れ着, は立春, よりはじめ申候, より十一日

▼ 正月~ (35, 1.0%)

3 に, の 2 の雑誌

1 [27件] かあるいは, からといえ, から改めて, から暫く, だから, であるが, となり, にね近角常観, には私, にまた, に掲載, に提出, に書いた, に滝川政次郎氏, のため, の太陽, の小説, の改造, はしめ飾り, は何日頃, への随筆, へ短い, までの間, を出した, を読ん, 早々余りに悲劇的, 第二十九ぺージ

▼ 正月早々~ (35, 1.0%)

2 からあんた

1 [33件] いつもの, からうるさく, からとかく, からな, から先生, から半蔵, から屋敷, から涙, しようと, だが, だよ, であるの, でしたが, とて日毎, なん, にその, には文雄, に九条家, に火事, また流れ船, 弔詞を, 御前さんも, 御輿を, 悲劇の, 愚痴ヲ, 持ち出す可, 朝っぱらから, 気の毒だ, 氣の, 神輿を, 総代を, 縁起が, 起しても

▼ 正月~ (32, 1.0%)

3 といふ 2 という, なあ

1 [25件] かなっ, からいくら, からといっ, からッ, から帰っ, から是非都合, から笑わなく, から首輪, か悪い, したま, ぜ八, とあった, ということ, という訳, といふ忙しい, とか盂蘭盆, と他人, と外記, と言っ, なおれ, のと, もの本気に, よ, よ正月, 酒の

▼ 正月三日~ (25, 0.7%)

2 という, の晩, の江戸

1 [19件] から六日, から四条畷, だけ帰っ, だったと, であった, である, にお, に京都, に当, に歿, に目白, の午すぎ初雪, の午後一時, の夕方ぢかく, の夕陽, の空, は上野東照宮, へかけ, ノ御

▼ 正月~ (24, 0.7%)

4 あつた 2 いやに

1 [18件] おめでたけりゃ御, ひまな, もって, わずか八つ, 三十三を, 主として廐祈祷, 備後に, 公休日との, 同月二十七日霊廟の, 品川沖を, 場所は, 大黒屋の, 安南人, 自分は, 遊びに, 雑煮餅を, 静かである, 鮮人連中の

▼ 正月にも~ (21, 0.6%)

2 帰って

1 [19件] あって, あら, あるの, てめえの, なり昨日, やつと, アラミタマの, 五日という, 前の, 同三年十二月, 大火が, 心付けし, 心付し, 新らしい, 正月を, 甲冑を, 畑に, 盆にも, 餅を

▼ 正月らしい~ (21, 0.6%)

2 ものを, 心持に, 設備を

1 [15件] おだやかな, が又, ものと, 呑氣な, 心持にも, 晴れやかな, 気もちが, 気分は, 気持ちの, 着物に, 色どりで, 趣である, 長閑な, 風景が, 飾りが

▼ 正月五日~ (21, 0.6%)

3 の晩 2 であつ, の午後

1 [14件] から法皇, から神奈川條, になる, には平壌, には正親町上皇, に榛軒兄弟, に起っ, に首, の作, の夜, の晩万年橋, の話, までに, 同渋江六柳

▼ 正月元旦~ (20, 0.6%)

1 [20件] から神経痛, か二日, である, という, なり, には姉夫婦, に大島上空, に死んだ, に長安, の, の句, の晩, の朝清らか, の深夜, の銀座, は年, を以て春, を期し, を父母, を終日

▼ 正月という~ (19, 0.6%)

2 のは

1 [17件] ことであろう, ことも, のも, ものに対して, ものは, ものを, わけの, 例も, 其の日, 名が, 名称のみが, 意味らしく, 気が, 注文が, 言葉の, 語は, 類は

▼ 正月七日~ (14, 0.4%)

2 に青馬

1 [12件] だった, に五十八, に御門小安殿, のサガ, の侍宴, の午前, の夜, の朝, の連歌, は吉例, は洲股, を重要視

▼ 正月十三日~ (14, 0.4%)

2 よく晴れた

1 [12件] か十四日, つまりプーチヤチンら, であ, である, になる, には任権大納言, に棠軒良安, に江戸, に沙門三修, の夢, の明方, 御年五十三

▼ 正月気分~ (13, 0.4%)

1 [13件] が今年, が抜け, が興ろう, が見られなくなった, で物好, になっ, にウン, の抜け切らない, は幾ぶん, もなく, も味わえず, も東京, を味

▼ 正月二十日~ (12, 0.4%)

1 [12件] だった, であった, にはある, にはそれ, には物, に氏政, に浅草材木町, に漸く, の商人恵比須講, の棚さ, の水, をダマリ正月

▼ 正月以来~ (12, 0.4%)

2 の日記 1 かの小幡, この半歳, さっぱり音, その姿, そんな不思議, のこと, 好いあんばい, 早く八幡村, 絶えて, 飲み続けて

▼ 正月興行~ (12, 0.4%)

1 [12件] が蓋, であった, である, でかれ, で吉之助, にやはり, に必ず, のよう, の相談, は街頭切符, は評判, を休み

▼ 正月~ (11, 0.3%)

7 かけて 1 かかる頃, かけては, もどって, 荒っぽい金

▼ 正月八日~ (11, 0.3%)

2 の夜半過ぎ 1 から二月十五日, とある, の事也, の前夜, の山の神祭, の早朝, の晴, は穀, 最勝会

▼ 正月十六日~ (11, 0.3%)

1 [11件] に埋葬, に柳湾, のお, の事, の御, の日記, の早朝, の朝ぼらけ, の踊歌, を, を鉦起し

▼ 正月十四日~ (11, 0.3%)

2 の夜 1 から十七日, なり, になっ, に五十七歳, に四郎左衛門, のオコナエ, の左義長, の條, の深夜

▼ 正月~ (10, 0.3%)

2 盆の 1 お盆などは, その他の, のに病人, 大殿様, 婚礼に, 炬燵の, 祭の, 酒も

▼ 正月十一日~ (10, 0.3%)

1 となった, に家, に歿, に江戸, のこと, の朝, の田, の稽古始め, の農立て, を田打正月

▼ 正月十八日~ (10, 0.3%)

1 に始, に始まっ, に氏子, の三毬打, の三毬杖, の夜, の未, の条, の真昼, 同十九年閏五月七日

▼ 正月四日~ (10, 0.3%)

2 の寒, の朝 1 でありまた, となっ, に亡くなった, の上諭, の真昼, は坊さま

▼ 正月~ (10, 0.3%)

1 からコレコレ, から一人, から懸案, から来出した, から臆病, でも去年, に買う, の事, は雪, まではちょいちょい

▼ 正月一日~ (9, 0.3%)

1 から地震, から霊山寺, になっ, にのこのこ, に在留邦人, のうち, の手さぐり, の記, を鶏

▼ 正月休み~ (9, 0.3%)

2 の前 1 でしずか, で雑沓, という休養日, という訳, に安倍さん, の時, を取

▼ 正月~ (9, 0.3%)

1 だから, だし, には夫婦, にまた, に団栗山, の事, の寒い, の煤払い, らしく奇麗

▼ 正月でも~ (8, 0.2%)

2 ある 1 あったし, あるせい, おもしろいこと, その臨時, ふだんと, 別に彼等

▼ 正月との~ (8, 0.2%)

1 二つの, 二度の, 以外にも, 併せ来, 火祭の, 藪入りその, 行事に, 間には

▼ 正月二十四日~ (8, 0.2%)

1 で二十六日, で廓内全焼, にもやはり, にトーキャ, に熊野仁郷村, は大島, を中心, を大切

▼ 正月あたり~ (7, 0.2%)

1 からこう, からめつきり, から一緒, から入れる, から病院, の事, やりたいと

▼ 正月そうそう~ (7, 0.2%)

1 いいかせぎだとばかり, お金さんも, からつれなく, どうやらお, 仏を, 縁起でもねえ, 飛び歩くの

▼ 正月とか~ (7, 0.2%)

1 そうした折目切れ目以外, 何かの, 客来の, 暑中とかの, 盆とか, 祝儀とかの, 関東南部地方の

▼ 正月~ (7, 0.2%)

1 のだ, ので仕事場, ので広い, ので店, ので街道, んで, 筈だ

▼ 正月にかけて~ (7, 0.2%)

1 さいご, よむよう, 三回の, 乾柿が, 人出入りも, 私は, 飾るの

▼ 正月まで~ (7, 0.2%)

1 おめ, かかりました, かかる, やって, 持ち越したくないから, 持つか, 草葺の

▼ 正月より~ (7, 0.2%)

1 一月以上後れる, 六年己未の, 其の気分, 四月に, 御出精, 承久元年八月, 明るい顏

▼ 正月~ (7, 0.2%)

1 だけで五組, に婦, の慣習, は同じ, は賀客, も床, 掲げられた影像

▼ 正月二十五日~ (7, 0.2%)

1 で城, に尾州, に森枳園, に詮索, の出来事, の御, の暁

▼ 正月十日~ (7, 0.2%)

2 のこと 1 に去つた, に蘭軒, の頃, を以て再び, 空いと

▼ 正月だけは~ (6, 0.2%)

1 させて, ともに過ごそうで, シャバで, セチニユクと, 御馳走し, 集まって

▼ 正月である~ (6, 0.2%)

1 がこれ, がため, ことと, と云, と子供時代の, わけです

▼ 正月とは~ (6, 0.2%)

1 いえこうした, 云つても, 思われない暖か, 比較に, 深い関係, 言へ

▼ 正月とも~ (6, 0.2%)

1 いい子供, いうの, いう位, いう処, またひと日正月, ヒシテ正月とも

▼ 正月中旬~ (6, 0.2%)

1 という, と聞きました, になった, に佐久間町, に表向, のある

▼ 正月十七日~ (6, 0.2%)

1 が始, である, と決定, にあたる, の出来事, の射

▼ 正月からは~ (5, 0.1%)

1 グングン良い, 信長は, 新帝の, 永暦元年という, 私どもの

▼ 正月ごろ~ (5, 0.1%)

1 からとりかかった, から兄さん, から聞い, のこと, の話

▼ 正月または~ (5, 0.1%)

1 これと, ヤッコ正月という, 巳午正月という, 末正月という, 麦の

▼ 正月らしく~ (5, 0.1%)

2 て宜 1 お暮らしなさい, ていい, 三階の

▼ 正月二十七日~ (5, 0.1%)

1 に八十二歳, に生れた, の午後, の条, までは両

▼ 正月二十三日~ (5, 0.1%)

2 に横浜 1 から三月十九日, に寿美, の事

▼ 正月二十二日~ (5, 0.1%)

1 で此大吉, に太子, に従来, に棠軒, は来た

▼ 正月二十六日~ (5, 0.1%)

1 に堀部安兵衛, に生れ, に養子願, の午前二時, の弦月

▼ 正月以外~ (5, 0.1%)

1 ではこれ, にはその, にもう, の時, は膳

▼ 正月十九日~ (5, 0.1%)

1 に抽斎, に正, の夕, の晩長州, の条

▼ 正月半ば~ (5, 0.1%)

1 である, になる, の歌留多会, まで書いた, を過ぎた

▼ 正月小屋~ (5, 0.1%)

1 でも餅, の中, の方, の末期, の生活

▼ 正月ごと~ (4, 0.1%)

1 に新しく, に林地, に江戸, に私

▼ 正月だった~ (4, 0.1%)

1 か高田保氏, と思う, のか, のである

▼ 正月などは~ (4, 0.1%)

1 どこにも, 十人乃至, 暮も, 殊更その

▼ 正月九日~ (4, 0.1%)

1 のこと, の朝陽, の草堂集, 迄大同

▼ 正月二十八日~ (4, 0.1%)

1 には新居落成, に知行二百石, に稿成つて奏上, の午後

▼ 正月二月~ (4, 0.1%)

1 が死亡, と数, の二ヶ月間, の寒風

▼ 正月公演~ (4, 0.1%)

1 に関する新聞切抜き, の狂言決定, は二円八十銭, もそれ

▼ 正月初め~ (4, 0.1%)

1 に粥, の一日, の亥, の山入り

▼ 正月前後~ (4, 0.1%)

1 がシュン, だが, とに用い, にカルタ会

▼ 正月朔日~ (4, 0.1%)

1 に, には幕府方, の日記, 平暁

▼ 正月~ (4, 0.1%)

2 が俄, は川向う

▼ 正月~ (4, 0.1%)

3 の仕立 1 の一つ

▼ 正月門松~ (4, 0.1%)

3 とりすつる 1 のまだ

▼ 正月からの~ (3, 0.1%)

1 ことである, 交際や, 煩いで

▼ 正月であった~ (3, 0.1%)

2 かとにかく 1 わけです

▼ 正月でした~ (3, 0.1%)

1 からすこし, か開橋式, 又独特

▼ 正月でなく~ (3, 0.1%)

1 ても好物, ても帰っ, とも一年

▼ 正月では~ (3, 0.1%)

1 ないか, なかった, 有るしと

▼ 正月とが~ (3, 0.1%)

1 ありました, 一緒に, 一致する

▼ 正月まだ~ (3, 0.1%)

3 門松を

▼ 正月までに~ (3, 0.1%)

1 お鞘, 五倍に, 仕上げて

▼ 正月三个日~ (3, 0.1%)

2 は精進潔斎 1 はた

▼ 正月下旬~ (3, 0.1%)

1 である, に正月号, のある

▼ 正月二十一日~ (3, 0.1%)

1 であつ, に蘭軒, に襤褸

▼ 正月以來~ (3, 0.1%)

1 かの小幡, 各藩, 絶えて

▼ 正月六日~ (3, 0.1%)

1 のこと, の夜なか, の晝

▼ 正月~ (3, 0.1%)

1 施粥, 日本憂世子, 白星昼現れたる

▼ 正月~ (3, 0.1%)

1 が七十五歳, が股肱, の伏見鳥羽

▼ 正月料理~ (3, 0.1%)

1 のうち, の指圖, も関西流

▼ 正月東京~ (3, 0.1%)

1 から汽車, で芝居, に往

▼ 正月松の内~ (3, 0.1%)

1 に囲炉裏, のめでたい, は仏いじり

▼ 正月~ (3, 0.1%)

1 だという, と称し, の訪問

▼ 正月氣分~ (3, 0.1%)

1 で遠慮, になつて, もなく

▼ 正月~ (3, 0.1%)

1 が来, という話, の年棚

▼ 正月~ (3, 0.1%)

1 が京都, は一歩, は三十歳

▼ 正月~ (3, 0.1%)

1 一回の, 三学期の, 三學期の

▼ 正月行事~ (3, 0.1%)

1 の一つ一つ, の投書, をサイト焼

▼ 正月いっぱい~ (2, 0.1%)

1 に江戸, はなんと

▼ 正月~ (2, 0.1%)

1 年暮だつた, 祭の

▼ 正月こっち~ (2, 0.1%)

1 へ来, へ越す

▼ 正月この~ (2, 0.1%)

1 かたの, 島に

▼ 正月これ~ (2, 0.1%)

1 は二十日, も朝鮮

▼ 正月させ~ (2, 0.1%)

1 ては可哀そう, て粥

▼ 正月じゃ~ (2, 0.1%)

2 ないか

▼ 正月その~ (2, 0.1%)

1 三甚の, 前年の

▼ 正月それ~ (2, 0.1%)

1 ねよう, を折敷

▼ 正月そんな~ (2, 0.1%)

1 女たちの, 物を

▼ 正月だつた~ (2, 0.1%)

1 か骸骨, ことだけは

▼ 正月だの~ (2, 0.1%)

1 お祭などは, 麦飯正月だ

▼ 正月って~ (2, 0.1%)

1 ものの, 云っても

▼ 正月つまり~ (2, 0.1%)

1 一昨年の, 私と

▼ 正月でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ば滅多, ば遊び

▼ 正月として~ (2, 0.1%)

1 ゐる, 上元の

▼ 正月とを~ (2, 0.1%)

1 生きくらべる気持, 迎えねば

▼ 正月なら~ (2, 0.1%)

1 ばてんでに, ば先勝

▼ 正月なれ~ (2, 0.1%)

1 ば京, ば喪旗

▼ 正月にかけては~ (2, 0.1%)

1 彼は, 料理屋も

▼ 正月について~ (2, 0.1%)

1 考へて, 面白い話

▼ 正月にゃ~ (2, 0.1%)

1 くるだらあずにな, この奥山

▼ 正月はじめ~ (2, 0.1%)

1 の寒い, の空

▼ 正月ばかりは~ (2, 0.1%)

1 やめなければ, 子どもらが

▼ 正月までには~ (2, 0.1%)

1 困らぬよう, 癒る

▼ 正月みたい~ (2, 0.1%)

1 にあまり, に賑わっ

▼ 正月やる~ (2, 0.1%)

2 あの遊び

▼ 正月よりも~ (2, 0.1%)

1 楽しいからと, 苦痛は

▼ 正月らしくない~ (2, 0.1%)

1 と云, と云う

▼ 正月一ぱい~ (2, 0.1%)

2 寝通して

▼ 正月三十一日~ (2, 0.1%)

1 にロンドン, に石老山

▼ 正月上京~ (2, 0.1%)

1 する時, なさる津枝さん

▼ 正月上子の日~ (2, 0.1%)

1 その蟄伏, に出で

▼ 正月二日開場~ (2, 0.1%)

2 の口上看板

▼ 正月以降~ (2, 0.1%)

1 さらに人間正成, 考えぬいて

▼ 正月信長~ (2, 0.1%)

1 は二十九歳, よりさしあげた

▼ 正月~ (2, 0.1%)

1 が云った, が云つた言葉

▼ 正月~ (2, 0.1%)

1 といたく, と今年

▼ 正月初めて~ (2, 0.1%)

1 ニューヨークに, 一族兄弟に

▼ 正月初子~ (2, 0.1%)

1 に蚕飼, に野

▼ 正月~ (2, 0.1%)

1 に支配, を採用

▼ 正月十日頃~ (2, 0.1%)

1 にあたる, 寒い風

▼ 正月年賀状~ (2, 0.1%)

1 をくれた, をよこした

▼ 正月年頭~ (2, 0.1%)

1 の儀, の礼

▼ 正月廿日~ (2, 0.1%)

1 に池震動, 迄は休みます

▼ 正月支度~ (2, 0.1%)

1 に忙し, は出来た

▼ 正月早々店~ (2, 0.1%)

1 を開き, を開きたい

▼ 正月~ (2, 0.1%)

2 のはじめ

▼ 正月晦日~ (2, 0.1%)

1 の団栗辻, を重要視

▼ 正月~ (2, 0.1%)

1 の前, の日

▼ 正月~ (2, 0.1%)

1 には正, に同

▼ 正月様盆~ (2, 0.1%)

1 には盆さま, に祭る

▼ 正月江戸~ (2, 0.1%)

1 で調印, へ出

▼ 正月~ (2, 0.1%)

2 に私

▼ 正月~ (2, 0.1%)

1 に長谷川一夫, のこと相談

▼ 正月~ (2, 0.1%)

1 に調髪, の調度

▼ 正月用意~ (2, 0.1%)

1 のもの, の懸け

▼ 正月終り~ (2, 0.1%)

1 には六千尺, の日

▼ 正月美濃~ (2, 0.1%)

1 と武蔵二ヶ国, に入っ

▼ 正月記事~ (2, 0.1%)

1 は, は幸い

▼ 正月過ぎ~ (2, 0.1%)

1 から二月頃, になる

▼ 正月~ (2, 0.1%)

1 で頭, を仕込ん

▼ 正月野郎~ (2, 0.1%)

1 だって事, は詩的

▼ 正月長姉マリヤ~ (2, 0.1%)

2 と次姉エリザベス

▼ 正月風景~ (2, 0.1%)

1 にしろ, らしい今年最初

▼ 正月飾り~ (2, 0.1%)

1 に魚河岸, の起り

▼ 正月飾る~ (2, 0.1%)

1 ものは, 鏡餅の

▼1* [489件]

正月あの夢を, 正月ある人に, 正月あるいはまた蟹年とも, 正月いっぱい大阪で稼い, 正月いやもう身の毛, 正月いらいパークスを, 正月うまれだとか言, 正月目出度い, 正月かえったときに, 正月かしら正月これは, 正月かとオレは, 正月かの地を, 正月からずつとこ, 正月からずつと此方に, 正月かれは博奕, 正月命日には, 正月ここで一週間, 正月こそは寔に, 正月ころからめつきり身體, 正月こんどは彼, 正月ごろ友人の檀一雄, 正月ごろ村のお, 正月ごろ町内の湯屋, 正月ごろ発表した談話, 正月へ来れ, 正月さしが來, 正月さまとも歳徳神, 正月さんはどこ, 正月した麗か, 正月してるものは, 正月すでに長州はじめ討幕派陣営の, 正月すなわち以前の, 正月するのは, 正月そうそうだんなをバカ, 正月その他の式日, 正月だけの景色でなく, 正月だけを説いて, 正月だろうが暮, 正月から桝屋, 正月であっても来訪者, 正月であり顔見知りの, 正月ですものことし位は, 正月でない時にも, 正月でもを美術上の, 正月といつても淋しい, 正月とかいう名が, 正月とかは今更ながらの, 正月としても味わわれる, 正月とともに日本の, 正月とに行は, 正月とによって感じに, 正月とをも岸本は, 正月なかばの暗い, 正月ながらもこぼれて, 正月などといって, 正月などという語と, 正月などにはきつと, 正月なりしとは嬉し, 正月なるべきことを, 正月なんか庇髪に, 正月なんて区切が, 正月において私と, 正月においては米百俵に, 正月にかへれるごとし, 正月にさえ軍備や, 正月にしか髮を, 正月にて解番と, 正月にでもなったらゆっくり, 正月にや来るだらあずにな, 正月に対して十五日を, 正月のという度に, 正月のに小説の, 正月のみが彼らの, 正月ふと僕に, 正月ぶりが書留め, 正月への日々が, 正月へ, 正月また旅路と, 正月までの菓子を, 正月まではすくなくも表面, 正月までもつかもたないかという, 正月までを注連の, 正月めいた景気は, 正月めおれを驚かそう, 正月やすみで帰っ, 正月やつて, 正月よい正月, 正月ようやく寸暇を, 正月よそから着物, 正月しからず, 正月らしい浮いた気分を, 正月らしくしてやるために, 正月らしくする画因であった, 正月らしくなったのを, 正月らしく怠けようか, 正月らしく感ぜぬ人たちは, 正月らしく送りたいために, 正月わたしは長い, 正月わたしたちはどんな, 正月をといふお需め, 正月を以て春の, 正月カエリ正月ともいう, 正月カルタを取り, 正月ショパンはとうとう, 正月ソヴェト同盟の勤労婦人たち, 正月チリメンの長い, 正月ヂウに赴き, 正月プランを搗き, 正月ロンドンに初, 正月一ぱいこれはまた, 正月一ぱい一番町の家, 正月一ぱい私は紙鳶, 正月一ト月が幻, 正月一年に二度, 正月一度それも機嫌, 正月一日七日八日十五日除目三月三日四月の祭り, 正月一日以来百二十一日の間毎日, 正月一日因幡国庁に於, 正月一日必射戲飮酒其餘節略與華同好棊博, 正月一日難を比叡山, 正月一日鶏鳴きて, 正月一杯とでもし, 正月一週ものにする, 正月七日二十一疋の白馬, 正月七日八日の戦い, 正月七日別時念仏の間, 正月七日叙従五位上三月六日任右近少将同二年正月五日正五下, 正月七日御用始メノ夜ニ何者トモ知ラズ狼藉者ガハイッテ惣領忠蔵ヲキリ, 正月七日粥をつくる, 正月七日越後の国塩沢, 正月七日風空に, 正月七月十二月には別に, 正月七草の日, 正月三ガ日だけは焼い, 正月三ヵ日小さい弟妹, 正月三ヶ日はヨメ, 正月三个日藪入りの事, 正月三日お正月気分が随処, 正月三日デブチャンの義侠, 正月三日侍従竪子王臣等を召し, 正月三日孝謙天皇王臣等を召し, 正月三日崩りたま, 正月三日後に風, 正月三日徳川殿謡初にかの兎, 正月三日酉刻将軍家は江戸城, 正月三月七月の三種, 正月三月頃までやつ, 正月三郎さんというこの, 正月御靈, 正月上旬芝邊の寺町, 正月上野原の依, 正月下旬千種有文の家来賀川肇, 正月下諏訪温泉の亀屋, 正月中リマを出立, 正月中七日マデノ間五条橋畔マデ御返答高札下サルベク候, 正月中快晴な日, 正月中旬えりにえっ, 正月中旬敵の残党, 正月中頃から起草, 正月主人夫妻は彼女, 正月久しゅう母子一緒に, 正月例各可, 正月九日北陸道鎮撫総督として高倉永, 正月九日卯の下刻, 正月九日江戸着目下は松山藩松平隠岐守, 正月九日長州藩の兵, 正月九日長藩二千人許御城下え推参, 正月九日長逝す享年四十六歳, 正月この家, 正月事納の日, 正月二十一日世間並の尼女房達, 正月二十一日入相ばかりのこと, 正月二十七日付であ, 正月二十七日前夜から雪, 正月二十七日鶴岳八幡宮に御, 正月二十三夜の祭, 正月二十九日であつ, 正月二十九日建武と改元, 正月二十九日調べの内地人口三千三百十一万〇七百九十六人, 正月二十五日午の正中, 正月二十五日明応元年十二月二日同二年十二月二十日等, 正月二十五日条に, 正月二十八日戌の刻, 正月二十八日月輪殿で出家, 正月二十八日義眞國え御暇, 正月二十日将軍徳川家茂は柏軒, 正月二十日池震動して, 正月二十日粟津原頭黄茅蕭条として日色, 正月二十日附で金地院崇伝, 正月二十開天章閣賞小桃, 正月二日以後毎夜となる, 正月二日卯上刻妻出産仕女子出生仕候間, 正月二日基経の第, 正月二日岡田耕作至る, 正月二日祁寒硯に生, 正月二日秀吉の下向, 正月二月あたりはもっと, 正月二月これだけの月, 正月二期の同じ, 正月二正月ともヒシテ正月, 正月五ヵ日の間毎日, 正月五日ころから各, 正月五日場所は浅草, 正月五日従四上同二年十二月九日正四下, 正月五日御地より送りたまいし, 正月五日智学田中先生の懇招, 正月五日正三位同二年十二月十日従二位, 正月五日正五下同二十九日任右中将, 正月五条大橋で彼, 正月京屋さの四月京屋きぬ, 正月京都においてできた, 正月人日七草ノ一ナリ, 正月仏事を抑制, 正月他愛も無く, 正月の手紙, 正月以上だ, 正月以後の鯛, 正月以後何にも知らなかった, 正月以来ぷツつりと出入り, 正月以来三箇月ニナルガ病的ナ妻ト競争シテヨクモココマデ対抗シテ来タモノカナト, 正月以来丹羽長秀が奉行, 正月以来五年振りのお, 正月以来京都に集まっ, 正月以来他ノ一切, 正月以来十一冊ほど好, 正月以来幾たびか良人, 正月以来幾度となく, 正月以来広島城内二の屋敷, 正月以来裏の二階, 正月以降數ヶ月に亙, 正月伊豆稲取のれふし町, 正月休暇は奇妙, 正月会った時頼ん, 正月れて, 正月かに浅沼郡檜垣御坊, 正月信州の野沢温泉, 正月倫敦に渡っ, 正月元会自獣樽, 正月元日伊勢怪異の由, 正月元日前に行かなけれ, 正月元日氏郷は木村父子, 正月元日浴衣がけで新年, 正月元日灸すまじき場所, 正月元日瑠璃色の, 正月元日病院で死んだ, 正月元日里ずまひ, 正月元旦永代橋ぎわの大河内, 正月光友から市, 正月入隊の衛生兵全部, 正月八十で亡くなりました, 正月八日その他も多く, 正月八日吉見平山庄司連判状に署名, 正月六十九歳で死んだ, 正月六日朝早く千人風呂, 正月六日正五位下翌仁平元年正月六日従四位下, 正月之と達筆, 正月てきた, 正月出板土冏然の漢文, 正月函根の小涌谷, 正月は, 正月初旬まで約, 正月前橋在の郷里, 正月に登られる, 正月勿論林町では, 正月匆々に咲く, 正月匆々壊疽になり, 正月化粧ではある, 正月十一日刑部を発し, 正月十一日彼が十六歳, 正月十一日柳營之御會と題した, 正月十一日泰勝院専誉御遺骨を京都, 正月十七歳になる, 正月十三日六十幾歳かの雛腹, 正月十三日忌明と書, 正月十三日藤原基経歿す, 正月十二日の初会式, 正月十五六七の三日間, 正月十五日前後百花に先だち, 正月十五日崩りたま, 正月十五日頃行はれる, 正月十五銭呉れるだけ, 正月十八十九の両日, 正月十八日主膳厠中より煩, 正月十八日前言の期, 正月十八日本郷丸山本妙寺から起った, 正月十六日伊沢先生及諸子同遊雑谷十介園, 正月十六日合戦は大津合戦, 正月十六日四郎が本丸, 正月十六日生であるから, 正月十四日洗心洞学舎東掲西掲を書す, 正月十日オランダ船をつれ, 正月十日僕はやはり, 正月十日天皇濱主を清涼殿前, 正月十日私儀頭風相煩候に付, 正月十日義仲は後, 正月十日霜天に泡, 正月十日頃出来とのこと, 正月半ば森蘭丸はお, 正月原子バクダンなる猛, 正月古田島和太郎氏が朝日山, 正月右大臣が逝くなった, 正月号のは小さい, 正月号三十ぺージの一段, 正月号掲載の無産階級, 正月同様の悦ばしい, 正月名主さまの処, 正月向きの売店, 正月四日五日に禁廷, 正月四日有馬表に着陣, 正月四日条に, 正月四日石上朝臣宅嗣の家, 正月四日神戸を出帆, 正月土佐の流れ船, 正月大使館のひと, 正月大変お世話になった, 正月大白昼見えしこと, 正月大福帳を演じたる, 正月大阪へ来た, 正月天下諸国に詔, 正月天子自ら耒耜を載せ, 正月天暦いらい荒廃, 正月太閤秀吉は海陸, 正月奈良の都, 正月奉行所の一行, 正月の正月, 正月始めの雪, 正月婦人が夜道, 正月子の日だった, 正月宗全の病, 正月官軍三井寺攻めに, 正月定例の家祈祷, 正月家康は岡崎, 正月家族一同に屠蘇, 正月家族連れに限る, 正月から笹, 正月将軍は再び, 正月小学校の正月, 正月山梨県甲府のまちはずれ, 正月山浦真雄が鍛, 正月島原の乱, 正月左団次君が洋行帰り, 正月市村座の中幕, 正月幕府に召された, 正月年始に行っ, 正月建文帝観音大士を潮音洞, 正月廿一日の條, 正月廿七日の戌, 正月廿三日ののちナリ, 正月廿三日夜のなん, 正月廿三日夜八ツ時半頃なりしが, 正月廿九日の夕, 正月廿八日の出來事で祕閣, 正月廿六日の條, 正月徳永直が何, 正月忌詞のイネツム, 正月念七日欲見青龍老師, 正月駿府被, 正月情人の爲め, 正月慣例の容易, 正月戊辰の戦い, 正月政宗は良, 正月遊ぼうという, 正月故郷仙臺にある, 正月新仏の正月, 正月の五月, 正月早々三好三人衆, 正月早々今年ア恵方が当った, 正月早々伏見の戦争, 正月早々佐野町春日岡の総, 正月早々信長から正面, 正月早々年始の客, 正月早々忍川の袋地, 正月早々突然細君の, 正月早々藤堂駿平がモスク, 正月早くあなたには, 正月映画の打合せ, 正月時分からその, 正月に洛東団栗辻, 正月景気の大, 正月晴れて曹操, 正月楽座あけ渡しは, 正月有楽座の出し, 正月の作, 正月朔日橿原宮に即位, 正月にのぼっ, 正月朝寝をする, 正月朝賀の時, 正月朝賀のをり, 正月木挽町の山村座, 正月へかけ, 正月末源義経主従十七人が山伏, 正月末頃からであった, 正月本郷丸山からの大, 正月来る正月に, 正月松飾りをせられない, 正月新聞の, 正月様どこまで, 正月横浜の家, 正月機嫌の失せぬ, 正月歌留多でも取っ, 正月歌舞伎座の大切浄瑠璃, 正月正平十三年の年頭, 正月正月した麗, 正月正月十六日の御, 正月歳首また臘, 正月殊にこの暗い, 正月水門尻のお前, 正月浅草の観音さま, 正月清野君の家, 正月炬燵にあたっ, 正月の先鋒李, 正月燕王長史葛誠をし, 正月特有の立て物, 正月狂言と盆狂言, 正月梅陽軒に, 正月生き御靈, 正月生まれの二つ, 正月生れの今年二十五歳, 正月生れたんだ, 正月れの, 正月番場へ遊び, 正月発行期日が後れ, 正月白木屋へいらっしゃいまし, 正月盆村の鎭守, 正月をわるく, 正月着浮織の帯, 正月着物を縫い終っ, 正月短篇のため大久保, 正月石山の爺さん, 正月硯友社は初めて, 正月碧蹄館のた, 正月神様はその, 正月祭礼までを引きくるめ, 正月に行つた時, 正月秀吉かの滝川一益, 正月私のをためし, 正月稽古始に男谷道場, 正月節句などにも云々, 正月節句抔にも先づ夫, 正月節句風雨の阻, 正月継母が更に, 正月織部正の命, 正月羅馬旧教国らしいカアナバル, 正月羽根を突く, 正月自ら島原に出陣, 正月自分の借りた, 正月芝居には寿美蔵, 正月を発し, 正月古の, 正月藤井のおばさん, 正月藤井のをばさん, 正月が附き, 正月蟹江川の支流, 正月行衛不明になり, 正月言葉で稲, 正月読売新聞の主催, 正月農事始めにも, 正月迎え云々という, 正月近い頃渋谷で, 正月近い淋しい空に, 正月逗子の父母, 正月遊びになっ, 正月かに果, 正月那須で雪, 正月郷家に帰つて, 正月酒井忠恭は播州, 正月重ね正月二正月ともヒシテ正月, 正月金子入書状, 正月長州の使者, 正月長州貿易交渉を終えた, 正月長者が宇賀, 正月園と, 正月難波宮に行幸, 正月の那須, 正月雲州松江祥光院の墓所, 正月頃三十軒ばかりなりし, 正月頃傾向がわるく, 正月頃味噌漬を頼まれ, 正月頃用事で五日, 正月頃用件で郷里, 正月があわただし, 正月駆落したりし, 正月駒込吉祥寺に大火, 正月高倉上皇がお, 正月高杉晋作の挙兵, 正月に島田, 正月鳥羽伏見の戦, 正月鶴岳宮に御, 正月鷹狩に名