青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「法師~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

沿う~ 泉~ 泊~ ~泊っ 泊っ~ 泊り~ ~法 法~ ~法則 法則~
法師~
~法律 法律~ 泡~ ~波 波~ ~泣い 泣い~ ~泣いた ~泣き 泣き~

「法師~」 2114, 23ppm, 5061位

▼ 法師~ (467, 22.1%)

5 ように, 姿を, 庵室 4 徒であった, 戒めを 3 ことは, ために, 亜流である, 如きも, 姿は, 徒が, 徒で, 徒である, 身は, 頭はて

2 [32件] ひとりが, やうに, ような, 不思議な, 事は, 亜流たる, 亜流で, 声, 如きは, 影が, 徒と, 徒は, 手へ, 手を, 指図である, 方で, 方へ, 旅僧は, 物語, 研究は, 称は, 胸に, 許へ, 詞に従って, 話の, 話も, 語が, 語った事, 語の, 語は, 跡取りに, 顔を

1 [350件] あった様, あの眼, ありし土, ある一派, ある者, あわれ, いうこと, いかに多く, いじらしい姿, いたいけな, いるところ, うちには, おすすめやら, おとずれの, お使い, お喋りも, お小僧, お島, からくりは, があった, くせに, こと, ことが, ことだ, ことだろう, ことであります, ことであろう, ことなり, ことを, この献上物, ご返事, ざまだ, しおしおした, すがた, せっかくの, その場合, その夜, その覚え, たぐいは, たれかれなど, つい涼風, ひくもの, ひたむきな, ほうは, ほうへ, ほかに, むれ, むれに, もとへ, もとへも, ようすが, ようすを, りょう耳は, わたくしを, エタを, 一つたる, 一幅は, 一族であった, 一生, 一種なる, 一語既に, 上に, 不得手, 並んで, 中において, 中には, 中間は, 事じゃ, 事などは, 事を, 亜流として, 亜流の, 仏果を, 仕業だ, 仕業には, 仲間であっ, 仲間である, 仲間に, 仲間には, 住む小屋, 住居は, 体だ, 作として, 作の, 供だ, 価値を, 傍へ, 僧兵で, 僻耳で, 其の御名, 兼好が, 出現は, 分も, 前で, 前へ, 力乏しく, 加へた批判を, 務めじゃ, 半兵衛に, 危機を, 厭世思想を, 口から, 口に, 名すら, 名で, 名に, 名は, 名を, 名声は, 名残であった, 名称が, 名称の, 名誉である, 名誉な, 呶鳴る, 命に, 唱和に, 嘘は, 噂も, 噂を, 報告は, 場合は, 墓, 増上慢が, 声に, 声聞師が, 多いの, 多数は, 大胆と, 大願によって, 奏聞によって, 女, 如きまた, 如き勇士, 如く一旦, 如く因幡堂, 妹聟である, 妻と, 妻子が, 姿が, 姿であった, 姿である, 姿に, 姿も, 子どもは, 子に, 子は, 字を, 存在も, 孫に, 家に, 家を, 容子では, 容子とに, 容態という, 容貌と, 専売では, 小僕, 居所を, 居間には, 屍を, 屯する, 山家集これは, 山登りが, 左右には, 平家物語なる, 広長舌が, 店から, 座所は, 庵, 庵から, 庵で, 弁信に, 弄する, 形には, 後だけ, 後に, 後を, 後裔では, 徒から, 徒では, 徒に, 徒の, 徒をも, 徒を以て, 徒然草に, 徹しよう, 心が, 心も, 怖るべき, 情熱に, 惱み, 意は, 意味を, 戒を, 所々の, 所に, 所業に, 手に, 手前の, 手引によって, 承祖披露, 拍子打ちに, 持つて, 振舞を, 掃除人等が, 擁護を, 擡げた顔, 救済者である, 文字を, 方には, 方は, 方面から, 旅行記が, 早天暁の, 昔を, 春花の, 時代には, 智慧や, 曇謨は, 書も, 最後振りを, 末世は, 本人が, 杖の, 横から, 次の, 歌, 歌こそ, 歌だ, 歌でありました, 歌又, 歌碑が, 歩いた道, 歩んで, 母の, 気安さ, 沈んだ声, 法力が, 洒脱にも, 流れの, 流れを, 消息の, 湯廊を, 澄んだ寂しげ, 為す業, 無礼を, 物が, 物語は, 物語る仁和寺, 狐ひとつ風を, 瓜生野といふ, 生きた時代, 用具の, 申し条, 画像が, 番じゃな, 番頭さんに, 白状に, 真似びを, 真似を, 眼から, 眼に, 眼の, 眼は, 着物を, 知らせ方, 知るところ, 研究を, 研究家として, 祈る鈴, 祝事は, 神変不思議な, 科学的智識の, 称を, 立場から, 節おもしろく, 系統で, 納涼は, 経声は, 結婚, 罵る声, 群れが, 群れであろう, 群れを, 義と, 耳に, 耳には, 耳もとで, 背に, 胸には, 脱いで, 脳上へ, 腕たては, 若年の, 藤村性禅氏を, 西行は, 見られぬところ, 覚一を, 言うの, 言ったよう, 言葉が, 言葉に, 訪れを, 話であった, 話を, 語った嘘, 語に, 語によって, 語る壇浦合戦, 語る言葉, 語を, 語調が, 説法でも, 跡を, 身と, 身に, 身の, 身の上ばなしに, 身を, 身分を, 軸が, 辞儀お手前とも, 通称は, 逸話として, 部屋へ, 野田山の, 長たる, 間にも, 階級を, 面を, 頃から, 頃に, 頃には, 頭が, 頭だけの, 頭へ, 頷くの, 頼みますには, 類で, 類は, 類みなこれで, 食邑として, 饒舌が, 饒舌に, 鯱丸は, 麻の, 鼎を, 鼎をか, 鼻は

▼ 法師~ (324, 15.3%)

4 故の

2 [11件] こういっ, この際, その顔, どんな人間, 二枚の, 喬生から, 喬生の, 泣かむ, 琵琶を, 目を, 豪い人

1 [298件] あくまで傲岸, あくまで老媼, あっても, あれ以来, あわてて, あわてる, いきなり牛若, いたたまらずして, いつか唖に, いつの間にか唖, いひました, いよいよ広原, いよいよ誇らしげ, いわゆる遊行派, いわん方, うす暗い廊下, お坊さん, かくと, かくも, かたく口, かねて清水坂, からからと, きちんとすわり, ぎょっとし, くたくたと, くたびれて, こういう土地, こう言いました, ここに, この小, この時, この時分, この本, この点, これまで, これも, これを, しずかに, しょぼしょぼとして, しんから, じっと見すまし, じろじろお, すぐ明日, すでに姿, すでに定評, そういうこと, そこではじめて, そこでようやく, そのこと, そのまま廊下, その功労, その図, それから徒歩, それほどには, それ自身屠殺を, ただそう, ためつすがめつさも, だれひとり身よりも, ちと気の毒, ちょこなんと跪まり, とちゅうでわかれて, ともかく清盛, どこに, どこへ, どこを, なにも, なんともいえない, なんと実務的, ひじょうによろこびました, ひとり思いました, びわを, ふと我, まさかあの, ますます声, またたきも, またも, また以前, また女, また立ちどまっ, まだ白骨, まるでまた, まるで目あき, むこうに, むろんその, もうその, もう寝, もう引っ込ん, もちろん上, もちろん奈良朝以来, もちろん法師, もはやわれ, やがてケラケラ, やがて一揖, やっとそう答える, やはりもの, やはり朱雀門, やや声, よみ給ひぬ, れいの, ソロソロと, 一人も, 一気にこれ, 一面の, 不動の, 不思議な, 不相変高慢, 世に, 世にもあじけ, 中院へ, 主として天部部落, 乳母の, 二人とも, 今何処に, 今日も, 今黙然, 他から, 以前の, 仰向いて, 伊賀の, 何か, 何と, 何事を, 俊寛様は, 偶然にも, 傲然と, 公然の, 兵の, 内陣の, 初めたわむれだ, 別に心, 到底下司法師原, 動じも, 卒然と, 双ヶ岡, 反って, 口が, 口を, 古びた易書, 右馬介が, 右馬介どので, 合戦以外の, 吉野法師らの, 同じ法師姿, 咄嗟に, 唇を, 唖に, 喋舌りぬい, 喚き合って, 喬生に, 嗚咽し, 地上の, 声も, 声を, 夢の, 大きく手, 大きなもの, 大ゲサ, 大岩の, 大広間の, 大汗, 天に, 太平記の, 奈良朝以来少から, 妻子を, 始めから, 始めて, 宇都宮の, 実に当時, 家橘が, 寂寥と, 寺男の, 寿くごとく, 小賢しく小膝, 少納言通憲入道信西であった, 居間に, 左瞻右視或は, 己の, 平安京九条の, 平家を, 平然と, 座に, 庸三たちの, 引きつづき滔々, 当時で, 彼の, 後には, 後の, 後家の, 徐に哮り立つ, 徐に身, 得意に, 忘れつぽい, 怒ったよう, 悠然と説き出した, 憎さげ, 我ながら, 扇へ, 拝殿の, 指の, 挑んで, 掛茶屋の, 撥を, 播磨法師の, 数ある, 新に, 昨夕の, 昨夜と, 暗中に, 更に其の, 最初の, 月光に, 朝は, 本寺には, 杖を, 東大寺の, 楽翁よりも, 槍もろとも, 槍を, 歌うよう, 歎息し, 正にこれ, 殆ど叱る, 毛の, 水が, 水晶の, 法然頭を, 泡を, 流眄に, 深い感激, 清水坂の, 清水次郎長と共に, 炉辺に, 熱弁を, 爆発起る, 物憂そう, 生まれつきめくらでしたので, 生れて, 町の, 百姓に, 盃を, 盛装した, 盲な, 相不変, 相変らず, 真暗い, 真赤に, 眼を, 石畳み, 確かに, 禁中お, 私の, 笑み交すよう, 答えました, 箒と, 綺羅美や, 聴衆が, 肌を, 背後から, 胸の, 自分へ, 苦り切る, 茶店の, 裳に, 見えない目, 観念し, 言いました, 言った, 言われた通り, 訊き返した, 話し出した, 話を, 謀逆の, 谷間を, 責めたてられつひに, 足音を, 身なりに, 身を以て, 身動きひとつせず, 身毒と, 身毒の, 達筆家では, 邪宗門を, 邪見で, 配慮した, 鑢で, 長浜から, 間近ながら, 雄黄, 静かに, 頷いた, 顔色を, 飛退り, 首尾よく, 驚いて, 高足や, 黄河を, 黒法師っぷりとして, 鼻を

▼ 法師~ (209, 9.9%)

3 ある, あるもん 2 二分間許り, 十文字の, 旅や, 琵琶を

1 [195件] あった, あって, あの怪しげ, あらゆる賤者, ありし日, ありゃァ, あり悲恋, ある夜, ある時京都, いいますと, いたが, いちばんと, いました, いる, いると, いるの, おざった, おりましたこと, お喋りを, お祈りいたし, お経, お通, かの地, こういっ, こう云っ, こう語り, この場合, この山, この峠, しばらく山, そういっ, その, その家, その母, ただひとり, たちまち身, たちよりそう, たとえ僅かの, だれの, ついて, つれて, できて, なお何, なせる, はたと歩み, ひょっこりその, びわを, またのこのこ, もろくも, やってきて, やって来た, やっとの, よしやある, りょう耳から, キヨメなる, 一つ駕籠を, 一丈余も, 一人で, 一人やはり, 一人居りました, 一人通りかかった, 一息に, 一身は, 三法師を, 五行山頂の, 仁明天皇の, 今日はかぶとを, 仏供の, 付近の, 住んで, 何処かの, 何気なくその, 侍って, 俄かに, 傍に, 傍らから, 僅かに, 先に, 入った口, 再び袈裟, 出たの, 十二三歳の, 半分に, 参りました, 参与した, 右の, 同時代, 哂う, 唐の, 噴笑した, 坪内逍遥で, 堀を, 変った修行者, 多数に, 大燭台, 大音, 天竺に, 宝蔵院二代目の, 寺へ, 属して, 山伏及び, 師直の, 幕軍に, 平安朝に, 平氏追討の, 年を, 庭に, 延暦寺に, 彼の, 後ろで, 徒然草にと, 得物得物を, 念を, 念仏の, 念仏読経の, 思うに, 息をも, 意外にも, 意識的に, 感神院に, 我に, 或る, 或日, 扇ヶ谷家の, 承け継いで, 抜からぬ面, 探しに, 提燈鶴嘴鋤等を, 擁立される, 敵方の, 旧愛, 曾無一善の, 最初当然, 有縁則住と, 末森の, 本来いかなる, 杖を, 来たの, 東国者らしい, 東寺に, 架けたという, 棺桶の, 槍を, 歌って, 歌に, 流れ込んだと, 浮気者であった, 浴槽から, 特殊民であり, 狂気の, 現れて, 現われた, 盛んに, 直ちに答えました, 真に法師, 石の, 祇園感神院に, 秀郷の, 私の, 積み上げた石ころ, 立って, 竹生島へ, 笑ひ, 笠に, 笠置へ, 経を, 自己の, 薄色の, 薙刀の, 虫の, 行方不明に, 西洞院の, 見つけ出して, 言つた, 言つたのである, 言を, 語ったの, 諸国に, 諸国一見の, 路傍で, 身の上も, 身動ぎも, 輩出した, 返事に, 通る, 酒屋で, 長柄刀の, 間人すなわち, 階段を, 韜晦し, 頭から, 駆け込み訴えを, 駈け出たので, 駕籠へ, 驚くこと

▼ 法師~ (110, 5.2%)

3 いえば, 呼ばれて, 呼んで, 言ふ 2 なったの, 同じよう, 呼ばれしかも, 呼ばれては, 称して

1 [88件] あって, ある, あるなど, ある様, いい各, いう, いったと, おなりだろう, お会い遊ばす, こたえたこと, さよう親子, なったので, なった為, なって, なってからも, なりましたから, なり公民, なり申したが, なるところ, なるべきもの, むかい合って, パリスと, パリス樂人らを, 一しょに, 世に, 世の, 中御門の, 乞食との, 二人で, 云うや, 云う男, 云ったの, 云った地方, 似た所, 別れ八ヶ嶽, 同じく一つ, 同じ仲間, 同じ性質, 名づける, 名を, 名付今, 呼ばるるに, 呼ばれたの, 呼ばれたり, 呼ばれた下司法師, 呼ばれた非人法師, 呼ばれまた, 呼ばれるの, 呼ばれるもの, 呼ばれ年七石, 呼ぶ例, 呼んだ, 呼んだとは, 坊主, 声聞師, 大和の, 大鷲との, 天狗群の, 山伏は, 新古今集, 明星天童子を, 書いて, 書きます, 歌って, 正反対, 法力を, 清水坂非人法師との, 特殊民, 特殊民との, 狐とが, 申します男, 申すもの, 申者八人にて, 称したが, 称するもの, 称せられた聖覚, 称せられて, 自分から, 草心尼さまが, 見て, 見られて, 言つた, 言ひ, 言ふも, 説教節との, 謂うの, 連称し, 関係の

▼ 法師~ (91, 4.3%)

2 木の

1 [89件] あみだ寺, うしろの, おとづれました, お召し, お寺へ, かしらに, ここで, この島, さがしました, さほどたより, して, つれて, どうしよう, ひきたてその, ひっとらえろ, ひとり多景島, ふしぎにも, まん中に, もして, もてなそうと, ものに, やるとき, 一般に菩薩, 主に, 仰いで, 伴って, 使うて, 先に, 制せられよと, 取ると, 取放して, 召されて, 召されること, 呼び迎え説法, 呼んだもの, 喜んで, 声聞に, 売って, 奉じて, 守って, 尊信し, 尊敬優待すべき, 尻目に, 屋号と, 引いて, 引立て, 待受けました, 悩ましたもん, 憎む事, 懲そう, 抱いて, 指斥賤称として, 捕へて, 捜して, 措いて, 揚屋から, 搦め日, 擁して, 擁し秀吉, 攫われた悟空, 改めた三郎信長, 救い出すなり, 明らかに, 殺そうと, 殺そうとも, 法勝寺の, 点じたこと, 狩れ, 狩れ白法師, 独り後に, 生虜, 町なかの, 発見しました, 相続者と, 知らぬは, 祈り殺そうと, 立出でました, 膝に, 菩薩に対する, 蔑視した, 試して, 論じて, 謗った者, 逃がして, 遠ざけたいと, 間者として, 除いては, 餌取, 高良明神と

▼ 法師~ (90, 4.3%)

4 似てるぞなと 2 この怪事, なって, 謁し, 頼むより

1 [78件] あてるの, いわせますと, お預けと, かしずき兼好, したこと, すぎん, せよ実在, たずねられました, たのみました, たのんで, だまされて, ちがいありませぬ, つづいて, とらわれて, なぞらえて, なった姿, なってからも, なりすましたの, なりとうございます, なり変ったの, なるの, なるほど, にらまれて, まねて, まみえ給いつつ, むかって, わな, ヘソを, 下さるること, 与う法師, 云われたよう, 仕えて, 代わるに, 伝えて, 似て, 似てるが, 何の, 借れる草枕, 向かって, 向って, 向ってすらが, 告げくれた事, 呼ばれると, 嗅ぎつけられて, 囁きこの, 大いに同感, 尋ねましても, 導かれて, 小夜衣の, 帰って, 引かせて, 従うて, 思えも, 恋文の, 我々三人が, 接続せしむべき, 於ては, 木剣を, 物を, 目礼を, 相応しい事, 相違ありません, 笞を, 縁の, 胆を, 芭蕉の, 行った事, 行つた事を, 見て, 詛われた時, 説かれないでも, 課役規避の, 謁した, 迫っては, 限ったわけ, 随って, 隠すに, 頼んで

▼ 法師~ (57, 2.7%)

2 喰せ, 花賣

1 [53件] あらざれば, ありませんので, いたく恐縮, お茶の, お銀様, この割れ目, これある, その当時, つい堪りかねた, とうとう亡くなった, どこかへ, べつな, またさる, また寺, また飄然, やって来る, 三舎を, 人形の, 俗だ, 修行の, 假名は, 再三の, 出て, 勿論合掌, 叡山南都の, 含つてゐる, 少しくはずみました, 工匠も, 常に掃除, 平太夫, 広長舌を, 当座の, 怒った, 戸まどいした, 敵の, 法力に, 無いだらう, 現われず, 相不変鉢, 私も, 竹生島ある, 籠めね, 経文の, 胸を, 自身入念に, 見えなかった, 言葉なく, 語る事, 返事の, 金鼓を, 銭を, 随分心細い, 飯を

▼ 法師温泉~ (41, 1.9%)

3 がある 2 なの, の湯槽, はある, まで行く

1 [30件] で見た, といふ, にて敵方, に来た, に着いた, のこの, の上, の主人, の主人公, の主人岡村宏策老, の奥, の朝, の浴槽, の風景, は今時, は川原, は本陣, へはいま, へ旅, へ来た, へ行く, まで二里, まで行かう, まで行こう, まで辿り着ける, をめぐる, を廻られた, を立った, を過ぎ, 迄も自動車

▼ 法師という~ (25, 1.2%)

3 のが 2 のは, 語が

1 [18件] おかしげなお, た彼, のも, ものに, ものも, ように, 下級の, 人の, 化け物だ, 古い名称, 名称が, 名称の, 名称は, 琵琶の, 者の, 言葉の, 語は, 風外の

▼ 法師~ (24, 1.1%)

3 の御 2 のお, を安土

1 [17件] あるのみ, が在る, すなわち真に, である, では, といったの, にもご, の名, はまだきわめて, へお, への伺候, も明け, をもっ, をわが, を天下人, を奉ずる, を飾りもの

▼ 法師~ (22, 1.0%)

1 [22件] あつた, いわゆる三昧聖, かの三善清行, はござりますが, もうたどりついた, 主に, 会った, 何とか手当, 半俗生活, 名だかい鴫立沢, 大きな胆力, 大してフアン, 寝て, 捕まっても, 昼こそ, 會つた, 有名な, 柳斎旦那とは, 淋しゅうなるぞな, 百発百中と, 蓋を, 非人法師の

▼ 法師~ (22, 1.0%)

3 の部落 2 の空, の里

1 [15件] いらいその, いらい久しく, さしていそい, という山間, にあたって聞, にいる, に平陣, に陣ぞろい, の大, の山村, へおそっ, へ知らせなくっ, へ逃げ, までともに, まで二里八

▼ 法師たち~ (21, 1.0%)

1 [21件] から教え, が叡山, が口々, が帰っ, が柏の葉, が集まっ, が面, が駈け寄っ, との間, のうわさ, の中, の後ろ, の気, の試合, の顔, の高, は憤っ, は青く, へ綿, も見物, を御召

▼ 法師姿~ (19, 0.9%)

2 のもの, をし, をした

1 [13件] である, であるが, でいた, ではなかっ, で描きあらわされ, に生活, に身, の夕, の案山子, の特殊民, をなし, を為さなくなり, を示し

▼ 法師武者~ (17, 0.8%)

1 [17件] がある, が充満, だった, でご, とてよろい, に舁かせ, のす, の一人, の善性坊, の数, はそこ, は尊大, は彼, は消火, も少なく, や数名, を捕虜

▼ 法師~ (15, 0.7%)

1 [15件] その母, 二条城の, 侍は, 土師部とともに, 土師部の, 居士の, 捨身の, 旅芸人の, 武者ばらが, 武蔵坊弁慶の, 猿楽法師など, 社会の, 祇園の, 遊吟詩人と, 高野山の

▼ 法師~ (15, 0.7%)

1 [15件] が寺家, が延暦寺, が説, が髯, が鬚, との関係, と多く, などのせわし, などは寺中, の呼びな, の懇願, の献物, はさらに, はみな, は柳田君

▼ 法師~ (15, 0.7%)

3 の徒

1 [12件] がいわゆる, とある, というの, とともに長, との間, と呼ん, などという名称, なる唱門師, の主張, の間, も後に, を間人

▼ 法師~ (15, 0.7%)

1 [15件] がいかに, がさしたる, が鬢, さえ立ち入れなかった, とは事変, と云う, のため折檻, の影響, の語り, の闘争, の頭, はいわゆる, は多く, もはるばる, を概括

▼ 法師~ (14, 0.7%)

1 [14件] がなきだした, がポツポツ, が身近く鳴き, が鳴い, が鳴いた, が鳴き出した, が鳴く, とは別, と蟋蟀, の夕日, の金属的, はまだ, は歌, もあまり

▼ 法師~ (12, 0.6%)

2 のと, のという 1 がこれ, がどうして, そうだ, つてなまぐさ, という, と申す, と考へ, のを

▼ 法師とも~ (11, 0.5%)

1 [11件] いいました, いって, なって, 云ったもの, 人が, 呼ばれたの, 呼ばれて, 呼ばれ前記, 唱えて, 屡彼等, 言うべきもの

▼ 法師だの~ (10, 0.5%)

1 エッタン坊, 三法師だ, 吉田の, 土佐法師だ, 坊主だの, 小法師, 楮幣で, 法仏法師だ, 素性法師だ, 近江法師だの

▼ 法師である~ (10, 0.5%)

2 が故に 1 ことが, ことは, ことを, として仲間, とは云え, 限り彼は, 非人法師である, 餌取

▼ 法師とは~ (10, 0.5%)

1 いえ実は, いかなる身分, 一種の, 別に二人, 南方佛典の, 吉田兼好の, 平安朝における, 私の, 言うまでもなく法, 課役を

▼ 法師~ (10, 0.5%)

1 こそ即座, こそ御, だ, でございますな, にお目にかかり, のお蔭, はまだ, も呆れるだろう, をこそお, を縛め取る

▼ 法師であった~ (9, 0.4%)

2 ことを 1 ということ, とはみえ, と言わね, のかも, のである, のです, 事は

▼ 法師とか~ (9, 0.4%)

1 右の, 呼んだとは, 土佐法師とか, 大法師, 教師とか, 明石法師とかいう, 近江法師伊賀法師摂津法師越前法師播磨法師淡路法師若狭法師などという, 遊吟詩人という, 阿弥陀法師とかいう

▼ 法師なる~ (9, 0.4%)

2 ものが 1 が故に, に力, もので, ものに, 声聞師の, 平非人, 者に対しての

▼ 法師~ (9, 0.4%)

1 やがて同じ, 使いを, 告げに, 差し出した, 引揚げました, 彼は, 登ったという, 登つたといふ, 着くよう

▼ 法師では~ (8, 0.4%)

2 あるが, ない 1 ありながらも, ある, ございますまい, ないか

▼ 法師甲斐~ (8, 0.4%)

1 には甲子太郎, に乗込みました, の倅甲子太郎, の家, の後, の跡目, は室町, は昨年

▼ 法師から~ (7, 0.3%)

2 教えられて 1 変形した, 打背く, 真中の, 第二, 筋を

▼ 法師すなわち~ (7, 0.3%)

1 いわゆる唱門師, いわゆる毛坊主, 一寸法師の, 下司法師の, 是である, 能役者の, 非人法師の

▼ 法師との~ (7, 0.3%)

1 喧嘩の, 多くの, 縁起は, 間に, 間には, 関係と, 関係に

▼ 法師たる~ (6, 0.3%)

1 ことが, ものこんな, ものの, 声聞師である, 声聞師の, 濫僧とは

▼ 法師であり~ (6, 0.3%)

1 その, ながら令条, ながら坊主, 又翰墨, 口に, 虚無僧の

▼ 法師として~ (5, 0.2%)

1 この男, だれでも, 下向し, 身を, 長らえて

▼ 法師にも~ (5, 0.2%)

1 けらいは, 劣るまじと, 平安末からは, 浄行智行の, 謹んで

▼ 法師~ (5, 0.2%)

1 に砦, の木々, の突兀, の裾, は数段

▼ 法師~ (5, 0.2%)

1 に漆黒の, は一個, を剣先, を抱き取った, を獄門

▼ 法師~ (4, 0.2%)

1 きらくな, しからずんば, ひなうちさすり, 誰かも

▼ 法師であっ~ (4, 0.2%)

1 ても如法, ても如法修行, て修験道, て観

▼ 法師でも~ (4, 0.2%)

1 ない, なし, まじって, 持戒の

▼ 法師ども~ (4, 0.2%)

1 が鐘楼, その首, は文字, は獄

▼ 法師などと~ (4, 0.2%)

1 あって, 云うもの, 呼ばれて, 呼ばれても

▼ 法師には~ (4, 0.2%)

1 当たらぬよう, 明と, 盲目として, 関係が

▼ 法師~ (4, 0.2%)

1 が児, が出, が来, と睨み合っ

▼ 法師頭巾~ (4, 0.2%)

1 に似た, の大男, の影, を剥い

▼ 法師ぎみ~ (3, 0.1%)

1 が御, は安土, もいらっしゃる

▼ 法師さん~ (3, 0.1%)

1 だ, ですこと, ですもの

▼ 法師といふ~ (3, 0.1%)

1 のは, 人が, 表題は

▼ 法師とかいう~ (3, 0.1%)

1 ように, 母子の, 類の

▼ 法師~ (3, 0.1%)

1 からかむ, のか, のである

▼ 法師など~ (3, 0.1%)

1 いずれも, その他各地の, もとは

▼ 法師などの~ (3, 0.1%)

1 嵌り役じゃ, 輩は, 類が

▼ 法師ならぬ~ (3, 0.1%)

1 ものに, マックラウド氏が, 今秋を

▼ 法師にて~ (3, 0.1%)

2 鳥も 1 ありながら

▼ 法師ひとり~ (3, 0.1%)

1 でお雪ちゃん自身, ゐて, を見殺し

▼ 法師まで~ (3, 0.1%)

1 なお三里, なほ三里よほどこれから, 足を

▼ 法師よりも~ (3, 0.1%)

1 もつと, 一段卑しい, 四五百年も

▼ 法師一人~ (3, 0.1%)

1 の誤り, を生, 少し目開き申候

▼ 法師仲間~ (3, 0.1%)

1 で, であったと, であるが

▼ 法師~ (3, 0.1%)

1 に一応, まで彼, も弁当

▼ 法師~ (2, 0.1%)

1 たま, ひかはらず悪戯ぢ

▼ 法師~ (2, 0.1%)

1 がたの, がたは

▼ 法師その~ (2, 0.1%)

1 価を, 梢を

▼ 法師そのもの~ (2, 0.1%)

1 が賤, だった

▼ 法師だけが~ (2, 0.1%)

1 どう見直し, 案内を

▼ 法師だけに~ (2, 0.1%)

1 可憐しかった, 吉次は

▼ 法師です~ (2, 0.1%)

1 か, から弁信

▼ 法師とかの~ (2, 0.1%)

1 語の, 類であった

▼ 法師とが~ (2, 0.1%)

1 全く面, 最も勢力

▼ 法師としては~ (2, 0.1%)

1 また極めて, 異数の

▼ 法師とでも~ (2, 0.1%)

1 云って, 見られたの

▼ 法師と共に~ (2, 0.1%)

1 丸くなっ, 業火に

▼ 法師などに~ (2, 0.1%)

1 厚遇せられた, 姫君の

▼ 法師などは~ (2, 0.1%)

1 その藪雀, それで

▼ 法師にとっては~ (2, 0.1%)

1 なんでも, 珍しいこと

▼ 法師に対する~ (2, 0.1%)

1 敬称で, 称呼である

▼ 法師ばら~ (2, 0.1%)

1 の多く, を唆

▼ 法師ばら何~ (2, 0.1%)

2 をかする

▼ 法師~ (2, 0.1%)

1 が, の説法

▼ 法師めく~ (2, 0.1%)

2 かの行列

▼ 法師より~ (2, 0.1%)

1 使来たら, 始まる

▼ 法師をば~ (2, 0.1%)

1 必しも, 忌みたまえば

▼ 法師~ (2, 0.1%)

2 歌集

▼ 法師~ (2, 0.1%)

2 かむ

▼ 法師南都~ (2, 0.1%)

1 の僧侶, の奈良法師

▼ 法師~ (2, 0.1%)

1 右京の, 法師

▼ 法師殿~ (2, 0.1%)

1 の在す, を立てる

▼ 法師泊り~ (2, 0.1%)

1 でしょうから, でせう

▼ 法師~ (2, 0.1%)

1 に浸つた, の前

▼ 法師火桶~ (2, 0.1%)

2 の穴

▼ 法師狩り~ (2, 0.1%)

1 となった, の者ども

▼ 法師田楽~ (2, 0.1%)

1 などの形, になる

▼ 法師自身~ (2, 0.1%)

1 の同情, の恋

▼ 法師興福寺~ (2, 0.1%)

2 の唱門

▼ 法師~ (2, 0.1%)

1 信なりと, 信の

▼ 法師陰陽師~ (2, 0.1%)

1 など, の姿

▼ 法師~ (2, 0.1%)

2 取法師

▼ 法師~ (2, 0.1%)

1 の月毛, の馬

▼ 法師~ (2, 0.1%)

1 の月毛, の馬

▼1* [178件]

法師、揃つて手を支い, 法師あたりにもぶつからない, 法師いや下妻左衛門尉と, 法師お気をたしかに, 法師かと思えば, 法師からは縁が, 法師がととのへて, 法師くずれに違い, 法師こそじつは晩年, 法師こっちへ来, 法師これが弘法大師, 法師さえ取り逃がしたので, 法師さしつらりでついと, 法師さては南都の, 法師さまお跡目立ち, 法師じみた丈艸が, 法師じゃで頼り, 法師その他浮浪民の徒, 法師たる散所法師の, 法師だっておかしくは, 法師だ考えてみりゃ, 法師っぷりとしてかえって, 法師であったであろうがその間, 法師でありますからその, 法師であれば誰, 法師であろうと評判, 法師でございましてあれ, 法師でなければもいちど武士, 法師といった幼名の, 法師とても馬鹿に, 法師とともに生活する, 法師とやら申す男, 法師とやらは幸い姫君, 法師どのと申し上げ, 法師なかなかの拗, 法師などというように, 法師なども私本, 法師なら歌を, 法師ならずとも勘, 法師なりし時人の, 法師なりとやっと分った, 法師なればあやまち, 法師なんかも停車場で, 法師について観て, 法師についてはわずかに, 法師になつて浄い, 法師に対して行われたもの, 法師に関する厳格なる, 法師のみに注目し, 法師はじぶんの寝間, 法師はといえば, 法師ばかりでなくいやしくも, 法師ひと癖ありげ, 法師ふと或る, 法師ぶりを発揮, 法師への貢として, 法師ほか十数名に守られ, 法師または坊主と, 法師みたいな戦乱, 法師めかしながら世, 法師め人を馬鹿, 法師もしくは坊主と, 法師やを滯留さして, 法師いまから, 法師よりけに節立てる, 法師らしい西行式の, 法師をのみ夫に, 法師をはだかに, 法師を以てせられた, 法師ジャンとは十字軍, 法師ダミヤンが殉教, 法師フランシス派の僧, 法師一人念仏詣りて, 法師一同驚き且つ厳粛, 法師一度は本物, 法師一流のいい, 法師にも前項所述, 法師久々で一献, 法師を新造, 法師二つの頭, 法師五六人親鸞聖人の木像, 法師付きの衆臣, 法師伊賀法師摂津法師越前法師播磨法師淡路法師若狭法師などというよう, 法師の霊像, 法師俗法師の徒, 法師の間, 法師に在る, 法師僧徒の尊, 法師兄弟でその, 法師兄弟二人之処, 法師六尺や一丈, 法師がおお, 法師円寂とされ, 法師円明師下氷, 法師別当らの水無, 法師医師陰陽師などが皆それぞれ, 法師医者町長など交ぜた, 法師千秋万歳法師などと呼ばれ, 法師原これ実に当時, 法師殃に, 法師右馬介である, 法師吉田の兼好, 法師祇園感神院の, 法師四人を列, 法師四十八歳のとき, 法師四十餘歳上のかた, 法師大きかりにし, 法師大原の三寂, 法師大友黒主文屋康秀小野小町こういう順序, 法師失態の事, 法師奇遇だな, 法師始講之藤房玄慧同時, 法師少しも事, 法師岩壁に懸けられ, 法師岳寄りの側, 法師幕うつ山ざくらかな, 法師康僧会が訳した, 法師引かされ半分に, 法師弟子が出, 法師も似た, 法師を勤める, 法師後ろなるは, 法師後見人たるべき事, 法師扶持方田地を, 法師忌部川田某署名, 法師思ひの外臆病, 法師悦んでかの鐘, 法師或は下級の, 法師所謂僧兵の兇暴ぶり, 法師提籃を携, 法師摂津法師越前法師播磨法師淡路法師若狭法師などというよう, 法師播磨法師淡路法師若狭法師などというよう, 法師支持へ傾こう, 法師旗本へ, 法師曰但取義味, 法師来たので金, 法師柳田君のいわゆる, 法師植木の巻藁, 法師歌集の初, 法師武者たちは殺気, 法師武者らとともに落人, 法師武者四五名連れて, 法師歩いて帰ります, 法師法一をつれ, 法師泥障を頸, 法師海地獄などへも私, 法師海老などむずかしき, 法師淡路法師若狭法師などというよう, 法師温泉吟行には夫人, 法師とした, 法師がついてる, 法師猿楽法師千秋万歳法師などと呼ばれ, 法師生活に慣れ, 法師研究上種々有益, 法師福亮だの百済寺, 法師秋葉の行者, 法師竹切勝負の事, 法師等そこへ蹲る, 法師等天皇の実, 法師系統の特殊民研究, 法師組頭野口与治兵衛, 法師を善く, 法師者幡磨法師之姉聟也, 法師聟入の喜悲劇, 法師胤栄の槍, 法師若狭法師などというよう, 法師がいる, 法師衆悔ゆるなよ, 法師越前法師播磨法師淡路法師若狭法師などというよう, 法師輿にひとしい, 法師辻冠者等をし, 法師道士生仏, 法師野地方へかよう, 法師長屋に住ん, 法師には, 法師非人法師の徒, 法師馬上の騎士たち, 法師高位をもてなす