青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「法~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

治~ 沼~ ~沿う 沿う~ 泉~ 泊~ ~泊っ 泊っ~ 泊り~ ~法
法~
~法則 法則~ 法師~ ~法律 法律~ 泡~ ~波 波~ ~泣い 泣い~

「法~」 12108, 131ppm, 814位

▼ 法~ (1890, 15.6%)

23 もって 18 用いて 16 教えて 11 心得て, 研究し 10 説いて 8 設けて 7 用ひ, 発見し, 知って, 考えて 6 採用する, 施して 5 守って, 枉げて, 無視し, 用ゐし, 発明した, 発見した, 蔑に

4 [26件] とって, とつた, やって, 伝えて, 使って, 修して, 取って, 変えて, 工夫し, 持って, 採用した, 改正し, 明らかに, 案出し, 無視する, 犯して, 用うる, 用ゐる, 発見する, 知らないから, 研究する, 考へて, 行ひ, 行ふ, 講じて, 述ぶる

3 [30件] して, 信じて, 修した人, 出して, 創造する, 学ばざれば, 定めて, 実地に, 教へて, 施すと, 日本に, 根本から, 用いる, 発明し, 知らずに, 知らぬ, 示して, 私は, 考案した, 行って, 見るに, 見出すこと, 説くの, 説明し, 説明する, 講ぜんと, 通過させた, 運用する, 重くし, 離れて

2 [125件] いくらでも心得, おこなうと, その頃, つけて, とつて, とれば, まねて, もつて, もつと, 不奉, 与えて, 乱して, 亂し, 他の, 会得し, 作って, 修したの, 修するの, 借りて, 傳へて, 具へ, 利用し, 制定し, 制定した, 半月以上も, 受く, 受けて, 呼んで, 唱うるもの, 唱えて, 妥協させ, 嫌ったであろう, 学んで, 守れども, 定めたり, 實行する, 廃し, 得たる人, 得て, 必要と, 忘れて, 忘れ果て夜, 応用する, 應用する, 拗れさせて, 拵へ, 捉へ, 捨てて, 授けた, 授けたという, 授けて, 採るの, 採る事, 採用し, 改良する, 攻究し, 教えること, 教へ, 教授する, 曲げて, 書いたもの, 有して, 案出した, 案出する, 様々に, 標準と, 滅す, 無みし, 無視した, 犯した罪, 用いないで, 用ゆ, 用ゐ, 発掘した, 発明する, 発見せし, 盛んに, 知らざれば, 知らない, 知らないので, 知らない一人, 知りたるもの, 知る者, 研究した, 破りて, 立てて, 結んで, 綴字科において, 編みだして, 習いに, 考えたが, 考へたの, 自分で, 行うて, 行うもの, 行う者, 見て, 見出さねば, 見出して, 見出すと, 見出すの, 設けたり, 訳して, 試みようと, 話して, 語るので, 説いた, 説いたもの, 説きて, 説くなり, 読方科において, 論じて, 講じた, 講じなければ, 講ずるに, 講ずるの, 議定する, 責めるもの, 踏んで, 身に, 述ふ, 適用し, 適用する, 選んで, 飜訳し

1 [1274件 抜粋] あえて行なう, あらわに, いつ撤廃, いろいろ考える, うくべききざしある, うけ学, うごかすなどという, おこないわずか, おこなって, お弘め, お教え, お話しいたした, かかげて, かく社会主義的, きき出さねば, きちんとし, ここで, こなすまでには, ご披露, さへ, しらずして, すっかり並べたてた, するの, そのま, その必要, ただし貧民, たづねる, たてたりしかど, たてに, ちょうだいいたしまし, つかう者, つくって, つくれと, つけい, とり違, とるかも, とるならば, とれ, どこで, ながめて, なすもの, ならうこと, はじめ支那へ, ば採用し, ひた押しに, ほむと, ます, みせた鎧, もうこれ, もっともだ, もとること, やつて, やりさ, やるです, よくし, よく知っ, わしから, カルタゴ人等は, ヘーゲルの, マホメット教國に, ローマ人専ら, 一つ, 一定する, 一括し, 一日も, 七字で, 与うるを以て, 世に公, 中止する, 之に, 乱すなど, 云うべし之, 交じへて, 仕込むの, 代えねば, 仮定すれ, 伝うるは, 伝えた痕跡, 伝へたと, 余すとき, 作ったところが, 作つたが, 作りかの, 作り出して, 作るもの, 作ろうと, 併せ用, 使いまた, 使つてゐ, 使用し, 促したの, 信ぜず, 修したが, 修し畢, 修する者, 修せら, 修めんには, 修正する, 借りたの, 傳ふるあり, 傳へん, 先生から, 其の次ぎ, 具体的に, 再演する, 出て, 分類し, 初め沢山の, 利用する, 制す其の, 制定する, 加えて, 加える役目, 加へたり, 加味した, 励行せし, 募って, 包含した, 卜象だ, 原則に, 厳守する, 厳重に, 友として, 取ったよう, 取らしめたり, 取り立てて, 取る必要, 受くべし, 受けた, 受けつつ, 受ける少年少女, 名刀の, 含み醫療星占, 呪え, 問う, 問はんと, 善きもの, 図示した, 執り行うよう, 執るならば, 基礎と, 堅く守り, 変える事, 変化させ, 外甥に, 大いに利用, 大師が, 夫は, 奉じ分, 奨励する, 如何す, 始めた岡田虎次郎さん, 嫻つてさうし, 学びまた, 学び百姓, 学ぶ者, 學びたいと, 學ぶこと, 學んでも, 守つて居た, 守らず仮名遣, 守りて, 守り国民, 守るのみ, 守る言い訳, 守護する, 定めし者, 定められたという, 定めること, 定め憂世, 実現する, 実行したい, 察知する, 將來に, 尊重する, 小説作法の, 少し工夫, 崩さず従来, 工夫し得, 巧に, 布く訳, 廃した, 弁ずる時, 弁護する, 弘むにも, 弘宣する, 強いて, 弾着距離, 彼の, 得た, 得た人となり, 得來, 御承知, 心得おらなくて, 心得たもの, 必ず見出し得る, 忘れたるが, 応用した, 念ず, 忽に, 思いついたの, 思ひ出して, 恐れずとや, 悉く飲み込ん, 悟れり, 意味し, 愛賞し, 感覚の, 慕ふ, 我々は, 所詮自分, 拝すべからず, 拡めて, 拵へて, 持った大人, 指し示しこの, 指示し, 授かった事, 授かりました, 授け, 授けたるに, 授けるに, 排して, 採つたか, 採つて, 採り予習復習, 採るよう, 採用したら, 採用致しまし, 掲げあわせて, 提唱し, 携へて, 撤廃せざる, 支配する, 改むる必要, 改めたのみ, 改めて以来, 改めて貰いたい, 改正した, 攻撃する, 教えたが, 教えたと, 教えたるもの, 教えてでも, 教えるの, 教える意味, 教え時には, 教え込み自得, 教ゆこの, 教わったが, 教わって, 教授す, 敬うの, 文法及び, 断言すべし, 方便には, 施さないでも, 施したから, 施したので, 施し以, 施すこと, 施せば, 施行する, 日本化し, 早速法令上, 明示する, 曲げなかった剛毅, 曲げるわけ, 書いて, 書かせると, 有つ, 朔北に, 朝廷や, 村人に, 枉ぐ, 枉げた責任, 枉げない事, 枉げ権勢, 根柢から, 案ずるに, 棄てて, 極端に, 構え中宮, 模倣し, 正しゅうし, 此の, 殺す時, 永い間研究, 求むる事, 求めし後, 求めるのに, 求め雲門和尚, 活用せずん, 混入し, 滅しおわせる道, 激称した, 濫れ, 無意味な, 無效, 熟視すれ, 犯さざる限り, 犯したもの, 犯しみずから私, 犯すもの, 猥り, 獲受, 現われしめねば, 理解し, 生かして, 生徒に, 用いずして, 用いたの, 用いた有名, 用います, 用いること, 用いるの, 用いる限り, 用い高尚, 用み, 用ゐたる, 申上げましょう, 異にせし, 発明しない, 発表した, 発見し得るであろう, 發見し, 百姓たちに, 目撃した, 眠らす為, 知ってるから, 知つてゐる, 知らざることそれ自体, 知らざる者, 知らしめたいと, 知らずして, 知らず老人小児, 知らないこと, 知らない人, 知らない理由, 知らなかつたから, 知らぬため, 知らぬ故, 知られなかつたの, 知らんね, 知りません, 知り自分, 知る相手, 研究しない, 研究しよう, 破つた, 破らんと, 破り政府, 破るは, 破壞, 示す, 礼拝する, 神様から, 科学的に, 種々に, 積んで, 窺ひ, 立つる等, 立てた, 立てんと, 立て男子, 箇条書きに, 紊す, 紹介されました, 終つた時其の, 組み立てたならば, 継承せる, 維持し, 編み出しました, 緩和し, 練習させる, 練習した, 繰返す頃, 習うから, 習うに, 習つても, 習ひ覚えた, 習得し, 翻訳する, 考えなかったと, 考えました, 考え付いた, 考え膏薬, 考へたこと, 考へる根本, 耳に, 聞いて, 聞きて, 聞て, 聴き夕, 聴くのみ, 聴ける大衆, 聴聞したい, 自ら作らなけれ, 自己自身において, 與へ, 行いおわって, 行いそして, 行いとうとう, 行い霊馬, 行うたが, 行うと, 行うに, 行ずる勿, 行ったか, 行ったもの, 行つた, 行つて居ります, 行なおうと, 行なって, 行われたの, 表す様, 要求し, 見たの, 見つけたりと, 見る所以, 見出したとまで, 見出す能力, 見誤る, 覚えなければ, 覚え込んだ私, 観ずる道場, 観照する, 言い聞かせたです, 記者に, 設けたにも, 設定せず, 診察に, 試みこれ, 試みざるは, 試みること, 試みんと, 詳しくかく, 詳に, 語ったの, 語根と, 誤った句作法, 誤り甚しき, 誤るもの, 説いたくらい, 説いたでは, 説いた最後, 説かざる羊僧, 説かなかった, 説かれたるは, 説き聞かせたい, 説くだけ, 説くという, 説くには, 説くのみ, 説くよう, 説く僧侶, 説けは, 説明した, 読んで, 課し就職後, 調性と, 論じたり, 論ずるを, 論ぜしこと, 論談し, 謀る可, 謗つて, 講じてね, 講じる外, 講ずべきである, 講ずること, 講ずるの必要, 講ずれば, 講ぜさせるか, 議定するなり, 讃嘆す, 賛成する, 賭金に, 超越する, 踏みでも, 輕ん, 述へ, 述べて, 述べる時, 退失せるは, 通過させ, 造るの, 遁れ, 過つて, 達して, 遵奉する, 遵行し, 重んじた, 重んずること, 鑑定法と, 開き其肉, 除くこと, 隠微の, 集めて, 頓着する

▼ 法~ (1319, 10.9%)

10 中に 8 ために, 上から 7 裁きを 6 下に, 精神を 5 ように, 形式を, 精神 4 ほかに, やうな, 上に, 前には, 外に, 精神は

3 [18件] あること, ごときは, ごとく, ないもの, 上の, 事を, 二人は, 力を, 原則に, 声, 大略を, 威厳を, 尊厳を, 発見, 研究を, 紙幣を, 起原を, 適用を

2 [71件] いらない世間, うちに, ことを, ともしび, ない力, なければ, もとに, ような, 一つであった, 一つである, 一つとして, 一例として, 一端を, 不公平を, 他の, 会の, 体裁を, 例と, 公理である, 内容は, 冥想特に, 創造が, 功徳を, 命ずる所, 問題で, 問題は, 基礎, 変遷に, 夕, 大体を, 大切なる, 奇妙な, 如き, 如きは, 如き文官任用令, 如何に, 容器と, 対象と, 御山の, 撤廃を, 改正によって, 改良が, 方が, 方を, 書を, 未だ整頓, 本を, 極意を, 構造に, 為に, 爲め國の, 理論と, 発達を, 社会化, 空間, 第一, 第一条, 精神に, 精神をだに, 結び目に, 要領を, 規定に, 言葉あり, 護りと, 身, 運用の, 道に, 醫者が, 金が, 金を, 金櫛を

1 [1039件 抜粋] あるため, あるもの, いかなる主張, いかんによって, うえに, うちで, うち他の, おかげで, おかげであったらしい, お蔭か, お醫者, きかないの, きはみ, きめで, ここでは, ことから, ことである, ことなかなか, ことなども, ことに関して, こめられて, ごとき, ごときがすな, ごとくに, ごとく調べ, ご自慢, さばきが, すこぶる実用, たしかなる, ためである, ため母を, ちがいか, つかぬ破局, ないこと, ないの, ない海外, なかに, なくなったあと, ひどさ, まねぐらいは, もたらす好, ものこれを, ゆるさぬところ, よく事実, より大, ギセイ数万人共産党の, ツーン, ピラミッド形を, ユートピア, 一くさりに, 一つかも, 一つの, 一は, 一例に, 一参考と, 一点張りで, 一番の, 一番無作法なる, 一見奇異なる, 一部が, 一部であろう, 一類型とも, 三十五倍で, 三斗五升俵に, 上での, 上乘なる, 下なる, 不備と, 不備は, 不完全で, 不当さが, 不知は, 不識, 世界的権威は, 中にも, 中心だけは, 主観的言志の, 二人の, 二種と, 仕上げの, 代表的な, 伴うもの, 体言から, 余僧を, 使いこなしよう, 価値や, 便りの, 便益に, 俗悪な, 俚諺では, 俤を, 借金にも, 催眠剤を, 債券を, 僧侶は, 兄弟即ち, 光に, 免許皆伝と, 全廃でなけれ, 公明正大と, 共通な, 内容, 内容の, 冷たさ, 処断を, 出ずるところ, 分りよい, 初まり, 初歩より, 制定と, 制定を, 制度, 制度の, 制裁を, 前の, 創始者シャーロック, 力で, 功用の, 加減も, 効力の, 効果判定など, 区域を, 十二は, 卒業証書を, 占領の, 原則の, 原則も, 原理など, 原理を, 厳なることかく, 厳格に, 厳重で, 及ぶ所, 友かと, 反対者であった, 取しまり, 取調と, 口伝が, 古い用語例, 古く行われた, 古形で, 古着屋から, 可能性について, 名が, 名に, 名を, 名医が, 名手である, 名詞と, 名高き, 命ずるところ, 唯一の, 問題であります, 問題では, 問題刑罰の, 善悪も, 困難慰安や, 圧力の, 城, 基本を, 基礎も, 堂に, 報復を, 変って, 変化からも, 変更に, 変遷の, 夏期講習會に, 外にさえ, 大切なることかく, 大家中島九郎氏が, 大毒藥, 大綱を, 大間違い, 如きもの, 如くさし, 如くテンピ, 如く假, 如く思える, 如く臍, 如く調べ, 如く食卓, 妙と, 姿を, 威力の, 威嚇である, 存するやいなやを, 学理である, 学生と, 宇宙に, 宗主で, 定型を, 宝すなわち, 実地研究を, 実施の, 実演を, 実現の, 実際に, 実験を, 審議を, 将来せられた, 尊敬すべき, 小学に, 尚とむべき, 山, 山だろう, 山門まで, 工夫に, 差異が, 師である, 常識なる, 年代, 底にも, 庭に, 庭を, 廃止により, 廃止証拠法の, 廣く, 建てなおし国, 弊害を, 弟子と, 強制を, 形式に, 影です, 役目を, 後ろ盾として, 得は, 御旗, 御講義, 復興, 徳に, 徹底均田法の, 心得が, 心得も, 必然的な, 必要を, 応用は, 怒りであった, 恵みに, 悟りを, 惡魔王法の, 意味を, 意識が, 慣用さるる, 憲法の, 成就し, 成立した, 我妻栄三輪寿壮などの, 所謂, 手の, 手続きばかり, 批判それへの, 技術さえ, 技術は, 抜け道を, 指導に, 挿入時として, 掟に, 掣肘を, 掲載禁止命令は, 撤廃によって, 撤廃人種差別の, 撤廃物価の, 擡頭した, 支配, 改善に, 改弊柿楮煙草麻牧馬牛の, 改悪の, 改悪公務員法案の, 改正とか, 改正により, 改正は, 改正案を, 改正選挙権の, 改良とか, 改革および, 效果が, 效能である, 教えを, 教授として, 教授を, 教科書の, 教育も, 数々が, 整と, 文に, 新しさ, 新奇なる, 方はい, 施行などによって, 明白な, 是非に関して, 晩学を, 曙の, 書は, 書物を, 書類の, 最も原始的, 最初の, 最大の, 最深刻, 會の, 本には, 本質, 本邦に, 条規に, 東西大差ない, 根拠や, 根本なり, 根本を, 根本義に, 案出之が, 極刑に, 極端な, 概念には, 様に, 模擬貨幣です, 権力も, 権化とも, 権威である, 権威を, 機械は, 欠点であります, 欠陥と, 正明を, 此では, 歴史的概念を, 残燈を, 殺人的跳梁に, 毒藥だ, 気味悪さ, 法器を, 法文を, 活用じゃ, 流転を, 浪越といふ, 深遠や, 源泉である, 漸次的廃止の, 為めでは, 無力を, 無可有郷, 無理なる, 爲に, 特徴である, 特色で, 特許権を, 犠牲と, 犧牲と, 狂いなどを, 猛烈な, 理学的影響例えば, 理想に関する, 理論を, 由来を, 異なるに, 痕跡が, 癲癇舞踊皆それぞれ相当の, 発明によって, 発明者ハーバー博士の, 発見されなかった, 発見を, 発達し, 發明により, 盛なる, 目から, 相応, 眞理内容を, 真意義, 真髄を, 知識を, 研究が, 研究と, 研究も, 神祕は, 神髄に, 禁止する, 科学的な, 秘と, 秘法では, 秘訣だ, 秩序は, 立案者クレイステネス自身も, 第一課, 第二, 節を, 粗密に関する, 精神には, 精鋭を, 約束に, 紙幣だった, 終るところ, 結果が, 結果である, 結果物である, 絲は, 絶滅を, 網が, 網目を, 編成によりて, 練習であった, 練習を, 縄目の, 罪人たらし, 義であろう, 習練が, 聲, 自殺を, 自覚が, 興隆と, 良いお, 苛き, 葉書が, 虎は, 血が, 行は, 行われる際, 表に, 補助を, 襲撃を, 要諦は, 見解が, 規定だった, 規定と, 規定を, 観念的規定は, 解決は, 触手に, 訊問です, 記憶や, 訳だ, 話が, 詳しきを, 認許によって, 語を, 誤りから, 誤りについては, 誤用によって, 説明を, 調査を, 請願人に, 諸教師, 講義で, 講義において, 議事所に, 護りが, 負債に, 責に, 貴きにも, 貴さ, 貸し椅子に, 賞金, 賭牌を, 起因と, 起草者であり, 輪郭を, 通りに, 通過は, 進展を, 進歩であり, 遅延などと, 遅滞と, 運命は, 運用に, 運用に関しては, 過失を, 道の, 道ソウラ出た, 達人で, 達成に, 違反にたいしては, 違反行為については, 適用, 適用されない, 適用にあたって, 適用によって, 選み, 邪道なる, 醫者に, 重きこと, 重圧や, 野蛮の, 銀貨と共に, 鋳型の, 鍛錬を, 鏡に, 長き者, 門を, 間違いを, 霊場を, 青札を, 非民主性, 革命を, 革命的意義は, 領土に, 領海の, 類似する, 饒舌者らと, 骨髄まで, 魔法に

▼ 法~ (1258, 10.4%)

33 の顔 25 はその 23 の眼 19 はそれ 16 は静か 12 は検事 11 はしばらく 9 はちょっと, は再び, は突然 8 はこの, は皮肉 7 はまず, は相手 6 に向けた, はいったん, は力, は無, を見る 5 の声, の言葉, はそう, は彼, は満足そう, は続け

4 [13件] がその, が口, に云った, の推断, の推理, はさらに, は冷然, は新しい, は最後, は続い, は自分, を見, を見た

3 [34件] がそう, に向け, の夢想, の意外, の推定, の舌, の説明, の調査, はさも, はそこ, は事務的, は云い続けた, は伸子, は何, は何事, は側, は冷笑, は几帳面, は告白書, は唖然, は屍体, は微か, は振り向き, は椅子, は次, は烟, は熊城, は異様, は莨, は衣袋, は道化, は鎮子, を振り向い, を瞶め

2 [84件] が切り出す, が持ち出した, が最初, が死体, が現われた, が突如, が読み終る, が静か, の云う, の凄, の努力, の捜査法, の推測, の朗読, の楽屋, の真意, の神技, の神経, の背後, の興味, の言, の質問, の超, は, はあの, はいかに, はおもむろに, はさすが, はさっそく, はすかさず, はすぐ, はそこで, はついに, はどう, はなんと, はふたたび, はやや, はアッサリ, はウルリーケ, はキッパリ, はレヴェズ, は一々, は一向に, は一度, は何故か, は俄然, は冷酷, は冷静そのもの, は初めて, は卓上, は台本, は和やか, は大, は失望, は奇矯, は始め, は始めて, は帷幕, は平然と, は強く, は彼女, は徐ろ, は意外, は扉, は暗い, は暗澹, は曖昧, は最初, は爆笑, は玉幡, は相, は眉, は真剣, は眦, は眼, は突如, は苦笑, は莞爾, は軽く, は隣室, は面白, は顎, もさすが, もそれ

1 [680件 抜粋] から明らさま, があえて, がいった, がかたわらウルリーケ, がしばらく, がちょっと, がほとんど, がキッパリ, がクリヴォフ夫人, がグイ, がスイ, が一息, が一足閾, が両側, が両手, が中央, が伸子, が何事, が何時の間にか, が動じた, が十二宮, が右, が問い返そう, が喫, が室外, が小首, が帰っ, が引き抜いた, が強い, が彼女, が心中何事, が怪訝そう, が意地悪げ, が戯曲, が扉, が拱廊, が指先, が挙げた, が暗に, が曝露, が月光, が横腹, が河原崎座, が煙, が狂的, が現, が発見, が白々し, が皮肉, が着, が立ち止った, が端, が聖像, が聴耳, が自, が虹, が衣袋, が解決, が試み, が語り終える, が赴いた, が辛, が近づく, が鍵, が闡明, が防堤, が音, が顕示, が飛去来器, だがねえ, だけが知っ, だけはこの, だけは案内, でさえどうにも, でさえも原型, でさえ傍観, でさえ皆目, との賭, との黙劇, と両様, と同様三七, と検事, にしろ, にぜひ, にそう, にとってはこの, にとってはその, にとる, にはかつて, にはそれ, には一見, には再び, には抑揚, には痛々しい, にまったく, にも彼, によってそれ, にチラリ, にピタリ, に三つ, に与え, に与えなかった, に全部, に凄, に切り出す, に同意, に嘆声, に固唾, に声, に失楽園, に宣告, に対する剣, に対する諷刺, に手渡し, に投げた, に挑み掛る, に毒づいた, に気づい, に注目, に渡し, に皮肉, に表, に鋭く, に電話, のすぐ, のどんより, のほか, のみは鉄, のよく, の一打, の不気味, の乳下辺, の二日, の側, の全身, の分析的, の到着, の前, の友人, の双眼, の口吻, の唇, の唐突, の唯, の夢, の奇問, の巧妙, の幻想, の強, の意中, の意表, の態度, の手許, の持ち出した, の持つ, の推考, の暗い, の札, の来訪, の横手, の歩行, の歴史的, の死因闡明, の澄みきった, の烱眼, の無作法, の狂的散策, の独擅場, の理路, の直観的, の眉宇間, の瞳, の知脳, の神, の私宅, の粋人的, の精密, の緩, の署名, の耳, の脳裡, の脳髄, の衣袋, の表情, の視野, の解析神経, の解説, の言動, の詭弁, の説き, の諧謔, の身体, の退, の透視的神経, の道徳的責任, の酷烈, の鐘声, の長広舌, の降矢木家, の非凡, の頭, の驚くべき, の鼻孔, はあくまで, はあたかも, はあらゆる, はいきなり, はいつ, はいよいよ, はかえって, はここ, はこころもち臆, はこらえ兼ねた, はさながら, はしきりになにやら, はすこぶる, はその間, はそれなり, はただ, はとたんに, はなおも, はなにやら, はなにゆえ, はにわかに, はほとんど, はまた, はまったく, はむしろ, はやっと, はやり返し, はアッ, はイリヤ, はグイ, はグッタリ, はストラモニヒナス, はチカッ, はテレーズ人形, はニヤニヤ, はブルッ, はプウ, はプカプカ, はポン, はムスッ, はヤポランジイ, はルキーン, は一つ, は一息莨, は一気に, は一道, は丁重, は三人, は上体, は下, は不審, は不審げ, は不意動作, は両手, は亢奮, は人々, は人形, は今, は今にも, は仔細, は仰向い, は伸ばした, は何より, は何故, は何時, は何時の間にか, は例証, は依然, は傾斜体文字, は優し, は充血, は先刻尖塔, は六人, は冷たく, は凝然, は刈込垣, は別に, は創紋, は劇場, は努め, は動じなかった, は動ぜず, は半ば, は半身, は卓子灯, は危惧, は厳粛, は取り出した, は叩, は叩きつける, は召使, は右手, は合鍵, は呆気, は味, は呻く, は唇, は唾, は問題, は嘲けり返す, は嘲ら笑う, は噛む, は困った, は固唾, は外出着, は外方, は夢見る, は大風, は天井, は天蓋, は実に, は室, は小さな, は少から, は尖塔, は屠殺, は左, は左右, は幽, は幾つ, は幾分, は庵主盤得尼, は弛んだ, は強い, は彼特有, は微動, は微笑, は心中, は心中何事, は思い, は思い返した, は思わず, は怪訝そう, は恍惚, は悔む様, は意味, は意地悪げ, は感じた, は慈昶, は慌て, は慨嘆, は憐憫, は憮然, は手, は抑え, は押しつける, は押し迫る, は押冠, は押収, は指, は指先, は撫然, は故意, は散り敷かれ, は日本中, は昂然, は暗く, は暗中, は暫く, は更に, は最初伝説学, は未, は本館, は果物皿, は案内, は棺龕十字架, は検屍官, は極めて, は次々, は止め, は正門際, は歪んだ, は死体, は残忍, は気, は気抜け, は気紛れ, は決心, は沈んだ, は沈黙, は油時計, は波打つ, は浮かぬ, は満足気, は満面, は潜望鏡, は潜水服, は澄みきった, は無言, は煙, は熱, は特に, は犬射, は狡, は猛烈, は生気, は甲冑武者, は画廊, は異常, は疲労, は痛まし, は盤得尼, は看過, は真, は眠り, は瞬き, は瞼, は確信, は神学, は私服, は空虚, は突飛, は窓枠, は立ち上った, は笑った, は算哲, は糸, は紅い, は終日書斎, は絶えず, は続けた, は考証気味, は聴取, は背文字, は舌, は花, は衝動的, は複雑, は言葉, は該博, は語り始めた, は語気, は調子, は諭す, は足, は軽蔑的, は追及, は追求, は遂に, は運び出され, は重た, は釘付け, は鉄, は鋭く, は鍵, は鐘楼, は門, は開演, は関わず, は闇, は階下, は音響病理学者, は頭, は頷いた, は飛沫, は食器棚, は館, は騒響, は驚い, は驚いた, は鳥渡当惑, は鳥渡皮肉, は鳥渡顔色, は黙然と, は黙考, へ呵責, もさも, もその, もやや, もやり返し, もようやく, も冷たく, も同時に, も困りきった, も外面, も怪訝そう, も慄毛, も浮かぬ, も率直, も眩惑, も眼, も苦笑, も鹿子, を凝っ, を凝視め, を嗜める, を恨まず, を憎々し, を湛え, を満足, を眼下, を確信, を見上げた, を見直した, を訪ねた, を訪れた, を驚かせ

▼ 法~ (1153, 9.5%)

129 ない 25 ないと 18 あるまい 14 無い 13 ありません, ないの 10 ないよ 8 ねえん 7 ないもの 6 あるめ, なかった 5 ないわ 4 ないじゃ, ないだろう, ないでしょう, ないという, なかろう, 流転する 3 あるまいかと, ないが, ないでしょうか, ないん, ヘーゲルに

2 [41件] ありませんよ, ありませんわ, あるまいと, この時, しない, すなは, すべての, それを, どうである, どこまでが, ないか, ないから, ないし, ないで, ないといふ, ないわよ, ねえ, 一つの, 一般に, 三百年前より, 人の, 人間の, 今は, 他の, 個々の, 即ち先生, 即ち我, 姙娠五ヵ月以上の, 少しも, 従前の, 抹殺する, 既に鞏固, 未来の, 東西ともに, 毎人鏡, 法を, 無いん, 無い筈, 無きかと, 私の, 西洋式で

1 [778件 抜粋] あとから, ありますまい, ありませんか, ありませんやね, ありやせんしかし, あるまいか, あるまいじゃ, あるまいて, あるまい大槻伝蔵, あるまい犬同様, あんめいって, あんめえ, いかが, いかなる貧人, いづれも, いまだかつて何人, いまだ完成, いろ, いろいろある, いわば生理学的研究, いわゆる突入直撃式, おのずからそうなっ, かかるから, かなりむずかしい, かなり完璧, けがれた私たち人間, こういうこと, ここの, このこころ, このよう, この二つ, この問題, この書, この精神, これであった, これに従って, これを, ございますまい, ございませんので, ござらぬ, ござらぬ今, ござりませぬ, ござるまい, さうし, すこし根拠, すでに食物, すべて連坐法, ずれながら, そこに, そのいわゆる他, そのままの, そのまま是認, その実例, その当時ざつと四千円, その浪人仕官, その辺り, その通り, その類, それが, それぞれ自分の, それだけだ, それ自身特殊な, そんなにむずかしく, ただ一政府, たちまち狙い, たったひとり, たといあるいは, だいたいにおいて, ちっとは, つい近ごろ, つかんよ, つまり転向, とりも, どういう秘伝, どうか, どちらかと, どの手紙, どんな悪い, ないかも, ないからね, ないけれど, ないことに, ないぜ, ないぜと, ないぞ, ないたとい, ないとか, ないとな, ないに, ないので, ないわい, ないサ, ないワ, ない小さい者, ない年季奉公, ない是非一つ葵, ない牧師, ない筈, ない訳, ない貴下, なかつた, なかもん, なきか, なくいろいろ, なしとて, なるべく体外, なるほど, なんでも, ねえぞ, ねえだ始末, ねえですよ, ねえや, ねえよ, はたして若い, ひとつの, ひとり小児の, ひろく及ぼしました, べつに努める, まことに美, ますます高く, またひとつ, また一種, また特殊, まだありますまい, まだ考え出さん, まったく用, みな報恩と, むしろ任意的, もう亡びん, もちろん物質的, もちろん茶, もとより公明正大, もとより已来, もと著者, やはり隋書, やはり静的, ややも, よい手法, よく出, よほど行脚僧, わしは, わたしは, ウェーランド氏経済書中の, ガリヴァ全, ガリヴア全編の, シナ起源の, ショパンの, ナチスの, フランシスその, マルクシズムを, ミュンスターベルヒや, 一つも, 一体な, 一個の, 一切廃し, 一夫一婦法の, 一家に, 一層この, 一歩ごとに, 一段と進歩, 一般人の, 一面窩人の, 七五調を, 万葉の, 三章に, 不平等主義の, 不必要, 世間の, 両院を, 中止され, 主としてもつ, 主人に, 主部と, 久しく我国, 事なかれ, 事実行われなくなる, 二通りある, 亦復是, 人と, 人を, 人民中に, 仁を, 今世, 今最後, 代数学的記号と, 仮令老公, 伝わって, 伺った事, 何でも, 何の, 何人の, 何人も, 何故實, 余が, 作者自身動悸を, 例えば射影幾何学, 供養最も, 修験者の, 元の, 充分講じなけれ, 先ず実物, 先づ其魔毒より, 児童五六人相集まり, 全く西洋, 全国を通じて, 其の外形, 再び形而上學, 冷たく厳しいジャン, 初めて的確, 初め一九二五年に, 前にも, 前の, 勧めること, 勿論の, 勿論予, 十七年間に, 十万, 十月四日に, 千フラン以上どれ程, 博士が, 即ち張得天, 即ち魔術, 参加者全員の, 又格別, 口称念仏に, 古いと, 古代芸術に, 古来その, 古来日本, 只劬, 右に, 右の, 各人において, 同類が, 名前によ, 和算家の, 咽喉を, 問題の, 善人の, 器械の, 器物を, 因果法の, 固定的な, 国民の, 国民的発達的な, 国王の, 塾の, 外から, 多く醫家, 多年の, 大いに利きました, 大いに進歩, 大きな誤謬, 大変よかっ, 大部分大陸讀方, 天下の, 天下無敵八方睨みだった, 奥の, 女に, 如何に, 如何云う, 如何曰く, 妙法と, 姙娠した, 嫌うところ, 嫌ひなり, 子供にとっては, 学生諸氏も, 守られねば, 定立否定綜合の, 実に妙, 実に酷烈, 実に驚くべき, 実際その, 実際に, 寿詞の, 将来発展し, 小さいながらも, 小説として, 少くとも, 少しばかり, 尽きまじ和歌, 峻厳枉ぐべからざるものさ, 崇文總目によ, 己れ, 常に必ずあらかじめ存在, 幕府取締りの, 平安祝詞の, 年と共に, 廢らむ, 建築としての, 張仲景に, 張得天の, 当初には, 当時から, 当時東京方棋師が, 形式論理學の, 彼に, 後飛鳥期, 従来の, 御飯を, 徹頭徹尾自助的, 心得て, 心理学に, 必ずしも不, 必ず老, 必履まれね, 思想其物の, 恐らくその, 恐らく多分, 恐らく最も重宝, 恰も斯くの, 恰も時, 愛と, 慈仁のみ, 慈悲深い, 我輩が, 或る, 所々に, 拘泥を, 接待係に, 搗染と, 支那で, 支那の, 政党以外の, 教の, 教正あり, 散文には, 数十名の, 文明未開の, 文芸の, 斯道の, 方法として, 施すべき時, 日本に, 日本料理に, 明らかに, 昭和三年に, 是が, 時世と共に, 暴虐で, 曲げられぬ, 曲げられませぬ, 書物で, 最も不規則, 最も顕著, 最上とは, 最後ぞ, 最後まで, 朝鮮役の, 本体じゃ, 本当でない, 東京, 柳を, 校長先生を, 桃の, 桐原葆見, 検察当局にも, 極めて不完全, 極めて輕, 概ね観, 次の, 次第に骨拔, 正反, 此あそび, 歴然である, 残忍な, 気がつかなかった, 水平駈, 氷河の, 決してドラコー, 決して尊重, 決して統治, 沢山ありましょう, 法でも, 法可哀そうでも, 法律に, 泥棒ばかり, 活物臨機応変に, 流出的性質を, 清朝に, 滅不滅である, 演段術に, 炊きたての, 無いでしょう, 無いと, 無いといふ, 無いね, 無いや, 無いよ, 無え, 無えだ, 無からう, 無念の, 無比な, 無視され, 無論変則的, 爾来欧洲諸国, 片恋で, 独得の, 独立し, 玉江嬢の, 現今西洋に, 現代には, 現實的意義, 甚だ有効, 生命を, 生後十ヵ月までの, 生理学の, 用いないでしょうから, 甲の, 男女間の, 男満, 疑いも, 発達する, 百千万劫にも, 皆この, 皮膚の, 直に又, 相当に, 真如と, 着物よりも, 知らざるを, 知らないが, 短歌の, 短歌様式に, 確かに, 社会規範の, 神または, 私が, 私に, 私法の, 私達に, 種々あり, 種々ある, 第一回目, 簡単だった, 米国に, 紀元前五〇〇年代の, 紀元前四五〇年である, 純粋な, 純粋科学的な, 終わったの, 経験を, 絶対に, 維新前の, 罪人に, 考え出したが, 聴けども, 臘細工の, 自ら助くる, 自然な, 自立だ, 至極簡単, 良心です, 若干の, 英語を, 著るしく, 蒙古, 虚無からの, 衣裳に, 袖の, 西洋より, 西洋数学の, 見えて, 言わば複式, 言葉や, 誤らない様, 読書だ, 論外に, 講じて, 警察界は, 變化し, 貧しいには, 近代文学の, 近年まで, 進んで, 進んでも, 道徳に, 道義などと, 選挙資格が, 遺憾ながら, 金銭を, 鏡を, 長くその道, 長く保たせる, 間に合わぬの, 間違って, 阿蘭陀からか, 隨分精密に, 零である, 音楽学校では, 頓に経済連盟あたり, 頗る効力, 頗る富人, 頗る簡単, 頗る透明主義, 類型である, 食道楽の, 餓死に

▼ 法~ (752, 6.2%)

35 あるか 30 あるもの 20 ある 14 あるの 13 ない 12 あろうか 9 ありますか, あると 7 あって, あるかい, ないと 5 あるもん 4 あつて, ありましょうか, あるから, ないから, 何である, 信仰から, 改悪され 3 あった, あるかと, あるが, あるも, ないので, 出来て, 如何に

2 [28件] あること, あるでしょう, あるにも, ある可, ある我々, ここにも, ございましょうか, つかない, どこに, なかった, ものを, 一つあります, 一般に, 分化し, 実施される, 廃止され, 撤廃され, 撤廃された, 最初少から, 無いん, 示されて, 自然に, 自由な, 行われて, 載せて, 間違って, 面白くない, 頭に

1 [479件] あったという, あったとて, あった筈, あった話, あては, あらうか, ありその, ありましょうかな, あります, ありますのでな, ありますわ, ありません, ありませんよ, ありやすか, あり又は, あり現実, あるかも, あるかよ, あるけ, あるそれ, あるだらうか, あるでは, あるという, あると共に, あるならば, あるなら一つ二つ, あるにおいては, あるのに, あるん, ある偸むという法, ある点, ある踏晦, あれば, あろうかっ, あろうぞと, い, いいせい, いかなる場合, いかにも合理的, いつでも, いつも具備, いまだに世, うまいこと, うまくいっ, うまくない, うまく取れなかった, うまく行く, うまく行われない, えしが, えしは, かくあらしめた, かわった, きまったとき, このよう, この頃, こんなにまで, ございませうか, ごわすかい, さう, さや, さやか, さやであり, しだいに殺人的, しを, じつは原始仏教そのもの, すこぶる行われ, すこぶる鈍い, すむと, そのまま時局劇, その法則, その積極的效果, その素質, それ自体尊敬すべき, だんだんと, だんだん使われる, ちがうと, つかないと, つかなくなると, つくまい, つら, とこひ, ところどころに, とりいれられて, どうの, どうやら関心, どれだけ, どんなにストイック, どんなふう, どんなもの, どんな惨, ないかと, ないで, ないでも, ないなら, ないよ, ないん, ない以上類似, ない心, ない有様, なかつた, なくただ, なくなっても, なくなつた, なく作家, なければ, ねえや, のこって, のこつて, はじめて日本人, はたしてよき, ひどく間違っ, ますます必要, またと, まだ純化, まるで違, みだれて, むかしから, めちゃめちゃな, もっと進歩, やがて又, やはりだんだんと, やはり段々と, やや改良, やや現代, ゆきづまって, よいの, よくなけれ, わるいの, イディオロギッシュに, エタの, ガン張ってる, ゾロッペイだ, マチマチに, マホメット教國へ, リアリズム綴方生活教育という, 一つござる, 一つの, 一子相傳的に, 一層誰, 一律に, 一段進んだ, 一番いい, 一番短歌の, 一番能く, 一般観客の, 上手に, 下手な, 不用意である, 世界の, 世間一ぱんに, 乱れ法, 二つあっ, 二十四年度の, 交錯し, 人に, 人口の, 人気を, 今年改正に, 仏法とともに, 他に, 他にも, 他国に, 付かねえから, 付かねえ私, 付かんから, 似て, 体言的の, 何を, 俗諦であり, 倫理の, 備は, 備わって, 傳は, 傳へられ, 全然見当違い, 全面的に, 公に, 共産なる, 其である, 具つて来た, 出て, 出来かかったり, 出来た, 出来たけれども, 出来ました, 分って, 分らない, 分らんと, 判って, 判明し, 別に, 別にある, 制定される, 功を, 加えられるので, 加はつて, 劣って, 劣つて居つた, 労働階級の, 効を, 十分でなかつた, 千法, 単なる一時, 単にそれ, 原子物理学の, 古い, 古いの, 合名詞法としては, 君の, 吾, 周時代に, 和洋折衷で, 唯一の, 唯物辯證法に, 商工金融企業に, 問題です, 因を, 固定的であり, 土台に, 基礎と, 変ったところ, 変ったね, 変った世, 変って, 変つた世に, 多いの, 多分に, 大へん手数, 大切である, 大変に, 大雑把で, 好過ぎた, 如何にも簡単, 始まると, 始まれり, 姙娠五ヵ月以上の, 子供の, 存在し, 存在しなかったなら, 存在する, 完全に, 完成する, 完成せられ, 定って, 定まっても, 定まりいたと, 宜敷, 実は常識そのもの, 実施され, 実施された, 宴遊, 實施された, 審議され, 小林多喜二を, 少し分ったろう, 少し無造作, 少し過ぎる, 少なかった, 工夫され, 工夫される, 巧みで, 巧妙で, 年よりは, 幾とおりも, 幾何学的正確さを以て, 幾分異なるらしい, 広く伝えられ, 廃止された, 強くその, 形式倫理以上に, 役立つて, 後には, 後世風にな, 御話, 復活する, 復興出來なく, 復興出來なくなり, 徳川政府からも, 必ずしも悪い, 必要である, 必要な, 忽複雑多趣に, 思ひがけ, 悪いと, 悪いの, 成り立ち得るほど, 成功しない, 成立し, 成立しない, 持って, 挙げられる, 改まるだろうと, 改正され, 改正せられ, 效が, 教科目に, 断ち切られて, 断然異彩, 新聞記事の, 既に生じ, 日本の, 日本へ, 明らかな, 昔は, 昭和三年に, 時機不相応の, 普くわたらない, 更に日本人, 書いてない, 書かれて, 最も屡ば, 最も適, 最近数年の, 有るか, 有るもの, 有る物, 有益である, 未だこの, 条理と, 果して収支相, 果して実際に, 根柢から, 極めて簡単, 極めて迅速, 権力の, 次第に洋服姿, 正しいなら, 正しく倹約, 歴史的に, 殆ど体系づけられ, 残って, 残つて見える, 残るため, 残存し, 段々のみこめ, 段々變化, 永いこと日本, 沢山に, 法なら, 法規の, 消滅した, 消滅する, 淆つてゐた, 演出家の, 潜みまた, 無い, 無いと, 無いもの, 無理な, 爾らし, 特有な, 犯罪捜査の, 現にそういう, 理想的に, 理解せられず, 生じて, 生まれたというくらい, 生まれたの, 生れて, 生れる筈, 生れ民衆, 用いられ暮, 用意さるべきである, 異り, 當時の, 発布せられ, 発明され, 発明された, 発明されない, 発明される, 発明せられ, 発見してない, 発達し, 発達した, 発達したごとく, 發達した, 發達致しまし, 直ぐ眼, 省みられ出したの, 真向から, 真実らしくなろう, 真諦である, 矢張依然として, 知れる, 示すよう, 神授の, 私達に, 科学的である, 積み美, 立つか, 竿の, 第二, 絡んで, 絶えるの, 綿密に, 緩慢に, 繰り返された, 老僧, 考えて, 考えられなければ, 考案せられ, 自己完了的傾向を, 良いこの, 花やかだ, 芸者屋よりも, 著しく新しい, 行って, 行なわれて, 行はれ, 行れ, 行われたという, 行われたの, 行われること, 行われるとき, 行届かなくな, 西洋にも, 要るといふ, 見いだされそう, 見られると, 見付からない, 見出された, 覚束ない, 觀念的で, 解かれた直後, 解る, 解釈を, 解釈学という, 解釈者によって, 設けられた, 設けられ多少, 設定され, 許さないの, 許さなくなったので, 許すまい, 試みられたの, 話題に, 詳細に, 認められて, 認めるほど, 語られる, 誤つて介入, 説き示された, 誰でも, 論ぜられて, 論理上の, 講ぜられたけれども, 議会を, 貴いの, 貴人に対しても, 近年欧洲諸国で, 近江の, 迚も, 述べられそこ, 述べられて, 通過し, 通過した, 進まなん, 進めば, 進んだの, 進んで, 進歩しません, 過重である, 違いまして, 違います, 違うとか, 違って, 適用されない, 遺つて, 重んじられたの, 重んじられねば, 開けて, 間違ったり, 附かん, 附きまとって, 難物だ, 露見し, 非人間, 面倒です, 面白いから

▼ 法~ (649, 5.4%)

14 して 13 よれば 8 かなって, 於て 5 よると, 依りて, 從ひ 4 くれて, なって, よりて, 依って, 就いて, 就て, 就ては, 従いて, 適って 3 依つて, 反して, 小さき丸髷, 就いては, 觸れ, 過ぎぬ

2 [28件] あつて, くれた蘿月, しても, しましても, なるの, ふれて, よらずして, よらねば, 似て, 依て, 分類でき, 力を, 反対し, 女子を, 從へば, 抵触する, 於ては, 於ても, 暮れた結果, 準じて, 照らして, 牴触する, 用ゐられた, 私は, 触れるという, 適います, 非ず, 順ふも

1 [481件] あった, あてはめて, あまり敏感, あらざるを, あらず, あらずと, あらねば, あらわれて, ありて, ある, あるの, あるまい何だ, あるめずらしく, いたっては, いためつけられつづけたかという, いたるまでも, いひ替ると, うちあたる, うつりフランス語, かかったらどんな, かかって, かかる力, かかる問題, かなうか, かなうもの, かなったすなわち, かなった凄い, かなった自, かなってたか, かなってないと, かなつた, かなつた生活, かなつてゐた, かなつてゐない, かなつて成立した, かなわないかは, くわしい周瑜, げんわくされ, これと, したが, したがうこと, したがって, したところ, したるなり, しときますわ, しろその, すぎないの, せよ又, そむくと, たつ説明, ついたもの, とつて, とりつかれると, どれほどの, ないから, ないこと, なった場合, なほ唐代肖像畫の, なま半, ならって, ならないで, なる, なるか, なるといふ, なるらしい, のっとった採用, のっとった訴訟, のっとって, はうの, はなはだ感服, ひっかかり警視庁, ひっかけようとして, ふと考案, ふれたこと, もとづいての, もとづく, や協いけん, ゆくべきもの, よく使ふ, よったもの, よった煮魚, よって, よらずに, よらず奇防策, よらず自ら, よらなければ, よらんという, よりましたればこそ, よる, アガキ廻っ, カプセルで, サインした, サシサワリの, ジュクタツせざる, パクついた, 一つ一つ独立させ, 一も, 一人は, 一大革命を, 一番大切な, 一種の, 不平を, 不親切なる, 与うるに, 世間法を, 丙の, 中心を, 二大別有り, 二法足らない, 二種の, 云々を以て, 人を, 人気が, 仕へん身, 他ならない, 他ならなかった, 他の, 付いては, 付帯し, 代るもの, 任じ人民, 伴うかかる害悪, 似た言, 似ては, 住し, 依ってる作家, 依つたの, 依らず能, 依り奇蹟, 依ると, 依る十時閉店, 依る弁舌, 依る方, 依れば, 係わるもの, 俟たなけれ, 候間表の, 倣ったので, 倣ひ, 傚い, 先鞭を, 入つて, 入る, 内心猛烈な, 出かけて, 出でたるとき, 出る, 出會, 分けて, 制せられ遂に, 制裁あらしめる, 則ること, 則るもの, 加えて, 努むるものにとっての邪道である, 努力する, 動物が, 勝てない法, 十分心を, 協つた, 占うても, 即きつ, 即して, 反いた, 反く, 反抗する, 反逆させ, 取るべきもの, 可なりに, 叶って, 叶わなくては, 合つてゐる, 合つて蠅の, 合は, 合ふ, 合わぬと, 合致すれ, 名詞法の, 向って, 問うべきもの, 囚われたけれど, 囚われて, 因りたる計算, 困じたあげく, 困却する, 坐して, 執して, 基きて, 基くもの, 基く倉庫, 基く検討, 基づいて, 墨色判断という, 売れようて, 変って, 変りの, 変梃な, 外れたこと, 外れると, 外界一方より, 大きい教訓, 大なる, 天下を, 奉仕せしめね, 奪ひ, 奪ひ立ち, 好い物, 学びながらも, 定められて, 害を, 富んで, 實は, 対処した, 専心する, 射込んだ矢, 對し, 對する, 就いての, 属して, 属する者, 差支へ, 帰したこれ畜生, 帰すべく且, 帰せんと, 帰依し奉る, 帰命し, 廻転し, 形容詞接尾語が, 形式の, 彼等の, 従うとき, 従うならば, 従うなり, 従うに, 従うべしと, 従えば, 従ったの, 従ったまで, 従つてどの, 従つて私は, 従ひ, 従ふ, 従ふこ, 従ふと, 従わざること, 従わざるべからず, 従わするを, 従事し, 從うて, 從つてはたらく, 從つて努力し, 從つて船の, 從つて誓約を, 御座候, 御座候不具, 復す譯, 復歸せん, 心ひかれない, 心を, 心酔した, 必要な, 応じて, 忠実である, 快走を, 思いついたの, 恋々する, 悟入した, 感服せず, 慣れない彼女, 慣れ宗教, 懲らされて, 成りましたけれども, 成る製品, 成功した, 我々感服した, 戻すん, 所謂所有や, 手も, 抵抗し, 押しまくって, 拘泥する, 拠って, 拠らない肝心, 拠れば, 持ち過ぎて, 振り廻した, 掘った, 掴みかかったので, 據つて別け, 據つて春秋を, 據らざる, 支配され, 支配される, 改めねば, 改めん事, 放置せられ, 敬服した, 敵った投げ, 新鮮の, 於いても, 於ける弱点, 於ける徳治主義, 於ける相, 於る, 明かに, 明記する, 暮れて, 暮れながらも, 曰く, 曰く寧ろ, 更えた, 書いた童話, 書痙という, 最も普通, 最近は, 有るかい, 服した証, 東京法学院東京専門学校あり, 東西を, 根本的な, 権威あらしめ, 権威を, 檢束される, 止つてゐる, 止まって, 歩きまわるの, 歸る, 死す, 死せざりき, 殉じあの, 比して, 比すれば, 気がつかないほど, 求むるも, 泥まないインテリ風, 注意し, 注意を, 洩る, 深入りしまし, 添ふて, 満たない, 満足しない, 準ずるもの, 灰を, 無智識, 無遠慮に, 照し, 熟する人, 熟練し, 熟達した, 熱中する, 特殊な, 生じた一つ, 用いて, 用ひた, 由って, 由つて得たる, 由らずしてかへ, 由ると, 由る布教, 由る現在, 甲乙なき, 男女法式に, 異なるもの, 異国の, 疎かった, 疑いを, 目下の, 相応しく行われる, 相當, 相背き, 相違が, 禁ぜられ居る時刻, 称う, 移る, 種々あり, 種々の, 窘しめらるる, 立派な, 符合する, 箸を, 範を, 精しくその, 約されて, 絶対の, 耽つて, 背きて, 背くから, 背くべからず, 背ける, 背けるの, 至って, 至っては, 至りては, 與る, 苦しめられなかったでしょう, 苦心せる, 華美を, 行き遭, 要点に, 見えるが, 見られるので, 見ること, 規定せられ, 親しみこれ, 触れそう, 触れて, 触れるああ, 触れること, 触れるべきもの, 触れるよう, 觸れる, 言い替えても, 記して, 許されて, 証せらるる, 証せらるるなり, 認める伝統, 誤は, 説き及ばざるを, 説き及ばずと, 變更させる, 賛同し, 賛成し, 賛成した, 近いじゃ, 近かん, 近づかしめようと, 逃げて, 逃げ出した陣十郎, 逆らう時, 通じた人, 通じて, 通ずとか, 通暁しない, 進むまで, 遇ったこと, 過きす, 過ぎない, 道は, 達したり, 達すること, 違いない, 遠ざかる時, 適う食物, 適する様, 適たる, 適った食物, 適つてゐた, 遭うて, 遵う国, 遵う皇儲, 遵ふところの, 遵依した, 遵從し, 遺つて, 重きを, 野山を, 長くこだわる, 長じた, 関所なき, 闘って, 關する, 關する有らゆる, 限って, 限らないの, 限りなし, 限るぞ, 陰あり, 随え, 集中され, 集注が, 非常な, 類したるもの世間, 類するごときもの, 飛びつき観光縮緬, 飛んで, 馴るれ, 馴れきれなかった, 驀進し, 魚田などと

▼ 法~ (301, 2.5%)

6 す, なって 4 されて, 云ふも 3 いって, 云ふ, 語尾との

2 [13件] せば, せる我が, なり更に, みえる, 云うこと, 云うもの, 云って, 人との, 公職と, 日本の, 関聯する, 關聯する, 雖も

1 [246件] いい誰, いう, いうても, いうと, いうに, いうべきでしょう, いうよりは, いえども, いえるもの, いえるを, いずれか, いったが, いったって, いっても, いふ, いわなければ, いわねば, いわれるもの, および世界, くらあ, この反軍取締り, こまかに, これを, しその, したるもの, した場合, して, する, するが, するため, すると, するに, するよう, する割り切れない剰余, する方法, する道元, せねば, せり是の, その修行者, その命名, その非道, それに, ぞんずるッ, たたかわず理, ちょっとしか, ちょっとよ, つまり総計三千六百法, であります, であるから, なし上制下服, なすうえ, なすに, なすやに, なつたこと, なりアメリカ, なる, なるには, なるの, なるべし, なるわけ, なる者, ほかに, まぎれる様, やや趣意, よぶ, フランス諸王の, メキシコ人の, 丁寧法との, 下熱剤の, 不害, 乙国の, 云うの, 云うので, 云う器械, 云う簿記法, 云えば, 云えよう, 云つた, 云ひ, 云わなければ, 人とは, 人に, 人種を, 佛教の, 信じて, 僧とに, 僧との, 六十サンチームだった, 兵学にも, 其から, 典型に, 刀法の, 切っても, 刑罰による, 力とを, 右翼を, 同じか, 同じもの, 同じ形式, 同一に, 同列な考へ, 同様だ, 同様である, 同様に, 名くる, 名ける, 名づくべき, 名づけるであらう, 名付けた, 名誉の, 呼ばれて, 因習の, 基本動作を, 外交史の, 多妻多, 奴婢の, 威権の, 學説の, 宗教の, 定価が, 実践道徳上の, 對象に, 工夫坐禅と, 工夫坐禅とが, 帰納法とは, 延命術でさえ, 強制的労働価格引上策との, 彩色法で, 彼らの, 思って, 思はれるかも, 思はれる三人稱, 思ふかも, 思ふもの, 思われるかも, 恢復の, 情報局の, 感傷とが, 戦い我を, 戦って, 戦争との, 戦争の, 戦時特別取締法とが, 戰ひ, 持心の, 接近し, 新室営造との, 旧布石法, 時には光線, 普遍的概念規定とを, 材料の, 来たら非常, 検閲の, 極度に, 権力で, 権力と, 権力による, 機械代用法とで, 機真理と, 正と, 正反対の, 此の, 氷炭相容れない, 永遠の, 治安維持とは, 治安警察法による, 治療法と, 法に, 浮世絵在来の, 演芸とで, 爲すのみ, 牧畜民における, 物理化学に, 特別法との, 特定な, 王法とが, 珈琲色の, 甲州流を, 申すもの, 申す事, 異なって, 皮鞣法それから, 相互に, 相俟, 相戻る, 相混じたる, 知るべし, 石原検査法, 秩序の, 称したもの, 称し律, 称するもの, 称する算法, 種類とで, 稱し, 稱するであらう, 空気の, 空氣の, 紹介法とを, 終止法とが, 結びつけて, 統制法, 習慣とに, 考へて, 考へるが, 考へるの, 考へ之, 若い日本人, 英文和譯譯の, 薪炭林の, 虚喝の, 融合し, 裁きの, 見えるもの, 見て, 見るべきもの, 見做, 言いますかな, 言うか, 言うならば, 言っても, 言ふも, 設色法と, 謂わなければ, 象徴的な, 賤しい, 質, 質とは, 趣味講座と, 近似したる, 通じて, 造庭と, 連体法とを, 遊ばなければ, 道徳と, 道徳との, 違つて人蔘や, 金銀の, 鉄函の, 間接法とを, 関係が, 非常に, 響くなり, 題する書物, 餌が, 鷲

▼ 法~ (256, 2.1%)

10 ある 4 あるが, ない

2 [14件] あります, あれ, あれお, あれば, つまりは, なかった, なければ, なし正直, 別に面倒, 大分に, 心得て, 職業教育とか, 道も, 非常に

1 [210件] あったが, あったもん, あまりしばしば見, あらア, ありしならん, ありましょう家督, ありよう道理, あり得るといふ, あるから, あるけれども, あるという, あるまいがね, あるまいでは, ある公辺, ある手だれ, あろうじゃあねえか, あろうと, あろうという, あんな変, いつか立ち行かなくなった, いよいよ綿密, いろいろと, いわゆる大名育ち, うけて, おこなわれ木, おぼえた, かくありたき, かなり綿密, けだしその, このしめやか, この筆法, これに, これにより, ござらぬが, すぐに, すたった, すで, そのままで, それぞれ少し, ただ一つ, つくめ, つとに厳格, とらずに, どん, ないしは人類, ないどだい, ないもの, ないやり方, ないらしい, ないわけ, ないジャアナリステック価値, ない胴間声, ない謝礼, ない馬鹿氣, なおまた, なかなか面白い, なかろう, なくただ, なくは, なく大事, なく早く霜, なく眼界, なく趣味, なく道, なく騙取されたの, ねえいい, ねえ野郎, ねえ阿婆, ねえ馬鹿, はなはだ難事, またおのずから, またかく, またこの, またや, また然, また聴, また言語, また誤れる, もしこれら, よく行われ, よほど新, わしが, わしの, ヘチマも, メチャメチャに, 一つも, 一切蹂躪し去っ, 一大革命を, 一家の, 一所です, 一種の, 上に, 世すごし, 中国の, 乃至は, 五行に, 亦仙術, 亦無, 人民が, 人間の, 今は, 今一段厳重に, 今日の, 何の, 何も, 使用法も, 保安条例も, 信用する, 候ものかなと, 全然排斥, 功を, 勝って, 十分に, 司政者の, 呼吸も, 在るわけ, 執ったわけ, 場合に, 変って, 多端である, 大分変っ, 大分変つ, 奇麗で, 如何なる法廷, 存じませんでしたが, 学ばなければ, 実地に, 尊ばぬこと, 小さな密集, 少しわかった, 幾何学も, 幾分効果, 当ったの, 彼らから, 従うべき権威, 意識的に, 愚老いささか, 戦車の, 掛想も, 採用せず, 改まり世間, 教育学も, 数学の, 新古今集, 施しよう, 昔に, 時として失敗, 時代の, 曲げず源六郎, 有るの, 木村も, 本人の, 朽木の, 格も, 業も, 水の, 永くつ, 決して容易, 法法が, 無いです, 無い仁, 無い処, 無い筈, 無しに, 無わけ, 無論その, 熔鉱炉を, 甚だ痛快, 生れ隠喩, 生徒等には, 発達した, 眼中には, 知らざる馬鹿者, 知らず何たる, 知らないだらうから, 知らないところ, 知らないん, 知らぬと, 知らねえ鼻, 研究すれ, 神の, 種々あった, 竪穴の, 終止法も, 経済した, 考えようによっては, 考へて, 能は, 興隆した, 色々變, 苦労を, 著しくハッキリ, 行ったか, 行なって, 行われて, 表現の, 複雑で, 覚えましたし, 覚えるし, 親切に, 解るまいからね, 試みられた, 詳しく説かれ, 近頃の, 進んで, 進歩した, 道理も, 野人ぶりも, 陛下には, 随分あった

▼ 法~ (219, 1.8%)

7 あつた, やって 4 あつて 3 婦人の 2 どうにか捌き, やつて, 以て, 将門を, 書いたの

1 [188件] あたら花, あつたらう, あつて全部, あらうと, あらうとお, いう先占, いえば, いくら焦っ, かくして日々, この怪物, この意気, この方法, こまかく赤白, これに, これを, こんな風, すき間も, すでに鉄, そうしなけれ, そして息気づまるような, その名, その方, その神聖さ, それが, それっきりという, それに, でも, とりしまりました, どっちにも, なうて, ねモラル, はねえだか, ひとの, また廻り, みんなつぶれ, もって, やられたならば, やれば, やれや, ゆく, アチコチしよう, チクチクやりだした, チャンと, ハスカヒな, ハムや, バタリピシャリと, ピタリと, フランス葡萄とか, ブルースは, 一味が, 三乳から, 三十歳以上の, 不幸な, 中間派作家と, 之を, 予期しない, 云う, 人の, 人間にとっては, 仇つ, 今日の, 仕方が, 他を, 作ったという, 作った宝石, 作り上げた美容, 侵略として, 俳優としても, 借り, 全コース, 全体は, 全身の, 写真に, 切りに, 剥いた者, 労働を, 医学上で, 占いを, 占められ祥瑞, 即ち賣, 取ったの, 取り入れた, 口に, 句読や, 同時に, 名詞的な, 君が, 咳ばらいには, 咽喉を, 問うた樣, 在り所, 城内へ, 声帯を, 多量に, 大學, 天子や, 如何にもその, 妄りに, 始めて定められた, 始めるのよ, 定められると共に, 就床前に, 平気で, 彼は, 彼女と, 彼等の, 往來へ, 得たもの, 得た銅, 御一緒, 成功します, 手漉を, 投獄させられた, 拵えたごく, 拵へ, 搗き立て, 新聞紙と, 日本古来の, 日本式な, 早陣という, 普通とは, 書いたもの, 板に, 柳橋の, 検事局へ, 業務教育費交付, 楽手は, 殊に最後, 殺して, 母性保護の, 毛が, 氏郷雄毅深沈とは, 消されて, 消毒すれ, 渡した, 漁った鮎, 漉かれます, 無闇に, 物を, 現わ, 現在地球の, 疾病絶滅には, 目録を, 眉を, 祭り種々の, 種々の, 突然女, 第一場, 第三, 統制され, 絵も, 綯ふ, 聞えた名医, 脂肪を, 自分の, 自在に, 致しましょう, 船内で, 花田中尉の, 行くか, 行くと, 表向きは, 裏づけたもの, 見ては, 見ると, 見付けたと, 解釈する, 言う, 記述し, 詰め寄せる, 誇張されてる, 語ると, 買ったの, 買ったん, 買ってさ, 走るところ, 起訴されるだろう, 身を, 迎へ, 遊べるから, 野蠻人さへ, 隱れられる, 青畳と, 顔の, 香を, 髪が, 鬼一法眼から, 鼻の

▼ 法月弦~ (130, 1.1%)

126 之丞 4 之丞様

▼ 法によって~ (104, 0.9%)

2 なされねば

1 [102件] あたえられたあの, いるの, うごくもの, おのずと統一, かかる可燃性, かなり高率, これから生まれる, しからざれば, その苦労, それが, それを, であるよき, なされたので, なし遂げよう, ほとんど全部, また一段と, もたらされた過剰人口, ストライキの, 一人の, 一般国民の, 七階までの, 不思議な, 互に感応, 伊那丸や, 全人民, 六人の, 処分する, 処罰され, 判決すべき, 制せられ幻滅, 加持した, 動員された, 取り扱われようと, 取り返しを, 句作法と, 多数の, 天然記念物として, 妊娠五ヵ月以上の, 始めて決定, 始めて運動, 婆羅門僧正の, 学年試験に, 工場事務所は, 工風したら, 席順は, 役人の, 彼が, 得るという, 忿怒, 悪癘, 所定され, 授けられたる自然科学, 描かれた舞台, 政府の, 数千ページの, 方程式, 日本の, 更に愕, 束縛される, 極端に, 楽々とうたったから, 死の, 死人でも, 殺されその, 法においても, 法王を, 消化が, 無期を, 煮殺して, 獄に, 生かすの, 生活を, 男の子の, 画面の, 百五十万の, 社会主義社会の, 神力霊能を, 禁止され, 立ち退きを, 第三者に, 縛られて, 罰せられたという, 肝臓の, 自分が, 自分の, 船長が, 行なう測量, 行なわれたかという, 行われる全く, 裁判しなけれ, 裁判する, 複雑な, 覆えして, 計算し, 起訴され, 転向浄化し, 造り上げられた四個, 進行すれ, 金を, 金分を, 鑑定せられました, 非常に

▼ 法学士~ (93, 0.8%)

3 だった 2 が夜, になっ, の目, は侮辱

1 [82件] か, からの手紙, から一通, が, がするどい, がバタ屋, が一人, が一番, が内, が大口, が弁明, が御, が来る, が溜らなささう, が知友, が見た, が謡, だ, だから, だけであった, ださうだ, だったし, だつた文太郎, だという, であった, である伊藤さん, です, ですから, というよう, とであった, となるべきだ, と会談, と余, と文学士, なかるべからず, ならどう, なん, にし, になった, になつ, になる, になれない, には遇, に三面, に会っ, に似合わしからざる, に成りました, の声, の婚礼, の指さす, の方, の知らぬ, の素行, の細君, の許, の高利貸, はいよいよ, はうなずいた, はという, はどうも, はどこ, はなかなか, は一つ, は何, は例, は元気, は大, は帆村荘六, は文学士, は途中, または会計官, もあれ, もやがて, も加わっ, も志願, らしくないと, らしく考えて, を呼付けた, を引張りこんだ, を授けられ, を此方, 元大使館二等書記官

▼ 法という~ (89, 0.7%)

12 のは, ものが 7 ものを 5 のが, ものは 4 のを 2 ものの, ような, 法律が

1 [38件] ことです, ことに, ことは, のはね, のも, ものさえも, ものばかり, ものまして, ものも, やつで, 事は, 事件の, 仏教の, 修身教育教程にまで, 値が, 全く権力擁護, 原理に, 名が, 名称を, 壁の, 大きな恐し, 大金の, 奴で, 定った, 悪法によって, 意義には, 数学あれを, 法律に, 特殊の, 立派な, 経済面から, 表現に, 複雑な, 語を, 警察的法律を, 野蛮な, 鉄条網の, 題の

▼ 法~ (87, 0.7%)

10 ある 2 構成法を, 監獄法などの

1 [73件] あるっ, あると, あろう, けれど別に, それらは, プロレタリア文学の, 万作などと, 上演法において, 人口論争の, 体操などで, 其感触が, 刑法の, 副演, 単化と, 反覆法, 古代詩を, 各地の, 各種の, 咽喉に, 土地を, 売捌の, 天南の, 実技が, 対数などは, 射撃法を, 彩色法に, 心理学や, 憲法から, 抑揚には, 捕捉し, 採収法, 改良農法の, 教授法などの, 教授術を, 文学の, 文法上の, 料理法も, 新聞紙法では, 新聞紙法による, 新聞紙法其の, 枯れか, 格を, 楽器など, 構図に対するほどの, 模倣を, 正義の, 治療法を, 源海など, 物尽しから, 現実の, 理論の, 理論物理の, 画伝の, 相互扶助の, 相場などを, 石楠や, 私的感情を, 精神を以て, 精神分析による, 編物や, 胸震読法などで, 自然主義の, 薬合せを, 術が, 表情や, 表情法を, 製法の, 誡命などの, 軍の, 通俗心理学や, 都市美観を, 非アメリカ委員会, 餌が

▼ 法では~ (73, 0.6%)

7 ない 3 ありませんか, あるまいか 2 あるが, ないか, ないかと, ないであろう, なかった, アルファベットの

1 [48件] あるまい, あるまい瞬一つ, いけない, これを, すでに固定, すでに発見, どうした, どうしても観劇料, どんな遺言書, ないけっして, ないと, ないやう, なうて, なかっただろう, なかろうか, なくいつも, なくして, 上が, 下々の, 兎も, 全的に, 区の, 園と, 妻が, 少年の, 延寿太夫が, 彼らを, 意味は, 手の, 数倍の, 昔から, 昔は, 洵に, 無かつ, 父母が, 特に矛盾, 特に綜合, 病巣の, 皆これを, 第一条, 表されない, 認定で, 足の, 野に, 鍵と, 間に合わないこと, 非常に, 駄目だ

▼ 法として~ (66, 0.5%)

2 何でも

1 [64件] おるから, きびしい規律的生活, こういうこと, こういう事件, こういう作為, でないならば, ぶったり, シャウディンと, ジェスイストを, スチルリング氏仮性同色表, ドラコー以前に, 一つの, 一方を, 三万部で, 不充分である, 伝えられて, 僕は, 凶作飢饉に, 効果的だ, 十五社に, 取りあげようと, 合理的な, 國會を, 大規模, 存在する, 定まりおらずとも, 容認せられる, 居るですが, 幕切れに, 御用聞き, 想像を, 挙げましたの, 採用され, 断じて寒中, 日常実行し, 時には間接法, 普通の, 案出された, 桜飯の, 欧米人との, 比丘の, 法系別比較法を, 特徴附けられね, 玉子焼の, 理想に, 生きた以上, 用いるも, 百五十回で, 磔刑の, 私通した, 索引を, 罪を, 行ない易い, 許すわけ, 訳されて, 詩が, 語られながら, 造らざるはなし, 適当である, 適用されたる, 電波その他の, 食物の, 高級の, 魚醤油の

▼ 法~ (62, 0.5%)

2 が小夜子サン, が彼, が日野, でした, です, の事務所, は彼

1 [48件] がききます, がせっかく, がなかなか, がセラダ, がニセ, が関係, だって木石, という人, という人間, とも一人, と遊び, にとってはそれ, に味方, に売った, に相談, の味方, の小夜子サン, の理論, の腹心, はこう, はそれ, はとても, はひそか, はぼく, はわるい, はセラダ, は冷血, は日野, は用心, は経済学, は自分, は金, ほか十名ほどの, も練馬, も金, やその, よりも先, より生ぜず, をかなり, を信じてる, を社長, サンだ, サンの, 一味の, 一流の, 一行は, 是邪見妄稱佛教誑惑黎元, 重信を

▼ 法~ (55, 0.5%)

2 ぜ, ということ, と云います, と思っ, よ

1 [45件] からである, からとモード, からと云っ, からな, から約, か新聞雑誌条例, がこれ, がしかしそれでは, が余計, が厳しい, が同じ, が少しく, けれども我邦, し仏, そして, とあ, といっ, といはれ, とかコッホ, とかコツホ, とか云った, とか象嵌, とこの, とゆする, とサ, と云う, と云った, と云つて, と云わね, と心得, と心得がち, と思います, と思う, と思つて, と歟言, と考える, と自分, なあ, などといふ筆法上, ね, のという, のを, よてけれっつ, ネ, 児童心理学だ

▼ 法~ (53, 0.4%)

3 の達人 2 を能くする

1 [48件] が現われる, が破れ, で, であった, でござる, で幻, で彫り, というもの, といふ, とは何ぞ, と云う, にかけては玄人, について思い出した, には自分, によって何, に依頼, のこと, のため, の二者, の修行, の學, の幼稚拙劣, の政策, の秘奥, の種, はみんな常陸, は人, は爺さん, は若旦那, または祭儀, も真言, をあらそい, をおこないかけた, をくらべる, をも行い, を以て黄老, を会得, を伝える, を使い, を利用, を加え, を学び, を彼, を破らん, を行う, 兼ね備わる者, 破れし上, 破れて

▼ 法である~ (52, 0.4%)

3 ことが 2 かもしれない, がそれ, ことは, と思う

1 [41件] か, かがよく, かが説かれ, かと云う, かについての見解, かのよう, からその, からそれ, か知れぬ, がここ, が前述, が大, が大洞川, が如く思ひ込ん, が文芸, が旧約, ことの, ことを, こと牛と, という意義, といふこと, といへる, とする, となし, とのこと, と云, と云わざる, と思っ, と感心, と見られる, ばかりで, ものを, ように, よりも混合, 世人は, 交錯線式, 大陸封鎖強行の, 從つてこれを, 炭を, 限り必然的に, 颱風

▼ 法~ (51, 0.4%)

7 である 5 して 3 せられた

1 [36件] が並, が並べ, が彫っ, が載せ, し元和二年正月三日, なり, に軒, の例, は, はいずれ, は下, は光岳林明信女, は妙, は梅余香以居士, は白誉雲外竜池善士, は繁誉宝寿徳昌善士, は貞寿院瓊林晃珠禅尼, を万昌軒久山常栄信士, を和楽院潤壌貞温大姉, を四時軒自性如春居士, を大音柏樹居士, を好信軒一道円了居士, を寿山院湖月貞輝大姉, を幽, を彫つた, を快楽院是参貞如大姉, を撰ん, を撰んだ, を瑤津院殿瓊山妙瑩大禅尼, を疎, を称仙軒徳山居士, を臨照院相誉迎月大姉, を花菱院照誉東成信士, を芳桜軒, を蓮生院薫誉智才信士, を釈姓谷響了風

▼ 法から~ (50, 0.4%)

3 して, 見れば 2 いっても, 見て, 見ると

1 [38件] いつても, しを, すれば, であろう, はちよつと, みて, みれば, われわれが, ホーヘンハイムや, 云う時, 云えば, 何らの, 八処女も, 出たもの, 出る証拠, 出発し, 功利主義を, 動詞と, 動詞に, 四百法までを, 国体維持法へ, 始めて, 幾多の, 拾つた, 撃ち方火薬についてまで, 文章の, 明かに, 暗示を, 来て, 甚しく, 生じたと, 生じる幾多, 盗んだもの, 脱せられず, 論じて, 象徴式の, 遠ざかつて, 離れられないもの

▼ 法には~ (48, 0.4%)

2 許されないこと

1 [46件] いい本, おかまいなし, ただちに答弁, たとえばシャルル・アンリ, づるゝ事あり, どことなくゴーホ, ないこと, なる筈, また多く, 一種の, 一面機械の, 二法足らない, 何と, 催欲の, 全く怕, 同感し, 四足獣が, 多いの, 奥地主義の, 屡用, 差しつかえ, 幾つかの, 幾多の, 弖爾波は, 必ず養鶏法, 悉く心, 抵觸する, 暗くとも, 本人を, 民間の, 無えよう, 無頓着な, 犯人の, 疑いが, 直に答弁, 相違なから, 矛盾と, 確かに, 神代ながらの, 秘伝が, 翁以上に, 自然と, 赦と, 通じて, 遠い古風, 非ず

▼ 法~ (44, 0.4%)

4 五条の 3 2式の 2 一条の, 一条ニ該当セザルモノト認ム, 五十條第, 五条を

1 [29件] 七編に, 三に, 三百十三條乃至第三百十五條參照, 三百十五條に, 三百十四條同, 三項には, 九条第, 二〇条ノ, 二七九条で, 二十九条第, 二十二条に, 二十二条にも, 二条第, 二百五十七条第, 二百五十五条による, 五に, 五十五條刑事訴訟法第, 五十條參照, 五条が, 五条で, 五条によって, 十八條に, 四に, 四十八條に, 四十四条に, 四条の, 百三十六條第一號に, 百五條同第, 百八十八条には

▼ 法~ (38, 0.3%)

6 のである 4 のです 3 のだ, んだ, んです 2 のかも

1 [17件] いやに, の, のが, のであった, のであらう, のでした, ので神, んていう, 主観的情緒の, 奴だった, 武将の, 置つぎと, 良民も, 見積を, 調子で, 賊は, 返事を

▼ 法~ (38, 0.3%)

2 といふ鳥, の事, の聲, 聞きに

1 [30件] が啼い, が想像, だけは到底, である, ですと, ではあるまい, という風, といふ, といふ如く三音, といふ發音, との差, と呼んだ, と響く, などの乾いた, に限らず, の姿, の棲む, の繪, の鳴き聲, はその, はぴつたりと默, は夜, は清淨, は筒鳥, は近, もえらく, を樂しみ, を聞き, を聞く, を聽

▼ 法~ (38, 0.3%)

2 に頼ん, の姿

1 [34件] いぶすの, がさがし, が庫裡, が悪事, が本堂, が泣き声, が膳, が酒, その用意, だ, だの安間了現, というの, というやつ, と了現, と八助, と飲ん, なんぞのお先棒, にいいつけられ, におれ, の木履, の目, の話, の部下, はその間, はのみこん, はススス, は煙, は自分, もう一杯, も口, も四ツ目屋, や寺男, を見, 召捕った

▼ 法とは~ (37, 0.3%)

1 [37件] いへ, いわさん, およそ異なった, この天地間, すでにいささかの, その根底, ちがって, どのよう, まさしく事物, わるいと, 一体どんな, 二つでない, 他体, 何ぞ, 全き, 全く關係, 全然反対, 凡そ次の, 別な, 別個の, 実は却って, 悪い品, 根本から, 次の, 甚だ古風, 略一致し, 相対する, 第二, 聖の, 自ら別物に, 自ら自身の, 言えない, 論理の, 謂く, 趣を, 違つた独自の, 関係が

▼ 法~ (33, 0.3%)

3 の方 2 である

1 [28件] が多く, だった, であるけれども, でもなけれ, で丁度, で医者, で合田義和, との間, と別れた, と肩, になる, にばかりかかっ, にも劣らざる, に治療, のところ, の名, の寺島宗英, の幕府, の延樹方庵, の業, の爺さん, の解剖室, の道, は今, は社会, をと撰, を任用, を公認

▼ 法にも~ (29, 0.2%)

1 [29件] かなったもの, かなっては, かなひ, そのまま現われ, なって, なりましょう, なり得たろうと, ひどく間違い, ふれるやう, 一つの, 一定の, 五色を, 倫理的関心と, 制限を, 叶ふ, 国民的特性が, 女子を, 影響されない, 影響を, 感服せざる, 成功し, 抵触する, 明記され, 無論手製, 現像法にも, 由るであろうが, 自ら適切な, 限りなし, 非凡な

▼ 法による~ (29, 0.2%)

1 [29件] ところが, のか, のは, もの, ものださうである, もので, ものは, ように, より外, 企業整備に, 企業整備の, 公認計理士, 労働市場の, 善導の, 土地の, 戦時研究である, 撮影禁止地域だ, 新聞雑誌は, 更紗の, 特高警察という, 築城術は, 納本を, 結婚の, 罪が, 証明, 限り必ず, 雑誌, 雑誌が, 電源開発会社の

▼ 法とを~ (28, 0.2%)

2 もって

1 [26件] うけて, して, どこまで, 作つて行つたのだ, 併用した, 別々に, 包含した, 合して, 学んだ, 客観的に, 必要と, 意味した, 持って, 持つて, 持つの, 掛け合わせた数値, 有すれば, 有って, 殆ど無意識, 比較し, 疑うて, 相対し, 示さば, 考えては, 適宜に, 集めて

▼ 法を以て~ (28, 0.2%)

2 しても, 教へて

1 [24件] これを, しかく, すること, すれば, グラン・ギニョール座専属パオロ・オデロイン夫人の, 事實を, 其の説話, 具さに, 圓朝子が, 外來の, 妄りに, 師匠と, 徳川文学が, 戦わん, 戦わんか, 最も有害, 盡く, 研究の, 能く, 臣下に, 記したる, 還元し, 釋すれ, 飜訳する

▼ 法といふ~ (27, 0.2%)

3 のが, のは 2 ことに, ものに, ものは, ものを

1 [13件] ことにな, ことを, これは, ものが, ものしか, もので, 事を, 僧侶が, 原理に, 点に, 講演が, 醫者の, 限られた範囲

▼ 法について~ (27, 0.2%)

1 [27件] いろいろな, この春様々, こまごま注意, であった, なにか, もっとわれわれ, イデオロギー的批判を, 一言すれ, 不平を, 寝ながら, 工夫を, 幸いにも, 御心付, 必要な, 悉しく知ろう, 或る, 書いた人, 書いて, 木下謙次郎は, 概略の, 知らず認定, 考えられたこと, 詳しい説明, 語って, 語りつつ, 長短善悪の, 頭の

▼ 法~ (27, 0.2%)

6 の冑 4 の兜 2 のみち

1 [15件] が私たち, と, という, とか仏性, と私たち, に在ら, の幟, の御, の旗, の楽, の甲, は即ち, は取り, を確保, 之旗

▼ 法水さん~ (27, 0.2%)

2 その障壁, やっとこれ

1 [23件] あのあのラジウム, あの鎖, いったい本, この夢殿, この方, その司教, その幻, その空気, たしかあれ, たしかに父, つくづく今度, とにかく見え透いた, にああ, に吟味, の御, の新釈ハムレット, の方, まだ現われ, 下らん妖言浮説, 与えられたもの, 実は艇内, 永い間費, 聴けば

▼ 法違反~ (27, 0.2%)

2 で告発

1 [25件] だ, であり職権乱用, であると, で入獄, で憲兵隊, で罰金五十円, と云っ, と公務執行妨害罪, と文書偽造, にだけ限る, にでも問われる, になり, になる, にはなる, によって告発, によって四度, の受刑者, の告発, の嫌疑, の時, の行動, の行為, までさせられた, を敢, を敢えて

▼ 法でも~ (26, 0.2%)

3 あった 2 あるの

1 [21件] あり旋律法, ある, ちょいと, なく単なる, やはりコツ, わしの, モーゼの, 使う者, 教へて, 犯したやう, 知ては, 研究し, 禁止した, 第一条, 考えて, 考へたが, 見て, 調べて, 變へる, 變りまし, 鐵砲で

▼ 法に関する~ (25, 0.2%)

2 記事が

1 [23件] いろいろの, この誤り, ものが, ものであっ, データを, ニュートンライブニッツの, 一般理論を, 批評が, 書物を, 本, 特許を, 社会法則によって, 社会法則を, 私の, 稿本著述が, 紀要, 著者として, 視野を, 説明なれ, 調査委員会の, 諺が, 部分を, 限り今まで

▼ 法神流~ (25, 0.2%)

2 はそもそも

1 [23件] がいかに, がすごい, が流行, では旗本, と称, と称した, なぞというの, にはことごとく, の允可, の免許, の剣法, の名, の房吉, の持ち前, の末席, の極意, の法, の流祖楳本法神, の玄奥, の発祥地, の術, はむろん, 第六世小山内朝之助

▼ 法藏院~ (25, 0.2%)

2 [12件] に唯, の上座, の北, の夕, の大, の婢女, の晨朝, の細々, の香殿, は實, は山田寺, は村

1 といふの

▼ 法~ (24, 0.2%)

3 紊亂スル者ニ對スル立法精神ニ於テ別

1 [21件] キク, 会議スル場所ヲ, 利トスル土地ハ之, 南山, 口伝心伝シオリコレヲ理智理性ノ, 壊リ猥リニ狂族ヲ, 変革スルハ諸州一般止ム得ザル, 多数, 廃シテ其移住ヲ, 教エタ病人ノ, 教エテヤロウト挨拶スルカラウチヘ連レテ来, 海北氏ニ習フ, 無視シ国際条約ヲ, 知リ居リシ事等ハ貝塚發見, 覓メ敢テ退, 設ケ国家保護, 許シタリ, 談ズ, 議シテ非道ノ, 護ルノ威猛, 軽ンジテ佗

▼ 法恩寺~ (24, 0.2%)

6 の長屋 5 まえの

1 [13件] に御, の場所, の境内, の川, の方, の旗本鈴川源十郎方, の殿様, の鈴川源十郎, の関取, ばし, ばしの橋上, へお, をはじめ

▼ 法あり~ (23, 0.2%)

1 [23件] てわが, て之, て前面, て堅固, て我が, て教部省, て結局, て行, と見えた, と説く, やと問うた, や再び, 大盥, 家々にも, 技あり, 擢伐法あり, 水産に, 漁法制度あり, 病竜眠る, 皆与, 行筆本あり, 限季法あり, 養殖法あり

▼ 法としては~ (23, 0.2%)

1 [23件] これを, こんなの, まず貝, 一人の, 七部の, 世界的に, 何が, 先ず先ず理想, 凡ての, 及ぶ限り資料, 壮健な, 完全に, 宜しきを, 死罪である, 混雜を, 真とに, 知らねで, 脚の, 自分の, 自由である, 適切でない, 酒も, 鱗粉が

▼ 法~ (23, 0.2%)

2 の文

1 [21件] にも出た, に應用, に注, に爾, に眞僞, に言つて, のうち, の中, の事, の例, の全部, の原書, の如き, の方, の注, は申す, は諸子, も樂箴, を作つ, を見る, を解し

▼ 法~ (23, 0.2%)

5 の仏陀 2 と応身

1 [16件] であると, といたします, とは仏, とは何ぞ, とを一致, なししかも, の痕跡, の相, の真言, の裡, は常住, は色身, を備え, を得られた, を鍛錬, ヲ証スレバ

▼ 法などを~ (22, 0.2%)

1 [22件] お伽話の, して, のめのめと, まくしたてた, むやみに, 一切タナに, 傳習せしめた, 力を, 女どもに, 始めと, 彼らは, 持ち出して, 教えて, 用いたので, 発明する, 翻訳せしめ, 聞きただした上, 自家の, 行なわせて, 見て, 試みて, 體得する

▼ 法をも~ (22, 0.2%)

2 知りやがらない死んだお

1 [20件] くわしくきい, ひろめず如来, 体得した, 保着し, 守らざるに, 守らずして, 実行した, 心得て, 應用すべき, 打ち破る新た, 改めさせること, 教へたりとの, 施されて, 知って, 知らなかった全く, 知りや, 荒らすの, 見ようと, 超越し, 非と

▼ 法~ (22, 0.2%)

1 [22件] とは個人的, に代, に生息, の不, の思想, の批評, の教法政法皆, の爲め, の缺陷, の見方, は文化, をし, を壞, を屠, を捨て, を有難く, を棄てよう, を現出, を自然, を自然世, 之卷, 之卷全體

▼ 法~ (22, 0.2%)

1 [22件] でもある, でもふたたび, ともりを, と武力, に嵐, の中, の保存, の光, の寂土, の明るい, の滅却, の輝く, は今, は今なほ永平寺, は秘林, も当代小杉放庵, も羽左衛門, も荒れわび, をついで, を継いだ, 再び赫灼, 暗く石山城

▼ 法など~ (21, 0.2%)

1 [21件] いうもの, いふ杜撰, すべての, その他いろいろ, てんで問題, めちゃめちゃの, ジイドの, 仔細に, 区々に, 学びわずか, 学術的に, 実行した, 尋ねようもの, 巨細にわたって, 後世に, 心細くも, 殆ん, 知って, 知らざりけんよし, 知らざりけん縦し, 言ふ

▼ 法との~ (19, 0.2%)

3 間に 2 関係を

1 [14件] あいだに, いずれかを, 両者の, 二様あるべし, 二種ある, 二種の, 區別である, 対峙と, 対立で, 特色を, 界目は, 異なるところ, 相応の, 相違を

▼ 法そのもの~ (18, 0.1%)

2 を非

1 [16件] から云っ, がわれら, についてそれ, にまとも, によつて, に対する嫌悪, の人格化, の残虐, の野蛮性, の非, はなくなっ, も自分, をもっと, をも排除, を教える, を法規

▼ 法~ (18, 0.1%)

2 の欠陥

1 [16件] から言つて, での事件, において国権派, にまた, に重大, の, の二つ, の優秀さ, の参考, の大, の形式, の急進主義, の権利, の破格, の違反, 当然の

▼ 法~ (18, 0.1%)

2 に崩れた, の根, の正面, を二廻り三廻り緋, を設け 1 が調, が調った, に立っ, に立つ, へ飛, へ飛上つた, を二, を厳飾

▼ 法水君~ (18, 0.1%)

1 [18件] が見当, この事件, この奇妙, この局面, この結論, この胡桃形, この自殺, この超, そういった種類, そうなる, そのとうてい, どの場面, なんという, 仮令ば, 元来僕, 分ったやっと, 実はさっき, 高さ

▼ 法~ (18, 0.1%)

1 [18件] ではひどく, で枢密議員たち, と記し, に送られた, のみ燈, の上座, の北, の召集, の宣言, の弁護官, の暮, の横, の長官, は人類, は山田寺, は村, へいっ, より竹井検察官

▼ 法なる~ (17, 0.1%)

6 ものは 2 ものが 1 かななる, がごとく, が是, ことを, ものを, も九星術, をある, 叙事詩抒情詩等の, 熟語について

▼ 法~ (17, 0.1%)

2 が諸国

1 [15件] が現れ, と房吉, と申される, について剣, に託した, のそれ, の指折り, の方, の門弟, の高弟, はこの, はこれ, は元来金沢, は房吉, も江戸

▼ 法とか~ (16, 0.1%)

1 [16件] あるいは新, いろ, そういうこと, で興行, 一字五反, 不動延命の, 人を, 唱えこれ, 感受性とか, 構成法とか, 演劇法とか, 申す事位, 育児法とか, 自由の, 霊飛六甲内思通霊上法とかいう, 養生訓とか

▼ 法學士~ (15, 0.1%)

1 [15件] か工學士, がゐる, が來, が言, だなどと, ではなかつた, とかいふ男, となつ, との問答, と同じく決して, に劣らなかつた, の新, の用, は何處, も大きな

▼ 法ある~ (13, 0.1%)

2 もんか

1 [11件] かいな, からにはその, がため, とき其法を, のみ, はなし, は法, も茶, を伝授, を聞かず, 場合に

▼ 法たる~ (13, 0.1%)

2 や成る

1 [11件] や世の常, や人, や前述, や即刻一時, や甲, 仁義礼智信の, 大楓子油, 性質を, 所以に, 法華経を, 自由競争を

▼ 法であっ~ (13, 0.1%)

1 [13件] て, てすなわち, てたまたま, てはじめて, てもその後, て万国共通, て人倫社会, て先ず, て命令法, て普通人, て最も, て特に, て食う

▼ 法であり~ (13, 0.1%)

1 [13件] あるいはむしろ, しかもかなり, またその, また一法, 仮装も, 先刻の, 国是である, 従て, 故にまた世間, 文法でも, 第二, 自分の, 術であり

▼ 法によ~ (13, 0.1%)

1 [13件] つた語部の, つて, つてある, つてを, つて出し物を, つて實驗の, つて形体的内容が, つて律動する, つて整理せられた, つて玉鋼を, つて生ずる, つて生徒に, つて約束され

▼ 法により~ (13, 0.1%)

1 [13件] その放火, その根元, もとから, 世界中の, 二十四時間は, 初めて眞, 勿論種々, 午後九時を, 現代推理小説の, 結社禁止解散が, 観客を, 解散を, 雄を

▼ 法~ (13, 0.1%)

1 [13件] がそれ, が天井, が立ち上がらぬ, の方, の股, はどきりと, は二度と再び, は引きずられる, は思わず, は手, は機械人形, は絶大, を夢

▼ 法恩寺橋~ (13, 0.1%)

2 まえの

1 [11件] から押上, のたもと, の橋上, の袂, の通り, の鈴川, へ宙, まえ五百石取り小普請入り, まえ鈴川源十郎屋敷, を渡っ, を渡る

▼ 法において~ (12, 0.1%)

1 [12件] もっとも戒むるところなれば用心, イブセンが, 一信仰を, 一日も, 人が, 人類の, 多少犠牲, 最も映画, 観るところ, 論ずと, 論ずという, 貧民に

▼ 法住寺殿~ (12, 0.1%)

1 [12件] に囲み, に弓, に火, に至り, の変, の御, の焼打ち, の院, を囲み, を指し, を焼い, 又は月輪殿

▼ 法僧官~ (12, 0.1%)

2 なる者 1 がすべて, がラサ府, でなくて, とならん, に遇っ, のお, の圧制, はどこ, はモンラム, は人

▼ 法水君君~ (12, 0.1%)

2 の意見 1 が持ち出した, は, はあれ, はいったい, はなんと, はまた, はもっと, はトムセン, は捜査, は旗太郎

▼ 法~ (12, 0.1%)

2 教正六人法老 1 という, の名, の定数七十名, の数, は法王, 僧は, 訓導五十人法老, 訓導四十二人法老, 試補十二人都合六十人なり, 試補十四人より

▼ 法及び~ (11, 0.1%)

1 [11件] これと, カアド式に, ベルヌ条約による, 利用法を, 外国貨物の, 我, 我とともに, 条約による, 現今とても, 職業案内を, 職業案内代表的雑誌の

▼ 法とも~ (10, 0.1%)

2 見える結婚 1 いうべき伍組, いひ得るので, なしたる人, なり得るが, 一致しなかった, 呼ばれる常套的手法, 見るべきあ, 解せられる

▼ 法などの~ (10, 0.1%)

2 ノートを 1 あるの, やうな, ような, トリックは, 取調を, 把握では, 箇条を, 陣中心得は

▼ 法によりて~ (10, 0.1%)

1 五百十五の, 何を, 余は, 十分に, 即席療治を, 名くる, 定むるところの原因, 定められ指輪, 租を, 配列せしめたる

▼ 法より~ (10, 0.1%)

2 成れり 1 あずっと, 便利なる, 外は, 大は, 始めざるべからず, 寧ろ演繹法, 来ったもの, 語尾に

▼ 法~ (10, 0.1%)

2 に帰す 1 このあり, というびわ法師, なる者, はいいつけられた, はいない, はなんとなく, は息, をつれ

▼ 法以上~ (10, 0.1%)

2 の手当 1 かも知れない, に合理的, のもの七人, の上, の割増, の痛切, も勝ち越し, 勝った計算

▼ 法院長~ (10, 0.1%)

1 が秘密, で有徳, とひとり, と園丁, について種々, に洞窟, の古い, の客間, の鉄門, はいつも

▼ 法および~ (9, 0.1%)

1 その沿革, 一定の, 内観法の, 出版権法の, 別著, 奴隷法に関する, 帰納法として, 法に関する, 道理法に

▼ 法なき~ (9, 0.1%)

1 が為め, と同じ, に如かず, に若かず, に非, の時, ものぞ, も茶, 所に

▼ 法にて~ (9, 0.1%)

1 とどまりたる馬, キリストは, 人命を, 何んとか, 候, 手形なき, 死すべきに, 綴りし絵本, 近く遠く

▼ 法に従って~ (9, 0.1%)

1 その各種, まず門人衆, レントゲンなど, 仮定説から, 反問した, 庶民が, 彼らを, 漢字を, 退陣に

▼ 法よりも~ (9, 0.1%)

1 むしろこの, もっとはげしい, もっと面白い, ジョミニーの, 一層完全, 一層手軽, 強い約束, 重きには, 面白いもの

▼ 法即ち~ (9, 0.1%)

1 共産党弾圧法そのものを, 又学校制限法, 因果法に, 地獄に, 応用化学的工程を, 所謂, 掠奪婚に, 落ちる日輪, 身心の

▼ 法恩寺村~ (9, 0.1%)

4 の場所 1 という其の, にい, の清右衛門, の私, 迄知んねえ

▼ 法~ (9, 0.1%)

1 がいぶかる, にぜひ, はそう, はぽつぽつ, は晩年, は迷惑そう, も人, 呼ばして, 呼ぼうか

▼ 法水麟太郎~ (9, 0.1%)

2 と支倉検事 1 が渡っ, に散光, の作, はそれ, は従来, は招かれた, は眼前

▼ 法秩序~ (9, 0.1%)

2 の円滑 1 と政治組織, のほか, の完全無欠性, は全体, は初め, を創造保持, を成長

▼ 法違犯~ (9, 0.1%)

1 であった, で別に, で東京監獄, という念入り, とかいう, と変った, に問われ, を勤め, を襲用

▼ 法その~ (8, 0.1%)

2 物は 1 ほか従来の, 三分の二は, 失へる, 法に, 物とは, 物にまで

▼ 法などは~ (8, 0.1%)

1 いとも容易, それには, 大俗で, 明らかに, 知って, 研究し, 能の, 非常に

▼ 法については~ (8, 0.1%)

1 あまり考慮, ぼくでは, 九星方位淘宮天源八門遁甲の, 何も, 文学論中に, 色々試験, 論語に, 鄭樵の

▼ 法への~ (8, 0.1%)

2 信頼という 1 びりびりした, 恐怖から, 愛と, 抗議を, 拒否が, 挑戦であり

▼ 法~ (8, 0.1%)

1 とは釋尊, と稱, の内容, の語, は五百偈本, は前述, は或は, は涅槃

▼ 法~ (8, 0.1%)

1 あけはなつあけはなたれて, あけはなつ明け, の乾漆佛, の如き, へ急ぐ, へ行っ, や本堂, を建て

▼ 法~ (8, 0.1%)

2 という寺 1 の善周, の域内, の縁日, の衰えたる, の高橋空山, をたずね

▼ 法~ (8, 0.1%)

1 で勝つ, に, に天, に訴, の南面, の証拠, へ呼び出された, へ訴える

▼ 法月さん~ (8, 0.1%)

1 から, が, とはずっと, の, のその後, の姿, の居所, はもうこ

▼ 法~ (8, 0.1%)

1 でファラデー一生, にっき, については合理的, に至る, に達し, の講義, は一般, を歴史科

▼ 法返し~ (8, 0.1%)

2 が, のつかない 1 がつかねえ, がつくまい, が付かない, は附かない

▼ 法~ (8, 0.1%)

1 がインド, が宮中, という人, とは法律學, のまえ, の家, はかく, は王舎城

▼ 法です~ (7, 0.1%)

21 からな, があなたの, な, よ, ナどう

▼ 法とが~ (7, 0.1%)

1 ある活用, 主要な, 大きい残虐, 欠くべからざる物, 科学的に, 缺くべ, 触れた時

▼ 法なり~ (7, 0.1%)

1 と, よっていっさい世間, 一ノ宮流の, 云々と, 六には, 此二大, 自由なる

▼ 法なれ~ (7, 0.1%)

1 ども学校, ど貴殿, ばお腰, ばただ, ば女子幼少, ば必竟大臣, ば縦令

▼ 法についての~ (7, 0.1%)

1 お話, 会議だ, 動作の, 悩みも, 意見やら, 時日の, 本を

▼ 法~ (7, 0.1%)

1 下ニ置ク, 儀ヲ, 國情ナルニ考ヘテ之, 威嚴ヲ, 字允当, 耕地ヲ, 適用ニ於テ遺憾多

▼ 法~ (7, 0.1%)

1 では, に, にも旧法, に新しき, に見える, の異例, 自観法

▼ 法以下~ (7, 0.1%)

1 のこと, のもの, のもの二十七人, のもの二十八人, のもの八人, の収入, の罰金

▼ 法~ (7, 0.1%)

4 と言 1 と言う, の液, を以て妻

▼ 法學院~ (7, 0.1%)

3 を卒業 2 に入 1 に全校學生, の學生

▼ 法幾何学~ (7, 0.1%)

1 があった, という学問, と黒板, の建設, の父, の講義, は一躍

▼ 法~ (7, 0.1%)

1 という, に代用, は一切施中, をなす, をも奉らん, を手向け, を捧げ

▼ 法月様~ (7, 0.1%)

2 では 1 から, から大事, が江戸, でございますッ, ときた

▼ 法概念~ (7, 0.1%)

1 に対しては観念的法概念, に対して又, に於, の使用法, の観念的規定, は人々, は必ずしも

▼ 法~ (7, 0.1%)

1 とを, の及ばぬ, は手, を与えきる, を享, を侵す, を破りたる

▼ 法水さん貴方~ (7, 0.1%)

1 が探し求め, が童謡, はあの, はこの, はクリヴォフ様, は津多子, ほどの方

▼ 法水等~ (7, 0.1%)

1 が暗中摸索, が網龕灯, に不利, は伸子, は墓地, は広間, は階下

▼ 法音比丘尼~ (7, 0.1%)

1 が話しかけ, にも他, の室, は不犯, は彼女, は時折, は眼

▼ 法~ (6, 0.0%)

1 何かで, 出して, 外法か, 幻法か, 行なく, 連体法かは

▼ 法すなわち~ (6, 0.0%)

1 人が, 俗諦は, 各具体的, 屋内が, 行列式の, 西洋の

▼ 法であった~ (6, 0.0%)

1 がこれ, ことが, ために, という次第, のである, ように

▼ 法とに~ (6, 0.0%)

1 照らされたる母性愛, 約して, 頭を, 飽満した, 高められ照らされたる母性愛, 高められ照らされた母性愛

▼ 法などという~ (6, 0.0%)

3 ものは 1 およそ聞く, 大金を, 近代的合理的な

▼ 法なども~ (6, 0.0%)

1 ある, その濫觴, みなその, 多少発達, 独創的巧智の, 用いて

▼ 法における~ (6, 0.0%)

1 勤労階級の, 否定法の, 抒情技術も, 新しい境地, 相対主義もしくは, 諸改良

▼ 法についても~ (6, 0.0%)

1 いくらか小気味, たえず心, 古来いろいろ書かれ, 御安心, 繰り返すこと, 色々議論

▼ 法に対して~ (6, 0.0%)

1 これ以上の, 受身の, 実践的に, 平気の, 最も猛烈, 最も英断

▼ 法のみ~ (6, 0.0%)

2 である 1 では, なりとて, 独り実なり, 独り実に

▼ 法以外~ (6, 0.0%)

1 に犯罪, に私, に道, のもの, の手管, の鞭

▼ 法~ (6, 0.0%)

2 をかぶった, を戴い 1 に威儀, をお

▼ 法~ (6, 0.0%)

1 からの第, が萬難, と二人沼津中, に感謝, の悲壯, は壁

▼ 法実施~ (6, 0.0%)

1 とならん, に備える, のため, の年, の見透し, を不十分

▼ 法改正~ (6, 0.0%)

1 と多数, に迄持っ, に関する希望, に関する法令, の諸, は敏

▼ 法斎き~ (6, 0.0%)

4 ちがい 1 ちがいか, ちがいと

▼ 法斎湯~ (6, 0.0%)

1 だよ, というの, に仕掛, の方, の近所, や平左衛門

▼ 法次第~ (6, 0.0%)

1 だ, でそんなに, で消化吸収, で牛肉, で直, で結構

▼ 法~ (6, 0.0%)

1 と歴史派, の人, の大, は法学院, は第, は自然法学説

▼ 法福寺~ (6, 0.0%)

2 の門前 1 の壁, の方, の老, へ行く

▼ 法~ (6, 0.0%)

1 と藩, に依り, の法律, も人物, をひい, を知ろう

▼ 法~ (6, 0.0%)

2 は公明 1 に縛られぬ, をつかむ, を司る, を飾り物

▼ 法~ (6, 0.0%)

1 の例, の数, は通常法律書, も存, を募集, 即ち俚諺

▼ 法~ (6, 0.0%)

2 やがて禽獣草木 1 とも雪, の, のこの, を注入

▼ 法~ (6, 0.0%)

1 なれありし昔, にも恥ぢず, の今更, の今更變, を暫らくそこ, 可追返

▼ 法あるいは~ (5, 0.0%)

2 竹の 1 影写真の, 社会改良法など, 維乗法は

▼ 法からは~ (5, 0.0%)

1 ほんとうの, 全く離れ, 四百二十の, 寧劫火の, 極めて些細

▼ 法こそ~ (5, 0.0%)

1 あれ旗野, ないが, 実に古今無双, 彼の, 新しい研究機関

▼ 法~ (5, 0.0%)

1 へも名詞, へ心得, へ發達, へ知らぬ, も咎める

▼ 法それ自身~ (5, 0.0%)

1 であるそれゆ, である又, である進化律, とは言, 少からざる

▼ 法なんて~ (5, 0.0%)

1 そんなまだるっこい, ものが, ものは, 人間を, 全く自家製

▼ 法においても~ (5, 0.0%)

1 また前後本末, また帰納的, 我々は, 戦うつもり, 風俗においても

▼ 法にまで~ (5, 0.0%)

1 命令を, 甚だしき錯誤, 転化した, 進歩した, 関係する

▼ 法~ (5, 0.0%)

2 その人生観 1 手数を, 無理に, 進出し

▼ 法三章~ (5, 0.0%)

2 の札 1 な概念, を掲げ, を約した

▼ 法中改正法律案~ (5, 0.0%)

1 すなわち議員, の修正案, はまだ, を日程, 即ち議員

▼ 法名詞~ (5, 0.0%)

1 であらう, とみられる, になふ, に種々, を証拠

▼ 法~ (5, 0.0%)

1 として性天, に当る, に性天, のうち, の事歴

▼ 法~ (5, 0.0%)

1 が始まりました, に敬意, の間, をし, を始めた

▼ 法水さん私~ (5, 0.0%)

1 あの, がもし, の陳述, は見ました, まさかとは

▼ 法水の手~ (5, 0.0%)

1 がファウスト博士, が差し伸べられ, が頸, に一葉, に入った

▼ 法~ (5, 0.0%)

2 の時代 1 である, の後, 有るべしとも

▼ 法~ (5, 0.0%)

1 かと帰京後, が豊か, といっ, も淺, を可

▼ 法苑林~ (5, 0.0%)

2 の樹間 1 の奥深く, の奧, の小路

▼ 法~ (5, 0.0%)

2 を維持 1 の益, は次第に, やや不振

▼ 法~ (5, 0.0%)

2 を響かせられたる 1 か, のみを聞い, はきょう

▼ 法~ (5, 0.0%)

1 が参詣, の紀行, の遺書, また親しく, を引き寄せた

▼ 法~ (5, 0.0%)

2 や玄奘 1 がセイロン, その人, の迦維羅衞國

▼ 法じゃ~ (4, 0.0%)

1 ありませんがね, ないか, ないの, ぶちこまれる

▼ 法それ~ (4, 0.0%)

1 から塾, に簡單, に馴れる, は情け

▼ 法だけ~ (4, 0.0%)

1 だ胸くそ, 二人の, 今貸し, 申し上げて

▼ 法だけは~ (4, 0.0%)

1 じつに偉かっ, 受けました, 排斥する, 皆改めて

▼ 法だの~ (4, 0.0%)

1 九字を, 封建的な, 比例の, 氏が

▼ 法であります~ (4, 0.0%)

1 からそれぞれ, が政府, が是, が腕

▼ 法としての~ (4, 0.0%)

1 域を, 愛國切手の, 私の, 自身を

▼ 法ない~ (4, 0.0%)

31 困つて

▼ 法なし~ (4, 0.0%)

2 だお前 1 かつて九郎判官, という

▼ 法などが~ (4, 0.0%)

1 あり, ちゃんと出来, ちやんと, 云い伝えられて

▼ 法なりと~ (4, 0.0%)

1 いえども, した, 唱うるが, 思えど

▼ 法に対する~ (4, 0.0%)

1 その恐怖心, 修正案が, 冒険とを, 尊敬は

▼ 法ばかり~ (4, 0.0%)

1 せしめたの, だった, 巻きあげたあの, 賭けつづけて

▼ 法また~ (4, 0.0%)

1 デイや, 分かれて, 無しと, 知力的意志的の

▼ 法乃至~ (4, 0.0%)

1 知識拡大法に, 科学一般に対する, 科学一般に関する, 統計的方法と

▼ 法住寺~ (4, 0.0%)

1 の変, の御所, の法殿, へ葬むる筈

▼ 法其の~ (4, 0.0%)

1 他, 他による, 他の, 得たる

▼ 法句經~ (4, 0.0%)

1 の所詮, は全部頌文, は單刀直入的, 即ち波梨所傳

▼ 法~ (4, 0.0%)

1 ありまず, の深, は一切味中, を永遠

▼ 法哲学~ (4, 0.0%)

1 というよう, にはそういう, の講義, は立法

▼ 法~ (4, 0.0%)

1 であって, という尼, の姉弟, は人

▼ 法學者~ (4, 0.0%)

2 はこの 1 の學會, まで引つ

▼ 法思想~ (4, 0.0%)

1 に批判, の変遷発展, の教育, は再び

▼ 法撤廃~ (4, 0.0%)

1 によって思想犯, によって解体, のため一生懸命, までの執筆禁止

▼ 法明院~ (4, 0.0%)

1 が宛てがわれ, の外廊, の裏門, を宿

▼ 法月一学~ (4, 0.0%)

1 という大番組頭, の伜, の家, の悴

▼ 法月君~ (4, 0.0%)

1 と知合, にすすめられた, にはいかにも, に話す

▼ 法~ (4, 0.0%)

1 で二十五万法, をまるで, を挟ん, を掲げさせた

▼ 法水さん儂~ (4, 0.0%)

1 ならあの, にはどうしても, はこの, は元来

▼ 法~ (4, 0.0%)

2 の大 1 というよう, の力

▼ 法神大先生~ (4, 0.0%)

1 が長崎, の没後, の高弟, はともかく

▼ 法~ (4, 0.0%)

1 の行, を公示, を知らしめる, を破った

▼ 法~ (4, 0.0%)

1 に列, に列する, に見た, の時

▼ 法通り~ (4, 0.0%)

1 にし, にしましょう, に我, に身分職業姓名等

▼ 法~ (4, 0.0%)

1 がよい, などがある, にハツボ, の惠齋先生

▼ 法~ (4, 0.0%)

1 がめでたく, を見た, を較べ, 之至

▼ 法あれ~ (3, 0.0%)

1 どもその, ども法, ばフムボルト

▼ 法かと~ (3, 0.0%)

1 いうに, 存じます, 鼻で

▼ 法くらいは~ (3, 0.0%)

1 出し兼, 是非嗜み置かね, 西人に

▼ 法さえ~ (3, 0.0%)

1 怪しくなった, 相応すれ, 設けられて

▼ 法だった~ (3, 0.0%)

1 のである, のであろう, のです

▼ 法つて~ (3, 0.0%)

1 あるかね, あるもんぢ, ないん

▼ 法とで~ (3, 0.0%)

1 前者は, 奮闘し, 漸く病気

▼ 法とでも~ (3, 0.0%)

1 いうべき種々, 言って, 謂う可

▼ 法と共に~ (3, 0.0%)

1 この状袋廻し, この簡明直截, 象徴的な

▼ 法どおり~ (3, 0.0%)

1 に扱かっ, に準, に行っ

▼ 法なぞは~ (3, 0.0%)

1 ない, わからないから, 実に迂闊

▼ 法なら~ (3, 0.0%)

1 今の, 日本金に, 民も

▼ 法においては~ (3, 0.0%)

1 われらの, 不動産所有権の, 婦人には

▼ 法に対しては~ (3, 0.0%)

1 世の中に, 甚だ不満, 自分の

▼ 法に関して~ (3, 0.0%)

1 どんな点, もつと, 無関心

▼ 法らしい~ (3, 0.0%)

1 から随分, ものも, 表現に

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 をし, を睡り, 知るや

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 につく, の公債, 知って

▼ 法使筆法~ (3, 0.0%)

2 と云 1 と云つて

▼ 法來坊~ (3, 0.0%)

1 が四十八貫, といふ武藏坊辨慶, は豪力無双

▼ 法信わし~ (3, 0.0%)

1 の作った, は良順, は食べ物

▼ 法傳來~ (3, 0.0%)

3 の年代

▼ 法僧鳥~ (3, 0.0%)

2 を聽 1 のこと

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 の弟子, 寺川が, 廢を

▼ 法制定~ (3, 0.0%)

1 のきっかけ, の動き, の時期

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 で共に, ならびに大衆, へいった

▼ 法~ (3, 0.0%)

3 を証す

▼ 法学説~ (3, 0.0%)

2 を信じ 1 を基礎

▼ 法學部~ (3, 0.0%)

1 で無味乾燥, に入り, に入りし

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 が展開, になる, を開く

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 で初めて, で編纂, に法学生徒

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 をつかみだし, を掴みだし, を掴みだした

▼ 法心理学者~ (3, 0.0%)

1 のシュテルン, のハンス・リーヒェル, の類例集

▼ 法恩寺前~ (3, 0.0%)

1 で五百石, の鈴川源十郎方, の長屋

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 という, を守らざりし, を解する

▼ 法成就~ (3, 0.0%)

2 の人 1 ということ

▼ 法或は~ (3, 0.0%)

1 先験哲学の, 経験哲学に, 誰も

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 が後日, というの, に与えられた

▼ 法改悪~ (3, 0.0%)

1 にあらわれた, のたび, の意図

▼ 法改正案~ (3, 0.0%)

1 が提出, が衆議院, に対し文芸家協会案

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 が, とともにすぐさま, を手

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 というの, という虚無僧, とは聞いた

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 だ, とか悟道, は一切樂中

▼ 法水さんそれ~ (3, 0.0%)

1 にはいったい, は僕, は地獄

▼ 法水の口~ (3, 0.0%)

1 からディグスビイ, から何時, から出る

▼ 法水一行~ (3, 0.0%)

1 が着いた, は最後, は黒死館

▼ 法水君僕~ (3, 0.0%)

1 の心像鏡的証明法, の毒物類例集, はホッ

▼ 法水君問題~ (3, 0.0%)

1 はこれ, は空想, を童話

▼ 法発見~ (3, 0.0%)

1 のキッカケ, の手がかり, の貴重

▼ 法研究~ (3, 0.0%)

1 のため, のため欧洲, をせず

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 で遠, と議論, は字

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 と謂, ならず若し, なり彼

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 は美濃, 元三十一年, 元卅一年

▼ 法荼吉尼~ (3, 0.0%)

3 の法

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 でもっ, の店, の復興

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 があつ, の貝, を知らない

▼ 法規範~ (3, 0.0%)

1 によって, に従ってすべて結果, の自動的作用

▼ 法註解~ (3, 0.0%)

1 は好い, を見た, を調べ

▼ 法~ (3, 0.0%)

2 をし 1 では新

▼ 法関係~ (3, 0.0%)

1 の役人, の思想犯, の書類

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 と喚ばれ, は凍り, は閾

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 からしかるべき, の, や

▼ 法~ (3, 0.0%)

1 なぞを欠かした, の音, 轟く彼岸

▼ 法いか~ (2, 0.0%)

2 がすべきや

▼ 法いかに~ (2, 0.0%)

1 か間絶, して

▼ 法いかん~ (2, 0.0%)

1 して, についてはさらに

▼ 法かも~ (2, 0.0%)

1 知れぬ, 知れぬが

▼ 法ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 一通り心得, 実際的

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 たりともそれ, 工夫坐禅する

▼ 法しか~ (2, 0.0%)

1 ないの, 知らない奴

▼ 法すでに~ (2, 0.0%)

1 回転したる, 損害したる

▼ 法すら~ (2, 0.0%)

1 あった, 一向行届い

▼ 法ずつ~ (2, 0.0%)

1 下さるなら幾晩, 親分へ

▼ 法その他~ (2, 0.0%)

1 の勉強, を傳

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 かし, はるけ

▼ 法だけの~ (2, 0.0%)

1 ように, 名であった

▼ 法だけを~ (2, 0.0%)

1 今日までの, 規定した

▼ 法~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 法であったろう~ (2, 0.0%)

1 かと思っ, ことは

▼ 法であろう~ (2, 0.0%)

1 しまた, 昔は

▼ 法でない~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことなど

▼ 法とともに~ (2, 0.0%)

1 廃止された, 此頃自得した

▼ 法とによって~ (2, 0.0%)

1 神経組織の, 符号を

▼ 法なく~ (2, 0.0%)

1 ば罪, ブツブツと

▼ 法なぞと~ (2, 0.0%)

1 およそ小, 氣を

▼ 法なぞも~ (2, 0.0%)

1 ひどくロヂカル, 国別に

▼ 法などから~ (2, 0.0%)

1 出来たと, 識別採用する

▼ 法などと~ (2, 0.0%)

1 言われては, 訳せば

▼ 法などに~ (2, 0.0%)

1 ある誤謬, 就いては

▼ 法なんかから~ (2, 0.0%)

2 言つたら

▼ 法にては~ (2, 0.0%)

1 五分の一を, 年分三両余の

▼ 法にても~ (2, 0.0%)

1 俗人用ひ, 高人用ひ

▼ 法によっても~ (2, 0.0%)

1 出版法によっても, 実証出来る

▼ 法に従い~ (2, 0.0%)

1 その保護, 罰する

▼ 法のみが~ (2, 0.0%)

1 学問では, 彼らを

▼ 法のみを~ (2, 0.0%)

1 伝授し置きたる, 指すもの

▼ 法ばかりを~ (2, 0.0%)

1 好いと, 研究し

▼ 法ほど~ (2, 0.0%)

1 うごかすこと, すって

▼ 法または~ (2, 0.0%)

1 術の, 譬喩を

▼ 法もし~ (2, 0.0%)

1 その愛慾, 千法で

▼ 法もしくは~ (2, 0.0%)

1 出航後自然に, 比較法学的の

▼ 法もて~ (2, 0.0%)

1 寫し出されたり, 滔々と

▼ 法よりは~ (2, 0.0%)

1 よほど學術的, 次に述べる

▼ 法をさえ~ (2, 0.0%)

1 持ち堪えること, 用いれば

▼ 法コックリ様~ (2, 0.0%)

2 と毫も

▼ 法一つ~ (2, 0.0%)

1 が消滅, じゃない

▼ 法並びに~ (2, 0.0%)

1 宗教的権威に, 精神病者看護法改正に関する

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 のご, も昔

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 て之, て汝

▼ 法住寺殿合戦~ (2, 0.0%)

1 の当日, の起こり

▼ 法修正案~ (2, 0.0%)

1 が大学, は全然

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 で見る, や大

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 にアラビヤ古法, に知る

▼ 法利賽~ (2, 0.0%)

2 の徒

▼ 法創造性~ (2, 0.0%)

1 を認めない, を認める

▼ 法勝ち~ (2, 0.0%)

1 あげて, あげモンテ・カルロ海浜倶楽部

▼ 法勝っ~ (2, 0.0%)

1 て一度, て坂

▼ 法医師~ (2, 0.0%)

1 ぐらいには見えるだろう, この人

▼ 法博士~ (2, 0.0%)

1 などがあった, は二人

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 対話敬語と, 真如の

▼ 法又は~ (2, 0.0%)

1 機械部分の, 治療的哲学と

▼ 法口寄せ識神~ (2, 0.0%)

2 をつかう

▼ 法古今~ (2, 0.0%)

2 大いに異なる

▼ 法句法~ (2, 0.0%)

1 の輕捷, までそつくり

▼ 法句経~ (2, 0.0%)

1 の石碑, の碑

▼ 法史学~ (2, 0.0%)

1 および比較法学, と外国法

▼ 法~ (2, 0.0%)

2 の役人

▼ 法喜寺~ (2, 0.0%)

1 という寺, の龍

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 がある, に育つた

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 の馬賽口, ヲ全

▼ 法如何~ (2, 0.0%)

1 と尋, は古来世論

▼ 法委員会~ (2, 0.0%)

1 を糾合, を開き

▼ 法子法~ (2, 0.0%)

1 なる熟語, に符合

▼ 法学士会~ (2, 0.0%)

1 の意見書, は政府

▼ 法学士大津定二郎~ (2, 0.0%)

2 が帰省

▼ 法学士的~ (2, 0.0%)

1 で法学士的, はもっとも実際

▼ 法学校~ (2, 0.0%)

1 では, と称した

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 であ, または醫學

▼ 法寺原~ (2, 0.0%)

1 にいちめん, へ空乗物

▼ 法山水~ (2, 0.0%)

2 や懐素

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 と木津川, を下

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 とが, の

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 を建てる, を樹

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 その物, の上

▼ 法形態~ (2, 0.0%)

1 でなければ, の下

▼ 法往来~ (2, 0.0%)

1 の敷石, の舗石

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 房, 披露の

▼ 法性房尊意~ (2, 0.0%)

1 が四明, も宣旨

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 を古, を浴びず

▼ 法恩寺橋通り~ (2, 0.0%)

2 にも低い

▼ 法愛宕~ (2, 0.0%)

2 の法

▼ 法改正法案~ (2, 0.0%)

1 として衆議院, は無事議会

▼ 法政策学~ (2, 0.0%)

1 である, としての実用法学

▼ 法斎老~ (2, 0.0%)

1 に左様, は常に

▼ 法施行~ (2, 0.0%)

1 に依る, の布令

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 の法神ハネフィヤ, の法神パピニアーヌス

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 の極促, 漸く熟し

▼ 法殊に~ (2, 0.0%)

1 和歌に, 西洋の

▼ 法水さん僕~ (2, 0.0%)

1 にはその, もやはり

▼ 法水君これ~ (2, 0.0%)

1 が易介, が発見当時

▼ 法水君それ~ (2, 0.0%)

1 が降矢木家, を心理学的

▼ 法水独特~ (2, 0.0%)

1 の反語逆説, の微妙

▼ 法水等三人~ (2, 0.0%)

1 はさっそく, はそれ

▼ 法決して~ (2, 0.0%)

1 不経済, 易からず

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 あぞ, 御座西洋武備の

▼ 法燈國師~ (2, 0.0%)

1 の外, の弟子

▼ 法王宮職~ (2, 0.0%)

1 が設けられ, をつく

▼ 法現在~ (2, 0.0%)

1 は腕力, を基調

▼ 法甚だ~ (2, 0.0%)

1 不便に, 錯乱し

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 でなし, 竹の

▼ 法~ (2, 0.0%)

2 に酒

▼ 法百回~ (2, 0.0%)

1 で三万五千法, で三百五十万法

▼ 法皇宮~ (2, 0.0%)

1 における医官, のわき

▼ 法社会学~ (2, 0.0%)

1 が発見, との関係

▼ 法神先生~ (2, 0.0%)

1 の眠る, もよろこん

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 を植え, を鉗鎚

▼ 法竜僧正~ (2, 0.0%)

1 から, から承った

▼ 法竜師~ (2, 0.0%)

1 に分らぬ, の依頼

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 の代り, をあずかる

▼ 法~ (2, 0.0%)

2 の三尺帶

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 があり, をつぎ

▼ 法~ (2, 0.0%)

2 強の

▼ 法自身~ (2, 0.0%)

1 の内, をより

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 に禅, を催し

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 で世間, といい

▼ 法行なわれ~ (2, 0.0%)

2 んや

▼ 法行篇~ (2, 0.0%)

2 第三十

▼ 法術上~ (2, 0.0%)

1 の原則, の格言

▼ 法術者~ (2, 0.0%)

1 であるため, を観破し

▼ 法規範体系~ (2, 0.0%)

1 の単なる, を用意

▼ 法~ (2, 0.0%)

2 を聞け

▼ 法起菩薩~ (2, 0.0%)

1 と明王, の宝前

▼ 法足らない~ (2, 0.0%)

1 きりだ, んだ

▼ 法身窟~ (2, 0.0%)

1 のあたり, の前

▼ 法通過~ (2, 0.0%)

1 の後, の責任

▼ 法運動~ (2, 0.0%)

1 の最も, は今

▼ 法達ら~ (2, 0.0%)

1 は, はかつて

▼ 法違反事件~ (2, 0.0%)

1 が一方, で入

▼ 法阿闍梨~ (2, 0.0%)

2 の位

▼ 法附木~ (2, 0.0%)

1 で袂, の火

▼ 法院長夫人~ (2, 0.0%)

1 の悲劇, も学窓

▼ 法院関係~ (2, 0.0%)

1 の家庭, の家柄

▼ 法雲庵~ (2, 0.0%)

1 の一室, へ辿りついた

▼ 法領寺殿~ (2, 0.0%)

1 の法皇, や池殿

▼ 法~ (2, 0.0%)

1 な非難, にはなつてる

▼ 法顧問~ (2, 0.0%)

1 にされた, を命ぜられ

▼1* [847件]

あってよ, 法あらざれば議院, 法あらず爐邊の, 法あらゆる修行の, 法ありて後に, 法ありで御坐います, 法ある愛すべき親しむべきものに, 法あんめえ, 法いかなる俗界の, 法いろいろ忍術を, 法うたふからうたひと, 法かとも思われた, 法かは分別する, 法からがといふ弖爾波を, 法からの智愚の, 法からも調子からも, 法がずつと後世迄も, 法がのつてゐた, 法くずさず一鼓六足鶴翼の, 法ぐらゐは想像し得られるの, 法こそは先頃大, 法ことごとく備わった大, 法これ妙法蓮華経なり, 法ざす, 法さえも知らざる程, 法さらに行は, 法し行くその一切, 法じみた因果関係は, 法すっちまったら誰れ, 法すべてこの伴天連, 法するにも弁道工夫, 法せりとも比丘尼等, 法そっくりですね, 法その他何から何, 法それから今まで, 法それらを完全, 法それ自体が道義, 法だってただに, 法だつたかと思ふ, 法だのと云ふ, 法つまり人間の, 法づけるには猫, 法完全なる, 法であったかれの職業, 法でありましたが宋以後, 法であり物語りの一つ, 法であるならば私, 法でかどうかは, 法でござるか, 法でしをよんだ, 法でしたから, 法でしょうか, 法でと巧みに, 法でなくて愛, 法でなければ解決, 法でのみ解さるべき, 法とかいうものであります, 法としてだけでも大いに労働運動, 法としてよりももっと広く, 法とて男子女子の, 法とてもわが身かへ, 法ともに合符の, 法ともに全く不明の, 法とり真に肉, 法とを以て描いたもの, 法どおり日本橋へさらし者, 法どおり石を置い, 法ども行はるれ, 法なあ武どん, 法なかる可らず, 法なし少くとも心, 法なぞいう新, 法なぞを尋ねられたこと, 法などでもしかりで十郎左衛門, 法などとは論外ええ, 法などには引っかからない, 法などにも西人の, 法などによって符を, 法などに関するものは, 法などをも試みて, 法ならびに左に, 法なりという権威と, 法なりとこそ聞き及びぬ, 法なりとて俗間に, 法なりとも臣家相門を, 法なり画的興味なりがむしろ, 法なんかでぬりかくすの, 法なんかは屁の河童だ, 法においてという意味で, 法にかかつたら, 法にかのうた喧嘩上手ばかり, 法にしか過ぎないだろう, 法にだって生命を, 法につき某殿寄, 法にでも書いたら奴隷, 法にとっての最も有力, 法にとっては之が, 法になつて來て, 法にのつてゐる, 法にのみ彼を, 法にや合ひ, 法によってはいろいろな, 法によるかそれとも問題提出, 法によるかなどを決めようと, 法によるは必しも, 法に対しても先生自身の, 法のうへにだけあるの, 法のくちごは, 法のみにとどまらず載録語詞, 法のみによつて鑛山の, 法のみは秦の, 法のみを以てしては, 法はいふまでもなく, 法はじめて世に, 法はと聞いて, 法はといった事を, 法はなはだやすし, 法はねえと云った, 法ばかりに用ゐられる, 法ばかりのところへ, 法へと精神的な, 法まずその管轄配下, 法まったく同一です, 法まつた一切世間, 法まで味わ, 法までを限度として, 法までをも望むこと, 法みたいなもの, 法みな厳秘洩らすまじきもの, 法みな断じ出世間, 法めいたものが, 法もっとも盛んに, 法やってもいい, 法やりましたのん, 法やを決定せね, 法ゆきとどかざるところなし, 法ようやく開け諸家翻訳, 法よろしきを得たなら, 法わが国に行わるる, 法をしか容認しなかった, 法をすら見道, 法をとつた者は, 法をとなへて, 法をのみ説くに, 法をばある程度まで, 法をまで教えたの, 法をめぐって与野党が, 法をもって生産されず, 法をよけようとして, 法アランベエルの早見法, 法アリ無名指ト中指ニテ大指ヲ圧シ, 法ウエルスの勝ち乗り法, 法オーストリア法制史に関する国家試験, 法ガ有ルト云イオルカラソレハ尤モダガヨクツモッテ見ロ, 法ソノ他手数ノカヽル面倒, 法タル大元帥御修法, 法てある, 法テーマの進展, 法神経, 法ディレッタンティズムの方, 法トシテ法律化スルニ過ギザルナリ, 法トナス六百年来富ヲ恣ニシ, 法ト云ウ物ガアリマストテイロイロヌカス故オレガ座敷, 法ドイツの民族法, 法ドイツ法オーストリア法制史に関する国家試験, 法ニ熟練ナル時ハ其馬能馳セ其彈能中ルト云フハ皆前ナル源因ナル作用ト, 法ニ逢ヒタル乎ト五体ヲ地ニ擲チ, 法ノミアリテ二モ無ク, 法ハナイモノデショウカ御老人デイラッシャルノデ, 法ハ物ヲ相, 法モイヤト云ウコトデアレバ他ニ神経, 法モンタージュでハンケチ, 法ヲ犯シテ鳳駕ニ近前スル, 法ヲ用ウルコト明ラカナルニ依ル, 法ヲ立ントスルモ英国王之ヲ禁ジテ, 法一さんどうなされた, 法一さんあなたはなに, 法一さんそれはおまえ, 法一さん法一さんどうなされた, 法一さん法一さんあなたはなに, 法一たび定まれば, 法一冊とベランゼー, 法一切の縮図, 法一切法一心である, 法一如を唱え, 法一心である, 法一様ならず家, 法一興業期間なら一晩三十法, 法一部改正案の提案理由, 法一點張りになつ, 法万法即真如, 法けを擧げ, 法三徳具備高徳無双の拙, 法三条を出し, 法三章市中各所にそれ, 法上不法の主張, 法上二者は交戦団体, 法上師等周異記, 法上道理に合う, 法上適当に相続, 法の監獄, 法不穏文書取締法治安警察法其の他, 法不能の人, 法世に囚れたる, 法世其物を棄てなけれ, 法世其者を棄てよう, 法世界観といいます, 法中何れの方法, 法中患者の最も, 法中教科書の無断採録, 法主義および天賦人権説, 法師也, 法乗院門前で俗, 法九十里にある, 法乱さず切尖, 法あり, 法二一八条二項に, 法二區の觀, 法二施を怠らざる, 法二枚二法真鍮貨二つと探し出し, 法五様なりしもの, 法五百法は嫌う, 法一ならさる, 法人相家相九星方位干支卜筮等みなこれに属す, 法なし文部省, 法以上二万法以下のもの二十八人, 法以上五万法以下のもの二十七人, 法以上五百法以下の罰金, 法以上十万法以下のもの八人, 法以上次の一時間, 法以来漸次に発達, 法の整えなく, 法はれず, 法住寺殿焼打のところ, 法体言から出た, 法何ゾ以テ異ナラン, 法何物ぞと空嘯く, 法余徳が死後, 法作善に油断, 法例えば花が, 法を失った, 法多く同じ, 法信お前を殺したくなった, 法信勘忍して, 法信礼拝だ, 法修業の事, 法修法ノ承仕, 法修行術種々二カ月バカリニ残ラズ教エテクレタソレカラコノ南平ハボロノナリ故色々, 法借りたら五法返す, 法倫様と申しまし, 法僧聽きが近來急, 法を重んずる, 法儀七患辭過三辯尚賢上, 法儀式にのみ拘泥, 法儲かるなんてまるで, 法先規に従った, 法全く特殊の, 法全廃を主張, 法兵法武術の錬磨, 法兵舷の構造改修, 法其徒自行, 法其翌年には刑法, 法再び力を, 法かに来りけり, 法凡そ三百余里と云, 法出して私たち, 法分類法の取られ, 法及び懲役, 法刑万能主義を表現, 法刑主義に帰依, 法制定当時の司法卿山田顕義伯, 法ち家, 法励師四分疏五本各十巻, 法労働基準法などの箇条, 法動機は動機, 法動物愛の応用, 法勝ったところで, 法勝負などの場合, 法が関東, 法医伊東玄朴の門人, 法医学部の, 法医学部屍体解剖室の大理石盤, 法医学部解剖室にはかくして, 法医学部解剖室内の黒怪人物, 法医小山内元洋, 法医工文理農あらゆる学問, 法医式鑑定法の世界的権威, 法医戸塚静海を藩医員, 法医文とある, 法医流の無学, 法医病理解剖などの教室, 法医薬が並ん, 法医裁判の参考書, 法十万の眷属, 法南無三法さ, 法単純な技, 法博士らに命じ, 法博篠田治策だの, 法即修飾語は主部, 法の章, 法にし, 法厳密なる形式的方法, 法ハ摩利支天ノ, 法友同士の約束, 法反対の日本国民, 法取引妥協屈服仲直りいままで何度, 法言を, 法句洲に住む, 法可哀そうでも罰金, 法可笑や滅理絶義, 法各々其天然ニ備ハラザルコトナク皆其本能ニ依テ知ラズ識ラズ其本分, 法同在便殿羅時時反, 法名称仙軒季が鎌吉, 法名諸家の説, 法その手, 法なり, 法哲学法社会学等の名, 法商法律経済学等に終り, 法問答を行う, 法問題の続き, 法嘶馬探法, 法国之馬賽口登舟遇日本井上甫水兄亦自, 法を現ずる, 法土塁の築法, 法土木などにいたる, 法と号し, 法堂式の建築, 法報応の三身, 法若し諸人, 法塔様誰方モ参リ被下度, 法塵一掃は墨絵, 法変改の為, 法多ければ賊, 法大意の著, 法大水の面, 法大綱なんての, 法に昇る, 法天山城址とかその他, 法奥沢村の名望家, 法奨励のため, 法始めて定まり, 法の惚れる, 法婦人の発明, 法婦人陪審官制度の問題, 法嫌われぬ法も, 法のついた, 法字引でもなけれ, 法学士それに川上少年, 法学士ミス・クリスタベル・パンクハーストエオリアンホールに於, 法学士伯爵細山宏殺された紳士, 法学士月収三百円係累なし本人来談, 法学士湯河勝太郎が十二月, 法学士華尾高楠だ子, 法学士蒲田鉄弥と同, 法学士西川鉄次郎君オーストリヤからは書記官河島醇君, 法学士農学士文学士の先生たち, 法学派が起る, 法学生ないし法学士, 法学院派の法律家十一名, 法孫蓮如上人の, 法孫証如から, 法學博士之か斡旋, 法學博士文學博士有賀長雄君の先祖有賀長伯一家, 法學士洋行の送別會, 法學校を卒業, 法學生に訊い, 法學者十二世紀の人, 法學者間に一番, 法守護の権現, 法宝僧宝の三宝, 法宝義林をいま, 法実に奇に, 法実施皆サンお買物, 法実践にむかっ, 法宿曜秘法等に達し, 法の禅杖, 法はなく, 法寺畔に相輪塔, 法寺謙と云, 法対位法でもある, 法対零法の二人, 法寿院という寺, 法射撃法火藥製造法などを傳習, 法となった, 法導引の法, 法小切手をやった, 法岸寺と云, 法工医の三科, 法工場へ顔出し, 法帰一から脱, 法帰源の当, 法帰源院の門, 法常に上士に, 法を脱ぎ, 法帽法服を考案, 法をひるがえし, 法幾何の教科書, 法幾度行うても, 法にある, 法座席の予約料, 法廃止以前のプラン, 法廃止案を採用, 法廃止論を採用, 法としてひろく, 法廢止案を採用, 法廢止論を採用, 法に, 法弁ずるまでもありません, 法引いたときに, 法弱った鯛を, 法なの, 法諸國, 法心理者達は予審判事, 法必ずしも悪しとには, 法忌避者であった, 法忍術合気の術, 法を亀山, 法の, 法念僧するありさま, 法思想史が教えられ, 法性上下大明神, 法性宥鑁師と浦上隆応師, 法性月毛の十寸六寸, 法性本分の天地, 法性狐がいる, 法恋愛百態輝やかしい御, 法恩寺中に残りおりまする, 法恩寺村場所へ人, 法恩寺様の長屋, 法恩寺橋上の出会い, 法恩寺橋下に栄三郎, 法の, 法に於, 法の慈悲, 法の余, 法慳貪の罪, 法慶新仏出世と称し, 法と対象, 法憧院梨の坊, 法成その他八人の僧, 法の説法, 法戦終結を告げ, 法房これなり, 法所立の人師, 法手本とする, 法といふ六, 法抛り出して十一, 法拒む術は, 法を求むる, 法授産院その他我国には恥しい, 法摩利支天の鑑通, 法改善に長い, 法改悪大量のくび切り, 法改正以後には諸, 法改正出版物レコード納付案の問題, 法改正案提出の時, 法改正法案委員会の席上, 法改正運動に使用, 法改良の指導, 法改良研究者に属する, 法政府の命, 法政治學經濟學經濟史の外, 法遣朝拜, 法の年代, 法教会法ドイツ法オーストリア法制史に関する国家試験, 法教則書と題する, 法教師と云, 法文学的に判断, 法文経の七部門, 法斉整ならざるはなし, 法斎きちがい法斎き, 法斎どのから聞こうで, 法斎ッてお湯, 法斎場には仕掛, 法斎念仏という踊り, 法斎念仏川とも呼ん, 法斎法斎ッてお湯, 法斎湯みたいなもの, 法を待っ, 法断じて許すべからず斯, 法安保条約の, 法新聞紙法によるもの, 法新聞紙法治安維持法不穏文書取締法治安警察法其の他, 法を議し, 法方剤の怪しい臭, 法於百濟求得佛經始有文字, 法施したてまつりしに六慾, 法施行前に濠洲, 法施設として完備, 法族説を完成, 法既に悪法である, 法日本人を日本人, 法明らかに私, 法明衆を排し, 法はること, 法時代から特高, 法暗号としての神代文字, 法書きは不, 法書名画金石彝鼎及び夷蛮, 法最も奇なり, 法にともせる, 法會修行の群集, 法月さんわたしはどうしても, 法月一学殿といえ, 法月俊郎君方に電話, 法月君方に立寄つた, 法月家の不肖児弦, 法月殿もとくと, 法月氏か, 法月氏ただ今のご, 法月氏江戸へお, 法月童女と何だ, 法之候所, 法有りしなり, 法有るを知らしむれ, 法朗西渡りのオーデコロン, 法朗西語あり, 法木炭製法より鉄吹術, 法木製玩具の参考書等, 法未來をあら, 法未満で済む, 法などすくなから, 法杖笈のなか, 法来迎の形式, 法得べからずウ, 法を与え, 法格式が厳重, 法の功, 法楽譜の暗号, 法概念それ自身に就い, 法概論からはじまっ, 法を合せ, 法権上の理解, 法権伸張と教界粛清, 法権撤れしは, 法次第一冊信玄公御随身, 法歐羅巴のアーケミー, 法正しければその, 法正規の法, 法行かずに, 法殿に貴紳, 法ニ糯米飯ヲ, 法比丘てふ, 法比丘無言で立ち去った, 法比喩も得べからず, 法比較研究の端緒, 法水さんあれは他, 法水さんいつかは貴方, 法水さんこれでいつぞや, 法水さん機智や飄逸, 法水さん此処に見逃し, 法水さん血みどろの推摩居士, 法水さん証言に考慮, 法水先生のお気に入り, 法水先生鐘ですか, 法水君あれは稀病中, 法水君だいたいの薬量, 法水君ダマスクスへの道, 法水君ディグスビイという不可解, 法水君不幸にし, 法水君今の証言, 法水君今夜の法医学的意義, 法水君仏様ならあの, 法水君令状があろう, 法水君奇蹟は自然, 法水君奈落へ下りる, 法水君捜査官が猟奇的, 法水君昨日朔郎の室, 法水君曰く最初が旗太郎さ, 法水君洒落はよし, 法水君算哲の心臓異変, 法水君結局君の智能, 法水君結局犯人の意志, 法水君虹の下, 法水君鍵が内側, 法水君風が烈しかっ, 法水君鳥渡考えただけ, 法水様申す迄も, 法水様いつまでも私, 法水様北イタリー特有の南風, 法水自身が水底, 法水論理と巧妙, 法水院を, 法求むべき処においては, 法よりわが, 法尽する時, 法治安維持法不穏文書取締法治安警察法其の他, 法治安警察法其の他, 法治罪法などを翻訳, 法が法, 法法制史法理学外国法等の講義, 法波動学色彩論に関する驚嘆, 法が目的, 法では疾風, 法洲風颯颯麻峡雨凄凄三舎巷雲宿, 法活用法に一つ一つ独立, 法を天下, 法流行の盛否, 法流転のなか, 法浄行の報い, 法海上法の制定, 法海員登記法海上法の制定, 法渡さねば取引, 法満天破法, 法満山なり, 法灌頂壇に上り, 法なくし, 法火藥製造法などを傳習, 法に火, 法点竄術円理等はいずれ, 法烏賊墨の証文, 法無しといふ人, 法無形の人, 法無我の高遠, 法無知と無, 法少康, 法照禅師少康禅師, 法はしき, 法の手, 法燈一穂の山, 法燈修学の頽廃, 法燈史などから出, 法燈国師が八十七歳, 法燈繼承の大名譽, 法燈連綿としてここ, 法燈鳥語もまだ, 法爾城畔客車停朝来, 法爾市に客車, 法爾自然の相, 法に記し, 法特に敬語の, 法犬黄楊楢米躑躅七竈の類, 法猛獣を自在, 法王宮の一部崩潰, 法理工の学士, 法理論の立て, 法の, 法琳寺あるいは法林寺, 法男子に等しい, 法に酒, 法當身自行, 法れて, 法発達いたし浪速, 法発音矯正呼吸調節顔面表情科との関係, 法白刃を腹中, 法の考え方, 法悉く互性活眞, 法盛んなれば, 法相続法および奴隷法, 法真鍮貨二つと探し出し, 法知人の政府委員, 法知愚利鈍に応じ, 法石山に隱居, 法砲術師範を置いた, 法社会学等の名, 法社會的地位の種々雜多, 法神ハネフィヤは栄職, 法神パピニアーヌスは誣妄, 法神流三代を継い, 法神流何千の門弟, 法神流全盛で伊, 法神流六世の血脈, 法神流流行のまっただなか, 法審法などの, 法禁以来その宗門, 法福寺其日午後六時から開会, 法租界の暗い, 法移民その他類似の性質, 法程を記して, 法種々これあり候え, 法空転時の処置, 法窓随筆も社会科学者, 法竜大僧正など汝出家, 法であった, 法童子は三郎, 法童子初七日逮夜之処, 法をふっ, 法等々の機関士作業, 法等主に児童教育, 法等幾らもあげる, 法等申上げ度う御座いますが, 法を可決, 法算暦易陰陽方術医学呪禁等が唐, 法に曰く, 法粗食小食菜食健啖の類, 法系別比較法を採用, 法系的に見, 法式が, 法紙幣一枚十法二枚二法真鍮貨二つと探し出し, 法経六編を制定, 法経堂に現れる, 法給金は少い, 法総てただ活劇, 法編者不明の拉典語手写, 法縁上の紛擾, 法縁微妙玉環の相, 法縄十手はともすると, 法縛りにならん, 法繁昌の奈良朝, 法羊僧と云, 法美郡宇治山に産す, 法をうけ, 法義者で十七, 法老相集まりて, 法老者退けられ羸者, 法聖父により, 法は坐する, 法脇路活栓排水弁の操作法, 法自ら備わりて, 法自在の権利, 法自然なる恋愛, 法自由画自由作文児童の芸術心, 法臺灣私法舊慣調査報告書の他, 法興院記近衛准后政家といふ人, 法を白く, 法苑珠林九二に晉, 法若くは第, 法英吉利法政治學經濟學經濟史の外, 法著述の史的分類, 法蓮華経もし, 法薬石診断を要せずし, 法藏吉藏はねから, 法蘭西大學院, 法血液検査に関する記事, 法衆議院規則慣例が尊重, 法行なわれざるを得ず, 法行王の住所, 法行竜の住所, 法行竜王の住所, 法術師幻術家の部, 法術比べをさせ, 法術的であって, 法術者流の根本的誤謬, 法術部を気, 法の苟も, 法被告の非, 法裁判所法などに関するもの, 法要撃隊の八千, 法要綱を作成, 法見付けたらどうや, 法規定の特別權限, 法火, 法解説には好都合, 法解釈の標準, 法言吾子篇に, 法言太玄經の如し天台, 法言方言王充の論衡, 法言疏證を著, 法斷治療の, 法診断治療の方法, 法註釈四五三頁ゴールドバウムの著作権法及ベルヌ条約註釈三〇八頁参照, 法の調子, 法誉東雲居士墓は下谷区入谷町静蓮寺, 法誉無上の大和尚, 法でいう, 法調査会に先鞭, 法の中, 法諡宗経軒京水瑞英居士である, 法諡寂苑院淨譽玄清居士である, 法諡實相院頓譽淨圓居士である, 法諡幻光禅童女である, 法諡梅翁日實居士である, 法諡用ゐる所, 法諡白露清光禅童子である, 法諡示幻禅童女である, 法諡頓譽淨岸居士である, 法諡養源軒天渓瑞長居士である, 法諡麗樹院がある, 法諸種の注射療法等, 法なるもの, 法護持的な大, 法賛成いくらでも軍事費, 法賭けで小さく, 法赤帽代二十法座席の予約料, 法起草委員たらしめるため, 法身仏といつ, 法身報身化身の三種, 法身応身報身の三つ, 法身般若外脱の三徳, 法となり, 法から離れた, 法竇州開元, 法き譯, 法輕者沒其妻子重者滅其門戸及宗族尊卑各有差序, 法近くやられて, 法通り実検した, 法通り智馬を遇せしめた, 法連体法が体言的, 法連結法に関するいろいろ, 法が竹林中, 法進泉州超功寺僧曇静, 法運振興したこと, 法運用の技術上, 法道場をもつ, 法道算道書道音道等であ, 法達さんごめんなさいまし, 法達兄貴とて夜なべ, 法達安間了現ら二十余名, 法達神宮寺正師などの, 法違反位の軽, 法違反出版法違反等の罪名, 法違反治安維持法違反で告発, 法違反等の罪名, 法違反者は近年急激, 法違犯罪で各軽, 法適尽法など法字, 法適用で家, 法醫者を尊ん, 法金剛蓮華教亦然, 法錢職務習俗を變, 法をこの, 法は戒律, 法長崎に擴, 法防諜法制定の動き, 法阿弥陀仏がその, 法阿闍梨位の灌頂, 法院その他へ運搬, 法院云々に反対, 法院境内の庭, 法院良忠をみ, 法院誓威大姉瑞泉寺所蔵の畫像, 法陣中に用いる, 法隆学問寺が出来まし, 法隠没するの時, 法隠滞してお, 法の氣合術, 法除けの, 法電氏御夫婦, 法音尼は草むら, 法頗る簡勁雄渾に, 法顕三蔵というよう, 法顕三蔵玄奘三蔵義浄三蔵の書いた, 法顕伝を引い, 法顕共に訳せる, 法類仲間で幅, 法類等を集め, 法顯三藏が其の, 法顯傳や義淨三藏, 法顯玄奘の印度, 法飛足の呼吸, 法とし, 法食料としての兎, 法飲まずに酔う, 法の目的, 法鼓朝課はあと回し, 法鼓諷経等の朝課, 法龍師見えられ此事