青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「正太~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~止めた 止める~ 正~ ~正しい 正しい~ ~正しく 正しく~ 正に~ ~正体 正体~
正太~
~正当 正当~ 正成~ ~正月 正月~ ~正直 正直~ ~正確 正確~ 正義~

「正太~」 1002, 10ppm, 10347位

▼ 正太~ (328, 32.7%)

9 叔父の 6 それを

3 [18件] あつとも, お俊, かけ寄りて, 三吉の, 何と慰め, 何故とも, 例の, 先へ, 叔父に, 可愛らしい眼, 呆れて, 夕飯なぜ, 大人らしう, 庭先より, 怪しがり, 潜りを, 筆やの, 門へ

2 [22件] その足, どうしたろう, 一人眞面目に, 一生けんめいだ, 三吉に, 何を, 元気で, 入口の, 出て, 前の, 力の, 力を, 叔父と, 塩瀬の, 声を, 恐る, 此日日がけの, 母や, 独語の, 自分の, 若々しい眼付, 豊世の

1 [215件] あそこから, あたりを, あても, あと五十メートルだ, あの深い, あらそうよう, いまやよわよわしい, うしろの, うしろを, おそろしいもの, お雪, がたがたふるえ, がばとはねおきた, こういう人々, こういう話, ここで, この叔父, この日日がけ, この話, こんな風, しずんで, すこしおそろしかっ, すべて可懐しい, ずっと以前, そこに, その報告, その意味, その話, その釣紐, その鉛, それから, それが, それに, そんな力持, ついに帆村, つくりごと, とつぜんの, どこへ, どんどんと, はかないのぞみ, はっきりわからない, はっと吾, ひとりで, ほっと溜息, また足, もっといいたかった, やっとすこし元気, やっと懸け, ウトウトした, キッパリ答えた, ヒドく, マリ子が, マリ子の, 一人真面目に, 一向平気, 一寸上京, 一度名古屋, 一生けんめいに, 一種の, 一緒に, 三吉から, 三吉を, 三吉叔父と, 下口唇, 不安らしく, 両手を, 中学三年生なかなかしっかり, 二三の, 二人の, 何か, 傍へ, 元気が, 兜町の, 切ないという, 切出しかねて, 別れを, 前に, 半ば身を, 博士に, 又田舎, 叔母の, 叔父を, 叔父叔母の, 叔父達の, 受けて, 名古屋に, 名古屋女の, 向島の, 向島親子が, 呟きながら, 周章てて, 唯あ, 噴飯した, 垣根越しに, 夜に, 妹と, 妻の, 娘達の, 家を, 寂しそう, 寝ながら, 対岸に, 山道の, 巌の, 川向に, 帆村の, 帆村探偵の, 帰って, 帰らなかった, 帰ること, 幸作から, 幼少の, 床の間に, 店の, 当てつけ, 微かな, 心が, 心の, 心窃かに, 思い付いたよう, 思わしい仕事, 思わずその, 思出した, 急に, 怪訝な, 恐る恐る枕もと, 悄然と, 意外な, 意気の, 懐中時計を, 打消すよう, 折入っ, 折角思い立った, 探偵長に, 改まっても, 料理を通して, 時々お, 更に車, 木犀の, 森彦叔父の, 榊が, 榊と, 歎息し, 歎息した, 歎息する, 母の, 母親を, 毎日の, 気の毒だ, 沈吟する, 沈痛な, 沮喪した, 深い深い溜息, 溜息を, 激昂した, 激昂する, 燈火の, 父に, 父の, 用事あり, 男らしい響, 町から, 病みつつ, 白い扇子, 相場の, 種々な, 窓の, 立って, 笑った, 笑って, 笑わずに, 箱梯子を, 簡単に, 紀文が, 紙入から, 紺色の, 考深い, 聞耳を, 腕組を, 腰の, 自覚する, 興奮した, 船を, 船長から, 良家に, 花を, 苦しそう, 苦笑した, 茶を, 袂を, 言いたいこと, 言い紛, 言った, 言って, 言出さず, 話を, 誰に, 買物を, 足が, 車夫を, 輝くよう, 連れて, 遊んで, 道の, 遮って, 酒は, 鋭い眼付, 長い紺色, 長く小金, 階下から, 非常に, 頭を, 頭脳が, 顔中ひ, 黙って

▼ 正太~ (147, 14.7%)

7 ことを, 顔を 5 二人は 4 方へ 3 前に, 家には, 方に, 方を, 答ふる, 頬を

2 [13件] 二人が, 傍へ, 家の, 家を, 心を, 方は, 枕許へ, 此處に, 眼は, 胸の, 話は, 話を, 飛込み來しなる

1 [80件] いうとおり, おそろしい力, お友達, ことばかり, ために, とこの, はいって, やつが, 並べる言葉, 事業を, 借りて, 側に, 傍に, 傍へでも, 兜町時代に, 噂を, 失敗も, 妹, 妹の, 妻であった, 姿を, 婚礼に, 家から, 家は, 居る方, 後から, 心配, 意中を, 意匠で, 成功を, 所望で, 手は, 手を, 押しこめられて, 指さして, 方が, 方につけ, 方にも, 早寝, 暗い顔, 机が, 此処に, 死体が, 気分が, 決心, 為に, 為にも, 父親さんが, 生命が, 留守宅では, 病が, 病状を, 癖であった, 相場学なぞは, 看護は, 知人で, 祝言を, 紋付を, 細君なぞに, 細君の, 細君を, 耳に, 肩を, 胸に, 胸を, 腕に, 腕を, 膝を, 行手を, 許から, 話に, 趣味で, 身の上をも, 身体からは, 通う仲買店, 頤を, 頭を, 顔では, 顔の, 飛込み来しなる

▼ 正太~ (106, 10.6%)

7 言った 3 午の, 夕飯の, 嬲りものに, 明巣とは, 美音も, 見えねば, 言出した, 買物役汗に, 赤筋入りの 2 いった, 最後に

1 [68件] あっと, いえば, お雪, この郊外, この隠れた, さきに, さけんだその, そこへ, たいへんあやしい, ちょいちょい遊ぶ, まだ若く, やつて, よく眼, エフ氏でない, ズカズカ階梯を, ブラリと, マリ子を, 一つ場所に, 三升, 三吉の, 云ッつける, 亡く, 余暇に, 先に, 入って, 入口の, 出来た, 十分たっ, 名古屋の, 名古屋へ, 困らすよう, 声を, 彼の, 意匠した, 放擲し, 既に名古屋, 本物の, 東京郊外の, 植木いじりでも, 楼梯を, 橋の, 気息を, 泊って, 煙草入を, 熱く成ってる, 発つ一月, 目ざとく怪少年, 相場の, 眺めながら, 立って, 答えた, 結婚について, 美登利に, 腰掛けたところ, 自分の, 若い時, 言う頃, 言ったが, 言って, 言わない先, 訪ねて, 踏切の, 車の, 返事を, 追いかけると, 連れて, 階梯を, 首を

▼ 正太さん~ (76, 7.6%)

3 かとて走り, だと, とした, と喧嘩, に仇, はまあ, は居ぬで, 又晩 2 のこと, 宜く

1 [48件] お互にこれから, がああ, が泊ってる, が飯, この方, さうで, ですか, とやらわし, と一緒, と二人, と私, どんな心地, には子供, に着せてる, に話したい, に頼まれた, の今度, の後, の所, の手紙, の死体, の病気, の許, は, はこういう, はすこし, はよく, はナカナカ, は人懐こい, は宗七, は未だ, もどうか, も一時, も仕事, も可哀想, も宗さん, も御, も房, も本気, も東京, も気の毒, も行き, よくこの, を安く, を褒める, を見る, 何故君, 宜く来

▼ 正太~ (44, 4.4%)

2 言った, 豊世も

1 [40件] あまり口数, あれで, きりりとした, そこに, はじめてきく, またこんな, まだ何となく旧家, もちろん尻ごみ, ゆるして, マリ子も, 三五郎も, 下手に, 仕事の, 元気づいた, 叔父さんの, 声を, 妹の, 家の, 帆村も, 広い部屋, 庭へ, 弱った形, 思いやるよう, 思出した, 既に一戸, 昔懐しい, 最早引返し, 気がついた, 注意する, 無言の, 種夫の, 立って, 笑った, 縁側の, 興の, 見つけて, 言って, 附添した, 階下から, 首を

▼ 正太~ (39, 3.9%)

4 一緒に 3 さへに, マリ子は 2 マリ子の, 相対に

1 [25件] おなじ顔かたち, した札, そう大した, マリ子という, マリ子に, 三人ここに, 三吉と, 三吉とは, 三吉は, 並んで, 二人きりに, 二人ぎりで, 他の, 傷ついて, 名乗るこの, 名乗る半纏着, 大辻とは, 大辻の, 小金の, 手を, 窓に, 話して, 豊世とは, 連立って, 顔を

▼ 正太~ (34, 3.4%)

4 似た少年 3 末社が 2 代つて顏, 向って, 挨拶した, 言った

1 [19件] いろいろと, せよ, よく話し, 代つて顔, 会釈し, 似て, 何の, 力を, 取って, 尋ねて, 教えて, 案内され, 比べると, 話して, 話し聞かせた, 話し聞せた, 適当な, 酷く似てる, 頼まれたといった

▼ 正太~ (33, 3.3%)

3 引出して

1 [30件] うしろから, ぐっとにらみつけた, なぐさめながら, ひきもどそうと, ふり落そうと, めがけて, よびとめたが, 休ませたいという, 前に, 同じ人, 名乗る帆村探偵, 呼びに, 始め薬方, 室内に, 弁護する, 待受けた, 東京へ, 此処へは, 病院の, 眺めた, 腹に, 自分の, 見おろす, 見て, 見ると, 見舞いに, 誘って, 諭すよう, 迎えた, 連れて

▼ 正太~ (25, 2.5%)

2

1 [23件] えらい, かね, からたのまれ, から聞いた, がやった, がやらなかった, しっかりしなさい, じゃない, そっくりな, そっくりの, だという, だとは, ちょっとここ, であった, とおなじ, にたのまれた, につみ, には私, のうしろ, のにせ, の泣き声, はへい, を追いかけた

▼ 正太少年~ (21, 2.1%)

1 [21件] があばれ, がなぜ, が口, が立っ, が長く, が顔, だった, であった, でないこと, とがイワノフ博士, とそっくり, とは壁, とを放りこんである, と帆村探偵, にたのまれた, に目, はいきなり, はひとり, はふしぎ, はふしぎそう, をゆびさし

▼ 正太とは~ (10, 1.0%)

1 おもわず走り, こう言合っ, それから自動車, 久し振で話した, 互に足, 仲好だ, 右と, 命じられるまま, 大いそぎ, 車の

▼ 正太~ (8, 0.8%)

2 豊世の 1 ウラル丸の, 叔父さんにも, 榊が, 榊にも, 豊世が, 豊世は

▼ 正太~ (7, 0.7%)

31 という, という証拠, と思いこん, と思った

▼ 正太夫婦~ (7, 0.7%)

1 なぞが起き, に連れられ, の口, は叔父, は揃っ, は散歩, を始め

▼ 正太さん君~ (6, 0.6%)

1 なり僕, の一生, の仕事, はまだ, は何処, は女

▼ 正太さん私~ (6, 0.6%)

3 は怒つ, は自宅

▼ 正太しゃ~ (6, 0.6%)

1 んきっと, んだけ, んの, んも, んよん, んマリ子しゃ

▼ 正太という~ (6, 0.6%)

1 子供は, 少年そっくり, 少年の, 左官こそ, 左官な, 船客の

▼ 正太には~ (5, 0.5%)

1 なぜ急, 何の, 気の毒だ, 生命が, 警察の

▼ 正太いや~ (3, 0.3%)

3 が言

▼ 正太うれし~ (3, 0.3%)

3 げに見送

▼ 正太かね~ (3, 0.3%)

3 ても遊び

▼ 正太さん子供~ (3, 0.3%)

3 の癖

▼ 正太さん後生~ (3, 0.3%)

3 だから

▼ 正太さん番~ (3, 0.3%)

3 をたのむ

▼ 正太~ (3, 0.3%)

1 はある, はない, はなく

▼ 正太とを~ (3, 0.3%)

1 今にも撃ち殺し, 半分半分に, 見比べた

▼ 正太にも~ (3, 0.3%)

1 この事件, 勧めた, 聞く三吉

▼ 正太はじめて~ (3, 0.3%)

3 美登利の

▼ 正太ばかり~ (3, 0.3%)

3 客に

▼ 正太から~ (2, 0.2%)

1 話の, 送って

▼ 正太さん一處~ (2, 0.2%)

2 に來

▼ 正太さん僕~ (2, 0.2%)

1 は唯, も一緒

▼ 正太さん左樣~ (2, 0.2%)

2 であらう

▼ 正太そっくり~ (2, 0.2%)

1 の少年, の顔

▼ 正太もち~ (2, 0.2%)

2

▼ 正太兄さん~ (2, 0.2%)

1 とか直樹兄さん, をどういう

▼ 正太~ (2, 0.2%)

2 を赤く

▼1* [39件]

正太お仙まで朝, 正太お前も強飯, 正太ぐらいのところでは, 正太これが達雄, 正太さんお上んなすっ, 正太さん一処に来, 正太さん一年ばかりの間, 正太さん今日までのこと, 正太さん向島にはチョクチョク, 正太さん大屋さんから新茶, 正太さん失礼します, 正太さん女達の間, 正太さん妙なもの, 正太さん御免なさいまし, 正太さん昨日僕は森彦さん, 正太さん煙草を持ちません, 正太さん相談したいという, 正太であることを, 正太でも直樹でも, 正太とが今イワノフ博士, 正太との相違であった, 正太とばかり思って, 正太についてくる, 正太にとっての交際場裏で, 正太にまで及んで, 正太送ったし, 正太もちうちうたこかい, 正太もねお前さん達の, 正太よりも年少であった, 正太君いまお話をきい, 正太君いま僕のいった, 正太君しずかに, 正太君僕はあの, 正太安岡っ引, 正太だ, 正太手前お婆さんの方, 正太神妙にせい, 正太豊世の二人, 正太を赤く