青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「泊~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

河童~ ~油 油~ ~油断 油断~ 治~ 沼~ ~沿う 沿う~ 泉~
泊~
~泊っ 泊っ~ 泊り~ ~法 法~ ~法則 法則~ 法師~ ~法律 法律~

「泊~」 1445, 16ppm, 7220位

▼ 泊つて~ (318, 22.0%)

13 しまつ 10 ゐるの 9 ゐた 7 ゐて 6 行くこと 5 もい, ゐる家, 居るの 4 居て, 居るん, 行くが 3 いらつし, ゐたの, ゐる, ゐるので, 行けと, 行けよ

2 [16件] もいくら, ゐたから, ゐたが, ゐたこと, ゐると, ゐるん, ゐるホテル, 居た, 居ります, 居る, 居ること, 居る時, 来ても, 行かう, 行くの, 食べるだけの

1 [196件] あげても, いつもの, いて, いらつしつたらどう, いらつしや, いられた方, おけば, お行き, お行きやし, かない, から一箇月近く, から恋愛, くださいと, くれた, くれて, くれ決して, ござつた朝, その正, それから行方不明, たうとう, たこと, たのよ, つたらどう, なりと行きや, にぎやかになつた, のんびりと, はそんな, は下さらぬ, は歩いた, ほしい気持ち, もいい, もよい, もらふこと, もわびしく, も一飯, も不便不足, も僕, も外国, も構, も滑稽, やらうか, やらうと, ゆかれたほら, ゆけと, ゆけも, ゆけ泊つて, よかつ, らしてね, ゐきやあ, ゐたある, ゐたいん, ゐたお蔭, ゐたがね, ゐたけれども, ゐたといふ, ゐたな, ゐたら女房, ゐたん, ゐたイーグルホテル, ゐたホテル, ゐた八五郎, ゐた時, ゐた阿波, ゐても, ゐないかねえ, ゐないの, ゐなくては, ゐませんか, ゐようなど, ゐら, ゐられたと, ゐられた森さん, ゐられるの, ゐられる森立名さん, ゐるあ, ゐるうち, ゐるお松, ゐるか, ゐるかういふもの, ゐるかも, ゐるから, ゐるきり, ゐること, ゐるだらう彼, ゐるとい, ゐるとの, ゐるな, ゐるよしみ, ゐるわけ, ゐる中, ゐる人, ゐる兄弟, ゐる兵隊さん, ゐる処, ゐる夜店, ゐる客, ゐる島民, ゐる市五郎, ゐる新館, ゐる朝鮮人, ゐる此, ゐる浜野, ゐる満, ゐる男, ゐる筈, ゐる西洋人たち, ゐる連中, ゐる間, ゐる飲みつかれ歩きつかれて, ゐれば, をり, をりました, をります, 一寸あつ, 下さいますわね, 下さるで, 下さるやう, 下されといつた, 下されば, 呉れたの, 宜いでせう, 居たいやう, 居たこと, 居たし, 居たので, 居た從兄弟, 居た猪, 居た縁故, 居た船, 居た見ず知らず, 居た髭, 居た鬚, 居た鳩, 居ました, 居ます, 居らる, 居られても, 居られる, 居りこれ, 居りますが, 居りア, 居るか, 居るから, 居るが, 居るし, 居るといふ, 居るので, 居るもの, 居るよ, 居る八五郎, 居る家, 居る平次, 居る父, 居る物置, 居る由, 居る船, 居る部屋, 居る靜, 帰らうか, 帰らなかつたといふ, 御覽, 来た, 来たらよ, 来たん, 来る, 来るし, 漸く前後, 立つた, 翌る, 聞いて, 行かうか, 行かうかしら, 行かうと, 行きませう, 行く, 行くと, 行くとい, 行くな, 行く藝者, 行けない, 行けや, 行けるだらうの, 見たいと, 見たが, 見た日, 見ては, 見よう, 見るか, 見れば, 覚えずぐつすり, 辛うじて二晩, 頂く様, 食べた, 食べて, 食べる, 食べるには

▼ 泊~ (92, 6.4%)

4 予定で 2 つもりで, 後ち, 旅を, 町に, 詩に, 豫定で, 飛脚旅行に

1 [74件] ある財産家, うえ夜の, ことを, つもりが, つもりなら, ものを, ように, 三衛門が, 上ゆるゆる, 上一石三鳥の, 世話まで, 乞いは, 乞は, 予定であった, 予定でなかった, 予定通り五月十九日の, 二日がかりで, 亭主等に, 人を, 休屋の, 修学旅行が, 内でさえ, 内海ど, 出身な, 割当ても, 史蹟である, 唄ねたましき, 室に, 宿料が, 宿料を, 後立ち去る, 後翌日は, 徒歩の, 御見込, 慰安旅行を, 慰安温泉旅行を, 所指合にて, 手当てに, 折足利殿には, 旅で, 旅とは, 旅など, 旅に, 旅には, 旅の, 旅行なら, 旅行にでも, 昼流連, 時に, 時間なき, 月に, 歌, 比, 濱には, 用意も, 町へ, 築港にまで, 築港を, 紅葵は, 群船に, 肉舌に, 船, 船の, 船を, 船中で, 藤兵衛方へ, 訪問なる, 詩が, 詩は, 詩論を, 話な, 遊女の, 部落には, 開港厳島の

▼ 泊つた~ (53, 3.7%)

2 かと訊いた, けはひも, と答

1 [47件] あの女, おぼえの, お亭, お美乃, かさもなければ, かそれとも, かどう, か聞いた, がこ, がひさ, が夏, が申分, が結局伴, が羽織, この宿, さ, さけさかな, しかし一睡, そしてやつ, そして早朝帰庵, そして見, その家, だけで, といふこと, といふやう, といふ猪, といふ米田屋, とかいふこと, ところで僕, ところで誰, とわかつ, と云, と云つて, と見え, と見える, なら決してこれ程, には相違, ので一枚以上, ま, まだ早い, よい意味, わ, わよ, んだい, 古い暗い宿, 歩いて, 食べすぎて

▼ 泊~ (44, 3.0%)

5 てしまひました, てゆく 3 たりする, てくれ 2 ていた, ている, てくれる, て下さい

1 [20件] たりし, たりした, たり旅行, たり辨次郎さん, ちや駄目だ, ていけなき, てください, てくる, てくれない, てしまはう, てしまひ, てしまふ, てみたかつた, てもらう, てゆかつ, て下さいまし, て欲しい, て行かはりました, て行かはる, 竟極

▼ 泊れる~ (37, 2.6%)

3 かい 2 ように, 岩窟が

1 [30件] か, かい夜半時分, かしら, かどう, かね, そうだ, だけだ, といい, ところは, とは聞い, と思っ, と聴いた, のである, ものか, ものでない, やうに, ような, わよ, んだ, 大岩窟, 好い野陣場, 家では, 家は, 家を, 小屋も, 小屋を, 洞窟が, 洞窟を, 立派な, 設備が

▼ 泊~ (36, 2.5%)

32 ている, て居る

1 [29件] てくつろぐ, てそれから, てマルセエユ, て仕事, て余, て十四日, て去つた, て吾妻登山, て妓女, て宿舎, て小字, て小田原, て居, て帰っ, て帰洛, て御馳走, て所謂文殊岩, て来た, て珍しい, て親, て詠んだ, て適当, まる一日, 北海道を, 十二日に, 夫れ, 日たる, 泊雲の, 豊頃に

▼ 泊~ (32, 2.2%)

2 頼むと

1 [30件] おはむ, する, たのむ, たのんだ武蔵, やめなかった, 乞いたるが, 乞うと, 乞うなど, 勧めて, 引き留めよう, 忘れること, 急いで, 急ぐ旅人, 承知しない, 断るというじゃあねえか, 極めたりき, 求めた時, 求められた, 求められたのに, 知らぬの, 見出したが, 許されないに, 通るの, 頼まうかと, 頼まうと, 頼むわけ, 頼んだ, 頼んだが, 願いたし, 願いとうございますが

▼ 泊つたの~ (31, 2.1%)

3 です 2 だと, よ

1 [24件] かどう, か確, だから, だが, ださうですが, だよ, である, であるけれど, である思つた, でうそ, ですか, ですよ, でも, で大きい, はあの, はお寺, はこの, はとら屋三四郎, は何處, は叔母さん, は旅, は曲者, は相模女, は誰

▼ 泊つたこと~ (21, 1.5%)

6 がある 2 がない, のある

1 [11件] があつ, がたつた, にし, のない, は確, は秘密, まで突き, もい, もこんな, もない, を君

▼ 泊~ (21, 1.5%)

2 着くと, 船泊てて

1 [17件] いたりて, して, ついた時, とまりぬ, なってから, なり次ぎの, なる場合, 居りまして, 居るって, 来ると, 決定, 煤ぶりおる, 相成御見舞相勤, 移り可也, 行って, 要する野営, 足場を

▼ 泊~ (16, 1.1%)

2 帰る客, 引揚げ, 盛岡に 1 ね, 五銭か, 全連嶺, 十分との, 多摩川の, 川が, 帰ると, 立ち去ると, 立去ると, 聞き

▼ 泊~ (16, 1.1%)

4 の川 3 の国, の山 1 と言, の中流, の地, の川ゆ, の檜林, 即ち上古

▼ 泊~ (14, 1.0%)

1 [14件] たまひき, たるを, たる船の, つる船ぞ, てさ, て月光, て月落ち, にし, む沖へな, ゐない宿屋, ゐるを, 夫れ, 居た所, 居る

▼ 泊~ (12, 0.8%)

2 おろか日帰りでも 1 どこだって, なんぼなん, もちろん人馬継立て等, もの, ものの, 如何です, 御難渋よう, 流山か, 終に二泊, 長過ぎた

▼ 泊した~ (11, 0.8%)

2 ことが, 時の 1 その時, のか, のだ, 支那の, 時國王の, 若年の, 間に

▼ 泊する~ (11, 0.8%)

1 [11件] ことに, だけに借り, ところが, にし, に際しては固, ものは, もの甚だ, より外, 事に, 所の, 船溜りが

▼ 泊つた時~ (11, 0.8%)

2 の作 1 いろいろ述懷, どうした, には宿賃, に限つて, は二疊, は何, もその, 丁度盆, 感じたやう

▼ 泊~ (11, 0.8%)

1 [11件] があった, がある, です, ですら, などであろう, のない, の戯声, もない, を見たら, を連れ, 痩せた青年

▼ 泊~ (10, 0.7%)

1 きまると, さて無い, 気に, 気にな, 激しくなった, 知れて, 近くって, 難しゅうござりますので, 願えないこと, 願える都合

▼ 泊つた事~ (10, 0.7%)

3 がある 2 があつ 1 のある, のない, はない, は允恭紀, や一度

▼ 泊~ (10, 0.7%)

3 きめて 1 いい一ノ谷古戦場群, きめた, なって, まつたか, 云って, 禿筆の, 腹を

▼ 泊まつ~ (10, 0.7%)

4 てゐる 2 てし 1 てもらひ, てゐた, て歩き度い, て行け

▼ 泊~ (10, 0.7%)

2 の時 1 だよ, の中, の事, の事ゆえ, の夜, の徒目附, は知っ, を知り

▼ 泊つて來~ (9, 0.6%)

2 る筈 1 たと, たん, るかも, ること, るだらうと, ると, るの

▼ 泊つてる~ (8, 0.6%)

4 んだ 2 職人が 1 の, 書生つ

▼ 泊つた宿~ (7, 0.5%)

1 には県知事閣下, に着いた, の二階, の女中, は本業, は油とうや, へ歸つて行

▼ 泊つて貰~ (7, 0.5%)

1 はう, はなかつた, はなく, ふこと, ふの, ふ事, へるといふ

▼ 泊まつた~ (7, 0.5%)

1 といふ古, ので如水, のみで, のを, ホテル・ベルヴュウの, 事が, 時そこの

▼ 泊~ (7, 0.5%)

6 二泊で 1 感慨の

▼ 泊~ (7, 0.5%)

1 なさ, なさいましね, なさい芽出度, なさらないでは, なすって, なすつて, なんしよ

▼ 泊つて行~ (6, 0.4%)

2 つた, つたん 1 つたが, つたこと

▼ 泊つて行つて~ (6, 0.4%)

3 宜いの 1 もお, も好い, も構

▼ 泊れない~ (6, 0.4%)

1 の, のだ, 事は, 君と, 県界, 落出に

▼ 泊から~ (5, 0.3%)

1 ここまでは, わずか四五里, 三日市に, 此処までは, 訳は

▼ 泊~ (5, 0.3%)

5

▼ 泊つたもの~ (5, 0.3%)

21 であるが, と思はれる, やらまだ

▼ 泊つたん~ (5, 0.3%)

2 だ, ですつて 1 ですの

▼ 泊つた宿屋~ (5, 0.3%)

1 が三味線屋, が幸, の名前, は壁, らしくて

▼ 泊つた筈~ (5, 0.3%)

1 だ, だが, です, なの, のお

▼ 泊つて今朝~ (5, 0.3%)

1 戻つて來, 戻りましたが, 早う水源地, 早く歸つた, 薄暗いうち

▼ 泊~ (5, 0.3%)

1 上陸った, 渡つたさうだ, 疎開し, 直航する, 行かうと

▼ 泊~ (4, 0.3%)

1 あるいは二三泊, 二泊し, 二泊どこかへ, 二泊位なら行ける

▼ 泊つた晩~ (4, 0.3%)

1 あいにく夏, にやつ, に限る, ね

▼ 泊つた部屋~ (4, 0.3%)

2 を見せ 1 でその, に連れ込みました

▼ 泊という~ (4, 0.3%)

2 ことに 1 事に, 気に

▼ 泊~ (4, 0.3%)

1 に娘, に私, は該艦, 一旦下船

▼ 泊宿~ (4, 0.3%)

1 から水道橋, の行燈, の軒行燈, を請う

▼ 泊旅行~ (4, 0.3%)

1 で田舎者, に出かけました, も以前, を計画

▼ 泊瀬小国~ (4, 0.3%)

2 に妻 1 にさ, によばひせす

▼ 泊翌日~ (4, 0.3%)

1 は案内者, は藤岡町ほか八カ村, は裏口, は陣座峠

▼ 泊込み~ (4, 0.3%)

1 に來, の客, の家, の野郎

▼ 泊~ (3, 0.2%)

2 とよ何 1 と言ったでねえ

▼ 泊つたやう~ (3, 0.2%)

1 です, ですが, なこと

▼ 泊つたン~ (3, 0.2%)

1 だ, だよ, だよう

▼ 泊つた三人~ (3, 0.2%)

1 が潔白, ともいづれ劣らぬ, の中

▼ 泊つた者~ (3, 0.2%)

1 が盜つたの, の仕業, はないだらう

▼ 泊つておいで~ (3, 0.2%)

1 でしたか, なさい, よ

▼ 泊つてら~ (3, 0.2%)

3 つし

▼ 泊つて明日~ (3, 0.2%)

1 の一番, の夕方, の夕方芝居

▼ 泊つて歸~ (3, 0.2%)

1 つた, つて, るの

▼ 泊つて行き~ (3, 0.2%)

2 なはると 1 なはるか

▼ 泊でも~ (3, 0.2%)

2 かなりに 1

▼ 泊との~ (3, 0.2%)

3 こと

▼ 泊三円~ (3, 0.2%)

1 だと, という約束, を越える

▼ 泊二十五銭~ (3, 0.2%)

1 いか, というの, の事

▼ 泊二十銭~ (3, 0.2%)

2 の割部屋 1 の千日前

▼ 泊~ (3, 0.2%)

1 に來たん, に来た, の参詣

▼ 泊~ (3, 0.2%)

2 で東嶽 1 に上田

▼ 泊瀬天皇~ (3, 0.2%)

1 などの伝記, など皆, の歌

▼ 泊瀬川~ (3, 0.2%)

1 の三輪山, は長谷, ノ早

▼ 泊瀬部皇女~ (3, 0.2%)

2 と忍坂部皇子 1 の夫

▼ 泊さして~ (2, 0.1%)

1 貰い翌日怪異, 貰ひ

▼ 泊~ (2, 0.1%)

1 天草の, 客は

▼ 泊せし~ (2, 0.1%)

1 一夜の, 投馬國の

▼ 泊だけ~ (2, 0.1%)

1 して, もと気

▼ 泊つたら~ (2, 0.1%)

1 寒からう, 良いで

▼ 泊つた方~ (2, 0.1%)

1 が日本, が気

▼ 泊つた旅館~ (2, 0.1%)

1 だけれども, の寢床

▼ 泊つた日~ (2, 0.1%)

1 であつ, の事

▼ 泊つた頃~ (2, 0.1%)

1 にはまだ, はどうも

▼ 泊つて一~ (2, 0.1%)

1 と晩, と足

▼ 泊つて今日~ (2, 0.1%)

1 で二日, は歸つて來

▼ 泊つて御覧~ (2, 0.1%)

1 なさいませんか, になつて

▼ 泊つて明朝~ (2, 0.1%)

1 もつと, 発つつもり

▼ 泊つて此家~ (2, 0.1%)

1 には居りませんでした, へ通つて

▼ 泊つて翌日普通~ (2, 0.1%)

2 の二等車

▼ 泊つて行つた~ (2, 0.1%)

1 といふ, と聞く

▼ 泊つて行つた事~ (2, 0.1%)

2 も話した

▼ 泊つと~ (2, 0.1%)

1 いで休み, くな

▼ 泊つる港~ (2, 0.1%)

1 あり, に船

▼ 泊といふ~ (2, 0.1%)

1 予定らしい, 村に

▼ 泊または~ (2, 0.1%)

2 日帰りの

▼ 泊~ (2, 0.1%)

1 になりました, はした

▼ 泊~ (2, 0.1%)

1 した, しないで

▼ 泊より~ (2, 0.1%)

1 川尻押す, 引津泊に

▼ 泊れるだろう~ (2, 0.1%)

1 という話, ね

▼ 泊一円~ (2, 0.1%)

1 も二円, よりと壁

▼ 泊三圓~ (2, 0.1%)

1 だと, といふ約束

▼ 泊二飯~ (2, 0.1%)

1 で一円, で五十銭

▼ 泊~ (2, 0.1%)

1 かい, なら行ける

▼ 泊四日~ (2, 0.1%)

2 の旅行

▼ 泊場所~ (2, 0.1%)

1 である, と決められた

▼ 泊小樽一泊~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 泊~ (2, 0.1%)

1 なり, に当てられ

▼ 泊橿部~ (2, 0.1%)

1 という地, または羽束部

▼ 泊~ (2, 0.1%)

1 と名づけた, へひきかえし

▼ 泊~ (2, 0.1%)

1 に在らずなり, に船

▼ 泊~ (2, 0.1%)

1 二日は, 八日戸隠の

▼ 泊~ (2, 0.1%)

1 で日程六七里, の任務

▼ 泊~ (2, 0.1%)

1 三十一日熊本見物を, 四日の

▼ 泊致し~ (2, 0.1%)

1 明朝また, 翌日一方は

▼ 泊船亭~ (2, 0.1%)

1 と曰い, や含雪斎

▼1* [316件]

あくる二十四日は, 泊あってはいかが, 泊ありて上野, 泊いたし段々, 泊いたされ候よし, 泊いづれ二三日の, 泊いぶせき藁屋の, 泊おのづから死, 泊くださるまいか, 泊ぐらいですな, 泊させてもらった, 泊したい心組です, 泊したる当時の, 泊するらしいという, 泊せんものは, 泊その翌日矢賀村の, 泊それから恵那へ, 泊たまわらば殊, 泊だけじゃなくこの, 泊だけで東京へ, 泊だけはそっと泊め, 泊ださうですけれどもお, 泊ってな坊主は, 泊つたくだんのもう, 泊つたぐつすり眠れた, 泊つたときであつ, 泊つたとき坊ちやんが, 泊つたとき手際の凄い, 泊つたまつたくの山, 泊つたら茗荷を喰, 泊つたフインボロオグ・ロオド二十八番地のフイルプス夫人, 泊つたホテイ・ホテルの事, 泊つた一人で泊つた, 泊つた一分始終を祖母, 泊つた一夜炉辺で話, 泊つた一室一燈を占有, 泊つた三角屋といつ, 泊つた上段の間, 泊つた井出君は, 泊つた人の話, 泊つた八人の与党, 泊つた共同風呂といふの, 泊つた同宿者が多く, 泊つた外は皆んな此處, 泊つた夜のこと, 泊つた官職の高い, 泊つた客殿の部屋, 泊つた家は隣村, 泊つた小店の近く, 泊つた山村のしづか, 泊つた形跡はない, 泊つた感じのよい, 泊つた旅人は何と, 泊つた旅籠屋ああいふ, 泊つた明石屋の温泉宿, 泊つた時ひよつくりそれ, 泊つた時下女や主婦, 泊つた時何か二人, 泊つた時河童の話, 泊つた時計屋では盜まれ, 泊つた晩そつと通つて來, 泊つた晩急に氣, 泊つた晩離屋の二階六疊, 泊つた最初の晩, 泊つた次の朝, 泊つた母子二人のしめやかさ, 泊つた海辺の宿, 泊つた温泉町から電報, 泊つた男は, 泊つた留守に立派, 泊つた窓から沙河, 泊つた箱根の春本, 泊つた経験といふこと, 泊つた翌日以前ならば, 泊つた茂木瀬谷黒井なぞはまだ, 泊つた處かどう, 泊つた街道筋の宿屋, 泊つた表の部屋, 泊つた訳なん, 泊つた譯なん, 泊つた豊田屋悪い宿, 泊つた車やが, 泊つた酒はよく, 泊つた鈴木のお客, 泊つた間には顔, 泊つた騎士のうち, 泊つた鳥取の宿, 泊つてかまはないです, 泊つてこれが日本, 泊つてちよつぴり, 泊つてどこで飯, 泊つてゆつくり休養, 泊つてようと迷惑, 泊つてわたしは上野駅, 泊つてわたしたちは東京, 泊つてダブルベツトでさびしい, 泊つてツてもい, 泊つてランプで御飯, 泊つて一夜三十円払ふよりは, 泊つて一杯飲むだけは, 泊つて上方と江戸, 泊つて下はれませぬ, 泊つて下宿へ帰る, 泊つて了はう, 泊つて二三日讀書でもし, 泊つて今度は伊庭, 泊つて今朝ぼんやり歸つて行つたらう, 泊つて今朝歸つたと言, 泊つて今朝歸つて參りました, 泊つて伊賀と近江, 泊つて何んにも知らず, 泊つて何處へ出る, 泊つて作つた歌の一つ, 泊つて俺は此處, 泊つて其様子を隙, 泊つて前年日本の貴賓, 泊つて十一圓であつ, 泊つて十六日の午後, 泊つて參りましたが, 泊つて吉林を見物, 泊つて夜中にふと, 泊つて夜半まで賑やか, 泊つて存分に飮ん, 泊つて宵から翌, 泊つて家へは帰らぬ, 泊つて宿の長者熊野, 泊つて宿賃が払えん, 泊つて小僧達の樣子, 泊つて居ちや危ないから, 泊つて山県公や西園寺侯, 泊つて帰つて行つた富岡は何処, 泊つて旅の時, 泊つて旅館を褒め, 泊つて明けがた目をさまし, 泊つて明日エスパーニュの弟, 泊つて明日巴里へ帰る, 泊つて明日晝前には歸, 泊つて明日朝早く歸, 泊つて朝はお, 泊つて朝学校へゆく, 泊つて朝歸られるん, 泊つて来やうイヤだつたら直ぐ, 泊つて柄にもなく, 泊つて様子を見, 泊つて樣子を見, 泊つて歸つて行つた, 泊つて歸らうと, 泊つて流石に懲り, 泊つて海の音, 泊つて火曜日の朝帰つて, 泊つて留守だつたので, 泊つて留守番をしない, 泊つて疎開の相談, 泊つて療すの, 泊つて白らぱつくれて帰つて来ること位, 泊つて笹野の旦那, 泊つて自分の家, 泊つて舟旅の疲れ, 泊つて船待をし, 泊つて行つた時手に取, 泊つて行つて貰ひ度, 泊つて親切なあた, 泊つて貰つて淋しさ, 泊つて酒が飲めない, 泊つて金が足らない, 泊つて鞘橋の上, 泊つて食い殘しが, 泊つるや小舟船越, 泊つる宵の春, 泊つる対馬の浅茅山時雨, 泊てどいつもこいつ, 泊てにけり我船泊, 泊てぬと聞え来, 泊であるが三ヶ所, 泊でしてええ, 泊でしたこの夏山岳会, 泊ですね, 泊ではございませんか, 泊とに心酔し, 泊とをお願いしたい, 泊どこかへ連れ, 泊なされて明日能, 泊など沿岸の, 泊などにおいてこれを, 泊ならここで, 泊にて八百文の, 泊にでも行ったよう, 泊には長閑翁と, 泊にも行きまた, 泊ぶりもまた, 泊へでも引摺込ん, 泊ほどして, 泊また城間また, 泊まだ日の, 泊まつてるホテルは, 泊むる仕組にて此処, 泊らっしゃった水戸屋がの, 泊りよ若し何だ, 泊れないだろうといった, 泊れるだらうに, 泊シテ翌日午前中ニ戻ッテ, 泊ソレから大阪, 泊たこと, 泊ッテイルウチハ立タレズイロイロト支度ヲシタラ, 泊ッテ居タ昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテソノ月ノ二十五日ニ, 泊メタソレカラ真言ノコトヲイロイロ教エテ先ズ稲荷ヲ拝メトテソノ法, 泊御前足ニ国, 泊リニナルカラ寝床ノ仕度ヲシテ置イテオクレ, 泊リ二十日ノ水曜ニ帰ルト云ッテイル, 泊リ壁ヲ隔テテコレヲ聞ケバ, 泊一円五十銭随分と, 泊一圓の木綿蒲團, 泊一週間の旅, 泊七十錢の北向き, 泊三十銭で私, 泊三百円もだして, 泊三食四十五銭いただくこと, 泊三食金四十銭でありますけれど, 泊下さいましょうで, 泊中津川昼食で十一月, 泊丹波屋の場, 泊九十六文昼飯四十八文というの, 泊二十円は大体, 泊二圓の四疊半, 泊二日路であるが, 泊二食で一円, 泊五円としてもうそろそろ, 泊五十銭ほどの三良坂, 泊の多き, 泊以上の滯在, 泊以東は全く, 泊八円もとる, 泊八幡白子の在所在所, 泊処鎌田屋といふの, 泊十七日目だかに, 泊十五銭風呂も有り, 泊十円の部屋, 泊したの, 泊各地を遍歴, 泊名古屋に引き返し, 泊四十銭では, 泊場所剣沢の岩屋, 泊壱円よりと白々しく, 泊天草洋の詩碑, 泊夫藍お前は笑つて, 泊夫藍色の浪, 泊客八人合計十五人で其外, 泊宿りの修学旅行, 泊宿吉田屋と軒行燈, 泊寒山寺の鐘啻, 泊山陽と邂逅致申候, 泊の奇岩, 泊が見え, 泊巴里に着, 泊帆舟小や, 泊常願寺川に添っ, 泊年内旅籠の不足銭, 泊干の, 泊中道を, 泊懸で馬糧の, 泊をし, 泊旅館に泊った, 泊昨日その美人, 泊朱柳橋はよほど, 泊の藤兵衛, 泊楓橋と題し, 泊は雲, 泊の日, 泊民名は逸, 泊潟西蒲原郡の鎧潟, 泊瀬天皇ぐらゐ純粋な感情, 泊瀬寺に近い, 泊瀬山に火葬, 泊瀬山今の初瀬町あたり一帯, 泊瀬河よるべき磯, 泊瀬河夕渡り来て, 泊瀬溪谷の入口, 泊瀬風佐保風伊香保風等の例, 泊也, 泊の音, 泊用事の都合, 泊はユヱ, 泊にはぜいたく, 泊という下, 泊翁全集や母上, 泊翌日遠藤と大阪, 泊翌朝は自動車, 泊翌朝早くの船, 泊で相撲, 泊致したでござろうな, 泊の地, 泊舟天草洋といふ詩, 泊の帆, 泊芙藍湯の, 泊芙藍色の, 泊藤岡に帰る, 泊行くさきざきの, 泊不知五智高田長野碓氷峠を, 泊貳圓で中等, 泊の小使, 泊込まれて気, 泊込んでおりました, 泊込んだ滿谷君等の, 泊遊ばしては如何, 泊遊ばしますように, 泊遊ばせな, 泊淵の, 泊遠く見れども, 泊銭米代煙草銭キス代は頂戴, 泊長い時には, 泊雲居を訪, 泊頼むと快く, 泊願いたいと云う, 泊願いとうございますがえー, 泊に着いた, 泊鳴門のあたり