青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「沿う~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

河原~ 河岸~ 河童~ ~油 油~ ~油断 油断~ 治~ 沼~ ~沿う
沿う~
泉~ 泊~ ~泊っ 泊っ~ 泊り~ ~法 法~ ~法則 法則~ 法師~

「沿う~」 1096, 12ppm, 9236位

▼ 沿う~ (1013, 92.4%)

9 歩いて, 走って 8 走る 6 下って, 南へ, 東に, 行くと, 降って 5 東南に, 流れて, 進んで 4 いる, 歩き出した, 登って, 走った, 走つて

3 [15件] いた, ゆくの, 下ると, 並んで, 何処までも, 北へ, 山の, 東の, 東北に, 歩いた, 石を, 行った, 西に, 進んだ, 電車が

2 [52件] いるの, その赤い, たくさんの, のぼって, ぶら, 一町ばかりも, 一軒の, 下りて, 下野の, 二三間の, 二十余町の, 二里ばかり, 五六里も, 今の, 出て, 北に, 南に, 南下し, 危い, 地中の, 堤の, 妙見寺の, 家が, 左に, 廓者の, 建てられて, 急いで, 指数曲線か, 曲った, 曲って, 東へ, 東沢に, 次第にその, 歩きながら, 湖の, 登る路, 直接に, 荒むしろを, 行くこと二里, 行くの, 行けば, 西の, 西北の, 規定, 走るの, 車を, 通じて, 進むの, 運行する, 雨を, 青山一丁目の, 高遠に

1 [773件 抜粋] あっちこっちに, あるき出した, ある山の上, あッた, いくらでも, いたから, いたが, いった, いったん西, いつも父, いて, いるかも, いるけれども, いること, いる地方, いる暗がり, いる腰, いる連中, いろんな外国種の, うねりただ, おりそして, おりた, おりました, おりますが, おり技術, かなりな, かなりの, かなり広い, くだること, ここから, こっちへ, さきざきに, さまよった, しきりと, しっくりと, しとやかに, しばらく流れた, しばらく行く, すこし遠く, そうして遠見, その北, その特殊, その艪, その西, ただ一叢二叢僅か, だんだん登っ, ついて, どう進ん, なお深く, なの, なるべく多数, はいずって, はいるその, ぱっと異様, ひびわれるの, ぴしゃりぴしゃりと, ほぼ同じ, ほんの僅か, ますます湿っぽく, また一つ小屋, まわり出した, みぞれ, めぐり来って, もと舁揚, ゆく耳, ゆく鼠色, ゆるやかな, よろよろと, わしの, ゐた, ゐながら, ゐるの, アルプス山を, ウインに, グラウンドの, ジャーナリズムの, チラホラ見える, ノロノロノロノロ歩い, ヘッド, ヴェスヴィオの, 一つ二つ見え, 一と, 一ツ橋へ, 一二丁右の, 一列の, 一列二列の, 一心不乱に, 一方から, 一町も, 一里ばかり, 一里半も, 万福寺の, 丈なす, 三里ばかり, 三里半行く, 上って, 上つ, 上の, 上りたまいしなら, 上りました, 上ること, 上ると, 上下し, 上昇し, 下つて, 下つて行, 下りそれ, 下りやがて, 下り始める, 下り御牧, 下り此辺, 下る, 下ること二里, 下るよう, 下る事, 下る時, 下る枯葦, 下向きに, 下流へ, 丘を, 両側へ, 並べた長櫃, 中之条に, 中之條に, 中心火の, 二つに, 二三丁南へ, 二三十軒の, 二三歩ずつ, 二三歩づつ左右に, 二三軒の, 二十町ばかり, 二日か, 二條の, 二町くらい, 二町ばかりの, 二町余り行きます, 云えば, 五マイルほど, 五六町入り込んだ, 五所川原といふ, 交番小屋の, 付いて, 仙人谷に, 仮陣屋, 仰がる, 低く生え, 住み魚類, 信州へ, 俥を, 偉大な, 側面から, 働くの, 六里殆ん, 其方へ, 冷水を, 凡そ三丁ばかり, 出立し, 分類し, 前か, 動いて, 動くよう, 動く電子, 勝手に, 北し, 北の方へと, 北上する, 十丁ばかり, 十二丁ほど, 十六カペイキの, 十町も, 十町余り下っ, 十間か, 十間程, 半周し, 南し, 南の, 南北に, 印度や, 又階級的利害, 反響する, 古くから, 古ぼけた一軒茶屋, 右折し, 吉原の, 咲き残つて, 器底の, 四五寸の, 四方に, 四方八方に, 四里余り参っ, 土堤の, 垂らして, 堆積し, 墓地の, 売貸, 外套の, 夢殿に, 大いなる石塀, 大名屋敷の, 大日向山太陽寺に, 大横川の, 大白沢山へ, 奈良へ, 奥へ, 始めは, 子供沢山で, 室内を, 小さい溝, 小さい田川, 小さな川, 小さな白帆, 小径を, 小溝, 小走りに, 少しばかり, 少し移動, 尾根の, 居る奥羽本線, 展開され, 展開し, 山吹が, 山路を, 岡の, 岸を, 峡間を, 峽間を, 川を, 川上の, 川床が, 左へ, 左を, 左右の, 左寄りの, 帯状を, 帰って, 平な, 平地に, 幾つと, 幾メートルの, 広い道, 庭に, 建てられた幾棟, 建て並べた土蔵, 強い潮, 彼の, 彼方に, 往きかけたが, 往きつ戻りつここら, 往きつ来, 往還が, 徐々東南下し, 必ず一応は, 急き込んだ足取り, 急峻な, 性格づけられる, 意地悪く, 我等の, 折り曲がった細い, 折れて, 据えられ石仏四体, 撫で移って, 攀ぢ登る, 散在し, 数分の, 数知れず建っ, 敵を, 新墾地, 新築中の, 旅人相手の, 昨日の, 暫く登っ, 曲つた, 曲つて天神橋詰を, 曲り曲り歩, 曲ると, 最奥の, 木曾福島上松須原野尻および, 木立の, 本土が, 材木の, 来た小川, 東から, 東と, 東京駅東口の, 東南へと, 東南を, 東西に, 林の, 枝の, 枝を, 根ぎわの, 桑畠が, 梅の, 梓山村に, 棚を, 森林鉄道の, 植えこみの, 横って, 横は, 横田といふ, 横路へ, 橋和屋という, 次第に発見, 歩かなければ, 歩き出すと, 歩くこと, 歩みつつ, 歩み出した以上, 歩道を, 歴史が, 氣賀町まで, 水と, 水の, 水を, 池の, 汽車は, 沙河の, 河づたいに新しい, 河の, 河原を, 沼原大穴の, 泥濘の, 泥砂を, 活用し, 流しから, 流れおりて, 流れざるを, 流れたり, 流れる, 流れる最上川, 流れる輪廓, 流れ下るありさま, 海路その, 淋しく佇ん, 湯元へ, 湯檜曾方面からは, 溯つた, 溯り終に, 溯ること四五丁余, 溯ると, 溯るの, 漂いついた二派, 漕いで, 漲りあふれる金色, 点々と, 熊笹の, 燕関の, 燭台に, 犬について, 犬の, 猶奥深く, 猿橋まで, 現象を, 理解し, 生えて, 生長する, 田島に, 甲州の, 町を, 疾走しはじめた, 発現し, 登りました, 登ること一里半, 登るので, 登る小道, 登降する, 白山小, 百數十村を, 盆地を, 眼を, 石礫だらけの, 社会生活の, 秩父盆地に, 積み上げて, 立ち続いて, 立って, 章魚の, 競技に, 笛吹川を, 筋を, 素早く歩きだした, 紫苑の, 細い筋, 細長い, 細長い秋草, 細長く横たわっ, 統治し, 続いて, 緩かに, 縦に, 縦断し, 考察されなけれ, 腰硝子の, 自然と, 航行する, 花模様を, 若葉の, 茂って, 落葉松などの, 著いて, 蒼暗き, 藁屋根が, 虫の, 蜆谷に, 蟋蟀橋へ, 行きつ戻りつする, 行きぬ, 行き掛川, 行く, 行くこと一, 行くこと五里, 行くらしい, 行く時, 行く生, 行つた, 行つてそこらに, 街路樹の, 街道に, 西ノ沢との, 西北へ, 見え隠れに, 見れば, 設けられて, 警視庁の, 赤石沢の, 走らせて, 走りイムメンヂンゲン駅, 走り右, 走るその, 走るよう, 走る内, 走る川, 走る時, 走る間オオビュルナン, 起るので, 起るもの, 越える山路, 越中に, 足を, 足代が, 蹲踞れ, 軽々と気まぐれ, 辺鄙の, 辿った, 迂回し, 述べて, 逃げた, 造られた土手, 造られた街衢, 造り附けて, 連つて居る, 進み二時間半, 進むこと, 進んだ後, 進出する, 道が, 道を, 遡ったこと, 遡り奈良沢, 遡り急流, 遡り猫又谷, 遡ること, 遡る際, 遡上, 部分的に, 都心を, 野麦街道から, 鉄の, 鉄道附属地に, 鎖の, 長々と, 長く延びた, 長く裾, 門内に, 間道を, 降りまして, 降ること六里, 陰を, 険しい間道, 階段を, 雑誌の, 電柱が, 霊峰白山に, 露に, 露重げに, 静に, 頭の, 飛行する, 馬の, 馳つた, 駛って, 高い重ね箪笥, 高く低く立ち連なっ, 高峰の, 鬼怒川本流の, 鳳來山の, 鵲橋と, 鹿児島の, 麓まで

▼ 沿うては~ (10, 0.9%)

2 ひろ, 五十に, 田圃を 1 不可能だ, 白樺の, 間を, 隴畝と

▼ 沿うこと~ (2, 0.2%)

1 が出来ない, さえ笑い

▼ 沿うても~ (2, 0.2%)

1 一路京都まで, 小さな土手

▼ 沿うという~ (2, 0.2%)

1 もので, ものです

▼ 沿うよう~ (2, 0.2%)

1 になっ, に静か

▼ 沿う一線~ (2, 0.2%)

1 と八幡通り, に主力

▼ 沿う~ (2, 0.2%)

1 邑であった, 馬田の

▼ 沿う民家~ (2, 0.2%)

1 には火, の一つひとつ

▼ 沿う~ (2, 0.2%)

1 にもさすが, はひっそり

▼1* [57件]

沿うすべての都会, 沿うたかいづの, 沿うたり稲田の, 沿うてしか起こり得ないという, 沿うての物理的性質の, 沿うでもない, 沿う同時に社員, 沿うところにそんな, 沿うにはすでに十分, 沿うを本来, 沿うものが稍, 沿うわけじゃない, 沿うオテル・アングレテエルの自動車庫, 沿うフランスカナダ人の家屋, 沿うヴァッドスナ町に彼女, 沿う一村落だが, 沿う一聯の陣地線, 沿う三尺幅の植込み, 沿うやら谷, 沿うに足場, 沿う作戦上の献言, 沿う北野一帯はこの, 沿う可能性がます, 沿う地方には水田, 沿う外囲の溝, 沿う少しばかりの空地, 沿う左胸部の肋骨, 沿う広い家で, 沿う彎曲した小路, 沿う戸倉の村, 沿う所以でもあり, 沿う抑えあるのみ, 沿う散歩道は上流, 沿う断崖の道, 沿う新興共和国の大統領護身兵, 沿う新道は崖, 沿う日かげの妾宅, 沿う条件の一つ, 沿う気流がある, 沿う水分川に水音, 沿う海岸や瀬戸内海, 沿うで発見, 沿う無数の地域, 沿う熊笹葺きの, 沿う社会革命が急速, 沿う縁側の椅子, 沿う脇本の辺, 沿う自分にします, 沿うは滑, 沿う街道の一宿駅, 沿う部落また, 沿うの途中, 沿う近江路の野洲, 沿うをそれら, 沿う道ばたの小社, 沿う露地を縫っ, 沿う高原を視察