青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「沼~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~河 河~ 河原~ 河岸~ 河童~ ~油 油~ ~油断 油断~ 治~
沼~
~沿う 沿う~ 泉~ 泊~ ~泊っ 泊っ~ 泊り~ ~法 法~ ~法則

「沼~」 2012, 22ppm, 5297位

▼ 沼~ (823, 40.9%)

33 ような 32 中に 25 ほとりに 17 ように, 中へ 16 ほとりの 14 底へ, 方へ 13 水の 11 岸に 10 ほとりを 9 ふちに, ほとりで, やうに, 岸を, 底に 8 中の, 水に, 水は 7 上に, 水を, 水面に 6 へりに, ほとりへ, 中を, 底の, 面を 5 岸の, 面に 4 おもて, さなかに, そばに, ふちへ, ふちを, やうな, 上を, 周囲の, 底から, 水も

3 [11件] ところへ, ほとりから, まはり, 中から, 広み, 真中へ, 観で, 面の, 面は, 魚は, 鮒釣り

2 [53件] あたりの, しづかな, そばで, なかを, へりの, ほとりまで, まわりを, まんなかに, 中だ, 中でもや, 中には, 中央に, 主かも, 主でも, 主と, 主を, 主山椒, 別, 原を, 名に, 女の, 岸です, 底で, 底を, 廣み, 方から, 方に, 方を, 枯蘆が, 様な, 氣に, 水が, 水底を, 水源と, 水面は, 水面を, 池, 沈澱を, 源とも, 畔から, 畔に, 畔には, 真名井は, 端で, 縁へ, 縁を, 繁狂人の, 間を, 隈回の, 静かな, 面が, 面絶え, 鯉鮒の

1 [312件] あかりが, あたりが, あたりで, あたりまで, あなたに, あな息衝かし見ず, あやめは, ある, あること, あるその, あるよう, あるイノカシラ, ある原, いかに, いやらしい濁つた, いや若, うちに, おいかわ, かなた, かみへ, くろに, けわしい崖縁, こちごち, ことを, ごときその, ごとき水, さびた水, したば, ずっと遠く, そこに, ところで, ところに, ところまで, なかから, なかの, なかへ, ながめが, ぬくみ, ぬし, はるか向うに, ひどい毒気, ふちから, ふちで, ふちの, ふちは, へりを, ほうへ, ほうへと, ほうを, ほとり, ほとりのぶなにも, ほとりばかり, ほとりや, ほとりよりは, ほとり大川縁, ほぼ中央, まわりは, まんじゅう屋の, まんなか, まん中で, まん中に, みえる谷一つ手前, むこうへ, むこう岸, ようで, ようであった, わきの, ステーションを, ハナショウブを, 三町四方へ, 上から, 上なだら, 上には, 中からは, 中で, 中とは, 中なる, 中にも, 中の島へ, 中ばに, 中へは, 中より, 中央から, 中央は, 中央国界なり, 中心に, 中心へ, 主が, 主さんだ, 主で, 主であり, 主といふ, 主なんでも, 主に, 主には, 主も, 主や, 乾いたの, 事や, 信行寺へ, 側の, 側を, 傍で, 傍の, 傍へ, 傍らで, 傍らに, 光りに, 全表面, 全面は, 全面を, 冷たい水, 凪みたいな, 切れ目よ, 別多, 前に, 匂いが, 北岸で, 北端三方水に, 半に, 半分を, 南岸の, 南辺に, 原で, 原という, 原に, 原は, 名が, 名は, 向うが, 向うに, 向う側には, 周囲に, 周囲や, 命は, 命またの名は, 命次に, 咒ひ, 四手場の, 城まで, 多い木, 大藺草よそ, 奥で, 女, 女神の, 如き鈍き, 如く歩むべからず, 如し, 姫様見る, 対岸一つ二つ三つの, 小島の, 小径から, 小径に, 岸から, 岸づたいに歩い, 岸と, 岸にも, 岸べを, 岸寄りには, 岸辺の, 岸邊に, 島の, 干かたまったを, 干たよう, 干た蘆, 平とも, 平地の, 広々と, 底だ, 底なぞと, 底は, 彼方に, 彼方の, 怪事を, 怪狸に, 情, 愛らしい魚達, 拡大した, 換え乾し, 方が, 方の, 方へと, 方角で, 方角へ, 星, 景色か, 暁風野辺地の, 暗いこと, 暗夜を, 最高峰と, 東からも, 東南岸に, 水あかりだ, 水で, 水では, 水には, 水中の, 水底で, 水底の, 水死人みたいに, 水氣これを, 水澁に, 水照り, 水蒸す, 水量は, 水銹の, 水際を, 水面いっぱいに, 水面が, 水面で, 水面の, 水面へ, 水面下に, 水鳥の, 氷が, 氷切りに, 汀だった, 汀の, 沖田お, 波が, 泥に, 泥を, 泥土へ, 泥水の, 泥深いところ, 洲へ, 海, 海と, 淀みから, 深く濃かな, 深みから, 深みへ, 湯は, 滸で, 片隅から, 片隅に, 牧場に, 狐火, 田べりはわ, 畔で, 畔にも, 畔の, 畔まで, 畔や, 畔り, 番の, 番人に, 番人同然寐酒にも, 痕跡は, 白骨も, 目なし, 眞上に, 眞中に, 眞菰の, 真上に, 真中あたりへ, 真中に, 真昼時夢とも, 眺めは, 睡蓮を, 端に, 端へ, 精が, 精童話の, 総称と, 縁で, 縁でも, 縁に, 縁は, 縁まで, 美しさ, 腫物の, 色の, 色は, 花が, 草むらから, 葭を, 藻も, 蘆の, 蘆原の, 蛙ども黙らない, 表は, 表を, 表面には, 西に, 西側は, 西北ナデックボから, 調に, 近所に, 遥か向うに, 選択に, 邊で, 邊に, 閃輝を, 開鑿に, 間に, 陰気な, 隅の, 隈囘の, 集ったの, 霧は, 面から, 面と, 面には, 面積は, 音に, 魚が, 鮒, 鯉鮒は, 鰌を, 鳥の, 黒坊主の

▼ 沼~ (172, 8.5%)

5 なって 3 沿うて, 身を

2 [15件] あそぶ鴨鳥, ひとりなる, 同家で, 咲くなまじ, 密集した, 棲んで, 沈んで, 突き出た岬, 端なく, 網うつ名や, 落して, 落ちて, 葭葦の, 行きて, 風が

1 [131件] あるもの, ある鴈, いたのね, いたるあいだ, いや, いる鴨, おちたよう, おりて, かえるが, かかった板橋, さしかかった, さまよわしめるの, すむ魔物, ついた時, なった, なったところ, なった悪, ならなければ, なり, なり炎天, なるまでの, なる淵, はまりこむほか, はまるのに, ひきずりこまれるよう, ふりそそぎ濁の, ゆき, よせくる小波, よどむやう, イヤな, 一つ一つ落ち, 会ったの, 似た泥, 住むくらいの, 住んで, 兄は, 光の, 入って, 入りそれから, 入ると, 入る者, 化けも, 同じよう, 向って, 向つて, 向つて草, 四季共魚を, 埋められあがいても, 大高浪押し, 対って, 居た頃, 川に, 幾らも, 張りつめた氷, 影を, 投げ棄てて, 投げ込むと, 投げ込んで, 映つた月, 来たか, 東山道の, 栽うる, 栽ゑ, 棄てられし王女, 毎夜毎夜五つ六つの, 沈んだ, 沈着し, 沿ふ, 注ぎこんで, 注ぐ河, 流入し, 浮いた鏡, 浮いて, 浮かぶあわ, 浮かんだ睡蓮, 浮かんで, 浮かんでる死体, 浮きあがった水泡, 浮びこ, 浮ぶべし, 浮んだ睡蓮, 浮遊生物の, 浸って, 淋しき蛙, 添ふ, 溺れて, 漁つて老爺が, 潜った, 爪立ちして, 生えるもの, 生ひ, 画の, 発した堂々たる, 発すと, 白く波立った, 眼を, 石を, 突入する, 続いて, 続いてを, 網を, 臨みて, 臨める高, 臨んだ柳, 船を, 落ちた処, 蛟が, 行かうとして, 行き教え, 行くと, 行っちまった, 赤い夕日, 足を, 蹴落とした, 辷りこんで, 辷り込みその, 辷り込んで, 遊びました, 釣りを, 降り込む雨, 限って, 陥って, 陥つた事, 陥り絶望, 面した斜面, 面する堤防缺潰箇所, 響いた, 颯と萌黄, 馬沈まんず, 鯰を, 鴨ぞ

▼ 沼博士~ (112, 5.6%)

10 の寝室 8 の死 4 と笠神博士, の事, の変死事件 3 の所, を自宅 2 の変死, はどうして, は外科

1 [70件] がガス中毒, が一旦, が何故, が好き, が家, が寝室, が引, が必ずしも, が惨敗者, が拒絶, が暗黙, が死なれまし, が死んだ, が独身生活, が眼, が自動拳銃, が自宅, が起き上っ, が閉された, そうそうそんな, です, とが恋, との処女時代, との奇しき, とは正反対, とは親しい, と君, にとっては専門違い, に眩惑, に近づきませんでした, に送った, に送られた, に頼んだであろう, の不慮, の存在, の家, の憎むべき, の扉, の死以来, の死因, の死後半月, の脱いだ, の葬式, の血液型, は, はその後, はグデングデン, は今朝八時, は何, は元気, は十二時前後, は恐らく, は整形外科, は磊落, は私達, は笠神博士, は自分, は自殺, は若い, は表面上私達, は表面豪放, は酒, は陰険, は非常, も前, より一足先, を殺さなく, を殺す, を見た, を送っ

▼ 沼~ (98, 4.9%)

3 渡って, 見て 2 わたって, 背に, 見た, 見ると, 越えて, 隔てて

1 [80件] かきま, かこむ丘, こしらえたり, さがしまわっては, さながらの, したって, つくった, とおり試練, ながめること, のぞかうとでも, ぽーん, みつめて, みる背, めがけて, めぐつてゐるのは例の, めぐらした要害, めぐる崖下, わたる方法, 一まわりし, 一層物, 一層物寂びたものにしてゐるのであつた, 中央に, 作って, 作り山, 偶然に, 出て, 利用し, 前に, 叩くやう, 吹き越して, 囲んだ樹, 埋め丘, 埋め堀, 埋め治水, 差して, 廻って, 思い出した底, 感じて, 成すと, 抱いて, 拾う鷺, 持つて, 探って, 掻乾し, 揺り起しました, 枯葦の, 歌に, 正覚坊沼と, 渡った, 渡つたり, 渡つてから, 渡りものすごく, 渡り山, 渡るよう, 渡る魂, 渡れるだろう, 目がけて, 目掛けて, 知って, 考えて, 舟に, 裏返して, 見つけた時, 見るの, 見るやう, 見下して, 見渡した, 見附近, 視凝め, 覗いて, 覗く時, 訪れないという, 越えた, 逃げるよう, 逃げ渡られた, 通りがかりに, 通る時, 造ったという, 離れて, 魔の

▼ 沼~ (95, 4.7%)

12 あって 8 あった 7 ある 5 あつた 3 ありそこ 2 ありその, それを, 目の, 見えた

1 [52件] あったん, あっての, あつたり, ありまして, あります, あり其の, あり沼, あり農家, あるから, あるなら暗い, あるの, あるよう, あるん, ある之, あれば, いくつとも, いくらも, この平ら, この池, ございます, すべったの, たくさんに, つきて, ところどころ闇, ふかいので, ふと浮かん, わたしを, 一夜の, 一面に, 世界ぢゆうに, 並んで, 乾くわ, 伸びたり, 何だか不, 何とか沼, 光つてゐた, 出来て, 呼吸を, 始って, 急に, 木や, 未だそのまま無気味, 清造に, 溢れたん, 現出した, 田に, 盤根錯綜たる, 荒地の, 葦だの, 見えて, 見える, 鬼怒川と

▼ 沼~ (63, 3.1%)

3 身を 2 帰って, 落ちたの, 鴨打ちに

1 [54件] いつて, さしかかった, さし出, とびこんで, やって来ました, やって来ますと, 下りて, 今の, 來て, 入った, 入れ, 写生にでも, 出かけて, 出ると, 出向くと, 出掛けて, 出掛けるほか, 向ったよう, 大きな網, 廻って, 引きつけられて, 待たつせえ, 投げ入れて, 投り込み, 捨てませうか, 掛けて, 放したそう, 放り込んで, 来た時, 歴然と映つ, 沈みでも, 牛の, 着水し, 糸を, 落ちこんだよう, 落ちた, 落ちたとか, 落ちたなら死体, 落ちて, 落込む, 行くこと, 行くぼつ, 行って, 足を, 踏みこもうという, 身投げに, 辷って, 遊びに, 釣りに, 陥ち込んで, 飛びこみさ, 飛び込むこと, 駆込まぬが, 魚を

▼ 沼~ (52, 2.6%)

2 わたしを, 彼らを, 汀の

1 [46件] あの, あの奥, おそらくひろ子, おだやかに, きれいに, この先, すべて絵だ, たとえ漠然と一湖, どこにも, なかなかの, なくただ, まさか地図, やはりもと, 一等綺麗だ, 不忍, 中禅寺湖より, 光の, 其時分から, 只一湖を, 可怪しい, 地図が, 城ヶ沼と, 城趾の, 崇厳な, 幽靈, 広くなっ, 強烈な, 我を, 我等が, 或る, 暗うございました, 暗らく, 東京近県の, 氷に, 涸れたり, 深山地である, 演説百姓よ, 田甫に, 白根の, 真中が, 絵に, 腰から, 話を, 遍照ひろし, 長さ一里, 陰気すぎる

▼ 沼~ (40, 2.0%)

2 山の根との, 言って, 言ふ

1 [34件] あり, あるの, いいます, いふ, この沼, そのふち, どこかで, なし川, なって, なりて, なり夏, なり河, なる, なる痕跡, なれり, わたる舟, セント・ジヨージ, 丘の, 云う, 云うほどでの, 云う池, 云ふ, 勿体つけるで, 密林で, 池と, 沼との, 沼に, 田圃の, 眺望の, 称して, 称するの, 菅沼とが, 青青と, 風

▼ 沼から~ (39, 1.9%)

2 上がって, 来る川, 流れて

1 [33件] かえった, とれるの, ぬけ出る手がかり, ひきずり出した山椒, 伸子を, 何で沸湯, 出たでしゅ, 出る沢, 十間程は, 大きな鮒, 小流から, 帰る時, 引き揚げること, 引返す途中, 彼等の, 持ち帰る青ミドロ, 捕った毒虫, 掬ひあげた, 来たもの, 来て, 来るという, 毒ある, 水の, 沼へとかよ, 発源する, 立つて, 細い溝, 蝮を, 迎に, 逃げ帰る途中, 這ひ上る, 這上りました, 遣って

▼ 沼~ (36, 1.8%)

3 川や 2 川の, 池や

1 [29件] です, なんかにも, 山の, 山田の, 岩が, 林や, 水溜りが, 水面に, 池が, 池には, 池は, 河原ばかり, 泉の, 流れが, 海に, 湖の, 溝や, 溪流を, 潟を, 狐塚の, 田ばかり, 窪地が, 細長堀へ, 自然なる, 芦原や, 荒地は, 野原の, 雨期に, 鰐の

▼ 沼~ (29, 1.4%)

5 たけの 4 たけは, たけへ, たけを 3 たけも 2 たけが, たけで 1 たけ, たけと, たけに, たけには, たけや

▼ 沼には~ (27, 1.3%)

2 おれの, 鯉鮒鰌ほか産しない

1 [23件] あしや, あわが, たいてい怪魚伝説, ぬなは, ひびが, まつて, もはや冬, カモが, 何も, 名前などは, 変った, 多くの, 大蛇が, 柵が, 氷も, 牛鬼が, 紅白の, 蘆の, 雲を, 靄が, 魚が, 魚の, 鷺百合の

▼ 沼~ (26, 1.3%)

1 [26件] しきられて, その底, その片側, それぞれ御, たくさんの, とれたもの, とれた小, やったこと, 一番の, 一身九頭の, 三好屋の, 六時頃出す, 取れる魚類, 姫鱒を, 寝ごこち, 寝とぼけた水鳥, 構内まで, 沼と, 漁れる, 獲れる魚, 老若男女が, 蛇を, 釣って, 釣つて見ない, 鮒などを, 鱒を

▼ 沼~ (18, 0.9%)

2 に赤い

1 [16件] にいつ, に添った, のさびしい, のしげみ, のところ, の一農家, の丘, の掘割沿い, の方, の柳, の砂地, の草原, の雑草, へやって来た, へ坂, を稍

▼ 沼~ (14, 0.7%)

1 [14件] からその, が三高, が落第, という生徒, とそれ, と同じ, と聴いた, の手, の方, はぞろぞろ, は点取虫, もしきりに, も学資, を中心

▼ 沼あり~ (11, 0.5%)

2 てその, て美しき, 名を 1 て大江, て貞任, 尾瀬沼と, 森あり, 沼尻と

▼ 沼~ (11, 0.5%)

1 [11件] あれば, いらない, とう, 亡びた, 何も, 地図に, 山々も, 湖も, 茨の, 見えなければ, 見える

▼ 沼~ (11, 0.5%)

9 上の 1 上の産文政十二年出生文久三年玉造町の, 上へ

▼ 沼~ (10, 0.5%)

1 ああ大, から安心, そうな, そう思った, ぞ, つたの, つて川だ, と思っ, などという解釈, のにどうして

▼ 沼という~ (9, 0.4%)

3 沼の 1 その青年, のが, のも, 意味だ, 沼が, 駅の

▼ 沼~ (8, 0.4%)

2 の底 1 がむらむら, に吸いこまれ, はさながら, までの遠, を踏み, を離れた

▼ 沼~ (7, 0.3%)

3 池の 1 びしょびしょした, 千年百年ものいはぬ, 朝子は, 湿地で

▼ 沼なる~ (7, 0.3%)

1 もの記入されある, 名の, 名は, 名を, 名称を, 旧名ありし, 舟師の

▼ 沼べり~ (7, 0.3%)

2 の家, の路 1 のな, の木, の葦

▼ 沼河耳~ (7, 0.3%)

7 の命

▼ 沼でも~ (6, 0.3%)

1 あると, このくらい, 人間同様に, 実に魚漁, 此位な, 海でも

▼ 沼とも~ (6, 0.3%)

1 いわず底, 思はる, 思わるる入り江, 池とも, 覺しき泥の, 読み得ざるに

▼ 沼みたい~ (6, 0.3%)

1 な六畳どろどろ, な奇怪, な牢, にしいんと, になっ, になりかかっ

▼ 沼~ (6, 0.3%)

1 に沈湎, に突き, の家, の藻草, の観, をすく

▼ 沼~ (6, 0.3%)

1 にうつる, のよう, の底, の深い, の温度, を湛えた

▼ 沼~ (5, 0.2%)

2 の宿 1 と云つた所, にかへらむとする也, に二階

▼ 沼~ (5, 0.2%)

1 にいつ, にツルガ博士親子, に聳ゆ, の榕樹, の海士

▼ 沼~ (5, 0.2%)

2 が自ら, の殻 1 が物語りました

▼ 沼です~ (4, 0.2%)

1 か, からこの, もの, よ

▼ 沼~ (4, 0.2%)

3 んです 1 ので

▼ 沼まで~ (4, 0.2%)

2 行って 1 一面の, 行く道

▼ 沼名木~ (4, 0.2%)

2 の入日, の郎女

▼ 沼河別~ (4, 0.2%)

3 の命 1 その父

▼ 沼だった~ (3, 0.1%)

1 ことなどを, な道理, ンだ

▼ 沼では~ (3, 0.1%)

1 ありませんもの, 同じ事, 水牛が

▼ 沼との~ (3, 0.1%)

1 形象が, 間には, 間の

▼ 沼へでも~ (3, 0.1%)

1 出かけるとい, 落ちた人, 遊びに

▼ 沼より~ (3, 0.1%)

1 この處, 二百六十七米も, 有名な

▼ 沼井君~ (3, 0.1%)

1 であろうと, の登った, の記文参照

▼ 沼博士邸~ (3, 0.1%)

1 にいた, へ行った, を出た

▼ 沼名倉太玉敷~ (3, 0.1%)

3 の命

▼ 沼向う~ (3, 0.1%)

1 の平野, の村, の町

▼ 沼河耳命~ (3, 0.1%)

1 がその, と申す, は中

▼ 沼羽田~ (3, 0.1%)

2 の入 1 の入日

▼ 沼かと~ (2, 0.1%)

1 思われた, 紛ふ

▼ 沼だの~ (2, 0.1%)

1 池などという, 葦の

▼ 沼であろう~ (2, 0.1%)

1 と無鉄砲, 此外には

▼ 沼とは~ (2, 0.1%)

2 反対の

▼ 沼などを~ (2, 0.1%)

2 枯し

▼ 沼なれ~ (2, 0.1%)

2

▼ 沼にも~ (2, 0.1%)

1 それこそ, 川にも

▼ 沼にや~ (2, 0.1%)

2 眼子菜の

▼ 沼のうな~ (2, 0.1%)

2 ゐ神

▼ 沼やら~ (2, 0.1%)

1 湖やら, 田やら

▼ 沼~ (2, 0.1%)

1 埋めたり, 涸れる

▼ 沼先生~ (2, 0.1%)

1 が大, の死因

▼ 沼出而用~ (2, 0.1%)

2 ゐ初

▼ 沼~ (2, 0.1%)

1 に泊まった, の者

▼ 沼帶別~ (2, 0.1%)

2 の命

▼ 沼底棲息人~ (2, 0.1%)

1 と学名, と明白

▼ 沼押比~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣に

▼ 沼~ (2, 0.1%)

1 が, の推讃

▼ 沼~ (2, 0.1%)

1 のいたる, の多い

▼ 沼河媛~ (2, 0.1%)

1 の唱和, の結婚形式

▼ 沼河比~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣の

▼ 沼沿い~ (2, 0.1%)

1 に路, の丘

▼ 沼狩り~ (2, 0.1%)

1 をする, を始めました

▼ 沼~ (2, 0.1%)

1 を指し下し, を賜

▼ 沼~ (2, 0.1%)

1 にすらり, 不殘村人足

▼ 沼~ (2, 0.1%)

2 であると

▼ 沼~ (2, 0.1%)

2

▼ 沼~ (2, 0.1%)

1 には茅萱, の葦

▼ 沼~ (2, 0.1%)

1 の水草, をわたっ

▼1* [124件]

あたりにとまっ, 沼あるは汝, 沼いつぱいの, 沼かも知れませんが, 沼からじゃありますまいけれど, 沼さえあれば, 沼さんの声, 沼さ行ぐ道はこれ, 沼じりの家, 沼それを越し, 沼皺む, 沼や気, 沼つづきですから先生, 沼つていつか虚子のかい, 沼づたいに相当の距離, 沼であるかのやう, 沼でしてナその, 沼といふのだ, 沼とか川とか, 沼とかいふ沼が, 沼とざす眞闇ゆ蟲の, 沼とに挾まれて, 沼とを押切ろうとして, 沼なぞにはどつさり, 沼など館林地方の, 沼などから立ちのぼる雰囲気, 沼などがあったり, 沼などに取り囲まれて, 沼などもツフと, 沼なりもしくは大きな, 沼なりかぐはしき夕まぐれ, 沼なんかで死ぬ奴, 沼にかけてかつては, 沼にて候, 沼にでも近いか, 沼になつてゐ, 沼に対して瞑目し, 沼のべに黄, 沼のみぎわに, 沼のみに止まらず其他, 沼はと見れば, 沼ばかりで住む人, 沼へと立返ること, 沼へとかよふ水路, 沼へは山柿が, 沼ほどの動揺も, 沼もみづうみもみんな剃り落して, 沼やを距てた丘, 沼なにか湧きあがる, 沼をめぐっているの, 沼をも其名で, 沼をわたつて, 沼フレジェトンテの流れ, 沼の魚, 沼二つ通は鳥, 沼兄弟ばかりがあと, 沼兄弟たちへいう, 沼全体を占め, 沼其物を沼尻, 沼と背後, 沼であった, 沼博士自身が破った, 沼であり沼, 沼名河の底, 沼もお, 沼へはいり, 沼を入れ, 沼塩地へ塩, 沼に臥し, 沼多々良沼など館林地方, 沼多かりきといふ, 沼太郎とかいうの, 沼のほ, 沼姿を消し, 沼岸辺の椿, 沼の東, 沼また沼, 沼勝利を, 沼忘れ水と, 沼っ堀, 沼数限りない溝流れ, 沼の寂蓼, 沼と申しまし, 沼橋森蔭をまで隈, 沼毛二俣の王一柱, 沼の惡, 沼水そのもののよう, 沼水缺けかたぶき, 沼の地, 沼河別命を東山道, 沼河日賣いまだ, 沼の塊, 沼泥中に陥る, 沼泥濘の中, 沼浮城もの語を聞く, 沼と云い, 沼ひの, 沼添いの共有土取場, 沼湖水小さな水溜り, 沼湖渓谷には美しい, 沼湖雪原と大, 沼だぞ, 沼爾宇恵古奈宜, 沼琴樹に拂, 沼のやう, 沼白い山全体が, 沼程も退屈極りない, 沼おろす八十水田村, 沼芝口の丸屋, 沼の繁茂, 沼の湿地, 沼蘋女等来る, 沼の声, 沼介と, 沼貝たちの, 沼越しに躑躅, 沼え荒地, 沼逢魔沼か, 沼遠くひろがる道路, 沼長船を通っ, 沼雄沼へ廻っ, 沼棚引く, 沼霧匡作だ, 沼面はるかに泳ぎ