青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「治~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

沢山~ ~河 河~ 河原~ 河岸~ 河童~ ~油 油~ ~油断 油断~
治~
沼~ ~沿う 沿う~ 泉~ 泊~ ~泊っ 泊っ~ 泊り~ ~法 法~

「治~」 2175, 23ppm, 4938位

▼ 治~ (181, 8.3%)

3 家の, 父親の, 顔を

2 [11件] ところへは, 上にも, 兄の, 姿を, 振興でも, 改良を, 方は, 母親は, 父親は, 胸にも, 話を

1 [150件] あとには, あの派手, ある商業市街, いいところ, いじって, おさんでは, おもかげ, きまりも, くるしみを, ことだ, すがた, ために, ところへ, ほうへ, ほうへと, ほうを, ほかには, まつわる様, まぼろし, むずかしさ, もとに, も聞く, やうな, やしき, ような, わずか二人, 一種しわがれた, 上では, 上を, 世なら, 世界は, 中に, 二隊には, 仕方も, 代でござる, 代を, 余光を, 傍に, 儲かるまで, 兄弟子で, 全貌を, 処へ, 功を, 効を, 口を, 古手拭, 可笑しさ, 君と, 善政に, 国には, 場合も, 声に, 声を, 多彩な, 女房に, 奴, 妹が, 妹の, 娘でございます, 家に, 家は, 家来であります, 寝顔が, 小屋で, 師匠の, 年よりは, 建国精神が, 弊竇は, 弟四郎治が, 強健な, 後ろの, 心中の, 性格の, 態度が, 手で, 手紙で, 手紙は, 手紙を, 才が, 才略に, 持って, 改良や, 政事海に, 文句を, 文学と, 文学について, 料理お, 方が, 方法も, 晩年は, 最も怖, 本質は, 根本は, 極は, 機運なる, 死に際し, 死に際して, 死田中英光の, 法門の, 法門を, 深憂大患を, 父親が, 父親や, 献策のみ, 生活全体で, 生涯と, 田圃に, 癖だった, 眉間を, 眼と共に, 神話は, 神話伊弉諾尊の, 福團治花柳芳兵衛に, 科白の, 策にも, 範囲外に, 署名も, 胸には, 脇へ, 自筆と, 至当なる, 芝居を, 落語を, 虚無に, 見当には, 言うこと, 言うよう, 言う事, 言葉が, 言葉は, 記録は, 証言, 証言に, 話と, 調子も, 贔屓と, 越後獅子でした, 身性を, 進歩を, 道場に, 酔っ払った写真, 里が, 鍬は, 随筆の, 難は, 面目躍如たる, 須佐之, 頬片を, 顔じゅう睨みまわした, 高座高座に

▼ 治~ (155, 7.1%)

2 [13件] うなずいて, こうたずねた, こう言っ, 今の, 兄に, 兄の, 出て, 晩酌の, 榮三郎の, 清三の, 笑った, 言った, 話した

1 [129件] ある時, いく度も, いつの, いつもそう言った, いよいよ断末魔, おしまいに, おほだ, お互に, お吉, がっかりし, この議, これは, これまで, さうし, して, すぐすり寄っ, そのまま, そのキリ, その当時十九歳, その笑顔, そろり, たえずやって来る, ただの, ついて, とだえがち, どうせそんな, どう言, ひっくり, ひどくおじた, また盲, また石川, まだまだ冬, まだ歳, むしろ消極的, われわれの, ゑりえんと共に, ヒヨツコリと, ビールを, ホッと, ホツと, ムツクリと, 一寸偉く, 一寸笑顔, 一本一本床の間の, 一歩を, 一間から, 上手で, 下りて, 二人を, 二階へ, 井伏鱒二は, 今に, 今松, 伯鶴の, 低い声, 元氣, 其を, 初代二代ともに, 別として, 卑屈に, 又市, 同姓塚原土佐守という, 呆れて, 塵払を, 声を, 大業に, 大變, 奥から, 好男子では, 居間の, 山三郎の, 岡島部落の, 岡村の, 巧くやった, 平常の, 微笑んで, 必ず大, 思い出したという, 思はず形, 思わず枕, 懐中から, 故春団治, 新劇壇, 日吉の, 早速ビツコ足, 是を, 時々別荘, 有名に, 東京に, 此の程お, 歯磨缶の, 泣いた, 浮世丸の, 清三と, 源平盛衰記など, 現代の, 町の, 目で, 相州浦賀へ, 突然, 突然こうたずねた, 立廻りながら, 競馬に, 笑いだした, 簡単である, 納戸へ, 考えて, 肩で, 芸術賞を, 落語を, 襄陽, 襷を, 見かねて, 見た, 親げな, 言って, 言葉を, 訊ねた, 躊躇し, 身が, 途方に, 部屋, 酒を, 金沢の, 青く窶れきった, 顔を, 飛来って, 養子を, 高座から

▼ 治~ (106, 4.9%)

2 の奴め, はそれ, は帳場

1 [100件] か, がいなくなった, がふと, がゆうべ, が下, が佐野, が供, が勘当, が寂し, が小, が帰参, が心配, が憎かっ, が憎く, だけであった, だけを宿, であった, とほか, にいくら注意, にもう, にもたやすく, にもよく, にも判らなかった, に宣告, に渡した, に離れ, に離れた, のお蔭, のこと, の一料簡, の名代部屋, の味方, の噂, の忠義, の方, の相方, の襟髪, の馬鹿野郎, はあした, はあわて, はいい, はきれい, はこころよく, はじっと, はそっと, はときどき, はなんにも, はにっこり, はひそか, はもう, はもと, はゆうべ, は佐野屋, は先, は別に, は半分, は呆れ, は喧嘩, は寝返り, は思っ, は思った, は急, は悲し, は投げ出す, は旅, は正直, は決して, は渋々, は無理, は煙り, は素直, は肉, は自分, は詰まらない, は這う, は黙っ, ばかりでなく, もあきらめ, もあきらめた, もいつの間にか, もさすが, もその, もちっとも, もとうとう, もなにぶん, も一緒, も同じく, も呆れ, も困り切っ, も知らなかった, も考えた, も諦め, も途方, も降りた, も驚かされた, や佐野屋, をなだめた, を叱り付け, を呼ぶ, を連れ

▼ 治~ (83, 3.8%)

7 寿永の 5 四年の 3 の春, 元年に 2 三年に, 五年の, 四年に, 四年より

1 [57件] から正治, のこの, の世にも, の乱, の大戦, の寂滅, の年号, の昔, の昔文覚上人, の頃平康頼, の飢饉, より養和, 三年中は, 三年五月の, 三年五月熊野參籠の, 三年八月三日を以て, 三年六月廿二日条に, 二年に, 二年には, 二年九月二十三日の, 二年俊成六十五歳の, 二年十七歳の, 五年閏二月四日清盛は, 以来の, 元年, 元年あたりは, 元年にも, 元年の, 元年七月の, 元年山門の, 四年という, 四年まで, 四年ヨリ文永, 四年七月九日尾瀬殿邸ヲ, 四年九月五日善光寺平の, 四年九月十九日の, 四年五月革命の, 四年以仁王よりの, 四年以仁王を, 四年八月に, 四年八月二日楢戸村御, 四年八月六日渡部長七唱の, 四年八月十七日, 四年八月十七日から, 四年六月三日宇治橋の, 四年十二月二十八日の, 四年十二月二十八日をもって, 四年十月, 四年十月の, 四年卯月廿九日の, 四年淨海が, 四年秋書, 四年長田入道が, 四年頼朝追, 姦相修斯宇, 寿永年間の, 養和と

▼ 治~ (80, 3.7%)

3 受けた, 受けて 2 して, 榛軒に, 請ふも

1 [68件] いろいろに, したって, しらずに, たずねた, つけねらつ, つける, ひやかしたら彼, ひらいて, やりました, 乞いに, 伊沢氏に, 入れて, 再び攪乱, 加へて, 動かして, 友人であるごとく, 名のりました, 喜び苦治, 外に, 始めとして, 左右され, 布かしむるより本来, 布きその, 布くこと, 帰して, 帰してから, 御存知か, 忘れずと, 忘れない文化魂, 忘れない精神, 思うの, 思ひ出す, 思ふ, 愛する所以, 挟んで, 整えて, 施した, 明らかに, 木枯に, 柏軒に, 楽むまた, 欲する者, 求むる太, 求め留宿一日, 洋方医に, 為すに, 爲し, 爲す, 現代に, 睨め付けて, 知り且井伏鱒二, 紊し, 聞きに, 行うこと, 行うた, 襲が, 討ちとった, 訪ねた, 訪ねて, 語らせて, 請うたもの, 請うた時, 請うもの, 請は, 請ふ, 附与した, 顧みました, 驚かした

▼ 治~ (68, 3.1%)

1 [68件] うかがって, かなりの, こう言った, こそこそ夜食, これへ, じゃんじゃん僕, すらり抜く, それと, そんなさばけた, どう言っ, ひょっくり高等師範, まいりまして, やって来た, やって来て, やはり寄席, ニヤリと, 一杯やっ, 万乗の, 三日ぐらい, 不実を, 何んと, 元気好く, 兄の, 入つて, 十八円, 及んで, 台処の, 君枝と, 土曜日の, 女主人に, 始まったので, 寄席へ, 密航者としての, 小舎に, 小舎には, 帰る時, 役変替, 待って, 思いきって, 手込に, 昨夜の, 歯磨きの, 残らず縄, 泣き虫に, 湯沸を, 犬を, 狩り山, 生きて, 申した訳, 略整理が, 盛んに, 眼を, 示して, 立腹し, 縁側から, 聞いて, 膳を, 見られるとか, 見舞いに, 言い出した, 言うと, 言った時, 調ったと, 負傷し, 遣って, 長い手紙, 長崎へ, 飲んで

▼ 治兵衛~ (67, 3.1%)

1 [67件] お糸親娘, から仕丁頭中, が, がその, がフト昨夜, が庭石, が涙, だから, だなあ, だろうが, ちょうど折, であると, と云, と小川与三左衛門, と心中, に, に三味線, に何故, に扮, に逢っ, の媼, の子孫, の小春, の愛する, の手, の方, の気, の言葉, の許, の饒舌, の麦, は, はいづれ, はこう, はこの, はどう, はのけ反らん, はまことに, はわめき, は五十, は今, は他人, は半, は大, は帰った, は忽ち, は急, は感動, は指しました, は新町辺, は洒落, は溜め息, は畳, は答えた, は維新, は縫箔屋, は観音堂, は重い, もそれ, をここ, を一, を先, を押える, を銀猫, 半七, 死んだと, 踊れりなんと

▼ 治する~ (66, 3.0%)

4 ことを 3 ことが, 呪術 2 ものと, 法, 法は

1 [50件] がごとき, ことあたわざる, ことあたわず, ことに, ことの, ことは, ことをさえ, こと妙なり, こと疑いなし, というの, といふ暗示, ときに, とて大食, とのマジナイ, との迷信, にこの, には男, に一心, に一点, に九相観不浄観, に大抵, に特効, に虚妄観, に雄, のである, のみかはまた, の効, は仁君, は信仰, は心部, ものあり, ものなる, ものの二法, やうな, を免れず, を得べき, マジナイについては, ヴィタミンである, 事が, 器では, 所では, 所以は, 方法について, 方法は, 病なら, 病院も, 立場に, 薬が, 薬また, 薬法の

▼ 治三郎~ (61, 2.8%)

3 はその 2 の言

1 [56件] が入れた, が四谷, でございますが, でした, と一緒, には何, にむかっ, にも見, に持ちかけた, に落度, のお, のところ, の心持, の方, の書いた, の涙聲, の父, の言葉, の頭, はあの, はいつしかうとうと, はおどろかされた, はともかく, はなお, はふと, はほっと, はやはり, はやや, はゐる, は三年前女房, は中年者, は勿論, は又, は唯なんとなく, は外, は心, は怖く, は明後日, は根津, は正体, は水, は片, は腹立たしく, は舌打ち, は荒むしろ二, は表, は言った, は雨戸, もしまいに, も早々, をさいなむ, を内, を縛つて了つたの, を送, 同五人組, 老番頭

▼ 治~ (61, 2.8%)

32 が戻つ, といつ, と私, は帰つて

1 [50件] から, からうれしい, から呼び出し, がきた, がそっくり, が一升, が待ち, が待つ, が招かれた, が来, が睡眠, が起した, すみませんでした, と三人, と共に味, と夜, などは猫, にはすまない, にもより, に三句, に二句, に教, に泣言, に相談, のため, の住宅, の友情そのもの, の奥さん, の手紙, の救世軍, の贈物, の顔, はとう, はよく, は予想, は朝飯, は来ない, は自宅, ひよつこり来, へ手紙, へ長い, も待ちあぐん, も来ない, も来訪, も緑平老, やらやつ, や樹明君, よく泊りました, を祝福, 不来

▼ 治~ (47, 2.2%)

6 いて 4 居て 2 あてて, なって, ゐて

1 [31件] あっては, いたるまでは, しては, ちがいない, とつて, ヴァイオリンの, 万全を, 会ったが, 会ふ, 似て, 係る旨義, 入つて, 入ること, 入ると, 努力しよう, 勝った亭主, 取入った田沼, 声を, 外交に, 専心し, 御心, 於ても, 疲れて, 肚が, 膳を, 言われるまでも, 追附い, 逢いたいから, 逢うの, 関係する, 頼んで

▼ 治~ (46, 2.1%)

2 今松, 庄吉とが

1 [42件] いい助, いっしょに, いふを, した, すっかり肝胆相, へべれけた, やらいう, 一つ自動車で, 与して, 二人を, 二人樋から, 云う元, 云う者, 云つてゐる, 別れると, 半分は, 国力の, 地の, 坂口安吾氏に, 妹背山であった, 対外的な, 思い出が, 清三が, 清三と, 清三との, 熊谷から, 申します, 申し上げるの, 申す者, 石川と, 神原四郎治兄弟の, 経済を, 美穂子との, 美穂子とは, 言ふ, 話して, 話し乍ら, 話す話, 論じた, 金語楼君以外は, 顔を, 鴈次郎と

▼ 治太夫~ (38, 1.7%)

1 [38件] か, かい, かかえて, が全体, が又, が殿, が浪人, でした, という足利, と云う, と呼ばれた, のせがれ, の人柄, の口, の歸, の許, の頭, はこの, はすっかり, はその, はわかり切った, は二, は大言, は妙月庵, は此処, は此方, は自分, は袖, は面目, は顔, もさすが, も何やら, も相当, も銭形平次, を交え, を援, 御兄弟, 見ると

▼ 治兵衞~ (36, 1.7%)

2 の手, はさ, を殺し

1 [30件] がそつ, が死んだ, ですよ, といふの, と云う, と碁, と繼母, にはまことに, に比べる, に逢つて, のところ, の内儀, の店, の死骸, の話, は, はいづれ, は中, は二十幾つ, は五十, は到頭, は大した, は娘, は年, は絶句, まで縛, まで顏, も夕立, を殺せ, を狙

▼ 治右衛門~ (31, 1.4%)

1 [31件] お濠端, からは何, がいる, がそう, が控えるだろう, が訊いた, だけや抜かなかった, だった, であろう, でした, とかおっしゃる, と千本野口, と腹, と記名, なの, のいら立ち, のみぞおち, の一味, の上, の名, の弟, の身体, の音, の顔, はもと, は女狂い, は彼, は法神, まったお, をしめあげよう, 泣く児

▼ 治むる~ (30, 1.4%)

4 の兵法 2 を知り

1 [24件] が如く, が如くならしめん, が如くならん, には法律, にも亦, に到底, に少なから, に暇, に無用, に由, に當つて, に足らぬ, に鬼神, の大事, の方法, の方略, の道, の隆, は内務大臣, は独り自分, を得よう, 必ずその, 約ありし, 能わず三畝

▼ 治~ (28, 1.3%)

1 [28件] あゝいう負けない, そんなこと, ついに危うから, ほろりと, またそっくり, みんな口を, 一体女郎屋, 一国内の, 主人秀秋に, 久しぶりでの, 亦背負つて, 人並みすぐれ, 今夜は, 借金が, 僅に, 助丸, 小兼, 愕き, 我を, 来て, 桜井も, 清三も, 美穂子も, 耳に, 言った, 酔でも, 頭を, 黙って

▼ 治~ (24, 1.1%)

3 は三右衛門

1 [21件] にこう, の事, の家来, の慣用手段, はある, はいつか別人, はいよいよ, はこの, はしばらく, はじっと, はちょい, はちょっと, はまずこう, はもう一度, はやや, は今度, は大様, は聡明, は言葉, は顔色, は黙然と

▼ 治さん~ (21, 1.0%)

2 の胸, を幸せ

1 [17件] がよかろ, が嫌, できたらぼく, という人, とはお前, とは初対面, と良作さん, どうか旦那, に御, に見, の弁, の方, の語, はそこで, は炬燵, も一緒, を掛合

▼ 治つた~ (20, 0.9%)

1 [20件] かと思ふ, からと言つて寄席, が, がさつき, がそれから, が俄, が左, が治つた時, ぞ, でせう, とも云, と思, と思ふ, など種々, ので, のでうとうと, ものが, んです, 時は, 頃には

▼ 治という~ (19, 0.9%)

2 者で

1 [17件] やつが, ヒロポン型の, 一人の, 人の, 人を, 兵学者が, 名だ, 女に, 女郎屋の, 文学者は, 爺が, 男に, 者を, 胡麻の, 芸者の, 芸者を, 落語家だった

▼ 治~ (19, 0.9%)

2 の企ら, の手

1 [15件] が不, が手, が陣取り, が陰, ごとき何, にし, には目ざわり, に申す, の娘, の差図, の申, はその, は意気地, も不, よりその

▼ 治~ (17, 0.8%)

3

1 [14件] という, とともにベルリン市外, なかなかつらかろ, などがその, にその, についても云, に教えられた, に頼ん, の悲劇, の紹介, は杉並, もまだそのまま, を十年, を死なせた

▼ 治つて~ (16, 0.7%)

2 しまつ

1 [14件] からも一年位, からユツクリ分配すり, も暗紫色, も白痴, ゐた, ゐたさ, ゐなかつた, をりました, 呉れるやう, 居りましたが, 歩き出して, 相變ら, 行くさ, 行くだらうと

▼ 治むべ~ (16, 0.7%)

5 き國 2 き人民, し 1 からず尋常平凡, きなり, き又, き君主, き王子, き譽れ, し人民

▼ 治外交~ (13, 0.6%)

6 の政策 1 に対する経綸, に對, の両面, の兩面, の機関益, の機關益, の裡面

▼ 治~ (11, 0.5%)

1 [11件] が美男, が胴袖, の噂, の姿, の方, の装束, の跫音, の駕籠, は影, を迎, を饗応

▼ 治~ (11, 0.5%)

1 [11件] からの手紙, からの返信, から頂戴, これからは, そして雑草二月号, のそれでも, の親戚, は耽溺沈没, よ二人, を待合せるべく, 遂に来ない

▼ 治~ (11, 0.5%)

2 を以て人生 1 するとて, という効能, に効験, の処方, の効果, の実績, の方, の能力, を促進

▼ 治光春~ (10, 0.5%)

21 が鷺山, だった, とふたりきり, とよばれ, は十兵衛, は肱, ももう, も沈黙

▼ 治~ (10, 0.5%)

5 平天下 2 の要, の道 1 の要件

▼ 治外法權~ (10, 0.5%)

1 でその, として何等, の如き, の撤せ, は一朝, をもつ, を内地, を撤去, を維持せり, を認めさせ

▼ 治~ (10, 0.5%)

2 が四年, の方針 1 して, で見ちがえる, の要, は何, より始まる, をみずから

▼ 治から~ (9, 0.4%)

1 借りて, 出した, 富栄に, 来たの, 来る手紙, 私が, 聞き得た所, 言付けられて, 送られて

▼ 治~ (9, 0.4%)

1 たちまち高利貸, 僕などの, 助丸, 坂口安吾と, 小兼, 法令にも, 清三と, 清三や, 相場師や

▼ 治三年~ (9, 0.4%)

2 へかけ 1 か四年頃, に入っ, に綱宗, の二度目, の修築, の頃, 即ち我が

▼ 治兵衛坊主~ (9, 0.4%)

1 がその, がたっ, で, で直, と言う, に対しても穏, の家, はお前さん, を真

▼ 治左衛門~ (9, 0.4%)

1 がおずおず, が月, が祝詞, が祭壇, であった, に送られ, の兄弟, の被, はもう

▼ 治通鑑~ (9, 0.4%)

1 である, とか申します, などは從來, のみならず, の講義, を作つた, を作る, を讀んだ, 即ち君主

▼ 治~ (8, 0.4%)

1 と繁栄, には心, に關, の大望, の要, の話, の費用, を按じ

▼ 治~ (8, 0.4%)

1 がなけれ, だの, とし, などの上, の良能, も見えません, を知る, を計る

▼ 治亂興亡~ (7, 0.3%)

1 おもほ, といふもの, の戰語り, の状態, をくり返し, を相互, を知らせる

▼ 治~ (7, 0.3%)

1 とともに割腹, と共に加わっ, のふたり, の面, へ, へ向っ, を名代

▼ 治~ (7, 0.3%)

2 に就い 1 こそ日本国, でせめて, とは較べ, の見る, の高

▼ 治~ (6, 0.3%)

3 てしまふ 1 たり特に, ている, てしまいました

▼ 治つたら~ (6, 0.3%)

1 と口癖, また幻灯, 川越の, 房州へ, 早く帰らつ, 誰が

▼ 治~ (6, 0.3%)

1 が二つ, とかを目的, などいへる, などとは似, の道, 不相離

▼ 治~ (6, 0.3%)

1 が徳川政府, はその, を学んだ, を斥けた, を施した, を詳

▼ 治~ (6, 0.3%)

1 で澤山, といふ本, と共に當時, に出, の著述, を見る

▼ 治~ (5, 0.2%)

1 前者に, 夕食, 年齢は, 彼は, 長の

▼ 治には~ (5, 0.2%)

1 おかしくも, どうしても立たなかつた, 兄の, 望めそう, 父十兵衛には

▼ 治にも~ (5, 0.2%)

1 そう言った, できなかった, 亂にも, 二三度会っ, 見るべきもの

▼ 治まつ~ (5, 0.2%)

2 てゐた 1 て全く, て良人, て行き

▼ 治むる者~ (5, 0.2%)

1 と治め, なき, なきこと, の強慾, の恥

▼ 治二年~ (5, 0.2%)

1 すなわち我が, と云, に生れ, の三月, の九月

▼ 治八郎~ (5, 0.2%)

1 はそれ, は側, は説明, は起ち, をつかまへ

▼ 治~ (5, 0.2%)

1 で眼鏡, にくつろぐ, に泊つたとき, の客, はなか

▼ 治~ (5, 0.2%)

1 が生, が生えた, が腰弁当, でずっと, でづゝと

▼ 治~ (5, 0.2%)

1 したいという, し得るやいなや, にも接し, のよく, の境

▼ 治といふ~ (4, 0.2%)

1 人が, 才人が, 男に, 男は

▼ 治とは~ (4, 0.2%)

1 しばらく黙り合っ, 交情が, 往来した, 高等師範の

▼ 治まつた~ (4, 0.2%)

1 ところで, ものと, ものを, 完全な

▼ 治宇二郎~ (4, 0.2%)

1 が書いた, というの, のこと, は中学

▼ 治~ (4, 0.2%)

2 の法 1 の方, は平日

▼ 治真人~ (4, 0.2%)

1 に提出, に教書, は約, 助真

▼ 治維法~ (4, 0.2%)

1 にふれる, の撤廃, の犯人, をおびやかす

▼ 治つたの~ (3, 0.1%)

1 か, か分らぬ, ですが

▼ 治つて了~ (3, 0.1%)

1 ひまた, ふ, ふの

▼ 治なども~ (3, 0.1%)

1 あの地響き, そのつるつる, 同じこと

▼ 治~ (3, 0.1%)

1 お咎め, 細々と, 行く

▼ 治より~ (3, 0.1%)

1 今にいたる, 濃厚に, 起算せる

▼ 治一亂~ (3, 0.1%)

1 であ, といふこと, はこれ

▼ 治三郎老人~ (3, 0.1%)

1 はここ, は我, は言った

▼ 治九年~ (3, 0.1%)

1 に芝田町九丁目智福寺, に金陵書局, の大

▼ 治四郎治~ (3, 0.1%)

1 と同意, の両人, の二人

▼ 治~ (3, 0.1%)

1 の権力, の法権, の法権撤

▼ 治左衛門殿~ (3, 0.1%)

3 被仰

▼ 治~ (3, 0.1%)

1 の勅命, の妃, はその

▼ 治年間~ (3, 0.1%)

1 でその, に起つた, のマホメット教徒

▼ 治~ (3, 0.1%)

1 であった, の一つ, を尋ねる

▼ 治生産業~ (3, 0.1%)

2 ことごとく仏法 1 をそのまま

▼ 治経明~ (3, 0.1%)

1 という老臣, にのべつ, を常陸守

▼ 治~ (3, 0.1%)

1 を加, 反つて汝, 遅引故

▼ 治~ (3, 0.1%)

1 とは刎頸, などが喚きかかる, は声

▼ 治~ (2, 0.1%)

1 慶応の, 手前は

▼ 治こと~ (2, 0.1%)

2 お組

▼ 治この~ (2, 0.1%)

2 時に

▼ 治さんお前~ (2, 0.1%)

1 は本当に, も嬉しかろ

▼ 治ちゃん~ (2, 0.1%)

1 にそう, の事

▼ 治でも~ (2, 0.1%)

1 なく三権分立, 必ず抱腹絶倒爆笑王

▼ 治とか~ (2, 0.1%)

1 いて, 称するこの

▼ 治とかいう~ (2, 0.1%)

1 わかい作家, 胡麻の

▼ 治とが~ (2, 0.1%)

1 奔走し, 駄々な

▼ 治との~ (2, 0.1%)

1 交渉は, 約束を

▼ 治どの~ (2, 0.1%)

1 はお, ッ

▼ 治など~ (2, 0.1%)

1 一と, 彼の

▼ 治~ (2, 0.1%)

1 いと善き, の概

▼ 治むるをもって本~ (2, 0.1%)

2 となす

▼ 治むる所以~ (2, 0.1%)

2 を知る

▼ 治むる能~ (2, 0.1%)

2 はざる

▼ 治むる道~ (2, 0.1%)

2 を知り

▼ 治元年~ (2, 0.1%)

1 に至りまし, の六月

▼ 治兄弟~ (2, 0.1%)

1 か新, の者

▼ 治~ (2, 0.1%)

1 がまだ, って奴

▼ 治公呰麻呂~ (2, 0.1%)

1 の反, の如き

▼ 治~ (2, 0.1%)

1 の視察, を聽

▼ 治~ (2, 0.1%)

1 にあこがれ, に浴せん

▼ 治君来庵~ (2, 0.1%)

1 の日, 間もなく樹明君

▼ 治員経~ (2, 0.1%)

1 や坂上時高, を上野守

▼ 治問題~ (2, 0.1%)

2 に非

▼ 治四年~ (2, 0.1%)

1 ですから, に母

▼ 治外交一切~ (2, 0.1%)

2 の政策唯

▼ 治~ (2, 0.1%)

1 に還りし, は治府

▼ 治~ (2, 0.1%)

1 を配し, 同じく道犬等

▼ 治政上~ (2, 0.1%)

1 についての得失利害, にも何

▼ 治~ (2, 0.1%)

1 の軍, も討死

▼ 治~ (2, 0.1%)

1 とかいう奴, と仰言います

▼ 治~ (2, 0.1%)

1 も, もいた

▼ 治武士訓~ (2, 0.1%)

2 などの日常

▼ 治民経世~ (2, 0.1%)

1 について学問, の策

▼ 治民経国~ (2, 0.1%)

1 の大事, の学問

▼ 治津田青楓~ (2, 0.1%)

2 の諸氏

▼ 治~ (2, 0.1%)

1 との二, の巨擘

▼ 治病能力~ (2, 0.1%)

1 がある, が特に

▼ 治~ (2, 0.1%)

1 のごとき, も長

▼ 治落語中~ (2, 0.1%)

1 の爆笑人物, の頓狂人

▼ 治~ (2, 0.1%)

1 も頗活機, を受けた

▼ 治衛門~ (2, 0.1%)

1 というあ, に弥吉

▼ 治親王~ (2, 0.1%)

1 がすえられた, とよばるる

▼ 治~ (2, 0.1%)

1 の万一, の要

▼1* [408件]

あの人の, 治あり中に, 治あるとき山に, 治あゝ予の, 治からの仕送りを, 治きわまれば乱, 治江湖に, 治と見とがめられ, 治こそすなわち, 治こそは寝食を, 治これは, 治こ治こと見とがめられ, 治さまよりの, 治さま渡邊さま此の四郎治さま, 治さんお前それじゃア, 治さん此処へ出なさい, 治さん此所を開け, 治さん赤ちゃんの一隊, 治さアん, 治しうるの手段, 治ししてしまった, 治しなければならない, 治し下さるで御座いましょうな, 治じゃあちょいと, 治すなわちこの, 治すべき理が, 治するならば味噌桶ソワカ, 治そして利国のが, 治その手には, 治それは隣り, 治たちより一足先, 治だけが心懸りだった, 治だろうとこう, 治ちやだと, 治ちょっと競肌な, 治つたの君の愛情, 治つた小梅の百姓小兵衞, 治つた後でも別段, 治つた後皮下の深い, 治つた時にほ, 治つた狂人といふもの, 治つた者の後, 治つて一週間か十日, 治つて今は某家, 治つて何時からといふ事, 治つて來た, 治つて其恵が行き, 治つて嫁を貰, 治つて帰つて来た, 治つて此頃は毎朝五時, 治つて留守だつた, 治つて錢形平次のところ, 治であると云, 治ですがちょっと, 治では無かった, 治というか手前は, 治とかいふわかい作家, 治とよんでこの, 治とをよそに, 治どころじゃない, 治などがそうで, 治などで主人の, 治などに慰められて, 治などの住居した, 治などは紅いろ, 治などよりも余計に, 治なり乱も, 治における第一, 治については急激改革の, 治にとつては, 治によって買物, 治により会田さんへの, 治に関する事を, 治はどつかと, 治はん誠にほ, 治ひとりの身, 治への手紙が, 治へは何十年と, 治ほんとうに長襦袢一枚, 治まつちまふから, 治までの世を, 治みなみな落語家, 治むることの有利にし, 治むることを知って, 治むること三百年餘なりきといふ, 治むること肉を分かつ, 治むるために相応の法定機関, 治むるといえども可ならん, 治むるとてその関係ほとんど天然, 治むるなれば刑おのずから当, 治むるにありと云い家, 治むるにいたるをさだかに知らむ, 治むるには礼を欠い, 治むるのである, 治むるのと大分に異, 治むるのもとは家を治むるにありと, 治むるものとなり人民となり, 治むるもの彼に甘かる, 治むるも可なりといった, 治むるや五声を以て聴く, 治むるゆえ軽々しく相成り, 治むるわが友よ, 治むるを勉むべし自ら治むる, 治むる主人は個人, 治むる事をやめられ, 治むる事諸を掌, 治むる内君にし, 治むる君の配, 治むる国である, 治むる地をその, 治むる地云々といへるは, 治むる女王の顏燃, 治むる婦人の心掛け, 治むる宰相にその, 治むる将軍の帳, 治むる時代には朝廷, 治むる清粛にし, 治むる神の攝理, 治むる纔に三十一年, 治むる間は決して, 治むればすなわち, 治む之を保つ, 治む勇士マウィ人類のため, 治む可し, 治む文武二道なくては, 治む王の太子母后, 治はつた, 治らしい色の, 治らし給びし伊耶本和氣の, 治れる御代の, 治をも訪ねようこう, 治を以て至亂に, 治スル國民ノ權利ト一個不可分ノ者ナリ, 治ちまあ, 治ハ徳ヲ以テ, 治ファンに相成, 治マッテヤカマシイババア殿モ段々オレヲヨクシテクレタシ, 治マレル事ヲ悦ビ思召ス御歌ヨリ次第ニ, 治ムル者ハ人ノ親, 治メテ以テ尺寸ヲ長, 治ルトハ其政善シト云フ源因ニ由ルト云フガ如ク萬事ニ其結果ヲ推シテ其源因ニ, 治成ス戊辰ノ, 治一亂公羊の三世, 治一人になった, 治一座の狂言, 治万端の後々, 治三久小曽根信吉, 治三久佐取安次郎丸山浪次郎右岸の久野村, 治三久海原忠吉の三人, 治三久野口春蔵谷口房吉野口源蔵越波丑次郎井田兵吉等が上京, 治三君と互に, 治三年七月二十六日に品川, 治三年十月二十八日から浄勝房以下, 治三郎さんが氣, 治三郎召連両掛一荷, 治の打合せ, 治は峡江, 治中北条泰時の故智, 治中従事楊洪昭文博士伊籍学士尹黙その, 治主義こそは日本, 治九里丸とあんた, 治にかかはらず, 治亂興廢の理, 治二兄同道来庵酒魚鮨すべて持参だから, 治二年七月九日に妻子共四人, 治二年三月から七月, 治二年三月八日に亀千代, 治二年八月八十歳を以て薨去, 治二年後嵯峨院の御, 治二年生で寛保元年, 治井上密などでこの間, 治以後西太后の時代, 治以来一種の家宝, 治伐せられた兇賊の, 治佐波毘賣に娶ひ, 治か, 治作さんほか六人の若者たち, 治に辱, 治元年三月二十一日には彼ら, 治元年三月二十日津軽の大浦, 治元年十一月二十六日年七十一歳でこれ, 治元年四月の地震, 治がいる, 治兄等の並々, 治先生雑誌記者に語っ, 治光緒の五代, 治兩氏の審判, 治といふ篤志家, 治八氏の厚意, 治公呰麿というもの, 治六さんもしきりに, 治六めが今, 治兵申父兄之志, 治兵衛それに番頭, 治兵衛どんの倉, 治兵衛ハ如何ニモ一生懸命デ全力, 治兵衛其他の如き, 治兵衛団子孫右衛門猿之助女房オ庄宗十郎多兵衛団, 治兵衛坊主坊主治兵衛だなあ, 治兵衛夫婦の気組み, 治兵衛女房お菊, 治兵衛好みからバンクロフト, 治兵衛娘雛当年十八歳右尋ね当て, 治兵衛梅川などわが, 治兵衛殿等も其場, 治兵衛自身も掴まへた, 治兵衛高麗三郎の孫右衛門, 治兵衞住職と談合, 治兵衞封に間違, 治兵衞老人だけ, 治切られ与三弁天小僧の, 治に尽瘁, 治包んで, 治十年は我明治四年, 治十年兩人連銜して, 治博士とを挙げなけれ, 治及びぼく, 治及余五人舟にて宮島, 治右屋敷へ乗り込ん, 治右衛門まことあわれ千万, 治右衛門めの娘, 治右衛門キョトキョトまわりを見まわしました, 治右衛門ピクリとまた, 治右衛門二人の股肱, 治右衛門吉田三五郎の二人, 治右衛門吉田三五郎二人の家来, 治右衛門好人物で好色, 治右衛門始め六百人池田清左衛門千々岩の五郎左衛門, 治右衛門屋敷というの, 治右衛門島子の弥次兵衛以下三千七百人, 治右衛門方へ帰っ, 治右衛門茶山の集, 治右衛門辰二郎と並べて, 治右衛門邸へ乗りつけた, 治右衝門千々岩の作左衛門以下千五百人, 治右衞門が井筒屋, 治右衞門別莊の邊, 治右衞門吉田孫右衞門城内には衣斐伊豫, 治右衞門竹森新右衞門, 治右衞門背中を見せた, 治名焼のうわ, 治君友はよい, 治君来庵庵の御飯, 治君来庵自宅からわざ, 治君来庵酒と汽車辨当, 治君来庵餅を貰, 治君来訪方々へ寄せ書き, 治君機嫌よく実家, 治君約束の如く, 治員経坂上時高らが逆, 治とも南方指掌図, 治國上必要と認め, 治國救世を標榜, 治國説に從, 治國食糧政策さ, 治坂口安吾の二人, 治に置く, 治外二名檢擧せられ韓人, 治外政を視, 治外政いずれも平和的進歩, 治外政一切の問題, 治外法權撤廢といふ對外的目的, 治外防の上, 治先生, 治大国若烹小鮮, 治大林古垣鉄郎, 治の安危, 治天下后妃皇子皇女崩御御壽, 治太夫以上にぶとい, 治は君理, 治定まるの日到来, 治にも構わず, 治などの塁, 治家来勘八頭を上げえ, 治元年間, 治寛元よりも三十余年前, 治円奈良丸等等を, 治小かね馬作の四人, 治小兼は目出度く, 治局長を伴っ, 治居訪問はほんとう, 治岡崎恭輔なぞの政府顛覆, 治が佩ける, 治左衛門大工棟梁として岡部又右衛門, 治左衛門忠佐どのにご, 治左衛門馬場佐十郎に遠藤, 治につく, 治干渉の嫌い, 治の近習, 治年中水戸の天狗党, 治即ち国府, 治建長の間筑前, 治徒娯跌鼻曹公子勝綽彭輕生孟山譽王子閭等は皆墨子, 治の要, 治志貴高日子根の神は忿, 治戦功を嘉賞, 治房氏と一緒, 治房男の狂人, 治房男爵を始め, 治房等は樫井, 治房老人などが寄つて集つて北畠准后, 治手前はまア, 治支度は好い, 治政中にも滅多, 治政時代に在った, 治教政治と教, 治新君按司といふ女君, 治於福山侍医伊沢一安久矣今聞其訃音, 治少而亂日多, 治暦明時の義, 治書侍御史参軍事, 治最も得意と, 治木山捷平古谷綱武亀井勝一郎中村地平君等である, 治から道士川, 治村道士川と越え, 治来三人いつし, 治染丸音曲噺の圓太郎, 治業大仁ヲ万世ニ完カラシメヨ, 治樹明両君に, 治檀一雄の名, 治次に手兵八百を, 治死後猿ヶ石川にキリ, 治殺しの場, 治殿誠に今日, 治殿御病気とは申し, 治氏撮影の小型映画, 治民組織もまず, 治民部卿の御, 治津田左右吉塩沢昌貞の諸, 治派手の表現ゆゑ, 治爺さんの姿, 治特有のもの, 治独自の言葉, 治の義, 治珍動物だよ, 治申さんでも宜しい, 治病保身の法, 治病効果を持っ, 治病法は概ね, 治の法, 治痘之術ある事, 治痘法はどんな, 治癒す方の, 治な手腕, 治皇太子の時代, 治として保存, 治へ護送後, 治眼授児の作用, 治研究に歩いた, 治磐司といい, 治穩和親之談判, 治立花家花橘などがその, 治笑って, 治二世かさね, 治経明等の手, 治維法違反容疑者の検挙, 治維法関係の思想犯, 治織田作之助平野謙私つ, 治罪法などを翻訳, 治聞けば手前, 治脩公これを御, 治自筆のメモ, 治花柳芳兵衛に転じ, 治茶屋まで来た, 治茶屋附近虫取撫子の盛り, 治荒富が出, 治の滕県城, 治じ異, 治が云つて, 治衛門さんのところ, 治衣巻省三その他多くの作家, 治搾取民衆を, 治訛れどもおかしく, 治許してやる, 治誘拐さる, 治かの旦那さん, 治葛瑾などの, 治に立派, 治警第五条が撤廃, 治賜婆許己乎之母安夜爾多, 治越後の大隈熊二, 治輔君で同君, 治輔氏手紙を受, 治農軍務刑法学校というよう, 治農野中は刑法, 治迄も江戸にも, 治近世芝居噺の名手桂文我, 治通鑑それだけだ, 治通鑑長編であ, 治の祖先, 治部様や長, 治部殿まいると, 治の安田徳太郎博士, 治醫眞鍋氏は先生, 治野々村戒三等の早稲田派, 治鈴木宗忠阿部次郎成瀬無極天野貞祐九鬼周造藤田敬三黒正厳大峡秀栄等々の諸氏, 治青白い美男子だった, 治一二三人故, 治頭大祭酒などという道者, 治が死ん, 治頼朝以来いかで勝る, 治がつるん, 治の時代, 治し奉る, 治高斉隆斉清の四代, 治高齊隆齊清四代の奧方, 治あり大き, 治寺に