青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「暮らし~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

暗黒~ 暦~ 暫~ ~暫く 暫く~ ~暮 暮~ ~暮し 暮し~ ~暮らし
暮らし~
~暮れ 暮れ~ 曖昧~ 曰く~ ~曲 曲~ 曲線~ ~曲者 曲者~ ~更

「暮らし~」 1963, 19ppm, 6056位

▼ 暮らし~ (1281, 65.3%)

99 いた 68 いるの 50 いる 39 いました 38 いたの 27 いたが 24 います 22 いるうち 20 いて 19 いると 17 いるという, いるよう, おいでに, ゐた 16 いること 10 いるん 9 きた 8 いるもの, ゆくこと, ゐる 7 いたので, 下さい, 来たの 6 いても, いるか, いるが, いるに, いるので, いれば, ゐると, ゐるの 5 いたころ, いたん, いましたが, いる人, おります, きたの, ゆくの, ゐるうち, 來た 4 いくこと, いたこと, いるばかり, いるらしい, おりました, きました, しまいました, ゐました, 来た, 行くの

3 [18件] いたそう, いたと, いたもの, いたよう, いた時, いらっしゃるの, いるかと, いるから, いるそう, いるところ, いる間, きたこと, きたので, ゐたの, ゐるやう, 夜に, 行かれるの, 行こうと

2 [48件] いたお, いたという, いたり, いた二人, いた時分, いては, いながら, いらっしゃいますか, いられました, いるお, いるかという, いるかは, いるかも, いるからには, いるかを, いるだろうと, いるとは, いるのに, いるほど, いるやつ, いる生活, きたし, きて, きましたが, くださいと, くれたなら私, くれという, しまった, みたい, もらいたい, ゆかなければ, ゆくという, ゆくもの, ゆけば, ゐたが, ゐたと, ゐる間, 居ります, 居るん, 暮らして, 来たよう, 来た私たち, 行かなければ, 行くこと, 行く裡, 行った, 見たいもの, 見て

1 [444件] あたかも樹木, ある時, いかなければ, いきました, いくより, いけないこと, いけないでしょう, いけば, いけません, いける, いけること, いけると, いけるという, いけるの, いけるもの, いけるよう, いける女性, いこうじゃ, いたあと, いたあの, いたいと, いたいよう, いたい念, いたお爺さん, いたかが, いたかったの, いたかね, いたかを, いたけれども, いたため, いたって, いたといった, いたところ, いたどこ, いたなどと, いたなんて, いたらしいが, いたらしいの, いたらしい菜穂子, いたらしかったが, いたらどんなに, いたら互に, いたら今日, いたろうに, いたアルノー夫人, いた上, いた事を, いた古い, いた哀れ, いた持子, いた故, いた数日, いた明治十六年, いた昔, いた時代, いた月日, いた清浄無垢, いた男, いた福村, いた程, いた義兄政広, いた自分, いた親子, いた記憶, いた間, いった, いながらも, いなさる, いなさるところ, いなさるの, いましたので, いまして, いますか, いますから, いますだ, いますと, いますんで, いやるの, いらせられます, いらっしゃいます由, いらっしゃる, いらっしゃるかは, いらっしゃるので, いらっしゃる時, いられたから, いられたの, いられは, いられます, いられるその, いられるの, いられるもの, いられるん, いられる身柄, いるうえ, いるおかげ, いるお母さん, いるかしら, いるかの, いるからって, いるきり, いるけれど, いるさ, いるし, いるだけ, いるだけに, いるだろうに, いるって, いるであろうか, いるでしょう, いるでは, いるとか, いるとき, いるとやら, いるについては, いるね, いるはず, いるほう, いるよ, いるより, いるらしい様子, いるらしい男, いるわけ, いるんで, いる一人, いる三浦, いる両親たち, いる亭主, いる人々, いる人びと, いる人間, いる以上, いる六条院, いる吉左衛門, いる四十三四, いる場合, いる多く, いる天香師, いる女, いる奴, いる妹, いる妾達, いる娘, いる孫娘, いる家, いる家庭, いる小父さん, いる所為, いる故人, いる散所民, いる方, いる日, いる旧家, いる時, いる月日, いる村, いる様子, いる母, いる男, いる町奉行支配, いる純粋, いる結構, いる継母, いる群, いる老, いる者, いる若, いる若い, いる若者, いる薫, いる貧乏, いる農婦, いろ, いろよ, おいでな, おいでゆえ, おくれ, おたがいに助け合わなけれ, おとうさんと, おもしろいこと, おられた時分, おられますよ, おられるから, おられる方, おりたいの, おりましたこと, おりましたころ, おりましたの, おりましたのに, おりますが, おりますけれども, おりますと, おりますの, おり民子, おるか, おるよ, お出, お友達, きたあと, きたか, きたかと, きたが, きたこの, きたせゐか, きたと, きたという, きたのに, きたり, きた人間, きた同心, きた後, きた者, きた陸, ください, くるには, くれ, くれと, けっこうりっぱ, しまいたい, しまいたいと, しまいましたが, しまうこと, しまうの, しまう雲雀, しまったの, しまった男, しまっては, しまつ, そのうちこの, それからまた嵐, それから仁王門前, それから真っ直ぐ, たがいに, ただただ古い, だんだん年, はいますが, はいますけれど, ほしいと, みたいそんな, みたいと, みたいの, みたいもん, みたいよう, みても, みないと, みよう, みる月日, み次第に, もう心細く, もらうの, ゆうがた夫, ゆう七ツ, ゆかなけりゃならないん, ゆかれたらしあわせ, ゆかれるでしょうか, ゆきたいもの, ゆきましたが, ゆくその, ゆくと, ゆくには, ゆくべきでは, ゆく一家族, ゆく勇気, ゆく方法, ゆけたかが, ゆけないから, ゆけないという, ゆけましょう, ゆけるから, ゆけるからね, ゆけるじゃ, ゆけると, ゆけるの, ゆけるもの, ゆける途, よい, らしったに, らっしゃるって, わが幸福, ゐたこと, ゐたさ, ゐたもの, ゐたや, ゐたらしい老, ゐたん, ゐたドイツ人たち, ゐた位, ゐた千恵, ゐた古い, ゐた彼, ゐた方, ゐた時, ゐて, ゐます, ゐられるその, ゐられる町, ゐるおかげ, ゐるか, ゐること, ゐるところ, ゐるので, ゐるのに, ゐるわけ, ゐるドキュメント, ゐる娘, ゐる富裕, ゐる彼女, ゐる母, ゐる老, ゐる証拠, ゐる證拠, ラッパチーニの, 三四十銭しか, 三日目の, 三時五十分湯元発の, 下さいねえ, 下さいません, 下さること, 下せえ, 今じゃ, 今は, 何もかも黴だらけ, 僕も, 入らっしゃる, 共棲生活の, 十二月初旬の, 南半球の, 参りました, 同じよう, 呉れとか, 和尚の, 商家の, 嚢中の, 四日めに, 外国旅行へ, 家を, 居たが, 居たん, 居ますよ, 居られたもの, 居られる様, 居りましたこと残念至極, 居りましては, 居りますから, 居りますと, 居る, 居る事, 居る姿, 居る惨, 居る或, 居る様也, 川から, 帰って, 幸次郎の, 幸福であり得る, 幾十人の, 影の, 彼の, 忘れがち, 感ずる淋し, 我幸福なる, 我齢の, 旅の, 日頃灯といふ, 昨日故郷なる, 時たまにしか, 来たお, 来たかの, 来たこと, 来たこれから, 来たその, 来たという, 来た二年目, 来た位山, 来た庸三, 来た彼, 来た彼女, 来た感情, 来た深い, 来た窓, 来なかったはず, 来ます, 果ては外泊, 死ぬこと, 死ぬ時, 毎日村の, 洗濯ごとや, 涎ばかり, 渡しの, 物いわぬ, 物好きに, 王命婦に, 現代文学と, 生涯其の, 男の, 疲れた足, 目立たないこと, 絵行灯に, 羆の, 老人の, 自分が, 自分たちが, 自分の, 落花の, 行かねば, 行かはるよう, 行かるる世の中, 行かれたよう, 行かれるほど, 行かれる筈, 行かれれば, 行きたい世間欺す, 行きたかったの, 行き好う, 行くだけの, 行くに, 行くよう, 行く彼ら, 行く時期, 行く者, 行けそう, 行けぬこと, 行けぬの, 行けるだろうか, 行けるならとんだ, 行けるはず, 行ける人, 行ける位, 行ける女, 行ける身の上, 行こうなど, 行ったの, 見せるから, 見たころ, 見たし, 見たの, 見るやう, 見る一か月, 誰かを, 誰よりも, 貰うほか, 貰って, 逸樂を, 道臣の, 驚いて

▼ 暮らし~ (166, 8.5%)

86 して 8 立てて 6 すること 4 するよう 3 したいもの, しようと, 続けて 2 あそばして, したという

1 [49件] あそばすの, あわれむという, おもいだして, させるの, されて, した, したか, したであろうがの, した方, しても, してるわ, しなけりゃならないんで, し俗界, するため, するとか, するなんて, するに, するの, する位, せねば, たてて, たてるため, つづけた, つづけて, なさって, なしつつ, なすって, 今じゃ, 共にし, 助けて, 営んで, 囘顧され, 好んで, 始める, 恨んでは, 支えて, 支へ, 楽に, 立て, 立ていた, 立てること, 立てる人たち, 立てる隣どうし, 縮める氣, 考えるほど, 致しましょう, 見たこと, 見も, 遣って

▼ 暮らし~ (71, 3.6%)

2 生活を, 補ひ

1 [67件] あげくに, ありッたけ, いいところ, うちは, こと, すぐ裏側, ためと, ために, ためばかり, できるよう, ほうを, やすら, ようである, わび住まいを, パンパンだった, 上に, 中からでも, 中での, 中より, 乞食が, 人たちなども, 人足か, 今日だ, 仕組みを, 住居であります, 何十年に, 出戻りだ, 分を, 営みを, 垣の, 家で, 家でない, 家の, 家へ, 小説を, 惨めさを, 方は, 日暮らしの, 月日だった, 有様を, 気の, 気分も, 気楽さは, 流れ, 状態である, 独り者さ, 生活では, 由結構, 男世帯である, 疲れを, 百万両に, 真似も, 穴を, 笊, 芋食い武士と, 苦労を, 話を, 貧者までが, 質素に, 足の, 軽輩だった, 辛いこと, 辛い事, 里と, 金は, 雨の, 静かな

▼ 暮らし~ (49, 2.5%)

9 なって 2 なった, なること, 困るよう

1 [34件] おなりなさいました, きたの, してからが, なったの, なった夕方, なっても, なつたことも, なりお, なりましたか, なる, なるうち, なるおつもり, なる方, ひと息つけた, もうすこし日本, 不自由の, 出ようじゃ, 出世の, 困らない程度, 困りませぬので, 困ると, 多少の, 怯えきって, 恍惚として, 慣れた華奢, 慣れて, 戀は, 早く帰っ, 暮らすこと, 泣くであろう, 甘んじて, 私は, 追われて, 酔生夢死し

▼ 暮らし~ (31, 1.6%)

2 別に大した

1 [29件] あつた, いました, いられる一軒, いると, ここらの, ごわしょう, その二階, まず不自由, 主人が, 代地に, 代用食ばかり, 十五六の, 大して都合, 奥さんは, 女房相手に, 始終し, 支社に, 格別の, 棲んで, 植木いじりなどを, 比較的閑散, 深川の, 物質的には, 男の, 男切れが, 病床に, 紋付も, 結構です, 自分の

▼ 暮らし~ (28, 1.4%)

1 [28件] そっくりその, それだけは, それで, そんな和歌, たたなかったの, つかないので, つかねえでるの, できたこと, できようって, できるだろう, できるの, どうして立派, どう映るだろう, よくなる, 似合って, 出来っこったら父どこ, 出来るぐらいの, 出来るやう, 始まったが, 弁に, 極楽みたいに, 楽しくて, 生真面目な, 立たないの, 立ちかねたそのうち, 身についてから, 面倒に, 鳴いて

▼ 暮らし~ (25, 1.3%)

2 して, どんなに寂しい, 半分以上は

1 [19件] おりおり足らぬこと, お案じ, したが, しないだろう, しないん, しなくなりましたよ, どうな, なかなか楽, なにひとつとして, ますます苦しく, 得られるが, 思ったほど, 楽でない, 真平御免, 窮屈だ, 苦しいし, 苦しかった, 随分貧乏, 雑巾の

▼ 暮らし~ (24, 1.2%)

6 をし 2 をする

1 [16件] からどうにか, が娘, でもし, なの, なン, のできる, の工夫, はいぜん, はそば, はない, ばかりをし, をいたし, をしたい, をなすっ, を恥ずかしく, 味わったであろうな

▼ 暮らし向き~ (22, 1.1%)

2 がいい, の悪く

1 [18件] が張り過ぎるなら張り過ぎる, が思わしくない, に困る, に苦しん, に見える, のいけない, のこと, の用, の秘密, はい, はまるで, は同じ, は楽, もいい, も察せられ, も幾らか, も扮, も楽

▼ 暮らしても~ (13, 0.7%)

2 いいん

1 [11件] いいともかく, いっこう寒く, くやまない, ますます富, まだ歓楽, 僕は, 外で, 彼からは, 気まずくなる, 自分が, 遺憾が

▼ 暮らしながら~ (9, 0.5%)

1 ただ夫, ときどき思い出した, ときどき雪, 一方で, 二三の, 小説の, 年に, 怏々として, 花むこ

▼ 暮らしむき~ (9, 0.5%)

1 がきゅうくつ, に直接関係, のこと, の安全, の都合, は落ちぶれる, もうかがわれる, もたいへんよく, も次第に

▼ 暮らしては~ (8, 0.4%)

1 いけません, いませんからね, いられない, いるよう, ゐる様, 来たが, 行けなかったの, 行けなかつたの

▼ 暮らしには~ (8, 0.4%)

1 いろいろの, ことさら客, 不自由も, 事欠かすまい, 余るほどの, 困りませぬので, 変わりが, 慣れとりませんのでねえ

▼ 暮らし~ (8, 0.4%)

2 楽だ 1 やむをえねば, よくなるだろう, 出來, 忙しいし, 楽でなかった, 長いこと

▼ 暮らしである~ (7, 0.4%)

21 が喜左衛門, が親ゆずり, ことも, のにその, 恥ずかしさ

▼ 暮らしぶり~ (5, 0.3%)

1 などをきい, なんかを, はちっと, は変り, も居

▼ 暮らしたり~ (4, 0.2%)

1 した, する, そつと, または楡

▼ 暮らしてを~ (4, 0.2%)

1 られお上さん, られた方, られると, りました

▼ 暮らしであった~ (4, 0.2%)

1 からであります, がその, がたとい, が子供

▼ 暮らしです~ (4, 0.2%)

1 からそう, から当分, が主人, が店

▼ 暮らしにくく~ (4, 0.2%)

1 なったもの, なったら構うもの, なるばかり, 窮屈に

▼ 暮らしよい~ (4, 0.2%)

1 といううわさ, 土地と, 年寄でも, 時が

▼ 暮らしいい~ (3, 0.2%)

1 ところでありました, ところです, 浮世な

▼ 暮らしかた~ (3, 0.2%)

1 のやわらか, は昔, をかえる

▼ 暮らしだった~ (3, 0.2%)

1 だけにまだ, のです, ので十二

▼ 暮らしてばかり~ (3, 0.2%)

2 ゐるやう 1 いても

▼ 暮らしでも~ (3, 0.2%)

1 あるまいから, ない自分, 出来るの

▼ 暮らしよう~ (3, 0.2%)

1 がありません, がない, のない

▼ 暮らしよく~ (3, 0.2%)

1 なった, なるかは, なるだろう

▼ 暮らしこの~ (2, 0.1%)

1 春上り風に, 種類の

▼ 暮らしする~ (2, 0.1%)

2 うちに

▼ 暮らしその~ (2, 0.1%)

1 交野の, 翌日諏訪へ

▼ 暮らし~ (2, 0.1%)

1 がその, が三人

▼ 暮らしつつ~ (2, 0.1%)

1 あるこの, 待ち暮らした

▼ 暮らしてから~ (2, 0.1%)

1 やってくるが, 神泉苑の

▼ 暮らしてこそ~ (2, 0.1%)

1 しかるべきこの, 思う存分の

▼ 暮らしてでも~ (2, 0.1%)

1 お在, ゐたかの

▼ 暮らしであっ~ (2, 0.1%)

1 てはなりません, て一旦

▼ 暮らしでした~ (2, 0.1%)

1 からむす, がそこ

▼ 暮らしでは~ (2, 0.1%)

1 さぞその, ないか

▼ 暮らし~ (2, 0.1%)

1 云ふも, 来た日

▼ 暮らし~ (2, 0.1%)

1 のである, んです

▼ 暮らしなさる~ (2, 0.1%)

1 ことは, にし

▼ 暮らしなすっ~ (2, 0.1%)

1 ておられる, てオンム・アルメ街

▼ 暮らしにくい~ (2, 0.1%)

1 ことと, らしい

▼ 暮らしにも~ (2, 0.1%)

1 困って, 困らずに

▼ 暮らしやすい~ (2, 0.1%)

1 この国, 時代である

▼ 暮らしよかっ~ (2, 0.1%)

1 た, たと

▼ 暮らし二年暮らし~ (2, 0.1%)

2 するうち

▼ 暮らし八月~ (2, 0.1%)

1 になつて, の末

▼ 暮らし其夜函館~ (2, 0.1%)

1 に往, に往つて

▼ 暮らし~ (2, 0.1%)

1 になっ, はそこ

▼ 暮らし巡礼~ (2, 0.1%)

2 しばしも

▼ 暮らし或は~ (2, 0.1%)

2 心当ても

▼ 暮らし時として~ (2, 0.1%)

2 何か

▼ 暮らし自分~ (2, 0.1%)

1 のため, をよく

▼1* [100件]

暮らしあそばしませよ, 暮らしあまり外へも出ず, 暮らしいよいよ江戸へ, 暮らしおばさんもこの, 暮らしお前の立った, 暮らしぬるが, 暮らしかと心の, 暮らしかなと思いましたが, 暮らしがいがある, 暮らしくださいませんか, 暮らしけんと思へ, 暮らしこれまでも折々, 暮らしこんな刀が, 暮らしさえも細ぼ, 暮らしさせるつもりでございます, 暮らしさて夕刻還らう, 暮らしじゃ奥さん淋し, 暮らしそうじゃない, 暮らしそして愛に, 暮らしその間一度も家, 暮らしたまへ, 暮らしたる横笛哀れや, 暮らしだけは立てて, 暮らしだってこの娑婆, 暮らしだつたらうから同じ, 暮らしだろうがそこ, 暮らしつるかな, 暮らしづらくなりますよ, 暮らしていらしったというの, 暮らしてさえおれば, 暮らしでございましたか, 暮らしでしょううまい物, 暮らしとはてんからくい違う, 暮らしどうしてしまいにこの見知らぬ歩道, 暮らしどこを見, 暮らしなされておられます, 暮らしなされます由安堵いたします, 暮らしなどで一夏ぢゆう, 暮らしなどもずいぶん彼, 暮らしなどをすること, 暮らしなんかあたしの, 暮らしなんぞまっぴら御免, 暮らしなんぞには慣れて, 暮らしなんぞはお茶の子に, 暮らしにくうございますよ, 暮らしにて毫も貯蓄, 暮らしにはもの珍らしくうつる, 暮らしはずうっと, 暮らしぶり話しぶり正夫さんとの交わりぶり, 暮らしまた彼女の, 暮らしよりゃ雷様にでも, 暮らしわれはかく, 暮らしミゼラブルばかり読ん, 暮らしのほう, 暮らし何ひとつとりたてて, 暮らし何年間を他, 暮らしかを父上母上, 暮らし八月末にメーレン地方, 暮らし出す様子を, 暮らし原稿も暮れ, 暮らし向き店賃が三つ, 暮らし四十日間に見た, 暮らし四百年前彼女の守護霊, 暮らし夕霧に薄く, 暮らし大分日にやけ, 暮らしからすべて, 暮らし姥ひとり住む山小屋, 暮らしに迷惑, 暮らし宿屋では牛乳, 暮らし寂しくも住み, 暮らし専ら静思休養に, 暮らし居り候, 暮らし待ち明かし幾代, 暮らし悄然として裏口, 暮らし悪くなったので, 暮らし慣れて世の中, 暮らし新年も新, 暮らし方父に働かせ, 暮らし晴れ晴れとした, 暮らし暖か味のない, 暮らし暖味のない, 暮らし最後の家, 暮らし朝な夕なに加茂川, 暮らし毎月三十五日づゝ竿を担ぎ, 暮らし沈默を守つて, 暮らし派手ですねん, 暮らし目上の者, 暮らし眼中唯文学あるのみ, 暮らし神戸のダンス, 暮らしも人並み, 暮らし終に眠るが, 暮らし翌日になっ, 暮らし良人が死ん, 暮らし近世珍らしい大, 暮らしに明かしける, 暮らし元二十三年, 暮らし開墾場の収穫, 暮らし院号やなに, 暮らし難いその日, 暮らしの折れる