青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「油~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

沙汰~ 沢~ ~沢山 沢山~ ~河 河~ 河原~ 河岸~ 河童~ ~油
油~
~油断 油断~ 治~ 沼~ ~沿う 沿う~ 泉~ 泊~ ~泊っ 泊っ~

「油~」 4171, 45ppm, 2580位

▼ 油~ (871, 20.9%)

15 かけて, 売って 14 塗って 13 流したよう 10 注いで, 注ぐよう 98 さして, 差して 7 つけて, 塗ったよう, 注いだ 6 そそぐよう, ぬって, 絞って, 買いに 5 しぼって, 取って, 絞られて 4 さしに, 持って, 流したやう, 流して, 訪ねて, 買ひ

3 [20件] くれて, さしたり, しぼられた, そそいで, つけながら, ぬり顔, もって, 使って, 切らして, 取つたら宜, 取りに, 含んだ綿, 吸う音, 売つて, 売るの, 搾つて, 敷いて, 注して, 灌いで, 賣つて

2 [46件] かけた, かけられて, さしたよう, しぼられて, そそがれて, そそぎかけました, そそぎかけられて, つけるの, とること, なめて, ぬったよう, ぬったり, ぬりつけ, ぶちまけて, 乞ひ, 倹約する, 充たして, 入れて, 出して, 取つて, 吸う燈心, 塗け, 塗った, 売りに, 小匙, 差しに, 引いて, 捨てて, 搾って, 搾られた, 搾る店, 敷いたとろり, 沸かせと, 注がれたり, 注ぎ火, 滴らして, 用う, 盗んで, 盛つた青春の, 絞られたん, 綿に, 舐めて, 視凝め, 買って, 買ふ, 附けて

1 [533件 抜粋] あげるの, あの人, あびた子猫, あびて, うけて, うっかり踏み滑っ, うったり, うって, うる腕, かけたの, かけた緑玉, かけちゃ, かけちゃあ, かけながら, かけなきゃならねえん, かけぴつたりと刃, かけやがるん, かけられるわけ, かける, かけるそう, かけるよう, かける事, かける神経衰弱, ぎらぎら浮かせ, くみ出して, くれた溝, くれると, こすり落して, こてこてと, こぼしたり, こぼして, こぼしても, こぼすと, こぼすよと, こッてり, ごしごし拭きつけた, さえ差, ささねば, さしいよいよ, さしたもの, さした機械, さした機関, さしてこい, さしても, さしてやる, さして戻る, さしました, さしますね, さし終った, さすやう, さすやら, さすよう, さす折, したたかに, しぼったってね, しぼった小舎, しぼられた上, しぼられた二十四, しぼられた経験, しぼられほう, しぼられるから, しぼられるが, しぼられるん, しぼられる結果, しぼり取った残物, しぼり鰊粕, しぼる道具, しぼる釜, しましたもの, しませながら, しみこませた綿, しみ込ませた石綿板, しめた小舎, すすって, すする音, すっかりなめ, すっかり塗っ, すっかり清水, そそいだよう, そそいだ結果, そそがれた, そそがれたよう, そそぎかけたばかりか, そそぎかけたよう, そそぎはじめたころ, そそぎ火, そそぎ炬火, そそぎ込んだ, そそぐと, そそぐの, そそぐばかりと, その体内, たくさんかけた, たたえ薪, たらしたり, たらして, たるに, ちかうか, つかうだろうかなんて, つかふだらうかなんて, つがず火, つぎこむと, つぎに, つぎやれ女, つけずに, つけたの, つけた事, つけてた, つけてないので, つけなど, つけること, つけ数日間, てかてかと, てらてらつけ, とらるるに, とりおわったとき, とるため, とるの, どっさりかけ, どの位, ながして, なみなみとつぎこんだ, なみなみと入れた, なめに, なめました, なめまわし攪拌機, なめると, なめるとか, なめるもの, ぬいた江戸っ子好み, ぬくぞ, ぬすむつもり, ぬった口髭, ぬりなおさなければ, ぬりはじめる, ぬり下等, ぬり付けて, ぬるぬると, はって, はねとばしながら, ひいて, ひたして, ふきながら, ふりかけて, ぶっかける材木, ぽたりぽたりと, まいたよう, みんな流し, もやして, やめて, ゆっくり拭った, よくぬつ, ウンと, コテコテ塗っ, ゴクリと, テカテカつけたしゃれ, ドン底まで, ナマンと, ハリダースの, ヒシャクに, 一カンずつ, 一升盗ん, 一合かいました, 一杯つけ, 三合借り, 三合盜ま, 下痢には, 不承不承に, 中心に, 二た, 交ぜて, 今注いだ, 付けて, 付けまして, 何かの, 使うから, 使ったか, 使っては, 使用した, 借りて, 像に, 元結で, 入れたの, 入れた石油缶, 入れた竹筒, 入れるため, 入れ小さな, 出さむとするにや, 出しなさいと, 切って, 切ります, 加えたよう, 加えて, 加えること, 加えるもの, 加へる, 去りそれ, 去り仕上げ, 取っては, 取られた, 取られたあげく, 取られたが, 取られたと, 取られたの, 取られた時, 取り出して, 取るに, 取るよう, 取る目的, 取る考, 取替えに, 受けた様, 含めるその, 含んだよう, 含んだ木の実, 含んで, 吸いつくして, 吸い上げた, 吸い上げる音, 吸い燈, 吸った黄楊, 吸つて夏の, 吸ひあげる, 吸ふ, 吹いて, 呑ませて, 呑んで, 商う者, 商って, 嗅いでも, 嗅がなくっちゃ, 嘗めます, 嘗めよったかと, 嘗めよる, 地上に, 塗ったり, 塗った丸坊主, 塗った小さな, 塗った柱, 塗った盆, 塗った革紐, 塗った鬢, 塗つた卯平の, 塗つた鉄の, 塗つた長靴を, 塗つた階子段から, 塗つてあつ, 塗つてみんなほう, 塗つてやつた, 塗つて番頭の, 塗つて置い, 塗つて頬の, 塗らず仮, 塗られて, 塗られるため, 塗りこく, 塗りこくっ, 塗りたり, 塗りつけた宝玉商, 塗りながら, 塗りはじめたその, 塗り付けたです, 塗り付けて, 塗り柩, 塗り猪, 塗ること, 塗るとか, 塗るやう, 塗る抹油式, 塗付けました, 売った, 売ったぞ, 売ったもん, 売ったり, 売った癖, 売っちゃ, 売ってたね, 売ってないで, 売ってると, 売ってるん, 売らねえでたまるもん, 売りになど, 売り夜, 売り蔭口, 売り薄暗く, 売る, 売ること, 売るとも, 売るならば, 売る事, 売る場所, 売る懶, 売る所ぢ, 売る時, 売る時間, 売る者, 少し引き, 工場から, 差した, 差したらば, 差したり, 差した兇暴性, 差しても, 差すの, 差すべきもの, 差す口, 布いた傘, 布いて, 引いたやう, 引いた幅八十フィート, 引きすぎたから, 当も, 得たも, 得て, 得るに, 惜しまれるため, 惜しむなよ, 惜しんで, 懸けられたので, 手の, 手のひらで, 手の平に, 手の甲指額に, 投ずるが, 抜いて, 拭いそうして, 拭いては, 拭き取った, 拵えて, 指し指し, 指で, 振って, 振撒けば, 掛けたよう, 掛けたり, 掛けた様, 掛けて, 掛けないで, 掛けられてるあつし, 掛けるの, 採る話, 揚げるかすか, 揺するよう, 揺るやう, 搾ったとき, 搾られたにも, 搾られて, 搾られないとも, 搾られました, 搾りたかったから, 搾るなどの, 搾る長, 搾ろうと, 攫うよう, 攫ふ, 敷いたよう, 染み込ませては, 毛布の, 汝が, 池の, 沸らせ, 注いだよう, 注いだ炬火, 注がずに, 注がれたる, 注がれた火, 注ぎかけて, 注ぎかけながら, 注ぎつつ, 注ぎつづけた責任者, 注ぎ村民, 注ぎ白百合, 注ぐ, 注ぐこと, 注ぐため, 注ぐもの, 注ぐ一人, 注ぐ結果, 注げば, 注さうと, 注さない, 注さぬ黒髪, 注したと, 注したり, 注した瓦器, 注す, 注す事, 注口, 注込む, 洗い流して, 流しうかべる現今, 流した様, 流した樣, 流した水, 流し込んで, 流す, 流すこと, 流すと, 浮かしたよう, 浮かべたよう, 浴びたよう, 浸しそれ, 深い鍋, 添えさせては, 溶かした黄褐色, 溶きはじめたの, 滲ませた茅花, 滴したら, 滴らしたよう, 滴らすとき, 漂は, 澆ける, 濺いだ, 濺いで, 濺ぐは罪鹿子は, 灌ぐやうにドルフの, 火傷へ, 焚いて, 焦がすよう, 煎る音, 煮たぎらし, 燃やした光, 燃やして, 燈心に, 物言わず吸い上げて, 独占する, 独専する, 甞アめて, 産すべく白く, 用いて, 用いること, 疎外する, 盛りあげた実力, 盛れる壺二つ, 盛んに, 砂上に, 積んで, 竹の, 節約し, 結節に, 絞った, 絞ったあと, 絞ったの, 絞ったもの, 絞られた, 絞られたこと, 絞られたの, 絞られた上今朝七時半, 絞られた形, 絞られた話, 絞られちゃ, 絞られました, 絞られましたよ, 絞られるの, 絞られフト二三年前, 絞り加減, 絞る, 絞るほどの, 綿切れに, 練る香, 罎から, 胃の, 背中や, 自分で, 舐めるやう, 舐める藝當, 船中に, 荏の油と, 落とさなくって, 落としたよう, 蔬菜の, 製しその, 製する法, 見に, 覓め水を, 誘い伊豆, 誘ひ伊豆, 買いました, 買うべく町, 買つた其の, 賣つた歸, 賣つてるん, 賣つてる場所, 賣つて歸, 賣つて歸つた, 賣ること, 足し筆, 踏み滑ったもの, 透かして, 通された髪, 通す手, 運ぶ竹筒, 運んで, 野菜いために, 雑へ, 頭に, 食ふこ, 食用に, 飲んだが, 飽くまで飲んだ

▼ 油~ (635, 15.2%)

42 ような 37 ように 18 やうな 17 匂いが 10 やうに 6 においが, 上を 5 中へ, 匂ひ 4 においを, 中に, 匂いを, 匂を, 球にも 3 ために, にほひ, 匂いと, 匂が, 様な, 様に, 灯が, 瓶を

2 [34件] かわりに, それよりも, なくなった時, 下敷きに, 中で, 凍った時, 匂いに, 如し, 家へ, 小路といふ, 小路とか, 小路に, 尽きて, 汗が, 汚点が, 注射を, 灯影で, 盡きた, 聞き飽いた, 腕の, 腰に, 膜も, 臭いを, 臭が, 臭気を, 艶も, 草履や, 行商を, 鍋に, 頸から, 頸を, 香りも, 香を, 鳩尾の

1 [377件] あと島田の, いっぱい入った, いぶる厭, ういた溝, うつりが, か, かたまりの, かわりには, かんて, ききめは, きついもの, きれたフライパン, きれた戦闘機, きれた機械, きれた歯車, きれた輜重車, こげつく匂, こげつく臭い, ことと, ことも, ことを, こぼれた場所, こぼれて, これ位純粋な, ごとき霞, ごとくそそぐらむ日, ごとくまた, ごとく夕照朱, ごとく明月雲間, ごとく浮きやすい, ごとく溶けるごとくじゃ, ごとく溶けるごとくぢゃ, ごとく滑らか, ごとく白鳥, ごとく笛, ごとし, したたりとの, しみた毛束, しみに, しみは, しみる具合, それの, たっぷりさの, たっぷり付いた, たりない裸燈心, ついた両手, ついた掌, ついた火種, ついた食器洗, ついて, つきかけた破れ行燈, できるまでは, とろ火で, どろどろした, ない赤髪, なお人, なかに, なくな, なまぐさきよごれ, におい, においから, においすらも, においでありました, においと, においに, におい竹の, にじんだズック, にじんだ手袋, にほ, ねっとりと, のった顔, のりが, はいったキナオハウ, はいった皿, はねる高い, ひほひは, ほうに, まざったむっと, みなぎった豚, もえるこの, もえる音, やうにじり, よう, ようだ, ようだった, ようであった, ようです, よう一筋二筋と, よくひかれた, コテ, シミだ, バターを, プンプンする, 一滴の, 七八割は, 三倍も, 並存を, 中にも, 乏しくなった, 乗った大串, 乗った年増ざかり, 乗った所, 乗った肉, 乗って, 乗つた作品が, 乗つた所を, 乗つた歌である, 乗らない沈黙がち, 乗りかけて, 乗りきってる女, 乗りはじめた栄三郎, 乗り出した二月, 乗り切ったところ, 乗り切った頃, 乗り方, 乗るとき, 乗るよう, 乗る奴, 乗る時機, 乗ろうと, 乘つて來た, 乘らぬ, 乾いた蛇目傘, 代わりに, 作用であり, 作用の, 作用を, 価格が, 倉庫が, 値が, 光も, 光りを, 全部が, 凍結を, 出ること, 分は, 分を, 分量を, 切れたほつれ毛, 切れた古, 切れた埃だらけ, 切れた機関, 切れた車, 切れねえの, 加減を, 効力を, 勢力を, 匂い, 匂いじゃわ, 匂いだ, 匂いなんて, 匂いは, 匂いまで, 匂いや, 匂う枕, 匂で, 匂と, 匂ひと紙の, 匂までも, 匂又は, 匂恐怖の, 十分乗った, 反目を, 受け皿である, 口伝秘訣等から, 古樽, 味が, 商売を, 嗅気の, 固まったの, 固まりが, 売り場所だ, 壺などを, 壺を, 多い木, 夥しく漂った, 大樽, 天命じゃろう, 女を, 如きもの, 如き水, 如き汗, 如く主人, 如く平, 如く徒ら, 如く水に, 如く浸む樣子, 如く笛, 如く静か, 小売から, 小売り小まめに, 小川塵埃だらけの, 小瓶を, 小路とかで, 少しわるい, 少なく引かれた, 尽きかかった, 尽きかかッ, 尽きかけ, 尽きた灯心, 尽きた燭, 尽きた行灯, 尽きる直前, 尽くる, 川は, 工場が, 工場だ, 差しやうが, 引いた紙, 引いて, 強烈な, 影を, 御用一切を, 心配か, 悪臭が, 手を, 投げ柴, 料にも, 新しい黄色い長, 方を, 明い光, 明るい光, 条に, 染みたリボン, 染みた背広, 染み込んだ枕木, 染潤んだ, 樣な, 樽が, 気の, 気や, 水を, 氷結する, 汁とだけ, 汚水によって, 汾湧で, 波の, 注入の, 注射だけ, 注射である, 注射によつ, 注射も, 流れに, 流れるやう, 流出が, 浮いたよう, 浮いた様, 浮いた顔, 浮いて, 海の, 海へ, 浸みた紙, 渇いた燭台, 減りかげん, 減少せる, 減量に, 減量につれて, 溜りが, 溶け合はむ, 滑りと, 滲みた燈心, 漏れないという, 漏れる和製, 潤り, 濃い日本女, 濃い染み, 火が, 火光は, 火影に, 火影を, 火蝋の, 火龍に, 灯明が, 灯火で, 炒ける強い, 焔は, 焔を, 煙と, 煙りが, 煤る, 照りが, 煮えが, 煮えるの, 煮える匂, 煮える煙り一度, 煮える音, 煮え立って, 煮立ってる黒い, 燃える音, 燃え尽した師匠家, 燈心を, 燭に, 燭台を, 特色は, 特許權は, 瓶かつぎだされた, 用少なく, 用途価格販路英領加奈陀との, 異臭に, 疲れたやう, 疲れたよう, 痕が, 痕跡が, 皮膜が, 皿を, 目大きく, 磨きで, 禮を, 移り香さへ, 穂先が, 笠を, 細布を, 絵具の, 缶に, 美玄香, 肖像画が, 背の, 腐りかかった悪臭, 腹は, 腹を, 膜の, 臭いが, 臭いに, 臭の, 臭ひでも, 臭気が, 臭気だの, 色を, 芳ばしい匂い, 蒸気圧, 蒸餾に関する, 蒸餾の, 薔薇香は, 蟇である, 蟇哲学の, 表面から, 表面に, 話が, 説明が, 貯を, 貯蔵所を, 趣を, 足りないね, 足りない白ちやけた提灯一具, 足りない連中許, 遊離を, 配給が, 量が, 鍋を, 鑵を, 関係に, 附いて, 雨火は, 零れ工合, 需要減ぜる, 面に, 音の, 音は, 音を, 頬っ, 頬つ, 顔が, 類さえも, 香いが, 香いも私には, 香だ, 香ひで蒸される, 香白粉の, 駅路近く, 高いに, 髪の毛も, 髪油が, 黒く滲んだ, 黒煙が, 黒煙を, 黒髪だの, 鼎の

▼ 油~ (274, 6.6%)

20 乗って 7 のって, 浮いて 5 きれて 4 乗つて, 切れて 3 ついて, 減って 2 あって, しみて, ギラギラ浮い, 塗られて, 尽きたの, 手を, 水の, 燃え尽きて

1 [205件] あったかしら, あったので, あつた, あまりの, ありました, ありますね, あり蟲, あるか, あるから, あるきり, あるだらう搜, いいと, いけないの, いっぱいあった, いわゆる椿油, お土産, かおりましたゆえ, かれの, きいて, きれこの, きれたか, きれたから, きれたの, ぎらぎら浮い, こなれ香ばしく, こぼれるぞよ, ございましたら少々, したたり, しみた髪の毛, しみついたと, ずっと下, たくさん貯え, ぢり, ついたら代, つきかかって, つきて, つく, つや, どろどろ流れだす, ないから, なくな, なくなり黒潮, なければ, なみなみと入っ, にえ立つの, におう, にじみ出て, ぬけるん, ねえよ, ねとねとする, のりかかって, のりはじめ何度, のる, のるという, はいって, はねて, はねるとき, ひけるという, ひどかったり, ふきだしたり, べとつく板, ほしいため, ぼー, まるで無い, むだだ, めを, もうなくなっ, ややも, よく混ざりません, よく落ちる, わき出て, わるくて, ジト, パチパチ刎, ベタベタ顔, 一夜に, 一滴落ちた, 一面に, 丁子油でござん, 上層に, 下滴る, 不足で, 乏しいから, 乗った, 乗ったところ, 乗つたもの, 乗りかけて, 乗りその, 乗りゃおのずと, 乗りわざわざ, 乗り出して, 乗ると, 乗るという, 乘つた樣に, 乘つて來ました, 乘ります, 乘り調子付いた, 二文が, 交ったよう, 付いてるもの, 余りの, 入って, 入ると, 入用だ, 出ないので, 出るから, 切れたら油, 切れたり, 切れたわ, 切れたッ, 切れちゃったん, 切れようと, 利いて, 加わること, 加わるばかり, 勿体ないじゃ, 包を, 双方から, 喞筒の, 堅いの, 塗って, 塗つてあつ, 塗り込んで, 多く柔, 密生した, 少々ふきだした, 少なくなった, 尽きたかな, 尽きたため, 尽きたと, 尽きて, 広く染んだ, 底から, 引いて, 引き裂かれた上着, 張りきって, 強いから, 心細くなりかけた, 必要な, 悪く期待, 惜しいと, 抜けて, 抜けない, 抜けると, 拔けたやうな, 搾り採らるる, 次第にさめ, 欲しいかと, 残って, 水を, 江戸に, 沢山つい, 泌み出し, 波の, 波を, 泣くと, 注がれたよう, 注がれて, 注ぎ込まれた, 洩れ始めた時, 流れこんで, 流れますぜ, 流れ出したる, 流れ始めたでしょう, 流動し, 浮きいっそ, 浮き青褐色, 浮くよう, 浮びあがりそれ, 浮んで, 海面に, 浸みて, 淡黄, 減ったよう, 湧出し, 溶けそう, 溶けて, 滲みついて, 無ければ, 無駄だ, 煮えるの, 煮つまるせい, 熔けわたりしづか, 玉の, 生々と, 着物の, 石油罐に, 穢くした, 絶えず流れ込む, 能く, 膜を, 行き渡って, 被害者の, 買へ, 足りない, 足りないか, 足りない事, 足りなくなったの, 這入って, 鍋の, 長柄の, 非常に, 風の神樣では, 高価です, 鳴る

▼ 油~ (188, 4.5%)

8 いためて 6 揚げて 3 ヌラヌラし, 濡れて, 炒って, 色どられた

2 [12件] いためたの, よくいため, 光って, 光らせて, 揚げたの, 揚げたもの, 汚れたズボン, 汚れた手, 溶解し, 痛めた竹, 艶, 黒くなった

1 [138件] あげた豚肉, いためそれ, いためたもの, いためたロースト, いためてでも, いためないすこし, いためれば, いため蕃茄羹, いため蕃荷菜, いったのに, いったら美味い, かためずに, かためた銀杏, かためて, きれいに, ぎらぎらし, ぐつしよりになつた金次郎の, こてこてに, こねあげたもの, ごちご, さんざ苦しめられ, しずめようと, しみだらけに, すっかり汚れ切っ, それらの, でも, でもあつ, といたヴォガン, といた紅, ぬらぬらする, のばしても, はじきながら, ぴかぴか光つて, ぴったり押えつける, べったりひっついた, べとべとに, まみれて, よごれたよう, よごれた手, よごれて, よれよれに, イタメても, イタメ味を, カラリと, ギロギロの, ニチャニチャする, ヒンやりする, ヒンヤリする, ピカピカ光った, ベットリし, 一番気に入っ, 上げたやう, 二重の, 仕上げました, 光つたリーゼントの, 光つてゐた, 光らせたリイゼント, 光り勤め人風, 制作を, 台の下へ, 名前を, 固めた路, 固めた頭, 固めた髪, 固めて, 塗りこくっ, 塗りわけた人形, 塗り固めた小指, 塗り替え花鬘, 後ろへ, 御飯でも, 手を, 拭いたよう, 拭いた後, 拭いて, 拭き磨いたよう, 拭ふてゐた, 描いた曇天, 描いた風景, 描いて, 描くの, 揚げすまいた鼠, 揚げたやう, 揚げたよう, 揚げたジャガ芋, 揚げた様, 揚げた焼, 揚げた魚, 揚げてたもの, 揚げます, 揚げられかけて, 揚げると, 揚げるの, 本を, 殺して, 気味の, 汚れたヅボン, 汚れたナッパ服, 汚れた所, 波が, 洗ったとき, 洗って, 浴泉圖を, 濡します, 濡らしては, 炒りつけて, 焼いたパン, 焼かれる熱, 煉って, 煮たの, 煮たやう, 煮たり, 煮つめたよう, 煮られるその, 煮られるよう, 煮ると, 煮る火炎, 痛めた古, 痛めた色, 痛めた鐵, 盛んな, 真黒だった, 磨きながら, 穢れては, 綺麗に, 練って, 練固めた, 美しく磨かれ, 變な, 造った蝋燭, 那智と, 防ぎながら, 風景を, 髪が, 黒い火夫, 黒くなっ, 黒光りに, 黒光りの

▼ 油~ (177, 4.2%)

12 をし 10 をする 7 して, のならぬ, をした 6 がならない, がなりません, するな 5 も隙 4 させて, のならない, を見すまし 3 でした, は出, もなく, をさせ, をしない 2 がならぬ, しちや, だつたよ, で, のない, は成らぬ, も何, をしなかつた, を見

1 [66件] からあの, からで御座います, から手文庫, があつ, がありません, がある, ができない, がなく, がなら, が過ぎた, させいよ, させながら, させ拔, したら, してらつし, しました, し過ぎたもの, すな, すなツ, すると, せざる稽古, せば, であ, であつ, でいまいましい, ですぜ, で二枚目, で折角, で矢の根五郎吉, で贋, なきこと, なく取り, なく灯, なく看, なく進取, ならず何, ならぬ人物, ならぬ小僧, ならぬ臣民, ならん人相, なりませんよ, なん, なんねえから, のありし, のあるくつろいだ, のならねえ, のならん, の出た, の極み, の無い, はならない, はならぬ, はなりません, は禁物, もすき, もならぬ, もなりません, も出, も隙間, をさせた, をさせる, をしたら, をするせゐだらう, をせず, をなさず, を作らせる

▼ 油~ (156, 3.7%)

4 急に

2 [26件] いきなり哄笑, いきなり痴川, にやにやし, ふいに, ふくよかな, 二十二歳まで, 伊豆を, 出鱈目な, 変な, 大変好, 失心した, 女詩人だ, 嫣然と, 尚も早速用箋, 悠々と, 振り離し, 母親の, 照れ隠しに, 痴川に, 痴川の, 砂に, 誰よりも, 鏡を, 長々と, 顔の, 驚いた

1 [100件] あの通り, ありましたが, ありますか, いきなり火, うんと入れ, おのずから転変, くすぐったい思い, ここに, ことごとく地上, この競争, ござんせんか, さう, しかつめらしい顔, すこしも, すでに燃え尽し, そう叫ん, その一番好物, その中, どんどんひろがっ, なみなみとし, ほんのわずか, ほんの少し, またテンプラ揚げ, まださらさらと, みんな田の, むっつりし, むつつりし, もう消し, もっと高貴, やや香り, よい油, よくない, キリストにとって, サラダ油か, ジュウジュウと, ヒマワリで, 一文銭の, 七文で, 三の, 亦傾かね, 体温を, 刀剣を, 劇しく跳ね返した, 十文で, 又一しきり, 又一頻り, 口に, 叫びを, 同じだつた, 同時に搾られ, 吾等の, 咽喉に, 外から, 多く大蔵省から, 大丈夫かね, 女の, 容易に, 山中なる, 年額数億トン石炭に, 彼らの, 忽ちの, 怒った, 怒つた, 手首から, 日本橋の, 時々ふきだしたく, 時々ふきだしたくなっ, 更に怖, 未来永劫尽く, 椿の, 樋を, 次第に, 此限に, 死んだ, 残り少く, 殘つてゐる, 決して消え, 浮いて, 浮くし, 激しく跳ね返した, 無味に, 特徴が, 用いない, 砂の, 空中に, 絶えず人, 背中の, 胡麻油の, 良質である, 菜種ゆゑ蝶が, 見えないかね, 見るから, 貴重品です, 蹴られた, 重く泥, 隨つて動かね, 露路から, 非常な, 非常に, 高いし

▼ 油~ (112, 2.7%)

20 を流し 4 が出 3 がたらたら, がわい, が流れ 2 がにじみ出, がにじみ出る, が手のひら, をにじませ, を流した

1 [69件] がぎらぎら, がじとじと, がたら, がにじみ出した, がにじみ出た, がにじみ始めた, がにじん, がねつ, がタラタラ, がネト, が一面, が光っ, が出ます, が出る, が噴き出し, が大きな, が染み出, が染み出ました, が浮い, が浮かん, が滲み出, が滲み出します, が珠, が背, が顔, さえ浮かん, でしとど, といっ, ながして, ながし塵埃, ににじみ, にひたり, のにじみ出る, のやう, の固, の沁み出た, の浸染ん, の滲む, を, をかい, をからだじゅう, をしたたらせる, をしぼる, をじりじり, をだらだら, をにじみ出, をジリジリ, をソッ, をタラタラ, をタラリタラリ, をダクダク, を手のひら, を拭い, を拭う, を掌, を握り, を搾っ, を搾らせ, を搾る, を撫でる, を流され, を流しました, を額, を鼻頭, 拭うてばかり, 拭わんと, 流して, 流しての, 見よ

▼ 油~ (106, 2.5%)

5 火が 3 水を 2 ねちねちと, ほの, 汚れた手拭, 痴川は, 移る嗚呼, 縋りついて

1 [86件] いたるまで, いりて, かきたい心持, かぎると, して, しても, しましてずつ, しみたもの, しみついて, しめって, しようと, しろ蝋燭, ちがいない, ついた塵, つけたって, とつて, なじみが, なじむ, なじんだ鹿皮, なって, なるな, ひたした藁束, まみれたあの, まみれた青服, まみれて, まみれながら, ジュウジュウと, パチパチ刎, 不足の, 交じった水, 交じつた水, 代えて, 会うと, 会ふと, 似た感じ, 似て, 光つてアップに, 光沢を, 入れた由, 和し, 埃が, 埃の, 塗れて, 廻転する, 思も, 成つた手を, 戯れる男, 手を, 打浸り, 揚げ, 揚げて, 染んだ緋, 根気の, 梅花の, 極微の, 汚れたよれよれ, 汚れたハンカチ, 汚れた作業衣, 汚れた博士, 汚れた草履, 汚れた頬, 浸して, 浸しまた, 滑って, 滲みた指, 滲むだ仕事着, 漬けて, 漬け何十遍, 漬け火, 濡れた油屋, 火を, 熱を, 燃えうつった火, 燈心だ, 燈心を, 用は, 画くて, 真黒に, 砂を, 艶を, 芥子と, 軽蔑されき, 軽蔑されきっ, 辷って, 酔っぱらったらしい, 鼻の

▼ 油~ (106, 2.5%)

6 の中 4 を取り上げ 3 の水族館, の油 2 から出た, の入江, の海底, も, を前, を抛り出し

1 [78件] から出, から小, から帰つて, から抜け出, から諸, から零れ落ちた, が晴がましく, が珍品, が邪魔, だの白鑞, です, でも看板, というところ, とし, と燈心草, など, などの写生, などは問題, なもの, なんか何で, にある, になっ, には十八世紀, には灰色, にまつわる伝説, に充分, に入れた, に石油, に移り, に胡麻油, に莢, のついた, のよう, のドロリ, のリンシード, の前, の南岸, の吊り, の嘴, の対岸, の方, の浜辺, の照り返し, の狭い, の蓋, の附近, の風景, はうしろ, はどう, は静か, へ行かう, も切子硝子, も大切, やホヤ, や油甕, をかけ, をくくりつけ, をそこ, をつつむ, を兵馬, を取り, を四つ, を執っ, を投げ, を抛り出す, を拭き, を拭く, を持ち歩い, を持っ, を持った, を振り落し, を眺め, を篏め, を置いた, を見, を警察, を貰っ, を重

▼ 油~ (93, 2.2%)

4 の色 3 にし 2 と大理石, のやう, の上, の写生, の描きたる, の稽古, は金髪, よりも遥, を嫌

1 [68件] かとそ, か何, か水画, がかかり, がかかり出した, がかけ, がテイブルかけ, が渡来, が額縁, こそ絵全体, だった, だと, ではまだ, でよく, とは余程, ともなろう, とを区別, と根本的, にあるは, につき, にてはなけれ, にはマサカ, に児童, に珍, のため, のタツチ, の並んだ, の中, の元祖, の具, の外, の大きな, の掛けてない, の画架, の画面, の画風, の肖像, の額, はいずれ, はそれ, はどう, は六号, は歴史的興味以外, は珍しかっ, は真, へ浮かない, までも描いた, も昔, や南画以外, や図案, や水彩画, をかい, を作つた, を作らせよう, を受取, を始めた, を思い出した, を掲げ, を描い, を描き続け, を搬入, を画く, を眺めた, を習つて, を見た, を覗い, を覗かした, を覗かせる

▼ 油~ (64, 1.5%)

2 ライムジュースを, 一緒に, 塩と

1 [58件] あつた, いう, ぎを, し, したたり, そんなまとまり, たれが, なつて, なりついに, びんつけの, ほこりとで, インキに, カフセルとを, コーヒーの, パンと, 取換えて, 同じベトベト, 呼んだ, 垢とで, 塗香より, 塩で, 塩とで, 宣伝し, 屍とを, 川と, 工場の, 日本画と, 木材の, 植物の, 水じゃ, 水とを, 水苔とだけが, 汗と, 油煙とで, 火の, 灯心とが, 熱き肉, 燃え草, 白粉との, 皿を, 砂糖が, 砂糖とを, 砂糖は, 筍と, 精気が, 紙と, 耕地の, 膠とを, 色元結で, 薬品が, 蝋の, 融け合い清涼, 血が, 違うよう, 限って, 食糧を, 香水で, 鹽とを

▼ 油~ (44, 1.1%)

2 きれて, まだ白い, 尽きて, 血の気ない

1 [36件] あるから, うんとつん, ぐいと胃の腑, こぼれないよう, そちが, ついて, つけて, つけねば, とうすみ, とうの, ないので, なくなって, なめに, ねいから, みんな食糧として, 一番上から, 乗りきつ, 凍るか, 売つて, 売るという, 少しは, 尽きなかつたといふ, 尽き候, 必要だ, 悪い, 搾られる, 残って, 注さずに, 熱も, 燃えて, 糸芯も, 綿も, 買いたい, 附けない蓬, 食べ尽したため, 高くて

▼ 油~ (35, 0.8%)

2 元結なぞを, 孤踏夫人や

1 [31件] それから焼, マッチは, リスリンを, 何かの, 刷毛で, 剃刀や, 南京袋の, 恐怖の, 果実が, 柴などが, 柴を, 櫛や, 水彩など, 水彩の, 水苔を, 流れて, 炭塵を, 焚きつけの, 煤煙を, 盡きし燈火の, 米なども, 米の, 細かい粉, 綿が, 荒物を, 酢で, 金錆に, 長い爪, 電気や, 香水の, 鬢付けの

▼ 油~ (33, 0.8%)

4 の鶴屋 2 の本宅, の橘屋

1 [25件] から右, から通町, でした, では大宮さま, というところ, というの, との間, と小伝馬町, と通旅籠町, に一軒, に住ん, に法律家, の京屋, の加賀吉, の向う側, の地本問屋蔦屋重三郎, の大通り, の紙問屋, の紙問屋橘屋徳兵衛, の耕書堂, の若旦那, の辻新, の鉾出車, へかけ, へもっ

▼ 油~ (28, 0.7%)

6 の下 5 が燃え 2 の光さ, の光り, の燈台

1 [11件] が一つ, が一般, には遠い, に替, に替え, のお, のかすか, の光, の消える, はをやみ, ばかりが残つた

▼ 油~ (28, 0.7%)

3 のやう, の額

1 [22件] が出, で紫, にでもあり, になり, にもかう, に心, に樣, の出來, の口繪, の夕日, の大額, の筆, の西洋風景畫, まが, やら大きな, や屏風, や水彩, を挂, を掛け, を書いた, を習, を評したる

▼ 油じみた~ (26, 0.6%)

3 台箱を

1 [23件] のを, ぼうしを, ハンカチーフです, ブラウスが, 上っ張りを, 古い布団, 女の, 工作場が, 庖丁が, 斧と, 服を, 桐箱を, 汚み, 皮膚の, 着付を, 硝子管を, 職工服を, 蒲団掻巻に, 襟元を, 販売所の, 顔の, 髪が, 髪の

▼ 油だらけ~ (20, 0.5%)

5 になっ 2 にし, になった, になつた所 1 な同勢, にした, になる, の上下続き, の新聞紙, の梯子, の機械, の職工, の菜っ葉服

▼ 油~ (18, 0.4%)

4 気の 2 気なし, 濃いもの 1 くさいおくび, 手を, 気が, 濃いだけの, 濃いの, 濃いトロ, 濃い味, 濃い感じ, 濃くでくでく, 濃く炒めた

▼ 油御用~ (18, 0.4%)

2 のこと, を取り上げ

1 [14件] が下りる, が何家, のほう, の一件, の株, の議題, はお, は永続的, をお, を一手, を仰せつかる, を伊豆伍, を廻さぬ, を言いつける

▼ 油でも~ (17, 0.4%)

2 塗って

1 [15件] しぼりあげるよう, つけさえ, ないアルコウル, なめるの, 含んだよう, 嘗める圖, 嘗めんこと, 売り出すの, 少し滴らし, 構わん, 流しこんで, 用いないと, 白檀油でも, 舐める娘, 買って

▼ 油売り~ (17, 0.4%)

1 [17件] から身, と名, に出かけ, の庄五郎, の正体, の油, はひと月, は多額, は大きい, をお, をし, を待ちかねる, 半分の, 半田の, 専門と, 松並荘九郎が, 横着者で

▼ 油くさい~ (15, 0.4%)

2 庖厨の

1 [13件] きれを, そして呉越, でしょう, ニヤニヤ笑いやめない, 匂を, 嗄れ声, 天ぷらに, 天ぷら蕎麦を, 島田の, 松さんの, 煙の, 煙を, 葉っぱ服に

▼ 油橋さん~ (14, 0.3%)

8 のところ 1 にスピルトーフカ, に会っ, の妻君, の空部屋, の細君来, をさそっ

▼ 油~ (14, 0.3%)

2 の中

1 [12件] が盃, でも石皿, には燈心, にも塵, に入っ, のそば, のついた, の心像, の灯, の燈芯, はとく, を何

▼ 油~ (13, 0.3%)

1 [13件] でくるんだ, でつくったらしい, に包ん, のかかった, の上, の包, の小包, の支那服, へ分銅, をもっ, を張った, を担わせ, を持った

▼ 油~ (13, 0.3%)

2 の光

1 [11件] が出, が部屋, で照らされた, で照明, のみなり, の前, の灯, の灯かげ, はなんぞに怯え, をおい, を差出した

▼ 油~ (12, 0.3%)

2 こいの, 氣の 1 こい光つた化粧, こい葉, こくて, ぽく澱ん, 気が, 気の, 気も, 濃いもの

▼ 油臭い~ (12, 0.3%)

1 [12件] の, のが, ものに, ような, ナッパ服が, 二つの, 凍豆腐かと, 匂ひ, 叺の, 焼米の, 臭氣が, 蒲団の

▼ 油とを~ (11, 0.3%)

2 買うて 1 わきまえない清, 取りに, 合すれ, 含む賄料, 工面した, 授かつて, 積みて, 買ひと, 買ふ

▼ 油倉庫~ (11, 0.3%)

4 の火事 2 の火事場 1 にいた, にご, に起った, の火災現場, ノ中

▼ 油学士~ (11, 0.3%)

2 の奴 1 がいや, であります, の自尊心, はかねて, ははっと, は前後左右, は反対, は急, は猿

▼ 油~ (11, 0.3%)

2 の稽古 1 がある, が三色版, ではやや, と掛け, にあるは, に行つた人, のタツチ, の中間, の梅

▼ 油~ (11, 0.3%)

11 ひに

▼ 油~ (10, 0.2%)

31 ほりて, バタの, 何か, 何かを, 淀は, 濡れたもの, 煙硝かの

▼ 油~ (10, 0.2%)

2 のうち 1 が設け, に火, の外, の陰, をもっ, を引いた, を張り, を払っ

▼ 油じみ~ (9, 0.2%)

1 ていた, て黒い, て黒かっ, て黒光り, と焼けこげだらけ, のつい, のできた, の停車場, 易いクリーム

▼ 油~ (9, 0.2%)

1 からこん, と言われし, な, のが, のを, まりを, よ, んを, 事よ

▼ 油地獄~ (9, 0.2%)

2 にもならず, の中 1 だなんて, でむかしキリシタン, とも云, のそれ, の舞台面

▼ 油~ (9, 0.2%)

1 がつい, がつけっぱなし, でなく化学的, とは異う, などが乱雑, のくすぶる, のほう, の菜種油, の赤い

▼ 油とうや~ (8, 0.2%)

6 の若 1 といつ, の先代

▼ 油~ (8, 0.2%)

3 で転んだ 2 というの 1 と聞きました, の石段, は転ん

▼ 油差し~ (8, 0.2%)

1 だという, として労働, に出掛け, の戸塚, の男, は動揺, を引っ, を貰う

▼ 油引き~ (8, 0.2%)

3 が一番, をやつ 1 の廊下, をし

▼ 油菓子~ (8, 0.2%)

1 の仕入れ, は鼠, やげんこつ, をかじり, をひとつ, をぼりぼりかじっ, をまた, を一本

▼ 油~ (8, 0.2%)

3 のやう 1 とくとごろうじ, の香, をつけ, を出し, を塗り

▼ 油~ (8, 0.2%)

1 が木肌一面, でしたが, のやう, の一族, の湧く, の無闇, の防ぎ, を挾んだ如く

▼ 油あげ~ (7, 0.2%)

1 の香, をさらっ, を売り歩い, を殊に, を沢山買, パンを, 二枚かって

▼ 油など~ (7, 0.2%)

3 水へ 1 あるわけ, 並びたり, 料理の, 莫大だ

▼ 油~ (7, 0.2%)

2 の首 1 だの肉屋, に衝当つて, の鈴, 実は伊留, 老いた研屋

▼ 油~ (7, 0.2%)

1 である, にてよく, にぶつ, のならんでる, は持たで, をのせ, を地

▼ 油~ (7, 0.2%)

5 のない 1 が失せ, なしの

▼ 油~ (7, 0.2%)

1 のおもしろ, を取上げ, を掘り出し, を花器, を花生, 好い取組, 如き微

▼ 油絵描き~ (7, 0.2%)

2 はパリ 1 だつたな, です, にし, の日常生活, の田所金次

▼ 油買い~ (7, 0.2%)

2 に酢買い 1 にも出なくなった, にも行き, に出た, に茶買い, に行く

▼ 油ひき~ (6, 0.1%)

3 に大人三人前 2 なんぞ百人前 1 になんぞ百人前

▼ 油~ (6, 0.1%)

2 入れると 1 木タールを, 水を, 火が, 火の

▼ 油~ (6, 0.1%)

1 が冷, の上, の端, も和紙, をしいて, を敷詰め

▼ 油時計~ (6, 0.1%)

1 が一時三十分, が何故, が置かれ, に零時, や火繩時計, を指

▼ 油~ (6, 0.1%)

1 がはじけ, が見世奥, に気, に火, に燃えつき, を割り

▼ 油~ (6, 0.1%)

2 を楽しみ 1 が湛えられ, が用意, と納涼室, をエレオテジウム

▼ 油かけられた~ (5, 0.1%)

5 資人は

▼ 油くさく~ (5, 0.1%)

2 て食えない 1 てもてあます, て気の毒, ない天ぷら

▼ 油です~ (5, 0.1%)

21 かええ, からこいつ, ネ

▼ 油では~ (5, 0.1%)

2 うれん草 1 あるまい, ないまるで, 感心できない

▼ 油なら~ (5, 0.1%)

1 一滴橙皮油なら, 上等の, 上等のが, 半滴, 小匙

▼ 油なんか~ (5, 0.1%)

1 うって, けっしてぬってない, こぼして, 一滴も, 附けて

▼ 油まで~ (5, 0.1%)

3 庭の 1 きっちり半分, 胸が

▼ 油を以て~ (5, 0.1%)

1 するとは, それを, 如意を, 拭い黒色形, 火を

▼ 油会所~ (5, 0.1%)

1 の外交役, の手代, の手代時代, を建て, を閉じる

▼ 油光りし~ (5, 0.1%)

2 てゐる 1 てそうして, て唇, て顎

▼ 油切った~ (5, 0.1%)

1 あくの, 彼の, 所が, 皮の, 農夫との

▼ 油~ (5, 0.1%)

1 のブリキ, の中, の油, は瑠璃色, をとりあげ

▼ 油~ (5, 0.1%)

1 がし, に呼んだ, に必要, はその間, を行う

▼ 油~ (5, 0.1%)

1 か何, とを観, もまた, や硝子会社, を観せ

▼ 油~ (5, 0.1%)

2 を拭い 1 をしるし, を拭く, を洗い

▼ 油濃い~ (5, 0.1%)

1 ものから, ものが, ものの, 灰と, 魚の

▼ 油煎り~ (5, 0.1%)

1 にし, にする, になる, の計, も遠く

▼ 油~ (5, 0.1%)

1 から洩れる, がある, であると, は岩塩油田, 探しの

▼ 油~ (5, 0.1%)

2 の庇 1 が建ちなら, のほう, の壁

▼ 油雑巾~ (5, 0.1%)

1 でこすり, で拭いた, といっしょ, をだしっぱなし, をつかい

▼ 油から~ (4, 0.1%)

1 とった喘息, 吉田に, 手繰りだして, 烟が

▼ 油ぎって~ (4, 0.1%)

1 どんよりと, 汚れた金槌, 濁って, 禿げた頭

▼ 油さえ~ (4, 0.1%)

1 あったり, ままならぬ, 含まず白く, 売りに

▼ 油さし~ (4, 0.1%)

1 がうつ伏せ, つぐくすし, やその他, 失恋の

▼ 油だの~ (4, 0.1%)

2 一面に 1 毛皮だの, 羽ぼつたい

▼ 油みたい~ (4, 0.1%)

1 なにおい, なもの, な脂, な色

▼ 油もの~ (4, 0.1%)

1 の好き, は油, を食べぬ, 茶飲み茶碗は

▼ 油やら~ (4, 0.1%)

2 元結やら 1 懐中鏡やらの, 懷中鏡やらの

▼ 油光り~ (4, 0.1%)

3 のする 1 がし

▼ 油問屋~ (4, 0.1%)

1 でございましたへ, で華やか, の古い, の註文

▼ 油~ (4, 0.1%)

1 が剥がれました, を剥ぎました, を引つ, を掛けた

▼ 油尽き~ (4, 0.1%)

1 て影, て火, て灯火, て灯自ら

▼ 油~ (4, 0.1%)

3 町の 1 町手拭地職

▼ 油~ (4, 0.1%)

1 と来, なら出来やすが, のやう, は沸

▼ 油渡世~ (4, 0.1%)

2 のほう 1 をし, をもはじめた

▼ 油~ (4, 0.1%)

1 がむせる, が絶えず, で燻ぼってる, の灯

▼ 油~ (4, 0.1%)

1 としてあらためて, も残っ, 熊の, 鋸引きに

▼ 油蹈天~ (4, 0.1%)

1 か, のやつ, は大任, をはるばる

▼ 油~ (4, 0.1%)

1 に火, のなか, の中, へ火

▼ 油~ (4, 0.1%)

1 の發火, の配給, もいい, を扱っ

▼ 油あせ~ (3, 0.1%)

1 がたれる, を感じた, を拭きつけた

▼ 油しぼり~ (3, 0.1%)

1 て幸, の小屋, 小舎も

▼ 油じん~ (3, 0.1%)

1 だ浅黄, だ燈盞, でゐる

▼ 油つけ~ (3, 0.1%)

1 てそれでも, もつけない, をつけた

▼ 油でない~ (3, 0.1%)

2 方の 1

▼ 油という~ (3, 0.1%)

1 のは, ものだ, ものは

▼ 油とか~ (3, 0.1%)

1 積んで, 肌色白粉とか, 脂肪とか

▼ 油とが~ (3, 0.1%)

1 塗られるだろう, 太平洋一杯を, 染み込んで

▼ 油との~ (3, 0.1%)

1 匂が, 境界面については, 連想的関係が

▼ 油などの~ (3, 0.1%)

1 産物は, 雑用の, 雜用の

▼ 油などを~ (3, 0.1%)

2 呼吸する 1 搾って

▼ 油には~ (3, 0.1%)

2 それが 1 大いに注意

▼ 油ばかり~ (3, 0.1%)

1 お前の, ウンと, 用いると

▼ 油びかりする目くら縞~ (3, 0.1%)

3 の筒袖

▼ 油ヶ壺~ (3, 0.1%)

2 の断崖 1 のすぐ

▼ 油切っ~ (3, 0.1%)

1 ている, て濃い, て真

▼ 油坊主~ (3, 0.1%)

1 で鉄板, と云う, のよう

▼ 油~ (3, 0.1%)

2 の焼ける 1 の炎熱

▼ 油漬鰯~ (3, 0.1%)

1 で一献, で一献献上, の工場

▼ 油画具~ (3, 0.1%)

1 がもう, など弄び居, やカンヴァス

▼ 油~ (3, 0.1%)

1 の所持者, は申す, を用

▼ 油綿~ (3, 0.1%)

2 を縛つたの 1 を取出す

▼ 油~ (3, 0.1%)

1 に熟し, も一れつ, や喪神青

▼ 油~ (2, 0.0%)

1 さして掃除, 売りやした

▼ 油いじり~ (2, 0.0%)

1 が商売, をする

▼ 油いため~ (2, 0.0%)

1 にキザミ葱, を食べ

▼ 油かすり~ (2, 0.0%)

1 て, て宵寝

▼ 油ぎった水面~ (2, 0.0%)

1 になお, に河底

▼ 油ぎった顔~ (2, 0.0%)

1 と厚い, をさし出し

▼ 油ぎった顔色~ (2, 0.0%)

1 の悪, の男

▼ 油ぎつたつやゝかさを~ (2, 0.0%)

2 保つて

▼ 油ぎつた顏~ (2, 0.0%)

1 が茶色, をし

▼ 油けの~ (2, 0.0%)

1 ない水髪, なくなった髪

▼ 油けも~ (2, 0.0%)

1 なきいた, なく束ね

▼ 油こそ~ (2, 0.0%)

1 実に実にただごと, 惜しけれしかる

▼ 油これ~ (2, 0.0%)

1 がよい, もありったけ

▼ 油ごとき~ (2, 0.0%)

1 一時的の, 板と

▼ 油じゃ~ (2, 0.0%)

1 なくて, ねえか

▼ 油すこし~ (2, 0.0%)

2 浮く

▼ 油だけが~ (2, 0.0%)

1 出る油田, 湧き出す油田

▼ 油だる~ (2, 0.0%)

1 をいくつ, をなんで

▼ 油つこい~ (2, 0.0%)

2 日光の

▼ 油つぼ~ (2, 0.0%)

2 があっ

▼ 油であった~ (2, 0.0%)

1 にすぎない, のである

▼ 油でしょう~ (2, 0.0%)

1 かね, ね

▼ 油として~ (2, 0.0%)

1 売って, 役立つもの

▼ 油とで~ (2, 0.0%)

1 顔面が, 黒くなっ

▼ 油とは~ (2, 0.0%)

1 よくうつる, 彼等を

▼ 油~ (2, 0.0%)

1 のだ, のである

▼ 油ながれ~ (2, 0.0%)

2 て日

▼ 油にて~ (2, 0.0%)

1 あげたるを, 清められたる吾等

▼ 油にとって~ (2, 0.0%)

1 厳たる, 甚だ痛かっ

▼ 油びたし~ (2, 0.0%)

1 の雑巾束, の鞠

▼ 油むし~ (2, 0.0%)

1 というそう, をやった

▼ 油もうけない~ (2, 0.0%)

1 で, で死ん

▼ 油もて~ (2, 0.0%)

1 すべな, 艶麗の

▼ 油をば~ (2, 0.0%)

2 いまひとた

▼ 油カス~ (2, 0.0%)

1 みて, やって

▼ 油タンク~ (2, 0.0%)

1 は火勢, や飛行機

▼ 油一人~ (2, 0.0%)

2 は微塵

▼ 油一升~ (2, 0.0%)

2 こぼした

▼ 油五合~ (2, 0.0%)

1 が二十四文, で一百文

▼ 油~ (2, 0.0%)

1 も炭代, を得る

▼ 油会所時代~ (2, 0.0%)

1 に水戸, は椿岳

▼ 油元結~ (2, 0.0%)

1 といふやう, によつて髮

▼ 油光りさせ~ (2, 0.0%)

1 て老, て酒

▼ 油入り~ (2, 0.0%)

2 の燭台

▼ 油又は~ (2, 0.0%)

1 下水その他の, 下水溝の

▼ 油商人~ (2, 0.0%)

1 でございますが, なん

▼ 油囀り~ (2, 0.0%)

2 の最中

▼ 油~ (2, 0.0%)

1 が溜っ, に汚れ

▼ 油~ (2, 0.0%)

1 か, で刷

▼ 油布張り~ (2, 0.0%)

1 の固い, の扉

▼ 油斷大敵~ (2, 0.0%)

1 だの燈臺下, でせ

▼ 油~ (2, 0.0%)

1 に真黒, を着

▼ 油染んだ~ (2, 0.0%)

1 枕の, 髪を

▼ 油~ (2, 0.0%)

1 などの生々繁茂, や松

▼ 油~ (2, 0.0%)

1 で止まる, のさいくん見舞

▼ 油~ (2, 0.0%)

1 とこの, の上

▼ 油漬け~ (2, 0.0%)

1 にし, の藤蔓甲

▼ 油濁る~ (2, 0.0%)

2 とも

▼ 油濃く~ (2, 0.0%)

1 ないから, 執拗く

▼ 油~ (2, 0.0%)

1 が上がっ, が時

▼ 油熬る~ (2, 0.0%)

2 蝉の

▼ 油町側~ (2, 0.0%)

1 では憲法発布, にぞくした

▼ 油画師~ (2, 0.0%)

2 は必ず

▼ 油~ (2, 0.0%)

2 に美濃紙

▼ 油~ (2, 0.0%)

1 とを馬車, ばかりと悪口

▼ 油絵かき~ (2, 0.0%)

1 にならなかつた, は中

▼ 油繪具~ (2, 0.0%)

1 をこぼした, をつかひたい

▼ 油臭く~ (2, 0.0%)

2 立働いて

▼ 油~ (2, 0.0%)

1 があつ, とも限るまい

▼ 油陽照り~ (2, 0.0%)

2 の八月

▼ 油香水~ (2, 0.0%)

2 痒ゆき

▼1* [362件]

あかでよごれ, 油あるこーる, 油いためしたものを, 油うく線路の, 油うつて下さい, 油かすを入れ, 油かなと思った, 油かみなどうり候, 油かやの油, 油かワニラの, 油がとぼりきれたの, 油がにぢんだ, 油ぎった大年増, 油ぎったくちびるをぬぐい私はやみ, 油ぎったどろりとした水が波紋一つ, 油ぎったふとった赤い顔, 油ぎった中年増でありました, 油ぎった何とも云われない, 油ぎった処いかにも内君, 油ぎった塊りの, 油ぎった後家さんとその, 油ぎった横皺が生じ, 油ぎった水が洋々, 油ぎった汚水を眺め, 油ぎった泥濘が街灯, 油ぎった海の上, 油ぎった皺をよせ, 油ぎった鼻の頭, 油ぎってねちねちしてきたがそれと共に一つ二つ蓮, 油ぎってる黒い顔, 油ぎってニチャニチャする様, 油ぎって色も黒く, 油ぎつた眩しい空, 油ぎつた二つの目, 油ぎつた光にみたされ, 油ぎつた惡黨としてつまり, 油ぎつて光る, 油ぎらせるほど調子づいて, 油ぎりたる葉を誇らむか, 油けがぬけて, 油さしも来やしない, 油さし商売は嫌, 油しぼられてプンプン, 油しめといっ, 油しめ木の音, 油む末黒の, 油じみし櫛笥の, 油すなわちオリーブ油を, 油そそがれたる者の, 油残るほと, 油たるや充分, 油だったら三百デナリも, 油やある, 油っけのぬけたやつ, 油って燃えるもの, 油っぽすぎる, 油っぽい形の, 油つきて火, 油つり道具まんいちの, 油づけの百足, 油であえたものです, 油であるから税, 油でかくというよう, 油でござんすか, 油でさえ二メートル平方の, 油でなくっちゃあそう, 油でなければとてもこう, 油といふやうな, 油としては行燈の, 油どうした, 油ながしの雫, 油なき社会は, 油なければ即ち, 油なしに発動機, 油なすありけむ, 油などが入れて, 油などについて彼は, 油などのにほひの, 油なども是非あがった, 油なめ小僧といふの, 油ならぬ溜飲下げの, 油なりけん, 油なんぞを売るもの, 油なんてものは, 油について何らの, 油にまで持ち込んで, 油にも見覺, 油によって絵具が, 油に関する口伝秘訣等が, 油ぬりいとしさ, 油ねえど, 油のみ汗に, 油のみにて味を, 油はくすぐつたい思ひ, 油はしかつべ, 油貰つてくるんだ, 油ひなの, 油ひきたる物燃ゆれ, 油びかりしだした丸い顏, 油びんをぶらさげ, 油または漆を, 油やけした紙, 油やったっけ, 油よごれの水, 油ゑのぐをいぢるものはもでる, 油ゑの具の錫筒, 油をかへてきりだしの, 油をのんで, 油をも絞りました, 油ウンケンか何ん, 油カンパン煙草といったよう, 油臭い匂い, 油ッ粕はあんまり, 油ッ紙へ触る, 油こい長靴, 油ツ気のない, 油ニ葷素ノ別, 油バタ砂糖玉川関は色々, 油ヘアネット摺り硝子の扇形, 油ボロを芯, 油ワニス等は更に, 油一合買って, 油一盃呑んだらきかぬと, 油一粒の米, 油一貝買ったこと, 油三両ばかり薪四両二分, 油のアンスラニル酸メチルエステル, 油ける火盞, 油今宵の用, 油付させ握飯ほど, 油何斗布何反と決った, 油供給所がある, 油倉庫出火事件それにいま, 油元助である, 油元助家先生有詩次韻賦呈, 油光りしだした顔を, 油光りなのです, 油変圧器が, 油入漬物入等より筆筒, 油共に三圓といふ, 油つた農夫, 油切ってるからうまく, 油切つた彼の動物, 油切つて眞圓い農夫, 油切りや幾つ, 油匂油の中, 油此で, 油でも, 油反物筆墨小間物菓子瀬戸物履物類その他の日用品, 油反物筆墨小間物菓子瀬戸物履物類その他日用品一切がきちんと, 油とも名づけ, 油取り扱いの注意, 油合羽を着, 油吹き出すやうだら, 油味噌の豆, 油味噌塩醤油薪炭四季折々の, 油商売のほか, 油問屋越前屋治兵衞の内儀, 油固めの小さい, 油坂のか, 油に油, 油塗りの木塀, 油に調え, 油塩砂糖日頃こういうもの, 油墨あざやかに現われました, 油をもっ, 油売りしたり実, 油売りだったんだ, 油売りであったり武者修行, 油売る声遥なり, 油売豆売老人酒一杯で寝る, 油壷予に見せい, 油壺しんととろり, 油壺ホテルで昼飯, 油壺一ぱいの椿油, 油壺七輪のよう, 油壺斯ういふ, 油壺油瓶でも積ん, 油壺綿だの布, 油も, 油好して而, 油子苗の条下, 油の薬, 油容器の内側, 油小屋などよりによって, 油尽きしものか, 油尽きたるランプの, 油尽きぬいかんせん, 油布巾で戸障子, 油布張の屋根, 油布脂柴などを壮丁, 油幾んどすたれ石油一般, 油からの火災, 油座銅座絹座魚座材木座などの問屋経済, 油庫船の着い, 油し更に, 油引いて兜, 油などを仮, 油御用下命の吉報, 油御用精励でお上, 油徳利と云った, 油必要なり, 油或はせるろ, 油手間等大仕掛, 油拡散ポンプなどはもちろんまだ, 油掛けてんべな, 油掛地蔵といっ, 油探しいだして同じく, 油接骨木花水沈降硫黄そうして闇夜, 油木の, 油散りたり, 油斷出來ないよ, 油日照の四辻, 油かに後日, 油時計そのものが頗る, 油に聞い, 油木椀に木匙, 油朱燈心火尖は, 油枯れ柴など, 油などの危険物, 油柴硝薬などが轟々と, 油です, 油桶ソワカを唱え, 油椰子水椰子酒の採, 油楊枝の類, 油権勢の油, 油樽みたいなもの, 油樽等を燃燒す, 油橋さんコニャックを四五杯, 油橋さん二人の細君, 油氣沸騰して, 油汗かきに行く, 油汗それぐらいしか書けない, 油汗ふきふき平身低頭, 油汗拭はむと, 油江口まで陣, 油河さんの細君, 油注ぎの男, 油注ぐ者の, 油流れる血踏みのめらかし踏みすべらかし, 油浸しにした, 油を採りつくされた, 油をやる, 油滲んだ手を, 油を眺め, 油漬ハムチーズクラッカー肉パイ幾種類ものパン, 油濃きものは, 油瀝青の波, 油火一つの神秘的, 油火蝋燭を禁じた, 油灯火の光りで見る, 油食之, 油炒めその他何でも, 油炒めであるがジャガ薯, 油で塗った, 油がある, 油烟斎貞柳が, 油無しのばさばさ, 油煎されるように, 油照手も顔, 油煮ずゐきの白ごま酢, 油燈等を置き, 油をとる, 油両篇, 油をぶり撒け, 油でも積ん, 油のあいだ, 油町あたりの呉服商, 油町寄りに路地, 油町新道の旗亭若菜屋, 油町方では井筒, 油町田所町長谷川町富沢町と横筋, 油町辺りの子供, 油町通りに列, 油町通塩町とつらなった, 油町通塩町横山町と北, 油画かきだわ, 油画排斥にもあらず, 油画版画とか石版, 油画肖像を看板, 油畫二幅を懸け, 油畫師は必ず, 油疱瘡で死んだ, 油絞油, 油白粉の淵, 油白粉襟垢の香, 油皮肉臓腑などを計算, 油皿一本燈心の明り, 油皿油壺斯ういふ, 油皿鰊皿であらう, 油に見すくめられ, 油だ, 油磨きをかけ, 油などを投げかけ, 油祝いというの, 油のあい, 油をひく, 油や振り, 油紅白粉から一切, 油納めの者, 油縁類広ければ, 油縁類廣ければ, 油繪三千里の行脚, 油繪描でも西洋人, 油繪畫家も喜ぶ, 油を踏み台, 油肥りの生活, 油膏薬がベトベトダラダラ, 油の手, 油坊主だの, 油のまま, 油の生地, 油苦扁桃油接骨木花水沈降硫黄そうして闇夜, 油茴香水を採録, 油薪炭は燃焼, 油薬繃帯などのため, 油を塗つて患部, 油蚊遣の類, 油蚊遣香までも商っ, 油蟲南京蟲鼠の族, 油製造につかった, 油がころび, 油買つて進じよ, 油買途中例によつて, 油費えでさ, 油賣りに來, 油蹈天学士が待っ, 油蹈天氏がその, 油軽油を動力, 油近くの面白い, 油週間の始, 油醤油などを買う, 油野菜などの大膳寮用, 油野郎みんみん野郎, 油は, 油の中, 油鈴独鈷三鈷五鈷その右, 油鍋等の裏, 油紙を, 油雑布で拭きあげた, 油が湧き出で, 油靴下針と糸, 油頁岩は贅物, 油頁岩層を三四丈, 油で鼻, 油で鼻, 油類倉庫に忍びこみ, 油飲むやおま, 油飲んで床, 油を配り廻り, 油を追い慕っ, 油香水化粧品いろいろと, 油駒村同國靜内郡有良村マブタ山, 油よ宵, 油鰭よみがくれ, 油鹿角鳥羽の類, 油を塗布, 油黄白の油, 油黒髪の, 油黒髮の, 油に置く, 油の側