青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「来り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~来た 来た~ 来たら~ ~来ない 来ない~ ~来なかった ~来ました 来ました~ ~来ます ~来よう
来り~
~来る 来る~ ~来れ 来れ~ 来年~ ~杯 杯~ ~東 東~ ~東京

「来り~」 1731, 17ppm, 6620位

▼ 来り~ (449, 25.9%)

8 これを 7 之を 3 妾に, 昼見えず

2 [18件] うれしけれ黄, かなたの, わが脈, 井を, 余に, 光る物, 全集第, 天の, 宿す, 山下を, 彼は, 此浦佐に, 海野の, 膝を, 自家の, 茶を, 踏板の, 飯を

1 [392件] あはれあはれ鴛鴦の, あらずと, あらぬさま, いたくよろこべり, いつしか長崎奉行, いふやう, いますよう, おのれが, お辰様, かの玉手箱, かの説話中, ここに, この家の子, この寂しき, この座敷, この様, この母子, すゝむ, そこらに, そっと注意, その一座, その丘, その外套, その妻, その室, その家, その年, その庭, その役目, その界, それから世, それとなし, それを, ち, とまるべき樹, ともに詞, はたらきぬ, はらりと舞台, むしばめるわが, ゆうべは, よく土, よりよりと, よりわれ, より昔ゴーティア人, よろづ, わが塔, わが足下, わが身心, わが面, われとともに, ゐしか, シッカと, スケッチなど, ノルウェー産の, 一々懇, 一夜悲悼に, 一家狂する, 一戦志共に, 一枝の, 一泊, 一礼す, 丁寧に, 七つの, 七万余騎の, 七年の, 七月三日丸の内なる, 三日間わが, 下谷は, 不解, 且つ去る, 世に弘まり, 中る丸, 久しく看ざりし, 九時三十分といふ, 乳を, 乾に, 予の, 二つに, 云ひける, 互市を, 亡児の, 交迭は, 人を, 今にも降り, 今は, 今や支度, 今日は, 今日初めて, 仏に, 仏前に, 以て, 以太利の, 伴へる, 何か, 何方へか, 余の, 余りに厳しく, 俳句に, 倒れたる庭木, 候ものかな, 偏奇館書斎を, 兆域に, 先ず飲食, 先日送られ, 先生と, 先生との, 先生の, 光浴む一人は, 入つ, 全地, 其傍に, 其父母妻子兄弟姉妹己が, 其説法を, 其跡を, 内を, 再汝, 再渡す, 冷気習, 切に運動, 前日の, 劇しかりし, 十分油断し, 卓の, 南側の, 去らぬ羽虫あはれむ, 又幾度, 又蔵, 友を, 叫ぶ, 吾と, 吾は, 吾右軍と, 吾論決を, 告げ, 呑まして, 味稲と, 咬み鳴らす事糸, 啄む姿, 問いける, 善後策を, 嘲れども, 噛むに, 四年の, 四方八方の, 四方山の, 四時すぎ迄, 国民に, 国民の, 国民を, 垢を, 垣根に, 執わ, 夕方まで, 夕暮近く, 多くは, 夜ごとに, 夢覚め知る, 大仙人, 大氷山, 大海を, 天下の, 天地など, 奉ったと, 妻と, 始めてこの, 始めの, 婬を, 家や, 寄稿を, 密かに, 寧静なる, 小児を, 小刀にて, 小屋の, 山吹の, 巌益高く, 巨人の, 己が, 市中昨夜の, 帝王も, 帝都に, 幕政を, 幹に, 庭に, 庭を, 形の, 彼が, 彼と共に, 彼を, 彼此に, 彼等の, 彼等吏員と, 往々に, 御伽仕るべし, 御笠, 微細に, 心ある, 心こめし, 忘るべから, 怒鳴り散らすやう, 悔しく思し召し, 悩ませども, 意外なる, 愛慾の, 慇懃に, 慰問を, 憤激の, 我がため, 我と共に戦え, 我を, 我等を, 打興ずる, 払えども, 投込みし, 折れて, 拳骨で, 掻き消すが, 擁護し, 支那的空想に, 教を, 散り敷く落葉, 文句を, 文政六年年六十余に, 新条約, 新福亭経営甚困難なる, 方丈さまの, 旅客検なり, 既にまる, 日も, 旧著, 昆虫の, 是か, 是非手紙, 昼見えざる, 晩餐を, 曰く嫌疑あり, 曰く肥後守よりの, 更らに, 書き流す句, 書斎に, 月を, 本末の, 来客に, 松下の, 枕元に, 枯葉を, 植ゑしもの, 業を, 樹下に, 樺太及び, 機を, 欧洲戦後の, 止み難く, 正体も, 此地に, 此時までも, 死躰の, 水上に, 水退く, 汽車はや, 泊ること, 注射及び, 洗足を, 洲の, 浴する病人, 清十郎が, 溺れざる可, 漁夫を, 漸く傍聴席, 炊爨浣滌の, 煩しけれ, 燕を, 父の, 爾何ぞ能, 牛頭大, 牧塲にのみ, 猪鹿などの, 猫を, 珍奇実用の, 瑞兆を, 環るる, 生を, 畏怖これに, 異形を, 病を, 療治を, 皆, 盆樹を, 目下正に, 直ちに学問, 直ちに消し止め, 相問訊, 看護す, 真に愉快, 真鍮の, 眠りを, 眼前に, 知りも, 示す, 礼を, 祇, 祈りくれると, 祗闌を, 神動き気躍る, 神酒を, 祭れるもの, 空しく詩, 突然彼女, 突然鳥籠, 笠森阿, 符を, 築きたる, 築地に, 米に, 紫の, 結びつくろふ戯も, 給仕せず, 縦横に, 罠の, 署名捺印を, 罵り給, 美き, 美しきもの, 老の, 老女は, 臥す, 自から, 自分は, 自己を, 花月第, 英語を, 茗を, 落葉を, 薦むるなど, 薦めし後, 衣服を, 西行の, 見る, 見るに, 見る野翁, 見れば, 言さへ, 読む, 諂らひ, 諸共に, 諸君の, 諸比丘, 豊島村と, 財を, 賽す, 足をと, 踏み段に, 蹲むとき石垣に, 身に, 近く見えし, 近日欧米漫遊の, 追へども, 通俗なる, 遂に狂, 遂に貧, 遊ぶを, 過日競売に, 酒盞を, 酔い臥したる猿ども, 釜の, 銭くれし, 鋭き歯, 附会せし, 障子を, 集う, 雨ふる, 雲突計りの, 青蛙の, 面会を, 頗る爽快, 頻に, 顔の, 風の, 風呂に, 食われよと, 食卓に, 食用に, 飲まずと, 飽くまで我, 餌を, 馴れぬ養蚕機織り, 骨身を, 高声, 鳴くごと, 麻酔剤を, 黒きもの, 黙然とかの

▼ 来り~ (41, 2.4%)

2 それとは, 男の

1 [37件] おかみさん生活, おとなしいけれども, きたなさ, た, ものです, ものばかり, テーブルに, 一月送りの, 上から, 事で, 人たちとは, 叙事詩を, 古臭い女共, 名前に, 哲学概論に, 型だの, 型どおりの, 女に, 妻と, 形で, 怪談は, 手も, 日本の, 板塀だ, 江戸趣味の, 油絵よりは, 特徴にも, 生活形態を, 男女の, 祝儀の, 自分は, 解釈で, 語辞を, 返事を, 銘仙の, 題材を, 馬蹄形の

▼ 来り~ (18, 1.0%)

12 はる 1 はぬ, ふこと, ふに, ふにも, ふ事, ふ者

▼ 来りその~ (15, 0.9%)

1 [15件] 中の, 人を, 指環に, 時の, 書面を, 水上に, 無邪気な, 状乃ち海防費献金を, 画像が, 自動車に, 賑かさ十六日の, 都邑の, 重臣と, 銀を, 際に

▼ 来り~ (12, 0.7%)

1 [12件] が恐れながら, で祖父, とあっ, として疎外, なるもの, の地位, の墓, の徒, の筋, も多年, を世話, 去って

▼ 来りルパン~ (11, 0.6%)

4 へ行く 2 へ, へ行き 1 で日独伊防協, へ林文三郎, へ渡辺

▼ 来りこれ~ (9, 0.5%)

1 がその, がもう, が又, が帰る, が激甚, が試験, よりまた, を動かせ, を盥

▼ 来り~ (8, 0.5%)

1 いいのに, アい, 不好, 今夜にも, 後家ぐらしやれ, 斯う, 直に追, 矢張漁師を

▼ 来り一緒~ (8, 0.5%)

1 にホテ・グリ, に伊藤松雄訪問, に出かける, に家, に宿, に少女歌劇学校, に竹川, に銀座

▼ 来り~ (8, 0.5%)

1 て一枚, とも与一郎様与五郎様, と告げた, につき, はば御, へば縮緬, も此度相改め新製, を避

▼ 来り~ (8, 0.5%)

2 した 1 した五百, した新婦, した時, した頃, して, せざる前

▼ 来りては~ (7, 0.4%)

1 山中に, 忽ち歇む, 楽書など, 歇むこ, 父母が, 種々の, 闘い田舎に

▼ 来り~ (7, 0.4%)

3 何時と 1 るもの, 他村, 神群行に, 非常に

▼ 来りたり~ (6, 0.3%)

2 そは, 他に 1 それより, 涙しながるわが

▼ 来りまた~ (6, 0.3%)

1 たちまちに, 凝視し, 史詩, 育ちゆく樹木, 進みつつ, 黄忠は

▼ 来り~ (6, 0.3%)

1 うしても, うも, と嘉納, に原因, のこと, やらん目科

▼ 来り~ (6, 0.3%)

1 が拙, が旧作, が旧作上演, の病, の睡, の肩

▼ 来り~ (6, 0.3%)

2 ひしに, ふ人 1 ひ祭り, ふならば

▼ 来りしも~ (5, 0.3%)

1 不拍子, 毒なき, 疑も, 途にて, 進む能わず聡手

▼ 来りそれ~ (5, 0.3%)

1 がため, により実行, に入れ, より踏, を充分

▼ 来り~ (5, 0.3%)

1 なって, なつた, 外れるよう, 演出する, 過ぎない

▼ 来り~ (5, 0.3%)

1 によってよく, によって雀, の大声, の小浜, の調子

▼ 来り道子~ (5, 0.3%)

1 と三人, と墓参, も入っ, も共に, をつかまへ

▼ 来り~ (4, 0.2%)

1 はたやに, 俊の, 定り, 祝ひだ

▼ 来りつつ~ (4, 0.2%)

1 あるもの, ある世界, ある多年, 笑顔を

▼ 来りホテ・グリ~ (4, 0.2%)

1 で会食, で夕食, へ, へ連れ

▼ 来り~ (4, 0.2%)

1 が一名, が一疋, が立てる, の前

▼ 来り今日~ (4, 0.2%)

1 のところ, の科学者, は一滴, は砧

▼ 来り~ (4, 0.2%)

1 するの, するもの, する老若男女, せよ

▼ 来り~ (4, 0.2%)

1 にも特賞, の半代記, の発声, はウイ

▼ 来り~ (4, 0.2%)

1 七枚ばかり, 五十円借りられる, 宗教談, 隣席へ

▼ 来り大いに~ (4, 0.2%)

1 のみNO10, のむん, 憂鬱なり, 飲み十一時

▼ 来り大阪~ (4, 0.2%)

21 の出しもの, 迄自動車

▼ 来り~ (4, 0.2%)

1 をしめる, をつい, をイエス, を離し

▼ 来り更に~ (4, 0.2%)

1 また彼, また菩提, 他の, 山深く

▼ 来り銀座~ (4, 0.2%)

1 から神楽坂, から赤坂, へ出, へ出る

▼ 来り食事~ (4, 0.2%)

2 しつ 1 して, しながら

▼ 来り麻雀~ (4, 0.2%)

1 てこと, といふこと, になる, 又勝負

▼ 来り~ (3, 0.2%)

1 今も, 反対の, 細部では

▼ 来りしばらく~ (3, 0.2%)

1 ここに, 話して, 話す一緒

▼ 来りにな~ (3, 0.2%)

3 つて居た

▼ 来りアラスカ~ (3, 0.2%)

1 で食っ, へ行く, へ飯食

▼ 来りビール~ (3, 0.2%)

1 のん, を二人, を飲ん

▼ 来りラッキー~ (3, 0.2%)

2 へ行く 1 といふバア

▼ 来り三十分~ (3, 0.2%)

2 やる 1 やって

▼ 来り~ (3, 0.2%)

1 を割り, を動かせ, を見

▼ 来り二人~ (3, 0.2%)

1 ともこっち, にてアフイシユ, の忙ぎ

▼ 来り~ (3, 0.2%)

1 まで知らざりし, 云つたさだ子の, 迄は深く

▼ 来り八月~ (3, 0.2%)

1 のこと, の打合せ, の狂言

▼ 来り~ (3, 0.2%)

1 に勝負事, に句作, に闘え

▼ 来り十円タカ~ (3, 0.2%)

1 られる, られ又, られ警察

▼ 来り去る~ (3, 0.2%)

1 にまかせ, のか, 者は

▼ 来り~ (3, 0.2%)

1 手前の, 雅へ, 音揚げ

▼ 来り~ (3, 0.2%)

2 を出る 1 へ連れ

▼ 来り宿~ (3, 0.2%)

1 すること, で猥談, へ直行

▼ 来り~ (3, 0.2%)

1 して, し遂に, るもの

▼ 来り~ (3, 0.2%)

1 くるを, った, わず

▼ 来り楽屋~ (3, 0.2%)

1 で話す, のひと, へ乗り込ん

▼ 来り~ (3, 0.2%)

1 す, するあり, するもの

▼ 来り~ (3, 0.2%)

1 変らずの, 見て, 顧みて

▼ 来り色々~ (3, 0.2%)

1 心配し, 批評する, 話すが

▼ 来り~ (3, 0.2%)

3

▼ 来り~ (3, 0.2%)

1 うる犬, う親友, ふる感

▼ 来り~ (3, 0.2%)

1 とられる, をタカ, を貸せ

▼ 来りある~ (2, 0.1%)

1 者は, 行事といふ

▼ 来りこの~ (2, 0.1%)

1 琴瑟和調の, 門の

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 ちさう, ちさうになり

▼ 来りしか~ (2, 0.1%)

1 あだ, しからずば

▼ 来りすでに~ (2, 0.1%)

1 去った按吉, 去つた

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 が清澄, が解釈

▼ 来りそこ~ (2, 0.1%)

1 に前, はかと餌

▼ 来りそして~ (2, 0.1%)

1 中国から, 去って

▼ 来りつど~ (2, 0.1%)

1 へる, へる彫工

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 考へられる, 驚き騒ぎ

▼ 来りとを~ (2, 0.1%)

1 ふり替えること, ふり替へること

▼ 来り~ (2, 0.1%)

2 大抵娘盛り

▼ 来りみんな~ (2, 0.1%)

1 にうなぎ, に小遣

▼ 来り~ (2, 0.1%)

2 やはり嫁入り前

▼ 来りやあ~ (2, 0.1%)

1 己は, 老人やってる

▼ 来りやがて~ (2, 0.1%)

1 皆一斉に, 風の

▼ 来りサトウロクロー~ (2, 0.1%)

1 は決して, をハチロー

▼ 来りサロン春~ (2, 0.1%)

1 のクリスマス, の地下

▼ 来りビクター~ (2, 0.1%)

1 へ, へ行く

▼ 来りホテル~ (2, 0.1%)

1 のグリル, のニューグリル

▼ 来り三人~ (2, 0.1%)

1 で出, で要談

▼ 来り三月~ (2, 0.1%)

1 の撮影, はカケ持

▼ 来り主人~ (2, 0.1%)

1 の許可, を視

▼ 来り久々~ (2, 0.1%)

1 で飲まう, の麻雀

▼ 来り九月~ (2, 0.1%)

1 の女優, の如き

▼ 来り二円~ (2, 0.1%)

2 たかられる

▼ 来り二十円~ (2, 0.1%)

1 とられるいや, 貸す

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 した, した地

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 して, し役使

▼ 来り全集~ (2, 0.1%)

1 第二巻, 第二巻五版

▼ 来り共に~ (2, 0.1%)

1 出る, 飲む

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 にきいてない, に記した

▼ 来り北支事変~ (2, 0.1%)

1 のおかげ, のこと

▼ 来り十一時~ (2, 0.1%)

1 に今井泰蔵家, の下関行

▼ 来り十二日~ (2, 0.1%)

2 の臨終

▼ 来り千秋楽~ (2, 0.1%)

1 に又, を三十日

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 のふき寄せ, の浜作

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 する, するを

▼ 来り四時~ (2, 0.1%)

1 に出, の風物

▼ 来り四月~ (2, 0.1%)

1 からその, は昼夜

▼ 来り堀井~ (2, 0.1%)

1 も無事, 共々打合せ

▼ 来り夕刻~ (2, 0.1%)

1 から始め, 迄雀遊

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 は静か, 遅くまで

▼ 来り夫婦~ (2, 0.1%)

1 たる事三年, と並ん

▼ 来り女房~ (2, 0.1%)

2 と清

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 の独り読書, や今

▼ 来り宝塚~ (2, 0.1%)

1 だけ但し, で男性加入オペラ

▼ 来り山野~ (2, 0.1%)

1 と今朝, の話しきり

▼ 来り年賀~ (2, 0.1%)

2 の作意書画

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 へ, へは早い

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 を掠め, 着けば

▼ 来り応接~ (2, 0.1%)

1 でカツラ合せ, で話す

▼ 来り~ (2, 0.1%)

2 しと

▼ 来り忽ち~ (2, 0.1%)

1 去る, 歇む

▼ 来り~ (2, 0.1%)

2

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 は何, は東

▼ 来り我が~ (2, 0.1%)

1 港口に, 漂民を

▼ 来り我冤謫~ (2, 0.1%)

2 の夙

▼ 来り指圧療法~ (2, 0.1%)

1 をやり, を行

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 むれど, むれど諸

▼ 来り放送~ (2, 0.1%)

1 たのまれる, の打ち合せ

▼ 来り新宿~ (2, 0.1%)

2 のまるや

▼ 来り明日~ (2, 0.1%)

1 の一時頃, の放送

▼ 来り映画~ (2, 0.1%)

1 の下相談, の方

▼ 来り本読み~ (2, 0.1%)

1 が始まった, をし

▼ 来り杉風~ (2, 0.1%)

2 が家

▼ 来り来月~ (2, 0.1%)

1 の京都昼夜二回, 休むと

▼ 来り東発~ (2, 0.1%)

1 へ, へ行く

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 の木かげ, への慰労金千円也

▼ 来り~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 と三人, の家

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 に殺され食わるる, の心

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 よ薬, 盈ち稲

▼ 来り渋谷~ (2, 0.1%)

1 のシュヴァリエ邸, の区役所前

▼ 来り渡辺~ (2, 0.1%)

1 と二人, のこと発表

▼ 来り烏森~ (2, 0.1%)

1 の一福, の広

▼ 来り無理~ (2, 0.1%)

1 に御馳走, に白糸

▼ 来り無言~ (2, 0.1%)

1 にし, のまま涙

▼ 来り直に~ (2, 0.1%)

1 ホテル, 以前の

▼ 来り眼科~ (2, 0.1%)

1 へ寄る, へ行き

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 へ向, まで

▼ 来り砧村~ (2, 0.1%)

1 へ, へ八時一寸過ぎ

▼ 来り竹林~ (2, 0.1%)

2 をた

▼ 来り紙競馬~ (2, 0.1%)

1 などし, をし

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 して, もかよわい

▼ 来り藤山~ (2, 0.1%)

1 でもう, の知ってる

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 なげく, 鳴けば

▼ 来り談話~ (2, 0.1%)

1 をとらせる, をとる

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 したり, して

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 るの, るは

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 といふこと, となる

▼ 来り~ (2, 0.1%)

2 のほか

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 の去る, の町

▼ 来り青山~ (2, 0.1%)

1 の斎場, へ

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 と去る, の如く去る

▼ 来り養子離籍~ (2, 0.1%)

1 につき, をO家

▼ 来り~ (2, 0.1%)

1 を樹, を譲り

▼1* [743件]

来りあなご卵胡瓜巻いか等十個位食ふ, 来りあゝこれも, 来りいずれへ行く, 来りいつに似ず, 来りいわゆる吹雪なる, 来りうるさくてしようが, 来りおこわ等食ふ, 来りおのれツお糸, 来りかく皆様の, 来りかの男呪を, 来りきりぎりす啼く, 来りぎをんの松そのて, 来りけり手をあげ, 来りこうこういう次第, 来りここにまた, 来りことごとくかかる不馴れ, 来りこれらを組合せ, 来りあお一つ, 来りさも恥らふさま, 来りしかも其中に, 来りしばしが程, 来りすき焼を食べ, 来りすっくと立ち鉄杖, 来りそうになった, 来りそれで起きちま, 来りそれ新入がある, 来りたまへるなり, 来りたまハぬや, 来りたらふく鶏を, 来りたりと聞きては, 来りてかの猴死んだ, 来りてをりふし, 来りとがあつた, 来りとき本へ僕, 来りとして決って, 来りとても面白いと, 来りどうか一つめしあがった, 来りどおりの屑屋, 来りなかば自炊粗末の暮しはじめ, 来りながら急に, 来りなんどする状, 来りはからずも祖業の, 来りはじめてその実際, 来りはたとその小笠, 来りはては気まぐれの, 来りはま子十一月に定め, 来りひき合せる日, 来りふたみとかいふ, 来りふたばへ, 来りまあこ, 来りまるでニコ, 来りみやこの奥, 来りもう怖いも, 来りもしくは蛇に, 来りゃあいいんだ今頃来やがって, 来りゃあわたしゃあ留守を使っ, 来りゃいいになあ待避壕の方, 来りやよいに, 来りつたと, 来りようやく真面目に, 来りわが家の後, 来りわれ見たり, 来りわれら五百人この乞食ども, 来りエニンより一歩北, 来りオデコにねば, 来りカクテルなど飲み, 来りカフェーなるもの, 来りカルピス大箱を一個貰, 来りガスビルへ行く, 来りガネサの頭, 来りギルビイでウイスキー, 来りクサる, 来りケベールを以て打, 来りコボされさて, 来りサトウハチローの作詞, 来りサンボアへ行き, 来りシンガポールからカンボジャ, 来りスエヒロの四階魚鳥グリル, 来りスティル撮影の指揮, 来りタクシー毎日会館へ, 来りダヴッド大恐悦, 来りチラカシで遊ぶ, 来りテコづらされる, 来りテストして, 来りトヾ娘姿を引抜く, 来りドイツ語でローレライ, 来りニットー紅茶へ寄っ, 来りニューグランドで定食, 来りハチローが逢いたがってる, 来りハネて一緒, 来りハネ後四条の山家料理鳴瀬, 来りハリキる, 来りハリバ映画のプラン, 来りバアで先づカクテル, 来りビフテキをご, 来りポンチ軒へカツ, 来りミス・コロは霧島, 来りライオンへ行き, 来りラヂオに関する話, 来りラビ安きかと, 来りラムプの向, 来りレコードの企画, 来りレヴィウ名鑑を作る, 来りは無常迅速, 来り一々法の, 来り一丈余りの鉄, 来り一円たかられる, 来り一挙にし, 来り一方を承ろう, 来り一日泊りて, 来り一昨日引移りし家, 来り一時すぎ迄色々, 来り一月のオザ, 来り一気に入口を, 来り一泊して, 来り一荘やらうと, 来り三信ビルの地下, 来り三十一日までには何, 来り三十日にのまう, 来り三十日放送のこと, 来り三原橋の新, 来り三四十分談話をとられる, 来り三怪揃うて, 来り三日を初日, 来り三時頃新大阪ホテルへグリル, 来り三浦環のとこ, 来り三益を可愛がっ, 来り三益問題を話す, 来り三益男子出生の報, 来り三角点あれば, 来り三階の部屋, 来りつたり, 来り上りかけにわざと, 来り上大崎大蔵邸へ, 来り下り簗, 来り下二母上のとこ, 来り下流の水, 来り二洋子の, 来り不快な物, 来り且密林に蔽われ, 来り中央亭の洋食, 来り中村屋へ行く, 来り中根竜太郎蝶太郎明蝶と曽我廼家気分, 来り中清で川口, 来り中途に立ち, 来り丸の内中央亭へ東京講演会, 来り久しぶりで僕, 来り去れば, 来り乙亥に還つ, 来り九時から二荘, 来り九月映画の打合せ, 来りよ汝, 来り事急であるから, 来りが消え, 来り二三日うちに二枚, 来り二十一で遊び, 来り二十七・八日に三枚吹込み, 来り二十二・三日の仕事, 来り二十二日に, 来り二十二日初日の日劇アトラクション, 来り二台の自動車, 来り二戸の友近藤, 来り二月の撮影, 来り二重へ上り, 来り云様御用心, 来り互に相調謔し, 来り互市を請う, 来り五六個行きおまけ, 来り五円やる山野一郎三十円, 来り五右衛門と顔, 来り五時開演の初め, 来り五月の昼, 来り五枚書かされちまった, 来り井上清なんての, 来り京極と共に吉原山口邑, 来り京橋の東炭谷橋白魚橋, 来り京都へ向, 来り京都ホテルのグリル, 来り今や彼等は, 来り今回情報局ってとこ, 来り今夏大仁のホテル, 来り今年は蝗, 来りに何, 来り以上私は近着海外各紙, 来り以前の侍, 来り仮面を蒙り, 来りの負傷蟹, 来り伊東章を連れ, 来り住民が屋上, 来り何人もこれ, 来り何処かへ案内, 来り何卒半分なりと, 来り作物を荒す, 来り佶屈なる直訳的句法, 来り俄然其境界を, 来り俳稿その他の添削, 来り候このごろ初夏が訪れ, 来り候やうの事有, 来り候咄しならんか, 来り候牛馬引捨の場所比木村, 来り候由に候, 来り候間例の座敷, 来り先生国府台精神病院に入院せり, 来り入口の着到, 来り入場料を払, 来り心を, 来り公子に丁寧, 来り其勢や沛然, 来り其家の傍, 来り其背長さえ七八寸, 来り其門人油屋元助の家, 来りて凖備, 来り再びかの女, 来り冠者に乗れ, 来り冷コーヒーのみてレヴィウ話, 来りるに, 来り出しもの配役決定, 来り出獄の日ただ一日, 来り論じ気持, 来り初めて辞職事情を, 来り初め尋常の大き, 来り別室に維ぎ, 来り到底抑制すべから, 来り則彼の魚屋ニ至ル, 来り前書きも其人, 来り前田利家野々村三十郎等の鉄砲組, 来り加はつた, 来り加はり神と精霊, 来り動物の状態, 来り勝家は咄嗟, 来り勝手気ままの条約, 来り勝豊の家老徳永石見守, 来り北京で教会, 来り北村季佐江を譲り受けたい, 来り北浜のサンボア, 来りを業, 来り医官に列, 来り十一月大阪でオマケ的, 来り十七歳の春剃髪, 来り十九歳の兄霞亭, 来り十二年を距, 来り十二時半までのみ食, 来り十二時頃まで老人, 来り十二月ガールスの公演用, 来り十五円とられくさる, 来り十五日に御影公会堂, 来り十六日は書き卸し, 来り十日ニ鹿児島ニ至り此時京留居吉井幸助, 来り十時半頃から揉ませ始める, 来り十月はぜひ, 来り十月並十二月についてのプラン, 来り十月是非使って, 来り千五十の家庭麻雀, 来り升山の前, 来り午後一時PCLへ向, 来りを囲み, 来り博多名物新三浦, 来り印税いさ, 来り厚く葬儀を, 来り参拾銭の香奠, 来り又もや銀座へ, 来りの中島八郎, 来り友人の斡旋, 来り収むるを待った, 来り収むるその機会を待っ, 来りに煙草, 来り右預金の殆ど全額, 来り合せしものありし, 来り十四年己酉七月五日神祖より, 来り同じやうに, 来り同国の蒸汽船, 来り同地にて実地, 来り名刺を置い, 来り去る風, 来り告げ去りもはや, 来り和算は廃れ, 来りふ何, 来り喜び甚だしく遂に, 来り喧嘩のまん中, 来り喫む人を待っ, 来り嘉納の家, 来り四人で東宝大須劇場, 来り四千フランを引き, 来り四時半まで三荘, 来り四月二十六日に奉納演芸, 来り四谷の眼鏡屋, 来り国家の大, 来り地上に天国, 来り城下を焼き払い, 来り城壁の上, 来り基次に云う, 来り報知夕刊の第, 来り塩瀬ビル東宝本社へ那波氏留守, 来り塾生と共に調合, 来り墨夷の事体見聞, 来り声帯模写につき色々, 来りの蓋, 来り夏秋の交, 来り遊ぶ子等, 来り外弟子も来り, 来り多和利一の死, 来り夜中となり, 来り夜光珠は林邑, 来りともうつつ, 来り大入りを呉れる, 来り大原を呼ばずし, 来り大小を投出し, 来り大火に対してなん, 来り大神の助, 来り大道の真中, 来り大阪行きの話, 来り天下の人心, 来り天下攘夷的血管沸騰したる後, 来り天晴れ高名するつもり, 来り天涯知己多きの, 来り太平洋に隔てられ, 来り夫婦喧嘩をあやまり, 来り契約書に調印, 来りを献ず, 来り女学生が宿, 来り女房同車中泉眼科へ, 来り如何に合さり, 来りを欺き, 来り御の, 来りの子, 来り嬉しいには相違, 来り珍相見え, 来り子羊のごとく去る, 来り守衛を連れ, 来り安心して, 来り安政元年三月神奈川条約なるもの, 来り実演大会の脚本, 来りに入り, 来り宮外に盤踞, 来り家中の灯, 来り家具を整理, 来り家具一式の始末, 来りす云々, 来り富家に宿, 来り寸法とる, 来り専務のとこ, 来り句会, 来り小松川の二つ, 来り小歌と向い合い, 来り小田中久二雄菅波康平共に重態, 来り小石川のティルマンさん, 来り小石川金冨町に七十坪, 来り小笠原章二郎のこと, 来り小胆の人, 来り小遣ひを, 来り少年を叱し, 来り群集を, 来り尚も間断なく, 来りで叩い, 来り居士に一言, 来りの上, 来り此が, 来りへ行く, 来り山稜に撞撃, 来りが築地房田中, 来り岡庄五の室, 来り島津保次郎演出にこだ, 来り近づき川灌, 来り巡視するも, 来り左様なら行つて, 来り幡随院のコーチ礼, 来り埜へ, 来り至るは, 来り幸いにも貴, 来りの洞穴, 来り幾千年来の吾人, 来り幾多の女流, 来り幾度か歇む, 来りと応接, 来り弟子にし, 来り張飛は, 来りて喰物, 来り強いてかの男, 来り当時の主人, 来りむことを, 来りの梅, 来り彼方へ行け, 来り往年の日本太郎, 来り往来に立ち止まり, 来り暫く岩国, 来り後景なる寺, 来りひ革命軍, 来りると, 来り復帰を許した, 来り徳山をさそっ, 来り徳川夢声が, 来り話, 来り思いのこす, 来り思惟の拒否, 来り情ないことばかり, 来り憂鬱である, 来り我が家の招待, 来り我と対して, 来り我何処にか往く, 来り我等の眉宇, 来り或は御目, 来り戦いしが, 来り戦地の話, 来り房田中へ, 来り所々字句を改易, 来り手飼のカナリヤ, 来り打合せをする, 来り承知の助, 来り折しも須原の, 来り持呪者に与う, 来りたる御, 来り掃灑し毒害, 来り揚幕で辛抱強く, 来り援けた為形勢は逆転, 来りへ去る, 来り撮影が近々, 来り操り去る等, 来り改めてわれに, 来り攻むるに及び, 来り放送局声帯模写を一月八日, 来り故郷は山川, 来り教育映画の如き, 来りの一士, 来り文ビルへ出る, 来り文句言ったさうだが, 来り文明編輯の事, 来りを設, 来り斜陽われを照, 来り断膓亭宅地買手つきたる由, 来り放送局へ, 来り新橋の金兵衛, 来り新道に於, 来りに神田, 来り日中の温度, 来り日劇の本, 来り日暮るるに, 来り日本仏教とチベット仏教, 来り日本橋偕楽園へ行く, 来り日比谷より数寄屋橋, 来り早稲田の中野, 来り明後日あたり御馳走すると, 来り明後日旧宅の荷物, 来り明日写真とらせろとの, 来り明日正午迄に放送局, 来り明日満州へ出発, 来り明月千家に入る, 来りの映画ばなし, 来り昨日細君宝塚ホテルへ泊り, 来り是非弟子入したい, 来りは終日, 来り昼食を馳走, 来り時々市中の, 来り時頼の為, 来り晩餐をなす, 来り暖香園から皆, 来り暴風の如く去った, 来り柔かに, 来り最う全治ました, 来り最後に田中俊庵, 来り月明りに善助, 来り月給受取り今回, 来り有恒倶楽部の午餐会, 来り有無を云, 来り服部の馳走, 来り服部富子のこと, 来り朝日ビルのアラスカ, 来り未だその地, 来り泥棒の, 来り東京駅へ, 来り東宝と吉本, 来り東宝ビル三階の食堂, 来り東宝入社のこと, 来り東方の産物, 来り松平も来, 来り松葉屋に泊り, 来り板垣伯に紹介, 来り林寛と二人, 来り柏木の西条八十氏, 来り地方の, 来り柳橋重の家, 来り根津の清水, 来り桃山練兵場へ行く, 来り梅田コマ一月の, 来り森氏にチャップリン, 来り森永で少時, 来りを操り去る, 来りをも貫くべき, 来り極めての小声, 来り榛軒を訪う, 来りの身, 来り様々の骨折り, 来り樵夫が驚い, 来り次に堀本一甫の, 来り歌曲を所望, 来り歌道の清談, 来り正月のこ, 来り正月物のこと相談, 来り此上はとて手, 来り此処に待てる, 来り武士の雪中, 来り武蔵去る, 来り死後いずこ, 来り殷々として遠ざかる, 来り殺しに掛かる, 来り殺意を起すべし, 来り犬一皿を, 来りがせい, 来り気焔をあげる, 来り永く居りに, 来り永劫の未来, 来り決して差し引き帳消して, 来りと祐二改杏春, 来り河原の石, 来り河合へ招かれ, 来り河文といふ料亭, 来りを負う, 来り洋室の戸棚, 来り津田と税, 来り流行したと, 来り浅井軍は野村, 来りして, 来りに消え, 来り海山を噬む, 来り海軍省から英国, 来り海軍省文書課慶応義塾図書館書肆一誠堂編輯部其他に勤務, 来り海面暗々たり, 来りの大江, 来り巷寂として, 来り深く肺腑に, 来りを抱いてる, 来り清川も合併, 来り渡辺篤がこっち, 来り渡韓の準備, 来りには人みち, 来り游ばんかと, 来りから上った, 来り満島の岸, 来り満州へ一, 来り漢口を落す, 来り漫談の題, 来りをたく, 来りに立て, 来り無心される, 来り無礼をはたらきつまみ出させる, 来り煩悩のあと, 来り爆弾を投下, 来り爾来繁殖し, 来り附く水, 来り牛羊驢馬駱駝首さしのべて, 来り牛肉すきやきして話し, 来り牧夫来り牛, 来り物資ばなしに花, 来りの横わる, 来り猥談となる, 来りお球突, 来り猶も溢て, 来りの口開, 来り今我国, 来り王女自ら迎え抱いて, 来り現実の夢, 来りひ立ち, 来り田村町へ, 来りの前, 来りへ出る, 来り百円呉れたその他祝儀沢山, 来りで食事, 来り目下梅田映画劇場で, 来り目科が撥摘み, 来り直ちに男女を, 来り眼医者へ行く, 来り石甃の上, 来り社会党に加盟, 来り祇園の一力亭, 来りと彼, 来り神宮近くのカフェー, 来り神戸へ, 来り神田講武所の大和, 来り秀真来り麓, 来りに与え, 来り程よきところにて, 来り税金の話, 来り種々なる悪弊, 来り穂積と三人, 来りを指し, 来り窓掛をあけなどす, 来り立話して, 来り竜画を観た, 来りの王国分裂, 来り笑い羞恥する目, 来り笑声嗚咽共に唇頭, 来り笑語すべしと, 来り二伊藤侯の, 来り第一ホテルへ有, 来り算術を教え給え, 来り築地金楽の例, 来り紀平洲等と交, 来りの碁盤, 来り去り白, 来り終夜追われたため, 来り結局出て, 来り結局一景でガラマサどん, 来り結局五月は大阪, 来り綺堂岡本先生に贈り参らせ, 来りざらひ, 来りなくば, 来りある者, 来り美味き朝食, 来り聯盟を研究, 来りが凝る, 来り背景と扮装, 来り能勢心境の変化, 来り脇指を以て私, 来り脚本のプラン, 来り腹話術を今, 来り自炊に慣れし, 来り自由自在にネゲイシヨン, 来りるごと, 来り舞妓白萩にすれ, 来り舞子も来り, 来りした時, 来りも霞も, 来り花中に立っ, 来り花道の中, 来り若い女に, 来り英語にて, 来りを苅る, 来り草みどりする, 来り荷物をまとめ, 来り菊咲は本郷, 来り菊田の本, 来りを開く, 来り蔵書整理の手, 来りるに, 来り藩政府に向い議する, 来り蘆梢に上り, 来り蘭方医も亦, 来り虎病患者死せし頃, 来り衆人を集め示せ, 来り衣冠束帯の折, 来り衣裳小道具の注文, 来りを捉え, 来りふ他, 来り襲はんとす, 来り西から毛利大膳大夫, 来り西陣織物の安い, 来り見物大体い, 来り親切にいろいろ, 来りむことを, 来りを聞き, 来り訴訟取下げと, 来りを言, 来り去る間, 来りも聞く, 来り請はずや, 来りへ落たる, 来りへおき, 来り貿易したと, 来りしたもの, 来り赤い金魚を, 来り赤飯を食, 来り身上相談色々考へ, 来り身体がしんどけれ, 来りを駐, 来り輔仁会でやる, 来り農大の畑, 来り近々入営で, 来り近いて迫る, 来り近頃疎濶, 来りひて, 来り連絡とると, 来り連載ユーモア物の口述, 来り遂いに淋しい, 来り遂にそのまま商業劇場の, 来り遊び飲食歌舞絶ゆる時, 来りぐる獅子が, 来り道子歌舞伎座見物なので, 来り遊の, 来りを摂す, 来りに名高き, 来りをさせ, 来り配役のこと金, 来り配役打合せ明日からけい古, 来り酒一斗樽三つも置い, 来り酒気を帯び, 来り酒盃を受け, 来り里見先生の行ってる, 来り泊楓橋と, 来り野並も来る, 来り金一円をせしめ, 来り金精峠の金精神, 来りもて展翅板, 来り鉄道病院へ連れ, 来り銀座裏の信華, 来り銀座裏関西料理錦潟へ行く, 来りを撫ぜた, 来り長崎料理かもめへこっち, 来り長谷川へ行った, 来り門口を開け, 来り門司三宜楼, 来りに没し, 来り防空演習中も丸松, 来り附いた事を示す, 来り附添ふ, 来りしここ, 来り陳訴する詞, 来り雀事件のこと, 来りつた, 来りの中, 来り雷門まで, 来り電話にて汁粉, 来り電話機を設置, 来り青砥と三人, 来り面白くなりか, 来り音楽の打ち合せ, 来り音楽同時で洋服屋, 来り領主の前, 来り頭上の床板, 来りを擦る, 来り風光頓変り水墨, 来りを乞い, 来り飢えを救わん, 来り飯食ひに, 来り飲食しお, 来り養父の許, 来りを受け, 来りを焚き, 来り馬鹿なこと, 来り馳走になる, 来り駄目を出す, 来り駒込の木下医院, 来り高島屋へ, 来り高田に手伝い, 来り鬱金を求める, 来り来り小歌, 来り鳥鍋を食, 来りのまる, 来り来る, 来り麻雀一荘半少し負け, 来り来り紫, 来り黄金の魔術, 来り黒田は身, 来り黒田謙と生駒, 来りTVの角力