青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「斬っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

斎藤~ 斑~ 斗~ 料~ ~料理 料理~ 斜~ 斜め~ 斜面~ 斧~
斬っ~
~斯 斯~ 斯く~ 斯様~ ~新 新~ ~新しい 新しい~ ~新しく 新しく~

「斬っ~」 1135, 11ppm, 10182位

▼ 斬っ~ (1026, 90.4%)

23 しまえ 20 斬って 19 しまった 18 かかった 10 かかる, やる 9 いた, いる, くれる, しまえば 8 しまうぞ 7 くれ, しまったの, やろう 6 おくん, しまえと, しまおうと, みろ 5 しまう, すてろッ, やろうと, 出て, 落す

4 [13件] しまうつもり, しまうと, しまえッ, みようと, やろうか, 出た, 出たの, 捨てた, 捨てたの, 捨てて, 捨てようと, 来た, 落した

3 [19件] いるの, おしまいに, かかったの, かかりました, かかると, くれようか, しまって, すてた, みたいという, やって, 入る, 刀を, 大太刀, 捨てい, 捨てても, 捨てるぞ, 来い, 自分も, 落して

2 [47件] あったそう, おくれ, おけ, おしまいなされ, お目, かかるよう, かかろうと, くれねば, これに, これを, しまいました, しまうぞと, しまったん, しまわなければ, その首, どうする, みたいの, やるぞ, やると, 下げた, 下さい, 下すっても, 伏せた, 入った, 出ようと, 出る者, 捨つ, 捨てたか, 捨てたが, 捨てる, 捨てるという, 捨てん, 捨てんと, 斬りまくって, 斬りまくれ, 来いと, 来たの, 来るか, 歩くの, 洛陽の, 自分の, 落された, 落した前代未聞, 血を, 血祭りに, 通れ, 首に

1 [609件 抜粋] あった, あったのう, ある, あるに, いいという, いい奴, いい心持, いたそう, いただきたいの, いただきやしょう, いただきやしょうか, いた小野派一刀流, いないから, いながら, いました, いますよ, いよいよ思い上がっ, いるだけ, いるという, いるところ, いる夕雲流, いる自分, うつぶし倒, うなりました, うまく逃げおおせれ, おいて, おしまいなさい, おしまいなさらなかった, おしまいなさるだろう, おしまいなされませ, おのれが, おまえの, おやりなさい, おやんなさい, おりますが, おろした刀, お仕舞い, お仕舞いなさい, お出でなせ, お捨て, お捨てなされ, お見せ下さらぬ, お酬い申す, かかったが, かかったとしても, かかったので, かかったもの, かかったらかえって, かかったん, かかった様子, かかった綱吉, かかって, かからせるが, かかられ炎, かからんと, かかり, かかりそう, かかります, かかり得ないもの, かかり逃げると, かかること, かかるという, かかるの, かかるので, かかるもっとも, かかるやつ, かかる刃, かかる孫兵衛, かかる心算, かかる態, かかる気遣い, かかる者, かかろうとも, かかッ, かわいそうだ, きた, きた人, きって, きりまくりそれで, くだされと, くる, くれそれ, くれたい, くれっ, くれと, くれとでも, くれよう, くれるから, くれ大名, くんねえ, こんな痛い, さらにもう一杯, しまいその, しまいます, しまいますが, しまい落着き, しまうか, しまうが, しまうこと, しまうという, しまうところ, しまうなんて, しまうに, しまうの, しまうまでの, しまうよ, しまう事, しまえその, しまえ三郎, しまえ庭, しまえ無礼至極, しまおう, しまおうかと, しまったいい, しまったが, しまったその, しまったな, しまった後, しまった悪い, しまった殿様, しまってから, しまっても, しまわなけりゃ駄目, しまわぬうち, しまわねえん, しまわねば, しまッては, すてたどこ, すてたの, すてましたと, すてられはしご, すてること, すてるもの, すて梅雪, そこに, そしてこうして生き, そのほか, そのままゆくえ, その娘, その子, その最期, その生首, その胴, その血, それから薩州様, それで仙波, それに, それへ, ついに最期, つい目, つかわすぞ, つかわすわ, つづいて, とらなければ, どうして逃げた, どことも, どんな気持ち, なおも苛烈, なお野, なんに, はりつけたよう, ふせた早わざ, ふたたび樺, また明晩, まだ生々しい, まわる武力, みせろ, みせろと, みたいが, みたいとも, みたいわい, みたい一人, みたい人, みたからとて, みたくなった, みて, みよう, みようとの, みるより, みる瞬間, みれば, みろい, みろと, みろ俺, もう一度どこ, もう陣頭, もらわないかぎり, もれえてえの, やったという, やったの, やったら, やりましょう, やるから, やるさ, やるよ, やる覚悟, やろうかと, ゆく刀, よい, よろしいという, キザンで, ズラカッタ林友吉という, ッ, トントントン, ハネ上がりました, 三百両という, 上げたほう, 上唇まで, 下げられた, 下さいまし, 下さいましお詫び, 下せえだが, 下せえまし親戚兄弟親, 世間から, 二つに, 二ツに, 二人目を, 人望の, 仆した, 仆すから, 今逃げ, 介が, 仕舞うぞ, 仕舞うの, 仕舞う坊主首, 仕舞った, 以て, 以来油を, 伏せた一角, 伏せること, 何う, 何んに, 入るが, 入ろうと, 入ろうの, 八ツに, 八人ともに, 出した, 出ずべき機会, 出せと, 出たが, 出たならば, 出た男, 出た途端, 出た道, 出ては, 出よう, 出られたご, 出るか, 出るな, 出るなどという, 出る城兵, 出る手筈, 出る覚悟, 切り結んで, 助け出しわが, 即時彼に, 参ったか, 参りましょう, 参る覚悟, 取った, 取って, 各, 向うへ, 呉れたい虫けらども, 呉れるぞ, 咎めを, 四ヶ所に, 地中に, 大きい首塚, 天下の, 奪い取った槍, 奪い取り二人, 威を, 娘の, 孫兵衛と, 家中を, 家探ししてやろう, 居るぞ, 山内の, 川の, 差支えないと, 己も, 帰ること, 帰ると, 幕府に, 幕府へ, 廻った, 廻って, 廻る, 廻れば, 廻れら, 後に, 御先代様, 御詮議, 悪血を, 懐の, 懐中物を, 懸れば, 我々が, 戦を, 払うに, 投り込んだ, 抜け左, 押し通り, 持って, 捨つるまでの, 捨てあッ, 捨てさせること, 捨てすっぱり, 捨てたいもの, 捨てたという, 捨てたものの, 捨てた余勢, 捨てた島田虎之助, 捨てた新九郎, 捨てた時, 捨てた経験, 捨てては, 捨てました, 捨てましたが, 捨てましてな, 捨てようか, 捨てようかと, 捨てられその, 捨てられた, 捨てられたそう, 捨てられないで, 捨てるだろう, 捨てるところ, 捨てるに, 捨てるの, 捨てるは, 捨てるほどの, 捨てるまで, 捨てる事一つ, 捨てる外, 捨てろ, 捨てんかと, 捨てんず意気, 捨て一文字, 捨て去りそう, 捨て死体, 捨て江戸, 捨て自分, 捨て行方, 捨る, 掛かれと, 掛らずとも, 掛る様子, 搬んで, 放たれ乍ら, 放たん, 放った, 斬りっぱなし, 斬りば, 斬りまくりあわや, 斬りまくりましょう, 斬りまくり力尽きなば, 斬りまくり紀州藩士, 斬りまくり頼母殿, 斬りまくる血, 斬りまくろう, 斬りまくろうと, 斬り捲くった, 斬り捲りなお, 斬り捲り当の, 斬り死せんかと, 斬り飽いたあの, 斬れぬこと, 斬栄え, 斬死に, 時節到来の, 最後に, 本国を, 来たばかりの, 来たん, 来や, 来る, 来る相手, 来る若, 柄まで, 格子から, 棄てた, 棄てねば, 棄てました, 棄てめでたく, 棄てるぞ, 棄よ, 棺に, 業が, 橋の, 止めを, 歩いて, 歩くよう, 歩く時, 歩く辻斬野郎, 死ぬ気, 死ぬ覚悟, 死んで, 死刑に, 殺したお, 水へ, 泉水へ, 法の, 済みますか, 漢室を, 火に, 煩悩の, 燕返り, 父の, 父親と, 犬の, 犬狼に, 猿沢の, 玄徳の, 盗んだ者, 突いて, 立退いたこの, 立退いたもの, 立退くの, 米持っ, 縁も, 罪を, 置きながら, 肌繻袢が, 肩の, 胴だけを, 胴体は, 腹を, 自得する, 荒木と, 落されたの, 落されて, 落されるだろう, 落され二陣, 落しその, 落したけれども, 落した大刀, 落しました, 落し二人, 落し国許, 落すくらい, 落すよう, 落とされて, 落とした, 葬ったとか, 血ぶるい, 血祭りと, 行った, 西国へと, 見せねえか, 見せるから, 見せろ, 見せろと, 見せ店先, 見るが, 見ろ, 見ろ旗下, 誰が, 諸人に, 謝罪する, 貰いたいと, 貰いたそう, 貰おう, 貴公の, 走らせたので, 身ぐるみ遠く, 身を, 軍律を, 追い払った, 退けたの, 退散, 退治いたそう, 逃げうせたの, 逃げたとよ, 逃げたに, 逃げたの, 逃げたんで, 逃げた者, 逃げてる, 逃げられたこと, 逃げる敵, 逃げ出すよう, 通ったので, 通りながら, 速技, 進ぜようか, 遂に斃, 遣るから, 遣る命, 金を, 鍜えた, 間も, 阿波守の, 飛ばしたよう, 飛び抜ける或いは, 馴染だ, 骨ヶ原の, 鬱懐を

▼ 斬っても~ (50, 4.4%)

3 斬っても, 斬られても 2 よいが, 斬り足りない

1 [40件] いいという, かまわないこの, きまらぬ, これからは, すさまじい, その切ッ, その古, その死骸, つかわそうが, ならぬ, やるわ, よい, よろしいか, よろしかろう, わかるまい, 丹後さまが, 二人斬っ, 仕方が, 刃こぼれ一つしない, 刃の, 呼吸に, 四人斬っ, 天下は, 宜しい許さん, 少しも, 差支えないと, 弦之, 恥の, 斬れない, 斬れないよう, 本街道, 構えが, 残り五十人は, 益は, 相手は, 締め殺しても, 血が, 血の, 血粘, 誉れには

▼ 斬ったり~ (29, 2.6%)

4 突いたり 3 斬られたり

1 [22件] して, しては, すること, するでしょうか, するに, するの, するやつ, するよう, する場合, する柄, はつッたり, ハッたり, 喧嘩を, 外から, 射ったり, 捕えたり, 撲ったりを, 放火を, 桶屋へ, 磔刑に, 賭博を, 首を

▼ 斬っては~ (16, 1.4%)

1 [16件] いけないと, いけません, いない, いないそこ, ならん, ならんぞ, ならんと, またもと, よくない, 彼等の, 済みますまい, 笹に, 笹の, 路傍に, 鞘に, 駆けまた

▼ 斬っさき~ (2, 0.2%)

1 にかかりたい, に羽織

▼ 斬ったって~ (2, 0.2%)

1 なにも, 殴ったって

▼ 斬ってから~ (2, 0.2%)

1 刀を, 雨の

▼1*

斬っさきが地を撫でん, 斬ったりよけたりして, 斬っちゃならねえ人, 斬っちょるん, 斬ってなどかかる筈, 斬ってばかりいて, 斬っぱらってしまったらよさそう, 斬っを円く