青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「河原~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

沈黙~ 沖~ 沙~ ~沙汰 沙汰~ 沢~ ~沢山 沢山~ ~河 河~
河原~
河岸~ 河童~ ~油 油~ ~油断 油断~ 治~ 沼~ ~沿う 沿う~

「河原~」 1993, 22ppm, 5342位

▼ 河原~ (554, 27.8%)

12 方へ 10 石の 8 石を, 砂の 7 石に 65 ように, キヨメの, 上に, 中を, 小石の, 小石を, 岸で, 石も, 者 4 いちばん下流の, ねむの木の, 上を, 中に, 中へ, 大試合, 水際に, 石が, 礫は, 青じろいあかり 3 ほとりに, 小屋に, 方に, 石は, 砂っ, 草の

2 [37件] かまぼこ小屋へ, ほうへ, ようであった, 上の, 中で, 二人暮しだ, 今の, 千鳥汝が, 向うに, 向うへ, 向う岸に, 小石と, 岸に, 岸の, 左大臣の, 掛小屋で, 撫子, 方で, 方を, 柳の, 楊の, 権叔父も, 沙の, 畔の, 真中へ, 石ころも, 石で, 砂に, 砂や, 砂利に, 者坂の, 落書とやらに, 落首が, 藪に, 蘆の, 闇の, 露と

1 [326件] あいだでは, あたりまで, あたりも, あちこちに, あちこちの, い照り時過ぎに, おほ, お家へ, かげや, かなた松が枝にかは, こっちうら, ことで, この邸, しろい顔, ただ中へ, ところどころには, ところに, ところへ, なかの, なでしこに, ひと処, ひろさ, ふちで, ふちに, ふちへ, ふち或, へりや, ほとりへ, ぼうつと, まん中に, やうな, やうに, ような, を動かさう, を動かそう, キヨメすなわち, グランドの, ゴロタ石の, ブールバール, ヘリを, 一戰に, 一番前に, 一試合で, 一部が, 一部を, 上で, 上では, 上と, 上下にわたっての, 上下を, 上流には, 下から, 下が, 下に, 下へ, 下を, 両岸, 中でありました, 中にも, 中の島に, 中程に, 中程へ, 主人の, 乞食の, 乱闘は, 二た, 井筒屋で, 井筒屋へ, 人だかりの, 人などと, 人も, 仮屋を, 仮陣の, 低いほう, 低地背面の, 住民で, 佐比, 俗伝の, 傍で, 傍を, 先へ, 光景が, 光景は, 兵たちの, 兵を, 刑場に, 剣劇, 功名などは, 勧進田楽の, 又九郎, 叔父貴, 古邸に, 右の, 合戦に, 向うには, 喧嘩に, 土を, 土手に, 土橋の, 地に, 地蔵堂の, 坊だ, 堤の, 堤へ, 堤まで, 場面は, 境に, 夏宵ちよぼくれ, 夕涼の, 夕涼は, 夕涼みは, 夕涼み流るる, 多い山川, 多い川, 大宮ばかりぞ, 大石小石しろ, 大雲院, 女乞食, 女房たちの, 如きもの, 如き空閑, 姿にも, 宿小名路の, 宿水も, 寂光庵に, 対陣の, 小屋から, 小屋へ, 小屋を, 小屋仲間に, 小流を, 小石大木の, 小舟に, 小高い土, 岩に, 岩の, 崖の, 崖ぷちにも気楽に, 川柳は, 川砂へ, 左側の, 左大臣源融は, 布晒し位の, 布晒を, 幅は, 平な, 広い地勢, 広広と, 廣い, 怪剣客, 拡がりが, 捨て子, 敗けを, 敗れを, 方から, 方にも, 方は, 方へと, 方へも, 時と, 時に, 景色, 景色は, 景色を, 月見草の, 朝は, 木ぎれを, 杭に, 枯れすすきコリャ, 柳かけす, 柳は, 柵へ, 森の, 楊は, 権叔父と, 権叔父とは, 権叔父とも, 権叔父にも, 権叔父へ, 権叔父までが, 水ぎわに, 水たまりから, 水でも, 水の, 水は, 水べりを, 水や, 水明りが, 水溜りを, 水瀬に, 水際には, 水際により, 水際へ, 水音を, 汚辱を, 沙までが, 河原者であった, 河水から, 河童, 浄人の, 浅瀬を, 涼しいところ, 涼みが, 涼みであっ, 温泉を, 湯, 湯は, 煙草入を, 熱くない, 物語, 獄門に, 玉石の, 玲澄な, 田楽舞の, 町の, 畠には, 畳に, 相撲場の, 真中で, 真中に, 真中を, 眺めに, 矢来の, 石ころか, 石ころが, 石ころの, 石ころを, 石さえ, 石でも, 石と, 石な, 石にも, 石ひろひ, 石コロ路を, 石水亭も, 砂から, 砂と, 砂は, 砂も, 砂を, 砂利の, 砂原に, 砂湯上寒し, 祈祷と, 祈祷に, 祈祷は, 秋風に, 穂すすきの群, 空でも, 空地に, 立者の, 端に, 簗小屋の, 籔さ, 籔に, 素むしろに, 細工, 細工が, 細工とは, 細工とも, 細工夫婦が, 縁を, 者であった, 者であり, 者の, 者畢竟, 肌も, 背を, 船頭小屋へ, 色を, 芒の, 芝生が, 花も, 草などを, 草や, 草を, 荒涼粛殺を, 荒蕪地で, 莚へ, 莚を, 萱の, 落書にまで, 落首と, 落首歌である, 葦の, 葬送や, 蓆張りの, 蔭の, 藪, 藪の, 藪へ, 表面を, 西へ, 試合が, 試合この方忠房は, 試合で, 試合に, 距離を, 路を, 転石に, 辺で, 邸だらう, 野天風呂で, 野花などを, 間を, 闇が, 闇戦に, 阿国踊りの, 院の, 陽に, 隅に, 難は, 雨, 雷電神社下の, 霞を, 青い玉石, 青柳は, 青芒, 青草の, 青葦, 非人小屋の, 面を, 鞍部に, 風の, 風呂へ, 麦畑へ

▼ 河原~ (383, 19.2%)

8 出て, 立って 6 出で 5 おりて, 下りて 4 なって, 出た, 坐って 3 ずらりと並ん, 住んで, 出る, 小屋を, 小屋掛けを, 来て, 来ました, 残って, 泳ぎついて, 神集ひ

2 [22件] あがった子どもら, おいでに, なる, テントを, 下り六列, 下り川床伝い, 下ると, 人影が, 出でぬ千鳥, 啼いた, 天幕を, 小屋住居し, 小屋住居した, 立つて, 立つと, 近いところ, 遊んで, 野営, 錨を, 陣し, 集まりて, 魚を

1 [265件] あって, あらわした, ある時, いた, いたお, いた天部部落, いつて, いる山下氏, いる見張の, いる野伏, うづく, おおぜ, おもむき, おもむき下役人, お集まり, かくして, かたまり味方, ころがりおちた, ごろごろし, ささ, さまよ, さらされましたろう, さらして, して, しやが, しようか, すわって, ずらりと竝ん, たくさんな, たたずんで, ただ一軒の, たてられ俳優, たどり着いたとき, だして, つづくの, とび降りて, どこからとも, ながめて, なつて, なみなみと湛え, ならんで, なりすぐ, なりに, のぞむ大きな, のぼって, ひきだされて, ひきだして, ひざまずいて, ひとりかも, ひとり坐っ, ひびいた, まします天, またも首塚, まだ洗い物, もうぽつぽつ床, ポツンと, 一もとの, 一人だけ, 一杯押しひろがっ, 一筋水が, 上がって, 下りた, 下りたが, 下りながら, 下りる山崩れ, 下り太い逞しい, 並木の, 二十間四方も, 二時間待った, 人が, 今雨, 仕事を, 住みついて, 住居を, 何度も, 何軒も, 來ました, 來り, 倒して, 倒れたトビ市, 充ち満ちて, 充ち満ちてを, 八百萬の, 具足を, 写生箱を, 冬の, 出た所, 出づ, 出てから, 出てからは, 出ては, 出でて, 出ようと, 出ると, 利根川へ, 動脈静脈の, 千鳥しば鳴く, 千鳥頻鳴く, 各々斬られた, 向った数寄屋作り, 向って, 咲いた朝顔みたい, 咲くこと, 啼いて, 喰える物ン, 堆積せる, 壇を, 多くの, 多く住ん, 夥しい人だかり, 大きい材木, 大仕掛, 天幕が, 始まったもの, 姿を, 寝ころんだ, 小屋住まいした, 小屋住まいを, 小屋掛けし, 小屋掛けの, 尻もちつい, 尻餅を, 居た川原者, 居まして, 屯し, 山と, 席を, 干すそれ, 幾筋と, 引きあげて, 引きつけた, 引き上げられる, 引き出され日本, 張られ内部, 待ち受けて, 待つその, 忍び出るとまで, 憩うて, 抛り出されて, 持ち出して, 放り出される, 救小屋を, 散在する, 散歩に, 斬りて, 於いて, 於て, 春日重蔵が, 晒したという, 晒した示威, 晒しもの, 晒し物に, 晒そうとも, 曳き出され可, 曳き出され四十九歳, 月かたぶきぬ, 望みて, 木霊し, 木霊しあった, 朱塗の, 来い幾名, 板橋を, 林を, 梟け, 梟けられた, 梟ける, 梟けろ, 梟せられ, 棄て散らされた陶器, 棲息する, 楮幣を, 横って, 横わる乱石の, 橋の, 歩きに, 残った枯れ芒, 残る示威, 水が, 沿うたささやか, 沿うて, 沿って, 沿つて粟田口へ, 泊れば, 湧き出して, 湧出し, 火を, 火山岩が, 点々として, 焚かれて, 焚火を, 燃え残って, 猟師が, 現れるの, 眼を, 着いた, 着いたの, 着いて, 着しかば, 石と, 磊, 移ったの, 空地を, 突っ立っ, 立たせしばらく, 立たせて, 立ちてがや, 立ちながら, 立ちよどんで, 立ち止る, 立ったまま, 立てば, 立てられ六波羅, 納涼が, 続いた町, 続いて, 綺麗な, 置いて, 脊の, 臨んだ広い, 自分の, 自然木で, 至る迄の, 苦役し, 茂って, 落ちた, 落ちる, 落首が, 著いて, 血の, 行き着くまで, 行く, 見出された, 見咎め得べきなにもの, 見天下, 討手を, 転がって, 転って, 辿り着いて, 近い, 近い淺瀬, 近く碁石の, 遊ぶ者, 過ぎなかった, 達す, 遠く冴え, 避れた, 野宿せり, 阿国歌舞伎が, 降りた, 降りて, 降り加茂川, 降り立つて, 降り立つ彼ら, 降り立てば, 集つてクレーの, 集まって, 集合し, 電車の, 霞が, 青々と, 風呂敷油紙の, 首を, 馬を, 馳けたやつを, 鳴く千鳥

▼ 河原~ (180, 9.0%)

12 出て 11 降りて 5 下りて, 出た, 向って, 行って 4 おりました 3 来て 2 乾して, 出ると, 水花火を, 泳ぎだした, 落ちる, 行ったの, 運んで, 降りた

1 [114件] いつて, かがみ込んで, かけて, かつぎ込んで, きて, くだると, さか, しゃがみ込んだ, すすみ正月, すすめたが, そっと忍ん, でて, でると, とびおりたん, ねじ伏せて, はいった頃, ひいて, ひき出して, まぎれたの, むらがり立った各, ゆく, 一同が, 上がった, 上げて, 下ったの, 下りたぞ, 下りの, 下りはじめる, 下りまして, 下りる鉱山発掘, 下り危うき, 下り立つて, 下るの, 下る段, 仆れ, 出かける所, 出たかと, 出たとき, 出づる小桟橋いそぎたまふにまへざし, 出ては, 出ます, 出る, 向かって, 向った, 向つて一直線, 小屋が, 崩れ落ちたの, 廻って, 引き摺り上げて, 引き摺り上げられて, 張って, 忍んで, 抓み出されると, 投げつけられた燕作, 投げるよう, 投げ出して, 抛りだして, 押し出して, 持って, 捨てて, 敵を, 敷いた二, 晒すの, 曝して, 曳き出されて, 曳き出しつい, 曳き出して, 来い, 来たもの, 来た時, 来た時分, 案内し, 梟け, 武蔵を, 母だ, 洗いに, 洗濯に, 流れ着きました, 百歩の, 移動し, 稼ぎに, 突き出された葦簾張り, 続き南方, 繰り出したもの, 荷を, 萌え夏, 落ちて, 落首が, 蘆の, 行きました, 行ったとき, 行った覚え, 行つたたいへん, 誘い出して, 足利の, 車を, 近づいて, 逃げて, 連れ出されまる, 遊びに, 降りると, 降り立ったとき, 除服の, 飛びおりがぶがぶ, 飛び下りた, 飛び下りたが, 飛び出して, 飛び降りた, 餌取, 駆け上がってから, 駈け下りもう, 駈け出したらお, 駒を, 鱸を

▼ 河原~ (157, 7.9%)

5 辿って 4 街の, 走って, 通り改札口 3 急いで, 肌ぬぎ 2 のぼって, 歩いた, 歩いたり, 立退いて, 越えて, 過ぎて, 隔てて

1 [120件] あるいは川, いましめと, うかうか歩い, さして急いだ, ずっと見込みました, そして撫子, どこまでも, ながめて, なして, なア, のぞいた, のぞいて, はじめ町へ, ひた登り, ひた走りに, ひとり歩きて, ぶらついて, へだて, まえに, よちよち歩き, チョロ, ドンドン進ん, ブラリブラリという, ムンムンと, 三条の, 上がって, 上がると, 上って, 上りつめると, 下に, 下の, 下り始めた, 下流の, 下瞰, 乗りわたし, 伝うよう, 伝って, 作って, 元来た, 六条河原と, 出は, 切れて, 前に, 北に, 北へ, 向こうへ, 囲って, 小さなトロがせ, 小一里, 少し跡, 崖から, 左に, 広く残し, 廻って, 引き摺って, 怪しげな, 抜けて, 持ち割合, 掘って, 散歩が, 整理し, 斜に, 望んだ, 望んだが, 望んだ時, 東西に, 横一文字に, 横切り午後四時頃麓, 横切り桑畑, 横切る, 横切ると, 橋を, 歩いて, 歩いても, 歩きけり, 洗う時, 流して, 流れる梓川, 流れる水, 渉る, 渓の, 渡つてこちらがはの, 渡る, 渡渉し, 照らす月, 物売りし, 真中に, 眼の, 私たちは, 罩めた, 薄にごり, 蜒つて天竜川へ, 蜘蛛手に, 行けば, 表記した, 裸虫で, 西へ, 見つけたと, 見まわして, 見やりながら, 見晴らす二階, 覗いて, 走りました, 走ること, 走る縦横無尽, 越えようやく, 踏み分けながら, 踏んで, 辿り始めた, 辿ろうとして, 逃げ渡って, 通つて東山の, 通るころ, 進みゆくうち, 遡らなければ, 遡ること, 選んで, 雑木林の, 駈け出して, 駈け縛め

▼ 河原~ (135, 6.8%)

3 首を 2 号泣し, 宿取ろ, 寝ること, 年に, 摘んだ花束, 玉藻に, 言語に, 馬を

1 [116件] あらう, お果て, こっちの, こね合って, これぞと, すぐ断行, ただならぬさけび, だそいつ, ちょっと迷った, ね, はやを, ひとり何, または直ぐ, みな首斬, よく見る, プロペラ船を, 一人で, 一人の, 一休みする, 一日中立っ, 一杯茶飯と, 一緒に, 二度も, 人足どもに, 信長公の, 先生に, 出逢った若い, 分れて, 口笛が, 同門の, 喧嘩してる, 嘶いた, 四方田又兵衛から, 声い, 大きなタキ火, 大きな嚔, 大勢の, 娘は, 宿取っ, 小幡門下を, 小次郎と, 小魚, 少しあそん, 弁当を, 当家が, 当時賀茂川は, 待ち合せて, 待ち合わせて, 御領主様, 応援の, 怪しい死, 戦った, 房一の, 拙者が, 挙行する, 斬つて, 斬られたり, 斬られた日, 斬られて, 斬られること, 斬首に, 断わりも, 暗撃ち, 最後の, 枯れ蘆, 欺討に, 武家一般の, 死んで, 清い水, 渡邊祖五郎を, 演習し, 焚火を, 玉砂利と, 玉藻の, 琵琶が, 痣蟹らしい, 皮革を, 盗人が, 直ぐ左側, 石焼きに, 祈りくらべを, 福知山方と, 竹童を, 笊を, 聞いたいそ, 腰を, 自由党の, 自転車に, 興行し, 花火が, 見て, 討ち果しなすった四人, 試合する, 話し込んで, 跼んで流れ, 軍ごっこを, 近くは, 逢うたぎりじゃが, 遊ばしますか, 遊べ寺内, 遠州, 釜茄に, 銀斑魚を, 雲雀の, 青草が, 頭を, 飛んだ無茶, 飯盒に, 首に, 首切られ, 首斬っ, 首斬らせた, 首斬られた, 首斬られる, 首斬る, 首斬れ

▼ 河原~ (59, 3.0%)

2 可成, 月夜だらう, 月夜だろう, 見世屋で

1 [51件] たいへん賑, なんとなく暗い, ひとり盆石の, ますます淋しく, まだ日, シーンと, 一里も, 一面の, 人っ子一人いない, 人出が, 何という, 俄に, 初夏の, 利根川と, 割合に, 古河君の, 周囲を, 喧嘩には, 天上の, 富士川で, 尽きて, 屍臭に, 岩本さんの, 年ごとの, 広く玉石, 思ったよりも, 春木の, 昼の, 暗くなった, 暮れて, 次第に狭く, 次第に開け, 正香にとって, 水が, 渺々として, 渺として, 濁流が, 疫病で, 盆石産地として, 益広く, 私の, 美しい自然, 自分が, 見るま, 見るも, 闇である, 陽の, 随分広く, 青田の, 音という, 鬼哭啾々として

▼ 河原から~ (51, 2.6%)

2 女中の

1 [49件] あふれ出た, この山々, すっ飛んで, トロで, 一里半で, 上がって, 上って, 來る, 南東を, 向う岸へ, 吹いて, 地蔵堂附近へ, 堤の, 堤防の, 声を, 大いなる岩石, 大津辺迄, 姿を, 少し離れ, 岸の, 市ヶ谷の, 帰って, 幾背負い, 引き揚げて, 後を, 忽然と姿, 悲田院址へ, 憐れっぽい, 時には浅瀬, 暗夜心の, 村宿へ, 来て, 橋の, 水の, 流れ木, 湧いて, 着物を, 社の, 稲田を, 稻田を, 約十町, 藍玉屋の, 血に, 赤石山脈の, 路は, 逃げ上がった若い, 逃げ出しました, 運んで, 野へ

▼ 河原~ (40, 2.0%)

5 開けて

1 [35件] あつて, あらわれました, ある, ごろごろと, そんなにひろがっ, ひろく昔, みえる, 再び狭く, 分倍河原と, 均され天幕, 多く瀬, 如何に, 尽きて, 広いという, 広くて, 広く浅瀬, 彼等の, 急に, 恐ろしく咆, 憶い出される, 月に, 無いので, 現れ続いて, 白くなっ, 白く見え, 眼の, 稍や, 絵の, 美しく広々, 見えた, 見える, 見え靄, 通れなくなるので, 遠くなっ, 香つて居る

▼ 河原には~ (37, 1.9%)

2 小石の, 私の

1 [33件] これら, これらの, たくさんそれが, たくさんな, ほかの, ほとんどいっぱい, よめな, コンクリートの, 丸い小石, 丸葉柳が, 二つの, 五町余りの, 埃を, 堰を, 大勢の, 小石交り, 屠者, 常夏が, 撩乱と, 朝顔撫子月草そして, 未だ枯れぬ, 材木を, 水が, 浮浪人の, 涼風が, 白い鷺, 砂利が, 秋の, 蓬が, 見苦しい非人小屋, 近所の, 降りられない, 雑草が

▼ 河原乞食~ (22, 1.1%)

1 [22件] だ, だとか, とか呼ばれ, とさえいわれた, とまで蔑まれ, ともいいました, とも云った, とも言われた, と云った, と云われた, と言われ, と賤, などという名称, などとはいいました, などと賤まれ, のうわさ, のまね, の名, の眞, の称, の芝居, 或いは河原者

▼ 河原~ (21, 1.1%)

1 [21件] あちこちに, いう, いって, となえられたところ, なって, なっても, なり残丘, なり浅田, 両岸, 云う此処, 云ったと, 云ったの, 五里少々, 安中から, 寺内との, 山とを, 岩壁との, 水とを, 海渚との, 聞いて, 高粱とを

▼ 河原まで~ (20, 1.0%)

2 岩層を, 行って, 逃げて

1 [14件] ぶらりと独り, 下りて, 引きずられて, 敗退する, 来た頃, 来て, 来ますと, 自動車を, 行き着いた頃, 迎いに, 追い出して, 送りに, 連れて, 駈けて

▼ 河原~ (20, 1.0%)

2 公園地の, 泉邸の

1 [16件] 原ッぱ, 堤下や, 島田に, 島田河原の, 東山の, 橋の, 水面は, 河原近くを, 清水坂にのみ, 清水坂の, 清水坂奈良に, 温泉場を, 町の, 石黒といふ, 西院に, 雪渓を

▼ 河原~ (18, 0.9%)

5 の中 2

1 [11件] がする, と云う, につつまれ, の, の寸青, の根, の露, の風, へ腰, も空, を衾

▼ 河原~ (13, 0.7%)

1 [13件] きれいで, ただ広い, だんだんに, また夥しい, みんな揃いすぎる, もう一面, 一様に, 今は, 同様である, 少しは, 後の, 道路も, 霧に

▼ 河原では~ (12, 0.6%)

1 [12件] やがてそれら, 不漁の, 二十間四方の, 人夫達が, 佐々木道誉の, 例の, 信孝の, 凡下の, 同門の, 四人も, 残りすく, 花火が

▼ 河原にも~ (8, 0.4%)

1 あった古, すく, それぞれ陣を, 合戦が, 峡谷とは, 嵩に, 猟師が, 船橋の

▼ 河原~ (8, 0.4%)

1 などの掛合い, の方, はな父上, へ出る, へ跳び上がった, まで敵, や平野, を水際

▼ 河原~ (8, 0.4%)

1 でかっと, でわが家, で将門, に家人, はどこ, はもう, は去年, を通り抜け

▼ 河原~ (6, 0.3%)

1 と川波, をここ, をわたし, を屋形船, を陣街道, を飛ん

▼ 河原さん~ (5, 0.3%)

1 がレークジョージ, といふ人, の家, の家令, の庭園

▼ 河原なでしこ~ (5, 0.3%)

4 の花 1 が沢山

▼ 河原~ (5, 0.3%)

3 もぎの 1 もぎ, 石踏まず

▼ 河原一面~ (5, 0.3%)

1 にすてられた, に沁み込ん, に離, の日, の緑

▼ 河原細工~ (5, 0.3%)

1 と云った, と呼ばれ, と呼ばれた, と書い, のこと

▼ 河原伝い~ (4, 0.2%)

1 である, にほそぼそ, に歩きかけた, の気楽さ

▼ 河原~ (4, 0.2%)

31 の新

▼ 河原近く~ (4, 0.2%)

1 で叩き, には人家, の戦線, を通る

▼ 河原~ (3, 0.2%)

2 出てる 1 へ山

▼ 河原でも~ (3, 0.2%)

1 いって, かまわねえが, 武名を

▼ 河原という~ (3, 0.2%)

1 のは, 名の, 空の

▼ 河原とは~ (3, 0.2%)

1 こうも, すなわち今, 申しながら

▼ 河原~ (3, 0.2%)

2 入道は 1 入道の

▼ 河原寄り~ (3, 0.2%)

2 を溯る 1 なら幾らか

▼ 河原警部~ (3, 0.2%)

1 にはなし, はふしぎそう, は首

▼ 河原~ (3, 0.2%)

1 かと耳, かも, 鳴く

▼ 河原あたり~ (2, 0.1%)

1 から御所, で御

▼ 河原いくさ~ (2, 0.1%)

1 には足軽大将, にも足軽大将

▼ 河原からは~ (2, 0.1%)

1 もうかげろう, 何も

▼ 河原~ (2, 0.1%)

1 あぶないから, そうな

▼ 河原づたいに~ (2, 0.1%)

1 やや上流, 歩いて

▼ 河原である~ (2, 0.1%)

1 かそれ, ことも

▼ 河原などが~ (2, 0.1%)

1 あり地獄, 民間の

▼ 河原にとり~ (2, 0.1%)

2 残されて

▼ 河原にな~ (2, 0.1%)

2 つて楊柳が

▼ 河原ばかり~ (2, 0.1%)

1 だったこれ, 廣く

▼ 河原へは~ (2, 0.1%)

1 灰色の, 鶺鴒が

▼ 河原までも~ (2, 0.1%)

1 追いまくして, 響きますし

▼ 河原乞児~ (2, 0.1%)

1 がべら, の尤も

▼ 河原事件~ (2, 0.1%)

1 で足利将軍ら, に連坐

▼ 河原~ (2, 0.1%)

1 でも急, なので

▼ 河原巻物~ (2, 0.1%)

1 と称する, に江田

▼ 河原朝顔~ (2, 0.1%)

1 の一輪, の咲い

▼ 河原添い~ (2, 0.1%)

2 の低地

▼ 河原猿楽御覧~ (2, 0.1%)

2 更には

▼ 河原~ (2, 0.1%)

1 の上, を持っ

▼ 河原続き~ (2, 0.1%)

1 の谷底, の青田

▼ 河原~ (2, 0.1%)

1 で宿, の部落

▼ 河原遊び~ (2, 0.1%)

2 の子供

▼ 河原~ (2, 0.1%)

2 の泉水

▼ 河原重巳~ (2, 0.1%)

1 や中村勉, や中村勉たち

▼1* [130件]

河原あのあたりで, 河原いくさ四条によるは蛙, 河原もてを, 河原かとも見える, 河原この方一層傲慢, 河原放言も, 河原ごろた石の間, 河原すすきは, 河原そこに架けたる, 河原そこではしなくも徳川家, 河原その河原に, 河原それから白剥山, 河原ぞいの道路, 河原だけでも濡らして, 河原だったが元康, 河原だの十川だの, 河原だらけですこし, 河原つづきの一帯, 河原づたいから三本木の仮, 河原づたいに手をあげ, 河原づたいに横しぶきのなか, 河原づたいに湊川を流れ, 河原づたいに花菱へ引っ返した, 河原づたいに黒鹿毛の駒, 河原づたいをするよりは倍も近道, 河原であったものが, 河原でござるか, 河原での奇禍を, 河原といへる処, 河原といふものも, 河原とにずっと下, 河原との合流点で, 河原ともやなぎ, 河原とを悉く敵, 河原ので秩序, 河原などで後醍醐の, 河原などに夜陰落首を, 河原などには馬車の, 河原などを駆けさせるは, 河原なんかに夕凉みのそぞろ歩きを, 河原について瀬が, 河原にての殺しの, 河原にやほよ, 河原に対して冷たくなつた, 河原のしも手へ, 河原のぼりに入洛, 河原のみで一滴の, 河原ははこも, 河原ひろくして, 河原へでもお散歩, 河原へと出て, 河原へまで出かける, 河原へも行きましたが, 河原べりの傾斜, 河原までが其方に, 河原もののこしれえじゃ, 河原より吹く風, 河原をつつ切つて船の, 河原ニ陣シ千葉上総甲信武相ノ諸, 河原一帯この野天, 河原上流が波高島, 河原九郎正次などいずれ, 河原乞食どもの仕業, 河原乞食坂の非人, 河原乞食扱いにし, 河原なる細工, 河原と書い, 河原の大, 河原ひに, 河原住まいの丹下左膳, 河原住まいならぬ俳優のみの, 河原侃二氏の扮, 河原の橋, 河原吹きつぁらしのとこへ筵を, 河原地蔵和讃空也上人御作とはじめて, 河原地蔵尊見る目, 河原を溯つた, 河原の樹, 河原夕涼みの体, 河原雲院の, 河原太后とよばれ, 河原太郎兄弟の塚, 河原の三太夫氏, 河原寂しき山の, 河原小屋や辻能, 河原左大臣宇治の平等院, 河原左大臣源融は毎月二十石, 河原市松扮するところ, 河原広くかつ長く, 河原弥太郎という者, 河原戦畑合戦など酸鼻, 河原操さんのよう, 河原方面でも, 河原月草咲きみだれ, 河原林春塘は未だ, 河原橋杭のあいだ, 河原洲土堤の彼方, 河原涼み台岸に咲く, 河原演劇に於, 河原点々と部落, 河原砂は, 河原焼け砂に, 河原といわれた, 河原田翁の追善能, 河原白河にしの京, 河原矢来外に見物, 河原の向, 河原の上, 河原示威の事件, 河原立ちして, 河原の髑髏総べて五千五百余頭, 河原細工人ともまた, 河原の光景, 河原芦原瓦礫の巷, 河原のなか, 河原菅菜の, 河原蓼等々やつぱり苅萱がいちばん好き, 河原蜻蛉とも云った, 河原警部さんじゃありません, 河原身延波高島天神鰍沢など秋, 河原近ければ水, 河原近傍から蓄備, 河原を一人千山, 河原部村即ち今, 河原つ滝, 河原附近には諸種, 河原がしきりに, 河原よ降れ乾く, 河原雲雀の巣ぐらゐ, 河原青々とした