青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「暦~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

暗~ ~暗い 暗い~ ~暗く 暗く~ 暗に~ ~暗示 暗示~ 暗闇~ 暗黒~
暦~
暫~ ~暫く 暫く~ ~暮 暮~ ~暮し 暮し~ ~暮らし 暮らし~ ~暮れ

「暦~」 1235, 12ppm, 9180位

▼ 暦~ (280, 22.7%)

15 上の 11 上では 7 上に 5 事を 4 上で 3 大火は, 話を, 頃に, 頃の

2 [17件] うえでは, うえの, ことに, ことは, ことを, ような, 初, 別の, 古いもの位, 句を, 字などを, 振袖火事と, 最初の, 末年頃淮安に, 知識の, 考へが, 頃は

1 [192件] うえに, うえも, うちで, うちでは, うらないに, きのうの, くいちがいで, くり言も, ころなり, ころに, ほうが, ほかは, まだ行き渡らぬ, むかしに, むかしの, やうに, よい日, ように, テンポよりも, 一月一日から, 一月三日から, 一月十五日に, 一期に, 一枚その, 七〇年, 三年下河原清左衞門という, 上から, 上だけの, 上でこそ, 上でだけ, 上ででも, 上での, 上でもは, 上は, 下に, 丙申の, 中で, 中でも, 中に, 中の, 中を, 事件に, 事件の, 事変が, 事変で, 二とせ彌生の, 二日の, 二月十一日に, 五月に, 五月三日今日明日に, 五月八日まで, 亡魂, 何年かに, 作者郭守敬の, 儀式帳などにも, 八将神の, 六年は, 冬は, 初に, 初めごろから, 初めっ, 初めで, 初めに, 初即ち, 初年と, 初年三月なかばの, 初年度よりは, 制に, 前へ, 前代に, 十一月二十五日から, 十一月二十五日の, 十二月十五日カラリという, 千七百十九年という, 博士からの, 原稿を, 反逆的に, 古制に, 同人荒木巍氏など, 名譽, 善い日, 四月二十日から, 四月二十日荷物の, 四月十三日で, 四月四日です, 地震安元の, 基礎を, 変以来阿波の, 大変より, 大火が, 大火で, 大火に, 大火には, 大火の, 大火事, 大災, 大鉢, 学者に, 宗家たる, 寫本を, 專門家でなかつた, 工合で, 年々歳々飽く, 年号が, 廣く, 建て方, 廻りますまでは, 役目をも, 御代の, 改まる時, 改暦に, 改正という, 改正を, 数学が, 文字を, 新なる, 方の, 方へ, 日づけ, 日附も, 昔に, 昔九郎判官殿や, 春が, 春を, 時代に, 時代にも, 時間に, 最も重大, 末にまで, 本が, 板木も, 桃色の, 欠点な, 正月には, 正月元日には, 正月前の, 歳の, 気運が, 決定に, 治と, 法なり, 由来, 異なるところ, 疫病諸国の, 発行所の, 白いお, 百助である, 皿粉挽の, 相違を, 知識という, 知識とが, 知識を, 破片を, 示す三个月, 秋を, 端には, 筋は, 紅絵と, 紙を, 絵に, 翻譯とも, 自然が, 花鳥山水道釈人物画と, 荒っぽい赤絵, 行事や, 表だけ, 裏に, 計算を, 話ばかり, 誕生日を, 語原たる, 誤差は, 赤い処, 赤絵などに, 轍を, 進歩すなわち, 鉢が, 長月十六夜なり, 附録に, 陶瓷剔紅填, 革命が, 革命は, 頁に, 頁を, 頃なり, 頃には, 頃江戸に, 頒布が, 領域に, 顛末とともに, 魔力に, 齢は

▼ 暦~ (125, 10.1%)

3 繰って, 見て

2 [12件] くって, 作り四季, 作れ, 出して, 取って, 持って, 経て, 繰ったり, 繰ると, 見れば, 調べて, 調べると

1 [95件] かえちゃったん, くったり, こしらえ出すの, ずらせ狂わせて, そなえて, つかさどる人々, つかって, のせた塗り, はぎとった, はぐと, はぐ娘, まく老人, めくつて, めくり捨てる, よく見る, 一枚めくっ, 一枚めくった, 一枚一枚ひっ, 九執, 五六枚持っ, 今日の, 作らせて, 作りました是, 作るため, 作れるもの, 全然知らず, 公に, 分ちて, 別に, 取りて, 売って, 売り歩いて, 売却しおる, 尊崇する, 届けて, 平気で, 張った襖, 得て, 心あてに, 忘れて, 怪む人は, 悟る事, 我が國, 所有せり, 披い, 持たない民衆, 持つて, 捲き返したいもの, 採用し, 数える一種, 数えれば, 新たに, 束に, 栞と, 横へ, 毎日一枚, 漢譯し, 漢譯する, 煤けた壁, 獻した, 用いること, 用ゐ, 発明した, 眺めて, 立る, 組みかえた, 組みなおして, 繰つて, 繰つて日, 繰て, 繰りかえして, 繰りながら, 繰るよう, 考へて, 見ざれば, 見た, 見たら今日, 見ると, 見るに, 見るまでも, 見吉岡道場, 覗きこんだり, 覗きました, 計るに, 記録する, 買いそこねて, 買いに, 買えり, 買った時, 閲したらば, 閲して, 閲するに, 頒ちし, 頒行せし, 験すこと

▼ 暦義党~ (82, 6.6%)

14 の同志 9 の人々 4 の奴ばら, の面々 3 の同志たち, の徒, の方々, の軍用金, の輩 2 の一部, の女, の数十人, の者, の連中

1 [26件] とかいう不軌, とかいう奴ら, とやらが, とやらの謀叛人, とやら申します, と青塚郷, なるもの, の一騎当千, の中, の二十人, の企て, の半数, の同志ばら, の同志ら, の噂, の囚人ども, の大立て者, の存在, の幾人, の正木右馬介, の沢山, の者ども, の謀叛人ども, の釈放方, の陣地, も萩丸様

▼ 暦~ (66, 5.3%)

5 聖の 2 ありましたか, どこにも

1 [57件] あがったさ, いつも九日, ことしだけで, ことしと, この事実, ごく簡単, しばらく僕, すでに三月, すべてかかる, また一本, もう卯月, もう遅い, わるかつ, インキ壺の, インド暦でも, シナの, チヨコレエトを, 一五八二年法王グレゴリウス十三世に, 三月の, 争われねえ, 二十五日よ, 二十歳を, 何よりも, 俊明院殿の, 其中に, 冬にな, 出来て, 十二月から, 十二月に, 十二月の, 十月五日を, 即ち大, 即ち是, 唐の, 変っても, 夏秋を, 大きな統一, 天子を, 安くって, 幾度改つても, 幾日も, 建久年間, 廿二日だ, 彼にとっては, 支那の, 早い, 昨年であったです, 昨年十二月廿七日の, 普通去年, 此の, 毎年十二月の, 猶存せり, 甚だ不完全, 甚だ尊崇, 裸かに, 遂に自ら, 酢え

▼ 暦~ (49, 4.0%)

3 いらなくなる日, 出来て 2 ある

1 [41件] あがらないの, いつまでも, いまだに九月, いらなくなる, 三月に, 不正確, 今日にな, 作られたの, 出來, 到着したら, 売れるか, 売れるもん, 変って, 変つて正月に, 変りまして, 字で, 存在した, 家々へ, 小さな本, 幾度にも, 幾度も, 彼らにも, 懸って, 採用せらる, 新旧ともに, 日本の, 昔の, 春を, 浅かつ, 発見された, 社日に, 立夏を, 視線には, 設定された, 調べられ結婚, 講談の, 貼って, 貼つてあつ, 載つて, 違いますから, 重なり複雑

▼ 暦~ (41, 3.3%)

3 黒ぼし 2 して, 入りて, 敏感らしく

1 [32件] ある地震虫, かかわらず明らか, くらべると, なって, まかせた, よると, よれば, 中尾氏の, 乗らぬ時間, 何月何日には, 使用された, 使用した, 出てるン, 十字架の, 大衍暦, 天暦より, 小母さんと, 巻き込まれて, 従つて一周りする, 從へ, 拠ったもの, 拠ると, 日本の, 比して, 渉って, 画かれたあの, 立秋虎始め, 絡んだ風習, 至って, 至りて, 至る七, 較べて

▼ 暦~ (28, 2.3%)

3 の問題 2 のこと

1 [23件] が影響, では加減乗除, でも実験観測, でも観測, とすらも密接, と同じ, においてはラランド, においては支那, においては支那西洋, においても同様, において楕円軌道, に就, に関係, のため, の発達, の進歩, の関係, はむしろ, は初め, や理化学, や砲術航海等, を熱心, 及び測量

▼ 暦元年~ (25, 2.0%)

1 [25件] から承, でかれこれ, で平, ということ, と変った, と改元, にはまだ, にはやう, にはようやく, には愛親覚羅氏, には既に, にも既に, に有名, に活躍, の, の二月, の冬, の春, の条, の正月, の正月十日, の比, は正月, まで殆ど, を後

▼ 暦三年~ (20, 1.6%)

1 [20件] から万治三年, から萬治三年, かれの, このと, となりました, になる, には為相, に栂尾, の三月廿八日, の二月, の五月, の大, の大火, の振袖火事, の振袖火事以來, の振袖火事以来, の江戸大火以後いま, の熔岩流, の爆裂孔, より明治十四年

▼ 暦~ (19, 1.5%)

2 囘暦との

1 [17件] ある肝腎, お針祝いの, 一緒に, 占星術, 名づける, 名付けられた世界地理, 天體の, 定められたの, 最も密接, 相談でなけれ, 称せられたの, 稱した, 算術書とで, 米相場の, 罅の, 錦絵とが, 鏡の

▼ 暦赤絵~ (19, 1.5%)

2 の生まれた

1 [17件] といずれ, と古, と言う, などから見, などには曲った, にし, にはちょうど, の性情, の方, の赤色, の釉薬, はこれから, は赤絵, は風采容貌, や祥瑞, を連想, 大水甕

▼ 暦二年~ (18, 1.5%)

3 の頃

1 [15件] だったか, という, といふ, に即位, のころ, の三月初旬, の三月十五日, の九月, の二月, の五月, の八月, の勅, の和田合戦, の屋島, の御

▼ 暦~ (13, 1.1%)

2 あらぬ荒磯

1 [11件] あって, もう終り, 一年限りで, 不完全で, 元年から, 出來, 四十七年間続い, 新暦よりは, 永い間, 無かつ, 終りに

▼ 暦~ (11, 0.9%)

1 [11件] あつた, あらうが, いえば, その日, 二月二十六日に, 云えば, 其暦が, 明治五年正月十日頃に, 行かうと, 調べさせて, 調べますと

▼ 暦~ (9, 0.7%)

2 の上, を見 1 あり, が大陸, には方位, の漢訳, の訳解

▼ 暦では~ (8, 0.6%)

1 まだ夏, もう寒く, 二八日ないし, 八月五日, 大変妙な繰り, 年の, 当年です, 花見月の

▼ 暦年間~ (8, 0.6%)

1 にあり, に出, に支那政府, に有名, に焦, に生れ, に袁黄, のこと

▼ 暦明和~ (7, 0.6%)

2 の昔, の際 1 の円熟期, の市井歓楽詩人, の頃

▼ 暦には~ (6, 0.5%)

1 そんな書入れ, つまらぬ吉凶, 三月, 各々その, 少しも, 豪宕の

▼ 暦五年~ (6, 0.5%)

1 である, に三十九, に十七歳, の九月, の生, までには百年位

▼ 暦六年~ (6, 0.5%)

1 にはそれ, に竹内式部, に至っ, に致仕, の, の坂本運四郎

▼ 暦十一年~ (6, 0.5%)

1 から明和二年, でなくては, に俸禄, に六十二歳, の冬, を迎えた

▼ 暦から~ (5, 0.4%)

1 ひきちぎった紙, みては, 云つても, 取つた字, 明和安永へ

▼ 暦~ (5, 0.4%)

1 天啓の, 姓名学の, 日めくりの, 目覚し時計や, 錦絵を

▼ 暦~ (5, 0.4%)

1 に, に掲げ, に見出され, の本, より其父

▼ 暦~ (5, 0.4%)

1 に明, に當つて, に關, の一大天才, の囘歸

▼ 暦~ (5, 0.4%)

1 から明和, には大体, の人, の俳書, までを含ん

▼ 暦といふ~ (4, 0.3%)

2 書の 1 ものは, ものを

▼ 暦より~ (4, 0.3%)

1 寛政に, 文治に, 明和安永年代は, 清雍正時代にかけて

▼ 暦二十三年~ (4, 0.3%)

1 でありますが, で唐朝, の五月, 即ち唐

▼ 暦十二年~ (4, 0.3%)

1 でございましたかね, に完成, に広島, はいったい

▼ 暦十年~ (4, 0.3%)

1 にこの, に相成ります, の武鑑, の頃十歳

▼ 暦~ (4, 0.3%)

1 の前後, の折, の時, の陰謀

▼ 暦~ (4, 0.3%)

1 ができ, に日蝕, の中, を繰っ

▼ 暦~ (3, 0.2%)

1 か刑事, ということ, ね

▼ 暦との~ (3, 0.2%)

2 相違を 1 矛盾が

▼ 暦なる~ (3, 0.2%)

2 ものが 1 ものを

▼ 暦七年~ (3, 0.2%)

1 から十二年, の初秋, の昔

▼ 暦前後~ (3, 0.2%)

1 のもの, の西国, より延應

▼ 暦四年~ (3, 0.2%)

1 になっ, までに十余例, 及び寛文十年

▼ 暦大火~ (3, 0.2%)

1 のすぐ, の場合, の際

▼ 暦~ (3, 0.2%)

1 がさらに, として少く, ともいった

▼ 暦年代~ (3, 0.2%)

1 にあり, の頃, は鳥居派三世

▼ 暦時代~ (3, 0.2%)

1 の赤絵, の鳥居清満, より承継

▼ 暦ごろ~ (2, 0.2%)

1 かに, から現われ始めた

▼ 暦である~ (2, 0.2%)

1 が開元, のみならず

▼ 暦でも~ (2, 0.2%)

1 なければ, 持って

▼ 暦という~ (2, 0.2%)

1 ものも, 一月送り

▼ 暦など~ (2, 0.2%)

1 男の, 飾って

▼ 暦にも~ (2, 0.2%)

1 注意しよう, 録って

▼ 暦によって~ (2, 0.2%)

1 やるん, 支配される

▼ 暦~ (2, 0.2%)

2 てえな本

▼ 暦三千八百年~ (2, 0.2%)

2 の五月

▼ 暦三年四月~ (2, 0.2%)

1 に勝道上人, の八日

▼ 暦三年正月十八日~ (2, 0.2%)

1 の未, の真昼

▼ 暦三年江戸~ (2, 0.2%)

2 に未曾有

▼ 暦九年~ (2, 0.2%)

1 に奉行所, に登勢

▼ 暦事件~ (2, 0.2%)

1 すなわち竹内式部, の立て者

▼ 暦二十年辛巳~ (2, 0.2%)

2 にいたる

▼ 暦五合~ (2, 0.2%)

2 後芬陀利花院

▼ 暦以前~ (2, 0.2%)

1 で安政二年, の浮世絵

▼ 暦以来~ (2, 0.2%)

1 の大, は一層

▼ 暦~ (2, 0.2%)

1 年頃における, 年頃より

▼ 暦元年六月三日丑剋将軍家御寝~ (2, 0.2%)

2 の際

▼ 暦~ (2, 0.2%)

1 春韶徒馬齢, 青春

▼ 暦六合~ (2, 0.2%)

2 そのほか江次第二合

▼ 暦十八年十二月五日~ (2, 0.2%)

1 に, には甲斐

▼ 暦~ (2, 0.2%)

1 ふるき言の葉, 古き言の葉

▼ 暦大火後~ (2, 0.2%)

2 の吉原

▼ 暦天明~ (2, 0.2%)

2 の大火

▼ 暦~ (2, 0.2%)

1 をその, を置い

▼ 暦~ (2, 0.2%)

1 の年号, は北朝

▼ 暦明和寛政~ (2, 0.2%)

2 と加速度

▼ 暦末年~ (2, 0.2%)

1 に至る, の劇壇

▼ 暦~ (2, 0.2%)

2 来集

▼ 暦~ (2, 0.2%)

1 に秀でた, の如く進歩

▼ 暦術上~ (2, 0.2%)

1 の必要, の準備

▼ 暦術家~ (2, 0.2%)

1 などに比し, には蘭語

▼ 暦~ (2, 0.2%)

1 がある, とか卜筮

▼ 暦~ (2, 0.2%)

1 に, は子光栄

▼1* [228件]

あるいは誂えの, 暦いじりだ, 暦いらい荒廃の, 暦がかかつてゐる, 暦こうも考えた, 暦これを証し, 暦へ忘れた, 暦さえ間違いなく, 暦じゃねえ七日と, 暦だけでこの付もの, 暦だけのことで, 暦だったからである, 暦だの姉さんだ, 暦であります元來暦, 暦であろうが一様, 暦として仰ぎ来, 暦とても史料としては, 暦とはこよみの, 暦と共に壁に, 暦なぞが貼付け, 暦などというものの, 暦などに対する古代人の, 暦ならびに天明の, 暦にて差支なき, 暦によつても, 暦にわたつての, 暦に従って年がら年中地図, 暦に際して観測の, 暦のうへでの夏が, 暦ほどの風采を, 暦まで即ち十世紀頃, 暦までが絵解きに, 暦までと限りませう, 暦みたいな薄っぺら, 暦みたら土日よ, 暦よりは二つ三つぐらいも, 暦らんちゅう, 暦をも廃し, 暦ナンゾ当テニナルモンカ, 暦持ッテ戻, 暦七年十二月に松平秀雲, 暦七月二日ブーニンの言葉, 暦万治年間へかけ, 暦三〇三年即ち西暦九一六年頃, 暦三十七年には二百余丁, 暦三年丁酉正月の大火, 暦三年七月の夕, 暦三年二荒山の山腹, 暦三年六十六で薨, 暦三年十一月定家は家重代, 暦三年名古屋では定宿, 暦三年和田佐衛門尉義盛が叛逆, 暦三年噴出の熔岩流, 暦三年四月十六日の條, 暦三年松が取れる, 暦三年正月五日の夜, 暦三年正月十八十九の両日, 暦三年正月十八日本郷丸山本妙寺から起った, 暦三年正月本郷丸山からの大, 暦三年江戸大火の惨状, 暦三月二十二日から四月二十五日, 暦三月十三日の朝, 暦丙午に至つて李時珍, 暦を証し, 暦九年二十一歳大目付触流, 暦九年生だから, 暦九年竹内式部が山崎流, 暦二三七年即ち西暦八五一年, 暦二十一年に駿河, 暦二十三年五月十二日入唐爲初學習と云, 暦二十三年十二月二十一日日本関白臣平秀吉誠惶誠恐稽首頓首, 暦二十二三年ごろ最澄空海と共に入唐, 暦二十二年に入唐, 暦二十二年入寂せられた行賀, 暦二十四年の生, 暦二十四年六月に帰朝, 暦二十年程大, 暦二十年三月にも噴火, 暦二年七月の地震, 暦二年三月二十四日の長門壇ノ浦, 暦二年九月五日応永十八年十一月十九日同十二月二十一日, 暦二年二十一歳で長崎, 暦二年以来叡山に入っ, 暦二年仲秋行年二十一歳と刻ん, 暦二年六月に姓佐伯沼田連, 暦二年十四歳で市ヶ谷門外, 暦二年十月下旬山徒これを叡山, 暦二年及寛元二年, 暦二年板貞室の, 暦二年正月二十五日午の正中, 暦二年正月二日から法然, 暦二年正月出板土冏然の漢文, 暦二年正月江柄三十郎宗秋は同じ, 暦仁元年十二月十二日に往生, 暦仁頃からバツタリ, 暦今年はない, 暦以後大黒屋秀民に始まり, 暦以後文学の中心, 暦以来一八郎や常木鴻山, 暦以来火事は江戸, 暦の大, 暦うも, 暦作製のとき, 暦儀式帳にある, 暦元年二月七日一ノ谷の合戦, 暦元年八月にその, 暦元年北條氏の皇位継承, 暦元年十月を初発, 暦元年名立崩れの直前, 暦元年四月には越後, 暦元年夏の頃上皇, 暦元年工藤右衛門尉祐貞を蝦夷, 暦元年松前氏より家臣, 暦元年正月五日正三位同二年十二月十日従二位, 暦元年生で三十三歳, 暦元弘日記裏書建武三年記どれもみな同日, 暦八年に改易, 暦八年三月二十六日に茅場町, 暦八年十二月のこと, 暦八年正月四日となっ, 暦八年霧月十八日のこと, 暦六年二代目を継い, 暦六年余廿一歳森氏を娶る, 暦六年十一月四日歿といふ事, 暦六年美濃巨勢村の山雨, 暦兵刑に至る, 暦初年三月半ばでもう, 暦初年西村重長の, 暦利用以前の秋, 暦十一年八月五日宵闇の薄暗く, 暦十一年十二月に封事三条, 暦十一年尾州家では代替, 暦十七年二月に群盗, 暦十三年の六月改元, 暦十二年二十七歳の時, 暦十二年二十八歳となる, 暦十二年十二月の十五日, 暦十二年壬午の事, 暦十二年壬午夏四月山県昌謹撰とある, 暦十二年独美は母, 暦十八年に崑崙人, 暦十八年朝賀の樣, 暦十六年田村麻呂を征夷大将軍, 暦十年二月四日の夜, 暦千三百四年七月二十日アレツツオに生れき, 暦千八百八十六年六月十三日の夕, 暦の年十月六日, 暦博士や陰陽師, 暦祀を, 暦占編史を初め, 暦即日置の搬布者, 暦又は九曜暦と, 暦及び寛政の, 暦四十七年間の後, 暦四十二年に当る, 暦四十八年かの, 暦四十四年に至る, 暦四年以後の二十年, 暦四年八月に大伴家持, 暦四年六月某日誕生名は松太郎, 暦四年十九歳の時, 暦四年正月の六日年越し, 暦四年齡七十四で薨去, 暦四月一日は嘘, 暦壬午二十八歳と云, 暦壬寅に利瑪竇, 暦変以来密雲につつまれ, 暦大火のは諸宗山無縁寺回向院, 暦や天文, 暦安永至治の余光, 暦官たちもみなさ, 暦に属した, 暦寛弘延久即ち醍醐天皇, 暦尊王事件なるもの, 暦小唄集薬品など, 暦小唄集薬類などいろんな, 暦局内に翻訳局, 暦も出, 暦崇禎の間, 暦年中循州河源に蒋武, 暦年代暦こうも, 暦年間天主教が支那, 暦年間李は自分, 暦康和五年十一月十五日の条, 暦弘仁の頃, 暦も度々, 暦検地の, 暦志七に次, 暦応三年も秋, 暦応四年の七月十三日, 暦思想の産物, 暦扇子奥州斎川孫太郎虫河豚の提灯, 暦數十たび移る時廣, 暦文治のころ, 暦明時の義, 暦易陰陽方術医学呪禁等が唐, 暦板行の株, 暦校本に朱書, 暦の車, 暦無くとも鰊, 暦の中京絵図, 暦のニセ, 暦献上の御用, 暦可申由申達相済候事, 暦百年こよみなどという名, 暦睦月二日の新月, 暦程のなかで, 暦三年一七九五年六月八日の, 暦算家が多く, 暦算書が幾ら, 暦算等の技藝, 暦算輿地機器の方面, 暦義党討手の件, 暦義党達が元, 暦翁格子の襖, 暦術家天文家が数学, 暦術星学の研究, 暦術書中に西洋数学, 暦術等の西洋, 暦及び諸, 暦譜五行の事, 暦赤絵中それこそ稀, 暦過ぎて明和改元, 暦遷都前の假名, 暦の佐, 暦の板絵, 暦雑多の時代, 暦頃鳥居清満が紅絵