青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「沖~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

決定~ ~決心 決心~ 汽船~ ~汽車 汽車~ ~沈ん 沈ん~ ~沈黙 沈黙~
沖~
沙~ ~沙汰 沙汰~ 沢~ ~沢山 沢山~ ~河 河~ 河原~ 河岸~

「沖~」 2285, 25ppm, 4721位

▼ 沖~ (612, 26.8%)

67 方を 56 方へ 27 方から, 方に 20 方で 14 方は 10 方へと 9 方が 8 ほうへ 5 ほうを, 方には 4 かなたに, ほうから, ほうに, 小島に, 方の 3 大海戦, 小島の, 方, 方まで, 波の, 現場に, 百万坪の, 空を, 端の

2 [27件] あたりまでも, あたりを, あやしい船, お船, すさび, ように, 僧都, 只中で, 太夫を, 彼方から, 時雨の, 汽船から, 汽船が, 波に, 波は, 浪の, 漁火の, 漁火を, 漁船の, 潮鳴りが, 白石は, 百万坪, 百万坪へ, 百万坪を, 空に, 船に, 釣舟おも

1 [263件] いさり火, いざり火, いざり火影かすか, うすも, うねりの, か, かかり船, かたに, かなたからは, かなたは, けなし島, こたえに, さびしい島, ちょうどまんなかごろに, はうまで, はるかに, ひきのばしたよう, ほうで, ほうには, ほうの, ほうへと, ほうまで, ほうまでも, やうに, ようすが, アパートメントに, アメリカの, ゴンゾが, サンマを, ソーダ松魚といふ, チャイナ号へ, 一戦に, 一時的な, 一点を, 一番小さい, 一線に, 一線は, 三番のみ, 上, 上には, 上書に, 中に, 云い方, 云うこと, 云うのに, 人の, 仕事を, 件である, 余波を, 僧都この, 元船へ, 八幡船は, 冷い, 凩吹っ立っ, 初島の, 南蛮船に, 去るの, 可なり此方, 台場よりも, 合衆国巡洋艦, 名物として, 向うに, 向こうに, 埋立地に, 外国船へ, 外國廢船の, 大きな岩, 大島彼れ, 大潮, 大蛇灘を, 大鯛釣, 天草から, 太平洋へ, 奥は, 姪の, 客船から, 小さい白帆, 小さな島, 小島から, 小島では, 小島には, 小島は, 小島へ, 小島も, 小島附近の, 小舟から, 小舟が, 展望が, 岩で, 岩の, 岩へ, 岩礁に, 岩礁へ, 島の, 島山は, 島影も, 巌は, 帆船と, 常陸丸遭難と, 広い海域, 弁天の, 弁天は, 弁天社が, 弁天社の, 弁天社まで, 影響を, 彼方に, 彼方へ, 彼方を, 後から, 御前と, 御前の, 微かな, 態度に, 方からは, 方だった, 方でなかった, 方でも, 方とをか, 方にあたって, 方にの, 方のみ, 方方へ, 日振島であった, 日振島と, 明りに, 明るみは, 時雨, 景物, 景色にも, 暗いのに, 暗夜の, 暮れ方の, 月影を, 本船まで, 果てから, 果てには, 横当島と, 欝陵島の, 水平線から, 水平線だけが, 水平線に, 水練場で, 水舟を, 汐ざゐに, 汐路に, 汐風に, 汐風吹きあれ, 汐鳴りが, 汽船の, 沈没船引揚事業に, 沈没軍艦を, 波が, 波紋が, 波鼓の, 洲に, 浪, 浪あらし吹く, 浪が, 浪を, 浮標を, 海を, 海中に, 海坊主幽, 海坊主花和尚の, 海戦で, 海戦報告は, 海水だ, 海温, 海賊は, 海鳴りを, 深い所, 深い海底, 深くへ, 渚に, 漁から, 漁と, 漁に, 漁船が, 漁船は, 火光を, 灯の, 炎熱の, 烏帽子岩が, 無人島で, 燈台を, 燈籠を, 現場にゃ, 白い波, 白い浪, 白帆が, 白帆でも, 白帆に, 白帆の, 白帆を, 白浪の, 白点は, 白砂に, 白雲を, 百万坪に, 百万坪も, 百万坪や, 百万坪白い, 的矢丸まで, 直島に, 石では, 神の, 稲妻を, 筍山という, 篝火でありました, 篠島に, 美くしい, 群鷄圖と, 聲が, 舟見, 舩, 船では, 船の, 船は, 船より, 船を, 船島の, 荒潮の, 藻葉, 親船が, 親船へ, 親船まで, 言葉は, 話に, 軍艦も, 辰巳島から, 連中は, 遠島船へまで, 遠鳴, 遠鳴りの, 酒屋の, 金目鯛逗子沖の, 釣場に, 釣船の, 錨地に, 間に, 闇から, 闇へ, 離れ島に, 難航で, 雲を, 霞むは, 青春時代の, 風は, 飛島は, 魚籠に, 鮫, 鯨を, 鰤船にも, 鰹舟で, 鰹船から, 鱚舟の, 鳥貝を, 鳴戸を, 鴎に, 鴎も, 鴎を, 鼻へ

▼ 沖~ (335, 14.7%)

17 出て 5 出ると, 向かって, 碇泊し 3 ある島, 出現した, 向って, 来て

2 [21件] あり, ある, ある帆船, いくつも, さしか, さしかかった時, たくさんの, ついてるあの, 並んで, 出たらば, 出れば, 出現する, 影を, 榜ぐ見, 漁に, 漕ぎ出, 漕ぎ出して, 白く波, 目を, 相見え, 碇泊した

1 [249件] あそぶ鴎, あった, あったころ, あった一つ, あつまって, あらはれたの, あらはれて, あらわれた, あるとの, あるの, ある佐渡, ある姫島, ある洲, いさり火, いた帆船, いて, いで奄見大島, いるほど, いる敵艦隊, うかんだ釣船, おきなという, おりて, お台場, かかった, かかって, かかると, かかるとともに, かがやくあきらめられず, かすむ小島, かたぶく月影, きて, こぎ出させたの, じっと静止, すがた, すすみやがて, ずらりっと, その群影, そひゆく, ついた, ついた白い, ついてる時, ついてる気船, つきました, つばな, つり舟のかず, てい泊し, とどまりやがていとやすやす, とまってるんでさ, ながれ, なって, なつて, はたらきに, ほのぼの蜃気楼, むかって, むかひ永く, もって, ゆっくり明滅, ゐて, ゐるロシヤ使節, ゐる頃, ゐる魯艦, 一つ小鳥のと, 一大事件が, 一日一晩泊まっ, 不思議な, 不時着しよう, 乗り出して, 事あるらし, 今かかるらし, 今や航行中, 代り腕, 仮泊する, 低気圧, 住む鴨, 假泊し, 停泊し, 入る, 出して, 出そろふた, 出た, 出たら暴風雨, 出づるからに陸やう, 出で, 出でたるとき, 出でて, 出とるの, 出る, 出るに, 出揃つた時分に, 去つた, 去り行く浪頭, 向つて, 向つて眺望, 向て, 唯だ, 団々と, 在るの, 在る岩礁, 夜明を, 夜泊の, 大きい鯨, 大きな島かげ, 女の, 子供を, 寄る見ゆ, 小さい黒ずんだ, 小さき漁り舟, 居る難破船, 嵐吹き, 差掛って, 帆あ, 帆かけ, 帆は, 引かれる力, 引き去られて, 当りますが, 待ち漂うて, 待伏せし, 待機させ, 待機し, 投げこみ腰, 投錨した, 持って, 捕えられて, 掛かれる汽船, 攫い出されて, 放りっ放し, 放り出されて, 明滅する, 月が, 有る島, 望むまで, 村の, 杖を, 来かかったらしく汽笛, 来た, 橙色の, 止つてゐ, 止まって, 殴りかかろうと, 沈みかけて, 沈みし溺れ船, 沈みし蛸壺, 沈んだまま, 沈んだ地底機関車, 沈沒し, 沈没す, 泊って, 泊つ, 泛んで, 泳ぎ出す, 派遣され, 流されそれ, 流されて, 流れて, 浮いて, 浮いてる船, 浮きあがった, 浮びいく杯, 浮びいづるなかれ, 浮んだ時, 浴せた, 消えて, 深夜何百艘もの, 游ぎ去ったと, 漁火を, 漂って, 漂ふも, 漂へ, 漂流し始めた, 漕ぎ出し扇, 漕ぎ出て, 火も, 灯を, 点々と, 烏賊釣りの, 煙草色の, 煤ぼけた, 燈火が, 現はれた, 現れた, 現れました, 現れ執拗, 現われて, 當つて一點の, 當つて小山の, 発見する, 白鴎飛ぶ, 皆は, 直にのべた, 相対し, 相当な, 相当の, 眞赤な, 眼を, 着いた白塗り, 碇泊させた, 碇泊する, 碇泊罷あり, 碇舶し, 磯の, 立ちこめ日和山, 立つ波かぎり, 立つ綿雲, 立つ見ゆ, 続けること, 縄が, 繋り居る, 纜を, 船が, 船の, 船繋を, 荒れむとして, 荒れ果てた小島, 萌して, 血の, 行く臆病, 衝突し, 見えたという, 見えたといふ, 見えなかったか, 見えぬとは, 見はって, 見ゆるは, 見慣れぬ三本檣, 觀艦式を, 貨物船は, 赤い帆, 赤目魚釣に, 軍艦が, 近よって, 追いかけて, 送り返される, 連る, 連れて, 運ばれたが, 達すると, 釣に, 鋸山や, 鋼鉄色に, 錨を, 長崎型の, 阿蘭陀船が, 集まったという, 離れた津堅島, 青雲ほ, 飛べども, 高まりて, 黒雲が

▼ 沖~ (268, 11.7%)

38 出て 13 沖へと 12 出ると 6 出た, 向って 3 乗り出すと, 流れて

2 [15件] かけて, 出して, 出たまま, 出れば, 延び出て, 持って, 泳いで, 泳ぎでて, 漁に, 漕いで, 漕ぎ出しました, 碇泊, 近づいて, 進んで, 釣に

1 [157件] うすれて, おきへと, かかった午後, かかった頃, かかると, かかる順序, かきやり沖, きえた, こぎだしました, さして別れ出, しずめましたので, ずり出しました, せまった, たどりついたの, ついて, つく筈, でる舟, な放かり, な放かりさ, まぎれ去った, むかっては, ものの, やってくると, 七艘相見, 三十里ばかり, 乗り入れ候おもむき, 乗り出した, 乗り出して, 乗り出しました, 乗出すの, 乘り出し, 乱れ退かせ, 伸びて, 出かけたの, 出かけて, 出かけること, 出しても, 出たあと, 出たが, 出たこと, 出たであろう, 出たところ, 出たの, 出たよう, 出たろうあの, 出たん, 出た感じ, 出た感覚, 出た時, 出た舟, 出た頃, 出ての, 出ないが, 出なくても, 出ました, 出ましたが, 出ましたといった, 出ますと, 出ること, 出るの, 出るのに, 出るまで, 出るよ, 出動します, 出次第に, 出稼にと, 出迎えに, 去った水軍, 去つて, 吐き出して, 向い稲妻形, 向かって, 向けて, 向け辷るが, 向つたま, 姿を, 寄せたので, 帰って, 引き去られまた, 引つ返して, 彎曲した, 投げ込まれると, 押しながされて, 押し出しこわい, 押し出したの, 押し流すの, 揺られて, 更にという, 来たぜ, 来たとき, 来た外国船, 来た時, 来て, 来航し, 沖へ, 泳いだので, 流されて, 流されるより, 流して, 流れだしたとき, 流れつくよう, 流れると, 浮きあがる, 海苔とりに, 海軍飛行機で, 消える, 漂つた, 漕ぎ出した折, 漕ぎ出すこと, 漕ぎ出すと, 漕ぎ出す決心, 漕ぎ出ると, 漕ぎ初め, 潜込み, 白ペンキ塗りの, 目を, 着いた, 続いて, 網を, 船が, 著, 行き辺, 行く, 行くの, 行け, 行って, 見えるに, 誘って, 貝を, 走り出した時, 走り出して, 走り出しますが, 迎えに, 退いたからには, 逃げたと, 逃げだして, 逃げ退いたが, 逃げ退いて, 通って, 進みはじめた, 逸して, 逸走する, 運ばれて, 運ばれました, 遠く出る, 遠く歩み出し, 遥々と, 釣りに, 錨を, 集まって, 離れた, 離れ果てなき黒い, 駛って, 魚が, 魚を, 鯛釣りに, 鴨猟に

▼ 沖~ (192, 8.4%)

12 見て 7 眺めて 5 通って 4 走って 3 ながめて, 出て, 眺めました, 見つめて, 見ると, 通過した, 通過する

2 [14件] かすめて, ながめた, 向いて, 指して, 目がけて, 眺めた私, 航海し, 西に, 見た儘, 見た時, 走つて, 走る舟, 越えて, 通った

1 [115件] いつまで, さして漕ぎ出した, さして船出, さまよいそう, すぎなければ, とおる汽船, ながめながら, にらみながら, にらんだ, のりもはや, ふりかえって, めがけます, アメリカの, ギク, 一人の, 乗り落したん, 乗り落して, 今滑つ, 休んで, 凝視し, 出か, 出没し, 加奈陀の, 北西に, 南へ, 合唱し, 外洋の, 大浪の, 宇部へ, 左から, 帆走る, 往復する, 悠々と, 抜け切らなかった, 指さして, 早舟で, 暴れ廻ると, 望見し, 東に, 沢山の, 泳いで, 流されて, 渡つてゐる, 渡る, 渡る凄き, 游弋し, 漕ぎ過ぎて, 無事には, 狙ったの, 白い波頭, 百浬も, 目ざして, 目ざす, 眺めた, 眺めたり, 眺めたわけ, 眺めながら, 眺めました眞紅, 眺めやった, 眺めるよう, 眺望する, 稱した, 簪船が, 自分の, 航海する, 行く便船, 行く帆影, 見ては, 見ながら, 見ますと, 見やる人々, 見ようとして, 見わたした, 見守って, 見晴す度に, 見渡したり, 見渡しても, 見渡せば, 訪問し, 走つたの, 越えたもの, 越すころ, 越ゆべき, 通う船, 通った船, 通つた, 通つてゐ, 通つてゐる, 通りか, 通り大連へ, 通る, 通るイギリス, 通るポンポン, 通る廻船さ, 通る舟, 通る船, 通過してるらしかった, 過ぎた頃, 過ぎる人々, 過ぎる時, 過ぎる舟, 過ぎる船, 過ぎる頃, 過ぎ多摩川, 過ぎ昔, 過ぎ羽田沖, 過ぐ, 遙に, 遠くへは, 遠く見, 遥に, 静かに, 高く中空, 黒煙の, 黝まして

▼ 沖~ (129, 5.6%)

3 難船し 2 あんたという, とめられようやく, 水死した, 水死を, 海の, 素通りさせたら, 釣って

1 [112件] あいつの, そちの, つみこむこと, とうとう一頭, とつぜん海, とれる鰹魚, どうした, どんなに勇ましく, ばらばらに, ひと思い, ふん捕まえ, みっしりと, むしや, わが駆逐隊, アメリカ商船を, エムデンに, グルグルどうどうめぐり, トルコ人を, ピアノの, プリンス・オヴ・ウェールスが, ロシヤ艦隊を, 一度死んだ, 乗りかえたべつ, 乗船を, 以前に, 例の, 兄さんの, 光つた, 全滅し, 出来る濃い, 切刻ん, 初鰹を, 叩いて, 喜兵衛の, 四国屋の, 坐礁大破した, 壮烈な, 夜昼の, 大洋丸という, 密買した, 寝よう, 展開し, 帝の, 引っかかった鯖, 彼は, 待機し, 急に, 打った大砲, 打つ波, 拾ひ上げ, 捕れるの, 捕鯨船が, 採集に, 撃沈された, 救を, 日本の, 日本郵船会社の, 日露海戦が, 暴風でも, 東洋汽船会社の, 歓迎船が, 死んだ人々, 毛利家の, 江戸へ, 汽笛が, 沈沒した, 沈沒プーチヤチン自身で, 泊ったっけよ, 泣いたん, 泳ぎよった, 海賊どもに, 清国の, 烏賊を, 煙の, 発砲された, 発砲を, 発見された, 盛んに, 知らせ合うん, 祝儀を, 立派な, 第一世, 筋斗返り, 米国駆逐艦三隻を, 網に, 網を, 舟の, 船に, 英国戦艦と, 藤六の, 見つけたん, 見付かりました, 貝を, 買い取るため, 赤山神社の, 軍艦から, 軍艦が, 軍艦開陽艦に, 追詰められて, 過すの, 遭遇する, 遭難し, 釣った魚, 釣りを, 難船した, 音が, 魚網を, 鯛釣りを, 鯨が, 鯨とりの, 鯨船が, 鱶や

▼ 沖から~ (85, 3.7%)

5 帰って 4 吹いて 3 寄せて, 泳いで 2 お宮の, 見ると, 風が

1 [64件] お江戸, かけての, かなりな, この辺, この附近, ずっとヤーネル艦隊, とつて, ながめる一本松, ふたたび南, ・辺からと, 上がったつもり, 下田へ, 乗りだした, 伊東方面, 入り込んで, 入道が, 冷かな, 出帆し, 到着し, 千島方面まで, 吹きよせて, 吹き来る浜風, 吹く風, 寄せた大きな, 小山の, 島に, 帰ったばかりと, 帰つて来る, 帰りがけに, 帰ると, 帰港の, 志摩半島沖更に, 戻って, 押寄せる潮, 晴れか, 望めば, 来い, 来るか, 来る漁夫, 横須賀まで, 歸つて來る, 死骸が, 流れる潮, 浦曲を, 海岸に, 湧きあがる雲, 漁舟が, 燃ゆる, 白帆の, 眺めたよりも, 羽田沖まで, 裏の, 襲うて, 見えて, 見た通り, 通う風, 運ばれて, 遠く陸, 錨を, 降り始め, 雨の, 須磨口から, 飛んで, 龍の

▼ 沖~ (50, 2.2%)

6 の島 4 の海 2 の人達, の旅

1 [36件] でたくさん戦死者, ではアンマ, では王家, では盆, でも人種, で花婿, などではこの, にいき, に於ける, に送られ, の, のまれびとと, の人たち, の別れ, の多く, の島々, の按司, の村, の村芝居, の民間傳, の海岸, の空襲, の紺碧, の記録, の話, の農村, の那霸空港, は珊瑚礁, へ來, へ歸, へ着い, まで, までも足跡, より北, をおとし, を仲つぎ

▼ 沖~ (46, 2.0%)

2 時雨よ

1 [44件] あまりに稀薄, ええ沖, しきりに, しづんで, てるてる風車, どこかと, なかなか賑やか, はや暗う, ひとり首を, ぼんやり薄, またし, まだ暗い, よく和ぎ, コバルト, ナフキンで, ベルリンから, 一同を, 一帶に, 云ったと, 依然として部屋部屋, 俄かに, 勇ましいが, 反対に, 呶鳴った, 平らに, 急に, 春の海らしく和み渡った, 暗く静か, 曇つてゐる, 殆ど埋れ尽さん, 波の, 灰色に, 白波の, 真っ暗で, 真暗で, 真白に, 立ち上ったかと, 船会社の, 荒れて, 荒れてるな, 過ぎて, 雨でけむ, 雷の, 鮎川の

▼ 沖には~ (33, 1.4%)

2 彼方此方に

1 [31件] いくさう, たくさんの, れいの, キャバレエに, 一艘の, 二つの, 先月から, 兵船だけ, 処女獣, 大島小島の, 平家舷を, 弁財船が, 御台場, 捕りたて, 早打ちを, 旭日の, 暗礁でも, 機雷が, 海中に, 海坊主にも, 海水の, 無数の, 白波が, 真帆片帆白く, 肉眼では, 花火まで, 赤い矢帆, 風が, 駆逐艦が, 高麗丸の, 鴻島が

▼ 沖~ (30, 1.3%)

4 白波 2 宮に, 洲に, 渚に, 藻の

1 [18件] しら浪辺に, 千鳥よ, 国に, 国知ら, 宮辺に, 島, 嶋荒磯の, 波来寄る, 浪きらく気ままに, 浪来寄す, 瀬は, 玉藻をか, 白浪, 白浪立ちし来ら, 繩海苔来る, 邊に, 風いたく, 鳥鴨の

▼ 沖まで~ (26, 1.1%)

2 平らな

1 [24件] お渡りあった, お見送り, ご加勢, 乗り出して, 伝馬船で, 出たが, 出て, 持って, 曳き出して, 来たとき, 来て, 来ると, 水が, 汐が, 漕ぎだして, 漕ぎ連れて, 潮が, 稼ぎに, 結氷し, 船が, 追詰めて, 進みはるか, 進入し, 魚が

▼ 沖~ (25, 1.1%)

2 が云った, は云っ

1 [21件] がまた, が云う, となった, に引っ立てられた, に真紀子, に立っ, の元気, の踊り, は, はいつも, は一寸, は人人, は傍, は呟い, は揉み手, は早速, は立ち上っ, は自分, は船客, は見, は諧謔

▼ 沖~ (22, 1.0%)

2 荒れて

1 [20件] あつて, いた, こういうこと, この一寸, ずっと見える, つとめた, やがて曇ったでし, カキに, 一番数多くとれる, 光って, 島文字島紅葉の, 暴れ狂った, 曇つてゐる, 此年閏五月八日に, 瑠璃色に, 目に, 蒼黒く, 貝の, 躋寿館の, 震源地です

▼ 沖あたり~ (17, 0.7%)

1 [17件] かね, かも知れません, からそれ, からは航路, から細い, でこう, でもうそろそろ, で夥しい, で打ち出す, で船, で行きあう, で行き合い, に遊弋, の小さな, までつん流れ, まで來, まで舟

▼ 沖あい~ (14, 0.6%)

1 [14件] からひとり本船, から朝陽, でおこなわれ, で煙, で行き, と会下山, にかかる, に一艘, に大小数百そう, の斬り合いで, へまいりました, まで, を半海里, を東

▼ 沖へと~ (14, 0.6%)

2 出て, 進んで 1 いったの, こいで, ゆけませんでした, チャンスを, 出る所, 吹く風, 岸を, 泳ぎ出した, 雪崩れを, 駈けて

▼ 沖売ろう~ (14, 0.6%)

3 の娘 2 のねえさん 1 がいっそ, とがいる, になり, に奉公, に来る, のその, の来ない, は彼女, は持っ

▼ 沖遠く~ (12, 0.5%)

1 [12件] ぎらぎら輝い, に行く, まで出ね, まで漁, まで潮, 吹きおくる凉, 外国船が, 拉し去った, 拉し去ったと, 現われて, 逃げて, 離れて

▼ 沖~ (11, 0.5%)

1 [11件] 三陸の, 五島の, 当然後, 木場沖も, 東の, 洲崎遊廓沖も, 癇に, 皆大抵, 砂村沖も, 空も, 赤く焼け

▼ 沖より~ (11, 0.5%)

1 [11件] 呼ばわる声聞こゆ, 寄する, 帰って, 帰る父, 来る響, 歸り, 波寄せ, 港内に, 白む朝ぼらけ, 誘ひ吹かしめむ, 銅鑼の

▼ 沖では~ (10, 0.4%)

1 もう大, ラシン盤によって, 兎の, 南極の, 白帆が, 聲を, 船腹が, 船頭が, 船頭さんに, 遠く鯨

▼ 沖~ (10, 0.4%)

2 に行つて 1 などに出来ける, にでも出かけよう, には竿, に出かけたつ, に行, に行く, に越す, の宵

▼ 沖釣り~ (9, 0.4%)

2 でも無き 1 が何より, でもさうである, で心安く, なりを決定, に出た, に誘いあわせ, の爽快さ

▼ 沖~ (8, 0.4%)

1 だんだん帝都, なく岸, なす勿, 三島に, 名づけまわり, 岸との, 矢代は, 署せる

▼ 沖にも~ (8, 0.4%)

1 ちらめくの, ローダーポンツウンなどが, 依勝益士, 幽霊船が, 海賊岩松の, 点々と, 石の, 高いうねり

▼ 沖繩本島~ (8, 0.4%)

1 ではあの, では花婿, でも風, にある, のにらい, の文獻, の西北, は淡路島

▼ 沖~ (7, 0.3%)

1 で沈ん, に四, に夜, に漂, の雲, を北, を走っ

▼ 沖積層~ (7, 0.3%)

2 までの間 1 からできた, で岩石, のやわらか, の中, を

▼ 沖~ (6, 0.3%)

2 ている 1 てある, て灼熱, 其雲頂の, 壮烈な

▼ 沖なる~ (6, 0.3%)

1 島山の, 暗夜の, 沙魚船より, 海の, 灰を, 群青の

▼ 沖~ (6, 0.3%)

1 から山狩, に出, に出た, に出る, に行く, に行つて家

▼ 沖~ (6, 0.3%)

2 より磯邊 1 の岩, はろか, は闇, を雨

▼ 沖へは~ (5, 0.2%)

1 いつて, なれた, 出られなかった, 吹かれは, 毎年夏に

▼ 沖~ (5, 0.2%)

1 さかい今, 三島の, 医者や, 土佐の, 横川と

▼ 沖~ (4, 0.2%)

1 何か, 兎に, 勝浦沖かで, 寵の

▼ 沖からの~ (4, 0.2%)

1 叫び聲が, 唄声, 船は, 風で

▼ 沖さん~ (4, 0.2%)

1 だけだ, という爺さん, の感傷, は危

▼ 沖にて~ (4, 0.2%)

1 何を, 死亡遺骸は, 銅鑼の, 難船に

▼ 沖までも~ (4, 0.2%)

1 出とるとは, 海の, 漕ぎだして, 漕ぎ出しとる

▼ 沖仲士~ (4, 0.2%)

1 が五六人, の女, らしい老, をし

▼ 沖海面警戒警報~ (4, 0.2%)

2 が出る, を告げた

▼ 沖~ (4, 0.2%)

1 には深, に煙, より潮, より西南風

▼ 沖~ (3, 0.1%)

1 ひさして, ひに, ひの

▼ 沖までは~ (3, 0.1%)

1 聞えにくい, 軍艦で, 達したけれども

▼ 沖ゆく~ (3, 0.1%)

1 や赤羅小船, 舟に, 舟も

▼ 沖一面~ (3, 0.1%)

1 に白牙, に黒い, の白浪

▼ 沖~ (3, 0.1%)

3 の女

▼ 沖~ (3, 0.1%)

1 だなどとは, なんか今, を好いてる

▼ 沖近く~ (3, 0.1%)

1 に二十日頃, へ投錨, まで聞え

▼ 沖かけ~ (2, 0.1%)

1 ての深い, て波

▼ 沖がかり~ (2, 0.1%)

1 して, になる

▼ 沖さけ~ (2, 0.1%)

1 て, 見れば

▼ 沖した~ (2, 0.1%)

1 光の, 金剛不壊力の

▼ 沖すき~ (2, 0.1%)

1 でウイ, を食

▼ 沖する~ (2, 0.1%)

1 かと思わしめる, がさらに

▼ 沖~ (2, 0.1%)

1 つたので, よだが

▼ 沖でも~ (2, 0.1%)

1 この通り, 一声しか

▼ 沖という~ (2, 0.1%)

1 ことに, 処へ

▼ 沖といふ~ (2, 0.1%)

1 ことで, その産婆

▼ 沖~ (2, 0.1%)

1 のだ, わ節

▼ 沖ばかりを~ (2, 0.1%)

1 溯って, 溯つて

▼ 沖~ (2, 0.1%)

1 さす見ゆ, なる玉よせもちこ

▼ 沖タナゴ~ (2, 0.1%)

1 に凝り, も私

▼ 沖~ (2, 0.1%)

1 仕事モ増スバカリトナッテ組デハ若, 端に

▼ 沖上り~ (2, 0.1%)

2 をやる

▼ 沖~ (2, 0.1%)

1 が立ち, などという白拍子名

▼ 沖浪高み己妻~ (2, 0.1%)

2 喚ばふ

▼ 沖海戦~ (2, 0.1%)

1 のこと, の報

▼ 沖海面~ (2, 0.1%)

1 から始, から始まる

▼ 沖~ (2, 0.1%)

1 のぼった姿, の下

▼ 沖繩島~ (2, 0.1%)

1 に達し, の島影

▼ 沖繩生れ~ (2, 0.1%)

1 の女中, の遼子

▼ 沖繩県~ (2, 0.1%)

1 などの遠い, の八重山群島

▼ 沖繩縣~ (2, 0.1%)

1 の中央以北, の八重山列島

▼ 沖繩諸島~ (2, 0.1%)

1 では他界, を探り得た

▼ 沖~ (2, 0.1%)

1 といつ, は先づ夏

▼ 沖船頭~ (2, 0.1%)

2 の新

▼ 沖買い~ (2, 0.1%)

1 が一尾二三銭, の呼吸

▼1* [127件]

あいあたりで一せい, 沖あい遥に霞, 沖かすむ霞の, 沖かで彼女は, 沖からはいつて, 沖こぐ蜑も, 沖かる船人, 沖さん矢代はねなかなか, 沖さん青年がこんなに沢山, 沖じゃ一網に, 沖だけ見た大人, 沖だけは青あおと, 沖だろうという, 沖やまだ, 沖ですか, 沖でのフレガツト沈沒などで, 沖にかけて海は, 沖にてはこれを, 沖になづさふ, 沖にまで達して, 沖によるといふなる海苔, 沖に対する辺で, 沖のさざなみかぎり知られず, 沖はどないに, 沖へでも持って, 沖へな放りさ夜ふけ, 沖へのして, 沖へまで焼け抜けたが, 沖へも出て, 沖べにはつぶつぶと, 沖べの煙, 沖べを見れど, 沖ほか四烈士の墓, 沖もやいする気, 沖らしている, 沖をば行くこころ, 沖アハセとも謂う, 沖イイの, 沖ギモノ・沖アハセとも謂う, 沖コマセといつ, 沖ツ海カイビャク以来たった二人, 沖一哩ほどの海上, 沖一帶はほ, 沖一杯に投げ, 沖三十海里に安住, 沖三崎の湾口, 沖鯨高輪より, 沖之の著書も, 沖乘船の目あて, 沖九州の玄海灘, 沖二氏の殉難, 沖人夫だの石炭, 沖仲士市治郎は馬力, 沖仲士飯屋の下廻り, 沖のしたく, 沖初島まわりの鯛釣り場, 沖剛介千葉重太郎等が共に, 沖勝浦沖観音崎浦賀と通っ, 沖十二吋の主砲弾, 沖台湾海峡秋田地先の日本海, 沖のこと, 沖もある, 沖とを訪ね, 沖小島は共に, 沖待ちの船頭, 沖徳山湾で漁れた, 沖房州と下っ, 沖支那海まで進出, 沖には, 沖更に東に, 沖榜ぐ蜑が妹, 沖横浜の港, 沖横浜近くで終る, 沖氣以て和, 沖江見和田などの海岸, 沖沈没船引揚げ作業はまだ, 沖のあらみた, 沖海底都のよう, 沖渡しで蛮船, 沖漂流だの, 沖漠希夷たり窈, 沖の趣, 沖瀬戸五十町ほどを波間, 沖犬吠沖勝浦沖観音崎浦賀と通っ, 沖百七十海里でとれた, 沖百五十浬ばかりのところ, 沖相模国真鶴港外の三ツ石付近, 沖禎介の親父さん, 沖禎介氏のお父さん, 沖積層地帯の肥えた, 沖繩一見の旅, 沖繩以上の死傷者, 沖繩名物の颱風, 沖繩島民にたいし, 沖繩戦が激烈, 沖繩料理の白汁, 沖繩方面の原産, 沖繩滯在の最後, 沖繩神社の拜殿, 沖繩第一の名橋, 沖繩縣人ばかりの爲, 沖繩縣内務部長階川君を出, 沖繩縣内唯一の官幣社, 沖繩縣出の農家, 沖繩美人の舞踊, 沖繩見物の私, 沖繩語普通の倒置修飾格, 沖老人が三島, 沖行船も, 沖ていた, 沖見とったの, 沖見れば矢島經島影, 沖観音崎浦賀と通っ, 沖越えて喜び, 沖辺はるかにゆく, 沖通過の際デッキゴルフ, 沖道隆杭の大名, 沖み, 沖遠き雲の, 沖遥かな鬼界ヶ島, 沖鈎宅間玄牧流の隼鈎, 沖の仲仕, 沖陽造先生についてのデマ, 沖陽造本間唯一伊豆公夫徳永泰を始め, 沖陽造氏の訳, 沖鳴りが響い, 沖鳴門海峡紀淡海峡など七