青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「池~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~汗 汗~ 汚~ 汚い~ ~汝 汝~ 江~ ~江戸 江戸~ ~池
池~
池田~ ~決して 決して~ ~決定 決定~ ~決心 決心~ 汽船~ ~汽車 汽車~

「池~」 6180, 67ppm, 1701位

▼ 池~ (3058, 49.5%)

104 端の 90 中に 63 ほとりに 54 中へ 48 水を 47 面に 44 面を 43 水が 39 方へ 34 中の 32 水は 30 端に 27 端へ 24 水の 22 上に, 水に, 縁に 21 中を 20 ほとりの, 岸に, 端を 19 ほとりへ, まはり, 中から 18 中には 17 ほとりで, まわりを, ように, 上を, 畔に, 端から, 面は 16 ほとりを, 中で, 周囲を, 方を, 端で 15 ふちに, 縁を 14 ふちを, 底に, 畔を 13 おもて, 傍を 12 ような, 汀に 11 傍に, 周囲の, 底から 10 そばに, 向うの, 周囲に, 汀の, 蓮の, 面が, 面の 9 そばで, 畔へ, 縁の, 辺に 8 そばへ, 傍で, 岸を, 鯉の, 鯉を 7 なかに, なかへ, まわりは, 方に, 渚に

6 [13件] ふちの, ほうへ, ほとりには, まわりの, 前に, 周囲には, 坊の, 堤を, 尾の, 畔で, 畔の, 面には, 鯉が

5 [24件] そばの, なかの, まん中に, も田居の, 中の島も, 中心に, 主の, 側に, 傍の, 傍へ, 名は, 向うに, 向ひ, 岸には, 底を, 景色を, 水面に, 汀まで, 真中に, 端まで, 端仲町の, 縁へ, 辺を, 鯉に

4 [40件] ある所, そばには, そばまで, ところで, ところまで, はたの, ふちへ, まわりに, むこうの, やうに, 上で, 中央には, 主が, 主に, 側へ, 向こうの, 周囲は, 堤の, 岸で, 岸の, 底には, 底の, 底へ, 彼方に, 方から, 橋を, 水だつた, 水の上に, 水へ, 氷の, 禅尼の, 縁で, 縁には, 茶屋の, 茶屋へ, 草の, 辺で, 辺の, 魚が, 魚を

3 [46件] あること, ある公園, ある風景, ぐるりを, ところから, ところへ, ぬしかも, はたに, ふちで, ほうに, ほとりから, ほとりまで, まわりには, 上には, 上の, 中は, 中島に, 主は, 側の, 傍まで, 向ふ, 向側に, 周りを, 囲り, 家に, 岸まで, 底で, 形は, 方で, 水で, 水も, 水面を, 畔り, 禪尼が, 端, 端と, 端には, 端は, 縁まで, 蛙が, 辺には, 近くに, 近くの, 邊の, 面も, 魚も

2 [148件] あたりに, あたりは, あたりを, ある庭, くるみから, ぐるりに, ことは, ことを, とちか, どのへん, どろ, なぎさ, ふちから, ふちなる, ふちには, へりに, ほとり, ほとり垣根の, ほとり食用蛙を, やうな, ようだ, わきの, 一つに, 一部らしい, 上手の, 下に, 下茅萱うち, 中, 中では, 中にて, 中にも, 中央に, 中間の, 主とでも, 主を, 主淵, 伝説の, 伝説は, 側を, 傍から, 傍には, 全面を, 其月の, 勝景ある, 北に, 北の, 南の, 向うには, 向う側に, 向う岸には, 向側の, 君, 周囲が, 周囲で, 周囲と, 周圍を, 土手, 坊を, 堤が, 堤は, 塔, 夏も, 外に, 夜店が, 大亀, 大亀さんどこへ, 大亀さんもう, 大部分, 女が, 実を, 家が, 対岸に, 小屋の, 小島の, 小波の, 岸へ, 島へ, 広さ, 底が, 底なしの, 形の, 彼方が, 所で, 所に, 新居を, 方うしろの, 方が, 様に, 横に, 横手から, 橋が, 橋の, 水がに, 水には, 水際に, 水面が, 水面には, 水面や, 氷が, 氷を, 汀で, 汀を, 沖へ, 泥を, 玉吉は, 玉藻を, 畔それとなく, 畔には, 白塔が, 真の, 真ん中に, 真上に, 神話, 禅尼が, 竜が, 端より, 端妙月庵を, 緋鯉が, 緋鯉の, 縁から, 縁について, 茶屋, 茶屋に, 茶屋を, 蓮も, 蓮を, 薄らさ, 蛙の, 蛙は, 西側に, 西側の, 西北の, 角の, 跡が, 辺は, 邊に, 間の, 際に, 面か, 面から, 面ばかりを, 面や, 魚に, 魚の, 魚は, 鮒は, 鯉へ, 鯉も

1 [830件 抜粋] あたりくらいまでは, あたりまで, あたり木の, あっちから, あっち側は, あと緑萍蒼苔深く, あの泥くさり, あひるである, あめんぼう, あるの, ある事, ある低湿, ある家, ある海抜二九二四メートル二, ある淋しい優しい, ある谿間, ある青桐, ある鞍部, ある鳥羽, いたるところ, いちばんむこう, いづれか, いろはか, うえで, うえ一面に, うしろへ, うす紫, おも影, おれの, お宅, かいぼり, かたわらに, かなたより, きわの, くいに, ぐるりだけ, ここへ, こころに, ことが, ことで, ことなら分る, このも, ごとく, さ, さび, さわぎも, すぐわき, すみに, そこへ, そばが, そばを, ちかくまで, つづまるこの, ところだけ, ところは, どこかに, なかから, なかばに, なかばにも, なにがしと, ぬしみたい, はいつも, はたで, はたまで, はたを, ふちなどに, ふちや, へりの, ほうなどを, ほうへでも, ほうを, ほとりだった, ほとりにて, ほとりにも, ほとりサツと, ほとり紋服に, まわりで, まわりなどを, まわりにね, まわりへ, まわり雪の, まんなかに, まんなか湖心という, みぎはを, みぎわには, めぐりは, ものを, やうだ, わきだった, をなん, を大事, フチの, ミミズに, ムジナモは, ワの, 一つは, 一側に, 一端に, 一角の, 一部が, 三十六童子を, 三景楼に, 上なる, 上まで, 上流なる, 上空に, 下の, 下口での, 下手に, 不思議が, 中が, 中でが, 中でなく, 中の島に, 中へへ, 中ほど, 中より, 中ノ島に, 中之島の, 中央賽路に, 中島には, 中心へ, 中程に, 主, 主だ, 主と, 主という, 主には, 乱杭石の, 事件が, 他にも, 付近には, 代りに, 会酔いに, 低地には, 佐羽という, 余水を, 側で, 側や, 傍のは, 傍は, 先生という, 全景に, 八つ橋渡り來る, 公達, 内庭を, 写生に, 出来損いの, 別荘の, 前から, 前へ, 勝手を, 化物ニツケルマンの, 北の方を, 北側の, 北側を, 北方で, 北辰一刀流千葉周作高橋蜊河岸の, 区劃を, 千葉について, 千葉周作の, 千葉周作は, 半分跳ね出しだ, 南側に, 南清らなる, 原の, 叔母の, 古金買八郎兵衛の, 右側彼から, 吉田秀伯三番町の, 名に, 名残も, 向いに, 向うが, 向う側には, 向う側は, 向う側へと, 向う側を, 向う岸に, 向う島の, 向こうに, 向こうには, 向岸, 周りだけには, 周りに, 周りは, 周囲にも, 周囲も, 周圍に, 唐橋を, 善如竜王を, 噴水を, 四方に, 四阿の, 囲はりで, 土手に, 在所が, 坊で, 坊に, 坊へ, 坊活花の, 城の, 堤で, 堤に, 堤も, 堤や, 堺の, 境には, 外にも, 夜の, 夜店, 夜店や, 大きくなった, 大きな大きな鯉, 大亀ばん, 大蛇と, 奥様とは, 奧を, 女を, 如き釜, 如くに, 如し如なる, 姿も, 実物を, 家にも, 寂び, 寮という, 尊さ, 對岸の, 小亀, 尾で, 尾と, 岩の, 岬の, 岸, 岸にかは, 島には, 崖上に, 左そこに, 左右に, 左手に, 広さ一杯, 底までを, 底深く, 廻りや, 形を, 形状について, 彼岸で, 彼方側で, 径から, 後を, 御留場, 心さして, 快楽に, 怪しい奥様, 怪談三つ巴の, 成り立ちについても, 所を, 手前岸に, 掃除を, 掻掘りを, 放ち鳥人目, 敗荷蕭々として, 断面の, 新宅は, 方です, 方とも, 方は, 方向へは, 方角と, 方角へ, 旧跡だ, 景色は, 景色鮒の, 最も美わし, 月しろ, 月影だけ, 有様を, 朝かぜ手と, 木像も, 東には, 東の, 東南にあたる, 松, 枕詞に, 柏軒に, 柴の, 校刻した, 桂庵が, 森に, 椎の, 樣な, 橋がかりの, 橋だって, 欄干に, 正反対の, 正面の, 歴史さては, 水, 水あかりの, 水ぎわには, 水さえ, 水そして, 水です, 水とり夜を, 水にも, 水ばかりを, 水や, 水よりも, 水中に, 水人の, 水位が, 水忽ち, 水氷りたる, 水温分布を, 水溝の, 水神, 水草に, 水草を, 水蓮は, 水量が, 水面から, 水面と, 水面は, 水音を, 水鳥が, 水鳥も, 氷は, 氷も, 汀なる, 汀へ, 汀へと, 沢という, 波は, 泥土だった, 泥棒は, 流れへ, 浮葉も, 淵ベンチ家の, 渋江の, 渚が, 測深も, 湯気の, 溢れた水中, 澆水の, 濁水が, 濁水は, 炭坑に, 片目の, 片端が, 片隅に, 玉吉といふ, 玉吉にからか, 王さまだ, 王さまであるかわず, 王さまな, 王さまは, 珠の, 甚だ寂び古びた, 用心棒で, 畔から, 畔では, 畔まで, 白雪姫, 百足屋市之助は, 真っ只中, 真中から, 真中ごろの, 真中の, 眺めも, 石こづめ塚の, 石の, 石炭にも, 神さま待ち兼ねや, 禅尼であった, 禅尼に, 禅尼や, 秋の, 秋月刑部正直の, 秘密を, 竜の, 竜舌蘭が, 竜金は, 端あたりに, 端あたりには, 端あたりは, 端です, 端という, 端とも, 端なら, 端も, 端七軒町から, 端名も, 端妙月庵, 端弁天通りから, 端日本橋それらは, 端更け, 端湯嶋天神境内また, 端芽町の, 端茅町で, 端茶店, 端錦袋円の, 筋向が, 精ニツケルマンの, 経木流しが, 網だ, 緑の, 縁にも, 縁や, 美くし, 胴を, 脇を, 色まで, 花を, 茶亭に, 茶屋という, 茶屋より, 菖蒲の, 菱の, 萍皆動く, 落口に, 葦の, 蓮が, 蓮は, 蓮華の, 蓮華を, 蓮見には, 蓮見茶屋の, 薄氷にも, 藻屑, 藻草や, 處へ, 蛙でもさ, 蛙など, 蛙に, 蛙を, 融けた熔岩, 蟇は, 表面の, 裏側を, 裏手の, 西の, 西北隅から, 西南の, 西方の, 見える縁廊下, 詩会に, 話と, 變な, 足利邸から, 跡の, 辺へ, 辺までか, 辺りの, 辺開け住みうかりけれ, 近くから, 近くへ, 近傍に, 近傍を, 近所に, 近辺は, 配合で, 金魚に, 金魚や, 金魚を, 鉄柵の, 鏡には, 鏡の, 開闢以来未, 閑斎坊主は, 間と, 間へ, 附近に, 附近には, 隈の, 雄蛇, 霊気に, 静かな, 面からは, 面と, 面へ, 面よせる, 風情が, 飛石汀の, 養子たらし, 首なし, 魚山の, 魚釣る, 魚類は, 鮒の, 鮒を, 鯉でも, 鯉軒を, 鯉魚の, 鯡鯉を, 鰻は, 鱒は, 鴛鴦の, 鴨は, 鴨むらも

▼ 池~ (565, 9.1%)

18 身を 13 なって 9 落ちて 6 鳴く鴨 5 入って, 向って, 臨んで 4 沿うて, 沿って 3 住んで, 浮いて, 舟を, 行つた

2 [34件] いきました, うつる迄, ござるは, して, はまって, 倒に, 入水し, 出た, 反映する, 女の, 居を, 影の, 影を, 憂鬱な目ざし, 持って, 放して, 映ろひ, 来て, 枝垂れた桜, 水泳に, 沈んで, 浮いてでも, 浮べた話, 浮べて, 浮んだこと, 溺れて, 石橋が, 移つた, 竜などが, 落ち込む小川, 蛙の, 遊べる鶴, 金魚を, 麩を

1 [416件] あの静か, あらわれたあの, ありましょう小さな, あります, ありませう小さな, ある植物, ある物, いた, いたづら, いるだろうか, いる鮒, いろ, うかるる鴛鴦の, うごきて, うつして, うつるまで, うつる春, うつれる庭石, おいで, おびただしい羽音, おみよの帯, おもだかさきぬ, およいでる, お一方, お浮かべ, かえりました, かかった橋, かかった石だたみ, かかって, かがよ, かけた丸木橋, かけて, かけられた石橋, かぶせた枕詞, きて, くらべて, けちを, この石, さざ波が, したので, しても, すぎずその, すむ鯉故人, するの, すんで, そうた, そって, そんな巨人, ただその, ちがいない, つづいて, つどって, つないで, つみつるわ, できる天然, とびこんで, とび込みて, とんで, なったと, なったら景色, なりて, なり畑, なる, なる時, なろうとも, ぬなはの, のぞみて, のぞんだ小, はいったと, はいります, はなされると, はなして, はまった, はる氷, ひき移って, ひそむは, ひとし, ぽっとりした, またある, むかった座敷, むかって, めづらしからぬ, もぐり込んだ, やっと二三羽, ゆきハス, ゐる石亀, タラヒを, 一つの, 一旦水, 一杯に, 一杯入れ, 一杯竜金を, 三たび宿住し, 上つた, 下りる芝, 下りる音, 並べ重ねて, 乱れる人魚, 二つ石を, 五十羽も, 亭欄を, 仙女が, 仰向, 仰向けに, 住した, 住みし狸, 住み蓑, 住む小, 住む魚, 何が, 何にか, 作って, 入らなかったばかりに, 入りびたれど, 入るか, 入ると, 入れて, 兵船を, 兵馬を, 写して, 出かけたり, 出て, 出で, 出るそれから, 出会いて, 出張し, 別荘が, 到る, 到着した, 勧請し, 十六七の, 同じ水草, 向いた六畳, 向いた座敷, 向いた方, 向えば, 向かった縁側, 向けて, 向つた障子を, 向へる, 吸い込まれ, 土塀を, 垂れかかり右, 堕ち遂に, 墜ちた, 変えて, 多し, 大中小, 大蛇住で, 好いお, 妻を, 子供の, 家鴨が, 家鴨を, 寒山竹と, 小さな魚, 小波立つ, 小石を, 小船に, 居る家鴨, 差し迫ったあたり, 帆の, 帰って, 帰る姿, 廻り車山, 引き入れて, 往きて, 往って, 思わぬ人, 悲しい禿, 懸け出した藤棚, 打ち入れて, 投げこまれた竹童, 投げ込み跡, 投げ込む, 投げ込んだので, 投じて, 投ずるに, 投ち込んだ, 投りこめ, 投りこも, 投り込まれる, 投り込んだ, 投込んだ, 振鈴の, 捨てて, 捨てられたお, 放されたるよう, 放した, 放すそう, 放すん, 放たれた船, 放たれた金魚, 放ち飼, 故障が, 新しい不思議, 於て, 映った丘, 映って, 映つた丘, 映つた花叢, 映つて, 時々来る, 望んだ茶店, 来ました, 枯葦の, 架けた橋, 架せられた石矼, 棲み給うとは, 棲むこと, 棲むぬしと, 棲むハコネサンショウウオ, 棲んだ大蛇, 棲んで, 棲息し, 楓の, 横たふ, 残された弱虫, 毎朝水鶏が, 水が, 水を, 水浴する, 水浴びに, 水葱が, 水音が, 水鳥が, 汲んだの, 沈めた, 沈んだま, 沈んだ男, 沿いながら, 沿うた屋敷, 沿うた道端, 泛ぶ, 泣く鴨, 注ぎこむところ, 注ぐなりけり, 注ぐ一条, 泳いだり, 泳がしたがりました, 洪水が, 流れこむ川, 流れさせようと, 流れて, 流れ込みそこ, 浮いてる金魚麩, 浮かべたま, 浮かべました, 浮かんで, 浮し, 浮べたクヰンメリー号, 浮べた船, 浮んで, 浴すること, 浴せし者, 浸して, 浸す, 浸つて, 混交し, 添いつつ, 添うて, 渡した石橋, 渡つて百濟の, 渡りて, 湛えて, 湛へて, 湧き水が, 満たす水, 満ちて, 漂うすべて, 漂う女, 漣も, 漬つて腐る, 漲る, 潜か, 狭められたこの, 獺の, 玩具の, 生えて, 生じて, 産する, 痩せにつつ, 発し上井草, 白と, 白蓮を, 目を, 直面し, 着いた, 着いたの, 着水する, 睡る水禽, 石を, 秋雨が, 移つた年に, 移つて新宅開きの, 移居した, 種々な, 突き落されて, 突出した, 立ったの, 第宅, 築山が, 紅い睡蓮, 紅椿が, 紫の, 緋鯉の, 繋いで, 臨むそこ, 臨むで其の, 臨む下, 臨めり, 臨んだ並び, 臨んだ丸窓, 臨んだ焼け残り, 臨んだ番小屋, 臨んだ石垣, 臨んだ裏通, 臨んだ離座敷, 臭い泥, 至りまた, 舟行る, 船などを, 若い芸者, 菖蒲も, 落した水, 落せば, 落ちた, 落ちたこの, 落ちつき白い, 落ちるの, 落っこちること, 落つる清水, 落込む, 蓮咲かん, 藻靡き, 蝦の, 蝦蟇どもが, 血刀を, 行き乞わしむれば, 行けば, 行った, 行ったらわき, 行って, 見るは, 親しんで, 詩会を, 赤い金魚, 跋ね, 迎え入れて, 近い位置, 近い気持, 近い端, 近い道具屋, 近づいて, 近寄った, 這入ってから, 通じると, 遊ぶは, 遊ぶを, 遊んで, 道場を, 違ひなかつた, 還つた, 金の, 金魚あり, 金魚が, 釣り禁池, 釣り鈎さき, 釣垂れ, 鉄網を, 銀いろ, 銀影を, 錦の, 長いこと, 附着する, 降りた, 青色の, 面した, 面した二階, 面した傘山, 面した僅か, 面した右手, 面した塗り骨, 面した大, 面した座敷, 面した揚出し, 面した表二階, 音を, 響いて, 響き向, 飛ばうと, 飛びこみしといふありふれたる事の, 飛びこみ舟, 飛びこむの, 飛びこめ, 飛びこんで, 飛び込むという, 飛び込むの, 飛び込んだ古戦場, 飛び込んで, 飛ぼうと, 飛込んだといふ, 食器類を, 食用蛙が, 飼う鯉, 飼って, 魚が, 魚を, 鯉あるべし, 鯉が, 鯉を, 鯉トトや, 鳴いて, 鶴が, 鶴の, 鶺鴒が

▼ 池~ (440, 7.1%)

9 めぐりて 8 見て 7 廻って 6 中心に 5 一周し, 周らし, 掘って 4 埋めて, 眺めながら, 見ながら, 覗いて 3 お作りに, 作りました, 作りまた, 渡って, 眺めて, 見つめて, 見下して

2 [34件] きれいに, のぞいて, まわって, 一と, 前に, 取り巻いて, 埋めたり, 左に, 広く大きく押, 掘つたり, 有名に, 浚って, 潰して, 玉池と, 町の, 発見した, 眺めると, 穿ち水, 繞り, 蓬莱の, 見た, 見たらば, 見たら浮いて, 見に, 見ること, 見ると, 見るの, 見物し, 覗かせて, 貸して, 越して, 隔てた堤防, 隔てて, 飛び越えて

1 [290件] あしらった庭, いちばんいい, いちめんに, いでざる間, いへりとぞ, うずめた名残, おおう葡萄棚, おとずれねば, およぎそこねるもの, かきまわして, かけて, かこんだ樹陰, かってに, ぐるりと, こしらえて, こめて, さかいに, さがしあてると, さがして, さして駈け, さらえる方, さらって, さらつたこと, さらつてど, すぎ長い, せきとめて, そな, その半, たらいに, つくって, つくつて, つくりそこ, つたわって, どうなさる, どうやらもった, どん, ながめた, ながめて, ながめながら, なして, ならべ一巻, なんども, のぞく, へだてたむかふは, ほって, ほめるの, ほり武士は, ほんとうに, まはる, まわり広, めがけて, めぐった桜, めぐつて繁つて, めぐりては, めぐりてよも, めぐること三十幾囘, めぐるの, めぐるは, めぐる鬱蒼たる木立ち, もった社, わかやかに, イメーヂする, 一つ欲し, 一まわりした, 一めぐりし, 一周した, 一周半ばかり, 一巡りせんで, 一廻りした, 一方に, 一週しない, 下手について, 中心と, 乾したり, 乾して, 人工的に, 今でも, 以前は, 何周した, 余り目あて, 作つてその, 作つて黄楊の, 作る, 修理し, 借りて, 優しいもの可憐, 先に, 出て, 出は, 出ら, 半分ばかり, 半分も, 半周し, 半周する, 取り囲みて, 取巻く森羅万象, 取廻わし, 向いて, 呪って, 呪つて来た, 回るもの, 囲える石, 囲む人, 囲らせ, 囲んで, 圍んだ, 埋めた渚, 埋めなかったか, 埋めなかつたか, 埋めると, 大廻りに, 大迂回, 天魔ヶ池と, 始め河湖泉井までも, 守つて居つた, 小西湖と, 巡って, 巡らなければ, 巡らねば, 工場で, 左り, 師として, 帯取りという, 干したところが, 干そうと, 幾つも, 廻つて夜もすがら, 廻らし金魚, 廻り小松, 廻り築山, 廻る処, 往来し, 御禊, 御覧に, 念入りに, 我が有, 抱えた一つ, 抱く様, 招くと, 拭って, 拵えたこと, 拵えた時, 拵えて, 拵える, 持つて, 捜しあてて, 掘りに, 掘りませうと, 掘り島, 掘り拡げ掘り深め底, 掘り石, 掘り石橋, 掘るべく親子, 掘るも, 掘れ, 掘ろうと, 探して, 探そう, 接待茶屋へ, 控え野岳, 掻き廻したから, 掻掘りさせる, 描いて, 改造し, 教えて, 教信の, 散歩した, 散歩に, 斜めに, 新たに, 替え乾かして, 望みながら, 朝の, 東へ, 検せしめたところ, 横切る亀, 水を, 水源と, 沼尻という, 泳いで, 泳ぎま, 泳ぎまわり絶えず, 泳ぎ廻ってるさま, 浚えて, 浚ったという, 浚つ, 浚わせた, 渉り, 渉り越えた, 渡った向う, 渡る橋, 渫って, 湛えむばかり, 湛え其中央, 湛え溢れて, 湛へて, 湛へば, 漕ぎまわり唐, 潜った時, 濡らし故, 照さしめ, 照し, 照らしなさるため, 独り占め得意の, 理想的に, 画き楼閣, 盥に, 目に, 直ぐ眼, 真下に, 真向いに, 眺めた雪, 眺めはじめる, 眺めました, 眺めトボトボ, 眺め父, 睨みたるは, 睨んで, 瞶め獲物を, 神田川まで, 神田明神下の, 神秘めかし, 穿ち蓮, 穿った閑雅, 穿って, 穿つた閑雅, 窺いました, 築かしめられたこと, 経て, 繞つて月を, 繞る, 背後に, 舞台と, 荒し廻つた, 行くの, 襲い鵞, 見いだしたという, 見おろして, 見おろしながら, 見おろす二階, 見たこと, 見たとか, 見たもの, 見たよ, 見たら間, 見たら間に合ったかも, 見つけた, 見ても, 見なかった, 見なかつた, 見やって, 見やつ, 見よ, 見ようと, 見下しました, 見下す柳茶屋, 見晴らした蓮見茶屋, 見渡して, 見詰めて, 見詰めながら, 視め, 覗いたところ, 覗いたの, 覗いたまま, 覗き火の見, 覗き込むよう, 観月橋の, 訪ねて, 訪問し, 設けこれ, 設けた, 設けて, 越え山手, 越え工場, 越え葉, 通行し, 造り彼, 過ぎやがて, 遙に, 選ぶなり, 選んで, 金魚の, 阿蘇の, 隔て, 隔てた本館前, 隔てた離れ, 隔て鉄糞, 離れて, 離れてからは, 風が

▼ 池~ (382, 6.2%)

51 ある 50 あって 24 あった 10 あつて 7 ありました 6 あります 4 見えて 3 あつた, ありその, あり池, あるん

2 [21件] あざやかに, あったの, あったり, あつたり, あぶないあぶないと, ありまして, あり白鵞鳥, あるが, あること, あるそう, あると, あるの, ないの, ひろがって, 出来て, 叢に, 有りました, 消えて, 眼に, 見える, 記者なり

1 [176件] あったと, あった前の, あった為, あってね, あふれたな, あふれてるという, あまりに多く, あらあ, ありあたり, ありあたり樹林, ありどういう, ありますが, ありますその, ありますのよ, ありやしょうあすこ, あり一方, あり墓地, あり奥, あり心持がい, あり杉, あり根元, あり梅, あり森, あり残雪, あり水, あり白い, あり竹籔, あり築山, あり鴨場, あるかと, あるから, あるこの, あるこれ, あるそういう, あるだろう, あるといふ, あるところ, あるなんて, あるので, あるのみ, あるよ, あるわね, ある七面, ある底, ある昼, ある池, ある深, ある畑, ある私達, ある近く, あれば, あんだろ, いかにも狭く小さい, いくつも, いろんな小説, ことに自然, この旱魃, これに, これまでに, こわくて, こんな小さな汚穢い, ございまして, ございます, すぐこの, すぐ眼, そこ此処に, その末, その辺, ちゃんと並ん, できる, できるやう, どういう役に立った, ないのでね, なかつたら盥, ひじょうに広い, ひっそりと, ひらけた, ひろが, ほの, まだす, まるでこの, むっと照り, もう一つ, もっと古い, もとは, よごれるので, コンクリで, 一つある, 一つない, 一つほしい, 一番大きく, 一目に, 三つあっ, 三つ並ん, 不気味に, 中心で, 乾くほど, 亀裂し, 二つある, 休息の, 六十一歳で, 出來, 出来あがつた, 出来たら, 問題な, 在つて, 在る花敷温泉, 増水し, 多きといふ, 大池であった, 小さくなっ, 尽きれば, 巧に, 幾つも, 幾ヵ所か, 所々に, 投げ出しましょう, 拡がり折れた古い, 掘って, 掘つて, 掘られて, 掘れかけたよう, 散在し, 数年前埋められ, 新たに, 昔仕置き場が, 曲つた楓の, 有るため, 森林の, 横町に, 欲しかった, 正しく夫, 歿前三年即八十一歳に, 水に, 水の, 水色に, 氷ったらあたい, 汚いから, 決潰した, 沢山あるです, 沢山に, 涼しいと, 湛えられて, 溜って, 溢れ小さな, 溢流し, 燃えて, 狭くて, 生々として, 生む成長物, 眼の, 睨み上げる, 石油色に, 破損し, 空中に, 窓から, 続いて, 美しいから, 萱原と, 見えた, 見えたです, 見えました, 見えます, 見える室, 見える方, 見る見る社庭, 見渡される, 見渡せたり, 貯水池に, 赤い肌, 近いから, 連って, 釣れないの, 陽光を, 隠れるまで, 青い水草

▼ 池~ (205, 3.3%)

2 [14件] けだしこの, それらの, われ知る, 今は, 今日市中に, 今更尋, 庭の, 木の, 泥水色青く, 涸れ果てて, 砂丘と, 神様が, 自然の, 見られまい

1 [177件] あったであろう, あっても, あぶないから, いかなる炎天, いつまでも, いつもそこ, いつもの, いつも平静, いま権利あらそい, かなり広い, きれいな, きれいに, この村唯一, この緑, この頃, さしわたし五十間, さほど大きな, すっかり氷, すつかり, ずいぶん大きい, そういうこと, そういう若者たち, そうたくさん, そう大きな, その周囲, その後に, その後干拓工事によって, たぶん地中, だんだん狭く, ちょっとした中庭, てんで問題, とっくにうまっ, どこかへ, どこに, ないかと, なにから, なんでも, なんといいます, ひつくりかへ, ほとんど全滅, また子供たち, まだそのまま残つて, まるで海, みな池に, みるみる綺麗, みんな俺の, もう一度澄んだ, もう温んだらしい, もと西行, やはりきれい, よほど古い, コップにおける, コンギュ湖という, 一寸ほどしか, 一度も, 三十三所の, 三千坪も, 中, 五六万坪あるだろう, 今から, 今でも, 何にも, 何時とは, 保存し, 俺の, 先ずいかにも可憐, 全く不思議, 全面沸, 八段歩に, 内端, 凄くみの, 前の, 十三年の, 千尺の, 卓一の, 南に, 即ち実, 周囲五里ばかり, 四ツ足で, 四万町五万町という, 埴安の, 大きいと, 大きいといふほどの, 大きくは, 大きな蓄水池, 天竺, 女ばかり, 小さいが, 小さくて, 少年達の, 山崎主税之, 岸の, 島中で, 島原半島の, 巨椋の, 己が, 幕府の, 年を, 広いもん, 広く遠い河, 底から, 底を, 底無しの, 彼が, 彼の, 心の, 我らの, 戸, 敵の, 断えず一面, 方々に, 明日渫っ, 月雪花の, 未だに浅草寺, 本と, 村の, 東側で, 椎の, 樹の, 水あかりに, 水の, 水は, 永え, 波立ち鯉, 浅くて, 浅間大社の, 海草の, 涼しそう, 深く青藍色, 湧き水だ, 湯か, 潮入で, 濁って, 無い, 無気味な, 狭い, 玉もて, 現在よりも, 田と, 疲れた歩行者, 病に, 白い藻, 突然キキーッ, 第一日, 罹災前よりも, 美くしい, 美しい絹笠山, 老松に, 胡の, 舞台の, 落葉に, 葭簾で, 蓮無し, 蕭条として, 蛙の, 見えませんでした, 見ないか, 視ないで, 誠に清らか, 貯水池と, 赤し, 赤し去, 近頃まで, 金魚の, 長さ三尺, 長方形で, 闇に, 雛形で, 雨中の, 霜の, 青みどろで濃い, 非常に, 風も, 風致の, 黒く一, 黒く一池, 鼻の

▼ 池~ (167, 2.7%)

9 身を 8 落ちて 5 落した水音 3 出て, 行って 2 出かけて, 投げ込んで, 放して, 落ちたの, 行ったの, 釣に, 飛び込んで, 飛んで

1 [123件] いつたの, おしかけて, おちつくまで, おちて, おりました, おりる雁, お放しなさる, かかりますと, ころげ落ちたところ, ころげ落ちた時, たずねて, ついた, つりに, ながれて, はいったか, はいらずに, はなして, ほど近い田圃, みな放した, むかって, もって, やつて, わたしも, ザブザブと, ザブンと, ボート漕ぎ, 上半身を, 下って, 倒れ込んでるの, 入り鯉, 入ると, 入る口, 入れられる時, 出かけた, 出かけスケート, 出た, 出るという, 叩ッ込ん, 向って, 垂れ下って, 寄って, 導く, 小便を, 山水の, 廻る広場, 引っぱりこむところ, 往った, 往つて一日書を, 往つて馳走を, 投げた, 投げた小石, 投げ入れて, 投げ込んだもの, 投り込まれる, 投り込める, 投り込んだ, 投身しよう, 抛りこんで, 持って, 捨てさせたとか, 放うりこんだるぞ, 放しなさるん, 斜めに, 書斎の, 月見に, 来たの, 来て, 来ると, 来る村雨, 森の, 歸つた, 水を, 沈めたと, 沈めたの, 沈めたもの, 沈めますもの, 沈める葬法, 沛然と, 流し込むの, 流れる小川, 浮かべること, 潜って, 灌ぐのは, 珍らしい, 目も, 真逆様に, 移して, 移って, 突き落し, 臨んで, 興味を, 舟を, 落こちる, 落ちた群衆, 落ち込んだよう, 落っこちて, 蓮を, 薬取, 蛙が, 行く, 行くより, 行く時, 行く路, 行ったかね, 行ったが, 行ってからは, 行つてそれを, 身投げを, 迷って, 追上せた, 逃げ去る, 逆様に, 這入つたか, 這入らずに, 通い裏田んぼへ, 通って, 連れて, 逸れたこと, 遊びに, 道場を, 開いて, 飛込んだり, 飛込んで

▼ 池には~ (136, 2.2%)

5 葦が 4 いって, 鯉が 3 蓮の

2 [12件] いづくに, 古来より, 大きな鯉, 子供が, 敵味方の, 氷が, 竜女の, 竹垣を, 貸ボート, 遣り水伝, 遣り水傳, 鯉と

1 [96件] いくらでも, いろ, いろいろな, かきつばたの, こうして水蓮, すきまもなく, それほどマラリヤ, たぶん蓮, ところどころに, とても大きな, なって, はいり切れません, ひとりでにわき出る, まだ蓮, まだ鴨, めだかと, もう水蓮, もう雪, もう鯉, ハスが, 不相変草, 主が, 亀が, 人の, 人取り池という, 今年できた, 今日水が, 他に, 何か, 何よりも, 先祖からの, 初蛙, 前住民族, 勿論電燈, 南京藻が, 去歳の, 四五日碇泊食糧など, 大きなコイ, 太藺が, 奇蹟の, 家鴨が, 小さい釣舟, 小さな橋, 山椒魚が, 山水が, 年古る, 手の, 新しくわきで, 新しく鯉, 毎月三十石の, 水が, 水の, 水も, 水葵と, 満々たる, 片目の, 猶文廟建築, 白いの, 白い睡蓮, 白鳥が, 百足屋といふ, 盛んに, 石が, 私が, 紅葉の, 縮緬皺の, 肥えふと, 肥つた鯉が, 脹れあがった死体, 舟板橋を, 花見の, 芹が, 葭が, 蓮が, 蓮多く, 蓮生ひ, 蛙が, 赤い金魚, 赤と, 赤や, 赤蓮や, 赤蛙だけが, 遣り水伝い, 雲母を, 青苔蒸し, 非常に, 飛び跳ねる小, 飛石が, 鮒が, 鮒や, 鮒鯉鮠鯰などが, 鯉に, 鯉の, 鯉や, 鯉多く, 鯰や

▼ 池~ (117, 1.9%)

4 いって, なり池 3 なる, 呼んで, 穂高の 2 ある処, いえば, いっても, 呼んだ, 命名した, 噴水を, 申す蓮池

1 [86件] いいます, いいわが, いい漢訳, いうが, いうて, いうよりは, いうよりも, いおう, いおうか, いふ, いふと, いふよりは, いわれたもの, この井堰, そしてそこ, その池, それを, なった, なりますえ, なり候池, なり沼, なり田畠, なり竜, なり附近, なると, なるの, なるわけ, ひょろひょろした, みえる, カイラス雪峰, 三個所で, 上野の, 並べて書い, 二の, 云う温泉場, 可愛らしい家, 名ある, 名の, 名付ける程, 名誉には, 周囲一里位の, 呼ばれたの, 呼ばれて, 呼ばれ三番池, 呼ぶこと, 呼ぶよう, 唱えた方, 塘と, 大師とは, 家とを, 庭との, 庭草は, 張出横綱に, 或る, 断崖とが, 書し, 櫻とは, 水たまりの, 水溜りと, 池溝との, 滝とが, 為し千葉, 為すも, 燃えまた, 用水と, 申しまして, 申しまする, 称すると, 称つたと, 称ひ, 称へて, 築山の, 船と, 花園との, 藪と, 見られる宣命, 見る鴛鴦, 見張所, 言っても, 言ふ, 言ふと, 道路との, 鎌ヶ池との, 雪の, 魚洞を, 黒い潟

▼ 池~ (92, 1.5%)

2 その羽, 助船, 手を, 船の, 釣魚を

1 [82件] あつた, あらう, お終, かつて暗示, きれいな, しきりに鯉, その名, それだ, どんなこと, ほっぺたの, また思, わが腕, キキ, コロコロと, 一方は, 丑之助は, 中に, 中には, 今夜一と, 仕切られて, 何か, 催す蓮, 六七歳の, 再び蛙, 写生し, 向こう側が, 大蛇が, 始めて児太郎, 子供が, 小禽か, 山芋を, 広さ, 底の, 悠々泳い, 懸賞づき, 新吉は, 日向ぼっこし, 昔売買を, 東洋の, 権五郎が, 歌会を, 氷が, 泊って, 泳いだ者, 泳いで, 泳ぐの, 洗うという, 洗って, 深泥池に, 溺れかかった中学生, 焚火を, 片がはは, 現在の, 発生し, 百姓と, 緋鯉か, 緋鯉や, 罹災の, 花火を, 蛙が, 蛙の, 蛙を, 行水を, 見付けた玩具, 親たちと, 許しても, 誰かが, 赤い夕陽, 遊弋し, 野生の, 金魚の, 金魚も, 釣ったとき, 釣ってたよ, 釣つたのが, 飼って, 飼つてある, 魚を, 鮒を, 鯉の, 鳥を, 鳴いて

▼ 池~ (91, 1.5%)

2 あつた, あります, あれば, 同じだ, 既に町家, 皆父様, 筧の, 見えて

1 [75件] あった, あったですから, あって, ありそこ, ありました, ありますよ, あり市, あり渓流, ある, ある故, ある養蚕, いつの代にか, おもしろく思われ, ぐるぐると, こは, とうの, どちらも, ない, ない扨, ない早川, なく宝楼, にわかに取り澄まし, ひろく鱒, また同様, むかしは, やはり周囲五里, オセキて, ベタ一面に, ポプラの, 一パイに, 中ノ島も, 亦同様, 伯父が, 何も, 作らう花園, 全く堪った, 凍りつめるほどの, 地所も, 安堂寺町も, 家も, 山も, 山崩れや, 山門も, 川も, 巡らざる, 干上って, 広大な, 所々侍町を, 掘つた, 曠野も, 森も, 残って, 水も, 水カサが, 水草で, 氷一面, 沼も, 深い, 深く木立, 源氏の, 澄んで, 燈籠も, 田も, 白いまで, 目の下に, 私には, 秋づけ, 竜鳳寺と, 肉の, 船も, 葦の, 見ず芝生, 近いと, 近づくよ, 部屋部屋も

▼ 池から~ (82, 1.3%)

3 出て 2 家へ, 水を, 池へ, 流れて

1 [71件] かういふ, かんかん照り, こういう怖い, して, すくひ上げた, つり上げられ今度, でしょうよ, です, 一つの, 一二度高く, 一町あまりも, 三月三日には, 上げられて, 二間の, 二間ばかりの, 今朝上がっ, 先き, 入って, 出た山椒魚, 出ると, 出るの, 北の方へ, 南に, 南の, 吹き上げる微風, 奥へは, 小泉町へ, 少しずつ, 山を, 広い街路, 引き揚げられた彼女, 恐れて, 成立ち重, 拾い上げた本田善光, 捕えられた雄, 採って, 摩利支天一の, 斜め上に, 春日へ, 時々緋鯉, 木戸まで, 来て, 来る水, 来る清流, 水の, 水門を, 氷が, 池に, 池尻へ, 沼から, 流されて, 流れ出して, 源を, 滲み出て, 白雲牧場の, 移されて, 笹舟の, 裏田圃まで, 西の, 這い上がったよう, 這い上がって, 間も, 闇に, 陽炎が, 雑司ヶ谷墓地鬼子母神から, 離れて, 雫を, 順に上, 飛び出しちゃった危, 飛び立つた, 鮒を

▼ 池~ (49, 0.8%)

2 川の, 沼や, 泉と, 溝川の

1 [41件] すべて葱嶺から, タタキを, モングチ沢の, 乗鞍岳の, 井戸では, 井手の, 古墳らしい, 四阿は, 城址や, 堀は, 大名屋敷へ, 大大名, 小山の, 山の, 川なら, 川に, 川は, 川へ, 川へは, 工場や, 広く明き, 庭園などに, 廣く, 悪沢, 東尻池の, 植木に, 水すまし, 水の, 河などの, 河へ, 沼は, 泉水や, 湿地などで, 溝や, 窪地の, 立山の, 築山が, 築山も, 芦の, 野の, 頂上まで

▼ 池という~ (39, 0.6%)

12 のが 2 のは, 小さな池

1 [23件] かなり大き, ことに, ことを, のも, のを, ものは, ような, ように, んです, 一番大きい, 今日まで, 処へ, 大きな池, 大池が, 奇怪な, 幽邃な, 忌な, 文字です, 枯蘆が, 池が, 池では, 池に, 部落であります

▼ 池では~ (31, 0.5%)

3 なからう 2 ありませんが, 海の

1 [24件] あるいは生え, いちばん大きな, いつの間にか蛙, ない, ないか, なかろうか, なくあの, なくて, なくなりました, なく斜めうしろ, 不安を, 何千人が, 余り近い, 家鴨が, 往時から, 恒吉も, 時々ボチャンボチャン, 時おり山姥, 水の, 無いかと, 見られなくなったそう, 貸ボート, 鎌倉権五郎景政が, 雨を

▼ 池~ (27, 0.4%)

2 の蛙

1 [25件] だったと, にはいった, に大きな, に投じ, に棲息, に渡したる, に生じ, に石, に突き出した, に立枯れ, に葬っ, に蓬莱三島, の一柱樓, の出島, の巌石, の池, の物, の秘密, の蓮華, の蛟竜, へなげ入れける, へ入る, へ落ちたなら, を二分, 神馬あり

▼ 池邊君~ (16, 0.3%)

2 に會つて偶然話頭, の序, の母堂, の玄關, は何故, は其當時, は自分, も突然

▼ 池~ (15, 0.2%)

2 の山

1 [13件] という北の方附馬牛, と書い, に山路, に登り, に登る, に竹, に遊び, の前面, の腰, の裾, は安倍貞任, は御影石, より出で

▼ 池でも~ (14, 0.2%)

1 [14件] ない, やはり子供, 人が, 埋めた跡, 川でも, 掘るつもり, 池の, 泉でも, 画こうと, 相当の, 眺めて, 蛙が, 見出された, 鯉鮒を

▼ 池鯉鮒~ (13, 0.2%)

3 の御 2 の宿 1 から鳴海, にまですすめ, に十七日, の町はずれ, の駅, も翌日発足, よりで気, 之駅

▼ 池~ (12, 0.2%)

1 [12件] 三矢かと, 堀か, 川が, 彼方の, 河かに, 河の, 沼に, 沼の, 湖かと, 湖水かが, 溝かに, 溝へ

▼ 池にも~ (12, 0.2%)

1 [12件] ありました, いっぱい雪, 劣らない人波, 可なりいました, 水が, 洗心亭の, 石を, 竜が, 落ちず怪我, 貯うる, 釣竿にも, 龍が

▼ 池まで~ (12, 0.2%)

1 [12件] あるの, ゆく途中, 下りて, 入海に, 取り入れて, 来は, 来ますと, 案内させる, 石原を, 行けば, 連れて, 飛んで

▼ 池~ (11, 0.2%)

2 からこの, ということ, な 1 からこんな, からじゅんさい, し干し, という点, なあ

▼ 池あり~ (10, 0.2%)

1 そしてほど遠から, そして程遠から, て金魚, て魚鳥ここ, 地中に, 多く, 山ありだ, 河あり, 玉池といふ, 諸竜形

▼ 池である~ (10, 0.2%)

1 かと思う, という, ということ, と思い, と思う, のだ, やうにすら, 一の, 噴火口跡の, 百間洞に

▼ 池長氏~ (10, 0.2%)

2 に感謝 1 からの援助, のお, のため, の好意, の方, はこの, は以後私, は私

▼ 池です~ (9, 0.1%)

21 からな, から一日, か弁天池, がなほ底, といった, ね, よ路用

▼ 池とは~ (9, 0.1%)

1 このお家, はなれて, 二重に, 思はないから, 思はないので, 思わないから, 思わないので, 清く涼しい池, 清水家の

▼ 池浚え~ (9, 0.1%)

1 からなか一日, のあと, のこと, の一事, ははじまりました, をやらせ, をやりましょう, を考えました, 溝なおし

▼ 池とも~ (8, 0.1%)

1 いい周囲, いう一, つかぬもの, 思えぬくらい, 水溜とも, 見做, 言う一, 附かない濁った水溜り

▼ 池より~ (7, 0.1%)

4 竜昇らん 1 一の, 上り知らぬ顔, 出づるもあれど

▼ 池のみ~ (6, 0.1%)

2 ぎわから 1 ぎわでおたまじゃくしの行列を, ぎわで足を, ぎわの, 也

▼ 池~ (6, 0.1%)

1 が馬蹄形, との間, の中, の堰, は右手, を開き

▼ 池附近~ (6, 0.1%)

1 であると, には相当, にまでき, に卵塔型, に道場, を舞台

▼ 池鯉鮒様~ (6, 0.1%)

1 というの, のほか, の名前, の御, はそんな, ばかりでなく

▼ 池だった~ (5, 0.1%)

1 ことを, そうです, ときい, のでご, ので鯉

▼ 池との~ (5, 0.1%)

1 水溜りを, 繋ぎに, 間に, 間の, 離れ家に

▼ 池~ (5, 0.1%)

2 ので吃驚 1 のかなあ, んだろう, んです

▼ 池なども~ (5, 0.1%)

1 ある, 今は, 今度は, 掘って, 笹と共に

▼ 池について~ (5, 0.1%)

1 おもしろい昔話, おもしろい話, しらべて, 一つの, 褄は

▼ 池にて~ (5, 0.1%)

2 仁王経を 1 昼食別山の, 自害された, 舟漕ぎし

▼ 池への~ (5, 0.1%)

1 上り口は, 唯一の, 細道であった, 近路, 道路だだつ

▼ 池~ (5, 0.1%)

1 中央部, 大納言頼盛, 平等の, 水ヲ, 真中ノ方マデ突進シテ蓮

▼ 池長植物研究所~ (5, 0.1%)

2 の名, をつくられた 1 というの

▼ 池~ (5, 0.1%)

1 にうつり出たる, に映り, に浮き出た, に銀波金波, のやみ

▼ 池あたり~ (4, 0.1%)

1 でお, にうろつい, へ引返した, まで吹っ飛ん

▼ 池であった~ (4, 0.1%)

2 のを 1 ことかも, 水の

▼ 池などの~ (4, 0.1%)

1 ある美しい, 名が, 多い, 林泉や

▼ 池なら~ (4, 0.1%)

1 その高級品, ば百年以来, ネリと, 丁度よい

▼ 池らしい~ (4, 0.1%)

1 さら, ものが, 所へも, 窪が

▼ 池をめぐって~ (4, 0.1%)

1 半町ほど, 更に植え込み, 知らず知らずその, 馴染の

▼ 池~ (4, 0.1%)

1 がしたごとく, の旧, は盃, は続い

▼ 池~ (4, 0.1%)

2 が之 1 に報いた, の歌った

▼ 池峯山~ (4, 0.1%)

2 の七折 1 という山, の南寄り

▼ 池~ (4, 0.1%)

1 が望まれる, の畔, は人民, は水

▼ 池長さん~ (4, 0.1%)

2 が私, は月々若干

▼ 池いっぱい~ (3, 0.0%)

1 の人間, の大きな, の巨大

▼ 池その~ (3, 0.0%)

2 池の 1 荷花

▼ 池といふ~ (3, 0.0%)

1 かなり大きな, 名前も, 池には

▼ 池など~ (3, 0.0%)

1 いずれも, 懸け離れた遠方, 池と

▼ 池なりあらうなら~ (3, 0.0%)

3 私は

▼ 池なる~ (3, 0.0%)

1 亀オカに, 天女の, 小魚

▼ 池のべ~ (3, 0.0%)

2 に枯れ 1 求めて

▼ 池のべの~ (3, 0.0%)

2 楊が 1 小槻

▼ 池へは~ (3, 0.0%)

1 まつて, 帰ること, 行かなくなったそう

▼ 池よりは~ (3, 0.0%)

1 三の, 五の, 四の

▼ 池一つ~ (3, 0.0%)

1 あるぢ, へだてて, 越すと

▼ 池一面~ (3, 0.0%)

1 に咲く, に茂っ, 堆くもり上る

▼ 池~ (3, 0.0%)

3 の池

▼ 池~ (3, 0.0%)

1 には低, に丘, のなざさ

▼ 池浚い~ (3, 0.0%)

1 が始まっ, とはまた, をなすったら

▼ 池鯉鮒家~ (3, 0.0%)

2 の息女 1 に養われ

▼ 池ある~ (2, 0.0%)

1 が勝れり, 方に

▼ 池かと~ (2, 0.0%)

1 思うほど, 思った

▼ 池くらいの~ (2, 0.0%)

1 ものです, 大きさ

▼ 池さん~ (2, 0.0%)

1 でも, の細君

▼ 池ざら~ (2, 0.0%)

2 ひが

▼ 池だの~ (2, 0.0%)

1 葡萄棚だの, 赤松だ

▼ 池とか~ (2, 0.0%)

1 川とかいう, 聞いたが

▼ 池とが~ (2, 0.0%)

1 ある小さな, 流れて

▼ 池として~ (2, 0.0%)

1 ある名高い, 呉は

▼ 池とを~ (2, 0.0%)

1 もった田舎, 見おろす大

▼ 池などが~ (2, 0.0%)

1 あり狐, ちょっとした湖水

▼ 池などでも~ (2, 0.0%)

1 採れる, 若い嫁

▼ 池などと~ (2, 0.0%)

1 いい九州, 同じでありました

▼ 池などに~ (2, 0.0%)

1 咲く花, 蚫の

▼ 池などにも~ (2, 0.0%)

1 今でも, 棲めり

▼ 池などは~ (2, 0.0%)

1 大花崗岩塊, 直径三尺ほどしか

▼ 池などを~ (2, 0.0%)

1 掘りました, 探ったならば

▼ 池なり~ (2, 0.0%)

2 所持の

▼ 池なる放ち~ (2, 0.0%)

1 鳥, 鳥荒び

▼ 池にでも~ (2, 0.0%)

1 棲んで, 石を

▼ 池にと~ (2, 0.0%)

1 思って, 思つて早く

▼ 池にな~ (2, 0.0%)

2 つてゐ

▼ 池にばかり~ (2, 0.0%)

1 入って, 泳いで

▼ 池に対する~ (2, 0.0%)

1 愛着を, 私の

▼ 池~ (2, 0.0%)

1 あすこに, どうしてあんなに赤く

▼ 池また~ (2, 0.0%)

1 川川また, 流れて

▼ 池までの~ (2, 0.0%)

2 熊笹を

▼ 池までは~ (2, 0.0%)

1 まことに一, 歩いて

▼ 池みたい~ (2, 0.0%)

1 にし, に清子

▼ 池ん中~ (2, 0.0%)

1 に手網, へ投げられた

▼ 池ン中~ (2, 0.0%)

2 へ投

▼ 池一杯~ (2, 0.0%)

1 あるので, に緑

▼ 池上家~ (2, 0.0%)

1 から公式, から公然

▼ 池~ (2, 0.0%)

2 の池

▼ 池~ (2, 0.0%)

1 に当, に當

▼ 池~ (2, 0.0%)

2 の池

▼ 池~ (2, 0.0%)

1 別しては, 散所

▼ 池~ (2, 0.0%)

1 のあるじ浪華, の主人

▼ 池大雅~ (2, 0.0%)

1 は風景画家, もその

▼ 池希白~ (2, 0.0%)

1 である, とは途上角鹿津

▼ 池方面~ (2, 0.0%)

2 へ向

▼ 池明誠堂~ (2, 0.0%)

1 の塾頭, の門

▼ 池~ (2, 0.0%)

2 岡大沢の

▼ 池殿~ (2, 0.0%)

1 に余生安らか, の御簾

▼ 池浅く~ (2, 0.0%)

1 水減じ, 焙烙に

▼ 池田屋八郎兵衞~ (2, 0.0%)

1 の總領, を始め

▼ 池秋子~ (2, 0.0%)

2

▼ 池~ (2, 0.0%)

2 筈十二社の

▼ 池越し~ (2, 0.0%)

1 に吾輩, の篠山

▼ 池近く~ (2, 0.0%)

1 に下宿, へ庵

▼ 池~ (2, 0.0%)

1 に行き, に鳴け

▼ 池~ (2, 0.0%)

2 の姓

▼ 池長孟氏~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ 池震動~ (2, 0.0%)

2 して

▼1* [248件]

あやしげな, 池あらたむる秋の夜, 池いちめんの蓮, 池かへさせてなど, 池かも知れない, 池からす狭間の, 池からでも捕ツ, 池からの上りが, 池からはいつも湯, 池がと見ますと, 池ぎわには垂鉤石というもの, 池くらいはかいぼりを, 池ぐらいのものであっ, 池ここだおどろく鴨むら, 池こさえて, 池ごとに孤居, 池さえあれば, 池さまへ藤, 池さんあしたの夜, 池さんその他あの一, 池さん送りにゆく, 池さん達の日, 池さ今年は鮒, 池ゅうのさぎがいっせいに, 池そっくりであった, 池だけでなく地所全体, 池だけが石灰質の, 池だけに普通の, 池だつたことを, 池だろうと思いやられる, 池ちっとも波の, 池つづきのよう, 池つづきで池の, 池つるぎの山追い立て追い立て急ぎゆく, 池づたひに行く左手, 池であって葦, 池でありますが一本, 池であるらしい事を, 池でよほら亀, 池といつても水, 池といふは所の, 池とから醸される幽, 池と共に焼け残った藤, 池どういううらみが, 池なきを, 池なぞあらゆる稚, 池などというわけに, 池などへ落すの, 池なれば正しく, 池にしかいないもの, 池については仏教にも, 池にては咎むる者の, 池にや金魚よ, 池によって非常な, 池にをたまじ, 池のくびりで, 池のけんとうを, 池のさぎどもを死なせ, 池のにおやかな, 池のほどりで一人, 池のむこうには, 池のよこに, 池はさのみ広く, 池はと見ると, 池はよかつた, 池ばかりだった, 池ばかりが薄墨色に, 池ひろく境幽, 池ふかく湛へて, 池へでも行こうという, 池へと逸れたらしいの, 池へどぽんと, 池へなど行ったの, 池ほどござり, 池または神社の, 池づのなかに心を, 池むこうの陣幕, 池めいてくぼまり, 池めがけてぶつ, 池やら低い松, 池ふか沢の, 池よりも少し広い, 池らしくないこの水面, 池らしくなって来た, 池をのこりなく泳ぎまわって, 池をば稚子, 池トシテ南北滿州ト極東西比利亞トニ革命大帝國, 池ニ発生シタ灌園がやつり, 池ノモノモ年ニヨリテ隆替シ殆ンド其形ヲ認メザル年スラアル, 池ハ水害予防に供する, 池ホイト池薬師の池, 池巡リ, 池ヶ丸というの, 池しほ優, 池一面水草生ひて, 池三ノ池と三つ, 池三宿住金剛宝土四年回異書多半出三蔵, 池三寶寺池などにも棲めり, 池三寶寺池舊神田上水の源, 池三番池は貯水池, 池上野町竹町向柳原両国橋と円周, 池の池, 池下野足利の水使, 池滿六十, 池中有水水中有魚三頭九尾不食人間五穀, 池丸太蛙とイソップ的, 池乗鞍岳頂上の火口湖, 池乱麻の奥底, 池が池, 池二ノ池三ノ池と三つ, 池二六横町の家, 池二君別余輩経若狭入丹後, 池二番池と呼ばれ, 池二番池三番池は貯水池, 池の池, 池亭小座敷寮ごのみ, 池付近は一種, 池なるもの, 池網の, 池免許直伝は車返し, 池全体がなにか, 池兼ねてよく, 池内蔵太とマ一人私, 池帖を, 池兵衛佐為盛さま右馬権頭頼茂さまなども, 池加島屋辰巳屋などいえる, 池十詠の中霽雪, 池千葉の弟子, 池千葉周作先生の門弟, 池の池, 池又七とでも言いたげ, 池及ミクリヶ池などいずれ, 池ひ築地, 池向うの離亭, 池善福池などより流れ出で, 池へ行きました, 池土俗伝えて, 池在り直ちに春, 池在直至春深, 池壁樹の周囲, 池大きな湖などに, 池大塚の高等師範学校構内, 池婦人笑い声人声また遠く, 池孫左衛門河井公左衛門五番には七手, 池守小舎のうち, 池宮殿のうえ, 池寒鮒釣のはや, 池対岸は北海道館, 池小屋着焼印を押し, 池の方, 池峯六角牛の木, 池市橋邸の東横町, 池帰路訪余余時臥病喜而賦一絶昔年余亦従二君, 池の少しく, 池を出で, 池を怖, 池廼家の句筵, 池引川流清可掬, 池に茂る, 池一同, 池所々に建物, 池掛りというもの, 池教会堂は池, 池や美, 池は子供たち, 池時代に有し, 池詩次韻, 池有り一池は, 池が来た, 池は両, 池迂巷, 池松並木などは忘れられない, 池松枝町弁慶橋元柳原町, 池桑竹之屬, 池ある船, 池樹石花草巧ニ景致ヲ成ス, 池なぞいう, 池機械の作る, 池とに後, 池水中各竜王, 池水中衆花具足し最上, 池水澄みたらし下照りて紫金, 池池中有水水中有魚三頭九尾不食人間五穀, 池池辺釣女自相随, 池のほとり, 池泉橋そのほか, 池泉燈籠築山などの数寄, 池から龍岡, 池活東活東は蝌蚪, 池浦屋の池, 池深い谷底そこに, 池添い道を, 池宜亭, 池渫いに行った, 池というよう, 池漁等の別号, 池濁る身なら, 池あるいは河沿い, 池猿沢池はコップ, 池甚左衛門町野主水佑, 池田の面蘆の湿り地, 池田甫となる, 池界隈では一, 池県洛帯村に郭二, 池石燈籠築土, 池秦其馨書法遒逸名声日興旧嘗遊崎陽, 池移転問題に関する質問, 池の弟子達, 池に米藤, 池籠めの御, 池細長く相當, 池がある, 池の林, 池舊神田上水の源, 池などにも一二軒宛, 池花玉川の流れ, 池を掘り, 池苑ニ蘭ヲ種ヱテ以テ神, 池苦行窟などがある, 池太ニ而候, 池蔵する選択集の, 池蔵ハ此頃八度の戦段, 池蔵太について大和, 池蔵太吉村虎太郎平井のあいだがら, 池蔵太曰いつの戦にても敵合三五十間, 池薬師の池, 池裸女の群, 池設置の必要上其土地家屋等大半, 池詠人不知こほりにし, 池谷そこの水の, 池の池, 池朱二, 池速別皇子という方, 池邊義象さんの校訂, 池都会ごみ溜ビルディングの窓, 池野原川岸土堤寺宮の境内, 池鉄壁中村城のそ, 池長孟という人, 池隣哉と云, 池雨水流入の防止, 池みそめたりか, 池宜亭, 池に立ち, 池香以の父子, 池鯉府に行っ, 池鯉鮒さまの罰, 池鯉鮒信濃守の息女, 池鰹鮒家の息女