青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「江戸~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~求める 求める~ ~汗 汗~ 汚~ 汚い~ ~汝 汝~ 江~ ~江戸
江戸~
~池 池~ 池田~ ~決して 決して~ ~決定 決定~ ~決心 決心~ 汽船~

「江戸~」 13894, 150ppm, 703位

▼ 江戸~ (2916, 21.0%)

29 方へ, 町を 2319 市中を 15 土を, 町の 14 方で, 町は 12 市中へ, 方から 11 人は, 市中に, 方に 10 下谷の, 町に, 街を 9 女の, 眞ん, 空は 8 人達は, 春, 水に, 街 7 人の, 地を, 大町人

6 [15件] お屋敷, 侍の, 市中の, 御用聞の, 方の, 方角へ, 昔から, 活字, 生れで, 町が, 町人は, 者で, 街の, 街は, 話を

5 [19件] お城, まん中に, ような, 人々は, 人で, 内, 女を, 市中は, 役者が, 敵を, 方を, 春は, 水を, 町には, 町人を, 者だ, 花, 藩邸に, 間を

4 [28件] よさ, 下町に, 初期には, 名物の, 地へ, 夜は, 女は, 岡つ, 巷を, 市中には, 御老中, 文化は, 水は, 治安を, 火事の, 町から, 町では, 町にも, 町へ, 町人達の, 町家の, 町方の, 眞ん中に, 空へ, 者は, 街も, 邸に, 邸へ

3 [49件] うちと, ことを, ほうへ, まん中で, 人々が, 人が, 人間が, 仇を, 侍に, 内だ, 吉原で, 名物だ, 名物と, 土地を, 坩堝の, 城を, 夏の, 夜の, 女に, 客が, 山の手に, 巷に, 市民は, 市民を, 或る, 戯作者の, 方には, 方は, 方へでも, 方角から, 日本橋から, 昔を, 横網鶯の, 民衆は, 消息を, 生れだ, 男と, 町まちを, 町も, 町人で, 町人の, 眞ん中へ, 真ん中で, 絵図を, 花が, 街に, 親分の, 近くへ, 道中奉行から

2 [197件] うち, お客さまを, お方は, お留守居, ことが, ことなら, ころは, ごひいき筋, どこかに, どこに, ならずもの, まんなかで, まンなか, むかし吉原の, わが家へ, 一窮民の, 一角を, 上屋敷に, 下町でなけれ, 下町では, 世界には, 両国の, 両国や, 中で, 中なら, 中に, 中を, 人に, 人を, 人口は, 人心に, 人心は, 人心を, 人気を, 人間には, 人間の, 人間は, 侍で, 侍と, 侍は, 俤を, 俳人の, 兄を, 全市に, 八丁堀へ, 内外を, 初めの, 初期へ, 助六, 助六狂言, 勝手を, 匂いを, 北の, 召命を, 同志の, 名ある, 名所に, 名殘, 商人の, 噂の, 土が, 地勢に, 地理は, 坊様に, 坊様を, 夏を, 外, 外へ, 大先生, 大半を, 大地震, 大御所, 大御所たら, 天地が, 天狗連を, 姿を, 娘が, 学者が, 客を, 小咄に, 小咄にも, 小町娘は, 屋敷の, 屋敷へ, 屋敷を, 屋敷奉公に, 山の手の, 山車の, 山車は, 岡っ, 岡っ引きだ, 巻, 巾着切の, 市井に, 市街が, 市街を, 幕府の, 形勢は, 役人は, 御用聞き, 御金蔵, 情調を, 数学と, 数学を, 文人が, 文化に, 文化の, 文化を, 文学美術に, 新鳥越, 方が, 方向に, 方角に, 方面に, 旗本の, 昔に, 春が, 春に, 春を, 時代に, 暑さ, 末に, 末まで, 末期に, 本所の, 本郷の, 様子が, 橋と, 歌舞伎の, 武士は, 武家の, 武家町人を, 残党, 残党は, 水, 水で, 洲崎は, 海で, 淋しさ, 生活が, 生粋, 町という, 町らしい, 町人に, 町人達にも, 町人達は, 町人達も, 町奉行が, 町娘の, 留守役を, 盛り場や, 眞中に, 真ん中では, 真ん中に, 真中へ, 秋も, 空には, 空を, 空気の, 築地の, 米の, 粋人の, 絵図にも, 絵図面を, 綱紀の, 総攻撃, 繁昌が, 繁昌を, 美術家を, 者が, 職人を, 舞台が, 花だ, 花と, 若い男, 菊細工は, 街で, 街にも, 街へ, 評判に, 話は, 請宿から, 諸方から, 辻, 通人の, 通人を, 道中奉行所から, 郊外に, 闇に, 陋巷に, 風景を, 風物と, 風物は, 風物を, 養家へ, 高名な, 鼓が

1 [1753件 抜粋] あきんど, あのお, あらゆる芸術, いたずら者は, いんしんは, うちの, うわさを, おなごの, おんなは, お前さん下谷茅町の, お名残り, お姉さま, お客の, お客様の, お弟子, お方の, お生れ, お蝶どの, かたきを, ことでございます, ことについて, ことや, ころでは, ごみごみした, さしか, しぐれの, そとで, ちまたを, とっつき千住, どこかの, どっかに, なごりに, はいつも, は錦絵, ほうから, ほろびる前兆, まんなかに, まん中へ, むかしに, むかし山の手の, ものずき, ものなり, やつも, ようである, わが家へのたり, トバ口で, ヨカヨカ飴屋越後方言の, 一日も, 一角に, 七夕祭の, 三十三間堂にも, 三座随一たる, 三社祭りの, 上下を, 上屋敷も, 上様よりの, 下屋敷へ, 下町へ, 下町女房を, 下谷長者町の, 丑満, 世界カライの, 両国へ, 中などでは, 中心を, 中期以後と, 中村座で, 中間期は, 丹前ぶりを, 亀田鵬斎といふ, 事も, 事情などは, 事態を, 二洲が, 五里手まえ, 人々の, 人々を, 人その, 人たちは, 人との, 人までが, 人士を, 人心から, 人気が, 人氣は, 人足の, 人間こそ, 人間です, 人間にも, 仏師が, 代表的怪談と, 伝兵衛の, 伯母御を, 住心地も, 佐久間町の, 何んとかいふ, 作者が, 侍たちが, 侍という, 侍間宮鉄次郎の, 便船の, 信仰では, 俳句に, 俳調です, 俳風の, 元禄頃まで, 入口品川に, 全盛時代である, 公方様が, 其角というは, 内外いたる, 再審に, 分限者の, 切絵図には, 初めには, 初夏の, 初期に, 到る所, 剣客は, 剣術師範なら, 劇場は, 勇み肌の, 勤番を, 匂いは, 十八大通の, 千住から, 友人であった, 取引は, 古代研究者は, 句とは, 司馬十方斎へ, 吉原といふ, 吉報待ち上げまする, 同心であろう, 同志と, 名だたる剣客, 名人雲龍齋又六, 名所の, 名残りだった, 名物で, 名物木枯も, 名物男であり, 名醫, 周囲が, 和泉屋である, 和算家から, 品川に, 唖科柴田氏は, 商人には, 商家に, 喉首吉原への, 嘉平の, 噂も, 四方を, 四谷忍町の, 図面だ, 土地などへ, 土産と, 土産物も, 地から, 地下には, 地図を, 地理に, 地震と, 坊様も, 埃は, 城は, 城中へ, 堀部安兵衛らと, 場末と, 場末の, 士民は, 夏だ, 夕暮を, 外れの, 大きな絹問屋, 大分限わけても, 大地震後一年目, 大尽だ, 大手筋東海道の, 大橋で, 大火に, 大火は, 大路の, 大通りを, 大都会, 天下は, 奉行所から, 奉行所に, 奥平の, 女が, 女だった, 女という, 女も, 女太夫, 女歌舞妓が, 女物の, 女順禮の, 奴等と, 如く覇府, 始めにかけて, 姑の, 威勢が, 娘義太夫三十六人は, 婆方に, 子女の, 学者も, 守隨家と, 実情と, 客仁お, 家々と, 家並は, 寄席といふ, 富豪大家が, 専制時代から, 将軍一族に対しても, 将軍家への, 小吏が, 小町ムスメは, 小野忠雄から, 少長, 居処は, 屋敷で, 屋根の, 山王日枝神社の, 岡本花亭に, 嵐山などとは, 差だ, 巾着切りは, 市中にさえ, 市中までも, 市井で, 市内にも, 市民なら, 市街と, 幕府では, 幕臣と, 年中行事を, 庄芝崎村の, 府外へ, 庶民は, 建築術で, 弥勒寺長屋に, 彌次馬は, 彫り師なら, 役人であろう, 役者三桝大五郎関三十郎大谷広, 往時より, 後家さまで, 御家人には, 御府外, 御用聞お, 御用聞に, 御用聞手先は, 御鉄砲方井上左太夫, 急進派の, 悪党なんかは, 悪党を, 情緒を, 應接係が, 所作とか, 手紙を, 改革を, 政府も, 敵に, 文化も, 料亭も, 新徴組, 方々から, 方な, 方へも, 方角を, 方面へ, 旅を, 旅絵師は, 旗本は, 旗本生活や, 日ヶ窪から, 日本橋数百人の, 旧文化漸次衰滅, 昔じゃ, 昔の, 春の, 時世で, 時分に, 書家東江源鱗の, 有名な, 有閑人と, 朝ぼらけ, 末から, 末寺を, 末期には, 末期文久年間の, 本丸西の丸へでさえも, 本宅の, 本所で, 本草學者が, 本郷春木町に, 朱引外です, 村田春海古学を, 東京と, 東北向島浅草から, 板橋に, 柳橋, 梨園の, 極浅い, 様子を, 横丁裏小路の, 櫻も, 歌謡類も, 武士が, 武士達に, 武芸者だ, 死獄より, 残党の, 殷盛は, 気に, 気分に, 氣風は, 水とやら, 水戸邸へ, 水門尻という, 治世に, 治安陣を, 泰平が, 洒落よりも, 流行は, 流行唄を, 浄瑠璃類の, 浅草海苔も, 浮世絵は, 浮世繪は, 海邊や, 消防夫ほどの, 深川に, 滓で, 激しい争い, 火事に, 火事騷ぎは, 火除地には, 為公方様の, 片隅とのみ, 物貰に, 狐の, 猿若で, 生まれで, 生れの, 生活で, 産まれであろうな, 田原町の, 田舎である, 男だ, 男は, 男女が, 町じゅうへ, 町なかを, 町にても, 町中で, 町人とも, 町人共に, 町人職人の, 町内にも, 町名の, 町奉行や, 町奉行所さえ, 町奴の, 町娘は, 町家で, 町方が, 町道場を, 町風呂は, 畑で, 發展と共に, 盛り場という, 目医者の, 相模屋の, 眞ん中ばかり, 真ん中から, 真ん中ばかり, 真中で, 真中の, 眠りを, 知己すべてと, 碁打の, 神社仏閣をめぐって, 祭りは, 禁物であった, 秋のみに, 秤座, 空であろう, 空や, 空気を, 窮民を, 第一流中, 筆工の, 糸問屋の, 素人では, 経営に, 絵図にでも, 綺麗な, 繁華に, 美しい花, 美術工芸に, 老中から, 者, 者でないらしい, 者に, 職人だ, 職人とは, 能役者観世銀之丞当家に, 船大工が, 色海に, 色街で, 芝居でも, 芝居絵を, 花で, 花嫁, 芸界にも, 若い客, 若松屋惣七, 荒事は, 華やかな, 著作に, 薩摩屋敷において, 藩邸が, 藩邸にも, 蝙蝠, 衆で, 衆は, 街では, 街中でも, 裏町の, 西の丸の, 要所に, 親にも, 親分と, 親方さんでは, 親知らずだ, 観客たちは, 言葉で, 評定所に, 話親類知己の, 諸方に, 諺で, 講武所の, 警備には, 豪勢さは, 賑ひ, 足を, 軽輩と, 近況を, 追憶者として, 通人で, 通人によ, 遊び人の, 遊女崇拜が, 運命と, 道中奉行へ, 道場に, 道彦との, 遺物という, 邸から, 邸へは, 邸第, 部では, 都人は, 都會教育よりずつと, 重役その他重な, 金を, 金融は, 長唄, 長者番附に, 長谷川でも, 開府に, 関係を, 阿部邸に, 陰間茶屋は, 隅々まで, 隠密が, 隠密どもと, 雉子橋外の, 雰囲気の, 霞ヶ関に, 靜かさは, 面白さ, 頃から, 額風呂や, 風である, 風俗を, 風土記には, 風物詩であり, 風紀を, 食いつめ者, 飯を, 駒込から, 騒壇は, 騷ぎを, 高山嘉津間和歌山の, 鮨屋, 鶯が

▼ 江戸~ (1601, 11.5%)

167 出て 51 帰って 21 来て, 行って, 連れて 12 歸る 11 戻って 9 帰ると 8 お帰り, つれて, 來て, 帰った, 往って 7 おいでに, でて, はいって, 逃げて 6 上って, 來た, 向けて, 奉公に, 帰ること, 帰ろうと, 着いて 5 下って, 出たの, 参って, 帰れば, 持って, 舞い戻って, 行くこと, 行けば, 送って

4 [15件] むかって, 下った, 入ると, 出る時, 參りました, 向って, 帰るの, 帰る途中, 来たの, 来てから, 来ると, 立とう, 行くの, 行っても, 飛んで

3 [33件] かけて, のぼって, はいったの, ゆけば, 一緒に, 修業に, 入って, 入つた, 出かけて, 出た, 出ても, 出で, 出ると, 帰ったが, 帰ったという, 帰ってから, 帰っても, 帰ります, 帰るという, 戻れ, 持つて, 来たん, 歸つて來た, 歸つて來て, 残して, 江戸へと, 着いたの, 着くまでの, 移住する, 立った, 行きたいと, 行く, 行こうと

2 [87件] いくこと, お戻り, きて, のぼる, はいった, はいった時, はいると, もどって, やって, やつて, 上る途中, 下ったが, 下ること, 下ると, 下る途中, 伺中日延, 來る, 出たい江戸, 出たと, 出た上, 出てから, 出ては, 出まして, 出ようと, 出るたび, 出る途中, 出れば, 出府する, 参ります, 参り度, 届けて, 差立てに, 帰ったか, 帰ったとて, 帰ったの, 帰った後, 帰りました, 帰る, 帰るから, 帰るつもり, 帰るとき, 帰る気, 引揚げました, 引返して, 征込ん, 御上の, 御出府, 急いで, 戻ること, 来たと, 来てからの, 来てからも, 来る, 来ること, 来れば, 歸りました, 残って, 江戸へ, 燃えひろがり下町全部, 留め置くこと, 着いた, 着くこと, 着くと, 移住し, 立帰っ, 縁付けて, 舞いもどって, 行かなければ, 行かねば, 行き度, 行くつもり, 行くという, 行こう, 行ったという, 行ったの, 行った時, 行つた, 行つてから, 護送せられ, 足を, 追つかけ, 送られて, 送り届けて, 逃げたい, 逃げるか, 逐電し, 遣って

1 [800件 抜粋] いかせたと, いきたいもの, いこう, いって, いっても, いらっしゃいますなら本, うまうま, おいでなさる, おつれ下さる, お下り, お前が, お呼び寄せなさいます, お呼び寄せに, お帰りなされ, お引上げ, お招き, お知らせに, お越しと, お願いに, お飛脚, かえって, かえってきた, かえりますと, くだっては, くる途中, これから出る, さし出すよう, さばきに, ついた暁, つかわすふしぎ, つくと, でしょう, でるの, なり何処, なんか, のぼる途中, はいったを, はいった官軍, はいるすこし, はいるの, はいろうという, ひッぱりだそうと, まいって, まいりましたら偽, まいります, まいれば, まぎれこみこの, また舞い戻っ, むかう旅人上下三人, むかつたかといふ, めえりやした, やっては, やって来た噂, やらぬやう, やるの, ゆきたい, ゆくぞと, ゆくの, よこした, よこしたの, わしと, 一伸しの, 一度出, 上した, 上せて, 上ったのう, 上ってから, 上つて将軍に, 上るとき世話, 上るには, 上方へ, 下ったの, 下った南条なにがし, 下った時, 下った横川勘平, 下ってから, 下つたの, 下つた時, 下りつらつら, 下ります, 下り十日, 下るか, 下るから, 下るとでも, 下るらしい宇津木兵馬, 下向する, 乗り込んで, 乗出し小石川, 乗込もうという, 乘り込ん, 五十七里四町, 仕入, 伴ひ, 何し, 何の, 來てから, 修行に, 先ずはいっ, 入った, 入ったとある, 入ったの, 入っちゃ, 入つたの, 入つて來, 入らっしゃいまし, 入らっしゃれ, 入りました, 入り込んだという, 入り込んだに, 入り込んで, 入るという, 入るの, 入るん, 入る前, 入れば, 入ろう, 入城した, 八十三里この, 八十六里二十町京へ, 写真を, 出かけなければ, 出かけるの, 出して, 出し伯父, 出す荷, 出たい出たいと, 出たこと, 出たころ, 出たその, 出たとき, 出たはず, 出たもの, 出たら同封, 出た事, 出た以上, 出た時, 出た相, 出た記念, 出ますと, 出ますには, 出ようとして, 出られたそう, 出られたでは, 出りゃあ, 出る, 出ることぢ, 出るとか, 出るとき, 出るの, 出るまでは, 出る小遣, 出る約束, 出る道, 出向いて, 出奔した, 出学問, 出発する, 出立の, 到着した, 勤番し, 勤番に, 参ったこと, 参ったもの, 参った記念, 参らなければ, 参られましたと, 参りましたので, 参りましては, 参りますが, 参りますそれ, 参り不思議, 参り今に, 参り伊東一刀流, 参り本郷菊坂, 参り根津, 参り馬喰町, 参れば, 参勤し, 参覲, 参観交代に, 參つて艱難し, 取つて, 召されたので, 召し寄せられること, 召喚された, 同道し, 向うならば, 向かうよう, 向かって, 向かってな, 向けての, 向ったと, 呼びつけられるの, 呼ぶ爲, 呼寄せて, 四百七十里京都へ, 坂井金兵衞を, 売って, 天魔太郎と, 奉公したい, 奪って, 女装を, 姿を, 嫁づい, 孫を, 屆けず, 差し立てると, 差立てても, 帰された, 帰された後, 帰しましては, 帰すぞ, 帰すと, 帰すよう, 帰す様, 帰そうという, 帰ったそう, 帰ったと, 帰ったらあいつ, 帰ったらまた, 帰ったら落着き, 帰った由, 帰ってからも, 帰つて来る, 帰らして, 帰らなければ, 帰らねば, 帰られましょうほんとにこう, 帰られる目当て, 帰らんければ, 帰りしだい, 帰りたいと, 帰りたいとも, 帰りたいよう, 帰りたう, 帰りつく時分, 帰りましてから, 帰りますから, 帰りますもの, 帰りゃあ, 帰り着きました, 帰るか, 帰るが, 帰るならば, 帰るに, 帰るにより, 帰るべき筈, 帰るべく今夜布田, 帰るもの, 帰るよう, 帰るわけ, 帰る事, 帰る人たち, 帰る日, 帰る時, 帰る筈, 帰る身, 帰る送別, 帰れと, 帰れねえ冗談, 帰ろう, 帰ろうかと, 帰ろうかという, 帰ッたら, 帰ッてから, 廻せという, 引いて, 引かえすこと, 引き揚げて, 引き越し, 引っ縛っ, 引っ返したの, 引っ返して, 引っ返すなり, 引っ返すの, 引揚げ, 引返しまして, 引返し惣吉, 引返すと, 引返す平次, 往くの, 往けという, 往った, 往復した, 往復の, 御帰城, 御持參, 御歸, 志した, 急いだ, 急ぐ早飛脚, 急飛脚, 息抜きに, 戻ってから, 戻つて來, 戻りました, 戻る, 戻るぞ, 戻ると, 戻るという, 戻るの, 戻る前, 戻る決心, 戻れば, 戻れるもの, 戻ろうと, 押し上って, 押し出すの, 拉し去られて, 持たして, 持ち出して, 持ち込み何んの, 持ち運ぶ御, 持出されて, 持参する, 捜しに, 旅立たれたでは, 旅立ち途中, 旅行し, 早打ちを, 朝聘使を, 来たかい, 来たこと, 来たとばかり, 来たもの, 来た当初, 来た者, 来ての, 来ました, 来ましたも, 来りゃ江戸, 来るたんびにちょくちょくあっしをたずねてお屋敷, 来るなら来ると, 来る行列, 来る途中, 歸つ, 歸つたから, 歸つたさうで御座います, 歸つたのも, 歸つてゐる, 歸つて來る, 歸つて居る, 歸つて自分の, 歸られず, 歸られる, 残ったところ, 注進に, 流れこもうと, 流れ出して, 流れ悪い, 流れ込んだきのうきょう, 潜り込み蔭乍ら伜二代目勘兵衞, 潜入以来賭け将棋専門で, 猿芝居を, 現われました, 申送られ囘答, 発ちますこと, 発とうと, 百六里二丁, 百十三里十六町京へ, 目を, 着いたばかり, 着いたら早速, 着いた所, 着いた日, 着いた翌日, 着いてから, 着いてからも, 着きあちらこちら, 着きすぐ, 着きましたら少し, 着き先刻濱田, 着き十三日, 着く, 着くという, 着くはず, 着くまでから, 着くまでに, 着致しましたが, 知らせ江戸, 移されたとか, 移らなければ, 移り住んだが, 移る, 移るにつれ, 立たせたの, 立ちかえったものの, 立ち向かう, 立ったし, 立ったの, 立つこと, 立つ支度, 立つ由, 立とうと, 立とう二百石, 立帰り主家再興の, 米を, 紛れ込んだの, 縁付くに, 繰りこんで, 置いて, 聞えたなら老公, 聞えて, 脱け, 舞いもどった, 舞い戻ってでも, 舞い戻るよう, 舞ひ戻つた, 荷物を, 落して, 落ちて, 落着い, 落着いたら, 著いた, 行かれては, 行きたい為, 行きたがる様子, 行きましょう, 行き奉公, 行き度いが, 行くだけ, 行くと, 行くとの, 行くなれば, 行くには, 行くべく心, 行くまでには, 行くまでの, 行くらしいという, 行くん, 行く早飛脚, 行く気, 行く途中, 行けなんと, 行けるだろうが, 行こうか, 行こうじゃ, 行こうという, 行こう富五郎浪人, 行こう筈, 行ったと, 行ったところ, 行ったほう, 行ったらしい, 行ったらせめて, 行ったら金沢町, 行った頃, 行っての, 行つて皆の, 行列を, 見舞に, 訪ずれ, 訪れて, 護送した, 賣れば, 走るため, 身を, 近づかないうち, 近づくに従って, 近づく相馬中村, 返しました, 退去された, 退散した, 送ったこと, 送つたので, 送られた, 送られてナ, 送られ将軍, 送り悪米, 送り込みました, 送り金, 送るとちゅう, 送るハッキリ, 逃げないか, 逃げようかという, 逃げろと, 逃げ帰ったの, 逃げ帰ったん, 逃げ込むし, 逃れその, 逃出し, 逐電信徒の, 這入った目印, 連れかえりかく, 連れだしさえ, 連れ出して, 遁竄した, 運ばれた無, 遽に, 還つた, 還らせた, 集まった時, 離れて, 飛ばしましょうが, 飛び出して, 飛脚を, 馬を, 馳せ向うところ, 駆落ち, 駈け落ち

▼ 江戸~ (1174, 8.4%)

42 出て 33 来て 16 住んで 11 於て 9 帰って 7 あつて 6 いると, 名代の

5 [11件] いた頃, いて, いること, いるの, 入って, 入つて, 入る, 来てから, 残して, 残って, 生れて

4 [11件] あって, あつた, ある間, いれば, きて, ゐて, 下って, 住むこと, 出で, 来た, 来た時

3 [16件] ある蘭軒, いたの, いる間, ゐた, 入つた, 居て, 帰て, 来たとき, 来ても, 潜入し, 著いた, 遊んで, 遊学し, 還つた, 還つて, 隠れて

2 [63件] ある平田同門, ある藩主, いては, いないの, いながら, いるうち, いるが, いるという, おって, おりました頃, おりましょうか, その冬, でて, ひそんで, ゐた間, 一家を, 下ったこと, 下つて, 下りそれ, 住まって, 住居する, 來て, 兄が, 入つたこと, 入りそれから, 入り新, 出たの, 取って, 向けて, 大きな地震, 居る, 居ること, 帰るに, 戻って, 於ける山陽, 於ては, 有名な, 未曾有の, 未練の, 来たの, 止ど, 歸つたのは, 歸りました, 比して, 滞在し, 潜んで, 潜行し, 火を, 着いたの, 着いて, 置くこと, 著した, 行くと, 行くの, 行って, 足を, 近いところ, 近い巣鴨, 送られて, 還つた日, 隱れ, 集まって, 馴れて

1 [771件 抜粋] あった, あっても, あつて何事, あつて医, あつて学業成就, あつて生計, あつて阿部侯, あらわれて, あらわれ貧しき, ありましたかねえ, あります, あるの, ある不平, ある兄清川玄道徴, ある嫡子秀忠, ある宗家, ある時分, ある木曾福島, ある某, ある桂小五郎, ある知人, ある老中, ある長州藩邸, あんな職人, いたか, いたころ贔屓, いたし殊に, いたって, いたっていう, いたとき, いたはず, いたり, いたん, いた四郎右衛門, いた時, いた者, いても, いないはず, いなさるか, いましたり, いようと, いようとは, いらっしゃること, いらっしゃるの, いる, いるか, いるとき, いるとは, いるよ, いるんだい, いる八卦見, いる家老, いる時, いる様子, いる良人, いる養父周斎, うかうかし, おいででござん, おいでの, おまへん, おらぬと, おられますこと, おりながら, おりました, おること, おるつもり, おる益, おれと, おろうならまず, お出, かずかず名代, きこえた連中, くらべて, この事, こんな夏, ござらっしゃるかと昨日, ご家人, すべての, せぬまでも, その消息, その頃表向, それぞれいくつかの, そんな細工, たずねて, ただ一人しか, たつたの, だん, ちなみ飛燕, ついたの, つき殿様, とどまるの, とどめて, なって, なってから, なるとか, のこって, はいって, はやること, ひとりで, ひびいた男, ひろがると, ふみとどまること, まいって, むけて, めされて, ゃあいねえと見せかけ, ゃあいねえや, ゆかりの, ゐた時二十七八歳, ゐないと, ゐながら, ゐる, ゐるの, ゐる女, 一人行く, 一切売色の, 一流の, 三人は, 上つた際五十人の, 上つて訴へる, 上り直接老中, 上れる次, 下して, 下ったところが, 下ったの, 下らなければ, 下られたという, 下り大, 下り日本橋辺, 下るが, 下向し, 乗り込んで, 亀田鵬斎といふ, 二つしか, 人が, 人の, 住した, 住まわせ藩地, 住みながら, 住み付いた遠国者, 住むの, 住む人々, 住んぢ, 何人と, 何十人ある, 何時到着した, 何百人居る, 侘住居を, 依存せず, 入った, 入った天明八年, 入つたの, 入つたもの, 入つた時, 入つて來, 入つて多様, 入りましたが, 入り享和元年, 入り同じく, 入り榑正町, 入り込んでから, 入り駿河台, 入るという, 入るの, 入る心算, 入る筈, 再び還った, 冰を, 出た, 出たこと, 出たという, 出たので, 出たまま, 出たる以来, 出た年, 出てる, 出でたる以来, 出ました, 出ること, 出来たそもそも, 出母, 出没し, 到り将軍, 到り相, 到着された, 到着し, 勃興せし, 勝るところ, 十人と, 参っては, 参てから, 参りましたと, 参りました時, 参着し, 參り, 及ぶ, 取り得たの, 召されるからは, 召した, 召し寄せられた時, 各諸藩, 吉原京都に, 同化した, 名高い顔役, 名高くなつた, 向かったと, 向った, 向つた, 向ふ, 向ふとき, 呼び出され諸, 呼寄せて, 唯一軒こういう, 回って, 在りて, 在るや, 在る一年, 在住の, 在勤し, 城内の, 執るに, 多かった, 多きもの, 大いに行, 大久保八右衛門といふ, 大戦が, 大火が, 大風雨が, 奉公を, 奔った, 妻が, 始めて, 学びに, 学ぶに, 客たり, 家が, 将軍たる者は, 對する, 居さ, 居たん, 居た事, 居た時大名, 居た書生, 居ついて, 居つた, 居てさえ, 居ては, 居なかつたこと, 居ながら, 居なきや, 居ましょうソコ, 居られたので, 居るな, 居るの, 居る兎, 居る時, 居る間, 居れば, 居所が, 居残って, 居留せし, 届くころ, 島と, 帰った, 帰ったのち, 帰った後, 帰った時, 帰つた, 帰つたのは, 帰らずに, 帰りぬ, 帰りやがったに, 帰り同, 帰る, 帰るも, 帰れり, 帰著した, 常住し, 幾千の, 広がったと, 廻れ, 廻送する, 引返して, 当ると, 往くこと, 往つたのは, 往つて町与力同心の, 往反しなく, 往来した, 待って, 徙つた, 御辛抱, 急行した, 恨みの, 愛想を, 戒厳令を, 扈随し, 持ちこされたは, 持ち込み最初, 持つこと, 接近し, 揉まれて, 数多く現われおる, 斬せられた, 於いては, 於ける十年さ, 於ける後半期, 於ける最初, 於ける東叡山, 於ける浪士, 於ける第一声, 於ける軟文学, 於ける近江商人, 於る, 旅寝を, 時めくお, 暗躍し, 木曾路に, 未練が, 来たかと, 来たその, 来たりて, 来た後三年, 来た比, 来た者, 来りしとき, 来り墨夷, 来り夏秋, 来り沢, 来り紀平洲等, 来るため家来, 来ると, 来るや, 来る街道一町, 来れり, 来居市中自在に, 東遊し, 根を, 桂川と, 構えること, 檻送せらるる, 止まる以上, 武部源内と, 歸つた時詳しく, 歸り, 残された道庵, 残されてから, 残した父, 残る家従たち, 残れ, 比べると, 求めたの, 沢山の, 流れ込みやくざ者, 流行って, 浅田宗伯という, 淹留すべき, 清新な, 滯在中天文臺の, 火事が, 火災を, 燃えたかと, 狂歌を, 現はれた, 現れて, 生れしめば, 生れず長崎, 生れた人, 生れた平民, 生れないで, 生れ江戸に, 生活を, 留つてゐ, 留まった, 留まつた, 留まつて, 留め隠居信順以下, 留学し, 登りしに, 登城する, 着いた, 着し本郷春木町, 着て, 知る人, 知己が, 祇役する, 祗役する, 移ってから, 移つた, 移り住んだ先住, 移り旗本並, 移る, 移る家禄知行蔵米, 立たせ自分, 立つとともに, 立寄って, 築いた頃, 籍を, 米を, 米一揆が, 続き西, 罷り出でて, 聞えた學者, 聞えなば, 腰を, 至つた十一月四日より, 至つては, 至るに, 至るの, 至る舟, 至る途中, 舞ひ戻, 舞ひ戻つ, 芭蕉起り, 菅大助といふ, 落合って, 落着い, 著き妻沢, 著した日, 行かれたので, 行きたくなりましたから, 行きたければ, 行く, 行くから, 行くでも, 行け, 行つて死ぬ, 行われて, 見たの, 親兄弟, 親御も, 親類が, 親類ども, 評判の, 護送された, 護送せらるる, 變つたのかも, 負けるもの, 質子と, 走つて転変, 走りまして, 走り結局, 赴きたるより, 赴き候, 赴き途三島, 赴く一月前, 起った貧窮組, 起れる文士, 踏みとどまり宗家, 輸送する, 迎えられる, 迎えるという, 近い田舎, 近すぎてあとくされが心配, 近づくにつれて, 追いたてしこう, 送ったばかり, 送つて, 送られ獄中, 逃げ帰つた, 逗留し, 這入たその, 這入たとき, 這入て, 這入ると, 連れて, 遅る, 遊びし頃, 運んで, 運命を, 達せり, 遠くない, 遣った海軍修行生徒七人, 遣わして, 還ったの, 還って, 還ること, 金いろ, 鍾まる, 長く住み慣れた, 長じたる, 開業し, 関の, 限て, 限りの, 限り京, 限り粋, 限るて, 限る是, 集って, 集つた負けぬ, 集まり社会, 集められた志士, 集注した, 飛出す積り, 飯を, 馳せ上り最初, 馳せ歸, 高くなり, 鳴らして

▼ 江戸時代~ (619, 4.5%)

11 になっ 7 から明治, になつて 6 にあっ, になる, のもの 5 の学者, の文化, の科学 4 にあ, の文学, の日本 3 とまた, と違っ, にはこの, に刊行, の作者, の初期, の形見, の探偵物語, の錦絵, の風俗

2 [48件] からの古い, からの貸本屋, から伝承, から東京, でなければ, におとな, にはほか, には三宅坂下, には箱根, にもかなり, にもやはり, に元, に入っ, に於, に於ける, に楓, に至っ, のお, のこと, のサンジョ, の人, の人間, の儒者たち, の原本, の古い, の和算, の小説類, の戯作者, の戯作者達, の文芸史, の文豪, の歌人, の武家, の生活, の産物, の田中丘隅, の男伊達, の砲術家, の算家, の草双紙, の語, の随筆, の頃, の麹町, は暗かっ, ばかりでなく, より継続, を経

1 [423件] からある, からお茶, からかなり, からこの, からそう, からで, からの伝統, からの俗謡, からの古, からの店, からの掟, からの旧家, からの残り物, からの知合い, からの習慣, からの話, からの遺物, からはみ出し, から代々, から伝わっ, から伝襲, から先祖代々七, から台詞, から名, から四代, から大きな, から好ん, から幾年, から引き, から日本屈指, から明治以降, から明治四十年頃, から明治時代, から時世諷刺, から最近, から毎年十二月十四日, から現代, から考へ, から著名, から轉化, から郡内, から食み出し, がここ, が三百年, が終わっ, が蝦夷地, だけにかぎっ, であっても, であるが, でさ, ではこれ, ではなくし, ではまあ, ではまず, ではもっぱら, では大金, では斯, でもこれ, でも明治, でも腕, で一層, で二十二郡, というもの, という魅力, として受け取る, となる, と一, と一しょ, と同じく, と変わらない, と東京時代, と鎌倉時代, にあまりに, にあり, にあれ, にいよいよ, においてあるいは, においてはそんな, においては町人, においても果して, においてヂ, において変化, において最も, におけるが如く, における木曾路, における草双紙中, にこういう, にその, にはあった, にはあの, にはいっ, にはいつ, にはお化け, にはお歴々, にはこんな, にはさ, にはずいぶん, にはそこら, にはその, にはそんな, にはなにか, にはびつくり, にはまだ, にはよく, にはオランダ人, には一, には三田聖坂, には下谷, には世相, には他, には併せ, には俗, には勘定方, には化物稲荷, には十二月十三日, には唯一回, には地震以外, には境内二万坪, には大鷲, には天一坊, には女天一坊, には定まった, には実験科学, には富豪, には専ら, には小説作者, には居候, には左門町, には帰らない, には建具屋, には御, には怪談, には房川, には支那, には文字, には新屋敷, には日本橋, には更に, には桟敷三十五匁, には正, には死したる, には池袋, には決して, には淡島願人, には湯屋, には満都, には漁師, には狐使い, には町なか, には立派, には筋違橋, には素人, には絵馬, には緑町, には老, には能登相撲, には自宅, には芝, には観世物, には賣, には近く, には金魚飼育, には隆盛, には随分, には馬鹿, にもじ, にもそれ, にもたびたび, にもズウフル, にも五百石, にも唱えられ, にも沢山, に与力同心等, に二度, に仕掛け山伏, に入, に入る, に勃興, に在っ, に埋めたてた, に多く, に夜鷹, に妖怪, に屡々, に川越, に当時, に急, に数学, に於い, に於ける隠れた, に日本, に書かれた, に最も, に栄えた, に浮世絵版画, に源七, に溯っ, に現われた, に生れる, に町人, に発見, に紅葉, に至る, に興った, に興つた, に芝居, に行われた, に計画的, に認められた, に諸国, に農民, に這入っ, に遠方, に遡っ, に遡つ, に金座, に門松, に鶴, の, のあの, のしんがり, のそれ, のむかし, のよし, のエロ本, の一種, の下流, の世相, の世襲制度, の中頃, の事, の五節供, の人気, の作為, の例, の信州, の俳人, の俳人与謝蕪村, の俳人蕪村, の全体, の再建, の初めころ, の制度, の勧善懲悪作家, の吉原, の名, の名人, の名残, の名残り, の名著, の哲学, の嘉永四年正月, の国学者, の地図, の地方人, の城郭, の夜, の大名屋敷, の大火, の大衆浴場, の天保三年, の天明年間, の女, の実際, の寄席, の小説, の山の手, の岡ッ引, の川柳, の川留, の川開き, の市井, の平民芸術, の彼, の御, の御府内, の御用, の徳川将軍家, の徳川政治, の応用美術品, の怪異談, の怪談, の怪談劇, の情緒, の或, の戲作者, の手習指南所, の探偵ものがたり, の数, の文人, の文化史, の文化情操, の文学美術その他, の文政三年, の文献, の料理, の料理書, の新しい, の新道五番町, の日本人, の日本文化, の昔, の木版, の末, の末期, の本, の松茸, の柳橋, の栄誉, の検視, の構造, の権勢, の歌, の残物, の民衆, の気風, の水茶屋, の永代橋, の法, の泰平, の洒落, の流行もの, の浅草, の浮世絵, の海外關係史, の渋味, の滑稽文学, の滑稽本, の演劇文学音楽舞踊演芸, の演劇浄瑠璃凡て頽廃, の漢学者, の漢方医学, の煙管, の煤掃き, の犯罪史, の狂言, の珍本, の町人文学, の画史画論, の画家評論家, の画工, の番町, の社会的秩序, の神田上水, の神社仏閣, の神道者, の私娼, の稗史小説, の第, の素足, の絵, の絵画, の繁昌, の老人, の耶蘇教禁制, の船宿, の芝居小屋, の若い, の草紙, の藝術, の蛙, の裏表, の見世物, の観世物, の記録, の評定所, の詩文, の話, の読本, の読物作家, の謂わ, の買妓, の通人, の通俗小説, の通俗小説類, の通俗的読物, の遊民達, の遺構, の遺物, の遺風, の都會, の鈴ヶ森, の鉄火思想, の閑人, の隠し蔵, の隠密, の雰囲気, の面影, の飾人形, の高輪, の黄表紙, はおろか明治時代, はことに, はすべて押上村, はそう, はまた, はもちろん, はファルス, は今, は仏教藝術, は全く, は前, は周知, は火事, は馬鹿馬鹿しい, への回顧, または明治初年, まであつ, までは興行日数, までも多く, までも掃除, までも相当, も中頃, も鎌倉時代, よりの小説類, よりはずっと, よりも遥, を描く, を舞台, を通して度々, を通じ, 殊に文化文政以後, 第一流

▼ 江戸~ (505, 3.6%)

15 離れて 14 立って 10 出て 6 あとに, たって, 恐怖の, 発した 5 出てから, 出るとき, 出発し, 出発した, 立つ時 4 中心と, 去って, 去つた, 発した日, 発して, 立つて, 食いつめて 3 さして, 中心に, 出発する, 去つて, 指して, 発する時, 発って, 脱走し, 距る

2 [35件] お開きに, さす故郷, めざして, 中心として, 主に, 出たの, 出る時, 出發, 十里離れ, 去る前, 去る時, 喰詰め, 引き払って, 焼きけり, 発したの, 発する前, 発足し, 発足した, 発足する, 立ちの, 立ち出でて, 立った, 立った時, 立つこと, 立つとき, 荒し始めてから, 見うる日, 見せて, 見た目で, 見て, 追われたと, 離れようと, 離れると, 離れるの, 騒がせて

1 [292件] あけますがね, あける, あけると, あばれ廻る浪士ども, あらした鼠小僧, うろつくもの, おたち, おとせ, おわれた波越八弥, お立ちに, かきまわして, さしての, さして出発, さして攻めのぼっ, さして街道, さしまして, さす古郷, しくじってな, ずらかって, ずらかつたの, ずらかりたかったが, ずらかること, ずらかる日, たったので, たつこと, たつころ, たつ時, でて, どうする, なつかしむ心, にぎわそうとして, はじめその後諸方で, はじめ相模駿河伊豆に, はじめ諸国に, はなれますと, ひと回りしろ, まっぷたつに, まわって, みせよう, よく見れ, ギューギューいわし, 一刷けに, 一歩一歩と, 一足踏み出す, 七月二十日に, 中心としての, 中心としては, 二つに, 仇と, 代表し, 偲び逢うに, 全く蹈, 兵燹から, 出かけた, 出がけ, 出しが, 出たので, 出たはず, 出た日, 出た時, 出でしが, 出でたと, 出でて, 出ながら, 出はずれた蒲生泰軒, 出はずれて, 出はずれました, 出りゃあ, 出帆した, 前に, 動いた知らせ, 包む藪, 十里離れた, 去ったの, 去った新九郎, 去った時, 去つたの, 去つた時, 去つて天草, 去らなかった, 去りたいと, 去り京都西山, 去り帰途神辺, 去り西, 去り近頃, 去ること, 去るに, 去るにあたって, 去るの, 去る時墓木拱, 去る積り, 名打て, 含んだ広い, 呪う隅田川, 呪って, 喰いつめた旗本, 喰い詰め, 喰い詰めて, 喰詰め甲州あたりへ, 回って, 回るだけでも, 回顧し, 基に, 売ったッ, 売って, 売つた時, 売りついに, 売りに, 売りまする, 売り少し, 売るほう, 外に, 夜前に, 夢みて, 奔つた, 奪われたという, 守り十三歳, 安全ならしめよう, 居城としてからは, 屋敷の, 平和の, 引き上げたの, 引き上げた弘前藩, 引き上げて, 引き上げる定府, 引き払わないもの, 引き揚げようと, 彩った血みどろ, 往復する, 後に, 御売んなす, 志して, 懐かしがる, 打立った, 抜け出して, 拔けられず, 持ち廻って, 捨てたの, 探すこと, 救う上, 救おうと, 斜かいに, 新しい東京, 明けたわけ, 明けられぬわけ, 明けるでな, 明けると, 暗く蔽った, 書くよう, 東京の, 棄て宗教, 構われただけ, 横行す, 歩くやう, 歩行通りの, 殺して, 毎日見, 水浸しに, 焼き払うほどの, 焼き立てて, 焼くといった, 畏れつ, 発した医官数人中, 発し七月六日, 発し二十六日, 発し十二月十八日, 発し始めて, 発し東海道, 発し閏五月八日, 発し霞亭, 発し驀地, 発するとき, 発するに, 発する群, 発せしめたとの, 発せぬ前, 発った, 発ったが, 発ったの, 発つから, 発つ時, 発足いたし, 発足するまえ, 發つ, 眼の, 知らない, 空けたかつたの, 立たせた孤, 立ち見え隠れ, 立ち退くについても, 立ったの, 立った日, 立った時二十八歳, 立った頃, 立ってから, 立つた, 立つたの, 立つたもの, 立つという, 立つに, 立つべき予定, 立つまでには, 立つ二人, 立つ前, 立つ頃, 立退き越後, 立退くこと, 立退こうと, 終るまで, 縦に, 背負って, 背負つて来た, 脱した晩, 船出した, 荒した大, 荒した天滿, 荒して, 荒し始めたの, 荒し廻った強賊, 荒し廻って, 荒し廻つた十二支組, 荒し廻つた強賊, 荒らし出した怪盗, 荒らし廻った十二支組, 落ちた徳川, 衝くという, 襲撃する, 西に, 見せたい気, 見せられた, 見せるぞ, 見たいと, 見たがって, 見たこと, 見た人, 見ない人, 見ると, 見切って, 見捨てるの意味, 見物しまし, 見物する, 見直したわい, 見限らせては, 見限りは, 計るもの, 記念すべき, 訪れること, 諦めて, 賑わして, 賣つた雪駄直し, 踏みだした後, 追われたこと, 追われてから, 追想せね, 追放され, 追放される, 追放せられ, 退散する, 逃げのびて, 逃げられては, 逃げ出して, 逃げ出すか, 逐はれ, 逐電し, 進発し, 過ぎて, 遠退い, 避難する, 開くも, 開く以前, 除いては, 離れた, 離れたと, 離れたの, 離れたよう, 離れた後, 離れてるよう, 離れぬ凧, 離れます日, 離れよう江戸, 離れられぬの, 離れる, 離れること, 離れるん, 離れる男ッ, 風靡し, 風靡する, 食い詰めて, 飾って, 騒がしたおさめ殺し, 騒がすこと, 騒がす総て

▼ 江戸~ (493, 3.5%)

20 の評判 11 の人, の人気 10 に響いた 9 の人間, の大 8 の女, の御用聞 7 の人氣, の岡, を騷 4 で知らない, で評判, の噂, を荒し廻る

3 [12件] にもあんな, に擴, のニユース, の人々, の大きな, の岡っ引き, の御用, の良い, の騒ぎ, を歩い, を荒した, を驅

2 [38件] が一目, が灰, で一番, にたくさん, にも二人, に二人, に拡がった, に散っ, に散らばっ, に毎日, に火, に火事, に聞えた, の人氣者, の何万, の取沙汰, の好事家, の娘, の娘達, の小間物屋, の惡者, の掏摸, の文身自慢, の新造, の櫻, の生, の美女, の船宿茶店その他盛り場, の醫者, の錺屋, の難儀, の騷ぎ, へ火, を探し, を搜, を焼き払う, を疾風, を荒らし廻る

1 [258件] えらい評判, から不思議, から斯ん, から新聞種, から美しい, から群, から船大工, から見え, がほとんどどう, がわあ, がわあっと, が手, が火, が竦みあがった, での人気, でも売る, でも滅多, でも評判, でも頻りに, で一, で二万八千人, で仇討, で仙台人, で名, で怖い, で沢山, で竹藪, で自分, にありません, にこれ, にさらした, にそんな, にたった, にない, には三万人, には五万, には何千, には左きき, には東西南北, には隨分綺麗, にひろがった, にまかれた, にもあるまい, にもたんと, にもない, にも三人, にも何人, にも知られた, にも知れ渡っ, にも銭形, にゃ何万人, にやましい, にバラ, に一人, に一体幾つ, に三ツ鱗, に三十何軒, に二十五箇所, に人気, に仇討, に伝わりまし, に何かと, に何処, に何十箇所, に何百何千人, に出没, に和泉屋, に多, に女, に孤立無援, に幾つ, に幾人, に広まっ, に強盗, に御用聞, に悪い, に惡者, に拡, に拡がっ, に拡がる, に擴め, に散, に有名, に横行, に流行った, に流行り始めた, に熊, に猖獗, に知られた, に知れ渡っ, に知れ渡りました, に筆屋, に網, に聞え, に良き, に蠣殻, に襲いかかっ, に触れさせた, に諜報, に貰, に響い, に響き, に騒ぎ, のあらゆる, のいかなる, のいや, のお, の不安, の不浄役人, の中間ども, の事件, の人たち, の人たち皆, の人びと, の人気者, の信徒, の八重桜, の剣術使い, の古道具屋, の名, の商人仲間, の商店, の困る, の地下, の大人氣, の大騒ぎ, の奴, の寺, の尼寺, の屋敷, の岡ツ引, の心胆, の恐怖, の悪い, の惡, の惡黨, の憎しみの, の手先, の手先御用聞, の曉, の流行神, の浪人者, の物笑ひだ, の猿曳, の瓦, の町, の町人共, の番所, の皆, の盛り場, の目あかし, の目明し, の砂, の研屋, の社, の神社仏閣, の笑, の粋, の者, の職人衆, の舟, の良家, の色町, の若い, の見世物, の觀音, の評判娘, の評判男, の評判者, の転び切支丹, の轉び切支丹, の道具屋, の道場, の金持, の閑人, の雪駄直し, の非人, の面白い, の顏, の顔役, の騷ぎになつて, の騷ぎにならずには濟むまい, の鬘屋, の鮨屋, の黄金, はしばらく, はみんな眼, は大騒ぎ, は引っ, は愚か, は構わねえ, は無, は避難, へその, へドツ, へ先触れ, へ廣, へ建てた, へ拡がった, へ洩れ, へ触れ歩かせい, へ觸, へ響け, を, をあっ, をぐんぐん, をぶらつく, をほ, をほっつい, を一廻り, を二三遍, を人, を八ヶ所, を壓, を廻っ, を廻り, を廻り出した, を引きまわし, を引廻, を彷徨, を手分け, を捜さなきゃなるまい, を捜し廻る, を探し廻り, を探し歩かなけれ, を暴れ, を櫛, を歩きまわっ, を歩ける, を気違い, を濡れた, を濶歩, を盲探り, を脅かし, を荒し, を荒し廻っ, を荒らし, を荒らしだし, を荒らしまわった, を血潮, を野良犬, を隈, を顫, を騒がし, を騒がせ, を騒がせた, を騒がせる, を驚かし, 大騒ぎの, 尋ねたって, 捜したって, 探したつて二人, 探して, 探しても, 残らずの, 残るところ, 煮えくり返るよう, 知れ渡って

▼ 江戸~ (398, 2.9%)

10 有名な 7 名代の 5 人を 4 白米が 3 ございます, 一番と, 名の, 指折の, 稼いで, 穴つるし, 高名な

2 [18件] いけなければ, 一と, 一二と, 一二の, 仕事を, 修業し, 勤めて, 名うての, 噂の, 大評判, 女の, 悪い事, 有名の, 生れたん, 生れた者, 生れて, 白河樂翁侯が, 金を

1 [315件] ああいう, あっただけに, あったに, あって, あなたと, あばれさせて, ありましょうか, あるから, あると, あるという, ある人間, いくらか知られた, いちばんりっぱな, いふ, おふくろが, お亡くなり, お前さんの, お千絵様, お召抱えに, お國侍, お死, お眼, お鳥, お鳥さん, くらしたから, このよう, この世に, この取調べ, この殺, こんな大, ございますいや, ござりまし, ござります, ござりやせう, さがし出したいと, しこんで, その時分, その本城, たいへんな, たった一軒, たびたび会うた, できたらしい, できた水薩密, どんな商売, どんな羽振り, ないこと, ない事, なくなって, なし, のらくらし, はじめての, よく見る, よんだこと, 一万一千五百石だって, 一両に, 一二という, 一二といはる, 一二を, 一座に, 一流の, 一生懸命働い, 一番下等な賣, 一番強かな, 一番日本中の, 一稼ぎと, 一緒に, 三井鹿島尾張屋白木大丸といった, 三尺の, 並べて, 乞食する, 事を, 二手に, 二月八日御, 云えば, 五本の, 五番とは, 亡くなった方, 亡くなって, 京金襴ばかりを, 人前で, 人參牛蒡の, 今高名, 伊豆伍と, 会った者, 会って, 会わあ, 何か, 何番と, 何番といふ, 作られた, 働くの, 元二, 入用の, 全盛振りを, 六角トウと, 出した国書, 出来た位, 出版し, 初幟, 別れたきり, 別扱い, 利三郎が, 勘定奉行に, 勧進能の, 勧進能を, 医者を, 十何年も, 十本の, 十組にも, 半歳苦勞いたしました, 半鐘騒ぎは, 印刷された, 原主, 古道具屋を, 同じ季吟門下, 同時に事, 名だたる花街, 名題の, 名高いいつ, 名高い大, 名高い女煙術師, 名高い山東庵京伝, 名高い市川海老蔵さん, 名高い観世宗家, 名高い錦絵, 名高うございます, 名高え, 呑み分けの, 和泉屋を, 和算固有の, 唄われて, 唐櫛屋を, 商人の, 喧嘩を, 噂が, 四谷正宗と, 図らずも, 売った岩井, 売りさばくため, 売り出しの, 売り広めようと, 多紀安琢の, 夜, 夜鷹と, 大きな間口, 大変な, 天文方の, 失った大切, 奇獄を, 奉公する, 奉公を, 女師匠俺は, 女笛師を, 姿を, 学んだもの, 完成した, 家元とか, 家光め地団太踏ん, 将軍家茂の, 尋ね人を, 小幡の, 小野川が, 少しは, 屋敷奉公し, 岡ッ引を, 岩沼, 島田虎之助という, 巨匠と, 布教の, 幼少の, 引いても, 役向を, 彼奴を, 徒を, 御亭主, 御家人の, 御用聞が, 御評判, 徳川家光が, 恩に, 悪いこと, 懇意に, 成り立ったもの, 折り紙つきの, 持つた女, 指折りの, 掘出し物は, 政治な, 数学を, 暫く浪人生活, 暮し東京, 暮らす, 書いて, 最も多く, 最高価格が, 有名は, 有数な, 本邸の, 柏軒が, 柳橋に, 栄えたもの, 標札が, 歓迎された, 正月を, 歩兵を, 死んだそう, 死んだの, 殺されたの, 泊る先, 津軽越中守信政に, 流行つた洗ひ, 流行の, 流行る薩摩ッ, 流行を, 浪人が, 浪人者が, 海保竹逕の, 清元などを, 炭が, 無ければ, 父の, 片目の, 物産問屋としては, 犯人の, 生まれて, 生まれ江戸, 生れず長崎, 生れたので, 生れた東北系, 生れは, 生れました, 生れ江戸, 生不動, 産声を, 甲賀を, 男なら, 男谷下総守筑後柳川の, 留守居にな, 発達した, 発達しました, 白河楽翁侯が, 白翁堂に, 盛り場神社仏閣の, 目明の, 磯五と, 禄や, 第一, 第一番, 細々と, 終ったお里, 考へた下女, 聞くより, 聴えた, 育ち自分, 育った人たち, 育った吉次, 育って, 腕を, 膾斬り, 臨時に, 自殺された, 舞台を, 良いところ, 良医の, 芝居する, 芝居という, 花を, 花車という, 茂庭周防が, 落ち合える段, 落ち合って, 落合つて懇意に, 葬儀に, 薩長の, 蘭軒の, 蝿取, 行なわれて, 行われた赤穂義士, 行われて, 行方不明, 西村を, 見かけない自来, 見たがな, 見つかったん, 見慣れて, 見知りの, 見聞した, 見覚えの, 討つ, 評判の, 調印された, 請負を, 貧窮組が, 貴公と, 軍が, 近藤弥之助やなんぞについて, 通用金の, 逢ったる長兵衛殿, 鍛えたあんさん, 鐵砲を, 関の, 阮甫の, 随分見, 雇つた四十女で, 需めた, 青木文藏, 顔の, 願人坊主にな, 飜刻に, 食べるといふ, 騒いで, 鳴らしたお, 鳴らしたこの, 鳴らしたという, 鳴らしたの

▼ 江戸から~ (371, 2.7%)

10 足を 8 来て 5 東京へ 4 出て, 持って, 連れて 3 ここまで, 京都へ, 姿を, 帰って, 流れて

2 [15件] お国, 乗り込んで, 二里で, 出役, 宮大工を, 来たの, 東京への, 此の, 甲州へ, 突然に, 西の, 送り出す, 送り出す手筈, 遊びに, 長崎へ

1 [291件] いえば, おいで, おこしの, おびき出すため, お下り, お出でなすった, お前さんを, お前を, お客が, お客様が, お手紙, お綱, お角さん, お鳥, かけつけて, ここへ, このたび, この大和路, これへ, こんなところ, ご入城, さるお, すぐ又, その殿様, だよ, つけ覘い, でも, はる, ほんの一足, やって来た筒井屋助左衛門, ろくな猫, わざわざやって来た, わざわざ下向, わざわざ見物, わざわざ釣り, わずか七里, ソラ中根何とかいう, チラチラと, テクテク歩き, ワザワザ追, 一夜泊まりで, 一度帰っ, 一歩も, 七八里ある, 七里さのみ, 三日かかりました, 三浦乾也が, 上って, 上つた竹中陸軍奉行の, 上京した, 上庄の, 上方への, 上方筋へ, 上洛する, 下ること, 下る御, 中仙道へ, 中仙道を, 中村まで, 丹沢山まで, 九十里で, 九州までの, 九里あまりほど, 二人連れの, 二十三里の, 二本松へ, 五十五里あまりだ, 五里七里と, 五里七里は, 京へと, 京までは, 京大阪を, 人を, 伊那の, 伴れ, 何里江戸へ, 來た, 供を, 修業に, 入部し, 八十三里の, 出さないやう, 出たという, 出向いたもの, 出張し, 切支丹教徒を, 切支丹邪教徒を, 利安が, 到着し, 到着した, 加わって, 動いた幕府方, 勾引された, 北に, 北の方に, 北は, 十六里, 参られたばかり, 参りました者, 参るの, 参上いたした, 取りよせて, 名古屋へ, 呼ぶくらい, 四五十里も, 四十里余り三晩も, 回向に, 国へ, 報じて, 墓参に, 外の, 大作を, 大和まで, 大坂へ, 大歌舞伎, 大石に, 大阪に, 大阪迄は, 奥州へ, 姿が, 宇乃と, 宿元なる, 富士を, 小倉へ, 小金井へ, 少しく路程, 尾張へ, 届いた手紙, 届いた震災, 川崎の, 師匠づれで, 帰ったの, 帰った後, 帰った時, 帰った翌年, 帰りその, 帰ると, 帰る時, 帰れますぜ, 広島へ, 廻り道し, 引きあげて, 引っ返して, 当山内, 後を, 徙った, 御分銅改め, 御同行, 御密談, 御用で, 御用の, 御用聞き, 応援した, 忠之は, 忽然と姿, 急いで, 急に, 房州神奈川まで, 手足の, 持ち出させねえやう, 持帰った, 探して, 探すべきだ, 携えて, 新らしく, 日光への, 早乗できた, 早飛脚で, 早馬が, 早馬で, 明治にかけて, 書状が, 木曾路を, 本国へ, 来た, 来たお, 来たには, 来たエライ先生, 来た三人, 来た大工, 来た小, 来た岡部, 来た手紙, 来た物好き, 来た珍客, 来た者, 来た良人, 来なすったの, 来なすったらしいが, 来ました, 来るこの, 来るにゃ, 来る程, 来る途中, 来る雑貨類, 東北へ, 横浜へ, 横須賀の, 横須賀へ, 横須賀まで, 横須賀在へ, 横須賀辺までも, 歸つても, 歸國後直ちに, 毎年の, 水戸へ, 泊りを, 流れ出して, 流入し, 流行り出して, 消えたと, 滞留の, 焼け出されて, 熊谷まで, 用意の, 田舎へ, 甲州裏街道つまり, 発せられた早打, 白河口の, 百十三里です, 百十三里伊賀国柳生の, 百十三里剣術大名柳生対馬守の, 百里も, 目付遠山金四郎が, 目的を, 相州三浦方面へ, 着いた東儀与力, 知らせて, 神奈川迄, 神樂の, 神田末廣町の, 福山へ, 稼ぎに, 笹子峠の, 筑波へは, 箱根までの, 続いて, 船の, 薩摩屋敷強盗団の, 藤沢まで, 藩主の, 藩地へ, 藩地まで, 行けば, 行った者, 行徳へ, 表立ったお, 西国の, 見えなくなったの, 見えなくなったので, 見えぬ所, 見得る山, 見物に, 解放され, 誰か, 諸国大小名の, 赤紙付やら, 越後へ, 踏んで, 身を, 迎いが, 迎いに, 近世へ, 追っかけて, 追っ払われて, 追放といふ, 送って, 逃げ戻つて, 通しかご, 通しで, 連れ出すもの, 運搬し, 道庵先生が, 遠いところ, 遠くここ, 遠くへ, 遠出の, 遠州灘を, 遥々と, 還つて後, 長崎長い, 長政を, 附いて, 隠密を, 飛んで, 馬で, 馳せ帰り一夜, 駆けつけて, 高名な, 高飛びし, 鹿児島へ

▼ 江戸~ (312, 2.2%)

7 へ出 6 の方, へ立 5 へお 4 にいる, に於, へ下向, へ帰っ, へ来 3 から, にいた, へ

2 [20件] からお越し, から姿, にある, に出, のお, の上屋敷, の様子, の者, の芝, へご, へまいっ, へやった, へ出府, へ出立, へ参り, へ參, へ来た, へ着いた, へ行く, へ護送

1 [219件] からこの, からの便り, からの御用駕籠, からの知己, からの飛脚便り, から一通, から乗込んだ, から出発, から参った, から参りました, から取調べ, から大坂, から害虫, から小, から帰国, から来た, から櫛, から水見舞, から洩れ, から着任, から立つ, から足, から追放, から阿波, こそこれから, だ, だけの天変地異, である, でうすうす, ではよく, では長沢町, では隠れ, でも将軍家, で探った, で武蔵様, で落合う, で軍議その他, で騒がれ, という所, とは限らない, とを往復, などへおいで, ならどう, にあった, にうれしい, においで, における一謀員, におらるる, におりました, にこう, にご, にござっ, にて事, にて將軍, になっ, にはいちど, にはいない, には別に, にまで出, にもう一度, にも一つ, にも心, に一軒, に参られ, に参りませず, に参ろう, に在府中, に居ります, に居る, に携え, に昨日今日, に残し, に残し置いた, に残った, に潜伏, に着いた, に置きまし, に連れ, に遊び, に門戸, のこと, の但馬守宗矩, の南, の同心, の大弐, の天井知らず, の定府組, の小野治郎右衛門忠明, の尾州家, の御, の桜田門, の沢庵, の秀忠様, の秩序人心, の評定所, はこと, は七分通り, は公儀, は山県大弐, は覆り, は鬼門, へおいで, へお伴, へお召連れ下さん, へお立ち, へお越し, へこころざし, へこられた, へござった, へさし, へついた, へつき, へでも乗り出そう, へでも落ちよう, へでも高飛び, へという惣次郎, へと心, へなどおいで, へなど移る, への御, への早馬, へはいった, へはいり込ん, へはそち, へは出, へは参れぬ, へは早飛脚, へは護送, へまいり, へまいりました, へまいる, へやつ, へ下る, へ下ろう, へ何, へ來, へ入った, へ入り, へ具申, へ出た, へ出たい, へ出る, へ出府中, へ出張, へ北, へ参, へ参られました, へ参ります, へ参勤, へ召され, へ同道, へ向っ, へ向った, へ呼びだし, へ寄らず, へ届け, へ届ける, へ差し, へ差し立て, へ差立て, へ帰った, へ帰らなけれ, へ帰らぬ, へ帰ります, へ帰り着く, へ引かれ, へ引っ返し, へ引っ返せ, へ御, へ急, へ急ぎます, へ急報, へ指し, へ早飛脚, へ来る, へ発足, へ着い, へ着きました, へ着く, へ移っ, へ立ち, へ立ち帰った, へ立ち廻った, へ立っ, へ立帰り, へ行け, へ行こう, へ訴, へ辿り着いた, へ送られました, へ送りたい, へ送り届ける, へ送金, へ通じるであろう, へ通らない, へ道場, まであの, までいかほど, までつけ, までは長い, まで一緒, まで共に, まで出, まで参りまする, まで帰らなけれ, まで廻漕, まで行きなすった, もずい分, も鬼門, や浦賀辺, より姿, より御, より野村喜八郎様, より長崎, をさして, を差し, を落ち, を高飛び, 御老中

▼ 江戸っ子~ (284, 2.0%)

73 だから, である, にも似合わねえ, のお, の中, は気

2 [14件] が何で, じゃねえ, であった, であると, でげす, ならば, なん, のことば, のこの, の名折れ, の胆, は軽薄, ぶって, をもっ

1 [231件] いうな, かと名, かどう, から憎がられ, か道理, が, がある, がかんべん, がきい, がそう, がそろっ, がって, がもつ, がる奴, がわかる, がヒ, が一人, が初, が多く, が大, が奴, が心中, が松魚, が柳島, が泉岳寺, が生れ, が籍, が見たら, じゃない, たる吉野君, だいや, だえらい, だからね, だし, だそれ, だぞ, だったこと, だったらあっし, だったわ, だってこと, だと, だという, だな, だねえ, だよ, だろう, だろういかに, であったから, であまつさえ, でありながら, であり旧, であるお, であるが, である幸田露伴, である漱石, であろう, でえ, でおいで, でお父さん, でござると, でござんしょうかねとはなにごとだ, でござんしょうね, でしたから, でしたが, です, ですから, ですが, ですと, ですよ, でなかったらど, でなくっちゃあ, でなくては, でね, ではあるまい, でまだ, でもどれほど, でも少し, でも幅, でポンポン, で多勢, で大柄, で威勢, で扮装, で押し, で料理茶屋, で江戸っ子, で派手, で深川, で華奢, で都会人, で金, で雑用, というの, としての恥, として旦那, と分る, と木更津っ子, と椋鳥, などもう, ならお, ならおりゃ日本子, ならきっと, ならだれ, ならべっぴん, なら判りまさあ, なら江戸, なら江戸っ子, なら芸ごと, なら贅六, なんで, にあんな, にならない, になる, には書ける, にゃ気に入らねえ, に相違, に言わせりゃ, に近い, に限りぁしない, のあっし, のいったん, のおやっ, のちゃきちゃき, のつね, のつら, のべらんめえ口調, のぺらぺら, のもぐりみたい, のよう, の下落, の人気, の仕業, の代表, の作者, の兄, の児童, の全部, の典型, の名, の呑気さ, の唐竹気性, の女, の家庭, の居候共, の庶民階級, の悪い, の手前勘次, の敗残者, の方, の浅草住居, の物好き, の生まれ, の癖, の皮, の皮肉屋, の端くれ, の粋, の糸屋, の総, の群れ, の群集, の義務, の職人, の肴屋, の肴屋さん, の肴屋気質, の芸人, の負け惜しみ, の軽, の通有性, の運命, の関心, の関東武士の, の面, の面汚し, の顔, の食いもの, の魚屋, はあきらめ, はおもしろい, はこうした, はさんざん, はもち屋, は五月, は他国, は何, は同じ, は喝采, は強き, は意気地, は次第に, は江戸っ子, は江戸っ子同志, は決して, は濁音, は無愛嬌, は狂喜, は相手, は諸事あっさり, は贅沢, ばかりの罪, もあった, もこれ, も下落, も型, も存外, も日蔭, も駄目, や, よ, よ飜筋斗, らしいせめて, らしいところ, らしいやせ我慢, らしい嫌味, らしい巻舌, らしい愛くるし, らしい気前, らしい派手さ, らしい老人, らしい聡明, らしい討死, らしい面白い, らしい顔立ち, らしくあっさり, らしく見えた, を主人公, を使った, を夢中, を絵, を見る

▼ 江戸~ (245, 1.8%)

4 どこだ 3 天下の, 広い

2 [13件] 大変だ, 大火事, 将軍家の, 広くても, 廣いな, 東京と, 江戸で, 火事だ, 物騒だ, 相変らず, 諸国の, 青葉の, 非常に

1 [209件] いいところ, いいな, いけぞんざいな, いずれ両国, いよいよ真冬, うその, えれえ, おそろしい所, おろか京にも, おろか全国的にまで, おろか日本中に, おろか日本中鉦と, おろか東海道から, おろか蝦夷長崎の, お留守, くらい, ことに水, この女, この革命, この頽廃ぶり, さすがに, さながらの, すっかり夏, すっかり青葉, そういうところ, ちと泰平, つい眼, どうだ, どうなるでしょう, どこと, どこに, どちらでござる, どっちだ, どの辺, どれほどの, どんなに閑静, どんなに面白い, なおさら羽, なかなか涼風, なかなか誘惑, のんびりし, ほとんど湧き返った, ほんの眼, まことに良い, またなき, まだ一本, まだ不案内, まったくもう秋, まったく物騒, もうこの, もう山王祭, もう眞夏, もちろん武蔵一円, もとより日本中, もはや安政年度, もはや終わり, よいとこ, セチ辛く, ドチラまで, 一旦中心, 一番いい, 三人の, 三百里と, 上様の, 上野に, 下谷で, 不案内であろう, 両国の, 久しぶりだ, 人間が, 人間の, 今から, 今享保何年かの, 今年気候不順に, 今諸国から, 伝馬町の, 何でも, 何の, 何処だ, 何処だい, 八百万石の, 八百八町, 冬以来暖で, 分りませんや, 初で, 初めて来, 創業の, 勇健の, 半丁あるく, 口が, 君, 品川八ツ山下の, 四方から, 塵と, 夜そば売りで, 大丈夫でござん, 大地震後一年目, 大雨で, 大雨八丁堀で, 大騒ぎだ, 太平無事で, 太田道灌の, 奥州の, 妻恋坂に, 実にその, 家光の, 将軍お, 将軍家おわす, 将軍家が, 年々歳々の, 広いから, 広いが, 広いぜ, 広いね, 広いや, 広いよう, 広いん, 広うごぜ, 底知れず, 廣いし物好きな, 廣いでせう, 廣いと, 廣いや, 徳川氏三百年の, 心配する, 思うたより, 恐ろしい, 恐ろしい所, 恐ろしゅうございます, 悪魔の, 懐かしゅうございましょう, 扨置き, 斉興公贔屓が, 新宿へ, 日本一したがって, 日本一御, 日本橋宿初め五十三次も, 晴れろ, 曲りくねって, 本丸西丸の, 本所です, 本所の, 本郷妻恋坂に, 松に, 根津権現の, 桃も, 此時限りでなく, 残らず焼けて, 気が, 江の, 江戸だ, 江戸です, 江戸と, 流石に, 浅草花川戸じゃ, 浮世の, 深い霧, 混浴禁止に, 湧き立った, 湧き立って, 滅っ, 火事つづき, 火事早い, 火事續き, 火早い, 灰燼その, 物価の, 物見高いと, 犬の, 狭いと, 狹いと, 生き馬の, 生馬の, 申すに, 申す迄も, 町家は, 目の, 真っ暗だった, 穢土なり, 紅霞に, 紫京は, 繁昌と, 美しい人達, 美食を, 芝でございます, 芝の, 花盛りで, 華の, 落ちるが, 行き詰まり一切, 見られんという, 見度いし, 言う迄も, 誘惑が, 近ごろ物騒だ, 近しと, 道庵が, 違う上方, 遠いなし, 醒めない, 釜の, 開府創市の, 降らねえが, 離れまい, 雪が, 騒々しいです, 驕者, 麻布の, 鼻の

▼ 江戸ッ児~ (180, 1.3%)

4 のお 3 の気分, の趣味, はその, はそんな 2 だよ, にはこの, にはただ, のシンボル, の教育, の気勢い, はかくして, は女, は常に

1 [146件] があの, がって, が思いがけなく, が自慢, が見る, が馬鹿, が黄金色, が黙っ, じゃ, だ, だからな, だが, だと, だ一旦, であろうとも, ですから, でも江戸城本丸明け渡し, で実家, で御, で身長, として大, ならこんなに, ならずとも, ならぬは, にし, にとってこの, にとっては事, になっ, にはあり, にはいい, にはこうした, にはそ, にはその, にはそんな, にはどうして, にはなお, には一人, には二十日正月, には何ぼう, には又, には如何, には如此好漢今, には宵越し, には憚, には承知, には旦, には本意, には癪, には興, には花, には酷い, にもこんな, にも風雅心, にゃ気に入らねえ, によって繰返さるる, に何, に定斎, に持っ, に相応しい, に至っ, に調法, のあっし, のうれしい, のちゃきちゃき, のよ, のキチャキチャ, のザックバラン, の一人, の中, の元気, の先達, の口, の名折れ, の向上心, の売り, の天才, の好く, の好奇心, の嫌がる, の子孫, の弱点, の心, の心自らジッ, の性根, の愛自然心, の憧憬, の文明, の最も, の末路, の本性, の気勢, の気性, の気晴らし旅, の気風, の汐, の沽券, の特色, の独占, の生存競争, の産湯, の癖, の真先, の端くれ, の粋, の素袷着たる, の若井氏, の薬剤師, の見る, の見本, の象徴, の身上, の遊楽, の阿呆, の雅懐, の面汚し, の魂, の黒門町, はこんな, はまた, はわれら近代, はザックバラン, は上戸, は五人, は何, は嘘, は定斎, は少々, は昔, は正直, は男, は祖先, は終始, は美化, は芝居気, みたよう, ももう, も江戸ッ児, も滝あみ, も舌, よなり, らしい気前, らしい贅, らしく, をその, を差置い, を真似

▼ 江戸には~ (126, 0.9%)

5 親類も 2 いられない, 縁が, 遠縁の

1 [115件] いたたまれないので, いって, いないと, いないという, いないはず, いないやつ, いられぬ, いること僅か数日, いるに, いろいろの, えらい話, おいでに, おなじ年頃, おばさん山は, おらぬ, かつてこの, こうした無頼武士, こう言った, この流名, これぞという, これは, こん度が, ござらぬか, ずいぶんイヤ, そんな侍, そんな取締規則, たよって, ちょいちょい火事, ない, ない筈, まだなかっ, まだ方々, まだ桜, もう珍, 中条って, 今の, 今彼の, 住みすてた邸, 何百万と, 何百人も, 俺と, 先に, 其角という, 凄まじい暴風雨, 切支丹宗徒が, 別に便る, 別に知己, 勝蔵の, 叔母に, 口ほども, 可なりの, 名を, 和算が, 地震の, 墓は, 士工商の, 夜な夜な不可解, 大した女泥棒, 大小を, 大火が, 孫店も, 少なくなかつた, 居ませんよ, 川や, 巾着切りという, 恐るべき虎列剌病, 戻って, 抱き付, 新築の, 昔使屋と, 曾て, 未亡人敬の, 格別の, 歸らない, 殆ど知り, 残して, 汗牛充棟も, 江戸風という, 河豚太鼓が, 滅多に, 漱石と, 火事が, 無きこと, 珍しい粉雪, 生れたくないもん, 知合が, 知己が, 碌々に, 竹藪の, 篤胤大人の, 置かずみんな尾張, 美い, 美しいお方, 美しい娘さん, 聞かなかった, 苦手な, 英語を, 血生臭い, 見かけぬ珍しい, 見ること, 親類が, 親類といふ, 親類縁者も, 諸国の, 身寄りも, 近いので, 近い親類, 近しい親戚, 遊び場所も, 鎌鼬は, 長子の, 限るまいと, 雨が, 非人頭, 駿河台の

▼ 江戸では~ (120, 0.9%)

2 ない, ないか, ないの, 非人の

1 [112件] お鳥, お鳥さん, かなり有名, かねて, こんなの, ございますまい, そうであった, その分業, その火事, それだけ, そんな惡者, たしかに田沼政権, だいぶ不評, とてもお, ないらしく, なかった, なさそう, またこの, またこれ, またワッショ, まだこの, まだ敵討, まだ見た, むずかしいから, もう二百年近く, もう名物, やらない, やらねえぜ, ピーピーの, 一つ家に, 一番だ, 一番粋な, 上使の, 丹頂の, 主に, 事の, 今にも軍, 今の, 今は, 住みにくから, 住めない住みたくないの, 修学上の, 兩國の, 剣で, 北条氏長の, 十一月十七日に, 名の, 品川寄と, 嘉永以來の, 多摩川の, 天和貞享の, 天正十八年徳川家康の, 太夫と, 女が, 女でも, 安政六年から, 安政六年の, 導引暮らしの, 小栗上野介が, 少しばかり, 屋台全体の, 峰の, 年中行事, 当節か, 御法度の, 慶喜公の, 斯う, 早くなくなったらしい, 昔から, 昨今です, 有名であり, 有名なる, 東風, 松緑の, 梅が, 梨本茂睡といふ, 槍突きという, 権現様以来蓄えた, 欠くこと, 此寺に, 此蔵前の, 殊にこれ, 浅草と, 浅草の, 淺草芝崎町日輪寺が, 清川八郎が, 滅多に, 無かつ, 珍しいから, 珍らしくない, 田舎侍に, 白雄蓼太の, 窮民の, 端唄が, 続々火災, 老中へ, 聞かれねえが, 職人, 薩摩系の, 蘭軒が, 見かけたこと, 見かけない品, 見られぬ異, 訛って, 評判で, 誰何処では, 越中守を, 釘勘の, 青山辺の, 非人を, 飛ぶ鳥, 鰹の

▼ 江戸一番~ (100, 0.7%)

7 の御用聞 6 のフエミニスト 5 の盛り場 4 と言, の正直者 3 と言つて, の女形, の美人, の良い, の色男 2 のおせんちゃん, の堅造, の大, の捕物, の落語家, の蓮葉娘, の醜男

1 [45件] で此方, という群集, といふ, といふ名人, といふ醫者, と言われた, と言われる, と評判, になり, になりたかつ, の, のいけ好かない, のお前, のひ, のピカ, のピカピカ, のフェミニスト, のフェミニスト八五郎, のフエミニスト八五郎, の亭主孝行, の人, の人入れ稼業, の元, の八百善, の分限, の大気, の大通, の心掛, の性悪男, の性惡娘, の情, の材木屋, の無事, の盛場, の締り屋, の縹緻佳, の腰拔, の華魁, の蒔繪師, の薄情者, の親分, の貞女, の賢い, の金棒曳, の長者

▼ 江戸まで~ (96, 0.7%)

5 連れて 4 持って, 持つて 2 三百里裸で, 下って, 送って

1 [77件] あの荷物, いつて, いらっしゃるうち, お伴が, お供を, お供致しましょう, お送りくださる, お送りします, お送り遊ばし, お連れ申せ, かけつづけるぞと, きて, ございますが, ご一緒, その詮議, ちょっと出, とどけなければ, ひょこひょこ歩い, やって来ますよ, わざわざ運ん, サ来なされ, スタスタ歩い, 一々伺い, 一昼夜で, 一緒に, 三崎丸を, 三度往復し, 乗せて, 今日中には, 付いて, 休まずに, 伸さうと, 伸させたの, 來た, 六里, 共に, 出て, 出まする途中, 出るよう, 十二日の, 参りましょう道中, 名が, 四十一里半, 宙を, 帰って, 引っ返させるの, 引ッ返した, 往来が, 従いて, 抱え込むの, 押し通すや, 持ちそう, 持ち運んだもの, 早駕籠, 来たか, 油断ならん, 申請し, 続いた劇的舞踊, 船で, 行きなさるが, 行く, 行くの, 行くのに, 行けば, 行ったという, 行って, 跟い, 辿りついた, 辿りつけそう, 辿り着いたという, 送り届けること, 逃げのびて, 通しの, 運んだん, 運んで, 遙, 降り市中

▼ 江戸市中~ (96, 0.7%)

3 の取締り, を徘徊 2 を万遍

1 [88件] から東海道, がどことなく, そりゃモウ今, だけで, でその, で唯一, で巧み, とは違う, などは物情騒然, において二万八千人, にはたくさん, にはなち, には化け物, には武芸, には沢山, にむやみ, にも広まった, にも極, にも町道場, にも知れわたった, に三人, に入り込む, に出没, に左膳, に放った, に棄児, に流言, に浪人, に置かれた, に聞こえ, に轟き渡った, に遠ざかりし, に門戸, のお, の下肥, の何処, の剣術家, の名物, の唐物屋, の唐物店, の図面, の地理, の大層, の女, の寺, の幾ヵ所, の所々, の持余, の検察, の畳屋, の祭礼, の米価, の脅威, の芝居, の見物, の評判, はこの, はまだ, は何, は動揺, は日, は早鐘, までも鳴り響きました, も慶長, や諸国, や近在, より富士, をあるき廻る, をさがしまわっ, をさまよった, を七色唐辛子, を嚇しあるく, を押し歩く, を捜し求めた, を東, を横行, を歩き廻った, を毎日遍歴, を流し, を町, を遊観, を遊觀, を鉦三味線, を風靡, を騒がす, 一般にこれ, 広しと, 至るところ

▼ 江戸~ (90, 0.6%)

21 子の 5 子で, 子は 4 兒の, 子, 子が, 子だ, 子達は 3 子である, 子に 2 児の, 兒に, 兒らしい, 子には, 子らしい, 子達の

1 [21件] 児かたぎの, 児が, 児だけは, 児で, 兒には, 兒を, 兒達は, 子ちゆうつ, 子と, 子なら, 子なる, 子なんてもの, 子にも, 子一統, 子振り, 子氣質, 子詩人ならでは, 子達が, 子達に, 子達を, 子風

▼ 江戸~ (89, 0.6%)

9 東京と 7 東京に 2 備中あたりに, 恋しくなっ, 恋しくなった, 政治の, 灰に

1 [63件] いやに, えりの, えり昌平黌, ここまで, どんなに広く, 一ばんです, 一番多くの, 不景気か, 中心だった, 中心に, 中心地として, 何だ, 何処よりも, 全勝を, 初めてだ, 危ねえ, 呆れるの, 和算の, 和算研究の, 大修羅場, 天下の, 宜いが, 将軍職を, 広いと, 恋しくて, 恋しくなり, 恋しくなる, 懐かしいので, 手を, 描けると, 攻撃される, 故郷に, 救われたかの, 数学の, 書けるの, 朝の, 武将の, 気に入らなかった, 澁い, 灰と, 特に暖, 珍しいの, 瓦解に, 甚しかった, 甦生し, 百里四方あった, 研究の, 祟って, 繁昌する, 繁昌でも, 繁盛の, 薩摩を, 衰えたとは, 見えたか, 見える, 見えるだろと, 見える浅草, 近くなる, 都會にな, 雪の, 非常に, 面白くな, 騒ぐよりも

▼ 江戸じゅう~ (82, 0.6%)

3 の人間, の評判 2 の人, の女, の将棋さし, の御用, の質屋, を引き, を毎日

1 [62件] がこの, で評判, にあ, にからだ, につたわった, にも人気, にズウフラ, に一人, に伝わる, に何軒小屋, に手, に片目, に眼, に絵馬専門, に網, に聞え, のうわさ, のくろうと将棋さし, のイヤ, の割り箸, の問屋, の噂, の大, の大福もちみんな, の女の子, の家々, の岡, の巷, の座頭, の御用聞きがみんな, の手先, の槍術指南者, の混雑, の火消し人足, の老若, の蝋燭屋, の要, の遊里岡場所, の銭湯, の陸尺, の隠し売女, の香具師, の黄蘗, はまるで, は火, は雪どけ, をあらし歩いた, をあるきまわっ, をうろつい, をさわがす, を引きまわす, を探しまわっ, を歩い, を走り, を逃げ, を駆けまわる, 乗りまわされるくれえ, 捜して, 探し歩いてるんだい, 残らずの, 残らずへ, 総ざら

▼ 江戸~ (81, 0.6%)

3 大阪と, 長崎で 2 上方との, 下田の, 京都との, 京都の, 名古屋と, 違って

1 [63件] いうよりも, いえば, いっても, いわれて, その市民, その領地, なつた, やらいう所, エゾとは, 三人, 下田では, 両方に, 両方の, 二手に, 云うと, 云うよりも, 云った昔, 云われた位, 京と, 京とでは, 京との, 京都と, 京都とを, 佐倉と, 何うし, 区別が, 同じである, 同じ生活, 呼ばれたころ, 呼び来, 呼べる鎖国, 呼んで, 国許の, 多く変らぬ, 大阪で, 大阪の, 小田原が, 小田原を, 市民は, 旗本は, 日光山同年九月には, 日本じゅうでは, 木曾との, 来たひにゃ, 東京との, 東京の, 横浜じゃあ, 気脈を, 江戸の, 江戸を, 熊谷と, 申しました頃, 称する都会, 称せしころ, 箱根は, 聞くと, 聞けば, 諸國, 距てては, 連絡の, 長崎の, 領地との, 駿府とに

▼ 江戸でも~ (69, 0.5%)

3 京都でも, 名代の, 有名な 2 一二と, 名の

1 [56件] あちこちこの, いくらか京, この日井戸, この時代, じツ, そう沢山, その噂, その科學的飛躍, そんな虫, たいがい花柳界だった, ときどきに, なし他, また大阪, まだ少かっ, やかましいだんな, ゴロつい, 一升, 一流の, 上野の, 京でも, 人様に, 人気者だ, 以前は, 何一つしでかした, 何番と, 同樣, 名代な, 名譽, 大阪でも, 天誅という, 屈指の, 左腕の, 強いあらし, 御老中, 文学勃興の, 旧いもの, 早くから意味, 春から, 火事の, 炭を, 盛んに, 相当に, 知る人, 米屋こはしが, 粋と, 草分の, 警戒厳重な, 近代の, 近来の, 通の, 金を, 針の, 音曲家や, 風呂屋と, 高名な, 鳴らして

▼ 江戸~ (59, 0.4%)

2 にあまねく, の頭脳

1 [55件] から歓迎, がよく, が恩人, が目, が見ず知らず, だけが思いつい, であり東京人, である, である男谷, とか江戸人, と上方人, と違心, などが化け物, にい, につかわれた, になりきっ, にはたしなみ, に共通, に親しみ, の, のなりたち, のなれ, のやう, の住ん, の家庭, の度量, の心, の情痴, の旅, の最後, の残物, の気質, の江戸好み, の特色, の生活, の病根, の笑, の趣味, の軽い, の通癖, の遺風, の重大視, の頑固, の食通, の高い, はまた, は好ん, は江戸, は瓦解, は眼, は風流心, は香夢, らしい傳説, 自體, 見出して

▼ 江戸にも~ (58, 0.4%)

2 お別れ, 珍らしい

1 [54件] あった, あのくらい, あるん, あんな息子, あんな蟲, いられねえんで, おりました, かつてエタ, こわいもの, さてとなっ, その姿, たくさんありません, たんとは, ないと, ない真向き, りっぱな, 二三カ所ありました, 二三年いた, 二人と, 京にも, 京都にも, 人気が, 今は, 何ら中心, 何処にも, 写真術を, 別に存在, 及んだもの, 唐人飴が, 地方にも, 姿が, 存外いたずら者が, 居られなくな, 幾人も, 度々上り, 播州にも, 明治にも, 来たこと, 横浜にも, 此様事が, 武芸者は, 深いもの, 滅多には, 漸く名人, 澤山は, 無からう, 珍しい, 珍しい怪談もの, 田舎にも, 甲州にも, 相応しいの, 藩地にも, 見ること, 變なお

▼ 江戸末期~ (58, 0.4%)

3 より明治 2 から明治, のごたごた, の文化, の濁った, の絵図

1 [45件] から明治初年, から若い, における流行病, における著名, になっ, になる, には再び, には黙阿弥, に於ける, に此村, に発見, に絶えん, に蕪村, に行われた, のころ, のむかし話, の世, の人情本, の停滞, の印刷, の商家, の庶民, の弊, の戯作者風, の政治的合言葉, の文久二年, の旗本, の江戸人, の洒落本調, の浮世絵, の特殊, の科學者たち, の舞臺, の芸術, の英吉利公使, の頃, の頽廃期, の頽廢, の風物詩的, までも武者修業, までも武者修行, より明治初年, より明治時代, を代表, を盛り

▼ 江戸~ (57, 0.4%)

20 児の 7 児だ 5 児が, 児は 3 児で 2 児たる

1 [15件] 児じゃ, 児たちの, 児だった, 児である, 児です, 児でない, 児には, 児にも, 児中文壇に, 児天下の, 児末代までの, 児気質の, 児肌が, 児詩人の, 児鉄火の

▼ 江戸趣味~ (56, 0.4%)

2 と称する, に随喜, の一つ

1 [50件] からは言文一致, がしきりに, だか, というもの, といったよう, といわれる, とでもいう, と云う, と背馳, どころかかえって, なるもの, なる語, に伴える, に余り尊敬, に感染せり, に於, のあれこれ, のこれ, のため, のなお, の中, の人間, の喰い, の小天地, の徒, の恍惚, の普及, の極めて, の残る, の残滓, の渋, の音楽, の鼓吹者, はこれら, はもはや, は万事天明ぶり, は殆, は米国好事家, も困る, も自分, や向島沿革, をなくしたくない, を人々, を帯び, を捜, を東京, を滅ぼしゆかん, を発揮, を鼓吹, 及び江戸ッ児気質

▼ 江戸~ (53, 0.4%)

2 下町などでは

1 [51件] あとに, この邊, この頃, ずいぶん不景気, ずっと以前, ずんと面白, どうなろう, ない, みんな伊勢の, もはや中世的, よいが, よい程, 一時は, 上方も, 二月の, 亡びた, 京も, 今夜で, 冬仕度に, 切上げだらう, 初めの, 四月の, 変って, 変わったらしい, 大変だ, 大江戸の, 寒いなあ, 少しさわる, 平穏な, 平穩, 広いが, 広え, 役者の, 御繁昌, 文久と, 末でした, 末に, 本場を, 東京と, 江戸も, 江戸浅草奥山でも, 深川でなけれ, 目抜きな, 私に, 腐る, 見て, 近かった, 頗る物騒, 飽きたから, 騒がしゅうございました, 黒船の

▼ 江戸~ (49, 0.4%)

2 かえ, だが, でお, らしい侍, らしい若い

1 [39件] か, がみんな財布, が来, が来た, が麦飯, じゃ, じゃあありません, じゃある, じゃございません, だ, だがね, だけに素晴らしく, だな, だよ, ちゅう者, でした, でな, ではいけない, で客, で江の島参詣, といえ, などをさがし出す, に似合わねえしみったれ, に対して常に, に生れ, のよう, のよしみ, の癖, の考え, の露八, はお先一途, は詰まらない, は銭イ, も旅, らしい旅, らしい旅人, らしい氣さく, を以てする, を懲らす

▼ 江戸屋敷~ (48, 0.3%)

3 の方 2 に招いた, のお, の留守居

1 [39件] からの急使, からの手紙, からの早飛脚, から行方, から解き放たれた, から解放, である, では相, にいる, につとめ, に出頭, に在るべし, に居る, に戻り, に最早, に残され, に置く, に顏, に香川甚五郎, の侍, の如く, の屋敷神, の御, の改築, の様子, の正妻, の者, の脱走者, はわけ, へまいる, へ出入る, へ届けよう, へ差出し, へ帰東, へ残る, へ百兩, へ移っ, まで送っ, を引き揚げた

▼ 江戸幕府~ (48, 0.3%)

2 の一員, の制度, の命脈, の政策

1 [40件] から言っ, が倒れよう, が危い, が没落, が自家, が開港, というもの, とのあらそい, にとってはたいへん, にとってはただ, に同情, のお, のため, のもの, の中心思想, の兵法師範, の内部的, の初め, の初期, の初頭, の命令, の問合せ, の大事, の徳川将軍家, の文教政策, の時, の朝廷, の末路, の構成, の権力, の脅威, の衰亡, はその, はそれ, は三代将軍家光, は何故, へ罷り出でた, をたて, をひらいた, を直接

▼ 江戸~ (44, 0.3%)

12 半治 6 の半 3 の江戸五郎

1 [23件] がかかる, であると, でございます, でござんす, で御馳走, というおでん屋, という絵草紙屋, といふ喫茶店, と云う, に入らっしゃった, に勤め, のお, のしわざにちげえねえと, のほう, の土台, の紋, の親方, の親類, へ行った, を出, を相続, を立出, 半五郎

▼ 江戸開府以來~ (43, 0.3%)

15 と言 7 の捕物 2 といはれた, の名

1 [17件] さ, だ, でせう, でも古, といふ大, といふ惡者, と云, の名人, の大, の怪事件, の智慧者, の殺し, の變, の變つた殺しぢ, の雷鳴, は嬉しい, 諸國人

▼ 江戸より~ (42, 0.3%)

2 京都に

1 [40件] ご帰宅, する諸, する長崎奉行水野筑後守, ずんと面白い, やがて東京, ゆけば, わざわざお, 五里三十町京へ, 京ニ上リ夫より, 伴ひ来つた, 入り候, 六十六里なり, 出でて, 前の, 十六里でございます, 千二百石船で, 奥方に, 帰る途上, 帰西の, 広島へ, 府中までは, 急ぎの, 急報あり, 木曾路を, 来たり, 来るの, 東京, 東南海路行程数十里伊豆の, 海陸二百八十八里九州肥後熊本五十四万石細川侯の, 百六里, 神辺に, 福山に, 老中間部下総守林大, 至るを, 船にて, 追っかけて, 追手が, 酒一樽船廻しにて, 長崎に, 面白いこと

▼ 江戸ツ子~ (41, 0.3%)

2 の女, はン

1 [37件] がガサツ, だから, であり代表的, で引つ込み, で愚痴, で見る, といふ概念, とでも言, にし, によく, に前, のいらぬ, のやう, の人氣, の夫人, の末, の癖, の皮肉, の盲縞, の耳, の膽, の血潮, の詩情, の負, の連中, の部落民, はン胆玉, は手習, は斯, は皐月, もゐる, よばはり, らしいスツキリ, らしい処, を夢中, を気取, を理想

▼ 江戸~ (39, 0.3%)

2 の大

1 [37件] か京風, がそよそよ, がよろし, が侵入, だとか, で平和, というおのおの, という特色, との比較, とはどちら, と申し, な橋, な気質, な町人, には相違, に仕込まれた, に出来ただ, に染まず, のいわゆる, のもの, の中, の化粧, の句, の嫁入り支度, の性行, の握りずし, の残った, の比較, の江戸, の浮氣, の立派, の酢, の骨髄, はどういう, は強い, も優劣, を真似た

▼ 江戸への~ (38, 0.3%)

3 土産に, 旅を, 道を

1 [29件] して, ぼつた, ぼつて, みやげに, みやげ話に, 使者を, 使者豐後にを, 供に, 便が, 出入も, 勅使下向と, 参覲交代を, 帰りに, 帰り途である, 帰途, 廻漕が, 往き還り, 往還の, 御出府, 御通行, 恋慕流しの, 旅に, 歸り, 注進には, 米沢土産に, 謝罪の, 貢獻物も, 道順は, 飛脚じゃ

▼ 江戸~ (37, 0.3%)

2 である

1 [35件] が堕落, さ, じゃあがあせん, たる事, だ, だお前さん何, だから, だと, だろうに, だ大気, でありながら, でない多く, でね, ではない, で江戸府内, として生れた, とは比較, なら撲倒す, にて露地, に多い, のお嬢さん, のちゃきちゃき, のない, のよう, の医学士め, の末裔, の職人, の親分, は, はこの, は了簡, は心得た, は水道, もこれ, らしい所

▼ 江戸以来~ (36, 0.3%)

3 の習慣 2 あまりにも, の名所, の名物, の暗い, の観客

1 [23件] この症, のおも, の三, の人情話, の向う島, の売り物, の家来, の干葉湯, の東京人, の玉川上水, の番附, の着物, の禁制, の習, の習わし, の芝居番附消滅, の花火, の諺, の遺物, の霊場, の馴染, 最も旧い, 行なわれた芝居

▼ 江戸演劇~ (36, 0.3%)

3 の演奏 2 の性質, を基礎

1 [29件] とは根本, と相, に対して感ずる, に用, のため, の旧, の特徴, の舞台, の鬘, の齎す, はこれ, は三絃, は囃子, は戯曲, は既に, は時代, は舞踊, もまた, も何ら, も思ふ, も漸次, を以てい, を以て仏蘭西, を以て純粋, を創, を愛せん, を措き, を解剖分析, を鑑賞

▼ 江戸見物~ (35, 0.3%)

4 に出 3 に行った 2 をし

1 [26件] だの, です, というところ, とて来りぬ, ながら余儀ない, にいったん, にのぼった, にやって来た, に來, に出かけた, に出かける, に出た, に出る, に出掛け, に出歩く, に呼ばれ, のお, の人たち, の客, の杢十田五作, の男, の群衆, もし, をかね, をやる, を致した

▼ 江戸名物~ (34, 0.2%)

7 の一つ 3 の退屈男 2 のお, の火事

1 [20件] あさくさ歳の市, お福, がひとつ, が一つ, となりける, と自ら銘, のひとつ, の元禄退屈男, の名, の小唄, の尾, の川開き, の弥次馬, の御用聞銭形, の旗本退屈男, の白魚, の紅白縮緬組, の青山百人町, はチョビ安, は尺取り虫踊り

▼ 江戸~ (33, 0.2%)

2 その者, の持ち物

1 [29件] がうしろ手, がこの, がふたり, がぷいと, が下手人, が染め物, が殺した殺した, が秀, が結び, であるに, という声援, と秀, に声援, に罪, のほう, の人気, の左, の野郎, はわたし, は関取修業, へ贈る, やさきざき大物, をもの, を下手人, を洗っ, を独占, を締めあげ, を高手小手, 負けやるなッ

▼ 江戸入り~ (31, 0.2%)

2 した高大之進, して, をした

1 [25件] がきまる, ができよう, さえ避け, されたもの, したの, した左膳, しようと, すること, するという, するの, するはず, ということ, というの, の御, の挨拶, の日, の知らせ, は三人, は内密, までは都合, をきょう, をし, をしたら, をするであろう, を命ぜられ

▼ 江戸八百八町~ (29, 0.2%)

2 のうち, のべたらにね, の人気

1 [23件] がこぞってどっと, がご, がたった, が只, と言つて, なら上, において竹光, にバラ, に加え, に名, に起つた, に起る, に鳴らした, のべたら, のべたらといったまで, のべたらに, の人民, の名折れ, の大, の潮, の隅々, を支配, を股

▼ 江戸~ (29, 0.2%)

1 [29件] が快く, じゃ長, だつた, だね, で, でござったよう, でしかも, でそれ, でまっすぐ, で啖呵, で殊に, で率直, で答えた, といい, と来る, などを使っ, に, には相違, のいなせ, は東京, は用いよう, も聞いた, をつかう, をふるっ, を下五, を今一つ下等, を使う, を用, を称し

▼ 江戸からの~ (27, 0.2%)

1 [27件] お客という, お連れ, お飛脚, お馴染, たよりでは, 便りは, 公役に, 噂は, 報告は, 密書密使の, 帰りがけだろう, 帰りがけに, 帰り途女化原を, 廻し者じゃ, 御隠, 急の, 戻り道ある, 手紙を, 指図によって, 歸に, 沙汰で, 消息は, 競いを, 親しい男, 道中筋駅馬などを, 達しだ, 飛脚

▼ 江戸名所~ (27, 0.2%)

3 の中 2 の名残, の悲しき, の風景, を描ける

1 [16件] だと, で十万坪, において自ら質素, には昔, に数え, に興味, に鍋釣, に関する案内記狂歌集絵本, のうわさ, の絵, の記, の跡, はトンガリ長屋, よりも日本全国, を尋ね歩いた, を課題

▼ 江戸~ (27, 0.2%)

3 の学者 2 に入, の初め

1 [20件] が終つて, においてほ, における洋學傳統, に最も, に近づく, のはじめ頃, の中頃, の人々, の低調, の初頭, の奉行, の小唄類, の戲作類, の文学, の終り, はこんな, まで行, も末, も終り, より前

▼ 江戸という~ (26, 0.2%)

4 ところは 2 時代は

1 [20件] うちにも, ところも, ものが, ものの, ものは, ような, 世界は, 回顧の, 土地が, 土地がらや, 天地を, 太田道灌築城の, 字が, 後ろだてと, 意味じゃ, 感じを, 所は, 所へ, 繁華な, 都会型の

▼ 江戸へは~ (25, 0.2%)

1 [25件] あんなもの, いる前, お出, この六月, 一昨年の, 三度出た, 二里八丁京へ, 來さう, 六百艘八万人と, 出発日延べの, 帰らぬつもり, 帰らぬ覚悟, 帰らねえそう, 帰られぬ仔細, 帰れぬ事情, 戻らぬほう, 戻りません, 春駒, 歸るまい, 立戻れぬ, 行けないけれど, 行って, 諸國, 近いし, 遂に行かなかった

▼ 江戸~ (24, 0.2%)

3 もてへ, 公儀からの 2 着の

1 [16件] かまいに, かまえの, もてに, もてより, もて町奉行, 名残りめずらし, 屋敷は, 旗本の, 暇のみ, 構えだった, 構えに, 構えの, 構え兇状持ち, 構に, 江戸と, 箪笥町引出し横町取手屋の

▼ 江戸~ (24, 0.2%)

2 を貼った

1 [22件] かね十六, さ蔵, ですがな, ではない, といった江戸絵, と呼ばれる, と言った, なの, にある, のよう, の三度摺, の中, の壁, の小路, の美しい, の美人画, や押絵, をお, を真似, を葛籠, を見い, を見る如き

▼ 江戸開府以来~ (24, 0.2%)

3 の見物 2 だ, の大火, の捕物

1 [15件] いまだあるまい, じゃない, だあれ, だろうって, という大, といわれる, と言われた, の変, の変った殺し, の大騒ぎ, の殺し, の素晴らしい, の雷鳴, の騒ぎ, もねえ

▼ 江戸五郎~ (23, 0.2%)

2 がほんとう, が人気負け, の小屋

1 [17件] がやった, が嵐, が水芸達者, っていう役者, とかの話, にかけたくなる, に疑い, に面目, のしわざとわかるのじゃ, のほう, の一枚絵, の両手, の回し者, の紋, は見当ちげ, もあす, もなさけ

▼ 江戸~ (23, 0.2%)

1 [23件] かい, が住ん, が山, じゃあねえ, だ, だから, だからのう, だよ, てエ者, でしょう, でも己, で何, で土地, で妙, なれば, に遇う, のちゃきちゃき, の名誉, の張り, は少ない, は次第に, は無遠慮, も同

▼ 江戸~ (23, 0.2%)

2 の方, へかけ

1 [19件] から人形町, から曾, と日本橋, と見わたし, のそば, のほとり, のオリムピックキチン, の下, の岸, の番太郎ふたり, の自身番, の近所, の鶴市, へ行く, へ逃し, を廻っ, を廻つて來たん, を渡っ, を立つ

▼ 江戸町奉行~ (23, 0.2%)

2 に任

1 [21件] がこれ, が貧相, じゃない, という重職, としてはどうにも, となり, になっ, になりすまし, にもないだろう, の任, の使い, の各, の現職, の職, の職制, の鍋島甲斐守, は懸案, は榊原主計頭, へ差立て, をたすけ, を苦患

▼ 江戸初期~ (22, 0.2%)

1 [22件] から, からだ, から今日, から寛文, から開合, にいたる, においてはこれ, にかけては諸, にかけては諸国, には田舎, に再生, に更に, のころ, のなげぶし, の京都, の口語文, の武士, の芝居, の長崎貿易, の隨筆物, の頃, を出ない

▼ 江戸~ (19, 0.1%)

2 近在の

1 [17件] ないと, 上総房州まで, 京洛に, 京都あたりに, 京都などでは, 京都の, 京阪の, 今の, 大阪, 大阪などに, 大阪の, 富山などに, 浪華や, 浪華を, 甲州を, 関東を, 鹿兒島で

▼ 江戸~ (18, 0.1%)

2 を望ん

1 [16件] にそれぞれ, に来, に示威, に米艦, に闖入, のかなた, の上, の咽吭, の地図, の水の上, の海運, へ乗入れる, を扼する, を望み, を解纜, を驚かした

▼ 江戸まえ~ (17, 0.1%)

3 の男ぶり

1 [14件] のきっぷ, のくろ, のすっきり, の人情家, の伝法, の初荷, の吟味, の咽喉, の憤り, の捕方, の捕物名人, の気魄, の男, の町方衆

▼ 江戸~ (17, 0.1%)

2 です, を渡っ, を除いた

1 [11件] と座生沼, などの方, はこれ, は關宿, をな, を下っ, を出帆, を措い, を歩み, を渡つて, を越し

▼ 江戸文化~ (17, 0.1%)

2 といふもの, の初期

1 [13件] から明治大正, と結合, の名残り, の最も, の爛熟, の終り, の腐爛期, の記念, は手, は泥棒, も熟し, を正常, 及びその

▼ 江戸じゃ~ (16, 0.1%)

1 [16件] ありませんね, ありません信州者, いけねえの, いっこう聞かねえ, お寿, この騒動, ないそう, ないよ, アあんまり, アねえと, ア流行っ, ア高い, 名の, 子供まで, 家業が, 流行りませんよ

▼ 江戸文学~ (16, 0.1%)

2 の恩師川柳久良伎翁

1 [14件] から明治, との関係, と江戸史跡, にあらわれる, に関して少しく, の伝統, の師, の礎石, の精粋, の続篇, の考証, は数人, やら翻訳物, を離れ

▼ 江戸日本橋~ (16, 0.1%)

3 のマーク

1 [13件] から品川, ならおれ, に捨札, のマン中, の一図, の五年, の御, の空, の道中うた, は, よりし, をふり出し, を歌っ

▼ 江戸生れ~ (16, 0.1%)

2 です

1 [14件] だそう, だなんて, であ, でございますから, で斯ん, で本当, のお爺さん, の下町, の武家侠客, の氣質, の私, の者, の芸者, を自慢

▼ 江戸絵図~ (16, 0.1%)

2 にかい

1 [14件] で見, と同じく, には現われ, によって見知らぬ, の如し, はかく, は上野, は模様, は正確, より目, らしく思われるが, をひろげ, を懐中, を見る

▼ 江戸との~ (15, 0.1%)

3 間の

1 [12件] あいだにゃ, あいだを, あやまりであり縦, ちょうどあそこ, 交通は, 区別は, 境で, 御仲睦, 理想の, 連絡通信網を, 間に, 隔たりであった

▼ 江戸にて~ (15, 0.1%)

2 此塔に

1 [13件] この現象, みるよりは, もろ人の, ダンセンと, 丑の, 事を, 何が, 始めて, 残らず御家人, 毎日海で, 海へは, 英書の, 願人と

▼ 江戸へと~ (15, 0.1%)

2 志して

1 [13件] いうと, 一同帰りの, 取りひとまず, 向かって, 志したが, 思って, 急ぐの, 擴が, 東漸し, 歩いて, 流れて, 移った後, 聞いて

▼ 江戸~ (15, 0.1%)

3 でした 2 の無分別さ, は自分 1 になる, にも似合わず, の典型的, の粹, の行き過ぎた, より良い, らしいきかん氣, らしく存分

▼ 江戸家老~ (15, 0.1%)

1 [15件] がおのおの, がこうして, だそう, だった, というもの, とか御, と只, のお気に入り, の処置, の早, の沢根伊兵衛, の溝口伊予, の第一人者, を呼ん, を欺き遂せ

▼ 江戸~ (15, 0.1%)

3 留守居の

1 [12件] 上屋敷は, 入府前から, 出生の, 屋敷には, 本丸の, 歸府の, 留守居に, 留守居谷口樣と, 留守居金山主膳樣の, 發足御, 老中派遣の, 邸より

▼ 江戸~ (15, 0.1%)

2 に出現

1 [13件] からペルリ, なども確かめ, におし, にはいつ, にはいつた, にむかつた, に一隻, に乘, に入, に突如, へのこのこ, へむかつた, へ侵入

▼ 江戸~ (15, 0.1%)

3 の角 2 の小店, の方 1 か角町, でも可, に, に辰伊勢, のお, の五カ町内二丁四方, の角菱楼, を引き廻された

▼ 江戸において~ (14, 0.1%)

2 最初の

1 [12件] す, 井伊直弼を, 交際の, 何か, 家老以下足軽に, 帰村した, 政を, 瑞策に, 行き方, 見ても, 談判せられよ, 首を

▼ 江戸中期~ (14, 0.1%)

1 [14件] から後期, つまり元禄時代, になっ, になつて, には木版印刷, に勢, に唐手まがい, に妙, に木刀, の山伏, の洋画家, の発達, までの色町, まではあつ

▼ 江戸~ (14, 0.1%)

1 [14件] が, が占めた, が草原, なる豪族, にし, に命じ, のこの, の他, の勢力範囲, の古い, の古跡, は徳川氏, もさる, を唱えました

▼ 江戸~ (13, 0.1%)

1 [13件] いずれその, から昔, から間髪, か京, がいかに, が江戸, そうでございます, それに, ぞ, と思う, と諸国, なんてご, 本所の

▼ 江戸出府~ (13, 0.1%)

2 を機会

1 [11件] がいよいよ, となった, に要する, のおり, のはじめ, の尾張, の結果, は三月, ほぼ四十里, を送った, 或は帰国

▼ 江戸~ (13, 0.1%)

1 [13件] からリレー, が二十三日, が命じ, が暁団, といっ, の命令, の恐るべき, の率い, はどう, はひどい, は二十九日, も死に, をはじめ団員ども

▼ 江戸といふ~ (12, 0.1%)

2 ところは, 城下が 1 ところには, サツパリした, 何ぞ其朴訥, 國は, 地名と, 時代には, 言葉は, 都會を

▼ 江戸下り~ (12, 0.1%)

1 [12件] か, がぱあっと, が出来まし, に血, の, のため, の女郎衆, はお, ははじめて, も近づいた, をなされる, を止め

▼ 江戸伝来~ (12, 0.1%)

2 の下町 1 の名所旧蹟, の固有, の夏羽織, の文明世界, の料亭扇屋, の本場もの, の演劇, の葭簀, の趣味性, の風儀

▼ 江戸~ (12, 0.1%)

1 [12件] との目録, の咄, の箱, の訪古志, はわたくしども, や武鑑, をたより, をひろげる, をも翫ん, をも蒐集, をも集め, を検すれ

▼ 江戸屋江戸五郎~ (12, 0.1%)

2 の小屋 1 がほんとう, がやった, っていう役者, に疑い, のしわざとわかるのじゃ, のほう, の回し者, の紋, もあす, もなさけ

▼ 江戸方面~ (12, 0.1%)

1 [12件] からの人, からの余波, からは追い追い, から進ん, でも外人襲撃事件, には薩摩方, に出, に在留, の訛り, は別, へ向け, へ流れ込む

▼ 江戸言葉~ (12, 0.1%)

2 にし 1 か, かい, が使, で江戸, で言, というもの, となる, になりまし, のよう, の比較

▼ 江戸川縁~ (11, 0.1%)

2 の方 1 にかけて立ち並んだ, に住む, に植えた, の住居, の娘達, の花, を左, を歩い, を船河原橋

▼ 江戸育ち~ (11, 0.1%)

1 [11件] だと, であるから, でここらあたり, で千浪, のお, の娘, の庄太郎, の憤ろし, の正二郎, の歯ぎれのよいのが, の浮氣者

▼ 江戸らしい~ (10, 0.1%)

2 ような 1 のは, ものと, もんです, 好い心持, 感じの, 気分が, 粋な, 言葉だ

▼ 江戸御免~ (10, 0.1%)

2 の退屈男 1 しいんと見すくめた, でした, なら退屈払い, なるあの, の形, の武器, の眉間傷対手, の篠崎流正眼崩し

▼ 江戸藩邸~ (10, 0.1%)

1 に住む, に居た, に蘭学, の佐幕派, の勤番者, の反論, の命令, の実権, の教授, の諸

▼ 江戸へも~ (9, 0.1%)

1 おいでに, はいって, 余り入ら, 帰らず穢多, 帰られずお前, 帰られず男, 持って, 飛び火じゃぞっ, 飛んで

▼ 江戸までの~ (9, 0.1%)

1 廻航に, 旅に, 路用, 路用を, 途中で, 道中雑用拝借いたす, 里数を, 長い旅, 長途を

▼ 江戸名所図会~ (9, 0.1%)

2 にある, に出 1 では街道すじ, と江戸砂子, にもその, にも載せたる, にも載っ

▼ 江戸土産~ (9, 0.1%)

2 の錦絵 1 にする, にその, になり, にもらう, に元結, を吾家, を後年父

▼ 江戸~ (9, 0.1%)

2 公儀の 1 公儀に, 公儀を, 公儀御, 劇場の, 地震に, 地震の, 歌舞伎

▼ 江戸大阪~ (9, 0.1%)

1 でもどこ, などの町人文化, の勤番, の廻船, の昔, の繁栄, へ及ぼす, へ紛れ込む, へ行商

▼ 江戸~ (9, 0.1%)

1 だよ, である, と覚しき, には降参, のよう, の人気, の勝気, の魂, はとかく

▼ 江戸川端~ (9, 0.1%)

2 に出向いた, の小幡伊織, の屋敷 1 に小さい, を歩い, を通る

▼ 江戸~ (9, 0.1%)

2 の者 1 が如何, に籍, の隠密, の隠密中, の隠密甲賀世阿弥, は立つ瀬, もすこしも

▼ 江戸~ (9, 0.1%)

2 の俳人, の俳句, の彫金師 1 の二つ, の俳諧, の元老俳人

▼ 江戸~ (9, 0.1%)

1 から幕府, で受取る, に出入, に於, に福島金吾, の人々, の門前, は本, へいっ

▼ 江戸です~ (8, 0.1%)

41 か, かそれ, が諸国, ぜ

▼ 江戸における~ (8, 0.1%)

1 その一員, 上屋敷は, 宗家と, 小次郎の, 居住は, 特殊の, 行動など, 赤穂浪士の

▼ 江戸までは~ (8, 0.1%)

1 この連中, ざッと, 僅かに, 届か, 持って, 普通の, 行きまする, 長旅に

▼ 江戸よりも~ (8, 0.1%)

1 よっぽどあたたかい, 古い文化, 国許の, 天気が, 早く植疱瘡, 涼しいと, 秋風が, 開府が

▼ 江戸一円~ (8, 0.1%)

1 いずこ, になにか, に触れさせる, のこう, の笑い草, の警察権, の道場洗い, へ散らばっ

▼ 江戸南町奉行~ (8, 0.1%)

1 という重要, としてめざましい, に任官, の任, の大岡越前, の職, の重, まで示達

▼ 江戸平民~ (8, 0.1%)

2 の手 1 の住家, の娯楽芸術, の文化, の文学, の考案, の諸

▼ 江戸~ (8, 0.1%)

3 の発句 2 の俳諧 1 の一風, の俳人, の宗匠

▼ 江戸歌舞伎~ (8, 0.1%)

2 の夢 1 の劇場音楽, の常套的作劇法, の統領, の芝居小屋, の荒事, の華

▼ 江戸~ (8, 0.1%)

4 一の 2 一番の 1 一が, 一と

▼ 江戸行き~ (8, 0.1%)

1 だ用意, とてもいずれこの, のうわさ, の家中, の若者, の若者ら, の長持, はもう少し

▼ 江戸あたり~ (7, 0.1%)

1 から来た, から遊覧, では, の今日, の埃, の町人仲間, の騒がしい

▼ 江戸からは~ (7, 0.1%)

1 こけ猿, 切支丹の, 相当に, 米搗きは, 若党一人と, 薩摩屋敷の, 遠くねえ

▼ 江戸とは~ (7, 0.1%)

1 別の, 名ばかりこの, 家々の, 時代に, 比べものに, 活気が, 違って

▼ 江戸へでも~ (7, 0.1%)

1 出て, 帰った事, 帰りてえ了簡, 往った, 現れたなら, 行こうと, 行って

▼ 江戸~ (7, 0.1%)

1 出ロトイッテモ, 帰ッタガ親父モ兄モナンニモ云ワヌ故, 帰ルニシタ, 帰レトイウカラ最早, 来テハツマラヌ男デアッタ, 行ッテ小十人組ヘ, 送ッテクレタカラ

▼ 江戸両国~ (7, 0.1%)

2 の十一屋 1 の十一屋泊まり, の女, の曲独楽, の柳橋, の橋

▼ 江戸名代~ (7, 0.1%)

1 のあの, の怪賊, の橋, の永代橋, の泥棒さん, の眉間傷, はいろいろ

▼ 江戸家老田丸~ (7, 0.1%)

7 主水正

▼ 江戸文明~ (7, 0.1%)

1 に憧憬, の傾向, の巨木, の漸く, の爛熟, の研究, の究極点

▼ 江戸旗本~ (7, 0.1%)

1 がじきじき, じゃ, ときい, にはなこの, の娘, の領地, は斬る

▼ 江戸末年~ (7, 0.1%)

1 から明治, の俗謡, の各, の国貞国芳, の大雪, の落語家朝寝房むらくも, の高田

▼ 江戸~ (7, 0.1%)

1 でお, になる, のとき, の任期, は一年交代, も延ばし, を勤める

▼ 江戸百景~ (7, 0.1%)

1 と題せし, にこれ, の中廓中東雲, の内, の如き, は惜しい, をさながら

▼ 江戸自慢~ (7, 0.1%)

1 といふ太い, とかいふ形容詞, のおいら, のひとつ, の一つ, の巻き羽織, の荒事

▼ 江戸~ (7, 0.1%)

1 がこの, の事, の時, は四月十三日, は止す, は由緒書, を志す

▼ 江戸~ (7, 0.1%)

1 からもわざわざ, から行け, の人たち, へ仕事, へ出かける, へ舞い戻っ, へ行った

▼ 江戸じゃあ~ (6, 0.0%)

1 こんな団子, もう瓦版, 悪い麻疹, 流行らねえ悪戯, 煩悩小僧かも, 鵜を

▼ 江戸ツ児~ (6, 0.0%)

21 で面白い, なるを, にはなき, は総じて

▼ 江戸三界~ (6, 0.0%)

1 でこう, では融通, へ出, までうろつき廻っ, まで転落, を持

▼ 江戸~ (6, 0.0%)

1 とやらは文字, に相違, のなれ, の器用さ, の怕いところ, は気ッ腑

▼ 江戸八丁堀~ (6, 0.0%)

1 にはね, にぺんぺん草, のむっつり, の一員, の同心, を合点小路

▼ 江戸~ (6, 0.0%)

1 と称せられる, のお, の声自慢, の師匠, の豊後節, らしい

▼ 江戸~ (6, 0.0%)

31 番で, 番を, 番中しばしば

▼ 江戸小石川~ (6, 0.0%)

2 の生れ 1 なる円乗寺, の切支丹屋敷, の目白不動堂, の金剛寺坂

▼ 江戸市街~ (6, 0.0%)

2 の整頓 1 に横行, の中, の攪乱, を焼打

▼ 江戸府内~ (6, 0.0%)

1 で産, で鶉, ならば, に潜入, の心あたり, の方

▼ 江戸役者~ (6, 0.0%)

1 がこの, にゃ情, のこわい, のつら, の方々, ほどの数

▼ 江戸御府内~ (6, 0.0%)

2 だけで七十八人 1 にいた, の隅, の靜謐, を蔽う

▼ 江戸情緒~ (6, 0.0%)

1 とはおよそ, の失はれる, の庭, の面白, を盛っ, を醸し出し

▼ 江戸柳営~ (6, 0.0%)

1 などの事情, に届いた, の町, の脇方, より遣わされた, を頭

▼ 江戸浅草~ (6, 0.0%)

2 に住める, に道場 1 に弾左衛門, の今戸

▼ 江戸浮世絵~ (6, 0.0%)

1 とその, の最も, の歴史, の系統, の蒐集品, や草双紙

▼ 江戸獄中~ (6, 0.0%)

1 から書いた, にある, にていよいよ, より入江杉蔵, より同志, より高杉暢夫

▼ 江戸芸者~ (6, 0.0%)

2 と踊子 1 で通る, にばかりで, の濫觴, の詮索ついで

▼ 江戸芸術~ (6, 0.0%)

2 の粋 1 によって溢, の残り, の生命, の花

▼ 江戸近在~ (6, 0.0%)

1 のやくざ者, の囃子連, の田舎, の目黒, の者, へ囃子

▼ 江戸錦様~ (6, 0.0%)

1 がもと, に罪, のいられる, の持ち物, はさすが, を巧み

▼ 江戸馴れない~ (6, 0.0%)

1 と申し, ぼんやりした, 山出しの, 旅人の, 田舎者だ, 者であるらしく

▼ 江戸くん~ (5, 0.0%)

1 だりからこの, だりからわざわざ, だりへ生命, だりまでやッ, だりまで連れ

▼ 江戸までも~ (5, 0.0%)

1 さまよわせて, 使を, 修業に, 席捲し, 行って

▼ 江戸もの~ (5, 0.0%)

1 からに京, には珍しい, はコロリ, らしい女, らしい調子

▼ 江戸よりの~ (5, 0.0%)

1 お手土産, ほうからも, 下り道, 早駕籠, 書状八月廿八日ニ参り

▼ 江戸~ (5, 0.0%)

1 だ大, である, の意氣, は田舍もの, は餘

▼ 江戸八百万石~ (5, 0.0%)

2 の御 1 の主, の名, 御威光そのもの

▼ 江戸名所絵~ (5, 0.0%)

2 によりて都会 1 に描かれた, のよう, は十万円

▼ 江戸将軍家~ (5, 0.0%)

2 の親藩 1 たる秀忠, の上洛, より招かれ

▼ 江戸川尻~ (5, 0.0%)

2 へ千鳥 1 の枯れ, を出る, を抱いた

▼ 江戸市民~ (5, 0.0%)

2 を恐怖 1 に警告, の大, へ早盤木

▼ 江戸攻撃~ (5, 0.0%)

1 の余波, は聞き飽きた, をやめさせる, を開始, を食い止めよう

▼ 江戸~ (5, 0.0%)

2 と上方流 1 のお, の捕物名人塙江漢老人, の捕物術

▼ 江戸~ (5, 0.0%)

3 大名の 1 家臣の, 藩士であっ

▼ 江戸~ (5, 0.0%)

1 になる, に限っ, の知人, ひの, をたより

▼ 江戸隠密~ (5, 0.0%)

1 とは何, とは承知, と疑いかけ, に相違, の素姓

▼ 江戸~ (4, 0.0%)

1 よくわからない, 上方いずれ, 上総へ, 八百八町

▼ 江戸っ子たち~ (4, 0.0%)

1 が反語的, には書き入れどき, の産土神, はいずれ

▼ 江戸っ子弁~ (4, 0.0%)

1 でぺらぺら, でまくしたてる, という奴, よりもさらにさらに

▼ 江戸っ子肌~ (4, 0.0%)

1 のさっぱり, の勝気, の暴, の職人

▼ 江戸でなく~ (4, 0.0%)

1 て京都, て長崎, 上方で, 武州忍の

▼ 江戸での~ (4, 0.0%)

1 居所さえ, 最も繁華, 最上の, 色町で

▼ 江戸といった~ (4, 0.0%)

1 大きな都会, 昔の, 昔町の, 時分の

▼ 江戸なら~ (4, 0.0%)

1 ば先ず, んとは, 一枚絵とかに, 淺右衞門とも

▼ 江戸にゃ~ (4, 0.0%)

1 あ武芸者, おれが, 無えんだ, 羊も

▼ 江戸よりは~ (4, 0.0%)

1 よっぽどまし, 三組の, 古くの, 暖かそう

▼ 江戸三百年~ (4, 0.0%)

1 どんなに無辜, のあいだ, の峻烈無比, の風流

▼ 江戸作者~ (4, 0.0%)

1 の写した, の死生, の洒落, の系統

▼ 江戸南町奉行大岡越前守忠相~ (4, 0.0%)

2 である 1 だ, のお

▼ 江戸~ (4, 0.0%)

1 へ一書院番, へ入り込んだ, へ火, へ送られた

▼ 江戸城下~ (4, 0.0%)

1 から西北方, の新開地, の芝あたり, の警固

▼ 江戸大坂~ (4, 0.0%)

1 に若干, の町人, の開港延期, 両都

▼ 江戸好み~ (4, 0.0%)

1 がおのずから, にすっきり, に群集中, の涼し

▼ 江戸将軍~ (4, 0.0%)

1 に感謝, に誠意, の祖先徳阿弥父子, の責任

▼ 江戸広し~ (4, 0.0%)

4 といえ

▼ 江戸~ (4, 0.0%)

1 に書いたなら, に書いたら, の料理屋, の開花

▼ 江戸戯作者~ (4, 0.0%)

1 のする, の筆, の顰, の風貌

▼ 江戸払い~ (4, 0.0%)

1 で軽く, とか江戸構え, に突っ放された, は当然

▼ 江戸時代初期~ (4, 0.0%)

1 の儒学者, の商業人口増加率, の大儒, の軍学者小幡勘兵衛景憲

▼ 江戸~ (4, 0.0%)

2 か遠島 1 などの刑, へになつ

▼ 江戸気質~ (4, 0.0%)

2 の他 1 でソレ者, を充分

▼ 江戸町一丁目~ (4, 0.0%)

2 と揚屋町 1 の大, の辨天屋

▼ 江戸町奉行所~ (4, 0.0%)

1 で百叩き, に送られ, の前, の牢獄

▼ 江戸番町~ (4, 0.0%)

1 にお, の御, の御厩谷, の親

▼ 江戸~ (4, 0.0%)

2 攻撃の 1 取締の, 攻撃と

▼ 江戸~ (4, 0.0%)

1 の積り, も大, をきいた, をつかっ

▼ 江戸近く~ (4, 0.0%)

1 で泊る, なつて, の山方, 次第によったら

▼ 江戸追放~ (4, 0.0%)

1 といふ輕, とだけで里数, の刑, を申し渡された

▼ 江戸錦四郎太夫~ (4, 0.0%)

1 でありました, の一番, はまた, を痛み

▼ 江戸長者番附~ (4, 0.0%)

2 の前頭 1 の小結どころ, へ載る

▼ 江戸附近~ (4, 0.0%)

1 で衰弱, ということ, の名所旧跡, へ舞いあつまっ

▼ 江戸随一~ (4, 0.0%)

1 じゃ, と評判, の名産, の美女

▼ 江戸音曲~ (4, 0.0%)

1 たる所以, の哀愁, の江戸音曲, の真

▼ 江戸~ (4, 0.0%)

1 でした, の意地張り, は公私二つ, は勃然

▼ 江戸黄檗禅刹記~ (4, 0.0%)

2 の事 1 も京水, を閲する

▼ 江戸お構い~ (3, 0.0%)

1 にしよう, になっ, の女房

▼ 江戸だけでも~ (3, 0.0%)

1 何人ある, 何十人という, 何萬人此處に

▼ 江戸~ (3, 0.0%)

2 やない 1 や手

▼ 江戸っ子気質~ (3, 0.0%)

1 でソレ者, の娘, の通人意識

▼ 江戸とも~ (3, 0.0%)

1 つかずで真中, 東京とも, 連絡が

▼ 江戸~ (3, 0.0%)

1 のだろう, ア菓子だ, ア菓子は

▼ 江戸なる~ (3, 0.0%)

1 家元の, 旧都の, 過去の

▼ 江戸においては~ (3, 0.0%)

1 より澤山, 享保の, 十組問屋あり

▼ 江戸においても~ (3, 0.0%)

1 まさに古今, 名うての, 実験科学の

▼ 江戸むらさき~ (3, 0.0%)

1 ですよ, といや, と注文

▼ 江戸ッ児風~ (3, 0.0%)

1 に染まっ, の教養, の気象

▼ 江戸~ (3, 0.0%)

1 三度借, 見セテ歩イタ, 追放サレテ当地ニ来タル仔細ハ毛唐ニ渡リヲツケテ謀叛

▼ 江戸三座~ (3, 0.0%)

1 のうち, の大, の新

▼ 江戸上り~ (3, 0.0%)

1 の曲独楽, の碁打ち, は彼

▼ 江戸上屋敷~ (3, 0.0%)

1 に不測, に潜ん, をどんなに

▼ 江戸付近~ (3, 0.0%)

1 でみる, にまで実行, の川筋

▼ 江戸伝統~ (3, 0.0%)

1 の, の地, の講釈場

▼ 江戸住居~ (3, 0.0%)

1 で, はむずかしかろ, を引上げ

▼ 江戸俗曲~ (3, 0.0%)

1 の事, の現代, の音楽

▼ 江戸~ (3, 0.0%)

2 下りの 1 下り扇風舎桃林って

▼ 江戸名題~ (3, 0.0%)

2 の豪族 1 の賭碁

▼ 江戸四里四方~ (3, 0.0%)

2 の老若男女 1 を毎日

▼ 江戸大城~ (3, 0.0%)

1 に近く, の明け渡し, の関門

▼ 江戸大阪長崎~ (3, 0.0%)

1 とこの, と諸国, に会所

▼ 江戸太郎重長~ (3, 0.0%)

1 であります, などの平家勢, は八ヶ国

▼ 江戸定府~ (3, 0.0%)

1 とて古来江戸, になつて, を引き上げ

▼ 江戸小唄~ (3, 0.0%)

1 と江戸浄瑠璃, なりに振り向け, の名人十寸見露光

▼ 江戸市井~ (3, 0.0%)

1 の中, の芸人, 破戸漢

▼ 江戸~ (3, 0.0%)

3 しと

▼ 江戸旗本早乙女主水~ (3, 0.0%)

3 之介

▼ 江戸~ (3, 0.0%)

1 幕府に, 幕府の, 文化の

▼ 江戸時代以後~ (3, 0.0%)

1 にはじめて, に始まった, らしい

▼ 江戸柳生~ (3, 0.0%)

1 と称され, の叔父, の新邸

▼ 江戸横浜間~ (3, 0.0%)

2 の鉄道利権 1 の鉄道建築

▼ 江戸橋詰~ (3, 0.0%)

2 の木戸 1 で縄

▼ 江戸歌舞妓~ (3, 0.0%)

1 である, では大, にとっても大事

▼ 江戸武士~ (3, 0.0%)

1 が吉原, であつ, のそれ

▼ 江戸浄瑠璃~ (3, 0.0%)

2 に見る 1 でしたが

▼ 江戸生まれ~ (3, 0.0%)

1 でまだ, で気立, の私

▼ 江戸生粋~ (3, 0.0%)

1 の感情, の格子戸, の老

▼ 江戸町人~ (3, 0.0%)

1 と比べる, の墓石, の忰

▼ 江戸町民~ (3, 0.0%)

1 の心, は永い, は長い

▼ 江戸研究~ (3, 0.0%)

1 と音楽, に凝ってる, に費やした

▼ 江戸芝居~ (3, 0.0%)

1 と一つ, にも念仏踊り, を見た

▼ 江戸街道~ (3, 0.0%)

1 であるが, の丸山台, まで姿

▼ 江戸~ (3, 0.0%)

1 でもう一度, のそれ, も糸瓜

▼ 江戸~ (3, 0.0%)

1 では副詞, とを対照, を以てした

▼ 江戸~ (3, 0.0%)

3 文学の

▼ 江戸郊外~ (3, 0.0%)

1 でしたから, の代々木荘, の落合村

▼ 江戸開府~ (3, 0.0%)

1 のころ, の慶長末年, より十年

▼ 江戸開府以前~ (3, 0.0%)

1 からのもの, からの舊家, の武藏野

▼ 江戸開府前~ (3, 0.0%)

1 からの土着, からの家柄, の名家

▼ 江戸馴れ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 て居ります

▼ 江戸からと~ (2, 0.0%)

1 聞いて, 言った地名

▼ 江戸がり~ (2, 0.0%)

1 に耳, は嫌ひなん

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

1 城内お, 本邸に

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

1 来て, 着たらば

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

1 まぬ, ゅうにそんなところがあるもんけえ

▼ 江戸じゅうそいつ~ (2, 0.0%)

1 を探し, を探してる

▼ 江戸だけで~ (2, 0.0%)

1 その信徒, 片付けて

▼ 江戸って~ (2, 0.0%)

1 ところは, 所は

▼ 江戸っ子中~ (2, 0.0%)

2 の江戸っ子

▼ 江戸っ子達~ (2, 0.0%)

1 が急, は後

▼ 江戸っ子風~ (2, 0.0%)

1 の男, を吹かす

▼ 江戸でこそ~ (2, 0.0%)

1 下総十五郎じゃ, 輓近西洋通の

▼ 江戸とやらへ~ (2, 0.0%)

1 参って, 着くの

▼ 江戸などに~ (2, 0.0%)

1 おわしては, 邸は

▼ 江戸にては~ (2, 0.0%)

1 いかにや, 蕎麦の

▼ 江戸にな~ (2, 0.0%)

1 つて幸若には, つて現れ

▼ 江戸にまで~ (2, 0.0%)

1 伝わるに, 進出し

▼ 江戸ふう~ (2, 0.0%)

1 にかぶれた, の青年

▼ 江戸へけ~ (2, 0.0%)

1 えって, えりましょうよ

▼ 江戸をも~ (2, 0.0%)

1 見たい, 見捨て得ずに

▼ 江戸ッ児以外~ (2, 0.0%)

1 に知る, の人

▼ 江戸ッ児肌~ (2, 0.0%)

1 で豪傑, の一色

▼ 江戸ツ兒~ (2, 0.0%)

1 であつ, の駄洒落云

▼ 江戸三座劇場~ (2, 0.0%)

1 の看板及番附, の賑

▼ 江戸三田~ (2, 0.0%)

1 の三角, の薩摩屋敷

▼ 江戸三金貸し~ (2, 0.0%)

2 の一軒

▼ 江戸下町~ (2, 0.0%)

1 の年寄, の生活

▼ 江戸下谷長者町~ (2, 0.0%)

1 の万屋義兵衛, の町医者

▼ 江戸中の~ (2, 0.0%)

2 を調べる

▼ 江戸中一般~ (2, 0.0%)

2 の取り沙汰

▼ 江戸中何處~ (2, 0.0%)

1 へでも小屋, へ行つて

▼ 江戸中期以前~ (2, 0.0%)

1 からまったく, の雰囲気

▼ 江戸二百年~ (2, 0.0%)

2 の文明

▼ 江戸五郎はん~ (2, 0.0%)

1 が水芸, の水忍術

▼ 江戸五郎親方~ (2, 0.0%)

1 にその, のこと

▼ 江戸仕込み~ (2, 0.0%)

1 の壮士, の大御所

▼ 江戸以前~ (2, 0.0%)

1 にはむしろ, のこの辺

▼ 江戸伝馬町~ (2, 0.0%)

2 の獄

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

1 と改正, をあまり

▼ 江戸住い~ (2, 0.0%)

1 なの, になる

▼ 江戸侠客~ (2, 0.0%)

1 の本尊仏, の随一

▼ 江戸兩替屋~ (2, 0.0%)

1 の山の手, の組頭

▼ 江戸八百八丁~ (2, 0.0%)

1 がたつた, の砂ほこり

▼ 江戸八百八街~ (2, 0.0%)

1 を引き廻される, を残り

▼ 江戸公儀~ (2, 0.0%)

1 からの急, よりの御

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

1 かと疑われる, ばかりでなく

▼ 江戸内海~ (2, 0.0%)

1 でどんな, において運轉

▼ 江戸切っ~ (2, 0.0%)

1 ての女伊達, ての怪賊

▼ 江戸切図~ (2, 0.0%)

1 に引合せ, を懐中

▼ 江戸勤番~ (2, 0.0%)

1 に付, の武士

▼ 江戸千住~ (2, 0.0%)

2 を出た

▼ 江戸及び~ (2, 0.0%)

1 江戸の, 関東方面を

▼ 江戸友禅~ (2, 0.0%)

1 という名, ももう

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

1 から海, でお前塩

▼ 江戸名うて~ (2, 0.0%)

1 の広, の武家町人

▼ 江戸名家~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の文

▼ 江戸名所圖繪~ (2, 0.0%)

1 の一, を描いた

▼ 江戸名物女軽業~ (2, 0.0%)

2 大一座

▼ 江戸名物旗本退屈男~ (2, 0.0%)

1 の面目躍如, はふり

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

1 では見掛けない, は庭

▼ 江戸向き~ (2, 0.0%)

1 に出来, のこしらえであった

▼ 江戸商業~ (2, 0.0%)

2 の生命

▼ 江戸在住~ (2, 0.0%)

1 のもの, の平田鉄胤

▼ 江戸在府~ (2, 0.0%)

1 のころ, の譜代

▼ 江戸在府中~ (2, 0.0%)

1 に堂々, のこと

▼ 江戸大坂兵庫~ (2, 0.0%)

1 のよう, を開くべき

▼ 江戸大奥~ (2, 0.0%)

1 お出入り, へ献ずる

▼ 江戸大火~ (2, 0.0%)

1 の例, の惨状

▼ 江戸大阪京都~ (2, 0.0%)

1 の三ヶ, を抜かし

▼ 江戸奉行~ (2, 0.0%)

1 で幕府, の手当

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

2 まつて

▼ 江戸子同士~ (2, 0.0%)

1 でなけりゃア何, で打明けた

▼ 江戸宗家~ (2, 0.0%)

1 に弓引く, を初め紀

▼ 江戸宿~ (2, 0.0%)

1 の伝馬駅, の里長馬込勘解由

▼ 江戸小咄~ (2, 0.0%)

1 がのっ, などの類

▼ 江戸屋はん~ (2, 0.0%)

1 にぬれ, のはた

▼ 江戸屋半五郎~ (2, 0.0%)

1 が八州, の家

▼ 江戸屋園吉~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 江戸屋敷方~ (2, 0.0%)

1 の脱走者, の避難者

▼ 江戸山谷~ (2, 0.0%)

1 の仰, の真崎稲荷

▼ 江戸川口~ (2, 0.0%)

1 の方, も銚子口

▼ 江戸川柳~ (2, 0.0%)

1 のバイブル, の無二

▼ 江戸川辺~ (2, 0.0%)

1 かと思う, がすっかり

▼ 江戸左衛門尉能範~ (2, 0.0%)

2 の所従

▼ 江戸幕末~ (2, 0.0%)

1 に限る, も餘

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

1 に達す, の書生

▼ 江戸引越~ (2, 0.0%)

1 の月日, は霞亭

▼ 江戸彼岸~ (2, 0.0%)

1 と新, と為した

▼ 江戸往来~ (2, 0.0%)

1 にも多く之, の旅行

▼ 江戸忠重~ (2, 0.0%)

1 に託し, を密使

▼ 江戸情調~ (2, 0.0%)

1 が欠け, の失はれ

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

1 となっ, のこと

▼ 江戸政府~ (2, 0.0%)

1 の鼎, は生糸貿易

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

1 であるに, のうち

▼ 江戸時代三百年~ (2, 0.0%)

1 の平和期, の間

▼ 江戸時代中期~ (2, 0.0%)

1 の代表的傑作, の読み

▼ 江戸時代以前~ (2, 0.0%)

1 においては漢文学, の故事

▼ 江戸有数~ (2, 0.0%)

1 の太物商磯五, の富豪

▼ 江戸木板画~ (2, 0.0%)

2 の悲しき

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

1 から明治, の享楽者流

▼ 江戸末期的~ (2, 0.0%)

1 な絢爛, の感じ

▼ 江戸末期趣味~ (2, 0.0%)

2 もこの

▼ 江戸東叡山~ (2, 0.0%)

2 の寛永寺

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

1 が小さく, の方

▼ 江戸構え~ (2, 0.0%)

1 といっ, になっ

▼ 江戸歌舞伎式~ (2, 0.0%)

1 の俳優, の芸風

▼ 江戸気分~ (2, 0.0%)

1 なもの, を吐こう

▼ 江戸浄瑠璃中~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 江戸深川~ (2, 0.0%)

1 に原宮黄村, の旗本

▼ 江戸潰し~ (2, 0.0%)

1 だ, の御

▼ 江戸灣内~ (2, 0.0%)

1 にすすん, に再

▼ 江戸火消し~ (2, 0.0%)

1 の創立, の数

▼ 江戸焼き打ち~ (2, 0.0%)

1 ということ, はだめ

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

1 え拔きの豪士, の長女ふく

▼ 江戸生え抜き~ (2, 0.0%)

1 の職人, の豪士

▼ 江戸生活~ (2, 0.0%)

1 には三百年, の一ページ

▼ 江戸町二丁目~ (2, 0.0%)

1 の大, の裏通

▼ 江戸留守~ (2, 0.0%)

1 という事実, を題材

▼ 江戸盛時~ (2, 0.0%)

2 の演劇

▼ 江戸神田小柳町~ (2, 0.0%)

1 において代々彫刻, に住んだ

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

1 がいま, と呼ん

▼ 江戸老中宛~ (2, 0.0%)

1 に出した, に書い

▼ 江戸老中差廻し~ (2, 0.0%)

1 の役人, の検地役人

▼ 江戸老中派遣~ (2, 0.0%)

2 のわいろ

▼ 江戸聞書~ (2, 0.0%)

2

▼ 江戸花川戸~ (2, 0.0%)

1 で早耳, の岡

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

1 が大変, を持て来ましょう

▼ 江戸薩摩ッ原~ (2, 0.0%)

2 の別

▼ 江戸衰亡期~ (2, 0.0%)

1 の唯美主義, の妖艶

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

1 がある, を用いる

▼ 江戸讃美~ (2, 0.0%)

1 に傾く, の傾向

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

1 のこんな, 処では

▼ 江戸送り~ (2, 0.0%)

1 にでもなった, の大筒

▼ 江戸鉄砲洲~ (2, 0.0%)

2 某稿

▼ 江戸銀行~ (2, 0.0%)

1 にあらわれた, にあらわれました

▼ 江戸開城~ (2, 0.0%)

1 に関する部分, の後

▼ 江戸~ (2, 0.0%)

1 がもの悲し, といったあの

▼ 江戸順禮~ (2, 0.0%)

1 といふこと, も又

▼ 江戸風景~ (2, 0.0%)

1 にはなじみ, の日

▼ 江戸駒込~ (2, 0.0%)

2 の別邸

▼ 江戸高輪東禅寺~ (2, 0.0%)

2 にある

▼ 江戸鹿子~ (2, 0.0%)

1 こくも, や江戸爵抔

▼1* [886件]

江戸あけぼのの里, 江戸あられ瓦屋という, 江戸あるいは江戸人に, 江戸あ大原っぱじゃ, 江戸いつでもあつ, 江戸いらいのショッパ味, 江戸お上にお, 江戸お前さん江戸の者, 江戸かたぎから生み出され, 江戸かの二つの, 江戸からさえもといっても, 江戸からだってまあ, 江戸からも遠からず, 江戸がたの一曲湾, 江戸がっている, 江戸がった崩れた言葉を, 江戸がって骨抜きせぬ, 江戸がるのを, 江戸ぐらしで田舎, 江戸このかたの, 江戸さえ狭くなり, 江戸ざくらのみじめ, 江戸ざむらいとあなどっ, 江戸じゃあナまあ聞き, 江戸じゅううわさで大変, 江戸じゅう雪が積もってる, 江戸ぜんたいが黄色く, 江戸そのものの食糧, 江戸その他において有力, 江戸だけじゃ事が, 江戸だって広いや, 江戸だろうが奥州, 江戸っ子いちばん好きや, 江戸っ子かぜを肩, 江戸っ子かたぎとが彼, 江戸っ子どもが大, 江戸っ子みたいな妙, 江戸っ子一流の悪口, 江戸っ子二人山寺へ一夜, 江戸っ子全体が, 江戸っ子冥利にすっ, 江戸っ子同志でなくっちゃ, 江戸っ子好みのかば焼き, 江戸っ子式の快活, 江戸っ子気の他人, 江戸っ子気性の伝六, 江戸っ子気質古本江戸異物牒に左, 江戸っ子流の侠気, 江戸っ子漢学者で少壮, 江戸っ子特有の辛辣, 江戸っ子的な無作法, 江戸っ子的文明の反逆, 江戸っ子茶気と弥, 江戸っ子魂の意地, 江戸つこならざらんか, 江戸づまの金紗, 江戸てえ所にゃ, 江戸であれコンパスで, 江戸でさえあたしゃ旅に, 江戸でしふくいたし, 江戸ですら徳川幕府開設の, 江戸でとすると, 江戸でなければならぬ, 江戸でなければこの女, 江戸でばかり遣って, 江戸といったので以前から, 江戸とか水戸あるいは, 江戸とかへ行かなければ, 江戸とちがつてここ, 江戸とまでは遡らずとも, 江戸とやらで殺されて, 江戸どこからどう, 江戸ながらの旗本魂に, 江戸なぞのそれ, 江戸などで山の神の, 江戸などでは正徳の, 江戸などにてハ古道具やなど, 江戸などよりこれを, 江戸ならでは見たくも, 江戸なら知らずこの熱海, 江戸なんぞはいつでも, 江戸なんぞへ山出しの, 江戸においての第一流, 江戸におきまして吾, 江戸におけるも同じ訳, 江戸にかけて助の, 江戸にしか住めない, 江戸にだけでも二三百駿府甲府上州と, 江戸につれ歸り, 江戸につれて來て, 江戸にのみとどまらない, 江戸にはもひとつの, 江戸にばかりゐずに, 江戸にばっかり日が, 江戸にやおれが, 江戸に対する忠実なる, 江戸に迄も聞えて, 江戸のみに限られて, 江戸はかように米穀払底, 江戸はな浪人や無職者, 江戸はめつきり涼しく, 江戸し, 江戸ばかりでも, 江戸ばかりに日は, 江戸びとはいまだに, 江戸ぶりに口, 江戸へかへり候, 江戸へさえ出れば, 江戸へとては十六の, 江戸へへえったから, 江戸へまゐりませうと, 江戸えな朱彫りの, 江戸まがいの三下奴, 江戸まででも行かれる, 江戸みちと彫った, 江戸めいた美しい女, 江戸めずらしいこのひと, 江戸もしくは江戸を, 江戸ものがたりの一つ, 江戸もめつきり変つた, 江戸もんけ, 江戸もん同士がひどく, 江戸やら山ばかり, 江戸らしくありませんね, 江戸をさえ離れたのに, 江戸を以て鑑と, 江戸アカザともまた, 江戸カフエとかノーエン, 江戸キッスイの町人, 江戸来て, 江戸ッ児全体が夙く, 江戸ッ児同士だけに血, 江戸ッ児専売のつもり, 江戸ッ児市川宗家エド蔵の勧進帳, 江戸ッ児張りにうんと, 江戸ッ児本来の面目, 江戸ッ児気取りで人, 江戸ッ児気質の破壊者, 江戸ッ児江戸ッ児の中, 江戸ッ児江戸ッ子まことにその, 江戸ッ児連が, 江戸ツ児弁急き込めば, 江戸ツ子ぢやア, 江戸ツ子らしからぬ処, 江戸ツ子一流の, 江戸ツ子気質を充分, 江戸ツ子特有の辛辣, 江戸ツ子的浮薄な皮肉, 江戸ツ子的神経の都会人, 江戸ツ子肌らしい物, 江戸ツ子自慢の聴衆, 江戸ツ子諸君が第三者, 江戸ツ子達は小便組, 江戸ナレハシマイカラ一ツタマシイヲ抜カシテヤロウト心附イタカラ緋縮緬ノジュバンニ洒落タ衣類ヲ着, 江戸来りし頃ハ, 江戸ニアリテ頗ル此議ニ預ル, 江戸ニテ帯刀ガ世話ニナッタコトヲ厚ク礼, 江戸ニテ稽古ヲシテヤッタモノ故ソコヘ度々行ッテ泊ッタガ, 江戸ニ下向再ビ錦旗ニ抵抗致サントシタル段重々不埒, 江戸ニ来タトイッテモマダ江戸ナレハシマイカラ一ツタマシイヲ抜カシテヤロウト心附イタカラ緋縮緬ノジュバンニ洒落タ衣類ヲ着, 江戸ニ来レル仏の, 江戸修行ハ出来ヌトイッタラサヨウナラ今日ハ吸オウト云ウ故, 江戸ノカケヤニモ千五百両バカリ借ガアル, 江戸フロウ二度ナリ信濃マメマゴマメ八升マメであるが, 江戸ブドウとも称した, 江戸ヘキタカラ毎日毎日行通イシテ世話ヲシテ江戸ヲ見, 江戸ヘハ帰ラレズ此処デ二度マデウチヲ出タ, 江戸ヨリ石川瀬兵衛ガ吉田ヘ来, 江戸一円何の喧嘩物言い, 江戸一日犬冢印南今川槐庵及恬同陪先生, 江戸一流の呉服屋, 江戸一流女軽業と書い, 江戸一統の名折れ, 江戸の座敷, 江戸三十六見付何の手懸り, 江戸三十六門と俗, 江戸三千里の外, 江戸三名醫の一人, 江戸三国志のお, 江戸三度と稱, 江戸三座が新吉原附近, 江戸三田古川橋のほとり, 江戸三界八百八町どこを見, 江戸三百年間に何回, 江戸三社祭りと称せられ, 江戸上方まで沸き立たせた, 江戸上方のとは異なり, 江戸上流階級においてすこぶる, 江戸下り初舞台初日の日, 江戸下六番町に住居, 江戸下町人の惡, 江戸下谷は練塀小路, 江戸下谷源空寺門前といった所, 江戸下谷練塀小路弓削法外道場第一, 江戸下谷練塀小路法外流剣法道場主弓削法外の贈り物, 江戸下谷長者町小八という菅笠, 江戸下谷長者町道庵老でござるげ, 江戸与力の先輩, 江戸与力中西弥惣兵衛じゃ, 江戸世紀末の悲哀, 江戸吟集, 江戸両国十一屋の隠居, 江戸両国橋で小熊, 江戸両替番組世話役の貫禄, 江戸中みんな焼けるが, 江戸中世期のやう, 江戸中丸で焼け, 江戸中丸焼けにならねえ, 江戸中人心恟々とし, 江戸中何万の人, 江戸中侠客狩りのあった, 江戸中侠客狩り以来いまだに残る, 江戸中切ッてううん, 江戸中大災害を蒙った, 江戸中大變を觸, 江戸中引きまわしの, 江戸中搜したつて滅多, 江戸中期この方日本中の販路, 江戸中期以降海邊漸く多事, 江戸中期前は土ヘン, 江戸中村屋七兵衛代人伝四郎より人, 江戸中滿開の花, 江戸中灰になる, 江戸中焼払いの火元, 江戸中目貫の場所, 江戸中誰知らぬ者, 江戸中貧民の起り, 江戸中間の田舎, 江戸中騒乱の巣, 江戸丸山の伊沢棠軒, 江戸丸焼けという大火, 江戸時事一向に, 江戸九軒の大, 江戸二人師匠と言われた, 江戸二百余年を通じて連続, 江戸五郎のはどんな, 江戸五郎一座の浄瑠璃語り, 江戸五郎胡蝶物狂いの図, 江戸五郎自身がしねえ, 江戸京大阪また北, 江戸京橋は亀島町, 江戸京都大坂あたりの商人, 江戸京都大坂長崎名古屋なぞと地名, 江戸人士は悪罵, 江戸人種は性懲り, 江戸人行楽の盛り場, 江戸人質に御座候間, 江戸人酒の肴, 江戸仙台藩の蔵屋敷, 江戸以前尠くとも, 江戸以来ここに屋敷, 江戸以来何百年のあいだ, 江戸以来勃興した戯作, 江戸以来東京へ引き, 江戸以来歳の市の始まり, 江戸以来男ながら小さな, 江戸以来神田に久しく, 江戸以来著名の女形, 江戸以来近藤方の腹心, 江戸以来随一とし, 江戸会誌旧幕府, 江戸伝統市井の情調, 江戸伝馬町佐久間某の婢, 江戸伝馬町四丁目に住ん, 江戸住民の言語反省, 江戸佐久間町に生れ, 江戸何大通の番付尻, 江戸侍藤崎を思わず, 江戸児意気まだ衰えず, 江戸児江戸児のない, 江戸兒夥間だと, 江戸兒氣の瑞村, 江戸兒風の男, 江戸のしたく, 江戸入りどころで無い, 江戸入府の際, 江戸入部以後これほど大きく, 江戸全体は引っ, 江戸全市を櫛, 江戸八丁堀近藤右門と申す, 江戸八十八カ町の山車引き物, 江戸八宿のうち, 江戸八景に数えられた, 江戸八百万石お上が御, 江戸八百万石三百諸侯旗本八万騎のご, 江戸八百八町どこへ参る, 江戸八笑人和合人の文明, 江戸六地蔵の一員, 江戸内一帯静かであろう, 江戸内外の両替屋, 江戸吟味日程第, 江戸出府中の事, 江戸出府以来のこと, 江戸出府以来四月近くもむなしく, 江戸出府後の結果, 江戸出役中ゆゑ幕府へは憚り, 江戸出版物の蒐集, 江戸出発の折, 江戸出發が十月下旬, 江戸出立の時, 江戸分間大絵図, 江戸分間地図を見る, 江戸分限番附の前頭筆頭, 江戸切支丹の源泉, 江戸切支丹宗徒の中, 江戸切絵図を開き見れ, 江戸初期頃の句集, 江戸利厳は熊本, 江戸到着致し老中披見, 江戸剣者一同の名誉, 江戸劇界の人気, 江戸六狂言の, 江戸勘吉原の平松, 江戸はどこ, 江戸勢力下なればこその, 江戸を命ぜられ, 江戸勤番中歿す, 江戸勧進角力あつて, 江戸北郊千住宿六丁目に住む, 江戸十里四方の土地, 江戸千家へ茶, 江戸半分煮えくり返るよう, 江戸南町奉行大岡越前守さまと相談, 江戸南町奉行所の命, 江戸南町奉行直属の手先, 江戸博覧会なるもの, 江戸参勤のお供, 江戸参勤中で遠江国浜松, 江戸参覲を果し, 江戸參府の歸途, 江戸參着といふ, 江戸叢書の中, 江戸叢書刊行会から出版, 江戸史跡をよむ, 江戸司直の手, 江戸吉原に売られた, 江戸吉祥寺の境地, 江戸同年五月には山城, 江戸打ての, 江戸名代役者のお, 江戸名代胆力無双のわが, 江戸名所九十六間の板張り, 江戸名所図絵を見, 江戸名所東錦絵のはじめ, 江戸名所案内記中その最も, 江戸名物伝法型のあにい, 江戸名物冬の木枯, 江戸名物帳を見まし, 江戸名物旗本退屈男何者かに毒殺, 江戸名物日本一の大, 江戸名物早乙女主水之介, 江戸名物退屈男ともあ, 江戸名苑の一, 江戸向島の観桜風景, 江戸向島あたりに馬山才, 江戸否東京である, 江戸の元祖鹿野武左衞門, 江戸和泉太夫芝居に野呂松勘兵衛, 江戸和蘭陀屋敷御同心, 江戸品川の元, 江戸品川宿の青物屋大阪屋, 江戸品川東海寺から沢庵和尚, 江戸品川藤茶屋のあたり, 江戸商人の娘, 江戸と上方噺, 江戸嚢里の家, 江戸四月八日に卯花, 江戸回りで届いた, 江戸団十郎見しゃいな, 江戸図古銭は抽斎, 江戸固有の俳人気質, 江戸国民が亡国, 江戸在住蘭學者たち杉田成卿箕作阮甫杉田玄端宇田川興齋木村軍太郎大鳥圭介松本弘庵など俊秀, 江戸在勤を命ぜられ, 江戸在学の間, 江戸在留の者, 江戸坂尽なぞ題されたる, 江戸の美貌, 江戸城主遠山丹波守の女婿, 江戸城北駒米里華佗巷之温知薬室, 江戸堀江町の家主清水徳兵衛, 江戸墨堤の群衆, 江戸墨屋敷にいた, 江戸大伝馬町の豪家佐久間某, 江戸大半を焼き尽しました, 江戸大坂兵庫新潟の四港, 江戸大坂十里四方を上知, 江戸大坂等の大, 江戸大塚に住ん, 江戸大火以後いまの土地, 江戸大納言へ服部采女正, 江戸大納言加賀宰相然してかく申す, 江戸大通の中, 江戸大通人はカツレツ, 江戸大阪共爲致往還度彼是相伺候可然御, 江戸大阪生れの人間, 江戸大阪等幕府直轄地同様の政治, 江戸大阪間を往復, 江戸大阪鹿児島と三ヶ所, 江戸大風中竜を見た, 江戸天王の, 江戸太郎でもなし, 江戸奉行宛の書翰, 江戸奉行達で, 江戸奉行配下にある, 江戸始まって以来, 江戸姿を変え, 江戸娘たちの好奇心, 江戸子同志で寄, 江戸子同様と云う, 江戸子気性でテキパキ, 江戸子町新寺町新割町には大, 江戸守備の任, 江戸定府出身の少い, 江戸定府土岐太郎八の次女, 江戸定番になっ, 江戸室町時代ごろまでの布地, 江戸家老安井彦右衛門と藤井又右衛門, 江戸富士詣りと, 江戸専制時代の迷信, 江戸将軍親藩の主, 江戸小塚原で刑せられた, 江戸小日向にある, 江戸小間物を進上, 江戸居りの諸, 江戸屈指の名, 江戸屋尤も大なれども, 江戸屋怪談の腹案, 江戸屋敷中の評判者, 江戸屋敷大奥の噂, 江戸屋敷詰に成りまし, 江戸屋敷附に, 江戸屋江戸五郎胡蝶物狂いの図, 江戸というの, 江戸山あたりを散歩, 江戸山の手の春, 江戸川添の東五軒町, 江戸巷間のこの, 江戸市ヶ谷合羽坂尾州分邸に生れ, 江戸市中一円に向かっ, 江戸市中七夕の飾り, 江戸市中不景気と云, 江戸市中世渡ぐさに俤, 江戸市中全体にその, 江戸市中大騒動の最中, 江戸市中引廻しのうへ, 江戸市中流行感冒猖獗を極め, 江戸市中狂乱の巻, 江戸市井人の感懐さ, 江戸市内に空地, 江戸市民生活の呑氣さ, 江戸市民讃仰のまと, 江戸市西北の広野, 江戸は今, 江戸帰りのお, 江戸常住となっ, 江戸常陸越前近畿中国九州の果て, 江戸幇間の明治中興, 江戸幕下に人物, 江戸幕府三代の将軍, 江戸幕府急を知っ, 江戸幕府独特の密偵隊同様, 江戸平民固有の文学美術, 江戸平民絵画史に掉尾, 江戸平民美術として見る, 江戸平田塾をのぞいた, 江戸年代記に依ります, 江戸年間の巣鴨, 江戸が新, 江戸府内近郊の寺, 江戸座俳諧を以てする, 江戸座小判一分判丁銀取交ぜて, 江戸座雪中庵の社中, 江戸が句, 江戸庵主人画帖一折携へ来られ, 江戸庶民の感覚, 江戸建設は思いきっ, 江戸廻船の業, 江戸廻送をほんとう, 江戸弁そのもの, 江戸弁今に分らなくなるだらう, 江戸式通人のそれ, 江戸引きまわしの, 江戸引払いにてこれ, 江戸張りに生地, 江戸彫刻師の随一人, 江戸徃昔の文化, 江戸後半の京都方言, 江戸後期浮世絵を見る, 江戸御用聞のあいだ, 江戸御茶の水の料理店, 江戸徳川にとって容易, 江戸徳川名代を誇る, 江戸徳川宗家にとっては由々しき, 江戸徳川将軍家のお, 江戸徳川氏の末期, 江戸思想中には皆無, 江戸情史にあんまり, 江戸情緒風物をたすける, 江戸情調的異国情調的憧憬の産物, 江戸愛宕下の松平家, 江戸慕府へ九州動乱, 江戸慣れない敬太郎は, 江戸憧憬者が惜, 江戸懐しい話を, 江戸成金の茶道楽, 江戸手遊絵の夢, 江戸と云, 江戸ひに, 江戸持ち越しの万葉学, 江戸持込みなどは全く, 江戸指折りの男, 江戸握りとの相違, 江戸攪乱の策源地, 江戸政体にはもう, 江戸文化そのものはどう, 江戸文化中の至宝, 江戸文学一般に関する解説考証, 江戸文学素人大家等々甚だ賑やか, 江戸文學その他でも隨所, 江戸文學專攻家を以て任じ, 江戸文明爛熟期の風流, 江戸文芸の余威, 江戸文芸再興の期, 江戸文華の裡面, 江戸文雅の精華, 江戸料理屋へ女中, 江戸吉原の, 江戸旗本中の旗本男, 江戸日本橋七つ立ち初上り, 江戸日本橋小網町の廻船問屋港屋太蔵方, 江戸昌平黌に遊学, 江戸春一夜千両吉原楊枝夜半の茶漬, 江戸時代この方実に見事, 江戸時代以来伝統の敬神風俗, 江戸時代初め頃の人, 江戸時代前半は相当, 江戸時代前期以前のエタ, 江戸時代南から北, 江戸時代古文書にも散見, 江戸時代寛政明和の頃, 江戸時代封建の夢三百年, 江戸時代専庶民の階級, 江戸時代建築技巧の精華, 江戸時代後半でなかろうかと, 江戸時代警察史などを見, 江戸時代隅田堤看花, 江戸時代随一の物知り男曲亭馬琴, 江戸時代青森鯵ヶ沢十三などと共に四浦, 江戸時代青酸カリもピストル, 江戸普通の風俗, 江戸暮しをつづけ, 江戸暴富傳中の一人, 江戸書生の間, 江戸書画角力は相識, 江戸最初には既に, 江戸最初以前にある, 江戸期以来の道徳, 江戸期文學史などは幾ら, 江戸期終りまで籾俵, 江戸木挽町と赤坂, 江戸曽有の, 江戸末季の廃頽的空気, 江戸末年的名優尾上松助も嘗て, 江戸末期以来西洋諸国の言語, 江戸末期的代表デカタンが丹治郎, 江戸末李より明治, 江戸本丸のあたり, 江戸本家八州屋という看板, 江戸本所住の三千六百石, 江戸本所割下水に住ん, 江戸本町二丁目の村井, 江戸本石町に開業, 江戸本邸に去っ, 江戸朱引内の境, 江戸の方, 江戸条約が諸, 江戸東京と称される, 江戸東京人よりももつ, 江戸柳原の酒屋市兵衛, 江戸柳生三代の人, 江戸柳生家の基礎, 江戸根津あけぼのの里, 江戸根津権現のうら, 江戸根生の個性, 江戸桃源の春風, 江戸が薩摩, 江戸桜清水清玄と云う, 江戸桜田邸にある, 江戸桜盛りの色, 江戸よりの御, 江戸橋前まで来る, 江戸檻致の命, 江戸正調の郷土文学, 江戸歳晩風景の如実, 江戸歸着のとき, 江戸残らずのお, 江戸氏染井氏と言つた人達, 江戸氏葛西党三浦一族坂東八平氏武蔵七党などの混成旅団, 江戸民族の主張, 江戸気性なん, 江戸氣質などは滅びた, 江戸水戸郷里福井に遊説, 江戸永田町の室賀源七郎正俊, 江戸汐留の藩邸, 江戸江戸と江戸, 江戸にて, 江戸河越もきょう明日, 江戸河越なんどの平家方, 江戸河越甲府秩父などの諸, 江戸をかけなきゃならねえ, 江戸泰平の時, 江戸洲崎へ行く, 江戸派主流で維新後藩内京都派, 江戸流捕物術と上方流, 江戸流行医の巨擘, 江戸浄瑠璃作者近くは河竹黙阿弥翁, 江戸浅草奥山でも人気, 江戸浅草孔雀長屋人別紋日の虎五郎娘, 江戸浪人榊田六左衛門重能と云, 江戸浮世絵師が歿年, 江戸浮世絵最終の俤, 江戸深川六軒掘に, 江戸清掻きの音, 江戸渇仰の徒, 江戸に在り, 江戸湊長安遠州戸塚靜海, 江戸湯島に長崎水右衛門, 江戸湾一帯の海岸, 江戸湾内を立ち出でる, 江戸湾警備を申しつけられ, 江戸その反対側, 江戸滞在を長引かせる, 江戸滞在中色いろ取持ち, 江戸滯在の森山榮, 江戸灣口に接近, 江戸灣小柴沖から下田, 江戸灣靜岡灣即ち富士, 江戸灣靜岡灣一帶の地, 江戸無宿だから, 江戸爵抔の古書, 江戸牛込二十騎町の旗本鳥居孫太夫, 江戸牛込榎町に道場, 江戸を買っ, 江戸特有の遊里情調, 江戸独自のもの, 江戸狭斜の風俗, 江戸らしいから, 江戸生えぬきの遊人, 江戸生っ粋の, 江戸生れそこへもっ, 江戸男児の気風, 江戸町いづみや, 江戸町一丁目あたりでつづけ, 江戸町一丁目和泉屋平左衛門の抱泉州, 江戸町一丁目松葉屋半左衛門へ女郎, 江戸町一丁目玉屋山三郎方で後, 江戸町一丁目辨天屋の抱え, 江戸町一丁目辨天屋祐三郎抱え紅梅, 江戸町三丁目佐野槌屋の抱え遊女黛, 江戸町中喰物重寶記, 江戸町二丁目某楼の遊女, 江戸町京町や柳桜, 江戸町奉行丹羽遠江守は年内, 江戸町奉行大岡忠相拙者を置い, 江戸町奉行松野壱岐守の部下, 江戸町奉行越前守忠相といえ, 江戸町奉行遠山左衛門尉役宅へ商人, 江戸町家の二階, 江戸町年寄三人の中, 江戸町揚屋町と曲輪五丁町, 江戸町方の者, 江戸町河岸の紫, 江戸町與力の倅山崎賞次郎, 江戸留守居の方, 江戸留守居役で母, 江戸異物牒に左, 江戸當初の者, 江戸の書, 江戸発生の舞踊, 江戸発足以来一泊もしない, 江戸発駕という日取り, 江戸登城の折, 江戸百景江戸近郊八景東都名所江都勝景江戸高名会亭尽名所江戸坂尽なぞ題されたる, 江戸なもの, 江戸的デカダンス思想の最後, 江戸的氣風が現, 江戸的通念に対して本質的, 江戸相撲で三段目, 江戸という事, 江戸着目下は松山藩松平隠岐守, 江戸矢部定謙の許, 江戸石原に住ん, 江戸砂子という本, 江戸砂子惣鹿子等によれ, 江戸神田の木村嘉平, 江戸神田黒門町の村田, 江戸の唄, 江戸祭歌は神田明神祭礼, 江戸移住の官許, 江戸移駐を秀吉, 江戸程の騰貴を, 江戸立ちじゃ, 江戸竜ノ口の評定所, 江戸等々の諸, 江戸か鳥追い節, 江戸節上がりの女, 江戸築地の土佐侯造船場, 江戸築城以前の流域, 江戸の素質, 江戸絵錦絵のあった, 江戸絵風の彩色画, 江戸繁昌を祝し, 江戸繁昌記を著し, 江戸繁昌記深川のくだり, 江戸繁昌記評を憶, 江戸繁華の街衢, 江戸美人たちがぞろぞろ, 江戸美術の余命, 江戸美術固有の秘戯画, 江戸羽根田に闖入, 江戸者一人探してんか, 江戸者同士ですから, 江戸者女にかけ, 江戸者張があっ, 江戸聯綿の流派, 江戸の五百ら, 江戸脱走は藩, 江戸興業に行く, 江戸舶来の珍客, 江戸で火あぶり, 江戸芝居ひとり古りたる, 江戸花川戸質両替渡世近江屋治兵衛娘雛当年十八歳右尋ね当て, 江戸花魁のうれしい, 江戸芸妓だろう, 江戸若くはその, 江戸茶番の愉し, 江戸草創の際, 江戸草創時代の元気横溢, 江戸荒しの山賊, 江戸萬歳これは今の, 江戸の日, 江戸阿という, 江戸蔵前の大通, 江戸薩摩屋敷などにも出入, 江戸薩摩邸の焼打, 江戸薬研堀生不動与兵衛様, 江戸藝者などそれ, 江戸藝者義太夫語り長唄, 江戸藝術論と題し, 江戸藝術論印刷校正摺を見る, 江戸藝術論印税金を送り来る, 江戸藝術論製本成る, 江戸の名士, 江戸藩邸費に費用, 江戸蠣殻町の中邸, 江戸のこと, 江戸街上今の鍋屋, 江戸表以来お十夜, 江戸表以来何人よりは一番そ, 江戸表共党派が目立っ, 江戸表出立といふ騷ぎ, 江戸表参覲の節, 江戸表參覲の出がけ, 江戸表市ヶ谷の上屋敷, 江戸表年々日増しに御, 江戸表御用有之御, 江戸表田沼様お乗出し, 江戸表米穀払底の折柄, 江戸表詰の頃, 江戸表護送となっ, 江戸裏鬼門の聖天樣, 江戸褄模様に翻れ, 江戸西方の近郷, 江戸要害説を固執, 江戸見ずゴンズイと, 江戸見坂である, 江戸見学の第, 江戸見物些と長く, 江戸角力の年寄関の戸住右衛門, 江戸解城と為り, 江戸訛りを言う, 江戸訪余僑居携一盆卉視之乃曩所留者也, 江戸評議の延引, 江戸を置い, 江戸調子で, 江戸諸般の文芸美術, 江戸警備の物々し, 江戸警衛の任, 江戸護持院ヶ原の野仏, 江戸谷中三崎の下屋敷, 江戸豊島ガ岡の古墳, 江戸豊島葛西川越坂東の八平氏, 江戸貢進使の上り, 江戸贔屓な一種, 江戸趣味ッていうん, 江戸趣味人のよう, 江戸軟文学の脈, 江戸を使, 江戸近く甲州筋そこまではちと, 江戸近世のもの, 江戸近国は旱魃, 江戸近海に繋泊, 江戸近辺神田の原, 江戸近郊だけの特例, 江戸近郊八景東都名所江都勝景江戸高名会亭尽名所江戸坂尽なぞ題されたる, 江戸近郷遠くは北国西国, 江戸追慕の詩人斎藤緑雨, 江戸追討を憤っ, 江戸追討軍の御, 江戸通いの船乗り, 江戸通志は机, 江戸造立の時, 江戸進撃に参加, 江戸遊廓方言にまで, 江戸遊所の不景気, 江戸とある, 江戸遠江守を震死せしめた, 江戸邸一日趨白川老公招飲酒間公手親折梅一枝又作和歌并以賜余, 江戸金吹町の唐物店, 江戸金地院の開山崇傳, 江戸金座は元禄, 江戸錦どんとあとからゆっくり, 江戸錦ゃああの相撲が終わる, 江戸錦ィ江戸錦という声援, 江戸錦所有の印籠, 江戸錦秀の浦, 江戸錦絵などに残っ, 江戸錦繪浮世繪氣分横溢となつ, 江戸鍛冶橋御門前南隅, 江戸を検する, 江戸鑑小姓組番頭中に, 江戸長唄なる称呼, 江戸長崎堺博多の商人, 江戸長崎間を三日, 江戸長沢町に兵法講堂, 江戸長者番付の前頭, 江戸開け渡しの, 江戸開市を前, 江戸開府ごろの話, 江戸開府以來ぢやない, 江戸開府以來最初の輕業, 江戸開府以来最初の軽業, 江戸開府時代の人たち, 江戸開成所教授神田孝平訳の経済小学, 江戸開板の新聞紙, 江戸開闢以来のこと, 江戸であるから, 江戸間近の横浜, 江戸閣老を斃, 江戸陋巷の窮民, 江戸陸奥の大山大川, 江戸隅田川の都鳥, 江戸随一撰りすぐり, 江戸隠密達二人と一緒, 江戸雁木坂にいる, 江戸離れて南, 江戸霞関の藩邸, 江戸音曲中の仏教的思想, 江戸顔見世の狂言, 江戸風俗の美人画, 江戸風料理の第一人者, 江戸風物詩的雰囲気や厄払い, 江戸風詞曲の述作, 江戸風軽口の話口, 江戸風雅の遺習, 江戸飛脚らしいが, 江戸馴れしていた, 江戸馴れねえからと云っ, 江戸駿河台の家, 江戸駿河台鈴木町に住ん, 江戸高名会亭尽名所江戸坂尽なぞ題されたる, 江戸の孫娘, 江戸が橋, 江戸鱸坊之僑居, 江戸の誇り, 江戸麹町は平川町, 江戸麹町二番地駒井能登守内へ, 江戸麹町番町の三宅三郎, 江戸麹町番町旗本片柳伴次郎家中宇津木兵馬と申す, 江戸麻布の長州屋敷, 江戸麻布六本木庄司伊左衞門娘お藤, 江戸黄檗禅刹記中に存, 江戸黄蘗禅刹記は所謂珍本, 江戸黄蘗禅刹記巻第五, 江戸黒船町辺にて鬻ぎ