青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「李~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

本質~ 本郷~ 本陣~ ~札 札~ 朱~ ~机 机~ ~杉 杉~
李~
~材料 材料~ 材木~ ~村 村~ 村人~ 村長~ ~杖 杖~ 杜~

「李~」 3161, 31ppm, 3731位

▼ 李~ (305, 9.6%)

5 か, だ, である 4 だった, のこと, の体, の姿 3 のそば, もまた

2 [13件] だったの, といえ, の影, の方, は, はあ, はそれ, は例, は墨, までが, よ, をよん, を見る

1 [242件] かあれ, から出た, から夜来, から猟師たち, が, がお, ががら, がしんそこ, がじ, がふ, がやにわに, が上, が喚い, が場所柄, が嫌, が帰っ, が怒り, が息, が悲し, が李鬼, が枯樹山, が楊大臣, が法院窓, が片手, が腰, が衆座, が買っ, が退治, が逸早く, が韋駄天, が顔, が鬼, が鼻, さえもキリキリ舞い, じゃお, じゃない, すごい鼻息, そう怒る, そんなに行きたい, たあ, だが, だけには何, だけは後ろ, だと, だの証人たち, だわな, っ, っていうん, ですよ, ではない, でもいる, で無断, といいまし, という牢番, といっ, といったら, とき, ときた, としてはいつ, とちがっ, とは同じ, とは手, とは旅籠, とぶつかっ, と一しょ, と共に風, と戴宗, と楊林, と楊雄, と決闘, と知っ, と聞いた, と証人, などが突, などは, などは無用, など単身虎, にし, にすれ, については充分, にとってどれ一つ難題, にとっては一杯機嫌, にはくすぐ, にはこたえ, にはそんな, には不向き, には振向かれ, に代っ, に似, に叱, に違い, のあと, のいる, のお, のおふくろ, のごとき, のそれぞれ, のもがき, の一, の一斧, の二丁斧, の代り, の先鋒, の内心, の名, の如き, の孝心, の実, の家, の専売, の帰郷, の手, の手引き, の田舎, の目, の神妙さ, の綽名, の縄, の貼り, の身, の酒くせ, の鉄拳, の顔, の風貌, の首, はあきらめた, はいつか蝉, はおまえ, はけらけら, はこれ, はさすが, はすっかり, はそこ, はそこら, はその, はたじろいだ, はただ, はたまげた, はつい, はどう, はどこ, はぬうっと, はほんとに, はまず, はまだ, はまだよく, はむくれる, はもう, はもすこし, はわれ, はシュン, はセセラ, はムク, は一人, は一歩, は一目, は七月, は三千貫, は両, は仰向い, は充分, は切れ, は初めて, は口, は夢中, は大きな, は宋江, は官印, は小舟, は布, は張乙, は心から, は怒り, は思うさま, は意気込ん, は愚痴, は手, は抱きとめた, は振返るやい, は杯, は楊大臣以下, は槐, は求め, は汗, は生れた, は病人, は目, は空い, は突如, は竹籠, は総毛立った, は罰, は腹, は自分, は舌打ち, は衣服, は言い, は足, は身, は迷子, は追, は逃げ出した, は遠く, は雀踊り, は飛び退い, は飛ぶ, は黒い, へむかっ, へ話した, もただ一人, もだんだん, もついに, もなんだか, もやっと, もギク, も人, も何気なく, も入っ, も加え, も居る, も拝まん, も男, も白い, やちょっと, や武松, をお, をからかった, をさす, をにらん, をむりやり, を助け, を叱っ, を叱る, を執念, を塾, を後, を泣かす, を肴, を語る, を逃がしなさん, を連れ, を部屋

▼ 李~ (242, 7.7%)

5 云った, 言った 4 それを 3 すぐに, 帰って 2 こんなこと, またやって来た, 吉村に, 笑いながら, 笑って, 自分の, 頭を, 黙って

1 [206件] あの機械説, いそいで, いつもの, いつも親切, うなずく, おとなしく着物, おどろいて, きょとんと, こうして妖怪, こう思った, こころよく引受け, こないよう, この老, この老人, これだけ, しかたなし, しきりに見上げ, しばしば催し, しばらく啜り泣き, すぐ立, そういっ, そこには, そっと表, そのうしろ姿, その夜, その柿の木, その父子, その猿, その話, その跡, その通り, その鶏, それから, それでもいい, それと, それをも, だいぶ長く, ちょっと微笑, つづいて, どちらも, なきじゃくりを, なにか, にこにこし, ひどくにこにこ, ひどく神妙, ひどく酔っ払っ, ふいに, ぶらりと両手, ぶるぶる神経, ほんとに嬉し, ぽっと頬, ますます慚, またそれ, また微笑, また訊きました, まだ疑う, むりやりに, もういなかった, もう地面, もう往, やがて奥, やがて拝, やがて立, やはり俯伏, わざと素知らぬ, わなわな手, ピストルを, 一つの, 一度に, 一度も, 一度春日荘, 三人の, 三四日おきにしか, 二人に, 云うの, 五感を, 体を, 俄に, 兼て, 再びこなかった, 切に請い, 別に悄気, 別所から, 制す, 卓に, 単衣, 口では, 叫んだ, 吉村の, 吉村を, 哮り狂って, 唸りながら, 嚢に, 嚢の, 困ったと, 土間に, 土間の, 地面に, 壁に, 外を, 夢中に, 大きく腕, 大変その, 失神した, 妻に, 姿を, 娘に, 子供の, 宝珠を, 岸の, 工合悪, 左遷され, 平気で, 庭から, 廊下の, 廟を, 彼を, 心の, 忽ちにそれ, 急に, 恐る恐る受取り, 悔むように嘆息する, 意外な, 感じて, 扉を, 承服しなかった, 承知せず, 拳で, 持てあ, 振向いて, 振放そうと, 掴みし手, 撫然として, 散りぬ夜, 春日荘に, 時折早起きし, 暗いなか, 更にやって来た, 月を, 林亭に, 桑に, 椅子に, 榻に, 正枝, 武士らに, 殊に下手, 決して信じなかった, 海岸の, 涙ぐんで, 温の, 満足そうに, 無理に, 物も, 物を, 狂うよう, 独り肯い, 玄機が, 玄機に, 玄機を, 疲れたよう, 白く北, 目を, 真面目に, 私に, 穴の, 空を, 突然私, 立ちすくんで, 立ったまま, 立寄る, 立止っ, 答えず, 答えず卓, 答えず唯, 答えること, 精しく魚家, 素直に, 腑に, 腰に, 腰を, 興奮の, 蝋燭を, 行儀正しく, 襟を, 親切に, 訊いた, 訊きました, 訝りも, 訝る気色, 話の, 貝殻や, 足を, 返事も, 逃げること, 遂に玄機, 遽に, 銅鑼を, 長時間話しあっ, 開かれた, 雑用の, 頻りに笑い, 顔を, 顔色を, 飄然と, 飲み終って, 黄河で

▼ 李~ (165, 5.2%)

8 ことを 4 木が, 花の 3 ように, 室に, 室を, 方へ, 木の, 樹が, 花が, 花を, 顔を 2 やうに, 前に, 夫婦は, 方を, 花, 葉の, 首を

1 [108件] あとについて, いらいらした, おやじを, ことで, ことは, すがた, てきぱきした, また来た, やきもち, やけの, 一件も, 一座は, 一面に, 中に, 二人は, 人柄の, 伯父に, 傍へ, 兄貴いったい, 兄貴か, 前では, 厄介に, 原稿という, 友人の, 口から, 唱う曲, 在学理由故意に, 塚を, 声, 声が, 外套だった, 大剣, 妾に, 字も, 実, 実の, 実を, 室は, 家で, 家の, 少数の, 履が, 帰ろうと, 心もちを, 恰好が, 悪戯で, 感情が, 懺悔の, 所謂公の, 手より, 手紙を, 損失だけを, 数が, 方に, 明るい顔, 映像が, 時節で, 書いたもの, 木ぐみの木柿の木など, 木の根つこ, 本心を, 来るの, 林亭に, 枝を, 様子を, 樹, 死んだの, 母である, 気に入る室, 父の, 物など, 特別附録は, 白菜花の, 真剣な, 真面目な, 眼に, 神経には, 秀才型では, 秘密が, 種について, 笑顔に, 紅いの, 耳に, 聘に, 聯合勢が, 聯合勢と, 肩に, 色蒼く, 芝居を, 花ちりかかる, 花で, 花に, 花も, 花枝を, 花花の, 蓋, 薫が, 袖を, 言葉は, 言葉を, 話が, 議論は, 變化卓の, 躍る底, 逸話を, 長男中二二十二三歳洋服に, 頃二階の, 鬼である

▼ 李~ (127, 4.0%)

2 の心, の馬, はこの, は単, を褒め上げた

1 [117件] がかつて, が全, が博徳, が幕の内, が必ずや, が悶々, が死ん, が獣脂, が目, が都, ごときの, であって, とともにここ, との親しい, とは父子, と親しかっ, については何一つ, にとって奇異, にとって蘇武, にのみこめ, にはこたえた, にはそんな, には土地, には滑稽, に一揖, に命じ, に好意, に対し激怒, に師事, に頼んだ, のため, のところ, のほう, のほか, のよう, の一行, の中, の使い, の処置, の友人, の場合, の売国的行為, の子, の孤軍奮闘, の家, の家族, の寡軍, の故人, の服装, の縄, の耳, の胡地, の膝, の身体, の軍, はかつて, はこれ, はしかし, はしだいに, はすぐ, はそれ, はそれでも, はただ, はたまたま, はなかなか, はなに, ははじめて, はほとんど, はまた, はハッキリ, は一つ, は一時従者ども, は人間, は他人, は例, は全, は全員, は別に, は北海, は即刻, は友, は小袖, は少, は少し, は己, は後者, は思った, は怪しんだ, は感じた, は憶え, は我, は戦死, は旧友, は極度, は武帝, は歩卒五千, は火影, は狙っ, は突然, は立上がっ, は若い, は西, は車, は軍吏, は辛抱強く, は韓校尉, は驚嘆, への絶対的, への詔, ほどの手強い, も友, も心ならずも, をいたく, を呼ん, を見, を訪ね, を讒誣

▼ 李~ (73, 2.3%)

32 だった, っそち, どうした

1 [64件] がはいっ, が側, が入っ, が呂布, が彼, が抜打ち, が読み上げた, が退がりかける, が過っ, っ, という秘書, に偽り, に示し, に計った, に説かれ, のす, の吉左右, の忠言, の意見, の献策, の言, の言葉どおり, の説, の謀計, の首, はあくまで, はあわて, はいう, はいない, はかね, はかねて, はさらに, はそう, ははっと, はまた, はもとより, はやかましい, はよろしい, は云った, は五千人, は例, は冷然, は冷静, は大股, は彼, は急い, は押, は改まっ, は来, は案, は眼, は笑っ, は董卓, は袍, は頭, は顔色, や呂布, を, を呼べ, を呼ん, を搦め捕っ, を生, を睨めつけ, を退ける

▼ 李~ (72, 2.3%)

2 一人で, 何か

1 [68件] あまりむき, あまり心配, いきなり尋ねた, いつか汽車ん, かの美人, きた, したの, しょげ返って, その寓居, それを, たちまち来た, なぜそんな, なつてる, なにか饒舌, ひとりで, ひどく興奮, ほろりと, また来た, まだ朝鮮, やって来るよう, やりそう, 一緒だった, 主張する, 云いだした, 云った, 云ったの, 今でも, 住んでるアパート, 何にでも, 先に, 別に臨ん, 前後めちゃくちゃに, 叫んで, 吹聴し, 咲いて, 咲き揃って, 咲く, 堆く盛上げ, 夕に, 好きな, 始終沈黙, 急に, 悄然と, 戻って, 手酷しく, 指し示すまま, 揶揄する, 新しい帽子, 旅興行を, 来た, 来て, 横合から, 正枝, 死んだ以上, 毎晩の, 沢山あっ, 真剣に, 立会人と, 笑い出したの, 笑って, 素直に, 美人の, 花より, 英語が, 言った, 言ふと, 語るところ, 身を以て

▼ 李幕事~ (64, 2.0%)

8 の家 6 と許宣 4 はそう

2 [20件] が来, が蘇州, に与えた, の出訴, の帰っ, の弟, の袖, の訴え, の顔, はいそがし, は前, は急い, は朝, は王主人, は白娘子, は眼, は細君, は義弟, は許宣, は逃げる

1 が云った, が言った, の返事, の返辞, は突, は突っ

▼ 李~ (55, 1.7%)

9 はその 3 はそれ

1 [43件] という者, という若い, と三人, に拝, に矢, のくる, の刀, の罪, の顔, はうっかり, はそこ, はその後, はどうして, はどこ, はほっと, は不審, は二本目, は刀, は呼吸, は喜んだ, は大王, は好い, は思った, は恭しく, は意識, は数ヶ月前, は昨夜自分, は気味が悪い, は気味悪く, は番兵, は矢, は耳, は腰, は起き, は近々と, は逃がし, は部下, は銭家, は階下, は飛ん, は驚い, を婿, を連れ

▼ 李~ (54, 1.7%)

2 を味方

1 [52件] あり徐寧, がすぐ, が先, が呼ばわる, が自筆, その人, だけは本家, である, ですが, ではない, というお, という者, とかいう奴, とこの, とは切っ, などが見え, なりとみずから, にはただ, にはなし, のいい, のこと, のよう, の人数, の姿, の家, の手紙, の矢傷, の長, の館, はそう, はついに, はまた, はまだ, はア, は一人物, は一日じゅう, は別格, は叫ん, は唯々, は杜興, は病中, は立派, は花箋紙, へせまった, もついに, もまた, もまだ, も怒髪, も本来, も観念, を出せ, を迎えたよろこび

▼ 李~ (49, 1.6%)

2 か, はそれ, は手

1 [43件] が, がいう, が不承知, が再拝, が嫌, が適任, だった, であった, と会わせよう, なら自分, に会った, のそば, の兵, の献策, の言, の首, はあの, はうなずい, はすぐ, はすり寄った, はたずさえ, はでたらめ, はなん, は一言, は一軍, は二人, は二十騎, は仰天, は兵, は彼, は恭しく, は時, は笑っ, は答える, は走っ, は車, へある, へ問う, へ訊いた, も久濶, をもっ, を斬っ, を督

▼ 李~ (46, 1.5%)

2 のふたり, の兵

1 [42件] か, かご, がぬっく, が二人, が敗れ, が行こう, といい, と先鋒, などの加勢, などの諸, などもあと, にいった, にすこし, にはかる, にはそんな, には戦意, に救われ, のことば, の一隊, の三名, の予察, の二名, の二将, の二手, の軍勢, の鎗, の陣形, は, はその間, は一言, は勃然, は固唾, は城内, は後陣, は断じて, は日頃, は書簡, は苦笑, もあえぎあえぎ, もおった, を副将, を見つけ

▼ 李~ (41, 1.3%)

2 みかえって

1 [39件] あけて, いきなり私, いくつか, いたわって, かかえながら, ここへ, さしまねきながら, して, しんから, 一見しよう, 介抱し, 先き, 出して, 取って, 口に, 吉村は, 呼びに, 噛るなら, 売るん, 婿に, 少しばかり, 慰めて, 憎んだ, 採りに, 植えたの, 横目に, 殺す気, 殺そうという, 母は, 理解する, 疑いだした, 疑うわけ, 篤くねぎらっ, 納得させ, 落す音, 誘惑し, 責めた, 送り出して, 面責し

▼ 李鴻章~ (41, 1.3%)

2 の掛物, の顔

1 [37件] から多大, がこの, が出, が非常, が首, じゃねえ, だけは水煙管, だと, などはさう, にそっくり, に首, の先輩曾國藩, の別荘, の前, の地下室, の如き, の如く死, の廟, の息, の故, の書, の李, の足, の部下, の銅像, はものうい, は上海, は世界, は赤い, は馬関, また来た, もどこ, や張, をつとめ, を下関, を狙撃, 逝く七十余歳

▼ 李~ (40, 1.3%)

2 さん, をよん

1 [36件] かご苦労, がお先に, がへ, が帰っ, が念, が顔, だった, であった, でなければわからない, とが貨物, とくる, とその, と奥さま, と密通, と盧, にしろ, に貨車, の両人, の隣, は, はおちつかない, はさっそく, はすぐ, はてんてこ舞い, は十年前, は延金, は相場, は第, は約束, は首, へ向っ, までが車, も人夫, も何かと, や燕青, 以下盧家の

▼ 李~ (40, 1.3%)

6 の声, の聲 2 がどう, がどうして, が生き, である, と同年, の性情, の意, の自嘲癖, の自尊心, は漸く 1 であったこの, であつ, にとっては最も, にとつて, の祝辞, の祝辭, は博学才穎, は博學才穎

▼ 李太郎~ (38, 1.2%)

2 はもう, は小声

1 [34件] が先, が小声, が怖, が蝋燭, が鼾, と呼びならわし, に言い捨て, に言った, のあけた, の口, はあわて, はうなずいた, はさからわなかった, はその, はにっこり, はふるえ, はまだ, は制した, は又, は寝ぼけ声, は少し, は思い切っ, は探り, は木偶の坊, は竈, は見えない, は説明, もすぐ, も手持ち, も白い, も眼, も老人, を呼び起した, 早く起きろ

▼ 李~ (37, 1.2%)

5 夫人の 2 夫人が

1 [30件] かさもなければ, がこの, が垂水, でも喬彦, と喬彦, にとつ, に対してはこれ, に注い, に覚られる, の出, の声, の如し, の心, の美, の間, はこの, はやつ, は並ん, は何, は厚母伯爵家, は喬彦, は実は, は或, は気, は熱した, は立ちどま, は自分, は須磨寺, を直接, を避け

▼ 李~ (36, 1.1%)

2 の家

1 [34件] か, からの返書, からは以前, からは直ぐ, からは直ちに, から又, から焦, から豫, か北湖先生位, が善から, が居つた, が讃め, でやすか, といふ人, とは同郷, と十風, などに讃め, にも面會, に宛て, に對, に批評, に激賞, に送, に逢, のお, の紹介, の許, は今一年, は十風, は又, は大いに, も隨分寢坊ぢ, を中心, を訪

▼ 李克用~ (35, 1.1%)

10 の家 4 は許宣 2 に相談, の倒れ, の気もち, の誕生日, はびっくり, は一個, は筵席, は親類 1 という人, と云う, の場合, は己, は自分

▼ 李~ (34, 1.1%)

2 の手, はその, は夢

1 [28件] が何, が家, と云う, にはその, の夢, の姿, の眼, はこう, はその後, はふらふら, はまず, は一心, は何時の間にか, は前夜何人, は女, は妬ましい, は安心, は手, は朽ちかけた, は燃える, は燭火, は白骨, は科挙, は聞い, は躊躇, は馬, は驚い, も馬

▼ 李~ (33, 1.0%)

4 の方 3 はその 2 の船

1 [24件] にはどう, に叫んだ, の父親, はある, はこの, はそう, はそれ, はまだこんなに, は三十一疋, は人込み, は何となく, は作文, は小さい, は残念, は泪ぐん, は父親, は自分, は船, は見た, は驚い, は鰯, は黙っ, も出かけなけれ, を見詰めた

▼ 李~ (32, 1.0%)

3 の作, の美 2 のそれ, のもの, の代, の秋草

1 [18件] から將軍家, が興つた頃, この方, だの青花, である, でも日本, という独特, に及ん, の代表的建築, の品々, の染附, の水滴, の焼物, の白磁, の皿, の陶磁, の青, の青磁

▼ 李~ (31, 1.0%)

3 二人で 2 別所とは, 話して

1 [24件] いって, けなせど, 一しょに, 一緒に, 二人がかりで, 云った, 別れ咸宜観, 反対の, 同じ様, 同様の, 呼ばれた男, 呼ばれまたは, 張は, 柳とは, 柳は, 柳阿, 申すもの, 相見た, 私との, 粟飯にも, 粟飯を, 郭が, 高は, 鼠張の

▼ 李~ (30, 0.9%)

1 [30件] から来た, から計らず, がいちど孟達, がたいへん, がつむじ, が永安城, が自分, その人, たりとも免, であるのに, とすこぶる, にも同じ, のはなし, の一子李豊, の弄策, の書簡, の申す, の督, の縄, の退職, はこの, は増産, は恩, へすがっ, も, もまた, をお, をこめ, をその, をひい

▼ 李太白~ (29, 0.9%)

4 の詩 2

1 [23件] が吟, が涎, が玄宗皇帝, が誰, が贔屓, どころかモツァルト風, なぞいう, の, のやう, の名, の廬山, の有名, の素性, の質, の醉, の鶴, は天上一片, は點景人物, も近松門左衛門, やが, や杜, や王維, よニーチェ

▼ 李さん~ (28, 0.9%)

1 [28件] かうまい, が, がこの, が休み, が帰りました, が枕許, が独言, が身上話, じゃない, たらまるで, です, という人, と云わず, のつぎ, の先生, の如き, はさびしく, はしずか, はそれ, はクラリネット, は一人, は尚, は生れ更つて, は目, は良ちゃん, は音楽, もそれ, よりは強いようでした

▼ 李~ (28, 0.9%)

3 であった 2 や杜甫

1 [23件] だの其の, ですな, ですよ, でも読まう, とそうして, などがまだ, なの, にしろ, に会いたい, に敵, に至っ, に賜った, に道教香氣, の詩句, の詩集, へこう, へ云った, もギャフン, やヴェルレーヌ, や白居易, や白楽天, らしい死に方, を推薦

▼ 李~ (24, 0.8%)

1 [24件] あらず奈, かつ散り, たずねさせた, みれんが, 云わすれば, 云わせると, 人格の, 出逢った野原, 向けた, 呼びとめられた, 尋ねた, 思想上の, 注意し, 渡された, 渡した, 渡せば, 聘せられる前, 見せたもの, 言った, 話した, 逢いたいが, 還魂, 離れては, 靠せ掛け

▼ 李~ (24, 0.8%)

3 又云う 2 云う

1 [19件] が城, で三流, に同情, に対する好意, に招かれ, のやや, の一家, の家, の言, の話しぶり, の邸, はかいがいしく, は年, は東京, は留学中, へは, も蕃姓, を呼び, を訪ねた

▼ 李~ (24, 0.8%)

2 が寝, てえ, に俯, に辞し去り, のなき, の家, の手足, の腹部, は猛獣, は病床 1 に会, の間, はわれわれ, は吾

▼ 李~ (22, 0.7%)

5 の花栄 2 の孫

1 [15件] っ, の名, の射, の最期, の次男, の驍名, は数次, を辱, 利, 利が, 利に, 利の, 利を, 善く射る, 花栄では

▼ 李時珍~ (22, 0.7%)

4 がその 32 はその

1 [13件] いう虎, が, がいう, が万, が作った, が嶺南, が曰う, が曹叔雅, という学者, という支那, のいう, の本草綱目, は猯

▼ 李~ (21, 0.7%)

1 [21件] が話し, が跛足, と別れた, と向い合っ, に渡す, のあと, の声, の様子, の若い, の食客, はぎょっと, はこれら, はそそくさ, はパイプ, は中央, は何, は微笑, は無言, は空箱, は跛足, を取りまい

▼ 李~ (21, 0.7%)

6 二は 5 二が 3 二の 1 二, 二でございます, 二でも, 二と, 二という, 二も, 二女房にも

▼ 李~ (21, 0.7%)

1 [21件] が列, であった, という人物, と笑面虎, の人数, の捕手隊, の馬, はうめいた, はたちどころに, はなお, は何処, は先, は列, は牧夫小屋, は馬, もついに, もまた, も同類, を仲間, を出迎え, を呼び出し

▼ 李~ (20, 0.6%)

2 の包孝粛, はこの

1 [16件] がいなくなっ, が包孝粛, が相宿, が美しい, であると, という俳優, とかいうの, にとっては幽霊さまさま, のお, のおかげ, の眼, はその, はやはり, は一座, は実に, は死んだ

▼ 李~ (19, 0.6%)

1 [19件] すべての, そうした技術, それを, また白皙, 一斉に, 久慈と, 同様あの, 寝まき姿, 思案に, 手真似を, 殆ん, 毎晩来, 渋々ながら, 独身者だ, 笑ったが, 笑わなかった, 返事を, 途方に, 門口に

▼ 李~ (19, 0.6%)

1 [19件] いやさ, か, が紹介, が連れ, です, ときまった, と張順, と秦明, などを二陣三陣, のからだ, の義兄弟, はその, はそれ, はまた, は彼, は立っ, は童威, も張順, をはじめ

▼ 李永泰~ (19, 0.6%)

1 [19件] がふい, が無断, である, というの, という名前, とし, と話, なる人物, について伺いたい, にでもかぶれた, に連れられ, のそれ, の全般, の室, は一応, は平素, は矢杉, は私, もその

▼ 李~ (18, 0.6%)

1 [18件] が, がいつも, がいつわっ, が手下, が追いかけ, だけは一行, などと共に緑林, のいう, の手下, はそんな, はなおさら, は剣, は大, は断崖, は細竹, も帝, も御車, を両断

▼ 李~ (17, 0.5%)

3 の四ツ辻 2 の伯父, の天下, へ祝い 1 との同族, の旦那, の自滅, の食客, へむかっ, も臭い, を出した, を訪ね

▼ 李~ (17, 0.5%)

1 [17件] が住みつい, が跨がっ, であった, です, という浪人者, にはちょッ, に過ぎない, のふたり, の前身, の方, は図, は報, へ向っ, もその, も周通, も馬鹿, 小覇王

▼ 李~ (17, 0.5%)

2 の言

1 [15件] が之, が始皇帝, が思想統一, とである, と與, に内通, に命じ, の著述, の詩書, の途中行列, は上書, は之, は打て, は秦, を召還

▼ 李景雲~ (16, 0.5%)

1 [16件] がやって来ました, だったの, にまた, に漕ぐ, の其の, の失踪, の行方, の顔, はいっ, はいつも, はうつむい, はただ, はまた, は立上, は静か, を偲んだ

▼ 李~ (15, 0.5%)

1 [15件] が一人, といいます, と二人, の頭, はその, はぞっと, はまた, は喜ん, は急い, は棺, は死人, は片, は皆, は脚下, は葢

▼ 李~ (15, 0.5%)

2 は不審

1 [13件] が, が喜ん, が眼, のくる, の体, はその, はとうとう, はとろとろ, は夜更け, は女, は山水, は庭前, は茶

▼ 李~ (14, 0.4%)

1 [14件] が氏郷, で太宗自身, と我が, にし, に優つて, に向, に歸, の下, の意見, の所作, の雙肩, は之, は吾, は士卒

▼ 李如松~ (14, 0.4%)

1 [14件] が日本軍, が朝鮮側, に五万, に告げた, の大軍, は和議, は平壌, は怒っ, は開城, も之, も亦, も日本軍, を大将軍, を提督

▼ 李聖学~ (14, 0.4%)

1 [14件] がびっくり, が引い, が朝鮮, が表, が長, と沢田, の前, の態度, の日本名, の顔, はまた, は立て, は返事, も沢田

▼ 李伯将軍~ (13, 0.4%)

1 [13件] が万事指図, です, でも道, というの, といわれる, とはおれ, とは呼びむかえられました, とは東京, に変っ, のこと, のキシさん, の名, は膝

▼ 李~ (13, 0.4%)

1 [13件] がした, がハーヴァード大学, が何, だったらこんな, に昔, に逢おう, の仕業, の面目躍如, はいきりたっ, は四日前, は激しく, は立派, も少し

▼ 李朱氾~ (13, 0.4%)

1 [13件] に馬のり, の体, の眠っ, の靴, はかわるがわる, は前, は劉備, は笑っ, は膝, へすぐ, も共に, をつまみ上げ, をはじめ

▼ 李~ (13, 0.4%)

1 [13件] であった, という男, と向高, と屑籠, なの, にし, に対しての方, の夫権意識, は, はもうぐっすり, は家, は小ざっぱり, を連れ

▼ 李司馬~ (12, 0.4%)

2 の甥 1 から届け, がその, だってあなた, のお, のほう, の許, の軍営, の邸, は豪奢, を信じきっ

▼ 李~ (12, 0.4%)

1 [12件] から出, にもまさり, に至る, の世, の側, の先祖, の図様, の天下, の手, の推薦, も画院, をも頭

▼ 李~ (12, 0.4%)

3 仕と 2 仕などが, 仕に, 仕の, 仕は 1 仕という

▼ 李~ (11, 0.3%)

3 藻の 2 楫氏は 1 楫という, 楫氏が, 楫氏と共に, 楫氏に, 藻である, 藻は

▼ 李夫人~ (11, 0.3%)

1 [11件] が, が憎らしゅう, とお, のあら, の兄, の幽霊, の手, の死, の顔, を眞假, 及び竈鬼

▼ 李~ (11, 0.3%)

1 [11件] おめ, から童威, には山, の奴, の店, の謝罪, は口, は吃り吃り, は垢, は急, をとりかこみ

▼ 李光明一派~ (10, 0.3%)

1 から密旨, が王様, が騒ぎ始めた, と通謀, のやり, の刺客, の密旨, の測り知られざる, の莫大, や反日スパイ団

▼ 李幕事夫婦~ (10, 0.3%)

2 に酒, は許宣, を呼び 1 はひどく, は不思議, をはじめ, をはじめ李将

▼ 李~ (10, 0.3%)

1 という者, と駒, に命じ, のまえ, はなお, はやがて, は悪びれ, は満身, は玄徳, は馬超

▼ 李~ (9, 0.3%)

1 がその, が試し, だった, っていう猟人, でさき, に手引き, のいう, の手引き, は狐

▼ 李~ (9, 0.3%)

2 の者 1 だ, であるそれ, であるの, ですよ, なれば, のなにがし, を賜

▼ 李~ (8, 0.3%)

2 も不思議 1 が曾, が都, はその, は受取っ, は大いに, は鄂

▼ 李~ (8, 0.3%)

1 が張三, と迂路鼠, に見, の病閹, は痛く, も亦, も人, を如何

▼ 李~ (8, 0.3%)

1 という一仙士, に告げた, はやむなく, は少し, は渋っ, は膠, もとうとう, を陣中

▼ 李典楽進~ (7, 0.2%)

2 の輩 1 という魏, と押しすすめ, など主, など呉, を副将

▼ 李家荘~ (7, 0.2%)

1 からさき, にはおりません, のお, の濠端, へ案内, までおい, をあと

▼ 李~ (7, 0.2%)

1 が一同, が進み出, という正副, とその, の顔, は沓, もそれぞれ

▼ 李景隆~ (7, 0.2%)

1 と金川門, に命じ, に従いし, は大兵, をし, を大将軍, を殴っ

▼ 李~ (7, 0.2%)

2 の詩, を貴び, を貴ぶ 1

▼ 李には~ (6, 0.2%)

1 わからないが, 不似合, 両親が, 吉村は, 妻が, 通じないらしかった

▼ 李~ (6, 0.2%)

2 と張千 1 が地主屋敷, はふと, は旅, も張千

▼ 李~ (6, 0.2%)

2 隠の 1 隠が, 隠とか, 隠を, 隠詩

▼ 李~ (6, 0.2%)

1 では, の背, はその, は手勢, は馬, もまた

▼ 李~ (6, 0.2%)

2 成が 1 成と, 成に, 成の, 成やなんぞの

▼ 李~ (6, 0.2%)

1 がいう, が唐突, の父, はそんな, は以上, は留め

▼ 李~ (6, 0.2%)

1 が帰っ, が阿修羅, のボーッ, は外, は李逵, も心

▼ 李香蘭~ (6, 0.2%)

1 が来た, が見物, に似た, に逢, の式, 来り銀座

▼ 李~ (6, 0.2%)

2 の情婦 1 と申します, にまちがい, の首, を殺害

▼ 李という~ (5, 0.2%)

1 のは, 元気な, 奴が, 家の, 男は

▼ 李中行~ (5, 0.2%)

3 の家 1 と高田圭吉, は長

▼ 李~ (5, 0.2%)

1 といふ者, の分け, の四部, の目録, より始まる

▼ 李~ (5, 0.2%)

1 がこれ, が引い, が書いた, の註, は唐

▼ 李将軍~ (5, 0.2%)

1 および成安侯韓延年, が兵, が常々兵, で李緒, の妻

▼ 李~ (5, 0.2%)

1 じゃァありません, である, で木村錦花氏, は昭和廿年三月九日, ほどの芸人

▼ 李明植~ (5, 0.2%)

2 の鋭い 1 というその, は傷害の, は心

▼ 李景讓~ (5, 0.2%)

1 と同, の老母鄭氏, は老成, は部下, を呼び寄せ

▼ 李~ (5, 0.2%)

1 がかさね, がさらに, が下っ, が着いた, を見

▼ 李~ (5, 0.2%)

1 という者, とまちがえられた, と醜, の帳幕, は斃

▼ 李~ (5, 0.2%)

1 と名, と呼ぶ, と称, などいは, は狸児

▼ 李英朴~ (5, 0.2%)

1 がかく, が日支協約, といっ, に逢いました, の手紙

▼ 李より~ (4, 0.1%)

2 明治の 1 大きい葡萄, 大きく味

▼ 李万張千~ (4, 0.1%)

1 はほくほく, また宋江, もほっと, ももとより

▼ 李~ (4, 0.1%)

1 が分らなかったら, ていう泥棒, の早足, を捕

▼ 李~ (4, 0.1%)

2 は南廊閣子庫 1 という官吏, と云う

▼ 李~ (4, 0.1%)

2 という者 1 が驚い, は叔父

▼ 李太王~ (4, 0.1%)

1 の寵人, の策略, は寺内総督, は相当

▼ 李~ (4, 0.1%)

1 卿と, 君が, 君だの, 君や

▼ 李広花栄~ (4, 0.1%)

1 その人, という人物, の家, もいる

▼ 李後主~ (4, 0.1%)

1 と云, の術語, はそれ, は撥鐙法

▼ 李敏和~ (4, 0.1%)

2 の二人相, を以て人材

▼ 李~ (4, 0.1%)

1 が太子, の最後, は鹿, を射殺

▼ 李春華~ (4, 0.1%)

1 が二階, とともに入浴, と柳麗玉, は一隅

▼ 李春香~ (4, 0.1%)

1 という姪, には自分, の耳, を妻

▼ 李~ (4, 0.1%)

1 という男, のため, の叔父甥, を一刀

▼ 李西涯~ (4, 0.1%)

2 が篆書, の銘

▼ 李~ (4, 0.1%)

1 がやがて, といふ者, をよく, を捕へ

▼ 李~ (4, 0.1%)

1 に報告, の二人, は尚, は忠清

▼ 李雲さん~ (4, 0.1%)

1 は日ごろ店, も官途, をあの, を陥

▼ 李から~ (3, 0.1%)

1 いろいろの, 呼び出されて, 見ると

▼ 李だの~ (3, 0.1%)

1 それから, 成熟ちやびや, 雑色の

▼ 李とは~ (3, 0.1%)

1 印刷所で, 東垣李杲朱とは, 笑い声など

▼ 李チャン~ (3, 0.1%)

1 がおばさん, の, の母

▼ 李~ (3, 0.1%)

1 二は, 二洋服に, 二走り出

▼ 李九齢~ (3, 0.1%)

1 の七絶, は, は窓前

▼ 李人傑氏~ (3, 0.1%)

1 の姿, を訪う, 来る

▼ 李光弼~ (3, 0.1%)

1 だの尉遲勝, などと共に賊, はいずれ

▼ 李光明~ (3, 0.1%)

1 がどんな, と結びついた, を押し上げよう

▼ 李光明擁立派~ (3, 0.1%)

1 は皇帝, を抱込ん, を突

▼ 李~ (3, 0.1%)

1 なぞにとって, の両人, は一致

▼ 李善注~ (3, 0.1%)

1 などは本書, に, に見え

▼ 李固から~ (3, 0.1%)

1 出て, 夙に訴状, 廻した鼻ぐすり

▼ 李家屯~ (3, 0.1%)

1 という所, の我海軍砲, を作り

▼ 李~ (3, 0.1%)

1 という二将, の両人, を一気に

▼ 李希梅~ (3, 0.1%)

1 がそこ, はそれ, は時時

▼ 李徳裕~ (3, 0.1%)

1 その世, に詔, の邸

▼ 李朝期~ (3, 0.1%)

1 に, の壺, やあの

▼ 李村医療所~ (3, 0.1%)

1 で治療, というの, の人たち

▼ 李杜王三家~ (3, 0.1%)

1 に及ん, に見るごとき, を得

▼ 李淳風~ (3, 0.1%)

1 が上つた暦, といふ當時, の作つた麟徳暦

▼ 李玄石~ (3, 0.1%)

1 と名, の陰祐, を見

▼ 李王世子~ (3, 0.1%)

1 が泊った, に似, のお伴

▼ 李~ (3, 0.1%)

1 という者, のそば, は悪びれず

▼ 李生達~ (3, 0.1%)

3 はその

▼ 李~ (3, 0.1%)

21 が書いた

▼ 李蓮英~ (3, 0.1%)

1 である, は明治四十四年, も隨分蓄財

▼ 李長吉~ (3, 0.1%)

1 と同, の作, をおも

▼ 李~ (3, 0.1%)

2 蓮と 1 蓮の

▼ 李~ (3, 0.1%)

1 なる詩風, のもの, の詩

▼ 李龍眠~ (3, 0.1%)

1 が馬, のすばらしい, の墨

▼ 李~ (2, 0.1%)

1 か梨, のを

▼ 李ちる~ (2, 0.1%)

1 京の, 朧月夜を

▼ 李~ (2, 0.1%)

1 それが, 今の

▼ 李でも~ (2, 0.1%)

1 梨でも, 色づかぬ中

▼ 李と共に~ (2, 0.1%)

1 室内に, 笑い易かっ

▼ 李など~ (2, 0.1%)

1 幼き時, 積むほどの

▼ 李などの~ (2, 0.1%)

1 紅や, 花や

▼ 李なんて~ (2, 0.1%)

1 いわれて, 名は

▼ 李~ (2, 0.1%)

1 向って, 小さな手帳

▼ 李~ (2, 0.1%)

1 りんごらしい, 梅が

▼ 李主簿~ (2, 0.1%)

1 に寄す, のこと

▼ 李二人~ (2, 0.1%)

1 は一時荀子, を先王

▼ 李~ (2, 0.1%)

1 に聽, は二十萬

▼ 李~ (2, 0.1%)

1 と云う, を始

▼ 李典呂虔~ (2, 0.1%)

1 の兵, の陣

▼ 李卓吾~ (2, 0.1%)

2

▼ 李参平~ (2, 0.1%)

1 という人, の掘った

▼ 李和子~ (2, 0.1%)

1 という悪, の姓名

▼ 李唐以上~ (2, 0.1%)

1 に時人, の事

▼ 李容泰~ (2, 0.1%)

2 は禁令違反

▼ 李巧奴~ (2, 0.1%)

1 といっ, の妓家

▼ 李延壽~ (2, 0.1%)

2 の南北史

▼ 李延年~ (2, 0.1%)

1 ありて, の事

▼ 李徳逢~ (2, 0.1%)

1 が例, という男

▼ 李徴子~ (2, 0.1%)

2 ではない

▼ 李応どの~ (2, 0.1%)

1 の援助, へ拝姿

▼ 李思訓~ (2, 0.1%)

1 の山水画, の碑

▼ 李成栄~ (2, 0.1%)

1 という中国, と来る

▼ 李~ (2, 0.1%)

1 の号, の著す

▼ 李攀竜~ (2, 0.1%)

1 のこと, の芭蕉

▼ 李朝初期~ (2, 0.1%)

1 にかけて雲鶴, に亙る

▼ 李朝物~ (2, 0.1%)

1 は大正中期以後今日, もそう

▼ 李朱医学~ (2, 0.1%)

1 の補血益気, は此

▼ 李柱國~ (2, 0.1%)

1 が作つた, は方技

▼ 李漁金人瑞~ (2, 0.1%)

2 之流

▼ 李王朝~ (2, 0.1%)

1 の宮殿址, を創始

▼ 李~ (2, 0.1%)

1 と謝旌, は矢

▼ 李盛山~ (2, 0.1%)

1 といふもの, といふ者

▼ 李~ (2, 0.1%)

1 の筆, は支那

▼ 李義山~ (2, 0.1%)

1 の, の詩

▼ 李花君~ (2, 0.1%)

2 に就い

▼ 李~ (2, 0.1%)

2 は永

▼ 李蘭圃~ (2, 0.1%)

1 は平, は引きあげ

▼ 李處耘~ (2, 0.1%)

1 と關聯, は實

▼ 李西涯等~ (2, 0.1%)

2 と朋友

▼ 李~ (2, 0.1%)

1 が世, の説

▼ 李蹊翁~ (2, 0.1%)

1 の最後, も又

▼ 李~ (2, 0.1%)

1 が注, の考

▼ 李逵さま~ (2, 0.1%)

1 のお, のおいで

▼ 李逵張順~ (2, 0.1%)

1 も見舞, 各

▼ 李~ (2, 0.1%)

1 が宣武, の一族

▼ 李~ (2, 0.1%)

1 をし, 徳州の

▼ 李~ (2, 0.1%)

1 の後, の部屋

▼1* [330件]

春の, 李さんあれはどんな, 李さん良ちゃんはうまい, 李そしてさくら, 李そっくりであった, 李その他三人の眼, 李その他眼にある, 李であったから覚えず, 李であることを, 李との初対面の, 李とも話して, 李なぞの緑葉, 李ならいいん, 李なんか食ひ, 李にさえ言葉も, 李に関するそういう話, 李はかの女, 李づくつて, 李みたいで林檎, 李ゆすらうめ栗枇杷柿などの, 李をもへんに, 李を以てすといふ, 李ラインの竹島, 李ライン赤線に青線, 李蹈襲シタレ經學ニ至テハ直, 李一時に花, 李一船をできるだけ, 李世民が隋, 李中行五十歳前後肉と菓子, 李主筆の大, 李の魅, 李九江は膏梁, 李于鱗における百人一首, 李今度は濡皮鞭, 李仲光は世に最も, 李仲文在都中十八歳, 李仲義の妻劉氏, 李の徒, 李伏太史丞許芝などという魏臣, 李か, 李伯将軍キシさんの主人, 李が殺される, 李俊宋万穆弘張黄張順穆春侯健蕭譲金大堅ら, 李俊張横張順穆弘らも濠水, 李俊張横張順阮の兄弟ら, 李俊張横穆弘穆春薛永童威童猛どれをみ, 李俊張順の二名, 李俊張順張横などの揚子江生れ, 李俊張順楊春たちである, 李俊李立から童威, 李俊穆弘張横張順呂方郭盛蕭譲王矮虎薛永金大堅, 李俊童威童猛阮ノ三兄弟, 李俊馬麟張順などが付い, 李儒これが毒酒, 李儒呂布をはじめ, 李儒宣文を読め, 李儒貴公はここ, 李入り菓子牡蠣の樽, 李典なんどの錚, 李典于禁などの諸, 李典呂曠呂翔の三将, 李典字は曼成, 李典左からの軍, 李典徐晃などの勇将, 李典曹仁夏侯惇などことごとく, 李典曹洪于禁典韋などを従え, 李典楽進たちであった, 李典楽進于禁などの諸, 李典軍の包囲下, 李剛のと二本, 李剛夫妻の住居, 李助これらの人たち, 李助その他一時は下, 李努眼の息子さん, 李友直を布政司参議, 李に屬, 李君則を刺殺し, 李といったあんばい, 李咲きにけり, 李唐字は, 李唐時代を引く, 李唐蕭照あたりまでの期間, 李善以為えらく魚目, 李善文選注王逸楚辭注高誘呂氏春秋注, 李善註五臣註だけが殘, 李善註文選杜氏通典だに今に, 李善長等の考え設けたる, 李営丘の山陰泛雪図, 李四その他の匿名, 李の句, 李堂北湖十風水月等の人々, 李堂蓬亭の從軍, 李堅寧忠を副え, 李というの, 李天王李成聞大刀聞達二将の号令, 李太王五年四月十七日一隻の黒船, 李太白らが醉つて名詩, 李太白先生も仰, 李太白詩選を見る, 李太虚と言, 李太郎お前も手伝っ, 李夷簡という人, 李奎報といふもの, 李如圭の儀礼釈宮一巻, 李如松四万三千の人馬, 李如松楊元等は普通門, 李如松等代って, 李如柏は合毬門, 李如柏朝鮮の武将李鎰以下一万八千, 李如柏李如梅李寧等も孰, 李如梅の如き, 李如梅李寧等も孰, 李嬌さんなぞも向う, 李存孝や子路, 李は審配, 李が楚州, 李宗仁が広東, 李という者, 李宮相の歸國, 李家荘三つの部族, 李家荘三家は一族同体, 李の陳情表, 李寧祖承訓, 李寧等も孰, 李封薛蘭の二将, 李将軍臥虎を射, 李小方を投げおった, 李少微成玄英の, 李山海柳成竜等百余人に護られ, 李嵩涼州に牧, 李希烈に殺される, 李師古と陳徹, 李の鶏鳴曲, 李延壽父子で作つた, 李を祀った, 李式開の五人, 李彦昇の如き, 李彩一行の曲芸, 李彩音曲のジョンペール, 李を右軍, 李主青竜山, 李遠范周士, 李徳祐陸羽蒲元などいう, 李徳芻言ふ昔, 李応さまを侮辱, 李応さま一族がひかえ, 李応先生なにとぞお, 李応大人にも計っ, 李応朱同その, 李応杜興の護送馬, 李応楊雄石秀の前, 李忠以下深く山, 李忠魯提轄各, 李恢字は徳昂, 李恢私に代っ, 李恵雍州に刺史, 李の, 李惡しき實に變, 李意仙士か, 李成はじめ多くの意見, 李成大刀聞達そのほか, 李成林といふ大尉, 李成桂が李王朝, 李成聞大刀聞達二将の号令, 李承晩でも, 李承晩氏でも, 李敬業の乱, 李文忠の子, 李文陳暉平安等に命じ, 李死す, 李斌等を失い, 李斯らの英傑, 李斯以爲へらく, 李斯其の才能, 李斯書を火, 李斯王安石となす, 李春李長李達李周といったあんばい, 李昭世子光海君以下王妃宮嬪数十人李山海柳成竜等百余人に護られ, 李時珍これを妄, 李時珍のがその, 李時珍猴の記載, 李時珍諸書を考纂, 李遜と, 李景隆等燕王に見え, 李景雲さんですか, 李の二人, 李暹李別という者, 李有昇馬を寄せ, 李朝三代目の太, 李朝五百年の初頭, 李朝五百年来の悪政, 李朝代の著名, 李朝初代の墳墓, 李朝号を出した, 李朝建築の代表, 李朝後期のちょっとした, 李朝時代となる, 李朝朝鮮の実例, 李朝末期の作, 李朝柳説とこの, 李朝白磁の手頃, 李朝窯はむしろ, 李朝藝術の美, 李朝陶磁に関する世界最初, 李朝陶磁展を催した, 李朝風をなし, 李杏茱萸などの花, 李というところ, 李杜以下の大家, 李杜王孟の如き, 李杜韓蘇のむかし, 李杲朱とは丹渓朱震亨, 李林甫の半夜高堂, 李林甫手書を作つて曰, 李撓に, 李柏文書などが其の, 李とよべる, 李栢文書である, 李桃梨まるめろの, 李の, 李桜欅銀杏なぞの霜葉, 李棲鳳はみずから関帝廟, 李楽ひとりが頑張る, 李楽らの手下, 李楽韓暹胡才の三親分, 李の影, 李氏一人は此省, 李氏以外に如何なる, 李氏名は秀, 李氏本草綱目中より白字, 李氏焚書の功, 李氏辺を治むる将軍, 李永さんと半端, 李永泰のは珍, 李の淹留, 李湛侯選などかわるがわる, 李湛馬玩楊秋侯選などを連れ, 李満弓ともいう, 李為宋乾道中人呉為元至, 李烈鈞が第, 李に優る, 李牧師とその, 李の御苑, 李王さまにあげる, 李王世子殿下と御, 李王宮に三年, 李王家の嘱托, 李王殿下がおし, 李王職長官だの, 李瑞清が贔屓, 李疾漸愈, 李発君というの, 李白一人が画い, 李白一斗詩百篇自ら称す臣, 李白十歳の初秋, 李白四十二歳詩藻全く熟しきっ, 李白樺欅厚朴木蓮の類, 李白等と親しかっ, 李白藤紫春栄を争う, 李百藥父子南北史は李大師, 李の, 李眞らに依頼, 李知先の, 李石曹は何故か, 李立いやに不景気ヅラ, 李立てめえ急にヘン, 李立とてまえと, 李立時遷楽和張青孫の妻, 李の或, 李竜眠の婦人, 李と申す, 李粛皇甫嵩にも兵, 李粛胡軫趙岑の三名, 李の往事, 李経芳の招き, 李が虎, 李翰論張巡の條參看, 李舜臣がある, 李蓮英ら皆河間出身の宦官, 李とも署, 李のふたり, 李という者, 李譲梁明等世子を奉じ, 李豊以下ほとんど斬り殺される, 李豊捨身に槍, 李豊楽就陳紀梁剛の四大将, 李貴西辺の塞主, 李は母堂, 李蹊翁のは知る, 李と, 李辿などと並び称された, 李を槍, 李通判の女, 李通字を文達, 李逢吉は崔發, 李逵お目見得のこと, 李逵これへ来い, 李逵ご苦労だが, 李逵一人にかまっ, 李逵何を思い出した, 李逵公孫勝は二人, 李逵朱貴朱富若い者一群, 李逵李逵っと, 李逵欧鵬穆春など, 李逵浪裡白跳張順など痛く, 李逵石秀黄信らまでがみな負傷, 李逵蜂に刺された, 李逵雷横戴宗公孫勝そして新入り, 李達李周といったあんばい, 李之汝陽, 李金成暗殺の物語, 李というの, 李鎰以下一万八千が来襲, 李鎰自身も怪しく, 李鎰自身馬を棄て, 李長李達李周といったあんばい, 李陵自身が希望, 李陵自身匈奴への降服, 李陵自身毎日前山の頂, 李陵衛律陰山ニ死ス, 李陵韓延年速かに降れ, 李雲一人だけだった, 李雲先生の酒, 李雲楽和それと湯隆, 李だけはまだ, 李頤字は景真, 李香殺しに何, 李鴻章一二達識の士, 李鴻章元町のお, 李鴻章等の意見