青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「汝~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~求め 求め~ ~求めた ~求める 求める~ ~汗 汗~ 汚~ 汚い~ ~汝
汝~
江~ ~江戸 江戸~ ~池 池~ 池田~ ~決して 決して~ ~決定 決定~

「汝~」 9459, 102ppm, 1066位

▼ 汝~ (2039, 21.6%)

35 ために 22 ような 17 言を 16 願ひ 13 名は 12 心の, 首を 11 手に, 父は, 胸に, 隣人を 10 上に, 名を 9 敵を, 言の 8 前に, 心に, 身に 7 右の, 命は, 手を, 目を, 身を 6 子の, 爲に, 父を, 神を 5 中に, 命を, 姿を, 後に, 思ひの, 我に, 罪を, 許に, 誰なる

4 [20件] うちに, こ, 傍に, 光を, 命に, 国の, 家に, 心は, 方から, 方が, 母は, 涙は, 爲めに, 父に, 罪は, 胸の, 血の, 言に, 道を, 首は

3 [35件] やうな, 上を, 勇を, 名に, 喜びを, 妻に, 姉の, 姿は, 尋ぬる, 心を, 思ひは, 思ひを, 思ふ所, 性の, 悪は, 手から, 手紙が, 様な, 民は, 為に, 父も, 生るる, 生命は, 眼には, 義務を, 胸中に, 血を, 言は, 足の, 足を, 身, 運命は, 隣を, 頭を, 馬を

2 [122件] いへるは, おぼゆる, ことだ, これに, すること, たましひ, もとへ, もので, ものである, 一命を, 了見も, 云ふ, 享楽の, 体に, 信ずるところ, 兄弟, 光により, 劍を以て, 力を, 力汝の, 力量手腕を, 勇氣振り起せ, 厚き志, 口から, 口を, 右に, 名前が, 命の, 問ひ, 問を, 善根福種に, 堅めし, 天命は, 夫が, 好む所, 如き者, 如く我, 姉妹の, 子に, 家で, 家の, 屋敷に, 弓は, 弟は, 影を, 徳より, 心境の, 思ひとわ, 思ふよりも, 思へる者, 性格を, 恩惠に, 意に, 意の, 意志に, 意志の, 愛するもの, 感慨に, 我と我, 我を, 手, 手で, 族と, 明朗なる, 曰ふところ皆悉く, 望みに, 来るか, 柔軟かな, 歌の, 武勇が, 歩むべき道, 死が, 死せる, 死において, 清潔な, 爲す, 父と, 父の, 疑ひの, 目に, 眞の, 眼を, 祈りに, 答を, 考えは, 耳には, 聞かんと, 聲は, 能く, 脚を, 腹でも, 良人は, 芸術の, 苦労の, 薄命を, 衷に, 視力は, 言うところ, 言我を, 言葉は, 言葉を, 許へ, 説くところ, 誰なり, 誰なるや, 識れる, 足は, 身の, 運命の, 道は, 邑, 邑は, 霊魂を, 面は, 頭の, 頭上に, 額に, 顏に, 顔でも, 顔を, 飾る天, 魂を

1 [1273件 抜粋] あとに, あやしむものにそのいで來, あらゆる桷, いう夫子, いだく思ひは, いふごとく全く, いへること, うしろには, うるは, お母さんは, お袋を, かくれて, かなたに, くらへる, ことか, ことばを, こと今宵弁慶堀で, ごとき北辺, ごとく酷薄, さだかに, しらざりし神, その肉, そばに, そッ首を, ためを, ともがら永久に, なすべきこと, はかるところ, ひとみに, まことにある, むくろ喰, もてる双眼, やさしい掌, やしな, よく用いる, わからな過ぎるが, わが喜び, わが衷, をる, アヌンチヤタを, カルロ, グイードの, プロマコスわが, ローマを, 一命覚束ない, 七の, 上官を, 世辞も, 中には, 主たる人間, 主人の, 主人尊氏に, 主人高山右近も, 主家の, 主玄徳は, 乞に, 了解に, 予言に, 事を, 事業は, 云うよう, 五十八歳の, 人と, 仇と, 令聞かず, 仲間として, 住處なし, 使命を, 侍く, 侶を, 信ずるごとく今, 信仰と, 修業に, 修行場じゃ, 倫理の, 側に, 傍お, 傷を, 働き近頃屈強なり, 優しき音樂, 元氣, 兄の, 兄弟は, 兄朝夕の, 先祖の, 光が, 光わが, 児孫盾を, 公平さよ, 内ゃ芸妓屋, 冷, 分, 切に, 制作を, 前身何し, 力で, 力の, 功は, 助けを, 労苦を, 勇は, 動汝の, 勝手たるべし, 勵み, 厚意を, 友の, 双手を, 双肩にか, 口は, 右と, 名こそ, 名世, 名指し, 名門の, 告ぐる理により, 周圍に, 呼び掛けに, 命ならず, 命令の, 命運大いなる, 問が, 問ひよく我に, 善言に, 單純なる, 四肢疲る, 国もとに, 国をも, 国民の, 土を, 埋められた露西亜, 堅めたるみづのをひもは誰かも, 堕梁の, 墓から, 声音中に, 外の, 外面道徳を, 大好物, 夫たるべき, 夫ア何歳だ, 女を, 奸計の, 好むところみな我, 好意も, 如き不逞, 如き者なかりき, 如き賤しき者, 如く燃ゆ, 妖術が, 妻, 妻も, 姑は, 姦佞な, 威, 威厳も, 娘の, 婢なり, 婿たる, 子なり, 子を, 子供らしき, 子息渡され, 存在の, 学業に, 學べるところ, 実証を, 家を, 家郷は, 宿所も, 寝覚めも, 専売では, 小姓か, 尚長く, 尤も親しき, 尿が, 屍體辱しめ, 山麓を, 川汝の, 布いたの, 師, 席占め, 常に爲, 幸いを, 幸魂奇魂術魂の, 広言に, 床もて, 建てられた彼塔, 弓をか, 強健さの, 待望み我の, 後を, 従順な, 御する車の, 微笑を, 徳は, 心いづ, 心が, 心よく, 心奥の, 心底さぞや, 心必ず, 心斃れたる, 心眼が, 心酷き, 志殊に, 忙しげ, 忠義は, 忠誠に, 怒りに, 怒顧みず汝無上, 思うところ, 思ひが, 思ひむすぼれて, 思ふを, 思ふ如く異教徒, 性格において, 恋人の, 恥と, 恩人である, 息が, 息子が, 息絶ゆる, 悪剣, 悪逆の, 惨めな, 想像以上である, 意中を, 意欲の, 愛しむ, 愛する兄爲, 愛する独子, 愛る, 愛女今返し, 態度を, 慢心の, 憤激を, 懷を, 懺悔を, 我等に, 戸を, 所持する, 所有の, 所用たるべく, 手により, 手へ, 手われの, 手悪を, 手紙を, 才何ぞ, 技は, 持つ千騎, 指の, 指導者である, 探す戰友, 提出した, 故ぞ, 敏知感ずる, 敗北とは, 教えと, 整へ, 敵の, 方じゃ, 方へ, 明日猶, 智に, 智を, 智暗む, 暗い靈, 暴び神明は, 曰へる, 書を, 最高点に, 有に, 望むごとく汝, 望むまゝ神の, 木ペン見せろ, 未だこの, 本能は, 来るまで, 栖所に, 根, 根の, 根性を, 榮光の, 槍を, 様な汚れた, 機嫌が, 權威の, 欲する處, 欲情する, 歌は, 歡び迎ふる, 此度の, 武器を, 歩履を, 歸依ならず, 死である, 死罪は, 母に, 母人は, 母親の, 気に入るぞ, 氣力を, 求むる所, 求知の, 沈黙に, 波より, 消えるの, 淑女が, 深い信仰, 深憂太, 渇はや全く, 渦中に, 源なる, 為る事, 無智, 熱っぽい平和, 熱心の, 燃ゆる, 爭を, 父, 父勝頼の, 父思へ, 爺と, 物に, 独自なる, 猛犬を, 獲たる紅頬, 現はれし, 理學, 琢ける, 生みたる, 生れたる, 生命も, 生長は, 用を, 番だ, 疑ひを, 癒し, 發表する, 皮膚は, 目にも, 目は, 目汝に, 眉の, 眼光樵夫や, 眼汝を, 睡りの, 矢, 知ってる通り, 知らすべき國, 知らんと, 知るごとし, 知るところ, 知る如く汝, 知る所, 礎を, 祖先から, 神に, 神は, 神経の, 種族何ものか, 立法の, 筈じゃ, 策は, 糞が, 紙入を, 緊めらる, 罪なりと, 罪汝に, 罰の, 美貌の, 義務とは, 老父や, 而し, 耳は, 聖なる殿, 聞きあたは, 聲の, 肉を, 肉体を, 肉食めと, 肚の, 肩に, 胃腸の, 背後に, 胴に, 胸算用では, 脚に, 脛は, 脣は, 腐屍, 腕と, 膝の, 自由の, 自負に, 艦を, 良識を, 苛責皆正し, 苦しみは, 落度を, 薬餌と, 血行を, 行かんとも, 行動に対しては, 行末を, 術を, 袖を, 裏衣を, 見ざる乳房, 見し, 見し事, 見たるもの, 見るごとくラケール, 見るべきもの, 見る中, 見んとお, 視る一切, 親は, 親父は, 解らな過ぎるが, 言, 言これと, 言には, 言も, 言句放たれじ, 言我に, 言論を, 訪は, 評を, 詞を, 詭弁は, 誠実なら, 説に, 請ふところ甚だ, 諫言を, 譽また, 貌を, 負傷は, 貧しい理性, 貴重な, 賞に, 起つな, 足に, 身の上と, 身の上を, 身体より, 身囚へ, 車を, 輪廓に, 返答の, 逍遙を, 運は, 運行に, 過去に, 過失とは, 道にか, 邑の, 郷土より, 都城壞るべし, 金力と, 鉤は, 鎗もて, 鏡と, 間との, 間違ったそもそも, 関係の, 闇を, 附近に, 陣に, 陳ぶること我, 隣りを, 隣人等その, 雄大なる, 雙の, 霊活なる, 靈も, 面, 面の, 預言せし, 領土を, 頭中に, 頸を, 額を, 顏は, 顏今笑の, 顔は, 願いは, 願ふとき, 類二十人我に, 餘命長から, 首ぐらいは, 首より, 馬遲し, 駿足を, 骨で, 髪に, 髮一筋をだに, 魂かの, 魂は, 魔法でし

▼ 汝~ (1204, 12.7%)

22 汝の 8 我に, 我を 7 こ, われを 6 何だ, 何の 5 われに, 聞き出したね, 誰が, 誰だ 4 さきに, それを, 何故に, 悪しき死, 此の, 能く, 誰そ, 誰ぞ

3 [11件] これを, どこの, 予の, 人の, 今より, 何を, 彼の, 愚鈍な, 我の, 色が, 軽蔑といふ

2 [65件] いかにし, いかにせ, おのれの, きょうの, この國, この曠野, これ文明の, そこに, それでも生き, どうする, どう思う, なにを, もどって, ゆきて, わが汝, ダンテを, 一人の, 一軍を, 下がれ, 世界の, 主君に, 之を, 予が, 人が, 人に, 人を, 今これ漸く, 今日の, 何が, 何どか思ふ, 何処へ, 何者なれ, 吾に, 大分好い, 天魔に, 如何に, 安心し, 後なり, 後にと, 愛の, 我が怨敵, 我となる, 我等の, 我輩が, 斯くも, 晨朝の, 果して世界, 沈默し, 泣く, 玄徳に, 生きて, 神に, 福なる, 自ら妊めり, 莫大の, 表現的な, 要らぬと, 言ふと, 誰ぞや, 誰なり, 誰なりや, 踊らでや, 頼まれは, 飛ぶ, 馬を

1 [925件 抜粋] あきらかに, あたかも灰, あの女, あるいは俺, ある記者, いかなる役, いかにかの, いかに思ふや, いかに誠, いずれの, いつかこの, いつから, いつも人, いつも捕, いづれの, いと大いなる, いひ得るよ, いふさ, いまだ死犬, いま亡き, おとつ, おのづか, およそ彼, お尋ねもの, お岩, かくまでに, かしこに, かのヴィルジリオ言葉, かの猶, かれの, きょうまで, げに無情, ここに, ここを, このごろ仲町の, このにわか雨, この人, この夏頃, この山, この後唯一者, この日本左衛門, この火, この花圈, この音, これから何処, これにより, これらの, これ已に, さっそく陵, さとりがたし, さらに抗弁, さらに細かき, しずかに, すぐそば, すこし気, すでに孔明, すでに擒人, すでに音無瀬川, そのため, そのままで, その反対, その族, その眼光, その辱, その頃, そもそも相国曹参, そも波, そればかりじゃ, それ丈の, そんな奴, たくさん悪い, ただの, だまされたやう, ちっとも知るまい, ついにもどっ, どうしてここ, どれほど, なかなか熟練, なぜ然うだ, なにおも, なにか欲, なんすれぞ斯くの, なんだろう, な三歳, な此, はや二, ひとり温柔の, ほとんど官務, ぼくねんじんね, まさしく盗人, まさにわがこの, まずその, またわれ, また孝道, また舌, まだい, まだこの, まだわからぬ, まだ唇, まだ年, まだ解らぬ, まるで寂寥, もうすでに輝い, もう帰った, もう幾歳, もって, もとより虻蜂, もと機械, やうや, よい手下, よく南郡, よく嘘, よく詩, よべの, わがかつ, わがごとく, わがしづめし獸, わがため, わが今何事, わが住居, わが天使, わが師, わが死, わが父, わが錬, われの, アゴッビオの, アヌンチヤタを, イゾルデわれは, エヽ骨の, クロバトキンだろう, コスタンツァが, ッ, トロイアの, ドメニカに, フランスの, ペトロスなり, ペネストリーノを, ルッカの, ヴェネディーコ・カッチヤネミーコなり, 一体, 一式, 一本の, 一生涯新聞配達を, 一筋の, 一道に, 万事の, 三四年前に, 不和を, 不埒な, 不断繁昌する, 不義と, 不適当, 世に, 世の, 中村の, 主殺, 乳母焦がし, 二人三人或いは, 五千人中の, 些と, 京都に, 人間を, 今わがこの, 今われわれの, 今二人の, 今夏の, 今山腹, 今年何歳に, 今御, 仔細ある, 他へ, 他を, 伊之助さんより, 何う, 何と, 何に, 何もかも知っ, 何よりも, 何んと, 何人か, 何人で, 何処だ, 何年に, 何故それ, 何時出来た, 何者ぞ, 何者である, 作りぬ, 侍に, 俺の, 假初の, 健げな, 働くため, 優勢なる, 元来洛陽の, 先刻から, 先刻良人の, 先日貂蝉を, 光明の, 入るべからずと, 全滅を, 其儘寂滅だ, 其時吾に, 其様な, 内心の, 分居せ, 刺せり, 前に, 前田方の, 剛勇の, 剣術が, 力を, 勘兵衛, 匹夫, 十二三人の, 卑しと, 卑怯である, 卑怯者だ, 原告妻の, 受け嗣げり彼, 口舌の, 可哀そうだ, 同門の, 向ひ得じ, 吾がため, 呉亮に, 噴火山上に, 国あっ, 国憲等の, 地の, 地上の, 城太郎よのう, 外の, 夢を, 大人か, 大勇の, 大原村の, 大月玄蕃で, 天つ, 天を, 天野の, 太く面皮, 夫と, 奥州の, 女だ, 女なる, 奴隷であれ, 好む所, 如何思いた, 姿のみ, 嫂を, 孤に, 宇宙に, 定めて, 実に狂人, 家に, 家庭に, 容易に, 實に, 少も, 尺八を, 屋敷を, 峻険崎嶇たる, 左様申し, 差許す, 師匠の, 常にわが, 平常誰, 年六十にも, 幸福ならん, 幽遠の, 度々粂之助, 弓の, 弱き家庭教師也, 強いと, 強盗を, 弾きぬ夏, 彼が, 彼によりて, 彼らを, 彼女の, 彼少女に, 後に, 御所内に, 心がわりを, 心を, 心附かざりけむ, 必ず殺され, 怒りに, 思はず敷島, 思ひ出づるなるべし, 怯に, 恐らくはわが, 悉くを, 悪入道, 情ね, 情夫を, 愚かし地, 愛せず, 慥か森藏, 我にも, 我ほどの, 我友なり, 我友なれ, 我福祉を, 我號衣を, 手弱女人なれ, 才といふか, 打ち負かされたと, 折角修行, 指一本を, 放生の, 故里の, 教育と, 数を, 敵国の, 敵陣のも, 料理人の, 旅稼ぎの, 既に, 既に久しき, 既に是, 旧暦にては, 昇り汝, 春の, 昧者なり, 曰へり, 更に五米, 書籍を, 曹操の, 最早植ゑ, 有して, 朕の, 木の, 未だ人, 未だ死せざりし, 未だ生物, 村外だ, 東の, 枉げがたし, 根来小角の, 梅田源次郎と, 槍に, 槓杆や, 歌女と, 歐文に, 此地を, 此等の, 武略を, 武略我に, 死すであろうが, 死をも, 死んでも, 残肉を, 毎日悲しん, 氷海に, 氷霜の, 永く最上, 永禪和尚で, 永遠の, 汝に, 汝個人の, 汝自身に, 汝自身に対し, 汝自身を, 決して吾, 河北の, 油断なく, 法律家の子なりし, 泣かずは, 泥棒か, 海つ, 消える事, 涼州の, 深き魂, 満足した, 滿足なか夢なら, 火の, 無作, 煮え切らねえ男, 燃えて, 爾く言いし, 狂者だ, 猶アヌンチヤタ, 猶母, 王たるべし, 瓦師方に, 生き残って, 生み国々, 用意調う, 男子に, 留守を, 病弱な, 白島の, 盗み知ッた, 相川へ, 県吏を, 眠るアキリュウス, 睡ってばかり, 矢張り同罪だ, 知らずやも, 知らないの, 知らんか, 知るめ, 短くなり, 破れりと, 神でない, 福なり, 私が, 私に, 私の, 程なく汝, 窩人の, 笑つて居る, 筆を, 篁, 粂どんを, 精神の, 紅縮緬組の, 素より蛙なんど, 終日榻に, 絶えず来る, 縁の, 總飾る, 美女に, 考えるかと, 聞かざるや, 肉體の, 能う故に, 腑甲斐ない, 腹が, 臆病もの, 自害致す, 自慢ばかり, 自由だ, 自由の, 至剛の, 若かりき, 若年の, 苦しみへ, 茶わん屋捨次郎の, 葫芦谷の, 藤野先生から, 虫よりも, 蜀は, 衆生を, 行くの, 見しや, 見るならん, 見るべしフランス, 見張りを, 言ふ, 言依させる, 記憶し, 誇らしくも, 誰か, 誰し, 誰の, 諸州の, 責任を, 賢しよく, 贅沢だつた, 路傍に, 軽い例, 輝き汝, 辛え, 近ごろ何か, 述ぶる, 逆門, 逍遙子に, 逢はむ, 遂に土, 道を, 遠き方, 遠くの, 適は, 遽かに, 酒好きだろう, 重量ある, 野蛮なる, 銃剣を以て, 長浜に, 関羽と, 関羽よな, 隣組の, 電線を, 鞍に, 須らく十七文字, 頼母様に, 顔を, 風来で, 養は, 駐在所に, 骨の, 魔か, 鴫澤主水, 鴻家の, 鶏雛の, 黄巾賊の

▼ 汝~ (897, 9.5%)

21 こゑの 8 身を, 鳴けば 7 命は, 身は 6 命の, 身に, 身の 5 汝の 4 心の, 手腕の 3 ために, もとに, 手に, 背に, 胸の, 言を, 身も

2 [58件] あしを, すがた, ような, 上に, 不足な, 事は, 今日に, 先に, 先祖を, 再び昨, 出ても, 唯ひとり死ん, 夫は, 家に, 家の, 家へ, 平素薄命を, 心いかに, 心に, 心にて, 心は, 惚けた小, 愛を, 我の, 手を, 手下の, 手筋も, 持って, 故郷と, 氣に, 泣かさまく, 爲を, 父の, 独立の, 目の, 目は, 眼は, 眼眩まん, 矛地に, 神の, 神を, 立って, 耳の, 胸は, 能く, 臭我を, 著せる, 蒼白の, 言へ, 詩を, 身柄では, 送ると, 運の, 靜歌を, 面を, 顏の, 首を, 馬鹿に

1 [678件 抜粋] あとに, あふて見, ありしごと, ありし時, いうよう, いった通り, いつも愛, いとし子, いへる愛, うつくしき顏, おとなしきを, おもだちよ, お嬢様を, かざすに, かの右, かの死, ぎゃア, くちに, こ, こころの, ことハイ左様なら, このやう, この小屋, この山, この後我, この艱難, この言, これらの, これを, これを以て, こゑは, こんな技巧, ごとき凡爺, ごとき逆賊, ごとく物二, さかなを, しっかりし, しみじみと, しろき光, すぐれつる心, すみやかに, そう云う, そう済まん, そのやう, その力, その後かの, その許, その雄々しき, その面, そんな事, たく暖炉, ただ従順, つねに政府, なからふ, ねらってるって, まことにさまよっ, また牡馬, ままに, み子, もしわが, もし睡る, ものと, もんだから, もんだかんな, ゆくへをば, ゆたけき, よくしでかし, わが食物, わしの, われを, アーサー王に, カムパニアの, ドラマを, ヘブライオスの, レーテの, 一人前の, 一切の, 一日家に, 三藏を, 上とこそ, 上にか, 上手に, 不便さに, 不所存云おう, 不死不滅は, 不調, 世は, 世ふさへる, 世より, 世間から, 両手を, 主人の, 乘物の, 乳房を, 事ぞ, 二の, 二の足を, 二心ある, 二猪口ばかり, 云うと, 亭主に, 人に, 人の, 今日の, 今立てる, 今脱獄, 今讀書, 付き添って, 会し得る所, 何か, 何の, 作った雛形, 作つた雛形を, 作左衛門か, 使ってる者, 使者か, 供物を, 信心の, 假面の, 側に, 像, 僞多き, 僧と, 兄弟ありや, 先祖に, 光は, 其礎の, 其身一つぞや, 出る幕, 初めて町, 初め師匠の, 前途は, 創ったもの, 功なり, 勝手な, 勝手に, 勝手の, 匍行する, 十字架, 十月に, 卓上に, 即興の, 厭ふ, 去らんと, 友たるべし, 友ならず, 友情などとは, 取って, 取り損なった金, 取次を, 口で, 口は, 口説く婦, 古頭巾, 同類に, 名なりと, 名を, 名誉を, 名譽, 周章てて, 呪詛の, 呼ばねば, 命ま, 命を, 命上と, 命名を, 和らかき輝きを, 品格を, 唄, 唇の, 啼かんよ, 啼く毎, 嘗て我, 困るなら下りて, 囹圄の, 国人が, 圈の, 國の, 園は, 土の, 土手っ腹へ, 地上の, 声なら, 声に, 夏の, 夢見る所, 大く, 大熊山に, 大膽, 天そそり, 失神汝が, 奈何し, 女なら, 好きな, 好きに, 如き窮措大め, 如く物二, 如何に, 妻の, 妻アヌンチヤタの, 姨島女初めて, 姿, 姿は, 姿を, 威力は, 婚姻する, 嫁に, 子ども事代主の, 子を, 子事代主の, 守り主, 実親, 家だ, 家を, 家染肆を, 射たと, 將に, 對立する, 小言を, 居る処, 居る處, 山上の, 山腹の, 巣も, 己の, 己ア親父に, 市之丞とな, 師と, 帰らば, 常の, 年頃尋ねる, 幸魂奇魂なり, 底を, 店頭に, 庶兄弟どもをば, 廻すとも, 強き故, 彼等に, 待つこと, 後見を, 御処刑, 微かなる, 心から服する, 心で, 心には, 心にも, 心光地に, 心告れ, 心根に, 心胸死せり, 心身の, 志すところ, 志弱く, 念念祈祷する, 性命の, 恋うる, 恋ふる, 恐いからじゃ, 恰も人, 惠に, 意志汝が, 感動せる, 慾かなんぞで, 憎まれ口でも, 懸河の, 懺悔を, 戀ふとし, 成立ちその, 我に, 我儘なり, 我心を, 所献仏の, 手で, 手なる, 手紙を, 投槍の, 持ちしわり子, 持てる生, 持てる象牙, 捕まれば, 採らん藥草, 援を, 改心致せ, 敵であろう, 敵は, 文, 方に, 方より, 族といふ, 族木傳ひ渡り, 族臀は, 日に, 日を, 早くより, 星の, 春, 春日重蔵か, 昨日求めた, 智惠を, 曇りがち, 曹操へ, 最大の, 最後に, 望みの, 望を, 朝始めた, 朝手初めに, 未だこれ, 未来に, 来たから, 来た方, 松風名月の, 松風明月の, 枇杷の, 次なる, 欲かなんぞで, 歌へる, 此処へは, 歯を, 殺した, 殺したも, 殿さまの, 毀すと, 母, 母が, 母は, 母も, 母を, 求めに, 汝が, 汝を, 決して我が, 泣かさまく朝雨, 泣き伏せる, 泣くから, 泥坊か, 流水に, 浙江の, 浮世, 淋しゑ, 渇を, 漫遊の, 火の, 災害を, 為めに, 無言の, 然う, 爲めに, 父いまだ, 父に, 父をこそ, 父多, 父織江を, 獲し弟橘, 獻立せし, 玄蕃か, 王や, 王国の, 生きて, 生涯の, 用を, 申す条もっとも, 疾より, 病をば, 痩せしからだ, 瘠肱を, 白き光見送り, 盃は, 盗人でない, 目に, 眉目ぞ, 眞面目なる, 真に汝, 眼の, 眼汝が, 着るよう, 知るを, 短か, 祕事を, 祖ウィリアムは, 祖父司馬達等便ち, 神何によりて, 神経と, 禁を, 稼ぎは, 稼ぐよう, 空より, 立琴と, 立琴も, 符宝郎の, 絶對若し, 絶望を, 罪なり, 罪は, 罪人の, 美しさ, 羽かすめ飛び, 羽毛を, 翼をば, 耳は, 耳目壅れり, 聞きまた, 聞けるおの, 聲に, 肩身を, 背中へ, 胸も, 胸を, 胸一つに, 脚の, 脳裡に, 腕の, 臥床なれ, 臺所で, 舌切らん, 苦惱汝が, 荒す葡萄園, 菩提所へ, 落葉の, 著せしは, 蔭にて, 薄眠い, 行ったが, 行っても, 行つたが, 行を, 衾は, 見たる四, 見るの, 觀る, 解し得ざる事, 言はば, 言ふ如き, 言向けつる, 言附け, 記實を, 設けし, 許より, 証を, 詐って, 詩論を, 誓うか, 説く所, 讀むべき詩, 負けた, 費や, 足に, 足の, 足捷の, 身か, 身が, 身と, 身とは, 身なる, 身のうへに, 身の程を, 身もとの, 身本の, 軍配と, 迫害に, 追ひ出さず, 送るてえば, 通るから, 遁した, 邪淫の, 金え, 金を, 鋒地に, 鐘巻自, 隠したっても, 隣家の, 霊よ, 面ぞ, 面饐えよどむ, 預かって, 領ける, 頬に, 頬を, 頭に, 頭を, 頭痛したら, 頭痛を, 頸より, 額に, 顔, 願ひ, 願を, 食ふべき, 餓鬼どもさ教唆け, 香の, 馳せ下らんとて, 骨折ったか, 體, 鬱悶汝が, 魂は, 魂何処にか, 鳴く時, 鴿ら畑に, 麗は, 黒檀の

▼ 汝~ (599, 6.3%)

12 して 8 玉に 75 導いて 4 心に, 愛し汝, 敵に 3 助けて, 導きて, 憎む, 我は, 殺さんと, 殺して, 百姓に, 軽蔑する

2 [23件] えぼ立たせ, ひとり黄鶲の, 乾かさん, 吹かしめよ, 大切に, 大夫に, 忠義の, 愛す, 抱きて, 救ひ, 求めむ, 無事に, 珠に, 罪に, 股肱と, 腐らさん, 見しより, 見て, 見ま, 見よ, 誅するの, 迎うる, 除て

1 [485件] あやつるある者, いかなれ, いかに變らしめ, いたはらむ我, いだいて, いだかんと, いつか罵る, いとしがれ, うてる豪雄, えたり, おいて, おいては, おがむわが, おっ殺すべ, おとづれず, おほいな, おもふ, かき抱かしめよ, かくすべき縁, かくは, かこむ二十四本, くるしめむ, ここに, この低き, この場, この恐れ, これと, ころして, ころすに, ささえて, さそふ吾, さへ, さわが, しかく爲さ, しば, しりぞけて, そそのかした背後, その家, それに, ぞうたふ, たすくるを, たのみ母, とって, とりかこみ得たうれし, どんなに探した, のろうであろう, はじめ同腹の, ば罪に, ば若き, ふたたび見出した, ぶった斬るん, またも救, また見捨てるであろう, まばゆうす, みむことを, めで給, やや解し, りふし, わからぬ奴, わが妻, わが子と, わが木, わが記憶, イ, インドラニーに, ウヌと, エーマに, クロニオーン, ヘクトール視察の, メネラオス, 一刀両断せん, 七つ裂きする, 上の山へ, 上方に, 下なる, 不届き者不忠者と, 主と, 主の, 予感の, 亜細亜の, 亡さむ, 亡ぼし汝, 交通機関として, 仇と, 付けて, 伐って, 休ませ吾輩毎日, 伴ひ, 伴れ, 伴れ去っ, 何かも, 何と云, 何と云おう, 使用する, 侮らむ, 保護し, 信ある, 倒し得ず, 偽むき, 先に, 先手の, 光と, 全能と, 冀北大将軍に, 冷遇し, 凌がんや, 凌ぎ得て, 処分し, 初め眷族の, 制し得ず投げし鋭, 刺さんと, 刺すこと, 創造主と, 力に, 助くべし, 助くるならん, 助くるを, 助くる神, 助く見よわれと, 助けがたし, 助ける力量, 助けん汝, 動かさずば, 動かし且つ, 動かす, 動かすは, 動かせるに, 勞は, 勵ませし, 去ると共に, 友と, 叩きのめして, 召す, 右の, 吾が妻, 呪うこと, 呼びて, 呼びぬ起きて, 呼ぶなれ, 呼ぶもの, 呼んだの, 咎めざるを, 哭くを, 善く觀, 喚び來, 喚び夢幻境, 喜ばしめんため, 喜ばすは, 喜ばせしもの, 嗅ぎゆくここち, 嘆くこと, 嘲るとき, 噛み裂かむ, 噛むやを, 嚇し更に, 囲める現実, 固むべ, 地上に, 売るべし, 大事に, 大公儀, 大理想, 大臣に, 天と, 太史官に, 奉ぜむ, 奉公になど, 嫉まんと, 嫉む, 子息らを, 孕める女, 宅へ, 守りて, 守り心, 守り憐め, 安らかに, 宮に, 宮中の, 害せん, 害せん擲げ, 容れざれという, 宿屋へ, 対手に, 封じて, 射たなかったら何時, 射つには, 射つ時, 射んとて, 射殺す, 尊ばむ, 尋ねたりと, 尋ねて, 導かん思ふに, 導きこ, 導きしわ, 導くかしこ, 導くを, 導く權能, 導けり, 崇拝する, 巡検し来り報ぜしめ, 己が, 床に, 弔はむ, 引きて, 引寄する, 強うし, 彼所へ, 彼等の, 征伐に, 待たざりき, 待ちうけて, 待ち受けたり, 待つさ, 待つと, 待つとかの, 待つ事ここ, 心より, 念ひかね, 怖れ, 思ふ汝, 思わしむること, 怨めとぞ, 恋ふる, 恐る, 恐れずと, 恐れずといふ, 恐れない, 恐れぬぞ, 恐れ戰, 悦ばしめん, 悦ぶの, 悩まさん時, 悪まね, 悪むじゃねえ, 悼ましむ, 惜しんで, 惱ます, 愛したの, 愛すという, 愛すといふ, 愛するが, 愛すること, 愛するという, 愛する汝, 愛すを, 愛す俺, 愛す我汝, 愛す此故, 愛せざるべし, 愛せし者, 愛せば, 愛せり, 愛せる如く今, 愛撫しき, 慈悲と, 慕ふ, 憎みたり, 憎むとは, 憎むほどに, 憚らず, 憩は, 懲らしめて, 成敗したら, 我に, 戒むた, 戰場に, 戰鬪の, 所有してる, 所有せずし, 手いたい, 手に, 手元に, 打ち殺すだ, 打ったあゝ, 打倒し, 招ぐ嗚呼, 指示し, 捕へたり, 捕縛し, 捕縛する, 捜しに, 捜し求めて, 捨つるとも, 捨つるなから, 捨てる越後, 捨てんの, 探して, 探偵の, 措いて, 揺籃に, 携へて, 擧げつ, 支へ, 支配する, 放ちやると, 救った者, 救ひ得じ, 救ふも, 救へ, 斃すべし, 文明に, 是非する, 最惜, 有心とも, 柩に, 案内すれ, 棄つべし, 棄てお, 欲望せず, 欺きて, 此に, 此世に, 此困難より, 死刑に, 殺さざるに, 殺さず汝, 殺さむ, 殺さん, 殺さんか, 殺し, 殺し得ざる故, 殺し美代吉, 殺すあたわずとも, 殺すぞ, 殺すの, 殺すべ, 殺すまじ又, 殺すよう, 殺せしか, 求めは, 求める汝, 海中に, 無限と, 焼き殺すべしと, 煩わさずに, 燃しかつ, 特に尊びき, 王女は, 理解せ, 生け捕って, 生みし夕, 生みたるは, 生めるヘーレー, 生める恩愛, 生捕っ, 生擒, 用いずと, 用いるは, 畏れたり, 異なる方, 疑ったこと, 白洲に, 瞞し撃ち, 知らざらん, 知らむことを, 知らむ事, 知る, 知恵および, 祝する, 神聖ローマ皇帝と, 福なる, 称う, 称ばれ, 称める, 空に, 突出し, 窺うであろうという, 立たせ盟, 給仕せん, 縁の, 縊る, 縛って, 罪す, 罰するおそけれ, 罵るもの, 育つべし, 育てたの, 膨らまし, 自分の, 自由と, 苦しめたり, 苦しめ損害, 苦めて, 葦原の, 蔽ふ, 虐げし, 行かしむることあらば, 襲はず, 襲ひ, 見ある, 見こんで, 見しこと, 見しその, 見すてて, 見なしいつしか, 見なし聲, 見のがしたが, 見また, 見むことを, 見るあたわざるの, 見るの, 見るや, 見るやと, 見る目, 見る者, 見れば, 見出すおう生, 見出でた, 見送る, 観ない, 解き放つの, 解き許し汝, 解くべし, 解らぬ奴, 解放せん, 討たんと, 討ち倒し頭, 討ち取らむ, 討つため, 討つと, 詛いしところ, 詛う, 試すべくある神こ, 認め易, 諦視し, 警しめし, 護らん, 護るもの, 護る者, 讃する, 讚する, 讚美す, 貫かば, 責めずとい, 責めぬ, 買い被って, 賞めちぎっ, 踏みて, 身請し, 車下に, 輔けしめんと, 辱か, 辱しめつ, 迫害する, 追う, 追うまい, 追って, 追はず, 追廻した, 送り我情, 送るべき船, 逃がして, 逃がしては, 逐ふて, 造れる上帝, 逮捕する, 遠く離れし, 遣は, 選み, 邪慳に, 都督に, 閉じこめて, 除いては, 除かんと, 随行員として, 雇わん汝, 雑誌店上の, 離れしこと, 雪の, 非難しよう, 鞭うたむ, 頌えるであろう, 頌えん, 頼みて, 食わぬよう, 飼ふ, 養子に, 駆りて, 驅り, 高きに, 高むる者, 髮乾ける, 鬼籍に, 黄金の

▼ 汝~ (576, 6.1%)

11 請ふ 10 梟鵄諸の 6 よりて, 何の 5 これを, 何を, 告ぐべし, 對し 4 向ひ 3 あり, むかひて, 一里の, 優れるを, 振り向きたるよ, 見せて

2 [29件] して, とりて, 一切の, 云ひ, 交る, 任すと, 任する, 先だちて, 勝ちを, 口は, 告げて, 告げむ, 問へる, 宣んすべし宣, 感服したれ, 捧ぐ, 望むところ, 現はる, 現はれ, 答へ, 背かむ, 與ふべし, 與へんず, 身を, 通へども, 逢ったら云おう云おうと, 道を, 遣るから, 預くる見たらば

1 [443件] あきらかなら, あきらかなるべし, あしさまに, あたへ, あはん, あひし, あへる, あらざるか, あらず, あらず悟らずや, あらは, あらはせること, あらはるべし, あらはれ汝, ありといへりされど, あるは, あれ, いい訓戒, いうは, いかなる計, いたすべし, いで逢, いとあやしとお, いと明らか, いにしえの, えさすところ, おかむ, おくべしと, かくさずして, かくすこと能はず, くれて, くれよう, くれる, この岩, この金, これから山幸, ささぐ, さししめす者, さずけんと, さづくべければ, さとらしむべし, さとり易, しばらく貸し, すっかり棚おろし, すべて讓らむか, そう誓われ, そこまでの, その不死, その語, それが, それほどの, た, ついて, なにを, ふさは, まかせる, まさるこの, また口, みゆるごとく彼等, むかって, むかへば, むくいん, むけしめよ彼等, やる十二単衣, やろうと, ゆくを, よそりけ, よりてのみ, ろくな食い物, わかるもの, わが手, わが非難, われは, アテーネー及び, カルロを, ジャムあれ, ヘクト, 一の, 一年の, 下されず, 不動金縛りを, 与えぬの, 与える, 与えん, 与ふるに, 与へ, 与へた, 主權與, 之を, 乗らぬはず, 亂戰の, 事へ, 二心ない, 云うこと, 云うべきや, 云はれる, 云われて, 今告げむ, 今命ず, 今宣んす, 今怖, 代って, 令すべき其一切, 任すあ, 任せて, 任せむ, 会うたの, 会うであろう, 似たるさ, 似たる者, 似合は, 何か, 何により, 何んと, 何物をも, 來ず, 來らん, 來り, 來るべし, 依すと, 借し, 優ること, 優るもの, 優るものわれ, 優る英豪, 優れりと, 先に, 先んじて, 免じて, 再度と, 出ずるもの, 出会ったこと, 別に曰, 別れんとぞ, 力を, 加えられん, 加ふべし, 加へ, 劣らんや, 勇力を, 勝ちて, 勝つと, 勝を, 匿し, 又礼, 反し述, 取らせむ, 叫ぶ, 叫ぶな, 名案が, 向かって, 向は, 向はむ, 向ひ得ず, 向ひ進み, 向ふ, 呉れて, 告ぐべきも, 告ぐるに, 告ぐるを, 告ぐる事を, 告ぐる如し, 告ぐる要, 告げしところ, 告げしめよ, 告げずまた, 告げん, 告げんも, 呼び掛けるの, 命じる, 命ず, 命ずる, 命ぜしや, 咎めは, 哀憐惠與あり, 問うこと, 問う汝これ人, 問は, 問ふ, 問ふところありし, 問を, 喧嘩仕掛を, 四千の, 在るらんやう, 報う, 報ふべし, 奢らんと, 好意を, 妙齡の, 妻とお, 委して, 委ぬ, 婚わんと, 官栄を, 定かなら, 宣んし曰, 宿を, 寄に, 富と, 富貴の, 寵を, 對するあら, 對ひ, 就かざる者, 属すと, 属すると, 希有の, 帝位を, 師たる, 帰ると, 常に力, 干係, 平和を, 弓箭を, 弟子入りせし, 形見として, 從はむ, 從ひ, 從へり, 忠なる, 忠實なる, 恥ぢなば, 恨なし, 感ずるを, 感ぜしむる者, 慈悲あり, 慣ひ, 慶福の, 憂ひあらしめんため, 我優る, 我勸む子, 戰を, 戰利保つ, 戰爭の, 戲れたる, 戴かせ汝, 手を, 打ち勝つ自信, 托せむと, 拂ふべき, 持たしては, 持たせたら, 持ち来たすだろう, 指も, 指もさ, 捧げかつその, 授けて, 授ける, 探し出されては, 支配され, 教う, 教えて, 教ふる, 敢て, 敵する者, 敵を, 於いて, 於て, 昇るを, 明かされんこと, 明なる, 明らかなら, 映りて, 智恵を, 曰ふ, 曰へり, 更にいふ, 會ふ, 材と, 来て, 某の, 構う者, 槍とばし, 槍を, 歓喜を, 歸納の, 死なれては, 残す, 殺された馬方甚三, 殺されるべし, 比せぬもの, 比ふも, 比ぶれ, 水桃を, 求む共に, 求る, 汝の, 海の, 添ひ, 温暖を, 滿ち, 滿足を, 災せん, 焔の, 無礼する, 爭へる, 物を, 物言ふ, 物言ふこ, 献じて, 王冠を, 現はさんた, 現はれし, 現はれぬ, 生きて, 申付くる, 疑ひを, 痛く憤る, 益を, 目を, 目合せむと, 相を, 相違ない, 相違ないっ, 着せし淑女, 知らさにゃ, 知らしめん, 知らしめんため, 知ること, 石垣と, 示されしは, 示さん時, 示すべく老, 示すもの, 示せり, 示せるもの, 礼を, 礼拝す, 祈ぐ請, 祕むべ, 神聖の, 福する, 私あるべし, 竜を, 答ふと, 答ふる, 算段させた, 約したるすべて, 約するに, 累と, 絹の, 縛られたか, 縦い, 繰り返させまいと, 缺くる, 缺けしなら, 罪あり, 聞きて, 聞くの用, 聞こうか, 聲を, 肖て, 背きて, 臨むべしまた, 自らを, 與し, 與へ, 與へんおよそ, 良心ありや, 苦痛を, 荒磯という, 薦むと, 薦めんまた, 血を, 表は, 見えざるさき, 見えしは, 見ら, 覚えの, 親を, 解るもの, 觸る, 言われねえでも, 討たれたいと, 討たれる身, 託して, 許されず, 許しな, 許すこと, 許すべし, 話が, 話したの, 話す事, 誇りたれば, 誇るに, 誓ひ, 語ること, 語るに, 語るべき用事, 説くべし, 誰も, 請はんとて, 請ひ, 請ひまた重ね, 諍訟ある, 論決せし, 謝す, 謝する色, 讀みて, 讐を, 讓るべし, 貸し与えて, 賢き聽, 超風, 足らざるや, 軟かに, 辱しめらるる, 近寄れり, 迫らず無常, 逢うも, 逢って, 逢わそう, 逢わんとて, 遙か, 遣は, 遣るからと, 遣わすから, 遭は, 遺すべし汝, 酒肴を, 金十万円を, 銭金の, 鑑みて, 附きて, 附与せん, 隱さず, 雨降りの, 非ずして, 靡きしならん, 面し汝, 頼む, 頼むの, 頼らざるを, 頼恃み, 顕れしアラビヤ, 願ふ, 食わせべ, 食わりょう, 飮まし, 飮ますを, 魚の, 鳥人を, 齒を

▼ 汝~ (517, 5.5%)

14 の中 8 の世 7 の心 6 のため, は誰 5 の主, の父 4 の父母, の禍, 進んで 3 と同じ, に告ぐ, に告げん, の, の上, の生命, の目, の願, は己, は生

2 [39件] が, に現, に示す, のうち, のうち罪, のもの, のよう, の力, の原, の同胞, の境, の天秤, の師, の所謂神, の才, の技, の母, の泥, の状態, の王國, の王達, の背後, の衷, の西, の間, の領地, は, はこの, は何, は呪誼, は神, は自分, は裁決, もし, もまた, をし, を棄て, を見よ, 踊らず

1 [346件] ああっち, あるべし音, あ馬, いかでさは, いかなるもの, いづれも, かかったが, かくして後, がかかる, がわが, が再び, が剣, が厄介, が姉さ餞別, が工風, が斯く, が欺かれたる, が牙, が知る, が要らざる, が謀っ, が足踏み, が鋭き, が頭, こそは知れ, こそ用捨, こた遣りやしねえ, この中, この天堂, ごとき懦弱漢, ごとき蛆虫, せえ, その招き, というは元来, といふは元来, とおなじく, とこし, とともに殘, とともに隱, との生活, と倶, と偶像, と共に出, と共に必ず, と爭, なげくなかれ, に, にあら, にあらず, にあらはれた, にいはざる, における, にかくさじ, にき, にこそわが, にこの, にし, にはこれ, には善惡, にもやる, にも面白い, に与える, に他, に何で, に告ぐる, に呼びさまさう, に大息, に委ね, に対して復讐, に屬, に引出す, に斬られ, に来た, に登り, に答, に與, に舊約新約, に言, に誨ゆ, に説かれ, に賦與す, に贖, に道, に食, のあ, のいふ, のこ, のすべて, のすべて待, のなやみ, のひと, のひとり, のめつき, のめづる女性, のやどす, のよく, のウッチェルラトイオ, のチェルベロいまなほこれ, の中ひとり路, の中何人, の中誰, の了知, の事, の倶, の價値, の公明正大, の動く, の卑怯, の右, の名, の名誉, の哀しみ, の嘆, の国, の國, の地, の地上, の報賞, の塵, の大望速, の奇しき, の好, の如き, の如く, の如く目, の姿, の學術, の家, の家族, の寺院, の尊き, の尋, の岸, の年毎, の思索想像, の性, の悪運, の意志, の愛, の手, の掠奪, の敵, の昔, の智, の智力, の更生, の會得, の本国, の本能, の業, の樂しき生活, の欲望, の正面, の歩み, の歩履道, の水師, の燈火, の爭, の爲, の物質, の王, の真正面, の知らざる, の知らん, の知る, の知慧, の知識, の研究, の筆, の精神, の罪業, の罰, の考慮, の聞けるごとく, の肉, の背, の胸, の能力, の良心, の苦患, の處, の行, の見し, の見る, の視力, の言, の記憶人, の誰, の諸, の貪り, の身, の道, の道具, の邑, の酌, の重荷, の障礙, の雨, の顏, の食卓, はおそれおののき, はさらに, はしらない, はその, はそれでも, はつい, はどこ, はま, はみな人殺し, はもう, はよく, はわが, はキリスト, は一人, は不幸, は世, は事, は今, は何故, は余, は兄なる子, は全て, は劒, は同情, は売国奴, は天, は実に, は彼, は恥しい, は我が, は我等, は戦死者, は断じて, は時, は未來, は汝等, は汝等自身, は無明, は獸, は皆汝等, は皇國, は知っ, は知らん, は福, は羽, は蛭ヶ小島, は貪り, は路傍, は餌, まことに義, まさに一心に観世音菩薩, まで私, みだりに歎, も亦, も人形, も大, も天, も完, も完全, も救われるであろう, も此, よい若人ども, よく見物, よという, よと宣う, よりわが, より前, より少しく, わが故, わが誡め, をかく, をかなた, をこ, をめぐらす, をめぐる, を上げん, を住, を壞らざらしめ, を尊崇, を尊敬, を導ける, を平和, を引く, を悩ます, を愛す, を愛せ, を憎む, を抱け, を招き, を撃つ, を救, を暗黒, を欺かず, を正しく, を殺し, を永劫不滅, を洗, を照らし, を生ま, を知らず, を罰した, を虐げし, を見る, を詛, を躓かす, を遣, を遣はせる, ノ望ムモノハ只, ノ為メニ受クル害ハ小ナリト雖モ害ハ害ナリ, ノ言ハ, ヲ左, 不放逸, 之と共に行け, 互にさばく, 何ぞた, 何ぞ背, 共に勇猛, 共に雷霆, 出て, 即ち燃, 如き卑怯者, 如き奴, 如き汚れ, 如き田夫, 如き鼠賊, 安かれ, 待てーッ, 悉く世人, 愛せら, 斯くし, 暴れよ今, 来るか, 求めよさらば, 消えろ, 深く思う, 疾く死ね, 登らんこと, 知れば, 空しく眺むるや, 第三, 若し知ら, 見たりや, 見て, 須らく勗め, 頼まなくつたつて, 驚き異

▼ 汝~ (443, 4.7%)

6 の手 5 に告ぐ 4 の父, は, 斯くも 3 には汚, のうち, のよう, の力, は預言者

2 [23件] がこの, が饑ゑずしあらば, に, に渡す, の, の仇, の功, の天, の弟, の心, の意見, の胸, はどこ, はなぜ, はわが, はア, は何物, は白く, を, をや, を付さ, を衆議所, を責むる者

1 [359件] いかに勇む, いざこと, おのおの喜び, おのおの軍勢, かくて, かねての, から仇呼ばわり, から先, が, がなした, が今日意外, が使い, が屡, が工風, が平生, が快く, が我, が我が, が手, が敵, が申すなら, が相, が矜高, が知った, が見えたら, が訊かん, が足踏み, が踏んづける, が迅速, が鋭き, が頭, が食うべき, こそその, こそ二度と, こそ兄弟, こそ怪しから, こそ黄匪, ことごとく前非, この仏罰, この剣, この娘, この社, この蛇, この調印, ごときが, ごとき一身, ごとき犬侍, ごとき者, しを, そもそも某, そんな意地悪, だ, つらき戰鬪, であったか, といえ, とちがっ, なお龍駕, などて離れ立ち, にあらず, にたいし, につげん, にはあの, にはうけん, にはわが, には伊勢伊賀, には入るべからず, には大将, には汚れたる, には頼まぬ, にふさ, にも褒美, に下す, に代, に何, に優る, に分る, に告ぐべし, に告げん, に巡り合い滾, に強いられ, に復讐, に担がれ行く, に持つ, に歳, に目, に示さん, に祝福あれ, に穿かせたら, に能わざる, に言, に誉め, に賭場, に身, に遣る, に顕せり, ねぼけるか, のあと, のいう誤った, のうち一人, のうち罪, のおのおの, のこと, のごとく, のさし, のすべて, のたのむ, のぶつぶつ, のもの, の不注意, の中, の主人, の主人何進, の主人高定, の主君, の事, の仲間, の企み, の倚託, の光明, の兵, の出世, の分際, の勲章, の双肩, の命, の奸策, の如き, の妨げ, の姦計, の山寨, の帰る, の弟子, の影, の待ち伏せ, の忠戦, の怨, の手下, の手掴み, の持ち物, の挙動, の攻撃, の旅, の智慧, の最も, の父親庄右衛門, の生命, の番, の知った, の知る, の科, の精励, の細首, の美しき, の義胆, の考え, の苦患, の裏, の見せ物, の見知らざる, の詐り, の足, の路銀, の身辺, の軽, の部落, の都督, の隣人, の霊, の頭領, の願い事, の食うべから, の飼馬, の首, はおのおの, はおのおの一万騎, はかねて, はことに, はさがっ, はすべからく, はそも, はただちに, はちと, はどの, はなお, はまた, はみだりに, はよく, はアキルリュウス, はアルバ, はクルジオム, はドイツ軍守備隊長フオン・エッセン, はラビ, は一人, は一体, は三十里先, は人数, は今日, は今日以後, は他家, は何処, は元来, は兄弟, は切らぬ, は勝った, は同じ, は地獄, は好まざりき, は如何, は宮将軍, は後陣, は戰車, は敵, は日本一, は明らか, は曹操, は汝ら, は決して, は海賊, は皆, は神, は腐, は船, は茨組, は薛喬, は藁人形, は蚋, は言葉, は証人, は誰, は調理, は遊軍, は道徳, は酒杯, は釣られ, は長年, は集議, は食物, は魏, は鴫澤兄妹, へばるには, へ加担, まさに一心, まだ勝鬨, もここ, もこの, もし, もそれ, もちと, もまた, もみな同様, も仲よく, も努め, も各, も嘆くでない, も外, も寝た, も峯松, も張飛, も心せよや, も我, も打ち交じっ, も朝廷, も無益, も物の具, も生命, も白髪, も知らん, も知る, も覚え, も軽, も逆賊, ゆきて, よくわが, よく理, わが命令, わが故, わが途上, われと武芸, をこの, をこらし, をし, をにらみつけ, をはじめ, をふみつぶし, をゆる, をエイヤア, を亡, を免, を取り殺す, を叱る, を埋ず, を強く, を憐, を拘引, を更に, を皆一齊, を罵り, を苦しめたる, を許し, を請せず, を迎, を迎えた, を高う, 両名, 互いに愛せ, 互いに愛せよ, 互に恥, 仕止めろ仕止めろ, 何すれぞしかく堕落, 入りこんだ敵, 全く亡くなるでなく, 全く譽, 共に一齊, 去りて, 各, 吐きたり, 堅く緊密, 好んで, 如き蛆虫, 宜しく身, 屠るべし, 帰って, 幼き第, 強いて勧めたで, 必ず死すべし, 思うまま, 急ぎ我が, 悔い改めて, 悟るべし一旦, 掠め去る勿, 暴れよ今, 未だ認めず, 正に不敵, 正に怒るべし, 深き怨恨, 無禮, 留ること勿, 疾く死ね, 白き脂肪, 知るところ, 立ちて, 等しくわれ, 聞いて, 聞きて, 行くには, 見られんため, 見るを, 見送っても, 解るか, 討って, 諸民, 諸神今, 踏みとまれ, 辛き言句, 逃げ走る其後, 酷くし, 食うべからず, 食うべし即ち, 黙って

▼ 汝~ (218, 2.3%)

3 武士の

2 [18件] おめでたいの, しよく, また存在, 亦た, 亦詩, 亦近づく, 名誉我も, 吾も, 大抵分別は, 定めて, 忘れて, 此方へ, 流俗のみ, 知つてゐる, 荒れたる野, 送らなえ, 過して, 飲れ

1 [179件] あまり好きこと, いきなり何等, いさぎよく蜀, いつか聞い, いつしか散り, いにしへは, おさおさ怠る, お坐り, かっ, こいつを, ここで, この地歴程, この方程式, さきの, しさき, しわが, しエーマ川, しダルダニデース・プリアモス, しユウメーロス, しルーニ, し人, し余, し外, し師子王, し我, し操, し敵, し此, し石, し草, し霊, そうか, その時斯, その祖先, たのみけむ, ちったあ, つがいが, つくられぬ, つめたき砂摺, といづく, とうとう出世, ない, ばちや, また, またこれ, またその, またわざわざ, また之, また優, また卵, また幾日, また田豊, また路, もう一人前, ゆるりと, 一緒に, 一陣を, 下り来りて, 之を, 予とともに, 云えって, 亦かの, 亦吾党, 亦吾黨, 亦我と, 亦死線, 京極方の, 人間の, 何時も若い, 元来の, 充分修行致せ, 共々, 其の仲間入り, 出でよカーニヤッツオ, 刀を, 剃たて頭, 前に, 力を, 勝手に, 半かむ, 口前ばかりは, 只は, 同じくこれ, 同罪と, 名誉で, 呑みこんで, 善き程, 喰へ, 嘗めつちめ, 城太めと, 大い坂, 天晴なる, 妻子を, 寧そ此の, 寺に, 少し休め, 尚だ, 尻拭け, 己も, 年を, 廟鼠の, 当家の, 急に, 懸賞小説なんぞと, 戀ふる, 我となり, 我の, 我も, 我を, 我慢する, 我等の, 手を, 抜け, 敵の, 新に, 早々北越, 早う降り, 是から, 是れ, 是非洋服を, 時には, 時世の, 書け, 望みを, 望を, 来い, 来て, 松浦頼母の, 柳生の, 正に亡ぶべし, 此れ, 武士だ, 殺し差違, 永久に, 汝の, 浮世の, 浮浪人だ, 熟, 熟知する, 王化の, 現に魂星, 琴を, 知って, 知つて居る, 知らむ, 知りたらん, 知るや, 知る通り, 知る通りすべて三九二十七毛, 磴の, 社会を, 祖国に, 立派な, 老いけり大根馬, 聞いたろうあの, 背く者, 腹が, 膽太き, 蜀へ, 蜂の, 見て, 見よ上州, 見るらむ, 見上げた男, 見上げた男ぢ, 豊前へ, 近い内, 速やかに, 運命の, 郭嘉程, 金仙花を, 随時僧に, 難からじ, 難儀だ, 食いおった行帰り, 首を, 駆出したくらい, 骨を, 魂汝の

▼ 汝~ (110, 1.2%)

4 我の 3 倶に, 共にあり 2 なり汝, 一緒に, 作れりし国, 天の, 我との, 盃いする, 遠ざかりまさるなり

1 [86件] あひ見, いえども, いかに世, おえいとは, おのおの一万騎を, この天, したこと, その秦朗, その韋康, それが, であって, なる, なんの, まちがえられ刑, みえるな, わっさり飲ん, われと何, メネラオス讐トロイアに, 一室を, 一致せざる, 与に, 二人で, 他の, 何の, 作れる國, 別るる, 別れむ, 別れる俺, 力競べを, 合し呉を, 同じ使命, 同じ尾張, 同力報国せん, 同師, 吾と, 呼び掛ける, 呼び掛けるの, 呼ぶこと, 城太めじゃ, 契約した, 婚すべく, 己が, 己とは, 彼とを, 我が迷える, 我とを, 我と今, 我は, 我を, 斯く相, 族の, 書いてナと, 會する, 栄辱を, 武技法術を, 決闘しよう, 爭ふ, 父と, 父とは, 父勝頼との, 生死を, 痛切な, 相見える, 相見る, 私との, 私とを, 競ひ, 競争する, 競駈し, 約を, 縁厚き, 華麗なる, 葉石と, 見し一年, 語らう, 語らしむる, 語るわが, 誤らば, 諸共に, 賭して, 違って, 闘わじと, 關渉ふさま, 離れ我こ, 須原で, 麻雀の

▼ 汝~ (73, 0.8%)

52 のこと, はその, ッ

1 [62件] おばば, お寺へ, か, が, が倦怠, が困る, が如き, が宮本村, が汝, が父者, が踊れ, こそ, この主膳, これから何処, だけの悪, と吾, と窓口, どこの, な, などに不愍, にある, のどこ, のよう, の亡父良持, の体, の師匠, の心, の考え, はいづち, はさっさと, はたしかに, はな, はばば, は人なみ, は似非善人, は元, は公卿, は固, は土方, は手, は校尉, は武士, は泣い, は生れぬ, は生命, は間諜, ひとり落ち, も, もその, もたたき殺されっ, もまた, も今, も支度, らの, ツ卑怯ツ, 切腹致した, 化物再び, 妖怪変化御, 梅なんぞ, 狼藉者, 相川様へ, 突ッ走っ

▼ 汝~ (56, 0.6%)

4 の劉辟 3 の城 2 から帰っ, の孟公威

1 [45件] から前線, から引, が恋しく, で別れた, にある, においてご, にたて籠っ, には前, に帰っ, に派遣, に近い, に迫った, のこと, の北, の匪軍, の古城, の孟建, の守り, の徳枢, の恒景, の戦, の残兵千余, の程秉, の空, はまだ, はもう, は近い, へお出で, へきた, へさして, へは向わず, へは山ひと, へむかっ, へ下っ, へ向け, へ移った, へ落ちのび, へ赴く, へ進もう, へ道, より凱旋, を去った, を基地, を献じます, を発し

▼ 汝~ (40, 0.4%)

2 の相談

1 [38件] がため, が敬, にし, には何と, には姿, には来る, にも聞えずや, に眼, に近く, のこと, のため, の先, の列, の受け容, の心, の手, の指図, の気づかぬ, の立てこもる, の耳, の談話, は, はあまりに, はどちら, は人, は何, は去, は喜び, は湧い, は諸, は齎せり, よすがを, を捉, を揺り弄ぶ, 広き海原, 知れりや, 美しきもの, 避けでは

▼ 汝たち~ (38, 0.4%)

2 の相談

1 [36件] があんまり, がし, が京都, が大事, が寄っ, が手, が狂犬, が遊ぶ, が骨節, には何と, には来る, にも見せ, にも面白い, にやあ, に与えられる, に対つてあらたか, に指, の主人, の先, の居ぬ, の投げた, の母, の気持, の言, の豚面, はここ, は何と, は誰そ, は静か, まずこれ, まで私, もその, も早寝, を我が, を押し込ん, 仕へ

▼ 汝自身~ (38, 0.4%)

7 を知れ 2 に忠実, の中, を清く

1 [25件] である, ならびに汝, に対して全身全霊, に対し或は, に為さん, のこと, のため, のもの, の不注意, の今, の命, の天性, の如く, の影像, の祈祷一俵, の身のほど, の身の程, より外, を享楽, を助けよ, を大地, を守れ, を救う, を知る, を表現

▼ 汝この~ (37, 0.4%)

2 大畏怖, 孃子を, 宝を

1 [31件] こと思ひ, ふたりの, 一事を, 中より, 事について, 事を, 事顧みず, 人を, 他事を, 八字の, 国に, 国の, 圓の, 場で, 孫堅を, 山を, 日に, 旨を, 樹の, 法悦の, 濠の, 眞理を, 荒地より, 薬を, 言を, 詩を, 豫言を, 足を, 轍に, 雛を, 難受け

▼ 汝~ (35, 0.4%)

3 より後

1 [32件] こそ充たすべく, こそ好む, こそ鉄面皮, この事, さすが勝れし, とれ疾, なほ之を, はた, また憎き, もし手向, よく知りぬら, より自ら, アキルリュウスの, パトロクロスよ, 以汝爲親魏倭王假金印紫綬裝封付帶方太守假授汝其綏撫種人勉爲孝順, 何ぞ我が, 壯年已に, 急ぎ屍體, 我が形容, 我と倶, 抑, 曰へる, 此處にく, 死別の, 眼前に, 知るべし, 立ちて, 見れば, 身を, 述べし計, 邦を, 驚きの

▼ 汝これ~ (31, 0.3%)

4 を知る 2 を異し, を見

1 [23件] だぞ, によりてかれ, に心, よりいま一, をこの, をたのしみ, を世人, を信ずる, を分け, を剥ぎ, を啄まず, を憶, を拒む, を新, を汝等, を為す, を生者, を聞き, を蝗虫, を諒せよ, を赦, を量り, 貴き神

▼ 汝わが~ (31, 0.3%)

2 ために

1 [29件] うちまもりゐ, ため光榮と, 一生を, 主曹植, 今語る, 勇を, 十世の, 友勇猛の, 反復語を, 契約を, 威を, 子孫を, 師よ, 年の, 彼の, 悲哀よ, 槍に, 汝の, 消息を, 神, 胸に, 胸の, 若き日, 血族を, 言に, 言を, 軍を, 長き槍, 馬を

▼ 汝こそ~ (30, 0.3%)

2 小林の

1 [28件] あれわれ, この剣, その木剣, なんだ, はげに, もはや予, よしなき臆測, わが偉大, わが鳥人, 不朽不死に, 今日まで, 何が, 俺の, 光を, 呪わるべき, 常日頃, 我が憩い, 戸まどいし, 犬じゃ, 神, 縁談を, 袴に, 誰だ, 身体を, 退がれ一刻, 逞しき大, 遅れるな, 降伏せよ

▼ 汝には~ (26, 0.3%)

1 [26件] あまり気持, これを, さらに恩賞, そういう小, それを, ちょっとし, べつに与える, 一寸仕, 何人も, 勝てぬけども, 及第の, 対手が, 愛の, 曾祖父なりき, 未だ為むや, 氣に, 用も, 祕めて, 神様に, 討たれて, 討たれぬぞ, 訝かしさ, 許されないの, 読めぬか, 過ぎた女房, 非ざる

▼ 汝よく~ (26, 0.3%)

2 我を

1 [24件] かしこを, かれら, これらの, さとるや, その理, それに, もよくも, わが詩材, ダニエールの, 云った源太, 云つた源太の, 人を, 人間を, 兵を, 兵粮奉行の, 助けて, 好み而, 娶たな, 心を, 思ひを, 昼の, 来て, 知らんや, 考えみよ

▼ 汝より~ (25, 0.3%)

3 他に

1 [22件] うくる, うけしその, さと, ほかに, まず去れ, わがすべて, アキルリュウスの, 人類の, 他の, 何の, 前に, 勝らましかば, 厚しとおも, 外にねえ, 始まる, 常に憎まれ, 聖なるもの, 聞ける事, 腕力及び, 邪慾の, 離し殘, 離る

▼ 汝~ (24, 0.3%)

1 [24件] それまで, は幇間, 一緒に, 一風呂敷に, 何ぞ買っ, 先へ, 分家だ, 可哀そうで, 壮え, 山口屋へ, 己に, 後見人に, 方の, 早く女房, 此の, 此処え, 歩いたじゃ, 殺すべ, 疲れべ, 直に伊之助さん, 知ってべ, 種々な, 親父が, 詰らねえ心

▼ 汝また~ (24, 0.3%)

2 問ふこ, 差しのぞくなる

1 [20件] うらみとも, かたく信, かりん糖の, それお, はじめ孝廉に, ほかに, わが汝, サンタフィオルの, 善く汝, 太陽にも, 幸なく, 彼と, 彼の, 心に, 念ずる者, 我に, 死ぬべき者, 知るべし一, 舟と, 非業の

▼ 汝一人~ (23, 0.2%)

2 で建つる塔, で行く, に聴け, に重石

1 [15件] だけ通る, で, で一, で奪い, で縱, ならどうにか, のみ切に, の奉公, の寢起, の栄華, は助かるべし, は殺さねえ, をかうし, を神様, 助かりゃ可

▼ 汝から~ (22, 0.2%)

1 [22件] よく云い含め, わがうち, 一陣を, 与えられたこの, 何が, 先き帰ろ, 先に, 名を, 名乗る奴, 呼んだから, 喚び起されるため, 喚び起される道徳的命令, 喚び起され汝, 心が, 我は, 改まって, 渡して, 能く, 自己が, 語つてあげい, 起った事, 遠くに

▼ 汝~ (22, 0.2%)

2 をたすけ

1 [20件] と共に独立, に, にかく, にとも, になほ, にヒソポ, に代り, に從, に悦び, に欺かる, に注ぎ, に言現, に近く, を, を人, を容, を斬ら, を樂, を辱めた, を送り

▼ 汝ごとき~ (21, 0.2%)

2

1 [19件] あぶれ者と, がみだりに, にこの, に出会おう, に助太刀, に姫, に敗れ, はせいぜい, は物の数, を怖, を相手, 下賤, 小侍, 畜生道の, 粗暴逆心の, 者の, 者を, 職人らに, 職人等に

▼ 汝若し~ (20, 0.2%)

1 [20件] と, また嫁, みづから恐れ, よく記憶, わが持來, メレアグロの, ヴァル・ディ・マーグラと, 一念心に, 兄弟等の, 国つ, 己が, 惡人と, 我が昔日, 我に, 我の, 才高き, 汝の, 生ける者, 知らば, 蚤く

▼ 汝~ (18, 0.2%)

1 [18件] ただ言われた, どうだ, まだ行ぐのがあ, も仲, 一人で, 伐る分, 何か, 出世し, 分まで, 家に, 恨むん, 早く立派, 片岡さ寄れ, 耕平の, 行って, 行つ, 裏山の, 馬買っ

▼ 汝~ (18, 0.2%)

3 に銘じおけ

1 [15件] せず, に之, に夢みる, に彼, に思はず, に懼, に耻, のま, の底, よりか, をとめ, を傷めず, を尽し, を警め, 之清明

▼ 汝と共に~ (17, 0.2%)

1 [17件] あとにか, あらざる, あるを, 分つもの, 刺しちがえ, 呉へ, 坐らん事, 夸張する, 弟よ, 来たれる, 杯を, 死せん, 火に, 笑ひ, 計策, 酒飮ま, 闘うと

▼ 汝~ (17, 0.2%)

1 [17件] うして, うする, して, と云った, によりてかく, の姓, の所見, をか今, をか好む, をなす, を以, を信ずる, を吾, を恃, を曰, を望ん, を爲

▼ 汝との~ (15, 0.2%)

2 統一として, 間に

1 [11件] ため盡したる, 人格的対立も, 倫理的意味関係に, 契約は, 宿怨にも, 手紙が, 行為的聯関の, 連関構造を, 間における, 間には, 関係という

▼ 汝~ (15, 0.2%)

2 この女, せえ, 憤つたのげ, 痛くねえ 1 あの獲物, この壺, まさか助かろうた, もう死んでる, 何故此家, 拒むな, 死んだ爺様

▼ 汝自ら~ (15, 0.2%)

1 [15件] その術, つまずき汝自ら, であるとき, の, のため, の宝石, の現行, を知れ, 取って, 善きやう, 思ひ定, 清くし, 知らむ, 知る所, 言え

▼ 汝がに~ (13, 0.1%)

1 [13件] くればい, ほはし, 云い聞かせるが, 会いてえと, 只だ, 呉れるから, 柿を, 殺して, 済まねえとい, 話を, 譲っても, 食わすと, 饅頭を

▼ 汝何ぞ~ (13, 0.1%)

2

1 [11件] わが顏, 亡びざるや, 勇なく, 危ぶむこと, 心ひかれ, 我物を, 拙くも, 歎ける, 汝を, 穢れし我侶, 開かざりしや

▼ 汝妖婦~ (12, 0.1%)

12

▼ 汝にも~ (11, 0.1%)

1 [11件] いろいろ世話, きかせたい, また天国, 一つ遣ろう, 似げ, 匹敵する, 汝の, 約されて, 読めるか, 過分なる, 隠し汝たち

▼ 汝~ (11, 0.1%)

1 [11件] がこちら, が日本, の役, の心, の恋人, の死, の率いる, の秘文, は従容, は書生芝居, は清国

▼ 汝かく~ (10, 0.1%)

1 てこの世, て人類, なさ, なるもの, ふかく戀, もくるおしく, ケブリオネ, 定かに, 快楽多き, 我に

▼ 汝等審~ (10, 0.1%)

10 に諸

▼ 汝こそは~ (9, 0.1%)

2 よく彼 1 いくばくも, それに, わが心, 我が安らい, 我を, 時の, 言ひも出で

▼ 汝その~ (9, 0.1%)

1 ような, 上に, 前を, 名を, 女櫛名田比売を, 年まで, 時他の, 耀く脚, 言を

▼ 汝らこれ~ (9, 0.1%)

2 を食うべからず, を食うべし 1 が見えぬ, この急迫, に取りすがれ, に聴け, を塗らぬ

▼ 汝~ (9, 0.1%)

1 というの, と彼, に近けれ, の不朽, の愛, の爲, の爲神, の許, を見

▼ 汝として~ (8, 0.1%)

2 我に対する 1 これに対し, これに対する, 呼び掛けること, 対し得る自覚的存在, 対すること, 成立つ

▼ 汝とは~ (8, 0.1%)

1 ただ聴く, つい過, 一つの, 会われめ, 何んの, 往時如何なる, 必ずしも大師自身, 長い馴染

▼ 汝に対して~ (8, 0.1%)

2 初めて我, 我であり 1 この武蔵, する事, 自己を, 語り汝

▼ 汝~ (8, 0.1%)

1 はア, はア是, 困るべ, 殺すべ, 知ってたらば, 知ってるか, 連れて, 食い方

▼ 汝~ (8, 0.1%)

6 の命 1 が青, まづ

▼ 汝等飛躍~ (8, 0.1%)

8 して

▼ 汝いかに~ (7, 0.1%)

1 したりとて, して, するも, せる何ぞ, 狡智を, 猛なり, 陳じ泣く

▼ 汝という~ (7, 0.1%)

1 のは, ものの, ものは, 個人, 個人を, 全く独立, 古狸だ

▼ 汝とともに~ (7, 0.1%)

1 この溪, ローマを, 人肉を, 処して, 如かざるなり, 接吻け, 闘うを

▼ 汝~ (7, 0.1%)

1 まざらば, 寒かねえか, 将我に, 庄吉が, 汝で, 自分の, 黄蓋ごとき

▼ 汝~ (7, 0.1%)

1 おお運命, かつては, すべてそれらは, なおよく, 何とて鳴く, 小琴, 淨き

▼ 汝~ (7, 0.1%)

1 ぞ得, にそむい, に勝り, の御, の為め, の造, を失

▼ 汝~ (7, 0.1%)

2 の歸依處 1 が名, が求知, が翼, の爲, を我

▼ 汝既に~ (7, 0.1%)

21 一時の, 下界の, 我等の, 死にたるか, 要點

▼ 汝~ (7, 0.1%)

31 けらく, ふしか, ふ如く我, ふ如く汝

▼ 汝等これ~ (7, 0.1%)

41 にて己, に盲從, を寶座

▼ 汝誠に~ (7, 0.1%)

3 勇なる 1 僞らず, 勇あり, 勇猛の, 我よりも

▼ 汝がの~ (6, 0.1%)

1 ような, 事べ, 企の, 力には, 口へ, 頬に

▼ 汝さん~ (6, 0.1%)

1 かい, がそれ, のやう, はせつぼう, を盗児, 知らない

▼ 汝どう~ (6, 0.1%)

4 するか 1 すッ, でも平

▼ 汝なれ~ (6, 0.1%)

1 ばなり, ば厳しく, ば取る, ば汝これ, ば泉下, ば私

▼ 汝のみ~ (6, 0.1%)

1 ひとり存在する, ひとり高き, 光榮つねに, 死すべき恐怖あらざらむ, 生きて, 空言言ひ居

▼ 汝よりも~ (6, 0.1%)

1 モー少し, 低く小さくお, 多分に, 数等醜い, 遙かに, 高く大きく精緻

▼ 汝りや~ (6, 0.1%)

1 え, お飯くつ, さうだ, そんなに夜更し, どうした, 有繋俺れこ

▼ 汝ツ等~ (6, 0.1%)

1 おとつ, がだ, がより, が親爺, さう, 知りも

▼ 汝二人~ (6, 0.1%)

2 のアイアース 1 は喜べり, をいつくしむ, をもろとも, を余

▼ 汝かの~ (5, 0.1%)

1 倒れし者, 壁を, 手に, 犢を, 譽の

▼ 汝そこ~ (5, 0.1%)

2 を動かず 1 から来た, にい, にて疲れ

▼ 汝~ (5, 0.1%)

1 から何, つて奉公に, な, などと醜い, な楽書

▼ 汝でも~ (5, 0.1%)

1 いい, ねえん, 惡戲した, 稼ぐよう, 行くの

▼ 汝など~ (5, 0.1%)

1 ぁ世界に, ぁ悪戯ばり, あ世界, そだら, 悪戯ばり

▼ 汝はと~ (5, 0.1%)

1 いひさして, こしへに, こしへの, 二字だけ, 来たね

▼ 汝ひとり~ (5, 0.1%)

1 が頼み, だらいが, であ, であろう, に牧

▼ 汝~ (5, 0.1%)

1 づいそぎすゝ, づこの, づ我は, づ我を, ぶな

▼ 汝もし~ (5, 0.1%)

1 これに, これを, われらの, 信ぜずば, 己が

▼ 汝をば~ (5, 0.1%)

2 偲ばむ 1 プリアモス王ヘカベーの, 彼送れ, 我が宮

▼ 汝~ (5, 0.1%)

1 典軍校尉ニ命ズという, 怨ミ汝ヲ, 目シテ死物ト為ス, 眷愛スルノ念豈, 責ムルヲ為サンヤ

▼ 汝~ (5, 0.1%)

1 を愛せざる, 幸魂奇魂也, 幸魂奇魂術魂之, 忠孝, 忠孝我甚哀汝今

▼ 汝等人間~ (5, 0.1%)

1 に憚, の魂, は永遠, よ愼, をば昔

▼ 汝等我~ (5, 0.1%)

1 に導かれ, に陰門, の今, を見ず, を見ずし

▼ 汝~ (5, 0.1%)

1 うく藏つて, く告げ, く忍んだ, く我, く知る

▼ 汝詩人~ (5, 0.1%)

2 たるべし 1 とならん, となれる, の目

▼ 汝~ (5, 0.1%)

2 を引い 1 から離れれ, に力, を引いてる

▼ 汝~ (4, 0.0%)

1 さう, ならずこの, 伴か, 悪戯した

▼ 汝がと~ (4, 0.0%)

1 一緒か, 二人ながら, 云うもの, 同年だ

▼ 汝ここ~ (4, 0.0%)

1 にあら, に来たる, の家人, より入る

▼ 汝これら~ (4, 0.0%)

1 のもの, の愛, の暗き, の魂

▼ 汝~ (4, 0.0%)

4 とひ

▼ 汝であり~ (4, 0.0%)

1 客観である, 客觀である, 汝によって, 自己が

▼ 汝ほど~ (4, 0.0%)

1 あの寂しい, なく日, われの, 奸智に

▼ 汝まことに~ (4, 0.0%)

1 かしこより, 勇なれ, 勇士なり, 我を

▼ 汝まだ~ (4, 0.0%)

1 年ば, 悪事が, 我の, 迷って

▼ 汝よろしく~ (4, 0.0%)

1 剛強の, 思ひ見よ, 智慧の, 遠來

▼ 汝ら之~ (4, 0.0%)

2 を食うべし 1 よりも遥か, を高く

▼ 汝われ~ (4, 0.0%)

1 をさほど, をも呪う, を殺さん, を知る

▼ 汝~ (4, 0.0%)

1 にある, に歸, を暖め, を變

▼ 汝人間~ (4, 0.0%)

1 か, に生れ, の分, は世界

▼ 汝何故~ (4, 0.0%)

1 亂戰と, 兇暴の, 早く帰る, 犬を

▼ 汝何者~ (4, 0.0%)

2 なれば 1 ぞ, ぞと問え

▼ 汝~ (4, 0.0%)

2 相待久矣 1 りて, るを

▼ 汝及び~ (4, 0.0%)

2 衆生応に, 衆生應に

▼ 汝必ず~ (4, 0.0%)

1 太史と, 後身成道すべき, 是を, 牛を

▼ 汝我が~ (4, 0.0%)

1 ために, 子よ, 翁に, 足下に

▼ 汝~ (4, 0.0%)

1 と爭鬪, に適, やめざらむ, を望ま

▼ 汝未だ~ (4, 0.0%)

1 レーテの, 山の, 死の, 顏を

▼ 汝此処~ (4, 0.0%)

1 にあら, に立っ, の家, へ来

▼ 汝~ (4, 0.0%)

4 のほとり

▼ 汝知らず~ (4, 0.0%)

21 やさき, やわれ

▼ 汝~ (4, 0.0%)

1 とともにあり, のさばき, の如く, の裔

▼ 汝等之~ (4, 0.0%)

4

▼ 汝~ (4, 0.0%)

2 かに 1 かに死滅, かに馳せ

▼ 汝あの~ (3, 0.0%)

2 音ぁ何の 1 実母も

▼ 汝いかで~ (3, 0.0%)

1 かこ, か忘, この事

▼ 汝~ (3, 0.0%)

2 妻ア 1 久の

▼ 汝~ (3, 0.0%)

1 に闇, は見せ, 見せるもの

▼ 汝であった~ (3, 0.0%)

3

▼ 汝なぜ~ (3, 0.0%)

2 探すか 1 隠す

▼ 汝なんかに~ (3, 0.0%)

1 なにも, まけて, 渡すもの

▼ 汝はな~ (3, 0.0%)

2 が魂打眺む 1 これから直ぐ

▼ 汝まさに~ (3, 0.0%)

1 われと共に, 知るべしすなわち, 知るべし我生死

▼ 汝~ (3, 0.0%)

1 てえな野郎, て恐れとな, わざを

▼ 汝みずから~ (3, 0.0%)

1 の頭, をうつす, を救えよ

▼ 汝みだりに~ (3, 0.0%)

1 五関を, 入るなかれ, 舌を

▼ 汝~ (3, 0.0%)

1 はいはいで, 動くな, 可愛いぞ

▼ 汝ら三名~ (3, 0.0%)

2 の平安 1 とはいったい

▼ 汝ら何~ (3, 0.0%)

1 と思う, をする, を望む

▼ 汝ら呉~ (3, 0.0%)

1 の武将, の逆賊ども, へ帰ったら

▼ 汝ら心~ (3, 0.0%)

1 の眼, の貞操, を協

▼ 汝ら我~ (3, 0.0%)

1 に加, をはばめ, を責めた

▼ 汝りや何~ (3, 0.0%)

1 くろつちん, ちつたそんで, 欲しいつ

▼ 汝をこそ~ (3, 0.0%)

1 待ため向, 拝めあわれレー, 裏切り者とは

▼ 汝アカイア~ (3, 0.0%)

21 の至剛の者

▼ 汝~ (3, 0.0%)

1 ちが, ちに, ちは

▼ 汝一切~ (3, 0.0%)

1 の目, の神明, の計らひ

▼ 汝~ (3, 0.0%)

1 ありきメノイチオス, 死せよ何故, 起ちて

▼ 汝何ぞかく~ (3, 0.0%)

1 思ひなやむやといふ, 消ゆる, 身をか

▼ 汝善き~ (3, 0.0%)

1 事を, 憐を, 果を

▼ 汝~ (3, 0.0%)

1 え形, なる星, なる鳥

▼ 汝~ (3, 0.0%)

3 の命

▼ 汝~ (3, 0.0%)

1 としつ, の如く心, ニ是レ臆念スル所也

▼ 汝思ひ~ (3, 0.0%)

1 しか, わづら, を一

▼ 汝我等~ (3, 0.0%)

1 の大いなる, の状態, を導け

▼ 汝戰鬪~ (3, 0.0%)

1 に我, の, の中

▼ 汝提宇子~ (3, 0.0%)

1 こそ愚痴, この段, すでに悪魔

▼ 汝~ (3, 0.0%)

1 から新, に依り, 貴神

▼ 汝~ (3, 0.0%)

1 のうらみ, の荷, の蕎麥

▼ 汝~ (3, 0.0%)

1 ひととも, を常に, 者即

▼ 汝真夜中~ (3, 0.0%)

2 の暗き 1

▼ 汝知る~ (3, 0.0%)

1 この物三百年餘, やこの, イエスが

▼ 汝知るべ~ (3, 0.0%)

1 しこの聖なる, し一切, し我

▼ 汝等神~ (3, 0.0%)

1 に許され, の如くなり, の永遠

▼ 汝~ (3, 0.0%)

21 てえ

▼ 汝~ (3, 0.0%)

2 なりとも 1 なりし

▼ 汝~ (3, 0.0%)

2 ふ所 1 はざる

▼ 汝あくまで~ (2, 0.0%)

2 読めと

▼ 汝ぃの家~ (2, 0.0%)

2 さ今朝

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 へらく, らは

▼ 汝いか~ (2, 0.0%)

2 なれば

▼ 汝いかほど~ (2, 0.0%)

1 勇なる, 悲むも

▼ 汝いざ~ (2, 0.0%)

1 われと, 寄せよなど

▼ 汝いづ~ (2, 0.0%)

1 くに別れし, こより

▼ 汝いふ我~ (2, 0.0%)

1 よくわ, 視るに

▼ 汝いま~ (2, 0.0%)

1 その言, 知りぬらん命運

▼ 汝おれ~ (2, 0.0%)

1 が一昨日盗賊, が横面

▼ 汝かなた~ (2, 0.0%)

1 に彼, に歸

▼ 汝かれ~ (2, 0.0%)

1 の許訪, らを

▼ 汝がには~ (2, 0.0%)

1 気の毒だ, 違って

▼ 汝さとる~ (2, 0.0%)

1 をうべ, をえじ

▼ 汝すでに~ (2, 0.0%)

1 学成った, 知れば

▼ 汝そんな~ (2, 0.0%)

1 こと言っ, 弱い根性

▼ 汝ただ~ (2, 0.0%)

1 ここを, 小人に

▼ 汝だち~ (2, 0.0%)

1 があげ, はあっち

▼ 汝である~ (2, 0.0%)

1 のである, 汝自身である

▼ 汝でなく~ (2, 0.0%)

1 余が, 単なる物

▼ 汝では~ (2, 0.0%)

1 なかった, 分らんもっと

▼ 汝とか~ (2, 0.0%)

1 おまえとかいうほどの, たるに

▼ 汝とが~ (2, 0.0%)

1 それにおいて, 対立し

▼ 汝とても~ (2, 0.0%)

1 元へ, 知れるが

▼ 汝どうして~ (2, 0.0%)

1 くれようかと, それを

▼ 汝どこ~ (2, 0.0%)

1 からやって来た, へ行き

▼ 汝なかりせ~ (2, 0.0%)

1 ば今, ば姫

▼ 汝なに~ (2, 0.0%)

1 ものぞ, を笑う

▼ 汝なら~ (2, 0.0%)

1 なんとする, ば處

▼ 汝なり~ (2, 0.0%)

1 せば, 故汝我

▼ 汝なる~ (2, 0.0%)

1 か, 聖意に

▼ 汝なん~ (2, 0.0%)

1 のため, の怪

▼ 汝にでも~ (2, 0.0%)

2 賞めて

▼ 汝によって~ (2, 0.0%)

1 三つの, 我も

▼ 汝に対する~ (2, 0.0%)

1 あらば, 態度を

▼ 汝のう~ (2, 0.0%)

1 くる特殊, くる苦しみ

▼ 汝のみは~ (2, 0.0%)

2 過ぎ去らない

▼ 汝はや~ (2, 0.0%)

1 ぐらの, 鳥人たり

▼ 汝はるか~ (2, 0.0%)

1 に暗闇, に水

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 登り室堂, 降した朕

▼ 汝まで~ (2, 0.0%)

1 其様ことを, 同じ様

▼ 汝までが~ (2, 0.0%)

1 のっそりに, 同じやう

▼ 汝みづか~ (2, 0.0%)

1 らの, ら彼が

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 がわが, が我が

▼ 汝よう~ (2, 0.0%)

1 な子, な鬼

▼ 汝よりは~ (2, 0.0%)

1 受けられぬ, 女郎の

▼ 汝らすべて~ (2, 0.0%)

2 殺されん

▼ 汝らわれ~ (2, 0.0%)

1 の後, 亡きあと

▼ 汝らアカイア~ (2, 0.0%)

1 の小, 全軍

▼ 汝らアルゴス~ (2, 0.0%)

1 の卑怯, の怯

▼ 汝ら一味~ (2, 0.0%)

1 の企み, を狩りとる

▼ 汝ら二人~ (2, 0.0%)

1 あの時, で駈ん出し

▼ 汝ら今~ (2, 0.0%)

1 はアカイア, 行きて

▼ 汝ら先~ (2, 0.0%)

1 に與, 往きて

▼ 汝ら剣~ (2, 0.0%)

1 にあくまで, に食

▼ 汝ら夫婦~ (2, 0.0%)

1 がこれ, をこの

▼ 汝ら彼ら~ (2, 0.0%)

1 の家, の知恵

▼ 汝ら敵軍~ (2, 0.0%)

1 と戰, に向

▼ 汝ら死~ (2, 0.0%)

1 するに, なば

▼ 汝ら沙門~ (2, 0.0%)

1 の思う, の恐るる如き

▼ 汝ら自身~ (2, 0.0%)

1 のため, は何

▼ 汝ら鼠賊~ (2, 0.0%)

1 の輩, を相手

▼ 汝りや何時~ (2, 0.0%)

1 でもさうだ, でも何

▼ 汝を以て~ (2, 0.0%)

1 我に, 股肱と

▼ 汝アおれ~ (2, 0.0%)

1 に出放題, を殺す

▼ 汝アルゴス~ (2, 0.0%)

1 に王, の

▼ 汝ア共ア逃げ~ (2, 0.0%)

2 でがら

▼ 汝ヂュウス~ (2, 0.0%)

1 の子, の系

▼ 汝デーイポボス~ (2, 0.0%)

1 はいづく, よ認むるや

▼ 汝トスカーナ~ (2, 0.0%)

1 の方言, の者

▼ 汝トロイア~ (2, 0.0%)

1 に何ら, 及び援軍

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 崇拝者ヨリ, 従順ナル息子ヨリとも

▼ 汝一名~ (2, 0.0%)

1 が見えぬ, のてがら

▼ 汝一本~ (2, 0.0%)

1 の滑, の矢

▼ 汝上流~ (2, 0.0%)

2 から追っ

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 來方の, 来方

▼ 汝不足~ (2, 0.0%)

1 でもあらう, でもあろう

▼ 汝今われ~ (2, 0.0%)

1 と共にこの, に面し

▼ 汝今日~ (2, 0.0%)

1 の中, の狂喜

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 と共, の神

▼ 汝何ら~ (2, 0.0%)

2 の饒舌

▼ 汝何ん~ (2, 0.0%)

1 だと, の時

▼ 汝作れ~ (2, 0.0%)

1 今すぐ, 今直

▼ 汝働け~ (2, 0.0%)

1 どもそ, どもそれ

▼ 汝先ず~ (2, 0.0%)

1 此事聞い, 親方にべ

▼ 汝光榮~ (2, 0.0%)

1 の將ヘクトール, を

▼ 汝全く~ (2, 0.0%)

1 忘れたり, 終點を

▼ 汝其の~ (2, 0.0%)

1 真目, 金の

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 に入ら, に稠林

▼ 汝再び~ (2, 0.0%)

1 わが名, 用な

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 というもの, は長

▼ 汝勇猛~ (2, 0.0%)

1 の, の將アイアース

▼ 汝取れ~ (2, 0.0%)

1 と云った, 一條或は

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 が苛い, づから汝

▼ 汝同じく~ (2, 0.0%)

1 之を, 念と

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 を求め, 無き者

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 を助けし, を得

▼ 汝唯一人~ (2, 0.0%)

1 のそれとも, を一

▼ 汝~ (2, 0.0%)

2 はざる

▼ 汝喧嘩~ (2, 0.0%)

1 は時, は時の

▼ 汝嘗て~ (2, 0.0%)

1 世にて, 見しによりて

▼ 汝四足~ (2, 0.0%)

2 あり我

▼ 汝地上~ (2, 0.0%)

2 に拡張

▼ 汝大地~ (2, 0.0%)

1 に横, を震ふ

▼ 汝女房~ (2, 0.0%)

1 こそ呪い, こそ咒

▼ 汝如き~ (2, 0.0%)

1 に与えよう, 悪人の

▼ 汝如何~ (2, 0.0%)

1 して, ほど働き

▼ 汝孝行~ (2, 0.0%)

2 の心

▼ 汝宜しく~ (2, 0.0%)

1 その理由, 家に

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 なき敗将, に帰り

▼ 汝~ (2, 0.0%)

2 彦名の

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 へし, 若し我

▼ 汝待ち~ (2, 0.0%)

1 取れ, 取れ若し

▼ 汝心して~ (2, 0.0%)

1 歩めあし, 視るべし

▼ 汝~ (2, 0.0%)

2

▼ 汝思ふ~ (2, 0.0%)

1 や我等, や歌

▼ 汝思へらく~ (2, 0.0%)

1 己が, 正しき罰

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 にし, の働き

▼ 汝我と~ (2, 0.0%)

1 闘わんと, 離れざるやう

▼ 汝我心~ (2, 0.0%)

1 に適, のいま

▼ 汝所堅~ (2, 0.0%)

2 之美豆能小佩

▼ 汝掠奪者~ (2, 0.0%)

2

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 とし, を撃て

▼ 汝時計屋~ (2, 0.0%)

2 に居た

▼ 汝書い~ (2, 0.0%)

1 てくん, てみろ

▼ 汝曹互~ (2, 0.0%)

2 に愛せよ

▼ 汝~ (2, 0.0%)

2 の皮

▼ 汝来っ~ (2, 0.0%)

1 て共に, て我と

▼ 汝来り~ (2, 0.0%)

1 て我と共に, 共に

▼ 汝来栖勘兵衛~ (2, 0.0%)

1 まだこの, 執念深くも

▼ 汝正しく~ (2, 0.0%)

1 射られたり, 我の

▼ 汝正義~ (2, 0.0%)

1 にあらずし, の仮面

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 りて, るの

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 に至る, ぬるが

▼ 汝毛竪~ (2, 0.0%)

2 ちて

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 が違った, を附け

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 はまた, は外

▼ 汝漕げ~ (2, 0.0%)

1 といわしった, 脚気だ

▼ 汝炎威~ (2, 0.0%)

2 と戰

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 て見ろ, 然者吾一日立千五百産屋是以一日必千人死一日必千五百人生也

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 せしこと此日汝, まくは

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 の心, 之交

▼ 汝牛王~ (2, 0.0%)

2 の目

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 生くる, 黒き心

▼ 汝王者~ (2, 0.0%)

2 の身

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 を取った, を取らぬ

▼ 汝生き~ (2, 0.0%)

1 て桓公, 乍ら

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 を張り, を萬物

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 をそなえ, を閉じよ

▼ 汝知ってる~ (2, 0.0%)

1 のか, 通り家の

▼ 汝知れ~ (2, 0.0%)

1 ばなり, りやエリニュエス常に

▼ 汝神明~ (2, 0.0%)

1 に相, の群

▼ 汝立木人~ (2, 0.0%)

2

▼ 汝~ (2, 0.0%)

2 なりし時

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 二に, 二の

▼ 汝等おのれ~ (2, 0.0%)

2 を愛する

▼ 汝等なん~ (2, 0.0%)

1 でも楽, にも知らねえ

▼ 汝等三人~ (2, 0.0%)

1 の力, は我家

▼ 汝等世~ (2, 0.0%)

1 の人, の爲

▼ 汝等了知~ (2, 0.0%)

2 をもて

▼ 汝等二人~ (2, 0.0%)

1 の間, 決して分れ

▼ 汝等人~ (2, 0.0%)

1 たれ愚, を憚

▼ 汝等剣~ (2, 0.0%)

1 に食, に飽

▼ 汝等己~ (2, 0.0%)

1 が中, を愛する如く

▼ 汝等彼等~ (2, 0.0%)

1 の家, の智慧

▼ 汝聞き~ (2, 0.0%)

1 て彼我, て憂ふる

▼ 汝~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 汝自らこれ~ (2, 0.0%)

1 をいかに, をたづ

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 疑其實, 睡時

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 に染み, に渇き

▼ 汝行く~ (2, 0.0%)

1 か, 気か

▼ 汝見る~ (2, 0.0%)

1 ことを, をうべ

▼ 汝親しく~ (2, 0.0%)

1 之を, 學び得む

▼ 汝諸王卿等~ (2, 0.0%)

2 聊か此

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 る長, れる思ひを

▼ 汝~ (2, 0.0%)

1 ニ冥頑ナル死物ナランヤ, 指を

▼ 汝足ら~ (2, 0.0%)

1 はず, わず

▼ 汝送り~ (2, 0.0%)

2 まつれ

▼ 汝逃げる~ (2, 0.0%)

1 か, な

▼ 汝速やか~ (2, 0.0%)

2 に去るべし

▼ 汝遠く~ (2, 0.0%)

1 で面ア, より或は

▼ 汝闘う~ (2, 0.0%)

2 て勝ち

▼ 汝須らく~ (2, 0.0%)

1 彼の, 汝の

▼ 汝鬢毛~ (2, 0.0%)

2 黒き神

▼1* [1110件]

困りもん, 汝ぁ誰だ, 汝あいってえ, 汝あざけりてパトロクロス, 汝あした見む, 汝あたら天禀の, 汝あたりの筆, 汝あとに殘, 汝あな一生懸命に勉強, 汝あまねくカイーナを, 汝あまりに凝視るよと, 汝あみごもつたん, 汝あめのほひ, 汝あること風の, 汝あんまりうつかりし, 汝あ何だい馬鹿め, 汝の叔父さん, 汝いいように, 汝いうが宜, 汝いかなる者なれ, 汝いかばかりの望み, 汝いささかの腕, 汝いずこより, 汝いずくんぞ能く, 汝いたく我を, 汝いたずらに小策を, 汝いだ頃から, 汝いつまでも名残, 汝いづくの者なりや, 汝いづれを選ぶ, 汝いと高くせられ, 汝いと大いにして, 汝いふ言は, 汝いふべし我は, 汝いまわがいふ, 汝いま來れるかといふ, 汝いま悲哀の涙, 汝いよか詩, 汝いよいよ健やかに, 汝うつかりして, 汝うまかんべ, 汝うやうやしく彼に, 汝おそき歩履の, 汝おそれて自ら損, 汝おのが星, 汝かかる使者等を, 汝かく事の隱微, 汝かさねて我, 汝かしこに進む, 汝かたく信ずべしたと, 汝かまへて我, 汝がいへる言, 汝ががおもうなら辛い, 汝がまことの友, 汝がものヴエルレン, 汝がよか事駈けさせちいう, 汝がを可愛がる振いした, 汝きっと従うであろうな, 汝ふは, 汝げ此遣んべと, 汝げ買つて來たんだ欲し, 汝こそとこしへ, 汝こた醫者さ連れ, 汝こた怒んねえのか, 汝ことも奉公, 汝こと奉公にやれ, 汝こなたにむかひ, 汝この世に迷いし, 汝これ人なりやいなや, 汝さえ知らないの, 汝さけぶも益, 汝さとれるや否, 汝さまざまの事, 汝さらに願ひ, 汝さらばまた, 汝しかするは, 汝しかし給わば, 汝しのびて, 汝しるべし彼等より, 汝じゃアあるまい, 汝じゃから有司の, 汝すぐ千余騎を, 汝すら其通りぞ, 汝すんだんべから, 汝え云わなけれ, 汝せちに恋, 汝せんはこの, 汝を學び, 汝そうして, 汝そがために, 汝そつちへ, 汝その後書のうち, 汝そも何の, 汝そりや間男, 汝それよりさき, 汝それ前にくたばる, 汝ありし, 汝ただ家内を掃除, 汝たちセーチでは決して, 汝たちヘロデの後裔どもめ, 汝たち二人二人の願い, 汝たち叔父甥の事, 汝たち悪魔のみうちめ, 汝だけですむこと, 汝だけはお婆さんが, 汝だってちと役不足, 汝だに路を, 汝はなに, 汝ちの畑にできた, 汝ぢ脅喝に, 汝等此れつきり, 汝つけ込んで年, 汝つとめて怠慢, 汝つよき我れ, 汝何ぜ, 汝でありしかな, 汝とおもひた, 汝とつがずてあれ, 汝とていまは, 汝とも何か, 汝とわつさり飲んで, 汝とを媒介する, 汝どうしても肯かれないか, 汝んざ無学だ, 汝なしには我, 汝なすべき事ならず, 汝なぞを剥いでも, 汝などとは無礼千万, 汝などは物の数にも, 汝なにものか, 汝なにらの暴言, 汝なほさきに行かざる, 汝なほ何を凝視る, 汝なほ定かに知ら, 汝なほ愚者に等しき, 汝なほ明かにさとらん, 汝なほ食卓に向, 汝なんぞ半日だ, 汝なんぞが野心を, 汝なんぞに負けるもの, 汝なんどは生利, 汝においてわが昔日, 汝における一の, 汝にかくる, 汝にかの斑點の, 汝にとつても, 汝にとっては不倖, 汝になんぞ策は, 汝にまでおれは, 汝にや熱いたつ, 汝に対し人格は, 汝に対してのみ私は, 汝に対してはすこしすまない, 汝に対しても云い分, 汝ねがはくは, 汝のみの浮世かは, 汝はげしくイリオンの, 汝はじめてこの邑, 汝はなあよきもなあ, 汝はなつて居る, 汝はも一つお神酒と, 汝ばかしぢや, 汝ばかりだ, 汝ひとり來りかく, 汝ひとり豫め選ばれて, 汝への懲罰じゃ, 汝ほどの學識は, 汝まつと此處さ火, 汝までがのつそり, 汝までを夙起さし, 汝まのあたり我が再, 汝みさをに命, 汝みんな芋すくつ, 汝むかし長坂の戦, 汝もかッ, 汝もしよく記憶を, 汝もつとも勇なら, 汝ものとせず, 汝もはや二十歳ぞ, 汝もはやもう少しは成人, 汝ゃこれ嫌いでなかん, 汝ゃ丁稚から飛, 汝ゃ乞食か盗賊, 汝ゃ俺らが媾曳, 汝ゃ天王寺境内に太鼓, 汝ゃ婦に, 汝ゃ拳固こと喰らいて, 汝ゃ辞儀一つ知らねえ奴, 汝やかましいそげなもの, 汝やって見ろ, 汝やはひとり, 汝ゆたかなる恩惠, 汝らおのおの千騎をひっさげ, 汝らかくも求めたる, 汝らこれ以上朕を阻む, 汝らすべて身に納, 汝らそれを努めよ, 汝らはじめ蜀の民, 汝らふたりをむざむざ, 汝らみなこれに和せよ, 汝らむかしわが妻, 汝らめおとづれの游牧者, 汝らア騒がずと, 汝らアたしかに駈落ち者, 汝らア高萩の猪, 汝らイスラエルの町, 汝ら一つになっ, 汝ら一人を討ち取れず, 汝ら一部の浅井家家臣, 汝ら不浄な血, 汝ら不肖の子, 汝ら且く待て, 汝ら主よ主, 汝ら乱賊の難, 汝ら二つの首, 汝ら二人首打ち落とすが, 汝ら人を憚, 汝ら人間に憚, 汝ら何ゆえに朕, 汝ら何人で形容卑劣, 汝ら何者だ娘, 汝ら來る馬, 汝ら先陣の士大将, 汝ら全力を盡, 汝ら八幡船の力, 汝ら内に慟哭, 汝ら凶器を持っ, 汝ら初め南町奉行所は庶民, 汝ら前んで無駄死, 汝ら勇猛に支, 汝ら医に志し, 汝ら卑屈だぞ, 汝ら博徒その儀, 汝ら只ヱホバをかしこ, 汝ら名ぐらいは聞きおろう, 汝ら吏たる者の職分, 汝ら喊聲に飽かざる, 汝ら大将たる者が歓び, 汝ら大言者汝ら今はアカイア, 汝ら奮へアカイア, 汝ら女同前の輩, 汝ら好きに計, 汝ら害獣を天誅, 汝ら家の名, 汝ら家臣の輩, 汝ら左右を護り, 汝ら幸福なり, 汝ら幼児の如くならざれ, 汝ら廟堂の臣ども, 汝ら廣く城門, 汝ら弱き者間なく懈怠, 汝ら形のみ優る, 汝ら彼がため, 汝ら徒歩に其國, 汝ら戰ひて, 汝ら戸板を担げ, 汝ら手分けして, 汝ら救へ斃, 汝ら敵の戰利, 汝ら文武の諸, 汝ら日夜をわかたず, 汝ら是等の物, 汝ら曰へり戰場, 汝ら望みなば, 汝ら朝臣もこの, 汝ら本国に渡らん, 汝ら槍をすて, 汝ら武士に扮, 汝ら汝らこの蛇, 汝ら江東の鼠, 汝ら湖南の草民ずれ, 汝ら無慙狗の群, 汝ら無益な紙筆, 汝ら爪も牙, 汝ら猛き剛勇, 汝ら生をうけ, 汝ら相い愛せよ, 汝ら相愛せよ, 汝ら知らむわが御する, 汝ら秘密を盗み, 汝ら立ち上り共に眺めよ, 汝ら竜の性卒暴, 汝ら罪なき者彼ら, 汝ら老師のご, 汝ら聽きて, 汝ら背面に別に, 汝ら能心得よ一本, 汝ら臣子の分, 汝ら船さして捨てよ, 汝ら誰か美術, 汝ら躊躇して, 汝ら身を惜しん, 汝ら野鼠ごとく焼き殺さるるを, 汝ら頑愚の眼, 汝ら飼養の恩, 汝ら饗宴に人, 汝ら馬方何を知っ, 汝ら鬱単越洲に往き, 汝ら魂は死せず, 汝やあ, 汝りやそつから佳味, 汝りや今日はどうして, 汝りや俺げ食はせん, 汝りや俺れことせ, 汝りや口ばかし動かし, 汝りや大けえ, 汝りや復た行つて來, 汝りや心配掛けねえの, 汝りや梅噛つたんべ, 汝りや構あねえ, 汝りや櫛なんぞ取らつた, 汝りや氣につた, 汝りや爺が膳, 汝りや能くやんな, 汝りや錢欲しけり, 汝りや馬鹿だな, 汝れのして来た, 汝れや何だ, 汝れよ笹舟しばし, 汝れよこせつと斯, 汝れ如きに身, 汝れ待たぬかよ, 汝れ斬ったな何処, 汝れ斬りやア, 汝が陳ぶる, 汝わが大いなる誇を, 汝われと共富み, 汝われら悪魔がこの, 汝をなどと申述べ, 汝をも推挙した, 汝アキリュウス神に等しき, 汝アキルリュウスは勇, 汝アテーネーあゝ狂妄, 汝ア何も泣くこた, 汝ア化物かッ, 汝ア幾歳になる, 汝ア気でも違った, 汝ア江戸もんけ, 汝ア置き引きを働く, 汝ア脇差見たよう, 汝ア達者な馬, 汝ア頬片何時来ても, 汝ア頬片何時來ても天鵞絨, 汝イタリアの爲, 汝エような盗賊, 汝エ家の伊之助, 汝エ母親は又, 汝ガ吾レニ力ヲ致スノ厚キ, 汝ガ罪戻ニ, 汝コスタンツァに我, 汝チュウクロス覇者テラモーンのいみ, 汝チュウデーデース先きに, 汝チュデーデー汝神明に相, 汝ッ方のよう, 汝ツ手は見せぬ, 汝ツ等げ呉れは, 汝ツ等ことばかし遣れつかえ, 汝ツ等厭だつちん, 汝トスカーナ人ならば, 汝トロイア並にアカイア, 汝ト永ク相終始セントス, 汝ニ頼テ衣食スルコト茲ニ満三年ニシテ, 汝真ニ活字子ナル哉, 汝ハ六国ノ相, 汝ハ吾ガ為メニ勤労シ吾レハ汝ニ頼テ衣食スルコト茲ニ満三年ニシテ, 汝ハ如何ナル宿因有テカ, 汝ハ始メ是レ摂州, 汝ハ形躯有ルモ智覚無キガ如シ, 汝ハ毫モ吾ガ心ノ憂悶ナルニ関セズ, 汝ヒパソスの二人, 汝フィオレンツァを去らざるべからず, 汝フィレンツェ人のため, 汝プリアモス並に其子何程, 汝ヘクトールアキルリュウスの手, 汝ベアトリーチェを見るべし, 汝ヨカスタの二重, 汝ラヴィーナを失はじ, 汝ローマニアとカルロ, 汝ン許で泳がせる, 汝一代で滅する, 汝一刀に, 汝一存を以てなに, 汝一度水田に種子, 汝一歩をも枉ぐる, 汝一県令の部下, 汝一致せんと, 汝一身何ぞ能, 汝一野夫の身, 汝七日を七度くり, 汝の鏡, 汝三人に限る, 汝三宅木ベエときた, 汝三寸の舌, 汝上手に書き見せよ, 汝下りてそこ, 汝下るよと鷹匠, 汝下手に出れ, 汝不可解なる愚人, 汝不孝極まると, 汝に力, 汝に入り, 汝觀と, 汝主家の仇呼ばわり, 汝主観と客観, 汝久しく在城, 汝ふ救, 汝乞食だな, 汝乳房の運び手, 汝亂言者辨は允, 汝了簡があろう, 汝二本の足, 汝二神にクロニオーン, 汝五位鷺が漕出, 汝五右衛門のため, 汝五逆の罪, 汝の理解, 汝亡びて一生, 汝京師を荒らした, 汝をさばく, 汝人々をし, 汝人慾を導い, 汝人魂か金精, 汝今己が過ち, 汝今彼の民, 汝今心に思へ, 汝今日われに祟り, 汝今日国君の服, 汝今日國君の服, 汝今紙帳より一間, 汝今行きネクタルとアムブロシア, 汝今行き友軍の間, 汝今頃この処, 汝でかしたこた, 汝以前にはかつて, 汝仮に其男に, 汝仰ぎてかの最, 汝仰げり生あら, 汝伏木の児, 汝休らへ疵口, 汝何うして彼方, 汝何すれぞ止まらざるや, 汝何ぞまた叫ぶや, 汝何ぞ我と倶に, 汝何なりとも思附, 汝何ゆえに汚れたる, 汝何人なれば, 汝何処へ入れた, 汝何等の恥辱, 汝何處にてか, 汝何處さ行くん, 汝の瘧, 汝余り劇く, 汝余暇あらば, 汝使って見ねえ, 汝來りかの者豪勇, 汝侮ること勿れ, 汝あらず, 汝信ずらく汝の, 汝の店, 汝個人のおそろし, 汝偉大なる大火輪, 汝偽善者よ, 汝をもて, 汝はめ, 汝優しき心より, 汝優れり勇は, 汝元来一本槍に生れ付い, 汝兄今は屠蘇, 汝に立つ, 汝先づ三者の事業, 汝先づ跳り超え, 汝先刻は威張った, 汝先年の約束, 汝先日余を罵っ, 汝先祖相伝予が家僕, 汝先祖相伝余が家僕, 汝先鋒となっ, 汝先陣となる, 汝兩脚に, 汝に散る, 汝其レ言ハント欲スル所ロ有ル耶, 汝其処に居, 汝其所に立っ, 汝其様な事, 汝其行矣傳之東國, 汝其詩を讀み上げよ, 汝其身を愼, 汝冥王の許行, 汝凡夫を捨, 汝過者め, 汝出家せば, 汝出直して来れ, 汝分別を失ひ, 汝切角の姫, 汝列王を叨, 汝別れることが, 汝到る時, 汝削られし木を, 汝のかぎり目, 汝へし, 汝助けて置く, 汝むれど, 汝なし力, 汝勇奮へ更に一層, 汝勇武のアキリュウス, 汝動かし能はずと, 汝勝てりとも, 汝勝者よとうた, 汝れたらば, 汝十九本の矢, 汝十兵衛よくも撥ねた, 汝十兵衛恩知らずめ良人の心, 汝十兵衞よくも撥ねた, 汝十兵衞恩知らずめ良人の心, 汝千歳の時, 汝南地方は黄匪, 汝南城へ行っ, 汝南州境の古城, 汝南潁川方面まで遠征, 汝むべき, 汝食腸寛大に, 汝我を, 汝取り持ちて天, 汝受け納れ, 汝受人だア, 汝口論と爭, 汝伊佐奈, 汝可憐なる意気地, 汝各地の関門, 汝否といは, 汝吾が言ふ, 汝のため, 汝命數既に盡, 汝命盡きむ, 汝和歌読め, 汝問ふところの事みな, 汝善くこの教, 汝喚んで何とか, 汝を吐いた, 汝四万に居, 汝四弘誓願は菩薩, 汝四方を, 汝と孰, 汝困る様之, 汝より自, 汝を憂い, 汝国之上還有, 汝國中人使知國家哀汝故鄭重賜汝好物也, 汝の震, 汝地獄より來, 汝坂口先生の人格, 汝坐するもよし, 汝に入り, 汝城壘の中, 汝塩梅でも悪い, 汝塵中に斃, 汝を浄め, 汝壺酒をもっ, 汝に出, 汝外出するなら必ず, 汝多くの災難, 汝多少の路, 汝大きゅうなったやないか, 汝大きな声で, 汝大海のかなた, 汝大難すぐに, 汝天下を奪う, 汝天地の美人, 汝天朝の先鋒, 汝天狗ならば, 汝天王の配, 汝奈何伝此事不勤, 汝奉公して, 汝ひたる美婦, 汝にあれ, 汝女人よ小賢しき, 汝女性に今, 汝好まば我, 汝好事を口, 汝好色なりという, 汝たる節操, 汝始めて休み得べしと, 汝姿のみ艶美, 汝娑婆に還っ, 汝婦人とばかり仲, 汝嫁がずてあれ, 汝に示さん, 汝孔雀よ華やか, 汝孝助時を移さず, 汝ならば, 汝學ばずして何, 汝學藝のほ, 汝守宮殿の家来, 汝安んじて, 汝からん, 汝九郎の, 汝実にわが子だ, 汝んする, 汝富めり汝泰平なり, 汝富永秋水は保坂三平, 汝にか, 汝より獲る, 汝寶石よ, 汝タ食ラハント欲スルモノ有ル耶, 汝けり, 汝導く役として, 汝少しく愼しむべし, 汝少女に秋波, 汝き杯, 汝屋船命に天津奇護言, 汝に沿, 汝崇むべし, 汝嶮しき路を出, 汝とし, 汝左門討たいで, 汝巧みに喋々, 汝巨鷲の頭三個, 汝市九郎と呼ばれし, 汝帰って此, 汝帰れてえ, 汝常に黄金に, 汝常盤樹の, 汝常磐樹の, 汝平民じゃあない, 汝の中, 汝幸いなる者, 汝幸せな女, 汝幼少の時, 汝幽霊になっ, 汝幾ら気を揉ん, 汝床下にあり, 汝き道, 汝御雷, 汝まづ, 汝からむ, 汝彼ら殺さずば, 汝彼君を愛す, 汝彼女に請, 汝彼等を知る, 汝往きて問, 汝待ち日々に希望, 汝を見, 汝之矣, 汝心中にわれ, 汝必らず義, 汝必勝の兆し, 汝を守り, 汝忘れたか従弟同士, 汝念じたり, 汝忽チ起ツテ躍, 汝思へどもあまりしか, 汝思ほすことありや, 汝思想の如く, 汝思附の獻立, 汝に去らずん, 汝急いで家, 汝怯者よ汝覆面, 汝恐れずや, 汝恥辱を蒙ら, 汝を忘れた, 汝悉く棄て去らむ, 汝悪事が止まねえ, 汝悪意なき夜, 汝悪魔纐纈城主よ, 汝無いわたし, 汝ますや, 汝を雙, 汝愛兒を哭すべし, 汝慇懃に我, 汝慾重きに因っ, 汝懲りずに, 汝懶惰にし, 汝我が家に汝, 汝我前をはばからず, 汝或はアイアース, 汝を破た, 汝所在踰遠乃遣使貢獻是汝之忠孝, 汝手ぶらで往, 汝手中に受取ら, 汝に榮光, 汝擲って, 汝打ちぬ血の, 汝投槍を, 汝折角のお, 汝持って来た, 汝推して知るべし人肯ひて, 汝撃ち甘美の, 汝撃てわれは, 汝故郷に歸, 汝ふべく彼ら, 汝救はず居殘りて, 汝敗れて悟るべし, 汝てせず, 汝斬りゃがったな, 汝斯く泣くや, 汝既にいとよく檢べ, 汝日中午にし, 汝日頃より君寵, 汝時代の, 汝旬日にし, 汝旺盛の勇氣, 汝昇りて彼等, 汝昌提督のよう, 汝かに神, 汝明日光善寺へ参れ, 汝明晩また来り, 汝昨夜われとともに非行, 汝に夜, 汝しわがこの, 汝暫く待て我, 汝曰ふところ我今敢, 汝て其の, 汝最も多くを, 汝會得しうべし未來, 汝の幾日, 汝望まば喜び, 汝望まずば, 汝望むがまゝに心を安んずる, 汝望めるよ, 汝木星を飾, 汝木葉を着る, 汝村人どもの挨拶, 汝を以て上座, 汝来る前に, 汝の月, 汝柔げよわが, 汝根柢に到らずし, 汝桐島のお消, 汝つべきもの, 汝醜の, 汝あねえで, 汝な意気地, 汝を過ぎたる, 汝欲重きに因っ, 汝歡迎の宴, 汝止まることなく, 汝正しき目を, 汝此世に生れず, 汝此事を人間, 汝此岸を下, 汝此度の使命, 汝此等の暗き, 汝此處のまろ, 汝武器を取り, 汝武帝に進めし, 汝歩履をはやめ, 汝歸らばこれ, 汝死なざる前は, 汝死んでも必ず, 汝死人に遇わ, 汝殺す勿れ, 汝殺せも何, 汝母親は悪党, 汝毒薬だな, 汝水軍のかた, 汝水陣に, 汝永遠の精力, 汝求むるものを, 汝汝部屋の中, 汝波濤よ, 汝泣いて呉れる, 汝泣かざるをえざれ, 汝泣き伏せると問い給う, 汝泰平なり汝智, 汝活かしてはおくまい, 汝活字子ノ霊ニ告グ, 汝流せる紅血は, 汝に客, 汝深き願ひ, 汝深く我を, 汝太い阿, 汝湖水を擾, 汝溝泥を塗りおった, 汝漕座善き, 汝漢朝の乱状, 汝漸く見ゆる世, 汝激浪の洗, 汝瀧津瀬よ龍巻, 汝となり, 汝慚に, 汝無上の無恥, 汝無用の長物, 汝無益の乱, 汝然したまはば, 汝えぞ, 汝を下し, 汝父子の息, 汝爾子のあと, 汝を見る, 汝のよう, 汝へりメネラオス, 汝なれば, 汝狡獪の策, 汝独り此処に来, 汝焔煽り立て, 汝ならん, 汝猿廻しめ人もなげ, 汝りにては, 汝玄正よこの, 汝王たるを望ま, 汝王佐の才, 汝王朗ではない, 汝玻璃にひとしき, 汝食ったな, 汝生き居れりと云, 汝生りけめ, 汝生命失ひて, 汝生涯出来ないぞ, 汝しみあやしみて, 汝疎き心有り, 汝疑うなかれと, 汝疑ふなかれ信ぜよ, 汝登らんとてこ, 汝白銀の, 汝百姓に於き, 汝百官有司厚ク朕カ意, 汝皇帝に對, 汝盗賊を働かん, 汝義な, 汝を執っ, 汝眞實を委細, 汝真実よ, 汝知っている, 汝を知らぬ, 汝祈る時, 汝神母の産める, 汝神速に行き, 汝わしき物, 汝を翹, 汝空しき思ひを, 汝空しく誇り曰ふ, 汝立つ時曰ひつらむ, 汝竹藪の奥, 汝へば目, 汝等あまでたかっ, 汝等いへさらば, 汝等いのち短くて, 汝等げみじめ見せて, 汝等ここに入る, 汝等しく褒むとせば汝の, 汝等すべて聞きつら, 汝等たちかへり, 汝等ともに闇, 汝等なほさきに行く, 汝等もろもろの民, 汝等わしの肚, 汝等アカイアの中, 汝等アルゴスとアカイア, 汝等カルロの子孫, 汝等キリスト教徒が誓約, 汝等トスカーナまたはロムバルディア, 汝等トロイアと, 汝等パリサイ人の麺麭種, 汝等フィレンツェ新詩派, 汝等一同杢, 汝等一体節穴を盗ん, 汝等一切に優る, 汝等一家睦まじく暮らす, 汝等一族の悪業, 汝等世俗の人, 汝等予に従って幾年, 汝等二の身, 汝等二人つれたちてペーレーデース・アキリュウス, 汝等二人戰をやめよ, 汝等二神耀ける四肢, 汝等互ひに, 汝等些の風, 汝等今より後, 汝等今負ふ所, 汝等仏弟子の肉, 汝等何を欲する, 汝等何事をも知らず, 汝等作仏せん故, 汝等側によこた, 汝等傭兵ばらを物の数, 汝等八鹽折の酒, 汝等各自の愛, 汝等問はざる, 汝等固有の宿命, 汝等國政に關與, 汝等壁高きトロイア城, 汝等天上の幸, 汝等天下百姓より進ん, 汝等天堂にて神, 汝等天鼓の唄う, 汝等妾を少女, 汝等寸刻といえ, 汝等対社会ハ蚤蚊対人間ニ等シク汝等ノ為メニ受クル害ハ小ナリト雖モ害ハ害ナリ, 汝等崖を下る, 汝等彼を沈むべし, 汝等後日饑に迫り, 汝等惡しき魂よ, 汝等意の儘, 汝等應に努力, 汝等我等の段, 汝等手綱をとれる, 汝等明日の糧, 汝等是を實行, 汝等此処に立処, 汝等水源の秘密, 汝等水軍のほとりわれら, 汝等沙門当に愛欲, 汝等浪人して, 汝等燔肉の美味, 汝等牧者を思へる, 汝等生者は一切, 汝等男女こそ覿面, 汝等異議なくば, 汝等百を拜, 汝等直参は徳川旗本, 汝等神妙に帰国, 汝等禁むるものなくば請ふ右, 汝等秘密をば守らん, 汝等窪地にくだり, 汝等節度使の任, 汝等精神の視力衰, 汝等罰をうく, 汝等翼を動かし, 汝等耳に聞かざる, 汝等自身の天性, 汝等處ぢやねえ, 汝等親爺奴云つたのか, 汝等誇りの誘ひ, 汝等誰にて何, 汝等請ウ其本ヲ務メヨ, 汝等起原をおも, 汝等軍人の大元帥, 汝等過ぎゆきて, 汝等邑民われをチヤッコ, 汝等野の百合, 汝等靈體を飾る, 汝等須く姦淫, 汝等頭を高う, 汝等駄目だ本, 汝等黒闇に擁蔽, 汝等默つて見て, 汝等鼻もて呼吸, 汝筑紫権六だな, 汝へよしかして, 汝策謀に富み, 汝あらば, 汝紙ぎれ伝えてよ, 汝絞殺すが, 汝統べりと我ら, 汝經驗して, 汝奉行という, 汝の蔭, 汝縁戚の, 汝の世, 汝が如何, 汝よそち, 汝老成忠信幼主を託すべし, 汝をかたむけ, 汝聖なる流れの, 汝聞いて見べし, 汝聞きたいのか, 汝聰明の質, 汝職分として人, 汝はば我, 汝をむけ, 汝胸裏に神託, 汝速き, 汝を引ン, 汝腹部を貫, 汝の言葉, 汝自らイダイオス聞けりアカイア族, 汝自ら言へ, 汝自ら養ふべし, 汝自分で梯子, 汝自身陣頭にお立ち, 汝へし, 汝を愼しめ, 汝よ, 汝にのせ, 汝花村甚五衛門事今度お館, 汝苟くも諸生を教, 汝若輩シヽデンキウモンに私淑, 汝英武のアキリュウス, 汝荷担いで帰れと, 汝董卓そも誰, 汝葦原色許男の命, 汝薄のろの哲学者, 汝薔薇よ, 汝虚しく見えなせ, 汝融和抱合の歡喜, 汝血迷ったかといっ, 汝衆人の前, 汝衆神の, 汝行きて天若日子, 汝行って詰らねえ, 汝行つて見る気, 汝裸虫よ嘆く, 汝はむわが, 汝覆面して, 汝見ざるや更に, 汝見ずや市肆, 汝見よアイギス持てる, 汝見るべければなり, 汝見るべしこの故, 汝見る如しまたこれ, 汝見棄てたり, 汝見覚えて居る, 汝覚えてお, 汝親愛なる聴衆, 汝ゆるあ, 汝解くにした, 汝によりわが, 汝言ッちまえ, 汝記憶えとけ, 汝りが, 汝詩歌に労する, 汝詩論をなす, 汝話しい聞いた事ア無かっき, 汝傲の, 汝誇れり今に, 汝認めむ明かに, 汝認め得て, 汝誓はずとも我等みな汝, 汝語りて我, 汝語るをおそる, 汝語るべしこれラチオの, 汝誤るヂュウスより, 汝ふらく善き, 汝金銀よ, 汝譽れのアキリュウス, 汝るべし, 汝ひて, 汝負けたら按摩を, 汝貧しく饑ゑつ, 汝賜ぶべきや, 汝を得じ, 汝賞讃さるべし, 汝や副, 汝起てよかし, 汝越えがたし, 汝足軽の分際, 汝をしり, 汝を投げな, 汝身一つに, 汝身滅して, 汝が二人, 汝輩何びとぞ, 汝辛かんべえ, 汝近くより, 汝近づけ速かに, 汝返さねばすべて, 汝述べたる言句正しかり, 汝る, 汝逃がさぬ薮を, 汝逃げさりき, 汝逃げようとて逃がそう, 汝逃げ去るや, 汝逃すものか, 汝逃れ去りポセードーン, 汝逃足速かりき, 汝へ, 汝逝く我いかに, 汝逢ったと閻魔, 汝逢曳にうせおっ, 汝進むべく命ずる處軍勢を, 汝達二人二人の願, 汝達先づこれを, 汝達取り巻きまつり, 汝達皆畏き境界, 汝達諸共に, 汝かに劣らず, 汝部屋の中, 汝へ上り, 汝都城と壘壁, 汝野狐奴また来せた, 汝野猪の臥し, 汝までひきしぼれる, 汝長らくは免, 汝闘わんとならば, 汝陣十郎であったか, 汝除汝はや, 汝陰鬱なる汚濁, 汝の呂, 汝陽崔宗之蘇晋張旭賀知章焦遂, 汝障礙を脱しつ, 汝集會に口開き諸王, 汝雲中に, 汝霊有テ吾ガ言ヲ聴クト聴カザルトハ吾ガ敢テ問フ所ロニ, 汝霊禽にし, 汝青銅のわが, 汝なりと, 汝が惜けり, 汝にも聞きつらん, 汝項斛領甚だ高大, 汝の諸州, 汝頴地方へ軍, 汝に汗, 汝ふや, 汝を呼び, 汝風の神ボレエースより助力, 汝飄零の果そこ, 汝飮食を牛, 汝飲まず食わずば必ず, 汝飲んで伊之助さん, 汝飲食を牛, 汝館内に, 汝をいふ, 汝高き座に, 汝高慢のトロイア族, 汝か眞, 汝にあらむ, 汝麗しき世に, 汝して, 汝黙って居た, 汝の匂