青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「永~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

氣~ ~氣持 氣持~ ~水 水~ 水夫~ 水戸~ 水面~ ~氷 氷~
永~
永い~ 永く~ ~永久 永久~ ~永遠 永遠~ 汁~ ~求め 求め~ ~求めた

「永~」 1774, 19ppm, 5991位

▼ 永~ (210, 11.8%)

13 暇に 9 お暇, 暇を 7 御暇 6 お別れ 4 ことを, 暇と, 黒船

2 [12件] ことだ, ことについては, ものである, 前に, 女で, 姿を, 御預, 御預仰, 昔を, 月日を, 病気に, 記念と

1 [130件] いちん, おん国母, おん国母三十に, おん暇を, ことが, ことなどは, ころに, ご贔屓, すぐ前, すぐ次, そばに, ところに, と聞き間違えた, むかしに, むかしを, むかし源義経が, もとで, もとに, やうに, ような, キビキビした, グラスの, 一晩猟を, 三年だ, 上書に, 世には, 世の, 世代を, 乱世に, 予見と, 二年ごろ斎藤弥九郎の, 五年あたりは, 今は, 作で, 作と, 元年で, 六年に, 初め指す, 初年とかに, 初年の, 初期から, 初期とち, 労働と, 四年には, 困苦をも, 地動説の, 声が, 夜延べには, 奉公の, 女黒田筑前守治之の, 始に, 始めごろ幸民が, 姿はと, 娘を, 嫡男で, 季亜美利駕人我に, 室に, 富田永世著上野名跡誌には, 寒さ, 年月いつも, 年月かかっ, 年月ここに, 年月その, 年月たず, 年月つづき, 年月自分を, 年求められ, 引つ込んだ跡, 弟子である, 弟子志筑忠雄のちの, 御国母三十, 御患, 御病気, 患いで, 探偵眼に, 方です, 旅に, 旅は, 旅を, 旅立ちという, 昔から, 昔に, 昔の, 昔胆吹の, 暇, 暇とも, 暇にな, 暇下された, 末から, 末安政の, 末年に, 末年にでも, 歌を, 正, 歳月を, 浪々の, 浪人で, 涙たまなし, 爲に, 留守中荒れ, 病に, 病気から, 眠りに, 秋の, 空気が, 節に, 腰に, 航海で, 蟄居を, 訣別を, 語る恐ろし, 辞の, 追放を, 道中を, 道中大枚の, 都入り, 門を, 霊感は, 面目を, 革命は, 頃から, 頃でしょう, 頃と, 頃なるべき, 頃において, 頃大阪の, 預けという, 顔を, 顔色の, 飢饉の

▼ 永~ (107, 6.0%)

3 がある 2 がなけれ, が日本一, でなければ, に見参, の如き, の筆, の絵, は永徳, は秀吉, を見

1 [84件] あって, か山楽, があっ, がいかに, がただ一人, が待っ, が日本, が生れ, が画く, が秀吉, が選ばれ, そのほか当代, たのむぞと, だと, であり山楽, であるか, であること, ですが, で大雅堂, というそぞろ, という学士, とか宗達, とは適った, と信じたい, と呼びかけ, と山楽, と言いたい, なんぞは無い, にあずけた, にそのまま, にとって贔屓, には秀吉, にも弟子, にも見参, に伴われ, に惹かされ, に限っ, に隙間, のため, のふす, のほか, のドノ点, の佗びたる住居, の傾注, の唐獅子, の唯一, の大作, の女, の家, の屏風, の後談, の所, の扇面, の描いた, の日本一, の時代, は, はうなずいた, はかの, はその, はひとり自己, はまた, は信長, は元信, は四十三, は大, は弟子, は於通, は早死, は狩野, は画壇, は画家, もいる, もそこ, ももとより, や山楽, よりもそれ, を忘れ, を日本, を現, を知れ, を見る, を見ん, 大先生

▼ 永~ (66, 3.7%)

4 待って 3 見て 2 して, 脂肪の, 頂戴の

1 [53件] あるの, おやり, そこらを, やって, やつて, やれば, ヒラ, 企てて, 伺ふこと, 伺ふとして, 似て, 何か, 半刻, 叩いても, 合掌し, 地を, 好い先生, 寿永より, 小便を, 帰るの, 往きます暮, 待たなくちゃ, 待たなければ, 待ちかまえること, 待ち過ぎたという, 待つこと, 御養生, 応対し, 惚れなさい, 揺りうごかして, 操られて, 構えそろそろ, 構えた仕事, 歩き切つて, 焼くには, 物凄うございました, 狂訓亭主人の, 猫間川の, 療治した, 策略を, 考えて, 考えるによってのみ, 船具や, 落着きさへ, 見えた, 親切に, 買占むる死の, 遣ったもん, 長からん, 靡くの, 風と, 飲み代を, 首を

▼ 永~ (46, 2.6%)

4 にその 3 に美 2 なるべきに, にない, に吾, の迷路, 間お, 間の

1 [27件] こっちゃねえ, こっちゃねえんだ, ことは, こと己の, こと己を, こと残ら, て左門, でがす, に地上, に奪った, に彼女, に新しき, に無言, に物語るであろう, に用意, に葬り去られた, に閉じられね, に静粛, の命, はせぬ, ものだ, 夜うさり, 年月過し, 浮世に, 療治なんかを, 間一人に, 間心配を

▼ 永~ (39, 2.2%)

2 石炭庫の, 私の

1 [35件] いよいよ元気, すがりついた, そういう, またふしぎ, まだ塀, やや声, よき通詞, ミチ子に, 二つの, 云い澱んだ末, 似て, 例の, 先代の, 圧迫する, 大きく嘆息, 大きな木箱, 大変興奮し, 左右へ, 待ちかねたよう, 心持顔色を, 我が探訪, 獣の, 私よりも, 私を, 私立探偵だった, 窓から, 義父良固, 翌日の, 虹の, 襲われた様, 身を, 軽い脳貧血, 軽く笑った, 鉛筆の, 麦藁帽子を

▼ 永六年~ (30, 1.7%)

3 にペルリ 2 の夏

1 [25件] から安政二年, から安政元年, から安政四年, ぐらいのところ, で一八五三年, にはじめて, にはゴンチヤロフ, に印刷, に壽, に日本, に異国, に西大寺, の七月, の三月三日, の六月, の六月一日, の冬, の十一月, の年號, の末, の黒船渡来, の黒船騒ぎ, の黒船騒ぎ以来, は昌造三十歳, は蘭軒歿後

▼ 永二年~ (29, 1.6%)

2 の, の秋

1 [25件] つちの, と三年, にあたる, になる, には榛軒, に二十余歳, に作者, に八十一歳, に刊, に将軍, に将軍家慶, に死し, に津軽信順, に生れた, に自分, に至つて, のこと, の六月十五日, の出生, の平家都落ち, の条, の痘苗, の若狭大田文, は平家最悪, は平家物語

▼ 永禪和尚~ (29, 1.6%)

2 が藤屋, とお

1 [25件] がお, が忍ん, が逃げた, で今, という一箇寺, と云う, と分っ, と声, と申します, と継母, にお, に惚れた, に打っ, に邂逅, の情, の法衣, の着物, の顔, はお, は元, は毒, は身, は鼾, もこれ, も最う

▼ 永四年~ (24, 1.4%)

1 [24件] で北条時宗執権, で鹿太, にあり, には二月四日, に一應, に家康, に平家, に本所, に棠, に渋江氏, に至り, に至る, の, の三月はじめ, の事, の八十二歳, の六月, の将棋, の春, の話, の項, は, は春, は蘭軒歿後

▼ 永~ (24, 1.4%)

5 の頃, 元亀 2 の三年

1 [12件] あるいは文禄年間, からこっち, で三年, のころ毛利氏, の七年甲子, の世頃, の元年, の前, の時代, の末, よりはずっと, 元亀年間

▼ 永~ (23, 1.3%)

3 すること 2 する場合

1 [18件] させて, されるはず, したる關係, して, しなかつた, しなくても, すべき性質, するかといふ, するに, する憎みのみが, する能, せしめ又は, せなかつたの, せるもの, といふ謎, に不老不死, より來, を計る

▼ 永左衛門~ (22, 1.2%)

1 [22件] が千両箱, が取上げた, が呑ん, が飲む, とうの, にし, に及ぶ, に少し, の二, の強大, の葬い, の言葉, はそれ, は建物, は思わず, は盆, は運座, もさる, も七転八倒, も客, 少しやっ, 改めて膝

▼ 永~ (21, 1.2%)

3 うべき 2 へてゐる

1 [16件] へしめる, へて, へてもつまらない, へてる, へてゐたなら, へてゐられない, へて下さらなく, へて呉れ, へて居る, へて御国, へること, へるの, へるより, へ得べし, へ恥ぢ, へ放浪

▼ 永~ (20, 1.1%)

1 [20件] がふい, が無断, である, というの, という名前, とし, と話, なる人物, について伺いたい, にでもかぶれた, に連れられ, のそれ, の全般, の室, は一応, は平素, は矢杉, は私, もその, をいろいろ

▼ 永生き~ (19, 1.1%)

4 をした 2 をし, をする

1 [11件] が出来ません, にあやかりとう, の方, の秘密, はできない, はできぬ, をしよう, をするだらう, をなさっ, を願っ, 性よ

▼ 永元年~ (18, 1.0%)

2 の項

1 [16件] から慶応四年八月死, その二十歳, だ, で川本幸民, にはその, には榛軒詩存, には福井三橋町, にやはり, に八十歳, に歿せり, に焼け, に至っ, の十二月, の春, まで生存, より元治元年

▼ 永五年~ (17, 1.0%)

1 [17件] でこの, に, になっ, には四月二十九日, には天保二年生, に到り, に有名, に歿, に池辺啓太, に至る, に蘭書, のこと, の三月, の下, の年末, は蘭軒歿後, 蒙古

▼ 永左衞門~ (16, 0.9%)

1 [16件] が取上げた, が呑ん, が飮む筈, とうの, の二, の強大, の葬, はそれ, は建物, は思はず, は盆, は運座, もさる, も七轉八倒, も客, 改めて膝

▼ 永三年~ (15, 0.8%)

1 [15件] に, における鎮西, にお仕置, になる, には抽斎, に七十九, に二十九歳, に自, に高野長英, に鶴岡八幡宮, のこと, の年暮, の春, の頃, は蘭軒歿後

▼ 永~ (15, 0.8%)

1 [15件] がこと, が家業, と同じ, には嫁, に来, に花井さん, の年, の意嚮, の独身, の若, の頬, はこそこそ, は口髭, は尋常科, は店

▼ 永~ (14, 0.8%)

3 暦の

1 [11件] 九年, 二年, 六年, 十二年, 十四年, 喜一郎氏から, 年春, 戊申十二月朔夜作, 戊申四月十日, 戊申年十二月六日卒葬于同寺, 申十二月廿九日御用方へ

▼ 永~ (13, 0.7%)

1 [13件] シェパァードの, ステッキを, 再びゆっくりした, 出て, 天井を, 急に, 感歎の, 探偵に, 永遠に, 生きしたごと, 続いたので, 陳振, 顔色を

▼ 永禄四年~ (12, 0.7%)

2 の夏 1 という天下大乱, といえ, にわざわざ, に北条氏康, に義竜, の六月, の大戦, の川中島, の新春, の翌年

▼ 永~ (11, 0.6%)

1 [11件] が教育, であった, であるいは, で実に, とを競わせる, と短い, と馬鹿丁寧さ, に今年, の常, の限り, をあの

▼ 永~ (11, 0.6%)

2 丞という 1 丞, 丞さんは, 丞に, 丞の, 丞は, 丞へ, 丞を, 丞君, 丞君命令だった

▼ 永~ (11, 0.6%)

2 の時代, の末, の精神 1 から文明年間, というごとき, にかけて討死, の土一揆, は室町時代

▼ 永~ (10, 0.6%)

1 に寇し, の十四年, の道元禅師, より逐い, を囲み, 初年の, 十八年, 十六年, 十年, 本山では

▼ 永~ (10, 0.6%)

1 にかけてのむかし, にかけての昔, になっ, の, の奥書, の年代, の祐定, 二年, 古図, 大永から

▼ 永~ (10, 0.6%)

2 の家 1 というの, なりへ電報, にむりやり, のおかみ, は別荘, は卓一, は茅ヶ崎, を買収

▼ 永~ (9, 0.5%)

2 元年 1 より光和, 二年正月大, 二年正月大白昼見えし, 二年詔曰倭讚萬里修貢遠, 二次朝貢せる, 元年に, 元年倭國王帥升等獻生口百六十人願請見

▼ 永~ (9, 0.5%)

1 しては, してはと, するに, は出来ない, は平, は惶, もできず, をし, をすれ

▼ 永禄元年~ (9, 0.5%)

1 このかたは熄, と云え, のこと, の三月, の同月, の和睦, の御, の誓紙条文, ひとまず和議

▼ 永びく~ (8, 0.5%)

1 から一遍外科, だろうと, という, としたら, につれ, のである, 戦争などには, 病気を

▼ 永壬子~ (8, 0.5%)

2 の事 1 には三十二歳, には未亡人志保五十三, の冬, の冬榛軒, の十二月十三日, 無射

▼ 永~ (8, 0.5%)

2 で濟, 打ち首 1 だろうよ, をおおせつけられた, を命ぜられた, を申し渡された

▼ 永~ (8, 0.5%)

2 と申しまする 1 が這入る, と申し, は不, は只, は縞, は逃げられ

▼ 永逗留~ (8, 0.5%)

1 じゃ, でございましたらぜひ, のため, のつもり, の予定, の女, もせず, をし

▼ 永~ (7, 0.4%)

1 いつた, ちかづくに, つづいて, なり安政, 劉理の, 改元され, 饅頭との

▼ 永~ (7, 0.4%)

3 はあるまい 1 がする, のしない, のする, をさせる

▼ 永祿~ (7, 0.4%)

2 から元, 元龜年間 1 の昔, の時代, 元龜

▼ 永阪教会~ (7, 0.4%)

1 には過般篠田長二除名, に取, の名簿, の長谷川某, へ転会, も廿五年, を放逐

▼ 永かつ~ (6, 0.3%)

41 たから, た全

▼ 永式目~ (6, 0.3%)

1 というの, という法律, に, に倣うた, に出家, を踏襲

▼ 永持ち~ (6, 0.3%)

2 のする 1 がした, と堅実さ, のせ, はしません

▼ 永正三年~ (6, 0.3%)

1 その二十四歳, には陳外郎, に売った, に至る, までに位, を隔

▼ 永もち~ (5, 0.3%)

1 がむずかしい, させたいわ, すると, のする, 出来る風土的条件

▼ 永~ (5, 0.3%)

5 のどかや

▼ 永七年~ (5, 0.3%)

1 と云っ, に成つた枳園本, に最後, に花山家, 即安政元年

▼ 永丹平~ (5, 0.3%)

2 というの 1 である, という新聞社, はさも

▼ 永安政~ (5, 0.3%)

1 と三十年間, に到り, の交, の初期, より元治

▼ 永~ (5, 0.3%)

5 と遊ばす

▼ 永續的~ (5, 0.3%)

1 であること, なそして, な生命, な變化, の團體

▼ 永良部鰻~ (5, 0.3%)

1 じゃ, てふ, など食用さ, の様, は秋

▼ 永さん~ (4, 0.2%)

1 と半端, はどこ, はコンコドス, 貴老

▼ 永~ (4, 0.2%)

1 仕事です, 勝負を, 性質で, 遊戯を

▼ 永夢軒~ (4, 0.2%)

1 では一方, とはよく, に於ける, へ行つて

▼ 永引く~ (4, 0.2%)

1 とする, につれて彼, のだ, もんで

▼ 永樂錢~ (4, 0.2%)

2 が一枚 1 に打たれ, や文錢

▼ 永正七年~ (4, 0.2%)

1 にあった, には隼人, の春, の生れ

▼ 永正二年~ (4, 0.2%)

1 その中風, には春日祭上卿, に暇, に没した

▼ 永正元年~ (4, 0.2%)

1 には和泉屋, には実隆, の春, の条

▼ 永正六年~ (4, 0.2%)

1 には公条邸, に実隆, に歿, に雇った

▼ 永~ (4, 0.2%)

1 というの, の舟師, は叛旗, は箭

▼ 永田方正さん~ (4, 0.2%)

1 こそアイヌ語, にし, の, の功績

▼ 永~ (4, 0.2%)

1 という屋号, のところ, へ寄っ, まで食事

▼ 永すぎる~ (3, 0.2%)

1 とか賃銀, と思った, と父

▼ 永~ (3, 0.2%)

1 と感心, 寿永だ, 寿永に

▼ 永びいて~ (3, 0.2%)

1 ほとんど毎日, 困る, 御都合

▼ 永~ (3, 0.2%)

2 の事 1 虎関禅師の

▼ 永保元年~ (3, 0.2%)

1 に謫, の冬, の冬罪

▼ 永元年八月二十九日~ (3, 0.2%)

2 に八十歳 1 に歿

▼ 永寳寺~ (3, 0.2%)

1 でせう, に寄附, に於ける

▼ 永年代~ (3, 0.2%)

1 からあるいは, からは諸, よりずっと

▼ 永引いた~ (3, 0.2%)

1 ため夜十時頃帰宅した, のも, 苦しみに

▼ 永弘安~ (3, 0.2%)

2 の両 1 の交其活動

▼ 永徽二年~ (3, 0.2%)

1 と六年, に繋げた, の八月乙丑

▼ 永~ (3, 0.2%)

1 が十數年留學, などと同じく, なども稱徳帝

▼ 永~ (3, 0.2%)

1 三年, 三年の, 年間陸奥の

▼ 永持ちする~ (3, 0.2%)

1 ことで, ことは, ものか

▼ 永暦元年~ (3, 0.2%)

1 ということ, と変った, の二月

▼ 永樂大典~ (3, 0.2%)

1 であ, は當時, より數百部

▼ 永樂帝~ (3, 0.2%)

1 が建文帝, が甥, の曾孫

▼ 永禄五年~ (3, 0.2%)

1 には信玄, のその, の正月

▼ 永禄八年~ (3, 0.2%)

1 の初夏, の夏, の新春

▼ 永禄六年~ (3, 0.2%)

1 の今川氏裁許状, を転機, 一向宗徒

▼ 永禄年間~ (3, 0.2%)

1 には京, に当り, の風俗画

▼ 永續性~ (3, 0.2%)

1 をもつ, を持つ, を有する

▼ 永~ (3, 0.2%)

1 を受けたる, を承認, を被り

▼ 永蟄居~ (3, 0.2%)

2 を免ぜられた 1 だけで

▼ 永~ (3, 0.2%)

1 でとても, はこれ, をいたしました

▼ 永ぃてさ天の邪鬼ぁいっつも小便垂れ~ (2, 0.1%)

2 通しさ

▼ 永~ (2, 0.1%)

2 あねえ

▼ 永~ (2, 0.1%)

1 えかと, えこった

▼ 永さん貴下~ (2, 0.1%)

1 が探りました, を今夜

▼ 永その~ (2, 0.1%)

2 頃には

▼ 永それ~ (2, 0.1%)

1 から明治, の年

▼ 永たらしい~ (2, 0.1%)

2 話し声でも

▼ 永つづき~ (2, 0.1%)

1 がする, のしない

▼ 永つづきしない~ (2, 0.1%)

1 ことを, だから給料

▼ 永~ (2, 0.1%)

1 は古い, 納まって

▼ 永とは~ (2, 0.1%)

1 いえもう, どうして思えよう

▼ 永にでも~ (2, 0.1%)

2 なったら

▼ 永びくよう~ (2, 0.1%)

1 であれば, なら次

▼ 永三年頃~ (2, 0.1%)

1 だと, に大久保豊後守忠恕

▼ 永二年六月~ (2, 0.1%)

2 のはじめ

▼ 永二年生~ (2, 0.1%)

1 で二十三歳, で十二歳

▼ 永五年八月~ (2, 0.1%)

1 には鎌倉, のなかば

▼ 永以後~ (2, 0.1%)

1 の舶來活字, 特に安政

▼ 永伝寺~ (2, 0.1%)

1 に久々, へ奉納

▼ 永保三年~ (2, 0.1%)

1 の噴火後, まで約

▼ 永元年九月十二日~ (2, 0.1%)

2 の宵

▼ 永六年以來~ (2, 0.1%)

1 の木曾街道, は非常

▼ 永~ (2, 0.1%)

1 の回帰, 覚めぬ眠

▼ 永~ (2, 0.1%)

1 の, の眼

▼ 永~ (2, 0.1%)

1 といつ, に

▼ 永始二年~ (2, 0.1%)

1 に在官, までとしても差支

▼ 永~ (2, 0.1%)

1 は公寿, は子

▼ 永平さん~ (2, 0.1%)

1 に初相, はどう

▼ 永年月~ (2, 0.1%)

1 に亘っ, に亙り

▼ 永引き~ (2, 0.1%)

1 やがて醫師, 終には

▼ 永徳様~ (2, 0.1%)

1 のお, へお

▼ 永~ (2, 0.1%)

1 にとれる, の相

▼ 永慶軍記~ (2, 0.1%)

1 といふ古書, に永禄十二年小田

▼ 永~ (2, 0.1%)

1 であつ, は塩飽王

▼ 永持ちしない~ (2, 0.1%)

1 の, のも

▼ 永~ (2, 0.1%)

1 だから, もまた

▼ 永日永~ (2, 0.1%)

1 に寝, に養生

▼ 永~ (2, 0.1%)

1 の切絵図, の江戸切図

▼ 永樂公主~ (2, 0.1%)

1 も, を詠じた

▼ 永正三丙寅~ (2, 0.1%)

1 この年春, と承

▼ 永正五年~ (2, 0.1%)

1 には実隆, には氏親

▼ 永正天文~ (2, 0.1%)

2 の間

▼ 永淳元年~ (2, 0.1%)

1 だとして, には百零二歳

▼ 永~ (2, 0.1%)

1 の, は南蛮渡り

▼ 永~ (2, 0.1%)

1 の手勢, は弟

▼ 永病い~ (2, 0.1%)

1 の床, をやった

▼ 永祿八年~ (2, 0.1%)

1 とかに竹内大夫左衞門, に十五歳

▼ 永禄十一年~ (2, 0.1%)

1 から元, である

▼ 永禄十一年十月~ (2, 0.1%)

1 だ, のこと

▼ 永禄十三年~ (2, 0.1%)

1 とかぞえられる, の正月

▼ 永禄年中~ (2, 0.1%)

1 に會津黒川, まで存

▼ 永禄年代~ (2, 0.1%)

1 のこと, の武人型

▼ 永禪和~ (2, 0.1%)

1 尚もこれ, 尚忍ん

▼ 永~ (2, 0.1%)

1 の如き, の証

▼ 永護霊神~ (2, 0.1%)

1 として半ば実在, とは呼ばない

▼ 永護霊神様~ (2, 0.1%)

1 といい, という神様

▼ 永~ (2, 0.1%)

1 と彫っ, と改めた

▼ 永辛亥~ (2, 0.1%)

1 に書いた, の十一月

▼ 永~ (2, 0.1%)

1 で昼夜, とは限らない

▼ 永~ (2, 0.1%)

1 でもなく, の教会

▼ 永預け~ (2, 0.1%)

1 ということ, になる

▼1* [478件]

あがくて, 永あるものは, 永えな今のみが残る, 永えな美がなく, 永えるべき純粋に, 永かるべきはずなる, 永がにやること, 永こそ王莽が, 永ごろの浦賀, 永さん今夜は顔色, 永さん奴あればこそ, 永さん金之助病のため, 永さん関戸の邸, 永じゃありません宝永, 永ぎるとおもつてもつ, 永すぎますぜ, 永たらしき請願書など, 永つづきさせたいと思うなら, 永つづきして覚え, 永つれ添て家, 永であって気短, 永として私の, 永とて不具の, 永と共に正五位, 永などにはよく三四人, 永なり中幕団洲の, 永なる復讐心, 永にはならぬ位, 永にもちょっと逢った, 永のみささぎはどの辺であろう, 永びいたその年も十月, 永びかさなければならぬと考えそして, 永びかし又あちらこちら, 永びかすだけの效果しかない, 永びかせることが出来るという, 永びきその点楽, 永びき再起の日, 永へたから, 永へにまた花, 永への愛情を, 永より元暦, 永く年中, 永言っては, 永を通じて現出した, 永ク相終始セントス, 永ク英人タルヲ得, 永七寅霜月とした, 永七年ごろになる, 永七年六月の大火, 永七年十月二十八日の条, 永七年四月肖柏堺に歿, 永万二年に二十四, 永万二年五十三歳で, 永万元年頃定家四歳位のとき, 永万延以来あまり進歩, 永三四年の頃癲癇, 永三年一月二十日じゅうの顛末, 永三年七月六日の宵, 永三年三月の末, 永三年三月十五日の夜, 永三年三月十八日和歌の浦, 永三年以後十五人扶持出ること, 永三年伊豆七島全圖, 永三年八島の軍敗走, 永三年十月の晦日, 永三年四月二十八日平氏在西國, 永三年尼子経久と毛利元就, 永三年彼が二十一歳, 永三年戌歳の生れ, 永三年日本へ歸着, 永三年正月に国学, 永三年正月二十日粟津原頭黄茅蕭条として日色, 永三年正月元日伊勢怪異の由, 永三年正月彼が股肱, 永三年鎮西の山川, 永三年陸が僅, 永丹平が病院でなお, 永之丞の敵, 永之丞さん斬られたじゃ, 永二年七月の平家西, 永二年七月二十六日我木曾冠者義仲は白馬金鞍, 永二年七月二十四日の, 永二年七月赤幟洛陽を指し, 永二年三年という破局的, 永二年三月七日に抽斎, 永二年三月義仲ソノ子志水冠者義高ヲ源頼朝ニ, 永二年二月に後, 永二年二月七日に六十九歳, 永二年以来昌平黌の教授, 永二年作の北海道樺太, 永二年八月に御, 永二年出版の新訳和蘭国, 永二年十一月十五日法住寺の変, 永二年十二月二十六日に奏覧, 永二年十二月十五日の条, 永二年十月のこと, 永二年徳川家慶の築かしめた, 永二年正月廿一日の條, 永二年浅草の源空寺, 永二年秋桜の文身, 永二年酉歳の五月, 永五壬子元旦和黒川生韻, 永五年七月一日僅か六畳一間, 永五年七月中旬上野廣小路の卜者四明堂, 永五年二月十八日が誕生日, 永五年十一月十七日に四十九歳, 永五年十一月四日より明治四年四月十一日, 永五年十月二十一日より十一月十九日, 永五年壬子十一月四日養家に引移, 永五年子歳の同年生まれ, 永五年正月蒙古, 永五年河原崎座の七月興行, 永享七年十二月天野民部少輔遠幹その領内秋葉山, 永享七年銘の鉄鉢, 永享二年の奥書, 永享五年一月には伊勢, 永享元年四十三歳の年, 永享十一年に撰ばれた, 永享十一年六月二十七日全部の功, 永享十一年十八歳で三条西家, 永享十年八月二十三日四季部奏覧を終え, 永享四年には関白, 永享年中に諸道, 永享文安の頃, 永享時代の讃美, 永人さんの作, 永は伏見天皇, 永仁三年以後であること, 永仁元年四月の地震, 永仁六年三月佐渡に流され, 永仁古文孝経の条, 永仁年間に傳道, 永仁正安の頃, 永以來のもの, 永の初め, 永保元年三井寺焼打ちの際, 永修附近で大, 永元年三月二十五日に八十三歳, 永元年二月二十二日叙従四下承元々, 永元年以後二十餘年に亙る, 永元年八月十四日日蓮在判, 永元年八月蓮生は, 永元年六月二十七日に子, 永元年六月十三日後堀河天皇, 永元年前のもの, 永元年十二月九日のこと後鳥羽院, 永元年十二月二十三日に亡くなった, 永元年十二月二十八日には長男恒善, 永元年十月の鎌倉將軍宗尊親王, 永元年十月三日に安房国, 永元年十月二十六日御受戒, 永元年十月十六日である, 永元年四月において文覚上人, 永元年夏の初め, 永元年孫十一歳にし, 永元年戊申八月二十九日と書し, 永元年正月朔の作, 永元年父のみまかりける, 永元年申歳の生れ, 永元年越後平家の城, 永となり, 永八年に連歌付句合点, 永八年十月佐渡流罪の折, 永八年十月十日相模の依, 永六年アメリカの黒船, 永六年ペルリプーチヤチンの來航, 永六年ペルリ来朝の時, 永六年七月には徳川家慶, 永六年七月以來足かけ三年昌造は文字通り東奔西走, 永六年三月のこと, 永六年二月には相模, 永六年五月米國のペルリ提督, 永六年亞米利加のペルリ, 永六年以来の米以下, 永六年六月にアメリカ, 永六年六月三日である, 永六年六月三日米国軍艦は舳艫相銜, 永六年六月九日米ノ水師提督ペルリ氏ガ吾ガ幕府ナル井戸石見守浦賀奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ, 永六年六月十一日付として江戸屋敷, 永六年六月十日の晩, 永六年十一月十五日に五十二歳, 永六年十二月に政義, 永六年十二月はじめの寒い, 永六年日本をおどろかした, 永六年正月十九日に抽斎, 永六年正月萩を発し, 永六年烈公が阿部伊勢守, 永六年癸丑の八月, 永六年癸丑米国軍艦が江戸近海, 永六年航海を学び始めた, 永初年のこと, 永刧覺めぬ眠, 永劉理の二王子, 永勤めの示談, 永十一年この一廓, 永十一年三月日蓮は許され, 永十一年五月宗門弘通許可状を下し, 永十一年甲戌四月九日鋳, 永却私にはない, 永とが國主, 永に無心, 永合戦を思う, 永日月照乾坤, 永味岳黒田岳所謂八重岳の群巒, 永の亂, 永嘉ニ似タリ, 永嘉五年張栄が高平, 永嘉以來三百年間中原と江南, 永嘉寺に留まりた, 永嘉年中に韓媼, 永四五年ころの公用, 永四年云々と書き認め, 永四年五月長門国壇の浦, 永四年以来五十七年の長き, 永四年余が叔父徳富一義, 永四年侯駕に扈, 永四年八月二日生で当時十一歳, 永四年四月十一日の朝, 永四年春と昭和三十一年, 永四年正月に始まる, 永四年正月二十三日に寿美, 永四年江戸においてす, 永四年猿若町の中村座, 永四年辛亥元旦の作, 永四辛亥元旦与塾中諸子, 永四辛亥十月廿四日与立夫魯直酔梅家弟柏軒, 永坂東竹三郎光秀四代目坂東彦三郎蘭丸市川猿蔵であつ, 永培本を底本, 永壬子十一月十七日に発せられた, 永壬子十一月十六日に榛軒, 永清宵何, 永などと交つて, 永孚先生の如き, 永安政これ実に円石, 永安政以後二十余年間の歴史, 永安政以来外交の刺激, 永宗僉使申考哲がこの, 永定河に作られ, 永定陵を改めたる, 永から聞いた, 永実坊も行実坊, 永実様のところ, 永寧氏が巻頭, 永寧氏等をし, 永寳寺寺格の高い, 永の天沢, 永小作の土地, 永小作制度を約束, 永居候竹屋三位卿であった, 永の筆, 永崇里というところ, 永の司馬, 永左衛門それを除ける, 永左衛門供の小僧, 永左衛門急に自信, 永左衛門殿の呑んだ, 永左衛門自ら案内に立っ, 永左衞門急に自信, 永左衞門殿の呑んだ, 永左衞門自ら案内に立つ, 永幡智善師だと, 永幡智善翁の示す, 永平二祖となった, 永平半杓の, 永平年間に於ける, 永平欒州また燕, 永平老古仏, 永平道元にすらただ, 永年代アメリカの軍艦, 永年代以来黒船の到着, 永年度の宿場, 永年男相手の水商売, 永年間の役わり, 永庚戌七月山村菱秋書という落款, 永延二年齢はと云え, 永式目のと殆, 永引かしたのも, 永引かせてし, 永引かせたんだ, 永徳あたりが出ず入らず, 永徳らが牡丹, 永徳二年三月二十八日の日附, 永徳二年三月十七日に四季部, 永徳以上のもの, 永徳山楽などの豪宕絢爛, 永徳文人畫の大雅, 永徳斎の人形, 永徳松栄などの歿後, 永徳風の絢爛, 永徽六年來朝の使者, 永徽四年に至つて, 永忠僧都の起臥, 永の赤縄, 永患いをし, 永悳先生という老大家, 永悳門人板下画多し年四十八, 永という人, 永慶軍記小田原攻めの条, 永堪うべ, 永手藤原百川その他藤原一門の若い, 永持ちせぬといい, 永文久における江戸, 永斎堂が店先, 永明寺を訪問, 永明寺山の狸, 永明年間からし, 永明體と申し, 永春院の子, 永昼無事再び取つ, 永の時, 永樂年間に韵字分け, 永樂錢一枚の痛手, 永正七年五月音一が伊勢, 永正七年十月の条, 永正七年近江が乱れた, 永正三年八月甲斐国の某, 永正三年四月の条, 永正三年正月二十七日の条, 永正中の鈔本, 永正九年閏四月には能登, 永正五年六月十八日の条, 永正五年大内義興が義植将軍, 永正元年五月の条, 永正元年八十三歳まで勤続, 永正元年武州に鼠, 永正八年七月の条, 永正六年氏親が黄金三両, 永正十一年七月二十八日信長は長政, 永正十七年飯田河原で遠, 永正十三年春の花, 永正十二年に従一位, 永正四丁卯弥勒二年丁卯と並べ, 永正四年で土産, 永正四年五月西国での文芸, 永正四年六月二十三日だ, 永正四年西暦一五〇七年に該当, 永正寺の墓地, 永正年間には今川家, 永正祐定は樺山, 永歳月を経種々無限, 永歿年に庄左衞門, 永が生じ, 永承の, 永泉寺は五代目桂文治, 永泰のは珍, 永洲君からの見舞, 永は, 永滞在は出, 永滯在となつ, 永濯小林清親の以後, 永濯尾形月耕の二人, 永煩いの処, 永の, 永王軍は脆く, 永生きさせてをいたら, 永生きしますまい私の, 永生き出来ませんよ, 永生れの高齢者, 永病人に有, 永癸丑に向島, 永登浦の近, 永の店頭, 永休, 永祐殿綏成殿天王殿法輪殿などと云う, 永の暴風, 永神尾金弥があった, 永祿元年の年, 永祿六年正月八日の事也, 永祿十一年に孝高, 永祿四年の翌年, 永祿年間から戰國時代, 永祿頃の本, 永禄あたりから知られ, 永禄七年の戦, 永禄三年の年, 永禄三年五月二十日今川殿陣亡遊ばされ候時, 永禄三年五月十九日にてある, 永禄三年五月十九日義元討捕刻彼所持刀裏には織田尾張守信長, 永禄三年五月十八日の夜, 永禄三年五月朔日今川義元いよいよ全, 永禄三年五月美濃の国, 永禄三年六月に木曾長政, 永禄三年兵を関東平野, 永禄三年時も今頃, 永禄中井伊谷の菅沼治郎右衛門忠久, 永禄二年にも上洛, 永禄二年公家藤原某作てふ, 永禄二年初夏ふたたびの, 永禄二年己未の正月, 永禄二年春以降大いに甲府, 永禄二年正月俄かに浅沼郡檜垣御坊, 永禄五年五月水野信元のとりなし, 永禄五年正月には岡崎, 永禄以前からのもの, 永禄以来その職, 永禄以来日本に来, 永禄以来滔々亡び去って, 永禄元年七月二十日正午時刻のこと, 永禄元年二月には義元, 永禄元年出生候て三歳, 永禄元年十月に武蔵守輝国, 永禄元年正月生れの今年二十五歳, 永禄八年卯月の月日, 永禄六七年の交, 永禄前後の頃, 永禄十一年四月だから, 永禄十一年彼が二十二歳, 永禄十一年生れのこの, 永禄十二年十月武田信玄三増山の備え, 永禄十二年吉良荘に帰る, 永禄十二年小田眞壁兩家の合戰, 永禄十卯十年上杉謙信は上州厩橋城, 永禄十年の奥書, 永禄十年三月十八歳の時, 永禄十年二月には滝川一益, 永禄四年ごろは後, 永禄四年九月十日の川中島合戦, 永禄四年今川氏真署名の文書, 永禄四年女婿秀次の事, 永禄四年川中島合戦には謙信, 永禄四年春小田原攻囲中信玄動くと, 永禄天正年代からの長い, 永禄年中三好家の堺, 永禄年中琉球より渡来, 永禄年間三味線が渡来, 永禄年間在家となる, 永禄日記十年の条, 永禄末年のこと, 永禅寺の柴燈堂, 永禪さんと仰し, 永禪和尚彼の川口, 永禪和尚悪事露顕のお話, 永禪和尚柄の長い, 永禪様か, 永等数枚の丸の内, 永紀元戊申に阿部侯, 永終戦の翌日, 永續きがしない, 永續的貧乏に對, 永罰地獄をその, 永であったとやら, 永老人を訪ね, 永胤氏久留米藩では高橋二郎氏, 永胤目賀田男爵鳩山和夫等が法律, 永脱諸悪趣所詮, 永良部島ではハマクラ, 永は妻女, 永花亭八丁堀の聞楽, 永花聞楽の二軒, 永の壁, 永萬元年鎭西八郎が運, 永藤パンの前, 永蟄居差扣えという, 永觀堂南禪寺と伴, 永して, 永記すべきものだ, 永話しもウエーター, 永護様という変態, 永貞元年即ち我が, 永契約賃貸契約世襲財産公有官有の, 永僧都は, 永辻夫婦も驚きました, 永辻栄吉という家, 永追いをし, 永過ぎるので, 永に引き離し, 永遠きはみなき, 永は永禄, 永の某, 永本仏, 永の時, 永で気, 永雨式にふり出す, 永革命の大勢, 永革命史上に一頭地, 永革命史中経世的手腕ある建設的革命家, 永となった, 永鳥轟の徒