青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「氷~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~氣 氣~ ~氣持 氣持~ ~水 水~ 水夫~ 水戸~ 水面~ ~氷
氷~
永~ 永い~ 永く~ ~永久 永久~ ~永遠 永遠~ 汁~ ~求め 求め~

「氷~」 4509, 49ppm, 2394位

▼ 氷~ (1577, 35.0%)

186 ように 143 ような 59 上に 38 やうに 31 上を 26 やうな 24 中に 23 単結晶 13 上で 11 下に 10 様な, 様に 9 中の, 山に 7 かけらが, 上へ, 塊が 6 なかに, ようだ, 中へ, 塊を, 如く冷 5 中から, 板を, 破片が, 穴から, 膜ほど

4 [12件] かけらを, 厚さ, 塊り, 如し, 山を, 標本を, 海に, 破片を, 箱を, 粒が, 粒子の, 結晶は

3 [28件] かけらの, 上では, 上の, 下へ, 下を, 丘を, 中で, 中には, 中を, 割れる音, 場合には, 大きい単, 如く冷やか, 層が, 山の, 島を, 斜面に, 斜面を, 板が, 棒を, 河の, 海が, 矢の, 結晶と, 結晶に, 裂け目から, 裂け目に, 面が

2 [94件] うちに, かたまりが, かたまりの, かたまりを, からだを, ことを, ごとく冷たく, ごとく冷やか, さやけくて, したに, なかで, ひげ, ひびの, むすぼれて, ようじゃ, ようその, ようで, ようであった, カチ割りを, 上が, 上には, 上は, 上山から, 下で, 下の, 刃, 利用法は, 前に, 化石である, 原には, 場合にも, 場合は, 塊に, 塊の, 塊は, 壁が, 外に, 大塊, 如く冷え, 如く冷酷, 室を, 家に, 山か, 山が, 島が, 島の, 底は, 張ったバケツ, 張って, 弾性と, 断崖と, 板に, 柱に, 柱の, 棒で, 棒に, 標本が, 樹, 歯の, 死骸を, 水を, 流れて, 流動性を, 海を, 涯へと, 溶けた水, 玉を, 現象が, 短剣, 研究が, 研究にも, 研究は, 箱が, 粒の, 粒子と, 糸で, 結晶が, 結晶の, 結晶を, 絶壁の, 縁を, 罅, 肌に, 脈にも, 蔭にでも, 薄ら罅春の, 表面に, 解けて, 野だ, 間に, 間を, 音が, 駕籠を, 鱗

1 [589件 抜粋] あいだに, あつさ, ある如く, いっぱいも, うえに, うちでも, お蔭である, かいたの, かけら, かけらな, かけを, かげで, かたまり, かたまりでも, かたまりに, くずれる音, くっついて, ことだ, ごときその, ごとき冷ややかさ, ごとき朔風, ごとき清水, ごとき清浄, ごとき鋩子, ごとくなれ, ごとく冷えて, ごとく冷たかろ, ごとく冷たし, ごとく冷ややか, ごとく十万, ごとく堅く, ごとく触ったの, ごとし, さけるばりっと, したで, したの, ためである, ついた固体表面, つめたさ, とけたところ, とけない所, とけるの, とける雪, ないところ, なか, なかだろう, なかの, はじに, はった広瀬川, はつて, はらない, はりつめた湖, はるよう, はる頃, ひ割れるよう, ふちへ, ぶっかきを, ぶっ掻きで, ほかの, むこうに, もんじで, やうだ, やうで, やうな冷めた, やうにか, ゆめを, よう, ようだった, ようだろう, ようであり, ようである, ようです, ようなう, ようなひびき, ような冷めたい, ようにさえ, クサビについては, コップは, コツプを, コンクリートである, ステップの, ブッカキを, 一しぶきを, 一と, 一塊を, 一片一片の, 一種である, 上, 上でも, 上にも, 上へは, 下から, 下って, 下は, 下ふかく, 不思議な, 世界だ, 世界であった, 世界の, 丘陵を, 中ででも, 中にまで, 中のは, 中へでも, 二タ通りの, 二ツの, 二片を, 代りに, 件な, 値が, 先が, 光を, 光一閃, 入った果実汁, 入った桐箱, 入った金盥, 全量と, 円柱が, 円筒が, 冬の, 冷き, 処女を, 出来る経過, 出来方, 刃に, 刃の, 刃を, 分量が, 切端で, 削られる涼し, 削屑, 割れるやう, 割れ目から, 力学的性質を, 加わった形, 労作は, 包を, 化石, 化石の, 北極と, 北極を, 危險を, 厚みと, 原つ, 原を, 原子の, 原氷の, 受ける朝, 各片, 向ふ, 咆哮を, 問題として, 問題は, 国であった, 国に, 地下室が, 型を, 城です, 城まで, 城塞へ, 城郭だ, 基礎的研究が, 基礎研究に, 場合も, 塁壁を, 塊かとも, 塊だった, 塊で, 塊全体が, 塔の, 墓の, 壁であろう, 壁氷の, 変形が, 夜の, 夜景さえ, 大きな塊, 大広間の, 大広間氷の, 大洋, 大洋である, 大洪水, 大盤面, 大陸を, 天井氷の, 奥から, 如きもの, 如き宮, 如き月, 如き蘆, 如き鋭, 如くきびしく, 如くな, 如くなら, 如く冷たく, 如く凝って, 如く凝つと, 如く十万, 如く張りつめ, 如く張りつめる, 如く見える, 如く輝き出, 如く透過する, 如く霜気天, 如く霞, 宝石を, 実質が, 実質の, 室が, 宮殿なる, 宮殿の, 家の, 寂寥に, 寺院, 専門家を, 小さい一切れ, 小さい塊, 小部屋, 尾根の, 屑が, 層で, 層は, 山々に, 山からは, 山で, 山にか, 山の上に, 山の上までは, 山も, 山氷の, 山稜に, 山稜を, 岩が, 岩山で, 峰と, 峰を, 島々が, 島から, 島だ, 崖から, 崖が, 崖なんかが, 崖を, 川, 川を, 巨大な, 平原が, 平原に, 平面の, 幾本かを, 床氷の, 底, 底かと, 底に, 廊下が, 廊下を, 張ったの, 張った水盤, 張ってな, 張つた北極の, 張りつめた北極地方, 張りつめた小川, 張り詰めた大地, 張るの, 張る音, 張詰めし胸, 弾丸, 形, 形と, 形については, 形によって, 形は, 形を, 微細な, 急坂を, 性に, 性質を, 怺え, 恐ろしさ, 悪鬼の, 感触とは, 成長が, 扉, 扉が, 扉ひらかれ, 斜面が, 断崖に, 断涯が, 断片流動し, 断面一帯に, 方も, 旗の, 明りと, 春風に, 時は, 朝日に, 期を, 未来圏から, 板きれ, 板であっ, 板と, 板自身も, 柱, 柱を, 桎梏から, 桐箱を, 梁に, 棒が, 棒でも, 棘が, 棚, 棚には, 様だ, 様子から, 標本は, 樣だ, 樣な, 樣に, 橋を, 機械的性質については, 欠けみたいな, 欠片の, 次に, 歯渡りは, 毛の, 水で, 水水飯などを, 池, 池と, 河も, 泡だちて, 泡沫を, 波濤が, 洞穴だけが, 洞穴に, 海と, 海の, 海も, 海岸線も, 消費量増加については, 渚に, 渦巻きすごき, 渦紋の, 温度が, 温度を, 湯気の, 溶けるといふ, 溶解性とによる, 滝が, 滝を, 激流, 燒い, 牙を, 物性の, 特性を, 玉の, 現象, 現象に, 現象の, 現象を, 璧を, 畝から, 番を, 皮なる, 皮膚の, 盛られたコップ, 監房が, 矛の, 石灰分が, 研究すなわち, 研究である, 研究に, 研究には, 研究所が, 研究所を, 砕いたの, 砕ける音, 砕片や, 砥石に, 破片で, 破片と, 破片は, 破片または, 硬さ, 硬度が, 神秘であろう, 神秘と, 科学である, 秘密は, 稜も, 稜片で, 穴の, 窖などに, 筋や, 筏, 筏で, 筏に, 箱ぐらい, 箱です, 節, 節また, 節御, 粉末が, 粒つぶの, 粒である, 粒には, 粒を, 粒子が, 糸の, 紙, 細片で, 結晶から, 結晶で, 結晶には, 結晶模様が, 結晶系たる, 絵で, 絶壁へと, 総量について, 羊歯は, 群峰を, 肉体からは, 肌が, 胸を, 脚触りが, 花が, 花に, 花の, 花は, 花瓶に, 荒野原, 蒸気が, 蓋を, 蔽って, 薄いところ, 薬を, 衣を, 表面を, 袋の, 袋は, 裂けるやう, 裂け目か, 裂け目を, 裂目に, 裂目を, 裡で, 角に, 角柱結晶を, 解けたあと, 解けたうわさ, 解けた流れ, 解ける事, 解放に, 谷を, 谷空々漠々たる, 起きる条件, 起り易い, 起るよう, 速く融けない, 道を, 部分が, 部分には, 部分の, 野を, 針の, 針は, 鎌で, 鎗の, 鏡餅と, 長い破片, 間へ, 陸地である, 階段, 階段であった, 障壁を, 雨が, 雨に, 雨を, 雨塚という, 雨塚とは, 雨降りたる, 雫の, 雲が, 雲と, 霧な, 面に, 面の, 面は, 面へ, 面を, 面面に, 頃に, 風が, 風だった, 風で, 駕籠に, 駕龍を, 骸晶が, 高山が, 鬚お

▼ 氷~ (476, 10.6%)

8 かいて 6 あてられたよう 5 とかして, 割って, 持って, 浴びたよう, 砕いて 4 口に, 買いに, 買って 3 やぶって, 取りに, 取寄せて, 起すよう, 踏むよう

2 [36件] いじったり, かく音, かけて, のせて, もって, わって, グリーンランドの, ノーマルな, 入れて, 削ったよう, 削るよう, 削る音, 割りながら, 取り換えたり, 叩いて, 叩き割って, 叩き落しそれから, 噛む夜, 噛る, 当てられたよう, 愁らが, 手に, 摧く, 欲しがった, 沢山呑む, 浴ぶる, 溶かして, 結びて, 結ぶとき, 胸の, 見た, 踏み, 踏んで, 透して, 運んで, 頂きて

1 [338件] あつかう店, あつら, あて, あてがい心臓, あてて, あてられたまま, あてるいわば, あびた, あびた様, いれたり, いれる, いれタオル, いろいろと, うかべたコップ, うち砕い, おあがり, おっつけられたよう, お氷, かいては, かえて, かかえて, かきに, かく臺, かけた愛玉只, かむ夜, かめば, かわせ私, かん, かんかんと, くぐり, くだいたよう, けずったよう, さえ出すかと, さくさく, しっかり胸, すくっては, すてては, すべったり, すべるよう, そのままお腹, そのまま食べる, たたき破るよう, たのむ, たべたので, つかひますね, つくるやう, つつき午後, つんで, とかすなんて, とかすん, とって, とりかえて, のせると, のせズルフォン剤, のむ虫, のんだよう, はっきりと, ば手に, ふくんだよう, ふんでなあ, ほしがっ, ほしがった, また火, まとって, みつめる此, みなわれわれの, みること, もう一つ, もらいそこねて, もらいに, やぶらんとして, やぶり疾行, よこぎって, わけて, わり洗濯もの, わる音だ, アイヌ語では, アラスカから, ガリガリ削り落しました, シャリシャリと, ブッカキに, 一匙口へ, 一斤ずつ, 一本ドッカと, 一杯たべた, 下の, 下へ, 与えて, 与へて, 乗せ砂糖, 二フランだけ, 二斤ばかり, 二貫目買っ, 五貫目ずつ, 交えて, 今度は, 低温室の, 何かの, 何十斤か, 作って, 作る法, 使用する, 傷つけつつ, 兇器に, 免れた部分, 入れたり, 入れた二個, 入れた氷嚢, 入れた淡水, 入れた白葡萄酒, 其口に, 出して, 刃物の, 分けおわるには, 切って, 切り取れば, 利用した, 削りました, 前後に, 割きぬ, 割ったよう, 割ったり, 割らなければ, 割られた日, 割らんと, 割りますが, 割り出した, 割り子, 割り砂を, 割る作業, 割る音, 力まかせに, 包んだタオル, 包んで, 取って, 取り代え, 取り寄せて, 取り除いた, 取るん, 取替えたり, 口へ, 叩きこわし, 叩きながら, 含んだよう, 呑まない由ちゃん, 呪うよう, 呼び扇, 呼んだこと, 商うぐらいの, 喫うに異ならん, 喫ようと, 喫んだ, 喰ま, 喰み, 噛まむ, 噛むこと, 噛むよう, 噛んで, 壊して, 売る小さな, 売る早, 好むにしかざるか, 安置する, 宝石とでも, 届けに, 山盛り買っ, 常態と, 幾筋か, 建て連ら, 弄べば, 引く手元, 張つめた, 張らすばかり, 張らせて, 張りつめたの, 張り詰めること, 弾丸の, 当てたまま横, 当てて, 当ててから, 彼は, 待って, 心持よい, 忘れてが, 思わせるから, 恐れ吹雪, 懸けたる如き西, 我ぞと, 截つて, 手拭に, 手斧を以て, 打つ槌先, 打割っ, 投り込んだ, 抱きしめたやう, 抱きしめたよう, 押しやりながら, 挾んで, 掘りに, 掘り目立たぬ氷, 採取し, 掻きとばして, 描いて, 提げて, 握って, 摂った, 摂つた, 新らしくし, 日向へ, 日本へ, 春風の, 朝廷に, 枕頭の, 桐箱ぐるみそっくり, 横切って, 欠く響き, 欺く砕片, 歯で, 水に, 永遠に, 流して, 浴せたよう, 浴びせかけられたかの, 浴びた, 浴びたやう, 浴びたるごとく全身, 浴びて, 浸し, 添へても, 渡って, 渡つて見よう, 満載した, 溶かさないこと, 溶かしては, 溶かすには, 溶し, 溶すには, 滑り鴨, 滑るの, 焼いて, 生活し, 生物学者が, 用いて, 男に, 盗んだとか, 盛りたる鉄, 目ざして, 目に, 着るは, 石で, 砕いた, 砕いた水, 砕き水面, 砕くが, 砕くこと, 砕くらしい音, 砕く音, 破ったよう, 破って, 破りて, 破り氷, 破り氷水, 破る音, 私は, 積んだトラック, 積んでから, 穿って, 突崩した, 粉末に, 粉砕し, 結ぶ, 絶やさずに, 縛りつけて, 缺い, 置くの, 美智子に, 背負い出して, 背負つてゐる, 融かして, 裂くの音, 裂くよう, 製造し, 製造する, 見たこと, 見たること, 見て, 見る, 詰めて, 請求した, 貰いそこねて, 貰ひ, 買つて來い, 買つて呉れ, 起させて, 起させる, 超えて, 踏み分けながら, 踏み割って, 踏み壊し地団太, 踏み踏み黙々と, 踏み鳴らす馬の足音, 踏む, 踏んだとき, 踏んでと, 踏砕く, 蹈み, 蹴る音, 蹴砕き蹴砕きさっき, 載せて, 追って, 透すごとく澄みきって, 造り電気扇, 造り飛者, 運ぶこと, 鋸引きに, 錐で, 鑄つ, 鑽り, 閉ざした池みたい, 降らしと, 頂戴した, 頬張ったよう, 願った, 食う痛み, 食え, 食べた, 食べて, 食べながら, 食べます, 食わせるの, 飮んで, 飲まない由ちゃん, 飲みながらでも, 飲むの, 飲んだ, 飲んだよう, 飲んだり, 駕籠に

▼ 氷~ (407, 9.0%)

9 は義雄 6 の下宿 5 はその, は笑つた 4 に, に向, の家, の社, は呑牛 3 が義雄, はきのふ, はこちら, はそれ, は云, は今, は渠, も亦

2 [28件] から聽, がまた, が云, が冷かす, と鶴次郎, に云, に聽, に讀ん, のこんな, の二階, の言葉, の雜誌, はお, はにこつき, は勇, は北劍, は微笑, は慰める, は机, は獨, は社長, は笑, は自分, は身, は雜誌, も義雄, や勇, を見る

1 [282件] からの手紙, からぼ, からインバネス, から取りあげ, から屆, から工面, が, がからかふと, がきのふ, がこれ, がたまに, がちよツ, がどんな, がひとり仰向け, がひやかす, がやつ, が下宿屋住, が云つた通り, が云ふから, が何だか, が兼, が冷かし半分, が出しぬけ, が初, が南二條西一丁目, が受け, が受ける, が口, が單衣一つの, が土地拂, が大, が左, が引き取つ, が急, が愉快さうに云, が曾, が某, が歸つて來, が氣, が紹介, が聽, が語, が這入, が餘, だツ, とがどちら, とである, とのかたはら, との應對, との衝突, とはあの, とはさ, とはそこ, とは加藤, とは文學上, とは玄關, とは碁, とは頻りに, とを見, と一つ床, と三人, と共にここ, と共にのぼつ, と共に巖, と共に池, と共に露西亞パン, と向, と呑牛, と或, と義雄, と自分, など義雄, にうち込ん, にこの, についてまた, にでも見られ, にはほか, には有馬, にもらした, にも話した, にゆり起された, に二三目, に云つて, に促され, に借りてた, に出させ, に受け取らせた, に尋ねる, に對, に平, に從つて北海實業雜誌社, に手助け, に氷峰, に決心, に注意, に渡した, に相談, に義雄, に話し, に話した, に話す, に誇つ, に語, に語る, に酌, のこと, のそば, のところ, のねむ, のまだ, のもと, のやり方, の三角圈點, の二重丸圈點, の二重圈點, の俸給, の兄夫婦, の入用, の冷かし半分, の出さう, の周旋, の女, の女の, の宅, の安, の實際, の建策, の急がし, の戻る, の方, の机, の歸, の物, の相方, の細君, の聲, の膝, の言, の言葉通り羽織, の詩集廣告, の話, の違約, の部屋, の雅號, の雜誌社, の食客, はあと, はいい, はいつも, はいま, はうち, はかう, はからかひ, はからかふ, はけろりと, はこの, はこれ, はこんな, はすねた, はすべて, はその後, はそんな, はなほ調子, はにが, はのんきさうに云つた, はひま, はぼんやり, はもう, はもと, はやツ, はわざと, はゐない, はゐなかつた, はバツト, は事務室, は二重丸圈點, は二重圈點, は云つた, は仰向いた, は例, は兩手, は冷かす, は出しぬけ, は別に, は別れ, は原稿, は外套, は多少, は天聲, は寢卷, は實, は少し, は席, は平, は度々, は後ろ鉢, は得意さうに白, は心, は捨てぜりふ, は敷島, は早く, は普通, は火鉢, は無言, は煙草, は爐火, は珍客, は異, は石, は社員, は空知支廳, は立つ, は縁, は義雄等, は聲, は自慢, は若杉貞子, は蚊, は親切, は詰らなささう, は話題, は認めた, は讃め, は輕, は遠慮なく, は酒, は醉, は金主, は金主川崎, は金魚, は鉢, は青く, は頻りに, は顏, は首, は驚く, は黄いろい, ばかりだ, へも屆, へ電報, もぐツ, もここ, もしくは勇, もそこ, もそば, もねむけ, も乘, も停車場, も呑牛, も大分義雄, も帶廣, も必ら, も會計, も沈んだ, も煙草, も用事, も筆, も賛同, も遠慮なく, も隔て, やお, や呑牛, や天聲, よりず, よりほか, ゐるか, を, をその, をつれ, をとう, をゆびさし, を一目, を引きとめ, を思ひ切らせる, を捕へ, を目あて, を瞰, を見, を見込ん, を訪ね, を誘ひ, を雜誌

▼ 氷~ (293, 6.5%)

19 張って 8 とけて 6 割れて 5 解けて 4 張り詰めて 3 ぜんぶ融けたら, はりつめて, 張りつめて, 流れて 2 とけると, われて, 傍に, 厚いので, 張つてゐた, 張つてゐる, 水の, 溶けるの, 解けはじめて

1 [221件] あがり先頭, あた, あったので, あったら心, ありますし, ありませいでなあ, あるから, あること, ある丈, あろうとは, いっしょに, いっぱいはりつい, うず高く, うんとこ, おあがり, おおいかくした, おがくずに, おしまいに, からみつき涙, がりがり鳴つ, きいて, くると, ここの, こなごなに, こわされる, こんに, さらわれる現場, すっかりとけ, たくさんに, だんだん成長, ついた, ついて, つながって, つもって, とけたとき, とける, とけるにつれて, とけるに従って, とけるの, とつぜん二つ, どうした, どれくらいの, ないん, なくなった, なくなって, なくなり自由, なくなれば, のびて, はこばれたころ, はって, はってる, はつたら, はりつめてたもん, はり北側, はり始めたよう, はるの, ばり, ばりばりと, ひとでや, ほんの少し, まだとけ, まだどての, まだ解けますまい, まっ白な, まるで火, みしりみしりいうかと, めりめり割れる, ゆれるので, ようやく崩れはじめ, われるという, カチカチと, ガラス板位に, キラキラと, トリック兇器として, ハッて, モレインに, 一時に, 下がって, 二つに, 二つ三つに, 二寸ほども, 二日より, 今は, 介在し, 來た, 僕らの, 光つて道には, 全くとけた, 全然起きない, 出来はじめて, 出来はじめる, 出来はじめるの, 出来る場合, 割れた, 割れたあと, 割れだすころ, 割れるぞ, 割れるの, 動きはじめ氷, 動力に, 北極光の, 十斤なら, 午後まで, 半分がた溶け, 厚いの, 厚かった, 厚くないらしく, 厚く張っ, 厚く張り詰めた, 去りやらぬ二月半, 収縮, 周囲から, 四ツ半きっちり, 四方八方から, 固くなっ, 固体の, 土から, 地上へ, 大分生長した, 小さくなっ, 廻転する, 張った, 張ったそう, 張ったり, 張っても, 張つたのである, 張つて, 張つてき, 張りそれ, 張りつめた上, 張りつめてからの, 張りつめ中流, 張りつめ涼風, 張り詰められて, 張る, 張るかとか, 張るから, 張るの, 張るよう, 張詰めて, 形づくる円屋根, 後光の, 急に, 成長し, 採れる厚く, 既につい, 日ごとに, 日に日に解け, 春の, 春風に, 時々ぴり, 暖かい春, 来た時分, 来ました, 来ますから, 来るまで, 析出する, 森林の, 次第に地上, 欲しくなつた, 残って, 水から, 氷室を, 浮いて, 溶けずに, 溶けた, 溶けたの, 溶けた水, 溶けないで, 溶けぬうち, 溶けまたは, 滑り落ちて, 無い生ぬるきサイダー, 狭い筋, 生じて, 生長し, 用いられる場合, 発達し, 盛って, 砕けたよう, 答へ, 結んで, 美しく見えない, 自分の, 船の, 薄いため, 薄くなった, 薄く張つて小鳥, 融けて, 融けない, 融けるから, 裂けて, 西の丸へ, 見る限り, 解けたの, 解けはじめた, 解けはじめました, 解けると, 解けるよう, 解ける事, 解け始めて, 解け始めますから, 詰つてゐ, 起きたという, 起きるだろうか, 起きるよう, 起きる場合, 起ったいろいろ, 起る, 起る瞬間, 足や, 這入て, 閉ぢた, 閉ぢては, 闘うの, 非常に, 音を, 飛ぶ, 飲みたいがね, 飴の, 飾り羽根

▼ 氷~ (223, 4.9%)

14 なって 7 とざされて 5 なるの 4 なった, なつた, なる, 閉されて 3 すべり足溜り, なると, なる場合, 埋もれて

2 [12件] あらずして, すべりあれ, つけられる方, なるという, なる如く希望, なる時, 似て, 張りつめられて, 穴を, 蔽われて, 覆われて, 鎖されて

1 [145件] あがるん, あつて氷, あまづら, あらざるを, うずもれて, ぎっしり隙間, ころげかかった金属, さける花, しても, しようと, すっかり閉され, せられて, そそいだ, つかえて, つかった桶, つけてね, とざされた人間, とざされた汽船, とざされた海, とざされた風土, とざされても, とざし克己心, とじこめられたまま, とじこめられ次に, とじられたさびしい, とじられて, とびつくん, なったので, なったもの, なったり, なった岩牀, なった美紅姫, なりたいと, なります, なり切るまでには, なり残り, なること, なるはず, なるよう, なる心配, なる条件, なる芯, なる迄は, なれない一グラム, なれば, のぼる勢, ふれた部分, ぶつかり紙, まが, アックスを, コンクリートされ, 一尺四方くらいの, 万遍なく, 三盆白を, 乗って, 乗れるの, 冬の, 冷したシヤンペン, 冷やした西瓜, 凍てて, 削られて, 包まる, 包まれた被害者, 包まれて, 化して, 和せし赤酒, 喉の, 囲まれて, 固形し, 坐して, 壊されたか, 変じ掛けて, 変る際, 変化し, 変化する, 孔を, 宿って, 尖れる壮観, 張りつめられ脚, 張り閉されて, 悩まされるの, 手を, 押されると, 接触する, 掩われ, 日光が, 映じて, 朝日かげおのづか, 杖を, 没するの, 泡だつという, 消え入るばっかり, 滑つてころびく, 滑べらないよう, 爪先を, 白くなっ, 眼が, 磨かれた声, 磨り減らされて, 興味を, 若い者, 落ちて, 衝る, 覆われた白い, 見られるよう, 触れて, 觸る如し, 觸れ, 詰めて, 譬へるなら, 變る, 象り頭, 足を, 足形を, 足駄を, 路を, 辷り雪, 近い万年雪, 近い粗, 近く手や, 重りを, 鉋を, 鎖されたから, 鎖されたよう, 鎖された地圖, 鎖される宿命, 鎖される香酔, 鎖ざされ, 鎖ざされた, 閉された, 閉されたこの, 閉された僧院, 閉された北洋, 閉され伸びては, 閉ざされおそらく, 閉ざされて, 閉じこめられて, 閉ぢこめられた, 閉ぢられ, 閑らるる, 附けたまま, 陰くらく, 食い付いた時, 食ひ付いた, 香と

▼ 氷~ (126, 2.8%)

7 の店 4 の暖簾, も甘酒屋 3 の旗, をし 2 がある, で書生, ののれん, のコップ, の女房, の老婆, の車屋台, も荷, や甘酒屋

1 [87件] から氷, ができ, が一軒, が店, が彼方此方, が徐々店, が手伝, が手傳, が氷, が砂漠, だの, であった, であつ, でございますよ, でした, でも出せ, で仕上げた, で何, で大きい, で氷水一杯一銭, で聞け, と化けず, と居酒屋, と東京の, なぞは夏場, などがならん, などが証言, などの渡り者, に, にかはつ, にかはり初める, になった, にはいつた, に一杯, に一種, に来, に燈籠, に髪の毛, のす, のところ, のまえ, のよう, の一家, の並びに, の主人, の二階, の二階がり, の仕事, の呼声, の声, の娘, の屋臺店, の店先, の提灯, の旗なぞ, の氷, の牀机, の男, の硝子暖簾, の神さん, の簾, の配達, の青年, は大, は芋屋, は逃げ支度, へそれぞれ, へはいっ, へ住込, へ殖林, へ湖, へ行きかけた, へ行っ, へ走った, へ走らせる, もい, もいい, も便宜, やおでん, やしるこ屋おでん屋, をする, をやる, をよばなく, を始め, を始めた, を片, を起し

▼ 氷~ (121, 2.7%)

3 解けて 2 とけて, 溶けて, 非常に

1 [112件] あまり起らない, いつとも, いづこ, きのうよりも, この縦, この辺, すべる, そのまま消失, その船体, それを, たえず小さく, ただぼんやり, だいたい透明, だんだんに, つる, とけませんけれど, どこまでも, ないか, なおその, なく非常, ばり, ほとんど起きないであろう, ますます切実, またお前達, グラスっていう, トラックの, 一つ, 一尺から, 一日溶けなかった, 一般には, 二三寸で, 二三寸も, 二寸も, 互に遷, 五月に, 今年最初の, 何時でも, 依然として速, 信光の, 光り無情, 六方晶系に, 冴えてを, 凍土が, 前にも, 割れ出しますね, 化学的に, 北緯五十度まで, 半ば融けかかっ, 厚いの, 厚かろう, 厚し我が, 取り扱いにく, 句における, 君たちの, 地質年代の, 堅くなった, 塑造的物質に, 大沼から, 季節の, 安泰であった, 寧ろ凸, 川や, 川幅一ぱいに, 張る東京, 息と, 悉く水, 日本語では, 時にとっての, 朝から, 条件が, 柔い, 水では, 水より, 水飴の, 池に, 液状の, 湯気の, 灰色に, 無くなったとの, 無残にも, 牛や, 発見されるだらう, 目下北大の, 真夜中近くまで, 硝子の, 筵包に, 純粋な, 結晶に, 結晶質の, 罪人の, 膝の, 自分の, 薄し水, 要らなくなる, 解けそう, 解けても, 解けはじめた, 解けるであろう, 起きないこと, 起きない条件, 起きにくい, 透明である, 金属である, 金属の, 鉋で, 長い年月, 閉ぢて, 離れずベリベリ, 雪には, 頂戴した, 頭と, 高圧の

▼ 氷~ (100, 2.2%)

4 雪に 3 雪の 2 いっても, なって, なつて, なると, ラムネ代を, 同じよう, 氷の, 閉ぢあ, 雪, 雪とが

1 [73件] いうと, いうほどの, いえば, いっしょに, いふよりも, いへば, くる頃, このあ, こも, されかうべと, されて, すれすれに, すれば, そして何, たたかったかという, ぢ岩間の, ぢ見し, どっちだ, なす者には, ならんと, なり一部零度, なり土, なるが, なるの, みまがう白装束, ガレとの, ドライ, ハムライスとかいふ, 人馬を, 全く同様, 化した, 化し君, 同じこと, 同様である, 呼ぶこと, 呼んで, 堅固な, 塩の, 塩は, 塩を, 岩が, 岩で, 岩との, 岩の, 接触する, 摩擦させる, 数字赤や, 木材との, 氷枕を, 泥の, 海霧に, 涙ばかりが, 湖の, 炭との, 白色の, 精神と, 純粋と, 結びけり, 花と, 藍との, 見える短, 言うけんど, 鉄, 陸地が, 雪が, 雪ともて, 雪とを, 雪を, 霧に, 青黒い岩, 食塩で, 高さ, 麦酒とを

▼ 氷~ (92, 2.0%)

5 冷して, 冷やして, 頭を 2 ひやして, 冷した, 凍し, 白熊や, 蔽はれ

1 [67件] おおわれて, かちかち光っ, こしらえた白鳥, それに, つくったメッシュ, つつまれた, つるつるする, できて, とじられて, ひやす, もって, もとの, もれ上って, カクテルを, バリバリと, 内部は, 冷さなくてはな, 冷しきった方, 冷したら, 冷したらどう, 冷したり, 冷した灌奠酒, 冷し乍ら演出, 冷し固めたの, 冷すばかりの, 冷す事, 冷す朝, 冷す熱七度四分位, 冷せと, 冷せば, 冷たくした, 冷やしたみかん水, 冷やしたり, 冷やしづづけ, 冷やしながら, 冷やしシャンペン酒, 冷やすという, 冷却すれ, 出来て, 包まれたほど, 咽喉を, 固めたの, 固めて, 寝床は, 巻かれたよう, 弟の, 張りつめられて, 張り詰めてから, 張り詰められて, 心臓を, 怪我を, 曇って, 木の, 物を, 痛む歯, 真つ, 蔽われた, 蔽われるため, 被われて, 貫かれたよう, 足を, 踊場を, 辷りそう, 辷り転けたり, 閉ざされて, 青白いけれども, 顔を

▼ 氷~ (47, 1.0%)

5 の上, の中 3 の氷, の深部 2 に蔽われ, の厚, の縁

1 [25件] がもっ, であって, で蔽われ, というの, といっ, のいろいろ, の各, の年代, の年齢, の後退, の末端, の標高, の突破, の融け, の融解, はひと口, は今, は太古, は氷, への旅, もその, や南極大陸, をつくっ, を横切るべく, を汚す

▼ 氷~ (34, 0.8%)

2 溶けて

1 [32件] あててなかった, このとおり, とけたっぱなし, とけ街, ない, なく水菓子, なにも, はらずに, また普通, ようやく溶けはじめた, ようやく融け, 位置をかへ, 同じよう, 夜の, 安心し, 愛の, 春, 梨も, 武蔵の, 水に, 湯も, 燃えるやう, 牛乳に, 用は, 眼に, 菓子も, 融けて, 融けフォーシュルヴァン氏, 買えない, 雪とともに, 飲みたばこ, 黒ずみ

▼ 氷~ (33, 0.7%)

2 となり, のよう, の雲, を弓

1 [25件] がとぶ, がぶくぶく, がノルゲ号, が二つ, が溶ける, が砂礫, で人, とモルヒネ, と光, にまた, に近づける, のため, の上, の懸吊, は必ず, は船体, は被害者, もだ, をはさん, を交えた, を泥池, を浮かせ, を落された, を餌, を魔法壜

▼ 氷~ (32, 0.7%)

4 の流氷 2 の氷, の氷山

1 [24件] から千島列島, が西, でも動く, とインド洋, と名づけられ, に中央アジア, に派遣, に面した, のこと, のほう, の中, の大, の氷原, の氷塊, の氷魂, の海図, の状況, の獵虎, の白熊, の鯨, や南氷洋, をひと, をシベリア, を乗り切る

▼ 氷~ (31, 0.7%)

2 や西洋料理亭

1 [29件] からお茶, が一寸, ぐらいしか見当らなかった, でしきりに, で涼み, で金切声, にし, になっ, になった, になり, には五六人, に交っ, に休ん, に入っ, に寄っ, のあんこ, のカーテン, の主人, の白粉首, の直ぐ外, の看板, の羅列, の跡, はスツカリ, は春の間, へはいっ, もある, も然, や売店

▼ 氷~ (27, 0.6%)

2 であるという, の形

1 [23件] から雪, が出来, が出来る, が得られる, が水晶, であって, であろうと, であろうという, です, というもの, と呼ばれる, と呼ぶ, にかわる, については後, の成因, の核, は六角柱, は北満, は地上一万米, を, を人工的, を作り, を指す

▼ 氷~ (24, 0.5%)

3 雪の 2 水ぬるむ, 雪が

1 [17件] こ, アイスクリームを, 人乳や, 気象や, 水菓子が, 水菓子などを, 水菓子を, 氷や, 氷嚢を, 清涼飲料を, 牛乳や, 菜葉や, 辛度の, 雪との, 雪に対する, 霜だけから, 霜ば

▼ 氷滑り~ (19, 0.4%)

3 でもし, をし

1 [13件] が雪, でいけなかつたら, で時間, にだって階級性, に余念, に走り出た, の出來, の塲所, もする, や竹馬, をなさいませんでした, をやり, を観

▼ 氷でも~ (16, 0.4%)

2 踏んで

1 [14件] あるかの, おしつけられたよう, これじゃ, ならアイス, 人工の, 取ろうじゃ, 召し上れと, 引くよう, 張つたやうに, 張るやう, 献上物へ, 皆小さい, 碎ける音, 解けるよう

▼ 氷よりも~ (16, 0.4%)

1 [16件] さらに冷たく, もっとつめたい, 冷い, 冷えし中, 冷たいもの, 冷たい感じ, 冷たい胸, 冷たい蒟蒻, 冷たい髪, 冷たい黒鉄, 冷たく感じられた, 冷たく鉄, 冷なる, 冷やかに, 滑か, 遥かに

▼ 氷~ (16, 0.4%)

5 の漁夫 2 からの帰途, というの 1 で使われた, なん, の上, の中, の女王ブルンヒルト, の風, へ行っ

▼ 氷~ (14, 0.3%)

1 [14件] が挨拶, が立去る, で女, という外交員, という男, とお時, とは違っ, と同様, に注意, の恐縮, の説明, も気, も私, も結局降参

▼ 氷~ (13, 0.3%)

2 がつい

1 [11件] となっ, につつまれた, のなか, のはて, のよう, の列, の森, はふさふさ, をおとし, を咲かせ, を産し

▼ 氷つて~ (12, 0.3%)

4 居る 2 ゐた, 居るの 1 も午過ぎ, ゐた上, ゐますから, 固まつたバタ

▼ 氷れる~ (12, 0.3%)

2 なみだ, 空を, 谷間 1 は音きく, ばかりの寒, もの土俗呼ん, 嵐, 胸に, 雪の

▼ 氷~ (12, 0.3%)

4 のなか 1 が空くだろう, にも落ちず, のうえ, の一つ, は内部, もある, をくだっ, を下り

▼ 氷とを~ (11, 0.2%)

2 永遠に, 追放する 1 すっかり取代えた, 入れて, 友として, 奪い去るくらいの, 如何に, 復氷の, 追っ払って

▼ 氷から~ (10, 0.2%)

1 かすかに, できて, 出て, 切り出した標本, 夜の, 成り他, 柔らかい雪, 眼を, 脱出する, 鯉も

▼ 氷~ (10, 0.2%)

2 に覆われた 1 がふと, に充ちた, のついた, のよう, の中, の樹, も露, を見る

▼ 氷という~ (9, 0.2%)

1 のお, のが, まことに奇妙, ものを, ような, 字を, 現象は, 習慣に, 言葉で

▼ 氷峰等~ (9, 0.2%)

1 から聽, が自分, に對, のあと, の推察, は義雄, もこちら, も亦, を呼び起し

▼ 氷~ (9, 0.2%)

1 となった, に化し, に莓, のごとく, の上, の厚, の間隙, を押し, を空裏

▼ 氷との~ (8, 0.2%)

1 まじったもの, スケーターの, 二ツの, 二種類が, 便ある, 区別が, 資料を, 間を

▼ 氷~ (8, 0.2%)

2 の中 1 からどんどん, から出, だ, だという, だのその, の蔭

▼ 氷~ (8, 0.2%)

2 の小座敷 1 ですね, と云う, に上つて汁粉, の白い, の背戸あたり, の雪

▼ 氷より~ (7, 0.2%)

1 お茶の, さむし, たまたま大, 冷たく強っ, 冷やかな, 堅くとも, 霜より

▼ 氷冠上~ (7, 0.2%)

1 くらいのもの, で唯一, で雪, の, のこの, の研究, を行った

▼ 氷~ (7, 0.2%)

1 になる, に上流, のベーリング海, の巨, の潮力, をまつ, 近き松花江見ゆ

▼ 氷すべり~ (6, 0.1%)

1 が出来る, にぎやかな, に行った, の仲間, をし, を思ひ出させる

▼ 氷つた~ (6, 0.1%)

3 やうに 1 かと思はる, かと思ふ, んだ

▼ 氷には~ (6, 0.1%)

1 まだ陽光, 二種類あっ, 固体としての, 多く筵類, 石灰分が, 稜ある

▼ 氷~ (6, 0.1%)

1 一尺四方くらいの, 冷して, 混ぜると, 湯を, 漬けて, 物の

▼ 氷~ (6, 0.1%)

2 のよう 1 が一ヵ所, の鋭気, をかすか, 殺風

▼ 氷~ (6, 0.1%)

1 だ, にもどっ, の下, の前, の陣営, をとざした

▼ 氷峰君~ (6, 0.1%)

1 と何とか, に大層, のところ, の本, の考, はその

▼ 氷~ (6, 0.1%)

1 をあてる, をうけつけぬ, をかかえた, をどう, を担いだ, を持っ

▼ 氷洋岸~ (6, 0.1%)

2 とかの話, にはヒマラヤ 1 に飛び, のポイントバロー

▼ 氷豆腐~ (6, 0.1%)

1 だの野葉物, というもの, などを土産, や胡桃, を買, 細い札

▼ 氷~ (6, 0.1%)

1 にうかん, に浮きいで, のひらに, の底, を出でまし, を深く

▼ 氷~ (6, 0.1%)

1 が破れ, に近い, の窪み, をさらしはじめる, をむきだし, を降りる

▼ 氷~ (5, 0.1%)

1 つぎを, ビードロを, 岩石か, 水か, 確かめては

▼ 氷とが~ (5, 0.1%)

1 まじって, カンカンに, 住い岩の, 樹氷の, 追放された

▼ 氷について~ (5, 0.1%)

1 いろいろな, その結晶配置, 同様な, 歩いて, 行なった実験

▼ 氷ばかり~ (5, 0.1%)

1 だ, である, なの, なら大いに, 呑んで

▼ 氷~ (5, 0.1%)

2 したもの 1 した五体, して, し黒い

▼ 氷~ (5, 0.1%)

1 が頭上, に浸みこん, の砕片, をみ, をわたり

▼ 氷子女史~ (5, 0.1%)

1 からもたらされた, に向う五日間, の訪問, の話, はハンドバッグ

▼ 氷川下~ (5, 0.1%)

2 の屋敷 1 に用, へ廻った, を出る

▼ 氷張り詰めた~ (5, 0.1%)

3 河の 1 千曲川へ, 河ばかり

▼ 氷解け~ (5, 0.1%)

2 ては清 1 て水, 以来公魚の, 春の

▼ 氷~ (5, 0.1%)

1 だの, のやう, の類, をくださる, 之湯

▼ 氷あずき~ (4, 0.1%)

1 でも配る, など東京中, のあずき, をお

▼ 氷では~ (4, 0.1%)

1 ない, なくて, よほど手早く, 決して見られない

▼ 氷~ (4, 0.1%)

1 が血, に置かれ, を一押し, を歩い

▼ 氷~ (4, 0.1%)

1 と奇妙, のあいだ, のまわり, の黒い

▼ 氷~ (4, 0.1%)

1 がやっぱり, とならむか, のなかだち, は宵

▼ 氷~ (4, 0.1%)

2 の奥 1 とは申せ, のなか

▼ 氷~ (4, 0.1%)

1 といふの, になっ, に運ぶ, の前

▼ 氷張り~ (4, 0.1%)

4 けり

▼ 氷~ (4, 0.1%)

1 が山, が長い, と下, になる

▼ 氷洋上~ (4, 0.1%)

1 で氷原, に向かっ, の惨劇, の氷

▼ 氷海嘯~ (4, 0.1%)

1 が向う, というの, のため, の端

▼ 氷献上~ (4, 0.1%)

1 お余り, といっ, の駕籠, の駕籠ゆき

▼ 氷~ (4, 0.1%)

1 となっ, になっ, になった, の魚

▼ 氷~ (4, 0.1%)

1 して, すべし, するが, する筈

▼ 氷その~ (3, 0.1%)

1 氷の, 片端の, 物を

▼ 氷である~ (3, 0.1%)

1 という程度, という説明, 事が

▼ 氷とは~ (3, 0.1%)

1 全然別, 樹木の, 配列に

▼ 氷とも~ (3, 0.1%)

1 つかぬ細か, なし水の, 雪とも

▼ 氷~ (3, 0.1%)

1 のだ, のである, んだ

▼ 氷なら~ (3, 0.1%)

1 ば恐ろしく, 無料で, 零下五度の

▼ 氷にと~ (3, 0.1%)

1 ざゝれその, ぢけれ, ぢられたる

▼ 氷~ (3, 0.1%)

3 くろを

▼ 氷を以て~ (3, 0.1%)

1 五体を, 冷水の, 物と共に

▼ 氷冠深部~ (3, 0.1%)

2 の氷 1 の温度

▼ 氷切り~ (3, 0.1%)

1 に働く, の人足, の作業

▼ 氷問屋~ (3, 0.1%)

1 がいまだに, の二階, の青塗り

▼ 氷小屋~ (3, 0.1%)

1 で支度, の傍, へ衣服

▼ 氷小豆~ (3, 0.1%)

1 だ, という奴, の上

▼ 氷~ (3, 0.1%)

1 に附加, のあ, ノ露呈スルヤウナ

▼ 氷~ (3, 0.1%)

1 が静寂, のはげし, の熱霧

▼ 氷昌山~ (3, 0.1%)

1 からはミソギ峠, には家, へはすぐ

▼ 氷条件~ (3, 0.1%)

3 にある

▼ 氷漬け~ (3, 0.1%)

1 にした, になつ, になり

▼ 氷~ (3, 0.1%)

1 の一方, は全部透明, やガラス

▼ 氷~ (3, 0.1%)

1 すなわち捕鯨者, に南, の上

▼ 氷羽州比~ (3, 0.1%)

3 賣の

▼ 氷~ (3, 0.1%)

1 の冬, の如く機後, よりも皓

▼ 氷饅頭~ (3, 0.1%)

1 のよう, を作った, を売った

▼ 氷~ (2, 0.0%)

1 ずくより, 間の

▼ 氷ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 為めに, 邪魔物が

▼ 氷じゃ~ (2, 0.0%)

1 あるまいし, ないか

▼ 氷する~ (2, 0.0%)

1 のを, 冬き

▼ 氷~ (2, 0.0%)

1 ということ, よ

▼ 氷だけ~ (2, 0.0%)

1 であって, ならば

▼ 氷~ (2, 0.0%)

1 てしまひ, てしまふ

▼ 氷つた月~ (2, 0.0%)

2 のころ

▼ 氷つた窓~ (2, 0.0%)

1 から消え, である

▼ 氷つた道~ (2, 0.0%)

1 をすゝ, をコツコツ

▼ 氷であっ~ (2, 0.0%)

1 てしかも, て今

▼ 氷といふ~ (2, 0.0%)

1 ことを, 感じで

▼ 氷とで~ (2, 0.0%)

1 掩はれ, 蟻の

▼ 氷なす~ (2, 0.0%)

1 戦慄の, 鉾尖

▼ 氷にも~ (2, 0.0%)

1 なれという, 立派な

▼ 氷に対して~ (2, 0.0%)

1 ずいぶんいろいろ, ぼんやりと

▼ 氷に関する~ (2, 0.0%)

1 あらゆる部門, 文学と

▼ 氷のうへを~ (2, 0.0%)

1 お辷り遊ばしまする, 辷る時

▼ 氷はと~ (2, 0.0%)

1 くる春風, 見ると

▼ 氷ばかりの~ (2, 0.0%)

1 歯と, 狭い場所

▼ 氷もて削り成せる~ (2, 0.0%)

2 が如し

▼ 氷一グラム~ (2, 0.0%)

1 になる, よりも八〇カロリー

▼ 氷~ (2, 0.0%)

1 か何, の静寂

▼ 氷光明徹裡~ (2, 0.0%)

2 の寒月

▼ 氷~ (2, 0.0%)

1 い氷, の気

▼ 氷凍された~ (2, 0.0%)

1 砂けむりです, 雪の

▼ 氷凝り雲層雲~ (2, 0.0%)

2 の群

▼ 氷~ (2, 0.0%)

1 を取扱った, を拝み撃ち

▼ 氷吹きつくる~ (2, 0.0%)

2

▼ 氷垣明吉~ (2, 0.0%)

1 という名刺, の名

▼ 氷壯夫~ (2, 0.0%)

2 と春山

▼ 氷峰その他~ (2, 0.0%)

1 の記者等, は近頃

▼ 氷峰の~ (2, 0.0%)

1 が茶化す, も云

▼ 氷峰自身~ (2, 0.0%)

1 には自分, の詳しい

▼ 氷~ (2, 0.0%)

1 ではなく, に罅

▼ 氷~ (2, 0.0%)

1 は春, を恃むの

▼ 氷~ (2, 0.0%)

1 が氷, に包まれ

▼ 氷~ (2, 0.0%)

1 になり, へ新しい

▼ 氷椽高~ (2, 0.0%)

1 しりて, しりてましましき

▼ 氷~ (2, 0.0%)

2 を蹴っ

▼ 氷汁粉~ (2, 0.0%)

1 には閉口, をやつ

▼ 氷~ (2, 0.0%)

1 かも, にいたる

▼ 氷洲石~ (2, 0.0%)

1 で朝, 重ガラス

▼ 氷湖上~ (2, 0.0%)

1 に出, へ出

▼ 氷~ (2, 0.0%)

2 より起る

▼ 氷~ (2, 0.0%)

1 となつ, の下った

▼ 氷~ (2, 0.0%)

1 のよう, の魚

▼ 氷~ (2, 0.0%)

1 というところ, というバロメートル

▼ 氷~ (2, 0.0%)

1 と春山, は弟

▼ 氷~ (2, 0.0%)

2 の色

▼ 氷目矢~ (2, 0.0%)

1 とある, を打ち

▼ 氷着く~ (2, 0.0%)

2 廊下の

▼ 氷罅びわ~ (2, 0.0%)

2 れて

▼ 氷自身~ (2, 0.0%)

2 の温度

▼ 氷~ (2, 0.0%)

2 の咲く

▼ 氷~ (2, 0.0%)

1 がある, の醜

▼ 氷責め~ (2, 0.0%)

1 は仙台, 熱湯責め

▼ 氷~ (2, 0.0%)

1 をおろし, を解い

▼ 氷防止~ (2, 0.0%)

1 の研究, または除去

▼ 氷雲の上~ (2, 0.0%)

2 に飛躍

▼ 氷鹿~ (2, 0.0%)

1 がチャッカリ井戸, という者

▼1* [256件]

あり我らの, 氷いずれも例年, 氷いちごを提箱, 氷いつの間にか失せ軒, 氷いま一つは無数, 氷うたて結べる明け, 氷雪と, 氷かけ西瓜で, 氷かと疑って, 氷住み慣れた裏町, 氷こわし棒の, 氷さえ噛って, 氷さん強い者, 氷さん氷さん強い者, 氷したばかりのヴォルガ, 氷しるこを食べ, 氷じるこの方, 氷すてたり手水鉢, 氷すなわち粗氷, 氷ずくめに成っ, 氷そして雪もよ, 氷そのものを重り, 氷だけが生物だ, 氷だけしかないの, 氷だけの問題では, 氷だって段々殖える, 氷だらけになつたわ, 氷ついて飜, 氷つた冬の熟柿, 氷つた所をぢ, 氷つた樣に眞白, 氷つた湖の向う, 氷つた牛乳玉子二三十なんぞである, 氷つた窓硝子からやつ, 氷つた路へ, 氷つた飯で雜炊, 氷つてる上に, 氷つて了ひ川, 氷つて指の屈伸, 氷づけの結晶, 氷であり空間も, 氷であろうと思われる, 氷でうづめられてそれが雨で, 氷ですよ, 氷ででも出来た利刃, 氷でないとしてもそれ, 氷とかいうことを, 氷として売って, 氷とても同じこと, 氷とでのあの可哀想, 氷とどろけば冬果てし, 氷とに閉じこめられて, 氷と共に心凍り, 氷などいうもの, 氷などにながめ入って, 氷なりいやしくも熱き, 氷なんかは張って, 氷については実験の, 氷についても太い送電線, 氷にてつつまれたるが, 氷によるトリック, 氷のうへに匍つた, 氷のうへよりあまた光る, 氷のちえあそびでした, 氷のつつらの, 氷はりたる地づら, 氷ばかりも二十何円とか, 氷ばりばりと石, 氷ひばりも啼い, 氷ひびく石くれ, 氷ふむがごと, 氷の青し, 氷ゐりぬ深, 氷まで出かけたという, 氷まもりぬ山, 氷まるのみし, 氷まんじゅうや冷し, 氷みたように, 氷やけで耳, 氷やといっても, 氷やは腰を, 氷れるごとき筒井筒振分け, 氷れるごとく瞬も, 氷ゐる水の, 氷をとあえぐ四十二三, 氷をになひ, 氷イヤ僕こそが, 氷クリームを一杯, 氷ヅメにされた, 氷ノウに入れ, 氷ホッケイや, 氷レモンだぜ, 氷形成ス, 氷一貫目で一昼夜, 氷一面の湖水, 氷丈けが落ちたの, 氷三貫目代の損, 氷上座に迎, 氷中花とも澄み, 氷人足は三月なかば, 氷人間になっちまう, 氷融くるなるべし, 氷だけでも生, 氷代炭代赤ン坊の牛乳代, 氷以外にはない, 氷使用のトリック, 氷入れし冷たき, 氷だの棄児, 氷冠内の穴, 氷冥郷をあばく, 氷冽石貞では, 氷刀一時に閃, 氷切り等に行かぬ, 氷剣トリックとを結びつけた, 氷剣宙を切っ, 氷を額, 氷雪状の, 氷叩きの槌, 氷の後, 氷吹きとく志賀の, 氷は海, 氷を踏み, 氷と呼ぶ, 氷のなか, 氷堅き北方の, 氷売る店など, 氷売団扇売土方日傭取などが一廓, 氷天霰を飛ばす, 氷にまで交付, 氷へ氷滑り, 氷といった方, 氷容器に三鞭酒, 氷寒界の彼方, 氷屋さんがない, 氷屋心やすければ, 氷屋湯屋理髪店などのよう, 氷屋甘酒やなど路, 氷屋金魚屋西瓜屋の前, 氷をいっし, 氷で育った, 氷峰のちよぼ圈點, 氷峰はちよツと考へ, 氷峰一個の利益, 氷峰勇が三人, 氷峰呑牛等が發議, 氷峰緑紅の三人, 氷嶺上で時, 氷はまた, 氷魚, 氷店出来の事, 氷店心太を桶, 氷張り裂けてとどろき, 氷の着想, 氷忠宗越智吉舟小牛清光徳若忠政, 氷思わず珠運は, 氷は雪解, 氷或は樹氷の, 氷打ち払ひ, 氷振舞がおわった, 氷掛けの菓子, 氷採りつつ, 氷攻めであった, 氷斧左手には薬鑵, 氷斧角灯などという小道具, 氷物等三人合力し, 氷の潮, 氷に至っ, 氷時憑檻看, 氷月浅草の松邑, 氷の退潮, 氷や鰹木, 氷木高しりて治め, 氷し橇, 氷果して合す, 氷の上, 氷に漬け, 氷たかしり, 氷と, 氷ができ, 氷を呼ん, 氷水水蒸気と三つ, 氷の下, 氷池青みそめたりか, 氷沢山入れてね, 氷洋側にウラニウム, 氷洋学術研究所所属の科学者数名, 氷洋毛皮業は向ふみ, 氷洋航海中に撮影, 氷となり, 氷潦, 氷にじっと, 氷滑選手のワーシカ, 氷火相闘つ矛盾, 氷芋煙草雑貨, 氷の列, 氷片堆石の疾走, 氷片状をなし, 氷状態の万年雪, 氷瑩女史の, 氷甲板としてそこ, 氷盗っとが箱, 氷相当官なの, 氷研究家のオフシェンコ, 氷あり雪崩, 氷稜上を走る, 氷種々の化学上, 氷へやっ, 氷穴中に結べる, 氷窒素のあたり, 氷へ入れ, 氷がさがっ, 氷になりかけ, 氷糸糖を買, 氷紅藻の揺れ, 氷の群合, 氷罅激突する氷塔, 氷の語, 氷さしつつ, 氷菜葉を洗, 氷藍色を加え, 氷蝕湖の水, 氷蝕湖カトリンに遊ぶ, 氷蝕谷の底, 氷裂状にひび, 氷西瓜ビイドロのおはじき, 氷西瓜ラムネの類, 氷見世には客, 氷解けぬる池の, 氷解せられたことは, 氷谷博士の墓地, 氷谷博士永眠の電報, 氷谷博士相會於洛北一乘寺之遂志軒因主人金子君之發意, 氷貯蔵の倉庫, 氷ひに, 氷買いだけだって大した, 氷踏み分けて君, 氷載せゆく車の, 氷輪無為の天, 氷辷り等通ぜざる, 氷をさけ, 氷醋弾をなげつけやがった, 氷醋酸の塊, 氷金時を食べさせ, 氷のよう, 氷の如く, 氷と称する, 氷閉ぢきびしくしろき川ひとつただ, 氷閉ぢ野菜つめたき冬, 氷降雪で途中イシカリ河口, 氷から垂れ, 氷雪上輸送雪氷の物理学, 氷雪北風の, 氷風洞が必要, 氷食む日と, 氷餅氷豆腐などを土産, 氷のよう