青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「水夫~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

気色~ 気質~ ~気配 気配~ ~氣 氣~ ~氣持 氣持~ ~水 水~
水夫~
水戸~ 水面~ ~氷 氷~ 永~ 永い~ 永く~ ~永久 永久~ ~永遠

「水夫~」 1237, 13ppm, 8281位

▼ 水夫たち~ (166, 13.4%)

4 が漕い 3 はもう, はデッキ, はボースン 2 の食事, はその, はボーイ長, は甲板, は皆

1 [143件] からいわれ, からことに, から代表, がいかに, がおもいおもい, がおりた, がその, がもたらした, がデッキ, がモーター, が一人, が仕事, が何物, が出, が帆綱, が引き取った, が彼女, が恐れてる, が感動, が手ぐすね, が斧, が朝, が歌い, が洗い, が物, が犬ころ, が言いました, が飯, が駈けよった, さえこの, だから, では漁船, と知り合い, にかかり, にこう, にさえ軽蔑, にてあて, にとってはそれ, には少し, にまでよく, にも解るまい, によって進められ, にチーフメーツ, に与えた, に午後, に悪い, に捕えられ, に海峡, に組敷かれ, に聞い, のあいだ, のため, のよく, の一人, の仲間, の好ん, の寝るべき, の手, の持っ, の挙動, の目, の給料, の膝, の責任, の身体, はえ, はお, はおどろい, はおろか火夫たち, はこういう, はこの, はこれ, はごく, はそのまま, はそんな, はなに, はもたらした, はよろよろ, はウインチ, はオール, はカタズ, はフォックスル, はボイラー揚陸, は一斉, は一本, は一様, は不完全, は二人, は人間, は仕事, は以前, は倉庫, は喜ん, は工場, は帆, は彼ら, は思っ, は改めて, は暗い, は暴風雪, は本船, は無抵抗的, は珍, は皆彼, は相手, は立ち上がっ, は竹見, は笑み, は航海, は舷側, は藤原, は西沢, は起きる, は食事, は飢え, は驚き, は麻縄, へ, への激励, もあと, もこれ, もやむを得ず, も安心, も方角違い, も正気, も火夫たち, も笑った, も船長, も荷役, や労働者たち, をあつめ, をさし, をたくさん, をひきつれ, をみんな船, をよび集め, を口ぎたなく, を叱咤, を呼びあつめ, を掻きわけ, を眺め, を襲った, を飢えさせない

▼ 水夫~ (153, 12.4%)

11 一人が 4 竹見は 3 話に

2 [11件] やうに, ように, フランソアと, ラルサンが, 一人は, 家, 手から, 手に, 死体を, 血を, 顔は

1 [113件] あとに, あとを, うしろの, おかみさんだった, からだを, ことを, ころから, ために, だれかれ, ところへ, どなる声, ような, を見習い, フランソアが, フランソアであった, ポケットから, 一人で, 一人に, 一団を, 一隊を, 上位ほぼ, 中から, 中で, 中でも, 中の, 事が, 事だ, 仁一郎おなじく, 今助, 仕事であった, 他は, 代表が, 使う小刀, 兼の, 出入り口では, 切ない動作, 前に, 北川も, 名の, 名前を, 呼び聲, 唄を, 唾と, 四五人は, 四名であり, 堀を, 報告によって, 場合が, 声じゃ, 声で, 声とで, 声も, 夢も, 妾じゃ, 姿が, 姿さえ, 宿を, 屋根裏から, 屍骸が, 巣から, 幽霊の, 心地は, 思ひ違ひだ, 手で, 投げこんだ速度計, 放った一弾, 月給は, 服を, 服装を, 様子を, 横腹へ, 歌, 歌なんて, 歌の, 歌聞かぬ, 歩き方, 死に顔, 死骸が, 死骸な, 波田芳夫という, 源右衛門は, 濯いで, 煩悶にも, 片腕が, 環坐せる, 甲板勤務に, 留さんが, 真似を, 眼に, 竹見だった, 竹見に, 竹見の, 竹見太郎八は, 經驗によ, 群こそ, 群の, 群れに, 耳に, 聲同時に, 肩を, 背後に, 衆宰相, 言が, 話は, 話を, 近くに, 面よ, 頭を, 顔が, 顔に, 顔を, 顔面に, 鼻の

▼ 水夫~ (128, 10.3%)

2 そこに, それを, 私の

1 [122件] あわてすぎて, いそがしそう, いったい何者, いつまでも, うわぎをぬいで, これを, こんどは, そのあと, その綱, その老人, そんな馬鹿, たちまちひと, だまって, ちぢみあがった, とてもたくさん, どうしよう, なかった, なにか重荷, にこにこし, のたうちまわった, ひどく驚い, びつくりし, みな子供の, みな聞いた, もう櫓, よく働く, よほど落ちつき, わけが, グリスを, コロムボで, ドリアンを, パトロンの, ピストルを, ポンプを, モレロの, ロープに, 一しよう懸命に, 一躍し, 三人で, 上半裸体の, 上院議員に, 世の中で, 両手で, 二三人亜米利加から, 二人の, 今に, 今や確, 仲間の, 会心の, 低い唸き, 何か, 何を, 余程気色, 兼の, 冷笑を, 去年の, 右手に, 喜びも, 太い息, 安心した, 工作が, 帆桁を, 帆車や, 弱って, 忽ち又, 怒った, 思つた, 思はず叫んだが, 思ひ直して, 急に, 恐怖に, 愕然と, 感極, 救助を, 敵に, 斯う云い, 暫くし, 木像の, 未だ確りし, 村の, 気でも, 水夫室に, 水夫部屋に, 水難し, 決心し, 港を, 災いである, 熱湯の, 片手を, 甲板に, 甲板勤務の, 疲れ切って, 真蒼, 眼あれ, 眼の, 稍とも, 突然狂喜, 竹見の, 笑ひ, 答へ, 続けさま, 肯いたが, 肯いて, 胆を, 船に, 船尾の, 規則正しい漕ぐ, 言った, 豹の, 賢吉君を, 踊子の, 身を, 近頃東印度群島, 酒に, 酒の, 酒壺の, 鉄の, 難破し, 飛び立つが, 飛沫を, 鬼か, 黙って

▼ 水夫~ (128, 10.3%)

3 が, のジョーブ・アンダスン, の声 2 の三人, の室, の巨大, の矢島五郎君, の身体, はすっかり, も水夫

1 [105件] がいう, がいった, がよん, がウーム, がクロス, がポンプ, が万年灯, が乗りこむ, が伝馬船, が叫んだ, が呶, が呼子, が唸り出した, が大急ぎ, が天幕, が尋ねた, が手ずから, が打ち損じた, が支那製, が案じ, が檣, が水夫部屋, が激昂, が片手, が答えた, が船首, が這入っ, が銀皿, そして殺人犯人矢島五郎君, だったの, つづく勇士, という名称, とが何, とたびたび, とにる, とはこの, とボーイ, と一人, と三人, と元気, と宝島当番, と当番三人, と狼狽, と範多, にはっきり, に交代, に思い出させられ, に押し付けた, に聞きただした, に話しかけられる, のいい, のうしろ姿, のひとりごと, のよう, のインキ, のワルストン, の世話, の介抱, の力, の姿, の工夫, の掛声, の救命胴着, の焼ける, の肉体, の足, の額, の顔, は, はあした, はう, はていねい, はびっくり, はシコタマ, はジッ, はモウ別, は伝馬船, は何, は何となく, は半, は大声, は寝台, は川口, は死ん, は毯, は水夫, は波, は真鍮張り, は空しく, は純粋, は葉子, は見向き, は非常, もいる, もおんなじ, もした, もなるほど, も三人, も料理人, や弁髪, を呼ん, を慰撫, を手早く, を斬り倒し, を連れ

▼ 水夫~ (125, 10.1%)

4 船の 2 いった, オールを, 後から, 言ひました

1 [113件] あった, あって, あるです敢, いる限り, いろ, うやうやしくおじぎ, おそろしい力, およぐにつれて, おろしたロープ, お家様の, かたを, がんばって, この地, この物音, しきりに手まねき, そう答え, そこへ, その南京虫, その場, たちまちアホウドリ, たるを, どんな動物的, なしに, なだれこんだ, にやにやうす, のび上って, のぼって, ひろって, みつけたので, よりかかりながら, オウルを, コールターと, フォクスルで, ボートを, マストの, マルタ航海会社に, 三々五々歩き廻っ, 三人と, 三人ばかり, 三人同時に, 三名船員が, 上陸し, 上陸する, 不意に, 両手で, 二人と, 二人とつぜん, 二人檣の, 二人降り, 云った, 六人, 其の場, 初めて私たち, 勤務ち, 又来, 口を, 叩く悲しい, 合唱を, 呶鳴つた, 唱和する, 四五人居ました, 四五人残っ, 四五人駈けつける, 四人, 固り合っ, 坐って, 多いの, 大勢寄っ, 大声で, 女色に, 奴らの, 居眠りでも, 帽子の, 弁明する, 引き受けた, 後れて, 従って, 感激を, 手まねきし, 投げ捨てたエプロン, 斯う, 檣梯の, 水を, 海へ, 溺死し, 滑車を, 灰一俵, 煙草入を, 燈火を, 片手を, 突然その, 窓から, 絶えず甲板, 聞いた, 船べりへ, 船室に, 茫然立っ, 見事な, 覗きこんだ, 踊子に, 身体の, 輪切りに, 辮髪を, 通りかかりました, 部屋に, 酒場の, 酔つ, 錨を, 長い縄, 顔を, 顫え, 飼養しゐたる, 驚いて

▼ 水夫~ (63, 5.1%)

3 はそれ 2 はデッキ

1 [58件] からは月二割, がそんな, がクリストフ・コロンブス, が結束, が繋ぎ, が要求書, が要求条件, が通る, が震えしり込み, と共に立たせる, と四人, にあった, にとっては, にとってはそれ, にとってはまるで, には大いなる, によって一つ二つ, に何, に思いかえす, に泣, に輪番, の, のはげしい, の不平, の仕事着, の聞いた, の迷信, の高い, はいつもまず, はそんな, はだれいう, はとも, ははなはだしく寒かっ, はばかばかしい, はセキメーツ, はボイラー揚陸, はボート, は全部, は八度, は出かけた, は勝利, は喜んだ, は帰っ, は彼ら, は感じた, は昨日, は昼飯, は皆新た, は繰り返さね, は自分, は自分ら, は船長室, は船首, は船首上甲板, は船首甲板, を, を働かし, を撃ち殺し

▼ 水夫~ (43, 3.5%)

5 して 2 連れて

1 [36件] いましめた, うしろに, さしずし, その繩, つかまえて, つれて, もっと見られる, 乗り込ませ船, 二百人集め, 列挙し, 包括する, 取りかこみ斬って, 吹き動かして, 呼で, 呼びかけた, 始め日本人が, 引き上げて, 抱きとめそれから, 揶揄ふ, 救いに, 救助し, 海に, 甘やかすの, 目がけて, 睨みつけながら, 舷から, 舷ごえ, 船頭に, 裸に, 要する大いに, 見たろう, 見て, 載せて, 集め候, 雇うて, 飛込まして

▼ 水夫~ (33, 2.7%)

2 ばけて, 命じて

1 [29件] かかえられた全身ズブ, そういった, つづいて, つれられて, なったもの, なって, なってからは, なつた, なつて, なりかけて, なるとか, なれ, めいめいこの, 二人ずつで, 分けて, 化けて, 君島善五郎と, 命じ船底, 押えられたナポレオン, 押へ, 指図した, 採用された, 櫓の, 知れずに, 繍身の, 聞かれて, 背後から, 詰め寄つたが, 違いなかった

▼ 水夫~ (27, 2.2%)

1 [27件] あせみど, あつめられない, おなじらしい, こうなっ, さすがに, つけたばかりの, つとばかりに, なく蓮湖, 乗りこみました, 今では, 伝馬の, 加へれ, 加わって, 北太平洋の, 多くの, 多寡を, 大勢いました, 妙に, 少しばかり, 巨浪に, 急いで, 昂奮した, 民衆の, 火夫も, 第一回, 追いはらって, 飛び移る

▼ 水夫~ (25, 2.0%)

2 なって, 火夫が

1 [21件] いえども, それからうじ虫, なつた, なり或は, ベドウスとについては, ボースンと, 一つ女を, 乗客との, 兵糧の, 原田重吉の, 四人の, 懇意に, 校長の, 漁夫が, 漁夫に, 漁夫の, 漁夫五人を, 火夫の, 花売と, 通訳として, 酒を

▼ 水夫~ (25, 2.0%)

1 [25件] が同じ, だけ, であった, にはそれ, に依っ, に導かれ, のそれ, の上陸行列, の夢, の間, はそう, はただ, はみんな奴, は一生懸命, は南, は堂々たる, は当惑, は死体, は縦横, は驚い, もああ, もす, もただ, や横柄, を成功謝礼

▼ 水夫~ (24, 1.9%)

2 漁夫たちは

1 [22件] エンジさんの, エンジさんは, デッキに, ボーイたちは, ボーイを, 乗合の, 事務長を, 使臣たちは, 君たちの, 帆綱の, 従者それを, 忙しさうに陸揚, 楫主が, 楫取で, 漁夫は, 火夫なんて, 火夫の, 火夫も, 火夫を, 貧民を, 軽子, 鍛冶屋なども

▼ 水夫竹見~ (22, 1.8%)

2 のす

1 [20件] がいきなり, が一本, そのまた, とが一緒, にさいそく, に肉薄, のそば, の襟髪, はがっかり, はしばらく, はそこで, はハルク, は俄, は気, は肚, は虎船長, は軽く, をにらみつけた, をノーマ号, を通じて申

▼ 水夫~ (15, 1.2%)

1 [15件] だった, では水夫たち, と火夫室, なる罐詰, にまで積み込まれた, に担ぎ込んだ, に火夫, のまん中, の病人, の頭上, は出入り口, は彼, へはいった, へ入った, へ来

▼ 水夫部屋~ (14, 1.1%)

1 [14件] からは何, から駆け上っ, とに続い, との間, にみちびかれ, に寝てる, に来た, に通ずる, に飾っ, の中, の入り口, の梯子, へさがっ, へとびこん

▼ 水夫ども~ (12, 1.0%)

1 [12件] が感心, が駈けまわっ, である, にからまれ, の姿, の宴会室, の酔いッぷり, はこの, は今, は何, は娘っ子たち, 漕げ

▼ 水夫~ (12, 1.0%)

1 [12件] が代る, が目, に長靴, は, は皆筒袖, は苦々しい, は隣室, までがみんなダンブクロ, も未曾有, を差図, を睨み付ける, 何故にや

▼ 水夫~ (12, 1.0%)

3 の松兵衛 1 が貝, が迎え, には私, のその, の眼, は, はあわて, ももう, 及び其外十八人一同

▼ 水夫見習い~ (7, 0.6%)

1 が右半身, が楽, のベッド, の安井, は痛, をいう, を鎖

▼ 水夫~ (6, 0.5%)

1 あつた, その船, 出世しねえ, 彼の, 放浪ばかり, 毎日私の

▼ 水夫ヤン~ (6, 0.5%)

2 の写生画 1 の, のスケッチ, の写生図, の図

▼ 水夫~ (5, 0.4%)

1 が動, と一緒, は捲, は甲板, を叱付け

▼ 水夫~ (4, 0.3%)

1 からはみ出, をおれ, をかぶっ, をだらり

▼ 水夫火夫~ (4, 0.3%)

1 の室, の連中, も完全, 見張番

▼ 水夫から~ (3, 0.2%)

1 なる旧式, 習って, 聞き覚えたの

▼ 水夫でも~ (3, 0.2%)

1 こわがりながら, ウッカリ反抗したら, メリケン行の

▼ 水夫には~ (3, 0.2%)

1 あらぬ余, 踊子の, 面白く思へた

▼ 水夫~ (3, 0.2%)

1 のそまつなみ, の皇帝, を着

▼ 水夫~ (3, 0.2%)

1 取たち, 取の, 取を

▼ 水夫~ (2, 0.2%)

1 何かが, 女か

▼ 水夫さん~ (2, 0.2%)

1 か手, の手助け

▼ 水夫たち全部~ (2, 0.2%)

1 がいつ, がそろっ

▼ 水夫~ (2, 0.2%)

1 がすこし, って言う間違えだろう

▼ 水夫だけ~ (2, 0.2%)

1 であった, で余人

▼ 水夫だった~ (2, 0.2%)

1 ころに, し船長

▼ 水夫であり~ (2, 0.2%)

1 お兼, また生まれながら

▼ 水夫である~ (2, 0.2%)

1 かのよう, 留さんは

▼ 水夫では~ (2, 0.2%)

1 あるまいかと, 波田コーターマスターでは

▼ 水夫という~ (2, 0.2%)

2 のは

▼ 水夫とが~ (2, 0.2%)

1 一人の, 野獣の

▼ 水夫としての~ (2, 0.2%)

1 友達甲斐から, 普通の

▼ 水夫との~ (2, 0.2%)

1 三隊は, 慾ばり根性に

▼ 水夫などを~ (2, 0.2%)

1 して, 糾合し

▼ 水夫にも~ (2, 0.2%)

1 劣らぬ情炎, 死人の

▼ 水夫~ (2, 0.2%)

1 あいず, 挨拶を

▼ 水夫らしい~ (2, 0.2%)

1 ところは, 男が

▼ 水夫らしく~ (2, 0.2%)

1 もない, 青い着物

▼ 水夫ら全体~ (2, 0.2%)

1 があいつ, を興奮

▼ 水夫フランソア~ (2, 0.2%)

2 とラルサン

▼ 水夫一同~ (2, 0.2%)

1 と一緒, はその

▼ 水夫一名~ (2, 0.2%)

1 とが同じく, とノーマ号

▼ 水夫丸本~ (2, 0.2%)

1 がにっこり, だった

▼ 水夫二人~ (2, 0.2%)

1 にかつがれ, は各

▼ 水夫五人~ (2, 0.2%)

1 とお, を救助

▼ 水夫~ (2, 0.2%)

1 の敬礼, の足並み

▼ 水夫見習~ (2, 0.2%)

1 はもう, はも一度

▼ 水夫連中~ (2, 0.2%)

1 の代表, は沖

▼ 水夫~ (2, 0.2%)

1 をはやし, を貯えた

▼1* [105件]

水夫あり皆土人にて, 水夫つり出し候勢も, 水夫おびえた夢に, 水夫からは何等の, 水夫さん達によく, 水夫じゃありませんか, 水夫それを死ぬ, 水夫だったら彼を, 水夫だってうまいもん, 水夫でなかつたら其男は, 水夫でなくては出来ない, 水夫とか相場師とかに, 水夫とは野獣の, 水夫とも商人とも, 水夫ども甲板掃除だ, 水夫なかまでは, 水夫なき船よ, 水夫などがどんな御, 水夫などのちょっとした逸話, 水夫などは其処から, 水夫なども酔って, 水夫なんかして, 水夫なんぞに負けるもの, 水夫になつて働いた, 水夫にゃあベン, 水夫によってにやにやした, 水夫のみにはあらずオオ, 水夫ははぢめの, 水夫ばかりで指揮, 水夫ばかりが室に, 水夫まで一切西洋人の, 水夫てえ, 水夫めらが要求書, 水夫もまんぢり, 水夫より誰よりも, 水夫よりも激しく働き, 水夫ら全部を下船, 水夫ら火夫らの乳房, 水夫エンジナー船長になった, 水夫コック船長などがその, 水夫シン・サアキイこう地位, 水夫ジヤクソンが今, 水夫チーフメーツらは肉醤, 水夫ネクタイ飾り紐胸の隠し, 水夫マントを着, 水夫三名が, 水夫上りの様, 水夫三人蒸気方三人計も, 水夫両人酔て居候処, 水夫乘りこませ中, 水夫二三人掛りで十五分間, 水夫二人つきの美事, 水夫二十五人のマニラ人, 水夫五五万人を増さざるべからず, 水夫を殺し, 水夫全体の力, 水夫八五郎総右衛門, 水夫十二人が乗組ん, 水夫十八人の兵士, 水夫十六人飲み水十五石積, 水夫叫ぶ支那人目を, 水夫君らが揚錨, 水夫四五人久しく滞留, 水夫四人は伝馬船, 水夫太刀抜く術, 水夫学生羊飼ひ料理人, 水夫対チーフメーツとの関係, 水夫小頭の面々ニ, 水夫の者たち, 水夫式外套を着, 水夫旅人手廻之品, 水夫楫主または朱塗, 水夫楫主船幽霊のよう, 水夫取るを, 水夫歩きをやっ, 水夫水先案内都合八名の者, 水夫海上に善く, 水夫源右衛門長六甚兵衛四人の乗組み, 水夫漁夫までもじ, 水夫漁夫工匠老人等にあっ, 水夫漁夫運転士までが, 水夫火夫六十五人艦長の従者, 水夫火夫学生が二人, 水夫火夫舵手機關手其他一團の賤劣, 水夫火夫船丁に至る, 水夫の摺込ナイフ, 水夫竹見太郎八の方, 水夫等ハ同十四日ニ上陸, 水夫総勢揃つて金銀の鎖, 水夫を取り, 水夫船夫らが船体, 水夫船頭らもまた, 水夫でござろう, 水夫軍船の調練, 水夫達数十人が室, 水夫部屋会議で, 水夫長それに伝馬船当番三人, 水夫長パナマ運河コロン市から来た, 水夫長以下をきめた, 水夫長君はどう, 水夫長大工コックなどはもう, 水夫長大工舵取りを除いた, 水夫長火夫長から便所掃除人, 水夫長無電技師に私ら, 水夫食堂へ誘い込んだ