青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「横~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~樣子 樣子~ 権~ ~権利 権利~ ~権力 権力~ ~権威 権威~ ~横
横~
横たわっ~ 横浜~ 横町~ ~横顔 横顔~ ~樹 樹~ ~樹木 樹木~ 樽~

「横~」 15867, 164ppm, 633位

▼ 横~ (5602, 35.3%)

664 なって 211 なった 159 して 112 なつた 92 なると 62 振った 60 なつて 57 振って 56 なる 41 なりました 39 立って 34 なったまま 31 見て 27 ふった 25 なりながら, 寝て 24 腰を 20 倒れて 19 倒れた, 坐って, 振る 18 なったが, 向けて 17 並んで 16 置いて 15 切って, 成って 13 ついて, なったり, なろうと 12 した, それて, なり, 截る, 払って 11 おなりに, すると, ならんで, なるの, なれば, ふって, 切れて, 振つて 10 なること, 坐った 9 おなりなさいまし, 成つた, 見ながら 8 なっても, ふりました, 出て, 払った, 来て, 身を

7 [11件] こすった, したり, なったかと, なつたま, ふつて, 座って, 成った, 振りました, 搦んで, 立った, 開いて

6 [19件] ころがって, しなければ, なったきり, なったの, なっては, なるや, ふつた, 並べて, 向けた, 坐つて, 手を, 折れて, 振つた, 掛けて, 曲げて, 流れて, 縦に, 身体を, 轉が

5 [19件] あつた, させて, したよう, なったとき, なった時, のびて, 倒れる, 出た, 動いて, 向いて, 外れて, 払った刀, 抜けて, 持って, 振りながら, 振るだけ, 曲って, 立つて, 逸れて

4 [28件] おなりなさい, すべって, なったところ, なってから, なってからも, なりましたが, なります, なるなり, なれるほどの, はって, まげて, 仆れ, 佇んで, 倒して, 倒れながら, 寝かして, 払うと, 振ると, 渡して, 立てて, 笛を, 置かれて, 置くと, 赤い帽子, 走って, 転がって, 靡いて, 首を

3 [72件] ある, いて, うけて, おなり, かかえて, かしげて, くわえ, ころがして, ころりと, したの, したま, しても, しながら, すること, すわって, そむけた, それた, つらねて, とびのいた, とんで, なぐ, なびいて, ならうと, ならうとも, ならして, ならべて, なりそのまま, なりて, なりますと, なり顔, なるか, なるとき, なるを, なる事, なる気, なろう, ひらいて, ひろがります, ふつたり, 一列に, 二つに, 二タ足ばかり, 仆れた, 伸びて, 傾いて, 入って, 出して, 女の, 寝そべって, 座を, 廻って, 張って, 成りて, 抱いて, 抱えて, 控えて, 搦み, 曲がって, 曲げた, 枕を, 突立っ, 竹を, 膝を, 行く, 見た, 走った, 走るの, 足を, 通って, 避けて, 長いの, 顔を

2 [230件] あった, あって, ある大きな, ある小さな, ある樹, ある物置, ある白い, ある高い, いくつも, いる, いる女, うごいて, うずくまって, おいて, おなりませ, おなり遊ばしまし, おなんなさい, お振り, かくれて, かけた, かしいで, くの, くわえた, こすって, これも, ころげて, ころべば, さうし, さして, さす光, されたが, したが, したまま, した大きな, しては, しました, しようと, する, その黒い, そびえたつ魁偉, そらして, それたり, それようと, それるだろうとの, たおれて, ちょっと廻し, つ, とびはじめました, なっただけ, なったなり, なったらどう, なった令嬢, なった儘, なった私, なつてる, ならせて, ならせ掻巻, ならないで, ならんだ, なりたい, なりたいやう, なりたいよう, なりは, なりましょう, なりますから, なり倚掛, なり彼, なり新, なり縦, なり躯, なるため, なるという, なるところ, なるとも, なるどころ, なるもの, なるん, なる時, ねじって, ねて, のいた, のけて, はずして, はびこり三千里, ひとりの, ひろがって, ぴたりと, ふったり, ふりながら, ふりまわしても, ふるだけ, まわって, むいて, ゆれながら, わたした樋, クリあけられた, 一の, 一線を, 三人の, 三畳の, 上に, 並べた, 乗った, 二つ合わせた, 二つ折りに, 五本の, 人間が, 付いて, 付く, 仰向けに, 例の, 倒れたならば, 倒れたまま, 倒れようかと, 倒れると, 傾くと, 傾けて, 光を, 公園へ, 出来て, 分裂し, 切られて, 切れた路地, 切れると, 切れる裏路, 刎ね, 動いたかと, 匍って, 厩が, 取って, 取付けて, 向けたなり, 向けたまま, 向けた彼女, 向けながら, 向けると, 吹いて, 坐つた, 坐らせて, 外れる, 宙を, 寐る, 寝かされて, 寝そべつて, 寝たり, 寝返って, 席を, 幾筋か, 延びて, 当てて, 後ろへ, 成つて居た, 成つて居る, 成りながら, 成る, 截り, 払いました, 払う, 払ったが, 折って, 折れると, 拡がり広い, 拭つた, 振られた, 振り, 振り振り, 振るばかり, 振るべき首, 掉って, 掠めて, 揺れて, 敷いて, 曲げたなり, 曲げる癖, 書いた, 書いて, 木立に, 机を, 梯子の, 棚引いて, 歩いて, 歩くの, 残った白粉, 母なる, 永い雲, 泳いで, 流されも, 流して, 渡したのに, 滑って, 潜って, 白い病院, 皺が, 着て, 祀つたやう, 移って, 結んで, 繋いで, 置きながら, 置く, 腰かけたまま, 腰かけて, 臥れた, 良人の, 落ちて, 薄青く, 薙いだ, 裂いて, 西洋を, 見えるの, 読んで, 貫ぬい, 転がして, 逃げた, 逆まに, 這入って, 通過する, 進んで, 長々と, 長いので, 長い屋根, 長い硝子板, 長い置床, 長い鏡, 附いて, 降る, 隠して, 飛んで, 黒い台, 黒く印刷

1 [2351件 抜粋] あけながら, あった火鉢, あった金槌, あてろぶち込んじまえ, ありそれ, あるいて, あるネジ, ある団長室, ある引合口, ある机, ある洋傘, ある町家, ある聖書, ある赤い, ある黒い, いたし漸う, いた同じ, いた安倍誠之助, いた見知らぬ, いなかった, いる室殿, いる私, いる鳴かないコオロギ, うごき星, おいた, おなりな, おなりなすったら, おなん, お成りあそばす, かかえたまま, かがませて, かけ机, かしいだ, かすり取られた幼, かたむいて, かぶって, かみついたかまれじと, きたない手ぬぐい, ぎしぎしと, くっつけて, くわえると, こいて, こう書い, この人, ころがった, ころげたが, さけるであろうと, させ有り合せの, されては, しずかに, したまま外, したよりも, した恰好, した路ば, してでも, しや, しわが, し耳, すっ飛び旋盤, すべりつつ, するとも, すれば, ずっとならん, ずらす, ずれた, そのコップ, その幽, そむけながら, それから, それたよう, たおれたまま, ただ一人忍ぶ, たなびいて, たまって, ちやんと, ちよこ, つかんだ手拭, つけて, つないだ土管, つなぐ連繋方法, とばしたよう, とんでるかと, ながめた, ながれた白い, なぐッ, なったけど, なったついで, なったまま彼女, なったもの, なったらと, なったッきり, なった姉, なった方, なった狂女, なった路次, なってた男, なってるん, なつ, なびいたと, ならずに, ならせ一時, ならはったらどう, ならべそれ, ならよろしい, なりお, なりかけました, なりせなか, なりたいと, なりたかった, なりたくなりますよ, なりとるべき方法, なりふと, なりませんか, なりウイスキー, なり全く, なり夜着引き, なり布團, なり数時間, なり来ても, なり片端, なり直ぐ, なり而, なり西, なり雲ひとつ, なるおり, なるその, なるだらう, なるやう, なる場所, なる方, なる機, なる隙, なれない症状, なれる狭い, にじんだインク, ねかせたが, ねじ倒し, ねますが, のばした体, のびる小型焼夷弾, のり出した木, はいった一角, はいれるほどに, はずすと, はねとばされ元来, はらった, はりだして, ひいて, ひざまずいて, ひと筋紫色を, ひらたいもの, ひろがる隊形, ひん曲げた口許, ふきつけられて, ふっても, ふる, ふるので, ぶった切って, へずったり, ぼんやり立つ, まがり斜め, また一層秀韻, まつすぐ, みちびいた, むけなければ, めぐらして, やすみ夜中, やや遠く, ゆれ, よく一本, ゐたやつ, ゐる筈, グッと, サフランが, ソッと, トンネルの, ピョートル・セミョーヌィチの, ポンプ井戸が, リラという, 一人の, 一寸ぐらいの, 一文字見事に, 一枚と, 一直線に, 三つ日本の, 下って, 並べた形, 並んだの, 並んでる家, 之を, 乗せわざと, 乱れた髪, 二人の, 二挺の, 二筋はつきりきざまれ, 交錯する, 仆け, 今朝着いた, 付き添って, 伝うて, 伝わって, 伸びた同じ, 住む何ん, 侍坐せしめられ, 倒おして, 倒れこんだ男, 倒れたり, 倒れましたが, 倒れ出したの, 傾いた拍子, 傾け大きく, 先住の, 入った崖, 入れて, 六畳の, 内から, 出たり, 出る抔, 分裂した, 切つたと, 切りて, 切るは, 切れ弁慶橋, 前髪を, 割れたれば, 動かし, 動きがちです, 動くと, 匍い出た, 半分に, 卓子を, 双刀, 反らせて, 取りつける, 受け流すが, 吊る佩き方, 向かい合い私, 向けさせ医師, 向け直した, 吹いたり, 吹き流れた螺旋はしご, 咥える, 唄の, 噛んでは, 四畳半の, 在った露西亜製, 在る女優, 地袋の, 坐りくずれて, 坐り始めるので, 坐り込む, 坐る大きい, 堆かく, 外れたが, 夜具から, 大きくその, 大きな木犀, 大く, 大怪我, 太く強く一本, 女クツ, 婦人が, 家が, 寄りか, 寄る, 寐て, 寝かしました, 寝かすの, 寝かそうと, 寝そべりました, 寝たまま, 寝た父, 寝れば, 射し掛る日, 小さい円, 小さな小屋, 小さな納屋, 小山, 居たクリクリ坊主, 居る肥っちょ, 山腹を, 崩れる, 巨石を, 差し頭, 帳台の, 平たいので, 年の, 幾つもの, 広いの, 広がるだけ, 広く好い形, 床と, 座蒲団から, 延ばすよう, 建増した, 弁吉が, 引くと, 引つ張つて, 張った綱, 張り出て, 当てがって, 往きながらも, 必殺の, 愛嬌の, 懸けられた大きな, 成つたは, 成つた切で, 成つて見る, 成るから, 截断した, 扁たく開く, 打ちつけた長い, 払い刀, 払え, 払った一刀, 払われバタリ, 投げ飛ばされる, 折れた路, 抜ける一つ, 抹って, 押し親父, 拂う, 拡がった栂, 拡げて, 持たれたの, 振ったが, 振ったので, 振った首, 振らないで, 振り廻したり, 振るばかりか, 振れて, 捩れて, 掘った大きな, 掘つた大きな, 掛けたま, 接けん, 掻き切って, 提灯の, 揺れたり, 搖り動かし, 撓って, 擦つて, 散らされる波, 敷いた莚, 断って, 新聞記者控室が, 旧式な, 曲げたところ, 曲ったまま, 曲り一つ, 曲るに, 書いた灯, 書きその, 書た, 木剣を, 村長その, 松が, 板囲いを, 架る, 桃溪の, 梳かして, 楔形を, 構え膝, 歩いたり, 歪め少しく, 段を, 水車小屋が, 汽車引むけよ, 波曲すれ, 洗濯し, 流すと, 流れた乾雲, 流出する, 浸った芸者, 深い裂け目, 渡しその, 渡つて橋と, 滑らせるの, 漸く通る, 潰え水勢洶, 火焔車を, 為切りあり, 父の, 玉容丸と, 男たちが, 白丁が, 百草の, 目を通して, 看護婦が, 眠る気持ち, 眺め始めた, 着座した, 睨んだよう, 石造りの, 碑が, 私の, 積み上げた薦, 積り縱に, 空腹の, 突きさして, 突き刺して, 突っ立っ, 窓は, 立ち患者, 立つは, 立てる男, 端折りあげた, 竹槍が, 粗石, 紫夫人が, 細い黒い布, 細字で, 組み合わされて, 続いてるだけ, 総江, 繋ぐと, 置いた料理当番, 置かれた瓦斯煖炉, 置きました, 置くもの, 置並べました, 耳の, 肥った少年, 肱掛窓めいた, 背負つて居る, 脂肪の, 腕組みを, 腰掛けて, 臥したる十七八, 芒野が, 茨城県が, 落した紫, 葉子が, 薄く切っ, 薙いだ太刀, 薬の, 蟠り或は, 行火を, 裂けた口, 見せた, 見その, 見たり, 見るところ, 見向いた顔, 見覚えの, 設けて, 読むと, 貫く桁, 貼った黄色い, 赤い線, 走った唇, 走り敵, 走るとは, 越えて, 跳ぶ, 蹴つて, 転がったり, 軽々と抱き上げる, 轉ぶと姿が, 近く子供を, 逃げられちまった, 透すと, 這って, 通りすぎる, 通ると, 連ねた舞台, 進めて, 運河を, 避けた, 里見美禰子殿と, 鉄材の, 銜へて, 長いあの, 長い刀, 長い家, 長い渦巻, 長い西洋館, 長い黒, 長くて, 長く二百坪, 長く河岸, 長く船腹, 開いたので, 附かず鷹, 降って, 除けそれから, 離れて, 青白い大きな, 靡き縦, 題簽を, 顕れた千鶴子, 飛び退いた, 飛んだと, 飾つて其處にも, 馬や, 駈けやがて, 高さ三百尺, 麻糸を, 黒布の

▼ 横~ (1031, 6.5%)

63 方に 54 方へ 46 方から 20 方を 13 方の 10 壁に, 方で 9 ほうから, ほうへ, ものを 8 ほうに 7 坂を 5 ほうで, 方が 4 小窓, 空地に, 窓の

3 [13件] ほうを, 台の, 壁には, 川へ, 席へ, 扉の, 方にも, 柱に, 棒を, 椅子に, 路地から, 通りを, 連絡を

2 [67件] ところに, ほうには, コンクリートの, ツナガリが, テーブルの, ベッドに, ベンチに, ベンチへ, 一に, 一直線へ, 三畳が, 人通りの, 入口から, 四畳半の, 地面に, 壁と, 壁の, 妻戸を, 小さな室, 小みち, 小部屋, 工場の, 席に, 席の, 平らな, 床に, 庭には, 廊下を, 扉に, 扉を, 手から, 方には, 方は, 方へと, 方らしく, 日陰に, 木戸を, 机の, 板壁に, 格子戸を, 棚に, 椅子を, 模倣である, 橋を, 滑りの, 潜戸の, 破れた襖, 穴から, 籐椅子に, 線, 羽目に, 腹に, 草の, 草地に, 谷間の, 路地を, 路次から, 通路と, 連絡が, 道を, 長さ, 門から, 関係を, 階段を, 障子の, 電柱白木槿或は, 鳩の

1 [578件 抜粋] あき地, あたりを, いけがき, うどん屋へ, がわ, きたない壁面, くぐり戸, ことから, しきり, し泳ぎ, その道を, そばへ, たての, だらだら坂, つながりといふ, ところが, ところには, ところの, ところへ, のぞき窓, はばかりへ, ひろい坂, ひろがりから, ふすま, ふたりが, ふたりで, へんで, べつの, ほうの, ほうへも, ほんの半町, まひる日, むらた, もたれとに, もたれに, もたれを, ものが, ものに, ものは, ものをば, ような, わざ物に, カアテンを, カンナの, カーテンの, ガラス窓の, ガラス箱の, コンクリート塀の, コークス置き場に, スイッチを, ダンゴ坂から, テーブルに, テーブルへ, デッキ, トタン葺き, ドアから, ドアを, パラパラした, ビロードの, プラタナスの, ベッドの, ベンチの, ペーヴメントを, ホクロを, ポストの, ポプラの, モルセルプロムに, レンガ坂を, ヴィナスという, 一つの, 一つへ, 一と, 一室へ, 一枚の, 一画二十九丈左の, 一線が, 一線それから, 一角の, 一部屋を, 三和土を, 三畳を, 三色旗その他ありとあらゆる, 三色旗を, 上の, 丘が, 丘の, 両側には, 両面を, 並行線數個有る, 中庭の, 中華料理店そして, 中門の, 丸さ, 事跡ある, 二名も, 二将は, 二畳の, 二疊へ, 五寸と, 井上さんなんか, 今の, 仕事, 仕切りの, 佐女牛の, 作法室の, 便所に, 入り口から, 入口で, 入口に, 八畳には, 公衆便所など, 六畳二つに, 兵へ, 出崎の, 刀術に, 切り戸を, 切戸の, 列つくり, 別の, 前へ, 助手席へ, 化粧品店で, 化粧部屋で, 千鶴子に, 卓子に, 卓子の, 原の, 叢が, 古襖, 台所の, 台木の, 台石の, 同じところ, 喫茶店で, 四年生の, 四畳半に, 土居門から, 土管焼の, 地下室へは, 地面へ, 地面を, 坂です, 坐敷, 垂れ幕を, 堀, 塀を, 墓所の, 壁が, 壁にかけて, 壁を, 壁際に, 大きな木, 大きな木の下, 大通りと, 大銀杏, 大門通り側には, 大音, 天井には, 奴から, 妙な, 姿などは, 姿の, 字を, 客と, 家に, 家人小屋から, 家庭で, 寝室の, 寸法と, 寺へ, 小さい戸口, 小さい棚, 小さい路地, 小さなホクロ, 小さな借家, 小さな庭, 小テント, 小山の, 小支那そば屋, 小舎で, 小路から, 小路で, 小路へ, 小道へ, 小道を, 小門, 小門から, 小門で, 小高い所, 少し薄暗い, 山と, 山の, 山も, 山神堂が, 山西屋に, 山道に, 岩の, 岩盤が, 峠路などへ, 崖か, 川, 川添いの, 布団に, 席で, 席では, 席を, 帳合法は, 帳場に, 幄舎へ, 広い池, 広い道路, 広い開け放した, 広い面, 広場に, 広場を, 床柱に, 座を, 座席で, 座席に, 座敷で, 座蒲団の, 庭先で, 廊下へ, 廣い, 建築家ケエセエの, 廻廊では, 引き戸を, 往来, 徑から, 御自分, 微笑が, 微笑とは, 応接間に, 念仏である, 怪しい殺人事件, 感覚も, 戸が, 戸棚の, 戸袋の, 所で, 所へ, 扉が, 扉も, 手勢が, 手摺に, 手術室の, 押入から, 捨て石の, 掲示板の, 揚子江と, 敵を, 文科の, 斎藤家を, 斜の, 斜面を, 新道まで, 方からは, 方と, 方について, 方へばかり, 方へよけて, 方も, 方や, 方角に, 旋盤に, 日だまりに, 旦那が, 暗いところ, 暗い坂, 暗い道, 暗い静か, 暗がりに, 書生部屋に, 木工場に, 木影を, 木椅子に, 木組み二本引きに, 木蔭やら, 本屋の, 杉森を, 東京一の, 松の, 松の木が, 板じきに, 板張に, 板束の, 林が, 果物屋には, 果物屋の, 枯芝生で, 柱と, 柱の, 柵裏の, 柿の木で, 格子窓に, 桜が, 桟とは, 桟橋から, 棒が, 棒に, 棒の, 棟を, 森を, 椅子の, 椅子へ, 植込みの, 楓橋あたりの, 標石の, 樫の, 橋の, 橋廊下を, 歩道へ, 母じゃ, 母である, 母屋の, 母親が, 水たまりに, 水汲み, 沼へ, 洋服屋では, 洋琴の, 浜辺で, 深いおだやか, 渡殿まで, 溝で, 溝の, 溝を, 潜戸が, 潜門を, 火燵には, 火鉢に, 煙草屋の, 片隅に, 牧場に, 物入れに, 物置の, 物置部屋だ, 狭い壁, 狭い砂, 狭い通り口, 狹い, 琴を, 瓦斯コンロも, 田の, 田甫道に, 甲斐口へ, 男に, 男爵には, 町も, 畑で, 畑道から, 番人小屋が, 白い柵, 白粉を, 皺, 真黒く煤けた, 石がきへ, 石垣の, 石屋の, 石段に, 石段を, 石炭置場の, 砂利に, 研究よりも, 破欄間, 硝子板から, 秩序といふ, 空いた座席, 空いた所, 空地から, 空地が, 空地で, 空地へ, 空地を, 空地三間を, 空間に, 空間の, 窓から, 窓からは, 窓に, 窓を, 窓ガラスを, 窪みの, 竈の, 立派な, 筋は, 節を, 納屋の, 紫檀の, 細い路地, 細道へ, 結合なし, 網窓に, 綺麗に, 線は, 線四角や, 線路に, 縁が, 縁側から, 縁側に, 縁側へ, 義平太の, 羽目の, 羽目板に, 翻訳と, 肉切り台に, 腰かけに, 腰掛けに, 自由蝶番に, 自由軒で, 芝生に, 芝生へ, 若い女, 若夫婦, 茶屋は, 茶箪笥から, 草原に, 萱の, 蔵の, 薄暗い廊下, 薄暗い荒物屋, 薪屋の, 薬局から, 血溜りに, 行く手を, 行李部屋兼化粧室に, 袋戸から, 襖が, 襖に, 襖一重の, 襞を, 見透しにおいて, 親孝行に, 角材を, 言問団子の, 赤い垂幕, 赤土道に, 赤煉瓦壁に, 足もとの, 路まで, 路地へ, 路次に, 路次の, 路次を, 身に, 軸に, 通りへ, 連絡については, 連絡の, 連絡事務の, 連繋と, 道で, 道の, 道徳は, 道路や, 道路を, 部下たる, 部分が, 部屋から, 配電盤を, 酒類販売店の, 金網の, 鉄梯子に, 鍵に, 鏡台とだけが, 長く張り出された, 長火鉢の, 門は, 開いた扉, 関係, 関係が, 関係と, 関係についても, 関係の, 防空ごうに, 防風林の, 隅の, 階段から, 雨戸袋, 雪山の, 電柱か, 露地を, 露地口で, 露路に, 露路へ, 露路も, 青い苔, 面との, 頑丈極まる, 顔, 顔を, 食事を, 食傷新道から, 食物路地である, 饅頭屋の, 馬小屋を, 駅の, 髪の毛の, 黒い岩, 黒子

▼ 横~ (1014, 6.4%)

290 向いて 94 向いた 26 通って 17 むいて 15 向く 13 向くと 11 向きました, 見た 10 向いたまま, 見ると 9 向いたが 7 向き, 廻って 6 向いたり, 抜けて 5 向きながら, 見て 4 まわって, むいた, 入って, 歩いて, 見たり

3 [12件] すりぬけて, みると, 向いた時, 向きぬ, 向く質, 折れて, 搦み, 搦んで, 走って, 通り過ぎると, 通る, 通る時

2 [42件] お通り, しずかに, すり抜けて, だらだらと, むいたまま, むいたり, むくと, 入ったところ, 切って, 切るの, 向いたお, 向いたきり, 向いたま, 向いたもの, 向いた顔, 向かずには, 向き柏, 左に, 巻いて, 廻る時, 折れると, 搦むこ, 曲って, 曲ろうと, 湯島の, 見, 見たとき, 見ても, 通ったが, 通ったり, 通つて薄暗い, 通りあの, 通りすぎて, 通りぬけた, 通り過ぎた, 通り過ぎて, 通り過ぎながら, 通ると, 通るとき, 通るの, 通過する, 過ぎて

1 [332件] うねうねと, うろついて, おして, おりて, かすって, かつがれて, からみ急峻, くぐって, くぐりから, くり抜いた洞門, ぐるっと歩い, こちらは, さしたり, さしむけて, すごすごと, すたすた通り過ぎた, すっ飛んで, すりぬけついで, すりぬけながら, すりぬけようと, すり抜け土蔵づくり, すれちがって, す退り始めた, そっと上っ, そっと裏, そっと通り抜け, たたきながら, つとすりぬけ, とおりすぎて, ながめて, ながめる, ながめると, ぬけたおれて, ぬけて, ぬけトロ, ぬけ電灯, ねぎらい直しまた, のぞいたとたん, のぞいた女, のたくるよう, はいったが, はいった細長い, はいって, ひた走って, ふいた, ふさぐと, ふたたび裏庭, ふりむいた, ふりむくと, ふり向いた, ふり向いて, へずったり, また少し, まっすぐに, みても, むいたとき, むいたま, むき暗闇, むくこと, むけて, ゆっくり通り, ギイと, スリ抜け, スルスルと, 一寸刺されたなら, 一文字に, 三人は, 中務省の, 二度許り通っ, 交番の, 人差指で, 何が, 入った, 入った横寺町, 入つた鈴村, 入つて, 入り, 兵頭の, 切れると, 前に, 匍わ, 半丁, 半周し, 半町ほど, 反れ群集, 右手の, 向いたかと, 向いただけ, 向いたとき, 向いたなり, 向いたの, 向いたまま椅子, 向いたまま返事, 向いたまま静か, 向いたやうす, 向いた人, 向いた女, 向いた小林秀雄氏, 向いた彼女, 向いた淫猥, 向いた片, 向いた男, 向いた眦, 向いた米友, 向いた藤次郎, 向いた隙, 向いた青年, 向いちまう, 向いてから, 向いてるすき, 向いてると, 向かせたこと, 向かせて, 向かれて, 向かれ両, 向きあぐら, 向きさうに, 向きたいほど, 向きたくなるじゃ, 向きたる折ふし, 向きつつ, 向きつつも, 向きましたわい, 向きやがて, 向きハンカチ, 向きプッ, 向き合って, 向き急いで, 向き煙草, 向き苦し, 向き黙々, 向くが, 向くしかし, 向くぜ, 向くだけの, 向くだらうと, 向くの, 向くよう, 向くをもって, 向くん, 向く時, 向く習慣, 向く脊, 向く進んで, 向く間, 向け, 向けて, 向て, 向ひ, 嘉三郎は, 四五丁行つて突當り, 如何にも背広, 媾曳橋へと, 宮川に, 寺町通りへ, 射すくめて, 川伝いに, 川端へ, 左へ, 庭の, 庭へ, 廊下に, 廻ったが, 廻りかけたが, 廻ると, 廻ろうと, 影の, 彼の, 彼女が, 打って, 払うと, 抜き払え, 抜けぐんぐん, 抜け竹藪, 抜け紅梅河岸, 押して, 押へて, 拔けて, 指で, 振り向いた, 挾む, 掠めなど, 掻いた, 搦むと路を, 搦むのは, 搦む際には, 搦めば, 搦んだり, 搦んだりなど, 摺り抜けて, 撲った, 擦りぬけて, 擦り抜けて, 擦り抜ける, 改札口の, 暗い廊下, 暴風の, 曲ったの, 曲ってから, 曲つて行つた, 曲り次手, 木樋の, 東へ, 東京府庁の, 桟橋の, 正面と, 気を, 河岸へ, 洗はる, 流れて, 流れる幅一尺, 流れる河, 流れる矢, 流れ通常板, 涙の, 湾内へ, 犬の, 生徒たちの, 疾走し, 痒き痒き細い眼, 登って, 登り谷, 示しながら, 私の, 突いて, 突き破り深, 突切って, 窺う, 素通りなさる, 自動車で, 自宅へ, 舟は, 萩乃は, 落ちて, 行きすぎさせて, 行き麻, 衝いた, 衝き張, 衝こうと, 裏の, 襲った, 西に, 西へ, 見せて, 見せ立ったまま二つ三つピアノ, 見たら一枚私, 見た時, 見ながら, 見まわした, 見まわして, 見るひま, 見るや, 見れば, 見上げた途端, 覗いたん, 討たんずる勢い, 討る, 走せぬけた, 走ったり, 走りすぎて, 走りぬけ塾長室, 走りぬけ我々, 越えて, 軽快な, 辿った, 追い越して, 追って, 逃がすな, 通じて, 通った, 通ったおかげ, 通ったそこ, 通ったとき, 通ったので, 通ったら今, 通った大きな, 通ってずうっと, 通ってる国民兵, 通つてその, 通つて帰つて行つた, 通つて急な, 通つて水道にか, 通つて雑木林の, 通らずには, 通りあれ, 通りか, 通りかかったろう, 通りかかんさった, 通りが, 通りさま, 通りすがりながら, 通りすぎた, 通りすぎながら, 通りすぎようと, 通りすぎ奥, 通りながら, 通りぬけ, 通りぬけ中庭, 通りへ, 通り亜麻畑, 通り多くの, 通り抜けて, 通り掛ると, 通り日比谷公園, 通り桑畠, 通り港, 通り煤色, 通り玄関を, 通り要, 通り越した, 通り越して, 通り過ぎようとしても, 通り電車, 通るころ, 通るよう, 通る間, 通る電車道, 通過し, 過ぎた, 過ぎながら, 過ぎると, 降りて, 隠退蔵物資の, 電車の, 顎で, 飛んで, 飛鳥の, 食い破ると, 駈け抜けて, 魔の, 鳴子坂の, 黒くし

▼ 横から~ (942, 5.9%)

83 口を 30 見ると 20 見ても 16 見て 15 出て 9 手を 7 顔を 6 すかして, 眺めて, 見たり, 見れば 5 いった, 見たところ, 覗いて 4 云った, 裏へ, 言った

3 [11件] ちらっとそれ, のぞいて, 取って, 眺めた, 眺めながら, 聞いて, 自分の, 見た, 見たよう, 覗くよう, 飛びだして

2 [42件] ぐんと飛ん, ことばを, そつと, それを, とびだして, ふいに, みると, もう一, ポカリと, 一人の, 入つた寺道, 割り込んで, 受けて, 向けたり, 吹いて, 声を, 射して, 床の, 引き取って, 引取って, 手出しは, 打って, 批評し, 押して, 日下部君の, 来て, 浅黄の, 照らして, 熱心に, 男の, 番町へ, 立って, 縦から, 肩を, 藍染橋へ, 見たの, 見ながら, 覗いたり, 覗きました, 覗き込ん, 言葉を, 飛込んで

1 [594件 抜粋] あがって, あきれ顔, あそこは, いうと, いきなり小林少年, いったの, いつもの, うけて, うしろを, うるさく鳴りだした, おしもの, おそいかかろうと, おまえの, お徳, くっきりと, ぐるりと, こうさし, こうして自分, こう云い出した, この論争, こ奴, さしかけつっ立って, さし覗い, さすがに, さっさと裏門, さらわれたよう, さらわれて, しかし何, してやられて, しゃきり, じっと見る, じつと, じろじろ眺められ, すいて, すでに熱い, すッ, ずっと入っ, ずぶり, そう声, そっとのぞい, そのお, その役, その椅子, その画布, その顔, それは, だから, だしぬけに, だと, だの, だら, ちよつと, ちらつとそれ, ちらりと黒い, ぢつと, つういと, つりあげたの, であった, でしゃばりかけたの, でないと, でもう, でよく, とびかかって, とびだした黒五郎, どんどん奥, なお仆, ながめた形, ながめて, ながめると, ながめるよう, なにかを, にがりきって, ねらいおるの, のさばり出て, のぞかせたその, のぞきながら, のぞき込みました, のぞき込みました時, はがゆそう, ばっと, ひとつ殖えた, ひとり頷いた, ひやかしに, ひょこりと, ひよい, ぴかぴかと, ぴよんぴよんと幾つも, ぶつかって, ぼんやり射し込ん, まきあげるので, またその, また二名, また前屈み, また呼んだ, また真紀子, みて, もりあがるよう, よく眺めた, よく見えた, よぶ者, わめきたてました, オオミヤクという, ガブリと, コークス殻を, スッカリ聞いてた, ソッと, チョット覗い, チョロリと, ヂツと, トラックをよけながら, パッパッと, ピンク色の, マンが, マンに, ライオンの, 一口云った, 一喝しました, 一対の, 一抱えも, 一方へ, 一等運転士の, 三つに, 上るの, 下へと, 不審な, 世津子が, 両手を, 中を, 中庭へ, 乘出し, 二人の, 二台の, 二天門の, 二階へ, 云いかけた, 云うもの, 五六本の, 人の, 人形に, 仙太に, 伸す浅葱桜, 何と申し, 何も, 侍従が, 借りるが, 偸み, 働かないもの, 優しい継母, 光を, 入りましょう, 八五郎が, 八方から, 出しゃ張って, 出た, 出た長, 出ると, 出来あ, 刃様の, 切り込んで, 別の, 刺されました刄物, 割りこむ, 力まかせに, 助け舟を, 動坂の, 勝手口へ, 医者の, 十数人の, 半身見せ, 反絵, 取った, 取ったと, 取つて錢形, 取り上げた猟銃, 取り上げて, 取ろうとは, 取出して, 口だしを, 古い番傘, 右瞻左瞻て, 吉本ショウの, 同じ水平線, 名人は, 吐月橋の, 吠えた, 吹きかけた息なぞ, 吹きかけるのみ, 吹きつけた, 吹きつけて, 吹き付ける雪, 吹く時, 告げます, 告げ口も, 呼びとめて, 呼び叫んだ声, 喙を, 嘴を, 噛みこわして, 囃し立てた, 団扇で, 境内を, 声が, 声も, 外へ, 夜を, 大廻し, 大惣, 天井の, 太陽が, 奥の, 奪い取って, 奪って, 女なる, 女の, 女は, 女中の, 始めかけた伝六, 子供の, 学生の, 宮の, 家内が, 射止めるの, 小さい姉妹, 小さな灰色, 小川の, 小指程の, 少し渋味, 屋敷の, 山門へ, 岡を, 島の, 差し出した, 庭へは, 庭門を, 廻って, 張板の, 当って, 彦大の, 彭を, 彼に, 彼につき, 彼の, 彼を, 徐々と, 御膳吟味掛の, 微笑を, 心配そうに, 応じると, 忠太郎が, 念入に, 念入りに, 怒鳴りつけた, 急いで, 息を, 意気地なく, 或は裏, 戸を, 手だしが, 打撞, 払い上げ体, 抑えるよう, 投げた撥, 抗議した, 折って, 抱いた, 抱えながら, 押すと, 押出すように, 拉して, 拳で, 挑みかかッ, 挟撃しよう, 挨拶した, 振向いて, 撲殺される, 擦り寄って, 支那語で, 攻めかかる, 放牧場の, 斜めに, 斜上の, 斬りかけるよう, 斬りこまれたとき, 斬りつけた, 断を, 方角違いの, 施米の, 日の, 日本橋へ, 日本機は, 曲って, 朝の, 杉田が, 村へ, 杜洩, 来た拳, 来り合したもの, 来るの, 来る二次散乱線, 来る人, 来る強烈, 東京へ, 東海さんが, 東野は, 松の, 松本重雄が, 棕梠竹の, 楽音を, 槍が, 様子を, 権六が, 正面へ, 武者之, 歯茎の, 殆ん, 殴打った, 段を, 氷面に, 波に, 注意を, 流れに対して, 流れます, 海軍省の, 涼を, 清七が, 渡り廊下の, 渡月橋の, 漁夫の, 濛と, 瀑壺の, 灯を, 無二無三に, 照す, 照り付ける日光, 父親が, 爺さんの, 狙って, 狭い廊下, 狭い木はしご, 狭い階段, 猟銃を, 現して, 現はれた, 現われた水道自動車, 町屋村の, 番兵の, 発して, 登って, 登る階段, 白樺の, 相手の, 相槌を, 真紀子に, 眺めたり, 眺めても, 眺めると, 眺めれば, 眼瞼の, 睨めつけて, 知らぬ間, 石川は, 石段を, 硝子越しに, 祖父の, 神農の, 私語かせ, 突いて, 突きとばした, 突きのけた, 突き刺した, 突き飛ばして, 突っかかるよう, 突っこんだ, 突立っ, 突風に, 窺き, 笛を, 築地河岸の, 紅の, 細い道, 細長い包み, 総領の, 縁側へ, 縦まで, 縱から, 翅を, 聖護院へ, 聞こえました, 聴いて, 聴えた, 肩へ, 背中の, 胴を, 能く, 脇息に, 腰の, 膝の, 自動車が, 船尾を, 艪を, 英語で, 茶色の, 蒼白な, 蓮の, 薄く三段, 虎が, 蛮声を, 衝け足, 表通りへ, 裏の, 裏庭へ, 裏通りへ, 襲いかかったの, 襲われる, 西瓜売り, 見える, 見おろして, 見ず上方, 見たら首, 見た姿, 見た形, 見た所, 見た方, 見た白い, 見た睫毛, 見た観音堂, 見つめた, 見つめて, 見やった, 見られるよう, 見るとき, 見るの, 見るも, 見る唇, 見る程巨大, 見上げた, 見上げたとき, 見上げた時, 見守ったが, 見縦, 視ても, 覗いた, 覗きましたが, 覗き込む, 覗き込め, 観て, 言いようも, 言う人, 訊いた, 訊くと, 註を, 話を, 話頭を, 説明した, 誰か, 讀んでも, 谷道を, 足もとへ, 足を, 跳びついた李儒, 躍りかかった, 車の, 近付いて, 迫ったの, 迫ッて, 透かして, 途中へ, 這い出して, 這出して, 道を, 遮った, 長い紐, 長く突出, 長ン, 門内へ, 降りか, 降りて, 雨や, 雨を, 順天堂の, 頬を, 風に, 飛びつくと, 飛び出した吾妻屋永左衞門, 飛び出した影, 飛び出して, 飛び出しやがって, 飛出した吾妻屋永左衛門, 飛廻って, 食堂へ, 飾り十手を, 餘計な, 饗庭家との, 駈けて, 駈け出して, 駕へ, 駕籠の, 髪が, 鳴り屋の, 黙って

▼ 横~ (737, 4.6%)

1410 外れて, 廻って, 来て 9 それて 8 入って, 出た, 出て 6 横へと, 腰を, 逸れて 5 まわって, 切れて 4 向けて, 曲って, 横へ, 流れて

3 [19件] すべって, た儘, やって, 倒れた, 出して, 反れた, 向けた, 回って, 外れた, 寄せて, 寄って, 引いて, 押しやって, 立って, 行って, 身を, 飛んだ, 飛んで, 駈け廻って

2 [44件] おいて, すべつてし, そらして, そらせて, それた, どけて, のばして, はいった, はいって, まがる, られて, ドッカリ坐る, 今度は, 伸びて, 出た代, 出ようと, 出ると, 前へ, 反らせた, 反れて, 坐って, 廻った, 廻ると, 払った, 投げ出して, 折れ込んだ途方, 振った, 曲った, 曲つた時には, 椅子を, 歩いて, 泳いで, 眼を, 立った, 立てた, 立て掛けた張板, 置いた, 置いて, 腰かけた, 膝節も, 走ったり, 迫って, 退いた, 首を

1 [471件] あごを, うすい灯, おきだしたので, おされて, おして, おりたと, おろして, お引き, お押し, かかったの, かくれた様子, かくれて, かくれました, かくれると, かけだして, かけられた太刀, からだを, かわして, きて, きれた, くばると, ぐっと一文字, けし飛びさうになつたが唯一人大久保氏のみは, こっそり腰かける, ころがった, ごろりところがした, さした黄楊, しごいた, しに, しゃがんだまま, しや, し後姿, すくんで, すすみかけると, すっ飛んで, すてて, すわる, すッ, ずっと退い, ずらした手間, ずらせた, ずらせて, ずれる私, ずーっとよりそっ, そつと, その髪, その髮, そらすその, そらせた, そりかえって, それかかったらしい, それた巨木森々, それましたところ, それますが, それる, それると, それるに, それる廊下, たてかけた, たやう, たらして, たるが, たる二人は, たる夜目にも, たる束藁は, た幻影, た東作, た梨籃, た梯子, た筵, た身, ちょこなんと膝, ついて, つたわって, つったって, つりさせられ, つりを, つんとの, とおされるうち, とびこんだ, とび斜, とび退いた, とんだ, どきな, なげだして, ぬけ道, ねじって, ねじ倒されよう, ねじ向けた途端, ねても, のびて, はいると, はうこと, はこんで, はねとばされる, はみ出して, ぱっと身, ひっぱった, ひっぱって, ひゅっと, ひょいと顔, ひらいて, ひろがり上唇, ぴったりと, ぶうんと, へたばるよう, べったりすわった, ぺたんと坐った, ぺつたりと坐つた, ました, ましたが, まわった, まわりウドン, まわり縦横無碍, まわるの, まわるよう, まわれば, むいたので, もうべたりと坐, もぐりこんだ, もぐり込んだ, やっと車, やると, やれ, やれ横, ゆすって, よろめき又五郎, られた, られた時, られた私, られた静か, られた鹿, ゐざつて隣, オレの, ソッと, ツッ走った, トタンの, ドッカと, ハンケチを, ピタリ添っ, フワリと, ペタリと, ポッカリ浮い, マッチの, 一つは, 一つ颯と, 一人の, 一揮だ, 一流れした, 七尺ばかり, 上げて, 並べて, 並んで, 乗せて, 二ツ並ん, 二三間つつつつと, 二間の, 伝って, 伸びた, 低く枝, 何かを, 倒れて, 倒れ後ろ, 傾いた拍子, 傾いて, 傾けた, 入った, 入ったところ, 入った処, 入った往来, 入るところ, 出す事, 出たところ, 出たの, 出られたの, 出られるわけ, 出る, 出るまで, 出る光, 出張つた, 出抜けて, 刀の, 切れ, 切れた二人, 切れた所, 切れた眼, 切れた石畳みの露路, 切れる, 切れると, 切れる畦道, 切れる細い, 刎ねた袷の, 刎ねた頬髯が, 利根川べりの, 割りこんで, 動いたり, 動かした, 勢いよくぶつかった, 十尺も, 千鶴子が, 半町ばかり, 反らした, 反れたので, 反れること, 反れ闇, 反向け, 反身に, 取ったは, 取って, 同じよう, 向いた, 向いた鼻, 向いては, 向き後ろ, 向けあった, 向けながら, 向けようと, 向ける, 向け直した, 咥え, 唾を, 喚きかかった, 四つに, 回ると, 囲を, 坐った, 坐ったとき十時, 坐つたと, 坐り乍ら聞いた, 坐り何, 坐り縫い物, 坐り込む, 外から, 外らしたこと, 外らして, 外らせた, 外れこの, 外れたり, 外れないよう, 外れるかも, 外れると, 外れ行くこと五六歩, 寄せた, 寄り後ろ, 寄り添, 寝た, 寝たの, 寝て, 寝返ろうと, 小牛の, 少しずつ, 少し堅く, 尻を, 屈み込んで, 左から, 左り, 差して, 平たく拡がっ, 広い大きな, 広がる事, 座った, 廻つて, 廻る, 廻れば, 引かれる, 引きやって, 引きやられて, 引き吊られるやう, 引き開けて, 引っくら, 引っぱり込んで, 引張ったこれ, 当たらないこと, 彫り抜いて, 往って, 忍んで, 恣なる, 手を, 打ち捨てると, 払い退けた, 払ったが, 払った太刀, 払った時, 払った武士, 払った気合い, 投げすてた, 折れると, 折れるの, 折れ曲ろうと, 抛った, 抛り出した, 抜け, 抜けた波模様, 抜けると, 抱きついた自, 押しあった, 押しあてると, 押しやった, 押しやったり, 押しやられて, 押しやりくつろいだふう, 押し退けると, 押出して, 拡がり横隊, 拡がれば, 持った, 持って, 挟むと, 振って, 振られただけ, 振払って, 捨てて, 捻じ向けて, 掌を, 掠めたに, 推したよう, 措いて, 揮った, 揺れたが, 撲って, 擦りつけて, 攫って, 敏子清と, 敗残の, 数里北方に, 旋って, 旋れ, 暗紫色の, 曲がったな, 曲がって, 曲がりかけた, 曲がる, 曲がると, 曲がれ, 曲げて, 曲つてし, 曲つて助産婦の, 曲る, 曲る時, 曲れと, 書き添えて, 来た, 来たときわたくし, 来ると, 梳きあげました, 構えられて, 正成の, 泳がせ画桿, 流したり, 流れた途端, 流れを, 浮藻を, 消え込んで, 添って, 片寄せふうふう, 片手を, 片膝, 狂った, 現はれる, 畳み寄せて, 直した, 眞つ, 真紀子を, 着いた, 砂を, 確かに, 移した, 移して, 移す, 移った, 移轉する, 穂先を, 穴を, 突き出された木立, 突き放して, 突き転がしました, 突っ伏して, 立ち気疲れ, 立つた十一二, 立て外套, 筋を, 筵を, 縁台を, 翁に, 翳した太刀, 肉迫し, 胸を, 腰かけよたよた, 腰かけると, 茶店の, 萬里の, 薄は, 薙いだ, 薙ぎ市郎右衛門, 薙ぐ, 行くと, 行った, 袋を, 裂けて, 裏手へ, 視線を, 話しかけた, 話を, 譲ッた, 走った, 走っても, 跳ねた, 跳んだ, 踏み込むなよ, 蹣跚いた, 躙らせる, 転がせば, 転がった, 辷らして, 近頃新しく, 迫った, 迫ったとき, 退いたの, 退きおれ, 逃げた, 逃げなさい, 逃げれば, 這入った人, 這入ると, 這入れば, 通口, 連れこんだ, 連れられて, 進み出た, 逸らせ, 逸らせ青木原, 逸れた, 逸れた半, 逸れては, 逸れるかと, 逸れる犬, 逸れ大地, 逸れ木立, 逸れ過ぎたよう, 避け, 避けて, 避るべきであった, 長いもの, 長い三十畳, 長い壕, 長く動き, 開いた, 開いたでは, 開け, 降りて, 随分ふとつて, 隠れたり, 青い光り, 音の, 頭を, 額い, 顎を, 顏を, 顔を, 飛ばして, 飛びのいた, 飛び退いて, 飛び退く, 飛び退くと, 飛ぶ, 飛ぶと, 飛んだやう, 馳け, 駈けつけた, 駈けるや, 駈け出したの

▼ 横~ (294, 1.9%)

34 から口 12 ひから 10 から 8 から出 7 から飛び出し 6 から嘴, から声 4 からお, から不意, から飛出し, から飛出した 3 からその, から叫んだ, ひから口

2 [15件] からいつた, からでも思ひ, からとび出し, からどう, から割込んだらう, から変, から富江, から斬りかけた, から水島, から紫電一閃, から言, から話, から變, から顔, より口

1 [156件] からあっと, からさしとめた, からさんざ, からずんと, からそっと, からそつ, からちょっと, からとる, からとん, からなだれ, からにゆ, からのぞまれる, からふと, からふんだくる, からむずと, からむんずと, からやって来, からやつ, からガラッ, からサッと, からズイ, からフイ, からブ, からワン, から一人, から一本, から亀, から云い出した, から云った, から五六人, から五千両, から人, から人造人間, から今, から今日, から余計, から供, から入っ, から冗談, から冷かし気味, から冷かす, から出た, から切つて掛, から割こん, から加わった, から半円形, から取っ, から取られ, から合打ち, から吹, から呼びかけました, から大勢, から奇妙, から如何にも, から威嚇, から宗像博士, から小, から屡々, から帆村, から引, から引っ奪, から引取, から彼, から手, から拙い, から指, から掛けられ, から掻, から攻めろ, から斬, から新九郎, から来, から根こぎ, から槍, から機関, から泳ぐ, から流れ, から流れこん, から浪人者本田劍之助, から渡辺刑事, から漂然, から無遠慮, から現れ出, から現われ, から疳高い, から白刃, から白刄, から白煙, から眺め, から眺める, から知った, から硝子窓, から突き, から突崩, から笑い, から答えた, から続けた, から繼立, から老父, から胸, から腰, から萌黄, から薄, から虎, から蛇, から蟒, から裸, から覗, から覗い, から言う, から訊ねた, から質問, から近, から透かし, から透し, から運八, から鉛筆, から関羽, から雪, から頓狂, から頬冠, から頻, から頻りに, から顏, から風, から飛びだし, から飛び出した, から飛び出す, から飛出され, から飛出す, から飛込み様, から飛込んだ, から首, から駈けつけ, から麻紐, から龜藏, で悲鳴, の出口, の小道, の岩, の廊下, の暗がり, の椅子, の樹陰, の物影, の襖, ひの, ひを, より, よりはたと, より国民, より差出ました, より突っ, より細君, より顔, を夜湿り

▼ 横わっ~ (290, 1.8%)

164 ている 60 ていた 12 て居る 10 てい 4 て居た 3 ています, て居りました, て池 2 て居ります

1 [29件] たりする, ていない, ていなかった, ていは, ていよう, ている錆びた, ている青ざめた, ておらぬ, てからは本式, てしまう, てじっと, てもサヨ, てガラス窓, て冷たく, て名誉, て墨色, て居, て居ろう, て待っ, て昼寝, て来た, て深森, て眠っ, て眠った, て眼, て穴, て軽い, て長い, て頻りに

▼ 横~ (277, 1.7%)

139 はつて 20 はつた 6 へた 5 はり 4 はる 3 う天の川, はりて, はれる 2 はつたま, はつてる, はり橇に, へた身振りを, へつ, へながらどこ, へ乍ら

1 [80件] に倒れ, はたつたなり, はりぐつすりと眠つてゐる, はりその, はりぬ, はり仰向けにな, はり儼として, はり土柔かに, はり天井を, はり安曇の, はり居たれ, はり居りし, はり我は, はり村落が, はり椅子にも, はり水邊を, はり狭い, はり葬ひ, はり谷に, はり踏臺は, はり通り矢と, はり雲は, はり露を, はり香氣に, はるあり, はるかな, はるきたない, はることの, はるなり, はるの, はるのが, はるのである, はるは, はる一の, はる一種の, はる事さへ, はる人口一萬餘の, はる問題である, はる大きい深い, はる日本の, はる時我は, はる普遍的な, はる樹の, はる物體の, はる秘密へと, はる罅隙を, はる西瓜の, はる谷間を, はる距離に, はる路の, はる邊若く, はる長い, へたい氣持, へたうつら, へたお, へたかの様, へたなり, へたまままつ黒の, へたロココ風の, へた体を, へた倒木を, へた女隱居の, へた娘お, へた死骸は, へた殆ん, へた私は, へた竹の, へた花嫁の, へた身體を, へてあつ, へながら絶えず, へぬれ, へば山, へました, へむとせしに, へよ, へ申し, へ轉, へ顔, ゆる百年

▼ 横~ (276, 1.7%)

75 つてゐる 28 つてゐた 18 つて居る 9 りて 8 つた 6 りながら 4 つてゐ 2 お定, つたのである, つたまま, つて居た, つて見える, ばは, りつつ, りぬ, れる未, 梯子段で

1 [108件] あたま, いぜんの, いつのまにか一通, うごかなかった, かわすひま, がたんと, ぎょッ, すぐ山王様, そこの, たって, ついそんな, つたいみじくも, つたきり, つたのは, つたまでの, つた優し, つた大きな, つた奥へ, つた梁や, つた樹の, つた芭蕉の, つた若い, つた蛇を, つた野見の, つた雲が, つて, つてこちらを, つてこれを, つてその, つても, つてゐなけれ, つてゐます, つてゐるであらう, つてイワンは, つてガラス窓の, つて何の, つて天の, つて如何にも, つて妻子眷族に, つて居ます, つて自然に, つて薄目あけつつ, つて見え, つて読書, なに思った, にんやりと, ばも, ふと立ち止まった, べつに東門街道, よろい戸に, らへ, らを, らん, るのみにて, る大, る小村, る己, る私自身, る粗, れるファウスト, れる傍, れる勝敗, れる大道, れる契点, れる松, れる橄欖島, れる真理, れる背後, れる試験問題, れる試驗問題, サッサと, ツて, 一処士の, 一切に, 三里に, 世界を, 乱岩叢竹作兵衛滝の, 事務所に, 依然この, 各地物産陳列売店と, 夢か, 大勢の, 女学校の, 家族数を, 寺である, 幾何学的な, 得意の, 恥か, 憤ッ, 時計屋で, 有名な, 朱同が, 果物屋だ, 母へ, 泳ぎ込む, 深い竹藪, 瀬戸物屋だ, 疎林を, 私達が, 花屋である, 谷です, 部下を, 錠前屋だ, 闘いつつ, 青々と, 顔見合わせ, 風を, 風呂屋である

▼ 横~ (202, 1.3%)

12 で見 9 に見, を使っ 6 で睨ん, で見る, を使い 5 で見た 4 で彼 3 づかいに, でじろりと, で睨んだ, に見る, を使った

2 [19件] でじろじろ, でそれ, でちら, でジッ, でジロジロ, で一郎, で姉, で清作, で白眼, で眺め, で睨み, で視, で視た, にじろりと, にながめ, に睨ん, をつかっ, を使う, を走らせ

1 [92件] が, がうごい, がうまい, して, つかつて, づかいを, でお, でおずおず, できつく, でこの, でさも, でしきりに, でそっと, でちよい, でちらりと, でどちら, でながめ, でまだ, でみ, でみた, でみる, でれい, でジム, でジロリ, でセエラ, でチラ, でヂロッ, でピッコロミリ夫人, でムッ, で二人, で僕, で土門, で天井, で奥さん, で威張っ, で彼女, で悪, で押え, で日本人, で津田, で田所, で田沢, で男, で相手, で眺めた, で眺めつ, で睨む, で石, で答えた, で見たら, で見られました, で見れ, で見取った, で見合い, で見守っ, で見惚れ, で見降し, で観察, で記内, で読んだ, で近づい, で門, とをいっしょ, にちらちら, ににらん, にみ, に交張り, に店, に汚れた, に白眼, に白眼ん, に睨み, に睨んだ, に美濃守, に要心, に見上げつ, に見上げる, に覗い, に覗く, もふらず, をくれ, をくれた, をつかい, をつかう, をつかふ, をはしらせ, をはしらせた, をやっ, を投げ, を流し, を與, を遣っ

▼ 横~ (166, 1.0%)

6 を一つ 5 をぴしゃり 4 をピシャリ, を打った 3 をはりとばし

2 [11件] などへ泥草鞋, を, をおさえた, をくらわし, を叩かれた, を吹く, を張, を張られた, を張る, を打, を擲

1 [122件] いきなり打, かそれとも, がじいんと, がそこ, がぴしゃっと, が痛ましい, が痛ん, でも張飛, にたたきつけ, にガン, に叩き付けた, に唾, に大きな, に平手, に平手うち, に当, に手, に拳固, に燃える, に稲妻, に貼, に飛ばした, に飛ん, に飛んだ, のひとつ, の一つ, はられた, は一枚, は頭蓋骨, へ叩, へ飛びました, へ飛ん, をいや, をおさえ, をかん, をがーん, をごらん, をしたたか, をじっと, をたたいた, をつよく, をなぐった, をなぐつた, をなぐられね, をなぐりつけ, をなぐりつけた, をなぐり飛ばされた, をなぐる, をねらわれた, をはね飛ばし, をはりつけ, をば非常, をひつぱたかれるような, をびしッ, をぶんなぐる, をまた, をもなぐりつけた, をイヤ, をガーン, をグワン, をグワーン, をピシリ, をピシリパシッ, をピシーリ, をポーン, を一つ鼻血, を一撃, を三ツ四ツ, を仰い, を削, を力一ぱい, を力一パイ啖らわせ, を力任せ, を取られる, を喰わせられた, を宜, を平手, を引っ掻かれ, を引ッぱたいて, を張っ, を張られる, を張りとばされました, を張りとばしました, を張り仆, を張り倒した, を張り倒す, を張り擲っ, を張り飛ばされた, を張飛す事さ, を張飛ばし, を張飛ばした, を思ひ, を打たれた, を打たれる, を打つ, を払う, を抛りつける, を撲っ, を撲った, を撲つた, を撲られ, を撲り, を撲りつけました, を撲り返しました, を撲り飛ばし, を撲る, を斬りました, を殴らせた, を殴られ, を殴る, を殴ろう, を毆つて眼鏡, を烈しく, を礑, を突き出し, を衆人環視, を見る, を鰭, を麁朶, 擦つて僵, 殴を, 突然打

▼ 横にな~ (150, 0.9%)

27 つてゐた 6 つてゐ, つて居た 5 つて眼を 4 つて 3 つて煙草を, つて肘を, つて胸の 2 つてから, つてからも, つてその, つても, つてゐよう, つて何やら, つて居ります, つて見た, ツた, ツて

1 [73件] つた, つたのは, つた一枚の, つた余も, つた叔父も, つた引寄せも, つた恋しい, つていつも, つてう, つておかしな, つてし, つてしまつ, つては, つてまどろむ, つてゐたらう, つてゐたらしい, つてゐました, つてウツトリし, つてミツキイの, つて一つの, つて一夜を, つて仕舞つた舟や, つて伊庭が, つて休みました, つて休む, つて休ん, つて何か, つて兄の, つて先づ菓子を, つて加集が, つて半, つて右の, つて大, つて天を, つて寢ながら, つて居, つて居ます, つて居りました, つて左り, つて待つ, つて心の, つて心を, つて忽ち, つて急ち, つて悲し, つて手まくらし, つて手を, つて挽舂の, つて暫く, つて木の, つて杉村は, つて此處へ, つて母様の, つて毛布を, つて波が, つて泣い, つて烟草を, つて無駄話し, つて目を, つて眠りこんだ, つて眼上に, つて砂に, つて私の, つて蒼ざめた顏は, つて襖の, つて見, つて讀書を, つて足でも, つて足を, つて頬杖を, つて默し, ッた, ッて

▼ 横~ (142, 0.9%)

2 ちらっと光る, ものを, 寝て, 聞いて, 鼻の

1 [132件] うち振り, うんうん呻い, きせるを, きのう見た, しずかに, しめやかに, その前, それを, だいぶ待たせられ, なお堂々と, なまめいた女, ねて, ひらいたダブダブ, ぶくぶくに, ほらこちら, ぼかん, ぽつりと, また, むやみと, ゆれて, よく眠っ, ギイと, タクシーが, ダッチャンと, チイ嬢に, トロトロ燃え, ドスドスと, ピヨコリと, フラフラさせた, マンは, ラッカー工場の, ロード, 三人共庖丁を, 上ったり, 中宮が, 丸木の, 二人だけ, 互に蔵, 井戸の, 人々が, 今年十八に, 何故今朝桃, 何時も狂人, 働いて, 全身を, 八卦見に, 凧屋を, 南鍋町だつた, 厚い洋紙, 双肌脱ぎ, 叩き独楽を, 同心くせえ, 吹雪が, 囁いて, 壁の, 声が, 売って, 夜店出しも, 大勢の, 大川時次郎と, 大惣, 大篝, 大通りから, 大鼾, 夫婦が, 奥の, 女が, 女と, 女の子の, 寝たとき, 小石川の, 小説を, 床板が, 待つて, 戸塚が, 手を, 拾ったの, 昼でも, 昼寝し, 木戸の, 木綿車を, 椅子に, 欲しいもの, 止つた, 気味の, 水を, 水牛と, 泣きたてて, 泳ぐよう, 深刻そうに, 煮込屋, 牛が, 生き生きとして, 畠を, 睨附け, 私は, 窓の, 立停まっ, 紙芝居を, 素肌に, 結ぶ紐, 絶望の, 線香や, 翁は, 老人の, 聞き耳を, 背広服を, 背負って, 胸スカシを, 自働電話, 船荷の, 若いもの, 蜜柑の, 見て, 見物し, 誰か, 誰かが, 起った事件, 起ると, 路は, 車を, 輝いた, 野菜を, 金五郎は, 鏡台を, 長い長いため息, 電車を, 非常ケイカイを, 顔を, 髪を, 魚を, 黒縮緬の

▼ 横~ (132, 0.8%)

3 に居る, の方, の黒田, へ上陸, へ行く 2 に入港, の南京町, の埠頭, の港, の港外

1 [107件] からお出で, からエムプレス, から八戸, から出した, から凾館, から流行, から留學, から買, が氣, が開港, だつたの, だつてこと, ではそれ, では町, でやつ, で唯十錢持つて煙草買, で會社, で買込み, で雜誌, で電報, との中間, とは十九歳, とは違つて不安心, なん, にとつて, にはまだ, にゐた, にゐる, に住ん, に在りし, に在る, に寄らない, に居, に居た, に建つ, に持つ, に掃部山, に於ける, に歸りつ, に着いた, に着きまし, に着く, に行かない, に行き, に行きました, に行つてオデオン座, に設けた, に長く, のその, のどこ, のアマチユーア倶樂部, のサムライ商會, のチヤブ屋, のヱキゾチツク, の中心地, の何處, の兩地方裁判所判, の公園側, の博覽會, の同, の山ノ手, の支店, の教育界, の景氣不景氣, の林, の某, の根岸海岸, の棧橋, の特性, の用事, の知人たち, の石灰製造所, の繁華, の船, の英人, の西洋人, の誰一人, の警察, の貧乏車夫, の鐵, の高梨武雄君, の黒田組, はその, はどこ, は衰退, へいっ, へいつ, へつき, への道, へやつ, へん, へ汽船, へ講演, へ通, ほど慘酷, までは汽車, までチョット, まで來, まで出掛け, より二里餘, より省線電車, をのがれ出し, を出発, を引き上げ, を歩く, を立つ, を離

▼ 横には~ (117, 0.7%)

3 截れる 2 なったが, なって, 黒塗りの

1 [108件] あの平たく低い, いそれから, いって, いや応, いろいろな, お靜, これも, たが, なったものの, ならざるが, また, また息, まだ雪, もうひとり実, わたしが, ゲートルを, コップも, タブチーという, ナヂェージダが, ミドリ嬢が, 一合徳利も, 三つの, 三基の, 三角だの, 二挺の, 二間ほど, 伊那丸の, 内ポケット, 出口に, 印刷され, 又八が, 同じく直線, 向けなかった, 向けられなかった, 吸入器や, 呉服屋が, 和七と, 喬介の, 堅吉と, 塗り膳が, 壊れかけた古, 外科医が, 多年の, 大きくホクロ, 大きな寝台, 大きな通草, 太陽館という, 妹たちが, 小さく一行, 小扶持, 帆村探偵が, 平手造酒が, 彼の, 成らなかつた余, 我々が, 截る, 手触りで, 掘抜井戸, 新たに, 書かれて, 最前の, 木の, 枯芝の, 桝目の, 楕円形の, 模型を, 水夫の, 水門土手の, 焚火と, 男が, 疏水が, 白ペンキ塗の, 白堊の, 白壁で, 目を, 短い脚立, 祖父さんの, 窓と, 立派な, 竹の, 粉々に, 粹な, 紅筆の, 細長い鮑貝, 脇息がわりに, 良人の, 茶碗や, 荷車が, 菓子器と, 蘚の, 親友の, 解剖学の, 触角とは, 豚屋が, 貼紙に, 赤鉛筆で, 足の, 運動會相手の, 運転手うしろには, 金五郎の, 銀の, 鎧の, 陸軍の, 飯を, 鳥の, 麹室らしい, 黒っぽい洋服, 黙然と物

▼ 横なぐり~ (114, 0.7%)

10 の雨 3 に吹きつけ, に拭い, の風

2 [11件] に, に体, に吹, に吹い, に吹きつけた, に拭き, に拭く, に来た, に降る, に雪, の豪雨

1 [73件] にかかる, にし, にする, にそれ, にたたきつけた, にふきつけ, にふきつけた, に一つ, に三番目, に両断, に円タク, に出発, に切, に切りつけました, に切り払う, に刷, に叩きつけられた, に叩きつける, に叩き付ける, に叩く, に右腕, に吹き, に吹きすさぶ, に吹きつけられ, に吹きつける, に吹きつけ始めた, に吹き飛ばされ, に吹雪, に地, に大粒, に太刀, に巻い, に悄然, に打ち下した, に払, に払っ, に払った, に投, に拂つて, に拭いた, に撫であげました, に撲りつけ, に深く, に甲板, に當, に睫毛, に硝子戸, に肱, に落し, に落ち, に足, に過ぎた, に降, に降っ, に降った, に降つ, に靡い, に頭蓋骨, に額, に顏, に顔, に高部, に鬼, の夏, の大粒, の大風, の太刀, の雨風, の雪, の風雨, はあたる, も殆ど, を食わせた

▼ 横づけ~ (109, 0.7%)

20 になっ 16 になった 11 になる 8 にし 7 になり 6 にする 5 になつて 4 になつ 3 にされ, にした, にもされないで 2 にせし, に致します

1 [19件] ができた, でぐわッぐわッ, で長火鉢, となった, となり, に, にされた, にされる, にしたい, にするです, にならず, になりました, に並ん, に成つた汽車, に澄まし, に秘書, に縛りました, に腕組, の駕籠

▼ 横~ (90, 0.6%)

8 を見 4 を見せ 3 を見る 2 をうか, をし, をぢ, を仰いだ, を睨ん

1 [65件] があんまり, がかなり, がスッ, が出, が髑髏, だけがほのか, だけしか見えません, だけをそつ, だけを見せつけ, で, で個性, で見返つた, と帽子, と鏡, なのに, なん, に, にちら, に伏し, に及んだ, に流れ, に移し, のうへにチクタク, のすぐ, のところ, のほつそり, の白く, の端麗さ, の綺麗さ, はきつ, はその, はだ, はまだ, は何となく, は良秀, へ噛みつく, へ提灯, へ熱心, も見せねえ, をあら, をさすが, をみ, をガラツ八, を一寸, を健, を切りぬいた, を初めて, を吉野, を呆れ, を平手, を徃來, を思ひ浮べた, を憎々しい, を描き, を旦那, を明, を望み見, を眤, を睨め付け, を見い, を見せる, を見た, を見下ろす, を覗き, を覗き込む

▼ 横~ (67, 0.4%)

13 腹を 11 面を 7 ちよに 4 ちよから口を 3 ちよから, 腹が, 腹に, 腹の, 飛に 2 坐りにな, 面へ

1 [13件] ちよか, ちよにか, ちよにな, ちよには, ちよのあたりで, ちよの村の, チョを, 腹などを, 腹なんぞに, 面でも, 面に, 面ぶん撲つ, 面ぶん撲る

▼ 横~ (65, 0.4%)

13 おを 3 まえに 2 おが, おは, かえに, 石の

1 [41件] あらわに, あり縦, いやに, おに, おの何という, がけに, くしに, けして, すっかり本棚, みやぶりであんた, わに, わを, グイと, 一尺で, 七八寸で, 三尺鞠の, 五センチ縦が, 五寸くらい, 出て, 前村長, 勤めて, 十五センチほどの, 十畳で, 向って, 土木の, 彼らにとって, 慌てて, 搦めなくなる, 満月形に, 生垣に, 石段にな, 立って, 芝居の, 薄刃のだ, 街道すぐ, 衣服を, 錐をも, 長く出た, 高い杉, 鶏肉屋橋の, 黒板塀に

▼ 横佩家~ (61, 0.4%)

10 の人々, の郎女 5 に深い, の侍女たち, の女, の娘, の池 4 へも出入り, へ戻 3 の豊成 2 の豐成 1 へも出入, へ戻っ, へ知らせ

▼ 横さま~ (60, 0.4%)

3 に倒れた 2 に俯伏, に倒れ, に尖, に拳, に白い, に飛ん

1 [45件] にかすり, にし, にしぶく, にその, になら, にぱつと木, にアディーチェ, に之, に二三度, に倒れ倒れ起き上っ, に傾い, に吹きつける, に吹き靡けられ, に噴き出し, に大, に太い, に底, に投げ出そう, に撞き当り, に木の間, に格子戸, に歩い, に波打った, に流る, に漲り溢れ, に煙り, に狭く, に痩頬, に白く, に直ぐ, に窓, に簾, に裂けたる, に見れ, に見上げる, に貫けり, に跪ずい, に跳んだ, に通り抜け, に通る, に降った, に駿馬, に鳴く, のお, の隙

▼ 横はる~ (59, 0.4%)

2 大熊星も, 幾多の

1 [55件] あくるあした, が如く, ことである, ことを, そを, といふやう, とき, ところの, と更に, と長々, と雨戸, に若く, に逢, は垂死, もあり, ものは, もよく, やうな, を見, を重い, 一大要件と, 一種の, 二つの, 二月かな, 五尺の, 傍に, 兵車奪, 困難を, 塁, 大きな秘義, 家屋人物の, 巖, 恐しい, 懸隔を, 時を, 最大なる, 杣山の, 様々の, 橋梁に, 永代橋には, 海洋の, 淋漓流るる, 甘眠彼, 石の, 種々の, 而し, 色々の, 葉桜の, 蒼く萎びた, 處海岸に, 裸婦に, 諸の, 道徳的意義に, 邪魔を, 高原の

▼ 横通り~ (59, 0.4%)

3 にある 2 から出, に出, の方, を歩い

1 [48件] から入る, があっ, があります, がある, が一つ, が二町, ではじめて, でバッタリ, でロスチャイルド, で壁, で変, で目, で立のき, になっ, には昔, には防弾衣, には電気協会, にも入口, に五階, に出た, に曲る, に面した, に高い, ぬけて, のところ, のシグナル, のペーヴメント, の中, の出水, の壁, の竹垣, への出口あたり, へは抜けない, へ曲っ, へ曲り, へ電車, までは一丁, まで入り, も店, も物音ひとつ, をはいった, をぶらぶら, を右, を吹き抜ける, を来る, を突, を見る, を通った

▼ 横ぎって~ (53, 0.3%)

4 行った 2 紅い風船, 緩く流れ

1 [45件] たまらなく不愉快, なおも伊吹, まだ知られざる, やがて外海ぞい, やがて江戸城, 下るの, 中棚, 乱れて, 再び小名木川, 吊り上げられたよう, 向う横町, 吹きはじめた時, 小さな宿屋, 急いで, 新しい会堂, 来た, 来て, 来るウィリアム, 歩いた, 歩いて, 流れて, 流れ彼, 消えたそう, 消えたの, 涼しいみどり, 狭い通路, 登ると, 真綿帽子, 行くうち, 行くこと, 行く路, 行って, 見たり, 赤い広場, 走った, 走りおそろしい, 追いたてて, 逃げながら, 逃げ行く人影, 進むの, 進んで, 運ぶの, 遠ざかった, 飛ぶ声, 飛ぶ渡鳥

▼ 横にも~ (52, 0.3%)

3 竪にも 2 同じ様, 後にも, 縦にも, 見上るばかりの

1 [41件] いろいろの, うしろにも, おかしいほど, しない, しない息子, しよう, すれば, その土蔵, その土藏, たれて, だよ, なって, ならずさて, ならず坐り続けて, ならず藤吉, ならないで, なれない, なれるだろう, また精巧, 一つ寝床が, 井戸が, 図抜けて, 大きい人, 大男である, 奇麗である, 広がって, 強くはたらく, 時間的にも, 歩行き, 永く廣, 無限の, 生活を, 空っぽの, 空地一杯に, 罅裂ありき, 肥つた, 自由に, 走れるエレベーター, 限界の, 雄大な, 靡かずムツクラ

▼ 横佩墻内~ (49, 0.3%)

5 だ, だと, に住む, の, の家, の郎女, へ馳 4 と讃, へ知らせ 3 と言 2 と言う 1 と讃えられ

▼ 横~ (49, 0.3%)

5 りして 4 りされ, りされた 3 して 2 されて, せんと, りしたあの, りしようと, りする, 槐門周章

1 [21件] された, したの, した天下, し得たる, するが, すること, する考え, する者, である, に来る, の肚, の賊, りされる, りし, りした事, りした都府, りしてやろうという, りしよう, りな, りなされた, りなんて

▼ 横たへ~ (48, 0.3%)

8 てゐる 6 てゐた 4 てあります 3 てある 2 て, て居た, て閻浮檀金

1 [21件] たり好き, てしまつ, てす, てどんな, てキエフ全市, て休息, て古い, て居るで, て山隈, て左手, て帯, て懸け, て朝夕, て枕許, て沈み勝ち, て無為, て目前, て絶食, て經机, て臥さぬ, て辛うじて

▼ 横って~ (46, 0.3%)

8 いた 6 いるの 3 いて, いる

1 [26件] いたしジョイス, いたに, いた共同椅子, いるから, いるとは, いるので, いる事, いる多数, いる小, いる死体, いる皿, いる真上, いる鉄道線路, いる飯田橋, お弁当, 命令を, 居た, 居る, 岸に, 攻撃の, 暗い中, 良人を, 行く汽車, 行ったとき, 見えるの, 静に

▼ 横つて~ (45, 0.3%)

4 ゐるの, 見えるの 2 ゐた, ゐたの, ゐるから, 居つたが, 居る

1 [27件] つくづく見れ, ゐた私, ゐる, ゐるかを, ゐるといふ, ゐるなどは, ゐるので, ゐるやう, ゐる一体, ゐる千態万状, ゐる科学, ゐる自然, ゐる解決, 又た, 居た, 居つた, 居つたわけ, 居つて, 居るが, 居ること, 居るとか, 居るので, 居る塲所, 居る東京, 居る根強い, 居る様, 居る樣

▼ 横~ (45, 0.3%)

6 の広い 5 の方 2 が広く, の廣

1 [30件] が一々, が三, が九尺四寸, が二尺四五寸, が廣, が懸かっ, が釣合い, だけである, でありました, で紙質, とがあれ, と寝台, には西行自筆, に対して高, のかった, のひろい, の平均, の渾沌, の石段, はたしかに, は二丈, は入口, は全体, は広い, ばかりじゃありません, ばかりの長屋, もわずか, を縮め, 但結束相連, 約二尺八寸

▼ 横~ (43, 0.3%)

26 飛びに 5 とびに 3 跳びに 2 倒しに 1 かぶり, ている, とびの, 倒れに, 吹きの, 坐リニ, 払った

▼ 横ッ面~ (43, 0.3%)

2 へ叩きつける, を, をひっぱたい, をヒッパ, を殴りつけ

1 [33件] でもなぐられる, に平手打ち, に石, へ吐ッ, へ喰い切った, へ飛ん, をおっ付けた, をたつた, をはる, をひ, をひっぱたき合った, をひっぱたく, をひつ, をひつぱたかれて腹, をひつぱたく, をひつぱたくのを満身, をぴしゃり, をぶん殴り, をハリ, をヒッパタ, をポカリ, をポカーン, を一つ, を土, を引, を引っ, を張った, を張られた, を張りとばした, を拳固, を撲らなけれ, を殴る, ヲ直

▼ 横~ (41, 0.3%)

2 に印した

1 [39件] から特に, が赤く, で微笑, と青い, にジリジリ, に乱れかかっ, に何, に感じ, に暑い, に浮か, に生あたたかく, に糜爛, のほくろ, のま, のやう, はもう, は皮膚, へ貼つた, を, をイキナリ眼, をハタ, を上, を喰ら, を平手, を後者, を急, を打たれ, を撲, を撲った, を撲りのめし, を擲, を朝, を殴られる, を無残, を熱心, を私, を舐つ, を見, を見詰め

▼ 横へて~ (39, 0.2%)

6 居る 2 ゐた, ゐる, 吊る佩き方

1 [27件] いかめし作り, かきならす, これを, しまつ, みること, ゐたの, ゐなかつたら今頃, 低い床, 喪心した, 四方の, 夢に, 天下に, 天下を, 居た其所, 居るの, 弔る佩き, 掲げて, 暫し息, 曙を, 歌を, 洛陽に, 眠の, 磴道を, 私の, 茫漠たる, 陣頭に, 雉兎を

▼ 横~ (38, 0.2%)

7 縦と 2 向合つて竹山, 縦とが, 縦とだけが, 縦の

1 [23件] いわず大門, いわず手当り次第, ぢの, ならんで, 上は, 劉唐も, 各十九区劃宛, 後と, 朱同に, 朱同は, 横との, 称せらるる, 移りつつ, 竪との, 縦とだけ, 縦とだけしか, 縦との, 縦へ, 葉茶屋の, 行つ, 阮小七とを, 阮小七の, 高さ

▼ 横~ (38, 0.2%)

2 に, のほう

1 [34件] から出た, から呼, から牛, から鼻, がその, がまた, しか見えなかった, で五里霧中, で黒い, にあい, にかけ, にはすばらしい, には毛脚, にもある, に二枚, に刳り, に大きな, に平, に掛け, に斜, に硝子, に窓, に立てる, の倚子, の庭, の扉, の敵, の最高凸出部, の硝子板, の角度, の部屋, は低く, をしゅっ, を押される

▼ 横~ (37, 0.2%)

22 おしに 7 んだら 2 おれに 1 から思い切っ, がへん, が老母, ふしに, わほら, んし

▼ 横~ (36, 0.2%)

2 うしろも, 縦も

1 [32件] いい人物, いうまでは, いる, そうした広い, それっきり戸の, つまり余白, ともに十八尺, ないただ, ふと目, また和, また颯爽, まだ遠く, やられたかも, 切れて, 向かないの, 向けない医院, 壁で, 大, 広いさびしい一面, 後も, 微紅い, 板上も, 渋れない, 狭く非常, 竪も, 縱も, 考へたの, 自分も, 討たれた, 酔い朱同, 雨の, 騎馬と

▼ 横~ (35, 0.2%)

3 の眼

1 [32件] からは好戦, が恨み, が撥, が胸, であって, と同じ, と慈悲太郎, と異ならない, に生存, に発し, に言った, のそれほど, の下手人, の半面, の唇, の場合, の火, の精悍そのもの, の美しい, の背後, の迫り, の鏡, の顔, はふと, は撥, は波浪, は眩み, は錯覚, や, を害め, を眼, を追いやっ

▼ 横~ (34, 0.2%)

5 のある 2 が幾筋, を寄せ

1 [25件] がある, がいくつ, ができた, がより, が三本くつきり, が二三本, が刻まれ, が寄り, が現れ, が生じ, が見えた, で埋まっ, と縦筋, のせゐで, の出たしなびた, の多い, の深く, の重なっ, は園, へ縦筋, まで同一, や上瞼, を一本, を深く, 荒い眉毛

▼ 横ッ腹~ (33, 0.2%)

2 をこづかれた, を走る

1 [29件] からゾーッ, から突出, がドブ, が痛み出し, に伊達政宗, に抱え, に疼痛, の処, の方, へお, へずぶ, へどんと, へぶち込まれる, へガン, へ中堂, へ抜ける, へ突き当っ, を, をか, をなぐる, をふまれる, をふみにじられたく, をふむ, をぽか, をジャクナイフ, を修繕, を抉る, を蹴られ, を蹴り倒し

▼ 横倒れ~ (33, 0.2%)

6 になった 4 になっ, になる 2 に転び

1 [17件] で鉄張り, になつ, になつてめちやめちや, にならね, になり, にドッ, に倒れ, に倒れた, に倒れる, に地ひびき, に寐, に小町, に斃, に石, に陥っ, の朽木, 転廻っ

▼ 横~ (32, 0.2%)

5 ている 4 ていた

1 [23件] その刀身, たりする, たる張飛, つつ, つつ雨, て, てある, ていよう, て四方, て家, て少し, て巴里, て床, て彼, て曹操, て顔, て餓えたる, 始めて電気, 或は両手, 死んだふり, 裳の, 赤毛布を, 風を

▼ 横わり~ (32, 0.2%)

2 つつある, ながらその

1 [28件] いい顔, いかに強い, こうして彼, それに, つつなほ子, て丈三尺余, て御名, て遠く, て黒き, ながらこんな, ながらでも闇, ながらわずか, ながら川楊, ながら彼, ながら昨日, もう呼吸, 一晩中蚊に, 両岸, 伸子は, 内科に, 吾, 大きな肖像, 大内及び, 居り候, 或は佇み, 正面には, 気持が, 私も

▼ 横~ (32, 0.2%)

17 して

1 [15件] し, しかけた, したところ, し北氷洋, すること, するに, するを, する丘陵, する列, する抔, する線, する船, せる一條, の冒險, も嘗て

▼ 横歩き~ (30, 0.2%)

4 をし

1 [26件] が特徴, そのままの, だ, であった, でここ, では稍困難, でもし, でもっ, で方々, とが新しい, に, にあるき, にそろそろ, にもの, に彼女, に歩い, に母, に近づい, に追い, の不思議, の人影, の足跡, は縦歩き, を始める, を用いました, 風の

▼ 横~ (29, 0.2%)

1 [29件] から血, から銀杏返し, から頬, と思ふ, にひびいた, に一枝, に喰っ着け, に当った, のあたり, のところ, のところが, の盃形, は私, へかけ, へかけられた, へさ, へぴしやりと平手, をかい, をかすめる, をハッ, をハツ, を一太刀, を切っ, を扇, を打たれた, を打つ, を掠め, を斬り払った, を紫色

▼ 横わる~ (28, 0.2%)

2 のを

1 [26件] とある, という悲惨, ともこの, と即日, と殆ど, と間もなく, のであった, のでした, のは, のも, までまた, ものあり, もの一切, を剣, を見, を見る, 各ニュアンス, 大きな闇, 如き堅陣, 小さい姿, 深い疑問, 深くも, 物凄い大, 硬い文鳥, 重い影, 黒ずんだ腐れ骸骨

▼ 横たおし~ (27, 0.2%)

10 になっ 7 になった 2 にたおれ, になり, にタタキ 1 となった, となり, にブツ, に草

▼ 横わった~ (27, 0.2%)

1 [27件] がなかなか, がなほ子, ことは, さまは, ときその, ので騒ぎ, のは, ままこの, まま咯きました, まま浮きあがる, まま片方の, まま目を, 一本の, 人の, 体に, 光子の, 向うには, 夏外套も, 姿だけ, 忠利に, 時の, 樹の, 湖水から, 焼岳はと, 白いバンド, 草山の, 高さ

▼ 横~ (26, 0.2%)

7 になっ

1 [19件] だの或は, であろうとも, にし, にした, になつて, にばったり, に一人, に凭れ, に凱旋門, に坐っ, に坐つ, に坐る, に尻尾, に庇, に桃, に臥, に隣, のを, キ背中頸ト各

▼ 横ぎり~ (25, 0.2%)

1 [25件] あかあかと, そしていずれ, そのあと, そのもっとも, その内部, その船, たちまち姿, また丘, また暗い, また林, また無数, もう一匹, もひとつ上, わからなかった湖水, 出した, 又暗い, 古い士族屋敷, 合いそう, 大また, 時には深, 歩いて, 歩ましむる, 終ると, 進み行く, 過ぐ

▼ 横~ (25, 0.2%)

5 が長い 2 の上

1 [18件] が右, が渡し, との間, なぞを払ふため, にかじりつい, にハンガア, に制帽, に衝突, のよう, の中央, の間, はオーアン, へしっかり, へはい, を二本, を取り, を引っ張っ, を引つ

▼ 横一文字~ (24, 0.2%)

1 [24件] にすう, にガッキ, にギュー, にサッと, にピッタリ, に伸び, に堆く, に払った斬, に斬っ, に相手, に薙ぎ払っ, に走る, に鉄道線路, に閉ざされた, に閉じ, に雪渓, の一方窓, の口, の岩, の抜打ち, の線, の鉄道線路, の鉢巻, を縦

▼ 横~ (24, 0.2%)

6 わって 5 しに 3 えて 1 えた, った, っていた, っている, れに, わった屍骸, わりそれ, わり先ず, わり苔, わり飢人地上

▼ 横長い~ (21, 0.1%)

2 岡の, 窓を

1 [17件] 二等辺三角形の, 地面が, 家で, 岡を, 市街を, 建物の, 手洗場で, 数字は, 旗が, 潟が, 物置長屋とは, 田圃が, 穴から, 筋紙には, 行燈が, 雲が, 額が

▼ 横~ (20, 0.1%)

3 の河岸 2 のお, の浮き桟橋, を割り下水

1 [11件] かにお, だよ, にかけて夏, に囲われた, に棲む, に貸家, の小路, の指物師, の近江様, へ御, へ飛ん

▼ 横向い~ (18, 0.1%)

3 ている 2 て笑つた, て鼻

1 [11件] てい, てしまう, てしん, てなんと, て云, て云ツ, て咲い, て居た, て知らん顔, て言葉一つ, て鼻打ち

▼ 横~ (18, 0.1%)

2 との間, の枠

1 [14件] からいつ, からはこども, からほんの, から半身, から家, があった, が明い, に大川, に打ち込み, のお, の下, の小蔀, の硝子扉, を破っ

▼ 横~ (17, 0.1%)

1 [17件] がある, に, にがやがや, につかっ, になっ, に二, に振り, に梭, に流れだした, に縞, に鏡, の区別, の微, の疵, の通り, 揃った筋骨, 高さ

▼ 横飛び~ (17, 0.1%)

3 に飛ん 2 をし

1 [12件] にぶっ, によたよた, にクインス旅館, に二メートル, に台所, に建物, に戸外, に栄蔵, に逃げる, に逃出, に飛び出した, に飛んだ

▼ 横しぶき~ (16, 0.1%)

3 の難 2 に吹きつける

1 [11件] あららかに, です, で濡れ, にしぶく, にどつと, になっ, には困, に凄, に血, のなか, の雨

▼ 横はり~ (16, 0.1%)

1 [16件] あゝこの, そしてもう, その傍, それが, たりし, に行く, 俺は, 多數, 我衣は, 星と, 炭燒らしい, 私も, 血は, 遭遇すべき, 雜然として, 黄浦江の

▼ 横まで~ (16, 0.1%)

2 来ると

1 [14件] かけて, かつぎ出して, 一ぱいに, 出て, 来たとたん, 来た時, 来て, 濃い陰影, 端は, 船が, 行きますと, 行って, 通りかかって, 連れ行かれ金五円

▼ 横~ (16, 0.1%)

2 て図書室, て洵

1 [12件] いざと, つつあるであろう, て明鏡, て疲れ, て稍, をり, アルバノの, 今将, 居給ふ, 崖に, 怨嗟の, 朝典を

▼ 横~ (16, 0.1%)

2

1 [14件] あり, がかかげられ, が掛っ, で大正七年, にある, に二字, のぴりぴり, の一つ, の下, の淡い, の皮膚, をとんとん, をぴりぴり, を押えた

▼ 横からも~ (15, 0.1%)

6 縦からも 2 竪からも 1 うしろからも, おなじよう, なんども, もうまったく今, 観察した, 隣人に, 雪は

▼ 横乗り~ (15, 0.1%)

3 になった

1 [12件] して, するもの, で夫婦轡, になっ, になり, に乗っ, に自然, に身, に飛び乗つ, に騎, をし, をする

▼ 横~ (15, 0.1%)

5 標に 3 標は 1 になっ, になった, に坐った, わりの, 標における, 標によって, 標の

▼ 横好き~ (15, 0.1%)

2 で今日

1 [13件] で, では, でも大, で一向, で下手, で公務, で四目, という, というん, という俗諺, と言います, と言う, に碁

▼ 横着け~ (15, 0.1%)

5 になる 4 になった 2 になっ, になつ 1 にされた, に聳え

▼ 横えて~ (14, 0.1%)

2 居る

1 [12件] ねるとも, 吊る佩き方, 客待ちし, 居た, 居りました, 日本軍を, 火縄銃を, 白い毛布, 眠って, 眠る, 胸を, 詩を

▼ 横ちょ~ (14, 0.1%)

1 [14件] からチョビ安, と猪首, にさがり, になっ, にむすん, に倒れ, に冠, に押し, に曲がり, に突き差し, に結ん, に被り, へはさん, を通してはいや

▼ 横~ (14, 0.1%)

1 [14件] から第, が触った, にのぼりついた, の先, の拡がり, の股, へうつっ, へお, へとだんだん, へはいだした, へ馬上, をつたわっ, を出さず, を少しく

▼ 横~ (14, 0.1%)

1 [14件] さしたる姿, で金脚五分珠, という国貞好み, といふの, といふ者, などといふこと, にし, にした, の女, は薄暗い, も隠す, をさし, をさした, を圧

▼ 横~ (14, 0.1%)

2 を極め込ん

1 [12件] で一命, と傲慢, なの, なよう, な人, な心, な方, な構え, に可, に見え, の奴, の記憶

▼ 横薙ぎ~ (14, 0.1%)

2 に払った, の一刀 1 がもろに, にかけた, にのびた, に一揮, に太刀, に引っぱたいた, に思わず, に払われた, に抜きつけた, に赤兎馬

▼ 横~ (13, 0.1%)

2 わりになった, わりの 1 っぽう撲り, わり, わりし, わりにくずれた, わりにすわっ, わりにすわった, わりにでも, わりになっ, わりにも

▼ 横ッチョ~ (13, 0.1%)

1 [13件] に, に冠, に啣, に寝, に小さく, に山, の木煉瓦張り, へ取りはらわれ, へ取り片づけられ, へ寝かせ, へ店, へ植えつけた, へ片づけられ

▼ 横~ (13, 0.1%)

1 [13件] が幾つ, が立て, と壁, と女工たち, に坐る, に目, に飴, の上, の看板, の長, をまたがせられ, をまたがせられた, を半分

▼ 横肥り~ (13, 0.1%)

1 [13件] がし, でぶで, にひろ, にまるまる, に肥, に肥った, に肥つた乳母, のした, のちんちくりん, のよう, の小さな, の方, の赤ら顏

▼ 横~ (12, 0.1%)

3 走りを 1 ぴろがりに見える, チョに, 丁に, 坐りし, 坐りに, 広い頭, 座りに, 払いに, 飛に

▼ 横~ (12, 0.1%)

6 えに 1 えで, えとやりゃあがっ, えの, えを, にし, へにした

▼ 横~ (12, 0.1%)

2 だの 1 とが並ん, とが覗い, の下り, の西側, の鞍部, の額, は殆, へ取付, へ向う, を過ぎ

▼ 横濱埋立事件~ (12, 0.1%)

2 に關, を以て星氏, 起るや 1 に就, に關係, の如き, の如く驚く, の眞相, は極めて

▼ 横附け~ (12, 0.1%)

4 にされた, になっ 1 される, になった, になり, に玄関

▼ 横たはる~ (11, 0.1%)

3 ものから 1 ところの, と御, と次々, ものについて, 事と, 他の, 大きな汽船, 或る

▼ 横たふ~ (11, 0.1%)

3 天の川 1 や時鳥, 天の河, 天河, 山脈は, 暮色かな, 谿は, 雲の, 魚の

▼ 横っ倒し~ (11, 0.1%)

2 になっ, になり 1 でたいてい, なア事, になってるでねえ, に乗っ, に捻じ倒す, に斃, に落ちる

▼ 横はれる~ (11, 0.1%)

1 [11件] ぞその, に過ぎざる, や, を云, を悲しん, を知る, を窓, を見, 大石落ちん, 実際問題, 貫一

▼ 横むき~ (11, 0.1%)

4 になっ 1 だったら菊五郎, にあおのけ, にあふのけ, につっぷし, に水, に足, に顎

▼ 横~ (11, 0.1%)

1 [11件] うしろの, うしろは, 下から, 下などに, 前から, 後ろから, 朱同の, 朱同は, 耳の, 轅にまでも, 食い足りない思い

▼ 横六畳~ (11, 0.1%)

5 の座敷 1 があっ, でまえが, で隅, に二間, のふた間, へ案内

▼ 横~ (11, 0.1%)

1 [11件] から分岐, だとか, になつ, にふさぎ込められ, に通じ, の先, の溝, はその, へ下りた, を歩かね, を穿ち

▼ 横撫で~ (11, 0.1%)

6 にし 1 にこすり上げ, にした, になっ, に拂, に粧

▼ 横えた~ (10, 0.1%)

1 その丘, と謂ッ, のである, ままただ, ままである, まままっ黒の, ように, ようにも, 人の, 額際を

▼ 横ぎつて~ (10, 0.1%)

2 下るので 1 出て, 切られた一方, 向ふ, 行く, 行くと, 行く舟, 走つた, 走つて行

▼ 横~ (10, 0.1%)

2 わをよせ 1 わがきざまれ, わが三筋寄り勝ち, わが二三本出來, わの見える, わの額, わを二三, わを現した, わを額

▼ 横つ飛び~ (10, 0.1%)

1 につっ切っ, にとびこみました, にスツ, に入口, に小田原町, に裏通り, に路地, に階子段, に風, に飛び出しました

▼ 横では~ (10, 0.1%)

1 いけない眼, ドイツの, ポルトギーズの, 一人の, 不足な, 吸音器が, 地面に, 揚ゲ玉という, 桟橋が, 気絶を

▼ 横なぐれ~ (10, 0.1%)

2 に風 1 にあれ, においで, になる, に倒れ, に合羽, に退った, に通りすぎた, に降り

▼ 横にでも~ (10, 0.1%)

1 おなりなさい, おなりなすったら, なって, なつて気, なりたい気, なるさ, 入ったの, 成って, 成つて休まつしやれ, 縦にでも

▼ 横~ (10, 0.1%)

3 にし 2 になっ 1 にする, につく, になった, になつ, 御改

▼ 横~ (10, 0.1%)

2 をもち 1 ありき, あれば, なども此例, の刃, を取り佩かし, を受け取りた, を獲つる, を見

▼ 横~ (10, 0.1%)

1 からだらり, が即ち, にこう, にし, の奥, も交っ, をさし入れ, を入れた, を入れる, を出した

▼ 横撲り~ (10, 0.1%)

1 にかかっ, に凄, に叩き伏せた, に四人, に打っ, に払った, に斬り込ん, 一人の, 男の, 軽くスッポリ

▼ 横~ (10, 0.1%)

2 の数字 1 で一々, にし, の書, の皺, の素読, を知らずし, を講じ, 読むの業

▼ 横~ (10, 0.1%)

2 にし, になっ 1 しその, ながら梵語, にあらずや, にした, の文字, を主張

▼ 横ぎる~ (9, 0.1%)

1 だけの自信, と見えない, にはよき, に逢う, は我が, を俟, を忌む, 大きなビルディング, 高い堤道

▼ 横向け~ (9, 0.1%)

2 にした 1 ていた, てたおれ, て周平, ながらちら, にし, にときには, に差しつけた

▼ 横~ (9, 0.1%)

2 の使用, の発明 1 ではなく, と大, に変る, の採用, は大きい

▼ 横~ (9, 0.1%)

1 といふ横街, には, に身, に馳せ入りぬ, のほう, の入口, の方, より出, を駈け

▼ 横~ (9, 0.1%)

1 からかえし, から入っ, から根岸田圃, から現した, のわき, の前, の橋, の間, へ廻った

▼ 横について~ (8, 0.1%)

1 いて, いてね, ゐますが, 曲がった三軒目, 石炭を, 荒町の, 走りながら, 阿波守は

▼ 横へと~ (8, 0.1%)

1 あたかも湖水, 匍う, 山の, 平面的な, 廻って, 影を, 急いで, 這ふ

▼ 横~ (8, 0.1%)

1 のである, グロテスクな, 実際の, 広き畠, 永代橋を, 波上にでも, 男女共通の, 痛苦を

▼ 横~ (8, 0.1%)

1 では之, にし, には発見, に於, の感懐, の複雑, の見解, の読者

▼ 横綴じ~ (8, 0.1%)

2 の帳面 1 したもの, になっ, の写本, の厚い, の手帳, の長い

▼ 横~ (8, 0.1%)

1 から飛び下り, が眼前, で聞えた, にこれ, にそれでも, に立つた, の端, の障子

▼ 横路地~ (8, 0.1%)

1 から七彩, に白い, のくら, のズッ, の前, へ這入っ, へ這入りました, を這入った

▼ 横里鯨之進~ (8, 0.1%)

1 が女の子, が矢留瀬苗子, という有名, の矢留瀬苗子, は大阪, は実行家, は早く, は無恥

▼ 横~ (7, 0.0%)

3 ひから 1 ひから口, ひから肥えた妻君, ひの, ひより甲比丹に

▼ 横すじかい~ (7, 0.0%)

1 にしいしい, に休らい, に凭れかかった, に崩し傾け, に引っ, に閃, の

▼ 横だき~ (7, 0.0%)

4 にし 1 にかかえこん, にする, に掬いあげられた

▼ 横つ倒し~ (7, 0.0%)

2 になつて 1 にかぶり, になる, に倒れた, に血潮, に飛び出し

▼ 横~ (7, 0.0%)

1 がれに, ぐりにこすりながら私は, ぐりにしてどっと吹き降る, ぐりにそぎ落した, ぐりにはらいとばすとこは, ぐりのひどいしぶきが暮色の, ので馬上

▼ 横もの~ (7, 0.0%)

1 がかかげられ, が壁, が掛けられ, の幅, を描き, 一行ものの, 小點

▼ 横より~ (7, 0.0%)

1 しつかと, 乗かけられ吾船, 斜めに, 眺めて, 見て, 覗き小声, 雑水を

▼ 横~ (7, 0.0%)

3 なって 1 とこで, なったまま, なつてら, なりながら

▼ 横ッちょ~ (7, 0.0%)

1 だ, にかた, に曲っ, に銜える, に音楽, へもう, を向い

▼ 横~ (7, 0.0%)

1 からあの, から内, が外れかかり, が急, に腰, の上, の私

▼ 横~ (7, 0.0%)

1 がその, に平行, に結晶, に記された, の極, を支え, 及び縦軸

▼ 横銜え~ (7, 0.0%)

3 にし 1 で題目, にぱっぱっと煙, に声, に銜え

▼ 横~ (7, 0.0%)

3 を入れる 1 だ, にて再び, の人々, を入ん

▼ 横長く~ (7, 0.0%)

1 ひいた雲, ひろびろと, 出没し, 組合せたもの, 貼られた, 開いて, 黒地で

▼ 横えられ~ (6, 0.0%)

2 ていた, ている 1 てある, ています

▼ 横えられた~ (6, 0.0%)

1 その捨身故, ままだ, コンクリートの, 太い曲りくねった, 無残な, 白いバンド

▼ 横える~ (6, 0.0%)

1 ことが, とき自分の, と惜げ, ように, 場処である, 有様でした

▼ 横たへられ~ (6, 0.0%)

2 て居た 1 てあつ, てありました, てをります, 形ばかりの

▼ 横つら~ (6, 0.0%)

1 が燈火, でぐいぐい, へ投げつけ, をぶつた, をナグ, 春風ぞ

▼ 横との~ (6, 0.0%)

1 三尺ばかりの, 人間関係を, 線を, 衝突が, 釣り合いが, 関係な

▼ 横どりし~ (6, 0.0%)

21 ていた, てしまいました, てしまうだろう, て怒り顔

▼ 横において~ (6, 0.0%)

1 あるいす, あるテレビジョン, しばらく眠っ, よみつつ, 本の, 目を

▼ 横びん~ (6, 0.0%)

1 からつづい, から夥, から頂天, に薄, をおそいました, を掻く

▼ 横ぶと~ (6, 0.0%)

3 りして 2 りの 1 りで手

▼ 横~ (6, 0.0%)

2 でみ 1 きびしく扉, でわらっ, でわらつ, にかぶり

▼ 横わき~ (6, 0.0%)

2 をさも, を掻い 1 に引っかかえる, 新九郎の

▼ 横ツ腹~ (6, 0.0%)

1 が大分, でも蹴破, に, に匕首, へ器械, を蹴つた

▼ 横佩右大臣~ (6, 0.0%)

3 はさき 1 と謂, はさきおととし, は去年太宰員外帥

▼ 横~ (6, 0.0%)

2 われる女 1 っていた, になる, わった十兵衛, わって

▼ 横姿~ (6, 0.0%)

1 から自分, が眺められる, が見え, も見, も見えた, やうしろ姿

▼ 横揺れ~ (6, 0.0%)

2 をする 1 だけで, もしない, をはじめ, を考慮

▼ 横~ (6, 0.0%)

1 が奥行き, に対して大いなる, やや鈍角, をすえ, を作り, を張り

▼ 横露地~ (6, 0.0%)

1 に住ん, の初午, の掃溜箱, へズンズン, を玄関前, を裏庭

▼ 横~ (5, 0.0%)

1 あたり, たり, たるに, 双刀, 孤鶴に

▼ 横~ (5, 0.0%)

1 にかかる, にたて, に走っ, 出して, 走りて

▼ 横ざし~ (5, 0.0%)

1 にさし, にさしはじめ, にさし込ん, にぶっ, に葉子

▼ 横たへる~ (5, 0.0%)

2 ことが 1 ことに, ことも, と上

▼ 横とじ~ (5, 0.0%)

1 の吉野, の唄本, の帖面, の帳面, の豆本

▼ 横とび~ (5, 0.0%)

1 にとん, に奥, に廊下, に母家, に飛びのき

▼ 横なぎ~ (5, 0.0%)

1 にうなった, に抜きはらった, の一刀, を首, 傘を

▼ 横のめり~ (5, 0.0%)

1 に両足, に寝入っ, に平四郎, に耳, に腰

▼ 横~ (5, 0.0%)

2 天の川 1 のも, 天の河, 雲も

▼ 横みち~ (5, 0.0%)

2 にそれた, へはいっ 1 に外れ

▼ 横れる~ (5, 0.0%)

1 なし, にやあらん, は我友, 人の, 太古の

▼ 横~ (5, 0.0%)

3 の大将 2 の大

▼ 横尾根~ (5, 0.0%)

1 から東沢, の外, の日蔭, は孰, へ上る

▼ 横截っ~ (5, 0.0%)

2 て来る 1 てしまっ, てつかつか, て二人

▼ 横~ (5, 0.0%)

1 にかかえ, にし, にしっかり, に引ン, へに二間

▼ 横~ (5, 0.0%)

4 みに 1 みを

▼ 横~ (5, 0.0%)

1 したヤナギタデ, に小, に立枠, に見, の態

▼ 横~ (5, 0.0%)

1 がさがっ, の上, を張り, を捧げ, を立て

▼ 横~ (5, 0.0%)

1 がさして, になった, になる, にカンカン, はあたり

▼ 横~ (5, 0.0%)

1 にお, になつたま, に乘つた立兵庫, に暗, に棚

▼ 横~ (5, 0.0%)

1 かも知れねえ, でで, のはじけ, の跛足, を遣つ

▼ 横看板~ (5, 0.0%)

1 がつい, の字, の裏, をかかげた, を通りがかり

▼ 横着き~ (5, 0.0%)

2 うりの, うりは 1 うりと

▼ 横睨み~ (5, 0.0%)

1 で, にし, にじろじろ, に控え, をした

▼ 横~ (5, 0.0%)

1 に坐り, に莨, をば或, を正し, を続け

▼ 横~ (5, 0.0%)

1 に, に大, に醸, を作り, を曳き出し

▼ 横~ (5, 0.0%)

2 のまま 1 で三味線, にスラリ, に構え

▼ 横鼻緒~ (5, 0.0%)

1 が切れました, の仕事, の従業, を両, を切っ

▼ 横あるき~ (4, 0.0%)

2 と底 1 にその, をし

▼ 横~ (4, 0.0%)

1 ぢり, ぢりし, ぶりに, 膝結びか

▼ 横からは~ (4, 0.0%)

1 すに, ひる, ひる長い, 灌木の

▼ 横さん~ (4, 0.0%)

1 だと, てえお方, とは掲陽鎮, と朱

▼ 横~ (4, 0.0%)

1 っぱう, っぽうへ, っぽうを, っぽを

▼ 横たへられた~ (4, 0.0%)

1 お玉は, ま, 時, 柱の

▼ 横つた~ (4, 0.0%)

1 がいつか睡魔, がいろ, が何故か少し, が其夜

▼ 横どりしよう~ (4, 0.0%)

2 とし 1 として四人, とたくらんだ

▼ 横なで~ (4, 0.0%)

3 の痕 1 をした

▼ 横にく~ (4, 0.0%)

3 はへ 1 はへながら柔和

▼ 横びんた~ (4, 0.0%)

1 が飛んだ, へ向っ, を喰らわ, 撲りこくるだ

▼ 横へも~ (4, 0.0%)

2 裏へも 1 動きそう, 流れず下

▼ 横われる~ (4, 0.0%)

1 ものが, を見る, 熊吉の, 谷底で

▼ 横~ (4, 0.0%)

2 つらを, 飛びに

▼ 横ツ面~ (4, 0.0%)

1 をた, を手ひどく, を擲, を毆ぐらうとした

▼ 横佩垣内~ (4, 0.0%)

4 の大臣家

▼ 横佩大納言~ (4, 0.0%)

3 と謂 1 と謂われた

▼ 横~ (4, 0.0%)

1 をいたす, をし, を免れた, 多計志八重原などの

▼ 横尾谷~ (4, 0.0%)

1 それから一ノ俣, にある, は屏風岩, は川床伝い

▼ 横山城~ (4, 0.0%)

1 の城門, へさして, へ臨むであろう, まで泳い

▼ 横~ (4, 0.0%)

3 ひろく長 1 の広い

▼ 横広い~ (4, 0.0%)

1 一面の, 体躯を, 隊形と, 頭を

▼ 横廊下~ (4, 0.0%)

1 に当る, に開い, の屍室, を左

▼ 横~ (4, 0.0%)

2 りて 1 して, りした図

▼ 横~ (4, 0.0%)

1 でございます, にくくりつけた, を, を切り刻む

▼ 横~ (4, 0.0%)

1 で支, と椽木, よりも高く, を頭

▼ 横歩行き~ (4, 0.0%)

1 で日課, にすらすらすら, に井, に輪

▼ 横~ (4, 0.0%)

2 をかぶっ 1 が高く, に煽られ

▼ 横濱あたり~ (4, 0.0%)

1 であつ, で出, の人達, の女たち

▼ 横濱ドツク~ (4, 0.0%)

1 の一年半, の重役, の門, や棧橋附近

▼ 横~ (4, 0.0%)

1 に反らした, に崩れたる, に歩行, に無理

▼ 横組み~ (4, 0.0%)

2 の表 1 で, になっ

▼ 横~ (4, 0.0%)

1 がぬけ, が両方一度, の切れた, を踏み切っ

▼ 横~ (4, 0.0%)

1 で昨夜, で聞い, に聞い, に聞きながした

▼ 横~ (4, 0.0%)

2 でもそもそ 1 にある, にひっかかえ

▼ 横著者~ (4, 0.0%)

1 がずるずる, が二人, ではなかつた, の

▼ 横~ (4, 0.0%)

1 へにし, へにせられ, へにばり, へに竹

▼ 横静索~ (4, 0.0%)

1 に大儀そう, を伝っ, を再び, を掴ん

▼ 横からと~ (3, 0.0%)

1 あらゆる方角, あらゆる角度, 二枚の

▼ 横ぎらうとして~ (3, 0.0%)

1 あはや, その輝く, ふと前方

▼ 横ぎりながら~ (3, 0.0%)

1 むこうに, ものいわぬ想念, 輝き凍ってる空

▼ 横ぎると~ (3, 0.0%)

1 ついそこ, 又一枚, 少し傾きかけた

▼ 横ぎる時~ (3, 0.0%)

1 など思はず, ならぬ一片, の苦労さ

▼ 横ぎッ~ (3, 0.0%)

1 た, てどこ, て夕

▼ 横ぐも~ (3, 0.0%)

3 の空

▼ 横すわり~ (3, 0.0%)

1 にさせ, に坐った, に崩れ

▼ 横った~ (3, 0.0%)

1 ことであろう, ように, 兄の

▼ 横であり~ (3, 0.0%)

1 また一ばんどんじり, また美髯公, 穆家の

▼ 横とが~ (3, 0.0%)

1 あるきり, 同時にとれ, 芸者屋であった

▼ 横とに~ (3, 0.0%)

2 広い階段 1 あついガラス

▼ 横どり~ (3, 0.0%)

1 と論ずる, をし, をしました

▼ 横どりする~ (3, 0.0%)

1 のに才腕, 気な, 者は

▼ 横にと~ (3, 0.0%)

1 あとは, これから腰, ぼとぼと歩行

▼ 横はりし~ (3, 0.0%)

1 処も, 処を, 音羽屋の

▼ 横へながら~ (3, 0.0%)

1 先に, 社會主義の, 自分は

▼ 横ビンタ~ (3, 0.0%)

1 をなぐっ, を五ツ六ツ, を力一ぱい

▼ 横三尺~ (3, 0.0%)

1 の白木, ばかり裂けたら, もあるらしい

▼ 横取った~ (3, 0.0%)

1 の, のだ, ものに

▼ 横向く~ (3, 0.0%)

2 とただ 1 顔が

▼ 横吹き~ (3, 0.0%)

1 があっ, に吹きまくり, に吹掛け

▼ 横~ (3, 0.0%)

1 りで, りでも, りに

▼ 横~ (3, 0.0%)

1 で, です, といふ諺

▼ 横~ (3, 0.0%)

1 のアトラクション, のロッパ一座選抜軍アトラクション, 有楽座

▼ 横封筒~ (3, 0.0%)

1 で差出人, に入れられ, を取出し

▼ 横~ (3, 0.0%)

1 にし, に大仏殿, の軸

▼ 横~ (3, 0.0%)

1 はなん, をさし出し, をしきりに

▼ 横~ (3, 0.0%)

1 に下りる, に開いた, へ運ん

▼ 横意地~ (3, 0.0%)

1 の方, を煽った, を示す

▼ 横戀慕~ (3, 0.0%)

1 して, と匂, をし

▼ 横振り~ (3, 0.0%)

1 になっ, になつ, を手すり

▼ 横揺れし~ (3, 0.0%)

1 あたしは, ていた, 時々船首

▼ 横~ (3, 0.0%)

1 されては, した, せんと

▼ 横木の間~ (3, 0.0%)

1 から覗い, に塗られた, に糸

▼ 横~ (3, 0.0%)

1 にかけのばし, には透, の入

▼ 横濱船渠~ (3, 0.0%)

1 に働い, に入渠中, の重役

▼ 横~ (3, 0.0%)

1 なりその, に見る, の東都名所

▼ 横~ (3, 0.0%)

1 したりけむ, せりついに, せり終に

▼ 横羽目~ (3, 0.0%)

1 にエナメル, に乾草, を見せ

▼ 横~ (3, 0.0%)

1 にがツしり, のした, の體

▼ 横膈膜~ (3, 0.0%)

1 が気, で呼吸, の底

▼ 横~ (3, 0.0%)

1 したという, したといふ, し断って

▼ 横走り~ (3, 0.0%)

1 して, ながらしばし, に駈け

▼ 横辺り~ (3, 0.0%)

1 だったか, だったかに, に在っ

▼ 横~ (3, 0.0%)

1 の前, を行えり, 御味方

▼ 横~ (3, 0.0%)

1 にずかりずかりと, ひに, ひの

▼ 横~ (3, 0.0%)

3 彌さん

▼ 横露路~ (3, 0.0%)

1 からフラフラ, から裏, か何

▼ 横~ (3, 0.0%)

1 にし, にヒョイ, にポン

▼ 横あな~ (2, 0.0%)

1 がつづい, のよう

▼ 横ある~ (2, 0.0%)

1 きだ, きだ横ある

▼ 横いざり~ (2, 0.0%)

1 にドア, に坐った

▼ 横からでも~ (2, 0.0%)

1 うしろからでも, 縦からでも

▼ 横からの~ (2, 0.0%)

1 ッそりと, 車に

▼ 横がけ~ (2, 0.0%)

1 にかけ, に逃げる

▼ 横ぎっ~ (2, 0.0%)

1 たりまた, たり水道

▼ 横ぎってそこ~ (2, 0.0%)

1 にぽつんと, を出

▼ 横ぎって家~ (2, 0.0%)

1 から家, の中

▼ 横ぎって山~ (2, 0.0%)

2 の畑

▼ 横ぎって水道橋~ (2, 0.0%)

1 から本郷, へ出る

▼ 横ぎって池~ (2, 0.0%)

1 の方, の菱

▼ 横ぎって自分~ (2, 0.0%)

2 の側

▼ 横ぎって通夜~ (2, 0.0%)

1 する兵隊さん, をする

▼ 横ぎつた頃~ (2, 0.0%)

2 からはあたり

▼ 横ぎつて一文字~ (2, 0.0%)

1 に幅広い, に幅廣

▼ 横ぎつて職員室~ (2, 0.0%)

1 に來, に来る

▼ 横ぎりて~ (2, 0.0%)

1 直ちに林, 遠き北欧

▼ 横ぎりて女~ (2, 0.0%)

2 の走り

▼ 横ぎり丘~ (2, 0.0%)

1 を下っ, を越え

▼ 横ぎり数寄屋橋見附~ (2, 0.0%)

1 をはいっ, を這入っ

▼ 横ぎり車~ (2, 0.0%)

2 を下り

▼ 横ぎる舟~ (2, 0.0%)

1 は僕ら, は僕等

▼ 横ぎる鉄橋~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 横ぎる雲~ (2, 0.0%)

1 のいち, の影

▼ 横ぎツ~ (2, 0.0%)

1 て四十人, て解剖室

▼ 横さら~ (2, 0.0%)

1 ふ, ふ角鹿

▼ 横すじ~ (2, 0.0%)

1 が出, の町

▼ 横ずつ~ (2, 0.0%)

1 ぽうを, 面を

▼ 横たふる~ (2, 0.0%)

1 ことも, 荒男ども

▼ 横たへ私~ (2, 0.0%)

1 は昼寝, は晝寢

▼ 横ちよ~ (2, 0.0%)

1 にかぶり, に被

▼ 横ってから~ (2, 0.0%)

1 一度起上, 暫くし

▼ 横づら~ (2, 0.0%)

1 をひつぱたかれるように, を佐伯

▼ 横とも~ (2, 0.0%)

1 なく縦, 言はずくる

▼ 横どりした~ (2, 0.0%)

1 がつて, 秘密地図を

▼ 横どりしてる~ (2, 0.0%)

2 んじゃ

▼ 横などの~ (2, 0.0%)

1 揚子江生れの, 輩である

▼ 横なまる~ (2, 0.0%)

1 には及ばない, 位の

▼ 横なる~ (2, 0.0%)

1 東西の, 松今は

▼ 横につき~ (2, 0.0%)

1 鼻が, 鼻は

▼ 横にばかり~ (2, 0.0%)

1 なって, 振つて

▼ 横にらみ~ (2, 0.0%)

1 に, に笑っ

▼ 横はつ~ (2, 0.0%)

1 たりし, てるやう

▼ 横はらしめ~ (2, 0.0%)

1 て或, よしかして

▼ 横はりたる~ (2, 0.0%)

1 が真, 大理石の

▼ 横はれ~ (2, 0.0%)

1 おほいな, ば砕け

▼ 横はれり~ (2, 0.0%)

1 一は, 紫苑の

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 きに, ひが

▼ 横ばかり~ (2, 0.0%)

1 向いて, 見て

▼ 横ひろがり~ (2, 0.0%)

2 になびい

▼ 横ぶり~ (2, 0.0%)

1 する, にびしゃびしゃと頬辺

▼ 横へでも~ (2, 0.0%)

1 縛つて持つ, 藁で

▼ 横へは~ (2, 0.0%)

1 いる道, 曲りませんよ

▼ 横へまで~ (2, 0.0%)

1 この母, 走つて

▼ 横ゆれ~ (2, 0.0%)

1 に靡い, もかなり

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 されて, まで寄ッ

▼ 横れるあり~ (2, 0.0%)

1 てこ, て身幹數丈

▼ 横わってる~ (2, 0.0%)

1 ことは, ものを

▼ 横わらせ~ (2, 0.0%)

1 て置きました, 側面に

▼ 横わりたる~ (2, 0.0%)

1 この心, 男の

▼ 横わるよう~ (2, 0.0%)

1 になった, に見える

▼ 横わる一~ (2, 0.0%)

1 大不幸, 大要件

▼ 横わる者~ (2, 0.0%)

1 だって上がりたいだろう, に向

▼ 横わる道~ (2, 0.0%)

1 と黒い, を進ませた

▼ 横ダンダラ~ (2, 0.0%)

2 の運動シャツ

▼ 横一列~ (2, 0.0%)

1 にあらわれ, になっ

▼ 横一尺~ (2, 0.0%)

1 に縦二尺, ほどの滑り戸

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 に綾藺笠, に金剛童子

▼ 横五六メートル~ (2, 0.0%)

1 のところ, の海中

▼ 横伏せ~ (2, 0.0%)

1 となった, にし

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 にしろ, に三枝

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 う蘆間, ひに

▼ 横十八間~ (2, 0.0%)

1 ほど低い, 高さ十五間

▼ 横取し~ (2, 0.0%)

1 て宮中, はしない

▼ 横取っ~ (2, 0.0%)

1 て行った, て食べる

▼ 横取られた~ (2, 0.0%)

1 日にゃ, 踊りの

▼ 横取られる~ (2, 0.0%)

1 ことを, やうな

▼ 横取ろう~ (2, 0.0%)

1 とし, となさる

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 からハガキ, はどう

▼ 横四尺~ (2, 0.0%)

1 あります, 高さ一尺五寸位

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 や偶然, や周囲

▼ 横外頬~ (2, 0.0%)

1 へげっそり, を打撲

▼ 横太り~ (2, 0.0%)

1 の女中, の額

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 に入った, に入れた

▼ 横射し~ (2, 0.0%)

2 に射し

▼ 横川在~ (2, 0.0%)

1 の先夫, の婆さん

▼ 横川筋~ (2, 0.0%)

1 ででつかい, へ釣

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 なる戦線, の隊形

▼ 横張順~ (2, 0.0%)

1 のふたり, の兄弟

▼ 横~ (2, 0.0%)

2 の中途

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 からはや, が開け放し

▼ 横払い~ (2, 0.0%)

1 に相手, に薙ぎつける

▼ 横投げ~ (2, 0.0%)

1 に投出し, 錦糸星の

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 にぐいと, に押し

▼ 横拡がり~ (2, 0.0%)

1 に多数, に観賞者数

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 はあったでしょう, ばかりを考え

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 ぐりに, に払

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 りに, りを

▼ 横斜め~ (2, 0.0%)

1 に構え, の位置

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 より, よりかはる

▼ 横明り~ (2, 0.0%)

1 で見えた, のせい

▼ 横朱同~ (2, 0.0%)

1 の三人, の二人

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 あり, を成し

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 が飛ん, の一番

▼ 横椅子~ (2, 0.0%)

1 に背, の上

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 などを引きずり, を持っ

▼ 横正面~ (2, 0.0%)

1 といった肩, に舞台

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 を払, 行きして

▼ 横歩きし~ (2, 0.0%)

1 て半襟, ながら上甲板

▼ 横歩行~ (2, 0.0%)

1 にふら, をしはじめた

▼ 横泳ぎ~ (2, 0.0%)

1 でしかし, ともつかず

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 に任せ, の細滝

▼ 横流し~ (2, 0.0%)

1 ていた, てもっ

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 りしながら, りしようと

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 に手紙, ほどの天才

▼ 横濱村~ (2, 0.0%)

1 に參着, に滯在

▼ 横濱生れ~ (2, 0.0%)

1 だつた, の朱弦舍濱子

▼ 横濱警察~ (2, 0.0%)

1 に來, に行きました

▼ 横田圃~ (2, 0.0%)

1 と墓地, へ振落された

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 は三本, も三本

▼ 横~ (2, 0.0%)

2 の珊五郎

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 に並, の目盛り

▼ 横竪上下遠近~ (2, 0.0%)

1 の事, の敵

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 のほう, の大型

▼ 横繁吹~ (2, 0.0%)

1 に乗った, に吹きつけられ

▼ 横肥りで~ (2, 0.0%)

1 武骨で, 顔の

▼ 横~ (2, 0.0%)

2

▼ 横著赤さん~ (2, 0.0%)

1 が, は

▼ 横蔵慈悲太郎~ (2, 0.0%)

1 の瞳, を害め

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 に一刀, に捨てた

▼ 横薦乘~ (2, 0.0%)

1 つけたの, つけて

▼ 横裂面~ (2, 0.0%)

1 は四つ, は四つ匐

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 した, 甚だ是

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 する気分, という言葉

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 から大, があっ

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 に衝突, やところどころ

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 から全国, へ横鎮

▼ 横長き~ (2, 0.0%)

2 橢圓形の

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 で博労, の部屋

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 が冷ややか, のそそぐ

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 には皺だらけ, へ立てる

▼ 横~ (2, 0.0%)

1 にもこれ, の引込んだ

▼1* [873件]

あゆみに数歩, 横いろいろの大き, 横うしろから藩士, 横うべき医師からの, 横えずそれから宿帳, 横おれは先, 横かしぎになっ, 横かどに按摩灸針吉田久庵と, 横かには厚さ二フィート, 横からか源三郎の, 横からばかり見ずに, 横がいにぶら下げた, 横がきの広告, 横きりの細形, 横ぎったあとから直す, 横ぎったころからはあたりがひっそり, 横ぎったところで自動車をひろった, 横ぎったように思った, 横ぎったりしているのだが何となくひっそりし, 横ぎった羽虫を見, 横ぎっていくのを発見した, 横ぎっていけば十四五丁しかありません, 横ぎっていた時風呂屋の煙突, 横ぎっていてそれには一枚石, 横ぎっているだけでは絵にも形, 横ぎっていると林檎菓子を食えなかった, 横ぎっている何でも奈良田, 横ぎっている道を鞭, 横ぎってきたその驚くべき救助, 横ぎってきて目の前, 横ぎってくる慓悍なる騎兵, 横ぎってここまで来るのに, 横ぎってこちら側の船, 横ぎってしまったが少しは, 横ぎってまっしぐらに交番をめがけ, 横ぎってもそれが十三潟, 横ぎっても睫毛一本動かさなかった, 横ぎっても誰もその, 横ぎってるがようであり人の話し声, 横ぎってるのかまたいかなる, 横ぎってアッシェンバッハの居場所, 横ぎってシェル修道院の昔, 横ぎってトルボへ出, 横ぎってビチャゴリという山川, 横ぎってヴァランタンの所, 横ぎってヴェニスへ行った, 横ぎって中尊寺のほう, 横ぎって主人の書斎, 横ぎって他の人々, 横ぎって佐保川に沿っ, 横ぎって冷苞勢の横, 横ぎって出入口の方, 横ぎって切支丹坂へかかる, 横ぎって南に出, 横ぎって口野すなわち海岸, 横ぎって向い側の小路, 横ぎって向うの小路, 横ぎって吾家に帰った, 横ぎって大名小路の方, 横ぎって寄宿舎の横手, 横ぎって対岸についた, 横ぎって小道を通っ, 横ぎって嶮しい岸, 横ぎって左右に雪, 横ぎって平一郎の方, 横ぎって庁舎正面の泥だらけ, 横ぎって探検したさい, 横ぎって数人の旅客, 横ぎって斜めに南, 横ぎって木の扉, 横ぎって村に着く, 横ぎって林から林, 横ぎって横に幾つ, 横ぎって水の乾, 横ぎって汽車はいつしか, 横ぎって淵のずっと, 横ぎって濠端に出る, 横ぎって濡縁か戸口, 横ぎって玄関の方, 横ぎって理想に向かっ, 横ぎって田丸主水正, 横ぎって町屋の中, 横ぎって畑に行った, 横ぎって私は湯野浜温泉, 横ぎって穉児に船, 横ぎって肥料溜めに, 横ぎって船べりの手欄, 横ぎって茶店の中, 横ぎって裏庭にむいた, 横ぎって見物の頭, 横ぎって身体をすぼめ, 横ぎって造船材料を太平洋岸, 横ぎって進行する星, 横ぎって進軍をつづけた, 横ぎって遠地に使者, 横ぎって銀いろの, 横ぎって銅像の影, 横ぎつた一筋の近, 横ぎつた時にうす, 横ぎつてある地点に渡され, 横ぎつてまた海へ帰つて, 横ぎつてむかうの閑静な高台, 横ぎつてやつとのおも, 横ぎつてゆくのが聞えた, 横ぎつてゆくアメリカ帆船は二十五隻, 横ぎつて三尺の路地, 横ぎつて二階に上る, 横ぎつて先づ第一, 横ぎつて四人は深い, 横ぎつて夕暮の余照, 横ぎつて対岸へ橋, 横ぎつて左右に雪, 横ぎつて座敷の方, 横ぎつて水の乾, 横ぎつて没落した, 横ぎつて淡水河に出る, 横ぎつて玄關に置かれた, 横ぎつて私たちは暗い, 横ぎつて行つた, 横ぎつて行つたのです, 横ぎつて行つて一度も振り返らなかつた, 横ぎつて門に屆, 横ぎつて駅の南方, 横ぎらうとして自動車乗りに奴, 横ぎらうとするとその庭, 横ぎらうとする西湖を目の下, 横ぎらうとする距離を見る, 横ぎらねばならぬのではそこを通る, 横ぎらるるを特に凶兆, 横ぎらるれば漁に出でず, 横ぎりかけた四五歳の小児, 横ぎりし電車の胴, 横ぎりそこの洋品店, 横ぎりそこなってうろうろした, 横ぎりつゝ舷に溢れる, 横ぎりてアルノに入る, 横ぎりて三四町にて達す, 横ぎりて小橋の上, 横ぎりて山に登り, 横ぎりて枝さきは伸び, 横ぎりて歸れば, 横ぎりて爺は去り, 横ぎりて舞へり, 横ぎりながら温井里に着いた, 横ぎりにかかる塗炭に右, 横ぎりまつすぐこつちへ, 横ぎりアンジョーラの傍, 横ぎりコラント亭の角, 横ぎりナターリイの前, 横ぎりマーレボルジェ中央の坎, 横ぎりモントルイュ・スュール・メールにき, 横ぎりワイリーの沼, 横ぎり一つは馬場裏, 横ぎり七月記念塔の大きな, 横ぎり人家のある, 横ぎり仕事の場所, 横ぎり元の巣, 横ぎり入り海ぞいの道, 横ぎり同僚を諫め勵, 横ぎり名のみは久しく, 横ぎり向こうがわ, 横ぎり多く雑木林を穿ち, 横ぎり大津を經, 横ぎり奴鰻で一杯, 横ぎり家へ帰りついた, 横ぎり家路へと急ぎぬ, 横ぎり小石川界隈のごみごみ, 横ぎり山峽の險, 横ぎり岬のとっ, 横ぎり川岸通りにいで, 横ぎり巡邏の目, 横ぎり工場街の道路, 横ぎり庄内川の堤, 横ぎり床柱に黒塗, 横ぎり彼女の部屋, 横ぎり敵の首都, 横ぎり東川をくだっ, 横ぎり東海道へ突き抜ける, 横ぎり森の中, 横ぎり樫欅の村, 横ぎり水の沮む, 横ぎり犬山城の下, 横ぎり猪之松一人, 横ぎり玄徳はまったく, 横ぎり玄関の方, 横ぎり産科病院の古い, 横ぎり真直なること鉄道線路, 横ぎり石の像, 横ぎり秋草茂れる塚, 横ぎり縁側の方, 横ぎり自在に虚空, 横ぎり花道にさしかかる, 横ぎり蒲団の所, 横ぎり西側の富浦部落, 横ぎり越中島から蛤町, 横ぎり鉄道馬車の通う, 横ぎり鳥尾峠を越え, 横ぎるあとからあの恐ろしい, 横ぎることさへ遠慮しなくては, 横ぎるこれらの黒い線條, 横ぎるころにはスピードが出, 横ぎるころには夕日がまだまったく, 横ぎるときもう司祭, 横ぎるところの河水は流れざる, 横ぎるとて私の木蔭, 横ぎるとグリーンランドの北辺チューレ, 横ぎると其処の唐物屋, 横ぎると川の面, 横ぎると草原の中, 横ぎるのだと云ふ考, 横ぎるのを助けて, 横ぎるのを守人は見た, 横ぎるも危うく活きたる, 横ぎるように通っ, 横ぎるような作用と共に進んだ, 横ぎるようにして大榎の梢, 横ぎる世界航路の事, 横ぎる光の蛍, 横ぎる光線のよう, 横ぎる場合は立場問屋, 横ぎる女手を上げ, 横ぎる帆船のよう, 横ぎる慘苦に援助, 横ぎる方が近い, 横ぎる早や巖, 横ぎる時千代子はその, 横ぎる時自分は一個, 横ぎる煙草の煙, 横ぎる燕の飛翔, 横ぎる狹いリボン, 横ぎる白雲の断片, 横ぎる薄雲ほどの微か, 横ぎる跫音も度々, 横ぎる路も楊柳, 横ぎる陸橋のほう, 横ぎる際には, 横ぎる雨のよう, 横ぎる黒雲は, 横ぎろうと思うの, 横ぎろうとしているところだからこれで南シナ海, 横ぎろうと今しさしかかったの, 横はへにし, 横くずしにすわり, 横くわえでのっそりのっそり, 横ぐしうで, 横ぐはへに噛みしだきはじめる, 横ぐはへにしてヴェランダでタイプライター, 横ぐはへに世話甲斐のない, 横ぐはへに口小言ほどは困らないらしく, 横ぐるまを, 横ぐわえにしごきながらわざとらしい嘆声, 横ぐわえにしたまま小さい鏡, 横ぐわえにした煙管から煙, 横ぐわえにしてなにか大きな, 横ぐわえにしてじろっと此方を見た, 横ぐわえにして弥助の息子, 横さびでも風, 横斜し, 横しぐれ濡羽はらら, 横しぶく雨の, 横しわをつけ, 横じゃ信吉の, 横っぽう, 横すくいぽんと, 横すこし背後へ, 横すべる浮塵子を, 横そこに彫像, 横たうものある, 横たうごとき一条の, 横たうるの風, 横たての連関, 横たはって居る, 横たはらん神識逝け, 横たはりながら大きな, 横たはりますと身體半分, 横たはる如く五色陸離として, 横たふるは常の, 横たふ見れば, 横たへようとした, 横たへ其腰に立つ, 横たへ戰をなす, 横たへ木刀を提げたる, 横たへ涙にうるんだ, 横たへ肱まくらをし, 横たへ色淺黒く肉太, 横だけの寸法が, 横だっていつまで, 横だの逆様だ, 横ちがいに曲ん, 横ちょっと人目に, 横っすわりに, 横ってからも最初の, 横っ払いつけ込んでセメ, 横つかじりにした, 横つぎが当たっ, 横つた父の苦痛, 横つた統一原理の発見, 横つた金剛の相, 横つちように, 横つちよだつたり口上, 横つつらの, 横つづり青なる, 横つていつまでも耳, 横つて前から後, 横つとびにとんでゆく水を, 横つまり露路の, 横つらから目に, 横つ伏しになつて, 横づかみに持った, 横づけた儘その, 横づけできるという, 横づっぽうの一つも張り飛ばし, 横であつ, 横ての小さなドア, 横であったが黒い, 横でにょうにょうとかわいい声で, 横でへいと威勢, 横という者だった, 横とう天の川, 横とから柿丘氏の, 横とともになおそこら, 横とには上半分が, 横とはこもごも自分, 横とんびに坐った, 横どのもお, 横どりされてしまう, 横どりされたんじゃあ, 横どりされましたよ, 横どりされようとし, 横どりしなくたっていい, 横どるがいい, 横ながの真鍮の標札, 横なぎですよ, 横なぐりなザンザ雨または, 横などからこうもりの, 横などで足軽どもが, 横などでは見るたび, 横などを通り抜けて, 横なめをした, 横なり人心の, 横なりにくの, 横なんか向いて, 横にかけかえた, 横にがつしり, 横にさえしない, 横にだけなつて, 横になと縦になと, 横になんておなりにな, 横ににょっきりと立っ, 横にのッかる, 横にのみ見えた姿, 横にまでも絵入り手書きの, 横にもと思ったが, 横にゃ振らないつもり, 横によけて見送るが, 横によるやら娘が, 横にわたっていて, 横のしでおよぎ, 横のりになった, 横のろじにある, 横はがつんとしびれた, 横はたきに一, 横はってゐた, 横はらねばならないだらう, 横はりなさいといふありがたい, 横はり他日の再生, 横はり続けてゐる, 横はるの地にあり, 横はるべき外圍的媒介の, 横はる性の問題, 横はる日本の存在, 横はれれば宛然爼板, 横ばかりを向いて, 横ばらでそこ, 横ばら昨今の働き, 横びしゃげて色の青い, 横びろのブクブク, 横びろくし目, 横ふりだ, 横ふりむきて知らぬ顔, 横ぶれし出したのは, 横へたりしが, 横へた一人前の男, 横へばやまなしひめに, 横へるのに, 横べりからチラリ, 横まだらの, 横まわりをした, 横荷の, 横みの懸みの, 横みの鬢みの髢の類, 横むいて, 横むき歩きで近づく, 横むけに土手, 横むしりにむしりかけ, 横もがつしり, 横やをぬけたり, 横よりも竪の, 横りたる妖女の, 横つて, 横わくが頭, 横わたっている, 横わらないで垂直, 横わらねばならぬ, 横わりしと伝え, 横わりつづいてまた, 横わりますが古く, 横わり乍ら汽車の窓, 横わり出すと最早, 横わり勝でとかく, 横わり夢見る様な, 横わり続けている, 横わり胸を喘ぐ, 横わり非常に安静, 横わるすべてのもの, 横わるロマンティシズムというもの, 横わる一定の景物, 横わる一種微妙な関係, 横わる不規則な物質的, 横わる中甲板を血, 横わる乱石の中, 横わる京子を頻りに, 横わる人の顔, 横わる代赭色の海, 横わる信仰に至り, 横わる光景が見られる, 横わる六尺に足らない, 横わる厄介物なるを, 横わる右足湖の東, 横わる困難をも想像, 横わる大川橋の橋間, 横わる大洋が未知, 横わる尾根の翠, 横わる幾多の困難, 横わる影像が大理石, 横わる心地で枕, 横わる必然の運命, 横わる政治的言論活動と異, 横わる時代の絶対, 横わる曠野を想い, 横わる材料なの, 横わる気質の相違, 横わる無残な二つ, 横わる秘密であった, 横わる美なる理由, 横わる色々の因数, 横わる葉桜の木立, 横わる蒼空を下, 横わる資本主義生産による無謀, 横わる距離を胸算用, 横わる運命の距離, 横わる遠山もまた, 横わる里道から響く, 横わる鉄板のよう, 横わる銀河にさえ, 横わる鍵はこの, 横われり, 横わろうとは夢にも, 横をとほること, 横をはいつて, 横をも通った時代, 横ゲタの所, 横コンクリートの上, 横タテに雨樋, 横タヘテ詩ヲ賦ス, 横タワッテ親類縁者ニ取リマカレテ, 横ッちよへ投げた, 横ッチョあたりのところ, 横ッ腹ア蹴たら婆ア, 横ッ降りにふりかかる, 横ッ飛の時, 横ツちよに土間, 横ツ廣がりではなく, 横ツ頬へ叩き付けた, 横ニ柄長柄短カノ, 横ハツテ眼前ニ在リ進ン, 横ボール盤の側, 横ポケットにブランブラン, 横ヤリを入れ, 横ワキへまわった, 横見テ微笑スルバカリデアラウカ, 横一寸人目に, 横一寸三分の縱二寸三分五厘だ壁, 横一寸縦二寸ばかりの四角い, 横一尺五寸の粗末, 横一尺位の岩, 横一尺六寸僅かに匍匐, 横一尺趺は二重, 横一揮南部集五郎の左胴, 横一文字乾雲あわや栄三郎, 横一文字新九郎はその, 横一杯に脚, 横一窓の油障子, 横一行はそこ, 横一間に三尺, 横一面に腰, 横七号室にゐる, 横七寸縦一尺ほどで, 横七寸縱一尺ほどで, 横七間にし, 横三十マイルにもひろがる, 横三十五尺七寸高さ十七尺五寸, 横三四町の市街, 横三寸縦五寸黒革で止め金, 横三百八十五間その殿内, 横三間余のいちめん, 横に寢, 横並べにし, 横りにな, 横九尺深サ五尺四寸, 横二十里の小, 横二寸三分鴇色地に桜ン坊, 横二尺以上縦四尺以上でなかなかよく, 横二尺半厚さ一尺, 横二尺四五寸くらい横幅, 横二尺縦五寸ほどの細長い, 横二里縦三里に余る, 横二階裏の肘掛窓, 横五メートルほどの大, 横五寸余のもの, 横仆わる有様となった, 横付けて中学時代, 横以下なおさらブラブラ歩き, 横仰向けに振っ, 横が絶対, 横伝いまだ何, 横佩大臣のはき, 横倒おしになった, 横れに, 横光線で緑, 横光風ともいふべき, 横入った右側下落合一ノ, 横入りをした, 横八寸糸は二重糸, 横八文字に道, 横六区への道, 横六寸五分程の製本, 横六寸位の小さな, 横六尺縦三尺それにいろいろ, 横六尺縦六尺五寸高さ十尺, 横兵庫に結った, 横凡三尺許にし, 横出して生え, 横出した狭長骨であっ, 横出せる枝には, 横刀一口鏡一面倭文二端白眼鴾毛馬一匹白鵠二翼造顔師一人御贄五十舁, 横刀壹仟口を作らしめた, 横分けにし, 横ともいいます, 横機平, 横に房つきビロード, 横し船病者, 横匍いのよう, 横匝線が残る, 横十九マイルの間, 横十二三間に及び, 横十八間吃水線上の高, 横十文字に, 横千切りに近道, 横半面を照, 横即ち青山電話交換局の, 横取しやがつて, 横取せましたね, 横取られてしまっ, 横取ることによって, 横台ピアノでは映らない, 横向いたなりさっさと, 横向けると此時吾等, 横えに, 横へに揉み, 横喰い茹玉子それすら, 横喰違い見附の向う, 横四五尺両側は三尺足らず, 横四寸七分深さ一寸三分の箱, 横四間位の大図, 横なめばち, 横太りで朝から, 横太刀や天王寺, 横奥まった扉口凡そ人が, 横を奮, 横威人倫を泯, 横宝劇場で二時半, 横寄せにそろりと, 横寄りに番小屋, 横五郎造氏とばかり, 横砲兵隊, 横小路に相馬煎餅, 横尸百余里に及ぶ, 横尾谷赤沢に至る, 横履きにし, 横山勘右衛門を通じて, 横山子これより水戸, 横山家へ行つた平次, 横山文哉同国猪飼野村の百姓木村司馬之助, 横山辺ろの鹿なす, 横峯山大宝寺といつた, 横州猿を捕え, 横差しに通し, 横巾一尺五寸近くの楕円, 横巾最長三海里たて十五海里の間, 横帆船にゃ見覚え, 横に入れた, 横幅一〇一センチメートル裂片の広, 横幅二メートル高さ, 横幅何尺それだけの, 横幅十間長さ四十間, 横幅廣く結, 横幅物を見た, 横幅結束相連女人被髮屈, 横幅結束相連而無縫頭亦無冠, 横を延, 横平たく其面を, 横広がりにあい, 横広くなって, 横の電燈, 横座標の上, 横式台あの高い, 横張順呂方郭盛蕭譲王矮虎薛永金大堅, 横張順楊雄石秀らの部隊, 横張順穆弘らも濠水, 横張順童威童猛といったよう, 横張順阮の兄弟ら, 横径三寸三分余の円筒型, 横てっ, 横には中谷助役以下, 横後ろから突き, 横想力の, 横に転げた, 横截つて見, 横戴宗公孫勝そして新入り, 横き尾, 横の屆, 横手繰って, 横投げ出したように, 横折りにとじた, 横折れ観音堂の, 横抱キニシテ腰カケ冷エ冷エシタ彼女ノ髪, 横りに, 横ひして, 横挽鋸で根元, 横が起らざりし, 横捻じに組み締められ, 横のストリート婆, 横掛けや金襴, 横掬いにした, 横搖れに飛ん, 横撫して, 横文左行の帳合法, 横文帳合はなに, 横斜屈曲して, 横斜水清淺暗香浮動月黄昏, 横斜相重なりて, 横斜違にほの暗い, 横断っている, 横断り縁側に, 横新田と云う, 横斷つて其後を追, 横斷つて歐羅巴に遊び, 横斷列車に乘, 横斷的な空間的, 横斷的靜的に觀, 横斷面に於, 横方形の窓口, 横施恩穆弘鄭天寿黒旋風の李逵, 横旗さん来訪葡萄をよばれる, 横時縦錯せる巨岩, 横暗い奥の, 横曇りした七星の, 横曳釣をし, 横書きを以て詩歌, 横書文字が書かれる, 横木戸から庭, 横木瓜田舎の暗夜, 横を枕, 横李俊童威童猛阮ノ三兄弟, 横李逵石秀黄信らまでがみな負傷, 横へ縛りつけ, 横杵以前の餅, 横板俵などであぶなっかしく, 横板平板支柱帆類すべての材料, 横枝高百尺とある, 横から無数, 横楊枝で歯, 横構えに, 横樊瑞解珍解宝があり, 横に万国信号旗, 横の珠玉, 横の小松鮨, 横櫛頸白く水色, 横歩みにその, 横の堤防, 横殺したるものまた, 横殺せらる, 横といふあり, 横きなす雨, 横の山中, 横河断海之浮雲, 横法恩寺の川, 横流ニ任セバ臣ハ恐ル, 横海県の小, 横海郡の名族, 横淵官左衛門伝兵衛の情婦丹波屋, 横淵官左衛門持前の役柄, 横渠程明道程伊川これらの学説, 横にはいつも, 横濱かいわいに貴島, 横濱さへも知らず, 横濱ぢゆうは, 横濱並にその, 横濱地方に於ける, 横濱山手の植木商會, 横濱工事受負を某, 横濱市の投票結果, 横濱征伐に先掛, 横濱支店長をし, 横濱新橋間の車中, 横濱方面から來, 横濱本牧を桑名藩, 横濱東京神戸などの外人生活, 横濱根岸競馬へは前後十八回, 横濱棧橋會社にゐた, 横濱正金銀行支店に往, 横濱毎日新聞に入, 横濱海面埋立問題起りたる時, 横濱特有な光景, 横濱界隈の小さな, 横濱相場は千三百二十圓, 横濱神戸はさる, 横濱神戸大阪などで私, 横濱税務所勤務の小島常吉, 横濱税務監督局といふの, 横濱行の愁嘆場, 横濱貿易新聞といふ僕らなじみ, 横濱近くの小柴沖, 横濱邊をアチコチ移動, 横濱郊外のまつ, 横濱長野神戸和歌山其他全國各地, 横濱開港の恩人, 横濱關内の商家, 横濱驛近くの平沼邊, 横い麟板, 横を重ねた, 横盡に, 横爆弾でした, 横爪巨籟氏津沢の中島杏子氏その他, 横の入江あはれ, 横の湖ゆ, 横玄関に出, 横理屈に対して飽, 横琵琶というもの, 横といふ壺, 横のところ, 横画一本少きなり, 横異名は船火児, 横に敷い, 横少しばかり, 横登行をやり, 横百五十間余ノ場所, 横皺それらは少し, 横皺稍動物的な感じ, 横皺縦皺を海草, 横二つに, 横眼遣い一トつせずおの, 横みに, 横を載せた, 横石秀孫新黄信いずれも傷, 横砲筒御蔵の前, 横の剣, 横の因, 横秦嶺家何在, 横秦嶺家何在雪擁藍關馬不前, 横穆弘穆春薛永童威童猛どれをみ, 横積みになっ, 横穿孔機に据えつける, 横竪十文字に振ったら, 横竪縞の厚い, 横笹山は上州, 横の蛇籠, 横素頬を三つ四つ, 横組み建で熊, 横結びに垂れ, 横を卷い, 横しか, 横継ぎがあった, 横綴り十枚ばかりの, 横締めにした, 横縦三十二筋の道路, 横にす, 横縱十文字に見窮め, 横の厚い, 横置焔管式のコーニッシュ罐, 横翳しに受けた, 横もまた, 横背戸に倒れた, 横背負に背負, 横背負いにし, 横をなぐりつけた, 横臥せるにかかはらず, 横自身番のところ, 横を遣った, 横舐めに舌打, 横舐めずって熊沢, 横舵縱舵の改良, 横へどんと, 横著げに優しく, 横著小僧奴前触だけが, 横著者奴は遠い, 横著者奴一とおりの奴, 横著者奴老人の詞, 横蓬窓日漸没, 横蔵はぶるると, 横蔵様のとき, 横薙刃が抜ける, 横藁家ひとつ見えて, 横の這いい, 横街道へとよほど, 横衣兜の時計, 横表札が懸つ, 横被り中を, 横裂きにし, 横裂けのせぬように, 横にあたる門, 横は松田隊, 横悟っ, 横言いうない, 横読みをやっ, 横をちらちら, 横贔負する傾き, 横のつま先, 横踏みにし, 横軸上にとられた, 横をえがい, 横入って, 横迸り若くは, 横連子も新しく, 横逸し生命の, 横過って啼い, 横過つて長い, 横過り始めたからです, 横達者でい, 横里君と昨夜何処, 横里某の出現, 横里鯨之進, 横鑢銀の九曜, 横長い四角い箱の, 横開けで網, 横より鷲郎, 横阮小七のふたり, 横防げるものなら防い, 横にされ, 横隔壁を設け, 横より, 横障子を裏, 横隣りの一段, 横雪擁の一聯, 横が決して, 横露地伝いに私, 横面一ツ打挫がなく, 横面全面を使, 横面黒像を映し, 横もの, 横額二枚金屏風半双を送付, 横額壁に複製, 横顏女の正面, 横飛びにざぶんと入るあの, 横飛びにどたりと踏んだが, 横飛ぶ雪の, 横飛沫の傘, 横さ各, 横に少し, 横に少し, 横黒旋風の三名, 横鼻緒のと前