青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「気持ち~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

気の毒~ ~気もち 気もち~ ~気分 気分~ ~気味 気味~ ~気持 気持~ ~気持ち
気持ち~
気色~ 気質~ ~気配 気配~ ~氣 氣~ ~氣持 氣持~ ~水 水~

「気持ち~」 3779, 41ppm, 2848位

▼ 気持ち~ (762, 20.2%)

61 した 27 して 21 する 15 したの 14 しました, よかった 13 いい, するの 8 悪い, 悪かった 6 急に, 悪くなっ 5 するだろう, 悪くなった, 湧いて 4 あった, します, よい

3 [13件] あって, ある, あるの, いいね, したが, よくない, わるくなる, 彼に, 悪いと, 悪くて, 皆の, 私に, 続いて

2 [41件] あったの, いいか, いいし, いいの, いいん, したもの, しなかった, しなかったの, しましたが, つづいて, なくなって, はっきり分る, よくなった, よくわかる, わかって, わるくなった, 先に, 分って, 勝って, 又前, 反映し, 変って, 変に, 好い, 妙に, 心に, 心の, 悪いから, 悪うございます, 悪かつ, 手に, 晴れ晴れとして, 気に, 焦, 私には, 私の, 私は, 胸先に, 良いの, 落着か, 起こって

1 [408件] あごを, あそばすの, あたしに, あつた, あなたには, あの使い残り, あまりにも, あらわれて, ありありと, あるから, あるつて云, あると, あるん, あゝ何, いいからね, いいが, いいけど, いいぞ, いいです, いいほど, いいもの, いいわい, いいン, いくらか, いたしました, いたしましたよ, いたします, いっしょに, いっそ死ん, いっぱいだった, いっぱいで, いっぱいに, いつも一つ, いやな, いよいよ窮屈さ, いらいらし, うずを, うつって, うるさいばかり, おあり, おさえ切れずに, おちつかなかったけれど, おれが, おれの, お判り, お涌, かぶさって, かぶさつて, からりと, かわらぬうち, けわしくなった, こじれて, こずんで, こだわるの, こどもに, このごろに, こんなに急, こんな決心, さっぱりし, さっぱりした, さほど切羽, されて, されるの, したから, したかを, したそう, しただろう, したと, したな, したよ, しだいにかれ, しだしました, しっくりしなかった, しっとりと, しない, しないに, しないもの, しねえ, しのばれました, しましたから, しますか, しますね, しみじみと, しゃんとし, し心, すがすがしくなっ, すくない, すぐ先, すっかり自分, すなお, するから, するけれども, するし, するであろう, するであろうと, すると, するな, するね, するん, すれば, せいせいします, せまくて, そうした影響, そのため, そのまま姿勢, その動機, その溜め息, それである, そンな, だんだんひがん, だんだん判明, だんだん晴々, ちらと, つきまとって, つぐなわれるよう, つづいた, できた, とても楽, どういうもの, どうしても, どうしても不思議, どうもその, どうも分からない, どう動い, どこの, ないでも, ないといふ, ないの, なおりませんでしたから, なかった, なくさ, なくても, なくなった, なくなったという, なくなりました, なければ, なさること, なさるでしょう, なさるの, ねじれて, はたらくの, はっきりし, はっきり頭, はなれない, はればれとして, ひしひしと, ひとつの, ぴったり寄り添っ, ぴんぴんと, ふくらがって, ふっと湧く, ふっと然し, ふと空虚, ほぐれて, ほんまに, まだ胸, むくむくと, もの足らな, もろく叩きこわされ, やたらに, ゆっくりし, ゆるむもの, よいと, ようやく深く, よかったら, よくあるまい, よくきける, よくて, よくなったら, よくなる, よくねえ, よくよく強かっ, よくわかりました, よく分る, よく察せられます, よく書けた, よく空, よく退屈, よく風呂, よさそう, よろしくござんすまい, わいて, わかったそれ, わからないせい, わからないでも, わからないのね, わからぬの, わかります, わかる, わかるという, わかるよう, わき上るの, わしの, わるいの, わるいほど, わるいん, わるくて, わるくなっ, わるくなり, われえ, イベットに, クルリと, ジカに, スーッと, ハグらかされた, ハッキリと, ピッタリと, ユッタリと, 一ぱいだ, 一変し, 一寸くつろい, 一層嵩じた, 一軒の, 世故に, 乗り移り自然, 乱されそして, 二つに, 五体に, 今また, 今一層, 今朝初めて, 休まるなら自分, 何気なく唄, 促しも, 僕に, 僕には, 全く分らなくなったらしい, 全く異, 全然なかっ, 全然なけれ, 全身に, 其処に, 凍って, 出せないもの, 出なかつたの, 分かって, 分らなかったが, 分りかけて, 分りますから, 分りません, 分り人間, 切な, 切れるもの, 制作の, 前よりも, 動いて, 動き出して, 十分に, 却って彼, 可哀想です, 合わなかったの, 含まれて, 和やかに, 変つた, 変つたと, 変わるまだ, 多かった, 多分に, 夫人には, 好きだ, 好くなくなった, 好さそう, 姫君の, 子供の, 宜ろ, 少々あやしく, 少しづつ気紛れ, 少しでも, 少しはっきりし, 少しも, 少し変っ, 少し落着, 屈して, 崩されて, 平生にも, 平生よりも, 年少の, 幾分か, 幾分理解, 張り続けて, 強い, 強いの, 彼には, 彼の, 復一の, 必要です, 急ぐに, 恰度あの, 悪いかと, 悪いからと, 悪いったら, 悪いどっか, 悪いな, 悪いので, 悪いよ, 悪いよう, 悪いン, 悪かったらしい, 悪くても, 悪くなる, 悪く返辞, 悲しくわあわあ, 想像されます, 惹かされる馬鹿げてるが, 愛と, 抑えきれなくなって, 抜けたとき, 押さえても, 揺り動かす日本, 改まるもの, 政枝の, 新しい問題, 明るくなり, 明るくなる, 晴々します, 晴れて, 暫く二人, 更に大きく深く, 最近では, 有り難く笑い, 未練以外の, 東や, 楽に, 楽にな, 次第に深く, 正吉には, 正行と, 沈みがちで, 沈んで, 流れて, 流れないで, 浮き浮きとして, 浮ぶと, 深まって, 済むまい, 満ち満ちて, 滅入って, 漲って, 無計画ながら, 焦って, 父から, 特別な, 犇, 理解できない, 生れこの, 直ったろう, 直って, 私が, 私にも, 積もり積もって, 穏やかに, 糸の, 純粋である, 素直に, 絶対な, 続くかしら, 緊張し, 美しくなっ, 肝腎だ, 胸に, 胸の, 腹の, 自分にも, 自分を, 自然に, 致した事, 致します, 致しません, 良い, 良かった, 苦しくて, 荒さんで, 荒み果てて, 荒れちやつて, 落ちこんで, 落ちつかなくて, 落ちつかなくなって, 落ち着いて, 薄らぐの, 許しませんと, 誘われて, 貧しくなっ, 貴方には, 走り過ぎたが, 起きたが, 起こりませんでした, 起って, 起らなかった, 起りまして, 起るかね, 軽々した, 軽くなっ, 軽くなった, 軽くなる, 込み上げた, 違うから, 違ったか, 違ふんだ, 遽に, 部落の, 重くて, 重く沈ん, 静まらぬため, 静まると, 静められなくて, 非常に, 馬翁にも, 鼻の

▼ 気持ち~ (729, 19.3%)

185 なって 87 なった 30 なる 27 なるの 24 なりました 14 なつた 8 なること 7 なったの, なりながら 6 なつて 5 沈んで 4 なったこと

3 [15件] おなりに, させた, させられる, なったが, なったもの, なったり, なりつつ, なります, なりますよ, なるので, なれるの, なろうと, 何の, 酔って, 頓着なく

2 [24件] させられて, した, なったところ, なったので, なったん, なつたり, なり, なりましたが, なりまして, なり次々, なると, なるん, なれたの, なれないで, なれなかったの, なれませんでした, なろうでは, 似て, 打たれて, 横ず, 浸って, 蔽われて, 襲われた, 襲われて

1 [232件] いくらかでも, いざなわれるの, いやな, いやなおも, うたれる, うつる, うとうとし, おさせしては, おなりにな, ここから, この初夏, さしてさ, させたの, させた偶然, させない何もの, させられた, させられた事, させる, させるの, されること, されるの, しおたれたよう, しっくりはまる, しみじみと, せおいきれぬほどの, せき立てられるの, そろそろ食いいっ, とらわれましたが, なったからでも, なっただけ, なったと, なったほどの, なったもん, なったらしい声, なったン, なった先, なった政党政治家達, なった時分, なった爺, なった衛門督, なってね, なってる時, ならざるを, ならないでは, ならなかったの, ならなくちゃ, ならなくっちゃ, ならなければ, なりいまだに, なりうつらうつら, なりうんうんと, なりかねない自分ら, なりこの, なりそう, なりそっと, なりその, なりたいと, なりたいもの, なりたければこそ, なりとめるな, なりながらも, なりますから, なりますの, なりますん, なります時, なりませんか, なりまた, なりも, なりもう一度, なりゆき子, なりオルガン, なりモウレツ, なり一度, なり互いに, なり切って, なり勝ち, なり夜, なり娘, なり急ぎ, なり患者控え室, なり済まして, なり現在, なり目頭, なり眉, なり瞼, なり立ち上って, なり美しい, なり詰まらない事, なり足音, なり雪, なり鼻水, なるだろう, なるであろう出かけさえ, なるなどと, なるなんとも, なるに, なるばかり, なるもの, なるもん, なるよ, なるよう, なるらしい, なる者, なれた, なれない, なれないかと, なれない性格, なれなかった, なれなれないかと, なれば, なれません, なれるため, なれるに, なれるよう, なろうなんて, ひたって, ひっかかりました, ひろがって, ぴたりと, ぴったりし, ぴったりしない, ふさわしくそこ, ふとなっ, ふとなった, ふと襲われ, ぼくが, やりきれなくなる, よく笞, ゾーッと, テラテラまがいものの, 一番ピッタリ, 中の, 乗って, 人を, 似た喜ばし, 余裕を, 使われて, 兄が, 全で, 共鳴した, 共鳴出来る, 再び取りつかれ, 冷水に, 出逢った, 動かされたから, 動かされて, 包まれた, 卑しいところ, 合う本当, 同化した, 同情された, 同情し, 含んで, 吸付い, 囚われて, 圧しつけられるの, 在った, 変った, 変化が, 大言壮語し, 夫人は, 女は, 姫君が, 寝ついて, 小初, 岸本は, 崩れが, 彼は, 徹して, 応へ, 悩まされ続けた, 或る, 打たれたであろうか, 押されて, 捉われ, 支配され, 欠けて, 次第になつ, 比べると, 沿ふところを, 泣かされるの, 浸り込んで, 満たされつつ, 満たされて, 満ちて, 溺れて, 潤いが, 無関係の, 理解が, 眠くなった, 眠くなる, 眠った, 眠ってたのよ, 立ち返ること, 立ち還った, 納まり返って, 終始する, 耐えて, 聞きなしながら, 脅かされながら, 自分で, 自分を, 落ちこんでしまつた, 落着いた, 融合する, 襲はれ, 襲われると, 襲われ胃嚢, 親しさ, 詠み出, 誘い込まれた, 誘われた, 誘われるもの, 謝意をさえ, 踊って, 転じたもの, 近い, 返つた, 追はれ, 通じるもの, 過ぎなかった, 還りました, 還ろうと, 酔うの, 酔ったの, 酔ってるグランテール, 閉ざされて, 陥りません, 陶酔した, 飛んで, 駆られた, 駆りたてる

▼ 気持ち~ (596, 15.8%)

16 あつた 7 彼は 6 私は 5 いました, いるの, 自分の 4 いっぱいに, それを, 帰って, 御飯を, 聞いて 3 いたの, 暮らして, 話を

2 [38件] あの人, いた, いたわけ, いて, いられるの, いるよう, おせい, これを, こんど会ったら, する訣, そこに, その赤い, ふらふらと, ゆき子の, 一杯に, 三吉は, 二人は, 云つてる, 出て, 周囲を, 団子坂の, 坐つた, 外へ, 居眠りを, 彼女は, 押入れの, 本が, 来たん, 洒脱に, 片づけて, 生きて, 生を, 眺めて, 神戸駅に, 見て, 長谷川は, 院は, 静かに

1 [447件] あきらめるの, あくる日, あちこちを, あとを, あの芝居, あの邸, ありすぎる二人, あんな事, あゝ私, いきなり尋ねた, いたある, いたこと, いたみ疼いて, いたもの, いたわり得ること, いっぱいなり, いつぱいだつた, いつぱいであつた, いつぱいなんですが, いつまでも, いながら, いましたから, います, いらしたん, いらっしゃいますこと, いられないもの, いられますか, いられるだろう, いるかは, いるかを, いること, いると, いるとき, いるもの, いるボースン, いる張学良, いる木村, いる者, うたったの, うたって, うっとりと, おいでに, おすごしくださる, おずおずと, おそくまで, おそく家, おとなしく話し合い, おもしろくて, おられるの, おりますので, おれは, おれば, お休み, お咎め, お寺の, お屠蘇, お暮らし, お読み下さったでしょう, お迎えする, お迎えの, かかる国, かぎに, からかって, かれは, がらんと空い, きんの, ぐうぐうね, こう言っ, こちらを, こっくりこっくりと, この娘たち, この提案, この求刑, この緑, この言葉, この雲, これから後, これが, これの, さいころを, さいなんだ, さつきみたいな, さへ, しばらくただ, しゆんしゆんと, じいつと, じっとし, じっと眼, すぐ療, すごしたいもの, すごしたか, すれ違う人, すわって, そうし, そう訊ね, そして見廻す, そして顔, そっと襖, そのままに, その人, その墨, その夜, その室, その店, その成行き, その方, その日, その時, その百姓家, その絵, その道を, それからほんとにうとうと, それが, それに対しては, そればかりを, それらを, たいしたこと, たびたび結婚, だんだん遠く, ちよいと, ぢつと, ついたの, つながつて, とてつもないのんき, とりのこされた, どうにも方法, どさり, どんなもの, なか子を, ながいこと道路, ながめて, ながめながらも, なすったこと, ならかれら, ほんとうの, ぼんやり自家, ぽり, まいった, まじめくさった顔, まず絵巻物, まっすぐに, やがて苦悶, やたらに, やみの, ゆき子は, ゆっくりと, よく来た, よっぽど気, ゐた, ゐたい, ゐるか, ゐるン, ゐる私, イベットに, カフェの, グッスリ, スーッと, ソビエットの, ソロソロと, ゾッとして, テントの, ドアーを, ビイルを, ピッタリと, フワフワと, ペンを, マダム・ロアを, 一ぱいだった, 一ぱいだつた, 一二度足を, 一人で, 一応ホッと, 一方では, 一杯でした, 一杯です, 丈夫な, 三吉を, 世に, 両手を, 中佐の, 久助君は, 久慈が, 久慈は, 事が, 二度も, 二条の, 云った, 云ふ, 互いに膝, 互に手拭, 今の, 今日も, 今朝の, 仰せられるとも, 会うつもり, 佇んで, 住んで, 体を, 何は, 何もかも投げ出したくなっ, 何もかも投げ出したくなった, 何事も, 使いました, 信仰生活に, 信頼する, 俯向い, 俺は, 俺を, 倒れたの, 先生にだけ, 六条院へ, 冬を, 出して, 初瀬は, 判読し, 別の, 別れねば, 刻み煙草を, 剃刀あてた, 前夜の, 力一ぱい精一ぱいに, 勉強は, 動き出して, 午後の, 半日も, 即答が, 受験番号や, 古ぼけたトランク, 各々所在, 同じよう, 吾, 呟くと, 周さんの, 周囲に対し, 味わえるという, 和尚の, 喚く時, 嗅いで, 四月の, 坂を, 変つ, 外に, 夜遅く, 夢想に, 大臣に, 天井の, 夾竹桃などに, 女を, 女中には, 女王が, 妻の, 学問を, 定めると, 実験を, 宮は, 宮中へ, 家の, 家へ, 家を, 富岡は, 寛子が, 寝てたとこ, 寝てたのに, 寝床に, 対したの, 封を, 小さくな, 小舎の, 山又, 岡を, 崖ぶち, 帰らした, 帰途に, 帽子を, 床の, 床柱に, 引き寄せて, 彼の, 彼女の, 待って, 後に, 御訪問, 心の, 思い切って, 思った, 感じて, 慰めて, 戸外へ, 打ち解けたこと, 押し寄せた人々, 振り向くと, 接吻でも, 描いたこと, 描いたそれ, 描いて, 敢て, 文を, 文化研究所の, 新宿へ, 日々の, 日ごろ眼, 日の, 日を, 日本の, 昔の, 春の, 昨日は, 昼の, 暮らすこと, 有るが, 木立の, 本気で, 村へ, 枕もとの, 次に起こる, 次の, 次の間の, 歌って, 此の, 此男に, 歩いて, 歩きだした, 歩みを, 死にたくは, 母も, 気が, 求めに, 浮かれた事, 浮舟から, 深い深い溜め息, 湮滅し, 満足し, 澄まし込んで, 為替の, 焼け跡の, 爪を, 狩り出したかしらね, 玉鬘の, 甚だ快い, 生きたいもの, 田舎侍の, 甲板に, 申して, 町を, 画面を, 目だけが, 目に, 眠たくなっちまう, 眠つて居る, 眺めた, 眺めたもの, 眺めた事, 眼が, 眼を, 石を, 石垣の, 私と, 私の, 私へ, 突き進むので, 突然に, 窓に, 窓の, 窓を, 立ち上って, 答えたけれども, 答へ, 粒々の, 精いつ, 精神を, 結構たのしめる, 緊張し切っ, 線を, 縁側で, 羊を, 習ったもの, 習慣や, 考えた, 而も, 聴いて, 聴けたらどんなに, 職工達の, 胸を, 自分自身を, 自殺し, 芸術の, 草稿は, 葉子は, 行って, 袖を, 見おくって, 見ては, 見ること, 見送ったが, 観たこと, 言うの, 言った, 言ったん, 言って, 訊き返した, 話し合って, 読みまじめ, 謂わば, 議論を, 赤い長襦袢, 赤ちゃんが, 走って, 走る町, 足りないと, 身を, 身体の, 身体中が, 躯を, 辿りついたもの, 逆に, 遠くながめ, 遠くまで, 遺言書を, 部下に, 部屋へ, 酒に, 酒の, 金を, 鍵を, 長ったらしい, 長湯し, 門を, 門番小屋を, 降って, 隠れた廊下, 隠遁します, 離れました, 雪路を, 青ざめて, 静坐を, 非常に, 頬の, 頭を, 頼母は, 飲んだ, 飽かず飽かず眺めたり, 首を, 馬の, 駅の, 騒ぐこと, 鮎が, 黙った

▼ 気持ち~ (461, 12.2%)

8 覚えた 6 もって, 抱いて 5 悪くし 4 持って, 私は, 覚えて 3 不安に, 与えた, 代作し, 何気なくちがった, 察して, 尊重し, 考えて

2 [18件] おさえて, お察し, こめて, させる, わかって, 云ったもの, 伝えた, 味わう, 始末しかね, 彼は, 感じた, 感じて, 抱きながら, 持つて, 正直に, 無理に, 直して, 覚ゆる

1 [367件] あまり考えすぎる, あらわすよう, あらわす言葉, いうの, いくらかずつ, いだかせること, いだきながら, いまでも, いらいらさせた, いろいろに, うごめかして, うたった, うまく富岡, おさえかねたかの, おさえる力, おしはかって, お互いに, お悪く, お憐, お洩らし申し上げる, お知り, お見せ, お覚え, お話しすれ, お話し申し上げ, お認めくださいますなら, かるい驚き, きかせては, きかれたこと, きめて, くんで, ここで, この葉, この言葉, こまごまと, こめたもの, こめた呼称, こめ半ばお父さん, さぐって, さして云う, させた事, さっし, さっぱりする, しいて, しって, して, すぐに, すっきりさせる, すてて, するの, そのまま東京, そのまま正確, それだけ救っ, それとなく薫, それとなく観察, それも, たかぶらせて, たてな, だして, ぢつと, ついに緩和, ついに顕, つづけて, つまらなくさせ, ときどき不快, とり直すこと, どうかし, どうしても敬二郎, どうする, どうすれ, どう云っ, どう表現, どこかに, ないがしろに, なおして, なかなか放す, なめたのに, はげました, はっきり握っ, まぎらされて, まぎらすよう, まぎらそうと, ますばかり, また得た, まだホントウ, みようと, もう一度繰り返し, もった人, やつて, よく分った, よく察し, よく理解, よく知っ, よく考え, よく見といた, らくに持ちなさい, わかりよう, わるくせず, アッケラカンと, エーフェリチェで, ジッと, ジャン, ステージに, 一層はっきりさせる, 一度見定め, 一心に凝視, 一所懸命に, 一掃する, 万事のみ, 不純に, 与えて, 与えるの, 与へて, 久慈は, 乱さないで, 乱したくないため, 云つて, 云わず語らずの, 享けて, 人に, 人の, 今でも, 今日は, 代弁する, 代表した睡, 代辯, 伏せ折りたく, 休めようと, 伴わせる原因, 何だか残酷, 何より先ず慰め, 催したの, 傷つけなかつた, 傾けて, 僕は, 克服する, 全然お, 兼ねなければ, 内心に, 冷たくした, 分かって, 分明に, 判つ, 割りきれないもの, 励ますつもり, 動揺させる, 募らせて, 十分に, 却って白々しく, 取りなしたい, 取り戻した, 取做, 含んだ真剣, 吹き込まなければ, 味いたい, 味って, 味わいつつ, 味わうの, 和らげなくては, 固めました, 塾の, 壊したくは, 変えさせる望み, 変化させた, 多少取り返す, 夢うつつの, 大きくした, 大切な, 大臣にも, 失って, 失はないで, 失わないで, 奥さんの, 女王は, 如実に, 姫君は, 子供に対する, 守りながら, 完全に, 害さないもの, 察しかねて, 察したよう, 察したらしく又, 察しない, 察しなん, 察する, 寺田さんは, 少しも, 履き違えて, 山岡から, 幸福な, 幾分か, 底の, 弁の, 引立てて, 強くあそばす, 強く感じた, 彼が, 後で引きくらべ, 御理解, 忖度し, 忘れて, 思います, 思い出させられた, 思い出した, 急に, 恭一が, 悪くいたしました, 悪くさせる, 悪くした, 悪くしなかった, 悪くしまし, 悪くしやしない, 悪くなすっ, 想像し, 想像出来ない, 意識した, 感じさせる, 感じたかの, 感じたらしかった, 感じむしろ, 感じ音響, 慰めるため, 懐いて, 或は自然, 打ちのめされた気, 打ち払う様, 打ち明けました, 打ち明け返金, 技術の, 抑えてるうち, 抑へながら, 抜いて, 抱きなさるであろうか, 押えつけたそして, 拡げ勝ち, 持ちつづけて, 持ち合つて, 持ち続け東京, 持った親子, 持っちゃ, 持てあまし一層, 振り落さした, 捉えられたの, 捉へる, 捨てリラ, 掘り進んで, 推察し, 掬んで, 損う, 損じたとでも, 支配し, 支配する, 救うよう, 早く他, 時々紙, 晴らすらしくみち子, 暖むるものである, 暗くし, 暗くする, 書いて, 有難く受けとらね, 柔らげる, 柔らげ様と, 植えつけられて, 楽に, 次第に強く, 正しく理解, 残しそれ以上, 求めて, 汲みながら, 汲むと, 汲んで, 波立たせるの, 流して, 淋しく考えます, 深めこそ, 清算し, 湧かすの, 澄ますまで, 無視する, 焦, 煽った, 牽ひ, 玉鬘に, 現わし, 現わす, 理解し, 理解し得ない, 理解する, 理解できない, 生かしたモダン, 痛感し, 直させること, 相手に, 矢代は, 知って, 知らしめる恐れ, 知らずに, 知らないの, 知らなかったもん, 知りたいの, 破るよう, 示されそれとなく, 穿鑿した, 突発的に, 笑顔に, 紛らすため, 紛らそうとして, 紛わそう, 経験した, 継いで, 繕うよう, 繰り返すだけの, 考えながら, 肩で, 自分に, 自分の, 自分独りで, 自嘲し, 自由に, 苛だたしめた, 落ちつけて, 葉子は, 被告の, 裏切って, 見せて, 見せる, 見せる厖大, 見捨て流れ, 見透すよう, 覚えたの, 覚えました, 覚える, 覚え彼女, 覚え枯松葉, 解すること, 言い張れば, 言う言葉, 訊いて, 訴えるところ, 訴へてを, 詠んで, 話さうと, 話して, 誘つた, 語る条, 誤魔化して, 説明し, 誰に, 謙虚に, 起こさせる, 起こさせること, 起こさせるだけ, 転じるの, 軽蔑する, 迎えるよう, 追い払うため, 鎮めて, 鏡の, 防ぐ本能, 集めようと, 静めようと, 面白いと, 革めぬ向き, 顔に, 齎して

▼ 気持ち~ (320, 8.5%)

10 いいもの 5 い, 中には 4 なかに, 中に 3 いい日, ままで, 悪いほど, 汲みとれる所, 爽やかさは, 間に

2 [27件] いいこと, いいほど, いい事, いい人, いい室, いい所, いい方, いい音, なかで, もので, よいこと, よいもの, よかった, よさ, リズムに, 上では, 上に, 中で, 中へ, 変化を, 悪い, 悪さ, 方が, 方で, 落ちつくの, 転換を, 隙間に

1 [220件] あなたが, あらわれでした, ありどころ, あるたび, あるところ, あわない, いいお天気, いいかげ, いいきれい, いいそよ風, いいところ, いいともかく, いいよう, いいカフェー, いいクッション, いいスピード, いい人たち, いい停車場, いい光景, いい園, いい心臓, いい料理店, いい晩, いい炉辺, いい物, いい町, いい絵, いい芸術的, いい芸風, いい親切, いい話, いい論争, いい遊び方, うちでは, うちに, うちには, おのずからの, きれいな, ことだ, さっぱりと, さらに動かぬ, したこと, したの, すさまじさ, すること, するもの, する事, する反動, する心, する時, する程度, する閑人, せいか, せいで, せいばかり, それも, ために, つのって, つらさ, ときに, とき書いた, ところに, どうしても許さない, ないよう, ない人, ない夫婦者, なかった, なかへ, なくなって, のびのびした, ほうが, ま, まま, ままほ, ままカメラを, まま船客たちは, ものじゃ, よいところ, よいの, よい侍, よい日和, よい話ぶり, よい返事, ように, よくない, わかりそう, わるいこと, わるいほど, わるい音, わるさ, コンティニュイティとしての, ドン底に, 一例とでも, 一種の, 一端を, 上から, 上でも, 上には, 上にも, 上の, 不愉快な, 中から, 中にも, 交流が, 人である, 人も, 伸び伸びと, 充満した, 先ず起る, 先生である, 内には, 分かるとき, 初めて通じ合った, 制禦を, 加わろうと, 動いて, 動きを, 匂い出るの, 反り合い, 反映を, 反映身体の, 向きが, 和みにも, 和らいでる時, 哀れであった, 問題だけ, 問題でありまし, 問題です, 困惑など, 土地である, 変り方である, 変わったこと, 変化の, 奥底を, 女性である, 好いもの, 好いホテル, 好い事, 好い室, 好い素足, 好さ, 妾を, 姿勢で, 定らぬ, 家来みたいな, 寒暖計は, 少し紛らす, 差し込むの, 平らな, 底から, 底では, 底にも, 強い子供, 影をでも, 径路を, 悪いこと, 悪いやつ, 悪い会話, 悪い処, 悪い声, 悪い幻像, 悪い惨忍そう, 悪い暑さ, 悪い暗流, 悪い男, 悪い道, 悪い風, 悪くない, 悪くなる, 悪そう, 悪るい感じ, 我慢を, 政民両, 故に遂に, 昂じ, 時々の, 時が, 時とか, 時何か, 晴れたの, 柔らかい一方, 柔らかな, 根拠地と, 様子で, 母親が, 泡立ちが, 理解されない, 用意なんか, 異様に, 痛々しさ, 痛さ, 痺れた世界, 直接の, 神秘的な, 立ち直りから, 立場にな, 筋道は, 納ります, 純な, 良いもん, 良い日, 良い笑顔, 良い音楽会, 良くなる, 落ち方, 表現に, 裡面には, 見える佳人, 話に, 説明が, 調子を, 起こるすき, 起こるの, 起ること, 転換には, 遠い人, 間にも, 陰影が, 静かさに, 鬱屈を

▼ 気持ち~ (273, 7.2%)

5 しなかった 4 なかった 3 しませんでした, ない, 其で, 私には

2 [13件] ありません, いらいらし, しない, しなかったの, しなかったよ, どうした, どんなもの, よくわかる, 察する, 少しも, 是認される, 暗くなる, 私達夫婦にと

1 [226件] あっても, あの巡礼, あの時, あの煙, あまりなくなっ, ありませぬ, ありませんでした, ありませんの, ある, あんがい純真, いいが, いいよう, いたしませんでした, いたしませんでしたが, いったいどこ, いつもなく, いづれ正当, いまだにない, おおよそ想像, おじいさんと, お前が, お前には, ぐらりと, この電話一つ, こまかく行, これで, これは, これまた, こんなに平ら, こんなもの, こんな風, さすがに, さっぱりします, さらになかっ, しかしはじめ, して, しないだろうと, しないであろう, しないであろうと, しないでしょう, しないはず, しないまでも, しないらしい, しなかったが, しなかったに, しねえ, しますが, しませんせした, じつに祈り, すぐ子供, すまい, するだろうが, せんか, そういう所, そのとき理解, その気, そんなに誤魔化し, たしかにあった, だれでも, ちょうど狼, ちょっと言葉, ちよつと, どうか, どうかする, どうにも, どうも理解, どこへ, どこへも, どんなでございましょう, どんなでしょう, ないのよ, なおさらよくわかった, なおらなかった, なかつたが, なくなって, なにごとにも, なんとも言えませんでした, はっきりし, はっきりと, はなはだわびしい, はるかに, ほぐれて, ほとんどしなく, ぼくには, ますます焦れ, まず三十, また寂しく, まだ矢代, みじんも, めいめい独立し, もうずっと前, やっぱりあっち, やはりおちつかなかった, やや近い, よくわかります, よく云, よく分かる, よく分る, よく判る, よく見えた, わかって, わからないでしょうね, わかる, わたくしどもには, チットモしなかった, 一体どうすれ, 一刻も, 一層動き停っ, 一層拘泥, 一通り判る, 不意打ちを, 中納言に, 乱れて, 今から, 今男, 仕無かった, 他の, 俺底まで, 兄さんの, 充分判つては, 全く持たない, 全く無くなっ, 全部初めから, 写さぬ前, 出そう, 分からない, 分かるよ, 分るが, 前に, 割合に, 十分だった, 十分に, 各人に, 吉岡には, 同じよう, 向うにも, 嘘では, 変に, 大変き, 好く解っ, 如何に, 始終表, 子供の, 学問や, 実行的精神の, 実際に, 容易に, 尊重されず, 少しづつ荒さん, 少数の, 山陽線から, 常になく, 平生とは, 年月と, 彼女にも, 心の, 必ずしも一片, 快く爆笑, 恋を, 悪くねえ, 悪くは, 悲しかった, 悲しみでは, 慰められるであろうという, 或は余り複雑, 抜けきらなかったであろう, 抜けきらなかつたで, 持てなかつたの, 文芸復興期に, 日々に, 日を, 昨日も, 朗かで, 本当だ, 東京の, 案外さばさば, 様子に, 段々とり, 汲んで, 沈んだ, 流れこむ様, 消えた, 淡々たるもの, 深い宗教的意識, 清算しなけれ, 無い, 無くなり杉山さん, 無抵抗の, 無論お, 皆紛れ, 神の, 私たちには, 私にも, 穏やかに, 純に, 素朴な, 自ら違っ, 自分だけ, 自分でも, 自暴自棄よりも, 自然起こる, 致しませんでした, 良くない, 苦しいけれども, 落ちつき返って, 街の, 見せないの, 親類の, 解らないであろう, 解るの, 解釈に, 言いあらわせない, 話したからとて, 誰にでも, 赤面どころで, 起って, 起らなかった, 身に, 迷うだけ, 違いますからね, 遠く去っ, 長く持続, 露ほども, 静まらないと, 非常に, 鬼以上だ

▼ 気持ち~ (139, 3.7%)

7 した 2 あった, いたします, この朝, するの, ない, ないで, 少しは, 良かった, 起らなかった

1 [114件] あそばされる時, あったし, あったろう, あって, あつた, あるとても, あるには, いくらかわかる, いたしましょう, おこるの, おさまり難く, かうして, かなりうすらい, こめて, さっぱりするだろう, される, したし, して, しなかったが, しながら, しました, しよう, すっかり打明け, するが, するし, そう見えます, それが, どうか考え, ないわけ, なかった, なかつた, なかつたが, なくそれ, なくなるの, なく今日, なく村, なごむに, のんびりと, はつきりする, ほッ, まぎれて, めちゃくちゃに, もうなくなりました, やがて晴れた, ようやく均衡, よくお金, よくわかる, よく話しました, わかつてるだろうが, わかる, 一刻ごとに, 不安の, 不調和だった, 乱れて, 伴ない, 働いて, 充分分かります, 冴え緊, 出て, 分かるに, 分らなかった, 判るが, 動いた, 多かつ, 多分に, 大いに泣いた, 大分私の, 失はずに, 存外確か, 察して, 少しづつ, 少しわかっ, 常とは, 常態に, 強くなった, 心に, 忘れたの, 忘れて, 急いで, 悟った姫君, 感じて, 感じられて, 手伝ったとは, 手伝ったの, 抜けて, 晴れ晴れしなかった, 晴れ晴れと, 格別動い, 楽に, 汲めなくは, 決していい, 沈まって, 浮き沈みし, 深くなり, 混った, 渦中に, 無気味で, 矢代には, 矢代は, 知らずに, 知らないで, 私に, 老父の, 致しましたので, 致します, 荒み勝ち, 落着い, 覚えて, 覚えるの, 起こりません, 起こるだろうな, 起させずむしろ, 起させなかったばかり, 通じそう

▼ 気持ちから~ (43, 1.1%)

4 では 3 どの氏

1 [36件] いうならば, うっかり取って置き, おぼろげな, こうして馬, して, すれば, それを, だったでしょう, であろう, でも, とかく心, どんなに病人, なんとなく素知らぬ, ウイスキーを, 亭主の, 今までは, 今日は, 余計に, 出た言葉, 切実に, 南の, 受験を, 娘を, 峯子は, 感化を, 救われなかった, 正勝の, 漸く調子, 無理にも, 男嫌いに, 発したもの, 筆を, 自分が, 解放され, 訊いて, 頭を

▼ 気持ち~ (38, 1.0%)

2 よくない, 一緒に

1 [34件] いうだけ, いけないと, いふの, おしょさん, さあやる, そいつは, その人, その犯人, なじめないもの, なって, ならざるを, ならないでは, なり四月, ほんとうに, やりとりの, よりかかりたい, グングン高まっ, ピッタリさせたい, 云ふ, 今にもそこ, 今の, 今も, 作り事とが, 使命に, 同じよ, 同じ味, 同様に, 圧迫される, 姿を, 態度とを, 構成され, 直接に, 自分の, 親密さは

▼ 気持ちには~ (34, 0.9%)

2 なれない, 私は

1 [30件] お構いなし, かなりの, そぐわないの, その訪問, それが, ついて, ならず気の毒, ならなかったが, なれずどこ, なれなかった, なれなかったが, なれなかったの, なれなかったらしくあちらこちら, なれなかつた, なれなかつたが, なれぬ, なれぬの, なれませんの, ふしぎな, また格別, ドーあっ, 何か, 余裕が, 同情した, 少しも, 既に不良性, 時々はかり知れない, 自分に, 落着きが, 随分憧れ

▼ 気持ち~ (33, 0.9%)

8 のだ 5 のです 3 んだ 2 の, のか, んだろう, んです, ンで 1 のかと, のかも, のである, ので私, ものだ, もんだ, ンか

▼ 気持ちでは~ (27, 0.7%)

3 ない, なかった, なかつた

1 [18件] ありません, あるが, あろうが, おれなかった, すこしも, どうしても結婚, ない身, なくなにか, なく半ば, なく特にもう, むろんない, 先生を, 出来るなら売り切り, 少しも, 決して幼児, 渡って, 独り立ちしなけれ, 自分および

▼ 気持ち~ (25, 0.7%)

2 と思います, な, ね

1 [19件] からな, からな閑山, からね, から取っ, がシボレー, けれどもそれ, けれどシボレー, この辺, ぜ, つたが, つたのだ, つて楽々, と云う, と好い, と心から, と檜山さん, よ, わ, んだ

▼ 気持ちだった~ (19, 0.5%)

4 のである 2 がやがて, のでしょう

1 [11件] がやっと, が心, が父, が見せつけられた, けれどもいま, そしていつの間にか, と見られる, のだ, のであろう, ので多少, のにとは言う

▼ 気持ちにも~ (14, 0.4%)

2 なる, なるの 1 おなりあそばせ, なった, ならず一日, なられたの, なりにくい, なり年長, なるけれ共, ぼくの, 似通った点, 全くかかわり

▼ 気持ちにな~ (13, 0.3%)

3 つてし, つてゐた 2 つて居た 1 つていくつか, つて居ります, つて心が, つて歩いた, つて祝福し

▼ 気持ちさえ~ (11, 0.3%)

1 [11件] ある, したの, して, そのため, ないの, 光風霽月なら, 加わって, 動いて, 失って, 感じるの, 覚えて

▼ 気持ち~ (10, 0.3%)

1 体で, 彼女の, 感じ以上に, 態度を, 物への, 狂った精神, 生活を, 石太郎はぎ, 腹に, 道における

▼ 気持ちでも~ (8, 0.2%)

2 ない 1 あつた, いただくと, なく何だか, なく母, なければ, よくは

▼ 気持ちという~ (8, 0.2%)

2 のも, ものじゃ 1 ことと, ものが, ものは, 幻影を

▼ 気持ち悪く~ (8, 0.2%)

1 して, する人, 圧え, 感じたと, 感じて, 手の平に, 蒸し蒸しと, 貴婦人達には

▼ 気持ちそう~ (7, 0.2%)

1 にその, にぶらりと, にシャン, にロシア民謡, に白河夜船, に直ぐ, に眠っ

▼ 気持ちにさえ~ (7, 0.2%)

3 なった 2 なって 1 なったの, 似て

▼ 気持ちばかり~ (6, 0.2%)

3 でも 1 でなく銀座, では, で終始

▼ 気持ちだけは~ (5, 0.1%)

1 くんで, なにか夢幻的, 感じました, 確か, 通じて

▼ 気持ちなどは~ (5, 0.1%)

2 少しも 1 お見せすべきでない, 恐らく微妙, 跡かたも

▼ 気持ちじゃ~ (4, 0.1%)

2 人の 1 この河, ねえや

▼ 気持ちでした~ (4, 0.1%)

1 がほか, がやがて, が止血, よ

▼ 気持ちです~ (4, 0.1%)

1 か, な, ね, の

▼ 気持ちとが~ (4, 0.1%)

1 たえず交錯, 入りみだれた, 同時に起こる, 生れて

▼ 気持ちとしては~ (4, 0.1%)

1 あれ以上謙遜にも, おそらくその, もの心つい, 決して萎靡消沈

▼ 気持ちよりも~ (4, 0.1%)

1 久闊を, 更にずっと淡い, 虎の, 顧みて

▼ 気持ちがよ~ (3, 0.1%)

3 かつた

▼ 気持ちさえも~ (3, 0.1%)

1 その当座, 私の, 覚えて

▼ 気持ちそれ~ (3, 0.1%)

1 が食道, に甘え, をどう

▼ 気持ちだろう~ (3, 0.1%)

1 か, と思っ, な

▼ 気持ちでしょう~ (3, 0.1%)

21 そんなこと

▼ 気持ちなんか~ (3, 0.1%)

1 どうだって, ミジンも, 本当に考え

▼ 気持ちについての~ (3, 0.1%)

2 ぼくの 1 君の

▼ 気持ちばかりが~ (3, 0.1%)

1 された, 湧き上がるの, 激しく働い

▼ 気持ちをも~ (3, 0.1%)

1 察して, 誘ふ, 重くしました

▼ 気持ち~ (2, 0.1%)

2 察し下さい

▼ 気持ちこそ~ (2, 0.1%)

1 われらの, 全く狂気

▼ 気持ちしか~ (2, 0.1%)

1 感ぜられぬ, 抱いて

▼ 気持ちそういう~ (2, 0.1%)

2 気持ちで

▼ 気持ちだって~ (2, 0.1%)

1 何だか僕, 分かって

▼ 気持ち~ (2, 0.1%)

2 やない

▼ 気持ちであり~ (2, 0.1%)

1 ながらまた, ながら字引

▼ 気持ちでない~ (2, 0.1%)

1 ことに, ときも

▼ 気持ちとして~ (2, 0.1%)

1 どうしてもやり進まなけれ, 見れば

▼ 気持ちなぞ~ (2, 0.1%)

1 何も, 考えたくも

▼ 気持ちなど~ (2, 0.1%)

1 さっして, 思えば

▼ 気持ちなどを~ (2, 0.1%)

1 いろいろと, まったく持っ

▼ 気持ちにばかり~ (2, 0.1%)

1 なって, 酔って

▼ 気持ちまでを~ (2, 0.1%)

1 決定的な, 陰気に

▼ 気持ちをさえ~ (2, 0.1%)

1 備えて, 自分に

▼ 気持ちを以て~ (2, 0.1%)

1 それ等の, 念仏芸能の

▼ 気持ち悪かっ~ (2, 0.1%)

1 た, たが

▼ 気持ち~ (2, 0.1%)

1 の気持ち, はジリー

▼1* [91件]

気持ちいかんだが, 気持ちいわば一種の, 気持ちお変りにならない, 気持ちお話すれば, 気持ちそりや, 気持ちかも知れません少し, 気持ちからでもあったが, 気持ちからは木村の, 気持ちこれを問題, 気持ちするものかしら, 気持ちそつくりである, 気持ちそのときです, 気持ちだけが残った, 気持ちだけで旅を, 気持ちだけになりました, 気持ちだけを追うの, 気持ちだったであろうと思われ, 気持ちだつたが照れ, 気持ちつて狂人みたいに思, 気持ちつて貧弱なも, 気持ちであったが私, 気持ちであったろうが幼く, 気持ちでございましょうか, 気持ちでして居た, 気持ちでしかせられなくては, 気持ちでなければ物, 気持ちといったのは, 気持ちとの間に, 気持ちとは違つたまた, 気持ちともなって, 気持ちとを同時に味わい, 気持ちと共に声の, 気持ちなぞが探偵小説愛好慾の, 気持ちなぞはミジンも, 気持ちなって何, 気持ちなどにはふさわしくない, 気持ちなども理由なし, 気持ちなら赤飯だけで, 気持ちなりに次第にさまざま, 気持ちにさえもなった, 気持ちにしかならなかったもの, 気持ちについてぼく自身の, 気持ちについてはゆけなかつたけれども, 気持ちにまで昂じて, 気持ちによっていろんな音色, 気持ちに対する反証として, 気持ちに迄ならなく, 気持ちこんな日, 気持ちのみならず稲, 気持ちはちよつととぼけ, 気持ちはというと, 気持ちはも早や, 気持ちはよかない, 気持ちばかりに襲われる地獄, 気持ち宙返りする, 気持ちへまで進展した, 気持ちほどしっくり結びあう, 気持ちまで現代式でも, 気持ちまでが何んと, 気持ちまでも神々しく清らか, 気持ちもちいんとしずか, 気持ちやらとお見かけ, 気持ちよく分りました, 気持ちわるく年中さが, 気持ちソックリに作った, 気持ち一つでどう, 気持ち与惣次は草, 気持ち以外にあまりに, 気持ち分ってくれる, 気持ち分ったわ, 気持ち判ってるでしょうね, 気持ち判るわよ, 気持ちの飯, 気持ち同年輩の人, 気持ち姐さんには分らない, 気持ち嫉妬らしい気持, 気持ち子供を手術, 気持ち強いと思います, 気持ち彼女に話した, 気持ちがつて, 気持ち悪げに泣き叫ぶ, 気持ち慰めてやりたい, 気持ち持つてません, 気持ち早くも舌め, 気持ち私ちやんと判, 気持ち立派だったと, 気持ちのつながった, 気持ち詰ってやり, 気持ちを換え, 気持ち豚カツにバナナ私, 気持ち身丈が低く