青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「気持~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

気がついた~ ~気の毒 気の毒~ ~気もち 気もち~ ~気分 気分~ ~気味 気味~ ~気持
気持~
~気持ち 気持ち~ 気色~ 気質~ ~気配 気配~ ~氣 氣~ ~氣持 氣持~

「気持~」 16525, 179ppm, 576位

▼ 気持~ (3108, 18.8%)

187 した 150 して 88 する 43 よかった 31 するの 28 よい, 悪い 22 いい 21 しました 16 あるの 15 ある 12 したの, 悪かった, 悪くなる, 楽に 11 あった, しなかった, するので 10 あつた, いいと, します, わかるよう, 出て, 湧いて 9 なければ, わかって, 好い, 悪いから 8 いいん, したが, するもの, 動いて, 悪くて 7 なかった, わるかった, 強かった, 彼の, 悪くなっ

6 [14件] あったの, あって, あれば, いいです, いいの, しない, すること, するん, わからない, わるい, 変って, 心の, 悪くなった, 致しました

5 しないでも, ない, へんに, よいと, わるくなっ, わるくなった, 強いの, 悪いん, 胸に, 起って

4 [24件] あるから, いいので, いいもの, いいわ, こみ上げて, したこと, したと, したので, すると, よくなった, わいて, わるくて, 変に, 好いと, 好かった, 妙に, 彼女の, 急に, 悪いこと, 悪いと, 沈んで, 落着い, 起つて, 非常に

3 [62件] いいか, いいこと, いいし, いいや, いつまでも, うごいて, かわって, こみあげて, したから, したに, しないこと, しないの, しながら, しましたよ, しませんでした, するか, するから, するが, するよ, なくなって, はずんで, むらむらと, ゆるんで, よいか, よいので, よくない, よくなる, よくは, よくわかる, わからなくなって, わかるだけに, わるいと, 僕に, 先に, 出ない, 分って, 分つて, 分るよう, 動いた, 可なり, 強い, 強くなった, 彼に, 悪くな, 残った, 私には, 私の, 胸の, 自分で, 自分でも, 自分にも, 自分の, 良かった, 苛立って, 落ちついて, 落付い, 落着か, 落着く, 起きて, 起った, 身に, 頭を

2 [153件] あったから, あったが, あっても, あつて, あとに, あの人, ありありと, あり私, あるので, あるん, あればこそ, いいからね, いいが, いいくらい, いいだろう, いいよ, いたします, おありだった, おわかり, おわかりだった, お分り, かの女, きまった, こめられて, さっぱりし, したか, したけれど, したそう, したほど, したよ, したん, しっかりし, してるか, しないでは, しないので, しなかつた, し出した, し出したの, するだけ, するだろう, するでは, するばかり, するわい, する事, そのま, たいへん楽, ただよって, どうして判る, どうだ, どこかで, どこかへ, どこからとも, ないから, ないと, ないの, ないわけ, なかつた, はずまない, ひそんで, ぴたりと, ほぐれて, まざまざと, またぱっと, やさしいん, よいから, よかったろう, よからう, よくそれ, よくって, よくて, よくわかっ, よくわかりました, よく出, よく分る, よく判る, よく解る, よさそう, よろしい, わかった, わかつて, わからないと, わかりません, わかるもの, わるいの, わるくなる, 一つの, 一致し, 一般に, 乱れて, 伊豆の, 伸子に, 伸子には, 何か, 佳いので, 出た, 分らないん, 分らなかった, 千世子の, 回復し, 変った, 変ったの, 変る, 変るという, 変る封じ手, 多分に, 大切だ, 失せなかった, 好いだらう, 好いの, 好さそう, 安らいで, 少しずつ, 少しも, 少し複雑, 彼には, 彼を, 必要だ, 悪いが, 悪いね, 悪いの, 悪いので, 悪いほど, 悪いわ, 悪かつ, 悪くなつた, 悪くなります, 意識され, 昂じて, 期せずして, 欝積し, 残って, 流れて, 深くなる, 湧き上って, 湧き出して, 激しくなる, 無意識に, 生れた, 白けて, 私に, 私を, 腹の, 自分に, 良い, 誰の, 起らなかった, 起るの, 軽くなっ, 軽くなった, 軽くなり, 逆に, 進んだら鹿島槍, 顔に

1 [1505件 抜粋] あしゅうなられた, あったこと, あったところ, あったもん, あった訳, あつたら, あふれて, あまりにじかに私, ありさえ, ありました, あるからこそ, あるため, あるとは, あるなら台紙, あるばかりに, あるらしくその, あろう, いいだろ, いいに, いいのに, いいみんな, いい朝, いくぶん急きたてられる, いくらかわかっ, いたし, いたしませんね, いっぺんに流され, いつもあっ, いと易い, いやになる, いらいらする, いッぺん, うごかなかったから, うその, うれしいなぞ, え, おありなら, おこる前, おさまりません, おだやかに, おれの, お互いの, かくされて, かなり不自由, きっとつよく, きまったら聞かして, きまる, くしや, くたくたに, ぐつと落付く, けわしくなっ, こじれて, こだわってるの, このプリント, この時, この草稿, これほど, こんなこと, こんな風, さっぱりしたでしょう, さっぱり解らはくなっ, さわがしい管絃, したからな, したし, しただて, したであろうか, したね, したよう, した伊東伴作, しだした, してね, しないほど, しないらしくそう, しなかったが, しなかったの, しねえ御, しましょうね, しますからね, しますのね, しますネエ, しまた, しめつけて, しんから, し私, じつによくわかる, すが, すぐ側, すさんで, すっかり明るく, すっきりしなかった, すつかりおちつい, すまない, すむなら, するけれど, するぜ, するだけに, するだらうな, するだろう同じ, するでしょうね, するのに, するらしかった, するッ, する様, する筈, すー, せかせかと, せぬ, そういう自分, そうなっ, そう云う, そこまで, そのう, そのままつながっ, そのまま語られ, その批評家, その求める, その蔭, それからそれ, それは, そんなにしない, たえず行き来, たった一ついっぱい, たとえ恋, だるくなる, だんだん冷たく, だんだん落着, ちがうの, ちっとも起らなくなっ, つい彼女, つのって, つよく湧いた, ときどきする, とまらなくて, とんと解せない, どういふ風, どうこうという, どうして貴方, どこから, どんなだった, どんなもの, ないこと, ないとは, ない事, なかったなら, なくな, なくなるやう, なく書かれた, なぜそんなにあなた, なんとし, なんにでも, のび, はずまなかった, はっきりした, はっきりと, はっきり見える, はつきりと, はればれし, ひしひしと, ひどくする, ひどく消極的, ひろがつて, ぴったりと, ふいと, ふさがって, ふとで, ふと牛, ふわふわし, へんな, ほご, ほんとうに, まぎれるだけの, まして来た, まずいの, また少し, まだおさまらない, まだはっきりしない, まだ幾分, まだ起きない, まつたくないとは, まるで判らない, みえる, むずかしすぎる, もう少しでも, もしある, もっとはっきりわかる, もてるか, やさしいなどといった, ややこしくなる, ゆつ, よいけれども, よいでしょう, よいらしく, よい田舎, ようございます, ようやく納まる, よくおなり, よくな, よくなっ, よくならない, よくわかるだろう, よく分った, よく飲ん, よろしいでしょう, よろしくない, よわくなっ, わかったろう, わからず却つて皆, わからないの, わからなかった, わからなくなつ, わかります, わかり全くそう, わかる, わかるだろうか, わかるね, わが子の, わたしには, わるいこと, わるいなあ, わるいもっと, わるいわヨ, わるくありませんでしたら, わるくなり, わるく一層ジリジリ, イッパイです, グッと, サッパリする, シャンと, スッカリ鼻の, トンと, ハッキリ掴めなくなった, ムクムクと, ワッと, 一ぱいに, 一室一室の, 一日散漫であった, 一杯に, 一番大きく, 一種の, 上つてしまつ, 与って, 主に, 五体を, 京吉の, 人の, 今は, 今二人だけ, 今裏切られ, 伝染し, 伸子の, 何から, 何よりも, 何処までも, 余りまざまざと, 例えば, 信仰な, 倍にも, 傲る, 傾きかけた, 働くの, 元々ない, 先方の, 入り交じって, 全く理解, 全然欠如, 再現出来る, 出なかつた, 分った, 分らないこと, 分らないの, 分らないわね, 分らなくなるの, 分りませんでした, 切なかろう, 初めから, 判った, 判つたと, 判らぬでも, 判るだろうそこ, 前々からの, 加わるだけの, 動いたので, 動きフランス語, 十分表われ, 卑しくては, 去つてゆ, 又もやガラリと, 取れずこっち, 同情に, 呑気に, 和やかに, 善さ, 嘘な, 坊さんの, 堪えられないの, 変だった, 変ったらしいん, 変つて行く, 変るといふ, 多くなり, 多少あった, 夜が, 大きな掌, 大切であっ, 大抵の, 失せて, 失われずに, 奥さまには, 好いこと, 好い夏, 好きな, 好く外国人, 嫌ひである, 安定を, 宜しくあるまい, 室の, 寄せて, 察しられた, 少しでも, 崩折れ, 常に私, 幾分か, 引きたてられるどころか, 弱くなっ, 強かつ, 強くなっ, 強く一々, 弾まないと, 当然な, 彼女は, 彼自身で, 徒労に, 心にくい, 忘れられないん, 思いやられて, 思い掛けず胸, 恐怖感を, 悪いし, 悪いでしょう, 悪いなあ, 悪いに, 悪いや, 悪いツ, 悪うございました, 悪くつて仕様, 悪くなかったら, 悪く一日, 悪く眩暈, 悪るかった, 悲愴で, 愉快に, 感じられるが, 感激的に, 我我日本人の, 所謂新鮮なら, 手足の, 折れると, 抜けん, 捨て去ったま, 支配し, 改まって, 整理され, 新聞記事の, 昂揚する, 明るかった, 晴れて, 晴れやかに, 暗々裡に, 暗くなった, 暫くし, 最も大切, 未だ嘗てこれ, 本能的に, 松本に, 根ざしかけた頃, 楽な, 次第にいつもの, 次第に二つ, 次第に寂しく, 次第に許嫁, 此方に, 残ったの, 残忍な, 母に, 気の毒に, 江戸の, 沁みわたって, 治まらなくなって, 流れ出る, 浮きあがって, 浮き立たぬので, 浮の, 消えて, 消しとん, 深く伸子, 混じって, 渦巻き流れ私, 湧いた, 湧かなかった, 湧きます, 湧き起こって, 満ち満ちて, 滅入つて, 滅入るの, 滓の, 潜んで, 激しいの, 無ければ, 焦りだすと, 燃えて, 特に著しく, 現れる, 理会出来る, 生じた, 生れると, 画題に, 発生て, 皆なくっ, 益, 直る, 真剣だったら, 瞬間変に, 知れなかった, 硬化した, 私にはよ, 突きあげて, 窺われる, 筆を, 納まりかねた, 紙と, 統一され, 絶え間なく, 緊張し, 群集とは, 聴きたいん, 育つて, 胸へ, 胸一杯に, 腹の中で, 自分には, 自然に, 致しましたが, 致しますので, 致すぞ, 良いといふ, 良いもの, 良く解る, 苛立たしくな, 若やいで, 荒まない, 荒んだり, 落ちつかなかった, 落ちつくと, 落ち着いた, 落つか, 落着いた, 落着き出す, 薄々解る, 虚無的に, 行為的な, 裏切られて, 見え透いて, 解け彼, 解つたら, 解らないと, 解るの, 許さないの, 許しさ, 語気に, 豪爽に, 起きては, 起こって, 起つたのに, 起らない, 起らなかったから, 起り志, 起るかと, 起るもの, 近かった, 逆らいがたく, 途端に, 進んで, 違うと, 違って, 遺憾なく, 酸っぱく口中, 重いで, 重うご, 金の, 金銭の, 鉛の, 門人達には, 隙に, 離れないの, 露八には, 面白い, 頭に, 顔へまで, 食い違って, 高揚し

▼ 気持~ (3035, 18.4%)

756 なって 306 なった 129 なる 91 なるの 85 なつた 73 なりました 50 なったの 48 なること 35 なつて 32 なりながら 19 なったこと 15 なったが, なるもの 13 襲われた 12 なります, なれなかった 10 させた, 襲われて 9 されて 8 なったもの, なったり, なるので, なるん, なる事 7 おそわれた, させて, した, なったん, なり, なれない, 陥って, 駆られて 6 して, なったから, なると, なるばかり, なれた 5 させられる, なったか, なつたり, ならざるを, なるから, なれないの, なれば, 似て 4 なったので, なりましたが, なりまして, なるが, なるだろう, 沈んで, 襲はれ, 襲われながら, 襲われるの, 迫られて

3 [30件] おそわれて, される, ちがいない, なったと, なったよう, なっては, ならずには, なりつつ, なりながらも, なりましたの, なりますよ, なるか, なるかと, なるには, なれたこと, なれたの, なれます, なれません, なれるの, 包まれて, 変って, 変りは, 成って, 拍車を, 浸って, 眠って, 襲はれた, 襲われました, 迫られました, 駆られた

2 [95件] おそわれました, おなりに, かられて, させこれ, させたの, させられた, させられて, させられました, させるの, さそいこんで, された, されたもの, しても, すれば, せきたてられたの, そぐは, とらはれた, なったという, なったとき, なったよ, なった事, なった経験, なっちまって, なっちゃ, なってるの, なつたら, なつたらしい, ならない, ならないから, ならないので, ならないわけ, ならなきや, ならなけあならない, ならなければ, なりかけて, なりそう, なりそのまま, なりそれから, なりたがるもの, なりだした, なりましたので, なり両手, なり切って, なり易い, なり私, なり題名, なり鬼瓦, なると共に, なるもん, なるよう, なるらしい, なるらしく始め, なる時, なる様, なる理由, なる程, なれないで, なれなかつた, なれなかつたので, なれませんでした, なれませんわ, なれる, なれるもの, なれるん, ぴったりする, よく似, 出来て, 囚われて, 囚われながら, 少しも, 居眠って, 彼は, 彼を, 律動と, 成った, 打ち勝って, 支配され, 浸りながら, 私は, 自分を, 落ちて, 落着い, 襲われたの, 訴えるよう, 誘われた, 返って, 返つて, 追い立てられて, 追われて, 酒が, 鞭うちつつ, 鞭うつように, 頭が, 顔を, 駆られました

1 [829件 抜粋] あおられて, あなた方の, あやが, ある, いちばんしっくりする, いちばん近い, いろんな疑い, うそいつわり, うたれたと, うたれながら, おそはれるそれ, おそわれながら, おちついたので, おびえるの, お前が, かえってあの, かかずらうこと, かられ, かられるの, ぐうぐう睡っ, けじめは, こだわって, こだわりが, こだわるから, こっちを, こびりついて, これまでとは, さえなりました, さぐりを, さして, させたか, させちめ, させますからなあ, させられたの, させられたよう, させられるわね, させるくらい, させること, させるもの, さそいこまれた, さそわれた, されさ, されたと, されたの, されました, さわって, さわること, しっかりした, してやるという, しました, しみ渡って, じりじり迫られる, すうすう, すぐ撥, すっかりとらわれ, すっかり同情, するに, せめたてられて, そこへ, そっくりである, そわないという, たって, だれでもが, ちがいありません, ついて行こうとして, つき動かされた伸子, つき合うの, つけこの, つつまれて, つりこまれて, であつ, とらはれて, とらわれながら, どうしてもなり得なかった, どれだけの, なじんで, なったお, なったお節, なったかと, なったけれど, なったそう, なったためし, なっただけの, なったとして, なったとじゃ, なったもう少し, なったらこの, なったらしい, なったらそれ, なったわい, なったわけ, なった下らない, なった余り, なった夢, なった時, なった物語, なった私, なった途端, なった連中, なっちゃって, なってたの, なってでも, なっても, なってる, なってるもの, なってるらしかった, なつたでせう, なつたもつ, なつちまつ, なつちやつてわざ, ならあ, ならされて, ならされ自分, ならずに, ならせられるけれど, ならないかな, ならないかね, ならないの, ならないわ, ならないわさ, ならなかった, ならなかつた, ならなかつたら結婚, ならなくも, なられましょう, なられまんが, なられるでしょうが, なりいいたいこと, なりいかん, なりうっかり, なりかかって, なりかけたが, なりかけながら, なりかけます, なりかけると, なりきった田山白雲, なりきって, なりきれないという, なりきれるの, なりこころ, なりこれ, なりさ, なりさっき, なりじっと, なりその, なりそれ, なりたい自分, なりたかつたんぢ, なりたがるところ, なりつい, なりどんなに, なりなりした, なりは, なりはじめて, なりはじめ今夜, なりひとりでに, なりまさに, なりまさア, なりましたそして, なりましたとき, なりましたら私, なりましてね, なりますからね, なりますけれど, なりませなん, なりませんや, なりまた, なりまっ, なりやがて, なりやしないだらうか, なりやりきれない, なりわれ, なりオジ, なり九時すぎ, なり今, なり仕事, なり代ること, なり何とか, なり偽, なり出発, なり切ると, なり前後, なり十五歳, なり又, なり同時に極めて, なり声, なり外, なり姐, なり寛いで, なり岐道, なり年末年始, なり得ないとしましたら, なり怨み, なり惨め, なり故, なり日頃, なり構内, なり次に, なり殆, なり段々, なり申, なり皇女, なり眼, なり背中, なり膃肭獣, なり詩人, なり飽き飽きしながら, なるおり, なるくらい, なるぐらゐ, なるため, なるだけよ, なるだらう, なるであろうこと, なるでしょうと, なるでせうから, なるところ, なるなんて, なるに, なるは, なるほど, なるまで, なるらしいから, なるわねえ, なるヘタさ, なる三十銭, なる仕事, なる場合, なる山, なる都会, なる頃, なれず且つ, なれたので, なれたもの, なれて, なれないこと, なれないなんて, なれないわ, なれなかったけれど, なれなかったこと, なれなかったの, なれなくなったん, なれは, なれるから, なれるだろう, なれるでしょう, なれるなんて, なれるので, なれるもん, なれるらしい, なれる幾人, なんとなく違和, のって, のびのびと, はっきり残っ, ひきずられる自分, ひたひたと, ひたる, ひっかかりを, ひっかかるもの, ぴたりと, ぴったりとき, ぴったり合っ, ぴったり添った, ぴつたりとした, ふさわしくは, ふだんと, ふれる機会, ぽつりと, まだ学生, まとまりが, みんななっ, もっとも近い, やる, ゆとりは, わたくしは, グッスりねこん, ピッタリするだろう, フラフラと, 一葉が, 不審の, 不断の, 与えられるゆたかさ, 与へるもの, 久しく出, 仕えて, 伝染し, 似たそれ, 似たもの, 似た経験, 何か, 何かの, 何といろいろの, 何よりも, 余り快哉を, 信念を, 倦み切って, 傾いて, 僻みという, 充たされて, 充ち満ちて, 入ること, 共通な, 凄んだ表情, 出逢ったの, 動揺は, 千代乃は, 反く, 取り残され度, 受けとれるの, 同情が, 同情する, 同情すれ, 唆か, 唯一の, 喋舌って, 囚えられる, 囚われたの, 囚われるの, 圧迫され, 在りながら, 在るかを, 堪えて, 墜ちて, 変った, 変化を, 妥協する, 妨げられた, 嫌悪を, 寝ころがって, 寝込んで, 対してでも, 少しは, 島村は, 帰つた, 帰ること, 引かへ, 引戻す, 引掛っ, 引込まれるらしく郭, 張りが, 張合ひ, 強く圧された, 彼が, 彼女を, 従わないで, 復すること, 微かに, 応じて, 思いみだれつつ, 思い出されて, 急かれて, 悩まされながら, 悶えて, 感づきでも, 感激が, 感謝した, 成つた, 我々までが, 我慢が, 戻って, 手足の, 手足を, 打たれたから, 打たれて, 打たれました, 打ちのめされて, 打ち勝つこと, 抑え付けられた, 抵抗し, 押されては, 押し押されて, 捉はれない, 捉われました, 捕えられて, 捕われて, 接して, 擁せられて, 映って, 昼寝を, 時々駆られ, 暖まった身体, 暗くなり, 板挾み, 母も, 気づきました, 水を, 沈み込みました, 沈み込み大きく, 沈むの, 油を, 油断させ, 活きるという, 浸ったの, 浸ってる時, 添うよう, 満たされつつ, 満たされて, 溺れても, 焦かれて, 燃えて, 牽かれて, 理解の, 甘えて, 生きて, 生きようと, 疲れて, 登勢は, 白刃の, 直して, 相応した, 相違が, 眉を, 眠つてゐ, 眺めながら, 矛盾は, 私も, 穴が, 突き当ると, 立ち入, 立ち入り得る筈, 立還らう, 細い細い雨, 終止し, 絡みついた, 縋って, 縛られて, 胸が, 脅かされるの, 自ら気付いた, 自分は, 船全体が, 船底枕を, 芸人としての, 苦しんで, 落ちこんで, 落ちつきと, 落着きも, 落着を, 融けこんで, 襲は, 襲はれます, 襲われそこ, 襲われたので, 襲われたもの, 襲われたよう, 襲われたり, 襲われはじめるかと, 襲われると共に, 襲われ乍ら, 襲われ急, 見られだした変化, 解したの, 触れたよう, 誘いこまれて, 誘われた結果, 誘われるが, 誘われるん, 誘惑される, 責められながら, 賛同し, 起させたの, 転じて, 近かった, 近くて, 返るには, 迫っても, 迫られた, 追いたてられあてどの, 追はれる, 追われるの, 送って, 逆らうこと, 逆らってまで, 逐われながら, 遊びくらし, 道を, 還って, 酔っちゃったのよ, 酔って, 酔つて夜の, 酬いに, 釘を, 鋭い羞恥, 閉されて, 関って, 陥しいれたの, 陥ったの, 陥らせるの, 陥りまして, 陥ると, 随って, 馴れること, 駆られここ, 駆られその, 駆られるの, 駆られる場合, 駆られ隅, 駆り立てられて, 駆り立てられ激しい

▼ 気持~ (2223, 13.5%)

55 あつた 22 彼は 20 私は 19 いるの 18 眺めて 17 見て 12 それを 11 居た, 歩いて 10 いた, 生きて 9 彼の 8 眼を 7 いたの, 帰って 6 いっぱいだった, きいて, 仕事を, 彼女の, 聞いて, 自分の, 読んで 5 いっぱいに, いて, いること, 一杯だった, 云った, 暮して, 書いて, 胸が, 顔を, 黙って 4 いつぱい, いる, いると, もって, やって, 一ぱいに, 伸子は, 何か, 出かけて, 私の

3 [37件] あつたの, あなたに, あらう, いたのに, いながら, いまは, いるか, いるらしい, さう, そう言っ, ながめた, のろのろと, やって来たの, ゐた, ペンを, 一ぱいだった, 二人を, 云つた, 例の, 働いた, 君の, 女の, 居る, 彼女を, 待って, 愛して, 暫くは, 歩き出した, 母の, 毎日を, 答えた, 自分を, 芝居を, 見た, 身を, 酒を, 頭の

2 [125件] あたりの, あたりを, あても, いたか, いたから, いつぱいだつた, いても, いました, いるだろう, いるん, いろいろ考え得られる, お芝居, お逢い出来ない, きいた, ここに, こんなとき, こんな事, ごし, しばらくは, しょんぼり家を, じぶん, せう, そそくさと, その一本, その原稿, その夜, その日, その晩, それに, た, だまって, ながめながら, ふらふらと, ぽかんとし, みると, わたしは, ゐるが, ゐること, ベッドに, 一ぱいで, 一ぱいであった, 一杯に, 丸亀を, 二人の, 人は, 何事も, 僕は, 其処へ, 出て, 出る, 千世子は, 原稿を, 呟いた, 四辺を, 坐って, 外へ, 姉の, 宇治は, 家に, 家へ, 家を, 寝て, 小笠原の, 帰った, 廊下を, 心が, 心に, 急いで, 新たに, 早々に, 昔の, 書いたの, 本屋の, 構内を, 此の, 歩き振り, 活きて, 浅草を, 煙草を, 父に, 父の, 爺やが, 獣の, 畳の, 目が, 目を, 相手の, 眺めた, 眺めたもの, 眺めながら, 眺めやった, 眼が, 神聖なるべき, 私について, 空の, 突っ立っ, 立って, 笑いながら, 笑った, 結婚した, 美沢に, 翌朝早く, 考えた, 而も, 聞いた, 聞くとも, 肩を, 胸を, 自然に, 船に, 艦長の, 茫然と, 行って, 見ながら, 見物し, 談笑する, 豹一は, 走った, 足を, 過した, 過して, 雑沓の, 静に, 鞄に, 黙り込んで

1 [1494件 抜粋] あきらめが, あて途も, あの娘, あの解説, あらうさ, あらゆる場合, あわれんで, あゝあの人, いかにも冷笑的, いささか得意, いたが, いたら, いたんだから, いた彼, いった, いっぱいで, いっぱいの, いつぱいであつた, いつもたのしい, いますからね, いらしたでしょう, いられたらすこし, いられる方, いるかは, いるが, いるので, いる彼, いろいろ話す, うけとるから, うっそりと, うとうとと, おしはかると, おどる様, おめでとうを, おれは, お信さん, お城, お父さん, お関, お風呂, かえる決心, かごを, かたくなっ, かれは, きれいな, ぐっすり寝こん, けさほど, こうしてひとり, ここへ, このさき, この事, この場, この女類, この年月, この手紙, この洗面所, この若い, この門, これからは, これら職人の, こんなおだやか, こんな噂, ご注意, さっさと自分, さて立ち上つ, さらに次, しかたが, しきりに掌, しばらくじ, しばらく相対, しゃがんで, しょんぼり気, じっとあの, じっと見つめ, じっと見返した, すかし見ながら, すごしたいと, すっかり相手, すれちがうの, ずっと読ん, せうて, そう云った, そう言った, そこを, そのあと, そのひと, その可憐, その建物, その日本人, その椎の木, その画塾, その筆勢, その舞い, その遊び友達, それから, それらを, そんなら, そんな題, ただちょっと, ただ茫然, たまらなくなっ, だまつて眺め, ちよつと, つと歩き出した, つまり自分, とうとうベッド, どうすれ, どこか, どこを, どんなに暮し, なお執拗, なぐったの, なつかしんで, なら東京, なんとなくそんな, ぬすむよう, ねむって, のみ込む事, はりきって, ぱっと赧, ひとりゆっくりと, ふいと, ふっと眼, ふんぞり反, ぶつかって, ぶらぶらと, ぶらりと庭, べとつく肌, ぼうっとし, ぼんやりし, ぼんやり杯を, ぼんやり蓮鉢, まずいところ, またションボリ, また涙, まだ本当には, みて, もうしばらく生き, もう女, もぬけの殻に, やったこと, やはり農業歌, やらねば, やるん, よく噛ん, よむでしょう, わが家へ, わざと黙り続け, われながら, ゐたこと, ゐても, ゐますか, ゐられます, ゐる, ゐるそれ, ゐるもの, ゐる所, ゐれば, イタリアへの, ウイスキイを, エリック方へ, カット, キャゼリン嬢とでも, コップ酒を, サヨは, ジツとして, ストンと, ハリキって, ビールを, ベスの, ポケットに, ヨロシクタノムという, ワッフルを, 一つ朝鮮の, 一ぱいになつて居た, 一人置い, 一字一字を, 一寸皮肉, 一心に合掌, 一日じゅうを, 一日私は, 一杯です, 一生この, 一生懸命明日の, 一貫し, 一陽来復を, 三造の, 下を, 不機嫌なかれ, 丘を, 丸ビル前の, 之を, 九州で, 二人と, 二科を, 云い続けた, 云ってるん, 云われるの, 交響楽が, 人ひとり通らない, 人民に, 人生を, 人類諸君を, 今までの, 仕事に, 仰いだ, 仰云, 会つてみたいのよ, 低く尋ね, 体に, 何にも, 何気なくそんな, 作った, 併し, 供奉した, 俯向いた, 俺達を, 催促に, 働きたがって, 僕の, 元気の, 先ず視線, 先輩を, 入らせなかった, 其の満足, 其処を, 再び仕事, 冗談の, 冷めたくなった盃, 凝っと, 出かけた, 出し抜かれた上, 別れること, 前や, 創意工夫を, 勉強に, 医専に, 十六歳の, 南瓜畑を, 取りかへ, 受けたこと, 受け容れて, 口笛を, 台詞を, 向って, 吸込まれるよう, 呟くの, 味っても, 咀わしい, 喋る気, 四五歩進む, 固く身, 坐り込んで, 場所の, 変に, 外に, 夜道を, 夢現の, 大阪駅から, 天願氏の, 夫人は, 女達に, 好い役者, 姉と, 始めから, 嬉しくも, 安らうの, 実際同僚たち, 家老は, 富士を, 寝床から, 寝静まってる街路, 対馬守は, 小供, 小説を, 少しも, 尺八を, 居たけれ共, 居た刀自, 居なけりゃあ, 居りながら, 屏風の, 師匠から, 帰らせたの, 帰る途, 床に, 座敷へ, 康雄は, 引ッこん, 役所づとめをしていたのが我が身ながら, 彼を, 彼等の, 待ちつづけながら, 待つて, 後から, 後ろへ, 得意な, 心の, 応援し, 思いあまって, 思いも, 思い出しました, 思うぞんぶん, 思はず深い, 思わず目, 急ぎ下った, 悠々と, 想い出さされ, 意識する, 愛嬢の, 感得し, 懐かしくそれ, 我に, 戯れた, 手の, 扱って, 披い, 持ち上げた頭, 指しさえ, 捜して, 捨吉爺は, 控所の, 描かれたもの, 撮ったもの, 散らかってる紙幣, 文献に, 新しい仕事, 新らしい, 新聞に, 方言を, 日本の, 昇天し, 明日自分の, 映画館を, 昼は, 時々眼, 晩酌の, 暫くラケット, 暮らして, 書きはじめた手紙, 書き続けて, 書けて, 月に, 朝ごはんを, 木村さんが, 本を, 杉本は, 来てを, 松坂屋へ, 架橋の, 栄介は, 棄てて, 検事局の, 楽天地から, 次には, 歌わせると, 此処へ, 歩きました, 歩けるの, 死の, 毎日の, 気持よく, 江戸のみに, 河野さんと, 泣いたかといふ, 注視しました, 浅草へ, 涼しく生き, 湖畔の, 準之助氏の, 演出したら, 炬燵の, 無意識に, 煙管の, 熱望し, 燈台の, 片づいた気, 犯罪とか, 玄関を, 生きつつ, 生活し, 生活を, 申し上げて, 町中や, 療養客たちは, 登院の, 白紙の, 盃を, 直ぐ外套, 相対し, 看病に, 眺めずには, 眺める, 眺め渡された, 着物の, 瞳を, 石倉を, 研究し, 福村様と, 私共ひどく, 空いた席, 窓の, 立ちつくした, 立ち上りかけた, 立ち止まつた, 笑い笑い, 笑顔も, 答へ, 米友が, 紙とか, 素子は, 終るもの, 結ばれた, 結婚生活には, 緑の, 縁の, 署へ, 美しい空, 翌日を, 考えてから, 考へたり, 耐えて, 聞きました, 肖像を, 背後から, 脚本を, 腹の, 自分が, 自分は, 自分自身と, 自宅へ, 船房に, 色々の, 苦々しく云, 草鞋の, 蝶子は, 行きなさいね, 行ったって, 裏の, 西洋剃刀の, 見た故, 見ました, 見る, 見守った, 見詰めて, 見送って, 親類知人の, 解ると, 言うの, 言った事, 言葉が, 訊かなくとも, 訊ねた, 話が, 話の, 誤魔化して, 読み得ら, 読み進んで, 読むよう, 読んだ, 調べ物の, 謝った, 貧しいながら, 責苦を, 資生堂の, 走つた, 越年を, 跡づけて, 身に, 車掌台に, 辞し去った, 返事を, 追懐する, 送つて, 逆に, 逢った, 進みながら, 遁走し廻った, 過ごした, 遠い昔, 邪魔に, 郷里の, 酔興にも, 金五郎と, 針を, 鏡台に, 長文の, 降つて, 階下に, 随分つまらない, 電車に, 青年と, 音の, 頭に, 食べた, 食卓で, 食堂へ, 首に, 馬車の, 駿河台の

▼ 気持~ (1846, 11.2%)

37 もって 21 持って 19 察して 12 感じた 11 抱いて 8 悪くし, 悪くした, 経験した, 起させた 7 感じて, 覚えた 6 味は, 私は, 起させるの 5 分って, 強ひ, 悪くする, 経験し, 考えると

4 [11件] いだいて, もつて, 云うと, 僕は, 察しない, 引立てるやう, 知って, 自分で, 自分に, 表は, 起させる

3 [35件] あらわして, おさえて, こらえて, どうする, はかりかねて, よく知っ, わるくし, 口に, 味う, 味った, 味ふ, 味わ, 変えて, 少しも, 強いて, 彼に, 彼は, 忘れて, 思い出して, 感じたの, 感じながら, 抱きながら, 押えて, 持てあまして, 有って, 汲んで, 無理に, 現わし, 示して, 私に, 素直に, 考えて, 裏切って, 見抜いて, 話して

2 [114件] あれこれ臆測し, いうと, いだきながら, おこさせた, おさへて, お互に, お察し, きいて, こじらせ合ったまま, こんな婉曲, しずめて, して, すてて, そこまで, そそった, そそります, そのまま言葉, それに, それを, ちよつと, とりなおして, なだめて, のみこんで, まぎらすため, もたなければ, もつと, もてあましながら, よく理解, わかって, 与えた, 仮借なく, 何と, 十分に, 取り直して, 取出して, 否定しかねた, 含めて, 味って, 味つた, 味ひ, 味わった, 味わねば, 呼起す, 多分に, 如何とも, 妙に, 害した, 察する, 尊重し, 尊重する, 引きた, 強めたの, 彼女に, 思い出した, 思い出す, 急に, 悪うし, 悪くさせ, 悪くさせる, 想像し, 意識せず, 感じさせられること, 感じるの, 慰めて, 打ち明けて, 抑えて, 抱いたの, 抱かせられる, 持ち続けて, 持てあましながら, 支配し, 暗くさせた, 暗くした, 楽に, 歌ったもの, 殺して, 母に, 満足させ, 滅茶, 煙の, 率直に, 現わす, 理解し, 理解する, 瑠璃子に, 知つてゐる, 示した, 紛らし続けて, 繰返し繰返し, 聞いて, 胸に, 自分の, 芸も, 落ちつけて, 落ちつけるため, 落ち着けようと, 薄々読んだ, 見せて, 見せながら, 見出しました, 覚えたの, 覚えて, 誇張し, 説明した, 読んで, 起こさせたの, 起さした, 起させるもの, 起した, 起したの, 起して, 起すこと, 隅から, 顔に

1 [1280件 抜粋] あおられた, あとから, あはせ, あらわしたの, あらわせなかった, ある程度まで, いい現, いかにも少年, いたわって, いたわるの, いって, いつまでも, いとほし, いやそれ以上, いらいらさせる, いらだたせたの, いろいろ推測, うごかして, うち切つたらどう, うまく書きしるす, おあかし, おさえたので, おしきって, おたしかめ, おちつけこのごろ, お伝えしたく, お直し, お話しし, かいたもの, かきたてようと, かくして殊更, かなしませ家, きかせて, きっとうれしく, ぎゅっと歯, くじいた, ぐっとこらえ, ここの, こじらしてること, ことごとに, このひとたち, この作者, こまかくきい, こめて, こんなに引付け, ごまかすこと, さえぎるもの, さぐるよう, さする女性, させたいとは, さっきから, さらにすさまじい, しきり, しなかったが, しょっちゅう穿鑿, じっと抑え, じっと押えつけ, すくった, すっかり失っ, そ, そえて, そこね家, そそられた, そそられないじゃ, そそる, そそる肥料, そのどちら, そのまま先方, そのまま夢, そらしたの, そらすまいとして, そろそろ起し, たしかめて, たずねた, ただ一つ繋ぎ, だん, ちつとも, ちゃんとわかっ, つかむには, つくづくしたわしく, つたえられないもの, つつんで, とがめて, ととのえるよう, とらえて, とりとめも, とり返すこと, どうしても無く, どうしよう, どんなに解き放し, どッ, なすから, なだめるつもり, なるべく自分, にぶらせも, のみ込むの, はかりかねたが, はげしくゆすぶっ, はっきりさせる, はっきりと, はっきり表明, はらいのけようとして, ひきたてて, ひきつけようと, ひそかに, ひったてて, ひやりと覗き, ふかく抱い, ふくめて, ふと起させた, ほぐして, ほぐすよう, ほんとうに, まぎらしに, まるで憫笑, みださないで, みんな抑え, めちゃくちゃに, もうくいとめる, もし横, もたなくっちゃあ, もちさ, もちます, もってるの, もて余して, もらした, やりとりした, やわらげて, ゆたらかに, ゆるめないよう, よくわかっ, よく汲ん, よく聞い, よく説明, よッ, わかり合いながら, わざと抑える, わずかに, わたしは, キット受け入れ, コジらし, スッキリ澄, チットモ云え, ネネの, 一々忖度, 一つ一つ照らし, 一同に, 一層刺戟, 一挙に, 一番よく, 与えて, 与えるもの, 両方で, 乱されるの, 乱し御, 二つ弾の, 云いあらわしよう, 今でも, 仔細に, 他人の, 休めた, 伝えました, 伝へた, 伝へようと, 伴つては, 何か, 何度も, 作りながら, 保つ様, 俺だち, 傷つけたくないため, 僕に, 充分察し, 入れ換えたの, 再び塚田, 冒涜する, 冷静に, 凝視し, 分担し, 初めて感じた, 判つ, 判らうと, 利巧な, 制しかねる表情, 制して, 刺戟する, 前にも, 助けたの, 募らせて, 千世子は, 単なる移り気, 厳粛に, 反撥し, 反省し, 取りもどして, 取り戻し, 取り返して, 取戻しただ, 取返して, 只少し明るく, 合理化ばっかり, 君が, 含ませ自ずと, 吹き払ったの, 告白し, 呑み込んだ話, 周囲の, 味いたかっ, 味ひ得るなら, 味わい得たの, 味わうのに, 味わせられる, 味わったの, 味わわずには, 和げよう, 和らげる事, 唆る, 噛み堪えながら, 回復しよう, 増す, 変えること, 変更する, 多くの, 多少なりとも理解, 多計代, 夢の, 天空開闊の, 失ってからは, 奢らして, 奪われて, 如何に, 姉も, 婉曲に, 安静に, 害う, 害したと, 害したり, 害せず相手, 寄せるには, 察したよう, 察すべきである, 尊重したら, 小さな花嫁, 少しづつ経験, 巧みに, 幕僚に, 幾度と, 引きおこすの, 引きたて今朝, 引き立てて, 引つこめた, 引立てなかった, 弱めたほう, 強い太鼓, 強くもつ, 強めなくては, 当時の, 彼女に対して, 待つ身, 従兄弟たちから, 御自分, 徹底させる, 心の, 必ずしも不愉快, 忖度し, 忘れさせ彼, 忘れること, 思いあわせると, 思いだしました, 思い出させる, 思い出す気持, 思う事, 思って, 急廻転, 悪がって, 悪くさせた, 悪くします, 悪くなさるまい, 悲痛な, 想い出して, 想ひ出す, 惹きつけなければ, 意識する, 感じさせた, 感じさせる, 感じたこと, 感じだして, 感じない人間, 感じない訳, 感じました, 感じると, 感じ始めて, 感附い, 慰めたの, 懐いて, 懐かせる, 我慢し, 打ちあけあつ, 打ち明けはじめました, 打つこと, 払い退けること, 抂げる, 抑えること, 折り散らし, 抱いたであろう, 抱いては, 抱かさせる, 抱かせそうして, 抱かせたり, 抱かせられた, 抱かないで, 抱かれたと, 抱き続けて, 抱くもの, 押えかねながら, 押えようと, 押えるわけ, 押しきって, 押してまで, 持たせるに, 持たないの, 持たなかつたので, 持ちあ, 持ちまして, 持ち続けたらその, 持った, 持った人々, 持つたといふ, 持つて, 持つやう, 持て余しながら, 振い起して, 振り返つて, 捨てられないの, 捨鉢な, 探り出すの, 探ろうと, 推し計らうと, 掬って, 描いて, 損ねた容子, 擾され, 救うつもり, 教へて, 整理し, 文章の, 新らしく, 明るくし, 時の, 暴露した, 書いたの, 書きあらはすこと, 書こうと, 最後の, 木原さんは, 枯淡に, 案ぜずにはを, 楽々と, 楽園という, 次第にうしないかけ, 欣しく買う, 正直に, 残して, 比較し, 汲んでか, 沈ませるよう, 洩らす無意識, 深めさせられた, 深める一方, 清清させた, 漠然と抱かせ, 照応せしめたかつた, 煽りたてて, 熱くする, 父に, 狂は, 現したので, 現すため, 理解しない, 理解できない, 生じて, 申し上げて, 疑ったり, 白けさせるよう, 益々痛切, 直した, 直して, 直接その, 相手に, 眸にも, 知ったこと, 知ってるん, 知らないから, 知らない間, 知りながら, 知ると, 知ろうとして, 確かめたい未練, 示すやう, 示す余地, 私の, 稍取戻した, 章子に, 納得させる, 紙と, 紛らわすよう, 素早く見て取った, 絶えず経験, 続けて, 縦横に, 置き換えようと, 考えさっぱり, 考えれば, 考え浮べなど, 聞いたらお前, 聞いてからは, 聞けば, 胚胎させる, 脅かされる種, 腐らせるなんて, 自ら意識せず, 自分ながら, 自分自身で, 自覚し, 若人特有の, 萎えさせて, 落し込んで, 落ちつけるつもり, 落付か, 葉子自身で, 表して, 表わすもの, 表白した, 複雑に, 見すかされるの, 見つけ出した, 見はぐって, 見抜いた, 見破ると, 覚えそう, 覚えたかを, 覚えた花, 覚えるの, 親が, 解いて, 言いあらわしました, 言うと, 言つた, 訊いて, 訴えて, 詠んだもの, 詳しく文字, 誘い出されたもの, 誘った, 誘致し, 語りたい, 誤解しない, 説明する, 読みとった, 誰か, 諦めきれないの, 象徴的に, 買って, 資本主義社会の, 起こさせられた, 起こさせる原因, 起させそんな, 起させて, 起させなかった, 起させるだけ, 起させるに, 起させる一つ, 起させる文章, 起した事, 起しながらも, 足先に, 身を, 転換させ, 軽くした, 辛うじてお, 迎えるため, 述べたいばかりの, 述べるならば, 追払って, 通じ合って, 進めて, 避けて, 重くし, 鎮めようと, 除いては, 隠さなかった, 隠すつもり, 静かに, 順序も, 頭の, 顔にも, 飛んでも, 養わせたくないから, 高ぶらせようと, 鴻山が

▼ 気持~ (1332, 8.1%)

30 いい婦人 25 いいもの 2120 上の 18 よいもの, 方が 17 上で 16 中に 12 いいこと, もので 11 中で, 中には 10 よさそう, 悪いもの 9 上に 8 うちに, ものだ, 好いもの, 悪さ 7 ほうが 6 いい人, 悪いこと 5 いい場所, なかで, なかに, 変化を

4 [12件] いいところ, するもの, ために, ま, よいこと, よいところ, よさ, わるいこと, 上から, 上では, 張りが, 良いもの

3 [23件] いいお, いい家, いい微笑, いい日, いい時, いい朝, いい絵, いい部屋, うちには, したこと, しないの, すること, どこかに, ものです, よい歌, よくない, 上での, 事を, 余裕が, 底には, 悪い事, 悪い程, 時は

2 [75件] いいの, いいほど, いいよう, いい人々, いい人間, いい声, いい小さな, いい森, いい程, いい空気, いい表情, いい話, いい連中, いい音, いい顔, ことが, する日, する晩, する歌, する理由, せいで, ところへ, ぴったりしない, ほかに, ままで, ままに, ものか, ものに, ものを, ゆとりも, よい人, よい家, よい寝床, よい斜面, よい男, よい経験, よい部屋, よい音, よい驚き, わるい, わるいほど, わるさ, 上でも, 上にも, 下から, 中から, 中にも, 事は, 人が, 動きは, 動くこと, 好いところ, 好い事, 好い人, 好い家, 好い笑, 好い者, 好さ, 底から, 底では, 底に, 悪い, 悪いの, 悪い風, 悪くなる, 持ち方, 整理が, 方に, 時に, 楽な, 歌で, 浮かない主人公, 深さ, 裏には, 裡に

1 [754件 抜粋] あしい時, あらわれ, あらわれた顔, ある以上, ある様, いいお方, いいお話, いいくらい, いいとき, いいのに, いいよろこびの, いい上品, いい世界, いい事柄, いい二階, いい何もかも, いい作品, いい内地, いい勉強, いい古い百姓家, いい善良, いい太い息, いい宿泊所, いい小屋, いい小春日, いい少女, いい心理遺伝, いい愉快, いい愛くるしい, いい所, いい方法, いい旅行, いい日本, いい最終音調, いい桜色, いい殺し文句, いい泉, いい海, いい海岸, いい演説会, いい潤い, いい特徴, いい生活, いい知り合い, いい石, いい秋, いい種類, いい笑顔, いい筈, いい素人下宿, いい蘭, いい言葉, いい谷川, いい身振り手振り, いい遊歩道, いい重み, いい順助, いい風景, いきさつが, うえで, うえでは, うごきによって, うちにさえも, うつらない冷かさ, ええけに, ええもの, おもむくまま, およろしい, きっかけや, きめの, くいちがいや, ぐあいで気持の, こたえも, こだわりを, ことは, ことばかりを, ことを, こもった明るい, さっぱりした, さばきやう, さめないうち, されるもの, した一番, した事, した温泉, しっかりし, しない事, しない日, しない第, するある, するこの, するその, するの, するので, するはず, するほど, する事, する人, する地面, する文句, する机, する柳, する色, する言葉, する雨, する音, する食卓, ずるさ, せいかも, せいが, せいて, せめてもの, そういう方面, それを, ちがうこと, ちがう午後, つよくある, つらさ, ときに, ときには, とき暑, ところだ, どこに, どこを, ない万太郎, ない人々, ない明るさ, なかには, はけ口を, ひとつで, ひろがりを, ふさいだ時, ぶつかりを, ほうです, ほかには, まぎらしよう, ままじっと, ままでは, まま何か, まま外の, まま夜を, まま帰れない, まま戦場へ, まま私一人で, まんまでは, もち方ひとつつまり, ものかしら, ものであった, ものである, ものでない, ものな, ものらしい, もんぢや, もんでしょ, もんな, ややこしい説明, やりば, ゆとりが, ゆるみが, よいお, よいくらい, よいのんびり, よいほどの, よい世界的, よい事, よい人力車, よい住居, よい処, よい出来, よい出窓, よい堅雪, よい夜, よい娘, よい宿主達, よい寒さ, よい広間, よい微風, よい掌, よい方法, よい日, よい日和, よい旦那さん, よい昼寝, よい景色, よい暢, よい木造三階, よい気節, よい火, よい痛み, よい石碑, よい秋, よい秋晴れ, よい絵, よい緑, よい習慣, よい芝生, よい親切, よい貧血, よい酒, よい雪原, よい風, よい驚愕, ようでありました, ようでした, ような, ように, よかった, よくない思い出させで, よくわかる, よろしくない, わかりにくい, わるいところ, わるいもの, わるい光線, わるい好奇心, わるい手, わるい日, わるい海底, わるい生物, わるい発見, わるい震動音, わるい頭髪, わるかった, わるさったら, カナし, クーレンカンプに, ソモソモは, テンポと, ハリが, バランスを, モメントとも, ユトリが, 一つでございましょう, 一切合財が, 一方に, 一端を, 一部での, 一重底に, 上だけで, 上でか, 上品さは, 下に, 世の中が, 両面を, 中では, 中にこそ, 中心は, 主人公が, 些細な, 人々だ, 人だ, 人達は, 人間で, 何処にも, 余裕すらなかつた, 余裕を, 偽である, 働きかけは, 僕は, 先生でも, 全部が, 内からだけ, 内に, 内面の, 内面闘争これは, 出る様, 出来具合の, 分つて, 分析の, 動いて, 動きが, 動きには, 動きも, 動機が, 半面で, 半面何か, 原因の, 原因を, 原型が, 反射なども, 収まりが, 受け取れよう, 句だ, 合った方, 合致が, 向いた上, 向け場に, 唯一の, 問題で, 善い所, 喰ひ, 圧迫に, 地獄に, 場合恵子の, 増長する, 変化, 変化か, 変化について, 変化についても, 夕方に, 外は, 夢を, 大半は, 奥に, 奥の, 好いお, 好いこと, 好い何となく, 好い声, 好い夜着, 好い天気, 好い山, 好い応対ぶり, 好い日, 好い河原, 好い活溌, 好い用い, 好い男さ, 好い科白, 好い空想, 好い腹, 好い自分, 好い表紙, 好い話, 好い連中, 好い青味, 妙秀尼が, 妥協が, 孤独感の, 安心に, 寄り合いが, 寛いだせい, 寝呆先生気取り, 小ささ, 嵩じて, 工合では, 平静を, 幾分を, 底が, 底で, 延長で, 引き立たないこと, 弛緩が, 弟子である, 張りあ, 張りと, 後から, 後で, 心境に, 忖度なぞは, 悪いお茶, 悪いったら, 悪いぬるい風, 悪いはず, 悪いほど, 悪いむしあつさ, 悪い代物, 悪い作り事, 悪い嫌, 悪い思い, 悪い悪臭, 悪い振動, 悪い時, 悪い様, 悪い池, 悪い温気, 悪い濁った, 悪い生欠伸, 悪い盲目, 悪い眩暈, 悪い笑い, 悪い笑い声, 悪い臭気, 悪い話, 悪い雲, 悪い靴, 悪かつ, 悪る, 情であり, 感じられるよう, 感傷的な, 抵抗などの, 抵抗も, 持続性が, 探求に, 推移を, 描写も, 支えに, 支柱が, 改まるもの, 数十分であった, 方は, 旅であった, 昂揚なぞ, 明るい方, 時が, 時では, 時も, 時をも, 晴曇が, 暗さ, 最もい, 最もよく, 根柢には, 極めてさらさらした, 楽しみぐらいでは, 様々の, 標準は, 欠伸で, 歌である, 歌であろう, 波に, 流れが, 流れ通う, 流動の, 深く且つ, 清浄無垢さを, 温かさ, 湧くこと, 湧くところ, 湧くの, 満たし方, 準備が, 激しいはずみ, 為に, 焦れが, 焦慮が, 片鱗には, 犠牲を, 状態に, 玩弄は, 現れで, 現われであろうと, 理解者の, 用意は, 発露が, 相違は, 真実を, 空隙を, 糸が, 納まりが, 純粋な, 結ぼれを, 絡み合いは, 緊張に, 緊張の, 縮まるやう, 縺れ合いに, 自由の, 良いこと, 良い努力, 良い消息, 良い胸, 良い藍色, 良え, 苛立ちも, 若い雪枝, 苦しさ, 荒ぶ年頃, 落ちつきどころが, 落ちつくの, 落付きが, 葛藤や, 蕾が, 行きがかりを, 行き懸りも, 表現は, 表面では, 裏付けとして, 裡には, 親疎によって, 記憶の, 説明が, 説明などは, 説明は, 調子の, 負担だけでも, 負担であった, 起らないほど, 起らない月並, 躓きで大, 転換に, 軽さ, 追加が, 逃避を, 逆の, 通じるの, 通りに, 過程だった, 過程で, 違いだ, 違いで, 部分部分では, 重複を, 間違いです, 険悪な, 頭の, 香であった, 鬱したとき, 鬱屈には

▼ 気持~ (1331, 8.1%)

27 しなかった 19 なかった 16 よくわかる 12 少しも 11 しない, ない 8 微塵も 7 わかる 6 私の 5 あったの, しないの, わかって, 今も, 急に, 私にも 4 あつた, しません, そんなもの, なかつた, よくわかっ, よく分る, わかるが, 何ともい, 分って

3 [15件] あっても, しないで, しなかつた, どこから, どんなであろう, よくわかります, わかつて, わかりますが, 充分に, 分るが, 妙に, 察する, 毛頭なかった, 誰にも, 非常に

2 [75件] あった, ありがたいと, ありますが, ありませんか, ありませんでした, いちばん母に, うれしいが, しないだろう, しないので, しないもの, しませんからね, しませんが, しませんでした, しませんでしたが, しませんね, すぐに, せぬ, その人, その日, それと, それに, だいたい権謀術数, ちょっと説明, どう, ないから, ないの, ないん, なくなって, みぢん, もうハッキリした, よかった, よくない, よくわかった, よく判ります, よく判る, よく解る, わかるけど, わかるよ, わかるん, 一層切実, 今でも, 今の, 何う, 何だろう, 何ともいえず, 余りよく, 俺達の, 僕には, 全然なかっ, 分らないこと, 分るけれど, 分るよ, 判って, 判らない, 判る, 前の, 変らないと, 容易に, 強かった, 彼の, 持って, 明らかに, 昔から, 残って, 理解できる, 生れて, 私には, 第二段, 純粋な, 自然に, 致しませぬ, 解る, 起らなかった, 起りません, 風の

1 [953件 抜粋] あたしに, あった正月, あの時分, あまりいい, あまり起らない, ありません, ありませんよ, あるでしょう, あるはず, あるん, いいし, いくらか和いだ, いくらか解る, いたしませんでした, いだいて, いっぺんに萎え, いつしか何処, いつのまにか晴れ, いつぺんに, いまさっきとは, いま張りつめ, いよいよしずか, いよいよ萎れ, いろいろな, うそいつわり, うれしいと, おあり, おこたえ, おさまらない, おつたえします, おもく沈ん, おれが, お互いに, かえってだんだんおちつい, かなり卒直な, かなり複雑, くそっ, けちな, けっしてなかっ, こうして徐々に, ことごとく彼, この二三日, この前, この好い, この手紙, この第, この闇太郎一生, これで, これまでにも, さつぱりしてゐるし, さらにない, しかしそのまま, しかしまだちっとも, しかし目下, して, しないけれども, しないさな, しないだろうからな, しないだろうと, しないでございましょうが, しないでしょうね, しないと, しないに, しないもん, しないやう, しないらしい, しないわよ, しない極, しなかったけれども, しなかったでありましょう, しなかったと, しなかつたの, しねえどうも, しねえの, しまい, しませんか, しめえで, じゃあどう, すこしも, すっかり彼女, すっかり洗い去られ, すっかり貴方, すべてが, すんだでしょ, ずいぶん感傷的, せず死ぬ事, せぬ朝晩, そういうよう, そうした処女心, そうだろう, そうでない, そうでも, そう云う, そこから, そこまで, そのままお, そのまま名古屋, そのものとして, その小僧, その時, その火光, その美点, そばで, それでちょっと, それとして, それより, そんな単純, そんな風, たしかに後者, たしかに酔い, ただの, ただ漠然たる, たちまちに, たとえ十六, たまらなくよかった, だん, だんだん悪く, だんだん落ちつき, ちっともしない, ちょっと葉子, つたえて, つまりみなさん, とうに通り, ときめいて, とても尋常, ともかくも, どういうこと, どうしても好い, どうだ, どうであろう, どうにも, どうやらくるりと, どの点, どれも, どんなだらう, どんなな, ないし, ないだから, ないという, ないらしく, なおるかも, なかなか値打, なかなか納ら, なく, なくただ, なくなつ, なく心, なく浜本氏, にがかつ, はじめから, はっきりし, はるかに, ひそかに, ひと目兄上に, ひどくちぐはぐ, ひどく惨め, ひょっとすれ, ぴったりしない, ほとんどここ, ほんとうに, まさかそれ, まさにわが, ますます強く, ますます深まり, またいつの間にか, またぐらり, また考へ, まだそんな, まだ全然理解, まだ理解, まったく挫け, まづ金輪際, まるで一変, まんざらわからなく, みじんも, むろん判らない, めちゃくちゃだった, もうきまっ, もうこの, もうそれ, もうトック, もう分っ, もう聞かん, もう見, もちろんある, もっと多く, もっと社会的名声, もっぱら攻略, もとへ, もはや毛頭ありません, やがて一種, やがて病苦, やすまり世界一周, やはり心から払い去られない, やみませんでした, やや落着, よいの, ようわかっ, ようわかっとるです, よう酌ん, よくわかりません, よく分っ, よく御, よく酌み取れる, わかっても, わかつたから, わからんの, わかり合って, わかるかね, わかるね, わしにも, わるくなかった, イクラカわかる, エノケンに, ゴーゴリが, トニオには, ネズミの, ミジンも, ラッパの, レース細工の, 一たまり, 一つの, 一事件毎に, 一体どんな, 一向になかっ, 一層強く, 一掃され, 一時の, 一時荒ん, 一生ありません, 一種名状し, 一貫し, 丁度嫉妬, 三十女が, 上品には, 下らないという, 下等である, 不思議な, 世間で, 二十五六年前まで, 二重に, 人が, 人亡び, 人間世界の, 今は, 今日も, 仕事の, 伸子にも, 何といへ, 何ともいへ, 何ともいへません, 何ともた, 何とも云え, 何とも言えない, 何に, 何を, 何処までも, 何時まで, 俺達にも, 僕としては, 僕一人きりな, 僕等からは, 充分済ん, 兎も, 全くとりつく, 全くべつ, 全然それ, 全然一致, 其処に, 再び曇った, 冷静でなく, 出ても, 出ませんね, 分かるよ, 分つて, 分らない, 分らない人, 分らぬこと, 分らんこと, 分りますよ, 分る, 分るけれども, 分るところ, 初めから, 判つたとして, 判らないと, 判るの, 別々な, 別れる前, 別人の, 前と, 勇みたたずに, 動かないん, 動かなかつたが, 勝手な, 十分に, 千里を, 却って淀んだ, 又もう一度, 受けて, 可也心細, 同じだ, 同感できました, 同藩, 吐かないという, 君なら, 君には, 君の, 吝, 吹っ飛び吹っ飛ぶとともに, 唐突を, 回顧する, 堪へられないもの, 変って, 変つてゐた, 変らないが, 変りやしない, 多分に, 夜ごとに, 大いに師匠, 大てい僕, 大分減っ, 大差は, 大方の, 奥さんの, 女らしい母親, 好い加減に, 妾にも, 嬉しいが, 存外起らず, 実になまなましい, 実に世, 実に正しく, 家族的であった, 察せられなくも, 尊い, 小母さんという, 少しくつろいだ, 少し変, 尽したらしかったが, 常にあります, 平らかで, 平作の, 平気な, 引き裂かれた, 強いと, 当然で, 当然起った, 彼自身には, 後輩や, 心の, 必死に, 忘れられぬ所, 快絶, 急転直下妻子を, 恋では, 恐らく信仰, 恥かしくて, 悪い, 悪い音楽, 悪くない, 悪意の, 想像出来なく, 愈々熾烈, 感じなかった, 慰められて, 我々と, 手紙を通じて, 拒否に, 拭われません, 持たないだろうか, 捕っては, 推察できます, 日本と, 日記の, 明かに, 明るく非常, 昔の, 昨日から, 時としてちょうど痒い, 普通の, 晴ればれ, 智恵子さんに, 暫くは, 書けんよ, 最後に, 未だ一寸小説, 本当にありがとうご, 机の, 東洋的であり, 格別だ, 格別である, 案外この, 極く, 極めて自由, 次代の, 欣しい, 此の, 殆ど空虚, 殆ん, 残つてゐる, 段々冷え, 比類が, 毛頭なかつた, 毛頭起らなかつた, 水と, 決してない, 決して不幸, 決して平らか, 決して持つ, 決して決してありません, 浮かばない, 淋しいと, 渓谷の, 温くありたい, 満ち足りなかった, 滅入って, 漸く仕事, 激変し, 無いん, 無論あった, 無論好い, 然し本能的, 煙草の, 熱に, 犬を, 狭くうす暗い車中, 現在の, 理解できなく, 甚だ淡白, 生涯何度も, 生物の, 異国の, 百も, 皆同じ, 真に察し, 真直, 眼で, 知って, 知らないで, 磯村には, 神楽坂署で, 私が, 私に, 私は, 私わかる, 種々の, 突然剥奪, 第一段, 素子にも, 素直に, 絶えずあった, 絶対に, 緊張と, 腹立たしくなる, 自分でも, 自分の, 自然と, 自身に, 至極明るかっ, 致しませんいい, 興奮を, 良いもの, 芳子には, 若林博士の, 苦しいもの, 茲で, 落つく, 葬式の, 行乞の, 複雑であった, 複雑に, 解けなかった, 解らないもの, 解らぬこと, 解るなあ, 誘因は, 誰にでも, 諦めという, 赤井や, 起こって, 足軽小者の, 軽かつ, 軽くな, 轢死人の, 逆であった, 通じて, 運んだという, 遠くへ, 酒好きの, 重くなる, 長くつづく, 附きもの, 雨の, 雪舟の, 電燈を, 青年の, 面白いこと, 面白くて, 高等学校時代の

▼ 気持~ (606, 3.7%)

23 あった 13 あって 12 なかった 11 した 9 あつた 8 する 7 するの 6 手伝って 4 あったの, ある, するし, ない, ないの 3 あったが, あるが, あるの, して, しないでは, しないの, しなかつた, わかるよう, 察して

2 [33件] あったよう, あったらしいし, あったん, あつて, ありました, さっぱりし, したが, しない, しなかったが, しません, するが, するです, するので, その時, ないで, ないヨ, なかつた, なかつたの, なしに, よくわかる, 交って, 何も, 偽る気持, 分って, 多分に, 多少は, 妙に, 少しは, 幾分は, 楽に, 訊き兄, 起らなかった, 飾る気持

1 [404件] あいにく出ぬ, あたたかであった, あったから, あっただろう, あったであろう, あったに, あったので, あったらしい, あってね, あっての, あとに, ありこんな, ありながら, あります, ありますけれど, あり乍ら, あるので, あるまいが, あるやう, あるよう, あるらしい私, あるん, あろう事情, いいです, いいという, いくぶん落着, いくらか, いくらか判った, いくらか紛らされる, いくらか軽く, いたしますまい, いたしません, いたわって, いだいた卓一, いったいどこ, いつもの, いや気持, うかがっても, うかがわれながら, うすぐろい翳, おさまるの, おちついては, おぼえが, およそ察し, お千賀, お楽, かえってたすかる, かなり調和的, きまった筈, きまって, この夜, この心がまえ, この範囲, ございました, させずに, さっしられて, さっぱりする, さっぱりせん, さつぱりするだらう, さびしく閉ぢ, されるので, したから, したほど, しだいに一つ, しっとりと, しないと, しないもの, しないらしい, しないらしかつ, しないんで, しなかった, しながら, しますね, しませんでした, しませんのさ, すぐまた, すすまぬらしい話しぶり, すすんで, すっかり変っ, すっかり落ちつい, するええ, するけれど, するでしょう, するには, するゑゝ気, ずうっと, ずっと二半, ずっと晴れやか, そういう気持, そうだ, そのまま心, その例, その内, その変てこ, それぞれの, それに, それにつれて, それを, そろそろ冷, そんなとこ, たくさんある, たしかにあった, たちまち一致, だんだんと, だんだん引緊, つよかった, とがれば, どうせ明日, どこかに, ないから, ないが, ないし, ないどうせ, ないまま, ないもの, ない訳, なおさら解せなかった, なおよく, なかつたけれども, なかつたし, なくお, なくかえって, なくただ, なくて, なくな, なくなった, なくなったよ, なくなります, なくなりまた, なくは, なくぼんやり, なく人, なく吸殻, なく腹, なく食慾, なさらないでしょうが, なさらないもの, ぬぐったよう, はずんで, はっきりし, はっきりと, はつきりし, ひどく重い, べつです, ほんとうでありましょう, ほんの凡夫, まぎれたころ, まじって, まじへて, ませて, またいわゆる, また少し, また莫迦, まだあの, まだ消え失せ, まるでわからない, まるで見当外れ, むき出しに, もうわずかな, もって, もっとはっきりわかっ, もっともである, ゆとりが, ようやく紛れ, ようやく落ち着い, ようやく落着, よかろう, よかろし, よくまたもや, よくわかっ, よく実利, よく本当, わかったはず, わかったよう, わかりますが, わかり家庭, わかる, わかるけれど, わかるここ, わかるでしょう, わかると, わかるの, わかる気, わたしには, わるくない, ウソじゃ, ベッキイは, 一寸い, 一寸とらえ, 一首に, 世間から, 世間並の, 主観的には, 交つてゐたらしく, 亦さ, 亦そうであった, 亦時, 今に, 今の, 今は, 仏様の, 以前と, 何だか誰, 信長の, 働いて, 充分つつまれ, 充分に, 全く同様, 八方塞りである, 其故です, 凋むやう, 分った, 分らぬこと, 分りあって, 分ります, 分るが, 分るよう, 判るの, 別段なかっ, 別段起らない, 制へ, 前よりは, 助って, 勇敢に, 十分わかります, 十分理解し, 博士には, 又のんき, 受け身の, 可なり, 同じです, 同じところ, 含まれた血, 含まれて, 含まれては, 周囲の, 味は, 味へ, 哀れであった, 在った, 坦夷で, 変って, 多少わかっ, 大してなかっ, 大まかに, 太田黒兵助の, 失いたくないため, 女房が, 好かろし, 婆に, 嬉しい, 安まりそうに, 安らかに, 実は色恋, 察しかねて, 察しずに, 察したつもり, 察しや, 察しられた, 察しられないこと, 尊重し, 少かつ, 少しおさまった, 少しした, 少しべっとりと, 少しほぐれ, 尠から, 尾を, 幽かに, 幾分か, 幾分癒, 度々つたえられ, 強かった, 彼には, 彼を, 従順とか, 必ずある, 忘れずに, 忽ち失せる, 思い合わされた, 恐ろしい感じ, 悪くない, 愉快な, 意地も, 愛らしいもの, 感じて, 感じるの, 我ながら, 或掃除後, 手つだって, 手伝った, 手伝つてゐる, 手伝ひ, 抱いて, 持たないから, 持ってや, 救おうという, 救われますの, 新子の, 時には起る, 晴れて, 晴れるといふ, 晴れ多く, 書けば, 朝露を, 根強いもの, 楽だ, 次第に薄れ, 此れ, 段々社会, 比較的昂揚, 毛頭ない, 気に, 気持としての, 浮かばなかつたし, 浮むで, 消えて, 消え失せた, 深くな, 深く察します, 混じって, 添ふ, 湧いて, 湧いては, 滅入ったが, 潜んで, 澄みその, 無かった, 無視し, 現在の, 理由も, 生まれなかつたの, 画の, 痛切である, 相当わかっ, 真実であった, 知らずに, 知らないで, 知悉し, 確かに, 祈ろうと, 私だ, 私には, 私の, 私は, 窺われる, 籠らせながら, 純である, 能力も, 自分が, 自然だった, 自然ね, 致しませず何, 芝居でも, 若やぎ体験, 草雲に, 落ちついた, 落ちついたの, 落ちついて, 落付い, 落付きこの, 落付くでしょう, 落着い, 落着か, 落着くだろう, 薄れて, 蘇って, 見せは, 親しくなる, 解けたと, 解して, 解るし, 解るだらう義姉さん, 言葉も, 説明し, 読めないわけ, 誰にだって, 買って, 起こさせません, 起つて, 起らずさりとて, 起らず自分, 起らない, 起らなかったぐらいに, 起りました, 起りませんでした, 起り再び, 軽くなっ, 軽くなり, 通じて, 進んでるし, 違ったもの, 重くなっ, 長く続かなかった, 隠しきれない焦燥, 雨の, 霧の, 露骨に, 静かである, 非常に, 面白いと, 面白く感じられた, 首を, 首肯けない

▼ 気持よく~ (301, 1.8%)

5 やる 4 飲んで 3 して, 人力車を

2 [13件] ぽかぽかと, やれた, やれる, 出来て, 感ずる, 泣いた, 盃を, 自分の, 走って, 起きて, 酔うこと, 酔ふ, 頬を

1 [260件] ああある, あるはや, いつぞやぼく, お別れできる, お客様に, お発ちに, お話いたしました, お辞儀を, ききながら, ぐんぐんと, この宿, された, しや, しよう, すこしこそばゆく, すべって, すらすらと, すわって, そこに, そしてこれ, そして満足気, そっと襟, その, そよ風に, それに, それを, そんな物, ついて, つよい歯, てきぱきと, て出入口, ないという, ないん, なけるらしい, なさそう, なった, なったこと, なで, なりかけて, なりました, なるでしょう, なるよう, なんかならない, ぬくまつ, はつきりしてる, はやれなくなるでしょう, は使, は泣い, ふくらんだ頬, ふむ事, ほぐれる, また夜, もてなし振り, やった, やって, やつて, やり町, やろう, ゆかれます, ゆっくりと, わかって, わかります, わかりますそういう, わかるの, ギリシア美術の, スタッフも, レヴィウと, 一年ばかりを, 一杯の, 三十分しゃべる, 世話され, 世話を, 乾き切つた空一杯, 事務にかけては, 二つにも, 五六枚買う, 人に, 人の, 仕事が, 伐り倒されて, 休みそれから, 伸びてる首, 使つてゐる, 働いて, 入ってる, 凹んで, 出さなければ, 出そう, 出て, 分って, 切れるが, 前後左右を, 劇場に, 努力する, 動き各員, 勤めみんな, 協力援助し, 印象されました, 又うまかっ, 取り処, 受ける, 受け入れつつ, 吐きながら, 吸いこんだ煙草, 吸ひ込まれ, 命中した, 咽喉を, 囁くの, 学校に, 客も, 室中の, 家の, 家へ, 家を, 家事の, 寝られさえ, 寝過し午, 対手の, 左右に, 年を, 廻り始めました, 弁じて, 往来を, 微笑を, 思ったり, 思はないもの, 思わないもの, 思われた, 思われる, 感じて, 感じながら, 感じまた, 感じ又, 感ずるという, 感ずる迄に, 感ぜられた, 懸命に, 我等の, 手入れされ, 承知し, 抜け出して, 接すると, 描いて, 握手しよう, 支えて, 政務を, 散歩し, 整理した, 新聞記者に, 明るい, 映つた, 昼の, 晴れたよい, 晴れた空気, 晴れわたり南十字星, 暖かだった, 暖まって, 暮したいと, 朱の, 柔らかいもの, 柔らげる, 歌っては, 歌ふ, 正月も, 歩けた, 歩けました, 歩ける, 歯イシャを, 泣ける日, 海峡を, 清掃され, 清潔な, 温かくどっしり, 溶け去って, 滞在出来る, 澄み渡ったよう, 澄み渡つたやう, 照らされて, 燃えその, 燃えて, 爽やかな, 物事に, 現われて, 生へて, 白鳥会を, 相手に, 眠られる, 眠り込んでしまえる味, 眠るため, 眠れたので, 眠れるだろうな, 眠れる程度, 眼が, 私と, 空中に, 立上がりました, 立上っ, 笑った, 笑ったので, 笑って, 糊の, 絖なり, 緊圧される, 置いて, 聞えるの, 聞くこと, 聞こえる, 腹に, 臥た, 舟を, 落下します, 融和し, 行かなかった, 行った, 裾を, 見ながら, 見られた, 観て, 触れます, 言いました, 言葉を, 誤魔化すやつ, 読みつづけられない, 読み得ること, 読んだこと, 読んだり, 談笑し, 賛成し, 走った上, 走り出して, 踊ったわ, 追ん, 逢って, 進んだ, 遊べるよ, 遊楽気分に, 運ばれて, 遠くの, 酔う人, 酔える薬, 酔つて俊和尚は, 酔はせ, 酔ひました, 酔ひます, 酔わせて, 雑談の, 非常に, 響いて, 頭上の, 顔を, 食事が, 食事を, 食堂車は, 飲みあつた, 飲むほろ酔機嫌, 飲めるの, 飲んだらええ, 飲んだ酒, 首を, 鳴して

▼ 気持から~ (217, 1.3%)

11 では 4 言えば 3 であった, 推して 2 あまりにも, いえば, いきなり振り向い, して, すれば, だと, であつ, です, なの, 遁れる

1 [176件] あっしは, あなたとしては, あのよう, あんなよう, いうと, いうとネ, いくらかでも, いくらか余裕, いって, いつか足を, いつもよりは, いろいろと, うっかりし, おれを, かなり感動, からかうよう, がぶがぶ呑ん, きいて, くり返さないで, くる私, この実演, この貼紙, この間うち島田へ, さっきまでは, しかしそれ, しきりに脅かされた, しても, するわけ, そうしたの, そのとき, その面, そんな事, そんな動作, たちまち身, だ, だった, だったが, だったの, だったのに, だったろうと, だつた, だつたが, つい一言, であったと, である, であること, であろう, であろう武蔵, でした, でしょう, でしょうか, でたもの, でなくさ, でなくわれわれ, で生絹, どうしてどうしてもな, どこか, なんとなし, にわかに列柳城, のがれては, のがれること, のがれるため, ほんとうに, ほッ, ぼんやりと, また床, もし万一ひっぱり出され, もときき, やっただけ, やって, やっぱり私, わざと諄, スラスラ書い, ブレーキを, ユーモラスな, 一寸旅, 三十一文字を, 三吉を, 上野駅まで, 両手を, 二人の, 云うと, 云えば, 云って, 云つて女同士の, 云ふと, 互に無理, 人生の, 他人の, 以前の, 例えば, 元気が, 免れるため, 出た響き, 出て, 出る弱い, 出発した, 判断する, 別に押し切, 君を, 周魴に, 圭子の, 大ぜ, 夫人が, 女の, 女子供の, 妻に, 妾は, 子供二人を, 学校の, 家臣は, 少しかわいそう, 左右太勘蔵義平太の, 庭を, 弟の, 彼に, 彼らの, 彼らを, 彼を, 彼等を, 御台所は, 忍び込み拡, 思はずそんな, 或る, 戦争に, 抜けきれなかった, 抜け出ること, 押せば, 救われて, 新しい兇器, 既に死ん, 早く逃れたい, 明子と, 来る八つ当り, 来る寂し, 来る方, 来る自由, 果敢ない万一, 椅子を, 武蔵を, 殊に厳重, 涙の, 深入りした, 無意味な, 無理にも, 疑いながらも, 私に, 私の, 籠を, 考えられたん, 考へて, 脱却する, 自分としては, 自分の, 舟を, 茉莉の, 街路で, 覚めると, 解かれること, 解放される, 言うの, 言ったの, 言っても, 言つてゐる, 訊ねて, 誰も, 軽率な, 逃れなければ, 逃亡を, 選んだ名, 酒にばかり, 野口の, 離れて, 離れられないの, 難題を, 鼻を

▼ 気持~ (177, 1.1%)

4 云うもの

2 [11件] いうか, いえば, いっても, それとは, なって, 同じもの, 同じよう, 相通じ, 私は, 自分の, 言葉の

1 [151件] あんまりぴったり合う, いうより, いうよりは, いおうか, いささか違った, いったらなかっ, いったら世にも, いったら実際, いったら悪女, いつたらお話, いつ一, いふもの, いへば, いまこ, いまの, いろんな条件, おそろしい気持, おまえの, がくがくわななく, この中, この村, この歯噛み, この終り, しっかりした, しっくり合う, その安里, その後に, それからまた一人, それからわたし, それでも淡い, それにこの, それを, たたかいながら, たたかって, ちがう多く, であろう, どこか, ない気持, なつて, なりました, なり波子, なり青畳, なるの, ひとの, ほととぎすの, ほとんど相似, まるであべこべ, まるで反対, もはやそれ, わたしを, カンニングを, 一つは, 一寸親しみ, 一緒に, 一脈通ずる, 不安な, 二つの, 云ったらどんな, 云ったらなかっ, 云ったら何と, 云って, 云つたらありませんでした, 五人の, 今までの, 今先生, 今自分, 体を, 何が, 何となくもの, 全く同じ, 全く相, 全く違っ, 全然かけ離れた, 全然は, 共産党員として, 共通し, 半分は, 又一寸, 又目, 又自分, 反米的意見に, 受け取ること, 同じ味, 同じ気持, 同じ種類, 同時に疋田鹿の子, 名づけて, 在来の, 太い奴, 好奇とを, 実に似, 実際とは, 家郷, 小使ふ, 小夜時雨という, 少しの, 少しも, 当然という, 形の, 役者の, 彼への, 彼女の, 怒とは, 思いました, 恐怖と, 悪く絡まった, 悪戦苦闘し, 愛する気持, 憤ろしい気持, 持前の, 捻じ合うあの, 数珠を, 書くこと, 横に, 正反対の, 比べると, 気味が, 気持の, 水曜日や, 溌溂たる, 溶け合つて了つたかの, 為った先ず, 皆困っ, 相手が, 相纏っ, 禅に, 空想の, 立場も, 紙と, 紙一重という, 素直な, 羨ましいという, 肉体的の, 自分を, 自嘲とが, 苦笑との, 見られます, 覚悟を, 解き放されて, 解するの, 言ったよう, 象山の, 農村に, 通ずる, 避けたい気持, 重い荷, 関係なく, 闘って, 電車を, 静かな, 髪結の

▼ 気持には~ (160, 1.0%)

12 なれなかった 8 なれない 6 ならなかった 5 なれなかつた 4 ならない 3 なれないの, 少しも 2 さらに感じない, とてもならない, なって, ならなかつた, なれないもの

1 [109件] あの人, あら大迫さん, ある混乱, あんまりそぐわない, いくらかの, いさ, いって, いっぱいだった, おどろかされないもの, おぬい, この男, こみあげて, さしたくないもの, させない, されなかったの, そうしたもの, それに, それは, とてもなれない, とんちゃくなし, どうしても, どうしてもなる, どうしてもなれない, どんな思い, どんな我慢, なかなかなれる, なくっても, ならず丹念, ならないもの, ならないもん, ならないやう, ならないらしい, なりきれるもの, なりたくない, なりますが, なりません, なりませんよ, なるべく知らん顔, なれず恥辱, なれたの, なれないかも, なれないから, なれないがねえ, なれないだろう, なれないだろうともさ, なれないらしい, なれない筈, なれなかつたので, なれなかろう, なれますがね, なれませんが, なれませんでした, はじめは, ひッ, ふしぎな, ふれて, ほかならぬ, まだなっ, まづ滅多, まるで無頓着, もう何, やや優雅, ロシアに, 一向平気, 一日しずかに, 一種の, 不向きで, 他人の, 何か, 何かしら堪えがたい, 何とも言えない, 何の, 余裕が, 例の, 全くならず, 円タク助手など, 別れの, 刻み込まない冗談, 十分同情し, 却ってよく合っ, 反面に, 唐突に, 外国の, 容赦なく, 幸福な, 微塵も, 心から同情, 恭一や, 悲壮な, 成れなかった, 敏感に, 早川閑次郎の, 正直な, 深い深いもの, 深い複雑, 無視しきれない, 理解も, 男の, 私も, 立ちどまるもの, 美和子に, 耐えられないの, 落椿の, 覚えが, 軍国主義で, 野球の, 金輪際襲, 雑多な, 面白いところ

▼ 気持では~ (135, 0.8%)

22 なかった 15 ない 3 ないと, なかつた, なくて 2 ありませんでした, いられなかった, ないでしょうか, ないの, なかつたが, 私たちの

1 [77件] あったが, ありますが, ありますまいか, ありません, ありませんでしたが, ありませんでしたしかし, あるが, あるまいか, あろうが, いけね, いって, いられない, いるけれども, この範疇, それで助ちゃん, それを, とてもこの, とても書けない, どうです, どうな, ないか, ないかと, ないそして, ないただ, ないだろうか, ないつもり, ないで, ないね, ないのに, なかったであろう, なかったろうかと, なかつたに, なかろうと, なくても, なく何となく, なく呼気, なく実感, なく秋山, みずから首を, ものが, やっぱり一番自分, ゐられないの, エハガキ通信を, カンシャクで, ユリが, 万一そんな, 不可能であった, 不安で, 世界の, 亡き信長, 今の, 何だか明日午後, 僕は, 先生も, 全くない, 出来ないくらい, 十分十里以上も, 十町も, 君に, 居られませんでした, 年に, 最う平生, 東京に, 死は, 比較的彫刻的, 猿は, 真に正しく面, 祖父の, 私は, 自分の, 自分を, 自分達の, 若い時代, 蔵って, 誰の, 逢っても, 首を

▼ 気持にも~ (127, 0.8%)

12 なった, なるの 8 なって 5 なる 4 ならない, ならないので, なれなかった 3 なつた 2 なったり, ならなかった, ならなかつた, なりました, なります, なるが, なれた, なれなかつた

1 [59件] かかわらず私, かなり成っ, させた, させたの, させられて, すっぽりはまり, ちょっとなった, なったが, なったの, なったもの, なつたであらう, ならう何しろ, ならざるを, ならず夜, ならないで, ならないでは, ならないの, ならない歌, ならなかっただろうが, ならなかつたの, ならなかつたので, なられるの, なりあ, なりうるし, なりかけるほど, なりかねる, なりそして又, なりながら, なりません, なるけれ共, なるし, なると, なるまいと, なれず, なれず相, なれたが, なれないで, なれないの, なれないので, なれば, なれませんでした, なれるし, なれんの, なろうかと, なろた, ゆとりが, 似て, 何か, 何かしら甘い, 大した変化, 季節の, 強く這入っ, 彼は, 懐ろにも, 既に世帯, 様々の, 浸るの, 通うよう, 通じるところ

▼ 気持~ (115, 0.7%)

16 のだ 15 んだ 13 のです 12 んです 11 のである 5 のか 4 ので 2 の, のだった, のだろう, ものです, んだろう

1 [29件] くらいです, のかしら, のかねえ, のさ, のであった, のであろう, のでした, のでしょう, のでハーキュリーズ, ので熱, ので私, ので私達, ので起き出した, のに現在, のに違い, のね, のよ, の他人, の早く, もので, ものである, ものでございます, ものは, もんだ, んだってさ, んで, んでございます, んなら, 人だ

▼ 気持にな~ (105, 0.6%)

23 つてゐた 9 つて 7 つて来た 3 つて自分の 2 つたのである, つたのは, つてし, つてしまつ, つてゐ, つて行つた

1 [51件] つたそれでも, つたので, つた彼の, つていきなり, つてお婆さんの, つてこの, つてさ, つてさう, つてすぐ, つてた, つてちやぷ, つては, つてふとん, つてふらふら, つてアッパッパで, つてオシロイも, つてニツコリし, つて一升樽を, つて一度は, つて一心に, つて二人とも, つて仕舞つて机の, つて口笛を, つて向側の, つて坐つ, つて夢を, つて女の, つて家に, つて宿へ, つて指さきで, つて揃つてゐる, つて暗がりで, つて来ます, つて歌など, つて水へが, つて汚い, つて泣きべそを, つて溜息に, つて灯の, つて猫の, つて珍らしく, つて甘い, つて町の, つて縁側に, つて聞え, つて若し, つて街に, つて軽い, つて遠くの, つて隣室の, つて電車を

▼ 気持~ (102, 0.6%)

64 ね, もの 3 から, わ 2 て, と思います, と思う, ねえ

1 [74件] かこの, かどー, からである, からなそいつ, からもう, から云々, から人々, から仕方, から助からない, から勝ってる, から実さん, から海上, から生活, から自由, か位, がこの, がそう, がそれ, がなん, がやむを得ない, がオヤジ連, が仕方, が天性, が此うし, けど, けど女学生, けれども私, さあさあ来い, しそれとなく, し何しろ, し大きな, し始終, し隆ちゃん, ぜ, っけだ, つたから, つたがね, つたと, つたのかも, つてやつぱり似た, つて判つ, つて幾分並みぢや, つて考へ, つて言ふよ, つて言ふんだ, といっ, とも解釈, とよ, と云っ, と呟いた, と存じます, と家, と考え誤っ, と長く, と頷く, どうもこたえられねえ, な, なあ, なんておっしゃる, なんて云う, なア, な長, のう, のと, のに, のに変る, のに爺, まるで人買, もんだ, よ心, わよ, 冷たい蝋, 地球よ, 感情が

▼ 気持~ (77, 0.5%)

33 さそうに 10 ささうに 3 さが, さそうな, さは 2 さ, さそうであった, さと, さに, さを

1 [15件] くさう云つて, げにその, げにスヤスヤ, げに眠っ, げに笑った, げに自慢, げに薙ぎ廻す, げに驚い, このお嬢様, ささ, さそな, さであろう, さです, さという, 気持の

▼ 気持だった~ (68, 0.4%)

12 のである 7 のだ 5 のです 3 ので 2 にちがい

1 [39件] かと思っ, かも知れません, からである, から今後九カ村, から自然相手, かわかりません, か貴方, があいにく, がこころみ, がさて, がしかし, が一人きり, が夢, が当惑, が彼, が憤慨, が暫らく, が相手, が話, ことを, し口, ところへ, と思います, と思う, ど, に違い, のかな, のが, のできょう, のでしょう, ので室, のに苦労, ものね, わ, んだ, んだろう, んでしょう, んです, 朝の

▼ 気持~ (54, 0.3%)

7

1 [47件] いろいろその, おびやかされた気持, お愛想, こうして歩い, こと, その他さまざまな, それを, ぬれて, の, ぽかんとした, またいきなり, また墨屋敷, また時として, もん, ろか, オカシナ所業を, フッと, 世間一般の, 事件に対する, 人柄について, 人道的精神等である, 今自分達二人, 体を, 何かに, 剛慾者を, 動きを, 唇の, 場所やを, 夫への, 姿が, 嬉しい気持, 客が, 希望を, 情緒を, 態度などといふ, 態度や, 教えこまれ, 本当に連れ, 気取る習慣, 犠牲的行為は, 田舎家によって, 私に対して, 考えも, 行事を, 見せびらかされて, 言草が, 認識を

▼ 気持とは~ (40, 0.2%)

2 このこと

1 [38件] あまりにも, いえなかった, いか程多角的, え, およそそぐわない, およそ似, およそ遠い, ひいては父, また違う, まるでちがった, まるでべつ, まるで質, もう違っ, ガラリと, ハーモニイし, 一致しない, 丸で, 全く別, 全然ちがう, 別な, 別の, 又格別, 反対な, 反対の, 反対ばかりの, 大分遠い, 大変に, 必ずしも一致, 思って, 恐らく正反対, 恰で, 縁の, 若い向上欲, 違いますが, 違う, 限らないでしょ, 離れて, 面白いわね

▼ 気持よい~ (38, 0.2%)

2 程生活

1 [36件] からだろう, ことが, しずけさ, だろうと, でしょう, という点, という風, ところが, と思います, ので目下, もので, ものである, んです, 交際を, 光を, 写真だ, 古風な, 吉日を, 夕立だったでしょう, 夕餐が, 夢では, 宿である, 感じが, 日でしたろう, 昂奮状態が, 朝食でありました, 水しぶきで, 活気を, 点滴の, 石段の, 祭壇が, 秋の, 肖像で, 視線で, 隅や, 雨が

▼ 気持にさえ~ (36, 0.2%)

13 なって 7 なるの 5 なった 2 なったの 1 した, なった事, なるが, 彼は, 成った事, 成って, 極めて無邪気, 消えて, 相成り然

▼ 気持という~ (34, 0.2%)

12 ものは 6 のは, ものが 3 ものを 1 ことも, のが, ので, もの, ものでしょう, ような, 心境の

▼ 気持さえ~ (33, 0.2%)

4 した 3 して 2 する

1 [24件] あるの, いたします, してるん, するほど, その後では, なかった, わかって, 出たの, 咄嗟に, 失ってるの, 察して, 感じたであろう, 感じないの, 感じながら, 抱くよう, 持って, 湧いた, 湧くの, 生じた, 胸に, 起りかねない矢先, 起りました, 起れば, 醸したらしい慶四郎

▼ 気持です~ (32, 0.2%)

542

1 [21件] か, からウヰスキイ, から今日, から又, があの, が臍, けど斯, けれどもその, しそれ, し目白, ぜ, ともその, と云っ, な, ねそれ, ねまさか, の, ものね, よほんとう, ネエほんとうに, 小生は

▼ 気持であった~ (30, 0.2%)

2 がそれ, のである

1 [26件] から私, があの, がこ, がこれから, がその, がそんな, がただ, がだんだんそう, が宿, が心, が性交, が長老, そうである, ために, ということ, と思う, にちがい, に相違, のか, のかも, のであります, のでしょう, のです, ものか, ものだ, 他の

▼ 気持だけは~ (29, 0.2%)

2 今でも

1 [27件] いつに, いつぱいにもつてゐる, お伝えし, たぶんお, てんで見当, どうにも, どうにも整理, どこの, よく通じた, 今だに, 到底日本人, 割合に, 始末する, 心の, 忘れること, 忙しかった, 掬んで, 明瞭りよみがえっ, 最早殆, 朗かに, 然しありがたく, 私にも, 羨ましいわ, 行きとどい, 追はれる, 通るん, 重くるしく

▼ 気持でも~ (27, 0.2%)

6 あった 4 なかった 2 あつた

1 [15件] あって, あつたらしい, ありいい, ありました, あり愛着, あるの, きけないわけ, ない, ないらしい, なければ, 変えて, 思い出して, 悪くな, 持つて, 書かず長篇

▼ 気持である~ (24, 0.1%)

2 ことは

1 [22件] か, から自分, かを体験, がけれども, がそれ, がやはり, が左近, が彼, が特に, が谷村, さみしいと, だけにあなた, というこまごましい, と思ふ, と申せましょう, と自嘲, にし, には相違, のを, やうな, 蚊帳は, 酒罎を

▼ 気持など~ (24, 0.1%)

2 少しも

1 [22件] あらう筈, いくら彼女, おかまいなし, お構いなし, そっちのけで, その動機, その時分, まるで気, もうどこ, わかりっこないの, 云うまでも, 何も, 出て, 勤労の, 微塵も, 抱きたかろう, 更になく, 毛頭感じられない, 深く考え, 相当実感, 私に, 読者に

▼ 気持がよ~ (21, 0.1%)

17 かつた 2 ござんすから 1 ござんすね, ささうだと

▼ 気持じゃ~ (21, 0.1%)

3 ない, ないの 2 ありませんよ

1 [13件] ありませんか, いられそう, ちっともなかっ, ないか, ないかしら, ないでしょ, ないなあ, ないに, ないわ, なかったわ, なかったん, もう漫才, 斬れない

▼ 気持そう~ (20, 0.1%)

2 にし

1 [18件] な笑い声, な顔, にうなり, におれ, にお婆さん, にそんな, にまた, に威張っ, に寝込ん, に弥蔵, に振れ廻っ, に揺られ, に浴, に漸, に窓, に酔いました, に髪の毛, に鼻唄

▼ 気持でした~ (20, 0.1%)

32

1 [15件] かいう, かね, がだんだん, がでも, がやっと少し, がやはり, が別, が白骨, が繁昌, な, ねえ, のじゃ, わ, わお, 当支所

▼ 気持だけ~ (18, 0.1%)

2 である, では

1 [14件] して, だから, だが, だった, だろうと, であたし, であった, でした, です, で後世, で辛い, とり立てては, なん, 言い二つ

▼ 気持まで~ (18, 0.1%)

2 起さないとは, 重苦しくなる

1 [14件] ぐったりし, こしらえあげて, すっかり見抜い, するん, はっきりと, ひっこめたこと, ひろがる, 何となく異, 呼び起す様, 更につけ加わった, 流れた, 浮き浮きさした, 砕けて, 聞く様

▼ 気持よかっ~ (18, 0.1%)

132 たが 1 たかという, たに, たの

▼ 気持などは~ (17, 0.1%)

1 [17件] ないでしょうが, めつたに, わからないので, サラサラなかっ, ミヂンも, 全然わからない, 全然問題, 宮崎は, 少しも, 微塵も, 拭ひ消された, 眼中に, 私ちっとも, 考えなかった, 至って乏しく, 起こるもの, 這ひこむ

▼ 気持とが~ (16, 0.1%)

1 [16件] いつに, ごっちゃに, その一うねり, その後の, べつべつであった, まじった態度, もっともな, カチカチッカチカチッと, 両極から, 交錯し, 凡てを, 彼の, 悲しいやさしみ, 相半ば, 縺れ合った, 裏表にな

▼ 気持なんか~ (15, 0.1%)

2 微塵も

1 [13件] しないの, ちっともない, ないのよ, なかった, わからないの, チットも, 一言喋らせりゃ, 僕になんか, 僕には, 吾, 実に尊い, 少しも, 起りつこ無いわけ

▼ 気持だろう~ (14, 0.1%)

1 [14件] かだが, からとこう, けれども何, ってよくそう, というん, という挨拶, とおもいます, と云いたかった, と察した, と思わせる, と思われます, と私, なあ, よ

▼ 気持~ (13, 0.1%)

1 [13件] へこ, へし, へした, へする, へない, へもする, へ味, へ感じさせた, へ感じられ, へ抱い, へ抱き, へ湧き, へ為ん

▼ 気持すら~ (13, 0.1%)

1 [13件] あった, あるやに, かがやいて, する, するの, どこかへ, ないくせ, なくなって, 味って, 左門は, 抱いた, 殆ん, 起こるの

▼ 気持それ~ (13, 0.1%)

1 [13件] から忘れられた, があなた, がそのまま, が錯綜, こそ犀星, でゐ, はなんと, は我が, は論理上, もあわただし, をその, を前, を食べさせ

▼ 気持として~ (13, 0.1%)

1 [13件] あるの, お礼に, これが, こんな場合, そうしたかった, その方, わたくしと, 何だかお母さん, 俳優座に, 全身的要求の, 無理は, 理解した, 直して

▼ 気持としては~ (13, 0.1%)

1 [13件] あながち誇張, それほど自ら, できない, まだどこ, むしろ絶対, 党員に, 出席したく, 憧憬と, 早すぎる, 是非雑誌を, 殺生に, 自然であった, 誰かに

▼ 気持なら~ (12, 0.1%)

1 [12件] おれが, ここで, そりゃあ女にだって, ばかえって, ば死罪, 僕もう, 同じよう, 安心です, 心の, 戸田氏との, 無理に, 真っ先に

▼ 気持~ (12, 0.1%)

3 ぴたりと 2 陥って 1 こなかった, じりじりと, 刺戟する, 底深く, 自然に, 落着い, 落込ん

▼ 気持わるく~ (12, 0.1%)

1 [12件] こびりついた, て歩い, て臥, なかったらお嬢さん, なかったら話, なったの, ひきつられながら, 壊れた髪, 悩んで, 横腹を, 汗ばんだ体, 発見した

▼ 気持悪く~ (12, 0.1%)

1 [12件] おもうくらいの, さえあった, ちょっとがたつき, なさ, ニヤニヤと, ムツと, 不秩序, 思って, 汚れた平, 濡れて, 脛に, 顔へ

▼ 気持いい~ (11, 0.1%)

1 [11件] けど, ことだろう, こと美味しい, でしょうと, ですよ, んだ, 人ばっかりね, 復讎であるらしく見えた, 日光の, 気持でしょう, 程仕事を

▼ 気持にまで~ (11, 0.1%)

2 なった, なって 1 させられて, ならせられる, なりました, 影響し, 田山白雲も, 近付いて, 追い込められた硬直

▼ 気持~ (10, 0.1%)

1 どっちとも, はたの, ひきつけられるよう, わかるでしょう, 分りませんが, 小説を, 後では, 申すまでも, 自分には, 飢えと

▼ 気持であり~ (10, 0.1%)

1 あなた様らしい, それが, また事実, また超俗, よう筈は, 多かれ少なかれ自由奔放, 春次も, 更に日向ぼっこ, 自然気持も, 開運の

▼ 気持だけが~ (9, 0.1%)

1 あった, あるとき, それだけ切離され, にわかに押し寄せ, 分るの, 残った, 残り信吉, 糸を, 馬鹿に

▼ 気持をも~ (9, 0.1%)

1 いちどお互いに, つらせ戸まどい, ズルズルに, 佗しくさせ, 勉は, 察し気苦労, 彼女一流の, 空想し, 言い当てて

▼ 気持~ (9, 0.1%)

2 がって 1 かつた, さを, そうな, るおしたやろ, るくじゃりじゃり, るく膿, るさ

▼ 気持からは~ (8, 0.0%)

2 あまりに懸け離れ 1 かなり遠い, その男, ただ太宰治, 出るもの, 十七八の, 遠かった

▼ 気持でしょう~ (8, 0.0%)

21 かね, したした, って, と思っ, な, ねえ

▼ 気持でなく~ (8, 0.0%)

1 その話, ちゃあ, なつた, なにものからも, むしろ機械的, 何だかいや, 本当にこんなに愉快, 現在其処に

▼ 気持といふ~ (8, 0.0%)

4 ものは 2 のは 1 あの自殺的, ので

▼ 気持なんて~ (8, 0.0%)

2 ものは 1 お察し, その場, もんは, わからないの, わかりっこないん, 全くあり

▼ 気持ばかり~ (8, 0.0%)

1 おっかなびっくりいたわっ, であった, でそれ, でなくそういう, では, でも, で生きて, 致しましょうという

▼ 気持よりも~ (8, 0.0%)

1 いっそつかまった, たまらない感じ, まず怖い, まづ, むしろ天下, モットモット切ない, 彼女にとっては, 誰にでも

▼ 気持いや~ (7, 0.0%)

3 それよりも 1 しらじらしい気持, それすらも, ぼんやりした, 私としては

▼ 気持だけで~ (7, 0.0%)

1 そう思われる, ぞっとした, 区切りを, 書くの, 沢山だ, 立上っ, 間に合い運

▼ 気持だけを~ (7, 0.0%)

1 一言のべ, 受けて, 感じると, 懐いて, 文章の, 相手と, 買って

▼ 気持でない~ (7, 0.0%)

1 ああまた, からこそ詩, ということ, のであった, のを, 医学士は, 場合でも

▼ 気持しか~ (6, 0.0%)

1 しなかった, なかった, なかつたのに, 実際私, 持って, 起きなかった

▼ 気持だつた~ (6, 0.0%)

1 がそれ, が恰度そこ, が発行日, が話相手, ものだ, んです

▼ 気持~ (6, 0.0%)

21 やありません, やと箍, やない, や無い

▼ 気持でし~ (6, 0.0%)

2 ている, てね 1 ているだろう, てみる

▼ 気持との~ (6, 0.0%)

2 間に 1 ちがいには, 争いでありました, 間には, 間の

▼ 気持に対して~ (6, 0.0%)

1 あなたが, ここに, ただわけ, 拍車の, 敬意を, 責任を

▼ 気持一つ~ (6, 0.0%)

1 だ, で四方八方, で無理, で私, に成りきっ, 変える事

▼ 気持好く~ (6, 0.0%)

1 出来て, 力の, 吹いて, 帆を, 感じて, 書き分けられ美しい

▼ 気持その~ (5, 0.0%)

1 くせ何やら, スーッと, 中に, 気持が, 蔭から

▼ 気持だけでも~ (5, 0.0%)

1 このほう, もう眼, 吉田は, 彼女も, 礼を

▼ 気持であろう~ (5, 0.0%)

1 か他愛, とよせ, と何度, と思った, と深く

▼ 気持とを~ (5, 0.0%)

1 一緒に, 交錯し, 同時に感じた, 圧へ, 経験し

▼ 気持などには~ (5, 0.0%)

1 てんで無, まるで無頓着, まるで頓着, 気附かず, 頓着なく

▼ 気持などを~ (5, 0.0%)

1 少しも, 思い遣って, 考へること, 観ると, 邪推する

▼ 気持~ (5, 0.0%)

1 僕ニ分ラセヨウトシテイルノデアロウカソレトモマタ, 味ワワサレタ, 実ニ, 解スルニ苦シム, 迎エヨウトスルカラナノダ

▼ 気持良く~ (5, 0.0%)

1 うとうとと, なかったが, 解ります, 輝く日向みたい, 酔へる

▼ 気持~ (4, 0.0%)

2 分りに 1 わかりに, 察しに

▼ 気持だって~ (4, 0.0%)

1 これほど, どちらを, 事を, 適当じゃあ

▼ 気持でなけれ~ (4, 0.0%)

1 ばいけない, ばうまく, ばこういう, ばならぬ

▼ 気持とか~ (4, 0.0%)

1 いったもの, それに, たよりに, では

▼ 気持とで~ (4, 0.0%)

1 こころ小鼓の, 何気ない風, 彼は, 澄子は

▼ 気持によって~ (4, 0.0%)

1 その悲願, つぐなわれて, 扉を, 見向

▼ 気持ばかりが~ (4, 0.0%)

1 グツと, 残りました, 積局的に, 集って

▼ 気持より~ (4, 0.0%)

1 はるかに, ほかに, もっとずっと謂わ, 厳粛な

▼ 気持わかっ~ (4, 0.0%)

1 て, ていただけるでしょう, てくれる, て下さるでしょう

▼ 気持わるい~ (4, 0.0%)

1 からハガキ, ので先, ような, 振動を

▼ 気持次第~ (4, 0.0%)

1 である, でいろんな, で以上, なん

▼ 気持いうたら~ (3, 0.0%)

2 全く真剣 1 憎いの

▼ 気持からだけ~ (3, 0.0%)

2 では 1 動き袖の下

▼ 気持からの~ (3, 0.0%)

1 国家への, 堕落の, 言葉であったら

▼ 気持こそは~ (3, 0.0%)

1 おそらく青野君, もっと尊ん, 天国である

▼ 気持そのまま~ (3, 0.0%)

1 あなたの, でいたの, に見る

▼ 気持だけの~ (3, 0.0%)

1 ものである, 問題だ, 話でございます

▼ 気持だの~ (3, 0.0%)

1 疑問を, 障子の, 雑多な

▼ 気持での~ (3, 0.0%)

1 ことか, そりの, 同情などは

▼ 気持としても~ (3, 0.0%)

1 そういう方, そう思っ, 昨日までの

▼ 気持とでも~ (3, 0.0%)

1 いったらいい, 云ったなら仄か, 申しましょうか

▼ 気持と共に~ (3, 0.0%)

1 一同の, 三成は, 之を

▼ 気持なぞ~ (3, 0.0%)

1 ありよう, よりももつ, 判り切つて

▼ 気持などという~ (3, 0.0%)

1 ものさえ, ものは, ものも

▼ 気持などに~ (3, 0.0%)

1 とらわれずに, なる筈, なんとなく生き

▼ 気持について~ (3, 0.0%)

1 いへば, 新しく感じました, 朧ろげな

▼ 気持によ~ (3, 0.0%)

1 する気持, つてその, つて文化運動を

▼ 気持ほど~ (3, 0.0%)

1 い, しつくり結びあふものはありません, 悲惨な

▼ 気持よき~ (3, 0.0%)

1 ところなり, にあらずや, 聯想を

▼ 気持らしい~ (3, 0.0%)

1 な, のを, 草木を

▼ 気持わかる~ (3, 0.0%)

1 がね, ね, わ

▼ 気持わる~ (3, 0.0%)

1 がって, がってもう, そうに

▼ 気持を以て~ (3, 0.0%)

1 争うもの, 新たに, 眺めやるばかりの

▼ 気持~ (3, 0.0%)

2 たら全く 1 て何

▼ 気持自分~ (3, 0.0%)

1 がその, に責任, の心

▼ 気持良い~ (3, 0.0%)

1 といっ, 一日と, 興奮の

▼ 気持あたし~ (2, 0.0%)

1 にはちゃあん, にも分る

▼ 気持いっぱい~ (2, 0.0%)

1 で息, にある

▼ 気持かい~ (2, 0.0%)

1 なんてそんな, なんて笑つて

▼ 気持かも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れないがね

▼ 気持からでも~ (2, 0.0%)

1 あった, あったが

▼ 気持がち~ (2, 0.0%)

2 つとも

▼ 気持ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 お安い, もう解釈

▼ 気持この~ (2, 0.0%)

1 二つの, 気持を

▼ 気持さながら~ (2, 0.0%)

1 であったから, であったの

▼ 気持しかし~ (2, 0.0%)

1 ついにそれ, 昨夜は

▼ 気持じゃあ~ (2, 0.0%)

1 あるまいと, 結婚でも

▼ 気持すみ~ (2, 0.0%)

2 のすみ

▼ 気持すらも~ (2, 0.0%)

1 自分では, 落付かせよう

▼ 気持そういう~ (2, 0.0%)

1 ものが, 境地に

▼ 気持そんな~ (2, 0.0%)

1 ものには, ものは

▼ 気持たる~ (2, 0.0%)

1 やさっぱり, やどう

▼ 気持だけに~ (2, 0.0%)

1 して, なって

▼ 気持だったろう~ (2, 0.0%)

1 さ, と思う

▼ 気持だつ~ (2, 0.0%)

1 たりし, てよく

▼ 気持だらう~ (2, 0.0%)

1 と思ふ, な

▼ 気持って~ (2, 0.0%)

1 のが, 言いますと

▼ 気持つまり~ (2, 0.0%)

1 生きて, 私が

▼ 気持でありました~ (2, 0.0%)

1 がその, が又

▼ 気持でしか~ (2, 0.0%)

1 つきあへ, 考えられなかった

▼ 気持とも~ (2, 0.0%)

2 違うし

▼ 気持ながら~ (2, 0.0%)

1 しかし色, 心に

▼ 気持なし~ (2, 0.0%)

1 にずーっと, に書いた

▼ 気持なぞは~ (2, 0.0%)

1 すっかり私, 微塵も

▼ 気持などが~ (2, 0.0%)

1 出て, 起きて

▼ 気持などの~ (2, 0.0%)

1 底流を, 説明を

▼ 気持なり~ (2, 0.0%)

1 励みなりを, 麻雀でも

▼ 気持なんかを~ (2, 0.0%)

1 たのしい気持, 字に

▼ 気持にだけ~ (2, 0.0%)

1 なって, 入って

▼ 気持にとって~ (2, 0.0%)

1 必ずしも最上, 自然な

▼ 気持によっては~ (2, 0.0%)

1 必ずしもその, 来るとも

▼ 気持による~ (2, 0.0%)

1 ものである, ものらしい

▼ 気持のみが~ (2, 0.0%)

1 不安な, 彼の

▼ 気持のよ~ (2, 0.0%)

1 さったら, さったらない

▼ 気持ばっかりは~ (2, 0.0%)

1 わかりませんがね, 今から

▼ 気持まだ~ (2, 0.0%)

1 暮れも, 羞み

▼ 気持までが~ (2, 0.0%)

1 こんなにひ, ルウズに

▼ 気持やっと~ (2, 0.0%)

1 今わかる, 解って

▼ 気持よし~ (2, 0.0%)

1 朝飯の, 黒部川の

▼ 気持らし~ (2, 0.0%)

2 かつた

▼ 気持らしく~ (2, 0.0%)

1 すこしも高ぶる, も見える

▼ 気持をこそ~ (2, 0.0%)

1 堕落思想という, 夢見るやう

▼ 気持~ (2, 0.0%)

1 少シ変ダト思ウ, 悪カッタワ

▼ 気持一杯~ (2, 0.0%)

1 でペイブメント, で待ち

▼ 気持以上~ (2, 0.0%)

1 にいま, のもの

▼ 気持~ (2, 0.0%)

1 にだってよく, は嬉しかっ

▼ 気持分らず~ (2, 0.0%)

1 ほんとにま, 低い生活

▼ 気持子供~ (2, 0.0%)

1 らしいよう, を憎む

▼ 気持~ (2, 0.0%)

1 さそうに, よい心臓

▼ 気持~ (2, 0.0%)

1 のあなた, のひと

▼ 気持~ (2, 0.0%)

1 はいつのまにか, はそれ

▼ 気持~ (2, 0.0%)

1 はまるで, 到底筆紙

▼ 気持~ (2, 0.0%)

2 ささ

▼ 気持良かっ~ (2, 0.0%)

2

▼1* [272件]

気持解るやう, 気持ああいやらしいそんな, 気持あたし理解ると, 気持あなたはお, 気持ありましたよって知らん間, 気持あるならせっせとかせい, 気持あれが幸福感, 気持いずれを考え, 気持うけいれて下さる, 気持おじさまして, 気持おれにはよう, 気持おんなじよ, 気持お前と来, 気持かしらなどと云い出すん, 気持かて分ったさかい何で, 気持かと尋ねた, 気持かなりい, 気持からか五人とも, 気持からかもしれない, 気持からからかつて見, 気持からこそのびのびと, 気持からじゃなくって, 気持からじゃあない, 気持からだけでも十分かの, 気持からとはいえやはり余り, 気持からに過ぎないこと, 気持からばかりでなし, 気持からも推察された, 気持ががくりと, 気持がさつさうと, 気持がさつぱりとした, 気持がなほりませんでしたから, 気持がのどの一, 気持がもこもこと, 気持がをちついて, 気持きみにわかります, 気持くらい僕だって, 気持こいつが無けれ, 気持こういう気持の, 気持こそ凡俗の, 気持こそが謂わば, 気持これは想像, 気持こんなに互の, 気持さうだつた, 気持さうに居眠りをし, 気持さえも削いで, 気持さて寝つかれたもの, 気持さまざまの人間関係, 気持したわお, 気持しだいにしてる, 気持しないのよ, 気持じきに直る, 気持じゃと箍の, 気持ずくめとしか見えなかった, 気持そうした慈悲の, 気持そっくりなので, 気持そのものが自分, 気持それからこの二つ, 気持たえず震えて, 気持ただ可哀想という, 気持だけからいうと, 気持だしてみる, 気持だったらおどけたきもちで, 気持だつたらうがそれ, 気持ちったらない, 気持ちなんだそうで, 気持ちゃんとわかって, 気持であって少し, 気持であったらしいが対岸, 気持でありますがそれ, 気持であればきっと, 気持でいらっしゃるに違い, 気持でうづくまつて, 気持できてはじめて, 気持でさえあると, 気持でしたら私にも, 気持でじつと見, 気持でぞろ, 気持でとある小料理屋, 気持でなかろうがと研究, 気持でなほるさうです, 気持でばっかりくらして, 気持でをりました, 気持といったほうが, 気持といふか自分が, 気持とからですわ, 気持としてのところに, 気持とでは同じ形, 気持とにある彼女, 気持とばかり云えない, 気持どうやら新婚の, 気持どころじゃあない, 気持どころかこうしてい, 気持どんなでしよう, 気持なかなか分れしませんけど, 気持なぞがあるわけ, 気持なぞといふものもつひ, 気持なぞには取り合わず, 気持なぞも持合せが, 気持なぞをいつか私は, 気持なと思う事, 気持などよりも喧嘩を, 気持ならこつちは奴ら, 気持ならしがみつく筈です, 気持なら書けるぞ, 気持なら生きて行けぬ, 気持なりさりながら事ごと, 気持なりは矢張会社の, 気持なんかで居られるもの, 気持なんぞ解って, 気持なんぞからでは, 気持なんぞは失って, 気持において何か, 気持にすらなった, 気持についての不安が, 気持については註釈めいた, 気持についても伸子の, 気持にでもなっては, 気持にとっては如何にも自然, 気持になどはとてもなれなかった, 気持にばかりなって, 気持にまでなつたのか, 気持にまでもならせるに, 気持によってもやわらげられない心, 気持に対してまで偽善的だっ, 気持に対する自分の, 気持に迄達して, 気持ここは, 気持ねえみんなに, 気持のみでそれ, 気持のみになつた, 気持のむずかゆさ, 気持のもひとつの, 気持はいざとなればちがいましょう, 気持はずうと, 気持ばかりになつた, 気持ばかりはおどろき入ったもの, 気持ばかりを考へて, 気持ばっかりなさるはず, 気持ひとつだ, 気持ひろくしてやろうと, 気持ひろげて暮さない, 気持までもハッキリと, 気持までもがアリアリと, 気持まるきり御存知ねえと, 気持まるで消極的に, 気持めいてつよく, 気持もう歯軋りしたくなります, 気持もうけたに違い, 気持もうす青く光っ, 気持もし美点が, 気持もっともっと云いたいこと, 気持もつともと思ひます, 気持判らねえらしいの, 気持やさしさを, 気持やっぱりああいう工合, 気持やら苦悩の, 気持よいこきざみなふるえが伸子の, 気持よい強さと, 気持ようございます, 気持よからぬ顔, 気持よくうれしく思う事, 気持よくおそくまで騒い, 気持よくそう答えて, 気持よくパッとは出ない, 気持よく涼しくなりまた, 気持よりはぞっとする, 気持よろし自粛自制を, 気持らしいですよ, 気持わからないかい, 気持わからなくはない, 気持わからねえだろうな, 気持わかるでしょわかってくれる, 気持わきから見る, 気持わるうなるからね, 気持わるかったの, 気持わるく黄色い年齢も, 気持をかばふやう, 気持をかへていつそ気軽, 気持をからかつて見たくなる, 気持をさえ感じました, 気持をととのへたかつたので, 気持をまで首尾よく, 気持をようく話し, 気持を通しての酔えるまま, 気持を通じて大学全体否, 気持鯱鉾立を, 気持カラ彼女ノ前, 気持ガオ悪イヨウナコトハゴザイマセンカ, 気持ガワカルトヤッチャテネエワハハハアイツ頭ガイイカラネエ東京駅ハオレノ家ダト言ッチャテネエマイッチャテネエオレノ妾宅ハ丸ビルダト言ッタラ, 気持ガ不快デアル, 気持ガ有ルノカ無イノカ, 気持ガ起ッテテープヲ上手ニ痕跡ヲトドメル, 気持シックリすること, 気持チト思イ合セヨ, 気持コノ日記ヲツケル, 気持デリケートな気持, 気持ハ死ノ瞬間マデ, 気持フラフラわれとも, 気持一場の悪夢, 気持九時半から朝十時, 気持人間の気持, 気持にゆっくり, 気持伸びるだけ伸び, 気持が宙, 気持何だか判るよう, 気持何と久しぶりでしょう, 気持何物にもとらはれぬ, 気持兄さんにや解らねえ, 気持全体をかきみだし, 気持分って下す, 気持分りやしませんか, 気持に発った, 気持前進する気持, 気持医者がよい, 気持十分十分わかるでしょう, 気持吉乃にもぼんやり, 気持向島の歌会, 気持には分らない, 気持ささ, 気持大きな歓びそれは, 気持大学を卒, 気持さで, 気持好かろがここ, 気持孤独のかなし, 気持実に不思議な, 気持少し六ヶ敷い, 気持当時の学生生活, 気持心全体が流露, 気持念願を心から, 気持思いかえせばそれ, 気持思いやって何, 気持思うとよく, 気持悪いけれど安心, 気持悪ければいつ, 気持悪し朝食卵かけ, 気持悪しければ二, 気持手足には鉛, 気持提灯のならんだ, 気持救ってやり, 気持此処の朝めし, 気持に死, 気持母国を懐, 気持淋しい気持で, 気持溢れるような, 気持無情の感, 気持に対する軽蔑, 気持と死, 気持生かされている, 気持知つてゐるなあ, 気持端的にわかる, 気持な感情, 気持結婚するまでとか, 気持考えかたというよう, 気持を掻きむしられる, 気持自然の雰囲気, 気持良くあたたかい手を, 気持表面は固体, 気持西洋便所より上, 気持見るのも, 気持の気持, 気持もそれ, 気持貴方というもの, 気持路地に投げ捨てられた, 気持に附き添った, 気持身なり心なりへ相手方, 気持転じてお, 気持転換策として禅, 気持軽やかな気持, 気持通じたら辛いだろう, 気持通りに書い, 気持部屋の中