青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「気分~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

気~ ~気がつい 気がつい~ ~気がついた 気がついた~ ~気の毒 気の毒~ ~気もち 気もち~ ~気分
気分~
~気味 気味~ ~気持 気持~ ~気持ち 気持ち~ 気色~ 気質~ ~気配 気配~

「気分~」 6325, 68ppm, 1657位

▼ 気分~ (1483, 23.4%)

51 悪いと 23 悪くて 19 悪いの 17 悪くなっ 12 悪くなった 11 お悪い, 悪いから, 漂って 9 ある, いいと, 出て 8 して, よくなった, 悪かった, 悪くなる 7 あった, した, よかった 6 よくない, わるいの, わるくなっ, 悪い, 悪いので 5 する, よくなっ, 急に, 悪くって, 漲って 4 よくなる, わるい, わるいから, わるいと, わるいん, 悪いん, 悪くなり, 悪くなりました, 流れて, 非常に

3 [24件] あたりに, あって, あると, いいん, すぐれないよう, すぐれなかった, よくなつ, わるくて, わるくなる, 出ない, 動いて, 変って, 変に, 大変いい, 妙に, 悪いという, 悪いんぢ, 悪そう, 晴々と, 残って, 私の, 窺われる, 自分の, 違って

2 [89件] あらわれて, あるの, いいから, いいの, いいので, いよ, いらいらし, おすぐれ, おちついて, さっぱりした, すぐれないから, すぐれないの, すぐれないので, すぐれないん, すぐれなかったので, するでしょう, するの, ただよって, ちがって, どうであろう, ないでも, なおった, なくなって, なければ, はっきりし, はっきりした, へんに, むらむらと, よい, よいが, よいと, よくなかった, よくなったら, よくねえ, よければ, わかるよう, わるいこと, わるいので, わるいもの, わるくなった, ガラリと, 一掃され, 一時に, 一般に, 何か, 何に, 作られて, 先に, 出ないと, 出ないという, 加わって, 変だ, 大分晴々した, 好いの, 好くて, 好くなつ, 彼の, 彼女の, 悪いこと, 悪いじゃ, 悪いそう, 悪いもの, 悪うございます, 悪かつ, 悪くな, 悪くなつ, 抜けて, 支配し, 晴々し, 楽に, 次第に濃厚, 次第に軽く, 湧いて, 滅入るので, 漲った, 濃くなっ, 濃厚に, 現はれ, 現われて, 直って, 自然違う, 落ち着いて, 認められる, 起って, 軽くな, 込み上げて, 部屋の, 釈れ, 静かに

1 [903件 抜粋] あたり前の, あったので, あつまり快い, あの唄, あふれて, あります, あり正直, あるが, あるでせうね, あるに, あるらしいわ, あるん, いい, いいかい, いいぞ, いかにも好く, いくらか, いくらか引立つて, いたるところ, いっぱいに, いつのまにかそれ, いや, いよいよはっきりします, うごかず三田, うすらいで, うまれて, おかしいん, おかしくなる, およろしい, おわるく, お勝れ遊ばしません, お悪う, お悪く, かすかな, かすかに, かれ蛾次郎, かわるまで, くさつて, ぐっと地底, こういう場合, ここで, この場, この小さな廃寺, こめて, こわれた上, ごまかせないあちらこちら, さっぱりせず, さわやかで, しずまるきょう, したけど, しっくりとして, しない, しないでは, しました, しますわ, しゃんとしてものをよみたい気, しんみりとして, すぐれず医者, すぐれず物足りない, すぐれないし, すぐれないしかし, すぐれないと, すぐれない午前中, すぐれない手当り次第, すぐれない顔, すぐれなかったうえ, すぐれぬと, すぐれぬとは, すぐれぬよう, すぐれませんでとても, すぐれませんので, すぐ田口, すこしづゝほぐれた, すっかりいい, すっかり二人, すっかり固く, すっかり異い, すっとした, すつかりこつ, するだろうと, するばかり, する程上手, せいせいし, せいせいする, そうやっ, そこから, そこに, そのまま外, その中, その店, その料理場, その日, それでいくらか, たしかにおなり, たっぷりつぐのわれてあっただろうか, たまらなく好ましいん, たまらなく好ましかった, だいぶよい, だいぶ働ら, だれて, だんだん幻想, ちがいますね, ちがわない, つかえて, つづいた, つねに多かれ少なかれ, つよかつ, でやしないや, どうかでございます, どきどきする, どことなくだらけ, どことなく鼻, ない訳, なおつて, なおりましたら御, なかった, なくて, なごやかに, なんだか判る, ぬけて, のこって, のんびりと, はじめて少しばかり, はっきりしない, はっきり云われはじめた, はつきりしました, ひしひしと, ひどく違う, ひらけて, ふくらんで, ふさぐから, ぼんやりし, まず作られた, またしても, また平生, まだ去らない, まったく回復, まどろみに, みだれた没分暁, みょうにうかれ, もう少し浮つく, やさしくなりました, やつと, やわらいだ, ゆたかに, ゆるんで, よいので, よいよう, よいらしく見える, ようなった, ようやく惰, よかったり, よくて, よくな, よくないらしい, よくなり, よくなります, よくのみこめなかった, よくば, よく出, よく分りました, よさそう, よほど晴れやか, よろしいとの, よろしいよう, よろしくない, よろしく自分, わかって, わからないの, わかりそう, わるいって, わるいよう, わるかと, わるくっても, わるくならなけりゃ, わるくなりました, わるく土曜日, カントと, グラグラでした, シナ人の, スット引きしまっ, チョイチョイ出, ピンと, ブルジョア文学の, マダ残っ, レアルな, 一ぱいで, 一新された, 一番愉快な, 一番正しい, 三人の, 不意に, 世の中に, 両者の, 中, 主な, 予想される, 二人に, 亡くなって, 亢ぶっ, 人慣れない, 今の, 今日の, 伝わったが, 伝統的に, 何う, 何となくざわめき立っ, 何より大切, 何処かへ, 余程濃く, 保たれた, 優れませんで休んで, 充分で, 充分調和, 兆して, 先き立った, 先立つこと, 全くない, 全く転換, 全体に, 全幅に, 全校に, 再び甦っ, 冴えなかった, 冴えぬのに, 冴え返るの, 出ないから, 出ないのよ, 出なくて, 出る, 出るの, 出るん, 力強く心, 加わったの, 動いたろうと, 動きつつ, 動揺し, 勝れない, 勝れないといふ, 勝れなくて, 勝れぬ, 勝れませぬと, 勝れませんから, 包んで, 単に消極的, 単純化し, 友達の, 口頭に, 可懐, 合わないし, 合わなくなって, 吉之助の, 否み難く, 呑みこめるだけの, 味いたい, 和らいだ, 和らぐ, 喰違って, 堪らないん, 変だったら, 変らない限り, 変ります, 変る, 変ろうかと, 多く支配, 多計代, 夜に, 大して悪く, 大変に, 失はれる, 好い, 好いわ, 好きだつた, 好くありません, 好く成った, 始終悪う, 始終苛立っ, 子供らしく, 安らぐかも, 実にすき, 家の, 家中に, 宿されてると, 寂れた町, 富士山に, 小座敷に, 小綺麗な, 小説に, 少しよう, 少し快く, 少し暗く, 尖って, 左右される, 席上に, 常になつかしく, 平和な, 幼な, 広が, 引き締って, 弛んで, 張りきって, 当時の, 彼に, 彼女にも, 往来を, 復活し, 復活する, 微に, 心棒じゃ, 心辺に, 快いらしく, 快かろう, 快くなかった, 思い出されました, 思わず溢れ, 悪いからという, 悪いぐらいの, 悪いせい, 悪いちゅうて, 悪いといった, 悪いといふほど, 悪いとだけ, 悪いばかり, 悪いやう, 悪いらしく, 悪い云, 悪い樹明君, 悪うて, 悪か, 悪くつて, 悪くでも, 悪くなつた, 悪くなりかかる, 悪くなります, 悪く今, 悪く吐気, 悪く寝る, 悪く思う, 悪く成りました, 悪く食物, 悪る, 悪るかった, 情なくも, 感じられた, 感ぜられた, 慌しくなり, 憂鬱だった, 戦に, 手に, 拭い去ったよう, 損われる, 支離滅裂に, 教師の, 文学界を, 新らしくなりましたら, 旅行者を, 明るい方, 明日まで, 春子に, 時々湧き上っ, 晴々した, 晴やかに, 晴れた, 晴れたとでも, 晴れやかに, 月に, 朗らかだった, 机に, 桑野辺と, 極めて微妙, 横溢し, 次第に乱され, 次第に苛ら, 歌の, 殆ん, 残つてゐます, 段々に募つ, 気に, 気に入り大弓場, 気質的には, 沈みきって, 治まりさえ, 流れた, 流れ出すま, 浮き, 浮き上って, 浮んで, 深ま, 清々いたした, 清々する, 清々と, 湛えられて, 湧き同時に, 湧くこと, 満々と, 満たされると, 滅入つて, 滅入り込むであろうし, 漂いはじめたので, 漂い森, 漂う, 漂うてるなと, 漲りあふれた, 漲り初めると, 潜んで, 潜在し, 濃いから, 濃く深く身内, 濃厚であった, 無残に, 然ら, 熟しない, 獲られたり, 現世的利益の, 甚だ悪い, 生き生きし, 生じ批判, 生活に, 田舎生活に, 癒った, 癒らない, 癒り, 癒る, 発散しない, 益々濃く, 目見えに, 盲目の, 直ったらキャベジ, 直つた, 直りましたで, 示されて, 私に, 私を, 穏かに, 紛れて, 統一し, 統一しない, 続かなくなつ, 纏つて来た, 翌朝に, 自づか, 自分で, 自然身に, 良いと, 苛, 荒んで, 落ちついて, 落ちつきましたよ, 落ちつくの, 落付かず, 落着か, 著しく変化, 著しく薄れ, 薄い方, 薩張りした, 行き渡って, 衰へて, 見られなくなったが, 親たちの, 誰でもを, 豊かに, 貫いて, 起こり彫刻, 起ったので, 起りまして, 跡方も, 転じなかつた, 転倒し, 転換する, 軽い自惚れ, 軽くなった, 迎えられて, 迫って, 進まれなかったが, 違うわよ, 違ふからで, 遺憾なく, 部隊一般に, 醒めた後, 重い, 重かった, 重くなつた, 重く以前, 重苦しい, 重苦しくたえず, 長詞曲, 阻害されます, 附随し, 陰鬱に, 随処に, 電子の, 露骨な, 非常識もしくは, 面白くなる, 頭の, 颯爽と, 驀地に, 高まったよう, 鬱ぎ出す, 黒板塀に

▼ 気分~ (975, 15.4%)

153 なって 52 なった 21 なる 18 なつた, なりました 16 なるの 11 なったの, 浸って 10 なつて 5 なること, なると, 充ちて, 成って, 支配され, 満ちて 4 させられて, なったこと, ならずに, なれなかった, なれば, 襲われて, 陥って, 駆られて 3 ある, さへ, とざされて, なりつつ, なります, 包まれて, 影響する, 心を, 於て, 襲われました

2 [40件] おかれて, かわって, この, さえなりました, させた, されて, した, して, なったが, なったという, ならざるを, なりきって, なりたい, なりながら, なるもの, なる事, なれそう, なれて, なれない, なれる, なれるの, ひたって, まとまって, まみれて, 制せられて, 多少の, 富んで, 引き入れられて, 応じて, 打たれて, 支配された, 沈んで, 浸れるの, 満たされて, 襲われた, 襲われること, 誘われて, 調子を, 障りなき, 魅せられて

1 [493件] あふれたその, ある弾み, ある私, いつしかとらわれ, うごかされるよう, うたれ暫らく沈黙, うち溶けたい, おされて, おそわれとりとめも, おそわれながらも, お銀様, かえると, くつろがせもの, くつろぎが, こだわったの, こだわりが, こびりついて, こんなにうつつ, させただけ, させて, させられないよう, させられる, させるの, さわったこと, しっくり適う, しつこく絡みついた, しろ察し, すぎないの, すっかりひたり切っ, する, そういうもの, そぐわないいや, そぐわぬと, そそられました, たえ難く, ちょっと陰翳, つかって, とかされて, とらはれたあの, とらわれたの, どこか, なした, なす, なったか, なったかも, なったと, なったとき, なったのみ, なったもの, なったり, なったわけ, なった夕方, なった時, なった時いつ, なっちゃった, なってたの, なってると, なってる時, なつたらしい, なつたり, ならないあの, ならないし, ならないとも, ならないわけ, ならなければ, ならぬなども, なりあわてて, なりかけると, なりきつ, なりきりきり舞い, なりきるため, なりすますこと, なりそこ, なりたいから, なりたいと, なりたかつたの, なりたがるもの, なりたくっても, なりちょっと, なりつ, なりながらも, なりにくい, なりはじめると, なりふたたび, なりましたか, なりましたが, なりましたよ, なりますが, なりますけれど, なりません, なりフリーダ, なり久しぶり, なり今夜, なり候, なり切つたら或, なり切れないもの, なり川, なり心, なり新子, なり日支三, なり最初, なり涙, なり痙攣, なり赤い, なるか, なるかも, なるから, なるけれども, なるこんなに, なるそこ, なるといふ, なるね, なるので, なるべく己, なるまことに, なるまでには, なるよう, なるよりも, なるよろしい, なるらしいね, なるらしかった, なるらしく次第に, なるわけ, なるん, なる中毒, なる名古屋美人, なる歯朶, なる老いぼれセンチめ, なれたらさぞ, なれたらしく上機嫌, なれたら勉強, なれた事, なれないからさ, なれないそれ, なれないもの, なれなくなる, なれましょうし, なれません, なれるおれ, なれるかも, なれるが, なれるだろうからね, なれると, なれるもの, なれるん, なれる所, なれる日, なれん, なれ切って, なろうと, ぬられて, のこされるの, のしかかって, はいりこめたもの, はいり込めないよう, はいれそう, はたらきかけるだけの, ひきこまれて, ひたすらに, ひたったグロテスク, ひたらせる設備, ひたり切って, ひたり心, ひたるヒマ, ひたる事, ひたれと, ひたろうという, ぴったり合っ, ふさわ, ふさわしいと, ふさわしい気分, ふりそそぐ雨, ふれて, ぽっかり浮き出た, まかせること, まぎらされちゃうのね, みたされて, みちた生活, みちて, みちみちて, むかえられた, めづらしく, もちがったところ, もどって, ゆだねた, ゆとりを, ようて, よりて, わきかえって, わたしを, アッピールし, ウンという, カブレて, シックリする, バウンドを, ピッタリする, ユトリを, ヨリ多く, 一どなっ, 一味の, 一段落が, 丁度相応した, 不満な, 乗じて, 乗せて, 乗り移られるたび, 乱されるなんて, 交りすぎる, 任せて, 似て, 似通って, 何か, 何だか自分, 何よりも, 作用する, 依つて, 促されて, 働らきかけ, 働らきかけられ, 充たされつつ, 充たされて, 充ちたもの, 充ちた半, 充ちた弱い, 入り調子, 入るとき, 共感し, 利用したやり, 刺戟された, 動かされて, 動かされ易い, 動揺を, 包まれながら, 包まれるあの, 包んだ, 反抗する, 合しようと, 合は, 合わぬらしい, 合致せぬ, 同じて, 同化する, 向つて, 喜ばしめること, 喜びを, 囚えられた, 囚われて, 固定させる, 固着する, 圧迫され, 堕した自分, 堕して, 堪えないの, 堪えられないで, 増長し, 変りは, 変わって, 変わりが, 変化を, 変態的な, 大した変り, 如何なる意味, 媚びて, 富んだもの, 寛ぎを, 少しでも, 就ての, 左右される, 巻き込まれるの, 巻き込められた一端, 帰ったよう, 帰って, 帰ろうかと, 年とつた, 幾らかなった, 引きかえて, 引き入れて, 引き戻せと, 引き込まれて, 引ずりこまれるの, 引入れられた, 影響され, 影響されず, 影響し, 御成なさるだらう, 復した, 心神も, 応じたもの, 思い屈したよう, 恢復し, 感じられた, 感付い, 感染し, 感染した, 慣れたあと, 慣れた父兄, 慣れて, 憎むべきところ, 成ったその, 成つて大きな, 成りません, 成れると, 或はハタキ, 戻って, 戻りつつ, 戻りました, 戻ること, 戻ると, 打たれた宇津木兵馬, 打たれないわけ, 打たれました, 打たれますけれども, 打たれるの, 打ち勝たれた, 打ち沈むこと, 打勝たれて, 托し絡め合わせて, 押えつけられて, 拍車を, 拘束される, 捉われ, 接するごと, 揺られながら, 支配され始めた, 支配せられた, 於ては, 明っても, 最も敏感, 最後の, 有頂天に, 朝から, 染んで, 欠けて, 残される, 母が, 気が付いたらしい, 永く閉じこもる, 沈んだ眼底, 沈湎させる, 沈静に, 浮かされて, 浮き立って, 浸された, 浸されて, 浸ったもの, 浸つて, 浸らなければ, 浸られた折, 浸りこませて, 浸りたいが, 浸りながら, 浸りに, 浸り得る, 浸り込んで, 浸る, 浸るという, 浸るばかり, 浸る位, 浸る女, 浸れる, 浸れる山, 浸ろうと, 涵りたい, 淡い懊悩, 深く入, 渇くこと, 湧いたもの, 満たされた, 満ちたか, 満ちたこういう, 満ちた文章, 満ちた芝居小屋, 満ち溢れて, 溜息を, 溢れて, 漲って, 濁りが, 濃く塗られ, 瀰漫される, 火を, 煙草を, 煽られた人々, 煽られて, 煽り出されて, 煽り立てて, 熱して, 物の, 狩り立てて, 甘えたこと, 生きたいもの, 異状を, 疑問を, 発途した, 目を, 相当の, 相応わ, 示唆られ, 神経を, 立ち直りつつ, 立って, 紛らされて, 絡みついて, 統一が, 統一され, 絶えず苦痛, 締めつけられた, 纏われて, 置かれたこと, 置かれること, 自分の, 落ちて, 落ちるの, 落ち入って, 落ち込んで, 落付いた, 落着きが, 蒸し焼きを, 蔽われて, 融け込んで, 衝たれた, 襯染し, 襲はれ, 襲われかけて, 襲われずっと, 襲われたもの, 襲われたん, 襲われながら, 襲われると, 襲われるとき, 見廻し, 親しんで, 触つて, 触るやう, 触れても, 触れると, 訴え感情, 評価の, 誘い出された, 誘い出されてね, 誘い込まれるが, 誘う発見感, 誘はれるので, 誘われた二人, 誘われながら, 誘われる事, 誰も, 調和した, 起つたの, 転化の, 軽い衝撃, 返って, 返ること, 迫られたが, 迫られたけれど, 迫られて, 迫られても, 迫られ乗組一同, 迷ひ, 追いかけられるの, 追われて, 逆ふ, 這入り易い, 遊ばうとして, 過ぎないの, 過ぎなかった, 過ぎぬこと, 過ぎませんねえ, 適った味わい, 適って, 酔いながら, 酔つてゐる, 酔ふこ, 鏡子はなつた, 閉された, 閉されたの, 閉されて, 閉ざされるもの, 関係する, 闖入し, 陥しこむ, 陥っては, 陥りがち, 陥れますだから, 陶酔し, 障りやすぜ, 障るべき事, 雷同する, 静まること, 靠れかかるよう, 頓坐, 駆られた, 骨を, 髣髴と

▼ 気分~ (870, 13.8%)

13 もって 7 感じて, 持って 6 誘い出すもの 5 そ, 出して 4 こは, 味う, 味は, 見せて

3 [15件] かえて, 与える, 十分に, 味って, 味わうこと, 味わった, 変えるため, 悪くする, 感じた, 支配し, 漂はせ, 漲らして, 現わし, 紛らせて, 転換する

2 [42件] あらは, いらいらさせます, かえるため, して, そそられて, つくり出して, 与えて, 作って, 作りつつ, 作るべく恰好, 保って, 取り直した, 取り直して, 台なし, 含んで, 味い, 味わいながら, 味わうため, 帯びて, 引き立てようと, 弥が, 悪くし, 抱いて, 持ちながら, 持つて, 持つよう, 捉へる, 損う, 支配する, 新たに, 構成する, 漂は, 漂わせた, 爽やかに, 示して, 私は, 緊張させるべく, 落ちつけること, 表現する, 表象する, 誘い出されましたが, 転換させ

1 [682件 抜粋] あいつは, あおりたてる, あたえるべき或, あたかも真, あたへられます, いくぶんその, いくらかほぐした, いたわられ感情, いったの, いつまでも, いらだたせは, うかがうこと, うけとれないいまいまし, おそらくは最も多分, おもわせる, お初は, お角さん, お麗しゅう, かすかに, かなり多量, からめて, くさらせた, くすぶらせて, こじらせて, この家, この尺八, この部屋, こめて, こわされました, こわすわけ, ごまかす為, させる, さへ, さへた, さまたげられるの, すっかり追払っ, すつかり散らばすやう, すてて, そこなうには, そこなうまいと, そこねて, そそって, そそると, そそるレッド, そなえて, そのまま持っ, その様, その迷い, そへる, それに惑ぎ, そんなこと, たえず観察, ただよわせて, たぶんに, だして, だすため, だすべきですよ, だんだんに, つくつて, つくらなきや, つくるもの, つけて, つねに引きたて, とおりすぎて, とつたら, とりもどして, とり戻すと, とり直して, どうする, どうたのしみ, どうにもこうにも, なごやかに, なるべく保存, のびのびさせる, のびやかに, はっきりさせ, はっきりと, はなすこと, はれやかに, ひたそうとして, ひっくるめて, ひとくちに, ふりすてるもん, ぶちこ, ぷんぷんと, ほぐすもの, ほぐすよう, まぎらわそうと, まざまざと, ますます荘重神秘的, また自分, まとめようと, まとめるに, みだされた, みだす, もう少し強調, もたらすに, もち合ひ, やわらがせるという, やわらげようと, やわらげボート, よくし, よびさまして, よび出すよう, よび起して, わが事, わるくさせる, わるくし, わるくします, ヒットラーが, メチヤ, 一の, 一刻前の, 一変させた, 一変させ振いたたせ, 一層深く, 一度に, 一新する, 一新せよ, 一番手早く, 一転させる, 三枝の, 下らない事, 不快に, 不思議に, 不愉快に, 与えた, 与えられるから, 与える媒介, 与へよと, 与へる商店街, 主として江戸, 乱されるので, 了解し, 交ぜて, 交へて, 人に, 今まで, 今更くわしく, 他人に, 他人にまで, 伸子の, 伺って, 何か, 何処に, 作ってるなか, 作り出すと, 作るもの, 作る時, 作興し, 保とうと, 保存する, 保留し, 僕達は, 充分に, 全く初め, 其刹那に, 出さ, 出したこと, 出し度, 出し得たもの, 出す事, 出す心算, 出そうため, 出そうという, 刺戟する, 削ぐ憎い, 加へて, 加味した, 劬り, 励し, 励まされて, 十分お, 卓上以外に, 印象し得た, 反らして, 反射し合っ, 反映し, 取りつくろって, 取り交ぜた自暴自棄, 取り戻しました, 取り扱ったもの, 取り直さうと, 取り直すと, 取り返しでも, 受けた, 合せること, 吐こうと, 呑込み合つて拵へ, 味え, 味えよう, 味ひ得た, 味ふ, 味ふと, 味わう, 味わうには, 味わうよう, 味わったり, 味わった人間, 味わって, 味わわれたと, 呼び戻そうと, 和ませようといふ, 和らげそれら, 和らげるに, 唆った, 唆る, 商品化する, 問うて, 喚起する, 喜ぶはず, 回復し, 圧しつけられて, 圧伏され, 場内一面に, 増進させ, 壊すこと, 売り物に, 売る店, 変えようとして, 変えるため四時頃風呂, 変えるの, 変化する, 変更せし, 多分に, 天下に, 失いはじめて, 失った, 失った伸子, 失って, 好まないもの, 好転せしめる, 如何とも, 嫌いそして, 子供ながら, 客に, 客観的に, 害した, 害したくなかった, 害したと, 害した様子, 害しは, 害し順つて伊香保全体, 害する, 害するよう, 害ね, 寒くした, 察して, 察する, 対象の, 封じられて, 尊び度, 少しも, 少し味わう, 少し減らす, 帯びた未熟, 帯びつつ, 庸三の, 引き入れられるよう, 引き立たせて, 引き立てながら, 引立てたもの, 引立てては, 強く刺戟, 影響される, 彷彿せし, 必須な, 怖れ, 思う存分, 思ひ出して, 思わせるよりも, 息も, 悦んだもの, 悪うし, 悪くさせる, 悪くした, 悪くなさったらしく, 情象し, 想像される, 意外に, 意識し, 意識しよう, 愛するおかしな, 感じさせた, 感じさせられた, 感じ長閑, 感ずると共に, 感ずるよう, 憂欝に, 我知らずこまかく, 打ち消すため, 打ち破って, 打ち破ろうと, 打開する, 払い落そうと, 払ふ, 払拭すべし, 抑えつけて, 投げ捨てて, 抱かせるため, 抱くよう, 押し散らすよう, 持たすとか, 持たない人, 持ちなおして, 持ちながらも, 持ち直させること, 持った発言, 持つた人, 持つた語, 振いたたした, 振い落そうと, 振り棄てるよう, 振るい落して, 排除し, 掻乱し, 描いて, 描きあらわして, 換えて, 損じないおもしろい, 損じます忘れましょう忘れましょう爾, 撒いて, 撥ねかけようと, 支配した, 支配しはじめた, 改めた筈, 救い得るに, 数名の, 数学や, 新らた, 新鮮に, 旅客の, 明らかに, 明るく仕た, 映して, 時々感じ得た, 晴し, 晴れやかに, 更え, 更える, 最も端的, 有った人, 有つて居る, 未来に, 根本から, 楽しむ婦人, 楽しんで, 欺かれて, 正常な, 残酷に, 殺ぐもの, 気分として, 求めなくっては, 沈ませた, 沸き立たせた, 注いで, 消し去る, 深く持つ, 深めるには, 混淆させ, 湧かすから, 満たすまで, 滅茶苦茶に, 漂わして, 漂わし得るほどの, 漂わせたいもの, 漂わせて, 濃くし, 濃厚ならしめる, 濃厚に, 煽って, 煽り立てて, 煽るの, 爽快に, 物語る特長, 牽きつけられて, 猛烈に, 獲得した, 現す形, 理解し, 生かし始めた, 生ずるとき, 生臭いぐらゐプン, 男子と, 異にした, 痛切に, 発散するらしい, 盛り返したらしく, 盛んに, 直しに, 直します, 相応に, 真先かけ, 真面目に, 知らずに, 研究し, 破って, 破らない程度, 示すので, 示す方面, 立てこめる時, 立て直す, 立証する, 笑に, 紛らし得ず, 紛らせるため, 紛らそうとして, 紛らわす間, 統一し, 統一する, 継承した, 緊張させる, 総ての, 緩やかに, 繰返すの, 纏綿させる, 置いて, 聰明らしい, 肯定した, 脱却する, 自分が, 自分と, 舞台に, 苛ら苛らさせた, 苛立たせたちまち, 華やかに, 落ちつけるため, 落ち付けるの, 落着かせた, 落着かせる, 蒸発させ, 蓄えて, 蘇らせる, 表さなければ, 表して, 表現しよう, 見せたり, 見せちやア, 見せ始めたの, 見て取らないわけ, 見ぬいた辛辣さ, 見計, 覚えたそうして, 観念の, 解する資格, 解消せよ, 言ひ, 許して, 訳者が, 詠じて, 誘い出されたらしいの, 誘い出したり, 誘い出すの, 誘う日, 誘って, 誘われた, 誘惑し去った, 語らうと, 豊かに, 豊富に, 象徴する, 貴ぶ, 起させないな, 起させる原因, 起して, 起しました, 転じさして, 転じようと, 転換させる, 転換し, 転換したい, 軽くする, 軽妙にと, 軽快に, 追いはらって, 追い払うこと, 追って漫然と, 逆に, 通り抜けると, 醒まして, 醸して, 醸し出して, 醸し成す植物, 醸そうと, 醸る, 重くるしく, 鎮めて, 鎮めるため, 除いた清新体, 障子から, 集成館によって, 非常に, 飾る女事務員, 養うには, 高めたから, 高めて, 高潮さすべく, 高潮させ, 高潮させる, 高調し

▼ 気分~ (620, 9.8%)

16 中に 11 中で 10 うちに 8 いい日, 上で 7 なかに, よい時, 方が 6 上に 5 ために, もので, よい日, 下に, 時には 4 いいとき, 底に 3 いい時, なかで, もとに, 悪いの, 悪い時, 悪さ, 転換が, 高さ

2 [35件] あること, い, つづきで, ところへ, ままで, ものである, ものに, よいとき, ように, よくない, よさ, 上では, 上の, 中には, 動きが, 問題だ, 奴で, 好い時, 平調を, 影響は, 悪いを, 日は, 時に, 横溢した, 氛囲気に, 沈みがちな, 深さ, 漲って, 濃厚な, 相違により, 移り変りを, 転換を, 重さ, 離れぬと, 高潮に

1 [413件] あふれ出る, あらわれであった, あらわれである, あらわれでなけれ, あるからり, あるもの, ある奴, ある日, いいおり, いいこと, いいときあちら, いいとこ, いい夕方, いい役者, いい時分, いい朝, いい構図, いい気持, いい証拠, ういういしい清らかさ, うごきは, うちから, うちにも, おもむくまま, およろし, およろしい, おわるい, お悪い, お落ち着き, かわった淡い, かわること, くいちがいで明子, くさくさする, こじれで, この頃, ございますの, さわやかな, しこりが, すがすがしさ, すぐれないくらいは, すぐれないこの, すぐれぬこと, すぐれぬの, すぐれぬよう, すぐ後, すさんだ倉地, するお, すること, するなつかしい, するもの, する場所, する旅行者, する道, せいせいする, せいだったでしょう, せいである, たしには, ためであった, ためには, だらけて, ちがいだろう, つながりも, ときに, ときの, ときも, とき泰造の, ところだ, ところでした, ところです, ところでは, ところには, どこかに, ない, ないこと, ないの, ない明るい話, ない誠意, なかにも, はぐれるよう, はっきりしない, ひそかで, ひそむ室内, ぴったりしない, ほととぎすが, まぎらしどころ, ましな, ますます濃く, まだまだ強かつた時分, まだ失せない, ままこの, ままその, ままに, まるで変わった, みなぎった時代, むらの, ものが, ものじゃ, ものだ, ものだった, ものだろう, ものであった, ゆえに, よいおり, よいという, よいまた, よい折, よい遊び場, ようです, ような, よかった, よくなっ, よりどころ, よろしい時分, わたくしにも, わたしそれでも, わるい方, わるい日, わるい様子, わるさ, わるそう, バアであった, ヴェエルが, 一夜, 一時の, 一標象である, 一端に, 一致と, 一部分を, 上から, 上でだけ, 上のね, 上をも, 下から, 不安定だった, 不安定な, 与の, 世界を通じて, 中では, 中にも, 中の, 中を, 中心として, 中心は, 交響する, 他人と, 会得である, 似たところ, 何とも, 何割かが, 側に, 優しい好い人物, 充実した, 写生が, 凄じ, 出た歌, 出ない方, 出入が, 分散であろう, 刷新心情の, 劇化では, 動き, 動きにつれて, 動きを, 動くの, 動くま, 動揺し, 動揺は, 勝った数学, 勝れない時, 勝れなかったの, 勝れなかった祖母, 十分熟し, 厚い袖無し, 反動で, 反映が, 反映で, 受け取れる上品, 合理化として, 向いた時, 味わわれること, 和やかな, 和歌を, 問題だろう, 問題に, 問題も, 善かりし, 域を, 場所は, 変って, 変化に, 変化は, 変化動揺なく, 変化憎悪の, 変化活溌さなどは, 変幻を, 変形した, 変更と, 変調と, 夕刻近く, 夕方などに, 外には, 外出に, 多いこと, 多いと, 多いもの, 多い人, 多い楽しい会, 多い濫作物, 多い語, 大半を, 大将キリキリ舞いを, 女でしたら, 女学生, 女性に, 好いこと, 好いとき, 好いところ, 好い季, 好い日, 好きな, 好くない, 如何に, 嫌ひな批評家が, 学校と, 宗教では, 宜い, 密度が, 対象を, 少しも, 少しよい, 崩壊が, 工合で, 工合を, 帆の, 常態に, 平均を, 平衡より, 平衡を, 年配である, 幸福を, 座興が, 引立つよう, 張りが, 弾んだ男, 後で, 後見, 復活と, 快い転換, 急変は, 急角度, 性質は, 息づく, 悪いこと, 悪いとか, 悪いとき, 悪いはず, 悪いわけ, 悪い事, 悪い友, 悪い日, 悪い母, 悲惨な, 情趣ある, 意気地ない, 憂鬱さは, 或る, 扱い方の, 抜けなかった九太, 抜け切らないうち, 抜け切らない人達, 抜け切らぬお, 持主も, 揺ぎに, 改まりは, 数学よりも, 文学的表現の, 斉正という, 断層によって, 断片が, 方で, 方は, 方へ, 旅と, 日である, 昂揚に, 昂揚の, 時が, 時期に, 時私は, 晴れた時, 晴れて, 晴れまする, 暈縁くらゐな, 暈縁なぞといふ, 暢, 木村重吉で, 東京人は, 果敢なさ, 根本には, 標識が, 歌なぞを, 正月です, 残って, 残つてゐる, 残る芸人, 気紛れで, 波が, 波の, 派手な, 流れには, 混入せる, 清浄化透明化である, 湯に, 満たされないもの, 満ちたもの, 満足だけにと, 演出役として, 濃い人たち, 濃厚なる, 為にも, 熟した, 特色が, 狭斜の, 理屈づけと, 生活を, 異なるは, 疎隔が, 発達が, 発露を, 直らぬこと, 相混じた, 相違が, 相違と, 相違は, 相違を, 磨き上げなどという, 移りかわりが, 移り方, 稀薄に, 突如たる, 突発だった, 籠った話, 結果として, 緩和策も, 羅を, 者じゃ, 職場が, 胚胎した, 腐触と, 自覚で, 色っぽい女, 芸術, 芸術だった, 荒くなる, 荒らされた状態, 荒涼さでも, 荒立って, 落ちついた場所, 落ち着くの, 落付きにも, 落著い, 著しいの, 薫り高, 虚実に, 融けあうはず, 融和とか, 血は, 行間が, 表象として, 裡に, 要素である, 解決を, 話は, 調和が, 調子が, 豊かな, 豊富に, 赴くまま, 跡は, 転換という, 転換に, 転換結末の, 転機から, 追求の, 週期的反響によ, 遊戯で, 運送屋, 違いか, 違いが, 違った東大寺, 邪魔が, 酔いから, 醒めないうち, 醗酵の, 醸成され, 醸製に, 重い時, 重苦しさ, 陳い纏はりから, 陶酔とが, 険しさ, 障りには, 雲と, 静まる折, 風が, 飲みが, 饒しくなる, 駅です, 高揚とが, 高揚の, 鬱積で, 鷹揚な, 齟齬の

▼ 気分~ (485, 7.7%)

14 いかがです 9 いかが 7 どうです 6 どう 5 どうじゃ, 妙に 4 どうだ 3 いかがでしょう, どうかと, どうだい, どうでしょう, よくなった, 何ともない, 彼の, 沈んで

2 [21件] あった, あるが, あるけれども, いかがで, いかがでございます, さらに一層の, どうな, どこにも, どんなだ, はっきりと, もう好く, 今日は, 大丈夫, 如何でございます, 容易に, 少しも, 少し軽く, 彼に, 微塵も, 急に, 悪くない

1 [369件] あっても, あの反対, あんまりおさなかっ, いい, いいかい, いいこと, いいし, いいです, いいの, いうまでも, いかがかと, いかがだったでしょう, いくらか滲ん, いくら東京, いつぞやの, いつもわたし, いつも澄みきっ, いまだ宗教, いよいよ悪く, いら, いろいろさっぱりと, うつる, うまくブルジョア, おかげで, おだやかで, おととしの, およろしい, およろしかっ, かぜの, きまじめで, くずされて, くだかれて, くらくなっ, ことにそうであった, この気味合い, この頃, これで, さっきの, さめかけた紫, さらに倍加, さらに緊張, さわやかに, しこりが, しだいに落ちつい, しつとり, しみ入って, すくないの, すぐれずいつも, すぐれないけれど, すぐ僕, すこしあわただし, すさんで, すっかりいい, すっかりと, すっかりよくなった, すっかり忘れ, すっかり快く, すっかり趣, すつかり, すでに癒, ずっと薄かっ, ずっと陽気, そうした真面目, そちらも, そのまま情景, そのまま挫ける, その面, それですっかり, それより, それを, それ自体として, そんなこと, そんなに切迫, たいてい明るかっ, たしかと, ただそれ如此, たましい, たまらなく嫌, だれ一人, ちっとは, ちつとも, とても彼女等, どうかね, どうご, どうしてもこうした, どうしても引き立たなかった, どうじゃの, どうもありません, どうや, どこか, どこから, どこの, どの様, どんなにし, どんなもの, ない, ないに, なお募っ, なくなって, なんともない, のけられません, はじめから, はれましたか, ひろ子に, ほご, ほとほと動き, ほとんど認められない, ぼんやりあの, まことに愉快, ましに, ますます募った, ますます濃く, また前どおり, また少なから, まったく起こらなかった, まつたく無くなつて, まるで無くなっ, みんな一つ流れと, むしろ楽, むろん充満, もうすっかり直りました, もうとっくに消え失せ, もうなおりました, もう一歩, もう絶対, もう重い, もっと大きく, もっと瞑想的, もとの, やっぱりあなた, やはり非常, よいと, よいの, よいほう, ようござん, ようやく消え, よかった, よくお, よくない, よくなられたの, よくなりました, よく候由, よく髪, よろしいか, よろしいの, わたくしには, わるいという, アルノー夫人へも, スッカリ元に, メグと, メチヤクチヤと, レジオン・ド・ノールを, 一つも, 一切放擲し, 一口に, 一向に変わりませず, 一変した, 一番手っとりばや, 一種の, 一転し, 上機嫌な, 下降し始め, 不思議な, 乱れませんでした, 乱れること, 二度三度と, 人並より, 今でも, 今床, 今晩の, 仏印から, 他人事, 他方の, 伸子に, 伸子を, 何うし, 何うです, 何でも, 何といつ, 何ともい, 何とも言, 何とフランス, 何と云, 何と苦しかっ, 何んで, 何一つ味わえず, 何時も, 余り味って, 例えば新, 俄かに, 保が, 健康に, 元気でしょう, 充分だ, 全く持っ, 全く異, 全然ない, 全身を, 其の境遇, 兼ねて, 出てるな, 出ませんね, 初夏の, 別段に, 別段悪く, 到底筆者, 制帽である, 刹那的末梢的の, 前に, 前よりは, 前云った, 動いただろうと, 十分に, 原則的には, 去らずみんな, 去らないこの, 又別, 取去れないもの, 可なりに, 同盟内に, 周囲の, 味は, 嘗て洛中, 国を, 変化した, 外に, 多少に, 大きく陶然, 大へん, 失わず見ようによっては, 女や, 好いか, 好いの, 好いん, 如何, 如何がで, 始終ぐらつき, 安らかさの, 宜う, 実を, 小六が, 少年少女が, 左様云う, 巧に, 常に徒ら, 平らかです, 幾ぶんか, 幾分は, 建築も, 引き立って, 弥が, 彼が, 彼にとって, 彼自身の, 快適である, 忽ち爽やか, 忽ち破壊, 恋愛を, 恐慌によって, 悪いです, 悪くありません, 悪くなかつた, 悪く無い, 愈々悪化, 愈深く, 戦争が, 持ち続けられた, 描写に, 散文でも, 散漫荒廃し, 数層倍濃厚に, 既う, 日に, 日本諸国の, 旧日本, 明らかに, 晴れ晴れしく, 晴れ晴れします, 書いた時, 最近の, 有りがち, 枯れて, 植物園の, 極めて率直, 此期に, 殆どなかつた, 殆ど同じ, 残って, 残る, 段々に, 段々自分, 母親に, 毎日着実に, 毛頭ないけれども, 毛頭ないの, 気の, 気分だ, 気合とも, 流れる場合, 消えて, 消失し, 温厚です, 源松にも, 滅入り込むばかりであつたにもかゝはらず, 滅茶苦茶に, 演奏者らを, 漸く変った, 漸次予, 濃く動い, 濃厚と, 無い, 無く炉中, 照彦様にも, 爽やかに, 爽快であった, 物哀れな, 独特であった, 癒った, 癒つた, 白翼の, 直った, 直ったかい, 直接自分に, 相手が, 確かであります, 確だ, 私に, 私には, 私の, 突然一枚, 節食と, 絵に, 緊密な, 自分からは, 自分が, 自分も, 自然反動的な, 色々表現, 芝居だけ, 若いと, 若い和一郎夫妻, 苦が, 苦しいまでに, 落ちついて, 薄らぎ労働者, 薬に, 見えて, 見えないの, 見られません, 覚えて, 語の, 誰れで, 諧謔的に, 豊田正子の, 貴女である, 起らなかつたあれ, 軽い, 軽い調子, 酒の, 重く淀ん, 重く澱んだ, 重苦しい不安, 重苦しかった, 門人たちの, 陰気で, 顕著である, 飛沫を, 飯前よりも, 魔法の

▼ 気分~ (457, 7.2%)

8 あつた 5 伸子は, 自分の 4 いた, 生きて

2 [22件] いると, いるの, それに, それを, ながめて, やつて, ゐた, ブラリと, 出かけて, 妻にあたり, 寝て, 床を, 暮して, 書かれて, 眺めて, 私の, 自分が, 見て, 言って, 読めます, 読んで, 飛んでも

1 [387件] あつて, あらう, あれを, いいとか, いけないしまれ, いそいそとして, いたのに, いっこうに足, いつの, いても, いてようございます, いました, いまやシン, いやに, いられるの, いられるよう, いられる時, いるから, いるところ, いるに, いるのに, いるはず, いるらしく思われた, いるサイ, いる子供, いる時, うかうかと, うす笑い, おいきた, おおた, おおわれか, おし黙った, おちつけるそして, おなじ句, おのずから舌, おれッて, おわりました, お互いの, お母さまと, かえりました, かき乱されはじめた, かなり支配, がんりきの, きのうは, くいちがう或は, くつくつと, げしょう正, こうしたら, こちらが, この一歩, この中幕, この娘, この暑, これから手, これが, こんなもの, さびしく考へ, さへ, さよなら, しかしまっすぐ, しかもその, しかも書かない, して, しばらくあたり, しばらくは, じっとし, すぐその, すごした, すごすこと, すらすらと, そういう目, そしてふと, その中, その人たち, その時, その絵, そんな風, たいた御飯, たのしめます, ちゃんと受取れる, ちやうど, つい怠け, つい知らず, どうかし, なお暫く, ながめ廻って, なるたけ上段, ねむりに, はかない, はっきりわかる, ひとりびとりの署名血判が, ひとり歩き廻っ, ひどく心, ふくれて, ふたたび覗き, ぶら, ぶらぶら七八町, ぶらぶら歩き, ぼくの, ぼくを, ぽってりした, まず晴れ渡った, また三, まだ足らない足らない, みんな早くから, むづかしい, やって, やられて, ゆっくり上っ, ゆっくり歩い, ゆつくり歩いた, よもやまの, わが失恋, わが家気取りで, ゐたのに, ツェルトの, テーブルの, ノーノーヒヤヒヤ, ヒョイと, ヒルゼルや, ビービーと, モデル女は, ラエーフスキイは, ラツキヨウを, ワーッといった, 一夜ね, 一夜ねむった, 一等二等を, 一軒の, 下層社会の, 不偏不党に, 中の, 久美子の, 乳くさい, 予定の, 二時間あまりも, 二階の, 云った, 人の, 人生の, 人知れず楽しん, 今夜は, 仕事考え, 以前こんな, 低い天井, 何を, 何事をも, 何時までも, 余り安易, 例の, 信吉が, 働いて, 僕は, 兄さんの, 兄の, 先生に, 八百八町の, 六曲通し, 兵馬の, 其を, 冷たい境地, 出かけなさる前, 出かける家, 出て, 別れて, 別段子供, 前の, 加藤氏に, 勉強し, 動けるという, 動揺し, 勝手な, 十日十五日と, 千世子は, 半ば夢中に, 原稿を, 又働い, 受取られた, 台所の, 同じ現象, 向い合った, 君の, 咽喉は, 問いかけたもの, 噫もう, 四時間位は, 地に, 坐る, 塗られた恋愛, 塗りつぶす, 声を, 夏の, 夏以来の, 夜の, 大変大変よろこん, 大廻りし, 天井を, 天涯の, 女に, 宴席に, 家の, 家へ, 家を, 宿, 寄ると, 寝ころんで, 寝も, 導かれて, 小枝の, 居たん, 居られるの, 居ります, 山を, 岸本は, 市街見物, 帰つてすぐ, 年の市などに, 床に, 形式だけを, 彼が, 彼の, 彼女を, 彼方に, 彼等は, 御馳走を, 復活し, 思った, 思ひ出した, 急に, 愉快そうに, 愉快だ, 感銘も, 我を, 戸外から, 扱えも, 扱われる危険, 拘泥し, 挨拶した, 接し得られたの, 描いて, 描かなければ, 支配され, 政治や, 散じて, 敬治君と, 斯ん, 昇降機の, 明るい電燈, 映画を, 普通の, 晴代と, 暮すが, 暮らすが, 暮らすこと, 暮れ方の, 書かれたもの, 最初の, 月の, 有頂天, 朝の, 朝まで, 朝倉先生送別の, 朝食を, 本の, 村正, 来ないよう, 枕もとを, 椅子の, 此等の, 歩いたが, 歩いて, 歩き出した, 母の, 比較的平気, 気骨が, 水に, 汽車に, 沐浴し, 活動した, 浅草とは, 浦を, 浮かれながら, 浮き立ちながら, 温泉に, 湯に, 炬燵に, 無作法な, 煙草屋の, 父の, 物好に, 生活し, 生活してる, 生涯の, 町の, 目が, 目だけ, 目覚めた, 眼と, 眼を, 着いて, 矢来に, 神尾主膳は, 私には, 穂積と, 空気の, 突っころがす, 立ち上りました, 立ち去らせては, 簡単に, 約一時間余, 紙に, 素子が, 結ばれて, 結婚後始め, 統一され, 老人に, 考えて, 考へ続くる事, 耳の, 聞いて, 聴いて, 胸が, 胸の, 腰を, 臥つてゐた, 自ら己を, 自律的勉強書き, 舞台を, 艷を, 花崗石の, 若い女, 落ちつきも, 行ったり, 行われ人民, 街路樹の, 見られなくなって, 見るすべて, 見上げる, 見物人を, 観察したら, 観音経を, 言うと, 言ったところが, 言つたところが, 詩吟が, 話した一売笑婦, 話しはじめるまで, 話しましょうよという, 話の, 語って, 読書や, 読書を, 謙吉と, 貫いて, 貫かれた秋田雨雀, 貫かれて, 赤ちゃんを, 走りかかったこと, 身を, 辞を, 迎えようと, 追い廻して, 通って, 遊ばせること, 遊ばなければ, 遊び暮らし, 遠くに, 遠ざかって, 部屋へ, 酒を, 金を, 鏑木を, 長く其処, 集って, 雨の, 電車に, 顔の, 食が, 飯を, 飲みだすという, 飲む, 飲んだその, 飲んだ飲めるだけ, 騒々しさ, 騒ぐ半可通, 黙って, 鼻唄という

▼ 気分~ (235, 3.7%)

3 はっきりし, よくない, 多少は

2 [12件] あったの, あって, あつた, さわやかに, だんだんに, ない, よくなっ, よくなりました, よさそう, 快くなった, 手伝ったの, 手伝って

1 [202件] ありその, ありだが, ありました, あります, ある, あるだろう二つ, あると, あるん, あれから, いいから, いいし, いいだらう, いくぶんか, いくらか, いくらか晴れる, いつか軽く, いよいよ好く, おちつかないので, およそ解る, およろしい, およろしいようで, お宜し, お静まり, かなり快い, かなり濃厚, かろくなった, かわって, かわるかも, がらりと, ここ数日来ずっと, この二, この二三年, しずまって, した, すぐれて, すぐれないけれど, すぐれないで, すぐれなかった, すこし直っ, すっかり変っ, すっかり抜け, すつかり消え, そうであった, その人々, その時, その通り, それが, そんなだつた, ただよって, だいぶ快う, だいぶ軽く, ちがうの, ちっともくずれてない, とうてい浮かみ出し, ないから, ないところ, ないので, なかった, なくぼんやり, なく一寸, なごやか, なんだか緊張, はっきりと, ひとりでに釣りこまれ, ひどかった, また付加, まだあり, まるで違った, みえるには, みなぎって, むらに, もうたつ, やっと除, ゆらいだ, ゆらめく真紀子, よい七時半出立, ようやく身, よう分ってる, よくかんしゃく, よくなった, よくなる, よく変った, よく食べる, よほどよくなったらしい, よろしくない, よろしくなく, よろしゅうございまする, わるいし, わるくない, わるくなかった, バラバラ眼, モウすっかり, ルネッサンスらしい, 一向に冴えない, 一転し, 三方を, 交って, 今晩という, 何も, 倦怠した, 優しさ, 全然違い, 其処から, 出しよう, 出た, 出て, 分りますでも, 加って, 動いて, 動きこの, 動く災難, 又おのずから, 同じであっ, 味つて見, 味わ, 味わえずに, 和らいで, 壊れて, 変り型, 変るかも, 大いに落着, 大きに和む, 大してかわらなかった, 大へん, 大分よかっ, 好いから, 好くなる, 好く若やい, 妻の, 宜しければ, 寝て, 平日に, 平日の, 平静でいらっしゃる, 強かった, 彼に, 徐々に加味, 忘れて, 快うおなり, 快くなっ, 恰度デリケエトなかう, 悪いし, 悪いわたし, 悪かった, 悪くな, 悪くない, 悪くなり, 悪く病人, 悪そう, 情緒も, 情調も, 愛すべきであると, 感じられる, 我知らず加って, 所得もよ, 払われるでしょうし, 普通でなく, 晴れやかに, 暢や, 書かれて, 東京の, 次第に晴れやか, 母の, 毎日変る, 気持を, 沈みがちであった, 洗い去り, 漂って, 濃厚である, 無い, 無くて, 爽かに, 爽快に, 状況に対して, 直つた, 直りまして, 相当に, 確かに, 米友の, 紛れやせんかと, 能く, 自然出, 自発的な, 致すの, 興味も, 良くうれしい, 良くなり, 若干つきそっ, 落ちつかないので, 行き詰つて, 表情も, 衰えた神経, 西域的で, 見せないで, 軽かった, 近頃目立っ, 通り越した尊敬, 違って, 違ひ, 重く足, 静まって, 非常に

▼ 気分~ (102, 1.6%)

2 なって, なつて, 一緒に, 調和しない

1 [94件] いい比較的, いったら無かっ, いつたやう, いにしえの, いはれるやう, いわれるよう, こういうこと, ごく近い, しっくりそぐっ, して, すっかり同じ, そして驚愕, その推移, その気分, その間の, つり合わない, なった, なりやがて, なりウイ, なり自棄, なり雨, なる, まるでかけ離れた, めいめいの, よんで, カフェーの, シックリ調和し, 一脈相通ずる, 三月堂などの, 下町式の, 不時の, 云ったよう, 云ひ, 云ふ, 人生的の, 今日の, 似つかぬこと, 全然ちがう, 凡てから, 合わなくなって, 合体した, 合致し, 同じもの, 同じよう, 同じ気分, 同様遊戯の, 堪え切れぬ生存競争, 境涯とが, 夫婦生活とを, 始めて一人, 密接な, 少しも, 平面が, 幾らか儀式, 弥次的気分との, 心安いの, 必死の, 思える, 思想とが, 悲壮な, 情味を, 意味とを, 感情が, 文字が, 新設された, 時代, 時代との, 時代の, 根本から, 楽天的な, 死ぬかも, 消耗熱の, 温泉町らしい, 照応した, 現在の, 町人の, 異った, 相一致, 相応わ, 真弓の, 知らず知らずの, 経済の, 結婚し, 美しさ, 自分という, 自分の, 調和し, 調和する, 関係なく, 離れて, 面倒がりとの, 面構えで, 音調とを, 風習は

▼ 気分でも~ (71, 1.1%)

13 悪いの 9 お悪い 4 わるいの 3 悪いん, 悪くなった 2 おわるい, すぐれぬの, 悪くなっ

1 [33件] あつた, ありません, あること, あるよう, おた, お悪く, すぐれないの, どうかなされた, ないのに, なし無邪気, よくなっ, わりいかい, わりいん, わるいん, わるくした, わるくなった, わるくなったら, わるくなりませんでした, 仕事は, 味いた, 味おうと思っ, 少し悪い, 悪い, 悪いか, 悪いかね, 悪いと, 悪いよう, 悪かつ, 悪くし, 悪くて, 悪くなられた, 濃かったら, 聞いたこと

▼ 気分~ (68, 1.1%)

9 なもの 2 なセンチメンタリズム

1 [57件] である, であるかぎり一致, であること, であるの, という, なこと, なロマンチシズム, な主調, な効果, な問題, な妙手, な必要, な怒という, な情趣, な意味, な意義, な敗北, な理由, にその, にそれ, につよく, になっ, には一時間以上, には其必要, には新た, にもかなり, にも気乗, にやり切れなく, にイヤ, に上ずった, に亢, に会得, に余裕, に充分エンジョイ, に厳粛, に只, に強制, に思はせる, に思想体系的, に悪く, に或は, に承け, に接続, に敗北, に服装的, に楽, に清潔, に納得, に肉体, に腐る, に自滅, に苦しむ, に融けこん, に表さう, に表現, に解説, の物

▼ 気分には~ (51, 0.8%)

6 なれなかった 2 なれない

1 [43件] いっこう気づかぬらしく, この読み下せ, さらに頓着, その為め, その顔, ちっともそう云う華やぎ, とてもなれない, とてもなれなかった, なじまなかつた, なって, ならないで, ならないの, なりかねるの, なり兼ねます, なれそう, なれないの, なれないもの, なれなかったし, なれなかったそう, なれぬと, なれませんでな, 一つ一つ不満足であった, 丁度大理石そのもの, 今にも暴風雨, 何の, 働きそのもの, 内容が, 十分の, 合って, 埋められそう, 大分うるさい, 妻よりも, 悲しさ, 成れない, 時代的な, 現今においては, 相応らなかっ, 相応らなかつた, 種々の, 素朴な, 聖観音の, 著しい相違, 逆らうこと

▼ 気分~ (51, 0.8%)

2 厭世観は, 情調の

1 [47件] が特殊, こうした美しい, それを, どうせ終り, の種々, または正月, 仕事の, 体調と, 何かと, 余情の, 作品や, 偶然が, 光景は, 其他種々の, 姿勢は, 小人的敵意に, 形状や, 情操を, 情緒によって, 情緒の, 情緒や, 情緒的に, 情調を, 感じを, 感情の, 態度を, 技術の, 暮しが, 木山が, 気持が, 涙が, 涙の, 煖炉が, 現象で, 生きてるうち, 生活, 皮肉な, 紙質やの, 能率を, 見ず知らずの, 調子が, 調子に, 趣味を, 閑散を, 雰囲気から, 雰囲気を, 頭の

▼ 気分から~ (50, 0.8%)

2 では

1 [48件] ああした, いっても, お辞み, して, そういうこと, そういう形, そう命名, そっと呼ん, たちまちに, だろう動作, だんだん脱, ちょっと自分, である, でなく必ず, ゆうぜん, わざわざ人中, 傍え, 僕は, 先に, 出るもの, 失って, 少なくとも彼, 応対まで, 感染され, 抜けて, 抜け出したくて, 書く作家, 来るの, 清冽な, 渡辺さんに, 無条件な, 生れた追憶, 生れた過去, 聖書や, 脱け, 脱却した, 脱却せよ, 自から, 良人の, 行われるだけ, 見れば, 遂に引上げ, 遂に引上げ救, 醒めること, 重要さと, 開放され, 離れて, 鼻毛でも

▼ 気分にも~ (37, 0.6%)

2 なりました, なる, なれず花

1 [31件] いつか懈怠が, かまはず傍の, その才能, なったので, なって, なつた, なりうれしい, なります, なるので, なれず日, なれず無理, なれた, なれない, なれないので, なれなかった, なれなかったので, なれるの, もっとしっくり, よりましょうけれど, よるが, よるの, 上り下りが, 似ず寒い, 似通って, 光を, 十分に, 大変の, 影響し, 濁らさるること, 起因し, 頭脳の

▼ 気分では~ (32, 0.5%)

2 それを, ない

1 [28件] ありません, あるが, あるし, いっそひと, いられないと, これらの, それほど当夜, ないうけた, ないが, ないけれど, ないの, ない外物, なかった, なかったらしい, なかったろうか, なかつた, なくなった, なくなって, なく宗教, ならなかつたら矢張り物, 二人と, 否定し, 平静ね, 押して, 方法が, 無論ない, 聖観音にも, 覚つても

▼ 気分~ (30, 0.5%)

3

1 [27件] えと訊ねる, から, からいけない, からである, からねえ富さん今夜, から苹果, か彼, だが私, つた今日此頃の, つた山も, つた私自身も, つて紛れる, とあの, という, ということ, と申され, な, ねお前さん, ねこまる, のという, もの, ものだ, んな, ネ, フレーフレー青春下世話で, 世界の, 何を

▼ 気分にな~ (26, 0.4%)

3 つて 2 つて一杯やり, つて月を, つて来た

1 [17件] つたのを, つた嫌な, つた山頭火は, つた心臓の, つた私も, つていそ, つてし, つてしまつ, つてゆふ, つてゐた, つて別に, つて学校に, つて居た, つて心から, つて来ました, つて私語き, つて飲ん

▼ 気分によって~ (24, 0.4%)

2 女性は

1 [22件] おのずから撰択, ちびりちびりなめ, どの態度, まちまちだった, 何階かで, 僚友たちから, 判断を, 占領せられた, 変りました, 変化した, 弾奏の, 彼らの, 戸棚から, 望ましいよう, 歴史を, 突き放したり, 素子は, 自分の, 自滅し, 自由自在な, 語られて, 食事中黙りこくっ

▼ 気分という~ (23, 0.4%)

4 ものは 3 ものが, ものも 2 のであろう, のは, ような 1 ことを, ので, ものである, ものに, ものを, やつです, 問題である

▼ 気分~ (21, 0.3%)

3 のだ 2 んだ, んです

1 [14件] のであった, のである, のでございます, のです, ので意外, ので謂, のは, のよこの, のよねだれ, ものその, んでございます, 事が, 只美しい, 日です

▼ 気分とは~ (19, 0.3%)

2 あまりにかけはなれた, 没交渉に

1 [15件] あまりにも, おのずと異, さすが品, だいぶ距離, ちがうわ, ちがったもの, なれたもの, なんです, まるっきり違った, 何だい, 全く別種, 全く相, 全く違っ, 合わなくなって, 縁が

▼ 気分本位~ (15, 0.2%)

2 のもの

1 [13件] だ, でありましたが, であり所謂漂, でどう, でやたら, で意気, になりきっ, の仕事, の夢幻的, の歌風, の温かい, の生活, の闘い

▼ 気分とが~ (12, 0.2%)

1 [12件] その間に, どうも調和, ぴったり一致, 不意に, 不調和に, 容易に, 彼の, 普通の, 暫し時代相応, 混り合っ, 結び付いて, 許さないす

▼ 気分として~ (12, 0.2%)

1 [12件] あらわすなら大, さうし, それを, そんな颯爽, であつ, のぞかせて, 客観的に, 感じられその, 戦争に対する, 現われて, 用ゐられ, 通用し

▼ 気分とを~ (11, 0.2%)

1 [11件] うちまかせ, かもし出しそれ, どしどし受け容れ, 一新させ, 併せて, 失わなかった, 帯びてるごとく見えたから, 持つて, 描かうと, 検覈し, 集めたもの

▼ 気分である~ (10, 0.2%)

1 かぎりそれでは, が古い, が外, しかし行乞, し父, だけだつた, と云っ, 人生の, 八時の, 陰影である

▼ 気分との~ (10, 0.2%)

2 深い融合 1 ままに, 中に, 摩擦から, 時間だつた, 混淆で, 調和に, 間には, 間の

▼ 気分転換~ (10, 0.2%)

2 のため, の一法 1 が何より, が必要, にひとり, によりこれ, に相当, をし

▼ 気分よく~ (9, 0.1%)

2 なった 1 なく咳, なり夜, やれた, 安眠しました, 行った, 話が, 飲めない

▼ 気分さえ~ (8, 0.1%)

1 あった, あるの, よくば, よければ, よろしければ, 御悪く, 見えるの, 見られなかった

▼ 気分などは~ (8, 0.1%)

1 この男自慢, どこへやら, もはや少しも, 大正九年の, 微塵も, 楽しめない, 浮き立ちも, 紹介し

▼ 気分~ (8, 0.1%)

1 だから, であつ, でええ, とも違, とも違う, なの, なので, は特にそう

▼ 気分だけが~ (7, 0.1%)

3 あちらへ 1 この究求, 一つの, 妙に, 抜けず足掻き

▼ 気分だけは~ (6, 0.1%)

1 どこにか, やはりそれ, 吻つ, 弁信にも, 明らかに, 無念夢想に

▼ 気分などを~ (6, 0.1%)

2 求めるの 1 味わう場所, 悪くした, 振りまいて, 見て

▼ 気分をも~ (6, 0.1%)

1 かえて, そそって, 伴った, 受身で, 否定するごとく, 感じて

▼ 気分いかが~ (5, 0.1%)

4 でしょう 1 ですか

▼ 気分だけでも~ (5, 0.1%)

1 さっぱりしたい, 享け, 味は, 味わいたいもの, 病気に

▼ 気分だった~ (5, 0.1%)

1 がこんな, ということ, な, ものの暗がり, よ

▼ 気分でした~ (5, 0.1%)

1 からマア, がやや, が柳田, そうです, な

▼ 気分です~ (5, 0.1%)

1 から驚きます, か私, けれども兵馬, もの時々刻々の, よ

▼ 気分なんて~ (5, 0.1%)

2 ものは 1 コレンバカリも, 生れつき持ち合せない, 知らないわ

▼ 気分にさえ~ (5, 0.1%)

2 なって 1 なり出して, 堕在し, 襲われたが

▼ 気分まで~ (5, 0.1%)

1 交って, 動揺させた, 味わいはじめること, 支配される, 欝陶しくなっ

▼ 気分より~ (5, 0.1%)

1 健康の, 出で, 圧迫の, 現代の, 起こるもの

▼ 気分を以て~ (5, 0.1%)

1 之に対するよりも, 彼を, 橋を, 行われる演劇活動, 走り廻り

▼ 気分じゃ~ (4, 0.1%)

2 ない 1 ないタクシー, ア同情し

▼ 気分すぐれず~ (4, 0.1%)

1 散歩する, 春の, 深更に, 身心の

▼ 気分その~ (4, 0.1%)

1 一方では, 亢奮から, 気分の, 活発自由な

▼ 気分だけ~ (4, 0.1%)

1 です, では, で自然人生, 張りきって

▼ 気分であった~ (4, 0.1%)

1 が地理, ためその, とグールゴー, 上中には

▼ 気分とか~ (4, 0.1%)

1 そう云う, 感じとか, 物ごとの, 象徴的方法とかいふ

▼ 気分なり~ (4, 0.1%)

2 空気なりが 1 またはその, 歌風なりの

▼ 気分において~ (4, 0.1%)

1 一歩を, 全く違つて, 西方の, 賑やかであった

▼ 気分~ (4, 0.1%)

1 うつりつ, ひきこまれた, 徐々に吐き, 転換しつ

▼ 気分わるく~ (4, 0.1%)

1 いらっしゃるの, して, てパン, なって

▼ 気分~ (4, 0.1%)

1 で舞台, と云, などと分類, などと称し

▼ 気分~ (4, 0.1%)

1 な情緒本位, に訓ん, の解釈, の訓

▼ 気分悪く~ (4, 0.1%)

1 水洟が, 目が, 神経的嘔気を, 芝居に

▼ 気分感情~ (4, 0.1%)

1 の交響, はすべて心, を観察, を読まね

▼ 気分次第~ (4, 0.1%)

1 ではひとり台所, で文章, なん, にし

▼ 気分的自由主義~ (4, 0.1%)

1 だ, と社会的, の何より, はもっと

▼ 気分~ (4, 0.1%)

1 のインタープレテーション, は共に全く, も見, を取扱っ

▼ 気分ある~ (3, 0.0%)

1 情緒を, 想念を, 趣き深い

▼ 気分がよ~ (3, 0.0%)

3 かつた

▼ 気分~ (3, 0.0%)

1 ういふ, へよかつ, へ良けれ

▼ 気分それ~ (3, 0.0%)

1 に伴う, を愉し, を表

▼ 気分だの~ (3, 0.0%)

1 偶然だ, 気持だ, 能率だ

▼ 気分でなく~ (3, 0.0%)

1 それと相, ちょっとゆかたがけ, まじめに

▼ 気分といった~ (3, 0.0%)

3 ような

▼ 気分としての~ (3, 0.0%)

1 且つ事実, 失意であり, 本質理解が

▼ 気分としては~ (3, 0.0%)

1 そんな気分, 四万円を, 絶縁を

▼ 気分とに~ (3, 0.0%)

1 極めて不調和, 深く結びつく, 適した着物

▼ 気分とも~ (3, 0.0%)

1 つかず楽天態度, 云える, 訳さるべき

▼ 気分どう~ (3, 0.0%)

2 でしょう 1 どす

▼ 気分など~ (3, 0.0%)

1 無かった, 立ちどころに打ち壊され, 薬に

▼ 気分においても~ (3, 0.0%)

1 彼と, 決して新しい, 異なって

▼ 気分にかへ~ (3, 0.0%)

2 つた 1 れない家庭気分

▼ 気分にまで~ (3, 0.0%)

1 なりました, なりましたが, 上ずって

▼ 気分によ~ (3, 0.0%)

1 つては, つて何階かで, つて起させられる

▼ 気分による~ (3, 0.0%)

1 こと多大だ, 生きかた, 調和を

▼ 気分ばかり~ (3, 0.0%)

2 では 1 でそんな

▼ 気分まかせ~ (3, 0.0%)

1 ってとこ, と違っ, の投げやり

▼ 気分~ (3, 0.0%)

1 のもの, の意味, の洗練

▼ 気分~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 気分~ (3, 0.0%)

1 らしい眼付, らしく軽く, を衒

▼ 気分かも~ (2, 0.0%)

1 知れぬが, 知れません

▼ 気分からだけ~ (2, 0.0%)

1 されて, 彼女の

▼ 気分からは~ (2, 0.0%)

1 何か, 意識的に

▼ 気分しだい~ (2, 0.0%)

1 でその, でどちら

▼ 気分だけで~ (2, 0.0%)

1 あつた, 京都行に

▼ 気分だけの~ (2, 0.0%)

1 ことであり, ものである

▼ 気分だつた~ (2, 0.0%)

1 がふと, ので用事

▼ 気分~ (2, 0.0%)

1 やない, や困る

▼ 気分であっ~ (2, 0.0%)

1 て二人, て非常

▼ 気分でし~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て行かれる

▼ 気分といふ~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものも

▼ 気分とから~ (2, 0.0%)

1 来た自然, 遊離し

▼ 気分とでも~ (2, 0.0%)

1 いうもの, 云ふも

▼ 気分と共に~ (2, 0.0%)

1 更けはじめたの, 淋しい気分

▼ 気分なぞが~ (2, 0.0%)

2 人間そのものに

▼ 気分にでも~ (2, 0.0%)

1 なるの, ゆったりと

▼ 気分にもな~ (2, 0.0%)

1 つてし, つて之れなら

▼ 気分のめつ~ (2, 0.0%)

2 きり衰へて

▼ 気分はと~ (2, 0.0%)

1 いふよりも, 尋ねられると

▼ 気分までを~ (2, 0.0%)

1 明るく心持, 現は

▼ 気分~ (2, 0.0%)

2 ちゃ

▼ 気分よい~ (2, 0.0%)

1 ようだ, 頭で

▼ 気分わる~ (2, 0.0%)

1 そうで, そうで眠れず

▼ 気分わるい~ (2, 0.0%)

1 という位, 程との

▼ 気分をさえ~ (2, 0.0%)

1 与えられるの, 加えて

▼ 気分出した~ (2, 0.0%)

1 と見え, 女と

▼ 気分効果~ (2, 0.0%)

1 を深め, を添

▼ 気分即ち~ (2, 0.0%)

2 生理的心理的状態ふと

▼ 気分少し~ (2, 0.0%)

1 も出ず, 変った

▼ 気分~ (2, 0.0%)

1 不快情欲亢奮などは, 壮の

▼ 気分快適~ (2, 0.0%)

1 である, では

▼ 気分~ (2, 0.0%)

1 がある, を利用

▼ 気分情調~ (2, 0.0%)

1 である, パッショーン

▼ 気分横溢~ (2, 0.0%)

1 しすぎるキライ, して

▼ 気分気分~ (2, 0.0%)

1 でやつ, で勝手

▼ 気分的余波~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 気分的結末~ (2, 0.0%)

2 を招来

▼ 気分表現~ (2, 0.0%)

2 が出

▼ 気分~ (2, 0.0%)

1 とか云, もあれ

▼ 気分豊か~ (2, 0.0%)

1 に猟犬, に示す

▼1* [190件]

気分ひがもと, 気分ありこれに, 気分いつぱいだ, 気分いづれも現代青年, 気分いまだ平静に, 気分いろいろ思いやりながら, 気分ええのん, 気分わかりに, 気分ろくなる, 気分かかる微細な, 気分かしらと思つて私は, 気分かへて大いに仕事, 気分からか私は, 気分かれの決心, 気分がかはつた現在の, 気分がさつぱりしたバスに乗りおくれ, 気分がちがつて, 気分がのうツと, 気分これも悪く, 気分さながらに描出, 気分さらにすぐれず, 気分すがすがしいようです, 気分すぐれて良き, 気分そういう思想を, 気分そこにしか自分, 気分そのものが気, 気分その他でのんき, 気分それらのひとつひとつ, 気分たっぷりという目つき, 気分だけを主観的に, 気分だって私の, 気分だ流れる流れる流れるま, 気分ちっともパッとしない, 気分っ子である如く, 気分つまり私の, 気分であり後者は, 気分でありたいと思う, 気分であるならば私, 気分であるべき筈である, 気分である考へるでもなく, 気分であれこれ刺激を, 気分であろうはずも, 気分でございますか, 気分でしょうがない, 気分でとおっしゃるの, 気分でなど望んでも, 気分でもと輸入映画の, 気分とかいふものが, 気分とかをほとんど無意識的, 気分としてのみ感じられる意味, 気分とで内心の, 気分なしで多少, 気分なぞはどうかと, 気分なみではこまる, 気分ならばなに, 気分なら戻るまいと思います, 気分なりによつて何ほどか, 気分なりの細やかさ, 気分なりを象徴し得る, 気分なるものを, 気分なんかどこにも, 気分なんぞは明るくつたつ, 気分における詩に, 気分にだけは相当に, 気分についてゆけなくて, 気分にてふざけること, 気分にとってこれは, 気分になんてつき合つて, 気分にばかり関はり合つてゐる, 気分にまでも自己を, 気分にゃなれない, 気分によっては三合位飲む, 気分にらみあいの気味, 気分に対して未練がましいもの, 気分のせゐであつ, 気分のどつしり, 気分のみの過程の, 気分はかうだつた, 気分はっきりしないから, 気分はよかつた, 気分への憧れ心, 気分がらか, 気分ほど大切な, 気分ましだろう, 気分またはその背後, 気分までが窮屈に, 気分までも悪くなり, 気分もしくは情緒だけが, 気分ものねてっぺんの, 気分やの父は, 気分ややかろし, 気分やらが千世子を, 気分やを情熱的な, 気分さです, 気分よりも一般が, 気分よろし御飯が, 気分よろしからざる方, 気分をかへるだいたい, 気分をかばつて一日で, 気分をかへて笑を, 気分をずつと古風に, 気分悪クナッテ茶, 気分て別に, 気分ポーズにはっきり, 気分一つに原, 気分一掃吾ながら驚くべき, 気分こんなこと, 気分が浅草, 気分九年前の大阪松竹座, 気分五ヵ年計画につれて発生, 気分はこの, 気分以上に出なかつた, 気分以外に差別, 気分住んでいる, 気分余程よろしい, 気分内地にゐれ, 気分心ばかり, 気分出ずそれに, 気分出ず抱き合ふところなど, 気分出来して既に, 気分利己的な配慮, 気分劇風のもの, 気分動きはヨーロッパ風, 気分動作の敗北, 気分十分旅をおも, 気分又はその当時, 気分が出, 気分変り胸の, 気分大いに異う, 気分大してましでも, 気分大分よくなかった, 気分好く読まれる作, 気分安らかに一方, 気分家面なんてし, 気分小説といえよう, 気分少くとも議会, 気分平民式の貴族気質, 気分平生の如し, 気分の属する, 気分は見ず知らず, 気分快適二人いつしよに, 気分態度からいう, 気分態度話題いつも忘れない, 気分戸棚の奥, 気分技術ではない, 気分支配階級の, 気分未だすぐれず, 気分横溢館の用人棒, 気分次第に読む, 気分次第殺しもすれ, 気分である, 気分満点ですよ, 気分激しい気性の, 気分爽快仕事が出来る, 気分現代のインテリゲンツィア, 気分甘いロマンティック趣味が, 気分生活感情によって動く, 気分町奴などに伍する, 気分的すぎやしない, 気分的人生ファンで取柄, 気分的内容という三つ, 気分的影響の範囲, 気分的情緒的浪漫的であり結局, 気分的情調的のもの, 気分的想像の上, 気分的日本の描写, 気分的特徴も明らか, 気分的自由主義体系的自由主義又この, 気分的自由主義者の大, 気分的表現でなく, 気分的間違へない, 気分祭礼気分のよう, 気分精神状態になった, 気分紅い靄が, 気分美しい若い人たちの, 気分興味本位だけで多分, 気分興奮の程度, 気分良うて助かります, 気分良人はもう, 気分色合を異に, 気分色彩がまた, 気分苦く何とも難, 気分荷箱をはじめて, 気分落ち着かんと部屋, 気分を容れる, 気分詩人ではあるまい, 気分転換法としては酒, 気分迎酒をやらざなるまい, 気分重ければ家, 気分の中