青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「気もち~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

民間~ ~気 気~ ~気がつい 気がつい~ ~気がついた 気がついた~ ~気の毒 気の毒~ ~気もち
気もち~
~気分 気分~ ~気味 気味~ ~気持 気持~ ~気持ち 気持ち~ 気色~ 気質~

「気もち~」 1432, 15ppm, 7280位

▼ 気もち~ (272, 19.0%)

95 なって 17 なった 7 なりました 6 なつた 4 なりながら, なるの, 妙に 3 なること, 駆られて

2 [12件] いつか平和を, させられて, なっても, なつて, なりかけて, なる, 同感し, 打たれて, 襲われた, 襲われて, 襲われるの, 迫られながら

1 [105件] ある可笑し, いつもぴったりする, いるに, おさへられて, おそわれるの, させられた, さへ, した, しっくり合った, して, せかれた, そぐわぬもの, その時, そりかえって, そり返りざま, つつまれながら, とけ合って, とらわれた, なったが, なったこと, なったの, なったので, なったほど, なったもん, なったよ, なったり, なったろうか, なった後, なっちまいましてね, なっちゃ, なってね, ならせたいの, ならないもの, ならなかつたに, なられたって, なられちゃ, なりお, なりかけましたが, なりきッ, なりつつ, なりど, なりましたの, なりますから, なりますし, なりますと, なりますの, なりよく, なり恍惚, なるか, なるかも, なるだけでも, なると, なるので, なれなかった, なれるの, ひっかからないの, ぴったりし, ぴったり合った, ぴつたりするの, よく似, よほど逆らい, スヤ, 一番書き, 乱れて, 似た残虐的快感, 何か, 偽りは, 充分なっ, 努めるの, 励まされながら, 包まれて, 合うの, 囚われた, 囚われて, 変って, 変りは, 始めの, 影響され, 復えった, 打たれた, 打ちのめされて, 抑えられました, 揺りあげられた, 映って, 泣きながら, 浪だつ, 理くつを, 眠って, 稍同情は, 立ち返って, 組し, 胸を, 襲はれました, 襲われる, 誘われて, 近いだろう, 近いもの, 返った, 追いこまれかけて, 追いつめられて, 酔うて, 酔って, 顎を, 駆られた, 高いびきすっかり

▼ 気もち~ (263, 18.4%)

9 して 8 した 5 ある 4 あった, こみ上げて, わるいので, わるくなった 3 したの, する, よかった, よくなった, 悪かった

2 [19件] いたします, かわって, しなかった, しながら, しました, するの, せぬでも, どうかし, ほぐれて, よくとも, わるいから, わるくて, 主に, 何か, 分らなかった, 好くなった, 秀吉の, 落着か, 重くるしくなっ

1 [172件] あったこと, あったならなぜ, あって, あっても, あるもの, あるらしい, ある上, いい, いいこと, いいの, いいほど, いたしました, いたしまして, いたしますわ, いっそうはっきりわかっ, いっぱいであった, いつもほど, いまこの, うごいたが, うずいた, うずうずと, おかしかった, おちついて, おわかりでしょう, お芳, このよう, こんな事, されて, さッぱり, しぜん自分, したが, したそう, したよ, したり, した追いかけて, しないの, します, しますからねえ, しますよ, し出しました, すかっと出, するだけ, するばかり, するらしく見えて, するん, せぬ, せられて, そなた, それだった, それて, それなりお祝い, たかぶりつい, だんだん落ち付い, どういう風, どこかで, どんなふう, どんなもの, ないの, なおつた, なおらないの, はぐらかされて, ひしと分る, ひどく欣, ふしぎで, ふたりの, ほぐれた, ほぐれ思はずニヤリ, まじって, まるきり分らない, まんざらない, もう一歩, もっとわかる, もっと晴れやか, よい, よい程, よくも短く, らくらくと, わいた, わからない, わかりません, わしには, わるい, わるいです, わるいね, わるいやくざ, わるかった, わるかったら, わるくなっ, わるくなる, イツも, ヒタヒタと, 一ペンに, 一種の, 丹左の, 乙女心の, 今も, 代々の, 伸子の, 余りにも, 傷ましく見え, 冷静に, 出て, 分って, 分ってるならさあ, 分らないよ, 分りすぎるほど, 分りません, 分る気, 判って, 判らないん, 利己的に, 又いくら, 吹きはらわれて, 変ったの, 変テコに, 好い, 好いの, 好かった, 好きなっ, 好と, 始終ぬくもっ, 宜い, 察しられた, 尻餅を, 届くか, 彼には, 心いっぱいに, 心の, 快活で, 急に, 恐怖と, 悪い, 悪いから, 悪いです, 悪いなら, 悪うございます, 悪くて, 悪くな, 悪くなっ, 悪くなった, 悪く午後, 感じられた, 手伝って, 抜けないこと, 捨てられないの, 枯れはてて, 次第に結ばれ, 波に, 波にな, 浮きたった, 浮んで, 漂い合った, 直って, 真剣に, 第一, 紀久子には, 胸に, 自然一同を, 致しますと, 薄くなっ, 薄れて, 衣川の, 許さない, 負債の, 起る, 通常でなかった, 違うな, 違うらしいもの, 選ぶの, 離れなかった, 雲の, 頭を

▼ 気もち~ (177, 12.4%)

6 抱いて 4 知って 3 感じたと 2 いじけさせずに, いつか鉄の, どうかする, 今度は, 察して, 持って, 硬ばらさない, 紛らせて

1 [148件] あいての, ありがたいとでも, いたわって, いっそう賑やか, いったもの, おさえつけても, お伝えする, お汲み下されたら, お藤, お訴え, かくしわざと, かなえて, ことばにも, さっして, さつぱり, さとって, しながら, すぐ持ち直した, ずいぶん積極的, その儘山陽, その画, それとなく聞い, そろえて, そろえること, だ, つづけて, とりさること, のこしながら, のみこみ顔, のみこんで, ぶちまけて, ぶち破った, へし曲げて, ほぐされる, まぎらし飯, みだして, もたなかった, もたなくては, もった者, もって, もつならば, やす, よく酌ん, わざと焦らし抜い, わるくし, 一度でも, 不思議に, 不愉快に, 与えたの, 与えて, 今さら疑わず, 今だに, 伺うので, 余り言っ, 傷けたのは, 傷つけなかった, 傷つけるに, 傷つけるも, 充分に, 其れ, 制しきれなかった, 刺戟され, 口に, 向けさせて, 味わわなければ, 咄嗟に, 和らげ引きつけた, 変えるよう, 多分に, 夢中と, 姉さんに, 容れる何もの, 容易に, 察してか, 察しは, 察しれば, 幾ぶんでも, 幾分か, 彦右衛門は, 徐かに, 忘れて, 恥じて, 感じさせる, 感じた, 感じて, 感じました, 抑えて, 抱き生ける時, 押しのけるよう, 拗じらせたよう, 持たないという, 持ちつづけて, 持ち続けたもの, 持ったまま, 持つもの, 捉えた大きな, 捨てる方法, 描写しよう, 揺りうごかすもの, 撫子なんぞの, 救うこと, 斟酌し, 柔かに, 柔らげたもので, 歌に, 正しく解い, 歯ガユがらない, 汲まず水商売, 汲めば, 汲んで, 添えるだけ, 測りかねて, 煽るもの, 父親の, 率直に, 直下に, 相手に, 知ったの, 知らない若, 知る或, 罪なく, 考えて, 聞くと, 胸一杯に, 自分に, 自分の, 表わさぬよう, 見せて, 見て, 覚えます, 解放した, 言い表わすこと, 言ひ放す, 誘われるが, 語りました, 語り旧来, 語ること, 誤解した, 説明する, 読みとるわい, 読むが, 賑わした, 起さした, 起させこの, 述べること, 露骨に, 飜が, 鼻の

▼ 気もち~ (162, 11.3%)

4 いた 2 あつた, お話が, きいて, それを, 一ぱいに, 歩いて, 眠って, 私は, 見て

1 [140件] いたが, いたところ, いたの, いっぱいだった, いっぱいな, いっぱいに, いつくしみ育てて, いつまで, いつもうなだれ, いながら, いられるの, いられるよう, いる, いること, いると, いるとき, いるの, いるのに, いる時, おります, お仕事, お出でなされました, お綱, こうして宇宙, こう声, この世に, この友人, ござりました, しかも少なから, その夜, その室, その山, その手紙, だれも, ときどき仰ぎ, とり上げようと, どうする, なかなか落ちつけませんでした, ながめた, ねむった, ひとを, また上の, みな口々に, もとの, やつと, やれますが, わざと彼ら, わずか十騎, わたしと, ゐる様子, コンソメの, ワクワクする, 一切を, 一跳足に, 不愉快な, 二人は, 人から, 人影の, 人気の, 今も, 仕事が, 他を, 伸子と, 俺は, 出来るだけの, 動坂へ, 半日遊ん, 参られるに, 参ります, 吹いて, 唐紙を, 喜んで, 四方の, 宵の, 寄って, 寝風呂, 居れますがな, 島の, 左手の, 帰って, 平気な, 庄内平野を, 待ちわびること, 待って, 御見物, 微吟しだした, 心が, 心の, 戯れの, 手を, 抜き捨てなければ, 押されて, 拝見しました, 持つて, 方丈を, 春を, 晴ればれ, 暮らして, 書いて, 朝の, 東京に, 楽々と, 此を, 毎日教室に, 気がついた時, 決して愉快, 汽車に, 渚を, 焦れて, 生きて, 生活しなけれ, 皺枯れ, 眺めて, 眼を, 聞いて, 聞くであろう, 自分から, 自分の, 至極悠暢, 茶の間へ, 薬師丸まで, 襖の, 見おくつた, 見られなかった, 覗いて, 読んだもの, 誰より, 談笑する, 足の, 足探りしいしい, 返事を, 通られたこと, 過こした, 道子と, 郊外から, 閉門を, 開けた, 階段の, 静かに, 頭の

▼ 気もち~ (130, 9.1%)

3 しなかった, 誰よりも 2 いたしません, ない, なかった, ほんとうに, よくわかる, 却って再び二十四五, 少しも

1 [110件] ありがたいが, いっそうひろがっ, いつかもっと, いわずとも, うろたえなかった, お母さんは, かなり平静, こういう経験, この一徹, これを, こんなに永い, ございました, さびしいだろう, しない, しないと, しなかったが, しめえが, すむの, せぬ, それである, ただただ勿体ない, ちやんと, つるぎに, どうだ, どんなであったろう, どんなでしょう, どんな遊戯, ないが, なかつたの, なさらなかったに, なんと変り, はじめっ, べつな, ほかにも, ほかの, ほんた, ぼくにも, まことに爽快, また別, また彼, まだ寸毫, まだ納ら, まったく一変, みじんない, もう戦場, もう浴衣がけ, よくわかっ, よく分っ, よろしい, わかって, わからなかった, わかるとしても, わき上がらない, スパルタ人の, チットモムジュンし, 一体何, 乱れます, 二十年も, 伸子自身が, 何ものを以て, 信長の, 僕にも, 充分に, 充分御簾, 全く無かっ, 全く騎士, 出なかった, 分らないの, 分らぬでも, 分る, 判つた, 只想像, 同じだった, 壮んである, 売文の, 多分に, 失せて, 察しられなかった, 察しること, 察する, 幼いクリスト, 幾分か, 当然夢, 彼を, 恐らくは現世, 悪鬼の, 想像に, 憂欝に, 戦いが, 抱いて, 改まって, 明治三十二三年ころにも, 正直それに, 殆ど御, 毛頭も, 決して誇大, 混沌と, 玄徳にも, 理解いたしかねる, 知らぬま, 私にも, 細く波打つ, 自然の, 藤枝にも, 表の, 解った, 解りながらも, 起らなかった, 軽くなっ, 面長な

▼ 気もち~ (95, 6.6%)

5 中には 3 いいもの, 中に 2 いいくらい, いい山の上, いい春, いい香り, うちに, するだけ, するもの, よいもの, よくない, 上に

1 [64件] ある人, い, いい冬日和, いい小笠原, いい時, いい朝, いい百姓家, いい避難所, いい青空, うごきに, おっ母さん, ことは, する, する日々, する時間, せつなさ, ために, ところへ, なかで, なかに, はっきりした, ふたしかさに対して, ほうが, ままじっと, ままで, まま愉快に, まま述懐し, もとに, ものを, よい岸, よい男, よい音, よい驟雨, わるいおなか, わるいこと, わるい客, 上では, 中で, 中でも, 反って, 変化は, 外にも, 好いもの, 好い花, 害された表情, 底を, 悪いへん, 悪いもの, 悪い一対, 悪い対手, 悪い林, 悪い物, 悪い風, 救われるよう, 方が, 破壊された, 置き場が, 者も, 良いもの, 表現を, 裏で, 起る時, 転じて, 酬いられたうれし

▼ 気もち~ (70, 4.9%)

2 ある, ない, ないで, ない訣, 察して, 急に

1 [58件] あった, あったに, あつた, あらたまる, ありません, あること, あるぞ, あるだろう, いくらかは, お高, このば, この一語, しないでは, しなかった, すこぶるぐらつきました, せぬ, そうありたかった, そこに, それが, それな, それ以上お, だんだん無くなりかかっ, ちがって, ない代り, なかった, ふたしか, ほぼ分る, むりではないと察しる, よく酌みとれる, わいたこと, わかる, わかるには, わかるはず, わく, 一時的で, 分らぬでは, 分るの, 判らぬの, 割合に, 動いて, 多分だった, 大きにある, 夫婦の, 好いもの, 安房守の, 少しゃ, 御事情, 忘れて, 思いやられつつ, 手伝う, 持ち出して, 持ち合せて, 爽快だった, 甲野には, 落ちつかないまま, 落着くだろう, 起そうとしても, 起らない

▼ 気もちよく~ (36, 2.5%)

2 して, 晴れ上った, 暮せる, 野原の

1 [28件] あが, くらすよう, ずっぷり船足, つかえる銭湯, とおって, ねこんで, ひきあ, ふく風に, やるよう, わかりましたわ, われた, 一本やられた, 出て, 前進し, 南北の, 吸いながら, 寝かしつけられて, 居睡りを, 彼女たちの, 描けたと, 桃色の, 横浜まで, 細かつ, 語れる事柄, 身を, 道づれに, 青い植木鉢, 鼻に

▼ 気もちには~ (21, 1.5%)

4 なれなかった 2 なれなかつた

1 [15件] しかしどうしても, とてもなれません, どうしてもなれない, ならなかった, なれそう, なれないの, なれない武蔵, なんら常, ふと人間, 一寸した, 入って, 敏感な, 村の, 決してなれない, 泣く子

▼ 気もち~ (20, 1.4%)

1 [20件] いったらうれしい, おかしさ, これに, それから, なって, 一しょに, 一つに, 云うもの, 変った, 察しまして, 応じない時, 思い合わせ何, 手軽に, 望みとを, 歓びに, 綯い交ぜに, 腹だたしさ, 自分から, 触れあって, 計画の

▼ 気もちから~ (15, 1.0%)

1 [15件] ああし, すると, 一度も, 人々の, 内儀さんの, 四十九日が, 大工伊兵衛を, 易々諾々として, 来たこと, 特に休息, 生れた婦人団体, 私は, 脱れ, 自然にじみ出る, 起った反射運動

▼ 気もち~ (13, 0.9%)

8 さそうに 2 さそうな 1 げに歩い, げに流れ, ささうに

▼ 気もち~ (12, 0.8%)

21 か, からね, から血気, が, ちょっぴりくれ, つたに, というの, ね, のにこの, 人間どもは

▼ 気もちでは~ (12, 0.8%)

3 なかった 2 まだお目にかからない 1 いけない, いる, ついぞこれ, つかまずに, ない, ないか, ないの

▼ 気もちにも~ (9, 0.6%)

2 なる 1 なったが, なりました, なると, なれない, なれないで, 落ちこんで, 違ひない

▼ 気もちそう~ (7, 0.5%)

1 だ, にいびき, にしきりに, に佐保路, に反っくり返っ, に寝, に話

▼ 気もちでも~ (7, 0.5%)

1 あった, あったが, あったろう, ある, ないでしょうが, 悪いの, 悪くなった

▼ 気もち~ (6, 0.4%)

3 のだ, のである

▼ 気もちにさえ~ (6, 0.4%)

3 なって 1 なり出した位, なり出して, 襲われる

▼ 気もちだった~ (5, 0.3%)

1 かハッキリ, が沢庵, けれど終に, のだ, よ

▼ 気もちなどは~ (5, 0.3%)

1 すぐ忘れ, ないらしく見えた, 分りっこない, 少しも, 毛頭ないが

▼ 気もちじゃ~ (4, 0.3%)

2 ありませんよ, ないか

▼ 気もちすら~ (4, 0.3%)

1 して, わいて, ジリジリ起っ, 世人に

▼ 気もちであった~ (4, 0.3%)

1 が同時に, とみえ, のかも, ので今

▼ 気もちとは~ (4, 0.3%)

2 没交渉に 1 まったく同じ, 縁の

▼ 気もちばかり~ (4, 0.3%)

1 つよく感じられる, でなく何だか, で生きて, イライラする

▼ 気もちよい~ (4, 0.3%)

2 イギリス海岸に 1 と思, 林の

▼ 気もちさえ~ (3, 0.2%)

1 あった, いたして, 起って

▼ 気もちわるく~ (3, 0.2%)

1 小刻みに, 思召され, 感じたの

▼ 気もちだけで~ (2, 0.1%)

1 抑えて, 行動しない

▼ 気もちだけは~ (2, 0.1%)

1 して, 聞きとれた

▼ 気もちであろう~ (2, 0.1%)

1 か, 筈は

▼ 気もちとして~ (2, 0.1%)

1 ならば, 何これで

▼ 気もちにでも~ (2, 0.1%)

1 なった方, なる事

▼ 気もちにな~ (2, 0.1%)

1 つてし, つて来た

▼ 気もち~ (2, 0.1%)

1 周囲の, 父を

▼ 気もちらしかった~ (2, 0.1%)

2 のです

▼ 気もちをも~ (2, 0.1%)

1 御推量, 曲げて

▼1* [41件]

気もちあしくよわり居申候, 気もちあによめの, 気もちいい色合でない, 気もちかも知れなかった, 気もちだけでじぶん, 気もちだけがした, 気もちだって卑屈な, 気もちだろうなあ, 気もちでいらっしゃるのでございましょう, 気もちでございましょうが最前, 気もちでしょうと, 気もちですよ, 気もちとか四囲の, 気もちとしては誰も, 気もちとには同じ歌謡, 気もちとも云ふ, 気もちとを感じさせる, 気もちなしにと云, 気もちなど起すの, 気もちなどがそれである, 気もちなどにこだわらず云いたい事, 気もちなどには頓着せず, 気もちにしかなれずに, 気もちのみはぼくらの, 気もちまでもパンクし, 気もちよい暖かさを, 気もちよい男らしさが, 気もちよかった, 気もちよりは人間本来の, 気もちよりもてんからおし, 気もちらしくいちどは, 気もちを以て熱と, 気もちてなあおっ, 気もち一杯だと, 気もち以外に何, 気もち十分であった, 気もちさそうに, 気もち左膳あたりを見まわした, 気もち悪い時も, 気もち真理を求め, 気もち色々とそうした