青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「故郷~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~政治 政治~ ~政治家 政策~ ~故 故~ 故に~ 故人~ 故意~ ~故郷
故郷~
敏感~ ~救 救~ 救い~ ~救う 救う~ ~教 教~ ~教え 教え~

「故郷~」 4643, 43ppm, 2676位

▼ 故郷~ (1661, 35.8%)

24 ことを, 土を 18 家の 16 方へ 12 家を 9 山を 8 家に, 山河を, 町に, 空を 7 ことが, 山に, 村へ, 町の, 町を 6 事を, 人々の, 家へ, 方で, 方の, 方を, 母が 5 ような, 土に, 大阪へ, 家が, 村から, 村に, 村の, 母に, 町へ

4 [13件] ことなど, ように, 人に, 家から, 寺の, 山の, 山河が, 恋しさ, 方に, 母の, 母や, 町は, 空気を

3 [40件] お作, ことに, ことや, 上州へ, 中学を, 事養家の, 人たちの, 人達の, 伯父が, 兄たちは, 土が, 土は, 土産に, 家には, 家も, 小さな町, 小學校, 日本の, 昔の, 景色を, 村が, 村は, 村落を, 森の, 歌を, 母から, 母を, 海で, 港を, 父の, 物語を, 田舎に, 田舎の, 町で, 秋を, 空に, 自然を, 衆に, 話や, 越後へ

2 [128件] ことで, ことは, ひとの, まちの, オーデンセは, ナポリで, 丘を, 両親が, 両親へ, 事は, 京都へ, 人々から, 人々と, 人か, 人が, 人たちとは, 人の, 人も, 人達を, 伝説を, 佐倉へ, 佐野へ, 何という, 停車場に, 兄弟を, 公園を, 出雲崎に, 前橋へ, 古河へ, 四日市から, 土の, 土地に, 土地を, 地に, 地を, 地名を, 墓に, 声が, 夢な, 夢を, 大坂, 大島小, 天は, 妻に, 妻子を, 姉から, 姉の, 安房へ, 家でも, 家と, 小さい町, 尾張の, 山が, 山は, 山へ, 山や, 山奥の, 山川の, 山村を, 山林の, 山河に, 平蕪, 府中へ, 思い出が, 感じだ, 懐かしさ, 教会の, 新潟の, 新潟市へ, 新聞社から, 方へも, 日本へ, 旧知の, 景色が, 末期の, 村で, 村であった, 村と, 村のは, 村落に, 東京を, 林檎を, 根津村に, 様々な, 様子は, 歌, 母へ, 母も, 氏神さんの, 水が, 江戸へ, 浅草へ, 父が, 父母の, 父母は, 狸どもは, 生まれた家, 生家で, 生家に, 甲府を, 真宗の, 福井へ, 秋の, 空が, 空の, 空へと, 老母の, 者は, 菩提寺に, 衆へ, 親兄弟, 親思ふ, 親戚の, 言葉で, 言葉を, 訛りを, 話を, 讃甘, 路に, 近くに, 遠州, 遠州相良, 野や, 野原を, 長兄に, 雪の, 風景は, 香を

1 [976件 抜粋] あのかぎり, あばら屋に, あらゆる医師, あるその, ある淋しい, いい事, うす暗い家, うるわしき野山, お別れ, お母さんに, かれが, こういう姿, ことです, ことなどを, ことも, このやう, この町, さびしい村, しかも親類, じまんと, その村, ために, たよりを, ない人々, なつかしい空, においが, はさまざま, はるかに, ほうの, ほうも, ほとりに, やうな, やうに, やつら人に, やや有名, よさ, エジプトの, オバン市で, オーデンセから, カンタブリア村へ, ケンタツキーの, コネティカット州で, ジャングルを, ドイツなどとは, ヒダを, フランスで, ベニスに, ポルトガルは, ムーランの, ルーアンを, レポ, ヴァレンシアに, 一つであった, 一つとして, 一本松の, 丁抹の, 三ヶ谷に, 三河国を, 上州の, 上野, 不幸が, 世間を, 両親の, 中国から, 中学では, 中村へ, 中津に, 九州に, 九州へ, 乳房が, 事と, 事などが, 事なれ, 事をも, 事情は, 事物を, 五十鈴川上の, 京の, 人々, 人々が, 人々には, 人々は, 人々へと, 人たちが, 人たる, 人と, 人とも, 人は, 人事に, 人人の, 人達に対して, 人間には, 他に, 伊勢, 伊勢の, 伊勢五十鈴川上に, 伊賀へ, 佐野へは, 何人も, 信州へと, 俤, 停車場で, 僻村で, 兄たちからの, 兄に, 兄文治が, 先輩の, 光景を, 入口に, 共同墓地に, 内容に, 冬空はれ, 出来事を, 初の, 前橋中学へ, 劇場であっ, 匂いが, 匂いである, 匂ひ, 北ドイツへ, 博多に, 印象は, 厚木へ, 去年父が, 友の, 友達でも, 叔父や, 古い姿, 同じ坂東平野, 同志へ, 名にかけて, 名残りとては, 名物浜納豆は, 吾が家, 呉服屋さん共に古く, 味に, 味の, 呼び声が, 和泉国へ, 品を, 喜界島と, 嘲笑故郷の, 四周に, 囲炉裏端で, 国の, 国土を, 圃で, 土, 土さえ, 土と, 土へ, 土をば, 土佐の, 土地から, 土地だった, 土地とを, 土地に対して, 土地に対する, 土地へ, 地, 地だけが, 地では, 地も, 地名である, 地形に, 地方色ある, 垣根から, 城址の, 場面で, 墨田川へ, 夏を, 夢でも, 夢見る, 大先輩, 大地の, 大宮在を, 大村市に, 大通りの, 大里城に, 天地と, 天地山川や, 天城へ, 奥州へ, 女君に, 女恋しく, 女達摩の, 奴らへの, 好きな, 如く越え, 妹の, 妻は, 姉や, 姉上から, 宅址に, 宇治山田から, 安達太郎山に, 実家から, 実況が, 宣城を, 家からは, 家では, 家な, 家は, 家居へ, 家屋敷が, 家庭と, 家族に, 家族を, 家産一切を, 寂しさ, 寝心地は, 寺で, 寺へと, 小さなドイツ, 小さな池, 小学校に, 小川で, 小野の, 少年頃から, 山々が, 山々は, 山だ, 山と, 山も, 山中へ, 山中村だ, 山奥は, 山寺に, 山川に, 山川草木が, 山川草木ほど, 山形県金瓶村で, 山故郷の, 山村の, 山林事件の, 山水も, 山田の, 山里で, 山野を, 岡山から, 岩手へ, 岸を, 島から, 島に, 川一つだけ, 巣から, 工業学校校長に, 市を, 布哇で, 平戸の, 年よりに, 幼い弟, 広い屋敷跡, 広い野原, 庭なる, 廃家を, 弘前へ, 弟たちに, 弟に, 彼女の, 御老母, 徳島に, 念仏踊りから, 思い出または, 性格は, 感じな, 感じを, 懐かしい事, 或る, 拝田村, 播州を, 故郷だ, 故郷肉縁の, 文珠堂の, 新潟に, 新聞に, 新聞読め, 方には, 方角でも, 方言だ, 日の, 日本も, 旧友の, 旧巣, 早池峰山に, 明智, 昔話に, 春と, 春へ, 景物を, 景色として, 暗澹たる, 書齋で, 月のみ, 月を, 有様に, 有野村, 有野村へ, 朋友親籍兄弟みなその, 木曽福島と, 村からは, 村にまで, 村へまで, 村中に, 村役場に, 杭州に, 東京から, 東京で, 東京へ, 松山では, 松戸へ, 松江を, 柳水に, 核心を, 梅に, 森や, 樣子を, 檜舞台に, 歌は, 歌人の, 正月を, 武州赤塚村へ, 歴史を, 殘影である, 氏神を, 気候を, 気持ちだった, 水戸で, 水沢観音の, 汝南が, 江戸でさえ, 江戸へでも, 池内高浜両家の, 沼地の, 波の, 津軽の, 浅間山だ, 浜に, 浜坂へ, 浜松在の, 浴衣がけが, 海岸で, 海岸の, 海辺も, 消息が, 消息を, 深山へと, 清らかな, 渓の, 渓谷を, 温泉地の, 滋味に, 濱松在の, 然も, 熊本を, 父から, 父へ, 父を, 父母さては, 父母には, 父母を, 父親が, 父親は, 物産を, 現状に, 琉球は, 生家は, 生活に, 生活の, 田圃側の, 田舎へ, 甲州である, 甲州へ, 甲府へ, 町である, 町でも, 町には, 町も, 町村へ, 病母を, 病院に, 白昼の, 白耳義を, 盆踊りは, 盛岡へ, 知人に対して, 知人らしい, 石田村へ, 神様および, 福岡には, 私の, 秋は, 空で, 空は, 空よ, 空気とは, 空氣を, 第一日, 筑紫を, 細君か, 縣の, 羅馬では, 美しい空, 美作国から, 習慣で, 老母が, 老母のに, 老母を, 老父は, 者たちに, 者を, 肉親たちと, 肉親を, 肥下徳十郎氏に, 臨, 自然という, 自然は, 臺山の, 花の, 草の, 草原を, 草葺屋根の, 荒牧神社で, 落合町よりも, 藁屋の, 藁葺家と, 蘇格蘭オバン市へと, 蜜柑の, 血族の, 衆だ, 街から, 街に, 裏山の, 見えたよう, 親が, 親の, 親元に, 親友の, 親戚より, 親達や, 観を, 観念を, 言葉だ, 記憶が, 訛りが, 評判が, 詩である, 話, 話も, 語若く, 諏訪へ, 谷の, 貞淑なる, 財産を, 赤城の, 越前から, 越後へでも, 踊りも, 農村の, 近い徴, 追分へ, 追憶に, 遠い北, 遺風の, 都會, 酒場の, 野で, 野を, 野辺が, 金木という, 金沢から, 鎮守さんも, 長崎から, 長谷へ, 閑古鳥聴かん, 関川を, 隣国まで, 雛に, 雪景色なる, 霧の, 露深い, 青空の, 静岡から, 静岡県吉原の, 音信を, 風から, 風に従い, 風俗を, 風景を, 風物に, 風物には, 風物よりも, 風習と, 食物の, 馬橋村へ, 駿府から, 高等小学校の, 鷲の, 鹿児島へ, 黒丘入江の

▼ 故郷~ (585, 12.6%)

35 帰って 12 歸る 8 帰ること 6 歸り, 残して 4 別れを, 帰った, 錦を 3 いた時分, いるとき, いる時分, 帰して, 帰った時, 帰つた

2 [37件] あって, あること, あるの, ある母, かえって, して, 低徊し, 住んで, 別れて, 去りて, 向かって, 安着の, 封じ込められて, 對し, 帰た, 帰ったという, 帰ったの, 帰ったよう, 帰つて行つた, 帰りて, 帰り余命, 帰ると, 帰る途中, 帰れば, 帰ろうと, 引込んで, 於いて, 於て, 歸つた, 歸るべし, 歸れる, 殘し, 疎開した, 近い, 近いので, 近い五色温泉, 近い停車場

1 [414件] あこがれるものの, あずけた末, あずけた末弟, あたる, あった小泉, あった幼児, あっては, あつて故郷, あなれ, あり, ありしとき, ありては, ある, あるやう, あるわたし, ある如き思, ある小さい, ある時, ある時夙く医業, ある老父, ある貧し, あれば, あれや, あんな柏, いたこと, いたたまれなくなった, いたためし, いたとき, いたとき師, いたろう, いた少年時代, いた時, いた頃, いて, いましたとき, いま在り, いらっしゃるよう, いるかの, いること, いるであろう老母, いるの, いるはず, いるよう, いる孫, いる小, いる弟, いる母, いる老母, いれば, おったころ, おりましたゆえ, かえすという, かえった人, かえってともにくわ, かえってみ, かえっても, かえって来, かえって来た, かえり, かえるという, かえれと, この一夜, ございまして, ございまする, さ迷った, すごすの, そむいて, ただ一人で, たづねゆきて, たどりついたよう, たどりついて, たどり着いた日, であるか, ですか, なりました, なる, のこした兄貴, のこして, はつひ, ひとりいみじう, むかふ纒綿, もちかえったしらせ, もつという, やすみや, よびよせられたの, わが父, われの, ゐた時, ゐるであらう老母, ゐる時, トロイアの, 一人の, 一年も, 一度も, 一棟隠居所など, 今記念品の, 仕送りしなけれ, 伴つた, 住み古し, 住む間, 住居を, 入つて喜び, 入れられず, 入れられなかった両親, 入れられなかつたのに, 入学を, 入學, 別れ來, 勇將を, 十倍の, 去るに, 向える, 向かつた, 向ひ逃げ, 告げた, 喚び戻し閉じ籠め, 喧伝される, 四季かけ, 在た, 在りし其の, 在りし間, 在りトオルワルトゼン, 在る時, 在る母, 埋もれて, 大安住, 如かずと, 妻子の, 姿を, 子は, 安らかな, 安んぜず夢幻裡, 容れられざるの, 容れられずという, 容れられなかったの, 容れられぬといふばかり, 寄せる言葉, 寝返りを, 尊ばれないの, 尋ねて, 少しでも, 就て, 居たい希いの, 居た頃, 居る年老いた母親, 居る時分, 居る母, 居る父, 届いたの, 屋敷など, 屏居せしめられ, 希望の, 帰えられなく, 帰すが, 帰ったかの, 帰ったが, 帰ったくつろぎを, 帰っても, 帰ってるうち, 帰つ, 帰つたといふ, 帰つたのだつた, 帰つた時や, 帰つて人々に, 帰つて本性を, 帰つて来, 帰つて行つたと, 帰らうとも, 帰らせて, 帰らないでも, 帰らなかった, 帰らねば, 帰られよう, 帰られるであろうか, 帰られ古事記, 帰りお前, 帰りこの, 帰りたい, 帰りたいという, 帰りたいなど, 帰りたい心, 帰りたい父親, 帰りぬ, 帰りますと, 帰り久し振り, 帰り住みそれから, 帰り住み大, 帰り住むよう, 帰り恋人, 帰り来たれるに, 帰り来て, 帰り浄土宗, 帰り着いても, 帰り菊, 帰り親族, 帰り静か, 帰り非常, 帰る, 帰るつもり, 帰るという, 帰るとかの, 帰るの, 帰るの不幸, 帰るよう, 帰るより, 帰るを, 帰る嬉さ, 帰る小生, 帰る心, 帰る故郷, 帰る旅費, 帰る能力, 帰る衣, 帰れ, 帰れと, 帰れないこと, 帰れり, 帰れるの, 帰れる良人, 帰滅し, 帰省する, 帰還しました, 年を, 引止めたい感情, 彼は, 彼らは, 待って, 得ぬもの, 心を, 思はぬ日, 思慕する, 急な, 恥を, 憧れたり, 憧れて, 我の, 戻ったの, 戻ったよう, 戻った刺戟, 戻りけるが, 戻りましたよ, 戻りもう一度, 戻る予定, 打っ開けて, 抱かれた, 持って, 持つて, 捨てて, 援助を, 搬びさるべきか, 搬び行かしめぬ, 擔ひ去らしめ, 於ける十年来, 於ける失策, 於ける殺人, 於ける自分, 於る, 旅立ち帰る心持, 旅行せられる, 暇乞を, 曝すこと, 有りし時, 来たぞ, 来たと, 来は, 棄てて, 歌など, 歳を, 歸し, 歸つたのか, 歸つたのだ, 歸つたのを, 歸つた私に, 歸つて來て, 歸つて來る, 歸つて小, 歸つて明治の, 歸つて父の, 歸つて祖先の, 歸つて見ました, 歸つて見る, 歸つて追憶を, 歸らう, 歸らなかつた, 歸らなけれ, 歸らんと, 歸りまし, 歸り去らしめず, 歸り去らん, 歸り去れ, 歸り去れる, 歸り行く, 歸るべく, 歸れ, 歸れり, 歸ツて, 残い, 残しおきつる妻子, 残す機会, 残って, 殘つて居る, 母が, 母や, 民に, 永住する, 無理を, 父親が, 独りいる, 獨り, 理解されない, 甘えて, 生き残って, 留まる心, 留め置きし妻, 疵を, 病を, 皈る, 相違ない, 着いて, 着くには, 着て, 知らせること, 私の, 移し入れたに, 移り住むに, 立ち去らむ, 立ち帰つた兵士, 立ち返らさずには, 立つて, 置き放して, 美しいもの, 育ちて, 育つ幼い, 背かせただろう, 落ちついて, 落ちつくこと, 落着い, 葬らる, 行くつもり, 行くに, 行くの, 行ったの, 行って, 行つて見た, 要注意人物として, 見えて, 見出したの, 見切りを, 親が, 親戚が, 親類が, 訪ねようと, 詫びぬ冬, 誰れ帰る, 贈る言葉, 赴いて, 起った禍, 身を, 近いこと, 近いヨルドベリヤ, 近い博多みやげ, 近い鹽山, 近かつ, 近くなった, 近く關東を, 近く頻りに, 近づいたよう, 近づいて, 近づくに, 近づくにつれ, 近づくに従って, 返し送られました, 追い帰されるかしたが, 退いて, 送った記念, 送りたいという, 送りました, 送り返され青年, 送るべく決心, 送る兵士, 逃げて, 逃げ帰る途中関吏, 連れて, 遊びに, 遊びむかし, 運びさ, 違いない, 遠い旅, 遠い男学生, 遠くない, 遠く恩愛, 遠く離れ, 遠く離れたる, 遠ざかり, 遣は, 遺して, 遺せる老い, 還ったの, 還って, 還つて, 還るといふ, 還る途上, 還帰したると, 金を, 隠遁し, 静かに, 革命の, 預けて, 顔出しの, 風邪を, 飾つた例は, 馴染が, 鬪ひ, 黄金を

▼ 故郷~ (558, 12.0%)

77 帰って 11 帰ること 10 帰った 7 帰ろうと 6 帰ったの, 帰つた, 帰ると, 歸る, 錦を 5 帰ったが, 帰ったよう 4 帰して, 帰らなければ, 帰るの, 手紙を

3 [11件] 向けて, 帰つて来た, 帰りたいと, 帰るよう, 帰る気, 帰省した, 戻つて, 歸し, 行って, 送ること, 連れて

2 [27件] かえって, かえる男女, もどって, 向って, 土産に, 帰った気, 帰ってから, 帰つた時には, 帰り徴兵検査, 帰る, 帰るが, 帰る前, 帰る途中, 帰れ, 帰れば, 帰ろうにも, 戻ること, 持ち帰って, 歸つた, 歸つたら, 歸り, 着いて, 知らして, 行くの, 行けば, 逃げて, 逃皈る

1 [310件] あったと, いく気, いそぎ帰る, いつて, うかうか帰る, お帰り, お帰りなさる, お帰り下さる, かえって山, かえって来た, かえらねば, かえる, かえるの, かえるよう, かえる暇, かえる朝鮮人, かえる足溜り, かえろうぜ, きたこと, このこと, これが, そしてききた, その影響, たどり着く事, とんで, ねえ故郷, のめのめと, ひッ, まいもどった風来坊, まっすぐに, まわる六部, もう一歩, もどったドド, やってくるという, よんだ面影, よんだ魂胆, ノメノメ帰る, ノメノメ歸る, 一歩近づく, 一途に, 下つて, 二人で, 今日は, 仕送りも, 伴れ, 何の, 使者が, 入って, 入つた, 凱旋した, 出す妓, 出す手紙, 出発せたい, 別れを, 去りたいと, 参るつもり, 參る, 又帰っ, 又戻っ, 向うこと, 向う日本の, 向つた, 吹き戻される便宜, 呼びかえされたらその, 呼びかえされる, 呼びかえした点呼, 呼び寄せた心, 呼び戻すの, 婦る, 客に, 寄つて, 寄りつかないから, 帰えったで, 帰えり鋤鍬を, 帰さねば, 帰されて, 帰したが, 帰したら後生, 帰そうと, 帰ったうれし, 帰ったから, 帰ったその, 帰ったという, 帰ったところ, 帰ったとも, 帰ったならば, 帰ったので, 帰ったばかり, 帰ったもの, 帰ったら二三年, 帰ったら少年, 帰ったら自分, 帰ったろう, 帰ったろうか, 帰ったん, 帰った女, 帰った方, 帰った時, 帰っては, 帰つたと, 帰つた思ひ, 帰つてきた, 帰つて来, 帰つて見れ, 帰らうか, 帰らうとして, 帰らずば, 帰らずまた, 帰らせて, 帰らない, 帰らないと, 帰らないの, 帰らないよう, 帰らなかったこと, 帰らなかったろうか, 帰らなかつた, 帰らなかつたの, 帰らなくとも, 帰られる時, 帰らんとて, 帰りかけて, 帰りけり, 帰りこの, 帰りたいの, 帰りたいもの, 帰りたい一念, 帰りたい心, 帰りたかろ, 帰りたくなって, 帰りたくなっては, 帰りたさ, 帰りついたと, 帰りました, 帰りましたの, 帰りましょう, 帰りましょうその, 帰ります, 帰りますから, 帰り住んで, 帰り余生, 帰り女房, 帰り或, 帰り母, 帰り生活, 帰り金, 帰るあたり, 帰るぞよ, 帰るだよ, 帰るだろう, 帰るつもり, 帰るところ, 帰るなり, 帰るについて, 帰るべきだだが, 帰るべしとて, 帰るもの, 帰るやう, 帰る事, 帰る人, 帰る名聞, 帰る安, 帰る心持, 帰る支度, 帰る日, 帰る根, 帰る汽車, 帰る約束, 帰る道すがら, 帰る雁, 帰る面, 帰れお, 帰れと, 帰れないこと, 帰れません, 帰ろうじゃ, 帰ろうも, 帰ッた, 幾年目かで, 引き上げなさるとき, 引き籠つて, 引揚げた, 引籠った, 引込たる, 引込みましたので, 引込むこと, 引込むには, 引返すこと, 引返そうか, 彼は, 往こうと, 往つ, 往復する, 往来した, 思ひを, 急ぐ船, 戻って, 戻つて來, 戻つて行, 戻られいと, 戻りたいと, 戻りたくない, 戻りついた夜, 戻ると, 戻るン, 持つて, 持て帰って, 持歸り, 故郷へ, 文通する, 旅する, 旅立ちさる, 旅立ちしなければ, 旅立つこと, 旅立つた, 旅立つ日, 晴がましい錦, 書いた手紙, 来たよう, 来ると, 歸さう, 歸つ, 歸つたのである, 歸つたのは, 歸つたらしい, 歸つた時彼は, 歸つた時汽車の, 歸つてあの, 歸つてゐた, 歸つてゐる, 歸つて來た, 歸つて來ました, 歸つて清から, 歸つて行く, 歸りし, 歸りつくには, 歸れ, 死に, 残して, 現われるもの, 疎開など, 発つて, 発程までに, 皈って, 着きました, 着くよう, 知らせて, 私は, 積み送ったこと, 立ち回るかも, 立ち寄ったの, 立ち帰った時, 立ち帰って, 立ち戻ること, 立った, 立って, 立つた, 立寄って, 立帰ります, 立歸りしか, 立発んです, 立還へる, 置いて, 興行に, 舌を, 舞い戻ったが, 葬らせた, 行かなくちや, 行かれたこと, 行きお, 行くこと, 行くさ, 行くッ, 行く様, 行ったり, 西の, 見知らぬ父母, 訪ねて, 赴く由申暇乞, 足を, 踏みこんで, 辿りついたの, 辿り着いたに, 近づいた折, 返されたの, 返して, 送りとどけるため, 送りました, 送り届けて, 送り返されるの, 送り返されるよう, 送り返すこと, 送り還された, 送る爲め, 逃げ歸つたの, 遁れ, 遊びに, 運ぶ, 還された, 還ったよう, 還つたの, 還りそれ, 還り得たと, 還ると, 還るとき, 郵送し, 金を, 錦では, 錦愉快, 隠退し, 駈戻つた折

▼ 故郷~ (510, 11.0%)

22 出て 20 離れて 9 出てから 8 去って 5 出る時, 後に, 捨てて 4 あとに

3 [12件] すてて, はなれて, 出で, 出奔し, 出立の, 憶ふ, 省した, 見に, 見出すの, 追われて, 離れました, 飛出して

2 [26件] たずねること, もつて, 出たの, 出でて, 失ったの, 忘れて, 思いながら, 思う心, 恋しがっ, 慕うの, 持たぬ, 持って, 捨てさせたの, 棄てて, 立ちいづる前, 見ない, 見ること, 退いて, 逃げて, 逃げ出すべき二人, 離れたころ, 離れたの, 離れた人, 離れてから, 離れる, 飛び出して

1 [344件] あんなに恐れ, いみじくも偲ばせる, おなじくした, おもい父, おもうと, おもう気持, おもつ, お思い, かのあたり, きくでも, きらって, くれたがった, こいしく思った, この都, こんどは, さぐりあてる純粋, さして去らん, さして帰る, さして旅立った, さまよい出, しのびながら, すてすでに, その扮装, ちっとも愛し, どうして見すてる, ながめて, なつかしがる, なつかしく偲ぶ, のがれいで, はなれきて, はなれない決心, はなれ大きく, はるばると, ひきはらい上京, ひき払って, ほめるから, みなは, もう一度訪ねた, もたない男, もたない私達親子三人, もたぬよう, もちながら, もつ人, よく知る, わしだ, アーンテレッケンする, オルフォイス的な, チラと, 主家の, 二十八九の, 二十年も, 二千里なり, 何れの, 何千里は, 何百里も, 偲ぶごとき面持, 偲ぶたぐひなるべし, 出たその, 出た少年, 出た左門, 出た彼, 出てからという, 出でし時, 出でたつて, 出なければ, 出ました, 出ますとき, 出るとき, 出る時お互い別れ, 出る雄志, 出奔した, 出奔する, 出発した, 出立し, 出立する, 出退くほか, 出際, 去った若者, 去つた, 去つて, 去つて上京, 去りて, 去りてこ, 去り他, 去り基督教, 去り残されたいち, 去ること餘, 去るに, 去るの, 友と, 友を, 同くし, 同じくし, 否定する, 告げ知らせる, 呪って, 呪ひ, 喪失する, 回らずして, 回想する, 回顧する, 国際的に, 夢に, 夢む, 失いつつ, 失ったからには, 失った文学, 失つた人間, 奪った, 奪われて, 委せようと, 安住の, 尋, 強ゆる如し, 後に東洋, 後に立, 忍ぶたつき, 忘れた悲哀, 忘れないから, 忘れぬもの, 忘れ得なかった, 念がけて, 思いだして, 思い出させた, 思い出させるよう, 思い出したばかり, 思い出した老人, 思い出しては, 思い出し客, 思い出すなあ, 思い出すの, 思い出す時, 思い泛, 思い親, 思う, 思うと, 思う涙, 思えば, 思って, 思つてた, 思はなかつたの, 思ひて, 思ひ先祖代々, 思ひ起すな, 思ひ起すの, 思ふ, 思ふが, 思ふ故郷, 思わざら, 思わないこと, 思念する, 思慕し, 思慕する, 恋うて, 恋うる, 恋う心, 恋しが, 恋しがられる, 恋しく思いました, 恋しく思わない, 悉しく調べ, 意味する, 愛しすぎて, 愛して, 愛するため, 感じて, 感ずるの, 慕う様子, 慕って, 慕つた, 慕ふ, 憧憬し, 憶う, 懐いあるいは, 懐いもしくは, 懐い時には, 懐う, 懐うて死ぬべく覚えた, 懐えり, 懐しむ, 懷しく思ひ出し, 戀し, 戀ふる, 手元へ, 持たないこと, 持たない人たち, 持たない人間, 持たない浦島, 持たぬ幾人, 持たぬ訛り, 持つて, 持つ人達, 持つ誰, 振すてけるより, 振り捨てて, 捨つ, 捨てさせたもの, 捨てたの, 捨てた日, 捨て他国, 捨て南京, 捨て朝暮歎, 探しあぐねた放浪, 救うため, 散り出て, 日出る, 有た, 望み得たよう, 望み見ながら, 望んで, 案じ母, 棄てるべく決意, 次第に我々, 欣求する, 求める必要, 求める旅, 求める現実, 流れて, 海の, 無断で, 熱愛する, 特別に, 獲得する, 発ったの, 発つと, 目前に, 省みなかつた時分, 眺める感傷, 眼に, 眼の, 知らなかったの, 知りたい心, 破滅から, 私の, 立ち出たの, 立ち出づる前, 立ち出でて, 立ち去らなければ, 立ち去り広い, 立ち貨物船, 立ち退いた今, 立ち退いて, 立ち退くより, 立った頃, 立って, 立つとき, 立出しなりと, 立去る気, 立退いて, 立退かせるよう, 聯想させる, 胸に, 脱出し, 脱走する, 落ちて, 裏切って, 見きわめたよう, 見た, 見たいという, 見たかった, 見たと, 見なかった, 見なん, 見ぬ, 見ようと, 見るだろうが, 見る機会, 見ろ, 見付けた氣持, 見出して, 見出すこと, 見出す程, 見失つて, 見捨, 見捨てた, 見捨てて, 見捨てるの, 見遙, 見限って, 言った, 訪うより, 訪づれた, 訪ねようと, 訪れた, 訪れたきり, 訪れたこと, 訪れたやう, 訪れる時, 誇りたい気持, 認め得ずして, 談じ, 護るわれわれ, 跡に, 載せたとき, 辞せん, 追はれた, 追ひ出された, 追われたこと, 追われたものの, 追われた重吉, 追われ流れ, 追放せられ, 退転する, 逃げたの, 逃げ出し隣県, 逐電しなけれ, 造って, 遠くは, 遠く幾千カイリこの, 遠く隔てたる, 遠く離れ, 遠く離れた, 遠ざかった世間, 遠のくよう, 避けて, 離る, 離るる, 離れしも, 離れた, 離れたが, 離れた切り, 離れた生活, 離れては, 離れても, 離れまして, 離れること, 離れると, 離れるも, 離れる事, 離れる時人, 離れる気, 離れる決心, 離れる青年, 離れ八月二日, 離れ南支, 離れ文筆, 離れ父, 離れ療養所, 顧みずには, 顧み慕, 飛びだして, 飛びだすとき, 飛び出してから, 飛出した頃

▼ 故郷~ (182, 3.9%)

4 ない 3 何処だ

2 [12件] ここから, もともとこんな, 上州の, 山形の, 岩手県の, 恋しい, 日の, 朝凍, 河内の, 瀬戸内海の, 肥後の, 赤楊の

1 [151件] あの山, あの甲州, ありがたい, ありません, ある, いいよ, いかにともあれ, いつくなるかと, いつの間にか遙, いつまでも, うつり変っても, お伽噺の, お銀様, こ, ここの, このすぐ, この港町, この醜, こんなもの, そういうこと, そういう世界, そう遠方, そのよう, それぞれに, それ程までに, たしか周防, だんだん遠く, とうてい捨てきれない, どこか, どこだ, どこであった, どこな, どちらだろう, なつかしいそして, なほかなたに, なれた彼等, なれて, べつだん変っ, また艦載機, まだこんな, まるきりこんな, まるでこんな, もう東京以外, もっと佳い, よい所, イギリスの, イムプロス, インスピレーションなり, ズット南の, ズツト南の, ドイツに, ブッジェーアと, ミンスク附近の, ワルシャワの, 一家団欒の, 下野安蘇郡の, 中國山脈, 中央欧羅巴の, 之れ, 二萬石の, 今日も, 今際限も, 伊勢の, 何うし, 何という, 何処か, 何処だつた, 何處だ, 何處です, 信州下伊那天竜川に, 信州角間村である, 信州諏訪八ヶ嶽が, 出羽の, 判らないが, 勘當され, 勿論の, 北海道札幌市で, 厭だ, 因幡である, 地方である, 外に, 夢に, 天国でも, 太陽である, 奥州の, 寒いん, 山も, 山上である, 山川遠く, 常陸の, 広島あたしには, 廃墟わが家に, 当時田原村辻川といった, 忘じ, 恋しきもの, 恋しくとても, 愛知川の, 捨てにくい, 揚子江岸に, 敦賀の, 日向國の, 日本最大の, 早くから雑多, 早婚の, 昔と, 朝鮮にも, 本州の, 東, 某の, 柑橘類に, 栃木と, 楠の, 楠樹の, 機械の, 此処では, 海から, 消え殘, 無いに, 然まで, 熊本と, 甲府市である, 皆死絶え, 相当懐しい, 知られて, 知れて, 石狩川の, 筑後の, 羅馬, 美人系だ, 自分を, 自然の, 興教大師の, 英吉利では, 荒れまさるとも, 蔵王山の, 蠅まで, 遠い所, 遠きに, 遠くから, 遠国な, 遠州掛川在, 遼東に, 野営であっ, 長岡藩の, 長野から, 阿波な, 雪かも, 霞ヶ浦に, 静寂の, 靜岡の, 麻布の

▼ 故郷~ (93, 2.0%)

4 ある, 恋しくなった 3 あるでは, 恋しくなりました 2 あって, どこだ, 恋しいだろう, 戀しい, 産むの, 詳らかに

1 [67件] あつた, あの大, あらう, あります, あり村, あり生業, あり老いては, あるから, あると, あるとなあ, いやに, こいしい, ここである, その方向, その村, それほど懐かしかっ, だんだんに, ちがう以上, ちらついて, どこに, ない, ないの, なず, なつかしいの, なつかしい気, やはりその, 一しほ, 一つで, 一番いい, 不明に, 世界の, 何処に, 偲ばれて, 同じと, 在ると, 外国であり, 如何に, 存在する, 山と, 峡南の, 幾つも, 彼の, 思われ孤独, 恋しいので, 恋しい母サン, 恋しかった, 恋しくて, 慕われたの, 懐かしいとか, 懐かしいま, 懐しくなり, 懐はれる, 故郷として, 救ひた, 本来は, 東京な, 東京市でありましたなら, 無いの, 現れるの, 甚だ遠く, 自分を, 見えると, 見える故郷, 見られたので, 覗けます, 近いだけに, 違つてゐる

▼ 故郷から~ (70, 1.5%)

6 出て 4 離れて 3 送って 2 引返して, 消え去って

1 [53件] この土地, さまよい出ると, だんだん遠く, のを, ひろびろと, リュックに, 三里ばかり, 両親や, 五里は, 仕送る父兄達, 何から, 來た, 來たらしい, 兄の, 全く絶縁, 去らせたという, 取り寄せた勧業銀行, 呼寄せ二人, 善を, 女房が, 客が, 引は, 引取られ, 御上京, 戸籍謄本を, 手紙を, 持って, 持参した, 支那里數で, 日本に, 日本の, 来た友達, 来て, 東京まで, 熊本に, 石田が, 私たち二人を, 私を, 老父が, 西へ, 親にも, 親戚の, 親類の, 贈って, 迎える頃, 追ったの, 追われ学問, 連れて, 遠く去っ, 遠く離れ, 長兄が, 離れこの, 離れる事

▼ 故郷~ (69, 1.5%)

2 いえば, する, その小, 云うもの, 偕に, 全く同じ, 思ふ樣, 月答ふ

1 [53件] あって, いって, いっては, いっても, いへば, いわれる丸畑, うなづけど, かねて承っ, したこれら同業, しついに, して, しなければ, し子供, し書物, し死, するであろう, するよう, する堀口, する太田君, する狩尾君, する者, なったこの, なって, なつかしがる, なりぬ, なるもの, なれア, のんきに, ぶらついた末, マルグヴェンを, 他郷そこには, 反対の, 同じくらい, 名づけるところ, 呼ばまし然, 呼ぶが, 呼ぶに, 幼年時代の, 思う人, 思って, 思ふ, 思われましたよし, 懐しい, 有明月何の, 札幌, 殆ど縁, 然も, 申上げたら, 私の, 縁を, 言えば, 近親の, 頼みやがて

▼ 故郷~ (63, 1.4%)

3 あつた 2 あつて, 待って, 教鞭を, 育つの

1 [52件] おひさ, このあいだ, その家, たべた焼米, なめて, はたらく両親, ほんとうに, みんなと, もとからの, 一生を, 一面識が, 亡くした母, 亡くなり私, 今しばらく病, 代々医者であった, 住むこと, 何を, 修業しなはれ, 僅かな, 僕の, 別れたぎりしばらく末, 前年はじめて, 大工を, 実務に, 容れられた, 弁護士を, 待つて, 御岳講の, 心に, 採集し, 昔先夫の, 暗く波, 暮したいの, 暮して, 死にたい, 死ぬの, 死んだほう, 死んで, 狭い圏, 知って, 絶滅し, 義理の, 聞える, 血を, 行われた後, 行われる祝典, 見せつけられて, 覚えて, 詐欺紳士として, 追剥ぎなどしていやがったな, 造り酒屋を, 静かに

▼ 故郷では~ (59, 1.3%)

5 ない 2 ありません, 盆と

1 [50件] あるが, あるけれど, いくぶんか, いまごろ空, かう云, これを, こんないい, さう, ついに聴いた, どんなに嘆く, ないか, ないけれども, ない海, ない育った, ない陸, なく勝子, ひどい目, むろんの, よく, イイダコは, ココチンとも, 一家から, 上流の, 今頃漸く, 俎板へ, 傑作が, 夏の, 嬰児の, 少なくとも万事, 山野の, 弟が, 弟の, 当時斯様な, 影膳を, 彼女が, 御子と, 惣菜に, 未婚の, 梟の, 樂しい, 母親は, 波うちぎわ, 特筆すべき, 皆が, 目上の, 私の, 窮極の, 自分が, 荒井川と, 銭という

▼ 故郷という~ (40, 0.9%)

6 ものが, ものは 4 ものを 3 のは, ものの 2 ものに, 観念を

1 [14件] ことだ, ところで, ところは, ところへ, のが, ものについて, ものについての, ものも, ような, わけで, 感銘が, 概念そういう, 気の, 言葉に

▼ 故郷には~ (36, 0.8%)

2 山が

1 [34件] いいところ, いないよう, お母さんが, この川, これに, その萌芽, だれも, まだ小, もう家, もしやニーラ, アリアン人種の, ヤクが, 一里程離れた, 今なお, 入った情報, 其微光すら, 医者の, 名状すべからざる, 夏に, 届けて, 帰って, 年とった, 弟の, 息子の, 次兄の, 残して, 無かつ, 父母同様の, 老いて, 至上の, 船頭や, 蚊帳を, 西南の, 貴ばれぬ豫言者

▼ 故郷~ (33, 0.7%)

2 ない私, 妻子も, 捨てたぞ

1 [27件] あつた, あれば, かくは, ない, やはり今, 何にもねえ, 何も, 友人も, 同じ月日, 同前ぢ, 同様であり, 同様の, 同然の, 変らないし, 大きく育っ, 家も, 後悔も, 摂津に, 昔ながらの, 無くなった, 無く息, 然し新鮮, 生れた家, 筑前だ, 茨だった, 行過ぎつ, 郷愁も

▼ 故郷である~ (30, 0.6%)

1 [30件] かの樣, がここ, がどこ, が故に, そこの, ところの, のか, のだ, のにあの, よその, 伊勢古市の, 北海道の, 南陽出身の, 叡山に, 安房の, 山の, 帯広へ, 新潟の, 日本を, 東上州の, 東京の, 海中生活に, 異国者の, 第一, 紀州の, 自然科学の, 若い人, 酒は, 静岡の, 駿河の

▼ 故郷への~ (26, 0.6%)

2 土産に, 手紙は, 手紙を, 旅を

1 [18件] あこがれは, むかしの, クリスマス, 仕送りも, 便りを, 信音, 切符を, 初興行, 土産の, 帰心は, 帰還の, 往復に, 思慕の, 旅人の, 未練は, 絵葉書を, 郷愁と, 面目は

▼ 故郷~ (24, 0.5%)

2 といふ

1 [22件] からです, からと思っ, からと言っ, ぜ, つて山や, と, という四国, という甲州, という越中方面, とか生立ち, とすれ, と思えない, と思われ, と教え, と発見, と聞かされ, と言, などと思っ, な道理, 一草一木一石にも, 佐々成政の, 修学旅行地として

▼ 故郷なる~ (22, 0.5%)

3 母を

1 [19件] か故郷, に樣, マドーラの, 丹後の, 伊予の, 何を, 備中連島へ, 岐阜へ, 旧友の, 東邦の, 某の, 沼地で, 父母に, 父母の, 福井で, 紀州に, 老母の, 足利町は, 金沢卯辰山の

▼ 故郷~ (22, 0.5%)

2 家の, 肉親の

1 [18件] さかいぐあひ, 両親の, 今日し, 友だちへ, 友人たちに, 妻の, 子供を, 家と, 家を, 寒さの, 属籍を, 旧友の, 東京を, 知己へ, 祖先を, 臍の緒に, 親や, 軍隊の

▼ 故郷へは~ (21, 0.5%)

2 帰らずに

1 [19件] ここから, 二百里近くも, 何日帰れる, 帰らざる旅, 帰らない終ったところ, 帰りませんでした, 帰ること, 帰るまいと, 帰れず, 帰れない, 帰れないと, 帰れません, 帰れませんよ, 戻らぬと, 明かに, 歸らない, 立ち寄るなと, 送金しよう, 錦を

▼ 故郷とは~ (16, 0.3%)

1 [16件] いえないと, いえ未知, いえ肉親, いえ若い, いえ諸事珍, いひながら, どこまで, 云ふも, 其五十戸ばかりの, 始終便を, 惨酷, 懐しいもの, 消息を, 私の, 距離では, 違って

▼ 故郷からの~ (15, 0.3%)

2 手紙を

1 [13件] いちばん親しい, たよりを, 仕送りが, 仕送りの, 仕送りも, 便り, 便りや, 手紙だ, 手紙だったら, 書信を, 送金は, 電報を, 音信で

▼ 故郷~ (15, 0.3%)

4 んだ 2 のである, のでございます, のです 1 のだ, ので, のであっ, のよ, んでせう

▼ 故郷~ (14, 0.3%)

8 じ難し 3 じ難く 1 じが, じがたく, じ難かろ

▼ 故郷として~ (13, 0.3%)

1 [13件] おられる谷崎氏, こちらが, この人間, その功名, はた其事業, 何となく回顧風, 僕の, 充分の, 名の, 帰る七人, 徳島に, 思いうかべる心持, 慕わしいが

▼ 故郷でも~ (10, 0.2%)

1 あの月, ある, あるよう, ないそれら, ないのに, もう出, やはり懐かしい, 今は, 何でも, 広い天下

▼ 故郷にて~ (10, 0.2%)

3 ありしこと, 作れる詩 1 保則様十一月二十三日の, 冬を, 喜ばるること, 朽つる我にては

▼ 故郷との~ (8, 0.2%)

1 つながりを, 完全なる, 往復も, 距離は, 間を, 隔りの, 音信も, 音信を

▼ 故郷よりの~ (8, 0.2%)

3 便りに, 文なりや 1 たよりよ, 音信に

▼ 故郷上州~ (8, 0.2%)

2 は有名 1 では蚯蚓, で唄, にはこうした, の平野, の水, へ転住帰農

▼ 故郷~ (8, 0.2%)

1 でもえらい, に不孝, に対してもここ, のこと, の事情, へお, へ捨てた, を追われた

▼ 故郷からは~ (7, 0.2%)

1 すでに遠く, それから, もう早く, ユウジェニイが, 其から, 恐ろしいほど, 月々極めて

▼ 故郷です~ (7, 0.2%)

2 から 1 か, からここ, からびっくり, と云う, ね

▼ 故郷にも~ (7, 0.2%)

1 おなじ名の, つながりを, 名山古跡は, 帰って, 帰れるし, 待って, 赤い旗

▼ 故郷まで~ (7, 0.2%)

2 一百三十里 1 まことに苦しい, 持出して, 行って, 送りとどける, 連れて

▼ 故郷たる~ (6, 0.1%)

1 ヒダへ, 東京の, 東京市の, 海外の, 町内を, 異国から

▼ 故郷といふ~ (6, 0.1%)

1 のは, のを, もの, ものの, 根津村へも, 課題で

▼ 故郷に対して~ (6, 0.1%)

1 たちきること, 一歩一歩と, 何の, 勉めても, 殆ん, 礼を

▼ 故郷に対する~ (6, 0.1%)

1 ノスタルジヤに, 叛逆であろう, 愛着の, 愛着を, 私の, 追懐であり

▼ 故郷~ (6, 0.1%)

1 が小さな, とか幼, にいはれ, に対する親, に方様, も月

▼ 故郷~ (5, 0.1%)

2 ひし 1 ひしいつく, ひしいつくつくぼうし, ひしく

▼ 故郷であり~ (5, 0.1%)

1 そこの, そして私, ながらフツフツ故郷, ながら上州, 慈母の

▼ 故郷での~ (5, 0.1%)

1 昔の, 暮しに, 生活, 親友だった, 逸品である

▼ 故郷なれ~ (5, 0.1%)

3 ばこそ年々 1 ばこそこれ, ば可

▼ 故郷における~ (5, 0.1%)

1 余地の, 幼時の, 最も春, 生活の, 私の

▼ 故郷へと~ (5, 0.1%)

1 一団に, 歸る, 送つたので, 進んで, 馳せ帰って

▼ 故郷へも~ (5, 0.1%)

1 ゆくこと, 官の, 帰れず子, 帰れは, 戻られないので

▼ 故郷より~ (5, 0.1%)

1 二人は, 取寄せんこと, 手紙が, 手紙来る, 聞き得し何

▼ 故郷ボヘミア~ (5, 0.1%)

1 に対するやるせなき, に帰った, に思い, のもの, を偲ん

▼ 故郷とも~ (4, 0.1%)

1 いふべき土地, 云うべきもの, 言ふべき, 近くな

▼ 故郷にか~ (4, 0.1%)

3 へらば 1 へる思ひあり

▼ 故郷へでも~ (4, 0.1%)

1 帰ったよう, 帰った心地, 帰って, 歸つた

▼ 故郷をも~ (4, 0.1%)

1 からだの, 信長に, 失つた彼を, 慕いましよう

▼ 故郷二上山~ (4, 0.1%)

4 の麓

▼ 故郷かと~ (3, 0.1%)

1 いえば, おもうと, 煮えくり返る自問自答

▼ 故郷でなく~ (3, 0.1%)

1 つても, て自然的故郷, 普通の

▼ 故郷でなけれ~ (3, 0.1%)

2 ば此處 1 ば此処

▼ 故郷なんて~ (3, 0.1%)

1 ものは, 甘つたれた, 糞食らえ

▼ 故郷について~ (3, 0.1%)

1 いったいどの, みんなが, 物を

▼ 故郷もと~ (3, 0.1%)

1 には母, の母, を出

▼ 故郷以外~ (3, 0.1%)

1 の二三ヶ国, の二三个国, の土地

▼ 故郷恋し~ (3, 0.1%)

1 さに, で平戸, の一念

▼ 故郷遠き~ (3, 0.1%)

2 ものお 1 草枕

▼ 故郷~ (2, 0.0%)

1 これが, 旅先か

▼ 故郷そのもの~ (2, 0.0%)

1 の感じ, までが亡くなつた

▼ 故郷~ (2, 0.0%)

1 や, やない

▼ 故郷であっ~ (2, 0.0%)

1 てみりゃ, てフルサト

▼ 故郷といった~ (2, 0.0%)

1 ような, 感じに

▼ 故郷とでも~ (2, 0.0%)

1 いはうか, いふならば

▼ 故郷とを~ (2, 0.0%)

1 繰返した, 記入し

▼ 故郷なき~ (2, 0.0%)

1 一家と, 工藝は

▼ 故郷なつかしく~ (2, 0.0%)

1 大阪に, 袖を

▼ 故郷なりと~ (2, 0.0%)

1 します今, 叫びぬ

▼ 故郷において~ (2, 0.0%)

1 二三の, 私の

▼ 故郷にかへ~ (2, 0.0%)

1 つた時, つてから

▼ 故郷にだけ~ (2, 0.0%)

1 なって, 人生が

▼ 故郷はと~ (2, 0.0%)

1 一目見る, 問は

▼ 故郷へかへ~ (2, 0.0%)

1 つて半年なりと, れる

▼ 故郷までは~ (2, 0.0%)

1 人力車が, 長い道のり

▼ 故郷よりも~ (2, 0.0%)

1 ずっと気楽, 多く妻子眷属

▼ 故郷をさえ~ (2, 0.0%)

2 棄てて

▼ 故郷スコットランド~ (2, 0.0%)

1 の高地人, をさす

▼ 故郷三河~ (2, 0.0%)

1 の一色村, の細川村

▼ 故郷丸畑~ (2, 0.0%)

1 の永寿庵, へ入らせました

▼ 故郷丹波~ (2, 0.0%)

1 の国なにがし, の國なにがし

▼ 故郷仙臺~ (2, 0.0%)

1 から早く, にある

▼ 故郷入り~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 故郷八幡村~ (2, 0.0%)

1 から日下部, へ

▼ 故郷奥利根川~ (2, 0.0%)

1 の鰍, へ注ぐ

▼ 故郷宋家村~ (2, 0.0%)

1 の村ぐち, の近く

▼ 故郷懐かしく~ (2, 0.0%)

1 実は去年, 此の

▼ 故郷故郷~ (2, 0.0%)

1 となつかし, 早有

▼ 故郷~ (2, 0.0%)

2 深し行

▼ 故郷見物~ (2, 0.0%)

2 がてら来

▼ 故郷辻川~ (2, 0.0%)

1 では呼び, にはニジュウソ

▼ 故郷近く~ (2, 0.0%)

1 なつて, のこの

▼ 故郷近江~ (2, 0.0%)

1 に帰臥, の国

▼ 故郷遠く~ (2, 0.0%)

1 なりぬらん, 來て

▼ 故郷離れ~ (2, 0.0%)

1 がたく, てトロイア

▼1* [192件]

故郷つての, 故郷ありと思う, 故郷いかに恋しかる, 故郷いまわりでは季節, 故郷からも金が, 故郷ぐらい美人の, 故郷こそ我に対して, 故郷すら他国である, 故郷だけです, 故郷だった時代の, 故郷だって誰も, 故郷ちかくの漁村, 故郷であったがゆえに, 故郷であり見たことも, 故郷でしたやうに, 故郷でという気持から, 故郷でない辺鄙な, 故郷でなくなった故郷の, 故郷といつてもい, 故郷とぞやがてた, 故郷となさばわが, 故郷とに於ける自分, 故郷なかりせばもし, 故郷なしには生きられない, 故郷なつかしの情, 故郷なつかしいことにか, 故郷などいふもの, 故郷などとはちが, 故郷などにてはこのつめ物, 故郷などを根掘り, 故郷ならざりしがゆえに, 故郷ならず滿目奮山川眺むる我も, 故郷ならぬを奈何, 故郷なり我が想思, 故郷なんぞに安息の, 故郷なんぞへ帰って, 故郷においても東京においても, 故郷にだって芋は, 故郷にては聖母をも, 故郷にでもいるよう, 故郷にのみ引かれぬも, 故郷にはをれしめへんがな, 故郷に関する歴史的および, 故郷あそこの, 故郷はるかに打ち, 故郷びとも門松を立つ, 故郷へかへりたいと, 故郷へこそは歸りけれ, 故郷へとのみいひ触らして, 故郷へなんぞ帰られると, 故郷ほど肌ざわりの滑らかな, 故郷ほどには面白そう, 故郷ほんとうの人間, 故郷めの, 故郷までの全旅程, 故郷までも東京までも, 故郷みたような, 故郷なつかしき自然, 故郷よりは雪の, 故郷らしい処は, 故郷をはなれ, 故郷アフリカに対する血, 故郷アルモノグイに着いた, 故郷イスパニアの事, 故郷カタロニアの歌調, 故郷ザルツブルクの大僧正, 故郷セーラムの静か, 故郷ダカラ好キデス, 故郷チフリースまで立派, 故郷貧乏漁夫デ, 故郷ドイツの天地, 故郷ナザレにも来, 故郷ニアリテ未ダ取得スル時期ニ達セザル國民權, 故郷ニライもしくはニルヤ, 故郷ニージュニを出, 故郷ニージュニ・ノヴゴロドに立てられた, 故郷ニ残シテ遠ク海外ニ渡航シ, 故郷ハンガリーの舞踏曲, 故郷フランクフルトで旅廻り, 故郷ヘルジンギヨオルからスウェエデン, 故郷リュキエーに送る, 故郷三宅島へ帰った, 故郷下総の豊田郷, 故郷世良田いらいの, 故郷中国へ帰つて, 故郷中村の隣村, 故郷中津に学校, 故郷九州に旅立ち, 故郷亜洲あるのみ, 故郷京師に音信, 故郷京都何処へ行かう, 故郷今夜は千里, 故郷仕事をはなれたがっ, 故郷仙台に銀行員, 故郷伊勢の国, 故郷伊太利のはなし, 故郷伊賀からの途中, 故郷佐賀県の田舎, 故郷信濃の国, 故郷がこの世, 故郷八ヶ嶽へは帰る, 故郷八幡村あたりは二尺, 故郷出るとき, 故郷出雲崎から少し, 故郷函館の濱, 故郷前橋の町, 故郷即ち私の, 故郷わが家妻又, 故郷唐津にて三々九度, 故郷四国へ赴く, 故郷地南球到処, 故郷を尋ね, 故郷塚伊賀越の敵討, 故郷大和国葛城を望む, 故郷天国なの, 故郷子供のころ, 故郷宮市は花御子祭, 故郷富山に向つた, 故郷岡山を出, 故郷岩井村にては親, 故郷広島のさる, 故郷当然どこの, 故郷がつい, 故郷心もとなく候程に, 故郷忘し難しとは, 故郷うる旅人, 故郷恋いの念, 故郷恋しいというよう, 故郷恋しく涙に, 故郷懐しゅうございましょう故郷忘, 故郷懷かしと思ふ, 故郷しさ, 故郷我等が母校, 故郷播州で言ふさかい, 故郷有巨弾待, 故郷東上州から眺め, 故郷東京を忘れさせ, 故郷枕香の里, 故郷の地, 故郷柳川は水郷, 故郷柳生の郷, 故郷栗原山の山中, 故郷栢山村を中心, 故郷楼桑村の茅屋, 故郷武州埼玉郡羽生村まで二人, 故郷水沢横町の山崎杢左衛門, 故郷汝南に帰っ, 故郷江州日野町の某, 故郷沂州沂水県へと野太刀一本, 故郷沂水県は目, 故郷洛陽付近で象, 故郷浜坂に下車, 故郷浮動的な追憶的, 故郷淡路に關, 故郷深川へと舞戻る, 故郷淺草を背景, 故郷漸く近くし, 故郷熊取村には三女, 故郷熊本へ帰る, 故郷熱海を後, 故郷猿ヶ京の親達, 故郷田原の西, 故郷百丈村にもはや, 故郷懐しきもの, 故郷粕谷は上, 故郷羅馬カピトルの丘, 故郷美作の国, 故郷美濃へお, 故郷羽州最上川の岸, 故郷肉縁の肉縁, 故郷自分は故郷, 故郷自由の国アメリカ, 故郷花巻のはづれや, 故郷初雁, 故郷薊州へさして, 故郷では始終, 故郷をれ, 故郷に比べ, 故郷訛りは争えねえ, 故郷からの相識, 故郷豊橋へはもう, 故郷近く車で来る, 故郷鎌倉での幼馴染, 故郷附近には感冒, 故郷陸中水沢の, 故郷鞍馬山の翠巒, 故郷飛騨の古川地方, 故郷飯田に行った, 故郷飾錦伊達織, 故郷高知縣には明治二十年以來五年課程, 故郷鳥取へ私, 故郷鹿児島へ上陸