青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「気~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

氏~ ~民 民~ 民主~ ~民族 民族~ ~民衆 民衆~ 民間~ ~気
気~
~気がつい 気がつい~ ~気がついた 気がついた~ ~気の毒 気の毒~ ~気もち 気もち~ ~気分 気分~

「気~」 74495, 805ppm, 107位

▼ 気~ (28162, 37.8%)

3811 した 3379 して 2372 する 758 するの 560 つくと 424 しました 420 します 345 したの 271 変に 226 付いて 206 ついて 184 するん 159 したが 152 したので 107 気では, 遠くなる 104 つかなかった 103 気でない 102 するので 100 するが 97 利いて, 遠くなっ 96 附いて 95 付くと 94 いたします 93 つきました 83 すると 80 しない 77 注いて, 狂って 76 立って 75 つかずに, 付いた 73 するよ 69 つかなかったの 68 したから 67 気でなかった 66 しないでも 64 つきませんでした 63 しなかった 62 変って 60 ついた 59 楽に 58 附いた 57 するわ 52 したん 51 するから 50 したもの, するね 48 遠くなった 46 注いた, 遠くなり 45 気でなく 44 つかないで, つきません, 滅入って 43 狂ったの 42 つかない, 気じゃ 40 されて, したり, すること, するもの, 致します 39 し出した 38 咎めて 37 ひけて 36 付いたの 35 きいて, しますね, 狂いそう 34 つかないの 33 あるの 32 したと, しながら, するだけ, 違って 31 へんに, 附くと 30 いたしました, しますよ 29 すまない 28 された, なかった, 急いて 27 あって, しないの, なさそう, 狂ったよう 26 するし, つく, 合って 25 付いた時, 引けて, 弱くて, 張って 24 注か, 済まない, 知れない 23 したし, しますわ, 抜けて 22 するな, 向くと 21 ある, しだした, しますの, するのよ, 向けば, 済まなかった 20 しただけ, しましたが, ふさいで, 弱くなっ, 注く, 進まなかった 19 あれば, せいて, つかないよう, ゆるんで, 変な, 着いて, 致しました, 顛倒し 18 しますが, するほど, 付いたよう, 済まないの 17 つかなかったが, なくなって 16 かわって, さして, するという, ついたの, とがめて, ないの, 抜けたよう, 荒くなっ, 軽くなった, 違ったの 15 あった, さして来た, すまないの, ついた時, つくの, 沈んで, 起って, 附かずに

14 [15件] おつきに, したよ, すまなかった, するけれど, つきませんでしたが, とおくなっ, ふれて, 変った, 変わって, 強くなっ, 強くなった, 散って, 早い, 起った, 附きました

13 [12件] しなかったの, しまして, しますから, つかなかったん, つくまい, ない, 変だ, 楽だ, 注いたやう, 着いた, 落ちついて, 転倒し

12 [12件] いらいらし, したこと, しないでは, しましたので, すゝま, つきますと, ひけた, 咎めた, 弱くなった, 狂ったか, 遠くなりかけた, 附いたの

11 [30件] あるん, さした, したもん, しなかつた, しましたよ, しません, するくらい, するだろう, するもん, ちがったの, ちがって, ついたとき, つかなかつた, どうかし, 付いたが, 付いたこと, 付く, 咎める, 差して, 弱い, 挫けて, 揉めて, 気でありません, 気でなかつた, 立つて, 違ったよう, 重い, 重かった, 重くなっ, 附く

10 [26件] したそう, しないで, するでは, する事, たって, ついたか, ついたよう, つかなかったか, つかなければ, つき, ないので, なくて, みなぎって, めいって, 大きくなっ, 折れて, 楽です, 注いたよう, 滅入った, 滅入る, 狂ったと, 致しますの, 進まないので, 進まなかったの, 遠くなりました, 附かない

9 [24件] いたしまする, したけれども, しだして, するじゃ, する時, せぬでも, つかないん, つきましたか, つきませんでしたよ, ないと, ぬけたよう, 入って, 出て, 利かない, 咎めるよう, 強い, 晴れて, 滅入つて, 漂って, 狂ったん, 着くと, 落着か, 軽くなっ, 重くなる

8 [34件] あるか, いたして, さすの, しないと, しなくなった, しましてね, するか, するけれども, するぞ, するばかり, するよう, つかなん, つくこと, つく筈, つけば, なければ, ひけるの, むらむらと, 乗って, 付いたか, 付いたと, 付けば, 咎めるので, 少し変, 弱いから, 弱って, 狂った, 狂ふ, 狂れて, 紛れて, 進まなかったが, 違ったん, 遠くな, 附かないで

7 [40件] あるから, あると, いたしまして, いたしますの, さしたと, される, したほど, してね, しても, し出して, すすまなかった, すまないと, するかも, するであろう, するのに, する程, たかぶって, ちがったよう, とおくなり, ぬけて, ゆるんだせい, 付いたやう, 安まる, 強かった, 楽だった, 気ぢや, 気でありませんでした, 済まないと, 済まないよう, 短いから, 私に, 致しまして, 落付い, 起らなかった, 軽くなる, 進んで, 遠くなりかけ, 附かなかった, 鬱いで, 鬱して

6 [63件] あったの, あるので, おかしくなった, おちついて, したけれど, したわ, しながらも, しますけれど, しませんか, し出したの, すすまないの, すまないという, すまないので, すまないよう, するぜ, するその, するでしょう, するなあ, ついたこと, ついても, つかないが, つかなかったと, つかなかったろう, つきそう, つくよう, つく者, どこか, ないから, ないん, なくなった, ふれたよう, まぎれて, もめて, もめる, 付いても, 利かないと, 向いた時, 小さくて, 引けた, 引ける, 弛んで, 弱かった, 強いの, 強くなり, 強くなる, 急くので, 揃って, 気で, 注いたので, 済まないから, 済まないので, 済まぬ, 済まぬの, 湧いて, 知れないと, 短かい, 短かく, 籠って, 落着い, 起る, 進まない, 進まないの, 違いそう

5 [88件] あったが, あっても, いたしますので, いたしますわ, いたすの, きかない, くさくさし, くさくさする, くじけて, くるいそう, くるって, さすので, されるの, し, したね, したのよ, しなくて, しなくなりました, しはじめた, しましたから, しませんでした, しみじみと, すまぬの, するだけで, すると共に, するに, するわね, つかないうち, つかなかったけれど, つかなかつたの, つきませんが, つきませんでしたわ, つくが, つくであろう, つくもの, ないでも, なさ, のらない, ひける, ひけるが, ふれたの, むしゃくしゃし, らくになった, ボーッと, 乗らない, 付いた様, 付かずに, 先に, 勇んで, 動いて, 合うの, 向かない, 咎めるの, 変で, 大きくなり, 安ま, 小さいから, 弱いの, 弱そう, 強くて, 彼の, 抜ける, 晴れ晴れと, 楽な, 済まないという, 済むの, 滅入るよう, 狂うほど, 着いたが, 着かなん, 知れなかった, 知れねえ, 短い, 短くなっ, 短け, 確かに, 私には, 置けて, 落付か, 落着く, 転倒した, 軽くなり, 進まないよう, 遠くなつ, 重くて, 附いたので, 附いた時, 附かなかったの

4 [141件] あそばされて, あつた, あつて, ありません, いたしますが, おけなくて, きざして, こみ上げて, さしたの, さしてきた, さすよう, しそう, したか, したくらい, したという, したに, したらしかつ, した時, してなあ, してよ, しないから, しないこと, しないわけ, しなかったから, しなくなって, しましたわ, しますのよ, しますもの, しまた, しまって, し私, すまぬ, すまぬと, すむの, すむよう, すむん, すめば, するからね, するがなあ, するそれ, するため, するだろうと, するで, するであろうと, するんで, する一方, する位, せいせいし, せいせいする, せいた, せくの, せず, せずには, そわそわし, ちがいそう, ついたから, ついたが, ついたん, つかなかったもの, つかなかったよ, つかなかったわ, つきましたの, つきましたので, つくはず, つまって, つよい, とがめるから, とられて, まえを, むくと, もめるん, よくて, 付いたから, 付いたとき, 付いたん, 付いた様子, 付きませんでした, 付くの, 付くわけ, 付て, 利かないじゃ, 利かぬと, 勝って, 合うという, 向かなければ, 咎めると, 変つた, 変です, 変り易い, 変ると, 多いん, 始終し, 安まった, 小さい, 小さいん, 少しも, 引けるよう, 引立つ, 弱くては, 強いん, 強え, 急いで, 急に, 揉める, 揉めるの, 晴々した, 楽で, 気でなくなっ, 気でなくなった, 気で無い, 沈む, 注いた時, 済まないん, 済まぬよう, 済まん, 済みません, 済むよう, 為た, 無さそう, 狂うか, 着かずに, 着かなかった, 知れぬ, 短えんだ, 置けなくて, 致すの, 苛立って, 荒くな, 落ち付いて, 落ち着いて, 触れて, 起つて, 起らない, 起るの, 進みません, 違うの, 違ったと, 違つた, 附いたと, 附くの, 附て

3 [228件] あせって, あそばされた, あらくなっ, ありますか, あるよう, あるらしい, いたしますよ, おあり, おかしくなり, お付き, お変りに, きいたもの, きかないよう, きかねえから, こもって, さしたか, さしたもの, さした様, さしてならない, さす, さすと, されなくも, されます, しきりにする, しその, しそれ, したかも, したっけ, したんで, しっかりし, してるの, しないし, しないという, しないので, しないのよ, しないよう, しないん, しなかったが, しなかつたの, しなかつたので, しなくなつ, しなくなる, しましたけれど, しましたし, しましたの, しましたもの, しますか, しますからね, しますがね, しますな, しますので, すすまない様子, すすまなかったの, すすまぬよう, すまないから, すまなかったの, すまなくなって, すまん, すむこと, すむという, するけど, するだらうと, するぢ, するまで, せいせいした, そは, ちがうほど, ちがったん, ついたもの, つかず, つかないかも, つかないだけの, つかないという, つかないとは, つかないふり, つかないほど, つかないらしい, つかない内, つかなかったかと, つかなかったこと, つかなかったという, つかなかったね, つかなかったらしい, つきそれ, つきは, つきましたが, つきます, つきも, つき始めた, つくだろう, つくだろうと, つくなんて, つくまいと, つくや, つくよ, つく人, つまると, とがめた, ないこと, ないよう, なくても, なくなったの, なくなる, のって, のびのびし, ひけたので, ふと致した, ぼーっとし, まえが, みじかい, むいたら遊び, むけば, もめた, ゆるんだの, よわくなっ, わくわくし, イライラし, ヘンに, 一時に, 今に, 付いたので, 付いたもん, 付いてから, 付かない, 付かなかったの, 付くまい, 付くめ, 切れると, 利かなくて, 利かぬ, 利かねえ, 利き過ぎて, 動いた, 取られて, 可怪しく, 合った, 合ったの, 向いたら描いて, 塞って, 変ったの, 変らしい, 大きくなった, 小さいの, 小さくなる, 少しした, 引けるの, 弛んだせい, 弛んだもの, 弱いので, 弱いもん, 弱いん, 弱くてね, 弱くな, 弱くなり, 弱くなる, 張るの, 彼には, 急くの, 怯けて, 手伝って, 抜けたやう, 抜けると, 早いの, 早や, 早過ぎる, 昂ぶっ, 晴れない, 楽である, 楽でしょう, 欝いで, 残って, 段々し, 浮いて, 済まない性分, 済まなかったらしい, 済まぬという, 済まんと, 済まんの, 済みませんから, 滅入るの, 澄んで, 為て, 無かった, 無くな, 狂うと, 狂うの, 狂ったという, 狂つた, 狂ひさう, 狂わんばかりに, 着けば, 知れないの, 短いん, 短くて, 私の, 私は, 立ってるん, 練れて, 置けない, 肌に, 胸に, 腐った, 腐って, 臆し, 臆した, 致したの, 落ちつかなかった, 落ついて, 落つか, 詰って, 詰まるよう, 起つた, 進まなささうに, 進みませんでした, 違ったか, 違つてゐる, 附いたが, 附いたやう, 附いたらしい, 附いたん, 附いては, 附かないの, 附かなかったが, 附かなかつた, 附かなかつたの, 附かぬ, 附くであろう, 静まると

2 [641件 抜粋] あそばされたの, あそばされるので, あったと, あっての, あらい, ありそう, あるいは心, あるかと, あるかね, あるな, あるならわし, あるもの, いたされます, いたしましたの, いたしましたよ, いたしましてね, いたしますん, いたしませんの, いたす, いつもする, うわずって, おかしいよう, おかしくなっ, おじけます, おちつくの, お弱い, お早, きいてるぜ, きいてるな, きいてるよ, きかないと, ききすぎて, きくという, くさ, こみあげて, さしそう, さしたから, さしたが, さしますが, さすくらい, さすんで, さもの, されたの, されました, しきりにし, しこの, しずまって, しずまると, したでしょう, したとか, したのに, したのみ, したン, した事, した位, した瞬間, した私, しだしました, しないが, しないな, しないもの, しなかったん, しなくな, しは, しはじめて, しましたって, しますけど, しますけれども, しますし, しますぜ, しますねえ, しますのね, しますわね, しもう, しやす, しれない, しれなかった, し乍ら, し出したので, し始めたの, すぐに, すすまない, すすまないので, すまなくな, すまんの, すみません, するあの, するせい, するそう, するだけさ, するだけの, するだらうなあ, するて, するでしょうよ, するところ, するとも, するねえ, するまた, すわって, すんだ, すんだか, すんだと, すんだろう, せく, せくから, せなん, たしかな, ただよって, たるみ筋, ちがいかけて, ちがう, ちがったか, ちがったらしい, ちがったり, ちがわないの, ちょっとした, ついたかね, ついたという, ついたところ, ついたので, ついたやう, ついてる, ついてるん, つかざるを, つかずだったの, つかずには, つかないから, つかないこと, つかないだろう, つかないであろう, つかないでも, つかないと, つかないふう, つかない位, つかない場合, つかない様子, つかなかったかい, つかなかっただろう, つかなかったなあ, つかなかったのよ, つかなかった新, つかぬか, つかぬかも, つかぬとは, つかぬもの, つかねえの, つかれた, つかれたの, つかれては, つかれないよう, つかれましたね, つかんの, つきでも, つきながら, つきま, つきましたわ, つきました時, つきまして, つきませんから, つきませんからね, つきませんで, つきませんでございました, つきませんでしたね, つきませんね, つきませんよ, つくかも, つくたび, つくと共に, つくな, つくまで, つくやう, つくわけ, つく前, つよくなった, とがめたの, とがめる, とがめるので, とがめるもの, どうかした, ないという, ないらしい, なくては, なくな, なくなるの, なさること, のんびりする, はっきりした, ひけたが, ひけたの, ひけながら, ひけるから, ひけるし, ひけると, ひけるよ, ひけるわ, ひけるん, ひける事, ふさぐ, ふっとした, ふらふらとして, ふれたか, ほぐれた, ぼうっとし, ぼんやりし, まぎれないので, まぎれるの, まとまらない, みじかいという, めいるばかり, もめました, もめるじゃござんせんか, もめるほど, やさしくて, やすまる, ゆるんだ, よさ, よすぎる, 一ぱいであつた, 一度に, 乗りません, 仕て, 付いたかと, 付いたらしい, 付いたり, 付いた僕, 付いた私, 付かないと, 付かないの, 付かなかった, 付かなかったが, 付かなかったと, 付かなん, 付きました, 付くでしょう, 付く人, 付く程, 休まるの, 休まるよう, 僕は, 優しくて, 先き, 入らない, 入らぬ, 出た, 出ない, 出なかったの, 出る, 利いてるよ, 利かないから, 利かないって, 利かないよ, 利かないわね, 利かないん, 利かなかった, 合いそう, 合うて, 合うと, 合うよう, 合ひまし, 合わなかった, 合わねば, 向いたもの, 向いたら, 向いたらそこ, 向いたら毎日, 向いて, 向かないから, 向かないこと, 向かない限り, 和んで, 咎めたから, 咎めたが, 咎めも, 咎めるか, 咎めるし, 変じゃ, 変ったと, 変ったよう, 変である, 変の, 変らないうち, 変り文吉, 変るの, 変るので, 変るん, 多い, 天地に, 安らいだ, 安らかに, 小さいと, 小さいもの, 小さくって, 小さくなっ, 差したと, 差したの, 差したよう, 広い, 廻ります, 廻るの, 引きたって, 引立たぬ, 弱いじゃ, 弱いため, 弱いだろう, 弱うなった, 弱くちゃ, 弱くって, 張りつめて, 張り切って, 強いから, 強いが, 強かろう, 強くした, 強くなりました, 微塵も, 心の, 心眼に, 急いたもの, 急くから, 急くからね, 怯けたほど, 悪くて, 感ぜられる, 払われて, 折れた, 抜けた様, 抜けては, 指したの, 挫けた, 揃ったもの, 揉めた, 揉めるつちや, 早いから, 早いじゃ, 早いね, 早え, 早くって, 早くて, 早すぎる, 晴々し, 晴々する, 晴れるかも, 晴れるよう, 欝し, 気じゃあ, 気じゃねえ, 気でなくなる, 気でも, 気に, 気や, 沈んだ, 注いたが, 注いた気, 注くから, 流れて, 清々し, 済まないといふ, 済まないやう, 済まないらしかった, 済まないらしく, 済まない性格, 済まなかつた私, 済まぬか, 済まぬから, 済まんよう, 済みましねえ, 済みませんので, 済むこと, 済むん, 済んだ, 済んだという, 渝って, 湧いた, 満ちて, 源氏に, 滅入り込むの, 滅入るばかり, 漲った, 無いの, 焦って, 燥って, 狂いかけて, 狂うかも, 狂うたそうな, 狂うたと, 狂うばかりに, 狂うほどの, 狂うよう, 狂うん, 狂ったかの, 狂ったそう, 狂ったに, 狂っても, 狂つ, 狂つたので, 狂つて死んだ, 狂ひさうです, 狂ひさうな, 狂れたの, 狂ッて, 狭い, 狭いから, 狭過ぎる, 発して, 眩んで, 着いたの, 着いたん, 知れないこと, 知れないよ, 知れないわ, 知れません, 知れん, 短いので, 短かった, 砕けて, 確かか, 私した, 移るの, 空にも, 立ち罩め, 立罩めて, 紛れるよう, 置かれて, 置かれる, 置ける, 胸を, 脱け, 致されます, 致しません, 苛, 荒いので, 荒かった, 荒くて, 荒くなった, 荒くなる, 落ちつかないの, 落ちつくと, 落ちつくの, 落ち着かなかった, 落付く, 落着いた, 落着いたら, 許せぬと, 詰まって, 責めて, 走って, 起こった, 起こったの, 起こらなかった, 起らないの, 起らないよう, 起らなかったの, 起らなかつた, 躍って, 身に, 転動, 迷って, 進まないと, 進まないながら, 進まないのに, 進まないん, 進まなくて, 進まぬながら, 進まぬらしかった, 進んだので, 逼る, 違うもの, 違ったという, 違ったもの, 違っちまったん, 遠くなります, 部屋一杯に, 重いの, 重いん, 重くなった, 長い, 長いぞ, 長え, 附いたかと, 附いたから, 附いたこと, 附いたもの, 附いたよう, 附いた私, 附いても, 附かなかったん, 附かぬか, 附かぬの, 附き, 附きまして, 附きませんから, 附きませんでした, 附く通り, 附けば, 静まって, 頭の, 頻りに, 顔に, 顛倒した, 鬱いだり

1 [4388件 抜粋] あうからこそ, あったか, あったらと, あったり, あり, ありませんから, あるかも, あるところ, あるならば, あるなら偶, あるふり, ある無題, あッたら, いずこと, いたしましたっけ, いたします今度, いたむと, いらいらする, うすくなった, ええのんどっし, おけずのび, おけなくつて, おこらない, おさまるに, おちつかないところ, おどおどし, お延, かかるよう, かるいでしょう, かわりブランブルハースト, きいたところ, きいとりますわい, きかないのね, きくよう, きまった, くさるよう, くるったと, この時, さし, さしたよう, さしてかっと目, さしてならなかった, さして一人, さして勤め, さして思いとまった, さして職業上, さして鬼六, さし薄情, さすし, さすらしいの, されない不快, しいしい日, しきりにしました, しさて, しずまらぬうち, したい, したくらいの, しただが, したには, したらしい, した丈, した勿論, した矢先, した豪雨, しだしたので, しつつ, してるもん, しないうち, しないって, しないとまで, しないよ, しない繁代, しなかったので, しなくとも, しなくなり今度, しねえこと, しばらくためらっ, しましたでしょう, しますがと, しませんよ, しゃあがる, しょっちゅうする, し人間, し出した事, し却つてドギマギ, し奥, し急, し病的, し自由, じかに押しよせ, すこし変, すすまないだろうけれど, すすまなかったけれど, すすまなそう, すっかり合っ, すまずそのうえ, すまないつて, すまないらしい御, すまなかったよう, すまぬであろうが, すまぬ男, すみませんでした, すむまで, するかい, するがネ, するこの, するそんな, するちゅう返事, するといふは, するなんて, するばかりの, するらしい, するテ, する五円, する外, する方々, する母, する結果, する馬鹿げた獰猛, すんだらしい, せいたか, せきながら, せずこの, せず戸塚, せられた, せんか, その鋭い, そろうな, たしかと, たつから, だんだんと, ちがったに, ちごた, ついたかと, ついたとき板, ついたらしくそうそう, ついた始末, ついては, つかずつい, つかず従って, つかないかた, つかないといふ, つかないやう, つかない性質, つかなかったかも, つかなかったなあと, つかなかったよう, つかなかった君, つかなかつたといふ, つかなかッ, つかぬが, つかぬらしい, つかぬ間, つかれたらそ, つかれましたかな, つかれるだろうと, つきあたり, つきただちに, つきにくい, つきましたのよ, つきますよ, つきませんでしたので, つきゃあしませんもの, つき下町, つき小声, つき笑うの, つき部屋, つくだけの, つくとは, つくめ, つく方, つまった, つまる思, つよくみんな元気, とおくなる, とがめては, とがめるだけの, とがめ最初安里, どうしてもとれない, ないか, ないなら貸さん, ない所, ながれた, なくなっちまったよ, なくなり過ぎますんで, なく立った, なげえと, なんとし, のび, のらないそれ, のらぬ風, はずむの, はりつめたか, ひきしまる, ひけたらしく, ひけました, ひけるのよ, ひけ始めたらしい, ふさぐと, ふっと伸子, ふと陽子, ふれたに, ふれてりゃ三両, へんじゃ, ほとばしり出て, ぼんやりと, まぎれた, まだ起っ, まとめられて, まわるもの, みなぎった, むいて, むきゃその, むっと打つ, めいつて自分ながら, めいるぞ, もうない, もめたけれど, もめるも, やさしくは, ゆうべから, ゆるせぬところ, ゆるめば, ようやく彼, よけい胸, らくで, わこて, クサクサし, スーツとして, トガめた, ホントに, ワクワクし, 一層つよく, 一転し, 乗らず, 乗らない演奏, 乗らねえ, 二人の, 仕た, 付いただけの, 付いたらしいので, 付いたら階下, 付いた家人, 付いた次, 付いての, 付かなかったか, 付かねば, 付きゃアそれ, 付くなんて, 付くもん, 付た, 休まらぬと, 伸子は, 俄に, 充ちわたって, 入らない又, 八方から, 出たので, 出なくなります, 切にした, 利いてたから, 利いとるのう, 利かないで, 利かないのよ, 利かなく足しては, 利かぬお, 利かねえ些, 利きませんね, 加わった, 動いたよう, 単にさう, 可怪しい, 合うに, 合ってるから, 合わないでね, 合わなん, 向いたに, 向いたら寄附, 向いた折, 向かなん, 向き掛けて, 吸うの, 和らいで, 咎めないでも, 咎めるくら, 咎める己, 回らねえよ, 塞がるやう, 変ったもの, 変った成行, 変つてゐまする, 変はりませう, 変り少し, 変る東宝, 変ッて, 多く生れついてる, 大まかに, 妙に, 安まつ, 察しられた, 小さいそして, 小さくつまり, 小さすぎ, 少いが, 少し暢, 届いたので, 差したが, 常陸の, 廻ったもの, 廻る星野, 引き立つて, 引けながらも, 引けるので, 引立ちました, 弛んだらしくグッタリ, 弱いところ, 弱い迄に, 弱くかなり, 弱くわたくし, 弱つた, 張りつめた, 強いところ, 強えと, 強くなつ, 強く言葉, 当然か, 御座いますので, 忙しくな, 急いた, 急き立ち絶壁, 急くん, 怯んで, 悪くなる, 感じて, 技巧に, 抜けだして, 挫けたので, 揃いまして, 揉めだした, 揉めやしなくって, 揉めるので, 改まるかとも, 散っても, 散り易かっ, 新聞の, 早いもの, 早い花房一郎, 昂つてあの, 映って, 晴れないらしくしきりに, 晴れやかです, 晴れるらしい, 更まる, 有るか, 楽々する, 楽であった, 楽ルパンへ, 欝ぐのは, 此男の, 気ぢゃなかった, 気でなかったであろう, 永いと, 沁み渡って, 注いたといった, 注いた様, 注した, 浮かれ出してからは, 浮ついて, 海上に, 深く淀ん, 済まずしどろもどろ, 済まないで, 済まないわ, 済まない詩人哲学者通有, 済まなくなるらしい, 済まぬらしく鞄, 済まんという, 済む, 済むまで, 済んだろう, 満ちた力作, 滅入つたり, 滅入ります, 滅入るほど, 漲って, 濃厚に, 無いらしい, 無くなったの, 焦ら立って, 燃えて, 狂い出したの, 狂うたとも, 狂おう, 狂ったもの, 狂っちまったよう, 狂つたと, 狂つてそれで, 狂つて松沢に, 狂ひだし, 狂れさ, 狂わずに, 甦ると, 痛むの, 真実其実力で, 着いたほど, 着いた頃, 着かなかつたか, 着きませんでしたが, 着なかつたの, 知れないといふ, 知れない駒井, 知れねえな, 知れんぢ, 短いに, 短えや, 短くなつ, 確かだ, 移つて直に, 立ち町内, 立ったみんな, 立ってる最中, 立てこめて, 籠ってるの, 細ります, 絶え入るほど, 緩んだであろうが, 置けないし, 置けませんで延, 置け過ぎるの, 腐つたらあの, 自分から, 致しましたほど, 致しまする, 船を, 苦しくなっ, 荒うなるけん, 荒立って, 落ちついてから, 落ちつくに, 落ち付くだろうという, 落ち着くに, 落付かんから, 薄らいだこと, 襲うの, 見透くばかり, 触れてると, 許せないて, 詰った, 詰ると, 負けるよう, 起こらないで, 起ったが, 起らないという, 起らぬでも, 起りませんでした, 足りなかったの, 軽いの, 迫って, 迸って, 逆上ッて, 進まず宅, 進まないという, 進まないらしく今度, 進まなかったけれども, 進まなくつて, 進まぬという, 進まねば, 進むの, 逸る体じゅう, 違うか, 違う人間, 違ったな, 違っても, 違つて朝鮮征伐を, 違わぬから, 遠くならない, 配られます, 重くない, 鎮まった, 長いお, 長い睫毛, 開けた竜, 附いたなら是切り, 附いたらその, 附いた場合, 附いた鏡子, 附かず雑種犬, 附かなかったであろう, 附かぬかの, 附かぬ程, 附きあの, 附きました目, 附きません初め, 附き声, 附くので, 附ない, 静まった, 音も, 飢ゑ神が, 鬱いだよう

▼ 気~ (11556, 15.5%)

1605 なって 721 して 420 なった 280 なったの 212 かかって 202 なるの 195 なる 177 なりました 155 なつた 148 しながら 119 かけて 97 かかった 96 かかる 86 なるので, なれなかった 74 なること 66 なると 62 かかるの 59 なったん 54 なつて 50 しないで, 病んで 49 入つて 47 なれば 41 なれない 40 喰は 39 するの, ならない 37 かかること, なったもの 36 するよう, なるん 34 すること, ならなかった, なるから, なれないの 33 なります, なるもの 29 かけないで, した 28 しては, なったが 27 なり出した 26 かかるので, とめて, なるよう 24 なったので 23 なれなかったの 22 なったか 21 しなかった 20 かかります, したり, とられて 19 なるかも 18 かけなかった, するな, なり出して, なるが, 入つたの 17 なりながら, もとめずに, やんで, 入つた, 懸けて 16 かけずに 15 かかるもの 14 もとめて, 掛って 13 なったこと, なりだした, なりまして, 云った, 懸って 12 するもの, するやう, なったから, なったらしい, なったり, なってね, ならないの, なる事, 掛けて 11 かけたこと, なさらないで, なったと, なっては, ならぬ, なり, なりさえ, なりましたが, 成った, 食は

10 [13件] かからなかった, かかると, かけること, さわった, しないの, しながらも, すると, ならないで, なりますから, なるか, なるという, なれません, もとめなかった

9 [14件] かかりながらも, かかりました, かかるよう, かけない, くわなかった, する, なるほど, なれないので, なれませんでした, 成って, 掛る, 止めて, 留めて, 障ったの

8 [16件] おなりに, かける様子, くわない, したの, し乍ら, する様子, せずに, なったかも, ならずに, ならなくなった, ならん, なるし, なるだろう, もとめないで, 止めなかった, 留めなかった

7 [22件] かかりて, かけるな, さわったの, しだした, しちゃ, しつつ, しないこと, するから, するほどの, とめなかった, なったという, ならなかったの, なるね, なるわ, なる様子, もとめなかったが, 入って, 喰わなかった, 懸った, 眼を, 障ること, 食わない

6 [29件] いつて, かかったので, かかりながら, かかるから, かかるん, かけるの, かけるよう, かける必要, したこと, しないが, しない方, する必要, すれば, とられた顔, ならないでも, ならないん, ならなかつた, なりますので, なりませんでした, なるじゃ, なるところ, なるよ, なれなかつた, もとめず, 云つた, 取られて, 打たれて, 満ちて, 首を

5 [40件] かかり, かかり出した, かかるが, かけちゃ, かけないの, かける, かける者, さへ, さわって, したわけ, しても, しないわけ, する事, する人, とめずに, とめない, とめる者, ならないもの, なりましたの, なりますよ, なり出したの, なるであろう, なるまま, なれずに, 充ちて, 入った, 喰わないの, 悩んで, 懸つて, 懸るので, 掛けずに, 掛った, 留めずに, 留めないで, 眺めて, 笑つた, 見えて, 見える, 食わないこと, 食わぬ

4 [77件] おなん, かかったの, かかるし, かかるな, かけたり, かけないよう, かけなかったが, かけながら, くわぬ, くわぬこと, さわるよう, したって, してるん, しない, しないでは, しないよう, しなくとも, しなければ, し出した, するが, するだけ, するでも, するには, するにも, するほど, するん, する者, つつまれて, とめないで, とめる様子, とられたよう, なったもん, なったわけ, なっちゃ, なつたり, ならずには, ならないほど, ならないらしい, ならなかったが, ならなければ, ならんの, なりさ, なりその, なりそれ, なりながらも, なりはじめた, なりますわ, なりません, なりやがって, なるなあ, なれり, なれるもの, もとめませんでした, 入つた家, 入るか, 入るよう, 呟いた, 喰わない, 喰わないこと, 喰わぬ, 喰わぬこと, 懸るの, 掛つた, 留めないよう, 留めなかったが, 答へ, 見えた, 訊いた, 障って, 障るよう, 障る事, 頭を, 顔を, 食わなかった, 食わねえん, 食わん, 駆られて

3 [117件] いつた, おなり, かからないでは, かかりますから, かかるその, かかるという, かかるところ, かかる事, かけた, かけない様子, かけなければ, かけるふう, かけるほどの, かけるもの, くわないこと, くわないもの, くわなかったの, された, さわ, さわること, さわるの, したが, したとて, した住侶たち, しちや, してるの, しなくても, しなくなった, しなさんな, しまいと, しませんでしたが, するじゃ, するところ, する方, する男, する程, する習慣, そんなこと, とめても, とめなかったの, とめること, とめる風, とられた, とられたまま, なさること, なったかという, なったし, なったそう, なったに, なったよ, なったよう, なったろう, なっても, ならあ, ならず, ならないか, ならないと, ならないので, ならないよう, ならなくなりました, ならぬでも, ならぬよう, なられたの, なられない, なりだすと, なりましてね, なりませんか, なりゃあがって, なり出すと, なり始めた, なり自分, なるかね, なるため, なるでしょう, なるな, なるばかり, なる余り, なる点, なる筈, なる節, なれて, なれないで, なれないもの, なれなかったので, なれなかつたの, なれなくなった, なれる, はか, 両手を, 入ったの, 入りの, 入ると, 入ッ, 出て, 口を, 咲いて, 喰わなかったの, 喰わなければ, 喰わん, 微笑し, 懸ったの, 懸る, 懸ること, 打たれる, 掛るの, 留める者, 病むこと, 病むの, 病んだ, 病んだり, 私に, 見えたが, 見ゆ, 言った, 語り合つて, 負けて, 食わぬの

2 [351件] いう, いつたの, うたれる, おかけに, おかされて, おしでない, おなりなさい, かかったから, かかったけれど, かかったり, かからないの, かからないよう, かからない事, かからぬでも, かかりときどき, かかりも, かかり出して, かかり出します, かかるか, かかるでは, かかるほど, かかるまま, かかるらしい, かかる奴, かかる物, かかる男, かがる, かけずただ, かけずには, かけそ, かけたの, かけた事, かけないが, かけないでも, かけないと, かけなかつた, かけながらも, かけぬか, かけぬこと, かけまいと, かけやしねえ, かけられるな, かけるが, かけるでも, かけるなと, かけ構図, かけ給うな, かなって, くわないから, くわないで, くわないという, くわなかったが, くわぬので, くわんと, くわんの, この人, さ, させて, さはつ, さはるやう, されて, さわったか, さわったもの, さわる, しすぎて, しそう, したため, したところ, したよう, しつ, しないつもり, しないでも, しない間, しなかったが, しなかったし, しなかった事, しなかつた, しなくっても, しなくつて, しはじめた, しはじめて, しませんが, しよう, し出したの, し出すと, し始めると, し続けて, すまいと, するか, するなよ, するふう, するもん, するようす, するより, するよりも, する性, する母, する理由, する要, すればにや, せぬふう, せんで, とめたこと, とめない風, とめなかったが, とめなかつた, とめも, とられながら, とられましたから, どうしてもなれなかった, なさって, なさらないでね, なさるの, なすって, なったせい, なったぜ, なっただけ, なったところ, なったとしても, なったとは, なったね, なったのよ, なったほど, なったまで, なったまでの, なったらしいの, なったらそれ, なったんで, なった事, なった娘, なった心持, なった時, なっちまう, なってたん, なってちゃ, なってねえ, なつたらしい, なつたんだ, ならずむしろ, ならないからさ, ならないこと, ならないでは, ならない時, ならない者, ならなくなつ, ならぬこと, ならぬと, なられたならば, なりいろいろ, なりかねるの, なりすぎて, なりそう, なりだしたので, なりだしたん, なりだして, なりだす, なりて, なりでも, なりぬ, なりは, なりましたね, なりましたよ, なりましてねえ, なりますか, なりますが, なりますがね, なりますね, なりますの, なりませんね, なりゃがって, なりやが, なり一, なり今, なり出したもの, なり始めると, なり私, なるお, なるお方, なるかの, なるからな, なるからの, なるくらい, なるけどな, なるけれど, なるぜ, なるその, なるそれ, なるぞ, なるだけ, なるだけの, なるだろうと, なるとは, なるならば, なるなら私, なるなんて, なるはず, なるまいと, なるまいもの, なるもん, なるらしい, なるン, なる始末, なる彼, なる方角, なる様, なる気味, なる火星世界, なる者, なる言葉, なれたの, なれないと, なれないという, なれないほど, なれない自分, なれなかったん, なれぬので, なれるかい, なれん, なれんの, なろうとは, はためいて, ほめて, みちて, もとめずふりむきも, もとめず一日, もとめず野生, もとめない, もとめないよう, やむもの, わらつた, コツコツ靴, 云ひ放つた, 云ふ, 入った家, 入つた場所, 入つた女, 入つた所, 入つてしまつたの, 入つてしまつて, 入るの, 入る作品, 包まれて, 召したよう, 召した題, 合った人, 向いた時, 向かなければ, 吹かれた, 呟いたが, 喰わないで, 喰わないので, 喰わぬと, 喰わぬ奴, 喰わねえ, 喰わねえと, 喰わねえん, 喰わんと, 四方を, 声を, 天井を, 富む, 富んで, 幾度も, 引っかかって, 張りが, 懸けては, 懸けないで, 懸つたが, 懸るから, 懸ると, 懸るもの, 懸るよう, 懸る事, 懸ッ, 成ったと, 成ったの, 成りました, 成りや, 成り夜, 成る, 成るから, 打たれた, 打たれるの, 掛かった, 掛かって, 掛かつて, 掛かるやう, 掛けずには, 掛けた, 掛けるよう, 於て, 染まないの, 止めぬ方, 止める者, 歩いて, 残って, 残る川端, 毎日, 済まないよう, 済まぬ, 点頭いた, 燃ゆる, 片眼, 留めず仰いで, 留めないの, 留めなかったの, 留めなん, 留める様子, 病まれて, 病むより, 病んだもの, 痛んで, 眉を, 立って, 立つて, 笑った, 笑って, 胸を, 致しません, 見つめて, 見ながら, 触ったこと, 触って, 触る言葉, 触わっ, 言う, 訊ねた, 返る, 酒を, 閉された, 障え, 障った, 障ったと, 障ったらしかった, 障ったら堪忍, 障ったら御免, 障つた, 障らないよう, 障らぬよう, 障ると, 障わる, 障ッ, 響いて, 頼むし, 食わないと, 食わないの, 食わなかったの, 食わなくなった, 食わねえ, 食わねえが, 黙つて

1 [2761件 抜粋] あそばすあなた様がた, あなたの, あらずいわゆる, いくばくも, いたしますまい, いつた見世物, いるよう, うなだれた, おされるよう, おなりなすった, かういひ升, かかったなり, かかっても, かからないぐらいに, かからなくなり三枚襲, かからぬまでに, かかりたより, かかりなかなか, かかりますが, かかり今, かかり出すと, かかり旅出, かかり次第に, かかるかな, かかるそういう, かかるなあ, かかるやう, かかるらしく楼門, かかる仕事, かかる女, かかる書き方, かかる沈黙, かかる秘密事, かかる言葉, かく, かけずとも, かけず島, かけず檻, かけたためし, かけてること, かけないもの, かけないタチ, かけない方, かけなかったし, かけなくても, かけなさるよう, かけぬらしくお婆さん, かけはるもん, かけませんでしたが, かけられずに, かけるから, かけるなどは, かけるん, かける容子, かける風, かなうの, かなつて板に, くうてるの, くわず見るの, くわない一件, くわなくなりすんで, くわぬところ, くわぬ横着者, くわねえや, くわんという, さえなりませんでした, させたり, させるという, さっきから, されなくて, さわったかも, さわったろうがね, さわりは, さわるなんと, しいしい二人, しいしい時間, しかれら, しずんで, したがる家人衆, したもの, したらあかん, したる左, した理由, した調子, しだして, してか, してないふう, してるせい, してる事, しないだって, しないもの, しない彼, しない父, しなかったろう, しなきゃならんの, しなさるので, しはじめ, します, しまりと, し叫び声, し給う方々, し過ぎると, すぐさま御, するお, するこたねえ, するだろうと, するとは, するなり, するのに, するんだい, する俗, する声, する性格者, する晶子, する組ゆえ, する連中, せずそのまま, せず上体, せず良人, せぬよう, せられる女らしい, そぐわぬ, そまないだが, そまぬこと, それを, だが眼, つかなかった鼈甲緑, とざされるの, とめずいい, とめず寝る前, とめないよう, とめませんでしたが, とめるもの, とられたや, とられた私, とられる鶴松, なさらずどうか, なさりながら, なさるより, なすっては, なったかと, なったこの, なったでしょう, なったなと, なったもう, なったらしいが, なったらしくそっと, なったらしく遠く, なったらまた, なったら磯五, なったわ, なった人間, なった原因, なった心ならずも, なった最初, なった程, なった途端, なってから, なってたも, なってると, なつたら, なつち, ならしめる傾向, ならずなんだか, ならず始め, ならず機械, ならず通り, ならせた元, ならないから, ならないなら, ならない以上, ならない様子, ならない遠く, ならなかったその, ならなかった程, ならなくつちや, ならなくノート, ならぬたち, ならぬ者達, ならねば, なられたので, なられぬか, ならんかね, なりあと, なりいよいよ, なりかねる, なりこの, なりずっと, なりだしました, なりとうとう, なりなに, なりぼそん, なりましたもの, なりましてネ, なりますし, なりますなんて, なります折角, なりも, なりゃいくらでもとれるくせに, なりやかましく, なりゆき子, なり一信, なり与五郎, なり会社, なり全然, なり出したら最後, なり出むいて, なり勝手, なり和尚さま, なり奇怪, なり寝衣, なり弱る, なり得る諸, なり手紙, なり暫く, なり柔らか, なり犬丸支配人, なり皆, なり競馬, なり罪, なり誠実愚直, なり過ぎるかも, なり齢, なるからさ, なるさ, なるだ, なるて, なるとき, なるならお前, なるなら直に, なるに, なるほどの, なるまでに, なるやう, なるらしかった, なるらしく後ろ, なるわね, なる何, なる光景, なる奴, なる性質, なる横柄, なる物音, なる程安永, なる蛮勇, なる道行, なれ, なれずその, なれずやはり, なれず夢声, なれず徒に, なれそう, なれたもの, なれないこと, なれないよう, なれない思ひの, なれない顔, なれなかったその, なれなかつたと, なれぬ, なれねえもの, なれましよう, なれませんの, なれよう, なれるん, なれア, なんな, はた唸き, ふかく遊ぶ, ふとなつ, ほとんど充ちてるらしく思われた, まだなれなかった, みちた簡素, めさぬらしい, もとめずそんな, もとめず独語, もとめず過して, もとめないらしい, もとめない縁遠い, もとめなかつた, もの, やって, やむぐらい, よった自然, セセラ笑つた者も, ハラハラと, 一寸玄関へ, 三種眠法あり, 不意と, 乗つて, 云う, 云ッた, 介せむや, 任せて, 似合ぬ, 俄に, 偸見し, 働くも, 充ちた主人, 充ち満ちた, 光らして, 入ったもの, 入った宗達, 入つたソフト, 入つた和蘭陀, 入つた石, 入つて了つた, 入らねえ事, 入るに, 入る間, 其処から, 冷たく母, 出入りの, 制せられ苦しんで, 包まれ水, 又ぶらぶら, 取られてばかり, 叫ぶ声, 召したかの, 召し貴方, 叶ふ, 合ざる, 合ふ, 向いたとき, 向いた仕事, 向かないと, 向くまま, 吹かれると, 呟いて, 咎めて, 唄いつづけて, 喘ぐばかり, 喰はずその, 喰わないと, 喰わないん, 喰わない気, 喰わない鷲嶺, 喰わぬお, 喰わぬ水臭い, 喰わねえんだい, 喰わんとこう, 喰ん, 囁き合う連中, 圧されて, 変りが, 奉られて, 宙を, 富み傲, 小野さんを, 山路を, 帳簿を, 床の, 引立が, 彼の, 御返事を, 忠太を, 怪漢を, 悩まされざるを, 感ずること, 憧れの, 懸くる様子, 懸けたる状, 懸けなん, 懸けるには, 懸け過ぎるから, 懸らぬでは, 懸るお, 懸る程, 成ったら, 成つたが, 成つて冷く, 成ました, 成らなかった結婚前, 成りませんかね, 成るが, 成るので, 成れませんので, 打たれずに, 打たれた彼, 打ち眺めて, 持あげ, 捉えられたにも, 掛かりあと, 掛かるそう, 掛かるも, 掛くる人, 掛けない方, 掛けぬ自信, 掛けるでも, 掛ける暇, 掛ったの, 掛り出した, 掛る場合, 揃って, 料理の, 昼寝を, 曇った, 月を, 東屋氏を, 染まないので, 染まぬもの, 染み付いたそ, 欠けて, 止まらなかったそれら, 止めなかったけれど, 止める様子, 歪めたり, 江戸児の, 流れて, 消えて, 済して, 満ちたもの, 満ち一秒, 火を, 為るだよ, 照準を, 燃えて, 犬の, 用ひた, 留まらなかつたが, 留めず昨日, 留めた様子, 留めないだろうと, 留めぬ様子, 留めませんでした, 疲れヘト, 病まなくなるの, 病みでも, 病み祝辞, 病むのかわからないでいるその自慢が, 病む境地, 病む餘り病気, 病んどったじゃ, 相成りそれ, 眠って, 睨んだ, 私の, 秘密艦隊昭和遊撃隊の, 立ち停まる, 笑うこの, 笑ひ, 答えた, 繋留作業を, 美しい爪, 聞いた, 腹を, 致すな, 芝生が, 行司気取りで, 襲はれ, 襲われるの, 見あげた, 見えまするで佐渡, 見える家, 見て, 見る, 見詰めて, 覗き込んで, 触ったので, 触つたと, 触れたがって, 触れれば, 言つた, 訴へ, 誘われやすい, 誰も, 責められも, 起き直り, 轟いて, 逆うて, 逆らうところ, 逆らは, 逆用し, 遊ぶ, 適う面貌, 適って, 重ねて, 関係する, 障えたふう, 障えられては, 障ったらどうか, 障つて, 障らば, 障るか, 障わっ, 非ず, 響く, 頷いて, 顫わして, 食わないですよ, 食わないわ, 食わない奴, 食わなかったが, 食わなん, 食わぬ事, 食わぬ奴, 食わねえや, 食わねえ身共, 食事を, 驕るもの

▼ 気~ (10014, 13.4%)

1112 つけて 257 とられて 198 失って 192 取られて 132 付けて 131 揉んで 112 配って 89 つけろ 88 附けて 86 もんで 80 取り直して 68 うしなって, つけないと 63 利かして 57 配りながら 54 くばって 50 つけなければ 49 悪くし 41 よくし 40 つけながら, 奪われて 39 つかって, つけるが 38 入れて 37 変えて, 悪くした 36 きかして, つけろよ 33 とりなおして, 引いて 30 取直して, 許して 29 つけてね, 呑まれて, 腐らして 28 失った, 張って, 揃えて, 落ちつけて, 鎮めて 27 とり直して, のまれて, よくした 26 かえて 25 おつけなさい, つけます, つけるよう, つけるん, 悪くする 24 ゆるして 23 くばりながら, つけたが, つけねば, 変へて, 確に 22 つけること, 奪られ, 廻して, 悪くしない, 着けて, 確かに 21 静めて 20 きかせて, 使って, 利かせて, 落着けて 19 かねて 18 つけな, 帯びて 17 つけい, つけた 16 おちつけて, つけなさい, 付けろ, 兼ねて, 失ったの, 注けて, 落ち着けて 15 そろえて, つけますから, もんだ 14 つけ, つけるの, つけろと, もって, 揉んだ, 腐らせて, 落して, 配った 13 起して 12 つけてな, つけなくちゃ, 吐いて, 揉むの, 起した 11 うばわれて, つけや, つけると, つけろい, 失いそう, 失ったよう, 引き立てるよう, 惹かれて, 落ち付けて 10 しっかり持っ, つける, つけんと, わるくした, 付けないと, 付けるが, 喪って, 持たせて, 詰めて, 起したの

9 [14件] しずめて, つけたまえ, つけなくては, つけの, つけよ, つければ, ひいて, ひかれて, まわして, 取りなおして, 換えて, 楽に, 良くし, 配ったり

8 [15件] うしなったよう, くばった, つけなさいよ, つけなよ, つけぬと, つけましょう, つけよう, とられた, とられながら, わるくし, 利かしたつもり, 吐いた, 替えて, 留めなかった, 紛らすため

7 [21件] くさらして, つけた方, つけても, つけました, めいらせて, わるくする, 催して, 兼ねながら, 取り直した, 失つ, 得て, 悪くさせる, 抜いて, 持って, 揉んだの, 沈めて, 注け, 留めて, 置いて, 起させた, 附け

6 [27件] うしないそう, うしなったの, おつけよ, かねながら, くばる, して, つけを, つめて, もんだり, ゆるめて, 付けなければ, 付けの, 兼ねるよう, 出しては, 取り直し, 奪られた, 引き立てて, 感じて, 揉みながら, 揉んでも, 止めなかった, 永くし, 落付け, 遣って, 配らなければ, 配る, 配るよう

5 [38件] おつけ, お付け, さまして, つかうの, つけたほう, つけに, つけるから, つけるもの, つけ給え, とめて, とりなおした, とりなおすと, はって, まぎらして, よくする, 付け, 付けろよ, 出して, 取られた, 呑み声, 大きくし, 失いかけて, 失ったまま, 好くし, 揉みました, 揉んだこと, 焦って, 立てて, 籠めて, 紛らそうと, 落しては, 落つけて, 許しては, 起させる, 配つた, 配つてゐる, 配ること, 附けねば

4 [63件] あせって, おつけに, かねるよう, くさらせて, くじいて, こめて, しっかりし, つかいながら, つかうので, つかった, つけては, つけなくっちゃ, つけなさいと, つけねえと, つけるとも, つけるやう, つけろッ, とめずに, とめないで, とられたよう, とりな, とり直したよう, ひきしめて, まは, もむ, 付けよ, 付けるよう, 使う必要, 使っては, 兼ねるという, 励まして, 取られそれ, 取られながら, 取り直した様子, 取直した, 受けて, 吸って, 呑まれたの, 喪ったの, 変えるよう, 大きく持っ, 失うほど, 失つた, 引かれて, 引立てて, 強くし, 感じた, 揉ませて, 揉むこと, 揉んだり, 新たに, 更え, 病んで, 直して, 落さずに, 落したもの, 負ひ, 起こさせた, 配ると, 配るの, 長くし, 附けなければ, 養って

3 [135件] いらいらさせる, うしなうほどの, おこさせた, お付けなさい, かえたよう, かえようと, かえる, かえるため, きかしたつもり, しずめなさい, しずめようと, せいて, たしかにし, つかわなければ, つけさ, つけさえ, つけたん, つけてのう, つけようと, つける事, つけろいと, のまれたかたち, のまれたよう, のまれた形, はっきりと, ひかれた, ひくよう, ふるッ, まぎらわすため, まわすの, もたせて, もたせるよう, もみました, もみましたが, もむこと, もむの, もむ連中, もんだか, もんだが, もんだの, もんでも, 丈夫に, 与えて, 付けた, 付けっ, 付けてね, 付けながら, 付けましょう, 付けよう, 付けろと, 付けを, 付けんと, 入れたが, 入れると, 取られずに, 取られたので, 取られないで, 取られると, 取られるよう, 取りなおした, 取り直しては, 取り直しまして, 取り直すと, 取直, 合せて, 吐くと, 含んで, 呑まれた, 変えたよう, 変えるため, 変に, 変へ, 失いかけた, 失いました, 失うこと, 失うの, 失っただけ, 失つて倒れ, 失わんばかりに, 奪はれ, 奪われた, 孕んで, 察して, 引きたてて, 引くため, 引くよう, 引立たせる, 張りつめて, 悪うする, 悪くさせた, 悪くしました, 悪くは, 惹かれた, 慥かに, 打たれて, 打って, 抜くため, 揉み出した, 揉む, 揉むほど, 揉むよう, 揉んだが, 換えるよう, 替へ, 注けたが, 注ける, 注けろ, 深めた, 留めないで, 痛めた, 痛めて, 知って, 移すと, 稟けて, 練らして, 腐らした私, 腐らせた, 良くした, 落さないで, 落さないよう, 落しちゃ, 落ちつけようとして, 落として, 落付ける, 見せて, 見て, 許したの, 起こさせるもの, 起す, 配ったが, 附けよ, 附けるが, 離れて, 静めようと, 養うという

2 [356件] あせった, いらいらさせ, いらだたせた, いらだたせて, いらって, いら立てる必要, いれて, うかがって, うしないかけて, うしないましたが, うばはれ, おちつけようと, おつけなさらない, おとさないよう, おもみ, かけて, かねたり, きかしたの, きかし勇み立ちこの, きかせたつもり, くじかれて, くばり見廻して, くばること, させる, しっかり, しっかりもっ, しっかり持て, そらされて, そらして, そらすこと, そらす必要, たしかにもっ, たしかにもて, たしかに持つ, たたえて, つかいながらも, つかうこと, つかうよう, つかったり, つかっちゃ, つけいと, つけたの, つけてさえ, つけてと, つけてネ, つけなきや, つけなくっちゃあ, つけなけ, つけは, つけまして, つけましょうね, つけまする, つけますわ, つけます御免, つけませう, つけも, つけよ危険, つけられい, つけるべき事, つけるわ, つける様, つける者, つけろだって, つけろって, つけろー, つけろ比丘尼小町, つけろ馬鹿, つけイ, つけエ, つけ番号, つけ給えよ, つこうて, とめなかった, とられすぎて, とられたの, とられました, とられると, とりなおし, とりなおしたの, とりなおしたよう, とり直した, とり直したが, とり直した様子, とり直すと, なくして, ぬいて, のまれた, のんで, はりつめて, ひいた, ひかれながら, ひかれる, ひきしめた, ひきたてようと, ひけて, ふくんで, まぎらすこと, まぎらすため, まぎらそうと, まわした, まわすかも, まわせば, もたせるねえ, もまないで, もまないよう, もみながら, もみはじめました, もむだけ, もむには, もむよう, もよおして, もんだこと, もんでは, やんで, ゆるした, ゆるしては, ゆるめなかった, ゆるめると, わるくしない, わるくしました, わるくは, 付けさえ, 付けな, 付けながらも, 付けねば, 付けます, 付けますから, 付けませんでしたので, 付けるやう, 付けろい, 付けッ, 代えて, 休めて, 休めようと, 休めるため, 使い過ぎて, 使うこと, 使ったこと, 使つてゐる, 使わずに, 使わなくても, 保ち彼, 催す, 傷めて, 入れかえて, 兼ねながらも, 兼ねる習癖, 凝らして, 出すの, 利かせたつもり, 利かせれば, 双眼に, 取られました, 取られる, 取りなおすと, 取り直しそれ, 取り直しても, 取り直しました, 取り直す, 合わせて, 吐いたの, 吐くに, 吐くの, 吐けば, 向けて, 含ませて, 吸いこむと, 吹く, 呑まれたか, 呑まれたかたち, 呑まれた形, 呑んで, 呼んで, 呼吸し, 喪っては, 回した, 変えたの, 外らして, 大きく持ち, 大きく持つ, 失い, 失いながら, 失いながらも, 失うか, 失うかも, 失うところ, 失うに, 失うばかり, 失うよう, 失ったが, 失ったと, 失ったとき, 失ってるマリユス, 失つてし, 失なった, 失わんばかり, 奪われたよう, 害した, 害すること, 平らかに, 廻したが, 廻したの, 廻すの, 廻すん, 引いた, 引かれた, 引かれたの, 引かれる, 引きしめて, 引き立てる様, 引立てること, 引締めて, 弱くし, 弱く持っ, 張つて真正面を, 張りきって, 張りながら, 張り詰めて, 強く持つ, 御揉みなさいました, 悪くさせ, 悪くされ, 悪くされた, 悪くしたらしい, 悪くしたらしく, 悪くしてる, 悪くでも, 悪くなさらない, 悪くなさる, 打たれたか, 折られて, 抜いたら大抵, 抜かれたよう, 抜かれて, 持ち直した, 挫いた, 振って, 揉で, 揉ました位, 揉まして, 揉まずに, 揉ませるの, 揉まないで, 揉まれたが, 揉みも, 揉むうち, 揉むばかり, 揉むやう, 揉む勇気, 揉んだところ, 揉んだん, 揉んだ事, 換えたよう, 散らさずに, 散らされないよう, 料る処, 新に, 晴らして, 晴らしてから, 更へて, 止めて, 止めるもの, 殺して, 沈着けて, 注けねば, 注けん, 滅入らして, 滅入らせた, 漂わせて, 焦った, 痛めたこと, 眉に, 着けると, 研ぎすまして, 示して, 私の, 移し乙, 穿って, 立てては, 立てること, 立て直して, 紛らさうと, 紛らして, 紛らすの, 紛らせて, 紛らそうという, 締めて, 置くこと, 脱して, 腐らせても, 腐らせないで, 苛つた, 落さない, 落ちつけたらしくまた, 落ちつけること, 落ち着けるため, 落としては, 落付けなく, 落付けよう, 落着けた, 落着けようと, 落着けるが, 蓄えしめた暁, 見出すこと, 許さないの, 許したもの, 許しちや, 許すと, 許すな, 負える鷲, 起こして, 起させたの, 起させない, 起させないの, 起させるもの, 起したん, 起しました, 起すと, 起すとは, 起すな, 起すの, 身に, 遣うの, 遣うよう, 遣った, 遣わないで, 配ったこと, 配ってから, 配っては, 配つて見た, 配らなかった, 配らねば, 配り, 配ります, 配る以外, 重くし, 量りかね上人様, 鎮めたが, 鎮めなければ, 鎮めようと, 鎮めるため, 長く持たなけれ, 附けそろそろ, 附けてね, 附けないと, 附けるよう, 附けろ, 附けろよ, 附けんと, 静めさ, 静めながら, 静め語気なだらか, 養うこと, 養うの, 魂と, 齎らし

1 [3044件 抜粋] あおるに, あせる如く周章狼狽一生懸命刀, あらわした, いらいらさせた, いらだてた, いら立たせたの, うけたよう, うしなうばかりに, うしなったん, うっすと, おいて, おかれ筆親, おこさせるひと, おこしては, おさえ二, おちつけに, おつけな, おとさずに, おもくし, お換, お著, お静か, かえたらしく蕗子, かえるよう, かねてばかり, きかしすぎて, きかせそう, きかせると, くさらしては, くさらせつ, くだかれた, くばらねば, くばりは, くばるなんて, くばる必要, こめること, さそった, しき万物, しずめなくちゃ, しずめる意味, しっかり持った, しめた, するもん, せかせるばかり, そこなった, そそって, そそる唯一, そらさないが, そらしたもの, たしかに, だして, ついた, つかうだけの, つかったいいまわしや, つかつて, つかわせまいとして, つかわねば, つくるに, つけいッ, つけさせた, つけたいもの, つけたまえよ, つけたら何, つけていう, つけての, つけてナ, つけないで, つけなきゃ駄目, つけなけりゃあいけない, つけなさいませ, つけなすつて, つけまいとしても, つけますつまり, つけよく, つけられる事, つけるがね, つけるっていう, つけるには, つけるみたい, つける上, つける習性, つけろお前, つけろである, つけろドア, つけろ気, つけろ間抜けめ, つけツ敬礼ツ, つけ出したお, つけ右, つけ彼, つけ木, つけ立ち直る覚悟, つけ自分, つめた刹那, とめず熱心, とめぬ人, とめる容子, とられその, とられた隙, とられてる細君, とられやっと, とられるもの, とられ今にもユラユラ, とられ夢中, とりしずめて, とりなおしとりなおしても, とりなおすよう, とり直した母親, とり直し高い, ながくお, なごやかに, ぬきに, のまれたの, のまれた源十郎, のんびりと, はなつの, はらしてたも, はるかに, ひかれたが, ひかれるよう, ひきたて無我夢中, ひき締める, ひける気持, ふかく呑吐, ふさがれちゃあ, ふるって, まぎらしたかったの, まぎらす種, まぎらは, まずくし, まわすこと, みなぎらして, めいらせながら, もたせるなよ, もまず何物, もませないよう, もませる存在, もまなければ, もみたくありませんわ, もみつづけはらはら, もみますから, もみ始めて, もむが, もむわけ, もよおし交通巡査, もんだであろう, もんだ形, もんでるよう, やすませて, ゆったり持っ, ゆるしたから, ゆるしちゃ, ゆるすこと, ゆるませたの, ゆるめた様, よくいたしました, よくなさる, わくわくさせる, わるくなさらない, シツカリ持つ, 一筋空へ, 主と, 享けて, 付けたが, 付けてと, 付けなさい, 付けられたい事, 付けるんで, 付けんぢ, 付て, 休めた隙, 休めろよ, 使いながら, 使うひま, 使う夜汽車, 使ったとしても, 使つたの, 使ひます, 使わなければ, 保つ所以, 催したの, 催しはじめた, 催すほどの, 傷めながら, 働かす女, 入れかえたお, 入れなおし机, 入れるほどの, 兼ねたらしく顔, 兼ねるの, 兼ね乍ら, 出さないお, 出したら, 出しゃあがって, 出す癖, 利かいて, 利かしたやう, 利かし二円, 利かせっぱなし, 加えた, 励ましながら, 労い身, 労する事, 医しむつかしく, 取って, 取られたやう, 取られてると, 取られなくなった, 取られるといふ, 取られオリヴィエ, 取られ昼飯, 取りな, 取りなおすこと, 取りもどした, 取り戻したこと, 取り直したらしく大きく, 取り直し一心, 取り直せ, 取り静めた彼女, 取直した様子, 取直し何程, 取直すばかり, 可憐に, 吐いたもの, 吐いた感傷的愛郷者, 吐かれたもの, 吐き始めた, 吐くこと虹, 向かすよう, 向けてるふう, 含めり, 吸い込み事物, 吸ったもの, 吹きかけて, 吹き込みて, 呑まれたらしい五人, 呑まれた荘公, 呑気に, 和らげて, 喪うほど, 喪ひ, 回したり, 回すよう, 壁を, 変えた様, 外らすまいと, 大きく持, 失いかけたの, 失いは, 失い天下, 失い翌朝, 失うと, 失う一歩手前, 失う間際, 失ったつもり, 失ったまま浴槽, 失った伯爵, 失った少年, 失った牝蝦蟇, 失った際, 失っても, 失つた姿で, 失つてとうとう, 失つて地上に, 失はんばかりに, 失ふ, 失わない簡単, 奨励する, 奪られます, 奪われたこと, 奪われた浪人組, 奪われる何もの, 奮いやにわに, 孕み出す, 安めようと, 害した彼, 寄せて, 察する能わずこの, 少しもたらし, 帯び明秀, 広く持て, 廻さないよう, 廻した, 廻しますし, 廻し過ぎじゃ, 廻すもん, 廻わす, 引かれたが, 引きしめず他人, 引き取りましたか, 引き立たせたもの, 引き立てた, 引き立て気軽く, 引しめた, 引立てると, 弱く持たない, 張った, 張っても, 張らせようと, 張りつめ身体, 張り病気, 張詰めたる身, 強くもっ, 彼に, 御つけ, 急いで, 恢弘すべし, 悩まし遂に, 悪くさせない, 悪くしたくない, 悪くしよう, 悪くすん, 悪くなさらず, 悪くなんぞ, 惹かされた, 惹かれるもの, 感じさ, 感じとって, 感ずるでございましょうな, 慰むる, 打たれた治部太夫, 払い落された, 折られながらも, 抜いた壁辰, 抜かれた形, 抜く芝居, 押し鎮めて, 持たせずに, 持たせるばかりの, 持ちなおしたが, 持った肌, 持直すつもり, 挫く, 揃えなければ, 揉ませたの, 揉ませるなんて, 揉まなくッ, 揉みましたか, 揉みますが, 揉み出した頃, 揉み揉み控え屋敷, 揉むから, 揉むでは, 揉む必要, 揉む者, 揉んだそう, 揉んだろう, 揉んだ褄, 換えに, 揮って, 損なわぬこと, 放れぬところ, 散らさず自分, 散らさないよう, 散らされること, 散らして, 散らせるので, 昂めぬ, 晴らさなければ, 晴らすこと, 晴ればれと, 替へて, 構えて, 止めず自分, 止めは, 永く辛抱, 沈ませ何事, 注くる, 注けろがら, 浮き立たせようと, 添えた, 測りかねて, 満喫し得る, 滅入らせるもの, 澄ましあった, 焦せらせたの, 焦ッ, 焦立つけれども, 牽きながらか, 狂わすよう, 理想と, 留めしも, 留めなくなりました, 病まぬが, 病むの, 発し居り, 盛り眼, 眸に, 着けたか, 着けなさい女, 着けまする, 知った事, 確りしねえ, 示すと, 移すこと, 窺知した, 立てるばかり, 籠め傾い, 紛らした方, 紛らすので, 紛らせるため, 紛らわせようと, 絶した, 締めた, 置いても, 置き過ぎる, 老嬢に, 胸へ, 腐らした, 腐らした気味, 腐らすだろう, 腐らせたの, 腐らせられて, 腐らせれば, 苛だたせ, 荒らげ時, 落さぬよう, 落したの, 落しませんでした, 落ちつけたつもり, 落ちつけなされ, 落ちつける為め, 落ち付けた, 落ち着けねば, 落ち著, 落としたと, 落とすもの, 落付けなさい, 落着けなさい, 落着けるよう, 裂いて, 見せつけて, 見よ, 覚ゆるので, 許さない, 許した, 許した人たち, 許す, 許すまいと, 試すべき難業, 誘うほど, 誘ふので, 諫めようにも, 負うた賈, 負った煙客翁, 貯えて, 起こさした, 起こさせる, 起こしたほど, 起こすもの, 起させたなあ, 起させました, 起させるの, 起さないもの, 起したひには, 起しちや駄目, 起すでしょう, 転じさせたが, 転ぜぬ様, 輸び入る, 迎える性質, 通わせるの, 遠くし, 遣うこと, 遣ったり, 配ったつもり, 配ってるらしかった, 配つた手紙の, 配つて居た, 配ばらず, 配らせる今日, 配りつつ, 配り声, 配り弟, 配り近づいて, 配るだけ, 配る余裕, 配る風情, 醸し遂に, 鍛えやがて, 鎮めた後, 鎮めるの, 長くお待ち, 長く見張っ, 附けた方, 附けなさい, 附けよとだけ, 附けりゃア大丈夫, 附ける事, 附け出した, 院は, 露わしすぎ, 静めないか, 領すること, 飜へ, 養い他日, 養うため, 養う機会, 養った挙句, 高尚に

▼ 気~ (6657, 8.9%)

257 せいか 60 ない返事 52 ついたこと 48 どくな, 遠くなる 43 すること 36 弱いこと, 弱さ 34 せいだ 29 せいで 28 なさそう, 抜けたよう 27 するもの 26 ついた時, つくこと, ない顔 25 ついたの, 弱い男 24 どくだが 23 利いたこと 22 せいかも, 利いたもの 21 するの, 弱い人, 弱い者 20 付いたこと, 持ちよう 19 弱いもの 18 つく者 17 きいたこと, ついたとき, ついて 16 向いた時 15 弱そう, 無さそう 14 する事, 弱いの 12 すむよう, どくに, ないよう, ない調子, 弱い女 11 して, する時, せいです, つかないうち, つかないよう, 向くまま, 所為か 10 せいだった, せいばかり, ついたもの, つくはず, 利いた男, 弱い私, 早い連中, 無い返事

9 [14件] きいたもの, するほど, せいだろう, つくの, つくもの, つく人, ないこと, ない声, 利いた事, 弱い彼, 強い女, 強さ, 済むよう, 立って

8 [12件] い, したこと, したの, すむまで, ついたよう, ない返辞, 中に, 付いて, 利いたの, 弱い奴, 弱い方, 狂いそう

7 [17件] きいた言葉, つかないこと, ような, よさ, よさそう, 利いた言葉, 勝った女, 変な, 弱いお, 弱い事, 強い人, 故か, 早いの, 早いもの, 済むまで, 迷いだ, 進まないの

6 [26件] いい男, するところ, せいかな, せいじゃ, つかないところ, つかぬよう, つくよう, ないもの, ふれた女, 付いたの, 利いた, 利かない奴, 変に, 小さな男, 弱い, 弱いところ, 強いお, 強いこと, 強いの, 強そう, 早いこと, 早い者, 狂つた, 迷いか, 迷ひ, 違って

5 [36件] ある男, きいたの, きいた事, すすまない顔, する, するとき, する人, する所, せいかしら, せいかと, つかないの, つかない所, つかない様子, つかなかったの, どくだと, なかった, ぬけたやう, むくまま, 付くこと, 付く者, 入れ方, 利いた女中, 利いた奴, 利いて, 合った友達, 変りやすい, 多い人, 弱い母, 抜けたもの, 抜けたやう, 短い米友, 短かい, 確かな, 置ける人, 長いこと, 長い話

4 [56件] あるもの, いい人, きいたところ, きいた人, きかない女, すまないところ, する薫, せいであった, せいに, ついた事, ついた人, ついた彼, つかぬところ, つかぬふう, つく事, つく人間, どく, どくそうに, どくなほど, ないところ, ない人, ぬけたよう, ひけること, めいるよう, ゆるみで, 付いた事, 付いた時, 付かないよう, 付くの, 入れかた, 出るの, 利いたお化け, 利いたところ, 利かない話, 多いもの, 小さい人, 小さい奴, 小さい男, 弱い娘, 弱い連中, 強いもの, 抜けた歩き方, 早い男, 永い話, 無い返辞, 狂ったよう, 狂った人, 狭いもの, 知れぬこと, 短い人, 短い奴, 練れて, 置けないもの, 違ったよう, 遠くなった, 長い人

3 [120件] あった友達, あるところ, あるよう, ある人, ある顔, いいやつ, きいたふう, きいた奴, きいた男, きいた者, きいた若い, きいた話, きいて, きかねえ野郎, くさくさする, さして, したもの, した事, しないもの, すまないよう, すまない人, するもん, する次, すゝま, せいでしょう, たった女, ついたところ, ついた朝, ついた者, つかないはず, つかない内, つかなかったこと, つかぬうち, つかぬこと, つかぬもの, つかぬ筈, つく子, つく男, つく筈, つく限り, つまるよう, どくさ, どくだ, どくだから, どくだね, ないの, ない事, ない私, ない髪, まよい, ものを, ゆるむの, よい男, 乗らない返事, 付かないうち, 付くはず, 利いたよう, 利いた人, 利いた子, 利いた風, 利かなさ, 可い, 変り易い, 好さ, 小さい, 小せ, 弱い人間, 弱い六三郎, 弱い女たち, 弱い子, 弱い彼女, 弱い所, 弱い父, 弱い神経質, 弱い精力, 弱い青年, 弱さうな, 張りが, 張りも, 強い奴, 強い子供, 強い者, 強くなった, 抜けた人間, 抜けた様, 抜けた顔, 抜けた風, 持ちやう, 持ちよう一つ, 持ち方, 揉めること, 故だ, 早いお, 早い人, 早い奴, 早い子, 晴れること, 楽な, 済まない人, 無い声, 狂った様, 狂って, 男で, 知れないの, 知れない人, 知れない先生, 知れぬ奴, 短いもの, 短い男, 軽い女, 迷いじゃ, 迷いで, 迷いや, 逸い, 違った人, 違つた, 遠くなり, 重くなる, 長いの, 附くこと

2 [376件] あるやつ, ある土地, ある奴, いいこと, いい子, いい桶屋さん, いい母, おかしい妹一人, おかしくなる, おけないところ, おける人, おける処ゆゑ, おつきに, お吉顔, きいたお, きいたよう, きいたん, きいた会話, きいた台詞, きいた名前, きいた女, きいた女中, きいた春の唄, きいた泥棒, きいた綺麗, きいた表現, きいた題, きいた黒い, きかないこと, きかない話, きかねえ話, さすもの, さすよう, されるの, されるもの, したお, したその, した訣, すむやう, するあの, するお, するこの, するよう, する一方, する図, する場合, する声, する常陸夫人, する日, する源氏, する私, する程度, せいかとも, せいかは, せいだったら, せいであろう, たしかな, ついたお, ついたせい, ついたはじめ, ついた時分, ついた点, ついた私, ついた自分, ついた頃, つかざりしもの, つかずに, つかないお, つかないで, つかないふう, つかないほど, つかないもの, つかないやう, つかない中一, つかない人, つかない奴, つかない容子, つかない振り, つかない振を, つかない自分, つかない色々, つかない間, つかない顔, つかなかった自分, つかぬの, つかぬはず, つかぬほど, つかぬ処, つかぬ方法, つかぬ男, つかぬ程, つかぬ間, つきそう, つきようはず, つき方, つくお, つくさき, つくとき, つくひと, つくほど, つくまで, つく女, つく点, つく程度, つく親切, つまるほど, つよい船宿, どくがった, どくがって, どくそうな, どくだけれど, どくでは, ないひと, ないようす, ない吉次郎, ない奴, ない心持, ない態度, ない挨拶, ない様子, ない笑い方, ない老, ない風, ながいこと, なさ, なさ加減, ぬけた声, ぬけた様, ぬけた顔, はづみ, はやい連中, ひがんだ奴, ひける幸福, ふさぐの, ままに, ままよ, まよ, まわし方, むいたとき, ものかと, ゆるみの, ゆるみを, よいところ, よわさ, 一時に, 中で, 中を, 乗った様子, 事を, 付いた者, 付かないこと, 付かない内, 付かない青年, 付かなかつたの, 付かぬ事, 付くもの, 付く男, 付く著しい, 付けようは, 優しさ, 利いたお, 利いた人間, 利いた仕事, 利いた仲働, 利いた優しい, 利いた処, 利いた出汁, 利いた化け物, 利いた威勢, 利いた小説, 利いた常談, 利いた愛人, 利いた文字, 利いた泥棒, 利いた物, 利いた理窟, 利いた策略, 利いた精密さ, 利いた者, 利いた苦労人, 利いた話, 利いた調子, 利かない失策, 利かぬ話, 利かねえ女, 利くこと, 剛情な, 勇み立ち動き, 勝って, 勢か, 合うところ, 合った同士, 合った同志, 合った者, 合ふ, 合わないもの, 向いたのに, 向いた所, 向かない時, 向かぬ時, 向くま, 向くよう, 向く方, 変らぬうち, 変わりやすい, 多い作家, 多い癖, 夫の, 女が, 好さそう, 小さいこと, 小さいところ, 小さいの, 小さいもの, 小さいもん, 小さい割, 小さい女, 小さい方, 小さい於福, 小さい者, 廻るの, 引けること, 引けるほど, 弛みから, 弛みが, 弛みの, 弱いお方, 弱いくせ, 弱いこの, 弱いにも, 弱いやつ, 弱い両親, 弱い伊豆, 弱い信吉, 弱い僕, 弱い兄, 弱い児, 弱い国経, 弱い妹, 弱い娘子供, 弱い学生, 弱い少年, 弱い心, 弱い性質, 弱い涙, 弱い福三郎, 弱い静子, 弱い顔, 弱くなった, 弱り, 張が, 張りを, 強いそうして, 強いところ, 強い人間, 強い娘, 強い方, 強い犬, 強い男, 強い連中, 彼は, 怯ける, 悪くなる, 折れて, 抜けたこと, 抜けたころ, 抜けたる顔, 抜けた泡, 抜けた身, 抜けた風船, 抜けた麦酒, 抜けないうち, 抜けること, 故で, 方が, 方は, 早い, 早いいなせ, 早いデモ倉, 早い人たち, 早い人達, 早い人間, 早い日本画家, 早い江戸, 早い繁, 早い職人, 早い蝙蝠, 早い話, 早え, 晴れるよう, 残って, 注いたの, 注か, 注く, 清む野辺に, 済まなかった, 済まぬこと, 済むやう, 滅入りそう, 滅入る事, 無い張り方, 無い顔, 無さ, 物を, 狂う程, 狂ったおきぬは, 狂ったの, 狭い卑屈, 狭い女, 男であった, 疲れも, 疾い, 眼を, 知れないこと, 知れないところ, 知れぬと, 短いおじいさん, 短いこと, 短いの, 短い父, 短か, 確な, 緩むよう, 置けない人達, 置けない奴, 置けない小, 置ける先生, 者が, 腐って, 臭さ, 良いところ, 良い女, 若さ, 荒いいろいろ, 荒い人, 荒い父親, 荒い男, 荒い郡内, 荒くなる, 落ち着くこと, 薄明に, 表情が, 衰えが, 衰へ, 衰頽を, 触れた犬, 触れて, 許せないよう, 軽い, 軽さ, 迷いかしら, 迷いだった, 迷いだろう, 迷いでも, 迷ひでは, 進まないもの, 進まないよう, 進まない様子, 進まぬこと, 進まぬよう, 遠くなっ, 配り方, 重い日, 重さ, 鋭いもの, 長い, 長いもの, 長い男め, 長さ, 附いた時, 附か, 附くもの, 附く事, 附く筈, 隔け, 集まる所

1 [3217件 抜粋] あうマス, あそばすの, あった筈, あは, あらい稼業, あるちゃんちゃん, あるわけ, ある先生方, ある姿態, ある水, ある香気, いいたち, いいりこ, いい人たちはつねづねいやになるほどきかされてる, いい差配, いい異国者, いい面白い女, いたりと, おかしい善良, おけないやう, おけない家ぢ, おけない男, おけない若い, おけぬごく, おけるよう, おみゑ, お美夜ちゃん, かなりある, かわるところ, きいたせんせいたち, きいたやり方, きいたノート・ド・カルネー, きいた仲間, きいた前座, きいた名句, きいた女の子, きいた家, きいた小咄, きいた店員, きいた所, きいた探偵物, きいた服装, きいた洋服, きいた猶, きいた知恵者, きいた良清, きいた農園住宅風, きいた顔, きかないところ, きかないスローモーション, きかない好人物, きかない死にかた, きかない野良犬, きかねえこれ, きかん者, きわめて少なく, ことも, さくいそして, さすお話, されるころ, される時, した命, しないうち, しない子, しない絵, しれねえ男, すすまない千世子, すすまない私, すすまぬ容子, すすむ顔色, すまないの, すまない方, すまぬところ, すむまでいじくっていられるようだ, すむようにさしとくさ, するほどの, する一枚, する人生, する又八, する夜明け, する小さい, する得体, する暗い, する物, する督, する軽い, する雲, せいかすつかり, せいって, せいとも, せかせかし, せずやはり, そわそわする, たってるエリザベス, ちがったよう, ついた, ついたは, ついた一人, ついた仙二, ついた司法主任, ついた広子, ついた松本, ついた津田, ついた筒井, ついた限り, つかないくらい, つかない一座, つかない危機, つかない昼ごろ, つかない笑い顔, つかない裂け目, つかない非常, つかなかったその, つかなかった宗助, つかなかった極, つかなかつたの, つかぬのみか, つかぬ或は, つかぬ致命的, つかれざる事, つかん商売, つきよう, つくお方, つくそう, つくオカミ, つく先, つく如く氏, つく年四十, つく方法, つく看護者, つく間, つまるばかりに, つまる話, つよい犬, とがめる時, どくだけど, どくだねえ, どくでその, どくの, どく和女, ないこの, ないひと言, ないぼんやり, ないガラッ, ない中学生, ない体, ない別荘, ない商売人, ない妙, ない小さい花, ない彦太, ない意味, ない日本, ない武骨者, ない無邪気, ない疲れた, ない空, ない縁談, ない良人, ない薄笑, ない赤熊, ない青葉, ない黄色, なくなるの, ぬけたお, ぬけた人, ぬけた笑い, ぬけた風せん, のらぬ様子, はずみを, はりつめたよう, はれるもの, ひけるもの, ふさいで, ふれたの, ふれて, ぼうと, まぎれるもの, まわった倉地, みじかい方, むくよう, ものだ, もみかたで, もめる安らか, やさしい, やさしい春, ゆえか, ゆるみが, ゆるんだ人々, ゆるんで, よい小声, ようで, よく見える, よわい人が, よわい方も, わるい思い, ボーッと, 丈夫である, 中であった, 乗った作, 乗らない沈黙, 乗らぬ笑顔, 人だ, 付いたお, 付いた条件, 付かないはず, 付かない日, 付かなかった異性, 付かぬ振り, 付きようだった, 付く場合, 付く筈, 休まりを, 休まる風, 伸鬼は, 儘じゃが, 優しい情, 優しい顔, 八五郎です, 凍に, 切れる度毎, 利いたつかい道, 利いたやう, 利いたダンディ, 利いた一軒建, 利いた人種, 利いた使い, 利いた凝った趣, 利いた医者, 利いた名前, 利いた声色, 利いた子分, 利いた小唄, 利いた店, 利いた悪口, 利いた手段, 利いた掴み方, 利いた方法, 利いた材料, 利いた歌曲, 利いた洒落, 利いた用心深い, 利いた短篇物, 利いた糸入, 利いた美味料理, 利いた膳, 利いた蛙, 利いた詞, 利いた車, 利いた運転手, 利いた題, 利いた鼠, 利かないお多福, 利かないボンボン時計, 利かない動物, 利かない桐, 利かない粧, 利かない骨頂, 利かぬ田舎もの, 利かん奴, 利く事, 制禦的な, 動きを, 勝った子, 勢でございます, 合うたる, 合う旅まくら, 合った人, 合った方, 合つた悪党ばかり, 合わない愛子, 向いたもの, 向いた時着換え, 向かぬとき, 向き次第いつでも, 向く仕事, 咎めで, 咎める商売, 善い馴, 塵ほども, 変らないうち, 変るもの, 外に, 多い彼, 多い種類, 多い蜜柑, 大いに振った, 大将と, 失せない内気, 奴だった, 好い人, 好い話, 子供でも, 学を以て, 宰八紅の, 小さいし, 小さいわり, 小さい僕, 小さい大人しい者, 小さい弥三郎, 小さい極り, 小さい目, 小さい良心, 小さな両人, 小さな奴, 小さな父親ら, 少い甘つ, 少女でも, 屈は, 已む能わずし, 延びた証拠, 廻らない人間, 引き立つよう, 引ける様, 弛んだところ, 弱いいわば, 弱いお嬢さん, 弱いせい, 弱いはにかみ屋, 弱いやさしい何だか, 弱いオリヴィエ, 弱い一信者, 弱い人物, 弱い優柔, 弱い口調, 弱い国太郎, 弱い夫人達, 弱い妻室, 弱い寺田, 弱い彼等, 弱い恭二, 弱い手合い, 弱い旅人, 弱い歌, 弱い点, 弱い生れ立て, 弱い町医者, 弱い神経, 弱い老婆, 弱い芸者たち, 弱い許嫁母子, 弱い質, 弱い魔物, 弱くなる, 弱りに, 張った快活さ, 張らない臆劫, 張りをさえ, 張弓引つづい, 強いばかり, 強い人たち, 強い女房, 強い按摩さん兼遊芸人さん, 強い生活力, 強い課員, 強くなっ, 忠さん海軍の, 急く様子, 怪み, 感じと, 戯談を, 抜けたさみしい, 抜けたマアテルリンク, 抜けた生返事, 抜けた遠い, 抜けた黒味, 持ちかた, 挫けよう, 揉めた事, 揉める婆, 故かも, 散って, 散れること, 方伸は, 早いことぢ, 早い一本調子, 早い二, 早い南日君, 早い子供ら, 早い手合い, 早い殿様, 早い渡辺刑事, 早い観桜客, 早い陳君, 早い麦藁帽, 晴れた事, 晴れる方向, 暴さは, 有無を, 様です, 毒気である, 気焔を, 永いアインシュタイン, 永い穿鑿, 沈むほど, 浮いた時, 海の, 添って, 済まない喧嘩渡世人, 済まない自分, 済まぬ事, 済まん性分, 済む心地, 源太ゆるり, 滅入りを, 漂うて, 為か, 無い一日, 無い様, 父ッさんである, 狂いから, 狂うた方は, 狂う邪魔, 狂った友だち, 狂った峯吉, 狂った猫, 狂つた動物みたいに, 狂へ, 狭い潔癖, 由顔が, 疾え, 相連つて, 着かぬ処, 知れない動物, 知れない男, 知れぬ夫, 短いそして, 短い吃り, 短い忍耐力, 短い老人, 短い面会人, 短そう, 私は, 立ちきって, 立った三吉一味, 立った見物, 立つよう, 精か, 紛れるよう, 続くかぎり, 緩んだ岸本, 縺れに, 置けないところ, 置けない人, 置けない同僚, 置けない店, 置けない生計, 置けない話好き, 置けぬ様, 置け相, 老爺は, 致し候, 良い親切, 苦に, 荒いの, 荒い女, 荒い息子, 荒い照常様, 荒さ, 荒らい惨い, 落ち付く, 落着か, 行くま, 衰えをさえ, 見えぬ落葉林, 触れた人間, 許せないおやじ, 詰まるよう, 起こった時, 起る筈, 軽い返事, 迷いぐらいに, 迷いであろう, 迷いにも, 退ける様子, 進まない源氏, 進まなかった縁, 進まぬ体, 進むも, 違ったすこし, 違った婆さん, 遠うなっ, 遣り場に, 重い常緑木, 鋭い眼つき, 長いお萩, 長い天道様, 長い猛獣狩り, 長い道中, 開けない千鶴子, 附いた髪, 附かない欠点, 附かぬ様子, 附くかぎり, 附く気, 陽炎, 青ン, 面白い小作人仲間, 骨頂たる, 鬱する病

▼ 気~ (3140, 4.2%)

244 する 214 した 118 して 100 するの 84 するが 64 したが 48 なしに 39 なかった 34 つかずに 31 しなかった 30 知らないで 27 します 26 するし 24 ない 23 しない 17 そぞろに, 心も 16 したの, するので 15 起らなかった 13 しないでは 12 したし, しますが, なく, 顛倒し 10 しました, なくその, 付かずに, 遠くなる 9 あって, された, しながら, するけれど, つかないで, なくなって, 何も, 魂も 8 するん, 狂わんばかり 7 されて, したので, つかなかったが, 狂わんばかりに, 致します, 起らなかつた 6 しないの, しないので, なくお, 狂いそう, 知らずに, 起って

5 [13件] あった, あつた, いたします, しましたが, するな, するね, ない顔, なく見る, ゆるんで, 利いて, 起った, 起らない, 起る

4 [24件] あったの, ありませんでした, しないで, しなかったの, しなかつた, しなければ, しませんでした, しまた, つかないよう, ないが, ないこと, ないし, ないの, ないので, ないよう, なかつた, なくて, 出ない, 出なかった, 変に, 知らねえで, 起こらなかった, 起らなかったが, 転倒し

3 [32件] ありませんから, さめて, したけれど, しない事, しますよ, しらないで, するけれども, するもの, するよ, せず, そぞろで, そぞろであった, つかなかったの, どこへやら, ないと, なくこの, なくこんな, なくそれ, なくただ, なくどんどん, なくな, なくなった, なく顔, 働いて, 出た, 止めずに, 無しに, 知らないでさ, 落ちつく, 起らぬ, 転倒せん, 顛倒した

2 [129件] あったし, あったでしょうし, あったので, あったろうし, ありましたし, ありません, ある, あるが, あるの, あるよう, いたさぬ, いたしますが, いたすこと, おかし気, おちついて, されました, される, したけれども, したのに, しないでも, しないよ, しないよう, しなかったし, しなかったので, しなくなった, しますけれど, しますし, しますわ, しません, しらずに, するから, するけど, すると, するわ, するネ, する薫, すれば, せずに, せずむしろ, そ, そぞろな, そぞろの, たって, ついて, つかずまた, つかないうち, つかなかった, つかぬらしかった, つかねば, つきませんでした, とおくなる, どこか, ないくせ, ないらしく, ない事, ない体, ない女, ない風, なかつたが, なかつたの, なくこう, なくさ, なくさびれはてた, なくそう, なくそんな, なくつい, なくなつた, なくなると, なくふと, なくもしくは, なくわが家, なく使っ, なく入って, なく呉れ, なく手, なく持っ, なく机, なく母親, なく父, なく眺め, なく眺めた, なく私, なく空, なく腰, なく自分, なく言, なく話した, なく踏みつぶし, なく近況, なければ, なにも, ぼんやりし, わくせき, テンドウせん, 交って, 付かなかったが, 出すまじ例, 勇み足も, 動かすに, 合って, 失せて, 失って, 少しは, 廻る, 引けたし, 弛んで, 弱くお, 感じられた, 挫けて, 旺んである, 注か, 浮かりと, 漫に, 澄んで, 無い, 狂わんばかりの, 致しませんから, 萎えて, 薫は, 起きたが, 起こらない, 起ったが, 起らないでは, 起りません, 起りませんでしたが, 起るの, 遠くなった, 遠くなったらしい, 醒めて

1 [1171件 抜粋] あそばされたし, あったかして, あったもん, あった人物, あつたらう, あらたまります, ありいや, ありながら, ありませぬ, ありませんし, ありませんので, あるし, あるという, あるので, あれば, いくらかあった, いたされる夜, いたしますから, いたしますそれで, いたしますよ, いたそうな, いっぺんに醒め, うつろである, おけなくて, おこらずまた, おこらなかつた, おこりません, おこるもの, おちつき道誉, おなじと, おのずと荒く, お秀, かけずただ, かけず急ぎ足, かるかった, がっちりと, くじけいつのまにか, くれないで, この日, こよい, さらに無い, されたが, されるが, されるの, され出した, しずまって, したこと, したその, したであろう, したやう, した位, しだした, してたが, しないうち, しないこと, しないでなかった, しないのに, しないや, しない子供, しない様子, しなかったくらい, しなかった私, しなかつたが, しなくなったよ, しなくなって, しはじめた, しましたよ, しますからねえ, しますたい, しまする, しませんが, しませんでしたので, し反感, し強いて, し空恐ろしく, すくんだらしくあっと, すっぱりと, すぼけた, するけれ共, するこれからどう, するそう, するには, するのよ, するよう, する一夜, する中将, する八月, する未練, する話, せいて, せずいづれ書きませうと, せずけれども, せずそのまま, せずには, せず振り向いただけ, せず朝暮, せなかつたに, せぬくら, せらる, せんケンド, そこねまいとして, そは, それほどしなかった, たつわ, だんだんに, つかざりし, つかずいつの間にか, つかずかって, つかずただ, つかずには, つかず恐ろしく, つかず歩いて, つかず注意, つかず途中, つかで飽かれて, つかないらしくお, つかない様, つかない風, つかなかったろうしかし, つかぬうち, つかぬらしい様子, つかぬ体, つかれぬ様子, つきませぬに, つくし何だか, でんぐり返え, ときめいて, とめて, とめなかったこと, ともに軽い, ないから, ないただ, ないです, ないのよ, ないもの, ないやう, ないらしかった, ないパサパサ, ない乱暴, ない千代子, ない土, ない婆, ない山, ない挙動, ない明日, ない無心状態, ない癖, ない言い方, ない調子, ない足取り, ない顰蹙, なかつたので, なかッた, なき汽車進行, なくあずかった新之助, なくいいはなした, なくいざ, なくいへ, なくおら, なくお次部屋, なくかかる濫伐, なくがらり, なくこれ, なくさっぱり, なくそこら, なくその後, なくづか, なくどれ, なくなったから, なくなったもの, なくなりそう, なくなります, なくなり転がるよう, なくなんだ九州, なくは, なくはね返したくなる, なくひっくり返り電燈, なくひろげ, なくぼんやり, なくまえ, なくやった悪戯, なくよくも, なくコーヒー一杯, なくズルズル, なくヒョイ, なくフト夫, なくリキー, なく一人一人, なく一緒, なく三階, なく上眼, なく与へて, なく二三町, なく云いたてた, なく云った, なく今, なく伐り下ろして, なく使いたる, なく使つて, なく偶然兼子, なく光君, なく其葉書, なく凝った, なく切り花, なく反撥的, なく口, なく同胞思い, なく向う, なく土, なく坐って, なく堤, なく多く, なく大変, なく家中, なく寧ろ, なく島田, なく平和, なく座敷, なく彼ら, なく微笑, なく徳利, なく恵む, なく情, なく懐中, なく扉, なく打, なく投げ込ん, なく振り向いた, なく振撒いた, なく捨てられる, なく提供, なく撒き散らす, なく教場, なく敷かれ, なく明り, なく月あかり, なく朝子, なく朽ちさし, なく椅子, なく歩く, なく毎日店, なく江戸, なく流させない, なく海上, なく溝店, なく点け, なく煙管, なく片っ端, なく玉, なく用いすぎる, なく皺くちゃ, なく眼, なく瞻めいたる, なく示し, なく穏やか, なく突, なく立ち上った, なく立去りかけます, なく答える, なく縁側, なく聞き流した, なく胡坐, なく臆病窓, なく自己, なく舞い込ん, なく蚤, なく行く手, なく表, なく見, なく見た, なく見上げ, なく言った, なく言放てる, なく話, なく読んだ, なく貞女, なく起き抜け, なく近寄ったが, なく通っ, なく遂行, なく針助, なく釣込まれ, なく鍵, なく開い, なく降って, なく随分, なく電話口, なく頭, なく食っ, なく髪, なけりゃ従って, なし, なしそのまま, なしにね, なし扉, ねえ若い, のうのうと, はなれて, はればれと, ぱっきりしたという工合で, ひょろぬけて腰, ふさぐべき種, ふと感じる, べつだん起らなかつた, ぼっとしました, まぎれるの, またくじけた, まだ残っ, みじかい, みだれる, むしゃむしゃする, もうどこ, もとよりなかっ, もめる, やさしく父, ゆるみ投げやり, ゆるんだか, よだつ恐怖, わたしを, テンドウし, 一寸した, 三伏の, 上の空何やら, 不覚なれ, 付かずまた, 付かず欄辺, 付かない阿呆みたい, 付きませんでした, 代って, 体も, 使わなければ, 借らずに, 全然しなかった, 出さない, 出て, 出なかつた, 出なくて, 出ぬほど, 別に無く, 利くし, 刺客の, 去らぬ頃, 合い話, 同時にした, 咎める, 坐ろに, 変つ, 変る誰, 変わるだろうから, 多少は, 失うの, 失せた程, 失せました, 失ったので, 安まる, 実際した, 尽き果てて, 差したの, 幾分かは, 引けた, 弛みて, 弛んだか, 弱かったらしゅうございます, 弱く腕ッ節, 弱って, 張りつめて, 強い方, 影も, 心の, 忙しげ, 怠って, 急かれて, 急に, 慰むかも, 手伝って, 手伝つてともかく, 抱かれて, 持たなかった, 挫けたもの, 捨て死ぬ気, 揉んだそう, 昂く示して, 時々しなく, 時々起した, 時間も, 晴々として, 晴れやかな, 晴れようと, 晴れるでしょう, 晴れ晴れとして, 暢びてきますよ, 柔らかに, 止めずメタル, 止めなかった, 気では, 沈まずに, 沈んで, 浮き立つよう, 消えて, 消さず連旬, 済まないん, 済むから, 源氏は, 滅入るよう, 澄むばかり, 無いという, 無いらしく, 無い庭, 無くなった, 無くなりそん, 無く一分時, 無く遊ん, 爽, 爽やかに, 狂いましょう武蔵様, 狂うほど, 狂う程, 狂く, 狂つてゐない, 狂はんばかりに, 狂ほしき, 狂わしく取縋り, 狭い信徒仲間, 留めずに, 疲労て, 発るべき, 皮肉の, 直して, 着かず, 着かないほど, 知らず, 知らず綱雄, 知らねえ, 知らねば, 知れないが, 示さない, 私の, 立って, 紛れるし, 絶え絶えに, 腕っ節も, 致してな, 致しますが, 致しません, 苛つい, 若くて, 萎えた, 萎えた袖褄, 萎え徐晃, 落ち付きましょうが, 落ち着くもの, 落着いた, 装いも, 見えない, 見せなかつた, 買って, 起きて, 起こったが, 起こらなかったが, 起こる, 起こるはず, 起さないで, 起さなかつた, 起つて, 起らずに, 起らずまた, 起らず何ん, 起らず机, 起らず鞄, 起らないの, 起らなかったので, 起らなかつたし, 起らなくなりました, 起らんでは, 起りました, 起るなり, 身体も, 転動, 軽々となり, 軽々と儀容, 軽々と見えた, 軽い男, 軽くなっ, 軽く寝台, 軽く窓さき, 軽く述べたてる, 迫って, 通人気取, 違いません素より, 遠, 遠くなり, 配らず自分, 鈍って, 鎮まって, 附かず是, 附かぬ振り, 霽れる, 静まって, 顛動せん, 飽くまでなかっ

▼ 気~ (1810, 2.4%)

96 なかった 74 ないか 72 ない 47 ないの 45 しない 44 しなかった 35 少しも 22 ないかね 18 ありません, いが 17 ないん 15 しなかつた, ないが, 起らなかった 13 ないかと, ないと, 無いか 12 いがした, いを, したが 11 ありませんか, なかつた 9 しないの, 毛頭ない 8 するが, ないので, 微塵も, 毛頭なかった 7 いであった, いである, いもない, ないかい 6 ありませんでした, ねえん, 無かった 5 しなかつたが, する, ついて, なかつたが, なくなって, ひを, みじんも, 楽だ

4 [11件] さらさらない, して, しないし, しません, すゝま, ないという, 心と, 毛頭ないの, 無いん, 立って, 起らない

3 [35件] あせれども, あったが, あるが, いいが, いがし, いもなかっ, ございませんが, ござらぬかな, しても, しないが, しなかったの, せぬ, ないかな, ないかねと, ないかの, ないから, ないのよ, ないよ, なかつたの, なくて, なくても, なくとも, ねえか, ひが, 丸でなかつた, 些とも, 付いて, 天に, 始めから, 心だ, 心で, 無いの, 確かな, 起らなかつた, 遠くなり

2 [73件] あせる, あったの, あつた, あまりなく, ありませんから, ある, あるかい, あるの, あるまい, いい人, いたしますが, いに耳, いは, いはなかった, おあり, ございません, さらになかっ, しないから, しないね, しなかつたの, しなくな, しねえ, すなわち消散, するの, せん, たしかかね, ちっともない, ちっともなかっ, つきながら, つけて, づかしさ, ないかしら, ないし, ないですよ, ないらしい, なくって, なくなりました, ねえの, ひあり, ひなき, もうとうない, もう出ない, やさしくて, わたしには, 乱る, 人を, 全くない, 全くなかっ, 全然なかっ, 利かないが, 利きそう, 安し, 心から起らない, 揚がる, 更にありません, 楽だった, 楽に, 毛頭ありません, 毛頭ないん, 毛頭なかつた, 澄んで, 無いかと, 無かつ, 無論なかっ, 狂って, 知れない, 確かだろう, 確かです, 私の, 許せない, 起こらない, 起りませんでした, 進まなかった

1 [749件 抜粋] あいつには, あせり瞳, あたかも大納言, あたりに, あっても, あつて, あまりなかっ, あまりなかつた, ありながら, ありますかね, ありませんお前, ありませんかね, ありませんがね, ありませんでしたが, ありませんや, ありませんよ, あり夜, あるか, あるきっと, あるのに, あるまじき様子, あるもの, あるよう, ある場合, いい, いいらしい, いがしはじめた, いがしました, いが一所に, いが中で, いが感じられる, いが扉の, いが決して, いが白い, いが風の, いくらあせっ, いたしましても, いたしますけれど, いたしませぬ, いたしません, いだった, いと室, いにも, いに何, いの断えず口もと, いはどことなく, いはなかったかい, いは更に, いもありませんでした, いもしない, いもなく, いも為ませぬ, いや戸, いや益, いよいよ塞い, いよいよ荒く, いらいらと, いらしいもの, い運搬車, うしろより, うんとあっ, おいおいと, おこらずに, おこらなかった, おそらく必殺必勝, おのずから学校, おひ, おもて, かもされて, かんむりの, ききたり, きのうまでの, ぐるぐる回転, けだし婦人, こっちにも, ことごとく吸い尽くされなめ尽くされ, この余裕, この六波羅, ございませんか, ございませんから, ござらぬか, ござんせん, さすがに, さっぱりしすぎた, さて置き, さら, されたが, しごくよろしい, した, したけど, したの, したものの, してなかったん, しないか, しないかも, しないけれど, しないので, しないもの, しないらしかった, しないらしくちょっと, しないわね, しないん, しなかったが, しなかったに, しなかったわ, しなかつたし, しなかろう, しながら, しなくなった, しなくなつ, しねえけんど, しねえとよ, しましねえ, します, しませんかね, しませんが, しませんでしたよ, しませんと, しませんの, しませんよ, しまるし, しやしないよ, すぐ身近, すこしも, すすまなかつたが, すすんで, すなわち之, すむの, すれど, すわって, せいても, せきながらも, せくが, せずかえって, せずせかせか, せずそれ, せずつつみ隠しも, せずやはり, せず深い, せず盗まれた気, せず頤, せぬであらう, そう単純, そぞろに, その疲れた, そりゃ優しくっ, それで, それを, た, たしかだ, たしかでございます, たしかでしょう, たしかな, たしかになつ, だんだん遠く, ちっともありません, ちっとも起りませんでした, ちつとも, ついても, つかず先, つかないよ, つかなかったの, つきませんか, つくけれども, つくまいという, つくものの, つまる冷汗, づかしいやう, とうの, とみに昂まり, どうしても, どうしてもせぬ, どうだ, どうも分らん, どちらかと, ないかしらん, ないかとか, ないかとね, ないからね, ないかネ, ないけれ, ないけれど, ないだらうか, ないだろう, ないでしょう, ないですか, ないどんな, ないな, ないね, ないゆえ, ないらしく, ない唯, ない殊, ない癖, なお確か, なか, なかったろう, なかつたかも, なかつたし, なかつたので, なかつたん, なかつた私, なかッた, なくいい, なくお, なくその, なくなった, なくなり心身とも, なくなるだろうという, なくひどく, なくまた, なく其の, なく家, なく小, なく案内者, なく自然, なく顫, なげえが, なさらねえの, なし, なしかつ, なしその, なし女, なし当分, ねえかい, ねえが, ねえだからな, ねえちってな, のんびりした, はじめから, ぱたッと, ひいと, ひがしなかつた, ひしひしと, ひたひたと, ひである, ひなどは, ひなり, ひに, ひにて, ひも感ぜられない, ひより物々しく, ひ聞ゆ, ひ薫, へそを, ほんにええ, まさに一触即発, ますます乱れ, まず微塵, まだそこ, まだ緩まない, まるでなかっ, まるで起らなかった, みちて, みちみち少しの, むくむくと, むこうへ, むろんなかっ, もうこの, もう全, もう感じ, もって, もはやコンスタント, やさしいらしく, ゆるせたもの, よい男, よう分つ, よさそう, よもある, わき立ち譏刺, わりに薄く, テンデ, ハズミ過ぎ, 一種の, 一般に, 一遍も, 七島より, 不快だった, 乱れ心, 人には, 人の, 人並み以上に, 人工の, 今に, 今の, 付きたれど, 付きますまい唯, 休まる, 伸子に, 何となく丑松, 何事か, 僅に, 優しい人, 元より, 充分あった, 全たくなかった, 全たくなかつた, 全然無, 冷えて, 凝って, 出した, 出せなかった, 出せなかつた, 出ないやね, 出なかった, 出ぬはず, 出ませんでした, 初めから, 判然しない, 利いて, 利かず文学志望, 利くまい, 剛でも, 動顛し, 十分あった, 即味方, 反対に, 取られた, 口先ばかりの, 呉の, 善変せる, 嘘にも, 噂だけ, 坐前, 城内でも, 塞ぐ一方, 壮なり, 変りました, 変り易い, 多分に, 夢想する, 大の, 大まかです, 大阪という, 始終し, 宙天へ, 家の, 少も, 尽くる, 已に四辺, 引き立ちませんでした, 弱い方, 弱くて, 張って, 張り詰めて, 彼の, 後者の, 心でございます, 心とやら, 怒るまいとしても, 急いても, 急く, 急くし, 恒春園の, 悪くし, 愈々勢い, 感ぜぬよう, 払はれ, 抑も, 持たずしかも, 持たねえ正直, 持ってなかったもの, 挫けて, 揉みません, 揉める, 敵味方に, 日々に, 昔ながらであろう, 晦み, 晴々と, 晴れて, 更々ありません, 更にあらず, 更にない, 更に起らなかった, 有りは, 有りませんから, 有りません是, 有るか, 楽な, 樗牛に対しても, 次第に眼, 此方にも, 殆どなかっ, 段々かるく, 比較的楽, 毛頭ありませんでした, 毛頭しない, 毛頭ないが, 毛頭ないに, 毛頭なしと, 毛頭持っ, 毛頭無い, 毫もない, 毫もなかっ, 毫も起らなかった, 気でない, 水の, 決してない, 沁, 沈鬱せる, 洛中洛外の, 浮かない, 涼しかつ, 済みもしましょうが, 滅入るばかり, 漸, 澄みわたり太陽, 無い, 無いから, 無いが, 無いし, 無いと, 無い調子, 無えです, 無くなった, 無くなって, 無論しない, 無論抜け, 焦るが, 焦立って, 熾んな, 物頭格より, 牽かれなかつた郎女, 狂い果てなかった, 狂わぬこの, 理の, 生じなかった, 用いない茶, 病から, 益々滅入つ, 盛んであった, 直るもん, 着くまい, 知れぬが, 確かか, 確かかな, 確かだった, 確かで, 確かよ, 確で, 確に, 神と, 神尾も, 禁物と, 私には, 紛れなかった, 絶えないもの, 絶対に, 肉に, 脱け, 自らそこに, 至極いい, 興奮し, 良い人, 若いけれど, 若い者, 荒かった, 萎えて, 蕭索として, 見えず一人, 触るる所, 許さねど, 許せねえ, 誰でも, 起こさなかった, 起こさぬだろうと, 起こすこと, 起こらないで, 起こらなかった, 起こらなかったの, 起こりません, 起させなかった, 起しませんでした, 起しゃしません, 起らずそれ, 起らないが, 起らなくなる, 起りそう, 起りようが, 転乱し, 軽いけれども, 軽くなる, 迚も, 進まないながら, 進まなかったが, 進まぬが, 逸った, 逸ったが, 逸るが, 違いません正気, 遠くなつた, 配って, 醒まして, 重いが, 鎮まって, 長いよう, 附いとる, 附くまいが, 随分前

▼ 気~ (1242, 1.7%)

25 いるの 24 いた 20 いる 19 あつた 15 いたの 14 はない 13 いるん 9 いても 8 います, はなかっ 7 もない, ゐるの, 来たん, 私は 6 いるから, もなかっ, 居る 5 おいで, やって, 居るん, 来て 4 いたが, いると, ゐる, ゐるん, 妙な, 待って, 来たの

3 [22件] いたのに, いて, いやがる, いるが, いること, いるよう, いるらしい, おられるの, おる, おるか, ね, はありません, はあるまい, もある, ゐた, 云った, 安心し, 居るの, 暮して, 自分の, 言ったん, 読んで

2 [49件] あらうが, いたところが, いたろう, いたんだから, いった, いっぱいに, いるかを, いるところ, いるとは, いるマダム・セレスティン, か, ござりましょう, その凜, そんなこと, はございません, はなく, ひたすらへり, もあるまい, もちが, もちがや, もちご, もなく, も世間, も私, ゐたの, ゐるらしい, 一ぱいだった, 三円五十銭で, 云って, 何の, 先方に, 前の, 大得意, 宿を, 居るらしいのね, 持って, 東京へ, 気を, 生きて, 眼の, 精進すれ, 聞いて, 行くの, 見て, 見るから, 見れば, 言って, 訊ねた, 飲んで

1 [829件 抜粋] ああ約束, あすこに, あつたの, あとは, あなたを, あのひと, あらうと, ある時, あんなに髯, いう, いきなり腰, いきなり駈けだした, いたかも, いただ, いたって, いたもの, いたよう, いたらその, いたり, いたんだと, いたんだもの, いた事なぞは, いた殿, いた野心家, いったの, いった内, いっぱいだった, いては, いなくっちゃ, いまさあ, いましたから, いましたが, いやがったん, いやがるん, いやア, いよいよ馴, いらっしゃったなんて, いられなかったから, いられるあなた, いるお前, いるかは, いるだろうな, いるな, いるなれど, いるひと, いるらしいが, いるらしかった, いる与の, いる奴, いる様子, いれば, いろいろ智慧, うかうかと, うれしく何だか, おいでだった, おさまって, おもしろがっ, おやり, おりましたが, おりますわいな, おり支那, おッ, お出ででしょう, お出の, お君, お稲, お膳, お酒, かかったの, かかったら何, かかること, かけた鋭い, かけ廻って, きっぱりと, くの, ぐいと, げすから, こうして遊び, こうネチネチ, ここに, こっそりと, こっちの, この三月, この姿, この実験, この手紙, この本, この秘話, この詩編, この馬, これからモンテ・キャアロ, こんなつまらない, こんな馬鹿騒ぎ, ごみの, ご安心, さがして, さげすんでばかり, しかなかっ, しきりに私, じっと見守っ, すぐに, すすめば, すでに城内, ずんずん行く, せいぜい御, そういうこと, そう言っ, そこいら, そこにも, そちも, そのまま日盛, その不快感, その帆, その窓, それに, それ以来という, そろばん, そんな何, そんな心, たくさんの, たばこを, ちびりちびりと, ちょっとした子供, できたの, どう神妙, どこか, どこまでも, どんどん追っ駈け, どんなに浅薄, なさそう, なしっかり, なじんで, ならなかった, なんの, な実は, ぬからず頼む, ぬかるな, は, はいない, はいる, はち切れそう, はないだろう, は一日, は寧気楽, は居ん, は暮しかねる, は有るまい, は聞きませな, は飴, ひとつ大功を, ふとその, ふり向いて, ほくほくもの, まあだんまり, また何者, もあ, もありません, もあれ, もこらえ, もさ, もすぐ, もないでしょう, もなし, ものを, もまあだ, も俺, も冠, も出したら, も向, も向こう, も孝助殿, も敵, も無かっ, も起し, も迫る, やたらに, やったの, やったものの, やったん, やった細工, やった訳, やっぱり眼, やはり数学, やるわけ, ゆらゆらし, よけいな, よろこんで, わざわざこんな, わたしと, わたしも, ゐたが, ゐた連中, ゐて, ゐなければ, ゐられるほんとに, ゐりや, ゐるが, ゐるやうぢ, ゐる高等商業学校, アテナイを, ウロウロ這ひだ, ガチャガチャやっ, ソツクリ返, ハニスムに, パクつい, ブラブラ池, メガホンを, ワイワイ声, 一つ伸しましょう, 一つ思い切り, 一ぱいに, 一両でも, 一口で, 一度に, 一散に, 一杯に, 一歩に, 一狂言おれが, 一生懸命に, 下手な, 両方で, 中には, 主張した, 乗った訳, 乗って, 九州なんかへ, 二杯も, 云ったん, 互に顔, 人情の, 今まで, 今朝戻る, 他合, 他所事の, 付き合おうか, 以前の, 休むに, 会社の, 伸子は, 伺いますが, 何でも, 何時までも, 何気ない体, 働けば, 僕の, 僕を, 入らっしゃれ, 其の人, 其を, 出おるまい, 出かけた, 出かけた筈, 出して, 出すよ, 切符も, 初めて赤ん坊, 劉玄徳の, 勉強を, 勝つもん, 勝てぬ病気, 北馬蹄斎の, 十時頃から, 午後から, 午食も, 却って向う, 参ったわけ, 又眼, 叫んだ, 可うござん, 君は, 呉へ, 告白する, 呼んだん, 咳が, 咽せる, 問いを, 国を, 在所を, 境が, 夕方までには, 外へ, 夢中です, 大して益, 大に, 大仕掛け, 大手を, 大胡坐, 女子ふたり引きつれ, 始めてほつ, 威張って, 子供好きな, 存分に, 学校時代の, 安心なさい, 実は彼, 宮原俊彦に, 容貌態度に, 富岡は, 寝て, 尋ねかけた, 小さな声, 少しも, 少女の, 居た, 居たん, 居ましたよ, 居ましたら何時しか, 居り支那, 居るお金, 居るかと, 居るが, 居ると, 居るとばかり, 居れど, 屋敷へ, 山を, 巣守を, 常識的な, 平次も, 床へ, 度を, 庭の, 建てられた銅像, 引きこもって, 引つ籠り中, 弦之, 彦左に, 彼は, 往来で, 待ちわびた, 得意な, 忘れるとも, 念入りに, 思い切る事, 恋を, 恋愛, 息を, 患うと, 悩んで, 愚な, 憎々しくふてくさり, 成り行きに, 戯け半分に, 所内の, 所謂悪徳生活を, 手を, 手文庫の, 打棄, 押し合った, 押すさ, 持仏堂など, 捜し出すと, 故郷の, 敏捷だった, 文子さんと, 新子の, 旅に, 既に読んでる, 時節を, 晩の, 景気を, 暢気に, 暫く柱, 書いたの, 書き彼方, 書き読む方, 木の, 本当の, 来たか, 来たのに, 来たや, 来てる, 来るであろうゆえ, 来れば, 東京の, 柳生家の, 棒を, 権田正, 此大島守は, 此良縁こそ, 歩きました, 歩き出したが, 歩き出した時, 死ぬ者, 死骸の, 残った, 毎日虱を, 毛唐を, 水が, 水道橋へ, 汚ない, 江島屋に, 沢山御馳走, 油だ, 泊まりやすがね, 洒亜, 渡った知らん, 温泉掘つ, 潜りぬけやっと, 無さそう, 煽動した, 熱心な, 物を, 物事を, 狭間からは, 球の, 瓶を, 生命がけ, 生垣に, 申したの, 男の子を, 男まさりな, 留守を, 盗まれて, 盗むじゃ, 相手に, 真二つ, 真心籠めて, 眺めたの, 眼前とられ, 矢野さんと, 研いで, 私の, 私を, 空想を, 立った, 笑ったわけ, 箸の, 粋な, 精一杯努力, 精進する, 紙鳶の, 細君から, 緊る, 縁側づたひに書院へ, 縮こまって, 美濃路へ, 考え直しますが, 考え考えコツコツ, 聞くだろうかなどと, 肩へ, 肩を, 膨らむかと, 自分も, 自殺した, 船に, 色々はかどった, 苦虫を, 落ちついて, 葉子の, 薄暗いまで, 行くですわ, 行けとも, 被入し, 見たの, 見ると, 見上げた, 覘いを, 親切し, 言ったわけ, 言つ, 詠んで, 話しあって, 話して, 話の, 諸官庁会社, 謹慎し, 負けないわ, 買い集めた夥しい, 赤い水兵服, 赤手空拳で, 足に, 辛抱した, 辛抱強くその, 近郷や, 逃げ廻って, 通す, 遊び興じ, 遠くの, 酒を, 野卑な, 金輪や, 鉄枴ヶ峰へ, 鎮めたか, 関係を, 附合う, 随い, 隣家の, 頭が, 頭を, 頭髪が, 顔中が, 飛び出して, 飛び込んで, 食え, 飼ったの, 飽くまでも母, 饒舌る, 髭ばかり, 髯を

▼ 気にも~ (1001, 1.3%)

67 なれなかった 33 なれない 24 なった 23 なる 22 ならなかった, 留めずに 20 なって 19 かけずに 16 ならない, 止めなかった 14 留めなかった 13 留めないで 12 かけなかった, なりません, なれなかつた, 留めて 11 止めずに 10 しないで, なるの, なれません 8 かけないで, なれませんでした 7 して, なったの, 止めなかったが, 留めなかったが 6 かけて, なつた, ならずに, なります, なれず, なれないの, なれないので, 止めて

5 [12件] かけず, しなかった, なったが, ならぬ, なりました, なれないで, なれなかったの, なれなかったので, 止めなかったの, 止めませんでした, 留めない様子, 留めませんでした

4 かけなかったが, なったので, ならなかったの, ならなかつた, なりませんでした, なれないし, なれぬ, なれますまい, 止めないで, 留めないらしかった

3 [13件] かけませんでした, ならないで, ならないの, ならなかったが, なるん, なれないが, なれないという, なれないほど, 入って, 成れなかった, 掛けずに, 止めないよう, 留めなかつた

2 [32件] かからなかった, かけない, しませんでしたが, なったし, なったよう, ならずまた, ならず又, ならないし, ならないです, ならない自分, ならなかったので, なるし, なるだろう, なれずまた, なれないと, なれないもの, なれないらしかった, なれなかったが, なれなくなった, なれなくなって, なれなければ, なれん, 掛けて, 掛けないで, 止めないふう, 止めは, 止めません, 止めませんでしたが, 留めず唯, 留めないの, 留めないので, 留めませんでしたが

1 [328件] いたしませんでした, いるしよ, いるまいが, おなりなすった, おなりに, かかって, かからず尊敬, かからないほど, かからない今に, かからなくなって, かからぬと, かからねば, かかること, かかるので, かけずあの, かけずなに, かけずみんな, かけず二, かけず先, かけず出かけて, かけず平気, かけず床, かけず心, かけず眠って, かけず美衣美食, かけないし, かけないの, かけないよう, かけない容子, かけなかったであろう美妙, かけなかったでしょう, かけなかったという, かけなかったの, かけなかったらしい, かけなかったん, かけなかつたのに, かけなかつた女中, かけぬふう, かけぬらしかったが, かけぬ様, かけは, かけやしないん, かなうよう, しない, しないが, しないの, しないふう, しないらしい, しないらしかった, しない様子, しなかったが, しなかったけど, しなかったのに, しなかった間, しなかつたの, しませんでしたから, せず, せずいつも, せずなお, せずに, せず今, せず帰り, せず彼女, せず自分, せず質問, せず黒川隆三, せんで, つかなかったが, とてもなれません, とまらぬ一人, とめて, とる代り, なったか, なったと, なったらしく一度, なったり, なったろうかと, なったん, なっては, なつたし, ならずただ, ならずと, ならずどら, ならずふと, ならずわたくし, ならずプランタン, ならず一週間目, ならず仕たい事, ならず例, ならず吉田, ならず帰る者, ならず手持無沙汰, ならず打ち捨てて, ならず本, ならず相聞, ならず腰, ならず話, ならず間もなく, ならず霧, ならず食ひも, ならず黙々, ならないだろう, ならないで居られたけれ共, ならないと, ならないので, ならないふう, ならないほど, ならないよう, ならない手水, ならない風, ならなかったかも, ならなかったから, ならなかったん, ならなかった今更, ならなかった健三, ならなかった彼, ならなかった自分, ならなかったAK, ならなかつたが, ならなかつたん, ならなくなった, ならぬの, ならぬので, ならぬらしかつ, ならぬ程, ならねば, なられたので, なられたもの, ならん独り, なりいら立たしくも, なりましたが, なりましょう, なりましょうよ, なりますからな, なりますと, なりますので, なりませぬ, なりませんが, なりませんでしたから, なりゃア, なり怨む気, なり木々, なるが, なるでありましょうが, なると, なるといふ, なるので, なるまい, なるもん, なる男, なれさ, なれずいま, なれずおいて, なれずおまけ, なれずかと, なれずかわいい, なれずきょう, なれずそう, なれずそこで, なれずそれ, なれずに, なれずほか, なれずウロウロ, なれず今, なれず何, なれず加世子, なれず卓, なれず唯, なれず当惑, なれず急, なれず朝倉先生, なれず校庭, なれず母, なれず毎日昼間, なれず灯, なれず無論, なれず男, なれず睡って, なれず立ち上ったところ, なれず筆, なれず絶えず, なれず銀子, なれたの, なれないくらい, なれないけど, なれないのみか, なれないわ, なれないん, なれない冬, なれない等, なれない黒柿, なれなかったし, なれなかったであろう, なれなかったもの, なれなかった茉莉, なれなかつたが, なれなかつたし, なれなくって, なれなくて, なれなくなつ, なれなん, なれねえ, なれまいと, なれました, なれません軽い, なれるという, なれるん, なろうし, まるでならなかった, ゆるみが, 不足の, 入った世界的レベル, 入らなかったと, 入られて, 入り一粒種, 入り見やう聞真似, 入ること, 入ろう, 出さない, 出さないうち, 出さないで, 出さなかつた, 出さなくなった今, 出さなくなりました, 出すな, 出せるわけ, 出なかった, 出る気, 出逢わず無事, 御止めなさらない, 悲しむ気, 懸けずにね, 懸けないといった, 懸けなかった, 懸けなかつた, 懸らなかつたが, 懸るので, 成ったであろう, 成ったの, 成つたので, 成つたのである, 成らないよう, 成らなかつたで, 成らなくなりましたよ, 成るの, 掛からないが, 掛からなかったと, 掛からなかつたと, 掛けずほっと, 掛けず格別修繕, 掛けず端然と, 掛けないまで, 掛けなかった, 掛けなかったそう, 掛けぬので, 掛けぬらしく笑って, 掛らないかの, 暮方には, 止まらなかったろうが, 止めずそのまま, 止めずにおったの, 止めずまして, 止めずもう, 止めず却って, 止めず四方, 止めず寝て, 止めず庄三郎, 止めず母親, 止めては, 止めないが, 止めないくらいに, 止めないふり, 止めないもの, 止めない事柄, 止めない振り, 止めなかった同志, 止めなかった武蔵, 止めなかつたに, 止めぬといふ, 止めぬらしく半ば同情, 止めぬ風, 止める者, 源氏は, 留ずに, 留めず, 留めずそれ, 留めずただ, 留めずはいって, 留めずわれわれ, 留めずボーイ, 留めず勿論, 留めず帰り, 留めず帰れたら一度, 留めず後で, 留めず拝殿, 留めず普通, 留めず翌晩, 留めず船長, 留めず鏡, 留めてないが, 留めないが, 留めないと, 留めないよう, 留めないらしかったが, 留めないらしく清岡, 留めなかったこと, 留めなかったの, 留めなかったのに, 留めなかったらしい, 留めなかったモデル紹介者, 留めなかった些事, 留めぬふう, 留めぬ所, 留めねば, 相成候上, 私は, 私を, 組せない, 襲われる, 見せずけろりと, 言い逃げる心, 躍起にも, 追はれ, 逆らうまいと, 適って, 障らんが, 隠す気, 馬に

▼ 気には~ (780, 1.0%)

135 なれなかった 61 なれない 27 なれません 25 なれないの 21 なれませんでした 20 ならなかった 18 なれなかつた 14 ならない, なれなかったの 10 どうしてもなれなかった, なりません 9 少しも 8 どうしてもなれない, なって, なりませんでした 7 なれぬ 6 とてもなれなかった, ならないの, なれないが, なれないで, なれないので 5 かけて, して, どうしてもなれません 4 ならないで, なれずに

3 [14件] なっても, ならないであろう, ならなかったの, ならぬ, なられぬか, なるまい, なれないから, なれないよう, なれないん, なれなかったが, なれなかったであろうと, なれなかったと, なれなかつたの, 入らないの

2 [31件] かかれど, しないが, しなかった, とてもなれない, どうしてもなれなかつた, なかなかなれない, なかなかなれなかった, ならず, ならないと, ならないらしい, ならなかったが, ならなかつた, なれそう, なれないし, なれないだろう, なれないね, なれなかったろう, なれなくなって, なれませんか, なれませんよ, なれませんわ, まだどうしてもなれなかった, まるでなれなかった, むろんなれなかった, 入るまいとか, 到底なれない, 容易に, 微塵も, 成れないもの, 毛頭なれない, 毛頭なれなかった

1 [228件] いまだになれなかつた, かかったけれど, かかって, かからない, かからなかった, かからなかったし, かからなくても, かからなくなって, かかりながら, かかりません, かかるが, かけずあの, かけないからね, かけないけれど, かけないと, かけなかった, かけなかったけれども, かけますまい, さらさらならない, さわらない, したもの, しない, しないがね, しないといふ, しないわ, しながら, しながらも, しませんでしたが, たしかになれます, ちっともならなかった, ちっともなれない, ちっともなれなかった, とうていなれず, とうていなれない, とてもなり得ません, とてもなれないでしょう, とめなかった, どうしてもならなくなった, どうしてもなれなくなっ, どうしてもなれませんでした, どうにもなれない, どうもなれない, どうもなれなかった, どだいなれません, どのよう, なおさらなれない, なおさらなれなかった, ならずきわめて, ならず翌朝, ならないかね, ならないから, ならないがね, ならないこと, ならないそのまま, ならないだらう, ならないでしょう, ならないので, ならないやる以上, ならないよと, ならない筈, ならなかったこと, ならなかったであろう, ならなかったろうと, ならなかった様子, ならなかつたで, ならなくなる, ならぬかね, ならぬが, ならぬの, ならぬので, なられぬから, なられません, ならん, なりかねた, なりながらも, なりました, なりましたけれど, なりませんから, なりませんでしたから, なりませんでしたの, なりませんの, なりませんよ, なり得ない, なり得なかったに, なる, なるが, なるし, なるめ, なれさ, なれずおっかなびっくり, なれずじっと, なれずそのまま, なれずぼんやり, なれずよし, なれずわたし, なれず一歩, なれず何もかも, なれず博士, なれず彼女, なれず打ち, なれず敷居, なれず暗く, なれず飢ゑと, なれな, なれないあの, なれないかね, なれないかも, なれないだろうと, なれないであろう, なれないでしょう, なれないと, なれないにも, なれないほど, なれないもの, なれないやう, なれないらしい, なれない人たち, なれない彼, なれない拙者, なれない故人, なれない様子, なれない油虫, なれなかったから, なれなかったし, なれなかったであろう, なれなかったでしょう, なれなかったに, なれなかったのでね, なれなかったものの, なれなかったらしい, なれなかったん, なれなかつたので, なれなかつたもの, なれなかつた相手, なれなかつた程満足, なれなくなった, なれなくなったと, なれなくなっちゃったん, なれなくなりました, なれなく候, なれぬの, なれぬよ, なれぬ訳, なれねえで, なれねえの, なれまいと, なれませぬ, なれませんあれ, なれませんそれで, なれませんでいろいろ, なれませんでしたから, なれませんでしたが, なれませんでしたそれ, なれません見ると, なれん, なれんの, ほとんどなれない, ほとんどなれなかった, まだなかなかなれなかったであろう, まだまだなれませんでした, まったくなれない, むろんなれず, もうなれない, もうなれぬ, もちろんなれない, よけいに, わたくしは, 一層なれなかった, 一生ならなかった, 不思議に, 今は, 今以, 何うし, 余り入らぬ, 元より, 充分入った, 入ってたけども, 入らずとも, 入らない, 入らないこと, 入らなかった, 入らぬかも, 入りて, 入りませぬが, 入るまい, 入るまいけれど, 全くなれませんでした, 別に負, 到底なれません, 取らないの, 大層入っ, 大胆に, 如何し, 如何である, 姿が, 宜しゅうございます, 感心し, 懸けて, 懸るが, 懸るので, 成らない, 成らんよ, 成れないが, 成れないの, 成れぬと, 成れません, 成れませんでした, 成得なかった, 掛かれる春衛さ, 掛けて, 止めないよ, 止めませんが, 殆ん, 汚れて, 決してならなかった, 決してなれない, 決してなれなかった, 留めないよう, 留めぬが, 留めませんでした, 留めません何卒, 確かに, 絶対に, 見ゆるけれど, 解つてゐる, 誰が, 金輪際なりません, 長く耐えられない

▼ 気~ (778, 1.0%)

33 顔を 32 んだ 16 のか 15 の, のだ 14 んです 13 んだろう 12 のだろう 11 ことを 10 微笑を 9 眼を 8 のかい, 声で, 笑ひ, 表情を 7 顔で 6 んでしょう, 調子で 5 のである, のです, んだらう, 事を 4 さに, のでしょう, のは, ものだ, もんだ, んじゃ, んだい, 苦笑を

3 [12件] がに待っ, さ, のかしら, のよ, のを, もので, 冷笑を, 口調で, 様子が, 気持ちで, 目を, 素振りを

2 [40件] がにと女たち, さが, さそうに, さを, のかしらん, のかと, のかな, のが, のさ, のだらう, のであろう, ものである, ものです, ものを, もんです, 人だ, 嗤ひ, 声が, 女の, 女房が, 姿で, 彼は, 彼女は, 態度を, 所が, 様子で, 生活に, 眼つきで, 眼で, 眼付を, 笑を, 苦味を, 視線を, 記憶を, 雑談を, 面持で, 音を, 顔し, 顔つきを, 風を

1 [379件] あるいは悲し, いそぶりを, い死です, おどおどした, お内儀さん, お前だ, お嬢さんは, お方, かただ, がな, がない, がな人たち, がにごしごし, がにしかし, がに待たなく, がに湛えた, がに潜伏, がに焙った, がに煮詰める, がに通り, ぐさみにやつてゐられたといふだけであつた, こといっ, ことである, ことにも, さすぎた, さで, さであった, さでしょう, さ乳首, しあわせな, すみれの, そして凡そ, そして勿体, そして同情, その御, ところが, ところです, とつおいつの, とも想像, にやり, のかなどと, のかね, のたり, のだって, のであります, のでしかも, ので三人, ので彼女, ので断, のには, のにも驚きました, のねそう, のやら, ひとり笑ひと, ほうであった, むっつりした, もとの, ものね, もの哉, もんさ, やつよ, やつ月叟様の, わがままな, わたしを, んざますか, んざ薬に, んで, イリュミネエションに, デッキに, デリウジヨンになど, バスケット物語が, フランス人が, ンでしょう, 一人の, 一匹の, 一団は, 一団を, 一牧人を, 一生の, 上に, 世帯だ, 九郎の, 予感に, 事ねえ, 事件を, 井桁に, 亢奮を, 人がと, 人声と, 人形に, 人物だつた, 人間であっ, 人間でも, 人間に, 人間の, 人間も, 仕様とは, 仙人じみた, 会話を, 侍どもの, 信一の, 傲慢さが, 兄の, 兄者人は, 先客を, 先輩の, 兵は, 凝視に, 処が, 力作や, 動静を, 又は細心, 又左衛門, 叔父に, 口を, 口吻ばかりを, 口吻を, 口調が, 古書類や, 叫びが, 可哀想な, 叱声を, 合唱が, 合唱の, 名の, 含み声で, 呉羽之, 味噌松を, 呻り, 呼吸の, 和尚さんや, 哀れさが, 唄を, 唸りが, 声, 声を, 夢だ, 夢の, 夢を, 天丼に, 天狗の, 太ツ面, 太刀風抜く, 奉公人たちの, 女が, 女子じゃ, 女性が, 奴が, 奴だ, 好青年, 妖麗な, 姿を, 娘だ, 婆さんが, 婦人の, 子孫を, 学生が, 客は, 家の, 宿屋が, 密語に, 寝床の, 小僧いで, 小家がち, 小枝, 小言を, 少くとも, 川口が, 幾筋かの, 底知れぬ, 店だ, 弟や, 形容詞に, 彼の, 彼女の, 彼等の, 御様子, 微笑さえ, 微笑などを, 心地が, 心地で, 心持などは, 忍び笑ひ, 怜悧小僧の, 性分から, 恋愛の, 恰も苦笑, 悠長な, 悩しげな, 悪魔は, 情熱が, 想ひ, 想像から, 意地でも, 態度は, 態度ばかり, 態度ほど, 憂色を, 手は, 手振りで, 手酌で, 拙劣な, 散歩者に, 文句が, 文通を, 方だ, 旅に, 旅の, 昔の, 時代も, 時計台が, 曲を, 木の葉の, 本で, 棺の, 極悪気な, 構えの, 様子, 様子さえ, 様子であった, 様子を, 機械工出の, 櫛職人, 欠勤と, 次男が, 歌でも, 歌の, 歌声がは, 歌舞伎の, 歓喜を, 武士の, 歯を, 殆ど無我的, 殺気を, 気の, 気合さへ, 気高い優しい姿, 水臭い者, 水車の, 永田を, 江戸の, 沈着と, 沈黙を, 法螺を, 注意深い性質, 洋服姿の, 洋画青年, 渋面を, 溜息を, 無邪気な, 煙も, 熱も, 牛馬羊年とった, 牢屋だ, 物ね, 理由を, 甘味を, 生活者の, 田舎者の, 画や, 白い歯, 白木警部は, 皮肉を, 皺が, 皺少し, 目で, 相手の, 相貌を, 眉毛が, 眉間に, 真似する, 真似を, 眼の, 眼付きで, 眼付きを, 眼差を, 瞳を, 禁圧の, 私の, 秋波を, 科白を, 立皺を, 笑いを, 笑い声を, 笑顔が, 素振りで, 絢爛さに, 羞笑を, 翳が, 老中以下の, 老人が, 老年に, 老爺めが, 者にのみ, 者は, 胸の, 脚どりで, 自信を, 自己陶酔に, 色を, 色目遣いトこう, 艶に, 艶めかし, 若い女, 若い衆かと, 薄笑いを, 行動を, 表情が, 表情である, 表情とを, 表情などは, 表情には, 裏町の, 親切を, 言い草と, 言葉で, 言葉ばかりを, 言葉を, 記憶である, 調和を, 調子であり, 調子に, 謎を, 警告を, 豪勢振りが, 質問を, 足取りで, 軽い妄想, 輪廓そして, 返事を, 迷想に, 追憶家の, 退屈さが, 途方に, 連中だ, 遊びごとだらう, 運動は, 運動を, 運転手の, 邪推を, 酒飲みな, 鎌足の, 長身の, 関平も, 雑言に, 電光によって, 青い顔, 青年であった, 青年である, 青年でした, 面を, 面構を, 面魂である, 音も, 響きを, 響を, 頬など, 顔つきで, 顔つきに, 顔に, 顔にな, 顔の, 顔ばかり, 顔付きを, 顔色を, 顔顔顔が, 顫声を, 顰めっ面顔一面に, 風付きに, 風情だった, 風情で, 風才だった, 風来商売で, 風采だった, 香りが, 駄駄羅振りには, 駕籠屋でした, 鼻腔から, SOSの

▼ 気にな~ (277, 0.4%)

20 つてゐた 13 つて 8 つたのである 6 つたのは, つてし, つてならなかつた, つて来た 5 つて仕方が 4 つてならない, つてゐ 3 つたのも, つたのよ, つても, つて堪らない, つて気にな, つて溜らなかつた

2 [11件] つた, つてしかたが, つてしまつ, つては, つてゐました, つて反対した, つて彼の, つて或, つて考へ, ッて, ツて

1 [159件] つたと, つたに, つたのじ, つたので, つたのを, つたも, つたものの, つたわねえ, つたゲルトの, つた従つて憎み, つた表の, つた邪気の, つた鎖し, つていつ, つていろ, つておちつい, つてお喋りを, つてお母さまの, つてが, つてくれ, つてぐでりんと私とを, つてこつ, つてこれで, つてころりと, つてさ, つてさりげなく, つてそう, つてその, つてそのまま, つてそれは, つてた, つてたまらない, つてぢつと, つてつき合つてゐ, つてできるなら, つてとりとめ, つてとんでもない, つてなぜ, つてなら, つてなんねえで, つてね, つての, つてのぞいてる, つてはじめの, つてひとの, つてひとま, つてぶつけ, つてま, つてまだ, つてもしか, つてもつ, つてやれきれ, つてら, つてテーブルを, つてピストルの, つてボタンを, つてポンプを, つてヤニさが, つて一ぱし画家や, つて一寸, つて上つて来や, つて下の, つて中へ, つて人たる, つて人の, つて人を, つて仕様が, つて仕舞ふ, つて他の, つて何故, つて六朝を, つて其よりも, つて其処へ, つて其方に, つて其様な, つて出た, つて出演の, つて初めて, つて到底, つて力み返る, つて口吟むなんて, つて可, つて呑気に, つて呟い, つて呟いた, つて味噌を, つて喋つてゐる, つて喋舌つてゐる, つて堪らなかつた, つて増長する, つて外へ, つて夜も, つて大きな, つて奈良まで, つて妻君にも, つて宿まで, つて寝つかれなかつた, つて小鼻を, つて居, つて居たらしい, つて幾分の, つて怒つた, つて急かす, つて急に, つて恩の, つて恰と, つて愚にも, つて手を, つて批評が, つて斯んな, つて新, つて早や, つて有楽町の, つて来ます, つて歩き出した, つて歩く, つて泥棒を, つて涙を, つて煮え上る, つて片手の, つて甘く, つて用ゐし, つて登る, つて皿の, つて盆節季や, つて眺めた, つて睡れぬ, つて窓の, つて第, つて答へる, つて箱表紙見返し扉及び, つて細君と, つて終ひ, つて結婚なんて, つて繻子張の, つて考へこん, つて考への, つて肥料を, つて背中に, つて自分の, つて自分までが, つて良子となどは, つて苦い, つて落ちつい, つて落ちつかない, つて落着いたらしい, つて見物人が, つて言つた, つて試み, つて誰が, つて買つて出た, つて踊つてゐる, つて逃げだし, つて長い, つて長髄彦や, つて鞭韃し, つて顔を, つて騒いだ, ッたんだ

▼ 気ちがい~ (263, 0.4%)

64 のよう 9 になった 8 じみて, だ 7 になっ 4 だと, の女, みたいに 3 にし

2 [11件] うまに, じみたこと, じみた男, じみた話, でしょうね, でもない, という, に刃物, のお, の真似, 眼で

1 [130件] あつかいに, かあほう, かというの, かどっち, かなあ, かに決まっ, かもしれない, かアルコール中毒, か絵, か酔いどれ, がうつりで, がどんな, がまた, が又, が笑っ, この野獣, ざたではありませんか, しみた熱中, じみたかけっこ, じみたもの, じみたイスム, じみたカフェー, じみた命知らず, じみた嚥下物, じみた奇妙, じみた性格, じみた恋, じみた有様, じみた様子, じみた毒気, じみた物価, じみた眼, じみた私, じみた程, じみた空想, じみた要求, じみた観念, じみた言論, じみた計画, じみた量, じゃな, じゃない, じゃないだろう, じゃねえ, だか, だから, だとか, だとは, だ女, だ早く, だ気ちがい, だ野獣, っておとっつぁん, ってときどき, っての, であろうという, でご, でしょうかね, です, ですか, ですの, でなければ, でなに, でもなかっ, でも一度, で店, ということ, というもの, といっしょ, とおもう, としての汚名, とでもいう, とのあらそいである, とは, とは何, と云う, と呼んだ, ながら牛, なぜ私, などに打たれ, などはねえ, なの, ならお, なん, にお構い, にさせられる, にする, にでもなり兼ねません, にならない, になり, になる, になるうまれつきらしい, になれる, にまでした, に仕える, に対する町, に打たれました, に相違, に関, の下人, の呪文, の囈言, の如く, の妄想, の娘, の御, の振り, の最, の親子, の軍部, の雑貨商, は笑う, ばかりじゃ, めのと罵っ, よりも怖い, ッ, 女の, 家族, 小路に, 山師坊主の, 息子が, 旦那の, 染みて, 爺いめ, 狂人には, 病院な, 着物気ちがいの, 花の, 野郎は, 馭者は

▼ 気なく~ (221, 0.3%)

12 答えた 4 して 2 され続けても, それを, 一言も, 勅に, 拒絶する, 真剣な, 言つた

1 [191件] ああまで, ありませんと, あり過ぎるかで, いいました, いった, いったい何, いつも歩き, いひ放ちたるに, いらないと, いわれて, うしろを, くれて, こんな心持, さえおもわれる, さえ見える, さっさと帰っ, されて, しかも頼母, しなくとも, し出したので, すると, するの, するよう, そして無愛想, その娘, その真心, それへ, たった五両, ついたよう, て冷徹, て書斎, て照り, て蒼ぐろい皮膚, ないお, なさらなくとも, なさる, なって, のみいひ放ちぬ, はねつけたため, はねつけられたため, ばかりも出来ない, ひょいと子供, ひろげたとき, ふりかえった, ほかの, ほとんど周助殺し, やり返した, んば, オホホホホホホと, ッて, パッパッと, ピアノ弾き, 一つ脅かされる, 下司な, 不機嫌です, 乗りつけると共に, 争いました, 二の足三の, 云々, 云い放つ, 云う, 云った, 云つた, 云ひつける, 云ひ放つた, 云わずと, 云われて, 人なつっこい, 人を, 今更内の, 何か, 余所, 先方の, 光鋩を, 其処に, 其手を, 刎ねつけた, 別れたもの, 包を, 千種十次郎, 厚肉の, 反撥し, 反撥した, 取り上げた磯五, 取り出して, 取り澄まして, 受け流して, 口を, 向うを, 呟いだ, 問答し, 坂の, 寛, 小芳, 席を, 帰した後, 平手で, 店先へ, 弟一人の, 弾ね, 待遇う, 待遇われ, 後ろへ, 御もてなし, 微笑を, 微苦笑しまし, 心の, 思い切れよう, 慇懃な, 手にとって, 手綱を, 払ひのける, 拒否した, 拒絶した, 拒絶せ, 振り切った, 振り切れない, 振り向けた, 捕虜を, 捨てここ社殿, 撒いた, 放りっぱなしに, 断って, 断られて, 断りかねたの, 断りかねたので, 断るよう, 断わられたので, 明け放されて, 書いて, 曹仁ひとりあっ, 棄てること, 横を, 此の世から, 此方の, 死にもの狂い, 母親にまで, 泥まみれに, 灯した飾電燈, 男の, 盃を, 眠って, 知らせて, 石畳の, 私は, 突きは, 突き離される, 立去って, 笑わざるも, 笠一ツずつを, 答えて, 答へ, 答へて, 糸蝋燭の, 聞える, 聞き流して, 自分も, 莞爾すら, 袖口の, 西の, 見えた, 見て, 言い放ちます, 言い放った, 言ったが, 言ったの, 言って, 言つたさうだ, 言つて源太郎は, 訊ねて, 誘ひかける, 調べが, 諭して, 輝いて, 辞退した, 近寄って, 返答を, 追い払いも, 追い返したが, 追い返すという, 通りすぎて, 部屋の, 酒匂に, 隣りの, 静山は, 顔を, 首を, 骨っ節の, 高声で, 鳴ると, 鼻に

▼ 気でも~ (218, 0.3%)

28 違ったの 20 狂ったの 19 ちがったの 9 ちがったよう 8 狂ったよう 7 違ったよう 6 ちがって 5 変に, 違いそう, 違ったか 4 狂いそう 3 くるったの, ふれたよう, 狂うかと, 狂ったん, 違ったん, 違って 2 くるったよう, ふれたか, 狂ったか, 狂って, 狂つた, 狂つただ, 狂つたので, 違いは, 違うの, 違ひ

1 [64件] あったの, ありません, あるから, お狂い, お違い, したの, するの, する事, ちがえば, ちがったかと, ちがわねば, どうか成りゃ, ない, ないらしい, なかつたた, なくなま, まぎらし給え, 変ったでは, 容赦なく, 構わずに, 狂いおるか, 狂うたの, 狂うたよう, 狂うの, 狂うよう, 狂ったかと, 狂ったかの, 狂ったと, 狂ったら何, 狂った様, 狂つたの, 狂つたのか, 狂つたのかと, 狂つて居る, 狂は, 狂ひさう, 狂ふたの, 狂れたひと, 狂れたよう, 狂れたん, 狂れるかも, 狂わせられたか, 狂わせ給うたか, 祟って, 立ったの, 触れたか, 起そうもの, 違いたいよ, 違いまして, 違うたん, 違えられた日, 違ったかと, 違ったかの, 違ったら仕合せ, 違った人, 違った様, 違は, 違や, 違やあ, 違わなけれや, 違わんかぎり, 配るよう, 食べさせる気, 鼓の

▼ 気~ (216, 0.3%)

5 な事 4 な生活 3 なもの, にふるまっ, をし

2 [14件] で柔軟, な方向, な研究, な行動, にし, にはひ廻り, に振舞う, に振舞っ, に暮し, に短歌, に選ぶ, の身, もこれ, を言

1 [170件] から謡, か宜しい, が一応, が利く, が昂じ, すぎる, だから, だつた, つ児, である浮気, でしっかり, です, でどんどん, でほか, でよかっ, でよかろ, で破約, で箸, で運命, で間歇的, とはかく, なから, なしれ, なところ, なもん, なや, ならず又は, なる体裁, な一夜, な世間師, な人間, な個性, な傾向, な勤め, な印象, な境遇, な夢中遊行, な奔放自在, な好悪感, な妄想, な姪, な姿体, な存在, な山岳, な態度, な振舞い, な放浪, な日, な暮し, な歌, な殿様, な湯治, な男, な神経, な空想妄想, な立場, な絵, な臆測, な自己陶酔, な自由, な舞い, な表情, な言廻し, な註文, な詩, な詩人, な道, な都合, な野, な順序, に, にいられる, にお, にくらし, にくらす, にこれ, にさせ, にされ, にしてた, にすれ, にそこら, にどれ, になつ, になる, にに振舞え, には戸一枚, にひ, にやってる, にグングン, にズイズイ, にブラブラ, に云わし, に任し, に使っ, に借金, に先, に処理, に動い, に勢力, に呼び起した, に土, に執権, に基く, に変化, に大金, に娘, に寝転んだ, に座, に座敷, に引かせ, に形づくっ, に心, に必要, に思う, に成れない, に振舞, に振舞った, に描い, に暮す, に暴れ, に書きちらした, に歌, に此処, に狂奔, に生き, に生きたい, に生活, に私, に稽古, に節, に羽根, に育ちました, に腰掛, に自分, に行動, に見る, に読ん, に贅沢, に跳梁, に身, に通る, に逢引, に遊ばし, に遊ばせ, に遊びたい, に運転, に過したる, に重ね合せ, に野放し, に釣ツ, に関しては私, に面白い, に飛び廻り囀り散らす, に飲食, のし, の事, の出来る, の大阪弁, の挙措, の旅, の暮し, の画家, の空想, の道, もいう, も固, や我儘, や道楽, を, をさせ

▼ 気なし~ (213, 0.3%)

1210 にそれ 6 にその 3 に自分, に言った

2 [18件] にいつも, にこの, にする, にただ, に中, に右, に女, に彼, に押した, に聞き流し, に表, に訊いた, に話し, に買う, に買っ, に足, に車, の食物

1 [143件] お関, じゃない, だから, で, であるのに, でいたの, で御座いました, と雖, なをつくつた, にあの, にいった, にいる, におばあさん, にかう, にこういう, にさ, にし, にじっと, にすっかり, にそう, にそっち, にそんな, にちらりと, について上がった, にとった, にどんな, にながめ, にはいっ, にひょいと, にふい, にふと, にほんの, にもらっ, にやった, によったら, にわたし, にイワン, にガード, にクーパー事務長, にニーナ, にヒョッ, に上がっ, に下男, に乗っ, に二階, に云, に云い, に位牌田, に余計, に借りる, に先, に入る, に其処, に出逢う, に叔父, に取っ, に取り上げた, に口, に台所, に叱りませう, に唯, に善七, に土間, に大将, に大阪, に天井, に娘, に宇治, に家, に寝, に小, に少し, に居た, に幼少熟知, に広間, に床の間, に御, に思いつく, に悉皆, に愛子, に扉, に手, に手近, に抛っ, に振り向い, に振り向く, に振返っ, に故事, に斯, に時雨堂, に書いた, に書く, に林, に次の間, に歯, に滑らし, に点け, に甘えた, に申した, に登, に眼, に窓, に笑った, に答え, に羊皮紙, に聞い, に聞過し, に葉子, に袋, に被ったらしい, に西, に見, に見られる, に言, に話した, に話す, に語った, に読過, に貸した, に起きかえったら, に近所, に這入った, に遠藤博士, に釘勘, に釣り込まれ, に鎧櫃, に開い, に開け, に隠れ家, に須田町, に顔, に馬, のおしろい, の不断着, の仕事, の尤, の新, の東京大学製, の江戸ッ子一本, の画家, の純金, 木戸を, 連れだって

▼ 気~ (195, 0.3%)

22 ひに 20 ひの 5 になる 4 だから, ひが 3 である, のよう

2 [13件] じみた真似, じみて, だと, だろう, てえもの, と擦, になつ, のやう, の豆腐屋, ひにな, ひは, ひ街道, ひ騒ぎ

1 [108件] かと危, がある, がほん, が何, が来る, が泡盛, が深夜病院, じみたお前, じみた容子, じみた我身, じみた眼, じみてるが, じみ切って, じゃねえ, じやわい, だつて人間, だつて言つて, だな, だよと, だらうか, であるから, ですよ, でも此, としきゃ思われない, として早く, となりし, と乗合, と区別, どころか文士, などといふもの, なんぞが来出した, にしなさいます, にする, にならない, になり, には作, に会, に押切られ, に言, のある, のお, の予言, の取次, の女, の好え, の弁説, の引受人, の所作, の手紙, の方, の業, の画工, の異名, の目, の真似, は出来ない, は却, は怪力無双, は頭, ばかりだ, ひ, ひかしら, ひか熱病, ひか馬鹿, ひだらうと, ひぢ, ひである, ひであるであらう, ひですあたし, ひですか, ひでなければ, ひならば, ひにでも, ひめ, ひめいた気, ひめいた逆上, ひめ俺, ひもたうとうか, ひらしい感じ, ひ上り, ひ共, ひ同様, ひ女, ひ奴, ひ揃, ひ染みたのに, ひ染みた目, ひ染みて, ひ沙汰, ひ病院, ひ礼儀, ひ達, ひ馬, ひ騒ぎ他, も癩, を増長, を月, を製造, 染みた, 染みた人物, 染みた嫉妬, 染みた態度, 染みた時刻, 染みた為草, 染みた癇癪持, 染みた魔法騒, 染みて, 騒ぎあゝ

▼ 気さえ~ (193, 0.3%)

34 した 29 して 20 する 11 するの 10 したの 8 しました 6 起らなかった 5 あれば 4 致します 3 したが, します, すること 2 されるの, 確に, 起った

1 [51件] あったら私, あって, いたします, おこさなかったろう, おびて, この頃, されて, される位, したので, したもの, しだした, しない, しないでは, しないの, しなかった, しなかつた, するん, する位, せぬ人たち, ながれて, なくなったの, なければ, もって居れ, 催して, 出なかったほど, 利いて, 向いたらすぐ, 向いたらなん, 向けば, 失わせる多, 嫌ったお, 有る男ゆえ, 未練未, 注け, 漂うの, 漸次に, 確かで, 確なら, 私は, 致しました, 起きなかった, 起こさせたが, 起こしたの, 起こること, 起さなかったよう, 起した, 起して, 起ったと, 起らず運命的, 起らないの, 起りました

▼ 気~ (187, 0.3%)

7 になつ 6 の好い, をとる 5 が悪い, になっ, を悪く 4 が悪く, な気色, な顔, の悪い 3 で, であつ, をとつ, を直し

2 [14件] が好かつた, が悪, であった, である, な時, になる, の取り, は, わるいのね, をお, をとり, を取る, を損じた, を窺

1 [97件] がとても, がよい, がよく, がよろしい, が宜, が悪かっ, が直, が直ったらしい, きづま, さうな口調, さうな赤銅色, さうな面持, だった, だつた, であるらしい仏頂顔, でいさ, では, でも悪く, でフラフラ, で入って, で大, で間違つた声, と合せる, なぞを些, な声, な答えかた, な豪酒家, な饒舌家, にさえなっ, にでもなつたの, になられ, に意, に毎日, に答えた, に自ら恍惚, ね, ねホホッ, のいい, のま, のよく, のわるい, の好悪, の床, の度, の日, の模様, の良い, の色, の親父, の顔, はどう, ばかりとつて, ばかり取つ, まで取, も悪い, よく, よく僕, よく連れ, よく飲まう, よく飲ん, よさそう, よろしく, よろしゅう, よろしゅうと, をうかがっ, をとり直した, をとろう, を伺ふ, を取っ, を取った, を取らない, を取らなくっ, を取りました, を取り戻し, を回復, を害, を害した, を慮, を損じ, を損じない, を損ねた, を操らう, を改, を期待, を正面, を直さすべき, を直した, を示す, を買, を買つた話, 伺ひさ, 好う, 好くお, 好くさせた, 好くし, 好くそんな, 見たいな

▼ 気~ (183, 0.2%)

60 はない 11 はあるまい 10 はし 8 はしげに 6 はねえ 5 は無い 4 つてゐた, はなし, ひもなく 3 がない, はありません, はなかろう, はるる 2 しげに, はしく, はしさう, はまず, 無之候

1 [49件] がないっ, つたと, つたのださうです, つたもの, つた売行も, つても, つて娘が, つて蘭軒に, つて鉄棒に, なかろう, なしと, ねえ己, ねえ殺した, のない, の為め, はありやしません, はいらん, はございません, はず成績発表の, はせ, はなから, はなく, はねえだ, は有りません, は有りゃ, は有る, は有るまい, は無し, は絶対, ひであ, ひであつ, ひでも, ひな位なら, ひな戦慄が, ひもあり, ひもあるまい, ひもない, ひもなし, ひも無い, ふところへ, ふらん折柄誰やらん, へり, もない, もなく, もねえ, も起る, イダカラト云ウカラオレハソノ道ニハ今, ウ故, ワシゲニ予

▼ 気~ (182, 0.2%)

10 な奴 7 な言葉 6 な男 5 な野郎 4 な態度, な真似, な言い方 3 じゃない, よ

2 [16件] さ加減は, でたまらない, な, なセリフ, な厭味, な墓, な形, な思い, な手つき, な用事, な考え, な話, な調子, になり, になる, の限り

1 [104件] かもしれぬ, か気, が見え, が過ぎる, けたっぷり, さが, さ加減と, さ加減に, さ加減を, じゃありません, だって思わせ振り, という, とか言われ, となった, とは小, と嫌味, と感じ, なお嬢さん, なお芝居, なくら, なせりふ, なの, なふれ, なほど称揚, なやり口, なようす, なりとして, なんじゃ, なウインク, なシャナシャナ, なパリー帰り, な人体, な人間嘘, な伝言, な伯爵, な前置き, な口調, な可, な周章者, な声, な女たち, な奴サ, な姿, な宗匠, な寝言, な建築物中, な当世風, な態, な扮装, な技巧, な文句, な文学, な文学青年, な文章, な文章ぢ, な服装, な本当, な流行画家, な特別, な男たち, な科白, な空漠, な笑, な腕守, な芸人, な若もの, な西洋紳士淑女風, な見栄坊, な言語, な誇張, な道, な青年, な頬杖, な題, な風, な饒舌, な駄洒落, に, にはしゃい, にも思われる, にも見えず, にも見えたろう, に太, に思う, に思われる, に筋書, に見えた, に見えたら, のかたまり, の意, の集団, は言わねえ, や滑稽, をいう, をし, を嫌う, ッぽい, ツぽく, 加減, 加減には, 気たっぷり, 気たっぷりの, 男洪水に, 野目明しと

▼ 気~ (178, 0.2%)

10 ことが 8 ことを 7 事は 4 ことで, ことは, 事を 3 ものだ, 争ひ, 事の, 話だ, 話である 2 事が, 事です, 想ひ, 教育法が, 説だ, 返事を

1 [114件] いたずらを, おそれ, ことがと, ことだ, ことである, ことです, ことな, ことに, ことには, ことの, ことまで, ことまでが, ことも, しかしあ, だけで, ところへは, はずは, もので, ものである, ものです, ものなら, もの人は, もんだ, やうに, やつを, やりとりだ, ような, 一笑話である, 不思議な, 不愉快な, 了見の, 事じゃという, 事で, 事でございます, 事と, 事な, 事に, 事実を, 事実相違の, 仕事が, 働きを, 努力を, 厄介物である, 商人は, 回り灯籠に, 墓掘りの, 声を, 夢に, 奴だった, 律法だ, 恥かし, 悪戯に, 想像かも, 想像を, 意味にも, 意地に, 感じが, 感じだ, 感じを, 慰みを, 戦争も, 所作に, 敵愾心を, 昔の, 時間を, 望みを, 楽しみを, 比喩に, 気に, 気持を, 注文を, 滝尾の, 点が, 無為で, 生活の, 目と, 真似が, 真似の, 真似ばかり, 祝言の, 程つまらぬ, 空想, 笑はるべき, 笑ひ, 考へ, 職業と, 自尊心など, 興奮を, 行ひ, 見得を, 訳だ, 証跡が, 詞だ, 話, 話が, 話で, 話であります, 話な, 話などが, 話の, 話は, 話を, 語呂だけが, 調子で, 讃辞でも, 質問を, 贅沢振りは, 長い夢, 間違つた考へ, 頭だらう, 顔を, 風体は, 風呂か, 高慢が

▼ 気~ (165, 0.2%)

4213642 から呑気, つたのか, で, といっ, とは感, もんだ

1 [88件] か, かさすが, から, からあの, からあんた, からじ, からそんな, からな, からなにぶんよろしく, からなア, からよう, から二十, から倍, から力, から最後, から栗毛, から死ぬ, から気, から病気, から納まらない, から美津, から表面, か分らない, か自分, か薄化粧, が, がいさ, が今日, が何, が君, が学問, が身請, が鳶頭何, しこちら, そうで, その碁, ぞ, ぞや, つたかも, つたから, つたのかも, つたのだ, つたのだろう, てのうぐひす, という, といつ, とお, とおっしゃる, とか気, としていわゆる, とてすぐ, とは思はない, と云う, と云っ, と仰有る, と思う, と渡辺小左衛門, と申し, なそれで, なただ, なという, なとかいつか, なとこう, なとは思った, なと天草次郎, なと悟った, なと相手, なと金吾, なオイ, なホント, な俺ら, な卑怯千万, な可, な貴様, ねえ, ねぼくたち, のって, べえ, もの, もんです, わえ, わね, ナ, プリンス, 今から, 宮内の, 文句は, 畢竟姨

▼ 気~ (164, 0.2%)

18 ひの 13 ひに 11 のよう 4 である, ひぢ, ひ扱, ひ沙汰 3 だ, になった, になる, ひを 2 じみて, だと, にされ, になっ, にはなれない, の様, の狐つき, ひみたい, ひ騒ぎ

1 [76件] いっ, か, がなぐる, が人, が出, が出来ます, が金力, が集合, じみたはなし, じみた不道徳, じみた情熱, じみた目つき, じみた真似, じみた老人, じみた髪, じみても, じゃろうのう, じゃ死ん, だけに大, だって云ってる, だもの, だよ, だろう, だわ, でなくっては, でもああ, で而, というた, という名, という意, とを自然界, と云え, と思われる, なら謝, にし, について考える, になろう, に文, に相違, に縁, のやう, の十分の一, の子分, の寄り合, の推理, の異名, の癖, の発作, の発明, の説, の部屋, の領分, は気狂, ばかりを比較, ひ, ひかしら, ひが, ひです, ひですね, ひどころ, ひども, ひなんて, ひにでも, ひにな, ひは, ひ以外, ひ兄妹, ひ心, ひ沁みた, ひ沁みた恐怖, ひ笑ひよ, も孤立, を使役, を標準, を装う, を見

▼ 気なら~ (160, 0.2%)

4 こっちも 3 何も 2 おれも, それが, なにも, ば一思い, ば拙者, わたしは, 一緒に, 何時でも, 勝手に, 始めから

1 [133件] あたいだって, あっしも, あのモダンさ, あんまり勉強, いくらでも利用, いくら私, いつでも, おいらの, おれにも, おれは, こっちでも, この婆, この家, こん夜ここへ, こッち, さっさときめる, じき話を, すぐにも, すみませんが, そうして置い, そうしよう, その方, それで好い, それまで, それも, それや, そんなら, ちょッくら行っ, つい川下流, つばめと, と思っ, と思ったらしい, と誘はれ, どうしてそっち, どこかの, なぜお, なるべく早く, なんで人, ば, ばあながち, ばそれ, ばというわけ, ばやや, ば云, ば今日以後, ば出来ない, ば前, ば友人, ば是, ば神尾, ば私, ば私たち, ば論外, ば貴様, ば貸付けら, ひとつこう, ひとつ大きな, びくびくする, まあ好い, むろん賛成, もう一嚇し, もっとなまけろ, もっと呼び, よしと, わざ, わざわざ君, わしが, わたしだって, わたしも, んでおくれない, アドなど, ナニあんな, 一ツ頼ん, 世帯道具を, 世話を, 二つぐらい, 今までに, 会費十銭でも, 俺は, 俺も, 僕が, 僕に, 僕も, 入用な, 十七年前の, 却ってこの, 却つて此狂言を, 命令など, 娘の, 子供は, 学校を, 家にゃ, 容捨は, 尻押しを, 島屋でも, 庖丁を, 当てが, 征服し, 心当りを, 心配しやしない, 愚僧に, 慈母さんも, 憚りながら一臂, 戦争の, 擲られる, 教師よか, 最初から, 本当に後悔, 此の, 此処で, 此方だ, 此方も, 母親に, 永く居, 津田は, 無理に, 無論の, 生涯野村の, 相当の, 真実可愛い, 眼玉でも, 社会部長の, 考へが, 船頭は, 藤江なし, 見殺しに, 話は, 誰にも, 造作は, 遠からず, 遺書の, 面倒臭くて, 願いは

▼ 気~ (157, 0.2%)

14 して 7 になっ 4 しました, するねん, するの 3 しまして, 付いて

2 [13件] しますねん, しますねんけど, しますの, するし, ついて, つけて, になった, になりました, やろ, 廻るの, 附いたか, 附けて, 附けなさいや

1 [92件] あったの, あったらこれ種, あるねんなあ, あるの, あるばっかりか, お付け, きかして, さして, したいい, したの, してて, してるの, しましたので, しましたらあの, しましてん, しますし, する, すること, するなあ, するねんわ, するよってに, する云い出した人, せえ, ついたことあれ, ついてたかも, ついてたに, ついてや, つか, つかなかったべ, つかんけど, つきなさったら忌ま忌ましいて, つきませなん, つき出して, つけなさいや, つけるよって, つけろ, でいてられへん, でいや, でも違う, で焼け, とがめても, どしたら小郷はんみたい, ないか, ないさかい, ないねん, ないねんもん, ないの, ならそれ, なら私, にかけてはれへん, にし, になったら, になったら隠しとかれ, になってる, になりまし, になりませんやろ, になれへん, に留め, もします, もなかっ, も起れ, や, やけど, やとか, やねん, やねんなあ, わるしてんの, 付いた時, 付くまでに, 付けて, 付けなさいあんた足もと, 利かして, 呑まれたと, 呑まれてしもて, 咎めると, 廻したの, 廻し過ぎますで, 弛みなさったの, 弛んだら又, 悪うし, 悪せん, 済まんもん, 済むよう, 知れん思, 紛れるよう, 許すよう, 許せしませんの, 起りましたら, 進まんかったらこんな, 進んで, 附かずに, 附けた方

▼ 気まり~ (141, 0.2%)

18 が悪く 17 が悪い, 悪そう 12 が悪 9 の悪い 8 のわるい, を悪 6 がわるい, が悪かっ 5 がわるく 4 の悪 2 がわるかっ, わるそう, 悪がる, 悪くて, 悪くなっ, 悪さ, 悪さうに, 悪る

1 [15件] が悪う, も悪, も悪く寂しく, わるいよう, わるくて, わるくなり, わるくも, 悪かった, 悪かつ, 悪がっ, 悪がった, 悪く, 悪くなく, 悪くなった, 悪く思っ

▼ 気~ (132, 0.2%)

12 なって 8 見える 5 みえる 2 いうか, なった, なつて, 見えて, 魅力とに

1 [97件] あらば, いい宮廷内, いうかが, いうなあ, いうべきみえ, いったら微塵, いっては, かかって, がめも, ことばを通して, した御, して, てない蒸暑く, です, とても烈しい, なってるん, なつた, ならずには, ならないでは, なりて, なりともかく, なりましてね, なりまた, なり仄か, なり意地っぱり, なり肉, みえて, みえます, ものずきで, 一つにな, 一所に, 一種独自な, 云いますか, 云おうか, 亭主の, 冷気は, 勇猛の, 勘づいたので, 化し更に, 厭味と, 口と, 国光の, 地の, 坊舎の, 多欲と, 大きな野望, 嬉しい気, 小便臭い, 廻国修行から, 彦七の, 怒りを, 惑溺を, 憂国の, 技を, 放浪癖は, 文芸所載の, 早や, 書す, 朝顔の, 来たらたまった者, 気で, 気です, 気心と, 泥の, 活動の, 流れて, 淡い恋, 激痛とを, 火遊びを, 申しますが, 相会せざる, 禅妙の, 秀吉嫌いを, 秋霜の, 笑われ多欲, 絶縁した, 自ら負, 自由とを, 色気の, 茶気の, 茶番気タップリ, 華麗な, 血の, 覇気, 見えた, 見えるその, 見える豪胆, 見て, 言っては, 語り口の, 闘いました, 闘志とが, 隙を, 魂魄とは, 魔力とを, 鳴を, 鼠の

▼ 気ない~ (126, 0.2%)

6 ことを 3 様子で, 返事を 2 ふうを, ような, 様子を, 笑顔に, 調子で, 顔を, 風で

1 [100件] うちに, おことば, おびえざま, お断りでも, お酌, かしら, からまだ, から少々, が話, ことじゃ, ことだ, このお, ご返事, ぞ, ですな, では, とかいう属性, とか投げ遣り, と云う, なかに, ので, のになる, ふうで, ふうも, ほどきっぱり, ものだった, ものであっ, ものであった, ものでした, ものです, ようすで, マルクス主義者であった, ローザの, 世の中では, 事を, 事をも, 人であろう, 人ばかりと, 冷淡さを, 処が, 力で, 口振りを, 口調で, 土性ッ骨の, 大股に, 大音, 娘風俗つい, 子供らしい, 小店は, 山の, 山羊の, 待遇を, 後者と, 御返事しか, 微笑であった, 微笑を, 心持に, 愛嬌が, 愛嬌笑いを, 感情を, 態度で, 態度であった, 態度も, 態度を, 手のうちに, 挨拶だった, 挨拶な, 挨拶に, 挨拶ばかり, 挨拶や, 挨拶を, 放蕩無頼を, 早口で, 此頃の, 気弱な, 洋装の, 源三郎に, 潔癖を, 物言い振りには, 猫撫声を, 献身彼の, 癖に, 真面目さを, 笑いを, 紙ばかり, 素振, 表情を, 話てえ, 調子です, 謙虚で言った, 迅さを, 返事が, 返事だ, 返辞では, 門前払いを, 開けた人, 顔で, 風が, 風を, 馬鹿げた対話

▼ 気~ (122, 0.2%)

15 をし 9 をする 7 して 5 もない 4 なしに, もなく 3 をした 2 があった, がなくっ, もなし, も苦労, や遠慮, をしいしい, をしなく, をせず

1 [59件] あり, からいよいよ, から引込思案, から我々, から際立っ, があつ, がなくなっ, さえなけれ, させたり, し, したり, しながら, しながらも, すべき, すべき小姑, すること, するし, するので, するやう, する風, せずに, だし, だった, だの, でおそるおそる, でたしなめる, でもし, とか矜持, とでもいう, なく安心, なく窓, なく自分, なしの, な気持ち, に感じない, に頓着, のある, のいらない, のない, の多い, の必要, もいるまい, もけっして, もございません, も何, も心置き, も忘れ, も憚り, やきまり, や狼狽, らしくこそこそ, をしなけれ, をしやしまい, をし過ぎる, をなすった, をもっ, を仕直す, を働かせ, を引いたら

▼ 気~ (110, 0.1%)

153 何かで 2 すべて作者の, どうだ, エ, ッ, 女の

1 [82件] えと, え君, え遊女屋, おとよ, この度, こん畜生, しらん, じっとし, する, ずに, それこそ, それともことに, それとも後, それとも金持ち, それとも駿河, それなら, それなら俺, それは, それ程までに, つかぬよう, どうか, なお黙っ, なにかで, のしの, はい本当に, はっきりと, はよう首, ひとりの, べらば, もう仕方, わたしも, ッと, ドミニク派の, 一体どっち, 一日中尾行を, 一歩一歩重, 亭主の, 今度の, 他へ, 何かの, 余には, 俯向けに, 側へ, 召使の, 台所の, 君の, 四月は, 学者に, 川股さん, 彼人の, 悪気か, 旅宿の, 本当を, 来ぬ気, 止むを, 死相なんて, 殺さぬ気, 渋団扇で, 満身で, 燕作が, 爰に, 牧師に, 痴けた奴だ, 知ら, 知らないが, 知らん, 知れねえが, 知れませんぜ, 笊を, 肌に, 肩で, 自分から, 舌を, 血刀を, 解らなかった, 言つてみな, 足を, 酢の, 鎮めるつもり, 風流の, 騒いで, 黙って

▼ 気では~ (110, 0.1%)

24 ありません 22 なかった 16 ない 6 ありませんでした 5 ないの 2 ありませぬ, ないが, なく, なくなった, 無い

1 [27件] ありませんでしたの, ありません身, あるまい, ございませんでした, ないきょう, ないのに, ないまだ, ないもの, ないよう, ないらしい, ないらしく, ない容子, ない様子, ない苦労, ない門前, なくなって, なくなりました, なくなります, なくぷいつと障子, なく司令室, なく弦, なく心配, なく若し, なく通, なく青く, なさそう, 無く心配

▼ 気おくれ~ (103, 0.1%)

29 がし 16 がした 12 がする 3 を感じる 2 のした, のする

1 [39件] からか張り, から来た, がいたしまし, がいたします, がいはれなく, がお, がさき, がされ, がしてる, がするらしく, がそれら, がない, がミジン, が伴, が僕, が出る, が潜ん, が立ちふさがつ, が致し, でかつ, とかうしろめた, と云おう, に似た, の中, の感情, はしない, は感じなかったであろう, まで利用, もあった, もし, も後悔, をジッ, を利用, を征服, を感じた, を感じない, を覚, を覚えた, を覚える

▼ 気ぶり~ (99, 0.1%)

3 はない, もない, もなかっ, も見えない 2 がない, が婆さん, はなく, もなく, も見えなかった, も見せず

1 [75件] が, が多分, が見えよう, が見える, が違っ, さえなかっ, さえも見られない, さえ見えなかった, じゃねえ, すら見られた, だが, だった, で, であった, である, です, ですが, でその, でないか, ではない, では問わず, でもその, でも見えれ, でも見せたなら, など微塵, にてそろ, にもご存じ, にもそんな, にも他人, にも出さない, にも多少, にも知れたなら, にも見せませず, に万千代, はあっ, はうしろ姿, はつゆ, はなかっ, はまず, は何とも, は少し, は微塵, は見えなかった, もあった, もありません, もある, もお, もせぬ, も仄, も初め, も匂わし, も父, も蒸, も見えぬ, も見えません, も見える, も見せない, も見せなかった, も見せぬ, をお, をご存じ, をひそか, をみせ, を嫉妬, を察し, を巧み, を抑え, を晦まし, を現, を示した, を色, を見せ, を見せた, を見た, を見つめ

▼ 気~ (83, 0.1%)

16 いる 5 いて 4 いるから 3 ゐて, ゐる 2 いるが, いるの, いるので, ゐるので, 大きなビラ, 大き過ぎた

1 [40件] いても, いました, います, いるか, いるかも, いるじゃ, いると, いるという, いるな, いるに, いるよう, いるん, おりますなあ, すこし怨み, だぶついて, ゐない尤千万, ゐらア, ゐるが, ゐること, ゐるぢ, ゐると, ゐるな, ゐるの, ゐるわね, ゐるんで, 如何にも, 居ります, 居るから, 拙くて, 消極的な, 滑稽な, 煩雑な, 見えた, 見えたので, 見えるもの, 見えるよ, 見える程無邪気, 見える蒐集家, 話に, 邪推深い

▼ 気じゃ~ (82, 0.1%)

14 ない 7 ありません 6 なかった 43 ないよ 2 ありませんでした, あるまい, あるまいね, ないん, なかったの, なかったん, アありません, アない

1 [32件] ありませんか, ありませんが, ありゃしねえ, あるまいな, が, けっしてない, ございません, ございませんよ, ござんせんでしたか, そんなお節介, ないか, ないかという, ないけれど, ないけれども, ないぞ, ないだろうな, ないだろうね, ないのに, ないや, ないワ, なかったからな, なかったけど, なかったこと, なかったぞ, なかったんで, なくってもよ, なく上, なさそう, アねえか, 困りますぜ, 大概寸法は, 置かせないからね

▼ 気附いた~ (81, 0.1%)

6 のは 5 のである, のです 3 のか, やうに, 時には 2 ことは, ように, 者は

1 [50件] かどう, からであった, からやはり, から憤った, がそれにしても, が胴衣, くらいそれほど, ことだ, ことだった, ことを, そして今, ために, という口, ときこの, ときそれなら, ときには, ときは, とき彼は, ところであっ, ところなどは, と云え, なと梶, のかしら, のさ, のだ, のだつた, ので, のであろう, ので念, ので憮然, ので続かう, ので見ず, ので試み, のも, は高奈部, もの, ものだ, 人々が, 叔父の, 時は, 時シンは, 時世の中と, 時暇を, 時私を, 様子も, 点は, 私は, 範囲では, 純造, 素振りで

▼ 気ばかり~ (72, 0.1%)

6 あせって, して 4 強くて 2 あせっても, あせります, 立っても

1 [50件] あせるし, あせるだけ, いらいらし, されて, するから, せかせかし, せわしくて, だ, ぢり, では, で炎天, で躯, はやっては, はらはらし, もんで, わくわくし, 上って, 世間的アムビションに, 使ふ, 先に, 前へ, 募った, 妙に, 張って, 強いが, 強くした, 強く起った, 強く鼻持, 急いち, 急いで, 急きたがるもの, 手負の, 揉みます, 揉んで, 早くてさ, 有つて, 渇れて, 焦って, 焦心って, 病んで, 立って, 立つて, 肖たる処, 若い弥次郎兵衛, 若くたっ, 荒くなりまし, 言って, 起させる訳, 遣うて, 駅へ

▼ 気にかけて~ (65, 0.1%)

3 ゐたの, ゐなかつた 2 ゐた, ゐたこと, ゐない, ゐるの, 生きたい

1 [49件] いやがって, いらつし, いわゆる謙譲, おった, おられるの, おられるよう, おること, きいたけれど, そうたずねた, それで, のぞいて, やまないので, ゐたお, ゐたらしくどう, ゐない欧羅巴, ゐる, ゐること, ゐるやう, ゐる中, ゐる以上, ゐる酔うて, カガシは, 万一かの, 下すった, 下せえますなよ, 吹聴し, 問うて, 始終心配, 子供が, 居た余作君, 居なかつたが, 居りました, 居ります, 居りますと, 帰るとき, 心配し, 心配してる, 朝から, 現場の, 生きて, 相手に, 知ろうとも, 言ふ, 言出した, 訊いた, 説明し, 貰っちゃ, 近々の, 集まって

▼ 気でない~ (64, 0.1%)

4 ような 3 のは 2 と云う, のだ, ので社会主義, 彼が

1 [49件] からと言う, から眼, か知れやしません, があんなに, が相手, が雪, ことおびただしい, ことは, それでモウ, ぞと考える, でさっき, で急, という, というちょうし, という風, と同時に, ながらも私, ので, のであった, のである, のであろう, のでございました, のでした, のです, ので一同, ので兇行, ので寐, ので電車, べつな, ほどで, ままに, ものが, ものだ, ものだった, ようだった, ようなあせった, ように, わたくしは, んだ, 与吉は, 事は, 今日も, 声を, 思いを, 時も, 様子で, 無理に, 狂ひ, 皆な

▼ 気~ (63, 0.1%)

4 に待っ 3 に見 2 に脂肪

1 [54件] がにやる, さで, であって, なる復讐心, な仕事, な勝負, な性質, な遊戯, にお, にか, にし, にそこら, にやっ, にやつ, にやれ, にヒラ, に企て, に何, に半, に叩い, に合掌, に地, に好い, に帰る, に待たなく, に待たなけれ, に待ちかまえる, に待ち過ぎた, に待つ, に御, に応対, に惚れなさい, に揺りうごかし, に構え, に構えた, に歩き切つ, に焼く, に猫間川, に療治, に策略, に考え, に考える, に船具, に落着きさ, に親切, に遣った, に靡く, に風, に飲み代, に首, のやう, の労働, の方, を言っ

▼ 気~ (61, 0.1%)

19 へする 13 へした 4 へし 2 へない

1 [23件] うに啼い, がある, が許さなかつた, へあれ, へいたしました, へされ, へしました, へし出した, へもよほし, へ出, へ出なかつた, へ感じた, へ抜け, へ持直せ, へ致しました, へ起し, へ起つた, へ進むなら, も陽気さ, をそのまま, をにやにや, 我ながら, 真面目さは

▼ 気~ (58, 0.1%)

6 のやさしい 5 のよい 3 が優しく, の優しい 2 のいい, の可

1 [37件] からし, がいい, がおとなしい, が宜しい, く肩相摩, でございますから, で末始終, と云, と云い, のお玉, のすぐれた, のやさしかっ, の人, の合, の善い, の柔, の渋い, の素直さ, の美しい, の良, の良い, はい, はいい, はいい男らしい, はなかなか, は好い, は更に一層, もしつかりした, もよく, も善い, も好い, やさしきに, や性質, をう, を哀れ, 優しとまでには, 温かい情

▼ 気~ (51, 0.1%)

3 といふもの 2 だ, の婀娜, 再び前

1 [42件] がいくら, がなけりゃ, が変っ, が滅入る, が異常, が違っ, だけで, でい, でしたから, です, で儀右衛門, で居た, で興行, といふ発動機, とよろこばしい, と申しまし, なら彼, になります, には唯, によつて出来不出来, によつて霊感, に最上, に驚いた, のこと, の力, の劣つた日, の底, の張つた時, の激し, の相違, の質, の高い, はなにか, はまさに, は華々しかっ, もでき, も作品, も忘れ, や調子, を代表, を改めて, を見せ

▼ 気にさえ~ (50, 0.1%)

9 なった 7 なれば 5 なって, なるの 3 なる 2 なったの, なり, 成った

1 [15件] しなけりゃ古, なった事, なった程, ならないだろう, ならなかった, なられるならわけなくあの, なり出したほど, なると, なれあいくら, なれず私, なれなかったあの, 出して, 向けば, 彼は, 陳述した

▼ 気~ (49, 0.1%)

7 かしさ 4 かしい, かしいよう 3 かしいが, かしいくらい, かしいの 2 かし, かしいほど, かしいようで, かしい心持, かしい思, かしかった

1 [13件] かしいから, かしいけれど, かしいし, かしいばかり, かしいほどの, かしいやう, かしいんだよ, かしい位, かしい思い, かしい言葉, かしう御座いました, かしげに, かしさうに首

▼ 気附く~ (47, 0.1%)

3 と彼 2 ことが, ことは

1 [40件] からには君, ことだ, ことであった, とき私が, ところであります, とこん度, とすぐ, とその, とたつた, とみつ子, とわけ, とパン, と今, と何, と同時に, と唯一無二, と帰り支度, と微塵, と心, と思わず, と斎藤氏, と照子, と良寛さん, のが, のであつ, のである, のです, までぼく, もので, やサッサ, 事それ自体は, 事はなはだ, 小さいきっかけ, 我我である, 所でなかつた, 時が, 様に, 程彼の, 筈だ, 筈は

▼ 気でなく~ (42, 0.1%)

2 てはね, 一生けん命その

1 [38件] ぐうん, この列車, しきりに勝子, すぐ思い立っ, そこそこに, その後を, ただうろうろ, て, ては重囲, て何とか, どうしても中, なおもお爺さん, なつた, なつて, またも敷居, みな何らかの, 三人の, 井谷に, 伸びあがっ, 体じゅうが, 半分たべ, 卒倒し, 善い気, 四日の, 夫の, 家の, 幾らか誤解, 廊下へ, 心の, 横目使いに, 毎日いらいらさせられる, 無事な, 親も, 諸方を, 返事も, 酒板の, 顔の, 龍馬が

▼ 気~ (42, 0.1%)

2 づい事, づい思ひで, づい雰囲気, づい顔, づくなつ, づさを

1 [30件] づいいきさつ, づいところが, づいもの, づい不覚, づい事さ, づい多少, づい思ひを, づい拍子, づい目, づい表情, づい記憶, づい間, づい静けさ, づかつた親類, づきや何ぞ, づくてね, づくな, づく三十分, づく顔, づく黙り込んだ, づげであつた, づさうな顔を, づさが, づさがわからない, づさです, づさとを生涯背負つて歩い, づさと冷たい, づさと旅費の, づさの, づさもなく行はれた

▼ 気遣ひ~ (42, 0.1%)

9 はない 2 はなく, はなし

1 [29件] がさも, が出来た, が噴き出す, てとかく, て弟, て我願, て見れ, ながらその, ながらどこ, ながら上京, ながら女, ながら慌て, ながら言つて, ながら顔, ながら黙々と, はあり, はありません, はさらさら, はな, はなかつた, はなから, は有, は気, は絶無, 且つ怖, 乍ら丑松は, 仙台の, 汗かき息張る, 私も

▼ 気懸り~ (41, 0.1%)

5 になった 4 そうに, になっ 3 でならない, になる 2 になりました

1 [20件] があっ, が深く, そうな, そうな真面目くさった, となる, なお勢, な何, になり, になりだした, になり出し, になり出した, にはなっ, に堪えられぬ, の一つ, の事件, は今夜, は残し, ゆえまた, を一方, を抱い

▼ 気だった~ (38, 0.1%)

4 のです, んだ 3 んだろう 2 かも知れない, のか, のだろう, のでしょう

1 [19件] かそれ, がお, が淋しい, ことなどは, し, ところいよいよ, と信じます, と判っ, のが, のだ, ので酒, のなら, のね, ようで, んだって, んでしょう, んです, 言葉つきとを, 逸話だ

▼ 気~ (36, 0.0%)

10 さを 5 さで 3 さに 2 さから

1 [16件] が求められる, さだけが, さだけに, さは, さばかりが, さも, さ二たまわり, さ午ちかく, そうな, な態度, な浪人, に上り込んだ, に腰, に話しかける, に願おう, の安さん

▼ 気長く~ (34, 0.0%)

2 待って, 養生する

1 [30件] ここに, しかも油断, その下, その時, なって, フィルムに, 一層苦し, 仕揚げ, 付きまとって, 其の時, 分かる時, 守って, 待たせるよう, 待ってるだけ, 待つが, 待つて, 待つという, 待つ気, 思念し, 憤怒を, 放って, 救いを, 根気強く, 構えて, 歩いて, 湯煮, 源女殿を, 物色する, 観照し, 身を

▼ 気~ (33, 0.0%)

3 に於 2 というもの

1 [28件] あるもの, からも主義, があっ, があり, がみえる, であつ, である, とかいふ, とでも云おう, にあった, に富んだ, に本, のちがい, のない, の上, の側, の然, の相, の高, の高い, はまだ, は又, をおび, をこめ, をもっ, を備え, を持つ, を評価

▼ 気~ (32, 0.0%)

3 のなか, の状態 2 があっ, の底, は魔術的

1 [20件] いよいよすみわたり, があった, があり, が十分, が日照, が暑い, と水層, に吹き上げられ, に描き出した, に比べ, に羽, のある, のなまこ, のひかり, の不平, の中, の海鼠, の高, へ跳ね出す, を光

▼ 気~ (32, 0.0%)

3 も見せない 2 もなく, を見せ

1 [25件] が見え, さえありません, でもしよう, でも見せる, など微塵, にも見せなかつた, に見えた, はおくび, はそれ, はない, はみじん, は少し, は見えぬ, もある, もない, もなかっ, も見えず, も見せず, も見せませぬ, も見せよう, わざりし, をし, をみせた, を見せた, を見せない

▼ 気~ (31, 0.0%)

3 すさで, すに 2 すげに, 島は

1 [21件] あれしません, お前等呑気そうに, すさである, すさとして, すさの, すで, ないねん, ないの, 体育の, 勇壮の, 印気ロールの, 周囲の, 夜も, 夫も, 失な, 小義理, 恍惚など, 悪寒や, 毒気が, 芝居気も, 軽率さやにも

▼ 気らく~ (31, 0.0%)

2 だよ, であった

1 [27件] だった, だったとは, であったろう, です, で一二年, で良い, な, なの, なン, な今, な会合, な感じ, な旅, な点, に, にくらさうで, にぐっすり, にその, にやる, に散, に暮し, に暮らし, に服, に話, に責任, らしいので, らしい趣

▼ 気安め~ (31, 0.0%)

2 を言う

1 [29件] がある, だった, だと, ではない, といふ程度, なこと, なの, な考, にあと, になった, になる, になるだろう, になろう, にはなりました, に過ぎず, のあしらい, のよう, の繰り言, は云, は言はん事ぢ, も云っ, をいう, をいっ, をいった, をする, を云った, を云つて, を健康, を口

▼ 気弱く~ (31, 0.0%)

2 高須の

1 [29件] あいそ笑いし, うけ, しよげ, そうとも, そつぽ, そらそうと, て止めた, なって, なつて, なり少年, なれ, にやにや笑った, 前置きし, 妥協した, 感じるの, 成つたのかと, 投げ出しかかったか, 狼狽し, 眼ば, 眼を, 笑い, 笑った肩, 笑って, 肯定し, 肯定する僻んだ, 自分たちの, 見える方, 譲歩し, 負けて

▼ 気などは~ (30, 0.0%)

3 少しも 2 ないの, ろくにありません

1 [23件] ありません, いつか無くなっ, さらさら無かっ, しないの, しないもの, なかった, なかつたの, なくお, みじんも, もちろんありません, 兵の, 勿論起らなかつた, 更になかっ, 有りは, 毛頭ないの, 毛頭も, 毛頭起さず, 満ちあふれて, 起らずほとんど, 起らないね, 起らなかつた, 起らぬじゃ, 起らぬもの

▼ 気です~ (29, 0.0%)

92 からその

1 [18件] かい, かえ, かって, から, からね, から安心, から悦ん, か一体, か金貸, が何, が時間, ぞ, と云った, ね, ね酷い, もうもっ, もの, ッて

▼ 気障な~ (29, 0.0%)

9 ことを 5 事を 2 ものは, 事は

1 [11件] ところが, のが, ので止し, のも, ものを, ようで, 事です, 事の, 事ばかり, 度強, 様であり

▼ 気~ (28, 0.0%)

21 がひ 3 がひと 2 がひじ 1 がひだ, がひで

▼ 気~ (28, 0.0%)

19 れが 2 れも 1 がする, じが, せる様子, れしたが, れして, れたか, れ者

▼ 気恥かしく~ (27, 0.0%)

6 なって 2 もある, もなく, 思はれたの

1 [15件] て, てうかうか, てはめられ, て冷汗, て包み隠し, なったか, なったから, なったと, なつて, なつてそつ, なつて口, なる, なるほど尻, も感じた, 感じられるの

▼ 気附かず~ (27, 0.0%)

4 にいた

1 [23件] ただ子供, にいる, におる, にた, にはいられなかった, に云った, に居た, に持つ, に次第に, に狼狽, に甘, に甘ったるい, に相手, に私, に落着き, に進んだ, わしも, 作者は, 反対に, 抵抗し, 相手が, 矢鱈と, 結婚の

▼ 気附かぬ~ (27, 0.0%)

2 振りし, 振りを, 新手を, 様子で, 間に

1 [17件] うちに, のだ, ふりで, ふりを, もので, ものは, ようであった, ようでした, わけに, 事柄だ, 屈託の, 工夫を, 手品の, 病気を, 筈は, 美を, 顔を

▼ 気ぬけ~ (25, 0.0%)

11 がした 5 のした 3 がし 1 がしちゃった, のし, のする, の様, みたいな, もし

▼ 気~ (25, 0.0%)

3 つてゐる 2 ひの

1 [20件] つた様子が, つた総, つた高, つてあ, つて駆け, は確か, ひたち, ひに, ひによつて, ひを, ひ悪く, ひ立たずには, ひ立つて, ひ込んで, みせ, も多分, ッて, 立った風, 立つて, 肌で

▼ 気のせゐ~ (24, 0.0%)

1 [24件] かこな, かその, かどれ, かなあ, かひどく悲し, かも分りません, か何だか, か何時も, か同じ, か幽か, か弾丸, か心細, か楡, か汗ばんだ, か火薬, か犬, か良秀, か質素, か近所, か青い, か頭, であつ, でせう, に相違

▼ 気恥ずかしく~ (24, 0.0%)

2 もある, 思って

1 [20件] させたの, ていそい, てそれ, てただ, てできなくなる, てクレール論, て浮舟, て申されませんでした, て背中, て言い出せなかった, なって, なりましたから, なります, もあった, 大抵の, 思われたから, 思われまた, 感じられて, 成ったの, 気乗りも

▼ 気やすめ~ (23, 0.0%)

2 を云っ

1 [21件] がある, だけのイヒチオール, ではない, にきっと, にでも云, になった, に学校用品, に安心, に書いた, に脅かしやがる, に自分, のよう, の助け, の謝り, もし, をいつ, を思いだした, を急ぐ, を言う, 以上の, 程度だ

▼ 気かと~ (22, 0.0%)

1 [22件] きいたらそれ, そのとき, たずねられた, 不思議で, 不思議に, 云う眼つき, 云って, 云わぬばかりに, 人の, 問いかえすに, 問われても, 問われれば, 尋ねられると, 小野に, 彼は, 恐れて, 押し返して, 正式に, 聞いたら誰, 袋叩きに, 訊いて, 訊ねましたところ

▼ 気かも~ (22, 0.0%)

6 知れない 2 知れん

1 [14件] しれない, しれないけれど, しれないし, しれないわ, しれぬ, しんね, 知れないが, 知れないがね, 知れないと, 知れぬ, 知れぬが, 知れません, 知れませんさ, 計られぬ

▼ 気らしい~ (22, 0.0%)

1 [22件] がお母さん, で, ところも, ね, ものは, 上さんの, 中年者飯炊きは, 人相の, 医者の, 垢ぬけ, 声も, 大胆な, 張りの, 後ろつきを, 日本人の, 白蝋の, 精博の, 精悍な, 細君は, 辰三郎や, 頤, 風です

▼ 気~ (22, 0.0%)

3 のした, のしない 2 がし, がしない, がせず 1 がした, がしなかった, がしなくなっ, がせぬ, したもの, して, しないので, に乏しく, のする, もしない

▼ 気から~ (21, 0.0%)

1 [21件] だんだん深間, つい芝居, よほど遠く, 下らぬ売薬, 中間層の, 余計に, 出たの, 出たん, 出る熱, 取って返したの, 大風呂敷, 引出したの, 得た当然, 来る面白, 演った, 漸, 燃やして, 病が, 色んなしるし, 親から, 辰の

▼ 気にかけては~ (21, 0.0%)

7 いなかった 2 いない

1 [12件] いけない少し, いけません, いないの, いなかったが, いません, いられない, いるが, おりません, ならない, ゐたの, ゐないけれど, ゐませんでした

▼ 気懸りな~ (21, 0.0%)

3 ことが 2 ものが

1 [16件] ことで, のだ, のである, ので原, のは, ままに, ものだ, ものを, 一事につき, 一事を, 三時間を, 事件が, 様子で, 様子である, 気持へ, 話では

▼ 気であった~ (19, 0.0%)

2

1 [17件] か, から椿岳, か何れ酒, か或は, か躍り上がっ, があまり, がそこ, がぶらりと, が今, そうです, とはいえぬ, とは主張, と言う, のだ, ので勝頼, ものか, 上に

▼ 気なんか~ (19, 0.0%)

3 少しも

1 [16件] ありません, して, ちっとも無い, つかって, ないわよ, なくなったとき, なくなっちまいますわ, まるっきりない, みじんも, わるくは, 向かない, 少しもち, 爪の, 立って, 違うもの, 違って

▼ 気弱い~ (19, 0.0%)

2 影の

1 [17件] ことで, ことを, ものは, 事で, 事を, 人が, 内省の, 口調で, 彼の, 心を, 悩みを, 感傷でなけれ, 曖昧な, 様子を, 王子は, 笑顔は, 臆病な

▼ 気遅れ~ (19, 0.0%)

5 がし 3 を感じた 2 がする 1 からオリヴィエ, がした, がしてる, がします, のした, もする, もせず立っ, を見せず, を覚

▼ 気だろう~ (18, 0.0%)

3

1 [15件] あさはかなもの, かね, かまたは, それに, そんな風, ということ, と心, と心配, と思っ, と思われる, と怪しまないで, と考え, な, なあ政府, 姉御の

▼ 気~ (18, 0.0%)

7 やない 61 やあるまい, やとても, やね, や死骸, や私

▼ 気でなかった~ (18, 0.0%)

2 のだ, のでした, のです

1 [12件] が茂少年, くらいです, とか云う, とともにそれ, とみえ, ので, のであります, のは, よ, 大急ぎで, 所です, 波止場は

▼ 気という~ (18, 0.0%)

6 ものは 4 ものが 3 ような 1 のは, のも, ものか, やつだ, 汁気は

▼ 気やすく~ (18, 0.0%)

2 なりその

1 [16件] うたい出して, うなずいて, して, じょうずに, その人たち, は頼めません, 愛想を, 来て, 楽しんで, 神と, 答へ, 老いた父母, 落着い, 話しかけないで, 語らってさえ, 馴じんで

▼ 気恥ずかしい~ (18, 0.0%)

5 ような

1 [13件] からであり, くらいだ, ことか, ことである, というよう, ようすで, 告白を, 心地が, 思いが, 思いでありました, 感じだった, 気が, 蔑視と

▼ 気易く~ (18, 0.0%)

1 [18件] お家へ, させた, させる淡い, したの, それに, て深切, なったせい, 云って, 兄さん兄さんと, 出来よう, 応対の, 思ったよう, 眠る事, 考へられるやう, 許して, 話させるよう, 話しかけられるの, 首肯した

▼ 気違ひだ~ (18, 0.0%)

4 つた 2 の白痴

1 [12件] からね, つたり, といふの, といふやう, といふ筈, とは言, と思ふ, と疑, と言, な, ねえ, ねなどと言

▼ 気障だ~ (18, 0.0%)

4 ねえ 2 というの

1 [12件] がこれ丈, が人, けれども大層, つて思はせ, という顔, と思っ, と言いました, なア, ねえぐったり, ねえ人, よお, よ畜生ッ

▼ 気つけ~ (17, 0.0%)

2 に温泉二, の水, の薬

1 [11件] かもしれねえ, がある, でも, としてウイスキー, として小さな, と心得, にする, になりぬ, をあげましょう, をと思った, を飲ませるやらし

▼ 気など~ (17, 0.0%)

4 少しも

1 [13件] ありそう, した, しました, とても持てなかった, みじんも, 毛頭ないまして, 毛頭なかった, 水を, 狂って, 誰一人あるべき, 起したもの, 起す理由, 起らなかった

▼ 気~ (17, 0.0%)

2 のある

1 [15件] あるもの, あるを, が出ました, が自然小林, が見られる, さえない, の下, の偲ばれる, の溢れ, は大変, は持ちたい, もある, も何, をつつんだ, を抱いた

▼ 気押され~ (17, 0.0%)

2 てジリジリ

1 [15件] そうな, て, ていた, てしまった, てたんなる, てほとんど, てやるべき, て却って, て小次郎, て敵, て気前, て立ち止る, て行く, て軽い, 気味に

▼ 気永く~ (17, 0.0%)

2 お聞, 待つこと

1 [13件] おやりなさい, そうして絶滅, なって, 修業する, 内容を, 待つが, 成さいと, 極めて優しく, 構えて, 研究しよう, 自殺を, 要求しなけれ, 親切を

▼ 気なる~ (16, 0.0%)

2 ものは

1 [14件] さまを, その向, やり口だった, ハイカーに, 善悪の, 姿の, 心地せられ, 慈眼を, 時は, 木石に, 甘味料を, 表情の, 調子にて, 面もちにて

▼ 気不味い~ (16, 0.0%)

3 沈黙が 2 様子を, 顔を 1 ことが, ことも, ことを, もの, 事が, 別離を, 思を, 雰囲気に, 顔ばかり

▼ 気~ (16, 0.0%)

4 さを

1 [12件] かつた, がつて, がらせて, さうに笑つた, さうに笑つて子供を, さうに苦笑した, さが, さと, さの, ずくなっ, ずそう, そうに

▼ 気~ (16, 0.0%)

1 [16件] だと, ですねえ, でもあ, でもあつ, で慰めよう, と思ふ, と思ふなら, な, なうしろ姿, ながらせめて, ながら此度, な引込思案, になつて, にもあり, に存候, に思う

▼ 気つけ薬~ (15, 0.0%)

2 を飲ませ

1 [13件] が喉, と言い, になる, をおかみさん, をかぐ, をとり出しました, をのませ, を与えれ, を何, を入れ, を服せしめた, を飲まし, を飲ませよう

▼ 気拙く~ (15, 0.0%)

4 なって

1 [11件] させたの, てあの, なつて, なり夫, なり相手, 別れた, 当分の, 思ったと, 思つた, 思はさないやう, 睨み合いといった

▼ 気ちげ~ (14, 0.0%)

5 えに 2 えだ, えだって 1 えか, えの, えを, え天気め, え見

▼ 気まかせ~ (14, 0.0%)

2 にし

1 [12件] な人生, に, にこのごろ, にさせる, にはさせられない, に歩い, に歩いた, に歩ける, に組合わされた, に衣裳箪笥, に踏ん, に道

▼ 気拙い~ (14, 0.0%)

2 ことが, 顔を 1 ことをも, ものに, んだ, 事が, 事を, 思いを, 思ひに, 日を, 睨み合いが, 顔で

▼ 気~ (14, 0.0%)

1 [14件] あるシバルリイ, いくらか東洋風, がある, である, と離し, にもある, に低頭, の根本的相違, の特質, をあら, をかり, を備, を嗅ぎ, 申しぶん

▼ 気遣ふ~ (14, 0.0%)

8 やうに 1 にも及ばじ, に及ばず, のは, は人, ような, 心が

▼ 気~ (14, 0.0%)

6 かしい顔 1 かしい, かしいくらいの, かしいグレゴリー, かしい当家, かしい悲し, かしきこの, かし屋である, かし屋の

▼ 気なき~ (13, 0.0%)

1 [13件] ことでした, この空気, にしも, ものの, よりいよいよ, より起れる, を罵る, カーフの, 天晴れ者と, 様子であります, 答え方, 耳の, 襟元へ

▼ 気をも~ (13, 0.0%)

2 まさないよう, まして, みなさり 1 ますにもほどが, ませるだけ, 兼ねるという, 吐かず死人, 害したくなかったし, 強くさせた, 起させて

▼ 気~ (13, 0.0%)

1 [13件] で散漫, で猛, で美しく, なところ, なる彼, なる性格, な老妓, な調子, のたくましい, のよう, の人, の女, の左褄

▼ 気~ (13, 0.0%)

6 がない 1 がありません, がなし, なし, はない, はなかろう, もあるめい, もなし

▼ 気易い~ (13, 0.0%)

1 [13件] から三味線, ところが, のびのびした, ダンスが, 処が, 博士は, 家庭の, 心地が, 感じであった, 時間に, 浮れ, 状態が, 風の

▼ 気~ (13, 0.0%)

4 して 1 させる程, し心, せるか, せる女子, せんと, だって, とは何ん, の手前, 致しました

▼ 気~ (13, 0.0%)

4 のよう 1 だって, でお, で亡くなった, で死ぬ, と聞いた, になり, になる, の床, の後

▼ 気遣つ~ (13, 0.0%)

1 [13件] たりし, て, ていや, てこつ, てそつ, てだから, てゐる, て一ヶ月分, て戦線, て決して, て激しく, て被, て誰

▼ 気あり~ (12, 0.0%)

2 魂あり 1 て人, て夥, て相継い, て諸, て進み得ず, と, とかいうの, 因て, 座談久うし, 香煙の

▼ 気ぜは~ (12, 0.0%)

2 しい 1 しい叩きやう, しい変化, しい街, しくな, しく小刻み, しく年のうち, しく扇子, しさうに, しない震動, しなうございますね

▼ 気にか~ (12, 0.0%)

5 かつた 2 かつてゐた, かつてゐる 1 かつてし, かつてならない, かつて月

▼ 気むつかしい~ (12, 0.0%)

3 顔を 2 気持ちで 1 わがま, 主人が, 人だ, 性質の, 父親とは, 病人が, 神である

▼ 気~ (12, 0.0%)

1 [12件] 催ス, 利カシタ, 取ラレテ試合, 含ンデスベカラク変ズ, 呑マレタ形デ, 揉ンデ, 晴ラセラル, 滋スノ功最, 負フテ, 運用ス, 附ケテ居ルカラ少, 静メヨウ興奮シテハナラナイト自分デ

▼ 気ざま~ (11, 0.0%)

6 しに 1 しじゃ, しにや, しの, しを, し的

▼ 気ッ腑~ (11, 0.0%)

1 [11件] がほしゅう, が資本, が違う, として出来ない, のうれしい, の主, の奴, はともかく, を張っ, を買え, を資本

▼ 気障つ~ (11, 0.0%)

4 ぽさ 2 ぽい 1 たらしい名前, たらしい姿態, たらしい芝居気, ぽいこと, ぽく云

▼ 気だけは~ (10, 0.0%)

1 どこまでも, ハッキリと, 不思議と, 何人も, 勝って, 変らないん, 相変らず, 起ったはず, 起りませんでした, 達者な

▼ 気ばらし~ (10, 0.0%)

2 に, にお, になった 1 にときどき, になりました, になる, のため

▼ 気を以て~ (10, 0.0%)

2 人を 1 これを, し如何なる, 勝つ, 幕府を, 改めて仕事, 譬喩の, 身を, 身体を

▼ 気~ (10, 0.0%)

4 はしく 2 はしい, はしさう 1 はし, わしく

▼ 気~ (10, 0.0%)

4 のした 1 がした, した萎けた, する程, せし者, のしたらしい, の為

▼ 気~ (10, 0.0%)

1 から, とで力, にとりつかれ, のよう, の性, の様子, の病, の病封じ, をどの, を散じ

▼ 気~ (10, 0.0%)

1 で酒, な女, な調子, に, にお, に耀ける, に話し出した, に返事, に送つ, らしい叔母

▼ 気~ (10, 0.0%)

2 しさ 1 かしいので, かしい話, かしかった, しいの, しくて, しく思出, しく盃, しげ

▼ 気記号~ (10, 0.0%)

7 と鋭 2 と曲アクセント付き 1 と重

▼ 気込み~ (10, 0.0%)

1 から思い, がいつも, が見物席, でわざわざ, で斬, とはまるで, に応ずる, は残し, をす, を少し

▼ 気違ひじ~ (10, 0.0%)

1 みたこと, みたこの, みた世話, みた女, みた決意, みた眼, みた自分, みた薄気味, みた話, みて

▼ 気附き~ (10, 0.0%)

1 これまでは, になっ, もしなかつた, カンバスを, ビクッとして, 候ひし, 千鶴子も, 歌を, 白昼は, 私は

▼ 気ぐみ~ (9, 0.0%)

1 がその, が見えた, だつて, ではそれ, どうしたら, なの, にちがい, は殆ど剣術, をその

▼ 気はかろ~ (9, 0.0%)

9

▼ 気まで~ (9, 0.0%)

1 した, したの, して, しゃんとするごんだ, ついたよう, 変に, 失って, 狂いそう, 腐るさ

▼ 気不味~ (9, 0.0%)

2 さの, さを, そうに 1 かつた, さをも, そうな

▼ 気~ (9, 0.0%)

2 毒に 1 伸死者気之, 伸鬼者気之, 屈気之, 或乖, 毒, 毒なる, 霊在

▼ 気~ (9, 0.0%)

1 があった, が一番不安定, が復六, というの, とでも云う, にも触れなかった, に煽られ, のよう, を感じた

▼ 気勢い~ (9, 0.0%)

1 とが肝腎, となる, にきおっ, にはまた, は御, は朝, もつく, よく歌いつ, を見せ

▼ 気咎め~ (9, 0.0%)

2 がし 1 がされ, がした, がする, が致した, して, に二日, もしました

▼ 気恥ずかし~ (9, 0.0%)

2 さは, そうに 1 さで, さと, さの, さを, そうな

▼ 気~ (9, 0.0%)

1 で一気に, で卓子, へがありあり, へが要する, へてゐる, へて居る, へは微塵, へを捨てろ, をした

▼ 気重い~ (9, 0.0%)

2 沈黙が 1 のである, のよ, ものと, ような, 無言を, 調子を, 退屈さが

▼ 気障で~ (9, 0.0%)

1 さへも, はある, はなく, も何, 厭味たらしく, 好色の, 気障で, 皮肉で, 薄っぺらで

▼ 気あい~ (8, 0.0%)

1 がある, がはいる, がよ, が感じられる, の違う, をかけ, を振りしぼった, 抜けが

▼ 気おくれし~ (8, 0.0%)

2 ている 1 ていけない, ていた, てか火星兵団, て仕事, て入りそびれ, ながら歩い

▼ 気ごころ~ (8, 0.0%)

1 が分つ, のむつかしい, の喰いちがった, の知れない, もしれ, も分り心, をいつか理解, を知り合っ

▼ 気じゃあ~ (8, 0.0%)

2 ないん, なかった 1 いくらわたし, ないか, ねえん, 疵が

▼ 気ちがいじみた~ (8, 0.0%)

1 まねは, まん, 化け物の, 物の, 血筋を, 言論とによって, 警告に対して, 鳥の

▼ 気にく~ (8, 0.0%)

4 はない 2 はぬ 1 はず, はねど

▼ 気やす~ (8, 0.0%)

4 さを 1 そうに, なお武家, な心もち, に言葉

▼ 気をかへて~ (8, 0.0%)

1 一時が, 二三人つれ, 其次を, 屹と, 見ようと, 話しかけて, 酒も, 釣竿を

▼ 気付き~ (8, 0.0%)

3 のこと 1 では御座います, と存じます, になった, になられる, もしない

▼ 気~ (8, 0.0%)

2 の崎 1 という海岸, のみさき, ク東西南麓ニ温泉アリテ山六七分以上ハ草木生セサル程, 川すじでは, 摂津守昌吉, 神社に

▼ 気~ (8, 0.0%)

1 に, に奥様, に行く, るるとき, をさせよう, をさせる, をし, をする

▼ 気特に~ (8, 0.0%)

1 この頃, なしたが, なった, なつて, なりゲッソリ, なるため, は他, 身うちの

▼ 気競っ~ (8, 0.0%)

21 て云っ, て云った, て振返る, て答えた, て言う, て言った

▼ 気苦しい~ (8, 0.0%)

1 ほどしん, ほどだった, ほどの調子, ほど時々, までに胸, ような, 厭な, 色に

▼ 気負け~ (8, 0.0%)

2 して 1 がおこる, がし, がした, という, の極, を覚え

▼ 気~ (8, 0.0%)

3 れに 2 がする 1 する位, つたのち, や遊猟

▼ 気長い~ (8, 0.0%)

1 です, 世代が, 仕事によって, 巧妙な, 希望を, 心持からも, 気持ちで, 話じゃ

▼ 気~ (8, 0.0%)

1 からで, が強く, であろうか, は当然, も尽き果て, を伝え, を吹き込まれる, を深い

▼ 気うけ~ (7, 0.0%)

1 がいい, が好かろ, が悪い, のよく, は次第に, もよい, も教員間

▼ 気でした~ (7, 0.0%)

1 が好き, のじゃ, のだったろう, ので, んじゃ, んでなけれ, 事か

▼ 気にすら~ (7, 0.0%)

2 なって 1 なった, ならないと, ならなかつた, なれず, なれなかったの

▼ 気にでも~ (7, 0.0%)

1 するよう, なつたんで, ならなく, 予想し, 入らないの, 成って, 障ったふう

▼ 気むつかしく~ (7, 0.0%)

2 外目に 1 かつ意地, なりました, 出来て, 物固い, 首を

▼ 気らしく~ (7, 0.0%)

1 ここに, もある, 太い眉, 少し反り返っ, 藍玉の, 野暮に, 頭振りを

▼ 気~ (7, 0.0%)

2 なる事 1 なったらまた, なって, なつて, なりますもん, なるん

▼ 気ッ風~ (7, 0.0%)

1 が骨身, だけには何百年来, というもの, として金, にあわせ, の女, を探っ

▼ 気~ (7, 0.0%)

1 がし, に含む, に挺, に散漫, のさま, の水分, を浮び行っ

▼ 気儘勝手~ (7, 0.0%)

1 である, な遊行, に水, に育てなけれ, に自分, に諸国漫遊, に遊び

▼ 気六ヶ~ (7, 0.0%)

2 しや, しやの 1 敷い団長, 敷い酒, 敷くなった

▼ 気~ (7, 0.0%)

4 そうに 2 さを 1 そうであった

▼ 気持っ~ (7, 0.0%)

1 てあんな, てなかっ, てへん, てもの, て妙, て差支, て微妙

▼ 気~ (7, 0.0%)

1 しが, でまずく, なら会社, につけ込ん, に罪, の働, の時節

▼ 気~ (6, 0.0%)

2 日和機嫌胴忘れ神経質何 1 ありに, ひながら, ひ云, 勝が

▼ 気すら~ (6, 0.0%)

1 する, なく, みえない痩せて, わいて, 起こったの, 起るの

▼ 気たっぷり~ (6, 0.0%)

1 かと思ったら, というほう, にいう, のパリー人, の老人, の若旦那徳太郎

▼ 気だったら~ (6, 0.0%)

1 それですべて, わしだって, 今日までに, 先ず自分, 決してこの, 煙草に

▼ 気だつた~ (6, 0.0%)

1 かそれとも, がそれだけに, が町, が私, ので一回, んだらう

▼ 気づまりな~ (6, 0.0%)

2 思ひを, 重苦しい空気 1 じっとし, わびしい一日一日

▼ 気である~ (6, 0.0%)

2 ことが 1 がし, が私, のだらう, まだ棲め

▼ 気ながら~ (6, 0.0%)

1 これによって, 察して, 知って, 知ること, 行われて, 近衛声明以来それを

▼ 気にまで~ (6, 0.0%)

1 なったが, なった人, なった圧, なりながら, 誘発され, 進んで

▼ 気のせゐだ~ (6, 0.0%)

2 つたかも 1 つたと, つたのだらう, つたのです, つたらしく

▼ 気ばかりが~ (6, 0.0%)

1 されて, されます, されるの, して, 強く押し出された, 激しく動く

▼ 気むつかし~ (6, 0.0%)

1 そうな, そうに, やが多い, やだ, やで, やの元帥

▼ 気やすい~ (6, 0.0%)

1 ことで, ところも, 三流ホテルだ, 思いに, 感じだった, 田舎生活を

▼ 気よく~ (6, 0.0%)

1 かう言つて, その中, 一緒に, 少し極り, 手助けさせる気づかい, 色を

▼ 気~ (6, 0.0%)

1 な心から, な男, な話, な調子, な風, に云う

▼ 気兼苦労~ (6, 0.0%)

1 という点, の実感, は一, は多少, をする, を生れる

▼ 気~ (6, 0.0%)

1 がよろしい, がイヤ, が好い, に合, の具合, の好い

▼ 気~ (6, 0.0%)

1 があやうく, と一緒, と共に見事相手, を返し, 柄音動作一瞬に, 返しここに

▼ 気~ (6, 0.0%)

1 げに, さを, そうな, るくなって, るげに, るそう

▼ 気懶い~ (6, 0.0%)

1 ものを, 気持が, 沈黙が, 波音を, 睡気, 蝉時雨

▼ 気~ (6, 0.0%)

2 をシュリーレン写真 1 という客観的, も感じなかった, も止っ, を感知

▼ 気~ (6, 0.0%)

2 のなか 1 と八つ, の島, の底, へ引き付け

▼ 気満々~ (6, 0.0%)

2 たる出品 1 たる女, たる孫権, として寸分, に発向

▼ 気~ (6, 0.0%)

1 なの, にずかずか, に引込ん, に頸, の豪傑, をし

▼ 気~ (6, 0.0%)

2 がし, れが 1 れの, れを

▼ 気~ (6, 0.0%)

2 の鋭い 1 すでに天下, をあらわし, を叩き, 極めて鋭

▼ 気かい~ (5, 0.0%)

1 お前は, お止し, ナア, 僕も, 君達は

▼ 気しき~ (5, 0.0%)

1 が見えません, なので, もない, もなく, を見

▼ 気だけ~ (5, 0.0%)

1 だったの, だろう, である, 多く遣う, 立てて

▼ 気ちがいめいた~ (5, 0.0%)

1 もの, 匂いが, 気分に, 犯罪者を, 趣きが

▼ 気であろう~ (5, 0.0%)

31 が, この上野

▼ 気でなくなっ~ (5, 0.0%)

2 ていた 1 てきた, て今度, て泰さん

▼ 気でなけれ~ (5, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ばきれい, ば特殊行政, ば迂闊

▼ 気とが~ (5, 0.0%)

1 させる業, ふっと青白く, めしますが, 一つの, 味わわれます

▼ 気と共に~ (5, 0.0%)

1 対馬守の, 投げ出し取り出すたしなみの, 蛇も, 面目ない, 顔へ

▼ 気なれ~ (5, 0.0%)

1 ど, ど主人, ど清潔, ばと言つて, ば吉ちやん

▼ 気にかけは~ (5, 0.0%)

3 しなかった 2 しない

▼ 気になど~ (5, 0.0%)

1 して, なったもん, なったやら, なれないほど, 少しも

▼ 気にゃ~ (5, 0.0%)

1 ならなかったけど, ならねえん, なれない, なれないよ, アならないでしょう

▼ 気のね~ (5, 0.0%)

1 えよう, え人, え山, え返事, え返辞

▼ 気~ (5, 0.0%)

2 かきに 1 かき四五の, ッせい, ッせいな

▼ 気~ (5, 0.0%)

1 が悪い, になっ, わるいわ, わるくさはりました, わるくさわりました

▼ 気みじか~ (5, 0.0%)

1 すぎるわよ, でずけずけ, な信長, のおばさん, を善用

▼ 気むづかしい顔~ (5, 0.0%)

2 をし 1 に笑, をしました, を少し

▼ 気~ (5, 0.0%)

1 入ッテイルニ違イナイ, 入ラナイ, 入ラントシテ争ツテ邸ニ来ル, 入ルコトヲ, 障ッテ済マナイコトアリマス

▼ 気不精~ (5, 0.0%)

1 からいつ, からで, と沮喪, になっ, には違

▼ 気使い~ (5, 0.0%)

1 ながら二人, は主人, をする, 一大決心を, 一方に

▼ 気使っ~ (5, 0.0%)

1 て, てか迂回, て口, て用心, て見守っ

▼ 気~ (5, 0.0%)

1 媛が, 媛だ, 媛と, 媛は, 媛を

▼ 気儘気随~ (5, 0.0%)

1 でいる, に空, の世渡り, の療養生活, をおっ通したがる

▼ 気匠気~ (5, 0.0%)

2 と云う, のある 1 まで行く

▼ 気~ (5, 0.0%)

1 が襲来, というもの, とが交代, の動き, の性質

▼ 気~ (5, 0.0%)

2 に満つ 1 に上る, に帰し, に帰す

▼ 気~ (5, 0.0%)

1 からの回答, に当時, は大きく, を濶大, を訴えよう

▼ 気忙しなく~ (5, 0.0%)

1 動かしながら, 吸った, 尋ねかけた, 用を, 眼を

▼ 気懸りで~ (5, 0.0%)

1 あつた, もあり, 仕方が, 気懸りで, 耐らなくなりました

▼ 気持ったら~ (5, 0.0%)

1 ないわ, なかった, 今考え, 比類の, 話に

▼ 気散じ~ (5, 0.0%)

3 てたちまち 1 さ腕押坐, てしかしてたちまち

▼ 気更に~ (5, 0.0%)

2 振わ 1 不被為在, 張る, 昂り疲倦

▼ 気無力~ (5, 0.0%)

2 の愚民 1 なるも, の腐儒, の鉄面皮

▼ 気狂ひじ~ (5, 0.0%)

1 みた動作, みた暴れ方, みた蒼い, みて, みないで

▼ 気短く~ (5, 0.0%)

1 させたの, なると, はぜては, 泣いたり, 疑って

▼ 気~ (5, 0.0%)

1 で冷酷, な一徹, な九州武士, な女, のガチャ鉄

▼ 気~ (5, 0.0%)

2 がし 1 がひどい, のした, をし

▼ 気~ (5, 0.0%)

1 が一度, が似, です, ですから, に感じ入っ

▼ 気重く~ (5, 0.0%)

1 なるの, 充実した, 心怪しき, 落ち着いた眠ったいよう, 身蒸され

▼ 気難かしく~ (5, 0.0%)

1 して, て機嫌, なって, なりましてね, まるで何

▼ 気難かし屋~ (5, 0.0%)

1 からである, であった, であったの, に捉, は世間普通

▼ 気ある~ (4, 0.0%)

1 の, のね, は稀, 父の

▼ 気~ (4, 0.0%)

1 がある, ッぱいに, 引て, 悪くする

▼ 気うとい~ (4, 0.0%)

1 か, のであろう, 感じが, 風を

▼ 気きった~ (4, 0.0%)

1 ことばかり, 失敗を, 話だ, 顔つきで

▼ 気きつ~ (4, 0.0%)

1 たこと, た憂ひといふ, た空々しい, た頑固

▼ 気ごみ~ (4, 0.0%)

1 が竹刀, であったらしい, でなければ, はすさまじゅう

▼ 気さかん~ (4, 0.0%)

2 です 1 な若い, な馬超

▼ 気ざし~ (4, 0.0%)

1 がこもつ, ている, に出あった, を現

▼ 気~ (4, 0.0%)

1 ている, て手足, て枕, ょくのいいこっだろう

▼ 気そう~ (4, 0.0%)

1 な目, に両手, に見せる, に鼻唄

▼ 気だらう~ (4, 0.0%)

1 さうなったら, とは今, と考へ, 押かけ

▼ 気づまりで~ (4, 0.0%)

1 ろくろく口, 固く鯱こ, 思うよう, 早々に

▼ 気づまりを~ (4, 0.0%)

1 感じた, 感じた事, 感じながら, 感ずるの

▼ 気であっ~ (4, 0.0%)

1 てその, てもそれ, て幽鬼, て御覧じろ

▼ 気であり~ (4, 0.0%)

1 いすか, 人の, 大そう, 涅槃であり

▼ 気な思ひ~ (4, 0.0%)

1 でよた, に打たれ, に耽つ, 出にでも

▼ 気にと~ (4, 0.0%)

1 ぼとぼと下手, まつたの, めんと, 云う事

▼ 気にもな~ (4, 0.0%)

2 つて見 1 つて, つてゐる

▼ 気はい~ (4, 0.0%)

1 さえあった, すら感じられなかった, すら望見, でした

▼ 気まえ~ (4, 0.0%)

1 よくあざむかれ, よくザラザラ, よく献納, よく駕籠

▼ 気まぎらし~ (4, 0.0%)

1 にとぶらぶら, に動坂, のため, の智慧の輪

▼ 気~ (4, 0.0%)

1 向カナケレバオ止メニナッタ方ガヨロシイト云ッテオラレマスカラ, 悪カロウ, 遠クナッテシマウノデスガ, 遠クナツテシマフノデスガ

▼ 気~ (4, 0.0%)

1 にめぐまれ, の如何, の性質, は温度

▼ 気女工~ (4, 0.0%)

1 がその, とふざけてる, の生活, は彼

▼ 気崩れ~ (4, 0.0%)

1 てしまう, になっ, に襲われ, のあった

▼ 気怠る~ (4, 0.0%)

2 さを 1 さで, さの

▼ 気恥ずかしかっ~ (4, 0.0%)

4

▼ 気~ (4, 0.0%)

3 を取る 1 であるかも略知つて

▼ 気~ (4, 0.0%)

1 が自分, な顔, になっ, になる

▼ 気早き~ (4, 0.0%)

1 一人が, 人達の, 江戸ッ子気質草履つっかけ, 江戸ッ子気質草履つつ

▼ 気有り~ (4, 0.0%)

1 て盃, て緑鮮, て青く, 仍つて戌剋御所の

▼ 気残り~ (4, 0.0%)

1 がし, が増えました, でもあるらしい, もなし

▼ 気無し~ (4, 0.0%)

1 に唐紙, に聴い, に調子, の病人

▼ 気狂ひだ~ (4, 0.0%)

1 つまらぬ音譜, とかで, と云, なと感心

▼ 気置き~ (4, 0.0%)

3 のない 1 のな

▼ 気~ (4, 0.0%)

1 でよく, と見せ, のダニーラ, らしく伸子

▼ 気落し~ (4, 0.0%)

1 てお, てはなりません, て何時の間に, て魂

▼ 気~ (4, 0.0%)

1 の精, 之精耳, 動くの, 動くの年

▼ 気込ん~ (4, 0.0%)

1 でいるらしい, でその, で多少, で話し

▼ 気~ (4, 0.0%)

2 の狭い 1 なかなり, のもの

▼ 気附かぬらしい~ (4, 0.0%)

2 様子で 1 様子だった, 無造作な

▼ 気附け~ (4, 0.0%)

1 でビーストン, ば事実, ば気, ば諦め

▼ 気~ (4, 0.0%)

2 の新井方 1 で二十四孝, という小ぢんまり

▼ 気あつかい~ (3, 0.0%)

1 のいらない, も無く, をされよう

▼ 気いつけ~ (3, 0.0%)

1 ていつも, てニンニクかめ, な

▼ 気い付け~ (3, 0.0%)

1 てね初め, て好い, て往き

▼ 気ぐらいが~ (3, 0.0%)

1 理由も, 高くっても, 高くなっ

▼ 気ぐらいの~ (3, 0.0%)

1 たかいところ, 高いこと, 高い事

▼ 気こそ~ (3, 0.0%)

1 あれ何物, ただならない, 少いが

▼ 気~ (3, 0.0%)

1 もり重しここ, んだ, んで

▼ 気すでに~ (3, 0.0%)

1 呉を, 消散し, 衰え帝星光

▼ 気ずい~ (3, 0.0%)

1 た, てから後, に

▼ 気~ (3, 0.0%)

1 つし, つするか, つを

▼ 気~ (3, 0.0%)

1 此中にも, 汝の, 火事は

▼ 気たた~ (3, 0.0%)

1 ましい半鐘, ましい子供, ましい非常汽笛

▼ 気だの~ (3, 0.0%)

2 貰う積り 1 相変らず

▼ 気づま~ (3, 0.0%)

1 を取っ, を取りなさる, を浮き立たせ

▼ 気づまりな思い~ (3, 0.0%)

2 をさせ 1 を少し

▼ 気づまりな空気~ (3, 0.0%)

1 にならない, をさらり, をほぐす

▼ 気づまりになって~ (3, 0.0%)

2 来る一方 1 往きそう

▼ 気でございます~ (3, 0.0%)

1 か, かな, 小花さんに

▼ 気でしょう~ (3, 0.0%)

3

▼ 気でなかつた~ (3, 0.0%)

1 に相違, のである, ので急い

▼ 気とで~ (3, 0.0%)

1 うっかり言った, 人生の, 苦しくて

▼ 気とともに~ (3, 0.0%)

1 信長は, 原始人らしい, 投げ出し取り出すたしなみの

▼ 気とは~ (3, 0.0%)

1 方角が, 神の, 縁が

▼ 気ながらも~ (3, 0.0%)

1 タッタ一枚の, 人生と, 割合に

▼ 気なぞ~ (3, 0.0%)

1 ない, 出なかった, 少しも

▼ 気なり~ (3, 0.0%)

1 かねて快から, 御用を, 西土に

▼ 気なんぞ~ (3, 0.0%)

1 ふれては, まるでない, 昨日まで

▼ 気なんぞは~ (3, 0.0%)

1 ありゃしない, ありゃしませんよ, 飛んで

▼ 気なんて~ (3, 0.0%)

1 ある筈, 少しも, 毛頭ない夫

▼ 気にかけ~ (3, 0.0%)

1 ちやゐない, んで, 売名に

▼ 気について~ (3, 0.0%)

1 書かうと, 記して, 離れられないの

▼ 気になどは~ (3, 0.0%)

1 ならないで, なりませんから, なれなかった

▼ 気になんぞ~ (3, 0.0%)

1 なるもん, なれなかった, 懸けなくても

▼ 気ぬけした~ (3, 0.0%)

1 みたい, ものと, 表情の

▼ 気ひとつ~ (3, 0.0%)

1 あるじゃ, である, ない顔

▼ 気まりわるげ~ (3, 0.0%)

1 に, に強い, に水槽

▼ 気むら~ (3, 0.0%)

1 なこと, な我まま, な降り様

▼ 気もみ~ (3, 0.0%)

2 をし 1 をする

▼ 気よりも~ (3, 0.0%)

1 泡沫を, 私を, 色気で

▼ 気~ (3, 0.0%)

21 ばオレ

▼ 気イ付け~ (3, 0.0%)

2 なん 1 へん

▼ 気一方~ (3, 0.0%)

1 に専念, の人, の腑抜

▼ 気下味~ (3, 0.0%)

1 い事, い思い, い関

▼ 気中り~ (3, 0.0%)

3 がし

▼ 気~ (3, 0.0%)

1 るげ, るげに, るさ

▼ 気儘さ~ (3, 0.0%)

1 でもある, と頑さ, に見慣れ

▼ 気儘放題~ (3, 0.0%)

1 に家, に育てられた, に育ん

▼ 気~ (3, 0.0%)

2 ずかし 1 ずかしい遺賢

▼ 気~ (3, 0.0%)

1 に血の道, れさせん, れは

▼ 気~ (3, 0.0%)

2 の舎 1 の舎大人

▼ 気~ (3, 0.0%)

1 両先生, 妙な, 驚くまいこと

▼ 気女工ら~ (3, 0.0%)

1 が蟻, にし, の野遊び

▼ 気~ (3, 0.0%)

2 さを 1 そうな

▼ 気怠い~ (3, 0.0%)

1 満腹の, 疲労の, 重味を

▼ 気恥づ~ (3, 0.0%)

1 かしい思ひ, かしかつ, かしくて

▼ 気~ (3, 0.0%)

2 に底惚 1 と云つて

▼ 気懈い~ (3, 0.0%)

2 体を 1 仕事の

▼ 気懶く~ (3, 0.0%)

1 なりホラ, なれるかという, 麗子の

▼ 気~ (3, 0.0%)

2 ひを 1 前お見上げ申した

▼ 気押された~ (3, 0.0%)

1 かたちでなく, のも, 気味で

▼ 気押される~ (3, 0.0%)

1 ことも, なりに, ような

▼ 気振で~ (3, 0.0%)

1 も有り, スタスタと, 貞昌は

▼ 気早く~ (3, 0.0%)

1 わしの, 水筒を, 足へ

▼ 気易かっ~ (3, 0.0%)

3

▼ 気~ (3, 0.0%)

1 が悪い, のわるい, 悪く思い

▼ 気~ (3, 0.0%)

1 かず, くならば, 薬を

▼ 気清く~ (3, 0.0%)

1 すこぶる閑雅幽邃, 時しも, 神静かに

▼ 気澄み~ (3, 0.0%)

1 て空, 天晴れた, 鳥啼きし

▼ 気~ (3, 0.0%)

1 さが, 之き, 腸の

▼ 気狂ひと~ (3, 0.0%)

1 して, なりたる例, なり救

▼ 気狂病院~ (3, 0.0%)

1 に入っ, に入れられる, に居る

▼ 気短い~ (3, 0.0%)

1 御方で, 怒りである, 気性で

▼ 気~ (3, 0.0%)

1 りで, りであったが, りに

▼ 気競う~ (3, 0.0%)

1 から菊正宗, と雨, 処も

▼ 気羞かしく~ (3, 0.0%)

1 て往来, なって, 思はれて

▼ 気~ (3, 0.0%)

1 が失せず, が遺っ, を改めず

▼ 気~ (3, 0.0%)

1 しいとこそ, ずかしい思い, づかしく感ずるであらうと

▼ 気~ (3, 0.0%)

1 に属す, は学校, は意思

▼ 気~ (3, 0.0%)

1 が通っ, が違う, は多少

▼ 気~ (3, 0.0%)

1 に曳航, の, を眺め

▼ 気遅れし~ (3, 0.0%)

1 て云い出す, て充分, て果たさなかった

▼ 気違さん~ (3, 0.0%)

1 さ, とこの, もこの

▼ 気違ひで~ (3, 0.0%)

1 あつた, も何, 世に益

▼ 気遠く~ (3, 0.0%)

1 なった, なる思い, 夏は

▼ 気遣し~ (3, 0.0%)

1 げにその, さに, とてわれ

▼ 気遣つた~ (3, 0.0%)

1 のでそつ, ものだ, 上田氏は

▼ 気遣ねえ~ (3, 0.0%)

21 から送り申します

▼ 気遣はれた~ (3, 0.0%)

1 が塩尻, ので子供, のは

▼ 気遣ひし~ (3, 0.0%)

1 に思ひ, 彼の, 心の

▼ 気附かれず~ (3, 0.0%)

1 に再び, に済む, に済んだ

▼ 気附かれぬ~ (3, 0.0%)

1 うちに, 保護色に, 様に

▼ 気附きました~ (3, 0.0%)

1 か, が, が今朝修繕

▼ 気障ったらしい~ (3, 0.0%)

1 と言った, もので, ものの

▼ 気障でない~ (3, 0.0%)

1 かほとんど, のだけが, 人

▼ 気難かし家~ (3, 0.0%)

1 が如何, であったが, の死んだ

▼ 気あがり~ (2, 0.0%)

2 心激し

▼ 気あたり~ (2, 0.0%)

1 がし, がする

▼ 気ぃ付け~ (2, 0.0%)

2 で行げ

▼ 気うつ~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ 気おい~ (2, 0.0%)

1 だってたち上がった, のお

▼ 気おくれした~ (2, 0.0%)

1 意気地の, 豹一を

▼ 気おの~ (2, 0.0%)

1 づから人, づから爽かなり

▼ 気かしら~ (2, 0.0%)

1 この次, んなどと

▼ 気かなんか~ (2, 0.0%)

1 でお, で金吾

▼ 気からと~ (2, 0.0%)

1 いうぜ, 申す

▼ 気からとは~ (2, 0.0%)

1 さもそうず, 云え心理試験

▼ 気がと~ (2, 0.0%)

1 ほくなりました, ほくなる

▼ 気くさい~ (2, 0.0%)

2 手のひらで

▼ 気ぐすりゃ知らね~ (2, 0.0%)

2

▼ 気げん~ (2, 0.0%)

1 の高, をとろう

▼ 気さえも~ (2, 0.0%)

1 する, なかった

▼ 気さんじ~ (2, 0.0%)

1 な庵, にこの間うち

▼ 気さ加減~ (2, 0.0%)

2 の程度

▼ 気した~ (2, 0.0%)

1 ままご, 純八

▼ 気しょく~ (2, 0.0%)

1 がいい, が悪

▼ 気する~ (2, 0.0%)

1 かわかっ, じゃ

▼ 気ずつ~ (2, 0.0%)

1 ない思い, なさ

▼ 気せず~ (2, 0.0%)

1 すきやき食っ, 文げい

▼ 気せわしく~ (2, 0.0%)

1 会話の, 吐く男

▼ 気ぜん~ (2, 0.0%)

1 だよ, の悪

▼ 気その~ (2, 0.0%)

1 全身に, 息づかいその

▼ 気だけが~ (2, 0.0%)

1 した, 焦る

▼ 気だけに~ (2, 0.0%)

1 なる, 駆られる

▼ 気ちがい扱い~ (2, 0.0%)

1 で相手, にし

▼ 気ちがい水~ (2, 0.0%)

1 が手伝った, という

▼ 気ちがい沙汰~ (2, 0.0%)

1 だ, であるのに

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 ぷうがおせいに似, ぷうが直吉には

▼ 気つき~ (2, 0.0%)

1 たる侯爵, たれば

▼ 気つけ用~ (2, 0.0%)

1 のアンモニア水, の葡萄酒

▼ 気づけられた~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ 気づまりな沈黙~ (2, 0.0%)

1 にたえかね, を続け

▼ 気ても~ (2, 0.0%)

1 いるし, 居るが

▼ 気てる~ (2, 0.0%)

1 に違, んでとうとう

▼ 気であります~ (2, 0.0%)

1 からお, から少し

▼ 気でありません~ (2, 0.0%)

1 よ, 本当に

▼ 気でありませんでした~ (2, 0.0%)

1 が二日, わ

▼ 気であるなら~ (2, 0.0%)

1 ば彼, 仕度を

▼ 気でいらっしゃる~ (2, 0.0%)

1 って, 以上お父さんばかりじゃ

▼ 気でし~ (2, 0.0%)

1 ていつも, ている

▼ 気でないらしい~ (2, 0.0%)

1 ので甚だ, 僕を

▼ 気でなくなった~ (2, 0.0%)

1 からいや, 林通勝は

▼ 気でなく急い~ (2, 0.0%)

1 で持っ, で樽

▼ 気で呼んだ~ (2, 0.0%)

2 のかも

▼ 気とでも~ (2, 0.0%)

1 いうか, 言ったらいい

▼ 気との~ (2, 0.0%)

1 交渉の, 交渉は

▼ 気とも~ (2, 0.0%)

1 思わぬご, 言えるもの

▼ 気とを~ (2, 0.0%)

1 いっしょに, 知るが

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 つた歩きつ, つた泣き

▼ 気どころ~ (2, 0.0%)

1 じゃない, では

▼ 気どした~ (2, 0.0%)

1 かも知れへん, のどす

▼ 気なお~ (2, 0.0%)

1 顔で, 鬱せるが

▼ 気なかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たのに

▼ 気なぞが~ (2, 0.0%)

1 起こるもの, 起るもの

▼ 気なぞは~ (2, 0.0%)

1 なくて, 更にありません

▼ 気などに~ (2, 0.0%)

1 おなりに, 立ち入りては

▼ 気などには~ (2, 0.0%)

1 おなりに, 少しも

▼ 気などの~ (2, 0.0%)

1 あろうわけ, 起る人

▼ 気なりと~ (2, 0.0%)

1 いわま, 解するも

▼ 気なんかに~ (2, 0.0%)

1 なったでしょう, なりは

▼ 気なんかは~ (2, 0.0%)

1 なくなるばかり, はじめから

▼ 気なんだか~ (2, 0.0%)

1 分らなかった, 見当も

▼ 気な顰め~ (2, 0.0%)

1 面を, 顔も

▼ 気にかけても~ (2, 0.0%)

2 いなかった

▼ 気にさえも~ (2, 0.0%)

1 ならない, ならないわけ

▼ 気になんか~ (2, 0.0%)

1 なったの, ならなくなって

▼ 気になんて~ (2, 0.0%)

1 しないだつて, するもの

▼ 気ぬけし~ (2, 0.0%)

1 ていた, て廊下

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 えがと, え人

▼ 気のせえ~ (2, 0.0%)

1 かしらん, か光子さん

▼ 気のみ~ (2, 0.0%)

1 こもらへば, はやって

▼ 気はござりませぬ~ (2, 0.0%)

2

▼ 気はまるでありません~ (2, 0.0%)

1 から屁理屈, がそれ

▼ 気はまるでなかった~ (2, 0.0%)

2 のです

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 だった表情, やいのに

▼ 気ばかし~ (2, 0.0%)

2 強いもの

▼ 気ばかりの~ (2, 0.0%)

1 中年の, 騎士道以上の

▼ 気ばかりは~ (2, 0.0%)

1 急いて, 急くけれど

▼ 気ばつ~ (2, 0.0%)

1 か無, てゐるでし

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 ねが折れた, ねと

▼ 気ぼね~ (2, 0.0%)

1 を折っ, を抱く

▼ 気また~ (2, 0.0%)

1 ここの, 人に

▼ 気まり悪げ~ (2, 0.0%)

1 に乳母車, に答え

▼ 気むづかしい~ (2, 0.0%)

1 然し必要, 苦りきつた顔

▼ 気むづかしさうな~ (2, 0.0%)

1 ひそ, 振る舞

▼ 気むづかし屋~ (2, 0.0%)

1 だつたし, である代り

▼ 気もみしてる~ (2, 0.0%)

1 そうだ, ということ

▼ 気やかましく~ (2, 0.0%)

1 なった栄蔵, 明滅し

▼ 気やら~ (2, 0.0%)

1 でみんな, また晴れ

▼ 気より~ (2, 0.0%)

1 日光を, 生ずるやを推究

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 で行動, 利かさんな

▼ 気ハ感ジテ遂ニ通ズ~ (2, 0.0%)

2 即チ心

▼ 気ポンプ~ (2, 0.0%)

1 でもっ, と命綱

▼ 気マグレ~ (2, 0.0%)

1 なのよ, な茶

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 なってるん, なるミタイダワ

▼ 気一時~ (2, 0.0%)

1 にあたり, に沸

▼ 気~ (2, 0.0%)

2 に発揚

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 勝では, 症な

▼ 気不味く~ (2, 0.0%)

1 なって, 暮した事

▼ 気乗薄~ (2, 0.0%)

1 であったこと, であるから

▼ 気也者神~ (2, 0.0%)

2 之盛也

▼ 気使う~ (2, 0.0%)

1 て来, 心に

▼ 気儘娘~ (2, 0.0%)

2 が囚人

▼ 気儘最早~ (2, 0.0%)

2 や年貢

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 いかかれり, ひ懸れり

▼ 気具合~ (2, 0.0%)

1 も郷里, を感じ

▼ 気兼せん~ (2, 0.0%)

1 と養生, ならんこと

▼ 気切った~ (2, 0.0%)

1 そして最も, 虚偽も

▼ 気切つて~ (2, 0.0%)

1 おる, ゐます

▼ 気取れる~ (2, 0.0%)

2 筋合の

▼ 気多き~ (2, 0.0%)

1 新芸風, 海に

▼ 気嫌さ~ (2, 0.0%)

1 を無理, を示す

▼ 気~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 気当の~ (2, 0.0%)

1 つんざき, 一喝

▼ 気忙しな~ (2, 0.0%)

1 さが, さに

▼ 気忙しない~ (2, 0.0%)

1 いらだちの, 片言を

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 もほどこす, をやぶっ

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 な単純, わしく

▼ 気息づまる~ (2, 0.0%)

1 ような, ように

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 と侮り, を立派

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 れが, れや

▼ 気懈く~ (2, 0.0%)

1 なったよう, 頭心も

▼ 気懸りらしく~ (2, 0.0%)

1 淋しそう, 竹山の

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 がつけられた, を出す

▼ 気扱い~ (2, 0.0%)

1 がいる, をせね

▼ 気持つ~ (2, 0.0%)

1 て無邪気, て素的

▼ 気支い~ (2, 0.0%)

1 はない, もありません

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 その準備, 朝一回入浴した

▼ 気早い~ (2, 0.0%)

1 心で, 蝉が

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 な一軍, な時代

▼ 気昂り~ (2, 0.0%)

1 て自分, 意熱し

▼ 気枯れ~ (2, 0.0%)

1 ということ, のした

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 を作っ, を振動

▼ 気欝封じ~ (2, 0.0%)

1 なんてまっ, をした

▼ 気欝病~ (2, 0.0%)

1 とやらむ, を発した

▼ 気次第~ (2, 0.0%)

1 で忌, で忌々しく

▼ 気毒相~ (2, 0.0%)

1 な顔, に瞬く

▼ 気気味~ (2, 0.0%)

1 のわりい, のわるい

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 が底, の流れ

▼ 気永日永~ (2, 0.0%)

1 に寝, に養生

▼ 気満ち~ (2, 0.0%)

1 たり, 空の

▼ 気満面~ (2, 0.0%)

1 に満ち溢れ, 御遠

▼ 気~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 気烈々~ (2, 0.0%)

1 たるもの, であると

▼ 気無い~ (2, 0.0%)

1 返事だ, 顔には

▼ 気無く~ (2, 0.0%)

1 心静に, 麗くも富める

▼ 気狂ひのやうに~ (2, 0.0%)

2 なつて

▼ 気疲労~ (2, 0.0%)

1 も甚だしい, れ

▼ 気病い~ (2, 0.0%)

1 のよう, の厄神

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 が時に, のつい

▼ 気盛ん~ (2, 0.0%)

1 で魏, なるとき爪

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 な顔, 結んで

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 すべきである, すべしである

▼ 気着いた~ (2, 0.0%)

1 ように, 時に

▼ 気着かぬ~ (2, 0.0%)

1 ことまで, 間に

▼ 気立つ~ (2, 0.0%)

1 かと見る, ような

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 が出, の血相

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 が森林, の悲鳴

▼ 気~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 気育体育~ (2, 0.0%)

1 あり, にあり

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 に溢れつ, をとおる

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 けしたよう, のした

▼ 気臭い~ (2, 0.0%)

2 芸術は

▼ 気色めきたる~ (2, 0.0%)

1 京ざむらひ, 京侍

▼ 気苦し~ (2, 0.0%)

1 さの, そうに

▼ 気荒く~ (2, 0.0%)

1 手ッ取りば, 罵った

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 ないが, ながって

▼ 気辛い~ (2, 0.0%)

1 し湧き返る, 味と

▼ 気迷っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 気違え~ (2, 0.0%)

1 のよう, 雨

▼ 気違えだ~ (2, 0.0%)

1 なア, 人に

▼ 気違げ~ (2, 0.0%)

2 えだから

▼ 気違ぢ~ (2, 0.0%)

2 やもの

▼ 気違ひのやうに~ (2, 0.0%)

2 なつて

▼ 気~ (2, 0.0%)

2

▼ 気遠き~ (2, 0.0%)

1 ものは, 見れば

▼ 気遣く~ (2, 0.0%)

1 て, 衰へ

▼ 気遣ない~ (2, 0.0%)

1 から, と私

▼ 気遣ひす~ (2, 0.0%)

2

▼ 気遣ひたりし~ (2, 0.0%)

1 口論も, 身体には

▼ 気遣ふて~ (2, 0.0%)

1 うかうかする, は気

▼ 気重き~ (2, 0.0%)

1 松や, 虚空鞭うつ

▼ 気附いたらしく~ (2, 0.0%)

1 円柱の, 妙な

▼ 気附かなかつた~ (2, 0.0%)

1 が痩馬, のである

▼ 気附かぬらしく~ (2, 0.0%)

1 娘たちに, 相手も

▼ 気附かれる~ (2, 0.0%)

1 寺院らしい, 所でした

▼ 気附きませんでした~ (2, 0.0%)

1 がただ, けれど確か

▼ 気随意~ (2, 0.0%)

1 とのみとり, なる奥様

▼ 気障ったらしく~ (2, 0.0%)

1 てかなわない, て見

▼ 気障です~ (2, 0.0%)

1 がうれしい悲しい, ね

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 に満ち, を搏

▼ 気養い~ (2, 0.0%)

1 帖, 張

▼ 気~ (2, 0.0%)

1 かりし状, さ見る

▼1* [1036件]

ぁねえかいい銭, 気あって人, 気あつかひ十三の, 気あつまり死してすなわち, 気あつまるを生, 気あらな押し強い, 気ありければこれ, 気ありし時母上目を, 気ありだからそれ白痴, 気ありで予当時動物心理学など, 気あれば即ち, 気あんの, 気いおつけんか, 気いっぱいな墨痕, 気いつけた方が, 気いつけますだ旦那様, 気いつけるわけに, 気いやが上, 気いよいよ驕り人民, 気い付いたのん, 気い付けられたんだ, 気い付けるだかどうも, 気い取失うたのよ, 気い取直しちゃ少し, 気い失ってる間に, 気い紛らすが宜, 気い落さつしやる, 気い落さねえでシッか, 気い附かずに居る, 気い附かないようだった, 気い附けてナニ, 気い附けろよ粉煙草, 気とげな, 気うとくなった, 気おいたつ心で, 気おきなく話せるように, 気おくれしない洗練の, 気おくれするのであろう, 気おくれだと, 気おちした老人の, 気おっくうだし, 気おのずから脳天を, 気かがりなことが, 気かっ性懲りもねえ, 気かというのなら判る, 気かといったところ管輅は, 気かといふ話だつた, 気かな泥棒という, 気かなぞと問わっしゃるさえ気, 気かなと思って, 気かなんかで溜りに, 気かねと云ったらあなた, 気かへああ行く, 気かへと改めての, 気がかーっと, 気がからーり, 気がさ者のそして, 気がしもする, 気がすらあ, 気がせはしくなる, 気がちがつた, 気がちいちやいからいけない, 気がのこっちょってじゃのう, 気がよかつた, 気がよはかつた, 気くたびれさせてしまった, 気ぐらいはどうもばかげ, 気ぐらいを満足させたがっ, 気ぐらゐもひどく高くなっ, 気この世のもの, 気さい確なら足駄, 気さくい面白い人な, 気さして今は, 気さすばかりで, 気させた雪之, 気さてえなございません, 気さらになし, 気ざさずにゐられません, 気ざしたら我慢の, 気ざっぽい科白だが, 気ざな咳払ひして, 気ざましだなにも物, 気ざましのいや夜床, 気ざやなりけりという風に敏感, 気ざわりと有合鏡台抽斗, 気しかもたなかったでしょうが, 気しかるを致せり, 気しなくとも自主的, 気しょうにも似合わぬ, 気ょうにおっしゃっておんなみだ, 気じみたことを, 気じゃあねえところ, 気じゃとよく泣虫, 気じゃほどにかならず短気, 気じょうぶな叔母さん, 気じるしとき, 気じるしに極, 気なり紫, 気すぎるようです, 気すぐれたご仁, 気すみし夜なりしか, 気するどく大論陣, 気刎ね, 気ずい気ままはし, 気ずかれないように, 気せいをくじかれました, 気せき切ってそれ, 気せた八五郎に, 気そういうものが, 気そこから湧き, 気それを両, 気たこと何処, 気たこたァ, 気ただならずとべつな, 気たちのぼる四肢五体より, 気たはにかみからか, 気たる呪も, 気た話しがある, 気だけじゃないよ, 気だけで歩いたの, 気だけのもので, 気だけも顔を, 気だけをぜったいに千二, 気だったらしいが俺, 気だったろうと慄然, 気だろが, 気ちがいときて涙, 気ちがいどもの世界, 気ちがいぶりもわかってる, 気ちがいみたいなお人形, 気ちがいめいていたであろう, 気ちがいめく気まぐれを, 気ちがい元気では, 気ちがい共の人気, 気ちがい風だなと, 気伏せの, 気ってなんでございます, 気つかざりしと槌, 気つかず私も, 気つかってみんな, 気つかふことはありません, 気つかわれて一応, 気つけられたやうに, 気つつみて背, 気づけえはござりましねえ, 気づけえはねえ, 気づけるもののごとく振り向き, 気づつなくなりましたものか葉書を寄こし, 気づまとるは容易なもの, 気づまりから伸子は編物, 気づまりが覆いかぶさって, 気づまりがしそうに狭苦しかった, 気づまりさからのがれようとでもするようにせっぱつまった声, 気づまりさに耐えかねて, 気づまりさを匂宮はお, 気づまりそうに黙り合って, 気づまりだしそれにからだ, 気づまりだったがまるで相手, 気づまりだったのでボオイが再び, 気づまりだわ古いなじみ, 気づまりであったが新宿のスタンドバア, 気づまりであまり足が向かなく, 気づまりであり軽い反感, 気づまりであるのが普通であるが, 気づまりでこれも迷惑である, 気づまりでないようにという親切があるなら, 気づまりで彼はもう大して, 気づまりで沈黙が恰も, 気づまりで町へ買物, 気づまりで窮屈でもし, 気づまりないかめしい在りよう, 気づまりなことなしに一ヵ月のんびりして, 気づまりなこともないし縁側へ休まし, 気づまりなことを葬って, 気づまりなので仕事を見つけ, 気づまりなのや自分が入っ, 気づまりなほど行儀のいい, 気づまりなものでそれで私, 気づまりなような思いをした, 気づまりなんですね文化連絡ってあんな, 気づまりな一瞬であつ, 気づまりな出会がすっかり, 気づまりな変な当惑, 気づまりな存在であったが, 気づまりな宿の二階, 気づまりな様子をみせ, 気づまりな気持を味, 気づまりな点がなかっ, 気づまりな者はいない, 気づまりな表情で又, 気づまりな視線から逃れる, 気づまりな食卓を四人, 気づまりに感じられツイ外, 気づまりにさせずにおかないような彼の不, 気づまりにしているような感じだった, 気づまりになったのでまだ少し上ずった, 気づまりになりながら二人からすこし, 気づまりになるのであろう僕の摩擦, 気づまりによる一種の抒情的, 気づまりのするほど真正面に近々と, 気づまりの思いを懐かせ, 気づまりの様にそのまま, 気づまりの様子もなく, 気づまりの男でした, 気づまりは全く感ずる, 気づまりも体裁もなかっ, 気づまりも妻には思はず, 気づまりも気づまりだしそれにからだ, 気づまりも私は感じなかった, 気づまるような若さ, 気づまるようなけさの光景や過去, 気づまるように圧迫して, 気づよいこといわんかたなしである, 気づらいことに, 気づらく思った, 気ていらあ, 気ては居るが, 気であったなら郊外の, 気であったらしいお嬢さんは, 気であればある, 気でいようなどとは考えられ, 気できたんだ, 気でございましたから後々, 気でござらっしゃれよ, 気でござろうかの, 気でござんすかい, 気でしきりと食卓, 気でじぶんは, 気ですまし込んでいる, 気でそいでまあ, 気でだけいるとき, 気でと妻も, 気でないらしくこれは, 気でない思ひであつ, 気でなかったであろうし春琴, 気でなくっても世間, 気でなくなるばかり, 気でなくもつと叩い, 気でなく呼び返しに, 気でなく思いながら妹, 気でなく見て居る, 気でなく騒いでいた, 気でなけりゃ汽車に, 気でなんかいるもん, 気でのうて綿貫, 気でばかり思いつめ結局実行, 気でやすかい, 気でゐらつ, 気でゐようと思つて, 気でをりました何卒あしからず, 気で仰有ったとは存じませぬ, 気で働くという昼, 気で呼ばれればどこ, 気で喜んでゐました, 気で寝る前に, 気で察していた, 気で引き受ける事が, 気で思い立つと足元, 気で思う所を, 気で急いで戸口, 気で抜け出したものに, 気で押し切るには押し切った, 気で押入れの中, 気で持つて来させる, 気で探させるがいい, 気で無いという風, 気で焦つてゐた, 気で見て貰う, 気で謂わば眼, 気で透き通る紺碧の, 気で遣たので身体, 気で附いて来た, 気で隣りの座敷, 気で食いそうに, 気で駈出したのでご, 気で黙ってつい, 気というも実は未練窓, 気といふわけで, 気とかいう所は, 気として紹介し, 気とに充ちて, 気とにおいてははるかに, 気とのみ心得た東洋人, 気とばかり思いまた, 気とやら毒気とやらが, 気とやらのため不, 気どころか気の, 気どしてなア, 気ないあどけない真心を, 気ない可愛らしさも, 気ない白い面が, 気なかおして聞い, 気なかつたのを, 気なかれの本性, 気ながきことす, 気ながらにこの場, 気なくおつぽり出された, 気なく寂しさ身に, 気なく白々しい建物の, 気なげさには, 気なごやかになっ, 気なされるのでやむなく, 気なぞてんでなかつた, 気などがして, 気などで山を, 気などと申すもの, 気などというものは, 気などにや連に, 気ならあわしてやる, 気ならかかってこい, 気ならこだわることは, 気ならこつちも考, 気ならだなあこっち, 気ならなんでもない, 気なら代わって運動, 気なら分けるでしょうし家, 気なら及ばずながら相談, 気なら取りに行け, 気なら宣って殺され, 気なら探せないことは, 気なら泊ってゆく, 気なら置いてやる, 気なら行くさ, 気なら行ってもいい, 気なら許さんぞ, 気なら貸して上げる, 気なりにそのわがまま, 気なるべし今薫, 気なんかがして, 気な尖った鼻を, 気な浮ばない顔色を, 気な聴く者の, 気な踏み抜きだつた, 気な頷きを続け, 気において心理的な, 気にかけててくれはったと, 気にかけてのことらしい, 気にかけてやしない, 気にかけもしなかった, 気にからかつた, 気にが無心に, 気にこそかかれ, 気にだけ偏って, 気にだけはなりました, 気にて父様とは, 気にでもさはつた, 気になぞならなければ, 気になんぞはせぬの, 気にばかりなったの, 気にや天上界の, 気によりて海中の, 気にをさまつて, 気のう河原の, 気のうは遊ばすまい, 気のせゐだらうと思つて, 気のせゐでございますかよく, 気のせゐですかなん, 気のぞつとたつ, 気のちがつたやうに, 気のぼりてくるしき, 気のみはあせりたまえども, 気はげしき才女に, 気はござりませなんで頭字, 気ばかりになった, 気ばかりをして, 気ばりで絵, 気ややかに, 気ふうにならされ, 気ふかく立ち舞へば, 気ふれ殿行列の, 気ぶしょうな男の, 気ちがったか, 気ほどにはほのかな, 気まかせなパリの, 気まぎらしであることに, 気まぎれに呑ん, 気ましな枯枝, 気まじめさが足りない, 気まりわるがつて, 気まり悪気に苦笑, 気まるでなくなっちゃうから, 気みじかい若者が, 気みたいがい, 気みぢかな方, 気みのわるい動きかた, 気むすかし, 気むづかしいしとても複雑, 気むづかしいたちで僕は年ぢ, 気むづかしいでせうよきつと, 気むづかしいのに驚いて, 気むづかしいひとではなからうかとご心配, 気むづかしいんだね君は, 気むづかしいんだらうと私はさ, 気むづかしい事を言, 気むづかしい人間だから, 気むづかしい処から無敵, 気むづかしい性質から馬琴, 気むづかしい男ではない, 気むづかしい祖父の前, 気むづかしい赤銅のやう, 気むづかしい連中の寄合, 気むづかしい都育ちの伯父, 気むづかしき神経質の人物, 気むづかしくそのへん, 気むづかしくいらつしやらうと妾はその, 気むづかしくなつて来る, 気むづかしくなつて行つた, 気むづかしく外目に見え, 気むづかしく物に拘泥, 気むづかしげなるを面白からず思ひし, 気むづかしげな眼は李子, 気むづかしさうな顔をし, 気むづかしさうに二言三言話した後, 気むづかしさうに眼の上, 気むづかしさが全然なく, 気むづかしさがつのる一方だつた, 気むづかしさを見せるやう, 気むづかしやで思ふ存分我儘, 気むづかしやで苦虫を噛みつぶした, 気むづかしやの殿様は螻蛄, 気むづかしや揃ひと来て, 気めいた問い方を, 気もかろくなけれ, 気もしやしないか, 気ものでも, 気もへえって, 気やすかった, 気やすだなあ, 気やすめとはっきり知っ, 気やすめ云うんじゃあ, 気やったのどすやろ, 気やったら結構盃, 気やめることも, 気やろとつく, 気ゆえに人, 気ゆるみについと, 気わなロマンティシズムである, 気よしのザックバラン, 気らくさにも思われる, 気らくさややとい人を遠ざけ, 気らく読者も気らく, 気られね, 気んです, 気をすらも催した, 気をと思ふと, 気をもって圧伏し得た, 気を通してやつて, 気せぬもの, 気アタリという奴, 気イおつきやあれしめ, 気イつけしませなん, 気イ付かなん, 気イ小そうて夫, 気イ沈着ける心持, 気イ確に持, 気でもあった, 気エあれしません, 気エンジンのようい, 気オクレを感じ, 気スグ帰レ, 気ガシタガイツマデモソノ感ジガ続イテイタ, 気ガシタコトハ事実デアル, 気ガシタノデ黙ッテイタノカモ知レナイ, 気ガシッカリトシタ様子故ニ, 気ガシテ行クノガ恐クモアル, 気ガシマストソウ云ッテクレタ人モアッタガ困難デ不愉快, 気ガシ脳下垂体前葉ホルモン, 気ガスルケレド寝惚ケテタンデ蟋蟀ガ, 気ガツイテソレカラ通シ駕籠デ江戸, 気ガツカナイコトヲ申シマシタガソンナニオ怒リニナラナイデ下サイ, 気ガツカナイデイタ部分ノ彼女, 気ガ付イテイナイトコロノ或ル独得, 気ガ付イテミルト僕ノスグ, 気ガ変ラナイウチニ戴クモノヲ戴イテ, 気ガ差シタト見エテハンドバッグカラレースノ手袋, 気ガ廻ルノカト思ッテソノ考エヲ努メテ打チ消シテイタノデアルガ, 気ガ狂ッタラ狂ッタデイヽモウドウナッタッテ構ウモンカ予ハソウ思ッタガ困ッタコトニ, 気ガ紛レルヨ痛クテ溜ラナクナッタラ止メル, 気ガ違イハセヌトイッタラ精一ガ御尤モダガ御身, 気ガ違ウタソウダ雑人ノ喧嘩ヲミタヨウニ, 気ガ違ッタト云イオッタ位ダガトウトウキズモ直リ, 気ガ附イタ故, 気ガ附カヌカラ此様ノ法外, 気で僕, 気タップリの椿岳, 気チガイのよう, 気チガイ沙汰へと発展, 気ぽく捨て, 気ッぷで通って, 気ッぷというものを研究しだしたの, 気ヅイテイテ強イテ気ヅカヌ, 気ヅカヌ振リヲシテイタノニ, 気ヅカレモセズニ過シテシマッタガ, 気テイルノデカンフルヲ射, 気デシタノデハナイカラ御免クダサイオ嬢サンニ取ッテ置キノ珍シイモノ聞カセテアゲタイト思ッタデス, 気ドリ大きな鼻, 気ナク見テ置イタコトガ, 気ナクコレニ近寄リ, 気ナンカアルマイ萬一彼女ニ疑ワ, 気ナンカナインダガ人ニ不愉快ヲ与, 気ニカカルコトハナイ息子ハ十六ダカラオレハ隠居ヲシテ早ク死ンダガマシダ, 気ニサワッタ故ソレナソニシテイタラ, 気ニナラナイ仕方ガナイカラ銀座ヘ出, 気ニ富ンデ居, 気強キトコロナド国泰寺, 気少シモナイガ, 気ハスヽマナイガコノ調子デハ試験的ニシテ見ヨウカト云ウ気ニモナル, 気ハナイ経助モ可哀ソウダガ, 気ハミナ暢ビヤカニ陣装燦爛馬ハ長大ニシテ悍気高ク海外ヨリ得タル新兵器ト火薬ナドノ物智ニ長ケ武者立チ厳シク軍律ヨク行ハレテ遠ク大坂ト海, 気ハ盤石ヲ貫ク, 気ハ進マナカッタノデアルガ相馬博士ガ切ニススメルノデイヤイヤ行ッテ見タ, 気ハ香バシク芳麗ニシテ愛スベク頗ル仙物ニ類ス因テ紫陽花ヲ以テ, 気ブッセイで堪えられなかったろう, 気ムズかしい表情, 気ムヅかしやの作家達, 気ロールの費, 気ヲオ付ケニナラナイト風邪ヲ引クワヨ, 気ヲ付ケテ血壓ヲ測, 気一つだ, 気一つぢやといふ, 気一点張で女, 気万員に秀で, 気三分の覇気満々たる男, 気三態の原子構造, 気上って痛痒い, 気上りたる動音, 気上昇して, 気不味かろう, 気不振で無理, 気不調法にもなりまし, 気蘊蔵之, 気ヲ蓋フ, 気中央電気と魚沼電力, 気乃麻爾麻爾老人毛女童児毛之我願心太良比爾撫賜治賜婆許己乎之母安夜爾多, 気乍ら知らないでは, 気乏しき西洋間の, 気乗せぬをお, 気五声にあらわれ, 気りに, 気に迫る, 気人物各資而始生焉, 気人物おのおの資して, 気の事, 気付いたのだつた, 気付ける時, 気令蒸溽呉中梅雨, 気以外何もない, 気以生之前, 気伎名に負, 気伎明久左夜気伎左夜気久は謂, 気や誇張, 気休みを言っ, 気秋遺恨花期猶, 気何雄竺海波高貿易風夕日沈時雲漸散, 気使ひは, 気使ってるがよう, 気使わないで下さい, 気使わねばならぬ, 気がある, 気倦げな視線, 気倦そうな微笑, 気倦るいものの中, 気倦るい空気だけだ, 気働らきが有ッ, 気億劫であった, 気億劫半分よ正直, 気儘いっぱいにさせ, 気儘一杯にできる, 気儘勝手出入りも自由, 気儘勝手次第にその, 気儘夫人などの放逸, 気儘気楽に世, 気儘気随神原兄弟, 気儘独断を振り翳し, 気儘育ちだけにそれ, 気儘頭巾ではない, 気優しい浅井に, 気兢つて言つた, 気全身に満, 気六かしさうな顔, 気六ヶ敷さを貼り付け, 気六ヶ敷気な顰め顔, 気兼さうにあけた, 気兼さうに云つた, 気兼そうに舞台, 気兼ネ遠慮ナク自分丈ケ存分ノコトヲナスベシトノ趣意ナリ英語ニ之ヲ, 気兼気苦労を重ねた, 気兼苦労而已をし, 気兼遠慮もいらん, 気冴えた暁天の, 気も誇り, 気凛々だった, 気凛々たる者ばかりな, 気凛とするが, 気出る時の, 気分ちがうかと, 気たる事, 気切っている, 気切ってて嘘, 気切ッている, 気初めて天地の, 気刻々とみち, 気な快, 気の充ちみなぎった, 気力つきて立ち上がった, 気力つきた様子を, 気力尽きてぐったり, 気助長の害, 気勃々として禁ずる能わざる, 気動一つ看過さないという, 気勝げな気持, 気勝ちとの名乗り, 気勝ち小野川の気負, 気千万のくせ, 気午後三時頃の温かい, 気卵子気が濃い, 気取らない調子で, 気取り込んだ重々しい声色, 気可愛らしく泣き俯, 気合理化する気, 気次第にて, 気吹戸にいますいぶきどぬ, 気して, 気和適四時順節人身百八の患, 気がする, 気喧しい性分だった, 気噴き立つ湯の, 気は何とも, 気地帯から撃退, 気りな, 気塞がり愧入る, 気塞ぎとであった, 気は朝, 気変わりなんかしない, 気に溢れ, 気外苑あたりの叢園, 気多川奥の京丸, 気大事を誤る, 気大将佐々成政の菅笠三蓋, 気天地に満つ, 気天外より来り, 気太引き退ったが, 気太白井誠三郎山田左膳というよう, 気湧し, 気始まりて終わり, 気嫌いするの, 気嫌さうに云つた, 気嫌そうに言い放った, 気嫌とりを見えすかせ, 気嫌悪そうな顔, 気嫌斜めな御, 気孤独の頃, 気を唱道, 気安めみたいな事, 気の中, 気寂しくって寝られません, 気の美人, 気少からず, 気少く児女の, 気少ければ仮令, 気尖った若い女, 気弾煙, 気尤めがした, 気尽き素力尽き, 気尽くるなり, 気局雄大なること, 気屈して勢衰, 気層密度の下方, 気の線, 気に果し, 気左倍絶而後遂, 気か古, 気常に伸ぶる, 気かなり, 気幸何ごともなし, 気床下より起こり, 気弁桿を握った, 気弱り神疲れ, 気から十兵衞, 気張つたのでお, 気張つたツて驕奢, 気張つて叩いた, 気当てを返し, 気当て声が響い, 気当て身の秘術, 気を両親, 気待ちをほのめかし, 気と心, 気忙しいような, 気忙しく取るもの, 気忙わしそうに促す, 気忽ち人を, 気怒気当るべからざる勢い, 気恥かしいかして, 気恥かしくわたくしはた, 気恥かしく応待した, 気恥ずかしき行為と, 気恥ずかしくうれしく起きて, 気恥ずかしくってよく, 気恥カシイ是レトイウモ無学ニシテ手跡モ漸ク二十余ニナッテ, 気息せき切ってしみじみ, 気息切れがし, 気息苦しそうに, 気息苦しいまでに彼, 気息苦しくってもいくら, 気るそう, 気惰るい快さ, 気惻々人を動かす, 気伸, 気しくて, 気慊取りと風邪見舞, 気慌しげに往き来, 気慰めにのむ, 気病, 気れの, 気懈うて歩く, 気懶うなって, 気懶くってはやく, 気懶し重しわだ, 気懸かりだったので二日, 気懸かりなは裸体武兵衛, 気懸なのは, 気懸りだったことにも, 気懸りであったが, 気懸りでならなかったのだ, 気懸りで堪らなくなって私, 気懸りなら向うの, 気懸りなりしにこれ幸, 気懸りなれといっ, 気懸りらしかつた, 気懸りらしい表情が, 気懸りらしくつぶやくのであった, 気の利き, 気けがしたよう, 気折れしてもの, 気抜きの世帯染, 気抜く可らざる, 気押されいぶかるような, 気押し合うけはい, 気拙かったが, 気持つてなかつたわ, 気持直してもらえ, 気振かえて荷, 気振りさへ, 気揚々たる姿, 気揚り興豪なる, 気敏い幇間の, 気敏く感付いたらしく, 気散じた朝夕に, 気散ずるを死, 気散ずればもと, 気散ぜず妖と, 気散ぜずして妖, 気数運命はどう, 気を睥睨, 気斗牛を貫く, 気既に餒え, 気既にさしもの兇悪, 気早い若い人達頑固の, 気昂進して, 気昇天の想, 気易げに感ぜられた, 気易めともつかぬ, 気晴れのした, 気暁如凝五月中旬猶結氷, 気の声, 気朱総を器用, 気村正の如く, 気根比べにはわし, 気を一義, 気格乃ち本句に過, 気のドズッ, 気は常に, 気欝性も綺麗, 気殆ど当る可, 気の声, 気殺気みちみちて, 気毒さに見ぬ振, 気毒そうに云った, 気毒煙火燃も薩陀彼処, 気の神, 気がちがった, 気気也者神之盛也, 気永い尾行を, 気永うなさる, 気永く粘り強い学者の, 気沈み万籟黙寂たるの時, 気沢山だねエ, 気沮み心疲れ, 気泣対神州一片秋の句, 気泥臭味の語, 気注いたならば道, 気の円柱, 気海丹田に力, 気消散すれば, 気消散則魂魄亦随而亡矣, 気深い女子で, 気清しくして仲秋, 気渡ってしまった, 気てり, 気る, 気滴り落ちて露, 気漱石先生は森さん, 気漲る時海国日本の, 気漸く坦然, 気澄まば旭川, 気澄み渡り鏡の, 気澄眼力旧に倍, 気濁り家破れ, 気濃やかに狼煙, 気無性な養父, 気無敵の喜三郎, 気無精な様子, 気焦くが如き, 気煩さに矢張, 気燃立煙リ吹出ス等ノ事ハ, 気いつも賑, 気に在り, 気くところ, 気狂うほどの耄碌, 気狂ひつてもつ, 気狂ひではありません, 気狂ひで出来損ひの, 気狂ひで薔薇で, 気狂ひと冷やかな笑, 気狂ひと癲癇病みの, 気狂めと先生, 気狂わしくなって, 気狂イジミタ考案ノ実現ニ, 気狂イニナリカケテル證拠ヨ, 気狂イニナルノガ恐クナッタ, 気狂イノ真似ナンカシテルト今ニホントノ気狂イニナルワヨ, 気狂イ的行為ヲ繰, 気狂会です, 気狂共が呆返, 気狂坊主である, 気狂女の言う, 気狂筋と来てる, 気狂舞に跳ね, 気猛火のごとく溢れたった, 気の五つ紋, 気珠飛揚げの図, 気坐到天明, 気甚だ謙で, 気甚縦横なり, 気の擾乱, 気疑いが起っ, 気疑惑あらゆる弱点, 気が出る, 気疲劇く何, 気疲労行動や苦痛, 気でございますよ, 気発しては愛国, 気発油をのん, 気百パアというところ, 気知笑, 気てり, 気盈ち骨剛きものすら, 気となっ, 気眉宇の間, 気真面目一方で彼, 気を拭う, 気かでゐ, 気短きを知れ, 気短ければ王同然, 気短めどこまで考え, 気祝言も式, 気禀思想感情感覚及び心肉, 気いで一世, 気秋霜のごとき, 気退き五島, 気稟どこか薫, 気窮らせたか, 気立ち清朝の, 気立った髪を, 気立のいい女は, 気立ッて御, 気竦みを覚え, 気競いたり, 気競ったように, 気笛吹雪がどんどん, 気だと, 気れに, 気を揉んだ, 気精神唯一文士ゾーラに見, 気紅日を蔽い, 気紛らしとは全く, 気紛れて出, 気紛屋だから, 気素法な返事, 気さが, 気組んで刀, 気絶えいたら救いようが, 気絶えし渡殿の, 気に吾, 気羨かったの, 気老い力衰えぬれ, 気聚死則散有, 気を犯し, 気に痛く, 気脱した気味で, 気あり攣筋, 気自得の工夫, 気至らず躯殻生くる, 気至極の老人, 気致筆まわらずいづれ面上, 気に見, 気色悪るげに, 気若し備は, 気英雄を呑み, 気草臥という形, 気草臥れでもした, 気荒い神は, 気荒かった, 気萌しつつ苦痛, 気萎えするのは, 気落ようでいっそ, 気な彼, 気然感じ, 気虚実をさぐる, 気術これらに関する大, 気衝かし相別れ, 気ふべければ, 気世, 気覚しの為, 気触れて大局, 気試験機がコンクリート, 気負けしまいと心, 気い女, 気走って身, 気起り気遠くなる, 気躍るは至当, 気に逼, 気といい, 気を与へた, 気辛い重さに, 気込み充分です, 気込んだ甲斐も, 気するん, 気迫り意固し, 気迷うぞいの, 気ふこと, 気遅れがちの卑しい, 気遅れなく戸の, 気過ぎてゐ, 気達し意昂り, 気違いめいた行動に, 気違さんぢやどんな, 気違のと呼びつづけ, 気違ひだつたと, 気違ひで君のこと, 気違ひとしか見えないだらう, 気違ひといふ病気は治る, 気違ひなので競馬好き, 気違扱ひするから, 気違扱いにされ, 気違茄子の或, 気遠し雷の, 気遣えねえから云う, 気遣かっています, 気遣しく思浮べられ, 気遣するにゃア, 気遣つてりら子の, 気遣なる事も, 気遣なるべしとの事, 気遣はれましてと, 気遣はれますので先生宛, 気遣はれるやうに, 気遣ひおまへん, 気遣ひたまひて, 気遣ひないかならず大切, 気遣ひましたから二の足, 気遣ふも無理ならぬ, 気遣へるは事, 気遣れて苦き, 気遺いはいらぬという返電, 気に高まり, 気配っている, 気えて日月光, 気銷沈筆を秉, 気鋒俊英の大, 気鎮めの禁厭, 気長き態度を, 気長足姫命の大, 気めき出, 気開豁軽躁それを高潔, 気闊達大胆不敵普一通りの人間, 気附いたならばそれ, 気附かずして生き, 気附かなかったほどである, 気附かぬらしく怒るような, 気附かれずのぞき出している, 気附かれたくないのです, 気附かれない変化の, 気附かれなかったのです, 気附きかけたのは, 気附きます事は, 気附きませんが駒, 気附き出した私の, 気附き始めたときであった, 気附き慌てている, 気隈らないもの, 気障がって, 気障がられてゐる, 気障だったよあああ, 気障っちゃない, 気障ったらしく思ったのは, 気障であったり或, 気障であり櫛の, 気障でならなかったが殊に, 気障でにやけた奴だ, 気障なりほら吹きなり, 気障みたいな事を, 気障も厭味も, 気障らしくない気障, 気集まりて人, 気集散して, 気難うもなう, 気難かしやでとおっ, 気難かしくあれでもない, 気難かしく頭べを垂れ, 気を感じた, 気の如く, 気霜雪の道明り, 気霧らふ空, 気らしに, 気だけでカテリーナ・リヴォーヴナ, 気を測っ, 気なるとき, 気頓になくなる, 気馬塵が立ち, 気魂煥発の才, 気魂精神更に加, 気魂豪放熱などであらう, 気の半襟, 気鼠黒の唐繻子