青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「民間~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

毛布~ ~氏 氏~ ~民 民~ 民主~ ~民族 民族~ ~民衆 民衆~
民間~
~気 気~ ~気がつい 気がつい~ ~気がついた 気がついた~ ~気の毒 気の毒~ ~気もち 気もち~

「民間~」 1099, 12ppm, 9211位

▼ 民間~ (286, 26.0%)

3 ものは, 力で 2 ものと, サラリーマンの, 一書生であった, 事業に, 専門家を, 湯具も, 生活が, 説話が

1 [264件] あらゆる文化職能人, ある部分, いろ, いろいろの, うたいもの, お風呂, かういふ批判, ごく貴人, それとは, それに, ため息調を, なかに, ほかひ, ものであり, ものに, ものよく, ものよし, オペラで, サラリーマンを, ジャーナリスト, バイヤーらしい, ファッショ団, ラジオ機は, 一勢力として, 一小, 一建築家として, 一私撰である, 一篤志家として, 一部の, 不平分子に, 世論調査機関が, 事実にも, 事情も, 事業たる, 事業である, 事業として, 事業の, 事業は, 事業を, 事業十に, 事業家と, 事業家乃至, 二女を, 五・一五被告全部に対する, 交際を, 人々なども, 人が, 人にも, 人びとが, 人心を, 人気は, 仕事, 仕事と, 仕事に, 代表者など, 伐採は, 伝へに, 伝承では, 伝承に, 何百万人かの, 余りな, 作物だけ, 例からでも, 俗説の, 信仰では, 信仰においては, 信仰の, 信仰を, 信仰行事から, 假名遣, 側から, 努力にのみ, 労働者に, 勢力を, 勤人も, 卑賤な, 口碑に, 古い習わし, 古習, 古風な, 右翼団体, 名探偵, 名探偵明智小五郎氏, 呪言が, 呪言に, 品として, 哲学者であり, 喜捨によ, 営利機関の, 団体として, 団体としてしか, 国会論者に, 塾, 境遇に, 境遇は, 壮士などが, 声と, 声という, 大建築, 女で, 好事家の, 妖怪を, 娘たちを, 婦人としては, 学者から, 学者の, 學者が, 実感から, 実用に, 宴会は, 専門学識者による, 専門家及び, 專門學者研究者が, 小さな情痴, 小唄を, 市場にも, 年中行事, 年中行事であった, 年中行事と, 年中行事の, 幽霊には, 建築家として, 建築家に, 強力な, 心とを, 志士や, 戦後人気といった, 手で, 手に, 手によって, 指導者も, 政客志士は, 政治論を, 政論家をもって, 政論的変遷を, 教育事業に, 教育学問が, 数学教育家ないしは, 整理と, 文化勲章を, 文化常識を, 文芸と, 文芸ほど, 新しい有能, 新嘗, 方でも, 日常必需品の, 日本の, 旧習という, 明智探偵にまで, 星合い, 春の, 最も自由, 有力な, 有志有識者に, 有志者が, 有為な, 楽を, 楽壇人だけに, 様子を, 機は, 機運について, 歌謡とは, 歌謡を, 歴史に, 浄化問題は, 漁船が, 演奏と, 為来りで, 物ながら, 物論紛々囂々, 独立した, 由緒書ないしは, 画です, 知的境界を, 研究所で, 研究所であっ, 研究機関は, 社会主義者よりも, 祈念祭で, 祈祷を, 神経を, 神道を, 禊ぎの, 私企業も, 私有に, 科学者や, 節供であった, 節供思想すなわち, 篤志者同情者の, 素人療法や, 組織が, 経済雑誌に, 編纂の, 美術団体も, 義士だ, 習はしの, 老科学者, 者が, 者と, 者は, 自主的な, 自宮者, 自発的な, 自発的ファッショ団として, 舞踊, 良心的な, 芸能において, 落伍者に, 落伍者に対する, 藏書の, 藏書家の, 行事が, 行事では, 覇気ある, 親棄山, 言い伝えの, 言葉と, 記憶から, 診療が, 評判は, 話にな, 説は, 説話で, 説話なる, 説話に, 説話界に, 読本たるべき, 読本には, 読本または, 論争やら, 論議に, 諸会社, 諸調査機関, 識者が, 識者も, 財物を, 資力も, 資本という, 輿論と, 農業商業其他社会方面の, 通語とは, 進歩的学識専門家十数名から, 遊戯と, 適材を, 醫者として, 野史が, 金貨の, 銀行会社並みに, 銃砲店から, 門附け, 開業医達が, 隠れたところ, 隠者歌の, 雑楽に, 需に, 需要に, 風俗習慣教育宗教の, 風習とに, 風習とは, 風習を, 風聞を, 飲み物に, 鶉を

▼ 民間~ (187, 17.0%)

5 残って 3 あって, 可有, 払下げられる, 於ては, 行はれた, 行われて

2 [17件] あっては, ありて, いて, 下って, 伝わって, 伝承せられた, 微行する, 於ても, 普及し, 普及した, 有すること, 有するは, 流布した, 流布する, 流通する, 流離し, 行はれ

1 [130件] あったこと, ありても, ある, ある庄屋たち, ある志士, いながら, かくれては, かなり多い, その正しい, その用, ない種類, はいりこんで, まぎれこんだ, ゆるされた言葉, よくある, ゐる文化部門, クサメに, 下ったと, 下ってからは, 下つた, 下りて, 人気が, 伝うるところ, 伝えて, 伝えられて, 伝はる誤謬の, 伝わったもの, 伝わらずして, 伝わるもの, 伝わる幽霊, 伝われるマジナイ, 伝われる妖怪, 伝われる書物, 伝承する, 伝播した, 何一つ無え, 偉大な, 出で, 出ること, 割勢者を, 厄年と, 反映し, 古くから, 同種の, 唱導詞章を, 在るもの, 多く行われる, 大圖書館, 妖怪宅地すなわち, 始めて, 威勢のよ, 存するもの, 学士, 学校を, 居た頃, 居った私, 帰して, 広く流布, 弘むることを忌む, 強大の, 往来し, 徹しない, 感じられて, 払い下げて, 払下げる, 拂ひ下げる, 播くなり, 散らばつた, 於いては, 於ける反, 於ける年中行事, 施したる準備, 普及する, 最も多く, 最大の, 有力な, 有力なある, 椀貸, 残つて居る, 沈黙を, 流布される, 流布し, 流浪させ参らせ, 流行した, 流行せる, 浸潤し, 物語らるるも, 用うる, 盛んに, 知れ渡って, 知れ渡るころ, 知れ渡るとともに, 移り地方, 立ちて, 紹介する, 育ちたれば, 育ったいたずらっ子, 能率連合会なる, 落ちて, 著しい學術團體又, 薄いといふ, 薄いの, 行なわれて, 行わるるは, 行わるる暦書, 行わるる鄙陋, 行われたり, 行われるよう, 覇を, 見るところ, 設ける事, 語り伝えて, 語り傳えられたもの, 説明する, 誰が, 起こって, 起った面白, 起って, 起つてを, 足を, 造るそう, 遍満し, 金を, 開放し, 関した記録, 除夜に, 隆んで, 隠れ幾度, 音樂といふ, 顕われ

▼ 民間伝承~ (72, 6.6%)

3 の上, の会 2 であつ, というもの, を収集

1 [60件] から何, から取捨選択, から推し, があつ, がお, がこの, が此, が色々, である, である以上, では四巻, といふ言葉, としての特質, と似ない, などまで思ひ, なの, なるが, においては土地, にすら此様, には此通り, によってわが, によって我が, によって遠い, によつて, に其姿, に加, に深い, に説明, に載せ, に違, のうち, の中, の古風, の変化, の如き, の影, の採訪, の方, の極めて, の特異性, の種類, の起原説明, の雁, は上流社会知識社会, は何, は言葉, は遠い, も充分, も消え埋もれ, や民俗, を入れる, を基礎, を安倍, を採訪, を根, を精査, を調べる, を飜訳, 即異郷趣味, 殊に信仰生活

▼ 民間信仰~ (40, 3.6%)

2 の第

1 [38件] あるいは人気, が司祭詩人, が普及, だの民俗学, との表現, とを区別, と司祭神話, と民間, と結合, と表裏, に同化, に基礎, に於ける, に田の神, に見ゆる, に重き, のイエス・バラバ, の一例, の上, の分子, の対象, の底, の形成, の抗, の根本基礎, の説話, はその, は常に, は旧き, は民間説話, は絶えず, や人気, より生じたる, より高級, をうけた, を之, を有する, 即ち低級神話

▼ 民間説話~ (37, 3.4%)

2 の中, の記録

1 [33件] があり, が数多く, である長者伝説, でなく其, という, としては稍, と民間, と述作神話, などはそういう, など多方面, においては我々, にもその, にも亦, に基づいた, に島, に悪魔, に於, に題材, の一, の島々, の採集, の最も, の漢文書き, の示せる, の語る如き, は智力, やまたは, や歌謡, よりその, を其, を天然現象, を生ず, 即ち低級神話

▼ 民間にて~ (33, 3.0%)

2 やかましくいふ, 伝うるところ, 行うが

1 [27件] いろいろの, いろいろ妄説, いわゆる宗教信者, これが, これを, やかましくいう, 一般に, 厄年厄日という, 吉凶ある, 唱うるところ, 唱えきたれるもの, 天狗の, 婚礼葬式引っ越し新築等日柄を, 家相を, 往々聞く, 最も人, 火柱が, 狐が, 狐つきを, 現に幽霊, 用うる, 申すには, 病気災難を, 瘧に, 行われて, 評判されし, 鴉の

▼ 民間~ (24, 2.2%)

1 [24件] いう書証文, これを, その実, つくった海底遊覧用, ふつうに, ものを, やらうと, 一つの, 云つた, 云へば, 使って, 使われるもの, 使用せられた, 唱えて, 夕顔と, 拵えた木像, 書籍の, 模倣した, 殺人罪を, 父を, 用いられる工藝品, 用いられる日常品, 神道と, 非常に

▼ 民間では~ (24, 2.2%)

1 [24件] お祝いを, これを, その子, ちゃんと結合, ほとんど手, まだまだ辮髮, やはり, 七重の, 五荷の, 人を, 今でも, 依然諳誦, 出版物が, 初めて, 大した発達, 奴隷を, 宗祇の, 容易に, 彼女を, 甚だ目, 神は, 至難と, 褌を, 語られて

▼ 民間から~ (21, 1.9%)

3 入って 2 最高学府の

1 [16件] いくつも, かかる力, つれて, 入った後, 出て, 反対された, 回収し, 巨材を, 幾多の, 捜し集めて, 攘夷に, 暴動が, 有力な, 献上さした, 生れ主, 買い得らるる

▼ 民間には~ (19, 1.7%)

1 [19件] あるまいかな, いっては, しばしば無名, ぜんぜん不, なかつたの, なかつた樣, 人の, 依然として伝, 其物忌みの, 別に独自, 固有名詞として, 多くの, 普及しなかった, 正信教, 猶ほ, 神と, 義士烈婦あり, 親しみが, 非常の

▼ 民間療法~ (18, 1.6%)

1 [18件] が一見, として土用, と言, と雖, に走らざる, に鼠, のシャーマニズム, の方, の熱烈, の特有, の療術師, の療術師先生, の神聖味, の総, はこの, は反, は官許医学, も案外

▼ 民間にも~ (17, 1.5%)

1 [17件] ある, しばしば声名, その方法, また一方, 事実上改善救済を, 個々樣, 僻陬の, 初めから, 各藩, 地下戦車を, 常に行, 数々の, 文字ある, 正式手続を, 理化学研究所の, 移って, 金銀の

▼ 民間~ (17, 1.5%)

1 [17件] が官僚機構, が生き, ていっ, として仕事, と云え, と言え, にそれ, にやらせる, によって組織, に対して反りくり返っ, に頼ん, の代表, の創設, の努力, の悲しい, の要求, はイギリス流

▼ 民間探偵~ (15, 1.4%)

1 [15件] じゃない, とが同じ, としてはその, とはいえ, とは刑事達, とは違い, にご, に化け, に敬意, のひとりぎめ, のレザール, の手, の第一人者明智小五郎氏, の顔, を物色

▼ 民間~ (13, 1.2%)

4 承が 3 承から 2 承の 1 承である, 承とな, 承を, 承を通じて

▼ 民間でも~ (11, 1.0%)

1 [11件] すべて人の, トキユタが, 人員整理, 初春に, 所謂蔭口では, 時と, 民謡以上に, 汎く, 相違は, 考へられて, 長い詩

▼ 民間にては~ (11, 1.0%)

1 [11件] この木, これを, すべて奇怪に, 丙午の, 人の, 今日なお, 多くマジナイ, 狐か, 神社仏閣へ, 竜宮より, 縁起を

▼ 民間語源論~ (9, 0.8%)

1 として観察, と動物, と称する, にもまた, の文字, の発生, は唯, は言語, は説話構成

▼ 民間語原説~ (8, 0.7%)

2 である, として軽々 1 から乙御前, が祖, はどう, を古く

▼ 民間~ (6, 0.5%)

1 なもの, な勢力, な現, な自由生活, に, のもの

▼ 民間文芸~ (5, 0.5%)

1 が自由, の年, の最後, の趣向, を成長

▼ 民間飛行場~ (5, 0.5%)

1 から長距離, に尋ね, のアブロ練習機, の練習機, より

▼ 民間における~ (4, 0.4%)

1 あらゆる文化事業団体, その勢力, 必死の, 総合的な

▼ 民間~ (4, 0.4%)

1 之を, 切支丹破, 協力せよ, 皆老衰

▼ 民間会社~ (4, 0.4%)

1 で製造, と云わず, と結合, の利害

▼ 民間常識~ (4, 0.4%)

1 が一方, でも親切, とされ, なの

▼ 民間舞踊~ (4, 0.4%)

1 がある, の一つ, の恰好, を思ひ浮べた

▼ 民間語原~ (4, 0.4%)

1 と言う, の移つて, は固, を呼び起した

▼ 民間からの~ (3, 0.3%)

1 お方である, 国防義金が, 聞書きだから

▼ 民間~ (3, 0.3%)

1 同時に高尚, 宮廷との, 歩調を

▼ 民間より~ (3, 0.3%)

1 出たれば, 出て, 出で

▼ 民間アカデミズム~ (3, 0.3%)

1 というべき, の擡頭, はたとえば

▼ 民間団体~ (3, 0.3%)

1 から大, として出版業者, の中

▼ 民間放送~ (3, 0.3%)

1 で女房, に関するすべて, の

▼ 民間~ (3, 0.3%)

1 でその, の飛来, をつくる

▼ 民間機関~ (3, 0.3%)

1 として立派, に比し, もあれ

▼ 民間~ (3, 0.3%)

1 がかの, だが, ともいうべき

▼ 民間~ (3, 0.3%)

1 でもよろしい, として用いられ, を買つて

▼ 民間~ (2, 0.2%)

1 動揺し, 玄宗皇帝を

▼ 民間~ (2, 0.2%)

1 下つて, 没して

▼ 民間~ (2, 0.2%)

1 遊行し, 離れて

▼ 民間一般~ (2, 0.2%)

1 にも, の書籍

▼ 民間事業~ (2, 0.2%)

1 としての機関, を特に

▼ 民間学者~ (2, 0.2%)

1 そして政友会, の暴れ者

▼ 民間宗教~ (2, 0.2%)

1 と言う, をば原始宗教

▼ 民間教育~ (2, 0.2%)

1 に従事, のため

▼ 民間~ (2, 0.2%)

2 嘗の

▼ 民間~ (2, 0.2%)

1 なるもの, の進歩

▼ 民間有志~ (2, 0.2%)

1 のもの, の建白

▼ 民間殊に~ (2, 0.2%)

1 南支那の, 文壇ヂヤアナリズムの

▼ 民間治療~ (2, 0.2%)

1 それから之, や所謂迷信

▼ 民間生活~ (2, 0.2%)

1 からおしてさ, には交渉

▼ 民間神話~ (2, 0.2%)

1 と称する, は原始

▼ 民間英雄~ (2, 0.2%)

1 であつ, であること

▼ 民間調査機関~ (2, 0.2%)

1 の財源, は財政難

▼1* [133件]

民間からは出法題, 民間これは虎, 民間だけの手に, 民間ですからなに, 民間というような, 民間との摩擦を, 民間とは日本に, 民間などには知れて, 民間ならば珍, 民間において勢力を, 民間においても色は, 民間にまで人気の, 民間に対して相当相談づく, 民間に対する指導方式の, 民間へは妙な, 民間まで祭式, 民間アカデミー運動は多少, 民間シャーマニズム医学の神聖味, 民間ショービニズム商売人も商売, 民間ジャーナリストに於, 民間ドラマツールギーはそういう, 民間ニ脱線セシメテ相犯サザル各自ノ自由, 民間ファッショの親玉, 民間一個人の著書, 民間下層のいわゆる, 民間交通事業の見るべき, 民間人士の実地, 民間仏教がもと, 民間代表はでは, 民間会社社長その他に転化, 民間伝承学の上, 民間伝承式の考へ, 民間伝説の起原, 民間使節の下, 民間俗信の神像, 民間信仰中に之, 民間信徒の崇拝, 民間にもあった, 民間の領袖, 民間六人官庁三人の小, 民間に暗々裡, 民間労働者への一つ, 民間医方に興味, 民間医療の術, 民間千万人風流の話本, 民間方面の, 民間各界の代表, 民間合理解などが加つた, 民間名士外国使臣たちまで招待, 民間哲学が其神話, 民間団体等を総て統一指揮, 民間地名学あり, 民間地理学的神話と云う, 民間外交官とまでいわれる, 民間外務大臣みたいなもの, 民間天然科学的説話に関しては数百, 民間奇特者に解放, 民間婦人としてはじめて, 民間の流布, 民間学者シユツンプジン氏の自筆, 民間の流布, 民間審査員としてあの, 民間小工場ではラジオ, 民間市井の衆, 民間年中行事をつくる, 民間志士の信念, 民間思想文化連合の統一体, 民間が重んじられるべき, 民間情報教育局がそれ, 民間探偵宗像博士を犒う, 民間掲示がつけ加えられた, 民間改革案相互の間, 民間放送局の空想, 民間政論の漸く, 民間文化団体の綜合的組織, 民間日本ファシスト団体からの借り物, 民間日本人の観覧席, 民間映画業者代表を召集, 民間普及より早い, 民間普通の語, 民間暦思想の産物, 民間暦法の変遷, 民間有志家なりが率先, 民間有識人をあつめた, 民間様々の時期, 民間治療家の多数, 民間活字版の系統, 民間に対する圧迫, 民間流伝の物, 民間特志の団体, 民間理会によつて適当, 民間の図書館, 民間用語に相違, 民間登山家などには味わう, 民間的坊間的なもの, 民間神話的異分子を混入, 民間祭祀から出, 民間私学は顔色, 民間私設研究所の類, 民間節日には話し, 民間篤志家の拝観, 民間精密信仰の一例, 民間経営であった色々, 民間経済論曰く時事小言福沢君の著述, 民間習俗の反映, 民間自動車のラジオ, 民間航空の空港, 民間航空事業の貢献, 民間航空発展の貴い, 民間芸能の様々, 民間芸術の始め, 民間著名の有志, 民間藝術はある, 民間藝術史上より茶番, 民間として慣用, 民間行事ないしは覚束, 民間被告とで罪名, 民間記述は, 民間と述作詩, 民間話説的なり, 民間の中, 民間語原感に過ぎまい, 民間語源論発生の第, 民間説話中種々の形式, 民間説話界にその, 民間説話的記事の神話中, 民間識者の間, 民間貿易の再開, 民間運漕関係の有力者, 民間と宮廷風, 民間風俗も型, 民間風潮の逆流, 民間飛行の場合