青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「民衆~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

毛~ 毛布~ ~氏 氏~ ~民 民~ 民主~ ~民族 民族~ ~民衆
民衆~
民間~ ~気 気~ ~気がつい 気がつい~ ~気がついた 気がついた~ ~気の毒 気の毒~ ~気もち

「民衆~」 3711, 40ppm, 2905位

▼ 民衆~ (1544, 41.6%)

34 間に 32 中に 26 生活に 23 ために 16 手に 14 ための 13 心を, 生活を 12 上に, 生活の 9 うちに, なかに, 心に 8 中へ, 前に 7 中から, 為めに, 為めの, 生活は, 間には 6 ものと, 大多数, 自然の 5 一人として, 人気を, 力が, 常識と, 歴史の

4 [11件] ものである, 中には, 大部分, 子だ, 漠然とした, 為に, 生活が, 真の, 福利に, 間から, 頭の

3 [31件] ためにも, 一人と, 中の, 信頼を, 健康な, 利害を, 力の, 味かた, 声, 声が, 声は, 工藝は, 心と, 心の, 心理を, 意志を, 感情は, 感情を, 所有する, 文学の, 日常生活に, 生活から, 生活と, 用に, 眼には, 立場から, 精神に, 精神の, 自然発生的な, 血を, 要求に

2 [104件] あいだに, あひだ, うちの, ことを, それと, ためである, なかから, はたらきが, ふるい傳統, ような, 一人が, 一人である, 一人を, 一員では, 一部の, 不幸は, 中で, 中へという, 人気に, 何を, 作に, 側に, 側の, 偶像, 公僕だ, 切々たる懇望, 利便, 利害の, 利福を, 力は, 労作である, 口は, 味方でない, 味方と, 喝采を, 垢を, 声を, 子として, 存在を, 家, 工藝とは, 希望を, 幸福と, 幸福の, 幸福を, 復讐を, 心が, 心持の, 怨を, 情熱や, 意向を, 意志である, 意志と, 意識に, 愚を, 愛するもの, 感情に, 手から, 手で, 批判を, 押して, 持って, 支持を, 教養が, 教養は, 教養を, 文化の, 文学という, 文学を, 方は, 旗赤旗は, 既成常識や, 日々の, 日常の, 日常生活の, 本能的な, 権利を, 機嫌を, 欲求を, 歴史にとって, 求むるものの, 狂熱が, 生活であります, 真実, 精神的な, 結合, 胸に, 自主的な, 自然な, 自発的な, 興味を, 芸術を, 血液の, 表情を, 覚醒と, 解放の, 誰もが, 運動は, 間で, 間では, 間にあっては, 間の, 頭に, 魂を

1 [883件 抜粋] あいだで, あいだには, あきらめた一票, あとに, あらゆる英雄, いろいろな, うちでは, うちにおいて, うちへ, お尻, お祭り, かういふ勘, かち得て, こころの, ことだ, ことで, ことなら, ことについては, この条件, この自殺的行為, さなかに, そうした卑俗性, それに, ただ中に, たべ物, ためとは, ためを, とある者, ところへ, どうでも, どよめきを, なかには, なかの, はたらいたこと, はたらきな, はたらきは, ひとりは, ひとりひとりに, みじめさは, もつて, もつカテゴリー, もつ粗野, もので, ものとして, ものに, ものの, よき生活, より大衆的, カス民衆の, サムソンは, デゥツェであり, フロントが, フロントも, リアルな, 一さいの, 一人, 一人としての, 一人の, 一人一人が, 一団は, 一種の, 一群であり, 一般な, 一般化, 一部からも, 一部は, 上を, 下心と, 不信と, 不安不幸そのものに, 不断の, 不断着に, 世界に, 世論とも, 世論も, 中からの, 中国から, 主張が, 事などを, 事件である, 事情であり, 人たる, 人爲に, 人間らしい生活, 今の, 今的な, 他の, 仲間でも, 会合に, 伝統という, 伝統的作の, 伴侶として, 位置を, 何割が, 作な, 便利を, 信仰あつく, 信仰の, 信望が, 信望は, 個性の, 個性自発性の, 偉大なる, 健全な, 健全常識として, 健全性は, 偶像で, 先入主という, 光を, 共同や, 具体性は, 内生活, 凡庸が, 分割王朝の, 切実なる, 初歩教育です, 利便と, 利害などは, 利益だ, 利福の, 前線, 力では, 力と, 力なく, 力も, 努力に, 労作なく, 労働価値の, 勇士の, 動きの, 勢力とが, 卑俗な, 協和へ, 危惧が, 友その, 友だ, 友でない, 友と, 友に, 友の, 友諸, 反対が, 反感を, 叡智が, 叡智と, 同情が, 同意を, 名に対して, 名も, 君臨を, 呻きを, 品物たる, 哲学である, 啓蒙に, 善に, 喜びの, 器物が, 回顧趣味だけに, 困窮の, 圧力を, 基礎の, 場合は, 声と, 声なら, 声までを, 声望も, 多くが, 多数を, 大デモンストレーション, 大中心地, 大半が, 大学なれ, 大権が, 大権と, 大胆なる, 大衆的獲得である, 奇蹟が, 奥深くにまで, 奧深くにまで, 好むべき美, 好奇心の, 姿が, 姿だ, 娯楽といふ, 娯楽は, 娯楽物を, 娯楽的欲求は, 子弟を, 守るべき道, 宗教としては, 実生活も, 実生活を, 実際勢力, 容喙すべき, 寵児である, 対ドイツ政策という, 屑民衆の, 崇敬には, 工藝が, 工藝である, 工藝と, 希求を, 常識的用語を, 平均常識な, 幸福, 幻想を, 広大な, 底の, 底抜けの, 建設が, 強みは, 役には, 心にも, 心情に, 心持から, 心理と, 心理とは, 心理の, 心裡という, 快活な, 思想は, 思想を, 思想的利害にまで, 怨嗟の, 恐怖心に, 恒久なる, 悉くを, 悲哀は, 悲惨極, 情熱でありし, 想像は, 想像裏に, 意志, 意志が, 意志団員, 意欲が, 意見を, 意識的な, 愚かしい顔, 愛国思想を, 感情が, 感情の, 感情も, 態度が, 慰楽として, 憎悪を, 憤怒という, 憧れと, 戦慄である, 手の, 手を, 批判が, 批判は, 投票を, 抵抗線上の, 持物に, 指針でありし, 携わり得る世界, 改善を, 政治意識が, 政治的動向を, 救済に, 教化に, 教化の, 教化内に, 教育の, 散歩場である, 敵だ, 敵とは, 文化であり, 文化交驩の, 文化性の, 文化意識の, 文化水準という, 文化水準の, 文化的思想的抵抗を, 文化精神を, 文学と, 文学創造力が, 文学的無, 文学論が, 文盲率は, 文芸は, 新たな, 方で, 方な, 方により, 方面に, 旗から, 既得の, 日常常識と, 日常性の, 日常生活が, 日常生活心理歴史への, 日本流の, 昂奮は, 時代では, 智慧が, 智慧と, 智識が, 暴動が, 暴挙の, 朗らかさその, 本体から, 本能は, 本質的な, 杞憂を, 根本的解放を, 概念から, 模倣を, 模索に, 機関だ, 欲望に, 欲求と, 歌たる, 歌手であった, 歓声裡に, 歓酔である, 此の, 歴史では, 歴史なり, 歴史的役割を, 民と, 民主的な, 民衆的信念と, 気に入るの, 気持ちに, 求めるもの, 泥の, 活動力には, 海に, 滋養分であっ, 演劇に対する, 演劇的趣味を, 激烈な, 為で, 為の, 為めには, 無批判, 無産者らと, 無産階級から, 無知に, 無知を, 無知雷同性真実の, 熱情には, 熱狂に, 熱狂的歓迎と, 爲めには, 物と, 物的生活利害に, 物質的福祉も, 特色ある, 独自性を, 現代常識は, 現実と, 現実を, 現実生活から, 現状を, 理解を, 甘ったるい理解力, 生きて, 生命に関する, 生命を, 生活という, 生活にとって, 生活に対して, 生活への, 生活力の, 生活感情にまで, 生活水準を, 生活程度は, 生活雰囲気から, 生計は, 用品であり, 用語でも, 畏敬を, 発展する, 発意心を, 發意心を, 發達に, 目から, 直接の, 真にある, 真実は, 眼から, 眼にさえ, 眼を, 眼前に, 知慧を, 知的粉飾とさえ, 社会生活の, 社会的物質生活を, 社会的生活から, 祝祭的行事が, 祭は, 福利という, 福利も, 福祉に, 福祉は, 福祉を, 移住によって, 窮迫パンなき, 立脚点から, 精神が, 精神と, 精神や, 精神的及び, 糧なりと, 素朴な, 経済的利害を, 結束が, 絶対的要望を, 総意という, 総意とか, 署名を, 群に, 義務とか, 習俗常識の, 耳朶に, 胸を, 腸に, 膏血によ, 自主性に, 自主性の, 自主的政治へ, 自主的政治活動など, 自主的結合の, 自意結合, 自然なたしなみ, 自由独立を, 自発性の, 自覚を, 良心を, 芸術家と, 芸術時代から, 若い生命力, 苦しみとに, 苦しみを, 苦しんだ一切, 苦悩を, 英雄フィガロは, 蒙を, 血とともに, 血は, 衆である, 表情です, 表情は, 被治者としての, 要求でありました, 視線が, 観念上の, 解放と, 解明には, 言葉として, 言論は, 評価の, 詩である, 誇大な, 誰でもが, 負わされて, 財産だ, 貯水池である, 質に, 贖主, 赤き血, 趣味と, 趣味の, 趣味活動の, 趨向を, 辛うじて得る, 迷夢を, 逆境は, 進歩的な, 運動, 過去生活の, 道徳や, 道徳意識は, 道無心の, 酒場から, 鋭くなった, 間における, 間を通じて, 関心の, 阿片だ, 陰惨なる, 階級としての, 階級的自覚を, 集団生活に, 需要を, 面前に, 革命史そのものの, 頬を, 顔つきから, 顔は, 風であっ, 食料として, 首長もしくは, 騒擾する, 骨格な, 魂にとって

▼ 民衆~ (350, 9.4%)

6 それを 3 見て

2 [19件] この点, そこに, その都度事態, それ以上に, われわれの, ブラジル珈琲を, 人格や, 他の, 大義を, 客観的には, 彼の, 彼らの, 彼等よりも, 日本風の, 槍の, 穏健なる, 自分たちの, 自分の, 自然の

1 [303件] あんな煮, いうまでも, いかに強いられ, いくらも, いっこうそんな, いったいどんな, いても, いよいよ代議士, いよいよ六波羅, おのずから反, おのれの, おのれらの, かえってそれ, かえって予, かかる罪悪, かくて, かつて, かつて自ら, かならず不幸, こういうこと, ことに現代, この七転八苦, この日, これに, これによって, これまでの, これを, これ以上に, こんな会話, さまざまの, しずかに, しばしば, しばしばその, すべてロマンティストたる, ぜひともそれ, そういう, そういう物, そのこと, そのほう, そのよう, その信仰, その利得, その前, その国, その奴隷状態, その好餌, その惨苦, その才能, その折檻者, その無, その生活, その直轄, その詭弁, その迅速, その長老, その間に, それが, それぞれ自分の, それだけ政治的自主性, それに, ただ恐れ, たとい大人, たとえばトルストイ, だんだん共産主義者, ついて, ついに美, つめかける海, ともかくも, どこに, ない, ないし, ないだろう, はたして単なる, ひどいもの, ますます自分, ますます貧苦, まず第, またすぐ, また無意識的, また顧みる, まだ動い, まだ忍従, まだ社会民衆, みな下に, みな自分の, もう感じとっ, もし貴族, もっと激昂, もとより生活, もはやただ, もはや文壇, やって来やしない, ゆるさない, よく推察, わが身の, ガーポン僧正を, シェークスピアを, ダマされない, バブーフの, 一の, 一定の, 一日も, 一旦人間, 不可抗力に, 久しぶりで, 事実以上にも, 云わば, 今この, 今は, 今恐ろしい, 今日の, 伝統に, 伝統的精神や, 何と描かれ, 何時の, 何等の, 余りにも, 余りに訓練, 作るもの, 依然としてかかる, 俺の, 偽瞞, 働きかつ, 優秀なる, 元気なく, 先ず, 先づ, 公共的に, 其の新, 其神を, 再び彼ら, 再び自分たち, 冬宮を, 初めから, 剽盗的の, 労働に, 勿論の, 勿論歌舞伎劇, 勿論自分, 却つてそれを, 去年の, 又直ぐ, 反乱を, 口を, 味方し, 味気ない思ひ, 営々と, 国家に, 外国人も, 多かつ, 大きな安心, 大量生産の, 天才より, 天真で, 天空海濶の, 失望した, 奇態に, 如何なる国, 嫌いな, 嫌ひなのだ, 存在しない, 存在しなかった, 存外その, 安心し, 官憲的な, 実は明治二十年代, 客観的芸術を, 容易に, 寧ろ歌舞伎劇, 尚お, 就く所, 尻ごみを, 崇高なる, 常に健全, 常識下の, 平常の, 幾千年以來この, 幾千年以来この, 強ち, 強健なる, 強制に対して, 彼ら自らにおいては, 彼れ, 彼を, 彼等の, 彼等を, 彼自身の, 待ち切れるもの, 心ならずも大衆政党, 心に, 必ずしも, 必ずわれ等, 必然明るい, 思想警察が, 急に, 怨嗟を, 恐怖政治によ, 恐怖政治によって, 息を, 悉くスターリン, 感得し, 或る, 戦, 戯嬉を, 戸籍に, 手を, 才能も, 批判性を, 批判精神などという, 拡大し, 挙国一致外交が, 攫われて, 政治, 政治そのものを, 政治上の, 政治的な, 政治的用語としての, 救わるべき世界, 教化せらる, 文学者の, 斯くの, 旗を, 日本の, 旧制度, 時々保護検束, 本能として, 本能的な, 案外もの, 武装した, 歴史的意欲の, 民衆として, 民衆の, 気狂ひ, 永遠に, 決して政治的, 決して自由詩, 泣きながら, 清水の, 源氏へ, 無意識に, 無智, 無知であり, 然るに常に被, 爭うて, 狂暴に, 猛烈な, 現に支那, 現代の, 現実に対して, 現戦争, 生活し, 痛ましき剣戟, 発見された, 皆肩を, 皇室について, 直ちに彼ら, 相変らず, 真の, 知らぬでも, 社会科学的用語で, 祖国の, 神様として, 祭政一致論議の, 科学的精神を, 窮乏し, 節制も, 簡素で, 紳士閥芸術の, 終始一貫, 織田軍と, 罪の, 老衰し, 考えるよう, 自主性が, 自分と, 自分自身の, 自分自身は, 自由人である, 至るところ, 芸術から, 芸術の, 衣食住の, 言葉に対する, 誇るに, 誤って, 謂わば, 譲歩しなけれ, 貧乏な, 貧窮し, 貧血せる, 賢明である, 賢明な, 跪いて, 軒を, 逃げる要, 逃散し, 道義的お節介の, 郷里に, 附きしたがわぬもの, 革命の, 餓死するであろう, 默って, 黙々として

▼ 民衆~ (244, 6.6%)

8 して 4 代表する 3 知らなかった

2 [13件] 代表し, 侮辱し, 叡智と, 引き入れて, 愚に, 指導する, 支配する, 放棄せね, 相手と, 苦しめて, 覚醒させ, 軽蔑し, 食ひものに

1 [203件] あいてと, あいてに, おいて, おこらして, おのが, おぼらそうと, ことごとく呑噬, さすの, じらしぬき鍬, そこまで, ただ考えさせ働かせる, たやすく統治, だます手, だまそうと, どのよう, なおかつ自主的, なだめ納得, ば想定する, ひきあげるとかいふほどの, ひっくくり上げた検地役人, まもる, サービスする, テュルリー宮殿に, テユイルリイ宮殿に, ヨーロッパに, 一箇の, 与えられて, 乞食扱に, 代表せずし, 休息させ, 使役した, 侵掠した, 信じるとは, 入れるなどという, 其の目的地, 具現せん, 凌駕し得たであろう, 分散さして, 刺戟した, 前に, 創り出したの, 劇場に, 去って, 反ぱつさせるものがありはせぬかといふことである, 叛かせよう, 叡知と, 口に, 叱正する, 同等の, 吾, 呼び戻して, 呼んで, 問題に, 啓発すべきで, 圧伏せん, 圧制する, 地中に, 基礎として, 外から, 奮ひ立たせる, 奮起せし, 好まなかった, 威嚇する, 威圧する, 安んぜしめ給うたの, 対象と, 対象に, 尊敬する, 導いて, 導くこと, 少しばかり, 少しも, 廂の, 引き上げようと, 征服する, 征討した, 待ち受けて, 律せん, 徹底的に, 忘れない, 惑わし城下, 想像した, 想定又は, 惹きつけること, 意味すべき, 愚弄したる, 愚弄する, 愚昧無気力に, 愛し, 愛した君, 愛し婦人, 愛すべき特殊, 愛するといふ, 愛するとか, 感服せしめ, 慰めて, 憫ま, 戦い取ったの, 戸惑ひさせない, 手なずける, 扱うと, 扱ふと, 抑圧する, 抽象化し, 招く, 拾い上げたじゃ, 指示する, 捉える何, 措いて, 揺り動かす激憤, 支配し, 政治から, 救い出す事, 救うこと, 救うの, 救う事, 教化する, 教育せん, 敵として, 敵に, 明白に, 書いて, 最もよく知っ, 服従させ, 本当に動かす, 本来の, 楽しましめる為, 楽ませる, 標榜し, 欺いた, 民衆として, 治める力, 消滅し尽す, 烏合と, 無力視し, 無気力に, 無知な, 無視し, 焦点として, 焼く火, 煽って, 煽動する, 王権から, 現実から, 畸形的な, 発見した, 盗むの罪, 直接に, 看板に, 眺めるキリスト, 眺め共感, 眺め官吏, 瞥見した, 知らず真, 移り気だ, 窒息せし, 結びつけねば, 結へる, 結わえるため, 結合する, 結成する, 置き去りには, 考慮に, 肉に, 肯定し得る, 脅かしつけるため, 腐敗させる, 自主的に, 自分の, 自分らの, 自己の, 自身その, 良民と, 良賤の, 薙ぎ払わせて, 融合させ, 衰弱せし, 裏切ってるとも, 裏切ること, 見おろして, 見たと, 見たの, 見ると, 見るに, 見る目, 見下し軽侮, 訓育する, 誘惑する, 論じ出したの, 踏み台に, 軽蔑した, 軽蔑する, 軽蔑すれ, 迷は, 進歩的に, 道徳的ならしめる, 選び民衆, 酔わすこと, 除いて, 隷従蒙昧無, 非難せしめ, 音楽に, 馬券買ひ

▼ 民衆~ (237, 6.4%)

3 向かって, 對する, 接触し

2 [13件] あったと, 交わること, 何の, 向って, 媚びて, 對し, 属すること, 工藝の, 愛される為, 支持され, 望みを, 親しみを, 顛覆された

1 [202件] あっては, ある, あんまり関心, おこさせる, おぞ気, おぞ氣, きかせるだけの, これ丈の, しても, すみやかに, その風刺, それとなく心, それを, ぞくするもの, できる平凡, ないとは, のぞむか, のぞむ至難, ふれて, まざまざと, むすびついた伯爵, よくわからなかった, よびかけて, よりて, わかるもの, アッピールする, シェークスピアを, タタキ付けた, デマゴギー政策を, 一つの, 一定の, 一時を, 一様に, 与えようと, 与える, 与えること, 与えるの, 与える事, 与える仕事, 与える損害, 与へられる自由, 与へる影響, 世界の, 互し, 享楽される, 仏像の, 他ならない, 代って, 代わって, 伍せしめるであろう, 伝えるの, 伝え民衆, 伝統を, 何も, 依って, 依つて, 依頼する, 価する, 個性が, 働きかけその, 働きかけて, 働きかけるかを, 働きかけると, 優つて居つた, 先天的な, 全体主義の, 分からして, 分配し, 刺戟と, 創作意識の, 加えられた欺瞞, 加えられる抑圧, 勝って, 勧めること, 博して, 及ぼす影響, 反対する, 受けると, 受け容れられたの, 受け容れられるの, 向つて, 含まれる本来, 告げること, 味方する, 呼びかけようと, 呼掛けるの, 図書を, 多大の, 奉仕し, 奉仕する, 媚びること, 安心を, 家族主義という, 届け得ないかぎり, 属しては, 希望を, 強いた日本, 強いること, 強いる事, 強制すべきである, 役立つもの, 役立つ普通, 役立つ雑具, 得意を, 忠言する, 恐怖を, 悦ばれて, 悪影響が, 悲劇などは, 愛されないの, 愛されるほど, 感動を, 感染させ, 戦いを, 抱かせた, 押しつけること, 接しまた, 接するという, 接触する, 擴がる, 教えて, 文化的な, 施こし, 施すこと, 最も健全, 最も愛好, 極度の, 檄を, 歌を, 沈黙を, 注いで, 演奏し, 無料なる, 熱を, 特許憲法を, 王冠を, 生来そなわってる, 発言する, 發言する, 直ちに触れ, 瞬間よ, 知らしむる, 知らしめたい, 知らず識ら, 破産を, 示されるという, 示したに, 示して, 示す相貌, 移されるの, 移し伝えて, 立ち交じって, 約束した, 結ばり得る, 結ばれる時, 結ぼうと, 絶大な, 縁の, 罪は, 美が, 臨まれること, 自分らの, 自身の, 至るまで, 裁かれること, 見せ示して, 視点を, 親しく御, 親しみと, 触れは, 許容せられ, 訴へて, 訴へる, 説いて, 課するの, 諂らう, 謀反の, 謝罪した, 負担を, 貢献すべき, 贈る音ずれ, 起こさせては, 足場を, 近づき得た作家, 近づき既に, 近づけ民衆, 近づこう, 通例の, 過去の, 道徳振りを, 適する, 選ばれ推される本当, 還付された, 配布し, 開かれて, 間違いの, 関与し, 限って, 限りない, 頒布し, 食を, 髣髴として

▼ 民衆~ (226, 6.1%)

3 ないという, 如何に, 騒いで

2 [11件] ある, おかれて, その尊敬, それを, もう私有財産, フランスで, 党派人と, 問題に, 政治を, 政治的に, 長い間

1 [195件] あった, あったと, あるかと, あるの, ある一定, ある程度これ, あれば, いかに言葉, いかほどたがい, いきなりソヴェト社会, いつまでも, いないという, おのずから作家, お誂え, こう嘲った, この同一, この種, こんどの, すなわち国家, すべてを, その, そのかつて, そのままに, そのまま是, その俳優, その力, その勢力, その古典劇, その嘗つて尊敬, その日, その欲, その生活, その程度, その網, それぞれ自分自分の, それに, それ程に, どうかする, どこまで, どのよう, どれだけの, どんな騒動, ない, なお固有, まだない, まっさ, みずからの, みて, みんなそうである, むしろ実験台, もし彼, わしに, ゐるの, イギリス人と, テュルリー宮殿に, テユイルリイ宮殿に, バスティーユの, バステイユの, パンの, レーニングラードその, 一致し, 一般的に, 世界の, 中央の, 享有し, 人垣を, 今度の, 今日の, 他の, 伝統的な, 住んで, 何である, 何を, 何千何万と, 例により, 例へばロスタン等, 信じて, 偶, 共和政体に, 凡てを, 動かされるか, 勢力を, 半ば目醒め, 半睡眠状態, 単純に, 受けて, 受けとるの, 叡山大衆の, 君主政の, 商権の, 喜んだり, 国家の, 圧抑に対する, 地方から, 夏の, 外国人の, 多かった, 実にフランス, 富の, 少しも, 帰ろうと, 幾千幾万と, 当時の, 彼の, 待って, 心から欲し, 急に, 悦ぶもの, 意識しない, 意識せざる, 持って, 政党を, 政治上の, 政治的自主性として, 政治的自主性を, 教育映画という, 文学に, 日々共に, 日々用いる, 日常使う, 日本を, 日露戦争の, 早く日本民族, 明快卒直を, 明日は, 昔からの, 時経つ, 最も, 有難く拝聴, 服従しないだろう, 林内閣の, 植物の, 模糊として, 欲するもの, 歌ひだした, 民衆のみが, 民衆自身で, 気の毒だ, 永年の, 浅草の, 演劇を, 無智, 王を, 現実として, 生活し得る, 生活に, 用いる民器, 用いる雑具, 用ゐる, 異民族, 発展する, 皆なさうである, 皇室に対して, 直接に, 相とも, 知識の, 破り去らんと, 礼儀正しい, 社会的にも, 社会階級関係に, 祭って, 種々の, 種々雑多, 第二, 精神的に, 納得し, 終局に, 考えられて, 聖書で, 肚の, 自らにおいて, 自ら卑下し, 自分の, 自分を, 自分自身を, 自分達の, 自己の, 自己催眠術もが, 自己防衛の, 自然に, 自由に, 自由を, 自由奔放に, 自発的に, 興奮する, 芸術と, 課す今後, 足下に対して, 身辺に, 退く時, 進歩の, 過去に, 道を, 革命の, 黒球を

▼ 民衆~ (85, 2.3%)

3 親しみの 2 文学との

1 [80件] いいデモクラシー, いい抽象的, いい昨今, いっしょに, いはれる老若男女, この上知り合い, そう区別, その歴史, その民衆, ちがって, つぎ合わされ, なつて, ならねば, なり歴史, わが一億, デモクラシーとの, 世論と, 乱雑不, 云うその, 云うもの, 云う事, 云う文字, 云えば, 云って, 云われるもの, 人民では, 何か, 何ら区別, 作家とが, 分離し, 分離する, 区別し, 合体してる, 同じくその, 同じであった, 同じ側, 同じ詩的精神, 同様な, 同様に, 名づけられるもの, 君主と, 呼ぶの, 太子殿下との, 子供動物としては, 密接な, 対立的関係に, 工藝との, 思い合せて, 手を, 接触が, 接觸する, 接近しなけれ, 握手し, 有産者らとを, 歩きつづけてる優秀者ら, 民衆との, 爲政者との, 王朝の, 相対する, 相違の, 知識階級との, 社會とに, 社會とを, 神とを, 称して, 結びつけずには, 結合する, 美とが, 美との, 美とを, 芸術である, 親和する, 親密に, 諸君が, 諸王との, 軍隊との, 通ずるところ, 都市の, 関係の, 隔つべきであろう

▼ 民衆~ (77, 2.1%)

12 なもの 3 のもの 2 なるを, な精神

1 [58件] だ, であったかと, であり作, であるところ, であるとの, であるべき目的, でなければ, では, で気持ち, といい, となり, な, なの, ならざる者, なりやといふ, なるもの, なる紅茶, なる総称, な交歓, な作品, な劇場, な力, な勢力, な勢力そのもの, な品, な品物, な器物, な大, な実用品, な宣伝力, な平易, な性質, な情痴抒情詩, な意義, な方法, な本質, な気取らない直情主義, な演劇, な神社, な素直さ, な結合, な衡平, な表現, な言い換えれば, な言葉, な青年, な非, な韻文劇, にで, になつ, にならね, になり, にもまた, にも娯樂, に書けない, に飽きあきされ, の通俗性, の食い物

▼ 民衆から~ (43, 1.2%)

2 かかる作, 出る工藝, 離れて

1 [37件] いうと, いやがられて, そのセンチメンタリズム, では, ひとりでに歌, われわれは, 個人に, 出た, 出る美し, 区別される, 多くの, 奪い去る, 好感を, 工藝の, 差別的な, 彼女を, 愛せられかつて, 成っては, 来るもろもろ, 生きる勇気, 生れ同じ, 知られるいかなる, 租税を, 絶縁された, 自分達を, 芸術の, 蔑視された, 見離された者, 起る工藝, 身を, 転じて, 遊離し, 遊離する, 遠ざかつて, 離れずに, 離れた工藝, 離反する

▼ 民衆という~ (43, 1.2%)

7 ものは, ものを 4 ものが 3 言葉は 2 ことである

1 [20件] この非, ものだ, ものに, ものの, ものをも, もの故に, もの新, もの自身を, 問題を, 混沌の, 観念が, 観念は, 観念を, 言葉が, 言葉を, 語が, 語と, 資格に, 限りそう, 限定を

▼ 民衆芸術~ (38, 1.0%)

4 と云う 2 というの, は民衆

1 [30件] であるなどと, とは如何, とやらを標榜, に対する吾, に就い, に浮身, のワンタン, の主, の唱道者, の唱道者ロマン・ロオラン, の問題, の大, の好, の当然, の意義, の提唱者, の本当, はロメン・ロオラン, は何かと, は元気, は先ず, は其の, は漸次, は理知, は西洋, は近代, を欲する, を説い, を説く, 即ち現在

▼ 民衆~ (35, 0.9%)

2 大衆も, 天才を

1 [31件] すべての, その絶えま, その言う, それを, たちまちその, たとい式場, たれも, はずかしくて, またゆるさない, また奇蹟, また疑い, みな信長について, みな相互の, 世相を, 中, 他の, 作に, 作においては, 十年後の, 大事業, 悪かった, 文学も, 民衆で, 民衆である, 無限に, 生え抜きの, 皆ともに, 目覚めて, 自ら持った, 近ごろは, 黙つて

▼ 民衆との~ (32, 0.9%)

2 日常の, 相互関係の, 間に, 関係は

1 [24件] だまし合いが, つくった伝統, つながりが, つながりでは, 一致を, 味方であります, 思想及び, 接触その, 接触面が, 日常的接触から, 比較の, 混乱の, 游離という, 生活の, 結びつきを, 結合ここに, 結合なく, 結合よき, 結合を, 縁を, 間柄が, 関係に, 関係において, 関係を

▼ 民衆~ (30, 0.8%)

2 され平凡化

1 [28件] された, されたとでも, されて, しつつ, し共産化, し熱狂的, すべき可能性, する, せられるところ, せられるよう, で賞讃, という点, として機能, とはだから, と云え, などという, なの, に天与, に求める, に過ぎない, のこと, の具体性, の機関, は, は容易, は決して, ばかりを意味, を口実

▼ 民衆自身~ (30, 0.8%)

3 の手

1 [27件] から出来, がボルシェヴィキー, が何, が築き上げた, が自分達, でつくる, にそう, の劇, の動き, の国民文化, の意見, の戦闘, の持つ, の文化イデー, の文化意識, の独自, の真, の苦痛, の要求, の身辺, はすぐ, は直ぐ, へ向かっ, もよく, も忘れ, を安堵, を形成

▼ 民衆生活~ (29, 0.8%)

2 の重い暗

1 [27件] との懸隔, と作家, と密接, に世界的感覚, に対して抱いた, に無関係, に興味, のあらゆる, のため, の一番, の上, の世俗問題, の中, の内, の内奥, の向上, の必要, の描写, の日常, の歴史, の現実, の自然発生, の貧困, への関心, をふりすてる, を味わっ, を衷心

▼ 民衆には~ (25, 0.7%)

1 [25件] あらゆる欠乏, これが, さらになお, それぞれの, もう劇, やつと, 不向, 不向きの, 丸で, 使いきれないと, 使ひきれない, 全く関係, 出来ないの, 大きい巨大, 宗教を, 払われるもの, 散々人を, 敵機襲来すべし, 歩行のみ, 殆ん, 民衆自身の, 用を, 自然長い, 言葉は, 魅力と

▼ 民衆への~ (19, 0.5%)

2 救いであった

1 [17件] あこがれという, さし伸べられる, 下知的な, 否定と, 否定は, 啓蒙であり, 器を, 執着に, 常識化, 愛について, 救いで, 没落を, 生活や, 直接効果を, 福音として, 肯定なき, 限りない

▼ 民衆とは~ (17, 0.5%)

1 [17件] ロマンティックな, 一体どういう, 云えない, 交渉の, 全然没交渉, 別に階級性, 即ち大衆, 右に, 否彼等一部, 国内人口の, 対立する, 平民の, 決して近い, 直接の, 第四階級, 縁遠いもの, 関係の

▼ 民衆~ (17, 0.5%)

2 の問題

1 [15件] がある, が問題, とが危く, と小, の又, の拠り, は疑う, へのエキゾチシズム, への追随, もあり得ない, も何等, や一般, を強調, を有っ, を自覚

▼ 民衆芸術論~ (16, 0.4%)

3 の要旨 2 の最初

1 [11件] であったの, でぼんやり, の時期, の説き, の謂わゆる, はこ, はない, は主として, は日本, を労働運動論, を訳し

▼ 民衆に対する~ (15, 0.4%)

1 [15件] きき目が, ひけ目の, まじめな, 保護や, 初歩教育の, 彼らの, 思想文化動員の, 支配者の, 政治教育を, 政治的教化が, 文化的支配の, 裏切り者である, 説得力を, 責任と, 関係が

▼ 民衆にとって~ (14, 0.4%)

1 [14件] いかにも光輝, よいこと, わかり易い文章, アリストテレスの, 仏寺や, 僕は, 善良な, 大学教育を, 残念な, 無用である, 現実への, 生きて, 行くべき道, 非常に

▼ 民衆では~ (11, 0.3%)

2 なくして 1 ないか, ないそれ, ないと, ない平民労働者, なかった, なかつた, なくて, なく民衆, なく目覚めた少数

▼ 民衆にとっては~ (11, 0.3%)

1 [11件] これと, それは, そんなに不思議, まるで遠い, キリストの, 不平等, 増税としてのみ, 彼らみずからの, 真実たる, 醜であり, 音楽は

▼ 民衆にも~ (11, 0.3%)

1 [11件] やってくる, わかりかけて, 二種の, 彼らを, 時におのれ, 時勢の, 理解せられ得べき, 看破せられ, 親しく見せ, 貴族が, 阿諛の

▼ 民衆によって~ (11, 0.3%)

3 民衆の 1 はっきり見られてる, 保持された, 創られ民衆, 占領せられ, 収穫され, 組織せられる, 読まれるもの, 読まれる文学

▼ 民衆に対して~ (11, 0.3%)

1 [11件] どのやう, どんな罪, 二つの, 仁慈なれ, 働きかける力, 多大の, 強力な, 武力的圧迫を, 異った, 芸術家の, 親切振りを

▼ 民衆として~ (9, 0.2%)

1 いつまでも, でなく国民, 世界の, 出発する, 存在する, 意識を, 日々それぞれの, 生きる日常, 組織し

▼ 民衆としての~ (9, 0.2%)

1 ヴェニスは, 世界観をも, 同胞が, 国民の, 忍苦しか, 準備を, 自分自身を, 苦労を, 要求は

▼ 民衆主義~ (9, 0.2%)

1 とすべきだ, とは同じ, とも呼ぶ, と名づける, と長たらしい, の悪影響, の眞精神, も社会主義, を解し

▼ 民衆より~ (8, 0.2%)

2 生れたとは 1 さらに偉大, ずっと強かっ, 幸福な, 現れ一つ, 生れる民衆, 生れ民衆に

▼ 民衆一般~ (8, 0.2%)

1 が手近, が武士道的, との社会的連帯, にももう少し, の支持, の生活, の自信, 或いは民衆層

▼ 民衆~ (8, 0.2%)

1 であります, であるから, に興味, の代表者, の名, は民衆劇, ももたなけれ, を起こさん

▼ 民衆たち~ (7, 0.2%)

1 から置き去り, が正論, にも異なる, のその, はいよいよ, はその, はほとんど

▼ 民衆よりも~ (7, 0.2%)

1 しばしば献身, ブルジョア文化によって, 先走った民族, 強いと, 更に大, 腹に, 高く吹き上げられる

▼ 民衆そのもの~ (6, 0.2%)

1 に事実通用, の中, の内的要因, の歌謡, は必ずしも, をああ

▼ 民衆である~ (6, 0.2%)

3 ことを 2 ということ 1 限り民衆支配に対する

▼ 民衆~ (6, 0.2%)

3 のである 2 のです 1 のだ

▼ 民衆劇運動~ (6, 0.2%)

1 が大, と大, と称する, に参与, に言及, の唱道者

▼ 民衆思想~ (6, 0.2%)

1 とのあいだ, のもっとも, の趨向, は色濃く, は遠く, を建国

▼ 民衆的作品~ (6, 0.2%)

1 だから, であった, であったかを, である, によって示され, の位置

▼ 民衆的工藝~ (6, 0.2%)

2 の謂 1 がいかに, です, と貴族的工藝, にも絵画

▼ 民衆運動~ (6, 0.2%)

1 が勃興, たるこの, にあなた, の先登, の可能, は彼ら

▼ 民衆こそ~ (5, 0.1%)

1 それを, 伝統についての, 唯一の, 大衆に, 暴虐に対して

▼ 民衆~ (5, 0.1%)

1 というなら, とこれ, と云う, と彼, と考え

▼ 民衆~ (5, 0.1%)

1 にぎわって, 卒業を, 混乱は, 隠士高士の, 馬鹿馬鹿しいと

▼ 民衆とを~ (5, 0.1%)

2 切りは 1 もって, 対立する, 対立の

▼ 民衆全体~ (5, 0.1%)

1 が自由, のもの, の心, の生活, の進歩

▼ 民衆~ (5, 0.1%)

1 が出, だ, は何等, は却って, は実は

▼ 民衆それ自身~ (4, 0.1%)

2 の中 1 のもの, の素質

▼ 民衆たる~ (4, 0.1%)

1 そのこと, とともに幸福, 中流民, 本来の

▼ 民衆と共に~ (4, 0.1%)

1 いつかは, 愉しむこ, 楽も, 樽を

▼ 民衆なる~ (4, 0.1%)

1 ものが, ものは, カテゴリーは, 概念も

▼ 民衆について~ (4, 0.1%)

1 お互に, 何を, 物を, 知られること

▼ 民衆によ~ (4, 0.1%)

1 つて, つて保持された, つて創り出され, つて閑却された

▼ 民衆主義者~ (4, 0.1%)

1 だ, であるといふ, でなく逆, になっ

▼ 民衆~ (4, 0.1%)

1 だと, の公認候補馬島, は二人, をつくり

▼ 民衆劇場~ (4, 0.1%)

1 が進歩性, とでも大衆劇場, は, を建設

▼ 民衆教化~ (4, 0.1%)

1 が第, に適, の武器, の精神

▼ 民衆芸術家~ (4, 0.1%)

2 の民衆 1 としての中村星湖, の為すべき

▼ 民衆それ~ (3, 0.1%)

1 に属する, に思い, をどうして

▼ 民衆であっ~ (3, 0.1%)

1 てあれこれ, て個人, て特権階級

▼ 民衆であり~ (3, 0.1%)

1 ながらしかも, 人民であり, 人間である

▼ 民衆とか~ (3, 0.1%)

1 その貧し, 大衆とか, 文化とか

▼ 民衆とも~ (3, 0.1%)

1 に亡び, 違いソヴェート・ロシアの, 違う

▼ 民衆にとっての~ (3, 0.1%)

1 ことだ, クラッセン・ゲーゲンザッツを, 反林内閣

▼ 民衆にとっても~ (3, 0.1%)

2 亦芸術 1 評判が

▼ 民衆にまで~ (3, 0.1%)

1 下りて, 報道や, 形成され

▼ 民衆による~ (3, 0.1%)

1 批評を, 政治上の, 社会的批評なる

▼ 民衆のみが~ (3, 0.1%)

1 なし得るの, なし得る仕事, 実に新しき

▼ 民衆~ (3, 0.1%)

1 帝国の, 擬装農民は, 政治において

▼ 民衆~ (3, 0.1%)

1 にはその, は彼, よ

▼ 民衆個々~ (3, 0.1%)

2 に善 1 の日常生活

▼ 民衆心理~ (3, 0.1%)

1 なぞの無量無辺, の動向, を解せざる

▼ 民衆自ら~ (3, 0.1%)

1 に何, の産み出した, の造り出した

▼ 民衆~ (2, 0.1%)

1 つては, 貴族か

▼ 民衆からは~ (2, 0.1%)

1 一つの, 悪意に

▼ 民衆だって~ (2, 0.1%)

1 ずるくて, われわれと

▼ 民衆でも~ (2, 0.1%)

1 なくて, なく流行

▼ 民衆といふ~ (2, 0.1%)

1 ことだ, ことで

▼ 民衆とが~ (2, 0.1%)

1 別々の, 街頭に

▼ 民衆なら~ (2, 0.1%)

1 では工藝, では産み得ない

▼ 民衆なんか~ (2, 0.1%)

1 ついて, 仏の

▼ 民衆にたいして~ (2, 0.1%)

1 こちらも, ややそれ

▼ 民衆に対しては~ (2, 0.1%)

1 圧迫の, 心強い光景

▼ 民衆のみ~ (2, 0.1%)

1 である, ならず科学者

▼ 民衆ばかり~ (2, 0.1%)

1 でなくかなり, では

▼ 民衆~ (2, 0.1%)

1 提供され, 近づかなくても

▼ 民衆まで~ (2, 0.1%)

1 たれ下がるという, 達すること

▼ 民衆をも~ (2, 0.1%)

1 会葬者と, 出来るだけ

▼ 民衆を以て~ (2, 0.1%)

1 そのまま文学, 今日の

▼ 民衆乃至~ (2, 0.1%)

1 国民の, 大衆が

▼ 民衆作家~ (2, 0.1%)

1 とも呼ぼう, はみなナロード

▼ 民衆~ (2, 0.1%)

1 の直截熱烈, の議論

▼ 民衆娯楽~ (2, 0.1%)

1 だとかを, の営利化

▼ 民衆常識~ (2, 0.1%)

1 の利用, 乃至国民常識

▼ 民衆批評家~ (2, 0.1%)

1 の一人, は作品

▼ 民衆指導者~ (2, 0.1%)

2 の猛省

▼ 民衆教育~ (2, 0.1%)

1 の開拓者トインビー, をいとう者

▼ 民衆文学~ (2, 0.1%)

1 の大衆化, 即ち今日

▼ 民衆概念~ (2, 0.1%)

1 は出来上った与えられ, をもっと実際

▼ 民衆殊に~ (2, 0.1%)

1 その中間階級, 下層階級の

▼ 民衆~ (2, 0.1%)

1 で食料品商売, の各

▼ 民衆的要素~ (2, 0.1%)

1 がある, のある

▼ 民衆的革命~ (2, 0.1%)

1 という考え, といふ考

▼ 民衆結合~ (2, 0.1%)

1 のプログラム, の妨害

▼ 民衆詩人~ (2, 0.1%)

1 のホイットマン, は不幸

▼ 民衆~ (2, 0.1%)

1 が起き, を論じ

▼ 民衆論議~ (2, 0.1%)

1 から民衆, 乃至日本伝統論

▼ 民衆~ (2, 0.1%)

1 にも非常, の分業

▼1* [188件]

民衆あっての深い, 民衆あの三国の, 民衆あるのみだ, 民衆からも追われて, 民衆がねあちらからも, 民衆がる機會を, 民衆がわアわ, 民衆こそは同じ慾望, 民衆すなわち第四階級, 民衆すら偉大な, 民衆その上に, 民衆それぞれの価値, 民衆たらしめ大権を, 民衆だったのだ, 民衆であろうか, 民衆でしかない, 民衆でない処の, 民衆でなければならない, 民衆としては自分の, 民衆とともに同じ生活, 民衆とに知らせること, 民衆とには深い血縁, 民衆なくして, 民衆などどこにも, 民衆ならではあの, 民衆なり人なりを, 民衆にこそ美の, 民衆にしかやって, 民衆にとつては, 民衆によってのみ民衆的な, 民衆に対し一場の, 民衆に対しても許可すべき, 民衆はとに角, 民衆ほどにも真に詩, 民衆までが西方の, 民衆みじめな人間, 民衆やも常に外征, 民衆を通してながめよさ, 民衆を通じて同一である, 民衆イデオロギーに迎合, 民衆ゴチック芸術や十七世紀文化, 民衆ダンス場を拵, 民衆ニ対シテ剣ヲ振, 民衆フロントというリベット, 民衆一つは彼ら, 民衆一体の仕合わせ, 民衆の落伍者, 民衆中最高の文化, 民衆主義これならあなた, 民衆主義理想主義と現実主義, 民衆を口, 民衆であった, 民衆今日のそれ, 民衆仏教の教え, 民衆以外の浮浪民, 民衆という美観, 民衆併合の企て, 民衆というやつ, 民衆党極右の日本農民党, 民衆其者を持つ, 民衆利害の最大公約数的代表者, 民衆創造の希望, 民衆劇場建設の檄, 民衆劇論である, 民衆化生活化は誰, 民衆医術の中, 民衆又は仇家に, 民衆史上風俗史上最も重要, 民衆向きの要領, 民衆は貴族品, 民衆図書館なの, 民衆は, 民衆売渡しページェントをこの, 民衆夏季大學, 民衆大学でスエデン文明史, 民衆大衆の文化全般, 民衆娯楽場とも云, 民衆娯楽機関が境内, 民衆子供や女, 民衆学生デレンコフや彼自身, 民衆官人の尊崇, 民衆とは日本, 民衆に対する充分, 民衆崇拜である, 民衆平均させなければ, 民衆の同じ, 民衆彼ら自らにそんな, 民衆心理判読の参考, 民衆性反動性之は根本的, 民衆性庶民性その素直さ, 民衆性論議の多く, 民衆悲惨の問題, 民衆意識で片づけ, 民衆或いは少なくとも知識分子, 民衆或は大衆という, 民衆戦線の最初, 民衆抑制の立法, 民衆支配に対する対立物, 民衆政治へ移すべく, 民衆の鍵, 民衆故にであるという, 民衆教育機関を見学, 民衆文化を作った, 民衆日常生活そのものの問題, 民衆最高の芸術的良心, 民衆本来の心, 民衆正にあるべき民衆, 民衆派たちが自身, 民衆派達は理解, 民衆演劇運動に働い, 民衆煽動の二, 民衆牽引力は明らか, 民衆牽引勢力によって牽引, 民衆生存の必要上, 民衆生活内部にある, 民衆生活組織の樣式, 民衆発見という方向, 民衆登山は空前, 民衆的らっぱほどの響き, 民衆的作物が眼, 民衆的信念となるべき, 民衆的動揺の機会, 民衆的勢力をもり立てる, 民衆的反感を招かぬ, 民衆的団体登山の早く, 民衆的婦人の顔, 民衆的学術団体である, 民衆的工藝これがその, 民衆的工藝品でした, 民衆的市井的な趣味, 民衆的弱点である, 民衆的性格の一つ, 民衆的意図が蔵, 民衆的意義は見失われる, 民衆的憤懣を持っ, 民衆的所産であって, 民衆的批判のない, 民衆的文化伝統を実感, 民衆的服装のもの, 民衆的本能を出し, 民衆的特色の著しい, 民衆的現実から遊離, 民衆的用語を用いず, 民衆的登山の普及, 民衆的精神を持っ, 民衆的絵画である, 民衆的美觀ともいへよう, 民衆的芸術家たる信念, 民衆的薫染とを有った, 民衆的行事の一つ, 民衆的要求をば裏づけ, 民衆的見地とを混淆, 民衆的解放的のもの, 民衆的警戒性が閃きました, 民衆的音楽の条件, 民衆直接でもなく, 民衆相互の理解, 民衆相手の菓子店, 民衆眼玉の青い, 民衆を来させる, 民衆精神のうち, 民衆経済力の低, 民衆を示し, 民衆習俗の設定, 民衆習慣絶対主義者やそうした, 民衆自体に其の, 民衆自発的文化との対立, 民衆自身青年自身の手, 民衆芸能に傘, 民衆芸術劇場の四つ, 民衆芸術劇場新協劇団は後者, 民衆芸術論者を見る, 民衆萬能の時代, 民衆藝術という華美, 民衆殺されたアルメニア, 民衆行列が行われました, 民衆解放に貢献, 民衆詩あたりでも惡, 民衆語原解によって, 民衆読者は文学, 民衆警察として徹底, 民衆重荷の下, 民衆階級のする, 民衆革命の燦爛, 民衆音楽ももっ, 民衆音楽中でも歌詞, 民衆音楽会へ行った, 民衆音樂の調べ