青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「構造~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~概念 概念~ 榮~ ~構 構~ ~構え 構え~ ~構成 構成~ ~構造
構造~
~槍 槍~ ~様 様~ ~様々 様々~ ~様子 様子~ 様式~ ~樂

「構造~」 1753, 18ppm, 6299位

▼ 構造~ (326, 18.6%)

23 もって 12 持って 8 規定する 6 明かに, 有って 5 して, もつ 4 有つ, 示して, 示すもの 3 よく知っ, 明らかに, 決定する, 異にし, 研究し, 自分の

2 [21件] もつこと, もつて, もつと, 具へて, 分析する, 含んで, 吾, 問題と, 必要と, 持ったもの, 根源的に, 決定, 決定し, 異にする, 示すこと, 見せて, 見て, 見れば, 調べた結果, 限定する, 集約する

1 [189件] あらゆる近代的科学, あらわに, いい外, おぼえるから, きめるという, した古, した頭脳, しるして, じつくりみな, すべて宮殿の, そこに, その体系, その儘私, それに対して, それの, でなく正に, どれほど改良, なさねば, なして, なす, なす客觀的空間, ねらったピント, のがれて, のみこむこと, はるかに, ひと通り見, ひどく褒めた, ほんの簡単, まず明らか, まねて, もう一ぺん, もたねば, もちハーモニー, もった人造胃腸, もった天蓋, もっとはっきり知り得る, よく見る, スペシファイする, 一応こう説明, 一般に基礎經驗, 三つの, 主張した, 予想し, 事実上持っ, 云い表わして, 交換する, 人々は, 作り上げること, 保つには, 保存した, 備えて, 備へ, 具えて, 具象化する, 内部に, 凝らして, 分析し, 分析した, 分析展開し, 取り出して, 取り出すという, 取り扱うもの, 取り込んで, 呈せる, 堅牢に, 変へる, 変容し, 変革し, 外的現象の, 如何に, 子細に, 存在の, 完成する, 定めて, 実に立派, 害う, 将棋の, 尋ねて, 少しも, 工夫した, 弁別しなけれ, 張るの, 形式的に, 忠実に, 成すもの, 或る, 持ちそれ, 持った潜水艦, 持った解剖室, 持つて, 持とうとも, 捉えて, 採る理由, 探求する, 探索し, 探見した元祖, 推究する, 描かすという, 摸して, 明らさまに, 最も正確, 最小限に, 有して, 有する先祖, 有する故, 有する精神, 有機的な, 条件づけ, 案出せね, 概述する, 構成する, 正しく理解, 此処に, 比較研究する, 注意する, 浜松の, 点検いたしました, 特に取り出し, 理解しよう, 理解する, 異にした, 真実の, 眺めまた, 知って, 知らしむる, 知ること, 示すの, 示唆する, 空想する, 窮め知つて, 窺おうと, 精密に, 精巧な, 系統的に, 組み立てて, 考うる, 考えて, 考えなければ, 考えねば, 考えること, 聞いてから, 背景として, 脆弱ならしめ, 表象的に, 製作する, 見せると共に, 見なければ, 見ること, 見ると, 見出すこと, 見勇まし, 見比べても, 見破り故障, 見透す重き歩み, 規定され, 視察せしめ, 覗いて, 観察した, 解析する, 解釈学の, 言葉の, 言語哲学的構造に, 記載した, 評判し, 話して, 詳しく知らね, 詳しく話し, 詳論する, 説明し, 説明しなけれ, 調べたり, 調べられたり, 調べるには, 調べる事, 調べ始めた, 論ずるか, 論理的価値関係, 議論は, 變へて, 質問し, 辛くも守りたて, 述べさして, 通って, 通過させる, 連れて, 遺憾なく, 避けて, 音楽の, 顧みるならば

▼ 構造~ (283, 16.1%)

6 上から, 中に 5 上に 4 うちに, 内に 3 もので, ものであった, ように, 大部分, 必然性に, 方が, 深い, 研究に

2 [18件] ものは, やうに, 上で, 上にも, 下に, 全體, 方を, 時代, 本質は, 欠くべからざる一要素, 歴史的原因でなけれ, 歴史的結果でなけれ, 理論に, 研究には, 研究を, 簡単な, 討論会を, 運動を

1 [198件] あとを, いい建物, おおよその, ことなどを, ことを, ごときもの, それぞれの, ために, ぢかの, つぎ目から, ほうが, ほうを, まじつた空想歌, まま残る, もとに, ものあるいは, ものであり, ものである, ものとして, ものを, もの蓋然的期待感情の, ゾンザイな, デザインを, メカニズム, モデル, モデルは, 一つの, 一方的, 一象眼を, 一部を, 丈夫な, 上にのみ, 上手な, 上部構造でなけれ, 下端が, 不連続線が, 中の, 中心を, 中核に, 予想として, 人間心理を, 何んと, 全く同一, 全体である, 内で, 内面機構の, 函数的対応を, 分析でも, 分析によって, 劇場な, 原型と, 原理は, 合理主義のみから, 問題が, 問題の, 問題は, 問題を, 單純な, 四大, 図書館と, 土台と, 地盤である, 基くところ, 基礎と, 基礎的要素として, 場所が, 変化, 大きな農家, 大本から, 大略を, 如きに, 如きは, 如きも, 如何なる部分, 如何に巧妙不可思議, 安定に, 安定平衡成全を, 安定性が, 安定性と, 安定性に, 安定性は, 実験的研究に, 室内は, 家が, 導水橋が, 展望にとっては, 山と, 崩壞を, 常である, 幾何学理論が, 建築では, 廻り方, 弱点などに関する, 弱点によって, 弾丸が, 形成の, 形状を, 微細度いかんを, 必然性が, 必然性を, 思いつきは, 思想的表現では, 或点, 扉なら, 推移即ち, 支柱を, 支配の, 改良廃物の, 故に生まれながら, 料理店が, 明らかな, 時計は, 最因難, 柳橋で, 根底である, 根柢が, 極めて複雑, 極微の, 概念は, 概念を, 模型を, 機構の, 欠陥という, 欠陥を, 洋館を, 浴室に, 物かを, 特徴である, 特殊性によって, 狂いを, 狂ったの, 理解には, 理論である, 理論を, 理論等が, 異同で, 発達を, 相違が, 相違によって, 相違や, 矮小軟弱なる, 研究が, 研究と, 研究の, 研究進ん, 示唆を, 神秘という, 究明から, 窓では, 立場から, 立派な, 第一, 簡単と, 精緻な, 糞尿船に, 系統を, 細部にわたって, 細部は, 結晶である, 結晶は, 美が, 習慣によって, 考察へと, 興味が, 著しい相違, 表現である, 複雑さや, 複雑な, 複雑多様な, 複雜なる, 要領を, 要點, 規定者, 討論会は, 訣つて居る, 認識は, 説明と, 論理的な, 論理的結論が, 諸段階, 諸部分, 謂である, 謎の, 象徴的運用では, 豫料によ, 軍艦である, 近代性を, 通り, 運動体の, 運動方程式で, 違った人間, 部分は, 部分よりも, 重心が, 間を, 関係は, 雄大壮麗さと, 餘り

▼ 構造~ (183, 10.4%)

3 イデオロギーの, 一般に 2 かの物質的, これと, すなわちそれ, 一つの, 単に下部, 実は決して, 普通の, 決して偶然, 絶えず一層深く

1 [159件] うつすが, おのおのの, きわめて原始的, きわめて簡単, こういう名, この上, この二つ, この社会, この社會, こんなもの, ご存じでしょう, さっきの, しごく簡単, すっかり変わっ, すでに技術的, すでに日常生活, ずっとかんた, そうしたモメント, そこに, そのまま一般, その人間, それだけ, それとも, それは, どうか, どうなった, どれも, どんなもの, なる程水面, ますます具体的, まず玄関, まず自分, まだ明らか, まだ殆ど, むしろかかる, もはや仮説, よく知らないらしい, アヤメや, ロトンダ式で, 一つも, 一九一七年までに, 一八八〇年三月発行の, 一変し, 上部構造との, 不安定である, 二千年前の, 二重円で, 人体の, 人工雪の, 人間に, 人間の, 今の, 今も, 今更管, 他の, 似て, 何か, 何である, 依然として舊來, 個人の, 備後表の, 全くかかる, 全く前, 全く同じ, 全く夏, 全く小, 全く違, 全然わたくし, 初めから, 前と, 前にも, 勿論その, 勿論一切, 勿論地形, 勿論奈良朝, 勿論質量, 単に人, 原始的だ, 厳重で, 古くは, 各元素, 同じな, 同一で, 同一なる, 唯雨露, 変化する, 外部は, 大分風変りで, 大旗本, 天井にも, 如何と, 如何なる範圍, 如何にも華麗, 存在の, 安定し, 安定性に, 実に念, 実に新しい, 実際的, 客體面において, 宿命的必然性への, 密層を, 寝所の, 対称的に, 小説体である, 少しまとまり始めた, 少しも, 川端の, 形式的には, 念の, 推古式であっ, 教学特に, 料理屋などで, 方向を, 時代によって, 極めて動き, 極めて粗末, 次の, 欧羅巴あたりの, 歪んで, 歴史の, 決して一樣, 汽車がが, 注意力を, 流石に, 海に, 消えて, 特別に, 現れては, 現実, 環境において, 甚だ分明, 益發達し, 目下討究中である, 矛盾と, 社会的存在一般の, 社會的存在一般の, 神の, 空間に, 突角堡や, 第5図, 籠型に, 胴と, 能の, 至極複雑, 興味が, 落下途中昇華作用という, 複雑であり, 論理という, 論理の, 贅澤を, 近代の, 違って, 長方形, 陽電子中性子メソンなどの, 非常に, 頗る大きく, 顔を, 驚くべきもの

▼ 構造~ (145, 8.3%)

16 於て 15 なって 3 外ならない, 射影し, 於ては 2 そしてさし当り, よると, 何にか, 基いて, 就いては, 就て, 相応する

1 [91件] あっけに, あらはれて, ある, あるの, いかなる変化, いたるまで, かかって, しっくりと, しても, しろその, すぎないと, すっかり気, それまで, ぞくするが, ぞくする夫, ついて, つくりあげて, なつて, なにか普通, ならぬ前, なるだろうし, まず視点, まるで無, よりて, 今までとは, 仕組まれて, 何か, 使用した, 先天的ロザリイ的な, 八人の, 共通した, 出来て, 各の, 唖然と, 基いた或, 基づくは, 外ならぬ, 多少注意, 就いて, 就いての, 屬する, 工夫を, 工風を, 帰着せしめられる, 引きなおして, 当って, 応じて, 恰も陥ち, 方向性が, 於いて, 於けるかの, 於ける上層, 於ける基底, 於ける対立, 於ける對立, 於ける意識, 最も不, 最も好く, 気が付くと, 求めねば, 求めようと, 注意せざる, 注文が, 特殊の, 現象の, 當る, 発達する, 相当し, 相当する, 相当するだろう, 神秘の, 種々の, 立脚し, 結び付き従って, 繋る者, 耐え得ずして, 興味を, 苦心した, 要した材料, 見えるやう, 論及する, 転化する, 逆戻りする, 適応し, 適用し, 邂逅する, 關し, 難癖を, 頭が, 類する, 魅力を

▼ 構造~ (133, 7.6%)

5 非常に 4 社会の 3 ある 2 それに, 外界の, 組織替えされ

1 [115件] あると, あるという, あれば, おかしくなる, かかる二方向性, かくして芸術的ブローカー, きわめて複雑, これまで, すっかりかわっ, すなわち感覚的, そうだ, そこに, そなわって, そなわらねば, そんな単簡, ちがいますよ, ちがうの, ちがってる外国人, できる, どうなけれ, どうなっ, まず意外, まつわって, まるで異, ゆるんで, よくわかっ, よく見え, イデオロギーと, ムダが, ラザレフの, 上州の, 上部構造の, 上部構造を, 不完全な, 不明瞭な, 云って, 似て, 何よりも, 何故論理, 例の, 依拠する, 僕を, 光學によ, 全く変っ, 全人類, 六かしい, 分って, 分らなければ, 危機に, 厚葬の, 厳重な, 又社会, 取りも, 同一である, 壟斷された, 変つてを, 変わりでも, 外国と, 大きいと, 天平時代にも, 天平時代の, 夫への, 存在の, 存在一般の, 完全であれ, 実はやがて, 少々実物, 工場の, 巧く, 幕末以前には, 必要に, 必須條件と, 性格的論理の, 悪いよう, 悪いん, 悪く光線, 成熟すれ, 文芸の, 日本とは, 明らかに, 更に立入つて, 有ると, 欠けて, 正規の, 歴史的に, 残らず写されて, 民族の, 然ら, 発見される, 直接に, 矛盾という, 示すよう, 精密であれ, 精巧である, 細かいモザイック, 自己運動という, 自然の, 複雑で, 複雑に, 複雜なる, 要述する, 見られずかつ, 見られるもの, 角の, 解ると共に, 許さないこと, 許す限り, 違い衣や, 違うの, 遠ざかるに従って, 酒を, 露わに見え, 面白いとか, 頗るややこしい, 頭に

▼ 構造~ (85, 4.8%)

3 運動形態と 2 して, 呼ばれて, 組織とを

1 [76件] あまり大差, あらゆる条件, いうより, いえるの, いつたら何処, いわれて, この桜井家, した, その上, その中, その変遷, その性能, なって, なりうる未来, なり随, なる, ピッタリ符合, 一つである, 上部構造との, 上部構造とを, 不可分の, 乳線から, 云いまた, 云えば, 云って, 云っても, 作用とが, 作用とは, 其の面, 其猛烈なる, 其驚くべき, 判斷しなけれ, 効用の, 同じく美しい, 同時に歴史的類型, 名づけられる, 土地から, 外界の, 学問性概念とだけに, 少年地名人名辞典の, 彼らが, 性能とを, 性質が, 性質の, 成分を, 手法の, 操作の, 数寄を, 文法と, 映写機の, 構成とは, 機能とは, 武備を, 氷河の, 滿足の, 濃厚なる, 無電の, 相似の, 眼口の, 秩序という, 称するもの, 範囲とが, 結び付いて, 考えて, 航海の, 衛生から, 装飾との, 装飾は, 見て, 見られる建築, 見れば, 調和せず, 論理の, 運動形態とでは, 運動形態とを, 雖も

▼ 構造から~ (42, 2.4%)

2 云えば, 云って, 区別する, 物質的な, 考えて, 起こり之

1 [30件] いう時, さらに一歩, してのみ, まず第, オシリス神の, 云うと, 云っても, 何から, 來て, 來る, 入口の, 内部の, 分離し, 品物の, 基づけられなければ, 定義する, 差出人は, 推すと, 期待すべき, 来て, 来ると, 来るの, 決定され, 発生し, 第三, 精密機械の, 考えても, 考えると, 考へると, 見た喰い違い

▼ 構造~ (34, 1.9%)

1 [34件] こういう異国, その下, または光線, ネジの, 上部構造などの, 乗組員の, 働きを, 動きかたは, 参詣せし, 司書係たちの, 営業関係を, 大きさ, 如何なる素材, 家族の, 建築に, 従って, 性能などが, 技術などに, 抒情的な, 拙者の, 操作の, 文章の, 機構という, 機構に, 機構の, 機能が, 気分において, 物理学的な, 由来について, 美しい娘, 興行法や, 角板の, 設備の, 間取

▼ 構造~ (32, 1.8%)

1 [32件] あり得ない, いくらか, かなりに, すべてを, そこに, なお一層, なく尾頭, ほとんど前室, またそれ, また同様, また日本人, また時に, わが国などと, 不思議な, 亦変革, 今日から, 便利に, 先づそんなところであつたらうと思はれる, 可なり, 同じよう, 図示された, 変った, 変な, 大に, 大体五種の, 大胆な思い切った, 好かった, 普通の, 知らないであろうが, 破壊され, 複雑で, 非常に

▼ 構造~ (32, 1.8%)

1 [32件] がある, ががらがら, が地震動, が崩壊, が持つ, が至る, だけのもの, であること, ではなく, といった感じ, として理解, に他, に対する検査, に起る, の一層, の振動, の材料, の柱石, の模型実験, の科学的研究, の輪郭, はす, はすっかり, も一, をつくり, をデッキ, を形成, を現す, を用意, を破壊, を築く, を設計

▼ 構造である~ (20, 1.1%)

2 ことは

1 [18件] がこの同じ, がさらにもう, という, という点, ところから, と予, と云わね, にし, のさへ, を知るであらう, 交渉的存在に, 以上は, 呼吸歩行脈搏などの, 所以が, 時間性は, 歴史的社会, 生産機構から, 経済関係としての

▼ 構造~ (19, 1.1%)

2 の諸

1 [17件] あり得ない仮定, から鉄砲, この山, そうある, に困難, に多分, に考慮, の, の必然性, の或, の極限, の決定, の細部, の締めくくり, の被, の類推, 及び歴史上

▼ 構造として~ (17, 1.0%)

2 社会の, 終局に, 集約し

1 [11件] その形態, では, イデオロギー, イデオロギーの, 上層建築一般を, 取り出さなければ, 取り出す代り, 担って, 有つ, 考える考えかた, 規定する

▼ 構造~ (16, 0.9%)

2 の討論会

1 [14件] から一歩, である, ではさらに, で世界的, で有名, などの方, のこと, の樹立, の礎石, は古く, は現代, を強調, を提出, 即ち近代原子物理学

▼ 構造~ (15, 0.9%)

1 [15件] しかも解体, その小屋, もって, ロスコー夫妻の, 一見平屋風, 伸子の, 内側にも, 境目は, 外國文と, 後者の, 極めて重量, 焼けぬ物, 足りたの, 遊離し, 門の

▼ 構造によって~ (14, 0.8%)

2 制約された, 制約される, 規定 1 まさにそうな, 十一階十二階は, 常に悩まされ, 批評と, 発想し, 規定された, 語られた物, 説明される

▼ 構造では~ (12, 0.7%)

2 なくて 1 あったが, あんな小, すぐ破, ない, ないか, ないの, ない史實, なかった, 事物の, 無いが

▼ 構造としての~ (12, 0.7%)

2 イデオロギーの, イデオロギーを 1 この論理, イデオロギーである, イデオロギー之は, ロマンティク的基礎經驗の, 二次的の, 意識形態, 文化を, 論理が

▼ 構造について~ (12, 0.7%)

1 [12件] いえば, さほどの, そちには, 吾人の, 御話, 見ても, 討論を, 詳しき説明, 説明した, 述べて, 述べること, 随分日夜神経

▼ 構造には~ (10, 0.6%)

1 この罪, それが, ならないはず, ギリシア劇の, 今日から, 何の, 別に怪しい, 單複の, 常にこの, 興味を

▼ 構造とは~ (9, 0.5%)

2 全く別 1 かかわりなく, 云わぬ正に, 問うこと, 整合, 甚だ趣, 異なったもの, 非常に

▼ 構造という~ (8, 0.5%)

1 のが, ものが, ような, 云わば, 点で, 社会的な, 限りそれは, 静態としてしか

▼ 構造そのもの~ (7, 0.4%)

2 から導き出され 1 によって最も, の中, の検討, を解明, を言いあて

▼ 構造づけられた~ (7, 0.4%)

2 または組織, 人間の 1 ロマンティクの, 一全体である, 存在から

▼ 構造との~ (7, 0.4%)

2 連関に, 連関を 1 検討である, 間に, 類似が

▼ 構造~ (7, 0.4%)

2 のです 1 のであった, のである, ので今, ので担い, んだ

▼ 構造~ (6, 0.3%)

1 それによって, ている, て居る, て見せ, て諸種, 社会の

▼ 構造において~ (6, 0.3%)

1 すでに重大, 同質の, 特別の, 現われる, 表現され, 近親相姦禁止という

▼ 構造に関する~ (6, 0.3%)

1 云わば, 従来の, 知識例えば, 科学上の, 観念は, 解説を

▼ 構造であった~ (5, 0.3%)

1 がこの, がしかし, がその, が一方, が上部構造

▼ 構造組織~ (5, 0.3%)

1 がその, の上, の再び, を生ずる, を組み立つる

▼ 構造連関~ (5, 0.3%)

1 が取り出され, が歴史的世界, として現実的, なの, の代り

▼ 構造であり~ (4, 0.2%)

1 そこに, 又夫, 同時に夫, 時間性は

▼ 構造とを~ (4, 0.2%)

1 すでに見た, 云い表わす, 区別する, 理解した

▼ 構造による~ (4, 0.2%)

1 ことで, のだ, のである, ようであります

▼ 構造より~ (4, 0.2%)

1 して, 切離されたる單, 生ずるに, 画布的独立を

▼ 構造をも~ (4, 0.2%)

1 全然新しく, 意味し, 缺く, 考へたの

▼ 構造~ (4, 0.2%)

1 である, な秩序, に内向型, に奥

▼ 構造的聯關~ (4, 0.2%)

1 が畢竟, に於, に立つ, は一切

▼ 構造~ (3, 0.2%)

1 から梶棒, という点, よ普通

▼ 構造でなけれ~ (3, 0.2%)

2 ばならなかった 1 ば意味

▼ 構造とが~ (3, 0.2%)

1 よく見える, 世界に, 原理的に

▼ 構造などは~ (3, 0.2%)

1 一見明白, 大概似た, 持って

▼ 構造などを~ (3, 0.2%)

1 不用意に, 明快に, 考究する

▼ 構造まで~ (3, 0.2%)

1 一々見さし, 彼には, 概觀する

▼ 構造一般~ (3, 0.2%)

1 としての即ち, をも意味, を意味

▼ 構造~ (3, 0.2%)

1 における回転運動, に宿る, の電子

▼ 構造~ (3, 0.2%)

1 などがちゃんと, などがちやん, など殆

▼ 構造ある~ (2, 0.1%)

1 現実の, 現實

▼ 構造および~ (2, 0.1%)

1 容積の, 構成要素が

▼ 構造すら~ (2, 0.1%)

1 はっきりわかっ, 何一つわかっ

▼ 構造する~ (2, 0.1%)

1 に至る, のとき

▼ 構造せる~ (2, 0.1%)

1 による, 一大山脈の

▼ 構造その~ (2, 0.1%)

1 令嬢の, 精巧なる

▼ 構造づける~ (2, 0.1%)

2 ものは

▼ 構造でも~ (2, 0.1%)

1 ある, あるの

▼ 構造としてしか~ (2, 0.1%)

1 正当に, 理解されない

▼ 構造など~ (2, 0.1%)

1 前代庶民住宅の, 大分精しい

▼ 構造における~ (2, 0.1%)

2 極めて顕著

▼ 構造については~ (2, 0.1%)

1 もう少し説明, 最早説明

▼ 構造にまで~ (2, 0.1%)

1 立ち入って, 蝉脱しよう

▼ 構造にも~ (2, 0.1%)

1 各国の, 残って

▼ 構造によ~ (2, 0.1%)

1 つて発想し, つて語られた

▼ 構造により~ (2, 0.1%)

1 一方の, 気流の

▼ 構造に対して~ (2, 0.1%)

2 意識

▼ 構造または~ (2, 0.1%)

2 一般的の

▼ 構造をば~ (2, 0.1%)

1 われその, 歴史的社会的存在の

▼ 構造内部~ (2, 0.1%)

1 における解決, に蓄

▼ 構造及び~ (2, 0.1%)

1 装置の, 速力において

▼ 構造様式~ (2, 0.1%)

1 が徳川末期, が著しく

▼ 構造樣式~ (2, 0.1%)

1 さてはその, は全く

▼ 構造機能~ (2, 0.1%)

1 をいい, を論究

▼ 構造的美観~ (2, 0.1%)

2 を最も

▼ 構造的連関~ (2, 0.1%)

1 において組織, に立つ

▼ 構造~ (2, 0.1%)

1 に立ち入らざる, を協議

▼ 構造~ (2, 0.1%)

1 を有, を見よ

▼ 構造聯關~ (2, 0.1%)

1 である, を分析

▼1* [120件]

構造何かが, 構造こうして生きて, 構造ご存知ではございますまい, 構造されてある, 構造されたる悪魔の, 構造されてる真の, 構造されるとなる, 構造しもって再び, 構造しようと努力, 構造すこぶる壮大なり, 構造すなわちその機構的フンクチオン, 構造せしむるの, 構造たるや十歳, 構造だけで演技, 構造だけにはなんらの, 構造だけはどこまでも, 構造であって二階, 構造であれば三度目, 構造ですが, 構造とかまたは弁証法的発展, 構造としてのみ理解すれ, 構造とに關する, 構造とも離つべからざる, 構造なぞの話を, 構造などからは全く独立, 構造などという創案が, 構造などに就いて, 構造などについてはまだ多少学ぶべき, 構造などの区別を, 構造などもその外形, 構造なんか眼中に, 構造においては活動の, 構造においてもたくさんの, 構造についても研究的な, 構造になつてゐ, 構造によっては出来ない場合, 構造に関して新しい発見, 構造ばかり調べて, 構造ひいては地震と, 構造それること, 構造へと昇格させられる, 構造へまで結び付けること, 構造またその茶道方, 構造までもよく現, 構造やら色合や, 構造よりもその形, 構造わが発明と, 構造をすらもつ, 構造をまで変えたと, 構造を通じてのみ理論的構成の, 構造トハ全ク別個, 構造ニシテ加熱板上ノ金網面ニ, 構造異ニスルモノト謂フベク, 構造一番人に近い, 構造上上と下とは密接, 構造上内向型であるといふ, 構造上窓が一つ, 構造上資本を要せずし, 構造に入り込み, 構造乃至イデオロギーを, 構造の分析, 構造全く兎類と, 構造分子の各々, 構造力学もこの, 構造即ち小凹凸, 構造又は実質を, 構造及裝飾から吹き, 構造において富士帯, 構造器官の, 構造埋め方から, 構造から解剖学, 構造学研究の結果, 構造実によく似て, 構造の装飾, 構造家屋から抜け出そう, 構造によく, 構造のかけ, 構造の低い, 構造庭園の布置, 構造形式色彩音色の調整, 構造形成力の必然性, 構造従ってそれ, 構造の秘密, 構造我々がすがりつく, 構造或いは形と, 構造推論史の中, 構造改修などくわしく, 構造明らかならざる, 構造最も異に距たり, 構造本位のがつ, 構造材料運搬の方法, 構造樹木の配置等, 構造機能上に関する妖怪, 構造歴史の原理, 構造特に其地震學上から, 構造発生を調べ, 構造的統一であると, 構造看客の観覧席, 構造研究法に先鞭, 構造といふ出版屋, 構造秩序から取り出された, 構造等凡て江戸演劇とは根本, 構造簡易にし, 構造及び之, 構造であり先駆者, 構造自身の内, 構造蝙蝠の翼, 構造装飾より茶器, 構造裝置あるひ, 構造製作が原始的, 構造要害としての地形, 構造規模があるでしょう, 構造設備等は割合, 構造譬えば波瀾衝突から, 構造近所との関係なぞ, 構造過去と將來, 構造配置の法式, 構造鑛物學などの上, 構造関係がそのまま, 構造にまなんだ