青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「民~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~比較 比較~ ~比較的 比較的~ ~毛 毛~ 毛布~ ~氏 氏~ ~民
民~
民主~ ~民族 民族~ ~民衆 民衆~ 民間~ ~気 気~ ~気がつい 気がつい~

「民~」 7085, 77ppm, 1474位

▼ 民~ (1355, 19.1%)

16 心を 15 中に 14 間に 13 ために 6 声は, 多數, 心の, 方で, 王, 顔を 5 ひとり, 上に, 幸福を, 方が, 爲に 4 そばに, ひとりです, 声が, 思想を, 血を

3 [30件] ことを, ごときは, ような, ように, ヒイキを, 中から, 事を, 利害を, 前に, 力を, 友, 和融を, 塗炭の, 大事な, 大部分, 如く, 心に, 心は, 意見が, 手に, 方は, 父母と, 生活に, 産を, 病気は, 目に, 眼を, 膏血を, 輿望を, 骨を

2 [83件] あらゆる方面, いるところ, うちに, うちの, かまど, ことで, すがた, すべてが, そばへ, なかに, なげきなり八, ひとりとして, ほかに, 一人である, 一人として, 上を, 不幸を, 中で, 中なる, 中にも, 之に, 人格の, 偏見私情迷想に, 光景が, 力と, 困苦を, 塗炭が, 多くは, 夫婦掛り人の, 女が, 女の, 如きは, 姿を, 娘は, 家に, 家の, 家を, 対立感情が, 尊敬を, 待遇を, 徒は, 徳に, 心には, 情に, 意志と, 意見は, 意見を, 手が, 方を, 期待に, 歌, 決心は, 消費節約の, 為に, 状態は, 理想を, 生活状態を, 疾苦を, 目の, 瞻仰する, 神聖なる, 竈の, 群, 自覺, 艱難は, 若きは, 苦しみを, 言葉を, 記憶より, 記憶を, 詩であり, 話を, 負擔, 迷惑も, 野郎は, 長, 間で, 間では, 間には, 間にも, 離反を, 顔は, 顔色を

1 [960件 抜粋] あいだが, あいだには, あたらしい意見, あつまりで國民, いうこと, いくたりか, うえに, うしろについて, うちでも, うれへ, えらんだ議員, かせぎは, かなたこなた, かまどの, かん高い声, ことばで, この態度, これに, さきに, さして, すべての, すること, その上, その時々, そはで枕についてからも, それと, たぐひ, ためだ, ためと, ため頑として, とも春季附ろくに, なけきなり, なげきなり, はうが, ひとりである, ひとりな, ひとりびとりぞと, ほうへ, むかし該撤と, もてる物, ものであった, ものに, やうに, ようであった, よろこびとは, わら屋に, ゴシツプに, 一人と, 一人にても, 一人一人は, 一列の, 一定層を, 一致協力が, 一部我等の, 七分の一しか, 三分の二は, 三大, 上, 上京に対する, 不撓不屈ほど, 世界観を, 両名, 中にだけでも, 中にでも, 中の, 主たるもの, 主治医は, 事務所とな, 二人を, 二倍八分に, 亡き舅, 人口の, 人命が, 人気取りばかり, 今後, 代わりに, 代表に, 代表者が, 代表者に, 令を, 仮面を, 仲間だ, 仲間にも, 仲間入りを, 休戚と, 伝説, 住む低い, 住宅や, 住居労働婦を, 何事を, 供給する, 依るべきもの, 俗大臣の, 信仰であった, 信任を, 信頼ある, 信頼を, 倫理をも, 偏狭な, 健康に対し, 傀儡師の, 僞らざる, 元気を, 兄の, 先に, 全後援, 公事を, 六割といふ, 共有に, 兵馬を, 冀望を, 冒険心, 分際を, 判官が, 利害國家の, 前途を, 力は, 努力に, 動きを, 動作と, 勤行に, 半永久的定住地を, 危篤の, 友国に, 口から, 口碑という, 古今の, 各層が, 同情を, 名で, 名の, 名折, 名称だ, 名称を以て, 名誉ある, 呻吟く, 哀訴歎願を以て, 唇は, 問題でなく, 善性を, 嘆きの, 四倍二分に, 固まって, 土着が, 土着した, 土着者である, 地位を, 基本的人権は, 堪ゆべき所, 塗炭を, 墓詣り, 増殖率は, 声だ, 声として, 外には, 多いと, 多くが, 多くない, 多數者, 夜営の, 大半は, 大多數, 大安心, 大組合, 夫が, 奥さん達の, 女の子の, 好感を, 如くなるか, 如し, 妖夢を, 妻は, 姉, 姓名の, 姿も, 娘年長じ, 子あらそい, 子これも, 子供が, 子供として, 子供らの, 子午谷, 子孫, 子孫で, 子孫も, 學問であります, 安堵は, 安寧を, 安息を, 安穏を, 宝剣も, 実情には, 家が, 家庭が, 容貌の, 宿泊所たる, 将来し, 少いロンドンで, 居住地を, 崇拜せる, 左うしろについて, 師父だ, 常道に, 平素の, 幸いを, 幸福ばかりを, 幾人かは, 店なる, 弱点に, 当面の, 往かんと, 後を, 徒だ, 御父, 心がけという, 心なる, 心ほど, 心持を, 心理を, 心理的及び, 心腹に, 志の, 志向と, 忠誠をさえ, 思想と, 思想指導及び, 性情なる, 性格の, 怨みを, 怨嗟の, 怨嗟や, 恐怖は, 恥辱である, 悉く病める, 悲慘な, 情熱を, 惨めさも, 惱苦病災等ある, 意志を, 意思と, 意欲で, 意気地なき, 愛妾小苑の, 感情, 感情の, 感激を, 慍を, 慘ある, 懐妊は, 或る, 手から, 扶持を, 承認した, 抗争は, 持つたしるし, 指が, 指導を以て, 指導者と, 提げて, 撒布した, 支持にの, 政策として, 救生に, 数, 数やら, 文化的素質, 文明開化は, 斬られた場所, 新同情, 方からは, 方言, 施政の, 族まで, 日常所有し, 日常食にも, 日本に対する, 旧思想ただ虚礼虚儀, 最も平凡, 最も著しい, 最初の, 有する固有名, 有つ, 有力者すなわち, 望に, 望みの, 未だ知らざる, 末いかに, 末と, 末は, 本性を, 本能じゃ, 村の, 村軽部の, 来帰, 松崎平福郡司の, 枕頭を, 根性が, 森だ, 森の, 業に, 様に, 様子は, 模範を, 権利の, 歌を, 歓心を, 歡心を, 武断政略であっ, 歴史を, 死体を, 死命をも, 殺された晩, 母たり, 母性的注意深, 民主的生活を, 気勢は, 求めるところ, 治略至らず, 泣哭に, 注意を, 派出し, 流行迷信, 消費を, 消費節約が, 消費節約を, 混亂より, 源を, 激動を, 為めに, 無知から, 焦眉の, 熱病人に, 爲めに, 父母という, 父親が, 父親は, 物にて, 犯せる罪, 状態を, 献酒を, 王たる, 王アドメートスの, 王マカオーンを, 王彼の, 王王は, 理解の, 生きんが, 生んだ古今, 生家に, 生態が, 生業の, 生活では, 生活の, 生活權利, 田端を, 男性の, 留守の, 異教を, 疾苦は, 病気には, 病状に, 発程, 盛んに, 直情に, 相を, 看客中から, 眼からも, 眼には, 研究に, 研究を, 破滅に, 祖先が, 祖神の, 神聖な, 禁ぜられたこの, 福利に, 科學教育が, 称であった, 称呼なる, 窮乏と, 窮迫は, 竈と, 竈に, 答えには, 策は, 精神問題に, 精華とも, 系統で, 細君は, 経綸ある, 結束も, 經綸ある, 総代だ, 總力の, 總數すら, 羊や, 群である, 群に, 群は, 群れは, 群を, 群衆に, 義で, 義務, 考えとは, 考え方, 耳には, 聚合する, 聲に, 聽官に, 能く, 腦裡に, 膏血から, 膨脹甚しく, 自治共存を, 自由を, 至頂に, 芸人たちは, 苦しみに, 苦を, 苦患を, 苦痛を, 落伍者に, 著述例の, 葬式が, 葬式を, 蒙昧には, 血統の, 行動を, 行方に, 行衛に, 衛生を, 衣食住不足なく, 裾にも, 要道, 見る所, 観念は, 覺悟に, 言い合わせて, 言うこと, 言に, 言葉には, 記念に, 記述, 訟を, 許に, 証明なりに, 話に, 誇りと, 語で, 説明に, 請ひ, 謂いでは, 讒誣に, 財を, 財界の, 費用に, 賢こさうな, 趣味に, 身の, 身の上も, 輿論なる, 農務を, 連れて, 進歩を以て, 運命と, 過去の, 道を, 道徳の, 道徳を, 邪念を, 部落が, 部落と, 部落を, 酒, 針差から, 鎮撫に, 長老の, 開墾地から, 間にのみ, 関係を, 關與すべき, 阿片を, 隠匿する, 集ひ, 離れるの, 難渋を, 面前で, 面目を, 頗る寒心, 頭上に, 頭割りに, 顔色も, 風俗描写の, 食と, 食物に, 飾窓に, 首領であり, 高級分子に, 魂であった

▼ 民~ (706, 10.0%)

8 それを 6 夫の, 言って 5 これを, 次郎の 4 此の, 言った 3 それが, 兄の, 政府を

2 [20件] あきれた, さすがに, そのそば, 一般に, 之を, 二倍と, 和助を, 唯だ, 女の, 娘の, 彼の, 思い出したよう, 日光を, 本陣の, 松葉束を, 生活の, 目を, 眼を, 自分の, 藩民同志対立し

1 [619件 抜粋] ああいう, あっと驚く, あとから, あまりの, あまり収容, ある相談, あわてて, いかにも忙し, いくらか羞, いたずらの, いつでも, いつのまにか徳川内府, いやに, いよいよいけなくなる, いよいよきっとなる, おそらく人類, おのずから徳化, お勝手, お勝手と, お民, お祖母さんから, お駒, かう云, かくして先人, かねて書い, ぐゝみにふるへ, こ, こうして巧妙, ここで, ことごとく君, このよう, この事実, この合意, この吉報, この愚夫, この憲法, この数日, この景教碑, この有力, この権利, この自由, この馬籠, これなんじ, これに, これは, こんなこと, ごく激甚地, さっさと立っ, さながら狂, さらに勝手口, したくので, しばらくし, しばらく次, じろりと彼, じろりと次郎, すぐに, すぐ産土神, すこし安定, すこし青ざめ, すなわち良民, ぜひ選挙, そう言っ, そう長く, そこそこに, そこの, そそくさと, そのうわさ, そのまますらりと, そのよう, その中, その夫, その度ごと, その座, その庭, その末, その機, その歌謠, その点, その足音, その身分以前, その間そばに, その関係, それに対しても, それよ, たしなめるよう, ただそれら, ただ一つ, たとい親子, だしぬけに, だれでも, ちまたに, てんでに藁松明, どうした, どうである, どうなったであろう, どう思つて, どこにも, どこまでも, どんなもの, なお伊勢, なお純朴そのもの, にこやかに, にっこり笑っ, ぬれた眼, はっきりこれ, はなはだしく貧し, はらはらと, ひったくるよう, ほろりと, ほんとうに, ますますふえ, まず生家, またお, またこの, またこれ, また盛ん, また進む, また金, また顔, まだきっと蚊帳, まだ十八, まだ多分, まだ心から玄徳, まだ産後, みなかちどきあげぬ, みな一様に, みな饑ゑ渇きてこ, みな首を, むろん次郎, もうあの, もう一度念, もう敷居, もし滅亡, もはや牛馬, やつと, やはり気がかり, ゆらい領主, よく知っ, よろけながら, わかれた慈父, わざわざ妻籠, わりの, イギリスの, ウジ虫じゃ, エトリの, トタン葺の, ヨルダンが, ランプの, 一向気まり, 一度ならず, 一気に思い切っ, 一能ある, 一貫文の, 七倍と, 上を, 下女に, 不審を, 不幸に, 不思議な, 不思議にも, 不服さうにお, 不毛の, 不相変家, 不穏の, 世界を, 中将姫の, 久しい間, 久しぶりで, 之れ, 争って, 事もなげに, 二十九年に, 二十歳以上の, 京子が, 京子の, 人真似を, 仁太郎の, 今に, 今や殆ど其生活, 今日の, 今日は, 他に, 他よりも, 他意ある, 他領, 令制の, 仲の間と, 会所の, 伝え聞くと, 伴部である, 住むに, 住んで, 何なりや, 何にも, 何よりも, 何度も, 余輩に, 依らしむべ, 俊三の, 保守的である, 信頼し, 値なき, 儂を, 兄について, 八千余りであった, 八里ほど, 其あらゆる, 其塲を, 冷笑を, 出て, 出羽屋さんで, 別に気, 別に隠そう, 別れを, 前の, 劇烈なる, 劉璋時代の, 十六世紀にも, 半ば嗄れた, 半ば身を, 即ち人, 又其処, 叔父の, 取り合って, 取調べを, 口惜しかつ, 口眞似, 古い味噌納屋, 古い将棋盤, 号泣し, 同時にそれ, 同時に心からな, 周囲を, 呪法, 喜ぶ, 單に, 囘匪に, 囲炉裏ばた, 国で, 国を, 国家の, 國を, 國民的クラシックの, 地震に, 塩豌豆を, 声を, 外國と, 多い, 多くその, 多く野馬, 多数の, 夢に, 大きく溜息, 大分反感を, 大地震, 大好きだ, 大真面目, 天にも, 天日を, 夫に, 奥から, 奥で, 女中部屋へ, 女教師の, 妙義的也, 妻籠からの, 妻籠の, 娘が, 娘に, 嫁入り前の, 子供たち三人を, 子供に, 存分説教を, 孟母三遷の, 安ん, 宝物でも, 実に夷類, 実は平安朝, 実際念仏, 家の, 富を, 寛に, 寧ろ侯, 寧心やすい, 対岸の, 寿平次と, 小児と, 小声で, 少しうわずった, 尠く, 屈従階級へと, 山中に, 山梔色の, 己がじしコソコソ引取, 已に, 席順に, 帰服し, 常に命運, 平井東堂だ, 平和を, 平手で, 幼いもの, 店座敷へ, 廊下の, 引つたくるやう, 当然間人, 彼らを, 彼れ, 彼等の, 待ち受ける客人, 後家を, 御嶽参籠後の, 心からいった, 必ずしも石, 必然これを, 快活に, 思いついたよう, 思わず顔, 恐れるが, 恥を, 恭一を, 息を, 悲憤の, 愈骨身, 憲兵警官の, 成長した, 所々に, 打ちのめされて, 承けて, 招かれざるには, 持ち前の, 提灯に, 政党の, 敏感だった, 救われるか, 敷地が, 文化を, 斯うい, 斯る, 新たに, 新政府, 既に日清戰爭, 日本人という, 明るい仲の間, 明智氏の, 昔は, 昨夜来はじめ, 時々そんな, 時を, 晒木綿の, 暗雲に, 書家星池の, 最後まで, 最早や, 有たなけれ, 服中に, 木の実を, 本家の, 本来平和を, 本氣, 枕を, 柔和に, 案外平, 梯子段を, 森夫や, 榮なき, 横を, 次の間の, 正しい善人, 此列島国に, 此家に, 歯噛みを, 殿様の, 母屋の, 民衆に, 気を, 気高き魂, 氷山雪屋の, 決して一朝, 決して乱暴, 決して小成, 決然と, 沸き返る熔巖, 流離漂泊に, 浮き腰で, 海の, 淋しそう, 添い寝を, 渡良瀬村の, 激しく聞く, 無学と, 無籍者として, 無言の, 燈火を, 父としての, 父は, 父母の, 片肘, 牛馬の, 特に理化學, 狂舞し, 王に, 生活に, 生色を, 産婆代りに, 用意し, 男手も, 疑い深いもの, 疲れ切つて戰爭, 発病する, 白い眼, 百姓に, 皆この, 皆之に, 皆自分の, 盗す争訟, 直ちにその, 相応に, 相模生れの, 矢張その, 知らされずして, 知らざる民, 知らないと, 神が, 私民であり, 秩序順次, 穢れを, 笑って, 答えずほと, 答えないで, 答える, 終局に, 絶望的な, 続々と, 総人口, 罪を, 翌年にな, 聞いて, 胡坐の, 腸チブスに, 自分を, 自國, 自然に, 自由である, 自由を, 色が, 苦み天は, 英字新聞, 被害地を, 裏の, 裏道づたいに峠の, 裕軒と, 襷がけの, 見ちがえるほど, 見向きも, 親の, 触るること, 言いかけて, 言い捨てて, 言を, 言葉を, 言語容貌既に, 詩人の, 語ること, 誰なりしや, 談話が, 諱は, 諸声あげ, 諸方の, 讚むべき, 豊かです, 賑わった, 質実剛健で, 身動きも, 辛抱づよく国は, 農夫でなく, 逃げきれず大勢, 這入って, 通貨收縮の, 速かに, 避難民同士という, 都尉や, 野や, 野を, 鉛の, 鉱毒の, 長い説教, 随喜した, 障子を, 集りき, 露に, 頻々たる, 飢えつかれて, 飼犬を, 驚ろい, 髪を, 魚を, 黄龍鳳凰を, 黙々として, 鼠を

▼ 民~ (492, 6.9%)

29 して 8 安ん 5 指導する, 殺したの 4 殺すは, 率ゐ 3 クグツと, 支配し, 殺し法, 相手に, 誣い条, 連れて

2 [30件] つれて, 主人公に, 利せん, 前に, 合せて, 呼んだ, 呼んで, 導く教戒, 愛して, 愛すること, 指導し, 掩襲し, 擁して, 救うこと, 救って, 欺いて, 治めようと, 治めるという, 治めんと, 済度した, 煽動する, 率いて, 福せよ, 統べて, 興します, 苦しめて, 見き, 見て, 見ると, 見るに

1 [359件] あまねく仁, あるいは脅迫, あわれんで, いう, いたずらに, いつくしみ六合, いつまでも, うたはんためなり, おも, お救い下さい, お救い下さる, かえりみずただ, くるしめ朝, さけたため, しいたげ神, しては, しぼる大盗徳川, し木材以外, すでに彼, その白い, その臣下, その部落, その間に, たしなめに, たぶらかすこと, だしに, だましては, つかまえて, つけて, とらふるミノス, どうする, なが, なしたの, なずる, はじめみんなで, はじめ下男の, ひたすらに, ひとしく憎しめり, ひどく嫌っ, ほほえませた, みな解い, みんとわ, めぐみ世, めし課る, もって, もつて, よろこばせた, わかつこと, イギリスの, サンカまたは, パリスの, ブルジョア國民に, ライオンから, ラクと, 一に, 一國に, 一地区に, 一室に, 一様に, 一體と, 中へ, 乞食と, 云ふ, 亡ぼさむ, 代表する, 休めん, 作りしかして, 使ふ, 使役する, 使用せね, 保育すべき, 傷つけるな, 優遇する, 冷遇し, 分けて, 切ったこと, 切って, 切り斃, 制圧する, 加奈子は, 加特力に, 助けた, 助けたさ, 助けること, 助け給え, 募り軍士, 化し得ざりし不徳, 区別し, 危険なる, 収容した, 取り扱うには, 古風な, 叩っ切り, 叱るな, 叱るよう, 叱咤する, 含んで, 吸収した, 呼び出せり, 哭かしめつつ, 喜ばすばかりが, 嚮導せり, 国家に, 基盤としてのみ, 塗炭に, 塗炭の, 変えたばかり, 失望せしむ, 奴隷の, 威嚇し, 嫁に, 守らんにはと, 守り外, 守り民, 安から, 安める, 安め軍は, 安んずるという, 安んずる大策, 安んずる経綸, 安んずる道, 安んぜしめること, 安堵せし, 完全に, 定め外, 害する賊吏, 害する逆賊, 寄せ市, 富ませ下, 專制せざる, 導いて, 導き刑罰, 導き礼, 導くに, 導くの本, 左右する, 差別する, 庇つた人間が, 引き合わせて, 引取り, 引率し, 弟子扱に, 形成する, 形造つて來て, 彼に, 征服し, 待たば, 待ち合わせたが, 律する法, 得たるは, 得べきや, 御しその, 御するに, 御するの, 徳化した, 念う, 思い出し都育ち, 思うて, 思ふもの, 思ふ心, 思わなければ, 恤みたもう, 恵み誅戮, 悉く欺きおおせ, 悩まし人, 悩ます, 悲憤に, 惑は, 惑わすが, 惑わすと, 惜しんだり, 愚昧ならしめる, 愛し信義, 愛する, 愛する主張, 愛する仁人, 愛する厚き, 愛撫し, 愛護し, 愛護する, 感化する, 慈しみ給い社稷, 慈愛すべき, 慈愛すべきである, 憂い国, 憐れみ老幼, 憫れ, 懐わ, 戦禍に, 手なず, 手打に, 抑ゆべし, 抱く手つき, 拵へる, 持っても, 持つ, 指す, 指導す, 指導訓練する, 按じ経国, 振り返った, 捜すと, 搾取する, 撫するに, 撫するの, 撫する道, 撫順し給うた, 擁する宮司家, 擧げて, 支配する, 救い上江, 救うの, 救う動機, 救えとか, 救えとの, 救おう, 救わんが, 教へ, 教化しない, 教化せ, 教化せよ, 教育する, 数えること, 斉うる, 新たに, 新に, 根拠と, 棄てるの, 歌へる, 正しくする, 正道に, 死傷させ, 残りなく, 殺したと, 殺したとは, 殺したり, 殺した出刃庖丁, 殺しつ, 殺して, 殺し加藤, 殺す死すと, 殺せる道理, 毒殺し, 汝は, 治められる, 治められる者, 治めること, 治める規則, 治めれば, 治め神, 泣き落した鶴見祐輔君, 流離させ, 済い, 渡して, 満載した, 溝壑に, 滿足せしめざる, 煽動し, 煽動した, 父に, 爾来白眼, 牧う, 牧せし, 率ゐる, 現実の, 理解する, 生に, 畏れたり, 疚しめ, 目的と, 督し, 知らぬもの, 祈願し, 神樣の, 私は, 私有し, 称したの, 立てる事, 立てる樣, 第一, 籠絡する, 糾合し, 納れ, 組織し, 統べ国, 統馭せしか, 縛つてお, 罔する, 置きそして, 置くが, 罵り出した, 罵詈し, 聳動したる, 腐らす毒, 自分の, 苦しむること, 苦しめたあと, 苦しめただ, 苦しめよとは, 苦しめるだけの, 苦しめるの, 苦しめるばかり, 苦しめんや, 苦しめ天下, 苦しめ無益, 苦むるを以て, 苦めて, 虐げしかば, 虐し, 虐殺し, 虫ケラの, 裁く者, 見きまた, 見き大いなる, 見き疲れな, 見すてて, 見たれば, 見つけると, 見よ, 見るの, 見る目, 見上げた, 親しみ至善, 親しんで, 解放せよ, 言うたらしい, 計らんと, 誤解し居る, 説いて, 護れ, 象徴し, 負むものあれど, 貪り食, 起てて, 足らしめるという, 路傍に, 蹴散らし云々, 農業に, 辺境に, 迎えに, 追い散らしつつ, 送ったと, 送り自分, 造るの, 連れ出そうと, 道と, 選んで, 選別し, 配置する, 除く, 集めて, 非常に, 領するわれ, 養うを以て, 養成したい, 養育される, 駆りたて今日, 騒がせまいと, 驚かし苛烈

▼ 民~ (404, 5.7%)

4 言った 3 じぶん, 或る, 来て

2 [17件] あって, ある, あるの, えらんだ議員, ここに, 上等だ, 今醜い, 半蔵に, 困窮し, 國を, 地震を, 多かった, 船に, 茣蓙を, 言って, 道に, 集って

1 [357件] ああ云, あいそよく, あちらでも, あった, あとから, あのまま平和, あの曲者, ありますが, あると, あるとか, ある男, いかにも暴行, いかに斧, いくらか老い, いくら酒に, いそいそと, いたら出せ出せと, いっぱい群ら, いつからか, いない今, いまも, いやに, いよいよこの, いる, うごかして, お, おせい様, お使, お浜, お産の, お茶屋の, お駒, かたまって, かようの, きいた, きほひ立つたの, けばけばしいレーヨン, こぞッ, この大, こんなじゃ, ごろごろし, すぐ問いかえした, そういつ, そう軽卒, そこに, その下, その何, その時, その民, その白い, その袋, その間に, それを, ぞろぞろ歩い, たどり着いた時, ために, ちょっと顔, つくったもの, つくった日本國民, どういう人, どんなに素朴, のべつ戦乱, はいって, はやすと, ぼんやり立つ, まじつて居, みな憤った, みな選挙権を, みんなで, みんな立ち去った, むかったと, もつて, もはや部落民たる, やってきて, やって来たの, やっと口, よく見る, よしや新しい, ゐるの, アラビアの, インドの, ジプシイと, 一つの, 一ぱい蹲つてゐた, 一人一年に, 一人殘らず, 一向増加, 一日も, 一旦土蜘蛛, 一緒について, 一致協力し, 一致団結し, 一部の, 三番目の, 三韓を, 上京を, 不潔に, 両方から, 両眼, 乗込んで, 乱暴者なりという, 二人の, 二階に, 五百余円出し, 亡びる, 京子に, 京都の, 人に, 人の, 今後の, 今日当面し, 他の, 他國民, 企畫したる, 伝手を, 住み往来, 住み着いたという, 住み着いたり, 住んで, 何で地震, 何の, 何も, 何ら社会, 余り真面目, 作った品々, 使用する, 俄かに, 僕の, 兄と共に, 先ずそれ, 入って, 入りこみ溝, 入り込んで, 入植した, 全アジア, 公然と, 其である, 其方面の, 出さなければ, 出て, 出来たり, 出迎えて, 列を, 到着し, 劇甚なる, 勤めて, 十分に, 厳粛に, 叔母さんの, 口述した, 古本を, 吉左衛門の, 同樣, 吐き出されて, 命を, 和楽し, 国中を, 國会の, 國民の, 土下座した, 土地の, 地を, 地主に, 垂れ流した, 埃及を, 塗炭に, 外國と, 多いこと, 多く人目, 多数で, 夜中に, 大挙請願に, 大蔵省へ, 大西洋の, 天皇に, 夫と共に, 奉公に, 奥の, 奮つて愛國歌を, 奴らに, 妻籠から, 妻籠を, 妻籠旧, 始て, 始皇の, 子供の, 安全なる, 安心しました, 安楽に, 家に, 家の, 寄って, 寝たあと, 小児然, 少しも, 局票の, 居なくな, 居ると, 山住様に, 山地に, 峠の, 峻厳を, 帯祝いの, 帰化した, 幸福であり, 店座敷から, 店座敷へ, 引返して, 強勢, 心からまだ信じ, 心づくしの, 心配する, 怒りの, 怖ろ, 急に, 恩を, 惨状を, 我国の, 或は新地, 所有者な, 所謂あまの, 打ち物, 承知し, 承知した, 投票する, 折目だった, 押しかかる, 押しかけて, 押しよせたので, 持って, 支那を, 文化を, 新しい土地, 日本の, 時に常識以外, 普通は, 曲者と, 最初に, 有ち得べき, 有つて, 有罪と, 有識人でさえも, 村を, 来た, 来不逞鮮人, 果して多く米騒動, 欧州の, 歡呼欣舞する, 正木に, 正造の, 死に, 殺された時刻, 気がついた時, 気違いの, 水中へ, 永久に, 泣いたか, 泣いて, 活字字母製法の, 海王に, 激昂する, 濡れ手を, 無くなった訳, 然り, 爲政者を, 牛馬も, 特に過度, 獨逸を, 玉藻を, 甚く, 甚だしく此, 異見に, 白い眼, 百十二三万人しばらく, 皆その, 皆之, 皆有, 皆歩む, 皆納得し, 直ぐに, 直接に, 相変らず, 相談に, 相談相手と, 県庁へ, 眞に, 眞劍に, 真に偉大, 知ること, 知事に, 社寺或いは, 祝意を, 禍いに, 私お供致しましょう, 竈祓, 立ち並んで, 答える, 紙幣という, 継室と, 縁側を, 縫い上げたばかりの, 繰返し地震に, 羨まし相, 聞いて, 背を, 自分の, 自分達の, 自由民楽時代の, 與らず, 興味を, 舊い, 船車で, 英吉利を, 荒れ狂, 荘厳なる, 衰頽する, 襲いかかって, 見えた, 見に, 觀に, 解放せられ, 言い出した, 言う, 訪ねて, 診察室に, 語り出したこと, 請願の, 講述し, 謡う平和, 貴人の, 買って, 賛成か, 起って, 足音を, 農業以外の, 遺って, 還って, 重ねて, 陳情の, 陽を, 隋の, 隠れて, 難澁, 雲集し, 電胎法を, 青い顔, 青ざめた顔, 風と, 風呂でも, 風呂を, 飢えたこと, 餓死から, 馬を, 馬籠を, 驚きも, 鯀の, 黒光りの

▼ 民~ (316, 4.5%)

10 して 5 對し, 比して 4 言って 3 教へ, 知らせて, 言った 2 なって, 代わるもの, 労役を, 對する, 徹底せざりし, 益あらん, 稼穡の, 言わせると

1 [267件] あたえられたもの, あって, あらずされば, あらずして, あらずまさに, あらずんば, あらず道, ありとは, あります, ある, あること, あるまじきもの, あるわけ, ある心底, いかなる徳, いたして, いたるまで, いとしく可哀相, いわゆる大義名分, うったえて, おほいな, かう非難, かくして, かわって, きいた, きく, この調, さきだって, さして見せ, さんざん噛みつかれ, しあれば, したわれて, しても, しろすべてフランス人, すぎぬと, すすめられた着物, すすめられて, すれば, そう声, その間違い, たいしてである, たずねた, たまいて, つかまれて, とつて, とにかく徳川政策, どっちが, なったの, なったポーランド人, なってから, なつかれて, なつた, ならなければ, なりさがり行く先々, なる, なるかと, なるもの, ひとしく叫喚, またまた大挙請願, まみえんや, むかひその, むけ燃, やるやう, よく知られ, よろこばれますが, わかるの, クグツの, サムライを, バスク人という, 一坪農園とか, 一臂の, 与えて, 両主, 両足を, 二つの, 二王無しと, 仕え諸, 代わって, 任せて, 会見せり, 似たる悠長, 似合はずずう, 何にか, 余れる, 侮慢, 保護と, 信ぜら, 倒懸の, 倦まれたること, 假名遣, 凶事を, 出させて, 出して, 出会った, 分配する, 利有ら, 利用された, 到る, 劉成李暉の, 加はるの, 勝ちて, 勤倹の, 參政權を, 及ぶまで, 及ぼすと, 反抗した, 取つて一人殘ら, 受入れられなければ, 同情する, 同情を, 向つて, 向つて希望, 味方したい, 呼ばれて, 命令した, 問い寄った, 嘲弄され, 嘲弄せられた, 囑望され, 囲繞され, 固く禁じられ, 國歌などが, 土地を, 壻を, 夙の, 好意を, 始まりその, 媚びもしくは, 媚び汗税, 存する, 存続し, 孝弟の, 寄與する, 審判せらる, 導き伴奏, 就く, 屬目せらる, 崇められん, 布くなどと, 強い自身, 当てこすりや, 形を, 征服され終るであろう, 徹底せぬ, 応分に, 恒心なき, 恩を, 悪まれ, 悲しみの, 愚弄された, 愛国心を, 愛國心を, 慈なり, 慢心放縦の, 憂の, 戦争の, 手伝わせて, 抱かせたこと, 抱かれて, 押しあいへしあい押しつめられて, 押付ける, 拠り民, 接して, 接触し, 接近する, 敬神の, 於けるも, 於ても, 施しなさるの, 施療し, 暦を, 會得せしめん, 本當, 東洋を, 校舎増築費の, 権が, 歡喜の, 歡迎され, 比較したなら, 混じたの, 渡した, 渡して, 演説し, 無料にて, 無産者が, 爆心地居住は, 爲すの, 物を, 生れた娘, 由つて立つ, 由りて, 男の子の, 目くばせし, 直接に, 相違ない, 知れるよう, 示さんと, 示した外, 示して, 祝福を, 禍難を, 移住される, 笑って, 笑われた, 経営させる, 缺けて, 臨まなかったため, 臨みその, 臨む力, 臨んだ人, 臨んでも, 至っては, 至るまで, 至る迄, 與へて, 蚊を, 血より, 行は, 被らしむること, 被害の, 見きと, 見せたいと, 言いつかって, 言い付けて, 言うころ, 言ったが, 託して, 許すべからずと, 訴えると, 詫びて, 話しこれ, 誇らむとする政友會, 読物を, 諂うため, 買われること, 貸し貢法, 近き能吏, 近寄らない工夫, 返して, 迫害うけたりき, 迷信を, 送ろうと, 逐はる, 連れられて, 連れられながら, 進めんと, 道義を, 遺すを, 酒を, 重税を, 金が, 開放せられれ, 關し, 附与し, 限って, 限られて, 隠すほどの, 面を, 頬張られて, 頼まれた手紙, 頼まれ効, 頼んだ人, 食わせたいこれ, 食を, 首を, 鯉幟贈呈の, 齎す

▼ 民~ (232, 3.3%)

27 の美 5 の意義 4 である, の世界, の運動

2 [16件] です, でなければ, という言葉, なの, に劣る, に心, の前, の問題, の心, の性質, の興隆, はかかる, への発展, をおい, を見失う, を超え得ない

1 [156件] から何, があり, がいかに, がすなわち, がなかっ, が今, が何故, が公道, が工藝, が廃れるなら, が廃頽, が意識, が成り立ち得よう, が手工, が有, が栄えた, が残っ, が発足, が自, が衰頽, が論ぜられね, が都市, が非凡, こそは国民生活, こそは美, こそ工藝, こそ民族, さえ見失う, たる古, であるという, である場合, ではない, ということ, という事, という考え, といかに, とこそなるでしょう, としてで, として栄える, となり得ない, との交渉, との間, とはいかなる, とは何, とは新しい, とは民器, とは民衆, とは民衆的工藝, とは生活, なし, においては多, において日本, について, について語る, になりきっ, になりきる, にのみ美, には二つ, には協団制度, には必ず, にも示され, に乏しい, に健全, に呼びかけない, に囚われ, に執する, に対する明確, に彼ら, に托し, に方向, に正しい, に潜む, に種, に美学, に見えない, に関心, の, の中, の価値, の健全, の分野, の命脈, の外敵等, の実現, の帰趣, の広汎, の必要, の振興, の数室, の方, の止るべき, の正当, の特色, の生長, の発達, の目標, の目途, の真価, の示す, の美学, の自由, の要素, の語義, の趣意, の趣旨, の道, の領域, は, はいかなる, はかくして, はこの, はさらに, はそれ, はもう, は不可能, は今日, は全く, は器物, は当時平凡, は当然, は必然, は急速, は意識的作物, は民衆, は無銘, は異常, は直ちに, は第, は職人たち, は迷路, は驚くべき, へのこれ等, への正しい, への理解, への紹介, もこの, もまた, をこそ工藝中, をその, を実際, を形, を意識的作物, を摸したと, を浅く甘く, を理解, を生活, を破壊, を縁, を背負える, を見, を見つめ, を見る, を解する, を語る, を都会, を非難

▼ 民~ (218, 3.1%)

4 であった, の手, の民蔵 3 である, の采配, はその, は心

2 [15件] がこう, というやつ, の太刀, の献策, は, はそれ, は伊那丸, もそれ, も蔦, やある, や半兵衛, や咲耶子, や蔦, をはじめ, 少輔

1 [164件] あのやさしく, かこれ, から呉子, から通牒, が, がいっしょ, がうなずいた, がしいた, がすぐ, がたおれた, がなんで, がののしる, がはせつける, がふと, が合図, が天, が太刀打ち, が来, が神, が穴山, が膝, が見違え, が軍師, が軍配, が軍配ぶり, が首, こまったこと, そのほか, そのほか帷幕, だ, であること, である武田伊那丸, であろうとは, でございます, と, という軍配, という野郎, といえ, とて前回武蔵野, とほかふたり, とむかい合っ, と咲耶子, と蔦, と龍太郎, どの, どのきょう, どのこんど, どのご, などの七将星, などまで傷, にかかりあつまった, にそそがれた, につげた, につづい, にはなしかける, にはまた, には見のがせない, にもそれ, にもどうして, に向かっ, に命じ, に感じられた, に敵情, に苦しい, に角蝶, に計略, のかけ引き自在, のかんがえ, のこころ, のことば, のじ, のふたり, のようす, の三人, の上, の人々, の作戦, の刀禰, の利腕, の口, の名, の心まち, の教える, の本領, の省, の立てた, の第, の策, の苦戦, の説, の身命, の野郎, の頭脳, の首根, はあいかわらずいたっ, はいさみ立った, はいよいよ, はうれし, はおもおもしい, はかたがた, はきのう, はこうした, はことば, はこの, はしいて, はすばやく, はそう, はそば, はそも, はたずね, はたって, はなにごと, ははじめ, ははッ, はひとり, はふたたび, はもう, はもの, はチラ, は乗りつけ, は人穴城, は即座, は叱りつける, は呂宋兵衛, は声, は席, は忍剣, は掌, は民部流開祖, は涙, は無二無三, は目, は鞭, は首, は駕籠, また頭領, もあなた, もあまり, もそして, もその, もで, もなん, ももう, も南朝, も咲耶子, も忍剣, も無念, も腕, も軍扇, も飛びおきた, も龍太郎, や龍太郎, より使い, より承り, らしい口調, をいう, をさき, をす, をはじめその他, を中心, 之助, 少輔以下, 少輔信春, 止めるな

▼ 民~ (178, 2.5%)

4 お園, なって 3 お祖母さんとが, 一緒に, 一者の 2 して, なったもの, 一者なり, 云ふ, 云ふも, 区別が, 同じよう, 完全に, 次郎とを

1 [143件] いい師父, いうべき階級, いうべし, いえば, いって, いひ國家, お浜, お粂, かれ等, さうでない, すれば, そこで, その国, その地位, その子, その注文, その芸術家, たちまち正面衝突, ちがって, なして, なしドイツ, なす力が, なったとき日本人, なったの, なった訳, なつた, なりアンヴァリード, なり半, なり得る, なり或は, なり為すこと, なり祖神, なること, なるため, なるもの, なる処, なれりとの, みなされるに, もとを, 二人ぎりの, 二人の, 云っても, 交はれ, 京千代と, 人の, 今日の, 代議士との, 仲よしに, 儼然たる, 全く同じ, 八幡神の, 兵とを, 加奈子が, 区別すべき, 同じくし, 同じくする, 同じく立派, 同じく負担, 同じの秀吉, 同じ心配, 同じ道, 同年ぐらいにしか, 同等の, 同視し, 呼ばれるよう, 呼ぶ老婢, 嘉平との, 國会とで, 在俗法師との, 奴隷ローマの, 奴隷貴族と, 婚を, 対坐しなけれ, 工藝の, 市街戦を, 平民的に, 念仏宗, 忽ち争端, 悪風を, 憲兵警官との, 懇意に, 或個人, 接触した, 接触しなかった, 握手せしめ, 政府とに, 明神下に, 普通民との, 書いて, 本田の, 枕を, 権力との, 次郎は, 比較したなら, 民族上区別すべき, 民族上区別の, 為れり, 爭ひたる, 特種の, 環視列国人民との, 環視列國人民との, 申しましても, 皇室である, 直吉に, 相成りの, 相談し, 眼を, 知つてそれを, 社交上において, 繁栄を, 美, 美とは, 習俗を, 膝を, 自分との, 船津城下の, 苦楽を, 莎草との, 蔑せら, 號し, 融和通婚行はれ, 見た, 見られて, 言う可, 言はんけれ, 言ふ, 謂ふ, 貴族と, 賤民, 賤民との, 賤民の, 身分が, 農耕民との, 通婚行はれ, 違った筋, 部落民との, 鉱山側との, 雑居し, 雖も, 離れない豪族, 顔を, 類似の, 養女の

▼ 民さん~ (168, 2.4%)

5 は昌さん 3 は野菊 2 じゃあありません, だって僕, と私, は, はこれ, はその, はそんなに, はほんとに, は何, を思う

1 [140件] いたわって, か, が, がある, があんなちいさな, がお, がすぐ, がそう, がその, がとんでも, がにこ, がりんどう, が不, が低く, が俄, が力ずく, が可哀相, が嫁, が強く, が彼, が放牧, が来, が気, が気狂い, が氣, が牛, が物, が突然, が背後, が背負枠, が野菊, くたぶれたでしょう, これから二人, だ, だって何回, だって決して, だのお前はん, だもの, というお, という人, という観念, といふ四十あまり, とはあ, と一所, と云, と云う, と呼んだ, と昌さん, と白痴, と離れたくない, どうだ, なんざあ, なんざあ腰, にくらべる, にせよ, に不足, に任し, に尋ねる, に比し, に談, に逢いたかった, に逢う, のお, のおっしゃった, のお家, のため, のね, の事, の俤, の心持, の思う, の方, の様, の気質, の決心一つ, の表彰, の話, はえ, はさ, はさっき何, はしかし, はすっかり, はそう, はそりゃ, はそれ, はそんな, はと口, はどう, はなぜ, はほんと, は何がなし, は例, は僕, は勧めた, は又, は可哀相, は嘘, は四十いくつ, は嫁, は小柄, は山, は悄気, は戸口, は日本橋, は死んだ, は決して, は町場もん, は知らない, は私, は腹, は自分, は親切, は言, は跡, は近頃, は顔, またお, まだお, もうきた, もそう, もよっぽど人, も一所, も始まり, も知っ, も野菊, よりも選ばれた, をかわいがっ, を市川, を待っ, を思わず, を攻撃, を毛, を泣かせ, を苦, を見ろ, を連れ, 一寸御, 始めましょう, 待って, 阿母

▼ 民藝品~ (134, 1.9%)

5 たること, の中 4 なの 3 に美しい, の有, の美, の美し 2 と共通, と同じ, を美しく

1 [102件] あっての, から吾, から私, から私達, が, があります, がいかに, がその, がもしも, が何故, が価値, が健康, が当然, が特に, が皆, が絶えた, が美しい, が製, こそ生活, たる, たる茶器, たる運命, であった, であったからこそ, であったこと, であると, である事, でした, でなかったらあの, ではありません, ではなく, ではなくし, として最も, として正しく, とはならない, と呼ばれる, と呼びたい, と呼ぶ, などに理解, において全, には作為, には最初, にも大, に不, に囲まれ, に多く, に属する, に帰っ, に悪い, に来るべき, に潜む, に示され, に示される, に至っ, に見出され, に重き, に驚き, に高い, のやう, のわずか, の一特質, の価値, の大, の存在, の形, の性質, の数, の方, の最後, の現状, の隆盛, の骨董, は, はあり得ない, はいかなる, はこの, はごく, はその, は何, は個人, は工藝史, は必要上一番健康, は民間, は用器中, は私, は私達, は絶大, は自, ばかりが大切, ばかりが美しい, ばかりを列べる, への信頼, への全, への眼, も協力, も目新しい, をここ, を今, を作り得た, を新しい, を甦らす, を見る

▼ 民~ (117, 1.7%)

2 あり, 笑った, 驚いて

1 [111件] ある, あるべしと, あれば, いつか涙ぐみ, いる, おのずから, お互に, お浜, くたぶれたと, このごろ少し, このもつとも, この日, これには, これはと, したくが, そのあと, その夜, その決心, その端, その通り, それを, たいてい知らざる, ちょいちょいそれ, つつがなく助け出される, どれほどこの, ない, ほっとした, ほめて, また, またき, また呼応, また年々歳々, また或はしか, まだ起き出さなかった, まづしく政治, みな怒りきる, もう五人, もちろんはなはだしく, もはや二十四, やがては, よくその, よく知っ, 一本の, 不調法者で, 二の句が, 亡くなった隠居, 交って, 亦, 亦新婦, 人形を, 今は, 付いて, 共に外敵, 其の一致, 別に気, 力を, 半年ぶりで, 同じ思い, 和助, 土人も, 城下へ, 城士も, 大御門, 天井板の, 妻籠の, 姑に, 子供の, 客の, 家も, 弱り果, 強いられて, 彼女の, 待ちかねて, 御多聞, 悉く皆, 情ない人間, 惡いと, 慣れたもの, 持たない国主, 支那を, 改まった顔つき, 故太閤殿下, 斬られた, 曹操の, 最古く, 服しますまい, 来て, 極東に, 機を, 正木の, 毎日三人の, 民, 気づかわしそう, 消費節約を, 猴を, 皆足袋跣足で, 眠りがた, 知って, 笑い出した, 聞きたくて, 茶を, 茶道具を, 蝎と, 言い添えた, 謳歌し, 識らず知らずし, 豪族も, 進んで, 非常に, 飛び出し遲, 飽きなかった

▼ 民~ (70, 1.0%)

4 の美 2 が愛, に美, の中

1 [60件] かそう, がその, が作られた, が彼等, が私, こそは工藝, たること, だから, であったよう, であった大, であって, でなかったら決して, ではない, で当時, とか雑器, とはなり, とも呼び得るでしょう, と然, と見過ごされ, など省みる, なの, なるが, にこそかえって, にこそ最も, にはあれ, にまで作, に何, に共通, に取り囲まれ, に潜む, に美しい, に茶器, に転ずる, に過ぎない, に雅致, のうち, のため, の世界, の価値, の前, の如き, の方, の深, の無心, の美し, は貧しい, ばかりはほとんど, ほど, や民家, をこそ目途, を取り上げた, を取扱っ, を愛さない, を手本, を焼く, を生む, を美しく, を見出す, を見忘れる如き, を見捨てる

▼ 民~ (64, 0.9%)

5 兄の 4 兄が, 兄と 3 が言った, は弟 2 の前, は台湾, 兄も

1 [39件] が切出した, が聞入れ, が訪ね, と一緒, と義雄, に取っ, に対しても繰返す, に言わせる, に言われ, のくれた, のこと, の耳, の話, はそこそこ, はまた, はもっと, は万事呑込顔, は思い当る, は眼, は笑い出した, は笑った, は答えた, は言いかけ, は言っ, は言った, は身体, は預かった, も悦んだ, も折れ, を迎え, 伯父, 兄からの, 兄でも, 兄なぞは, 兄にも, 兄は, 兄を, 兄大阪の, 兄夫婦や

▼ 民~ (55, 0.8%)

3 といふもの 2 がある, といふこと, の缺陷

1 [46件] かと直ぐ, があつ, があります, が在る, だから, でありますが, である, といかなる, としては古い, とに適合, とのため, とはどう, と云, と何, と思つて, と我が, と申し, について斯, によつて, によつて宗教, により著述, に依っ, に從つて遊び方, のうち, の一特質, の中, の區別, の外, の弱, の相違, の第, の解體, の違, は, はさ, はどう, は勤勉, は文, は時代, を, をもつ, を一言, を害毒, を廢, を有し, 又は民族性

▼ 民藝館~ (55, 0.8%)

3 のよう, の設立 2 に所蔵, の仕事, の使命, はこの

1 [41件] ぐらい多忙, であること, で何, という, としては数多く, にある, に保管, に列ん, に外人, に大切, に寄贈, に来られ, に陳べ, のこと, の任務, の品, の存在, の建設, の成立, の持つ, の敷地, の材料, の浅川園絵さん, の特別, の特色, の蒐集, の陳列, はそういう, は今, は今日, は信念, は単なる, は必ずしも, は故国, は日本, は是非, は詮ずる, も合せ, をただ, を始め, を建てた

▼ 民~ (52, 0.7%)

5 自由ヲ 2 權利ナリ

1 [45件] 不安騷亂ヲ, 元氣, 凡テニ其日暮シ其年碁シノ生活ヲナサシムル者ト考フルガ如キハ現, 命ヲ, 國家内ニ生活スル限リ神聖ナル人權, 國家觀ハ國家ハ有機的不可分ナル一大, 外ニ処シテ或, 大同團結ヲ, 大多數ハ生活, 大多數ヲシテ數十萬數萬, 大富豪, 大部分ガ扶養スベキ男子, 天皇, 妻タル權利ヲ, 娘ニテハ不都合ユヘ依, 屍山血河ニヨリテ獲得シタル鑛山, 心意行動ヲ, 權利トシテ受クル者ナルヲ以テ無, 權利ト一個不可分ノ者ナリ, 歎キナリ八大, 歡喜ヲ, 死活榮辱ヲ, 母タルコトナリ, 母國民ノ, 淺薄ナル思想ヲ, 為ニ図リテ一片, 獨自放, 生活保障ノ, 生活權利, 生活權利參照, 祖先ノ, 神ハ, 私人生産業亦, 經濟的自由ヲ, 義務, 義務ナル道念ニ忍ビテ一ニ只忘却ニ封ジツツアルトキ兵卒其者ガ憤, 義務ニセヨ, 義務ハ國政ヲ, 腦裡ニ刻マレ明治維新以後三十餘星霜ヲ, 自衞權, 財産所有權ヲ, 財産權ヲ犯ス者ハ人類社會ノ, 責任ニ嫁セラルヽコトハ日本, 購買能力ト世界市價トノ差額ヲ, 超法律的運動

▼ 民~ (49, 0.7%)

3 の群 2 はこう, は躊躇

1 [42件] から云う, から愛せられ, がようやく, が声々, が大勢大挙, が得物, が怒る, が慇懃, が扉, が押し出し, が歓迎, が洞窟, が茅野雄, が遥か, であった, とが石段, と来た, と讃歌, なの, にとっては讐敵, に他, に半ば, に聞い, に襲われ, に襲われた, に雑, のため, の一, の叫喚, の死骸, の渦巻い, はこれ, はそれ, は怒るでござろう, は襲いかかった, は貴殿, は遠く, へ殺到, へ知らせよう, をこの, をさえ, 中仕切り

▼ 民~ (48, 0.7%)

13 議会員は 74 議会員 3 議会の 2 篇, 説の, 論の, 議会員の, 議会員を

1 [11件] 三千人が, 篇とかを, 説であった, 論なる, 論や, 論を, 議会に, 議会員たる者は, 議会員であっ, 議会員であった, 議会員であり

▼ 民~ (48, 0.7%)

2 の上, の世界的類型, の匂, や風習

1 [40件] があります, がつい, が児个淵民譚, が古い, が愛護民譚, だけで, で対照的, とが絡みあ, としての見方, としては珍, となる, と八太夫, と結びつき, と言, と酷似, になから, にも似, に固, に変化, に屡, に歩み寄, に関係, に限つた事, の一種, の一部, の中, の固定, の影響, の王朝, の細工小次郎, の記録, はもはや, は宗教家, は王朝末, は神, は説経以前, もこの, を止め, を調査, 或はほか

▼ 民たち~ (43, 0.6%)

2 である

1 [41件] がうずくまっ, がかよう, がしきりに, が得物, だそう, だった, で, であったには, であるそう, で一ぱい, にのみこめ, に徒ら, に鉱毒, に食わしめた, のところ, の出入, の所, の散じた, の無知, の目, の結束, の苦しみ, の訴え, はいい, はおそらく, はどこ, はもう, はサッポロ・チャシナイ・クッチャン, は二十二日, は二十八日, は二十四日, は信長, は喜ぶだろう, は大, は新しい, は旅人たち, は簗, は総代, も他日, も気勢, を退散

▼ 民として~ (40, 0.6%)

2 入籍しない, 神の

1 [36件] これを, すな, やろうという, 世界に, 中央政府の, 之を, 何故に, 入って, 別扱い, 区別する, 取り扱われたの, 各地に, 同樣, 周公によって, 天明寛政の, 存在を, 平安時代に, 成功せ, 所有する, 投票権を, 教育上今日懷抱する, 日本國土の, 是非愛誦し, 田舎へ, 神のを, 結成せね, 罪を, 自ら恥づべき, 自分の, 認められたの, 認められて, 認められなくなって, 認められるもの, 賤しまれる, 遺ったもの, 鈍い者

▼ 民五郎~ (40, 0.6%)

2 の正

1 [38件] が下手人, が入, が匕首, が女, が家, が物好き, が言, が諸方, だつたん, でしたが, といふの, とでも思はなけれ, とは其方, に, には一年越馬鹿, には二目, に嘗められだ, に次い, に繩, に間違, のもの, の挑戰, の流儀, の自由, の話, はあまり, は上方, は佐兵衞, は何うし, は唐紙, は思ひ, は短刀, は若い, は重, も口, を引据ゑて, を擧げた, を追

▼ 民~ (34, 0.5%)

2 お粂

1 [32件] あわれなる宿命, お前が, お祖母さんが, そんな気, だまって, エセ神職の, 一般には, 乃至世界全体, 亞弗利加内地や, 内地の, 四人の, 堪忍し, 宗太の, 寅に, 小さき所, 小吏は, 帰化人やを, 彼女が, 或いは河原, 木村嘉平についての, 朱雲や, 民族と, 民族等と, 水治の, 決して気, 浮浪の, 火事場で, 炊き出しを, 種々な, 落伍者が, 讀賣が, 軍隊が

▼ 民~ (33, 0.5%)

4 になつて 2 の今日, の張惟驤

1 [25件] が建設, が成立, で編纂, で羽, になつて出來, になつて成立, の人達, の成立, の數學パヅル, の最大弱點, の有, の柯劭, の柴萼, の民律, の王國維, の程樹徳, の第, の軍隊, の關中道長安縣, の陳垣氏, の陳顧遠, の顧維鈞氏等, の駐, はホメーロス, は漢滿

▼ 民には~ (32, 0.5%)

2 それが

1 [30件] あるまいと, いろいろな似, きょうまで, そこは, たくさんだった, めずらしかった, わたしは, 三宅島の, 何か, 兄が, 先であった, 公共労働の, 國民性が, 多く實情, 妙な, 宇宙成立に関する, 心を, 或る, 所謂お, 気づかわれた, 無之候, 生れながらの, 男の子が, 税は, 罪が, 自治の, 言えないとの, 誠に恰好, 豊年だった, 身内も

▼ 民ぜんたい~ (31, 0.4%)

4 の意見 3 で國, の考え 2 がいちばん, が國, の代表者, を代表

1 [13件] がえらんだ, がかしこく, がひとところ, がみんな意見, でつくった, で物事, にある, にあれ, に代わっ, のつくった, の中, の中心, をあらわされる

▼ 民~ (31, 0.4%)

1 [31件] あつたか, あつて, あらうか, あらねば, ここに, これの, その間に, ちよいと, まずは, みな屠牛を, もとは, やはり竹細工, コンクールや, ヴェダの, 一杯であった, 余裕の, 十八歳以上五十歳以下の, 厭, 名は, 土蔵の, 少しも, 暇も, 木と, 水草を, 生活の, 白人こそ, 祖先の, 自ら弥勒仏と, 行って, 街路は, 都落ちだ

▼ 民である~ (31, 0.4%)

3 ことを 2 ということ

1 [26件] からこの, からで, から忠君愛國, から法律, が捕われ, というただ一つ, というハンディキャップ, という事, という二重, という思念一つ, とした, とは考えなくなっ, と云っ, と知られた, と知れた, ので, やうに, ように, サイラスの, 人生に, 以上神孫の, 墨子時代にも, 我々が, 私等は, 筈である, 自分らとしては

▼ 民との~ (31, 0.4%)

9 間に 4 関係を 2 増加率の

1 [16件] 中に, 交際は, 会釈や, 区別は, 在り方で, 応酬は, 持物に, 数の, 縁も, 距離が, 通婚は, 間には, 間の, 關係といふ, 關係に, 雑婚より

▼ 民~ (31, 0.4%)

1 [31件] が民力休養, たるもの, との接戦点, との衝突, との軋轢, と其向背, と聯合, と謂, に推薦, に転嫁, に非ずし, のかれ, の不利益, の主張, の各派, の合同, の推挽, の有力者, の気勢, の為め, の聯合, の議員たち, の間, の面々, の驍将島田三郎, はこの, は議会, より之, を制圧, を破壊, を苦めたる

▼ 民たる~ (29, 0.4%)

2 ことは

1 [27件] ところにて, に愧, に極まる, の差別的待遇, の素性, ものは, もの赤誠を以て, を免れぬ, を期せり, クグツとの, 事実を, 人は, 位置に, 信念を, 傀儡子と, 傀儡子の, 傀儡子や, 思想を, 所謂山家などという, 旧来の, 河原者坂の, 無籍者です, 白丁等は, 茶筅の, 観あり, 非人法師の, 餌取

▼ 民~ (27, 0.4%)

2 が寢, の部屋

1 [23件] か何方, か從姉, か表, がこんな, が怪しい, が武家, が氣, といふ良い, とお, ともう一人, と榮吉, のこと, の物, の輕佻さ, の頭, の顏, は斯, は武家, は顧み, を借り出す, を縛るべき, 君, 君との

▼ 民~ (26, 0.4%)

32 と云, と妄想

1 [19件] いつも来, からである, からと云っ, から悪意, から惡意, から高尚, か斷言, がもし, とはけっして, と伝え, と思ふ, と言, な, などといっ, ね, ね世界, 批判を, 無籍者だ, 部落民に

▼ 民友社~ (26, 0.4%)

4 から出版 2

1 [20件] から届いた, から發刊, から頼まれ, が商略上大袈裟, で出し, というもの, という事, と自由党, にも種々, に入社, のたしか, の傍, の大家製造, の徳富蘇峰氏, の折紙, の誤謬, は報酬, は彼, は文章, をし

▼ 民から~ (24, 0.3%)

1 [24件] かくした, さんざん説教, 京子が, 今日も, 伝えられて, 何度使いを, 凌辱をでも, 出たという, 出て, 区別せられる, 区別せられるべき, 半蔵は, 差別せしめる, 恨まれるやう, 意味なく, 文句が, 末の, 疎外せらるる, 神を, 税金を, 聞いて, 見れば, 鉱毒除害の, 駈けちらしに

▼ 民~ (22, 0.3%)

2 あり社稷, の康福, をし, ノ痛苦其極ニ達セルトヲ

1 [14件] として国王, には位階, には到底, に取, に惜しまれる, に流さしめ, に致せし, に苛政, のその, の幸福, の間, は唱門師, も大いに, を安んぜし

▼ 民~ (20, 0.3%)

3 は心

1 [17件] がはじめて, にも説明, に取っ, のため, のともすれ, のもの心, の父, の背, の顔, はそれ, はふと, は九ツ, は思った, は急, は真黒, は言う, もその

▼ 民~ (19, 0.3%)

2 の主, の細民

1 [15件] でも厚葬, で一番綺麗, で比較的, にはもはや, には外形, に卓越, に没し, の一, の任侠家, の吃, の品性, の少, の真, の精華, より抽出

▼ 民~ (19, 0.3%)

1 [19件] たるもの, と其向背, と聯合, と謂, に信任, に推薦, に非ずし, の一角, の不利益, の推挽, の爲め, の聯合, の諸, の重, の首領, より之, より嘲笑, を破, を苦めたる

▼ 民~ (18, 0.3%)

2 はあまさず

1 [16件] あらざる故, から矢田, がある, が見えた, が雪の下, さながら皆, だが, に入り, に寄宿, に寝た, の何ひとつ, は甲羅, もなに, や人文, を焼き立て, 見おろしこの

▼ 民~ (18, 0.3%)

2 に来

1 [16件] にあっ, にいる, に多い, に来た, に行, のよう, の人, の仮寓, の停車場, の冬, の図書館員, の学生, の市場, の生れ, を出発, を通っ

▼ 民~ (16, 0.2%)

2 である, ではある, の美 1 が現す驚くべき, が私たち, たること, だから, だという, と区別, の一つ, の性質, はこの, は常に

▼ 民百姓~ (16, 0.2%)

2 によく

1 [14件] から教えられる, が食えなくなりゃ, というもの, にまで嘲り笑わるる, の分際, の労苦, の目, の膏血, は勿論, は言う, ばかりで無い, まで金銀, を川, を教える

▼ 民にも~ (14, 0.2%)

1 [14件] そのまま映る, はやくそう, また樹木鳥獣, また読み聞かせる, 七十八歳の, 与えたが, 仲よく暮らせ, 何かと親切そう, 劣るもの, 告げた, 想像が, 無理なく, 物を, 語って

▼ 民~ (14, 0.2%)

2 の反感, の目 1 が半蔵, が豪雨, で彼ら, に呼ばれ, のそれ, の力, の勤労, の時代, の近く, は叫び声

▼ 民でも~ (13, 0.2%)

1 [13件] それくらい, ない, ないこと, なく中途半端, 五町歩の, 亦此詞章, 出て, 呼びよせて, 文化を, 来たらよく, 生きんが, 皆文化, 自尊自大と

▼ 民という~ (13, 0.2%)

1 [13件] ことを, のは, ものが, ものは, 中にも, 人種が, 侮辱的な, 女が, 娘が, 子守女, 感じだ, 漢字に, 語は

▼ 民と共に~ (13, 0.2%)

1 [13件] その日, 万石の, 主人の, 例の, 冬の, 大に, 引き移る, 此の, 死ぬなら死ぬばかり, 治むるにいたるをさだかに知ら, 継母を, 見て, 食物を

▼ 民~ (13, 0.2%)

61 不能忘也までが, 助八百石これは, 助左平津太夫小竹浜の, 友の, 望, 細故, 行也

▼ 民部大輔~ (13, 0.2%)

1 [13件] があと, が長享二年三月生年三十六歳, といえる, などで三つ, に, の今, の話, は, は大変, は山高石見守, は日本一, へ, もよわつ

▼ 民とは~ (12, 0.2%)

1 [12件] いいながら, それについて, 交際が, 別の, 夢にも思っ, 子供たちが, 明かに, 生れ出ぬ, 自らに, 關係が, 非常な, 鷄に

▼ 民一般~ (12, 0.2%)

1 [12件] が健實, が嚴肅, について語っ, に向, に愬, に行, のもの, の參拜, の心理, の決心, は目前, へも同様

▼ 民~ (12, 0.2%)

1 [12件] ではしばしば, において先ず, において内乱, において執政官, に到り, に臨む, に臨んだ, に諭す, に赴い, の決議, の高津正道氏等, を作り

▼ 民全体~ (12, 0.2%)

2 に対しては間接, のデモクラシー 1 が一緒, が決して, に対して負わされた, の上, の声, の生活, の運命, を通じて最も

▼ 民~ (12, 0.2%)

2 のため, の施策 1 なし, のこと, の増進, をもとむる, を主, を任, を増進, を計る

▼ 民~ (12, 0.2%)

1 [12件] がおもしろく, です, と並ん, と稱, なるが, に註, の中, はもともと, は新, や俗歌, や牧歌, を記述

▼ 民ども~ (11, 0.2%)

1 [11件] が其, が野, に対して生殺与奪, の寄る, の甚, の間, の静か, は広く, まで口々, を追っぱらっ, を集め

▼ 民より~ (11, 0.2%)

1 [11件] いでぬと, 今日の, 以来また, 多かった, 成る歐羅巴, 民に, 生ずべからず必ず, 生ずる理, 福なれ, 訴る, 贈與

▼ 民~ (11, 0.2%)

2 自覺 1 である, なもの, な又, にも所謂親善關係, の偏執, の大, の階級, 大信念ナリ, 憎惡

▼ 民~ (11, 0.2%)

2 の中 1 に対して競争, に属する, に応用, に拮抗, に関する講演, の境内, の証例, の過半, はこれ

▼ 民諸君~ (11, 0.2%)

1 [11件] が何日ぶり, が雑然, によく, に寄贈, のため, の前, はいちいち, はもうそろそろ, は狭い, は鉱毒, を呼び出す

▼ 民~ (10, 0.1%)

1 ぢおそれ, ほからんこの, 喜佐そこに, 妙段六などを, 民, 粂から, 粂が, 粂の, 粂は, 銀と

▼ 民協會~ (10, 0.1%)

1 ありき, との關係, の解散, の變形, は山縣侯, は既に, は純然, をも收攬, を組織, を自由黨

▼ 民友子~ (10, 0.1%)

31 の金言, は一個, は明治, は時勢, は霊界, をし, を視る

▼ 民教育~ (10, 0.1%)

1 に篤き, の不振, の問題, の本源, を授ける, ノ終了トスルハ國民個々, ノ要, ノ説明ニヨリテ, ヲ受クルナラバ, ヲ受ケシム

▼ 民~ (10, 0.1%)

1 がその, が住み付いた, が眼, が解散後, の亜流, の祝ぎて, の築いた, は帰途, もみないたくよろこび, をば攻め立てた

▼ 民あり~ (9, 0.1%)

1 されどその, て常に, て忽ち, て糞, フランスより, 人毎に, 全く身, 其領アルギッサギユルトーネー更に, 各

▼ 民その~ (9, 0.1%)

1 下にて, 力を, 営を, 堵に, 導者に, 望みを, 生い立ちは, 禍ひ, 顏光を

▼ 民としては~ (9, 0.1%)

1 それは, たまの, めずらしいこと, 初めて見る, 思う壺, 支那に, 甚だ智慧, 認められて, 餘り

▼ 民~ (9, 0.1%)

1 たいしての, 不当な, 布告した, 手で, 無情だっ, 片手を, 臨む六波羅, 臨んで, 金を

▼ 民~ (9, 0.1%)

4 體が, 體の 1 體を

▼ 民~ (9, 0.1%)

1 にはやりきれまい, にひそむ, に福利, の低き, の耳目, の謡, の風, の食糧, 全ク

▼ 民生活~ (9, 0.1%)

1 が佛教, と緊密, に影響, の原則, の理想, の精化, の要求, を困難, ノ全部

▼ 民~ (9, 0.1%)

2 を手本 1 であった, と呼ん, のこと, の代表的, の遺, は宛ら, は極めて

▼ 民部どの~ (9, 0.1%)

1 か, からの大切, からの諜状, が欲しい, が苦心, の命, は若君, もおられる, もへい

▼ 民これ~ (8, 0.1%)

1 じゃ手, にならい, に苛政, をのみ請, を半人半馬, を崇む, を造り, を餌

▼ 民では~ (8, 0.1%)

2 ない 1 ございません, ないか, ないの, なくして, なくて, なく各自

▼ 民とも~ (8, 0.1%)

1 いへる, なり非人, 云ふべき, 交わること, 何の, 楽しんで, 烈しいい, 相談した

▼ 民なる~ (8, 0.1%)

5 が故に 1 ものも, 新賤民, 木地屋の

▼ 民~ (8, 0.1%)

1 保護シ彼等ノ, 啓蒙スルコトニ存ス, 塗炭ニ救ヒ一国ヲ, 害セザル程度ノ, 恵マセ給ヒ世ノ, 救ワレヨ, 泰ンズルヲ以テ徳トシ任トスル武門, 移シテ空隙

▼ 民~ (8, 0.1%)

2 の仇 1 か知らない, になつ, の世, の人, の優雅さ, の名

▼ 民~ (8, 0.1%)

1 の婚媾, の幸福, の愁訴, の生計困難, の福, は何様, も從, も衰世的

▼ 民~ (8, 0.1%)

1 の創見者, の論, を唱, ヲ取得スベキ時期ニ達セザル者ト雖モ, ヲ取得スル者, ヲ最初ニ且ツ完全ニ賦與セラルルヲ明カニスル者ナリ, ヲ此, ヲ賦與セラレ日本國民ト同一

▼ 民お前~ (7, 0.1%)

1 なぜ死んでしまつ, のところ, の気持, はもっと, は祖母さん, ばかりそう, も骨休め

▼ 民としての~ (7, 0.1%)

2 自覺 1 すべての, 成功を, 栄誉何くにか, 義務を, 道義の

▼ 民に対する~ (7, 0.1%)

1 当路の, 思わくから, 意地から, 感謝を, 攻撃は, 誅求と, 讒奸は

▼ 民のみの~ (7, 0.1%)

2 集団より 1 事情を, 問題では, 団体から, 団結の, 間では

▼ 民~ (7, 0.1%)

2 と呼ん 1 として他, として出来, に立派, の陳列場, を語る

▼ 民權自由論~ (7, 0.1%)

1 の一點張り, は佛國革命時代, は極めて, は決して, より割り出した, を唱, を鼓吹

▼ 民おれ~ (6, 0.1%)

2 は王滝 1 のお母さん, はいい, はお父さん, は出られ

▼ 民であった~ (6, 0.1%)

1 のだ, 彼等の, 為で, 筈である, 者どもでは, 部曲の

▼ 民であり~ (6, 0.1%)

1 その下, ながら侮辱, 人中の, 幸民と, 特に非人, 部落に

▼ 民のみ~ (6, 0.1%)

1 であり世人, ならず一般, ならず日本, ならず編戸, ならんや, 騎馬を

▼ 民よりも~ (6, 0.1%)

1 いっそう土地, より多く, リアリストである, 低く認められる, 寧ろ國民中, 貧困に

▼ 民~ (6, 0.1%)

1 に近く, の外, の来, まで二里, を通山, を隔て

▼ 民新聞~ (6, 0.1%)

1 が一部殘つて, で短篇小説, に掲載, の短篇小説コンクール, は當時一頁, を取り出し

▼ 民權論~ (6, 0.1%)

1 といふやう, の大宗師, の急先鋒板垣退助, を承け, を演説, を終始

▼ 民総代~ (6, 0.1%)

2 が召集 1 から辞職勧告, が相, に向っ, は古河市兵衛名義

▼ 民~ (6, 0.1%)

2 體が 1 ラ私利横暴ヲ制スルト共ニ先住, 體と, 體の, 體も

▼ 民自身~ (6, 0.1%)

1 が他人, が生み出した, が迎え, の意志, の負けぬ, の運動

▼ 民藝美~ (6, 0.1%)

1 の一つ, の本質, の特権, の特長, の秘密, への理解

▼ 民議會~ (6, 0.1%)

1 なり, にし, の時, の演壇, の議場, やキラフアツト

▼ 民からは~ (5, 0.1%)

1 なお多少, 異端者の, 相手に, 穢れを, 領主の

▼ 民~ (5, 0.1%)

2 さと, さの 1 さ明国や

▼ 民なり~ (5, 0.1%)

1 この国辱, 民族なりにも, 民族なりの, 汝の, 汝自ら清く

▼ 民にとって~ (5, 0.1%)

1 かなり厄介, むしろ苦痛, 一体それ, 天変地異よりも, 生きて

▼ 民にとっては~ (5, 0.1%)

2 苦痛である 1 かなり迷惑, たいへん大事, 最も目

▼ 民への~ (5, 0.1%)

1 そのねらい, 切なる, 奉仕である, 恐怖と, 衣類寄附の

▼ 民やは~ (5, 0.1%)

1 あのまた, 十七では, 年上の, 政の, 町場者だ

▼ 民をも~ (5, 0.1%)

1 それまで, 乗せて, 勝手に, 招待した, 糾合しし

▼ 民學校~ (5, 0.1%)

1 にかよつて, の一年生, の二年生, の兒童, の建築

▼ 民~ (5, 0.1%)

2 の中 1 でも同姓, を拵, 迄效力

▼ 民的運動~ (5, 0.1%)

1 の大, の指導, の結果, の首領, を頑強

▼ 民~ (5, 0.1%)

1 が一方, によってはげまされなけれ, はこういう, は益々, を控

▼ 民部さま~ (5, 0.1%)

1 に会われる, に小太郎山, の耳, へ事情, や小

▼ 民ある~ (4, 0.1%)

1 ことなら, ことを, をしり, をみ

▼ 民~ (4, 0.1%)

1 何かの, 否かを, 時か, 無知な

▼ 民であります~ (4, 0.1%)

1 からお, からロシア, から実際, 宗教と

▼ 民どの~ (4, 0.1%)

1 にも療治, も同じ, 不養生を, 大役なり

▼ 民に対して~ (4, 0.1%)

1 今日まで, 寛大であった, 特別好意ある, 用うる

▼ 民ほど~ (4, 0.1%)

2 自己の 1 官権を, 憐れむべくまた

▼ 民までが~ (4, 0.1%)

1 こぞって寄手方, なんとなく遠く, 夫の, 手ぬぐいを

▼ 民もう~ (4, 0.1%)

1 ええ云う, お帰り, 一人は, 何時だろう

▼ 民~ (4, 0.1%)

1 われ病を, 耳を, 近づきて, 靜かな

▼ 民同盟會~ (4, 0.1%)

2 の行動 1 とは其の, を起し

▼ 民多く~ (4, 0.1%)

1 これを, は一種固有, 流亡せりと, 罪に

▼ 民~ (4, 0.1%)

1 という, にあらず, にし, は政教分離

▼ 民~ (4, 0.1%)

1 呼ばわりや, 思想あっ, 思想とは, 政治が

▼ 民~ (4, 0.1%)

2 に編入 1 の奉還, を有し

▼ 民藝協会~ (4, 0.1%)

1 のよう, の全国大会, の同人, も日本全国

▼ 民藝展~ (4, 0.1%)

1 が開催, とささやか, の最初, はこの

▼ 民部左衛門~ (4, 0.1%)

1 の半身, の報告, は信玄, やある

▼ 民~ (4, 0.1%)

1 といひ, に權威, も人間, を新た

▼ 民この~ (3, 0.0%)

1 お神酒は, 子は, 手紙は

▼ 民~ (3, 0.0%)

1 へも壓倒, へ今, へ居なけれ

▼ 民さん貴女~ (3, 0.0%)

1 がこう, が居る, は大

▼ 民すなわち~ (3, 0.0%)

1 ウカレビトの, 所謂穢多, 本当の

▼ 民たらし~ (3, 0.0%)

1 むるの, むる上に, めんと

▼ 民だった~ (3, 0.0%)

1 ことを, のである, のでソワーレー

▼ 民であっ~ (3, 0.0%)

1 ても他, て各, て同じ

▼ 民でない~ (3, 0.0%)

1 かと云, が為, 場合普通その

▼ 民としても~ (3, 0.0%)

1 何等の, 又他日國民人物, 自分の

▼ 民とを~ (3, 0.0%)

1 亡くしたが, 味方に, 見くらべて

▼ 民~ (3, 0.0%)

1 かまの, のであろう, んです

▼ 民なりに~ (3, 0.0%)

1 この娘, 了解せしめ, 同情すれ

▼ 民にまで~ (3, 0.0%)

1 その名, 浸潤し, 肉食を

▼ 民に関する~ (3, 0.0%)

1 報告を, 諸研究, 雑多の

▼ 民はと~ (3, 0.0%)

3 見ると

▼ 民ばかり~ (3, 0.0%)

2 では 1 でなく過去

▼ 民みな~ (3, 0.0%)

1 お慕い申しあげ, が望ん, 永く治化

▼ 民わが~ (3, 0.0%)

1 對面なる, 愛兒崇め尊ぶ, 足元に

▼ 民一同~ (3, 0.0%)

1 がみな, さぞかし感泣, へその

▼ 民一家~ (3, 0.0%)

1 を残す, ノ所有シ得ベキ私有地限度ハ時價拾萬圓トス, ノ所有シ得ベキ財産限度

▼ 民~ (3, 0.0%)

1 同シ, 速ニ其, 陛下

▼ 民人これ~ (3, 0.0%)

1 を愛せ, を托せ, を許せ

▼ 民以下~ (3, 0.0%)

1 の文字, の社会, の社會

▼ 民~ (3, 0.0%)

1 がたきつけ, の時間, ホクホクだ

▼ 民及び~ (3, 0.0%)

1 土地の, 觀察者の, 議會の

▼ 民~ (3, 0.0%)

1 との摩擦, や共産党, 共産党の

▼ 民同士~ (3, 0.0%)

1 という垣根, に對, のなか

▼ 民報社~ (3, 0.0%)

1 にはその, に行つて, の主筆

▼ 民外交~ (3, 0.0%)

1 にも貢献, の此徹底, を繼續

▼ 民~ (3, 0.0%)

3 數の

▼ 民~ (3, 0.0%)

1 といふ種民天, になれ, の四ツ

▼ 民將來~ (3, 0.0%)

1 の家, の方針, の民譚

▼ 民平等~ (3, 0.0%)

1 ノ人權トニ深甚ナル理解, ノ土地分配, ノ自由ガ特權ニ

▼ 民思想~ (3, 0.0%)

1 の交換, を歌, を統一

▼ 民~ (3, 0.0%)

1 に腰かけ, の人気, の繁栄

▼ 民~ (3, 0.0%)

1 えかつ, えむ, え一

▼ 民済度~ (3, 0.0%)

3 の為

▼ 民的性格~ (3, 0.0%)

1 といふ問題, に於, を發揮

▼ 民精神~ (3, 0.0%)

2 の擁護者 1 ノ復活的躍動タル根本義ニ於テ特ニ急務ナリトス

▼ 民譚化~ (3, 0.0%)

1 したもの, した女神, を遂げ

▼ 民部卿~ (3, 0.0%)

1 とかと呼びなら, などが丁寧, の御

▼ 民部省~ (3, 0.0%)

1 に勤め, へ提出, まで移り

▼ 民ありき~ (2, 0.0%)

1 彼等みな地に, 死が

▼ 民おら~ (2, 0.0%)

1 あけふまで, は死ぬ

▼ 民かく~ (2, 0.0%)

1 うるは, の如く

▼ 民からの~ (2, 0.0%)

1 使いに対しても, 手紙でも

▼ 民ぐさ~ (2, 0.0%)

1 の生活, は喞

▼ 民ここ~ (2, 0.0%)

2 にかしこ

▼ 民こと~ (2, 0.0%)

1 しか来年, に漁夫ら

▼ 民ことごとく~ (2, 0.0%)

1 の憤怒, 来て

▼ 民さん僕~ (2, 0.0%)

1 は一寸, は水

▼ 民たらしめむか~ (2, 0.0%)

1 國家盛衰の, 將た

▼ 民たる者~ (2, 0.0%)

1 は抑, は誰

▼ 民だけは~ (2, 0.0%)

1 嬰児の, 殺さないよう

▼ 民ちゃん~ (2, 0.0%)

1 さあ行っ, を連れ

▼ 民です~ (2, 0.0%)

2

▼ 民とか~ (2, 0.0%)

1 申しましたが, 良人とか

▼ 民とが~ (2, 0.0%)

1 起きて, 迷子には

▼ 民としか~ (2, 0.0%)

1 なかった, 見えん

▼ 民などが~ (2, 0.0%)

1 ゐるところ, 茶を

▼ 民などと~ (2, 0.0%)

1 いえるもの, いつて

▼ 民などの~ (2, 0.0%)

1 こと甚だ, 間に

▼ 民なりや~ (2, 0.0%)

1 また我等, 我に

▼ 民にと~ (2, 0.0%)

1 つて忘れ, 言って

▼ 民により~ (2, 0.0%)

1 ていたく噛み裂かる, 神の

▼ 民のわ~ (2, 0.0%)

1 づかな數, づらひ

▼ 民また~ (2, 0.0%)

1 怯懦たる, 特に虎

▼ 民まで~ (2, 0.0%)

1 いずれも, みなごろし

▼ 民やも~ (2, 0.0%)

1 さっさと支度, 可哀相であった

▼ 民よりは~ (2, 0.0%)

1 はるかに, 立派な

▼ 民ら口々~ (2, 0.0%)

1 に, に絶叫

▼ 民われ~ (2, 0.0%)

1 思はずあらめ, 生ける験

▼ 民を以て~ (2, 0.0%)

1 目せられて, 誇稱

▼ 民イちや~ (2, 0.0%)

2 ん貴女何

▼ 民~ (2, 0.0%)

2 ていうの

▼ 民バラック~ (2, 0.0%)

1 である, に居

▼ 民一行~ (2, 0.0%)

1 の一人, の祭

▼ 民三分の二~ (2, 0.0%)

1 は皆禿首, までは禿首

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 党では, 党其の

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 を好む, を思わず

▼ 民五憲~ (2, 0.0%)

2 の説

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 ニイタルマデソノタマモノヲ受ク使君ヲ, 耕耘暇あらず

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 るを, れるなり

▼ 民侏儒~ (2, 0.0%)

2 多シ

▼ 民先生~ (2, 0.0%)

1 の, は松木

▼ 民党合同~ (2, 0.0%)

1 の失敗, を実行

▼ 民党同志~ (2, 0.0%)

1 がいたずら, の逐鹿

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 に大, を損じ

▼ 民助君~ (2, 0.0%)

1 からよく, には彼方

▼ 民友会~ (2, 0.0%)

1 の巨頭株, の幹事長

▼ 民友子大喝~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 民右衛門~ (2, 0.0%)

1 が斬り伏せられ, と土岐鉄馬

▼ 民同志対立~ (2, 0.0%)

1 しもっと, しもつと

▼ 民国貨幣~ (2, 0.0%)

1 に換算, の二円二十銭

▼ 民国革命後~ (2, 0.0%)

1 の所謂モダーン・チャイナ, も日本

▼ 民國以來~ (2, 0.0%)

1 この腐敗, の有

▼ 民國時代~ (2, 0.0%)

1 でも矢張り, を除き

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 の中村さん, の森沢氏

▼ 民多数~ (2, 0.0%)

1 の圧迫, の康福

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 は世馨, は識二

▼ 民安かれ~ (2, 0.0%)

1 と祈る, と祈るなる

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 なりカエサル, を半円形

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 だけの二相社会, のなか

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 では白昼日本人, と京

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 というの, に雲集

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 然という, 然滞

▼ 民必ず~ (2, 0.0%)

2 之を

▼ 民悉く~ (2, 0.0%)

1 つどひ, 恐怖し

▼ 民政府~ (2, 0.0%)

1 ができ, の國定中學教科書

▼ 民文學~ (2, 0.0%)

1 として成熟期, の權威

▼ 民新しき~ (2, 0.0%)

1 民, 民の

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 に出る, の決議

▼ 民~ (2, 0.0%)

2 てごらん

▼ 民楽土~ (2, 0.0%)

1 という境遇, の世

▼ 民構成~ (2, 0.0%)

2 の三

▼ 民權自由~ (2, 0.0%)

1 の意義, の論盛

▼ 民~ (2, 0.0%)

2 を救う

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 に此病, に民族毎

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 が創め, が彫刻

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 の大, をし

▼ 民的勢力~ (2, 0.0%)

1 の總, の集中

▼ 民的国家的~ (2, 0.0%)

2 な対立感情

▼ 民的国民的限定~ (2, 0.0%)

2 を難

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 その業, 逃竄

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 分れ一, 近い様

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 もこれ, をソウミン祭

▼ 民経世~ (2, 0.0%)

1 について学問, の策

▼ 民経国~ (2, 0.0%)

1 の大事, の学問

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 ぶるネスト, ぶる者

▼ 民翼贊~ (2, 0.0%)

1 の原理, の皇道

▼ 民而治主義等~ (2, 0.0%)

1 で荀子, と相反

▼ 民自由~ (2, 0.0%)

1 ノ人權ハ生産的活動, ノ恢復

▼ 民至老死~ (2, 0.0%)

2 不相往来

▼ 民藝嗅味~ (2, 0.0%)

1 となっ, に沈ん

▼ 民藝美術館~ (2, 0.0%)

1 の設立, を企てる

▼ 民藝趣味~ (2, 0.0%)

1 などに囚われたら, に堕ち

▼ 民藤田東湖~ (2, 0.0%)

1 に至つて大成, の二碩学

▼ 民謠集~ (2, 0.0%)

1 に此, の中

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 が立っ, さえいねえ

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 も無駄ごと, を有

▼ 民~ (2, 0.0%)

1 の幸先上, の驍将

▼ 民運動~ (2, 0.0%)

1 として官民一体, ノ指揮者タリシ以來現代民主國

▼ 民達上り~ (2, 0.0%)

1 がまち, がりまち

▼ 民部わし~ (2, 0.0%)

1 はこれ, はこんど

▼ 民部殿~ (2, 0.0%)

1 か, は降

▼ 民部蔦~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 民香蔵さん~ (2, 0.0%)

1 ともしばらく, は中津川

▼ 民黨イタリア~ (2, 0.0%)

2 のフアツシヨ

▼ 民黨員~ (2, 0.0%)

1 と或, は彼

▼1* [655件]

あきれて御, 民あすこにも此所, 民あっての武門, 民あったと記した, 民あなたの国, 民あまりに縁近くゐたれ, 民ありければ我, 民あれほど半蔵さん, 民いかにして, 民いかばかり數少き, 民いひ甲斐なし, 民いまはこの, 民うたへるも, 民おいお民, 民おしのという大, 民おのおのその食, 民お前どこか末広, 民お前今の若, 民お客さんが酒, 民お母さんに内証, 民かつて世に, 民かでいわゆる一処, 民かと思うたら中, 民からも聞いたよ, 民の毒さかぎり, 民くさよ歌ごころ, 民ぐさ千万の精霊, 民ぐさ達我あらばこそ, 民こそ真の, 民さえもするの, 民さまなぞはそれ, 民さんあなたをば大変, 民さんここまでくれ, 民さんこれ野菊がと僕, 民さんそれじゃ, 民さんたちと放牧, 民さんなんですそんなに, 民さん今日はほんとに, 民さん何をいう, 民さん元気をお, 民さん向うの山, 民さん妻籠も変わりましたろう, 民さん始め鍵屋の人達, 民さん御覧なさい入日, 民さん心配すること, 民さん牛がなめるつちふ, 民さん許で夜更し, 民しいたげ易く上天, 民しきゃ乗せないんだ, 民すべてに人間らしい, 民すら無経験, 民ずれが何, 民そうした人々が, 民それからイルツクの, 民汝の, 民ぞといひしなるべしと, 民ただ一人だけが裸足, 民たらしめたる更に重要, 民たる者此二譚を讀, 民だけがきっとなっ, 民だけのその後の, 民だけを虐げること, 民だったら四発だ, 民だに兄弟宗族尚, 民だろうあれは, 民ちゃん御覧よ, 民ちゃん恐くはない, 民ちょっとおいでちょっと, 民やア, 民ってお内儀さん, 民っていうんだろう, 民であるかういふ風に, 民であるだろうとのこと, 民であれば神官, 民でなくても眞, 民でなければなりません, 民でのうては求め, 民といったような, 民といふ娘を, 民とかいふ意味な, 民ときまつたやう, 民としてのみ生くる, 民とに就て, 民どうしてお前は, 民なければいかに, 民なしとは建国, 民なぞが避難し, 民などとともに良民とも, 民などは腰を, 民などもみな解き放, 民などを書いたの, 民なほも何事, 民なほ離る, 民なら出來る, 民なら知らぬこと信長の, 民なりといはざる可, 民なるべきか何ぞ, 民なれば天子, 民における強い習慣, 民にかはりて, 民にたいして少なくとも毎年一回, 民にたいしては忘れえずに, 民にたいする差別觀念の, 民にとっても見のがせない機会, 民にのみ限って, 民によって支払われそして, 民に対してすら甚だ尊大, 民に対してだけは友達ずくに, 民に対してはほとんど無限, 民はけふ悉くこ, 民はのぼつて, 民ばかりのようです, 民ひとしく貯蓄に, 民ひょっとすると, 民へでもない, 民ほどのきりやうで, 民まあなんでも, 民まがいの武士, 民みな一新の政, 民みな巧智ありと, 民みな武王の意, 民みな覇政の沢, 民もって質, 民やが斯様な, 民やをやって, 民よとさげすまれるに, 民らしい狭いソシアリスティック・ラディカリシー, 民らしく子供を, 民ら号叫する, 民ら戈を倒, 民ら歓声を揚げ, 民われこれを見る, 民をば自分たちの, 民を通じてなされたの, 民古來尚武, 民全亞細亞, 民ガ世界的知識ノ供給者ニアラズ, 民ガ其生活基礎タル土地ヲ奪取セラレツツアルヲ, 民ガ平等ニ國家的保障ヲ得, 民ガ西比利亞ニ於テ露語ヲ語リ濠洲ニ於テ英語ヲ語ル顛倒事ヲナス能ハザルナラバ, 民タラシメタル阿片輸入ト同ジ, 民タル人權ヲ保障セラル, 民タル國民權ヲ最初ニ且ツ完全ニ賦與セラルルヲ明カニスル者ナリ, 民タル子女ヲ益々, 民タル常道常識ヲ教育セラルル者, 民タル權利ノ上ニ立テサルヘカラス, 民タル權利ニ於テ平等普通ニ衆議院議員ノ被, 民タル點ニ於テ國民的人權ヲ有, 民トシテ國家ノ全, 民トヲ阻隔シ來レル藩屏ヲ撤去シテ明治維新, 民ト共ニ亡ビザル限リ銀行省ノ預金ニ不安ナシ, 民ト同一無差別ナル利, 民ニシテ如何ゾ世界的大帝國, 民ニシテ如何ナル思想ニ導カルルニセヨ國民ノ財産權ヲ犯ス者ハ, 民ニ何ノ自主的人格アランヤ, 民ニ其所有權ヲ保障シ享樂セシメントスルニ, 民ニ徴兵制ノ如ク勞働強制, 民ハ國民ノ義務ナル道念ニ忍ビテ一ニ只忘却ニ封ジツツアルトキ, 民ハ平等自由ノ國民タル人權, 民ハ心ヲ冷カニシテ天, 民ハ疲レ諸卒倦ミテ兵器馬具モ古リ, 民ヒュペーレーアの源泉, 民プーリア人のすべて不忠, 民マンナに生命, 民ミナ敗ヲ忘レテ励ム, 民モ間接税ノ負, 民ロシア人の怠惰, 民ロックリン人の一人, 民ヲ制伏セント欲シ徒党ヲ結テ其党, 民ヲ化スヲ本, 民一人の様子, 民一個の政府, 民一切の所有品, 民一汎に信ずる, 民一致して, 民一行解散後に於ける, 民一部との間, 民丁五百余口あって, 民七兵衛山に薪採り, 民七十余戸ことごとく入獄, 民三千人の出京, 民もなき, 民上下一般に期せし, 民不意の富, 民世の中は妙, 民乃有居后稷, 民久しくその禍亂, 民二百五十万の希望, 民二郎は投票立会, 民二階へ燈火, 民五郎妙にウロウロ, 民五郎黒羽源治木村嘉吉中村勘蔵山田武岡馨が出廷, 民する時, 民人となりて今日, 民人口は四万五千人, 民人教化の人文的事業, 民人權ノ擁護, 民人物の中堅, 民仁義慈悲の念, 民今に本陣も, 民今後の責任, 民以上に向上, 民以下兵たちの跫音, 民以前信ぜしは, 民以来者亦有, 民だね, 民会員各公署代表, 民会支部の一隅, 民会発会式の式場, 民がある, 民伝説武塔神やスサノオ, 民住むと知り, 民の楽しみ, 民なくん, 民は挙げ, 民偕ニ之ヲ楽ン, 民の報道, 民傀儡子や中古流行, 民傳統の尊重, 民僅かに四十戸, 民多き時, 民元気沮喪し四分八裂, 民党それぞれの意外, 民党一掃の選挙干渉, 民党中の最, 民党圧迫がその, 民党査定案が一瀉千里, 民党破壊演説は彼, 民党議員が誰, 民全八郎洞谷雄蔵等, 民全員が一堂, 民全部の怨嗟, 民全部ガ自ラ國際語, 民公署という分署, 民六口を此島, 民は財宝, 民共産党に発展, 民共産党事件に連坐, 民共通の罪惡, 民其煩に堪へ, 民再びアイギナに, 民処処巧安排, 民列車にのっ, 民制度の時代, 民創意を失い, 民劇小説などでさらに, 民助兄に対してもわざわざ, 民労会の五六十名, 民勘左衛門の園中一根八竿, 民匹夫匹婦まで其澤, 民十万の生霊, 民十幾戸が愈々, 民十萬今はた何, 民千余人葬いの行粧, 民半蔵が吾家, 民協同党共産党などという名前, 民協會以外に於ける, 民南河内の一族有縁, 民原住民としてのこし, 民友会本部から, 民友先生が言, 民友子先つ頃, 民友新聞と云う, 民友社ものを耽, 民友社中彼れと, 民友社政教社乃至女, 民友社派との間, 民右衛門胸を張っ, 民右衛門鞘だけ持っ, 民右衞門さまでございましょう無尽, 民各々万を以て計, 民各自の責任, 民同志がどう, 民同派広川派なきもの, 民同然腰巻一つで富家, 民は逸, 民の競塲, 民をたのみ, 民生ける驗, 民吾家の周囲, 民呼んで多, 民の粟, 民商村と化した, 民問題を溶解, 民善からん君子, 民嘲笑の的, 民器民画私はそれ等, 民器私はそれ等, 民むに際して, 民困窮の様子, 民図りなば, 民図彙という見聞録, 民図彙時代すなわち弘前, 民国人になつて, 民国今日の健児たち, 民国元年わたしが初めて, 民国六年の冬, 民国十三年の調査, 民国有識階級ニ於テハ華国ハ眠レル獅子ナリト言ヒナサレ覚醒, 民国革命に投じた, 民国革命初期以来数十年ぶりの現象, 民国革命後三十数年たってのこと, 民国革命進行中だったこと, 民國七八年以來の支那, 民國以來殊に著しく, 民國以後の支那, 民國八年マデノ支那が前者タル理由ニヨリテ後者タル, 民國十五年今から三四年前, 民國成立後宦官は無, 民國興隆の爲め, 民國陳東原中國婦女生活史, 民國陳顧遠中國古代婚姻史, 民圖書館はどこ, 民土一般もその, 民土興隆の時代, 民土風俗などを知る, 民が好き, 民坐したるところに, 民報一本立てとなり, 民塗炭の苦しみ, 民増加の割合, 民を撃ち, 民外交上非常の効果, 民多勢農夫牧民老若男女雪崩を打っ, 民多勢首を伸ばし, 民大いに悦び議定, 民大多數ノ, 民大挙上京の報, 民大衆諸君に見えなけれ, 民大騒ぎせし事, 民和し難し, 民夷雑居の境, 民奉公会の主, 民妻籠の方, 民て寫眞鏡用法, 民お粂, 民學校生女學校生は堵列, 民安からぬ日, 民安く千軍血を, 民安穏を見とどけ, 民の発展, 民富みて君主, 民富二らの日本活字創成, 民富国強兵を目標, 民寒き者多し, 民寿平次さんはなんと, 民けり, 民小字は清太郎, 民小舎にかがん, 民少なからず古, 民尭舜と栄え, 民居耕田の跡, 民屋みな焼け野原と化し, 民屋ハ兵火ニ罹リ, 民屋マデ空袋ノ底ヲサグルガ如ク, 民屋其処でジンギスカン以後, 民屋田畑草木禽獣まで少し, 民へ紙幣, 民の流れ, 民は二百二十万, 民が平和, 民布教の事, 民帰ったよ, 民店座敷へ行っ, 民庶入京後は洛中, 民庶往反の煩無し, 民庶皆伊達家贔屓であるから, 民弱り入り林中に, 民張りの米喰虫, 民も亦, 民彼等金の犢, 民往來したり, 民律草案第四編首章參看, 民徳川勢に通じ, 民忠也とある, 民思想ニヨリテ婦人勞働者ハ漸次的ニ勞働界ヲ去, 民性十論の中, 民性支那文化の性質, 民怨嗟の声, 民悲歎にくる, 民意識に徹し, 民愛國心に訴, 民感情はうごかしたくない, 民慰問会の開かれる, 民慰撫に埼玉県下, 民憂世の念, 民れ鉄, 民或は地を, 民戴笠字は曼公, 民戸数十万に余り, 民所得が幾らか, 民手の物を取られし, 民手背をもて示し, 民ひを, 民しかつ, 民持ち帰り物主を, 民揚々として自得, 民改まり貧富互に, 民政府部内の要人, 民救死不遑時, 民教育ガ常識教育ニシテ或ル分科的專攻, 民教育トシテ必要ニモ非ズ, 民教育ニヨリテ此等ヲ存置スル善惡一切, 民教育ニ於テ只陸軍的模倣ヲナサシメテ海兵的訓育ヲ閑却スルコトノ矛盾ナルヲ以テナリ, 民教育ニ於テ英語ヲ全, 民教育ハ國民ノ權利トシテ受クル者ナルヲ以テ, 民教育期間中ニ世界的常識ヲ得, 民について話す, 民数戸籍を正す, 民多し彼等汝, 民數紀略一二・七に曰く, 民文化の結晶, 民文庫に現存, 民なるによりて, 民新聞社にタクシー, 民新聞社長たる徳富猪一郎氏, 民日本の一鍛冶, 民早いものじゃ, 民より一, 民春江定子など三, 民時代の武器, 民普通の口語, 民の粋, 民最大多數, 民會議委員會は來, 民有らゆる人種に, 民本的と云い得るなら, 民林三の妻, 民栄え家に, 民だが, 民楽時代の土俗, 民樂業の繁昌, 民權自由論者であつ, 民權論者からも愛國者, 民權運動ニ讓歩スルトキ成ルベク長ク專制ヲ維持セント欲スル期間, 民や俗曲, 民歌って曰く, 民歡呼の間, 民の三原素, 民に國, 民毒害を被る, 民にあらず, 民民新なるによりて, 民が付い, 民決して野ならず, 民より海, 民泣いて物言はず, 民派中には比較的, 民浦島の子, 民溺れ死するを, 民熟兎過殖, 民の鐵道船舶, 民爲刑推爲三后而皐陶不與, 民父母といひ, 民父祖いらい北条氏, 民特有のべそ, 民へ話題, 民玄昌玄高養竹養真養玄泰安菊庵立造玄察金左衛門洞谷理安策恒三雄之介, 民をなす, 民画私はそれ等, 民畏怖の的, 民りたる人種, 民の状, 民病院は規模, 民百姓一統が仕合せ, 民百姓下々の食えねえ, 民百姓貧乏人のこと, 民的クラシックの名, 民的主義の国, 民的人權ヲ有, 民的努力を祝福, 民的国家神道ですよ, 民的地方的の文學, 民的基礎の上, 民的宗教となすべし, 民的屈辱を最早, 民的常識も日常觀念, 民的思想を有, 民的性情と歴史的積勢, 民的愛着國家的偏見を失, 民的政治家と爲, 民的暴行の演ぜられた, 民的特徴を剥ぎ去つ, 民的生活が文化, 民的自殺である, 民的覺醒ヲ裏切, 民的解放の主要條件, 民的詩人はいつも, 民的體驗を經, 民皆兵主義トヲ混同シテ臨ミシ無智, 民皆喪服しいた, 民相互の間, 民相半する有, 民相馬佐及び洋装, 民の完全, 民の開発, 民研究の序論, 民を拝む, 民神代の風, 民を知る, 民秀吉の望み, 民科会長がうまれ, 民をくすね, 民するに, 民等城主の一行, 民等金がなけれ, 民の解釋, 民簿をよく, 民粂どんに上げる, 民精神ト建國歴史ヲ異, 民組織もまず, 民結つてもら, 民統合の象徴, 民經濟の立直, 民經濟生活の最大要素, 民総代たちもまた, 民総代弁護士新聞記者等五十余名が会合, 民の甚, 民の説話化, 民翕然として之, 民老死に至る, 民して, 民職分を擔當, 民肉食を缺, 民背きて王, 民膏血ノ貯金, 民臣下に公平, 民自ら以て卑し, 民自体の中, 民自然にし, 民臭くなつた, 民が多く, 民であの, 民英學會にも學び, 民蔑視の問題, 民蕩々たりと, 民藝全般に拡大, 民藝協会全国協議会が京都, 民藝協会全国大会が青森県, 民藝協会員一同が滞, 民藝協団を計画, 民藝史なの, 民藝品それは最も, 民藝品日常品で醜い, 民藝時代が来る, 民藝的な簡素, 民藝論に囚われる, 民藝趣味民藝嗅味となっ, 民藝運動の一つ, 民藝館全体が一つ, 民藝館建設のため金十万円, 民へ泡つぶ, 民ふまた, 民見えたり彼等, 民規則を設け, 民解放を説く, 民詩人とた, 民詩曲としてまた, 民の資格, 民語るも苦き, 民誼たち支那學生に紹介方, 民誼君に伴, 民諸族に行わる, 民謠俗歌の類, 民謠特有の戀愛情趣, 民謠風のもの, 民謠體のもの, 民譚世界的類型の基礎, 民譚以後の神学, 民譚集といふもの, 民譚集七四頁に木樵, 民譚飜訳者の手, 民譬へば英吉利人の, 民貧者の酒場, 民貯えて食料, 民軍の, 民賃金教育刑罰醜業婦人の地位, 民賤民等の如き, 民赤楊よ涙, 民趙丑斯郭菩薩等あり謡言, 民跪きてこれ, 民農民職人商人などの生産的, 民造君同野口, 民道徳ト其ノ保護者トノ爲メニ制限セラルルハ論ナシ, 民邪視と妖巫, 民部これを指揮, 民部さま蔦之助, 民部さんでしょう, 民部しずかに伊那丸, 民部そちはわし, 民部たちは, 民部ひとりは深編笠, 民部サマカラ若君ヘ申シアゲテクダサイマシ, 民部一人を抜かし, 民部一念斎であった, 民部丞門屋助右衛門寺村半左衛門, 民部二軒の屋敷, 民部入道親範の女, 民部兼大蔵少輔, 民部兼大蔵大輔にあてた, 民部卿以来三舟に乗る, 民部卿光経どのの所, 民部卿入道も撰択, 民部卿播磨守で敦忠, 民部卿時長の子, 民部卿皇大皇后宮大夫源俊明, 民部卿範光という人, 民部咲耶子などがあらためて, 民部咲耶子蔦之助, 民部大夫広綱, 民部大夫守朝を呼ん, 民部大夫行光さまだけが伺候, 民部大蔵大輔大隈重信と少, 民部大輔さんにお願い, 民部大輔兼大蔵大輔従四位守管原朝臣重信, 民部大輔菅雄と云, 民部大輔非常に困, 民部太夫あり, 民部山崎勘解由等これに殉じた, 民部山県蔦之助, 民部手荒なこと, 民部木隠龍太郎, 民部権太輔両人遠島の命, 民部民部やある, 民部流開祖で十人衆, 民部甘利左衛門などの隊, 民部畢生の軍配, 民部省主計寮大蔵省宮内省大膳職内膳司主膳監等式又見, 民部真田幸隆等に一万二千, 民部輔様や同家, 民を一本, 民長き草にて, 民長く忘るまじ, 民陶宗儀の, 民畧の, 民ひて, 民雜多にし, 民を避け, 民ヲ待ツノ声, 民をあげ, 民にし, 民頼んだぜ, 民顕あたりの湯婆, 民顕人は何, 民類学などである, 民風卑屈自立の気象, 民風士氣との關係, 民を牽, 民馬籠のお父さん, 民驚きを受, 民黨合同を實行, 民黨宣傳部理事である人, 民黨破壞演説は彼, 民黨聯合軍が勇敢, 民の児目