青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「氏~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

比べ~ 比べる~ ~比較 比較~ ~比較的 比較的~ ~毛 毛~ 毛布~ ~氏
氏~
~民 民~ 民主~ ~民族 民族~ ~民衆 民衆~ 民間~ ~気 気~

「氏~」 43659, 472ppm, 208位

▼ 氏~ (12537, 28.7%)

74 顔を 54 家に 53 ところへ 51 作品の 49 ような 46 ように 43 ために 39 作品を 38 作品は 36 話に 34 如きは 32 前に 31 説に 30 姿を, 言葉を 29 ことを, 家へ, 手に 25 場合は, 方へ 24 家を, 方が 23 やうな, 方で 22 方は, 紹介で 21 宅に, 招待で 20 家は 19 作品に, 口から, 名を, 手を, 許へ 18 如きも, 姿が, 心を, 話を, 顔は 17 やうに, 所へ 16 夫人は, 言葉に 15 ところに, 方に, 案内で 14 作品が, 姿は, 心の, 説は, 顔が 13 方を, 案内にて, 部屋に, 頭の 12 とこへ, 世話で, 事を, 声が, 家の, 胸に, 言ふ, 言葉は, 説を 11 あとを, もとに, 文章を, 筆に, 言を, 部屋の

10 [18件] ごときは, ところで, ものは, 前で, 前へ, 夫人が, 家で, 所謂, 手で, 時代に, 目に, 絵を, 胸を, 著, 言葉が, 言葉の, 部屋へ, 顔に

9 [19件] ほうは, 上に, 名は, 君の, 命を, 場合に, 場合には, 外に, 夫人と, 心は, 意を, 最近の, 絵は, 耳に, 話, 話は, 語部の, 説の, 顔には

8 お宅, ことだ, 云ふ, 哲学の, 小説, 文章は, 言に, 談に

7 [34件] ことで, すがた, ものを, 下に, 事だ, 人格の, 仕事の, 作を, 初期の, 厚意を, 君が, 報告に, 女の, 好意に, 好意を, 姿に, 家から, 屍体を, 心に, 意見に, 態度は, 手から, 手許に, 文章が, 文章の, 次の, 歌は, 死を, 爲に, 眼は, 絵が, 詩を, 話が, 話では

6 [30件] ことは, この言葉, もとへ, 一族が, 事は, 代に, 作は, 写真を, 原稿を, 墓は, 夫人の, 宅にて, 宅を, 家には, 家族は, 小説に, 書く大阪弁, 歌, 歌に, 為めに, 画は, 画を, 肩を, 芸術は, 血を, 説明を, 身体を, 過去の, 邸に, 顔色を

5 [75件] こと, ことです, ごときも, ほかに, 一行は, 事に, 先祖の, 処へ, 出である, 別荘に, 別荘へ, 勢力を, 君は, 報に, 場合と, 境地, 声に, 声は, 声を, 外には, 大きな材木店, 女を, 存在は, 宅で, 宅の, 室の, 家では, 小説で, 小説は, 後を, 愛を, 態度も, 手紙が, 批評は, 掟の, 文に, 方から, 有名な, 死は, 水軍は, 為に, 眼が, 眼に, 眼には, 研究に, 祖先は, 神天押雲根と, 神祭りにも, 神語り, 祭りは, 紹介状を, 絵の, 膝の, 芸術の, 芸術を, 著書, 著書の, 視線を, 許に, 語る所, 語部なる, 説明に, 談を, 談話に, 論文を, 諸作, 諸墓, 近著, 部屋で, 部屋には, 門に, 頭に, 頭を, 首を, 鼻の

4 [138件] いわゆる, お弟子, ことについて, これまでの, そばに, そばへ, それに, もので, 一派を, 世話に, 中に, 事蹟を, 二人の, 今日の, 令嬢が, 令息で, 位地は, 住んで, 住所を, 作, 作が, 作では, 作には, 作品から, 作品と, 作品には, 作品に対する, 作家としての, 作風の, 例の, 傍に, 勢力は, 友達の, 口吻を, 古物語りを, 右の, 名が, 名前が, 名前を, 君を, 命で, 唇を, 場合の, 場合も, 墓の, 墓を, 奇妙な, 好意で, 妹の, 子の, 子供が, 子孫を, 存在を, 宅へ, 室に, 家庭に, 寓居に, 小説を, 居城の, 屍体の, 弟が, 御隠居, 御馳走で, 心には, 思想は, 意の, 意見は, 意見を, 態度を, 戯曲, 所で, 所に, 所へも, 手は, 手へ, 手中に, 手紙には, 承諾を, 文学を, 日本伝説集, 時代から, 書いた, 書いたもの, 書いて, 書斎の, 本は, 様に, 様子は, 歌である, 死体を, 油絵の, 物特に, 物語, 物語りである, 独創的な, 画が, 画と, 皮肉を, 目の, 眼を, 立場に, 紹介に, 胸は, 腕を, 腹を, 芸術, 芸術が, 芸術に, 著書が, 著書に, 著書には, 行動を, 表現は, 解説も, 言の, 言は, 訳で, 詩は, 話である, 話の, 語るを, 語部, 説も, 調査に, 論文, 講義に, 議論は, 身体は, 軍が, 軍に, 返事, 運命は, 邸を, 長者と, 阿母さん, 随筆を, 電話を, 顔も

3 [252件] あとについて, いうには, いうよう, うしろに, うちに, おもて, お父さんの, お説教, ことである, こと故, この話, それと, それは, ためには, ところを, ほうから, ほうからも, ほうで, ほうへ, ほうを, まえに, まわりには, もとを, ものに, わたくしに, 一族だ, 一族の, 上の, 世に, 世話を, 中の, 主張の, 二人娘, 人々の, 人柄に, 仕事は, 仕事を, 他の, 住居の, 作の, 作品, 作品に対して, 作品も, 倫理学は, 倫理思想は, 偉大なる, 側に, 全身に, 出現を, 前では, 前には, 前を, 勢力に, 勢力の, 印象は, 厭世主義は, 友人で, 友人の, 口を, 名刺を, 名前で, 周旋で, 呼び方, 哲学は, 場合にも, 墓が, 変死を, 大女, 大臣は, 天下を, 失敗は, 女よりも, 女壻, 好奇心を, 好意ある, 好意と, 好意にて, 如き, 如何に, 妙な, 姓を, 姿へ, 姿も, 娘に, 子が, 子供を, 宅は, 客と, 家が, 家庭では, 家族の, 家来, 宿を, 寓所に, 屍体が, 屍体に, 左右の, 建立した, 当時の, 影響を, 後に, 後ろへ, 後姿を, 御意見, 御案内, 志を, 思ひ出, 思想の, 恐れて, 息子の, 意向を, 意見, 感情を, 態度が, 成功は, 或る, 戯曲の, 所から, 所蔵に, 手が, 手紙の, 手紙を, 手記, 手記の, 批評の, 批評を, 技に, 探偵小説は, 推薦で, 攻撃を, 故宅, 文の, 文は, 新著, 方の, 方へも, 方も, 晩年の, 曰く, 書を, 最初の, 最後の, 本が, 本の, 本名は, 枕元に, 様子を, 権力は, 権力を, 歌を, 死の, 氏の, 気に, 気持が, 治世に, 注意で, 注意を, 流れを, 演説の, 演説を, 父君, 父親は, 物の, 玄関に, 現在を, 理論の, 生活の, 画の, 画業の, 発明といふ, 真似を, 眸を, 眼の, 知人が, 石の, 研究は, 祀を, 祖は, 祖父の, 私に対する, 私の, 立つて, 立場は, 立場を, 第一, 細君が, 絵には, 翻訳で, 考へでは, 耳には, 耳を, 肩の, 背を, 背後から, 背後に, 胸には, 胸の, 胸へ, 腹に, 臨終の, 自殺を, 芸術に対して, 若さ, 著作の, 著書は, 著書より, 行動は, 表情は, 言である, 計算の, 計算は, 訪問を, 許へは, 訳に, 評の, 詩でも, 詩風は, 話から, 認識論の, 説では, 談の, 談話によるに, 談話は, 論文に, 論文の, 講演が, 講義を, 議論に, 議論の, 足跡は, 身辺に, 軍は, 近作, 遺産は, 邸の, 邸は, 部屋を, 金を, 長の, 長者として, 長者を, 長身が, 門を, 門下に, 随筆で, 随筆に, 隣りに, 頭脳の, 顔色は, 養子と, 駒を, 魂は

2 [719件 抜粋] あたま, あとに, いう通り, いだく未来図, お娘, お手紙, お説, きも, この, この倫理学, この意見, ごとき, そのほとり, ためにも, ところには, どこか, ふたりを, ふところにも, まえへ, ものから, ものである, ものより, アトリエの, アトリヱが, チヤムバーレーン論を, ナンセンスは, リアリズムは, 一党が, 一勢が, 一家は, 一家を, 一文が, 一族で, 一族と, 一行と, 一行の, 万物の, 三人が, 下で, 下にこそ, 下の, 下屋敷に, 不道徳を, 世界的発明, 中将は, 主家戸田淡路守氏養の, 主張を, 事業と, 事業は, 事業を, 二重外交を, 云う貪慾, 五三・三四〇瓩を, 亡びた時, 人格は, 人格を, 人物と, 人物に, 人生は, 仕事が, 仕事も, 代々の, 代理として, 仮寓に, 伝ふる, 伝説は, 位地安全なる, 位地尚, 体は, 体重を, 何番目かの, 作として, 作品からは, 作品で, 作品である, 作品へ, 作品や, 作物から, 作物が, 例に, 例を, 依嘱, 俳句を, 個人的な, 健康を, 側へ, 傲岸なる, 傾倒し, 兇徳人みな厭き果て候よう天朝へ, 先に, 先祖が, 先駆者としての, 共和演説問題に, 内に, 写真が, 処に, 出して, 出だ, 分と, 分は, 別荘の, 前の, 創作の, 創作詩の, 創訳で, 力も, 功績の, 努力は, 努力を, 労作, 勝利は, 勢が, 勢は, 勤王は, 半面, 原稿は, 双眼の, 口に, 口碑に, 古くからの, 句は, 右に, 同名の, 名に, 名前は, 君と, 君には, 周囲には, 品性廉潔なる, 哲学を, 唇から, 唯物論は, 問いに対して, 問ひ, 嗣と, 噂を, 在否, 地位は, 地位を, 執事と, 報ずる所, 報知に, 報知によるに, 塾に, 墓に, 墟で, 売立会に, 外は, 外務大臣たるに, 多年の, 大臣の, 大臣も, 天下二六〇余年の, 夫人として, 夫人とも, 夫人も, 奉職し, 女と, 好きな, 好意が, 好意により, 如き人物, 如き以, 如き或は, 如く, 如くまた, 妹さんの, 妹で, 妻の, 姓は, 姫君の, 娘の, 娘を, 婿の, 子であり, 子孫の, 子孫も, 学者としての, 学説を, 宅では, 宏壮な, 宗家と, 定鼎, 実験に, 室へ, 家からも, 家だ, 家という, 家なる, 家にて, 家世は, 家庭の, 家庭を, 家族も, 家族を, 家来の, 家系は, 家臣織田氏が, 富士見町の, 寝所の, 小説と, 小説には, 小説の, 居を, 居間に, 屋久島旅行記を, 屋敷へ, 市長に, 帰りを, 平生窟より, 平素の, 床几の, 序文が, 序文にも, 庭に, 弟に, 弟子に, 強頂, 影が, 後ろから, 従弟で, 得意な, 得意の, 御好意, 御池殿の, 心中を, 心事果して, 心境は, 心持を, 心理に, 忠告に, 思想および, 思想を, 性格に関する, 性格の, 恋から, 恋を, 恩を, 息で, 悪影響です, 意見が, 意見である, 愛の, 愛読書は, 感想は, 感想を, 態度とは, 憤慨に, 戯曲を, 所藏, 所説に, 所説を, 所論を, 手兵は, 手紙, 手紙は, 手紙も, 才能は, 扶助を, 批評に, 招きで, 招待だった, 持つて, 持論なりと, 指摘される, 指摘した, 掌と, 掌中に, 掌面に, 描くところ, 提唱する, 支配に, 政治的生命は, 教ふる, 教養は, 敵に, 文学に, 文章に, 斡旋に, 斯様な, 新見解, 方には, 旗を, 旗挙げ, 旧い習, 昔から, 昔の, 時にも, 時の, 書いた物, 書かれた, 書に, 書斎に, 書斎には, 書斎を, 書物でも, 最愛の, 有で, 末の, 末路は, 本を, 本領が, 本體, 村までは, 来たの, 来訪を, 根拠地で, 権力が, 権勢も, 権勢を, 機心敏慧なる, 歌集, 此の, 死, 死と, 死んだの, 死体は, 死状は, 死骸を, 母親の, 比喩なり, 永年の, 江戸を, 治下に, 注文に, 活躍は, 消息を, 涙は, 温情は, 滅亡を, 災難の, 為事は, 無線七宝の, 父で, 父は, 父祖の, 物語に, 現在の, 現存し, 理論に, 生前は, 生命は, 生活と, 生活は, 画室から, 画室を, 留守を, 番頭さんの, 病気は, 発見に, 白旗平家の, 盛んなる, 監督せる, 目には, 眉も, 眸は, 眼界は, 着想は, 碑を, 示教を, 祖先が, 祖先と, 祖父は, 祖神と, 神として, 神経は, 禿頭を, 秘密協議を, 秘書を, 突然の, 筆が, 筆を, 答弁の, 答書, 系譜を, 純文学の, 紹介によって, 紹介は, 結婚の, 絵画に, 綿密な, 繁栄を, 繪卷, 美は, 美貌が, 翻訳が, 老獪片岡氏の, 考へに, 考証が, 耳にも, 耽美主義には, 肩越しに, 脚下に, 臣として, 自動車で, 自宅を, 自然に対する, 自由な, 自由党に, 舊い, 色彩は, 菩提所で, 著書から, 蔵する, 薬をの, 血統は, 行手に, 行方を, 表に, 表の, 裔で, 製作に, 見事な, 親切な, 親友で, 親父さんという, 観劇談を, 解説に, 解説を, 言うこと, 言うには, 言つてゐる, 言には, 言ふところが, 言葉で, 言葉である, 計画は, 記する, 許を, 訳の, 訳も, 訳詩が, 診察を, 証言に, 評論には, 詩が, 詩な, 詩に, 話で, 語るところ, 誤謬は, 説, 説にも, 説明が, 説話を, 調査の, 論文が, 諸家の, 講演を, 譯, 議論である, 賜物である, 足あとは, 足の, 身に, 身の, 身体の, 車の, 軍を, 輩は, 辞典に, 農奴には, 迎えに, 近況を, 近親の, 迷惑に, 逆襲を, 運命を, 遺作展覧会が, 遺志を, 遺族の, 遺言に, 邸で, 邸宅が, 邸宅は, 部下の, 配下に, 長女は, 長篇, 長者に, 間に, 随筆の, 雄弁に, 雨がへ, 雷霆の, 非常な, 面を, 頬を, 頭には, 頭は, 額に, 顔から, 顔と, 顔へ, 顔色が, 風貌と, 馬は, 骨折りを, 魂が, 鼻が

1 [7014件 抜粋] あいだには, あの晴れやかさ, いいかけるの, いえるところ, いって, いるとは, いわゆる生者必滅, うすいあばた, おっかさんなどを, お伴を, お孫さんの, お父さんで, お通夜の, きちんとした, ことに, このあわれみ, この思いがけない, この科学水準, こんどの, ごとく人生, さしず, すぐ隣, そういう配慮, その悲痛, それが, たっての頼み, つぶやきだった, ところでは, なかで, ねらいであったかも, ひどい卑陋, ほかには, むねを, もとへは, ものも, やり方に, わすれがたみ, アパートの, グループだった, ジープに, ダンスの, ドストイェフスキイに, ヒューマンな, ヘラヘラの, モーニングの, ルナアル観に対する, 一二の, 一大敵国を, 一幕ものであった, 一族な, 一朝に, 一般的な, 一身上の, 万葉集年表に, 三絃と, 上職が, 下手人が, 不満が, 与へられたるもの, 世話にでも, 並立時代といふ, 中篇小説, 主人公は, 主従一列の, 乗船が, 九谷の, 予報を, 事なれ, 事業の, 二作, 云う通り, 五常白眉を, 京都滞在は, 人などにて, 人格について, 人生觀に, 人間的本質が, 仕事という, 代にな, 令兄も, 令嬢である, 令息, 仰せもっとも, 会話の, 伝授を, 位置には, 佐渡記行を, 何かで, 作であります, 作品などを, 作家態度描く, 作画上の, 來る, 供に, 俘われを, 修史が, 個性の, 偉大であらう, 傍らに, 傾向としては, 元来が, 先代精一氏あたりが, 先途を, 入社と, 全身の, 公表報告の, 其名字を, 内部発展の, 写生画を, 処で, 出入だ, 出獄を, 出馬場玄玖妻長女純岡西氏の, 初の, 別邸が, 前夫人, 創められた, 創意に, 力と, 功と, 努力が, 動静は, 勧めで, 十三日の, 半面に, 博識は, 厚意によって, 厳父は, 友情で, 反逆いらい, 口も, 口調を, 古語を, 召使が, 各方面, 同情と, 名も, 名著で, 向い側に, 呈出した, 命に, 哀傷は, 唐朝新定詩體と, 啓蒙は, 営は, 四肢は, 国家が, 土牛評, 地侍などに, 城下として, 堂々たる講義, 場合かう, 場合私たちの, 墓五基と, 墓誌銘です, 声らしい, 変死事件を, 外甥を, 大きな声, 大地岩藤雪夫氏の, 大森に, 大逆の, 天神寿詞の, 夫人です, 夫人鎌子, 奔走周旋実に, 奥様も, 女婿乃ち龍馬の, 好めるやさしい, 如きが, 如き見當違, 如く明治, 妹と, 妻登子, 姓名の, 娘だ, 娘政子を, 嫡子や, 子に, 子弟に, 存在に, 学生小説などから, 學は, 宏量と, 定義を, 実弟ことし十七の, 客である, 宰たらしめ, 家なり, 家人薬師寺弾正政高の, 家庭こそ, 家東久邇宮殿下が, 家臣であった, 宿に, 寄贈に, 寓居という, 實見, 対農民政策は, 将が, 小品, 小説にも, 尽力で, 居所を, 屍体は, 山東京伝を, 崇拝者は, 巨体の, 帖が, 帰朝歓迎会は, 平明な, 年齢や, 広い庭園, 序文, 座敷の, 建築研究は, 弟, 弟実, 強い負け惜しみ, 形勢を, 後から, 後文久中に, 従姉を, 御所の, 御話, 心全体を, 心理を, 志は, 忠告には, 怒りに, 思ひ附, 思索も, 性格中には, 恋の, 恩徳である, 息子以上四台の, 悲運に, 意も, 意気は, 愛する木食上人, 愛子月子嬢の, 感受した, 感激の, 憂ひを, 成れの果てといった, 所ばかり, 所蔵なり, 所謂一つの, 所領たる, 手の者が, 手法は, 手記が, 才能を, 批評も, 技術的知識人としての, 招き文には, 持ち味といふ, 持馬は, 指摘は, 挿絵には, 探偵事務所だ, 推理の, 描法の, 援助により, 擬古的な, 支那怪奇小説集を, 政権壟断は, 故城址, 教へを, 数十本の, 文を, 文学平衡論は, 文章なども, 斬新を, 新居を, 方だ, 族が, 旗下から, 日本主義が, 日本画壇への, 日記帳を, 旧宅に, 明暗を, 昨日に, 晩年ごろは, 暴政を, 書いた私, 書くもの, 書斎は, 曹司である, 月給は, 望みを, 末が, 末裔チンコッきりおじさんは, 本城地であった, 本職たる, 本音で, 来給, 松の, 根を, 案内人の, 業を, 榮える, 権威を, 機関雑誌とも, 歌った本所, 歓迎会の, 正統篠姫は, 武威は, 歸つて來る, 死体が, 死後楠山君に, 歿後知友の, 母が, 母清子の, 氏子の, 気付に, 水荘に, 決壊, 治療を, 注意によって, 洒落であり, 浄瑠璃の, 添書を, 湯島の, 演ぜし人情談話, 演説ぶりは, 激しき争論, 無力に, 焦慮も, 熱愛した, 父桐壺帝の, 物語である, 犬は, 独占資本に関する, 猶世, 率直な, 理解される, 生き甲斐の, 生徒で, 生涯の, 用ふる, 由緒書を, 画に対して, 画材が, 略系を, 異数な, 病気が, 痛快すぎる, 発明も, 発見は, 的屋に, 監輯で, 直統, 相識中尚, 真意だった, 眼じり, 矛盾だろう, 知人関係に, 短歌に, 研究こそは, 示された次, 祕密まで, 祖先神です, 神人に, 禍惡觀は, 私有財産は, 秘め事, 移るの, 空気は, 立場も, 笑うの, 筆によって, 筑紫隠れは, 箏を, 精神の, 純情と, 紫の, 終焉の, 結んだ糸目, 絵からは, 継嗣であった, 編訳で, 縁談は, 罪悪を, 美術論に, 義足の, 考えに対する, 考証そのものが, 聞き伝へた所, 肖像, 胄子を, 胸だった, 脚色で, 腕輪の, 腹は, 臣であっ, 自宅は, 自然運動科学の, 興亡を, 舞台装置に関する, 良心からか, 花輪の, 芸術家としての, 若い日, 若武者と, 英語は, 菩提寺の, 著された書物, 著書としては, 葵上を, 蕎麥好きを, 藝術的生涯は, 血流まして, 行動が, 衝いた処, 表現も, 袖珍イブセン, 裔である, 西片町の, 見るも, 視線も, 親愛なる, 観察と, 解釈に, 言う如くこの, 言で, 言葉に対し, 計画の, 記念図書館の, 記述による, 許まで, 訳句を, 証言と, 試されたの, 詩才と, 話し振り, 該階段を, 誘導隊として, 語部だ, 説くところ, 説得療法で, 読売新聞に, 談である, 論文には, 諸教授, 講演の, 警句には, 讃辞を, 財産の, 資格を以て, 質實を以て, 足は, 跋文とは, 身体が, 車が, 輕蔑に, 農夫ファゼーロを, 近年の, 返答が, 退却と共に, 通信に, 逮捕によって, 運動で, 道床である, 選で, 遺家族は, 遺骸です, 邸前に, 部屋が, 都における, 酔眼にも, 金澤には, 録進に, 長という, 長男が, 長者とも, 門あり, 閉め切りし閨, 関係の, 阿爺さん, 陶工を, 隠れた恋人, 集め方, 霊と, 非常に, 面白い話し, 鞭捷によって, 領内ばかり, 頭脳には, 題は, 顔さきに, 願いの, 風貌に, 食物は, 養父松本重太郎氏が, 首も, 馳走であった, 髓腦に, 髯籠の, 麾下細川定禅の

▼ 氏~ (10662, 24.4%)

82 それを 58 私の 56 自分の 53 言った 31 急に 30 私に 27 これを, 言って 23 曰く, 私が 22 彼の 20 日本の 17 例の, 眼を, 非常に 16 いった, 次の 15 その時 14 それに, 思って, 私を, 黙って 13 かう言つて, その日, 僕の, 思った, 自分で, 言つた 12 さすがに, 両手を, 手を, 答えた, 顔を 11 いう, 笑いながら, 言葉を 10 いって, ここで, さう, その, 笑って, 自身の, 首を 9 今も, 今日の, 何か, 何の, 自分が, 静かに, 驚いて

8 [16件] その著, 云って, 他の, 多くの, 女の, 尋ねた, 彼を, 彼女の, 微笑し, 或る, 明智の, 曾て, 私と, 笑ひ, 腰を, 言ったが

7 [27件] いつでも, いつもの, この点, これに, これまで, すぐに, そういっ, そこに, その前, その頃, びっくりし, 二条の, 今では, 博士の, 夫人に, 夫人の, 妙な, 後に, 慌てて, 気が, 相手の, 続けて, 腑に, 自己の, 言うの, 頭の, 馬の

6 [26件] こう言っ, これも, こんなこと, そこで, その中, その夜, それも, そんな事, どうした, 何も, 又も, 口を, 夫人を, 少しも, 左の, 平気で, 心の, 明らかに, 書いて, 有名な, 流石に, 直ぐに, 知って, 考えて, 身に, 頭を

5 [34件] あまりの, うなずいた, これが, これは, そう云っ, そこへ, そこを, またし, ギョッと, ハッと, 云つた, 人に, 人の, 今は, 今度は, 余に, 先に, 叫んだ, 声を, 変な, 外に, 大変に, 大学の, 微笑を, 思うの, 思つた, 手に, 明かに, 此の, 氏, 相変らず, 聞いて, 身を, 驚いたよう

4 [54件] かう云, こういっ, ここに, この種, この話, これらの, さきに, すつかり, そのあと, そのこと, そのころ, そのとき, その顔, それで, それには, それに対して, もう気, わたしに, キャラコさんの, 一人で, 一種の, 之を, 人が, 人も, 以前の, 何かの, 何と, 何よりも, 俄に, 僕に, 前から, 前に, 前の, 吃驚し, 唇の, 喜んで, 彼が, 彼女を, 振返って, 新子に, 明石の, 最後に, 氏の, 熱心なる, 現代の, 眼鏡を, 肩を, 胸の, 胸を, 苦笑を, 言つてゐる, 言ふ, 話を, 語る

3 [155件] あっけに, うなずいて, うれしかった, かう云つて, かねて, くるりと, こう云っ, ここまで, この事実, この人, この作, この言葉, これと, これまでの, さうし, すべての, そこの, そのなか, その家, その当時, その手紙, その点, その瞬間, それから, それらの, そんなこと, だしぬけに, ちょっと考え, とっさに, どこか, どちらかと, なるほど, はっとした, ぶつ, またも, やつと, よろこんで, わたしを, ギョッとして, ニヤリと, ホッと, マリユスが, 一目で, 不思議そうに, 不思議な, 世界の, 二人の, 云う, 云った, 人を, 人間の, 今しも, 他人の, 以前から, 件の, 低声, 何を, 何度も, 作家として, 僕と, 僕を, 元気の, 兎に, 内田博士の, 冷然と, 力を, 口の, 叫ぶ, 呆気に, 大の, 大喜び, 奥の, 嬉しさ, 子供の, 子供を, 子規氏の, 安心した, 家に, 家を, 家庭に, 幾度か, 床几を, 弟の, 当惑し, 当時の, 彼に, 彼女に, 微笑した, 急いで, 怪訝な, 意外にも, 感心した, 憤然として, 憮然として, 我々に, 我国の, 扉の, 指を, 斯う, 新子の, 最近, 最近の, 机の, 東京に, 椅子から, 歩きながら, 気を, 深い溜息, 灯を, 無理に, 父の, 片手に, 珍らしく, 皮肉な, 皮肉に, 皺くちや, 盃を, 相手が, 真面目な, 私に対して, 立って, 笑った, 筆者に, 答えなかった, 翁の, 老人の, 腹の, 膝を, 自分でも, 自分に, 自分を, 良人の, 色々な, 若い時, 苦笑し, 英語で, 蟹の, 見て, 言いました, 言は, 言ひ, 言下に, 語った, 語を, 読んで, 返事を, 述べて, 進んで, 過去の, 金が, 電車の, 青ざめた顔, 頷きながら, 顔に, 顔色を

2 [571件 抜粋] ああいう, あきれたよう, あたかも自分, あっさりと, あなたと, あなたの, あの通り, あぶなくそれ, ある予感, あわてて, いかにも小説家, いなかった, いまいましそう, いらいらと, いろいろと, いろいろに, おそくまで, おらぬか, かうして, かう思, かさねて, かつてこの, かつての, かなり本質的, がんりきの, きつと, きょうの, このまま, このよう, この世の, この二つ, この価値, この女, この家, この時, この本, この物語, この語, これで, こんな事, こんな風, さういふ意味, さらに言葉, しきりと, したが, しばらくの, すぐ隣, すっかり元気, すると, せつせと, そういう, そうは, そう聞い, そこから, そのけなげさ, そのほう, その二人, その作品, その作風, その場, その戦争勃発一歩前, その手, その授業はじめ, その方, その晩, その歌, その男, その翌日, その肩, その言葉, そばの, そばへ, それからも, それが, それと, それについて, それによって, それは, それまで, それより, た, ただの, ただ一行, だまって, ちやんと, つづけて, つぶやいた, づかづかと, とむねを, どこかで, どこへ, どこを, なお, なんの, にこにこ笑っ, にこりと, にやにや笑, にやりと笑つて, にんじんに, びっくりした, ふいに, ふと何, ふと眼, ほかの, ほほえんで, ほほ笑んで, ぽつりぽつりと, また, またこう, またそれ, まだ若い, もうあの, もうその, もうまっさお, もう一時間, もう歩い, もう死ん, もとの, やがてほろにがく, やさしく言った, ゆつくり, よくこの, よくそれ, よく知つて, わたくしを, エッセイを, オリヴィエの, ガラス製の, ステッキで, チウイング・ガムを, チエホフに, テーブルの, ディーニュの, ナフキンを, ニヤ, ハンカチで, プロス嬢の, ポケットから, 一つの, 一人の, 一刀の, 一度は, 一応は, 一方の, 一枚の, 一躍し, 丁寧な, 三谷の, 下の, 不図, 不審に, 不幸にも, 不思議にも, 不意に, 不意の, 不意を, 不機嫌な, 両手で, 中将を, 久しぶりにて, 之に, 之に対して, 二人へ, 二人を, 二宮氏に, 二等車の, 井上侯にも, 京都に, 人口の, 人間が, 今さらの, 今パラオ地方, 今度の, 仕立飛脚を, 代々その, 仲, 仲間の, 伊藤侯を, 低い声, 低賃金, 何だか歌よみ, 何とも, 何にも, 何事にも, 何事も, 何人ぞ, 何処へ, 余りの, 作品の, 例によって, 供の, 信じて, 信州の, 側に, 傍の, 僕が, 僕等の, 元は, 元來三, 元来マドロスか, 元来三廻部名, 元禄の, 先生の, 入つて, 全軍, 公園を, 六波羅の, 兼て, 凝つと, 初じ, 初めから, 別の, 別れて, 前には, 前にも, 剣術使ひ, 剽軽な, 勝手に, 十分に, 十月三日に, 半信半疑ながら, 半白の, 南洋に, 単に大, 即座に, 却て, 原稿を, 去れり林有造氏, 去れり片岡健吉氏, 又驚いた, 右の, 右手の, 吃驚した, 同じやう, 名代の, 名古屋の, 和琴を, 哀れに, 問う, 喉の, 單に, 囘暦の, 四五人の, 四角な, 国史の, 土佐の, 土地の, 在郷軍人会側の, 執事の, 夕顔の, 外出の, 大きい声, 大きな掌面, 大きな目, 大変おもしろ, 大学を, 大富豪, 大昂奮, 大阪へ, 天皇の, 夫の, 奈良女子高等師範の, 女を, 好んで, 如何に, 妻君と, 妾の, 娘を, 孫の, 実に二日目毎, 室の, 寝台の, 少からず驚いた, 尚ほ, 居間の, 居附, 岸に, 巧慧機敏の, 市内の, 帆村の, 帰って, 常に多く, 常に長, 帽子を, 平然として, 幸いに, 幾流も, 庭の, 強情にも, 当主の, 当惑した, 彼らの, 彼れ, 彼等の, 往々に, 後進の, 徐ろに, 御息所の, 御簾の, 微々たるもの, 快く承知, 怖れ, 思い切って, 思うに, 思ったの, 恋を, 恋人が, 恨んで, 悲しそう, 想像し, 意を, 意味あり, 意外な, 意外に, 感極まつて殆, 懐中から, 我々を, 我が耳, 戦場で, 所謂政治家実業家の, 扉を, 手紙を, 折角の, 持前の, 挨拶を, 振り向きも, 探偵猫, 支配人の, 政治家としては, 故人の, 文学に, 文学の, 文科の, 文芸の, 断乎として, 新進の, 日本人が, 日本人に, 日本画の, 日露戦争の, 早くも, 早口に, 昔の, 春曙抄本の, 昨夜から, 晩餐が, 暖炉の, 曩き, 書棚を, 書物の, 曽て, 最も強硬, 最初から, 朝早く, 本書の, 本陣を, 東京の, 東京市長として, 某議院, 椅子に, 椅子を, 楽し気, 歎息した, 正直なる, 此時も, 歯を, 殆ん, 残して, 毫も之, 水の, 沢山の, 泣いて, 涙を, 満足さう, 漸く市民, 無口の, 無念ながら, 無論それ, 無造作に, 無遠慮に, 無邪気に, 焼栗, 煙草を, 熱心に, 父親に, 物の, 物置の, 物音に, 犬の, 狐の, 独語を, 狼狽の, 猫の, 玄関に, 玉鬘の, 琴を, 生前に, 申すまでも, 異議なく, 病床に, 病気で, 発狂し, 目を, 直ぐその, 真青に, 眼で, 石の, 私とは, 私よりも, 科学の, 稀に, 種, 突然に, 立ち上がった, 立ち上って, 立ち止って, 立派な, 立派に, 笑いだした, 笑ったが, 第一, 第一流, 粋の, 粗硬, 紙巻に, 素人の, 素直に, 絶対に, 続けた, 織田と, 罪悪の, 義弟に, 義足を, 翻訳の, 考えた, 耳を, 聴衆が, 胡麻塩の, 能く, 腕を, 自ら内閣の, 自分から, 自分へ, 自分等の, 自家の, 自殺しました, 自殺する, 自然に, 自身に, 花散, 若手の, 苦々しい顔, 苦笑ひ, 茶を, 落着いたま, 蕃刀の, 見た, 親切に, 言いかけて, 言い続けた, 言う, 言つてゐた, 話した, 語って, 説いて, 誰にも, 負けたの, 足に, 身一つで, 身動きも, 近寄って, 近年, 近頃上海, 退出した, 途中で, 部屋へ, 都合よく, 酒を, 鉄砲を, 鎌倉に, 長化したる, 長崎の, 長崎史研究者として, 開業医を, 電話で, 非常な, 面白そう, 鞭らしい, 頤を, 頻りと, 顔の, 顔中を, 風邪を, 食卓の, 飴ん, 飽迄も, 首相に, 鷹揚に, 黙つて, 鼻の

1 [7286件 抜粋] あいさつの, あたしの, あの二つ, あまりに人間, あらゆる舞台的手法, ある重大犯罪事件, いい人, いかに六波羅方, いくら考え, いちど起った, いつの間にか婦人雑誌, いつも目先, いぶかしきまま, いま現在ある, いらいらし, うごかなかった, えらい人, おだやかな, おりおり私, お腹を, かう言つて夏蜜柑, かっと彼, かなり手酷い, かるく微笑み, きめつけるやう, くだけて, けろりとし, こうし, こう簡単, ここ両, このやう, この不意, この前會つた時, この地球上, この小論文, この推論, この書物, この病院, この行為, この辺, この頃謡曲, これに対して, さいぜんから, さっそく二万五千分ノ一地図, さらに説, しかし何, しっきり, しばらく黙り込ん, じっと見すえた, すぐさとった, すぐ様, すっかり宗教, すでに暗い, ずいぶん好き, そういう現代人, そうでなく, そう言っ, そっと帰った, そのほか, そのグループ, その上方出征, その値段, その前房州, その呼吸, その寺, その年十一月, その後に, その後者である, その折頭, その日以来, その書物, その潔癖, その祖父, その薫子, その赤い, その門下生, その頃駒込千駄木町, それではあきらめきれない, それの, それ以後二度と, そんな意味, たしか慶応, ただ一言, たった二室, たまりかねて, ちょいと, ちょっと感傷, ついに鎌倉, つつしみの, とうとうつかまっ, とめて, どうしても不, どうも遺憾, どれだけ, なおも最後, なかなかい, なぜか, なるべく解り, にこやかに, のどを, はっと息, ひたすら機, ひどく喜ばれ, ひんぱんに, ふとからかい気味, ふと止め, ぶつけるよう, ほほ笑み乍ら立ち上った, まことに質素, まず何, またさっき, また一語, また容赦, また特に, また醉, まだようやく曙, まだ宮島, まだ痔, まったく堂々たる, みずから思われ, むつとして, もうそれ, もう五十, もう昔, もし都合, もと帝, やおら起き出で, やっと博士, やはり本誌, ゆつくりした, よく理髪床, りっぱでない, わたくしに, アメリカ笑話の, オズオズと, ガラスの, ケース架の, ジリジリしはじめた, ソーニャ・クリシュノフの, チュルゴオ氏が, トルストイなどの, ニヤッとして, バスクに, ピカピカゴロゴロの, ブルブルと, ホクホクと, マリユスを, ヤット意識を, ルナアルの, ヴィル・レヴェーク街の, 一ト声, 一体誰, 一向写生, 一寸窄口, 一度済し, 一日麹町の, 一物の, 一行中で, 一頻り狸, 七月二十九日首相を, 三千円の, 三種の, 上海へ, 不在だった, 不日參内, 世を, 丘の, 中島信行夫人, 主人を, 久しく静岡地方, 九州西岸航行説を, 予想し, 二つの, 二十万円の, 二軒建ち, 云うロシア, 五十に, 些か客観的, 京水本に, 人口原理から, 人麿が, 今までに, 今年は, 今早稲田ホテル, 今目白台, 仕事の, 他殺だ, 以前に, 伏せて, 何う, 何と答, 何処を, 何気なく患者, 余人よりも, 使いを, 促した, 俥に, 倚れる, 備後国深安郡加茂村粟根の, 元の, 元気づかせる, 充分ふた, 先年筆者に, 入社せよ, 全力を, 八座の, 六波羅までの, 其処にも, 其源軍に, 再び双眼鏡, 冬瓜の, 処女詩集たる, 函の, 初めて笑い出し, 判で, 別扱ひで, 前ほどに, 剛胆であった, 勇ましい声, 勧工場へ, 北川氏で, 十七歳の, 十日も, 半分解らない, 南風氏一流の, 即刻東上の, 厳べらしい, 又云, 反ファッショ的, 叡山の, 古い詩歌, 古銭を, 叱った, 各庄屋, 同じ書物, 同郷の, 君も, 周知の, 唐人の, 善き衣, 嘗ての, 四日の, 図に, 園内の, 地下室に, 埼玉県下に, 声が, 夕顔との, 夙くより, 多忙で, 大いに反, 大きな叫び声, 大ぶ, 大作, 大宮に, 大書院へ, 大臣を, 天国の, 夫人にも, 契月は, 女王と, 如何なる手段, 妻子を, 姻戚の, 子供つ, 学校に, 安貞二年奥書き本によって, 実に一週間, 実業家, 客間を, 宴を, 家譜に, 寛政元年八月二十二日に, 寧ろうきうきと, 将来絵筆を, 小さな支那, 小林の, 小豆の, 少し大人げ, 少納言に, 居間へ, 履直しの, 山葵の, 島田氏に, 己巳席順に, 帝国学士院会員で, 帰ろうとして, 常に独特, 平氏自身の, 年来の, 幾分残念さうに, 座談会で, 引き取り, 強さ, 当時わが, 形而上學者でも, 往来へ, 後を, 徒刑囚ジャン・ヴァルジャンであった, 御堂へ, 御輿の, 心が, 必ずしも常に一人, 忠実に, 思いあたった, 思わずその, 思われた, 怪訝さうな, 恐れて, 恨めしいふう, 恰幅の, 悲しくなった, 惴, 愚痴な, 感動し, 慇懃に, 懐かしそう, 我らを, 扇ヶ谷で, 手足を, 抽象的概念を, 持って, 掌を, 描写の, 支配層に, 救われがたい, 数万貫の, 文化七年庚午六月十八日の, 文学的苦労人である, 文部省の, 新たに, 新生徒入学式, 方丈から, 旅順戦役を, 既に故人, 日本を, 日蓮の, 早くから希望, 早速入社, 昌造を, 明治三十六年の, 昔は, 昨夜も, 是非ともどこ, 時折異様な, 暗然と, 更に役者, 書生を, 最初より, 最近時潮社出版, 朝に, 期待し, 本の, 本氏秋元, 村岡融軒著, 東北帝大, 松山の, 柄手を, 校長の, 検事を, 楽み, 横着者よ, 次第に沈痛, 正妻である, 此方の, 武蔵が, 死んだ, 残る半分方, 毎日書斎に, 氏独特の, 気味悪い笑い, 永く消息, 決して実子殺し, 汽船にて, 法律事務で, 洋書の, 活きて, 海老が, 深川夜烏という, 満悦の, 漢詩を, 瀬田大橋も, 無政府主義的理想家, 煙を, 熟読し, 牙彫であった, 物理学校卒業生みんな理科系統で, 犠牲に, 独り彼等の, 猿を, 王と, 現在住友銀行支店と, 琥珀色の, 生命の, 田児浦を, 画の, 番頭に, 疾うに打算し, 痛いほど, 白布に, 益々意外, 目玉を, 直に市電気局, 相手に対する, 真に平氏, 真相は, 着色の, 知名人士の, 破れて, 社会主義者としての, 神様について, 禿げか, 私たち文士の, 租税によって, 積雪表面上に, 突然中村捜査係長, 立ち上つた, 立上の, 笑わずに, 答えて, 篤実温厚な, 精神的拠所を, 紙幣信用に関する, 細川頼春一色右馬介らの, 結婚の, 絶讃し, 縁に, 羅刹谷の, 翁が, 考え深, 職掌柄こういう, 胸が, 腰掛けたまま, 自らウェールスまで, 自作の, 自分達の, 自然の, 自身ながらも, 舞台に, 色が, 芸術的価値といふ, 苦しかりし, 英語が, 荷物を, 葉巻を, 薄明り, 虚弱を, 行って, 裁判長の, 西国伊勢地方, 見かねしなるべし, 見物席の, 親切すぎや, 観音堂の, 言ったの, 記者を, 詩にも, 語り続けた, 読んだ, 談として, 警務部長を, 貞淑な, 貴殿が, 赤松円心を, 越野氏が, 身体を, 車窓から, 軽く笑い出した, 農林省の, 近衛関白尚, 追い出されると, 通訳として, 逼迫し, 過去未来の, 遠く台湾くんだりへ, 部分と, 酒僕持参の, 重心板を, 金貨の, 銀行の, 長い病身, 長崎へ, 閉口し, 関西の, 陰陽師の, 隣で, 難有迷惑, 需要は, 面を, 鞍上の, 頓首膝行の, 頼べの, 顧みばかりが, 食卓に, 馬を, 驚き恐れ眼, 高点を, 魚たちを, 鹿児島の, 黙ったまま

▼ 氏~ (4913, 11.3%)

43 言った 29 私の 22 私に 21 自分の 19 来て 18 それを 16 ある, 言うと 14 入って 12 出て 11 帰って 10 これを, 何か 9 云った, 急に, 訪ねて 8 いった, 口を, 彼の, 自身の 7 いる, ここで, そこに, はいって, 何かの, 僕の, 居た, 立って, 言って 6 いた, 例の, 先に, 手を, 日本の, 死んだ

5 [11件] こう言う, それに, 他の, 何を, 声を, 或る, 来る, 目を, 私が, 答えた, 自分を

4 [25件] いう, ここへ, さうし, やって来た, ゐて, マルクスの, 亡くなると, 今年の, 今日は, 低い声, 何かに, 僕に, 入つて, 勢力を, 姿を, 持って, 書いて, 来た, 来られた, 氏の, 現われた, 行方不明に, 見えて, 言う, 鎌倉に

3 [53件] あつた, あわてて, いったの, いって, お銀様, こ, ここに, この, この本, さきに, その時, それは, たずねた, どうした, ぼくに, やつて, ゐる, 不審を, 与えて, 乗り出した, 云つた, 亡くなったの, 亡くなつた当時, 今日の, 夫人の, 女中に, 居られた, 左の, 彼女の, 後に, 我々を, 手に, 振返って, 東京から, 此の, 生きて, 真先に, 知って, 私を, 立派な, 自分に, 自己の, 行って, 見て, 見舞って, 言うの, 言っても, 評して, 話を, 説明し, 述べて, 雑誌, 顔を

2 [249件] あった, あって, あつて, あなたの, あるので, ある時, ある時自分, いいますと, いうところ, いうには, いうの, いえば, いつに, いふやう, いまは, いやに, お品, かう言, きくと, ここまで, こっちへ, こな, このホテル, この作品, この地, この時, これまで, これも, こんなこと, すぐ, せいぜい猛獣, そこの, その作品, その第, その近業, その部屋, それの, ちよつと, つづけた, なると, ひそかに, まだ五段, まだ今日, むずかしい顔, やって, やはりそうだ, われ, マリヤンに, マリヤンの, 一たび此問題を, 一人の, 一般に, 七十五歳の, 三条の, 三週間目の, 不意に, 両手を, 中助教, 中央に, 主に, 九州から, 九州へ, 二人の, 二十年間の, 二月の, 二条の, 云うよう, 云って, 云はれた, 云ふ, 亡びて, 亡んだの, 京都に, 人の, 人間の, 今の, 今後どんな, 今日まで, 他に, 代って, 会場の, 住んで, 何う, 何の, 何んな, 何度も, 何故に, 作者に, 來て, 僕と, 先日ある, 先頭で, 六六・一〇〇瓩, 六波羅に, 其を, 内閣を, 出席し, 出迎えて, 初めて大阪, 前から, 前に, 前後外務大臣候補者として, 十吉を, 去ると, 友達と, 叫んだ, 名古屋に, 問うた, 喜んで, 嘗て, 土地の, 埋立出願の, 城の, 城を, 大声に, 大変讃めて, 大阪に, 天下を, 夫人に, 夫人を, 妙に, 始めた, 嫂某, 完全に, 実権を, 尋ねた, 尋ねると, 居たので, 居る, 居を, 島々の, 市長として, 帰宅した, 平生に, 引きとって, 引受けて, 役場帰りの, 彼を, 彼女を, 後醍醐の, 心配し, 心配そうに, 思わず口, 恐らく私, 息を, 想像した, 愛して, 抒情的な, 折入っ, 拾い上げて, 持つて, 擅ま, 政権を, 政治の, 故郷に, 教へて, 数年前に, 文壇での, 文芸の, 旅行中に, 既に死ん, 早くも, 書いた, 曾て, 最初に, 最初の, 最後に, 最近の, 最近東京へ, 材料を, 来られて, 来朝した, 東京に, 東京へ, 柏軒の, 栄えて, 案内を, 次の, 正当に, 死んで, 死去された, 殆ど寂然として, 氏としての, 気を, 汗を, 江戸に, 江戸を, 汽車の, 洋行から, 涙を, 滅びてから, 漫画を, 熱心に, 牛の, 現はれる, 現れた, 町の, 発見した, 白老の, 盛んに, 着て, 社会の, 私たちの, 私と, 私へ, 空前の, 突然に, 立つて, 経営する, 維新の, 編輯局に, 腹の, 自分などの, 自殺した, 自殺する, 自殺つづい, 蔵し, 藩から, 褒めて, 見え, 見えると, 見附けて, 言ったの, 言ったので, 言つた, 言葉を, 話された, 話されたのに, 説いて, 論じてを, 買って, 賞めて, 起つて, 迎えに, 近づいて, 近代人の, 送って, 通訳の, 遅れて, 遊びに, 遺つた, 金を, 鑁阿寺の, 長く住ん, 長年の, 院宣を, 電話に, 非常に, 頗る厚遇

1 [3702件 抜粋] ああ, あげられて, あと釜に, あの思い出, あまり世間, あらわれた, あるが, ある奸策家, ある日偶然ウ氏, ある時金つんぼ, あれほどの, いい出した, いかにモテナシ, いきおいこんで, いたので, いつか或, いつも取っ, いみじくも言, いるはず, いわゆる新, うそつきでなけれ, おしもを, おられますから, お天気模様, お言葉, かえるので, かつては, からくも, きも, くわしい便り, こういう方法, こう言いふくめ, こっちを, この二, この客間, この物語, この私小説論, この譬喩, この頃, これ等の, こんに, さも意, しきりに手まね, してやろうと, すぐれた政治家, すっと奥, せせら笑った, そうであるごとく, その, そのトップ, その二人連, その制限つき, その城, その子供, その性格, その時高野山, その沈んだ, その精力的, その著, その辺, その頃から, それへ, そんな事, たしか曾呂利, たんねんに, ちようど来, つけたもの, つまり今, とつぜんニューヨーク, どういう作品, どうしてもこの, どう処理, どこに, どんなに窓, どんな最期, なぜ九百トン, なほ住ん, のこして, はたの, ひたすら今夕, ひどく固く, ふつと, ほかの, まず同意, また先方, まだ, まだ惣一, まだ神信心, みずからこれを, むほんと, もしそういう, ものやわらかに, やっつけられても, やつた, ゆうべ幽霊を, よくなけれ, よく私, わが旅宿, わしにも, ゐたが, アメリカで, イタリーから, オピタル大通り五十・五十二番地の, ギリシアの, コゼットを, シテ碧梧桐氏が, ズカズカと, タクシーを, チンコッきりを, トランクから, ヌッと, パリにおいて, フランス大使館の, プラグマチズムに, ペルシアに関する, ポツポツ語りだす, メロンの, ユネスコの, ロシアや, 一々政権, 一プロレタリア作家牧野に, 一体ジャパニーズ, 一寸口を, 一方戯曲, 一晩やって来, 一番ひどい, 一睡も, 一行に, 丁度それ, 三国人に, 上京を, 下って, 不平を, 世に高名, 世界漫遊の, 両国橋を, 中央公論誌上に, 中腰に, 主として男, 主戦論を, 九州に, 予て得意, 事新しく説明, 二度の, 云いました, 云はれました, 五十四の, 五銭銅貨の, 亡くなつて, 亡んでしまつた為め, 京都へ, 人力車に, 人物画もつ, 人間修業という, 今は, 今年は, 今後むす, 今死なれよう, 仕舞を, 代官屋敷の, 以前何かの, 仰天し, 会の, 体達し, 何と云つて, 何処かで, 何時フォービズムの, 作られた文句, 來朝の, 侵略し, 信州の, 借りて, 健康を, 偶然私の, 僅, 元板, 先づそ, 先年西部の, 先進者で, 入る筈, 全国を, 公布した, 兵営から, 典雅で, 内湯へ, 再び天山南路, 写真に, 出た一例, 出来あがって, 分らなくなって, 初めて言文一致, 別に大中臣氏, 前任地広東, 創痍の, 加わり自動車, 勝ったの, 勤めるけれども, 十一月号, 十年ばかり, 半截に, 南威爾斯の, 単身で, 却って近代日本, 厠へ, 参加した, 反覆し, 取り調べて, 口と, 可愛がっ, 司教に, 吉屋信子さんの, 同工場, 同氏独特の, 名士であろう, 呆れたの, 呼んで, 商店の, 單に, 噴火の, 四月号の, 土を, 地代論に, 坐乗の, 墜落した, 変死した, 多くを, 多額納税議員に, 大きな足, 大助教塩谷修輔氏岡千仭氏が, 大変興味を, 大急行, 大聲, 大雪に, 太上天皇に, 奉天へ, 女の, 好んで, 妻女の, 婦人と, 子規居士の, 学校を, 宇都宮近傍に, 実の, 宮内省圖書寮に, 家を, 宿村に, 寛大な, 専ら哲学的, 将軍と, 小坂部を, 少しその, 尼にな, 居なかったの, 居合わせ会う, 山手線電車の, 岡山へ, 崖の, 左翼文化団体に, 希望する, 帰った後, 帰化人であるごとく, 帳面に, 常盤山文庫所蔵の, 平素滋養として, 幾万の, 序文で, 廊下で, 引き取って, 引用する, 強かった, 当時その, 役者見たい, 彼等に対して, 待受けて, 後ろで, 後醍醐天皇の, 御勝手仕法立, 御譜代, 心して投げ, 忍び込んだ手沢, 怒った目つき, 思ひ切つて日本的, 恐らくパイプ, 恰好に, 惟光に, 意見を, 感じないはず, 態よく, 慰めると, 成長し, 或時利根川, 戻って, 手もとで, 打ッ, 抜群の, 招かれて, 持ち出す陶器その他, 指南車に, 挨拶に, 控えて, 描いた秩父, 携えて, 支那の, 放蕩は, 政治上の, 敗残の, 散歩する, 文品の, 文学は, 文豪の, 文部省から, 新劇協会といふ, 新聞記者として, 旅の, 日支両国語の, 日本字を, 日本絵画三代志の, 旧記を, 早朝に, 明智の, 昨今提唱する, 昭和十四年に, 時々つまらぬ, 時計を, 曲者だ, 書かせたもの, 最も芝居好き, 最新流行の, 最近到達した, 服すべき下剤, 朝廷へ, 木々説を, 本年一月, 本日識合いの, 来それから, 来られたと, 来れば, 来診色々な, 東京を, 東日の, 枢密顧問官と, 校長に, 棒切れで, 権力を, 機に, 欧州今日の, 正成の, 武将として, 歩と, 死んだと, 殺されたよう, 毒死した, 気が, 水も, 汚ながる, 決して画家型, 法隆寺の, 洋行の, 派して, 浴室から, 清子さんにから, 湯川氏と, 滞京中の, 火事場で, 焼いて, 熱情的な, 片手に, 特にポー, 特種な, 狂的な, 狸の, 獨力を以て, 率直に, 現われたこと, 現在立っ, 生の, 生態の, 用いて, 申し上げると, 町を, 疎らな, 病院に, 発射した, 白老に, 百何十万円とかを, 皇位継承の, 直接若杉氏に, 眞志屋の, 真鍮刀を, 眼玉を, 知るほどの, 破れて, 示威と, 社会部長を, 禊ぎを, 私に対する, 科学主義的な, 種々批評, 立ちあがって, 竹の子着物と, 筑土の, 築地小劇場風の, 粋の, 納得しない, 素晴しい, 紹介し, 結ぶの神, 絶えず私, 総監督, 編述し, 罪を, 美術学校へ, 翌る, 考えて, 聖武天皇の, 職工に対して, 胃潰瘍で, 背負って, 脚色し, 腰かけて, 自作の, 自分には, 自己陶酔的に, 自決を, 自由を, 自邸に, 舞台を, 芝公園近くに, 芸術を, 若い頃水産技師, 苦笑し, 草田の, 著者に, 薨じ, 蘇生した, 行ったの, 行詰ったとか, 裁判長の, 西洋人か, 見えます, 見て取って, 規定した, 観て, 言い出すこと, 言ったかと, 言の, 計らず来訪, 記者に, 訳したアプトン・シンクレア, 詰問する, 誘われた一軒, 説かれたよう, 誰に, 請うた宣旨, 謀反と, 警察へ, 谷崎氏と, 負けて, 賞讃し, 赤松の, 起きぬので, 越後国南蒲原郡下保内村で, 身には, 車に, 辛抱出来なかった, 農民組合活動における, 近来その, 返り点, 送つて, 通信に, 連作の, 遊女でも, 違うと, 選に, 邸内の, 配備した, 重厚な, 金切り声を, 銀座は, 鎌倉へ, 長崎や, 開拓し, 関東で, 附近で, 陽膚を, 隠して, 集まり第, 雨夜階定以後に, 露伴翁ぐらゐな年齡まで, 面白くも, 預つた, 頭を, 風俗画家を, 飴の, 首相を, 馬鹿に, 駿遠, 高郵, 鴨の, 黙って

▼ 氏~ (2436, 5.6%)

48 よれば 37 よると 24 して 18 しても, 会う 14 向って, 就いて 12 對し, 頼んで 11 会って 10 話して 9 すれば, 会ふ, 教へる 8 寄せた書 7 依頼し, 手紙を, 聞いて, 電話を, 面会し 6 代って, 同情し, 嫁し, 嫁した, 對する, 於て, 於ては, 案内され, 至ては, 逢ふ 5 とつて, なって, 云わせると, 托して, 招かれて, 比して, 逢って, 面会を

4 [24件] ちがいない, よりて, 云った, 仕えて, 会うと, 会ったの, 会つた, 会ひ, 向かって, 命じて, 宛てて, 寓し, 導かれて, 就いては, 感謝しなけれ, 求めて, 紹介された, 聞くと, 見て, 話すと, 逢った, 逢ったの, 限って, 面会す

3 [48件] あって, いわせると, お頼み, お願, このこと, これを, むかって, ゆかりの, よく似, 会った時, 伝は, 伴はれ, 似たり, 似て, 出逢った, 出遇, 別れて, 同意する, 向い, 向て, 声を, 好意を, 寓した, 就いての, 帰して, 意を, 教えて, 更めた, 會ふと, 望む所, 比べると, 気兼ねを, 渡した, 渡して, 聞いた, 至りて, 見せた, 言った, 言つた, 訊いた, 話した, 読んで, 譲って, 贈る, 送られて, 連れられて, 適き, 養われて

2 [135件] あてて, ありながら, ある事, いたるまで, いろいろな, お會, お目, お逢, お逢い, お願いし, かたづいたが, きいて, この事, これだけの, するの, そのこと, その話, それを, たずねた, たと, なろうまでじゃ, もてなされて, よばれて, 一人の, 一服もり, 不似合, 与えた, 与へる公開状, 会いたいと, 会いに, 会いホテル, 会うこと, 会うの, 会った, 何か, 何の, 例の, 依って, 依て, 信一郎の, 信頼すべき, 処置を, 出会つてこの, 出入した, 劇評たのんだ, 印象を, 原稿を, 反對, 反感を, 反映致した, 取つて, 呈す, 呼応し, 多くの, 嫁ぎその, 寄せて, 寄寓し, 寄食し, 対抗し, 射殺さる, 尋ねて, 就て, 属して, 従って, 從ふ, 復り, 思われた, 抗し, 挨拶を, 捧ぐ, 接して, 接近し, 掻き, 敬意を, 於けるが, 暇を, 會つた, 望むに, 来て, 殺されたの, 毒を, 比べて, 求むるに, 渡したもの, 渡す, 満腔の, 獻ず, 由縁の, 申出でたるに, 直接お, 相談し, 相談した, 相談を, 示して, 礼を, 私は, 移りそれ, 立って, 答ふ, 答へる, 紹介される, 紹介し, 紹介したい, 組付いて, 縁故の, 聞けば, 見せて, 言われて, 訊くと, 訴えて, 話しかけたの, 誘はれて, 誘われて, 請うて, 請ふ, 身を, 迎へ, 返すに, 迷惑を, 送って, 送つた, 逢う, 逢ひ, 違いない, 適いた, 重きを, 限つた, 電話し, 面会する, 預けて, 頼まれて, 頼んだ, 養は, 養はれ, 鳩を

1 [1538件 抜粋] あえて負目, あったこと, あったので, あつて, あとの, あらざれば, ありては, いうと, いただいたもの, いはれて, うって, おあい, おくられて, おことづけ下さい, おとらぬにこやか, おわれて, お会, お子さんが, お届け, お盆の, お礼を, お訊き願います, お返しし, かうして, かくと, かほどな, きいたら一日前, きいた祇園, きまって, くらべて, こうお, ここでの, ことの, この患者, これが, こんなふう, こんな冗談, さ, さそわれて, したがって, した禮, してやられそう, しろまた, しろ新田義貞, すぎない巣, せがむと, せめてもう一食, そう云われ, その一年間, その人, その由, そむき一波先づ, それほどの, そんな事, たいしいま老人, たった一度, たのまれたわけ, たのみ同氏, たのむの, だきついた, ついたの, ついでやり, ついで第, つき合ったの, つぐ老練, つづいて, つれられ再び, では, とても自分, とりては, どれだけ, ない庶民, なった人, なにか話しかけた, なりすました明智, なるやう, はござりますが, はなはだしい僭上沙汰, ひきずられるよう, ひらめかすの, まかせて, みせた, むかつて, もし黒澤氏, やっとわかった, やぶれたが, やられたね, ゆるすの, よしなにお答え, よろしく伝へる, わたされた, ゐた間, インテレストを, タキシードを, ノートブックを, ホテルの, 一刻も, 一寸会釈する, 一方の, 一枚七円という, 一献お, 一瞥を, 一軒の, 上納した, 不愉快な, 与えたショック, 与えられた奇怪, 与へた反駁文, 主君としての, 之い, 事の, 二重の, 五千円ずつ, 亡ぼされて, 交渉し, 人の, 人面疽の, 仕えたいわゆる, 他ならぬ, 代つて足利氏, 代替の, 会いいろいろ, 会いたいよう, 会いましたとき, 会い原稿, 会い薬, 会うまでに, 会おうと, 会し入蔵, 会ったと, 会つ, 会つたら, 会つてゐる, 会ふこ, 会合の, 伝えさせた, 伝えたもの, 伝えると, 伝来され, 伴われ御, 似たこと, 似るべき人見え給, 何う, 何ものをも, 何事かを, 余り面倒, 使って, 依つて出來上つた歌詞, 依頼した, 侵略され, 保護を, 借りた文書, 借り得て, 倣うて, 偶然出遇う, 備えて, 僕が, 優る者, 先ず会う, 先立つて, 入れるなど, 公卿の, 典侍は, 再生の, 出した蠅男, 出入りした, 出會つたの, 分かれて, 初対面ね, 別れた笹村, 別れるやいなや, 別解, 前の, 創痍を, 劣らず事実上, 劣らぬ雄弁家, 勝つには, 勧めたの, 勧められるま, 勸められた, 北園弓子という, 千円貰っ, 厚くお礼, 去られて, 及ぼす力, 反き, 反対せる, 反駁は, 取られて, 口が, 古典主義者の, 右衛門佐は, 同情を, 向かい, 向き直って, 向ひ, 呈した, 呉れようと, 告げられ逆, 呑ませた, 呼ばれ明日警視庁出頭, 呼止められた, 命ぜられて, 唯研創立の, 問合せし, 喜ばれなかつたの, 嘲られた間延び, 因りて, 在った, 地下室で, 墓碑の, 売れゆき, 多く遜らざる, 大きな代表的作品, 大分厄介に, 奉仕する, 好意と, 妻子の, 委ねた家柄, 嫁いだが, 嫁ぐ, 嫁った, 存在する, 学んだ時, 守時の, 宛てた次, 宛てました手紙, 宜しからぬ, 寄す, 寄せた一書, 寄せた書数通, 寄進した, 対す, 対つて頷く, 尋ねたのに, 尋ねるの, 小雀の, 少し苛酷, 就きて, 屈せなく, 屠られた諸, 崇らずして, 差しながら, 市中と, 帰し今, 帰せざるべからず, 幕府を, 座談会で, 引きとめられて, 引き合わせたこと, 引っ立てられたが, 当たるもの, 当主を, 役, 彼女の, 後を, 従へ, 得度式の, 從へば, 御禊, 御降伏, 復し黌職, 復讐した, 心服し, 志士の, 思い出されるの, 悟れるところ, 惑亂せられ, 愛せられて, 感心しない, 感謝しよう, 憎まれたこと, 或る, 手渡されたよう, 手渡すの, 手紙まで, 打解けた話, 投げつけた絶交書, 投じ得たならあるいは, 抱かれて, 押談判を, 招かれ祇園, 拾われたので, 持たれるよう, 持つ感情, 挿絵の, 捲いて, 接すること, 推されて, 擁立せられた, 改む, 改嫁し, 救われました, 教えられたこと, 教は, 教へて, 敢て, 断りを, 新説ある, 於ける愛情, 日本画家に, 早く大和, 易つたといふ, 是非米国の, 更に異色, 書ける須磨桜, 會つたのは, 會ひ, 服しきッ, 服從せる, 朝廷の, 期待する, 本日五時半自宅にて, 来られ駄目, 根掘り, 案内せられた, 標本を, 歎願した, 止めを, 此処で, 歸せざるべからず, 殆ど毎年, 殉死し, 比肩し得べき, 気の毒だ, 永い手紙, 求めたいの, 泊す, 泥鼈の, 注意せられ, 深い反省, 渡したの, 渡すと, 溺れた項羽, 激賞され, 無理を, 照会し, 物を, 特に授爵, 狂童女に, 猿轡を, 玄関まで, 率ゐられ, 現存し, 生ませた余一元協, 生虜, 用立てて, 由緒の, 申込んだ事, 留守番を, 病中一句, 白状した, 直接使われ, 相話し, 相談に, 看破される, 真相を, 知らすこと, 知らせても, 示した, 示せるに, 私の, 移つてゐる, 種々な, 立聴される, 笑われて, 筆誅を, 答えた, 答える正当, 糺問せられる, 納めて, 結托せる, 継いで, 縮小させられる, 置いてきぼりを, 耳打する, 聞いたとは, 聞いた事, 聞かせて, 聞きたりと, 聞く, 聞くべきであろう, 聞こえると, 聽た, 育まれる事, 脅迫状を, 自分は, 至っては, 至るまでを, 舎つた, 芝居を, 草案の, 薬を, 行き逢った, 行ことを, 表具し, 褒められたこと, 見えるの, 見せたらこれ, 見せると, 見つけられた翌日, 見られては, 見出されて, 見舞いを, 親しく扱われ, 解り兼ねた牧師, 言うたよう, 言つて見た, 言はれました, 言わすこと, 訊いたらわかるか, 訊き給, 訊ねたの, 託し両氏, 訪客と, 訴えた, 診察し, 詩稿を, 話したが, 話したのみと, 話した幾層倍, 話し十二月撮影, 認めて, 認められ激勵, 誘われミス高松, 語つた所である, 語ること, 誠意を, 説明の, 調べて, 請うた, 謀って, 講じた月日, 議りしに, 譲与すべし, 讚められた, 負うところ大, 負を, 買って, 買収され, 質した, 質問したら, 贈ったその, 贈つた, 贈ると, 贈与した, 起こって, 跟い, 軍を, 較べると, 辞去の, 近い者, 近づいた人, 近づきその, 返すと, 迷惑は, 退去命令が, 送つて圖案, 送る, 逐われて, 通信し, 逢いますと, 逢うと, 逢う機会, 逢った上, 逢つた感じの, 逢わなかった, 連れられ辰野驛, 連絡しない, 遇い氏, 遇へる, 遠慮し, 適用せられる, 遺伝し, 還した, 酒を, 鑑て, 長女とく, 関係ある, 関心を, 附いて, 附添っ, 降参すれ, 限っては, 限らず何人, 限らず語部, 随つて来た, 電報で, 電話俵別荘の, 面し日新館, 面会しまし, 面影の, 面罵せられました, 預けること, 頼むが, 頼もうと, 頼んだこと, 飛びかかり一喝, 養はれた, 馴染の

▼ 氏~ (1784, 4.1%)

26 して 22 訪ねて 16 訪ふ 15 訪問し, 訪問した 12 訪ねた 8 中心に 7 中心と, 冒して, 煩は, 称して, 見た, 見ると, 訪れる 6 見て

5 [11件] もって, 待って, 指して, 昔の, 知って, 私は, 称した, 称したの, 訪うて, 訪ひ, 訪れて

4 [12件] おいて, つれて, 中心として, 介して, 尊敬し, 敵と, 私の, 見上げた, 訪ねた事, 訪ねると, 評して, 連れて

3 [30件] つかまへて, ば一人と, よんで, わずらわして, 伴って, 信頼し, 冒した, 冒したの, 助けて, 名のる, 呼んだ, 娶つた, 娶つて, 尋ねて, 愛して, 憚りて, 案内し, 殺したの, 殺そうと, 殺害した, 目し, 相手に, 私に, 見るや, 訪うた, 訪ねたこと, 訪問する, 迎えに, 送って, 顧みて

2 [95件] うながして, お前に, お召し, たずねて, ながめた, のぞいて, のぞかんと, はじめ久保田万太郎氏や, もつて, よく知っ, モデルに, 中に, 使いとして, 促き立て, 信じて, 信用したる, 先頭に, 内務大臣たらしめ, 冒したので, 冒した優善, 利用し, 前に, 加へ, 助くるに, 助くるの, 古典主義者と, 名乗って, 名乗ること, 呪うて, 呼ぶ, 呼んで, 嗣いだ, 大不敬罪, 失ひたる如きは, 妻に, 始めその, 始めとして, 娶って, 尾行し, 市長に, 征伐せ, 待ちつつ, 待つ, 待つ間, 御紹介, 恐れるの, 慕って, 抑留する, 招いて, 指す, 振りかへ, 排擠せしめ, 措いて, 操縦する, 支配する, 改めて与謝, 攻撃したる, 殺した犯人, 殺した男達, 殺して, 殺害する, 煩わしましたが, 発見し, 相手として, 知るもの, 称すること, 立てて, 納れた, 紹介された, 総裁と, 罵って, 脅迫した, 自分の, 見かえして, 見たこと, 見つめて, 見つめました, 見る眼, 見送って, 訪ねた時, 訪ねた際, 訪れたの, 訪問す, 誇りと, 論ずるの, 軍師として, 農商務大臣たらしめたる, 迎えて, 迎へ, 都の, 除く六人, 除名する, 除名せ, 馬鹿に, 駒込に

1 [1232件 抜粋] あとに, あらためて尊氏, いくらか心丈夫, いたわって, いやが, うかがっては, うしろから, えらく吹聴, おかしいほど, おそれて, おも, お借り申したい, お待ちかねかと, お欺, お訪ねする, かくべつお, かつぎこんで, きめて, ぐっと背後, こっちから, このまま, この地下室, この編輯業, この辺, この電波操縦器, これまでには, ころして, さうし, さして, さし示した, しきりに呼んだ, したがえて, しんから, すかして, すてて, そこに, その一団, その僑居, その心持ち, その旅宿, その私室, それぞれ配し, それほど偉大, たずねたれば, たずねる, たのもしい者, だれも, つかまえて, つかまえ自由, ていねいに, とにかく迎え, とるフランス生活, どう処分, どんな方法, ながめやりながら, なつかしく思わせる, なんだかおかし, はじめ, はじめだれも, はじめ先輩友人諸氏の, はじめ本書の, はじめ気味が悪い, はじめ遺族近親劇場代表者, はじめ高官などの, ふり向かしたの, ますます愛好, まつこと, みる, めとつた, もうこの, もてなして, よく存じ, よく理解, よく識ら, よび見せる, より心細く, よろしくと, わざと言い違えた, わしが, われわれに, スケッチした, バグダッドに, ブン殴っ, 一刀両断に, 一寸たずね, 一睨し, 一部の, 三代目と, 三角形に, 不安ならしめ, 不思議に, 不意に, 世間の, 主盟, 久しぶりで, 乗せて, 予定の, 二条の, 亡ぼさしめさ, 亡ぼすに, 交ぜて, 仆し, 仆そうという, 代地の, 代表し, 伊馬鵜平が, 会は, 伴れ, 何時までも, 侮蔑した, 促が, 促し立てて, 俳句仲間に, 借りるからと, 偶像視する, 傳へて, 先に, 先生とも, 入れて, 八十吉氏と, 具し, 内密で, 冒したもの, 冒してから, 冒し真, 冒し貞白, 冒すに, 写生した, 冷かすやう, 凌ぐほど, 凌ぐ勢い, 分出した, 初めとして, 初め支那の, 初代公使として, 副統監, 力一ぱい抑, 加えるの, 加へて, 助けてから, 助け苦労, 励ましながら, 動かすには, 包んだ, 匿まった, 十年の, 単なる芸術家, 危ううし, 厭つては, 去って, 去つて, 去らず, 去り山門, 去り鎌倉, 又別, 取巻く女達, 古典, 可立方, 合せても, 同じうし, 同じ檻, 名のられ, 名乗ったの, 名告, 含め現在四人, 呪い小さな, 呪詛の, 呼ばしむる, 呼びとめて, 呼び入れた, 呼び出そうと, 呼び迎えること, 唯一の, 問わずゆめ, 嗣いだの, 嗣がしめたが, 回想し, 困らせにでも, 囲んで, 圧し越前, 堺, 壓へ, 変えて, 外祖母家に, 大いに恐れ, 大氏と, 失ってからは, 失つて不安を, 失望させる, 女であれ, 好ましい思想家, 始めその他多く, 始めと, 始め中, 始め先輩友人諸君, 始め武谷軍医官梅津正利師範旧, 始め種々, 始め船長, 委員長と, 威嚇する, 娶られ其翌年, 娶り後, 学んで, 安心させ, 宗匠に, 家に, 射そして, 射つの, 尊ぶ所以, 尋ねると, 尋ねるべくユヱ, 導いて, 小田原に, 尾張の, 岐阜から, 師と, 幸福に, 座らせて, 廊下に, 引きとめようとは, 引っぱって, 引合に, 引止めて, 引込めるのに, 当選させる, 往診する, 待たせて, 待ちて, 後目にかけて, 従えて, 御存じで, 御存じな, 心づかせた, 心待ちしつ, 念頭に, 思い出した, 思うさま苦しめ悲しませ, 思って, 思ひ返したの, 思出だ, 恐れそして, 恨めしいと, 恩人扱ひ, 悲しくも, 悲しませる, 惜しむ人々, 想い出して, 想は, 想ひ起させるであらう, 愕かせる, 愛すること, 愛敬し, 感じずには, 感化した, 慕う少年諸君, 慰めること, 憎む気, 憐れに, 我国唯一の, 戦場へ, 打ち見遣った, 扶け, 批評し, 技師長と, 抱き入れるおつもり, 押さえる段, 拉し来, 招待氏の, 招飲す, 持った侍, 指さして, 挙げるが, 振付に, 捕えるなどの, 捕り籠め, 排斥しよう, 推さんと, 推したの, 推讚し, 描くとき, 撰み, 支持する, 攻めたとき, 攻めるという, 攻撃する, 放そうと, 散歩に, 敬服させた, 料理店に, 断絶せしめ, 新福に, 日本へ, 明治の, 書いて, 書く場合, 最上席, 有名に, 木戸口に, 東京駅へ, 棄て, 極度の, 権力者として, 欺くため, 正宗氏が, 此上ない, 殆ど引っ張り, 残念ながら, 殪すを, 殺したあと, 殺したもの, 殺し嫌疑, 殺すか, 殺ろしたの, 殺害致しました, 求めるよう, 法廷に, 活かして, 浅川巧君と, 渾名し, 滅し, 滅ぼしたの, 無理強ひ, 煩す, 煩わしたらばと, 煩わすなど, 狂童女が, 獄に, 理解し, 理解し得ない, 産んだ清子, 用いて, 異様な, 病床に, 発見した, 發見し, 皆よむ, 直義の, 県に, 真ん中に, 睨みつけた, 知ってる, 知つ, 知つてる, 知つて居り, 知りかねて, 知りました, 知るやと, 知る者, 破ったが, 祀らぬの, 神の, 祭った仏壇, 秘密に, 称したと, 称した郷士富農, 称し忽ち, 称する海人部, 称せず, 称讃し, 立て, 立てる方々, 筆頭と, 糺弾する, 紹介させ, 終生の, 経て, 継ぎ下野守, 継ぎ弟正俊, 続ぐ, 総べて, 編集主任と, 縛り上げ妙子さん, 罵つて国賊, 罵り平氏, 耐え難くし, 育てつ, 背後から, 自宅の, 興さんもの, 英語ふうに, 落して, 蔽うて, 表彰する, 裸に, 襲が, 襲ふて, 見かけたという, 見たが, 見たら質して, 見た子供, 見つけた小林氏, 見つつ, 見まもり始めた, 見る家中の間, 見上げただけ, 見上げて, 見下しつつ, 見出したので, 見掛けた記憶, 見習えよ, 見舞として, 見返した, 見送る人, 言は, 訊問したい, 討ち取るよう, 討つのほか, 討てば, 討滅し, 訪いしに, 訪い束脩, 訪う, 訪うため, 訪うや, 訪ねいや, 訪ねたら貴兄, 訪ねに, 訪ねようと, 訪ねるなどという, 訪ねる希望, 訪ねる黙壺君, 訪ね翌日, 訪ひ重ね, 訪れた, 訪れた吉岡社長, 訪れようと, 訪れる女房, 訪れる約束, 訪れ撮影, 訪わんと, 訪問するらしい, 訪問始めて, 許して, 評した時, 詩宗と, 認めて, 誘いだしました, 誘い散歩, 誘ったかは, 誘惑し, 語るといふ, 説きに, 読む意味, 論じたもの, 論ずるや, 論評したる, 識って, 警戒する, 譲つたのだ, 貫名という, 賜わりさき, 賞揚し, 起しに, 起用する, 車上に, 転がして, 農相の, 迎えあった, 迎えたもの, 迎えること, 迎え来り水, 迎へに, 追いだして, 追うて, 追う真似, 追って屋台, 追ひ, 送らんと, 送り出すべく躊躇, 逐って, 逓信大臣たらしめ, 通じ同氏知人, 通訳として, 逮捕いたさなけれ, 過つたこ, 遞信大臣たらしめ, 遣は, 選んだ, 遺して, 都に, 銀水楼に, 長追ひする, 関東の, 防寨の, 除きて, 除くと, 除けば, 陳列所に, 隙見した, 電話で, 電話口に, 非業に, 非難する, 頭に, 頼んで, 顧みた, 風呂へ, 首石に, 馬から, 高と

▼ 氏~ (1443, 3.3%)

31 一緒に 12 私との 11 話を 8 いへば, 二人で, 同じよう, 私と, 私とが 7 並んで, 私とは 6 なって, 会ふ, 別れて 5 いうが, いえば, いって, 三人で, 会ひ, 彼の, 連れ立って 4 いうを, いえども, お角さん, なつた, ジャン, 一しよ, 云ふ, 同様に, 私

3 [28件] その夫人, その娘, その家族, 一しょに, 二人の, 僕と, 僕とは, 兄とは, 同乗し, 同意見, 同行し, 向い合って, 呼ばれて, 呼んだ, 四人で, 娘とは, 意見を, 手を, 最後に, 相談の, 私の, 結婚し, 結婚した, 結婚しました, 言って, 話して, 逢ふ, 運命を

2 [64件] ありますが, いっしょに, いへる大, ここで, す, だった, であった, なると, サクラ女史と, 三月の, 三枝氏は, 三谷青年とは, 二人きりで, 云うの, 云ひ, 交際を, 他の, 会食, 何の, 別れた, 同じやう, 同じ家, 同一の, 同日に, 同棲し, 同様の, 同樣, 名に, 名の, 呼んで, 地方一部の, 大学病院長の, 姉の, 対談した, 平家の, 懇意な, 戦って, 書いて, 氏の, 物部氏の, 異る, 相伴ひ, 相対し, 相談し, 相談したともし, 相識り, 私は, 称した, 称したの, 縁故の, 義貞との, 老人とは, 自分も, 良人と, 良人とは, 警察の, 逢ったロハ台, 逢った時, 逢ひ, 遊びたくて, 長島氏との, 順子さんと, 須藤氏が, 馬車に

1 [1034件 抜粋] あたしと, あと三人ばかりの, あの男, ある, あるのみ, いい今日, いい固, いい栗本氏, いい青山翁, いうと, いっしょだった, いっしょの, いつし, いつたの, いひ寧言語學者, いふ者あり, いへるが, いろ, おずおず眼, おはなし, お加代さん, お嬢さんだ, お心安かっ, お雪ちゃんが, かたく結び, くらべられること, この二つ, この作者, この荷物, さる場所, したその, した故事, しばらく話し, し名, し役, する横町, そしてその他, そっくりの, その人, その助手, その国際的, その妹, その姻戚, その部下, それから, そんな話題, たそがれが, たつた二人, つれだつて, であります, どういう関係, どっちが, なってからは, ならんだ, なら一語, なり平家, なり得る様, なるの, なんとか組, はじめて対面, ふたりで, まことにあっけない, まちがえて, みそ汁の, もう結婚, よく戦っ, よびさん, よんで, わたくしの, わたしは, イギリスの, ウィーザーや, オコウちやんの, オリヴィエと, カンタン相てらした, クレルモン・トンネール氏, コルネイユ師との, コンドルと, シュニツレル選集を, ジョン少年とを, セリスト, ダーネー氏とが, ドイツ大尉夫妻と, ハイド氏ほど, ハース氏と, ヒユッテの, ブロンドー氏との, プルーストと, ボクとは, マテスン司法主任とが, マハラヤナ博士と, マーシヤさんが, リーベン氏の, レンラクが, ヱレベーターの, ヴンテンさんが, 一問一答を, 一日の, 一晩山上で, 一緒な, 丁子屋商店との, 三人鼎座し, 三好家とは, 三木武吉氏である, 三枝子さんらしい, 三谷とに, 下僕それから, 下男とは, 世に呼ばるる, 両方から, 並ぶと, 中川氏とが, 中村係長は, 中村星湖氏と, 丸善で, 久保田氏とを, 也, 争い非常, 二人だけに, 二位の, 二科で, 云う例, 云う豪傑, 云った, 云っては, 云へば, 五百木良三氏とは, 交ったかと, 交れり, 交渉を, 交際も, 人から, 仁杉氏との, 今一人とが, 今一人は, 今日に, 仮りに, 仰しゃることは先刻, 伊藤整氏とが, 会えるか, 会見させる, 会見愈々, 会談した, 会談数刻, 会食す, 佐々木高氏, 何か, 何くれと, 何れが, 余とは, 作風を, 信雄君の, 停車場に, 僕あまりに, 僕の, 先発し, 共にやってきた, 共に来り, 共有の, 共演の, 兵頭氏で, 内定の, 再会の, 出あったの, 出て, 分かれて, 分った, 刑事部長が, 初めて会った, 初対面の, 別れ二人, 前後から, 前後に, 加藤兄上が, 勝治の, 北原白秋氏とを, 北條氏と, 十七万騎の, 十以上は, 十幾人の, 半七捕物帳, 協同持ちにな, 博士とが, 友千鳥浴衣主任の, 取かえられたこと, 可なり, 吉岡堅二氏と, 同じい, 同じく柳田先生, 同じく近隣, 同じです, 同じ境遇, 同じ程度, 同じ美貌, 同じ避暑地, 同一意見を, 同宿し, 同寮, 同席させた, 同技手西山省吾氏, 同時に幕府, 同時代, 同村で, 同棲した, 同様であろう, 同祖, 同系列, 同船させる, 同車が, 同車にて, 同郷人で, 名乗って, 名乗る松葉杖, 向きあった, 君の, 告ぐ, 呼ばるる他, 呼ぶその, 呼んだ以上, 和せという, 和を, 喧嘩を, 嘉治さんには, 嘉門次は, 四ツ本氏と, 四人づれで見物に, 国清とは, 国経との, 土岐善麿氏の, 塩田氏との, 壁一重を, 外に, 多寡が, 大下宇陀児氏から, 大和とは, 大学の, 大差ない, 大衆小説における, 太子, 太宰とが, 夫人とを, 奉天の, 妹御の, 姫草ユリ子とが, 娘アンナとの, 婚姻の, 存亡を, 安濃津に, 宗像博士は, 実業社会との, 實業社會との, 寸毫の, 対座し, 対称し, 対談岡氏の, 対陣中の, 小国露堂氏が, 小山内氏と, 小林少年とは, 小池助手は, 少佐との, 尼子氏との, 尾崎士郎の, 居士との, 山城氏と, 山県氏とは, 岩倉氏の, 岩村氏とは, 岸田と, 巌木勝氏に, 差し向, 帝劇の, 常に往来, 平家とが, 平家史蹟巡りの, 平岡画伯の, 広千代, 座談の, 引抜きが, 弟の, 当地一般市民から, 彫り上, 彼マリユスとの, 彼女とは, 待合せ先日, 待合せ神戸港突堤, 御夫婦, 志賀直哉氏の, 思いこんで, 息子と, 意見が, 懇交あった, 成るを, 戦い大いに, 戦ひこれ, 扉との, 打合せ, 打合わせの, 抽斎とが, 排仏派の, 握手し, 握手を, 支配人は, 故人とは, 故鈴木氏享氏, 散歩し, 文代と, 文通を, 斯波氏参会式礼を, 新田義貞の, 日大の, 旧好, 早苗さんとが, 明智小五郎とが, 明治学院教授の, 昔から, 是公氏とが, 暗い往来, 書翰の, 會見された, 朝めし芋ぼうが, 木村氏とが, 本城夫人の, 来, 東京音楽学校助教授の, 東北出の, 東宝との, 某氏と, 梅玉氏とが, 森田草平氏とが, 楚王, 槇子の, 標題を, 正金銀行支店に, 歩を, 殆ど一致, 母である, 母堂とは, 毎日その, 比企氏との, 比較する, 水町次官との, 汎称せられた, 池氏とに, 汽車で, 河田博士と, 波多君と, 浅草迄, 浦崎さんなどが, 清元梅之助を, 温泉の, 満日社, 満鉄公所, 漸く十日間地方, 無電で, 燧岳に, 片山伸氏とのが, 片山氏と, 物言ひ, 物部氏とを, 犯人以外に, 猪股氏が, 王堂氏が, 生れとには, 田富小学校長輿石正久氏が, 田山氏とで, 申しますもの, 申す者, 番頭さん私と, 登子への, 百瀬君と, 皆で, 直接の, 相わかれ, 相会し, 相戰, 相知る, 相談する, 眞向きの, 知り合, 知り合う機会, 知り合って, 知善院に, 確執を, 神楽坂へ, 福岡市吉塚三角在中島徳松氏の, 福松君の, 私とだけで, 私とを, 私ばかり, 私達父子は, 称え出したの, 称しはじめ, 称し或いは, 称するは, 称する訣, 種々相談, 種族との, 立て台省官府, 竹崎氏との, 笹村とは, 糜氏は, 約の, 約束の, 終始した, 結婚され, 結婚したで, 結婚の, 縁故深き, 罫紙とを, 義貞の, 羽鳥とが, 老支配人, 聖徳太子のみ, 肥後屋の, 育ちとに, 背中あわせ, 腕相撲し, 自分とは, 興味ある, 若い娘, 若井氏お客は, 英一との, 菊池氏との, 落ち合って, 落合った志村氏, 落合ひ, 葉末さんとは, 蒲生家とは, 蓮台寺温泉に, 藤本銀行の, 蘇我氏とは, 行きオペレッタ, 行く, 衝突を, 被告の, 西と, 要談数刻書き落した, 見違つて, 親しい仲, 親しくなった, 親しく交わる, 親んで, 親友であり, 親戚関係に, 言うて, 言つて繪島の, 言われる父, 許嫁の, 話したり, 話し三益, 話しPCL森氏, 話すこと, 話す東宝劇場, 話合っ, 語って, 語る数刻, 読者との, 談合の, 諸子とは, 警視とは, 豆千代と, 貴婦人とは, 赤木氏とに, 足利氏の, 辛苦を, 近密, 近藤老人は, 通信中彼の, 逢つてゐない, 連立って, 連絡を, 運転手氏は, 道後の, 違って, 違つて勝負事には, 酒くみ交わし, 里栄とに, 銀山平へ, 銀座を, 長与善郎氏との, 長谷部文雄氏それから, 門野支配人は, 関係した, 關係が, 陳との, 雖ども, 離れたがらなかった, 離反した, 青嵐居士が, 静子夫人の, 面を, 面談する, 頼菅二氏とは, 顔を, 飲む約束, 高梨孝子女史との, 高等学校以来同級である, 麻川氏は, 黒江氏は

▼ 氏~ (1057, 2.4%)

9 それを 8 素性も 6 一緒に 4 これを, それは, 亡くなつた, 書いて, 素姓も 3 この頃, これに, 亦この, 今は, 何か, 同じこと, 手を, 来て, 私も, 自分の

2 [47件] あれば, うなずいた, これは, そういうこと, そこに, その中, その説, その頃, ふれて, また, またその, 三谷青年も, 両手を, 亦清廉潔白, 今度は, 出て, 前から, 同じやう, 同意見, 同様である, 同様に, 大いに安心, 妾をば, 定めし案じ, 少年に, 居られ又, 平氏も, 平生, 弁明を, 当時は, 心を, 最近偶然結婚, 次の, 深くは, 理事の, 疲労されるであろう, 真の, 知って, 私と, 私の, 笑いながら, 芸術は, 見て, 言って, 負けては, 述べて, 駈けつけて

1 [890件 抜粋] ああいう, あたま, あなたを, あの不動さま, あの鼠, あらうまた, ある事件, あれか, あんな不体裁, いずれ上命, いた, いつその, いなくなって, いわなかった, おくれず闇, おっとりと, おられたという, おり色紙, お変りなし, お志, かえって来られ, かつて憤っ, かねがねそう思っ, くつろぎを, ぐでんぐでんな, こういう父, こうなっ, こう呟く, ここへ, ここを, この一元観, この人, この國造設置, この夫婦, この婆さん, この年, この点, この盲法師, この説, この質問, これだけは, これまでに, さうの, さすが宮様, さすが眼, さぞ苦笑, さつき云つたように, さるもの, しいて, しみじみ独, すぐ察し, すぐ買おう, すこしあわてだした, すこし頬, すじょうもさだかにしれぬ俄分限者の, すでに信者, ずいぶん思い切った, そういう感化, そうしたもの, そうなる, そう考えた, そう言いました, そこへ, その, そのよう, その一端, その一行, その他の, その位, その傍, その前, その声, その時分デンマーク語, その横, その眼つき, その約束, その詰問, その道にかけては, その鎮圧, そばから, そばに, それぞれ, それに, それら消えうせた, そろそろ支度, そんなおも, たいくつ, だんだん私, ついおし, ついその, ついに降参, つい心, つい言いまくられた, つく, つづき甥, とうとう声, とうとう辞職, ともに笑った, どうやら次第に不安, ない多, なかなか味, なかなか苦労人, なく喧しく賑わった, なく溶けこんでしまつた, なるべく努力, はいつて來, ひそかに, ひどくよろこん, ほかへ, ほめて, まいど, まじめな, まず賛成者, またこ, またすぐ, またなにゆえ, またはじめ, また同じく, また在京, また大阪, また実, また宮方, また希望氏, また弱い, また心得た, また必ず, また渡り, また現に, また私, また線描, また親しく, また非凡, まだ見てないらしい, みなその, もうこの, もう一言, もう手, もし大袈裟, やがて捨てられる, やってきて, やはりしか, やはりその, ようやくなっとくし, よく指物, よく書い, よほど苦心, わたしが, アメリカから, エフ氏ひとりでは, カングリ警部氏も, キマリ悪, タジ, ドファルジュも, ニヤニヤ笑っ, ヘッケル氏も, ベンチに, モダーニズムに, ヨットの, 一世一代の, 一度ここ, 一方を, 一時そのまま, 一時は, 一種の, 一緒にな, 一言の, 一言も, 丁度あまり遠から, 三人とも, 三菱と, 上から, 上京中で, 不人気な, 不安な, 不愉快に, 不承, 不遇な, 並んで, 主張される, 乗り居て, 乗気, 予期を, 二くせも, 二人手下を, 云はれる如く, 云ふ, 云われた通り, 亡くなって, 交って, 交つてゐた, 亦お, 亦その, 亦人傑, 亦大森氏, 亦女, 亦山県侯, 亦明治四十二年, 亦此隱謀, 亦決して, 亦祖国イギリス, 亦認め, 人並外れた, 仆れ, 今に, 今年五十三だ, 今目の, 他の, 住めり, 何かと鎌倉入り, 何となく心もとな, 何処と, 何時から, 何時夏季の, 余り音曲, 余程の, 來り, 侍医で, 依然教授, 俳句を, 傑れた, 僻み易い, 先刻から, 先輩として, 入れて, 全く見落し, 六尺褌を, 共に八, 共に徃, 共に美術協会, 共に見物, 其の頃, 其教を, 内心翁を, 再び五七五調, 冗長を, 冷静には, 几帳面に, 出席し, 出版し, 分らぬ色道じまん, 初めの, 前後にな, 加わったの, 労働の, 勇気が, 勧められて, 北海道で, 十年らいこの, 千種も, 卒業生の, 印度洋で, 厳令を, 取りかけて, 口を, 可笑しさ, 吃驚した, 同じ二十九歳, 同じ原因, 同じ植字工, 同じ避暑地, 同席され, 同感だ, 同樣也, 同道八田ダッシーの, 名探偵明智小五郎, 和田氏も, 喜ぶといふ, 器量を, 因果モノには, 土屋氏も, 地がらから, 地獄へまで, 声を, 多少基督教, 多年蒐集された, 夜陰或いは, 大いにおどろき, 大いに弱った, 大いに驚き, 大きな田舍, 大の, 大へん, 大分おどろいたらしい, 大分酔ったらしく, 大気に, 大麓さんと, 天童氏も, 夫人も, 失望する, 奪い取った剣, 好い人, 妻を, 姓も, 嫌いな, 嬉しかつ, 存生で, 安倍能成氏も, 宝塚に, 実に好き, 実は亦, 実在せず, 家系も, 寄稿家で, 寄稿家であり, 富岡と, 小川氏と, 小首を, 少からず驚かされた, 尖つた頭, 居それ, 居られたので, 山下氏が, 山本瑞雲氏も, 左馬頭の, 帰つて来た, 帰県し, 帽を, 平家も, 床几を, 庭下駄を, 張作霖と, 強いて, 当日お, 彼を, 後れて, 得意満面でした, 御いそがしい, 御出, 御挨拶, 徳田氏に, 心の, 快く進ん, 思わず小説, 恐らくは僕, 恐ろしい幽霊, 意を, 意見を, 感心し, 憎いし, 我々仲間へ, 戦死であろう, 扉口に, 手伝つ, 承知の, 抜からぬもの, 指摘した, 探偵小説でない, 数えなかったの, 数年間居た, 文壇の, 斎藤氏も, 新田義貞も, 既に十年前, 日本へ, 旦那らしく砕け, 早苗さんと, 明智も, 明治病院の, 昔は, 時々やって来た, 晩年には, 普通の, 暗い顔, 最初は, 最早ラジオどころ, 有名な, 朝寝坊の, 未だ歐學, 本誌の, 来られ夜飯頃倉知氏, 来る, 来診杉寛なども, 梅の, 森川夫人も, 構図の, 橘氏も, 欠伸を, 歌う, 止めるが, 此那ことを, 武田信玄に, 死去された, 毒気を, 気が, 気の毒な, 気の毒に, 池田氏も, 洋学を, 流石に, 深き事情, 滝田氏に, 瀕死の, 無論に, 熱して, 熱心に, 犬養氏同様手蹟が, 狆を, 猫背夫人も, 現本, 環境の, 生命を, 畠山国清も, 疲労し, 疲労困憊しき, 皆の, 皆悪い, 益々興, 目礼を, 相撲取りの, 眼の, 矢張り此矛盾を, 知つてゐたであらう, 知つてゐるであらう, 知らず勿論, 知らないこと, 知りません, 礼を, 禅師の, 穏かに, 窪田空穗氏も, 立って, 立上った, 笑い出して, 箸を, 系図も, 素より善意, 素直に, 緒方氏にも, 義太夫にかけては, 翁が, 老人と共に, 考えさせられた, 聞きおよんで, 肩幅が, 腹に, 自分達に, 自室に, 自然それを, 自身で, 自身藤原とは, 色目を, 芸術座の, 若い娘, 若井氏も, 苦労し, 苦笑を, 萩の, 藤原氏も, 藤枝の, 虚栄坊の, 表面は, 見えなかった, 見ぬいて, 覚悟を, 解説の, 言うて, 言はれた, 言ふまで, 言句も, 訪ねて, 設けられたべつ, 話に, 誘われた, 調子に, 諦めて, 警察局に, 谷崎氏自身の, 賛同の, 賞讃され, 軈て立派, 近藤老人も, 追放と, 途方に, 遂に承知, 運転手氏も, 違った陣営, 酔い泣きまじり, 醉夢も, 長屋氏と, 門野老人も, 閉口した, 降りた, 陪審員の, 随分考, 隣から, 雀鮨は, 青くなった, 非常に, 鞍を, 須磨子も, 頷きか, 頷ずく, 願文を, 首を, 首肯した, 駒込の, 驚いたと, 高いびきだ, 鬼の, 黙って

▼ 氏から~ (423, 1.0%)

8 聞いて 5 出られた大 4 手紙が, 電話が 3 手紙を, 聞いた話, 電話で

2 [13件] おきき, 一つの, 一封の, 受けて, 急用が, 私が, 私に, 私の, 私は, 聞き得た所, 贈られた果物, 返事が, 頼まれて

1 [367件] あの哀愁, あまりにも, ある危険, いた, いつも正確, いろいろと, いろいろの, いわせれば, いわれたこと, うけた好意, おうかが, お手紙, かつて左, きつと, こういわれた, こう言っ, ことづかったもの, この上, この事, この仕事, この屏風, この書付, この皇后, この若井氏, これを, こんな言葉, されたん, して, じっと見つめられ, そういわれる, その創刊號, そんな述懷, たいした贈り物, たしなめられて, たびたび聞かされ, だ, だろうと, ちゃんと買い受けた, つい二, つっこまれて, とりのぞいて, どこか, なつて, なるみの, のろのろ砲弾, はがきが, ぷつつりと音信が, まともに, みると, もらった少し, もらった電車, もらつた薬, ゆるされて, ゆるしを, わざわざ, わたしの, アフリカの, セルボ・クロアート語の, ダンダンは, ドイツにおける, ハガキで, ハンケチに, ヘーゲルの, ベルリンに, マッチを, ミケルアンジェロの, ミヨウゴニチアサユクという, モロ警部さんあてに, ラヂオ放送用の, 一ドルで, 一寸来い, 一度は, 一本の, 一樽を, 一部始終を, 七百円を, 与えられた妙, 久子さんへの, 予の, 予備知識を, 二人の, 二人まで, 云えば, 井伏さんの, 享けた, 仔猫を, 仕事を, 他の, 伊達の, 伝令舟が, 何か, 何とかいっ, 何とか言ったらしい, 使いです, 使者が, 來り, 便りは, 俳優としての, 借りた金, 借りて, 借り出されたクロポトキン, 借り受けた湯呑, 借り受けるよう, 借用し, 借用した, 僕が, 僕の, 先般依頼され, 八十円で, 内面描写が, 写真と, 出たかと, 出た一族, 出た者, 出て, 出られるの, 分泌させる, 分泌し, 切に神器, 刻々かかっ, 労られた, 勧められるまま, 北満州産の, 南北朝の, 博士の, 印刷物が, 取り上げたハンカチ, 取戻して, 取次いで, 受けたという, 受けた同情, 受け取る気分, 受取った悪罵以上, 口を, 古賀得四郎氏の, 叱咤された, 同君の, 同図書館, 同地に, 同志の, 同志社の, 同氏の, 同氏訳の, 呼びだされて, 命ぜられたとき, 啄木の, 善兵衛老人を, 国を, 報ぜられた, 報らせ, 大金を, 大黒と, 天来の, 天江翁を通じて, 奥州管領の, 女工への, 女御を, 女房の, 妙な, 娘を, 學ばれたの, 安田氏の, 宛名に, 家族に, 寄せられた懇書, 寄書を, 寄贈された, 寄越した手紙, 小言を, 尾崎士郎氏が, 山上氏山上氏から, 山県公へ, 帰った水木, 帰りがけに, 幼稚な, 幾日何時拙宅にて, 彼の, 彼女へ, 後に, 得た臙脂色, 御祝, 御親切, 心配な, 必要な, 恩恵を, 恵那山附近で, 患者は, 愛と, 態, 成功報酬として, 戴いた手紙, 手紙で, 承った, 投げ込まれて, 投書も, 押しつけられた, 招きが, 招待あっ, 指導された, 捜索願が, 推薦文を, 提供され, 提供された, 摂取した, 支倉拘引の, 支那風呂に, 教えられるところ, 教へ, 教わったの, 教を, 数度に, 旅費を, 旅館へ, 日本へ, 早くに, 明細なる, 時々話, 晩餐に, 書付を, 書信で, 書留郵便が, 書送って, 曾て, 最初に, 本格的に, 来たもの, 来た三右衛門矩之, 来た歌, 来た牧, 来た養子房之助, 来るが, 来信なし, 来信東京に, 東儀鉄笛氏に, 校内を, 桃山亭の, 極東セメント商会の, 正誤書が, 歴史的探偵小説に, 毎月十圓づつ送つ, 氏としての, 注意された, 滝田氏に, 激励と, 熱心な, 片上天弦氏を, 牧野信一全集を, 特にこの, 特に力, 狐や, 狩谷氏へ, 用立てて, 申されました, 異国風の, 発したもの, 直々に, 直接に, 相談を, 眼を, 神経が, 私に対して, 私宛の, 秘密厳守の, 稲荷祭の, 立て代えて, 築地豊村へ, 精神上の, 約束の, 紹介された, 紹介名刺を, 紹介状を, 絶えず気兼ね, 縦に, 羅府新報の, 翁に, 考えられて, 聞いた, 聞いたお, 聞いたこと, 聞いたところ, 聞いた所, 聞いた言葉, 聞いては, 聞かされた, 聞かされると, 聞きえた唯一, 聞きましたが, 聞くところ, 聞けば, 聟を, 自作の, 自著, 至急に, 至急来, 芝居の, 花輪が, 蒙古語, 衣類を, 表紙と, 見て, 見れば, 見込まれて, 親しく聞いた, 親しく聴いた, 親しく話, 言えば, 言って, 言われたので, 言われると, 訊かれたよう, 訊かれること, 記念品として, 話されて, 話し出された縁組, 話し出された縁談, 話を, 認められたこと, 説かれて, 誰という, 講話を, 譲り受けただちに, 貰ったの, 貰った品, 貰つた, 買い受けたもの, 買ったの, 買ったので, 贈られたもの, 贈られた栗毛, 足利に, 足利氏への, 近著戯曲集, 近頃の, 返事を, 送った俳句, 送られた, 速達, 道成寺の, 遠くない, 遥かに, 遺された支那, 遺物に, 還された書籍, 還されて, 郵便が, 郵便来, 鄭寧な, 鄭重な, 重ねて, 野原医師に, 金を, 金澤氏に, 長い原稿, 長距離電話が, 離れたこと, 離れないもの, 離婚を, 電話, 青山氏と, 預かった鍵, 預かって, 頼まれた歌, 香仙粉一袋を, 香川氏に, 驚くべき話, 高川邦子女史の, 高湯

▼ 氏~ (376, 0.9%)

5 に取っ 4 の方 3 である, に毒, の家来達, は, は秀吉

2 [28件] が会津, が出陣, が家康, が小, が此, が秀吉, が自ら, が西大寺, だ, だから, であった, と仲, のほか, の乳母, の先鋒, の妹, の心中, の死後, の父, の立場, の軍, の返辞, は之, は利家, は名生, は承知, は理, を親

1 [296件] おもいの, か, かの馬, から一面秀吉, から上杉景勝, か長, がここ, がただ, がむかえ, がよき, がわび, が伊勢松坂城, が会津四十二万石, が佐沼, が信長, が其の, が出た, が利家, が前田, が勇敢, が動かぬ, が十二分の注意, が危険, が名生, が命ずる, が大, が天正二十年, が守る, が寿命, が屹度此処, が底, が或, が政宗, が生き, が画師, が病死, が相撲, が知らなかったろう, が示した, が自ら毒飼, が茶讌, が訪ね, が請う, が身, が関白, が風雪出陣, が高, この処, だ戦, であれば, では無い, でもない, でも木の下風, という強い, という重石, といえ, とした, とともに居城日野, とは年齢, とは随分, とを比較, とを鎖, と交情, と共に一揆鎮圧, と同一, と大, と家康, と池田勝入, などなかなか, などの生理的症状, なの, にせよ, にとって将来, にもゆかり, に会った, に力沙汰, に召抱えられ, に喰付き, に対して公然, に対して十分, に対して取った, に対して木村, に対して木村父子, に対して若し, に属する, に斬っ, に於ける, に附いた, に随, に随身, に飲ませた, の, のごとき, のごとく, のす, のふたり, のみで, のよろこび, の与力, の二将, の伊賀衆, の佐沼, の傳, の先隊四将, の兵卒等, の其の, の出陣, の前, の功, の功績, の勢, の大将, の如き, の娘, の存ずる, の家, の寵, の居る, の從妹, の感慨, の懸, の手配, の招いだ, の施為, の書翰, の書院柱, の未亡人, の死, の油断, の涙, の為, の父子, の父賢秀, の申出, の相伴, の眉, の眉目, の眼, の眼中, の答, の節操, の耳, の聲望, の肚, の臣, の英雄, の言, の訪問後, の許, の語, の請, の諸, の辞世, の通称, の造らせた, の陣, の雄, の頼む, の飛脚, はあれあれ, はこの, はすぐ, はその, はもう, はハハハ, は一寸, は一旦, は下, は中新田, は中新田城, は主君, は云った, は人質, は今, は今それ, は他, は伊勢, は会津, は会津守護, は何万石, は何様, は信長, は兜, は兵, は兵粮, は其命, は其後, は其男, は初めて, は利家贔屓, は前, は十七歳, は十三歳, は印籠, は叔父, は問い返した, は器量, は城, は外, は大変, は宜, は実に, は巨額, は平然, は座中, は微動, は忠三郎氏郷, は忽ち, は恐ろしく厳しい, は愈々, は意, は戦陣, は数寄屋, は文事, は文雅, は斯様, は於通, は早く, は明日名生, は是, は木村父子, は本, は条件, は柴田, は此時, は法, は法令厳峻, は潮合, は無論, は父, は物, は狐, は独り書院, は町野, は白河, は相, は真に, は眸, は約, は翌日早朝, は莞爾, は証拠, は諸, は警告, は豊臣秀吉, へ与えよう, へ人質, へ使, へ使者, へ廻った, へ援, もいた, もことし, ももとより, も一応, も何, も家来達, も幽, も怪しい, も政宗, も狐, も目, も秀吉, も遠征, も酷い, も面白い, や元就, わきまえぬと, を一方, を中心, を任命, を会津, を吾が, を呼びたてた, を嵌め, を巖石城, を左軍, を忌ん, を招いた, を捻倒した, を数寄屋, を殺し, を気の毒, を置いた, を置こう, を羊, を茶讌, を説かせ, を請じ入れ, を遇, を遣り過し, を遣付けた, を釣, を除きたがる, 及び氏郷, 長可

▼ 氏~ (336, 0.8%)

38 あつた 27 はない 10 はこの 7 は山陽 6 あらう 5 は此年山陽 4 もある, もない 3 今一人は 2 すらこの, はあつ, はある, はなかっ, はなく, は此年春水, は此年茶山, 枳園が

1 [216件] あつたらしい, あつて, ある特色, いらっしゃいますか, おあり, おいでなさる, おざる, おなじく夜警, お曾能さん, この味, この老, ござりました, さえが当代唯一, さえその, さえもびっくり, さえ之, さえ全, さえ容易, さえ慶応義塾, さえ気がつく, さえ著者, さえ適切, しかありませぬ, しかない, すら居, その先, その大毎, その野本氏, それから鋳物, それは, は, はあったで, はありません, はありませんでした, はあるまい, はございません, はその, はなかつた, はなから, はもし, はよ, は七月, は三世, は三千坪, は三平懐之, は三月, は三樹三郎醇, は九月二十三日, は亀沢稲荷, は佐京某, は保己一, は優善, は六月二十日, は尾張氏, は年毎, は徳安, は懐之, は房之助, は抽斎, は抽斎未亡人, は故, は春沂抱沖, は枳園, は枳園立, は榛軒三十三, は此年, は此年丁巳, は此年七月三日, は此年三子, は此年五月朔, は此年京水, は此年光寿, は此年八月八日, は此年初代, は此年十二月二日, は此年十月十三日, は此年四月, は此年四月十五日, は此年四月朔, は此年宝素, は此年抽斎, は此年文化七年, は此年文化八年, は此年文化十一年, は此年文政六年, は此年楊庵, は此年榛軒, は此春杏坪, は此時阿部正弘, は無い, は疑懼, は矢, は石川藤陰, は茶山, は輒, は迷庵, は隠居, は餅搗, もいま, もこの, もなけれ, もまた, もまにあうだろう, もア大統領, も三隅, も全部, も北原氏, も古い, も庚申講, も忌避, も無けれ, も神崎氏, も詩論上, も近い, わたくしは, わたしの, われわれの, ワキの, 一つは, 一人は, 一時長島氏を, 三流に, 上にも, 之は, 予, 二十八度という, 井生村で, 京水の, 今では, 今以, 今弘前, 今日は, 健康を, 先年七十幾歳で, 光徳が, 入らせられますか, 其同派の, 其家は, 初代全, 別の, 前に, 副局長, 化物屋敷へ, 千人前を, 博士を, 即ち春沂, 受信人は, 古代以来の, 右の, 同氏が, 呼ぶの, 喜兵衛の, 四番目の, 堀池は, 堅山氏は, 多田の, 女史の, 姜姓の, 孤竹君の, 宇田川氏も, 安倍氏と, 寛政九年に, 小倉は, 山崎町に, 平氏である, 幼名を, 当時の, 彼の, 思い出したが, 成斎知足が, 所謂源波響である, 押し通したん, 既記の, 昔から, 春沂未亡人が, 春澳瞻淇が, 春興行には, 書写せられた, 松吉という, 松村任三氏は, 松魚氏は, 桃華氏が, 極り悪, 此年春澳が, 此年枳園が, 此年蘭門の, 氏の, 氏は, 氏も, 漁村の, 父を, 玉と, 用も, 皇太子さまの, 県氏は, 私が, 私の, 立会検事は, 美髭を, 翌日氏は, 茶話記者でない, 藩では, 蘭法医伊東玄朴の, 蘭軒の, 蚊母樹で, 行く, 製紙の, 請負師組合長も, 論理を, 議案は, 貞白が, 近江国和田に, 閣翁運八とともに, 阿部家の, 雑誌について, 頼朝の

▼ 氏には~ (271, 0.6%)

2 これが, これも, どうもその, 何の, 何も, 普通の, 此年特に

1 [257件] あった, ありがたい声, ありがたかった, いつぞやの, いよいよ御, いろんな失策, うれしかった, おどかされやすい, おもしろく思われた, お地蔵様, お弱い, お気の毒, かう答, かなり久しぶり, この会話, この僥倖, この女王, この建物, この次, この殺し合い, この種, この言葉, この間サン・セバスティアンで, これまで, ご存知ない, ご懇意, さきに, さしたる戦意, さっぱりその後, した, しばしば出, じぶん, すこしもそんな, せっかく出来, そう珍しい, その中, その力, それが, それは, それも, それ以上の, そんな暇, たいがいわかっ, たいした勢力, たくさんの, ただ後生, たといそれら, たまらなかった, ちつと, ついに四六時中, つい此, つつましいながら, つらかった, である, とてもそんな, どうしてここ, どうしてこんな, どうしても事実, どれ一つとて, ないもの, なおま, なおゆゆしき, なお他, なにか哀しい, ならないまでも, なんらの, ぬらと, ひどい目, ふたに, ぼんやり解る, また平生入道, また明日, まだご, まだ博士, まだ明智, まだ言葉, まだ逢っ, まったく拠り所, もう口, もう自殺, もう見付, もっともな, もとより多く, やはり藤夜叉, よい恥, ようこの, よく分っ, より以上, わるいが, シャルトルへ, ハキダメの, バッハ伝の, 一度しか, 一日も, 一片の, 一驚を, 七八つの, 三人の, 三十六歳の, 不合格, 不思議な, 不気味な, 与へられて, 世経済の, 両者の, 中村屋創業当時の, 丹生川平の, 之で, 乱鶴乱雲の, 事前に, 二度ばかり, 人格の, 今そんな, 今までに, 今日では, 他にも, 他人の, 仮の, 会えなかった, 何やら結願, 倉敷の, 全くつかまれ, 全く常談事, 全国の, 全権が, 全然なん, 内所で, 冷静な, 初めてな, 判じも, 別に, 別に仁斎, 別人の, 前から, 十分の誘惑に, 厄介な, 叔母にあたる, 口に, 同調し, 告げて, 多くの, 多分に, 多分の, 夢の, 大工作兵衛を, 天皇の, 失望の, 如何にも日本人, 如何にも自分, 子が, 子の, 子供らしい, 子徴, 実行力決断力という, 小耳にも, 少しも, 平静な, 弟の, 当時四十何歳の, 彼女が, 御心配, 御用意等, 心に, 忘れがたい, 忘却の, 思い出すこと, 思われた, 思われたの, 息孫女幹が, 悉く綱, 想像されなく, 愛すべき善良さ, 感じよく, 懇意な, 抽斎未亡人が, 故人を, 教えられたところ, 文学の, 既成文学的達者さを, 明法道の, 春登が, 昨夜からの, 昭和十一年文展の, 時々推薦文, 時として親しく, 書いたもの, 書齋號は, 本来芸術的な, 村山氏の, 東美濃地方に, 格別の, 案外印象, 正に一, 比較的頻繁, 毫もこれ, 気に, 水軍力が, 氷砂糖を, 浅見尾崎両氏の, 深く交つた景樹, 淺見尾崎兩氏の, 無関係だ, 物なべて, 特に望まれ, 甚だ失礼, 申訳ない, 男子の, 疾く逝去, 病の, 目も, 知られなかったある, 確信が, 祖父の, 竜之, 答えず思わず, 糟糠の, 編年の, 美しい夫人, 美童を, 義兄の, 義貞の, 聞えぬらしかつ, 背を, 腹の虫が, 自刃の, 自分の, 自制心が, 自己の, 自身までもが, 興味らしい, 色々御, 芥川氏を, 芸者達までが, 葵の, 薄々わかっ, 蘭軒手沢本と, 衷心から, 見られない作品全体, 見るに, 見舞いに, 親しい交際, 誰よりも, 讀未見書齋といふ, 財産が, 近視の, 逢ひ, 逢わないで, 連判という, 遠くの, 随分手, 隠れた恋人, 露國物の, 面倒くさい事実, 面識が, 風筆の, 高氏の, 黒田清輝氏金子堅太郎氏など

▼ 氏~ (248, 0.6%)

4 その他の 2 中村氏の, 北原氏の, 将軍家にとって, 武家のみの, 田中氏は, 茨木猪之吉氏も, 虚子氏も

1 [230件] あんな烈しい, いま上長と, その他数氏から, その他画家などを, と一緒, なんとか氏, ふさ夫人の, ほか数氏と, または教区, また中華映画, また高, わたしの, イワノフ博士の, イヴォンヌさんが, エルスベルゼ兄弟の, オストワルド氏の, コンドルセエ氏は, シェストーフやに, ジョオンズが, ジョリイ氏は, デシユント氏の, バンジー・プュイ・ヴァレー氏にまで, ビュウローの, ビユフネル氏の, ヘッケル氏の, ホワイマント氏が, ボウレイ氏の, モノノベ, リッケルト氏は, 三上於菟吉佐藤春夫吉川英治諸氏と, 三下氏の, 上代益男氏等の, 上司小剣氏の, 上田氏が, 与謝野晶子女史やが, 中井隼太氏などは, 中山義秀氏などに, 久能氏が, 久野豊彦氏らが, 井上勇氏久米正雄氏などが, 京阪間の, 仁木義章に, 今度の, 伊原青々園氏が, 何かが, 何かと一, 何かの, 來合せた, 僕などと, 兄貴の, 其他茲に, 内山書店の, 出版局の, 刑事部長の, 前田河広一郎氏満, 北巨摩郡長の, 北氏の, 北野の, 千葉氏の, 又彼, 友人の, 古白氏などと, 古白氏や, 古老を, 各種の, 吉岡堅二氏は, 吉岡氏は, 吉江孤雁などの, 吉田住職に, 吉田洋一氏には, 吉野作造氏の, 同家の, 同氏の, 哲学科の, 土地の, 土方氏の, 塚原渋柿園氏なども, 外務省嘱託の, 大塚楠緒子女史などとも, 大宅氏の, 大杉栄氏の, 大竹憲太郎氏も, 大関平馬の, 夫人などの, 娘に, 宇都宮氏の, 宮坂富九氏らと共に, 宮嶋資夫氏や, 将軍家などに, 小山内氏が, 小山内氏は, 小山画伯も, 小栗氏の, 少壮助教授や, 山崎静太郎, 山本毎氏等の, 山田一夫氏にも, 岡田三郎助などが, 岡田三郎氏によって, 岩野泡鳴氏などの, 川田功氏なぞ故人と, 市村, 平家は, 平田禿木氏や, 広川弘禅氏から, 廚川氏らより, 弁護士で, 彼女の, 御伽小説専門の, 徳永氏によって, 思想家としての, 慶太郎には, 憲房に, 支局の, 支配人の, 政客や, 故葛西善蔵氏, 故葛西善藏氏, 朝日の, 木下杢太郎氏の, 村上源氏の, 東夷と, 松宇氏などと, 松村氏の, 栗原伊平氏は, 橘某氏, 正宗白鳥氏などが, 武田麟太郎氏などが, 武藤貞一氏等を, 氏と, 水木京太氏が, 水落露石氏を, 河上博士が, 法官の, 津田氏の, 海潮音氏なども, 清子とも, 清沢洌氏は, 渡辺氏などと, 温厚な, 満鉄, 源氏の, 無名丸, 照井栄三氏は, 熊本の, 片岡鉄兵氏など, 牧野融博士が, 田中耕太郎氏其の, 田山花袋氏と, 田村氏や, 画家, 畠山国清のは, 畠山国清らの, 目賀野氏の, 直義以下の, 県知事などの, 矢田, 石井柏亭その他の, 石原純博士に, 石川光明氏とか, 石川氏や, 研究家なら, 硲君も, 社の, 社會主義の, 神崎氏または, 私などと, 私などは, 私なども, 私の, 私も, 私を, 秋沢修二氏によって, 秦彦三郎氏, 立上氏にたいする, 竹内氏が, 竹崎氏への, 筑波の, 粕谷義三氏の, 紫式部のが, 織田氏の, 美術学校の, 義詮の, 義詮を, 義貞に, 老人に, 職員で, 肉体さんたちを, 肉体さんに対する, 肉体さんは, 育ちの, 胡瓜やの, 舟橋氏よ, 芥川龍之介に, 花森安治氏が, 菅原氏の, 菊池寛氏や, 蒲原有明氏や, 藤原氏なぞ, 藤原氏の, 藤原義江氏などと, 虚子氏の, 西村真琴氏など, 谷崎潤一郎氏の, 谷崎潤一郎氏も, 貴下にも, 趙正平氏などを, 近松秋江氏の, 近松秋江氏を, 速水滉先生の, 運転手氏などの, 里見, 野間仁根氏の, 金子元臣氏の, 鈴木氏は, 長兄安兵衛その他の, 長屋君は, 長谷部氏は, 阪大の, 阿部の, 阿部氏の, 露月氏の, 青木月斗氏や, 青邨氏らの, 青野季吉氏などは, 館員の, 高島屋の, 高畠素之君等とても, 麻生氏又, 黒江氏に

▼ 氏~ (182, 0.4%)

7 手紙を 5 むかって, 電話を 2 持ちかけた, 電話し

1 [161件] あいさつを, あたま, あてた, あてた手紙, あてた簡単, いったの, おくられたるなり, おこたえ, お伝えさせ, お小言, お心, お示し, お言い, お金を, かたむいても, ことわりの, この情報, さずけられて, して, すがった, すがって, そそぎあった, そのまま語った, それを, たいして一歩前進, たいして尊氏, たいする忿懣, ちょっと一眄, どうしてこうつよい, なされた過分, にこやかな, ふくむ意趣, また世上, まわったの, やる静物, ゆく, 一度行ら, 一書を, 一酌向ける, 下ること, 与えた, 久々で, 云ひ出した, 人を, 仰せられたが, 伝達し, 伺って, 何の, 何やら見せたい, 冠らせ, 出す手紙, 叡慮を, 同氏の, 向け出立致候, 味方と, 和を, 報告が, 報告を, 声を, 売り渡したの, 売り返そうと, 大功を, 大袈裟な, 天龍寺船の, 夫人の, 奔って, 媚態を, 嫁いだかの, 嫁ぐ約束, 嫁しました, 対してさえ, 届いた, 届けて, 巨額の, 当てて, 往く三カ月, 御寄贈, 御沙汰なり, 御申, 忠節を, 息子を, 意外な, 或る, 手渡した, 手紙, 手紙さし出し申すべく, 承諾の, 投じたのみ, 接したがって, 接近しよう, 本署から, 柳家を, 標品を, 次の, 正当の, 残りの, 泊る, 注意した, 注文が, 済まない反抗的, 渡して, 渡った顛末, 牛の, 献じた, 申されよ, 申し出るまえの, 申し納, 申達の, 目礼を, 直接さずけた, 直義も, 祖母君と, 神宮絵葉書を, 秘して, 秘密に, 移つたさうである, 答えました, 紹介した, 紹介しよう, 縁談御, 自分の, 若党に, 行きあしたボイド先生, 行き竹葉, 行き診て, 行く, 行くと, 行つて御覧に, 行飲, 見せようと, 見せるもの, 話して, 誓った, 諮った, 責めて, 貴下が, 質問, 贈った, 贈った歌, 贈って, 跳びかかった, 近づいたの, 近づきそこねた, 返そうとは, 返事, 迫った, 迫るには, 送ったの, 送った脅迫状, 送って, 送り出して, 通じると, 遠慮深く, 鎌倉の, 長女道具送り遣す, 開かれて, 降伏した, 電話する, 頼んで, 飛報し, 鳩を

▼ 氏~ (173, 0.4%)

3 の詩

2 [15件] がその, が新, である, によって提唱, のそれ, のやう, の先輩, の所謂, の提唱, の祖先, の象徴詩, の間, はその, はもう, をし

1 [140件] あつて熱心, から旺, がある, がしばらく, が万葉, が主張, が來, が先頭, が抽象的情熱, が招聘, が教授, が来, が落合っ, が言う, が該鉱山採掘願書提出, が重臣, が響応, でもむろん, といっしょ, とが宇宙, との交遊, との結合, とは異, とは自ずから, とも往来, と一緒, と交つて, と交際, と会す, と共に南北言語, と共に諸種, と劇作家協会, と反対, と同, と同時に, と東仲通, と瓢酒野蔬, と社, と竈河岸, と衝, と謀り, にはハメ, には尊敬, には時, にもかなり, によっていわれ, によっても文学, によってヒューマニズム, によって明治以来, によるデモクラシー運動位, に云っ, に会う, に何, に分配, の, のよう, の九州征略, の云う, の人々, の人びと, の人人, の仲間, の俳句会, の個人展, の催し, の処, の出し, の努力, の千代田吟社, の厚誼, の口添え, の同情, の名, の周旋, の場合, の学者達, の尊信, の庇護, の当時, の後援執筆, の後方, の所謂行動主義, の手, の挿絵, の数群, の文学, の文学者, の文芸講座, の日本文学史, の旧派連, の最近論文参照, の本, の為冤, の空也念仏, の経済的応援, の考へ, の舊套, の芸術, の計画, の記憶, の諸, の軍, の通俗小説, の通辯, の鉱物字彙, の顏, は, はこれ, はこんな, は一時, は何日, は余りに, は土佐, は如何, は房州, は日労党, は日本, は月下, は由緒, は自身, は謂, は随分, へ味方, もさ, もその頃店, もやられた, も加はり晩餐, も加わった, をも引込み, を傷害罪, を初め, を含む, を後援, を悪口, を捜査本部, を数, を浜町, を載せた, 来る, 送って

▼ 氏自身~ (172, 0.4%)

3 の言葉 2 が, でありました, の中, は原書, も亦, も馬

1 [157件] から直接意見, がいつの間にか, がかう, がこの, がその, がそんな, がついに, がほし, がゴーリキー, が二人, が作られた, が困惑, が執筆, が大勢, が擬せられ, が敵, が新聞記者, が決してそう, が結論, が自己, が色々, が行方不明, が触れ, が言っ, が誰, が造り上げるだろう, が電話口, この碑, こんなにたくさん, さえ全く, すらもすぐ, すら再び, その作品, だけは偉い, である, でその, でない以上, ではありません, でも何ん, で何, で内田氏, で勝手, といえ, と折衝, にすら複雑, にとっては私, にとつて, には何, にも楽しん, によって類型化, に向っ, に問, に関係, の, のこの, のみを語る, のもの, のポオトレエト, の世の中, の主張, の予想, の事, の仕事, の伝記, の作つた翻案, の作家精神, の又は, の口, の告白, の唱, の執筆, の声, の外, の大, の姓名, の子供さん, の定義, の実力的, の実生活, の心境, の心理的発展, の情緒, の懐中, の書いた, の検事調書其他, の毛髪蓬, の理由, の環境, の番, の痛ましい, の発言権, の監督, の知つた事, の私淑, の立場, の立脚地, の算盤, の絵画方法, の考え方, の聖者振り, の興味, の苦しみ, の袴, の見解, の見透し, の説, の説明, の關係, の頭, の頭上, の頭脳, の顔, の馬, はこれ, はわが, はマルクス主義者, は三日後, は不用意, は今, は初め, は労働力, は同地, は大, は少し, は怯む, は文学, は殆ど, は渡瀬, は狗奴國, は百万長者, は藤村庵, は記録簿, へ云つて, もあの大きな, もこの, もさう, もそう, もやはり, も十分意, も同じ, も同書, も夫人, も心配, も承認, も決して, も知らなかった, も短篇作家, も米国, も自分, も酔顔, やってくる, よりも当の, をし, を殺した, を相手, を辱める, を連れ出し

▼ 氏との~ (170, 0.4%)

16 間に 4 間の 3 一夕, 交際は, 間には, 関係が 2 あいだには, 交渉の, 会見では, 結婚が, 結婚を, 間も, 関係, 関係から, 関係の, 関係を

1 [118件] あいだで, あいだに, いきさつも, ことは, こと自分は, その恐し, 不可分な, 両吟, 両氏に, 両者が, 二人, 二個の, 交は, 交渉も, 交渉を, 交誼が, 交遊の, 交際で, 仲には, 仲も, 会戦には, 会見は, 会話に, 会話の, 会談の, 作品を, 共同生活を, 共著で, 共著と, 出版主任で, 功績をも, 友情も, 合せものを, 合奏が, 合葬の, 同居に, 名を, 名刺交換及び, 名前である, 和議によって, 外には, 大人振りは, 婚約と, 学殖や, 宿怨は, 宿縁も, 対決である, 対立さえ, 対立などに, 対立感を, 対談で, 対談に, 對話が, 差は, 影響であった, 往反は, 心を, 恋が, 恋に, 恋愛を, 恩恵なり, 感情, 感情生活や, 戦に, 所蔵のみが, 接触を, 政治的交渉に, 政策が, 文は, 斡旋を, 最後の, 極めて平和, 永遠の, 海運関係の, 滑稽な, 生活を, 盟約を, 社会的位置が, 私交も, 立ち場の, 立場は, 系図の, 約束も, 約束を, 結婚, 結婚問題を, 縁故を, 考へ方, 葛藤氏の, 血が, 親交を, 親子三人会の, 言に, 読売紙上の, 談話の, 談話を, 論争は, 講和を, 追悼會, 連繋は, 違いを, 遺児を, 邂逅も, 重い関係, 長湫一戦後の, 間ぐらいの, 間もつ, 間を, 間柄は, 関係などを, 関係は, 関係も, 関係浅から, 関係源氏十二歳の, 關係は, 雜談の, 離婚が, 黙契で

▼ 氏とは~ (161, 0.4%)

3 反対に 2 公開の, 彼の, 昨夜宵祭を

1 [152件] ありとあらゆる秘戯, ある一点, いっしょに, いったい何処, いろんな点, おかしげな, おやじの, お国自慢兵法話, お親しい, このまま, これが, こんどは, しばらく音信消息, その一日自動車, その出, そもどんな, それは, たがいに, たたかい, ただ消息, つねに一心同体, とう, どういう縁故, どうして知る, どうも同, どっちも, どんな人, どんな関係, なぜか, なれるのに, べつに博多, ほとんどその, ほんとうの, ほんの二三度話, まんざら知らぬ, みんな深い, やはり過去, よう分り, よく話, よほど色彩, わたしが, シコラの, 一度一しょに, 一度逢, 一緒に, 上野発の, 不和という, 久しく会う, 二つの, 二十七日朝モゴルシュライ停車場にて, 二大, 二年ほど, 互いに申し合わした, 互にその, 交遊最も, 会う機会, 会合などの, 伯爵トルストイである, 似ても, 何ぞや, 俳体詩と, 俳句の, 僕も, 先頃の, 全く別, 其東国に, 初対面でした, 別な, 別に武帝, 別の, 別項に, 北品川に, 十年の, 十年來交を, 単に茶事, 反対の, 右の, 同じやう, 同寓, 和親を, 問注所の, 嘉門次, 囚人を, 夏目先生の, 外國人に, 大博士, 太つ, 失望し, 如何なる関係, 孔安国で, 実に天晴れ, 小山内氏の, 徒歩の, 念入りな, 性格も, 撮影所へ, 数年前に, 日本思想史に関する, 日頃懇意お, 早くから義兄弟, 昔からの, 未だ一度, 東京での, 案に, 永劫相, 深いおん仲, 特に親密, 狭い廊下, 生れながらの, 生前よく, 異った, 異なる道, 異る, 登らなかった, 相識らなかつた, 知りませんでした, 知事の, 私は, 種々と, 立てなければ, 竹馬の, 絶えず会っ, 縦ひい, 義理の, 肩を, 至って懇意, 船中の, 芝の, 莫逆の, 行違つて面識は, 親しみあい両者, 親交が, 親友だ, 解こうと, 詩格に, 話が, 話は, 読書敏, 調子が, 論敵です, 軽い雪駄, 近着の, 逆の, 違った感じ, 違って, 遠い承, 郷里が, 長い間, 関係が, 隣合った席, 震災の, 麺麭を

▼ 氏という~ (134, 0.3%)

10 のは 7 人が 5 人は 4 ものも, ような 2 ところから, のが, 人, 人と, 人の, 人間は, 豪の

1 [90件] あだ名を, うるわしい女, おん曹司が, ことばは, これも, のか, のであった, のを, ひとは, また鎌倉幕府, ものの, ものは, やつは, わけだ, ビジネス界と, フランスに, モンスターの, 一人の, 一個の, 一派の, 七十歳くらいの, 九大の, 事であった, 事に, 事は, 二十二三にしか, 京城では, 人であった, 人まるで, 人も, 人来, 人物が, 人物の, 人間に, 人間の, 人間を, 仏師の, 仏蘭西名の, 作家の, 作家は, 優れた文学者, 医師は, 同宗, 名である, 名のりは, 名は, 名前だけで, 名前で, 士族の, 変った人, 外柔内剛の, 女性である, 女性的に, 妹が, 姑に, 家あり, 家では, 富有な, 小説を, 弁護士の, 意味な, 方から, 旧家が, 有力な, 有名な, 汚名と, 測量家と, 熱心家が, 現代の, 生活者を, 男が, 男である, 男と, 男に, 男は, 画家の, 綽名を, 者が, 者の, 者は, 若い博士, 英人の, 血肉とを, 農村の, 難関も, 項が, 順で, 風な, 馬車門の, 骨組だけしか

▼ 氏より~ (130, 0.3%)

4 見れば 2 下は, 先に, 北条に, 十歩ばかり, 手紙, 育ち, 育ちと, 育ちとは, 電話

1 [108件] して, そだちと, たしかに正直, にんじんへ, にんじんへの, ほかは, アイ衰弱の, ニッカ・ウイスキー二本贈られる, ロンドン在留大倉喜三郎氏宛て, 一日おそく, 二十三日に, 仕事は, 他の, 以来徳川八代の, 伝へて, 借りて, 公開状に対する, 其の抄本, 出で, 出でたり, 十ヵ月間恩借, 十七も, 十分ほど, 噴火山的大, 四十円を, 報知ありし, 報知せられたる, 報道せられし, 多くの, 妻の, 寄せられたる報知, 小柄で, 少し機敏, 川島氏の, 巨額の, 年上であり, 後れたかの, 手紙並, 手紙先月赤字の, 手紙又, 手紙来, 払い渡されたれば, 承りましたるにより, 承るところ, 抄本を, 招待状来り, 招状の, 拝受確かに, 故伊藤公, 数日おくれ, 春安亮碩松軒亀田表御, 昨年寄せられたる, 更に三日後, 書留封書來る, 書面で, 書面ま, 本誌の, 来信, 来信あんまり, 来信何とか, 来書米軍の, 来賀, 東京府へ, 次ぎ次ぎに茂吉歌集, 求めた芋銭先生, 然も, 申上候御, 申来如左, 痛烈なる, 白米の, 百年も, 直接に, 知里聞書, 秀岡氏の, 米千俵到来, 紹介され, 聞きて, 聞き及び母, 育ちで, 育ちとか, 育ちの, 育ちを, 育ち二十, 育ち奇妙, 芥川賞候補作に, 葉書を, 貞白受取持参, 贈られた, 贈られ今, 赤飯を, 送りかえして, 通知あり, 速達東京新聞の, 部下に, 郵送せられし, 鄭重な, 重ねて, 金子一萬兩借用ありし, 釧路支庁長に, 長ずること一歳, 長ずること二歳, 電報あり, 電話婦女新聞社から, 電話明日赤十字へ, 高くへた, 高二, 魔法焜爐を, 鳥居坂伊沢氏に

▼ 氏にも~ (120, 0.3%)

2 何か, 同様の, 話したが

1 [114件] あつた, あります, ある, いくらか海千山千, いっさいが, いわれたんで, お目, お目にかかって, お目にかかつたの, この由, これは, そこを, その選者, それが, それに, それは, たれて, だんだん事情, つたえました, また, また病院内, また高氏, ままかっとなる, やさしい親しみ, よいところ, よう見えられた, よく分っ, よく聞こえた, よく見える, よろしく伝え, わからなかつたが, アリバイは, ヒユウモラス・サイドは, 一ト太刀, 一度会っ, 一枚あった, 三日に, 三種の, 九州は, 予想外であったらしい, 交際した, 亦この, 似合は, 何だか嫌, 供奉する, 依頼し, 信じられた, 先立たれた, 全然見当, 共に師, 其を, 出入する, 出席し, 分り過ぎる程, 初めてな, 功は, 加へて, 劣らず彼女, 劣りたる源氏, 勧めたの, 勧め且つ, 同じやう, 同じ命, 同志社にも, 否めない, 多少云われる, 妹御が, 妻にも, 客にも, 宿へ, 宿泊し, 尋ねて, 属せず, 山内氏にも, 彼自身を, 往来し, 御参集, 御紹介, 手伝つて一ツの, 敬拝す, 既に毛頭の, 暫く, 朝へ, 朝家の, 杉本画伯や, 梁州が, 氏上が, 深い考え, 百年安泰の, 知らせとうは, 私にも, 私は, 種々お尋ねした, 約する処, 罪が, 美しく賢, 老人は, 聞えて, 若い実業家, 蔽いえないもの, 見せた, 見参せん, 訊いて, 詳しく話し, 認めさせた, 軽んぜられるであろう, 追いかけられないよう, 逢った, 逢つた, 鑑て, 長尾氏にも, 面会した, 面会す, 頭中将にも

▼ 氏によって~ (70, 0.2%)

2 装幀された, 語られて

1 [66件] いわゆる転向作家, いわれて, この家, その第, その計算, どういう概念, どのよう, はなはだ有名, もたらされた光明, ウラブレニケリの, カトリーヌ, テヒノロギーも, ドイツ唯物論としては, フランス唯物論としては, プロレタリア文学作品の, 云われた, 云われた主観性, 今少しく, 代表された, 何かの, 作られた, 使われて, 単に哲学, 占められて, 反駁され得ざる, 取扱われて, 叫ばれた純文学, 嘗て提唱, 天下を, 幾多の, 引用され, 彼れ, 心理學研究の, 戯曲と, 拾い上げられ屍体, 指摘され, 描かれて, 提出された, 提案され, 教学なる, 文学中央集権の, 新語法, 日本の, 書かれたと, 書かれた小説, 極端に, 用いられたもの, 発表され, 発表された, 白石家文書の, 着手された, 私は, 第一回, 翻訳され, 翻訳された, 著わ, 見事に, 訳された, 訳載された, 話される悲惨, 誠に好い, 請求されるであろう, 述べられた如く彼, 選ばれるの, 配流される, 院の

▼ 氏~ (69, 0.2%)

2 が組織, の

1 [65件] がい, がいかにも, が以上, が帰る, が当時, が提唱, が放送, が最も, が筆, が肝煎, が論壇, が連なっ, が集り, が電信機通信, されば, その聘, であ, で国枝史郎, とたびたび, とともに仏国, とともに八百名, とともに奈良田部落, とともに長官, と一巡, と共にやはり, と武州飯能, と袂別, と講武所, にもまた, にも劣らぬ, によって反覆, によつて, によりて簡単, に私, に送られ, のおもに, のとった, の世話役, の創め, の厚遇, の影響, の感慨, の手, の提案そのもの, の新体詩, の書, の案内, の標準, の疎開仲間, の研究, の近作, の造営奉行, の都市生活研究会, の雑誌, はこれ, はしばしば, は美濃部氏, も出仕, も口, も大政, よりはるか, を中心, を殺した, 両棋士, 頻りにわれ

▼ 氏夫妻~ (69, 0.2%)

32 の招待

1 [64件] から最少限度, が, がいくら, がいる, がいろいろ, がその, がまだ, がサンドウィッチ沢山, がホテル, が互いに, が佐世保, が來, が新劇団体, である, とのん, と一緒, と共に今日, と親しみ, と話し, など來賓, ならびにフィンランド, にさよなら, にとても, には実子, には非常, に会える, に招待, に繰り返し繰り返し, のみならず, のよろこび, の両, の外, の希望どおりお返し, の手落ち, の申出, の笑顔, の経営, の苦悩, の蔵書, はお子さん, はこの, はその, はともかく, はチリー, は不思議, は主人, は少し, は帝劇, は心から, は日本, は早苗さん, は此軍艦, は生活, は目下ピカデリイ, は見物, は長谷川氏, は非常, もおなじ, も何かと, も谷口君, をしきりに, を送っ, 及びメガン・ロイド・ジョウジ嬢, 見ゆ

▼ 氏~ (68, 0.2%)

5 から立てられ, で藤原, に縁, の長者, までが御, を集め 4 などからす, の集る 3 に傾聴 2 に傾聽, のかん子氏, の中, の女

1 [19件] が其の, が多く, が持つ, が擴つて來, が段々, が私する, としては永劫, と此三つ, と言つたの, などからすっかり, になべて, に宣る, の, の一つ, の位置, の意, の結婚, を持ち, 或は部民

▼ 氏と共に~ (65, 0.1%)

2 ポオや

1 [63件] いつも翁, いま戸倉温泉の, この劇場, して, しばしばこの, その招宴, その日, その頃愛宕下町に, それを, ついて, どちらも, ひそかな, まったく表方, もと来た, カヴァを, ヨットへ, 一先づホテルに, 両替屋へ, 之を, 乗つてキタイスカヤ大街へ, 九月十七日午前十時三十分我等の, 俳句を, 兵三百を, 出席した, 副会長, 十七日早朝小出町を, 千島に, 半島の, 協力せられ, 司法省法律学校の, 啄木の, 圓朝子が, 地代を, 学海先生の, 家の, 幹事を, 引受けて, 御同行, 心を, 房州を, 日本に, 時々その, 月刊, 有名な, 枕を, 源義家の子義国から, 福山の, 私塾の, 竜泉寺町の, 筏の, 経営し, 苛酷な, 茶を, 行く, 行った, 赤十字へ, 軟派文士肌で, 辞し銀座, 送り來り, 長州の, 食ふ, 食事, 鰍沢へ

▼ 氏などは~ (62, 0.1%)

2 素晴らしいもの

1 [60件] あがた, あの兜虫, あの畫趣, ある日自動車一パイ何, この主張, この具体的, この間の, これは, ずいぶん極端, そうした種類, その随一人, その頃, それら卓の, それ見た, ふだん, まだなかなか正直, まだまだ仕合せ, よく好ん, よほど惡智奸才, トルストイの, リンコルンが, ロココ時代の, 一年中の, 中, 之を, 争って, 何れも, 先に, 前者の, 多くの, 大の, 大阪に, 完全に, 定めて, 後者の, 御承知, 急ぎの, 文学修業時代に, 文芸批評という, 新聞を, 日本の, 時たま堪りかね, 極度に, 正則科で, 殆ん, 特に御, 特殊な, 目に, 眼中に, 素晴らしい名文, 聖書の, 自分の, 英語なら, 茶にも, 西洋形式を, 論じて, 銀座を, 長年の, 間拍子の, 随分勉強

▼ 氏~ (61, 0.1%)

42 から拠り所, という, ということ, と思ふ, な

1 [47件] お経, か, かが何, かが幼少, かが明, かそれ, からこれ, からで, からね, からよい, がこれ, がその, がの, がはたして, が或, が氏, これが, そうだ, つたと, つたといふ, つたのである, つてまさか, という噂, という説, とこちら, とすぐ, とする, とは思い得なかった, とばかり思い込ん, と云, と云い, と云う, と余程, と分った, と思はれた, と知る, と紹介, と考へられ, と見せかけた, と言い出した, と言う, なと思う, な声, のといふ, ネ何ん, 今の, 少しも

▼ 氏~ (56, 0.1%)

2 にて讀書, に在り, を襲う

1 [50件] あり日和見, からお迎え, からも五, が駈け降りる, だ, では, でもあの, で屠蘇, とおぼしき, などとはまだ, なので, にて一, にて一見, にて支那, にはただ, には天保九年度, に他, に兇漢侵入, に押入り, に泊, に籠, に長藤十吉君, のほう, のオクナイ様, の仁木義長, の伏兵, の例會, の呼応者, の報告, の大, の建物, の惨め, の手足, の細川定禅, の能舞臺, の那須, は暮れた, は自分たち, へお, へはっきり, へ廻っ, へ推参, へ知らされた, へ縁付いた, へ転ぶ, へ遊び, まで屆, より平家, を訪ねた, 昨二十二日本紙記事

▼ 氏である~ (53, 0.1%)

5 ことを 4 ことは 2 がこの, がその, といふこと, 先年西牟婁郡安都ヶ峯下より

1 [36件] から, からそれ, からには, から主観的, から家従たち, から将来, から法律上, から私, から高知人, がこれ, がはじめ彼, がほか, が人目, が何, が御, が爾余, が私, ことが, ことや, だけに, だけに妙, というの, とかいふ一言, とか云う, とか桓武天皇, とか此, と知っ, と知った, と聞い, のでしばらくたって, のに殊更, のを, ような, よりは彼, 一人でも, 事が

▼ 氏なども~ (53, 0.1%)

1 [53件] あつた, いっしょであった, いって, ここに, このクローヂヤス, この人, そうだった, そうである, その一軒, その後は, それぞれ熱心な, つとに公武合体, やはり突飛ばされた, よくいう, バックルから, ヒューマニズムへの, 世の, 交際は, 俳諧道の, 偶, 出た, 出席せられた, 出廷し, 前代的絶望感によって, 加へ, 同じやう, 名を, 子規氏の, 実際いい, 寝耳に, 常に先生, 幼ない, 従来の, 忙が, 応援演説に, 指摘し, 探偵小説を, 政治家なら, 日本の, 日頃さように, 昨年隠岐へ, 是の, 来て, 直接新島君の, 米国の, 見て, 観て, 言て, 近くは, 連類として, 集まって, 餘程この, P

▼ 氏とともに~ (51, 0.1%)

2 車行し

1 [49件] これを, そこに, カルカッタを, ガヤに, グラント将軍の, ベルリン市外に, ホテルオーストラリアにおいて, リオに, 三人で, 上陸, 上陸小林氏の, 中学校を, 九月十七日午前十時三十分我らの, 亡びた, 京都に, 仏跡を, 助力お, 呼ばれた, 大陸ホテル経営の, 奥穂高に, 官省に, 山県商店ロンドン銀行に, 市内を, 市外に, 市庁の, 市街を, 引き返して, 当地第, 普通教育を, 母公の, 毎日仕事を, 汽車に, 汽車にて, 消滅し, 牧師を, 男女同権論を, 監獄を, 短艇に, 稀有の, 第何囘, 第何回, 箱根へ, 美女に, 自由島に, 船橋上に, 蘇我氏の, 記念の, 銀行に, 電車に

▼ 氏に対して~ (51, 0.1%)

2 持ったであろうよう

1 [49件] あらゆる疑問, きわめて冷淡, こんな考, さえそう, した仕打ち, それが, どんな話, はた入道相国, もの, コメデイ・フランセエズ座から, 一度は, 一応当, 一種の, 云つてを, 他意の, 何かの, 何を, 余り同情を, 傍から, 出品出来ない, 反抗の, 大きな丸い, 尊敬と, 少からざる, 平なる, 御遠慮, 心からの, 感ずる人, 感謝の, 或る, 提したる, 敵意を, 日本人として, 最もふさわしい, 止むべからざる怨恨, 比較的従順, 深い好意, 済まないという, 温和なりし, 燃ゆるが如き, 百年の, 皮肉な, 私自身を, 終始反抗的態度, 緊張した, 自分が, 自分の, 顔が, 鳩山春子夫人が

▼ 氏であった~ (50, 0.1%)

3 がこれ, ことは, ことを 2 のだ

1 [39件] か, かあるいは, かが訳し, かはこの, から余裕, から古い, から右近, から心, から複雑, から言う, から養父, か何, か博士, か日本人, か明, が, がその, がその後, がフランス文, が一度, が一昨年, が三木氏, が今, が夜, が若い, が身体, ことである, という, ということ, とおもう, としても彼, と云っ, と思う, のか, のでこの, のになぜ, ように, 大倉出資の, 有名な

▼ 氏に対する~ (50, 0.1%)

3 私の 2 公開状を

1 [45件] あの奇怪, その道を, また遺族, マゾヒスムス傾向の, 一般的期待は, 事務引継ぎの, 信用をも, 六波羅方の, 勁敵中の, 反感が, 反感は, 反感を, 同情からの, 同情は, 哀悼の, 失望感は, 好意を, 寧ろ処女, 尊敬や, 崇拝心から, 広告と, 彼の, 御礼の, 復讐についても, 怒りでは, 恐るべき勁敵, 情より, 感謝の, 態度は, 憎悪の, 批評の, 政治的謀叛と, 敵愾心を, 最後の, 注文こそ, 礼遇たるに, 答は, 考えを, 自分の, 評は, 評価が, 評価の, 謝罪の, 責任が, 適応性を

▼ 氏などが~ (49, 0.1%)

1 [49件] あすの, あって, ある, あるさ, いづれも, いる, お揃いで, この会, その側, その目的, その行商, その行商最初, みえたとき, もうだいぶ前, よく飲ん, アッパレな, インテリゲンチャの, ポケット論語の, 一時に, 中心に, 主に, 光って, 出るし, 出席した, 又いや, 商人だけに, 夙くから, 多く邸宅, 大阪町人の, 天子の, 少数の, 彼を, 後者では, 指摘し, 文化に対する, 最も子規氏, 此地に, 民衆は, 洒落文, 渡米されました, 生徒代表者として, 目立つ, 神様見たい, 米國土人の, 英語演説を, 連合し, 集まって, 音頭とりで, 高々新

▼ 氏~ (49, 0.1%)

3 の庭, へ 2 の付近, の前, を訪ねた

1 [37件] から夫人光子, ではあ, で小会, で文学, と私宅, にて帝国劇塲, にて晩餐, にて証書, にて飯, に出向いた, に帰寓, に泊る, に滞在, に秋山君, に至り, に落ち, に赴い, に過般来怪奇, の俳句会, の屋敷, の裏庭, の裏門, の近く, へキネスコープ, へ出入り, へ出掛け, へ参っ, へ招かる, へ敏, へ着く, へ行, へ遣, まで引返し, やその, をおとずれる, を出た, を訪問

▼ 氏などの~ (48, 0.1%)

2 ことは

1 [46件] お説, この点, ところへ, やり方が, ような, 五名の, 仕事に, 作品も, 作者に, 冤を, 博学も, 反対にも, 古顏, 土地者同士が, 場合は, 大衆文藝批評も, 如く興, 小説を, 所謂熟蝦夷が, 手も, 持つて, 教育家の, 文章に, 文章は, 方が, 暴政を, 権家が, 氏を, 治乱興亡の, 治亂興亡の, 物語に対する, 發意で, 眼の, 禁酒運動に, 究明によって, 細微な, 考えも, 花輪を, 見解に, 観念の, 説に, 連中寄合ひ, 遣口, 降将, 随筆でも, 鳥類科學に

▼ 氏への~ (46, 0.1%)

5 手紙を

1 [41件] せめて礼儀, わが寛大, 不満を, 信頼を, 偏愛問題とかが, 入閣交渉其の, 冷酷な, 刑罰にも, 原稿を, 友情で, 取次ぎを, 同情者として, 喚問すら, 審問にも, 崇拝の, 御礼の, 心理批判も, 思いやりが, 恩義を, 惡たいな, 想像が, 愛情も, 手当中であった, 手紙, 手紙は, 挑戦状に, 歸順を, 法外な, 消息には, 理解が, 用件は, 答, 答へ, 紹介状別封差上候間御, 給料の, 義理だ, 言傳を, 訪問が, 返事を, 遠慮なども, 長い長い乱世

▼ 氏とが~ (43, 0.1%)

2 一緒に, 多景

1 [39件] あつた, いる, こな, この数日, しきりにシヨオ, その後から, ダヌンツィオの, チャールズ, 之を, 以後九州を, 仲のよ, 元気の, 出会つて, 出迎, 前後に, 卓を, 同一で, 夜分打ち連れ, 少数の, 居た, 従者わずか, 得意の, 怪しいと, 愛し合って, 慌しくその, 明暮れ, 最も光つて, 森山氏の, 権力を, 筆を, 聖マテオへ, 肩を, 落ち合, 話しを, 道案内として, 酒くみ合っ, 鋪道に, 附き添って, 面白い

▼ 氏とも~ (41, 0.1%)

3 関係の 2 また死, 相談し, 關係の

1 [32件] ある事件, ある者, いいしばしば, お役向, お知合, だんだん遠く, に手長族, ふかい関係, また年来, 一緒に, 云って, 他人では, 会って, 全然違った, 協議し, 名残りか, 和した, 大いに違う, 大笑, 姓とも, 平尾氏とも, 往来を, 昵懇の, 書いて, 相談の, 相談を, 知って, 結婚させ, 良く話, 行きずりの, 言へ, 須磨子とも

▼ 氏など~ (41, 0.1%)

2 いう人たち, であった

1 [37件] ある意味, いつも之, いは, おそらく更に作家的生活期, この研究会, そこで, そのうち, その癇癖, たれも, である, ですか, まことに他, またこの, みんな亡ん, わけて, 先頭に, 内田魯庵氏が, 同級で, 名品が, 大分憤慨し, 幹部の, 斯界の, 日本一の, 昔日の, 晴間を, 最も鮮, 有力な, 来給, 気を, 決して野人, 率先し, 皆云, 目立った存在, 知名の, 義理人情至上性を, 詰将棋に, 随筆家や

▼ 氏といふ~ (38, 0.1%)

3 のは, ものが, ものは 2 人は, 名の

1 [25件] ことが, のが, のである, もの, ものの, やうな, 一人の, 一項あり, 人から, 人の, 保護者が, 医学博士が, 地主さんは, 大きな家柄, 大船に, 布哇大学の, 既に出来, 日本画の, 有難い友人, 物語数多, 男が, 画家が, 老辯護士, 英人の, 選ばれ方

▼ 氏どの~ (37, 0.1%)

1 [37件] いちどその, か, くつろごうよ, これで, そろそろ行こう, ちと醒まし, ですな, と仰せられる, にはさ, には何, には多摩, にもずいぶん, に会いたい, に出会うたら, に娶っ, に言っ, の一軍, の御, の病状, の若党, の華燭, の身, の身柄, はどう, はまだ, はもっと, は一躍, は召, への話, へは, を拉し来っ, を旅, 以外には, 何を, 本気で, 誓ッて, 高氏どの

▼ 氏~ (36, 0.1%)

2 の門前

1 [34件] からの帰り道, から迎え, から電話, でこの, で昨年十月初め結婚十周年, にあっ, にて, にて昇曙夢譯クープリン, には予てから, にトボトボ, に仮寓, に出かけ, に唐金, に招待, に行く, の会, の前, の女中, の座談会, の焼け跡, の盗難事件, はいま, はその, は名家, は森閑, は苦手, へ, へキネスコープ, へ招待, も以前, やその他, を先, を大廻り, 迄車

▼ 氏~ (34, 0.1%)

4 たる人 3 づきあひが, に任 2 で数十家, で數十家, に据, に身, もな身

1 [14件] があり, が時々, との対面, と称し, に押し直ろう, に言うべき, の先祖, の大刀, の拝礼, の気持ち, へはまだ, へもまだ, よりも此方, を尊敬

▼ 氏とか~ (33, 0.1%)

2 様とか

1 [31件] いまこ, なお一, オオトモ氏とか, トランシュルヴァン氏とかいう, フシエ氏とか, マスベロ氏という, モノノベ氏とかいう, 佐伯蛙泡氏五島五州氏とかいうが, 勝田明庵, 南木氏とか, 壺井繁治氏岡本潤氏高橋新吉氏友谷静栄さんなど, 尊敬すべき, 岡田幡陽氏とか, 島村俊明田中玉宝氏など, 徳岡神泉氏とか, 新海非風氏とか, 新聞社関係の, 書いたの, 来いろいろ, 松本泰氏江戸川乱歩氏横溝正史氏アーサーリーヴチェスタトンビーストンウェルシーニンという, 板垣鷹穂君などの, 河東碧梧桐氏の, 泡鳴氏とか, 申す人, 福田氏の, 聖武天皇の, 自分とかを, 藤野古白氏とか, 詩人で, 関口次郎氏とかの, 黒田青

▼ 氏よりも~ (33, 0.1%)

2 世間を

1 [31件] ある方面, かえって病床, こっちが, この夫人, この格堂氏, この話, どれほど無邪気, なおいっそう, むしろ老人, もっと重かっ, 一層民主的, 一段と秀, 先き, 六分身長が, 反って, 古い, 大まかな, 寧ろ髪, 寧ろ鹿地, 島村氏の, 新しい私, 東京市外大久保の, 清子さんの, 父の, 私に, 私の, 舟橋氏の, 遅れて, 道誉に, 長生きを, 高かった

▼ 氏~ (32, 0.1%)

2 意見デ

1 [30件] 一文読ンデ, 世ニ臨ムヤ民政ヲ, 亞弗利加ニテ同一, 他, 件, 兄瑾弟誕並ビテ令名アリ, 原著ニシテ原名ヲ, 取ッタヨウナ一時的処置ニ, 学校本草, 実学ヲ, 左隣ニ予ソノ隣ニ婆サン運転手ノ, 性理書ヲ, 意見ヲ, 時復之, 来診ヲ, 祖トスル流ハ措テ論ゼズ慶元, 絃歌ヲ, 義女トナリ玉フトナン, 考ヲ, 著書ニ上京区紫野今宮町, 著書ニ依, 著書ヲ, 西征地理考ニ, 試ミタル養老年金法案, 説ニ, 過渡期ニ至ル專制君主國時代ナリ, 遠祖子致彦ヲ, 鍼ダケシテ貰ウ, 鍼ノ, 顔ニ驚愕

▼ 氏のは~ (31, 0.1%)

1 [31件] すでに一端できた, それとは, それともちがう, そんな事, ただ当惑, どうした, もつと, ノーグードだ, フィクションが, 一種ホロ甘い, 三年前に, 下品でも, 仮表具, 其と, 凝った響, 咽喉を, 声が, 実物よりも, 少し違つて, 帰りにも, 底張りの, 心理的効果論, 思つたよりも, 悪訳である, 最近の, 特に長文, 白と, 経済的イデオロギーに, 螺鈿の, 運命観長谷川氏のは, 際立つて

▼ 氏一人~ (31, 0.1%)

2 あるのみ

1 [29件] あるだけと, が勉強, だけだ, だけである, だけ居残る, であった, である, であるという, で会った, で作った, で先, で引受け, で然, といっ, になった, のみ, の場合, の感慨, の懐, の神道, の誤り, は木村荘太氏, は此省, は石川氏, を助け, を片づけた, を置き残し, を見かね, を頼り

▼ 氏又は~ (30, 0.1%)

12 次郎生は 9 次郎生の 3 次郎生が 1 その近親, トルストイの, 一腰弁堀切氏の, 君自身が, 次郎生も, 関氏と

▼ 氏及び~ (30, 0.1%)

3 その一派 2 其他の

1 [25件] その家族, ショオト博士の, タウンスエンド氏によって, ビウキャナン氏が, 二人の, 他の, 信濃に, 同所支配人高橋朝太氏から, 姉夫婦に, 家族の, 平野ちゑ嬢に, 後頭光一氏, 愛読者諸氏の, 斎田惟成氏が, 日本人の, 本の, 村松正俊氏の, 武藤元信氏の, 特別学生二人と共に, 矢田部氏の, 私に, 若夫人, 警察後援会の, 金子洋文氏の, 高橋一子君にも

▼ 氏なる~ (28, 0.1%)

4 人物が 2 に於, ものも, 人物は, 者の

1 [16件] ことを, わ, を知らざりしに, を知らず, 一門からは, 人が, 人とが, 人物と, 人物に, 人間については, 人間を, 勘解由小路家は, 土御門家によって, 旨附記せり, 者が, 豪族あつ

▼ 氏~ (28, 0.1%)

5 の中

1 [23件] が生き, だけで十分, でなくとも, というの, と称する, によって洗い去られた, に混じ, に酸素, の代り, の入った, の加温, の温度, の濃度, はいくらでも, は箱, をとおしつ, を三十七度内外, を入れ, を心臓, を流す, を盛った, を買っ, を通ずる

▼ 氏からの~ (27, 0.1%)

2 名刺を, 手紙を, 紹介で

1 [21件] もので, 一封で, 交渉でした, 使の, 便りなど, 便りに, 報告である, 急報で, 手紙で, 手紙では, 手紙は, 手翰に, 挨拶は, 援軍は, 注意は, 消息は, 添え状, 物質は, 縁で, 返事, 返事が

▼ 氏さま~ (27, 0.1%)

4 のお 3 の御

1 [20件] おめでとうございまする, からいただいた, から俊基朝臣, が一時, というお方, とお, にお, にとっては一代, のあの, のため, の不当, の傅役, は, はすげなく, はまだ, は五十二, へお, へこの, もご, を宗家

▼ 氏その他~ (27, 0.1%)

4 の人々

1 [23件] からご, が強調, が現在保護, が話した, によって発刊, に依つ, に日本, に相談, の人, の作家, の催し, の同, の幹部学芸員, の戦争協力者, の援助, の記す, の諸氏, の近郷武士, も用いられおる, も用いられ居る, をあと, を主として, 同傾向

▼ 氏~ (26, 0.1%)

4 りて 2 り日かげ

1 [20件] りよき, りミユツセ詩集其他, り中央公論社顧問給料金五百圓, り余, り佛蘭西書籍十餘册, り加, り小説浮沈表紙, り座布團, り拙稿ひとりごと六月, り新生社, り日本酒及料理, り炬燵, り獨逸人レオナルド, り草稿, り請, り謝す, り赤飯, り辭書言泉, り鎌倉文庫支拂印税金一萬圓, り青森

▼ 氏~ (26, 0.1%)

2 一族に, 一族を, 鬢に

1 [20件] 一族の, 一族九十八人の, 一族全滅の, 一族郎党の, 一門にと, 兄弟其他多くの, 在宅か, 夫婦から, 夫婦が, 夫婦の, 夫婦南部氏御, 夫婦及び, 夫婦吉田氏夫人満, 夫婦哈爾賓新聞主筆の, 夫婦泉氏本城氏御, 夫婦満, 夫婦濱田豊樹氏本城徳太郎氏御, 夫婦田村次郎氏御, 屋敷との, 立腹なさらぬ

▼ 氏その~ (25, 0.1%)

2 人である, 左に

1 [21件] ことを, ひとに, 一人は, 一群と, 人が, 人これらの, 人で, 人であった, 人であります, 人に, 代理を, 兄に, 初より, 十一月徳島縣中學校教員に, 外委員一同腹でも, 御身体, 机竜之, 校長たり, 船長たり, 通りであろう, 離縁状を

▼ 氏について~ (25, 0.1%)

2 異常な

1 [23件] おたずね, しばしば涙ぐましい, もう一回, コンチェルトを, 云うかも, 仕舞った, 例の, 少し語つてみたい, 想像だにも, 戦争中人民は, 抽斎の, 書いたこと, 来るよう, 来る男, 歌を, 温泉町の, 漂泊えた, 瓦斯用木炭の, 私が, 私は, 考えて, 色々と, 雄弁術の

▼ 氏にとっては~ (25, 0.1%)

1 [25件] この人, これが, その墳墓, それだけに大阪的, どんなに恐ろしい, ヒューマニズムという, ファニィが, 今週刊に, 何でも, 単なる不幸, 堂々たる本格探偵小説, 大きな痛, 少し痛ましい, 幸福な, 当面まことに, 恐らく大, 愛人の, 持明院統の, 極めて深い, 片腕であった, 由縁の, 相当の, 祖父たる, 重要な, 非常な

▼ 氏素姓~ (25, 0.1%)

2 もない

1 [23件] その物, とてない散, なりを寝, のちがい, のちゃんと, のない, の如き, の知れねえ, もさだか, もひくい, もよく, も定か, も知れず, よく坊ちゃん, をかくして, をこれ以上, を何より, を名簿, を構わぬ, を申, を知っ, を知りたがった, を糺し

▼ 氏~ (24, 0.1%)

2 何かの, 否らず

1 [20件] えの, さあ来られい, それともかく, 一切忘れ, 久々に, 二人を, 二人共居なかったら, 何か, 何し, 何という, 別の, 大野仁平氏であった, 天堂氏か, 宙外氏かによって, 宮崎道三郎博士かの, 小国氏か, 小生をといふ, 玻璃窓の, 藤原姓の, 銀座裏の

▼ 氏政府~ (24, 0.1%)

2 の命数

1 [22件] が日一日, に反, に向, に於, に於ける, に迫り来れり, の亡滅, の厄介物, の周章, の命運, の外, の存在, の敵, は其最, は刻々, は浮島, も是, を倒滅, を劫さむとす, を呑めり, を寸断, を挽回

▼ 氏であり~ (23, 0.1%)

1 [23件] いまひとりは, したがって彼女, その事変, その光り, それに, ながらこういう, ながら中, ながら六波羅, ひいては南北両朝, ひとりは, 一代男の, 中世に, 医博の, 姪という, 平家であり, 文安二年には, 新進の, 時報を, 糸洲先生の, 西国に, 警察部長は, 電気特許事務所長佐野昌一氏は, 高氏も

▼ 氏などと~ (23, 0.1%)

4 一緒に 2 さかんに, 一所に

1 [15件] しばしば出逢っ, そこでも, ラッシュアワーの, 一しよ, 仕事の, 同じ位, 外国で, 新平家物語, 明け方近くまで, 梅露庵の, 池ノ端の, 親しくし, 話しこむ, 違つて十分芸術家らしい, 駈着けて

▼ 氏~ (23, 0.1%)

2 は自分

1 [21件] から大事, がそんなふうに, が子供たち, が話した, にそういう, は, はいい出した, はいくら, はその, はそれほど, はべつに, は今, は口, は子ども, は彼女, は思い出し, は淡々, は満足, は雑掌, へ向っ, も

▼ 氏なり~ (21, 0.0%)

2 彼は

1 [19件] あるいは伊藤市郎氏ら, いまだ逢った, でありいわゆる, といえ, と語られた, アシカガ, タイラ, トクガワ, トヨトミ, ミナモト, 京畿を, 俊明氏なり, 後の, 御辺たち, 必ず為, 悄然たる余を, 或は桂小五郎氏等, 関白と, 露伴氏なりの

▼ 氏にとって~ (21, 0.0%)

1 [21件] いろんな思い出, きわめて意味, こいつは, この数時間, こんなに好い, そうであった, まさに死中, よっぽど恐ろしい, 一度は, 今では, 何か, 何かと, 全く相, 多分迷惑, 夫人にとって, 実用数学, 最大の, 石に, 考へること, 運命である, 魅力ある

▼ 氏一族~ (21, 0.0%)

2 の内訌

1 [19件] がふたたび, が勢, による不如意, に取, に対してひそか, に申渡す, のよう, のカラカイ, の乗馬振り, の専横, の末, の貴女, の間, の領下, はこの, は気軽, を捜査中, を討滅, 御直参

▼ 氏としては~ (20, 0.0%)

1 [20件] このさい, こんどに, そもそも本意, ちとどうかと, まずなに, ニーチェや, 三月号を, 個人の, 堂々たるもの, 少し出来過ぎ, 本講座, 狂喜し, 珍しく感情, 珍しく話す, 珍らしい, 破天荒な, 自分の, 自殺する, 警察と, 道誉を

▼ 氏また~ (20, 0.0%)

1 [20件] いわく一汎に, くだらねえじゃま, この一小篇, こんどは, その長, それを, キリスト教法で, 京阪間の, 再度まで, 古画に, 実に俘囚, 故上田柳村, 曰くこれと, 栄ゆる, 森無黄氏岡野知十氏などが, 病み平野氏, 發言を, 竜が, 西郡の, 里方の

▼ 氏夫人~ (20, 0.0%)

1 [20件] かつて曰く, から予, がそこで, が九条家, が立つ, だけは屈託, であるもと, となっ, となった, などが妙, に会い, の妹, の英吉利婦人, の葬儀, の遺蹟, は今, も老, や吉屋信子さん, よりえ, 満鉄

▼ 氏~ (19, 0.0%)

3 のだ, のです 2 のである

1 [11件] のか, のさ, のだった, ので, のでした, ので昨夜, ので造船所, のにあの, のよ, んださうです, んです

▼ 氏時代~ (19, 0.0%)

1 [19件] からの慣わし, から徳川氏初年, というもの, に出来た, に平民者流, に於ける, に於ける蒙, に流れたる, の如く, の始め, の小田原城, の戯作家, の木彫, の道徳, の都, の風習, の駿府, も相当, よりもいま

▼ 氏~ (18, 0.0%)

3 出なさい 2 みえに

1 [13件] さださんは, しずかに, ひとりで, やめなされお, 一人であった, 下りなされ, 仕度なされ, 切りなされた, 察し申す, 暇申す, 見知り置かれくださる, 逃げなされ, 遊びの

▼ 氏をも~ (18, 0.0%)

2 訪ねて

1 [16件] いちど深く, ここに, その方, 不臣, 何となし, 加えた数千, 同道しました, 含めての, 知るやう, 罷めさせて, 見栄えよく, 訪れた, 載せない, 鞭ちたい, 驚かしたそう, 驚ろかした

▼ 氏一家~ (18, 0.0%)

2 の写真, の問題

1 [14件] がみなごろ, ではなく, のお世話, のよう, の人々, の住居, の切符, の反対, の模様, の私事, の避難所, の鏖, は東京角筈, への復讐

▼ 氏~ (18, 0.0%)

2 不喪出母, 儒, 墨

1 [12件] れを, ヲ鑿シ徳川氏ノ, 儒の, 墓, 墨が, 女豊, 恵此三枚橋の, 易也と, 書日夜研究手不, 末造, 能描性情, 舊也

▼ 氏~ (18, 0.0%)

1 [18件] は世彜, は俊章, は元, は勝周, は宣猷, は広, は徳民, は志保, は慎言, は正, は潜, は玄珠, は秀, は維寧, は維裕, は苟簡, は貞皎, は魯

▼ 氏とに~ (16, 0.0%)

2 お伴し

1 [14件] あてた論文, して, 両手を, 出す手紙, 寄つたのは, 後を, 授賞し, 教会で, 案内し, 気の毒そうに, 紹介した, 紹介せられ, 話した, 賀すべき事

▼ 氏なら~ (16, 0.0%)

2 韓大

1 [14件] いっそ本家, きっとこの, そんな下手, では心, とにかく嬶, ばとにかく, ば米友, 信者の, 刺繍塾の, 密勅の, 己は, 惜しい實, 手荒な, 適任者である

▼ 氏ほど~ (16, 0.0%)

2 才子では

1 [14件] それを, では, でも, な男, 一目瞭然の, 仕事の, 厳粛で, 恬淡と, 悪魔的な, 気に, 理屈つ, 美しいと, 芥川の, 認識を

▼ 氏からは~ (15, 0.0%)

1 [15件] この金, その間に, た, まだ滞在, よい作品, 不用意な, 何の, 国宝足利尊氏像の, 大弐の, 家を, 忍耐や, 手紙を, 直義の, 私の, 金を

▼ 氏たち~ (15, 0.0%)

1 [15件] が先, とは再び, と逢い, にお, によってされた, に深切, のほか巡査二人, の将来, の知つて, の論説, はまもなく, は三河島, もやがて, を友人, を見る

▼ 氏として~ (15, 0.0%)

1 [15件] あの時, ある, この作者, それこれを, 余り確信の, 同族なる, 均しく蘭軒, 坐視できない, 大族, 有名な, 現れたの, 自身の, 誇るに, 足下の, 露国の

▼ 氏以外~ (15, 0.0%)

2 の何人

1 [13件] には政宗, に他, に如何なる, に鎌倉, の人, の人々, の別人, の指紋, の皆様方, の社長, の者, の誰, は本名

▼ 氏だけは~ (14, 0.0%)

1 [14件] この正月, これらの, そんなせつな, ついに仲間外れ, チャンと, 不思議に, 何かけ, 子供の, 山梨県の, 屹度西洋人達と, 後者の, 無味な, 紅地金襴の, 頼れる人

▼ 氏とて~ (14, 0.0%)

1 [14件] この地, この風雲, すこしは, もはや再起, 世は, 凡将で, 早や, 昨日の, 決して其, 漂泊の, 皇室を, 知らぬはず, 義貞とて, 豆腐屋を

▼ 氏~ (14, 0.0%)

1 [14件] いよいよかね, それが, たびたび例, のと, 君は, 女王は, 安心なさい, 幸ひ, 広島の, 最悪の, 自分の, 許して, 貴国には, 貴方が

▼ 氏を以て~ (14, 0.0%)

2 如何なる人物, 市長の, 答ふる, 霞亭に 1 この道, 仮りにも, 南部家の, 日本民族でない, 終りを, 頼み来れり

▼ 氏春秋~ (14, 0.0%)

1 [14件] と繋辭傳, に於, の序意, の形, の最初, の此文, の注者高誘, の當染篇, は大, や左傳, や淮南子, より新, 大樂篇, 過理篇

▼ 氏来り~ (14, 0.0%)

1 [14件] て新福亭経営甚困難, て旧, て直ちに, ホテルの, ラッキーへ, 三十分やる, 中清で, 十五日に, 十六日は, 某地方, 楽屋で, 渡韓の, 青砥と, 音楽の

▼ 氏および~ (13, 0.0%)

1 [13件] ホイートストン氏らが, 事務長小野氏これに, 今回出資せる, 副支配人平野運平氏, 右党で, 天野氏の, 山名西尾等の, 後藤氏で, 有明の, 櫛田民藏氏の, 甘利三隅両氏に対し, 郵船代理人バクスター氏に, 額氏は

▼ 氏からも~ (13, 0.0%)

1 [13件] いろいろ御, おすすめの, きいて, すでに筑紫, その義貞弾劾, なんとかし, 会うたび, 手紙が, 望みを, 毎月送金し, 氏の, 聞かされたの, 長谷川伸氏からも

▼ 氏この~ (13, 0.0%)

2 人は

1 [11件] かた数百年われわれに, ように, 二人の, 二人は, 人が, 人と, 人の, 山中に, 方は, 方も, 時蕗の薹を

▼ 氏これ~ (13, 0.0%)

1 [13件] がま, が一千九百万磅, が因果, だけ集まっ, なり, に加わり, に当り, は皆松山人, は酔, は長州人, を修築, を嘆い, を根拠地

▼ 氏とを~ (13, 0.0%)

1 [13件] はつきり分けた, 一緒に, 並べて, 併せ用, 俵に, 切って, 対質させ, 并べて, 推賞し, 竈河岸の, 訪うて, 訪ねた, 食堂に

▼ 氏などを~ (13, 0.0%)

2 中心と

1 [11件] 中心として, 例にとって, 対手取った, 挙げること, 描いて, 眺めると, 知りことに, 筆頭として, 誰か, 長崎に, 頼んで

▼ 氏によ~ (13, 0.0%)

1 [13件] つて, つていくらか, つて世に, つて代表される, つて傳承した, つて創設された, つて多年苦心研究の, つて小説家としての, つて巧みな, つて暗から, つて研究され, つて行動主義文学といふ, つて語られた

▼ 氏来訪~ (13, 0.0%)

4 あり 2 された時, せらる 1 あの位, いろいろ芝居, いろいろ話, 不折書林太郎君墓銘数葉持参, 話し経済

▼ 氏だった~ (12, 0.0%)

2 のだ 1 か, かも知れない, がしかし, がその後楠本正隆氏, とおもう, と思う, ので夫人, ので思わぬ, ようだ, んだ

▼ 氏一流~ (12, 0.0%)

1 [12件] のさ, のするどい, の婉曲, の客観描写, の感覚的, の物, の皮肉, の眼, の筆法, の見, の謹厳, の魅力

▼ 氏自ら~ (12, 0.0%)

2 現れて 1 いう, かの孤児院, がその, にとっては他, に対して働く, の主張, の宿命, も, 称するの, 読んで

▼ 氏あたり~ (11, 0.0%)

1 [11件] からもその, から津軽, が, が主唱, が力こぶ, が老い, であろう, でしょう, の安直, を引具し, を煩わし

▼ 氏あり~ (11, 0.0%)

1 [11件] これが, その他なお, との報告, アトキンスン氏あり, サトウ氏あり, チャムバレーン氏あり, 出版界に, 夕に, 当今は, 自由党が, 自由黨が

▼ 氏などに~ (11, 0.0%)

2 なると 1 お目にかかりました, へたを, 会う, 会ったが, 分れたこと, 書かれ地方, 書面を以て, 礼を, 記念品として

▼ 氏に対しては~ (11, 0.0%)

1 [11件] おどおどする, すぐに, そうは, 一見先生, 仕事の, 仰し, 到底多少の, 失望せぬ, 格別答弁は, 羽仁氏の, 頭が

▼ 氏へは~ (11, 0.0%)

1 [11件] 一言感謝の, 事態の, 商品券に, 就中しばしば, 層雲を通して, 幾分の, 是非一報いた, 果報に, 知らない顔, 聞えまいと, 近づき難かっ

▼ 氏夫婦~ (11, 0.0%)

1 [11件] および大場氏, から茶, が見え, が額, とヤング氏, の出される, の招宴, は既に, は老人, を案内, を訪ねました

▼ 氏~ (11, 0.0%)

8 蔵の 1 に仍, 属, 蔵

▼ 氏系図~ (11, 0.0%)

1 [11件] がある, では十手術, として馬籠, には, にも現れ, にも見当らぬ, による, に見え, の三本, も厳密, を見る

▼ 氏~ (11, 0.0%)

61 に関説, のジード, のリボオ, は大体, を野上さん

▼ 氏ある~ (10, 0.0%)

2 のみ 1 が為, が爲, ことは, ことを, だけだ, のみである, を知つて天皇, 事疑わし

▼ 氏さえ~ (10, 0.0%)

1 なるほどいや, まだ私, よければや, 戸惑いし, 承諾し, 本年にかけて, 殺されなければ, 物質上の, 知らない, 知らないらしい

▼ 氏それ~ (10, 0.0%)

1 から岡倉覚三氏木場貞長氏沢柳政太郎氏渡辺董之助氏, がし, に地平, に将軍, に手, に註し, に銀三, に高島, はわし, を察し

▼ 氏だの~ (10, 0.0%)

1 そのほか, また信州, 何らジヤァナリズム, 富田砕花氏また, 岡鬼太郎氏などの, 川浪道三氏だ, 後の, 梅原龍三郎画伯横山美智子氏川口氏野村氏石坂夫人ぼく夫婦などを, 永井荷風氏だの, 越後の

▼ 氏であっ~ (10, 0.0%)

1 てそれ, てマリユス, て六, て同氏, て小島氏, て御所, て畢竟, て私, て親切, て頼朝

▼ 氏です~ (10, 0.0%)

1 か, かそれとも, かな, か無論, がその, が所, な, もの, よ, 開拓の

▼ 氏にと~ (10, 0.0%)

6 つては 1 いうよりは, つての, つても, つて二つと

▼ 氏に関する~ (10, 0.0%)

1 ことだ, さまざまな, 出来事な, 挿話は, 数件を, 流言は, 私の, 記事の, 限りその, 限り非常な

▼ 氏へも~ (10, 0.0%)

1 すまぬ心, なんとかいたし, わが生き, 一質問を, 報知する, 多くを, 教へに, 消息を, 話しが, 賭けて

▼ 氏~ (10, 0.0%)

2 にその 1 に三法師丸, に唐人, に山本有三氏, に左團次一座, に物部氏, に畑中蓼坡氏, に随行員二人, に駄法螺

▼ 氏~ (10, 0.0%)

2 の出, の記 1 が安政乙卯, の生んだ, の病, の遺稿, は丙申, を娶つた

▼ 氏所蔵~ (10, 0.0%)

41 のもの, の文書, の自筆本数種, の花卉, の足利尊氏, の霞亭尺牘一篋

▼ 氏~ (10, 0.0%)

81 の幾十冊, の青森県通史

▼ 氏貴殿~ (10, 0.0%)

1 と岡田氏, にお, にははなはだ, には望東尼様, に願おう, はお, は宇津木兵馬, は成田殿御息女, もおいでなされ, もすこし

▼ 氏~ (10, 0.0%)

1 が家督, が後藤基信, に予, の同母兄氏政, の首, は三十歳, は免れた, は女, は遺書, 既に危うき

▼ 氏~ (10, 0.0%)

2 の手 1 がその, が力, のごとき, の様, はいよいよ, はおめおめ, はこの, は心

▼ 氏については~ (9, 0.0%)

1 このさい何, その歌, 中卷, 作の, 個人的に, 少しも, 日頃も, 考究を, 誰と

▼ 氏による~ (9, 0.0%)

1 この観念, のであり, ケトル教区の, 事件探査の, 例の, 対軍部質問批判演説だ, 年譜を, 最も完全, 此の

▼ 氏まで~ (9, 0.0%)

1 この問題, 六人の, 已に四人, 沢山ある, 犯人でない, 申出でしが, 確めに, 送附いたし, 馬車で

▼ 氏を通じて~ (9, 0.0%)

1 みんな日本に関する, チャップリンに, 公使館で, 吉田流の, 小樽新聞に, 手をかへて, 熱心に, 知り合, 私の

▼ 氏五百~ (9, 0.0%)

1 が才名, が来る, が衣類, の出, の姉, の生んだ, の語る, も亦, を娶らん

▼ 氏~ (9, 0.0%)

1 が豪奢遊蕩, に合力, の寵, の寵臣, の彼, の消息, の生死, は織田勢, ほどの誅求

▼ 氏~ (9, 0.0%)

1 が二女好, が亡くなっ, と長男恒善, に生せた, のみまかった, の生んだ, を娶った, を疎んじた, を相

▼ 氏殿~ (9, 0.0%)

1 からも右, がもひとり, こそがその, とがかかる, と高氏殿, には叔母, のおん母, の妻, へ告げよ

▼ 氏に対しても~ (8, 0.0%)

1 お互に, かなりなされた, このやり方, 又誰, 最初門前払いを, 気の毒である, 決して大人, 済まない事

▼ 氏ひとり~ (8, 0.0%)

1 が, が本格的, では動かない, になっ, は, はほほえんでる, は昂然, 在るのみ

▼ 氏ほどの~ (8, 0.0%)

1 人が, 人物を, 作者に, 名士が, 大人物が, 後光が, 才能の, 聡明人が

▼ 氏上家~ (8, 0.0%)

4 の主人, も築

▼ 氏~ (8, 0.0%)

1 からは返礼, が広沢重信, が復春日左衛門尉, の持口, の陣, を介し, を伴っ, 両名

▼ 氏~ (8, 0.0%)

1 について考え, に三河, に上古, に常陸筑波郡今鹿島, に本邦, に蛇, に讃岐国高松, に陸前

▼ 氏でも~ (7, 0.0%)

5 大なり小 1 なかつた, 云いそう

▼ 氏に対し~ (7, 0.0%)

1 そのこと, 何か, 博士が, 国家として, 怨みを, 悪辣を, 感謝の

▼ 氏のみ~ (7, 0.0%)

2 では 1 づから, でなく當時, ならずすべて, ならず藤岡作太郎氏, 旗を

▼ 氏までが~ (7, 0.0%)

2 そんなこと 1 また帰順, 帰依し, 星野氏の, 異口同音に, 近頃すっかり糸子

▼ 氏よりの~ (7, 0.0%)

1 また聞き, 來示に, 報知を, 帰途余の, 急使を, 返事, 頼みで

▼ 氏以下~ (7, 0.0%)

1 がやがて, の権威的著作, の者, の軍, わずか百四十五年間, 全隊士, 諸先輩

▼ 氏以来~ (7, 0.0%)

2 の名家 1 の名門, の長い, 久しく行われ, 同じ領地, 屡槍ヶ嶽

▼ 氏~ (7, 0.0%)

1 か欣, によりてこれ, をし, を乱暴, を云われる, を唸っ, を目

▼ 氏~ (7, 0.0%)

1 から見た, が, と警察, による, の, の好き, の陣容

▼ 氏~ (7, 0.0%)

4 と言 2 ははたらい 1 と言う

▼ 氏~ (7, 0.0%)

1 く孤松氏等, 忠郷の, 昌吉氏及び, 柴藤精蔵氏同, 樣中, 筆者等に, 訳の

▼ 氏~ (7, 0.0%)

1 にし, に次, に残し, のもの, の數通, の書翰, の紹介状

▼ 氏~ (7, 0.0%)

5 の網代木 1 の, より出

▼ 氏~ (7, 0.0%)

1 な無限, な象徴詩, に写実, に描かせた, の, の淡い, の自由主義

▼ 氏文集~ (7, 0.0%)

1 と云, にある, の善本, は嵯峨天皇, を愛した, を愛読, を見

▼ 氏~ (7, 0.0%)

2 である 1 の出, の柏軒, の齢, を畜つて, を納

▼ 氏独特~ (7, 0.0%)

2 のもの 1 の毒舌タイプ, の気味, の筆力, の線, の脂

▼ 氏~ (7, 0.0%)

1 が早まった, など, に命ずる, の兄, の従者, は一緒, は今晩ここ

▼ 氏~ (7, 0.0%)

1 の死傷, の洛中占領, の通訳官, の進路, は刻々, は都, は鳴海

▼ 氏郷勢~ (7, 0.0%)

1 の前, の南, の場数, は皆城, よりは多かっ, を待った, を鏖殺

▼ 氏~ (7, 0.0%)

1 が来た, と共に本営, などを首将, の槍術指南役, は, は又, やその

▼ 氏こそ~ (6, 0.0%)

2 寧ろ新 1 八逆の, 勝利者だ, 真個う, 身から

▼ 氏こそは~ (6, 0.0%)

1 この磯貝竜次郎, まことに言葉, われわれの, 天皇の, 政友精神たる, 根本の

▼ 氏~ (6, 0.0%)

1 へもがさすが, へも断言, へ今, へ幾篇, へ知らない, へ立派

▼ 氏だけに~ (6, 0.0%)

1 あったの, きまって, とらわれはや, 云ふ, 将棋の, 頗る婉麗

▼ 氏でない~ (6, 0.0%)

2 ことは 1 ことが, と云う, と言, 代え玉だろう

▼ 氏でなく~ (6, 0.0%)

1 ては, て全然, とも建築家, とも彼女, なぜか, もこれ

▼ 氏でなけれ~ (6, 0.0%)

4 ばならぬ 1 ばという患者, ば弾けない

▼ 氏としての~ (6, 0.0%)

1 のりとの, 家業を, 熱誠を, 考えを, 話題の, 誠意と

▼ 氏ばかり~ (6, 0.0%)

2 では 1 でなく, でなくこれ, でなく仏蘭西, ひきあいに

▼ 氏みずから~ (6, 0.0%)

1 がこれ, しさいらしく鍋, はじっさい, も, 思い立った火急, 語るところ

▼ 氏よりは~ (6, 0.0%)

1 このご, 八歳上の, 山本氏の, 既に棠軒, 直義こそ, 間違なく

▼ 氏五郎~ (6, 0.0%)

2 若くは 1 であらう, と云つた時, と名, に非ずし

▼ 氏兄弟~ (6, 0.0%)

1 が怪訝, に投降, の側, の出品, の名, は兄

▼ 氏~ (6, 0.0%)

3 云う 1 室生犀星久保田万太郎佐藤惣之, 来りビール, 菊川氏に

▼ 氏~ (6, 0.0%)

5 が後 1 じゃからの

▼ 氏来る~ (6, 0.0%)

1 かと下駄, すっかりファン, ビクターを, 京都で, 山水号に, 新聞見ない

▼ 氏~ (6, 0.0%)

1 が冗談, に会っ, のせい, はただ, はニコニコ, は笑っ

▼ 氏滅亡~ (6, 0.0%)

3 の後 1 のさい, の元和元年, の條

▼ 氏~ (6, 0.0%)

1 が二十二歳, である, であること, にあらざる, に対しては茶山, は夫

▼ 氏育ち~ (6, 0.0%)

1 が顔形, の奧方, は争われません, 共にいや, 共に賤, 少しくま

▼ 氏~ (6, 0.0%)

1 が売られ, とを比較研究, とスチルリング氏表, の順序, を用いる, 及び石原氏表

▼ 氏貴公~ (6, 0.0%)

1 から発言, がこの, はそれ, は誠に, もその, も予て

▼ 氏~ (6, 0.0%)

1 が銘々, と一緒, による不安, の手, の間, はそれ

▼ 氏あなた~ (5, 0.0%)

1 がそう, にどう, の顔, はテルソン銀行, は被告

▼ 氏じゃ~ (5, 0.0%)

1 ないかと, なうわさ, ねえか, よ, 私立探偵の

▼ 氏ただ一人~ (5, 0.0%)

1 である, であるという, です, で帰って, をのぞい

▼ 氏たる~ (5, 0.0%)

1 ものこれから夢にも, ものさぞ, もの左様, もの焉んぞ, 平正盛忠盛父子を

▼ 氏だけ~ (5, 0.0%)

1 であった, であったが, でなくおよそ, とてもしめやか, 見て

▼ 氏だけが~ (5, 0.0%)

1 やつて, 今日割合総合的な, 御力, 有ること, 病児の

▼ 氏だつた~ (5, 0.0%)

2 かと思ふ, ので客 1 ので思はぬ

▼ 氏では~ (5, 0.0%)

4 古麻呂 1 なかったであろう

▼ 氏とで~ (5, 0.0%)

1 ござりまする, どちらが, 別に九州, 折半を, 金田一氏お

▼ 氏とやら~ (5, 0.0%)

1 お暇, よいかげん, 俤が, 我々を, 貴殿は

▼ 氏にたいする~ (5, 0.0%)

1 それと, 功罪論の, 君の, 愛の, 異な

▼ 氏にて~ (5, 0.0%)

1 ありければ, すみぬる事, 休み後, 候わんと, 茶を

▼ 氏にでも~ (5, 0.0%)

1 出会つた, 聞かなければ, 見せたなら何, 話して, 質して

▼ 氏にまで~ (5, 0.0%)

1 おた, その後二三ヶ月といふ, 匹敵する, 誤つて自家, 迷惑を

▼ 氏のみは~ (5, 0.0%)

1 かつて見た, それを, よく侯爵, 変も, 殆ど毎晩

▼ 氏~ (5, 0.0%)

1 が兵, にしてやられました, はおのれ, を生け捕るべきでございます, を追

▼ 氏一門~ (5, 0.0%)

1 が栄達, のどれ, の受領国, の考えよう, の隆昌

▼ 氏三代~ (5, 0.0%)

1 に亙っ, のきびしい, の栄耀, の統治, の間

▼ 氏上職~ (5, 0.0%)

4 が兄 1 を持ち堪えた

▼ 氏~ (5, 0.0%)

1 の一族, の特別, 最も正系, 臣氏との, 臣氏の

▼ 氏人たち~ (5, 0.0%)

3 を召びつどへて 1 を召し, を召びつどえて

▼ 氏以前~ (5, 0.0%)

1 にあり, には萬物發展, に於, の南北朝時代, の奧州

▼ 氏~ (5, 0.0%)

3 を送り 1 に送る, を赤阪

▼ 氏~ (5, 0.0%)

2 の后 1 の嫡子恒善, の長女純, 淵氏そやつを

▼ 氏四流~ (5, 0.0%)

5 の如き

▼ 氏~ (5, 0.0%)

1 が手兵三千, に全, の盛, の軍, も同様

▼ 氏~ (5, 0.0%)

1 の京房, の孟喜, の梁丘賀, の費直, の高相

▼ 氏未亡人~ (5, 0.0%)

1 どうしてああ, の言, は忌日, は或は, を知り

▼ 氏種姓~ (5, 0.0%)

4 を言 1 を言い立て

▼ 氏~ (5, 0.0%)

1 が手内職, が病弱, が落ちぶれ果て, の子, も政職

▼ 氏~ (5, 0.0%)

1 が固まっ, が甘かっ, にも示唆, はいち, 正しく又

▼ 氏貴い~ (5, 0.0%)

5 家々の

▼ 氏郷政宗~ (5, 0.0%)

1 に命令, の仲直り, の間, は友軍, を請待

▼ 氏里恵~ (5, 0.0%)

1 と百峰牧善助, の広江秋水, の書牘, の言, は此

▼ 氏~ (5, 0.0%)

1 が自身, のふたり, の一族, の弟, は斬っ

▼ 氏あて~ (4, 0.0%)

1 にさらに, に手紙, に送りました, に送る

▼ 氏いや~ (4, 0.0%)

1 いまでは, それは, とんだ災難, 飛んだ災難

▼ 氏ここ~ (4, 0.0%)

1 にはもう, に十三年前, に滅び, を領

▼ 氏すなわち~ (4, 0.0%)

1 あなたの, フン大尉という, 源族との, 真の

▼ 氏すら~ (4, 0.0%)

1 もう参っ, もしくは乃祖徳川家康, 純粋理性を, 腰を

▼ 氏だけの~ (4, 0.0%)

1 ことしか, 内輪話で, 問題な, 耳に

▼ 氏だって~ (4, 0.0%)

1 ずいぶん見事, まさか, 僕と, 憂国の

▼ 氏ちがい~ (4, 0.0%)

1 じゃ, じゃ高氏ちがい, と申された, と申した

▼ 氏ちょっと~ (4, 0.0%)

1 お顔, ご覧なされ, 耳を, 顔を

▼ 氏であろう~ (4, 0.0%)

1 この二人, とは, と比露子夫人, と言った

▼ 氏なく~ (4, 0.0%)

3 して 1 ては一歩

▼ 氏などから~ (4, 0.0%)

1 お談義を, 供給せられた, 可なり, 見たらば

▼ 氏などという~ (4, 0.0%)

1 名前は, 新型の, 綽名で, 評論家は

▼ 氏ならびに~ (4, 0.0%)

1 アメリカ図書館協会の, タヌキ嬢は, 伊藤氏に, 雑誌合せ

▼ 氏において~ (4, 0.0%)

1 さへも, そのおつもり, 大導寺駿河守が, 恥しさ

▼ 氏にたいして~ (4, 0.0%)

1 あらためて敬意, いろいろ相談的, ちかって, 旅行以前に

▼ 氏についても~ (4, 0.0%)

1 云ひ得る, 同様である, 多くを, 夢想した

▼ 氏にとっても~ (4, 0.0%)

1 また幸福, 又右大臣家, 常識的には, 最初の

▼ 氏のが~ (4, 0.0%)

1 ある, それである, 一つ枠に, 今もっ

▼ 氏もしくは~ (4, 0.0%)

1 トクガワ氏の, ユルスュールあるいは, ユルバン・ファーブル氏もしくは, 読者から

▼ 氏一派~ (4, 0.0%)

1 が共に, の詩, の論者, 及び友田氏一派

▼ 氏一行~ (4, 0.0%)

1 が泊まっ, が著せ, は函館, ヲ応接所

▼ 氏三百年~ (4, 0.0%)

1 の城下町, の治世, の泰平治下, を流る

▼ 氏之の~ (4, 0.0%)

2 跡を 1 家來有竹某と, 家来有竹某と

▼ 氏~ (4, 0.0%)

1 どのよう, の斬, は忘, は文部省

▼ 氏以上~ (4, 0.0%)

1 な武断政体, に商品的数量, のもの, の注意力

▼ 氏以後~ (4, 0.0%)

2 の思想 1 にもございます, の黒田清輝氏たち

▼ 氏~ (4, 0.0%)

1 が無上, たる事様々, と書き入れ, の

▼ 氏其他~ (4, 0.0%)

1 が申し合せた, の有志諸氏, の諸氏, を数える

▼ 氏同様~ (4, 0.0%)

1 に独身主義者, の質問盛ん, の運命, まア小田原

▼ 氏~ (4, 0.0%)

1 こそどこ, にはなんら, に因っ, までか

▼ 氏~ (4, 0.0%)

2 より侯 1 より小説家, より長寿也

▼ 氏~ (4, 0.0%)

1 に探ね, の人民相, の王, へ還る

▼ 氏姫ぢやから~ (4, 0.0%)

4

▼ 氏志保~ (4, 0.0%)

1 が歿, の始, の未だ, の素性

▼ 氏~ (4, 0.0%)

1 といふ人, と皇后, は十七, は唐

▼ 氏或は~ (4, 0.0%)

1 もつと, 尾張氏と, 數氏から, 築地小劇場の

▼ 氏族長太宰帥南家~ (4, 0.0%)

2 の豊成, の豐成

▼ 氏曰く~ (4, 0.0%)

2 どうも面目次第 1 その高, の類

▼ 氏~ (4, 0.0%)

2 あり 1 などは宋, 不載

▼ 氏~ (4, 0.0%)

1 によつて, を送っ, 居長世氏の, 補入

▼ 氏本人~ (4, 0.0%)

1 から聴いた, がやって来, がやつ, を引き合い

▼ 氏~ (4, 0.0%)

2 女の 1 がき, に嫁

▼ 氏死亡~ (4, 0.0%)

1 のくやみ, の旨, の責任, をつたえた

▼ 氏~ (4, 0.0%)

1 とが相互ギリギリ, と反, の俳句, を左右

▼ 氏父子~ (4, 0.0%)

1 が佐々木道誉, の手, の斡旋, は予定

▼ 氏~ (4, 0.0%)

1 の女, の患者, の持主, の気味

▼ 氏~ (4, 0.0%)

1 が甲斐, き廊下, だった, 槙は

▼ 氏直義~ (4, 0.0%)

1 すらも知っ, のそば, の兄弟, をかこむ

▼ 氏~ (4, 0.0%)

1 三回, 五の, 十六, 百銀行の

▼ 氏~ (4, 0.0%)

1 なるもの, のかかっ, は説教節, までをアンコ

▼ 氏累代~ (4, 0.0%)

1 の墓, の寺, の菩提所, の貴婦人

▼ 氏~ (4, 0.0%)

1 というもの, の手勢, を先鋒, を行合

▼ 氏見物~ (4, 0.0%)

1 で, でフランク徳永, ときい, の報

▼ 氏~ (4, 0.0%)

1 から実隆, が黄金三両, の眷顧, は中御門家

▼ 氏~ (4, 0.0%)

1 によつて, に片寄つてさ, のはし, を乘

▼ 氏~ (4, 0.0%)

1 と云, と云う, の鄰邸, の隣邸

▼ 氏あの~ (3, 0.0%)

1 人が, 方の, 通りに

▼ 氏いずれ~ (3, 0.0%)

1 この宮川べり, もかく, もそれぞれ生活

▼ 氏かつて~ (3, 0.0%)

1 いわく余は, 日本人の, 越前の

▼ 氏かと~ (3, 0.0%)

1 いう, いえば, 思う

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 助力忝けのう, 母堂と, 自身である

▼ 氏ごとき~ (3, 0.0%)

1 とご, に一歩, に九州

▼ 氏さえも~ (3, 0.0%)

1 しばしば同じ, 傷つけたくなかった, 臨終には

▼ 氏だけを~ (3, 0.0%)

1 案内し, 考へて, 選んで

▼ 氏であります~ (3, 0.0%)

1 から其の, が他, が岡崎氏

▼ 氏とかいう~ (3, 0.0%)

1 ような, 俳人にも, 男は

▼ 氏とかの~ (3, 0.0%)

1 ものも, 二女史に対して, 口から

▼ 氏とても~ (3, 0.0%)

1 伊賀上野の, 塩谷温泉より, 門前で

▼ 氏どう~ (3, 0.0%)

1 したか, じゃな, なの

▼ 氏なぞが~ (3, 0.0%)

1 あの創作, あり牧逸馬氏, そうである

▼ 氏などで~ (3, 0.0%)

1 なお陪席判事, 去年又は, 彼らの

▼ 氏などとともに~ (3, 0.0%)

1 出かけて, 星ヶ岡茶寮で, 目かくし

▼ 氏などにも~ (3, 0.0%)

1 おなじ意味, 愛せられて, 話を

▼ 氏などより~ (3, 0.0%)

1 さらに数段正確, ずっと早く, 家がらは

▼ 氏なんか~ (3, 0.0%)

1 こんなこと, よく馬, 変わってるね

▼ 氏にだけ~ (3, 0.0%)

1 こつそり, 特有な, 言えば

▼ 氏についての~ (3, 0.0%)

1 お話を, 止観の, 話を

▼ 氏に従って~ (3, 0.0%)

1 寺へ, 春日山に, 関ヶ原の

▼ 氏に関しては~ (3, 0.0%)

1 他日又, 探偵小説の, 非常に

▼ 氏のか~ (3, 0.0%)

2 あゆくなる 1 はりに

▼ 氏はじつ~ (3, 0.0%)

1 とそれ, と手, と無言

▼ 氏はと~ (3, 0.0%)

2 いえば 1 言つた

▼ 氏やら~ (3, 0.0%)

1 徒然草やら, 海野やら, 誰やら

▼ 氏らしい~ (3, 0.0%)

1 人が, 感情の, 言葉である

▼ 氏~ (3, 0.0%)

2 負ハシメントスルモノナリ 1 送リ候手紙

▼ 氏不在~ (3, 0.0%)

1 でオルドヴル, で助手, で生徒

▼ 氏並びに~ (3, 0.0%)

1 はりが, 前進座一党の, 演出者土方氏に対する

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 が請, に謂つて曰く, に面会

▼ 氏事件~ (3, 0.0%)

1 で日英戦争勃発せり, の時, も残酷

▼ 氏京都~ (3, 0.0%)

1 へ入ったなら, より出張, より長崎

▼ 氏~ (3, 0.0%)

2 の一人 1 二三の

▼ 氏令嬢~ (3, 0.0%)

1 と藤沢閑二君, の儀, の実子

▼ 氏伊佐~ (3, 0.0%)

1 が歿, の腹, は又

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 の史話, の条, やそういう

▼ 氏伝来~ (3, 0.0%)

1 の品, の方式, の鎮魂法

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 い官僚的, のもの, の人

▼ 氏使~ (3, 0.0%)

1 が来た, となつ, の人

▼ 氏個人~ (3, 0.0%)

1 の作品批評, の問題, の趣味

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 とはく, と申します, は北朝

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 の写し, は世に, を思ひ出す

▼ 氏~ (3, 0.0%)

2 の中 1 などの持明院統

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 に断然, に物部, に罪過論

▼ 氏其の~ (3, 0.0%)

1 他の, 他は, 他多数に

▼ 氏勃興~ (3, 0.0%)

2 の史料 1 せるが

▼ 氏即ち~ (3, 0.0%)

1 巌木氏などは, 押し寄せて, 莽の

▼ 氏合著~ (3, 0.0%)

1 の, の国語辞典, の論文

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 に寄, れ二十年來鍛錬, れ二十年来鍛錬

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 の夏侯勝, の夏侯建, の歐陽高

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 のほか, の外, は墓

▼ 氏宗家~ (3, 0.0%)

1 では暁湖, の末裔鑑三郎さん, の筐中

▼ 氏宗教小説~ (3, 0.0%)

1 と云う, は西暦千九百有七年, を前

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 だけが殘, となし, の玄関

▼ 氏専横~ (3, 0.0%)

1 のあいだ, の不平, の当時

▼ 氏性肝臓炎~ (3, 0.0%)

1 というの, とか言いふらし, ともオーダンカゼ

▼ 氏所藏~ (3, 0.0%)

1 の, の大福帳型, の文書

▼ 氏拙者~ (3, 0.0%)

1 が代る, のいる, 必ず源女

▼ 氏曰く竜~ (3, 0.0%)

1 の形状, の英仏名ドラゴン, は仮作動物

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 て話し, という, やはり肺

▼ 氏来訪原稿~ (3, 0.0%)

1 はまだ, をお, を渡す

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 とか, と見奉ります, にははや

▼ 氏歴代~ (3, 0.0%)

2 の中 1 の過去

▼ 氏殺害~ (3, 0.0%)

1 のとき, の動機, を巧ん

▼ 氏殺害犯人~ (3, 0.0%)

1 の安彦氏, の逮捕, は

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 が継室, に存続, を納

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 に云う, に貞操, の農村工業化論

▼ 氏無く~ (3, 0.0%)

3 して

▼ 氏特有~ (3, 0.0%)

1 な感能, の考え方, の重器

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 のせう, はれ鶯谷, 釜山日報主筆篠崎昇之

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 に一人, の亡夫, を取りのけし

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 から入る, を伝わっ, を悪く

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 の定家所伝, の瀑布図, の詩集

▼ 氏行状~ (3, 0.0%)

1 には初代瑞仙, のある, をも疑わざる

▼ 氏討伐~ (3, 0.0%)

1 の御, の念, 御計画

▼ 氏討滅~ (3, 0.0%)

1 の大功, の御, の為

▼ 氏~ (3, 0.0%)

1 が非難, に, の所見

▼ 氏門下~ (3, 0.0%)

1 の或, の発明, の駿足鯉三郎氏

▼ 氏関五郎~ (3, 0.0%)

1 であると, と云つた, と名

▼ 氏いつも~ (2, 0.0%)

1 に似, よくし

▼ 氏かの~ (2, 0.0%)

1 どちらかに, 説に

▼ 氏がずつと~ (2, 0.0%)

1 以前紐育州の, 傑く

▼ 氏くらいの~ (2, 0.0%)

1 お金持, 一流の

▼ 氏ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 もので, ラツワン家なら

▼ 氏こと~ (2, 0.0%)

1 のほか艶福, 実はポーニン氏

▼ 氏ごらん~ (2, 0.0%)

1 なさい失策, の通り

▼ 氏さよ~ (2, 0.0%)

1 が一女子, が残つた

▼ 氏すみ~ (2, 0.0%)

1 その他の, は義理

▼ 氏すらも~ (2, 0.0%)

1 この日, 家臣の

▼ 氏そう~ (2, 0.0%)

1 しようでは, では

▼ 氏そこ~ (2, 0.0%)

1 におられた, もとらし

▼ 氏その後~ (2, 0.0%)

1 の雲行, は拙者

▼ 氏それから~ (2, 0.0%)

1 予科の, 私と

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 かとの合, べあまし

▼ 氏だつたら~ (2, 0.0%)

1 動物園に, 或は肉親

▼ 氏って~ (2, 0.0%)

1 あれです, どんな爺さん

▼ 氏づら~ (2, 0.0%)

1 の首, も身戦い

▼ 氏でござった~ (2, 0.0%)

1 か, が僧徒

▼ 氏でした~ (2, 0.0%)

1 か, から

▼ 氏でなかった~ (2, 0.0%)

1 ことは, だけでもしあわせ

▼ 氏とにかく~ (2, 0.0%)

1 中へ, 彼の

▼ 氏とばかり~ (2, 0.0%)

1 だつた, 懇ろに

▼ 氏とへ~ (2, 0.0%)

2 電報を

▼ 氏とやらは~ (2, 0.0%)

1 よほどの, 喜田川志津子と

▼ 氏どこ~ (2, 0.0%)

1 か破り, へ行っ

▼ 氏ども~ (2, 0.0%)

1 に捕へられる, は御馳走

▼ 氏なかなか~ (2, 0.0%)

1 つらかろと, りっぱな

▼ 氏なから~ (2, 0.0%)

2 んか

▼ 氏なぞ~ (2, 0.0%)

1 いう貴族, よく気

▼ 氏なぞと~ (2, 0.0%)

1 始終訪ね, 愉快に

▼ 氏などでは~ (2, 0.0%)

1 これに, 鹿児島と

▼ 氏などとは~ (2, 0.0%)

1 違った畑, 違て

▼ 氏などとも~ (2, 0.0%)

1 兵を, 議論を

▼ 氏などには~ (2, 0.0%)

1 日常茶飯の, 馴染の

▼ 氏などによって~ (2, 0.0%)

1 このこと, ロマンティック狂信的に

▼ 氏なみ~ (2, 0.0%)

1 のところ, の逆説論者

▼ 氏ならぬ~ (2, 0.0%)

1 べつな, 偽者だ

▼ 氏なれ~ (2, 0.0%)

1 ばこの, ばそち

▼ 氏にだけは~ (2, 0.0%)

1 何事をか, 感心し

▼ 氏にとっての~ (2, 0.0%)

1 初めの, 痛事だった

▼ 氏にばかり~ (2, 0.0%)

1 心を, 馴染んで

▼ 氏のに~ (2, 0.0%)

1 ならって, 較べて

▼ 氏のる~ (2, 0.0%)

2 んは

▼ 氏はか~ (2, 0.0%)

2 ういつて

▼ 氏はが~ (2, 0.0%)

1 つかりしたが, つかりしたやう

▼ 氏はずつと~ (2, 0.0%)

1 前から, 木挽町八丁目の

▼ 氏はに~ (2, 0.0%)

1 はかに, やつと

▼ 氏はめつた~ (2, 0.0%)

1 に外出, に自分

▼ 氏ばかりが~ (2, 0.0%)

1 いつまでも, 農民の

▼ 氏びいき~ (2, 0.0%)

1 といったよう, の余り

▼ 氏または~ (2, 0.0%)

1 蘇我氏の, 韓信などは

▼ 氏まだ~ (2, 0.0%)

1 か, 日光で

▼ 氏みたい~ (2, 0.0%)

1 なたのもしい, にいろいろ

▼ 氏みんな~ (2, 0.0%)

1 が集っ, どうし

▼ 氏もう一度~ (2, 0.0%)

2 被告を

▼ 氏よく~ (2, 0.0%)

1 水難から, 避けましたな

▼ 氏を通して~ (2, 0.0%)

1 たのまれた新聞, 仲間に

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 去リ, 頻ニ博士

▼ 氏一本お稽古~ (2, 0.0%)

2

▼ 氏三世~ (2, 0.0%)

1 の説, 之説

▼ 氏上づきあい~ (2, 0.0%)

1 がええ, じゃもの

▼ 氏不快~ (2, 0.0%)

2 に付

▼ 氏中村藩~ (2, 0.0%)

1 では相馬永胤氏, の藤田九万氏

▼ 氏中興~ (2, 0.0%)

1 のお, の名主

▼ 氏主人~ (2, 0.0%)

1 となり, 及び店員四人

▼ 氏事務~ (2, 0.0%)

1 の方面, を執れり

▼ 氏二人~ (2, 0.0%)

1 の子供連れ, は

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 信仰を, 熱心なる

▼ 氏今日~ (2, 0.0%)

1 の勝負, は半袖ワイシャツ

▼ 氏令息~ (2, 0.0%)

1 で隠居, と一緒

▼ 氏以後甚~ (2, 0.0%)

1 しくな, しくなった時期

▼ 氏何と~ (2, 0.0%)

2 思われるな

▼ 氏何事~ (2, 0.0%)

1 でござる, にも動じない

▼ 氏余程~ (2, 0.0%)

1 の御, 残念だった

▼ 氏保田与重郎氏~ (2, 0.0%)

1 などによってロマンティック狂信的, の云う

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 の芝居, は君

▼ 氏先づ~ (2, 0.0%)

2 在りて

▼ 氏全盛~ (2, 0.0%)

1 の宮廷, の頃

▼ 氏全盛時代~ (2, 0.0%)

1 からこの, の公達

▼ 氏八百~ (2, 0.0%)

1 の生む, の許

▼ 氏共々~ (2, 0.0%)

1 大曾根の, 文学評価の

▼ 氏其人~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 氏再興~ (2, 0.0%)

1 が絶対, のため

▼ 氏~ (2, 0.0%)

2 菴の

▼ 氏初年~ (2, 0.0%)

1 に定めた, までは金森氏ここ

▼ 氏初期~ (2, 0.0%)

1 からを指す, の作品

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 が守り, を上洛

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 であらう, を去つ

▼ 氏卵氏~ (2, 0.0%)

1 はずんで, ぶつかって

▼ 氏反応~ (2, 0.0%)

1 と云っ, は陰性

▼ 氏古事記曰崇神天皇~ (2, 0.0%)

2 之世

▼ 氏古文~ (2, 0.0%)

2 が出

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 は雷首, を祥雲

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 その主筆, 十一名秦氏十名で

▼ 氏向こう~ (2, 0.0%)

1 へ向こう, へ行きましょう

▼ 氏吾が~ (2, 0.0%)

2 妻は

▼ 氏国王~ (2, 0.0%)

1 が謀, 中天竺

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 奮闘, 女も

▼ 氏大久保氏~ (2, 0.0%)

1 から招待, より伝へ

▼ 氏大阪~ (2, 0.0%)

1 で捕った, より来り

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 あり, なる藤原女

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 で柏軒, 常庵

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 の奥方, を妻

▼ 氏宛の~ (2, 0.0%)

1 は僞物, も沢山

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 だけを留め, に遊行中

▼ 氏小包~ (2, 0.0%)

1 にて南畝帖, にて枕山絶句鈔

▼ 氏居眠っ~ (2, 0.0%)

2 てござる

▼ 氏常用~ (2, 0.0%)

1 のカルモチン, の椅子

▼ 氏平泉~ (2, 0.0%)

1 で繁盛, に拠りし

▼ 氏弘前~ (2, 0.0%)

1 へ出立, より帰来

▼ 氏彦紀秋茂津時成~ (2, 0.0%)

1 などで, の四人

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 三年役の, 牧氏讚岐の

▼ 氏応援~ (2, 0.0%)

1 に上京, のため上京

▼ 氏所蔵寛~ (2, 0.0%)

1 元二年三月, 元二年三月付

▼ 氏手紙~ (2, 0.0%)

1 にて尾上菊五郎余, を見た

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 といふ一項, 附の

▼ 氏捜索~ (2, 0.0%)

1 の手, を糸

▼ 氏支配~ (2, 0.0%)

1 の時代, の護謨園

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 が其中, は神辺

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 には常に, を善く

▼ 氏既に~ (2, 0.0%)

1 在り, 老病中で

▼ 氏日かげ~ (2, 0.0%)

1 の花上製本持參, の花校正刷持參

▼ 氏日本~ (2, 0.0%)

1 の中村氏, の雑誌

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 の札差, ほどの元気

▼ 氏月姫~ (2, 0.0%)

1 といふ二体, と標記

▼ 氏木下杢太郎氏~ (2, 0.0%)

2 などとさかん

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 ダ壮ナラズ嘱セラレテ之, 公然擧兵の

▼ 氏机氏~ (2, 0.0%)

1 ちと思いついた, 控えさ

▼ 氏来楽~ (2, 0.0%)

1 そのうち又, ちもと

▼ 氏来示~ (2, 0.0%)

1 には陸中遠野地方, に琉球人

▼ 氏来訪序~ (2, 0.0%)

2 につける

▼ 氏校定本~ (2, 0.0%)

1 によって数える, による

▼ 氏楽屋~ (2, 0.0%)

1 でグーグー, へ来り

▼ 氏横溝正史氏~ (2, 0.0%)

1 なぞがあり, などその

▼ 氏次に~ (2, 0.0%)

1 これを, 引き出されたの

▼ 氏歌う~ (2, 0.0%)

2 て曰く

▼ 氏殺害事件~ (2, 0.0%)

1 の解決, は忙しい

▼ 氏比佐子~ (2, 0.0%)

1 が六十一歳, で墓

▼ 氏没落~ (2, 0.0%)

1 し津軽氏独立, と共に宮中

▼ 氏滅ん~ (2, 0.0%)

1 で後, で頼朝

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 とも書けない, より二つ

▼ 氏~ (2, 0.0%)

2 がたりを千古

▼ 氏物部氏~ (2, 0.0%)

1 の祖, は失脚

▼ 氏特に~ (2, 0.0%)

1 船中に, 草廬を

▼ 氏獨特~ (2, 0.0%)

1 の線, の表現

▼ 氏現れ~ (2, 0.0%)

2 開口一番舟橋聖一の

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 な象徴詩, の精神

▼ 氏直参~ (2, 0.0%)

2 と称される

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 は蹴鞠, を留守

▼ 氏磯部氏~ (2, 0.0%)

1 のもつ, も同様

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 が死ん, は宝暦元年生

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 まだ充分イギリス, 多読多

▼ 氏程の~ (2, 0.0%)

1 人が, 人を

▼ 氏竹内平群眞鳥宿禰書寫眞筆~ (2, 0.0%)

1 とあり, は明治時代

▼ 氏笑っ~ (2, 0.0%)

1 てこれ, て言う

▼ 氏等々~ (2, 0.0%)

1 の意外, へ

▼ 氏系統~ (2, 0.0%)

1 の傳來, の貴婦人

▼ 氏系譜~ (2, 0.0%)

1 というもの, に従

▼ 氏累世~ (2, 0.0%)

1 の事蹟, の尊王精神

▼ 氏終焉~ (2, 0.0%)

2 の前後

▼ 氏自ら忽然古代史~ (2, 0.0%)

2 の奥底

▼ 氏自体~ (2, 0.0%)

1 がいなみ, がすでに

▼ 氏自慢~ (2, 0.0%)

1 のグレートデン二匹, の携帯用送信機

▼ 氏船中~ (2, 0.0%)

1 へ来, へ来訪

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 の登場, ヲ発見セリ

▼ 氏行きませんでした~ (2, 0.0%)

1 って, 由

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 として帝国芸術院, などとして新聞

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 が日本国民精神教育, という題

▼ 氏講演~ (2, 0.0%)

1 から得た, とあるの

▼ 氏近頃~ (2, 0.0%)

1 はちっとも, 心苦しいこと

▼ 氏追討~ (2, 0.0%)

1 の流言, を名

▼ 氏通称~ (2, 0.0%)

1 は作大夫, は平吉

▼ 氏連れ~ (2, 0.0%)

1 だって来訪, 来る

▼ 氏邸内~ (2, 0.0%)

1 の一室, の千里閣三年祭

▼ 氏部下~ (2, 0.0%)

1 の一介, の最も

▼ 氏郷蜂屋頼隆~ (2, 0.0%)

1 などあらかた, など居流れ

▼ 氏郷軍~ (2, 0.0%)

1 の便宜, は民家

▼ 氏長田秀雄氏木下杢太郎氏~ (2, 0.0%)

2 などとさかん

▼ 氏長者~ (2, 0.0%)

1 ともある, の依頼

▼ 氏関係~ (2, 0.0%)

1 の古今, の甚

▼ 氏陽貨~ (2, 0.0%)

2 微子

▼ 氏~ (2, 0.0%)

2 がくれ

▼ 氏~ (2, 0.0%)

1 とか最も, には往来

▼1* [1754件]

あったればこそである, 氏あとから参りまする, 氏あなた美津子さんの三人, 氏あぶないところを, 氏あるいはその他の, 氏あれこそ毛利侯, 氏あんまり当らない, 氏いう蕪村集を, 氏いえることあり, 氏いかがでござる, 氏いちばん末子の竹万丸, 氏いつを娶り, 氏いふ蕪村集を, 氏いよいよ近寄って, 氏いらいの関一族, 氏いわくニュージーランド原住民マオリ人は女根, 氏いわく不動公立図書館を各, 氏いわく蛟を伐つ, 氏うっかり口を辷らし, 氏うまくやれよ, 氏養子, 氏えらいことに, 氏おいでになる, 氏おきになされ, 氏お出でになりしか, 氏お客は協会, 氏お待ち下さい今日, 氏お忍び旅行ですぜ, 氏お手数でござった, 氏お持たせのローマイヤ, 氏お早うござる, 氏お松さんは四十八歳, 氏お雪さんを見初めた, 氏かお早うござる, 氏かかってござれ, 氏かなという嫁が, 氏かによって代読された, 氏かねを娶つた, 氏かは分りそう, 氏かまわず先へ, 氏かもしれないという, 氏からでも聞いて, 氏ががつしり, 氏がちやんと, 氏がのそりと, 氏がはひつて, 氏がべこの猿, 氏がもひとつの, 氏がり府中にも, 氏もに銘じおきます, 氏きつと書かない, 氏ぎみなりとばかり思っ, 氏くらゐだけ, 氏ぐらゐにならないと外国人には隅々, 氏こちらへござれ, 氏こと山木勘九郎氏邸の前, 氏こと志村浩太郎氏の変死事件, 氏こんどこそは逃がさぬ, 氏こんなところを, 氏ごとに一族ごと, 氏ごとく手短く, 氏さあさあ遠慮は, 氏さっきは平, 氏さっき赤の他人, 氏さては甲斐源氏の, 氏さばけて, 氏さまあなたではございませぬ, 氏さま何をなされた, 氏さま直義さまお揃いでここ, 氏さよと云つたのである, 氏さらりとした, 氏さんである, 氏しかない, 氏しかもこの人, 氏しかりさ, 氏しほと女, 氏すくないが, 氏すでに俘囚たり, 氏ずれにそこ, 氏せっかくここまで, 氏ぜんたいこれは, 氏そうしてスミスの, 氏そちらへ行った, 氏そっくりの大学生, 氏そつくりで菅氏, 氏そのままです, 氏その他それぞれの力量, 氏その他二三氏のグループ, 氏その他伊藤鼎氏辰川為次郎氏これは皆松山人, 氏その他多くの作家, 氏その他当時知名の彫刻家, 氏その他数氏が中少, 氏その他日本の新興芸術派, 氏その他水茶屋券番の馬賊五人組芸者, 氏その他知名の諸氏, 氏その他筆累の現存, 氏その他関係方面に猛, 氏そやつをおれ, 氏それぞれが真面目, 氏それぞれ志賀的完成をあばい, 氏それとも誰か, 氏そろそろ探偵小説界隠退の, 氏ただちに拙稿を, 氏ただ今のご, 氏たち一族の夥しい, 氏たち同行幾人かとこんど, 氏たる者力を竭, 氏だけといっても, 氏だったりしました, 氏だらうと平家, 氏だろうね, 氏ちくらの別荘, 氏ちと思いついたこと, 氏やない, 氏どうした, 氏ついてござれ, 氏ついで久松氏は, 氏つくる家系圖に, 氏つまりアデライーダ・イワーノヴナの, 氏であったら多摩川の, 氏であったればこそ始めて, 氏でありまして関守氏, 氏であれ東国の, 氏でございます岡村氏が, 氏でござるか, 氏でござろうがな, 氏でしょう這奴の, 氏でなかつたものと, 氏でなくなるわけである, 氏というも私名である, 氏といったような, 氏とかいうが随分盛ん, 氏とかと相違の, 氏とかは文学専門であっ, 氏とから個々に, 氏としか見られなかった, 氏としてもその後大いに, 氏とだけでお茶, 氏とどつちが, 氏とのがある, 氏とのみ称して, 氏とぼたん屋で, 氏ともども牧田助役から, 氏ともども地下工事場跡を見る, 氏とやらが苦労する, 氏とやらについて教えを, 氏どうかなすったか, 氏なお道を, 氏なきを以て答, 氏なしといえ, 氏なぞに親しい交際, 氏なぞは立派な, 氏なぞも自分が, 氏なぞを権威を, 氏なぞ故人となられた, 氏などからさえこの新聞, 氏などでもやはり右, 氏などにて太宗の, 氏などにより朗らかに, 氏などよりも一日早い, 氏などをも引込みその, 氏ならずともこれ, 氏なら盗姦殺人小平氏死刑に, 氏なりに輪郭的に, 氏なりの門下生に, 氏なるべしと私, 氏なんだあれ, 氏なんかと一緒に, 氏なんかの仕舞姿の, 氏なんかはさうい, 氏なんぞ目にも, 氏なんぞがむしろ農民, 氏なんでこよい, 氏なんと思われるかな, 氏なんめり, 氏においては心痛は, 氏におけるその人, 氏にかよひ始めた日, 氏にさえ教える事, 氏にたいしてもぎりのわるい気が, 氏についてさえも個人的には, 氏についてだけ申しあげても, 氏にては母人ひとり縫物し, 氏にとり残されると, 氏になつてから, 氏にのみかう云, 氏にはなんて返事を, 氏にはヨー合点が, 氏にまつわる謎や, 氏にまではさかのぼりうる, 氏によっては単独孤立的な, 氏によっても試みられつつ, 氏により表装され, 氏によるにルアゴンでは, 氏に対しての一般的な, 氏に関して書く可, 氏のかはれるところ, 氏のからつとした, 氏のずつと前方には, 氏のてのひらには, 氏のでもう一つ, 氏のには多くの, 氏のばあひで, 氏のまん前に, 氏のみが強大なる, 氏のみに任せ今, 氏のみには適当な, 氏のみの事で, 氏のみを指すわけ, 氏のも少しよく探りたいらしい, 氏はから駄目かと, 氏はからかひ半分, 氏はけろとして言った, 氏はしかつべ, 氏はじぶんを呪う, 氏はじめこの人, 氏はじめこぶしをにぎっ, 氏はじめ五名の魚人代表, 氏はじめ他の委員, 氏はじめ多くの新進作家諸君, 氏はじめ我々皆一同師匠の病気平癒, 氏はじめ捜査本部も一般市民, 氏はじめ物好きな人々, 氏はじめ赤門出の批評家, 氏はじめ除封削封, 氏はずゐぶん, 氏はずぼんのポケット, 氏はずんで飛び込ん, 氏はたうとう抑, 氏はてのひら, 氏はな鐘巻流の, 氏はのこ, 氏はばッと, 氏はほどなく別れ, 氏はもひとつ求めた, 氏ばかりの問題では, 氏ばかりを残して, 氏ばりのプロレタリア小説, 氏ひきつづいて薄田泣菫さん以下, 氏ひょっこりあらはれ, 氏ぶすまの, 氏ぶつかってござれぶつかっ, 氏ぶつぶつ云ひ, 氏へとしてフォーシュルヴァンが, 氏へより平さんに, 氏ほかに松居君, 氏ほか三人の中堅, 氏ほか三名の日本学生, 氏ほか二人と巡視, 氏ほか地謡一同へ, 氏ほか数氏の名, 氏ほどに待遇し, 氏ぼくらをジープ, 氏までを敵側に, 氏まめやかによく, 氏まアそんなに嘆く, 氏みずからすみやかに上洛, 氏みっともないことは, 氏みづからいふ通り, 氏めそれを知っ, 氏もう酔いざめか, 氏もはやこれ以上は, 氏やって来て丁寧, 氏やはそれについて, 氏やまとの倉光氏, 氏ゆうと改名, 氏ゆきましたって, 氏ようこそおいで, 氏よう孫女こうの, 氏よりというけれど, 氏よりもずつと適任者である, 氏らしくもない, 氏らリュックサックをかつぎ, 氏ら蔵六も折, 氏わざわざ宿まで, 氏をさえ滅ぼして, 氏をば終身禁錮の, 氏をめぐって漠然と感じられる, 氏をもって豊雄の, 氏を通じてばかりでなくかなり, 氏アノマロスコープを採用, 氏アメリカに立つ, 氏アーサーリーヴチェスタトンビーストンウェルシーニンというよう, 氏エドワアド七世ホテルのプラロン氏, 氏エミイはナザニエル・インクル氏, 氏オテル・ジョルジェのタレイル氏, 氏オテル・ロワヤル・オスマンのメラ氏, 氏カッパライ氏恐喝氏持逃げ氏などが集まっ, 氏カトリーヌおばさんエチエネットそれからたった, 氏カンカンと放談, 氏ガスビルまんじゅう持参で来訪, 氏ガ吾ガ幕府ナル井戸石見守浦賀奉行戸田伊豆守等ガ衝ニ当ツテ応接セル所ナリ, 氏ガ帰ッタノガ今暁ノ二時頃, 氏ガ帰ッテ行ッタノハ夜中ノ二時デアッタ, 氏キッと目, 氏ゲイコを三四人, 氏サンガー夫人等いう大家, 氏サンチアゴより来, 氏シヨウを訓, 氏ジョン・ハーディ氏モラン大佐で賭け事, 氏ジンよしきた, 氏チャップリン行きの原稿翻訳出来持参, 氏ツーさん等も見えた, 氏ト共ニ左記ノ処ニ事務所, 氏ト同車シテ町用先生ニ随従シ法廷ニ出レバ風愈ヨ烈シク雪, 氏ドックに来, 氏ナラ差支エナイト思ッタケレドモソレデモ妻ノコウイウ醜態ヲ見, 氏ナルミさんにことづけ, 氏ニハ内証デ自分, 氏ニ体ヲ預, 氏ニ依頼シ本年五月其花ヲ得, 氏ニ就テ欧洲政学ノ要, 氏ニ敗ラルル点ニオイテハ御同様デス, 氏ニ行ク小南朝日奈出間ト同クス, 氏ニ電話アリ大学ノ整形科, 氏ハダメナ作家デアル, 氏ハハハこんなところここ, 氏ハ先月ノ二十九日, 氏ハ其ノ翌朝, 氏ハ心臓ヲ何度モ打診シテ, 氏ビヤンヴニュ閣下となる, 氏フォールスタッフを日本, 氏ブラックプリンス引上げに関し若し, 氏ベスはトラシイ・タップマン氏, 氏ベンチで陽, 氏ママお気を悪く, 氏マルセーユの副, 氏モラン大佐で賭け事, 氏モ中興ノ主, 氏ヨコハマに行き, 氏ヨリソノ後ノ経過ニツキ詳細, 氏ヨリ上ノ如キ手紙来ル, 氏ヨリ平氏ノ過渡期ニ至ル專制君主國時代ナリ, 氏ルマルシャン・ド・ゴミクール氏および右党, 氏ロシアに立つ, 氏呼ンダノガ〇時半頃氏ガ帰ッタノガ今暁ノ, 氏一たび自由党の実権, 氏一たび自由黨の實權, 氏一つは此, 氏一つ召上って私, 氏一人本気で書い, 氏一個の仕事, 氏一個人の大, 氏一刻も早く, 氏一家鏖殺しの, 氏一建立の御, 氏一式氏何を云われる, 氏一族五十余名の名前がち, 氏一族挙兵の由, 氏一族是の如く, 氏一日余を訪い, 氏一時より三時間, 氏一書を著し題し, 氏一箇の審美眼, 氏一緒にござれ, 氏一葉氏を顧みる, 氏一行一緒に行っ, 氏一行九年正月中リマを出立, 氏一行出立に臨み, 氏一行本邦人十四人有て毎日話し相手, 氏丁度出支度して, 氏七十歳研究的なやや, 氏七宝の花瓶, 氏七萬の侵入軍, 氏がもう, 氏三上於菟吉氏大仏次郎氏白井喬二氏長谷川伸氏といったよう, 氏三世妻を出した, 氏三井物産会社支店長市川純一氏船中へ来, 氏三代栄華の時, 氏三代百余年間の平泉, 氏三十・三十一・三十二曙覧二十五・二十六・二十七の頃, 氏三宅氏等は日労党, 氏三岸節子氏なども出た, 氏三津木春影氏松山思水氏などが少数, 氏三隅棄蔵氏停車場内にあり, 氏三高時代愛用の褌, 氏三鱗の旗, 氏上たちとの応和, 氏上司小剣氏も在社, 氏上司小剣氏大佛次郎氏等の通俗小説, 氏上杉重能畠山国清などでそれに, 氏上田氏方々の研究法, 氏上相承の宝, 氏下野の宇都宮, 氏騫は, 氏不意のよう, 氏不服にご, 氏不破氏小四郎殿そう憤慨, 氏ヲ乱ストキハ, 氏世々松浦侯に仕, 氏両人ともそれ以来ここ, 氏並びに批評家, 氏中世頃から敗軍, 氏中九州説は白鳥博士, 氏中央亜細亜へゆく, 氏中央新聞の郡司氏, 氏中川のところ, 氏中村不折氏等の挿絵, 氏中村係長の三人, 氏中村岩馬氏は先づ發, 氏中村有一氏加山龍之助氏, 氏中村氏は作者, 氏中興池田氏過去帖慶応紀元季秋の十七字, 氏中途でかえった, 氏中隊どこそこを奪取, 氏水殿, 氏主従をとりかこん, 氏主裁のユーモア, 氏久々に父上, 氏久々里九人衆などいずれ, 氏久保十三郎氏來り謝す, 氏久松一声氏等が招聘, 氏久留米藩では高橋二郎氏, 氏久米正雄氏などが出席, 氏久米正雄氏佐藤春夫氏宇野浩二氏菊池寛氏等を数, 氏久米正雄氏木村毅氏上司小剣氏大佛次郎氏等の通俗小説, 氏久米氏物部氏の祖, 氏久野秀二氏等がその, 氏之を作曲し, 氏之後滅於陳田卒不能與皐陶伯益爭衡夫子以秦誓繼甫刑知皐陶伯益之後將繼稷契禹而代興也惟王變而覇道徳變而功利此運會所趨即祖宗, 氏九代の栄, 氏九州大学の四宮兼之氏, 氏九時頃出てから, 氏九月十五日の天洋, 氏亀三郎を養つて子, 氏亀井氏保田与重郎氏の云う, 氏このところ, 氏事上洛つかまつらずと, 氏事次郎生若しくは次郎生事吉村忠雄氏, 氏二世共に婚姻, 氏二代瑞仙その二男洪, 氏二千円女人連千円余それに女人連, 氏二年生からは関口蕃樹氏, 氏云われるもので, 氏云憶良上京後即ち天平三年秋冬以後, 氏五万石の居城たる, 氏五十七万石の城郭, 氏五十歳で妻, 氏五島五州氏とかいうが随分, 氏井上氏松村氏の写真, 氏亡びて親政, 氏亡ぶる時に, 氏交代だ, 氏享氏との追, 氏に住, 氏京極と一緒, 氏人柱に立つた, 氏人菊大夫長明入道雅経朝臣の挙, 氏人間には足, 氏仁木今川一色畠山斯波などの重臣, 氏仁田氏などに書面, 氏今やお銀様, 氏今一人は同, 氏今川氏北条氏等の庇護, 氏今度はあ, 氏今日君のお, 氏今春滿洲より歸還, 氏仕事についてはずっと, 氏他門から勝手, 氏代々の城址, 氏代理として松山省一氏, 氏令嗣の新, 氏令嬢見舞先生より見舞金百円, 氏令孃うた子君も醫學士夫人, 氏令孫の筆, 氏以上三氏ノ他, 氏以下ここの家中, 氏以下主君の眷族, 氏以下五人の良師, 氏以下人馬の流れ, 氏以下先輩諸氏を少く, 氏以下其射手たりと云々, 氏以下多数参列の下, 氏以下将来有為の先輩, 氏以下演技者の天稟, 氏以下皆元気なので, 氏以下矢作の大橋, 氏以前希臘には音樂, 氏以後上層の支配者, 氏以後世運の漸く, 氏以来そこに住ん, 氏以来一篇の叙事詩, 氏以来三代約百四十年間, 氏以来朝敵の数, 氏仮性同色表は色盲者, 氏仰天して, 氏仲人による僕ら夫婦, 氏伊井蓉峰氏田村とし子氏土岐善麿氏太田孝之博士がある, 氏伊手市氏両人ともそれ以来ここ, 氏伊東深水氏大仏次郎氏伊藤道郎氏奥野信太郎氏などたれ, 氏伊東療養所をたぐらせ, 氏伊藤さん等来たらしく名刺, 氏伊藤正弘氏千頭直雄氏中村岩馬氏は先づ發, 氏伊藤道郎氏奥野信太郎氏などたれ, 氏伊豆新島の話, 氏伊豆相模の豪族, 氏会計課長の篠崎, 氏伝説に援用, 氏元勤, 氏位自然を描く, 氏住宅附近の空屋, 氏佐々木家と共に奥州, 氏佐々木看護婦婆サンマデ附イテ来ル, 氏佐井氏に養われ, 氏佐佐木味津三氏などの随筆, 氏佐藤四郎氏と浦崎さん, 氏佐藤春夫氏その他多くの作家, 氏佐藤春夫氏宇野浩二氏菊池寛氏等を数, 氏佐藤春夫氏室生犀星氏などは多く, 氏佐藤氏筆者等が傍, 氏何ぞ艶福に, 氏何ともどうもお心得違い, 氏作り私はお供, 氏作品評評の適不適, 氏のごと見舞, 氏例のをこれ, 氏俊子であらう, 氏信州蓼科より來書, 氏信武藏左衞門尉景頼生虜了行法師矢作左衞門尉, 氏して, 氏俳号を蘇山人, 氏倶楽部という言葉, 氏停車場内にあり, 氏元服の過去, 氏元気よくやってくる, 氏兄妹が泉鏡花先生, 氏兄弟一部渋江小島森狩谷各一部, 氏兄弟及その令息, 氏兄貴のフェリックス, 氏充分観念なさる, 氏先ず衰え次, 氏先歿有二男, 氏先番の対局, 氏先陣館盛綱陣屋の段, 氏先響の如く, 氏克氏らに送られ, 氏入国以前からの古木, 氏入来ウイを, 氏全体は本家, 氏全滅の憂, 氏全盛期を通じての特色, 氏全集第三巻出版届, 氏八月は何, 氏公民館の安部氏, 氏六代の増田東里, 氏六帖等の書, 氏六百年の太平, 氏共和政治を唱うる, 氏共編の, 氏兵士歸郷の詩, 氏其他一人來り拙作上場, 氏其他二三の萬朝報社員, 氏其他讀賣二六東京日日等悉く揃, 氏がお供, 氏兼重兼定兼元兼清兼吉初代兼光はすぐれ, 氏内山書房主と三人, 氏内部の紛争, 氏再び來り, 氏再興問題であって, 氏処士では色川圀士氏村岡良弼氏, 氏出でてより, 氏出獄の歓迎, 氏出直して再び, 氏出羽山北の俘囚長, 氏出阪せば, 氏の桃, 氏分散に際してこれ等, 氏刑事佐藤捷平刑事山田金次氏たちのほか巡査二人, 氏初め刑事達は鵜, 氏初代の平民, 氏初期數代を築き, 氏利根川図志の記, 氏到頭十九日発で, 氏刺殺された事件, 氏前日井上神社局長より得たる, 氏前田健次郎氏平山英造氏大森惟中氏などを頼ん, 氏会頭を, 氏創設の文字, 氏加はりて異彩, 氏加わりて層雲峡, 氏加山龍之助氏, 氏加藤氏田中氏はじめ除封削封, 氏勢力範囲の南方支那, 氏勧業課長であった藤野漸氏, 氏北京を発し, 氏北条氏などの暴政, 氏北条氏等の庇護, 氏北条氏貴殿には望東尼様, 氏北条祐賢氏などとしばしば, 氏北條氏と結び, 氏北谷王子朝里女尚氏具志頭按司朝受室, 氏十万石の城下, 氏十二月の, 氏十八度ですからね, 氏十分にご, 氏十名でそれから, 氏千ヶ崎悌六氏がいられる, 氏千葉松兵衛氏福沢捨次郎氏古河虎之助氏などは争っ, 氏千頭直雄氏中村岩馬氏は先づ發, 氏午後当邸を出立帰藩, 氏左衛門四十五歳, 氏南家の族長太宰, 氏南部修太郎氏長田秀雄氏などもそれぞれ熱心, 氏単身にて右時間, 氏博氏皆鮮かな色, 氏危篤との新聞, 氏即座にお, 氏原田氏について, 氏去年蘆屋にて兵火, 氏参るぞ, 氏参会式礼をあげ, 氏その兄池内信嘉氏, 氏及前にいった, 氏及川氏土井氏末常氏おいでになる, 氏及幼稚園というよう, 氏友弥さんを壻, 氏友谷静栄さんなどみんな元気, 氏徒の, 氏取り乱している, 氏取締役会長に就任, 氏叛逆の事, 氏口授の, 氏古河虎之助氏などは争っ, 氏只ひとりだった, 氏只一人黙然として控え, 氏召使い矢田部教授の召使い, 氏召状の一札, 氏からいえ, 氏史料は戦災, 氏史生の伊佐庭如夫氏, 氏吉備大臣真備公之裔而, 氏吉岡堅二氏小松均氏といふ日本画, 氏吉谷覚寿氏黒田真洞氏, 氏同じ蘇格蘭の, 氏同伴でジイド, 氏同国芳賀郡のお, 氏同族にし, 氏同様手蹟が巧, 氏同様民主的であつ, 氏同様私もこまる, 氏同様翁がこの, 氏同氏も亦, 氏同第三回, 氏同行の寺本氏, 氏同行東水の尾, 氏名越は近, 氏によって行なわれる, 氏后定子皇后は出家, 氏向性検査法によるもの, 氏吾七福を詠ずる, 氏呂覽と出入, 氏周防国玖珂郡通津浦の人である, 氏呼鈴を押し, 氏和歌をもっ, 氏和田昌訓氏が発企, 氏して, 氏哲学行者の本, 氏唯一人きりだ, 氏唱歌は安藤智恵子夫人, 氏喜多八氏の如き, 氏喪中の事, 氏嘉与吉を案内, 氏四月のへと七月, 氏固有の脅迫観念, 氏国智臣摩啅羅その王, 氏国許から暴れ者, 氏国飢渇して, 氏又は大, 氏土井氏末常氏おいでになる, 氏土地の警察署長, 氏土屋喬雄氏手塚英孝氏岩崎克己氏阿部眞琴氏等その他澤山の友人知人, 氏土岐善麿氏太田孝之博士がある, 氏坪内先生から手紙, 氏城南の高橋氏, 氏埠頭にて迎え, 氏堀口美濃守江田額田烏山羽川里見岩松武田などの宗徒, 氏堀口貞満同行義, 氏堀尾帯刀先生吉晴山内対馬守の五人, 氏という赭顔, 氏報知の山村氏, 氏堺先生小寺氏から電話, 氏の販売, 氏塾生の一人, 氏塾落拓未遇及後, 氏在本郷栄福寺, 氏墓誌銘は江戸黄蘗禅刹記巻, 氏を吐く, 氏売る所は, 氏に青山廷光氏川田剛氏, 氏外一人の所有, 氏外三名私訴を提起, 氏外山江木井上服部の各, 氏外数名の千歳村, 氏外數名に之, 氏外諸君と共に杏楽天楼, 氏夙に独立の, 氏多きを言, 氏多寡の知れた, 氏多治比部などの傳, 氏夜来訪種々のこと, 氏夜見物に来る, 氏大いに活躍し, 氏大下宇陀児氏らの近作, 氏大仏次郎氏伊藤道郎氏奥野信太郎氏などたれ, 氏大仏次郎氏白井喬二氏長谷川伸氏といったよう, 氏大伴氏が武将, 氏大佛次郎氏等の通俗小説, 氏大倉喜八郎氏千葉松兵衛氏福沢捨次郎氏古河虎之助氏などは争っ, 氏大元清二郎氏などの小説, 氏大名の子弟, 氏大垣の戸田氏, 氏大場又二郎氏, 氏大島氏等はその, 氏大智寺の開祖, 氏大村藩では岩崎小次郎氏, 氏大森惟中氏などを頼ん, 氏大橋三島久米倉知瀧田その他の人々, 氏大瀧氏より電話, 氏大熊氏廣氏などいう, 氏大理石にほる, 氏大酔はした, 氏大阪アルカリの上領純一氏, 氏大阪電灯の日高驥三郎氏, 氏大須賀乙字氏などが出る, 氏天下を平, 氏天地万物之祖也, 氏天文台区第二十七小区受持, 氏天渓氏抱月氏泡鳴氏白鳥氏今は忘, 氏太宰氏の作品, 氏太田孝之博士がある, 氏夫人令嬢それから私, 氏夫人佐和子劇しい嫉妬家, 氏夫人光子は上野公園, 氏夫人千代子女史が夫君, 氏夫人妙に歯, 氏夫人妙子だったの, 氏夫人宮城たまよが主要, 氏夫人来訪姉が死んだ, 氏夫人等に会い, 氏夫人須磨子さんであろう, 氏夫妻それに小説家大岡昇平氏, 氏夫妻佐々木道誉ほか百名余の盛宴, 氏夫妻先生にも知らせたろう, 氏夫妻来田村さん福岡さんミスウェルス吉田さんなどとにぎやか, 氏夫妻砲兵大尉だの学生, 氏夫妻神戸からいっしょ, 氏夫妻等と伊豆半島, 氏夫妻藤原俊雄新海竹太郎自分等黒沢墨山と云う, 氏夫妻近藤老人それに学校, 氏夫妻陰陽之始也, 氏失うたのは, 氏奉祀す, 氏奥宮正治氏中村藩では相馬永胤氏, 氏奥島の作った, 氏奥州で伊達氏くら, 氏奥野信太郎氏などたれ, 氏奮然唸りを發, 氏女嘉永元戊申年十二月六日卒, 氏如是閑氏といちいち, 氏妄混体裁恣換書名遂使後学不能見其原, 氏妹氏と共に心, 氏始めてその館長, 氏始め碧虚両氏や私, 氏委員長の下, 氏威能で前年己丑, 氏威能岡西氏徳を相, 氏孤兒などを譯, 氏の先駆者, 氏孫氏等の本, 氏宅他は今日, 氏宇野氏滝井氏から摂取, 氏宇野浩二氏菊池寛氏等を数, 氏はこの, 氏安川財閥の御大, 氏安心致しました, 氏安藤太郎氏などの禁酒運動, 氏安藤氏坪内先生から手紙, 氏官立盲学校長の町田則文氏, 氏宛てに送られ, 氏宛チャールス・チャップリン宛の手紙, 氏宛大阪の打ち, 氏菱谷氏女嘉永元, 氏実は菱谷氏沢である, 氏室生犀星氏などは多く, 氏室生犀星氏佐藤春夫氏その他多くの作家, 氏宮内大臣秘書官森泰二郎氏に示し, 氏宮島氏と湯河原, 氏宰問政子曰, 氏家庭の児, 氏家系圖では安永七年, 氏家訓などに傀儡子, 氏家記毛利家記黒田記略清正記等各部将, 氏富山藩では磯部四郎氏, 氏富谷氏など来, 氏寒川鼠骨氏などが最も, 氏寓伊沢又分家では信治二十一, 氏寛政九年に上総国市原郡高根村, 氏寛斎である, 氏ル間モ烈シク一様ニ押シ流サレテ居ルヨウダ, 氏寺母の清子, 氏対リーマン博士の押問答, 氏対抱月氏のごとく, 氏対藤村氏泡鳴氏対抱月氏のごとく, 氏封建末路の人民, 氏専らその経綸, 氏専制の犠牲者, 氏専売コロンタイ式恋愛に対する彼女, 氏専権時代がまさに, 氏専用の水泳プール, 氏射撃に使った, 氏将来の庫車, 氏将軍家の御, 氏尋いで滅び, 氏學校長谷中市太郎氏と共に, 氏小作方よりは不肖私, 氏小四郎殿そう憤慨, 氏小字を武平, 氏小山いと子氏川上喜久子氏いずれもそれぞれ生活, 氏小山内土方の両氏, 氏小山内氏と余, 氏小崎弘道氏などにも話, 氏小平めをつかまえました, 氏小松均氏といふ日本画, 氏小林の可, 氏小林秀雄氏共々文学評価, 氏小林秀雄氏たちに深切, 氏小林秀雄氏等が万葉, 氏小梅田圃で耳, 氏小生をとらえ, 氏小田原で自動車, 氏小窓の死, 氏小艇をもっ, 氏小野氏に寄せた, 氏少し軽忽, 氏尚歯会に来集, 氏尤も記事文に, 氏尽力の形見, 氏尾崎氏それぞれ志賀的完成をあばい, 氏居炉裏何だか仏壇みたい, 氏を観る, 氏山上氏から青山氏, 氏山崎のおじさま, 氏山本久一氏の二人, 氏山本権兵衛氏大村藩では岩崎小次郎氏, 氏山本毎氏等の先輩, 氏山東轟の四人, 氏山海經などの如き, 氏山脇女学校教師竹田菊子氏警視庁保安課長国監氏等の意見, 氏山路愛山氏などを対手, 氏山陽が後, 氏岡本潤氏高橋新吉氏友谷静栄さんなどみんな元気, 氏岡松辰氏が少, 氏岡野知十氏などが連合, 氏岡麓氏等である, 氏岩崎克己氏阿部眞琴氏等その他澤山の友人知人, 氏岩崎航介氏などの作者, 氏岩村の松平氏, 氏岩波茂雄氏に厚く, 氏岩田君をはじめ不肖, 氏岸氏など幹部, 氏島崎鶏二氏の両, 氏島村俊明氏などを筆頭, 氏島村俊明氏その他当時知名の彫刻家, 氏川上喜久子氏いずれもそれぞれ生活, 氏川口松太郎の来, 氏川口氏野村氏石坂夫人ぼく夫婦などを一夕招宴, 氏川崎魯輔氏が大助教塩谷修輔氏岡千仭氏, 氏川田久長氏郡山幸男氏馬渡力氏川端康成氏土屋喬雄氏手塚英孝氏岩崎克己氏阿部眞琴氏等その他澤山の友人知人, 氏川田剛氏が中, 氏川端康成氏に与えた, 氏川端康成氏土屋喬雄氏手塚英孝氏岩崎克己氏阿部眞琴氏等その他澤山の友人知人, 氏川端康成氏横光利一氏林房雄氏などの文章, 氏市川先生凡私を存候人々, 氏帰ったあと三人で, 氏帰りの汽車, 氏帰宅昼一時も自分, 氏帰朝第一回作品, 氏帰朝加藤伝次郎氏に会い, 氏帰朝後その旨, 氏帰村し驚き模様, 氏帰校の途中来訪, 氏帰社反町氏も帰る, 氏孝哈爾賓採木公司の, 氏常任理事佐藤文次郎氏来賓総代武谷軍医監の玉串奉奠, 氏平八郎氏の初期, 氏平山英造氏大森惟中氏などを頼ん, 氏平林たい子氏によって提案, 氏平林たい子氏三岸節子氏なども出た, 氏平次とやら御, 氏平田氏という風, 氏年来の主張, 氏年賀に来る, 氏幸八ト云者蒸汽船雛型持出シ御馬場ニ於テ, 氏幸子は天明六年, 氏幾人斬ったな, 氏廃帝の旧例, 氏廣氏などいう, 氏弁護人は能勢氏外三名, 氏式シュリンゲト云ウ奴デアル, 氏弟直義も見え, 氏弟頼春掃部助らいいあわせたよう, 氏張同苗清十郎を, 氏張野々村主水, 氏強盛の大名, 氏当主は余, 氏当時の主人, 氏当時幼少なるを, 氏当選確定とかき, 氏当選確実共和党早くも, 氏も津時成, 氏彦たちとも滞京中, 氏彦津時成紀秋茂大伴曾良伊予道雅などといった顔ぶれ, 氏は年, 氏彼方に洋畫壇, 氏彼自身が恒, 氏往診カバンより注射液, 氏征略の直後, 氏待ってゐ, 氏後景は組みもの, 氏後者は主として, 氏従来の特色, 氏得意の暴走, 氏御家人の女, 氏御用相済近日帰藩可致旨, 氏微笑しながら, 氏徳尾島氏出の嫡子恒善, 氏と体, 氏忠盛と子, 氏思いあたることも, 氏急死に就き, 氏急逝す, 氏恐喝氏持逃げ氏などが集まっ, 氏悩むことなく, 氏愛猫としてその, 氏慌てふためきこれを, 氏慓悍梟勁を以て知られたる, 氏懇切なる批評, 氏成候の家来, 氏我々に至る, 氏称喜多, 氏或いはストレーヴン氏, 氏とは外道, 氏房氏の紹介状, 氏房自身に和睦, 氏所伝の古, 氏所属の城砦十何ヵ所, 氏所持の大型金時計, 氏所望じゃのう, 氏所蔵三月付の文書, 氏所蔵原本より複写, 氏所謂原書是也可謂希世, 氏所領ときまっ, 氏扇谷氏などと仕事, 氏を引かれ, 氏手亮碩熊石村根陣岡田総督手文礼出張被仰, 氏手前すぐつづきます, 氏手厚安厚沢辺口堀氏手亮碩熊石村根陣岡田総督手文礼出張被, 氏手塚英孝氏岩崎克己氏阿部眞琴氏等その他澤山の友人知人, 氏は無意識哲學, 氏抱月氏泡鳴氏白鳥氏今は忘, 氏担当の完結篇, 氏拘禁の役目, 氏招待状の翻訳, 氏拠守のこと, 氏持統天皇の三年己丑誕生, 氏持逃げ氏などが集まっ, 氏挙兵の事, 氏排斥教員の解職, 氏控えさっし, 氏控邸の辺, 氏推薦の薬, 氏推薦デイピング原作といったよう, 氏描くところの, 氏揮毫の隷書, 氏撮影の小型映画, 氏と称され, 氏擅権の極, 氏改易後はほとんど, 氏放火氏などとともに目, 氏政府自身が恒, 氏政権をとる, 氏敏樹氏の両, 氏に子, 氏教師の顔触れ, 氏教育家トシテハ井上哲次郎氏以上三氏ノ他, 氏敬順は松田氏道夫, 氏数百年の治世, 氏文学中に粋, 氏文書盛岡新渡戸仙岳氏紫波郡宮崎氏の所藏文書等, 氏文考注に稚, 氏斎部氏が朝廷, 氏断然勝たん共和党, 氏戯場ヲ, 氏新城へ行, 氏新田義貞赤松円心千種忠顕北畠親房等々あまたな公卿武士ら, 氏新聞で彌生氏, 氏新聞上で筆, 氏方々の研究法, 氏方コゼット嬢へそれ, 氏方一人に平家方, 氏方宛にて云つて來い, 氏方平家方と称び, 氏方式ではすでに, 氏方貸間にて執筆, 氏に朱書, 氏族葉の一将校, 氏日本画壇では奥田, 氏日本車輛製造の原田勘七郎氏, 氏日本通信の吉田氏ら, 氏旧領の六郡, 氏亡継室門田氏有内助之, 氏旭玉山氏島村俊明氏その他当時知名の彫刻家, 氏昇曙夢氏若くして死んだ, 氏のふたり, 氏明和五年冬一女を産す, 氏明宗氏の手兵三千, 氏明日は是非, 氏明氏兼がお供, 氏明治九年十月九日より十六年三月三十一日, 氏明経ヶ島の脇屋義助, 氏春夫氏も大事, 氏春夫氏犀星氏如是閑氏といちいち, 氏春秋並に禮運, 氏春秋尊師篇には神農, 氏春秋山海經尸子國語等と同じ, 氏春秋求人篇には別に, 氏春秋注王肅家語注韋昭國語注を擧げ, 氏春秋行論篇などに出, 氏春秋造類篇に元, 氏より先七月中, 氏是非もう一遍彼の, 氏すぎると, 氏時事の左氏, 氏時代以来の朝野, 氏時雨亭氏に, 氏暴虐なりしを, 氏曰く僕も積極案, 氏曰く場所広くし, 氏曰く時なほ早し, 氏曰ク宣伝にやって来る, 氏曰ク非常ニ忙シイノデ拙宅ヘオ越シ下サルコトヲ望ムガ, 氏更には下院議長, 氏書いてくれる, 氏て信仰, 氏曾能で所謂家附, 氏最も深き関係, 氏齊, 氏有内助之方, 氏服部之総氏松本新八郎氏, 氏朝夕二度来給ふこと, 氏朝日の佐々木氏等, 氏朝日新聞の久保田栄吉氏, 氏朝鮮の帰り, 氏木曽氏などとも兵, 氏木曾福島の山村氏, 氏木村仙秀氏に表具, 氏木村毅氏上司小剣氏大佛次郎氏等の通俗小説, 氏未だほとんど無名に, 氏未亡人石が悃誠, 氏末世の平民, 氏末常氏おいでになる, 氏本城徳太郎氏御夫婦, 氏本城氏御兄弟, 氏本宅双鶴書院, 氏本草綱目中より白字, 氏杉山村上等の諸氏, 氏杉本画伯社の数氏, 氏にては田圃, 氏村上氏木曽氏などとも兵, 氏村岡良弼氏などである, 氏来ずの川口, 氏来たが郵便局駄目, 氏来ない方が, 氏来ましたぞ, 氏来られなかった為今夜来, 氏来られ話す東宝も, 氏来りしかばおかめ笹の, 氏来メイエルホリドの切符四枚, 氏来一緒に食事, 氏来三人でやがて, 氏来名打合せ終って, 氏来昼一緒に食事, 氏来楽鈴木桂介の所置, 氏来洛木屋町の中村家, 氏来湯浅さん風呂で見つけ, 氏来神田の工場, 氏来秋田さんのところ, 氏来罹災民への衣類寄附, 氏来観一緒にニュウグランド, 氏来訪いつしよに, 氏来訪久し振りで御, 氏来訪二十日に又, 氏来訪五日までで, 氏来訪十一時半まで種々, 氏来訪十時半頃まで連弾, 氏来訪十時頃まで話す, 氏来訪夢声妻君没後くさりて入院, 氏来訪宿の前, 氏来訪年齢の差異, 氏来訪座へ案内, 氏来訪彼のおばあさん, 氏来訪心を入れ, 氏来訪恋の墓, 氏来訪木下杢太郎氏など内田魯庵氏, 氏来訪父母が御, 氏来訪自分にとりつがれ, 氏来訪親戚の十九, 氏来訪金のこと, 氏来診これは扁桃腺, 氏来診注射今井氏も随分, 氏来賓総代武谷軍医監の玉串奉奠, 氏東京なる某, 氏東京女子大入学のこと, 氏東京毎日の井上氏, 氏東京電気局長に就任, 氏東儀殿武士の情け, 氏東北農村研究所の山口弥一郎氏, 氏東郡の栗原氏, 氏松原氏ママお気を悪く, 氏松山思水氏などが少数, 氏松平定信と親姻, 氏松戸市傳染病研究所勤務醫學博士近藤奎三氏を伴來, 氏松本新八郎氏, 氏松村氏の写真, 氏松村謙三氏のよう, 氏板成斎正楷, 氏林房雄氏などの文章, 氏林氏中村氏は作者, 氏林芙美子氏のある, 氏某若かりし頃, 氏染井氏と言つた人達, 氏柳田泉氏横溝正史氏などその, 氏柴藤精蔵氏が時折参詣, 氏校訂訳注の岩波文庫本, 氏校長室にあり, 氏桃花猫の伝, 氏はどこ, 氏を娶, 氏森下雨村氏なども探偵小説, 氏森口多里氏, 氏森嘉兵衛氏等には尊敬, 氏森氏の本, 氏森田義郎氏香取秀真氏蕨真一郎氏長塚節氏岡麓氏等である, 氏検事がアウチボルド・ボドキン卿, 氏く世間並, 氏楼中把酒看, 氏榊原姓藤原名忠寛, 氏樗園名は良, 氏臥す, 氏横光利一氏林房雄氏などの文章, 氏横浜のドクタア・エルドリッジ, 氏横溝正史氏アーサーリーヴチェスタトンビーストンウェルシーニンというよう, 氏橋本邦助氏等が新, 氏機関長なり, 氏檀一雄氏それに地平, 氏欠席五時すぎまで学校, 氏などの諸, 氏次木曾義昌などの合流軍, 氏次等を監軍, 氏正面の安楽椅子, 氏此処にござった, 氏此方へ, 氏武田家は四隣, 氏武臣として世々王子王孫, 氏武蔵の七党, 氏武蔵七党などの混成旅団, 氏歩いて研究, 氏歴世の貴紳, 氏歴史家では羽仁五郎氏, 氏る, 氏死すそれを, 氏死刑になっ, 氏死去のため上京中, 氏歿す, 氏歿後の雑誌, 氏殺人事件といふ騒ぎ, 氏殺害犯は綿井氏, 氏は本木繁氏, 氏母堂は柳橋, 氏母堂並夫妻に会い, 氏毎日電報の近藤氏, 氏をもつ, 氏氏名名の人ども, 氏民俗学の篤志家, 氏水上瀧太郎氏等の文学, 氏水津氏と四人, 氏水落露石氏等が響応, 氏水野葉舟安成その他ずゐぶん大勢, 氏永く昌え, 氏江戸へお, 氏江戸川乱歩氏横溝正史氏アーサーリーヴチェスタトンビーストンウェルシーニンというよう, 氏江田行義が将, 氏沒後の移住, 氏である, 氏河上氏三宅氏等は日労党, 氏河内の穴山, 氏河村氏に会う, 氏河田国雄氏杉山村上等の諸氏, 氏によって覆えし, 氏法官で居, 氏泡鳴氏対抱月氏のごとく, 氏泡鳴氏白鳥氏今は忘, 氏泣いて居られた, 氏に鄭注, 氏が常住, 氏洋品店などにひどく, 氏津田真道氏をもっ, 氏流行の人気, 氏浅見といふ青年, 氏浜中氏に会い, 氏浦松佐美太郎氏などがみえた, 氏浮かれて, 氏海老名弾正氏等が新, 氏液五百瓦をも右側大腿, 氏液内の生態, 氏淡泊のよう, 氏淨書してた, 氏深尾須磨子氏その他が話した, 氏深尾須磨子氏平林たい子氏によって提案, 氏が山陽, 氏清水太郎氏のカツト木版, 氏渋江氏の四欄, 氏の扁舟, 氏渡辺慧氏などという新型, 氏渡辺順三氏たちと逢い, 氏温泉協会の, 氏谷国四郎氏とも, 氏源女を手, 氏源氏の徒, 氏という溝, 氏滝井氏から摂取, 氏滞在中とあっ, 氏漢土にも越え, 氏漸く来り冷コーヒー, 氏潘祖蔭の家, 氏瀬沼氏等に会う, 氏為徳川氏旧属, 氏焚書の功, 氏懐氏の, 氏無きを訝つ, 氏無くして玉の輿, 氏爲四伯掌四嶽之祀, 氏父君は以前南方, 氏父子及岡西養玄を表出, 氏父子島田篁村兼松石居根本羽嶽に漢医方, 氏片上伸氏等の最近論文参照, 氏片桐氏等茶技を以て名, 氏牧田氏藤五郎氏たちが先, 氏犀星氏如是閑氏といちいち, 氏独り菊五郎に反対, 氏独立して, 氏独自の哲学的分析法, 氏狼藉者は何者, 氏獅子文六氏立野信之氏舟橋聖一氏服部之総氏松本新八郎氏, 氏王いわく汝が国内, 氏珈琲店の個所, 氏珈琲店シルレル骨喜店ヨスチイ骨喜店骨喜店はカフェー, 氏現存の如く, 氏瓦解に際し旗下, 氏甘利造次氏三隅棄蔵氏停車場内にあり, 氏六男四女, 氏生れ時がわるく, 氏生前の我々, 氏生蕃小僧が出, 氏の政隆, 氏田中氏はじめ除封削封, 氏田中純の, 氏田中訥言の画幅, 氏田丸氏以下全隊士, 氏田村とし子氏土岐善麿氏太田孝之博士がある, 氏田村栄太郎氏森嘉兵衛氏等には尊敬, 氏由嘉が病ん, 氏由子さん美津子さんは催眠薬, 氏男養助は万年, 氏町方の御用聞, 氏画家吉積長春氏加わりて, 氏留って帰らざる, 氏留守居は佃杢氏, 氏留守秦豊吉のみ, 氏てでよこす, 氏疲勞すること, 氏病つて言ふの, 氏病患者の眼, 氏病気ときいた, 氏発明の飛行機, 氏発見の模様, 氏発起して, 氏発起人総代として開会, 氏登壇し余等, 氏白きパンツ空色に, 氏白井喬二氏長谷川伸氏といったよう, 氏白峰および駒ヶ岳, 氏白鳥氏今は忘, 氏百万石の城下町, 氏百余年の治, 氏百数十年らいの六波羅政庁, 氏皆わたくしに借, 氏皆二時頃まで居た, 氏皆神異的と宗教的, 氏皆荀卿を經, 氏皆鮮かな色, 氏をふくん, 氏益三月十七日に父蘭軒, 氏益満氏では, 氏に探偵小説界, 氏盛んなりたる兆し, 氏監督それに属する, 氏をとじ, 氏直筆の十一万五千円, 氏直義さま御兄弟, 氏相模の糟谷, 氏相田義和氏なども連類, 氏看護のもと, 氏より陜西, 氏県仙鶴観毎年九月二日の夜道士一人天, 氏真に仕ふ, 氏眷属のゆゆしい, 氏眼科宝函に長文, 氏矢繼早に射る, 氏矢野玄道氏外に青山廷光氏川田剛氏, 氏知り合ひ, 氏石坂夫人ぼく夫婦などを一夕招宴, 氏石川ノ義基, 氏石川光明氏島村俊明氏などを筆頭, 氏石川光次氏久保十三郎氏來り謝す, 氏石本氏に手紙, 氏研究には専門家以上, 氏社会哲学の講義, 氏祖五郎殿の申さる, 氏祖廟富豪墓所等を一巡, 氏神尾はあんた, 氏神経質な落着, 氏の浮彫, 氏は氏后, 氏福沢捨次郎氏古河虎之助氏などは争っ, 氏福田夫人は, 氏私有の公園, 氏秋元である, 氏秋篠氏と称し, 氏秘魯國に往, 氏移居の事, 氏稀有元素では和田猪三郎氏, 氏稲荷の裏, 氏突如とし, 氏立ったま, 氏立宇自加支興等によつて齎ら, 氏立正大学の守屋貫教氏, 氏立野信之氏舟橋聖一氏服部之総氏松本新八郎氏, 氏竜太郎どの何をそんな, 氏笠置ヘ向, 氏筆乘卷二楊子雲始末辨の條, 氏筆精に云, 氏筆者等が傍, 氏等いずれももと, 氏等その他澤山の友人知人, 氏等五六人を数える, 氏等僕は持参, 氏等十五匹が蛸, 氏等桑港に著せし, 氏等皇室から分れた, 氏等茶技を以て名, 氏箕作麟祥氏津田真道氏をもっ, 氏管領の六郡以北, 氏節出語りで芝居, 氏節本来の名, 氏において引きつがれ, 氏簒齊之後之言乎, 氏米川さんの部屋, 氏粉砕さる, 氏粘液網保存法とが主要, 氏でも平家系, 氏系図並に先祖書, 氏系図木曾谷中御免荷物材木通用帳御年貢皆済目録, 氏系圖では第, 氏素より不浄の, 氏紫波郡宮崎氏の所藏文書等, 氏累世中で最も, 氏細君営業の待合茶屋, 氏細木は正しく, 氏紹介の宮口保険女史, 氏といっ, 氏経営に依る, 氏経様はその, 氏経済書中の説, 氏結城氏さっきは平, 氏結論にいわく, 氏絞殺のこと, 氏絵くに膠の入りたる, 氏続いて陸軍中, 氏続けていわく, 氏の軍忠状, 氏司令部たる, 氏の, 氏編中のもの, 氏編座右宝の中, 氏編纂の勾当日記, 氏編輯御用書師和泉屋市兵衛須原屋茂兵衛共同出版の袖珍十九丁もの, 氏緩慢至極で見て, 氏縁故者牟田口利彦氏常任理事佐藤文次郎氏来賓総代武谷軍医監の玉串奉奠, 氏を喪っ, 氏繁盛の時, 氏纂述の, 氏有りと, 氏署長丸辰を先頭, 氏美而妬なりと云, 氏美術評論家では澤木梢氏, 氏義興山中に家む, 氏義貞にとっては願う, 氏義貞二人の間, 氏羽仁氏にも御, 氏が鶏, 氏習学英語座上得与鹿城西先生相識当時既以同志相期許焉先生時, 氏翻訳のチェスタアトン, 氏職たちを離さなかった, 氏職どのや奥方, 氏職様のお, 氏聿脩堂の蔵する, 氏肥前の人, 氏肥前藩では松田正久氏中島盛有氏, 氏の荷, 氏胆沢郡徳岡の村上氏, 氏腦充血にて二十二年六月, 氏は張り切っ, 氏から名案, 氏自らそこで云っ, 氏自ら却てその, 氏自ら采配を取っ, 氏自作に変更, 氏自分一人で基督教主義, 氏自分達を如水館, 氏自動車にて歓迎, 氏自叙伝中の妻恋坂下, 氏自宅の舞台, 氏自室の場面, 氏自殺す, 氏自筆のテムズ川, 氏自身さへこの, 氏自身のとは同じ, 氏自身デスルケレドモ常ニ弟子, 氏自身二刀流の達人, 氏自身伊吹の城, 氏自身北京に出掛け, 氏自身単騎同様な小勢, 氏自身及コック兼小使の東作, 氏自身多くの事例, 氏自身姿を現, 氏自身後者にある, 氏自身明らかに云っ, 氏自身画壇から何, 氏自身立派に探偵小説評論, 氏自身等が立派, 氏自身自分たちのよう, 氏自身芸術鑑賞上一見識を持っ, 氏自身選抜きの刑事数名, 氏自身野本氏に白状, 氏自身陪席判事ウィッツナアゲルある若い, 氏自身風船男の死骸, 氏臼田氏角田勘五郎氏の息子, 氏與謝野氏水野葉舟安成その他ずゐぶん大勢, 氏に仍, 氏舟橋聖一氏服部之総氏松本新八郎氏, 氏持の, 氏良しという局面, 氏芝居スケッチの道楽, 氏芭蕉池辺明月の什, 氏花束を抱え, 氏花道の揚幕, 氏芸術家トシテハ岡倉天心氏教育家トシテハ井上哲次郎氏以上三氏ノ他, 氏苗木の遠山氏, 氏若くは渋江氏, 氏若くして死んだが, 氏苦心の労作, 氏范陽の盧氏, 氏荘園の地頭, 氏菅三は仲弟, 氏菊池寛氏等を数, 氏華やかなりし頃, 氏菰田氏お逃げなされ, 氏菰田氏一緒にござれ, 氏萬朝の曾我部山岡二氏, 氏之助, 氏著定価までも書添, 氏葛西党三浦一族坂東八平氏武蔵七党などの混成旅団, 氏葛西氏は政宗, 氏葬式の祖業, 氏蒐集の分, 氏蒸発機の蔭, 氏蔵品の中, 氏蕨真一郎氏長塚節氏岡麓氏等である, 氏薄手負に付, 氏せしは, 氏藏上の左, 氏藏下の左, 氏藏其下は岡田毅三郎氏藏, 氏藏其右は唐澤貞次郎氏藏, 氏藏口の周圍, 氏藤五郎氏たちが先, 氏藤山一郎とロンシャン, 氏藤村氏天渓氏抱月氏泡鳴氏白鳥氏今は忘, 氏藤野漸氏相田義和氏なども連類, 氏藪氏お下りなされ, 氏藪氏こちらへござれ, 氏蜷川氏より来信, 氏衆議院において一場, 氏行くように, 氏行ってみましょう, 氏行星軌道の理法, 氏行衛を失, 氏うるに, 氏被告を見なさい, 氏裁許状にも陰陽博士, 氏装釘のこと, 氏を生む, 氏西徳次郎氏山本権兵衛氏大村藩では岩崎小次郎氏, 氏西敗の図, 氏西氏らの書, 氏エル, 氏見物新橋房田中で御馳走, 氏見舞に見え, 氏覚海夫人は高時, 氏親子の危, 氏親戚十一人の關係, 氏観劇談に見え, 氏觀光局の, 氏角田勘五郎氏の息子, 氏角田喜久雄氏横溝正史氏なぞがあり, 氏角田新五郎氏臼田氏角田勘五郎氏の息子, 氏言葉は静か, 氏記者の, 氏記録係りに向い, 氏訪問以上の仕合せ, 氏訪問者も交っ, 氏証類本草に溯つ, 氏詐欺氏カッパライ氏恐喝氏持逃げ氏などが集まっ, 氏よき純, 氏あり, 氏詩人である私, 氏詩家では小田原藩, 氏詩集の序, 氏詩集月光とピヱロ, 氏の唱道, 氏に夏, 氏誘かいさる, 氏読売紙上の月評, 氏読売記者と来, 氏調伏がその, 氏請人にて歌舞伎座, 氏論文ケイサイの分, 氏論説副主幹, 氏諸子を新橋, 氏謀殺未遂事件でしょう, 氏謐子の侍女七人, 氏謝氏などが天子, 氏譜代の面々, 氏譜第恩顧の者, 氏警視庁保安課長国監氏等の意見, 氏讚岐の人, 氏新助氏等, 氏谷崎氏が上京, 氏谷崎潤一郎氏は深い, 氏谷川徹三氏など, 氏豊島君などもこの, 氏の後裔, 氏財政の事ども承知, 氏貴下に御, 氏貴公乳臭児といわれた, 氏貴君もぜひ, 氏貴方は二十日, 氏貴族文学の時代, 氏賜暇帰朝中のヴェルトネル, 氏質問の要旨, 氏賭博氏放火氏などとともに目, 氏赤松貞範なども帰国, 氏起って一場, 氏起原説を採つ, 氏越前よりボードレール英譯本, 氏越後の上杉家, 氏越智氏の一族等, 氏越野氏その他二三氏のグループ, 氏趣き掘りしに, 氏足利氏等の九州征略, 氏足利義昭公を退け, 氏をとび降り, 氏軍備の爲め凡て, 氏載するところこれに, 氏輔導役の相談, 氏輝義元と母, 氏辰川為次郎氏これは皆松山人, 氏農民文学懇話会の依, 氏を治むる将軍, 氏辻潤氏は私, 氏呈出した, 氏迄も招待し, 氏へに寄っ, 氏近来の秘事, 氏近松氏などの大衆文藝批評, 氏近藤老人壮二君をはじめ, 氏ももう, 氏追慕展覽會が催された, 氏送別会を栄家, 氏逃げたりといわれ, 氏途中まで送, 氏通信社では電報通信, 氏通称兵左衛門後精一, 氏通称勘右衛門後源蔵, 氏通称繁三郎三十八歳席順に, 氏通訳なり, 氏逝きて後, 氏逝去を今日知つた, 氏逝去過去を想ひだ, 氏連城の玉, 氏遂に告訴さる, 氏遅刻で大分, 氏遊佐氏では, 氏運動だ, 氏運転手なら何, 氏過ちてある, 氏過去帖というもの, 氏過去帖慶応紀元季秋の十七字, 氏道夫安策は清川氏孫, 氏道誉藤夜叉高時ほか傍系の人物, 氏達子の亡くなつた, 氏達日本主義者はどういう, 氏の懸賞募集文, 氏選定の古風, 氏民の, 氏遺族一同は大町, 氏遺書の中, 氏遺書五十巻予未だ目, 氏邸内貸間に行く, 氏郭氏の伝, 氏郷これへ参られ, 氏郷らの軍勢, 氏郷ら本営の重鎮, 氏郷ウンと緊張, 氏郷個人とかの個々, 氏郷像賛に, 氏郷其日の容儀, 氏郷出発以前から秘命, 氏郷土研究家の立川, 氏郷後室の墓, 氏郷所有の佐々木, 氏郷政宗三成清正正則それに毛利, 氏郷政宗二人の様子, 氏郷本陣の小姓馬廻り, 氏郷森庄蔵長可木下藤吉郎秀吉明智十兵衛光秀等が陣, 氏郷森長可はすぐ, 氏郷様のお, 氏郷此時は三十五歳, 氏郷武略拙くて, 氏郷死後に秀吉, 氏郷父子は秀吉, 氏郷累代の重器, 氏郷自ら長槍を揮っ, 氏郷自身まで鎗, 氏郷自身先陣より後陣, 氏郷蜂須賀家政などにそれら, 氏郷記近江日野町誌を可, 氏郷贔屓なの, 氏郷贔負では有る, 氏郷邸で雁, 氏郷重代の宝, 氏郷陣へ使者, 氏郷雄毅深沈とは云え, 氏都留氏と卓, 氏都留氏ともども地下工事場跡を見る, 氏都留氏同行東水の尾, 氏都鳥染工場主の中村愼三郎氏, 氏配下の敏腕家, 氏のみで, 氏酔ってゐ, 氏里見氏宇野氏滝井氏から摂取, 氏重力の理法, 氏野口村の消防組六名, 氏野平氏みえる, 氏野本氏の外, 氏野村氏石坂夫人ぼく夫婦などを一夕招宴, 氏が歿, 氏金子堅太郎氏など知名, 氏金森通倫氏小崎弘道氏などにも話, 氏鈴木鼓村氏與謝野氏水野葉舟安成その他ずゐぶん大勢, 氏鉄並に板倉重矩等, 氏鉄夜討ちの現場, 氏鉄砲の試験, 氏銀三十両を結納金, 氏が亡くなっ, 氏鋳造のもの, 氏錦織義弘氏が主として, 氏長仲季との会見, 氏長塚節氏岡麓氏等である, 氏長崎省吾氏の外, 氏長沼守敬氏大熊氏廣氏などいう, 氏長田秀雄氏などもそれぞれ熱心, 氏長者前関白という家がら, 氏長谷川一郎氏その他によって発刊, 氏長谷川伸氏といったよう, 氏長谷川写真班員等も同行, 氏門それからつ, 氏門人境賢次氏などを長崎, 氏門次郎を養つて子, 氏開万冊府之記, 氏閑散なりしかば, 氏阿部眞琴氏等その他澤山の友人知人, 氏附きの直参, 氏壇横井, 氏陽吉氏博氏皆鮮かな色, 氏隆盛時代の耽美的描写, 氏集五郎氏小梅田圃で耳, 氏集活字版本旧年売却頃書肆英平吉携来一本即旧, 氏雇主文部省等はなんと, 氏雑誌明星の再刊, 氏零下五度こまかい雪, 氏電導層をもっともよく, 氏露西亞氣質と長谷川氏, 氏青木月斗氏なども名, 氏青森へ行, 氏の妹直, 氏靜岡より露伴先生舊著, 氏なるか, 氏は無く, 氏頃日摂津国摩耶山の絵葉書, 氏頗る機嫌よく, 氏頻りに来て, 氏頼まれると欣, 氏願いというの, 氏風労にて顔面, 氏飛んだことに, 氏食卓へ現れる, 氏を持っ, 氏饒速日命の末孫, 氏香取秀真氏蕨真一郎氏長塚節氏岡麓氏等である, 氏馬渡力氏川端康成氏土屋喬雄氏手塚英孝氏岩崎克己氏阿部眞琴氏等その他澤山の友人知人, 氏驚かれたであろうな, 氏高松NHKの人, 氏高橋二郎氏などは随分, 氏高橋新吉氏友谷静栄さんなどみんな元気, 氏高橋氏の臨席, 氏高橋氏等と反対, 氏高浜虚子氏が子規氏, 氏高鍋藩では堤長発氏, 氏魚形水雷に比する, 氏鳴海さんという人, 氏鴨氏等の祖先, 氏鶴丸ほか郎党三百をひきつれ, 氏鹿児島県立図書館長として出発, 氏黄瓦毛の太く逞しき, 氏黒田真洞氏, 氏黙々として箸, 氏齋藤東京帝國大學教授其他來賓及松, 氏齡七十にも垂ん, 氏齢七十にも垂ん, 氏AP東京支局長ラッセル・ブラインズ氏に対して日本人, 氏LL氏は日本, 氏UTA君はジフテリヤ