青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「明智~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

明らか~ ~明り 明り~ 明る~ ~明るい 明るい~ ~明るく 明るく~ ~明日 明日~
明智~
明治~ ~明白 明白~ ~明瞭 明瞭~ 易~ ~易い 易い~ ~昔 昔~

「明智~」 5925, 57ppm, 2033位

▼ 明智探偵~ (1202, 20.3%)

44 と小林少年 28 はそう 23 の顔 21 の助手 15 はその 13 と中村警部 11 のほう 8 はそれ 7 のそば, の名, は小林少年 6 でした, です, に電話, の声, の少年助手, の弟子, の目, は少し 5 といっしょ, と小林君, のところ, の部屋, は, は小林君

4 [18件] だったの, と助手, と宮瀬氏, に化けた, のことば, のほか, の変装, の姿, の手, の知恵, はこの, はさも, はしばらく, はなぜ, はドア, はニコニコ, は事務所, は二十面相

3 [24件] がそう, がとつぜん, がふたり, がみょう, が自動車, とそっくり, と中村係長, と二十面相, と四十面相, と警視庁, ならば, に相談, の事務所, の親友, はいす, はいま, はにこにこ, はもと, はタバコ, はポケット, は懐中電灯, も小林少年, も思わず, や小林少年

2 [80件] がいいます, がいきなり, がこともなげに, がそれ, がわけ, が中村警部, が乗っ, が自信, が説明, だよ, ではありません, ではない, としたしい, ともあろう, と遠藤博士, にあった, にたずねました, に知らせ, に近づい, のあと, のいう, のおちついた, のからだ, のこと, のす, のため, のだいじな, のまわり, の口, の命令, の宅, の少女助手マユミさん, の心配, の懐中電灯, の指さす, の方, の旅行さき, の書斎, の有名, の登場, の考え, の胸, の自動車, の車, はあの, はある, はいったい, はこんな, はさっき, はじっと, はすぐさま, はそれら, はそんな, はどうして, はどこ, はなにか, はなんだか, はひじょうに, はふたり, はまた, はまだ, はもちろん, はもっと, はゆめ, はニッコリ, はピストル, は中村警部, は何, は入口, は気, は自分, は部屋, もこの, もそこ, もその, もつい, も中村警部, や中村警部, をおびきよせる, をイス

1 [636件 抜粋] からお, からそういう, からだ, からでした, からの電話, からひどく, から遠ざかっ, が, があけ, があらかじめ, があわただしく, がいす, がいそい, がいちばん, がいった, がいま, がいみあり, がおだやか, がおどろい, がかえって, がかくし, がきびしく, がきょう, がくる, がこちら, がこの, がこわい, がささやく, がしずか, がしばらく, がその, がそば, がたじろぐ, がたずねました, がちょうど, がつぶやきました, がつれさられた, がとつじょ, がとらえよう, がどう, がどこ, がどんな, がなぜ, がなわ, がにこにこ, がにこやか, がね, がはいっ, がひとり, がびっくり, がまず, がみんな, がやってきました, がやってくる, がゆっくり, がわざと, がわらい, がガレージ, がドア, がニッコリ, がハッ, がハンドル, がベッド, が一方, が一日外出, が万能鍵, が三人, が両手, が中村係長, が二の矢, が例, が借り, が助手, が原っぱ, が口, が壁, が外務省, が女中, が安, が小林君, が小林少年, が少女, が岩瀬氏, が幽霊, が彼, が待ちかまえ, が心, が怪物, が悪人, が手がけた, が投げおとした, が捜査課, が明智探偵, が智恵, が機関, が深く, が牢屋, が物々しい, が発明, が知っ, が立ちはだかった, が立っ, が紙きれ, が紹介, が総監, が船長, が落としぶた, が見つけだした, が言いました, が走っ, が足, が驚い, が高橋さん, きたる, じゃ, じゃない, だ, だったと, だって警視庁, であった, で立っ, とおぼしい黒い, とがあいさつ, とがその, ときい, としてはたらく, とその, とのおっ, との取っくみあい, とはごく, とはめいめい懐中電灯, とは表玄関, とは親友, とふたり, とわかります, と並び, と中村警部たち, と二少年, と十数名, と同じ, と園田さん, と大, と小林, と小林団長, と少年たち, と思いこんだ, と明智, と殿村探偵, と目, と知恵, と結婚, と船長, と話, と警官, と警官隊, と警部補, どくとくの, なのよ, ならこの, なんて知りません, にあいさつ, にあう, にあたっ, にいいつけられた, にいま, にうち, にうち負かされ, におそれ, にかえ, にかなう, にこと, にご, にごまかされる, にささやい, にささやいた, にすがりつく, にせがんだ, にそう, にそっと, にたのむ, にたのもう, にたのん, にだってだれ, にちがい, にちゃんと, につかまえさせた, につめよりました, につれられ, にとけなかったら, にとりもどされ, になりすました, にはかなわず, にはその, にはなしました, にはピョコン, にひきあわせました, にひき合わせました, にまで依頼, にむきなおりました, にもいろいろ, にもこの, にも知らせ, にも連絡, にわたし, に事件, に内密, に呼びかけました, に変装, に手渡しました, に無電, に相違, に組, に見せる, に話し, に話しかけました, に話しかける, に食っ, の, のあいず, のいった, のいる, のうしろ, のおかげ, のおとな, のかたう, のこぶん, のさし, のせっかく, のとじこめられ, のとつぜん, のなか, のにせもの, ののこっ, のはからい, のひざ, のふんそう, のまう, のみかた, のやつ, のよく, のろうそく, のイス, のイライラ, のウマ, のニコニコ, のファン, のモジャモジャ頭, の三人, の不用意, の代理, の作らせた, の出現, の力強い, の勝利, の友だち, の口まね, の四方, の報告, の大きな, の夫人, の家, の少年助手小林君, の心, の手首, の承諾, の明察, の案内役, の準備, の発明, の監視, の知らせ, の耳, の若い, の西洋人, の計略, の話, の足, の足手, の門前, の青ざめた, の顔色, の黒シャツ, はあいかわらずニコニコ, はあきれかえっ, はあずかっ, はあな, はあれ, はいきなり, はいそい, はいつのまにか, はいつも, はいぶかし, はいま二十面相, はうすぐらい, はうそ, はうっかり, はおお, はおとうさん, はおり, はかくれ, はきたない, はくどい, はぐったり, はぐるぐる, はこう, はこういう, はこうして, はことば, はこれ, はこわれた, はさいしょ, はさけぶ, はさては, はさらに, はざんねんそうにつぶやきましたが, はじつは, はすぐ, はすばやく, はせっかく, はそういう, はそこ, はそこで, はそのまま, はそば, はそれから, はたいした, はたのまれた, はちょうど, はちょっと, はついに, はつく, はとうとう, はときどき, はどんな, はなおも, はながい, はなぞ, はなん, はなんと, はにせもの, はにっこり, はひとり, はふ, はふと, はまっ, はみごと, はみょう, はみんな, はもう, はもの, はやっぱり, はゆうべ, はゆっくり, はよう, はよく, はキッ, はシッ, はソファー, はタジタジ, はニコラ博士, はビク, はヘリコプター, はマユミさん, はリュックサック, は一度, は一時間, は不二夫君, は中村係長, は中村警部たち, は主任, は事件, は五分間, は人見さん, は全身まっ黒, は刑事たち, は助手, は北海道, は名刺, は名画室, は四つ, は壁, は大じょうぶ, は失望, は女中, は宇宙怪人, は小わき, は小声, は小首, は少年たち, は少年時代, は布団, は広田, は思わず, は怪人, は怪人二十面相, は怪物, は意外, は愛用, は感嘆, は所長, は敵, は新潟, は旅行中, は昼間, は暗号文, は替え玉, は案内役, は殿村, は水, は盗賊, は穴, は窓, は立ちすくん, は笑い, は笠原さん, は箱, は腕組み, は自信, は船, は虫, は話, は警官隊, は豹, は賊, は赤帽, は車, は遠藤博士, は鉄道ホテル, は長い, は電話機, は頭, は骸骨男, ばかりじゃない, までが気ちがい, までも同じ, まで敵, もいっしょ, もいました, もうち, もおお, もきっと, もささやき声, もさも, もそう, もそれ, もそれら, もそんな, もふい, もふたり, もギョッ, もステッキ, もポケット小僧, も事務所, も小林君, も少年たち, も怪人, も知っ, も負け, や三少年, や中村係長, や少年たち, や少年探偵団, や警察, や赤堀老人, よりもいろいろ, をあの, をきたえたらしい, をきっと, をさがし, をしばりつけ, をしん, をせん, をそれほど, をたすけだし, をつれ, をとじこめ, をとじこめた, をとりかこん, をにらみつけました, をにらみつける, をのせた, をはやがわり, をみつめ, をみる, をヒョイ, を中, を信頼, を取りかこん, を崇拝, を持ちだされ, を照らす, を立ちあがらせ, を笑い返す, を自動車, を見おろし, を訪ね, を訪ねなかったろう, を電話, を魔法, 誘かいのしだい

▼ 明智~ (1080, 18.2%)

44 そういっ 22 それを 11 なぜか 10 ポケットから, 何か 8 それに, ニコニコし, 何を, 少しも 7 そう言っ 6 いいながら, ここで 5 懐中電灯を

4 [11件] じぶん, そこでことば, それから, だまって, ツカツカと, ベッドに, 例の, 相手の, 自信あり, 落ちつき払っ, 車を

3 [15件] ここに, さもおかし, しずかに, そこで, そんなこと, なんの, みょうな, 云いながら, 卓上の, 恒川氏を, 意味あり, 最後に, 気でも, 窓を, 非常に

2 [52件] いそいで, おかしそう, おどろいて, こう云っ, こんどは, さきに, さも自信, すまして, そういい, そう言い, そこへ, そこまで, その前, その辺, そんな風, とっさに, どうしてろう, どこに, にこにこし, ふたりの, ふと気がついた, やはり右, ニコニコ笑い, ニコニコ笑っ, 一と, 一毫の, 事もなげに, 何の, 例によって, 先に, 刑事の, 卓上電話を, 夫人の, 客間の, 小林君の, 小林少年の, 小林少年を, 平然として, 念の, 残念そうに, 気を, 無言の, 病床から, 皮肉に, 言いながら, 話しつづけた, 話しつづけます, 賊の, 運転手の, 青ざめた顔, 頭の, 骸骨の

1 [734件 抜粋] ああし, あいかわらずにこにこ, あいての, あくびを, あくまで落ちつき, あくまで賊, あとから, あの際, あらかじめこの, あるところ, いかにも申しわけ, いきがかり上, いきなりまっ暗, いきなり老人, いそがしくわけ, いっそう声, いったいなに, いまの, いまデスクの, いるか, いろいろ苦心, うなずいて, えんぴつで, おさえつけられたまま, おだやかに, おちつき払って, おもいきって, おもわず声, お波, かぎ穴の, かくし電話, かねて道化師, からだごとその, きちがいの, きっと何もかも悟っ, きのう裏の, きみなんかに, けげんらしく, けっしてとらえない, こういい, ことばを, こともなげに答えます, このごろ大きな, この事件, この書斎, この異様, この飛行道具, これほどの, これを, さいぜんから, さいわい在宅, さして立腹, さすがに, さとり得たであろうか, さもくやし, さも恐縮, さも楽し, さらに説明, さわぐけしき, しきりにうなずい, しゃべるだけ, じっと穴, すぐに, すぐ向こう, すぐ目, すこしも笑っ, すばやくポケット, すましこんで, ずっと早く, ずんずん本堂, そういうぎょうぎょうしい, そういうこと, そうさけん, そうし, そう呟いた, そう考え, そう説明, そこでちょっと, そこでふと, そこでまたちょっと, そこで主人, そこで文代, そこで文代さん, そこにも, そこの, そのお茶, そのか, そのことば, そのとき, そのはさみ, そのへん, そのままだまっ, そのまるいうき, その三人, その不思議, その中, その仏像, その側, その刃, その名, その巻尺, その恐ろしい, その懐中電燈, その暖炉, その生活ぶり, その発見, その秘密, その紙きれ, その耳, その耳たぶ, その虎, その通り, その金色, それには, それらの, それ以上捜索しよう, それ以上語ろう, たおれ四十面相, たくみに, たずなを, ただひとり, ただ笑っ, たちまちそれ, だれにとも, だんだん気, ちゃんと首領, ちょっとの, ちょっとへん, ちょっと苦笑, つぎの, とても敵, とどめを, とぼけた顔, ともかくも, どうしてそんなに老, どうしてふたり, なおも話しつづけました, なおも話しつづけます, なかなか饒舌, なぞの, なにかひそひそと, なにか自信, なにげない世間話, なにげなく一足先, なにを, なんだかニヤニヤ笑い, なんだか他人, にこにこ笑い, にこにこ笑っ, にわかに笑いだし, ねっしんに, はやくも, ひごろ, ひとりごとを, ひとりで, ふたたびおそろしい, ふたたび二十面相, ふところから, ふと不安, ふと口, ふと立, ふと立ちどまりました, ふな, ぶっきらぼうに, べつにうろたえる, べつにけが, ますますへん, ますます大胆不敵, ますます突飛, またあくび, またまた意外, またも, またもや固い, またパッタリ, また一同, また紙, また言葉, また頭, まだ, まだほとんど世間, まだ外出, まだ気づかない, まだ起きられぬ, まっくら, まっさおに, まゆを, まるで演説, まるで親しい, みごとに, みつかったか, むぞうさに, むろんその, もうそば, もうためらっ, もうもうと立, もうビクビクする, もう日本一, もう立, もじゃもじゃの, もっとモジャモジャ, ものの, もろくも, やっと思いだしました, やっと決心, やっと窓ぎわ, やっと部屋, やっと静か, やっぱりくずかご, やっぱりこちら, やっぱりにこやか, やっぱりニコニコ笑い, やにわに邪魔, やはりその, ゆだんなくピストル, ゆっくりと, ゆりかさんを, よく知っ, わざといぶかし, わざと快活, わざわざ戸口, イスから, カラス岩の, ガチャンと, ガッカリした, クスクス笑い, クチャクチャに, コーヒを, サッと陳列棚, サーカスの, シェードの, ズバリと, ソファに, タバコの, チョッキの, テキパキした, テキパキ答え, テーブルの, ニコニコした, ニコニコと, ニッコリ笑っ, ニヤニヤ奥底, ハンドルを, パチン, ビクともしません, ピストルを, ベッドの, ペチャンコに, ミシミシと, モジャモジャに, 一同を, 一寸ためらっ, 一寸好奇心, 一尺の, 一度引き受けた, 一枚の, 一段声を, 三人を, 三十前後の, 三谷と, 三谷の, 三重渦巻指紋の, 上海から, 不覚にも, 両側の, 両車, 中村警部に, 乞食少年を, 事件以来度々, 事務所に, 事務所を, 二人の, 二度蹴った, 井戸が, 今あの, 今にもこの, 今日は, 今日も, 仰臥した, 伯母の, 何かしら少し, 何かしら心配らしい, 何ぜか, 何でも, 何という, 何もかも知りぬい, 何度も, 何故そんなに驚く, 何気なくいっ, 元気づけて, 入り口の, 冗談まじり, 冗談らしく, 判事の, 別に得意, 別に語調, 別の, 動けなくなった三谷, 動じない, 勝利に, 化粧品の, 北小路館長の, 卓上電話に, 博士の, 厳粛な, 反対に, 同家に, 名刺を, 吐き出すよう, 呑気な, 噛みつくよう, 四方の, 在宿であった, 地だ, 境内の, 壁紙に, 変装など, 大仕事, 大切相に, 大道易者の, 天井から, 如何にも事務的, 妙な, 委細を, 安楽イスの, 実に驚くべき, 室内の, 容器を, 寝室との, 小林に, 小林君が, 小林君を, 小間使いが, 少からず, 少し口調, 少し考え, 山野夫人の, 岩瀬家の, 岩瀬氏夫妻に, 已に新聞紙上, 席を, 幕の, 平気で, 幹線道路から, 床に, 座に, 弁解し, 引取って, 強い光, 彼の, 彼を, 彼自身の, 待ちかねて, 思い違いの, 思わずわき, 思わず犯人, 思わず苦笑, 急が, 怪人と, 悪人だけに, 愉快相に, 意外な, 感嘆する, 態とらしく曖昧, 手に, 手ばやく豹, 手品の, 手塚さんの, 手文庫の, 手早く包み, 押入れの, 拾いあげた懐中電灯, 指さしながら, 指紋を, 敏感に, 敗北した, 敵を, 文代さんの, 斎藤老人に, 明智で, 暗い鉄管, 曲り角から, 更に色々細い, 更らに, 書斎を, 曾て, 最前たたいた, 某国からの, 柔道の, 椅子の, 検事の, 極り切った, 構わず口上, 構わず彼, 歯を, 死にものぐるいの, 段々雄弁, 殿村の, 沈んだ調子, 注意深く堂, 深い興味, 満足そうに, 無論その, 無論妖術, 無邪気に, 熱心に, 物も, 物置の, 物置小屋の, 独言を, 玄関の, 用意し, 用意の, 白髪白髯の, 益々変, 直ぐ立ち直っ, 直にその, 相変らず, 看守長に, 眼を, 神山さんを, 突然妙, 窓から, 窓ご, 窓の, 立ちはだかったまま, 立って, 立上りました, 笑いやみません, 笑い出した, 笑って, 箱の, 紋三の, 紙片を, 絶えず一種奇妙, 網戸を, 縄ばしごを, 群像の, 老人には, 老支配人, 考え考えいった, 肩の, 腕時計を, 膝に, 自信たっぷりです, 自動車が, 自由が, 舶来の, 花崎さんの, 苦しまぎれに, 苦心し, 落ちつきはらっ, 落つき払って, 衣装部屋に, 袂から, 裸婦の, 見送る三谷, 観念した, 言葉を, 言葉以上に, 記録の, 話しおわって, 話の, 説明し, 講釈師の, 警視総監の, 警部の, 警部補に, 賊に, 賢吉君の, 質問を, 足元の, 路上を, 車の, 車内で, 辻野氏の, 送話機に, 運転手には, 道化仮面の, 邸内を, 部屋に, 金庫が, 鉄ば, 鍵盤の, 長い指, 闇の, 隅田堤での, 隣の, 電話で, 電話を, 青い煙, 青ざめた総毛立った顔, 青銅の, 頬を, 顔つきから, 顔を, 首領の, 首領を, 髪の毛を, 魔法つかいの, 黙って

▼ 明智~ (789, 13.3%)

35 顔を 11 声が 9 説明を 8 ことばに 7 ほうで, 前に, 助手の, 顔が 6 からだを, やつを, 声に, 言葉に, 部下の 5 あとに, さしずで, そばに, ために, 姿が, 姿は 4 あとを, すがた, 事務所へ, 姿を, 推理が, 胸に, 言葉が, 言葉を

3 [15件] いうこと, かえ, ことばが, 口から, 声は, 手に, 手を, 為に, 考えが, 背中に, 腕を, 言葉は, 説明が, 頭の, 顔に

2 [62件] うしろに, からだ, ことばの, ことばを, この言葉, するどい眼, せなか, ふんそうを, ほうが, ほうへ, ほかに, ほかには, やつは, ようすを, ような, ニコニコ顔が, ポケットから, 上に, 上半身を, 事務所の, 兵は, 兵を, 口の, 右手が, 名を, 命令に, 変装を, 変装姿に, 宿を, 弟子の, 御用聞に, 心を, 想像が, 意味あり, 意外な, 懐中電灯の, 手が, 手腕を, 指は, 方は, 方を, 机の, 武者は, 殿その, 目が, 目を, 立って, 肩を, 胸ぐらを, 表情を, 裁きに, 言葉の, 話は, 話を, 説明は, 運転する, 部下と, 部屋へ, 野郎の, 頭に, 顔の, 顔色を

1 [437件] あとから, あまりの, いうが, いうの, いったとおり, いって, いわゆる, いわゆる役者, うしろから, うしろ姿に, うちの, うったピストル, おいて, おちついた笑い顔, お芝居気, お蔭で, からだに, ことばと, ことばによって, ことばは, このざま, この奇怪千万, この妙, この異様, さしず, さしだすキリ, ざまの, しおれたようす, すわって, せつめいが, そばによって, たいども, たおれこんで, たたずむ前, たのもしげ, とおりすぎた道, ところへ, とっぴなやりかたになれているせいか, となりの, ないしょ話を, ながい説明, のったボート, のどを, のんきな, ひきしまって, ひとさし指が, ひらいて, ふしぎな, ふたりの, へんな, ほうから, ほうに, ほうには, ほうを, まえに, まわりに, まわりを, みごとな, みょうな, ものに, やうな, やくが, やついまごろは, やつだ, やつでも, やつには, やつの, やつや, やつサメにでも, やつ今頃は, やや昂奮, やりかた, やろうおれ, やろうが, やろうがか, やろうざま, やろうだったん, やろうを, ゆだ, ようすは, わきばらに, アパートで, アパートへ, アパートを, ウマが, ウマの, スイッチを, タクシーに, トリックに対しても, ニコニコした, ハンカチと, ピストルと, プロペラの, ベッドの, ポケットなどを, 一つの, 一勢を, 一将を, 一将阿閉淡路守と, 一挙一動が, 一言には, 一部将であった, 一隊は, 三羽鴉と, 上陸に, 不意の, 与党か, 両人が, 両勢, 両眼, 中央軍斎藤内蔵介に, 主力は, 乗って, 予想の, 事務所に, 事務所には, 事務所は, 事務所を, 人数も, 今の, 仕業に, 仕草が, 住宅をも, 体臭が, 何から, 依頼によって, 侵入を, 側に, 側へ, 働きと, 働きは, 元気に, 先手は, 先鋒と, 光秀三日天下といふ, 光秀大, 全家中, 兵など, 兵の, 兵馬を, 写真を, 冴えを, 出て, 判断を, 到着を, 前へ, 前を, 力によって, 力を, 動悸を, 勝手な, 勢は, 半分の, 口と, 口へ, 口調は, 口辺から, 叫声に, 可愛らしい少年助手, 右の, 右手に, 合図で, 同衆, 名にかけて, 名前を, 名察, 命と, 命は, 問に, 四十面相は, 士と, 士卒は, 士雑賀弥八郎であった, 声の, 声を, 声彼も, 変装なれ, 変装の, 変装も, 変装姿だった, 大岡殿故, 奥さんとうとう, 女助手文代さん, 奴を, 好きな, 妾菖蒲の, 姿, 存在が, 宅へ, 室筆を, 家の, 家中でなく, 家中進士作左衛門は, 家来とて, 家臣か, 宿に, 将の, 将士たちは, 将士は, 小部隊, 少年助手の, 居候か, 居間へ, 川村様も, 左の, 左手が, 左翼第, 希望が, 希望で, 幽霊な, 幽霊の, 底意が, 廻りくどい, 弁護が, 弟子でなく, 弱い声, 強化も, 影が, 影に, 役に, 待たせて, 後姿が, 御征伐, 心臓部を, 心配の, 応接間へ, 忠相殿ゆゑ始終の, 念力が, 思いも, 思うつぼでした, 思わせぶりであった, 恐れて, 恐ろしさ, 想像は, 想像を, 想像力に, 想像力は, 意味を, 意外千万な, 態度に, 態度口吻には, 懐へ, 懐中電灯が, 懐中電灯で, 懐中電灯は, 懐中電灯も, 懐中電灯を, 懐中電燈も, 手から, 手で, 手には, 手の, 手も, 手下だ, 手下に, 手引きで, 手柄を, 手柄話を, 才能を, 拳骨が, 持って, 持主でも, 指が, 指さすところ, 指図で, 指図であった, 指図に従い, 指紋が, 指紋の, 指紋を, 挑戦を, 探偵的手腕について, 推理は, 提供した, 操縦する, 支那服姿が, 支那服姿を, 救いを, 方が, 方で, 方の, 旧時代, 旧領処分の, 明言する, 書斎に, 書斎へ, 最初から, 未熟な, 松島大佐も, 様に, 様子に, 様子は, 権幕に, 横を, 横顔を, 機敏な, 止め度も, 正体を, 武者を, 殿の, 気質を, 泊って, 注意が, 活動舞台は, 消失と, 滑らかに, 潜航艇です, 潜航艇と, 無二の, 片腕と, 牢屋へ, 猛士たち, 病気が, 痛いところ, 発見した, 目つきが, 目と, 目に, 目の, 目色を, 真意が, 眼が, 眼とが, 眼にも, 眼を, 眼力に, 着換えを, 知恵を, 確信に, 確信の, 社会的地位が, 神ナブウの, 空色の, 突然の, 突飛な, 立去るの, 笑い声に, 笑う番, 筆蹟で, 精神力を, 精鋭級と, 系図を, 線を, 義眼を, 老人が, 老人は, 老臣斎藤利三が, 考えに, 考えを, 者が, 者どもよ, 者を, 耳に, 聰明らしい, 職工服の, 肩の, 肯くの, 背広です, 背後に, 胸を, 臣なる, 自動車に, 自動車は, 興奮した, 落ついて, 落足を, 蕗屋を, 衆が, 行く所, 行先も, 行届いた手配り, 行手に, 行為は, 術中に, 表情は, 裔族光秀は, 親許に対しても, 解しがたい, 言うが, 言葉に従って, 計画について, 話しは, 話も, 説明に, 調子は, 諸将, 諸部隊, 謎の, 質問が, 質問は, 足もとに, 足元を, 足手まとい, 跡を, 身辺に, 軍勢が, 軍勢に, 軍容は, 軽率な, 逃げ道を, 通ったあと, 部下からさえ, 部下が, 部下であった, 部下は, 部下も, 部下六七人が, 部将も, 部屋に, 部屋の, 部屋への, 野郎を, 銃隊が, 鋭い眼, 鋭い眼光, 錢形親分ならわかるだらう, 長い説明, 闇の, 闕国の, 陣門に, 際立った変装姿, 雄弁な, 雑兵の, 電話によって, 電話は, 青銅の, 頭を, 顔とを, 顔は, 首に, 首を, 駈けもどって, 驚くべき推理, 麾下に, 黒いかげ, 黒い支那服, 鼻を

▼ 明智~ (405, 6.8%)

14 たずねますと 8 いいますと 6 ニコニコし 5 そういっ, 声を 4 ふたりに, みょうな, 説明した 3 いるの, 小声で, 懐中電灯を, 説明しました

2 [20件] いうと, さけびました, しずかに, せんとうに, そこに, とどめを, ふと何, へんな, やってくる, ズバリと, ドアを, 上に, 右手を, 名探偵, 呼びますと, 小林少年の, 意味あり, 言いますと, 運転手に, 青い顔

1 [303件] あの写真, あの奇妙, あの火事騒ぎ以来, あの群衆, あらわれたこと, あらわれよう, あらわれると, あらわれるよう, あんない, いうので, いかに名, いきなりどこ, いっこうたより, いったとおり, いつの間にか懐中電燈, いましたかね, いま見れ, いらだたしくたずねる, いるか, いるなんて, うそを, うまいこと, おうむが, おそろしいほど, おちつきはらって, おっかけ二十面相, おどけたよう, おどろいて, おなじ車に, おもおもしい口調, お詫びを, かえだま, かならずここ, からかうよう, かわって, きたって, きびしい調子, きみょう, ここへ, ここまで, ことばを, このよう, この家, この暗号, この車, この部屋, これだけの, こわきに, こんなカバン, ささやき声で, さしずしますと, さしずを, さっきの, さっそくたずねます, さらにまた, しかりつけるよう, した様, しのびこんだと, しゃべりつづけて, しんけん, すすめても, するどくいいはなちました, ずばりと, そうして仏像, そう言っ, そこでちょっと, そこへ, そこまで, そっとささやきます, そのとめ, その外, その岩, その手紙, その方, その紳士, その部屋, そばから, それと, それみろ, それを, そんな説明, たずねる, たたきつけるよう, ただひとり, たちさって, たまりかねて, だまって, ちょっとからだ, ちょっと口, ちょびひげの, つかまったと, つづけました, つれさられたこと, とうとうそれ, とうとうふきだし, とっさに, とつぜん恐ろしい, どうかし, どうして昨夜, どこに, どんな判断, どんな失策, どんな巧み, なぜあの, にげだして, にこにこし, にこにこ笑っ, にこやかに, にせものの, はいって, ひらめけか, びっくりした, ふてぶてしくたずねます, ふとそれ, ふと足, ほんとうに, ほんもの, ほんものでしょう, またうすきみわるく, またしても, まだその, まだ何事, まっ青な, まるで友だち, むこうの, むざと, もうひとり, もたれて, もどかしそう, ものを, やっぱりニコニコし, やみの, よく知っ, よろめきながら, りんと, ろうそくを, わかれて, わけの, キッパリいい切った, キッパリとどめ, サッと五ひき, サッと手, ズンズン歩い, ソッとそとの, チンドン屋の, ドアの, ニコニコ笑っ, パッと, ヒョイと, ピシリと, ピストルを, ベルを, 一歩も, 一段上の, 中から, 中村警部に, 事もなげに, 二十面相の, 云うの, 人生に対して, 人間豹に, 今までとは, 何か, 何も, 何もかも知りぬい, 何を, 何気なく尋ねる, 倒れて, 借りて, 先を, 冗談なぞを, 出がけ, 出たよう, 出発しよう, 刑事に, 前に, 動きだせば, 勝ったの, 北海道から, 占者にでも, 反対した, 受取った賊, 受取って, 受話器を, 口を, 叫ぶと, 叫んだ, 合図を, 増せば, 変な, 変り者だ, 外出の, 大きな声, 大声で, 夫人の, 妙な, 委細を, 安心させる, 客席に, 将御牧三左衛門, 尋ねた, 尋ねますと, 尋ねる, 尋ねると, 尋ねるの, 小林少年を, 少し困った, 少年たちに, 少年の, 居合わせたならば, 年下の, 待兼ねた, 快活に, 思わずつぶやく, 思わずのぞく, 恩田を, 息を, 惶しく, 態と曖昧, 懐中電灯で, 手伝ったこと, 抱えて, 指さしたすみっこ, 指さす大, 指さす宗像博士, 指で, 探偵の, 文代を, 日ごろから, 暗号文を, 暫くし, 書生から, 最後の, 来て, 正直に, 気を, 沈んだ調子, 無意味に, 煙草の, 熱心に, 牢屋を, 犯人にとっては, 獣人恩田に, 玄関へ, 目を, 直に賊, 真面目な, 知りあいの, 石ころを, 示したの, 示した困惑, 秘密に, 稀代の, 穴を, 突然妙, 立ちあがりました, 立って, 笑いながら, 答えました, 答えます, 答えると, 絵の, 続けた, 総州, 考えたとおり, 考え考え言った, 腰を, 自動車を, 行先を, 行李を, 西妙寺に, 見つめて, 解説した, 言ったよう, 記録に, 記録を, 訪問する, 話しおわると, 話しかける様子, 話しはじめる, 話の, 話を, 語り終わるころ, 説き聞かせると, 説明し, 説明する, 説明を, 謙遜した, 警視庁へ, 賢二君の, 起きあがって, 車上の, 返らぬ繰り言, 運転し, 野村みち子ちゃんを, 鉄管の, 隣室へ, 電話口に, 頭の, 頼もしくなぐさめ, 頼もしく答えた, 顔を, 馬鹿野郎馬鹿野郎と

▼ 明智先生~ (390, 6.6%)

11 に電話 7 の弟子 6 といっしょ 5 ですか, に相談 4 だ, はえらい

3 [11件] がきみ, がちゃんと, が助け, です, と小林君, にこの, のところ, の少年助手, の顔, はおいで, ばんざあい

2 [30件] ありがとう, かね, が, がるす, が帰られる, だねえ, ではない, とそっくり, にご, にそう, に化けた, に報告, のこと, のさし, の事務所, の助手, の命令, の声, の姿, の発明, の知恵, の計略, はこの, はその, ばんざーい, や中村警部, や小林さん, や小林団長, や小林少年, を知っ

1 [255件] あんまりでございます, お目ざめ, からある, からいろいろ, からいわれ, からきびしく, から知恵, から聞かされた, から電話, かわいい部下たち, があずかっ, がい, がいくら, がいまごろ, がいらっしゃる, がいる, がうち, がお, がおいで, がおられたら, がおる, がき, がここ, がこの, がこれ, がご, がそんな, がたすけ, がどう, がどこ, がなに, がなにもかも, がにこにこ, がふたり, がもろく, がニコニコ, が先手, が北海道, が四十面相, が帰っ, が旅行, が暗号, が殺された, この上, この宝石, この海, こわくて, ごのみ, ご病気中, さ, さすがの, しばらくだった, じゃない, ずいぶん証人, たいへんでした, だからね, だっ, だったから, だったの, だったらこの, だってきみ, だと, だね, だよ, であること, でございます, でした, でしたか, でしょうね, ですかい, ですって, ではありません, でもこれ, でも気, といっ, とうとうおだぶつ, とかお, とが木のぼり競争, ところがまだ, とそれ, とは思えません, ともあろう, と主人, と信じ, と小林さん, と小林団長, と小林少年, と少年探偵団, と恩田君, と根, と相談, と約束, と聞い, どうかこの, どうか元気, どうしてもあきません, どうだ, なかなかあじ, ならうまい, ならさがしだせるん, なり中村警部, なん, なんとか言ったら, にあいたい, にあいたかった, にあずかっ, にあずけ, にあずけます, にいっぱい, においで, におそわっ, にお知らせ, にお願い, にかわっ, にきかなけれ, にきょう, にこと, にこれ, にこれから, にし, にしらせた, にしらせたい, にしらせる, にすすめられ, にせい, にその, にそれ, にたいしてけっして, にたいしては助手, にたのみましょう, につたえ, にでんわ, になりすまし, にに, にはかなわない, にはなん, にははじめ, には一, には二度, にばけ, にひと泡, にもおいで, にもしも, にもまほう, にももうしわけ, によろしく, に今夜, に助けだし, に励まされ, に化け, に弟子入り, に知らせたい, に紹介, に聞いた, に話し, に話しました, に電話口, の, のいい, のいろいろ, のうでまえ, のお, のおく, のおっしゃった, のおばさん, のおも, のからだ, のじまん, のたてられた, のにせもの, のばん, のほう, のほか, のめい, のめいれい, のやり, のゆくえ, の出る, の大, の奥さん, の寝室, の指示, の教え, の新しい, の書斎, の汽車, の考え, の胸, の腕, の返事, は, はあの, はいい, はいま, はいません, はいま病気, はうまく, はご, はたとえ, はとうとう, はどう, はどうして, はどこ, はなん, はねいつも, はねどこ, はまえ, はまだ, はもう, はやっぱり, はやられ, はるす, はわたし, はカウ, はパジャマ, は事件, は人, は北海道, は旅行中, は松波博士, は正一, は留守, は神戸, は親切, ばんざ, へのおみやげ, まにあえば, もあと, もいま, もこう, もここ, もさぞ, もじきここ, もそう, も小林君, も小林少年, も老いぼれた, や警察, よくおいで, よくそこ, らしい, を, をあっ, をお, をしばる, をとらえる, をはげまし, をまかしたい, をまるで, をゆう, を助ける, を盗みだす, を知らない, を電話口, 泣きべそ

▼ 明智小五郎~ (357, 6.0%)

10 です 9 だよ 7 でした, の少年助手 6 と小林少年, の助手 5 だ, の事務所 4 だったの, だな, のこと 3 が立っ, その人, である, はその

2 [27件] かシャーロック, が, が大, だった, だと, だね, っていう私立探偵, であった, とその, と神谷青年, なの, にこの, にし, の名声, の少年助手小林芳雄君, の指図, の有名, の為人, の目, の顔, は, はいったい, はついに, はどんな, はまだ, は宮瀬氏, をアッ

1 [224件] か, から木村さん, か宗像隆一郎, があらわれました, がいかに, がいた, がいつも, がお, がかくれ, がき, がこぎました, がこしかけ, がこの, がその, がたずね, がつっ立ち, がとうとう, がどんな, がどんなに, がにこやか, がまるで, がゆうゆう, がわし, がヒョッコリ手塚家, が三人, が住ん, が何, が到着, が勝利, が取り扱った, が寝泊り, が恐らく, が感づいた, が楽屋, が死んじまった, が立ちはだかっ, が見, が訪ね, が透明人間, が関係, さえもこの, さえもばん, じゃありません, じゃあるまい, じゃない, その助手, ただひとり, たった一人, だから, だぞ, だっ, だったでは, だったとは, だったのね, だって見破れやしない, だとでも, だなっ, だろう, っていう名, っていう家, って野郎, であろうと, でしょう, ですか, でもこんな, と, といういや, というおせっかいもの, というの, という一個不可思議, という人物, という名, という日本人, という素人探偵, という順序, とお, とかれん, とがいっぽう, とが主人, とてこの, との交渉, との力, とはなん, とばかり思いこん, ともあろう, とを乗せた, とソックリ, と一騎打ち, と助手, と名, と四つ, と少年助手小林, と怪人二十面相, と怪人魔法博士, と話しこん, と警視庁, なつかしの, などが立会った, なら相手, なんてありゃしない, にさまたげられ, にだってわかりっこない, にちがい, ににくにくしい, にはだれ, には小林芳雄, にまけた, に令嬢, に正体, に相談, に違い, に電話, のお, のぎまん作業, のこれ, のさしがね, のし, のため, のふんそう, のほか, のやつ, の一行, の三人, の世話, の似顔, の似顔絵, の住宅, の写真, の前, の助手小林少年, の名, の名刺, の名前, の命令, の変装姿, の女, の好敵手, の姿, の宿, の少女助手, の帰国, の弟子, の意外, の手柄話, の推理, の新しい, の狼狽, の病室, の竜子他殺説, の膝, の自宅, はあっけ, はいま, はおく, はおどろい, はお洒落, はけっして, はこの, はそこ, はそれら, はなに, はまっ先に, は中村警部, は事件, は人間豹, は何, は博物館長, は妖人, は完全, は小林, は少し, は屋根, は山野家, は年, は意想外, は春, は次に, は無為, は理窟っぽい, は細長い, は調査, は長い, は隣室, は騒がしい, までがまんまと, もここ, もこの, もそれ, もとっさ, もどこ, もむろん, ももうろく, も席, も犯人, も負けない, も賊, や小林少年, や警察, よ, をこんな, をしばっ, をだし抜い, をとりこ, をぬすみだそう, をほじょ, をゆう, をよく, を出むかえる, を同伴, を同道, を向こう, を呼ん, を待ちかまえ, を思いだした, を江戸川乱歩, を盗みだし, を盗みだす, を知ってる, を紹介, を見知りませんでした, を見舞った, を除い, を青二才, 名探偵

▼ 明智さん~ (190, 3.2%)

5 だ, ですか 4 に電話, のお 3 どうした 2 が, です, ですって, ですね, のこと, のところ, の御, の意見, の手, はやっぱり

1 [149件] ありがとう, いかな, いらっしゃるでしょう, おっしゃるとおり, お帰り, からあなたがた, からうち, から通知, がい, がここ, がそう, がね, がひとり, がぼくら, がもう少し, が乗り込ん, が二時間, が出, が帰っ, が帰ったら, が帰られる, が待っ, が来られた, が立ちされ, が簡単, が見つけなすった, が見張っ, が話し, が退屈, このほか, この中, この場合, こりゃ完全, しらべて, じつにおどろいた, じゃない, その妙案, そんなに私立探偵, たった一つざんねんなことがありますよ, ちょっと待っ, でしょう, という, とおっしゃる, と一緒, と彼, と賭け, どうかなすった, どうすれ, どんなもの, ならきっと, ならしらべ室, なら立ちあって, なり警察, なんかお願い, なんか頼まない, なんていない, なんとかあれ, にいろいろ, にお, におとらない, におねがい, にご, にそっくり, にだって化ける, にちがいありません, にはあの, にはちゃんと, にはほんとう, にはまえ, には会わなかった, にむだ, にもじつに, にも御, にも来, に会わせ, に助け出された, に化けた, に恨み, に来, に渡した, に知恵, に話, に買収, のいい, のおかげ, のかげ, のさ, の不, の事務所, の力, の助手, の名, の少年助手, の所, の手引き, の知恵, の腕, の親友, の論理, の負け, は, はあたし, はあの, はここ, はこちら, はこの, はご, はずっと, はそいつ, はそう, はとても, はどこ, はどんな, はなんておっしゃる, はにせ, はねおとうさん, はねお嬢さん, はぼく, はわたし, は一体, は今, は何, は席, は毒チョコレート, は民間, は知っ, は絶えず, は速水さん, まだひとつ, もあて, もうぐずぐずし, もお, もきっと, も云われた, やって, やっぱりおっしゃる, やられた, よくやっ, よりほか, をお, をどうか, を呼ぶ, を廃業, を早く, を訪ね, を頼ん, 待って, 怖くは, 落ちついて

▼ 明智~ (119, 2.0%)

3 しては, つめよりました, 渡した 2 いわれて, うらみが, むかって, 化けて, 手を, 打ちひしがれて, 深いうらみ

1 [96件] あえないの, あえるという, あったらそう, あてた手紙, いって, うらみの, おじぎを, かぎを, からだを, ささやきました, さしむけたあの, すがりつくよう, すっかりいいあてられ, そういわれ, それほどふかい, それを, そんなうらみ, そんなこと, たずねかけた, たずねられて, たずねる, たのんでも, ちがいない, つかまったが, つかみかからんばかりの, つかみかかろうと, つめよる気配, とびかかるかと, とりあげられて, なって, ならって, なるの, にらみたおされそう, ねらいを, はけさ, ばけた怪人, もどって, わたしました, わたすと, 一枚の, 事の, 伝わるの, 出して, 制せられて, 化けしかも, 化けた四十面相, 化けた透明怪人, 化けた黒川記者, 危害を, 告げること, 呼ばれて, 問いかけたもの, 報告した, 報告すべき, 声を, 引きあわせ化粧室, 感じて, 手わたす, 手渡した, 手渡したの, 承服しない, 挑戦され, 文三郎も, 暗号解読の, 服したの, 本音は, 杯を, 次ぐは, 渡したこと, 発言の, 相談しました, 突っかかって, 組みしかれました, 習って, 見えるかと, 見えるかね, 見せて, 見せるの, 見やぶらせあの, 見やぶられた四十面相, 見やぶられて, 見張りを, 話が, 話しかけながら, 話しかけました, 負けないで, 近づいて, 逢いました, 逢って, 限って, 電話だ, 電話で, 電話を, 頼まれたこと, 飛びかかって, 飛びかかろうとも

▼ 明智探偵事務所~ (108, 1.8%)

7 へ電話 5 の小林少年 3 の小林, の門前, へとどけ

2 [11件] ですか, では明智探偵, に電話, の前, の客間, の応接間, の書斎, の窓, の電話番号, をたずね, をよびだし

1 [65件] からもそんなに, からもなん, から半町, から製本屋, です, ですが, ではピストル, では明智, とおなじ, とはまるで, とへ電話, と話, と赤坂, におくりとどけました, にはそういう, にはもと, にまい, によって小林君, に帰っ, に帰り, に置い, に集まっ, のある, のかた, のそば, の一室, の地下室, の奥まった, の広い, の応接室, の所長室, の番号, は同じ, は麹町アパート, へいそいだ, へいっ, へかけつけよう, へといそぎました, へはいった, へひきかえしました, へひとり, へみょう, へやってきました, へマユミさん, へ伝え, へ助手, へ小林少年, へ帰っ, へ引きかえす, へ急ぎました, へ急ぐ, へ急行, へ持っ, へ虎井工学博士, へ行っ, へ送っ, まで帰る, をとびだす, をよびだしました, を呼びだし, を呼びだしました, を呼びだします, を呼びだす, を捜し, を訪ねました

▼ 明智~ (102, 1.7%)

3 せめるよう, 牢屋へ, 見た 2 きたえて, にらみつけて, 先頭に, 呼んだ, 知って

1 [83件] あの部屋, おくった自動車, おしのけようと, おって, かかえた三人, かかえて, からかうため, からかって, げんじゅうに, ここへ, この空き家, さがしながら, さがせ, さきに, さそいでも, しばったの, しばったふたり, たしなめた, たすけださなければ, だしぬいて, つかまえて, つきおとすこと, つきのけて, つきのけるよう, ていねいに, でむかえながら, とうとうその, とりこに, にらみかえして, にらみかえしながら, にらみつけた, にらみつけふたり, にらみつけました, にらむ様, にらんで, はじめ中村係長や, はねかえそうとして, ひきあわせできるだけ, みつめました, もって, もつこと, やっつけなければ, やっつけるの, よく知っ, よぼうという, よんで, アッと, 乗せた自動車, 亡ぼし信長, 促すの, 働かせるまでも, 働らかせる, 全滅し, 包んだ長椅子, 四十面相の, 奥座敷に, 始め警察の, 守り通したこと, 岩の, 弾道の, 応接室に, 応接間に, 恨んでは, 打滅ぼした, 探して, 明らかに, 横目で, 玄関まで, 目がけて, 知ってから, 葬った時, 見つめました, 見ました, 見上げ見下して, 見返しながら, 見送って, 討ち尽しなされたの, 討ち柴田, 討ち破りさらに, 訪ねて, 訪ねるという, 訪問した, 連れて

▼ 明智~ (93, 1.6%)

4 いっしょに 3 小林少年は, 私とは 2 そっくりの, 小林少年が, 小林少年とが, 小林少年とは, 恒川警部が, 聞いて

1 [71件] いまは, なのる紳士, にせものの, ふたりが, ふたりの, まったく同じ, まるであの, 一戦なすべきでしょう, 一緒に, 三人の, 三谷の, 三谷は, 中村だ, 中村警部に, 中村警部は, 二人の, 二少年が, 二少年の, 交際を, 会うよ, 勇気の, 古山博士とは, 合理とを, 同じくらいの, 同じもの, 四人の, 宮瀬氏と, 宮瀬氏は, 小林とが, 小林とは, 小林の, 小林君などが, 小林少年, 小林少年である, 小林少年と, 小林少年を, 思ったの, 恒川氏と, 恒川氏とは, 恒川氏は, 恒川警部と, 恒川警部の, 恒川警部を, 文代さんが, 明智が, 書生とが, 熱とを, 相談の, 看守長は, 知り合いで, 知合に, 知恵くらべ, 神谷とが, 神谷とは, 私とが, 紋三とが, 結婚した, 緑川夫人とが, 聞くと, 胆力に対する, 若者を, 話なんか, 話を, 警部とは, 賢吉は, 連立って, 運転手とが, 鉢合わせした, 顔も, 黄金の, 黄金豹と

▼ 明智光秀~ (92, 1.6%)

4 は信長 2 が本能寺, という人物, と細川藤孝, のやう, のよう, の娘, の軍

1 [74件] からも, が, が一夜, が不意, が丹波, が任じられ, が信長, が小, が当時, が粽, が老, が謀反, が足, ぐらいな, たらしめなかったもの, だった, であった, であったろうが, という野郎, といふ名, とか木下藤吉郎, とか細川藤孝, とそう, とは親戚以上, と並び称され, と妙, と彼, なしと, などが分担, などの働き, などは自分, なども意外と, などを派遣, におそわれ, には反骨, に加担, に当るべく, に恃, に攻めほろぼされた, に本能寺, に殘酷, に殺されちまった, のため, の一挙一動, の三女, の側, の反旗, の塔, の女, の如き, の孫, の居城, の履歴, の本能寺襲撃, の聡明, の軍隊, の隊, の首級, はこの, は先導, は大志, は炮術, は疾く, は破格, へ向き直っ, も, もその, も今朝, も信長, も洩れなかった, も豊臣秀吉, やまた, や松井友閑, を

▼ 明智~ (87, 1.5%)

3 さすがに, だ, どうした 2 しばらくだった, わかるかね

1 [74件] あの事件, あばよ, ありがとう, いったいこれ, いったいどうした, いつもながら, うまくばけた, かね, からいばり, がおせっかい, がそこ, がほんもの, がよく, がカフェ, がヘリコプター, が昨夕, きゃつはまた, こんな山, さいぜん君, さすがは, しばらく手, せっかくの, そのとき, たとえそんな, だけで, だってずいぶん, だって同じ, だな, だね, ちょっと, つまらないいたずら, では, とうとう君, とがにせもの, ともあろう, とんだめ, と一緒, と事件, どうも変, なぜだまっ, なんだか顔色, にこういう, にそう, につたえる, には少し, にまけた, にもよろしく, によろしく, に事情, に電話, のおかげ, のこれ, の尽力, の推理, の知恵, はいったいどう, はどう, はやくドア, は冗談, は賊, ばかりじゃない, ぶじだったか, もこの, もなまじ, やっぱりきみ, よくやった, よく来, よろこびたまえ, らしいやりかた, をここ, を訪ね, 実に名論, 行って, 黙りなさい

▼ 明智~ (49, 0.8%)

3 小林少年も

1 [46件] あさっては, いくらか青ざめ, おどろいて, きっとそんな, きみたちと, けっしてまけ, この事件, この突然, そういっ, そのうしろ, その後一度も, それを, つい心, ないひとしき御, なかなか楽し, にこにこし, ふたりの, まけずに, まけないで, まったく予期, ニコニコし, ピストルを, ポケットの, 乞食少年も, 二十面相も, 仕方なく, 係長の, 台所へ, 右手を, 同じ目, 同意し, 喋り疲れたの, 屋上に, 山野夫人を, 思わず立っ, 恒川氏も, 無事だ, 神谷も, 立ちあがって, 笑いだして, 節穴から, 話に, 負けて, 賛成し, 電話の, 魔人の

▼ 明智~ (49, 0.8%)

3 の人々

1 [46件] から挺身, から比し, が天王山, であったかと, ではたちまち, では信忠, でもここ, でも斎藤大八郎, としては京都, として本能寺, と名, と諜, にも勇者, にも恥, のうごき, の一族, の一軍, の一軍二軍, の不利, の中堅, の兵, の勇士, の哨兵, の四方田政孝, の大将株, の将, の将士, の川上久左衛門, の左翼, の最, の松田太郎左衛門, の松田隊七百, の武士, の武士たち, の老臣斎藤内蔵助利三, の者, の誰, の負け, の負傷者たち, の足軽頭, の進士作左衛門, の銃士, は彼方, もまた, を引受け, 第一

▼ 明智~ (39, 0.7%)

2 の手, の襲撃

1 [35件] が, がたじたじ, がもり返せ, が洛内, が退却, と接触, と殿軍, にたいして, に事, に切り, に当った, のうえ, のなか, の中, の囲み, の影, の抗戦, の方, の気魄, の混雑, の甲冑, の眼, の面目, はいたる, はその, はそれ, はもう, は城門, は彼, は柱, もその, をし, を向う, を急追, を撃摧

▼ 明智~ (32, 0.5%)

2 の将士

1 [30件] あっての, から嫁い, が報じた, ではございませぬ, とはあれ, とは切っ, とは姻戚, にとってなく, には由緒, に伝達, に属する, に手交, のうち, の三女, の不面目, の二女, の士, の家中, の家人, の家臣達, の属城勝龍寺, の禄, の築, の輩, の運命, の遺, の開運, の領地, へ寄っ, を封じ

▼ 明智たんてい~ (27, 0.5%)

2 はヘリコプター

1 [25件] がおり, がさも, にとびかかっ, に向かっ, に電話, のにこにこ顔, のほう, のまわり, のむね, の足, はけん, はそう, はそれ, はたけしくん, はなにもかも, はなわ, はにこにこ, はま, はみごと, はみんな, は大急ぎ, は小林くん, は自分, もじゅう, を見上げ

▼ 明智君きみ~ (22, 0.4%)

3 はこの 2 はいったい, はぼく, は気

1 [13件] からのよい, にはうまい, にはそれ, の番, はそれ, はどうして, はなにか, はまだ, はわし, は今, は勝ち, は夢, ももうろく

▼ 明智~ (18, 0.3%)

731 からこんなに, がきみ, ということ, とは知らねえ, と云, と思う, なんて言わなかった, なッ

▼ 明智どの~ (18, 0.3%)

2 もお

1 [16件] がどう, が乱, が信長公, です, とうわさ, にはそう, にはどうも, には女性, には御, に何, の姿, の手, の重くるしい, の首盗人, は手筒ヶ峰, ばかりいつも

▼ 明智たん~ (17, 0.3%)

16 てい 1 ていのけ

▼ 明智事務所~ (17, 0.3%)

2 へ電話

1 [15件] じゃない, ですね, ですよ, にとまっ, にとまる, にはいま男, に向かっ, に帰っ, に帰る, の客間, の窓, へ着いた, をたずね, をたずねました, をよび出し

▼ 明智夫人~ (14, 0.2%)

4 の文代さん 1 と小林少年, に気, のゆるし, の危難, の目, は出むかえ, は長い, をなぐさめました, を次, を誘拐

▼ 明智~ (14, 0.2%)

1 [14件] とが天王山, として今日, とも指呼, に投じた, の中, の全滅, の包囲, の奇襲部隊, の急, の死者三千余人, の襲撃, は駈け分れ, をつつんだ, をも一日

▼ 明智~ (13, 0.2%)

1 [13件] にひとり, の主, の明智十兵衛光秀, は余りに, は明智, もあっ, も亡び果て, も火中, をすて, をのがれ, を墜, を奇襲, を攻略

▼ 明智さんあなた~ (10, 0.2%)

1 お一人, がお, のお, はこれ, はその, はほんとう, はよく, は今夜, もいっしょ, をおよびした

▼ 明智~ (9, 0.2%)

1 が調べ, が近, であろうと, にあり, の傷, の剣槍, の老, の謀叛, もいうまい

▼ 明智名探偵~ (8, 0.1%)

1 が待ちかまえ, にちがいありません, の勝利, の訪問記事, はしゅび, もそのうち, をむかえなけれ, を出しぬい

▼ 明智から~ (7, 0.1%)

2 電話が 1 その工場, 二階へ, 帰京の, 様々の, 電話で

▼ 明智さんあんた~ (7, 0.1%)

1 にお願い, にはこれ, に電話, はなぜ, はわたし, は失策, まさか自分

▼ 明智たち~ (7, 0.1%)

1 がこちら, のはいっ, の乗っ, の立っ, はそれら, は一応, は階下

▼ 明智~ (7, 0.1%)

1 お雪, きみたちが, 中村警部の, 中村警部は, 中村警部や, 御偉, 明断なぞの

▼ 明智十兵衛光秀~ (7, 0.1%)

1 だけを抑え, であった, といい, といいます, という者, なる篤学, の功

▼ 明智小五郎先生~ (7, 0.1%)

2 です 1 がつい, だよ, のうち, は, を魔法

▼ 明智殿~ (7, 0.1%)

2 の叛逆 1 であられた, とお, にはそも, の側近, へ随身

▼ 明智自身~ (7, 0.1%)

1 がこんな, がでかけ, が洋館, でないと, で根, のポケット, も彼ら

▼ 明智との~ (6, 0.1%)

1 あいだが, 交際も, 会話を, 対話等において, 縁故は, 関係の

▼ 明智とは~ (6, 0.1%)

1 しりあいです, そのグッタリ, ちがって, カフェで, 宗像博士よりも, 気がつかぬ

▼ 明智とも~ (6, 0.1%)

6 あろうもの

▼ 明智光忠~ (6, 0.1%)

1 が四方田政孝, の率いる, の第, は左, も, もこの

▼ 明智君おれ~ (6, 0.1%)

1 はおとなしく, はおどかし, はたびたび, はやっぱり, はゆかい, は執念

▼ 明智探偵たち~ (6, 0.1%)

1 がはいっ, がプラネタリウム, に気づかれない, はうまく, は四十面相, もつづい

▼ 明智茂朝~ (6, 0.1%)

2 の隊 1 がまっ先に, と村越三十郎, などの兵力, や比

▼ 明智です~ (5, 0.1%)

31 が例, ってフフン

▼ 明智という~ (5, 0.1%)

1 のです, ものだ, 人間は, 大敵を, 男は

▼ 明智にも~ (5, 0.1%)

1 このこと, とけない謎, なかなかつかまりません, 恒川氏にも, 責任が

▼ 明智先生おれ~ (5, 0.1%)

1 の裏, の魔法, はもう, は追いつめられた, をおいつめた

▼ 明智君君~ (5, 0.1%)

1 の驚い, は何, は探偵小説, は本気, は神谷芳雄

▼ 明智~ (5, 0.1%)

1 先生の, 先生まで, 先生も, 探偵ばん, 探偵対仮面の

▼ 明智小五郎氏~ (5, 0.1%)

1 が是非一度, にこの, の尽力, はながらく, 誘かいさる

▼ 明智~ (5, 0.1%)

1 の如きあり, の滅亡, はある, は亡んだ, は城内

▼ 明智~ (5, 0.1%)

1 の低い, の台所, の門前, の門外, を少し

▼ 明智さんこれ~ (4, 0.1%)

1 があんた, がかどわかされた, はなんと, は君

▼ 明智たんていじむ所~ (4, 0.1%)

2 へ出かけ 1 の人, へ行っ

▼ 明智~ (4, 0.1%)

2 せう 1 名のりは, 闇の

▼ 明智とが~ (4, 0.1%)

1 おなじ人間, どんな風, 一騎うちの, 接戦中だ

▼ 明智には~ (4, 0.1%)

1 なんだかいまここ, よっぽどうらみ, わかりはじめて, 一同皆恐れ入りました

▼ 明智佐久間~ (4, 0.1%)

1 などの徒, のふたり, の三将, の諸

▼ 明智先生きみ~ (4, 0.1%)

1 とももう, はいったい, はずっと, もぞんがい

▼ 明智光安~ (4, 0.1%)

2 の甥 1 が宅, の子

▼ 明智十兵衛~ (4, 0.1%)

1 というもの, という者, などの顔, などの驍将

▼ 明智君僕~ (4, 0.1%)

2 のいう 1 にはまだ, はこれ

▼ 明智夫人文代さん~ (4, 0.1%)

1 が手ずから, であった, にきまっ, をかこん

▼ 明智左馬介光春~ (4, 0.1%)

1 が住む, ただいま湖水, だったこと, をも帷幕

▼ 明智~ (4, 0.1%)

1 でご, のやり方, の桃井春蔵, を元

▼ 明智さんわたし~ (3, 0.1%)

1 のつとめ, は思いきっ, は警察

▼ 明智さん君~ (3, 0.1%)

1 の予言, はいつの間に, は園田黒虹

▼ 明智では~ (3, 0.1%)

2 なかった 1 ない

▼ 明智はさ~ (3, 0.1%)

1 もゆかい, もゆかいらしく, も困った

▼ 明智はへ~ (3, 0.1%)

2 いきな 1 いきで

▼ 明智への~ (3, 0.1%)

1 信頼が, 礼心で, 警告だ

▼ 明智一族~ (3, 0.1%)

1 のうち, の今, の浮沈

▼ 明智先生それ~ (3, 0.1%)

2 から警視庁 1 は何

▼ 明智先生ばんざー~ (3, 0.1%)

3

▼ 明智先生ぼく~ (3, 0.1%)

1 これからちょっと旅行, はこう, は一月

▼ 明智光安入道~ (3, 0.1%)

1 といえ, の嫡子, は元

▼ 明智~ (3, 0.1%)

1 であろうと, の影, を掃討

▼ 明智小五郎さん~ (3, 0.1%)

1 です, にでもたのまなく, の助手

▼ 明智探偵の~ (3, 0.1%)

2 からだ 1 かえ

▼ 明智日向守光秀~ (3, 0.1%)

1 なる人間, に殺された, はもう

▼ 明智討伐~ (3, 0.1%)

1 にあった, に出遅れた, の総

▼ 明智こそ~ (2, 0.0%)

1 似つかわしいの, 犯人が

▼ 明智さんあいつ~ (2, 0.0%)

1 はなる, はまさか

▼ 明智さんあんた何~ (2, 0.0%)

1 がおかしい, を笑っ

▼ 明智さんとこ~ (2, 0.0%)

1 にいらっしゃるだろう, へ

▼ 明智さんどこ~ (2, 0.0%)

1 にいらっしゃる, にいる

▼ 明智だけは~ (2, 0.0%)

1 一層厳粛, 少しも

▼ 明智だった~ (2, 0.0%)

1 かな, 中斎先生も

▼ 明智でない~ (2, 0.0%)

1 ことを, とする

▼ 明智でも~ (2, 0.0%)

1 これでは, 訪問し

▼ 明智としては~ (2, 0.0%)

1 死力を, 猿ぐつわを

▼ 明智などの~ (2, 0.0%)

1 夢にも, 諸将

▼ 明智なれ~ (2, 0.0%)

1 ばたくみ, ば他人

▼ 明智なんか~ (2, 0.0%)

1 お払い箱に, 頼まないだろうし

▼ 明智ばかり~ (2, 0.0%)

1 であった, で老人

▼ 明智までも~ (2, 0.0%)

1 沈黙を, 賊の

▼ 明智らしくない~ (2, 0.0%)

1 ので小林少年, やり方である

▼ 明智一党~ (2, 0.0%)

1 の最後, の軍馬

▼ 明智丹羽~ (2, 0.0%)

1 などの諸, の諸

▼ 明智~ (2, 0.0%)

2 生っ

▼ 明智先生あいつ~ (2, 0.0%)

1 はなぜ, はぼく

▼ 明智先生あなた~ (2, 0.0%)

1 はあの, はまるで

▼ 明智先生きょう~ (2, 0.0%)

1 はなにか, は少し

▼ 明智先生わし~ (2, 0.0%)

1 はあんた, はきみ

▼ 明智光秀どの~ (2, 0.0%)

1 のお, の手勢

▼ 明智~ (2, 0.0%)

1 の仕業, の組子

▼ 明智君これ~ (2, 0.0%)

1 はきみ, までのところ

▼ 明智君どこ~ (2, 0.0%)

1 へかくれた, へ行った

▼ 明智君ひさしぶり~ (2, 0.0%)

1 だったねえ, だね

▼ 明智君流石~ (2, 0.0%)

1 の名, の君

▼ 明智夫妻~ (2, 0.0%)

1 の口添え, はなにげなく

▼ 明智小五郎君~ (2, 0.0%)

1 か, をはじめ

▼ 明智小五郎探偵~ (2, 0.0%)

1 にたのんだ, よ

▼ 明智所領~ (2, 0.0%)

1 の処置, の配分如何

▼ 明智文代さん~ (2, 0.0%)

1 が立っ, の一命

▼ 明智日向守様~ (2, 0.0%)

1 がひそか, ともある

▼ 明智明智~ (2, 0.0%)

1 がふたり, とまるで

▼ 明智長閑斎~ (2, 0.0%)

1 などという身内, もひとたび向き

▼ 明智~ (2, 0.0%)

1 になっ, の坂本四郡

▼1* [236件]

明智信長の, 明智からの使だ, 明智さま, 明智くんさすがに, 明智ここにいる, 明智ごときものの, 明智さえこうしてとじこめ, 明智さんあなた何をじ, 明智さんいまお考え, 明智さんお話しの様子, 明智さんだいじょうぶでしょうか, 明智さんほんとうですか, 明智さんぼくはどんなに, 明智さんわしには思いだせません, 明智さんスリの手口, 明智さん中村君に聞け, 明智さん今あなたをお, 明智さん何かうまい, 明智さん僕は断念, 明智さん右のポケット, 明智さん大丈夫でしょうか, 明智さん小林君それから少年探偵団, 明智さん恐縮だが, 明智さん手品のたね, 明智さん明智さんあなた何をじ, 明智さん脱獄のほう, 明智しんも, 明智じゃないよ, 明智すら解くすべ, 明智ずれが何, 明智せんせえい, 明智そのものが十日, 明智たんていじむしょの小林くん, 明智たんていじむしょへあつまってきましたがその中, 明智たんていじむしょをたずね小林しょうねんにそうだんしました, 明智だけが知って, 明智だってそれに, 明智って虫の, 明智でなけりゃいったいだれ, 明智とかおっしゃったよう, 明智としてでは, 明智とても同じ思い, 明智とを備えた神, 明智なきは蒸気, 明智など二万の, 明智などと伍し, 明智ならいまに, 明智なり書生なりが, 明智なんかにつかまるよう, 明智なんて人間は, 明智につき添われながら, 明智にとってもおそらくは読者諸君, 明智に対して抱いて, 明智に対する信念によって, 明智のてがらばなしが, 明智のやろうも, 明智のるす宅へ, 明智はくふうをし, 明智はぜがひで, 明智はそくざに答えました, 明智はつよく言い, 明智はつぎに手塚さん, 明智はと見ますと, 明智はにが笑いを, 明智はねんのために, 明智はやしきの, 明智ひとりは明智の, 明智びいきの読者達, 明智ほどな者, 明智みな一かど一方, 明智めがけて組みつい, 明智もう疑の, 明智よもやおれの, 明智よりももっと大きな, 明智らしい人かげが, 明智らしくもない, 明智わかったね, 明智を以て斯る, 明智イスノ, 明智一人きりで目的, 明智一勢には軍旅, 明智一家の将士, 明智一族中この老人, 明智両家の家庭, 明智丹羽筒井細川などの諸, 明智主従です, 明智の時, 明智仁勇略の君, 明智以外のなにびと, 明智佐久間滝川などの諸, 明智健一も綾子, 明智に拠っ, 明智先生あなた顔色がよく, 明智先生あんたのほう, 明智先生いまゆりかが気がつきました, 明智先生からだをだいじ, 明智先生きのどくだが, 明智先生こわくはない, 明智先生たちをあんな, 明智先生とけいさつへ, 明智先生ほんとうにあいつ, 明智先生中村さん私はどうも, 明智先生中村警部きみたちにはそう, 明智先生先生にあいたい, 明智先生四十面相の考え, 明智先生宇宙怪人にばけた, 明智先生明智先生はいません, 明智先生苦しまぎれにあてずっぽう, 明智先生賊です賊, 明智光俊誉乗切, 明智光安様の甥, 明智光廉入道長閑斎というあの, 明智光春と一緒, 明智光秀丹羽五郎左衛門などの諸, 明智光秀丹羽長秀松井友閑などがこもごも, 明智光秀様そして万, 明智入道の懸, 明智入道光安様とか聞きました, 明智入道玄宣等はおりおり, 明智前田などの錚, 明智勝つか二十面相, 明智十兵衛光秀不破河内守等が馳せ来っ, 明智十兵衛光秀等が陣, 明智十郎左衛門柴田源左衛門等之につき四千人, 明智十郎左衛門進士作左衛門妻木忠左衛門溝尾庄兵衛など明智家譜代, 明智は十兵衛光秀, 明智名探偵先生もおれ, 明智君あいつら逃げるつもり, 明智君あれはいったい, 明智君いつかきみにあう, 明智君いまもいう, 明智君いやに気, 明智君かんじんの犯人, 明智君きみはぶじで, 明智君ここにいる, 明智君こわくはない, 明智君ご苦労さまだね, 明智君さっきの電話, 明智君ざんねんだがおれの負け, 明智君それは無理難題, 明智君つくり話だけで, 明智君なにをする, 明智君ひとつこの手品, 明智君みんなきみのせい, 明智君われわれはまた, 明智君ゴム人形の秘密, 明智君一と足違い, 明智君三千子は死ん, 明智君中村だ, 明智君二三十分もぐずぐず, 明智君二十面相は魔法つかい, 明智君今のぼく, 明智君十日間にじゃ, 明智君問答無用だ, 明智君夢物語はいい, 明智君大人げないじゃ, 明智君奥さんは大丈夫, 明智君席を立たない, 明智君恒川君もそこ, 明智君文代さんは大丈夫, 明智君武士のなさけ, 明智君病気は如何, 明智君確かな証拠, 明智君縁がわに, 明智君縄ばしごのかわり, 明智君話の続き, 明智と出, 明智大将が戦場, 明智夫人誘拐事件についてもけさ, 明智如きに歯, 明智家譜代の名だたる, 明智家随一の能書家, 明智小五郎あんたの守護神, 明智小五郎さんご存知でしょう, 明智小五郎ざまはないです, 明智小五郎ふたりはうしろ手, 明智小五郎みごとにしょい投げ, 明智小五郎一生の大, 明智小五郎堀口捜査一課長中村警部が席, 明智小五郎手塚竜太帆村荘六俵巌シャアロック・ホルムズアルセーヌ・ルパンルコックソーンダイクエラリー・クイーン等々の名前, 明智小五郎自身であった, 明智小五郎遠藤博士少年探偵団長小林少年ポケット小僧をはじめ, 明智小林少年それから今夜, 明智に小林紋三, 明智左馬介光春斎藤内蔵助利三などの率いる, 明智といふの, 明智の書きぬき, 明智征伐の事, 明智態度をあきらか, 明智をあげろ, 明智探偵こちらのカーテン, 明智探偵たち五人が一生けんめい, 明智探偵はかぶりをふっ, 明智探偵はさもゆかいらしく笑い, 明智探偵ふたりは追いつ追われつ, 明智探偵ゆくえ不明のまま, 明智探偵ドアの外, 明智探偵中村係長相川技師長それから小林君はじめ四人, 明智探偵中村警部小林少年チンピラ隊の代表者五名, 明智探偵中村警部遠藤博士の三人, 明智探偵事務所門前のまっ暗, 明智探偵以上でした, 明智探偵小林少年北村さん平野少年の四人, 明智探偵小林少年黒井博士ミシン会社の社長, 明智探偵手錠をはめられた, 明智探偵捜査の手段, 明智探偵緑川夫人は早苗さん, 明智探偵顔から洋服, 明智方その後の動静, 明智方最後の一拠地, 明智日向守をつかわし, 明智朝山島田中川などの諸, 明智柴田の比, 明智次右衛門光忠にわたした, 明智殿事いかなる天魔, 明智殿武井佐久間の御, 明智消失の不審, 明智滝川などもその, 明智滝川佐久間などの諸, 明智稲葉の父子, 明智の部将, 明智細川丹羽そのほか, 明智羽柴などと同様, 明智良識よりは更に, 明智英斷に依る, 明智茂朝その他の将, 明智茂朝村越三十郎の二騎, 明智茂朝村越三十郎進士作左衛門堀与次郎比田帯刀などの腹心たち, 明智蜂屋などの諸, 明智謀叛と分り, 明智譜代の旗本たち, 明智は勝手口, 明智においては, 明智部下のうち, 明智長閑斎光廉である, 明智の兵