青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「概念~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~極端 極端~ 楼~ ~楽 楽~ 楽しい~ ~楽しみ 楽しみ~ 楽屋~ ~概念
概念~
榮~ ~構 構~ ~構え 構え~ ~構成 構成~ ~構造 構造~ ~槍

「概念~」 4744, 49ppm, 2361位

▼ 概念~ (727, 15.3%)

12 それが 87 第一 6 云うまでも, 或る 4 その性格, 一つの, 夫, 確かに

3 [13件] この意味, それに, 一般に, 人間の, 今日では, 動機を, 多くの, 往々に, 成り立つこと, 某性格, 歴史の, 無性格, 終局に

2 [38件] かくて, このよう, その成立, それ故, それ自身に, ただ日常的, より普通, カントに, 一部分この, 之に, 之によって, 之を, 事物の, 人々によって, 判断の, 別に如何, 多少とも, 始めから, 実在を, 対象概念に, 常にその, 性格を, 把握の, 擴大された, 普遍的である, 本来の, 根本的に, 構成される, 構成性を, 歴史的決定, 死んで, 殆ん, 現代の, 理解の, 理論を, 空間の, 茲に, 表象の

1 [557件 抜粋] あたかも与えられた, あてはまらない, あの時分, あまり好ましく, あらぬ形, ありと, あり得ないの, あれども, おおむね図書室, おのずから又, おのずから彼, お汲み取り下さつた, こうした客観性, こうした美的, こう云った, ここでは, ここに, この三つ, この何れ, この働き, この延長, この批判, この日常的空間, この歴史社会的規定, この矛盾, この長, この関係, これの, こんなこと, さし当り概念では, しばしば人, すでに略, すでに知られた, すでに許された, そういう本質, そうで, そうやっ, そして前衛, そのままで, そのままイェルザレム, その内容, その内部, その外觀, その弁証法的要素, その形式主義, その故郷, その根源, その概念構成, その構成, その真理, その第, その青年時代, それだけ一般化, それを, それ以上に, それ故実は, それ自身には, それ自身もはや, たちまち全く無意味, だんだんに, ついに放恣, つまり当時, とりも, どういう風, どうかという, どうしても頭, どれも, どれ程, ない, ない誰, なおまたラプラス, なお常識的概念, なく存在, なり立たない, なる程, ひょっとしたらアメリカ生活あたり, ひよつと, ほぼ之, まさに同一, まさに自然, まだ抽象的, まだ消え, まだ甚だしく, まだ科学的, もっと広範, もっと抽象化, もつと, もとかくの, もとその, もはやこうした, もはや個人的意識, もはや前, もはや単なる, もはや単に倫理的, もはや消滅, もはや物質, もはや現実的, もはや社会概念, やがてその, よくここ, より以上, アナロギーとして, アラスカの, イデーの, オリジナリティーを, ギリシヤ哲学の, ゲルマン民族精神と, ディルタイによって, デカルトにとっては, ドイツ哲学によって, ドイツ観念論による, フランス政治的自由の, フランス革命を, ヘブライ人殊に, ヘーゲルの, ベルグソンの, ライプニツにとっては, リッケルトの, リップスが, レヴィ・ブリュールによって, ローマの, 一つ而し, 一切の, 一変動期に, 一応吾, 一応解決ずみ, 一方に, 一般には, 不自由だ, 与えられた糸巻き, 与えられて, 与えられては, 主として知識, 主客の, 主観という, 久しく不遇, 之とは, 之まで, 之れ, 二つの, 二人の, 二枚の, 云わば, 人々が, 人間が, 今や, 今や単に学問, 今や性格的真理, 今云う, 今云った, 今仮定, 今常に, 今日吾, 他の, 仮空的, 位置, 体系に, 体系概念を, 体験の, 何か, 何も, 何よりも, 何より大事, 何一つ持つ, 余り皮相的, 併し, 使用に, 例えば因果関係, 例えば生物学, 例えば自然概念, 価値に対して, 個人, 個人的意識から, 個人的意識である, 個別化されたる, 個別化原理からは, 個性の, 元々常識的, 元々認識, 元来は, 充分分化, 先ず始め, 先験的綜合である, 全く任意, 全く数学的思惟, 全く自分自身, 其の本来, 其自身に, 再びその, 再び必ずしも前, 再び歴史的, 凡て或, 凡て現象学的時間概念から, 出来るだけ, 出来上った与えられて, 別の, 到る処, 到底自然, 前に, 割合任意, 動機づけられた, 十分に, 千八百七十八年チャールス・ピアスによ, 単に, 単にプレハーノフ, 単に一定, 単に個人, 単に物理学, 単に言葉, 単に言語的, 単に誘導性, 即ち又, 却って最も俗流, 却って概念, 原子として, 又事物, 又実在, 又実践的動機, 又常識的概念, 又最も, 又運動, 取り扱われること, 古くから, 古代自然哲学から, 可なり, 合法則性の, 合理的とは, 向の, 單に, 圧迫からの, 在り得ないと, 地盤が, 場処, 外でも, 多く之に, 多様性の, 大いに再, 大抵ブルジョア社会, 大衆が, 大衆の, 如何なる事態, 如何なる普通, 妥当と, 存在と, 存在性の, 存在性を, 学問が, 学問された, 学問性の, 学識に, 完全に, 実は一つ, 実は之, 実は全体, 実は初め, 実は許されない, 実体概念である, 実体概念と, 実践的であり得なかったであろう, 容易に, 対象概念にまで, 専らそれ, 専門的概念に, 少くとも, 尽く機械論, 常にそれ自身, 常に一つ, 常に上層概念, 常に基礎概念, 常に常識的概念, 常に技術, 常に方法, 常に理念, 常に理解, 常に論理的構成, 常識に対して, 常識的であった, 常識的概念の, 常識的空間概念であった, 平均性や, 弁証法そのものの, 弁証法によって, 当時の, 形式的, 形式的な, 形式論理学に, 彼において, 彼の, 彼自身にとっては, 往々典型, 後にも, 従って, 従って成り立つ, 従来の, 得られる事, 心理的論理的虚偽, 必ずしも先験的, 必ずしも相, 必ずしも自分, 必ずしも自然科学, 必ずその, 忽ちに裏切られ, 思想的な, 性格の, 性格的でない, 性格的概念に, 性格的理解, 恐らく一般, 恐らく之, 恐らく限り, 恰もこの, 恰もそのままヘーゲル, 恰も今, 恰も最初, 悟性に, 情意形態, 情意的であり得る, 意味を, 意識と, 感覚的実在に対して, 成る程自然科学, 成立の, 我々の, 我と物, 所有され, 所謂人生観や, 把握に対して, 把握的概念から, 把握的概念と, 抽象的と, 持つべきでないし, 揚棄され, 操作的概念である, 操作的概念として, 政治に, 文学的な, 文学的表象として, 斯くの, 新しい颯爽, 新物理学, 方向を, 方法概念にまで, 日常性に, 日常生活に, 日常的, 日常的で, 日常的概念と, 時間的生においては, 普通より, 普通判断, 普通性を, 普通想像される, 普通知識又は, 普遍妥当性である, 普遍的な, 更に科学的世界, 最後に, 最後の, 本来から, 本来は, 本質を, 果すべき多く, 根柢から, 検証され得なくなる, 極めて執拗, 概念としては, 概念成立の, 概念的に, 構成されたる, 構成的概念の, 機械論的に, 欠くこと, 次第に一般, 正しい, 正に論理的, 歴史上様々な, 歴史概念と, 歴史的に, 歴史的無政府主義と, 歴史的運動の, 歴史社会的に, 歴史社会的制約を以て, 死んだもの, 比較的之, 決してそう自由, 決してその, 決して事実, 決して同一, 決して実践, 決して専門的研究, 決して構成的概念, 消え失せて, 深い新鮮, 漠然ながら, 無かった, 無かつ, 無意味で, 無条件に, 無用である, 無組織, 無論科学的手続き, 無限を, 然るにその, 然るに一つ, 然るに個別化原理, 片づいた問題, 物に, 物理学に, 物理学者の, 物理的乃至, 物自体の, 物質, 物質なる, 物質的な, 特に大切, 特に歴史, 特に種々相, 独立し, 現に論理的, 現代に, 現実に対する, 現実的には, 現実的乃至, 理解と, 理解ないし, 理解出来ず, 理論的で, 理論的である, 理論的に, 生活の, 生物學の, 異る, 疑われて, 皆歴史的な, 皆真実の, 直ぐに, 直観から, 直観の, 直覺表象, 相互に, 相対性理論によって, 相対的という, 省こう事実真理, 知識の, 研究する, 社会学に, 社会構成の, 私たちを, 科学から, 科学的概念構成の, 空間が, 空間と, 第一之, 第三, 範疇の, 精神的に, 経済乃至, 結局に, 結局判断と, 結局社会概念自身の, 結局許す, 經驗の, 美でも, 考察の, 自ずからこれ, 自らを, 自分自身の, 自己の, 自我の, 自我概念が, 自然に対する, 自然哲学としての, 自然概念の, 自然科学に, 自然科学的知識から, 自由と, 至極漫然とさらに育つ, 至極軽い, 色々に, 要求する, 見つくした仙台, 観念的な, 解体され, 認識論であるであろう, 語感, 論理の, 論理学に, 論理的でなけれ, 論理的存在では, 論理的矛盾であっ, 質的変化を, 迷惑だろう, 通用しない, 通路から, 遂にただ, 道徳的観点の, 除いて, 階級社会と, 静観的である, 頭の

▼ 概念~ (702, 14.8%)

12 用いて 9 もって 8 持って, 有つ 6 得ること, 構成する 5 このよう, 分析する, 正当に 4 もつて, 乗具と, 借りて, 優越する, 分析し, 構成し, 離れて 3 どのよう, 取り上げる, 吾, 定義する, 少しも, 得るため, 明らかに, 根本的に, 知って

2 [53件] うちこ, それに, そろそろと, とって, 与えた, 与えて, 与えるため, 与えるの, 云い表わす, 云い表わすこと, 人々は, 今の, 他方に, 使って, 出来るだけ, 取り出すこと, 基礎と, 如何に, 媒介と, 導き入れること, 弁証法に, 得るの, 必要と, 思惟する, 意味する, 所有する, 承認する, 把握する, 抽き出す, 持つこと, 持つて, 捨てて, 明瞭に, 有して, 有しなければ, 有って, 概念として, 獲得した, 理解し, 理解する, 用いること, 用いるならば, 確定する, 示して, 與へる, 行使する, 要求する, 規定し, 規定する, 超えて, 適当に, 避けて, 重んじること

1 [477件] あたかも生活, あたへて, あのよう, いうため, いかに応用, いじくり回す単なる, いつも空間表象, おぼろ気に, かかる堕落, かりて, きめて, こういう具合, ことごとく排除, ことごとく改造, この一双, この場合, さえ決して, さし当り, さし当り抽象態に, して, すっかり変えなく, そういうもの, そういう風, そうした存在, そうした範疇, そう取り扱おう, そして又, そのあと, そのま, そのままあてはめ, そのまま受け取っ, そのまま無条件, そのよう, その動機, その成立, その由來, それにのみ, たしかめました, ただそのまま, ただ一般的, ただ放恣, たててから, つかめれば, つなぐ合理的核心, では, とりこんでも, とり客観, どういうもの, どうして構成, どのやう, どの言葉, なすの, のみこんでから, はじめてはっきりと, ひつくり返すの, ひつぱり出された, ひとつの, まず決め, めぐる模写説, もう一度吟味, もっと実際的, もつ, もつという, よく観, よりよく注意, ゲーテにおいて, 一つと, 一応整理, 一旦探究, 一旦肯定, 一歩も, 一般民衆の, 一通りこう, 三つに, 三樣に, 与えあと, 与えるばかり, 与えるもの, 与ふるかを, 与へられたに, 与へるのみか, 与へる事, 中心と, 中心の, 之が, 之と, 予めどういう, 予想する, 二つの, 二重に, 云い表わしたこと, 云い表わして, 云い表わすから, 云わば, 交, 交通関係から, 今茲で, 他の, 付与した, 付与する, 代表し, 代表し得ない, 仮定した, 仮定する, 伝えんと, 伝へ, 伝達すれ, 伴う, 伴うが, 伴わないそれ, 作って, 作つてゐた, 作られて, 作りましょう, 作り上げようと, 作ること, 作るという, 作るといふ, 作る上, 使いこなすこと, 使い出さねば, 使うとして, 価値的同一と, 保存する, 俟た, 俟って, 俟つ, 修めないと, 借りなくても, 借りること, 借りるならば, 偶像を, 傳へ, 優越した, 元来承認せず, 充分に, 全くぬき, 其原始的頭脳に, 具ふる, 内容的に, 再び覚醒, 再検討, 分析した, 分析しよう, 分析し得る, 分析解体する, 列挙した, 利用し, 利用する, 勝手に, 包摂する, 区別した, 区別しなかった, 単に言葉, 取って, 取り上げよう, 取り上げ之, 取り出すならば, 取り扱って, 受け身に, 可なり, 可能ならしめる, 同一哲学風, 吟味する, 否定した, 否定しなかった, 含まない幾何学, 含まなければ, 含むので, 含んで, 哲学の, 哲学体系の, 哲学的に, 哲学自身へ, 嚴密に, 固めるため, 固執する, 土台に, 基準として, 基礎概念として, 変えなければ, 変え互に, 変更した, 変革する, 多くの, 失って, 奨励し, 媒介物として, 嫌わないもの, 存在と, 学問的に, 學ぶこと, 安価に, 完全に, 定めたので, 定着する, 定義し, 定義出来る, 実はもっと, 実践的に, 専ら主観, 尊重しなけれ, 尋ねるならば, 導いた, 導き入れた主旨, 導き入れねば, 導き入れる外, 導入する, 少し検討, 尺度として, 展開したる, 崩れさせるに, 工夫し, 常識に, 常識を, 引き出した所, 引き合わせて, 引き回わすならば, 当てはめること, 形づくるに, 形成つてさうし, 得た, 得たいこと, 得たつもり, 得たにも, 得て, 得ば, 得ようと, 得る, 得るであろう, 得るという, 得る事, 得んと, 徹底するなら, 心理學的に, 必然的に, 必要な, 忘れ果てました, 快く破っ, 念頭に, 思い出さねば, 思い起こす必要, 悟性において, 想像に, 意図した, 感覚及び, 成り立たせて, 成り立たせる理由, 成立せしめる, 成立せしめ従っ, 或いは単に, 手に, 手懸りに, 手段として, 打ち樹, 打破し, 批判, 批判し, 批判すべきであらう, 批評し, 承認しない, 把握した, 抱いて, 抽象的な, 抽象的構成的である, 招きすぎて, 拡張した, 持たないから, 持たないもの, 持たない時代, 持たねば, 持ち出すの, 持ったの, 持つ, 持つた関係, 持つてを, 持とうと, 指す, 指摘する, 捉えそれ, 捉へる, 授けて, 授けられ太田水穂氏, 授け所謂劇詩, 排斥した, 排斥しよう, 採って, 採ろうと, 採用するなら, 採用すれ, 探りそれ, 掲げたところ, 掴み得たとは, 掴んで, 描き出すこと, 提供したであろう, 支えて, 改めて技巧, 改めなければ, 改める必要, 改造し, 放擲しなけれ, 救うため, 敬遠しよう, 文学的表象に, 文学的表象にまで, 斥けて, 日常経験的な, 明晰に, 明確に, 普通よりも, 暗示し, 更に一つ, 最も直接, 有した哲學上, 有するイデヤ, 有た, 有った先駆者, 有つかである, 有つであろう, 有つよう, 有てないまでに, 本体論の, 本格的に, 根柢的に, 植付けられる, 検討し, 概念自身に, 概括的観念の, 構成した, 構成しよう, 構成せね, 標準として, 模倣した, 機械論的にしか, 欠くこと, 次第に訂正, 止揚する, 正面的に, 歴史的事実の, 母艦としての, 比較し, 求めた時, 求めるならば, 決定し, 決定する, 注ぎ込むよりも, 注意する, 消化出来ず, 満足させない, 漫然と把持, 潜在意識し, 無用に, 煩して, 物理学的運動から, 物質概念にまで, 独占しよう, 獲得する, 現はさ, 現わし, 理解しよう, 理解し得, 理解すべき, 理解によって, 理論的, 生じて, 生じる, 生み出しつつ, 生むであろう, 生物学的に, 産まねば, 用いずして, 用いた為め, 用いてしか, 用いては, 用いねば, 用いるの, 用いる動機, 用ひ, 用意し, 略して, 発見した, 發表した, 直ちに実際と, 直今日, 直接に, 知らず知らずに, 知るだけでも, 破って, 破壊しはじめた, 破壊する, 破壞, 破棄しよう, 確立する, 示そうと, 社会そのものにまで, 禁止する, 秀吉に, 科学の, 立場の, 範疇と, 範疇を, 簡単に, 粉碎し, 組織立てる, 経て, 結びつけて, 結びつける, 結合する, 結果する, 統一的に, 絶対的な, 綴る, 考えよ, 肯定し, 自ら与え, 自分にとっての, 自分の, 自然科学的実験によって, 自由に, 至極広い, 茲に, 茲まで, 蕪雑に, 行使し, 行為的直観的に, 衝動との, 表わすもの, 表現した, 表現する, 表示する, 裏切るよう, 要求し, 覆えす, 見るが, 見出す, 規定しよう, 規準として, 観念的に, 解説し, 設定し, 許さぬ許, 許した上, 許すと, 許すの, 話して, 認めるが, 認識する, 誕生せしめる, 説明しよう, 説明する, 説明するであろう, 論じて, 論じ富, 貫いて, 超越し, 超越する, 越えて, 近代風に, 述べた替り, 追いまわすか, 追うて, 追ふて, 追求し, 追求する, 通ること, 通過しなけれ, 造り出す処, 適用した, 遺して, 避けるため, 附け加, 除外し, 離れ始めること, 養ふためには, 駆逐する, 驅逐するであらう

▼ 概念~ (669, 14.1%)

13 分析は 12 分析 11 分析の 10 うちには 9 内に 8 うちに, もとに 7 下に, 中に, 分析を, 或る 6 代りに, 分析に 5 上に, 性格は 4 根本的な

3 [18件] ことで, このよう, この運動, 一つの, 事態の, 事態は, 分析と, 動機を, 固定を, 性格から, 性格と, 成立の, 普遍性に, 運動, 運動に, 運動の, 運動は, 間には

2 [49件] この歴史, ためでは, ように, 一切の, 中には, 中へ, 事態に, 二つの, 体系, 内でも, 内容は, 分析から, 分析が, 分析である, 分析でなけれ, 分析では, 分析とは, 分析な, 動機に, 区別は, 周りを, 問題であり, 場合, 外に, 夫との, 実践的動機を, 性格に, 性格を, 意味も, 成立には, 抽象性もしくは, 方が, 有つ, 本質は, 構成が, 理解が, 理論的使命, 異った, 目的は, 背後に, 自己矛盾は, 複合体, 見方は, 解釈の, 解釈は, 説明は, 資格を, 間の, 體系を

1 [392件] ある國, かたまりを, かの存在性, かの民主主義的矛盾, こうした工作過程, ことであった, ことであり, ことを, この哲学的発見, この四つ, この機械論的解釈, この機能, この生気論的解釈, この目的, この訂正, この運動形態, これ等様々の, ごとく, すべてが, そうした概念的感覚, ためな, はなはだ希薄, ほとんど成立, もっとも挑発的, もつ必然性, もので, ような, イデーと, システム, スコラ主義が, ニュアンスと, メカニズムをば, モデルと, リズミカルな, 一つが, 一つであり, 一つである, 一つは, 一代表である, 一定の, 一時的な, 一端な, 一端を, 一般的な, 上には, 上にも, 下にも, 不充分さの, 不完全な, 与り知ったこと, 世界だ, 中から, 中で, 中の, 中枢でなけれ, 中比較的, 争に, 事態が, 云い表わす任意, 云い表わす要求, 今の, 今日最も, 今茲, 介入する, 他には, 他在, 代わりに, 代用物でも, 代用物には, 代表と, 代表として, 代表的な, 体系だ, 体系である, 体系でなく, 体系と, 体系による, 体系は, 体系を, 体系即ち, 何れもが, 何等かの, 使い方は, 使用の, 使用法の, 使用法理論の, 価値的同一の, 個人性を, 側から, 偶像を, 働きでは, 優れたる性格, 優位が, 先駆として, 先験的吟味, 内包に, 内容, 内容に, 内容を, 内容機構に, 再興だった, 凡ての, 凡ては, 分析で, 分析であった, 分析であったなら, 分析という, 分析とか, 分析として, 分析によって, 分析による, 分析定着が, 分析方法と, 分析的理論の, 分類と, 分類固有意識としての, 初歩の, 別名である, 動機, 動機が, 動機への, 勝義に, 化け物で, 区別である, 区別と, 区別に, 危険は, 即ち, 又最も, 取り扱い方によって, 名に, 向の, 否定より, 味方で, 哲学的特質は, 哲学者じゃ, 唯一の, 唯物論的取り扱いが, 問題では, 問題と, 問題とは, 地盤から, 基礎とは, 堕落を, 場合である, 変化であっ, 変化によって, 変形した, 変形だった, 変革という, 変革は, 夫, 如きかかる連関, 如きもの, 如く一般的, 如何によ, 如何によって, 媒介を, 存在性の, 学である, 定義的に, 実践的優位が, 実践的優越に, 実践的動機から, 対応が, 導入という, 導入可能性も, 展開を以て, 帰納と, 幽霊では, 幾分の, 弁証性を, 弁証法, 弁証法でなく, 弁証法的性質が, 張札を, 強い平凡, 強制は, 形式性は, 形式的外延の, 形式的救済が, 形式論的, 形態, 形態の, 形態は, 形而上学的吟味, 心理発生的解釈と, 必然性に, 必要な, 思惟を, 性格, 性格が, 性格それ自身によって, 性格それ自身の, 性格である, 性格に従って, 性格の, 悲劇的性格が, 意味が, 意味である, 意味に, 意味を, 意義は, 意義を, 成立が, 成立とともに, 成立動機を, 戯れでは, 所産では, 批評を, 抽象力は, 抽象選択の, 拡張の, 持つ名称, 持つ日常性, 推理によるのみ, 改造とが, 故郷を, 救済, 整理であり, 整頓であり, 敷衍である, 敷衍と, 新しく発見, 方で, 方に, 方を, 方向に, 方法概念への, 日常性が, 旧いもの, 普遍性による, 曖昧から, 最も代表的, 最も判然, 最も原始的, 最も基礎的, 最も実証的, 最も根柢的, 最も精密, 最後の, 有つ云わ, 有無を以て, 本当の, 本来の, 本質として, 束縛が, 核心, 根本的規定は, 根本規定の, 根柢に, 根柢を, 検討でなく, 検討とを, 検討に, 概念に, 構成だった, 構成とによって, 構成の, 構成方法が, 構成法概念の, 構成過程に, 構造である, 構造を, 様々の, 様式で, 様式を, 機能組織だ, 檢討から, 欠くべからざる構成過程, 欠乏を, 次に意識, 正反対物, 歴史性, 歴史性又は, 歴史的宿命は, 歴史的本質の, 殆ど言明されない, 民衆が, 水準に, 決め方は, 注入に, 深い変化, 深い變化, 漸次に, 無形の, 無性格, 無理が, 物指を, 特徴である, 特徴を, 特殊性の, 特殊性を, 特色は, 特色を, 独立な, 独立主体化即ち, 現実的内容は, 現実的動機この, 現象化, 理解の, 理論を, 理論的使命の, 理論的整理の, 生じる基礎, 産物である, 発展と, 発展に, 発展の, 発展を以て, 発展沿革の, 発生は, 発見者である, 発達を, 發育により, 直接なる, 相互の, 真面目に, 矛盾と, 矛盾の, 砂礫を, 破壊である, 示唆が, 科学的規定を, 積木細工では, 端初だけが, 範囲に, 範囲についての, 組み合わせを, 組織を, 経験論的本質は, 結び付きを, 結合であった, 結合は, 結節点に, 総決算, 羅列に, 美に, 考察を, 肉化に, 自己独立性は, 自己発展や, 自己運動とも, 自己運動の, 色々な, 芸術であり, 表現である, 表現として, 表現を, 衰微であるであろう, 袖に, 裏表に, 規定に, 規定は, 観念的規定である, 解明に, 解釈が, 解釈な, 詮索から, 認識論的, 説明に, 説明を, 請負業者と, 諸規定, 謬らざる最も, 資格と, 資格とは, 起源は, 転換が, 進化, 遊戯との, 遊戯の, 遊戯を, 運動から, 運動でなけれ, 運動とかいう, 運動を, 運動自身が, 適用の, 適用は, 鋭さ活発さ連想の, 間に, 関係に, 関係を, 集積でしか, 露出を, 青臭い殻, 非主体性, 非等質性, 領域に, 體系一切の, 高貴の

▼ 概念~ (388, 8.2%)

4 如何に 3 一つの, 一切の, 学問性を, 有つ

2 [21件] あって, あるの, ここに, すでにそれ, そうである, その本来, では, はっきりし, 云わば, 他の, 先に, 吾, 問題は, 必要だ, 成立する, 或る, 消滅し, 発見される, 蒸溜された, 要求される, 観念的概念に

1 [330件] あちらに, あのよう, あまりはなはだしく, あり一円, ある, あるとして, いつでも, かれの, こういう日常的, こういう確率, こうさせた, ここにおいて, このやう, この点, この空間, これ程正確, すぐ様, すっかり裏切られ, すでに不充分, すでに示唆, そうある, そこに, そのまま消化, そのよう, そのアクセント, その一例, その根柢, その正当, その過程, そもそもファシズム, それだけ, それである, それを, それ以外の, それ自身に, とりも, どういう意義, どういう歴史上, どうして宿命的, どうして許せる, どうなった, どう理解, どこかへ, どれくらい, どれ程, ないと, なくては, なくても, なければ, なり立つの, まじつて來て, まず疑問, また模寫説的, まだ精算, まるでない, もし概念, より明らか, より根本的, アフリカの, アプリオリに, ゲーテの, ゲーテ的な, ハッキリしません, マルクス主義によって, リッケルトによって, リッケルト自身によって, 一九五〇年に, 一方に, 一種悲壮とでも, 一般に従って, 一頃往々, 丁度二つ, 上概念と, 不可能である, 不成立に, 不確実, 中心的な, 之に, 之を, 事物を, 云い表わそうと, 云うまでも, 人々に, 人々随意に, 人生論的な, 人間一般を, 今使用, 今吾, 他でも, 他ならぬ, 他方に, 代って, 仮定する, 体系概念に, 体系概念に対して, 何か, 何である, 何を, 何故かくなけれ, 何故この, 何時の間にかわれわれ日本人, 使われるよう, 使われ得る限り, 依然として自然, 個人心の, 内容を, 出て, 出なければ, 出来れば, 出来上る, 分つたと, 分析される, 初めから, 初めて成り立つ, 初めて科学的, 前者によって, 単に学問, 単に概念, 即ち一言, 即ち範疇, 取り扱われる場合, 哲学的にも, 哲学的範疇としての, 問わず語りに, 問題として, 嘗て自然, 困難である, 国家と, 変化しない, 外延, 大に, 夫, 夫が, 如何なる性格, 如何なる表象機能, 媒介した, 存在の, 孤独と, 学問性であるであろう, 学問性の, 完全に, 実はそう, 実はイギリス風, 実在に対する, 実在の, 実在を, 実現された, 実際には, 対象と, 専門的である, 専門的概念の, 導入され, 少なくとも十七八世紀, 展開する, 崩壊した, 巴と, 帰着し, 常に個別化原理, 常識的であり, 広義に, 弁証法的な, 弁証法的運動を, 弁難的な, 引き合いに, 形成された, 形成する, 影響し, 彷彿として, 往々用いられ, 従って又, 得らるる, 得られそう, 得られたこと, 得られたに, 得られる, 得られるであらう, 得られれば, 心理学者の, 必ずしも常識的概念, 必要である, 必要と, 必要な, 急激に, 性格な, 恰もかかる, 恰も之, 情意的である, 惰性という, 意味した, 意味する, 意識としての, 意識全般を, 愛用される, 感官的直観と, 感覚的な, 成りたち得るの, 成り立たないと, 成り立たないよう, 成り立たぬと, 成り立ったの, 成り立って, 成り立つ理由, 成就し, 成立し, 成立つてからは, 成立の, 所謂批判主義の, 所謂普遍妥当性の, 把握される, 抽象的だ, 抽象的である, 抽象的に, 指導的な, 捏弄される, 採用されね, 改めて批判, 改造され, 放恣と, 文学史上の, 新しい概念, 新しく生まれ変わった, 新しく造り上げられた, 方法から, 方法概念を, 既にプラトン, 日常的と, 日常語として, 日本語で, 日程に, 明白と, 曖昧である, 曖昧に, 更に事態, 最も徹底的, 最後の, 最高の, 望まれる, 本来芸術, 根本的に, 極めて不確か, 極めて狭い, 概念そのものとして, 概念である, 概念として, 概念の, 概念的運動に, 構成されね, 構成される, 構成的概念であるなら, 様々に, 横たわってるの, 正に之, 歴史的に, 歴史的使命の, 歴史的存在としての, 歴史的発展の, 歴史社会的制約を, 歴史社会的根柢を, 殆ど教育界全部を, 殆ん, 残る, 決して一定, 決して単に行動, 決して逃避的概念, 決定的な, 流行って, 浮んで, 深められるに, 灰色だ, 無くなったの, 無ければ, 物質概念として, 現われる, 理解される, 理解の, 理論に, 甚だ困難, 生ずるであらう, 生ずる概念, 生産の, 用いられるならば, 用いられる動機, 発見された, 直ちに哲学上, 直接に, 相應, 知識概念として, 研究の, 破綻した, 確定する, 確実に, 私の, 科学的にも, 移りゆく大いなる, 究明されね, 空間に, 立場の, 範疇と, 素ど, 結合され, 結局再び, 絶えず導入, 肉体と, 自らを, 自己の, 自己同一に, 自己存在を, 自己運動の, 自然, 色々の, 蛍火の, 行なう筈, 行動する, 表わす事柄そのもの, 表わす処, 見出される, 見失われて, 観念論的に, 論理的で, 論理自身の, 起るの, 近頃では, 進歩した, 道徳的実践的な, 間違って, 限界の, 除外され得る, 頭に, 頭を, 題目と

▼ 概念~ (372, 7.8%)

18 於て 17 外ならない 12 過ぎない 9 就いて 7 他ならない 6 就いては, 於ける分析 5 しても, 就いても 4 就いての, 帰着する, 於ては, 相当する 3 して, なって, よれば, 向って, 囚われて, 外ならないであろう, 対立する, 結び付いて, 較べて, 関係し

2 [16件] あてはめて, すぎずそれ, すぎない, なるの, 依って, 依るもの, 向っては, 囚れたる, 固有な, 対応する, 帰する, 当て嵌めて, 於ける矛盾, 於てのみ, 過ぎないから, 過ぎないの

1 [209件] あざむかれる, あてはまらないその他, あてはまらないところ, あてはまらない作品, あてはまらぬ他, あてはまるもの, あてはめるに, あやまたれ, あらずして, あると, ある剣, かなりな, このよう, したよう, すり代えられたり, そのよう, ぞくしながら, ぞくす, ぞくすこと, ぞくすと, ぞくすること, ぞくするの, ぞくするもの, ぞくする処, ついて, でっち上げる傾き, では, とつて, とらわれて, とらわれないでいい, どれ程, なったかも, なったの, なりました, なり常識, なると, なるという, なる外, ひつくるめる, ぴったりし, 不当な, 二つを, 他ならないだろう, 他ならなかった, 付着し, 付随した, 代えるならば, 代えれば, 代って, 似て, 入れて, 入れられ得る資格, 全然該当, 出会うこと, 出會, 出逢うこと, 到着するなら, 到達した, 到達する, 制せられないでも, 制約され, 制約された, 制約せられない, 励まされて, 包括され, 包括せられる, 包摂されるべき, 包摂され投げ込まれる, 却ってより, 反した態度, 向けられるであろう, 含まれた一つ, 囚はれ, 囚はれぬ, 固執し, 在らねば, 地位を, 執着する, 基いて, 基くと, 基く公式, 基く故, 堕して, 変化させた, 変化し得る, 外ならなかった, 安ん, 対せしめて, 対応し, 対抗する, 対立し, 対立した, 対立せしめる, 専門的と, 少し当てはまらない, 少なからぬ, 就いてのみ, 属して, 属する, 属する正し, 席を, 帰って, 帰着し, 帰着せしめる, 幽かなゆるぎ, 引き合わされるの, 引戻され, 引摺りま, 当って, 当て嵌ま, 当て嵌まる, 当ります, 当体する, 従えば, 従って, 従って又, 従属しなけれ, 必ずしも忠実, 応用する, 忠實なら, 思い至る外, 恐ろしい汚点, 惹かれて, 抗し, 捉われず, 捕えられて, 捕はれ易い, 推移しなけれ, 掴んで, 支配せられ, 於けるあやふや, 於けるかの, 於ける困難, 於ける存在, 於ける家庭, 於ける政治, 於ける最初, 於ける概念, 来る, 根本的な, 概念という, 構成性を, 止っては, 止まって, 止まらないわけ, 止らない政治的, 求められるか, 没交渉な, 没頭すれ, 準じて, 物理的合同以外の, 牴觸する, 特別な, 独創の, 独立の, 理論として, 異を, 直覚的な, 眼を, 矛盾する, 矛盾を, 私は, 移ること, 立ちながら, 立って, 立つ判断, 立て籠, 結びつけられて, 置くこと, 翻訳し, 肉を, 至って, 至ってその, 至らしめたこの, 見出される, 託するからと, 該当する, 転化し, 転化する, 較べた限り, 較べれば, 近いの, 連関し, 過ぎないが, 過ぎないただ, 過ぎないので, 過ぎないもの, 過ぎなくなって, 過ぎなければ, 適すると, 適合しない, 適合する, 適合せしめ, 還れば, 還元され, 還元される, 重大な, 関わる最後, 関係づけ, 関係づけられ, 關し, 關はり, 限って, 集注される, 集注する, 非常に, 革命を, 順応し, 鼓舞され

▼ 概念~ (198, 4.2%)

5 なること, 呼ぶこと 4 なる 3 なって, 呼ばれること 2 なる時, シェリングの, 島原藩の, 意識の, 文学的表象との, 機能概念とが, 言語は, 関係の, 関係概念との, 離すこと

1 [158件] いくぶん喰, いはれたの, かけはなれ実に, かなえの, この概念, されてるすつきり, したがってまた経験, して, する, するアリストテレス的, その用途, だろう, なりそして, なり第, なり谷崎潤一郎, なるけれども, なるだろう, なると, なるの, なるわけ, なる意識, なる社会, はかような, はちきれるほど, またその, センスとが, デュルケム乃至, フロイトによる, リード的常識の, 一つである, 一応同じ, 一致せし, 之から, 云い概念, 云うこと, 云えば, 云っただけ, 云っても, 体系概念との, 個人的意識の, 全く一致, 全く独立, 共に古い, 其生活とは, 分析と, 切っても, 判断である, 区別される, 区別され得ない, 只自分, 同じもの, 同じ任務, 同じ使命, 同じ資格, 同一視される, 吾, 呼ばずに, 呼ばねば, 呼ばれて, 呼ばれる, 呼ばれるもの, 呼ばれる処, 呼ばれる限り, 呼びそして, 呼ぶか, 呼ぶもの, 呼ぶ代り, 呼ぶ処, 呼ぶ理由, 固定した, 国家の, 妄想的表象との, 存在という, 定義とが, 実体概念とが, 実在との, 実在物とを, 実際の, 実験との, 實體概念とが, 対立する, 対象としては, 専門的概念従って, 常に同時に進み, 平行し, 形式とを, 形概念との, 思って, 性格とを, 情意的な, 意味, 意図が, 意識, 把握的概念を, 接触し, 支那という, 文化の, 文学の, 文学的な, 文学的表象, 方法の, 根本的に, 概念との, 概念とを, 構成的概念との, 機能概念, 比較される, 混同され, 混同し, 無媒介, 無論すぐ様一つ, 現代物理学, 異なると, 直接に, 直観と, 直観との, 直観とを, 真理という, 矛盾し, 矛盾する, 社会の, 社会概念とが, 社会概念との, 称せられる, 空間の, 空間自身の, 立場の, 等しいもの, 精神概念との, 結びついて, 結びつく故に, 結び付いた場合, 結び付いて, 結び付かない限り, 結合され, 考えては, 考えられたの, 考えられる, 考えられるかも, 考えるならば, 自己同一であった, 表象との, 表象とを, 見てさえ, 見做, 観念的概念との, 訳されて, 読方とを, 論理とを, 違った気持, 関わりを, 関係し, 関係概念とは, 闘は, 關係し, 離れて, 類概念との, 食い違って

▼ 概念である~ (101, 2.1%)

9 ことを 4 ことが, のである 3 からである, と, とすれ, と云う 2 かのよう, から, ことに, ことは, ように, 処の

1 [60件] かが判るだろう, かよりも先, からおのずからこう, からその, から非, かを改めて, かを注意深く, かを私, か専門的概念, か知らなけれ, が, がこの, が人々, が今, が吾, けれども理性, ことである, ことには, ことの, こと之を, この大衆, しその, しそのうえ, その他の, それであれ, それは, ためには, ということ, といっ, ところの, ともいえよう, と云われる, と共に同時に, と考えられる, と考える, と見る, に反し, に違い, のだ, ので, のなら, ばかりで, ものは, 世界をば, 主觀客觀, 以上一つの, 以上之は, 原子や, 心理的なる, 必要が, 思想である, 或る, 決して歴史的情勢, 点を, 理由を, 空間にまで, 筈である, 範疇に, 資格を, 限り前に

▼ 概念として~ (99, 2.1%)

4 理解される 3 では 2 心理の, 把握する, 構成し, 流用する, 現われる, 理解する, 絶えず流用, 通用し

1 [76件] あらはれた美的仮象, この定, この概念, その意味, その最後, それを, でなく事実, ではなくし, もつ意味, 一種奇怪な, 上層概念である, 世界という, 主観との, 人々は, 使用されず, 使用される, 使用しない, 利用され慣される, 千八百円の, 即ち白い, 又専門的概念, 又方法, 取り扱われる優れた理由, 取扱は, 名づけないの, 多くもつ, 大量的に, 存在する, 学問的研究を, 定着される, 実際的, 尚一般, 形成された, 役立たないこと, 思想としては, 性格づける, 成り立ったもの, 成り立つこと, 成立し, 成立する, 把握された, 抑, 持ち出されて, 排斥した, 採用しなけれ, 採用する, 日常的概念に, 日本と, 普遍者に対して, 有つ, 村竹の, 構成する, 機能し得る生きた, 歴史科学の, 無論自然それ自身, 物理学に, 現は, 現われて, 現われるであろう, 理解されね, 理解され得る, 理解され得るであろう, 理解するなら, 理解せられる, 用いられたこと, 発見されるなら, 白い服, 知って, 空間, 純に, 能動的に, 見れば, 規定されず, 通用する, 造り替えられた, 選ぶと

▼ 概念では~ (91, 1.9%)

22 ない 20 なくして 11 なくて 3 あり得ない 2 ないこと, ない概念, なかった

1 [29件] あり得ないという, あり得ない筈, あり得なかった, あり得なかったの, ある一点, これは, こんなわかりきった, それが, ないから, ないが, ないそれ, ないであろう, ないと, ないという, ないの, ない又, なく一つ, なく一定, なく事實, なく従って, なく本能, 凡そ時間, 団結し, 掴めないよう, 時代の, 有, 片づけ切れないよう, 足利尊氏に, 間に合わないの

▼ 概念から~ (81, 1.7%)

3 いえば, 出発する 2 云えば, 引き出されたもの, 独立に

1 [69件] いふと, すれば, その刻み, はみ出すところ, まったく区別, まつたく區別, みると, わたしは, デライブされた, マルクス主義的, 一歩も, 云って, 先天的に, 出たやや, 出て, 出来上ったの, 出発し, 判断判断から, 割出されたもの, 区別され, 区別される, 区別し, 区別した, 区別せよ, 古典的な, 堕した或, 存在の, 学問概念への, 性格の, 意識の, 抽象し, 来る処, 東京の, 機能概念が, 機能概念へ, 歴史概念への, 決めて, 決定されるべき, 派生し, 無の, 特に区別, 特別の, 独立では, 独立な, 生れては, 発した口実, 発生した, 直ちに引き出される, 神秘の, 科学論, 科学論に, 絶対的に, 考えても, 脱しきらない議論, 脱した人間らしい, 脱却し, 自己を, 自由の, 蒸溜され, 要求される, 説こう, 遠いもの, 関係概念への, 除外する, 階級性の, 離脱し, 離脱しなけれ, 離脱する, 類概念への

▼ 概念構成~ (72, 1.5%)

4 との独立, の特色 3 としての方法 2 から独立, の基本構造, の性格, の相違, の限界

1 [51件] がこの, がどう, が事実, が例えば, が価値関係, が個別化, が加えられる, とが内容, としての, として歴史科学, との相互, と事実, と実在, と独立, にぞくする, にだけ固有, についてのアリストテレス, にとっても一般的, によっては我々, によってまた, によって媒介, によって構成, によって特色, による分類, に固有, に対して限界, に求めた, に較べ, のその, のイデオロギー的制約, の区別, の名, の固有, の手続き, の条件, の特徴, の現実的内容, の理論, の過程, はこの, はそれ, は一般化, は個別化, は従っ, は普遍, は歴史科学的概念構成, をこの, を基本構造, を性格, を第, を通してである

▼ 概念によって~ (68, 1.4%)

3 考えること 2 事実を, 強制される, 特色づけられる, 理解されるべき, 立つもの

1 [55件] すべてを, 一般的に, 与えられる, 与えられる理解, 云い表わされる処, 企てて, 伝えられずに, 何者かの, 具体的な, 処理されね, 分析された, 分析し, 初めてその, 初めて積極的, 初めて自然生活, 制約され, 吾, 因果律を, 外部から, 始めて虚空間, 強制する, 律しようと, 思考し, 成立する, 把握され, 把握された, 把握される, 把握する, 抽象されない, 支配されるべき, 救おうと, 救われること, 最も広い, 片づけようと, 理解される, 理解した, 理解し尽され, 理解し尽される, 理解する, 生きた生活, 確立された, 空間と, 置き換えたが, 置き換えても, 考えるという, 而も, 行なわれるの, 表わされるもの, 解明される, 認識される, 貫かれて, 質では, 質料, 連続性と, 遂行される

▼ 概念~ (68, 1.4%)

1 [68件] おのずから取上げられる, ここに, この認識論, これに, そうであった, それが, それだけ, だからこの, だから普通, ない象徴, なかった, なければ, また僕ら, また無, みずから異なり, もはや決して信頼, やはり変っ, やはり目的論的, 一応の, 主観の, 亦, 亦ある, 亦こうした, 亦この, 亦そうした, 亦その, 亦ハイデッガー, 亦マルクス主義, 亦例外, 亦全くその, 亦再び其処, 亦分解, 亦弁証法的, 亦性格的, 亦甚だ, 亦社会常識, 亦結局例, 亦観念, 亦運動, 体系概念も, 何ものにも, 例へばフリー, 具体的なる, 出来る, 単なる空虚, 同じ教導性概念, 場の, 多くは, 宗教や, 容れる余地, 常識的概念として, 形式主義的にしか, 成り立つこと, 或る, 持合さぬ, 文学的表象も, 新しく把握, 明確に, 極めて漠たる, 正しくないであろう, 決してパラドックス, 現実的に, 移つて行つて遂に, 統計的法則の, 自我という, 茲で, 要するにその, 許される

▼ 概念~ (57, 1.2%)

3 以て 2 あつた, あつて, これを, でも, 見たり

1 [44件] あらうと, ありそう, かためて, きめて, それを, できて, まごついて, まずある, イズムに, 一番共通で, 作って, 働いて, 分析しない, 分析する, 判じて, 判断し, 固めつけられがっしり, 大まかに, 夫は, 失恋を, 好い筈, 山と, 或る, 抽象性を, 武蔵の, 武蔵を, 法は, 法規の, 添えられるもう, 片づけて, 矢張りあり, 組織的プロレタリア階級以外の, 絶対的区別が, 置き換, 置き換えなければ, 置き換えられたの, 置き換える, 美も, 考へられて, 臨んだの, 裁判を, 見ると, 説明する, 輪廓づけられ

▼ 概念とは~ (54, 1.1%)

2 全く別, 区別する, 異った

1 [48件] およそ別人, この実践, ならないと, ひどく懸け, よほどちがった, よほど違っ, ベグリッフである, 一応別, 一致しない, 会得し, 優れた実践概念, 全く成立, 凡そ心持, 凡そ甚, 別であり, 別な, 区別さるべき, 区別された, 区別される, 単に概念, 単純に, 吾, 固社会的制作, 大へん, 大分違う, 実はただ, 実在の, 少しばかり, 少しも, 差別の, 形式論理学による, 思惟の, 性格が, 性格の, 性格的事物の, 抽象作用によって, 根本的に, 歴史が, 無論決して一致, 無関係である, 独立に, 理論的認識の, 異って, 異る, 相容れず, 自己矛盾し, 逆である, 遠いから

▼ 概念~ (42, 0.9%)

33 のである 4 のだ 2 のであり 1 のか, のであつ, のであります

▼ 概念との~ (34, 0.7%)

2 この対立, 区別は, 区別を, 対立に, 連関に

1 [24件] 一切の, 交渉を, 交通路を, 区別が, 実質的な, 対立を, 律動の, 機構内容から, 混同から, 混同を, 相互の, 相違である, 相違は, 結合の, 結合関係の, 統一である, 統一之が, 運動が, 間に, 間には, 間を, 関係の, 関連をも, 關係を

▼ 概念自身~ (33, 0.7%)

2 に於

1 [31件] から云っ, が可, が実践的, が常に, が成り立つ, が成立, が観念論, が許さない, が運動, とが担っ, としては絶対的, となる, と意識, には, に横たわらね, に矛盾, の内, の否定, の問題, の困難, の止揚, の理論上, の自己反省, の解消, はずっと, は論理的, をその, を実践的, を支点, を源泉, を社会科学的

▼ 概念という~ (32, 0.7%)

6 性格を 2 のは, ものは, 言葉の, 言葉は

1 [18件] ことが, ことに, ことの, そうだ, たの, のが, ものの, ような, 一種の, 他者と, 同一の, 役目が, 概念も, 特殊の, 独立の, 言葉が, 言葉を, 通路を

▼ 概念規定~ (28, 0.6%)

3 はジャーナリズム 2 とする, の第, は新聞紙

1 [19件] から云っ, から遂に, がやや, であるであろう, であるであろうから, として判断, とを發見, とを試み, などは何, に於, に關, の他, の側, の非, は根本的, をここ, をも浮き出させる, を持つ, を異に

▼ 概念~ (26, 0.5%)

2 理論が

1 [24件] 主張の, 主義にも, 人生観が, 偏見や, 判断では, 又物質自身, 各種の, 思想には, 思考から, 悟性や, 意識とは, 感傷が, 歴史観念の, 理念存在から, 理論に, 理論は, 理論を, 矛盾律や, 範疇に, 範疇の, 範疇を, 習俗の, 表象の, 言葉を

▼ 概念であり~ (24, 0.5%)

2 一つの, 之に, 後者は, 我々の

1 [16件] そしてかかる, その舞台的魅力, それが, ながらしかも, ながら両者, 之の, 事物の, 他方に, 何処からが, 冷たい没情味, 創造は, 専門的概念は, 推理においては, 某は, 知識学的通路を, 自然の

▼ 概念でなけれ~ (24, 0.5%)

13 ばならない 4 ばならぬ 3 ばならなかった 2 ばなるまい 1 ばならないであろう, ば佯

▼ 概念にまで~ (24, 0.5%)

2 運動する

1 [22件] そして自然, 仕立てたが, 仕立てたもの, 仕立てる, 仕立てること, 其の制限, 到達した, 加工した, 変更されるべきであり, 就くこと, 延長し, 把握され替えられね, 抽象化す, 構成し, 発展した, 発展せしめた, 結びつけられなければ, 総合される, 転化し, 進歩出来た, 運動し, 運動した

▼ 概念分析~ (23, 0.5%)

2 の操作

1 [21件] が必要, されるか, する哲学的方法, だけによって事物関係, という手段, という手続き, と呼ぼう, などが自然科学, なるもの, によって, の一例, の内側, の手段, の第, の課題, はこの, は博士, は所謂演繹, をプラトン, を目的, を経

▼ 概念そのもの~ (22, 0.5%)

1 [22件] から当然そう, から来る, がまだ全く, がテーマ, が根源的, が極めて, が経験的, が解決, が軽, としてある, と等, なの, における発展, にも直観, に矛盾, の内, の分析, の基礎, の解釈, の論究, は認識論的, を源泉

▼ 概念~ (20, 0.4%)

3 の区別

1 [17件] あまり判然, から見た, には殆ど反省, には漠然と, の, のイデヤ, の一応, の分析, の分析操作, の懐疑主義, の指定, の混迷, の空論, の美感, の解決, の資格, の連想

▼ 概念としての~ (19, 0.4%)

2 性格を

1 [17件] スッキリと, 両端を, 個人の, 性格, 技術は, 教導性に, 機能では, 機能を, 歴史的意識も, 物自体に, 特質を, 範疇の, 自然であった, 自由主義でしか, 虚偽虚偽それ自体という, 資格を, 運動の

▼ 概念~ (18, 0.4%)

2 ということ, と云っ, と云った, と云わね 1 からである, が形式論理学, とかある, とする, とすれ, とその, と云わざる, と哲学者達, と言った, も与えなかった

▼ 概念内容~ (18, 0.4%)

1 [18件] からはたとえ, がたとえ, が何, が這入っ, であるという, であるとは, ではない, としては直ちに, とその, によれ, に従って事, に異, の区別, の外, はその, を得た, を有っ, を離れ

▼ 概念には~ (17, 0.4%)

1 [17件] あてはまらない, あてはまらないもの, かなりに, この相対的, なれない, 世を, 何か, 充分に, 多少の, 小學時代, 属さない, 様々の, 歴史と, 歴史性が, 相異, 相違ない, 近代人には

▼ 概念それ自身~ (16, 0.3%)

2 に固有

1 [14件] からは何処, から必然, がすでに, がすでに決して, が無意味, が結局完全, が自分の, が非, としての概念, に就い, の内, の名, の立場, を源泉

▼ 概念とを~ (16, 0.3%)

2 区別し

1 [14件] まず予め分離, 区別した, 同一視する, 対立させ, 対立させる, 得た, 提唱した, 校量し, 極めて計画的, 用いては, 結び付けること, 結ぶ理由, 統一的に, 訂正さえ

▼ 概念による~ (15, 0.3%)

2 処の, 分析を, 空間 1 ものである, 判断に, 発生論理的解釈を, 社会が, 空間に, 空間は, 説明であり, 説明である, 論理的表現である

▼ 概念~ (15, 0.3%)

2 導いて

1 [13件] すり換えね, そして自由, まだ充分, もたらすこと, 即ち単に, 向って, 抜けて, 来た, 来れば, 行かねば, 運ばれねば, 関係づけ, 関係づけられ

▼ 概念乃至~ (15, 0.3%)

2 観念である

1 [13件] イデーからの, イデーからは, イデーは, 判断の, 用語の, 範疇と, 範疇との, 範疇の, 範疇は, 観念でなけれ, 観念の, 観念は, 観念を

▼ 概念でも~ (14, 0.3%)

3 ない, なければ 1 あるという, ないこと, ないと, なく又, よいから, 成り立つもの, 持つて, 置き換えられ得る所以

▼ 概念への~ (14, 0.3%)

3 運動に

1 [11件] この批判, この推移, 出発を, 推移, 推移である, 推移の, 正当なる, 移動乃至, 翻訳を, 運動を, 関係を

▼ 概念を以て~ (14, 0.3%)

1 [14件] すれば, アララギ派の, 世界や, 之に, 人の, 充満する, 吾, 呼ぶこと, 大衆の, 学問性を, 律すべからず夏, 最後の, 言葉に, 議論を

▼ 概念であっ~ (13, 0.3%)

2 てはならない

1 [11件] てこそ初めて, てはならぬ, てもそう, てもまだ必ずしも, ても例えば, て之, て云わ, て他, て君主主権, て概念, て純粋

▼ 概念とが~ (13, 0.3%)

2 一つであり, 一つである 1 どんな幸福, 他ならぬ, 客観と, 弁証法的な, 日本では, 現実的に, 結びついて, 結び付くという, 論理的な

▼ 概念としては~ (13, 0.3%)

1 [13件] あるべきこと, 一方のみ, 今日では, 全く行き, 全く非, 勿論二つ, 夫, 平均という, 平均といふ, 形式, 構成的概念が, 様々な, 西洋からは

▼ 概念~ (11, 0.2%)

4 した日 2 して 1 されたもの, される恐れ, し抽象化, し硬化, に対する

▼ 概念だけを~ (10, 0.2%)

1 不完全ながら, 与えるの, 使って, 前景に, 戦場勝負で, 掴み得たに, 概念と, 独立に, 知って, 綴る事

▼ 概念について~ (10, 0.2%)

1 いつて, それの, ですか, 一応吟味, 判断を, 思惟する, 思索を, 書いて, 次の, 述べたの

▼ 概念によ~ (10, 0.2%)

1 つて, つてのみ, つて一擧に, つて何者かの, つて思考し, つて性格付け, つて或, つて表現した, つて解かう, つて解釋し

▼ 概念をば~ (9, 0.2%)

1 それに, やがて説明, より流動的, 創り出すという, 或る, 既知の, 次第に影, 産み出す処, 自分みずから知る

▼ 概念をも~ (9, 0.2%)

1 その概念成立, 伝えること, 持たぬ文官たち, 有して, 有せざりしなり, 有せざる, 無論有つ, 産むよう, 許さなければ

▼ 概念成立~ (8, 0.2%)

6 の動機 1 の実践的動機, の歴史

▼ 概念する~ (7, 0.1%)

1 かということ, かを考える, ことである, こと出, ような, 暖海の, 結婚では

▼ 概念だった~ (7, 0.1%)

3 のである 1 からである, からな, のでなけれ, のを

▼ 概念であった~ (7, 0.1%)

2 のだ, のである 1 が, がこれ等, ということ

▼ 概念において~ (7, 0.1%)

2 思惟する 1 この一書, 存在する, 存在を, 現わ, 統一され

▼ 概念からの~ (6, 0.1%)

1 一つの, 出発を, 動機に, 影響に, 演繹の, 運動であった

▼ 概念でなく~ (6, 0.1%)

3 てはならない 1 てリズム, もっと実質的, 実には

▼ 概念によっては~ (6, 0.1%)

1 与えられない, 与え得られない処, 充分に, 尽されない, 必ずしも正しく名称, 意識は

▼ 概念に対する~ (6, 0.1%)

1 一種の, 優れたる解釈, 創造の, 天才の, 真剣な, 関係概念或いは

▼ 概念~ (6, 0.1%)

1 だ, で簡単, としてより, は不得手, を書い, を要求

▼ 概念だけ~ (5, 0.1%)

2 では 1 あれば, でけっして, 分って

▼ 概念であるなら~ (5, 0.1%)

1 ばそう, ばその, ばゲーテ, ば恐らく, ば正

▼ 概念とも~ (5, 0.1%)

1 いうこと, およそかけ離れた, なること, なるの, 非性格的概念

▼ 概念に対して~ (5, 0.1%)

1 もし解釈, 依存的な, 又法, 有つ, 私は

▼ 概念に関する~ (5, 0.1%)

1 ものであっ, ものは, 哲学上並びに, 変化だけを, 新しい考え

▼ 概念体系~ (5, 0.1%)

1 が即ち, の使用, の使用法, の根柢, を組織

▼ 概念即ち~ (5, 0.1%)

1 個人的意識の, 所謂範疇なる, 新感覚派, 範疇が, 範疇な

▼ 概念からは~ (4, 0.1%)

1 その内角, 凡そ縁, 決して出, 非常に

▼ 概念こそ~ (4, 0.1%)

1 イデオロギーの, 本当の, 歴史概念の, 相応わしいだろう

▼ 概念~ (4, 0.1%)

1 それによって, てゐる, 判断し, 動機を

▼ 概念しか~ (4, 0.1%)

1 もって, もつて, 成り立たない筈, 知らない

▼ 概念でしか~ (4, 0.1%)

1 ない, ないとさえ, ないなら, 無い

▼ 概念でない~ (4, 0.1%)

1 ということ, のである, 今明確, 心そのもので

▼ 概念とか~ (4, 0.1%)

1 云われるもの, 判断とか, 悟性とか, 数とかは

▼ 概念と共に~ (4, 0.1%)

1 その人間, マルクス主義的に, 相予想, 絶対的である

▼ 概念なる~ (4, 0.1%)

2 ものが, ものは

▼ 概念にとっては~ (4, 0.1%)

1 この区別, 最も大事, 最も都合, 物質は

▼ 概念にも~ (4, 0.1%)

1 また根本的, 当て嵌ま, 根本的な, 相応する

▼ 概念よりも~ (4, 0.1%)

1 むしろ, 問題の, 根柢的である, 観念として

▼ 概念それ~ (3, 0.1%)

1 が立場, は存在, は常識的概念

▼ 概念たる~ (3, 0.1%)

1 範疇と, 範疇によって, 範疇は

▼ 概念だけは~ (3, 0.1%)

1 あるの, 自然の, 適当に

▼ 概念などは~ (3, 0.1%)

1 この際, 全く変っ, 決して決定

▼ 概念なり~ (3, 0.1%)

1 である, 地形等々は, 意識なりは

▼ 概念にしか~ (3, 0.1%)

2 過ぎない 1 感じさせない

▼ 概念については~ (3, 0.1%)

1 この女, じつは精密, 完全に

▼ 概念のみが~ (3, 0.1%)

1 それに対する, 働くこと, 重要で

▼ 概念以外~ (3, 0.1%)

2 の何物 1 に吾

▼ 概念従って~ (3, 0.1%)

1 又文明過程, 日常語と, 正に一つ

▼ 概念或いは~ (3, 0.1%)

1 函数概念の, 実体概念に対する, 機能概念

▼ 概念~ (2, 0.0%)

1 判断か, 又は自然科学

▼ 概念こそは~ (2, 0.0%)

1 ひとが, 文化の

▼ 概念さえ~ (2, 0.0%)

1 なしに, もし物理学者

▼ 概念され~ (2, 0.0%)

1 たりし得る, ている

▼ 概念すなわち~ (2, 0.0%)

1 ギリシア人の, ロゴスであった

▼ 概念そういう~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものに

▼ 概念だけでも~ (2, 0.0%)

1 いいから, 醜悪だ

▼ 概念であれ~ (2, 0.0%)

1 ばこそ空間, ばこそ端初

▼ 概念でだけ~ (2, 0.0%)

2 了解し

▼ 概念といふ~ (2, 0.0%)

1 ものは, 意に

▼ 概念としてのみ~ (2, 0.0%)

1 吾人は, 育ち得て

▼ 概念とによる~ (2, 0.0%)

1 社会と, 芸術の

▼ 概念などを~ (2, 0.0%)

1 取って, 死文に

▼ 概念ならぬ~ (2, 0.0%)

1 体系概念への, 何物かを

▼ 概念においては~ (2, 0.0%)

1 主観は, 自己は

▼ 概念における~ (2, 0.0%)

1 家だ, 本質的な

▼ 概念についても~ (2, 0.0%)

1 同じこと, 語り得るであらう

▼ 概念に対しては~ (2, 0.0%)

1 直接な, 観念的法概念は

▼ 概念ばかりが~ (2, 0.0%)

1 単に上面, 玩ばれて

▼ 概念へまで~ (2, 0.0%)

1 構成され, 運動する

▼ 概念より~ (2, 0.0%)

2 機能概念へ

▼ 概念一般~ (2, 0.0%)

1 が概念, の標準

▼ 概念上区別~ (2, 0.0%)

1 されること, するとき

▼ 概念以前~ (2, 0.0%)

1 であって, に与えられ

▼ 概念使用~ (2, 0.0%)

1 の動機, の権限

▼ 概念~ (2, 0.0%)

1 な釈教歌, に知る

▼ 概念~ (2, 0.0%)

1 に矛盾, の有無

▼ 概念構成以前~ (2, 0.0%)

1 に横たわる, の之

▼ 概念~ (2, 0.0%)

1 から脱却, で上句

▼ 概念知識~ (2, 0.0%)

1 さえも有しない, の両方

▼ 概念組織~ (2, 0.0%)

1 が唯一, を論理

▼ 概念體系~ (2, 0.0%)

1 が徐々に, に於

▼1* [130件]

概念あらゆる学校教育なぞが, 概念あることなし, 概念からしか動機されない, 概念からも遠ざかる必要, 概念ぐらい私たちを, 概念へもつ, 概念された結果を, 概念されたる一の, 概念すら抱かなかつたあの, 概念すらもまだ全然発達, 概念せしめることが, 概念それ自体の弁証法, 概念だけからも成り立つこと, 概念だけが実在的だ, 概念だけを以て失礼する, 概念づけたものである, 概念であったであろうからたとい, 概念でありましてもの, 概念でありますからそれで, 概念であるだろう支配は, 概念であるであろうから, 概念ですから神さま, 概念でないであろうか, 概念でなくなり因果律は, 概念での文学が, 概念というはあるが, 概念とかという文化の, 概念とかのように, 概念としてしか成り立たない現実, 概念としても事柄としても, 概念とだけに於て, 概念とに盲従し, 概念とによってはだから社会, 概念なき直觀, 概念なくして, 概念など一顧の, 概念などが之に, 概念などではない, 概念などに思ひ及んで, 概念などへ結び付ける場合, 概念なりが出来なければ, 概念にさえ及ばない程, 概念についてだけにして, 概念にとって端初と, 概念によってさえ哲学的な, 概念によってのみ理解し得るであろう, 概念に対してのみ可能である, 概念に従ってこの地, 概念のしもべになろうと, 概念のみあって, 概念のみをいぢくり, 概念ばかりで物, 概念ばかりを私は, 概念へと過程し, 概念またそういう概念, 概念までが文学的だ, 概念までも得られる, 概念めいたものを, 概念よりはヨリ多く, 概念をしか持って, 概念を以ては中枢的に, 概念を通じて即ち本質, 概念フォイエルバハの, 概念の限界概念, 概念一つ成り立ちはしない, 概念を得る, 概念上矛盾して, 概念にはなかっ, 概念主義に対する実在主義, 概念主義的である処, 概念は学問構成後, 概念以上のもの, 概念は拡張, 概念に知っ, 概念作用を持つ, 概念使用上の誤謬, 概念使用法で彼等, 概念例えば質量の, 概念を毀し, 概念體の, 概念公式方法原理等はできるだけ, 概念出来ないのである, 概念分析的な論理, 概念分析的操作で片づけよう, 概念判断思惟意識など, 概念到底卑下浅薄なる, 概念もこの, 概念単なる多数原理に, 概念及び其由来, 概念又は言葉, 概念名言葉のみがロゴス, 概念を作っ, 概念外存的思想などが出, 概念天才の概念, 概念は人々, 概念如何なる言葉の, 概念実質が現在, 概念をくす, 概念差別を自白, 概念形式の中, 概念思想を以て結構, 概念ひは, 概念把握法の結果物, 概念数公式等はその, 概念曖昧の虚偽, 概念材料に如何, 概念構成上の対立, 概念構成方法第三, 概念構成的概念と把握的概念, 概念模倣の概念, 概念法学流に法規, 概念の代り, 概念生活の情熱, 概念用具の構成運用, 概念発展概念の或, 概念相互の運動, 概念社会的風潮に対して如何程, 概念程度でまだ, 概念立場としての立場, 概念の間, 概念肯定のため, 概念複合体はもはや, 概念であると, 概念認識概念から自己, 概念語感に幾分, 概念負けたので, 概念質料としての無, 概念運動に於ける, 概念な処, 概念體系そのものに於