青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「有名~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

有する~ ~有っ 有っ~ ~有り 有り~ ~有る 有る~ ~有力 有力~ ~有名
有名~
~有様 有様~ 有難い~ ~服 服~ ~服装 服装~ 望~ ~望み 望み~

「有名~」 5077, 50ppm, 2296位

▼ 有名~ (3677, 72.4%)

67 のは 33 もので 25 話である 16 ものである 15 ものは 11 ものに 9 ものであった, 人の 8 ものだ, 人が, 学者の 7 のが, フランスの, 人である, 彼の, 方です, 画家の, 詩人に, 話が 6 ものの, 事件で, 人で, 実業家の 5 ものが, ものです, んです, 人だ, 人であった, 将軍の, 日本の, 詩人の, 話です

4 [19件] お金持, ことである, のだ, ものだった, アメリカの, 一つの, 事件の, 事実である, 人に, 人を, 作品の, 作品を, 女の, 學者が, 小説を, 或る, 男で, 英国の, 遺物が

3 [42件] ことだ, のです, はなし, ものであります, もんだ, ドイツの, 人々の, 人であります, 人物を, 作家が, 十二月党の, 古歌, 句を, 女賊, 学者で, 孫子の, 寺が, 小説, 少年助手の, 山が, 弁護士の, 手紙を, 料理人を, 曲だ, 書家の, 歌で, 活火山が, 物語の, 琴の, 男です, 絵を, 美人の, 老学者, 言葉に, 言葉を, 詠唱, 話で, 話は, 話を, 越後の, 金持の, 音楽家に

2 [182件] あの鼻, お寺が, お方です, お茶の, はなしを, ものでありました, ものとして, ものな, ものには, アリア, イギリスの, クリスチャンの, シャーロック, ジョン, マダム三浦です, ロイテンの, ロシアの, ロンドンの, 一つで, 一人である, 一人の, 万年雪が, 世田ヶ谷の, 中島湘煙, 事件である, 事件として, 人々が, 人々を, 人か, 人です, 人と, 人な, 人物が, 人物と, 仏蘭西の, 代議士の, 作品だ, 作家では, 作家などには, 俳人の, 俳優の, 傑作, 先生だ, 先生で, 円朝の, 助教諭先生の, 句でも, 句に, 句の, 句は, 呉服店, 呼び声にも, 和歌が, 哲学者の, 唐の, 四つの, 土井利位の, 土地である, 城大工を, 場所に, 外科医の, 夜店である, 大商店, 大家の, 女だった, 女優で, 女流作家である, 奴さ, 好色人光源氏の, 学者が, 学者であった, 学者です, 学者に, 学者や, 安宅の, 安政の, 定期市が, 宝石を, 宝石商の, 実業家で, 家である, 家の, 宿の, 宿場だった, 富豪の, 富豪を, 寺の, 寺三つに, 小早川伯爵が, 小林君です, 小説だ, 小説や, 小説家が, 小説家です, 山である, 島な, 巫女が, 建築家である, 当時の, 御世梅お, 御伽話, 御用聞の, 所であります, 所である, 支那の, 政治家が, 文士の, 料理屋田川屋の, 新町の, 新進作家の, 旧家の, 書簡の, 某文士, 桜の, 業平の, 橋の, 歌が, 歌です, 殺人事件の, 河童橋は, 浄土宗の, 浅草の, 浅間情緒は, 海港ロシュフォールで, 温泉場は, 物語上手である, 狸の, 珊瑚王の, 田中の, 男だ, 男爵の, 白楽天の, 科学者の, 種原論が, 立女形中村某の, 立派な, 童話であり, 素人探偵の, 細川幽, 美しい女形, 美人, 美人で, 美男である, 自然科学者の, 芸人の, 芸術家や, 茶人繁野友白の, 荒城の月です, 荘田夫人です, 蒐集家の, 藏書家の, 術者に, 親を, 言葉だ, 言葉である, 言葉の, 言葉は, 詩に, 詩の, 詩を, 詩人だ, 詩人で, 詩人である, 詩人と, 話, 話だった, 話でありました, 話であります, 話な, 貧民窟の, 走井の, 逸話が, 逸話である, 逸話は, 遊び屋で, 金持で, 銭形の, 長歌, 陶器師が, 青年探偵の, 青年探偵帆村荘六が, 魏の

1 [2777件 抜粋] あね, あの島原, ある魅力, おてつ牡丹餅, お医者さん, お嬢様を, お方お, お琴師さん, お花さん, かたでも, かの野中兼山, ことり, この夫人, この祖父, そして自分, その寺, ところだ, ところの, のか, のでした, のとに, ばくち, ぶどう園主の, ものであっ, ものとは, もの高級な, ろう仮面な, アインシュタインは, アパートで, アラビヤンナイトが, アンナ・レクナーが, イブン・アル・ハイタム, ウェストミンスター寺院を, ウチだった, エスペランチストが, エピソードを, オッテンビュー森で, カステル・ウォヴォ, カフエーや, カーナバル祭である, ガリレイの, キリシタン地方天草領は, ギリシャの, クリカラ峠が, クロポトキンには, ゲティスバーグ演説, コルドバの, コーカサス馬だ, サントッツァと, シェカリンスキイが, シャルル・ペロオの, シュミット博士の, シーズン行事の, ジャヴァの, ストライキの, セエラを, ソフィア・ペロフスカヤは, タイタニックとは, ダブダブと, チェーホフ論, ツァルスコエセロ, テラ, デビーヌ式の, トルストイ伯も, ドジョウ屋の, ナマハギの, ノオトル・ダムの, ハドソン・ロオが, バスであり, パイロットアンドレアス・ウルダネタが, パンフレットに, ピアニストが, ピラミッドや, フェートン号の, フルード, プラーグの, ヘレネの, ペルシアの, ホンゾンカケタカ, ボルタは, マダム・ド・ベルニィと, マルクスの, マントを, メカニズムは, モジャモジャ頭の, モンモランシー家に, ライン河である, ルナールの, レコードだ, レストランへ, ロビンソン物語, ヴァイオリニストウィーンに, 一つばなし, 一批評家が, 一節だ, 七博士は, 万葉の, 三島通庸の, 三河屋幸三郎俗に, 上杉の, 不良少女が, 中国の, 中隊だった, 九州五箇, 乾山です, 事件だった, 事件を, 二人の, 二律背反には, 五重之, 京伝馬琴などの, 人からさ, 人だったらしい, 人は, 人形屋が, 人物である, 人相見が, 人間に, 仏の, 仏教の, 仕事着の, 仮説, 伝承者であった, 佐々の, 作, 作品として, 作家とは, 作家面も, 使い手だけ, 例鹿や, 俳優が, 俳優連を, 借金上手も, 備後国比婆郡庄原町の, 僧正宰相リシュリュウだった, 先生が, 光明皇后のみ, 八幡太郎義家は, 公式, 兵学者大江匡房は, 写真嫌いの, 凧上で, 出師の, 刀鍛冶, 刺繍屋さんよ, 剣客長谷川宗喜から, 劇団で, 劇場調査を, 勇士の, 勧学篇などにも, 化粧品問屋, 医学博士である, 医者や, 千葉県の, 南米ジャマイカの, 博奕うちで, 占有は, 友人らが, 古い話, 古典を, 古戦場前は, 古物蒐集家松浦竹四郎を, 句であります, 史話と, 同代, 名医でした, 吝嗇家であった, 呂昇です, 命を, 和蘭の, 哲学者で, 唐津も, 問答は, 善光寺の, 喧し屋の, 四天王ま, 四箇の, 図書館の, 国民劇場, 土人の, 地動説を, 地質学者ジュース, 坂東力寿さんの, 堀の, 塔の, 壁画なども, 変光星琴座の, 多くの, 大井川か, 大名府の, 大子の, 大家が, 大指揮者, 大池, 大盗で, 大道寺建立の, 天一坊事件その, 天才ピアニストであり, 天神祭などは, 太田道灌の, 夫婦げんかが, 奇術師かも, 女で, 女優が, 女優の, 女殺人犯, 女郎だ, 好色人である, 妖怪学者だ, 娼婦の, 婦人演奏家だった, 存在です, 孤児院で, 学者たちに, 学者兪曲園, 孫娘です, 宇津の, 宗匠の, 官有物払下事件も, 宝物に, 宝石店だ, 実を, 実業家辰馬増之, 宦官の, 家が, 宿場であった, 富豪も, 寺である, 対局も, 将軍までが, 小堀遠, 小林芳雄君です, 小説家の, 小長者, 少年助手小林芳雄君だ, 居酒屋が, 山だ, 山國で, 山脈の, 岡部亭蔵が, 島原遊廓から, 川に, 川柳研究家とは, 巨漢の, 市会議員の, 希臘の, 幡随院長兵衛の, 平田篤胤すら, 幽霊塔が, 店だった, 庭へは, 建築家でも, 式内社が, 張巡許遠, 強盗が, 彦田博士の, 彫刻家であり, 役者の, 後藤野にも, 御嶽或は, 御製は, 怒り上戸の, 怪談であります, 恵日寺関係の, 悪食家である, 惑星運動の, 憲法十七ヶ條を, 戦場で, 戯曲家チェホフも, 所謂スウェデンボルグも, 振袖銀杏の, 掏摸ださうだ, 探偵小説だ, 探偵小説家コーナン, 探検隊長として, 描写である, 支那料理店に, 放蕩者であった, 政治家とは, 故一葉女史, 教科書の, 敵の, 文化平衡論が, 文壇人達に, 文学狂一八六六年没, 文章で, 文芸雑誌などから, 斑唐津という, 料理屋の, 料理番が, 新聞社の, 方じゃ, 方なる, 旅行案内書, 日和見主義的言辞に, 日本画家の, 早発白帝城の, 昔話などが, 昼寝を, 智慧伊豆であった, 曲で, 書で, 書狂でも, 曹大家といふ, 朝倉星雲先生が, 木彫家の, 本ぢ, 本郷本妙寺向側の, 杖を, 東大寺大仏殿の, 松の, 林崎や, 某博士, 某氏が, 染料植物と, 桂田工学博士と, 桶狭間以外に, 森村左市衛門氏は, 植物学者伊藤博士に, 楽天家で, 権兵衛が, 欄間と, 歌でも, 歌人寂蓮と, 歌舞伎役者の, 武器陳列場が, 歯ぎしりの, 死を以て, 民党一掃の, 気むずかしい性質, 水戸の, 水練は, 池鯉鮒様の, 河口慧海師で, 法律家スノルリ, 洋館の, 派手な, 浜田弥兵衛が, 浴場だ, 海浜で, 淵や, 清琴樓も, 温泉の, 温泉場に, 湖心亭を, 湯葉屋です, 漁場である, 漢学者も, 潜水鉄球に, 火山觀測所が, 無尽和尚という, 煙草の, 熱電子の, 物で, 物持や, 物語だ, 犬嫌ひ, 狂人の, 独身生活者で, 献王の, 玄奘三藏が, 王昭君の, 理化学研究所の, 生物学者たちは, 生野騒動の, 男か, 男地獄で, 画家, 画家ウェロッキオに, 畜生谷か, 病院で, 発明家で, 白テロ係りで, 白馬は, 百貨店に, 目賀田種太郎氏であった, 相場師である, 真珠王が, 眼尻の, 石仏の, 石本新, 研究と, 社交家だ, 祖父曾祖父を, 神殿の, 祭りである, 秀才であった, 私立探偵マルセ・モネスと, 科学者達が, 空気銃は, 立田川の, 竹久紋之, 笠間は, 答えを, 箸にも, 粋人である, 紀, 紫式部の, 絵かきたちが, 緑川夫人を, 羅門氏でござった, 美人である, 美人看護婦では, 美少年であった, 美貌の, 義伝公で, 老僧, 老木などの, 者である, 聖パトリックの, 背景畫家の, 能筆な, 自意識なる, 舞台を, 船会社の, 芸人は, 芸術家たちの, 苗場山とは, 英雄が, 茶人の, 茶屋小屋, 菅原道眞公だ, 著作茶経, 著述でも, 蕃社が, 薬師堂神農堂を, 藤田様の, 虚空蔵菩薩の, 蜊蛄よ, 行方久兵衞氏の, 裁判官スチーブン氏の, 西洋料理屋である, 親分で, 言葉が, 言葉などを, 証拠として, 詩である, 詩人であるらし, 詩人白楽天が, 詩句も, 話であろう, 語であった, 説明に, 論文集であり, 諸葛孔明, 警抜さという, 豊沢団平俗に, 貧国であり, 貿易商山田和市氏の, 賊では, 賭博場を, 赤壁の, 踊り場だ, 軍事著述家で, 轟博士で, 農山漁村対策の, 通典といふ, 逸話の, 遊女町で, 運動家で, 道場の, 遠国の, 那須野ヶ原が, 都頭武松さんとも, 醤油の, 金の, 金持な, 金魚飼育商の, 鉱泉が, 鏃鍛冶だ, 長命寺の, 長老たちである, 長髪賊なども, 防寨の, 陳述を, 陶器店が, 随神門も, 集の, 難船小僧っていう, 雲月斎玉兎女史を, 露出症である, 革命史実を, 音楽家これは, 須磨明石の, 題材を, 風景画の, 食糧鮭の, 養狐場といふ, 饒舌に, 馬を, 駻馬的細君を, 高力与三右衛門清長と, 高田御殿だったでしょう, 魔術師ニヤンプウ子だ, 鰡八大尽という, 鳳晶子, 鵞鳥が, 鶴見山を, 黒い鉄縁, 鼠の

▼ 有名なる~ (358, 7.1%)

5 ギリシアの, ラテン詩人 4 ものは 3 フィレンツェの

2 [14件] ものなり, ものを, アメリカの, アレクサンドレイアの, ガムベツタなり, シケリアの, ローマの, 匈奴, 大一座, 大和万歳の, 文明史の, 歴史的の, 英国の, 閣下の

1 [313件] かの金博士, が, がご, がために, が二所參詣, が今お, その著書, は, は市俄古, は能因法師, は青山練兵場内, みなの, もの, ものの, ものをば, もの也, もの最も, も別に, ゆえんだった, わが邦, アテナイの, アラブ學者の, アレキサンドル大王の, アントニオの, イスキラスは, イタリアの, イタリア詩人にて, ウィンパアが, ウインパアが, ウォルフ将軍が, エソップの, エヂプトの, キチガイ博士正木先生の, キャンヌの, キュニコス派の, グナイストの, グナイストスタインの, グラックス兄弟の, グールドの, コングレープ卿です, ゴルチーン法の, ゴングの, ジッキンスの, スチブンソン氏の, テオドル・モムゼン博士の, トロイア戰爭ありし, トロヤ戦争の, ドイツの, ドラロッシの, バビロン王ハムムラビの, ビスケー湾に, ビール店ホフブランハウスに, ピアニストの, フィラデルフィアの, フエルヂナン・レセツプス氏の, フランス中古の, ブラウニングの, ブルンチュリーの, ヘンリー・ビーチャーが, ベンサム, ベーリング氏は, ボルレーの, ボローニア雙塔の, マケドニア王アレクサンドロス, マコーレー卿, マルコ, マルサスは, ミラノの, ミルトンの, モンタペルティの, ユグノー党の, ラテン文法學者六世紀の, ラテン聖歌の, ラテン詩人一世紀の, リディア, ルソーの, レンブラントが, ロジの, ローマ皇帝フリートリヒ二世, ローランド夫人の, ローンツリー氏の, 一例は, 一節天照太神と, 三井寺に, 下野の, 両国橋架れり, 中山大納言が, 丸山など, 主人公の, 九州の, 京都栂尾高山寺の, 人々が, 人なる, 人に, 人物の, 人物ナザニエル・ホーソンの, 人穴は, 仏の, 代議士花野茂と, 仲買店モウソン・ウィリアム会社には, 伶人に, 佐比里は, 佐野源左衛門常世という, 作家の, 使徒派の, 侠客会津の, 信玄の, 偃月の, 偽造者に, 元禁軍, 兵書に, 其の著述, 典獄石出帯刀が, 兼六公園にての, 判官の, 利仁将軍が, 剣客の, 劉向其の, 動物組織学の, 厭世的哲學者シヨペンハワーと, 反射炉であります, 叙事詩篇, 句に, 史家の, 吉田松陰が, 名作は, 命題である, 命題を, 唯物史観または, 商店は, 国際法学者マスチニーが, 園囿設計家, 夜会の, 大先生, 大塩中斎の, 大帝供物の, 大捕物, 大會式, 大演説, 大獄を, 大石碑, 大蘇鉄, 天主教の, 天文学者の, 天狗倒し, 太政官布告と, 奇人的大, 奥州の, 奧宮檢事正の, 女給さんだ, 学士の, 學者は, 家柄に, 密輸入の, 富樫家の, 寛永の, 寺院はなはだ, 少年英雄クウフリンの, 尾崎紅葉氏や, 山本大, 岡倉覚三氏の, 岩代国会津の, 岳飛の, 岸田俊子女史, 崔述の, 川甚に, 巨躯紅肉が, 市場を, 希臘の, 平和論者ジャン, 平戸の, 幸村である, 幽霊物語に, 庵り, 建築物に, 弾左衛門が, 彼の, 徐光啓と, 惡僧なり, 慈善家ピーボディーは, 我々の, 戦闘機乗りの, 所は, 抗日遷都将軍の, 探偵の, 探偵スミス警部も, 支那の, 支那學者に, 政治家ミハイルセリホフ氏が, 散文の, 数十章の, 数多の, 數多の, 文人, 文学者であった, 文者石嶺の, 文豪ページ, 料理亭に, 新聞記者岸田吟香氏を, 旧城楼, 旧跡が, 早熟児印東忠介珊瑚王の, 曲芸師の, 望夫石を, 木戸博士の, 木戸準一郎が, 本は, 本を, 李蓮英である, 板垣等が, 果心居士の, 某倶楽部, 棚田晃一郎氏, 楚の, 樂人テバイの, 権畧家朝野渡といへる, 欧洲アルプスは, 歌人だ, 歴史的大, 母権制論を, 民選議院論に, 法令の, 法典争議の, 法王グレゴリー七世, 泰澄大師が, 海賊船が, 温泉が, 演説, 瀧野川の, 無頼漢, 特徴を, 犬痴性が, 獨逸の, 玄武洞の, 珊瑚王の, 男喰い, 畜生谷という, 畫家に, 皿山の, 短篇小説の, 石見の, 碩学が, 神社仏閣中祈祷専門の, 福人の, 私の, 私立探偵帆村荘六だった, 秦淮の, 第一報者, 箱詰屍体事件の, 築地ホテルも, 精神病医学者マリアーノ・フォンテシリア・ヴァラス博士を, 紀州領と, 経験的生物学者であっ, 統治者の, 美人に, 羽地王子向, 考証家中邦婀娜夢氏は, 航海者, 花壇室内に, 英の, 草廬三顧は, 落合氏の, 落語家三遊亭圓朝子の, 著書, 蔡温は, 藤田小四郎が, 蛙の, 蜀山人の, 襄陽の, 角田竹冷氏や, 言葉は, 計算数学者, 訴訟事件を, 詩の, 詩中に, 詩人の, 詩人タンホイゼルを, 詩人テニソンが, 話である, 話術に, 語である, 語に, 諸天使階級論, 謹厳方正なる, 謹嚴方正なる, 豪商等の, 貉の, 貴金属商店では, 賽河原の, 赤外線テレヴィジョン装置が, 越王勾踐の, 軟把であった, 逸話であります, 道庵先生でありました, 邪馬台国の, 部族の, 醍醐の, 里見謙先生です, 金田君及び, 銀の, 銅板画よりも, 銭屋五兵衛の, 長火鉢の, 関東地方の, 陶器は, 雪中相合傘の, 電気王ハイドン氏が, 音叉です, 額部を, 顏之推の, 風邪引き男が, 馬関条約で, 鹿島の

▼ 有名~ (330, 6.5%)

72 なって 24 なった 18 なつた 14 なったの 12 なつて 7 して, なったが 6 したの 4 なりました 3 なったこと, なったもの, なった時, なれば 2 するため, なったので, なったみたい, なったもん, なった人, なつたの, なりその, なりたいと, なると

1 [136件] あこがれること, おなりに, させ武蔵, されて, したかも, したその, したと, したので, したよう, した忠義者, した第, しちまいましたが, してから, してやった, してやろうと, し又, すぎなかった物, すると, なし恐ろしくなした, なったある, なったかと, なったけれども, なったそして, なったでしょうけれども, なったと, なったとき, なったに, なったのみ, なったひと, なったまだ, なったよう, なったらしい, なったら小説界随一, なったら確か, なったり, なったわけ, なったインテリゲンチャ論, なったオットー教授, なったビクター, なったプロレタリア作家, なった事, なった事件, なった仕立屋銀次, なった以前, なった信越, なった奇賊, なった実例, なった将校, なった岩, なった島村抱月氏, なった或, なった文句, なった方, なった曲, なった本, なった村, なった潜水業者, なった独乙精神, なった男, なった讃美歌, なった長州, なった閨秀作家, なった陸中, なった頃, なった首相, なっちまいましてね, なってから, なっては, なってること, なってると, なってる者, なつた村, なつた語學演説, ならずに, ならないはず, ならない唄い手, ならなかったであろうから, ならなかつたが, ならなくつて, なられた河上肇博士, ならん, なりあらゆる, なりかけたころ, なりかけた頃, なりかけて, なりかけられた頃, なりきるまでの, なりさらに, なりそう, なりそれから, なりたが, なりたくありませんの, なりたく思ったこと, なりましたね, なりましたよ, なりまして, なりますよ, なりませう, なり作品, なり僕, なり大, なり始めから, なり恐らく, なり有名, なり盛ん, なり美しい, なり金, なるぐらいの, なるだけ, なるでしょう, なるでしょう素晴, なるな, なるならば, なるなり方, なるにつれて, なるの, なるので, なるやう, なるよ, なるよう, なるわけ, なる人, なる個人的行為, なる日, なる気, なる迄は, なれず終いでした, なれたらいい, なれる, なれるか, なろうとは, なんかなりまし, もし価値, 成りかけて, 相違ない, 装飾され

▼ 有名~ (94, 1.9%)

2 国学者である, 墓が, 女たちの, 彼の, 番匠川越の

1 [84件] お方で, カルフォルニアの, デビッド, 一妓其外下関の, 事実で, 事実であります, 事実なり, 人かと, 人が, 人だった, 人である, 人物で, 人物である, 人物と, 作少なから, 六所明神ここへ, 刀屋である, 化物屋敷あなた方が, 叛賊である, 史実で, 史家プリニー当時の, 和蘭医師高野長英が, 哲学者エピクテータス, 壁画なども, 士君子が, 大家の, 大物であります, 天文学者フリードリヒ・ウィルヘルム・ベッセルの, 女形なり, 女計り, 学士とは, 学士羅希に, 学者で, 寝坊で, 寺である, 巨刹あり, 差別が, 幾軒を, 弁護士カランの, 悪漢であろう, 政治家で, 教授どの人を, 文国に, 新発田の, 新聞記者福地源一郎氏は, 旧家である, 某省次官どの, 楽師を, 樹なり, 浅草に, 演説を, 無慈悲もの, 爆発である, 物語りであるが, 獨語, 画家であっ, 画工であった, 相者に, 神画を, 笹なり, 美少年だ, 肥土でありました, 著作でありまし, 著作も, 蕎麦店, 親分の, 角力取が, 角煮, 角煮だ, 詩でございます, 詩人が, 詩人である, 詩句な, 談である, 談話にて, 議員紳士らが, 越後の, 道士張天師が, 銀行家ビショップ氏の, 陶詩の, 雄將李光弼, 風の, 風来坊気が, 高僧で

▼ 有名~ (93, 1.8%)

10 あつた 4 はある 3 はない, はなかつた 2 はござらぬ, はなかっ, 大小名方, 日本の

1 [65件] あつたごとく, あつたさうだ, あつた相國寺, あつて, あとから, いつの間にか当人, この事件, これは, さう, その前, その漉き, それから, たまに姿, つぎは, どららも, はないだらう, はなく, またたいへん, もない, わたしたちは, カルーソーを, レコードは, ローヤル・ソサイテーの, 世話に, 中にも, 今さら評注, 今も, 今日までも, 以後も, 何年か, 作曲は, 兄は, 光一の, 其の, 其の道, 又有力, 叙景歌の, 土地では, 堯舜禹湯文武周公の, 壮大な, 大へん尊敬, 子供の, 學津討原, 尊敬に, 巴御前山吹御前ああ, 幕府, 平次も, 幾とおりもの, 店の, 府内に, 彼も, 殆ど清朝, 殆ん, 氏へ, 氣儘吾儘を通してこそ, 炭焼竈は, 私も, 稠密な, 自分の, 裸かで, 近所の, 金泥や, 非実用的, 音楽も, 頭の

▼ 有名~ (75, 1.5%)

54 がこの 3 がそれ, そうです 2 から, からここ, からな, が私

1 [52件] からそして, からで, からである, からよい, から信用, から名, から職工ら, から誰, があの, がいずれ, がおさおさ, がね君, がタアイ, がテイツチエンズ女史, が一般民衆, が別に, が取立て, が店, が支那雑貨, が料理, が日本, が日蓮, が横山町一丁目, が毎月, が甘, が自転車, けれどもロンドン, けれども品行, けれども調べ, しなにしろ, しボルトン街, し多く, し朝顏, そうである, つたと, つたといふ, つたと共に, つたのにも, つた一條禪閤兼良といふ, つた岩元先生の, つた煙草の, つた男です, つた芝二本榎五人殺しを, つた頃な, つた鮫ヶ橋は, という, ということ, というの, という話, といふ, とかそういう, ね

▼ 有名である~ (67, 1.3%)

6 がその 4 がそれ 2 がこの, が併, が実は, ことは, ために

1 [47件] から作家, があれ, がここ, がこれ, がしかし, がため, がまた, がスイス, がハウレット氏その他, がリード, がレコード, がワリニャーニ, が云う, が今度, が十文字槍, が単に, が厳密, が国会以外, が専門, が文章, が昔, が是, が時に, が水, が特に, が私, が筍, が行っ, が雲仙, けれども単なる, ことよりも, しまぎれ, し彼, し清盛, し逸話, だれかが, という, ということ, とは云, と云う, のかと, ので多く, のは, のみならず, ばかりでなく, キールケゴールも, 南京虫も

▼ 有名だった~ (42, 0.8%)

2 が今, のです, のは, 人である, 藤田嗣治という

1 [32件] から今, から松夫, があの, がしかし, が久慈, が製作, が長謙さん, ことや, し彼, そうです, その叫び声, だけにこの, のである, んだ, 一万一千の, 一族の, 亡友の, 伊阪という, 双葉山が, 四谷の, 四郎馬鹿の, 小宮山麗子という, 小栗の, 映画俳優某の, 時代が, 歌妓ラミアーが, 滝田節子の, 男です, 石井十次さんは, 老女優, 郁文館の, 酒問屋で

▼ 有名であった~ (37, 0.7%)

2 が近頃

1 [35件] から歿, があの, がここ, がこれ, がそれ, がそれでも, がヂウ, が今夜, が今日, が先頃, が其の, が地球物理学, が後, が思想運動, が昨, けれども較べる, ことは, ために, のかも, のは, ようであります, アイバゾフスキーの, アンリ・バルビュスの, コッホの, ホェーウェルに, マイエルは, 古田織部が, 或る, 時代が, 湖畔亭は, 秀郷流の, 老舗の, 蕎麦屋について, 農科の, 阿波の

▼ 有名であり~ (29, 0.6%)

1 [29件] かつ日本, この外, しかも時候, そこから, その崋山, その年時, ながらその, ながら伝説, ながら実は, わが弘法大師, ゴーリキイが, 化学界では, 又優れた, 女でも, 宇多天皇の, 家臣から, 当時に, 彼の, 後者は, 日本でも, 次が, 汽車に, 河童忌や, 渡辺綱を, 米国で, 遠くは, 長江流域の, 長谷寺も, 雨天体操場の

▼ 有名でない~ (26, 0.5%)

1 [26件] かも知れぬ, こと次に, しそうして, し偉く, とかいうの, ところが, のです, のは, のみならず, もので, ものに, 人間の, 作家が, 作家の, 冒険物語や, 北国の, 句を, 天壇に, 小説家です, 弟子な, 役者では, 探偵小説家で, 文士と, 洋画家の, 詩人と, 貧乏な

▼ 有名無実~ (20, 0.4%)

2 なもの, のもの

1 [16件] である, で所詮, で本気, となる, ならしめるやう, なるを, な高札, にし, に等しい, に終った, に終る, の一, の名題俳優, の存在, の議論, の贋腰弁

▼ 有名です~ (17, 0.3%)

6

1 [11件] か, から, からなどうもこれから, からね, から人, がなぜ, が仕事, が水車紡績, が西班牙, ね, ばい

▼ 有名~ (17, 0.3%)

2 なった

1 [15件] いうほど, いったからとて, なったが, なったヤジロー, なった人, なった細川ガラシヤ夫人, なつた, なつて, なりし三十六歌仙, なりそして, なりその, なる, なると共に, 専門化によって, 無名との

▼ 有名でも~ (15, 0.3%)

2 あるし

1 [13件] あった, あったので, あり優れたもの, あり優れても, あり数, あり良い, ある, あれば, いつ没落, ない, ない外海, なくまた, なく歴史

▼ 有名無名~ (14, 0.3%)

1 [14件] とかいうこと, に拘らず, のうち, の人, の体裁, の同人作家, の士, の多数, の学者, の店, の發明者, の白浪たち, の著作物, の関係者

▼ 有名~ (9, 0.2%)

1 ですれ, とあの, とを比べ, と交通, のこと, は話, への軽蔑, や人気, や何

▼ 有名なある~ (9, 0.2%)

1 ものは, 一つの, 国の, 外科病院の, 照会係の, 画家の, 老練戯曲家の, 醫者に, 首領らは

▼ 有名でした~ (8, 0.2%)

2 が行方不明 1 がその, がひと頃, がもう全く, が伊太利, が彼, のちの

▼ 有名なりし~ (7, 0.1%)

1 が今, が近年蒲田, もの, 某将軍, 植村正久先生の, 長谷川平蔵の, 齊桓晉文若しくは

▼ 有名ならざる~ (6, 0.1%)

1 人の, 作家に, 作家の, 俳句の, 俳書は, 東夷の

▼ 有名~ (6, 0.1%)

1 一学者は, 云はずに, 成さしめた事柄, 欲しました, 買われたの, 轟かした士官候補生イワノウィッチ

▼ 有名であっ~ (4, 0.1%)

1 たり国宝, てかつ, て私, て誰ひとり

▼ 有名であります~ (4, 0.1%)

1 があるいは, が今, が昔, が池月

▼ 有名にも~ (4, 0.1%)

1 なり後世, なろうし, 何にも, 何んにも

▼ 有名~ (4, 0.1%)

1 に用, は忘れた, は私一個人, を使

▼ 有名なれ~ (3, 0.1%)

1 ども俳諧, ど未だ, ば上

▼ 有名らしい~ (3, 0.1%)

1 同人雑誌の, 稲荷ずしな, 者に

▼ 有名~ (3, 0.1%)

1 で我が, へ初, を開く

▼ 有名~ (3, 0.1%)

1 という奴, についてお話, にね

▼ 有名~ (2, 0.0%)

1 よからう, 好きです

▼ 有名じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないか, 困るな

▼ 有名でありません~ (2, 0.0%)

2 しまた

▼ 有名でなかった~ (2, 0.0%)

1 にちがい, 点に

▼ 有名ながら~ (2, 0.0%)

1 わたしの, 尤もな

▼ 有名など~ (2, 0.0%)

1 うま声, ろぼうや

▼ 有名ならしめた~ (2, 0.0%)

1 ゆえんで, 仕事は

▼ 有名なるこけ~ (2, 0.0%)

1 猿, 猿で

▼ 有名には~ (2, 0.0%)

1 なったけれど, なれないさ

▼ 有名~ (2, 0.0%)

1 かまわないに, 有名に

▼ 有名~ (2, 0.0%)

1 古人ニ至テハ百幅中ニ九十九幅贋物ナリト思ヘバ過失少, 暄池ヲ

▼ 有名夫人たち~ (2, 0.0%)

1 があっけ, が団体

▼ 有名過ぎる~ (2, 0.0%)

1 じゃない, ほど有名

▼1* [67件]

有名かといえば, 有名かも知れない, 有名人の, 有名これまでになか, 有名すきるほど有名, 有名すぎてもう, 有名すぎる位だ, 有名だけであって, 有名だつたやうである, 有名だれあって知らぬ, 有名やない, 有名でありまして氏, 有名でありまするがその, 有名であろうと無実, 有名でいらっしゃる伊藤弥五郎先生を, 有名でございましたな, 有名でなくったって好い, 有名で伝わるお茶人の, 有名で従って美しい, 有名ということの, 有名とか有名でない, 有名とはそうした悪評, 有名ともなって, 有名どしたえ, 有名ないろ懺悔でございました, 有名なさうだおかみさん, 有名なすぐれた学者に, 有名なみや古, 有名なやきもち妬き, 有名ならしめさらに速記術, 有名ならしめるものは, 有名なり然れ, 有名なるある薬店では, 有名なる富める友人の, 有名なる阿多古が, 有名な唄い手に, 有名な唄うたいに, 有名な彫匠の, 有名な打ち手には, 有名な甘やかされ放題の, 有名な賣卜者を, 有名になど決してなれる, 有名になんてなりツ, 有名ほど立派な, 有名知った事, 有名ねんわ, 有名絵草紙屋ノ, 有名ナデザイナーノデザインニ依ルイタリー, 有名ノフランキリンガ云ヘルニハ我身ハ居ニ常処ナシ, 有名マダムよりなお, 有名ルソーの懴悔録, 有名作家の一団, 有名作陶家の総て, 有名した時, 有名を, 有名呉服屋だから, 有名大学を卒業, 有名夫人団は施与, 有名婦人のメモアル, 有名に飛び込ん, 有名流罪人の史跡, 有名らしかった, 有名皆吹倒内外官舎人民居廬罕有全者, 有名藏書室としてその, 有名選手の名, 有名選手たちが夏休み, 有名関東の親分衆