青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「明る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

早速~ 昂奮~ ~明 明~ ~明け 明け~ ~明らか 明らか~ ~明り 明り~
明る~
~明るい 明るい~ ~明るく 明るく~ ~明日 明日~ 明智~ 明治~ ~明白 明白~

「明る~」 1248, 12ppm, 9089位

▼ 明る~ (849, 68.0%)

26 の中 11 を増し 10 である 9 だった 7 がある, であった, です 6 と暗, に眼, のなか 5 を増す 4 だ, というもの, の下, を求め

3 [16件] があった, があつ, がなく, だろう, と, というよう, になっ, になった, になる, の奥, の時刻, よ, を増した, を持っ, を見せ, を見る

2 [50件] うな, からいきなり, があり, がなかっ, がなけれ, が増し, が見える, が頭, だつた, であつ, であります, でございます, でさ, でせう, でそれ, ではなく, で実際, とあの, と一種, と竜頭, と頼母, などというもの, なの, にくらべ, にし, にひきかえ, にみち, によつて, に慣れた, のある, のうち, のくつきり, のため, の問題, の漂う, はどこ, はまことに, は彼女, もすべて, もない, をたより, をもっ, を保っ, を加え, を失っ, を感じさせる, を背, を見, 暖かさ, 暗さ

1 [585件 抜粋] うですが, から急, があっ, があります, があれ, がいつも, がうごいた, がうす青い, がうそ, がこの, がこびりつい, がさして, がそこ, がそして, がその, がただよった, がだんだん, がどうして, がどれ, がなかなか, がなきゃいけない, がまたも, がまだ, がまぶしく, がやわらかく, がパッ, が一層, が不充分, が他愛, が何だか, が何となく, が充ち, が全曲, が含まれ, が咄嗟, が嘘, が増す, が失われ, が好, が室, が室内, が射し透った, が射す, が少し, が尚, が常, が庭木, が往来, が性格, が恢復, が感じられた, が押えきれない, が政府放送, が最も, が有ったれ, が次第に, が残り, が流れた, が海, が満ち, が溶け, が漂, が潜ん, が燃え立つ, が益々, が目, が目立つ, が眼, が紙, が続い, が續, が葉, が街, が表れた, が見えた, が見張り, が路次, が透っ, が過ぎる, が過った, が闇, が雰囲気, こそわれわれ, さえ見えた, しかない, しか分らない, だけが闇, だけだ, だけで, だけで心, だけは姉, だったこんな, だったらい, だったらいい, だったろう, だつたが, だろうか, つまり白, であったが, であらう, でありなん, であるが, であろう, でしかない, でしかなかっ, でしかも, でした, でしたけれど, でしょう, でその, ではあった, ではし, ではしゃぎ, ではっきり, ではなかっ, でもあり, でもわし, でゆらめきだした, で一層, で人間, で兄, で奉公人たち, で室, で宵, で彼, で数歩前, で旅, で歌, で正二, で浮び上っ, で満たし, で満ち, で煌々, で照らし出され, で物, で眩しく, で空腹, で締めた, で貫きたい, で造花, で鋭, で非常, で高らか, とあったか, といい, といったよう, といったら, といふもの, とか希望, とか無邪気, とか甘える, とが同じ, とが同時に, とざわめき, となっ, とにおどろかされた, とのちがい, との関係, とはどういう, とは反対, とは違っ, とは違つた, とゆとり, とを持つ, とパチパチ, と一致, と一貫性, と云つて, と似寄っ, と元気, と共に綾子, と共に自然, と前途, と力強, と同時に, と堅, と大, と家, と年, と快活, と愉快さ, と愛, と暖か, と柔らかみ, と比較, と気魄, と清々しい, と清潔さ, と温か, と滴る, と澄んだ, と父, と物憂い, と眩し, と繁昌, と華やいだ, と華やかさ, と薄, と親しみ, と違います, と雄々し, と静かさ, と静寂, なつかしさ, などなか, などは吸収, などは殆ど, などを見, なり, なんぞたった, に, にある, にお, においてもちっとも, におどろいた, にかえって, にかがやかない, にこう, について実に, になつ, になつて, になりました, になれつくした, にはつい, にはまるで, には地上, には払いきれない, にもこんなに, にも変っ, にも暗, によしんば, によっては奥, による気品, にギョッ, に人, に代えるべき, に伴っ, に充たされ, に光る, に向っ, に向った, に和する, に囲まれた, に多く, に対してそれ, に少女, に微笑, に心, に感心, に感覚, に戸惑う, に明け放たれる, に昼, に曝され, に浴, に浸つた, に満たされた, に満ち, に溢れ, に溶ける, に照らされたろう, に照りはえる, に眩し, に空, に立ち帰る, に総て, に自分, に自然, に見惚れ, に調和, に貫かれ, に輝いてる, に適切, に部屋中, に陽子, に青味, に静まった, に驚いた, に驚かされ, に驚く, の, のかげ, のにぶい, のみに浸り得た, のみの張り詰め, のみを吸, のよう, のレベル, の中央, の光, の加わる, の大き, の姿態, の孤独, の密度, の感じ, の感覚, の本来, の残る, の流れ, の炎, の環内, の花々しい, の表現, の輪, の響, は, はあった, はあっという間に, はあんがい, はいつか夜明け, はかなり, はこの, はすぐ, はその, はつづいた, はなかっ, はひっきりなし, はまた, はもう, はわが家, はゴーリキイ, はテニス, はパリー, は一つ, は久しぶり, は今, は何となく, は依然, は保てない, は先ず, は光りだ, は冷たく, は増し, は大きい, は巷, は希望, は幾百万, は彼, は懷, は敗戦, は既に, は昼, は栄二, は欲しい, は殆, は注目, は清く, は灯火, は燦々, は白壁, は硝子戸, は私, は空, は落ち, は著しい, は通りがかり, は雪, ばかりがカンカン, ふとする, への期待, へ運搬, まで主張, もいう, もいま, もみえず, も何, も例年, も平家, も恋しい, も感じさせなかつた, も持たない, も明るい, も海, も眼, も苦笑, も陽気さ, や, やすこし, やもの, や寥, や暗, や濃淡, や町全体, や莫迦さ, や賑かさ, や響, より暗, より遮蔽物, よ今宵, よ杉, よ背後, をあたえ, をいっそう, をいぶかり, をすかし, をそえ, をそこ, をとりかえし, をとりもどし, をとりもどす, をとり戻します, をほ, をまし, をまもり, をみなぎらせ, をもち, をもった, をもつ, をも増す, をも妨げ, をわたくし, を一ぱいにはらんではおりながら, を与え, を乱さない, を以て世界, を以て全, を伴う, を保たしめた, を傷つける, を刎, を加えた, を助ける, を取りもどし, を取り戻す, を受け, を吸い込ん, を呼吸, を啣, を回復, を失い, を失うまい, を失つて, を失わなかつた, を宿した, を宿す, を少し, を幾分, を彼, を得た, を忘れ, を思い出した, を恐れない, を恐怖, を悉く, を愛する, を感じ, を感じさせ, を感じさせた, を感じられる, を感ずる, を戸外, を抑える, を投げ, を投げかけ, を拾い, を持った, を持つ, を持つた, を撥ねかえす, を暗く, を暴力, を気軽, を泛べた微笑, を消す, を添え, を湛, を湛えた, を溢れ出させたでしょう, を漂, を漂わし, を目立たせ, を眺め, を睥睨, を考える, を見せかけた, を見せた, を見せる, を見た, を見る思ひ, を覚えた, を認める, を運ん, を避け, を金網, を際立たせよう, を電流, を顔, を飽かず眺め, を齎せ, 少しも, 或はほのぐら, 明るい小説, 渋い明るさ, 温かさ, 温さ, 美しさ, 若しくは作者等, 軽さ, 醜いもの

▼ 明るかつ~ (86, 6.9%)

684 たが 3 たの

1 [11件] たので, たやう, たら合図, た二階, た天地, た戸外, た時, た時分, た朝陽, た海山, た筈

▼ 明る~ (40, 3.2%)

2 になっ, もまた, もまだ, も当

1 [32件] おあい, すぐに, にこっそり, にこつ, になったら, になつて姉, にゃ社会, に神戸, のこと, のこぼれ, の光, の午, の午後, の天明, の宿料, の朝, の東京中, は外, は奥方浪乃, は学校, は工場, は新橋, は日, は陰っ, は頬, も亦, も梨, も雨, よりは一層, 晴れた日曜, 讀んで, 起きた時

▼ 明るすぎる~ (27, 2.2%)

2 ようだ, ように, 電燈の

1 [21件] からとお, くらい分っ, と彼, と思っ, のでただ, ので景季, ほどに明るん, ほど明るい, ほど輝く, 事を, 夜蝉の, 散漫な, 日が, 氣が, 燈火の, 秋の, 程あかるく, 程の, 色彩の, 雪やぶ, 電灯の

▼ 明る過ぎる~ (20, 1.6%)

1 [20件] せいであっ, というの, と思いました, のだ, ので都合, ほどの明る, ほどの晝過ぎ, ほどよく, ほど明るい, ほど明るかっ, ほど明るく, ものに, んだ, 場所で, 壁面に, 展望室には, 月夜の, 秋では, 街道, 陽炎に

▼ 明る~ (14, 1.1%)

2 になっ

1 [12件] にはまたもや, の食後, ははやく, は少し, は誰, は風, また裁判所, まだ暗い, みると, 何時もの, 聞いたこってさ, 起きて

▼ 明るすぎ~ (9, 0.7%)

1 かえって重苦しく, てしん, てそうして, ての暗黒力, て夜, て寒い, て眩しかっ, 正面祭壇の, 絵屏風は

▼ 明る過ぎ~ (9, 0.7%)

2 たり竪 1 てキマリ, て何, て困る, て室内, て武一, らア行燈へ, 簡単であり

▼ 明る~ (8, 0.6%)

1 待ける, 待ち侘びて, 待ち奉行所, 待事千秋を, 待居, 待早速, 待起出, 怨に

▼ 明るけど~ (7, 0.6%)

2 古さび棚田 1 あまり真白き, しきりに涼し, 寒し日, 洩れ陽, 簑笠つけ

▼ 明る~ (7, 0.6%)

1 がさした, がさす, がつい, によつて月, のさした, の届かない, を潮

▼ 明るそう~ (6, 0.5%)

1 であったが, でありながら, ですが, な小, に賑, よ

▼ 明る~ (6, 0.5%)

3 いつて 1 土間の, 忙しかった, 見つつ

▼ 明る~ (3, 0.2%)

1 の一月, の五月, の春

▼ 明るかと~ (2, 0.2%)

2 思ふ時

▼ 明るかるべき~ (2, 0.2%)

1 はずである, 大切な

▼ 明るさ加減~ (2, 0.2%)

1 が時計, はどうしても

▼ 明るさ賑やかさ~ (2, 0.2%)

1 とは比較, は跡形

▼ 明るさ鼻~ (2, 0.2%)

2 の先

▼ 明るその~ (2, 0.2%)

2 静けさに

▼ 明る~ (2, 0.2%)

1 は愁い, も知らな

▼ 明るまで~ (2, 0.2%)

1 余は, 吠えて

▼ 明るより~ (2, 0.2%)

1 いとど懊悩, 母樣に

▼ 明る~ (2, 0.2%)

1 です, もあり

▼ 明る~ (2, 0.2%)

1 は着せ, ばかりとなり

▼ 明る~ (2, 0.2%)

1 たなびく雲, はも

▼ 明る山吹~ (2, 0.2%)

2 の八重咲き

▼ 明る山際~ (2, 0.2%)

1 のいろ, の色

▼ 明る日役所~ (2, 0.2%)

2 へ出る

▼ 明る日村~ (2, 0.2%)

1 の某々等, へかへつ

▼ 明る日私~ (2, 0.2%)

1 は誰, は鉄工場

▼ 明る木膚~ (2, 0.2%)

2 のさるすべり夜

▼ 明る~ (2, 0.2%)

2 の曲鷺

▼ 明る~ (2, 0.2%)

2 の月丘

▼ 明る~ (2, 0.2%)

1 の穂, 陽のか

▼ 明る~ (2, 0.2%)

2 ぎるひかりばかりがさんさんたる雨で

▼ 明る~ (2, 0.2%)

1 の色, をうけた

▼1* [111件]

明るあれが印旛沼, 明るいいぢらし, 明るいったって力, 明るいぼたんの花, 明る声立て, 明る何も, 明るくにこついて, 明るに笑っ, 明るこの雨あとを, 明るさうに見えても, 明るさうに賑かさうに, 明るさかぎりもない, 明るささへ加はつ, 明るさそのものでがっしり, 明るさはなやかさで, 明るさみたいに鈍く, 明るさ些しも穴, 明るさ信頼合理的であること, 明るさ健全さを持っ, 明るさ健康さ肉体的な一時的結合以上, 明るさ元気よさ, 明るさ冬のやわらかい, 明るさ刺のな, 明るさ単純さ健全な目的, 明るさ平静さ確信がヴォルガ, 明るさ彼女の手, 明るさ星の如く澄ん, 明るさ晴れ晴れしさ, 明るさ暖さに心, 明るさ朗らかさへ野生, 明るさ波の広, 明るさ活動的さ人生, 明るさ爽やかさのみなぎる, 明るさ生活の美, 明るさ皆の口, 明るさ窓の高, 明るさ自転車が去り, 明るさ芸術の明る, 明るさ華やかさは最早, 明るさ華やかさ気分等を取扱っ, 明るさ透明の感じ, 明るさ馬鹿笑いでない高笑い, 明るすぎた部屋の, 明るすぎない程度に, 明るすぎますからここ, 明るすぎるだで着物, 明るともなく後明り, 明るなり北の, 明る間も, 明るにぞ喜八は, 明るに従っていよいよ細か, 明る玻璃越しに, 明るべき性質の, 明るまってきた, 明るややしばらくは, 明る裏口へ, 明るをも待詫居たるに, 明る一日は吹雪, 明る三保の浦, 明るの道湯, 明る二十七日は天候, 明るの陽, 明る土曜はまず, 明る夕光の遠, 明るのしづけ, 明るの刻越前役宅, 明る年彼女が十七, 明る年正月二十九日建武と改元, 明る年進士の試験, 明るだに, 明る日いろいろな男共, 明る日学校でこちら, 明る日朝早く出かけた, 明る日母などに, 明る日爺はその, 明る日皆んなからいじめられる, 明る日茫然帰って, 明る日表の格子戸, 明る春二月までその, 明る朝ガラツ八と一緒, 明る朝何かの必要, 明る朝便所から風呂場, 明る朝妻が来, 明る朝摂津の御影, 明る朝新聞紙は写真入, 明る朝方々へ問い合わし, 明る朝曉方早く眼ざめた二人, 明る朝目が覚める, 明る朝眼を覚ました, 明る枇杷の実, 明るの木原, 明るの上, 明る機会に遇わなかった, 明るな木の葉, 明る火影の核心, 明る田螺がころころ, 明る白菊の乱れ今朝, 明る眞土や追, 明る真土や追, 明る瞼さし寄せ嗅ぐ鞠, 明る空見て, 明るぼその, 明るゆ, 明るにはいかない, 明る連翹の花, 明る過ぎない程の, 明る過ぎましたら電燈を, 明る過るものに, 明るの靄, 明る釣鐘草の花, 明る雨霧の中