青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「比べ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

毎~ 毎年~ ~毎日 毎日~ 毎晩~ 毎朝~ ~毒 毒~ 比~ ~比べ
比べ~
比べる~ ~比較 比較~ ~比較的 比較的~ ~毛 毛~ 毛布~ ~氏 氏~

「比べ~」 1760, 19ppm, 6036位

▼ 比べ~ (1396, 79.3%)

70 見ると 38 みると 25 見れば 19 みて 18 見て 15 非常に 13 見た 12 はるかに 11 これは 9 みても, 見ても 8 それは, みれば, 比較に, 自分の, 見るが 7 なんという, 見ること, 遥かに 6 みた, 考えて 5 少しも, 私の, 私は 4 余りにも, 御覧なさい, 見ますと, 見る, 遙かに

3 [17件] いた, それに, どちらが, どれだけ, みたり, みる, よいほどの, 今日の, 今日は, 余は, 劣って, 多少の, 思うと, 見ずには, 見たが, 見ました, 遥に

2 [58件] いるうち, この女房, これらの, ごらんに, さへ, それを, どういふ風, どこに, どの位変化, どんなにこの, みること, よけいに, より多く, ゐる, タロ芋の, 之を, 二十世紀の, 今の, 何と, 何の, 何方が, 俺の, 優るとも, 優れて, 内容の, 同じ丈, 土は, 多い方すか, 多くの, 大変な, 如何だらう, 少い位な, 彼らは, 御覧, 御覧に, 我ながら, 我家の, 数が, 日本の, 来た眼, 此の, 被害は, 見たい, 見たとき, 見た処先生, 見ては, 見よう, 見ようか, 見ようじゃ, 見るの, 見ろ, 視せた, 視ると, 観客席が, 赤黒い兄, 遙に, 面白い, 食べ劣りが

1 [882件 抜粋] あくまで地道, あの火, あまりに若々しく, あまり手際, あるひは, いいもの, いかにこの, いかに優勝, いかに力強く, いかに心地よく, いたが, いたよう, いっそうしあわせ, いふと, います, いやしい或は, いる相手, いろいろ話した, おれは, お咲, お年齢, お廢, お思われ, お玉は, お舟, かえって希薄, かなり劣った, きちんとし, きみの, きわだつ感じ, けっして劣らない, こういう私, こちらには, ことばの, このアメリカ, この二人, この娘, この家庭, この性, この法会, この金堂, この頃, これまで, これを, こんな風, ごらん, ごろうじませ, さらに悪戯, しかして知ら, すくなくも穢, すべての, ずっとたけ, ずっと文化程度, ずっと著しかっ, そういう批評, そこに, そのあまり, その典雅, その品物, その子, その心構え, その戦闘力, その業績, その真偽, その通り, それが, それほどひどく, そんなにち, たしかにレビュー式, たとい収入, だれにも, ちっとも驚く, つまらながっ, どうかね, どうしても私, どうじゃ, どうであろう, どうのこうのと, どう階級的, どこか, どっちが, どのくらいの, どれほど進んだ, どれ程, どんなに気安, どんなに美しく, なるほど, なんとなく単調, なんともかわいそう, なんら優った, はじめ技術が, はなはだ低い, はるか南海の, ひどく有利, ひどく静か, びっくりする, へんに, ほとんど名所錦繪, ほんとうであったろう, まことに本場, まことに気の毒, まじめに, また一段と, また少し, また歩き出した, まだしも千鶴子, まったく空虚, まるで同日, まるで違う, みせそれ, みたが, みたとき, みたの, みたま, みたらああ, みたらどっち, みた時, みての, みましょう, みます, みませんか, みよう, みるかな, みるの, みる必要, むしろ抽象的派生的, むつかしさ, もらうと, よいと, ようごろうじなさりませ, よほど型変り, よほど特異, より以上, より少い, より楽, わが国では, わが家の, わらひ, わるく陰気, ゐること, ゐるらしかつ, キキイが, ズツと, フランスには, ポインセチアは, ムシトリナデシコの, リベディンスキーの, 一つの, 一オクタルヴ位の, 一層の, 一層東進, 一年と, 一方には, 一方強敵, 一本の, 一段下の, 一番汚, 万葉調自身だ, 三分の一ほど, 三十郎の, 三貫目減つてゐた, 上海市内に, 不味さ加減, 中は, 中年から, 事務家肌の, 二十倍は, 二次的の, 二段も, 五四%増加した, 人々は, 人の, 人種の, 人間味が, 今さらモスコウ, 今昔の, 仕えなくては, 低いから, 低い地位, 住む人間, 何うし, 何か, 何たる嬉し, 何でも, 何らの, 何れが, 何んと, 何倍かの, 何等の, 佗助は, 余りに消極的, 余り聴き劣り, 余程幕間, 余程調子, 余計いれ, 作業は, 侘助は, 係としての, 信二郎と, 俳優としての, 健康さうな, 僅か一円九十五銭で, 優って, 八千六百六十万トンに, 内容は, 凡庸人の, 出戻りで, 初花楼, 別に解決, 利かないよう, 到底比較, 割が, 加奈子は, 励まして, 勝抜き実力日本一決定戦, 区別の, 十三・三二即ち, 千万無量の, 千満子が, 千萬無量の, 升田は, 半分も, 南半部には, 厚ぼったい下, 古いもの, 右の, 吉水一門の, 同じやう, 哀れは, 問ふお, 喜平は, 喰ひ足らな, 圧が, 地理の, 増し過ぎるという, 変って, 多く女, 多大な, 大きなもの, 大した相違, 大そう, 大分少なく, 大分見劣りの, 大変に, 大変落付きが, 大阪のは, 天井の, 夫, 好くとも, 如何に惠まれ, 妹に, 婦人労働者の, 子を, 子貢, 孰れ, 安いの, 定枝は, 実に大した, 実に歩行, 実に興味, 室を, 宵壌の, 寂しく又, 寒原家, 寧ろ物, 寧ろ相反, 小さいが, 小さいとき, 小であった, 少からず, 少しでも, 少し大き, 少し派手, 少し長い, 少し黒味, 屋上は, 山腹に, 差違が, 常に限られ, 幕府軍は, 平均十一ボンド七分軽く, 平次は, 年も, 幾らか仕合せ, 幾分の, 廊下は, 弟の, 弱々しくて, 強大さの, 彌太, 彼の, 彼らの, 彼等の, 後者が, 心に, 心の, 思いながら, 思い浮べて, 思って, 思はず深々, 思想としては, 恥じること, 息子の, 恰も宮殿, 悲しいこと, 情勢は, 情熱的でない, 感じるもの, 感傷的である, 懊悩の, 我が善光寺, 或は勝れり, 截断量が, 手が, 技巧が, 推奨できない, 攻撃する, 敢て, 数の, 数倍大きく, 数等立ち勝つ, 文化的食事の, 文章に, 斯の, 日本は, 明るい南國, 昔ながらの, 暗さ, 更に幾倍, 更に甚だしかっ, 書籍の, 最も主たる, 最も広い, 最も振, 最も永い, 月に, 朝に, 朝鮮の, 本質としての, 東洋人は, 染の, 格段大きな, 極めてわずかであり, 機械時代が, 權威が, 次第にその, 次郎は, 此處は, 歯切れが, 殆ど三倍も, 殆何等の, 段違ひ, 気の毒な, 水が, 永遠追慕の, 池を, 決して安静, 法蓮房は, 浜ノ町は, 海軍, 清の, 源氏は, 濡れたガラス, 熱いこと, 特にこの, 特に温暖, 特に目立つ, 特別に, 犬養氏が, 猶優り, 王子赤羽界隈の, 珍らしく, 現に大, 現代を, 現在自分が, 現実を, 理想派だ, 甚しく, 生活術が, 田舎の, 由緒はるかに, 男の, 痛手の, 白鷺が, 皆風采が, 目醒ましい, 相隔, 眺めながら, 眼覚める, 短いよう, 確に, 神話中の, 祭の, 私たちは, 秋田犬の, 算術を, 簡單では, 簡易と, 約二三割, 紅色が, 結末が, 結果は, 美しさ, 羨ましくなる, 考えても, 考えますと, 考えること, 考へて, 職人は, 肉の, 肯定的態度といふ, 脱獄後どう, 臥て, 自ら肯き, 自分で, 自暴自棄的であり, 興を, 花でも, 花の, 若いという, 若旦那の, 荒廃の, 葉が, 著しく低調, 著しく動的, 著しく少ないに, 著しく相違, 蔽われ方, 薄いもの, 虚子の, 蟹の, 蠢めき, 行く尼, 行ったん, 衰えて, 複雑な, 見せましたが, 見たいもの, 見たかつたの, 見たくなる, 見たという, 見たの, 見たら支那, 見たり, 見た時, 見なくては, 見なければ, 見ましても, 見ましょう, 見ませう, 見られたもの, 見るそういう, 見るよう, 見る処, 見る時, 見る競争心, 見劣りが, 見給, 覚悟を, 親みの代りに, 親分も, 言うこと, 言えば, 話が, 誤用が, 讃頌した, 資本主義的害悪から, 走り出すと, 踊り子の, 身体の, 農村の, 途端に, 運命の, 過去の, 遙かに高かつ, 遜色なかっ, 部屋の, 醜いの, 重くなった, 金は, 長過ぎる, 院の, 随分粗末, 隙間が, 雀ばかりが, 雑木は, 雪国の, 零である, 面白い研究問題, 頭や, 顏は, 風変わりな, 餘程進歩し, 驚くべく急速, 高くなった, 高温である, 髷が, 鳥の, 鶴井は, 黒人は

▼ 比べては~ (141, 8.0%)

2 いとど小さな, この身, まるで話, 今の, 到底比較, 名誉も, 技巧の, 認め得る美

1 [125件] あまりに西洋崇拜, いかにまだ初歩, いかに低い, いかに自由, いかに遅く, いかばかり簡単, いくらかより, いと軽き, おそらく茶番, お鳥, ことさらそれ, この口碑, ごく小額, すぐれた女性, すでに反省, すべては, ずっとびんぼう, その悪, その美し, だいぶんりっぱ, とてもし, どこやらに, なんという, はげしくしかも, はるかに, ほんの局限, まったく問題, まるで別世界, まるで死人, まるで比較, やはり忠実, よほど減った, わたくしが, ホテルでの, 一人と, 一向に御, 一層の, 一頭地を, 中, 今日残る, 他の, 何でも, 何という, 何となく不機嫌, 何を, 何んて, 余り原始的, 余程世情, 僭越である, 先生と, 光琳の, 児戯の, 全く見えない, 冬も, 劣るであろう, 勿体ない御, 十の, 原始的の, 及びも, 取り立てて, 取立てて, 多分に, 大に, 大變, 如何ばかり, 実にわずかな, 寧そ何でも, 寧ろ安い, 小さいと, 小さいもの, 小さなもの, 尚通衢大路, 屋内が, 年の, 思いも, 恒星の, 我が太陽系, 新しく出, 書物が, 村は, 格が, 楽しさ, 此方は, 殆ど太陽の, 殆ど観る, 段違いに, 比較に, 決して同日, 洗練の, 派手な, 清新の, 物のかずで, 物の数では, 物の数でも, 玩具の, 珍らしく思はれる, 現実性が, 盗賊商売などは, 神を, 神保様は, 私の, 私は, 粗末であった, 罪が, 罰が, 肉体的苦痛が, 自分の, 苦に, 著しく雨雪日, 著しく頻繁, 蚯蚓や, 表と, 見る蔭, 見渡したところ天然, 話に, 貧乏などは, 遙かに, 遥かに, 醜いじゃ, 隨分賑やかで, 雪と, 非常に, 頗る明るく, 高野の, 黒い白鳥

▼ 比べても~ (63, 3.6%)

2 不幸で, 決して遜色, 非常に

1 [57件] あまり遜色, お金の, この像, この方, ずっと幼稚, ちっとも見劣り, つと實踐的, ないに, なお子供, なかなか面白い, ひけは, またその後, アントアネットの, 一層の, 一層甚だしい, 一段秀れた, 三分の一に, 人の, 優って, 優るとも, 出来にくい, 到底比較, 劣らないであろうと, 劣らない新聞格, 劣らぬ位美事, 及ばぬところ, 同じよう, 同一山, 実になんという, 実によくドイツ人, 少しも, 彼は, 必ず同じ, 成程, 数段ピューリタニックであっ, 数百倍あるいは, 日本人という, 明かに, 本質的に, 概ね食い違っ, 此差別は, 段ちがいに, 比較には, 決して劣らない, 決して劣らぬ, 決して負, 決して軒輊, 犬猫や, 結果は, 美しい女, 自分が, 自意識が, 茶山と, 蘭軒は, 製版の, 貴女が, 遜色は

▼ 比べ~ (19, 1.1%)

5 して 2 するという

1 [12件] させて, した, したとき私, したもの, したら或は, したり, した事, する程, やろう, やろうじゃ, 催されたところ, 説く呪詞

▼ 比べ~ (9, 0.5%)

1 すっかり胸, なって, ならうも, ならんです, なるの, なるもの, なろうも, 行った, 違ない

▼ 比べたり~ (6, 0.3%)

2 した 1 して, すると, ハルン・アル・ラシッドに, 音楽の

▼ 比べ~ (6, 0.3%)

1 シルシが, 上に, 場を, 方が, 焦点だった, 物語は

▼ 比べながら~ (5, 0.3%)

1 ほんの一筆, やがて岸本, 歩いた, 筆を, 耳は

▼ 比べ~ (3, 0.2%)

1 あって, はじまるに, 闇中で

▼ 比べての~ (3, 0.2%)

1 事で, 演説は, 話で

▼ 比べ~ (3, 0.2%)

1 勝てる奴, 左衞門尉が, 演出されなけれ

▼ 比べ~ (3, 0.2%)

1 いと辛き, 刻刻移る, 技巧比べで

▼ 比べよう~ (3, 0.2%)

1 のない, もありません, もない

▼ 比べ~ (2, 0.1%)

1 勝が, 察し下されたく

▼ 比べちや~ (2, 0.1%)

1 お月樣, 少し粒がち

▼ 比べてかへって~ (2, 0.1%)

1 巧く, 變化が

▼ 比べてさえ~ (2, 0.1%)

1 一際立ち勝っ, 七里隔たった

▼ 比べでも~ (2, 0.1%)

1 して, するよう

▼ 比べ~ (2, 0.1%)

1 つかぬ, つかんほど

▼ 比べやう~ (2, 0.1%)

1 もありません, もない

▼ 比べ~ (2, 0.1%)

1 る, るるの

▼ 比べ更に~ (2, 0.1%)

1 今の, 遠く家康

▼ 比べ~ (2, 0.1%)

2 にならん

▼ 比べ自分~ (2, 0.1%)

1 が慈善, もそれ

▼ 比べ難い~ (2, 0.1%)

1 のを, 希有の

▼ 比べ難い美しい~ (2, 0.1%)

2 趣を

▼1* [74件]

比べあの紺絣の, 比べあまり田舎者の尊敬, 比べかたで彼, 比べこの二人からは, 比べごっこがいい, 比べうな, 比べその人の, 比べそれが評価, 比べと決心, 比べつつ蒙古, 比べてか散りての, 比べてこそ貧乏人と, 比べてずつと高い, 比べてなんて浅間敷い, 比べてね絶対の, 比べでござるよ, 比べというところを, 比べとは違つて狭から, 比べどんなにおのれの, 比べなぞした, 比べなどするもの, 比べなどは飛んでも, 比べなんかすると, 比べによって勝利が, 比べのみによって毎年柄と, 比べ互に三点, 比べ馬の, 比べまた明治の, 比べもともと美を, 比べもんになんない, 比べわざとらしく肩を, 比べクールナンとドリーユ, 比べゲームというよう, 比べマルフィラートルが訳した, 比べマーリニは, 比べ三椏は紙境, 比べ事毎におどろきます, 比べ世に名高き, 比べ今年は私, 比べれば, 比べ住民の, 比べ勝望美景を愛し, 比べて遙, 比べ品川の沖, 比べ商人に成り切る, 比べやヴァニティ, 比べ女性的な繊細, 比べ実際に働く, 比べ手仕事が特に, 比べ技法的に古い, 比べ最早そういう血, 比べ木村屋は昔, 比べ次第によっては幸吉, 比べ欧州の諸, 比べ欧羅巴を見た, 比べ此頃は面白い, 比べ比較的正確に, 比べ決して不当に, 比べ牡丹屋の亭主, 比べ生存には競争, 比べ皇軍の仁愛, 比べと眼, 比べ立派にやっ, 比べ五集の, 比べには娼婦, 比べを競いました, 比べへたる論, 比べ若い女の, 比べ変が, 比べの百合, 比べ関東では湾口, 比べ随分うまい話, 比べ雲井のひばり, 比べ類想派の作家